関連記事
魔王「勇者共よ、貴様らには魔の子を孕んでもらう」【前編】【後編】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/08/05(土) 00:04:45.78 ID:lElhiIZt0

魔王「よくぞ集まった皆の者、これより貴様らに憎き勇者共を与えよう!その身を存分に犯し尽くし、心行くまで魔の種を植え付けてやるがよい!!」

魔物達「ウォォオオオオオオオ――――ッッ!!!」

女勇者「こんなことしてないでさっさと殺せばいいのに。後悔しても知らないよ?」

魔王「それでは面白くなかろう?神に愛された御子が魔を孕む…… どのような者が産まれ出づるか、実に興味深い」

女僧侶「ああ、神よ…… どうか我らにその御力をお貸し下さい」

側近「いい加減無駄な祈りはやめろ。万一祈りが通じたところで貴様らの崇める神の力など、我らが王の足元にも及ばぬことはわかっておろうが」

女戦士「で?そんなお強い魔王様がやろうとしてることは女を縛って部下にマワさせるときたもんだ。器の方は随分小せぇなぁ魔王様?」

魔王「威勢が良いのは口だけだな。我を倒すと息巻きながらいざこの力を前にした時、一人残らず震え上がっているように見えたが?」

側近「覆すことなど到底出来ぬ絶対的な力の差があったのです。小娘共がそうなったのも無理もありますまい……」

女戦士「今更強者ぶってんじゃねえよ魔王の腰巾着が。テメェこそ俺達に手も足も出なかったくせによ」

女魔法使い「好きに言わせておきなさい。これが負け犬の遠吠えだってことは金魚のフン自身が一番わかってるから」

側近「レガリアの力に頼っただけの小娘共が!神の力を持つレガリア無き今、私とて貴様ら如きに後れを取ることは……」

女武闘家「へぇ、それじゃ、試してみる……?」

側近「!? ば、馬鹿な…… レガリアも無しにこれほどの力を……ッッ!?」





 


SS宝庫 SSまとめサイトは移転しました。
お手数ですがブックマークの変更をお願い致します。

移転先ではスマホ表示の際に記事分割無し
広告少な目
文字サイズ変更機能搭載(PCのみ)


SS宝庫でまとめる内容 SSのみ(R18除く)
http://sshouko.net/

みんなの暇つぶしでまとめる内容 ・ネタスレ・SS(R18のみ)・その他
http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/




いつでもどこでも読み放題Kindle Unlimited」30日間無料体験受付中
【画像あり】アッネがヨガしとったんやけど
【画像】口ㇼババアが好きすぎるんやけどどうしたらええんや
【閲覧注意】ワイが現場仕事中に起きた恐怖体験語ってくで
女子「あれ…、クラスの男子の頭のうえに数字が見えるんだけど」悪魔「ふふ…それはなあ…男どもがこれまでにオナった回数だ…」
成功した特撮ヒロインってどれくらいいるんだろう
スケールがでかいアニメって何だろう?
1年間模写し続けたワイの絵wwww
【画像】クズニートワイが6ページ漫画を描ききったw
【画像】童貞ワイ、イヴの夜に一人寂しくHな漫画を描きあげる。
【画像あり】正直毛利蘭ってこのころが一番可愛かったよな。
サンド伊達「食べ物はギュッと押して圧縮したら0カロリーになる」
【画像】サンドイッチマンの拳銃持ってる画像wwwww
中2男子「いじめられて肛門にソーセージ4本入れられた」
【恐怖】この写真、何がおかしいか分かる奴いる…? (画像あり)
ルイヴィトンのコンドームの値段www
【画像】あまりにも酷すぎるパッケージ詐欺の例
「おに〜ちゃん、また遊びに来ちゃった〜!」
【画像】幼馴染「(苦しそう・・・私のせいでこんなになっちゃってるんだ…)」
【※草】浅尾美和が自分のマンスジを見せられた時の顔ワロタwwwwwwwwwwwww(画像あり)
アタシ将、無事にavデビューした結果wwwwwwwwwwwwwwwwww
【驚愕】酔った宴会コンパニオン(20)が俺幹事の職場忘年会で乱れて大暴れした結果wwwwwww
ブルマ「はやく、、キて、、、ウーロン、、、、」
出川「夫人ダメですって」
刃牙で得た知識←なに思い浮かべた?

2: 2017/08/05(土) 00:08:13.12 ID:lElhiIZt0

女勇者「勘違いしてるみたいだね!レガリアはお前たち魔物を倒すための武器じゃない!」

女武闘家「実は、私達の力は、強過ぎる……」

女戦士「何も無しで全力を出したら先に俺たちの身体がぶっ壊れるくらいにな」

女僧侶「レガリアは本来私達の強過ぎる魔力の暴走を抑え付ける為の物、いわば拘束具!」

女魔法使い「魔王なんかと相打ちなんて御免だと思ってたけど、魔物の母親なんてもっと御免だわ」

側近「な、何と膨大な魔力量!わ、私の身体がぁァァァァ……」

魔物A「や、やべぇ!魔王様の側近が溢れ出た魔力だけで消し炭にィ!?」

魔物B「それだけじゃねぇ!ありゃ自爆魔法だ!それに魔力の余波だけであの堅牢な魔王城に罅が…… に、逃げろぉぉぉおおおおお!!!」

女魔法使い「あの時私達が気を失っている間にさっさと殺しておくべきだったわね!ここにいる魔物全員道連れよ!!」

女戦士「俺達の全部、勇者に預けるぜ!」

女僧侶「この世界に生きとし生ける者全ての為に!」

女武闘家「覚悟して、魔王……」

女勇者「皆、ごめんね…… 最終魔法――――」

魔王「……彼奴の言葉を聞いていなかったのか?貴様らの崇める神の力など我が足元にも及ばぬと」




3: 2017/08/05(土) 00:24:28.74 ID:lElhiIZt0

女勇者「あぐっ、うぅっ…… な、何これ……」

女戦士「何だよこの首輪…… クソッ!」

女僧侶「私達の魔力が抑え込まれてる……?」

女武闘家「と、取れない……」

女魔法使い「この魔力の発現に抑制をかけてくる感じ…… まさか!?」

魔王「そう、レガリアだ。尤も魔力の抑制力は神如きが創った玩具と桁が大きく違うがな」

女僧侶「そ、そんな…… こんな首輪にレガリア以上の力があるなんて……」

魔王「その程度の玩具に大きさ形装飾は関係ない。それに囚われの身である今の貴様らには武具より首輪の方が相応しかろう?」

女武闘家「悪趣味……」

女戦士「くっそ…… 一思いに殺せぇ!!」

魔王「それでは面白くないと言ったではないか」

女魔法使い「……ここで私達を殺さなかったこと、絶対に後悔させてあげるわ」

魔王「貴様の腹から産まれてくるのが取るに足りぬような雑魚であったら後悔もしよう」

女勇者「くっ、このままじゃ……」




4: 2017/08/05(土) 00:31:40.06 ID:lElhiIZt0

魔物A「流石魔王様だ…… あれだけの魔力を簡単に抑え込んじまった……」

魔物B「魔王様ァアアア!!一生着いて行きやすぅぅウウウ!!!」

魔物C「お、俺、魔王様がもっと恐ろしくなっちまった……」

魔王「皆の者、待たせたな。少し手間取ってしまったが、今度こそ勇者共を貴様達に与えよう!受け取れ!!」

魔物達「ウォォオオオオオオオ――――ッッ!!!」チチモマセロー オレノコヲハラマセテヤル マオウサマバンザーイ

魔王「たっぷりと可愛がってもらえ」

女僧侶「きゃあぁぁああああっ!!?来ないで!来ないでください!!」

魔物A「ウヘヘヘヘーッ!服の下にはこんなドスケベボディが!これが神への信仰の賜物ってやつか!?」

女戦士「くそっ!やめろ!放せ、放せぇっ!!」

魔物B「勿体ねぇなぁ、乳も肉付きも申し分ねぇのにこんな傷だらけの肌じゃなぁ…… まぁ、犯る分には問題ねぇがな!」

魔物C「こっちは乳が全然ねぇ!でも、どこもかしこも小せえから締まりは良さそうだぜ!!」

女武闘家「うるさい……!」

魔物D「どーしたど−した!?頼みの魔法が使えなきゃあ俺たちが怖くて何も喋れねぇのかぁオイ!!」

女魔法使い「……呆れてんのよ。女なら異種族でも興奮できるアンタ等のド低能さにね」




6: 2017/08/05(土) 06:35:33.62 ID:lElhiIZt0

魔物E「にっくき勇者様のおっぱい御開帳〜!おいおい、見てみろよ!こいつぁすげぇぜ!」

魔物F「結構デケェじゃねぇか!色気のない服の下に隠しとくなんざ何て勿体ないことしてやがったんだ!!」

女勇者「くっ…… ば、馬鹿にしてぇ……!」

魔物A「ゲッヘッヘ、あれだけ憎らしかった勇者様御一行もこうしてみればただの女じゃねぇか!可愛いもんだぜ!!」

魔物B「ああもうたまらねぇ!さっさと犯っちまおうぜ!!」

「――――そこまでだ」

魔物C「なっ!?なんだテメェはよぉ…… グ…ズ…ギャァァァァム!」

魔物達「ウボァー」グフッ・・・・ カメェーッ チチモマセロー・・・・

魔王「溢れ出す力だけで魔物たちを蒸発させる…… とうとう姿を現したな、神め!」

女勇者「か、神様……?」

神「化物を倒すのは人間だ、人間でなくてはならぬ。それが私の決めた掟だ。だが……」

魔王「だが?」

神「貴様が化物を超えた何者かに相成った以上、最早人間の手には負えぬ。残念だが、特例で貴様は私が倒す」

魔王「私を倒す?世迷言を……」




7: 2017/08/05(土) 06:37:45.43 ID:lElhiIZt0

神「此の世の全てを創り上げた私に対してその物言い…… 世迷言かどうか、確かめてみるがよい」

魔王「良かろう。望むところだ」

神「貴様の思い上がり、今此処で正し塵芥も残さず滅してくれよう」

魔王「今此処でだと?それでは面白くない」

神「何?」

魔王「此処は魔界、地の利は我にある。この状態で貴様を殺しても、それは我にとって満足のいく勝利ではない」

神「その言葉、後悔するで無いぞ。良かろう、ならば決着の地は己が力しか通用せぬ絶対領域!」

魔王「いざ開け次元の扉よ!狭間の門よ!彼の地の名は……」

神「完全世界・ID腹筋スレ!画面の前の者らよ、>>1の彼奴らの台詞の一文字目を、カギカッコ直後の文字を上から順に縦読み詠唱せよぉぉおオオオ――――ッッ!!」

魔王「それこそが完全世界へ至る為の呪文!そして儀式!【よウこそあいデ威覆今好レへ!】=【ようこそあいでいふっきんすれへ!】=【ようこそID腹筋スレへ!】!!」

  ∧,,∧
 ( `・ω・)ようこそID腹筋スレへ!
 / ∽ |
 しー-J
ここはとりあえず書き込み、出たIDの数字の回数だけ基本の100回に+αして腹筋をするという、
きのこの山派なトレーニングスレです。
例1 ID:wwh7KM12 ID抽出 の場合 7+12=19 なのでそこに基本の100回を足して119回頑張りましょう。
例2 ID:bicycle. ID抽出 の場合 数字がないので基本の100回頑張りましょう。
さあ、最低100回は腹筋するがよい↓(`・ω・´)




8: 2017/08/05(土) 07:20:11.04 ID:5glPaT1SO

したから続きはよ




10: 2017/08/05(土) 12:26:19.13 ID:OjPRzrZY0

腹筋100回程度ならすぐ終わるから続きはよ




12: 2017/08/05(土) 17:30:44.59 ID:lElhiIZt0

やあ (´・ω・`)
ようこそ、ID腹筋スレ休憩室へ。
このプロテインはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、やっぱりSSの王道と言えば勇者・魔王もの、1回は書いておかないとだし
去年のはネタバレまで長過ぎたのか腹筋スレだと気付いてもらえなかった可能性が高い。
なので、今回はシンプルに勇者・魔王ものでオチまで短いのを
そう思って、このスレを立てたんだ。

じゃあ、プロテインしかないけど注文を聞こうか。




13: 2017/08/05(土) 23:38:16.93 ID:OjPRzrZY0

もう腹筋終わったから続きはよ




15: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 18:02:30.39 ID:kL6DZIbo0

以下
>>6 ifルート




16: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 18:09:32.73 ID:kL6DZIbo0

魔物E「にっくき勇者様のおっぱい御開帳〜!おいおい、見てみろよ!こいつぁすげぇぜ!」

魔物F「結構デケェじゃねぇか!色気のない服の下に隠しとくなんざ何て勿体ないことしてやがったんだ!!」

女勇者「くっ…… ば、馬鹿にしてぇ……!」

魔物A「ゲッヘッヘ、あれだけ憎らしかった勇者様御一行もこうしてみればただの女じゃねぇか!可愛いもんだぜ!!」

魔物B「ああもうたまらねぇ!さっさと犯っちまおうぜ!!」

魔物達「ウォォオオオオオオオ――――ッッ!!!」

魔物E「オラァッ!太腿ガバッと広げろやぁ!!」

女勇者「くそっ、離せ!僕から離れろぉ!!」

魔物E「ぐへへへへ、ぴっちりスリットが閉じてるな。かわいそうに、これから先二度と閉じるこたねぇんだろうな!」

魔物F「よーく見とけよ!お前が女になる瞬間を!!」

魔物E「ちょっと待って、何で処女と決めつけてるのん?」

魔物F「えー、だってその方が嬉しいじゃーん」

魔物E「お前の希望かい!」

女勇者「ば、馬鹿にして!」

魔物F「おーすまんすまん、待たせて悪かったな。ほれ、今このビッグマグナムをブチ込んでやるぜ!!」

女勇者「ちがっ、違う!待って、待ってよ!?」

魔物F「男の前で股を広げてそりゃねぇよ、姉ちゃん!」

女勇者「ひぎゃぁああああっっっ!!?」

魔物F「おほぉぉぉう…… すげぇキツマンだぜぇ……」

魔物E「おーおー、かわいそうに。大口開けて叫んじゃって……ねぇ!」

女勇者「ふぐっ!うぅぅううっ!!?」

魔物F「かわいそうとか言いながらクチマンにチ〇ポ突っ込んでんじゃねーよ」

魔物E「いやぁ、あれだけ大きく口開けてりゃ突っ込んでやらねぇほうがかわいそうだろ?」

魔物F「違ぇねぇ。そーら、動くぞぉ?しっかり味わえよ初めてのチ〇ポ」

女勇者「ふぐっ、ぐっ、ぐ、ふぎゅっ、がっ、はぁぁ……!!」

魔物E「お、ほんとに初物だったん?いいなー、俺も勇者様の処女膜破りたかったなー」

魔物F「へへっ、お前にゃクチマンとケツマンの処女やるからそれで許してくれや」

魔物E「ちぇー、仕方ねぇな」

女勇者「おぶっ!ぶ、ぶぐぅぅ!ひぎゅっ!?ぎっ、ぎ、ぎひぃぃいいい!!!」」

魔物F「おいおい勇者様、もっと濡らしてくれよ!動き辛くてしゃあねぇよ」

女勇者「ふぐっ、ぐっ、ぐあぁぁああああっ、ああっ!!?」




17: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 18:18:02.54 ID:kL6DZIbo0

女僧侶「いや、いやぁああ…………」

魔物A「ふーひひひ、やわらかい上に感度がいいおっぱいたぁ全く神様万歳だぜ!」

魔物G「全くだ!ありがとよ神様、こんなドスケベオッパイを育ててくれてよ!!」

女僧侶「あう、うぅ…… あっ、あぁ、あんんっ!」

魔物A「ひょーひょひょひょ、おっぱいだけでこれだけ感じてるんだ。チ〇ポ突っ込んでやったらどうなるんだか」

魔物G「早速試してみようぜ!」

女僧侶「いやっ、いやぁぁあっ!!」

魔物G「暴れんじゃねぇって…… それじゃマ〇コ御開帳〜ってなんじゃこら」

魔物A「あー、お前こういう女とやったことねぇのか。これは教会がやってくれるありがたーいマ〇コ封じの魔術だよ」

魔物G「マ〇コ封じ!?」

魔物A[おう、だからチ〇ポは突っ込めねぇんだよ」

魔物G「Ω ナ ナンダッテー!!ΩΩ」

魔物A「しかし突破するやり方はある。要は指とかチ〇ポとかじゃなけりゃいんだ。そこで今回は神様のお力を借りする」

魔物G「おー、それは人間の教会に置いてある神様の人形」

魔物A「ほ〜ら喜べ〜、お前の大好きな神様が処女を奪ってくださるってよ」

女僧侶「そんな、いや、いやっ、いやぁああああ!!!」

魔物A「大好きな神様だろ!嫌がるんじゃねぇ……よっ!!」

女僧侶「ふぎゃあああああああああっっっ!!?」

魔物G「良かったなぁ、神様が初めての相手なんて。教徒冥利に尽きるってもんじゃねぇの?」

女僧侶「あ、ああ…… か、神よ…………」




18: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 18:37:13.79 ID:kL6DZIbo0

魔物C「くそっ!ちょろちょろと!!」

魔物H「逃げるんじゃねぇ!!」

女武闘家「……嫌、逃げる」

魔物C「ええい、ちょこまかと……!あ、そっちは」

女武闘家「……え?」

触手「ウネウネ」

女武闘家「くっ…… 纏わりつくな……っ!」

魔物H「あ〜あ、アレに捕まったんじゃしばらく手ぇ出せんな」

触手「ウニュルニュル」

女武闘家「なに、これ…… 力、はいらな……あぁん!」

触手「ニュチニュチ」

女武闘家「嫌…… 入って、くるな…… くぁぁっ!?」

触手「ムチュムチュ」

女武闘家「ち、くびっ!いやっ、あ、ああぁぁあああっっっ!?」

触手「ムニュルニュル」

女武闘家「ああっ、あ、あああっ!!?ふ、ふといのがっ、わたしのなかっ…… ふぁあああああっっ!!!」

触手「ヌラヌラ」

女武闘家「ふむっ!?んむっ、んっ、んむ、んむぅっ!?んふぅぅぅ……!?」

触手「シャッキリポン」

女武闘家「んぶっ、ぶふっ、ぷはぁっ!あっ、あんっ、やめっ、あんっ!あ、あ、あ、ああっ、あぁぁあああああっっっ!!?」

魔物H「うわー、えろー」

魔物C「……抜くか」




19: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 18:44:52.64 ID:kL6DZIbo0

女戦士「うあああっ!離れろ!離れろよぉ!!」

魔物B「くそっ!大した馬鹿力だぜ!!乳とマ〇コ見なけりゃ男にしか思えねぇよ!!」

女戦士「うるさいうるさいうるさぁいっ!!」

魔物I「けっ、今からチ〇ポ入れてやるからちったぁしおらしく……しろやぁっ!!」

女戦士「うごっ、ぐげぁぁあああああああっっっ!!?」

魔物I「おっ、こいつは意外だ。こんな男女でもチ〇ポの味は知っているらしいぜ」

魔物B「そんなわけねぇだろ。誰にも相手にされねぇから一人さびしく玩具に処女を捧げたんだよ」

魔物I「ぎゃはははははははっ!違ぇねぁ!!」

女戦士「がっ、がぁ、あがっ!あぎっ、ぐぎぃぃいいいいっっ!!!」

魔物I「おいおい、声まで汚いぜ。萎えるから口塞いでくれや」

魔物B「あいよ」

女戦士「ふぐぅぅうううううっっ!!?」

魔物I「うーい、戦士だけあっていい筋肉だわ。これであと少し女らしい身体だったら良かったんだけどな」

魔物B「一発抜いたら他の奴のとこ行くか?」

魔物I「お、それいいねぇ」

女戦士「ふぐっ、ぐ、ぐふっ、ふぅぅ…… うっ、う、うぅぅぅ〜」

魔物B「あ、こいつ泣いてるぜ?ちっとも女らしくねぇって言われたのがきつかったみたいだぜ」

魔物I「ぎゃはは、心の方は女らしいどころか女々しいみたいだな!」

女戦士「ふぎっ、ぎっ、ふぐぁっ、がっ、がはっ、はぎぃぃいいいいっっ!!」




20: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 18:50:01.51 ID:kL6DZIbo0

女魔法使い「……まったく、ド低能の上に腰も乱暴に振るだけ。おまけに粗チンときたもんだわ」

魔物D「ぐっ、この女マ〇コとケツにチ〇ポ突っ込まれてるのに平然としてやがる!」

魔物J「くそっ!舐められてたまるかってんだ!!」

女魔法使い「あら、じゃあアンタにはフ〇ラチオしてあげないわ。舐められたくないんでしょお?こんな風に…… れろぉ」

魔物K「ふぉおおっ!お、おおうっ!?」

魔物D「ち、畜生!チクショウチクショウチクショウ!!」

魔物長「あーあ、まったくなにやってんだか」

女魔法使い「れろぉ…… あら、アンタも相手してほしいの」

魔物長「いいかお前ら、余裕ぶってる女には腰を動かすよりその余裕を突き崩してやった方がいいんだ」

女魔法使い「ひぎっ!ち、乳〇抓って、な、なにする気……?」

魔物長「なーに、このギザギザの針を…… 乳〇にプレゼント」

女魔法使い「ひぎゃあああああああっっ!!?」

魔物長「刺すだけじゃ終わらないよ〜?そら、乳〇の穴で針セ〇クス針セ〇クス」

女魔法使い「ひぎゃっ!?がっ、ひ、ひだいっ!やべてっ、やべてぇぇえええっっっ!!?」

魔物長「ほら、こういうときにマ〇コとかケツ孔ほじり回してやるんだよ」

魔物D「お、おう!」

女魔法使い「おうっ、おう、おごっ、ごっおっ、ふごぉぉおおおっっっ!!!」

魔物長「やり方はわかったなお前ら?じゃ、俺は行くから最後におまけの乳〇ドリル」

女戦士「やべ、やべてぇ!じぬっ、しんぢゃうぅぅ……っ!うぎっ、ひっ、ひ、ひぎゃああああああっっっ!!!」




22: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 20:25:34.00 ID:kL6DZIbo0

―――――
―――


女勇者「お、おごっ、ごっ、おごぉぉ……」

魔物E「う〜ん、いい声だねぇ。どうだい?マ〇コとケツ孔同時に犯された感想は?」

女勇者「ふぎっ、ふぎぎぎぎ……っ!」

魔物E「おい、答えろよ!!」

女勇者「ひぎゃぁああっ!いっ、痛い!痛いれすぅぅううっ!!!」

魔物E「痛い?違うだろ?痛いっていうのはこういうのだよ!!」

女勇者「ふげぇっ!?ひ、ひぃぃ…… お、おなか殴らないでください……」

魔物E「うん、じゃあもう一回聞くぞ?二本挿しされた感想は?」

女勇者「き、きもちいいです…… オチ〇ポきもちいいです……」

魔物E「そうかそうか〜、じゃ、激しく動いてもっと気持ちよくしてあげるから……ねっ!」

女勇者「ひぎぃっ!?ぎっ、ぎ、ひぎっ、うぎぃぃいっ!ぎぃっ、ひぎぃぃいいいいっっっ!!!」

魔物F「まったく鬼畜だこと。ま、俺も腰動かしてるんだけどな」

女僧侶「ああっ、助けてかみさま!かみさまぁああああっっ!!」

魔物A「う〜ん、抱かれてる相手のことそっちのけで別の奴のこと考えちゃう?妬けるねぇ」

魔物G「まったくだぜ。オイ、このアマッ!!」

女僧侶「あぎっ!お、おっぱい潰さないで……」

魔物G「おい、お前は今何してるんだ?言ってみろよ」

女僧侶「ひっ、ひっ、ま、魔物に、お、犯されています……」

魔物A「ちょっと違うなぁ。お前は今セ〇クスしてるんだ。教会で禁じられてるセ〇クスだよ」

魔物G「それも魔物とセ〇クスしてるんだぜ?神様がそんな女を助けてくれるわけねぇだろぉが!!」

女僧侶「ひっ、いや、いやいやいや、いやぁあああああああっっっ!!!」

魔物A「泣いてんじゃねぇよ!さっさと自分で腰動かせよ!!」

魔物G「もうお前が助かる道は俺たちを気持ち良くする以外ねぇんだからよ!」

女僧侶「ううぅぅ…… うぐっ、ぐっ、ぐ…… こ、こうですかぁ……? ぐ、ふぐっ、ぐぅぅう……」




23: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 20:48:50.64 ID:kL6DZIbo0

女武闘家「いたいっ、いたいいたいいたいっ!さける、さけてしまうぅ…… うぎっ!?」

魔物C「まぁ、さっきの触手よりだいぶ太いからなぁ俺らのチ〇ポ」

魔物H「それな。こんなちっこい身体には無理があるだろうな」

女武闘家「だ、だったら、抜いて…… 抜いてぇぇえ……」

魔物C「ええ、たっぷり抜かせてもらいますとも」

魔物H「別の意味で、なぁ!!」

女武闘家「ふぎゅぅぅうううううっっっ!!?」

魔物H「触手プレイを散々見せつけられてこちとら収まりがつきますかってんだ」

女武闘家「ふぐっ、ぐっ、ぐぎっ、がっ、がぁぁあああっ!ふぎゃぁぁあああっっっ!!!」

魔物C「おー、締め付けキッツ。流石武闘家、鍛えられたいいマ〇コです」

魔物H「柔軟性にも優れているようです。この分なら多少の無茶にも耐えられるでしょう」

女武闘家「がっ、あがっ、がっ、ぐえっ、ぐげぇぇえええっっっ!!!」

女戦士「あぐっ、あ、あんっ、はぐぅっ!う、ふぅ、ふぎゅぅぅぅうっっっ!!」

魔物B「しかしナイスアイディアだな。こうやって袋被せりゃ男みたいな顔見ないで済む」

魔物I「傷だらけの肌も改めて血まみれにしてやりゃ気にならねぇしな」

女戦士「うぐっ、う、うぅっ、う…… ぷはぁっ!はっ、はっ、はぁはぁ……」

魔物B「あ、このアマ袋取るんじゃねぇよ!!」

魔物I「不細工な面見せんじゃねぇ!!」

女戦士「ぐげぇっ!?が、がは…… お、おげぇぇぇっ、げぇぇぇ……っ」

魔物B「げ、さっき飲ませたザー〇ン吐いちまった」

魔物I「汚ぇなぁ……」

魔物B「おらっ!テメェが汚したんだろ!!後始末しろ!!」

魔物I「おっと、手ぇ使うんじゃねぇぞ?舐めとれ」

女戦士「う、えぐっ、は、はい…… ぴちゃ、ぴちゃっ、じゅずず……」




24: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 20:59:37.33 ID:kL6DZIbo0

女魔法使い「う、ひぐっ、痛い、痛いよぉ…… ぐすっ、ひぐっ、ぐぅぅう……」

魔物D「まぁ、おっぱいがハリネズミみたいになってるしな。そりゃ痛いだろうな」

魔物J「うーん、これ以上おっぱいに刺すのはかわいそうだし…… クリ〇リスにでも刺すか?」

女魔法使い「ひぃぃぃっ!?」

魔物K「いや、それはやめとけ。下手すりゃ俺らのチ〇ポに刺さる」

魔物J「それもそうだな。でもどうする?コイツ痛めつけた方が締まりがいいぜ?」

魔物K「なに、こうして首でも絞めてやりゃあ……」

女魔法使い「うぐっ、く、う、うぅ…………」

魔物D「お、いい締まりだ!いいぜ首絞めックス!!」

魔物J「おいおい、死んじまったらどうするんだ?」

魔物K「なぁに、憎き勇者様御一行の一人だ。死んだところで仲間の敵討ちよ!」

女魔法使い「うぐっ、お、おごっ!ごっ、か、かふっ、ふっ、かは……」

魔王「…………」

側役「…………」

魔王「おい」

側役「は、はい!」

魔王「勇者どもに子が生まれそうになったら呼べ。それまでは我は一切関わらん」

側役「は、はっ……」

魔王(……神め、こうして勇者共を凌辱してやれば出てくるかとも思ったが)

魔王「虚しい。この空虚を勇者共の子は埋めてくれるのだろうか……」




25: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 21:12:22.87 ID:kL6DZIbo0

―――――数か月後

魔王「ふむ、最初に産みそうなのは勇者か」

側役「は、はぁ……」

女勇者「ま、魔王……」

魔王「随分と可愛がってもらったようだな。貴様らの国の最下層の娼婦でもここまで醜い性器はしておらぬだろう」

女勇者「ぐ……っ!」

魔王「む?」

魔物長「始まるようですな」

女勇者「ふぁっ、あ、はぁあああ…… うっ、あぁぁぁぁ……」

側役「破水ですな」

女勇者「うぐっ…… ぐぁ、あぐぅぅぅ…… うぎぃぃいい、いぃ……っ」

側役「腹の中を子がのた打ち回っているのでしょう」

女勇者「う…… くっ、くぅぅぅ…… うぐぅぅぅっ!!」

魔物長「ほれ、子どもが出たがってるぞ。イキんでひりだしてやれ」

女勇者「う、うるしゃい…… んっ、んふぅぅ〜〜〜っ!んぐぅぅぅ〜〜〜〜〜っ!!」

魔物長「そんなんじゃダメだ。ほらもっともっと!」

女勇者「うぐっ、ふぅぅう〜〜〜!ひっ、ひっ、ひぅぅぅうう〜〜〜〜〜!!」

側役「わかりませんなぁ。これほどの痛みに耐えながら産まれ出るのは憎い敵の子…… いっそ舌を噛み切って死んだ方が楽だったのでは?」

魔物長「それが母親ってもんなんですかね」

女勇者「ふぅぅ……んっ!ん、ぐぅぅ〜〜〜!!い、いぎっ、がはっ!おごぉぉおおおおっっっ!!?」

魔物長「お?」

側役「頭が出てきましたな」

女勇者「ひ、ひっ、で、出てきたのぉ…… あと、もう少しぃ…… ふぐっ、ぐぅぅ〜〜〜!!」

魔物長「そうだそうだ、もう少し頑張れ勇者様」




26: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 21:16:11.98 ID:kL6DZIbo0

女勇者「んっ、ふぅぅぅ〜〜〜っ!!ふーっ、ふーっ、ふぐぅぅうううう〜〜〜〜っ!!!」

魔物長「あちゃ〜、ひっかかってるなぁ」

女勇者「そんな…… 後少しなのにぃ…… んふーっ、ふーっ、んふぅぅううう〜〜〜〜!!」

魔物長「あーあ、暴れ出しちゃった」

女勇者「ひぎっ!?だ、だめ!お腹の中で暴れちゃダメェッ!!んぎっ、ひぎぃぃいいいい〜〜〜〜っ!!?」

魔物長「かわいそうに…… そんなでも気持ちよくなっちゃうんだねぇこの淫乱な母親は」

女勇者「いうなぁっ、あ、あはんっ!あぁん、しっ、しきゅうけらないれぇ!おかあしゃん、き、きもひよくなっひゃうからぁぁんっ!!!」

魔王「……五月蝿くてかなわん。引っ張り出してやれ」

側役「は、はっ!では…… ふぅん!!」

女勇者「ひぁぁああああああ〜〜〜〜〜っ!!!いくっ、イクッ!赤ひゃんうんでいっひゃうぅぅうう〜〜〜〜〜んんっ!!!」

魔物長「うわぁ……」

女勇者「おうっ、お、おおおっ、おんんっ!あはぁあああああ〜〜〜〜〜っ!!」

赤子「えひ、ひぎゃああっ!ひぎゃあああっ!!!」

側役「ふむ、元気のよい赤ん坊じゃ」

女勇者「んはぁ、あっ、はぁぁ…… んっ、はぁぁぁ…………」

魔王「……下等種族の子か。しかも人間の血が混じったことでさらに弱々しい魔物に成り下がっている」

側役「は、はぁ……」

女勇者「あひゃあ…… あ、あふっ…… ぼ、ぼくのあかひゃん…… あかひゃん……」

魔王「――――こんなものは要らぬ」

赤子「へぎっ」

女勇者「ああっ!?」

魔物長「……流石魔王様、母親の前で生まれたばかりの子供握り潰すなんて普通出来ねぇよ」

魔王「初産ということもある。後、二度三度と産ませろ。良いな?」

側役「は、ははっ……!」

女勇者「あはっ!あははっ!ぼくのあかひゃんころされひゃった!ころされひゃったぁ!!あはははっ!あはっ!」

魔物長「まぁ、そうなるわな……」

女勇者「ああ、ぼくのかわいいあかちゃん…… ああ…… あはっ、あはははは!あはははははっっ!!!」




27: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 22:12:16.85 ID:kL6DZIbo0

――――さらに数か月後

魔王「まだ産まれぬと?」

側役「え、ええ…… 状況的に見てももうとっくの昔に生まれていてもよいはずなのですが」

魔王「あれから戦士や魔法使いも子を産んだがどれも下等生物でしかなかった。二回目の此奴には期待しているのだが」

側役「はぁ、そう仰られましても……」

女勇者「うふふ、僕のかわいい赤ちゃん…… ずっとお母さんの中で守ってあげるからね…… うふふ」

魔王「……もう生まれていてもよいのだな?」

魔物長「おいおい、まさか魔王様……」

女勇者「んほぉぉぉおおおおぉぉおおおおおおおおっっっ!!!?」

魔王「子は産むものである。何時までも腹の中に居るものではない。手伝ってやるから膣の力を抜け」

女勇者「おほぉぉ…… しゅごい、あかちゃんとまおうのうでぇ、なかでぐりゅぐりゅしてぇ…… ひゅごひぃぃい〜〜〜〜っ!!」

魔王「……母親がこれでは腹の子はまた碌でもないであろうな」

女勇者「ふぁぁああん、ああん!こ、こんなのされたらいっひゃう、いっひゃうよぉぉお〜〜〜〜!!」

魔王「達しても構わん。いいから産め」

女勇者「う、うん!わかっひゃ、いく、いっひゃう!こんなのされたらがまんできなひぃぃいいいっっ!!!」

魔王「抜くぞ」

女勇者「あっ、あぁぁあああっ!しゅごいのくりゅっ、しきゅうにしゅごいのくりゅくりゅくりゅくりゅううぅぅうううっ!!!」

魔王「……ふん!」

女勇者「イグゥゥウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッッッ!!!!」

魔王「これは……」

肉塊「――――」

女勇者「ふぎぃぃぃぃいいいいいいいいいっっっ!!?」

側役「むむむ……」

女勇者「んほぉぉお、おぉおおおんっ!おほぉぉ…… うまれたぁ、おま〇こからあかひゃんでひゃったぁぁ…… あぁんっ!」

側役「……死んでおりますな」

魔物長「腹ン中に居過ぎたんですかね?ピクリともしませんな」

女勇者「ふひぃ、ひぃぃ……きもひい、あかひゃんうむの、きもひぃぃい…… いぃぃぃいいんっ!!」

魔王「……つまらん。どこかに捨てておけ」

側役「は、ははっ……」

女勇者「へぁ…… あひ…… あう…… うあ…… ひぅぅ………」




28: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 22:34:16.74 ID:kL6DZIbo0

―――その夜

魔王(――――む?)

魔王「魔力が次々と消え、一つの力が大きくなっている…… 何事だ?」




29: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 23:15:45.72 ID:kL6DZIbo0

魔王「何があった!」

側役「そ、それが何があったのか、誰もおらぬのです……」

魔王「むっ!」

肉塊「―――――」

側役「あ、あれは一体……?あんな巨大であんなに醜い魔物など私は知りませぬ!!」

魔王「ふむ、あれはどこかで……」

側役「こ、こちらに来ますぞ!」

魔王「確かめてみるか……」

側役「ま、魔王様!?私など掴んで一体何をぉぉぉぉおおおおおお〜〜〜〜〜っっ!!!」

肉塊「――――えふっ」

魔王「喰らったか…… 成程、矢張りこれが原因か」

女勇者「……うふふ」

魔王「勇者!?」

女勇者「見て、魔王…… かわいいでしょう?僕の赤ちゃん。もうこんなに大きくなったの……」

魔王「見たことがあると思えば…… そうか、あれはあれで生きておったのか」

女勇者「うふふ、こんなに大きくなったのにまだ甘えん坊さんなんだ〜」

肉塊「――――えふっ」

女勇者「えぇ?まだおっぱい欲しいの?しょうがないなぁ〜」

魔王「待て!勇者よ、その肉塊は……」

女勇者「ほら、抱っこしてあげるから…… うふ、うふふふふh」

肉塊「――――えふっ」

魔王「狂気に囚われたとはいえ腐っても神の御子、その力を取り込めば……」

肉塊「――――えふっ、えふっ」

魔王「ええいっ、先ほどまでとは比べ物にならん力を得よったか!だが……っ!!」

肉塊「――――」

魔王「その程度では我が足元を見上げるのが関の山だ!!吹き飛べぃっ!!」

肉塊「――――!?」




30: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 23:26:03.77 ID:kL6DZIbo0

魔王「――――我が望んだのはあのような意思すらない肉塊ではない。血沸き肉躍る本気の戦いというものを…… む?」

肉塊「――――」

魔王「馬鹿な…… まだ動いているだと」

肉塊「――――えふっ」

魔王「とはいえ肉の殆どを失っておる…… 少し永らえただけか」

肉塊「――――えふふっ」

魔王「なっ!?」

魔王(迂闊っ!奴の大きさを見誤っていた!!まさか我が足元の地下にまで広がっていようとは……っ!?)

魔王「だが我を侮るな!このてい、どぉ……?」

魔王(んなぁ…… こ、これはぁ、まじゅい…… ふれられただけでぇ、いっしゅんでちからぁ…… あぁんっ!)

魔王「……んひっ、ひ、ひぁぁぁああああああっっ!!?」












――――そうして勇者の子は父を喰らい母とその仲間を喰らい、敵である魔王をも喰らった
――――それだけに飽き足らず母らの守りたかった人間も、逃げ延びた魔物も全て喰らった
――――やがて、その子は木を森を土を風を海を空を神を喰らい遂には星其の物を喰らった
――――後には何も残らなかった、その子も含めて何一つ残りはしなかった、どっとはらい




31: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/06(日) 23:40:39.34 ID:kL6DZIbo0

(´・ω・`)
ん〜やっぱりね
女の子があまりにも
不幸すぎる話じゃ
自作とか関係なく
抜けないのよね





もいっこ別ルート書いてもいい?




32: 2017/08/06(日) 23:44:29.31 ID:I1yvbQfv0

どうぞお望みのままに




33: 2017/08/06(日) 23:46:53.53 ID:6JgWXDzF0

いいぞー




37: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 21:26:28.73 ID:wE+qZyvf0

ありがとー
というわけで>>3からの別ルート
あと粗品
(´・ω・`) つプロテイン




38: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 21:30:41.57 ID:wE+qZyvf0

女勇者「あぐっ、うぅっ…… な、何これ……」

女戦士「何だよこの首輪…… クソッ!」

女僧侶「私達の魔力が抑え込まれてる……?」

女武闘家「と、取れない……」

女魔法使い「この魔力の発現に抑制をかけてくる感じ…… まさか!?」

魔王「そう、レガリアだ。尤も魔力の抑制力は神如きが創った玩具と桁が大きく違うがな」

女僧侶「そ、そんな…… こんな首輪にレガリア以上の力があるなんて……」

魔王「その程度の玩具に大きさ形装飾は関係ない。それに囚われの身である今の貴様らには武具より首輪の方が相応しかろう?」

女武闘家「悪趣味……」

女戦士「くっそ…… 一思いに殺せぇ!!」

魔王「それでは面白くないと言ったではないか」

女魔法使い「……ここで私達を殺さなかったこと、絶対に後悔させてあげるわ」

魔王「貴様の腹から産まれてくるのが取るに足りぬような魔物であったら後悔もしよう」

女勇者「……ねぇ、どうして手下に犯らせようとするの?」




39: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 21:43:03.45 ID:wE+qZyvf0

魔王「なに、我にとって貴様らは取るに足りぬ存在だが奴らにとっては憎い仲間の仇である。その溜飲を下げさせてやるためよ」

女勇者「……嘘だね」

魔王「ふむ、何故そう思った?」

女勇者「そうやって偉ぶってるけど本当は怖いんだろ?だって、僕達がお前の子どもを産んだら最強の魔物と神の加護を受けた人間との子どもになるんだから」

魔王「それが?」

女勇者「お前は自分の子供が自分より強くなるのが怖いんだろ!だから手下に犯らせようとするんだ!!自分の立場を脅かされたくないから!!!」

魔王「…………」

女勇者「どうしたの?何で何も言わないの?そりゃそうだよね、図星なんだもん!何も言い返せるわけないよね?」

魔王「……呆れて声も出なんだだけよ。そうやって我の怒りを買って殺されたいのだろう?辱めを受けるくらいならいっそ、と」

女勇者「うっ……」

魔王「そもそも神の力を我が恐れているのであれば、今頃貴様らを塵一つ残さず入念に殺しておるよ。そうであろう?」

女勇者「う、ぐぐぐ……」

魔王「貴様の思い通りになどならん。ただ、今の話に少し興味が湧いた」

女勇者「なに……?」




40: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 21:52:30.53 ID:wE+qZyvf0

魔王「この魔王と神の御子の間に産まれし子、その力が如何程のものになるのかな……」

女勇者「え……」

魔王「済まぬな皆の者、気が変わった。勇者共は我が妻とする」

魔物達「ええー…………」マジカヨ チチモマセロー ソリャネーヨマオウサマ

魔物B「チッキショウ!あれだけ煽っときながらこれかよ!!」

魔物C「おい、あまり畏れ多いことを言うな!さっき見ただろ?魔王様の恐ろしさを」

魔物A「ご機嫌を損なわない方が身のためだぞ。早死にしたくないならな……」

魔王「……さて、では行くか。我が妃達よ」

女戦士「妃だと!?ふざけんな!!!」

女僧侶「そんなこと、許されません!」

女武闘家「……駄目、舌噛み切れない。首輪のせい?」

女魔法使い「そりゃそうよ。だってこれ魔力の抑制以外に身体を拘束する力もあるもの」

女勇者「でも、これってチャンスかも……」

一同「「「「え?」」」」




42: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 22:03:54.55 ID:wE+qZyvf0

女勇者「妃になるってことは手下たちの相手をさせられるんじゃなくてずっと魔王の近くにいるってことだよね?」

女戦士「う〜ん、近くにいりゃあアイツの寝首を掻くチャンスがあるってか?」

女勇者「そう!」

女魔法使い「現実はそんなに甘くないわよ。この首輪、私たちの反抗も許さないようになってんのよ」

女武闘家「舌、噛み切れなかった。自殺もできない」

女戦士「最悪だ、ほんと悪趣味だな……」

女僧侶「……でも、もしかしたら拘束が緩む瞬間がその内あるかもしれませんよ?」

女魔法使い「そんなチャンスなんていつ巡り合えるのかしらねぇ……」

女勇者「それは……」

女魔法使い「まぁ、この首輪については随時調べていくわ。チャンスを待つんじゃなくてこっちからチャンスを作ってやるのよ」

女戦士「そりゃあいい。待ってるだけじゃ何時までかかるかわかんねーしな」

女魔法使い「でもあんまり早い解決は期待しないでよ?これを調べてるのがバレたらもっと強力な奴に変えられるかもしれないんだし」

女武闘家「それでも、がんばって」

女魔法使い「あんたに言われるまでもないわ」





43: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 22:13:57.24 ID:wE+qZyvf0

女勇者「……多分、これから先辛いことだらけだけど皆心を強く持って。いつか来るチャンスを待つんだ」

女僧侶「勇者様……」

女勇者「あの時、最終魔法を使う覚悟を決めた時点で僕たちはもう死んでいる。でも、僕たちだけが死ぬわけじゃない」

女武闘家「魔王も、道連れ……」

女戦士「ああ、アイツに世界を好き勝手になんてさせてたまるか!」

女僧侶「この世界のために…… 覚悟はできました」

女魔法使い「……ふん」

魔王「どうした妃達よ、早くこちらへ来ぬか」

女勇者(魔王、僕たちは絶対に負けない!)

女戦士(精々全部お前の思い通りになってると気を良くしてればいいさ)

女僧侶(でも、貴方が私達に心を許して油断を見せたその時は……)

女武闘家(素首、貰い受ける……!)

女魔法使い(さて、ホントに上手くいくかしらね?この魔王相手に……)




44: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 22:21:54.29 ID:wE+qZyvf0

―――――
―――


女武闘家「――――で、どうして私達、ドレス着てるの……?」

魔王「夫が妻を美しく飾り立てたいと思うのは不自然か?」

女戦士「誰がいつお前の嫁になったんだっての!」

魔王「つい先ほどだ」

女僧侶「つい先程って…… 夫婦とは愛し合うものが神の許しを得て」

魔王「神の許し?何を馬鹿な、愛無き相手と夫婦になるのは貴様らの国でもよくあることであろう?政治だの権力だので顔すら知らぬ相手と結婚するではないか」

女魔法使い「何で魔王がそんなことまで知ってんのよ」

魔王「なに、貴様らの国に潜り込んでいた時があってな」

女勇者「僕らの国に?」

魔王「只滅ぼすだけでは面白くないのでな。人間とはどのような生き物か、どうすればより我を楽しませられるかと観察していた」

女武闘家「悪趣味……」

魔王「であるか」




45: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 22:28:19.85 ID:wE+qZyvf0

女戦士「で?俺にまで似合いもしないドレスなんか着せやがって何がしたいんだ?嫌がらせか?」

魔王「謙遜するな、よく似合っているぞ?鎧に身を包んでいる貴様も研ぎ澄まされた刃のように凛として美しいが、今はまるで可憐な花のようだ」

女戦士「……そりゃどーも。ま、魔界の花なんて碌なもんじゃねーだろーが」

女勇者「それで結局、こんなことをして僕たちに何をさせたいの?」

魔王「知れたこと、食事だ」

女魔法使い「食事ね…… ちゃんとこのドレスに相応しいディナーが出てくるのかしら?」

女武闘家「きっと、魔物の餌……」

魔王「聞き捨てならぬな。貴様らの国では伴侶に家畜の餌を食わせるのか?」

女僧侶「そんなことはしません」

魔王「それと同じだ。安心しろ、普通の食事だ」

女魔法使い「その『普通』は誰にとっての『普通』?私たち人間の?それともアンタ達の?」

魔王「貴様らよりだ。さて、食堂に着いたぞ、好きな場所に座るがいい」

女僧侶「ホントに普通のお食事ですね、私たちが普段食べているような…… いえ、寧ろ高級料理?」

女武闘家「人間が、使われてる、かも……」




46: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 22:35:47.43 ID:wE+qZyvf0

魔王「そんなものを食べるのは悪食の者だけだ。ああ、毒も入っておらんぞ」

女勇者「毒じゃなくて変な薬が入ってるかもしれない」

魔王「そのようなことはせぬよ」

女戦士「ほんとかぁ?」

女魔法使い「んむんむ…… 薬とか入ってる感じはしないわ」

女武闘家「食べてる……!?」

女僧侶「大丈夫なんですか!?」

女魔法使い「さぁね?でも、そもそも魔王がその気になれば首輪の強制力とかで無理矢理食べさせられんだから諦めて普通に食べればいいのよ」

魔王「そのようなこともせぬよ」

女魔法使い「どうだか?まぁ、どうせアンタのことだからそんなことをしても面白くないとかいうんでしょ」

魔王「ほう、わかっておるな」

女魔法使い「いいえ、やれすぐに面白い面白くないと仰られる魔王様のお考えは余りに貴くて私にはさっぱり理解できませんわ」

女勇者(……とにかく、どんなことがあっても魔王を倒すと決めた以上しっかり食べて体力付けないと)

女勇者「いただきます!」




47: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 22:42:08.19 ID:wE+qZyvf0

―――
――


女勇者「――――普通に美味しかった」

女僧侶「寧ろ、普通よりも美味しかったくらいでした」

女戦士「結構豪勢だったよな。この旅を始めてからあんないいもん食ったことがあったかどうか……」

女武闘家「いよいよ、目的が、わからない……」

女魔法使い「お菓子の家の魔女だったらわかるんだけど。丸々太ったところを食べるためとかね」

女僧侶「魔王の言葉を信じるなら伴侶に対する当然の扱いってことになりますけど」

女戦士「在り得ねぇ。絶対そんな理由じゃねぇ。何か別の目的があるに決まってる」

女武闘家「薬はないけどあれ食べると、子どもができやすい、とか……」

女勇者「そうかもね……」

女魔法使い「ま、それだとこのドレスの意味が分かんないけどね」

女僧侶「……趣味?」

魔王「最初に言った通りだというに」




48: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/07(月) 22:49:54.00 ID:wE+qZyvf0

女魔法使い「それにしても魔王様の御心はとても広いのですね。これだけ私たちが生意気な口をきいても気にも留めないようで」

魔王「その程度も出来ぬ器量であれば王など勤まらんよ」

女戦士「どうだかな、この首輪で言うこと聞かせられるから余裕ぶってるだけだろ?」

魔王「なら、そういうことにしておこう」

女武闘家「余裕綽々、むかつく」

女勇者「……だね」

魔王「今言った通り貴様らの物言いを咎める気はないが、叶うならもう少し棘のない言動は出来ぬものか?」

女僧侶「そういうのをお望みでしたら、首輪の力を使えばいいじゃないですか」

魔王「……おいおい慣れていってもらうとするか。さて、この後はどうする?我としてはもう少し食後の歓談を楽しんでもよいのだが」

女魔法使い「謹んでご遠慮させて頂きますわ」

女戦士「右に同じ」

魔王「残念だが他の者達も聞く必要はなさそうだな。そこの、妃達を寝室まで案内してくれ」

側用人「ははっ…… お妃様方、どうぞこちらへ」

女戦士「へいへい、誰がお妃さまだっつーの」




50: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/08(火) 20:40:04.94 ID:AKj4Qzft0

―――――
―――


女勇者「てっきり牢屋にまとめて放り込まれると思ってたんだけど、個室かァ……」

女勇者「うわっ!?ふっかふか!なにこのベッドふっかふか!!」

女勇者「寝心地すごいいい!いいよこれ!こんなの宿屋でいくら出したら寝れるの!?……ってドレス皺になっちゃうじゃん!!

女勇者「……なんでドレスの心配してんだろ。どーせ魔王の変な趣味に付き合わされてるだけなのに」

従者A「よろしいでしょうか?」

女勇者「ひゃいっ!?」

従者A「今夜はもうお休みになられるということでお召し替えをさせていただきに参りました」

従者B・C「「参りました」」

女勇者「そ、そう。ちょうど良かった、着替えたいなぁって思ってたところで……ん?」

従者A「それでは」

従者B「それでは」

従者C「ではでは」

女勇者「わ、わわっ!?ちょっ、ちょっとぉ!?」




51: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/08(火) 20:53:16.16 ID:AKj4Qzft0

従者A「お疲れさまでした」

従者B・C「「でした」」

女勇者「あれ、もう着替え終わってる。ドレスの時といい、いつの間に……」

従者A「とても良くお似合いですわ」

女勇者「これナイトドレス、っていうんだっけ?こんなの貴族の娘さんとかお姫様しか着ないよ……」

女勇者(これにしてもさっきまで着てたのにしても、まさか僕が女の子らしいドレス着ることになるなんて思ってなかったなぁ……)

従者A「お気に召したようでなによりです。それでは」

従者B・C「「それでは」」

女勇者「あ、次からはノックしてから入ってきて!びっくりするから!」

女勇者(……今、ドア開けないで出てった。あと、あの魔物たちよく見たら顔がなかった。幽霊系なのかな?)

女勇者「それにしても、なんかスースーすると思ったらなんか凄い下着だ…… 小さすぎだしこれホントに下着?あ、ノック」

魔王「入ってもよいか?」

女勇者「魔王……!」




52: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/08(火) 21:02:20.68 ID:AKj4Qzft0

魔王「入ってもよいかと聞いている」

女勇者「どうせイヤ、って言っても入ってくるんだろ?さっさと入ればいいじゃないか」

魔王「つまり入室は許されたということだな?邪魔するぞ」

女勇者「…………」

女魔法使い『いい?アイツは何でか知らないけどあっさり事が進むのを嫌ってる傾向がある』

女魔法使い『多分だけど魔法や魔力、薬なんかを使ってこないのはきっと私達を一発で堕とすのがつまらないと考えているから』

女魔法使い『でも、流石に一度に私たちを口説くのは難しいと思ったんでしょうね。だから個室に分けることにした』

女魔法使い『つまり、魔王の人心掌握術に対し一人で立ち向かうしかないってわけ。みんな、気をしっかり持つのよ』

女勇者(うん、大丈夫。僕は負けない……)

女勇者「…………」

魔王「ふむ、それも良く似合っているな。我の見立てに間違いはなかった」

女勇者「馬鹿にしてる?」

魔王「いいや、美しいものがより美しく飾り立てられているのだ。感嘆の声も出よう」

女勇者「嘘だね。憎い敵相手に美しいだなんて」




53: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/08(火) 21:12:29.64 ID:AKj4Qzft0

魔王「憎い敵、か。先にも言ったが我にとって貴様達は昨日まで取るに足りん存在でしかなかったのでな。憎いまでには到底至らぬ」

女勇者「なっ……」

魔王「はっきり言ってしまえば貴様らが我が城に来るまで顔も知らんかったほどだ。憎みようもない」

女勇者「憎くないなんて嘘だ!僕たちはお前の部下をたくさん殺してきたんだぞ!憎くないはずがあるもんか!!」

魔王「強い者が生き残るのが世の理だ。奴らは貴様達より弱かっただけのこと、そこに憎しみや恨みなどない」

女勇者「そんなはずない!僕はお前のせいで死んでいった人たちのことを思うと怒りが収まらない!!」

魔王「それは貴様達が人間共から愛されていたからだ。我に対抗し得る唯一の希望として願いを託し思いを募らせたからだ」

魔王「その人間共の愛に報いようとして貴様は我への怒りを募らせてきた。つまりはそういうことだ」

女勇者「愛……?」

魔王「しかし、我は違う。我の下に集っている者達は我への敬愛や賛仰で従っているのではない。我の力に怯え畏まっているだけに過ぎん」

魔王「故に誰も我と目を合わせようとはせぬし、我を思っての言葉も吐かん。そんな奴らにどうして情を移せようか?」

女勇者「…………」

魔王「貴様達は違う。絶対的な力の差を前に恐怖に竦み上がりながらも我を睨んでいた。恐怖を押し殺し震える目で我を睨みつけていた」

魔王「初めてだった。我の目を真っ直ぐ見据えてくる者と出会ったのはだ。あの瞬間、我は貴様達に興味を持ったのだろうな」

女勇者「……で、興味を持った結果が僕達に自分の子を産ませよう、だろ?美しいとか綺麗とか言っても興味があるのはそれだけなんだろ」




54: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/08(火) 21:27:01.59 ID:AKj4Qzft0

女勇者「ていうか最初は部下たちにやらせようとしてたし、今更何を言ったってどれも全部嘘にしか聞こえない」

魔王「そう言われればそうだな」

女勇者「もう余計なことはもう言わなくていい。やるならさっさとやりなよ」

魔王「……そう急ぐな、まずは」

女勇者「なに?」

魔王「妃に迎えた女に対して首輪をさせているというのはおかしな話だ。指輪にしよう」

女勇者「指輪……?あ、首輪がない」

魔王「貴様らの文化では夫婦となった者は互いの左手の薬指に指輪をするものなのだろう?」

女勇者「そうだけど…… 悪趣味だね」

魔王「人間の儀礼に則ったつもりだが」

女勇者「それが悪趣味だって言うの」

魔王「そうか。まぁ、互いの趣味などは時間をかけて理解を深めていくことにしよう」

女勇者「僕はお前のことなんて理解したくない」

魔王「そうか、それは残念だ」

女勇者「そんなこと、全然思ってないって顔だよ?」

魔王「本当に残念だと感じているのだがな。では、貴様には我の顔がどう見えているのだ?」

女勇者「……僕のことなんてちっとも考えてない、自分のことしか考えてないって顔してる」

魔王「……そうか」

女勇者「ねぇ、下手な嘘なんかもうやめなよ。心の籠ってない言葉なんかじゃ僕の気持ちは動かないよ?」

魔王「つまり、言葉ではなく態度で示せと?」

女勇者「めんどくさい奴だなぁ…… もうお前の話相手するのも疲れた。好きにしなよ」

魔王「では、一応の合意は得られたということで……」

女勇者「っ!?」




59: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 20:35:40.28 ID:Pbbx7aSr0

女勇者(今の感触、アイツの唇、意外と柔らかくて、熱くて……じゃない!)

女勇者「今のキスの時、何かした……?」

女勇者(なんだこれ、身体が熱い……)

魔王「いや、ただ口づけしただけだが…… これでは先が思いやられるな」

女勇者「先って…… んぅぅっ!?」

女勇者(んっ、キスされてる最中って上手く息できない……)

女勇者「んふ、うぅぅ…… んうぅっ」」

女勇者(あ、これちょっとほんとに息ヤバイ、空気足りない!)

女勇者「んぁ、あふっ、ま、まお…… いき、いき……っ」

魔王「ふむ、すまんな。接吻も初めてだったのか」

女勇者「そ、そうだっ、んっ、ふ、ぅ…… ん、んっんっんっん……っ!」

女勇者(人が喋ってる最中に……!でも、これなら息継ぎできる)

魔王「息の仕方はわかってきたか?では」

女勇者「ん、ふっ、んぐっ?んん〜っ!?」

女勇者(え、これ、舌?舌を入れてきてる!?)

女勇者「んむぅぅう!!ぐっ、んぐううぅぅっ、んっ、んんん〜〜〜!!」

女勇者(い、嫌だ!気持ち悪い!気持ち悪いのに頭抑えられて逃げられない!!)

女勇者「れるっ、れろ、んぁ、あ、あっはっ、いや、舌っ、いやぁ、あっ、あむぅぅぅんんっ!!」

女勇者(口の中掻き回されて、舌吸われちゃって……)

女勇者「んちゅっ、ちゅっ、ちゅぱっ、んむ、ふ、ぐぅぅ〜〜〜っ」

女勇者(嫌なのに、頭ぼーっとしてきて、どんどん体が熱くなってきてぇ……)

魔王「ふふ、随分としおらしくなってきたな。可愛いぞ……」

女勇者「んふ、んぅ、くっ、ちゅっ、ちゅず、んじゅっ、んく、んくんく」

女勇者(魔王の唾、飲んじゃった。息も、苦しくて、わけわかんない……)

魔王「ほう、自ら舌を絡ませてくるか」

女勇者「んちゅっ、ち、ちがっ、んっ、ぅう…… いき、くるひくて、んっ、んむぅ…………ぷはっ」

魔王「では少し休むか」

女勇者「はっ、はっ、はぁ、はぁ…………」




60: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 20:40:28.41 ID:Pbbx7aSr0

魔王「その顔を見るに、初めての口吸いは気に入ってもらえたようだな」

女勇者「う、うるさい……」

魔王「初々しい反応だ。さて、続きを始めようか」

女勇者「ま、まてっ、ん、ちゅ、ちゅる…… ん、ん……っ!」

女勇者(まだ息も整ってないのに……!)

女勇者「な、あむ、ん、んん…… んちゅ、ちゅっ、んっんっんっ、ちゅば、あっ、はぁぁ……」

魔王「次は乳房も楽しませてもらうぞ?」

女勇者「んんっ……!?」

女勇者(え、おっぱいも!?キスだけで何かもうヤバイのに……!)

魔王「なかなかいいものを持っている。我の指を押し返す程の弾力ではないか」

女勇者(ん…… 魔王の手、熱い……)

魔王「ふむ…… 手の平に柔らかさだけでなく固い感触があるのだが」

女勇者「んく、そ、それは…… あ、はぁぁ…………ん」

魔王「そうか、先の接吻で感じて触れてもないのに乳〇を固く尖らせていたのか」

女勇者「うぅ、んっ、い、いうなぁ…… んああっ」

女勇者(嘘っ、今跳ねたときアソコがニチャッて…… 濡れてる)

魔王「確かに我が口に出さずとも此処がどうなっているかは貴様自身が一番よくわかっているのだな」

女勇者(好き勝手言ってくれちゃって……!)

女勇者「んふぅ、あ、ふぅぅ……っ、うぅっ、あ、あつい…………」

女勇者(前にお店で筋肉をほぐすマッサージしてもらったことはあるけど、それとは別の気持ち良さ…… ってダメダメ!)

魔王「そろそろこの固く尖ったものも可愛がってやらねばな」

女勇者「んひぃぃいいっ!!?」




62: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 21:02:06.47 ID:Pbbx7aSr0

魔王「あれだけ物欲しそうにしていたのに今まで放置していて済まなかった」

女勇者「そ、そんなことで、あ、あやまるなっ、ひっ、んぃぃいい〜〜〜っ!」

魔王「喜んでもらえているようで何よりだ」

女勇者「ちがっ、あっ、ああっ、あ、ふっ、ぅぅううううんん〜〜〜!」

女勇者(あっ、気持ちいいけど、服越しだともどかし…… って僕は何を!?)

魔王「布越しだというのにこの感じ様、直接触ればどうなってしまうのだろうな」

女勇者「し、しらなっ、あっ、あぅ……」

魔王「貴様自身も知らぬのか。ならば確かめようではないか」

女勇者「あっ、あ…… あはぁぁぅん…………」

女勇者(うそ、うそうそうそ…… 太腿まで濡れてきちゃってる……)

魔王「ほら、惚けておらずに舌を出せ」

女勇者「ふむうぅぅ…… んくっ、んちゅっ、あむ、んはぁああ……っ!」

女勇者(あ、これすごい、おっぱい揉まれて乳〇抓らねれながらキスまでされて……)

女勇者「んじゅっ、あふっ、くぅん…… んむ、む、むちゅ…… んはぁ、あっ、ああっ、あああっ!」

魔王「いい声を出す。気持ちいいのか?」

女勇者「し、しらないっ、しらないしらないしらないぃぃんっ!!」

魔王「ふふふ、愛い奴め…… そろそろ乳を味わうとするか」

女勇者「あ、あじわう……?」

魔王「こういうことだ」

女勇者「あふっ!?んっ、ふっ、うぅ……」

女勇者(す、吸われてるっ、おっぱい吸われてる……!)

女勇者「はうっ、うっ、ふぅぅううう…… す、吸うなぁ……っ!」

魔王「ふむ、甘露である」

女勇者「く、ふぅぅ…… そ、そんなに吸っても、なにもでないっ、はぅん!」

魔王「だが、吸われて気持ちいいのだろう?」

女勇者「そんなこと、なっ、ひ、あ、はぁぁああ…… す、吸いながら舐めるのっ、だめぇ……っ」

女勇者(あ、やっぱり僕おかしくなってる。なんか変なこと考えてるし……)




63: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 21:10:00.62 ID:Pbbx7aSr0

女勇者「あふっ、ふ、ふふふ……っ」

魔王「……何がおかしい?」

女勇者「ふふっ、いやね?なんか夢中でおっぱい吸ってる魔王が赤ちゃんみたいだな〜って」

魔王「ふん、ならば貴様は赤子に乳をやる母親とでも言うか?」

女勇者「ふぁぁああっ!?だめっ、吸いながら揉むのもだめぇっ、はっ、くぅうう……んん」

魔王「どうした?子に乳を吸われて善がる母親など聞いたこともないぞ?」

女勇者「あうっ、うっ、ふぅ…… はっ、はぁ、あぁぁああっ、はぁあああっ!」

女勇者(ぼ、僕のおっぱい、両方とも魔王の好きにされてる、のにぃっ!な、なんで……?)

女勇者「はひっ、はひぃぃぃいんんっ!くひぃぃ…… ひぁあああっ!!」

女勇者(乳〇噛まれて、乳〇抓られて、両方の乳〇ジンジンしてぇ…… きもちいいのぉ?)

魔王「おっと、もう体を起こしていられぬか」

女勇者「あ、はっ、あ、ああっ、っは、はぁぁ…… はっ、はぁ、はぁ……」

魔王「さて、大分解れてきたようだが…… まだ足りぬな」

女勇者「はぁ…… ふえ?」

魔王「下の方も解さねばなるまいよ」

女勇者「したのほう……?ま、まって!」

魔王「好きにしなよと言った」

女勇者「あ、ま、まって、あし、ちから、はいらなっ…… ああ…………」

魔王「……この濡れ具合、先の愛撫は随分と気に入っていただけたようだ」

女勇者「みるな、みるなよぉ…… うぅっ……」




64: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 21:15:30.00 ID:Pbbx7aSr0

魔王「ここまで乱れていては下着の体をなさぬな」

女勇者「それはもともとでしょぉ…… うう、こんなちいさいしたぎ……」

魔王「まぁ、これだけ濡れていれば布越しでなくてもよいだろう」

女勇者「あっ、ああ…… そんなとこ、さわるなぁ、あっ、ひゃん!」

女勇者(ま、魔王の指が、大事なとこさわってるっ、さわられちゃってる……!)

魔王「さながら泉のようだな。滾々と水が湧き出てくる」

女勇者「い、いうなぁっ!?あ、あぅ…… ふっ、くぅんん……」

女勇者(なんで?なんで、さわられるたびにビリビリするの……!?)

女勇者「はぁっ、あ、やんっ、いやっ、や、んっ、はぁぁ……」

魔王「ふふふ、自ら顔を出してきたか」

女勇者「な、なにが…… はうぅぅぅうううんっ!!?」

女勇者(わ、わかった…… これ、たしか、クリ〇リスってところ……!)

女勇者「んぁああ、あっ、そ、そこだめっ、もっとだめ、だめだってばぁっ、あ、ひぁあんっ!」

女勇者(だめ、だめだめだめ!これ、前に自分でさわった時より、ずっとずっと……!)

女勇者「ひゃぅぅうううん!?う、ふっ、ふぁぁあああ、ああっ、あああっ!!」

女勇者(魔王の、指の方がっ、き、気持ちいぃ……っ!)

女勇者「あはぁっ、はぐ!?ぐぅぅ…… あん、んっっ、い、いまなにしたぁ…… あぅっ」

魔王「ん?貴様の膣中に指を入れた」

女勇者「そ、そんなの、いれるなぁ、あっ、あうぅ、うくぅっ!」

魔王「しかし、指以外を入れるのはまだ難しいであろう?」

女勇者「ああっ、ああっ、ぐっ、あ、ああ……っ」

女勇者(こ、これ魔王の指が僕の中に入ってるんだ…… 気持ち悪い、きもちわるい!なのに……)

女勇者「くひぃぃいいっ、ひ、ふひぃぃ…… いぃんっ!な、なんれ、なんれぇ!?」

女勇者(なんでこんなに気持ちいいの!?自分の指を入れても全然きもちよくなかったのに……!?)




65: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 21:26:05.04 ID:Pbbx7aSr0

魔王「ふむ、この感触からして膣内での一人遊びにも慣れておらぬようだな。丹念に解すとしよう」

女勇者「んんっ!ううぅぁぁ…… あっ、あぁっ、んんっ!あんんっ!」

女勇者(いや、いや!いやぁっ!きもちいいの、いやぁ……っ!!)

女勇者「ひぁあああっ、あ、もういやぁ、あ、ああっ、きもちっ、ぃの、やぁぁ……っ」

魔王「否定するな、受け入れろ。でないと辛いだけだぞ?」

女勇者「だ、だれのせいだよぉ…… ふぁぁあああっ!!?」

魔王「ほぅ、膣内がこなれてきたようだ。どんどん感じるようになってきたであろう?」

女勇者「くぁ、あっ、あっ、ううぅっ、あっ、ううぅ、ふぁぁああっ!んっ、んぁぁああっ!!?」

女勇者(だ、だめだこれ、いままででいちばんだめ!だめっ、だめ、だめだめだめ……!)

魔王「戸惑っているようだな。では、快楽の否定も出来ぬその間に一度達しさせてやる」

女勇者「いぁぁぁ、あっ、あ、あぁ、あっ、ん、んっ、んんっ!?」

女勇者(し、しらない、しらないよこんなの!?あ、ああ、ああぁぁぁ……っ!?)

魔王「……いけ」

女勇者「ふぁっ、あ、あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

女勇者(なに、なにがおこったの……?)

女勇者「あ……あ……ぁぁぁ……ぁぁぁぁぁ…………」

魔王「さてと、浅いところはこれでいいが指も届かぬ深いところも解しておかねばなるまいて」

女勇者「あ…… はぁ、あ、はぁぁ…………」

魔王「ふむ、この辺りか」

女勇者「んっ、ふっ、う、うぅ…… な、なにをするぅ……」

魔王「腹の上から貴様の膣内を解している。そら、これはどうだ?」

女勇者「ひゃんっ、く、くすぐったい……」

魔王「そうか、まだこの辺りで感じられぬか。ならばまた女陰も一緒に可愛がってやろう」




66: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 21:35:44.15 ID:Pbbx7aSr0

女勇者「ひぁっ、こ、こんどはなにするきぃ……?」

魔王「貴様の蜜、味見させてもらうぞ」

女勇者「あじみって…… ふにゃぁぁああああっ!!?」

女勇者(な、なめられて、たべられてるぅぅう……っ!?)

魔王「うむ、濃い女の匂いがする。蜜もそうだが周りの肉も実に良い味がする」

女勇者「んんっ!くっ、ふううぅ…… ううぅ、あっ、あっ、ひぁあああっ!!」

女勇者(こ、こいつ遊んでる!僕の大事なところ舐めたり唇で引っ張ったりして遊んでる……!)

女勇者「ひいっ、いっ、きもちわるい、きもちわるいきもちわるっ、うっ、ふぅ、んふぅぅうう……っ!!」

魔王「否定するなと言っている。貴様が感じていることは十分承知している」

女勇者(くぅぅ…… そうだよ、こんなことされてるのにきもちいいんだよ!!)

女勇者「あぅううん!うっ、く、くしょぉ、くっそぉぉお、おっ、おひぃっ!?」

魔王「ふむ、奥も感じるようになってきたな。そら、腹の上から揺らされて気持ちが良いのだろう?」

女勇者「ふぁぁあああっ、ああ……っ!!うしょ、うしょおぉ、おっ、おおっ、おぐぅぅぅっ!!?」

女勇者(ほんとだ、あそこだけじゃなくて、おくまできもちよくなっちゃってる、きもちよくされちゃってる……)

女勇者「ふにゃ、や、やぁっ、あぁん!んっ、くっ、くふぅ、うっ…… ふぅ、ひぁっ、あはぁぁああっ!!」

魔王「我を受け入れる準備は整ったようだな。そら、その前にもう一度達しさせてやろう」

女勇者「ふぁぁっ!?だめ、だめっ!おなかと、あそこと、くっ、クリ〇リスだめぇ!えはぁ、はうぅぅうんんっ!!?」

魔王「膣内の動きが激しくなってきた。止めを刺してやろう」

女勇者(はひっ、クリ〇リスすいながらかむの、だめぇっ!?)

女勇者「はぁぁぁあぁぁぁあああぁああああぁぁああぁぁぁ――――――っ!!!」

魔王「……派手にいったな」

女勇者「あっ、はっ、うぁぁ、あ…… あぅ、うぅん………… んくっ」

魔王「ふむ、膣肉もいい具合に解れている」

女勇者「は…… ふぁ…… あ、あはぁ……はふっ…………」

魔王「これだけ解してやれば生娘でも我を容易く受け入れられるな」

女勇者「ふへ?う、けいれ、る……?んふっ、ふぅ……」




67: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 21:52:00.53 ID:Pbbx7aSr0

魔王「……勇者よ、やはり貴様は美しい。このように乱れた姿であってもだ」

女勇者「へ、へんなこと、いうなぁ…… はぁ、はぁ……」

魔王「しかしこのように淫らな顔にさせた我自身が言うのもなんだが、今の貴様を見て手を出さずに居れる者は皆無であろうな」

女勇者「だから、へんなこと、いうなぁっ!」

魔王「勇者よ、貴様を抱くぞ。我が妻として……」

女勇者「ふぇっ、ええっ!?な、なにそれ、おっきぃ……」

魔王「貴様の痴態を見て我も興奮しているのだ。貴様の膣内に此奴を入れたくてうずうずしておる」

女勇者「い、いやっ、いやだ、いやだよぉ、そんなの……っ!」

魔王「恐れるな。女は皆これくらいのものならば受け入れられるように出来ている」

女勇者「……やだ、やだよ!もうきもちよくなるのいやだよぉ……っ!」

魔王「まったく、好きなようにしろと言うのは強がりだったというわけか。ほれ、逃げるな……」

女勇者「んむっ!ん、んんっ、ん、んう……」

女勇者(ま、またキス…… んっ、お、おっぱいも……っ!?)

魔王「……入れるぞ」

女勇者(身体に力が入らない…… ああ、初めては好きな人がよかったなぁ…… ひぐっっ!?)

女勇者「んああぁぁっ!?ま、魔王が、僕のナカにぃ…… は、入ってきてるぅ……!!?」

魔王「うぉ、い、いきなりここまで入るとはな……」

女勇者「うぁ、あ、ああ…… 魔王、僕に何か魔法を、使ったな……!?」

魔王「む?」

女勇者「だって、そうじゃなきゃっ、おかしいじゃない、か!は、初めてなのに…… あんまり痛く、ないんだぞぉ!?」

魔王「お、おう……」

女勇者「それに、こんな奥にまで一気に…… 絶対に魔法を使った!卑怯者ぉ!!」

魔王「何やら混乱しておるようだな。まぁ、順を追って説明してやろう」

女勇者「なにをっ!?」




68: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 22:05:15.63 ID:Pbbx7aSr0

魔王「ほれ、悪趣味であるが貴様と繋がっているところから掬ったものだ。赤く色づいておろう?」

女勇者「ふぇっ!?あ、う、うん……」

魔王「それに余り痛くないと言ったということは少しは痛いということだな?」

女勇者「う、うん……」

魔王「次に、魔法だがそれは本当に使っておらん」

女勇者「う、嘘だ!使ってないんだったら、こんな風にされてっ、気持ちよくなるはずない!!」

魔王「使っておらんと言うに。まぁ、実のところ快感を増幅させる魔法というのは確かにある」

女勇者「ほらみろ!」

魔王「まぁ待て。貴様はどうして筋力を強化する魔法を使用する際は回復力を強化する魔法を併用すると思う?」

女勇者「どうしてって……」

魔王「それは強化された筋力に筋肉が耐え切れず自壊するからだ。故に回復魔法で治癒させ続けねば一度動いただけでもうピクリとも動けぬ」

女勇者「うん、でもそれがどうしたっていうの?」

魔王「快楽を増幅する魔法にも同じように過負荷がかかるのだ。肉体ではなく神経にな」

女勇者「神経?」

魔王「うむ、そして肉体を治癒する魔法はあれど心を治す魔法がないことは知っておるな?」

女勇者「うん……」

魔王「快楽増加の魔法は人の身には余るもののようでな。一度使えば強すぎる快楽に人の脳は耐え切れず直ぐに発狂する」

女勇者「え……?」

魔王「魔法を使わず神経に快楽への耐性を徐々に付けていってやれば、やがては耐えられるようになるはずだが…… まだ試したことはない」

女勇者「だ、だから……?」

魔王「貴様には快楽の魔法は使っておらん。契りを結んだその日に狂われては余りにも物悲しかろう……?」

女勇者「そ、そんなこと……」

魔王「さて、こうして話してる間に膣内は馴染んできたかな?」

女勇者「え、あ、ひぁぁ、あっ、あぁん!あっ、あ、んぁああっ!!」




69: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 22:15:11.31 ID:Pbbx7aSr0

魔王「その甘い声、痛みはもう無いようだな」

女勇者「ひぁ、ああぁん!あ、あんっ、あん、あぅぅんっ!」

女勇者(い、いたいより、き、きもちい、いっ、よぉ……!)

女勇者「あんんっ!ひぁっ…… あっ、あぁ、あっ…… ううぅっ」

魔王「ふふ、何という心地良さか…… 貴様の魅力は見目麗しさだけでなく蜜壺もであったか」

女勇者「んんっ!ふわぁ、あっ、あぁあっ、あっ、くううぅっ、ふぁぁん!」

女勇者(まおう、のがっ、ぼくのなかで、こすれ、てっ、お、おかしくなるぅ……!)

女勇者「ふぁああぁぁん!あ、あん、あんっ、や、あっ、あん、あふっ、はん、はぁん……っ!」

魔王「ここか?ここが良いのだな?」

女勇者「ああああぁぁ――――っ!!んあぁっ、あぁぁん、んっく、ふぐぅぅ…… ひぁ、あぁぁ……んんっ!」

女勇者(うそっ、こ、こんなに、きもちいいなんてっ、ぼくのなか、めちゃめちゃにしてほしいなんて……)

女勇者「あふ、あ、ひぁあぁんっ!あんっ!くそ、くそぉぉっ、おぅ、ふぅぅんっ!!」

魔王「快感を受け入れよ、否定するな。素直になれ」

女勇者「す、なお?むり、そんなのぉ、むりぃぃっ!いっ、ひぁぁああん!!」

女勇者(だって、たおさなきゃならない、てきなんだよ?そんなやつに、こんなふうにされて、ふぁぁ……!)

女勇者「き、きもちいっ、なんて、いえなぃっ!?んあぁっ、ああん、んぁぁああ……っ!?」

魔王「強情な奴め、だがそれもまた貴様の魅力か」

女勇者「いやぁ……!そんな、おく、こつこつしないでぇっ、え、ひぁ、あんっ!あん、あっ、あふっ、ふくぅぅぅ〜〜!」

魔王「あえて逆の言葉を吐くか。素直に奥を小突いて欲しいと言えばいいものを」

女勇者「ちがっ、ちがう、うぁああっ、あ、あぁん、ひぁ、ああんっ!そんなわけ、なひぃぃいん!!」

魔王「それこそ違うな。これほど貪欲に我に絡み付いてくる膣襞が本当に快楽を求めていないだと?」

女勇者「それはっ、おまえが、いじるからぁ、あ、くぅぅん……!んんっ!!」

魔王「そうか、それもそうだな。貴様がこうして乱れているのも我のせいか。その通りだ」

女勇者「ま、まおうの、せい……?んくっ、くっ、ふっ、ふぅぅ…… うぅん!」




70: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/09(水) 22:23:27.81 ID:Pbbx7aSr0

魔王「ああ、我のせいだ。故に貴様がどれだけ気持ち良く善がろうとそれは貴様の本意でない」

女勇者「ふぐぅぅっ、うっ、ん、くふぅぅ…… お、おまえのせい、おまえのせいなんだぁ……!」

魔王「ふふ、いいぞ。それでいい」

女勇者「ひぅうっ、う、うぅん、んっ、くふぅ…… んぐっ、あ、ああぁぁあっ!」

女勇者(い、いいっ、きもちいい!だ、からぁ、もっと、もっとぉ……っ!)

女勇者「ひんっ!あ、ひぃぃい……っ!ひぐっ、ぐ、うぅっ、うふぅぅ……っ!!」

魔王「感じるぞ?そろそろ限界が来たな」

女勇者「ひぃああっ!あっ、く、あぁぁ……っ!?はっ、お、おおおおぉ…………!!!」

女勇者(これだめ、いちばんやばいのがくる、きちゃうぅぅ……っ!?)

女勇者「いひっ、ひぁ、やぁあああっ!へ、へんにっ、なっ、ああんっ、おっ、おぐぅぅうううう……っ!はっ、ひぁあぁああっ!!!」

魔王「案ずるな。今は身体の求めるままに、恐れず受け入れよ」

女勇者「あっ、はひっ、ひぃぃいいいっ!?んぐっ、ん、んんっ、んぁぁ、あ、あぁぁぁぁ……っ!!!」

女勇者(い、いくっ、ぼく、どこかにいっちゃう!?こわい、こわいよぉ……っ!!)

女勇者「はひぃぃいいい〜〜〜〜〜!!?ひゃっ、あっ、くぉぉぉおお…………」

魔王「達したか?だが、まだこの先がある。そこまで連れて行ってやろう」

女勇者「あぎぃぃっ!?いっ、ぐぁぁあああぁぁっ!!らめ、らめらめらめぇ〜〜〜!!?」

女勇者(ふやぁぁああっ!?あ、し、しぬっ!きもちよすぎて、ぼくしんじゃふぅぅうううっ!!?)

魔王「良い締め付けだ!恥ずかしながら我の精もはち切れそうだ……!」

女勇者「ふぁぁあああんんっ!?そ、そんらっ、はげしくっ!?あっ、あぎっ!ひぅぅううっ!!」

女勇者(しゅ、しゅごっ!これ、しゅごひっ、ひ、ひぁぁあああああっっ!!?)

女勇者「ふにゃぁあああっ!あ、あぐぅっ、んひぃっ……!ぼ、ぼく、もぉっ、おっ、はぎぃぃ……っ!!」

魔王「くっ、我が子を孕め!勇者よっ!!ぐぅぅっ!!」

女勇者「んぁあああああぁぁぁ〜〜〜〜〜〜っっっ!!!?」

魔王「はぁ…… はぁ…… 深く達しながらも尚も貪欲な肉壺よ…… まだ締め付けてきおる……っ」

女勇者「あひぃ、ひんっ、んぁぁ…… でてるぅ…… まおうのせいし、おくまでぇ……」

女勇者(――――あ、そういえばナイトドレス、くしゃくしゃになっちゃった、なぁ)




71: 2017/08/09(水) 23:18:21.42 ID:sDuUgr+A0

この魔王様、淫魔王じゃね?(褒め言葉)




73: 2017/08/10(木) 01:59:50.68 ID:vhsYFedWo

魔王テクニシャンすぎ




74: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/10(木) 06:39:17.56 ID:GHhOoQnf0

―――――
―――


女勇者「ん…… ぅ…… うぅんっ!?」

魔王「……目が覚めたようだな?」

女勇者「魔王っ!?」

魔王「まずは謝っておこう。貴様は初めてだというのに我を忘れて貪ってしまった。すまなかったな」

魔王「それと、貴様を美しいと言ったがあれは一部撤回しよう」

女勇者「な、なんだよ!?」

魔王「貴様の寝顔、美しいというより可愛らしかったぞ?」

女勇者「ぐ…… んぬぬぬ…… で、出てけぇぇ〜〜〜〜っ!!!」

魔王「おっとっと、あれだけ深く繋がった仲ではないか。そう邪険にせんでも……」

女勇者「死ねっ!!」




77: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/10(木) 23:57:34.02 ID:GHhOoQnf0

―――
――


女勇者(魔王、昨日の夜は初めてのことばっかりで好きなようにされちゃったけど……)

女勇者(僕は勇者だ。最初は倒せなかった敵でも最後には必ず勝ってきた!)

女勇者(僕は絶対に負けない…… いつか必ずお前の心臓に剣を突き立ててやる!)

女勇者(それにしても……)

女勇者「…………ヒリヒリする」

女魔法使い「おー、その歩き方、やっぱアンタが一番にやられたのね」

女僧侶「は、はしたないですよ!そんな言い方!」

女戦士「別にいいんじゃねぇの?ま、それより魔王にどんなことされたんだよ?」

女勇者「ふぇぇっ!?」

女武闘家「……とても、気になる」

女勇者「うぅ……」

女魔法使い「どうなのよ?」

女勇者「……すごい、いやらしかった」

女戦士「けっ、やっぱりそういうことかよ……」

女武闘家「……むぅ」

女僧侶「あうぅ……」

女魔法使い「……さて、今晩は誰が相手させられるのやら」




81: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/11(金) 16:05:59.20 ID:EsXE9hMV0

―――――
―――


女戦士「――――で、今晩は俺ってわけか」

魔王「まぁ、そういうことだ」

女戦士「抵抗したって無駄なんだろ?好きにやれよ」

魔王「好きに、か」

女戦士「しっかしテメェも物好きだな。俺みたいなガサツな男女を抱こうとするなんてよ」

魔王「そうやって自分を卑下するな。貴様は十二分に女らしい」

女戦士「はっ、そんな見え透いたお世辞はいらねぇよ。ま、俺は見た目通り頑丈だからアイツ等より多少無茶してもいいぜ」

魔王「……そうやってガサツな振る舞いで怖れをごまかしているのだな」

女戦士「怖れって、何言ってんだよ」

魔王「自分では気付けぬか。そら、小さく震えておるぞ」

女戦士「え、あ、いや、そんなことねぇよ……?」

魔王「大体わかった。貴様はその様な振る舞いと体躯故に女として見られることがなかったのだな」

女戦士「んなっ!?」

魔王「であるからして、こうして我に求められることに恐怖を感じている。女として求められることを」

女戦士「はぁ?何言ってんだ、お前?」

魔王「男を怖れることを恥じることはない。生娘ならばそれは当然のことだからな」

女戦士「は、はぁぁっ!?お前何言ってんだ!何言ってんだお前はっ!!?」

魔王「大声を出して虚勢を張らずとも良い。ただ、我を受け入れてくれればいい」

女戦士「うぁっ」

魔王「こうして抱きすくめられるのも初めてか?」

女戦士「こんなことくらいなら、何度か、ある……」

魔王「そう固くなるな…… と言っても生娘では致し方ないか」

女戦士「き、生娘生娘言うなっ!」

魔王「これだけ初な乙女の反応をしておいてか?」

女戦士「乙女ぇ!?誰を捕まえて言ってんだ!!」

魔王「まだ強がるか。ならばその虚勢を張れなくしてやろう」




85: 2017/08/12(土) 18:14:17.39 ID:sl75eXCH0

今更だけど、女勇者の仲間に女騎士はいないんだな、くっころ要素もあってよかったかも




86: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 20:29:38.23 ID:cU5ixDs90

女戦士「ふむぅぅっ!?ふぐっ、ぐ、ぷはぁっ!い、いきなり何しやがる!?」

魔王「接吻だ」

女戦士「んむぅっ!んんっ、んんん……っ!!」

女戦士(んん、んっ、な、何だコイツ、力で俺が押し負ける……っ!?)

女戦士「かはっ!」

女戦士(こりゃベッドか?ってことは、俺は押し倒されたのか……?)

魔王「さて、どうしてくれようか……」

女戦士「う、あ、あぁ……?」

女戦士(なんだ、魔王のこの目…… 殺気が籠ってるわけでも睨んでるわけでもねぇ…… なのに)

魔王「どうした?抵抗せんのか?」

女戦士(初めて魔物と戦った時とも違う、魔王と戦った時とも違う…… こ、こわい……)

女戦士「……ひっ!」

魔王「どうやら怖がらせ過ぎてしまったようだな。これが雌を求める雄の欲情だ」

女戦士「よ、浴場……?」

魔王「そうだ、貴様の乳を舐り尽くし貴様の膣を犯したいという強い欲望だ」

女戦士「ひっ……」

魔王「貴様は雄の目に慣れていない。故にこうして劣情をぶつけられただけで未知の恐怖に身体が竦んで動けぬ」

女戦士「あぁ、あ、うぅ……」

魔王「まずは貴様に男への怖れを忘れてもらうべきだな」

女戦士「は、はあ……?」

魔王「ほれ、我はこうして身を投げ出してやる。好きにするがよい」

女戦士「え、あ、ええっ……?」




87: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 20:36:30.44 ID:cU5ixDs90

女戦士(な、何だよコイツ!押し倒してきたと思ったら、ベッドに転がって好きにしろとか…… あ)

女戦士「好きにしろって言ったよなぁ!!」

魔王「うぐっ」

女戦士「油断したな魔王!何が男を怖れてるだ、このまま絞め殺してやる……!!」

魔王「くふっ、そうだ。我とて貴様が今まで打倒してきた男となんら変わらぬ……」

女戦士「え……?」

魔王「男なんぞ所詮こんなものだ。過度に怖れる必要などない……」

女戦士「へ?あ、ああ……」

魔王「さて、それがわかったならこの手を離してもらってよいか?こんなことでレガリアを使うこともないであろう?」

女戦士「げ…… 畜生、わかったよ」

魔王「ふむ、一切の躊躇いのない良い首締めであった」

女戦士「くそっ、首輪のこと忘れてたぜ……」

魔王「そうだな、首輪のままでは不味いな」

女戦士「あれ、無くなった!?」

魔王「妻となる者には指輪を授けるものだったな」

女戦士「え、あ、ゆっ、指輪!?」

魔王「その手の甲に口付けても良いか?」

女戦士「え、あっ、ああ……」

魔王「……っ」

女戦士(な、なんだこれ?なんだこれ?)




89: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 21:04:11.34 ID:cU5ixDs90

魔王「どうだ、まだ我が怖ろしいか?」

女戦士「へ、へへ…… お前が怖いんだったらそもそもぶっ倒そうとなんて思わねぇよ」

魔王「……それでよい」

女戦士「それでよいって何だよ……」

魔王「さて、それでは改めて貴様に触れるぞ?」

女戦士「嫌だっつってもレガリア使うんだろ」

魔王「ふふ、さてな……」

女戦士「んっ……」

魔王「まだ少し強張るか…… まぁ、おいおい慣れていってもらおう」

女戦士(ん、首筋…… ほっぺた……)

魔王「瑞々しい肌だ。なかなか触り心地が良い」

女戦士「ん、んふっ、お、おい!くすぐってぇよ……」

魔王「…………」

女戦士「おい、おいって、ふひっ!く、くすぐったいって言ってんだろ!!」

魔王「大分慣れてきたな。では、また口付けをするぞ」

女戦士「ん……」

魔王「体の方も触っていくぞ」

女戦士「んっ……」




90: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 21:09:41.79 ID:cU5ixDs90

魔王「張りのある良い乳房だ」

女戦士「ん…… うぅん……」

女戦士(……なんだこれ、男ってもっとこう乱暴に胸をつかんでくるもんじゃねぇのか?)

女戦士「……なぁ」

魔王「む?」

女戦士「無理してんのはお前もだろ。さっきから撫でまわしてくるだけだし、やっぱ俺相手じゃ興奮しねぇんだろ?」

魔王「案ずるな。本当なら今すぐにでも襲いかかりたいが、愛する妻にこれ以上乱暴を働くわけにはいかんのでな」

女戦士「誰がお前の嫁か」

魔王「それにこうやって撫でるだけだったのは貴様をあまり怖がらせたくなかったからでもある。だが、その分ならもういいか」

女戦士「あぅっ……」

魔王「可愛い声だ。もっと聞かせてくれ」

女戦士「はぁ……ん あん、ふぅぅ……」

女戦士(あ、あれ?何だこの感覚、前にあのエロ魔法使いに冗談で揉まれたときより……)

女戦士「あっ、うぅ…… あぁっ、ああっ、んぁあ……」

女戦士(あ、やば、これきもちいい……)

女戦士「あぅっ…… あ……?」

魔王「残念そうな顔をするな、やめるつもりはない。只、そろそろ直に触りたくなったのでな」

女戦士「だ、誰が残念だと思うか!」

魔王「脱がせるぞ。良いな?」

女戦士「……別にいいけどよ」

魔王「では……」




92: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 21:13:16.52 ID:cU5ixDs90

女戦士「……なんか期待させちまってたみたいだけど残念だったな。傷だらけの醜い身体でよ」

魔王「醜い?馬鹿を言うな」

女戦士「バカなのはその物言いだろうよ。女なのにこんなボロボロの身体なんだぜ?」

魔王「いや、そんなことはない。醜い傷というのは敵に背中を見せたり、逃げた時に出来る傷のことを言う」

魔王「しかし貴様の傷はどうだ?どの傷も敵に抗い真っ向から戦ったものだ。ああ、これは仲間を庇った時に出来た傷だな?」

女戦士「な、なんでそんなのがわかるんだよ!?」

魔王「出来方を見れば解る。貴様の傷はどれも美しい」

女戦士「う、美しいって…… こんな傷がか?」

魔王「こんな傷等と言うな。この傷は貴様にとって今日まで戦い抜いてきた誇りでもあろう?その気になれば傷跡を消す魔法も使えたはずだ」

女戦士「い、いや、お前を倒すまではどんどん傷ができるだろうし後でまとめて消そうと思ってたんだよ!!」

魔王「そうか、しかしそれにしても美しい…… 貴様のような戦士を我が妻に出来ようとはな」

女戦士「う、美しいって…… でもそりゃ戦士としてって話だろ?」

魔王「……語るよりは見せた方が話が早いか」

女戦士「見せるって何をぉっ!?おおっ!!?」

魔王「この距離で直に見るのは初めてか?」

女戦士「お、おう……」

魔王「怖いか?」

女戦士「いや、怖いってか気味がワリィというかわけわかんねぇっていうか……」

魔王「大したものではない、只の肉の塊だ。触ってみればわかろう」

女戦士「さ、さわる!?これを!?」

魔王「遠慮はいらんぞ」

女戦士「遠慮とかそういうんじゃねぇだろ……」




93: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 21:16:46.88 ID:cU5ixDs90

女戦士(これのせいで結局は言うこと聞かなきゃなんねーんだし…… ええい、畜生!)

女戦士「あ、かたい」

女戦士(うわー、筋肉みてぇだ。なんか熱いし、でかいし、こんなのを女の股にぶち込むってのか?うわー……)

魔王「む」

女戦士「うわっ!?なんかビクッとしたぞ!!」

魔王「柔らかい女の手でそれだけ執拗に触られたら反応もする。もう少し続けろ」

女戦士「うぇ?続けろって…… こ、こうか?」

女戦士(うわぁ…… 先っぽは膨らんでて、なんか段差があって……)

女戦士「はぁ…… はぁ……」

女戦士(変な匂いだ…… なんか汁出てきてるし)

魔王「……どういうものかわかったか?」

女戦士「んん!?あ、ああ、わかったぞ!た、大したことねぇな!あはははは」

魔王「ふむ、素質はあるようだ」

女戦士「素質?なんの」

魔王「いずれわかる。次は本格的に触っていくぞ」

女戦士「本格的って…… きゃんっ!?」

魔王「先ほどまでの児戯ではなく前戯ということだ」

女戦士「ひぁぁん!」

魔王「我の物を触っていただけでこれだけの湿りっぷり…… 矢張り素質十分だ」

女戦士「だから素質って何の!?」

魔王「そんなことよりお前のその体制では少々弄り辛い。腿を抱えて仰向けになれ」

女戦士「腿を抱えてって、こうか……」

魔王「そうだ…… 存外チョロイな」

女戦士「くそっ、こんな恰好……」

魔王「うむ、良い眺めだ。実に良い…… 興奮が抑えられんな」




94: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 21:21:56.96 ID:cU5ixDs90

女戦士「ひぁぁっ、ああ……っ!」

魔王「内腿にも程良い筋肉が乗っている。実に良い身体をしているな貴様は」

女戦士「ふぁっ、あ、あぅっ、う、うるさい……っ!」

魔王「褒めているのだ。そろそろ素直に喜んでくれてもよいのだが」

女戦士「褒めてって、んひっ!そ、そんなとこ舐めんなぁ!」

魔王「そんなところとは?」

女戦士「ひうっ、内腿だよ!」

魔王「内腿は嫌か。ではこちらはどうだ?」

女戦士「くぅん、そ、そこはっ、あぁんっ!」

魔王「その反応、ここは良いのだな?」

女戦士「い、いやっ、そこ、はっ、あふぅぅん!んっ、んんっ!」

魔王「そこはどうしたというのだ?」

女戦士「ふぁっ、あ、ああっ、あぁん!」

魔王「ふふ、指を強く喰い締めてくる。矢張りここはダメではないのだな」

女戦士「ひ、ひぅ、ひうっ!ひぁぁああっっ!!ああ……っ!」

魔王「……軽く達したか」

女戦士「ふぅ、う、ふぅふぅ…… だめだって、いってたのに……」

魔王「ん、そうか。可愛い喘ぎ声しか聞こえなかったのでな」

女戦士「かっ、かわいっ!?」

魔王「というわけでだ。済まぬがそろそろ我も限界でな」

女戦士「というわけってなんだ!?というわけってなんだ!!?」

魔王「わかるだろう?我は貴様を抱きたいと考え、貴様は我に抱かれたいと考えている」

女戦士「そんなこと、思って、ない……」

魔王「己をごまかすな…… 挿れるぞ」

女戦士「んはぁああ……っ!あ、熱い……」

女戦士(指より全然太い……っ!)

魔王「貴様の膣内も熱いぞ。我のものが溶け落ちてしまいそうである」

女戦士「ほ、ほんとに入れやがって…… 最悪の気分だ」

魔王「なんと、それは済まぬな。最高の気分になるまで付き合ってやる故それで許してくれ」

女戦士「なっ!?最高の気分なんざなれるわけないだろっ!!」

魔王「感想は最後に聞く。今は只感じているだけで良い」




95: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 21:36:43.42 ID:cU5ixDs90

女戦士「んぁあああっ!あ、はっ、はぁん、んんっ、んはぁんっ!!」

女戦士(すげっ、俺の中ゴリゴリ削られてるっ!熱くて硬くて太いのが暴れてる……っ!!)

女戦士「あふっ、ん、うぅん、んっ、んんっ、ふぅぅ……っ!」

魔王「心地良い締め付けだ。これは病み付きになる」

女戦士「ふぁっ、あ、あんっ、あん、あうっ、う、ふくぅぅっ、うぅん!」

女戦士(あうっ、く、くそっ、なんでこんな、きもちいっ、んだよぉ……っ!)

女戦士「あっ、あ、あっ、あん、あっあっあっ、ああん!」

魔王「ふふ、可愛い声で啼く。特に……」

女戦士「ふぁぁぁんっっ!!」

魔王「強く感じるところを虐めてやれば一際良い声が出る」

女戦士「んっ、ふっ、ふっ、くっそ、ふみゅっ!?ひぅぅっ!!」

女戦士(くそくそくそくそくそくそぉ!好き勝手にやりやがってぇ……っ!)

魔王「おっと、乳房が切なげに揺れておる。こちらも可愛がってやらねばな」

女戦士「あっ、あっ、ああっ!む、ねっ、やめっ、あっ、あぅ、あぁんっ!あっ、あはぁ……っ!」

女戦士(ち、乳〇も抓むなぁっ!くそっ、なにされてもきもちいいなんて……)

女戦士「はっ、はぁん、はふっ、ふっ、ふぅっ、ふぅん!んんっ、んぁ、ああっ、あう!」

魔王「舌を出せ」

女戦士「あむ、ん、んむっ、むはぁ、あん、むちゅ、ちゅずっ、じゅる……」

女戦士(さっきキスされて時と全然違う…… これもきもちいい、舌吸われて、口ン中めちゃめちゃにされてぇ……)

女戦士「んむ、んちゅっ、ふぅん、んっ、んちゅ、ちゅっ、れるっ、あはっ、んむぅぅ……!」

魔王「随分と積極的になってきたな。ならば我も応えてやらねばなるまいて」

女戦士「んぁっ、あっ、あ、お、奥突かれるの、い、イイッ!こんなのが、いいなんて、えぇ……っ!」

魔王「ほぉ、奥がいいのか?自分から言ってくるとはな。よしよし、望みどおりにしてやろう」

女戦士(く、口に出てたぁぁんっ!?)

女戦士「あ、あ、あっ、あぁん!あ、だめっ、だめ、あぅっ、はぅぅん!」




96: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/12(土) 21:48:40.83 ID:cU5ixDs90

魔王「何が駄目だと言うのだ。自分からも腰を動かしておきながら」

女戦士「あん、あ、い、いうなぁ、あっ、あん!あ、あ、あ、ふぁ、あっ、ふぁあああっ!!」

女戦士(あん、だめっ、きてる!きもちいいのが、いっぱいきて、ふぁぁ……っ!)

魔王「締まりが強くなってきた。一度達しておくか?」

女戦士(達する……?あ、いく、いかされるっ!初めてのセ〇クスで俺、いっちまう!!)

女戦士「うぐっ、あ、あぅ、やぁっ、あんっ、いく!いくぅぅっっ!!!」

魔王「ふふ、気持ちよか…… いや、感想は最後に聞くと言ったな」

女戦士「はぁ、はぁ…… さい、ご?終わったんじゃ……?」

魔王「まだだ」

女戦士「ふぁぁああっ!?あぐっ、あぅ、な、なんれまだぁっ、あっ、あぁん!」

魔王「済まぬな。男は精を吐き出さんと終われんのだ」

女戦士(精を……?射〇?射〇って……!)

女戦士「や、あっ、あっ、赤ちゃん、できちゃっ、やっ、あんっ、あん、あぁん!」

魔王「まぁ、子作りをしているのだからな」

女戦士「ひぅぅっ!ま、またむねぇ…… あぁっ、あ、さ、さっきよりぃ…… ひぃん!」

女戦士(あんっ、さっきよりずっとずっと感じる……!)

女戦士「はうっ、うぅん、うっ、ふぅふぅ…… あっ、ああっ、あはぁぁん……!」

女戦士(な、なかこすられるとっ、きもちいっ、ど、どんどん、わけわかんなくぅ……っ!)

女戦士「ひゃうっ、んっ、んん、んふっ、ふぁぁ…… あっ、あぁん、はぁぁん!」

魔王「くっ、我も昂ぶってきたぞ……!」

女戦士「ひっ!?ひぁっ、あっ、あん、あはっ、はぁ、はぁん!つ、つよすぎるぅ、うひぃぃんっ!!」

女戦士(は、はげしっ、お、おれこわれる!こわれちゃ、うっ、うふぅぅうん……!)

魔王「もっと良くしてやろう」

女戦士「おぅっ、お、おっ、ふ、ふかい、ふかいよぉっ!お、おくに、おくにあたっへるぅぅ……っ!!」

魔王「奥が好きなのだろう?」

女戦士「んひぃっ、ひ、ひぁあっ、あん、お、おくだめぇ、おく、ずんずんしちゃっ、あん、おっ、おかしくなるぅぅ……んんっ!!」

魔王「我もおかしくなってしまいそうだ…… 強めに行くぞ」

女戦士「ひぁああっ!あっ、あん!そんな、そんなつよっ、おぅ、んひゃっ、はっ、い、いくっ、いっひゃふぅぅ……!!」

魔王「ああ、我も達する!貴様も一緒、にぃ!」

女戦士「んはぁぁあぁあああぁぁあぁあああぁぁぁああんんんっっっ!!!」

魔王「くぅっ、吸い付いてきおる……」

女戦士「ふぁぁ、あぁ…… あはぁ……」

女戦士(き、きもひぃい…… きもひいい、よぉ……)

女戦士「はぁっ、はあっ、はぁ…………」

女戦士(あぁ、なかでなんか、あふれてる…… これが、せいえきぃ……?)




97: 2017/08/12(土) 23:21:56.25 ID:PL8hKpuI0

最初はつっけんどんな女戦士を少しずつじっくりとした愛撫で心と身体を開かせる魔王さんのテクニックやべえ




99: 2017/08/12(土) 23:55:57.03 ID:EDOMeCRRo

普通にえろくて困る




100: 2017/08/13(日) 00:01:20.35 ID:bT9PAHXBo

魔王の経験値やべえ




101: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/13(日) 07:35:54.61 ID:v9jbTiqX0

―――――
―――


女戦士「ぅん…… ふぅ…… うぉわぁっ!?」

魔王「……目が覚めたようだな」

女戦士「魔王っ!?」

魔王「何を驚く。昨日はあれだけ愛し合っていたであろう?」

女戦士「んなっ、な、ななな……」

魔王「思い出したか?では質問だ」

女戦士「な、何だよ……?」

魔王「最高の気分だったか?」

女戦士「ぶふぅっ!?んが、が…… さ、最悪の気分だったよ!」

魔王「……ふ、そういうことにしておこう」

女戦士「くぅぅ…………」




103: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/13(日) 20:32:20.92 ID:v9jbTiqX0

―――
――


女戦士(けっ、魔王の奴め。人のことを生娘だの男を知らないだの散々言ってくれやがって……)

女戦士(まぁ、今は好き勝手言っててもかまいやしねぇさ……)

女戦士(こんな指輪なんざさっさとぶっ壊してすぐに何も言えなくさせてやるからよ!)

女戦士(ま、それはそれとして……)

女戦士「…………歩き辛ぇ」

女魔法使い「あー、昨日はアンタだったのね」

女僧侶「だ、大丈夫ですか……?」

女戦士「へっ、大したことねぇよこんなもん」

女勇者「さ、さすが…… 僕なんかもういろいろとやばかったよ……」

女武闘家「……どうだった?」

女戦士「……とりあえず、気ぃつけとけ」

女武闘家「大丈夫、私には秘策が……ある」

女勇者「秘策?」

女魔法使い「ああ、そのちんちくりんボディは確かに有効かもね。女として見られないでしょうし」

女武闘家「む…… 失礼な」

女僧侶「そうですよ!個人差というのは誰にもあります!」

女魔法使い「はいはい、アンタが言うと皮肉よね。で、今晩の魔王のお相手は誰なのかしらね?」




112: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/14(月) 18:20:46.20 ID:5mSVMHC10

―――――
―――


女武闘家「――――私、か」

魔王「うむ」

女武闘家「…………」

魔王「む、自分から脱ぐのか。意外と積極的なのだな」

女武闘家「二人から、聞いてる…… どうせすぐ、脱がされる」

魔王「まぁ、その通りであるが……」

女武闘家「でも、私は、二人と違う……」

魔王「ふむ……」

女武闘家「貴様は、人形と遊んでいればいい……」

魔王「人形とな?」

女武闘家「…………」

魔王「そうか、無言と無反応を貫こうというのだな」

女武闘家「…………」

魔王「それもまた一興。どれ、我が手練手管がどこまで通じるか試してみようではないか」

女武闘家「…………」

魔王「ふむ、触れた程度では反応せぬか」

女武闘家「…………」

魔王「この辺りを撫ぜられると少しはくすぐったいものなのだが……」

女武闘家「…………」

魔王「うーむ、貴様痩せ我慢が得意であったか」

女武闘家「…………」

魔王「……いや」

女武闘家「…………」

魔王「違うな、これは…… 瞑想か」




114: 2017/08/14(月) 23:48:11.23 ID:8e0LkUjy0

無口な娘が堕ちる姿はとてもエロいと思います




116: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 17:37:13.63 ID:gQ+0haFt0

女武闘家「…………」

魔王「感情や思考を深く鎮め心を無にする…… しかし、これ程までの深い瞑想が出来ようとは……」

女武闘家「…………」

魔王「感服したぞ…… 思えば先の戦いで我に一撃を与えられたのは貴様だけだったな」

女武闘家「…………」

魔王「ふふ、久々に滾る。その凪の様な心を必ずや泡立たせてくれようぞ……」

女武闘家「…………」

魔王「さて、この小振りな乳房を苛めてくれようか。それとも……」

女武闘家「…………」

魔王「いやいや、我としたことが…… 我が妻とはいえいきなり乳房を触るのは無礼であるな」

女武闘家「…………」

魔王「まずは口付けを……」

女武闘家「…………!」

魔王「ぬぉおおっ!!?」




117: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 17:40:42.77 ID:gQ+0haFt0

女武闘家「…………」

魔王「……無の拳、か」

女武闘家「…………」

魔王「成程、考えたな……」

女武闘家「…………」

魔王「波すら立たぬ無心である故に、意思を感じ取って反応するレガリアの制御を抜け……」

女武闘家「…………」

魔王「実際の行動に移すまでも最速、故に動きに反応するレガリアの拘束すらも振り切る……」

女武闘家「…………」

魔王「……見事!」

女武闘家「…………」




119: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 20:50:30.31 ID:gQ+0haFt0

魔王「――――だが、我が命には届いておらぬ」

女武闘家「…………!?」

魔王「この一撃を受けて生きていられる者はほぼ居らぬであろうな…… しかし、我には毛程も効かぬ」

女武闘家「…………!」

魔王「このレガリアの主目的は貴様らに自害をさせぬこと。我への敵意に対する制御や拘束はおまけのようなものなのだ」

女武闘家「…………!?」

魔王「さて、そのレガリアだが…… 妻に首輪をさせる夫は普通居らぬものよな」

女武闘家「…………」

魔王「これでよし、やはり指輪であるべきだな」

女武闘家「…………」

魔王「それでは改めて貴様の心に挑むとしよう。覚悟は良いな?」

女武闘家「…………」

魔王「ほぅ、早くも動揺を抑えたか。これは手強い」




121: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 21:00:26.81 ID:gQ+0haFt0

女武闘家「…………」

魔王「む、口吸いに抵抗されぬのは何時以来か」

女武闘家「…………」

魔王「……些か物足りぬな」

女武闘家「…………」

魔王「うむ、このまま接吻を続けて呼吸を乱すのも貴様の瞑想を崩す一つの手か」

魔王「だが、それは只々瞑想を終わらせるだけ。正攻法で行くとしよう」

女武闘家「…………」

魔王「哀しきかな我も所詮は男か…… 矢張り乳房に手が伸びる」

女武闘家「…………」

魔王「どうして女の乳房はその大きさに関係なく男を魅了するのであろうか」

女武闘家「…………」

魔王「どうだ?褥での手練手管には少々覚えがあるのだが」

女武闘家「…………」

魔王「うーむ、本当に手強い」

女武闘家「…………」

魔王「……仮に、この乳房を潰れるくらい強く握ったとしてその程度の痛みでは音を上げぬのだろうな」

女武闘家「…………」

魔王「これほどの鍛錬を積んだ武闘家なのだ。多少の痛みでは心動くことはあるまい」

魔王「だが、この乳房を引き千切ってやれば流石に耐えられぬであろう……?」

女武闘家「…………」

魔王「…………」

魔王「ふっ、ピクリともせぬ。只の脅しと見抜かれたか」

女武闘家「…………」

魔王「まぁ、愛する妻を過剰に痛めつける夫などそうそう居るまいて」

女武闘家「…………」

魔王「そうそう、一つ言い忘れておった」

魔王「我はこう見えて気の長い方でな?根競べで負けたことはないのだ……」




123: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 21:09:48.72 ID:gQ+0haFt0

―――
――


女武闘家「…………」

魔王「頬の紅が濃くなってきたな」

魔王「まぁ、あれからずっと乳房を揉まれていれば流石に赤くもなるだろう」

女武闘家「…………」

魔王「しかしまぁ、そろそろ乳房だけというのも切なかろう。どれ、乳〇を……」

女武闘家「…………」

魔王「……フッ」

女武闘家「ひぅ……!?」

魔王「ふふふ、耳が敏感なのだな。息を吹きかけられただけで可愛い声が漏れたぞ?」

女武闘家「…………」

魔王「おいおい、もう瞑想どころではないのだろう?取り繕うな」

魔王「まだ貴様が瞑想を保てていたのなら我の言葉に騙されず不意打ちを受けても平静でいられた筈」

女武闘家「…………」

魔王「さて、次は何処に来ると思う?耳か、乳〇か?項や脇腹か?」

女武闘家「…………」

魔王「れるっ」

女武闘家「…………」

魔王「項は耐えたか。ならば、次は……」

女武闘家「…………」

魔王「これならどうだ?」

女武闘家「ふぅん……っ!?」




124: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 21:20:10.63 ID:gQ+0haFt0

魔王「ふふ、いい声で啼く」

女武闘家「…………」

魔王「何か言いたそうな目だな。我は次も一カ所だけ責めるとは言っておらぬぞ?」

女武闘家「…………」

魔王「まったく、まだ取り繕うか。目は口ほどに物を言いという言の葉を知らんようだな」

女武闘家「ひゃうんっ!?」

魔王「口より雄弁なその目が我に語りかけてきているのだ。今更無心である筈が無かろうが」

女武闘家「んっ…… あ……あっ、はぁ…… んん……」

魔王「ほれ、どんどん声が抑えられなくなってきておるではないか」

女武闘家「んく…… ん…… あぁ……」

女武闘家(くっ、落ち着け…… 胸とお尻は、スケベ師匠に、散々触られた…… 慣れてる)

女武闘家「だから…… んっ……」

魔王「だから、胸や尻以外は慣れていないと?」

女武闘家(っ!?声出てた?それとも、目を読まれ……)

女武闘家「んひゃぁぁあああっ!?」

魔王「腋を舐められるのも弱い、と」

女武闘家「う、くぅっ…… はっ、離れろ……!」

魔王「ほほぅ、無心を諦めて直接の抵抗に出るか。だがな」

女武闘家「ひぅぅぅううっっっ!!?」

魔王「貴様は今まで瞑想で抑え付けられていた性感を開放したのだ。その昂ぶった身体で我が愛撫を耐えられると思うてか」

女武闘家「ひぁっ、あ、あんっ、あっ、あああっ!?」

女武闘家(さっきまでの、比じゃない……っ!こんなの、スケベ師匠にもされたこと、ないっ!)

魔王「さぁて、つい先程までずっとだんまりであったのだ。その分を取り戻すくらいに啼いてもらおう」

女武闘家「あぁ…… あん、あっ、はっ…… はうっ、うっ、ふぅぅ……」

魔王「武闘家を名乗っているのだ。体力には自信があろう?」

女武闘家「んっ、ん、んん、んくっ!あ、あはぁ、あぅっ、あ、あ、ひぁっ、ああっ!!」

魔王「その体力の限界まで付き合ってもらうぞ」

女武闘家「あ、悪趣味……!ふっ、ふ、ふぅぅ…… ぅうんっ!!」

魔王「貴様の言う人形遊びに付き合ってやったのだ。悪趣味呼ばわりされる謂われはない」

女武闘家「お、女を、弄んでっ…… な、に、言って……っ、ふぅん……!」

魔王「人聞きの悪い。可愛がっているのだ」

女武闘家「そういう、物言いっ、あっ、あん、あぁっ、あふぅぅ……っ」

魔王「ふむ、そうやって声を上げて快感を紛らわせようと言う腹積りか。策士よの」

女武闘家「ふっ、う、ふぅぅ…… そんなこと、ない……っ」

魔王「では、口を塞いでやろう。んむ……」

女武闘家「むう、んむっ、ん、んん…… んむっ、んぶ、んじゅ、んちゅっ、ちゅっ、んく、んむぅぅ……」




125: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 21:41:31.14 ID:gQ+0haFt0

女武闘家(見透かされた……!抱き寄せられて、身体捩れない!声出して、ごまかせない……っ!)

女武闘家「はぷ、んちゅ、ちゅっ、んちゅっ、ちゅず、んく、ぷはぁっ!あ、あっ、あはぁ、あ、はぁあんっ!」

女武闘家(その状態で、この快感はっ、きっ、きけ…… んぅぅうっ!)

女武闘家「んはぁああっ、あ、ああっ、あ、あん!あん、あっ、きゃ、きゃふぅぅ……っ!」

魔王「随分と気持ちよさそうな声を出す…… だが、まだこんなものではないぞ?」

女武闘家「ふぁぁああああっっっ!!?」

女武闘家(こ、この感触、私の中に……っ!?)

魔王「瞑想で心の昂ぶりを抑えつけても身体の方まではままならんかったようだな。蜜がこんなにも溢れておる」

女武闘家「ふぅ、うっ、ふぅん、んんっ!ち、ちがっ、そんなこ、とっ…… ひゃぅううっ!」

魔王「否定することはない。あれだけ性感を高められて濡れていない方がおかしいのだから」

女武闘家「ふぐっ、う、ふぅっ、ふっ…… だ、ま、れぇぇ……」

魔王「そんな風に睨みつけるな。可愛い顔が台無しだ」

女武闘家「ひぁあああっ!?そ、そこさわる、なぁぁ…… あ、あぁぁあんっ!!」

魔王「そことはどこのことだ?」

女武闘家「やんっ、や、あっ、ああっ、あ、この…… いいかげ、んにっ…… ひぅぅ……っ!」

魔王「うむ、好い加減に弄ってやろう」

女武闘家「ああっ!そういう、意味じゃ…… あんっ、あ、悪趣味ぃ…… あぁぁ……」

女武闘家(髪の毛の先まで、使いこなせるよう、修行…… したのにっ、身体、言うこと…… きかな……!?)

女武闘家「んあっ、ああ…… あぁん!あうっ、そ、こ、びくびくっ、するぅ……」

魔王「ほう、ここか」

女武闘家「はぁうっ!あ、や、やめっ、これいじょ、はっ…… あん、が、我慢が、あぁっ!はぁん!」

魔王「我慢などする必要があるものか」

女武闘家「ひゃぁぁあああんっ!あぁ、あぁぁあああっ!やめっ、やめてぇぇええええっっ!!?」

魔王「これだけの痴態を見せられて止められるものかよ…… さぁ、達するがよい!」

女武闘家「ひぅぅっ!?あ、はぁぁあああああっ、ああぁあぁああああああ―――――っっ!!!」

魔王「ふふ、良い声だ」

女武闘家「あ、はぁ、はぁ…… あはぅぅうう…………」

女武闘家(い、イカされてしまった…… 倒すべき、相手に…… 屈辱……!)

魔王「何を呆けた顔をしておる」

女武闘家「はぅぅううっ!?な、なにを……」

魔王「言ったであろう?焦らされた分だけ啼いてもらうと。乳〇も秘所も味わわせてもらう」

女武闘家「あ…… や、いや…………」

魔王「瞑想等二度と通じぬ程に貴様の性感を目覚めさせてくれようぞ」

女武闘家「いやぁぁああああっっっ!!!」




126: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 21:55:20.27 ID:gQ+0haFt0

―――
――


女武闘家「ひぁ、あっ、あぁ…… は、あぁ…………」

魔王「うーむ、やり過ぎたか?」

女武闘家「も、もぉ、きもちいの、やぁぁ……」

魔王「しかし我ながらよくもこれだけの痴態を見せつけられて挿入を我慢できたものよ」

女武闘家「そう、にゅう……?」

魔王「知らぬ筈は無いだろう?我のものを貴様の膣内に収めるのだ」

女武闘家「む、むり…… んく、ふぅ…… ふぅ…………」

魔王「確かに貴様の小柄な体には少々キツいかもしれんが、女であるなら受け入れられる」

女武闘家「や、むり、むりぃ……」

魔王「ほう、まだ逃れようとする気力と体力が残っておるか」

女武闘家「はぁ、はぁ…… んくっ、はぁ、はぁぁ…………」

魔王「まぁ、簡単に捕まえられる程度だが」

女武闘家「やぁ、はなして、はなしてぇ……」

魔王「本当に嫌なら我を振りほどけばよいではないか」

女武闘家「そんな、できない、ことっ、しってる…… くせにぃ」

魔王「体力が残っていたら抵抗できたと?これはおかしなことを言う」

女武闘家「な、にが……?」

魔王「自分でも気づいておるだろう?貴様の蜜壺に宛がった我のものに貴様の方から秘所を擦り付けてきていることを」

女武闘家「ち、ちがっ!これ、からだ、いうこと、きかなひぃ……」

魔王「期待しておるのだろう?乳〇や耳など外からの蹂躙ではない内からの蹂躙を……」

女武闘家「んんっ、ん、ふぅ、ふぅ…… そんなわけ、ない……!」

魔王「貴様らは皆強情だな…… 其の態度、嫌いではないぞ」

女武闘家「くぅっ…… わたしはっ、きらい……!」

魔王「何れ其の真逆の言葉を言わせてみせよう…… さて、挿れるぞ」

女武闘家「ふみゃぁあああっ!?」




127: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/15(火) 22:05:35.63 ID:gQ+0haFt0

魔王「挿れられただけでも達したか。先刻から絶頂してばかりであるな。しかし小柄な身体故大分狭い」

女武闘家「ふみゃぁぁ…… あふ、ふぅぅ……んんっ」

魔王「おや、そろそろ体力の限界か?丁度良い。我も挿入を我慢し過ぎたのか、気を抜くと精を吐き出してしまいそうでな」

女武闘家「はぁっ…… んっ、んんっ、あはぁ…… うん、はぁぁんっ……」

魔王「まずはゆっくりと味わわせてもらおう」

女武闘家「ふぅっ…… あ、ああっ…… はぁ、はあ…… ふぅぅ……っ!」

女武闘家(ゆっくりと、動くから…… はっきり、わかって…… しまう。私の中、硬いのが出たり、入ったり……!)

女武闘家「ふみゃっ、あ、ああ…… ん、はっ、あっ…… ち、ちくびも…… ふみゃんっ!

魔王「挿れたから他は触らぬ等とは言うておらんぞ」

女武闘家「ふぅん…… あ、あん、あふぅぅ…… んっ!?んん、んむぅ……」

魔王「口付けせんとも言うておらん」

女武闘家「んん、はふ、はむぅ…… ちゅ、ちゅるっ…… んく、はん、んむ……」

女武闘家(せ、セ〇クスされながら、ちくびとかっ、キスされるの…… きけんっ!)

女武闘家「ふぁぁっ!あはぁっ、あ…… ん、んんっ…… はぁぁん…… はうっ」

魔王「膣内もこなれてきたな。少し勢いを増すぞ」

女武闘家「んふぅぅ……っ!あ、ああっ、あ、あん!あん、あん、あん…… はああああっ」

女武闘家(これ、まずい…… さっきと、ちがって…… あたま、くらくらして、あつくて……!)

女武闘家「ああっ、あああっ…… ああっ、はぁぁあああ…… ん、んちゅっ、んん…… ぷぁ、あっ、あん、あぁん!」

女武闘家(あつくて…… からだ、とける……)

魔王「熱に浮かされた良い貌だ。もっともっと見せてくれ」

女武闘家「はぅっ、あ、あぅっ…… あ、あ、あっ、あぁぁぁあああ……っ!」

女武闘家(だめ…… これ、ほんと、だめ…… きもちいっ、のが、おしよせて……)

魔王「膣襞の動きが変わってきた。達しそうなのだな?」

女武闘家「ち、ちがっ、さっきまでとっ、ちが…… あ、あん!あん、あん、あっ、あふぅぅ……」

魔王「怖れることはない、あるがままを受け入れよ」

女武闘家「ありの、ままっ、あっ、あんっ、あ、あっあっあっ……」

女武闘家(あ、これだめっ、だめ!しぬ、しんじゃう……っ!)

女武闘家「うぁっ、あ、ああっ、はぁ、うぁぁっ!うぁぁあああああああああっっっ!!!」

魔王「くっ、一段とキツく……ぐ、うっ!」

女武闘家「ふみゃああああっ!あ、あついのが、ながれこんでっ、あ、はぁっ、ふぁぁぁあああああっっっ!!!!」

女武闘家(なか、これ、せいえ、き…………?)

女武闘家「ふぁぁ、あぁ…… はぁぁ…………」

魔王「ふ、よくそここまで頑張ったな……」

女武闘家「ふぁ、ふみゃああ……」

女武闘家(も、げんかい…………)




128: 2017/08/15(火) 22:10:44.30 ID:Rsz4G8mdo

……いい(賢者タイム)




129: 2017/08/15(火) 22:24:54.70 ID:NW1irrlqo

いいぞいいぞもっとだ




130: 2017/08/15(火) 22:37:19.46 ID:SwNJDBFr0

可愛すぎだろ




133: 2017/08/16(水) 00:38:44.51 ID:+CenyNrmo

このスレになら腹筋捧げてもいい




134: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/16(水) 08:38:51.05 ID:eAXjt7H70

―――――
―――


女武闘家「ん…… ん〜…… むっ!」

魔王「…………」

女武闘家「魔王……!いや、寝てる。無防備……」

女武闘家(今なら、やれる…… もう一度、心を鎮めて……)

女武闘家「…………ぁ」

魔王「む……?おぉ、もうそこまで動けるほどに回復したか。流石よな」

魔王「レガリアが反応している。成程、我の寝首を掻こうとしたか」

魔王「顔が赤いな…… レガリアを欺こうと無の拳を使おうとしたが、瞑想の時に何をされたのか思い出したな?」

女武闘家「ぅ…… ど、どっか、行け!」

魔王「もう少し眠っていたかったのだが…… 仕方あるまい」




139: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/16(水) 17:53:40.20 ID:eAXjt7H70

―――
――


女武闘家(……必殺の拳、確かに、魔王の心臓を捉えた。でも、まったく効いてなかった)

女武闘家(これは皆に言うべき、じゃない。言えば、みんなから希望を奪うことに、なる……)

女武闘家(だけど魔王、私は諦めてない…… 今は届かなかった。でも、次は届かせる……!)

女武闘家(それはともかく…… まだ何か、挟まってる感じ)

女武闘家「…………」

女魔法使い「アンタが私より先に抱かれたってのは意外よね」

女勇者「また歩きにくそうにしてる……」

女僧侶「皆ああなってしまうものなんでしょうか……?」

女魔法使い「ああ、あれセ〇クスって普段使わない筋肉使うからそれが筋肉痛になって歩きにくいのよ」

女勇者「え、じゃあ…… 意外」

女戦士「う、うるせぇ!こっち見んじゃねぇっ!!」

女魔法使い「で、秘策とやらはどうなったの?」

女武闘家「……通じなかった。変態だった」

女勇者「うん、全面的に同意する」

女僧侶「へ、変態……」

女魔法使い「さて、その変態が選ぶのは私とアンタどっちが先かしらね」

女僧侶「か、覚悟はできています!できてる、筈、です……」




141: 2017/08/17(木) 01:27:45.13 ID:o46SwptWO

最初の勇者崩壊バッドエンドもあれはあれでシコれる




142: >>141知るかバカ!そんなことより腹筋だ! ◆1ysUccrJmGua 2017/08/17(木) 21:34:44.98 ID:yVb1FHU70

―――――
―――


女僧侶「――――今晩は私、なのですね?」

魔王「ああ」

女僧侶「念のために聞きます。本来人と魔が交わるのは禁忌とされます。それでも魔王、貴方は……」

魔王「愛する者を抱きたいと思う、それすらも禁忌だと言うのか?」

女僧侶「……神への反逆者たる貴方に問うても詮無いことでしたね」

魔王「その通りかもしれんな」

女僧侶「……わかりました。ではこの身体、貴方の好きなようになさいませ」

魔王「無論そのつもりだが」

女僧侶「ですが、覚えておいてください。禁忌の姦淫に耽る者には何れ神の裁きが下るということを」

魔王「そうか。出来れば神直々に裁きを与えに来て欲しいものだ。そうすれば奴と戦うことが出来る」

女僧侶「……神を嘲る者は殆どが無知か己の器量を弁えぬ愚者。ですが、貴方はそういう者達とは違う」

魔王「故に魔王なのだ」

女僧侶「やはり貴方は生きていてはいけない……」

魔王「で、あるか。ならばその裁きとやらが下るまでの間に好き放題やるとしよう」

女僧侶「う、む…… んむぅぅ」

女僧侶(神よ、私だけ許してほしいとは願いません。ですから、どうかこの邪知暴虐の王に裁きを……!)




145: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/18(金) 07:05:32.65 ID:44XUP+I+0

女僧侶「んむ、うぅ…… んちゅ、ちゅっ…… んむ、んはぁ、はぁっ……!?」

女僧侶(って、なんですかこれ!?舌!?舌ですか!?舌入れてきてるんですか!?そ、そうはさせません!)

女僧侶「ん、んりゅ、むちゅっ…… んく、んふぅ…… ぷぁ、あむぅ…… うぅん」

魔王「……自ら舌を絡めてくるとは、禁忌と言いながら積極的ではないか」

女僧侶「ち、違います……!」

女僧侶(くっ、舌を押し返そうとしたのが逆効果でしたか……)

魔王「違うと言う割には乳〇が勃ってきておるぞ?ドレスの上からでもわかるくらいにな」

女僧侶「こ、これは生理現象です!!」

魔王「ふむ、生理現象か」

女僧侶「ええ、そうです。でなければ説明がつきませ…… んん……」

魔王「胸を揉まれて甘い声を漏らすのもか?」

女僧侶「んぁっ!はぅぅ…… 生理、現象です!くぅ……ん!」

魔王「しかし貴様達を一目見たときから思っていたが、矢張り貴様の乳房が一番大きいな。我の手に余る」

女僧侶「は、恥知らずな…… はっ、あ、ああっ…… ふぁぁ……」

魔王「その上感度もいい。よくもまぁ、このような身体で淫蕩に走らず信仰を貫けたものよ」

女僧侶「あっ、あっ、あんっ!あふぅぅ…… あ、貴方とは、違うんですっ!ふぅっ、んふぅっ……」

魔王「うーむ……」

女僧侶「き、聞いているのっ、です、かっ、あ、あふぅ、はぁ、はぁぁう……」

魔王「良い、実に良い。我が手に伝わってくる柔らかさ、弾力、重み、揉み心地、全てが良い」

女僧侶「くふ、ふっ、む、むねばかり…… しつこくっ、く、くふぅぅ…… ん、んんっ」

魔王「うーむ、飽きが来ぬ。何時までも揉み続けられそうだ」

女僧侶「んん…… はぅぅ…… んっ、く…… はぁ、ふぁぁ……」

女僧侶(ほ、ほんとうに…… しつこい……!)

魔王「いかんいかん、乳〇も可愛がってやらねば」

女僧侶「ふぁ?ちく、びぃぃぃいいっっ!!?ひっ、だめっ!ちくびだめぇぇっ!!」

魔王「む、余程乳〇が弱いのだな。これなどどうだ」

女僧侶「ひぁぁああああっ!それだめっ!もっとだめぇぇっ!!ひぃっ、ひぃぃぃいいんっっっ!!!」

女僧侶(ち、ちくびひっぱられて、むねふりまわされてっ!?おもちゃにされて、るぅぅ……っ!)

女僧侶「はっ、あっ、はぁん!ち、ちくびがっ、のびっ、てぇ…… ひぁっ、あん、ふぁぁああ…… あぁん」

魔王「それで感じているのだろう?」

女僧侶「だ、だれがっ!あっ、あふぁぁああ…… はぁ、ん、はぁぁ…… あぁ、んくっ」

女僧侶(で、でも、たしかに、いままでかんじたことのないものが…… きてる……!)

女僧侶「あん、あふ、あはぁ…… はぁ、はぁぁ…… はんっ、んんっ、んくぅぅ……っ!!」

魔王「ほう、これはこれは…… 乳房と乳〇だけで達しそうなのだな」

女僧侶「た、たっする?うっ、ふぅっ、あ、あふっ、はぁぁっ!あっ、くひぃぃいんっ!!」

魔王「ふっ、熱心な信徒は絶頂の経験もないのか。では今から自身に起きることをよく覚えておけ!」

女僧侶「んひぃぃっ!?ん、ひぐぅぅうぅううううっっっ!!!」

魔王「これが、達するということだ」

女僧侶「んはぁ、はぁっ、あ、はぁぁ…… んはぁぁ…………」

女僧侶(これが、たっしゅる……?ぜっ、ちょぉ…………?)

魔王「立っていられんようだな。寝具まで連れて行ってやろう」

女僧侶「きゃっ!?」




148: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/18(金) 22:02:29.96 ID:44XUP+I+0

魔王「ん?おお、そうであった。妻にはこんな無粋な首輪ではなく……」

女僧侶「へ?」

魔王「……指輪を贈らねばな」

女僧侶「指輪……?きゃっ」

魔王「さて、あれだけ派手に達したのだ。ドレスの下はどうなっているのか……」

女僧侶「ふぁあああっ!?だ、駄目ですぅぅ……!あうぅ…………」

魔王「ん?これは…… 教会の施術か」

女僧侶「え、ええ…… 神への信仰を誓ったときに、教徒に施される、封印術です……」

魔王「知っている。解呪の方法もどう突破すればいいかもな」

女僧侶「な……」

魔王「だが、それはせぬ。何も男女の交わりはここだけで行うものではない」

女僧侶「へ……?」

魔王「敬虔な教徒はそういうことも知らぬのだな。なに、こちらを使うのだ」

女僧侶「そ、そこは……」

魔王「知らぬのか?貴様等の世界では一般的に肛門と呼ぶ排泄器官だ。菊門とも呼ぶな」

女僧侶「そ、そういうことを言っているのではありません!そこは、そういうことを行うところでは…… いひぃっ!?」

魔王「そういうことを行うところではなく、そういうことも行えるところだな」

女僧侶「お、おやめなさい!そこは不浄なところです!そんなところ、触れていいものではありません!」

魔王「自分の身体の一部だろう。そんなに否定してやるな」

女僧侶「ひっ!?ゆ、指を押し付けるのはおやめなさっ、ひっ、いぃっ!?」

魔王「まだ入り口の辺りしか触っておらぬのに良い反応だ。この先に進んでも問題はなさそうだな」

女僧侶「こ、この先って何を……?」

魔王「恍ける気か?先程から言っているように、ここでそういうことを行う」

女僧侶「ひぃっ!そ、そんなことは許されっ!?はひぃぃ……っ!」

魔王「いや、秘所を使えぬのだからこちらは許してもらおう」

女僧侶「ひゃあっ!?な、何ですか?何かぬるっとしたものがぁ……!?」

魔王「舌だ」

女僧侶「あうっ、し、舌ぁ!?じゃ、これっ、な、舐めてるんですかぁ!?」

魔王「まあ、そうなるな」

女僧侶「そ、そんなところを舐めては、いっ、いけませぇぇっ!?ひぁぁ…… や、やめなさいってば!」

魔王「しかし、いきなり指を入れるわけにもいかぬであろう」

女僧侶「そ、そもそもさわるなと言って、ひゃぁぁん!?」

魔王「舐めているのだが?」

女僧侶「あ、揚げ足を取ってないで…… あっ、あぁん…… ふぁぁ……」

魔王「……こちらも敏感だとは」

女僧侶「うぁぁ…… やめて、もうやめて…… あ、んぁぁ…… あぅっ……」

魔王「敏感なのはわかったが、このままでは指を入れただけで裂けそうなのでな。まだやめるわけにはいかん」

女僧侶「そ、そんなぁ…… ひぅ、ん、んひぃ……っ!」




149: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/18(金) 22:15:58.76 ID:44XUP+I+0

―――
――


女僧侶「あっ、あ、ああっ…… も、もうむりでひゅ、もういいれす……」

女僧侶(あれからずっと、おしりのあなをなめて…… い、いいかげんにして……)

魔王「うーむ、大分解れてきたな」

女僧侶「お、おわった……?んひっっ!?ま、まだなめっ、あっ、ああっ…… ふぁぁぁ」

女僧侶(お、おしりのあな、とけちゃいます…… こ、こんなのまおうじゃなくて、ただのヘンタイ!ヘンタイですぅ……!)

女僧侶「お、おっ、おおぅ…… んはぁっ、あ、ああ…… へ、へんたい、へんたいぃぃ……」

魔王「……否定は出来んな。まぁ、ここまで解せば問題なかろう」

女僧侶(あ、まおうのけはいが、とおのいて…… こ、こんどこそ、おわりぃぃぃ……っ!?)

女僧侶「あ、ああ…… こんど、は、なにをっ……」

魔王「指だ。二本くらいなら苦もなく入るくらいには広がったな」

女僧侶「ゆ、ゆびに、ほん……?う、うそですよね?」

魔王「恍けるな。自分の尻の中で動いているものの大きさくらいわかるであろう」

女僧侶「ひぃっ!あぐぅ…… ああ、いやぁ…… あっ、あぅぅ……」

女僧侶(うぁぁ…… おしりのあな、ひ、ひろがっちゃってるぅ…………)

女僧侶「さ、さけるぅ…… んんっ、ん…… くぅぅ…… うぐ、ぐぅぅ……」

魔王「そうならんようにするために散々舐め解したのだ。ほれ、こうしてやれば……」

女僧侶「うぐぅぅ…… ぐ、ふぐぅっ!ん、んん…… くひぃっ!」

魔王「多少の不快感はあれど痛みはないであろう?」

女僧侶「あ、ああ…… なんと、おぞましい…… あうっ、は、あぁ…… はひぃ……」

女僧侶(ああ、なんということでしょう…… ふ、ふかいどころか、き、きもちいっ、なんてぇ……)

魔王「うーむ、不快感以外も感じておるようだな」

女僧侶「くぅっ!そんな、ことはっ、あ、はぁぁ…… あぐっ、はぅぅ……」

魔王「こうやって奥まで挿れてやるより」

女僧侶「はぐぅぅっっ!?」

魔王「抜いてやる時の方がいい声を出すな」

女僧侶「ほぉぉぉおぉぉぉおおおっっっ!!?」

女僧侶(う、うそです!わたしのからだ、おしり、ほじられてっ、よろこぶなんてぇ……!うそ、うそですぅっ!)




151: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/18(金) 22:22:42.86 ID:44XUP+I+0

魔王「菊門で感じる女は何人もいたが、初めてでここまで悦ぶ女はいなかったな」

女僧侶「はぁ、はぁ…… か、かんじてなんてぇ……」

魔王「嘘をつくな」

女僧侶「ああぅっ!あ、はぁっ…… んぁあああっ!!」

魔王「感じていないのならこんなにも甘い喘ぎ声を漏らすと思うか?」

女僧侶「ふあ、あっ、はぁぁ…… んく、ふぁぁ…… あぁぁん」

女僧侶(こ、これいじょうは、ほ、ほんとに、おかしくっ、なるぅ…… こ、ここはひとまず)

女僧侶「ふぐっ、ぐす、は、はい…… わたしは、おしりで、かんじて……ます」

魔王「知っている」

女僧侶「あぁんっ!で、でもぉ…… もう、たいりょくが、ありませ……ん。だから、す、すこし、やすませ……」

魔王「ふむ、随分と迂遠な言い回しだが要するにもっとして欲しいと」

女僧侶「ち、ちがいまっ、あっ、ふぁぁぁああああぁぁんっっっ!!?」

女僧侶(は、はげしいっ!まお、の、ゆびがぁ、ずぼずぼっ、てっ、えぇ……!)

女僧侶「ひぐぅぅっ!あぐっ、あ、あっ!んぎぃぃぃっ!!」

魔王「これだけ声が出せるのだ。まだまだ体力は残っておるな」

女僧侶「ひぎぃぃぃいいっ!あおお…… おぉ、お、おうっ、ふぐぅぅぅっっ!!!」

女僧侶(さ、さけるなんてどころじゃない!お、おしりっ、こわれる!こわされるぅぅぅ……!)

女僧侶「おごぉっ!ご、お…… はぁ、んぉぉおおおおっっっ!!!」

魔王「しかし潤滑油も使っておらぬのにここまで菊門が濡れるとはな……」

女僧侶「ふ、ふぎっ、ぎ、ひぎぃぃいいっ!?」

女僧侶(な、なんですかこのかんかくは……?きもちい、より、もっと、しゅごいのがぁ……)

魔王「この肛肉の締め付け具合、達しそうなのだな?ならば止めを刺してやろう」

女僧侶「あっ、あぐうぅぅうううぅっっ!!!かっ、は、あ、んひぃぃぃいいいいっっっ!!!!」

女僧侶(あ、これ、さっきちくびできたの…… でも、これ、ちくびより、もっと、しゅご……)

魔王「乳房と尻でこの感度…… 女陰の方はどれ程のものなのか……」

女僧侶「あ、は、あひ、あひぃぃ…… んく、ふぁ、はぁ、はぁ……」




152: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/18(金) 22:31:49.03 ID:44XUP+I+0

魔王「肛内も大分柔らかくなってきたな。では、三本に増やすぞ」

女僧侶「んはぁああっ!あ、ああ…… ま、まだつづけるのれすかぁ……?」

魔王「ああ、本来男女の交わりを行うところではないからな。念には念を入れねば」

女僧侶「くふぅぅっ…… や、やっぱりここは…… ちがうじゃないれすかぁ……!!」

魔王「……忘れろ」

女僧侶「わ、わすれましぇん!これいじょうはも、もうおやめなさっ、んっ、ひぃぃっ!!?」

魔王「忘れろと言った」

女僧侶「あひっ、ひっ、ひぁぁ…… ぬ、ぬきなさいっ!おしりから、ゆびをぬきなさひぃぃぃぃんっ!!」

魔王「断る。それに貴様の肛肉も吸い付いて放してくれぬしな」

女僧侶「そ、そんなわけ…… ありませんっ!で、ですから、ゆびをぉ……」

魔王「しかしな…… ほれ、こうやって擦り上げてやれば」

女僧侶「ひぃぃぃいいいんっ!!?」

魔王「肛襞が悦ぶのだが」

女僧侶「んはぁぁ…… あ、ああっ…… へ、へんたい!へんたいぃぃ…………」」

魔王「否定はせん」

女僧侶「か、かみよ…… どうか、このものにてんばつぅぅ…… ゆ、び、ひろげないれぇ……」

魔王「ふむ、ここまで広がるようになったか……」

女僧侶「あんっ!あ…… やっとゆび……」

魔王「さて、これで尻穴はすっかりと解れきった。我のものを受け入れても問題なかろう」

女僧侶「うけいれ……ふ?」

魔王「菊の蕾も綻び見ゆるは薄紅の大輪の花…… では、夫婦の契りを交わすとしよう」

女僧侶「ちぎ、り…… はぐっ、あ、あうっ…… くひぃぃっ!」




153: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/18(金) 22:40:16.25 ID:44XUP+I+0

魔王「ぐっ、あれだけ解しても矢張りきついな……」

女僧侶「な、なんですかこれぇ…… お、おおきくて、く、くるひぃれすぅ……」

魔王「うーむ、陰茎…… いや、男根か」

女僧侶(こ、これがだんせいき…… ゆびよりふとくて、かたくって、おおきくてぇ……)

女僧侶「う、うううっ…… これ、おおきすぎっ、です…… おしりのあな、いっぱいでぇぇ……)

魔王「しかし痛みはないだろう?動くぞ」

女僧侶「あぁぁぁぁっ…… ああっ、あぁぁぁぁっ……」

女僧侶(あ、あんっ、あ、さ、さっきよりずっとくるしいのに、さっきよりずっときもちぃ……っ!)

女僧侶「んっ…… んんっ!はぁ、あっ…… あぁぁっ……」

魔王「凄まじい素質の持ち主だな。もう尻穴が我のものに馴染んできたぞ」

女僧侶「う、ふぐぅぅううっ…… くぅぅんっ…… んんっ!」

魔王「どうだ、貴様も感じているのだろう。例えば…… ここはどうだ?」

女僧侶「はぁぁぁぁぁああぁぁあああっっ!!」

魔王「その様子だと随分と楽しんでくれているようだな」

女僧侶「うっ、ふぅぅぅ…… い、いえませんそんなことっ!か、かみにたいしてふけいなっ!!」

魔王「言えぬということは、感じておるのは間違いないと」

女僧侶「あぁっ、あ、ちがっ…… あぅっ、で、でもつかれるとからだごと、ゆさぶられてっ…… あ、ああっ!」

女僧侶(ああ、ど、どうしてこんなところでっ、こんなにもか、かいらくを…… かんじてしまうのですかぁ……)

女僧侶「おっ、おぉっ!おほぉぉ……っ!!こ、こしゅれてっ、おしりのなかこしゅられてるぅっ…… ごりごりぃぃぃっ!!?」

魔王「擦れる、か。貴様はどちらが好みだ?」

女僧侶「こ、このみ……?んくっ、はぁ、はぁ……」

魔王「こうして浅いところを擦られるのか」

女僧侶「んはぁぁっ!あ、あぎっ、あ、あんっ!あはぁん!!」

魔王「それとも、奥の方を擦られるのか」

女僧侶「おほぉぉぉっ!お、おぉん!おごぉぉ……っ!」

魔王「どちらが好みだ?」

女僧侶「んひっ、ひ、ひぐぅぅ…… ど、どっちも、やです……」

魔王「ふむ、先程の抽送だけでは判断が出来ぬということかな?」

女僧侶「あおぉっ!お、おぉ…… だ、だから、どっちもやぁぁっ!も、もううごかないれくださぁいっ!!」

魔王「強情だな。矢張りその信仰心は本物か……」

女僧侶「え、ええ…… 例えこの身が外道に堕ちようと…… この心までは……」

魔王「……少し妬けるな」

女僧侶「はぎゅ、ふぎゅぅぅうううっ!?は、はげしっ、んっ、んひっ、んひぃぃぃいいいっっ!!」

魔王「神ではなく、我だけを見て欲しくなる」

女僧侶「くっ、あ、あぁっ!うぁ、あ、あっ、あっ、あん!お、おしりへんになるぅぅ……!」

女僧侶(か、かみよ!おゆるしをっ!こ、こんなふうにおしりずぼずぼされてっ、わたし、き、きもちよくなってしまってますぅ……!)

女僧侶「あっ、あぐぅっ、ぐ、お、おぅっ…… お、おほぉぉおおおっ!!お、おぉん……っ!」

女僧侶(で、ですが、こ、このわらひのこころはぁ…… あ、あなたのおそばに、いっ、いひぃぃぃ……!?)

女僧侶「な、なにこれっ!んっ、んぉぉっ…… お、おしりがぁっ!あ、ふぁぁあああぁぁっっ!!?」

魔王「む、一段と締め付けが強く……」




154: 2017/08/18(金) 23:02:43.69 ID:rn7TPM2TO

今回は後だけど僧侶は前もやってほしい




155: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/18(金) 23:04:36.21 ID:44XUP+I+0

女僧侶「はぁぁぁあっ!ど、どうしてぇ…… からだ、いうことっ、き、きかないぃっ…… か、かってにぎゅぅぅって!」

魔王「達するのだな?いいぞ、思い切り恥を晒すが良い」

女僧侶「だめ、だめ、だめだめだっ、あ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!!」

女僧侶(あ、ああ…… きもちぃぃ…………)

女僧侶「あ…… あふ…………」

魔王「まだだ、まだ終わらんよ」

女僧侶「ああ、まだふとくてかたいのが…… わたしの、おしりにぃ……」

魔王「これ程極上の尻穴、貴様には悪いが今少し楽しませてもらおう」

女僧侶「あぁっ、あぁんっ!あぁっ、んぁあぁぁ……っ!」

女僧侶(あうっ、ま、まおうのだんせいきっ、さっきよりなかで、おっきくなってます、うぅ……)

女僧侶「あぁんっ、あ、ふぁああぁっ!しゅご、しゅごいっ、わたしのなか、ごりっ!ごりごりってぇ…… あぁんっ!」

魔王「そうか、ここを突かれるのが好みか」

女僧侶「あぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!」

女僧侶(あぁ、わたしったら、なんてっ、は、はしたないこえを……!で、でも、とめられなひっ!!)

女僧侶「ひぁぁっ!あ、お、おしりのなかっ、か、かきまわされて…… めちゃくちゃにされて、んひぃぃぃいいっっ!!」

魔王「滅茶苦茶にされてどうなのだ?掻き回されてどうなのだ貴様は?」

女僧侶「ふぁぁっ!ズボズボされてりゅっ!おしりのあな、め、めくれちゃいましゅぅぅううううっっっ!!!」

魔王「ふっ、快楽に塗れて真面な会話も出来ぬようだな」

女僧侶「くひぃっ!んは、はぅぅっっ!!ひ、ひろげられてりゅっ、ふとくてかたいのでぇ、んはあぁぁっ!おしりのあなぁぁっ!!

女僧侶(わ、わらひ、わらひっ、こんなことれぇ、こんなかんじひゃうなんへぇぇ……)

女僧侶「んくぅぅぅぅっ!こ、このようなみだらなっ、ことでっ、わらひ、わらひぃぃ…… んひぃぃいいいっっ!!!」

魔王「仕方あるまい、このような淫蕩な身体をしているのだからな」

女僧侶「お、おほぉっ、お、おぉぅっ…… お、おくまれ、おくまれとどいてぇっ、んはぁぁああっっっ!!!」

魔王「奥だな?奥まで突っ込んでやればよいのだな!」

女僧侶「あぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁぁ―――――っっ!!!」

魔王「くぅぅっ、肛襞の吸い付きが……」

女僧侶「あひぃぃぃっ!お、おしり、おしりぃぃっ!!くひぃぃぃぃぃいぃぃいいぃぃんんっっ!!!」

魔王「そろそろ、辛抱が効かん……!」

女僧侶「わ、わらひもぉ…… わらひも、らめっ、らめぇ…… おしりしゅごくてぇ、もうむりれしゅぅぅうううっっ!!!

魔王「ぐ、で、出る!受け止めよ……!」

女僧侶「んひっ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁああぁぁぁぁぁああぁぁぁっっっ……………!!!!」

魔王「くぉぉ……!」

女僧侶「あ、あぁぁ……っ、いやぁぁ…………」

魔王「む?」

女僧侶「あぁぁ…… はぁぁ…… いや、いやぁ……」

魔王「ふふ、感じ過ぎて尿道が緩んだのか……」

女僧侶(おひりのなか、あついの、いっぱい…… そそがれてぇ…… おしっこ、もらしひゃって……)

女僧侶「も…… いやぁ…………」

女僧侶(ああ、かみ、よ…………)




156: 2017/08/18(金) 23:09:05.35 ID:XcDmaq1U0

前じゃないと孕ませられないぞ




158: 2017/08/19(土) 04:27:06.69 ID:dN/pkFW8o

前も使ってほしいです、魔王様




160: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/19(土) 07:39:30.64 ID:jN7Gme0o0

―――――
―――


女僧侶「ん…… んん…… んふ…… んぁ……?」

魔王「……起きたか」

女僧侶「ま、魔王!」

魔王「ふむ、術式は健在か……」

女僧侶「あ、当たり前です……」

魔王「確か子を生したいと強く思った異性の前でだけその効力を失うのだったな?」

女僧侶「ど、どうしてそれを……?」

魔王「なに、人間界に居た時に色々とな……」

女僧侶「……言っておきますが、貴方が夢想しているようなことは決して起こり得ませんから!」

魔王「そうか、それは残念だ……」

女僧侶「貴方に出来ることはただひとつ、神の裁きを待つこと…… それだけです」




167: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/19(土) 19:32:18.96 ID:jN7Gme0o0

―――――
―――


女僧侶(神よ、私の身体は汚れてしまいました)

女僧侶(ですが、やはりそのことを許していただこうとは思いません)

女僧侶(ただ願わくば、どうか私と共に罪を重ねるあの魔王に天罰を……)

女僧侶(それにしても……)

女僧侶「…………異物感がとれません」

女勇者「だ、大丈夫……?」

女僧侶「え、ええ…… ですが」

女勇者「ですが?」

女僧侶「……とても、すごいことをされました。知りたくなかったです。あんな、あんな風に私……」

女武闘家「あ、う、ちょ、ちょっと、泣かないで……」

女魔法使い「まー、女の子だしねー。普通はこうなるわよねー」

女戦士「あぁ?私らがおかしいって言いたいのか?」

女魔法使い「違うわよ。魔王を倒すメンバーに選ばれただけのことはあるって話」

女武闘家「順番だとしたら、次、貴女だけど……」

女魔法使い「大丈夫よ、私アンタ達と違って初めてじゃないし」

女戦士「え?」

女魔法使い「それにしても選ばれた基準って何かしらね?あんなちんちくりんよりは先に選ばれる自信あったんだけど……」




172: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/20(日) 19:25:22.52 ID:27ptlTca0

―――――
―――


女魔法使い「――――もう私のところには来ないのかと思ってたんだけど」

魔王「済まなかったな。知らず待たせてしまっていたようだ」

女魔法使い「ええ、例え憎い敵であろうと、男に最後まで選ばれないなんてちょっと屈辱的だったわ」

女魔法使い「人間のことをよく知るアンタならそういう複雑な女心を分かってくれてると思ったんだけどねぇ?」

魔王「悪かった。どうにも女心は我にはまだまだ難解過ぎて理解出来ぬな」

女魔法使い「あら、深謀遠慮たる魔王様にも理解できないものがあるとは思いませんでしたわ」

魔王「ああ、だからこうして退屈な生を終わらせられずにいる。まだ識らぬものがこの世にはあるやもしれんからな」

女魔法使い「随分と知識欲が旺盛でいらっしゃるのね?」

魔王「ああ、今も貴様の抱き心地がどんなものか、識りたくて堪らぬ」

女魔法使い「ふふ、性欲も旺盛でいらっしゃると」

魔王「その通りだ」

女魔法使い「だったら、私の傷ついた女のプライドの埋め合わせも期待してもいいのかしら?」

魔王「その言葉、迂闊な発言だったと後悔する程の償いをするつもりだ」

女魔法使い「まぁこわい…… んっ」




173: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/21(月) 22:23:22.17 ID:cCWEmat30

―――
――


女魔法使い「んん…… ん、ちゅっ、んぅ…… んむ、んちゅ、ちゅっ、んむぅ…… ぷぁ…… んふ、キス、とっても上手なのね」

魔王「お褒め預かり光栄だ」

女魔法使い「アンタ昔人間の世界にいたって言うけど、女遊びが目的だったのかしら?」

魔王「それだけが目的ではなかったぞ」

女魔法使い「ということは、女の子とイケナイ事するのも目的のひとつだったんだ」

魔王「なに、男として生まれたからにはありとあらゆる女を抱きたい。そう思っただけのこと」

女魔法使い「ふふ、スケベ」

魔王「弱ったな。返す言葉がない」

女魔法使い「あら、寝具の上に男と女…… 言葉はそんなに必要かしら?」

魔王「その通りだが、それにしても貴様は随分と積極的なのだな」

女魔法使い「どうせキモチイイコトするなら楽しんだ方がいいでしょ?生娘でもなし、多少手荒に扱ってくれてもよくてよ?」

魔王「ふふ、何か企んでいるのか?」

女魔法使い「どうかしらね?ただ、女に秘密はつきものでしょ?」

魔王「違いない。では、そろそろ貴様の肢体を……」

女魔法使い「ん〜、ちょっと待って」

魔王「む?」

女魔法使い「ねぇ、この頃お相手は初心な子ばっかりだったでしょ?ご奉仕、されたくない?」

魔王「ふむ…… そうだな、頼むとしよう」

女魔法使い「それじゃベッドに腰掛けてくださる?パ〇ズリをして差し上げますわ」

魔王「波伊豆利……?なんだそれは?」

女魔法使い「白々しい…… 私の口から説明させたいのかしら?じゃあ、まずおチ〇チ〇を出しま…… やだ、おっきい」

魔王「人間界に居たときもよく言われたな」

女魔法使い「ふん、で、このおっきな魔物チ〇ポをこうしておっぱいで挟んで…… ん、ほんとおっきい」

魔王「それで?」

女魔法使い「んちゅ、ちゅ、んー…… こうやって涎を使って、こんな風におチ〇チ〇しごいてあげるのがパ〇ズリよ」

魔王「お、おぉ……」

女魔法使い「あら、百戦錬磨の魔王様にしては随分と情けないお声を出されたようで」

魔王「柔らかな乳房に包まれる感覚が久々過ぎてな。恥ずかしながら声が漏れてしまった」

女魔法使い「そう、じゃあ久し振り過ぎてあっという間に射〇したりして」

魔王「貴様の手練手管によっては十分在り得るな」

女魔法使い「ふふ…… それならちょっと本気出しちゃおっかな〜」




174: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/21(月) 22:34:13.04 ID:cCWEmat30

魔王「むぅ、絶景かな絶景かな。形の良い乳房が縦横無尽に……」

女魔法使い「ふふん、形だけじゃなくて大きさにも自信があるのよ」

魔王「ああ、なかなかの大きさだ」

女魔法使い「なかなか、ね…… まぁ私も旅のメンバーの中に私よりも大きいのが二人もいるなんて思わなかったわ」

魔王「ふむ、矢張り気になるものなのか?」

女魔法使い「多少はね〜、でも形の良さと張り艶はあの中じゃ一番よ」

魔王「く、確かに我のものにしっとりと吸い付いてくる肌の感触が心地良いな……」

女魔法使い「でしょでしょ?ちゃんとお手入れもしてるんだから」

魔王「そうか、もう肌を気にする年頃か」

女魔法使い「し、失礼ねぇ!そういう意味じゃないわよ!!」

魔王「済まぬ。失言であった」

女魔法使い「分かればいいのよ。それにしても立派なおチ〇チ〇ですこと…… これで一体どれだけの女を泣かせたのかしらね」

魔王「数えたことはないな」

女魔法使い「そう、罪な男…… それじゃあ泣かされてきた女性たちの為にもこのチ〇ポを懲らしめてあげなきゃね」

魔王「ぬぅ、汗ばんだ肌がより吸い付いてきおる……」

女魔法使い「はぁぁ…… 熱ぅい…… おっぱい火傷しちゃいそう……」

魔王「仕方なかろう。これ程の乳房でものを扱かれて滾らぬ男など存在せん」

女魔法使い「あら嬉しい。じゃあ、もっとじっくりかわいがってあげちゃうわ……」

魔王「く、左右交互に……」

女魔法使い「ふふ、私のパ〇ズリで射〇しなかった男はいないのよ?」

魔王「ぐ…… その言葉が嘘ではないと、たった今実感している」

女魔法使い「ふふん、こんなのはどうかしら……?」

魔王「こ、これは…… 固い乳〇と柔らかな乳房の感触が……」

女魔法使い「あら、いつの間にか先走りがこんなに溢れてる…… 意外とだらしないのね、アンタのチ〇ポ」

魔王「それは貴様の乳責めが善過ぎるから仕方あるまい……」

女魔法使い「善過ぎる?何言ってんのよ、まだこんなもんじゃないわよ…… 舌も使ってあげる…… あーん」

魔王「くぉぉ……」




175: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/21(月) 22:34:53.89 ID:cCWEmat30

女魔法使い「れろぉっ、ぴちゃぴちゃ…… えろっ、れるれる……」

魔王「こ、これは……」

女魔法使い「んちゅっ、んん…… どうやら気に入ってもらえたみたいね?おチ〇チ〇嬉しそうにビクビクしてる……」

魔王「あ、ああ…… 正直、堪らんなこれは……」

女魔法使い「あぁん、舐めても舐めてもどんどんおつゆが出てきちゃう…… ぺろっ、にちゃにちゃ……」

女魔法使い(大分楽しんでるみたいね……)

女魔法使い「れろ、ちゅっ、ちゅっ…… んく、あぁ…… 魔王の先走りの味、癖になるかも…… れろぉ」

魔王「く、何と淫らな舌使いなのだ……」

女魔法使い「あむ、だっておチ〇チ〇が舐めなめしてほしいって、れろっ、プルプル震えてるんですもの」

魔王「ぬぁっ!な、舐められながら乳房まで使われると……!」

女魔法使い「うふふ、魔王様?もうイキそうなの?イキそうなのね?我慢なんてしなくてもいいのよ……」

魔王「し、しかし……」

女魔法使い「丸出しチ〇ポおっぱいで挟まれてるなんて間抜けなカッコしてるんだから、プライドなんて捨てちゃいなさい」

魔王「ぐっ、んんっ……!あ、ああそうだ、もう精を吐き出したくて堪らん……」

女魔法使い「よく言えました…… じゃあ、最後はお口の中で出させてあげる…… あむ、ねろぉぉ……っ」

魔王「うぐぅっ、乳房と口に包まれて……!」

女魔法使い「あぁん、じゅるっ、んじゅ、じゅず、じゅずずず、じゅぱっ、ん、はぁ…… れろ、れろぉん、ちゅずずっ!」

魔王「お、お、おぉぉ……!」

女魔法使い「あふぅ、んじゅっ、じゅるる…… そろそろ限界ね?じゃあ、これでとどめ、あむっ、ねちゅ、じゅず、ずぞぞぞぉぉぉぉぉっっっ!!!」

魔王「喉までっ!?ぬ、ぬぉぉおおっっ!!!」

女魔法使い「んぐぅぅぅうっ!!ん、んぐ、ぐ、ごくっ…… ごく、じゅる、ごくっ、ごく…… んく、んっ、んんっ……」

魔王「おぉ…… す、吸い取られてしまった……」

女魔法使い「んぐ、ちゅっ、ちゅぱ…… んふ、すごく濃厚で、すごい量だったわ……」

魔王「そ、そうか……」

女魔法使い「でもまだ残ってるかも…… あん、じゅずっ、じゅずずずっ……」

魔王「おぉっ、お、も、もう残っておらんぞ……」

女魔王使い「……ふぅ、ごちそうさま」




176: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/21(月) 22:38:01.20 ID:cCWEmat30

女魔法使い(さて、予定よりちょっと熱心にご奉仕しちゃったけどここまでは計画通り……)

女魔法使い(普通、射〇や絶頂の瞬間・直後はどうしても意識が曖昧になる……)

女魔法使い(その曖昧な時間にレガリアを操作させられれば、こちらが解読術式を使用しても魔王に悟られないかもしれない)

女魔法使い(だけど、あの子たちの話と様子から魔王はかなりの精豪…… セ〇クス直後は私も消耗している可能性が高い)

女魔法使い(だからこそのご奉仕プレイ、魔王だけを消耗させ私は余力を残したまま…… つまり、チャンスは今!)

女魔法使い「ねぇ、魔王様?そういえばあの子たちのレガリアは首輪から指輪にしたそうじゃない?」

魔王「ん?ああ、そうだな……」

女魔法使い「……私にはしてくれないの?」

魔王「むぅ、それは悪かった。今変えよう……」

女魔法使い(かかった……!連携瞬時詠唱、第十三幽章から高速記述並列処理連立解釈同時解読、第五理項の組成分析真贋分離、第八識典より真理誓約瞬間理解並びに事象整列!)

魔王「……うむ、これでよい」

女魔法使い「ふふ、ありがと」

女魔法使い(全法術瞬連解除、読み解けたのは…… うそ、ほんの一部……!?)

魔王「……どうかしたか?」

女魔法使い「別に?そうね、強いて言うならもっと宝石とかついたお洒落でかわいいのが良かったなーって」

女魔法使い(戦ったときからわかってたけど、やっぱり魔王だけあって規格外…… 一部解読できただけでも僥倖とするべきね……)

魔王「済まんな、我は質実剛健を好む故遊びや芸術性のあるものを作るのは少々不得手でな」

女魔法使い「だったら、レガリアなんかじゃなくて普通の指輪にしてくれてもいいんだけど」

魔王「何れはそうしよう」

女魔法使い「いずれ、ね…… その時はちゃんと来るのかしら?」

魔王「何時頃とは明言出来んがな…… さて、次は我の番だな」

女魔法使い「えー、もう少し魔王チ〇ポ味わいたいんだけどー?」

女魔法使い(あの子ら曰く大体気ぃ失わされるみたいだし、うっかり気絶させられてせっかく掴んだ術式を忘れちゃったってなったら目も当てられないしね)

女魔法使い(ま、私は大丈夫だと思うけど念には念を、少しでも魔王から精力奪っとかなきゃね)

魔王「そうか、では……!」

女魔法使い「きゃっ!?」




178: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/21(月) 23:03:58.70 ID:cCWEmat30

魔王「この体勢ならお互い好きに出来るであろう?」

女魔法使い「そうね。でも、ちょっと恥ずかしいかも……」

魔王「ふふ、恥ずかしいと言うのはこのぐっしょりと濡れた下着のことか?我のものを喰らって興奮したか?」

女魔法使い「しょうがないじゃない、あんな立派なチ〇ポ食べちゃったら誰でもこうなっちゃうわよ」

魔王「そうかそうか。では。我も貴様の秘所をいただくとしよう…… おお、しとどに濡れ光っているぞ?」

女魔法使い「もう、あんまりそういうこと言わないでよー。こうなったらもう一回パ〇ズリで黙らせてやる」

魔王「むぅ…… 矢張り良い肌触りだ。そしてここは良い匂いがするな。甘ったるい女の匂いだ……」

女魔法使い「アンタのおチ〇チ〇もすごい匂いよ。雄臭い上にさっきのザー〇ンの匂いも混ざってて…… んふ」

魔王「くぅ、硬い乳〇が雁首を擦り上げて……!我も負けてはおられんな」

女魔法使い「あぁん、んふ、キスの時も思ったけど舌、長いのね……」

魔王「蜥蜴や蛇は負ける」

女魔法使い「はぁん、あ、あぁんっ…… トカゲやヘビより長かったらバケモノよ、それ」

魔王「化け物ではない、魔物である」

女魔法使い「ふぁぁっ、あっ、あああっ!あふぅ…… ちょ、ちょっと激しく吸い過ぎ……」

魔王「甘露であるな。膣内の具合はどうか…… 確かめるとしよう」

女魔法使い「はぁぁ…… 魔王の指が入ってくる、入ってきてるぅ…… ふぅぅんっ……」

魔王「当然入るだけでは済まんぞ?」

女魔法使い「あぁん、あうっ、ん、んっ…… 中で暴れて、ひっかいて…… あん、あっ、あぁん……」

魔王「良く吸い付いてくる良い膣肉だ。ものを挿れるのが楽しみであるな」

女魔法使い「ん、んふぅぅ…… あ、あんまり調子に乗らないでよね……!はむ、ぬぷっ、ぢゅるる、れろぉ……」

魔王「ぐ、いきなり激しいな……」

女魔法使い「じゅぷ、れろっ、んっぷ、んむく、んちゅ、ちゅる、ちゅずず、ずずずっ…… ぷぁ、はぷっ、じゅぽ、じゅぽぉっ、んぶぅぅ……」

魔王「ぬがぁっ、がっ……!うぐぅぅっ……!!!」

女魔法使い「んぶっ、んぶぅ…… ごきゅ、ごくごくっ、こく、んく…… ぷぁっ……」

魔王「はぁ、はぁ…… さ、先程はまだ本気でなかったと……」

女魔法使い「んふ、アンタだってこんなにたっぷり精液残ってたんじゃない…… あん、まだビクンビクン射〇してる……」

魔王「……実は貴様、淫魔の類だったりせんか?」

女魔法使い「違うと思うけど。まぁ、遠い遠いご先祖様の中に淫魔がいた可能性はあるかもね」

女魔法使い(それにしても…… こっちの方面じゃ案外魔王って大したことないのね。やっぱりあの子たちは処女だったから大げさに言ってたのかも)

女魔法使い「さて、それじゃ残りの精液もパ〇ズリで搾り取ってあげようかしら……?」

魔王「ま、待て…… そろそろ貴様の膣内を味わいたいのだが……」

女魔法使い「うーん…… しょうがないわね、使わせてあげようかしら」

魔王「おお……」

女魔法使い「ただし!アンタが下よ?手も使っちゃダメ……」

魔王「それで構わぬ」

女魔法使い(あー、チョロイわー。もしかしてこっちで骨抜きにした方がレガリアの研究より楽だったりして……)




179: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/21(月) 23:19:01.63 ID:cCWEmat30

女魔法使い「それじゃあ…… このオマ〇コに入りたくてだらしなく勃起してるこのおチ〇チ〇を…… んふっ」

魔王「くぁぁ……」

女魔法使い「んぁぁああ…… あん、た、食べちゃった…… ふふ、すっごく美味しいわ……」

魔王「うぅ…… な、何故動かんのだ……?」

女魔法使い「あら、私が上だとは言ったけど、動いてあげるとまでは言ってないわよ?動かしたいなら自分で動けば……?」

魔王「矢張り貴様は淫魔よの……!」

女魔法使い「ん、んふっ、い、いい感じよ…… ほら、もっと頑張りなさいよ……!あぁ、あはぁっ……」

魔王「く、こうか?」

女魔法使い「あぁっ、あん、んっ、んふぅ…… い、いい感じよ!奥まで、んんっ、届いてるっ…… あ、くぅぅ……」

魔王「そろそろ、手を使っても……」

女魔法使い「はぁっ、あ、あぅっ…… だ、ダメよ…… 腰だけ使って、でも、もっと激しく、しなさぁいっ……!」

魔王「無茶を言う……」

女魔法使い「くひぃぃんっ!ん、んぁ、あぁっ…… や、やればできるじゃない…… そう、そこよ、あん、きゃふぅぅんっ!」

魔王「うむ、存外やれるものだな」

女魔法使い「くっ、あああぁぁああああっ!ああっ、あんっ…… んふ、ノッてきた…… 私も動いてあげるわ…… んっ、んっんっんんっ!」

魔王「ぬぅ、腰遣いも何とも淫らな……」

女魔法使い「ん、んふぅ…… ふぁ、あぁぁん…… んぁ、あっ、あああ…… どう?こうやってゆっくり…… ズリズリしてぇ……」

魔王「う…… 良いぞ……」

女魔法使い「んくっ、あっはぁあん!はっ、はぁん、んぐっ、ふぅぅんっ!こんなふうに、はげしくっ、くぅあっ、あはぁあぁあああっっっ!!!」

魔王「おおお……!」

女魔法使い「ひっ、ひぁっ、あはぁぁあっ!あぁ、いいわ、もっとっ、もっと!もっと、チ〇ポ硬くさせなさっ、あっ、あひ、ひぃぃんっ!!」

魔王「くっ、上下に弾む乳房がまた扇情的で……」

女魔法使い「はぁあああっ!あ、あぐっ、ふくぅぅうっ!んっふぅっ、くぅぅ……!これが、お好みかしら?んんっ!」

魔王「うぉああぁ……」

女魔法使い「あはぁぁあああ…… はぁぅうっ…… ん、んっ、んっはぁああっ!はぁああっ!!」

女魔法使い(ん、さっきまでの様子から魔王はそろそろ限界ね…… スパートかけちゃおうかしら?)

女魔法使い「んふっ、そろそろ魔王様も、限界じゃない……?止めをさしたげる…… んっ、ふぅぅ……っ!!」

魔王「ぬぐっ……!」

女魔法使い「あっ、あん、はぁぁんっ!ふぁぁっ、あ、ああっ、が、我慢なんて、しなくていいのっ、はぁうっ、うはぁぁあっっ!!!」

女魔法使い(チ〇ポのこの辺りを、こうやって重点的に責めてあげれば……!)

女魔法使い「んぐ、ふぐっ、うっ、うふぅぅ…… さ、さぁ、遠慮なんて、いらないからっ、あっ、あひっ、ひゃうぅぅ……!」

女魔法使い(……あれ?)




181: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/21(月) 23:26:20.47 ID:cCWEmat30

女魔法使い「くっ、は、はぁぁっ、あん、あん、あぁん…… ほ、ほら、ほらほらほらぁっ、あ、あんっ!」

女魔法使い(変ね…… もう射〇してるはずなんだけど……)

女魔法使い「あんっ、あ、あはぁ、あん、あっ、あっ…… ど、どうしたの?んっ、ふぅ、くはぁぁあああ……」

女魔法使い(んくぅ、ま、まずいわね…… 私の方が限界近づいてきちゃってる……!)

女魔法使い「くうっ!あ、ふぁぁっ、あっ、あはぁん……!んぐっ、あっあああっ、んぁあああっ、はぅぅん……!」

女魔法使い(くっ、さっき射〇させすぎてちょっと耐性がついたのね…… あぁ、だめ、も、イクッ!)

女魔法使い「ん、んんっ、くふぅぅ…… ごめ、なさい…… わたし、も、もう……っ」

魔王「構わん、達して良いぞ」

女魔法使い「ひぁああっ、あ、ああ……!ん、んんっ、んふぅぅぅううううううっっ!!!」

女魔法使い(ふぁぁっ、あ…… ま、まぁこれで…… 次は……)

女魔法使い「ん、ふっ、ふぅ、ふぅ…… ごめんね、私だけイッちゃった…… あら、なに手ぇ使ってんの?」

魔王「なに、そろそろ攻守交代しようと思って、な!」

女魔法使い「ふぎゅぅぅうううううっ!!?」

女魔法使い(う、嘘…… 奥突かれただけで、軽く、イカされた……?)

魔王「先程までの交わりで貴様の弱点等々は既に把握した」

女魔法使い「あくぅぅうぅううっっ!!う、ふっ、ふぅ……」

魔王「女に奉仕させるのも嫌いではないが、我が一番好きなのは女の顔が快楽に蕩ける様を見ることなのだ」

女魔法使い「んく、さ、さっきまで私に、翻弄されてたくせに…… ホントはもうピュッピュッと出したいんじゃないの……?」

魔王「ふっ、正直言うと精を吐き出したくて堪らん。だがな、それ以上に貴様を啼かせたくてしょうがないのだ」

女魔法使い「やっぱりね…… 大丈夫?私を啼かせたいとか言ってたけど、その前にイッちゃうんじゃない……?」

魔王「貴様こそ大丈夫か?生娘でもなし、多少手荒に扱っても構わんと言っていたが……」

女魔法使い「んふ、甘く見ないでよね……」

魔王「では…… ふん!」

女魔法使い「ふぁぁあああああっっ!!?」

女魔法使い(こ、コイツほんとに私の弱い所わかってる……!う、動かれただけでまた軽くイカされた……!)




182: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/21(月) 23:32:34.69 ID:cCWEmat30

魔王「呆けるな。まだまだこれからだぞ」

女魔法使い「ひぎゅぅううっ!?ひっ、あっ、あはぁぁああぁああっっ!!!」

女魔法使い(う、嘘でしょっ!?この私がっ、こんな、簡単に…… ひっ、ひぐぅっ!?)

女魔法使い「あくっ、くはぁっ、はぁぁん!ん、んひ、ひぁあああああっ、あぁぁああんっっ!!」

魔王「ふふふ、良い貌だ」

女魔法使い「うはっ、あ、くはぁっ!あ、あんっ、あんあんあんっ!ふぁぁっ、ああぁぁあああああっっ!!」

女魔法使い(こ、これやばっ、やばい……!逃げようにも、腰、押さえられてるから……!)

女魔法使い「んくぅぅぅうっ……!!ね、ねぇ?わ、私も動きたいし、手、離して、くれない……?んっ、んんっ!」

魔王「それには及ばん。貴様は我の上で啼いていてくれれば良い」

女魔法使い「あひゅっ、かひゅ、くひゅぅぅうううっっ!!うぁっ、お、お願いよ、手を、離してぇっ!!」

魔王「どうしてそんなに嫌がる?絶頂から逃れられぬからか?」

女魔法使い「んはぁぁああっ!あっ、あがっ、そ、そうよ!ちょっと、これ、やばいからぁっ!あ、あぁんっ、んくぅぅぅっ!!」

魔王「先程確認した時にも手荒にしても良いと言ったではないか」

女魔法使い「ひゃひぃぃぃいぃいいいっ!?ら、らめっ、またすぐイッちゃうからぁ!せ、せめてっ、もっと、もっとゆっくりぃぃぃいんっ!!!」

魔王「そうは言うがな。この程度の腰の動きでは我は満足できん」

女魔法使い「はぁぁああああっ!お、おくっ、ゴツって、ゴツゴツって!おチ〇チ〇、しきゅうに、ゴツゴツ当たってるぅぅうううっっ!!!」

女魔法使い(だめ、こんなのだめ、こんなの続けられたら、つづけられたらぁ……!)

女魔法使い「ゆ、ゆっくりぃ、ゆっくりしてぇ!こ、こんなの、はひぃっ!?ひ、お、おかしくなっちゃふぅぅううんん!!!」

魔王「構わん。存分におかしくなれ」

女魔法使い「ふぎゅううっ!?お、おにっ、あくまっ、あ、ああっ、あひっ!ひぃぃああぁぁあああっ、あぁぁぁああああああっっっ!!!」

魔王「違うな、我はその鬼や悪魔を統べる王である」

女魔法使い「あひっ、あひぃぃぃいいっ!んぁ、あはぁっ!ち、チ〇ポしゅごいっ!ち〇ぽしゅごしゅぎれぇ、お、おま〇ここわされちゃうっ、くっ、くふぅぅううううんんっ!!!」

女魔法使い(ああっ、で、でも、わらひのおま〇こ、こわされそうにゃのにぃ、よ、よろこんでる!いままでいちばん、よろこんで……っ!)

魔王「うぐぅ…… そろそろ限界だ、子袋の入り口を大きく開いて受け止めよ!」

女魔法使い「はぁああんっ、ら、らめっ、も、げんかいなのに、いましゃせぇしゃれたらぁ、しゃれちゃったらぁぁあんっ、あっ、あはぁぁあっ!!!」

魔王「射〇されたらどうなるのか、確かめさせてもらうぞ!」

女魔法使い「んほぉぉぉおおおおぉおおっっっ!!?お、おぐにっ!?ち〇ぽが、いぢばんおぐにぃぃいいいいいいっっっ!!!」

魔王「い、いくぞ…… ぐぁっ!」

女魔法使い「ふぎゅぅぅぅうううううっ!!イグッ、ザー〇ンしきゅ、そそがれてっ、イッ、イグゥゥゥゥウウウウゥウウッッ!!!」

魔王「お、おおお!?なんと貪欲な…… こんなにも絡み付いて搾り取ろうとしてくるなど……!!」

女魔法使い「あ、ああああ…… はひゃ、あ、ふぁぁ…… こ、こんらの、はじめれぇ…… あん、あぁぁぁ…………」

女魔法使い(うそ、れしょお…… たった、いっかいの、なからしれぇ…… わらしが……)

女魔法使い「うぁ…… あはぁ…… ぁ…………」

女魔法使い(あ…… も、そんらの、どうれも、いい…… あはぁ…………)




184: 2017/08/22(火) 00:18:46.26 ID:UrFecStWo

魔王チ〇ポやべぇ




185: 2017/08/22(火) 01:20:54.39 ID:PaVKv7TR0

女魔法使い「チ〇ポなんて余裕www」

女魔法使い「チ〇ポには勝てなかったよ……」




186: 2017/08/22(火) 01:40:45.97 ID:7d9Af0CK0

わーい余裕ぶってる所からの逆転負け!大好き!




188: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/22(火) 07:03:12.42 ID:dWwf7Ttn0

―――――
―――


女魔法使い「うぅん…… んふぅ…… んむ……?」

魔王「おお、目が覚めたか」

女魔法使い「魔王……」

魔王「多少手荒にしても問題はないと言っていたが、流石に気を失った女を犯し続けるのは如何なものかと思ってな」

女魔法使い「……お心遣い感謝するわ」

魔王「でだ、貴様も目を覚ましたことだしどうだ?続きを……」

女魔法使い「……あれだけ自信満々で言っといてなんだけど、ご遠慮願えるかしら?」

魔王「むぅ…… 済まぬな。つい調子に乗ってしまったようだ」

女魔法使い「別にいいわよ…… 挑発したのは私なんだし、自業自得よ……」

魔王「今宵はもうよい、ゆっくりと休め……」




190: 2017/08/22(火) 08:41:03.95 ID:seW6/pjX0

魔王がチート主人公してて素敵




192: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/22(火) 19:01:33.45 ID:dWwf7Ttn0

―――
――


女魔法使い(第五踏歴よろしく潜在記憶並びに体憶心憶呼出補完……)

女魔法使い(ん、ちゃんと覚えてる。レガリアの組成術式と構成術式……)

女魔法使い(ほんの一部だけど昨日までのノーヒント状態と違って足がかりがある…… ここから絶対に解除してやる)

女魔法使い(それにしても……)

女魔法使い「……あそこまでイカされるなんてねぇ」

女戦士「けっ、何だよお前。自分は余裕です〜みたいなこと言っといて」

女魔法使い「あ〜、うん、私魔王のことなめてたわ。あれね、ヤバイとかそんなレベルの話じゃないわ」

女武闘家「やばい?抽象的、もう少し、説明を……」

女魔法使い「私薬学も得意なんだけどアイツ、薬も魔法術も一切使ってないのに女イカせるのすっごい上手いのよ」

女僧侶「は、破廉恥です!」

女魔法使い「あーはいはい、これだから宗教家は…… ま、とにかくヤバイってことね。早いとこコレ何とかしないと……」

女勇者「なに?コレ、他にも仕掛けがあったの?」

女魔法使い「そういうわけじゃないわ。ただ、早いとこケリつけないと心はともかく身体が負けそうって話」

女勇者「身体が…… 負ける……?」

女魔法使い「そ、一晩でヤバいぐらい気持ちよくされちゃったしね。あんなの何ヶ月もやられたらハッキリ言って私、耐え抜く自信ないわよ」

女戦士「う…… それは……」

女武闘家「でも…… 耐える。耐えなきゃ…… ダメ。負けちゃ…… ダメ」




197: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/23(水) 20:51:26.67 ID:FVy0bPGj0

〜〜〜〜〜
〜〜〜


女勇者「なんだろうね?僕たち全員ここで待ってろって」

女戦士「けっ、どうせ碌でもねぇことだよ」

女魔法使い「そうねぇ、5人同時に抱くとか?」

女武闘家「五人、同時……!」

女僧侶「な、なんて破廉恥なっ!」

女勇者「でも、流石に5人同時は無理なんじゃ……」

女武闘家「だとしたら、好機……?」

女僧侶「はい?」

女戦士「なるほど、5人の相手して疲れてる所をブスリとやると……」

女魔法使い「理想的ね。でも、今までのことから考えて多分私たちの方が先に気ぃ失うわよ」

女武闘家「むぅ……」

女戦士「あー、そこはほら、気合いでさ?」

女魔法使い「……根性論も嫌いじゃないけどね」

女僧侶「もう少し慣れてからのお話ですかね……」

女勇者「あんまり慣れたくないなぁ……」

魔王「ふむ、全員揃ったか」




199: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/24(木) 21:58:44.30 ID:gK50aH9N0

女戦士「おー、これはこれは魔王様。俺たち一人一人じゃ満足できないご様子で」

魔王「何の話だ……?」

女武闘家「そうやってとぼけて、私たちに言わせようと、する…… 悪趣味……」

魔王「悪趣味……?」

女勇者「もー!性格悪いなーお前ー!!」

魔王「性格が悪いとか悪趣味だとかは散々貴様らに言われているから否定せんが、それはさておき何の話なのだ?」

女僧侶「もういいです……」

魔王「さよけ……」

女魔法使い「で、そういう話じゃないんならこれから私たちに何させようって言うの?」

魔王「うむ、以前貴様等を花に例えた時に『魔界の花など碌でもない』と言われたのが魚の小骨のように引っかかっておってな」

女戦士「あー、そういやそんなこと言ったか」

魔王「そして今宵は我の思う美しい花が満開でな。花見でもしようかと思ったのだ」

女僧侶「お花見、ですか」

女勇者「魔界の花…… 駄目だ、魔物しか想像できない」

女武闘家「そんなものの、花見…… 悪趣味……」

魔王「まぁ、見ればわかる」

女魔法使い「はいはい、じゃあそのお花のところまで連れて行っていただけるかしら、魔王様?」




200: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/24(木) 22:03:07.54 ID:gK50aH9N0

―――
――


魔王「――――どうだ?」

女武闘家「わぁ……」

女僧侶「きれいです……」

女勇者「淡い青色で、きらきら光って……」

女魔法使い「見たことのない花弁だわ…… 魔界でしか咲かない種類?ううん、今こういうのは無粋ね」

女戦士「……でもよ、どうせ魔界の花だし人を取って食ったり魔物の血を啜ってるような花なんだろ」

魔王「いや、この花はそういう特性を持ち合わせていない。周りを枯らす毒なども持たぬか弱き花だ」

女魔法使い「へぇ、それならどうしてこの花が一面に咲いてるのかしら?」

女武闘家「確かに……」

魔王「我が此処に植えた。この花を脅かすものの無い様にしてな」

女僧侶「どうしてそんなことを……」

魔王「言ったであろう。我は美しいものが好きなのだ」

女勇者「……うん、なんか悔しいけどこの花畑はきれいだよ」

魔王「無論貴様等も好いている。美しいからな」

女戦士「う、うるせぇ!」

女武闘家「……くしゅ」

魔王「っと、済まぬ。この花は気温が低いところを好むのでな。夜に長居しては貴様らの身体には毒であった」

女勇者「そうだね、ちょっと寒くなってきた」

魔王「月明りによく映えるので夜に見るのが一番好きなのだが、次は昼間にでも連れて来よう。暫くは咲いているのでな。今宵はもう戻るぞ」

女魔法使い「あら、てっきり野外プレイに走るのかと」

女戦士「野外プレイ!?」

女僧侶「そ、外で姦淫に及ぶのですか!?」

魔王「戻ると言うとろうが」




202: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/24(木) 23:53:51.73 ID:gK50aH9N0

―――
――


女僧侶「……今夜は誰も手を出されませんでしたね」

女武闘家「意外……」

魔王「何だ?手を出して欲しかったのか?」

女戦士「誰がんなこと思うか!」

魔王「ふむ、ならば今宵はこれまでだ。良い夢を……」

女魔法使い「……本当に手ぇ出さずに行ったわね」

女勇者「あー、もうわけわかんないよぉ…… 何なんだよアイツ……」




203: 2017/08/25(金) 00:10:57.28 ID:0NSuOLHtO

冒頭のクソ外道な魔王様とは別人のようだな
善きかな善きかな




206: 2017/08/25(金) 11:17:45.36 ID:3Z5k9Tv1O

続きはよ
全裸はツラいです…




208: >>206服着ろ、おっ始まってから脱ぎなさい ◆1ysUccrJmGua 2017/08/25(金) 18:26:12.17 ID:H2/syGtN0

〜〜〜
〜〜


女勇者「そ〜っと、そーっと……」

女勇者(部屋にいつまでもじっとしてられるタイプでもないし、こっそり魔王城の探索探索っと)

女勇者「よし、誰もいない……」

女勇者(ふふふっ、あわよくば魔王の部屋への秘密の通路なんか見つけちゃったりして。で、そこから奇襲をかけてー)

床「ガコン」

女勇者(その場合の脱出ルートも確保しておきたいよねー…… ってガコン?しまった、罠だ!)

床「ガバァ」

女勇者「いっぱいのトゲ!針の棺!?くっ――――」




210: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/25(金) 20:48:18.85 ID:H2/syGtN0

女勇者(――――あれ?針の棺って、あったかかったっけ……?もっとこう)

魔王「――――大丈夫か?」

女勇者「えっ…… 魔王……?」

魔王「ふむ、痛がっている様子も無し。怪我も無く万事問題無いようだな」

女勇者「い、いや、それよりも魔王が……」

女勇者(あ、あれ?なんだろ、顔、熱い……)

魔王「何だ、心配してくれるのか?」

女勇者「そ、そんなわけないだろ!」

魔王「まぁ、要らぬ心配であるがな。この程度の罠では我の身体は傷一つ負わぬ」

女勇者「あ、そうなんだ……」

女勇者(なんだ、心配して損した……)

魔王「しかし棘が駄目になってしまったようだ。罠係に交換させねばな…… して、こんなところに一人で何をしていた?」

女勇者「あ、ああ、魔王城の探検を……」

女勇者(脱出ルートとか魔王の寝首をかけるような抜け道探してたとか言えないよね……)

魔王「たった今実感したと思うが城内は罠も多く一人は危険、無謀である」

女勇者「はい、その通りです……」

魔王「故に、我が案内してやろう」

女勇者「え、いいの?」

魔王「ここは貴様の家でもある。自宅で罠にかかる間抜けにならんようにせねばな」

女勇者「自宅じゃないよ!?」

魔王「で、あるか。ああ、その前にドレスでは歩き辛いだろう。まずは着替えだな……」

女勇者「うん、いつもの僕の服ある?」




211: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/25(金) 21:55:21.24 ID:H2/syGtN0

―――
――


女勇者「というわけで、魔王城の構造、罠の場所なんかをを教えてもらいました」

女魔法使い「魔王直々のご案内ねぇ…… 抜け道とかは?」

女勇者「ずっと魔王が傍にいたからじっくりとは探せなかったけど、城の構造は把握したから今度また探してみるよ」

女戦士「しかしお前だけじゃ心配だな。俺らも城の構造を把握しときたいところだが……」

女勇者「じゃ、みんなも案内してもらえるように魔王に頼んでくるね!」

女武闘家「え、あ、うん……」

女僧侶「行ってしまわれましたね……」

女戦士「いや、アイツ魔王に懐き過ぎじゃねぇか?」




212: 2017/08/25(金) 22:42:18.63 ID:JPdemSDto

順調に落ちていますね、これは




216: >>215邪神?再構築?どのSS? ◆1ysUccrJmGua 2017/08/26(土) 21:02:21.54 ID:sKDn5+Qw0

〜〜〜
〜〜


魔王「何者かが罠にかかった反応が有ったので見に来てみたら……」

女武闘家「…………」

魔王「この前何処にどんな罠があるか説明したであろうが…… 何をしておる?」

女武闘家「罠を発動させつつ、引っかからない足さばきの、修練……」

魔王「かかっておるではないか」

女武闘家「そう、だからこれ以上、引っかからないために、修練……」

魔王「…………」

女武闘家「……黙ってないで、下ろして」

魔王「……しばらくそのまま反省していろ」

女武闘家「もう十分反省、した。下ろして……」

魔王「……まったく」

女武闘家「わぷっ!……下ろし方、乱暴」

魔王「ふん、愚か者が」

女武闘家「ん…… 頭、わしゃわしゃするな」

魔王「おお、済まん済まん。手ごろな位置に頭があったので思わず、な」

女武闘家「私が小さいの、馬鹿にしてる……?」

魔王「いや、そんなつもりはないが…… それはさておき、念のために診てもらっておけよ。捕獲用の罠とはいえ何があるかわからんからな」

女武闘家「言われなくても…… べー…… だ」

女武闘家(にしても…… 今の、わしゃわしゃ……)

師匠『まったく、この馬鹿弟子が……』

女武闘家(師匠にされたのと、同じ…… おっきい手が、乱暴だけど…… 優しく、頭撫でてくれて……)

女武闘家「あれ……?なんで胸、あったかいんだろ……?」




218: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/26(土) 22:37:35.05 ID:sKDn5+Qw0

―――
――


女武闘家「というわけで…… 魔王の手は、おっきい……」

女戦士「いや、どんな情報でも共有しようとは言ったけどよ……」

女魔法使い「それ、全員知ってるわよ?」

女武闘家「チリも積もれば、ゴミとなる……」

女僧侶「わざとなのか、本当に間違ってらっしゃるのか……」

女勇者「えっと、ここ笑うところ?」

女戦士「ま、テメェより小さい手なんざそうそう無ぇだろう」

女武闘家「……なにをー」

女戦士「お、やるか?最近訛ってたしとことんまでやってもいいぜ?」

女魔法使い「はいはい、そう広い部屋でもないんだから暴れないの」




219: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/27(日) 17:48:52.79 ID:Z4FdBT/50

〜〜〜
〜〜


魔王「食材はここにあるものどれでも使って構わぬ」

女僧侶「うわぁ、凄い品ぞろえですね。本当に使ってもいいんですか?」

魔王「使っても良いから連れてきたのだ」

女僧侶「それもそうですね。ありがとうございます」

魔王「ほう、礼を言ってくるか」

女僧侶「ええ、貴方が魔物の王であろうと私の願いを聞いていただいたのですからお礼はしませんと」

魔王「ふん…… 昔、食に興を見出していた時期が有ってな。その名残で今もそれなりに揃えてある」

女僧侶「それなりってどころの種類じゃありませんけど。調味料もいっぱいで…… これは何でしょうか?カタクリ?」

魔王「魔界名産の純白唐辛子の粉末だ」

女僧侶「し、白い唐辛子……」

魔王「で、何を食わせてもらえるのだ?」

女僧侶「はい?」

魔王「ここを使いたいということは何かを作りたかったということであろう」

女僧侶「そうですね」

魔王「で、この部屋を使わせてやるからには貴様の作ろうとしているそれを食らっても文句はあるまい?」

女僧侶「……大したものじゃありませんよ?」

魔王「構わん」

女僧侶「……では、お作りしますね」




221: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/27(日) 19:18:54.05 ID:Z4FdBT/50

女僧侶「――――何の変哲もないパジャーリですけど…… どうぞ」

魔王「ふむ、いただくぞ…… あむ」

女僧侶「…………」

魔王「ハムッ ハフハフ、ハフッ!!」

女僧侶(……一心不乱に食べて、る?魔王相手ですが少し、嬉しい、かも?)

女僧侶「あ、あの……」

魔王「ハフハフ…… ん、ああ、うまい。うまいぞ。素朴な味だ。んぐっ、久しく食べておらん味だ」

女僧侶「あ、ありがとうございます」

魔王「ハムッ 他には何が作れる?」

女僧侶「他には?えっと、得意料理としてはカンパリーニにポララ・パララ、あとマチェマチェ」

魔王「ほとんどが量を多く作る料理だな……」

女僧侶「魔王を滅すると言う使命に目覚めるまでは孤児院に勤めていて、そこには子どもが大勢いて……」

魔王「そういうことか…… ハフハフ、ハフッ!!よし、今度はマチェマチェをつくってくれ」

女僧侶「はい?」

女僧侶「んぐっ、パジャーリがうまいのでな。もっと貴様の料理が食べたい。ハムッ ハフハフ、ハフッ!!」

女僧侶「……わかりました。また今度お作りしますね」

女僧侶(あれ?気晴らしに料理がしたかっただけで、魔王に食べさせたくて料理したかったわけじゃないんですが…… あれ?)




224: >>222濡れ場書くのは疲れる…… ◆1ysUccrJmGua 2017/08/27(日) 21:00:48.12 ID:Z4FdBT/50

―――
――


女僧侶「というわけで、また今度魔王に手料理を作ることになりました」

女勇者「手料理を?」

女僧侶「ええ、私に気を許してきたということでしょう。つまり、毒殺のチャンスです。料理に毒盛りましょう毒」

女戦士「考えがえげつねぇな聖職者!」

女魔法使い「その話、乗った」

女武闘家「うん…… そう言うと、思った」




230: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/28(月) 19:46:22.08 ID:xUvdky7X0

〜〜〜
〜〜


女魔法使い「ちょっといいかしら?」

魔王「何ぞや?」

女魔法使い「あの子に調理室を自由に使わせてるらしいじゃない?」

魔王「で、ある」

女魔法使い「私も工房使わせてもらいたいんだけど」

魔王「構わん」

女魔法使い「あら、即答」

魔王「着いて来い」

女魔法使い「は〜い」




231: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/28(月) 20:14:06.73 ID:xUvdky7X0

魔王「――――ここにある薬草・鉱物などは全部好きなように使って構わぬ」

女魔法使い「全部好きにって…… このソラクラゲの涙とか超希少魔素に指定されてる奴じゃない。ホントにいいの?」

魔王「ああ、超希少と言っても高温高圧にさえ耐えれば幾らでも採って来られる」

女魔法使い「ああ、そうでした。アンタに人間の基準は当てはまらないんだった。じゃ、このマンダリンヤナギも」

魔王「うむ、我が採って来た。他にもあるぞ。穿孔極輝棕櫚にダイヤモンドダマシコガネマイマイカブリモドキに葡梨滋栖豚」

魔王「これなるは無味無臭無色透明矢車蛙の卵でな、取るのには些か苦労した。何せ五感では捉えられぬ上に法術も日照時間によっては通用せぬと至れり尽くせりで……」

魔王「それから……」

女魔法使い(……聞いてもないのにどんどん喋るわね。随分はしゃいじゃって…… 子どもみたいね)

魔王「ああ、この爆砕飛翔千本松の実は採るのには苦労せんのだが最近は数が減ってきておってな。そういう意味では採るのは一苦労か」

女魔法使い(意外とかわいいところもあるのね…… 好きなものにのめり込んでる男の子って言うか)

魔王「……どうした?」

女魔法使い「いえ、超希少魔素がどんどん出てくるもんだから少し言葉を失ってただけ」

魔王「で、あるか。ま、先程も言ったがここに有るものは全て自由に使って構わぬ。足りなくなったら言え。用意する」

女魔法使い「ありがとうございます魔王様。ところで何を作るかはお聞きになりませんの?」

魔王「ああ、出来上がってからのお楽しみにしよう。不確定要素は多ければ多いほど良い」

女魔法使い「アンタに害成すものかもしれないのに?」

魔王「それはそれで面白そうだ。期待しているぞ……」

女魔法使い「出て行っちゃった…… じゃ、好きにやらせてもらおうかしらねー」




233: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/28(月) 21:31:57.06 ID:xUvdky7X0

―――
――


女魔法使い「というわけで、工房を自由に使ってもいいってなりました」

女勇者「へぇ〜、厨房といい魔王って結構太っ腹?いや、そうやって僕らの油断を誘う気かも……」

女魔法使い「かもね。ま、何にせよこれで毒殺用の薬物も作れるわ」

女僧侶「すごいです!グレェイトです!」

女魔法使い「でも、肝心の毒はまだ作れてないしアンタの料理だってどこまで信用されてるかわからない。毒殺はもう少し先ね」

女僧侶「心得ました」

女戦士「やべーわこいつら」

女武闘家「でも、この際…… 手段なんて、選んでられ、ない」




234: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/29(火) 20:18:24.42 ID:rSJCu2Qt0

〜〜〜
〜〜


女戦士「ふっ、ふっ、ふっ、ふっ…… んぁ?誰だ?」

魔王「我だ」

女戦士「んだよ、お前かよ……」

魔王「部屋の中から何やら荒い息遣いが聞こえてきたのでな。何事かと」

女戦士「ああ、どうも身体が訛ってきたような気がするんで筋トレしてたんだよ」

魔王「筋トレ?夜具の上であれだけ運動しているのだ。必要なかろう?」

女戦士「夜具の上で運動……? そんなのやって……!?あ、あんなもん筋トレになるかぁっ!!」

魔王「そうか…… では、一つ鈍っているか確かめてやろう。剣を取れ」

女戦士「剣を取れって…… こんな狭い部屋でやる気か?」

魔王「どうした?戦う前から部屋の狭さを言い訳にする気か?」

女戦士「言ったな?よし、やってやろうじゃねーか……!ってオイ、レガリアのせいで俺はお前に攻撃できないんじゃ」

魔王「おお、そうか。ならば今だけ制限を緩めよう」

女戦士「ん、それなら問題なしだな」

女戦士(へへっ…… バカ野郎が、俺は昔いろいろあってここより狭い洞窟で3カ月戦った経験があるんだ。今日この場でぶっ殺してやる……!)

女戦士「……行くぜっ!!」




235: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/29(火) 20:32:06.38 ID:rSJCu2Qt0

女戦士「――――ふっ、くっ、ぐぅぅ…… おらぁっ!」

魔王「――――うむ、半歩足りん」

女戦士「うらっ、おらっ!こ、のぉっ!!」

女戦士(ウッソだろ!前にやりあったときは魔法に頼りきりだったから、剣術の腕があるとは思えなかったのによぉ!)

魔王「――――隙有り」

女戦士「しまっ…… んんぅっ!?ん、んむっ、んむむ…… ぷはぁっ!て、テメェ真剣勝負の最中に、な、なにしてやがる!!」

魔王「接吻だが」

女戦士「やったことを聞いてるんじゃねぇ!どうしてそんなことをやったのかを聞いてんだ!!」

魔王「勝負の最中に見た貴様の真剣な顔、我の剣技を受けて焦り出した顔が可愛くてな。つい」

女戦士「か、かわ……っ!?」

魔王「うむ、キッと目の釣り上がった凛々しい顔も好きだが、我は矢張り貴様の照れ顔が好きだ。実に可愛らしい」

女戦士「かっ、かわいらしっ、し…… し……」

魔王「……どうした?」

女戦士「死ねぇっ!!」

魔王「はっはっは、生の感情丸出しの剣では単調過ぎて我には届かんぞ?」

女戦士「うるせえぇぇぇっ!!!!」




238: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/29(火) 21:49:20.59 ID:rSJCu2Qt0

―――
――


女戦士「…………」

女武闘家「貴女は昨日、魔王と接触していた…… はず」

女僧侶「何かわかりました?」

女戦士「うるせー、そうそう目新しい情報が手に入るかよ」

女魔法使い「それもそうねー。アンタは?」

女勇者「僕?」

女戦士「おう、お前なら一番魔王に懐いてるしなんか聞いたり見たりしてんじゃねーの?」

女勇者「懐いてるって…… 僕は魔王を懐柔しようとしているだけだからね?寧ろ懐いてるのは魔王の方だよ」

女僧侶「それで、何か皆さんに伝えておくべき情報とかは?」

女勇者「今はないね」

女武闘家「むぅ…… 昨日ほんとに、何も、無かった……?」

女戦士「無いっつってんだろーが!思い出させるんじゃねぇ!!」

女魔法使い「あ、あーやしぃ〜 なにかあったんだ〜」

女勇者「なになに?何があったの?」

女戦士「うるせぇうるせぇうるせぇ!なにもねぇよコンチクショウ!!」

女僧侶「……出て行ってしまわれましたね」

女武闘家「絶対、何かあった……」




240: >>203魔王は冒頭からずっとクソ外道のままだよ? ◆1ysUccrJmGua 2017/08/30(水) 20:55:43.62 ID:Q7j9DfE70

―――――
―――


魔王「――――勇者共も少しは心を開きかけてきたか?」

魔王「まぁ、そう急くことでもないのだがな…… 少しずつ、少しずつ勇者共の心を我の虜とし、自ら憎い敵の子を産むことを懇願させる」

魔王「そんなことが出来るかどうか…… ふふ、興味深い…… む?」

側役「魔王様、よろしいでしょうか……?」

魔王「構わぬ、入れ」

側役「で、では、失礼して……」

魔王「で、何の用だ?」

側役「はっ、じ、実は魔王様…… 配下の者らが現状に不満を抱いておりまして……」

魔王「そうか。大体想像はつくが一応その理由を聞いてやろう」

側役「は、彼奴らめは魔王様が突然決めた人間界への不可侵について疑問を持っておるのです」

魔王「だろうな」

側役「だ、だろうなとは…… ご理解いただいているのなら今すぐにでも不可侵を取り止め人間どもをっ」

魔王「捨て置け」

側役「は、はぁ……?」

魔王「聞こえなかったか?捨て置け、と言ったのだ」

側役「し、しかし捨て置けと言っても彼奴らは納得がいっておらんのです……」

魔王「納得出来んと言うなら我の顔色など窺わず好きなようにしろと伝えろ」

側役「よろしいのですか?」

魔王「ああ、ただ納得出来ぬからといって我が命に反するのだ。それ相応の覚悟を持つようにとも伝えよ」

側役「ぐ…… な、ならば魔王様、せめて人間どもに手を出さぬ理由を聞かせてはいただけないでしょうか?」

魔王「なに、その方が面白そうだからだ」

側役「……は?」

魔王「少し想像してみろ。勇者共が魔王の城に攻め入って数ヶ月、何の音沙汰もない……」

魔王「人間共は色々と考えるだろう。今尚魔王との戦いが続いているのか、共倒れになったのか」

魔王「あるいは勝利したものの帰って来れなくなったか、それとも魔王に捕らえられたか……」

魔王「そしてある一つの事実が判明する。あの日から魔物が攻めて来ない……」

魔王「ということは魔王は倒されたのか、勇者たちは魔物に勝利したのか」

魔王「魔王の生死を確かめようとする者、勇者共を探そうとする者。そういった連中で溢れてくるであろう」

魔王「しかし、碌な成果も挙げられず只月日だけが過ぎ行く……」

魔王「そうして数年後、勇者共が再び人間共の前に姿を現す。魔物の群れを率いてな」

魔王「さらに勇者共の腕の中には魔王との子が居る。魔物が攻めて来なかった数年間、その真実は――――」

魔王「――――人間共の敵である魔王と勇者が乳繰り合って子作りをしていた」

魔王「人間共の希望であった勇者共が魔物を率いて更には魔王との子を生しているというその始末」

魔王「その事実を知った時、人間共はどのような顔をするのであろうな……?」

側役「は、はぁ……」

魔王「というわけだ。奴等がどんな顔をするか、其れが見たいが為のことだ」

側役「お、恐れながら魔王様、そのようなことのために人間どもに手を出すな、と……?」

魔王「で、ある」

側役「し、しかしながら魔王様!人間を侮ってはなりません。奴らは日々進化しておるのです!」

側役「最近では化学なる新たな力を研究している模様であり、我ら魔族による世界の支配を盤石にするためにも……」

魔王「支配?面白いことを言う」




241: >>35支配?面白いことを言う ◆1ysUccrJmGua 2017/08/30(水) 22:04:36.24 ID:Q7j9DfE70

側役「は?」

魔王「そんなものに興味はない」

側役「で、ですがその為に魔王様はその御力で魔界を統一し、我ら魔軍を編成されたのでは……?」

魔王「ああ、それは貴様らと人間共を駒にした盤戯の為だ」

側役「ば、盤戯…… あの、二人で盤上の駒を動かし相手の将を討ち取れば勝ちというあの盤戯で……?」

魔王「そうだ、只人間どもを滅ぼすなら二日もあれば我だけで出来る。しかし、それでは面白くなかろう?」

側役「お、面白く、ない……?」

魔王「であるからして魔物を組織として纏め上げ、その戦力が人間共と拮抗するように配置した」

側役「ま、まさか……」

魔王「最初に言うたであろう。これは魔軍と人間軍を駒とした盤戯だと」

魔王「そのままでは戦力差が大き過ぎるからな。苦心したぞ、一方的な虐殺にならん様な戦力比とするのは」

魔王「まぁ、苦心した分だけ拮抗した戦力による一進一退の攻防が出来てそれなりに楽しんでおるが」

側役「で、ではまさか、勇者共に差し向けた部隊や刺客も……」

魔王「聞き及んでいた勇者一行の戦力を基に僅差で勝てる程度のものを宛がっていた。多少なりとも不確定要素があった方が面白いと思ってな」

側役「なんです、と……?では、死んでいった連中は魔軍のためでなく……」

魔王「ああ、我の退屈凌ぎに巻き込まれて死んだだけだ。まぁ、犬死だな」

側役「お、おぉ…… なんという……」

魔王「理解したか?こうして我が貴様等の上に王として君臨しているのも全ては只の暇潰し…… 飽きればそうだな、人の側についてみるか」

魔王「いや、人と魔を結託させ連合軍とした上で我一人で叩くというのも有りか?しかしそれでは皆殺しと変わらんか」

側役「は、ははぁ……」

魔王「不服か?」

側役「い、いえ、決してそのようなことは……」

魔王「では、とっとと魔物共に伝えてこい。人間界に手出し無用、文句があるなら我に挑めとな」

側役「ははぁっ!」

側役「――――し、しかしながらそうであるなら一つお聞かせ願いたいことが」

魔王「申してみよ」

側役「は、勇者共を我らが尖兵とするなら今のように回りくどいことをせず魅了の魔術などで」

魔王「……勇者共といいわからん奴が多すぎる。それでは面白くなかろう?これは遊戯なのだ」

魔王「魔術や魔法で我の傀儡にするのは容易い。快楽で心を堕とすのもな。だが、この児戯は勇者共自身の意思で我の子を産みたいと思わせるが肝心なのだ」

魔王「魔法や魔術といった小細工ではなく、快楽に溺れ夢と現の狭間の中のうわ言でもない、本心から我の情けを求めるようにな……」

魔王「故に奴等のレガリアには不妊の術式がかけてある。自ら我の子を孕みたいと願わぬ限り解けない術式がな」

側役「は、はぁ」

魔王「想像してみよ。我を殺すために差し向けられた神の御子らが、自ら我の子を孕みたいと懇願してくる様を…… どれ程愉快であるか」

側役「……も、申し訳ありません。やはり私めには陛下の御心は計り兼ねるようです」

魔王「で、あるか…… もう良い、下がれ」

側役「は、ははっ!」




242: >>122これがほんとの魔王の独白 ◆1ysUccrJmGua 2017/08/30(水) 22:35:08.03 ID:Q7j9DfE70

魔王「――――我は退屈なのだ。この世に肩を並べる者無き力を手にしてしまったからな」

魔王「我が願うのは只一つ、自らの全てを賭けた戦い。血沸き肉躍る死合い……」

魔王「この世を造ったという神ならば……あるいは、我と勇者共の間に出来る禁忌の子であれば…… それも可能なのかもしれん」

魔王「ま、碌な子が生まれなんだら其の時は勇者共は配下の者らに改めて与えるか……」

魔王「そうだな、産んだ子らを目の前で握り潰し、我が目の前で下等な魔物に犯させたとして……」

魔王「その絶望から生まれ出でるものは如何なものになるか…… それはそれで面白そうだ」

魔王「ああ、全く…… 面白き事も無き世を少しでも楽しく生きたいと願うのは…… いかんのか?」

魔王「ふっ、それにしても奴も結局我と目を合わせなんだな……」

魔王「らしくない、何を気にしているのやら……」

側役「――――お、お待ちください!お待ちください!」

魔王「ん?早速文句のある奴が来たか?しかし、そんな気骨の持ち主などもう居らぬと思っていたが……」

???「ええい、止めるな!私はどうしてもあの噂の真偽を魔王に問い質さねば気が済まんのだ!!」

魔王「貴様は……」




245: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/31(木) 23:25:13.88 ID:ExDOJYtL0

龍の姫「魔王よ、貴様あの勇者共を捕らえたにもかかわらず処刑もしないで傍に侍らせているそうだな?」

魔王(ああ、確か龍の一族で最強と謳われていた姫君か…… 大したことはなかったな)

龍の姫「黙っていないで答えろ!」

魔王「……貴様の言う通りだ。勇者共は我が妻として傍に置いている」

龍の姫「やはり噂は本当だったのか……!」

魔王「で、ある」

龍の姫「我らが同胞の命を幾つも奪ってきたあの勇者共を奴隷にするならまだしも妻にしているなどとは……!」

魔王「あれらをどうしようと我の勝手である。貴様に口出しされることではない」

龍の姫「いいや、あの勇者共のこととなれば貴様だけの問題ではない。口出しさせてもらおう」

魔王「黙れ、そして下がれ」

龍の姫「黙らぬ、下がらぬ、遜らぬ。今すぐにあの勇者共を処刑すると言うまでここを動かぬ」

魔王「……もう一度だけ言う。黙れ、そして下がれ」

龍の姫「くどい」

魔王「……確か美しい翼は竜の誇りだったな?惨めな形に変えられたくはなかろう?さっさと我が眼前から失せろ」

龍の姫「ほう、貴様まだ私より自分の方が実力が上だと思っているのか」

魔王「む……?」

龍の姫「確かに私は以前貴様に敗れ軍門に下った。だが、それはあくまで以前の、昔の話だ」

魔王「うむ」

龍の姫「王という地位に胡坐をかき、人間の女などに現を抜かしていた貴様と今日まで鍛錬を続け力を蓄え続けてきた私……」

魔王「前置きが長い。要するに今の貴様なら我に勝てると?」

龍の姫「その通りだ。今の私の実力ならあの時の貴様でも勝てる」

魔王「……世迷言を」

龍の姫「世迷言であるかどうか、試してみるか?」

魔王「退屈凌ぎにもならん…… これで最後だ。失せろ」

龍の姫「……逆上せ上るな!成り上がり者がっ!!」

側役「ひぃぃっ!?」




246: ◆1ysUccrJmGua 2017/08/31(木) 23:29:15.42 ID:ExDOJYtL0

龍の姫「――――今の一撃でやられるほど腕は落ちていなかったか」

魔王「……思っていたより力はあるようだ。しかし、ここでは勇者共にも被害が出る。場所を変えるぞ」

龍の姫「っ!?貴様ァッ!この期に及んで――――」

魔王「場所を変えると――――」

龍の姫(――――疾い!?)

魔王「言った」

龍の姫「ぐぁぁあああああぁーーーーーっ!!?」

側役「お、おぉ……」

魔王「直ぐに戻る」

側役「あ、は、はぁ……」




248: >>79-80魔王は人型よー。角も翼もないけども ◆1ysUccrJmGua 2017/08/31(木) 23:38:14.25 ID:ExDOJYtL0

―――
――


龍の姫「ぐ、ぐぐ…… ガァァッ!!!」

龍の姫(くっ、大分遠くまで殴り飛ばされた……!)

龍人姫「奴は……?」

魔王「――――後ろだ」

龍の姫「ごぁっ!?」

龍の姫(何時の間に…… そして、一撃が重い……!)

龍の姫「ごはぁっ!!?」

魔王「どうした?さっさと龍の姿に戻れ。我と違い貴様の正体は人の形でなかろうが」

龍の姫「ぐっ…… では、我が死力を以て貴様を跡形もなく消滅させよう…… 今の不意打ちで殺さなかったこと、後悔するなよ……!」

魔王「するはずもない」

龍の姫「はぁぁ――――」

闇姫龍「――――バォォォォォォォオオオォォォォオォォォォオォオオオオオ――――――――ッッッ!!!」

魔王「……訂正しよう、後悔した。ああ、愚かなるは我の方であった。少しでも期待した我が阿呆であった」




249: オイ>>85、クッコロイレタゾヨロコビヤガレ ◆1ysUccrJmGua 2017/08/31(木) 23:55:18.04 ID:ExDOJYtL0

―――
――


龍の姫「ば、馬鹿な……」

龍の姫(溢れ出た魔力だけで身動ぎすら出来なかった…… あれが奴の、本当の力……)

魔王「以前貴様や他の連中と戦ったな?あれは貴様等の実力に合わせてやれば少しは楽しいかと思って手を抜いていた」

龍の姫「な、んだと……」

魔王「……尤も、我が心は凪の様に全く波立たなかったがな」

龍の姫「くっ、殺せ!」

魔王「む?」

龍の姫「龍は同じ相手に二度敗北はしない…… 二度目の勝負は死力をかけて戦うからだ。故に二度敗れた時、龍は死んでいる」

魔王「だから殺せと?生憎我は龍族では無いのでな。龍の掟とやらに従ってやる義務はない」

龍の姫「そうか、ならば貴様の手は借りぬ。自らこの喉笛掻き切って……!」

魔王「……まあ、待て」

龍の姫「ぐっ…… な、何故だ?首から下が、まったく動かぬ……?」

魔王「勇者共にも与えたレガリアだ。対象の動きと魔力を完全に抑え込む」

龍の姫「き、貴様ァ……」

魔王「なに、龍の掟で少しだけ思うところがあってな」

龍の姫「ぐ、くぅぅ……」

魔王「確か龍は伴侶と認めた相手以外とは交わらぬのだな?もし伴侶と決めた者以外と交わることあれば即座に相手を殺し自らも命を絶つとか」

龍の姫「貴様、まさか……!?」

魔王「二度の敗北を与えた男に純潔も奪われる…… 死すら超える屈辱を受けて尚生き永らえさせられた時、貴様はどんな顔を見せてくれるのだろうな」

龍の姫「うぐ、ぐふぅぅ……!」

魔王「それに最近勇者共を抱いているのだが、諸事情で本気を出せん。しかし、下手に交わっているせいで昂ぶりが抑えられんのだ」

魔王「そこでだ…… 龍の頑強さと回復力であれば、我の相手も勤まるであろう?」

龍の姫「ふ、ふざけるな……!さっさと、私を殺せ……!!」

魔王「なに、勇者共が死ぬまでの間だ。人間の寿命など龍にとってはあっという間だろう?」

魔王「そうなったら貴様は用済みだがな。そうだな、事が済んだら貴様は人間の娼館にでも売り飛ばしてやろう」

龍の姫「う、くっ、くぅぅ…… こ、殺せ!殺せぇぇぇぇっっっ!!!」




253: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/01(金) 20:28:02.55 ID:fj4AJoJ+0

―――――
―――


魔王「貴様の一族に伝わる戦装束に少し手を加えさせてもらった。女の部分だけ隠せぬようにな」

龍の姫「ふん、所詮は成り上がり者。品性など欠片もないか……」

魔王「うむ、良い恰好だ」

龍の姫「下衆め……」

魔王「さて、では早速」

龍の姫「くっ、下衆がっ!私の身体に触れるな!!」

魔王「ほぉ、龍の尻は存外柔らかいのだな」

龍の姫「だ、黙れ!」

魔王「…………」

龍の姫「がっ、ぐがぁぁっ!!?」

魔王「…………」

龍の姫「う、ぐっ、くぅぅ…… き、貴様!いきなり挿れるなど!」

魔王「貴様が黙れと言ったから、黙って挿入したのだが」

龍の姫「うぎっ!うぎぃぃぃ……!こ、腰を動かすな!!」

魔王「痛むのか?」

龍の姫「あ、当たり前だ!濡れてもいないのに…… ふぎっ!?」

魔王「聞いておいてあれだが、我は貴様の身体を使っているだけだ。貴様がどう感じていようと知ったことではない」

龍の姫「ふぐぁっ、あ、あがぁぁ……」

魔王「先程の膣内の抵抗と血が出ているところを見るに本当に純潔だったのだな」

龍の姫「だ、黙れ!ひっ、ひぎぃっ!うぁ、ああ、ああっ……」

魔王「ふむ、龍は図体だけはでかいから膣もでかくて緩いと思っていたが、存外狭いな」

龍の姫「ひぐっ、ぐ、貴様ァ、龍を愚弄するか!」

魔王「ああ、何が誇り高き最強の種族だ。我にとっては人間の小娘となんら変わらぬ。只の雌だ」

龍の姫「ば、馬鹿にするな!あぅ、あ、あんっ!りゅ、竜族は、雄々しく強く……!」

魔王「その猛々しき龍である貴様の牙は我に届いたか?貴様の爪は我を引き裂いたか?」

龍の姫「ふぐっ、ぐっ、うぐぅぅ…… あ、あんっ、あぁぁん……」

魔王「貴様に出来るのは我が一物を股座に受け入れて惨めに啼くことだけだ。わかったらとっとと自分から腰を触れ」

龍の姫「あ、あうっ、で、出来るか!さ、裂ける、裂けるっ!股が裂けてしまうぅ……っ」

魔王「……煩い女だ」

龍の姫「ひぎぃっ、いひゃぁ、し、しぬぅ、だめっ、こ、こんなっ、あ、あっ、はぁぅぅううっ!!」

魔王「おやおや、最強の種族と名高き龍はこの程度で死ぬのか?」

龍の姫「ひぎゃあっ!あ、あぐぅ、ぐっ、うぅ、ぐぁぁ、ふぐぁぁあああっ!ひっ、ひ、ひぎぃぃいいいっ……」

魔王「はっ、何だ?その情けない声は」

龍の姫「あっ、はぁんっ!だめっ、だめぇぇ…… こんなの、こんなのっ、あひっ、ひぃやぁぁああ……」

魔王「しかし、滑りが悪いな…… よし、一発精をくれてやる。しっかりと膣内を締めろ」

龍の姫「あ、ああっ、あぁっ、あ、あ、あぁ、あ、あぁぁっ………」

魔王「くっ……」

龍の姫「な、何だ?私の中に…… なか、に……?あ、あぁぁ…… い、いやぁぁぁ……」




254: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/01(金) 20:56:57.92 ID:fj4AJoJ+0

魔王「これで少しは動きやすくなるか」

龍の姫「あぐっ、う、動かないで…… あ、あぁっ、ひぁぁっ…… あふっ、ふぁぁぁぁ……!」

魔王「まだ足りんな。もう一度出すぞ」

龍の姫「あうっ、う、うぅ…… ふぅぅ…… また、また中に…… あぁぁ……」

魔王「今度こそ、どうだ」

龍の姫「うぐっ…… はぁ、あぁっ、ぐぁぁあぅ、うはぁっ!ううぅ、ぐっ、ううぅ…… はぁうっ!」

魔王「これなら何とか…… おい、貴様も自分で股を濡らせ。これでは貴様も痛いのは嫌だろう」

龍の姫「ひぐっ、ど、どうすれば……」

魔王「はっ、自分を慰める時のように乳〇や陰核を指で潰せば良い」

龍の姫「うっ、ふぐ、ぐすっ…… んっ、んんっ…… あ、あぁっ、ふぁぁああああっ……」

魔王「その調子だ。それと片手でなく両方の手を使え」

龍の姫「ぐすっ、ん、んぐっ、んぅぅ…… んぎっ、ひっ、ひぃあぁぁあああっ!!?」

魔王「恥ずかしがるな。いつもやっているようにもっと派手にやれ」

龍の姫「い、いつもなんてやってないぎぃぃぃいいいっ!!?」

魔王「口答えするな。今後反抗心を少しでも見せたら今のように容赦なく尻を叩く」

龍の姫「ふぐ、うぅ…… ん、んん……」

魔王「返事はぁっ!」

龍の姫「はぎぃぃんっ!は、はいっ!や、やりますっ、いつもみたいにやります!!」

魔王「いつものように何をやるんだ!」

龍の姫「ひぎゃあああっ!あぐっ、じ、自慰です!自慰をしますぅ……!」

魔王「どこを!どうやって!自慰するのだ!」

龍の姫「うぎゃっ、がっ、ひぎゃぁぁああっ!む、胸と、ひ、秘所に、手を伸ばして……」

魔王「只の雌が胸だの秘所だの気取るな!」

龍の姫「ふぎぃぃぃいいっ!?あ、あがっ、うぅ…… お、おっぱいとオマ〇コ……」

魔王「はぁ?だらしない胸をぶら下げておいてよくもまぁ抜け抜けと!」

龍の姫「ぎぅぅぅううっ!?うぐ、ぐすっ、だ、だらしのないおっぱいと、締まりのない、オマ〇コを指で、弄ります……」

魔王「ふむふむ、具体的にどんな風にだ?」

龍の姫「ぐすっ、お、おっぱいは形が変わるぐらい、乱暴に揉み潰して……」

魔王「乳〇は?」

龍の姫「ち、乳〇は長く、め、目いっぱい抓りながら引っ張ります……」

魔王「秘所は?」

龍の姫「ま、マ〇コはたくさん濡れるように、指でグチュグチュほじってぇ、く、クリ〇リスを力いっぱい押し潰します……」

魔王「よくわかった。我は勝手に腰を振る故、貴様は今言ったことを嬉々としてやっておけ」

龍の姫「は、はい…… わかりました…… ん、んく、はぁ、あぁぁ……」

魔王「手を抜くな!自分で言ったようにもっと派手にやれ!!」

龍の姫「いぎぃぃぃいいっ!!?わ、わかりました!んぐっ、はっ、あ、ああっ、んぐっ、んんっ!」

魔王「そうだ、それでよい」




256: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/01(金) 21:26:20.81 ID:fj4AJoJ+0

龍の姫「あぐぅぅっ!うほぉっ、お、おぉっ、ふぐっ、ぐっ、んぎ、んぐぅぅっ、あ、あぅん!」

魔王「…………」

龍の姫「うう、あ、うっ!ふっ、ぐっ、ううぅ…… んはぁ、あっ、ああっ、あん!あん、あんあんあん、はぁぁ……んっ!!」

魔王「……つまらん」

龍の姫「んくっ、あ、あふ、はぅぅ…… え?」

魔王「貴様感じ始めているな?我は貴様の濡れた喘ぎ声が聞きたいのではない」

龍の姫「き、貴様、どこに当てて…… そ、そこは違うぞ?違うのだぞ!?」

魔王「聞きたいのは貴様の悲鳴だ……!」

龍の姫「あがっ!ぎゃはぁぁぁあああっっっ!!ぐふっ、えぅ、ふぎゃ、がぁぁああああっっっ!!」

魔王「ふっ、尻穴は更にきついな……」

龍の姫「あ、がっ、あががっ…… ううぅぅ…… くっ、がっ、ううぅっ!がううぅ……」

魔王「そうだ、その声が聞きたかった」

龍の姫「う、動くなぁ!!がっ、ぎぃぃぃっ!はぁ、あぐっ、はぎゃぁぁああああっっ!!」

魔王「言葉遣いがなっておらんぞ!」

龍の姫「ひ、ひぐっ、ぐじゅっ…… う、うごかないで、ください……」

魔王「どうしてだ?」

龍の姫「お、お尻の穴が、さ、裂けてて…… す、すごく痛いんです……」

魔王「はっ、何を言い出すのやら。誇り高き龍の一族であれば尻穴が裂けたくらい一日も経たぬ内に治るであろうが!」

龍の姫「ふぎぃぃっ!だ、だからって、今裂けてるのにぃ、ぎゃあがっ!あがっ、ぐ、ぐぅぅっ……」

魔王「貴様がどうなろうと知ったことか」

龍の姫「がっ、ぐっ、ぐふっ…… あがっ、ひぐっ、い、いだいっ、いだいよぉっ!はぎっ、ぎ、んぃぃいいいいいっっっ!!!」

魔王「そんなに痛いならいっそ気を失ったらどうだ?」

龍の姫「うぐっ、あぐ、くぁぁ…… そん、なに、都合良くは…… はぐぁ、が、がふっ!ふぐぁぁぁあああっ!」

魔王「まぁ、気を失ったところですぐにそれ以上の痛みを与えて目を覚まさせてやるがな」

龍の姫「はぐ、ぐっ、ぐすっ…… 貴様ァ…… ひっ!?ひっ、ぎっ、ぎぃやぁあぁああっっ!!!」

魔王「そろそろ本気で行くぞ。壊れてくれるなよ、頑丈なだけの大蜥蜴」

龍の姫「とかっ、げ、だとぉっ!?おっ、おごっ、ふごぉぉっ!ご、ごへっ、ぐえぇぇ……!!」

魔王「真に誇り高き偉大な種族だというのなら例え尻穴を掘られてもこのような無様な声は出さぬだろう?」

龍の姫「ぎゃがぁぁぁっ!がっ、あがっ、がひぃっ、ひ、ぎぃぃぃぃぃいいいっ!いぎゃぁぁぁああああっっっ!!!」

魔王「そうだ、その醜い悲鳴だ。これを聞いて貴様を龍だと思うものは一人も居らぬぞ!」

龍の姫「ふぎゅっ、ぐ、ぐぅ、ぐふぅ、ふぅ…… ふーっ、ふーっ、ふぅぅ…………」

魔王「ん……?」

龍の姫「ぐぅぅぅぅうううぅうぅぅううううぅぅぅ…………!!!」

魔王「おいおい、一体どうしたのだ?急に震えたかと思うと呻き声など出して……」

龍の姫「ふーっ、ふーっ、ふぅぅ…… うっ、ふぅぅ…………」




257: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/01(金) 22:23:38.51 ID:fj4AJoJ+0

魔王「なんてな…… 黙っていればわからんとでも思ったか?貴様、尻穴を穿たれて達したのであろう?」

龍の姫「ふぅぅ…… ち、ちがう…… そんなわけ、ないだろ……」

魔王「そんな言い分が通じるとでも?これだけ女陰を浅ましく濡らした上に潮まで吹いておきながら」

龍の姫「ちが、ちがう!ちがう……!!」

魔王「ならばどう違うというのだ?言ってみろ」

龍の姫「ちがう、ちがうちがうちがう!ちがうんだぁっ……」

魔王「何が違うものか。貴様は散々痛いだの裂けるだの言っておきながら尻穴で快楽を貪っていたのだ」

龍の姫「そんなこと、そんなことない!わたしはそんなんじゃ……」

魔王「そうだ、貴様は便をひり出す糞穴を掘られて悦び、剰え絶頂してしまう畜生にすら劣る変態なのだ」

龍の姫「ちが、ちが……ぐすっ、うわぁぁぁああああ、あぁぁぁん、うわぁぁぁぁん!」

魔王「ほう、これが龍の泣きべそか。そこらの女と何一つ変わらぬではないか」

龍の姫「ふぇぇぇんっ、ぐじゅっ、うぐっ、うわぁぁぁぁん!!」

魔王「黙れ変態娘」

龍の姫「うぐぅ!?ふぁっ、あ、あぁっ、うぁぁ…… あぁっ!」

魔王「そろそろ腸の奥に出してやる。肛悦に悶えるがよい」

龍の姫「んはぁっ、あっ、ああっ!くぅぅんっ!くっ、うっ、うぅん、ふぁっあぁぁあああっっっ!!!」

魔王「そら、精をくれてやる!絶頂しろ!!」

龍の姫「ふぐぅぅぅぅぅぅぅぅっ………!!!あ、あぅ、あぅ、は、はぁ……」

魔王「どうだ?尻穴で飲む精液の味は?」

龍の姫「あ……ぁ…………ぁ……あ……」

魔王「……気を失ったか。しかし先程言ったことは覚えておろうな?」

魔王「――――気を失えば、更なる苦痛を施すと」




258: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/01(金) 22:40:15.39 ID:fj4AJoJ+0

龍の姫「あひぃぃぃっっっ!!?」

魔王「はっ、お目覚めか!」

龍の姫「きひぃぃぃっ!!な、なに!?なにがっ……!」

魔王「約束通り、貴様が気を失ったのでこの鞭で苦痛を与えているところよ!」

龍の姫「くひぃぃぃんっ!ひぎっ、あ、あぐぅぅぅぅ…… い、痛いぃぃ……」

魔王「まだまだ行くぞ、そらそらそら!」

龍の姫「はぎゃっ!ひゃぅぅっ!あふぅぅぅっ!!う、うぅん、うふっ、くはぁぁ……」

魔王「ほほぅ、流石は淫乱蜥蜴だ。鞭で打たれているのにもう甘い声が……」

龍の姫「そ、そんなわけ…… んぎぃぃっ!?ふぁぁ…… あ、あぁん……」

魔王「嘘ではないぞ。ほれ、こうして押し開いてやれば女陰から蜜がだらだらと零れてくる」

龍の姫「うそ、うそだぁ…… あ、あん、あはぁ……」

魔王「だが、我は貴様を悦ばせたいわけではない…… 鞭が駄目ならそれ以上の苦痛を与えよう」

龍の姫「こ、これ以上の……!?ま、待て!貴様何を唱えているっ!?や、やめ……」

魔王「なに、只の初歩的な雷撃魔術だ」

龍の姫「ひぎぃぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいいいっっっっ!!!」

魔王「まぁ、術者と対象の力量差があればある程初歩の魔術と言えどその威力は跳ね上がるのだが……

龍の姫「はがっ、あががっ、あ、が…… がはぁっ……」

魔王「ふむ、何が龍だ。あの程度の雷撃でこの有様とは、な!」

龍の姫「あぎっ!ぐぎぃぃいいいい!!ぎっ、が、がああっ、はぎゅぅぅぅぅぅううううううっっっ!!!」

魔王「なかなか面白い動きだ。ほれ、もっと踊れ」

龍の姫「が、がべっ、がべてっ!がべれぇぇぇっ!!あがっ、がぁぁああああああああ!!!」

魔王「……何か言ったな?少しだけ止めてやるか」」

龍の姫「はぎっ、ひっ、ひぁぁ…… あぐ、はぁ、はーっ、はーっ、はぁぁ…… も、もうやめ」

魔王「時間切れだ」

龍の姫「うんぎぃぃぃいいいっ!ぎぐっ、ぐひっ!がぁっ、あっ!にびっ、ぎぃぃっ!!」

魔王「折角機会を与えてやったというに」

龍の姫「おっ、ごっ、がぁぁううううう!!うぎっ、うびぃぃっ!えひっ、ふひ、ふへぁへぁぁあああああ!!!」

魔王「まだまだ元気そうな声だな。こういったところは流石は龍の耐久力と賞賛すべきか」

龍の姫「や、やべ、やべてぇっ!え、えひっ、もぉ、おごっ、ご、おぉっ!もぉゆるひれっ、へげぇぇえええええ!!!」

魔王「許す?何をだ」

龍の姫「あぎっ、ぎんじゃ、じんじゃうぅぅ!!じぬ、死ぬぅ、うげっ、はぎゃぁぁあああああああっっっ!!!」

魔王「おや、殺せと言ってきたのは貴様の方だろう?良かったではないか、死ねるのだぞ?」

龍の姫「がべ、げっ、がひぃっ!んぎっ、いぎ、んぐぅぅぅぅう!!ら、らめっ、これいじょっ、らめぇえひぃっ!がっ!?がぁあああ!!!」

魔王「なに?まだ雷撃が足りぬと?まったくどこまでも下品な奴だ」

龍の姫「ぎゃひぃぃぃいいいいいぃぃぃいいいぃぃぃいっっっ!!!?」

魔王「はははっ、心地良い声だ!」

龍の姫「うぎゅ、あぐっ、はぁおおおおおおっ!おっ、おっおっおおっ、おほぉぉおおおおっ!!」

魔王「龍の気高い雄叫びはどうした?まるで潰れた蛙のような声だぞ?」

龍の姫「お、おぼぉぉぉぉぉおおお!おぎゃぁぁあああああっ、がぁぁああああっ!!あぐっ、ふがぁぁぁあああああああ!!!」」

魔王「くはははっ、思いの外愉快であるぞ」

龍の姫「ひぎぎぃぃいいいっ!ら、らめっ!らめらめらめらめらぁっ!これいじょ、ほんとっ、らめっ、げ、げひぃぃぃいいいいいいっっ!!!」

魔王「龍の一族がそんな情けない声を出すな。む……?」

龍の姫「ぐひっ、れ、れたぁ!あっ、あぁぁ!!ふぐっ、れ、れてしまっらぁっ、あん!お、おしっこがぁぁ……!!」




260: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/01(金) 23:00:20.00 ID:fj4AJoJ+0

魔王「これは傑作だ!龍の姫君がお漏らしとはなぁ!!」

龍の姫「はぎゃっ、がっ!み、みるなぁ、あぁん!おもらし、みるなぁぁ、あっ、あっ、ふぐぁああああ!!!」

魔王「これは酷い匂いだ。鼻が曲がるとはこういうことか……」

龍の姫「ふぐぁっ!!あが、がっ、がぐなぁ!においっ、がぐなぁぁああばばばぁぁああああぎゃぁああああっっっ!!!」

魔王「嗅ぐなと言われてもこの距離ではどうしようもなかろう。嫌なら漏らさなければ良かったではないか。それに尿で濡れたせいで雷撃もより刺激が強くなったようである」

龍の姫「ら、らからぁ!もぉ、やめへっれ、いっひゃのほぉぉおおおおおお!!!」

魔王「ふふふ、屈辱の三重奏か…… おや?」

龍の姫「ほぉぉ…… うぅ……ぅ……ぅ…………んん」

魔王「やれやれ、意識が朦朧としてきておるのか…… まだ我が昂ぶりは収まっておらんというのに」

龍の姫「はひゅぅ…… ひゅぅぅ…………」

魔王「ふ、雷撃の余波で尻穴がひくひくと無様に震えておるわ」

龍の姫「うぁ……ぁ………… まおぉ……?」

魔王「悦べ、もう一度我のものを貴様の尻穴にくれてやる」

龍の姫「ぐひっ!?あ、あぎぃぃぃいいいいいいいい!!!」

魔王「ほぉ、これはこれは…… 括約筋の痙攣がなかなかに心地良い」

龍の姫「ふぐっ、ぐぎっ、ぎぃぃいいっ!うごぉおおおおおっ!!ご、ごべんはざっ、ごべんなざいぃぃいっっ!!!」

魔王「んん?」

龍の姫「も、もぉゆるひれ、ゆるひへぇぇっ!お、おじりっ、じびれてぇぇ…… うがっ、はがぁあぁああああ!!!」

魔王「我の命を狙っておいて何を言うのやら」

龍の姫「うぐ、ぐぁぁああ、あぁん!ひぐっ、こ、れいじょ、らめ、おなかっ、くるひっ、ひっ、ひぎひぃぃいいいいいい!!!」」

魔王「知ったことか。もっと苦しめ」

龍の姫「おっ、おじりっ!こわれちゃっ、うっ、うぐっ!これいじょ、じゅぼじゅぼしゃれたらぁ、おひり、めくれちゃっ、んはぁああああっっっ!!!」

魔王「そう簡単に壊れたりせんよ。尤も壊れたところで我が治してやる。何度でも何度でも…… な」

龍の姫「あはぁぁああああっ…… あああぁぁっ、あっ、いやぁああああああ……!!!」

魔王「ほれ、嫌がっていた割にはもう甘い声を出しておるではないか。矢張り女陰より先に尻孔で絶頂したド変態よ!」

龍の姫「あぐぅぅううっ……!いうなっ、あ、あひっ!いうなぁぁあああっ、あっ、ふぁぁあん!」」

魔王「くくく、もっと善がってもいいのだぞ?淫乱蜥蜴め」

龍の姫「おごっ、おごぉぉぉおおおっ……!お、おぐっ、ぐひぃぃぃ……!お、奥を、ぐりぐり、するなぁ!あっ、あはぁっ、はぁぁぁあああんっっ!!」

魔王「奥が良いのはわかった。もっと突いてやるから尻を高く掲げろ!」

龍の姫「ひゃぎぃっ!お、おじりただくなぁ!あぎっ、ひぎっ、ふひぃぃぃいんっっ!!!」

魔王「はっ、言葉とは裏腹に貴様の尻はもっともっとと誘っておるぞ!こうか!これがいいのか!!」

龍の姫「あひっ!はひぃぃっ!んぃぃぃいいっ!!?お、おじりただかれてっ、おじりのながっ、じびれるぅぅうううんっ!!」

魔王「そうだ、もっと気持ちよくなりたいのだろ?ならばもっと自分で腰を振って見せろ!」

龍の姫「いやぁっ、いやぁぁああっ!!も、きもちぃのやなのぉっ!!やぁっ、やぁぁああああぁぁんんっっっ!!!」

魔王「何を馬鹿な、貴様は裂けて血塗れの尻穴を痛めつけられるのと尻肉が真っ赤に晴れ上がるまで叩かれるのが気持ちいいのか!?」

龍の姫「やぁぁあああああんっ!そ、そんなぁっ、ちがっ、ちがうのぉぉ!!ひぎっ、ひぎぃぃいい……!!」

魔王「普通はそういうことは痛いや辛いと言うのだ。それを貴様は気持ちいいなどとっ!この淫売が!!」

龍の姫「ちっ、ちがっ!わらひ、こんなのがきもひぃなんれぇっ、あ、いってなっ、ぎっ、うぎぃぃいいいい!!!」

魔王「何が違うか!痛くて辛いのだったら貴様の秘所がこんなにも淫蜜を溢れさせる筈無かろう!!」

龍の姫「んひぃぃぃいぃいいいいいぃっっっ!!!!クリつぶしちゃらめへぇぇぇえええ〜〜〜〜〜っっっ!!!!!」




261: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/02(土) 00:00:12.44 ID:4nvKNZc50

魔王「さぁ、認めろ。貴様は性交とも呼べぬ変態行為で善がる醜い雌蜥蜴だとな」

龍の姫「あふぅぅううんっ!あ、ああっ、ちがうっ、ちがうちがうちがう!んはぁぁあああっ!!」

魔王「誰がそんなことを言えと言った!」

龍の姫「はぐぅぅうっっ!!あ、ああっ、あ、そ、そうれしゅ!わらひは、おしりめちゃくちゃにされてっ、よろこぶ、へ、へんたいれしゅぅぅう!!!」

魔王「よくぞ言った!」

龍の姫「ああっ、言っちゃった、いっちゃったぁぁ…… あぁん!あっ、いいっ!おしりにいたいの、きもちひぃぃ……!!」

魔王「ようやく本性を曝け出したか。この淫売が!」

龍の姫「ひゃ、ひゃいっ!い、いんばいれしゅっ!だ、だきゃや、もっろ、もっろおひりいぢめれぇぇっ!!」

魔王「良かろう!望み通りにしてやる!」

龍の姫「はぁうぅぅぅうううんっ!!しゅっ、しゅごぉ、おっ、おひりがっ、じゅぼじゅぼ、あな、あけられてまひゅぅぅううんっ!!!」

魔王「くははははっ、こんなことが善いのか!」

龍の姫「ら、らめぇっ、しょんなっ、じゅぼじゅぼしゃれたらぁ、おひっ、おひり!あにゃだらけになっちゃいまひゅぅぅううう……!」

魔王「何が駄目なものかよ!さぁ、貴様のお気に入りのこれも喰らわせやる!存分に善がり狂え!!」

龍の姫「ま、まられんげっきひぃぃぃぃいいぃいいいいっ!?あっ、あっあっあっあぎゃぁぁあぁああああっっ!!!」

魔王「くっ、痙攣尻穴の締め付けがまた一段と……」

龍の姫「ほごっ、おほぉぉおおおっ!や、やけるっ、あたまんなが、やげるぅぅううううっ!あがっ、がっ、やげ、じぬぅぅぅ……!!」

魔王「それはいい!肛悦にて絶頂死した龍など前代未聞だ!龍族の恥晒しとして未来永劫語られるであろうな!!」

龍の姫「おごぉぉぉおおおおぉぅっ、あぐぅぅぅぅうううっ!うんぎぃぃぃいいっ、がふっ、ひぐ、ひぐぅぅぅうううううううっっっ!!!」

魔王「死ぬのか!肛門快楽で死ぬのか?ならばその花添えに我が精もくれてやろうぞ!!」

龍の姫「ぐぎゅぁぁああああっ!いぐいぐいぐぅぅぅううううううううっっっ!!!!」

魔王「うぐっ、出るぞ!死ぬ前にたっぷりと味わえ!!」

龍の姫「あぎぃっ!ら、らめぇっ!じびれでるのにっ、ながださえだらぁっ、あっ、あはぁああああぁぁっ!!」

魔王「ぐ、うぅ……!」

龍の姫「はぎぃぃぃいいいいんっ!!あっはぁぁああぁぁぁあぁあああぁぁぁぁああああっっっ!!!!」

龍の姫「うぎっ、ぐはぁぁあっ!お、おなかのなかっ、せいえきがでんきはしっでぇっ!びりびりすりゅぅぅぅうはぁぁあああああっっっ!!!」

龍の姫「はぎゃぁぁあぁぁぁああアァァアアアあぁぁぁぁぁああああああんんっっっっ!!!!!」

魔王「く、う…… な、なんという肛襞の蠢き!我が斯様に搾り取られるなど……!」

龍の姫「はぎゅっ、うっ、ひゅぅ、ふひゅぅぅ…… んはぁ、ああ、はぁぁ…………」

魔王「ふふ…… 気に入った、気に入ったぞ!まさか貴様がこれ程までの媚肉であったとは……!まだまだ使ってやるぞ!」

龍の姫「あぎゅっ!?も、もぉ、やぁああっ!いやぁあああああああっ!!あっ、あぁん、はぁぁああんんっっっ――――!!!」




262: 2017/09/02(土) 01:29:00.25 ID:oAgys88s0

魔王がイメージしてたよりだいぶ上位存在だった




264: 2017/09/02(土) 10:57:49.85 ID:kHy9gc5o0

確かに上位の変態だわ




265: >>264返す言葉もねぇ…… ◆1ysUccrJmGua 2017/09/02(土) 21:22:54.22 ID:4nvKNZc50

―――――
―――


龍の姫「んぁ…… あ、あぁ……ぁ……ふぁ…………」

魔王「ふむ、満足であった。悦べ、これからも貴様を使ってやることにしたぞ」

龍の姫「こ、ろして……」

魔王「はっ、誰が殺してやるものかよ。貴様のような淫売はそう手に入らんのでな」

龍の姫「殺して…… お願い……」

魔王「何も食わず餓死しようとしても無駄だぞ?貴様が拒もうとレガリアが無理矢理に食わせるからな」

龍の姫「そ、んな……」

魔王「貴様が死ねるのは勇者共が死んでからだ。龍からすればあっという間の年月だろう?」

龍の姫「む、無理だ…… こんなの、そんなに長く、耐えられ…… ない……」

魔王「ほう、随分と情けないことを言う。その程度すら耐えられぬとは忍耐力も魔界随一との誉れ高い龍の一族として恥ずかしくないのか」

龍の姫「お願い、殺して…… 殺してください……」

魔王「……また来る。少なくともそれまではまだ死ねんぞ」

龍の姫「死なせて…… もう、死なせてよぉ…… う、うぅ…………」




268: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/03(日) 20:54:12.37 ID:3KtH/rnp0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜


女戦士「んむ、んじゅっ、じゅる…… んじゅ、じゅじゅっ、んはぁ、んむっ、じゅるる……」

魔王「くっ、貴様も口でするのが大分上手くなってきたな……」

女戦士「じゅぱっ…… ん、はぁ…… あれだけやらされたんだ。嫌でも慣れちまうよ…… あむっ」

魔王「まぁ、やってくれと言ってないのに自分から進んでやり出すくらいには慣れているようだな」

女戦士「んむむぅぅっ!?お、おい、なに言ってんだ!テメェがやってほしそうな顔してたからだろぉ!!」

魔王「そんな顔はしておらぬし、やってもらいたいならちゃんと口にしているぞ?」

女戦士「……ちっ、わかったよ!用はヤリたいんだろ?ほら、下脱いでやっからさっさと挿れろ」

魔王「濡らさんでよいのか?慣れているからといっていきなり挿れるのは痛むぞ?」

女戦士「へっ、ちびっと痛いくらいで泣くような軟な鍛え方してねぇんだよ」

魔王「……どれ?」

女戦士「あっ!見んじゃねぇっ!!?」

魔王「成程、我のものを咥えただけでもう濡れていたのだな」

女戦士「ち、ちげーよ!それはその、あれだ、ほらっ」

魔王「まぁ、何にせよこの分なら痛みはなさそうだ。挿れるぞ?」

女戦士「ふぁぁあっ!あ、相変わらず…… でかいな……」

魔王「貴様も相変わらずいい具合だぞ」

女戦士「そんなこと、あっ、褒められても、嬉しくねぇよ…… んっ」

魔王「……よし、望み通りにしてやろう」




269: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/03(日) 21:22:56.26 ID:3KtH/rnp0

女戦士「ふぁぁあああっ!?あぐっ、あ、あんっ、あっあっあっ、あぁぁあん!!い、いきなりすぎっ、ふぁああんっ!!」

女戦士「うぐっ、うぁぁああっ!あ、い、いきなり奥まで、突く奴がっ、あ、あるかっ!あ、あんっ、あく、くぁあああっ!!」

魔王「なに、最初から奥まで突いて欲しそうな顔をしておったのでな」

女戦士「あんっ、あ、はぁっ…… そ、そんな顔、してねぇっ、あぐっ、あっ、うぐぅぅっ……」

魔王「では、どうして欲しいのだ?言ってみろ」

女戦士「んあっ、あはっ、いっ、言えるかそんなもぉんっ!ん、んっ、んふぁぁあ、はぁああ、ああっ!!」

魔王「そうか、ならば我もどう動いてやればいいやらわからんな」

女戦士「あ、あぁん…… んぁ?お、おい、何で止まってんだよ」

魔王「言ったであろ?お前がどうして欲しいかわからぬから動きようがないと」

女戦士「ど、どうしてほしくもねーよ。お前がヤリたいって言うから俺は仕方なくだな……」

魔王「仕方なく、か。そうか、無理矢理付き合わせて悪かったな。今宵はこれで……」

女戦士「あぁっ……?」

魔王「ん?どうした?」

女戦士(くそ、この野郎…… ん?でもよく考えら一発ヤレなくて辛いのってコイツの方じゃね……?)

女戦士「……む、無理すんなよな!ほんとはヤリたくってしょうがねぇんだろ?でも、俺にあれこれどーしてほしいか言わせたいから無理してんだろ?」

女戦士「ほんっとお前しょうがねー奴だな…… あ、あー、うん、お、奥まで突いてください…… これで、いいか?」

魔王「……ま、取り敢えず今はそれでよいか。よしよし、奥を突いて欲しいのだな?」

女戦士「お、おう…… おぐぅっ!?あ、あはぁああ…… ま、また一気に奥までぇ……」

女戦士「あはぁ、あ、あひっ、ひぃぃ……!あ、ああ、い、いいっ…… いいぞっ、あっ、あぁぁああっ!!」

魔王「次はどうされたい?」




270: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/03(日) 22:02:32.22 ID:3KtH/rnp0

女戦士「あんっ、ま、まだ言うかっ…… お、お腹の方擦る感じでっ、あっ、そ、そうっ!うんん、うふぅぅうん……!」

女戦士「ふぐっ、あっ、はぁうっ、うっふぅぅ……!あっあっあっ、あぁん、あんっ、はぁぁああっ!!」

魔王「相変わらず良い声で啼く」

女戦士「はぁっ、ああっ……!?くっはぁぁああぁぁぁああぁああああ〜〜〜〜っっ!!?かはっ……」

女戦士「ん、んくっ、て、テメェ…… お、俺を壊す気かよ…… こんなぶっといのっ、勢いよくぶつけやがってぇ…… んぁああ!」

女戦士「ああ、くそっ…… ギリギリまで押し広げやがって…… んぐっ、くふぅぅん!うっ、ふぅぅぅううう〜〜〜〜!!」

魔王「ふっ、抱く毎に味わい深くなる…… 貴様は良い女だ」

女戦士「うるっ、せぇ、なぁぁ…… あ、あんっ、あはぁあああっ!ふ、太いっ、お前のチ〇ポ太すぎ、て、裂けちまいそうだ……」

女戦士「んぐっ、くふっ、んふぅん、ひはっ…… ち、ちくしょお、こんなのでっ、あぐっ、あ、あああああ!!」

女戦士「んはぁぁあんっ!はぁ、あんっ、ちくしょっ、ちくしょおちくしょおちくっ、くっはぁぁぁあぁぁああ〜〜〜!!!」

女戦士「も、もっとだ!もっとお前のチ〇ポ、俺ン中に擦りつけろ!ごりごりって、擦りつけろぉ!!」

魔王「こうか?こうだな!」

女戦士「ふぐっ、あぐっ、そ、そうだっ!入り口から奥までっ、ずぼずぼって…… んはぁあああっ!!!」

女戦士「ああっ、太くて硬いのがっ、俺の中出たり入ったりしてっ、んぐっ、ぐ、んふぅぅうっ〜〜〜〜!!」

女戦士「ぐ、ぐちゅぐちゅいってる!腹ン中かき回されてっ、ぐちゅぐちゅって、音がしてる、んひっ、ひぃぃいいいいっっ」

魔王「何だ、この音が聞きたいのか?ならばもっと良く聞こえるようにしてやろう」

女戦士「くはぁぁああっ、ああっ!き、聞かせんなんなもぉん…… んくぅっ、ひぁぁああああ!!」

女戦士「あ、あんっ!あん、あん、あぁん!も、もうダメだ、ずぼずぼってされて、いくっ、イッちまうぅ!」

魔王「もう達してしまいそうなのか?」

女戦士「しょ、しょうがねぇだろ!お前がきもちぃとこっ、突き上げてくるんだからぁっ!!」

魔王「可愛い奴め…… 好きだぞ、貴様のそういうところが」

女戦士「あぁんっ、お、俺はお前なんか、嫌いだっ!ひぁっ、あん、ひぁあああっ!!」

魔王「それは残念だ…… しかし、我との行為は好きか?気持ち良いのであろう?」

女戦士「き、キライに決まってっ、んだろぉ、おっ、おほっ、おぉぉおお……」

魔王「で、あるか」

女戦士「ふへっ……?」

魔王「…………」

女戦士「お、おい?なんでまた動かねぇンだよ?もう少しで……」

魔王「……我との行為は好きか?」

女戦士「だ、だから嫌いだって言ってんだろ!」

魔王「そうか…… 今まで我は無理強いをしていたのだな。もうやめよう」

女戦士「え?ほんとに抜いて…… おい、ちょっと待てよ?お前まだイッてねぇだろ?ほんとにやめんのかよ」

魔王「我との行為は嫌いなのだろう?貴様としてもやめた方が嬉しいのだろうが」

女戦士「そ、そうなんだけどよ…… い、嫌な性格してんな!また俺に言わせてぇのかよ……」

魔王「嘘なら言わんでいいぞ。只、それが嘘偽りの無い本音なら言ってくれ」

女戦士「うぐ…… うぅぅ…………」

女戦士(コイツ…… こんな、いいところでぇ…… って、いやいや!そんなわけ、そんなわけ……)

魔王「もう一度聞くぞ。我との行為は好きか?」

女戦士「うぅ……」

魔王「……済まなかった。出て行こう」

女戦士「ま、待て!待ってくれ!言う、言うから……」




271: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/03(日) 22:31:25.77 ID:3KtH/rnp0

魔王「それは嘘偽りない言葉か?」

女戦士「うう……」

女戦士(言うのか?言っちまうのか!?言っちまったら、それが本音ってことにされるんだぞ!?こんなこと、好きじゃねぇのに…… くそ、くそっ!!)

女戦士「ああ、そうだよ!本音だよ!気持ちいいから好きだよ!!これでいいか馬鹿野郎!!」

魔王「ふ、上出来だ。意地の悪いことをして済まなかった、な」

女戦士「ふぁあああぁぁんっ!!そ、そうだよ、これだよ!こうやって太いのでズボズボされるのが気持ちいいんだよ!ん、んはぁあぁぁぁ……」

女戦士「あん、キモチイイの、好きっ!こうやってお前のチ〇ポで中擦られるの好き!きひぃぃぃいい〜〜!!」

魔王「そうかそうかそうか、嫌な思いをさせた分だけ罪滅ぼしとして擦り上げてやる!」

女戦士「んはぁぁああ〜〜〜!いいっ、そこいい!もっと、もっずぼずぼしてぇ、もっと!もっとぉ〜〜!!」

女戦士「あっ、あんっ、あはぁぁんっ!いっ、イクッ、もうイッちゃう、イッちゃうよぉぉ〜〜〜〜!!!」

魔王「ぐぅぅっ、我も限界だ…… どこに出して欲しい?」

女戦士「ど、どこだっていい!どこでもいい、からぁっ!イカせてっ、もうイカせてぇぇっっっ!!!」

女戦士「出してっ、精液出して!お前と一緒にイクから、精液っ、出してぇ〜〜〜!!!」

魔王「ではこのまま膣内に出してやる!いくぞ……」

女戦士「いい、出して!俺の中に、いっぱい精液出して!イカせてええええええ!!!」

魔王「ああ、出してやる。たっぷり、となぁ!」

女戦士「あっ、あ、ああぁぁあぁああぁぁあああっ!!魔王の精液、熱い精〇が流れ込んでくるぅぅぅっ!!」

女戦士「あ、イクッ、精〇たっぷり出されてイクッ、イクイク、イグぅぅぅううううううう〜〜〜〜!!!」

女戦士「ああ、イッてる、イッてるぅぅ…… 中に出されて、魔王の赤ちゃん出来ちゃうのに、俺、イッちゃってるぅうう…………」

魔王「遠慮するな。全部注いでやる故たっぷりと飲み込め」

女戦士「うぁぁ…… ほ、ほんとにいっぱい入ってくるぅ…… あひ、ひぁぁああ……」

女戦士「あ、ああ、キモチイイ…… お前とこうするの、好きぃぃ…………」

魔王「む?久々にやり過ぎて気を失わせてしまったか……?」

女戦士「くふ…… な、何言ってやがる……」

魔王「お、おお?」

女戦士「お前、一回で満足するような奴じゃ…… ねぇだろ?し、仕方ねーから、もうちょっと、付き合って、やるよ……」

魔王「ふ、ふふふ…… 強情な奴め、本当は貴様がやりたいのだろうが」

女戦士「あぁぁん!そ、そんなわけねーだろ…… んふ、まだかたぁい……」

魔王「貴様のような魅力的な女を抱いているのだ。そう簡単には萎えぬよ――――」

―――
――





275: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/04(月) 23:47:52.67 ID:ZEiK3ATi0

女戦士「――――ああ、くそっ!!」

女勇者「荒れてるね……」

女僧侶「何かあったんでしょうか?」

女戦士「何って……」

魔王『我との行為は好きか?』

女戦士『ああ、そうだよ!気持ちいいから好きだよ!!』

女戦士「ぐ、ぐくっ…… ちっきしょぉぉおおおっっ!!何だって俺はあんなことぉ!!!」

女勇者「荒れてるねー」

女僧侶「何かあったんですね」

女戦士「だぁぁっ!そもそもなんでこんなことになったかっつーと…… お前だ!お前のせいだ」

女魔法使い「私ぃ?」

女戦士「そうだよ!お前がさっさとレガ――――」

女武闘家「――――黙れ」

女戦士「うぉわっ!?」

女武闘家「少し、落ち着いて……」

女戦士「はぁ?いきなり人を押し倒しておいて……」

女武闘家「声が、大きい…… レガリアの解析を、私たちがしてること、ばれたらマズい……」

女魔法使い「そうね、ちょっとは進んできてるけど気付かれて構成とか変えられたらまたゼロからやり直しよ?」

女戦士「ぐっ…… じゃ、じゃあ毒殺の方は?アイツピンピンしてるぞ?」

女魔法使い「ピンピンしてる時点でわかるでしょ?龍殺し改二WTMk-IIセカンドまで試してみたけどね」

女僧侶「人工ではダメかと思いフグ毒、カエンタケ、ドクササコも試しましたがそれらも効果は認められませんでした」

女魔法使い「しかも効かなかったどころか体内に取り込んだ後無害化してるっぽいし」

女戦士「無害化ぁ?」

女魔法使い「そ、だって魔王の身体の中に毒素が残ってたなら私たち死んでるはずだし」

女戦士「はぁ?」

女魔法使い「精液って要は魔王の体液だし、身体に毒が溜まってるなら当然体液中にも毒が含まれてる可能性が高い」

女僧侶「ですが、私たちは死ぬどころか体調を崩している人すらいませんので……」

女戦士「……ちょっと待て、魔王を毒殺するのって俺らも死ぬ前提だったのか?」

女魔法使い「そうよ?」

女僧侶「そういう決意と覚悟を決めた上で私たちは魔王の妃となったのでは……?」

女戦士「やっぱやべーわこいつら」

魔王「……何かあったのか?先程派手な音が聞こえたが?」

女武闘家「奇襲の、訓練……」

女魔法使い「みたいよ?急に始められたから私たちもびっくりしてたとこ」

魔王「そうか…… しかし、この部屋でやられるのは些か困るな」

女勇者「狭いしね」

魔王「……城の外に修練場がある。使わせてやるからそこで存分にやれ」

女戦士「修練場?そんなのがあったのか」

女武闘家「それはいい…… 使わせて、もらう」

魔王「おい、そこの。妃たちを案内してやってくれ」

従者B「かしこまりました。ではお二方、こちらです……」

女僧侶「……上手くごまかせたみたいですね」

女勇者「だね」




280: 2017/09/05(火) 11:10:19.51 ID:HMvAEsutO

女同士をレズらせる余興とかしてほしいな




281: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/05(火) 21:49:48.58 ID:vylmDsYh0

従者A「――――魔王様、時代は百合!百合ですわ!!」

魔王「急に来て何を言い出すのだ貴様は」

従者A「だって魔王様のお妃様方は皆美しいではありませんか!例えば……」

女武闘家『おっきいおっぱい…… 妬ましい……』

女僧侶『あんっ、あっ、あぁんっ!そ、そんな風におっぱい、さわらないで…… んくぅっ』

女武闘家『そんな風って……?わからない、説明、して……?』

女僧侶『そ、そんなの、言えませ…… んはぁああっ!ち、乳〇だめぇええっ!!』

女魔法使い『ゆ、勇者様ぁ、おマ〇コが切ないんです!どうか御慈悲をっ!』

女戦士『お、俺も、俺もマ〇コが疼いてもうたまらねぇんだ!俺のマ〇コも虐めてください勇者様ぁ……』

女勇者『こんなときだけ勇者様呼びぃ?しょうがないにゃあ〜、こっちおいで?かわいがってあげる……』

従者A「とかぁ、そんな風に睦み合って、絡み合って…… ハァハァ」

魔王「……うわぁ」

従者A「大分お妃様方も魔王様に惚れてきているようですし、ここらで一発レズらせてみては!」

魔王「レズらせ…… まぁ、余興としては少々面白いかも知れんが」

従者A「でしょう!さぁ魔王様、今すぐ百合の花を満開にさせましょう!!何ならお料理に一服盛りますので!!」

魔王「落ち着け」

従者A「きぃぃぃぃぃぃいいいああああああああっっっ!!!!!せ、聖水は駄目です…… あ、危うく昇天するところでしたわ……」

魔王「勝手に盛り上がるな。貴様の要望は却下だ」

従者A「そんな……!?」

魔王「まだ勇者共の心は完全には我が手に堕ちておらぬ。そのような状況で百合の花とやらを咲かさせればどうなるか」

従者A「そ、それはもぉ素敵な、いえ大変なことにぃ…… 東洋の人間が好んで食すライスボール5,6個はいけますわ!」

魔王「落ち着けと言うに。死霊が飯を食えるか…… まぁ、そんなことをさせれば結局我は勇者共を弄びたいだけだと思われてしまうだろうが」

従者A「……弄びたいんじゃないんですか?」

魔王「それはそれ、だ。兎に角今レズとやらをやらせるのはよろしくないということだ」

従者A「よろしいです!」

魔王「黙らっしゃい。良く考えろ、おかしいだろうが」

従者A「何がおかしいのです?」

魔王「わからんか?よし、では仮に貴様が我の恋人だとしよう」

従者A「ええっ、そんな…… 私、困りますぅ……」

魔王「仮の話だド阿呆が。ま、恋人だとした上で『貴様を愛しているからあの女とレズれ』というのはおかしいだろうが。どんな特殊な愛の形だ」

従者A「はぁ」

魔王「当然我を疑うだろう、本当に自分を愛しているのかとな。我の言うことを盲目的に聞く程に堕ちているなら兎も角な」

従者A「そういうものですか?」

魔王「貴様のように特殊な嗜好の持ち主でもない限り普通はそうだ。まだ堕ち切っていない現状でそうした不安要素は入れたくない。よって却下だ」

従者A「そんなぁ……」

魔王「どうしてもやりたければ貴様の頭の中で勝手にやっていろ」

従者A「仕方ありませんわ…… では早速脳内シミュレーションを…… ハァハァ」

魔王(脳があるのか?しかし、魔族とはいえ勇者共と同性であるから傍に居させたが…… 此奴は解雇すべきか?)

従者A「あ、そうだ魔王様」

魔王「……まだ何かあるのか?」

従者A「今はレズらせないということですが、お妃様方が完全に堕ちたら百合の花満開にしていただけるんですの?」

魔王「……失せろ」

従者A「失礼します!」




282: >>280作者の性的嗜好にレズは噛み合わないのでこれが限界 ◆1ysUccrJmGua 2017/09/05(火) 22:41:28.61 ID:vylmDsYh0

―――
――


従者A「ふんふんふーん、だからといってそうそう諦めきれませんわ〜」

従者A「んっふっふ、というわけで今回は禁断の私が憑依術を駆使して百合の蕾をほころばさせる作戦で行きますわ!」

従者A「今宵のディナーに一人だけ強力な媚薬を盛って、悶々として心に隙ができた瞬間を狙いますの」

従者A「そしてその身体を操って私が手動である程度百合百合して相手の子も引っ込みがつかなくなった辺りで憑依解除!レズプレイを堪能させてもらいますわ〜」

従者A「う〜ん、でも憑依する子はどの子にしようかしら?」

従者A「あの子は論外ね。神に仕える馬鹿な子だもの、きっと聖なる加護に弾かれてしまいますわ」

従者A「あの子は…… 魔法や魔術に堪能だから憑依術の心得があるかも。対策もしてるかもしれないですわ」

従者A「あの子は…… 駄目ね。格闘技の心得がある子って、精神修行してることが多いし憑依しても乗っ取りきれない可能性があるわね」

従者A「あの子は…… 駄目かも。悶々しても剣の素振りでごまかしちゃいそう」

従者A「つまりは…… 勇者で決定ね」

従者A「次はどの子と百合百合するかだけど……」

女勇者『ふふーん、攻めてるときは強いけど守りの時はホント弱いよね〜 僕が鍛えてあ・げ・る』

女戦士『はぁぁんっ!あっ、そ、そんなところ攻めるなぁっ!あっ、あっ、はぁああんっ!!』

従者A「うーん、次!」

女勇者『武術って全身の筋肉使うよね?ほぐしてあげるよ、全身隈なく念入りにね……』

女武闘家『ふぁぁっ、あっ、あああっ!な、舐めるマッサージなんて、しらなっ、はぁぁああっ!!!』

従者A「うーん…… 次!」

女勇者『研究もいいけど頭ばっかり使ってると疲れるよ?ほら、遠慮しないで、僕に身を任せて』

女魔法使い『あっ、あぁん…… なんで私の気持ちいところ、んっ、知ってるのよぉ…… はぁぁっ!』

従者A「うーんうーん…… 次!」

女勇者『んちゅっ、ちゅっ、ちゅぱっ…… んふふ、かわいい声…… ねぇ、もっと乳〇虐めてあげればもっとかわいくなる?』

女僧侶『ゆ、勇者様、おやめください…… んっ、こ、こんなこと神様がお許しになるはずが、あっ、あぁん……!』

女勇者『神様なんていないよ。いるならとっくの昔に僕たちを助けてくれてるはずじゃん…… ねぇ、いもしない神様じゃなくて僕を見てよ』

女僧侶『ああっ、ダメです、ダメです勇者様、んっ、んむ、んちゅ、ちゅるっ、んぁ、あむっ、んちゅ、むちゅう……』

女勇者『んうぅ、んちゅ、むちゅる、んんっ…… ぷぁっ…… あー、ダメダメって言いながら濡れてきてるじゃ〜ん』

女僧侶『ああっ、こ、これは違います!違うんです勇者様!』

女勇者『何が違うって言うの……?ほら、快楽を素直に受け入れて?一緒に堕ちようよ、ね……』

女僧侶『ああ…… ゆ、勇者様…… あむ、んちゅっ、れるっ、れろれろ、じゅずっ、ちゅるる…… あふっ……』

従者A「ハァハァ…… キマシタワー!これこれ、これよ!!淫行を禁じられている聖職者がめくるめく官能の世界に勇者によって導かれる……」

従者A「くはぁっ!ライスボール10個は余裕でいけるわっ!!じゃあ早速、あの子の使う食器だけに媚薬を…… あら、変ね?腕が動かない」

魔王「…………」

従者A「魔王様……!」

従者A(そうか、腕が動かなかったのは魔王様に手を握られていたから…… ああ、なんて大きくて包容力溢れるお手々なの!)

従者A(なに?この胸のときめきは……!在りもしない私の心臓がドキドキ鳴ってる……)

従者A(あ、魔王様の唇が動きそう。何を仰るのかしら?まさか、まさかまさかまさか…… 愛してる!?)

従者A(ああ、駄目よ!駄目よ魔王様!!私と貴方じゃ身分が違い過ぎる!!でもでも、愛に身分は関係ない。そう仰りたいのね魔王様!)

魔王「解雇」

従者A「NOoooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!光魔法は禁則事項ですぅぅぅ!!!?」

従者A「あへぇぇええええええええヘェーラロロォールノォーノナーァオオォー アノノアイノノォオオオォーヤ ラロラロラロリィラロロー ラロラロラロリィラロ ヒィーィジヤロラルリーロロロー」

従者A「む〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!極端に無念」

魔王「消滅したか…… とりあえずあの二匹が居れば問題無いとは思うが、小間使いを一人増やさねばならんか……」




283: 2017/09/05(火) 22:56:13.31 ID:CQU/KAo6o

唐突に歌い出しててワロタ




284: 2017/09/06(水) 00:21:29.71 ID:hoRbMRa5o

エロイ内容からの落差が凄くて途中から変な笑い声出た




288: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/06(水) 22:21:14.26 ID:t6hthewG0

―――――
―――


女魔法使い「んく、ふっ、ふぅぅううう……!んふっ、ふぅ、ふぅぅ…………」

魔王「くっ、良い締め付けだ…… 搾り取られる……」

女魔法使い「はぁ、はぁ…… まったく、また遠慮なく中にたっぷりと出してくれちゃって……」

魔王「ふふ、大分慣れてきたようだな?前は一度の射〇で気を失っておったのに」

女魔法使い「これだけ回数やらされればね…… そろそろアンタの精を根こそぎ搾り取ってやれそうよ……」

魔王「ふむ、ならば突然だが一つ昔話をば聞かせてやろう」

女魔法使い「昔話ですって?」

魔王「うむ、実は以前、淫魔の長に勝負を挑まれたことが有ってな。最も勝負と言っても今のような性交でだが」

女魔法使い「淫魔の長と……?」

魔王「勝負は三日三晩続いた、いや、三日三晩で終わってしまったと言うべきか……」

女魔法使い「み、三日三晩!?」

魔王「そう、三日三晩続いた勝負は淫魔の長が終わらぬ絶頂のせいで我が精を吸うどころではなくなって気絶したことで終わった……」

魔王「だが、我はまだ昂ぶりが収まらなんだので、そこらにいた上位淫魔の七、八匹を喰らって目が覚めた長をもう七、八度気を失わせて漸く鎮めたのよ……」

女魔法使い「……じょ、冗談、よね?」

魔王「冗談ではないぞ?まぁ、愛する妻にそこまでの無茶をさせるつもりはないが」

女魔法使い「お、お手柔らかにお願いできるかしら……?」

魔王「努力しよう。そうだな、二穴責めなどどうだ?」

女魔法使い「二穴責め……?なに、魔王様謹製のものすごいバイブでもあるの?」

魔王「張形なんぞは使わぬよ」「こうすれば良いだけだ」

女魔法使い「……ちょっと待って、後ろ振り向くの怖いんだけど。でも、後ろからもアンタの声が聞こえるんだけど?」




291: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/06(水) 22:55:49.20 ID:t6hthewG0

魔王「まぁ、分身しておるからな」「分身と言っても他の者等のように術者の動きに追従するのではなく」「我の意思通りに動く第二の身体と言うべきだが」

女魔法使い「お願いだからちょっと待って…… さらっと言ってるけどなにその超高度な技術?でもって消費されてる魔力量も半端じゃないじゃん?」

魔王「そうだな。我以外には出来んだろうな」

女魔法使い「で、その世界中が目ん玉ひん剥くような超魔法を私を抱くためだけに使うと……」

魔王「その通りだ」

女魔法使い「あくぅぅうっ!うぁ、あ、アンタって、ほんとバカぁ…… ああ、ほんとに前にも後ろにもチ〇ポが入ってるぅ……」

魔王「動くぞ?」

女魔法使い「んぁっ、あっ、はぁっ…… う、うそぉっ、前も後ろも、魔王のチ〇ポの形してるっ!」

魔王「全てが我と同一であるしな」「戸惑っているようだが、尻穴はいつものように我のものを嬉しそうにしゃぶっておるぞ」

女魔法使い「んくぅっ!と、戸惑うに決まってるでしょ!こ、こんなのぉ……!あっ、あん、あうぅぅ……」

魔王「おや、二穴責めは初めてであったか?」

女魔法使い「ちがっ、あん、ま、まったく同じ顔と身体した奴に、挟まれるなんてふつっ、あ、ありえないでしょっ、ん、んひぃいいっ!?」

魔王「ああ、それは確かに在り得ぬな」「貴重な体験だと思って楽しむが良い」

女魔法使い「ひぁっ、か、勝手なこと…… あぁん、二本とも、イイとこ擦ってくるぅぅううっ!!」

女魔法使い「んっ、んぁっ、あ、あふっ、ふぁぁっ……… あっ、ああっ…… い、いい、いいっ!」

魔王「理解していると思うが」「増えたのはものだけではないぞ」

女魔法使い「ひぁぁっ!?あむぅ、うっ、んむっ、んちゅ、ちゅっ、んむぅ、んふぅううっ!!?」」

女魔法使い(3Pは初めてじゃないけど、こんな息の合った連係でっ、キスと耳舐めとかは、初めて……!)

女魔法使い「んちゅっ、んぐ、ちゅる、あむ、れるっ、れるれる、ぷはぁっ、あっ、あっあっあっ、あはぁあん!!」

女魔法使い(今までの3Pと違って二人の呼吸がぴったり合ってる…… だから、快感が最高のタイミングで上乗せされて……!)

女魔法使い「んくぅぅううっ!!こ、これダメッ、ダメよっ!あっ、はぁぁ…… よ、善過ぎる!善過ぎるからぁっ!!」

魔王「わかっておる」「秘所から蜜が滾々と湧き出てきておるからな」

女魔法使い「くふぅぅ……!そ、そういう解説、いらないからっ、あぐっ、あぅううっ、ひぅぅううんっ!!」

魔王「ふむ、乳〇が隆起しておるな」「物欲しそうにしておるが、虐めてやろうか?」

女魔法使い「はぅぅん…… そ、そこはダメっ、いまそこ虐められたらぁ…… はぁぁ…… や、やめてぇ」

魔王「女心は難解すぎる」「つまり虐めて欲しいと言うことで良いな?」

女魔法使い「はひぃぃいいんんっ!!?あ、あひっ、ひっ、ひぃぃ…… ば、か…… 軽くイッちゃったじゃない……」

魔王「馬鹿とな?矢張り女心は難解すぎる」「菊輪が締め付けてくる当たり悦んでいるのだろうが」

女魔法使い(コイツらぁ……!わ、わかってるくせにぃ…… コイツら?でいいのかしら?あうっ!)

女魔法使い「くはぁっ!くふ、くぅぅ…… そ、そうっ、悦んじゃってるわ……!だから、もっと……!!」

魔王「心得た」

女魔法使い「くぁぁあああっ!?ああっ!あああ…… はぁああああんっ!!!」




292: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/06(水) 23:20:17.35 ID:t6hthewG0

女魔法使い「ひぐっ、ぐ、ひぐぅぅううっ!し、子宮がっ、前と後ろから、虐められてぇっ!うひぁっ、ああっ、あひゃぁあああぁああ〜〜〜!!!」

女魔法使い「うくぅっ、う、そ、そこぉっ!そこよぉっ!そこを両方で、虐めてぇっ、つ、突き上げてぇっ!!ふぎゅぅぅううううっっ!!!」

魔王「ここだな?」「ここを突いてやれば良いのだな!」

女魔法使い「ふぎゅううっ!しゅ、しゅごい、いっ、イイッ!!そこっ、もっと、もっとぉ……!ひぅぅぅうううぅ〜〜〜!!!」

魔王「くっ」「すごいのはそちらもだ、きつく我のものを締め付けてくる……!」

女魔法使い「ひぃんっ!きひぃぃぃいいっっ!!かはっ、はぐっ、ぐぅぅ…… きゃうっ、うくっ、はひぃぃいいいん!!!」

女魔法使い「んぅ、ふぅっ、ふぅぅっ……!く、はぁ…… あ、アンタも出したいでしょ?も、もう出しても、いいわっ、あっ、あはぁん!」

魔王「折角の申し出だが」「もう少し楽しませてくれ」

女魔法使い「しょっ、性悪めぇぇっっ!く、くぅぅっ!いっ、イクッ!もうだめ、イクッ、イクゥゥゥゥウウウウ〜〜〜〜ッッッ!!!くふぅぅぅ……!」

女魔法使い「あっ、は、はっ、はぁ、はぁ…… んく、はぁ、はぁはぁ……」

女魔法使い「はぁ、はぁ…… どう、したの?もう少し、楽しむんじゃ…… ないの……?」

魔王「絶頂の余韻を楽しんでいるところ申し訳ないが」「先程貴様が何を言ったか覚えておるか?」

女魔法使い「さっき……?」

魔王「我が精を根こそぎ搾り取ると言っていたが」「どうだ?一つ試してみてくれんか?」

女魔法使い(淫魔の長を返り討ちにした奴を根こそぎとか無理にきまってんでしょうが……!)

女魔法使い「まったく、こっちはイッた、ばっかりだっての…… にぃ……! ほ、ほら、これでいい……?」

魔王「おいおい」「まさかこの程度で搾り取れるとでも?」

女魔法使い「ほんっと性格悪い…… ほら、私のア〇ルと、マ〇コで、気持ちよく、なっちゃいなさい…… んんっ!」

女魔法使い「んっ…… あっ、はっ、んぁぁっ……!あっ、あぁっ、はぁぁ……!やっぱりこのチ〇ポ…… 二本はきついわ……」

魔王「うーむ、我がやらせておいてなんなのだが」「些か物足りぬ」

女魔法使い「ふぁっ!?あ、あぁっ…… ふ、深いぃ…… 奥、まで…… んっ、くぅぅんっ!!」」

魔王「ふふっ、貴様の尻孔も我のものの形を覚えてきたようだな」「以前よりも格段にこなれてきておる」

女魔法使い「ひぃんっ!お、お尻虐めてる時に、オマ〇コ突くのだめぇ…… ふぁあっ」

魔王「何が駄目だと言うのだ」「もっと突いて欲しいのだろうが」

女魔法使い「ふぎぃぃいっ!ら、らめぇっ、そんなグリグリこすりつけられたらぁっ、あんっ、ア〇ルとオマ〇コつながっちゃふぅぅっ!!」

魔王「どうした、また達しそうなのか?」「言ってみろ」

女魔法使い「は、はひっ!ああっ、イクッ……!い、イキますっ、またイッてしまいますぅ〜〜〜!!」」

魔王「堪え性の無い奴め」「まぁ、我の昂ぶりもそろそろ限界だが、な!」

女魔法使い「んぁぁあああああっ!!あっ、ああっ、ひぁぁああぁぁあああ〜〜〜〜っっっ!!!!!」

魔王「うっ」「おぉっ!」

女魔法使い「あはぁぁぁぁぁぁああぁぁんっ!!!」

女魔法使い「あはぁ、あぁ…… 出てる…… 前も、後ろも…… ザー〇ンが…… はぁぁ……」

魔王「うむぅ…… 随分と出してしまった」「まぁ、まだまだやれるのだが」

女魔法使い「あくっ…… そんなぁ…… まだ、硬いぃ……」




293: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/07(木) 00:06:43.45 ID:33cQq1Vh0

魔王「根こそぎ搾り取ると言ったのだ」「全ては無理でももう少し頑張って欲しいものだな」

女魔法使い「あぁん、あん、あっ、あふぅぅ…… ご、ごめんなさい、調子にのりましたぁ、あっ、ああっ!」

魔王「おや、貴様はもう少し賢いと思っていたのだが?」「謝ったとて我が許す筈がないことは理解しておろう?」

女魔法使い「はひぃんっ!ほ、ほんと性格わるいぃっ!いっ、いひっ、ひぃぃいいんっっっ!!!」

女魔法使い「ん、んぐっ、んぐぅぅっ!こ、こんなのっ、こんなの…… あ、ああっ、はぁあああ…………!!」

女魔法使い「お、おしりぃ……!おしりだけでも、すごいのにぃ…… お、オマ〇コも、あっ、あひぃぃいっ!!」

女魔法使い「あっ、ふぁっ、ああっ、あぁん!前も、後ろもっ、ゴリゴリ削られてぇ……こっ、このままじゃ…… あ、あはぁぁ……」

魔王「ふふふ、このままだとどうなるのだ?」「確かめさせてもらうぞ」

女魔法使い「ふぁぁっ!あ、ああ、また出すのね?射〇するのねっ!?いいわ、出して!お尻にもオマ〇コにもいっぱいザー〇ン飲ませてぇ……!!」

魔王「いいだろう」「望み通り……!」

女魔法使い「あひぃぃぃっ!!あ、あがっ、そ、注がれて…… さっきよりも、いっぱい注がれてぇ…… ん、んぁ、はひぃぃい〜〜〜っ!!!」

魔王「いや、まだだ」「まだ射〇すぞ……!」

女魔法使い「も、もぉ無理、無理よぉ…… お、おおっ……!おなか、破けちゃうぅ…… ふひぃっ!」

女魔法使い(やば…… こんなのしっちゃったら、もう…………)

魔王「う、く……」「一旦打ち止めか……」

女魔法使い「はぁ、はぁ…… んく、はぁ、はぁはぁ…………」

魔王「さて」「続けるぞ」

女魔法使い「ま、待って…… ほんと、待って…… ちょっとで、いいっ、からぁ…… はぁ、はぁ……」

魔王「わかった。暫し待とう」「少し休んだら続けるぞ」

女魔法使い「い、いつか…… ギャフンと、言わせてやるん、だから…………」

魔王「ふふ、期待しよう――――」

―――
――





295: 2017/09/07(木) 01:28:21.04 ID:ONuQvMVzo

尻に出されると下痢するらしい




296: >>295存じております。でも見たいですか?そんなとこだけリアルなファンタジー ◆1ysUccrJmGua 2017/09/07(木) 23:24:47.61 ID:33cQq1Vh0

女魔法使い「――――あー、ほんとヤバいわ」

女戦士「何がだ?」

女魔法使い「この前アンタが暴れてたのと同じ話よ」

女戦士「あー……」

女魔法使い「精神と肉体を分離させる方法、魔法術の他にあったかしら?そうだ、人格を分離して多重人格を形成してセ〇クスの時と普段の私を切り離して……」

女勇者「ちょ、ちょっと何言ってるの!?怖いんだけど!!」

女僧侶「こ、こっちに帰ってきてくださーい!」

女魔法使い「何よ!邪魔しないでよ!私は真剣に考えてるの!この現状を変えるためにはやっぱり私の精神を保護するべく何らかの防衛手段を、例えば……」

女武闘家「ぱーんち」

女魔法使い「へぶっ!……いったいなぁ、なに?おれはしょうきにもどった!とでも言えばいいの?」

女武闘家「そういうのは、いらない……」

女魔法使い「はぁ〜あ、でもね?実際のとこアレの方はちょっと行き詰まり掛けててねぇ〜。なーんかこうブレイクスルーが……」

魔王「む、矢張り此処に居たか」

女戦士「魔王!」

魔王「部屋に居らなんだからな。確かこの前、貴様が第二順文の失われた準五音階の三小節がどうたらこうたら言っておったな?」

女魔法使い「え、ええ……」

女魔法使い(まさか聞かれてたとは…… レガリアの解析に必要だと睨んでたやつだけど…… 気づかれた?)

魔王「でだ、ほれ」

女勇者「なになに?」

女僧侶「何だか随分古い本ですね……」

女魔法使い「こ、これって……!」

魔王「人間の世界では失われているようだが我が書庫にあったのでな。これが欲しかったのだろう?」

女魔法使い「そ、そうよ!これが欲しかったの!!これで新しい法式の研究が進められるわ!!」

魔王「礼には及ばんぞ?我が書庫の本は我以外誰も読まんからな。その本とて我以外の目に触れて喜んでおるだろうしな…… では」

女戦士「……なぁ、あの本ってアレのために必要な本なんだよな?」

女武闘家「魔王にばれて、なかった……?」

女勇者「多分、ばれてない、よね……?」

女僧侶「よ、よかったですね!」

女魔法使い「ふ、ふふふふ…… これよ、これがあればレガリア解析がまた一歩進むわ……」

女魔法使い「何が精神と肉体を分離させる方法よ。これが手に入ったからには寧ろセ〇クスどんとこいよ!疲れた頭をスッキリさせるには何も考えずイクのが一番だし?」

女勇者「ちょ、ちょっと何言ってるの!?怖いんだけど!!」

女僧侶「こ、こっちに帰ってきてくださーい!」

女魔法使い「敵に塩を送るとはこのことね!資料を手渡しその上研究の息抜きまでさせてくれる!!こうなったら次の私の番が来るまでノンストップで徹夜よ徹夜!!」

女武闘家「ぱーんち」

女魔法使い「へぶっ!」




301: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/08(金) 23:11:57.54 ID:LdR1CR8e0

―――――
―――


女僧侶「はむ、ん、んむ…… えろ、れろれろ…… んく、んちゅ、ちゅむ、ちゅる、ちゅるる……」

女僧侶「んじゅ、じゅるっ、んはぁ…… れろぉ、んじゅ、じゅずっ、あむ、んぅ、んむぅぅうっ!!?」

女僧侶「ぷはっ、いっ、いきなり何するんですか!」

魔王「いや、貴様が余りに口吸いに夢中になっていたので少しばかり悪戯心が湧いてだな。こう乳〇をくりっ、と」

女僧侶「む、夢中になんてなっていませ、ひゃぅぅんっ!ま、また悪戯を……!」

魔王「見え透いた嘘をつくのでな、つい」

女僧侶「んくっ、あ、貴方はいつもそうやって私をからかって……!」

魔王「からかっているつもりは無いぞ?可愛がっている」

女僧侶「可愛がっている!?このように女を辱めておきながらよくも…… あひっ!だ、だからおやめなさっ、あん!」

魔王「ほれ、こうして乳〇を虐めてやれば肢体は悦んでおるぞ。口ではやいのやいの言っておるようだが」

女僧侶「んひっ、ひっ、ん、んんっ!よ、悦んでるのではなくっ、刺激に、は、反応しているだけっ!ああっ!」

魔王「そうか。しかし本当に飽きが来ぬ良い乳房だ。形、大きさ、柔らかさ…… そして、紅く色付いた木苺」

女僧侶「んはぁっ!?ふぁっ、あ、うくっ、く、くふぅぅ…… い、いきなり強く吸っちゃ……」

女僧侶「くぁぁっ、はうっ、ふぅぅ…… き、聞いているのですかっ!?あっ、んぅぅっ……!!」

魔王「…………」

女僧侶「くっ、ん、んっ……!む、夢中で吸って…… お、王たる者が、赤ん坊のように毎回毎回っ、はっ、恥ずかしくないのですか!」

魔王「……例えを間違っているぞ?赤子がこのような吸い方をすると思うか?」

女僧侶「ふぁぁあんっ!え、ええ、私が間違って、ましたっ、む、無垢なる赤子を、よ、よりによって…… 魔王なんかと!」

女僧侶(んくっ、んん…… 乳〇吸われながら、舌で舐められて…… もう片方も指でグリグリされて…… こ、この男は……!)

魔王「うむ、美味である。それに香りも良いぞ」

女僧侶「か、香りぃっ!?な、何を嗅いでいるのですかっ!貴方という男は本当に、ひぁっ、あぁぁああんっ!!」

魔王「感度も落ちていない。軽く噛んでやればこの通り…… そうだ、まだ試していないことがあったな」

女僧侶「ふぁぁ、ああ…… 試して、いないこと…… ま、また何か淫らなことを……」

魔王「貴様ほどの乳の大きさならこうして…… 二つの実を同時に吸えるやもしれん」

女僧侶「はぅぅぅうっっ!!?はっ、はぁぁ…… あ、貴方は、ほんっとうにっ、馬鹿です!!」

魔王「これだけ魅力的な乳房を前にしては男は皆馬鹿になる」

女僧侶「くぁぁっ!?あっ、ば、馬鹿っ!そ、そんな風にしたらぁっ、ち、乳〇伸びちゃいますぅぅぅっっ!!」

女僧侶「ふぁぁああっ、あっ、あぁんっ!!も、もう満足でしょう!?おやめっ、おやめなさ、あ、あひっ、はひぃぃんっ!!」

魔王「……仕方ない、終わりにしよう」




302: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/08(金) 23:22:08.25 ID:LdR1CR8e0

女僧侶「んはっ、はっ、はぁ、はぁ…… そ、そうです、それでいいのです…… んぎっ!?」

女僧侶「んひぃぃぃいいいいぃぃいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!???」

魔王「この一噛みでな」

女僧侶「んひっ、ひっ、ひはっ、はぁぁ…… ひ、卑怯な…… 終わり、と言ったでしょ…… は、恥知らず……」

魔王「済まぬな、あれは嘘だ」

女僧侶「「ふぎゅっ!?ふぅぅぅうんん―――――――――っっっ!!?」

女僧侶(う、うしょつきぃ!お、おわりって、いったのにぃぃ…… に、にかいも、ちくび、かんだぁ……)

魔王「今ので最後とも言っておらんぞ?」

女僧侶「ふぐぅぅううぅううううううううぅぅうっっっ!!?お、おにでしゅかあにゃたわぁぁ〜〜〜っ!!!」

魔王「以前誰ぞにも言われたが、我はそれらを統べる王である」

女僧侶「んはぁ、はぁはぁはぁっ、んっ、はぁ…… あ、くっふう、ふぅぅ…… ふぅふぅ……」

魔王「気持ち良さそうに惚けておるところに済まぬが、我はまだ達しておらんでな」

女僧侶「んぁぁっ、ああ…… お、おしりぃ…… い、じらない、でぇ…… んっ、んはぁ……」

魔王「またそうやって嘘をつく。我は指を押し当てているだけで、物欲しそうに尻穴をひくつかせているのは貴様だぞ?」

女僧侶「んっ、んふっ、そ、そうやって、自分の好きに、想像して、なさい……」

女僧侶(そ、そうです…… 私が自らお尻の穴で気持ち良くなりたいなんて、そんなこと在り得ませんから!)

魔王「しかし貴様も随分と淫らな肢体になったものだな。軽く弄ってやれば直ぐ尻穴が緩むとはな……」

女僧侶「あ、貴方のせいですよぉ…… お、おほっ!お、おっぱいいじめたあと、いっつもおしりぃ……」

魔王「仕方無かろう?前は使えぬのだから、後ろを愛してやるしかないのだ」

女僧侶「愛する、ですって……?あ、愛するというのはっ、んひっ、少なくとも、相手の望まないことをしなっ、あっ、はぁぁぁん……」

魔王「心得た。ならば、愛する貴様の望み通りに菊門を弄る指を二本に増やしてやろう」

女僧侶「ほぉぉぉおお…… おっほ、おぉぉ…… だ、誰が、このようなこと、望んで…… んひぃっ!?」

女僧侶「お、おしりのなかっ、か、かきまわさないでっ!んぎっ、ぎっ、んぐぅぅ…… お、おぉぉおおぉ……」

魔王「指三本もあっという間に咥え込む。貪欲な尻よな」

女僧侶「はぐぅぅ…… ひ、広げないで、おしりのあな、ひろげないでぇ…… んぐっ、んぐふぅぅっ!」

女僧侶(ああっ、またわたしのおしりのあながっ、、す、すごいことに……!)

魔王「菊門は腸液で溢れ、秘所は愛液で濡れ光っておるな……」

女僧侶「ひぎぃぃっ!?だ、だめ、そこつまんじゃだめです…… あひぃっ!だ、だからだめっ、だめぇぇええっ!!」

魔王「陰核は弄れるのだがな…… ま、何れの御時にかということで、そろそろ挿れるぞ」

女僧侶「いれる…… また、私のお尻に、そ、それを……」

魔王「貴様が望むのなら前に入れてやれるのだが」

女僧侶「だ、誰がっ…… あ、貴方はぁ、あっ、あぁん!ふ、不浄のあ、なで、みじめにっ、腰を振っていなさっ、あひぃぃっ!?」

魔王「……料理を作ってくれている時とはえらい態度の違いである」




303: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/08(金) 23:42:41.29 ID:LdR1CR8e0

女僧侶「そ、それはっ、厨房をっ、お、おぉぅっ、つ、使わせてもらってる、お、お礼だからぁっ、あっ、あぁん……」

魔王「そうか、些か悲しいな。我は貴様をこんなにも好いているというのに」

女僧侶「くふぅ…… う、嘘です、だ、だまされるもんでっ、おっ、おぐっ、おごぉぉおおおお……」

魔王「嘘ではない」

女僧侶「あ、ああ…… なぜ?なぜ嘘をついて、いるのに、そんな目ができるのです、かぁ……?」

魔王「嘘ではないからだ」

女僧侶(ああ、なぜ…… この目に、見つめられていると…… お腹の辺りが熱く…… 熱く?)

女僧侶「え、あ…… あ、れ……?」

女僧侶(き、消えてる!?教会の術式の紋様が消えてる!?)

魔王「……済まぬ、そろそろ辛抱が効かん。動くぞ」

女僧侶「んほぉぉぉぉおおおおおっ!おっ、おうっ、お、おほっ、んはぁああああああっっっ!!!?」

女僧侶(んほっ、お、おぉ…… あ、また紋様出てる……!でも、確かに今いっしゅ……)

女僧侶「ふぎゅううううっ!ら、らめっ!!おしりもんじゃらめっ、おしりのなかに、ひびいちゃうからぁっ!あぁんっ!!」

魔王「そうされるのが好きなのだろう」

女僧侶「はぎっ、ひぎぃぃ…… いっ、んっ、んぁ…… あひぃぃぃんっ!?ふぁっ、あっ、ふぁああああぁぁああっっ!!!」

魔王「ふふ、何せこれだけ善がるのだからな」

女僧侶「あひぃぃ…… よ、よがってなんかぁ…… はくっ、い、いませぇ…… んんっ……」




304: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/08(金) 23:53:12.13 ID:LdR1CR8e0

魔王「そうだな、貴様の言う通りだ。尻肉を揉まれた程度では満足出来ぬ肢体であった」

女僧侶「んぎゅぅぅっ!?うっ、う、ふぅ…… あ、ああ…… お、おくまでぇ…… おくまで、はいってきてる、うぅ……!」

魔王「そう、貴様の淫らな尻穴は奥まで貫かれぬと文句を言ってくるのだ。もっと奥まで、もっともっと、と」

女僧侶「んひぃぃぃいっ!ひぁぁ、あぁ…… そ、そんなことはぁ…… はっ、あひっ、ひぁああぁああっ!!」

魔王「ふふ、感じるであろう?貴様の肛肉が奥まで貫かれて悦び我のものを締め付けているのを」

女僧侶「はぁぁ…… あっ、はぁはぁ…… んっ、んんっ!はひぃ、ひっ、ひぅぅうううぅぅうっ!!」

魔王「おやおや、尻孔以上に本人が悦んでおったか」

女僧侶「ひぃ……んっ!あひっ、ひっ、はぁぁっ!そ、そんなこきざみにっ、ひぅぅっ!ひぁぁっ、はきゅぅぅっっ!!」

魔王「ほぅ、この程度の腰の動きでは物足りんと。では大きく腰を動かしてやる!」

女僧侶「おほぉっ!?お、おぉ…… ひぃっ、はひぃん!へ、へんたい!へんたっ、あぁぁっ、あふぅぅうんっ!!」

魔王「我は変態と言われても気にせんが、変態に尻穴を貫かれて善がる貴様も人間の世界では変態に当て嵌まるのでは?」

女僧侶「んはぁあ、ああっ!!こ、こんなふうにしたのはっ、あ、あなたでしょっ、おっ、おごっ、んぁああああああっっ!!!」

女僧侶「はぁぁ、あっ、お、おしりのおくまで、はげしくこすられてぇ、んはっ、ごりごりされてっ、んほぉっ、お、とじなくなっちゃうぅぅううっっ!!!」

女僧侶「んふぅぅっ、あ、ぬ、ぬけるっ!おしりのあなから、まおうのが、ぜんぶぬけっひぎぃぃぃいっ!!?ま、まらいっきにおくまれぇぇええっ!!!?」

魔王「ふっ、自分が何を口走っているかもわからんようだな」

女僧侶「お、おわらせてぇっ!も、むり、らめっ、らめなのぉ!あっ、あっ、あぁっ!んぅぅうっ!!」

魔王「よし、では終わらせてやろう。貴様の一番好きなところを突き上げてやる!」

女僧侶「はひぃぃんつ!!い、いいっ、そこいいっ!さ、ささってる、キモチイイとこ、ささってましゅぅぅうっ!!!」

女僧侶「んっ、んぎっ、んぃぃいいっ!も、もうらめっ!か、かみよ、おゆるしくらさっ、わらし、まらっ、あっ、あ、あぁぁあああっ!!!」

女僧侶「い、イクッ!イグイグイグイグイグゥゥゥウウゥゥウウウゥ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッッッ!!!!!」

魔王「くっ、出る!かけてやるぞっ、貴様の肢体にっ!」

女僧侶「なはぁああっ、あ、あつぅいっ!あつくて、ま、まらイグゥゥゥウッッ!!!」

女僧侶(ああ…… ドロドロしたの、せなかに、いっぱい、かけられてぇ…… んふっ、か、かおにまで、とんできてるぅ………)

女僧侶「んぁぁ…… すごい、におい…… すん、すん…… んはぁ…………」

魔王「気に入ったか?次は尻の中に出してやろうと思っていたのだが、顔にかけた方がいいか?」

女僧侶「んぐぅぅっ!?ま、またおしりのなかにはいって…… さっき、おわらせて、やるって……」

魔王「一度終わらせただけだ。さぁ、まだまだ夜は長いぞ――――」

―――
――





307: 2017/09/09(土) 20:02:05.02 ID:c9Uvfyvf0

ま〇こ舐めそうで舐めない焦らすやつやって欲しい




308: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/09(土) 22:35:50.57 ID:G3oRd2XU0

女僧侶「――――はぁ……」

女僧侶(幸い魔王には気づかれませんでしたが、確かにあの一瞬…… 術式は効力を失っていた……)

女勇者「どうしたの?」

女僧侶「いえ……」

女僧侶(快楽に翻弄されてしまったが故の一時的なものだとは思うのですが…… これが体が負けるということでしょうか?)

女僧侶「実は…… 精神は肉体に引っ張られるということは本当に在り得るのかと」

女勇者「わー、難しい質問だー。答えられる人ー?」

女武闘家「むりー」

女戦士「こういうとき頼りになるアイツは部屋にこもってるぞ?」

女僧侶「いえ、明確な答えが欲しいわけじゃなくて、皆さんのお考えを聞かせていただきたいなと……」

女勇者「うーん…… 肉体に精神が…… うーん」

女戦士「逆の気がするけどな。ほら、身体はボロボロでも気合いで何とか動けるときとかあるだろ?」

女武闘家「うん、ある…… 精神が、肉体を凌駕する瞬間……」

女勇者「あ、それわかる!冒険してた時に何度かそういうことあったよ!」

女戦士「だろ?」

女武闘家「武闘家が目指す高みの一つが、それ……」

女僧侶「うーん、肉体に精神が、ではなく精神に肉体が……?」

魔王「盛り上がっておるな。何の話だ?」

女勇者「あ、魔王」

女武闘家「精神が、肉体を凌駕する、話……」

女戦士「お前はそういう経験ねーのか?ほら、身体がボロボロになっても気合いで何とか動かしてとか」

魔王「わからん、そこまで追い詰められたことが無いのでな」

女戦士「うわ、嫌な奴」

女武闘家「それなのに、この強さ…… ムカツク」

女勇者「面白くない奴、あっち行け!」

魔王「来て早々追い出されるのか…… 押すな押すな」

女僧侶(……皆さんの言うように精神が肉体を凌駕するのであれば私に出来ることはただ一つ)

女僧侶「神への信仰をより強くして、快楽に負けぬ鋼の精神を養うことのみです……」




313: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/10(日) 21:08:37.60 ID:XluS936u0

―――――
―――


女武闘家「はぅっ…… ん、くっ、ふ、うぅ…… んはっ、はっ、あぅ……ん」

女武闘家「あうっ、うぅ…… お、おい…… 胸か、耳か、せめて、どっちかに、んんっ…… しろ」

魔王「んん?両方責められた方が気持ちいいのだろう?」

女武闘家「だ、だから、やめろって、言ってる……!ひぅっ!?」

魔王「気持ち良いのは嫌いか?」

女武闘家「んっ、お前と、やって…… 気持ち良いのは、はうっ、ん、んぅぅ…… き、嫌いだ……」

魔王「強がりを言いおって…… まぁ、望み通りどちらかだけにしてやろう」

女武闘家「あふっ、く、くぅぅっ……!む、胸っ…… 小さい胸が、好きっ、んふぅ、なのかっ、変態!」

魔王「別段小さい乳房が好みというわけではないが」

女武闘家「ふぁっ、あっ、あぁ、あんっ!ち、乳〇、はじくっ、んふぅぅっ!?ふぁ、あぁ…… 弾くなぁ……」

魔王「ふふ、今のように乳房と乳〇を虐めてやれば貴様が可愛い反応を見せるのが好きでな」

女武闘家「はっ、くっ、くふぅっ!ば、馬鹿に、してっ!ひぁっ、あ、ああっ、わ、わかった、あん、あぁぁんっ!!」

魔王「わかった?何がだ?」

女武闘家「魔王…… お前、私の胸、いっぱい、揉んで…… 大きく、しようと、してる…… でしょ?」

女武闘家「んふっ、ふ、ふぅ、ふぅ…… しってるん、だから…… 男は皆、おっきいおっぱいが、好き……」

魔王「そんなつもりは微塵も無いが」

女武闘家「嘘…… 男なんてみんな、あの二人みたいに、でっかい胸が、いいんでしょ……!」

魔王「……百歩譲って世の男が皆そうだとしても、我は違うぞ。乳の大きさに貴賤などあるものか、大きいのにも小さいのにもそれぞれ良さがある」

女武闘家「ひぅっ…… ん、くふっ、し、信じない…… はぁっ、あっ、あうっ!どうせ、男は……!」

魔王「……わかった。そう頑なならば我も真剣に答えよう」

女武闘家「はぁ、はぁ…… 真剣、に……?」

女武闘家(ほんとだ、この目…… すごく、真剣……)




314: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/10(日) 21:25:51.02 ID:XluS936u0

魔王「阿呆なことを言うが黙って聞け……」

女武闘家「……?」

魔王「我が今揉みたいのは大きい乳房でも小さい乳房でもない。貴様の乳を揉みたい」

女武闘家「…………ふふ、ふふふっ、あは、あははは!ま、真面目な顔で、ふふ、なに、言ってるの……?あははっ」

魔王「笑うな、黙って聞けと言うたであろうが」

女武闘家「くふぅっ!?んっ、んっ、んぅっ…… はぁっ、あ、あふぅぅっ!うっ、んひっ!?んふぅううっ……」

女武闘家「ん、あふっ、んくぅ、あ、あんなかおして、そんなこと、はひっ、い、言われたら、笑うって、んひぃぃっ!」

魔王「笑うなと言っておる」

女武闘家「んはぁ、はぁ、はぁ…… あ、明日、みんなに、ひゃふぅぅっ!うっ、うぅ、い、言ってやろ……!」

魔王「くっ、こうなれば徹底的に乳を苛めてくれるわ!」

女武闘家「はひぃぃいいいんっっ!?んひっ、ひぅぅっ…… はぅぅぅうううんん!!!」

女武闘家「あっ、ふぁぁっ、ああああっ!あ、や、やめ、すっ、すうにゃぁ…… ひゃうううっ!?」

魔王「…………」

女武闘家「だ、黙って揉むな!吸うにゃ!?ふぁっ、あっ、ふっ、ふみゃぁああああっ!あはぁんっ、んぐっ、はうぅぅ……っ」

女武闘家「ふっ、ふみゅっ、ふひぃぃいいんっ、んは、は、はひぃぃぃいいいいぃいいい!!!」

女武闘家「あうっ、うっ、うふぅぅううっ…… お、おかしくなる、おかしくなるぅぅうっ、ふっ、ふぅぅうううっ!!」

魔王「構わん、存分におかしくなれ」

女武闘家「あああっ、あっ!も、もぉやめっ、乳〇、とれるっ、とれちゃうかっ、らぁっ、はぁああんっ!!」

女武闘家「ど、どうしてぇ、どうして私の身体、こんな、こんなっ、あっ、ふぁぁっ、はっひぃぃいいんんんっっっ!!!」

女武闘家(あ、あ…… どうしよ…… お、おしっこでちゃった…… と、まらな、なぃぃ……)

魔王「ふ、乳〇で達したか。しかし貴様の乳〇は虐めてやればやるほどに感度が上がっていくな」

女武闘家「んは、は、はぁはぁ…… そ、そんなこと、ない……」

魔王「恍けても無駄だぞ?ほれ、秘所からこんなにも淫蜜が…… む、これは……?」

女武闘家「み、るな……」

魔王「これはこれは、蜜ではなく尿が漏れていたのか」

女武闘家「お、お前が、しつこく乳〇、虐めるから……」

魔王「いや、幾ら乳〇を弄り回したとて尿まで漏らす奴はそうは居らんぞ?どれ……」

女武闘家「んなっ!?お、おしっこなんて、舐めるな!!」

魔王「ふむ、尿の中に淫水の味が混じっておる。矢張り達しておるではないか」

女武闘家「へ、変態!変態変態変態!!」

魔王「事実である。まぁ、そんなことより此処に座れ」

女武闘家「……ただ、座るだけなら、百歩ゆずって、よしとする」

魔王「無論、秘所に我のものを受け入れながらの話である」

女武闘家「変態めぇ…… ん、んぅぅ…… んはぁっ、あ、んく、す、座った……」




315: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/10(日) 21:34:21.44 ID:XluS936u0

女武闘家(くっ、やっぱり、すごくおっきい…… なんでこんなの、私の身体の中、入るの……?)

女武闘家「んふ、で、次は何が、させたいの?変態王……」

魔王「うむ、貴様は只座っているだけでよい。どうせなら可愛い声で啼いてくれれば我は嬉しい」

女武闘家「んひぃっ!?ひぁ、あっ、ああっ、ひぁぁぁあぁああああっっ!!!」

魔王「そうだ、そうやって良い声で啼け」

女武闘家「んはっ、はっ、あはぁっ!ち、乳〇ひっぱりながりゃあ、突くなぁっ!ああぁんっ!」

女武闘家「ふひっ、ひぃぃ…… ふ、深い、深いとこまで、さ、ささってるっ、んぁぁっ、あっ、はぁぁっ……!」

魔王「ふふ、その内貴様の子宮まで届くかもしれんな」

女武闘家「しっ、しきゅうっ!?そ、そんなとこまで、いれちゃっ、やぁっ!あん、あっあっあ、あひぃぃっ!!」

魔王「大丈夫だ、早々子宮まで刺さるものではない」

女武闘家「んぐっ、で、でもぉ、こんなっ、んほぉっ、お、奥まで届いてる…… んっふ、ふぅぅ、きっと、子宮まで、届いちゃうぅぅっっ!!!」

魔王「そうなったらそうなったで子宮でも感じられるようにしてやろう。まず在り得ぬが」

女武闘家「お、おほっ、おぐぅぅっ!だ、だめっ、赤ちゃんが育つところで、感じるなんてっだめっ、だめぇぇええっっ!!!」

魔王「入らんと言っておるのだがな…… まあ良い、精々我のものが子宮に潜り込まぬよう子宮口をしっかり閉じておけ」

女武闘家「んふっ、ふっ、ふくぅぅっ!んぁ、わ、わかった、閉じる、子宮の入り口、閉じるっ、ん、んっ、んんっ!!」

魔王「おぉぉっ!?これでは子宮口と言うより膣全体を閉じようとしておるぞ」

女武闘家「ひぅぅっ!か、感じちゃう、子宮閉めたら魔王の形、感じるっ、私の中にあるの、ハッキリわかっちゃうぅぅんっっ!!」

女武闘家「ふぁぁっ、あっ、う、動いてる、魔王が、私の奥を突いてっ、んぁっ、あっ、奥をこじ開けようと、してっ、んはぁああああっ!!」

魔王「良い声で啼けとは言ったが、説明しろとは言っておらんぞ」

女武闘家「ふみゃぁあああああっ!!?ふ、不意打ち禁止、禁止ぃっ!いきなり乳〇抓るのダメェッ!!」

魔王「我と対峙した時に歓迎の言葉を言ってやっている最中に不意打ちしてきたお前が言うか」

女武闘家「くひぃいいいぃぃんっ!み、耳を不意打ちするのもだめっ、えひっ、ひっ、ひゅぃぃいいいっ!!?」

女武闘家「いっ、いぎっ、む、むねをそんなぐにぐにしゅるなぁっ!あっ、あはぅ、はぁぁんっ、んっはぁぁぁっ……」

魔王「こうやって後ろから揉みしだく為に此処に座らせたのだ。やらねば何の為に座らせたのか」

女武闘家「み、耳かみながら話しゅなぁ…… んんっ、あぁ…… くっ、まただ、またキモチイイのに、ながされてっ、んふぅぅうう!!」

女武闘家「うぅっ、うふぅ……こ、こんな乱暴に胸をもみくちゃにされてっ、お腹の奥ガンガン突かれてぇ、たっ、達してしまふぅぅうんんっ!!」

魔王「ふむ、もう達してしまいそうなのか」

女武闘家「んく、くふぅぅんっ!く、くやしいから、おまえもっ、くふっ、いっしょにぃ、いっ、いへぇぇええええっ!!」

魔王「くぅ、自分から腰を使いよるかっ」

女武闘家「くひっ、ひっ、ひぁぁっ、ああっ!い、いっつも、わたしだけがイクもんかっ、わたしらって、おまえを、イカしぇるくらひいぃぃっ!?」

女武闘家「んひぃ、ひぁっ、あっはぁああんっ!んっ、んんんぅ…… いっ、いけぇぇ、んぐっ、いっでぇぇええええっ!!!」

魔王「おぉっ、何という締め付けだ…… これは返礼をせねばな!」

女武闘家「みっ…… ふみゃあぁぁああぁぁああああっっっ!!!?」




316: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/10(日) 21:47:51.05 ID:XluS936u0

女武闘家「じゅ、じゅるひぃぃいい!ちくびとおく、りょうほうやられたらイクにきまってりゅぅうぅぅううぅぅううう!!!」

魔王「おいおい、乳〇を軽めにしか抓んでおらんぞ?どれ、もう少し強めにしてやるか」

女武闘家「ひぎゅぅぅぅうううっ!!ちくびつねられへまらいぐううううううっ!!!」

女武闘家「んほぉぉぉお!と、とまりゃにゃ、とまりゃにゃい…… いぐのっ、とめらへなひぃぃいいいい!!!」

魔王「止まらぬのか。ならばどこまで絶頂出来るか試してみるも楽しかろう!」

女武闘家「んぎぃぃいいい!!?ちくびいぐぅっ!つぶされていっちゃふうううううううっっっ!!!!!」

魔王「くっ、我も限界だっ…… 子宮で我が精を受け止めよ!」

女武闘家「ふみゃ…… ふみゃっ、みゃぁぁああっ!あ、あついのがはいっへくりゅうぅううううううっっ!!!」

女武闘家「んはぁぁっ!そ、そんなにいっぱいらすなぁ…… は、はいりきるわけっ、なひいぃいいいんんっ!!!」

女武闘家「はぅぅっ!ん、んふぅっ…… ふぅ…… あ、あふれてるからぁ、も、もぉ、らしゅなぁ…………」

魔王「くっ、今はもうこれ以上出せぬよ……」

女武闘家「ん、はぁ、はぁ、はぁはぁ…… わ、わたしは、まけて、なひぃ……」

魔王「ん?何の話だ?」

女武闘家「わ、わたしは、おまえのものしか、せめられないのに…… おまえは、みみとかっ、むね、ちくびまで、せめられるからぁ…… ず、ずるい」

女武闘家「だ、からっ、わたしは、まけて、ない…………」

魔王「全く、何故勝ち負けの話になっているのやら…… まぁ、貴様が負けておらぬと言うのなら勝負はまだ続いているということであるな?」

女武闘家「ふえ……?」

魔王「貴様が負けを認めるまで何度でも絶頂させてやろう。覚悟は良いな――――」

―――
――





319: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/11(月) 23:03:22.22 ID:TYYZhEuZ0

女武闘家「――――じー……」

女僧侶「ど、どこ見てるんですか……?」

女魔法使い「そのでっかい胸じゃない?」

女戦士「また無い物ねだりか?やめとけやめとけ、こんなもん重くて邪魔なだけだぜ?」

女勇者「もー、そーやってまたからかおうとするー!」

女武闘家「……そう、大きいと、それはそれで違う悩みがある」

女戦士「……ん?」

女武闘家「小さいなら小さいなりに、悪いこともある、けど、良いこともある……」

女魔法使い「……大丈夫?なんか変なもの食べたんじゃない?」

女僧侶「変なもの……? 昨日の夕飯に何か入ってたんですか!?」

女勇者「えぇっ!?今更夕飯に薬を盛ったの!?そうか、最初は油断させておいて…… くそっ!」

女魔法使い「あー違う違う、ものの例えだから。夕飯に何か入ってたなら私らみんなおかしくなってるから」

女戦士「で、冗談さておき急にどうしたよ?いつものお前ならもっとこうわーっと」

女武闘家「別に、ただ、そういう小さいことにこだわっていては、高みにはいけないと…… 気付いただけ」

女魔法使い「あー、これ魔王になんか吹き込まれたわね」

女勇者「だね」

女僧侶「い、いけません!あのような者の甘言に惑わされては!」

女武闘家「しかし、敵の言葉と言えど、己の糧となるのなら…… 受け入れる度量も、必要では?」

女僧侶「そ、それは…… そうかもしれません」

女魔法使い「まぁ、本人が納得してるならいいんじゃない?」

魔王「うむ、我が妃たちよ。良い朝だな」

女勇者「あ、魔王」

女武闘家「いいところに、来た…… 私の小ささを活かした、修練がしたい。速い魔物、呼んで……」

女武闘家「お、いいなソレ。俺にもやらせろよ」

魔王「構わんが、偶には我も談笑の輪に…… 押すな押すな」

女武闘家「あ、そうだ…… ねぇ、皆聞いて」

女勇者「なに?」

女武闘家「魔王は、おっぱいならどんな大きさでも、好きだって、真顔で言ってた」

女魔法使い「ああ、男なんてみんなそんなもんよ」

女僧侶「馬鹿みたいですよね」

女武闘家「あれ……?思ってたのと、違う……」

魔王「どうした?行くのであろう?」

女武闘家「あ、うん…… くっ、大きさゆえの、余裕か……」

女勇者「修練場使えるようになってからあの二人元気になったね」

女魔法使い「体育会系だからねー、体動かせたら楽しいのよ」

女僧侶「いいですね…… 私も何か……」

女魔法使い「だったら魔王の書庫借りれば?あそこアホほど本あるわよ。レシピ本とかもあるんじゃない?」

女勇者「いいねそれ、僕も行きたい!」




321: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/12(火) 21:00:37.27 ID:a+knllUp0

女戦士「――――で、例のアレの解析はどこまで進んでんだよ」

女魔法使い「んー、それなりよ」

女勇者「いや、それじゃどれくらいかわかんないよ」

女魔法使い「まぁ、そうよね…… とりあえずまだ時間がかかりそうってところ」

女僧侶「まだ、ですか……?」

女魔法使い「しょうがないでしょー、こちとら未知の領域に首突っ込んでるんだから」

女戦士「おいおい、そいつぁ天才魔法使いと呼ばれたお前らしくないセリフだな?」

女武闘家「貴女にも、未知の領域が、あったの……?」

女魔法使い「そうよー、自分でもびっくりしてるんだから。今一番時間かかってるのは行動制御のところね」

女勇者「どこがどう大変なの?」

女魔法使い「そうねぇ…… ちょっと、そこのコップ取ってくれる?」

女勇者「? のどかわいたの?」

女魔法使い「ありがと。で、突然ですが質問です。アンタ、このコップ取る時何を意識してた?」

女勇者「何って…… のどかわいたのかなーとか、こぼさないようにしなきゃとか」

女魔法使い「そうでしょうね。腕をどれくらい伸ばすとかこぼさないようにバランスを取るためにどの筋肉を使うかなんて考えないわよね」

女勇者「う、うん」

女僧侶「つまり、どういうことです?」

女魔法使い「普通何かしらの行動するときは基本無意識に多くの筋肉を動かしてるって話」

女魔法使い「だから束縛系の魔法術も基本おおざっぱに腕を動かすなって命令を体に無理やり聞かせてるんだけど……」

女武闘家「これは、違うの……?」

女魔法使い「そう。レガリアの行動制御はありとあらゆる筋肉の動きを事細かに制御するようになってんの!」

女魔法使い「普通さぁ、相手に魔術印を結ばせない魔法術って腕の動き全体を止めるとかこだわっても指全体の動きの制御じゃない?」

女魔法使い「でもレガリアは特定の印だけを結ばせないくらい指の動きを細かく制御するのよ?馬鹿じゃない?やり過ぎよ!」

女魔法使い「で、そういう細かい動きすべてを制御するからには当然術式や法式の数も莫大なものになるわけでそれを解除するには莫大な数の対抗式が必要になるわけで!!」

女魔法使い「ショージキ言って、やってらんないわよこれ?この前もらった第二順文に行動制御の一例は載ってたけどそれじゃ全然足りないし」

女魔法使い「それでも何とか術式の一文を引っ張り出して歯抜けになってる所に他の一文を例にしながらなんとか打ちこんでどういう動きに関わる式なのか読み説いて」

女魔法使い「読み解いたら読み説いたで次はその式を打ち消す対抗式を考えなくちゃならないのよ!?はー、ほんと時間かかる……」

女勇者「な、何か手伝えることある……?」

女魔法使い「あるならとっくに手伝わせてるわよ」

女勇者「そ、そうですか……」

従者B「入ってもよろしいでしょうか?」

女戦士「おう、いいぞ」

従者B「では、失礼します」

従者C「失礼します。お茶が入りました」

側用人「本日のお茶受けはガダボンですぞ」

女勇者「わー、おいしそー!僕ガダボン好きー!」

女僧侶「ありがとうございます。でも、お茶くらいでしたら私たちで淹れますので」

従者B「いえ、これが私どもの契約内容ですので、やらねば消滅してしまいます」

女戦士「大変だなー、お前らも」

女武闘家「ん、ガダボン甘い……」

女魔法使い「ごちそーさま、糖分補給も出来たし続きしてくるわ」

女勇者「が、頑張ってね!」

女魔法使い「はいはい、期待しないで待っててねー」




322: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/12(火) 21:32:58.71 ID:a+knllUp0

従者B「それでは失礼させて頂きます。食器等はそのまま置いておいてください」

従者C「それでは」

側用人「失礼しました……」

女勇者「……行った?」

女武闘家「行った……」

女戦士「しっかし、レガリアの解析は難航中ってか」

女僧侶「そうですね…… それにさっきは仰ってませんでしたがレガリアにはまだ魔力制御やこちらの思考を読み取る機能があるはずです」

女勇者「さっき言わなかったってことは、多分……」

女武闘家「先は、長い……」

女戦士「ま、サボってるわけじゃないってことが分かっただけでも十分だ」

女武闘家「そう……」

女僧侶「? どちらか行かれるのですか?」

女戦士「修練場だよ、修練場」

女武闘家「いつか、彼女がレガリアを解析し終わった時…… 確実に、魔王を倒せるように…… 今よりもっと強くならないと」

女勇者「そうだね、僕も行くよ」

女僧侶「わ、私も行きます!」

側用人「…………」

従者B「ほら、行きますよ」

側用人「お、おう……」

―――
――


側用人「魔王様……!魔王様!!」

魔王「……何だ?」

側用人「実は、勇者共のことで、お耳に入れておきたいことが……!」

魔王「……はぁ」

側用人「ぐげぇっ!?ま、まお…さまぁ…… なにをぉ……」

魔王「申し渡した筈だ。勇者共の行動の仔細、一切報告不要とな」

側用人「おぐっ……」

魔王「一体奴らが何を企みどんな手を仕掛けてくるのか…… それが我の数少ない楽しみの一つなのだ。わかるな?」

側用人「か、かはっ……」

魔王「それを貴様は我が言葉を忘れ、しかも我に気に入られようと擦り寄る下衆な性根を見せ……!」

側用人「ブクブクブク・・・・・」

魔王「ま、そうやって感情に任せて部下を殺すのも阿呆らしいので直近の記憶を無くさせるだけで済ませてやる」

側用人「――――」

魔王「待てよ……?確か勇者共の小間使いには言ったが、貴様には言ってなかったような…… まぁいいか」

―――
――


側用人「……はっ!?」

従者C「きゃっ、急に大きな声出さないでくださいな」

側用人「あ、ああ、済まぬ…… はて、私は何をしようとしていたのか……」

従者C「さあ?」

側用人「……そうだ!勇者共にお茶受けを!」

従者B「それはもうやったでしょ!」




326: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/13(水) 22:55:40.44 ID:JrFaSXSE0

―――――
―――


女勇者「んっ、んちゅ…… あふっ、んふぅぅっ…… はっ、あむ…… れる、んむぅぅ…… んはっ……」

魔王「どうした?」

女勇者「ぷぁっ、ふぅ、ふぅ…… も、もう、立ってらんなくて……」

魔王「また口吸いだけで腰砕けになったか、相変わらず貴様は敏感で面白いな」

女勇者「おもしろい……?ねぇ、馬鹿にしてる……?」

魔王「違うな。可愛いと思っている」

女勇者「か、かわいい言うな!」

魔王「可愛いものを可愛いと言うなとは、ではどう言えばいいのだ」

女勇者「あう…… それは、その、どう言えば…… いいのかな?」

魔王「うむ、矢張り可愛いぞ」

女勇者「う、うるさーい!」

魔王「はっはっは…… さて、立って居られぬと言うので寝具の上まで連れてきてやったぞ?」

女勇者「ありがと。じゃ、僕はこのまま寝るから部屋に戻っていいよ。しっしっ」

魔王「そうつれないことを言うな…… どうだ、口でしてくれぬか?それなら寝転びながらでも出来よう?」

女勇者「えー……」

魔王「…………」

女勇者「わかったよ、やればいいんでしょ?やれば……」

魔王「うむ」




327: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/13(水) 23:11:35.12 ID:JrFaSXSE0

女勇者「んしょ…… うわぁ、やっぱりでっかいなコレ……」

魔王「おい、どっちを向いている」

女勇者「どっちって…… ああ、そういうこと…… 変態め」

魔王「ふむ、絶景かな絶景かな……」

女勇者「絶景って…… こっちはすっごく恥ずかしいんだからな!」

魔王「何度も見られているというのにまだ慣れぬのか」

女勇者「だ、だって男の上で、こんな風に足を大きく開いて、見せつけるなんて…… って何言わせるのさ!!?」

魔王「自分で勝手に喋っておいて何故我が怒鳴られるのだ…… まぁ良い、そろそろ始めてもらおうか」

女勇者「くっ…… いつか絶対倒してやる……!あむ、んちゅっ、んむぅぅ…… ちゅぷっ、ちゅるる……」

女勇者「んふぅぅん、んっ、れろ、れろれろっ…… ちゅずっ、んちゅう…… ぷぁっ、あむ、んむぅ……」

魔王「しかし、只見ているだけというのもな…… どれ」

女勇者「んひゃあっ!?」

魔王「どうした?続けろ」

女勇者「つ、続けろって、じゃあ邪魔するなよ!」

魔王「いい加減これぐらい耐えて見せろ。貴様の仲間たちは全員ちゃんとやっとるぞ?」

女勇者「そんなの人それぞれでしょ?皆ができるからって僕もできるとは限らないんだからさぁ、まったく…… あむ」

女勇者「んっ、れろれろっ、れろぉ…… んふ、んちゅっ、ちゅちゅっ、んふぅ…… んひぃぃっ!?」

魔王「いちいち中断するな。耐えろ」

女勇者「ふっ、くぅぅ…… くそっ、なんで邪魔されてまで続けなきゃいけないんだよ…… れろっ、ちゅる、ちゅぱぱ……」

女勇者「ぬる、じゅる、れるっ、れろれろっ…… はひぃんっ!だ、だから邪魔するなぁ!あ、あうんっ、んくぅぅ……っ!」

魔王「ふふ、貴様は虐めるのは楽しいな」

女勇者「こんにゃろぉ……!こうなったらちょっかい出せないくらいにぃぃんっ!?ふぁぁっ、あ、あっ、あっ、はぁぁんっ!!」

女勇者「あっ、ふぁっ、ひ、ひぎぃぃっ!ゆ、ゆびまでいれっ、んぁっ、はきゅっ……んっ!ふぁ、あひっ、ひゃぁぁあああっ!!」

女勇者「んふぁああっ!ひぁっ、あ、クリ舐めながら、指入れるのっ、だめっ!だめだめ、だめへぇぇええっっっ!!!」

女勇者「あひぅ、ひっ、だ、だめって言ってるのに、はぅぅっ!き、きてるっ、指が、お、奥まれきてっ、きてるぅぅううっ!!」

女勇者「あっ、あっあっあっ、あああっ!イッ、イカされりゅっ、ゆびじゅぽじゅぽされへぇ、イグッ、イグイグイグゥッ!あひぃぃいいぃいいいいいい!!!!」」

魔王「全く、また一人で先に達してしまいおって……」

女勇者「んはぁ、はっ、あぁ…… ぼ、妨害しておいて…… そ、そんなこと言う……?だったら、さぁ…… んく、はぁはぁ……」

魔王「文句を言っておらんと早よ続きをせぬか」

女勇者「んひゃああっ!!?んふっ、ふっ、ふぅぅっ…… ひぅぅっ!ま、まだつづけろっ、ての…… んひっ」

魔王「そう言うとろうが」

女勇者「はぅぅ……っ!むり、もぉむりぃっ!んはっ、はっ、もうやだ、やぁだぁ、はなしてよぉ…… ひゃあんっ!?」

魔王「嫌なら逃げればよかろう。我が腕には振り解ける程度の力しか入れておらんぞ?」

女勇者「んっ、んっ、あっ、できないの、わかってるくせにぃ……!あふっ、ふぁ、あぅぅうん、ふぅぅんんっ!!」

魔王「……仕方ない、こうするか」




328: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/13(水) 23:32:28.23 ID:JrFaSXSE0

女勇者「おぶぅぅううっ!?んっ、うっうぅん、ふぅぅっ、おぐぅ……!」」

魔王「貴様はそうやって喉奥まで我のものを咥えているだけでもう良い」

女勇者「んじゅるるぅぅぅううっ、おぶっ、んぐぅ、んもぐっ、ん、んんん〜〜〜〜っっ!!!?」

魔王「うむ、秘所を愛撫してやれば貴様の身体が反応し、我のものを刺激してくる…… 良いぞ」

女勇者「えふっ、えぶぅっ!んご、んごごっ、んぼぉぉぅ!んむぅぅぅうううんっっ!!」

魔王「うぐっ、いいぞ…… 漸く我のものも昂ぶってきただ」

女勇者「えぅっ、げぶっ、うぇぶぶうううっ、んぐっ、うぎゅぅうううううっ!?」

女勇者(あ、頭掴まれてっ、喉の奥ガンガン突かれてるっ!僕の口と喉、オマ〇コみたいにされてるぅっ!)

女勇者「んぶっ!じゅぼっ、じゅるっ、じゅりゅりゅ…… じゅぽっ、じゅぷっ、じゅぷぷ、じゅぷっ、ひぎゅっ!じゅぷぷぅぅっ!!」

女勇者(なんでっ!?魔王のチ〇ポが、喉の奥までゴリゴリしてきて、ぐるじいのにっ、ぐるじいのになんでぇ……!)

女勇者「えうっ、じゅぶぶぶっ!げぼっ、じゅぽぽぽっ、おぶっ、お、じゅぱっ、じゅるる、じゅぼぼぼぉ!ンギュゥゥウウウッッ!!!!」

女勇者(なんで、おなかのおく、キュンキュンしてるのぉっ!?)

魔王「む、喉を犯されて達したのか?どこまで敏感なのだ貴様は」

女勇者「じゅぱっ、じゅぱっ、じゅぶぶぶっ、おぐっ、おっ、ぐぶっ、ばちゅっ、ばちゅんっ!んむぶぅぅっ!!?」

魔王「くっ、出すぞ!直接胃袋に注ぎ込んでやる……!」

女勇者「んぶぅぅううううううう!!?おぐっ、んごぉぉおあああぁあああ!!!」

魔王「まだだ、まだ終わらんよ……!」

女勇者「おぼぉぉおおおおお!?おっ、ご、ごぼっ、ぼぐぅぅううううううううっっ!!!」

女勇者「んぶっ、んごぉ、ごくっ、ごくっごくっごくっ…… んぶぁ、おご、ごっごっごっ……!んぎゅぅぅうう!!」

魔王「おおう、美味そうに飲み込みよって……」

女勇者「うっ、うぇえええ…… げぼっ、げっほっげっほ…… んぐっ、んへぇぇぇ……」

女勇者「えへっ、けへけへ…… げほっ、し、しぬかと、おもっ、たぁぁ…………」

魔王「そうか、死にそうな程に気持ち良かったと」

女勇者「ほ、ほんとに、しにそうだったんだよっ…… はぁ、ほんともうむり…… ちからはいんない、もうおわり、おわり……」

魔王「貴様は何度も達しているからそれで満足であろうが、我はまだ一度だけなのだが」

女勇者「それはぁ、お前が勝手にそうさせたことだろぉ……!あー、ほんともぉムリ、体動かない……」

魔王「案ずるな、我が動かせてやる」

女勇者「そ、そういうことじゃないからぁ…… もう休ませてよぉ……」

魔王「何を言っておる、貴様の秘所も我のものを挿れて欲しくて堪らぬと哭いておるぞ?」

女勇者「そんなわけないじゃーん…… うぅ、またこんな動物みたいな恰好で……」




329: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/13(水) 23:55:23.24 ID:JrFaSXSE0

魔王「貴様もこの体位が好きであろう?おい、もう少し尻を上げてくれ」

女勇者「だからぁ、力入んないんだって……」

魔王「仕方ない、持ち上げてやるか」

女勇者「おごぉぉおおっ!?お、おぉぉっ…… だ、だめぇ…… そのおしりのつかみかた、だめぇ……」

魔王「どんな掴み方なのか、上手く説明出来たら止めてやろう」

女勇者「ほ、ほんとぉ……?んぐっ、はっ、はぁ、お、おしりのあなに、りょ、りょうほうのおやゆび、つっこまれてぇ…… えひっ」

女勇者「の、のこったゆびで、おしりのおにく、わしづかみにぃっ!んひっ、さ、されてるのぉぉ…… お、おほぅっ!?」

魔王「上手く説明出来たな。褒美にこのまま犯してやろう」

女勇者「や、やっぱりやめないじゃ、んひぃぃぃいっ!!?あっ、ああ、あああっ……!ひぃぃっ、イクッ……!!」

魔王「くくく、もう達したのか。膣肉もそうだが肛肉も我の指を喰い締めてくるぞ」

女勇者「そ、そんなのっ、あぅっ、あ、ああっ!だめぇっ!そんな奥まで…… ゆ、ゆびもっ、んくっ、んっ、うぅんっ……」

女勇者(あうっ、魔王の腰が、打ち付けられるとっ、指がおしりの穴擦ってぇ…… オマ〇コとおしり、一緒に犯されてっ!)

女勇者「んぁっ、あ、ああっ!届いてっ、奥まで届いてるっ、魔王のチ〇ポが、僕の奥までぇっ!あぁん、イイッ、いいよぉ……っ!!」

魔王「っと、そう言えば先程もう終わりにすると言っていたな?ここらでやめるか」

女勇者「ひぅぅうっ!や、やめちゃだめぇっ!キモチイイのつづけるの、つづけるのぉっ、おぉうっ!お、おぉぉっ!」

魔王「やっと素直になりおったか。最初からそう言えば良いものを……」

女勇者「い、言えるかぁっ!ぼくはっ、ゆうしゃで、おまえは、まおうっ!!だから、いえるわけ、ないれしょっ、おっ、おふぅぅんっ!!

魔王「普段はそうかもしれん。だがな、今此処にいるのは只の男と女だ。そうであろう?」

女勇者「んっ、くぅぅうっ!ただの、おとことっ、おんなぁ……?あっ、あう!ふぁぁっあっ、ひぁああああっ!!」

魔王「そうだ、お互いの立場など詰まらんものに囚われるな。こうしている間はただ快楽のことだけ考えればよいのだ」

女勇者「そ、そんあこと、いわれたっへ、はぁ、あぅぅっ!はふぅ、うはぁっ、あああああああああああああっ!」

魔王「ならばもう何も考えるな、我に与えらるる悦楽を只管に感じておれば良い」

女勇者「かんじて、あっ、ふぁあっ、あはああああっ!!はひぃっ、イイッ、キモチイイッ!ち〇ぽずぽずぽキモチイイ〜〜〜〜〜〜〜!!!」

魔王「そう、今この瞬間だけは身も心も我に捧げるがよい――――」

―――
――






330: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/14(木) 23:43:56.46 ID:sH95p9FL0

女勇者(――――お互いの立場に囚われるな?そんなことできるわけないじゃん)

女勇者(僕たちは神の御子で、アイツは魔王で…… あ、魔王がくれたこのお菓子おいし……)

女勇者「……てゆーか、僕たち魔王と和気藹々し過ぎじゃない!?」

女戦士「び、びっくりしたぁ!!急に叫ぶなよ!?まぁ、その通り、だな……」

女武闘家「……うん」

女僧侶「そ、そうですよ!おかしいですよ!?」

女魔法使い「まー、いいんじゃない?ずっとピリピリと気を張り詰めてるよりリラックスできてた方が」

女戦士「なんだと?」

女魔法使い「実際気楽でしょ今?大事なのは芯がブレていないか…… 魔王と仲良くなりたいって人いる?」

女武闘家「なりたく、ない……」

女僧侶「私もです」

女魔法使い「そ、それでいいの。ずっと気を張ってちゃ返って疲れて心が折れやすくなるものよ。魔王と仲良くなったフリするのも作戦の内ってね」

女勇者「……そっか、それもそうだね」

女戦士「ま、初心忘るるべからずって奴だな。おい、魔王の妃にさせられたときのアレ、もっかい言ってみろよ、ん?」

女勇者「えー、恥ずかしいな…… うぅん!」

女勇者「……多分、これからも辛いことだらけだけど皆心を強く持って。いつか来るチャンスを待つんだ」

女戦士「やるのかよ!?」

女勇者「あの時、最終魔法を使う覚悟を決めた時点で僕たちはもう死んでいる。でも、僕たちだけが死ぬわけじゃない」

女魔法使い「はいはい、魔王も道連れね」

女武闘家「アイツに世界を好き勝手なんて…… させない」

女僧侶「この世界のために…… 覚悟はできています」

女戦士「うわー、恥ずかしー……」

魔王「……何やら楽しそうな声が聞こえたが、何をしているのだ?」

女勇者「きゃ、きゃーーーっ!?女同士の話なんだから入って来ないでよ!!」

魔王「ん?ああ、そうなのか?それは済まなかった…… って、ええい!自分で出ていく!押すな押すな!!」

女戦士「……和気藹々の筆頭ってアイツの気がする」

女僧侶「ですね……」

女魔法使い「あれが魔王を倒す勇者だってんだから……」

女武闘家「私たちが、しっかりしないと……」




332: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/15(金) 20:07:41.93 ID:HvNVmMON0

―――――
―――


龍の姫「――――ま、魔王様……」

魔王「また来てやったぞ。嬉しいか?」

龍の姫「は、はい!嬉しゅうございます!」

魔王「ふ、言わずとも自ら尻を差し出すか…… 蜥蜴風情が少しは賢くなったようだな」

龍の姫「は、はい…… 魔王様に徹底的に躾けていただきましたので、物覚えの悪い私でもこれぐらいのことは出来るようになりました」

魔王「ふん…… む、貴様もう濡らしているではないか!自慰をしていたのか!」

龍の姫「はひぃぃっ!?い、いえ!そのようなことはっ、あひぃんっ!!」

魔王「嘘をつくな!濡れていない秘所を貫かれる痛みが嫌で頃合いを見計らって浅ましく自慰をしたのだろうが!!」

龍の姫「ひぎぃっ!ち、違います!違うんです魔王様ぁ!!はひぃぃいいんっ!!!」

魔王「ほう、性処理玩具の分際で口応えか?一応聞いてやる、何が違うと言うのだ?」

龍の姫「は、はい、お言いつけ通り、自慰はしておりませ、ん……」

魔王「それはおかしいと言っておる。勝手に濡れたとでも言うか?」

龍の姫「そ、その通りで、す、魔王様がっ、そろそろ来られる、また虐めてもらえるっ、と、思っていたら、勝手に……」

魔王「ふは、ふははははっ!何と浅ましいのだこの蜥蜴は!我に犯されるのが楽しみで濡れたとな?何とも可愛らしく、何とも淫らなことではないか!!」

龍の姫「か、かわいらしい!?」

魔王「ん?どうした、初めて見る顔をしておるぞ?」

龍の姫「あ、いえ、その、あの……」

魔王「貴様、畜生にも劣る身分で在りながら我に隠し事をしようとしているな?そんなことは許されぬ。包み隠さず話せ」

龍の姫「うぅ…… わかりました…… じ、実は私、凛々しいや美しいなどと言われたことはあるのですが……」

魔王「ふむ、それで?」

龍の姫「りゅ、龍の一族だったからでしょうか、その、かわいい…… と、言われたことがなくてですね……」

魔王「ははぁ、それでそのような可愛い照れ顔を」

龍の姫「ま、またかわいいって、お、お戯れを……」

魔王「くく、貴様にそのような一面があったとはな。たった一言可愛いと言われただけで耳まで真っ赤にしよって……」

龍の姫「あう…… そ、そんなこと……」

魔王「尻を叩かれただけで秘所を浅ましく濡らす様も、恥ずかしいと感じながらも嬉しくてまた秘所を濡らす様も可愛いと感じるな」

龍の姫「お、おやめください…… 恥ずかし過ぎて、死んでしまいそうです……」

魔王「ふっ、あれ程殺してくれと言っておきながら今更死ぬのが怖いのか?」

龍の姫「はい、あの時の私ならともかく、魔王様に抱かれる悦びを知ってしまった今の私は…… ただ」

魔王「ただ?」

龍の姫「魔王様に抱かれてる最中に狂い死ぬのであれば…… それは本望です」

魔王「くははははっ!阿呆が居る、此処に本物の阿呆が居るわ!あほの子可愛いとはこういう感覚か?」

龍の姫「さ、さぁ……?」




333: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/15(金) 21:39:47.09 ID:HvNVmMON0

魔王「ま、そんなことはどうでも良いか。さて、もう濡れているなら我も腰を動かしやすいしな。挿れるぞ」

龍の姫「んくぅぅううう〜〜〜〜〜!!んぁっ、あはぁ…… い、いつもより、大きい…… いぃっ」

魔王「なに、余りに貴様の反応が可愛いのでな」

龍の姫「はぁぁ…… 来てます、奥まで来てますぅ…… 魔王様の、逞しいのがぁぁ……!あぐっ、うぅぅうっ!!」

魔王「しかし、我が前で嬉々として糞尿を垂らす程恥も外聞も捨てた筈の貴様が今更羞恥に身悶えるとはな……!」

龍の姫「あひぃぃぃいいっ、ひぎぃぃいいいぃいいっ!!あぐぅ、うぐっ、ふぐぅぅうううう!!」

龍の姫「いっ、いいっ!気持ちいいですぅううっ!ずぼずぼ、ずぼずぼぉっ、太くて硬いオチ〇ポにずぼずぼオマ〇コ掻き回されて、きもちいいのぉっ!!」

魔王「くはっ、貴様も何時もより感じておるではないか。お互い昂ぶっているようだ」

龍の姫「それはぁぁあああああはぁあああっ!!魔王様がっ、かわいいなんて言うから、そんなこというからぁあああっっ!!」

龍の姫「ふぁぁっ、あぁっ、私のオマ〇コ、いつもより悦んじゃってますぅっ!んひっ、ひああっ、はぐぅぅううう!!!」

魔王「ほう、我が原因であると?」

龍の姫「ち、違いますっ、んはっ、はっ、かわいいって、言われて、私が淫乱な、ああっ!売女だからぁ、んふ、勝手に発情しただけでしゅうっ!」

龍の姫「んはぁっ、はぁあああああっ!?ああっ、ガンガン来てますっ、魔王様のオチ〇ポガンガン来てっ、ひぁああっ!!」

龍の姫「うぐっ、ふぐぅうんっ!奥までゴリゴリ擦られてるぅっ……!私のオマ〇コ、ガツガツって、耕されちゃってますぅ!!」

龍の姫「ひゃひぃぃいいぃいい〜〜〜〜〜っっ!!!もっと、もっとぉっ!もっと激しく突いてください魔王様ァァアアッ!!!」

魔王「淫売めっ、玩具の分際で我に強請りおるか!」

龍の姫「んほぉぉっ、おおっ!?も、申し訳っ、ありま、せん!でもぉっ、かわいいなんて言われて、オマ〇コすっごくっ、ほ、欲しがって…… はううっ!!」

龍の姫「もぉ、私、龍なんかじゃ、ありませぇんっ!ただの女っ、いえ、メスです!畜生です、精処理玩具ですぅぅっ、あひっ、ひゃああああああっ!!!」

魔王「そうだ、貴様は生き物の範疇ですらない。使われるだけ使われて捨てられる塵屑同然の存在だ!」

龍の姫「くはぁあああんっ、あっ、はぁあああああっっ!!!そ、それでかまいませっ、んぁっ、ふぎゅうううう!!?」

龍の姫「ですから…… ですからっ、魔王様のオチ〇ポ、いっぱいじゅぽじゅぽしてぇえ!!はぅん、いっ、いい、オチ〇ポイイ〜〜〜ッ!!」

魔王「そうか、逸物が好きか。流石は売女、我のものに膣襞が吸い付いて離そうとせぬわ!」

龍の姫「ひぎゅうううっ!ま、魔王様のオチ〇ポ美味しくてぇっ、離したくないんですっ、突っ込まれたら、もう二度とぉ……!!」

龍の姫「魔王様の逞しくて素敵なオチ〇ポォ、もっと奥まで、ゴリゴリしてほしくてぇ……!あはぁん、オマ〇コ喰い付いちゃうんですうううっ!!!」

魔王「くくく、そんなに逸物が好きなら今度は我以外のものを馳走してやろう。一つや二つではないぞ?ん?」

龍の姫「いやぁぁあっ!いやですっ!魔王様以外のオチ〇ポなんて、いやですぅうっ!!」

魔王「なんだとっ!奴隷以下の存在で在りながら我の意向に反抗する気かぁ!!」

龍の姫「あひぃいいいいいいいい!!?ご、ごめんなさっ、ごべんなさいいぃぃいいっ!!でも、でもでも、やっぱり魔王様以外となんてぇっ!!」

魔王「くははっ、何だ?貴様に度重なる屈辱を味わわせ、殺しても殺し足りぬ程に憎らしい我を好きだとでも言うのか?」

龍の姫「は、はひぃぃっ!お、お慕いしておりますっ、愛しております!魔王様っ、あっ、あふぅ、うぎゅぅぅうううううんんん!!!」

魔王「ふはははははっ!なんと愚かな、誇り高き龍が下衆と罵った男を愛しているだと!?そこまで快楽に堕ちたのか、可愛い奴め!!」

龍の姫「んぎぃぃいっ、ひぎっ、ぎひゅうううううう!!んぐっ、ま、またかわいいっへ、えひっ、ふぉお、おっおごぉぉおおんっっっ!!!」

龍の姫「おほぉぅ、お、オマ〇コキモチイイッ!イイィィッ!!かわいいって、いわれへ、またキュンキュンしちゃっへるのぉおおおおおっ、ほぉぉおおっ!!」

龍の姫「いいれすっ、オマ〇コの肉、ぐちゃぐちゃになるっ、オチ〇ポにじゅぼじゅぼされへぇ…… ひぐっ、オマ〇コこわれちゃふぅうう!!!」

魔王「なに、壊れるだと?それはいかん、今すぐ止めねば……」

龍の姫「ひやぁぁん!いじわるっ、しないれください、こわしてっ、オマ〇コ魔王様のオチ〇ポでぇ、突き壊してぇぇええっ!!!」

魔王「壊れてもいいと言うのだな。ならば遠慮はせんぞ!」

龍の姫「んひっ、あ、あひっ、ふぎぃぃっ!ああっ、こわして、こわしてくださっ、あうxっ、あ、ああっ、ザー〇ン、わたしのなかに、そそいでぇええ〜〜〜!!!」

魔王「はっ、精液まで強請るか!まぁ良い、今宵は特別に貴様の望み通りにくれてやろう!受け取れっ!!」

龍の姫「あっ、あっあっあっ、あああああ〜〜〜〜〜〜!!!だして、だしていただけるんですねっ、魔王様のザー〇ンが、わたしのなかに、く、くるっ、くりゅぅううう!!!!」

龍の姫「いっ、ひゃ、ひゃぁぁあぁああああああああぁぁああ!!!!す、すごひぃいっ、おにゃかのなか、まおうしゃまのざーめんでっ、ひぎっ、いっぱぁああ…… ふぁああっ」

魔王「おいおいどうした?貴様が欲しがっていた精液だぞ?零してどうする」

龍の姫「ご、ごめんなしゃ……い…… わたらひのま〇こじゃ、うけとめきれないりょうれしたぁ…… ふぁ、ああ…………」




334: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/15(金) 22:25:37.07 ID:HvNVmMON0

魔王「まぁ良いわ。これで満足か、龍の姫君よ」

龍の姫「んひ、ひぃ、ひぃひぃ…… くは、は、は…… はい」

魔王「歯切れが悪いな、何が言いたい?」

龍の姫「い、いえ…… これいじょ、まお、さまに…… んふ、おねだりなどぉ……」

魔王「許可する。言ってみろ」

龍の姫「よ、よろしいのですか……!で、では、このくそをひりだすだけれ、いっへしまう…… がばがばのけちゅあなにっ、お、おじひを……」

魔王「やはりあの程度では満足できんか、この淫乱蜥蜴めがっ!!」

龍の姫「おほぉおおおおおおおおおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」

龍の姫「あっ、あぐっ、あぐぅぅう…… おしりぃ、い、いっきにおくまれぇえ……!はひっ、ひっ、ひぁぁっ」

龍の姫「んひっ、ひぃぃ……!あつぅい、まおうさまのおち〇ぽぉ、あつくて、おしり、やけますぅううう……」

魔王「貴様の肛内もなかなかの熱さだぞ?我の方こそ火傷してしまいそうだ」

龍の姫「はぐっ、ぐっ、くぅぅううん!!んぎゅっ、あっ、あがっ、あがぁぁあああああっっっ!!!」

龍の姫「ああっ、いっ、いい!けつあなきもひいいっ!!けつあなじゅぼじゅぼ、きもひぃぃれすまおうしゃまぁあああ!!」

龍の姫「おごっ、おほぉぉおおっ、おぉん!おひっ、ひ、ひもちよすぎれぇ、あひっ、わらし、もぉっ、しんじゃい、そうれすぅ……!

魔王「この程度で死にそうだと言うのか?今からより激しく抱いてやろうというのに」

龍の姫「んほぉぉおおおおっ!!?しりあなのおくっ、ごりごりぃ!あさいところ、ぐりゅぐりゅされてるぅっ!!」

龍の姫「ふぎゅっ、ふぎ、ふぎぃっ…… んはぁっ、あ、あおおおおおおおおおおぉぉぉんっっ!!」

魔王「もっとだ、もっと激しくしてやるぞ!初めて尻穴を犯した時のように裂けて血が出るまでなぁ!!」

龍の姫「はぎぃぃいいいっ、ぎっ、ぎひぃいいいいいっ!!!お、おながいしますっ、いたいのがっ、きもちいいんですうう!!」

龍の姫「だからぁ、んぐっ、しりあなっ、ずぼずぼしてぇ!にどととじなくなるぐらい、はげしくっしてぇえええっっっ!!!!」

龍の姫「はぁあっ、あ、あんっ、あぁん!しりあなきもちいのがっ、おま〇こに、あたまにまでひびいてぇっ!んひゃああっ!!!」

龍の姫「あぁん、し、しあわせれすぅ!まおうしゃまに、おま〇ことしりあな、どっちもどうぐみたいにつかわれへぇ、きもひひぃぃいいいんっl!」

魔王「最早気狂いの有様よの…… どれ、そろそろ尻孔に我の精が欲しいか?」

龍の姫「は、はひぃっ!くらしゃいっ、まおうしゃまのじゃーめん、しりあなからくちまでとどくぐらい、たっぷりだしれくらはぁぁい!!!」

魔王「ならばくれてやる!しっかりと菊門を締め上げろよ!!」

龍の姫「はひぃっ!しめまふ、おもいっきりしまつけましゅからぁっ!しりあなに、あついのぉ…… そそぎこんでっ、あひゃぁあああああああ!!」

龍の姫「くっっ、はぁあああああぁぁああぁぁああああああぁあぁぁあぁああああ!!!!!」

龍の姫「んひっ、ひ、うひぃ…… んひゃ、は、はぉっ、おほぉぉおお…… れてりゅ、しりあにゃ、まお、しゃまのぉ…… じゃーめんがぁ…… えひっ」

龍の姫(はひぃ…… し、しあわしぇ〜…………)

魔王「ふぅぅ…… そう言えば行為の最中に死ねたら本望だと言っていたな?いっそ望み通りにしてやろうか――――」

―――
――





335: 2017/09/16(土) 01:57:38.41 ID:iGKR6Faro

高貴な人がここまで落ちるのはなんというかこう、いいですね




337: 2017/09/16(土) 21:34:57.76 ID:alrYCU5V0

魔王「――――また小競り合いか。相分かった、早急に対処しよう。しかし、此奴等に限らずこの手の問題が増えてきたな」

側役「怖れながら陛下、このような事態に陥っているのも……」

魔王「理解している。我が方針に渋々従っている奴等ばかり故行き場の無い不満や苛立ちが魔族間に向けられるのであろう」

側役「陛下!理解されているならば……!む、何だ?今私は陛下とだな…… 急ぎか?」

従者C「はい、至急魔王様のお耳に入れねばならないことがありましたので…… こしょこしょ」

側役「なんと……!陛下、一大事にございます!陛下に決闘を申込んできた者が居るとのことでございます!!」

魔王「決闘、とな?」

鋼魔騎士「如何にも」

側役「んなっ!?おい貴様、もうここまで連れてきたのか!?」

従者C「い、いえっ!?私はそのような」

鋼魔騎士「其の娘に罪は有りませぬ。私が無礼ながら勝手に上がり込んで参りました」

魔王「ふむ…… 貴様か。久しいな」

鋼魔騎士「ええ、お久しゅう御座います…… ときに王よ、貴方は嘗てこう仰ったと聞く。現方針に文句があるなら我に挑めと」

魔王「ああ、確かにそう言った……」

鋼魔騎士「然らば、貴方にお手向かい致す。今日に至るまでの数ヶ月皆怺えて参りましたが、御方針には矢張り従えませぬ」

魔王「で、あるか」

鋼魔騎士「故に皆に成り代わり本懐を遂げるべく其の御命、頂戴仕る……!」

側役「お、おおおおお……!なんとっ!覇気にてこの魔王城が震えている……!!」

魔王「我に刃向かおうとする男に聞くのも何だが、命は惜しくないのだな?」

鋼魔騎士「然り。この命、その一片までも貴方を斃すために捧ぐ覚悟……!」

魔王「ほう、超闘士の秘術か…… 術者は自らの余命を半刻余りまで縮めるが、その代償として身の丈に過ぎた力を手にするという……」

鋼魔騎士「然り。ですが、貴方に対して使うことになろうとは夢にも思いませなんだ」

魔王「我を斃すことのみが目的か」

鋼魔騎士「然り。私の後ろにはこの意志を継いでくれる者が大勢居りますれば……」

魔王「貴様が羨ましいと思う。命を賭してまで斃したいと思える者が居るのだからな……」

鋼魔騎士「王よ、申し訳御座いませぬ。私の命も残り僅か…… そろそろ仕掛けさせて戴きますっ!!」

魔王「ああ、矢張り我は貴様に嫉妬している……」

鋼魔騎士「チェイサァァアアアアアアアアアアアアア―――――――――――――――――――ッッッッ!!!!!!」

魔王「貴様には己の全てを賭けて挑める相手が居て…… 妬ましいとな」

鋼魔騎士「な、何と――――」

鋼魔騎士(嘗て黄金龍をも一撃で屠った、私の全身全霊の刺突が…… 秘術による強化もしてあると言うのに……!?)

鋼魔騎士「――――服を裂いただけ……!?」

魔王「貴様に理解できるとは思えんが、聞いてみようか」

鋼魔騎士「何を……?」

魔王「血の滲むような努力を重ね、幾つもの死線を潜り抜け、あらゆる戦場で勝利してきた古強者が、其の身を賭した決死の一撃を……」

鋼魔騎士「――――!?」

魔王「無防備に受けても傷一つ付かぬ頑丈過ぎる身体を生まれながらに持ち……」

鋼魔騎士「のぶっ!!?」

魔王「軽く拳を当てただけで、物言わぬ肉塊とさせてしまう過ぎた力を生まれ持つ者の…… この虚しさを理解出来るか?」

側役「ま、魔王様……」

魔王「ああ、言わずともわかっている。此奴がもう我の問いに答えることは無い…… せめて手厚く葬ってやれ」

側役「は、ははぁ……!」

魔王「ああ…… この空虚は、誰ぞが満たしてくれるものなのか……?勇者共と我の子が満たしてくれるのか……?」




338: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/16(土) 21:36:46.62 ID:alrYCU5V0

―――
――


魔王「――――で?邪魔が入らぬよう誰も居らぬ廊下に出てやったのに何故我が影から出ようとせぬのだ?」

影「…………」

魔王「大方奴と我の戦いの最中に隙を見て影からの暗殺を狙っていたがそれが出来ずといったところか…… いい加減にその顔を見せよ」

影「……おごっ、がっ、がぁあああっ!!?」

魔王「……ふむ、何処かで見た顔だな。どれ、獲物は何だ?魔法術の類ではあるまい?」

魔王「成程、魔吸鋼の短剣か…… 魔力を吸収・霧散させる性質を持ち、強力な障壁であろうと魔力を使ったものであれば悉く無力化出来る極希少魔素……」

魔王「それを用いたこの短剣であれば我が防御を抜き心の臓を抉れると思ったか…… 良い案だ」

暗殺者「ぐ、くぅう……」

魔王「だが、申し訳無い。魔吸鋼の硬度では我が皮膚を裂くことは出来ぬ…… このように、突き立てても!」

暗殺者「ぬぅぅ!?」

魔王「……我が膂力を乗せても皮膚を裂いたところで折れてしまうのだ。さて、他に獲物はあるか?」

暗殺者「……ボンタンがある」

魔王「ボンタン……?ああ、そういえば古くから固いボンタンは鉄砲に勝る武器になると言われていたな……」

暗殺者「あえて柔らかいのだけもってきました」

魔王「阿呆か、もう帰って良いぞ」

暗殺者「なっ……!?」

魔王「但し、一つ言伝を頼む。奴の子らに父は魔王と立派に戦ったと伝えてやってくれ」

暗殺者「……御意」

魔王「……さて、誰ぞ在るか?」

従者C「ここに」

魔王「済まんな、替えの服をくれ。あと何か拭えるものを」

従者C「代わりのお召し物は既にご用意できておりますが、拭うものですか?」

魔王「なに、些か血が出たのでな」

従者C「!? で、ではこちらを!」

魔王「助かる。しかしこれは貴様の私物ではないのか?」

従者C「いえ、そのようなことお気になさらず!」

魔王「では遠慮なく…… でだ、この血の理由は何だと思う?」

従者C「はて…… 先の騎士様の一撃が届いていたのでは?」

魔王「惚けずとも良いぞ?貴様が手引きした暗殺者をからかったときに出来た傷だ」

従者C「!?」

魔王「残念だったな、魔吸鋼の短剣では我が命には届かぬ。毒も塗ってあったようだが甲斐はないぞ」

従者C「あ、ああ…… あぁぁ…………」

魔王「そう脅えるな、貴様は良く尽くしてくれている。刺客の二,三手引きしたところで特に咎めはせんよ」

従者C「あぅぅ…… へ?」

魔王「但し、次からはもっと特殊な技能を持った奴を差し向けろ。魔法術に格闘や刃物・毒物といった正攻法では我を脅かすことは出来ぬ」

従者C「……しょ、承知、しました」

魔王「それはそうと、勇者共に付けていた小間使いが貴様ら二人になったが不便はないか?」

従者C「は、はい。数が欲しい時は魔王様の側用人様がお手伝いくださいますので」

魔王「そうか…… 取り急ぎ必要ではない、か」

従者C「はい、ですが手を回していただけるのなら…… 助かります」

魔王「ふむ…… 考えておこう」




347: >>343魔属性付けて……魔属性? ◆1ysUccrJmGua 2017/09/23(土) 22:03:06.61 ID:6EvA+9KJ0

〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜


殺人モルモット1「――――キュキューッ!!」

女魔法使い「はいはい、暴れないの」

殺人1「キュッ!キュー!!」

女魔法使い「わかったわかった…… って、そんなわけないでしょ!捕縛!!」

殺人モルモット2「キュキュゥ?」

女勇者「だーかーらー、ここのは食べちゃいけないの。涙目で訴えても駄目だからね?」

殺人モルモット3「キューーーーーッ!!!」

女魔法使い「怒ってんのはこっちの方よ!人が丹精込めて育てた薬草を何の苦労もせずにムシャムシャと……」

殺人モルモット3「キュキューッ!!」

女魔法使い「ここにあるのはアンタ達の餌じゃないわ、よ!捕縛!!……っと、これで全部捕まえたかしら?」

女勇者「待って、子どもが5匹くらいいたはずだけど3匹しか捕まえてないよ?」

女魔法使い「マジ?もー、めんどくさいわね……」

さつじんもるもっと1「ウキュー……」

さつじんもるもっと2「キュー、キュー」

女勇者「あ、いた。ほら、砂糖水あげるからこっちおいでー」

さつじんもるもっと2「キュッ!?」

さつじんもるもっと1「キューン!!」

女勇者「はい、確保。全部捕まえたよー」

女魔法使い「ありがと。じゃあ、陣に放り込んで」

女勇者「はーい」

殺人モルモット4「キュキューッ!キューッ!!」

さつじんもるもっと3「キュー!」

女魔法使い「はいはい…… 爆裂陣」

殺人モルモット's「「「「「「「キュー!?」」」」」」」

さつじんもるもっと's「「「「「キュー!?」」」」」

女魔法使い「駆除完了、っと。あーあ、人の苦労も知らないで好き勝手畑を荒らしてくれちゃって」

女勇者「子どもはまだかわいいんだけどねー。刃物も持ってないし」

女魔法使い「何がかわいいいもんですか。心底ムカつくわ!」

女勇者「見てる分の話だよ。野菜とか育ててる身には本当に許せない存在だよね」

女魔法使い「それにしても毎回手伝ってくれてありがと。なんか随分手馴れてるみたいでかなり助かるわー」

女勇者「勇者になる前は田舎でお百姓さんしてたからね。殺人モルモット退治はお手の物って感じ」

女魔法使い「へぇ、そうだったんだ…… 大変だったのねアンタも」

女勇者「うん、でもアイツらの繁殖力というか生命力ってヤバいね。こんなとこでも生きてるなんて……」

女魔法使い「まったくね…… 魔王城の近くだってのに、怖くないのかしら?」

女勇者「んー、あの仔たちおバカっぽいからな〜 いっぺん魔王に相談してみる?」

女魔法使い「そうね、畑の監視に使えるような魔物を連れてきてもらおうかしら……?」




352: >>51と>>281より、従者達は魔王の魔力供給で活動出来てる死霊だよん ◆1ysUccrJmGua 2017/09/24(日) 20:01:00.17 ID:VeqeAij+0

―――
――


女勇者「ただいまー」

女魔法使い「戻ったわ」

女戦士「おーう、俺らも今戻ってきたとこだ。で、戻ったってどこから?」

女魔法使い「薬草畑を荒らしてた殺人モルモットの駆除」

女武闘家「こんなとこにまで、出てくる…… すごい繁殖力」

女戦士「だな。斬っても斬っても出てくるから駆け出しの頃に受けた殺人モルモットの討伐は苦労したぜ」

女勇者「二人はどこ行ってたの?朝から見なかったけど」

女武闘家「修練場」

女勇者「だよねー」

女魔法使い「で、なんか満足げな顔してるけど、なにかあったの?」

女戦士「おう、聞いてくれよ。阿修羅剣士の六連剣を遂に両手斧でも全部捌き切れるようになったんだぜ!今なら殺人モルモットの群れに一斉に襲われても余裕だな」

女武闘家「ミスリルゴーレム、貫手で貫けるように…… なった」

女勇者「すごいね……!でも、二人はどこまで行こうとしてるの……?」

女僧侶「お二人ともすごいですねー」

魔王「――――すぅ、すぅ……」

女戦士「へへ、もっと称賛してくれてもいいんだぜ?……っと、それ魔王の水晶玉だな?なんか映ってんのか?」

女僧侶「ええ、南の国の王様が魔王城に調査隊を派遣するようです」

女武闘家「調査?私たちを、探しに……?」

女僧侶「名目上はそうですね……」

女勇者「ホントの目的は?」

女僧侶「私たちと魔王が相打ちになったという前提で、無人であろう魔王城から金銀財宝を略奪する、とのことです」

女戦士「けっ、アイツがやりそうなこった。嫌な性格してたもんな」

女僧侶「ええ、それにいやらしい目で私たちを見てきて…… 気持ち悪かったです」




353: ◆1ysUccrJmGua 2017/09/24(日) 22:08:49.60 ID:VeqeAij+0

龍の姫「奥様方、お茶がご用意できました」

女勇者「あ、ありがとーメイドさん。でもさ、いつも言ってるけどお茶くらい自分で淹れるって」

龍の姫「いえ、これが仕事ですので……」

女僧侶「いつもすみません……」

女魔法使い「ありがたくいただくわ…… う〜ん、この茶葉は何かしら?」

龍の姫「ソッコラ・ヘンヌゥの葉です」

女戦士「ふーん…… ズズッ、よくわかんねぇけどさっぱりしてていいな、これ」

女武闘家「んく、おいし……」

龍の姫「ありがとうございます。お茶受けはピロッチです」

女僧侶「あ、この前一緒に作っておいたやつですね」

龍の姫「はい」

女戦士「どんどんバリエーションが増えてくな……」

女武闘家「誰かさんとは、大違い……」

女戦士「あん?」

女武闘家「なに……?」

女魔法使い「はいはーい、せっかくのティータイムなんだから喧嘩はなしよ」

女勇者「――――って、このままじゃダメだぁーっ!!」

女戦士「びっくりしたぁ!なんだよ急に」

女武闘家「何事?」

龍の姫「あ、あのお茶が美味しくなかったんでしょうか……?」

女勇者「うぅん、そういうことじゃなくて」

龍の姫「そうでしたか。よかった…… あ、おかわりいかがです?」

女勇者「あ、ありがと…… ――――だから、こういう風に和んでる場合かーっ!!」

女僧侶「和んでいる場合ではない?」

女魔法使い「調査隊のこと?」

女勇者「違うよ!そもそもここは魔王城で僕たちは魔王の敵の勇者一行!」

女戦士「うん、そうだな」

女勇者「そうだなじゃないでしょ!仮にも敵の本拠地で僕たちのほほんとし過ぎなんだよ!」

女武闘家「う……」

女勇者「畑つくったり、お茶飲んでまったりしたり、ここでの生活に染まり過ぎだよ!」

魔王「――――不満か?」




357: >>354ピロピロピロピロピロピロ……ガダボン ◆1ysUccrJmGua 2017/09/25(月) 21:54:31.99 ID:hW0Yk0oU0

女勇者「魔王!?いつの間にここに?」

魔王「何時の間も何も、貴様らが畑から戻って来る前から居たぞ?」

女僧侶「ああ、膝枕してたの忘れてました」

女勇者「いや、それ普通忘れないでしょ!?重さとかもろもろで!気付かなかった僕たちも僕たちだけどさぁ!!?」

魔王「で、だ。貴様らはここでの生活に不満があると?」

女勇者「え、あ、いや、そりゃ不満はないって言えば嘘になるよ?」

魔王「例えば?」

女勇者「例えば?そうだな…… あー、うー…… あ、殺人モルモットが畑を荒らすとか!」

魔王「殺人モルモットか。あれは厄介だな。大概の魔物は我が威圧すればどこへなりとも消えるのだが、あれらはどうも勝手が違う」

女魔法使い「あ、やっぱり?」

魔王「うむ、今まで寄り付かなかったのは我への恐怖ではなく只食べられる餌が無かったから、と…… 対策は考えよう」

女魔法使い「そうしてもらえると助かるわ」

魔王「そうだな…… さかな柔道着でも回すか。あれらは命令をよく聞く。奴等と同じ夜行性でもあるしな。ああ、それから」

女武闘家「私……?」

魔王「随分とはしゃいでいるが、奴を貫く時に無理を通したな?手首が軽い炎症を起こしている。一度診てもらえ」

女武闘家「う……」

魔王「それから彼奴の六連剣とは六本の腕で六本の剣を振るうのではなく、一本の剣が六本に見える程の剣技の冴えのことを言う」

女戦士「なっ、なんて紛らわしい……!ん?それじゃあ、今までアイツは本気じゃなかったってのか……!?」

魔王「精進せよ」

女戦士「くそっ、片手剣からやり直しか……」

魔王「ずっ…… うむ、美味い。腕を上げたな」

龍の姫「ありがとうございます」

魔王「さて、水晶玉は返してもらうぞ」

女僧侶「あ……」

魔王「何も問題はないとは思うが、調査隊についてもう少し詳細を調べておきたいからな。許せ」

女僧侶「はい、どうぞ……」

女戦士「おい、魔王」

魔王「む?」

女戦士「あんまり無茶苦茶してやるなよ。調査隊のほとんどは国王の命令を聞かされてるだけなんだし」

女武闘家「彼ら自身に、魔王城を荒らそうとする、意思はない、と思う……」

魔王「熟慮しよう。他にも何か不満があれば言ってくれ。では、な……」

女勇者「あ、うん……」




359: 次からエロパート……あーうー ◆1ysUccrJmGua 2017/09/26(火) 23:17:05.94 ID:/zc3yPdl0

女勇者「――――いや、不満とかそういうんじゃなくてね!?敵地での生活に慣れ過ぎてるっていうのが問題でね!?」

龍の姫「……少し、よろしいでしょうか?」

女勇者「うん、なに?」

龍の姫「敵地だの何だの仰っておられますが、奥様方にとって魔王様は本当に只の敵、ですか?」

女勇者「う、うん、優しいところとかそういうところも少しあると思うけど、やっぱり倒すべき敵だよ!」

女武闘家「敵は敵。魔物である、貴女の前でいうのもあれだけど…… 魔王は、倒さなきゃならない」

女僧侶「その通りです。神を蔑ろにする者には天罰が与えられるのですから」

女戦士「修練場に通ってるのもその為だしな」

女魔法使い「以下同文、ね」

龍の姫「はぁ……」

女武闘家「なぜ、溜息……?」

龍の姫「先程からやいのやいのと申されておられますが…… 客観的意見、というより私の目から見ますと」

女僧侶「はい?」

龍の姫「貴様等はどう見ても魔王様に惚れておるわ!というより既に愛しているの領域だろうがっ!!」

女戦士「なっ、ななな…… んなわけあるかぁっ!!」

龍の姫「それはこちらの台詞だ!惚れてないわけあるかぁっ!!いい加減自分を偽るのはやめろ!見てるこちらがイライラするっ!!」

女勇者「い、偽ってなんかないよ!僕たちは勇者!アイツは魔王!だから……」

龍の姫「それが偽っていると言うのだ!貴様らはそうやって既に形骸化した立場を盾にして自分の本当の気持ちから逃げているのだ!!」

女魔法使い「あら、痛いとこ突かれちゃった」

龍の姫「己に嘘をつくな!好きならば好きだと素直に言え!愛しているなら愛しているとはっきり言え!この臆病者どもが!!」

女勇者「あ、う……」

龍の姫「――――言葉が少々過ぎました。これにて失礼させていただきます」

女僧侶「……すごい迫力でしたね。流石は龍族といった感じの」

女魔法使い「にしても言いたいこと言って消えたわね、あのメイド」

女戦士「自分を偽るなって、なぁ……?」

女武闘家「うん…… 私は、自分に嘘ついてなんか、いない……」

女勇者「僕は…… ボクは……」




関連記事
魔王「勇者共よ、貴様らには魔の子を孕んでもらう」【前編】【後編】



SS宝庫 SSまとめサイトは移転しました。
お手数ですがブックマークの変更をお願い致します。

移転先ではスマホ表示の際に記事分割無し
広告少な目
文字サイズ変更機能搭載(PCのみ)


SS宝庫でまとめる内容 SSのみ(R18除く)
http://sshouko.net/

みんなの暇つぶしでまとめる内容 ・ネタスレ・SS(R18のみ)・その他
http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/




いつでもどこでも読み放題Kindle Unlimited」30日間無料体験受付中
【画像あり】アッネがヨガしとったんやけど
【画像】口ㇼババアが好きすぎるんやけどどうしたらええんや
【閲覧注意】ワイが現場仕事中に起きた恐怖体験語ってくで
女子「あれ…、クラスの男子の頭のうえに数字が見えるんだけど」悪魔「ふふ…それはなあ…男どもがこれまでにオナった回数だ…」
成功した特撮ヒロインってどれくらいいるんだろう
スケールがでかいアニメって何だろう?
1年間模写し続けたワイの絵wwww
【画像】クズニートワイが6ページ漫画を描ききったw
【画像】童貞ワイ、イヴの夜に一人寂しくHな漫画を描きあげる。
【画像あり】正直毛利蘭ってこのころが一番可愛かったよな。
サンド伊達「食べ物はギュッと押して圧縮したら0カロリーになる」
【画像】サンドイッチマンの拳銃持ってる画像wwwww
中2男子「いじめられて肛門にソーセージ4本入れられた」
【恐怖】この写真、何がおかしいか分かる奴いる…? (画像あり)
ルイヴィトンのコンドームの値段www
【画像】あまりにも酷すぎるパッケージ詐欺の例
「おに〜ちゃん、また遊びに来ちゃった〜!」
【画像】幼馴染「(苦しそう・・・私のせいでこんなになっちゃってるんだ…)」
【※草】浅尾美和が自分のマンスジを見せられた時の顔ワロタwwwwwwwwwwwww(画像あり)
アタシ将、無事にavデビューした結果wwwwwwwwwwwwwwwwww
【驚愕】酔った宴会コンパニオン(20)が俺幹事の職場忘年会で乱れて大暴れした結果wwwwwww
ブルマ「はやく、、キて、、、ウーロン、、、、」
出川「夫人ダメですって」
刃牙で得た知識←なに思い浮かべた?

引用元: ・魔王「勇者共よ、貴様らには魔の子を孕んでもらう」

 

最新記事50件