転載元:拳志郎「波紋法だあぁぁ?」

no title


1: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:25:01.51 ID:HoCK9weV0

これは蒼天の拳 と ジョジョの奇妙な冒険のクロス?です。
舞台は1919年! 主人公は霞拳志郎と、ジョージ・ジョースターです。

あの○城先生の有名なスピンオフ?作品とは一切関係ない筋立てになります。

需要があるか分かりませんが…頑張ってみます。

また、こちらはト書き版ですが、小説版を理想郷で連載していく予定です。






2: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:28:56.44 ID:HoCK9weV0

それは、1919年インドのゴアと言う都市から始まった物語。

霞拳志郎「ふぅ……今日も蒸し暑いぜ……ほんとに、こんな所にわが師、霞鉄心の行方が分かる手掛かりがあるってのかよ」

パォ―――ンッ

拳志郎「なんだぁ?何の音だ?」

パォ―――ンッ
バォ―――――ンッ!

町の人々「ウワァアアアアア―――ッ!」

意外ッ!それは『象』だッ!
『象』が暴走して、町の中を走り回っているのだ。

老人「うわァアアア!孫がッ!誰か助けてくれぇ」

老人の叫ぶその先には、あどけない幼児がボールを追って遊んでいた。そして、暴走している『象』がその幼児めがけて突っ込んでくるッ

拳志郎「ウォォオオオオッ!クッ、間に合えェェッ!あと少し……ダメか?」

幼児を救うべく 飛び込む拳志郎 ッ、だがその指がわずかに『届かないッ』

拳志郎「……なんだとッ」

?「エィィッ!」

間一髪ッ!暴れ狂う『象』の進路から、幼児を救い出したのは、『金髪』の、拳志郎とほぼ同じくらいの年齢・体格の青年であった。







【※殿堂入り】地上波で「マ●コが見えた」と伝説になったシーンがこちらwwwwこれはヒドイわwwww...
【※マジキチ】ク リ ト リ ス に 注 射 器 で 肥 大 剤 打 っ て み た っ た 結 果wwwwwwwww...
【放送事故】大雨で女子アナの服が濡れて透け…⇒完全に丸見えになっている…
【悲報】手コキ動画流出のグラドル「日本一お●ぱいがキレイな女子大生」石原佑里子、引退wwwwwww...
【ボッキ不可避】熱湯風呂で視聴率が最も上がる瞬間がこちらwwwwwwwwwwwwwwwww(GIFあり)
【※露骨】『橋本マナミのヨルサンポ』 とかいう最初から最後までお●ぱいマンスジまみれの露骨番組www...
【※悲報】佐々木希さん、かかとがクリ●リスに当たってビクン!!!ってなるww ←ガチでワロタwwww...
【※速報】第71回全日本体操選手権でおマ●コを晒した16歳の梶田凪とかいう娘wwwwwwwwwwwww...
娘「愛してるわ……パパ」父「……俺もだよ」
アスカ「でもプラグスーツの中でオシッコすると気持ちいいわよね」
嫁「セ○クスは嫌です無理ですお断りしますとても不潔です」
コナン「なあ服部。妙だと思わねーか?」服部「ああ。あのオッサンのケツ……」
【悲報】やっすいラブホに行くとこうなるwwwwwwwwwwwwwwww(画像あり)
【ついに陥落】エ□成分少な目なお堅い温泉番組“秘湯ロマン”、ついにマンチラ放送事故をやらかす・・・・...
なんちゅーフ●ラだよ…見てるだけでチ●ポがビンビン!精子が枯れるほど抜けるフ●ラGIF画像がヤバいwww
薬剤師「ジェネリック医薬品がオススメですよ」男「今までのでいいです」薬剤師「しかしお安いですよ?」
リア充「この中に一人いらない奴がいまーすwwww」リア充彼女「ww」キョロ充「それなw」俺「ヒッ」
男「ここがコメダ珈琲か……」カランカラン 客「見ねぇツラだな」客「よそ者がきやがったぜ」


3: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:31:22.03 ID:HoCK9weV0

拳志郎「おっ、助かったぜ」

?「君ッ、後ろに『象』がっ」

拳志郎「ヘッ!とち狂ってんじゃねーぞ、この『鼻長』野郎ッ」 バゴッ!

拳志郎は、突進してくる『象』にどうどうと正面から立ち向かい…… 簡単に『象』にはねられたッ

バゴォ――ン!




4: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:32:04.18 ID:HoCK9weV0

拳志郎「おおっ、さすが、陸上哺乳類最大ッ!すげーパワーだ」 バビュゥーーン

?「ばかな、無茶すぎる……ッ!」

拳志郎「っと、思っただろう?違うんだなぁ〰〰」 スタッ

何と、象に『はね飛ばされた』拳志郎は、空中で一回転して『象』の背中に乗り移ったのだ。

拳志郎「さぁて……おとなしくしろよ」 バシュッ

『象』の背中に乗り移った拳志郎が、軽く『象』の脳天を数か所、叩く。
すると、暴走していた『象』は急におとなしくなり、静かに膝をついた。




5: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:32:51.17 ID:HoCK9weV0

拳志郎「ハッ、お前なかなかおとなしい、イイ奴じゃないか。こうしてみると、なかなか男前の象だな……よし、決めたぞ。いまから俺とお前は朋友だ。いいか?」 ペシペシ

象「パオっ」

拳志郎「よしよし、朋友になってくれるか。じゃあ、友としての証に、お前に新しい名をつけてやるかッ。そうだな、ゾオウっってのはどうだ? よし、ゾオウこれからよろしく……ッてオイ、もう一頭いたのかよッ!」

パォーン

なんと、暴れる象は『もう一頭』いたッ!
新たに現れた象は、周囲の街を破壊しながら、幼児を助けた青年の方に突進して行く。

拳志郎「オイ、アンタ……さっさと逃げろッ」




6: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:33:59.86 ID:HoCK9weV0

?「大丈夫さッ」 ニカッ
その青年は、拳志郎と同様に象の真正面に立ちふさがった。

バォォオオ――――ンン

象が、青年に向かって牙と鼻を打ち下ろすッ

シュルルルルッ

拳志郎「へぇ、やりやがるぜ。すり抜けるようにして象の一撃をさけやがった。しかも、その鼻の勢いを利用して、流れるような動きで象の背中に移動したな……さて、どうする?」




7: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:35:03.62 ID:HoCK9weV0

?「オリャアアアアッ」 ドンッ

象「バォゴオオオオ――――ンン」 ドタッ

拳志郎「ん?何だ?象の脳天に食らわせてやった時、一瞬、アイツの体が『光った』ように見えたぞ……」

?「フゥ―――ッ……他に被害が無いように倒せてよかった。……このゾウにも、怪我はさせないですんだみたいだな」

拳志郎「ありがとうよ、あの子をたすけてくれて。ところで、アンタ……は何者だ?さっき、アンタの体が『光った』のを見たぜ……何か、格闘技でもやってるのか」

?「キミこそ。真正面から『象』に立ち向かうなんて……びっくりさ。よかったら、名前を聞かせてくれないか」

拳志郎「霞 拳志郎、見ての通り、日本人だ……第62代、北斗神拳の伝承……予定者だ」

?「日本……では僕らは同盟国の出身だね。僕の名は、ジョージ・ジョースター。英国空軍のパイロットさ」




8: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:35:49.39 ID:HoCK9weV0

拳志郎「よろしくな、ジョージ」

倒れている老人「う…う……」

拳志郎「ああ、アンタ大丈夫か……あっりゃあああ〰〰こりゃあ、腕が折れているね……結構ぽっきりいっちゃっているぜ、これ」

ジョージ「手当をしよう。この添え木を使って……」
ジョージ (もし、僕がリサリサの様な『才能』があって、波紋が使えたなら、こんな骨折などすぐ直してあげられるのに………)
ジョージの脳裏に、幼き日、幼馴染のリサリサと共に『波紋』を教わった思い出がうかんだ。
それは、ストレイツォに波紋の呼吸方法を教わった時のことだ。
その時、リサリサはすぐに『波紋を練る』要領を掴んで周囲を驚かせていた。だがジョージは、何もできなかったのだ。何度挑戦しても、自分で波紋を練れるようになることに一片の可能性も感じられなかったのだ。

拳志郎「おっ、オマエなかなか手際よいな……じゃあ俺は」 グサッ

老人「ウッ!」

ジョージ「!?何だ?ケンシロウが老人の背中を指で『押した』ぞッ?」




9: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:36:26.69 ID:HoCK9weV0

老人「!?あれっ、ずんと何年も悩まされていた腰痛が………」 ピョンッ

拳志郎「フフフ、腰の気脈の流れを直す『秘孔』を突いたぜ。ご老人、俺たちの起こしたドタバタに巻き込ませて悪かったな。その骨折はまだ治るのにしばらくかかるだろうが、まっ あんたの腰痛を直してやったぜ。これでお相子ってことで許してくれ」

老人「許すなんて、とんでもない!貴方たちが助けて下さらなかったら、あのゾウにもっと酷くやられていたに決まっています。アンタがたは恩人です。何でも言ってくださいッ、お礼せねば」

拳志郎「ご老人、俺たちは、ただこの辺りをぶらついていただけだ。何も気にしないでくれ」

老人「そうですか……あの王が即位されてからのこの何年かと言う物、税は暮らしていけないほどに上がり、税の献上を断れば、あの王が気まぐれに暴走させる象や、放火、それから……」 ウッウウウッ……




10: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:37:42.77 ID:HoCK9weV0

ジョージ「ご老人、気持ちはわかる。その苦労もいつかは終わるよ……」

拳志郎「おい、ジョージ、お前はただ慰めるだけか、それでいいのか?」

ジョージ「………ここは話をするのに向いてないな……僕の家に来いよ、飯ぐらいおごるよ」

--------




11: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:38:54.25 ID:HoCK9weV0

--------

拳志郎「こりゃあ、豪勢な家だな」

ジョージ「母の実家がこの国で医師をやっていてね……それから、国から少し恩給をもらっているからね」

拳志郎「……なるほどねぇ〰〰ご立派なもんだ………ここにいたら、この土地に暮らす奴らの気持ちも、生活の苦しさも、全然感じねぇ―な」

ジョージ「……確かに、僕たちは恵まれている。それはいつもそう思っているよ……痛感している」

ガチャッ

エリナ「ジョージッ、待ってたのよ。長旅ごくろうさま……あら、この方は」




12: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:41:31.98 ID:HoCK9weV0

ジョージ「母さんッ、元気そうで何より。それで、彼は……ええと?」

拳志郎「霞拳志郎と申します……日本人です」

エレナ「えぇと……ケン……シ・ロウさんね。よろしく。お会いできてうれしいわ」

拳志郎「こちらこそ、美しいレディ」

召使「奥様、申し訳ございません。あろうことか、アヘン臭い東洋人がかってに神聖なるご邸宅に侵入するなど、あってはならぬこと……すぐ叩きだします」

エレナ「ノーマン……」

ノーマン(召使)「奥様、ご心配なさらず」 キリッ

拳志郎「あぁぁああん?」




13: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:43:20.31 ID:HoCK9weV0

エレナ「ノーマン……心配するのはあなたよッ!我が息子が連れてきた『友人』を立抱きだそうなどと言語道断ッ。たった今、あなたはクビよッ、即刻出ていきなさい」

ノーマン「なッ……そんな、奥様……」

エリナ「うるさいッ……ジョージ、この男を叩きだしなさい!」
バシッ

ジョージ「了解だ、母さん」

ノーマン「よせっ、やめてくれッ、おっ、奥様ぁぁぁあああああぁぁぁ」

パタン
ジョージ「よし、片づけ終わった。待たせたね、拳志郎」

拳志郎「いや、面白いものを見させてもらったぜ」




14: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:44:01.17 ID:HoCK9weV0

エレナ「お客人、召使だったものが失礼しました。このたびのご無礼、どうかご容赦してくださりませんか」

拳志郎「いやぁ、まったく気になさらず。なんとも思っていませんよ。この程度を機にしていたら、大英帝国の統治領に入っていけないですからね」

エリナ・ジョージ「……」

ジョージ「拳志郎、とにかくここは自分の家だと思ってくつろいでくれよ。遠慮はいらないさ」

拳志郎「そうさせてもらおうかな、悪いね」




15: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:45:11.45 ID:HoCK9weV0

--------
その夜、夕食の場で:

エリナ「まぁ、ではアナタがジョージを助けてくれたのね」

拳志郎「イッヤァアーそういう訳ではないんですがね。むしろ俺の方が息子さんに助けてもらったようなものですよ」

エリナ「あら、そうですか……なんにせよ、あなたはジョースター家の客人です。ここでは自分の家のように、くつろいでくださいね」 パタパタパタ

拳志郎「……いいお母様だな」

ジョージ「そうだね、でもいい年して子離れしてくれなくてね」 テレテレ




16: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:46:14.89 ID:HoCK9weV0

拳志郎「……ところでジョージ、質問がある」

ジョージ「何だい?」

拳志郎「さっきの拳だ。あの光る拳はいったい何だ?お前、どんな[力を]持ってるんだ?」

ジョージ「僕には何の力も持ってないよ」
(亡き父や……幼馴染のリサリサのように、僕にも波紋の才能があったなら、あの怪我した老人も、もっと助けてあげられるのに………)




17: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:46:51.44 ID:HoCK9weV0

ジョージ「キミこそ、さっきあのご老人に施したのは何だい?君があの老人の体を『押し』たら、あの老人の腰痛が直った。あれは、一体どういう技なんだい?もしかして……」

拳志郎「あれは『経絡秘孔』だ……つまり、ヒトの体には、体の動きや治癒、最長をつかさどる機能があるだろ?『経絡秘孔』っってぇのは、その機能を動かす、スイッチみたいなものだ。わかるか?俺の『北斗神拳』はその『秘孔』を操ることが出来るのさ」

ジョージ「『北斗神拳』?」

拳志郎「ああ……俺が学んでいる、不敗・無敵の一子相伝の暗殺拳さ」




18: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 02:47:37.95 ID:HoCK9weV0

ジョージ「不敗?無敵?それはすごいね。すげーうらやまし――」(棒読み)

拳志郎「そうだろ?……ところで、あの象があばれた理由がわかったぜ。………あのゾオウを調べたところ、高濃度の『アヘン』が検出された………つまり、あの象はわざと錯乱させられ、あの村に放たれたのだ。暴れたのは、ゾオウのせいじゃねーぜ」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 02:58:11.15 ID:tu+2uLJTO

面白くなりそう




23: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:13:40.54 ID:HoCK9weV0

ジョージ「なんて酷いことを……」

拳志郎「幸い、ゾオウも、お前が気絶させた象も、まだ致命的な中毒にはいたっていなかったぜ。だから、しばらくすれば元に戻るだろう。俺が『経絡秘孔』を突いておいたからな」 スチャッ

ジョージ「それは、よかった…… !?ところで、どうした拳志郎?突然席を立ったりして」





24: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:16:02.75 ID:HoCK9weV0

拳志郎「ジョージよ、世話になったな。飯、うまかったぜ。エリナ婦人にも礼と、それから、アイサツもせずに出ていく非礼をわびておいてくれ」

ジョージ「……ここをでていくのか」

拳志郎「なに、ヤボ用だぜ。ちょっとばかり、『落とし前』をつけにね……それに、やはりアジア人の俺には、ここは相いれないぜ。悪いが、この支配者然とした建物が鼻についてしかたがないねぇ」

ジョージ「…………」




25: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:16:49.10 ID:HoCK9weV0

拳志郎「アバヨ、ジョージ」 ガチャッ

ジョージ「待て、ケンシロウ」

拳志郎「なんだぁ、怒ったのか?」

ジョージ「僕も行く」

拳志郎「フッ……」

ゾオウ「パオーーン」

拳志郎「おお、ゾオウ。お前も一緒に来てくれるのか、ありがとよ。じゃあ、お言葉に甘えて、背中にのせてもらうとするかい」

ゾオウ「パオォォォーーン」




26: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:18:18.47 ID:HoCK9weV0

--------

ゴアを収めるマハラジャの邸宅

ガッシャァアア―――ン

見張りの兵A「!?何だ?なにが起きた?」

見張りの兵B「報告いたします……なッ、なんと……象が、先ほど町に放った象が戻ってきて、暴れていますッ!今の音は、主門が象二体に破壊された音ですッ」




27: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:20:13.45 ID:HoCK9weV0

拳志郎「ハハハッ、ゾオウッ、それからカイゾウッ!さすがは哺乳類最大種のパワーだぜ。あんなでけぇ門が、紙クズみてぇにぶっとんじまった。ありがとうよッ」

ゾオウ・カイゾウ「ブァオオオオ――――ンン!」

ジョージ「……何も考えず、正面からの突撃だとォ、むちゃくちゃだ」

拳志郎「よぉし!ゾオウ・カイゾウ、ようやく見張り兵が出てきたから、お前たちはここまででいいぞ。ちょっとこの先の森に戻って待っててくれ……だが、その前に俺達を……」

ゾオウ・カイゾウ「パォオオンッ」




28: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:21:05.59 ID:HoCK9weV0

ジョージ「えっ?カイゾウが鼻で僕の体を持ち上げている……何?オ……オイ、よせッ」

カイゾウ「パォオオオオンン!」
カイゾウ(ジョージが倒した象)は、鼻で大きく振りかぶると、掴んでいたジョージを一気にマハラジャの居城の奥へ、放り投げたッ!

ジョージ「うぉおおおおおおッ!」 バビューン




29: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:21:45.03 ID:HoCK9weV0

拳志郎「ヒャッ、ヒャッ、ヒャッ、さすがすごいパワーだねェ。面白いな、ジョージィ」

ジョージ「ワハハハハッ、めちゃくちゃだぜ オマエ。」

ザシュッ
ジョージと拳志郎、二人が放り投げられた先は、城の三階にある、中庭の様な所であった。

拳志郎「さぁジョージィ、もう後戻りはできねーぞぉ」

ジョージ「めちゃくちゃな奴め……わかってるさ、こうなったらとことん行くしかないッ、このまま上まで突っ切るぞ」

拳志郎「そうこないとねぇ」




30: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:23:20.80 ID:HoCK9weV0

「☆X@$SGTH!」

「&^VHGTH@!」

二人がたちあがると、 奥の部屋につがる入口から、多数のマハラジャの兵が何やらわめきながらワラワラと現れたッ!

拳志郎「ほうら、さっそくやってきたぜ。ジョージ、気合い入れろよォお」

ジョージ「お前もなッ、拳志郎ッ!」




31: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:24:03.09 ID:HoCK9weV0

拳志郎「おっりやぁあぁぁぁぁッ!北斗百裂拳ッッ」

拳志郎が超高速の連打を放つ。そのあまりの拳速は、まるで無数の拳を同時に放ったかのような残像を残すッ!

拳志郎「アタタタタタタタタァ」

その拳をまともに食らったマハラジャの兵が、次から次へとぶっ飛んでいく。




32: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:24:36.29 ID:HoCK9weV0

ジョージ「やるなッ、拳志郎ッ」

話しかけるジョージの背後に、敵がせまるッッ

ジョージ「キィエェェェーーイッ!」 回し蹴りッッ

敵「ウギィィィッ」 バタ

ジョージの高速の蹴りを喰らったマハラジャの兵も、バタバタと倒れていく。




33: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:25:36.59 ID:HoCK9weV0

拳志郎「ジョージ、お前もなッ……ところでなぁ、お前の使う拳はなんて流派だ?俺は今まで数多の拳士とやりあってきたが、お前の使うような技術は見たことがないな」 バシッ‼

ジョージ「これは、フランスのサバットを、僕なりにアレンジしたものさ」 グワッ!

拳志郎「さばっとぉ? マジか?……その、ぴかっと光る奴もか」 ダッダッ!

ジョージ「ぴかっと光る? 何を言ってるんだい?」 パシッ




34: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:26:26.30 ID:HoCK9weV0

拳志郎「オイオイ、お前気づいてないのかよ。お前のその『光る拳』に」 ドガァッン
拳志郎が、最後に残った敵をまとめて蹴り飛ばした。

ジョージ「拳志郎、ぼくはそんな拳は持ってない………その話はやめてくれないか」
(僕は、リサリサとは違うッ!波紋の拳は持ってないッ)
ジョージ「今は、一刻も早くマハラジャの居室にいく事が大事だッ」

拳志郎「そうだな、了解」




35: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:29:06.10 ID:HoCK9weV0

やがて、二人は屋敷の一番奥、ひときわでかい扉の前に立った。




36: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:31:25.72 ID:HoCK9weV0

ジョージ「拳志郎、たしか、ここがマハラジャの居室だ……前に一度、拝謁したことがあるから、わかる」

拳志郎「いいのか、この先に踏み込んだら、引き返せねーぞ………お前の『母様』も巻き込まれるかも知れねー」

ジョージ「大丈夫、『母様』は強いひとさ……それに、もうとっくに安全な場所に動いてもらっているしね」

拳志郎「そうか、じゃあ、いくぜ」

ジョージ「ああ……」

バンッッ




37: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:32:15.48 ID:HoCK9weV0

王座に座った男「ひぃぃいいいいっ」
二人が扉を開くと、広い部屋の真ん中にしつらえた王座に座った男が、悲鳴を上げた。

拳志郎「お前がこの地の王様か……ずいぶん貧相な奴だな。拍子抜けだぜ」

ジョージ「……あなたが面白半分に象をけしかけた結果、どれだけの人々が苦しんだか……その落とし前、つけてもらうぞッ」

王座に座った男「ひっ……たすけてッ……」




38: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:32:52.44 ID:HoCK9weV0

拳志郎「くどいぜッ……!?」
拳志郎が王を蹴り飛ばそうとしたその時、不意に恐ろしいほどの殺気が二人を襲った。拳志郎とジョージは王を無視し、強大な敵の来訪を迎え撃つため、身構えた。

ジョージ「……何だ?」

王座に座った男「ひっ……クーラ様ッ」

クーラ「拳志郎……そこまでだッ」
王の悲鳴を引き金にして、部屋の窓ガラスを突き破って入ってきたものがいた。 女だッ!




39: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:37:54.63 ID:HoCK9weV0

窓をぶち破ってあらわれた、その女クーラは見るからに手練れとわかる熟練した足さばきで、二人の前に立ちふさがっていた。
黒い肌、目鼻立ちのはっきりしたその顔は、その金色のロングヘア髪を除けば、まさにインド系の美女であった。

クーラはすがりつこうとする王をぎろりと睨みつけ、退かせると、二人に向かって両手の拳をぶつけて見せた。




40: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:41:17.40 ID:HoCK9weV0

拳志郎「女か、まいったねぇ、こりゃぁ〰〰」

ジョージ「拳志郎、気持ちはわかるが、女性だとか、男性だとか、そんな事を戦いに持ち込むな……彼女は手練れだぞ、見ればわかる」

拳志郎「そりゃあ、その動きを見ればあの女が、我が北斗神拳と為を張れるような拳を持っているのはわかるんだけどよォ〰、だがそれだけじゃ、わりきれねーんだよ」




41: ◆5kilZUZCss 2015/09/23(水) 22:43:15.74 ID:HoCK9weV0

クーラ「拳志郎、北斗神拳の伝承者候補よ、そしてジョージ・ジョースター、大帝国空軍のエースパイロットよ……この馬鹿者がしでかしたこと、ただ謝るしかない……だが、この男も悪い男ではない。ここは、この私に免じて許してくれないか」
その女、クーラは、王座に座った男を張り倒し、二人に頭を下げた。

拳志郎「あぁぁ〰〰、謝って住む程度の事か?コラッ」

クーラ「そうだな、それはわかっている……元斗皇拳伝承者として、せめて敬意をもって、一人の拳士としてお前たちのお相手しよう。それが、私のできる唯一の詫びだ」




48: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:28:15.04 ID:9yYQwNC30

ジョージ 「……元斗皇拳?」

拳志郎「あぁぁ〰〰、亜細亜の支配者、天帝を守る『太極星』を宿星とする拳法よ……今の伝承者が女だとは聞いていたが」




49: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:30:58.99 ID:9yYQwNC30

クーラ「なんだ、北斗の……やらないのか?」

拳志郎「……悪いが、女に向ける拳はねぇ………」 スッ

クーラ「な、なんだとぉ?………私をあなどるなよ」




50: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:31:29.90 ID:9yYQwNC30

??「ねぇちゃん ッッ 、俺がやるよ」パシッ
その時、クーラが破ったまどから、もう一人、飛び込んできた。その男は、飛び込みしな、拳志郎に向かって飛び蹴りを放つッ!

ドガッ!

拳志郎「オイオイ、行儀悪いぜ。オタク」




51: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:32:10.36 ID:9yYQwNC30

??「クッ……さすが、こんな不意打ちの蹴りなど効果はないか……」

拳志郎「いやいや、楽しかったぜ……サーカスの余興としてはなぁ」

??「何だとォ!」




52: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:32:45.92 ID:9yYQwNC30

クーラ「!? クリスピアンッッ」

クリスピアン「姉さんッ」

クーラ「クリスピアン、一体なぜ出て来たのよッ、安全な所に居なさいって、言ったでしょ」

クリスピアン「……僕は、姉さんだけを矢面に立たせて、自分はその後ろに隠れているような弱虫じゃないッ」

クーラ「……」




53: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:33:18.21 ID:9yYQwNC30

拳志郎「なんだぁ?シスコンかぁ? まぁ、マザコンのジョージといいコンビかもしれねぇがよォ」

ジョージ「拳志郎……勝手に言ってろ」




54: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:34:00.59 ID:9yYQwNC30

クリスピアン「……拳志郎、俺と闘えッッ………言っておくが、クーラ姉さんは俺より強いッ!俺に苦戦するようじゃあ、元斗皇拳伝承者には、歯も立たないぜッ」

拳志郎「オイオイ、ずいぶん礼儀を知らないガキのようだねぇ。俺が、礼儀作法を叩きこんでヤロウ」

クリスピアン「ふざけるなよ……余裕ぶった顔をしていられるのも、今の内だけだ」

ジョージ(……どっちもどっちだ……)




55: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:34:39.78 ID:9yYQwNC30

拳志郎「ハハハハ。オタク、元気イイねェ。こっちも望むところだぜ。元斗皇拳、一度手合わせしたかった……悪いねぇ、気ィつかってくれて」 ポキポキ

クリスピアン「だから……ふざけるなッッ……そして喰らえィ!元斗流輪光斬ッッ」
クリスピアンの両手が光る。そして、クリスピアンは、光る手をまるで円を描く様にユックリと回していく……




56: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:35:07.74 ID:9yYQwNC30

拳志郎「こいっ、元斗の男ッッ」

クリスピアン「フッ……喰らえッッ」
クリスピアンが両手を交差させる。すると、緑色の光る 車輪が、その両手から飛ぶっ!

ゼシュツッッ!

拳志郎のわき腹から血が噴き出るッ!




57: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:35:38.99 ID:9yYQwNC30

クーラ「!?やったか?、嫌、まだだ…… 浅いッッ…… クリスピアンッッ、気を付けろ!」

クリスピアン「……ああ、わかってるよ。やはり、北斗は強いッ」

拳志郎「 いや、 アンタこそ流石だねぇ……この 俺に血を流させるとは…………その光る手を武器にした、円を描くような攻防一体の動き、それが元斗皇拳かい」




58: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:36:41.44 ID:9yYQwNC30

ジョージ「拳志郎、奴の手は驚異的だッ!奴が攻撃できるような隙を与えず、一気に攻めろっ」

拳志郎「 フッ……違うぜジョージ。北斗の男として、やつの技をすべて受け止めきった上でかたなけりゃならんぜ……だが、実際に元斗皇拳の『光る手』を受けてみて、それがお前の『光る拳』とは違うものだってことを確信したぜ……ジョージ、あんた、やっぱり何者だ?」

ジョージ「だから、何を言ってるのかわからないよ」




59: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:37:52.73 ID:9yYQwNC30

リスピアン「くっ、戦いの最中におしゃべりかよッ。余裕ぶりやがってッ!」
クリスピアン が流れるような動きを見せた。すっと間合いに入り込み、流麗な体さばきで拳志郎の懐に潜り込むッ

拳志郎「フッ……」ダダダッ

クリスピアン「!?」 パシュッ

拳志郎の連打を、クリスピアンが『弧を描く動き』ではねのけた。
さらにその『弧を描く動き』を殺さず、そのまま流れるように攻撃ッッ!




60: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:38:34.64 ID:9yYQwNC30

バシュッ
ダダッ
ウォォォォッ

拳志郎「……いいねぇ、さすがだ」
何と、クリスピアンの『光る手』に触れた拳志郎の肌が、肉が、赤くただれているッ!




61: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:40:21.85 ID:9yYQwNC30

クリスピアン「つぎは、お前の体をハンバーグにしてやるッッ」

ドガッッ
パシッ
ザッシュッッ

クリスピアンの円を描くような攻撃を、拳志郎が受け止め、弾き返すッ
反対に、拳志郎の拳を、蹴りを、クリスピアンがいなしていくッ

だが……




62: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:40:53.59 ID:9yYQwNC30

拳志郎「フンッッ」

その均衡は、拳志郎が放ったたった一発の拳によって、あっけなく崩れた。

クリスピアン「クッ……」

拳志郎「元斗皇拳、噂通り恐ろしい拳だったぜ。だが、クリスピアン、お前は拳士としてまだ未熟だな。まだまだ拳士としての基礎能力が足りてないね。基本から、後十年やり直せ」

クリスピアン「何だ……とォ」 ガクッ

拳志郎「さて、邪魔ものもいなくなったところで、そろそろここに来た目的を果たそうかね」 クルッ

王「ひっ」




63: ◆5kilZUZCss 2015/09/25(金) 00:44:37.34 ID:9yYQwNC30

--------

今日はここまでです……ちょっとだけでスミマセン。
次回は数日間を開けての投稿となると思います。

また、コメントをくれた方、ありがとうございますッ!




66: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:20:09.15 ID:JUPdtrR10

グジュッ、ポタリ……

ポタ……
ポタ……

王の元へ向かう拳志郎の腕から、血が流れおちていた。流れた血は、転々と足元の豪華なカーペットにしたたり落ち、血の跡を作った。

拳志郎の肌の一部がグジュグジュに荒れ、酷いところは傷口から白い肉が見えていた。そう、その怪我をした場所は、拳志郎がクリスピアンの攻撃を『受け止めていた』部分だ。




67: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:26:25.09 ID:JUPdtrR10

拳志郎「いててて……あの餓鬼を、気合いで何とかやっつけてやったが……だが奴の言葉通り、クリスピアンの奴の拳を受け止めた肌が傷むぜ……ヤロウ、未熟者のクセに、なんてぇ威力だ」

ジョージ(拳志郎……恐ろしい拳士だ……あの、円を描くクリスピアンの動きを逆手に取ったってワケだな。クリスピアンの攻撃を誘導し、自分は一直線に拳を撃ちこむ……円の弧を描く動きは、当然直線的な軌道よりも長い距離を動く……ほぼ同時に撃てば、最短距離を行く直線の動きの方が早いのは道理リッ)

拳志郎 ポキポキ……




68: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:27:34.64 ID:JUPdtrR10

ジョージ(だが、彼はまだ『本気』を出していないようにも見えるな……僕だったら、どうやって彼と戦う?)

ジョージも腕っぷしにはそこそこ自信があるッ!幾多の戦場を生き延びてきた自負もある。この、目の前にいる漢の『強さ』に、どうしても刺激されずにはいられなかった。




69: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:28:05.28 ID:JUPdtrR10

拳志郎「アンタが『王』だってぇ?『王』ってのはなぁ、民の為にあるものだろうがぁ、あああぁん?」

王「まっ、待ってくれッ……助けてくれっ、なっ……金なら出すッ!アンタを実質の王のようにしてやろう……女はどうだ?絶世の美女を思いのままにさせてやるッ」

拳志郎「……アンタ、救いがねぇなぁぁ」 グイッ

王「う…ウッ……クーラ様ッ、お助けをッ」アタフタ……




70: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:28:52.82 ID:JUPdtrR10

クーラ「!? 拳志郎ッ、待てッ」

拳志郎「何だね?」クルッ

クーラ「まってくれ、まだ元斗が北斗に敗れたわけではないッ。拳志郎、私と戦えッ」

拳志郎「……断る。悪いが、女に向ける拳は持ってない」クルッ

クーラ「貴様、私を侮辱するのかッ」 ウッ……ギリギリギリ

拳志郎「まいったね」ボリボリ




71: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:29:34.73 ID:JUPdtrR10

クーラ「貴様がやる気がなくともッ、私には戦う理由があるッ」 ブンッ!

クーラの拳、その拳を……拳志郎は避けもせず、ただ正面からまともに喰らった。

クーラ「なっ……元斗の闘気を込めていないとはいえ、私の拳をよけもせずにただ耐えるだと」

拳志郎「痛ててて……やるね、イイ突きだ……でも、悪いが俺の方が上だ。アンタとやっても俺が勝つ……が、オレは女とは戦わん」

クーラ「貴様ッ」




96: ◆5kilZUZCss 2015/09/29(火) 00:07:31.95 ID:6gH429+10



拳志郎「……それに、あんなヤツの為に、お前が体を張ることはない……奴は見捨てろ」

悔しさと怒りのあまり涙を流すクーラに背を向け、再び王に向かって歩み始める拳志郎。
その拳志郎の前に、ジョージが立ちふさがった。

拳志郎「……なんだ、ジョージよ」

ジョージ「……拳志郎、これでは彼女に失礼だぜ……」

拳志郎「……わかってる。だが、俺は女に手を上げん」





72: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:30:56.33 ID:JUPdtrR10

ジョージ「その考えかた、それもわかるつもりだよ……だから、キミの代わりに、僕が彼女の相手をしようと思う」

拳志郎「……なんだと?」

ジョージ「拳志郎、君は見ていろ」

ジョージは拳志郎に背を向けると、クーラに向かって構えた。

拳志郎(ジョージの奴……だが、これでヤツの本気がみられるか?)




73: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:32:50.68 ID:JUPdtrR10

ジョージ「クーラ……悪いが、まずはボクを倒してからにしてもらうよ」

クーラ「貴様……」

クーラの目が激しい怒りに燃えた。

クーラ「貴様……、貴様ごときがなぜ」

ジョージ「僕の名前は、ジョージ・ジョースター……クーラ……君の相手は僕がしよう。退屈はさせないよ」




74: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:34:11.91 ID:JUPdtrR10

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

クーラ「貴様……」スチャッ

怒りに燃えるクーラが、ジョージに向かって、必殺の拳を放つッ!
その拳速は、先ほどのクリスピアンとは比較にならないッ!
触れれば触れたところを焼き尽くす、元斗の拳がジョージを襲うッ

ジョージ「ウォォォォッ」

ジョージはその拳を、すり抜けるようにして躱すっ、そしてタックルッ




75: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:35:26.47 ID:JUPdtrR10

拳志郎(オイオイ、ジョージ。女にいきなりタックルだとぉ?相手を寝転がらせて、どーするって言うんだ……アイツ、普段の言動とは裏腹に、けっこうエグイ奴なのか?)




76: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:36:32.46 ID:JUPdtrR10

クーラ「!?ッ」
クーラはタックルに合わせて、カウンターの蹴りを放つッ。

ジョージは、途中でタックルを止め、地面に寝転んだ。

クーラが放った迎撃は、ジョージの後頭部をむなしくかすめるッ

「!?」
ジョージは地面に手をつくと、そこから、跳ね上がるように回転しながら蹴りを放つッ!

クーラ「生意気なッ」
クーラが弧を描く動きで宙を舞い、再びジョージへ『反撃の一撃』を打つっ!




77: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:37:09.84 ID:JUPdtrR10

クィッ

と、ジョージの蹴りが空中で軌道を変え、再びクーラの左肩を狙うっ

ガシッ!
クーラ「ウォォォォッ……なんて変幻自在の蹴りなの、まるで雲のようにとらえどころのないわ………融通無形の拳、それがあなたの力?」




78: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:37:38.69 ID:JUPdtrR10

拳志郎「へぇ、なかなか……ジョージの奴の拳は、大本はサバットとか言う奴を基本としているようだが、全くとらえどころない無形の拳か……あの雲のように定まったすを持たず、ゆえに先を読むことが著しく困難な拳、加えてあの体格から放たれる攻撃力、厄介だな……」

拳志郎は、嬉しそうに笑った。
拳志郎「クーラは、さすがだな。あのクリスピアンの若造とは比較できない腕だ……惜しいナ。奴が漢ならな……」




79: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:38:21.20 ID:JUPdtrR10

ジョージ「せめて、短時間で終わらせるッ」 バッバババッ!
ジョージが右回し蹴りを放つ……その直後に、時間差で左からの回し蹴りを放つッ!
まるで、左右から同時に放たれるかのような、回し蹴りだ。どこにも逃げ場がないッ!

クーラ「甘いッ!」クルッ
クーラは、くるっと空中にのがれ、ジョージの回し蹴りを避けた。

ジョージ「なんだってェ、僕のこの攻撃を避けただとっ」




80: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:40:01.02 ID:JUPdtrR10

拳志郎(へぇ……クーラの奴、あの同時に放つ回し蹴りを避けやがったか……さすがは、一子相伝の元斗皇拳を史上初、女ながらに最年少で伝承者となっただけの事はあるッ……その噂は北斗にも聞こえていたからな……)




81: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:41:31.63 ID:JUPdtrR10

ジョージ「僕の拳には、君たちのような不思議な力はない……だが、なかなかのものだろ?」バシッ!

ジョージの拳は、途中で軌道を自在に変え……クーラのガードをかいくぐる。

ジョージ「正直……キミを殴ることには抵抗があるよ。でも、これがキミの望む事ッ!僕は……心を鬼にして君と戦うッ!」

クーラ「クッ……ウッ!うわぁあああッ」ガッ、ドッ、ドッ!




82: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:42:58.34 ID:JUPdtrR10

クーラがその光る手を回転させ、ジョージの攻撃をガードする。

元斗の使い手が『光る手』で触れると、相手の細胞を一瞬で消滅させることが出来る。攻防一体の防護となるッ!

その『光る手』がジョージに触れる……




83: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:43:54.50 ID:JUPdtrR10

だが、その『光る手』はジョージを焼かないッ!

クーラ「なっ……どうして?どうして元斗の拳があなたには効かないの?」

ジョージ「……効いてるよ……キミの攻撃を受けるたび、キミに拳をふるうたび、痛いよ……」

ジョージ「……英国紳士として、女性に手を上げるのは不本意ッ、だが本来闘争とはシンプルなものっ、戦う相手の性別など関係ないものッ」ブッ!ドッ!

クーラ「クッ、こっ……こんな、南斗、北斗、元斗につらなわぬ、こんな素人の拳等にィッ!私が押されているッ?」




84: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:45:16.70 ID:JUPdtrR10

ジョージ「馬鹿な……虎や獅子が修行することなど無しッ、駆け引きなど、技術など無粋ッ!あるのはただ、強さだけサッ!」
バーンッ

「言うねぇ……だが、ジョージの言うことも間違っちゃあいないな。とはいえ……」
拳志郎は、ひどく退屈したように言った。
「どんなに努力しても、獅子には人がかてないってのか?それじゃ、つまらなぇダロ」




85: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:46:37.35 ID:JUPdtrR10

クーラ「調子に乗るなぁッ!」バシュッ!

ジョージ「ウッ、さすがスゴイ攻撃だ。」

拳志郎「そうだ……無形の拳は受けに回ると弱い。さて、どうするんだ?」」

クーラ「先手必勝っ!元斗光烈脚ッ」
クーラが、光をまとった無数の蹴りをジョージへ叩き込むッ!

ジョージ「アマィッ!」
だが、ジョージは、クーラの蹴りを巧みにブロックしつつ、懐に踏み込んでいくッ!




86: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:47:36.69 ID:JUPdtrR10

ジョージ「コォォォォッォオォッ」

懐に潜入したジョージが、クーラの体に肩をぶつける。

クーラの体勢が崩れるッ!

ジョージ「ゴラゴラゴラゴラゴラァァァッ」

ジョージの渾身のラッシュが、クーラを襲うッ




87: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:48:22.61 ID:JUPdtrR10

ジョージ「!?何だってェッ」

クーラ「ハーハーハ――」

ジョージの突き出した拳の上に、クーラが直立しているッ

拳志郎「あれが元斗の奥義、天衝舞か……」




88: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:49:03.21 ID:JUPdtrR10

クーラ「ヨシッ、クラエィッ!『破の輪』ッ」
クーラの光る手がその光を強める。
そして、巨大なオーラをまとった光る手が描いた二つの輪が、ジョージに襲い掛かった。

ジョージ「ウォォッ」

あわてたジョージは、拳を引き戻すと、カウンター気味にサイドキックを放つッ




89: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:50:24.52 ID:JUPdtrR10

ジョージの操る無形の拳、そのもととなっている武術サバット、その神髄は『靴を履いた状態を想定して戦う事』にある。
つまり、つま先を使ったサイドキックは、ジョージのもっとも得意とする攻撃なのだッ
その足が、ジョージが意識しない間に『輝いた』。

バシュッ

ジョージの蹴りが、クーラが生んだ一つ目の輪を切り裂く。

だが、残るもう一つの『光る輪』は、より輝きを増して、ジョージを襲うッ!




90: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:51:04.77 ID:JUPdtrR10

クーラ「キィエエエイイ一ッ」

ジョージ「ゴラァァッ!」

グワシィッッ

二人は同時に弾き飛ばされ、床に崩れ落ちた。




91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/28(月) 23:51:47.83 ID:JUPdtrR10

クーラ「これ……くれくらいの痛みが何だッ」
ジョージのサイドキックをまともに肩口に食らったクーラは、膝をガクガクさせながら立ち上がった。

ジョージ「まだやるかッ」
ジョージは片膝を突いた姿勢で、身を起こした。拳を固め、ゆっくりと立ち上がる。

二人はヨロヨロしながらも、まだ戦いを続けようと互いに構えを取った。




92: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:54:25.21 ID:JUPdtrR10


クーラ「……きさま、どういうことだ?我が『破の輪』をまともに食らったにもかかわらず、アザひとつ無いだとォッ!?」

ジョージ「ハ―ッ、ハ―――、あっ危なかった……」




93: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:55:17.59 ID:JUPdtrR10

拳志郎 (ほう……あの相打ちの瞬間、またジョージの体が光ったぜ。その光が、クーラのオーラが込められた攻撃から、ジョージを守りやがった……どういう理屈だ?)




94: ◆5kilZUZCss 2015/09/28(月) 23:55:51.98 ID:JUPdtrR10

クーラ「ヌォオオオオオッ」

クーラ「たとえキサマガ『光る手』を防ぐことが出来たとしても、私は……イヤ…
…元斗は負けないッ!」




100: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:19:18.33 ID:E978QWbf0

ヨロッ
クーラがガクガクする足を無理やり抑え込み、ジョージに向かって拳を構えた。


拳志郎(クーラの奴、足に来てやがる……だが、それはジョージも同じ……!?じゃねぇッ。なんだありゃあ、内功を高めてやがるのか?あれが、野郎の『光る拳』のヒミツか?)




101: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:21:38.23 ID:E978QWbf0

ジョージ「コォォオオオオオオ―――ッ」ムンムンムンッ

クーラ「こいっ!ジョォオオ――ジィィッ!!」

ジョージ「……クーラ、次に僕が放つのは、この……左の正拳突きだ。僕の全力を、魂を込めた一撃ッ!これでキミを……キミと決着をつけるッ!」

クーラ「抜かせッ!そんなもの、迎撃してやるッッ!」

拳志郎(オイオイ、ジョージのヤロウ何でもありかよ?ただ立ってるだけでダメージがダンダン回復していきやがる。何だぁ?ありゃぁ……しかも、本人はきづいてねぇぞ)




102: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:26:15.19 ID:E978QWbf0

ジョージ・クーラ「ウォォォォォオオッ!!」 バシュッ! ドゴゴゴゴッ

拳志郎(ジョージの奴も、クーラもボロボロだな。すべての力を振り絞ってやがる。もう『光る手』も『光る拳』もねーな。ただ殴ってるだけだ)

ドガッ!
ボゴッ!




103: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:28:48.50 ID:E978QWbf0

拳志郎(だが、クーラも頑張りやがる……あの馬鹿でかいジョージの拳を相手にして真っ向から殴りあってやがる……。それにしてもジョージの奴は、女を相手に一切手加減がねーな……よくやれるぜ)

その頃、クリスピアンが、ようやく拳志郎からやられたダメージから回復しつつあった。

クリスピアン「うう……ねェちゃん、頑張れ……ハッ、あれッ、馬鹿なッ!!」

負傷を押して立ち上がったクリスピアンの目に入ったのは……
それは、カーテンの裏に潜んでいる二人の男であった。
一人はガタガタと震えながら、クーラに向かって拳銃を構える王。
そしてもう一人は、いつの間に現れたのか、その王を支える元ジョースター家の執事、ノーマンの姿であった。




104: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:29:33.36 ID:E978QWbf0

ノーマン「王さまッ!奴らですッ……とんでもない奴らなんですッ!奴らに正義の鉄柱を与えてくださいッ」

王「グッ……ギギギィ……世をないがしろにしおって」ギリギリ

ノーマン「王さま、私がお持ちしたアレで、奴らを……」

王「そうじゃ、あの野蛮人共も、これさえあれば……クヒヒヒヒッ」 チャリッ

拳志郎「!?マシンガン……ジョージたちに向けてやがるッ!何だとォ、あのチンチクハゲめ」バッ

クリスピアン「ねェちゃんッ!何やってるんだ。油断するなッ」バッ




105: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:32:02.35 ID:E978QWbf0

ジョージ「!?しまったッ」バッ

クーラ「キィヤッ!」グイッ

ババババッ!ガガガッ!!

?「ッ!」

拳志郎「フゥウッ……大丈夫かぁ、嬢ちゃん」ギュッ

クーラ「放せ……北斗のぉ」パっ

拳志郎「おっと、悪いことしたかぁ?」二ギニギ

パシッ




106: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:33:50.18 ID:E978QWbf0

拳志郎「助けてやったんだぜ、そんなに怒るなよ……そんなんじゃぁ、彼氏の一つもできねーぞ」

クーラ「抜かせ……だが、礼を言っておく……ジョージの奴に集中しすぎていて、奴の動きを見逃していたわ……ところでジョージは?」

拳志郎「あそこだ…………チッ……なんてことだ」

クーラ「えっ……嘘でしょ」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




107: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:34:33.86 ID:E978QWbf0

ジョージ「馬鹿な……なぜ君が」

クリスピアン「チッ……ドジこいたぜ」ゲポッ

拳志郎に抱きかかえられたクーラが目にしたのは……血だらけの胸を抑えてしゃがみ込む、最愛の弟、クリスピアンの姿であった。




108: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:35:52.49 ID:E978QWbf0

クリスピアン「へへっ、姉ちゃん……あの時の借り、今返したぜ」

クーラ「あん時の借りって……あんた、そんなことッ」

クリスピアン「……ねーちゃん、負けるなよ」バタン

クーラ「なっ……クリスッ、ダメよ……しっかりしろォッ!あの時の事って……そんなこと、まだ気にしてたの……」




109: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:37:36.29 ID:E978QWbf0

10年前 ――デカン高原のとある大地にて――

クリスピアン「へへっ、お姉ちゃん……こっちこっち。ボクが見つけた、とっておきのヒミツ基地さっ。お姉ちゃんにだけ、とくべつに教えてあげるよ」パタパタパタ

クーラ「フフフ、待ちなさい、クリス」トットットッ

クリスピアン「こっちだよ。このオカを登ったところにあるの……ほら、あそこっ!あそこの岩山に洞窟があるんだッ、ボクが見つけたんだよッ」

クーラ「ハイハイッ、そりゃあよかったわね……!?、クリスッ、すぐそこから離れなさいっ!」

クリスピアン「えっ?なに言っているの?」

クーラ「早くッ!」




110: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:38:29.83 ID:E978QWbf0

ザサッ
巨大な虎「ガルルルル」

クリスピアン「えっ……トラ?……スゴイ牙だ。え……ボクにむかって来るのッ??」

クーラ「クリス……落ち着いて、ゆっくりこっちに来るのよ。焦っちゃダメ、ゆっくり、落ち着いて。虎から目を離さないで。大丈夫よ、落ち着いて……」

クリスピアン「うわぁぁぁぁぁぁあ!お姉ちゃんッ助けてぇ!!!」




111: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:39:21.12 ID:E978QWbf0

クーラ「大声出しちゃダメッ! ハッ?」

巨大な虎「ギャルルルッ」ギャルッ

クーラ「!クリス危ないッ!!!」

バシュッ

クーラ「ウッ……」

クリスピアン「うわぁぁぁぁぁああっ 姉ちゃんッ、姉ちゃんがァ」

巨大な虎「!?ギャゥああああっ」

クーラ「ウウッ……喰らえ、元斗白華弾ッ」 バシュッ!

虎「Gyiaaaaaa!」バタバタバタ

クーラ「………ああ……よかった。と……と、虎は逃げたわね。もう心配ないわよ、ク…リ……ス」 ガボッ




112: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:40:24.50 ID:E978QWbf0

クリスピアン「姉ちゃん……どうしよう、ボクをかばってこんなケガを……血がいっぱいでてる……」

クーラ「フフフ……クリス、心配いらないわ……」ニコッ

クリスピアン「ねーちゃん……うっ……」

クーラ「ちょっと、泣き虫ねッ、そんな事では修行にも差し支えるわよ……あ、アンタは、早く大きく、強くなって、今度はワタシをまもってね」ガクッ

クリスピアン「ねぇちゃんッ!ど……どうしよう……」

――――――――――――――




113: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:42:01.03 ID:E978QWbf0

――――――――――――――

クリスピアン「フフフ、俺ってば、なかなか強くなれなくて……でも、これでようやく約束を守って姉ちゃんを守れた……か、な?」 ガク

クーラ「クリスピア〜〜ンッ!」




114: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:47:04.96 ID:E978QWbf0

拳志郎「……」 ギュッ



ノーマン「くっ、しょんベンくさいガキが邪魔をしおって。だが、復讐はこれからよ。薄汚い愚民よッ、よくも俺をぉぉ」

王「ハッ……よ、よ、よ、よッ……余をないがしろにするからじゃッ、拳法家だぁ?素手で銃に勝てるかッ、おっ、お、お、おっお前たちもぉおお」



ジョージ「このドグサレがぁっ!」
パーン

ノーマン「王さまッ!奴が来ます。奴をやってしまってくださぃぃぃっ!!」

王「余に任せておけぃッ」




115: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:48:06.61 ID:E978QWbf0

バババババッ!!

ノーマン・王「なっ、避けただとぉ」

ジョージ「この卑怯者がァああああッッ!!!」 バゴッ

ジョージ「ゴラゴラゴララァァッ!」ドガッ!ドガドガッ!

王「ブギィ」 バタッ
ノーマン「ウゲェツ」 バタッ


王・ノーマン:二人仲良く、再起不能




116: ◆5kilZUZCss 2015/10/05(月) 23:48:53.94 ID:E978QWbf0

クーラ「うぁあああああああああ」

クーラは、クリスピアンを抱きかかえて、ただ涙を流していた。




122: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:05:13.31 ID:Tn+W9Yqt0

ジョージ「クッ……、僕がもっと早くコイツラに気が付いていたら」 ゲシッ

拳志郎「クーラ……」

泣き叫ぶクーラのかたわらに、拳志郎がそっとより添った。




123: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:07:56.55 ID:Tn+W9Yqt0

クーラ「なんだ、北斗のぉ?」
クーラが自虐的に笑った。

クーラ「私を笑いに来たか?……フフフ……ハハハハハッ!天帝の守護星、元斗皇拳も血に落ちたものよな。見失った天帝を探して各地をさまよい……情報を得るためにはその土地に救う悪でさえ目をつぶり……挙句に一門のものが北斗に負け……伝承者など、拳法の素人に敗れかける始末……まったく情けない」




124: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:12:06.01 ID:Tn+W9Yqt0

拳志郎「クーラ……お前はいい拳士だ。笑ったりはしない」

クーラ「ハハハ……では一片の情が残っているのなら私たちを放っておいてくれ。せめて、残された時間を二人で過ごしたい」

拳志郎「おいおい、まだあきらめるには早いだろうが〜〜」

クーラ「⁉」

拳志郎「よく考えろ、お前の目の前にいるのは『北斗神拳』の伝承者(候補)だぜぇィ?」




125: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:15:29.08 ID:Tn+W9Yqt0

拳志郎「クリスピアンよ、お前なかなか漢じゃねぇ〜〜か……見直したぜ。きっとあと十年も修行すりゃあ、相当な使い手になれるぜ、お前……ここで死ぬには、惜しい奴だ」

トンッ

拳志郎は、気絶しているクリスピアンの胸の中心を、人差し指で軽くつついた。

クリスピアン「ッ……」




126: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:17:57.30 ID:Tn+W9Yqt0

クーラ「拳志郎?貴様、何を……」

拳志郎「心央点……血止めの秘孔をついたぜ………これで血は止まったから、ちゃんと手当をして……後はジョージがその『不思議な力』を使えば、クリスピアンは助かるだろうぜ」

クーラ「何っ、本当かッ!」 ガシッ




127: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:21:40.80 ID:Tn+W9Yqt0

ジョージ「えっ?」

クーラ「ジョージ……お前、何かクリスを助けられるような、『不思議な力』があるのか?……ハッ、そうか、それで私の闘気(オーラ)をまとった攻撃を受けても、大丈夫だったのか」

ジョージ「拳志郎!?何を言ってるんだ? でたらめを言うのはよせェッッ。僕に、『特別な力』など……ないよ」




128: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:27:53.86 ID:Tn+W9Yqt0

拳志郎「ふっ……ジョージよ……お前は、闘気をまとい細胞を滅する『元斗皇拳の光る手』を平然と受けられる男だ……そんなこと、この俺様でさえできねぇ……そんなやつがよぉ、何を言ってるんだぁ?」

ジョージ「なっ……あれは……あれは『違う』んだッ!買いかぶりだよ」

クーラ「たっ、頼むッ……弟を……ッ」 ガシッ

ジョージ「クーラ……いや、ぼくは……」




129: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:33:32.74 ID:Tn+W9Yqt0

ジョージ「拳志郎、君がやればいい。君の『経絡秘孔』でクリスピアンを助けてやれッ!!」

拳志郎「……そうしてやりたいが、無理だ。『経絡秘?孔』は確かに施術者の身体能力を一時的に高めたり、血を止めることは出来る……だが、マシンガンの銃創は治せねぇ〜〜」

ジョージ「……」

拳志郎「なぁジョージ……お前の力を見せてみろよ?……お前の『光る拳』は、元斗皇拳とは真逆の『活人拳』そうだろう? その力を使えよ」

ジョージ(ぼッ……僕が?人の命を助ける?……波紋でェ? だが、もし、僕がリサリサやストレイツォ先生のように『波紋』を練れるのならば……もしかして……)

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




130: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:38:30.56 ID:Tn+W9Yqt0

ジョージ (いや、無理だ、出来っこない……でも、この姉をかばった男は見捨てられない)

クーラ「ジョージ、お願いだ……」
クリスピアン「……」

ジョージ(!?…………ええい、一か八かだッ……リサ、ストレイツォ小父さんっ、僕に力を……)

コウォゥオゥォウォゥ……コウォゥオゥゥゥォウゥゥゥゥ……

ジョージ「オーバードライブ(波紋疾走)ッ!」

ジョージが、倒れているクリスピアンに両手で触れるッ!




131: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:44:01.21 ID:Tn+W9Yqt0

パチッ

クリスピアン「……」(反応なし)

クーラ「どっ……どうだ?」

ジョージ「……ダメだった……ごめんよ。精一杯やってみたけど、やっぱり僕には波紋は使えないよ……そっちの才能は僕にはないんだ……」

ジョージは肩を落とした。ジョージの足元には、先ほどと変わらず、クリスピアンがぐったりと倒れていた。
チラリとジョージの脳裏に、がっかりしたような幼馴染(リサリサ)と小父(ストレイツォ)のがっかりした顔が浮かぶ……

ジョージ「拳志郎、君の見間違いだよ。僕には出来ない。やっぱり、僕には『波紋』を使う能力はない……ないんだ………」




134: ◆5kilZUZCss 2015/10/10(土) 22:51:38.11 ID:Tn+W9Yqt0

拳志郎「?そんなことはないだろう?お前の『才能』……俺には見えていたぜ?」

クーラ「ジョージ………さっきまで拳をかわしていたお前に頼むのはおかしいかもしれない……だが、たのむッ! もう一度やってくれッ、クリスピアンは私の唯一の家族なんだッ!」

ジョージ「ウウッ」

ジョージがもう一度奇妙な呼吸を行い、クリスピアンに触れるッ。だが、やはり『何も』おこらない……

ジョージ「ゴメンッ……ダメなんだ、やっぱり僕には出来ない……もうわかっただろ、僕には『そういう』能力はないんだ」




138: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 00:49:53.76 ID:Kz4THcdP0

拳志郎「……そうじゃねぇだろ、ジョージ……お前の『光る拳』のヒミツはそれだけじゃねぇだろ。その、内功じゃねぇッ……さっきからお前が必死になって隠そうとしてる奴だよ……それを使え。お前の『本気』、俺に見せろよ」 
 
ジョージ「なんだって拳志郎……君は、君には見えているっていうのか?」 
 
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




139: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 00:54:13.03 ID:Kz4THcdP0

拳志郎「フッ、さあねぇ」 
 
ジョージ「……ずっと秘密にしてきたんだ……」 
 
拳志郎「おいジョージ、おまえが『それ』を秘密にしたいのはいい。だが、お前その『秘密』をまもるために、クリスピアンの小僧を『見捨てる』のか?」 

ジョージ「……もちろんそんなことは出来ない。それは、わかってるよ……」




140: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 00:57:03.68 ID:Kz4THcdP0

クーラ「……」 
 
ジョージ「……クーラ……一か八か、かけてみるかい?」 
 
クーラ「ジョージ、お前と拳志郎が何の話をしているのか、正直良くわからない……でも、このままではクリスは絶対に死んでしまうッ!何でもいいッ何か、何か……」 
 
ジョージ「わかった」 
 
そう言ってジョージは、『スタンド』を出現させた。




142: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:02:10.64 ID:Kz4THcdP0

ジョージ「ザ・ソーン(The thorn)ッ!」 
 
バリッ! 

ジョージが叫ぶ。その体から、茨の塊でできた腕がゆっくりと『現れ』た。その腕がノロノロとクリスピアンの方へ動いていく。
その緑の茨で出来た腕は、驚くほど太かった。そのビジョンの持つ『強大な』パワーは、それが『知覚』できる者たちに容易に感じ取れた。




143: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:07:21.86 ID:Kz4THcdP0

クリス「なッ……なんだ?この西洋人の闘気(オーラ)の形が見える……まさか、コイツが闘気を操れるなどッ」

拳志郎「ハハハ、やはりジョージの奴は面白いな。これが、ジョージの闘気かよ」

そう、技を極めれば『スタンド』(幽波紋)を発現することが可能であることは実証されている。北斗神拳と元斗皇拳をほぼ極めた二人には、ジョージのスタンドがはっきりと見えていた。




144: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:11:48.79 ID:Kz4THcdP0

ジョージ「……」

クリスピアンの体に、ザ・ソーンの茨の腕がゆっくり、ゆっくりと迫り、クリスピアンの体に触れた。

ジョージのスタンド;ザ・ソーンがクリスピアンに触れると、その茨がばらけた。ばらけた茨は、クリスピアンの体中に伸びていく。 
そして、茨から花が咲き、種が実り、その種が芽吹き、クリスピアンの体に再び根をはっていく。 
 
拳志郎「ジョージ、それだよ。その変な闘気(スタンド)だ。さっさとそれを使えばよかったんだ」 
 
クーラ「……なんだ、このジョージの闘気は?こんな『奇妙な』闘気は、始めてみる」 





145: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:14:52.61 ID:Kz4THcdP0

やがて、クリスピアンの体中を、ジョージの出した『茨』が覆い尽くした。

ジョージ「……クーラ、すんだよ……もう大丈夫だ。彼は、僕がこの能力を解除するまで、もう目を覚まさない」 
 
クーラ「なんだって、『目を覚まさない』だとぉ? ハッ……貴様ッ、だましたのか?」 
 
ジョージ「違うッ、誤解だよ。聞いてくれ……僕のThe Thornに触れた人間は、みな昏睡状態になる。だけど、このスタンドがひき起こした昏睡状態ならば、その人間は、まるで木のように、ずっと変わらぬまま眠り続けることができるんだ」 




146: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:16:24.96 ID:Kz4THcdP0

クーラ「つまり?」 
 
ジョージ「つまり、クリスピアンはまだ『死なない』ってわけだ……このまま数か月、ゆっくり体を回復させた後で、目覚めさせればいい」 
 
クーラ「ちょっと待てッ、つまりこの『植物状態』のクリスピアンを数か月、守り切れってことか?」 
 
ジョージ「他に手はない……大丈夫。僕の母に任せればいい」




147: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:17:37.93 ID:Kz4THcdP0

拳志郎「なるほど、お前の満点ママなら何の心配もないな」 
 
クーラ「しかし、いいのか?」 
 
ジョージ「もちろん」 
 
クーラ「そうか、悪い……この借りは返す……むっ?」 




148: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:19:00.26 ID:Kz4THcdP0

拳志郎、ジョージ、クーラの三人が一斉に同じ方向をむくッ、 
そこには、ジョージに『再起不能』にされたはずの元ジョースター家の執事、ノーマンが立ち上がっていたのだ。 
 
ノーマン「ふっ!ハッハッハッ!!貴様ら、もう終わりだ。貴様らを守るものはもう何も無いッ!すでに北斗神拳伝承者は我の手にあるッ!そして、『波紋の里』もだッ!ハハハハハッ……ブギィッ」 




149: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:21:24.12 ID:Kz4THcdP0

バゴォ――ン! 
 
拳志郎「オイオイ、北斗の文句は俺に言えッ!かんけ―ない奴にあたるなッ!」 

拳志郎の拳をまともに受けたノーマンは、派手にぶっ飛んで近くの噴水に向かって、頭を突っ込んだ。


ノーマン「ブッ……偉大なる大英帝国の臣民たる私を、白人の私を、思いっきり殴りやがって。この、トイレのドブ水臭いサルの分際で……『神』が、『私』が許さんぞォォォ」ムクリ 




150: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:22:40.99 ID:Kz4THcdP0

ノーマン「ガッ……あれっ?痛くないぞ……それどころか、体が絶好調だァッ!アハハハハハッ!絶好調になったのならァ!この力を利用して、『あのお方』の、『我らの神』のために、お前たちをぉぉおおお」 
チャキンッ 
 
拳志郎、ジョージ、クーラ「……」クルリッ 
 
ノーマン「貴様らぁ、なぜ背を向けるッ! 許さんぞォ〜〜一人一人殺ってやるぞォ〜〜、このサブマシンガンでぇぇ〜〜。フフフ、ハハハハハッ」 
 
カチッ 
カチッ 
 
ノーマン「!?アレッ?引き金を引いても弾が出てこないよ?アレッ?どうしてだぁ?」 




151: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:24:16.38 ID:Kz4THcdP0

スカッ 
 
ノーマン「ハハハハハッ!なぁぁああんんだぁ! そっ、そうか。なんで弾が出ないか、り り り 理由がわかったぞッ……」 
 
拳志郎「そうかい、ごくろうさま」 
 
ノーマン「理由は、いつの間にか、お お お お 俺の指がッなくなっちまっているぅぅからだったぁぁぁあああああああ!!これで、どうやってあのお方のために奴らをぶっ殺せるんだぁぁ?」 
 
拳志郎「安心しろ、今から、オタクはそんなことで悩む必要がなくなるぜ」




152: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:25:37.13 ID:Kz4THcdP0

ノーマン「えっ?」 
 
拳志郎「だって……お前はもう、死んじまっているのだからよぉ」 
 
ノーマン「ええっ?ハハハハ、何を言ってるんだ」 
 
拳志郎「……もう一度教えてやる。『お前はもう、死んでいる』」 




153: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:27:49.66 ID:Kz4THcdP0

ノーマン「……ハッ……なんだ、体がどんどん気持ちよくなってくるぞ、そっ……それに、なんでか体がくすぐったいぞォ?ブヒャヒャヒャヒャ」 
 
拳志郎「経絡秘孔のひとつ、牽正(けんせい)をついた。せめて死の直前、天国を感じながらいけ」 
 
ノーマン「アベシッィ!」 
ノーマンは、両手の怪我から噴水のように血をまき散らし……次の瞬間、腕を、そして肩から心臓にかけて、まるで内部から爆弾を爆裂させたかのように、弾け飛んだ。 


ノーマン:牽正(けんせい)と言う秘孔をつかれ、死亡




154: ◆5kilZUZCss 2015/10/19(月) 01:31:18.55 ID:Kz4THcdP0

ジョージ「うっ……物凄いな」 


顔をしかめ、ノーマンの体を調べるジョージ。そのジョージから少し離れて立つ拳志郎にむかって、クーラが話しかけた。 

 
クーラ「フッ……北斗神拳、相変わらずの破壊力ね……もちろん私には通じないけどねッ」 
 
拳志郎「へっ……元斗も……『東斗』も、北斗には勝てねぇよ」 
 
クーラ「!?今、何て言った?」 
 
拳志郎「ふっ、じきに分かるさ。しばらくアイツと一緒に行動してればな」 
 
クーラ「……拳志郎、何を考えている。あの『イギリス人』が『西斗』『東斗』の伝説と関係あるとでも?」 




157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/19(月) 07:33:57.67 ID:Q/efjd7LO


まさかジョージがスタンド使いだったとは……
眠れる才能の形の一つだから誰が持っていてもおかしくはないが……




161: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:46:01.84 ID:6Zn/CR2h0

拳志郎「フッ、やはり、元斗にも伝わっているのか?古の秘拳『西斗月剣』と『東斗仙道』の物語を……」

クーラ「拳志郎……あれは、ただの伝説じゃないの?」

拳志郎「……本当の話さ……多分な」




162: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:49:19.44 ID:6Zn/CR2h0

ジョージ「!?これはッ?」

拳志郎とクーラ、二人の話に参加せずに ノーマンの持ち物を探っていたジョージは、『あるもの』を見つけて、調査の手を止めた。

それは、一枚のふるぼけた白黒写真であった。写真には、巨大な山脈をバックに二人の漢が映っていた。
写真の中の二人は、歳こそ離れてはいたが、とても仲がよさそうに笑い合っていた。




163: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:50:25.41 ID:6Zn/CR2h0

拳志郎「おっ、親父じゃないか?……元気そうだな……隣の男は誰だ」

ジョージ「彼は、『老子トンペティ』……確か、5年前に亡くなったはずだ」

拳志郎「なるほど、見た目通り、これは昔の写真ってワケだな。どおりで、親父が若々しい顔なワケだぜ。……それで、この写真の場所はどこだ?なんで、このクソ野郎がオヤジとその『老子』の写真をもってやがる?」

ジョージ「ここは、『波紋の里』だ。忘れるものか……それで、この人が君の父さんだって?」

拳志郎「ああ、そうだぜ。このオッサンは『霞 鉄心』第六十一代北斗神拳伝承者で、俺の親父だ」




164: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:51:06.17 ID:6Zn/CR2h0

ジョージ「『北斗神拳伝承者?』彼が『波紋の里にいた?』その写真をなぜこの男が持っていたんだ? いったい何が起こっているんだ?」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

ジョージ「このままじゃ何もわからない……チベットへ行ってみるか」




165: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:52:42.74 ID:6Zn/CR2h0

3日後、ゴアから北へ50Km先に広がる密林にて:

バオーン

バリ
バリッ

拳志郎「おぉ、ゾオウよ、カイゾウよ、お前達が助けてくれて、助かったぜぇ」 ヒラリッ

ゾオウ、カイゾウ「パオーオォォォン」

拳志郎「よしよし、名残惜しいがお前達とはここまでだな……達者で暮らせよ」 パチンッ




166: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:53:26.75 ID:6Zn/CR2h0

拳志郎が腕を差し出す。すると、ゾオウ、カイゾウがその鼻で拳志郎の腕をパチンと叩いた。
そして二頭は、クルリと一向に背を向けて、背後の密林に入っていった。

ジョージ「……もう、馬鹿な人間につかまるんじゃないぞ」

拳志郎「フッ……アイツらなら大丈夫だろうよ」

クーラ「ちょっとォッ、そこのカッコつけて密林を見ている漢二人ッ、あのかわいそーだったゾウを助けてくれたのは良かったけど、この後はどうやって進むのよッ!まさか、このジャングルを、何の装備も持たずに行くわけじゃないでしょうねッ!」




167: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:54:23.28 ID:6Zn/CR2h0

拳志郎「細かいことはいぃんだよ。クーラ……元斗の伝承者様ともあろうものが、何を気にすることがあるんだ?」

ジョージ「カヌーを作ろう。それで、川を下って海まで進むんだ。カヌーをこいでしばらく北に上がっていけば、次の町に出るから、食糧とか何かを調達して、また進めばいい」

クーラ「はぁ?かぬぅ――?」

ジョージ「楽しいと思うよ、大丈夫たった700Kmぐらいの行程さ。700Km行けば、大きな町がある。そこからは、陸に上がって陸路でチベットに入るよ」

拳志郎「嫌なら引きかえしてもいいんだぜ、クーラ」

クーラ「……わかったわよッ。行くわよ。行けばいいんでしょ?」




168: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:55:18.55 ID:6Zn/CR2h0

それから半日後……

拳志郎 「おぉおおい、ジョージっ!あとどれくらいだ?……チベットまで」

ジョージ 「後3週間だッ……」

拳志郎 「フ―――ッ たまらないねェ……お前、パイロット何だろ?飛んで行こうぜ……どっかに飛行機が落ちてねーかな」




169: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:56:02.40 ID:6Zn/CR2h0

クーラ 「そんなの落ちてるわけないでしょ、馬鹿ね」

拳志郎 「……オイ、クーラ……なんだ?何でお前までついてきてるんだ。しかも、なんでお前ひとりだけ、何もしねーでただカヌーに乗ってやがる?」

クーラ「はぁ??アンタたちみたいな馬鹿でかい男達がいるのに、なんで女の私が汗水かかなきゃいけないよの。ふざけないでよ」




170: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:56:34.61 ID:6Zn/CR2h0

ジョージ「キミ……初めて会った時は女性だからって特別扱いされるのをあんなに嫌ってたじゃないか」

クーラ「!?ジョージッ、もちろん冗談よ。ただちょっとこの筋肉ゴリラをからかってただけ。もちろんチャンと漕ぎますわよッ」バシャッバシャッ

ジョージ「二人とも、まじめにやれよッ。いいか、このあたりのマングローブの森の中はワニはいるし、毒蛇やなにかもうじゃうじゃいるんだ。とっとと抜け出したい」




171: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:57:19.93 ID:6Zn/CR2h0

バシャ
バシャ
バシャ

拳志郎「……なぁ、ジョージ……俺たちはチベットに向かってるんだよな?」バシャ

ジョージ「そうだよ」 ビシャ

拳志郎「じゃあなんで、俺たちはわざわざ手漕ぎカヌーなんかでこんな密林を漕いでるんだ?ぁぁああああんん??」バシャ

ジョージ「しかたがないだろ?ゴアから北に抜ける道は、この間の嵐で完全に崩れてたんだ。この先100Km、ひたすら泥道だって話なんだぜ。それに、君だってさっきまでノリノリだったじゃないか」 ビシャビシャ




172: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:58:10.42 ID:6Zn/CR2h0

クーラ「ねぇ、ジョージ……このカヌーなんだけど、一日何キロぐらい進めるの?」バシャ

ジョージ「通常は30Km 位かな?だけど僕たちなら、一日60Kmは行けるよ。軽い軽い」 ビシャ

拳志郎「まぁ、仕方ねーかッ、こうなりゃぁこの旅をできるだけ楽しもうじゃねーか。ホレッ、リズムを合わせてこぐぞ……って、ジョージ、オメ〜のリズムが一番むちゃくちゃだぞ。合わせろ」 バシャ




173: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:58:38.77 ID:6Zn/CR2h0

ジョージ「……人に合わせるのは苦手なんだ」 ビシャ

クーラ「あら、ジョージ。構わないわよ。私がアンタに合わせてあげるわ。拳志郎、アンタも私たちにリズムを合わせるのよ」 バ……ビシャ




174: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 00:59:24.72 ID:6Zn/CR2h0

拳志郎「まじか?お前、軍人なんだろ?そんなんで兵士としてやっていけるのかよ……っていうか、お前もいい年こいたオッサンなんだから、大人になれよ」 バシャ

ジョージ「パイロットはそんなに大勢で息を合わせて行動したりしないからね……それから、ボクはオッサンじゃない。まだ20代なんだからなッ!」 ビシャ

拳志郎「20代……ウソだろ? 英国紳士たる者、嘘はいけないぜ、嘘は」 バシャ

ジョージ「なっ!ぼくは29だッ!」  ビシャ




175: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 01:00:49.02 ID:6Zn/CR2h0

拳志郎「まじか……40くらいだと思っていたぜ。だが、19の俺にとっては、やっぱりオッサンだぜぇ〜〜」

クーラ「じゅうきゅうッッ!?アンタ、私より3歳しか年下じゃないっての?もっとガキだと思ってたわ」

ジョージ「ハッハッハッ!極東アジア人は、幼く見えるからなぁ?」

拳志郎「うっせぇ!さっさとこぐぞッ!オッサンとババアッ」

ジョージ・クーラ「あぁぁあああッ?何だと、クソガキ」 ドガッ




176: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 01:01:40.95 ID:6Zn/CR2h0

バシャッンッ

ジョージ・クーラ「フンッ!」

拳志郎「クッ……卑怯だぞ、二対一なんてよぉ」 ブシュツ

クーラ「ウッサイッ!海の放り投げただけで許してやったんだから、感謝してさっさと上がってきなッ……大体、アンタ生意気なのよッ、だいたい、一介の『候補者』が正式の『伝承者』に対して、何て口をきいてるのよッ」

ジョージ「この海には、マーダー・クロコダイルがわんさかいる。ワニにかじられたくなければ、早く上がったほうがいいぞ」




177: ◆5kilZUZCss 2015/10/28(水) 01:02:21.62 ID:6Zn/CR2h0

拳志郎「……」 スイ―――

ザバァッ

クーラ「ちょっとォ、もっとゆっくり上がってきなさいよ。水を跳ね散らかさないの。濡れちゃうでしょうが」

拳志郎(この、アマ……)ブルブルブルッ

クーラ「ウワッ、わざとやったわね。かわいくないねェ」

拳志郎「うるせ―― ……チッ、お前達のせーで泥だらけになっちまったじゃネーか」

クーラ「ちょっと、綺麗に泥を流してから戻ってきなさいよ。臭いじゃない」

拳志郎(このヤロ――) 

バッシャ――ンッ!




179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 05:43:36.16 ID:Vp3IMbCQ0



だんだん拳志郎が若い頃のジョセフみたいになってきてて草wwww




182: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:47:22.43 ID:uxKpRApY0

その後、川の流れに乗ってなんとか三人は海までたどり着くことが出来た。そして日が沈むギリギリまでカヌーで北に向かった。

その晩は、マングローブの森の中に見つけた小さな泥の島にカヌーを止めた。
他にちょうどいいところもなかったので、三人は一晩をこの島で過ごすことにしていた。

幸い、軍隊の特殊訓練を受けていたジョージは、このような場所でもキャンプをする術を心得ていた。

三人はジョージの指示でマングローブの木によじ登り、その枝を束ね、木の上にいごこちの良いシェルターを作った。
それから、泥を掘り返して小さな竈を作った。
泥だらけですべてが湿っているマングローブの密林、だがジョージは器用にたきつけを作り、あっという間に火を起こしてみせた。




183: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:48:00.35 ID:uxKpRApY0

その夜……

パチッ

拳志郎「ブシュッ グスッ…… チッ、鼻かぜを引いちまったぜ」

クーラ「自業自得ヨッ、グジグジうるさいわね」 
クーラは、『何か食べるものを探してくる』と言って立ち上がった。そして、キャンプから出て、ジャングルの闇の中に消えていく。




184: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:48:57.01 ID:uxKpRApY0

ジョージ「拳志郎、ちょっとたき火が弱くなってきたよ……僕はもう少し火が落ち着くまでたき火から離れられない。だから、キミは薪をとってきてくれ」
  
拳志郎「アイよ。だが、この湿った土地で乾いた薪を探すのは結構難しいんだぜ」

ジョージ「わかってる。恩に着るよ……だが、君も服を乾かしたいだろ」

拳志郎「誰のせいだ……テメェ」

ジョージ「ハハハハハッ。頑張ってきてくれ」

拳志郎「ちぇっ……わかったよ」




185: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:49:53.23 ID:uxKpRApY0


バチッ
たき火が爆ぜた。



ガサガサガサ

クーラ「ジョージ、泥を掘ってカニをとってきたわ。おいしそうよ」

ジョージ「いいね、マッド・シェル・クラブか……たっぷり太ってうまそうだ。火にくべよう」

クーラ「それに、さっきね、そこの木陰に15M位のおいしそうなワニを見かけたわ……そっちも捕まえられないか、やってみるね。うまくいけば、おいしいステーキにありつけるわよ」

ジョージ「……気を付けてね」

クーラ「フフフ、わかってるわよ」




186: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:50:24.85 ID:uxKpRApY0


パチッ


ジョージ「ふぅ、なんとか今日はここで寝れそうだね。あの調子なら食料も簡単に調達できそうだ」

パチッ

ジョージ(波紋の里が、襲撃された?だって?なぜ、何のためにだ)

パチッ

ジョージ(リサ……エリザベス……どうか、無事で……)




187: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:51:02.04 ID:uxKpRApY0

バキボキボキッ

拳志郎「ふぅ―――。薪とってきたぜ。こんな泥だらけの場所には転がってなかったから、そこらの木を折って持ってきた……しかし、ここは蚊が酷いな。たまらんぜ」

ドサッ

クーラ「フフフ……大量よ。たまたまそこに寝ていたでかいワニと、それから帰りがけに見つけた水生の大蛇を一匹、捕まえてきたわ」

拳志郎「おぉおお、うまそうだなクーラ……ところでこれはどうやって食うんだ」

クーラ「あっ……」




188: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:51:33.62 ID:uxKpRApY0

ジョージ「……皮をはいで、内臓を掻きだすんだ。海の水をかけると塩がをつく。でかい木の枝を突き刺して、火にかけて焼こう」

拳志郎「おお、いいねぇ。それで、誰が料理するんだ」

ジョージ「……僕がやろう。ここで処理すると何か肉食の獣が寄ってくるかも知れない……海の近くまで持って行って、処理するよ。こっちの火も安定してきたし、薪もあるしね」

クーラ「お願いねッ、おいしく焼いてねぇぇ〰〰!」

ジョージ「ハイハイ」




189: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:52:38.84 ID:uxKpRApY0

マングローブの密林、外洋との境目


ジュア――


ジョージ(チベット、波紋の里 か……ストレイツォ小父さん、リサリサ……以前あったのは何年ぶりだろう?久しぶりに会えるといいな)


ジュワッ


ジョージ「おっと、焼けたかな。どれどれ、ワニってどんな味だ?」パクッ

ジョージ「ちょっと泥臭いけどイケるか……って、ココはまだ生じゃないかッ、ウェエェ〜〜〜」


ジュワァアアアア――――


ジョージ「ふぅ……やっと焼けたか。後はこいつを持って帰ればいいな」




203: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 13:12:30.85 ID:uxKpRApY0


バサッ

ジョージ「そこに転がっているデカイ葉っぱをちぎってくるむ……と」

バサバサッ

ジョージ「!?誰だッ」

?「助けてくださいッ!」

カヌーに乗ってジョージの前に現れたのは、10歳になるかならないかと言う年齢の、少年、少女たちであった。






190: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:54:02.24 ID:uxKpRApY0

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

拳志郎「つまり、人狩りだとぉ?」

子供たち「そっ……そうなんですッ僕たちのお父さんも、お母さんも、みんな奴らにやられて……ウゥゥッ……」

クーラ「なんてヤツラ……許せないわね」

拳志郎「すぐぶっ潰してやるぞ、そんなやつらよォ」

ジョージ「そうだな。だが拳志郎、まずはこの子達を
助けないとな……まずは少し休むといい。もう安全だからね。ほら、肉もある。腹ペコだろ?」

子供たち「モジモジ……」




191: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:55:30.07 ID:uxKpRApY0

拳志郎「どぉーした、ガキども。うっめぇゾォッ!」

子供たち「あの……その…」

拳志郎「ほら、遠慮すんなよ」

クーラ「!? あら、あなたたちもしかして……」

子供たち「そうです……ボクたちにはそれ、ちょっと食べれません……あの……」

クーラ「わかってるわ。神様が食べるのを禁じている食べ物ですものね……水でも飲む?」

子供たち「ありがとッ!おねェちゃん」 ゴクゴク ゴク ゴク

ジョージ「……そうか、これは、君たちにとって『悪い食べ物』なんだね、それは悪いことをした」

拳志郎「……」

クーラ「仕方ないわよ。知らなかったんだから……インドの文化の奥深さを理解するには、何年もかかるわよ」

子供たち「Zzzzzzzz」

クーラ「あら、寝ちゃったのね。フフフ」




192: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:56:11.72 ID:uxKpRApY0

ジョージ・拳志郎「……ところでクーラ、俺たちは『用事が出来た』からちょっとここから離れるぜ……その間、子供たちの面倒を頼むぜ」

クーラ「……そうね、わかったわ、でも次はあんた達二人の内どっちかが留守番役だからね」

ジョージ・拳志郎「わかってるよ」

クーラ「ジョージ・拳志郎、私に代わって……ヤツラをぶっ潰してやって」




193: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:56:42.01 ID:uxKpRApY0




ガサガサガサッ

ハッハッハッ

バキッ ガサッ

泥だらけのジャングルの中を、十数人の男たちが必死に走っていた。

疲れ切った中年男「みんなッ!走れッ 苦しくても立ち止まるなッ」

やせぎすの男「そ……そんなこといっても、もう……走れない」 パタッ

疲れ切った中年男「馬鹿野郎ッ! 足を止めるなッ」

やせぎすの男「もう、疲れたよ、ほっといてくれ……」 グサッ

やせぎすの男「ピギィッ! あ……」 バタン

やせぎすの男の胸に、不意に矢が突き通された。




194: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:57:23.72 ID:uxKpRApY0

矢を放ったのは、見るからに裕福そうな白人たちであった。白人たちは、逃げる男たちを見渡せる位置に作られた櫓の上に立ち、双眼鏡と弓を片手に、楽しそうにワインをがぶ飲みしていた。

その背後には、巨大なオリが作られ、櫓から吊り下げられていた。そこにはジャングルを走る男たちの家族……妻や子供たちが閉じ込められていた。
男たちの家族は、オリにしがみつくようにして逃げる男達を見守っていた。

白豚1「ウヒャヒャハハハハハハッ! ほれほれ、必死に走れッ! お前たちが必死に逃げねーと狩りができねーだろっ?」

白豚2「さっさと逃げろッ!あと30秒したら、この庭にマーダ―・クロコダイルを放つんだからなッ!5頭の腹ペコのマーダ―・クロコダイルたちだッ!」

白豚3「ほれっ!真剣みが足りないんじゃないか? いいのかぁ? い いの か ぁ??? お前達の家族が おっ チんじゃう ぞぉぉぉおおお?」

白豚たち「ぶっヒャッヒャッヒャヤヤヒャァァッ」




195: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:58:14.25 ID:uxKpRApY0



ジャングルを走る男たち 「ウォォォおおおおッ」

バビュンッ!

プスッ

必死に逃げていた男「ァ……おれ、なんで……クソッ、これじゃあ 子どもに、つまに……」 バタン

肥った男「オイオイオイッ!すぐやられやがってッ!これじゃあ、つまらねーぇじゃネーかッ」

妻と子供「アナタッ!」「オトォーーサァアアンッ!」

肥った男「おっ!いい『代わり役』がいたぞッ!」

妻と子供「えっ?」

肥った男「ブヒャヒャハヒャヒャッ! だらしがねー父親に代わって、家族のお前らが責任を取るんだよォォッ! オイ、コイツラを檻から叩き出せッ」

兵士達「イェッサ……」

妻と子供「ううぅううう……」




196: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 12:58:54.00 ID:uxKpRApY0

肥った男「フフフ、じゃあな、お前たちをこっから突き落としてやるッ!落ちたらしっかり走れよォォオオオ 首の骨を折らずにいられたらなぁぁぁッ!」

バッ!

妻と子供「!? キャッ!」

妻と子供「……えっ?」




197: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 13:00:16.50 ID:uxKpRApY0


見張り台から突き落とされた妻と子供が恐る恐る目を開けると、二人は屈強な白人の男に抱きかかえられていた。

ジョージ「……もう安心さ、よく頑張ったね。。あとは僕たちに任せて」
「拳志郎、アイツらは僕が、制裁するッ!キミはジャングルを逃げる男たちを頼むッ」

拳志郎「わかった」

ジョージが見張り台の足を蹴り、その反動で反対側の足へ、そしてまた次の足へ……と言うように見張り台の足を順繰りに蹴り、階上の見張り台にとりつくッ!

ジョージ・拳志郎「この、クソヤロォォォッ!」




198: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 13:00:50.81 ID:uxKpRApY0

バッ!

ジョージは、階上に登り切ったとほとんど同時に、檻の中に銃を向けていた兵士たちに襲い掛かった。

兵士達「!? 何ッ!」 

ジョージ「ウォォオオオッ!」 

バキッ!
ゴキィッ!

ジョージはめまぐるしく動き、あっという間に見張りの兵士を倒していく。




199: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 13:01:43.11 ID:uxKpRApY0

不健康にワインを飲みながら、人狩りを楽しんでいた白豚たちが気づいた時には、時遅く、ジョージはすべての兵士を無効化し、人質を解放していた。

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

白豚たち「ヒッ、ヒギッ」

ジョージ「貴様ら……その制服、まさか、まさか」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

白豚たち「スッ……”スター”どの……」

ジョージ「貴様らが、僕をその”通り名”でよぶなぁッ」




200: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 13:02:21.04 ID:uxKpRApY0

白豚1「ピギィッ」 ブウンッ

動揺した白豚の一匹が、手にしていたクロスボウを、『英国空軍のエース』 ”スター” ジョージに向け、放つッ!
だが、ジョージはいとも簡単に、そのクロスボウをはたき落ちした。

ジョージ「この、馬鹿者どもが……」

ジョージ「ゴラゴラッゴラゴラゴラゴラッッ」

白豚たち「ブギィッ!!!」

ジョージ「この、大英帝国軍の恥さらしがッ」




201: ◆5kilZUZCss 2015/11/02(月) 13:03:28.05 ID:uxKpRApY0


ヒラリッ

と、たった一人だけ、ジョージの攻撃をまともに防ぎ、階下に払い落とされるのを防いだ男がいた。

「キサマ」ジョージが拳を構えるッ

?「ハハハハハはっ!栄えある 英国空軍の”エース” ジョージ卿が 腕っ節の方もここまでとは、聞いていなかったぞッ! だがッ!」

ジョージ「キサマ……『拳法使い』か?」

?「俺の名はセンッ! ”スター”殿、戦争の腕ではあなたにかなわぬ。だが、素手の『拳法』ならば、俺は、アナタにも引けを取らんッ!我が、南斗紅雀拳の極意、その身に受けてみるがいいッ!」




207: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:43:53.92 ID:1ddIKH/t0

センは自信満々に両手を高く掲げ、まるでクジャクのように上から下へ、下から上へ、手のひらをヒラヒラとさせた。

セン「我が南斗紅雀拳は、南斗聖拳の中で最も華麗かつ残忍といわれている拳ッ! 覚悟しろよぉ、”スター”どのぉッ」

ジョージ「ああ、そうかいッ!」 ザシュッッッ

ジョージは、自分の言葉も終わらないうちに、超高速のタックルをセンに見舞うッ!
まるで地面を這うような超低空からの、伸びあがるようなタックルだ。

そのタックルが、センに 決まった。




208: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:45:21.92 ID:1ddIKH/t0

セン「!?ウォッ」

ジョージ「口だけか、もらったっ」


-------------------------------------


一方そのころ……

拳志郎「さて、どこにいったかな? ……ぬっ?」
男たちを追おうとジャングルを走り出した拳志郎は、不意にタタラを踏んで立ち止まった。




209: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:46:19.65 ID:1ddIKH/t0

マーダ―・クロコダイル(3頭)「グゥルルルルル……グル……グゴォ――――ッッ!」 ガッ!!

拳志郎「フンッ!」ボガッ

拳志郎「オイオイ、ゾウの次はワニかよ……俺はム〇ゴロ―じゃねぇー、動物使いじゃねェ――……俺は、拳士なんだぜぇ」

マーダ―・クロコダイル(3頭)「グゥルッ!ハッ ハッ」

拳志郎「チッ」

バシュッ!

拳志郎の一撃に跳ね返されたのは、巨大なクロコダイルであった。拳志郎の身長の優に3倍はありそうな、巨大な怪物だ。
クロコダイルは、巨大な口を開け、拳志郎を一飲みにしようと再び襲い掛かった。




210: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:47:14.36 ID:1ddIKH/t0

ワニの噛む力は1平方センチ当たり約260キログラム、それは地球の歴史上最大、最強の肉食動物であったティラノサウルス・レックスに匹敵する恐ろしいほどの力だッ!
しかも、瞬間ではあるが走力は最大で時速60Kmに達し、その分厚い鱗が持つ防御力は、チャチナ銃弾など簡単に跳ね返すッ!

??「フフフッ 良く避けたな。だが、まだまだ甘いな」

拳志郎「何だとォ?」

クロコダイルをひきつれて現れたのは、三叉戟を手にしたやせぎすの男だ。その男は、三叉戟を構えて拳志郎を挑発した。
??「俺の名はマット!そしてコイツラは我が可愛い マーダ―・クロコダイルよ」




211: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:48:03.27 ID:1ddIKH/t0

マットは、ヒラリと跳躍し、クロコダイルの背に乗った。
マット「我が秘術、驚鞉操鰐術 (きょうとうそうがくじゅつ)の秘儀を喰らえィツ」

拳志郎「ああぁ?キョウトウソウガクジュツだぁ?」

マット「フフフフ、俺は、4体のマーダ―・クロコダイルを自分の手足のように操ることが出来るッ! …… 一匹、どこかにほっつき歩いているようで、ここに顔を出さないのが少し気分が悪いがな」




212: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:48:55.88 ID:1ddIKH/t0


驚鞉操鰐術 (きょうとうそうがくじゅつ)
-----------------------------------------------------------------------
南アジア一帯には 野生のマーダー・クロコダイルが 多数生息しているが、一八世紀初頭 かの地ではこれを飼い慣らし、操る術が発達した。
この術を応用し、村人は村の周囲に堀をつくり、その中に飼育したワニを放ち、外敵の侵略を撃退したという。
このためワニは守護神として人々に大切にされた。
現在でも 南アジア某国には、ワニを殺したものは死刑との法律が残存しており 、昨年 うかつにも、ワニ皮のハンドバッグを所持していた日本人女性が、終身刑となったのは周知の事実である。
-----------------------------------------------------------------------
民明書房刊
「クロコダイル・ダ ンディ―爬虫類よもやま話―」よ り





213: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:49:52.37 ID:1ddIKH/t0

ワニたち「ウジュアブブブブブッ!」

拳志郎「あぁああん?ワニをけしかけて戦わせるだとぉ? この卑怯者めッ。こんなうまそーなワニ、片っ端から喰ってやるぜッ!」

マット「ばかが、ワニのえさになるのはお前の方だッ!幾多の人間をその腹に収めてきた、血に飢えたマーダ―・クロコダイルの強さを特等席で体感するがィィィッ」

ワニたちが一斉に襲い掛かるッ!




214: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:51:06.23 ID:1ddIKH/t0

ワニの強大な体躯からくる恐ろしい圧力をが、拳志郎を襲う。

拳志郎は飛び掛かってきた最初の一頭をかわす。かわしざま、むき出しのワニの腹に正拳を叩きこもうとするところに、マットの三叉戟が襲う。

拳志郎「ああぁぁ?物足りねぇーーなぁ、スローすぎるぜッ」 ブンッ
拳志郎は三叉戟を簡単に払い、そして同時に噛みついてきた二頭のクロコダイルを、同時にぶっ飛ばすッ

ドガッ!

だが、吹っ飛ばされたワニたちはすぐさま平然と身をおこし、再び拳志郎に向かって突撃してきた。

拳志郎「ウォッ!さすが爬虫類最強だぜ。俺の一撃をまともに喰らっても襲ってくるだとぉ?」

ガブっ!
ガリっガリxツ!
ブワンッ

拳志郎はワニの攻撃をまともに喰らい、ジャングルの沼地に吹っ飛ばされた。

拳志郎「……やるねェ、さすがワニ、恐ろしい威力だぜ」




215: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:52:00.49 ID:1ddIKH/t0

マット「ブヒャヒャヒャッ、勝った。どうだッ!貴様の北斗神拳は通用せんぞぉッ!どうだ、ワニに経絡秘孔があるか?ウワッハハハハハ……ハハハ」

拳志郎「ヘッ!ワニ公なんざ、俺にとっては飯の種だぜッ!昨日も馬鹿でかいワニの丸焼きを喰らってやったぜ。お前たちも、まとめて食ってやる」

マット「……オイ…まさかとは思うが……そのワニ、黒っぽい背中に白っぽい傷がある、6Mぐらいの奴か?」

拳志郎「……おう、そういえば、そんなカッコだったかもしれねぇーな」

マット「きッ……キサマ」わなわな

マット「キサマッ!喰らったなッ!俺のカワイイ鰐を『喰いやがった』なァァァァ」




216: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:52:53.39 ID:1ddIKH/t0

拳志郎「なんだってぇ、あれはお前の飼っていた鰐だったのか?……そりゃ〜〜あ 悪いことをしたな。だが、おいしくいただいたぜ。ちゃんと成仏したと思うから、許してくれや」 ボリボリ

マット「貴様らッ 殺してやる。殺して、お前達をワニのえさにしてやるぜェェェ!!!」

拳志郎「あぁあああ、何だとォ 上等だこのヤロォ――― 俺が食ったモンに文句があるなら、俺にかかってこいやぁッ」




217: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:53:34.88 ID:1ddIKH/t0

バゴッ!
ブギッ!!
ボゴォォッ

ワニ公の尾っぽを鞭のようにしならせた一撃ッ
太い前足の振り下ろし攻撃ッ

拳志郎「早いッ! だが……俺をとらえるにはまだ甘いッ!」
拳志郎は、二体のワニの攻撃をいなした。
続けて放たれた三叉戟の連続突きも、簡単に払いのける。

だが……
ワニ公「ガブっ」
残った一頭が、拳志郎の二の腕に噛みついたッ!ワニのその噛み千切る力は、数トンにも及ぶッ!




218: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:54:23.50 ID:1ddIKH/t0

拳志郎「おいおい、いってぇナァ」

ワニ公「……」

だが、ワニの牙が拳志郎の腕を通らないッ!

拳志郎は軽々と拳をふるい、自分の二の腕に噛みついていたワニの顎を砕いた。
まるで、雪のように白い破片が飛ぶ。ワニの牙だ。
続いて、驚異的な速さで襲い掛かってきた残り二体のワニを、拳志郎はさらに素早い動きで迎え撃ち、二頭とも吹っ飛ばした。

ワニ公「ブッゴォオオオッ」




219: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:55:01.24 ID:1ddIKH/t0

マット「バッ……馬鹿な、なぜワニにかまれたのに、奴の腕は何ともないんだ。」

拳志郎「うるせぇな、気合いが違うんだよ、気合いがッ!」

バーンッ

拳志郎「オイッ!こんなかわいいワニ公を殴らせやがってッ!……てめー、この動物好きの拳ゴロ―さんを怒らせたなッ!ゆるさねぇ」

ドガッ

拳志郎「ウワァタァッ」 ボゴボゴボゴッ!!

マット(そんな……さっき、ワニを見てうまそうだっていってたじゃん……)




220: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:55:36.86 ID:1ddIKH/t0

拳志郎「フンッ」ブスッ

拳志郎「頭維と言う秘孔をついた……お前はこの指を抜いてから、三秒後に、死ぬ」

マット「へッ……いやぁあああ、抜かないで、抜かないでッ」

拳志郎「ぁあああん?お前のワニに喰われた犠牲者も、今のお前と同じように命乞いしただろうに……ダメだ」 ヌタッ




221: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:57:48.03 ID:1ddIKH/t0

マット「そッそうだ、じ……自分で指を入れればいいんだぁ……俺って、あったまイイ!……えへへへへ……」ブスッ

拳志郎「……無駄だ、秘孔は指でついただけじゃあ効かん。一ミリの間違いもなく指を突き入れたうえで、相手の命脈を乱すように正確無比に気をおくりこまなくてはな……」

マット「え……そっそんなッ……エブシィッ!!」 ブシャッ




222: ◆5kilZUZCss 2015/11/14(土) 22:58:32.59 ID:1ddIKH/t0


マット:頭維と言う秘孔をつかれ、その三秒後に死亡





225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 00:53:29.51 ID:FWNrYWyZo

まさかの男塾wwというか民明書房ww
乙っす




226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 01:15:47.45 ID:qMyelUgZo


なんか男塾っぽい武術名だなーっておもったら民明書房きたww




228: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:33:13.70 ID:mAra0Xdy0

拳志郎と、マットとの戦いが終わった。
その頃、見張り台の上では 南斗紅雀拳のセンとジョージが、激しい戦いを繰り広げていた。




229: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:33:53.56 ID:mAra0Xdy0

ジョージ「喰らえィ」シュルルルルッ

セン「クッ、でかい図体の割に、なかなか早い動きだな」バシッ

ジョージ「クッ、タックルをきられたか」

セン「だが、まずタックルを選択したこと、これでアナタが憲法家でないことははっきりしたッ!我が、南斗紅雀拳の敵ではないッ!喰らえイっ」




230: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:34:27.04 ID:mAra0Xdy0

センがユラユラと腕を動かし、異様な構えを取った。

ジョージ「何だ?なにをしようとしているんだ?……ええぃッ、ここは度胸一発、先手必勝だッ」
センに向かって、ジョージは再びタックルをしようと突っ込む。

セン「フン……下らんッ!」
センは、にやりと笑った。タックルに来たジョージを迎撃しようと、腰を落とし、腕を構える。




231: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:35:00.09 ID:mAra0Xdy0

その時、二人の間に太い枝が落ちてきた。
階下から投げつけられたものだ。

バシュッ

その枝に、センが腕を伸ばす……すると、木が瞬く間に削れていくッ!




232: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:35:32.07 ID:mAra0Xdy0

ジャルルルルルッ

枝は、どんどんその身が削られていき、ついにはただの木クズと化した。
床に落ちる前に、まるで、蒸発したようにその姿はなくなった。そして床に、木クズがまるで雑草のようにばらまかれた。




233: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:36:11.23 ID:mAra0Xdy0

ジョージ「馬鹿な……木が……木クズになっちまった。まるで、ニホンの鰹節のように削られるなんて……コイツがやったのか?」

拳志郎(地面から見張り台を見上げて)「ジョージッ!今のでわかったろ……南斗をナメルなッ!南斗は手足を必殺の武器と化す、恐ろしい破壊力を持った拳法だッ」

ジョージ「……ああ、良くわかったよ」




234: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:36:48.30 ID:mAra0Xdy0

セン「フッ……わかったからどうだというのだッ!我が『南斗紅雀拳』の威力、とくとあじわうがいいッ!!!」

センは両腕を広げた。その腕を、まるでクジャクの尾びれのようにヒラヒラト舞わせ……宙を舞うッ。

セン「啄殺乱破(たくさつらっぱ)!」 

バシュッ
センは空中で見張り台の天井を蹴った。
そして、無数の突きを繰り出しながら、ジョージに向かって突っ込んでいくッ。




235: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:37:16.93 ID:mAra0Xdy0

セン「しねぇぇイイイッ」

バシュバシュバシュッ

ジョージ「!?ッウォォオオオオッ!」

ジョージは、とっさに床板を剥ぎ取り、センに向かって投げつける。
同時に、必死に床を転がり、センの突進をかわすッ

ぼごぉぉぉっ!
衝撃音とともに、周囲の床材が飛び散るッ!




236: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:37:51.41 ID:mAra0Xdy0

セン「フッ……良くかわしたな、だが二度目は……無いッ」

ジョージ「ハッ!貴様こそ、この俺をナメルなァァァッ!」

センに追撃の構えをとる間も与えず、いち早くジョージが動いた。

ジョージ「ゴラッ!」
センの頭部への回し蹴りだッ




237: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:38:22.17 ID:mAra0Xdy0

セン「フッ……下らん攻撃だ……なッ?」
センは片手をあげ、ジョージの蹴りを防御しようとして……

ジョージの脚が 消えたッ!
次の瞬間、消えたジョージの脚が、四方から同時にセンを襲うッ!

セン「ブギィィイイイッ!」
マトモにジョージの蹴りを受けたセンが、見張り台からぶっ飛ぶ。

グワッシャァアアン




238: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:39:03.97 ID:mAra0Xdy0

セン「ウッ……クッ…」 ヨロッ

タッ
ジョージ「へぇ……僕の蹴りをまともに喰らって、それでも何とか立てるのか、キミ、なかなかタフだね」

拳志郎「やるじゃねーか……ジョージィ……だがもちろん、元斗皇拳の伝承者ととまともにやりあってぶじだったお前だ。こんな、南斗百八派の末席に引っかかっているような拳法じゃ、とーぜん相手にはならんか」

ジョージ(下を見ながら)「拳志郎、さっきはアドバイスありがとう」

拳志郎(上を見上げながら)「いいってことよ。気にするなよ」




239: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:39:56.44 ID:mAra0Xdy0

セン「クッ……こんな、ハズは……」ヨロッ

ジョージ「こいッ!」

ゼン「クッ……こうなっては、南斗紅雀拳、最大奥義で葬ってやるわ……喰らえ」

ゼンは、緩やかな動きで腕の本数を多く見せるような構えをとり……

ゼン「全身を切り刻まれて死ねッ!雀紅千波(じゃこうせんば)ッ!」

その腕から、同時に術を切り裂くナイフの群れの様な、手刀が飛ぶッ!




240: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:40:47.36 ID:mAra0Xdy0

ジョージ「甘いッ!」
だが、ジョージはそのナイフの群れをさばき切り……

ゼン「ぼっごぉ……」

ジョージ「ゴラごラゴラゴラッ!」

ボッゴォオオオ!

セン:ジョージの連撃をまともに喰らい、気絶




241: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:41:25.05 ID:mAra0Xdy0

ジョージ「ふぅ、これで片が付いたかな」

拳志郎「オイオイ、ジョージ。ズルくないか?お前はまともな拳法家と勝負ができて、俺はワニ公との戦いかよ……不公平だぜ」

ジョージ「ハハハ、花をもたせてくれて、ありがとう……でも、コイツラは僕が『処分』すべきゴミだったからね」

拳志郎「まぁ、そうだな……」




242: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:42:08.99 ID:mAra0Xdy0

まさか、自分が属する英帝国軍に、こんな極悪非道な事をする部隊があったとは……ジョージは、肩を落とした。
せめて、この非道を告発し、関係者がもしまだ生き残っていたら、しかるべき保証をしなければならない。

ジョージはやりきれない思いで、非道の証拠をつかもうと、自分が処刑した敵の遺留品を調べ始めた。




243: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:42:46.19 ID:mAra0Xdy0

ョージ「!?……あれ、鉄板が埋まっているぞ?……ここの地下に、シェルターでもあるのかな?」

拳志郎「へぇ……ちょっと手伝ってやるよ」

ジョージ「ありがとう、じゃあ、いくよ セェエエノォッ!」

拳志郎「ウォオオオィッ!」

拳志郎とジョージは、鉄板に指をかけた。
だが、屈強な大男が二人がかりで頑張っても、その鉄板はピクリとも持ち上がらなかった。

ジョージ「だめか、重すぎる……いや、溶接されているのか?……ならば……ザ・ソーンッ!」




244: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:43:34.49 ID:mAra0Xdy0

ヴォ――ンンッ

ジョージの隣に、茨でできた大男のヴィジョンが現れた。


拳志郎「ああ、闘気を使うのか。なるほどな……ところで、お前の闘気、いつみてもおもしろいな。スゴイ力じゃねぇか……なぁジョージ、なんでさっきはその闘気を戦いに使わなかった?」

ジョージ『動きが遅すぎるんだ……僕の能力は『植物のようにゆっくりとした破壊と眠り』を相手に与える能力さ。戦闘には使えないんだ』

拳志郎「へぇ〜〜なるほどな」




245: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:44:23.30 ID:mAra0Xdy0

ザ・ソーンは、ゆっくりした動きで鉄板に指をかけ、ゆっくり、ゆっくりと鉄板をたわませ、引きはがした。

バリッ!
ベリッ
ボゴォッ!

やがて、ジョージのスタンド ザ・ソーンは鉄板をまるで紙のように引きちぎった。
すると、その奥には人ひとりかろうじて入れるぐらいの洞窟が口を開けていた。




246: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:44:58.16 ID:mAra0Xdy0

拳志郎「へぇ」……なんじゅこりゃ?

ジョージ「あわてるなよ。有毒ガスがたまっているかもしれないんだからな」

拳志郎「わかってるよ……で、どうする !?オッ?」

ジョージ「村人が戻ってきたみたいだね」




247: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:45:32.08 ID:mAra0Xdy0

ガサッ

逃げていた男達「#&★☆#! お前達ッ」

人質にされていた妻、子供 両親「ああっ、アンタッ ……無事でよかった」

二人の予感は正しく、やがてジャングルの密林をかき分け、人狩りの対象とされていた男たちが恐る恐る顔を出した。
男たちは、自分たちを理不尽に虐殺した白豚どもがいなくなった事に気が付き、狂喜乱舞した。
男たちは妻と子供と、それに年老いた両親を。人質にされていた家族は父親の名を、それぞれに涙を流して呼びあい、抱きしめあった。




248: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:46:05.19 ID:mAra0Xdy0

逃げていた男達「ああ、あんた達、ありがとう……ありがとう……」

妻や父母達「ありがとう……あんた達の事は忘れないわ。アンタたちは私たちの救世主様よ……」

子供達「にぃちゃんたちッスゲェ―――ッ カッケェ――――ッッ」ワクワクッ

拳志郎「ぉおおお、まっ、気にすんなよ」パタパタ

ジョージ「僕たちは暴れたくて暴れただけさ……」パタパタパタ




249: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:47:04.92 ID:mAra0Xdy0

と、その時だ。

??「隙ありッ!」

キャァッ

ジョージ「なんてことだ……」

ジョージに気絶させられていたセンが、いつの間に目を覚ましたのか。
不意打ちで襲い掛かったセンは、嫌がる子供を捕まえ、両脇に抱えた。




250: ◆5kilZUZCss 2015/11/20(金) 00:48:09.43 ID:mAra0Xdy0

セン「ブヒャヒャヒャヒャッ!お前達ッこの人質の命が惜しければ、降参しろッ……いやぁぁ……?もっといいことを思いついたぞォオオオ。お前達、『二人で死合え』」




255: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:15:26.70 ID:RgIdwMxO0

セン「わかったかぁ? てめえら、『死合え』、互いにコロシあえぇぇ」 ブヒャヒャヒャッ

ジョージ「キサマ……なにを言っているんだ」

拳志郎「オイオイ、死合いだぁ?冗談はよせよォ……こんなオッチャンが、俺のあいてになるかよ」

ジョージ「……何だって?クソガキ」




256: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:16:16.05 ID:RgIdwMxO0

拳志郎「あぁあああ? オマエ、拳力がおれより劣るから、嫉妬してんじゃないのか」

ジョージ「何だとォオオオ!」

拳志郎とジョージはにらみ合い……

ボゴォッ

同時に拳を振るった!
互いにの拳が交差し、ボクシングで言うクロスカウンターの格好になった。




257: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:17:26.80 ID:RgIdwMxO0

拳志郎・ジョージ「クッ……」

ドガッ!

バゴォッ!

二人は真正面から殴り合うッ


セン「……」


拳志郎「オッサン、なかなか痛てぇじゃねーか」

ジョージ「ケン、君は働きもせず、拳法ばかりをやっていた男だろ?それなのに『コンナモノ』なのか?がっかりだよ」




258: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:18:18.77 ID:RgIdwMxO0

拳志郎「アタァッ!」

ジョージ「ゴラッ!」

バゴッ!
ボゴォォッ!
ドガガガッ!


セン「……オイ」


拳志郎「アタタタタタタタタタタタタタタタタタタァァァッ!!」

ジョージ「ゴラゴラゴラゴラゴラゴラゴララララァッッッ!!」

二人がグルグル回りながら無数の拳を打ち合うッ!
またたくまに、二人の顔が腫れあがっていく。




259: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:19:22.63 ID:RgIdwMxO0

ジョージ「そんな手打ちのジャブで、ボクが倒せるかッ」

ジョージが、アッパー気味の右をフルスイングで放つッ

バゴッ

拳志郎「ゲボゥ」

ジョージの拳が、拳志郎のみぞおちをえぐるッ




260: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:20:07.31 ID:RgIdwMxO0

拳志郎(クッ、こいつナチュラルに重たい拳だぜ……危うく、さっき食べたワニ公を、フル リバースする所だったぜ。 あっぶねェ―――。 だが、ここは平気な顔でハッタリをかますぜ)

拳志郎「あぁああん?テメーこそ、そんなスローな拳で、よくもこの霞拳志郎さまの前に立てたもんだな、コラァ」

ドガッ

お返しとばかりに、拳志郎の膝蹴りが、ジョージの脇腹を抉るッ




261: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:21:17.84 ID:RgIdwMxO0

ジョージ(ウプッ……クッ、拳志郎……『拳法家』っていうのは、こんなにも鋭い攻撃をするのか……これだけ早い一撃だと、出所が抑えられないッ)

ジョージ「こんな攻撃っ、くらえぃ!!」

だが、ジョージは止まらない。
崩れ落ちると見せかけ、ジョージは拳志郎の腕をとりながら足を払い、地面に倒れ込む!

拳志郎「上等だ、このやろーッ!」

ジョージ「うぉおおおおおっ!!」

二人は、互いの襟を掴んで殴り合い続けた。
互いに馬乗りになりながら、地面をゴロゴロと転がっていく。




262: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:22:05.96 ID:RgIdwMxO0

ボガッ、ボゴッ

拳志郎「痛てぇなッこのやろー……」
バゴっ

ジョージ「はっ、そんなものか?下から無理やり打ち上げた手打ちの拳なんかで、ボクが倒せると思っているのかい」

拳志郎「あぁぁぁ?いってろ、このタコ野郎」
ポカポカッ


セン「……オイッ!舐めてんじゃねェ〜〜ッ ガキの喧嘩か、テメーら。奥義を使えッ!秘孔を突けッ このやろぉ」


拳志郎・ジョージ「うるせぇッ!! 引っ込んでろバカヤロォッッ!」

セン「………はい」




263: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:24:51.72 ID:RgIdwMxO0

拳志郎(!?しめたッ) スルリッ

ジョージ(ハッ、しまった。逃がしたぞ)

拳志郎「ふっ……ゆだんしたなぁ、どんなもんだ。脱出してやったぜ」

ジョージ「それがどうした。キミ、もうボコボコじゃないか……もう勝負は見えている」

二人はいったん距離をとり、にらみあった。




264: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:25:39.41 ID:RgIdwMxO0

ジョージ「コォオオオオオオ」

ザ・ソーン “メキッ”
ジョージの体からスタンドの茨、『ザ・ソーン』が顔をだした。
茨は、ゆっくりとジョージの体を覆っていく。

拳志郎「ふぉぉぉぉぉ――ッ」
拳志郎も異様な構えをとり、鬪気を溜めていく。
その鬪気がオーラとなり、拳志郎の背後に『戦の女神』の姿を形づくった。




265: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:26:28.10 ID:RgIdwMxO0

セン「ぶひゃ……やっ、奴等が本気をだすぞ。ふぷぷぷ……痛ッ」

セン「あぁ、なぁんだ。棘のある植物を踏んだのか か カ……」グルリ(白目)

(白目の)セン「ブッ……」 バタン




266: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:27:53.28 ID:RgIdwMxO0

ジョージ「よし、邪魔者はボクのスタンド: ザ・ソーンで始末した」

拳志郎「ふっ、では 『死合うか』」

ジョージ「ああ、逝こうッ」





267: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:30:18.62 ID:RgIdwMxO0

拳志郎「蒼龍天羅(未完成Ver)っ!」

拳志郎の叫びに呼応し、拳志郎の背後にたたずんでいた『戦の女神』が二人を包むっ

ジョージ「なんだ、ここは……急に、まるで、別の空間に閉じ込められたような……まるで晴天の蒼い空の中にいるようだね」キョロキョロ

拳志郎「ヘッ……これぞ我が北斗神拳の秘拳、蒼龍天羅(未完成Ver)だ」

ジョージ「ソウリュウテンラ……なんだかわからないが、なんて……不思議な空間だ……」




268: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:31:59.47 ID:RgIdwMxO0

拳志郎「ふっ……これで、もう誰も俺たちを邪魔しないぜ」(北斗天帰掌)

ジョージ「ふっ……行くぞ」(意味を理解していないが、とりあえず北斗天帰掌)

拳志郎「この構えは『北斗天帰掌』、真剣勝負って時の『礼』の構えさ。もし誤って相手の拳に倒れようとも相手を怨まず悔いを残さず天に帰るっつー意味よ」

ジョージ「へぇ……いいね」




269: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:33:04.88 ID:RgIdwMxO0

拳志郎・ジョージ「ウォオオオおおっ」

ドガッ!

拳志郎・ジョージ「このヤロォオオオおッ」

ゴギィッ!

ジョージの蹴りを喰らいながらも、拳志郎が右フックをあごに決めるッ!

ジョージ「プッ……こんなナマッチョロイ拳で、ボクが倒れるかッ」




270: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:34:12.74 ID:RgIdwMxO0

拳志郎(チッ、コイツ神経が通ってるのかよ?タフな奴だな……メンドくせぇ……こうなりゃやってやる……秘孔を狙うぜッ)

拳志郎「北斗神拳の秘孔を味わえッ! 喰らえッ新膻中(しんたんちゅう)だッ」

拳志郎は、ジョージの左わき腹をつくッ





271: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:34:59.34 ID:RgIdwMxO0

拳志郎「はっ、勝負あったな。もう、お前は一ミリもうごかせねぇぜ……俺の声がかかるまでこの秘孔縛から逃れられねェ …… ?」

ジョージ「コゥォオオオオオ」 ボゴォッ!

拳志郎(クッ、コイツ拳をふるいやがった)

ジョージ「拳志郎、ハッタリはヤメロ。ボクの動きは、のろくないよ……ボクに『秘孔』を打つなんて、出来るもんか」




272: ◆5kilZUZCss 2015/11/28(土) 23:36:03.80 ID:RgIdwMxO0

拳志郎「けっ……やせ我慢すんじゃねぇぞ」(オイオイ、コイツ、秘孔が気かねぇぞ。うっそだろぉおおおお、やっべぇ〜〜。次は、どうするか)

バシュッ

とつぜん、蒼龍天羅(未完成Ver)の空間の一部が発光し、外部から崩れ落ちた。
そこから現れたのは……クーラだ。

クーラ「なぁああに、味方どうして死合ってるんだ、この……ドバカッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

パッシィイイインン

拳志郎・ジョージ「ブッ……クッ…クーラぁ?」




276: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:08:57.45 ID:/AQKs9BR0

パッシィイイインン

クーラの手が発光する。その光が、拳志郎の創り出した蒼龍天羅(未完成Ver)を砕くッ

    ◆◆

そして、拳志郎とジョージの周囲が、元に戻った。
気が付くと、『人狩』の餌食にされかけていた村人たちが、拳志郎とジョージをのぞきこんでいた。二人の周りを取り巻くようにしていた村人たちは、ワッと歓声を上げた。

村人1「よかったぁ〜〜、あの人達、無事じゃったかぁ……」

村人2「あの光る繭に、あの人達が包まれて、空に上がって言った時は、びっくらこいたなぁ」

村人3「ホントにのぉ、クーラ様があの繭を切り裂いてくれなけりゃ、一体どうなっていたことかのぉ」

人質の子供たち「ウワァアン。おねーちゃん、怖かったよォおおお」

クーラ「ヨシヨシ もう大丈夫よ……安心して」 ギュっ

拳志郎・ジョージ「いゃあ、クーラ……来てたのか」

クーラ「あぁぁぁ?」




277: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:11:06.49 ID:/AQKs9BR0

10分後

クーラ「アンタたちっ、バカなの?本当のバカなの」

拳志郎・ジョージ(正座中)「……面目ない」

クーラ「本ッ当に信じられないわ。ねぇ……アンタ達は、この子達の村を救いだす為にここに来たんでしょ! それが、『ついウッカリ腕試しをしたくなった』ですってぇ………」

拳志郎・ジョージ(正座中)「………」

クーラ「💢!!!※※※………!!」




278: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:12:11.26 ID:/AQKs9BR0

拳志郎(チッ……まだ修行が足りねぇな。まさかクーラの奴に蒼龍天羅(未完成Ver)を砕かれるとはよぉ……)ムスッ

クーラ「💢!◎@★〇・※※※|……!!」

拳志郎(しかも、ジョージの奴には『秘孔』を封じられちまった。……クッそぉぉッ!腹立つぜぇ……これが、親父 ――北斗神拳正式伝承者―― が放った『秘孔』だったなら、どうよ) ムスムスムスッ





279: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:12:52.57 ID:/AQKs9BR0

クーラ「💢!ちょっと、アンタ達はホントに反省してるのぉ!!※※※……!!(以下リフレイン)」

ジョージ(なっ……長いッ。 リサリサも、いったん怒りだすと、止まらなかったけど、これはそれ以上かも……そうだ、こうなったら……) シュルルルッ




280: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:13:53.42 ID:/AQKs9BR0


セン「……あっ、あれぇ?」

セン(ジョージと拳志郎の奴が女に怒られてやがる……。何だかわからんが、こりゃあ逃げ出すチャンスかぁ……。うへへへ) カサカサ

ゴツン

セン(痛ッ、頭をぶつけたぞ………。もっ、もしや……)

バーンッ

顔を上げたセンが見たのは、腕組みをしながら仁王立ちしている、拳法家たちであった。




281: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:14:38.98 ID:/AQKs9BR0

セン「うびっ、うへへへへぇ………」

ジョージ「ようやく目覚めたか……ザ・ゾーンを解除してから10分も気を失っているなんて、のんきな奴だ……だが、すぐに覚悟を決めるんだ」 コォォッ

クーラ「お仕置きの時間ね……。この元斗皇拳の『光る手』に滅せられぬものなしッ」 ヴォォン

拳志郎「北斗神拳の前に立つもの、『死』あるのみ」 ポキポキ

??(知らないガキ)「ウヌメッ……この、南斗の面汚しがッ!」 バァー―ンッ!

ジョージ、クーラ、拳志郎「んッ?」




282: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:15:29.93 ID:/AQKs9BR0

いつの間に現れたのか、ジョージ、クーラ、そして拳志郎の隣に、小柄な少年が仁王立ちしていたッ!

その少年を見たセンが、激しく取り乱した。

セン「シ……ショウゴ……どうして」

ショウゴ「ウハハハ、俺にも訳がわからんッ!俺を閉じ込めていた穴蔵の鉄板が、突然無くなったのョッ!。だが、こうやってワレが解放されたからには、わかっておるな……」

セン「ひっ……」




283: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:16:36.30 ID:/AQKs9BR0

ショウゴ「ゲロウめッ、だがウヌの命もこれまでよ。天に滅せいッ!」バゴォッ

セン「ブギィ!……」

ショウゴがセンに飛びかかり、その顔を殴りつけた。
センがぶっ飛ぶッ

(センがぶっ飛び、ぶつかった)見張り台 “グウワッシャアアアアーーンッ”

セン: 顔面を陥没させられ、死亡




284: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:17:40.73 ID:/AQKs9BR0

拳志郎(へぇ………このガキ、中々の拳じゃあねーか。センの顔が、まるでハンマーで殴り付けたようにベコッてるぜぇ)

ショウゴ「ウハハハハ、同然の報いよッ。ワレを騙し、監禁した罪、死すら生ぬるいワ」ヴァァーーンッ!

拳志郎「……あーー、お前は誰だ」

ショウゴ「俺はショウゴッ!南斗聖拳の伝承者よ」

クーラ「嘘ッ!キミがぁ?南斗聖拳のォッ?」 ヨロッ

ショウゴ「なんだ、何がおかしい?」

クーラ「だって……アナタまだ15才ぐらいでしょうが、そんな年で………」

ショウゴ「拳法家に年齢などかんけー無ぇしッ、カンジンなのは拳力のみッ」 キリッ

ジョージ「……(メンドクサイ感じの小僧だな……)それで、どうして君がここにいるんだい?」

ショウゴ「誰だ、キサマは?……まぁいい。いい質問ダナッ。話してやろう」 カクカクシカジカ




285: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:18:46.21 ID:/AQKs9BR0

拳志郎「なるほど、武者修行を兼ねて、一人でセンの野郎を追っていたと」

ショウゴ「ウム」

ジョージ「……それで、腹が減って行き倒れかかっていたところを、英国軍に拾われ、食事をごちそうすると言われたと」

ショウゴ「そうだ」

クーラ「それで、喜んでご飯を食べていたら、食事に眠り薬が仕込まれていて、うとうとしたところにセンが現れて、閉じ込められたと」ガクッ

ショウゴ「ウム……どうした。何故両手をついて膝まづいておる?」

クーラ「何でもないわ。ちょっとクラッとしただけよ」

ショウゴ「なんと……元斗の、修行が足りんのじゃないか、キサマ」

クーラ「……」




286: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:20:03.95 ID:/AQKs9BR0

拳志郎「それで、『ショウゴ』クンよぉ〜〜。お前は南斗のどの一派なんだ?」

ショウゴ「……」

拳志郎「俺は北斗のモンだ。だから南斗聖拳のことはよぉーーく知ってるぜ。その伝承者達とも、顔見知りの奴等がおおいぜ。………だが、お前ことは知らねーー」

ショウゴ「南斗のものは、ミナ北斗に挨拶をしなければならぬ……『北斗の俺が知らぬ我を、南斗とは認めぬ』……と、でも言いたいのか?」ギロ

拳志郎「そう言う訳じゃねーがよお……。だが、このハンマーで殴ったみてぇな剛拳、確かにすげぇ威力だ。こんな拳が南斗にあったかぁ?」

クーラ「ハッタリなのよ、だから言えないのよ。だって、南斗の拳はその『切れ味』が脅威な拳よ。外部から高速で拳を突き入れ、『切り裂いたり』、『突き刺したり』するのが南斗の拳の味よ……こんな風に不器用に叩き潰すような拳じゃあないわ。」

拳志郎「クーラの言う通りだぜ。お前、本当に南斗聖拳かぁ?」ジト……




287: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:21:10.69 ID:/AQKs9BR0

ショウゴ「なんだとぉ……俺を愚弄する気かッ……ならば言ってやるわ、聞いておののくがいいッ! 我が宿星は慈母星ッ!拳は南斗六聖拳が一つ、南斗蒼鸞拳よっ」バァアアン!

クーラ「!?」

拳志郎「……なんとせいらんけん? 知らねェーなぁ……クーラ、お前は知ってるか?」

クーラ「悪いけど、元斗でも、聞いたことが無い拳法だわ……」

ショウゴ「ワハハハ、無理もないな。ワガ南斗蒼鸞拳は南斗六聖拳の伝承者と、その高弟たち以外には存在を秘されておるからな………だが心してきけッ!」
ショウゴは、体を大きくそらし、楽しげに笑った。
ショウゴ「そうよ、ワガ南斗蒼鸞拳こそが、南斗百八派すべての基礎であり、真髄ッ!ひたすら外功を高めていくことに集中している拳よ。その神髄は外功を極めた『鉄壁の盾』よッッ」




288: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:21:56.18 ID:/AQKs9BR0

拳志郎「へぇ、要は『護身術』かよ……それでぇ?」

ショウゴ「浅はかなッ!『鉄壁の盾』は『鉄拳』になるのよッ!しかも……おっと」

クーラ「おっと……何よ?」

ショウゴ「ウハハハハ、それ以上のことは言えヌ」

クーラ「……💢」

ジョージ「……まあ、いいじゃないか。僕らはここをつぶした。もう村人がおぞましい『人狩り』にあう事はない。……ボク達は目的を達したってわけだ」




289: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:22:45.35 ID:/AQKs9BR0

村人たち「アンタ達ッ!ありがとうございましたッ!!」ワラワラワラ

ショウゴ「ウム。貴様等も、タイギであった」

クーラ「なんでアンタが一番偉そうなのよ……」

ジョージ「ハハハハ……楽しいヤツじゃないか。ボクは好きだね」

拳志郎(しかし、ジョージのヤロウ。何故、秘孔がきかねえ………ありゃあ、『北斗の秘孔封じ』じゃねえ……一体なんだ?)

ジョージ「なんだい?拳志郎……ボクの顔に何かついているのかい?」

拳志郎「いや、なんでもないぜ」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

拳志郎 (秘孔封じ……奴は気づいてねぇ、だが……やはり、ヤツは、あの『波紋法』ってぇのは、伝説の……)




290: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:24:22.09 ID:/AQKs9BR0

一時間後:



ジ・ジジジジ……

?『……私だ』

ジョージ『ハッ、ジョージ・ジョースターでありますッ。司令どのッ』

司令『うむ。《スター》よ、息災でなにより……便宜上予備役の立場になったとはいえ、インド方面の情勢視察任務、順調に進めているようだな』

ジョージ『ハッ、恐縮です』

司令『ご苦労……では報告せよ』

ジョージ『ハッ……じつは 我らが大英帝国インド方面軍で恐るべき犯罪が行われていた証拠をつかみました……』




291: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:24:59.97 ID:/AQKs9BR0

……
……
……

司令『報告ごくろう……しかし、何たることだ。大英帝国インド方面軍はボロボロなのか……』

ジョージ『いえ、これまでに視察した大半の地区では、完璧に経営がされている状況を確認していますッ』

司令『フム……不幸中の幸いというやつだな。その事実は心強い。しかし、抜本的な立て直しが必要なことにはかわりないな』

ジョージ『そう思います。サー』

司令『今後の動き方を決めるに当たって、直接、話が聞きたいな……キサマの予備役待遇をとく………戻ってこい、《スター》ジョージよッ!』

ジョージ『……ハッ……お言葉ながら、今は戻る事は出来ませんッ!』




292: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:26:46.55 ID:/AQKs9BR0

司令『なんだと』

ジョージ『申し訳ございませんッ!しかし、どうしても確認したいことが残っておりますッ』

司令『……わしの命令を聞けんというのか?』

ジョージ『すみませんッ』

司令『……理由を言え』

ジョージ『すみませんッ!『言えません』』

司令『何が気になっている?話せ』

ジョージ『言えませんッ!』

司令『……キサマ、『軍人』として、自分がどれだけ『非常識』なことを言っているのか、わかっているのか? これは≪命令無視≫だぞ?』

ジョージ『……覚悟しています』

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

司令『フム……《スター》がそこまで言うのであれば、仕方ないか……特例だ。現身分のまま、調査を続ける事を特例で認めよう』

ジョージ『ハッ、ありがとうございますッ』

司令『フム、成功を祈る』

ブチン

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

グワシャン! (無線の受信機が投げつけられる音)




293: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:27:36.64 ID:/AQKs9BR0

司令「ジョージ・《スター》・ジョースター……自由人め……調子にのりおってッ」ドガッ・ドガッ

司令「まともに命令に従わんッ、集団で動けないッ、このポンコツ軍人がッ!貴様が“エース”でなければ、SW財団の後見がなければ、とっくに首にしていたものをッ」バキバキッ!ドゴオッ!

司令「ハーへー………。だ、だが……ギィヤッハッハッ!」 バンバンッ

司令「奴はやりすぎた。これで、ヤツも終わりョォォ、バカな奴だ。……ただの飛行機乗りで満足しておれば、幸せな一生を終えられたものを……」 グギギギギギィ

ガチャン (ドアの開く音)

虚ろな目の少年「お呼びですか、マスター……物凄い音がしましたが」

司令「いや、お前を呼んだわけではない。少しものを壊しただけよ」

虚ろな目の少年「……そうですか、マスター。では、失礼します。私は、また修行に戻ります」

司令「よし、行って良いぞ…………イヤ、待て」

虚ろな目の少年「……なんですか」

司令「キサマと俺の二人でインドに行く。出発の準備をせよ」




294: ◆5kilZUZCss 2015/12/15(火) 00:28:41.11 ID:/AQKs9BR0


スタンド図鑑:
――――――――――――――――――――
スタンド名:ザ・ソーン
本体:ジョージ・ジョースター
外観:茨が絡み合って出来た巨人(2Mを優に超える)
タイプ:近距離パワー型
性能:破壊力 -A / スピード -E/ 射程距離 -D/ 持続力 -A/ 精密動作性 -E/ 成長性 - B
能力:茨が固まったスタンド。木の根が岩を割るように、ゆっくりとした超強力な破壊 または 植物の様な眠り を生物に与えるスタンド。強力だが、とても動きがノロいのが欠点。




301: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:23:19.56 ID:+rYkJZxC0

ブルルルル―――ン

インド中央部に広がる、デカン高原。その赤茶けた大地を、一台のジープが疾走していく。
そのジープには、4人の『拳法使い』が乗っていた。




302: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:24:23.79 ID:+rYkJZxC0

拳志郎「アぁぁぁーーッ。うんざりだぜ。毎日毎日こんなクソ狭い車の後部座席で大人しく座ってるなんてよォォ。もう何時間だ?今朝、出発してからよォ」

クーラ「……8時間位かしら」

拳志郎「……マジか。くゥゥ……たまんねぇなぁ、オイ。せめーし、臭せーし、ガタガタ揺れるしよぉ。ケツがいてぇぜ」

クーラ「……あんたみたいに馬鹿でっかい男の為に、後ろの席をマルマルあげたんじゃないッ、文句言わないのよ」




303: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:26:57.19 ID:+rYkJZxC0

拳志郎「……そりゃあ、お前は臭くないだろうよ。でっかい尻からこっそりスカシッペをかました『張本人』のお前はョォ」

クーラ「なんですってッ!何言ってるのよ、ぶっ殺すッ!」

拳志郎「おお、悪いッ!スカシッペは本人もクセェよなぁ。プヒャヒャヒャ」パタパタ

クーラ「だから、してないって!」

拳志郎「はっ、俺の鼻の良さをなめんなよ。おりゃあ、お前が『いつ女の子の日』なのかも、 『何日溜め込んでるかも』わかるんだぜぇ……おっと、この臭いは3日目かぁ? 」

クーラ「ブッッッッ……ココオォォロスッッ!」ブウォンッ

拳志郎「おっ、よせよ。俺は女は殴らねえッ……おおっと、お前は殴ってもいい種類の側か。まちがっちまった。悪いな」

クーラ「💢 貴様ッ!滅っしてやるわッ」




304: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:28:45.05 ID:+rYkJZxC0

ジョージ 「うるさいッ!ずっと運転させられているこっちの身にもなれッ!ボクは、このとんでもない悪路を朝から晩までずーっと運転してるんだぞッ!」

拳志郎 「仕方ないだろ?俺は車の運転なんて、知らねーンだからよぉ」

クーラ 「……何よ、カッコつけて言うことじゃないでしょ。……ねぇ、ジョージィ……アンタさっきの拳志郎の言葉を聞いた?酷いと思わない?」

拳志郎 「お前が言うな、お前が。お前も運転できネーんじゃねぇ――か」




305: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:30:09.92 ID:+rYkJZxC0

ショーコ 「フフッ、でも英国基地にジープがあってよかったわねッ!」

クーラ 「ちょっと、アンタ ジョージに近づくなッ!このカマやろうっ」

ショーコ 「失礼ねッ! 私はこれが本来の性別よ。『ショウゴ』は我が秘奥技、『性天廻』による『バトルスタイル』って奴よッ♡」




306: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:31:45.02 ID:+rYkJZxC0

性天廻(せいてんかい)
――――――――――――――――――――――――
数ある中国拳法秘奥義の中でも、最高位にランクされるものの一つがこの奥義である。
その真髄は己の意思で肉体の男性ホルモンと女性ホルモンを操作し、男女それぞれの肉体へと瞬時に展開させることにある。

そしてそのメリットとしては男女の肉体及び精神構造の違いを活かした、独特の技を繰り出せるということにある。

因みにこの奥義の始祖は王華摩という人物とされ、俗に「オカマ」というのはこれに発する。
――――――――――――――――――――――
民名書房刊「実用中国拳法 これであなたも嫁入らず」より




307: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:33:22.53 ID:+rYkJZxC0

ジョージ 「……………………はぁ……」 ゲッソリ

拳志郎 「ところでジョージェ……、お前はチベットに行ったことがあるのか?」

ジョージ 「さぁてね」

拳志郎 「なんだよ、もったいぶるなよ」

ブゥーーーン




308: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:35:10.09 ID:+rYkJZxC0

クーラ 「しかし、確かに拳志郎が愚痴るのもわかるわ……ズウゥ――――ッッと赤い土の土漠ばかり続いて、嫌になるわね。何か、気が晴れるようなもの、無いかしら?」

ジョージ 「ボクは知らない。クーラ、ここはキミの国だろ?君が一番知っているはずだよ」

クーラ 「そうよね……ねぇ、あれ……ちょっと見てよ」


一行の前には、赤レンガの巨大な建物が立っていた。




309: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:37:03.02 ID:+rYkJZxC0

拳志郎 「あぁぁああん?何だぁ、ここ?城か?」

クーラ 「こんな所に、城なんてあったかしら」

ショーコ 「誰もいないみたいね……ボロボロよ」

ジョージ 「……なぁ、今晩はここに泊まらないか?面白そうだ」 キキキィーーー、バタッ

クーラ 「ちょっとォ、急に止まらないでよ、ジョージィ。……頭をぶつけそうになったわ」

ジョージ 「早く来いよ。置いてくぞ」 スタッ

クーラ 「全く、ヒトの話を全然聞かないんだから……」




310: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:39:15.69 ID:+rYkJZxC0

ショーコ 「ウフフ、城なんて私に相応しいわね♡」

ジョージ 「いや……、違うよ。ここは寺院だ……ほら、ここにあるのはインドの神様の像だろ?」

クーラ 「そうよ、これは……、このあたりの土地神様かしら」

拳志郎 「……確かに、夜を過ごすのによさそうだな」

クーラ 「……まぁ、こういう寺院には宿泊用のスペースがあるはずだから、そこなら寝ても問題ないわよ。それ以外のところは、やめなさいよ。罰が当たるわよ」

ショーコ 「ふふっっ、じゃあ、キマリねっ」

クーラ 「でも、アンタたち、夜に蝙蝠に囲まれても泣き言いわないでよ」

拳志郎 「はっ、たまんねぇなぁ……だが、追い出せると思うぜ」

ジョージ 「ねぇ、クーラ。面白そうだから、僕は本殿に泊まってみようかな……」

クーラ 「はぁ? 絶対にやめてよね。そんな、畏れ多いことッ」




311: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:41:02.83 ID:+rYkJZxC0

壊れかけた扉を開く音: "ギィィイイイ"

カツカツカツ………

クーラ 「やっぱり、ここは寺院ね。でも、これまで見たこともない寺院だわ……まぁ、インドには星の数ほども神様がいるのだから、私が知らない神様がいても、不思議はないけどね……」

ジョージ 「へぇ……なんか不気味な所だな」ワクワク

拳志郎 「へぇ……強そうな神さんの像がたくさんあるな……あれ、何て名前だ?」

クーラ 「だから、知らないって」

ショーコ 「ふぅ……さすがに疲れたわ……」

クーラ 「あら?ここは……」




312: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:43:09.90 ID:+rYkJZxC0

ギィ……

クーラ 「やっぱり……みつけたわ。ここが、旅の巡礼者をもてなす、宿泊者ようの部屋の跡……だわ」

ショウコ 「結構大きいのね、小部屋も何部屋かあるのね。気に入ったわ」

拳志郎 「さて、じゃあさっそく飯にするかッ?……ずっと運転してたジョージは、少し休んでろよ。俺達が飯をつくってやる」

クーラ 「やった、竈場がある。私はここで火をおこすわ……」

ジョージ 「……そうかい、悪いね。じゃあお言葉に甘えて、ボクは少しこの寺を歩いてみるよ。ずっと運転してたから、少し体を動かしたいんでね」

ショーコ 「よし……じゃあ、私もココを探検してくるわねッ」 ワクワク

クーラ 「ちょっとぉ、アンタは掃除よ」

ショーコ 「はあぃ。わかったわよぅ」 プウゥゥ――




313: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:44:57.15 ID:+rYkJZxC0

みな、夜営は慣れたものだ。
インドの大地を旅して、何日目になるのか。たった一人で旅をしていた者たちが、今は集まり、火をかこみ、楽しげに語らっている。

拳志郎 「おォッ、うめぇな。なんだ、これ?」

クーラ 「フフフっ、ジョージのおかげよ。大きい魚を釣ってくれたからね。そこに、この前に通りすぎた町で手に入れた、このいいスパイスをパラリと使ったのよ」

ショウゴ 「フゴ……ゲブッッ。ウム、美味だッ」

拳志郎 「イケるな。クーラ、やるじゃねーか」




314: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:46:27.32 ID:+rYkJZxC0

ジョージ 「ウワッハハハハ……ちょっと景気づけに、ハーモニカでも吹くかい?」ピュルルルゥゥ――ッ

クーラ 「へぇ、器用ね。ハーモニカなんて、持ってたのね」

ジョージ 「……一人旅が長かったからね。夜の暇を潰すために、練習したのさ」

ショウゴ 「ウム、風流だな」

クーラ 「あら……アンタ、いつの間にショーコから、ショウゴに変わったの?」

ショウゴ 「フハハハハッ、食事のときは、俺が出るのよ。それが、ヤツとの取り決めよ」

クーラ 「あら、そう……」

ジョージ 「へぇ、これ、本当にうまいな。お代わりをくれないか」




315: ◆5kilZUZCss 2015/12/30(水) 15:49:47.32 ID:+rYkJZxC0


だが、そんな平和なひとときは、いともたやすく、壊された。






321: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 00:50:30.20 ID:Fb+jjj/r0

城壁に、何かがぶつかる音 “ドガッッッ”

拳志郎・ジョージ 「なんだ?」

クーラ 「ねぇ、今の音は、何?」

拳志郎 「何かがぶつかった音だな……ガソリンの臭いがするぜ。こりゃあ、襲撃者だな……だが、誰でも、どんな手をつかってきても、どうでもいいぜぇ……やるこたぁ、同じだからよぉ」

ジョージ 「みんな、警戒をおこたるなよ」

ショウゴ 「ヌウッ……」




322: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 00:51:54.28 ID:Fb+jjj/r0


ミシ
ガラッ

ジョージ「!?、なあ……あんなところに、あんな岩壁に、亀裂があったか?」

ショウゴ「ヌウ……”覚えとらんな”」

グラリ

クーラ「ちょっと、お寺の壁が崩れるわっ!潰されちゃう!」

拳志郎・ジョージ「うぉおおおおっ」 ガシィツ
拳志郎とジョージが、崩れかけた壁を必死に支えるッ

ジョージ「くっ、重いッ」

拳志郎「ジョージィ、頑張れよ、おめぇ。この壁が崩れたら、俺たちみんな、ペッチャンコだぜ」

ジョージ「わかってる……拳志郎、お前もへばるなよ」




323: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 00:53:50.14 ID:Fb+jjj/r0

クーラ 「ジョージ、拳志郎……助かったわ……ありがとう。でも、悪い知らせよ。私たち、この部屋に閉じ込められたわ……」

拳志郎 「オイオイ、そいつぁ、メンド―だな……」

ジョージ 「……クーラ、なんとか脱出口を、探してくれ……この手を放したら、壁が崩れ、ボク達はペシャンコになる……ボク達はここを、離れられないッ……」

クーラ 「わかってる。今探しているわ。……悪いけど、もう少し支えていてね」

拳志郎 「嫌なにおいがする……急いでくれ」




324: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 00:55:31.05 ID:Fb+jjj/r0

ショウゴ 「ふっ、脱出口など、作ればよいのだ。……安心しろ、我が『鉄拳』で、こんな岩など、粉微塵に粉砕してくれるわ」

クーラ 「あら、いい考えね。そうしましょ」

ショウゴ 「……よし」 ヴォオン

その時、

? 「それは、困るわね」
神像の後ろから、背の高い、黒髪の女が……顔を出した。




325: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 00:57:12.13 ID:Fb+jjj/r0

拳志郎 「……やっと顔を出しやがったか……わかてたぜ。てめぇが、この騒ぎの黒幕だろ。お前、ずっと、そこでコソコソ隠れていやがったろ」

? 「あら、アタシの気配に気づいていたの?なかなかやるじゃない。この、天才のアタシの気配に気づくなんて、さあ」

カツカツカツ

? 「アタシの名前はアミカ、悪いけどアンタたちには、ここで死んでもらうわ」

拳志郎 「あぁあん?」




326: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 00:58:43.11 ID:Fb+jjj/r0

ジョージ 「……何故だ、何故ボクらの命を狙う」

アミカ 「冗談でしょ、アンタ達には、命を狙われる心当たりは無いの?アンタ達、今まで誰からも恨まれたことが無いの?」

ジョージ (心当たり有りまくり) 「悪いが、品行方正なもんでね」

クーラ (少し心当たり有り)「……私は、清く正しい、汚れなき身なのよ」

ショウゴ (自覚無し)「……下らんことをぬかす奴だ、このゲロウがッ」

拳志郎 (身に覚えがある気はするが、覚えてない)「あぁ?文句あんのか、このヤロウッ。……北斗の文句は、俺に言ぇッ!」

アミカ 「へぇ……その様子じゃ、本当に思い当たらないんだ……アンタ達、相当鈍いわね……まぁ、天才のアタシと凡人のアンタ達を比べるなんて、そりゃあ、酷ってもんかしらね」




327: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 00:59:42.06 ID:Fb+jjj/r0

クーラ 「はぁッ?何言ってるの、このバカ」

アミカ 「ふっ、せめて、天才のアタシの手にかかって死ぬことを、光栄に思うがいいッ」

アミカ 「出ろッ ア・ビガー・ヴァング!」ドガァッ

アミカが叫ぶ。すると、アミカの頭上に、ピカピカと蛍光色に輝く色とりどりの珠が、現れた。

アミカ 「死ねッ」バシュッ

頭上に上げた手を、アミカが振り下ろす。すると、その蛍光色の珠が、身動きできないジョージと拳志郎をおそうッ!




328: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:00:47.89 ID:Fb+jjj/r0

ジョージ 「くっ……何かヤバい‼」

拳志郎 「だが、俺達がここから手を離す訳にはいかねーぞッ!」

ジョージ 「わかってるッ……ッ……ケンッ、気合いだッ 耐えろよッ」 コォォォオオオオオォツ

拳志郎 (くっ、転龍呼吸法だッ) 「あおっっ」

ドガァッッッ

拳志郎 「ガッ……ぐ……」

ジョージ 「ぐっ……大丈夫か、ケンッ」

拳志郎 「……へへへ、お前こそ、耐えきれるのかよ……」 ゲボッ

ジョージ 「まだ、行けるぞ……」 ゲホッ




329: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:01:44.98 ID:Fb+jjj/r0

拳志郎 (くっ、キッツいな……さっき使った、北斗神拳奥義、転龍呼吸法(てんりゅうこきゅうほう)は、確かに人間の持つ潜在能力を全て引き出す……だが、悔しいがジョージの内功にゃ劣るってか……本家本元の内功にゃ、かてねぇってのか……それとも俺が、まだ未熟だからかッ!……どちらにせよ、この後、どうするか……)

フハハハハハ……

アミカ 「ざまぁないね。だが、今の攻撃は小手調べさ。……我がスタンド、ア・ビガー・ヴァングを、もう一度……今度は全力の奴を、喰らって焼け焦げちまいなッ」

アミカが、両手を宙に上げた。
その手の上に、巨大なグミのような、蛍光色の粒が出現した。
粒は互いにくっつきあい、どんどん大きくなっていく……

アミカ 「喰らって黒焦げになりなッ!」ブンッ

拳志郎・ジョージ 「うぉおおおおっ」




330: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:02:32.29 ID:Fb+jjj/r0

バシュッ

だが、その粒は、拳志郎とジョージに行き着く前に、掻き消えた。

クーラ 「コラコラコラ、私がいるッてえのに、そんなのんびりした攻撃、させるわけないでしょッ!……降参しなさい。アンタ一人じゃ、勝ち目はないわ」

アミカ 「ハハハハッ……わかっているわよ。そんなこと……でもね、天才のアタシが、一人で勝負を挑むと、おもったの? はっずれぇ〰〰。アンタ達、出番よ。きなさい、ウダラ、ウイプル、ジャブ!」




331: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:04:06.63 ID:Fb+jjj/r0

「……ヘイヘイ、わかったぜ」

アミカの呼び声に応え、三人の男、現れた。
一人はまるで獣のような毛むくじゃらの大男、もう一人は角のついた兜を被った大柄な男、そして最後にホッケーマスクを被った男だッ!

『クオォォォッ』

驚くべきことに、ウイプルと呼ばれた、角の付いた兜をかぶった大柄な男は、『スタンド』を出現させた。
そのスタンドの両手は、いくつにも枝分かれした鞭になっている。
スタンドが、右手の鞭をふるったッ!

ウイプル「喰らえッ!マスター・オブ・パペッツ」




332: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:05:25.92 ID:Fb+jjj/r0

ジョージ・クーラ・拳志郎 「くっ!!」

バビュッ

ウイプルのスタンド、マスター・オブ・パペッツの鞭は、4人の拳法家の誰にも当たらず、代わりに石造の神像に命中した。

ショウゴ 「何だ?奴は何をしたのだ?」

クーラ 「ハハハハ、どこ狙ってんのよ」

ウイプル 「フハハハハッ!狙い通りよ。くらえぃッ!」




333: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:08:34.48 ID:Fb+jjj/r0

どくろを首から下げた神像1、キリンのような長い首を持つ神像2、六本の腕を持つ神像3 "グラリ"

不意に、寺院に安置されていた巨大な神像達が一斉に動きだし、クーラに襲いかかったッ!

クーラ (ここは、私がやるしか……神様ッ……ゴメンナサイッッ)

クーラ 「うぉおおおおっ」バゴッ

クーラ (なにっ!倒せなかった。……くっ、バランスを崩したわ)

ウイプル 「ウワッハハハハ、効かぬうぅっ。生身の拳など、きぃ〜〜かぁ〜ぬぅぅぅ〜〜〜。行けっ、神像どもっ」





334: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:10:05.27 ID:Fb+jjj/r0

神像1、神像2、神像3「Bbozoooooo!!!!」 グワン!

三体の神像が、バランスを崩しているクーラに向け、同時に攻撃するッ!

クーラ (くっ、元斗皇拳は、細胞を滅するが奥義っ。無機物相手は、相性が悪いわ……)
神像の攻撃の直撃に備え、クーラが歯を食いしばった。そのとき……

ショウゴが、クーラの前に立ちふさがった。

ショウゴ 「クーラッ!大丈夫か! 」

クーラ 「ショウゴ? 危ないッ」




335: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:11:07.52 ID:Fb+jjj/r0

ショウゴ 「ふっ……喰らえィッ!鉄拳ッ!」 バゴォオオオオン!

神像の右手 “ボッゴオオ、ボロ……ガラ、ガラ”

ショウゴ 「ウワッハハハハ……我が鉄拳に砕けぬもの無しッ」 バァァーーン!

クーラ 「アンタは、ショウゴ……」

ショウゴ 「大丈夫か?クーラ……話せ、……なぜジョージと拳志郎が、傷ついているのだ?クーラ、今お前は何をしたのだ?……何故、神像が突然動き出す?……クーラ、……言えッ。何が起こっているのだ?」

クーラ 「ショウゴ……、アナタ……感じられないの?あの『闘気』が……」




336: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:14:09.30 ID:Fb+jjj/r0

ショウゴ 「『闘気』だとォ……」

クーラ (そうか、南斗の拳は外功を鍛え、外部からの破壊を極めた拳。『闘気』のたぐいは、極められてない……という事?……いや、単にこの子が未熟なだけ……か)

クーラ 「……やっぱり、私がやらなきゃならないって訳ね」

ウイプル 「ウハハハハハ。粘るではないかッ!喰らえッ!挟み撃ちだ」バビュッ

ウイプルがスタンドの左腕の鞭をふるうッ!
その鞭が別の二体の神像に当たり、その二体の神像も動き出す。

再び、三体の神像が、二人を襲うッ!

……いや、神像だけではないッ




337: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:15:14.43 ID:Fb+jjj/r0

ウダラ(獣のような男) 「グギィツッ!デューン!」ザサァ―――ッ

意外ッ!ウダラの体が、一瞬にして茶色の砂と化したッ!
砂と化した体は重力にあらがえず、崩れ落ちた。
その砂が、動きだし……一塊となり、クーラに襲いかかるッ




338: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:16:02.64 ID:Fb+jjj/r0

ジャブ(ホッケーマスクをかぶった男) 「ヘッ!来いッ。ブロブッ」 ヴォ――ン

自分のスタンドの名を呼ぶジャブの隣に、『黒い縦じまの怪人』のようなスタンドが現れた。
スタンド=ブロブの指は、まるで切断されたかのようにぶった切られ、銃口のような穴が開いているッ!
ブロブの指先から、水色のどろっとした何かが垂れた。
ブロブは指先をクーラに向けた。そこから、水色のスライムが、打ち出されるッ。




339: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:16:59.54 ID:Fb+jjj/r0

ブロブが指先から発射する音: ”ベチャッ”

クーラ 「くっ、挟み撃ちかッ」

クーラ 「うぉおおおおっ!天掌光斬破っ」
同時に攻撃してくる敵に対抗するため、クーラは『光る手』の連続突きを行うッ!

クーラ 「クォオオオッッ」 バシュバシュバシュ

クーラは、いくつか被弾しながらも、ブロブが打ち出す液体を滅し、返す刀でデューンの砂の塊を切り裂くッ!
そして、石像の足元に連打をぶちかますッ




340: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:20:55.39 ID:Fb+jjj/r0

石像 「〇〇@◎★‖|!!」 ブン

クーラ 「ぐあっ」

クーラ (いっってぇ〰〰。攻撃が、思ったより効かないわ……これは……)


ベチャッ

クーラ 「しまった!……くっ、水色の液体が足にこびりつくっ!動けないッ」

ジャブ 「ブヒャヒャヒャひゃッ!油断したな?喰らったなぁ! わがスタンド ブロブの能力を、喰らったなぁぁッ!わが能力を喰らったものには、スライムが付き、やがてジワジワと溶かされていくのだぁぁぁ」 イヒヒヒヒ……




341: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:21:54.18 ID:Fb+jjj/r0

ウダラ 「ザザ……手筈どおり、足を奪ったか……では、俺が……ザザザーーーッ」 ザシュッ!

ウダラが変じた砂が、クーラを襲うッ!

クーラ 「まだまだッ!『破の輪ッ』」
クーラが作った光の輪が、砂の塊を、切り裂くっ!

スライムを滅する音: ベシュッ!

クーラ 「くっ!まずいわ……私が集中的に狙われてるッ」




342: ◆5kilZUZCss 2016/01/06(水) 01:23:49.97 ID:Fb+jjj/r0

石の神像 * 3 『Guxyiiziiiiii!!』 ブッ

拳志郎 「まずいッ! 神像が同時にこぶしを振り上げたぞッ!奴ら、クーラをすりつぶすつもりだッ」

ジョージ 「逃げろッ!クーラぁッ」

クーラ 「あら……足が動かないわ……くっ、スライムが足と床をくっつけてるわ……しまった……」

石の神像 * 3の拳: "ブッォォォォオオオオ―――ン"

クーラ (まずいわね……元斗皇拳は『細胞を滅する』のが奥義、無機物の破壊はできなくもないけど、得意じゃないわ……こうなりゃ、『足を切断して』自由になるしかない……か)

クーラ (あぁーーあ、私のナイスバディな右足とも『さようなら』……か) 

クーラの右手が光る音: "バシュゥ"

クーラ 「ばぁあい。……私の右足……」




346: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:05:05.27 ID:5WzsWAgB0

クーラは目をつぶって、輝く右手を振り上げた。意を決して、自分の右足の付け根に狙いをつける……

だがその時、クーラにかけより、その手をつかむ者がいた。

ショウゴ 「まてっ!早まるなぁッ」 

そこに、石像の拳が振り下ろされるッ!

ゴガァアアアンン

クーラ 「えっ……ショウゴ、そんなッ」

クーラの手を押しとどめたのは、ショウゴだった。




347: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:06:57.41 ID:5WzsWAgB0

とっさにショウゴは、クーラの上におおいかぶさり、石像の攻撃を背中で受け止めたッ!

ショウゴ 「ガッ……大丈夫だ。わ……が……南斗蒼鸞拳(なんとそうらんけん)の『鉄壁の守り』ならば、こんなもの、蚊に刺されたほどにも……か、感じぬっ!!」  

石像 「Gxauttte!!」 バゴォンッ!

ショウゴ 「!?ッッ」

石像 「GhxuQ!」 バゴッ! バゴッ! ドゴッッ!

ショウゴ 「グァアアッ!」

クーラ 「ちょっと、ショウゴッ!もういいわッ、逃げなさいッ」

ショウゴ 「ガッ……こんなもの、ワレにとっては毛程の痛みも感じぬわッ」
ショウゴの頭から血が垂れる音: “ボタボタ”

クーラ 「やせ我慢するんじゃないわよ……」




348: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:09:12.20 ID:5WzsWAgB0

拳志郎 「……ショウゴ、おめぇ ガキのクセに男(?)じゃねぇか。自分の体を盾にして、石像の攻撃から、クーラを守るなんてよぉ」

ジョージ 「くそっ、こんな壁……」

ヴァゴオオンン!

拳志郎・ジョージ 「グワッッ……!」

アミカ 「ちょっと、私のことを忘れないでね……」

アミカが、右手を広げた。その手のひらに、色とりどりの粒が躍る。

アミカ 「これから、私のスタンド ア・ビガー・ヴァングの『花火』をたっぷり味あわせてあげるわよ。フフフフ」

ヴァゴッ
ヴァアンッ

アミカ 「そらそらそらそらそぉらっ!」

拳志郎・ジョージ 「グワッッ……!」




349: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:10:24.99 ID:5WzsWAgB0

ショウゴとクーラも、なすすべもなく一方的に攻撃を受けつづけていた。

クーラ 「ショウゴッ!!

ショウゴ 「おうっ!」

バゴッッッ!!

ショウゴ 「ガッ……」

クーラ 「ショウゴ……いいのよ、私のことは……私をかばうことないわ。アンタは自分の身を守りなさい……」

ショウゴ 「バカなっ!貴様らには一宿一飯の義理があるッ!引けるか」

クーラ (クッ、このスライムみたいなやつが、なかなか光る手で焼き切れない……早く焼き切って、この子を解放してあげないと……ハッ?)




350: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:12:38.67 ID:5WzsWAgB0

クーラは目を見張った。目の前に、『砂』が現れたのだ。
『砂』はひとりでにまとまり、そして『砂』の中から『人の顔の形』が浮き出た。
その『人の顔』の砂が、話しかけるッ

ウダラ(砂と化している) 「フハハハハ、女……さっきはよくもさんざん切り裂いてくれたな」

ジャザザザザ
ウダラの身が変じた砂が、クーラの体にまとわり……締め付けるッ!

クーラ 「ガッ」

ショウゴ 「うおぉおおっ!クーラッ」

石像X3 「#rつVW!」

ボグァン!

ヴァァアアンッ!

石像がショウゴとクーラの上に、こぶしを振り下ろした。あまりの威力に、振り下ろした拳が砕けるっ!




351: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:13:17.61 ID:5WzsWAgB0

アミカ 「はぃっ! これでおしまいよっ」

ヴァアアアアンンッッ!!

ほぼ同時に、アミカが特大の花火を、ジョージと拳志郎へぶつけた。




352: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:14:22.38 ID:5WzsWAgB0

ザザザァ―――
ウダラ 「クッ……グルルルル」

アミカ 「ウダラ、お手柄だったわ……あの、年増のクーラは、ちゃんと殺った?」

ウダラ 「ガルルッ」 コクリ

ウイプル 「俺のほうも、手ごたえあり……だ」

アミカ 「……そう、殺ったの……ウフフフフフッ……」

もうもうと舞う煙の中で、アミカはケタケタと大笑いした。




353: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:15:08.00 ID:5WzsWAgB0

アミカ 「アッハハハハハッ! さっすが、天才の私ッ!作戦がばっちり成功ねっ」

ジャブ 「フハハハハッ!おい、アミカ……約束の報酬、忘れるなよ」

アミカ 「ええ、忘れてないわよ。アンタの生意気な弟を成敗するのを、手伝えばいいんでしょ」

ジャブ 「おおよっ、……兄より強えぇ弟など、存在しねぇッ!野郎にゃ、たっぷりと思い知らせてやるぜぇ……」

ウイプル 「うむ……これで、あの方の指示も守れたな」




354: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:16:15.55 ID:5WzsWAgB0

と、その時……

バゴッ!

どこから投げつけられたのか、ウイプルの頭に煉瓦が当たった。

ウイプル「……貴様……」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




355: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:17:00.56 ID:5WzsWAgB0

もうもうと立ち込める煙が晴れると、そこには、霞拳志郎が立っていた。




356: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:19:16.09 ID:5WzsWAgB0

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

拳志郎「お前ら……いいようにやってくれたじゃねぇかッ!あああっ?死んだゾ、てめぇーらッ!」 ポキポキ

ジョージ「……拳志郎……頼んだぞ…壁は僕と、ザ・ソ―ンで支えているッ! ――僕のスタンドは早く動けないから、遅くなってすまなかった。―― だが、もう壁は大丈夫だ。……だから、君は、遠慮なく奴らをブッ飛ばせッッ!」

拳志郎「ああ、任せときな。ジョージッ」




357: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:19:53.36 ID:5WzsWAgB0

アミカ 「……フフフ……北斗神拳 伝承候補者さまぁ?アンタ、4対一で何がやれるって思ってるのよ」

拳志郎 「アアッ?ゴタクはいいぜ。いいか、これからブッ飛ばされる覚悟はできたかぁ?」ダッ

拳志郎が、4人に向かってダッシュするッ




358: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:20:47.61 ID:5WzsWAgB0

ウイプル 「ウハハハハッ!ブッ飛ばされるのはお前だッ 死ねィ」

アミカ 「私たちが、アンタをブッ飛ばしてやるわよッ」 ヴッッン

アミカが、虹色の粒を拳志郎に向かって投げるッ
その粒はこれまでとは異なり、アミカの手を離れるにつれ、グングンと加速してくッ

アミカ 「さっきはアンタが苦しむのを『楽しむ』為にちょっと手を抜いてたけどねッ、これは『本気よぉ』……」

弾丸と見まごうばかりの速度で、虹色の粒が拳志郎を襲うッ!




359: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:21:57.53 ID:5WzsWAgB0

拳志郎 「ウアタァァッ」 バシュッ

拳志郎は、驚くほどのスピードでその虹色の粒をかわすっ

拳志郎 「当たらないねェッ。そんなスローな弾速じゃ、俺の軽気功……雷暴神脚に追いつけないぜ」

アミカ 「くっ……早すぎるッ!とらえきれない……」





360: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:22:56.28 ID:5WzsWAgB0

ウイプル 「ハッ!俺に任せろッ」

次に、ウイプルのスタンド、マスター・オブ・パペッツが両手の鞭をふるうぅ

ウィプル 「ウハハハハっ。鞭の先端の速度は、音速を超えるッ 我がスタンドのマッハ攻撃、受けられるかなぁ?」

ヴッッッ

マスター・オブ・パペッツのふるう6条の鞭が、拳志郎の肌を切り裂く。

ウィプル 「ウワッハハッ。俺の鞭が見えるか?かわせるかぁ?、いいや、無理だねェ」

拳志郎の両腕に、鞭が絡まるっ




361: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:24:21.36 ID:5WzsWAgB0

拳志郎 「バカか、おめぇ……」

拳志郎は、両腕に鞭が絡まったまま、ウイプル本体に飛び蹴りをかますっ

ウイプル 「グェッ」 バゴッ!






362: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:25:04.06 ID:5WzsWAgB0

ウダラ 「クッ!ウォオオオオッ」 ザザッ

拳志郎 「遅いッ」 バシュ

スタンド デューンの能力で砂と化したウダラが、拳志郎を追いかける。
だがその砂の動きは、雷暴神脚で身軽に飛び回る拳志郎の動きに、まるでついていけなかった。




363: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:25:58.77 ID:5WzsWAgB0

ジャブ 「いやぁ、今の動き、俺にはみえるぜぇ……拳志郎ッ!お前、俺が一番大嫌いな、俺の弟と同じにぉいがするぜッ!俺にぶっ殺されるって、ニオィガナァッ!」

ジャブのスタンド:ブロブが粘液弾をマシンガンのように放ちながら、拳志郎を迎え撃つッ

対する拳志郎は、雷暴神脚で粘液弾をよけまくった。
だが、よけるだけで精一杯で、ジャブの近くに近づけなかった。

その隙に、ジャブは拳志郎から再び距離を取った。
ジャブ 「ウハハハハッ! スタンドは スタンドでしか倒せねぇッ!お前にゃ、俺のスタンドは倒セネェ!」




364: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:27:32.96 ID:5WzsWAgB0

拳志郎 「ああ、そりゃあよかったなぁッ……そうだったら、ほんとによかったのに、残念だったなぁ」

拳志郎は、両手で円を描くような構えを取った。

拳志郎 「天将奔烈(てんしょうほんれつ)ッッ!どぉあ――ッ」

拳志郎の両腕から、すさまじい闘気波がはなたれる。
闘気波を受けて、ジャブのスタンド、ブロブが吹き飛ぶっ!

拳志郎 「ふっ……わかったか?テメーらのケチな闘気(スタンド)なんざぁ、俺さまの闘気波でブッ飛ばしちまえば、いぃんだよぉ」




365: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:28:04.86 ID:5WzsWAgB0

悠然と立つ拳志郎。その足元には、4人の襲撃者が這いつくばっていた。

ジャブ 「ビギィッ」

ウダラ 「Gyiiiii」

ウイプル 「ぬ……う……」

アミカ 「北斗神拳伝承候補者……強いッ……バカな、私の計算が……この天才の私の完璧な戦略が……」




366: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:29:22.42 ID:5WzsWAgB0

拳志郎 「はっ……こんなもんかぁ?……だが、小賢しい悪巧みをするような奴らだ。弱ッチィ奴らなんだろうぜ……まともにやれば、俺たちの誰がやっても、簡単にコテンパンにできるだろうぜ……」

アミカ 「……くっ……こうなりゃ、同時攻撃よ……わかってるわね」

拳志郎 「ああ、いいぜ……何でもやれよ……まっ、無駄だけどよぉ」

? 「拳志郎ッ!」

その時、背後から拳志郎の名を呼ぶ声があった。




367: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:30:01.11 ID:5WzsWAgB0

拳志郎 「お前ら……」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

そこには、満身創痍のショウゴと、クーラが立っていた。

ショウゴ 「拳志郎、此奴はワレに殺らせよ……このままではムシが収まらぬッ」

クーラ 「そうよ……元々コイツ等は、私たちの獲物よ」




368: ◆5kilZUZCss 2016/01/11(月) 01:30:54.47 ID:5WzsWAgB0

拳志郎 「ヘッ……いいぜ、だがいいか、まず殺るのは『一人づつ』だぜ。……残った一人は、早いもの勝ちだ……」

クーラ 「いいわよ。その誘い、乗ったわ」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

アミカ、ジャブ、ウイプル、ウダラ「ヒッ……」




371: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 10:27:59.86 ID:Vjg82F230



スタンドに干渉できるのであれば拳志郎やケンシロウにはワールド、スタープラチナ級じゃないと力比べは難しいな




373: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 14:25:30.96 ID:T7CyDNZU0

アミカ=アミバ
ジャブ=ジャギ
ウイプル=ウイグル
ウダラ=マダラ


元ネタはこうかな?




374: ◆5kilZUZCss 2016/01/15(金) 01:07:42.80 ID:Ci7X+zyh0

>>371
>>372
感想ありがとうございます。


>>373
Exactly(そのとおりでございます)


実は、しばらく更新できないかも なのですが、その代わりに、スタンドのほうの元ネタを書かせていただきます。


ア・ビガー・ヴァング
 名前:ローリング・ストーンズのアルバム
能力:なぜか、X-Menジュビリーのミュータント能力

ブロブ 
 名前:小説 ジョージ・ジョースターから
 能力:ジャギがショットガンを打つシーンから妄想

マスター・オブ・パペッツ
 名前:メタリカの曲名から
 能力:泰山流千条鞭 & GANTZの仏像星人を出したくなったから

デューン
 名前:小説 ジョージ・ジョースターから
 能力:小説 ジョージ・ジョースターから




376: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:42:17.83 ID:jkoWMd0R0

ショウゴ「フハハハハ、面白い。その提案に乗ったぞ、拳志郎ッッ。では、俺はあの鞭を持ったヘンタイ野郎を殺るッ!さんざん調子に乗ってくれた報いを、受けさせてくれるわ」

クーラ「……ヘンタイのアンタに、ヘンタイ呼ばわりされるなんて……アンタの敵も、災難ね」

拳志郎「……オイ、ショウゴ、てめぇ大丈夫なんだろうな?奴らの『闘気』は見えてるんだろうなぁ?」

ショウゴ「フハハハハッ!細かいことはどうでも良いわッ!喰らえぃ」 バッ

ショウゴは、ウイプルに向けて駆け出すッ




377: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:43:03.06 ID:jkoWMd0R0

拳志郎「チッ……あのバカ、一人で大丈夫なのかよ」

クーラ「バカでもガキでも、『拳法家』よ、覚悟はできてるでしょ」

拳志郎「まぁ、そうだな。……ところでよぉ、モノは相談だが……クーラ、お前があの『アミカ』ってやつをやってくれねぇか?」

クーラ「どうしてよ……」

拳志郎「わかってるだろ?俺は『女とは戦わねェ』」

クーラ「はぁ……アンタ、まだそんなこと言ってるの……まあ、いいわよ。それで、アンタはどっちをまず殺るの?」

拳志郎「……砂野郎だ」

クーラ「大丈夫なの?アイツ、『砂』よぉ……アンタ、『砂』を殴れるわけぇ?……もちろんッ、『元斗皇拳』の私なら、私の光る手なら、アイツを滅することは簡単。でも悪いけど、アンタはどうやって、アイツを倒すの?」

拳志郎「あぁ?細かいことはいいんだよぉッ!何とかならぁ。『北斗神拳伝承者(候補)』に、不可能はねェッ!」 ダッ




378: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:43:41.08 ID:jkoWMd0R0

クーラ「……はぁ、言動が、ショウゴと変わらないじゃない……大丈夫かしら、ホントに」ガクッ

アミカ「クッ……貴様、貴様ごときが私を無視するんじゃないわよッ」プルプル……

クーラ「うるさいわね……まあいいわ、アンタで我慢してあげる……ちょっとアンタじゃ役不足ってとこだけどね」クルッ

クーラ「かかってきな」 クイクィッ

アミカ「こッ……この私を、バカにするなぁッ!!!」
バビュッ

アミカのスタンド、ア・ビガー・ヴァングの花火が、クーラをおそうッ!




379: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:45:32.76 ID:jkoWMd0R0

パフッ

クーラは、光る手でその花火をはたき消したッ
花火が消されると、その周囲にピンクの煙が立ち込めた。

クーラ「意味無いわよ。こんなチンケな花火、私に通用すると思ってるワケ?ばぁああかぁっ」ペロッ

アミカ「………ウフフフフ………、この天才の私を……なんどもバカにするなんて……許せんッ!」

アミカの放つ、無数の花火が、次から次へとクーラを襲う。

アミカ「シネッッ、シネッ、シネィィィッ」

クーラ「あ〰〰ら?怒っちゃった?」

クーラは、アミカの花火を次から次へとかき消す。花火が消えるたび、色とりどりの煙が立ち込めていく。





380: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:47:49.23 ID:jkoWMd0R0

パフパフパフパフッ
クーラ「……なぁんか、チョッと恥ずかしいわね……」

パチっ

クーラ「あたたたっ ちょっと、そんなに投げないでよ」

パシュ

アミカ「ギャハハハハッ!やめろと言って素直にやめるバカがいるかっ!」バババババッ

クーラ「ちょっ……元斗流輪光斬ッ」
クーラは、体の前に両手で構えた手刀を、目まぐるしく前後に動かした。その手が動くたび、白刃のような闘気が飛び、アミカの『花火』をかき消していく。
だが、アミカの『花火』はその数をどんどん増していくッ!

クーラ「クッ!思ったより、早いッ……けつ、煙で周りが見えない……」
アミカの『花火』は、一つ消滅するたびに毒々しい煙をまき散らしていく。
その煙が、クーラの視界を奪っていく。

バシュバシュバシュバシュッ!

アミカ「クゥツッ!喰らえ喰らえ喰らえ喰らえ喰らえ喰らえッ……ガッ」




381: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:49:05.91 ID:jkoWMd0R0

クーラ「クッ!思ったより、早いッ……けつ、煙で周りが見えない……」
アミカの『花火』は、一つ消滅するたびに毒々しい煙をまき散らしていく。
その煙が、クーラの視界を奪っていく。

バシュバシュバシュバシュッ!

アミカ「クゥツッ!喰らえ喰らえ喰らえ喰らえ喰らえ喰らえッ……ガッ」


突然アミカの脚が、紫の煙の向こうからぶっ飛んできた『白い光』によって、吹っ飛ばされた。

アミカ「うぁああああああっ」 バシュッ ドバドバドバ……

紫の煙が割れ、その隙間からクーラが現れた。
クーラ「ハッ……愚だ愚だうるさいわね。たかが足一本ふっとんだくらいでさ……」
クーラの右手“ヴウォンン”




382: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:49:59.81 ID:jkoWMd0R0

アミカ「おおおお前ッ、どどどどうしててて」

クーラ「はぁ?アンタ、あんなオモチャみたいな花火で、元斗の闘気に勝てると思ってたのォ……オナメじゃないよ……」

バシュッ

アミカ「あいいいっ!」

再びクーラの手が光った。
今度はアミカの右手が、ぶっ飛んだ。

アミカ「あ、あ、まるで……光の槍……ひつ……」

クーラ「どう、この技は……元斗猛天掌。私も、離れたところから攻撃出来るのよ……」

アミカ「あぁぃぃ……私の、この天才の私の腕がぁあ……」

クーラ「ふおうっ!」ゴキィッ!

クーラのけりで後方にふっ飛ばされたアミカは、かろうじて窓枠に指をかけ、階下に落っこちるのを防いだ。

アミカ「……あああ、痛い……助けて……」

クーラ「あら、私も結構痛かったのよ♡ さっきわね、アンタずいぶん好き勝手やってくれたじゃない」 ニッコリ




383: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:50:56.08 ID:jkoWMd0R0

アミカの指が踏み潰される音“ブシュッ”

アミカ「痛いッ。ゆ ゆ 指踏まないで……」

クーラ「だぁめッ」 ブチっ

アミカ(落下中)「いやぁああああああ、この、天才の私が、どぼじでぇぇ。いいぃぃぃぃやゃッ〰〰」 

アミカ:窓から落下し、死亡

クーラ「ふぅ……さて、ほかの奴らは何をしてんのかな?どこにいるんだろ」




384: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:51:47.23 ID:jkoWMd0R0

ウイプル「ウワッハハハハッ、なんだぁ、ガキィ?手も足も出ないのかぁ?この、デクノボーがッ」

ウイプルのスタンド、マスター・オブ・パペッツの振り上げた鞭が、ショウゴの手足を縛りあげていた。

ショウゴ「ぬぅ……だが、貴様の攻撃など、この『鉄壁』にかかれば、羽でなでられたかのように感じるわ。ぬるいッ」

ウイプル「ククク……やせ我慢は認めてやろうッ!だぁが、もう楽にしてやろうかッ」

石像 x 3『JAGPJDGッ!』 ゴガッ




385: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:53:05.83 ID:jkoWMd0R0

ショウゴ「ガッ……こ……こんな、攻撃、蚊に刺されたようなものよッ」 ペッ

ウイプル「ほっほぉおおお?がんばるじゃあ、無いかぁ」 ニヤニヤ プシュッ

ショウゴ(クッ……さっきと同じか……手足がまるで、見えないロープで縛られているように動かんッ!これが『気』とかいう小技か……クッ……)

ショウゴ「ふっ……まってろよ、すぐに我が拳法、南斗蒼鸞拳で叩き潰してやるわ」 ガクガク

ウイプル「おぉ………怖い怖い……だが実はなぁ……おれも、ちょっぴりだけ使えるのよ……貴様が使うような、糞ほどの役にもたたねぇ『拳法』ってやつをなぁ……」

ウイプルは腰をかがめ、身動きのできないショウゴに、猛烈なタックルをくらわすッ

ウイプル「喰らえっ!蒙古覇極道ッ」 バシュッ




386: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:56:58.18 ID:jkoWMd0R0

ショウゴ「ガッ」 

ウイプル「ほっほぉおおお――どうだ、わがタックルは……その下らねェやせ我慢が、いつまで続くかなぁ……」

ショウゴ「……」

ウイプル「もう一発喰らえッ!蒙古覇極道ッ」 ドドドォオオオ――――ンッ!

ショウゴ「………フハハハハハッ! 馬鹿めッ!『見えた』ゾォオオッ」 

マスタ―・オブ・パペッツの鞭:ブチッ




387: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:58:28.78 ID:jkoWMd0R0

ショーゴ「ドリャッ」グイッ! ガッッシィインンッッ!

バシュッ!

ウイプル「うっ……うおぉおおおっ!俺のッ!俺の肩がぁああッ……奴の、奴の指で抉られちまったぁぁッ!」ガクッ

ウイプル「何て指だ……俺の蒙古覇極道は肩を鋼と化すッ!その鋼の肩を、指だけでえぐりやがった……」

ショウゴ「……見えたぞ……見えてみれば、なんてことはないな……下らん『闘気』だ……こんなものッ」 ブチっ ドガッ

ウイプル「クッ……まさか、まさか。まさか……奴がわがスタンドをひき千切るなど……んっ?」

ショウゴ「……」ガクッ 

突然ショウゴが、膝をついた。その肩から、白い煙がシュワワワワと立ち込めた。





388: ◆5kilZUZCss 2016/02/02(火) 23:59:23.67 ID:jkoWMd0R0

ショウゴ → ショーコ 「ぁぁぁあああんッ♡」

ウイプル「ウハハハハハッ! なんだぁ? ……コイツ、急に女になっちまったぞぉ? コイツ、女であることを隠して、変装していたのかぁ?……そ、それとも、本当は男で、これは女装か?……コイツ、どヘンタイか?」

ショーコ「……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

ウイプル「ハッ……俺の好みには、少々ガキすぎるが、だが中々上玉のオンナッ!たっぷりかわいがってやるぜぇッ」 バシッ

ウイプル「やれっ! マスター オブ パペッツ!その女を縛り上げろッ」

ショーコ「なぁに調子に乗ってるのかしら?」 スッ

ウイプル「!?」




389: ◆5kilZUZCss 2016/02/03(水) 00:00:49.10 ID:JB2iI8m50

ショーコ「遅いッ!」 バシュッ

ウイプル(なにっ? 何て踏み込みだ……い……一瞬で懐に……) ザンッ

次の瞬間、ウイプルの体が、十字にに斬られるッ!

ウイプル「うっ……うぉおおおおッ!」

ショーコ「大した怪我じゃないはずよ。アンタの体の表面だけを斬ったからね……」

ウイプル「マ……マスター・オブ・パペッツ!奴を縛り付けろ!」

ショーコ「甘いッ!南斗恒斬衝(なんとこうざんしょう)!」 ズバッ

ウイプル「あ……マスター・オブ・パペッツの鞭が……むちがぁああ……」




390: ◆5kilZUZCss 2016/02/03(水) 00:07:21.83 ID:JB2iI8m50

ショーコ「私はショーコ……私はね『南斗鳳凰拳』の、ショーコよ……」

ウイプル「あ……あ……」 ブルブルブル

ショーコ「フフフッ……いくわよッ……。この姿に戻った私の、本来の拳を、たっぷりと味わいなさいッ………ハァァァッ」
ショーコが、両手を横に伸ばす。頭を反らし、ピンと足を伸ばし、全身で十字を作るッ

ショーコ「覚悟ッ……」バシュッ

ウイプル「へっっ……嘘だ、ウソだろ……」

ショーコ「これぞ私の拳ッ!アンタ達、南斗最強の拳ッ!南斗鳳凰拳を味わいなさいッ。」




391: ◆5kilZUZCss 2016/02/03(水) 00:07:54.70 ID:JB2iI8m50

ショーコ「……フフフフ……今からの攻撃を、防ぎ切れるのかしら……そうだッ私も、さっそくこの、『闘気』って奴を、使ってみようかしらッ……フフフ」

ショ―コ「堪能しなさいッ、鳳凰の羽ばたきを!『鳳翼天翔』ッ!!」

バッシュウウウンッ

ウイプル「ブッギィイインンッ…………!」 ベチョッ

ウイプル:鳳翼天翔を喰らい、壁にベチョッと張り付き、死亡

ショーコ「さて……私のほうは片付いたわ……拳志郎とクーラは、どんな具合かしら……」




392: ◆5kilZUZCss 2016/02/03(水) 00:08:43.12 ID:JB2iI8m50

拳志郎「北斗剛掌波ッッ!」ゴシュッ! 

拳志郎「どうよ、今度こそッ!」

ウダラ「グギギィ」ザザザァ――

拳志郎「チッ……またかよ……ちっとぐれぇ『砂』をブッ飛ばしてやっても、効かねェってか」 バシュッ

ウダラ「アギャッ……」ザザザザァ―




393: ◆5kilZUZCss 2016/02/03(水) 00:09:14.12 ID:JB2iI8m50

拳志郎(確かに、こうやって闘気をぶつけりゃあ、此奴らの変な『闘気』をぶっ壊せるぜ……だが、ぶっ叩いてもコイツは『砂がちょっぴりだけ消滅するだけ』……手ごたえがまったくねェ―――どうする?おい……)

拳志郎「こうなりゃ、ありったけぶっ叩いてやるぜッ 北斗百裂拳ッ!アタタタタタタタタタタタタアァ――ッ」

ウダラ「ウジャッ!」 パシュッパシュパシュパシュッッ

拳志郎の百裂拳を受け、ウダラの砂の体が飛び散るッ




394: ◆5kilZUZCss 2016/02/03(水) 00:09:46.12 ID:JB2iI8m50

だが、砂はすぐさま再び集まり始め、すぐにまた、ウダラが顔を出した。

拳志郎「くっ……そっ……たれ」ハーハーハァ――――

ウダラ「グギャアアッ」(けけけっ、コイツ……弱ってやがるぜッ!さては慣れてねェ、闘気の放出技で消耗しやがってるなぁ……ケケケ) ザジュッッ……

ウダラ(俺の砂で、コイツを締め上げてやるぜ……ウケけケケケ)

拳志郎「あああっっ!!……もうメンドくせぇッ」ガシッ





395: ◆5kilZUZCss 2016/02/03(水) 00:10:43.29 ID:JB2iI8m50

拳志郎は、砂を全身で抱え込んだ。そして、一気に周囲から赤い『闘気』を円状に噴出させるッ!
全身を取り巻くウダラの砂を、一気に吹き飛ばすっ

拳志郎「まだるっこしいことはもう止めだッ!ぶっ飛べッ!北斗震天雷ッ!!」

シャィィィンッッッッッ!

ウダラ(あ……ぁ………ァ………… …) シャササササ……

ウダラ:『砂』と化した体を、北斗震天雷によって全て滅せられ、消滅

拳志郎「さぁてと、これで俺の一番が確定したな。奴らを探して、確認するかぁ……」




401: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:07:52.25 ID:nBw4Tf010

拳志郎 「ふうぅ〜〜。やっぱり一発、死合(ヤ)ったあとの煙草は、最高だな……」 プカァー

?? 「居たっ!こんな所で死合(ヤ)ッてたの?」

拳志郎 「おおぉ―――っ、どうやらお前たちも片付けた見てぇだな」

ショーコ 「あら、ここにいたの……ウフっ♡。拳志郎も、無事に倒せたのねっ」

拳志郎 「ショーコか……オメーなんでまた、ショウゴから『変わった』んだぁ?」

ショーコ 「フフフ……ヒ・ミ・ツ……」 パチッ♡

拳志郎 「おっ、おう……」 ポリポリ……




402: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:09:18.64 ID:nBw4Tf010

クーラ 「なぁんだ。拳志郎……アンタはもっと苦戦していると思ったのに」

拳志郎 「残念だたなぁ、オタクが『一番じゃなくて』よぉ」

クーラ 「はぁ?私はとおぉぉっくに倒してましたよ。アンタでしょ……一番、決着が遅かったのは」

拳志郎 「あり得ねぇ…『北斗神拳に敗北はねぇ』……」

クーラ 「ハイハイ、そりゃースゴイネ―――」

拳志郎 「こ……このやろ……」

クーラ 「あら、今 『悔しがってるの』? もしかして、負けを認めたわけ?」プッ

拳志郎 「ちげぇよっ!」ダンッ

クーラ 「ソーヨネ――。チガウヨネー」

拳志郎 「……」 プルプルプル





403: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:09:55.49 ID:nBw4Tf010

ショーコ 「ちょっと、二人ともッ!」

クーラ 「あぁ?」何よ

ショーコ 「……それで、『景品のヒト』は何処? ……ねぇ、逃げたんじゃない?」

拳志郎・クーラ 「……ナヌッ」




404: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:10:50.59 ID:nBw4Tf010

ジャブ 「ウハハハハハ……いくらあの方の命令とはいえ……命あってのモノだねだぜぇぇ……アンナ化け物ども相手に、まともに戦ってられるかってぇの」 タタタタタ

ジャブ 「あの、アミカとバカどもが時間を稼いでいるうちに、俺は撤退するぜぇ……」

ジャブ 「よし、奴らが乗ってきた車があったぞ……ウオラッ!」 ガチャンッ

ジャブ 「へへへ、奴ら、カギをホィールの裏に隠してやがる。工夫がねぇなぁ……簡単にギレたぜ」




405: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:11:33.91 ID:nBw4Tf010

カチ

ブルンッ

ジャブ 「ヨシヨシ、エンジンはかかったな……アバヨッ」 ブルルルルンッ!

ドドッッガアアアァンンッ!

ベゴッ!

拳志郎 「よぉ、そんなに急いで何してんだよ」




406: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:12:21.81 ID:nBw4Tf010

ジャブ 「なっ、拳志郎……車のボンネットの上に飛び降りてきただとぉ」

拳志郎 「どこに行こうとしてんだよ、コノヤロー……俺たちの車をお釈迦にしやがってよぉ……てっめぇ、許せねぇぞッ」

ジャブ (バッ、バカ野郎。車を壊したのは、お前じゃねぇかッッ)
ジャブ 「クッ……ブロブッ!やれぃ」
ジャブが、スタンドを出現させるッ

ブロブ 『〇◆◆☆ッ!!』

拳志郎 「おっせぇよ」 バゴッ! ベゴッ!




407: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:13:17.04 ID:nBw4Tf010

ブロブ 『ゲッブゥウウウ!』

ジャブ 「……なっ、何てでたらめさだ。ヒヒヒヒッ!だが負けねぇ、おらぁ負けねぇぞッ!」

ブロブの蹴りっ!

拳志郎「おうッ」 
拳志郎の蹴りっ!

ジャブ 「なっ、なにぃ……『スタンドの蹴り』を『自分の蹴り』で迎撃しただとぉ……こうなりゃぁああ」

ブロブ 『◎●◇◆☆!!』  バシュバシュバシュバシュッ!

ジャブ 「ひゃっはぁあああっ!この、ブロブの粘液弾を喰らって、消化されちまえっ」

拳志郎 「……はいはい、ご苦労さんだねぇッ」 バシュッ 、バシュッ

だが、ブロブの放った無数の粘液弾は、拳志郎の素早い動きに対応できないッ




408: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:14:11.79 ID:nBw4Tf010

拳志郎 「うぁたっ!北斗把天壊拳ッ」 バゴッ
拳志郎は、闘気を込めた、大振りの正拳突きを放った。

ジャブ:ブロブ 「フゴッ!」

拳志郎が放った拳が、スタンドを殴り付けるッ
拳志郎 「やはりな、闘気をまとった拳ならば、闘気ごしにダメージを喰らわせられるぜ。そして……」

拳志郎 「良く見りゃあ闘気の塊にも、秘孔があるじゃあねぇか」




409: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:14:53.96 ID:nBw4Tf010

ジャブ 「うぉあああああああッ!戻れッ ブロブッ」

拳志郎 「遅いッ!くらえ……北斗羅裂拳ッ」 バシュバシュバシュバシュッ

北斗羅裂拳(ほくとられつけん)
前進しながら無数に拳を繰り出す技。北斗神拳の中では、剛拳に属する。闘気を拳にまとわせているので、気を溜めておくと威力が上がる。弱めの気功技をかき消す事もできる。

ブロブ / ジャブ 『「グジャガガガッ!!」』 ドガッ




410: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:15:57.64 ID:nBw4Tf010

ジャブ 「きっ……貴様……我がスタンドを、ボコボコニ殴りおった……だとぉ?」 ヨロッ
ガシッ (近くの壁で体を支えた音)
ジャブ 「ウォォオオオオッ!……い……痛てぇ、痛てぇよ!痛てぇよッッッ」

拳志郎 「おお、どうしたぁ?」

ジャブ 「貴様、やりやがったなッ!あ……いってぇ……ひっでぇ」 シクシク

拳志郎 「へぇ……大成功だな……闘気を見極めりゃあ、闘気ごしに秘孔を打てるっつーことがわかったぜ」

ジャブ 「だ……だから、何をしやがったぁ……ああ、いてぇッ」
ホッケーマスクを投げ捨てる音:”ブン”




411: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:16:35.68 ID:nBw4Tf010

拳志郎 「秘孔・龍頷(りょうがん)を突いたぜ……コイツで、お前の全身を『痛感神経が剥き出しになった状態』へと変化させた。お前のからだは、指で触れられただけで全身に激痛が走る身体となり、物に触る事すらできねぇってわけだ」

ジャブ 「なっ……なんだってぇ!っ痛ってぇええええ!」 
あ、あんまりだぁああああ
激痛に悶えながら、ジャブが涙を垂れ流した。




412: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:17:21.11 ID:nBw4Tf010

拳志郎 「まぁ、さすがにちょっとかわいそうか……」 ヌポッ

ジャブ 「あっ、痛みが消えたッ!アンタ、ありがとう……うへへへへ、なぁんんかぁ、いい気持ちになってきたぁああああああ」 ホンワカァ〜〜

拳志郎 「おうっ!良かったなっ」

ジャブ 「ど……どころ"で、あ”ん”た、どんな治療をしてくれたんだ?」

拳志郎 「おっ……おう、秘孔をうちなおしたんだよ。牽正っつー秘孔をな」 ボリボリ




413: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:18:04.68 ID:nBw4Tf010

いつの間にか、ジャブの手足が、関節の可動範囲を無視して反対方向にそり始めた。見ているうちに、人間の可動域をはるかに超えるところまで、動いていく。……だが、ジャブの顔には……恍惚とした表情が浮かんでいた。

ジャブ 「あぁあ……いぃ気持ちだぁ……拳志郎……あのお方を敵に回して地獄行きの列車にのっちまった、お前に、こんないい気持ちにしてもらっちまうなんて、なぁんか、悪い”な”ぁああ”あっ…………………ア…アブシィツッ!!」

ジャブ:北斗有情拳により、牽正という秘孔をつかれ、爆死


拳志郎 「ふぅ……ところで、あの方ってなんなんだぁ?」 ボリボリ




415: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:20:18.15 ID:nBw4Tf010

スチャッ
その時、ショーコとクーラの二人が、追いついてきた。

ショーコ 「アッ!拳志郎ッ、貴方、殺っちゃったのですか?ズルいわよッッ」

拳志郎 「オイオイ、ズルい? どうしてだよ。最初に決めたとおりダロ?」

ショーコ 「何を言ってるです?私が一番だったはずですッ」 プイッ

拳志郎 「プイ……じゃねぇよ」

クーラ 「でも、どうしてコイツらは私たちを襲ってきたのかしら……」

拳志郎 「さぁてなぁ?だが、望むところだぜ。返り討ちにしてやる」

ショーコ 「あら、勇ましいことね……でも、貴方は反省しなさいっ。これからはあんな雑魚にてこづっては駄目よ」

拳志郎 「なんだとぉ!このガキィ」

ショーコ 「伝承候補者、霞拳志郎ッ!貴方は修行が足りないと、言ってるのですッ」

拳志郎 「なゃ……なぁんだ、とぉ……」

ギャーギャーギャヤー!!




416: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:20:48.79 ID:nBw4Tf010

クーラ 「ふぅ、付き合ってらねないわね」
騒いでいる拳志郎とショーコをしり目に、クーラは広大な荒野に、そしてその上の、満天の星空に目をやった。

クーラ 「ねぇ、そんなくだらない口げんかなんて止めなさいよ。ちょと、宇宙(そら)でもみたら?」

拳志郎 「おっ……」

ショーコ 「素敵ッ……」

三人の拳法家は、言葉もないまま、空を見ていた。




417: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:21:49.89 ID:nBw4Tf010

今日は、星の良く見える夜であった。

天の川が空を真っ二つに切り裂いて、瞬いていた。

反対側、西の空には地平線ギリギリに満月が光っている。そのすぐ上には、孤独な天狼星が見える。

北を見ると、クーラの宿星である太極星(北極星)が輝いていた。

子供のころ教わったように、太極星の周りを探ると、拳志郎の宿星、北斗七星と、その横の小さな星もまた、よく見えた。

死をつかさどる星、北斗七星。その対極、生を司る南斗六星もまた、よく見えた。

南斗六星は、ショーコ=ショウゴの宿星だ……




418: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:22:33.19 ID:nBw4Tf010

拳志郎・クーラ・ショーコ 「………」

拳法家たちは、どのくらいの間、星を見ていたのだろう。
気が付くと、東の空が少し白みだしていた。見る見るうちに、強烈な光の点が、地上近くの空に現れる。太陽が顔を出すのだ。

ショーコ 「月が、見えなくなったわ……」

拳志郎 「代わりに、陽が昇るってわけだ。太陽もまた、星だ……」




419: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:23:04.80 ID:nBw4Tf010

クーラ 「……ところで、ねぇ……誰か忘れてない?」

拳志郎・ショーコ 「あっ……」

………





420: ◆5kilZUZCss 2016/02/14(日) 23:23:46.41 ID:nBw4Tf010


ジョージ 「……おっ、重いッッ……寒いッ、さみしい……」


ジョージ・ジョースター:風邪をひいて、3日間ダウン(再起可能)




425: ◆5kilZUZCss 2016/02/26(金) 23:58:09.99 ID:OKcb43qe0

三か月後 …………



誘導員 「OK, OK, OK……ストォォップ!!」

飛行船 ”バルバルバルバル……”

グワァン!

誘導員 「よぉおし、着船ッ!早く係留しろッ」

作業員 「了解っ!」 シュルルルル




426: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:01:25.29 ID:cL+OZNBr0

飛行船(ツェッペリン)ッ

それは、空気よりも軽いガスを巨大な袋に積めて『浮力』を得て浮き上がり、その下にプロペラ付きの客室がつけられている。

それは、その当時の最先端の乗り物であった。

それは、20世紀前半に爆発的に広まり、そして僅か数十年で消え去ったまさに時代のあだ花であった。

その飛行船の一台が、インドのとある飛行場に停泊した。




427: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:03:02.01 ID:cL+OZNBr0

飛行船のドア "ガチャッ"

?? 「ふぅ……やっと着いた……」

飛行船のドアが開き、中から一人の男が降り立った。

『我々はこの男を知らないッ! だが、この男の物腰を、この男の『父親と息子』を知っているッ!』




428: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:04:00.29 ID:cL+OZNBr0

男の名は、マリオ・ツェッペリ !

彼の父の名は、ウィル・A・ツェッペリ

そして、生まれたばかりの彼の末っ子の名前は、シーザー・ツェペリと言った。




429: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:04:47.87 ID:cL+OZNBr0

マリオ 「はぁ……イタリアからここまで、長い旅だったぜ……ジョージの野郎、こんなところまで俺を呼び出しやがって、ただじゃおかねぇ」  グイッ

マリオ 「よいしょっと……ずいぶん思いザックにしちまったな……そもそも、こんな大荷物を持っていく必要があったのか?」

マリオ 「まぁ、ママンが持ってけってうるさかったからな……仕方がないか。それに、大荷物なのも、もうすぐ終わりだしな……」

マリオは、大きなザックをたった一つ担いで、喧噪うずまくニューデリーの市外に降り立った。




430: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:05:34.20 ID:cL+OZNBr0

物乞い1 「旦那様、お恵みを……」

物売り1 「お客さんッ!トモダチッ」

物売り2 「旦那ッ、この国ははじめてですか?アッシが案内しますよ………」

物売り3 「どうです?この絨毯、いいものですよ。こりゃあうりものじゃないんだが、トクベツ、旦那様になら特別か価格で……」


ポン引き1 「へへへへ…………どうです……これ……旦那も好きでしょ……」

荷物運び1 「荷物をお持ちしますッ!」

荷物運び2 「俺がッ」

荷物運び3 「いゃ、俺が持ちますッ」




431: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:06:38.83 ID:cL+OZNBr0

飛行場を囲むフェンスを抜けたとたんに、マリオはあっという間に物売り達に取り囲まれた。

マリオ 「まぁまぁ、ちょっと待ってよ……」

マリオは愛想よく笑いながら、我慢強く物売り達をあしらい、路地に向かった。




432: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:07:23.16 ID:cL+OZNBr0

物売り1 「旦那っ!待ってくださいよッッ」

物売りたちの目が、色めき立つ。彼らには、カモが自分から懐に飛び込んできたように思えたのだろう。

路地には、小うるさい警官やイギリス憲兵の姿はない。カモを取り囲んで、無理やりガラクタを押し付けるチャンスだ。
代わりにカモの全財産を巻き上げてしまうのだ。




433: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:08:34.85 ID:cL+OZNBr0

マリオ 「……なるほどねぇ……」

ギャルルッ!

と、突然、マリオの回りに突風が吹いた。突風は渦を巻き、マリオの周囲に砂埃が舞い上がった。




434: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:09:14.37 ID:cL+OZNBr0

物売りたち 「うわっ!」

物売りたち 「あ……あれ?」

物売りたちが目を開けると、そこにはマリオの姿は影も形もなかった。




435: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:09:56.95 ID:cL+OZNBr0

マリオ 「なるほど、これがインドか……しかし、すごい人の数だな……」

マリオは、物売りたちが自分を探して右往左往するのを、すぐ近くでこっそりと見ていた。

あの時、物売りたちが目をつぶった瞬間、マリオはとっさにジャンプして、路地横の建物の屋根のふちに手をかけ、一気に屋根の上によじ登っていたのだ。

屋上に上ったマリオの目の前には、まさしく『インド』が広がっていた。




436: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:10:38.48 ID:cL+OZNBr0

目の前には、無数に広がる貧しい暮らしを営む人々の家々があった。

時折ポツポツと見えるのは、ヒンズー教の寺院だ。灰色の尖ったその屋根には、何やら神々の姿が無数に彫られている。

そして、二つの大きな建物が見える。一つはインドの旧支配者、マハラジャの住む豪勢な住宅と、その隣にそびえるモスクだ。そしてもう一つは、インドの現支配者、イギリスの副王の住む城だ。

足元に目を転じると、そこには、無数の人々がいた。市井の大勢の人々が町中に溢れていた。




437: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:11:16.60 ID:cL+OZNBr0

マリオ 「しかし、活気があっていい国だな……好きになりそうだ……インチキの品を売りつけようとしたあの物売りどもは許せんがなッ!」  スチャッ

マリオはぶしつけな物売り達に憤りながら、そっと屋根の上を渡っていった。

その手には、丸い鉄の球が、ゆっくりと『回転』していた。




438: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:12:40.38 ID:cL+OZNBr0

一方その頃、ジョージと拳志郎は、ガンジス川の沐浴場に立っていた。

拳志郎 「これが、うわさに聞いたガンジス川の沐浴場かよ……」

ジョージ 「うぅ〜〜ゾッとしないな……すごい色だ。きっと、変な菌がたっぷり溶け込んでるぞ……病原菌に侵されたら、どうすりゃいいんだろ……」  ピシャ、ピシャ……

拳志郎 「ジョージよぉ……覚悟を決めて、やるしかねぇぞ」

ジョージ 「……拳志郎……君こそ」

拳志郎 「おっ、俺はお前が覚悟を固めるのを待ってるだけだぜッ」

ジョージ 「良く言うよ……」




439: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:13:24.86 ID:cL+OZNBr0

拳志郎 「だが、何時まで躊躇していてもラチが開かねぇぜ、ジョージェ……こりゃあ、やっぱり、度胸一発、いくしかねぇーんじゃねぇか?」

ジョージ 「そっ……そうだな……うううぅっッ!」 トボ トボ ……ポチャっ

ジョージ (うぉぉぉッ!い……今ガンジス川に入ったぞ。なんか、生暖かいぞ……それに、な、何か、ぬるぬるしないか?しかも 何とも言えない臭いが……)  ピチャゥッ




440: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:14:53.93 ID:cL+OZNBr0

遂に意を決したジョージは、ガンジスの神聖な、茶色の、明らかに色々な有機物が溶け込む『豊穣な水』に頭を突っ込むッ!

ズボッ!

ジョージ 「うっ!うわぁぁっ!」

何とも名状しがたい気分で沐浴を済ませたジョージは、苦労してガンジス川を出た。

そこには、まだ『こざっぱりとした』拳志郎が、にこやかに笑っていた。




441: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:16:02.29 ID:cL+OZNBr0

拳志郎 「よぉっ、ご苦労さん……じゃ、行こうぜ……」  ポンポン

ジョージ 「拳志郎……キミの番だ」

プーゥ―――ンと、何かの臭いを漂わせているジョージが、拳志郎の肩をつかんだ。

拳志郎 「まっ、まぁ、そりゃあまたの機会にしようぜ……あ――今日はどうも気が乗らねェンだよ。止めとく」

ジョージ 「キミの番だ」




442: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:16:52.69 ID:cL+OZNBr0

拳志郎 「まっ、合理的に考えようぜッ……なっ? 犠牲者はお前ひとりでいいじゃないか」

ジョージ 「ゴラァッッ!!」

ジョージは、へっぴり腰の拳志郎の手を取ると、驚くべき速度で拳志郎の背後を取るぅ!
そして、すかさず拳志郎の体にクラッチを決めると、投げっぱなし式ジャーマンスープレックスを放つッ!

拳志郎 「ウォォオオオオッ!!」

バッシャァアアアンッ




443: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:17:36.92 ID:cL+OZNBr0

拳志郎 「うげっ! ペッ! ペッ!」

ジョージ 「はっはっはっ!豪快な沐浴だな。さすがはケン」

拳志郎 「……そりゃあ、ありがとサンッ」 ベチャッ ヌリッ

ジョージ (うわっ! なんだ、この茶色いのが 顔に……うぉぉぉっ!)

ジョージ 「★☆✡*★!!」

拳志郎 「ブワゥッ ハッ ハッ……どうよ、聖なる河、ガンジス川の川泥はよぉっ……ご利益あるぞぉ……」 ニヤニヤ




444: ◆5kilZUZCss 2016/02/27(土) 00:18:04.44 ID:cL+OZNBr0

ジョージ 「ゴラゴラッ!!」 ブゥンッ

ドゴォォッ!

拳志郎 「ゲェーーーッ……てっめぇええ!」

ジョージ 「この、外道がッ!」

二人の拳が交錯し、互いの顎を同時に跳ねあげた。

「死ねやっぃ!」




449: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:45:19.49 ID:lgvZiKuI0

ジョージ 「死ねやっぃ!」 バゴッ

拳志郎 「舐めてるねェッ!そんなスローな拳でよぉぉッ!」 ドガッ




450: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:46:02.79 ID:lgvZiKuI0

沐浴をしていた男1 「うぉぉぉつ!何だ、こりゃあ」
沐浴をしている女性1 「きぃやあああっ!何なのっ!大男が、暴れているわッ」
沐浴をしている男2 「うわぁっ!ダメだッ!手が付けられん、ニゲロォォォツ」

周囲の石畳、彫刻 "ベリッ" ”バゴッ” ‘’バシュッッ” ”バキィッ”

沐浴をしている人々 「うわぁあああああっ!!」




451: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:48:02.27 ID:lgvZiKuI0

ジョージ 「今度こそ、ぎゃふんと言わせてやる」 ドガッ ガキッ

拳志郎 「ヘッ、そりゃあ、こっちのセリフだぜ」 ダッ

ジョージ 「ゴラゴラゴラッ!」

拳志郎 「あたたたたぁっ!」






452: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:48:43.08 ID:lgvZiKuI0

その時……

ガンジス川の水 “バッシャァアアン!”

拳志郎 「ぶわっ!」

ジョージ 「ぶぅぅううっ!」

メリッ!

クーラ 「この、バカどもがぁぁっ!周りにご迷惑でしょーガッ!」 バァアアンッ




453: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:50:16.19 ID:lgvZiKuI0

ジョージ 「ああ、クーラ……それに、ショウゴも、用は済ませたんだね……」

クーラ 「ええ、すませたわ……ところでジョージ……アンタがいながら、何をやってるのよ」 コ" コ” コ” コ” コ” コ” ……

拳志郎 「おい、落ち着けよ……」

クーラ 「私は冷静よ……動揺しているのは、アンタの方じゃないの?ケン……」




454: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:51:11.15 ID:lgvZiKuI0

ジョージ 「拳志郎……こりゃ、まずいぞ」 ヒソ

拳志郎 「ああ……」  ヒソ

ジョージ 「このままじゃ、セッキョーだ……」  ヒソ

拳志郎 「そうだな。ならば、やることはわかってるな?」  ヒソ

ジョージ 「ああ……思いっきり行くぜ」  ヒソ

拳志郎 「おう……」  ヒソ……

ジョージ・拳志郎 「逃げろぉっ!」 バッ ダダダダダッ

クーラ 「!?コラッぁぁ」




455: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:51:51.37 ID:lgvZiKuI0

鉄の球 "キュルルルル"

ジョージ・拳志郎 「ウワッ!」 ツルッ

拳志郎 「クッ……痛ってぇ……ケツ打ったぜ」

ジョージ 「くっそ……足元が滑った……ハッ……これは……この『回転』する球は……」

マリオ 「なるほど、騒動が起こったと思ったら、やっぱりキミか……ジョージ」




456: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:53:41.62 ID:lgvZiKuI0

ジョージ 「マリオ兄ィッ!久しぶりっ」

マリオ 「ジョージィ……キミは、何をやっているんだい?……相変わらず、自由人だな」 ガシッ

ジョージ 「……兄さんこそ、元気そうだ。良かった」 ガシッ

ジョースターとツェペリ、偉大な父の血を継ぐ二人の男が、固く握手をした。




457: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:55:16.27 ID:lgvZiKuI0

ショウゴ 「ぬぅ?うぬは何者だ?」

ジョージ 「ああ、紹介するよ。彼はマリオ・ツェペリさん……ボクが小さいころから面倒見てもらっている……兄のような人さ」

クーラ 「それで、どうしてアンタの『お兄さん』が、ここにいるの?」

ジョージ 「じつは、僕らがチベットに行くためには、彼の持っているつてが必要なのさ。だから、無理を言って、イタリアからきてもらったんだ」

拳志郎 「へぇ……」 ジロ

拳志郎 「『ジョージの兄代わりをしていたヒト』ねぇ……じゃあ、アンタもけっこうヤルのか?」




458: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:56:27.03 ID:lgvZiKuI0

ジョージ 「マリオ兄ィは、かなりヤルよ。ボクは、今まで一度も勝ったことがないんだ」

拳志郎 「へぇ〰〰」ジロジロ

拳志郎 「じゃあ、マリオ……アンタも、ジョージみてぇに『光る拳』をもってんのかい?」

マリオ 「……光る拳?何のことだ?」 ンン?

マリオ 「ああ……何を言っているか、わかったぞ……俺のは、『それ』とはちょっと違う奴だな」





459: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:57:11.36 ID:lgvZiKuI0

クーラ 「アンタにジョージが『勝ったことがない』?ホントぉ?」 ジト

クーラ 「ちょっと信じられないわね……こんなやせっぽっちが、ジョージに勝てる?最後に手合わせしたのは、何時?」 ジーー

マリオ 「ハハハ、こりゃあ手厳しいね」 ニヤニヤ




460: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:58:22.95 ID:lgvZiKuI0

ショウゴ 「フッ……マリオとやら、我らとともにきたければ、我と手合わせをせよ……貴様がどれだけやるのか、見てやろう。我らの仲間と呼ばれるのにふさわしい腕を持っているのかどうか、俺が自ら、見極めてやるわ」 ガシッ

ジョージ 「オイオイ……やめろよ。ショウゴッ」

マリオ 「いや……いいよ、ジョージ。俺は一向に構わない。むしろこっちも見定めたいからな。キミ達の腕を」 シュタッ

マリオは、まるでレスリングのような、低い構えを取った。

ショウゴ 「生意気な……」 ズッ

クーラ (ちょっと、なんで年下のショウゴが、そんなに偉そうなわけ?)




461: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:59:05.05 ID:lgvZiKuI0

ショウゴ 「フンっ!」 ゴウッ!

ショウゴは、マリオに向かって、いきなり正拳突きを放つッ!

周囲の空気を揺るがすほどの、剛撃ッ!

マリオ 「うぉっ」 クィッ
だが、マリオはショウゴの剛拳にそっと手を当て……弧を描くようにしてその拳をそらせた。
さらに、防御のために体を『回転』させた勢いを利用して、裏拳を放つッ

ガキッ

マリオ 「いてっ……何て『固い』体なんだ……攻撃したはずの俺の拳が、逆に危うく砕けかけた……」 ドボ、ドボ……




462: ◆5kilZUZCss 2016/03/08(火) 23:59:59.22 ID:lgvZiKuI0

ショウゴ 「フンっ笑止ッ!そんななよなよした拳など、我が『鉄壁』に通じるものかッ!」

ショウゴは貫手を作り、無数の刺突を放つっ
ショウゴ 「ウォオオオッ!くらえッ『南斗千刺貫手』(なんとせんしかんしゅ)!」 バシュッ シュッ シュッ シュッ

マリオ 「ウオッ……子供だと思って、侮ったかな。スゴイ突きだね……」
マリオは、クルクルと手を、肩を、体を回転させながら、その貫手を巧みに受け流していくッ




463: ◆5kilZUZCss 2016/03/09(水) 00:00:55.39 ID:BTgEyi990

拳志郎 (へぇ、あの、マリオってオッサン、理にかなった防御をしてるじゃねェか。あのショウゴの、なかなかやる攻撃を跳ね返してよ……だが変だな、ショウゴが今使った『業』は確か、南斗孤鷲拳の業じゃなかったか)

ショウゴ 「未熟者め……己の前にいる男の実力も、わからんとはな……死して己の未熟さを悔やむがいい! 白鷺旋空脚ッ!」 クキュッ!
ショウゴは、両手を地面につき、縦方向の二段蹴りを放つ。そのまま三度回転し、合計六発の連続蹴りを撃つッ!

ゲキッゴリッボゴッ

マリオ 「ウォッ!」 タンッ




464: ◆5kilZUZCss 2016/03/09(水) 00:02:19.52 ID:BTgEyi990

クーラ (今のショウゴの攻撃は決まったかと思ったら、マリオがバック転して避けた……回転?……円の動きを基本としている?……少しだけ、元斗皇拳と似たところがあるのかしら)

拳志郎 (お次は南斗白鷺拳の足技か……だが、どことなく違うな……もしや……だがそうだとすると、南斗蒼鸞拳……その拳が見えてきた気がするぜ)





465: ◆5kilZUZCss 2016/03/09(水) 00:03:05.18 ID:BTgEyi990

マリオ 「おっとっと、今のはちょっとヤバかった……かな?カミソリのような蹴りが、沐浴場にしつらえてあった石像を真っ二つに切り裂いたぞ」 タラリ……

マリオ 「……油断できないッ。一旦、距離をとるか……」 スッ

ショウゴ 「ふっ……安直に下がるとはオロカな、勝期ッ!伝衝裂波ッ!」 シュバッ

地を這う衝撃波 "ジュババババッッ!"

マリオ 「!?ッッ」




466: ◆5kilZUZCss 2016/03/09(水) 00:04:27.27 ID:BTgEyi990

ショウゴ 「くらえ……この舞を貴様はとらえきれんッ!飛燕流舞ッ」 ヒラリ

マリオ (なんだってぇ……ショウゴが宙をまったと思ったら、背後をとられた。……何て、美しい動きだ。だが、これはマズイッッ)  シュルルルル

ショウゴ 「とどめッ!てぇぇっけえぇぇええんんッッ!!」 ドガァッンン!

マリオ 「ブゥッ!」 
背後からの『鉄拳』を受けたマリオが、吹っ飛ぶ。




467: ◆5kilZUZCss 2016/03/09(水) 00:05:16.71 ID:BTgEyi990

ショウゴ 「!?ガッ……」

なぜか同時に、ショウゴも吹っ飛ぶ!

ドガァァッ!

ショウゴ 「ガッ……な……なんだとぉ」 ガラッ

ショウゴ 「何が起こったのだ?攻撃した俺が、逆に吹っ飛ばされた……だとぉ……」 ガクッ




473: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:33:01.66 ID:HaWaI0hn0

一方、同じように吹っ飛んだマリオは、瓦礫に突っ込んだショウゴとは対照的に、クルリと『回転』して、華麗に着地していた。

マリオ 「いや、キミの攻撃、痛かったよ……」

マリオの手にある二つの『鉄球』 ”シュルルルル”

マリオ 「……十分痛かった。なるほど、キミの実力はよくわかったよ……それで相談なんだけれど、ここらで、もう止めないかい……」




474: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:34:13.21 ID:HaWaI0hn0

ショウゴ 「貴様、面妖な技をつかうな…………だが、俺も貴様の実力は分かった。……いいだろう、お前を受け入れよう」 ガシッ

マリオ 「それは、ありがたいね……」 ガシッ

ジョージ 「どうだい、マリオ兄ぃは、『やる』だろ」 ニコニコ

ショウゴ 「一体なんなのだ?コヤツ、何をしたのだ」

拳志郎 「なんだよ……わからなかったのか?ショウゴよぉ……」





475: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:35:23.02 ID:HaWaI0hn0

拳志郎 「マリオは、何にもしてねぇよ……ただ、その球っころを『回していた』だけだ」

ショウゴ 「球を『回す』?」

クーラ 「そうよ、マリオは、ただこの『鉄球』を回して持っていただけ……で、アンタの一撃を喰らいざまに、その『鉄球』をアンタに押し付けたってワケ……そしたら、逆にアンタがぶっ飛んだのよ」

クーラ 「いったいどういう仕組みなの?ちょっと、触らせてよ」 ガシッ

マリオ 「これは、何の変哲もないただの鉄の球だよ……でも、まぁ、『商売道具』だからね、種明かしは勘弁させてくれないかな」

クーラ 「まぁ、そうよね……」




476: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:36:25.01 ID:HaWaI0hn0

ソロォ――

クーラ 「……ちょっと待ちなさい、アンタ達への『話』は、まだ終わってないよ」

拳志郎 「うっ……」 ビクッ

ジョージ 「もしかして……セッキョ――ですか?」 プルプル

クーラ 「当たり前でしょウガッ!このおバカッ!」

マリオ (……)




477: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:38:04.06 ID:HaWaI0hn0

3時間後……マリオは、衝撃のあまり立ち尽くしていた。

マリオ 「……こっ……これは……」 プルプルプル

マリオ 「これは、……いま見ているのは」

マリオ 「な、な………」

ジョージ 「……ハハハ……まあ、マリオ兄ィ、落ち着いて」 ポン




478: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:39:07.94 ID:HaWaI0hn0

マリオ 「なんじゃこりゃあああッ!」

マリオ 「汚すぎる。キミたち、こんなごみ溜めに暮らしていたのかッ!掃除をしなさい、掃除をッ!」

マリオがどなるのも、無理はなかった。

4人の拳法家達が共同生活をおくっていたその宿舎(ドミトリー)は、まさに恐ろしい惨状であった。

部屋の床一面には、ありとあらゆる種類のゴミクズが散乱している。
部屋の隅には溜まりにたまった埃が、まるで泥のように固く、こびりついていた。
部屋の4隅には、粗末なベッドがしつらえてあったが、そのベッドの上には、当然のようにぐしゃぐしゃの服や、各自の私物などがうずたかく積まれていた。
天井を見上げれば、蜘蛛の巣が一面に張り巡らされていた。




479: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:40:13.60 ID:HaWaI0hn0

マリオ (いまカサカサと部屋を横切った遒ぅ皀里蓮帖張泪汽……)ぶるっ

マリオ 「ほら、クーラッ!キミは床をはたいてッ!拳志郎、お前は天井だッ!ジョージ、ショウゴッ!お前たちはこのゴミクズをすぐさま叩き出せッ!」

拳志郎 「オイオイ、よせよ……」

クーラ 「ちょっとぐらいゴタゴタしてたって、別に死にやしないわよ」

ジョージ 「めんどくさいな」

ショウゴ 「そんなこと、後でいいだろ」

マリオ 「うるさいッ!口答えしないでさっさとヤレッ!」




481: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:47:33.53 ID:HaWaI0hn0



拳志郎 バタバタ……

マリオ 「ホラっ、四角い部屋を丸く掃除するなッ」 ザッザッ


クーラ ゴシゴシ……

マリオ 「いいか、掃除は隅からやるんだ。そうじゃない、ゴミを隅に集めてごまかすなッ」 ジャッジャッ


ジョージ フキフキ……

マリオ 「ちゃんと腰入れてやれッ……世の家政婦(メイド)さんを、舐めてるのか」 キュッキュッッ


ショウゴ カシャカシャ……

マリオ 「ショウゴ……お前は、とにかくまじめに片付けろ。それは、ただ動かしただけだ。考えもなしに物を置くなッ」 ガシャッガシャッッ




482: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:48:27.87 ID:HaWaI0hn0

クーラ 「うわっ……マリオって、もしかして『お母さんポジ?』」 ヒソッ

ジョージ 「……うーん……言われてみれば……」 コクッ

マリオ 「そこっ!ペチャクチャしゃべってないッ動かすのは口じゃないよ、手だよッ」

クーラ 「ふぇえええっ」




483: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:50:32.26 ID:HaWaI0hn0

クーラ 「たまんないわね……ジョージ」 パチッ

ジョージ 「まったくだ……」 クスッ

マリオの目を盗み、再びクーラはジョージに話しかけた。その口元に笑みが浮かびかけ……こわばった。

マリオ 「ジョージッ!お前、こんなグータラに暮らしてたら、お前の奥さんが、泣くぞッ」

マリオが掃除の手を止めないまま、肩越しにそう言い放ったのだ。

クーラ (……えっ?)




484: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:51:31.87 ID:HaWaI0hn0

ジョージ 「ちょっと待ってくれよ、マリオ兄ィ……リサのことはカンケ―ないだろ?」

クーラ (そッ……そーなんだ。ジョージの奴、ケ……ケッコンしてたんだ……)




485: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:52:33.02 ID:HaWaI0hn0

………
掃除を始めてから2時間後

クーラ 「ねぇ……十分じゃない?……とにかく私の目には、もうピッカピカよ。もう休憩して、お昼でも食べようよ」  トントン

マリオ 「そうだね……まだ改善の余地はあるけど、まぁいいか……それで、ここでは、どうやって昼食を工面するんだい?」

拳志郎 「ああ、昼はその辺のテキトーな屋台で何か買って食べるんだぜ……今日はカレーでも喰うか?マリオは今日インドについたばかりなんだろ?じゃあ、少しはこの国らしいものも、くちにしねぇとなぁ」




486: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:53:15.39 ID:HaWaI0hn0

マリオ 「カレーか……いいね」

ジョージ 「よし、じゃあ僕が買って来よう」 すたっ

ショウゴ 「……我も行こう」 スタッ




487: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:53:58.90 ID:HaWaI0hn0

ドアの閉まる音 "バタンッ"

クーラ 「……」

クーラ 「ところでマリオ……聞かせてよ。ジョージ・ジョースターの奥さんって、どんな人?アンタは、あったことあるの?」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

マリオ 「……いや、それは……………」




488: ◆5kilZUZCss 2016/03/20(日) 00:54:45.04 ID:HaWaI0hn0

それはジョージが戻ってから……と断ろうとしたマリオは、クーラの異常な迫力におされ、たじろいだ。

マリオ 「わかった。話すよ……どこから話そうか…………」

クーラ 「初めからよ。すっかり説明して」

コ" コ" コ" コ" コ" コ" コ" コ" コ" コ"

マリオ 「わかった……俺と彼の……ジョージの、それぞれの父親同士が知り合いだったことは聞いたかい?二人とも若くして死んでしまったのだけど、俺たちはその父親同士の縁で、子供のころから知り合いだったんだ……」




拳志郎「波紋法だあぁぁ?」【後編】へつづく


・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】拳志郎「波紋法だあぁぁ?」
【※殿堂入り】地上波で「マ●コが見えた」と伝説になったシーンがこちらwwwwこれはヒドイわwwww...
【※マジキチ】ク リ ト リ ス に 注 射 器 で 肥 大 剤 打 っ て み た っ た 結 果wwwwwwwww...
【放送事故】大雨で女子アナの服が濡れて透け…⇒完全に丸見えになっている…
【悲報】手コキ動画流出のグラドル「日本一お●ぱいがキレイな女子大生」石原佑里子、引退wwwwwww...
【ボッキ不可避】熱湯風呂で視聴率が最も上がる瞬間がこちらwwwwwwwwwwwwwwwww(GIFあり)
【※露骨】『橋本マナミのヨルサンポ』 とかいう最初から最後までお●ぱいマンスジまみれの露骨番組www...
【※悲報】佐々木希さん、かかとがクリ●リスに当たってビクン!!!ってなるww ←ガチでワロタwwww...
【※速報】第71回全日本体操選手権でおマ●コを晒した16歳の梶田凪とかいう娘wwwwwwwwwwwww...
娘「愛してるわ……パパ」父「……俺もだよ」
アスカ「でもプラグスーツの中でオシッコすると気持ちいいわよね」
嫁「セ○クスは嫌です無理ですお断りしますとても不潔です」
コナン「なあ服部。妙だと思わねーか?」服部「ああ。あのオッサンのケツ……」
【悲報】やっすいラブホに行くとこうなるwwwwwwwwwwwwwwww(画像あり)
【ついに陥落】エ□成分少な目なお堅い温泉番組“秘湯ロマン”、ついにマンチラ放送事故をやらかす・・・・...
なんちゅーフ●ラだよ…見てるだけでチ●ポがビンビン!精子が枯れるほど抜けるフ●ラGIF画像がヤバいwww
薬剤師「ジェネリック医薬品がオススメですよ」男「今までのでいいです」薬剤師「しかしお安いですよ?」
リア充「この中に一人いらない奴がいまーすwwww」リア充彼女「ww」キョロ充「それなw」俺「ヒッ」
男「ここがコメダ珈琲か……」カランカラン 客「見ねぇツラだな」客「よそ者がきやがったぜ」






 

SS宝庫最新記事50件