転載元:美鈴「あなたもしつこいですね……」 デブ男「俺は諦めんぞ……」

2016/11/16 1:00
>>230〜おまけ追記

1: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 01:46:52 ID:Ei4R1dos

デブ男「あれが紅魔館か……ついにたどり着いた……」


デブ男(俺の名は男、噂によればあそこにすっげえ可愛い幼女が2人住んでるらしい……)


デブ男(が、その姿を見たものは誰もいないと言う……俺らオタクの世界じゃ伝説みてえな存在だ……)


デブ男(そこで、オタク界でも数々の伝説を達成してきた俺が立ち上がった……この伝説に終止符を打つために……)


デブ男「ふひひ、燃えるねえ……俺が絶対にその伝説の幼女達を最初に目撃してやるぜ……」スタスタ







芦田愛菜ちゃん、まさかの濡れ場に挑戦!乳首がちょっと出るwww
【JS銭湯隠撮pornhub動画】シャンプーの蓋に仕掛けた超小型CCDカメラの前で無邪気な小●生の少女たちがあられもない姿をさらすwww
【参考GIFあり】こういうエ□い女が通ってるスポーツジムはどこだよ?教えろwwww【画像30枚】
駅やホームで拝める股の緩いJK達のパ●チラ画像
街中でこんな格好してる人はスケベで間違いないと思う
子産め太夫「うっ!」パンパパパンパン パパン パパン ドピュ
新体操女子ライバル「はい紅茶(下剤入りだけどね)」女「あっありがとう・・」
【GIF】 A●女優が撮影中に笑ってしまうNGシーンが抜けるwwwwwwww(※画像あり)
【画像】乳もまれて半泣きになるグラビアアイドルwww
【画像あり】彡(●)(●)「・・・・・・アンドロメダ銀河?」
学者「恐竜大量死の謎に迫る」
【JK ●影】水着試着室にカメラ設置したら女子校生入ってきて大当たりwww ※動画
乳首透け、マンスジ… これだから女子水泳競技は人気らしい・・・(画像)
【動画】モーターショーでめっちゃ可愛い巨乳モデルが乳首ポロリしてる…
「テラスハウス」でセッ●スした女子高生・永井理子の水着画像がコチラwww
篠崎愛さんの中学生の時の腹wwwwwww
敵「どんな拷問にも耐えられる?ほう、では…」
【※朗報※】本 田 望 結 ち ゃ ん(12)完 全 に メ ス の 顔 を す るwww完全にフ●ラチオでワロタwwwwwwwwwwwwwwwww(画像あり)
セクシーすぎるロシア白人JKが発見されるww胸の谷間が凄い件ww(画像)
【画像】 時東ぁみちゃん(28)のヌードをご覧ください!w 最ッッッ高にヌけるぞwwww
オーキド「ここにモンスターボールが3つあるじゃろ?」レッド「…」グリーン「…」
両津「麗子!わしはホモビに出演するぞ!」麗子「やめて!両ちゃん!」
サトシ(37)「すいません。ピジョット運送さんですか?正社員の件でお電話したんですけれども」
悟空「ブゥ!クリリンをチ○コにしてくれ!」


2: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 01:49:40 ID:Ei4R1dos

紅魔館「」デェェェェェン


デブ男「近くで見ると随分とでっかいな……紅魔館ってのは……」


デブ男「さて、どうやって侵入するかな……塀をよじ登るか? というか幼女達はいったいどの辺に……」


???「あのー、すいません」


デブ男「あ?」


???「もしかして貴方、この紅魔館に侵入しようとしてます?」


デブ男「だ、誰……でしょーか? 貴女様は……」


紅美鈴「私は紅美鈴、この紅魔館の門番を務めてる者ですよ」


デブ男「も、も、門番……?」




3: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 01:54:48 ID:Ei4R1dos

美鈴「はい、門番です! この紅魔館には許可がない限り……誰も入らせません!」


デブ男「お、おおう……」


美鈴「あれ? 何か微妙な反応ですね……」


デブ男「いや、まあ……うん………」


美鈴「…………?」


デブ男(やべえ……女の子に話しかけられたのなんて何年ぶりだよ……おまけにめっちゃ美人だし…………て、手汗が……)


美鈴「えーっと、よく分からないんですけど……本題に入っていいですか?」


デブ男「あ、ああ……どうぞ?」




4: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 02:01:18 ID:Ei4R1dos

美鈴「貴方が今入ろうとしている紅魔館は、さっき言った通り……許可が無いと入れないんです」


美鈴「だから、侵入しようだなんて考えはやめてください」


デブ男「………………」


デブ男(門番……身長は俺くらいあるけど服が奇抜って以外は普通の女だな……)


デブ男(毎日腕の筋トレだけはやってるから腕っぷしにはそれなりに自信あるし……ちょっと大人しくしてもらうか……)


デブ男「どうしても……通してくれないんですか?」


美鈴「はい、どうしてもです!」


デブ男「それなら……」グッ




5: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 02:07:56 ID:Ei4R1dos

美鈴「えっ、もしかして私と戦う気ですか?」


デブ男「戦う気はないです、ちょっと大人しくしてもらおうかなと」


美鈴「やめた方がいいと思いますよ……紅魔館に侵入しようとしなければこちらからは一切手は出しませんから……」


美鈴「このまま帰った方がいいと思います…… 」


デブ男「あいにくみんなの夢を背負ってるんでね、帰るわけにはいかんのですよ」スタスタ


美鈴「もしかしたら怪我しちゃうかもしれませんよ? 痛いですよ〜? 骨とか折れちゃうと……」


デブ男「………………」スタスタ




6: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 02:14:39 ID:Ei4R1dos

美鈴「あの、お願いです……やめてください……貴方に怪我をさせたくないんです」


デブ男「怪我はしませんよ、貴方が大人しくなるだけで」


美鈴「はぁ……」


デブ男「この際だ、門から堂々と入らせてもらいますよ……」スタスタ


そうして美鈴の横を通りすぎるデブ男


美鈴「…………最後の忠告です」


美鈴「紅魔館へ侵入しようだなんて考えは、今すぐにやめてください」


美鈴「それ以上近づいたら……私は貴方を紅魔館へ侵入しようとする敵と見なし……攻撃をしなければなりません」




7: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 02:21:45 ID:Ei4R1dos

美鈴「私はそんな事……できればしたくありません……だから……」


デブ男「…………すいません、無理です」


後ろから美鈴に襲いかかるデブ男


美鈴「仕方ない……恨まないでくださいね」シュッ


デブ男(なっ、消え……)


美鈴「はぁっ!」ドゴオッ


デブ男「ぐわあああああああああああああああああ!」メキメキッ


美鈴「手応えあり、左腕の骨は頂きましたよ……」


デブ男「がっ……ぐぅぅ…………」ドサッ


デブ男(何だ? 左腕を蹴られたのか……? 分からなかった……早すぎて見えなかった……くそぉぉぉ……)




8: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 02:28:47 ID:Ei4R1dos

美鈴「あの、やっておいて何ですけど……大丈夫ですか?」


美鈴「包帯くらいは差し上げますよ?」


デブ男「ぐっ……いら……ねえ……」ピクピク


美鈴「そ、そうですか……」


デブ男「ふんっ……ふー! ふー! ぐぅぅ……いてぇよぉ……」フラフラ


デブ男「諦め……ねえぞ……絶対……ぐっ! 諦めねえ……ぞ………うぅ………」フラフラ


美鈴「い、行っちゃったよ……何というか……凄い執念を持った人だったな……」


美鈴「そんなに紅魔館に入りたかったのかな……」




11: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 11:22:09 ID:Ei4R1dos

─2ヶ月後─


デブ男「やっと左腕も完治か……」


デブ男「………………」


デブ男「あの門番、次元がまるで違う……俺の力じゃ話にならなかった」


デブ男「今回ばかりは無理かもしれんなあ……諦めるか……?」


デブ男「でも伝説達成男の俺が諦めたなんてなったら幼女サークルの同士に会わせる顔がねえし……」


デブ男「……こうなったら」




12: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 11:53:52 ID:Ei4R1dos

美鈴「ふぁぁぁ…………眠いなあ」


美鈴「でも寝るとまた咲夜さんに怒られるし……ガマンガマン……」

ガシャン ガシャン

美鈴「……ん?」

ガシャン ガシャン ガシャン

美鈴「な、何あれ……鎧……男……?」


鎧男「紅美鈴ー!!」


美鈴「え!?」


デブ男「俺だぁ!」パカッ


美鈴「……………………………………あっ! 貴方はあの時の!」


デブ男(こいつ、今の今まで俺の事忘れてやがったな……)




13: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 15:01:48 ID:Ei4R1dos

美鈴「それで……何のようですか?」


デブ男「この格好を見れば分かるだろ……紅魔館に侵入しに来たんだよ」


美鈴「はぁ……」


デブ男「いくら強いと言ってもこんな甲冑を身に付けられたんじゃいくらお前でも手も足も出ないはずだ!」


デブ男「おまけに……見ろ!」シャキン


美鈴「わー、剣ですね」


デブ男「そうだ! 殺す気なんてさらさら無いが……大人しく通してくれないなら……この剣で痛くしてやるぞ!」シャキン


デブ男(凶器だぞ凶器……流石にびびっただろ……)




14: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 15:08:25 ID:Ei4R1dos

美鈴「あのー、1ついいですか?」


デブ男「え? あ、どうぞ?」


美鈴「大人しく通さないとその剣で、私を攻撃するんですよね?」


デブ男「あ、ああ! そうだぞ!」シャキン


美鈴「言っときますけど……凶器で攻撃するなら私、容赦しませんから」


美鈴「そこだけは覚えておいてください」


デブ男「え?」


美鈴「当たり前です、凶器ですよ凶器! 刺されたら死んじゃうかも知れません」


美鈴「だったら私も全力で抵抗しないと……だから貴方を本当の敵だと見なし、今度は全力で攻撃します……この前のようにはいきません」




15: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 15:11:23 ID:Ei4R1dos

デブ男「全力で……?」


美鈴「はい、全力です」


デブ男「あ……あのさ、俺も1ついいかな?」


美鈴「ええ、どうぞ?」


デブ男「君がもし全力で俺に攻撃したら……俺は、どうなる?」


美鈴「えーっと、多分死にますね」


美鈴「塵1つ残りませんよ」


デブ男「塵……1つ……」




16: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 15:15:52 ID:Ei4R1dos

美鈴「じゃあ軽く見せてあげますよ」


デブ男「え? 何を?」


美鈴「…………危ないから地面に向かって」ググッ


美鈴「ほいっ!」ゴオッ


ドゴォォォォォン!


デブ男「わぁぁぁぁぁっ!?」ガシャン


美鈴「ふー…………どうです?」


デブ男「じ、地面に人が入れるくらいのクレーターが……」


美鈴「紅魔館を壊すわけにもいかないので今のは本当にかるーーーーくやりましたけど……」


美鈴「もし剣で攻撃しようものならこれを全力で貴方にぶつけるので、お覚悟を」




17: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 15:28:42 ID:Ei4R1dos

デブ男「…………………………………………」


デブ男「や、やっぱり剣はやめよう! 危ないからな! 怪我させちゃうかもしれないし!」シャコン


美鈴(この人……ポーカーフェイスって言葉知ってるのかな、動揺しすぎですよ)


デブ男「お、お、お、男ならやっぱり拳で語らなきゃ!」グッ


美鈴(そんな鎧着て言われても……説得力0です……)


デブ男「この前は一蹴りでノックアウトされたが……甲冑を装備してる今、防御力はグンッとアップしている!」


デブ男「今ならそれなりにだが戦えるはずだ!」


美鈴「やめた方がいいと思いますけど…………」


デブ男「問答無用! 大人しくその門の向こうへ行かせろ!」ダッ




18: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 15:32:46 ID:Ei4R1dos

デブ男「男女平等パンチ! 甲冑バージョン!」グワッ


美鈴「よっ」ヒョイ


デブ男「えっ」スカッ


美鈴「今度はこっちの番ですね……」ググッ


デブ男(この体制は! ボディか!? だが甲冑を装備してる今なら……)


美鈴「ふんっ」ドゴォォォォォ


デブ男「ぐぼぉぉぉぁぁぁぁっ!?!?!?!?」


デブ男「あ……が…………」ドサッ


デブ男(そ、そん……な……甲……冑……着てるの…………に……)




19: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 15:44:56 ID:Ei4R1dos

美鈴「あの……大丈夫……じゃなさそうですね…………」


美鈴「すっごく手加減したんですけど……肋骨6本くらい持って行っちゃいました……ごめんなさい……」


デブ男(う、うそだろぉぉぉぉ…………?)ピクピク


デブ男「ぐぼぉぉぉぁぁ……カハッ! ハア! ハア!うぐぐ……ハアハア……」ピクピク


美鈴「ヤバイ……やり過ぎたかもしれない……ほ、本当に大丈夫ですか? 家くらいまでなら私が紅魔館の妖精に頼んで……」


デブ男「だ……い! じょ………………ぶ…………!」ハアハアハア


デブ男「カハッ! ゼーハーゼーハー……ウギギギ……フー! フー! フー!」フラフラガシャンガシャン


美鈴「あ、歩いて帰って行った……あんな鎧着て……肋骨も何本か折れてるのに……」


美鈴「あの人の執念だけは……間違いなく本物だ……認めよう……」


美鈴「あっ……何で紅魔館に入りたいのか聞くの忘れちゃった…………」




20: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 18:52:18 ID:Ei4R1dos

─2ヶ月半後─


「お大事に〜」


デブ男「ありがとうございました」カ


デブ男「はぁぁぁ……やっと肋骨も完治したか…………」


デブ男「折ってから2週間くらいは息もできないし折れた所に激痛が走るし、痛くてまともに大便もできないし……」


デブ男「まさに地獄だったな……よく生きてた……俺よ……」


デブ男「…………………」


デブ男「はぁぁぁぁぁ…………何か疲れた……今日はとっとと帰ってもう寝よう……」




21: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 18:58:37 ID:Ei4R1dos

───
──


デブ男「さて……どうやってあいつを倒せばいいんだろうか……」


デブ男「正直オタクサークルの連中はすでに紅魔館幼女伝説に興味を示してないが……」


デブ男「俺は諦めんぞ……絶対紅魔館にいる伝説の幼女達をこの目で見てやる……こうなったら意地だよ意地」


デブ男「でも……あの紅魔館の門番、紅美鈴を倒さないと紅魔館に入ることすらできねえし……」


デブ男「まずはあいつを倒さないと……」


デブ男「でも……どうやって…………?」


デブ男「…………………」


デブ男「………………………………」


デブ男「…………………………………………………」




23: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 19:22:10 ID:Ei4R1dos

美鈴「それで私に聞きに来ます? 普通」


デブ男「だって何も思い付かねえんだよ」


デブ男「お前はどうやったら倒せるんだよ」


美鈴「うーん……差し入れのお菓子に毒……とか?」


デブ男「だから殺すつもりはねえって」


美鈴「いや、殺すほどの毒じゃなくてですね……例えば睡眠薬とか……痺れ薬とか混ぜて……」


デブ男「あー、なるほど! それで行くか……」


美鈴「絶対貴方から貰うものは食べませんからね」


デブ男「あぁ……何で思い付かなかったんだ……」




24: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 19:27:23 ID:Ei4R1dos

美鈴「あの、1つ聞きたいことがあるんですけど」


デブ男「うーん………………え? 何? 聞きたいこと?」


美鈴「貴方は紅魔館に侵入しようとして私から結構ひどい目にあってますよね?」


美鈴「左腕の骨を折られたり肋骨を折られたり……すっごくひどい目にあってますよね?」


デブ男「う、うん」


美鈴「それなのに……だというのに……貴方はまだ懲りずに紅魔館へ侵入しようとしている……」


美鈴「何故です? どうしてそこまでして紅魔館に侵入しようとするんですか?」」




25: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 19:31:14 ID:Ei4R1dos

デブ男「そりゃ幼……」


デブ男(ハッ……いやいやいやいや、紅魔館に住んでる幼女が見たいとか言える訳ねえだろ……!)

美鈴「幼……なんですか?」


デブ男(絶対ドン引きされるって! 最悪キモがられて殺されるかも……!)


デブ男(なら…………)


デブ男「それは……言えない、だが目的があることは確かだ」


美鈴「そうですか…………」


デブ男(ふー、なんとか切り抜けた)




26: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 20:30:32 ID:Ei4R1dos

デブ男「分かった……今日は諦めて帰るよ」


美鈴「あれ、殴りかかったりしないんですか?」


デブ男「しない、せっかく肋骨が治ったってのに、そんな無謀なことはしない」


デブ男「でも……俺は諦めんぞ……絶対にお前を倒し……紅魔館へ入ってやるからな」


美鈴「貴方もしつこいですね……でも、貴方みたいに根性がある人、嫌いじゃないですよ」


デブ男「そ、そうか……ハハハ……」テレッ


美鈴「あ、もしかして照れました?」


デブ男「………………か、帰る!」ダッ


美鈴「あー、行っちゃった…………変な人」




27: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 20:40:53 ID:Ei4R1dos

─デブ男の家─


デブ男「………………」


美鈴『でも、貴方みたいに根性がある人、嫌いじゃないですよ』


デブ男「ふひ……」ニヘラ


デブ男(女の子からあんなこと言われたの初めてだ……何か嬉しい……)


デブ男(ハッ……いやいや、何照れてんだ……あいつは、紅美鈴は倒さなきゃならない……言ってしまえば俺の敵だ……)


デブ男(思えば俺はあいつに腕を折られ肋骨も折られてんだ……もうちょっと敵意を持たなくちゃ……)


デブ男(でも………あいつ、俺の事を必要以上に攻撃しようとはしなかった……本当は……すっごくいい奴なのかな)




28: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 20:43:11 ID:Ei4R1dos

デブ男「あー! もうやめだやめだ! 変な考えが頭をよぎる!」


デブ男「あいつは倒さなきゃならない敵! それに変わりない! 今日はもう寝る!」ガバッ


デブ男「……………………」


デブ男「……………………紅美鈴……か」


デブ男「……………………」プニップニッ


デブ男「このままじゃ…………勝てる訳ねえか…………」


デブ男「…………………………よしっ」




29: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 20:48:45 ID:Ei4R1dos

─半年後─


美鈴「ふわぁぁ…………平和だなあ……」


美鈴「門番する必要あるのかなあ、コレ……」


美鈴「はぁ……寝ちゃいけないし……やる事ないし……話し相手は館の中だし……ここから離れるわけにも行かないし……退屈だなあ……」


美鈴(あの人……あれからずっと来てないけど……紅魔館に入るの……諦めたのかな……)


美鈴(紅魔館へ意地でも入ろうとする執念と)


美鈴(どんなにやられても立ち向かってくる根性は……私、認めてたのになあ)


美鈴「はぁ……暇……」




30: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 20:55:17 ID:Ei4R1dos

???「久しぶりだな! 紅美鈴!」ザッ


美鈴「…………え?」


???「さあ、今日こそ入らせて貰うぞ! その紅魔館に!」


美鈴「今日こそは? あの、貴方……何処かで会いました?」


???「クックックッ……そりゃ分からないだろう……俺もまさか痩せたらなかなかのイケメン顔になって、声もガラリと変わるなんて思わなかったからな」


美鈴「痩せたって……あ、貴方もしかして……」


???「そうだ、お前に左腕を折られ……肋骨を折られ……それでも立ち上がった……」


美鈴「太っててオタクっぽくて笑顔が気持ち悪くて執念深くて無駄に根性があった人!」


男「………………えぇ」




31: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/01(火) 21:00:17 ID:Ei4R1dos

男「お前、俺の事をそんな風に見てたのか……」


美鈴「仕方ないじゃないですか、まず私……貴方の名前すら知らないんですから」


男「そういや名前言ってなかったか……俺は男、男って言うんだよ」


美鈴「あー、男さんって言うんですね……やっと名前が分かりました……改めまして私、紅美鈴です! よろしくです! 男さん!」


男「あ、ああ……よろしく……」


男(俺……何で自己紹介をしあってんだろう……)




33: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 02:06:28 ID:DDcLhqrM

美鈴「それで男さん……どうしたんですか!? その体!?」


男「驚いただろ、この半年間……全部ダイエットに費やさせてもらったのさ」


男「あんな太ったまんまじゃ100%お前には勝てないと思ったからさ、頑張って痩せたんだ」


美鈴「へぇぇ……」ジロジロ


美鈴(人って痩せると顔や声が結構に変わるんですねえ……)


男「いやー、最初の頃は食いたくて食いたくて堪らなかったよ……その食欲を打ち消すように筋トレの毎日……」


男「まあ、そんな苦しい食欲を耐えきったお陰で、今やこんなかるーい体になれたんだけどな」ピョンピョン


美鈴「頑張ったんですねぇ……男さん……」


男「誉めてどうすんだ、全部お前を倒すためにやったことだぞ」


美鈴「ああ……そういえばそうでした……えへへ」




34: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 02:13:18 ID:DDcLhqrM

男「痩せたことでお前を倒せる確率が1%でも上がったならそれでよしだ」


美鈴「半年間頑張って……たった1%って……ずいぶんと過小評価ですね」


男「ああ、お前の実力の底が全く見えないからな……あの時だって全く本気じゃなかっただろ?」


美鈴「ええ、まあ……」


男「なら1%でもデカイ方だ、こうやって1%を積み重ねていけばいつかきっとお前に勝てるって……俺は信じてる」


男「そして、見事お前を打ち倒し……堂々と紅魔館に侵入してやるよ」


美鈴「前向きですね、男さんは」


男「下向いてちゃお前になんて絶対勝てないからな、無理にでも前向きにならないといかんのだよ」




35: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 02:19:50 ID:DDcLhqrM

男「てなわけで……挑ませて貰おうかな……」パキポキッ


美鈴「やっぱり来ますか……」


男「ああ、本当に勝てる確率が1%でも上がったかどうか……確かめたいからな」


美鈴「止めても無駄……ですよね、なら……かかってきなさい!」


男「…………行くぞ!」タッタッタッ


美鈴(うん……前と戦ったときより速さは段違いです……やっぱり痩せた事で体が軽くなったんでしょう)


男「くらえ! 男女平等パンチ!」グワッ


美鈴(パンチの早さも相当に上がっている……毎日頑張って筋トレした証ですね……)


美鈴(でも……まだまだです!)




36: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 02:28:55 ID:DDcLhqrM

美鈴「甘いですよ!」シュッ


男(やっぱり避けられるか……)


美鈴「ハァッ!」グンッ


男(右足の蹴り……! 回避は……! 無理だ! 間に合わない!)


男(両腕でガード!)バッ


バキッ��


男「ぐっ……!」ザァァ




37: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 02:30:57 ID:DDcLhqrM

美鈴「今のをガードできるようになりましたか……多少は腕を上げましたね、男さん!」


美鈴「さあ、次行きますよ!」


男「いや、ここまでだ……今回も俺の負けだよ……」


美鈴「え?」


男「ガードした両腕が痺れて……まともに動かせない……鍛え方がまだまだ足りない証拠だな……」プルプル


美鈴「そ、そうですか……」


男(だが、あいつの蹴りをガードできたのは大きな収穫だ)


男(いくら手加減といっても、前はとっさの攻撃に反応すらできなかったからな……とりあえず一歩前進ってところか)




38: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 02:46:18 ID:DDcLhqrM

───
──


美鈴「今回は包帯、本当にいらないみたいですね」


男「ああっ! 折れた訳じゃなさそうだしな……ほらっ、こうやって腕も動かせるし」


美鈴「ふふっ、頑張って鍛えた証拠ですね」


男「ああ、前の俺ならあれで両腕がバキバキに折れてただろうよ」


男(まあ、それでもかなり痛いけどな……)ジンジン


男(こいつ、やっぱり底が知れねえ……)ジンジン




42: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 17:54:11 ID:DDcLhqrM

男「お前っていったいどんな鍛え方したらそんなに強くなるんだよ」


美鈴「………………」ムスッ


男「な、何だよ……」


美鈴「お前って言い方……何か嫌です……すっごく壁を感じます……」


男「じゃあ何て呼べばいいんだよ」


美鈴「いや、普通に美鈴って呼んでくださいよ」


男「えぇ……? いいのか、お前それで……」


美鈴「お前よりは100倍マシです! ほらっ、美鈴! 美鈴!」


男「め、め、美鈴……?」


美鈴「はい! 何ですか?」ニコッ




43: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 18:07:05 ID:DDcLhqrM

男「何で……め、美鈴はそんなに強いんだ?」


美鈴「えー? 何でそんなに強いかって聞かれても……」


美鈴「うーん、たくさん修行したからですかね……」


男「たくさんって……具体的には何年くらいだよ」


美鈴「うーん……まあ軽く60年くらいは修行してるんじゃないですかねえ、数えたことなんてないので分からないです」


男「……」


男「…………」


男「……………………」


男「はあああああああああああ!?」




44: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/02(水) 20:10:27 ID:DDcLhqrM

美鈴「ど、どうしたんですか……いきなり大声出して……」


男「いや……美鈴! お前歳いくつだよ!? ろ、60年修行って! 全然見た目と釣り合わないぞ!?」


美鈴「ああ……そういえば言ってませんでしたね、私……妖怪ですよ?」


男「…………はぁ? 妖怪ぃ?」


美鈴「はい、信じられないかも知れませんけど私は妖怪なんです、だからこう見えて貴方より何倍も生きてます」


男「妖怪って……いったい何の妖怪なんだ?」


美鈴「ふふふ、それは秘密です」


男「ええ……そこまで教えといて肝心な事は逸らかすとかそんなのありかよ……」


美鈴「まっ、私を倒せたら教えてあげなくもないですよ!」


男「無茶言うなよ……」




47: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 14:14:44 ID:B3pTcV.o

美鈴「というか、あんまり驚きませんね? 普通、妖怪って分かったらもうちょっと驚いたり怖がったりすると思ってましたよ」


男「別に、お前は悪い妖怪じゃ無さそうだし……見た目は普通の人間だし意志疎通できるし……」


男(あと美人だし)


男「そりゃ、恐ろしい化け物とかに変身できるなら話は別だけどさ」


美鈴「残念、化け物に変身はできないです」


男「なら平気だ、お前が妖怪だろうが何だろうが……俺はお前を倒して……紅魔館に入る!」


美鈴「ホント前向きですねえ……」


男(しっかし……まさか美鈴が妖怪だったとは……修行も俺が生きてる年月以上にやってるっぽいし……)


男(何か特別な特訓でもしないと勝てる要素が見つからない……時間の差がとてつもなくあるからな……)




49: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 16:20:49 ID:B3pTcV.o

─男の自宅─


男「とりあえず家に帰ってきたものの……これからどうするかな……」


男「毎日毎日欠かさず筋トレをやっても……多分美鈴には一生勝てない……」


男「そりゃそうだ……奴は妖怪、んで俺は人間……体力の差も時間の差もとてつもやくあるんだ」


男「何かいい方法はないものか……」


男「………………」


男「…………………………」


男「…………………………………………」




50: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 18:51:45 ID:B3pTcV.o

男「と、言うわけで……俺を鍛えてくれ! 頼む!」ガバッ


美鈴「いや……おかしいですよね!? というか土下座なんてやめてくださいよ……」


男「俺だって恥を忍んで頼んでるんだよ…………」


男「でも周りに武術に長けた知り合いなんかいないし、ましてや妖怪の知り合いもいないし……」


男「消去法でもう美鈴しかいないんだよ」


美鈴「私は貴方の倒すべき敵なんじゃないんですか……?」


男「それはそれで、これはこれなんだ!」


美鈴「訳が分からないですよ……」




51: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 19:17:54 ID:B3pTcV.o

男「駄目……か?」


美鈴「いや、別に駄目って訳じゃないですけど……」


男「ならオーケーってことだな!?」


美鈴「男さんがいいなら……でも教えられることなんて限られてると思いますよ……」


美鈴「それに……多分教え方はへたっぴですし」


男「それでいい!全然いい! ありがとう美鈴!」


美鈴「もう……調子いいんですから」




52: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 21:29:34 ID:B3pTcV.o

その日から、俺は美鈴から武術を習うことになった……


その内容とは、とりあえず腕立て1万回しろだとか勝てるはずのない理不尽な組み手をしようだとか手から気を放出しろだとか……


とにかくめちゃくちゃな内容だったが


俺はそんなめちゃくちゃな教えに耐えに耐え、何とか美鈴を倒せるくらい強くなろうと頑張った


そして気づけば美鈴に武術の教えを頼んでから2年の月日が流れていた




54: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 21:39:45 ID:B3pTcV.o

男「9997……9998……9999……」グググ


男「10000!!」


男「ハア……」ドサッ


美鈴「お疲れ様です、男さん! はい、タオルです」


男「ああ……ありがとう……」フキフキ


美鈴「腕立て1万回も普通にできるようになりましたね」


男「ああ、最初は200回くらいでひーひー言ってたのにな……信じられねえや」


美鈴「それだけ男さんが頑張ってるって事ですよ、毎日毎日飽きずに私の所へ……普通の人なら1週間で来なくなるのに」


男「あれ? 何だ、以前にも誰かに教えてたのか?」


美鈴「ええ、何人かいました……でも1ヶ月2ヶ月で皆来なくなっちゃいましたけど……」




55: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 21:49:03 ID:B3pTcV.o

美鈴「男さんが初めてですよ、2年間も私の所へ欠かさず来る人は」


男「まっ、根性だけが取り柄だからな……紅魔館へ入るって大きな目標もあるし、諦める訳にはいかねえよ」


美鈴「やっぱりまだ入りたいんですか? 紅魔館……」


男「当たり前だ、いくら月日が経とうがその目標は……俺、絶対に忘れないよ」


美鈴「男さんのそういう真っ直ぐなところ……私、尊敬してますよ」


男「そ、そうか…………?」


美鈴「はい……」


男「……………………………………」


美鈴「……………………………………」




56: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 22:06:59 ID:B3pTcV.o

美鈴「さ、さあ! あと少し休憩したら組み手ですよ! 組み手!」


男「お、おう!」


美鈴「………………………」


男「………………………」


男「そうだ……俺さ、握り飯握ってきたんだけど……食うか?」


美鈴「いいんですか? いただきます!」


男「えっと……ほれっ」


美鈴「いただきますね、あむっ」モグモグ


美鈴「うん、塩加減が効いてていい感じです! 梅干しもグッドです!」


男「そっか、それなら良かった……俺も食べるかな」




57: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/03(木) 22:16:24 ID:B3pTcV.o

男「………………」モグモグ


美鈴「……………」モグモグ


男「うん、我ながら美味しいな」


美鈴「でしょ? あむっ」


男「……………………」モグモグ


美鈴「…………………………」モグモグ


男「何て言うか……幸せだな、こうしてうまいもの食いながら空を見上げるのって」


美鈴「そうですよね、何か……とっても幸せな気持ちになれますよね」


男「ああ、俺もそう思うよ」モグモグ


美鈴(まあ、それも……一緒に食べてくれる人が隣にいればの話……ですけどね)




60: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/04(金) 00:11:49 ID:gQN2PL4g

男「はあっ!」グワッ


美鈴「遅い! もっと素早く!」ガッ


男「くっ……!? まだまだぁ!」グワッ


美鈴「そうそう、その調子ですよ! 男さん!」ガッ


男「よーーーし!!」


???「ずいぶんと楽しそうね? 美鈴」


美鈴「え?」


男「ん?」


咲夜「サボってないか様子を見に来たけど……まさか組み手をしてるなんてね」


美鈴「さ、咲夜さん…………」




61: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/04(金) 00:22:20 ID:gQN2PL4g

男「あ、咲夜さん! こんにちはです」


咲夜「こんにちは、男さん……毎日毎日飽きないわね」


男「へへ、根性だけが取り柄ですから」


咲夜「そのひたむきさ、少しうちの門番に見習って欲しいくらいよ」


美鈴「えぇ……私だってひたむきに頑張ってますよ?」


咲夜「何処がよ、貴方はこの紅魔館の門番じゃなかったの? 何で男さんと組み手なんてしているのかしら?」


美鈴「いや、まあ……休憩がてら……ですかね?」


咲夜「…………」キラン


美鈴「ひぃぃぃぃ! ごめんなさいごめんなさい! 咲夜さん! ナイフの雨だけはご勘弁をおおお!」


男(俺が勝てない相手がただのメイドにペコペコ謝ってる様は……いつ見てもシュールというか何というか……)




62: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/04(金) 00:33:27 ID:gQN2PL4g

咲夜「男さんも、あまり美鈴を刺激したら駄目よ?」


咲夜「この子、すぐ門番って使命を忘れるから……」


男「はい、気を付けます……」


美鈴「えぇぇぇ……じゃあ男さんとの組み手は禁止……?」


咲夜「何も禁止にするなんて言ってないわ、私が様子を見に来た時だけしていいわよ」


美鈴「えぇぇぇ……」




63: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/04(金) 00:34:48 ID:gQN2PL4g

男「俺はそれで全然構わないよ、美鈴はこの紅魔館の門番なんだから、お仕事優先なのは当たり前だし」


咲夜「流石男さん、話が早いわ」


美鈴「まあ……男さんが……そういうなら……」


咲夜「決定ね、それじゃあ……私は館に戻るけど……門番の役目はしっかり果たしなさい」


咲夜「男さんはあまり美鈴を刺激しないこと……分かった?」


美鈴 男「はーい……」


咲夜「よろしいっ、それじゃあね」パッ


男「消えた……時を止める能力って羨ましいなあ」




65: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/04(金) 22:04:28 ID:gQN2PL4g

咲夜「ふう……」スタッ


???「あら咲夜、また例の男が来てるの?」


咲夜「あっ……お嬢様……はい、男さんがまた美鈴と……」


レミリア「やっぱり、毎日毎日……ホント飽きないわね」


咲夜「男さんの根性と執念はそんじょそこらの人間の比じゃないようで……負けても負けても諦めずに美鈴に食らいついてます」


咲夜「美鈴もそんな男さんがよほど気に入ったようで……もう武術を教えて2年余り経つそうです」


レミリア「2年か……なるほど……よく持ってる方ね」


レミリア「その男……少し興味が沸いてきたわ」




67: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 00:14:50 ID:WaOKJgXU

美鈴「えええええええ!? お嬢様が男さんに会いたい!?」


咲夜「そうなのよ……」


男「お嬢……様……?」


美鈴「お嬢様って言うのはレミリアお嬢様の事ですよ……この紅魔館の主です」


男「あ、主ぃ!? 紅魔館の主が何で俺に会いたいがるんだ?」


咲夜「貴方に興味が沸いたから……だそうよ」


咲夜「今まで美鈴のしごきに2年という短い年月だけど……耐えられた人間は今まで一人もいなかったからこの目でぜひ見てみたいって」


男「いや、でもなあ……」




68: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 00:22:12 ID:WaOKJgXU

咲夜「何か問題でもあるのかしら」


男「俺、この紅魔館にはこの美鈴を見事打ち倒したら入ろうって前から決めてるんです」


男「だからいくらこの紅魔館の主のお誘いと言えど……今入るのはちょっと抵抗が……」


咲夜「なるほどね……」チラッ


美鈴「……ぇ?」


咲夜「…………」キラン


美鈴「………………ぅぅ」




69: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 00:48:58 ID:WaOKJgXU

美鈴「お、男さん! 今すぐ勝負です勝負! 長年の決着をつけましょう!」


男「俺を紅魔館に入れさせる為にわざと美鈴に負けさせようってんだろ? 悪いけど考えが見え見えだよ……咲夜さん」


咲夜「くっ……」


美鈴(ほっ……流石男さん……)


咲夜「お願い男さん、そこをなんとか……どうかお嬢様に会ってくれない?」ペコッ


男「そ、そんな……頭上げてくださいよ……困ります」


咲夜「お嬢様の願いを叶えるためなら……こんな頭! もっと下げてやります!」ガバッ


男「や、やめてください咲夜さん! 土下座なんて俺が悪人みたいじゃないですか!」




70: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 00:55:33 ID:WaOKJgXU

咲夜「お嬢様は私の全て……そのお嬢様の願いは……できる限り叶えてあげたいの……だから……お願い……」


美鈴「お、男さん……」


男「そんな目で見ないでくれよ……」


美鈴「でも……」


男(弱ったな……2年間こうして頑張ってこれたのは美鈴を倒して……紅魔館に入り……伝説の幼女を目撃するって言う大きな目標があったからだ……)


男(オタクサークルはとっくに抜けちまったし……今となっちゃくっだらねえ目標だけど……)


男(こんなのでも……今の俺を作ってる要因なんだ……簡単に首を振るわけにもいかない)


男(でも咲夜さんをこのままにしとくわけにも……)




71: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 01:00:41 ID:WaOKJgXU

男(……ん? 伝説の幼女?)


男「あのさ、咲夜さん……すごく失礼なこと聞いていい?」


咲夜「…………どうぞ」


男「そのレミリアお嬢様って…………もしかして外見は幼い女の子だったり?」


咲夜「はぁ……!?」


美鈴「男さん!?」


男「いやいやいやいや、他意はないし悪意もない! ホントだ! ただ確かめなきゃいけないことだから聞いたまでだ!」


美鈴「…………」ジトー


男「っ! で、どうなんですか!? 咲夜さん!」




72: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 01:18:32 ID:WaOKJgXU

咲夜「……………………………………そうよ」


男(なるほど……伝説の幼女ってのはそのレミリアって人の事だったんだ……)


男「あの、さらに失礼なこと聞いていいですか?」


咲夜「……嫌と言ったら?」


男「館には入れないですね」


咲夜「はぁ……分かったわよ……何?」


男「そのレミリアお嬢様の他にも……外見が幼い女の子がいたりする?」


美鈴「男さん……やっぱりそっちの趣味が……」


男「だから違うって……」




73: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 01:27:07 ID:WaOKJgXU

咲夜「妹様がいるわ、彼女もレミリアお嬢様のように……外見は幼い女の子よ」


男「妹様……?」


美鈴「フランドール・スカーレット……レミリアお嬢様の妹様の事です」


男「そうか……! フランドール……咲夜さん! 他にはもういませんよね?」



咲夜「いないわよ…………はぁ、何でこんなこと答えなくちゃならないの……」


男「なるほどなるほど……幼い女の子が二人……」


男(マジで幼女が二人住んでたよ……オタクサークルの情報網はどうなってんだ……)


男(そして俺の考えは恐らく間違っていないだろう、レミリア……フランドール……この姉妹が伝説の幼女の正体であり……)


男(俺が最初に目標にしていた存在!)


男(だったら…………)




77: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 14:33:14 ID:WaOKJgXU

咲夜「お嬢様、男さんを連れてきました」


レミリア「ありがとう、咲夜」


レミリア「貴方が男ね? ようこそ紅魔館へ……私がこの紅魔館主、レミリア・スカーレットよ」


男「ああ、よろしくです……レミリアさん……」


レミリア「それで……早速質問があるのだけれど……」


男「ああ……なんですか?」


レミリア「何故……貴方は目隠しをしているの? 目でも悪いの?」


男「いや、別に目は普通にいいんですけど……とある事情で貴方の姿を見るわけにはいかんのです」


レミリア「えぇ……? 」




78: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 14:46:00 ID:WaOKJgXU

咲夜「それは私から説明します、お嬢様……実は……」

───
──


美鈴「新しい……」


咲夜「目標を作る?」


男「ああ、今までは美鈴を打ち負かしたら紅魔館に入るって目標だったんだけど……」


男「それを今日、今ここで変更する」


美鈴「どんな風に変更するんですか?」




79: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 14:53:26 ID:WaOKJgXU

男「ズバリ! 美鈴を打ち負かすまでレミリアお嬢様とそのフランドールって子の姿をこの目で見ない事……だ!」


男「そういう目標にすれば紅魔館に入れるし、俺自身も充分納得が行く」


美鈴「お嬢様と妹様の姿を見ない……ですか、また大きく出ましたね……」


男「本当は美鈴を打ち負かして紅魔館に入りたかったんだが……咲夜さんが俺に頭を下げる姿なんて見たくないし……」


男「それなら目標をズバッと変えて潔く紅魔館に入ってしまえと思ったんだ」


美鈴「男さん……」


男「大丈夫だって、最終目標が変わるだけで美鈴を打ち負かすって俺の本来の目的は変わらないし」


男「明日も明後日も……お前から武術を教えてもらいたいって気持ちも変わらないよ」




80: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/05(土) 14:59:12 ID:WaOKJgXU

男「それとも……最終目標がちょっと変わっちゃ……もう美鈴は武術を教えてくれないのか?」


美鈴「そ、そんなこと絶対にないです!」


美鈴「男さんが望むのなら……明日も明後日も一週間後も一ヶ月後も一年後も……ずっとずーっと武術を教えてあげます!」


美鈴「そして、私は貴方の挑戦を今まで通り受け続けます! 約束です!」


男「ありがとう、美鈴……」


美鈴「男……さん……」


咲夜「ゴホン!」


男 美鈴「!」


咲夜「お熱いところ悪いんだけど……そろそろ話をしても……?」


男 美鈴「あ、どうぞどうぞ……」




81: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 02:12:09 ID:Ofdsd.Qg

咲夜「それで……紅魔館には入ってくれるの?」


男「はい、俺なんかが入っていいのかですけど」


咲夜「これはお嬢様が貴方を紅魔館に招いてるようなもの、気にする必要はないわ」


咲夜「何にしてもありがとう、男さん……これでお嬢様の願いを叶えられる」


男「いやー、アハハ」


咲夜「それで……お嬢様や妹様を見ないって……具体的にどうするの?」


男「あー、それなら……」




83: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 02:15:27 ID:Ofdsd.Qg

レミリア「それでこんな格好なわけね」


咲夜「その通りです、お嬢様」


レミリア「ふーーん」


男「俺もできれば貴女の姿をぜひぜひ拝見したいんですけど……」


男「自分が決めたルールですので……この目隠しを取るわけにはいかないんです、すいません……」ペコッ


レミリア「………………」


咲夜(流石に……お嬢様の機嫌を損ねたかしら……)




85: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 20:56:39 ID:Ofdsd.Qg

レミリア「とりあえず……一つだけ言っておくわ」


レミリア「私は今、かなーりイラついている……何でか分かるわよね?」


男「そりゃ……わざわざ招いてあげたのに……その招いてくれた人の顔を、当の本人が見たくないって言ってるから……ですよね」


男「人の好意を踏みにじって……それもわざわざ目隠しまでつけて……かなり挑発的な行為だと自分でも思います……」


レミリア「あら、分かってるじゃない」


レミリア「それじゃあ……私が何を言いたいかも分かるでしょう?」


男「はい……」


レミリア「そっ、なら話は早いわ」


レミリア「その目隠し……今すぐに外しなさい、ハッキリ言ってかなり不愉快よ」




86: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 21:05:57 ID:Ofdsd.Qg

男「外さないって……言ったら……?」


レミリア「そうね、今すぐにでも殺して……今日のメインディッシュにでもしようかしら」


男「…………っ」


咲夜「お嬢様……それは……」


レミリア「黙りなさい、咲夜……」


咲夜「はい……お嬢様……」


レミリア「男、知らないと思うから一応教えてあげるけど……私は吸血鬼なの」


レミリア「人間の何十倍……何百倍……いえ、それ以上に強い自信があるわ」


レミリア「だから……その気になれば貴方なんて赤子の手をひねるかのように……一瞬で息の根を止められるのよ」




89: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 21:17:29 ID:Ofdsd.Qg

レミリア「美鈴と毎日武術の特訓をしているみたいだけど……それもたったの2年間だけ……」


レミリア「500年以上生きてる私からしたら……そんな歳月、ノミみたいな物……美鈴にも勝てない貴方に、私を倒すことは不可能」


レミリア「さっ、ここまで言えばもう充分伝わったでしょ? 命が惜しければ……早くその目隠しを取りなさい」


レミリア「さもなくば……今ここで、私が貴方を殺してあげる……」


男「…………………………」


咲夜(男さん……くだらないプライドなんて捨てて……目隠しを取った方がいい……)


咲夜(あの怒りで満ちている目……お嬢様は本気で貴方を殺そうとしている……)


咲夜(貴方が死んだ知らせなんて……あの子には伝えたくない……! だから……ここは素直に目隠しを取るのよ……男さん……!)




90: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 21:25:17 ID:Ofdsd.Qg

男「……………………」


レミリア「5秒間あげる、その間に答えを出しなさい……5……」


男「いや、いらないですよ……そんな時間……」


男「答えは、もう出ていますから」


レミリア「そう……ならば答えを出しなさい、今すぐに」


咲夜「……………………」


男「俺は……………………」







男「俺は、目隠しを取らない」


レミリア 咲夜「!!」




91: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 21:39:38 ID:Ofdsd.Qg

男「いくら貴女の機嫌を損ねようが……貴女に殺意を向けられようが……貴女に殺されかけようが……関係ないさ」


男「俺は、絶対に目隠しを取らない」


レミリア「貴方……私の話を聞いていなかったの? 貴方なんて赤子の手をひねるように殺すことだって……」


男「それでもだ、これは……この目隠しは……俺が美鈴と戦う理由でもあり……貴女からすればちっぽけな2年間を必死に費やした証でもあり……」


男「美鈴との……繋がりでもある」


レミリア「…………」


男「俺は……強くなりたい、もっとあいつから武術を学び、もっともっと色んな技を、技術を……教えてもらい……」


男「そして……本気のあいつを、俺は打ち負かしたい……それが……今の俺を作ってる全部なんだ」


男「だから……今この目隠しを取ることは絶対にできない……これを取って貴女の姿を見るのは……美鈴を打ち倒した時だけだ」


男「例え無理やり目隠しを取られようが……そん時は自分で目をえぐってでも……貴女の姿を……俺は見ない」




93: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 21:48:19 ID:Ofdsd.Qg

咲夜(男さん……貴方そこまで……)


レミリア「どうして……どうしてそこまでするの?」


レミリア「自ら命を投げ出そうとしてまで……貴方が美鈴との戦いにこだわる理由は……いったい何?」


男「そういう類いの質問はとっさに聞かれると答えに困るな……」ポリポリ


レミリア「いいから、答えなさい!」


男「うーん……そうだなぁ……」


男「…………負けて悔しいから、かな?」


レミリア「………………それだけ?」


男「ああ、そんだけだよ」




96: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 22:17:20 ID:Ofdsd.Qg

レミリア「分かってるの? 貴方、そんなちっぽけな理由で……今、命を投げ出そうとしているのよ?」


男「分かってるよ、自分で言ってておかしいってことも、そりゃ分かってるつもりだよ」


男「けどな、男には譲れない物ってのがあるんだ」


男「ここで目隠しを取って……美鈴との戦いに意味をなさなくなるのなら……俺はここで喜んで死んでやる」


レミリア「そんな単純な理由で命を投げ出して……貴方は後悔しないの?」


男「絶対にしないよ、俺はここで目隠しを取らないのが……今、俺にできる一番正しい行動だと思ってる」


男「それで死んだのなら……しょうがないさ、神様だって……きっと分かってくれる」


レミリア「…………」


咲夜『男さんの根性と執念はそんじょそこらの人間の比じゃないようで……負けても負けても諦めずに美鈴に食らいついてます』


レミリア(根性と執念はそんじょそこらの人間の比じゃない……か、なるほどね…………)




97: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 22:29:39 ID:Ofdsd.Qg

レミリア「それじゃあ……遠慮なく殺させてもらうけど……覚悟はいい?」スクッ


男「ああ、やれよ……」


レミリア(神槍……スピア・ザ・グングニルッ……!)ゴゴゴゴゴ


咲夜「お嬢様! お止めください!」


レミリア「下がりなさい、咲夜……一瞬で終わるわ」ゴゴゴゴゴ


男(何かすげえ爆音がする……あー、マジで死ぬんだな……)


男(死ぬ前に美鈴に勝ちたかったけど……仕方ないか……)


男(こんなことなら目標を変えずに紅魔館になんて入らなきゃ良かったなあ……)




98: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/06(日) 22:31:48 ID:Ofdsd.Qg

咲夜「最後にもう一度聞くけど……その目隠しを取る気は?」ゴゴゴゴゴ


男「何度も言わせるな、取る気はない……殺るならさっさと殺れよ……」


レミリア「そう……残念だわ」


レミリア「ならっ……もう貴方に用はないわ………………さようならっ……!」ブンッ


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!



男(何かが迫ってくる……!南無三っ……!)


咲夜(男さん……ごめんなさい……!)




ドゴォォォォォォォォォォン!!!!




103: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/07(月) 17:49:50 ID:AY0IMu.g

パラパラ……

咲夜「お嬢様……な、何てことを……」


咲夜「私は……私はあの子に何て言えば……」


レミリア「落ち着きなさい、咲夜」


咲夜「で、ですが…………!」


レミリア「いいから、落ち着いて煙が晴れたところをよく見なさい」


咲夜「え?」クルッ


男「……」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタ


咲夜「お、男さん!!」


男「あ、あ、あ、あれ? おおおおおお俺……! し! 死んで! ないの……か?」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタ


レミリア「ええ、わざと外したんだから……生きててもらわないと困るわ」




104: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/07(月) 17:57:39 ID:AY0IMu.g

男「あ、あははははは……そっか……生きてるか……」ヘナッ


咲夜「お嬢様……どうしてこんなことを……?」


レミリア「試したのよ、あの男がふさわしい人間かどうかをね」


咲夜「ふさわしい……? いったい何の……」


「男さぁぁぁぁぁん!」


咲夜「え?」


美鈴「男さん!! 無事ですか男さん!! さっきのどでかい爆発音は何です!? 」バタン


咲夜「め、美鈴……貴女門番は……」


美鈴「それどころじゃないですよ! 男さん! 男さんはどこです!? 無事なんですよねっ! 咲夜さん! 」




105: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/07(月) 18:03:08 ID:AY0IMu.g

咲夜「え、ええっ……ほらっ、あそこで座り込んで命の有り難みを実感してるわ」タジッ


男「へへへ…………へへへへへへ…………生きてるぅ……生きてるぅ……」


美鈴「ホントだ……良かった……」


咲夜(この子……案外あっちの素質があるかも…………)


美鈴「でも、このとてつもない破壊の後はいったい……」


レミリア「貴女も来たのね、美鈴……ちょうどいいわ」


美鈴「お、お嬢様! これはいったい……」


咲夜「そ、そうです……どうしてこんな危ないことをしてまで男さんを試したりしたんですか……お嬢様……」




106: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/07(月) 18:13:46 ID:AY0IMu.g

レミリア「そりゃそうよ、この男には紅魔館の二人目の門番になってもらうんだから」


レミリア「紅魔館の門番になるからにはある程度の器は必要だと思ってね、ちょっと試させてもらったのよ」


咲夜 美鈴「え…………」


咲夜 美鈴「ええええええええええええええええ!? 二人目の門番!?」


男「え…………俺が…………?」


レミリア「そうよ、男……貴方がこの紅魔館の……二人目の門番になるの」


咲夜「ちょちょちょちょっと待ってください! 聞いてませんよ! そんな話!」


美鈴「そうですよ!! 聞いてません!」


レミリア「そりゃそうよ……今決めた事だし……二人が知らないのも無理ないわ」




107: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/07(月) 18:23:17 ID:AY0IMu.g

レミリア「咲夜の話でピンと来て……さっきの話し合いでさらにピンと来て……意地でも目隠しを取らないその態度でさらにさらにピンと来たのよ」


レミリア「そして思ったわ、こいつが欲しいってね」


咲夜「そんないい加減な……」


レミリア「いいじゃない、咲夜……美鈴がいつも寝ていて門番をサボってるって……貴女、いっつも私に愚痴をこぼしていたし」


レミリア「もし男が門番になれば美鈴だって……少なくとも居眠りなんてする事は無くなるわよ?」


咲夜「そ、そうかもしれませんが……」


レミリア「男……貴方、すっごく面白いわ……このまま野に手離しておくのはおしい……」


レミリア「ぜひ貴方を私の下に置いて置きたいのよ、どう? 男」


レミリア「この紅魔館の、二人目の門番になる気はない?」




108: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/07(月) 18:35:12 ID:AY0IMu.g

男「あの、門番になっても……美鈴に勝つまで貴方や妹様の姿は見ませんよ……?」


レミリア「私は別に構わないわ、その目隠しに込めた貴方の覚悟は充分に伝わったしね」


レミリア「フランがどう思うかは知らないけれど……私からキツく言っておいてあげる」


男「今まで通り美鈴と修行したり戦っても?」


レミリア「門番の仕事に支障が出ないのなら……いくらでもやればいいわ」


レミリア「咲夜に注意されない程度にね」




109: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/07(月) 18:36:55 ID:AY0IMu.g

男「ね、寝床は?」


レミリア「紅魔館に貴方の部屋を用意させるわ」


レミリア「勿論……三食+おやつのティータイム付きよ」


男「お、お小遣いは……」


レミリア「欲しいのがあるのなら買えばいいわ、咲夜がお金を出してくれるでしょう」


男「あの……ホントに俺でいいんですか?」


レミリア「ええ、むしろ私は貴方がいいわ」




110: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/07(月) 18:40:25 ID:AY0IMu.g

男「オッス!! 今日からお世話になります!! レミリアお嬢様!!」


レミリア「うんうん、返事が早くて助かるわ」


レミリア「じゃあさっそく……今日からよろしくね?」


男「はいっ!! お任せくださいっ!!」


レミリア「いい返事ね、期待してるわ」


咲夜(う、嘘ぉ……こんな簡単に決まっていいの……?)


美鈴(お、男さんと今日から……一緒に門番を……!)




117: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 01:29:07 ID:NypXDUi.

レミリアお嬢様の御眼鏡に適い


何と紅魔館の門番になったわけだが


とりあえず荷物も何もないのでその日は一旦家に帰って


明日改めて訪ねることに決めた


男「この家にもしばらく帰らなさそうだな……」


男「怪我の時とかボロボロな時に飯作ってくれた近所の人とかに挨拶してから行かないと……」


男「……今日はもう寝よう、明日は早いぞ」ガバッ


そうは言っても明日からの生活にワクワクしてそこから寝るのに2時間はかかった




118: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 02:13:04 ID:NypXDUi.

─翌朝─

おばさん「ここにはもう戻ってこないのかい?」


男「多分……休みが頂けたら戻るかもしれませんけど……しばらくは……」


おばさん「そう……男くんがいないと寂しくなるねえ……いつかみたくボロボロになっちゃ駄目よ?」


男「はい、そうならないためにも! 俺、もっともっと強くなります!」


おばさん「うんうん……男くんならきっと大丈夫、おばさん応援してるからね」



男「はい! それじゃあ! 今までお世話になりました!」


おばさん「はーい、達者でねー!」

バタン

男「挨拶回りは終わった……よしっ! 今日から門番だ! 頑張るぞ!」


男「紅魔館まで……ダッシュ!」タッタッタッ




119: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 20:22:17 ID:NypXDUi.

美鈴「男さん……まだかなあ……」ソワソワ


男「美鈴ー!」タッタッタッ


美鈴「あ、男さん! おはようございます!」


男「はぁ……はぁ……おはよう! 美鈴!」


美鈴「咲夜さんが紅魔館の中で待ってるそうです、男さんの部屋を案内したいそうで」


男「分かった、荷物を置いたらすぐに行くよ」


美鈴「はい! あっ、今門を開きますね」ガラガラガラ


男(俺を通すために紅魔館の門が開くだなんて……人生何があるか分からないもんだなあ)




120: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 20:47:38 ID:NypXDUi.

男「し、失礼しまーーーす!!」ガチャッ


しーん


男「…………あれ? だ、誰もいないのか?」


咲夜「今日からここで寝泊まりするのに……そんな態度で大丈夫?」パッ


男「うぉっ!?」ビクッ


咲夜「おはよう男さん、驚かせてしまったかしら?」


男「あ、アハハ……突然現れるからつい……」


咲夜「館内は広いから時を止めないと移動も一苦労なのよ……」


男「咲夜さんも苦労してるんですね……」


咲夜「まあね……もう慣れっこよ……」




122: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 21:02:12 ID:NypXDUi.

咲夜「とりあえず男さんが寝泊まりする部屋へ案内するわ」


男「あっ、お願いします」


咲夜「そうそう、基本私を呼んでくれれば時を止めてそちらへ向かうけど……」


咲夜「私もいつも向かえる訳じゃないから自室への道程は今できる限り覚えてね」


男「分かりました」


咲夜「よろしいっ……さっ、行きましょうか」


男「はいっ!」




123: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 21:19:38 ID:NypXDUi.

咲夜「ここよ」ガチャッ


男(ここが今日から俺が暮らす部屋……)


男(軽く俺の家より豪華じゃねえか……)


咲夜「気に入ってもらえたかしら?」


男「はいっ! 超気に入りました!」


咲夜「そう、良かったわ」ニコッ


咲夜「私は仕事があるからもう行くけど……男さんはこのまま外に出て門番の仕事を頼むわね、道程はだいたい分かったかしら?」


男「はい、だいたいですけど覚えました」


咲夜「なら大丈夫ね……記念すべき初仕事、頑張ってね」パッ


男「……よしっ! 初仕事! 頑張るぞ!」




126: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 21:40:02 ID:NypXDUi.

男「美鈴ー!」タッタッタッ


美鈴「おかえりなさい、部屋はどうでしたか?」


男「ああ、めっちゃいい感じだった!」


美鈴「それは何よりです!」


男「えっと、改めて今日からよろしくな! 美鈴!」


美鈴「はいっ、一緒に門番頑張りましょうね!」


男「おう!」




127: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 21:45:12 ID:NypXDUi.

何か咲夜が移動で疲れてるのが相当おかしかったみたいだな
設定あんまり理解してなくてすまん




129: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 21:53:26 ID:NypXDUi.

男「………空、今日も青いなぁ」


美鈴「……ですねぇ」


男「…………………」


美鈴「………………………」


美鈴「そういえば男さん……咲夜さんから聞きましたよ? 目隠しを外さないからお嬢様に危うく殺されかけたって」


男「ああ……あれはマジで焦ったよ……」


美鈴「もう……危ないことするのは止めてくださいよ……男さんにはまだまだ教えたいことがたくさんあるんですから……」


男「ハハハ……ごめんごめん」




130: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 22:06:26 ID:NypXDUi.

男「でも、あの目隠しは絶対取りたくなかったからさ……」


男「ぶっちゃけ死んでもいいとまで思ったくらいだよ」


美鈴「そんな死んでもいいだなんて……命より大切なことなんて……」


男「それくらい俺からしたら大事なんだよ、本気の美鈴を打ち負かすってのは」


美鈴「男さん……」


男「それにさ、美鈴に武術を教えてもらって……たまに語り合ったり……飯食い合ったり……勝負を挑んだり……」


男「そんな日々がさ……俺、最高に楽しいと思えた」


男「でも……脅しに負けて目隠しを取ったら……そんな楽しい日々が消えちゃう気がしてさ……だから……俺も必死だったんだよ」


男「自分の命を投げ出すほどにな」


美鈴「男……さん……そんなに私との勝負を……」




131: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/08(火) 22:46:37 ID:NypXDUi.

男「今となっちゃ美鈴に武術を教えてもらえない日々とか考えられないからなあ」


男「もう生活の一部みたいなもの……」


美鈴(そんなに言われちゃ……もう止まれないですね……!)


美鈴「よーーし!! 男さん! 今すぐに修行ですよ! 修行!」


男「ええっ!? 俺は今日が初仕事だぞ? 門番はどうするんだよ?」


美鈴「門番は門の前で立ってれば門番なんです! だから例え組手をしてようが筋トレをしてようが門の前に立ってればいいんです!」


男「そ、そんなめちゃくちゃな……」


美鈴「師匠命令です! 咲夜さんには私がそそのかしたと言っておきますから! さあっ! そこまで情熱的な事を言われちゃ私が抑えられません!」


男「わ、分かったよ! やってやろうじゃないか!」


美鈴「そうこなくちゃ!」




133: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/09(水) 00:24:59 ID:EXGu9Phc

男「うおおおおおお!! 423! 424! 425! 426! 427!」グオングオングオン


美鈴「まだまだ! 男さんならもっと早くスクワットができるはずです!」


美鈴「もっと早く! もっと素早く! 足腰に力を入れて! 魂を燃やすんです!」


男「無茶言うな……うおおおおおおおお!! 428429430431432……!!」グオングオングオングオングオングオン


美鈴「いい感じですね! よーし……何か燃えてきちゃったし私もやろっかな!」


男「え?」


美鈴「123456789101112131411516171819……!」ゴオオオオオオオオ


男(は、はええ……あまりの早さに美鈴の姿がぶれて見える! 何て素早く正確なスクワットなんだ……)


男(というかそんな服装でスクワットなんてやったらあかんだろ……)チラッチラッ




134: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/09(水) 01:04:29 ID:EXGu9Phc

───
──



美鈴「19996! 19997! 19998! 19999! 20000!!」グオングオングオン


美鈴「ふー! いい運動になりました!」


男「4850! 4851……って、早すぎるだろ……もう2万か……」


美鈴「男さんも人間視点から見れば充分に早いと思います、むしろ早すぎるくらいです」


美鈴「まあ、妖怪視点から見るとまだまだですけどね……私に勝つつもりならもうちょっと頑張らなくちゃですよ」


男「くっそおおおおおおお! 見てろよ! すぐにこの差を埋めてやる! 4852! 4853! 4854! 4855!」


美鈴(貴方の尋常じゃない根性と執念があればきっと私になんてすぐ追い付けます……だから今はファイトです、男さん!)




140: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/09(水) 08:58:56 ID:caVoOaPE

男「ハァ……ハァ……」グデー


美鈴「男さーん、門番が寝っ転がってちゃまずいですよ〜?」


男「スクワットを2万回も直後だぞ……人間誰もがこうなるっての……平然と突っ立ってる美鈴がおかしいんだよ……」


美鈴「いや、普通の人間はスクワット2万なんてできませんって」


男「言葉の綾だよ……綾ぁぁ……」


男(……そういや、いつの間にかスクワット2万回くらい……皆頑張ればできそうな感覚になってたけど)


男(そっか、並みの人間はできないのか……言われてみれば太ってた頃の俺だったら絶対にできないだろうな……)


男(そういう意味じゃ……俺もちょっとずつだが成長してんのかなぁ)




144: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/09(水) 22:24:13 ID:EXGu9Phc

───
──



美鈴「息は整いましたか?」


男「おう! もう平気だ」


美鈴(10分休んだだけでまた体を動かせるように……やはり、もうスタミナは人間を軽く超越してますね)


美鈴「それじゃあ! 男さんには今から大事な修行をしてもらいます! きっと役に立ちますよ!」


男「どんなことなんだ?」


美鈴「ズバリ! 目を閉じていても相手の動きを気配で察知し、避ける修行です!」


男「相手の動きを……気配で察知?」


美鈴「はいっ、要するに心眼って奴ですよ」


男「心……眼……何か凄そうだな」




145: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/09(水) 22:34:10 ID:EXGu9Phc

美鈴「これさえ会得しておけば……例えば目で追えないほどめちゃくちゃ動きが早い相手でも……」


美鈴「心眼さえあれば目で見えなくても……相手のわずかな気配だけで存在を察知し……攻撃をすることだって可能です」


男「何かホントに凄そうだな……」


美鈴「後、紅魔館の中では男さん…目をつむる機会が多いだろうと思って……少しでも慣れていただこうかと」


男「それもそうだな……今のうちに慣れておいた方がいいか……」


男「よし! その心眼って奴! 俺に教えてくれ!」


美鈴「はい! 喜んで!」




148: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/10(木) 21:07:20 ID:XxQqixYE

美鈴「それじゃあ……先に私がお手本をお見せしますね!」


男「お手本……?」


美鈴「はいっ! 私はこうして動かずに目を瞑って立っているので……」


美鈴「男さんはそこら辺にある石ころを遠慮せず私めがけてぶん投げて見てください! 全部心眼で避けてみせますから」


男「え? ぶん投げるって……いくら美鈴でも当たったら危ないんじゃないのか?」


美鈴「あまり自惚れないでください、例え目を瞑ってたって男さんが投げる石ころになんて当たるわけないですよ」


美鈴「寧ろどうして当てられる前提なんだか……身の程を知らないようですね……」ヤレヤレ


男「……!」ムカッ


男「……そこまで言われちゃ仕方ねえ……怪我しても後悔するなよ!」


美鈴(相変わらず負けず嫌いですね……扱いやすすぎです…… )




149: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/10(木) 21:38:35 ID:XxQqixYE

男「それじゃあ……ホントに投げるからな! 後悔するなよ!」


美鈴「はーい、いつでもいいですよー」


男(マジで目瞑ってるし……あれでホントに避けられるのかよ……)ソロリソロリ


男(まあいいや、とりあえず最初はゆっくり目に……)ソロリソロリ


男(ここら辺から……とうっ)ポイッ


美鈴「……………………よっ」スカッ


男「…………………………え」


美鈴「投げる速さが遅すぎませんか? それに一個だけじゃなくて何個でも同時に投げていいんですよ」


男(ほ、ホントに避けやがった……美鈴は目を瞑ってるのに……石が飛んでくる方向を完璧に分かってるように見えた……)


男(あれが……心眼か……)ゴクリ




150: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/10(木) 21:44:57 ID:XxQqixYE

美鈴「どうしたんです? もう終わりですか?」


男「くそっ……見てろよ! 本気で行くからな!」タッタッタッ


美鈴(走りましたか……)


男(抜き足で行くのはやめだ! 走りながら撹乱して……拾っては投げ……拾っては投げをひたすら繰り返してやる!)タッタッタッ


美鈴「……………………」


男(……ここだっ! おらっ!)ヒュン


美鈴「よっ」スカッ


男(くそっ、あいつは背中に目でもあるのか!? なら今度は2発同時! 行けっ!)ヒュヒュン


美鈴「ほいっほいっ!」スカッスカッ


男(また避けられた……! でも諦めねえぞ! 何度でも投げてやる!)タッタッタッ




151: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/10(木) 21:58:51 ID:XxQqixYE

─30分後─

男「くそっ……当たら……ねえ……」ハァハァ


美鈴「あれが心眼です、だいたい理解できました?」


男「とにかく凄い技ってのは充分分かったよ……」


美鈴「ちなみに……あれをさらに使いこなせるようになると……目を瞑ってても地形の様子が何となく分かるようになるんですよ」


男「地形って……目を瞑ってても何処に何があるのか……かが何となく分かるようになるってことか……?」


美鈴「そうです、ここから階段とか……あそこにドアがあるとか……何となくですが分かるようになるんです」


美鈴「男さんにとってこれほど便利な技はありませんよ」


男「なら……絶対にマスターしないとな……その心眼って奴」


美鈴「男さんなら必ずできますよ! いえ、私が男さんに心眼を伝授して見せますよ!」


男「ああ……そいつはありがたい……とりあえずもう少し休んでから……お願いするよ」




155: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 13:13:13 ID:TKtJEHrY

男「さあ、来い!」


美鈴「それじゃあ適当な位置から石を投げますね」


男「お、おい……まさか本気で投げやしないよな……」


美鈴「まさか、ちゃんとちり紙をゴミ箱に投げる程度の力で投げますよ」


美鈴「本気で投げてもし当たったら男さん、死んじゃうかもしれませんからね」


男「怖いこと言うなよ……」


美鈴「では……始めますよ……」




156: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 13:18:03 ID:TKtJEHrY

男「…………………」


男「…………………………?」


男(あれ、美鈴はどこ行った……? 声が聞こえなくなった瞬間、よく分からなくなったぞ……?)


男(いや、落ち着け! 気配だ、気配を探れ……! 聴覚の情報に頼っちゃダメだ!)


男(何処だ……何処から投げるんだ……そして、いつ石を投げ……)コツン


男「………………え? 今の感触は」パチッ


美鈴「イエーイ、命中です!」


男「足元に石ころが転がってるってことは当てられたのか」


美鈴「ですね」


男「おいおい、嘘だろ………全然分からなかったぞ……」




157: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 14:47:18 ID:TKtJEHrY

美鈴「当たり前ですよ、いきなりできるわけないじゃないですか」


男「そりゃそうだけど……美鈴がどこにいるのかさえ分からなかったぞ……」


男「何かコツとかないのか? 気配を探ると言ってもこれじゃあ……」


美鈴「うーん……そうですねえ……男さんは少し力が入りすぎだと思いますよ」


美鈴「それに集中力もまだまだ足りてません……目を瞑ってる間、何か他の事を考えてませんでした?」


男「ああ……美鈴が何処にいるのか……とか……いつ投げるのか……とか……色々考えを巡らせてたけど……」


美鈴「それじゃ駄目です、心を無にして……自分と言う意識を無くし……他の考えを捨て、空気の流れを察知することだけに全神経を使うんです」


美鈴「それをリラックスした状態でやれば……きっとできますよ」


男「お、おう……」


男(力を入れちゃ駄目なのに……そんな全神経を使うだなんて……人間にそんな事……ホントにできんのか……)




158: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 16:18:21 ID:TKtJEHrY

美鈴「それじゃあもう一度行きますよー?」


男「ああ、頼む」


男(いや……できるできないじゃない……やるんだ……この心眼を会得して少しでも美鈴に近づく……!)


男(とやかく悩むのは……必死こいてできなかった後でいい……! 今は集中……集中するんだ……)


男(心を………無に………気配を……探る……空気の乱れを……感じとる……)


男(…………………………)


男(……………………………………)


男(………………………………………………)




159: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 16:28:22 ID:TKtJEHrY

男(何か不思議な感じ……)


男(まるで空気と一体になってるみたいだ……)


男(さっきは聞こえなかった空気の音が聞こえる……空気は正確なリズムを刻んでいる)

ザッザッ……

男(その正確なリズムに……ほんのわずかだがノイズがある……ノイズはゆっくりだが俺の周りを移動してる……美鈴か……)

ザッ

男(ノイズが止まった……?いや、違うぞ……)

ゴオオオオオオオオ

男(ゆっくりだが空気を突っ切って進んでくる物体がある……! 俺の背中側へ一直線に……!)


男(当たるまで約2秒……避けられるっ……!)ヒョイッ


美鈴「おー! 避けられたじゃないですか!!」


男「……え?」パチッ




160: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 16:37:04 ID:TKtJEHrY

美鈴「男さん!今、石をちゃんと避けられてましたよ! 目を瞑ってる状態で! 背中側へ飛んできた石を!」


男「い、今のが心眼……か……」


男「凄かった……今まで聞こえなかった音が聞こえてきて……空気と一体化してる気分になって……」


男「美鈴の位置と……飛んでくる石の方向と速さが正確に分かったんだ」


美鈴「うんうん、いい感じですね! その感覚を忘れないうちにもう一度です!」


男「お……おう!」


美鈴(まだ練習を始めたばかりなのに……もう心眼を会得しかかってる……)


美鈴(根性や執念も並外れてるけど……才能も相当な物をお持ちのようですね……教えがいがあります!)




166: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 20:55:50 ID:TKtJEHrY

美鈴(えいっ、えいっ!)ポイッポイッ


男「ほいっ! とぉっ!」ヒョイッヒョイッ


美鈴「そこまでです〜」


男「よしっ! 全部うまく避けられたぞ!」パチッ


美鈴「ホント凄いですね男さん……まさか2時間足らずでスロースピードとは言え石を完全に避けられるようになるなんて……」


男「美鈴の教え方が上手いおかげじゃないか?」


美鈴「そう……なんですかね?」


男「そうだよ、あの心を無にしろって奴! あれを教えてくれなかったら俺、まだ石に当たってたと思うし」


男「全部美鈴のおかげだよ」


美鈴「いやぁ〜……そこまでべた褒めされると照れますね……えへへへ……」




168: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 21:24:24 ID:TKtJEHrY

男「そんな照れんでも……」


美鈴「褒められ慣れてないものですから……つい……」


男「え、もしかして美鈴って今まで褒められた事……あまりないのか?」


美鈴「ええ、まあ……男さんが来るでは門番サボって寝てばっかりで……」


美鈴「そのせいで咲夜さんには怒られまくりで……褒められるなんてとてもとても……」


男「そりゃ自業自得だろ……」




169: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/12(土) 21:42:11 ID:TKtJEHrY

美鈴「アハハハ……まさにその通りですね……」


美鈴「ちなみに男さんは今まで生きてきて……どれくらい人から褒められましたか?」


男「うーーーん……そうだなあ……昔は隣のおばちゃんの家事をよく手伝って……それを褒められてたなあ」


美鈴「へえ……隣のおばちゃん……それで最近はどうです?」


男「最近? そりゃ最近は美鈴に褒められまくりさ、ハハハハハハ」


美鈴「あ…………で、弟子の頑張りを褒めるのは当たり前ですからね! 当然ですよ!」


男「よーし! 俺も美鈴を褒めてやるよ! 美鈴は教え上手ー! 武術の達人ー! 弟子思いー!」


美鈴「や、止めてくださいよ……もうっ……」




170: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/13(日) 00:28:40 ID:LXmWTBME

男「いや、これは本音で…………何だ? 何かこっちに飛んでくるぞ……?」


美鈴「え?」クルッ


???「……………♪」ピュ〜


男「に、人間……人間だよアレ! でも……箒に乗ってるぞ……? 美鈴みたいな妖怪の類か……?」


美鈴「いや……あれは……!」


???「よう、美鈴! 相変わらずしがない門番やってんな!」スタッ


美鈴「ここ数年姿を見ないから足を洗ったと思ってたのに……また性懲りもなく泥棒ですか? 魔理沙さん」


魔理沙「いやー、借り貯めしてた本がよーやく全部読み終わったから……また借りようと思ってさ! こうして来てやったわけだ」


魔理沙「後、足を洗ったとか……人を泥棒扱いするなよな、私はあくまで借りてるだけだっての」


美鈴(今まで一冊も返したことがないくせに……いったいどれだけの本をウチから持ってってるんだ……この人は……)




171: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/13(日) 00:55:24 ID:LXmWTBME

男「魔理沙……?」


魔理沙「ん? 誰だ、お前は……見ない顔だな」


美鈴「この人は新たに紅魔館の門番となった男さんです!」


魔理沙「新しい……門番……? こいつが? 何か弱そうだぞ?」


男「よ、弱そうって……失礼な奴だな……そういうお前は何者なんだよ、妖怪か?」


魔理沙「私か? 私の名は霧雨魔理沙! 普通の魔法使いだぜ! ちなみに妖怪じゃなく……れっきとした人間だからな!」




172: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/13(日) 00:58:13 ID:LXmWTBME

男「魔法使い? おいおい、それは30を越えたらなるものだろ……人間ってのもどうも信じられねえな……」


魔理沙「何だよ……信じてないのか? ならちょうどいいや!」


魔理沙「新人の力も見てみたいし……私が魔法使いだって事、お前に見せてやるよ! 弾幕ごっこでな!」ピュ〜


男「……え? 段幕ごっこ?」


美鈴「ま、魔理沙さん……まさか……」


魔理沙「紅魔館の新人! お前の力、この私に見せてみろ! 弾幕ごっこスタートだ! 魔空「アステロイドベルト」!」シュパパパパパパパ


男「!?」




173: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/13(日) 01:06:27 ID:LXmWTBME

美鈴(やっぱりスペルカードッ……男さんはスペルカードを持ってないのに……!)


美鈴(駄目だ、この距離じゃ全力の私でも当たる前に間に合わない……!)


美鈴「男さん避けてええええええええええええええええ!!」


男(な、何だよあれ……凄い数の星の形をした粒子が迫ってくる……)


男(どう考えても当たったらヤバい……避けるんだ! でもあの数……目で見て避けるのは不可能……ならどうやって……!? )


男(…………そうだよ、心眼だ……! まだ覚えたてだが……やるしかない!)


男(心眼であの粒子の動きをすべて見切って……避けるんだ!)


男(避けなきゃ………………死ぬっ……!)




174: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/13(日) 01:29:46 ID:LXmWTBME

ゴゴゴゴゴ……!!


男(集中集中集中集中………………)


男「………………………右」バッ


魔理沙「なっ……!?」


ドゴオオオオン


美鈴(よ、避けた!)


男「………………左…………………後ろ………」ヒョイッ ヒョイッ


ドゴオオオオン ドゴオオオオン


美鈴(ま、また……!)




175: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/13(日) 01:36:30 ID:LXmWTBME

男「左………上…………右…………斜め右………左…………右…………」シュンシュンシュンシュンシュンシュン


ドゴオオオオン ドゴオオオオン ドゴオオオオン ドゴオオオオン ドゴオオオオン ドゴオオオオン


美鈴(凄い……心眼で魔理沙さんの弾幕の動きを正確に見切って……正しい方向へ素早く回避している……)


美鈴(今日教えた心眼を……あそこまで使いこなすなんて……男さん……貴方って人は……)


ドゴオオオオン


男「……………………」ピタッ


美鈴「魔理沙さんの弾幕が……止んだ……!」


美鈴「男さん……スペルカードの弾幕を避けきったんだ……! よ、良かった……」




176: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/13(日) 01:38:50 ID:LXmWTBME

魔理沙「へえ……やるなぁ、あいつ……私の弾幕を避けきりやがった……」


魔理沙「よーし……なら次は……」


美鈴「ちょっと魔理沙さん!! 弾幕ごっこは止めて……今すぐに! 下へ下りてきてください!!」


魔理沙「え? 何でだよ? これからが面白いところなのに……」


美鈴「いいからっ!!!」


魔理沙「わ、分かったよ……何でそんなに怒ってんだ……」




190: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/13(日) 20:54:07 ID:LXmWTBME

魔理沙「ええっ!? あいつ……スペカ持ってなかったのか!?」


美鈴「そうなんです! 男さんはスペカ何て持ってない……普通の一般人なんです!」


魔理沙「そ、そいつは悪いことしちまった……私はてっきり紅魔館の門番になるくらいだから持ってるものだと……」


魔理沙「ごめん、美鈴……あと男だっけ? いきなり弾幕ごっこ仕掛けてごめんな……一歩間違えば殺めるとこだった……」


男「………………」


魔理沙「でもさ……お前すげえよ! 何の力も無い一般人なのに私の弾幕を避けきったんだ! 誇っていいと思うぜ!」


美鈴「そこは普通に私も驚きましたけど……ホントよく避けきれましたね……男さん」


男「……………………」


美鈴「……………男さん?」




193: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/14(月) 01:29:32 ID:NX1LbuuQ

男「………………」ドサッ


美鈴「お、男さん!? 大丈夫ですか!? 男さん!!」


男(何だ……体の力が抜け…………)


「お、おい……まさか死んじまったのか……」


「…………まだ息はあります! とりあえず紅魔館に!」


「わ、私も手伝うぜ!!」


男(俺……倒れた……のか…………?)


「男さん! しっかりしてください!! 男さん!!」


男(駄目だ……意識が……遠のいて……)




195: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 01:52:01 ID:LazpEFuw

男(何だろう………何か……手が暖かい…………)


男(誰かが……手を握ってくれてるのか…………? 誰だ…………?)


男「ん……」ムクッ


男「ここは……紅魔館か……あれ? 俺、何でベッドで寝て……」


男「…………………………………………」


男「ああ、そうか……魔理沙の攻撃を避けきったのはいいけど……何かフラッと来て……倒れて……そのまま意識を失ったんだっけ……」


美鈴「スー……スー……」


男(お腹辺りが重いと思ったら美鈴だったのか……気持ち良さそうに寝てるな……)


男(外はもう暗いな……もしかして美鈴の奴……遅くまで俺の事、看病してくれたのかな……)


男(美鈴…………)




196: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 08:08:15 ID:LazpEFuw

美鈴「ん………何か物音が……」ムクッ


男「おはよう、美鈴」


美鈴「男……さん……? よ、良かったぁ……! 目が覚めたんですね!」


男「ああ、おかげさまでな」ギュッ


美鈴「あっ……手……」


男「ずっと手を握っててくれたんだろ……ありがとう、美鈴」


男「おかげで、何か意識失ってても安心できてたよ」


美鈴「いえ、そんな……男さんは大切な私の弟子ですし……当然ですよ……」


美鈴「それに……私以外にも握ってる人はいましたよ、魔理沙さんだって握ってましたし……」




197: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 08:17:25 ID:LazpEFuw

男「でも……この左手……ずっと握っててくれたろ?」ギュッ


美鈴「え? 意識失ってたのに……何で分かるんですか?」


男「何度か手を繋いだ事があるから……かな? 意識はハッキリしなくても何となく分かってたよ、美鈴の手かなって」


美鈴「何か……変態チックな表現ですね……」


男「ハハハハ……でも事実だよ、美鈴が手を握っててくれたから何となく安心できた」


男「おまけにこんな夜になるまで付き添ってくれてさ……美鈴にはホント感謝してる……」


美鈴「お、男さん…………」


男「それでやっと気づいたんだよ、俺は……その……美鈴の事が……好きなんだって」


美鈴「……え?」




198: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 08:32:58 ID:LazpEFuw

男「好きだ……美鈴……初めて会ったときから……」


男「その時は気づかなかったけど……今やっと分かったよ……俺は美鈴が好きだ」


美鈴「………………」


男「負けても負けても必死に美鈴に食らいついたのは……きっと……会う口実が欲しかったからなんだろうな」


男「好きだったから……好きな女の子に負けたくないと思ったから……」


男「強いって認めて欲しかったから……この人を守れるほど強くなりたいって思ったから……」


男「だから……あんな根性出せたし……毎日のキツい修行も……お前と会えるから全然苦じゃなかった」


美鈴「男さん……」


男「紅魔館に入らなかったのも……お嬢様の顔を見ようとしないのも……」


男「お前と会う口実が無くなるのが怖かったから……だから必死に守ろうとしたんだよ」




199: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 08:44:36 ID:LazpEFuw

男「ハハハ……変だろ? ずっとお前を倒すお前を倒す言ってる相手の事が……実は初めて会ったときからずっと好きで……」


男「しかも毎日修行を頑張ってたのは……実はその人に会う口実の為だったなんて……何か気持ち悪いよな」


美鈴「そ、そんなことないです!」


男「え……」


美鈴「た、例え……全部私に会う為の口実だったとしても……男さんは毎日修行を頑張ってました」


美鈴「あの努力は……偽物なんかじゃない、本物です」


男「………………」


美鈴「それに……どんなにやられても……負けても……ひどい怪我をしても……男さんは絶対に諦めずに私へ挑んできました」


美鈴「あの根性も……偽物なんかじゃない、紛れもなく本物です」


男「美鈴……」




200: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 08:58:37 ID:LazpEFuw

美鈴「私が好きだと思った男さんは……偽物なんかじゃない……全部本物です」


美鈴「なら……何にも問題はないです」


男「そうか……って……今なんて」


美鈴「聞こえませんでしたか? なら……」ズイッ


チュッ


男「……!」


美鈴「これが……私の答えです」


男「………………」


美鈴「男さんの諦めない姿が……ずっと好きでした、男さんの努力する姿が……ずっと好きでした、根性だ根性だ! って言って頑張る男さんの事が……ずっと好きでした」


美鈴「男さん……私も……男さんの事が好きです 、一人の……男性として……」




202: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 13:10:41 ID:gcQ.Po/o

男「ってことは俺達……」


美鈴「りょ、両思い……ですね」


男「そうなる………な」


美鈴「えへへ……」


男「ハハハ……」


美鈴「…………………………」


男「…………………………………」


美鈴「……………………………………」ズイッ


男「…………………………………………」ギュッ


その日から俺の中で美鈴は倒すべき因縁の相手であり、俺の愛すべき恋人でもあり……

何とも奇妙な関係になったのだった




204: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 13:17:13 ID:gcQ.Po/o

魔理沙「浸入成功……もう遅いからか簡単に忍び込めたぜ」


魔理沙「疲労によく効く薬がやっとできた! これさえ飲めばきっと男も目を覚ますはずだ!」


魔理沙「男が目を覚ましたら……ちゃんと謝らないとな……うん」


魔理沙「さて、男が寝てる部屋に急ぐぜ……」タッタッタッ



魔理沙「確かあのドアだったよな、よーし……」


ギシギシ……ギシギシ……


魔理沙「……? 何の音だ?」


魔理沙「何か……男が寝てる部屋から聞こえるんだぜ……」


魔理沙「ちょっと……中を覗いてみるか……」ガチャ……


魔理沙「いったい何の音……」ソロー




205: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 13:22:41 ID:gcQ.Po/o

男さん……! 男さん……!


美鈴……! 美鈴……!


魔理沙「!?!?!?!?!?」


魔理沙「お、男と……美鈴が……つ、繋が……! えぇぇぇ……!?」


魔理沙「………………」


魔理沙「…………………………」


魔理沙「………………………………」


魔理沙「………………」パタン


魔理沙「……………………帰ろ」ムラムラ




208: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 13:54:21 ID:LazpEFuw

男 美鈴「おはよーございまーす!」ガチャッ


咲夜「あら、仲良く二人揃ってごしゅっき…………ん…………?」


男「わぁ……お嬢様ってすっごく可愛らしいお顔をしてたんですね……」


美鈴「ねー? だから言ったでしょ?お嬢様は可愛いって」


男「おー、美鈴の言う通りだったよ〜」


レミリア「そんな可愛い可愛い言うんじゃ……って男……貴方目隠しはどうしたの?」


男「ああ、目標変えたんで……目隠しは今日からなしです」


レミリア「え? 変えたの? あれだけこだわってたのに?」


男「はい!」




209: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 14:12:46 ID:LazpEFuw

咲夜「いったい何にしたの……?」


男「はい! 今までは美鈴に勝つまでお嬢様と妹様の顔は見ないのがルールでしたが……! 今日からは……」


男「美鈴に勝つまで美鈴と結婚ができない……になりました!」


咲夜 レミリア「………………はぁ!?」


美鈴「もう……男さんったら……やめてくださいよ〜咲夜さんとお嬢様の前で……えへへへ……」


咲夜「ちょ、ちょっと待って!? 結婚って……貴方達いったいいつからそんな関係に……!?」


美鈴「いつからって言われても……」


男「困るよなあ……」


男 美鈴「えへへへへへ…………」


咲夜(うわっ……うっざ……)




210: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 14:37:15 ID:LazpEFuw

レミリア「まあ、何はともあれ目隠しが取れたのは喜ばしいことだわ」


レミリア「本当に顔を合わせての会話はこれが初めてね、男」


男「はい、お嬢様……改めてよろしくお願いします」


レミリア「ええ、これからも門番、よろしく頼むわね」


男「はい! 任せてください!」


美鈴「それじゃあ報告も済ませたし……門番やりますか、男さん」


男「ああ、行こう」ギュッ


美鈴「はい…………えへへ」ギュッ


レミリア「あの二人……一晩で随分と仲が良くなったわね、まさか結婚を持ち出すなんて……ホント、男は退屈させないわね」


咲夜(いったい何があったというの……)




211: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 15:11:24 ID:LazpEFuw

───
──


男「いててっ……くそっ……まだ勝てねえか……」ムクッ


美鈴「まだまだ修行が足りませんよ! 男さん!」


男「もういっちょ!」バッ


美鈴「甘いです!」ドガッ


男「ぐっ……!」ドサッ


男「やっぱ美鈴は強いな……でも、諦めねえぞ……美鈴と早く結婚したいからな!」


美鈴「ならもっともっと修行して……早く私より強くなってくださいね! 男さん!」


男「おうっ! 任せとけ!」


男(いつか……いつか勝てるようになってやる……それまで待っててくれ……美鈴……)




212: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 15:25:14 ID:LazpEFuw

───
──


「っ……!」ドサッ


「俺の勝ち……だな」


「ハァ……ハァ……ま、参りました……完全に私の負け……です……」


「ようやく……ようやく勝てたな」


「長いようで短かったような……そんな気がするよ」


「そうですね……本当に……」




216: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 20:21:09 ID:LazpEFuw

美鈴「って早すぎですよ!」


美鈴「男さんに武術を教え始めて2年……結婚の約束をしてから2年……合計たったの4年ですよ? 4年!!」


美鈴「たった4年で弟子に越えられる師匠って……いくらなんでもカッコ悪すぎますよ!」


男「いや、俺だって必死だったんだぜ? 美鈴と早く結婚したかったから毎日毎日修行頑張ってさ」


美鈴「あの、男さんってホントに人間ですよね!? 凄すぎませんか? 私こう見えても何十年間も修行してやっとこの強さに辿り着いたのに……」


男「まあ〜、これも愛ゆえにって奴だな! と言うわけで美鈴! 勝ったからには……お前に言いたいことがある!」


美鈴「はぁぁ……この日を待ち望んではいましたが……まさかこんなに早く越えられるとは……個人的に最低でも10年は……」


男「何だよ、勝負に不満でもあったか?」


美鈴「ないです! ええい! 負けは負けです! 素直に受け止めます! さあ、どうぞ!」


男「オーケー……ゴホッ! ゴホン! じゃあ……言うぞ?」




218: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 20:31:45 ID:LazpEFuw

男「俺と結婚してくれ、美鈴」


美鈴「私……妖怪ですよ?」


男「全然構わない、美鈴は美人だからな」


美鈴「たぶんこの紅魔館から離れませんけど……」


男「お嬢様とか咲夜さんとか……皆いい人だ、俺だって離れたくない」


美鈴「毎日一緒にいてくれなきゃ……やですよ」


男「ああ、毎日一緒にいる」


美鈴「本当に……私でいいんですか」


男「美鈴じゃなきゃ駄目なんだ」




219: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 20:35:13 ID:LazpEFuw

男「もう一度言う」


男「紅美鈴、お前の事が好きだ」


男「結婚しよう」


美鈴「…………」






美鈴「はい……こんな私で良かったら……よろしく……お願いします……!」




221: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 21:12:10 ID:LazpEFuw

───
──


男「浸入してくる奴もいねえし……相変わらず暇だなあ」


美鈴「そうですねえ」


男「結局、結婚してもこの日常は変わらなかったな」


美鈴「ですねえ」


男「……………………」


美鈴「……………………」


男「やるか?」


美鈴「へへ……私もそう言おうと思ってました!」




222: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 21:31:37 ID:LazpEFuw

俺と美鈴は今でもたまに拳を交わす


勝ったと言っても実力はなかなかに均衡していて今でもたまに負けてしまう


男「ハァッ!」ドガッ


美鈴「っ! とおっ!」ドガッ


男「ぐっ……やるな、美鈴」


前は負けまくった組手も実力が均衡したからか、今は楽しくてたまらない


今じゃ美鈴との組手は毎日の楽しみになっている


美鈴「まだまだぁ! さらに行きますよ!」


咲夜「はい、そこまで! 二人とも……自分が門番だってこと……忘れてないわよね?」


男 美鈴「あ……」




223: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 21:42:23 ID:LazpEFuw

男「いやー、そのー……つい……」


美鈴「えへへ……そうなんです、退屈で……つい……」


咲夜「へえ……どうやら少しお仕置きが必要みたいね」キラン


男「に、逃げるぞ! 美鈴!」ダッ


美鈴「はい! 男さん!」ダッ


咲夜「あっ、コラ! 逃げるな! 待ちなさい!」ダッ


そんな楽しい毎日を送っている


こんな俺を置いてくれたレミリア……いや、お嬢様には頭が上がらない




224: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 22:01:28 ID:LazpEFuw

男「美鈴!」タッタッタッ


美鈴「な、何ですか!」タッタッタッ


男「俺、紅魔館に来て……美鈴と出会えて……本当に良かった!」タッタッタッ


美鈴「……はいっ! 私も……男さんと出会えて……本当に良かったです!」


男「……へへっ」


俺は、きっとこれからも紅魔館と共に生きていく……


そして……門番として……夫婦として……




225: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 22:02:44 ID:LazpEFuw

男「紅魔館、最高だああああああああああああああ!!」


美鈴「はいっ! 最高だああああああああああああああ!!」


咲夜「こんの……! 幻符「殺人ドール」!」


ギャァァァァァァァァァ!!!!!





美鈴と共に生きていく


これからもずっと一緒に……


ずっとずっとどこまでも




226: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 22:08:06 ID:LazpEFuw

一応おわりです!

見てくれてありがとうございました!




227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/15(火) 22:30:57 ID:OvawlzL6






228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/15(火) 22:34:08 ID:qnlwGCJA

夫婦で門番か……いいな、それもいい
大層乙であった




230: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 23:42:44 ID:LazpEFuw

─おまけ1(フラン)─

男(レミリアお嬢様には妹がいる、それがこの……)


フラン「男〜! 暇だから今日も遊びましょ! いいわよね?」


男(妹様、フランドール・スカーレットだ)


男(見た目はホント可愛い、人形が動いてるみたいでホント可愛いんだよ……ただ……)


男「いいですけど……何して遊ぶんです? もしかしてやっぱり……」


フラン「そう、今日も弾幕ごっこ! 男が私の弾幕を避けるの! 男は修行にもなるし! 私は退屈しないし! ちょうどいいわよね!」


男「いや……そういう問題じゃ……」


フラン「んじゃ……行くわよ? あっ、ちゃんと避けてよね? 死んじゃうから」ゴゴゴゴゴゴ


男「あ、アハハハハ……」


男(遊ぶ時は命をかけなきゃいけないのがたまに傷だ、さて……今日も生き延びるぞ……俺ぇ……)




231: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/15(火) 23:59:36 ID:LazpEFuw

─おまけ2(パチュリー、小悪魔)─

パチュリー「それじゃ、その本を小悪魔と一緒に全部しまっておいてね」


男「分かりました……よっと……」


男(紅魔館には本がたくさんある大図書館がある、そこでいつも本を読んでいるのがこのパチュリー・ノーレッジ様だ)


男(本来俺は門番だが……今日は大図書館の本を整理するとの事で、いっつも暇してる門番の俺が緊急で手伝いに来ている訳だ)


男「これはここで……これはここ…………というか、ホントすごい量だな……これ読むのにいったい何日かけてるんだろ……」


小悪魔「それくらいの量ならパチュリー様は1日で読んじゃうんですよ〜」


男「あっ、小悪魔さん……って! これ全部!? この量の本を1日で読んじゃうんですか? 一冊一冊がすっげえ分厚いですよ!?」


小悪魔「ええ、簡単に読んじゃいます……おかげで毎日毎日片付けが大変ですよ……最近なんか腰が痛くて……ハハハハ……」


男(…………たまには手伝いに行こう、うん)




232: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/16(水) 00:21:01 ID:I7fhXSfQ

─おまけ3(魔理沙)─

男(あんな事があったが、魔理沙とは普通に仲良くしてる、あんなに必死に謝れちゃ許す他ないってもんだ)


男(今じゃたまに紅魔館へやってくる、勿論……目的は紅魔館の本を借りる為だが……)


魔理沙「さあ、その門の向こうへ通してもらうぜ! 男、勝負だ!」


男(毎回毎回俺に勝負を仕掛けてくる、あの弾幕を避けきられたのが相当悔しいらしい)


男「いいぜ、何の勝負にする?」


魔理沙「そりゃ勿論! 弾幕ごっこ……」


美鈴「…………魔理沙さん?」ニコニコ


魔理沙「というのは冗談で………勝負の内容は……えっと、指相撲だぜ! いいな! 男!」


男「あ、ああ……分かった」


男(弾幕ごっこか……スペカって……俺でも作れるのかなあ……)




233: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/16(水) 00:35:09 ID:I7fhXSfQ

─おまけlast(男)─

美鈴「そういえば男さんのご両親ってどんな人なんですか? 結婚したのに……私、会ってないんですよね……」


男「ああ……そういや言ってなかったっけ……俺、両親いないんだよ」


美鈴「あっ……ご、ごめんなさい……失礼なこと聞いて……」


男「いや、死んでる訳じゃなくて……顔すら知らないんだよ、俺捨て子だったらしいから」


美鈴「捨て子……?」


男「ああ、何でも山の中に赤子の俺が捨てられてたんだってさ……それを隣のおばちゃんが拾ってくれて……俺をここまで育ててくれたんだ」


美鈴「捨て子……だったんですね……男さんは……今でも両親には会いたいんですか?」


男「うーん……今となっちゃ会いたいような……会いくないような……ぶっちゃけ複雑だよ、俺はそいつらに捨てられたんだからな」


男「でも、会えるチャンスがあるなら絶対に逃さないだろうぜ……っと、ちょっと用を足してくるわ……」


美鈴「あっ、いってらしゃいです」




236: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/16(水) 00:51:58 ID:I7fhXSfQ

美鈴「男さんって……捨て子だったんですね……」


美鈴「ご両親には一度くらい挨拶したかったんだけどなあ……残念……」


美鈴「……………………捨て子……かぁ」


美鈴(あのタフネス……たった4年で妖怪の私を越えるほどのセンスと才能……そして……恐ろしい成長速度……)


美鈴(そんな男さんを産んだご両親って……いったいどんな人だったんでしょう……?)


美鈴「ひょっとして……凄い大妖怪とのハーフだったり……?」


男「悪い悪い! 急に尿意が来てさ……!」タッタッタッ


美鈴(そんな訳ない、かぁ……)




237: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/16(水) 00:55:22 ID:I7fhXSfQ

美鈴「あの、男さん! 軽く組手しませんか! 何か体動かしたくて!」


男「おっ! やるか! どんどん差をつけてやるからな!」


美鈴「私だって負けっぱなしじゃいられません……! これからはライバルですよ……男さん!」


男「おお……何かその言葉、すっごく燃えてきた! ならさっそく行くぞ! 美鈴!」バッ


美鈴「はいっ! 男さん!」グッ


美鈴(いえ、親がなんであろうが……関係ありません!)


美鈴(私は……もっともっと強くなる! この人と……男さんと一緒に……!)


美鈴(だって私は……男さんの妻であり……)


美鈴(武術を教える……師匠ですからね!)




239: ◆ErZIs1VBmo 2016/11/16(水) 01:03:23 ID:I7fhXSfQ

おまけの投稿もこれで終わりなので
これをもって完結とさせていただきます

改めて、ありがとうございました





・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 美鈴「あなたもしつこいですね……」 デブ男「俺は諦めんぞ……」
芦田愛菜ちゃん、まさかの濡れ場に挑戦!乳首がちょっと出るwww
【JS銭湯隠撮pornhub動画】シャンプーの蓋に仕掛けた超小型CCDカメラの前で無邪気な小●生の少女たち があられもない姿をさらすwww
【参考GIFあり】こういうエ□い女が通ってるスポーツジムはどこだよ?教えろwwww【画像30枚】
駅やホームで拝める股の緩いJK達のパ●チラ画像
街中でこんな格好してる人はスケベで間違いないと思う
子産め太夫「うっ!」パンパパパンパン パパン パパン ドピュ
新体操女子ライバル「はい紅茶(下剤入りだけどね)」女「あっありがとう・・」
【GIF】 A●女優が撮影中に笑ってしまうNGシーンが抜けるwwwwwwww(※画像あり)
【画像】乳もまれて半泣きになるグラビアアイドルwww
【画像あり】彡(●)(●)「・・・・・・アンドロメダ銀河?」
学者「恐竜大量死の謎に迫る」
【JK ●影】水着試着室にカメラ設置したら女子校生入ってきて大当たりwww ※動画
乳首透け、マンスジ… これだから女子水泳競技は人気らしい・・・(画像)
【動画】モーターショーでめっちゃ可愛い巨乳モデルが乳首ポロリしてる…
「テラスハウス」でセッ●スした女子高生・永井理子の水着画像がコチラwww
篠崎愛さんの中学生の時の腹wwwwwww
敵「どんな拷問にも耐えられる?ほう、では…」
【※朗報※】本 田 望 結 ち ゃ ん(12)完 全 に メ ス の 顔 を す るwww完全にフ●ラチオでワロタwwwwwwwwwwwwwwwww(画像あり)
セクシーすぎるロシア白人JKが発見されるww胸の谷間が凄い件ww(画像)
【画像】 時東ぁみちゃん(28)のヌードをご覧ください!w 最ッッッ高にヌけるぞwwww
オーキド「ここにモンスターボールが3つあるじゃろ?」レッド「…」グリーン「…」
両津「麗子!わしはホモビに出演するぞ!」麗子「やめて!両ちゃん!」
サトシ(37)「すいません。ピジョット運送さんですか?正社員の件でお電話したんですけれども」
悟空「ブゥ!クリリンをチ○コにしてくれ!」




きみとえっち (GOT COMICS)[アダルト] よいこといけない放課後 (メガストアコミックス)[アダルト] いやらしいこ。 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)[アダルト]

 

SS宝庫最新記事50件