転載元:少年「お父さんが木こりで斧使いなせいで学校でいじめられる」

                                        
1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:01:53.953 ID:VjxOh5BA0.net

― 学校 ―

いじめっ子「よう」

少年「なんだよ?」

いじめっ子「オメーの親父さ、斧振り回してんだよな。木こりだから」

手下A「ぷっ、斧っすか!?」

手下B「ダッサ!」

少年「…………」





                                                            

 


【R18】女上司(31)「シャキッとしろ!それでも男かっ!?」
オチン●ンがぷるぷるwwwニューハーフのペニクリ暴れるエ□GIF画像すげーwww
【※GIFあり※】フジ深夜枠で放送された「乳トレ講座」とかいう男性視聴者殺しの番組ww→「フ...
【25枚】GIFで見ると結構やらかしてるアイドルのエ□ハプニング集
【※GIFあり】卓球中の女子にリモコンバ●ブ仕込んでスイッチオンした結果wwwwwwwwww...
【画像】21歳のグラビアモデルがエ□すぎる格好でイベントに現れて話題に
「セクサロイド? お前が?」 「そうじゃ、おかしいか?」
兄「くっ!膣内に射精すぞ!!!!」妹「え〜っ???まだ挿入れたばっかじゃ〜〜ん」
【アヘ顔】本気でイった女の顔はこうなるwwwwwwwwwwwwww(GIFあり)
【R18】女親友「アンタってさぁ、シたことある?」
ハリー「ディメンターフエラを実現する会?」ロン「そう」
上司「任天堂を継いでくれ」彡(゜)(゜)「おかのした」
【R18】女教師「どうした、最近勉強に身が入ってないようだが?」
馬場ふみか 豊満バストで“髪ブラ”披露!収まりきらず「ハプニングも」(*´艸`*)
広末涼子(36)下着一枚で老人に抱かれてる…2ch「こんな濡れ場あったのか?」「枕営業再現?」
【盗撮流出】トップレス姿を隠し撮りされた美人モデル…乳首まで晒されている…
無修正。銭湯の女風呂の中を撮影する猛者あらわるw個人撮影のレベルが高すぎて少女のおま●こまでバッチリw
【痴女】「私のパイズリ最高でしょ?」超絶爆乳のお姉様がしてくれるパイズリが圧巻過ぎる件ww【宇都宮しをん】
痴漢冤罪で逮捕された俺の末路wwwwwwwwwwwwwwwww
【衝撃画像】Toloveる、無修正の性器を晒してしまうwwwwアウトwwwww
風間「しんのすけ、お前大学はどうするんだ?」
【画像】ネッコ「ああおかえりいいいいいいい!!!」アタマゴンゴンゴン
従姉妹(11)「にーちゃんにーちゃん! お小遣いちょーだい!」
(´・ω・`)「あ、停電だ」


                                        
3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:04:17.801 ID:VjxOh5BA0.net

いじめっ子「斧ってよー、もう形からしてダサイよな!」

いじめっ子「人間にたとえると、のろまのデブって感じだ!」

いじめっ子「オレ、自分の親父が斧使いだったら、ぜってー自殺しちゃうよ!」

手下A「そりゃそうっすよね!」

手下B「ギャハハハハッ!」

少年「…………」





                                                            
                                        
5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:06:41.488 ID:VjxOh5BA0.net

いじめっ子「それにひきかえ、オレの親父はすげぇんだぜ!」

いじめっ子「なんと、オレの親父は剣の達人で、騎士団長なんだ!」

いじめっ子「ちょうどオレが生まれるぐらいから、ずーっとな!」

手下A「ひゃ〜、さっすが!」

手下B「かっくい〜!」

いじめっ子「つまり、オレの親父とお前の親父は天と地ほどの差があるってこった!」

いじめっ子「もちろん、息子であるオレとお前もな!」

いじめっ子「ってわけで、オメーは地だからよ。地面にはいつくばって土下座しろよ、土下座!」

少年「…………」プルプル…





                                                            
                                        
8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:08:52.654 ID:VjxOh5BA0.net

少年「このおっ!」バッ

いじめっ子「うわっ!」

手下A「こいつぅ!」

手下B「やっちまえ、やっちまえ!」

ドカッ! バキッ! ボカッ! ドカッ! ボカッ!



少女「ちょっと、何やってるのよ!」





                                                            
                                        
9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:10:15.774 ID:VjxOh5BA0.net

いじめっ子「ちぇっ、ジャマが入った! 行くぞ!」

手下AB「へい!」

いじめっ子「いきなり殴りかかってくるなんて、やっぱ親が親だと、子も子なんだなぁ!」

少女「あんたら! 待ちなさいよ!」

少女「……大丈夫?」

少年「平気」パッパッ

少女「医務室に行った方がいいよ」

少年「平気だって!」





                                                            
                                        
12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:13:25.091 ID:VjxOh5BA0.net

その夜――

― 少年の家 ―

母「はい、晩ご飯できたわよ」

父「おお、うまそうだな。母さんの包丁さばきは一流だからな!」

父「今日もいっぱい木を切ったから、いっぱい食べるぞぉっ!」

少年「…………」

父「どうした、食べないのか?」

少年「……あのさ、お父さん」

父「どうした?」





                                                            
                                        
14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:16:35.435 ID:VjxOh5BA0.net

少年「お父さん……木こりをやめることはできないの?」

父「へ?」

父「どうして、そんなこと聞くんだ?」

少年「いや……別に。で、どうなの?」

父「やめるったって、そりゃ無理だなぁ。木こりで食ってるわけだから」

少年「……だよね」スタスタ

父「お、おいっ、メシは?」

少年「いらない……」スタスタ

父「なんだ……? いったいどうしたっていうんだ?」

母「具合でも悪いのかしら……?」





                                                            
                                        
16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:19:35.116 ID:VjxOh5BA0.net

翌日――

― 学校 ―

少年「…………」スタスタ

いじめっ子「お、斧が来たぜ! やべー、斧がうつるぞ!」

手下A「ひえ〜、バッチイっす!」

手下B「あんなのが教室にいたら、こっちまでダサくなっちまう!」



少女「やめなさいよーっ!」

教師「コラコラ、なにをしているんだ!」





                                                            
                                        
17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:22:29.580 ID:VjxOh5BA0.net

教師「いいかい? 同じクラスの仲間なんだから、もっと仲良く……」

いじめっ子「いいのかなぁ、先生? オレを叱るつもり?」

いじめっ子「オレが騎士団長である親父に告げ口したら、あんたクビになるかもよ?」

教師「ぐ……!」

教師「と、とにかく……なるべく優しくしてあげなさい」

いじめっ子「はーい」



少女「いーい? あんな奴らのいうことなんか無視しちゃえばいいんだから!」

少年「…………」

少年(もう嫌だ……もう限界だ……!)





                                                            
                                        
19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:26:32.522 ID:VjxOh5BA0.net

― 少年の家 ―

母「ご飯よ〜!」

少年「……いらない」

母「いらないって、昨晩からろくに食べてないじゃない」

少年「いらないったらいらない!」

母「どうしたの? 学校でなにかあったの?」

少年「なにもないよ! ただ調子が悪いだけ!」

母「…………」





                                                            
                                        
20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:29:23.364 ID:VjxOh5BA0.net

父「……なに、ずっとベッドで寝てしまってる?」

母「ええ、なにがあったか聞いても、さっぱり答えてくれないし……」

父「ううむ……」


コンコン…


母「――はい」ガチャッ…

母「あら、あなたは……」

少女「こんばんは」

母「こんな時間にどうしたの?」

少女「少年君のことが気になって……」

母「あら、ちょうどよかったわ。なにか知ってるなら教えてもらえる?」





                                                            
                                        
22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:32:38.318 ID:VjxOh5BA0.net

父「……そういうことだったのか」

母「斧でいじめを……」

少女「はい……」

少女「でも、彼はお父さんとお母さんに心配をかけたくなくていわなかったんだと思います」

母「どうしましょ?」

父「とりあえず、明日は学校を休ませよう。俺が学校に行って、先生と話してみるよ」

母「だったら私も行くわ」

父「ありがとう」





                                                            
                                        
25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:36:54.442 ID:VjxOh5BA0.net

翌日――

― 学校 ―

教師「……私の力不足で申し訳ありません」

教師「しかし、あの子の父親は現役の騎士団長ですから……」

教師「しかも前任の団長が結婚で引退してから、次々と成果を上げ続けているとか……」

教師「私も学校側から、彼を決して叱ってはならないと厳命を受けてまして……」

教師「仮に叱っても、効果は期待できないでしょう……」

母「もし、強引に押さえつけて、いじめを止めさせたとしても」

母「いじめる方法を変えたり、どこかで爆発してしまうようなおそれがありますわね」

父「ふむう……」





                                                            
                                        
26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:38:15.584 ID:VjxOh5BA0.net

父「木こりというのは、斧というのは、そんなにダサイかなぁ」

父「俺としては決してかっこ悪くなんかないと思ってるんだが」

母「そうよねえ」

教師「私としても、木こりや斧がかっこ悪いとは思いません」

教師「ですが、こういうことは口でいってもイマイチ説得力が……」



少女「それですよ!」ガラッ





                                                            
                                        
28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:41:08.482 ID:VjxOh5BA0.net

母「あなたは……」

少女「ごめんなさい、盗み聞きして。だけど、あたしも力になりたくて……」

父「いや、かまわないよ」

父「ところで、何かいいことを思いついたようだけど……?」

少女「はい、あたし、思いつきました!」

少女「口でいっても駄目なら、実際に見せればいいんですよ!」





                                                            
                                        
29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:46:50.522 ID:VjxOh5BA0.net

次の日の朝――

― 少年の家 ―

母「どうする? 今日も学校休む?」

少年「…………」

母「少女ちゃん、迎えにきてるけど……」

少年「行くよ」ガバッ

少年(いくらなんでも、二日連続で休むわけにはいかないもんな)



少女「おはよーっ! さ、レッツゴー!」

少年「……うん」





                                                            
                                        
30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:49:22.995 ID:VjxOh5BA0.net

― 学校 ―

いじめっ子「お、斧が来たぜ!」

いじめっ子「んだよ、あのまま登校拒否になってりゃよかったのによ!」

手下A「ホントっすよ!」

手下B「つまんねえの!」



少女「はいはい、無視無視〜」

少年「…………」





                                                            
                                        
32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:52:39.407 ID:VjxOh5BA0.net

教師「え〜……今日は少し予定を変更して、学校の外で社会見学を行う」


「やったーっ!」 「授業よりマシだぜ!」 「ヒャッハーッ!」


少女「お、ラッキーだね」

少年「……うん」


「先生! どこに行くんですか?」


教師「近くの山で、ある方の仕事を見学させてもらうんだ」

教師「ホームルームが終わり次第、すぐ出発するよ!」


いじめっ子(……なーんか、くさいな)





                                                            
                                        
33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 21:56:30.153 ID:VjxOh5BA0.net

― 山 ―

ワイワイ…… ガヤガヤ……


教師「さぁ、着いたぞ」

教師「よろしくお願いします」

父「どうも」



少年(……お父さん!?)

いじめっ子(へっ、やっぱりこういうことかよ! 見え透いてんだよ!)





                                                            
                                        
34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:00:18.780 ID:VjxOh5BA0.net

いじめっ子「……プッ」

いじめっ子「おい、あのおっさん、こいつの親父だぜ! 斧とかダッセェの!」

いじめっ子「木こりの仕事なんざ見学したら、オレらまでダサくなっちまう!」

いじめっ子「みんな、笑ってやれ!」

手下A「え……アハハハハッ!」

手下B「は、はいっ! ギャハハハハッ!」


少女「ったく、あいつってば、とことん腐ってるわね」

少年「…………」



教師「それでは、よろしくお願いします」

父「はい」





                                                            
                                        
36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:04:16.931 ID:VjxOh5BA0.net

父「では、今からこの木を切り倒します」

父「…………」スゥ…

父「ふんっ!!!」ブオッ

カァンッ!

メキメキ… ギシギシ…


シーン……


「ものすごい音!」 「あんなデカイ木が揺れたよ!」 「うおおおおおっ!」

少女(すっごい! 一撃でみんなを魅了したわ!)

少年(すごいや……)

少年(そういえば、お父さんが働いてるとこ見るの、はじめてだ……)


いじめっ子「……な!」





                                                            
                                        
37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:08:32.722 ID:VjxOh5BA0.net

父「ふんっ! ふんっ! ふんっ!」ガッガッガッ

父「――ふんっ!」ブオッ

ドガァッ!

父「……倒れる! みんな離れて!」

メキメキ… ミキミキ…

ズシィィィン……!



父「――と、こんなところですかね」

教師「こうして切り倒された木が、家や家具の材料になるわけですね」

父「はい、その通りです」





                                                            
                                        
40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:11:19.780 ID:VjxOh5BA0.net

ワアァァァァァ……!

「すっげーっ!」 「かっこいい!」 「木こりってこんなにすげえのかよ!」


少女「あんたのお父さん、すっごくかっこいいじゃん!」

少年「……うん!」

少年(すごいや……!)


いじめっ子「ぐっ……!」

手下A「すげー……っす」

手下B「とんでもないもん見ちゃった……」

いじめっ子「お前ら、なにいってやがる!」ガッ ゴッ

手下AB「いでっ!」

いじめっ子「くっそぉぉぉぉぉ!」





                                                            
                                        
41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:15:19.510 ID:VjxOh5BA0.net

いじめっ子「おい、おっさん!」

父「――ん?」

いじめっ子「オレは……こんなの認めねえぞ!」

少女「あんた、人の親に向かって――」

いじめっ子「うっせえ!」

いじめっ子「そうだ! おっさん、オレにいじめをやめて欲しかったら、親父と勝負しろ!」

いじめっ子「騎士団長である、オレの親父と!」


ザワザワ…… ドヨドヨ……


父「…………」

父「いいだろう」

少年「えええええっ!?」





                                                            
                                        
42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:19:08.777 ID:VjxOh5BA0.net

いじめっ子「今度の休日、久しぶりに親父が騎士団の駐屯地から帰ってくる!」

いじめっ子「その時、このみんなの前で勝負しろ!」

父「分かった」

父「君の口から伝えておいてくれ」

いじめっ子「ぐっ……もう取り消せないからな!」


ザワザワ…… ドヨドヨ……


少年(――お父さん!? 一体なにを考えてるの!?)





                                                            
                                        
43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:22:11.851 ID:VjxOh5BA0.net

夜――

― 少年の家 ―

少年「お父さん、なに考えてるのさ!?」

少年「せっかくお父さんのかっこよさが分かったし、もういじめだってどうってことないしさぁ」

少年「こんな勝負やめようよ! 下手したら、しなくても死んじゃうよ!」

少年「だって相手は騎士団長なんだよ!?」

父「大丈夫さ、父さんも腕には自信がある」ムキッ

父「なぁ、母さん?」

母「ええ」

少年「そりゃあ、たしかに腕は太いけどさぁ……」

父「とにかく……父さんに任せておけ」

父「これはお前だけじゃなく、あのいじめっ子のためでもあるんだ」

少年「……うん」





                                                            
                                        
46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:25:26.218 ID:VjxOh5BA0.net

次の日から――

― 学校 ―

いじめっ子「……ケッ」

手下A「……っす」

手下B「……ふん」



少女「あいつら、あんたのこといじめなくなったね」

少女「そりゃそうよね。バカにしてた斧があんなにかっこいいって知れ渡っちゃったんだから」

少年「あの社会見学を思いついたのは君なんだって? ……色々ありがとう」

少女「いいってことよ!」

少年「でも、いじめが収まったのは嬉しいけど、今は決闘のことが気がかりなんだ」

少女「なにしろ、相手が相手だしね……」





                                                            
                                        
47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:30:13.948 ID:VjxOh5BA0.net

そして当日――

― 少年の家 ―

少年(いよいよ、お父さんが騎士団長と決闘する日だ)

父「さて……行こうか」

少年「うん!」

母「行ってらっしゃい」


少年(どうしてだろう? どうして二人ともこんなに落ち着いてられるんだろう?)

少年(よっぽど勝つ自信があるのかな?)

少年(それとも、相手も立場ある人だし、負けても死ぬことにはならないと思ってるから?)

少年(うーん……どっちでもないような気がするんだよなぁ……)





                                                            
                                        
48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:33:07.156 ID:VjxOh5BA0.net

― 校庭 ―


ザワザワ…… ガヤガヤ……


いじめっ子「……来たな!」

騎士団長「あなたが私と戦いたいという方ですか」

騎士団長「私としても、市井の方と剣を交えるのはあまり気が進まないのですが」

騎士団長「こちらも息子の名誉がかかっています。遠慮はしません。よろしいですね」

父「ええ、もちろんです」

少年「お父さん……」





                                                            
                                        
50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:35:14.981 ID:VjxOh5BA0.net

少年「お父さん……頑張ってね!」

父「ああ」ザッ


いじめっ子「父上、勝って下さい!」

騎士団長「無論だ」ザッ



騎士団長「あなたの武器は斧ですか……では始めましょうか」

父「ええ」





                                                            
                                        
53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:37:54.010 ID:VjxOh5BA0.net

試合開始――

騎士団長「はあっ!」

父「ぬんっ!」


ガキィンッ!



少女「きゃっ!」

少年「剣と斧がぶつかり合った! すごい音だ!」





                                                            
                                        
54:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:42:40.351 ID:VjxOh5BA0.net

騎士団長「はあああああっ!」シュアッ

キィンッ!

父「ぬああっ!」ブオンッ

ガキンッ!

キィンッ! ギィン! ガキン!



手下A「どっちも一歩も譲らないっす!」

手下B「テクニックとパワーが火花を散らしてる!」

いじめっ子「父上……!」


ガキィンッ! キィンッ! カァンッ!


ワアァァァァァ……!





                                                            
                                        
55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:45:26.847 ID:VjxOh5BA0.net

やがて――

キィンッ!

父「どうやら、決着がつきそうにありませんな」

騎士団長「ええ」

父「どうでしょう? ここはひとつ、引き分けということで」

騎士団長「息子の頼みですので勝ちたかったが……いいでしょう。引き分けにしましょう」


ワアァァァァァ……!

パチパチパチパチ…!


少女「わっ、すごい盛り上がり! って、そりゃそうよね」

少年「うん……お父さんがこんなに強かったなんてビックリだよ。もちろん、騎士団長も」

少年「でも、引き分けだとあいつは――」チラッ





                                                            
                                        
56:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:48:46.913 ID:VjxOh5BA0.net

いじめっ子「父上、すごかったよ! かっこよかったよ! オレのためにありがとう!」

騎士団長「なに、お前のためならどうってことないさ」



少女「あいつったら、いい気になって……! なーにが父上よ! 猫かぶりやがって!」

少年(てっきり、さらに機嫌が悪くなると思ってたのに……)

少年(もしかして、あいつも本当は戦いの勝敗なんかどうでもよくて)

少年(お父さんのかっこいい姿を見たかっただけなのかも……)

少女「ちょっとちょっと、あんたまでどこ見てんの! お父さんのとこ行ってあげなきゃ!」

少年「あ、そういやそうか!」タタタッ





                                                            
                                        
57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:51:45.256 ID:VjxOh5BA0.net

― 少年の家 ―

少年「お父さん、今日は本当に感激したよ! 騎士団長と互角に渡り合うなんて!」

父「少しは見直してくれたか?」

少年「うんっ!」

父「じゃあ母さん、俺は少し飲んでくるよ」

母「行ってらっしゃい」

少年「よぉーし、ボクもすごい木こりになるぞ!」





                                                            
                                        
58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:54:38.040 ID:VjxOh5BA0.net

― 酒場 ―

父「お疲れ」

騎士団長「お疲れ」

父「うまくいったな」

騎士団長「ああ、お前から話を持ちかけられた時はビックリしたが、うまくいってよかった」

騎士団長「激戦を演じて、引き分けにするという話をな」

父「うむ、どうやらみんな本気の戦いだと思ってくれたようだ」





                                                            
                                        
59:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 22:57:56.637 ID:VjxOh5BA0.net

騎士団長「それにしても、本当にすまなかった」

騎士団長「私はめったに家にいないんだが、まさか息子があんな育ち方をしてるなんて……」

騎士団長「さっき問いただしてみたら、やはりお前たち父子が仲良くしてるのを町で見て」

騎士団長「それが妬ましくて、いじめをやったらしい」

騎士団長「で、自分もまるで正義の騎士団長になったように思い、エスカレートしたらしい」

父「もう終わったことさ。水に流そう」

父「今回の件で、お前からの愛情は感じ取っただろうから、きっと心を入れ替えてくれるさ」

騎士団長「だといいんだがな」

父「なにしろ、子供の頃の俺とお前の仲の悪さはあんなもんじゃなかった」

騎士団長「ハハハ、たしかに」





                                                            
                                        
60:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 23:03:41.110 ID:VjxOh5BA0.net

騎士団長「それにしても、騎士団きっての斧使いだったお前が騎士団を辞めてから」

騎士団長「もう十余年か……」

騎士団長「やはり、戻ってくる気はないのか?」

父「ああ、木こりは楽しいし、もう戻るつもりはないよ」

騎士団長「楽しいのならなによりだ」

父「普通に生きたいというワガママを聞いてもらって、すまなかった」

騎士団長「かまわんさ。おかげで私は団長になれたんだしな」

騎士団長「ところで――」

騎士団長「前騎士団長殿は、元気にしているか?」

父「もちろんだとも。多分、得意の剣さばき、ならぬ包丁さばきで――」





                                                            
                                        
62:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 23:07:18.077 ID:VjxOh5BA0.net

父「今頃、子供のためにおやつでも作ってるんじゃないのかな」


― 少年の家 ―

母「今日はお祝いに、デザートにケーキを焼いてあげるわ! 大きめに切ってあげる!」

少年「わぁっ、楽しみ!」

母「……ん」

母「ハーックション!」

少年「お母さん、大丈夫!?」

母「ええ、平気よ。多分……誰かが私の噂でもしてるんでしょうね」







― 完 ―





                                                            
                                        
63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 23:11:40.888 ID:850G7rce0.net

乙!





                                                            
                                        
64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 23:12:14.446 ID:DgTz5s+Y0.net

おつおつ





                                                            
                                        
66:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 23:12:40.125 ID:6odNEXkZa.net

やはり斧使いは正義






                                                            
                                        
67:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/12/26(月) 23:13:13.311 ID:A7ICJum4r.net

働くオヤジはかっこいい






                                                            

・ニュース速報(VIP)@2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介でした
 少年「お父さんが木こりで斧使いなせいで学校でいじめられる」
【R18】女上司(31)「シャキッとしろ!それでも男かっ!?」
オチン●ンがぷるぷるwwwニューハーフのペニクリ暴れるエ□GIF画像すげーwww
【※GIFあり※】フジ深夜枠で放送された「乳トレ講座」とかいう男性視聴者殺しの番組ww→「フ...
【25枚】GIFで見ると結構やらかしてるアイドルのエ□ハプニング集
【※GIFあり】卓球中の女子にリモコンバ●ブ仕込んでスイッチオンした結果wwwwwwwwww...
【画像】21歳のグラビアモデルがエ□すぎる格好でイベントに現れて話題に
「セクサロイド? お前が?」 「そうじゃ、おかしいか?」
兄「くっ!膣内に射精すぞ!!!!」妹「え〜っ???まだ挿入れたばっかじゃ〜〜ん」
【アヘ顔】本気でイった女の顔はこうなるwwwwwwwwwwwwww(GIFあり)
【R18】女親友「アンタってさぁ、シたことある?」
ハリー「ディメンターフエラを実現する会?」ロン「そう」
上司「任天堂を継いでくれ」彡(゜)(゜)「おかのした」
【R18】女教師「どうした、最近勉強に身が入ってないようだが?」
馬場ふみか 豊満バストで“髪ブラ”披露!収まりきらず「ハプニングも」(*´艸`*)
広末涼子(36)下着一枚で老人に抱かれてる…2ch「こんな濡れ場あったのか?」「枕営業再現?」
【盗撮流出】トップレス姿を隠し撮りされた美人モデル…乳首まで晒されている…
無修正。銭湯の女風呂の中を撮影する猛者あらわるw個人撮影のレベルが高すぎて少女のおま●こまでバッチリw
【痴女】「私のパイズリ最高でしょ?」超絶爆乳のお姉様がしてくれるパイズリが圧巻過ぎる件ww【宇都宮しをん】
痴漢冤罪で逮捕された俺の末路wwwwwwwwwwwwwwwww
【衝撃画像】Toloveる、無修正の性器を晒してしまうwwwwアウトwwwww
風間「しんのすけ、お前大学はどうするんだ?」
【画像】ネッコ「ああおかえりいいいいいいい!!!」アタマゴンゴンゴン
従姉妹(11)「にーちゃんにーちゃん! お小遣いちょーだい!」
(´・ω・`)「あ、停電だ」




きみとえっち (GOT COMICS)[アダルト] よいこといけない放課後 (メガストアコミックス)[アダルト] いやらしいこ。 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)[アダルト]

 

最新記事50件