転載元:チェイス「雛見沢…」

関連記事
チェイス「雛見沢…」【前編】【後編】

248: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:16:50.92 ID:V45dP1CmO

沙都子「…あ…」

悟史『…』

沙都子「…何…で…?」

入江「…」

沙都子「…にーにー…」

圭一「…さ、沙都子?」

知恵「…そんな…嘘…」

悟史『…』

沙都子「…にーにー…にーにー!!」バンバン

圭一「…沙都子…」

沙都子「にーにー!!にーにー!!!」バンッバンッ

入江「…!沙都子さん…!」ガシッ

沙都子「離して!!離してぇ!!にーにーが!!にーにーが!!」

入江「起きません!!起きないんですよ!!彼は…!!」

沙都子「…!」

入江「…悟史君は…もう…!!」

沙都子「…え…?」

圭一「…どういうことだよ…あそこで寝てる奴が…沙都子の…?」

悟史『…』

圭一「…」

レナ「…」

圭一「…おい。…おい!!」バン!!

悟史『…』

圭一「おい!!何寝てんだよ!!お前!!!」

入江「…!前原さん!!」





 


水中で見る女の身体が異常にエ□いのはココ最近の常識だろwwww【画像30枚】
【網タイツ】コリャたまらんww網の隙間から色気がムンムンと放出してる女www【画像30枚】
【画像あり】スタイル完璧!AVデビューを果たしたドS女社長がこちらwww
【画像あり】この体位やったことあるやつはせセッ●スに相当貪欲だと思うwwwwwwwwwwwwwww
パンツ一丁の妹「私の好きな番組やるからどけゴミ」
神心会のメガネ「ほう、ハンター試験ですか……たいしたものですね」
月「母さんが変なノートを拾って家計簿つけてた」
壇蜜、乳首モロだしヌードエ□画像大量&正常位セッ●ス動画!喘ぎ声が意外に可愛いwwww
菜々緒、透け透け下着でお●ぱい見え!「乳房の全貌が」「ガチでエ□いわ」
【素人画像】日テレで映ったママが爆乳!そりゃ肩こりますわww
女子アスリートがめっちゃヌケルやん
【画像】12星座ブラ、全て制作完了する!エ●チだ…w
【画像】筋肉アイドルのセクシー水着案外ええなwwwww
このお●ぱいは反則でしょ… 胸の成長が凄まじい同級生
【画像30枚】奴隷として売られた女は例えばこんな目に遭ってますwwwwwwwwwwwwwww



249: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:17:26.75 ID:V45dP1CmO

圭一「何なんだよこれは!!何が!!どうなってんだよ!!」

入江「前原さん!!落ち着いて!!落ち着いて下さい!!!」

圭一「落ち着けるかよ!!沙都子が…沙都子がこんなに苦しんでるってのに…!あいつは…!」

入江「今は!!竜宮さんの手当てを優先させて下さい!!」

圭一「…!」

入江「…話は、その後に必ずします」

圭一「…」

レナ「…」

知恵「…」

圭一「…すいません」

入江「…いえ」




250: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:18:27.18 ID:V45dP1CmO

…。

梨花「ちょっと!あんまり揺らさないでよ!」

チェイス「足が無い。ならば自力で走るしかない」

梨花「だからってそんな馬みたいな速度で走られても困るのよ!」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…でも、もしもよ?」

チェイス「…」

梨花「…もし、鷹野三四がこの事件の犯人ならば…」

チェイス「…動機か」

梨花「…アンタの事だから、考えてるんでしょ?」

チェイス「…」

梨花「…鷹野三四はどうなの?アンタが思うに…」

チェイス「…」

梨花「どっちなの?」

チェイス「…判断は出来ない。あの女は自分の中身を中々見せない」

梨花「…間宮リナ、北条鉄平とは格が違うって事ね…いえ、あの二人が分かり易過ぎたのかしら」

チェイス「だが、ここまで大々的にそのような事をするのなら、きっとそれに相当する何らかの大義名分がある筈だ」

梨花「…」

チェイス「やらなければならない。そうしなければならない事情が」

梨花「…だからって、人を殺して良い理由にはならないわ」

チェイス「そうだ。だから捕まえる。人を殺す前に。そして罪は償わせる」

梨花「…もう、殺してるかもしれないわよ」

チェイス「ならば、これ以上の犠牲は出させない」

梨花「…どうしてそう言えるの?大量虐殺をしようとしてる奴なのよ?人なんか蟻を踏み潰すくらいに…」

チェイス「あの女にとっては、大量虐殺は必要最低限のものなんだろう。余計な事はしない筈だ」

梨花「…それは何?警察のマニュアルか何かで見たの?」

チェイス「そうではない」

梨花「じゃ…何?」

チェイス「俺の勘だ」

梨花「…それ、アテになるの?」

チェイス「分からない」

梨花「…あ、そ…」




251: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:19:12.82 ID:V45dP1CmO

梨花「…ねえ、チェイス」

チェイス「何だ」

梨花「…アンタ、人間を傷つけさせない、殺させないとか言ってるけどさ…」

チェイス「ああ」

梨花「…なら、羽入は?」

チェイス「…」

梨花「もし、 羽入がこの場にいたとしたら…」

チェイス「…」

梨花「アンタは、助けたの?」

チェイス「…」

梨花「助けてくれたの?」

チェイス「…羽入は俺に、こう言った」

梨花「…」

チェイス「自分は生命体かどうかも怪しい、と」

梨花「…生きとし生けるもの、には含まれないってこと?」

チェイス「…一つ、付け加えておこう」

梨花「…」

チェイス「助かりたい。そう思っているのならば」

梨花「…」

チェイス「俺は助ける。人類の脅威でない限り」

梨花「…」

チェイス「例え鬼でも、神だとしても」

梨花「…」

チェイス「守るべき者ならば、守りたい」

梨花「…そ」

チェイス「…」

梨花「…その気持ち、羽入にもきっと伝わってるわよ」

チェイス「…」

梨花「だから、アンタをここに連れてきたんだと思うわ」

チェイス「…」

梨花「…病院はもう直ぐよ」

チェイス「了解した」




252: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:20:13.97 ID:V45dP1CmO

校長「…む!」

チェイス「…」

梨花「あ…」

校長「…」

梨花「…今、中はどうなってるの…?」

校長「今現在、入江先生と知恵先生。前原君と沙都子さんが様子を見に行っています」

梨花「…レナは?」

校長「…貴方にとってこれは、予測出来なかったものなのですか?」

梨花「…ええ。完全にイレギュラーだわ。何もかも」

校長「…そうですか」

チェイス「鷹野はどうした?」

校長「…ええ。先程まで居た筈でしたが、まるで逃げるように姿を消してしまいました」

チェイス「…やはりか」

校長「…やはり、ということは?」

梨花「恐らく、鷹野三四こそがこの一連の事件の首謀者よ」

校長「…!」

梨花「動機は分からない。けど恐らく何かしらのバイオテロを大々的にやろうとしてる」

校長「…なんと…!」

梨花「…チェイス。瓦礫の向こうに反応は?」

チェイス「…そこにはない」

梨花「…なら、入るわよ」

チェイス「…待て」

梨花「?」

チェイス「俺の身体では、その穴は通れない」

梨花「…あ」

チェイス「どいていろ」

梨花「…ん」

チェイス「…」ブンッ




253: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:21:15.21 ID:V45dP1CmO

圭一「うわっ!?」

知恵「きゃっ!?」

入江「!?…また爆発…!?」

圭一「…何なんだよ…今日は…!」

入江「…私にも分かりません。ですが…」

圭一「?」

入江「…恐らく…いえ、鷹野さんはきっと何かをしようとしています」

圭一「…どういうことですか?」

入江「…彼女は…」

圭一「…」

入江「…いえ…もう隠せる状況ではありませんね」

圭一「…」

入江「話した感じですが…貴方は利口だとお見受けしました。…しかしまだ子供です」

圭一「…?」

入江「理解出来ない話かも、しれません。ですが…」

圭一「…構いません。全部聞きます。黙って、聞いています」

入江「…どうも」

知恵「…」




254: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:21:50.01 ID:V45dP1CmO

入江「私と、富竹ジロウ。そして鷹野三四」

圭一「…」

入江「全員表向きの職業がありますが、実は全員、ある組織から此方に派遣されてきた者なんです」

圭一「…ある、組織…」

入江「大元は明かせませんが、私達の属する組織、「東京」はその大元から援助を受けて成り立っています」

圭一「…そんな組織が、どうして?」

入江「この村特有の病気を、調べる為です」

圭一「…この村の、病気?」

入江「ええ。…その名も」

チェイス「雛見沢症候群…だな」

入江「!!」

圭一「!」




255: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:22:35.27 ID:V45dP1CmO

チェイス「…」

梨花「…」

圭一「左之助先生…梨花ちゃんも…」

チェイス「…沙都子が見ているのは…悟史か」

圭一「えっ…」

梨花「そうなのですよ。…まさか、こんなところにいたなんて…」

入江「…あの…」

チェイス「…」

入江「…何故、その名を?」

チェイス「話を続けろ」

入江「…私達はこの村に蔓延する病気、雛見沢症候群について調べていました」

圭一「…」

入江「…ですが、一向に解明はされず、援助は打ち切られる寸前でした」

知恵「…」

入江「…ですが、必ずこの村にはその病気があるのです」

圭一「…その根拠は?」

入江「…例えば、竜宮レナ…いえ、礼奈さん」

梨花「!」

入江「…彼女もまた、発症しています」

圭一「…なっ…!!」

入江「雛見沢症候群が発症する原因としては、疑心暗鬼になることや、極度のストレス」

チェイス「…」

入江「どちらも症状は同じく、非常に周りに対して攻撃的になり最後には自分自身を攻撃してしまう」

圭一「…それとレナが…」

入江「…彼女は、以前の学校で一度、大勢の生徒に対して金属バットによる暴力事件を起こしました」

圭一「!!?」

チェイス「…」

梨花「…」

入江「…勿論、この情報は表沙汰にはなりませんでした。まだ未成年ということもありますし、あまりに凄惨だったということもあり…」

チェイス「…」

入江「…保護された彼女は、警察にこう語ったそうです」

チェイス「…何だ」

入江「…オヤシロサマが、呼んでいると」

圭一「…!」




256: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:23:36.97 ID:V45dP1CmO

知恵「…あの」

入江「…はい?」

知恵「…そういった込み入った事情までは、私は知りません」

入江「…でしょうね。これは報道規制が入る程のものでしたから」

知恵「…その、オヤシロサマが呼んでいるというのは、いわゆる帰巣本能、ということで良いんですか?」

入江「…ええ」

知恵「…そんな…まるで寄生虫がいるみたいな…」

入江「…」

圭一「…え?」

知恵「…え…?」

入江「…この村に来た者は、必ず…」

圭一「…」

知恵「…」

圭一「…嘘…だろ…?」

知恵「…そんな…」

チェイス「…」

知恵「…だとしたら、この村を出た者は…」

入江「…雛見沢症候群は、空気感染によって起こります」

知恵「…つまり、全員が可能性を持っているということですか?」

入江「…可能性ではありません。間違いなく感染しています」

チェイス「それこそが、鷹野の狙いだ」

入江「え…?」

知恵「…?」




257: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:25:07.23 ID:V45dP1CmO

梨花「みー。鷹野三四は、この村を……えーっと……」

圭一「…?」

梨花「…」

圭一「…梨花ちゃん?」

梨花「…やめたわ。もうここまで来たら猫被ってる場合じゃない」

圭一「えっ…?」

入江「え?」

知恵「…」

梨花「鷹野はこの村でバイオテロを起こすつもりよ。…ターゲットはこの村の住人全て」

圭一「!!」

入江「…何と…」

梨花「…まあ、これは私達の推測だけど…でも、何か心当たりは無い?」

入江「え?…あ…え、ええ。…言われてみると…確かに鷹野さんは山狗という部隊を作ってはいますが…」

チェイス「…お前達は、関係無いのか?」

入江「…関係無いとは、言えません。もしかしたら、彼女のやろうとしていることの手助けをしてしまっていたかもしれませんから…」

圭一「…東京…雛見沢症候群…バイオテロ…」

梨花「正確には、雛見沢症候群に見せかけたバイオテロよ」

入江「…ちなみに、何故そのような推測を…?」

梨花「…見てきたからよ」

入江「…?」

梨花「この村の凄惨な結末を、何十回も、何百回も、何千回も」

入江「…ま、待って下さい。…その…つまり…?」

チェイス「古手梨花は、死ぬ度に何度も時間を戻してきた」

圭一「…は…?」

知恵「…」

入江「…」




258: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:26:06.29 ID:V45dP1CmO

入江「…」

チェイス「信じられないだろうが、今は関係無い。鷹野を止める。それだけだ」

入江「…成る程。そうですか…」

梨花「…」

入江「…何故、鷹野さんが、貴方にここまで執着するのか…分かりました」

梨花「…私?」

入江「…ええ。貴方の個人データをとにかく欲していましたから。彼女は」

梨花「…」

入江「…もし鷹野さんが、そのようなことをしているのならば、単純なテロでは終わらせないでしょう」

梨花「…どういうこと?」

入江「この村の象徴。表向きの象徴といえば、御三家の一つ、古手家」

チェイス「…つまり、梨花か」

入江「ええ。裏は園崎家ですが、この場合は無関係でしょう」

圭一「…」

入江「鷹野さんが最も重要視しているのは、雛見沢症候群、始まりの発端なんです」

梨花「…」

チェイス「…しかし、梨花が感染しているとは思えない」

梨花「私は大丈夫なのよ」

チェイス「…どういうことだ?」

梨花「…女王、だから」

入江「女王感染者。…古手家の人間は必ずそうなるんです」

チェイス「…!…そういうことか…」

圭一「…つまり…。…!!まさか…!!」

入江「…古手梨花が死ぬことで、パンデミックは始まる…」

知恵「!!」




259: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:27:06.15 ID:V45dP1CmO

圭一「…そんな…アンタら、病気を治しに来たんじゃねえのかよ!!」ガシッ

入江「がっ…!…そ、そうです…!ですが…彼女は…!!」

チェイス「…あの女だけか?」

入江「…え?」

チェイス「…富竹ジロウは、何処にいる?」

入江「…」

梨花「…いつもならば、もう死んでるわ。感染して…ね」

チェイス「…だが、仲間になった可能性も…」

入江「…それはありません。彼は常にこの村に対して真摯に向き合ってきた人間ですから」

圭一「…それが、嘘だって可能性も…」

梨花「…邪魔だから、殺した可能性もあるわね」

知恵「…しかし、それなら入江先生は何故…?」

入江「私は医者ですし、ここで毎日過ごしている者をそう簡単に殺せる筈はありません」

圭一「…なら鷹野さんはどうやってテロを起こすつもり…」

レナ「…あのー…」

圭一「ん?」

知恵「え?」

入江「?」

梨花「?」

チェイス「?」

レナ「…みんなでレナを囲んで、どうしたのかな…かな?」




260: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:28:04.00 ID:V45dP1CmO

…。

レナ「…やっぱり、鷹野さんは…」

入江「…推測の域を出ていませんが、彼女の普段を考えると、決してないことではない」

梨花「その上…レナを殺そうとした…」

レナ「うん。…でも、不思議な力で…助けられたっていうか…」

梨花「・・・」

チェイス「…」

圭一「…決まりだな。それで…その間宮って人もきっと…」

レナ「…多分、何処かに誘拐されたのかも」

知恵「…多分、自分の死体役でしょう。…それなら辻褄が合います」

チェイス「自分自身も死んだことにして、雛見沢症候群を完成させる、か…」

梨花「…止めないと…いけないわね」

圭一「…ああ。絶対に」

チェイス「…お前は、不安にならないのか?」

圭一「え?」

チェイス「お前の身体にも、雛見沢症候群を起こす虫が住んでいる」

圭一「…それは、不安ですけど…」

チェイス「…」

圭一「…でも、今はとにかく目の前の事件を、事件にしない。それが大事なんじゃないかって」

チェイス「…」

…。

梨花『…圭一はね、そんじょそこらの人間とは違う』

チェイス『…』

梨花『何があっても諦めない、強い意志を持った人間よ』

…。

チェイス「…」ポン

圭一「えっ?」

チェイス「…圭一」

圭一「は、はいっ!?」

チェイス「…お前は、強い人間だ」

圭一「…あ、ありがとう…ございます…?」




261: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:28:52.46 ID:V45dP1CmO

チェイス「…」スッ

圭一「…」

梨花「…どうするの?」

チェイス「警察に協力を仰ぐ。今は人数が必要だ」

梨花「…警察…」

チェイス「この村とは切っても切れない、刑事がいるとお前は言っていた」

梨花「…まさか…大石に?」

チェイス「そうだ」

梨花「…はぁ…。まあ、この際…仕方ないわね」

チェイス「…それと」ツカツカ

梨花「?」

チェイス「…」

沙都子「…」

悟史『…』

梨花「あ…」




262: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:29:42.54 ID:V45dP1CmO

チェイス「沙都子」

沙都子「…」

チェイス「その男は、まだ起きない」

沙都子「…」

チェイス「まだ、その男は戦っている。病気と」

沙都子「…」

チェイス「まだ、今は我慢する時だ」

沙都子「…」

チェイス「待っているのは、お前だけではない」

沙都子「…」

チェイス「…悟史も、きっとお前と再会出来る日を待っている筈だ」

沙都子「…」

チェイス「今は、そっとしておいてやれ」ポン

沙都子「…!」

チェイス「きっと、いつかまた会える。全てを清算した時に」

沙都子「…」

チェイス「…」

沙都子「…あ…」

チェイス「…」

梨花「…!!アンタ…」

チェイス「…?」

沙都子「…左之助さん…貴方…」

チェイス「…どうした」

梨花「…何よ」

チェイス「…?」

梨花「アンタ…笑えるじゃない」

チェイス「…!」

沙都子「…」

チェイス「…そうか」

沙都子「…良い、笑顔ですわね」

チェイス「…笑うというのは…」

梨花「…」

チェイス「…こんなにも、簡単な事だったのか…」




263: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:30:34.54 ID:V45dP1CmO

…。

鷹野「ハァッ…ハァッ…」

鷹野「…ハッ…ハッ…」

鷹野「…。開けなさい」コンコン

『…鷹野さんで?』

鷹野「そうよ。…早くしなさい」

小此木「…やけに機嫌が悪そうですなぁ……お」ガチャ

鷹野「…」

小此木「…その怪我…何を?」

鷹野「…ネズミに噛まれただけよ」

小此木「…ああ。やっぱり銃の扱いは下手なまんまですか」

鷹野「早くしなさい!時間が無いの!!」

小此木「はいはい…と、その前に手当てですよ」

鷹野「…こんな傷…」

小此木「裏方が調子悪くちゃ舞台は映えませんぜ」

鷹野「…分かったわよ」

小此木「…全く…」

…。




264: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:31:36.18 ID:V45dP1CmO

富竹「…」

リナ「…」

富竹「…静かになったね」

リナ「…」

富竹「きっと、鷹野さんが来たんだ」

リナ「…じゃあ、アタシもアンタも、ここまでってことね」

富竹「…随分、冷静じゃないか」

リナ「…逃げられないと分かってたら、諦めもつくわよ。人間」

富竹「…どうして諦めるんだい?」

リナ「身動き取れないように拘束されて、周りは敵しかいない。助けが来る保証は無し。どうするっていうの?」

富竹「…」

リナ「舌でも噛み切ってやろうかって思ったけど、結局あの女の欲しがってた死体になるだけ。…それにいざやろうとしたって、そうそう出来るもんじゃないわ」

富竹「…きっと、レナちゃんが事情を察してくれるよ」

リナ「アタシがあの子とあの子の父親に何したか分かってるんでしょ?」

富竹「…それでも」

リナ「でももクソもないわよ。裏切られたって、そう思ってるわよ。きっと」

富竹「…」

リナ「アタシみたいなゴミ屑はね、こういう結末がお似合いなのよ」

富竹「…その歳で、そんな事を思っちゃダメだ」

リナ「アンタみたいに真面目に人生歩んでないのよ。こっちは」

富竹「…」




265: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:32:31.37 ID:V45dP1CmO

リナ「…でも、後悔はしてるわよ」

富竹「…後悔?」

リナ「園崎の上納金よ。結局使わず仕舞い。どうせ死ぬって分かってたらぱーっと使っちゃって死にたかったわ」

富竹「…」

リナ「…金に執着し過ぎたのね。アタシは」

富竹「…君は一体、どういう人生を…」

リナ「どんなゴミみたいな人生歩んできたらそうなるのって?」

富竹「…そんなことは…」

リナ「…そうねぇ。死ぬまでの少しの間、まあ…話してあげても良いわ」

富竹「…」

リナ「…アタシね、普通の家庭に産まれて、フツー…に、育ってきたのよ」

富竹「…」

リナ「…なんてね、ウソウソ。ホントはアホみたいな家庭に産まれたわ」

富竹「…?」

リナ「元々ね、裕福じゃなかったんだけどさ、アタシが産まれて尚更貧乏になったのよ」

富竹「…」

リナ「それだけならさ、アタシだって頑張ったわよ。もうちょっと」

富竹「…」

リナ「…ある日を境にね、お父さんの寝室にお母さんが入らなくなったのよ」

富竹「…それは、どういうことだい?」

…。




266: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:33:12.90 ID:V45dP1CmO

リナ「ねえ。お父さん、ご飯食べないの?」

「…あの人は調子が悪いのよ。後で食べさせるわ」

リナ「…でも、昨日も、一昨日も…」

「貴方が寝てる時に起きてるから」

リナ「…どうしてリナは入っちゃダメなの?」

「病気が移っちゃうかもしれないでしょ。貴方はまだ子供なんだから」

リナ「でも、お父さんが心配だよ」

「その気持ちだけで私達は嬉しいわ」

リナ「…」

「…さ、お風呂に入って寝なさい。明日も学校あるんでしょ?」

リナ「…うん」




267: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:34:14.59 ID:V45dP1CmO

リナ「…zzz…」

「…」

リナ「…ん…んう?」

「…!」ピシャッ

リナ「?…お母さん?」ムク

「…」

リナ「お母さん。どうしたの?」

「…」

リナ「…?」ガラ

「…!」

リナ「…お母さん?何処かに行くの?」

「…ちょっと、出かけるのよ」

リナ「…何処に?」

「…散歩よ。散歩」

リナ「…こんな時間に?」

「ええ。…あと、リナ」

リナ「何?」

「…これ、渡しておくわね」

リナ「…これ……お金?」

「ええ。暫くはそれで暮らして」

リナ「え?」

「…」

リナ「…やだよ。お母さん何処に行くの?」

「…散歩よ。ちょっとだけ」

リナ「…なら、こんなの要らない!」ペシッ

「…リナ!!」

リナ「!」




268: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:35:21.74 ID:V45dP1CmO

リナ「…」

「お母さん、しばらく帰ってこれないかもしれないから。ここにお金、置いとくわね」

リナ「…いつ、帰ってくるの?」

「…分からない。…でもあの人もいるし、大丈夫よ」

リナ「…お父さん、昨日も、今日も…寝てるよ」

「…そう。そのうち起きるわよ。起こさないであげて。…絶対に」

リナ「…本当に、帰ってくるよね?」

「…そのお金は、絶対にお父さんには渡そうとしちゃダメよ」

リナ「どうして?」

「…どうしても、ダメなのよ」

リナ「…?」

「…お母さん、行くわね」

リナ「…」

「…じゃあね。さよなら」ガチャッ

リナ「…!お母さん!!」

「…!」ダッ

リナ「お母さん!!待って!!お母さん!!!」

リナ「お母さッ……」

リナ「…ハァ…ハァ…




269: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:37:15.19 ID:V45dP1CmO

リナ「お父さん!」バンバン

リナ「お父さん!!開けて!!お母さんが…お母さんが出てっちゃった!!」ガチャガチャ

リナ「起きて!!お父さん!!お父さん!!!」ベリッ

リナ「…!」

リナ「お父さん!!」バァン

リナ「お父さ…」

…。

リナ「…え?」

…。

リナ「…お父…さん…?」

…。

リナ「…うっ…」

…。

リナ「お…おえぇ…」

…。

リナ「…お父…さん…」

…。

……。




270: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:38:23.18 ID:V45dP1CmO

富竹「…」

リナ「最初はね、頭が真っ白になったの」

富竹「…」

リナ「そこにあったのが、自分の父親って思えなかったから」

富竹「…」

リナ「首吊っててさ。色んなものが出てたわ」

富竹「…君は…」

リナ「忘れられないわね。あれは」

富竹「…」

リナ「鍵じゃなくてね、接着剤がつけられてたのよ。ドアに。満遍なく」

富竹「…それで、異臭を抑えていたのかい?」

リナ「変な臭いするなってのはあったけどね。お母さんも香水めちゃくちゃつけてたし、よく分かんなかったわ」

富竹「…」

リナ「仕事クビになって、失業保険で頑張ってたけど無理で自殺」

富竹「…」

リナ「お母さんは私を捨てて消えたわ」

富竹「…」

リナ「そこからはもう、堕ちてくだけね。…察して」

富竹「…ごめんよ。そんな話を…」

リナ「良いのよ。減るもんじゃない」

富竹「減るさ」

リナ「…何がよ」

富竹「…「君」が」

リナ「…」

富竹「…」

リナ「…もう、すっからかんよ」

富竹「…」




271: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:40:37.00 ID:V45dP1CmO

リナ「…人にさ、迷惑かけちゃいけないってのは、知ってるわよ」

富竹「…」

リナ「…ならさ、この不公平、無くしてくれない?」

富竹「…」

リナ「何が悪いのよ。どん底から這い上がって」

富竹「…」

リナ「アタシの稼いだお金もあんのよ。何で取ったらダメなのよ」

富竹「…」

リナ「まるで、生まれたことが間違いみたいじゃないのよ」

富竹「…そんなことはないよ」

リナ「そんなことあるわよ。生まれて、親に捨てられて、どうやって生きてけってのよ」

富竹「…」

リナ「アタシの人生はね、あそこで終わったのよ」

富竹「…」

リナ「もう、無理。ホント」

富竹「…」

「…だから言ってるじゃない。せめて最後くらい人の役に立ちなさいって」




272: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:41:33.22 ID:V45dP1CmO

鷹野「…ね?」

リナ「ね、じゃないわよ」

鷹野「…でも、要らないんでしょ?」

リナ「助からないならね。助かるなら欲しいわよ」

鷹野「助かるのは私よぉ。うふふ…」

リナ「包帯まみれの格好で余裕ぶっこいてんじゃないわよ。アホみたいよ」

富竹「…その、傷は?」

鷹野「あら?何かしらねぇ…うふふ」

富竹「…」

鷹野「…ねえ、ジロウさん?」

富竹「…何度聞かれても、答えは同じだ」

鷹野「…」

富竹「僕は君達とは組まない。僕達はこの村を助けに来たんだ。殺しに来たんじゃない!」

鷹野「…強情な人…」

富竹「…そして、僕は諦めない」

鷹野「…何を?」

富竹「彼女と一緒に助かる事」

リナ「!」

富竹「…そして君を説得することだ」

鷹野「あら…そうなのぉ…うふふ」

富竹「…!」

鷹野「…ねえ、ジロウさん」

富竹「…」

鷹野「…時間は、無いわよ」

富竹「…!」

鷹野「…今日の夜までに決めなさい。じゃないと…」スッ

リナ「!」

富竹「…!それは…!!」

鷹野「うふふ…キレイでしょう?雛見沢症候群のウィルスなのよぉ…」

富竹「…取り出しに、成功していたのか…!!」

鷹野「この虫は人間に寄生するらしいから。だから宿主が死ぬと一緒に死んじゃうのよねぇ…」

富竹「…何故、そんなものを…!」

鷹野「…でも、それって、人間の体内に近い環境でも生き残れる可能性があるってことよねぇ…」

富竹「…それを…どうするつもりだい?」

鷹野「…ねぇ。ジロウさん」

富竹「…」

鷹野「ただでさえ感染してる私達が、その上獲物を求めて蠢いてる虫を…さらに注入されたらどうなるかしら?」

富竹「なッ…!?」

リナ「は…?」




273: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:42:18.00 ID:V45dP1CmO

…。

『…』ブォォォオオオオオオン

チェイス「…」

梨花「…来たみたいなのですよ」

沙都子「…あの人は…」

圭一「何だ?パトカー…?」

レナ「…警察の…?」

知恵「…」

入江「…」

『…』バタン

チェイス「…」

「お待たせしました。私は…」

チェイス「…お前が、大石か」

熊谷「え?…ああいや、私は違いますよ。熊谷と申します」

梨花「大石はこの人の倍は腹回りがあるのです」

熊谷「…あはは…」

チェイス「…?」

熊谷「…大石さーん!!早く降りて来て下さい!!」

「…いやァ…申し訳ありませんなあ」バタン

チェイス「…」

大石「子供達の目の前で煙草は吸えんですからなぁ。ひとしきり吸わせて頂きました」

チェイス「…大石、蔵人か」

大石「ええ。…その声は…貴方が、私に連絡を寄越した人物ですね?」

チェイス「…」

大石「…改めて、大石です」

チェイス「…左之助、と呼ばれている」

大石「…?……ああ!はいはい左之助さんですねぇ?よろしくお願イダダダダダダダダダダ!!!」

チェイス「…すまない。加減はしたが…」

大石「…ふ…ぬはっはっはっは!!こりゃ頼もしい若者ですなぁ…」




274: ◆GWARj2QOL2 2017/06/02(金) 22:43:15.06 ID:V45dP1CmO

大石「…それで?今回お呼びになったのが…」

チェイス「例の話だ」

大石「…えぇえぇ。聞いていますよ。鷹野さんの、話ですね」

梨花「確証は、ありますですよ」

圭一「レナが命を狙われたんです!銃を突きつけられたって…」

レナ「は、はい」

大石「…そうですか。それならば例えその推測が違っていたとしても、殺人未遂、銃刀法違反の疑いで拘束出来ますからなぁ…」

沙都子「俄かには信じ難いお話ですが、今日起きた事でもう…驚く事も無くなりましたわ」

大石「興宮にその報告はありませんが…まあそれを抜きにしても、調べん事には、いきませんなぁ。ねぇ熊ちゃん?」

熊谷「はいッス!」

校長「…どうか、よろしくお願いします」

知恵「生徒達や、村の方達の為に、私達も出来る限りのことはします」

大石「ええ。お任せ下さい!この大石、久し振りに燃えて来ましたよぉ!!」

入江「…」

大石「…それと、入江…さん?」

入江「…ええ。分かっています。全てを話すつもりです」

大石「話が早くて助かります。こういうものは時間が勝負ですからねぇ…」

チェイス「…」

大石「…?どうされましたかな?」

チェイス「…」

大石「…?」

チェイス「…ギアは、入ったか?」

大石「ぎ、ギア?」

チェイス「…いや」

大石「…ま!それは分かりませんが、ヤル気も…いや、そうですな…」

チェイス「…」

大石「エンジンは全開ですよぉ!!…なんて、ぬっはっはっは!!」

チェイス「…」

梨花「…何の話?」

チェイス「…あいつは…」

梨花「…?」

チェイス「…狸ではない」

梨花「どっからどう見ても…」

チェイス「あの男は…」

梨花「…」

大石「さぁて!事件解決の為、この大石蔵人、一肌でも二肌でも脱いでやりますよぉ!!」

…。

『…脳細胞が、トップギアだぜ!!』

…。

チェイス「「刑事」だ」

第10話 終




279: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:02:15.10 ID:tHBc7zmLO

茜「…全く、これじゃ今月は大赤字だねぇ…」

魅音「…母さん…」

茜「…まあ、カッコつけた手前そんなこた向こうにゃ言えないけどね」

魅音「でも、上納金を回収すれば…」

茜「持ち逃げするような奴さ。とっくの昔に高飛びしてんだろ」

魅音「…」

茜「…しかし、ありゃあ見事なもんだねぇ。びっくりしたよ」

魅音「…ましん…チェイサー…って言ってたけど…」

茜「どう見ても神様だなんて格好じゃないよ。あんなのがオヤシロサマだなんてアタシは認めないね」

魅音「…」

茜「…左之助先生とか呼んでたけど、ありゃまさか…知り合いかい?」

魅音「…分からない。でも声は左之助先生だった」

茜「…それにしたって、一体どういう事なんだろうねぇ。アタシらを守るって…」

魅音「…何かが、あるのかも」

茜「…ま、どうでも良いさね。こっちはこっちで忙しいんだ」

魅音「…」

茜「アンタも、やれる事はやっときな。次期当主なんだから」

魅音「…うん」




280: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:03:00.78 ID:tHBc7zmLO

…。

熊谷「…一応、まとめてみました」

大石「鷹野三四によるバイオテロ。それにレナさんがおっしゃっていた見覚えの無い髪の毛」

レナ「色も長さも、この辺の人ではありませんでした」

入江「…聞く限りでは、それは小此木という鷹野さんの右腕的存在…山狗のNo.2と考えて間違いはないでしょう」

大石「ええ。やはり事情を知る方がいると助かります。個人の特定も早い早い」

入江「特徴的な髪型ですからね。それに鷹野さんは彼に山狗の実質的な指揮を任せています」

熊谷「…この雛見沢には、小此木造園と名乗る方が頻繁に病院に立ち寄っていたそうです」

梨花「一つ分かれば全てがパズルのように組み合わさっていく…これなら…」

入江「ですが、そうも行きません」

梨花「?」

大石「ええ。個人の特定が出来ても、居場所までは分かりません。小此木造園という会社を調べてもらいましたが、そのような会社は興宮にも雛見沢にも存在していませんでしたから」

チェイス「…そして、人数だ」

大石「ええ。相手が何人いるのか…それに人質も取られている状態です」

圭一「人質なら、この村の住人全員じゃ…」

チェイス「間宮リナ。富竹ジロウ。この二人もだ」

大石「富竹さんは勿論のこと、間宮リナという女性には窃盗の疑いもありますからねぇ。きちんと逮捕しなければなりませんよ」

沙都子「上納金の回収ですの?…でもそれって…」

大石「ええまあ、「そこ」に関しては今回は目を瞑りましょう。園崎には恩を売っておいて損は無いでしょうから」

チェイス「…その事で、沙都子に伝えておかなければならないことがある」

沙都子「え?」




281: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:03:44.33 ID:tHBc7zmLO

…。

沙都子「…」

梨花「…鉄平は、自分の意思で罪を受け入れたのです」

沙都子「…」

圭一「…沙都子の…叔父が…」

大石「…ほほぉ。そうでしたか…」

梨花「きっと、これで良かったのです。過去を清算する事で鉄平は未来へと進む覚悟を決めたのです」

大石「…ふむ…」

レナ「?」

大石「実はですねぇ。興宮警察署は北条鉄平を要注意人物としてマークしていたんですよ」

熊谷「ええ。とても素行の悪い人間でしたから…しかし彼が更生するとは…」

チェイス「元々、そういう人間だったんだろう」

沙都子「…私は…」

梨花「?」

沙都子「…」

圭一「…沙都子?」

沙都子「…そんなことまで、考えてはいませんでしたわ」

入江「…」

沙都子「私は、ただあの方に笑顔を取り戻して欲しかっただけなんですのよ」

チェイス「…」

沙都子「…帰ってくる保証の無い仕事なんて、やるべきではありませんわ」

チェイス「…」

レナ「…沙都子ちゃん」

沙都子「?」




282: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:04:33.94 ID:tHBc7zmLO

レナ「…あのね?レナ達…初めは叔父さんが帰ってきたって聞いて、凄く不安だったんだ」

沙都子「…」

レナ「沙都子ちゃんがまたいじめられるんじゃないかって。もう学校に来ないんじゃないかって。ずっと思ってた」

沙都子「…」

レナ「…でもね、やめたんだ」

沙都子「?」

レナ「信じることにしたの。叔父さんを」

沙都子「…信じる…」

レナ「うん。圭一君がね?沙都子ちゃんの叔父さんを受け入れてあげないと、可哀想だって」

沙都子「…」

圭一「…俺だって、違うとこから来たんだし。でも…」

沙都子「…」

圭一「俺を受け入れてくれたこの雛見沢なら、きっと…って思って」

沙都子「…圭一さん…」

大石「…あー…ゴホン」

圭一「…」

大石「つまりは、こういうことですよ。北条さん」

沙都子「…?」

大石「…貴方の叔父を、信じてあげて下さい。そういうことですよ」

沙都子「…あ…」

大石「ええ。お兄さんを信じて待つように、叔父さんの事も信じて待ってあげるべきなんだということ、だと思いますよぉ?」

沙都子「…」

大石「話を聞くに、園崎家は北条鉄平にやり直す機会を与えてくれたんでしょうなぁ」

沙都子「…やり直す…。…あ…」

チェイス「…」

沙都子「…だから、あんな話を…」

レナ「…」

沙都子「…そう…ですの」

チェイス「お前が出来ることは、一つだ」

沙都子「…」

チェイス「二人が過去を清算し、そして帰ってきた時」

梨花「(…二人?)」

沙都子「…」

チェイス「笑顔で、迎え入れてやることだ」

沙都子「…ええ。そうですわね!」

梨花「…」




283: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:05:10.86 ID:tHBc7zmLO

校長「…話は、まとまったようですな」

知恵「…」

圭一「あ…」

大石「…それで、どうでしたか?」

校長「ええ。小此木造園の車を見たという老人が何人かいらっしゃったようです」

熊谷「助かります。私達警察はここの方達にあまり好かれていないようでしたから…」

知恵「出来ることは、何でもする。そう言ったじゃありませんか」

大石「頭が下がる思いですなぁ…ねえ熊ちゃん?」

熊谷「ええ」

校長「…しかし、やはり先の…例のアレでパニックになっていたようで…」

大石「構いませんよぉ。ルートを絞れるに越したことはありませんから」

知恵「…一応、目撃情報を元にある程度の所は絞れたんですが…」パサッ

圭一「…」

入江「…これ…は…」

レナ「…山…」

沙都子「…全部…ですの?」

校長「…山道へと走っていった以外無かったものですからな…」




284: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:06:09.94 ID:tHBc7zmLO

梨花「…山全てが、範囲…」

校長「ええ。見られている可能性もあるというのに単純なルートを辿っていくとは考えにくいものでして…」

大石「それは、間違いありませんなぁ。道という道を練れば捜査を撹乱させ、時間稼ぎになりますから」

チェイス「…この人数では、とてもじゃないが回れないな」

圭一「…雛見沢は、山に囲まれてますからね…」

レナ「…ここから探すなんて、一日二日じゃ無理だよう…」

沙都子「…監督。何か知りませんこと?」

入江「…これは鷹野さんの独自行動です。私にはどうにも…」

知恵「…本来の仲間にも、隙を作らなかったんですね」

入江「…ええ。恐らく山狗の隊員ともビジネスパートナー繋がりでしょう。彼女が全てを委ねる相手など、いませんよ」

圭一「…じゃあこれで終わりってことですか?」

チェイス「…」スッ

梨花「…」ゲシッ

チェイス「…?」

梨花「(「その力」はいざという時以外使わないで!)」

チェイス「…」

大石「…しかし、絞る方法ならありますよぉ」

知恵「…?」

大石「確かに小此木造園はここ何年かの間、雛見沢を出入りしていたようですが…しかし」

チェイス「…大仰に行動はしていない」

大石「その通り。秘密裏に行動していたでしょうな」

圭一「…そうか!つまり新しくアジトを建てる余裕は無かった!」

大石「おんやぁ…察しの良い子じゃありませんか」

沙都子「…どういうことですの?」

入江「…考えられるのは、既にあった廃墟、あるいは無人のビルを根城にしていた…」

大石「ええ。そして雛見沢を囲む山々にそれらしきものがあるのは…」

梨花「みー☆それならボクにお任せなのですよ」

レナ「梨花ちゃん。分かるの?」

梨花「ボクは生まれてからこの村をでた事が無いのです。どこに何があるかは全部頭に入ってるのですよ」

大石「やはり、知恵は出し合うものですなぁ。話が早くて助かります!ぬっふっはっはっはっは!」




285: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:07:07.18 ID:tHBc7zmLO

…。

鷹野「…」トントン

富竹「…」

鷹野「…」トントン

富竹「…」

リナ「…」

鷹野「…!」ドンッ

リナ「ッ…」

富竹「…何度聞かれても、何時間拘束されようとも、僕の答えは変わらないよ」

鷹野「…どうして?」

富竹「逆に聞きたいくらいだよ。何の罪も無い村の人達を殺すだなんて…」

鷹野「…これは、やらなければならないことなのよ」

リナ「…」

富竹「どんな理由があっても、罪も無い人を殺してはならない」

リナ「…」

鷹野「この実験が成功すれば!!私達の研究は報われるの!!私達の居場所が出来るの!!」

リナ「…なーんだ」

鷹野「!」

富竹「…」

リナ「…てっきり、アタシよりもクズなんていないもんだと思ってたけど…」

鷹野「…」

リナ「…世の中、広いもんね」




286: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:08:10.81 ID:tHBc7zmLO

鷹野「…何ですって…?」

リナ「人を殺すのに「実験」だなんて言葉使える奴なんて、もうクズとかの話じゃないわよ」

鷹野「…!!」

リナ「神様にでもなったつもり?」

富竹「やめるんだ!それ以上は…」

リナ「どうせ死ぬんだから。言いたいだけ言ってやるわよ」

鷹野「…貴方…」

リナ「おもちゃ貰って。それを自慢気に振りかざして」

鷹野「…」

リナ「アンタは神じゃないわ」

鷹野「…!!」ギリッ

リナ「ただの悪魔よ」

鷹野「…良いわ。もう…」

富竹「!」

鷹野「死にたいなら、今すぐ死なせてあげるわよ!!」ジャキッ

富竹「やめろ!!鷹野さん!!!」

リナ「…!」

鷹野「否定させない…!させるものですか…!!!」

富竹「鷹野さん!!!」

小此木「あーはいはい。そこまでそこまで」




287: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:09:16.56 ID:tHBc7zmLO

鷹野「…小此木…」

小此木「撃つのは結構。しかしサイレンサーも付けずに撃てば流石に響きますぜ」

富竹「…」

小此木「それにアンタの腕じゃもっと近くねえと、な」

鷹野「…それで、何の用かしら…!」

小此木「タイムリミットとか言ってる割には、随分待たせるもんですから。気になって覗いたらこうなってましてねぇ」

鷹野「…」

富竹「…」

鷹野「…ジロウさん。どうして応えてくれないの?」

富竹「君が間違った事をしているからだ」

鷹野「…」

富竹「僕らが目指していたものは、雛見沢症候群の研究、治療法のはずだ」

鷹野「…そんな悠長な事を言ってるから…打ち切られるんじゃない」

富竹「だから、無理矢理死なせて雛見沢症候群を立証したいのかい?」

鷹野「そうよ!!じゃないと…!」

富竹「…君は僕にも、誰にも過去をほとんど語らなかった」

鷹野「…」

富竹「…それは多分、君がそうなった理由のせいなんだろう」

鷹野「…」

富竹「教えてくれないか?どうして君がそこまでこだわるのかを」

鷹野「…」

小此木「…鷹野さん。時間ですぜ」

富竹「…」

リナ「…」

鷹野「…貴方は、どれだけ私が仲間に引き込もうとしても、首を縦に振らなかった」

富竹「…」

鷹野「どれだけ肌を重ねても。貴方は応えなかった」

富竹「…」

鷹野「…残念だわ」

富竹「…!」

鷹野「小此木。準備に取り掛かって」

小此木「はいよ」

リナ「…ここまで…か」

富竹「なッ…!!」

リナ「…礼奈ちゃん…」

小此木「ほら行くぞ。立ちな」

リナ「…ごめんね…」

富竹「…!クソッ…!!」




288: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:10:31.36 ID:tHBc7zmLO

…。

大石「…さぁて、左之助…さん?」

チェイス「…」

大石「貴方とは、こうして二人で話したくてですねぇ」

チェイス「…」

大石「「例」の件に関して…」

チェイス「…」

大石「そっちは…」

チェイス「解決の保証は無い。どうなるかもまだ分からない」

大石「そうですか…分かりました。…ま、それに関しては!まだやめておきましょう」

チェイス「…」

大石「…後は…個人的な、質問です」

チェイス「…何だ」

大石「率直にお聞きします」

チェイス「…」

大石「…貴方、何者ですか?」




289: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:11:08.06 ID:tHBc7zmLO

大石「どう見てもこの村の住人ではありませんし、そして紫左之助という名前の人間も…少なくとも古手家の親戚にはいませんでした」

チェイス「…」

大石「これは調べがついています」

チェイス「…」

大石「紫左之助という人間は存在しない。そして先の、雛見沢で起きたらしい身体の自由が効かなくなる事件…」

チェイス「…」

大石「…私、こう見えて腕力には自信があったんですがねぇ。貴方の力は私が経験した事の無い程のものでした」

チェイス「…」

大石「私は超常現象など信じてはいません。この世の全ての事件は人間によるものだと、考えています。…しかし…」

チェイス「…」

大石「…こう言うのは何なんですがねぇ。…貴方は…」

チェイス「お前の想像の通りだ」

大石「・・・」

チェイス「俺は人間ではない」

大石「…ほほう」

チェイス「…今言えるのはそれだけだ」

大石「…本気で言っているなら、普通はちょっと疑っちゃうんですがね…」

チェイス「…いずれ話そう。今は鷹野を止めることだ」

大石「…ふむ。実は、ですねぇ…」

チェイス「どうした」

大石「…その、「鷹野三四」なんですが…」




290: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:11:59.59 ID:tHBc7zmLO

鉄平「…」

「…」

鉄平「…」

「お前が今から行くとこは、所謂…蟹工船みてぇなとこだ」

鉄平「…」

「五体満足じゃあ帰って来れない可能性もある」

鉄平「…そうけ」

「だが、給料は良い。10年も真面目に働きゃ良い額にはなるぜ」

鉄平「…10年じゃ済まんじゃろ」

「上納金が見つかりゃあ、何とかなる」

鉄平「…気にしとらんのか。ワシは…」

「…話を聞いた時はあの場で八つ裂きにして埋めてやりたかったさ」

鉄平「…」

「…だがよォ…」

鉄平「?」

「おめぇ、本気で謝ってたろ。血が滲むくれぇ頭床に擦り付けてよ」

鉄平「…」

「謝る事なんざ誰にだって出来る。そういう奴ァ結局自分の為にやってるんだからな」

鉄平「…」

「だがおめぇは違った」

鉄平「…」

「子供の為、必死で謝った。命を投げ捨てて」

鉄平「…」

「大の男がそこまでしたんだ。流石の俺らだってそんな奴を責めたてようとは思わねぇ」

鉄平「…」

「茜さんも、当主も、そんなおめぇのメンツを立ててやったんだよ」

鉄平「…そうけ」




291: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:12:47.74 ID:tHBc7zmLO

「…にしても、その間宮リナってなぁ、本当に居場所が分からねぇのか?」

鉄平「…とっくの昔に、何処かに消えた。そう思うんが普通じゃ」

「ほーう…そりゃ…確かに10年じゃ済まねぇかもなぁ」

鉄平「…」

「…お?何だありゃあ…」

鉄平「…?」

「こんな山道、何たって車が…」

鉄平「車?…何処に…」

「ほんの少し轍が出来てんだろ。だがこんなロクに舗装もされてねぇところ、誰が走るってんだ」

鉄平「…」

「この山にあるのは動物か戦前に建てられた廃墟くれぇだぜ」

鉄平「…!おい!」

「あ?」

鉄平「…こ、この轍、追えるか?」

「そんな時間は無ぇよ。今から海まで行くんだぜ?」

鉄平「頼む!!」

「何だよ…まさかこの後に及んで…」

鉄平「違う!この先に間宮リナがおるかもしれん!!」

「あ!?」

鉄平「あの計算高い女が自分の周りに金を置いとるとは思えん!そんな誰も入らんような廃墟…金を隠すのにはうってつけじゃろうが!!」

「…!…成る程な…分かった!」ブオオオオオオン




292: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:13:33.34 ID:tHBc7zmLO

鷹野「…」カラカラ

富竹「…」

鷹野「…」カチャカチャ

富竹「…分かっているけど、あえて聞くよ。…それは?」

鷹野「分かっていると思うから、あえて言わないわ」

富竹「…変わらないね。君は」

鷹野「…」

富竹「結局君は、最後まで全てを見せてはくれなかった」

鷹野「…」

富竹「話す機会は幾らでもあった。悩みなら何でも聞こうと思ってたよ」

鷹野「…こうして、話してるじゃない」

富竹「違う」

鷹野「…」

富竹「君が言ったのは、悩みじゃない。何故なら君は悩んでないからだ」

鷹野「…」

富竹「君が欲しかったのは、都合の良い駒だけだ」

鷹野「…」

富竹「誰一人、信用などしていない。君は…」

鷹野「…貴方は、別だったのに」

富竹「僕は君の駒になる気は無い」

鷹野「…」

富竹「人殺しの片棒を担ぐなんて、死んでもごめんだ」

鷹野「…」




293: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:14:11.72 ID:tHBc7zmLO

鷹野「…ねぇ、ジロウさん」

富竹「…」

鷹野「雛見沢症候群って、誰が発見したか知ってる?」

富竹「…君の祖父だと聞いているよ。鷹野一二三という…」

鷹野「ええ。そうよ」

富竹「…それが…」

鷹野「本当はね、高野って書くのよ」

富竹「…?」

鷹野「…それと、私は鷹野三四じゃない」

富竹「…え?」

鷹野「捨てた名だけど、教えてあげる」

富竹「…?」

鷹野「私の本当の名前は…田無、美代子」

富竹「!!」

鷹野「高野一二三との血縁関係は無いわ」

富竹「…何だって…?」

鷹野「…」

富竹「…君は、一体…」

鷹野「…ある小さな女の子がいました」

富竹「え…」




294: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:14:54.50 ID:tHBc7zmLO

鷹野「小さな女の子には、趣味があったの」

富竹「…」

鷹野「それはね、お子様ランチについてる旗を集める事」

富竹「…」

鷹野「でもね、当時は高くてね…そんな頻繁に集められなかったわ」

富竹「…」

鷹野「…でも、最後。最後の一本を集められると思ったその時」

富竹「…」

鷹野「その子の親は、死んでしまったの。事故でね」

富竹「!」

鷹野「そして女の子は、施設に引き取られました…」

富竹「ちょ、ちょっと待ってくれ!君はッ」

鷹野「でもその施設にはとても怖い人達がいて、その子を含めた子供達は全員いじめられていたの」

富竹「…!」

鷹野「ある日、その子は逃げ出そうと必死に計画を練った…」

富竹「…」

鷹野「…失敗はしたけど、偶然見つけた公衆電話と10円玉で、ある人に助けを求めたの」

富竹「!…まさか、その人が…」

鷹野「死に絶える前に親が言い残した数字の羅列を必死で思い出して、その人に電話をしたわ」

富竹「…」

鷹野「そしたら、繋がったの」

富竹「…」




295: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:16:13.67 ID:tHBc7zmLO

…。

大石「…」カサ

チェイス「…写真…誰だ?」

大石「高野一二三。雛見沢症候群の研究の第一人者です」

チェイス「…鷹野?」

大石「いいえ。…えー…高野山。高野山の高野。高野一二三です」

チェイス「…待て。まさか鷹野三四は…」

大石「ええ。高野一二三は養子を取っています」

チェイス「…それが、鷹野か」

大石「いいえ。その子供の名前は「田無美代子」なっていました」

チェイス「…それは…どういうことだ?」

大石「私も気になりましてねぇ。勿論調べましたよぉ」

チェイス「…」

大石「彼女の親は田無さんが小学生の時に事故でお亡くなりになっていました」

チェイス「…」

大石「その後彼女は施設に引き取られ、そして高野一二三によって助けられました」

チェイス「…助けられた?」

大石「…この施設なんですがね、これがもう、随分酷い所でして。補助金目当ての為だけに建てられたような所なんですよ」

チェイス「…そこで、鷹野は…」

大石「ええ。彼女含めた子供達全員、虐待されていたそうですよ。死人も出ていたらしいですねぇ」

チェイス「…」

大石「…ま、因果応報。この施設の職員は全員児童虐待、殺人の疑いで検挙されていますが、ね」

チェイス「…そうか」

大石「一二三…三四…まあ恐らく、恩人の思いを受け継いだ名前…というところでしょうなぁ」

チェイス「…偽名か?」

大石「…いえ、大学に問い合わせたところ、確かに鷹野三四という生徒がいたそうです」

チェイス「…名前を、変えたのか」

大石「ええ。それ程までに、祖父の想いに応えたかったのでしょうなぁ…」

チェイス「…しかし、奴は方法を間違えている」

大石「ええ。止めなければなりませんねぇ」

チェイス「…」

大石「…ちなみに」

チェイス「?」

大石「…貴方、どう見ても人間なんですが」

チェイス「…」

大石「…」

チェイス「…それは、俺にとって褒め言葉だ」

大石「え?」




296: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:16:58.48 ID:tHBc7zmLO

…。

「…着いたな」

鉄平「…」

「…何たって小此木造園の車がこんなとこに…」


鉄平「それ以上近づくな。バレちまうじゃろうが」

「…しかし、ありゃあ興宮にある庭師って話だぜ?」

鉄平「…知らん。じゃが間違いなくあのアマはここにおる」

「…」

鉄平「…」

「仮に、間宮リナがボディガードなんて雇ってたらどうする?」

鉄平「…」

「そいつらがチャカ持ってたら、どうする?」

鉄平「…お前も持っとるんじゃろ」

「護身用に持ってるのはナイフだけだ。何せ目の前にいるのは丸腰のオッさん一人だからな」

鉄平「…」

「…」

鉄平「…しかし、ここでお前が間宮リナを捕まえりゃあ…」

「…そりゃ、まあ…」

鉄平「…?お、おい…」

「…ああ、見えてるよ。…間宮リナと…ありゃあ誰だ?男の癖に女みてぇな髪型しやがって…」

鉄平「…それと、もう数人…」

「…しかしありゃあ、仲間にゃ見えねえな。連れてかれる家畜みてぇになってやがる」

鉄平「仲間割れじゃろ。今度は逃げられんかったか…」

「…向こうの部屋に行ったな」

鉄平「…おう」

「…おい。一旦戻るぞ。良い情報が手に入ったからな」

鉄平「アホ抜かせ。ここであいつを捕まえんと一生捕まらんかもしれんぞ」

「相手何人いると思ってんだ!死ぬぞ!」

鉄平「…どうせ捨てた命じゃ。何度でも捨ててやる」

「…そんな台詞、俺も吐いてみてぇや…」




297: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:17:49.74 ID:tHBc7zmLO

鉄平「…おい、火…あるか?」

「あ?…ああ、あるよ」

鉄平「…マッチか。上出来じゃ」

「…何して…」

鉄平「これで気を引く。後は間宮リナを捕まえて逃げるだけじゃ」ビリッ

「…は?」

鉄平「ナイフ、貸さんかい」

「…何を…」

鉄平「今更お前一人殺したって逃げられるとは思わんわ。この車壊すんじゃ。貸せ」

「…は…は?」

鉄平「給油口は…ここか…!」ガギギ…

「…?」

鉄平「…ふんっ!!」バキャッ

「…」

鉄平「…良し…と」スッ

「…破いた服を、給油口に入れて…」

鉄平「…ゆっくりじゃ。玄関開けて放り込むぞ」ポタッ

「は!?」

鉄平「幸いこの建物は木造じゃ。よぉ燃えるじゃろ」

「い、いやそういうことじゃねえよ!」

鉄平「何じゃ」

「お、おめぇまさか…あの人数相手に…」

鉄平「戦うだなんて言っちょらんわ。奴らの気を引いて、その隙にリナを捕まえる」

「…」

鉄平「ヤクザじゃろうが。漢見せんか」

「!…言ってくれるじゃねえか。チンピラが…」

鉄平「そのチンピラが命懸けとるんじゃ」

「…おうよ。なら…い、行くぞ?」

鉄平「…おう」シュッ

「…あ、開けるぞ…」ギ…

鉄平「…」ボッ




298: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:18:40.81 ID:tHBc7zmLO

鷹野「…私はね、一二三博士の研究を世に知らしめたいだけなのよ」

富竹「…」

鷹野「周りの人間はこの研究の素晴らしさを理解出来ずに彼を失脚させたけど…」

富竹「…格好つけていても、それは所詮、ただの恨みだ」

鷹野「…何と言われようと、私はやり遂げる。彼の思いを受け継いで…」

富竹「なら、ちゃんと研究するべきだ!毒ガスで殺し、雛見沢症候群に見せかけるなど!!」

鷹野「そうしないと!!!」

富竹「!」

鷹野「…そうしないと、研究費が打ち切られてしまうのよ…!!」

富竹「…それでも僕は、絶対に認めない」

鷹野「…そう。そうなの」

富竹「…」

鷹野「…貴方は私を裏切らないって思ったのに…」

富竹「…裏切ったのは、君だ」

鷹野「…さよなら」

富竹「…いや」

鷹野「…え?」

富竹「残念ながら、僕はまだ生きられそうだ」

鷹野「…?…えっ!?」




299: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:19:22.20 ID:tHBc7zmLO

小此木『ゴホッ!!ゴホッ…!か、火事だ!!火事だ!!!』

鷹野「!?」

富竹「…!でえ…やっ!!」ドスン

鷹野「きゃあっ!」

小此木『誰か!水だ!水持ってこい!このままじゃ全員お陀仏だぞ!!』

富竹「脚は…動く。なら…!」

鷹野「!ま…待ちなさ…!」

小此木「クッソ…!誰が…!!」

富竹「…!…!!」ズリズリ

鷹野「小此木!!ジロウさんを捕まえて!!」

小此木「!?…テメェ…!」ガチャッ

富竹「…!」

小此木「…逃がッ!?」ドカッ

「…」

富竹「…え?」

小此木「がっ…!痛ぇ…!!」

鷹野「!?」

「…」グイッ

富竹「!…え、え?」

「行くぞ」

富竹「!…は、はい!」

鷹野「待ちなさい!!…このっ…!!」パァン

「うおっ!?やべぇ早く逃げるぞ!!」

「分かっとるわ!!こっちを手伝え!!」

「バカ!こっちも一人抱えてんだぞ!」

「こっちは椅子に縛られた野郎じゃ!どんだけ重いか分からんのか!!」

「…ああもう、行くぞ!!」

鷹野「逃がさな…ッ…!」ズキン

「おい!椅子なんかどうでも良いからトランクにでも詰め込んどけ!」

鷹野「…足が…!!」

「早く出さんか!!追いつかれるぞ!!」

鷹野「…」

…。




300: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:20:57.71 ID:tHBc7zmLO

小此木「…つつ…思いっきり殴りやがって…」

「小此木隊長!」

小此木「…あ…?…おい!俺の事は良い!!早く火を消せ!!」

「え、は、はい!」

小此木「他のとこはどうでもいい!保管庫だけには火を近づけるな!!毒ガスに引火でもしたら全員木っ端微塵だぞ!!」

「…!」

小此木「分かったら早くしろ!!全員死んじまうぞ!!」

鷹野「…」

小此木「鷹野三佐!!アンタもボーッとしてねぇで手伝ってくれ!!」

鷹野「…!」

小此木「こんな所で死にてぇのか!!アンタは!!」

鷹野「…分かったわ。…痛ッ…!」

小此木「…ああ?」

鷹野「ごめんなさい…ジロウさんに突き飛ばされて…」

小此木「…だからあれ程訓練を受けろって言ったでしょうに…!銃はおろか受け身の一つも取れねぇのか…!」

鷹野「…」

小此木「…ええい!今はこの火を止めることだ!!お前ら!絶対にこの火を保管庫に回すな!!」

鷹野「…ジロウさん…」




301: ◆GWARj2QOL2 2017/06/06(火) 22:22:14.24 ID:tHBc7zmLO

…。

鉄平「…ッハァ!!」

「ハーッ…ハーッ…」

富竹「…」

鉄平「…あー…やっちまったなぁ」

「あー!!!こりゃ気持ち良いじゃねえか!!なァ!?」

鉄平「やかましいわ!!…このアマ…とんでもなくヤバい奴らと手を組みよってからに…!!」

リナ「…」

鉄平「リナ…!もう逃がさんぞ…!!」

リナ「…」

鉄平「お前だけは許さん。このまま園崎に…」

リナ「…った…」

鉄平「あ?」

「?」

リナ「…かった…」

「…何だって?」

リナ「…良がっ゛だぁ゛…」

鉄平「…」

「…」

富竹「…」

鉄平「…お?」

第11話 終




310: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:14:37.19 ID:uQrDoXrNO

鉄平『…』ボッ

『うおっ…よく燃えんなぁ…』

鉄平『…』ポイッ

『…おまっ…そんな簡単に…!』

鉄平『ボサボサしとれんのじゃ。躊躇っとったら死ぬぞ』

『…!』

『うわっ!?煙だ!!火が出てるぞ!!』

『かなり燃えてるぞ!!何が起きた!?』

『水だ!水持ってこい!!』

鉄平『…よし!今じゃ!』ダッ

『…あー!!もうどうにでもなれ!!』ダッ

小此木『ゴホッ!!ゴホッ…!か、火事だ!!火事だ!!!』

鉄平『…!』

小此木『誰か!水だ!水持ってこい!このままじゃ全員お陀仏だぞ!!』

『…おい!リナだ!居たぞ!』

鉄平『!』

リナ『…』

鉄平『…貴様…よくもこのワシを…!』

リナ『…鉄平…』

『怒るのは後にしろ!運ぶぞ!』

鉄平『…ッチィ!』

リナ『ま、待って!』

『待てるか!!』

リナ『向こうの部屋!向こうの部屋にもう一人捕まってる!!』

『ぁあ!?』

リナ『助けてあげて!!あっちも殺されそうなの!!』

鉄平『…ああクソ!!』ダッ

『早くしろよ!!』

…。

鷹野『小此木!!ジロウさんを捕まえて!!』

小此木『!?…テメェ…!』ガチャッ

鉄平『…』コソッ

富竹『…!』

鉄平『…フンッ!』ブンッ

小此木『…逃がッ!?』ドカッ

鉄平『…』

富竹『…え?』

小此木『がっ…!痛ぇ…!!』

…。




311: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:15:16.36 ID:uQrDoXrNO

リナ「?え゛え゛…」

「…な、何だァ?こいつ…」ブオオオオン

鉄平「知るか。またいつもの嘘泣きに…」

富竹「違う」

鉄平「?」

富竹「彼女は、本当に命を諦めかけていたんだ」

鉄平「…まあどうでもええわ。…いやどうでも良くないのう」

富竹「…」

鉄平「…ありゃあ何じゃ?拳銃まで持っとったぞ」

富竹「…あれは…」

リナ「…あいつら、この村の住人全員殺すつもりだって」

鉄平「…!?」

「…な、何だそりゃ。どういうことだ?」

リナ「…あいつら言ってたわ。保管庫にある毒ガスで住人を全員殺して、雛見沢症候群に見せかけるって…」

「…んな突拍子もねぇ話…」

富竹「…本当だよ」

鉄平「…何?」

富竹「あそこにいた拳銃を持っていた女性は鷹野三四。…山狗という小隊の長だ」

鉄平「…あいつがか?」

富竹「最も彼女は軍の訓練を受けていないから、銃は撃てても当てられる程の技術は無い。受け身の取り方も分からない」

「…そんな奴が、どうして…」

富竹「実質、隊の指揮を取っているのは、貴方が殴り倒した小此木という男だ」

鉄平「…」

富竹「あの場は冷静さを失っていた上、不意打ちで何とかなったけど…本来の彼は山狗の中でも選りすぐりの隊員だ。もし彼と面と向かっていたら、きっと二人とも命は無かった」

「…そんなやべぇ奴なのか…顔見られてねぇよな?」

鉄平「こっちはこのアマさえ捕まえられりゃ何でもええんじゃ。戦おうだなんて思っちょらん」

リナ「…アタシ、本当は燃やされる予定だったんだって」

鉄平「…あ?」




312: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:15:57.08 ID:uQrDoXrNO

リナ「鷹野って女は、この村のナースの振りして、本当はあの部隊の隊長だった。小此木って奴が…何だっけ?さん…さ?」

富竹「鷹野三佐。彼女の軍での階級だよ」

「…」

富竹「東京大学を首席で卒業。エリートとして色んな人脈を作り、山狗という部隊を立ち上げた…」

鉄平「…ワシが一番嫌うタイプのアマじゃのう」

富竹「三佐の階級と山狗の地域に浸透した諜報網、そして必要とあれば県警から日本政府に至るまでを動かすことができる絶大な権力を彼女は所有している」

鉄平「…あー…」

「悪ぃ。もうちょっと分かりやすく説明してくれ」

富竹「偉いって事さ」

鉄平「極端にも程があるわ」

富竹「…というより、出来ればこの拘束を解いて欲しいんだ。流石に腰が痛くなってきてね…」

鉄平「お?…おお」

リナ「…良いよ。アタシがやるから、続けて」

富竹「ありがとう。…しかし、それはつい最近までだったんだよ」

鉄平「…?」

富竹「…その昔、高野一二三という、雛見沢症候群の研究をしていた男がいてね…」

「…さっきも言ってたけどよ。その雛見沢症候群ってなぁ…何だ?」

富竹「この村特有の寄生虫による病気さ。これに感染するとその人間は凶暴化し、全てを信用出来なくなる」

鉄平「き、寄生虫…?」

富竹「この村にいる以上、感染率は100%だ」

リナ「え…?」

富竹「君達も、僕も感染している」

「…身体ン中に虫が入ってるたぁ…気持ちの悪い話だなぁ」

リナ「そういう問題…?」




313: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:16:40.13 ID:uQrDoXrNO

鉄平「…で、それはいつ発症するんじゃ」

富竹「具体的には決まっていない。けど、少しでも不安を感じたら、それは始まる」

リナ「不安…?」

富竹「例えば、誰かを信用出来なくなったり…そんなことはなかったかい?」

鉄平「そんなことしかないわ」

リナ「…」

富竹「…えっ…?」

鉄平「ワシはこのアマに儲け話持ち掛けられて、全部掻っ攫われたんじゃ」

富竹「…それで、発症していないのかい?」

鉄平「その話がデタラメなだけと違うんか?」

富竹「そ、そんなはずはない!既に前例が…」

鉄平「…」

「守りたいモンが出来た。からじゃねぇのか?」

鉄平「あ?」

富竹「え?」

「…その鉄平って奴ァな、自分の為じゃなく、人の為に命を捨てたんだ」

富竹「…」

「細けぇことは分からねぇけどよ。つまり…自分の命の為に人を攻撃するってことだろ?その病気ってのは」

富竹「…そう、だね。宿主が死ねば寄生虫も死ぬ。寄生虫は生きる為に宿主を利用する…」

「だが、こいつはその寄生虫には従わなかった」

鉄平「…」ポリポリ

「つまり、勝ったってことだな」

富竹「…そんな…」

鉄平「…」ポリポリ

リナ「…鉄平…」




314: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:17:17.34 ID:uQrDoXrNO

鉄平「…確かに、前までのワシならその寄生虫にかからずとも人なんぞ誰も信用しとらんかったわ」

富竹「…」

鉄平「…ま、それも大金の前じゃ何てことないモンじゃったがのう…」

リナ「…」

鉄平「…お前に持ち逃げされて、無一文で逃げるように雛見沢におる沙都子っちゅう、一応家族の家に転がり込んだ」

リナ「!…そんな近くに…」

鉄平「……昔は、よう虐めとったわ。ドン臭くてのう…」

「…」

鉄平「…そこは変わっとらんかったが…」

富竹「…」

鉄平「唯一頼りにしとった兄もおらん、親もおらん。家族なんざだーれもおらん状態でのう…」

リナ「…」

鉄平「それでも、必死で生きているあいつの顔が…とんでもなく眩しく見えたんじゃ」

「…」

鉄平「…それに比べワシは、何をしとるんか…そう思ってな」

富竹「…守りたいものが、出来た…」

鉄平「…お前もその内分かるわ」

リナ「…アタシも、ね」

富竹「?」

鉄平「…」




315: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:17:56.95 ID:uQrDoXrNO

リナ「アタシも、雛見沢に隠れてたんだ。そっちのが見つからないかなって思ってて」

鉄平「…分かっとるわ。さっきの反応で」

リナ「たまたまお店に来てた上客がね、前の奥さんから貰った慰謝料が沢山あるからって…」

鉄平「…がめついお前の事じゃ。それも掻っ攫おうと思ったんじゃろ」

リナ「その時はね、そう思ってた」

「…その時は?」

リナ「…色々あってね。やっぱり恨み買っちゃうんだ」

鉄平「…」

リナ「丼でぶん殴られそうになったんだけど、その人の娘に助けられてね」

富竹「…レナちゃんだね」

リナ「うん。アンタは知ってると思うけどさ…」

富竹「…君も、彼女を助けたい一心で、寄生虫の魔の手から逃れたんだね」

リナ「今知ったんだけどね。それ」

鉄平「…」

リナ「…今更だけど、上納金なら竜宮さんの家にある庭の下に埋めたよ」

「あ!!?」

鉄平「・・・」

リナ「一銭も使ってない。…それどころじゃなかったし」

「…そうか」

リナ「…ごめんなさい」

「俺に謝られても困るんだよな…」

リナ「…鉄平も、ごめん」

鉄平「…その竜宮ってのに謝るのが先じゃろ」

リナ「…ん」




316: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:18:40.45 ID:uQrDoXrNO

「…さて、と」キッ

富竹「?…どうして車を…」

「…まあどうせもう待ち合わせには間に合わねえんだ。だから聞けるだけ聞いとくが…」

富竹「…」

「話を戻すが、さっきおめぇは鷹野って奴が偉かったのはつい最近だって言ってたな?」

富竹「…ああ」

「そりゃ何だ?何か失敗でもしたのか?」

富竹「…雛見沢症候群の第一人者、高野一二三。理由は割愛するけど、鷹野さんの命の恩人さ」

「…」

富竹「…彼はある日突然研究費を打ち切られてね。研究の中断を余儀無くされたんだ」

リナ「…その時、鷹野は?」

富竹「僕もさっき聞かされた話だから信憑性までは分からないけど、彼と折り合いがつかない学会側が無理矢理失脚させたらしいんだ」

リナ「…」

富竹「結局、一二三はそのまま病気で亡くなったらしい」

鉄平「…それで、その無念を目の前で見たっちゅうわけか」

富竹「命の恩人が、良いように利用され、消された。彼女にとってはたまらなく嫌なことだっただろうね」

「…だろうな」

富竹「…そこから彼女の人生は、高野一二三に捧げられた。彼の為に、彼の研究を本物にする為に」

鉄平「…」

富竹「先の頭脳と……どうやって作ったかは想像に任せるしかない人脈。それで再び雛見沢症候群の研究機関を作ったんだ」

リナ「…」

富竹「…しかしね、前例がある、といってもこの寄生虫は宿主が死ぬと同時に消滅する。正直なところ、証明しようが無いんだ」

鉄平「同じ轍を踏んだ…ちゅうことかい」

富竹「ああ。初めはカットされる程度だったけど、どんどん下がっていってね。最後には打ち切りの話が出たんだ」

リナ「それをさせない為に鷹野は毒ガスを使って…」

富竹「ああ。だがそれはあくまで最後の手段に過ぎない」

「…どういうこった?」




317: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:19:20.30 ID:uQrDoXrNO

富竹「…雛見沢症候群が発症する条件として、まず疑心暗鬼になること」

「…ああ」

富竹「それと、女王の死」

鉄平「…女王…だァ?」

富竹「そう。この雛見沢症候群に感染していても影響を一切受けない。それどころか薬を拒絶する程身体が病気に慣れてしまっている」

リナ「…何それ」

富竹「…古手家の人間だ」

「…今古手家の生き残りって言ったら…梨花ちゃまか!?」

富竹「そう。鷹野さんがこの実験で最も重要視しているもの。それが梨花ちゃんだ」

鉄平「…待て。梨花っちゅうと…沙都子の友達か!?」

富竹「…ああ。彼女の死を目撃することによって信仰心の強い雛見沢村の人達は皆連鎖的に発症する。という鷹野さんの考察だ」

鉄平「仮にその考察が正しいとしても、そんなもん…!」

富竹「認められる訳がない。しかし鷹野さんは止まらない」

「…つまりあれか。梨花ちゃまが死んで、村人達が死ねば、ほら病気はあったでしょってか…?」

鉄平「死ぬ理由なんざどうでもええ。結果論っちゅうことか…」

リナ「…それで、混乱の最中に毒ガスを…」

富竹「…そういうことだ。彼女は警察とも繋がりがある上、医学の道ではトップクラスの知識を誇る。その彼女が雛見沢症候群だと言えば、警察もそれに準ずるだろう…」

リナ「…そんな凄い奴だったなんて…」

「…ここに来て雛見沢の鎖国状態が皮肉にも役に立っちまったってことか…」

鉄平「…なんちゅう厄介な奴じゃ…」

「…そりゃあ、俄かには信じ難いが…確かに辻褄は合うな。さっきのを見りゃあ…」

富竹「…お願いだ。このままでは雛見沢村の人達が危ない。何とかして止めて欲しい」

「…てめぇの知り合いのケツ拭けってことかよ…」

富竹「…」

「…あああああ!!!こうなったらヤケだ!!行くぞ!!」ブオオオオオオン




318: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:20:04.27 ID:uQrDoXrNO

…。

チェイス「…」

悟史『…』

梨花「…」

チェイス「…この子が叔母を殺したことは、皆知っているのか?」

梨花「…確信は無いけど、状況的にそう思うのが普通よ」

チェイス「…」

梨花「棒のようなもので撲殺。消えた悟史。血の付着した悟史の名前入りの金属バット。事件が起きる前、性格がガラッと変わった彼…」

チェイス「…沙都子も、知っているのか?」

梨花「あの子には…重過ぎるわ」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「人をここまで変えてしまう病気、か」

梨花「恐ろしいでしょ?」

チェイス「確かに、この病気は無くさなければならない」

梨花「…うん。そうね」

チェイス「…」

梨花「…ねぇ。もしも、よ」

チェイス「…」

梨花「もし、私が発症したらどうする?」

チェイス「…お前は、発症しない筈では…」

梨花「もしもよ。もしも」

チェイス「…」

梨花「アンタのことも信用しなくなって、攻撃的になって」

チェイス「…」

梨花「怒り狂って、誰かを殺そうとしたら」

チェイス「止めるだけだ」

梨花「…簡単に言うのね」

チェイス「相手がロイミュードでないなら、止めることは造作も無い」

梨花「…そうだったわね。アンタの力なら今すぐにでも鷹野達を…」

チェイス「…」

梨花「…そう簡単にいかなかったわね」

チェイス「相手が無差別に人間を殺せる武器を持っていて、いつでも殺せる状態にあるというのならば、俺もそう簡単には動けない」




319: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:20:48.58 ID:uQrDoXrNO

梨花「…時間を止めて、そのまま相手のいる所突き止めてボコボコにするとかは?」

チェイス「俺にそこまでの力は無い。それに止められるわけではない」

梨花「どうして?だって…」

チェイス「数十分にコンマ数ミリ程度だが、人間でも身体は動かせる」

梨花「…スローになるってだけ?」

チェイス「それが俺の限界だ。それに永遠に続けられる訳ではない」

梨花「…そっか」

チェイス「下手に動いて奴らを刺激すれば、取り返しのつかないことになる」

梨花「…ごめん。無理言ったわね」

チェイス「…俺もまた、神ではない」

梨花「…」

チェイス「お前達より少し未来に生きているだけのロボットだ」

梨花「…33年でそんなに進歩してるってのが驚きだけどね」

チェイス「…抜きん出た者が二人居ただけだ」

梨花「…チェイス」

チェイス「どうした」

梨花「…これで、私達が助かったら、さ」

チェイス「…」

梨花「アンタはどうするの?」

チェイス「…」

梨花「少なくとも、その剛っていう親友と会えるまで33年間、必要なのよ?」

チェイス「…」

梨花「…長いわよ。結構」

チェイス「…」

梨花「…その期間くらい、ここに居れば?」

チェイス「俺は、生きているのか死んでいるのかも分からない存在だ」

梨花「…でも、触れるわよ?」

チェイス「…それは、使命によって生かされているだけかもしれない」

梨花「…使命を終えたら、死ぬってこと?」

チェイス「不明だ」

梨花「そんな、使い捨てみたいなマネ…させないわよ」

チェイス「…」

梨花「…」

?「悟史くぅぅぅぅぅうううううん!!!!!」ダダダダダダダ

梨花「!?」

チェイス「!」




320: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:21:23.70 ID:uQrDoXrNO

詩音「悟史君!!悟史君!!?」バンバン

チェイス「…」

梨花「詩ぃ!落ち着くのです!」

詩音「落ち着ける訳ないでしょ!!!」

チェイス「お前は、あの時の…」

詩音「どうしてここに悟史君がいるんですか!?説明して下さい!!」

梨花「その前に、どうしてここに?」

沙都子「私が、連絡しましたの」

梨花「え?」

詩音「沙都子から連絡を受けて、半信半疑だったけど、藁にもすがる想いで…」

梨花「…詩ぃ…」

詩音「…夢だと思ってた。夢だと思って、諦めかけてたのに…」

チェイス「悟史とはどういう関係だ?」

詩音「…そんなの、察して下さいよ」

梨花「詩ぃ。どうせ左之助に女心は理解出来ないのですよ」

沙都子「とんでもない殿方ですわね」

詩音「コホン。…友達以上、恋人未満…です!!」

チェイス「それは分かっている」

詩音「何なんですかこの人!!!」




321: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:21:58.91 ID:uQrDoXrNO

詩音「…まあ、初めに関係を持ったのはお姉なんですよ。それでお姉が興味を持つっていうのはどんな人なんだろうって私も関わり出して…」

チェイス「…そこから、悟史を愛するようになったのか」

詩音「ン゛ブッフゥ」

沙都子「んま」

梨花「こういう男なのです。放っておくのですよ

詩音「…もうそれで良いです。良いですよ。間違ってませんから」

チェイス「…」

梨花「詩ぃは魅ぃと違って素直なのですよ」

チェイス「…あの子は、いつ目覚めるか分からないぞ」

詩音「構いません。…こうして無事なのが確認出来た。今はそれだけで…」

チェイス「…そうか」

詩音「…良かった。無事で…てっきり鬼隠しにあったのかと…」

チェイス「鬼隠し…」

詩音「…この村では毎年一人ずつ、行方不明になる都市伝説があるんです。…それが悟史君だったんじゃないかって…」

チェイス「…」

詩音「…本当に、良かったです…」

チェイス「…そうか…」

梨花「…」




322: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:22:38.70 ID:uQrDoXrNO

レナ「…」

圭一「レナ…大丈夫か?」

レナ「うん。もう…大丈夫だよ」

圭一「…ケガだけじゃないだろ」

レナ「…」

圭一「色んな事。あったんだろ」

レナ「…」

圭一「…それを全部、レナは背負っていたんだろ」

レナ「…」

圭一「背負って。隠して。必死に明るく振る舞って。俺に対してだって気を遣ってくれて…」

レナ「そんなこと、ないよ」

圭一「ある!!」

レナ「ッ!」

圭一「…あ、ご、ごめん…でも…」

レナ「…圭一君…」

圭一「そんな、無理してるレナの顔、見たくないんだ」

レナ「…」

圭一「いつも疲れた顔してて、でももしかしたら俺の思い過ごしなのかなって思ってた」

レナ「…」

圭一「でも、本当は違ったんだ」

レナ「…」

圭一「レナは、ずっと疲れてた。休めなかったんだ」

レナ「…」

圭一「本当のレナを出せずに、いつも明るく振る舞って。…そんなことしてたらいつか疲れちまうだろ」

レナ「…」




323: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:23:17.93 ID:uQrDoXrNO

レナ「圭一君」

圭一「ん?」

レナ「…あのね?レナはね…」

圭一「…」

レナ「…ホントは、すっごいワガママなんだよ」

圭一「…」

レナ「圭一君と、ホントはずっと一緒にこうしていたい」

圭一「えっ…」

レナ「でも、魅ぃちゃんともずっと仲良くしたい」

圭一「…別に、それは…」

レナ「ううん。きっと圭一君がレナと仲良くなり過ぎると、魅ぃちゃんとレナの関係は変わっちゃうと思う」

圭一「何で…俺とレナが仲良くするとそうなるんだ?」

レナ「…察して欲しい…かな」

圭一「…」

レナ「圭一君も、魅ぃちゃんも。沙都子ちゃんも、梨花ちゃんも。詩ぃちゃんも悟史君も。みんな一緒が良い。ずっと仲良くしていたい」

圭一「…レナ…」

レナ「…でも、圭一君との仲良しは、みんなとの仲良しとは違うの」

圭一「…。……!!」

レナ「…レナは、圭一君とずっとこうしていたい。一緒に居たい」

圭一「…レナ…」

レナ「…でも、みんな大事」

圭一「…」

レナ「…ワガママだよね」




324: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:24:01.60 ID:uQrDoXrNO

圭一「…なあ、レナ」

レナ「…」

圭一「…それ、ワガママって言わないんだよ」

レナ「…」

圭一「俺だって、みんなと仲良くしていたい。大事な仲間だから」

レナ「…」

圭一「…そんなの、当然だ」

レナ「…圭一君…」

圭一「…それに、本当は、俺は…こんな幸せな日常、味わっちゃいけないんだ」

レナ「…?」

圭一「…」

レナ「…何か、あったのかな…かな?」

圭一「…」

レナ「…レナは、黙って聞いてるよ。だから、教えて?」

圭一「…俺は…」

レナ「…言いづらい?」

圭一「…」

レナ「…良いよ。話せる時に話して?」

圭一「…」

レナ「…レナも、きっと圭一君と同じくらい大きな秘密を抱えてるから」

圭一「…!」

レナ「…」

圭一「…」

レナ「…もしかして、知ってる?」

圭一「…」

レナ「…レナの事、知ってた?」

圭一「…ごめん。本当は…」

レナ「…ううん。良いよ。いつかはきっと、知ることになるから」

圭一「…」

レナ「…レナはね、凄く後悔してる」

圭一「…」

レナ「いっぱい、いっぱい謝っても、許されないことをしたって思ってる」

圭一「…」

レナ「…本当はレナも、こんな幸せな日常、過ごしちゃいけないんだよ」

圭一「違う!!」

レナ「!」




325: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:24:44.55 ID:uQrDoXrNO

圭一「…」

レナ「…圭一君…」

圭一「…俺は…俺なんか…!」

レナ「…?」

圭一「本当は、クズ野郎なんだ!!」

レナ「…」

圭一「…俺が、何で雛見沢に来たと思う?」

レナ「…お父さんの都合じゃないの?」

圭一「…違うんだ。全然」

レナ「…」

圭一「…少し前、だ。つい半年前くらい」

レナ「うん」

圭一「都会で過ごしてた時は、いつも勉強、勉強で、こんな風に誰かと話すことなんか無かった」

レナ「…うん」

圭一「…正直、色んな奴を見下してた」

レナ「…」

圭一「必死に走るサラリーマンとか、学校帰りに遊びに行く奴らとか、工事現場で働く人達とか、全員見下してた」

レナ「…」

圭一「俺は、こんな風にはならないって。偉くなって、みんなを馬鹿にするんだなんて思ってた。だから常に勉強して1位を目指し続けた」

レナ「…」

圭一「…そんな風に過ごしてて、俺はいつの日か何をしても許される奴だって勘違いし始めた」

レナ「…」

圭一「好奇心で、買ったエアガンを、初めは段ボール。次は空き缶。…そして最後には…」

レナ「…」

圭一「…自分よりも弱い、幼い女の子を狙った…!!」

レナ「…!」




326: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:25:25.65 ID:uQrDoXrNO

圭一「…毎日、毎日。夜になると家を出て、一人でいる子供を狙った」

レナ「…」

圭一「撃った。当てた。…今だに、その感触は消えない」

レナ「…圭一君…」

圭一「…ある日、いつものようにエアガンを向けて、子供を襲った時」

レナ「…」

圭一「その子の目に、当たったんだ」

レナ「…」

圭一「血を出して泣きじゃくるその子を見て、駆け寄ろうとしたけど、集まってくる人達を見て恐ろしくなって、逃げた」

レナ「…」

圭一「…次の日から、警察が周りをうろつくのを見て、震え出した。ようやく自分のしたことがどれだけクズなのかって理解出来た」

レナ「…」

圭一「…事件が起きて数日。やっと自白した」

レナ「…」

圭一「…親父は何も言わずに俺を殴りまくって、被害者の家に連れて行った」

レナ「…」

圭一「許してくれるわけがなかった。色んなものを投げつけられて。額から血が出ても、親父は土下座し続けた」

レナ「…」

圭一「莫大な慰謝料と、治療費を払って、それでも親父は毎日謝りにその人達の家に行った」

レナ「…」

圭一「…親父は自分を責めてた。自分が構ってやれなかったからだって…!!」

レナ「…」

圭一「そんな事ない…!!そんな事ないんだ!!!!」ダンッ

レナ「圭一君…」

圭一「…それで、ここなら過ごしやすいって、親父が連れて来てくれたんだ」

レナ「…」

圭一「…これが、俺なんだ。クズで、大馬鹿野郎なんだ…!」

「前原君」

レナ「!」

圭一「…えっ?」

「…!」グイッ

圭一「!」

「…ッッ!!!」バッチィン!!

圭一「!?」




327: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:26:11.62 ID:uQrDoXrNO

知恵「…」

圭一「…!」

知恵「…前原君」

レナ「…ち…」

圭一「…知恵…先生…」

知恵「痛いですか?」

圭一「…」

知恵「痛いですか!?」

圭一「…はい」

知恵「…先生も、手が痛いですよ」

圭一「…」

知恵「それだけ力を入れて叩きましたから。痛いに決まってるじゃありませんか」

レナ「…」

知恵「痛いのなんか、先生だって嫌です」

圭一「…」

知恵「痛みを感じない、一方的なやり方なんて、ただの暴力です。犯罪です」

圭一「…」

知恵「貴方を本当に叱ってくれるのは、きっと親御さんだけだったんでしょう」

圭一「…はい」

知恵「だから、私が叱ります。私も叱ります。まだ貴方は分かってないようですから」

圭一「…」

知恵「貴方を殴った親御さんの手が、心が、どれだけ痛かったのか!!」

圭一「…はい…!」

知恵「…これからは、人の上に立つ、のではなく…」

圭一「…」

知恵「…人の役に立つ人に、なって下さい」

圭一「…ごめん…なさい…!」

知恵「…」フーッ

圭一「…ごめんなさい…」

レナ「…圭一君…」

圭一「ごめんなさい…」

レナ「…」ギュッ

…。




328: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:26:47.20 ID:uQrDoXrNO

大石「…おんやぁ。こりゃ私達が出る幕じゃありませんねぇ」

熊谷「…」

校長「…彼女がどうして、ここに来たと思いますか?」

大石「そりゃまたどうしてでしょうなぁ…」

校長「この学校が、取り壊しになる事が決定になった時、彼女一人が大反対したんです」

大石「ほぉ…」

校長「子供達の学び舎は、そんな簡単に壊して良いものではない、と」

大石「…」

校長「一人でデモなんてのもやらかしたらしいですよ」

熊谷「それデモじゃないですよね」

校長「色んな都市伝説が蔓延るこの雛見沢村は、教員が来たがらないもので…参っていたんですがね」

大石「…ええ。私もよー…く知っていますよぉ」

校長「彼女が、立候補したんですよ。色んな学校からお呼びがかかる程の方だったのに」

大石「えぇえぇ。教鞭の執り方…というより………ええ」

校長「…」

大石「何より、男性職員が放っておかないでしょうなぁ」

校長「…ウォッホン!!」

大石「ああこれは失礼しました…ええ。本当に…」

熊谷「…」

校長「…彼女がいれば、どんな生徒でも大丈夫でしょう」

大石「このご時世、ああいう生徒と真っ直ぐ向き合う先生なんてドラマの中だけだと思ってましたよぉ」

校長「…」




329: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:27:26.91 ID:uQrDoXrNO

…。

「…!」

茜「…」

「…!!」

茜「…上納金回収、そして間宮リナの捕獲…」

鉄平「…」

リナ「…」

「…へい…!」

茜「良くやったねぇ。良くやった」

「…へい…」

茜「…電話が鳴ってたよ」

「へい。…へいっ!?」

茜「待てど暮らせど、北条鉄平とお前が来ないってねぇ…」

「おうっ…!」

茜「何してんだと思ったら二人とも埃まみれで、オマケが二人に北条鉄平は上半身裸」

富竹「…」

茜「何処だかの組織とドンパチやって、人助け。ああ立派なもんじゃないか」

「…!」パァァ…

茜「それとこれとは話が別だけどねぇ!」スパァン

「ですよねッッッ!!」

茜「…何だい何だい。そんなジェームズ・ボンドみたいな話引っさげて…ええ?」

「…そ、それが、どうやら本当の話らしいんです!本当の!!」

茜「そのカメラ小僧の何をどうやって信じろってんだい」

「本当なんですよ!!俺ら銃で撃たれそうになったんですよ!?なぁ!?」

鉄平「お、おう!ホンマじゃ!ホンマなんじゃ!!」

茜「…まあ、嘘ならもっとマシな嘘つくだろうからねぇ…」

鉄平「…わ、分かっとる!ワシは今すぐにでも罪滅ぼしに向かう!いくらでも働く!」

茜「…何なんだいこりゃ…何がどうなってるんだい…」

「で、ですから説明した通りで…!」

茜「…葛西!!」




330: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:28:05.97 ID:uQrDoXrNO

葛西「…」ヌッ

「ヒイッ!?か、葛西…さん…!!」

葛西「…」

茜「こいつらが本当に嘘ついていないか、見てやんな」

葛西「…」ギロッ

「ヒイッ!?」

鉄平「!?」

リナ「ヒッ…」

富竹「…」

葛西「…」

富竹「…」

茜「…あら。カメラ小僧にしちゃあ度胸あるじゃないか。葛西と目ェ合わせてもビクともしないのかい」

富竹「…何度も死にかけたんだ。ただの脅しなら慣れたものだよ」

「バッ…!お前!」

葛西「…」

富竹「真実を見抜いてくれると言うなら、真っ正面から向かい合うのがこっちの筋だ!!」

茜「…ほーう…」

葛西「…」

茜「…良い事言うじゃないか。ええ?」

富竹「…」

茜「…」

葛西「どうやら、嘘は言っていないようです」

茜「…そうかい」




331: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:28:53.16 ID:uQrDoXrNO

茜「はー…嘘はついてない…か…」

「へ、へい!」

茜「…まあ、それでその二人の罪がどうのこうのって訳じゃないけどね」

鉄平「…」

リナ「…」

茜「…ま、チンピラもアバズレも、堂々と詫び入れに来たのは褒めてやるよ」

リナ「…」

茜「…だが、罰は与えるよ。示しがつかないからね」

リナ「…はい」

茜「…さー…て…」

…。

チェイス『…魔進チェイサー。今はそれで良い』

茜『…何でも良いさね。…随分荒らしてくれたじゃないかい…!』

チェイス『命を守る為だ』

茜『へェ…?…そりゃ、「どっちの」だい?』

チェイス『全てだ。北条鉄平。沙都子。魅音…』

茜『…』

チェイス『…お前達もだ』

…。

茜「…はー…」

葛西「…」

茜「…どうやら、繋がったねぇ…」

鉄平「…?」

茜「否が応でも関わることになっちまったよ」

葛西「…例の…」

茜「ああ。全く…」

富竹「…じゃあ…」

茜「ウチらのシマで勝手な事はやらせないよ」

富竹「!」

茜「全部聞いてんだろ!!魅音!!」

富竹「!魅音ちゃん…!」

魅音「…」




332: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:29:37.54 ID:uQrDoXrNO

茜「アタシには決定権は無い。決めるのはアンタだよ。魅音」

魅音「…」

葛西「…」

茜「どうすんだい?このままじゃこいつらの言う通り鷹野とかいう奴にみんな殺されちまうらしいよ」

鉄平「…」

茜「アンタのお友達もだ。…んで大好きな子もだ」

魅音「ン゛ブッフゥ」

リナ「・・・」

茜「…というより、これで何もしなけりゃアタシが許さないし、現当主もお怒り心頭間違い無しだよ」

魅音「…決まってるよ」

茜「…」

富竹「…!」

魅音「…一人でダメなら、二人」

茜「二人でダメなら、四人…」

魅音「…それでもダメなら、百人」

茜「いーや、二百人だ」

魅音「…」

富竹「…」

魅音「…これは園崎のメンツをかけた大一番の勝負だよ」

茜「ああ、そうさ」

魅音「…決まってるでしょ…」

鉄平「…」

リナ「…」

魅音「…全面戦争だよ!!!」




333: ◆GWARj2QOL2 2017/06/10(土) 00:30:23.74 ID:uQrDoXrNO

…。

……。

鷹野「…」

小此木「…あーあ。どうするんです?根城がやられちまいましたぜ?」

鷹野「…怪我人は?」

小此木「ま、奇跡的に俺一人ですかね。頭ぶん殴られちまった」

鷹野「…そう」

小此木「そうじゃなくて。このままじゃ必ず園崎の耳に入ると思いますがね」

鷹野「…止まれないのよ。私達は」

小此木「…まあこっちも金貰っちまった以上、任務は遂行しますよ」

鷹野「なら、分かってるでしょう?」

小此木「…あー…はいはい。おい。聴こえてるか?こちら小此木。どうぞ」

『小此木隊長。どうされましたか?』

小此木「アジトがやられた。もう構うことはない」

『…』

小此木「死因なら後で考える。ちょいと予定が早まったが、決行だ」

『了解』

小此木「…」

鷹野「たかが村単位のヤクザがプロの精鋭部隊とやり合うだなんて、言ってくれたものよねぇ」

小此木「あんまアテにせんで下さいよ。あっちだって丸腰じゃねえんですから」

鷹野「数なら負けてるかもしれないけど、貴方達なら一人で五人くらいの戦力にはなるでしょう?」

小此木「こりゃまた買い被っちゃって…」

鷹野「…狙いは、古手梨花。それ以外は殺しなさい。全て」

小此木「はいはい。…女子供もいるんじゃないですか?」

鷹野「構わないわ。全員殺しなさい。元々そういう予定なんだから」

小此木「そうでしたっけねぇ…では、「アレ」は?」

鷹野「準備しておいて。万が一にも生存者は出してはいけない」

小此木「はいよ。…まるでゴキブリ扱いですねぇ…」

鷹野「…うるさいわよ」

小此木「おお怖い怖い。じゃ、俺らの本業と行きますかねぇ…!」ポキポキ

鷹野「…お爺ちゃん…」

小此木「…」

鷹野「見ていて下さい…」

小此木「…」

鷹野「私が、神になるその瞬間を…!!」

第12話 終




337: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 16:02:02.92 ID:0eTDvjVWo

ひぐらしは大まかな設定しか知らなかったから作者が丁寧に書いてくれて助かる
鷹野の過去も知らなかったし富竹と入江は本当に良い人だったんだな。好きになった




338: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:13:54.11 ID:Z9d2epbiO

…。

りぃぃぃかぁぁぁあああ!!

『はにゅー!やっと戻ってきたのです!』

何処に…何処に行ってたのですかぁ!!心配したのですよ!!

『ごめんなさいなのです。でも、とっても不思議な体験をしたのですよ。にぱー』

不思議な体験…?

『はいなのです。そこは、はにゅーに触れる世界なのでした』

…触れる事が不思議というのもなんですが…それは一体?

『それと、ボクとそっくりだけど、ボクよりも大きい、名前も一緒の梨花という人に出会ったのです!』

…?

『そこには、色んな仲間がいて。いっぱい遊んでもらったのです!』

…は、はあ…。

『これで絵日記は決まりなのですよ!』

…いや、後30日分どうするのですか!!それで全部乗り切るつもりですか!!

『にぱー☆』

あああ…梨花の学校でのキャラがどんどん固定されていくのですぅ…。




339: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:14:40.20 ID:Z9d2epbiO

…。

羽入『…』

羽入『…あ』

羽入『…ああ…』

羽入『…そういえば、もう…』

羽入『…誰も、いないのですね…』

羽入『…』

羽入『…梨花…』

羽入『…貴方が幸せなら、ボクはそれで良いのですよ…』

羽入『…貴方には、沢山の仲間と、強い味方達がいるのですから…』

羽入『…ボクとの時間は、もう終わりなのです…』

羽入『…』

羽入『…よろしくお願いします…』

羽入『…チェイス…』

『ちょっと待った』

羽入『びゃっ!?』




340: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:15:57.57 ID:Z9d2epbiO

?『すまない。驚かせるつもりではなかったが…聞き捨てならない単語があってな…』

羽入『え…えっ?』

?『お前は今、チェイス。と言ったか?』

羽入『…は、はいなので…うひゃあ!!火の玉なのです!!幽霊なのですうううう!!』ブンブン

?『待て!!消そうとするな!!何をする!!』

羽入『だって!!だって!!怖いのです!!!』

?『俺は敵ではない!!お前を攻撃したりしない!!』

羽入『うぐ…あうう…』

?『…チェイスの事で、詳しく話を聞きたい』

羽入『…?』

?『あいつが生きているなら、一目くらいは会っておきたい』

羽入『…貴方は?』

?『あいつの…古き、友だ』

羽入『…?』




341: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:16:44.07 ID:Z9d2epbiO

?『俺とあいつは、元々仲間…いや、仲間だったかどうかは怪しいな』

羽入『…』

?『…洗脳して仲間にするなど、本当はダメなんだ』

羽入『…!もしや…貴方は…』

?『…そうだ』

羽入『…でも…その姿…』

?『…人間との決着をつけようとしたが、ダメだった』

羽入『…?』

?『共通の敵を倒し、最後の戦いに臨んだが…既に俺の体は限界だったようだ』

羽入『…人間というのは…あの、方ですか』

?『そうだ。俺の…人間の友達だ』

羽入『…』

?『…そして生き返ったんだがな』

羽入『は?』




342: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:17:44.06 ID:Z9d2epbiO

?『俺にも分からない。何故か再び現世に呼び出され、そして復活した』

羽入『…?』

?『どうやらお呼びではなかったようだが…そこで俺は人間と組むことになった』

羽入『…』

?『かつての俺の仲間…それの模造品。いわば亡霊と戦ったんだ』

羽入『亡霊…』

?『しかし復活したとは言ってもその肉体は俺の力を発揮するには十分ではなく、一度は負けてしまった』

羽入『…』

?『そこで俺は、人間の力を借りる事にした』

羽入『…』

?『皮肉なものだと思ったよ。人間を超える筈が、人間に助けられてしまった』

羽入『…そんなこと…』

?『いや、それで良いんだ。そうじゃないとダメだった』

羽入『?』

?『俺は人間を超える。超えられるとばかり思っていたんだが、足りないものがあったんだ』

羽入『足りない…もの?』

?『そうだ。分かるか?』

羽入『…』

?『…「分かる」ことだ』

羽入『…??』




343: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:19:05.05 ID:Z9d2epbiO

?『相手を倒したい。超えたい。そればかり思っていては、何も始まらない。人間を知り、分かる事が必要だったんだ』

羽入『…』

?『俺達は個人主義者の集まりとばかり考えていたが…それは違った』

羽入『…』

?『人間の悪意を植え付けられ、その恨みだけで動いていたに過ぎなかったんだ』

羽入『…』

?『だが、奴らは違った』

羽入『…』

?『俺達を理解し、向き合い、分かり合おうとしてくれたんだ』

羽入『…』

?『…今思えば、それが簡単に出来る人間に、俺達が勝てる訳もなかったな…』

羽入『…』

?『…』

羽入『…人間でありたいと、思ったのですか?』

?『…』

羽入『…』

?『…それは、無いな』

羽入『…』

?『確かに俺達は作られた存在だ。ただのロボットだ』

羽入『…』

?『だが、確かに仲間は居た。全ての感情を共に分かち合える仲間が居た』

羽入『…』

?『例え作られた存在であっても、寂しくはなかった』

羽入『…』

?『後悔は、していない』

羽入『…』

?『それに、今も一人ではない』

羽入『…?』

?『…お前は、一人なのか?』

羽入『…今は、一人なのです』

?『…何故だ?』

羽入『…話すと、長くなりますですよ』

?『構わない。俺で良ければ話せ』

羽入『…』

…。

……。




344: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:20:02.32 ID:Z9d2epbiO

?『…そうか。そうだったのか…』

羽入『…ボクの力では、二人を戻すことが限界だったのです』

?『…確かにチェイスならば、何の迷いも無くそちらを選ぶだろう』

羽入『…ボクのせいで、チェイスはもう元の世界には戻れなくなりました』

?『いや』

羽入『…』

?『例えお前が拒んでも、チェイスは行っただろうさ』

羽入『…』

?『そういう、男だからな』

羽入『…チェイスは、今でも敵だと思いますか?』

?『…』

羽入『…』

?『今も昔も、俺にとっては友だ』

羽入『…戦っていたのに、友なのですか?』

?『今では、ということだ』

羽入『…』

?『全てが終わった今、もう争う理由はない』

羽入『…』

?『そして、今』

羽入『…?』

?『俺が奴にしてやれることは、これくらいだ』

羽入『…?』

?『受け取れ。そしてこれをチェイスに届けてくれ』

羽入『…!これは…』

?『チェイスなら、きっと使いこなせる筈だ』

羽入『…でも、もうボクには力が…』

?『…出来るさ。俺達の力を使えば』

羽入『…え?』

?『…全く、貴方という人は…』

羽入『え!?こ、今度は緑の火の玉なのですぅ!!!』

?『ああもう!!耳元で大きな声を出さない!!』

羽入『ひぃっ!?』

?『女の子に食ってかかるなんて…相変わらず粗相の無い男ですわね』

羽入『ひいい!!白!!白いぃ!!』

?『あら…ごめんあそばせ』




345: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:20:44.67 ID:Z9d2epbiO

…。

羽入『…そ、そうだったのですね。貴方達が…』

?『ええ。…ま、本来何の関係も無い貴方に手を貸すのは不服ですが…』

羽入『…』

?『俺達は死んだとばかり思っていたが、コア・ドライビアのエネルギーがまだ微量に残っていたらしい』

?『こうして話す事くらいは出来ますのよ』

羽入『…そのせいで、一度は復活したのですね』

?『もうこの世界には未練などありませんので、残りのエネルギーを全て使い切って、一刻も早く立ち去りたいんですよ』

羽入『…でも、ボクの力と貴方達の力は、別では…』

?『貴方、私達のエネルギーを電池か何かと勘違いしてませんか?』

羽入『…てっきりゼンマイかと思ってたのです…』

?『・・・』




346: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:21:26.83 ID:Z9d2epbiO

?『…まあ、良いですよ。構造を説明したところで貴方の空っぽの頭では理解出来そうにありませんから』

?『コア・ドライビアの力を使えば、人の怪我を治す事も可能なんですのよ』

羽入『そ、そんなに科学は進歩してるのですか…!』

?『…タイムスリップなんてものこそ、どうかしてますけど…』

羽入『…試して、頂けるのですか?』

?『ああ。だが恐らくお前を送り込むのは無理かもしれない』

羽入『…では、どうやって…?』

?『出来ることは、「穴」を開けることくらいだ』

羽入『…!』

?『それであいつに、贈り物をしてくれ』

羽入『…』

?『紛い物の姿ではなく、本当の姿にしてやってくれ』

羽入『…』

?『それがあれば、きっと奴はその雛見沢村とやらを救える筈だ』

羽入『…分かりました』

?『契約成立。ですわね』

?『私はそんなつもりは毛頭!!ありませんけど…ンね!』

?『でしたらずっとここで一人朽ち果てていけば良いと思いますわ』

?『やる!!やります!!やらないとは言ってないでしょう!?』

羽入『…』

?『ははは。お前達は変わらないな…』

羽入『…』

?『…こうして、共に逝けるのなら、死ぬのは怖くない』

羽入『…』

?『だから、気にするな』

羽入『…』




347: ◆GWARj2QOL2 2017/06/12(月) 21:22:17.97 ID:Z9d2epbiO

羽入『…では』

?『…』

羽入『…お願いします。ハート』

ハート『ああ。行くぞ。…ブレン』

ブレン『はい。今度は一緒ですね。ハート』

ハート『…メディック』

メディック『はいですわ。ブレンは置いといて私と共に…』

ブレン『私!!私こそ!!ハートに相応しい!!!』

メディック『眼鏡の無いブレンなんて屋根の無い家と同じですわ』

ブレン『な、何ですって!!この眼鏡が見えないんですか!!』

メディック『何も見えませんわ。あの眼鏡かけ機は何処に行ったのでございましょう?』

ブレン『キー!!!』

羽入『・・・あの』

ハート『…個人主義者の集まりだからな。いつもこんな感じさ』

羽入『…』

ハート『…頼んだぞ。羽入』

羽入『…はい』

ハート『お前の友と、俺達の友の為に』

羽入『…はい!』

12.5話 終




352: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:15:05.74 ID:bEIt2fnzO

小此木「…」カチャカチャ

「…」カチャカチャ

「…」カチャカチャ

小此木「準備出来た者から配置につけ。全員が終わり次第作戦を遂行する」

「…はい」

小此木「…どうした?」

「…」

小此木「…どうした。言ってみろ」

「…今年、子供が産まれたんです」

小此木「…ああ。聞いたよ」

「…良い子に育ちますようにって、大事にしてやりたいって嫁も言ってました」

小此木「…」

「…どうして、この作戦に自分を呼んだんですか…」

小此木「…だが、終わればもう必死こいて働く必要は無いぞ」

「それで!何の罪も無い人や、子供達まで殺せって言うんですか!?」

小此木「…」

「…この仕事が終わって、幸せに暮らせるんですか…!?」

小此木「…」

「俺は、暮らしていけるんですか…!?」

小此木「…一つ。言えることがある」

「…」

小此木「…少なくとも、死んだ後は別々になるだろうよ」

「…!」

小此木「だが「そっち」に行くのはお前だけじゃあ、ない」

「…」

小此木「俺達全員、永遠に暗闇を彷徨う事になるだろうさ」




353: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:15:58.84 ID:bEIt2fnzO

大石「…ふーむ…」

熊谷「やはり限られたとは言っても、山の中から一つの建物を探すのは至難の技ッスね…」

梨花「みー…どの山かは分かったのですが…」

大石「…応援を頼めれば頼みたいものなんですが…何にしても時間が足りない」

熊谷「応援を頼めば、上からヘリで行けそうなモンなんですけどね…」

チェイス「手続きか」

大石「手続きは、許可が降りてからですね。その上今回は人が出払っている状態ですから」

チェイス「…」

大石「こういうのは兼ね合いというものがありますからねぇ」

熊谷「それに興宮署の署長は頭の固い人間でして。…ええまあ…」

大石「私との関係は良好とは言いづらいんですよぉ。参りましたねぇ」

チェイス「…」

大石「住む世界が違うと面倒なことになるんですよ」

チェイス「(出会った時の俺と剛のようなものか)」

?「みんなぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!」ダダダダダ

チェイス「!」

大石「!」

熊谷「!?」




354: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:16:36.41 ID:bEIt2fnzO

魅音「ハーッ…ハーッ…」

チェイス「…魅音」

魅音「…あ、あの!!け、圭ちゃん達は!?」

チェイス「…なk」

レナ「魅ぃちゃん!?」

圭一「魅音!!」

チェイス「…」

詩音「あ、お姉」

魅音「…そ、それが…って圭ちゃん!?その顔何!?パンパンなんだけど!?」

圭一「えっ…あ、ああいや…」

魅音「だ、大丈夫?それ…」

圭一「これは…」

魅音「…」

圭一「…懺悔…」

魅音「…?」

レナ「そ、それより魅ぃちゃん。何があったの?」

魅音「…う、うん!それがね?北条鉄平が自首してどこかの山からリナと富竹さんを連れてきて鷹野さんがヤバイの!!」

詩音「え?何何何何何!!!?」

…。




355: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:17:46.78 ID:bEIt2fnzO

圭一「…やっぱり…」

レナ「…」

魅音「…レナに手を出したって事は、どうやらクロで間違いないみたいだね」

大石「成る程…育ての、亡き親の研究を世に知らしめる為に…」

チェイス「…いずれにせよ。止めるべきだ」

入江「…そうですね。何があっても人を殺すなんて…」

チェイス「…それだけではない」

入江「?」

大石「今回の件で恐らく鷹野さんを刺激してしまったことは間違いないでしょう」

入江「…!」

魅音「…そうだね。計画を早める可能性も高い」

大石「高い。ではなく間違いなく早めるでしょうな…」

魅音「…」

詩音「…話を聞いていると、まるで御伽噺のようで…混乱してきましたよ」

魅音「詩音。冗談言ってる暇無いよ。こうしてる間にもあいつらは準備を整えてるはずだから」

チェイス「しかし早める、ということは準備が万端というわけではない」

圭一「むしろ、出来合いで固めた可能性も…」

大石「その通りですよ。結果的に彼らは今追い詰められた袋のネズミ。しかしそのネズミもその気になれば、という話です」

梨花「なりふり構わず、来るということですか?」

チェイス「魅音や大石の言う通りならば、今この瞬間に武装集団がなだれ込んでくる可能性もあるということだ」

大石「こちらは何も準備していませんからねぇ…」




356: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:18:44.33 ID:bEIt2fnzO

魅音「…で、だよ」

大石「はい?」

魅音「…まあ、どうしてここに警察官様がいるのかは良いよ。呼んじゃったんだし」

大石「おんやぁ…年寄りなんですから、もう少し労って欲しいですねぇ…」

魅音「…人数なら、出せるよ」

チェイス「…」

梨花「…!」

大石「…」

魅音「協力が必要っていうなら、私が何とかする」

圭一「…それって…」

知恵「…」

大石「…ふ…ぬはっはっはっは!!これは…聞いたことがありませんねぇ!」

魅音「…」

大石「…本来敵対関係にある警察と貴方達が手を組む、というのは…」

梨花「でも、迷ってる暇はないのですよ」

大石「…こりゃ、始末書じゃ済まないかもしれませんよ?熊ちゃん…」

熊谷「…抗争に手を貸すようなものですからね…」

圭一「そ、そんなの俺達がいます!証人になります!!」

知恵「私達がいくらでも証言します!貴方達は無関係だって!」

大石「…お心遣い、ありがとうございます。ですがそんな単純なことじゃないんですよ」

魅音「…」

大石「恐らく死人も出るかもしれないこの大一番。市民の命を守る立場の私達がそれに手を貸すということは、警察としては言語道断なんですよ」

チェイス「…」

魅音「…手を貸さない…って事で良いんですか?」

大石「…」

熊谷「…」

知恵「…!」

魅音「つまり、貴方達はこの死人も出るかもしれない大一番に見て見ぬ振りをする、と」

沙都子「…」

魅音「…尻尾を巻いて逃げる、というわけですね?」

大石「…」




357: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:19:49.14 ID:bEIt2fnzO

詩音「お姉、そんな言い方…」

魅音「詩音は黙ってて」

詩音「…」

魅音「…」

大石「…ふむ」

チェイス「…」

大石「…流石、園崎のお嬢さんは気合が入っていますねぇ。ウチの若手に見せてやりたいくらいです」

梨花「…」

大石「そうですねぇ…今の警察は、確かに臆病かもしれません。ルールに縛られ、上からの圧力に怯え…」

圭一「…」

大石「ただ、訂正して頂きたいものです」

魅音「…」

大石「全員がそうというわけではない。熱い魂を持った者も、確かにいます」

梨花「…!」

魅音「…ですが、ルールに縛られt」

大石「警察というものは!!!」

詩音「!?」

魅音「…ッ!」

大石「制服を着ていなければ…手帳を持っていなければいけないというものではない」

圭一「…大石さん…」

大石「…」スッ

魅音「!」

詩音「…それ、警察手帳…?」

大石「「これ」に縛られるなら、その鎖を解けば良いだけです」

梨花「・・・」

大石「私は…私の魂は…」

魅音「…」

大石「例え「これ」が無かろうと、警察であることには変わりない!!!」

知恵「…」

大石「真の警察というものは、生まれながらにして警察であるものです…!」

熊谷「…」

魅音「…つまり…」

大石「…ここから先は、私は刑事ではなく、大石蔵人として行動しましょう」

魅音「…」

熊谷「大石さん」

大石「?」




358: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:20:44.59 ID:bEIt2fnzO

熊谷「…」スッ

大石「…おや」

詩音「…あら…」

大石「…良いんですかぁ?貴方、まだ先は長いんですよ?」

熊谷「…何言ってんスか」

大石「…」

熊谷「…誰の背中見て、ここまで着いてきたと思ってんスか…!」

大石「…そう…ですかぁ…」

梨花「…」

大石「私…良い後輩を持ちましたねぇ…」

チェイス「…決まったか」

大石「ええ。私達も持てる力は最大限発揮するとしましょう。定年までに雛見沢に関する事件は全て解決したいものですから」

魅音「…感謝します」

大石「お気になさらず。協力しているのはただのおじさま二人ですから」

レナ「…それじゃあ…」

魅音「うん。向こうがもう準備を始めてるっていうなら、こっちも始めるよ」

詩音「…相手のターゲットは村人全員…」

レナ「じゃあ、避難を…!」

チェイス「それは無理だ」

レナ「え…」

チェイス「相手のアジトは山にある。その中を掻い潜って雛見沢から出すのは不可能だ」

圭一「…じゃあ、せめて家の中にいてもらえば…」

大石「それも良い案です。…あ、園崎魅音さん」

魅音「…?」

大石「一つ、やってもらいたいことがあるんですよぉ…」

魅音「…は、はぁ…」




359: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:21:52.49 ID:bEIt2fnzO

鷹野「…」

小此木「鷹野三佐。準備整いました。村人に扮した者もいつでもOKだそうです」

鷹野「…そう。なら始めて」

小此木「…その前に」

鷹野「…何?」

小此木「…この仕事が終わった、後の話ですが…」

鷹野「ええ。成功の暁には貴方達全員、これから一生余裕のある生活を約束するわ」

小此木「それは、聞きました」

鷹野「…何かしら?」

小此木「…この作戦には、所帯を持つ奴もいます」

鷹野「なら安心しなさい。その分も…」

小此木「この村の子供とそう変わらない年齢の子供がいる奴も、います」

鷹野「…それが?」

小此木「俺だけなら構いませんが、何故こいつらをこの作戦に参加させたんです?」

鷹野「決まってるじゃない。精鋭部隊を作るんだから、隊員もそれに見合った人間でないと」

小此木「…」

鷹野「珍しいのねぇ。仕事第一の貴方がそんな事、聞くなんて…」

小此木「…(皮肉なもんだと、思っただけだよ)」

鷹野「…」

小此木「(お国の為、市民の為、鍛え上げた筈の力をその市民を殺す為に使うなんてな…)」




360: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:22:57.95 ID:bEIt2fnzO

小此木「…こちら小此木。最終確認を行う」

『はい』

小此木「ターゲットは村人全員。一人たりとも村から出すな」

『…はい』

小此木「写真で見せた子供、古手梨花は殺すな。無傷で捕獲しろ」

『はい…』

小此木「諸君らには、この作戦が終わった後、遠方への異動、あるいは退職。どちらかを選んでもらう」

『…』

小此木「報酬は一人1億2千。好きに使ってもらって構わない」

『…はい』

小此木「尚、諸君らには金銭だけでなく、精神面でも手厚い保護があることを約束する」

『…』

小此木「尚、首筋に赤線が描かれている者は仲間だ。絶対に狙うな。今奴らはそれぞれの家の中で準備させている」

『…はい』

小此木「言い聞かせろ。村人を人と思うな。情を殺せ。これからの生活の為に」

『…はい』

小此木「…終了の合図は青。緊急事態は赤の信号弾を上げる。以上だ」

『…はい』

小此木「では、作戦にかかれ!!」

『…了解…しました…!』




361: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:24:06.08 ID:bEIt2fnzO

小此木「…」フー

鷹野「…貴方は、行かないの?」

小此木「…誰かは知りませんが、逃げられた以上ここの人間に知られちまったと思った方が良いでしょう。となりゃこっちも無傷じゃ済まねぇ」

鷹野「…」

小此木「万が一、億が一、一人でも誰かが三佐の前にやってきた時、誰が守るんです?」

鷹野「…自分の身くらいは…」

小此木「守れねぇから、そんな足になっちまったんでしょう?」

鷹野「…」

小此木「三佐の銃の腕が不思議なくらい下手くそっていうのは、俺達の常識ですぜ」

鷹野「…」

小此木「普通、百発撃ちゃ一発は当たる筈なんですがね。貴方のは掠りもしない」

鷹野「…どうしてかしら…」

小此木「訓練を一度もやらないから…ってだけじゃねえでしょう。…まあ三佐は前線に出ませんからどうでも良い事ですが」

鷹野「…」

小此木「それと、富竹ジロウですが…」

鷹野「分かってるわ。殺して頂戴」

小此木「…女っていうのは、ドライですねぇ…」

鷹野「…元々、そうじゃなかっただけよ」

小此木「そういう風には、見えませんが?」

鷹野「…」




362: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:31:39.43 ID:bEIt2fnzO

鷹野「…ジロウさんとは、学校で知り合ったのよ」

小此木「同期…ですか」

鷹野「ええ、そう。…誰とも話そうとしなかった私に、一番初めに心を開いてくれた男の人よ」

小此木「…誰に対しても、分け隔てなく接する。っていうのはこっちでも変わらねぇ…か」

鷹野「…勉強を教えたり、休日は野鳥を撮影しに行ったり…」

小此木「…今でも、そうだったんじゃ?」

鷹野「…」

小此木「…演技じゃあ、ねぇんでしょう?」

鷹野「…」

小此木「俺は、報酬が貰えりゃそれで構いません。綺麗事なんて知ったことじゃあ、ない」

鷹野「…だったら、何かしら」

小此木「しかし、このままこの作戦を終わらせた時、三佐がどんな顔してんのか想像もつかないもんで」

鷹野「決まってるじゃない。私は…」

小此木「高野一二三に全てを捧げた三佐、富竹ジロウに心を開いた三佐」

鷹野「…!」

小此木「…本当の貴方は、どっちなんです?」

鷹野「黙りなさい!!」

小此木「…」

鷹野「貴方達はただ、仕事をすれば良いの!!それで全てが上手く行くの!!」

小此木「おお怖い怖い…与えられた職務は着実にこなしますよ」

鷹野「何がこなす、よ…発砲音すら聴こえないじゃない!」

小此木「誰が丸裸で撃ちますか。わざわざここに居て撃ちますよって知らせてるようなもんでしょうに」

鷹野「…ッ」

小此木「心配せずとも、もう少ししたら信号弾が上がりますよ。向こうだっていきなり来られちゃ準備もクソもないでしょう」

鷹野「…」

『パシュッ』

小此木「ほら」

鷹野「…そうね」

小此木「…上がっ…」




363: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:32:34.54 ID:bEIt2fnzO

鷹野「…」

小此木「…あ?」

鷹野「…何が、着実にこなす…なのかしら?」

小此木「…」

鷹野「貴方、アレが何色に見えるの?」

小此木「…何…で…?」

『小此木さん!!小此木隊長!!』

小此木「おい!!何があった!!説明しろ!!」

鷹野「どう見たって、赤じゃない…!!!」

『そ、それが…!!』

小此木「何だ!!!」

『…村人が、誰一人いないんです!!』

小此木「・・・」

鷹野「・・・」

『家の中もくまなく探しました!!しかしもぬけの殻です!!』

小此木「…な…」

鷹野「…」

小此木「…何だ…そりゃ…」

鷹野「…まさか…」




364: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:34:17.62 ID:bEIt2fnzO

…。

【約1時間前】

大石「園崎魅音さん。これを」

魅音「?これ、何?」

レナ「…○○さん…○○さん…あれ?みんな、この村の…」

入江「そのリストにある人間は、全て鷹野さんの仲間です」

魅音「はっ!?」

大石「やはり内情を知る方がいると心強い。先手を打てますからねぇ」

魅音「えっ!?…こ、この人も!?昨日話した分…」

チェイス「長く住むことで、住民達の心を開かせたんだろう」

魅音「…ホントに、この人達が敵なの…?」

入江「ええ。間違いありません」

圭一「この間まで普通に話してた奴が、銃を持って襲ってくるってことかよ…!」

入江「彼らは特殊な教育を受けています。その中でも、特に心理学に秀でた者達が村人に選出されたんです」

沙都子「…随分大掛かりな事をしたものですわね…」

大石「…時間がありません。このリストに書かれている者以外を、園崎の…いえ、何処でも構いませんので、見つからない場所へと避難をさせて下さい」

魅音「見つからない場所…」

詩音「…それなら、地下は?」

魅音「地下?…あ!地下!!地下だよ!!!」

詩音「ああもう耳元でやめて下さい!!!」

大石「何処でも構いません。園崎の人間を使えば村人は無条件で聞くでしょう」

魅音「…は、はい」

大石「戦うことよりも先ず、戦う為に環境を整えなければなりません」

魅音「!…はい!」

大石「それでは、よろしくお願いします」

魅音「分かった!!行ってきまーす!!」バビューン




365: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:35:24.55 ID:bEIt2fnzO

チェイス「…間に合うか?」

大石「…分かりません」

圭一「魅音なら、絶対に大丈夫です!あいつはやる時はやってくれますから!」

知恵「私達も協力します!そのリストを…」

大石「…貴方達には別にやって頂きたいことがあります」

知恵「えっ?」

大石「魅音さんとは、逆の事をして頂きます」

校長「…!」

圭一「…そうか!そのリストの家の人間をとっ捕まえて…!」

大石「いえ。無理に捕まえようとすれば危ないのは此方です」

入江「…相手は訓練を受けた兵士ですからね…」

圭一「…じゃ、じゃあどうすれば…?」

沙都子「…おほ…」

圭一「…?」

沙都子「…おほほ…」

詩音「…沙都子?」

沙都子「おーっほっほっほっほっほ!!!」

レナ「…!そっか!沙都子ちゃんなら…!」

大石「おや?何か良い案が?」

沙都子「この私を何だと思っておりますの?ええ?左之助さん!!」

チェイス「小学生だ」

沙都子「年齢じゃなくってよ!!!」

チェイス「…?」

圭一「沙都子はトラップを仕掛ける天才だから!こういうのには最適ですよ!」

大石「…ほほぉ〜…」

チェイス「…子供のイタズラで、奴らを足止め出来るか?」

沙都子「…ふっ」

チェイス「…」

沙都子「知らなくって?この私。数名程度なら小一時間あればその全てのお宅にありとあらゆるトラップを仕掛ける事が可能でしてよ?」

チェイス「その悪癖は治すべきだ」

詩音「ホントですよ」

沙都子「…何か恥ずかしくなるんでやめて下さいます…?」

梨花「それは成長の始まりなのですよ」




366: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:36:28.80 ID:bEIt2fnzO

…。

小此木「入江所長か…!!クソッ!!」

鷹野「それしか考えられないわ。ジロウさんはあの男達が連れて行ったんだから…」

小此木「おい!村人班!!応答しろ!!」

『あ…お、小此木…隊長…』

小此木「何をしてる!!お前達はさっさと…!」

『い、いえ…!!その…出ようとはしたんですが…!』

小此木「何だ!」

『と、扉は開かないわ窓にはガムテープがビッシリ貼られてるわで…!』

小此木「銃で壊せ!!」

『壊しましたよ!!やったんです!!』

小此木「…あぁ?」

『そしたら…とんでもない量のネズミ捕りが…!!動けねぇ…!!』

小此木「…」

『他の奴らも…!!』

小此木「…山班。応答しろ」

『はい!』

小此木「村人が隠れそうな場所を当たれ。…それと、5人ずつで行動しろ」

『…りょ、了解』

鷹野「…」

小此木「…あの二人さえ逃がさなけりゃあ…」

鷹野「…私を責めてるの?」

小此木「…出資者にケチはつけませんよ。ケチは」

鷹野「…そう」

小此木「…」




367: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:37:58.11 ID:bEIt2fnzO

…。

……。

魅音「…○○さーん!」

「はいよ」

レナ「○○おばさーん!」

「はいはい。おりますよって」

圭一「え、えと…○○さん!」

「はーい」

圭一「○○さーん!」

「…はい」

魅音「…っはー。以上…確認終了…!」

圭一「…しかし良くこんな入ったな。園崎はどれだけ土地持ってるんだよ。だだっ広い地下だなんて…」

魅音「あはは…ここ、昔は防空壕とか、兵隊さんの基地とかに使ってたって噂があるんだよ」

圭一「…いつまでも、隠れてられるか?」

魅音「外には頼れる見張りが着いてる。…大丈夫と思うしかないよ」

圭一「…でも、毒ガスってのをやられたら…」

魅音「分かってる。それまでに何とかする」

レナ「…沙都子ちゃん。大丈夫かなぁ…」

圭一「俺も途中で分かれるまでの間しか見てなかったけど、すっげえ楽しそうだったよ」

魅音「トラップはあの子の本領だからね。良い案だよ」

レナ「永遠に足止めするって言ってたけど、何かな?何かな?」

魅音「本気を出した沙都子の罠はとんでもないからねぇ…」

圭一「それにしたって、左之助さんや梨花ちゃんもついてる。大丈夫だろ」

レナ「…」

鉄平「…」

富竹「…」

魅音「…」

鉄平「…ワシがおるのは、気に食わんかったか?」

レナ「い、いえ…」

鉄平「心配せんでも、そう長くはおらん。様子を見て出て行くつもりじゃ」

圭一「!そ、それは…」

鉄平「…逃げるわけじゃのうて…」

魅音「そうではありません」

鉄平「?」




368: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:40:49.80 ID:bEIt2fnzO

魅音「一人の死傷者も出さない。それが園崎の判断です」

鉄平「…ワシは、ここの村人じゃねぇ」

魅音「いえ。ここに来た以上、貴方もこの村の一員です」

鉄平「何じゃそら。住民票も無いっちゅうのに…」

魅音「貴方には、五体満足で居てもらう必要がありますから」

鉄平「…そういうことけ」

富竹「先ずは命を優先しましょう。それからの事は、助かってからです」

鉄平「…ふん」

圭一「…あ、あの」

鉄平「…?」

圭一「…初めまして。沙都子の、クラスメイトの…前原圭一って言います。最近越してきました」

鉄平「…ほうか」

圭一「…沙都子は、沙都子には、兄である悟史が唯一の心の支えでした」

鉄平「…」

圭一「…でも、最近は違った」

鉄平「…」

圭一「沙都子、言ってたんです」

鉄平「…何をじゃ」

圭一「…北条さんに、笑顔で居て欲しいって」

鉄平「…!」

圭一「…だから、本当は行って欲しくなかったって」

鉄平「…」

魅音「…」

圭一「…きっと、北条さんも、あいつの心の支えになれたのかも、しれないって…」

鉄平「…ほうか…」

圭一「…」

鉄平「…必死に生きて、這いつくばって…」

レナ「…」

鉄平「得たもんは…ガキの同情くらい…」

富竹「…」

鉄平「…尚更、行かんとな…」

魅音「…」

鉄平「無事に帰ってきて、少しでもでかくなったワシを、見せんといかん…」

圭一「…」




369: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:44:38.96 ID:bEIt2fnzO

沙都子「おーほっほっほっほ!!見て下さいませ!あの方達、まるでゴキブリのようにもがいてますわよ!!」

梨花「みー。これで今年のボクと魅ぃの家はネズミとゴキブリだらけなのです…」

沙都子「命がかかってるんですのよ!!そんなもの後回しにして下さいまし!」

知恵「これで後は警察の方を呼ぶだけですね!」

大石「いやぁ…久しぶりに走りましたよぉ」

熊谷「ガムテープで窓を全て隠し、玄関前に大量のネズミ捕りを固定。それをバレずに、迅速にこなしてしまうとは…」

入江「相手は突然のアクシデントに思わず足を取られ、そして最後には身動きが取れなくなる…」

大石「大した才能です。将来が楽しみですなぁ」

沙都子「おーほっほっほっほ!これくらい朝飯前ですわ!」

チェイス「静かにしろ」

沙都子「ほっ」

校長「…皆さんは早く園崎さんの家に避難して下さい」

知恵「…」

入江「…!山狗の隊員が…!」

大石「…参りましたねぇ。相手は完全武装、こちらは丸腰です」

梨花「拳銃は持ってないのですか?」

熊谷「拳銃の形態には許可が必要ですから。自己の意思で勝手には持ち出せないんですよ」

大石「お陰様でこの通りですがね…」




370: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:46:38.04 ID:bEIt2fnzO

チェイス「…大石。熊谷」

大石「はい?」

熊谷「?」

チェイス「皆を守り、園崎家へ走れ」

梨花「…!」

大石「…貴方は?」

梨花「…」

チェイス「…俺は、奴らを足止めする」

入江「え…」

熊谷「足止めって…相手は…」

校長「いえ。ここは左之助先生に任せましょう」

大石「…しかし」

知恵「市民を守るのが警察なんですよね?」

大石「…」

チェイス「安心しろ。俺はあの武器では死なない」

沙都子「…左之助さん…?」

大石「…了解しました!では…お任せしますよ!!!」

チェイス「…」コク

熊谷「皆さん、なるべく姿勢を低くして、足音を立てないように走って下さい」

沙都子「で、でも…」

梨花「行きますですよ。沙都子」

入江「…」

梨花「左之助は無敵なのです。あれくらいならボコボコなのですよ」

チェイス「…」

沙都子「…さ、左之助さん…!」

チェイス「…」

沙都子「…絶対、帰ってきて下さいませ…」

チェイス「…」コク




371: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:48:37.21 ID:bEIt2fnzO

「…」ザッ

「…!おい!居たぞ!!撃て!!」

「ジジイを二人発見した!!」

校長「ジジッ…」

大石「!なっ…!?何故!!」

熊谷「腰低くしろって言ったでしょ!!」

校長「や、やろうとはしたんですが…」

大石「身体が言うことを聞いてくれなかったもので…」

沙都子「ちょっとおおおおおお!!!!」

梨花「腰痛くらい耐えなさいよおおおおおおお!!!!」

「撃て!!構うな!!」ビシュッ

「…!」ビシュッ

「!」ビシュッ

入江「しまッ…!」

『パァン!!!』

「えっ?」

大石「!」

チェイス「…」パァン!!!

熊谷「…な…」

チェイス「…」パァン!!!

「!!」




372: ◆GWARj2QOL2 2017/06/13(火) 21:50:39.61 ID:bEIt2fnzO

チェイス「…」シュウウ…

校長「…」

熊谷「…な、何だ…あれ…?」

大石「あれは…銃…?」

チェイス「…俺の前で、手は出させない」

「…こ、こいつ…」

「撃った弾を、撃って弾いた…?」

梨花「…」

沙都子「…え…?」

チェイス「行け。恐らく敵はこいつらだけではない」

大石「…!は、はい!」

熊谷「皆さん、行きますよ!!」

入江「…!」

チェイス「…」グッ

http://youtu.be/JIde65wVR54



梨花「…!!」

チェイス「…」ブンッ

『Break up』

沙都子「…。…!!」

知恵「北条さん!振り向かないで!!」

沙都子「…あ…」

梨花「…!!」

no title


「!!?」

沙都子「…そんな…」

梨花「沙都子!!」

チェイス「…俺の名は、魔進チェイサー…」

沙都子「…」

「…!!」カチッ

「…ば、化け物…」

チェイス「…又の名を…」

「ヒ…!」

「化け物…!!」

沙都子「…!!」

チェイス「死神だ」

第13話 終




376: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:07:54.11 ID:zrMahF0JO

「逃がすな!!撃て!!」ビシュビシュ

「一人も村から出すな!!」ビシュビシュ

大石「ええい…こうなれば…!」ピタッ

熊谷「!大石さん!!」

「!ジジイが一人止まったぞ!!」

「撃て!!」

大石「熊ちゃん!!先生方!!私に構わず進んで下さい!!」

知恵「しかし!!」

大石「私の事は心配無用!!…ただし…」

校長「…!?」

大石「この家の方の修理代は園崎さんに請求願いますよ…!!」

知恵「!」

大石「行って下さい!!貴方達の手に雛見沢の未来がかかってるんです!!」

入江「…未来…!」

梨花「…」

熊谷「…分かりました!!でも絶対に生きて戻ってきて下さいよ!!」

大石「勿論です!!貴方には教える事がまだ山程あるんですからねぇ!!」

熊谷「…」

大石「…」




377: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:08:59.38 ID:zrMahF0JO

沙都子「…」

梨花「沙都子!もっと速く走りなさい!!」

沙都子「!は、はい…!」

梨花「今は自分達の命を優先しなさい!!」

沙都子「…」

入江「…彼は…彼は一体、何者なんですか!?あの姿は…!」

梨花「後で話すわよ!!そんな事気にしてる暇があったら走りなさい!!」

入江「えっ!?は、はいっ!!」

梨花「(あのバカ…!)」

梨花「(あれ程使うなって言ったのに…!)」

梨花「(…それでも使ったってことは…)」

梨花「(それだけヤバいって事じゃないのよ!!)」




378: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:10:19.11 ID:zrMahF0JO

チェイス「…」

「ば、化け物が…」

「まさか…これがオヤシロサマって奴か…?」

チェイス「俺は、オヤシロサマではない」

「…何でも良い。撃て!!撃ちまくれ!!」ビシュッビシュッ

「う、うわあああああ!!!」ビシュッビシュッ

「…!!」ビシュッビシュッ

チェイス「…」

「だ、ダメだ!!効いてないぞ!!」

「な…と、とにかく撃て!!撃つんだ!!足止めしろ!!直ぐに応援を呼ぶ!!」

チェイス「…」カシャッ

『Tune…Chaser…Cobra』
no title


チェイス「…!!」ヴンッ

「うわっ!!」ビシッ

「ぐえっ!!」ビシッ

「…!チィッ!!」スッ

チェイス「…」ヴンッ

「!!」ビシッ

チェイス「…人間である以上、殺しはしない。だが…」

「…!」

チェイス「もしもこれで止まらないというのなら、多少の痛みは覚悟しろ」

「…ッ!!」




379: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:11:07.16 ID:zrMahF0JO

…。

「死ねっ!!」ビシュッ

大石「…ぬおっ!?」ササッ

「このっ!!」

大石「…ええい!」バリィン!

「あのジジイ!家に隠れやがったぞ!」

「チッ!!ジジイの癖にコソコソ隠れやがって…!」

「出てこい!!さもなくば家ごと破壊する!!」

大石「ジジイは関係無いでしょジジイは…!」

「…おい!!」

大石「…ん?」

「10数えている間に出てこい!!」

大石「…水筒…そうか!」

「10!…9!」

大石「…ポットは…ああ良かった。ありましたねぇ」

「8!…7!」

大石「…戦闘技術じゃ敵いません…が…」ポチャポチャ

「6!…5!」

大石「…如何せん、貴方達は手段が正当過ぎる…」カチ

「4!…3!」

大石「…場数はまだまだ足りないようですねぇ…」シュー…

「2!…1!…」

大石「…そお…れっ!!」ポイッ

「!出てきたぞ!!」

「この…!」スッ

「!お、おい!!待て!!撃つな!!!」

「えっ?」ビシュッ

「!!バッ…」

「…!!?水筒…!?」

『カッ』




380: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:11:54.46 ID:zrMahF0JO

「うわっ!!?」

「な、何だァ!!?」

「目が!!目が熱ッ…!!」

大石「ぬぅおおおおおおおお!!!」ダッ

「!」

大石「そおりゃあああああああああ!!!」ゴキィ!

「ぐわっ!!!」

「ぐえっ!!!」

大石「とおっ!!!」バキィ!

「がっ…!?」

「ぐおっ!!!」

大石「…」スッ

「…ぐ…こ、この…ジジイ…!」

大石「フリーズ」カチャッ

「…!」

大石「…そこまでですよ」

「テメェ…一体…」

大石「…そちらより、少しばかり生きてきた年数が違うものでして」

「…水筒…そうか…!」

大石「おかげでライター、無くなっちゃいましたよ。煙草が吸えませんね。これじゃ」

「即席爆弾…か…!!」

大石「…さて。貴方には聞かなければならないことがあります」

「…」

大石「まず、鷹野三四さんの居場所。それと貴方達のチームの人数…」

「…」

大石「答えないのならば、他の方に聞くまでです」

「…経験の違いってのは、あるもんだな…」

大石「…ええ。動けなくなった分、頭でカバーしなければなりませんからねぇ」

「…だがな、いくらそれだけ経験を積んでも…」

大石「?」

「…勝てないもんは、勝てないんだよ…!」




381: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:13:00.52 ID:zrMahF0JO

大石「…何を…」

?「…」

大石「ッ!!!」

?「…!」バキィ

大石「がはっ…!!?」

?「…ったく…結局また俺が出向く羽目になるのか…」

大石「…!…貴様は…!!」

?「…あー…あん時のジジイか…」

大石「…!」

小此木「…悪いな。こっちも仕事なもんでね…」

大石「…!!!」

小此木「…」ピ

大石「それは…」

小此木「悪いが俺達も自分の実力が素晴らしいだなんて思っちゃあ、いない」

大石「…?」

小此木「常に最悪のパターンを想定して動くのが隊長ってもんだ」

大石「…まさか!!」

小此木「あー、こちら小此木。応援を要請する。何人まで出せる?」

『雛見沢近くで、50人は待機している』

小此木「そりゃ助かる。全員送ってくれ。それと例のやつを頼む」

『了解。直ぐに向かわせる』

大石「!!」

小此木「どうやらそちらさんにはとんでもない切り札が潜んでたらしいが…」

大石「…!」

小此木「生憎俺達だってバカじゃない。兵隊は山狗だけじゃないんだ」

大石「そんな…」

小此木「…戦闘員を削りながら逃げるってのは、間違いだったな」

大石「…皆さん…!!」

小此木「こいつの始末は任せた。俺はあいつらの逃げた方向に向かう」

「はっ!」

大石「…逃げて…下さい…!!!」




382: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:13:35.36 ID:zrMahF0JO

梨花「ハァッ…ハァッ…」

沙都子「ハッ…ハッ…」

入江「!二人とも!」

知恵「園崎さんの家はすぐそこですよ!頑張って!!」

梨花「(追い詰められた状況に、全力疾走…!)」

沙都子「ハァッ…ハァッ…」

梨花「(女子小学生の身体には、堪えるわね…!!)」

熊谷「…ええい!」ガバッ

梨花「ひゃっ!?」

校長「ぬんっ!」ガバッ

沙都子「きゃっ!?」

校長「大丈夫!!」

熊谷「私達が、命をかけて守ります!!」

梨花「…二人とも…」

知恵「…お願いします!」

梨花「(…このまま行けば…!)」




383: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:15:07.96 ID:zrMahF0JO

「…」

「…ぐ…」

「い、痛ぇ…」

「…」

「…が…は…」

チェイス「…」クルッ

「…く、くそ…」

チェイス「…何故だ?」

「…」

チェイス「何故、お前達は無理をする?」

「…?」

チェイス「何故、そんな顔で撃つ?」

「…」

チェイス「そんな顔で、何故殺そうとする?」

「…」

チェイス「…」

「…俺達は…これが終われば、大金を手に入れる事が出来る」

チェイス「…」

「…それでも…だ…」

チェイス「…」

「…俺達の力は…こんな事の為にあるんじゃ…ないんだ!!」

チェイス「…」

「…国を…人を守る為に軍人になったんだ…!」

チェイス「…」

「…でも…これが終われば、家族を…」

チェイス「…血で薄汚れた金で、か?」

「…!」

チェイス「…」

「…そんなこと…分かってんだよ…!!」

チェイス「…」

「…綺麗事なんだよ…!そんなもん…!!」

チェイス「…例え綺麗事だとしても」

「…」

チェイス「…俺は、長く険しい道を選ぶ」

「…」

チェイス「その先にあるものが、間違いでない限り」

「…!」

チェイス「…」

「…」

チェイス「…む…」




384: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:16:14.85 ID:zrMahF0JO

『居たぞ!!化け物だ!!』
『小此木隊長の言ってた奴か!』
『足止めしろ!園崎家には行かすな!!』

「…!軍の奴ら…何十人いるんだ…!?」

『殺せるようなら殺せ!』

『相手は何をしてくるか分からんぞ!距離を取れよ!!』

「応援を頼んだのか…!」

チェイス「…!」




385: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:17:22.97 ID:zrMahF0JO

入江「うあっ!?」ビシィ

知恵「!!?入江先生!!」

入江「…ぐ…!!」

小此木「…ったく…変な情に流されやがって…」

校長「…!古手さん!北条さん!隠れて下さい!!」

小此木「おっと…おい!」

「動くな!!」

沙都子「ひっ…!」

梨花「…!」

熊谷「…キサマ…!!」

小此木「真面目なのは良い事だけどな。…組織に従えないってのは、宜しくないよなぁ…」

入江「例え組織からの命令であっても、決定事項であっても!!人の命を奪うなどと!!」

小此木「…アンタは医者だからな。そりゃそう言うだろうよ」

入江「医者だからではない!!人としてだ!!!」

小此木「…」

入江「貴方は間違ってる!!人の命に変えられるものなど何も無い!!!」

小此木「…」ビシュッ

入江「ぐあっ!!?」

熊谷「!!…やめろぉぉぉぉおおおお!!!」ダッ

「…」ビシュッ

熊谷「がっ…!!」

小此木「正義感だけじゃあ、食えねえ。そういうことだ」




386: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:20:16.03 ID:zrMahF0JO

入江「…!!」

熊谷「…!」

知恵「入江先生!!熊谷さん!!しっかりして下さい!!」

小此木「…まあ、良いさ。古手梨花以外は殺せとの命令だからな。悪いが全員ここで死んでもらう」

梨花「(…チェイスは何をしてるのよ…!!)」

小此木「…その前に、だ」

校長「…!」

小此木「…村の奴らがこの園崎の家にいる事は分かってるんだが…」

梨花「(早く来なさいよ…!!)」

小此木「…何処だ?」

入江「…!」

小此木「言えば…そうだな。その金髪のガキくらいは助けてやっても良い」

沙都子「!」

梨花「…」

小此木「どうする?本来なら一人残らず殺せとの命だが…」

入江「…そんな…!」

小此木「そのガキの命すらいらねぇってならそれまでだ。人海戦術で探せば良いだけの事だからな」

知恵「…!」

小此木「どうする?ここで答えて一人でも多くの命を救うか…それとも」

梨花「…!」

小此木「全員、ここで死ぬか」

梨花「…この…!」

沙都子「いい加減にして下さいまし!!」




387: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:21:11.94 ID:zrMahF0JO

小此木「…ん?」

沙都子「先程からまるで自分達が神にでもなったかのように振舞って…!何様のつもりでございますの!?」

小此木「…ああ。こりゃ失礼。お嬢様」

沙都子「私も!!この方達の命も!!全て同じ!!選ぶことなんて許されないんですのよ!!」

小此木「…そりゃあな。知ってるさ」

沙都子「ならどうして…!!」

小此木「仕事だからさ」

沙都子「…!…そんな理由で…!」

小此木「…その後の覚悟も出来てる。俺達にはきっと地獄すら生温いんだろうよ」

沙都子「…でも、死ぬまで貴方達はのうのうと生き続ける…」

小此木「…まあな」

沙都子「そんな罪も背負う気の無いもの、覚悟とは言いませんわ!!」

小此木「…」

沙都子「都合の良いように、自分の行いを無理矢理正当化してるだけではありませんの!!」

小此木「…」ポリポリ

沙都子「貴方達なんて…貴方達なんて!!」

小此木「…」

沙都子「ただの、人殺しですのよ!!」




388: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:23:18.88 ID:zrMahF0JO

小此木「…」

沙都子「…」フーッフーッ

小此木「…参ったな…子供に言い負かされちまった」

沙都子「…」

小此木「…間違ってるのは、俺らだからな」

沙都子「…」

小此木「だが、悪かったとは言えないんだ」カチャッ

沙都子「!」

梨花「!」

小此木「…せめて、苦しまずに逝ってくれ」

沙都子「…」

梨花「…沙都子!!!」

小此木「…じゃあ…」

?「…」パァン!

小此木「なッ!!!?」ビシッ

梨花「!!」

?「…」

小此木「がっ…!!今度は何だ…!?」

沙都子「…えっ…?」

梨花「・・・!?」

詩音「…」シュウウ…

沙都子「…ねーねー…?」

小此木「…女ァ…?」




389: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:28:48.94 ID:zrMahF0JO

詩音「…バカですね。沙都子…」

沙都子「…」

詩音「相手を挑発すれば、返されるのは当たり前です」スチャッ

沙都子「ねーねー…」

梨花「詩ぃ…!」

詩音「…でも、見直しましたよ」

沙都子「…」

詩音「甘ったれの沙都子じゃなくて、お姉さんは嬉しいです」

小此木「…」

沙都子「ねーねー!!」ガバッ

詩音「あらら…」

梨花「詩ぃ…良かった…」

詩音「こちらだって無抵抗って訳にもいきませんから。武器を整えて来ましたよ!」

梨花「…」

詩音「ま…それはさておき」

小此木「…」

詩音「…そこの貴方」

小此木「…何だ?」

詩音「…人様に迷惑かけておいて、よくもまあ偉そうにしていられますね」

小此木「…元々だ」

詩音「…葛西!」

葛西「…」ヌッ

小此木「…!」

葛西「お前ら!!出てこい!!」

小此木「…何?」




390: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:29:47.92 ID:zrMahF0JO

「…」ガサッ

「…」ガサッ

「…」ガサッ

詩音「はーい。取り囲んで下さーい」

小此木「…」

「…た、隊長…」

「…こ、こりゃ…ちょっと…」

「…囲まれちまってますぜ…」

小此木「…だな」

詩音「どうします?懺悔の時間、いります?」

小此木「成る程。園崎のヤクザが…か」

葛西「…」

小此木「…こりゃ…面白い事もあったもんだ」

詩音「…何がです?」

小此木「他所もんに厳しいアンタらが、らしくない真似をするなんてな…」

詩音「時代は変わるんですよ。いつまでも鬼婆オンステージじゃ人口も増えやしないんですから」

葛西「・・・」

『…』

小此木「…だが、ちょっと決断が遅かったな」

詩音「…は?」

梨花「?」

『…』ブオオオオオオオン

知恵「…?あれは…?」

詩音「…?」

沙都子「…車の…音?」

小此木「…流石に大仰な事は出来ない…が」

梨花「…え?」

『…』ブオオオオオオオン

「うわっ!?」

「な、何だァ!?」

『目標ポイント到達』

葛西「…!!」

『MG3、発射します』

小此木「…これくらいなら、許容範囲だろ?」

葛西「…伏せろォ!!!」

詩音「!!!」




391: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:31:11.02 ID:zrMahF0JO

…。

『』

『』

『』

チェイス「…!!何の音だ…!?」

「…あれは…」

チェイス「…答えろ!何だ!!」

「…小此木隊長が、最後の手段を使った…」

チェイス「…」

「MG3による、掃討作戦だ…!」

チェイス「…何!?」

「…あれが使われたということは、もう…!」

チェイス「…!!」

「…!!」

チェイス「…俺は…」

「…」

チェイス「…守れなかった…のか…?」

「…」

チェイス「…ッ!!!」ドォン!!

「…」

チェイス「…」

『そんな事、無いのですよ』

チェイス「…」

『…梨花には、心強い味方がもう一人いるのです…』

チェイス「…この声…」

『…チェイス…』

チェイス「…羽入か…!?」

『…ボクの、最後の力を使って、貴方に頼みますです』

チェイス「…何処にいる!?羽入!!」

『今こそ、貴方の本当の役目を果たす時なのです』

チェイス「…?」

『…これを…』

チェイス「…!お前…手が…」

『…貴方に…』

チェイス「・・・」

『さあ。行って下さい』

チェイス「・・・これは・・・」

『貴方の、「昔のお友達」から貰ってきました』

チェイス「…!!」ガシッ




392: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:33:44.36 ID:zrMahF0JO

小此木「・・・」

梨花「…」

沙都子「…」

葛西「…」

詩音「か、葛西ぃ…重いぃ…」

知恵「…」

校長「…」

小此木「・・・あ?」

『…』

小此木「…おい!!何処に向かって撃ってる!?ふざけてるのか!?」

『いやぁ?とっ…ても真剣ですよぉ?』

『そうですよ。ねえ?』

梨花「…えっ…?」

沙都子「…この、声…」

小此木「!?…な…!」

『…しかしびっくりしましたよぉ。まさかこんな車運転する時が来るなんてぇ…』

『僕だって、こんなの撃ったの初めてですよ』

『貴重な体験ですねぇ…ねえ?』

『そうですよ…ねぇ?』

梨花「…まさか…!!!」

大石「赤坂さん!」ヒョコ

赤坂「はい!大石さん!!」ヒョコ

小此木「馬鹿なぁぁぁぁあああああ!!!!?」

梨花「赤坂!!!」




393: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:35:19.77 ID:zrMahF0JO

小此木「て…テメェら…!!奴らは何処だ!!何処に行った!!」

大石「彼らですかぁ?…そうですねぇ…」

茜「そいつらなら今頃、ウチの奴らと、この若僧の仲間とドンパチやってるよ」ヒョコ

小此木「なッ…にぃ…!?」

茜「人数が足りなかったんじゃないかい?ウチと警察を相手取るには」

小此木「…!!」

大石「いやぁ。駄目元で頼んだ甲斐がありましたよぉ」

赤坂「僕だって甘んじて本庁にいたわけじゃないんですよ。少しなら人数も出せる」

茜「…ま、積もる話もあるけどね。…全部ひっくるめて、アンタらとのあれこれはこの抗争見逃してもらうってことでチャラさ」

大石「おや。良いんですか?貴方の一存で決めちゃって…」

茜「言ったろ?アタシらは細かい事が苦手なんだ」

大石「ぬはっはっはっは!!こりゃこりゃ…」

小此木「…警察とヤクザが、手を組むなんざ想像出来るか…!!」

大石「手段など選んで…。…!!」

熊谷「…」

大石「熊ちゃん!!大丈夫ですか!!」

熊谷「…ええ。何とか…急所は外れています…」

大石「直ぐに救援を呼びます!!もう少しの辛抱ですよ!!」

熊谷「…私よりも、入江先生を…!」

大石「!」

入江「…」

茜「おや…先生じゃないかい!?」

知恵「お願いします!!入江先生…意識が!!意識が…!!」

赤坂「…!もう少し早く来ていれば…!!」

小此木「……!!」




394: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:36:58.31 ID:zrMahF0JO

小此木「…お前…何処かで見た面だと思ったが…!!」

赤坂「…ああ。そうだとも」

小此木「…あん時の…雛見沢に来た小僧じゃねぇか…!!」

赤坂「…」

小此木「…すぐに帰っちまったからほとんど覚えてなかったが…」

梨花「赤坂!!赤坂ぁ!!」

赤坂「…梨花ちゃん」

梨花「…来て…くれたのですね…!」

赤坂「…恩返しさ」

梨花「え…」

赤坂「君が僕に教えてくれた」

梨花「…」

赤坂「半信半疑だったけど、間一髪で雪絵を助けられた。間に合ったんだ」

梨花「!」

赤坂「君に助けられたんだ」

梨花「…」

赤坂「…今度は、僕が助ける番だ!」

梨花「…赤坂…!!」




395: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:37:54.83 ID:zrMahF0JO

赤坂「…」

小此木「…」

赤坂「…」シュタッ

小此木「…あ?」

赤坂「大石さんから聞いたよ。アンタが、あの時の誘拐事件の犯人だって」

小此木「…」

赤坂「一連の事件のほとんどは、アンタらの自作自演だって」

小此木「…ああ…」

赤坂「…」

小此木「…顔がバレてりゃ、そうなるか…」

赤坂「児童誘拐、殺人、そして今回のテロ。捕まったらもう出てこれないぞ」

小此木「…ハッ…」

赤坂「…?」

小此木「…大人しく、捕まるのは性に合わない…」

赤坂「…」

小此木「…ッ!!」ブンッ

赤坂「!」




396: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:39:08.40 ID:zrMahF0JO

小此木「…ぬ…おおおおお!!!」ドンッ!

梨花「!」

茜「!」

小此木「おおおおおおお!!!」ドゴッ!バキッ!

茜「…往生際の悪い奴だねぇ…!」スチャッ

葛西「…」ヌッ

茜「?…何だい。葛西…」

葛西「…」

茜「どきな。あのロン毛はアタシが…」

葛西「その必要はありません」

茜「あ?」

小此木「…!!」バキッ!ガスッ!

赤坂「…」

茜「…あ?」

小此木「…!」バキッ!ドカッ!

梨花「…」

葛西「…」

茜「…ああ。そういうことかい」

小此木「…ッ…」ブンッ

赤坂「…」

小此木「…ハァッ…ハァッ…」

赤坂「…ペッ」

小此木「…バケモンが…!」

赤坂「…気は、済んだかい?」

小此木「…ハハ…」

赤坂「…」

小此木「…ハハハハハ!!」

赤坂「?」

茜「…頭でもおかしくなったかい?」

葛西「…」




397: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:43:14.85 ID:zrMahF0JO

小此木「…ハハハ…」

赤坂「…何がおかしい?」

小此木「…50分…」

赤坂「…?」

小此木「…この作戦の、制限時間だ…」

赤坂「…」

小此木「…後、1分…!」

赤坂「…まさか!!」

小此木「…鷹野三佐が、毒ガスの詰まった爆弾を投下する時間だ!!!」

茜「はっ!!?」

赤坂「そんな事…お前達も…!」

小此木「…!」ガポッ

赤坂「!」

小此木『…地下に隠れていようが、無駄だぜ…』

茜「!…こいつら全員殺してマスクを奪いな!!」

小此木『無駄だ!俺達を殺しても全員分は無い!!』

茜「ッ…!」

小此木『お前らが無抵抗で死ぬような奴らじゃないってことは、俺らも承知済みだ!』

梨花「…殺される覚悟も、出来てるって事…!?」

小此木『甘い!!甘いんだよ!!お前達はなァ!!』

梨花「…!」

赤坂「ぐっ…!」

?「…誰も、死なせない」

小此木『ん?』

?「…」ズンッ

小此木『おごっ…!?』




398: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:43:56.52 ID:zrMahF0JO

小此木『』

?「…」

茜「…は…?」

葛西「…!」

沙都子「…えっ…?」

熊谷「…!?」

大石「…え?」

知恵「…!!」

校長「!」

梨花「・・・」

http://youtu.be/h28fxXVUrcs



?「誰一人、死なせはしない」

梨花「…その…声…」

?「…必ず助けると、約束した」

梨花「…まさか…」
no title


チェイス「遅れてしまって、すまない」

梨花「…チェイス!!!」
no title





399: ◆GWARj2QOL2 2017/06/14(水) 22:44:29.79 ID:zrMahF0JO

…。

……。

悟史『…』

悟史『…』

悟史『…。』ピクッ




悟史「…!!」

14話 終




401: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:00:01.73 ID:74lUaI+vO

仮面ライダーはこうじゃなきゃな





403: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:41:56.90 ID:k1cJag3lo

渡したのはプロトスピードか
OVA見てないからなんでハートが持ってたのか解んないけど




404: ◆GWARj2QOL2 2017/06/15(木) 06:08:54.96 ID:S/mU4Sn6O

>>403
ドライブドライバーの模造品です…




410: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:17:04.96 ID:qcZetybeO

チェイス「…」

梨花「チェイス!チェイスなの!?」

チェイス「…そうだ」

梨花「…その、姿…」

沙都子「…」

茜「…チェイス…?」

チェイス「…」

梨花「…「それ」が、仮面ライダー…なの?」

チェイス「…そうだ」

梨花「…!」

赤坂「…君は…」

チェイス「…皆を助けてくれたのは、お前か?」

赤坂「え?」

チェイス「…礼を言う」

赤坂「…いや。礼を言うのは僕の方だ」

チェイス「…」

赤坂「君のおかげで、色んな人が助かった」

チェイス「…」

赤坂「…本当に、ありがとう」

チェイス「…」

『グオオオオオオン』

梨花「!」

赤坂「!」

大石「!…あれが…」

チェイス「…鷹野の、最終手段か」

梨花「…チェイス!」

チェイス「…」

梨花「…頼んだわよ」

チェイス「…」




411: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:18:07.96 ID:qcZetybeO

チェイス「…」ガチャガチャガチャッ

『スピスピスピード!!』

梨花「!?」

チェイス「…ッ!!」ビュッ

赤坂「!…消え…!」

茜「違うよ。跳んだんだ」

赤坂「!?…この高さを一瞬で…!?」

チェイス「…」

沙都子「…左之助さん…!」

赤坂「…一体…彼は…!」

梨花「…あいつはね…」

赤坂「…」

梨花「貴方達と、同じ」

赤坂「…」

大石「…」

熊谷「…」

梨花「…この世を守る、正義のヒーローよ」

チェイス「…」




412: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:19:10.47 ID:qcZetybeO

「…!鷹野三佐!!」

鷹野「…何?」

「し、下!!下を!!」

鷹野「下?…ええ。残り10秒もしたら…」

「そうじゃなくて!!見て!!見て下さい!!」

鷹野「?……!!!?」

「何かが、高速で迫って来てます!!!」

鷹野「!!よ、避けなさい!!」

「き、急旋回します!!」

『グォォオオオオオオオン!!』

鷹野「ッ…!!!も、もっと早く!!早くしなさい!!」

「め、目一杯ですよ!!!」

チェイス「…」ガチャッ

鷹野「…!!」

チェイス「…」カチッ

『フルストロットル!!スピード!!』

「な、何とか避けられ…!!」

鷹野「…」

チェイス「…!」

「ヒッ…!?」

鷹野「…避けられる訳…ないでしょ…!!」

チェイス「…ハァッ!!!」グワァッ!!




413: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:20:31.88 ID:qcZetybeO

赤坂「ッ…!!」

沙都子「キャッ!!」

詩音「!?」

知恵「!…凄い音…!!」

茜「…」

葛西「…」

熊谷「…はは。最早漫画の世界ですね…」

大石「…左之助さん…!」

「…」

梨花「……」

「…」

梨花「…!」

チェイス「…」

梨花「…チェイス!!」

チェイス「…」シュタッ

沙都子「さ、左之助さん!」

チェイス「…赤坂」

赤坂「…?」

チェイス「…鷹野が使おうとしていた毒ガス爆弾だ」

赤坂「おっと!…これが…」ズシッ

チェイス「処分は任せる」

赤坂「…ああ。助かったよ」

チェイス「…」

「…」
鷹野「…」

大石「…?…ああ、緊急離脱しましたか…」

茜「…バカだねぇ…あんなとこでパラシュート開きゃ、捕まりますよって言ってるようなもんじゃないか」

詩音「…どんな気分なんですかねぇ。ライオンの群れに飛び込む草食動物って…」

「…はぁ…」
鷹野「…!」

茜「…さて。ありゃどうするんだい?」

大石「勿論。捕まえますとも」

茜「ありゃ。こっちも捕まえたいんだけど?」

赤坂「彼女を捕らえれば、恐らく様々な者達が芋づる式に捕まっていくでしょう」

茜「…ったく。手柄は警察のもんってかい?」

大石「では、これで私達のいざこざは無かったということにしましょう」

茜「…全く。分かった!分かりました!!」

赤坂「ありがとうございます」

大石「ぬはっはっはっは!!一件落着ですなぁ!!」




414: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:21:21.09 ID:qcZetybeO

…。

鷹野「…」

大石「…さぁて、鷹野三四…いえ、田無美代子さん?」

鷹野「…捨てた名前よ」

大石「親御さんにつけて頂いた名前をそんな簡単に捨てるものじゃあ、ありませんよぉ?」

鷹野「…」

梨花「…」

鷹野「…あと少し、だったのに」

チェイス「…」

鷹野「…貴方のせいで…」

チェイス「…」

鷹野「…!!」ガチャッ

梨花「!」

赤坂「!!梨花ちゃん!!」

鷹野「…アンタだけでも…」

梨花「…!!」

鷹野「アンタだけでも、殺せば!!」

沙都子「梨花ぁ!!!」

チェイス「無駄だ」

鷹野「…!!腕が…!?」

赤坂「…えっ?」

梨花「…?」

鷹野「腕が…上がらない…!!どうして…!!?」

チェイス「お前に銃は撃てない。人は殺せない」

鷹野「…!!何を…」




415: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:22:39.96 ID:qcZetybeO

チェイス「…梨花」

梨花「…?」

チェイス「俺は前に、この女について話したが…」

梨花「…火薬がどうのって…?」

チェイス「あれは嘘だ」

梨花「…?」

チェイス「…俺には、見える」

鷹野「…?」

チェイス「…お前の腕を必死に抑え込む、老人の姿が」

鷹野「…」

チェイス「…」

鷹野「…え…?」

チェイス「お前にも、見える筈だ」

『…』

鷹野「…!!」

『…美代子…』

鷹野「…あ…!」




416: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:23:32.97 ID:qcZetybeO

『…美代子…』

鷹野「…そんな…!?」

『…もう、良いんだ…』

鷹野「…一二三…おじいちゃん…!?」

『私の為に…これ以上罪を犯してはいけない…』

鷹野「どうして…!?」

『…お前の手に、それは似合わない…』

鷹野「…!!」

『人の為に使う手を、人を殺す為に使ってはいけない』

鷹野「!!!」

『…だから、その銃から手を離しなさい』

鷹野「は、離して…!私は…私は!!」

『…』グググ

鷹野「貴方の功績を、無駄にしたくない…!!」

『…美代子』

鷹野「お願い…!離して…!!」

『…そんな事をしても、悲しいだけだ』

鷹野「…!!」

『…』バチィン

鷹野「…銃が…!!」

『…美代子』

鷹野「…」

『…全て、私のせいだ…』

鷹野「…」

『…すまなかったね…』




417: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:24:41.07 ID:qcZetybeO

鷹野「…」ガクッ

梨花「…」

チェイス「…お前がやろうとしていたことは、人の為ではない。一二三の為にでもない」

鷹野「…」

チェイス「お前の、独りよがりの醜い欲望なだけだ」

鷹野「…」

梨花「…」

鷹野「…何よ…」

梨花「…?」

鷹野「…その目は、何なのよ…!」

大石「…」

鷹野「…同情のつもり?」

赤坂「…」

鷹野「そんなものいらない!!私が欲しかったのは…!」

沙都子「…」

鷹野「…おじいちゃんの…笑顔だけ…!!」

茜「…」

鷹野「…気に食わない…!!」

知恵「…」

鷹野「気に食わないのよ!!貴方達全員!!」

詩音「…」

鷹野「…良いわ…」

熊谷「…」

鷹野「なら、一つ良いことを教えてあげる…!」

チェイス「…」

鷹野「古手梨花!!」

梨花「…?」

鷹野「…貴方の親が、どうして死んだのか…」

梨花「…え…?」

鷹野「私が雛見沢の研究の為にこの村にやって来た時の事よ!!」

梨花「…」

鷹野「その為には「女王感染者」たる者の存在が不可欠だったから…」

梨花「…」

鷹野「私が殺してやったのよ!!」

梨花「!!!」

チェイス「!」




418: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:25:32.67 ID:qcZetybeO

鷹野「初めはね…北条沙都子の感染を治す為の名目で、貴方を実験台にしようとしたわ」

沙都子「え…」

梨花「…な…」

鷹野「でもあの女は私達の考えに気づいていたみたいでねぇ!!!」

梨花「…」

鷹野「鬱陶しかったから!!二人とも自殺に見せかけて殺してやったのよ!!」

沙都子「!!」

梨花「…」

鷹野「…でも、丁度良いサンプルが手に入ったから、嬉しかったわぁ…」

梨花「…は…」

鷹野「…アンタの母親、脳髄まで隅々調べ尽くさせてもらったからねぇ!!!!」

梨花「…」スッ

チェイス「…!」

鷹野「おかげで研究は順調に進んだわ!!とっても…ね!!!」

梨花「…こ…」

チェイス「梨花!!」

梨花「…やる…」

鷹野「フフフ…」

梨花「…こ……てやる…」

鷹野「アーッハッハッハッハッハ!!!」

梨花「殺してやる!!!!!アンタは殺す!!!!!」ジャキッ




419: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:26:46.38 ID:qcZetybeO

鷹野「アッハハハハハ!!!何も知らずに可愛い子ぶって!!何て間抜けなんでしょうねぇ!!!」

梨花「殺す!!!!絶対に許さない!!!!!」

沙都子「梨花!!」

赤坂「梨花ちゃん!!!」

詩音「梨花ちゃま…」

鷹野「アハハハハハハ!!…は…?」

チェイス「…」

鷹野「…」

梨花「チェイス!!どきなさい!!その女は…!!」

チェイス「させない」

梨花「どきなさいよ…!!」

チェイス「…」

梨花「どけって!!!言ってんでしょ!!!!!」

チェイス「約束した」

梨花「…!」

チェイス「お前が人を殺そうとしたら、止めると」

梨花「そんなの…!!今…!!!」

チェイス「もう誰も死なせない。誰の手も汚させない」

梨花「綺麗事よ!!そんなもの!!!」

チェイス「例え綺麗事でも、俺は止まらない」

梨花「うるさい!!どかないならアンタも撃つわよ!!!」

チェイス「それで気が済むなら、何発でも撃て」

梨花「!!」

チェイス「恨みは、全て俺にぶつけろ」

梨花「…!」

チェイス「…終わったら、後ろを見ると良い」

梨花「…!」




420: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:27:43.47 ID:qcZetybeO

圭一「…」

魅音「…」

レナ「…」

沙都子「…」

梨花「…!」

チェイス「誰も、お前が人を殺すことなど望んでいない」

梨花「…」

チェイス「お前がこの女を殺しても、得るものなど何も無い」

鷹野「…」

梨花「…」

チェイス「ただ、失うだけだ」

梨花「…」

チェイス「友達の、笑顔を」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…ズルいのね…アンタって…」

チェイス「…」

梨花「…ホンっ…と…バカ真面目なんだから…」

チェイス「…」

梨花「…バカぁ…」

チェイス「…」

梨花「うえぇ…」

チェイス「…」ギュッ




421: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:29:03.90 ID:qcZetybeO

鷹野「…」

大石「…さ。行きますよ」グイッ

鷹野「…」

大石「心配しなくても、貴方は法が裁いてくれます」

鷹野「…」

大石「…一二三さんの気持ちを一番、理解していたようで…一番、理解出来ていなかったんですよ」

鷹野「…」

大石「…救いようのない人だ」

鷹野「…」

「待って下さい!!」

大石「?」

鷹野「…!」

富竹「…ハァッ…ハァッ…」

鷹野「…ジロウさん…」

富竹「…鷹野さん」

鷹野「…」

富竹「…本当の君を、見てやれなかった僕にも、責任がある」

鷹野「…」

富竹「…ごめんよ。鷹野さん…」

鷹野「…」

富竹「…すまなかった…」

鷹野「…謝らないで…」

富竹「…すまなかった」

鷹野「謝らないで…!!」

富竹「…」

鷹野「謝ったら…終わっちゃう…!!!」

富竹「…すまなかった…」

鷹野「…」

富竹「…」

鷹野「…ああ…」

大石「…」

チェイス「…」

梨花「…」

鷹野「…あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!」

…。

……。




422: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:30:18.83 ID:qcZetybeO

…。

……。

梨花「…」

沙都子「梨花…立てます?」

梨花「…ええ」

圭一「梨花ちゃん…」

レナ「…良かったぁ…」

梨花「…ごめんなさい。心配かけて」

魅音「良いって。…よく堪えてくれたね」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…お礼なんか、言わないんだから」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…それよりも」

梨花「?」

鉄平「…」

リナ「…」

沙都子「!」

レナ「…!」




423: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:31:27.68 ID:qcZetybeO

鉄平「…沙都子」

沙都子「叔父様…」

鉄平「…すまんかったな。沙都子…」

沙都子「そんな…」

鉄平「…これからワシは、このアマと一財産稼ぎに行くんじゃ」

リナ「…」

沙都子「…え?」

鉄平「お前も、悟史も養えるくらい、がっぽり稼いできちゃる!!」

沙都子「…」

鉄平「だから、帰って来た時は思いっきりわがままを言え!!」

沙都子「…」

鉄平「何が欲しい?何でもええぞ?」

沙都子「…」

鉄平「ん?」

沙都子「…なら…」

鉄平「?」

沙都子「…笑顔で、無事に帰ってきて下さいまし…!」

鉄平「…」

沙都子「兄妹仲良く、迎えますから…!」

鉄平「…」

沙都子「…いつまでも、待ってますから…!」

鉄平「…ほうか」

沙都子「…」

鉄平「良し!約束じゃ!」

沙都子「…」

鉄平「…あ。後は…冷えたビールじゃ!それを…」

沙都子「分かっておりますわ!コップもちゃんと冷やしておきますのよ!」

鉄平「ほうか!はっはっはっは!!」

沙都子「…」

鉄平「…」

沙都子「…」

鉄平「…じゃ。行ってくるわ」

沙都子「…はい…!」




424: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:32:15.48 ID:qcZetybeO

リナ「…」

レナ「…」

リナ「…多分、察してくれたと思うけど」

レナ「…はい」

リナ「園崎の上納金は返せても、竜宮さんのお金は返せないんだ。今すぐは」

レナ「…」

リナ「だから、ね…」

レナ「…」

リナ「…汗水垂らして得るお金だよ。汚くないから」

レナ「…はい」

リナ「…」

レナ「…帰って来る時は、連絡して下さい」

リナ「…ん」

レナ「…」

リナ「…ん?」

レナ「…お茶碗。リナさんの」

リナ「…」

レナ「ちゃんと、取っておきますから…」

リナ「…」

レナ「今度は、ちゃんとお父さんの事、笑顔にして下さい」

リナ「…」

レナ「…」

リナ「あはは。許してもらえるかなぁ?」

レナ「許してません!」

リナ「…あはは…」

レナ「…ちゃんと、約束守ったら、許してあげます…」

リナ「…アタシの事、お母さんって呼べるの?」

レナ「…んー…」

リナ「…」

レナ「…」

リナ「…」

レナ「んーーーーーーーー」

リナ「長い長い」

レナ「…分かりません」

リナ「あはは。そりゃそうだ」

レナ「…」

リナ「…じゃ。アタシも行くね」

レナ「…はい」

リナ「…またね。レナちゃん」

レナ「…はいっ!」




425: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:33:23.13 ID:qcZetybeO

圭一「…何つーか…」

魅音「…あれじゃ、あんまり酷い仕事はさせらんないねぇ…」

圭一「え?そういう問題?」

魅音「…でも、ま…」

圭一「…」

魅音「…一件落着!!うん!!」

圭一「…だな」

魅音「…圭ちゃん」

圭一「…」

魅音「さっきの梨花ちゃんにも、言えることだけど」

圭一「…」

魅音「過去がどれだけ酷いものだったとしても、それは変えられるものじゃない」

圭一「…」

魅音「これから…今からは、未来を見て」

圭一「…」

魅音「…勿論、その罪は忘れちゃいけないけど…」

圭一「…」

魅音「いつまでも、止まったままだと成長しないから」

圭一「…」

魅音「…」

圭一「…」

魅音「だからここ2、3日の分教えて」

圭一「そういう問題!?」

詩音「私も最近学校行ってないんで良いです?」

圭一「は!?」

魅音「あははっ!まあ良いじゃん。これで万事解決!」

詩音「…あ、それよりもお姉?」

魅音「ん?」

詩音「ちょい。こっちこっち」グイグイ

魅音「え?」




426: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:34:58.25 ID:qcZetybeO

詩音「…彼とは、何処まで行ったんです?」

魅音「ン゛っ?」

詩音「だってぇ…お姉ったらこの間凄く嬉しそうに人形貰ったーだなんて話してましたから…進展あったのかなー…なんて」

魅音「ン゛…」

詩音「あれ程押せ押せって言ったじゃないですか!何もしてないんですか!?」

魅音「…そ、そんなこと言われたってぇ…」

詩音「良いですか!?お姉は良いモン持ってるんですから!!これで!!押せば良いでしょ!!」モミッ

魅音「うええっ!!?何してんのさー!!」

詩音「使える物は使う!!それが男を虜にするテクニックってもんでしょうが!!!」

魅音「やめてええええええ助けてええええええ!!!」

圭一「…」

レナ「…あはは」

圭一「…何だか、さっきまで命の取り合いしてたなんて思えないよな」

レナ「…思いたくないから、明るく振舞ってるんだよ」

圭一「…」

レナ「…で、圭一君」

圭一「…ん?」

レナ「・・・レナと魅ぃちゃん、どっちが良い・・・?」

圭一「…えっ…」

レナ「・・・どっち?」

圭一「え?…え?」

魅音「あー!!レナ何してんのさーー!!」

レナ「えへへ。早い者勝ちだよぉ?」

魅音「ダメー!!そういうのナシー!!!」

レナ「えへへ」

チェイス「…」

梨花「…呆れてる?」

チェイス「…いや」

梨花「…」

チェイス「あれなら、大丈夫だと思っただけだ」

梨花「…?」

詩音「あっはははは!!全くお姉ったら…からかいがいがありますねぇ…」

沙都子「ねーねーはもう少し愛情を持って接してあげたらどうですの?」

詩音「何言ってるんです。私の愛は天よりも高く海よりもふか…」

沙都子「…」

詩音「…え…?」

沙都子「…」

梨花「…!!」

チェイス「…」

悟史「…」




427: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:35:49.53 ID:qcZetybeO

詩音「…え…」

悟史「…」

詩音「…ど…して…?」

沙都子「…にーにー…?」

悟史「…みんな…」

詩音「…意識が…無い筈じゃ…」

悟史「…そんなこと、ないよ」

沙都子「…」

悟史「本当は、ずっと起きてた。…でも、体が動かなかったんだ…」

詩音「…」

悟史「…ごめん」

沙都子「…」

悟史「…あと…」

梨花「…」

悟史「…ただいま」

詩音「…」

沙都子「…」

悟史「…あはは」

詩音「悟史くぅぅぅぅぅううううううんんんんんん!!!!」グギュッ

沙都子「にぃぃぃぃいいいにぃぃぃいいいいい!!!!」グギュッ

悟史「お゛う゛っ」




428: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:37:02.80 ID:qcZetybeO

詩音「いやー…すいません。暫く身体動かしてなかったっていうの忘れてました」

悟史「野球で鍛えた筈なんだけどね。…こんなに痩せちゃったよ」

詩音「ずっと寝たきりでしたからね…」

沙都子「そんなの、沢山ご飯を食べれば済む話ですわ!」

悟史「あはは…」

魅音「…悟史…」

悟史「あ…魅音」

レナ「…」

悟史「…レナ」

圭一「…」

悟史「…」

圭一「…えっと…」

悟史「圭一…君。だよね?」

圭一「え?」

悟史「…起きてたから。ずっと」

圭一「…聞いてたって、ことか…」

悟史「うん。…ありがとう。沙都子の事を見てくれて」

圭一「…いや」

悟史「…でも、もう少しだけ、見てもらいたいんだ」

圭一「…」

沙都子「…」

詩音「…え?」

悟史「…」

チェイス「…」

赤坂「…そうだね」

沙都子「え…」




429: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:38:00.06 ID:qcZetybeO

赤坂「北条悟史君。君には…」

悟史「はい」

赤坂「…」

詩音「…え…?」

悟史「…詩音。ごめんね」

詩音「…何を…」

悟史「…少しだけ、覚えてるんだ」

詩音「…」

レナ「…!!」

悟史「感触は、残ってる。バットで、叔母さんを何度も殴った…」

沙都子「…にーにー…?」

赤坂「…殺人の容疑だけじゃないさ。君には聞きたいことが山程ある」

悟史「…はい」

詩音「ま…待って…」

赤坂「…」

詩音「…そんなの…」

悟史「…詩音」

詩音「…」

悟史「罪を犯したなら、罰を受けなくちゃいけない」

詩音「でも!!貴方がやっただなんて証拠は…!」

悟史「僕は、覚えてる」

詩音「そんなの知らない!!幻!!幻なんです!!!」

悟史「…僕の頭に、刻み込まれてる」

詩音「病気だったんです!!仕方なかったんです!!」

悟史「だとしても、人を傷つけて、殺した」

詩音「知らない!!知らない知らない!!!」

沙都子「…ねーねー…」

悟史「…」

詩音「…知らない…!!」

悟史「…」ナデ

詩音「…!」

悟史「…もし、また戻ってこれたら」

詩音「…」

悟史「詩音の話、沢山聞かせてね」

詩音「…!」

沙都子「…ッ!!」




430: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:38:57.35 ID:qcZetybeO

梨花「…」

悟史「…梨花ちゃん」

梨花「…貴方が、やったの?」

悟史「…うん。間違いない」

梨花「…」

悟史「病気だとしても、やったことの罰は、受けるべきなんじゃないかな…」

赤坂「…」

梨花「…そう」

悟史「会えたばかりなのに、また離れちゃって…ごめんね?」

詩音「…!」

沙都子「…」

悟史「…」

詩音「…私、待ちます…!」

悟史「…」

詩音「…いくらでも、待ちます!!」

悟史「…」

詩音「…だから、お願い…」

悟史「?」

詩音「…また、雛見沢に帰ってきたら、その時は…」

悟史「…」

詩音「…笑顔で、帰ってきて下さい…!」

悟史「…うん」

沙都子「…」

悟史「…沙都子」

沙都子「…?」

悟史「この償いは、終わらない。きっと、償い続けなきゃいけない」

沙都子「…」

悟史「…叔父さんにも、ちゃんと言わないといけない」

沙都子「…」

悟史「…だから、ごめん」

沙都子「…」

悟史「…もう少しだけ、待ってて」

沙都子「…!!」




431: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:40:07.77 ID:qcZetybeO

赤坂「…行こうか。悟史君」

悟史「はい」

沙都子「…」

詩音「…」

悟史「…」バタン

赤坂「…」

圭一「…悟史!!」

悟史「!」

梨花「…」

圭一「過去は、確かに忘れちゃいけない!!」

悟史「…」

圭一「過去は変えられない!!けど…」

悟史「…」

圭一「未来は、いくらでも変えられる!!!」

梨花「!」

魅音「…圭ちゃん…!」

圭一「これからは、お前の未来を、未来のキャンバスを、思いっきり塗りつぶしていけ!!!」

悟史「…」

圭一「…それに、お前ここ数年間授業受けてないだろ」

悟史「…うっ」

圭一「帰ってきたら!俺がみっちり教えてやるからよ!!」

悟史「…!」

圭一「だから!!帰ってこい!!いつでも!!!」

悟史「…」

魅音「私達も、待ってるから!!!」

レナ「また!!一緒に部活しようね!!」

詩音「待ってます!!ずーーーーッッ…と!!!」

沙都子「帰ってきた時は!!元気な顔で居て下さいまし!!!」

悟史「……」

赤坂「…さ。行こうか」

悟史「…はい…!」

赤坂「…」

悟史「…!」ズズッ

赤坂「(…雪絵…)」

悟史「…ッッ…!!」ゴシゴシ

赤坂「(…人は一人じゃ、生きていけないんだな…)」

悟史「…!」

赤坂「(君が生きていてくれて、本当に良かった)」

…。




432: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:41:11.29 ID:qcZetybeO

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…過去の清算って、こういうことだったわけね」

チェイス「…」

梨花「アンタが大石とヒソヒソ話してたのって、悟史を逮捕する件だったんでしょ」

チェイス「…そうだ」

梨花「…嫌な予感はしてたわよ…」

チェイス「命を奪って良いという人間はいない」

梨花「…」

チェイス「人の命を奪った事実は変わらない」

梨花「…」

チェイス「だが、きっとやり直せる」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…鷹野は、どうかしらね…」

チェイス「…」

梨花「…壊れちゃったみたいよ」

チェイス「…」

梨花「…悪いのは、アンタじゃないから」

チェイス「…」

梨花「…悟史なら、大丈夫よ」

チェイス「…」




433: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:42:23.74 ID:qcZetybeO

梨花「アンタ、これからどうする?」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…役目を、果たすだけだ」

梨花「…家、来れば良いじゃない」

チェイス「…」

梨花「私の事、守ってくれるんでしょ?これからも」

チェイス「…」

梨花「…ここにいれば良いじゃない。ずっと暮らせば…」

チェイス「…その役目は、もう終わった」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…え?」

チェイス「もう一人、助けなければならない者がいる」

梨花「…え?」

チェイス「…」

梨花「!!」

チェイス「…」シュウウ…

梨花「…アンタ…身体が…!!」

チェイス「…」

梨花「そんな…!!チェイス!!」

チェイス「…元々、俺はここに居てはいけない存在だ」シュウウ…

梨花「そんなことない!!アンタは…アタシの…!!」

チェイス「…それに…」

梨花「…!!」

チェイス「どうやら、俺が必要になったらしい」シュウウ…

梨花「…!!」

チェイス「…俺は行かなければならない。ダチの元へ」シュウウ…

梨花「…行かないで…!」

チェイス「…33年後に、また会おう…」

梨花「…チェイス!!!!!」




434: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:43:12.44 ID:qcZetybeO

梨花「…」

梨花「…」ガクッ

梨花「そんな…!!」

梨花「…チェイス…」

沙都子「…」

梨花「…」

沙都子「…行って、しまわれたのですね…」

梨花「…」

沙都子「…会えますわよ。きっと」

梨花「…」

沙都子「梨花が、彼を必要とする限り」

梨花「…」

沙都子「…きっと、また…」

梨花「…ッ…!!」

沙都子「…だから」ギュッ

梨花「…!!」

沙都子「…今は、思い切り、泣くと良いですわ」

梨花「…」

沙都子「…」

梨花「…う…」

沙都子「…」

梨花「あああああああああああああ!!!!!」

沙都子「…!」ギュッ

…。

……。




435: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:44:24.73 ID:qcZetybeO

…。

……。

剛「…」ドスッ

狩野「…!」

剛「…悪いな」

狩野「…お前…!!」

剛「これは俺の戦いだ」ガポッ

狩野「…ま、待て!!」

剛「…」ブウウウウウウン…

狩野「…こ、これを…!!」
no title


『…』ピカッ

狩野「…?」

『…成る程。このシフトカーが俺を呼んだのか』

狩野「…!俺の声…!?」

『…お前の身体を、少しだけ借りるぞ』

狩野「…!!」

『…』カッ

…。

…。

チェイス「…」

チェイス「…これが、人間の肉体か」

チェイス「…派手に動けば、壊れそうだな」

チェイス「…剛」

チェイス「…待たせたな」

…。




436: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:45:52.31 ID:qcZetybeO

剛「…」

チェイス「…」

剛「…チェイス…!」

チェイス「…これを、届けに来た」

剛「…これは…!」

チェイス「…」

剛「…チェイス…」

チェイス「…」

剛「…俺の…ダチ…」

チェイス「…」

剛「…一緒に…戦ってくれるよな…?」

チェイス「…」コク

剛「…」

チェイス「…」

剛「…行くぜ…!」

チェイス「…」

剛「…変身!!」

チェイス「…」

剛「…追跡…」

剛「…撲滅…!」

剛「…いずれも…マッハ…」

剛「…仮面ライダー…」

チェイス「…」シュウウ…

剛「マッハ、チェイサー!!!」

チェイス「…」シュウウ…

…。

狩野「…ッ…」バタッ




437: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:47:22.25 ID:qcZetybeO

…。

チェイス『…』


チェイス『…』


チェイス『…久しぶりだな』

『ひぇっ!?』

チェイス『…随分、待たせてしまった』

『…ボクの姿が、見えてるのですか?』

チェイス『…いや。…だが…』

『…』

チェイス『気配がした』

『…』

チェイス『…俺は、雛見沢を助けると約束した』

『ということは…助けて…くれたんですね…』

チェイス『…』

『…良かった…!』

チェイス『…まだ一人、助けなければならない奴がいる』

『…え?』

チェイス『…』

『…でも、梨花を…』

チェイス『お前だ。羽入』

羽入『え…』




438: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:48:27.62 ID:qcZetybeO

羽入『…そ、そんな…ボクは…』

チェイス『俺に残された全てのエネルギーを、お前に注ぎ込む』

羽入『…』

チェイス『そうすれば、お前は元の世界に帰れる筈だ』

羽入『…待って下さい』

チェイス『…』

羽入『そんな事したら…貴方は…!!」

チェイス『…助けると誓った』

羽入『…』

チェイス『諦めさせないと、誓った』

羽入『…!』

チェイス『涙を流し、命を捨てようとする者を、俺は見捨てない』

羽入『…チェイス…』

チェイス『…行くぞ』

羽入『…』

チェイス『…』

羽入『…でも…』

チェイス『…』グイッ

羽入『あうっ!!』

チェイス『…』ドスッ

羽入『ッッ!!!?』

チェイス『…』グッ

羽入『…!…チェイス…!!!』

チェイス『…』シュウウウウウウ

羽入『…貴方…!!』

チェイス『…』シュウウウウウウ

羽入『…!!』

チェイス『行くんだ。お前の、ダチの元へ』

羽入『…!』

チェイス『…幸せに、なると良い』

羽入『…!!!!』




439: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:49:42.11 ID:qcZetybeO

羽入「…」

羽入「…!」

羽入「…身体が…」

羽入「…力も…」

羽入「…」

羽入「でも…」ポロ…

羽入「…そんなの、ボクは…」ポロポロ

羽入「…」

羽入「…チェイス…」

羽入「…貴方は…」

羽入「…どこまでも…正義のヒーロー、なのですね…」

羽入「…ありがとう…」

羽入「…」

羽入「…仮面…」

羽入「…ライダー…」

…。

……。




440: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:51:00.79 ID:qcZetybeO

http://youtu.be/xZi1Grbj2y4



魅音「圭ちゃん!分かったよ!こうだね!?」

圭一「違うっつの!!話聞けよお前!!!」

詩音「あっはは!お姉ったら言われてますねー…」

圭一「詩音!!お前もだよ!!!…っていうか真っ白じゃねえか!!!やってすらないのか!!!」

詩音「分からないものは悩んでも仕方ないんで」

圭一「…なんっつー清々しさだ…」

魅音「うー…話を聞くと分かるのに…」

圭一「雰囲気で分かった気になってるだけだろ…」

レナ「圭一君。出来たよ」

圭一「ん?…ん。…ん!?おお!流石レナ!飲み込みが早いぜ!!」

レナ「えへへ。いっぱい覚えたいから…」

圭一「良い心がけだって思わないか?なあ」

詩音「頭に過るくらいは」

圭一「もう気持ち良いよそこまでいくと」

魅音「…もう一回教えてぇ。今度は聞くからぁ…」

圭一「分かった分かった…レナ、ちょっと待っててな?」

レナ「うん。忘れないように復習しておくから良いよぉ」

圭一「…いやー…レナは本当良い奴だよ」

魅音「う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛…私だってやれば出来るもん!!出来るんだもん!!!」

圭一「出来てから言えよ…」

…。




441: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:52:04.39 ID:qcZetybeO

「ごめんください」コンコン

…。

「ごめんくださいなぁ」ガタ

入江「はーい!申し訳ないんですがそのまま上がってきていただいて宜しいですか!」

「はいはい…おっとと…」

入江「!大丈夫ですか!?」

「ああ。大丈夫ですよぉ。…ちっとばかし腰が痛いだけだから…」

入江「!…もしかして、また畑仕事ですね!?あれ程息子夫婦にやらせるって言ってたのに!」

「いやぁ。若いのは動きはするけど要領が悪いんです。本当…もうちょっとねぇ…」

入江「初めのうちは皆さんそうですよ」

「…それよりも先生、大丈夫なのかい?アンタの方こそ…まだ全然治ってないんだろう?」

入江「私は、良いんですよ」

「そんなことないよ。アンタが倒れたら私ら困っちまう」

入江「…私には、休んでいる暇など無いんです」

「…?」

入江「それに、私はやっぱりこの仕事が好きなようですから!」

「…ええ御人だ。うちのバカ息子にも見せてやりたいよ」

入江「…そんな事言って、お二人のご結婚…許してあげたらしいじゃないですか」

「そりゃあね。…いつまでも新参を受け入れないんじゃ新しい人間も増えやしない」

入江「…ええ」

「何だっけねぇ…あー…ぐろー…ぐろー…」

入江「グローバルですか?」

「そーそー!それよ。それ!雛見沢もそろそろグローバルにならないと!」

入江「…あはは…」

…。




442: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:53:00.10 ID:qcZetybeO

…。

「おい新入り!!もっと早く巻け!!」

鉄平「へ、へい!!」

「…おい!巻きすぎだ!!そこまで上がってきたら今度はゆっくりだ!!魚の上がってくる流れを感じろ!!」

鉄平「へい!」

「そっちの女ももっと遠くまで餌投げろ!!」

リナ「は、はーい!」

「休むんじゃねぇぞ!!休むのはデケぇのを釣り上げてからだ!!!」

鉄平「へ…へい!!」

「稼ぎたかったら働け!!汗をかけ!!!」

リナ「はーい!!!」

鉄平「…!こいつぁ…なんて力だ…!」

「お!?何だ新入り、随分引きが良いじゃねえか!!」

鉄平「ぐぐぐ…!!」

リナ「うわっ!?こっちもぉ!?」

「お前もか!!何だ今度の新人はツイてんじゃねぇか!!!お前ら!新人に負けんなよぉ!!!」

「「「へい!!!!」」」

…。




443: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:55:00.81 ID:qcZetybeO

赤坂「…」

鷹野『…』

『…』

「…もう今日で14日目ですよ。何も喋りゃしない」

赤坂「…」

「会話はおろか、聞いてんのかどうかも…」

赤坂「…」

『…貴方が雛見沢村で起こした事件。こちらはまだ全てを把握出来ていませんが…』

鷹野『…い…れ…』

『?』

赤坂「…」

鷹野『…まが…くよ…呼んで…るよ…』

「…」

『…田無さん?』

鷹野『広い草原に…陽は満ちて…』

『…』

「…」

赤坂「…」

鷹野『胸にせまる…はてない悩み…』

『…』

「…だーめだ…こりゃ…」

赤坂「…負けを認めるくらいなら、いっそ壊れてしまえば良い」

「え?」

赤坂「彼女はこれで、二回死んだ」

「…」

赤坂「…ズルい人だ」

「…」

鷹野『山が呼んでる…』

『…』バンッ

鷹野『夢もあこがれる…山の彼方…♪』

…。




444: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:56:31.49 ID:qcZetybeO

大石「…さぁて。と…」

熊谷「大石さん!おはようございます!」

大石「おや?もう復帰出来ました?」

熊谷「あはは…まだちょっと…」

大石「ああ、それで私服…寂しいですねぇ。今日も一人ですかぁ」

熊谷「大丈夫ッスよ!こんな傷!…いてて…」

大石「あーあー…無理せずに、まあ休暇と思って休んで下さい」

熊谷「…すいません」

大石「それで?今日はどうされましたぁ?」

熊谷「え、ええ。悟史君の事件当時、心神喪失状態にあったと決まったそうで…」

大石「ええ。事件前の彼の精神状態は村人全員が把握していたそうですから…」

熊谷「…まさか、あの村の住人が北条家に味方してくれるだなんて…」

大石「いざこざはもうしないと決まりましたからねぇ」

熊谷「…結局、雛見沢症候群とやらは立証されませんでしたね」

大石「田無さん、何も喋らないそうで…」

熊谷「…それでも、機関や少数の人間の記憶には、残った」

大石「ええ。…まあ最も彼女の短絡的な行動のせいで最終的にはただのバイオテロ事件となりましたが…」

熊谷「…上の人間には、都合が良いのかもしれませんがね」

大石「ええ。許し難い事ですが、田無さんが何も喋らない事には…」

熊谷「…」

大石「…ま!それで諦める私達じゃありませんよぉ!!」

熊谷「…そうッスね!!」

大石「ぬはっはっはっはっは!!じゃあ行きますか!!」

熊谷「はいっ!……はい!?」

大石「まあまあ!そろそろ甘い物が恋しくなってきたでしょ!!病院食は味が薄いんですから!!」

熊谷「いや、ちょっ…もう帰らないと!抜け出してきたんですから!」

大石「なら今日は一日大丈夫ですねぇ」

熊谷「えええ…?」

…。




445: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:58:16.32 ID:qcZetybeO

…。

梨花「…」グスッ

沙都子「梨花!ご飯出来ましたわよ!」

梨花「…」

沙都子「梨花!」

梨花「…」

沙都子「…」

梨花「…」

沙都子「梨花ぁぁぁぁぁああああああ!!!!」

梨花「!!?」ビクゥ

沙都子「全く…そんないつまでも塞ぎ込んで…そんな事ではチェイスさんに怒られてしまいますわよ?」

梨花「…いない奴が、どう怒るってのよ…」

沙都子「…」

梨花「…」

沙都子「…梨花…」

「全く、その通りなのです!!」

梨花「!」

沙都子「!?」

「…梨花はいつまでも甘えんぼさんなのですねぇ…」

沙都子「…?」

梨花「…え…?」

「やっぱり、ボクがいないと梨花はダメダメなのです」

梨花「・・・」

「…」

梨花「…え…」

羽入「梨花」

梨花「…嘘…」

沙都子「…」

羽入「…えへへ」

梨花「…羽入…」

沙都子「…」

…。

羽入「りぃぃぃぃぃいいいいかぁぁぁぁぁああああああああ!!!!!」

梨花「はにゅううううううううううううう!!!!!」

沙都子「え!?誰!!!?」

…。

……。
https://youtu.be/tDgQAi8A59g






446: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 21:59:37.64 ID:qcZetybeO

【33年後】

「…」

…。

「あれ!!?ちょ…お母さん!!何で起こしてくれなかったのー!!遅刻しちゃうー!!」

「いい加減自分で起きなさい。じゃないと社会に出てから困るわよ」

「朝は弱いのー!…っていうかお母さんと違って私の学校は興宮なんだから!!遠いんだからね!!」

「今から全速力で漕げば間に合うわよ」

「うえええええ…暑いのにぃ…」

「朝ご飯はちゃんと食べて行きなさいよ」

「食べてる時間無いよー!」

「詰め込みなさい。勿体無いんだから」

「うー…朝からこんな食べられない…」

「…現代っ子ねぇ…」

「昔は昔!今は今!普通こんな朝から食べないってー…」

「他所は他所、家は家」

「あー言えばこー言う…」

「本当に遅刻するわよ」

「分かった!んもー!!」

…。




447: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 22:01:28.17 ID:qcZetybeO

「行ってきまーす!!」

「はいはい」

…。

「…」

…。

「…あら。久しぶりね」

…。

「…貴方にとっては、ついさっきの出来事かもしれなかったけど…」

…。

「もう、33年も経つのよ」

…そうか。

「…小皺も出てきちゃって。もう立派なおばさんよ」

…。

「…あっさりと別れちゃって、ほとんど何も喋れなかったわね」

…。

「…33年後、会ったら何を言おうかずっと考えてた」

…。

「けど、会ったら忘れちゃったわ。あれこれ決めてたのに」

…。

「…だから、今思った事を言わせて」

…。

「…」

…。

梨花「おかえり。チェイス」

…ただいま。




448: ◆GWARj2QOL2 2017/06/16(金) 22:02:21.16 ID:qcZetybeO

終わります
長くなってすいません




449: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:09:53.98 ID:BqJzYSF80


両方の作品の良さを生かした良いクロスだった。
33年後以前の各キャラの後日談とか気になる。
鉄平・リナ改心なんて正直見たこと無い展開とか起きてるし。




450: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:19:29.02 ID:qAGK2XDq0

オツカーレ!!!
完走オツカーレ!
魅力的な内容で、読んでてドキドキしました




451: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:21:23.81 ID:TMYSkL3Ro

お疲れ様!

ハッピーエンドのお手本みたいな綺麗な大団円だった
みんな救われてて良かった





・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】チェイス「雛見沢…」
水中で見る女の身体が異常にエ□いのはココ最近の常識だろwwww【画像30枚】
【網タイツ】コリャたまらんww網の隙間から色気がムンムンと放出してる女www【画像30枚】
【画像あり】スタイル完璧!AVデビューを果たしたドS女社長がこちらwww
【画像あり】この体位やったことあるやつはせセッ●スに相当貪欲だと思うwwwwwwwwwwwwwww
パンツ一丁の妹「私の好きな番組やるからどけゴミ」
神心会のメガネ「ほう、ハンター試験ですか……たいしたものですね」
月「母さんが変なノートを拾って家計簿つけてた」
壇蜜、乳首モロだしヌードエ□画像大量&正常位セッ●ス動画!喘ぎ声が意外に可愛いwwww
菜々緒、透け透け下着でお●ぱい見え!「乳房の全貌が」「ガチでエ□いわ」
【素人画像】日テレで映ったママが爆乳!そりゃ肩こりますわww
女子アスリートがめっちゃヌケルやん
【画像】12星座ブラ、全て制作完了する!エ●チだ…w
【画像】筋肉アイドルのセクシー水着案外ええなwwwww
このお●ぱいは反則でしょ… 胸の成長が凄まじい同級生
【画像30枚】奴隷として売られた女は例えばこんな目に遭ってますwwwwwwwwwwwwwww







 

最新記事50件