転載元:ぼく「今、ぼくはどこにいるでしょうか!?」JK「え!?なに?」

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)23:39:19 ID:4qF

ぼく「こっこでーす!こっここっこー!」

JK「え!!!」

ぼく「正解はJKちゃんの子宮の中でしたー!」

JK「はぁ!!??」

ぼく「あんまりおっきい声だすとひびくよー」







水中で見る女の身体が異常にエ□いのはココ最近の常識だろwwww【画像30枚】
【網タイツ】コリャたまらんww網の隙間から色気がムンムンと放出してる女www【画像30枚】
【画像あり】スタイル完璧!AVデビューを果たしたドS女社長がこちらwww
【画像あり】この体位やったことあるやつはせセッ●スに相当貪欲だと思うwwwwwwwwwwwwwww
パンツ一丁の妹「私の好きな番組やるからどけゴミ」
神心会のメガネ「ほう、ハンター試験ですか……たいしたものですね」
月「母さんが変なノートを拾って家計簿つけてた」
壇蜜、乳首モロだしヌードエ□画像大量&正常位セッ●ス動画!喘ぎ声が意外に可愛いwwww
菜々緒、透け透け下着でお●ぱい見え!「乳房の全貌が」「ガチでエ□いわ」
【素人画像】日テレで映ったママが爆乳!そりゃ肩こりますわww
女子アスリートがめっちゃヌケルやん
【画像】12星座ブラ、全て制作完了する!エ●チだ…w
【画像】筋肉アイドルのセクシー水着案外ええなwwwww
このお●ぱいは反則でしょ… 胸の成長が凄まじい同級生
【画像30枚】奴隷として売られた女は例えばこんな目に遭ってますwwwwwwwwwwwwwww



3: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)23:42:16 ID:4qF

JK「ちょっと!まじで意味わかんないだけど!」

ぼく「えー、JKちゃんの子宮にぼくがいるんだよー」

JK「はぁ?なんで?意味わかんない!!マイクでも仕掛けてんの!?」

ぼく「仕掛けてないよ!ほら!」

ドゴッ

JK「うっ!」

ぼく「パンチしたよー」




7: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)23:45:10 ID:4qF

JK「え……まじなん?ほんとにいんの?」

ぼく「いるよー」

JK「どうやったんだよ……Hなんてしてねーし……」

ぼく「知りたい?」

JK「当たり前じゃん!」

ぼく「JKちゃんが悪いんだよ」

JK「は?」

ぼく「自業自得!」




8: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)23:48:53 ID:4qF

JK「どゆこと?」

ぼく「痴漢冤罪詐欺してたでしょ」

JK「あ……」

ぼく「昨日もやろうとしてたでしょ?」

JK「そ、それがなんだよ」

ぼく「昨日引っ掻けようとした人消えなかった?」

JK「うん。きえた。まじわけわからんかったし、駅員に怒られたし」

ぼく「それがぼくなんだ!」




11: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)23:51:41 ID:4qF

JK「じゃあ、おっさんのせいであたし怒られたのかよ」

ぼく「いや、元はと言えばJKちゃんが悪いんだよ!」

JK「てか、なんであたしの子宮の中にはいんの?どうやったの?」

ぼく「話せば長くなるんだけど……」

JK「いいから言って」

ぼく「わかったよ」




12: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)23:53:03 ID:UVs

まじかよちょっと痴漢してくる




13: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)23:56:26 ID:4qF

ぼく「ぼくは普通のサラリーマン。その日は朝オナを忘れてとってもムラムラしてたんだ」

JK「うん」

ぼく「んで、目を落とすとスカート短くてエロいJKが目の前にいたんだ!」

JK「あたし?」

ぼく「うん。そこで、ちんちんをおもむろに取り出してパンツの中にいれようしたんだ!」

JK「ガチ痴漢だったじゃん!」

ぼく「まだ入れてないのにJKちゃんがぼくの腕を掴んだんじゃないか!」




14: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:00:25 ID:Z39

JK「うん。まぁ……」

ぼく「ぼくは捕まりたくない!でもどうせ捕まるなら一矢報いたい!と思ってちんちんをパンツに突っ込んでワンストロークで射精(だ)したんだ!」

JK「まじ!?さいあく!!おりものだと思ってたのに!」

ぼく「射精(だ)した瞬間意識がすべてちんちんに集中して気を失った……」

JK「で?」

ぼく「気付いたらJKちゃんのワンルームマンション住まいさ!」




15: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:03:10 ID:Z39

JK「きっも……」

ぼく「ということで、ぼくもここから出して欲しいんだけど……」

JK「は?どうやんの?」

ぼく「産む……のかな?ぼくを」

JK「いやいやいやいや!むりだし!」

ぼく「ママー!お外に出たいよー」

JK「きっっっも!!!!」




16: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:06:08 ID:XMd

すごい…



ただただすごい




17: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:07:03 ID:Z39

ぼく「とりあえず、いきんでみて!」

JK「どうやんの?」

ぼく「うーん!ベッドに寝て」

JK「ねた」

ぼく「パンツ脱いでM字開脚だ!」

JK「したよ」

ぼく「それ、いきんで!ひっひっふー!」

JK「んんん!ひっひっふー!」

ぼく「おぉ!奥から出口光がもれてる!」




18: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:10:34 ID:Z39

JK「まじ!?」

ぼく「うん!でも狭くて全然出られそうにない!もっと頑張って!」

JK「おっけー!んんんん!!」

ガチャ

弟「ねぇちゃん……お腹減っ……た……」

JK「弟!馬鹿!出てけよ!」

弟「ご、ごめんなさい!」

ぼく「あー!出口が塞がってく……」




20: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:14:37 ID:Z39

ぼく「あの……JKちゃん?」

JK「弟に見られた……」

ぼく「ぶふっ!お姉ちゃんの出産みられちゃった!」

JK「うるせー!」

ボコッ

ぼく「うっ!痛っ」
JK「うっ!」

ぼく「自分も喰らってやんの!」




21: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:18:29 ID:Z39

JK「つか、出れそうなの?」

ぼく「いやー、全然!ぼくの体と比べたら鼻の穴くらいしか開いてないよ」

JK「全然じゃん!」

ぼく「うーん……どうしたらいいんだろ……」

JK「まぁ、いいや。とりあえず弟にご飯作ってきていい?」

ぼく「うん!いいよ」




22: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:21:16 ID:Z39

弟「あ、ねぇちゃん……」

JK「ババァは?」

弟「パチンコだって」

JK「チッ、またかよ。今ご飯作る」

弟「うん。ありがとう……。ねぇちゃん……」

JK「なに?」

弟「ねぇちゃん……赤ちゃん産むの?」




24: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:24:56 ID:Z39

JK「う、産まねぇし」

ぼく「え!?産んでくれないの??」

JK「うるせー!」

弟「ご、ごめんなさい!」

JK「あ、今のはちがくて独り言っつーか」

弟「……ごめんなさい」

JK「ババァみたいに殴らねーからそんなびびんなし!」

弟「うん、わかった……」




25: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:29:15 ID:Z39

JK「で、なに食いたい?」

ぼく&弟「オムライス!」

JK「はあ!」

弟「だめなの?」

JK「いや、はあ!気合い入るなーって!」

弟「そうなんだ!ねぇちゃんのオムライス一番すき!」

JK「そんなこと言っても鶏肉じゃなくて魚肉ソーセージだからな」

弟「ちぇっ!」




27: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:32:00 ID:Z39

弟「おいしい!」モグモグ

JK「当たり前じゃん」モグモグ

ぼく「ほんとだ!おいしい!」

JK「え!?」

弟「え?」

JK「あ、あぁ、ちょっとトイレいってくる」

弟「もう、僕が行くって言ったら怒るくせに!」

JK「ねぇちゃんはいいの!」

弟「ずるーい!」




28: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:35:15 ID:1f9

とてつもない何かを感じる




29: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:36:40 ID:Z39

JK「おい、どういうこと?」

ぼく「え?何が?」

JK「いや、オムライス食えんの?」

ぼく「いや、JKちゃんが食べたでしょ?」

JK「食べたけど……」

ぼく「それが臍の緒を伝ってきたんだよー」

JK「え、おっさんとあたし繋がってんの!?きっっっも!!」

ぼく「へへ。そうみたい」




30: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:39:29 ID:Z39

JK「まじかー病院行こうかなー」

ぼく「え!?堕ろしちゃうの?やめて!ママ!」

JK「まじで堕ろすぞ?」

ぼく「ごめんなさい!」

JK「つーか、堕ろす金ねーし、いくらおっさんでも殺すのは無理だし!」

ぼく「ママ……」

JK「やっぱ、病院いこ」




31: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:43:03 ID:Z39

弟「ねぇちゃーん!オムライス冷めちゃうよー」

JK「あ、いまいくー」

ぼく「とりあえずオムライス食べよう!」

JK「まぁ、おっさんについてはまた後で考える」

弟「ねぇちゃん。うんこ?長かったね」

JK「うんこより糞みたいなもんが入ってるから」

弟&ぼく「え?」




32: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:47:02 ID:Z39

JK「弟、風呂はいってきな」

弟「ねぇちゃん……一緒に……」

JK「お前、ねぇちゃんの裸見たいのかよーエローい」

弟「一緒に入らないでって言おうとしたの!!」

JK「おっけー、ちゃんと洗えよー」

弟「うん!」

ぼく「いやー、JKちゃん」

JK「なに?」

ぼく「JKちゃんちってフクザツ?」




33: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:52:07 ID:Z39

JK「うん、まぁ、よくある感じのやつかな」

ぼく「そっか……」

JK「母子家庭で水商売でーみたいな?」

ぼく「娘はわからない男を妊娠と……」

JK「それはてめーが悪いんだろ!」

ぼく「お互い様だけどね」

JK「まぁ、そっか……」

ぼく「いくらお金に困ってても詐欺はいけないよ」

JK「うん……」




34: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:55:10 ID:Z39

ぼく「いままで何人やったの?」

JK「おっさんにやろうとしたのが初めてだし……」

ぼく「JKちゃんの初めて……もらっちゃぅ……」

JK「きも。で、おっさんは?あたしで何人目?」

ぼく「ぼ、ボクモハジメテダヨ」

JK「病院行く?」

ぼく「二年です……」

JK「へ?」




35: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)00:58:42 ID:Z39

ぼく「二年間で何人やったかはわからないです!」

JK「ガチクズじゃん……よく捕まんなかったね……」

ぼく「ギャルJKはお金出せばなんとかなるし……」

JK「あーね」

ぼく「ごめんなさい……」

JK「あたしに言われても困るし」




37: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)01:04:43 ID:Z39

ぼく「やっぱり、10ヶ月くらいしないと出られないのかな?」

JK「まじかー」

ぼく「ちゃんと産んでね……」

JK「うん……産むよ」

ぼく「ありがとう……」

JK「お金よろしく」

ぼく「うん!ぼくお金持ちだから……」

JK「はぁ……頑張ろ……」




38: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)01:09:24 ID:Z39

母「たっだいまー」

JK「……」

母「あれ、弟は?」

JK「寝た明日も学校だし」

母「ったく!いい子ちゃんかよ!学校なんて意味ねーのに」

JK「まぁ、あんたにはね?」

母「はぁ?なに調子のってんの?私がお金稼いでるんですけど?」

JK「当たり前じゃん、親なんだし」

母「調子のってんじゃねーよ!」ボコッ




39: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)01:13:02 ID:Z39

ぼく&JK「うっ……」

母「あ?お前……その反応」

JK「なに?」

母「ガキできただろ?」

JK「できてねーし」

母「おめー、普段から私のこと馬鹿にしてるくせにやってること一緒じゃねーか!」

JK「うるせーよ」

母「ふんっ!バーカ!金は出さねーからな」




40: 名無しさん@おーぷん 2017/06/19(月)01:16:09 ID:Z39

JK「いらねーし」

母「じゃ、私仕事行ってきまーす」

JK「…………」

ぼく「JKちゃん……大丈夫?」

JK「寝る……」

ぼく「うん……おやすみ……」

JK「おやすみ……」




43: 名無しさん@おーぷん 2017/06/20(火)01:42:12 ID:wI1

ピピピピ!

JK「んん……起きなきゃ……」

ぼく「JKちゃん……もう起きるの?」

JK「うん……弟の朝ご飯作んなきゃ……」

ぼく「偉いね……」

JK「べつにふつーだし……」

ぼく「JKちゃん……ぼくも朝オナしてもいいかな?」

JK「は!?」




44: 名無しさん@おーぷん 2017/06/20(火)01:46:47 ID:wI1

JK「やめて」

ぼく「いや、朝オナは日課なんだよ……」

JK「妊娠したらどーすんだよ!」

ぼく「大丈夫!もうしてるみたいなもんだし!」

JK「そうゆう問題じゃない!」

ぼく「それに、すごいオカズ見つけたんだ!」

JK「え……なに……子宮の中だよ……」

ぼく「卵子……JKちゃんの卵子見つけたちゃった!」




45: 名無しさん@おーぷん 2017/06/20(火)01:51:48 ID:wI1

JK「いやいやいや!まじで無いから!」

ぼく「はぁはぁ……大丈夫任せて……朝ご飯作ってて……」

JK「任せての意味がわかんないし!はぁはぁすんなし!」

ぼく「卵子姦……めったにできることじゃないんだ……」ズププ

JK「だめだめ!だめだって!」

ぼく「あ、JKちゃんの卵子(なか)あったかい……」

JK「さいあく……」

ぼく「あっ……あっ……んんっ!!」ビュルルル




46: 名無しさん@おーぷん 2017/06/20(火)01:54:33 ID:wI1

JK「まじでやったの?」

ぼく「うん……ごめん……」

JK「ほんとさいあく……」

ぼく「安心して!卵子ぐちゃぐちゃになったから!妊娠しないと思うよ!」

JK「もう話しかけないで……」

ぼく「え、まじなやつ?」

JK「…………」

ぼく「ごめんなさい……」




47: 名無しさん@おーぷん 2017/06/20(火)01:59:25 ID:wI1

トントントントン……

ぼく「JKちゃーん!ごめんって!」

JK「弟ー起きなー」

弟「はーい……」

JK「朝ご飯食べな」

ぼく「JKちゃーん……」

弟「うん。ありがとう……いただきます」

JK「ご飯終わったら忘れ物確認しなね」

ぼく「ぼくの存在忘れてませんか!?」

弟「わかったぁ……」




48: 名無しさん@おーぷん 2017/06/20(火)02:04:31 ID:wI1

JK「あと、ねぇちゃん今日バイトちょっと帰ってくるの遅いよ」

ぼく「バイトしてんの!?偉いね!!」

弟「何時?」

JK「8時かな?弁当作っとくから持って塾行ってな。帰りは迎え行くから一緒に帰ろ」

弟「うん!」

ぼく「いいお姉ちゃんや……」

JK「当たり前だし」




54: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)04:05:24 ID:Zan

弟「行ってきまーす」

JK「事故んなよー」

弟「はーい」

ぼく「JKちゃん……なんできみグレてんの?」

JK「え?馬鹿だから?」

ぼく「とってもいいお姉ちゃんなのに」

JK「いいのあたしは……親があんなだし」

ぼく「だからせめて弟くんだけは……ってこと?」

JK「そゆこと」




55: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)04:08:16 ID:Zan

JK「大学とか行かせてやりたいんだよねー」

ぼく「弟くんに?」

JK「そ。」

ぼく「だからバイトしてんの?」

JK「うん」

ぼく「痴漢冤罪も?」

JK「うん……」

ぼく「後悔してるんでしょ?」

JK「まぁ……二つの意味でね」




56: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)04:13:01 ID:Zan

ぼく「汚いお金じゃあ弟くんも喜ばないしね」

JK「まぁ、地道にバイトする」

ぼく「それが一番だよ」

JK「ところで大学っていくらかかんの?」

ぼく「うーん。400万くらい?」

JK「まじ!?全然足りねーし!」

ぼく「プラス仕送りとかもあるんじゃない?」

JK「まじかー……慰謝料やろっかなー……」




57: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)04:18:53 ID:Zan

ぼく「おい」

JK「あはは!冗談冗談!弟が大学いくまでまだまだだし!頑張って貯める!」

ぼく「うんうん」 ピンポーン

JK「だれだろ?はーい」

怖い人「あ、娘さん?お母さんのことで話あんだけど?」

JK「え……なんですか……?」

怖い人「なんかー君のお母さんホストクラブの売り掛け払わないで飛んじゃったみたいなんだよねー」

JK「え……」




66: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)00:54:49 ID:m6B

怖い人「全部で300万だけど利子ついて500万ね?」

JK「そんなの無理だし……」

怖い人「でも時間が経つとどんどん増えてっちゃうよー」

JK「そんな……」

怖い人「とりあえずお母さんからは120万は家にあるって聞いてるんだよね!」

JK「そ、それは弟の学費で……だめ……」

怖い人「おじさん達も困ってるんだけどなー」




67: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)00:59:51 ID:m6B

怖い人「その120万くれたら無利子で380万待ってあげるよ」

JK「でも……」

怖い人「なぁに、JKちゃんならウチでバイトしてくれれば1年で返せるどころかお釣りくるよー」

JK「え……ほんとですか?」

怖い人「うん。お風呂屋さんで」

JK「それって……ソープってこと?」

怖い人「うん。どーする?長く働けば弟君も大学2周はできるんじゃない?」

JK「…………お、おね……が……」




68: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:02:31 ID:m6B

ぼく「うりゃ!」ドンッ

JK「うっ!」

怖い人「ど、どうしたの?」

JK「いや、その……うっ……」

怖い人「もしかして妊娠してるとか?」

JK「ま、まぁ……」

怖い人「あちゃーでも大丈夫だよ!ウチそういう店もあるから」

ぼく「ぼくに任せて」

JK「え?」




69: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:07:06 ID:m6B

怖い人「あ、股開(またひら)マタニティーっていう妊婦フェチのお店があるんだよ」

ぼく「120万払って一年待ってって言うんだ」

JK「大丈夫なの?」

怖い人「うん。大丈夫だよー」

ぼく「うん!絶対後悔させないから!」

JK「わかった……」

怖い人「お、ヤル気あるねー」

JK「120万払うので一年待ってください!」




71: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:10:10 ID:m6B

怖い人「おっけーだよー!ソープはいつこれる?」

JK「私でなんとかします……」

怖い人「大丈夫なの?一年過ぎたらまた増えてっちゃうよ?」

JK「たぶん……はい……」

怖い人「逃げたら承知しねぇぞ?」

JK「は……はい……」

怖い人「ま、困ったらいつでも連絡ちょうだいよ」

JK「あ、ありがとうございます……」




74: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:13:56 ID:m6B

JK「あの……クソババァ……」

ぼく「まぁまぁ、落ち着いて」

JK「で、おじさんの考えってなに?」

ぼく「あ、うん。前にもちょっと言ったと思うんだけどぼくお金持ちなのね」

JK「え、肩替わりしてくれんの……?」

ぼく「うん。でも、条件がある……」

JK「なに?」

ぼく「バイトは出来るだけやって、そしてぼくを元気に産んで」

JK「そ、それだけ?」




75: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:17:18 ID:m6B

ぼく「まぁ、卵子姦なんて酷いことしちゃったしそのお詫びかな」

JK「あぁ、じゃあ当然だね」

ぼく「おいっ!」

JK「冗談冗談!ほんとありがと」

ぼく「会社の方も順調そうだし!」

JK「え?わかるの?」

ぼく「うん。スマホで社員とやり取りしてるからね!」

JK「え!?スマホ使えんの?」

ぼく「うん。使える」




76: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:20:15 ID:m6B

ぼく「なぜかバッテリーも消耗しないし」

JK「えー、あたしの中どうなってんの……」

ぼく「さぁ……でも病院はいかない方がいいね……」

JK「なんで?産めるかわかんないじゃん!」

ぼく「検査で胎児とスマホ一緒に育ててるってわかったらどうなるかわかんないよ!」

JK「確かに……」




77: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:24:16 ID:m6B

JK「てか、社長なの?」

ぼく「うん。ベビー関連会社のね」

JK「まじかよ……てか、おじさん今どんな形してんの?」

ぼく「いや、なんか哺乳類の始まりみたいな形?」

JK「なのにしゃべってんの?」

ぼく「脳に直接って奴かな……」

JK「まじいみふ……」

ぼく「右に同じ……」




78: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:27:55 ID:m6B

一週間後……

弟「お姉ちゃん……」

JK「なに?」

弟「お姉ちゃん妊娠してる?」

JK「え!?」

弟「お腹おっきくなってない?」

JK「まじだ……あれ?早くね」

ぼく「早いね……なんかぼくも人間っぽくなってる……」

JK「と、とにかくこのこと誰にも言わないでね!」




79: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:30:42 ID:m6B

弟「うん!わかった!」

姉「頼むね……早く学校行きな!」

弟「あ、お姉ちゃん!無理しないでね!」

JK「うん……ありがと……」

ぼく「JKちゃんに似て優しい弟くんだね」

JK「べ、別にあたしは優しくないし!」




80: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:36:07 ID:m6B

さらに二週間後……

JK「ちょ……成長速度半端なくない?」

ぼく「うん……ぼくもそんな気がする……」

JK「なにこれ……いつ生まれんの?」

ぼく「スマホで調べてみるとたぶんいま半年くらいの大きさかな……」

JK「まじ?」

ぼく「うん……約6倍の成長速度かと……」

JK「えーそしたらもうすぐ生まれるくない?」

ぼく「そうだね……来月の中ごろには……」




81: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:36:28 ID:m6B

計算あってるかはしらん




82: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:39:38 ID:m6B

JK「はっや……」

ぼく「ところで、JKちゃん……」

JK「なに?」

ぼく「お、おっぱいはどうなってる??」

JK「キモッ!…………まぁ、おっきくは……え……」

ぼく「どしたの?」

JK「めっちゃ黒くなってる……」

ぼく「おほっ!」

JK「うわ……まじ……しょっく……」




83: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:42:38 ID:m6B

ぼく「そんなにショック受けないで!ある程度戻るらしいし!」

JK「はぁ………」

ぼく「それに!」

JK「なに?」

ぼく「JKのぷりぷりおっぱいから出る母乳楽しみにしてるから!」

JK「きも……産むのやめよ……」

ぼく「借金」

JK「くそ……」




85: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:47:04 ID:m6B

出産予定週……

JK「あー、やばいやばいやばいやばい……」

ぼく「なんか、生まれそうな気がする……」

JK「やっぱり?なんか鈍痛やばいやばいやばいやばい!」

チョロチョロ……

ぼく「あ、破水した」

JK「やばい……やばいやばい……」

ぼく「JKちゃん!大丈夫!?」





86: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:49:22 ID:m6B

ぼく「と、とりあえずお風呂溜めよう!」

JK「な、なんで……」

ぼく「いま、スマホで調べたら水中出産ってのがあるらしい!」

JK「まじかぁ……わかったぁ……」

ぼく「産んだら取りあげないと死ぬからね!」

JK「うん……わかったぁ……」

ぼく「ほんとにわかってる!?」




87: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:51:11 ID:m6B

JK「あーやばい……おじさん……」

ぼく「な、なに?」

JK「健康に……生まれそう……?」

ぼく「うん!ばっちり!」

JK「よかった……じゃ、あたし……がんばる……うぅ……」

ぼく「JKちゃん……」




89: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:54:57 ID:m6B

数時間後……

ぼく「はい!ひっひっふー!」

JK「ひっひっふぅぅぅぅぅぅぅ」

ぼく「ほら、頭出てきましたよー頑張って!」

JK「んぐぐぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」

ぼく「いい調子!いい調子!」

JK「に"ゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!」

ぼく「あ、産(で)る!」
………………
……………………
……………………………オギャーオギャー……




105: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:48:22 ID:On5

JK「う、産まれたぁ……」

ぼく「おぎゃぁ!(ごくろうさん!)」

JK「あ……喋れるんだ……」

ぼく「おぎゃぁ!(JKちゃんのキツキツ産道よかったよ!)」

JK「きも……」

ぼく「おぎゃぁ!(ちょっと膣壁クンニしちゃった!)」

JK「まじで産まなきゃよかった……」




106: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:52:05 ID:On5

ぼく「おぎゃぁ!(お金のためだからしかたないよ)」

JK「確かに……てか、まじでスマホ持ってんだね……」

ぼく「おぎゃぁ!(防水でよかった)」

JK「そういう問題?」

ぼく「おぎゃぁ!(だから私はXPERIA)」

JK「あっそ」

ぼく「おぎゃぁ!(おっぱい飲みてぇな……)」




107: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:53:55 ID:NJk

おぎゃあ可愛い




108: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:55:45 ID:On5

JK「え、やだ……」

ぼく(君には母性ってもんがないのか?)

JK「だって中身おっさんじゃん」

ぼく(金持ちのおっさんだぞ?)

JK「粉ミルクじゃだめ?」

ぼく(買いに行ってる間に餓死するかも……赤ちゃんだから……)

JK「まじかー……牛乳もだめ?」

ぼく(あー、おっぱい飲まなきゃ死ぬー!!)

JK「はぁ、わかったよ……」




109: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:57:02 ID:NJk

頭の中に直接?!




111: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:01:49 ID:On5

JK「あんま見るなよ!」ペロン

ぼく「ばーばー(おぉ……JKおっぱい……)」

JK「ほら!」

ぼく「あぶぶ!(いただきまーす!)」

レロレロレロ……チュプ……

JK「あっ……ちょ……す、吸えよ!」

ぼく「んま!(まずは前戯でしょ?)」

JK「んっ、ほんっ、と……やめて……」

ぼく「んばー!(感じてるのかな?ん?ん?)」レロレロレロ




112: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:05:59 ID:On5

JK「乳首に蜂蜜塗るよ?」

ぼく(ごめんなさい!ちゃんと吸います!)

チュッチュッ……チュッチュッ……

JK「あ……あー……」

ぼく(どしたの?)チュッパチュパパ

JK「いやーなんか張りが楽になってく感じー」

ぼく(へぇ……)ピタ

JK「あ、ちょっ、なんでやめんの?もういいの?」




115: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:09:05 ID:On5

ぼく(おら、吸ってくださいって言えよ)

JK「はぁ!?」

ぼく(おっぱい吸われて楽になりたいんだろ?言えよ)

JK「はいはい、吸ってくださーい」

ぼく(おいおい、そんなんじゃ吸ってやんねーよ?おん?)

JK「もう、わかったよ……吸ってください」

ぼく(誠意が足りねーなぁ……)

JK「じゃあ、何て言えばいいの?」




117: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:14:41 ID:On5

ぼく(そうだなぁ……『パンパンに張ったEカップJKミルクタンクをおじさんバキュームで空っぽにしてください!』って言え)

JK「え……えぇ……つかなんでカップ知ってんだよ……」

ぼく(おっぱいが私はEカップよって語りかけてきたんだ!)

JK「きもっ……」

ぼく(で?言うの?言わないの?)

JK「……言うよ……やだけど……」

ぼく(ワクワク!)




118: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:18:31 ID:On5

JK「吸われたくてパンパンに張ったEカップたっぷりJKミルクタンクをおじさんバキュームで吸い付くして空っぽにしてください!!」

ぼく(お……おう……)

JK「なんだよ!ちゃんと言ったのにその反応!」

ぼく(いや、なんかプラスαされてたから……びっくりしちゃって……)

JK「よかったじゃん……」

ぼく(うん……もう精通起こすとこだった……)




119: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:22:04 ID:On5

数分後……

ぼく(あーうまかった!)

JK「あたしもスッキリしたぁ!」

ぼく(うっ……うう!!)

JK「ど、どうしたの!?おじさん!?」

ぼく(あ……が……げ……)

JK「あー、ゲップかー」トントントントン

ぼく「ゲブー!!」

JK「弟思い出すなーなつかしー」

ぼく「オロロロロロロロロロ!!!」




121: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:25:13 ID:On5

JK「ゲボってんじゃねぇよ……」

ぼく(すんません……飲みすぎました……)

JK「酒みたいに言うなよ……」

ぼく(ごめん……)ウトウト

JK「眠いの?」

ぼく(うん……ママの抱っこが気持ちよくて……)

JK「あそ……じゃ、おやすみ」

ぼく(うん……おや……すみ……)




122: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:27:55 ID:On5

弟「ただいまー」

JK「あ、お帰りー」

ぼく(スヤスヤ……)

弟「え、お姉ちゃん!?その赤ちゃんだれ?」

JK「あ、さっき産んだ」

弟「え!?じゃあ、僕の弟!?」

JK「いや、甥っ子だし!おじさんだけど……」

弟「え!?おじさんなの?」

JK「あんたがおじさんになったてこと」




123: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:30:19 ID:On5

弟「そういこと……てか、お姉ちゃん……」

JK「な、なに?」

弟「赤ちゃんって、卵子に精子が受精してできるんだよね?」

JK「う、うん……」

弟「お姉ちゃん受精させたの?」

JK「まぁ……そうなるかな……」

弟「すげー……」

JK「あ、誰にも言ったらだめだよ!」

弟「え!?だめなの?」




124: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)22:32:18 ID:On5

JK「だめだめ!」

弟「なんで!?」

JK「フクザツな事情ってやつ!」

弟「そ、そうなんだ……」

JK「うん……お願いね…」

弟「わかった……何かあったらお手伝いするから!」

JK「ありがと、お願いするかもね」




132: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)23:35:33 ID:2A8

一週間後……

JK「おじさんさぁ……」

ぼく「だ?(なに?)」

JK「おっきくなるの早すぎない?」

ぼく「あぶ!(たしかにいくらJKミルクが栄養満点だからと言っても……)」

JK「やっぱりかぐや姫的な成長すんのかな?」

ぼく「だ……(そんな……)」

JK「え?なんかあんの?」




133: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)23:39:37 ID:2A8

ぼく(そんなことになったらもう……授乳もしてもらえないし……)

JK「うん。早く大きくなって」

ぼく(なにより、JKにうんちの処理してもらう特殊プレイができないじゃないか!)

JK「おい」

ぼく(まぁ、その分プレイ料金は払うよ)

JK「子育てを風俗みたいに言うな」

ぼく(ママ……ぼくを子どもって認めてくれたのね!)




134: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)23:43:14 ID:2A8

JK「ち、ちがうし!」

ぼく(JKちゃんってさー、母性本能強いよね!いいママになりそう)

JK「…………ぐすっ」

ぼく(え!?なんか気に障ること言った!?)

JK「ほんとに……なれるかなぁ……ひっぐ……」

ぼく(えぇ!!?)

JK「ほら……あたし達の親……うっぐ……あんなんだから……」

ぼく(あぁ……そういうことか……)




135: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)23:46:02 ID:2A8

JK「あたしも……あんなのになるんじゃないかと思って……ひっぐ……こわかった……」

ぼく(大丈夫!JKちゃんは絶対いいママになれるよ!)

JK「あ、ありがとう……」

ぼく(JKちゃん……)

ぼく《この時、僕はもうセクハラはやめようと思った。今日だけ……》




136: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)23:49:49 ID:2A8

さらに二週間後……
ぼく「JKちゃん!みて!」テクテク

JK「あ、歩いてる……すごい!」

ぼく「いえーい!」

JK「ここまであっという間だったなー」

ぼく「うん……そうだね……ありがとう!」

JK「母乳も完全卒業だね!」

ぼく「え!?」

JK「もう離乳食だけで充分でしょ?」

ぼく「そ、そんな……まだポンポン痛い痛いになっちゃう……」




137: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)23:53:22 ID:2A8

JK「嘘つき」

ぼく「くそ!最後!最後一回だけ!」

JK「えーやだー」

ぼく「ママ……お願い……」ウルウル

JK「う……」

ぼく「ママ……ぼく……寂しいよ……」ウルウル

JK「い、一回だけだからね!」

ぼく「ありがとう!……ちょろいな」

JK「ん?なんか言った?」

ぼく「ちょ、ちょう大事に飲むよ!」




138: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)23:56:36 ID:2A8

ぼく「では、いただきます……」

チュプ……

JK「んっ……」

ぼく「JKミルク……」

チュッチュッ……

JK「ちょっと……あんまりえっちな吸い方しないでよ……」

ぼく「え?」レロレロレロレロレロレロ!!!!!!!

JK「あっ……やっ……やめてって!」

ぼく「いいんだろ?ん?」




139: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)23:59:47 ID:2A8

JK「やめろ!」ペシッ

ぼく「そんな!体罰!」

JK「教育です」

ぼく「ごめんなさい……」

JK「もう終わりです」

ぼく「そんな!やだ!」

JK「『はい』は?」

ぼく「は、はい……」

JK「うん!いいこだねー」ナデナデ

ぼく「えへへー」




140: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:03:15 ID:NFX

約半年後……

JK「おじさん……もう完璧におじさんだね……」

ぼく「うん」

JK「なんか、感動する……」

ぼく「JKちゃん……ずっと言いたかったことがあるんだ……」

JK「え、なに!?育ててくれてありがとう的なやつならいいよ!」

ぼく「ち、違うよ!勿論、感謝してるけど!」

JK「え……じゃあ……」




141: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:05:54 ID:NFX

ぼく「JKちゃん!」

JK「は、はい!」

ぼく「ぼく!25歳だから!まだおじさんには早いと思うんだ!」

JK「あ、えー……」

ぼく「ど、どうかな?」

JK「あー、うん。でも17歳からしたらおじさんだし……」

ぼく「そ、そっか……ごめんね……」

JK「うん……ごめん……」




142: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:11:26 ID:NFX

JK「ところでさ……あたしも言いにくい話なんだけど……」

ぼく「あ、借金の話?」

JK「うん……ごめん……」

ぼく「いいのいいの!僕が約束したことだから!」

JK「ほんとに払ってくれるの?」

ぼく「うん!勿論!育ててくれた恩があるからね!」

JK「うぅ……ありがとう……ほんとに……」

ぼく「でも、困ったな……ちょっとお金、足りないんだ……」




143: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:14:22 ID:NFX

JK「え?」

ぼく「いや、借金は返せるよ!ただ学費が……」

JK「い、いいよ!弟の学費まで!それは私が!」

ぼく「いや、それも足りてるんだ」

JK「え!?どういうこと……?」

ぼく「いやー、いくら新進気鋭の若社長の僕と言えど二人分の学費ねー」

JK「え……もしかして……あたしの?」

ぼく「うん。そうだよ」




144: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:16:51 ID:NFX

JK「いや、そんなのいいし!悪いよ!」

ぼく「保育士なりたいんだよね……」

JK「う……うん……」

ぼく「JKちゃんならいい先生になれると思うんだー」

JK「いや、でも……」

ぼく「これは、僕のためでもあるんだよ!」

JK「え?」




145: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:20:38 ID:NFX

ぼく「ほら僕の会社、ベビー用品扱ってるでしょ?保育所さんとパイプあったらなって思ってさ!」

JK「で、でも……」

ぼく「投資だよ、投資!保育士さんの意見も聞けるしJKちゃんがいつか所長さんにでもなったら商品使ってもらえるでしょ?」

JK「ほ、ほんとに……いいの?」

ぼく「うん。JKちゃんに育てられて思ったんだ……こんな先生ならいいなって……」

JK「あ、ありがとう……ひっぐ……」




146: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:25:33 ID:NFX

ぼく「そんな泣かないで……」

JK「でも、あたし……諦めてて……」

ぼく「だから、まずJKちゃんを、その後弟くんでもいいかな?」

JK「大丈夫なの?会社倒産しない?」

ぼく「し、失礼な!大丈夫だよ!これから赤ちゃんの気持ちが分かる僕が会社を経営するんだよ!大成功間違いなしだよ!」

JK「ごめん……ありがとう……」

ぼく「JKちゃん……勉強頑張ってね」

JK「うん……がんばる……」




147: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:29:22 ID:NFX

数年後……

保育士さん「こ、こらー!たかしくん!先生のおっぱい触ったらだめでしょ!」

たかしくん「へっへ!先生きょにゅーだから当たっちゃうんだよー」

保育士さん「むーもう!」

ぼく「たかしくん!気持ち分かるぞ!」

保育士さん&たかしくん「え?」

ぼく「ひさしぶりー」

保育士さん「おじさん……」




148: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:32:37 ID:NFX

ぼく「弟くんの学費用意できたよ?」

保育士さん「え、いや、あたし働いてるから大丈夫だよ!」

ぼく「約束だもん」

保育士さん「で、でも……」

ぼく「それに保育士さんのお給料じゃやってけないでしょ?」

保育士さん「う……」

ぼく「貰ってくれないかな?」

保育士さん「でも……でも……」




149: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:36:12 ID:NFX

ぼく「うーん……困ったな……」

保育士さん「おじさん……」

ぼく「ん?」

保育士さん「あたし……おじさんにはすっごい感謝してて……」

ぼく「そんなそんな!僕がどうしても払いたいんだよ!」

保育士さん「そ、それなら!その代わりあたしもおじさんに尽くします!」

ぼく「え!?」

保育士さん「もう一回、おじさんのお世話させて!」




150: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:38:39 ID:NFX

ぼく「そ、それって……」

保育士さん「うん。あたし、いい奥さんになるから……」

ぼく「え、ちょっ!ぼく元痴漢だよ!!」

保育士さん「あたしだって痴漢詐欺師だもん!同じだよ!」

ぼく「本気なの……?」

保育士さん「うん……いや?」




151: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:41:45 ID:NFX

ぼく「僕なんかでいいの?」

保育士さん「うん。おじさんがいい……」

ぼく「JKちゃん……」

保育士さん「おじさん……」

たかしくん「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

ぼく&保育士さん「??」

たかしくん「ぼ、ぼくの先生がぁぁぁぁぁぁあ!!」

保育士さん「た、たかしくん!?」

ぼく「やっぱり……いい先生になったんだね……」




152: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:45:38 ID:NFX

保育士さん「も、もう!」

ぼく「JKちゃん……」

保育士さん「な、なに?」

ぼく「もう一回、ぼくにママになってる姿見せてくれない?」

保育士さん「……うん……いいよ……」

ぼく「結婚しよう」

保育士「こちらこそお願いします……」

たかしくん「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!終わったぁぁぁぉぁ!!!けっていてきだぁぁぁぁぁあ!!!!!ママーーー!!」




153: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:45:53 ID:NFX

おわり




154: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:46:52 ID:ZyB

乙ー




155: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:54:19 ID:LiW

エピローグ

パパ「どう?我が北梅屋の新商品『おっぱいチュプチュプ』は?」

ママ「うん。ほんとに赤ちゃんに吸われてるみたいにおっぱい絞れてる!」

パパ「はは!そうだろ?自分がチュプチュプ吸ってるときを思い出したんだ!」

ママ「そう……でも、商品名変えた方がいいよ」

パパ「な、なんで?」

ママ「くっそ、キモいから!」

パパ「そ、そんな……」

オギャーオギャー

ママ「あ、起きたみたい!おっぱいあげなきゃ!」

パパ「ほんとにいいママになったなぁ……」




157: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)00:55:52 ID:NFX

お疲れさまでした。




158: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)01:19:08 ID:UeV

おつ!




159: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)08:49:10 ID:ssE

おつ!





・ ニュー速VIP@おーぷん2ちゃんねる に投稿されたスレッドの紹介でした
 ぼく「今、ぼくはどこにいるでしょうか!?」JK「え!?なに?」
水中で見る女の身体が異常にエ□いのはココ最近の常識だろwwww【画像30枚】
【網タイツ】コリャたまらんww網の隙間から色気がムンムンと放出してる女www【画像30枚】
【画像あり】スタイル完璧!AVデビューを果たしたドS女社長がこちらwww
【画像あり】この体位やったことあるやつはせセッ●スに相当貪欲だと思うwwwwwwwwwwwwwww
パンツ一丁の妹「私の好きな番組やるからどけゴミ」
神心会のメガネ「ほう、ハンター試験ですか……たいしたものですね」
月「母さんが変なノートを拾って家計簿つけてた」
壇蜜、乳首モロだしヌードエ□画像大量&正常位セッ●ス動画!喘ぎ声が意外に可愛いwwww
菜々緒、透け透け下着でお●ぱい見え!「乳房の全貌が」「ガチでエ□いわ」
【素人画像】日テレで映ったママが爆乳!そりゃ肩こりますわww
女子アスリートがめっちゃヌケルやん
【画像】12星座ブラ、全て制作完了する!エ●チだ…w
【画像】筋肉アイドルのセクシー水着案外ええなwwwww
このお●ぱいは反則でしょ… 胸の成長が凄まじい同級生
【画像30枚】奴隷として売られた女は例えばこんな目に遭ってますwwwwwwwwwwwwwww







 

SS宝庫最新記事50件