転載元:魔王(♀)「勇者!!我は男だ、魔王だ!!気安く触るな‼」女体化

関連記事
魔王(♀)「勇者!!我は男だ、魔王だ!!気安く触るな!!」女体化【前編】【後編】

525: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:12:51 ID:05iKx0AM

聖域

人間女神「何故魔王が死なない!!」

愛の女神「あっ姉ちゃんお久」

人間女神「な!?お前は愛の女神!!邪教は滅んだはず!」

愛の女神「愛は不滅なり‼それよりまだ人間[だけ]なの?」

人間女神「そうだ!!我々神は人間を監視するために。異種なぞ外道」

愛の女神「異種で女体化し!!難しい恋愛こそ志向!!」

人間女神「もしや魔王はお前のせいか!!」

愛の女神「私は後から勇者が原因」

人間女神「勇者なぞたくさん………」




527: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:16:13 ID:GzU6naQQ

結局勇者が元凶だったのか…一途って怖い




530: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:27:27 ID:05iKx0AM

>>527
勇者がやった一覧

魔王のために武器庫作る
魔王のため勇者になる
魔王のために剣技鍛える
魔王のために禁術レベルの風の魔法を使う
魔王のために元仲間を窒息。殺す
魔王のために故郷を捨てる。
魔王のために昇進薔薇色の人生捨てる。
魔王のためにダンジョンで鍛え。魂を喰らう禁術を修得しレベル上げ
魔王のために人間性を捧げる
魔王のためにデーモンになり人間をやめつつある





 


芦田愛菜ちゃん、まさかの濡れ場に挑戦!乳首がちょっと出るwww
【JS銭湯隠撮pornhub動画】シャンプーの蓋に仕掛けた超小型CCDカメラの前で無邪気な小●生の少女たちがあられもない姿をさらすwww
【参考GIFあり】こういうエ□い女が通ってるスポーツジムはどこだよ?教えろwwww【画像30枚】
駅やホームで拝める股の緩いJK達のパ●チラ画像
街中でこんな格好してる人はスケベで間違いないと思う
子産め太夫「うっ!」パンパパパンパン パパン パパン ドピュ
新体操女子ライバル「はい紅茶(下剤入りだけどね)」女「あっありがとう・・」
【GIF】 A●女優が撮影中に笑ってしまうNGシーンが抜けるwwwwwwww(※画像あり)
【画像】乳もまれて半泣きになるグラビアアイドルwww
【画像あり】彡(●)(●)「・・・・・・アンドロメダ銀河?」
学者「恐竜大量死の謎に迫る」
【JK ●影】水着試着室にカメラ設置したら女子校生入ってきて大当たりwww ※動画
乳首透け、マンスジ… これだから女子水泳競技は人気らしい・・・(画像)
【動画】モーターショーでめっちゃ可愛い巨乳モデルが乳首ポロリしてる…
「テラスハウス」でセッ●スした女子高生・永井理子の水着画像がコチラwww
篠崎愛さんの中学生の時の腹wwwwwww
敵「どんな拷問にも耐えられる?ほう、では…」
【※朗報※】本 田 望 結 ち ゃ ん(12)完 全 に メ ス の 顔 を す るwww完全にフ●ラチオでワロタwwwwwwwwwwwwwwwww(画像あり)
セクシーすぎるロシア白人JKが発見されるww胸の谷間が凄い件ww(画像)
【画像】 時東ぁみちゃん(28)のヌードをご覧ください!w 最ッッッ高にヌけるぞwwww
オーキド「ここにモンスターボールが3つあるじゃろ?」レッド「…」グリーン「…」
両津「麗子!わしはホモビに出演するぞ!」麗子「やめて!両ちゃん!」
サトシ(37)「すいません。ピジョット運送さんですか?正社員の件でお電話したんですけれども」
悟空「ブゥ!クリリンをチ○コにしてくれ!」


528: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:16:48 ID:05iKx0AM

愛の女神「一人の変人狂人の勇者が魔王にNTR」

愛の女神「私も姉ちゃんから寝取った。私の………勇者ではないけど………勇者」

人間女神「裏切り者!!もう一度殺してくれよ!!」

愛の女神「やれるものなら‼」ぴかぁあああああ

人間女神「ま、まぶしい」

愛の女神「さようなら〜〜〜姉ちゃん!!」

人間女神「………逃げられたああああああ!!」




529: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:21:41 ID:05iKx0AM

マイホーム

魔王「はい、アップルパイ。この時期は果物が高いんだぞ」

切り分けた

勇者「いただきまーす」

愛の女神「いただきまーす」

魔王「!?」勇者「なんでいる!?」

愛の女神「愛のあるところ。時間、概念、空間を越えてあらわれますよおおおおおお!!おいちいいい」

魔王「あっうまい?」

愛の女神「………勇者に食べさせたい一心で修行した味はうまい」

勇者「マジで………ああうめぇ!!愛がうめぇ!!」

魔王「お前ら!!黙ってくえ!!////」

幸せである




531: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:36:30 ID:05iKx0AM

愛の女神「………そういえばですね。人間の女神が目障りで目障りで………殺してくださいよ」

魔王「ん?面倒」

愛の女神「魔王を殺せうるさい」

勇者「あああ………神殺し武器あったかな?」

魔王「ま、まて………大丈夫でしょ?」

愛の女神「まぁ……うん。でもいつか戦争があるしな〜〜〜魔族と人間で」

魔王「ふーん」




532: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:38:56 ID:05iKx0AM

勇者「ああ……魔王もう一つアップルパイ」

魔王「はい、どうぞ」

愛の女神「興味ないですね‼私もです‼」

勇者「だってなぁ………側近がいるし」

魔王「そそ」

勇者「拮抗するでしょ」

愛の女神「ですねぇ」

コンコンコンコン




533: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:41:24 ID:05iKx0AM

がちゃ

魔王「いらっしゃいませ………あら?」

勇者「魔王との愛の巣にようこそ………?」

ショタ「あっ!!こんちは」

愛の女神「おいちいいいいいいい!!なにこの子!!!おいちいいいいいいい!!」

ショタ「!?」びくっ

魔王「愛の女神………」

勇者「なんのよう?久しいけど」




534: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:43:46 ID:05iKx0AM

ショタ「メダルください‼」

愛の女神「どうぞ………受け取ってくれるといいわね」

ショタ「あっ!!ありがとうございます!!」

魔王「ああ………こんな小さいのに」よしよし

ショタ「僕はもう大きい‼」

勇者「でっ……相手は…………」

???「こらっ!!人様の家に!!!」

ショタ「知り合いだよ‼」




535: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:48:37 ID:05iKx0AM

ショタ「竜姉……僕だって………常識はあるよ」

竜姉「そ、そうか。ごめんな……あっショタがお世話になってます竜姉です」

愛の女神「おいちいいいいっっっ」

勇者「うっさいぞ!!愛の女神!!」

魔王「ええっとこれも何かの縁………お茶でもどうぞ」

竜姉「しかし……」

ショタ「お邪魔しまーす」

竜姉「こ、こら………すまない」

魔王「いいえ〜」

勇者(物腰柔らかくなったなー)




536: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:55:44 ID:05iKx0AM

自己紹介

魔王「魔王だ!!この国の魔王だな………仕事放棄中」

勇者「議会の長。勇者だ………俺ら結婚してる」

竜姉「………ショタ」

ショタ「ねっ?すごい知り合いでしょ‼」

竜姉「ふぅ………しょうがない。私は火竜のエルダードラゴン。こいつはワイバーンで初めてのエルダードラゴンだ」

魔王「エルダードラゴン!?魔物の頂点に位置する!?」

勇者「おおお…………いや知らんな」

ショタ「!!」椅子から転げる

竜姉「まぁ……人間?人間には……………人間!?」

魔王「ああ……帝国の出身。人間だがデーモンでもある」

竜姉「納得した」




537: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 22:59:00 ID:05iKx0AM

勇者「まぁ自己紹介終わったみたいだし………なんかあるんだろ」

竜姉「………人間鋭いな」

魔王「私の夫は優秀なんだぞ〜〜」

竜姉「おばあちゃんにはのろけがきついな………」

勇者「で?」

竜姉「あ、ああ………実は魔物の頂点で覇龍が覇権を取ろうと暗躍している」

ショタ「それを止めようってこと」




539: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 23:02:28 ID:05iKx0AM

内容

自然実力主義の龍姉

覇権主義覇龍の喧嘩だ

だが

覇龍集団で隠れ
一騎討ちを拒否するらしい

竜姉「一騎討ちでどちらが正しいか………決めればスッキリするんだが」

ショタ「にげるんだ」

魔王「でっ?」

竜姉「取り巻きをどうにかしたい」

勇者「一騎討ちの場面を作れと」




540: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 23:05:06 ID:05iKx0AM

竜姉「ああ………勇者たのむ!!」

ショタ「頼みます‼」

勇者「………うーむ」

ショタ「竜姉に着せたかった服全部あげる」

竜姉「あんなものおばあちゃんにはきつい///」

勇者「わかった」

魔王「いいのか?」

勇者「着せまくって………げへへへへ」

魔王「…………」ぞくっ




541: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/06(金) 23:05:38 ID:05iKx0AM

次回

新しい冒険




543: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/08(日) 10:19:54 ID:2CPkb9yA

乙乙




546: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/10(火) 07:52:24 ID:7Q/Mbixk

547: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/10(火) 08:00:27 ID:7Q/Mbixk

竜姉

種族
レッドドラゴン(火竜)
年不明
原初に近いドラゴンであり
子沢山。レッドドラゴンの血に彼女が混じってる場合多い

正確
おばあちゃんぽい
隠居していた。赤い髪が特徴

ショタ
ワイバーン(ドラゴンの子孫であるが生きるために強さを犠牲にした種)
隠居中の竜姉に拾われ育てられた。
竜姉を越えて自分の物にしたい(越えた)

性格
子供っぽいが芯が通っており
風の魔法が天性でありそれを使う
突き抜けた思想の変人


小さい子だがワイバーンでは成人




548: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 21:28:54 ID:qz71Upsk

面倒なのでショタ=飛竜王でお願いします

竜姉「では………覇竜ヘルカイトの根城は火山地帯だ。そこまでは背にのせて行けるが………」

飛竜王「逃げられるんだよね」

竜姉「どこいったかわからない………困るんだ」

魔王「ふむ……なら勇者が適任だな」

勇者「まぁ探すのは簡単だな」

竜姉「そのあとは任せろ」

飛竜王「…………」




549: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 21:36:01 ID:qz71Upsk

旅支度

勇者「防寒具?」

竜姉「上空は寒い」

飛竜王「そそ。体を冷やすよ」

魔王「そうか。わかった………暑く着ないとな」お腹をさする

勇者(生理かな?)




550: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 21:51:34 ID:qz71Upsk

旅をする支度は面白かった

竜に乗るのだが
竜のお腹の鞄に持ち物を入れる

初めて魔物の旅の支度を見た
戦闘になれば落とすらしい
故に割れ物は入れないそうだ

食料は現地調達でも簡単なため少な目

勇者「にしても………ワイバーンかぁ………」

人間の唯一狩猟する竜だ
美味である
家畜もある
竜騎兵はワイバーンが主である

勇者「ふーん」

竜姉「バカにするなよワイバーンでは最強だ」

勇者「ワイバーン弱いし………」

竜姉「それが術中だよ。窮鼠噛む」

飛竜王「まぁそれが強み。一撃だけで仕留めたいからね」




551: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 22:03:19 ID:qz71Upsk

竜姉「よっこらしょっと………ああ重い」

飛竜王「持とうか?腰辛くない?大丈夫?」

竜姉「大丈夫だ」

飛竜王「無理しちゃダメだよ」

竜姉「おばあちゃん扱いをするな‼ピチピチでは………ないけど」

飛竜王「いや…………僕の何倍かな………」

竜姉「考えるな………悲しくなる。おまえのせいで歳を考えるようになってしまった…………」

飛竜王「ふーんふーん。じゃ行こうか」

一人づつ背に乗る




553: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 22:11:17 ID:qz71Upsk

旅の空

飛竜王と勇者

勇者「あのメダルは竜姉に?」

飛竜王「そうだね」

勇者「ワイバーンとドラゴン。捕食者と餌」

飛竜王「そうだね。僕ははぐれワイバーンで竜姉の気紛れで育ててくれたんだ。母親ぽくね」

勇者「…………ふーん」

飛竜王「でも母親ではなかった………僕は竜姉大好きになったからね?母親じゃなくてよかった」

勇者「しかし釣り合わないな」

飛竜王「うん。だから強くなりたいんだいっぱいいっぱい」

勇者「応援してる」

飛竜王「うん!!絶対孕ませてやるんだ‼」




554: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 22:17:27 ID:qz71Upsk

旅の空

竜姉と魔王

竜姉「問いたい………腹に居るのは彼の子か?」

魔王「!?」

竜姉「そうなのだな…………何故ついてきた」

魔王「まだ………大丈夫」

竜姉「医者は?」

魔王「…………」

竜姉「悪いことは言わない。終わったら医者にみてもらいなさい」

魔王「…………はい」

竜姉「彼は喜ぶだろうな」




555: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 22:23:39 ID:qz71Upsk

魔王「メダルは貰いましたか?」

竜姉「?」

魔王「ああ何でもないです」

竜姉「なんだ………?」

魔王「…………飛竜王可愛いですね」

竜姉「そうだろ!!可愛い!!」

魔王「で……好きなんです?」

竜姉「勘のいい………だが私はおばあちゃんだ…………」

魔王「関係ないでしょう」

竜姉「子が成せない確率が高い。若いやつは子を残すべきだ………私では不十分だ」

魔王「…………頑張れば………私みたいに………いいえ………うん………」

竜姉「そいだな。飛竜王にいいやつがいればいいんだがな…………」




556: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 23:00:03 ID:qz71Upsk

魔王「違うそうじゃなくって」

竜姉「……………いいよもう。若くない」

魔王「…………」

竜姉「若いときにはやりまくった………だが恋こごろなんて魔物にはいらないよ…………」

魔王「……………」




557: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 23:05:17 ID:qz71Upsk

到着
火山の麓
人が安易に近寄れない居場所
故に難攻不落の小さい城である
衛兵も何も居ない

飛竜王「…………ボクたち魔物の寝城」

勇者「中は10匹」

飛竜王「だよね。あんまり居ないヘルカイトが怖くてね」

竜姉「ヘルカイトは?」

勇者「だれかわかんねぇ」

竜姉「我と同じ赤い髪だ。あと少し黒い………」

勇者「いたな」




558: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 23:07:30 ID:qz71Upsk

忍び込む

正面から

竜姉「ばれないのか?」

勇者「わかる訳がない。全てシャットアウトしてるからな」

飛竜王「便利ー」

魔王「王の間か?」

勇者「いいや………一般の寝室だ」

ガチャ

勇者「ここ」




559: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 23:09:41 ID:qz71Upsk

ヘルカイト「だれだ!?……………姿も何も見えん………気のせいか?………いや!!扉が空いている‼何処だ‼」

勇者「あっお邪魔してます」

飛竜王「兄貴おひさ」

魔王「はじめまして」

竜姉「やっと逃げずに対面したな!!」

ヘルカイト「な、なに!?竜姉!?音が聞こえんかったぞ‼くそ!!」




560: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 23:12:03 ID:qz71Upsk

竜姉「逃がすか‼戦え‼」

ヘルカイト「嫌だ‼」

出入り口を押さえる

ヘルカイト「くっ…………」

竜姉「観念しろ‼」

ヘルカイト「はぁどうしてもやるのか?」

竜姉「そうだ!!どっちが正しいか‼」

ヘルカイト「…………死んだら悲しむやつが居るダメだ………」




562: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/11(水) 23:20:21 ID:qz71Upsk

竜姉「悲しむ?弱肉強食にそんなのはない!!」

ヘルカイト「俺はある‼飛竜王が悲しむ」

飛竜王「…………悲しむね諦めきれるけど」

竜姉「……………」

ヘルカイト「お前もそうだろ?」

竜姉「……違う違う違う!!」

ヘルカイト「弱いものを助ける手の届く程度に見込みがあるやつだけ何がいけない‼」

竜姉「弱いものを助けるんじゃない!!弱肉強食に横槍は許さん!!」

ヘルカイト「お前!!飛竜王はなんなんだ‼」

竜姉「くっ………」

ヘルカイト「助られるのも運と言う実力だ‼それも弱肉強食になる」

竜姉「いいや!!ならん!!横槍でしかない!!各々種族で生きるしかない!!」




563: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 06:30:57 ID:2TH9a9sg

ヘルカイト「あああ!!このわからず屋」(こいつお前の事を一途で…………)

竜姉「それはお前も一緒だろう‼勢力拡大しているじゃないか‼」

ヘルカイト「部下が拾って育ててるだけだ‼」

飛竜王「まぁうん。こうなるよね」

勇者「へぇー俺ら要らなくね?」

魔王「お前があっさり仕事をやりとげるから‼」




564: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 07:52:20 ID:g0B/TNkY

魔王「流石我の夫!!いい仕事ぶりだ!!」

勇者「そ、そうか///」

魔王「…………かっこいいぞ」

勇者「隠密しただけだけどな…………」

魔王「いいや!!お前しかできない素晴らしい成果!!血を流さずに成果が出た………誇れ」

勇者「ありがたき幸せです姫君」

魔王「うむっ!!」




565: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 07:57:29 ID:g0B/TNkY

魔王「………うむ」お腹に手を持ってくる

魔王(言えない………言いたいけど………悩む)

魔王(……………この子………どうしよう)

勇者(最近ちょっと陰りを見るな)

竜姉「飛竜王!!」

ヘルカイト「埒があかん!!飛竜王!!」

飛竜王「あー?」




566: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 07:59:16 ID:g0B/TNkY

竜姉「お前はどう思う‼」

ヘルカイト「そうだ!!」

飛竜王「こんな僕でいいの?若造だよ?」

竜姉「立場は見張る立場のエルダードラゴンだ」

ヘルカイト「問題ない」

飛竜王「…………じゃぁ情とか抜きで」




567: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 20:18:01 ID:2/dQjPK2

飛竜王「論点がおかしい。デメリットの言いあいだけでは進まない。デメリットのカバーを話べきだ。全否定では進まない妥協点を見つけるのもだし」

飛竜王「先ず!思想が生まれてる時点で纏まるわけがない」

ヘルカイト「?」

竜姉「?」

飛竜王「竜姉に賛同する者もいれば兄貴に賛同する者もまったく違う考えを持つ者もいる。しかもどっちが正しいかなんてわかるわけなんかない」

ヘルカイト「そんなもん」

竜姉「今わかる」

飛竜王「わからない。それを判断するのは僕の後の世代だ。後生が成否を判断するだからボクたちは今をより良くするため努力すればいい。失敗は失敗しないために成功は成功させるために」




568: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 21:44:01 ID:2/dQjPK2

飛竜王「結局はやってみなくちゃわかんない」

ヘルカイト「…………」

竜姉「…………」

ヘルカイト「うううう大きくなって………」うるうる

竜姉「頑張ったな…………少し寂しい」しくしく

飛竜王「…………あのなかないでください」

勇者「勇者なんぞこれ」

魔王「纏まったかしら?」




569: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:01:16 ID:2/dQjPK2

ヘルカイト「我は少しやってみよう」

竜姉「そうだな………少し待ってやろう」

飛竜王「纏まったね」

ヘルカイト「竜姉………ひとつ言っておく………お前はすでに弱肉強食の世界から逸脱してるぞ………」

竜姉「知っている。見守るだけだ………凍れる谷からな」

飛竜王「ん?」

竜姉「隠居もいいが………魔王!!」

魔王「は、はい」

竜姉「お代だったな………」




570: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:03:21 ID:2/dQjPK2

数日後

議会

飛竜王「はぁ………」

竜姉「よろしく頼む」

一同(ドラゴンが流れ着いてしまった)

勇者「ああ………弱肉強食から流れ着いたのか………一応」

竜姉「ここから隠居するよ。あと勇者!!あとで来い」




571: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:04:52 ID:2/dQjPK2

凍れる谷に隠居ドラゴンと新星のワイバーンが仲間になった

戦力があがった

ヘルカイトの勢力と知り合った

同盟等組むことができます。




572: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:09:18 ID:2/dQjPK2

エロ注意

竜姉の新居

飛竜王「てっきり刃交えるかと」

竜姉「まぁお前が悲しむのはやめた」

飛竜王「うん!!ありがとう。で何故隠居?」

竜姉「すまん………もう歳で………落ち着ける場所でじっとしていたい」

飛竜王「…………」しっぽぷらぷら

竜姉「どうする?お前は若い私はここにいる。好きに飛んでいくがいい」(寂しい)

飛竜王「空は待ってくれる………だから」

ガバァ




573: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:12:07 ID:2/dQjPK2

竜姉「抱きついてどうし………!?」

飛竜王「おらよっと」

竜姉「こ、こら触るでない」

びりびり

竜姉「!?」

飛竜王「あーあ破けちゃった」

竜姉「おまえ!!ひんむく気か!?」

飛竜王「うん」

竜姉「や、やめ!?」




574: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:16:24 ID:2/dQjPK2

びりびり

竜姉「くっ!!やめろ!!」

飛竜王「おりゃあああああ!!」

竜姉「くっ!!」どてっ

がばっ

竜姉「やぁ!!やめ!!」(力が強い‼)

飛竜王「じゃぁ」

竜姉「んぐっ!!」(口にこいつの舌が!?)

飛竜王「じゃぁ濡れてるし入れるね」ぎんぎん

竜姉「まぁ!!まて!!」

押し倒され……………
朝まで犯される

飛竜王「やっと……やっと。落ち着ける土地に…………孕んでいいね」




575: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:36:14 ID:2/dQjPK2

勇者宅

勇者「魔王寝室来い」

魔王「………ごめん………ちょっと今日もしんどいかな?」

勇者「…………行為じゃない」

魔王「?」

寝室へつれていく

ガチャ




576: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:39:24 ID:2/dQjPK2

魔王「な、なんで鍵を」

勇者「脱げ」

魔王「行為やらないって」

勇者「やらない。脱げ」

魔王「…………い、いや」

勇者「ふん」

じゃらじゃら
カチンっ!!

魔王「なっ!?鎖!?手かせ!?」

勇者が後ろに
手かせをはめられた

じゃらじゃら

魔王「う………」

ベットに引っ張られくくりつけられる

魔王「や、やめて勇者!!」




577: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:49:41 ID:2/dQjPK2

勇者「…………」

ハサミで服を切る

魔王「勇者………お願い………」顔をそらす

切り終わると

勇者「…………」腹をさする

少し膨らんだお腹が

魔王「うう……ひっく………見ないで………勇者ぁ」

勇者「なんで黙っていた………」

魔王「うぐっ………ひっく………捨てられたくない」

勇者「!?」




578: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 22:58:10 ID:2/dQjPK2

魔王「勇者はきっと………また誰かの勇者になる…………でもこんな体じゃ……ついていけない………もう…………一緒にいたいのに………」

魔王「勇者は………才がある………無駄にしてほしく………ない」

勇者「魔王………捧げたって………」

魔王「ひっく………辛いの………縛るのがもっともっと羽を広げれるのに………私なんかに縛られるのが…………もっと活躍できるのに………」

勇者「これと………この子は関係ないだろ‼」

魔王「」びくん!!

勇者「魔王………ん」キス

魔王「ん」

勇者「この子……産むんだろ?」




579: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 23:08:06 ID:2/dQjPK2

魔王「……………産みたい………勇者の子………」

勇者「なら……俺にも一言欲しかった。出来たよって………その…………こう落ち着いてるけど」

勇者「めっちゃ、うれしい!!」

魔王「勇者?」

勇者「ははははおれ………パパか………」

魔王「?」

勇者「おまえが不安がる事はない………」枷を外す

勇者「二人とも幸せにしてやる。魔王捨てない………俺の才でもなんでも子供に継がせりゃいい…………したら俺の変わりになるだろ?」

魔王「……いいのか………本当に本当に……」

勇者「愛してる」




580: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 23:11:27 ID:2/dQjPK2

魔王「うっ……うわあああああん!!」

勇者「あーよしよし」

魔王「怖い!!………出産!!………私なんかに元男だから………出産とか!!………子育てとか………」

勇者「大丈夫。俺がついてる」

魔王「うっうっ………」

勇者「ママになるんだ。ああ楽しみだ……」

魔王「……ひっく」

勇者「魔王……お願いだ………元気な子を頼む」

魔王「う、うん………」だきっ

愛の女神(うんうんひっくひっく………いいあいだぁ……)




581: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/12(木) 23:12:23 ID:2/dQjPK2

安価

妊婦と生活
どんなのがいい?




582: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 04:40:13 ID:NnZw9bkY

甘々なので頼む
お腹の子に良い事をしようとはりきりすぎて怒られる魔王とか見たい




583: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 07:46:30 ID:yDqlwAvI

次の日から
妊婦として生活する

服もゆったりしたもの

魔王「まだそこまで大きくないけど」さすさす

勇者「いや……やっぱ少し膨らんでる」さすさす

魔王「パパに撫でてもらってうれしいね。私もうれしい…………ありがとう魔王のお腹の元に来てくれて」

勇者「ふっ」




584: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 07:47:05 ID:yDqlwAvI

女神(ふははははははははははははははははは)




585: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 07:48:30 ID:yDqlwAvI

勇者「そうそう。お腹にいる子でも声は聞こえてるらしい」

魔王「そうなのか?」

勇者「ああ」

勇者「俺がパパだぞ」さすさす

魔王「うん」

勇者「ははは」

魔王「ふふふ」




586: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 07:51:07 ID:yDqlwAvI

ご飯後



勇者「金稼いで奮発した」

魔王「……危ないことしてない?」

勇者「魔物を狩っただけだよ」

魔王「あんまり無茶しないで」

勇者「いいや………子がいるから稼がないと」

魔王「今のままでも十分」

勇者「そ、そうか………いたなんかいっぱいしたいし………嬉しくて嬉しくて」




587: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 07:54:51 ID:yDqlwAvI

魔王「じゃぁほどほどに。いただきます」

勇者「寒いところでもできるんだなぁ………」

苺を摘まむ

魔王「ぱくっ………甘い。甘いね、美味しいね。えっと名無しちゃん」さすさす

勇者「名無し………」

魔王「名前………決めなくちゃ」




588: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 07:57:06 ID:yDqlwAvI

魔王「決めていいよ?」

勇者「うむぅ」

勇者「勇魔で」

魔王「うん!!いい名前だと思う。よかった勇魔ちゃんお名前ついたよ」さすさす

魔王「いっぱい食べて元気になってね」

勇者「元気な子ならいいな」




589: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:07:30 ID:QPbVx3iE

魔王「勇者のような逞しく強い子になってくれればいいな〜〜」

勇者「なんか………めちゃ!!照れる」

魔王「ふふ………女性とはこんなにも満たされるものなんだな…………ああ………生きてる………お腹で………」

勇者「…………」(ちょっとムラっと来てしまった)




591: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:17:29 ID:QPbVx3iE



勇者「………魔王…………その………」

お腹がふっくらした魔王が寝巻きを着てる姿に…………下半身が反応する

魔王「……どうしたの?」

勇者「魔王………すまん外で寝る」ぎんぎん

魔王「あっ………だめ。お願い一緒にいて………」

勇者「しかし下半身が」

魔王「………」近寄って服を脱がす





魔王「」




592: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:20:36 ID:QPbVx3iE

魔王「……おっおおきい………」

絶句

勇者「まぁ………ごめん」ボロン

魔王「いいよ………はぁはぁ」

勇者「魔王!?」

魔王「ああ………」ぺろ

魔王が先を舐める

魔王「匂い……きゃいだら………」ペロペロ

少し眺めて

魔王「勇者………私が………抜いてやろう………」




593: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:23:55 ID:QPbVx3iE

勇者「しかし………」

魔王「性処理も妻である私の役目だ………頑張る」

魔王「んぐっおおきい……じゅぼ………」くわえた

勇者「んっ……」

魔王「勇者……きもちひい?」

勇者「あ、ああ」びくっ

魔王「んぐ………んっ………」

魔王「………ぷはっ………」




594: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:31:23 ID:QPbVx3iE

魔王「昔は自分にもついてたし舐めるなんて気持ち悪かったのに」つんつん

魔王「勇者のってだけでこんなにも………いとおしい………これが我を孕ましたチンポ………」

勇者「やめ……お前が言うと………犯したくなる」

魔王「んぐ……んんんん……じゅぼ」よだれで濡らし飲み込むを繰り返す

魔王「んん……勇者のチンチンおいしい……」はぁはぁ

勇者「魔王角が」

魔王「我は………おまえのせいで女の婬魔なってしまった………でもよかった………出してここに」

魔王が口を開け舌を出す
そのあとくわえた

勇者「あっ……根本まで」




595: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:34:10 ID:QPbVx3iE

下半身に電撃が走る

勇者「あっ……」

魔王「んごっ!?………んじゅるじゅる」

魔王の口に性欲をぶちまけた

愛の女神(………すごい……えずいて苦しんでも離さない)

魔王「んぐぉ……おえ………じゅる」

愛の女神(すごい量……人間の比じゃない)

魔王「……んんん………ゴクン」




596: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:40:36 ID:QPbVx3iE

勇者「魔王……大丈夫か?」

魔王「はぁーい………飲んじゃった………夫の勇者の…………苦いのに………臭いのに………おいしい………勇者ぁ………ほしいもっと」

勇者「我慢できねぇ!!!!!!」

魔王「きゃっ!?」

妊婦を押し倒す

魔王「あっ…………」とろん

勇者「はぁはぁはぁ」にゅ

濡れているしっかり入りそうだ

魔王「…………はっ!?………だめ!!勇者!!お腹に勇魔ちゃんが!!」

勇者「我慢できない………ごめん!!」ぬぷぷ

魔王「ひゃぅ!!………だめなのに………気持ちいい………」

勇者「ああああ!!」ぱんぱん

魔王「だめ!!あなたの子がお腹にいるの!!勇者!!激しく………あああ」




597: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:45:49 ID:QPbVx3iE

愛の女神(……妊婦なのに獣のように激しい愛………じゅる………濃いうま)

魔王「やめて!!………勇魔ちゃんがつぶれちゃう‼」涙声

勇者「大丈夫………子宮に守られてる」

魔王「あっ……んんんんくうううう!!」

愛の女神(あっ逝った)

魔王「はぁはぁ………はげし………」

勇者「はぁはぁまだやるぞ………二人目」ぱんぱん

魔王の艶やかな声が響く

魔王「勇者ぁ………あん………」

勇者「気持ちいい?」

魔王「きもてぃ……いきすぎて。何も……」

勇者「もっと愛して孕ましてやるからな‼」




598: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 12:52:32 ID:QPbVx3iE

魔王「ほ、ほん……とう!!あん!!………うれしい………もっともっと………ごめん……勇魔ちゃん子宮のドア………うるさいね。でもねママ………婬乱なの………ごめんこんなママで………」

勇者「はっ!!は!!」

激しくうちつける

魔王「ああ……んん!!」

勇者「出る!!」

魔王「…………!?だめ!!中は!!」

勇者「」びゅびゅ

魔王「んんんんんんんん!!勇魔ちゃんに……かかっちゃう……溺れちゃう…………」ぴくぴく

勇者「…………」ぬぽん

魔王「ごめん勇魔ちゃん………ママ………パパの事大好き………兄弟すぐにつくってあげる………許して………」とろー

勇者「はぁはぁ」

愛の女神(………はぁはぁ……せつない………私もやりたい………)




599: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 13:36:46 ID:NnZw9bkY

乙、羨ましい愛だ
でも覗きで欲情してるって愛の女神としてはどうなんだろう…




600: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 21:14:49 ID:r3h4Qctc

女神にはこれをやろう
つオーク




601: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:23:44 ID:eXWjrkOY

次の日

ちゅんちゅん

魔王「………」

勇者「すぅーすぅー」

魔王「う、ううう////」

乱れすぎた




602: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:26:39 ID:eXWjrkOY

それから

魔王「………ふふふん」編み物

勇者「器用だなぁ」

魔王「ふふふん〜〜〜………!!?!!!」

勇者「ん?」

魔王「ん!?」ちらちら

勇者「どうした?」

魔王「蹴った………今お腹蹴った!!蹴った!!」

魔王「すごい!!わかる!!生きてる‼」

勇者「そうかそうか!!」

魔王「ああ……勇魔ちゃん早く会いたいな」

勇者「ああ」




603: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:27:46 ID:eXWjrkOY

イベント


安価




604: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:29:31 ID:eXWjrkOY

あと

オーク「俺にも選ぶ権利はある」

愛の女神「そんなぁ………」

触手「いかにも」




605: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:32:36 ID:eXWjrkOY

お肉

魔王「もぐもぐ」お腹をさする

魔王「ちょっと塩っからい?かな勇魔ちゃん」

魔王「こっちはちょうどいい味だね」

魔王「おいしい?」さすさす

魔王「………ぱぱ……お仕事だよさみしいね」

こつん

魔王「………勇魔ちゃんもさみしいね〜」




606: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:35:40 ID:eXWjrkOY

魔王「ママね〜パパって最初変だなぁーって思ってたんだよ〜怖いなぁーって」

魔王「女になっておかされて………でも一途で努力家で」

魔王「いっぱい見てきて好きになちゃった」

魔王「だからパパさみしいけど頑張って仕事してくれるから………我慢出来るね」

魔王「ふふふん………編み物しなくっちゃ」




607: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:38:16 ID:eXWjrkOY

あるところ

「勇者さま。魔物は討ち果たされました」

勇者「うむ。では……首をもって下がれ」

「はっ………」(いつも武功を部下にくれる………)

ロケットペンダントを見る

勇者(………早く帰らないとな)




608: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:40:19 ID:eXWjrkOY

冬が過ぎ
春が来る
出産は夏の予定

魔王「春が来た」

勇者「寒し………」

魔王「北国だからな仕方がない」

勇者「体を冷やすなよ」

魔王「わかっている……我だけの体じゃないからな」

勇者「ああ………」




609: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:43:46 ID:eXWjrkOY

魔王「それはおまえもだぞ‼」

勇者「へ!?」

魔王「お前は張り切りすぎだ‼あれからずっと!!…………その腕は我と子を抱くための腕だ………怪我だけはしないでくれ」

勇者「ああ!!」だきっ

魔王「お前はやり過ぎる…………」

勇者「わかった……いやわかってるけど落ち着かね………」

魔王「うむ………我もだ………この体が………男ときより好きだ………」




610: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:47:56 ID:eXWjrkOY

次の日

勇者「魔王行ってくる」

魔王「いってらっしゃいパパ」

勇者「ああ………」キス

魔王「んんん」

魔王「…………早く帰ってきてね」

勇者「もちろん!!」




611: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:48:33 ID:eXWjrkOY

めっちゃ幸せそう…………
ああ

愛の女神(うらやましいなぁ………)




613: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/13(金) 22:59:14 ID:NnZw9bkY

甘いねぇ
初期の頃の魔王にこの姿見せたらどんな反応するんだろ?




614: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 07:55:33 ID:jgZE6ofE

過去
魔王の部屋
豪奢なベット
そのなかで大きな3面鏡がある

魔王「…………」




615: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:10:38 ID:kueTVs0w

短髪美少年がそこに写る
豪奢な3面鏡だが少年はこれをあまり必要としない。戦闘で身なりを大事にする理由がわからない
男で化粧などもっての他である

魔王(♂)「………」

魔王(♂)「ん!?」

鏡に写る自分が髪を解かしている
綺麗な長い髪の美少女はどこか………大人びている

魔王(♂)「な、なに!?誰だお前は」

魔王(♀)「……!?」




616: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:15:43 ID:kueTVs0w

魔王(♀)「私!?」

魔王(♂)「何が私だ!!!………鏡か!?何でこんな事が!?」

魔王(♀)「ああ………そんなことあったなぁ…………鏡はあのあと産廃処分したからねぇー」にっこり

魔王(♂)「この3面鏡呪いの品か?……お前はだから誰なんだ?」

魔王(♀)「魔王ネファリウス。女性のあなた」

魔王(♂)「女の我?」

沈黙




617: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:24:24 ID:kueTVs0w

魔王(♀)「男だった私ってこんなのなんだ………ねぇ………もしあなたが妊娠するって言ったら信じる?」

魔王(♂)「ばかな………絶対ない。我は男である」

魔王(♀)「本当……で勇者で勇者って言う人に会う」(時系列確認………就任最初か………)

魔王(♂)「勇者だと!?………我を狙うやつが………」(暗殺か)

魔王(♀)「そう………狙ってる」(あなたを愛するために)

魔王(♂)「………ふん、気持ち悪い。女の我なぞ………」




618: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:27:39 ID:kueTVs0w

魔王(♀)「ふふふ」

魔王(♂)「なに笑っている!!」

魔王(♀)「そうそう………そうだったそうだった…………お腹の子、勇者の子」

魔王(♂)「なっ!?………敵の子だと‼………虫酸が走るおろせ」

魔王(♀)「気持ち悪がっても………勇者には敵わない」

側近「魔王さま軍会議です」

魔王(♂)「ああ……そうだった。すまない」




619: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:30:26 ID:kueTVs0w

魔王(♂)「………」ちら

側近「鏡に何か?」

魔王(♂)「いいや気のせいだ………」(夢だったか気味の悪い………気持ち悪い)

魔王(♂)「側近これを廃棄処分せよ」

側近「はい」




620: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:33:11 ID:kueTVs0w

現在

がちゃ

勇者「誰かいるのか?」

魔王「勇者」

勇者「ん?」

魔王「昔の自分ってくそ生意気だよね」

勇者「あ……ああ………そうだったが………」

魔王「…………ごめん」

勇者「何があった?今さら………もう不安がるなって愛してる」

魔王「………うん」




621: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:34:56 ID:kueTVs0w

魔王「昔の自分だったら気味わるがってたんだろうなぁー」

勇者「そうかもな」

魔王「でも………勇者の子。孕めてよかった」

勇者「よかったな」

魔王「うん!!」




622: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:42:24 ID:kueTVs0w

甘い日々

魔王「………」

勇者「どうした魔王」

魔王「この子大きくなったらどうするんだろ?」

勇者「なにがだよ」

魔王「元魔王と元勇者だぞ…………苦労するぞー」

勇者「ささえてやればいい」

魔王「そうだなぁ………」




623: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:45:47 ID:kueTVs0w



勇者「じゃ今日もいただきます」

魔王「…………どうぞ……めしあがれ」

勇者「母乳うめぇー」

魔王「いつもいつも吸われてたら赤ちゃんの分なくなっちゃう………」

勇者「大丈夫。いっぱいでるみたいだし」

魔王「………おまえも赤ちゃんみたいだぞそんなに吸って………」

勇者「うまぁい」

魔王「………ふふ………ずっと孕んでるのもいいかもな」

勇者「二人目頑張らせるから大丈夫」

魔王「うん!!パパ」




624: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:54:22 ID:kueTVs0w

小高い丘

勇者「妊婦がこんなとこまで………無理すんなよ」

魔王「大丈夫。運動も必要だ………ちょっと休憩」

勇者「あと少しだな………おらよっと!!」デーモン化

魔王を姫様だっこする

魔王「お、重くないか!?」

勇者「お前が言った。俺の腕はお前を抱き締める腕だ。この重さを背負ってくんだ。軽い軽い」

魔王「…………ばーか////重いって言ってるじゃん」




625: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 12:56:29 ID:kueTVs0w

死にそう

糖尿で死にそう




628: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 19:00:43 ID:K2nWoGWE

糖尿病不可避(もっとお願いします)




629: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:11:27 ID:7T/N8VWs

高い丘の頂上
春風が舞い
都市が眺められる
…………北の大地にも春の訪れが
幾重の色の花びら大地を彩る

魔王「………ここはすごいな。どんな寒く辛い場所でもこれだけの花が咲く」

勇者「そうだな。冬は終わった………」

魔王「ふふ……勇魔……綺麗だろ………お前の故郷となる場所だ」

勇者「…………あまり長いはできない」

魔王「そうだな。ありがとうワガママに付き合ってくれて」

勇者「いいさ………なんだろ懐かしいぞここ」

魔王「?」




630: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:14:46 ID:7T/N8VWs

魔王「絵でも見たのでは?」

勇者「かもな」

魔王が丘に立つ

勇者「危ない」

魔王「お前が助けてくれる」

勇者「………万能じゃないぞ」

魔王「ふふ………色々………うん………」

魔王が振り向く………口を開く………閉じる

なにかを言いたいみたいだが言葉が多いらしい

わかる………俺も語る言葉は多い




631: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:15:21 ID:7T/N8VWs

クライマックス




632: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:18:04 ID:7T/N8VWs

魔王「………なんだろ………言葉が見つからない」

勇者「…………」

魔王が俺をずっと見つめる

綺麗な髪が丘の花の匂いが交じる風になびく

勇者「あっ………」

俺はこの場所を知っている

深い所に

そうここは………




633: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:18:38 ID:7T/N8VWs








あなた




634: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:20:20 ID:7T/N8VWs

魔王が微笑み

言葉は風に乗せて届いた
奥深く

たった3文字

だが

自分だけに対してその言葉は多くの意味を成していた




635: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:21:23 ID:7T/N8VWs

魔王は微笑む

優しく
包み込むように
花ビラに彩られながら

勇者「…………至った…………そうだったのか………」




636: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:25:27 ID:7T/N8VWs

色んな
自分の辿ってきた記憶が巡る

水晶球に写る者に心を奪われた

それだけを追いかけてがむしゃらに強くなった

強くなった自分で

追い求めたものを護った

一筋頬に冷たいが熱くもある感触が落ちる




637: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:26:40 ID:7T/N8VWs

ずっと求めていた

ずっと忘れられなかった

ずっと知りたかった

笑みの意味を

場所を

心が奪われた瞬間を




638: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:30:02 ID:7T/N8VWs


勇者「はは………知った………意味をこの瞬間」

膝をつく

神々しくてしかたがない

至った

自分は追い求めた者に今………出逢えた

勇者「うぐっ………ううううう!」

溢れるばかりの激情

長く永く追い求めた答え

犠牲を払いそれでも届くかわからなかった場所




639: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:31:01 ID:7T/N8VWs






勇者の自分が生まれた場所に今至る




640: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:36:22 ID:7T/N8VWs


魔王「勇者!?ど、どうしたんだ!?」(いきなり泣き出したぞ‼)

勇者「うっひっく………俺はやっとやっと辿り着いた………ありがとう……ありがとう………」

魔王「勇者………」膝をつく勇者に抱きつく

勇者「うわあああああああ!!」

魔王「……………」(何かしらん………でも暖かいこの涙は)

勇者「俺は………やったぞ‼…………至ったぞ!!………やっとやっと………深く届いた!!!」

魔王「うん……そうだな」

勇者「うわああああああああああああ!!!」




641: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:40:00 ID:7T/N8VWs

勇者「魔王の…………笑顔の意味を…………ああ………」

勇者「なんて大きい………神々しい………俺の………俺だけの………」

魔王「…………お疲れさま」

勇者「くぅ……ひっく………魔王………おまえ………俺は絶対………絶対お前を………幸せに………するから」

魔王「うん………して」

勇者「魔王…………ありがとう」

そのまま永く勇者は泣いていた




643: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/14(土) 21:49:19 ID:n0/Y0ZnI

砂糖ご飯が急にしょっぱくなった
このまとめ方はズルいだろ……




649: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 11:45:22 ID:dIRWhLKw

教会

第司祭勇者

勇者「えー…………何で俺?」

愛の女神(祈ってください)

「勇者さま!!お願いします!!」

勇者「俺は聖職者では」

愛の女神(聖職者ですよぉー)

勇者「わかった」

教会の真ん中で膝をつき祈る
教会に椅子机はない
何故なら方膝をつく行為
これが教会の祈る姿。剣を目の前に置き祈る

愛の女神「……………」ふわっ

「!?!?」

愛の女神「祈りの先を大切に」消える




650: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 11:48:57 ID:dIRWhLKw

兵、騎士が絶句する

勇者「あーあ……出てくんなよ………」

兵「見た?」

騎士「見た…………」

騎士団長「おられるのか!?」

勇者「………見たものは今の言葉を信じ!!守れる強さ護れる強さを手にいれよ‼」

「「「はっ!!!」」」




651: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 11:52:44 ID:dIRWhLKw

「大司祭さまの祈りが通じた!?」

「帰って嫁に!!」

大騒ぎ

勇者「………やりやがった……」

後日

神の神託があった日として記念日に制定

騎士と姫の宗教者が莫大に増える結果となった




652: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 12:11:44 ID:dIRWhLKw



多忙

勇者「はぁはぁ」

魔王「おつかれ。あなた」

勇者「くそ女神謀ったな………大司祭になってしまったから忙しいぞ‼」

魔王「部下に任せれば………」

勇者「部下に無理言って仕事投げた」

魔王「あら………」

勇者「宗教発足。資金は国の納税………メダル販売………原典は何でか俺の軌跡だぞ…………皆それ読んで勇者さまーだぞ………くっそ恥ずかしい」

魔王「うんうん!!やっと皆が認めてくれてる!!」

勇者「はぁ………」




653: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 12:13:41 ID:dIRWhLKw

勇者「…………まぁ魔王」

魔王「ん?」

勇者「この宗教………変でさ神を愛せ以上にさ……伴侶を愛せらしい」

魔王「うん!?」

勇者「そう………神は2番目一番はお前」

魔王「うれしい………い!?」

勇者「気付いたか」




654: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 12:14:25 ID:dIRWhLKw

魔王「あわわ!?」

勇者「大司祭の嫁だぞ」

魔王「あわわわわ!?」

勇者「…………象徴だぞ」




655: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 12:52:25 ID:dIRWhLKw

勇者「冗談」

魔王「?」

勇者「この宗教は姫に愛と言う忠義だから大司祭とかより嫁を大事にするやつがいい宗教者なんだよなぁー」

魔王「ほっ………もてはやされるのかと」




656: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 12:53:41 ID:dIRWhLKw

勇者「まぁ………俺だけもてはやされるのかと」

魔王「うん!!私ももてはやしたい!!あなたの良さは一番知ってる」

勇者「////」




657: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 13:57:15 ID:GvwJk5GE

勇者「お、おう」

魔王「勇魔ちゃんパパ頑張ってるんだって」さすさす

魔王「パパすごいね」

勇者「////」

幸せすぎる。綺麗な嫁がいて………すべてが上手く

行きすぎている

そう

行きすぎている




658: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 14:03:31 ID:GvwJk5GE

勇者「………」(なんか不安になるな………意味を知り。重さを知ったし)

勇者「うーむ。魔王は俺に変わってほしい?」

魔王「変わってもありのままのあなたであればついていくわ。あなたの色に染まっていくのは私の方だしね」

勇者「…………ぐすん」(ええ嫁もろたわぁ……)




659: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 14:11:22 ID:GvwJk5GE

変わった料理

魔王「ふふふ〜〜〜ん♪」

重たそうなお腹と2つの山を持ちながら何かをしている

魔王「ブリザード」

何かを凍らせる

魔王「ぬくぬくファイア」

暖める

勇者「????」

パン生地?

クッキー?

魔王「オーブンの温度はいいね。上を高めに魔法で調整して」

勇者(マジで料理うまくなったよなぁー………ええ嫁もろたわぁ………)




660: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 14:13:19 ID:GvwJk5GE

クッキーとパンをくっつける

数十分焼く

魔王「………よし!!………初めてだけど大丈夫」

勇者「なになに………なに!?メロン??」

魔王「メロンパンと言う物らしい。古文書に載ってあった」

勇者「…………ほう」




661: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 14:15:07 ID:GvwJk5GE

魔王「食べてみてくれ」

勇者「うむ」

あつあつ
さくさく
ふわっ

勇者「んぐっ!?!?」

勇者「んぐ!?!?」

魔王「うまいのか!?そんなに!!………どれ」

さくさく
ふわっ

魔王「!?!?」




662: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 14:16:50 ID:GvwJk5GE

魔王「手間がかかったが……なるほど………」

勇者「甘い……でもふわっさく………なんだこの………料理」

魔王「茶を用意しておやつにしよう」

勇者「おやつだよなぁ………昼に食えそう」




663: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 14:18:24 ID:GvwJk5GE

おやつ

魔王「あーん」

勇者「はい、あーん」

魔王「うん……美味しいな。美味しいね勇魔ちゃん………あっ蹴った………」

勇者「美味しいなぁこれ」

魔王「うんうんうん」




664: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 14:23:16 ID:GvwJk5GE

勇者「料理うまくなったよなぁー」

魔王「お前の好きなものは作れるようになったなぁ〜昔はそんな事するなんて思いもしなかった」

勇者「男だったしな」

魔王「そう………でも女性の方が幸せになりやすいのではないか?…………我は思うぞ………お腹に子がいる………これを知れるのは女だけ」

魔王「ふふ………愛が育っている」

勇者「そうだな」

魔王「女になって良かった」さすさす




665: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 17:36:04 ID:GvwJk5GE

魔王「幸せである」

勇者「俺も俺も」




666: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 19:36:49 ID:GvwJk5GE

竜姉「ふむ………順調だな」

魔王「ええ」

竜姉「で、体の方もいい」

魔王「はい」

竜姉「そのまま維持するように」

魔王「わかりました」

竜姉「これが滋養強壮の薬だ。食欲がない日はこれを飲むといい」

魔王「わかりました先生」

竜姉「………知識は無駄にあるからな」




667: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 19:40:22 ID:GvwJk5GE

竜姉「………人間魔族は変わった方法で孕む」

竜姉「我らは卵………故に個々はそこまでデメリットがない」

竜姉「護る相手がいないと無理であろう」

魔王「でも………暖かみはあります」

竜姉「ふむ………母性というやつかな」

魔王「はい」

竜姉「………うむ祝福あれ」




668: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 19:47:38 ID:GvwJk5GE



裸の魔王

魔王「………勇者見て」

勇者「どうした!!からだが冷えるぞ‼」

魔王「暖めて」

そう一言

ベットに横になる
お腹の子をさする

魔王「………このからだどう思う?」

勇者「綺麗だ……肌も」

魔王「綺麗?」

勇者「ああ………美しい」

魔王「もっと抱き締めて」

ぎゅっ

勇者「どう」

魔王「ありがとう」




669: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 19:49:38 ID:GvwJk5GE

魔王「ずっとこうしていようね」

勇者「お前が求めるまで」

魔王「じゃぁ生涯求めます」

抱き合って寝た




670: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 19:52:12 ID:GvwJk5GE

数週間
春の終わりごろ

丘に呼び出される

愛の女神に

勇者「なにようだ?」

愛の女神「…………気を強くもって」

勇者「ん?」

愛の女神「そして………立ち止まらず勇気を……一歩動き出す勇気を………」

勇者「いったい何を」

ぶわぁああああ!!




671: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/15(日) 19:55:21 ID:GvwJk5GE

ワイバーンが丘下から飛んでくる

飛竜王「勇者!!」

勇者「なんだ!?」

愛の女神「………」目を瞑る

飛竜王「魔王が倒れた!!」

勇者「!?」愛の女神に振り向く

愛の女神「…………」

勇者「くっ!!」

飛竜王「背に乗って!!竜姉が診てる!!」

丘を後にした




673: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:29:45 ID:uns0qQ2s

竜姉の診療所

勇者「魔王!?」

竜姉「勇者………」

魔王「…………あああ……勇者……」

魔王が静かに眠っている
顔が歪んでいる

竜姉「………勇者出産が近い………飛竜王容態を」

飛竜王「わかった」

竜姉「勇者………話がある」




674: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:31:50 ID:uns0qQ2s

部屋の外

竜姉「出産が早すぎる。夏後半だ」

勇者「出産するのか!?」

竜姉「ああ………しかし何故か胸騒ぎがするんだ」

勇者「?」

竜姉「魔王は吐血した」

勇者「!?」

竜姉「妊娠してる筈でもそんな事はない」

勇者「…………いったい」




675: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:33:41 ID:uns0qQ2s

魔王「ああああああああ」

部屋の中から声が
飛竜王の呼ぶ声も

竜姉「勇者!!ついてやれ!!」

勇者「!?」びくっ

体が硬直する



魔王「勇者ぁあああああ!!」

嫁の声に我に戻った




676: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:36:07 ID:uns0qQ2s

部屋に入る

魔王の手を掴む

勇者「頑張れ魔王!!」

魔王「はぁはぁ勇者そこにいるの?」

勇者「ああ!!頑張れ‼」

魔王「………うん……んんんんん!!」

掴んだ手が握り潰さんとするぐらい強く握られる

痛みに叫ぶ魔王

竜姉が門に立つ

竜姉「踏ん張れ!!」




677: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:37:25 ID:uns0qQ2s

じゅりゅ

魔王「あああああああああ!!!」

竜姉「これは!?」

愛の女神(………………)

竜姉が手で何かを掴み引っ張る

何故そうするか

俺は

驚愕する




678: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:38:14 ID:uns0qQ2s

生まれてきた子は


すでに






絶命していた




679: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:40:06 ID:uns0qQ2s

魔王「はぁはぁ……」

勇者「!?」

飛竜王「!?」

竜姉「くっ………!!」

勇者「………」膝をつく

死んでいる

赤子の声もない

魔王「………はぁはぁ勇者………」疲れて目が開かない




680: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:42:16 ID:uns0qQ2s

萎びた赤子

幾重にも黒い穴が空いている

普通ではない

異様な赤子

一同がショックで言葉を失う

魔王「勇者あぁ……」

勇者「魔王………お疲れ。よく頑張ったね」左手を握る皮を突き破り血が滲む




681: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:45:35 ID:uns0qQ2s

魔王「頑張ったよ………赤ちゃん」

勇者「ああ……ああ………」

気丈に振る舞う

勇者「これからは俺達の仕事だ………ゆっくり寝て休め」

魔王「わか…………った…………愛してる勇者…………勇魔…………」


勇者「……く」下唇を噛み締める。痛いほどに


心が抉れそうになる

求め得た答えを俺は失った




682: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:46:28 ID:uns0qQ2s

ハートフルボッコ

勇魔ぁ…………




684: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 12:55:07 ID:uns0qQ2s

愛の女神「勇者………その子を貰います」

勇者「……あ、ああ………」

魔王を寝かしつけ
赤子を布でくるみ抱いていた

勇者「……………」

愛の女神「………勇者………明日丘で待っています」

勇者「………………」

愛の女神「…」赤子を強く抱き締める

愛の女神(勇気がある子だった)




685: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 17:48:02 ID:FeaPb2eM

何これ…何が起こったんだ…




688: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 19:46:04 ID:pUOKYxxY

どこか
聖域

愛の女神「お姉さま」

女神「あら?どうしたの?」

愛の女神「返してください」

女神「何をかしら?」

愛の女神「殺した幼子の魂を」

女神「ふーん知らない」

愛の女神「あの………呪いは人間の業……人間の淀み………姉……あなたは………」




689: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 19:50:01 ID:pUOKYxxY

女神「勘のいい妹は嫌いだよ」

愛の女神「………返せ」

女神「ふふ………いいわよ受け取りなさい」

女神の手に黒く淀み膨らんだ魂の塊。小さな魂を包み潰している

愛の女神「うぐっ!?」

女神「さぁ触りなさい?ふふふ………業があつまちゃって」

愛の女神「…………」ガシッ。ジュウウウウウ

愛の女神「ありがとうお姉さま………さようなら」

女神「ええ……ふふふ勇者に伝えて罰よ」




690: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 20:12:33 ID:pUOKYxxY



魔王「んんんん……………ふぁ」

勇者「………」

魔王「おはよう勇者」

勇者「………おはよう」

魔王「……勇者?」

勇者「なんだどうした?」

魔王「泣いたのか?」

勇者「ははは………………はは………」下唇を噛む

俺は言わないといけない………流産したことを
それがどれだけ………残酷か………




691: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 20:14:23 ID:pUOKYxxY

今まで

どれだけ

待ち望んだ魔王に

現実を言うのが

残酷過ぎる

勇者「…………」

俺の口から………言うことが出来ない

魔王「勇魔は?………どこ?」

勇者「んぐっ………」




692: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 20:16:34 ID:pUOKYxxY

魔王「勇者………勇魔は?勇魔ちゃんは!?」

勇者「……………気を強くもってくれ」

魔王「はぁはぁ………そんな事って………そんな………」

勇者「……………予定が早かったんだ………流産したよ」

魔王「!?」

魔王がベットに顔を沈める

嗚咽が魔王の嘆きが

俺の体をズタズタにする




693: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 20:19:00 ID:pUOKYxxY

魔王を抱く事さえ出来ず

俺は部屋を出た

壁を叩く

勇者「………………」

その場にいたたまれなくなって逃げた

勇者「魔王、すまねぇ………なにも出来ず」

こんな終わりは

残酷だ




694: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 20:19:52 ID:pUOKYxxY

ハートフルボッコ

ちょい休憩

…………




695: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:06:52 ID:pUOKYxxY



勇者「……………」

次の日逃げるように丘へ

愛の女神「来ましたね」

勇者「ああ」

愛の女神「これを」

ぼうぅ

勇者「人の恐ろしい澱みが纏まっている……いやこれは!?」

愛の女神(気付くんですね)

勇者「…………それを何処で」

愛の女神「あなたの元加護主」

勇者「なるほど裏切り者に罰を…………すまん………それを………渡してはくれないだろうか?」




696: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:11:32 ID:pUOKYxxY

愛の女神「ダメです。穢れが………あなたを殺します」

勇者「…………」

愛の女神「…………どうぞ」

汚れた手で魂を手渡す

勇者「………勇魔………お前」

愛の女神「この子は勇気がありました………母を殺さないために女神の呪いを全て身封じ込めました」

愛の女神「女神から愛する母を護る勇気………勇者の子らしい勇敢な子です」

勇者「ありがとうな………俺は一度に2つの失うとこだった」

ぐっ
胸に押し当て魂を体にいれる




697: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:14:26 ID:pUOKYxxY

勇者「うぐっ!?げほっ!?」吐血

腕が爛れ

血が服に滲む

勇者「こんなに痛いのによく頑張った………」

愛の女神「ダメです吐き出して!?死にます!!」

勇者「子供の痛みを受け入れられず何が父だ!!俺はここにいる!!…………勇魔お前を一人にしない!!」

愛の女神「!?」

勇者「はぁ………はぁ………馴染んだ」

愛の女神(愛が勝った………)




698: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:17:17 ID:pUOKYxxY

胸から

白い小さな魂が産まれる

勇者「………」

愛の女神「穢れを吸いとったのですね」

爛れも全て
治りだす

勇者「俺は人間性を全て捧げなかった。故にハーフとしてこいつが産まれた」

愛の女神「そうです。人間の女神だから………こんな惨いことを」

勇者「ああ………許せない」




699: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:21:46 ID:pUOKYxxY

勇者「勇魔………お父さんに力を」

ぶうううううん!!

魂が震え
勇者の吸収した歪みと混じり黒い穴が生まれた

勇者「…………」木箱からツヴァイハンダーを取りだし突き入れ引き抜いた

剣が禍々しいオーラを纏う

勇者「勇魔…………お前も許せないんだな」

愛の女神「…………歩き出すのですね」

勇者「ああ」

神殺しを行うために




700: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:27:24 ID:pUOKYxxY



勇者「………ただいま」

魔王「おかえりだ!!何か食べるか?」

勇者「!?」

魔王「………そう驚くな」

勇者「いや……だって………」

魔王「ふふ………悲しくないことはないずっと泣いていた………だが私よりきっと勇者………お前の方が辛いと思ったからな…………ありがとう勇者………ありがとう。あなた」

勇者「うぐっ………すまん………すまん………」

魔王「お前のせいじゃない。我がまだしっかりした母じゃなかったからな」

ぎゅっ!!

魔王「い、いたいぞ勇者………ああいたいぞ………ああお腹にもう………居ないのだな………」

勇者「…………魔王、これを」魂を出す




701: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:29:58 ID:pUOKYxxY

魔王「!?」

魔王にはわかったのだろう
両手に取る

魔王「ああ………小さいけど暖かい………勇魔ちゃん………」

勇者「…………」

魔王「ごめんね。お母さんが未熟で………産んであげられなくて」

勇者「………ずるっ……くそ………」

愛の女神(………ひっく………なんて………)

魔王と勇者
枯れた涙がまだこぼれ出す




702: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:34:10 ID:pUOKYxxY

魔王「いっぱい……お話ししたかったよ………いっぱいお洋服つくってあげてたんだよ」

魂が揺れる

魔王「いっぱいいっぱいいろんな事したっかたね…………でも勇魔ちゃん…………」

魔王「ありがとう」

魔王「私の元に来てくれて」

魔王「幸せだったよ」

魔王「だから…………いつかまた………会おうね」

愛の女神(………うううううううう)

勇者「うううひっく………」

魂が………俺の中に入る

感じたの悲しみ……しかしそれ以上に怒り
母親を泣かしたことを許せないらしい




703: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:38:34 ID:pUOKYxxY

魔王「成仏させないの?」

勇者「くそったれの女神の元にいかせない」

愛の女神「ええ………その通りです」

魔王「そうなんだ………うん!!」

魔王「勇魔ちゃんをこんなことしたやつを仕留めよう‼」

勇者「わかるのか‼」

魔王「………勇魔ちゃんが教えてくれた。いい子だね…………勇者と同じ護る事のできる子」

勇者「………ああ、ああ」

魔王「大丈夫。私は元魔王。この程度で挫けはしない。みてて母さんは強いんだから」

勇者「ああ……俺よりもずっと」




704: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:41:55 ID:pUOKYxxY

勇者「強い!!」

魔王「まぁお腹すいた何か食べよう」

勇者「ああ!!食おう食おう」

愛の女神(強い………これが母になったものの強さ………深い慈愛………)

魔王

愛の女神(彼女はきっと………化ける)




705: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 23:43:22 ID:pUOKYxxY

次回

人間界へ

復讐の旅へ




706: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 00:04:35 ID:GheWesyQ

勇魔ぁぁぁ・・・・ええ子やないか!

女神に惨たらしい死のご加護を!




707: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 12:26:21 ID:8B5zucFk

帝国

「くそ!!てめぇ!!賞金稼ぎか!!」

勇者「まぁね」

「………くそ」

道の先から魔王が現れる

「炎雹の踊り子!?」

勇者「………」

魔王「捕まってほしいけどいいかしら?死ぬより安いわ」

「…………わかった」

勇者「さすが魔王」

魔王「あなたも手加減しない」

勇者「はーい」




708: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 12:30:52 ID:8B5zucFk


魔王冒険者level最大値

勇者冒険者level最大値


あれから俺らは帝国に入った
黒騎士団長と和解
他の騎士団に攻められたが
全て殺した魔王は有名になる

冒険者としての登録してあったのが試験をあっさり受かり最大級の冒険者となる

冒険者ギルドの長を勤められる権限を持つようになった




709: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 12:34:03 ID:8B5zucFk

帝国の勇者宅

愛の女神「おつかれ〜宗教どんな感じ?」

勇者「まぁ……まだまだ」

魔王「ええ………あんまり人間の神様崇拝しないのねみんな」

愛の女神「姉が怠惰だから………ひとりひとり気にしないし………奇跡は起きない」

勇者「では………ギルドを発足しよう」




710: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 12:36:36 ID:8B5zucFk

女神を倒すのは簡単ではない

先ずは信仰を潰さないといけない

少なからず帝国では信仰されている

だが

愛の女神「愛に勝る信仰はない」

勇者「うまくいくかな?」

魔王「うまくやる。それだけ」




711: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 12:47:58 ID:8B5zucFk

魔王「大きな影響を与えなくていい………女神に疑問が持てれそれでいい………よね?」

愛の女神「ええ!!そうです。私は…………過去に………自分で終わらせてしまった。だけど今度こそ…………しっかり信念をもちます」

勇者「ギルド長は俺。運営は任せた愛の女神さん…………高い金だしたんだ。錬金術師にな」

愛の女神は受肉している

愛の女神「勇者!!私のからだ使ってもいいんですよ?」胸をたくしあげる

勇者「あっそ」魔王「だーめ」

愛の女神「ガード固い…………」




712: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 12:51:08 ID:8B5zucFk

愛の女神「まぁ不倫は双方納得してないと認めませんし………しょうがないですね」

愛の女神「では………姫と騎士のギルドを発足しましょう」


後日

教会に構える事となった

愛の女神相談所

冒険者ギルドらしくないが必要なものを揃え始める

城の完成だ




713: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 12:56:54 ID:8B5zucFk

仕事の張り付ける盤

それと



恋愛の物語
勇者の物語(子供は死んだことも記載)

いろんな愛に纏わる本を取り扱っている
写本………凍れる谷では聖典として何冊も作られたのを販売する

魔王「こんなんで信仰を増やせるのだろうか?」

愛の女神「大丈夫ですよ………お試しを色んな所に置いてきましたし」

勇者「ふむ………恥ずかしいこの上ない////」

魔王「愛読書だから大丈夫」

勇者「/////」愛の女神(あああご飯が美味)




714: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 20:29:04 ID:Jjy2Fo6A

魔王「では……始めよう」

勇者「ああ………聞いたか………皆」

教会に

俺たち以外の冒険者………それも

凍れる谷の仲間たち

が現れる

冒険者である

流れ者がつく凍れる谷

冒険者でなければ辿れない

勇者「では………愛の女神の元に」

一同が頷いた




715: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 20:31:33 ID:Jjy2Fo6A

酒場

「最近さぁ変なギルドできだったんだって」

「あん?なにそれ」

「恋愛の神様が奉ってるんだって教会に設けてさ」

「ほう?」

「でもギルド長レベルが二人。受け付けかわいいし」

「ちょっと行ってみよう」

「ああ」(これでいいな)

「楽しみだ」(うまくいけばいいな)




716: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 20:38:43 ID:Jjy2Fo6A

メダル販売

愛しいひとに姫のメダルを

忠義を示すための

教会は賑わう

何故か?

皆、凍れる谷の仲間だから

故に活気がある

そこの空間は愛しさが満ちている

異質なギルドは頭角を表す

教会の周りの土地は更地に新しく宿舎を建てた。

人が集まりだす




717: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 20:43:15 ID:Jjy2Fo6A

教会ギルド

愛の女神「私にメダルを?」

「はい!!」

「お願いします‼」

愛の女神「…………受け取れないわ。私は個人を愛するのはやめたの。それに私を愛せとは言わないけど貴方の護りたい相手を見つけて」

「それができるまで預かってください」

「はい!!」

「我々は………女神様に忠誠を誓います。愛しい人が出来るまで」

愛の女神「では………預かりましょう」




718: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 20:44:33 ID:Jjy2Fo6A

それから

愛の女神は婚姻も司る神になる

教会に誓いを立てる者が増える

兵士が………下級騎士が

思い人を連れて




719: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 20:53:13 ID:Jjy2Fo6A

いつかのギルド

愛の女神「なんでしょうか?」

下級兵士「私は下級兵士です………そんな私がこんな騎士のメダルを………もって………告白しても」

愛の女神「…………魔王」

魔王「………ええ」

魔王「顔を上げよ兵士よ!!」

下級兵士「は、はい」

魔王「下級兵士がなんだ?お前の想いの剣は階級に縛られるほど柔らかき物か?…………誓いを立てるのはな………護りたいからだ。騎士のメダルは騎士以外の者なぞそんなもの関係ない………護りたい者の為に騎士のように………護れせて欲しいと忠誠を誓うものだ」

下級兵士「…………」

魔王「護りたい相手がいるなら………メダルを取れ。それは騎士のように覚悟を示すものだ」

下級兵士「…………はい」




720: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:01:22 ID:Jjy2Fo6A

地下

黒騎士団長「勇者お前は何をしようとしている?変な宗教に染めて」

勇者「染めてか………おれは狂人だ。最初っから染まっている」

黒騎士団長「…………いいお手並みだ。お前の部下か?」

勇者「ああ………快くついてきてくれた………今までの恩と忠誠があるんだとさ。ああ、そうさ…………おれは絶対………見捨てない答えを得たからな」

黒騎士団長「お前は始めギルドの活気をわざと部下で作った。それに集まり、宿屋、酒場、商店が出来る。なぜか?」

勇者「人の流れがあれば………動く」




721: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:13:48 ID:UmVaH84U

黒騎士団長「噂があるな。魔王を寝取った男の婚姻方法だったな」

勇者「そうさ………魔王を嫁にした想いは偽りがない………その火にひかれる」

黒騎士団長「部下に宣伝させて………メダルの簡単な婚姻方法を編み出した」

黒騎士団長「いい方法だ。酔狂だがな」

勇者「………メダルの売れ行きはいいんだろ?偽物の」

黒騎士団長「ああ、だが手を引こう。バレてはな殺されたらかなわん」

勇者「………そのままで」

黒騎士団長「!?」

勇者「手伝ってやる」




722: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:17:48 ID:UmVaH84U

ギルド

勇者「偽物………メダルが偽物はない」

一般人「!?」

愛の女神「ああ、想いは本物でしょう?………偽物ではない」

一般人「………あ、ありがとうございます」

メダル偽物は安価

教会のメダルは高級嗜好にする
装飾を多目に

住み分けをする

愛の女神(…………勇者恐ろしい………そうやって信仰を増やす)




723: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:20:29 ID:UmVaH84U

うまくいく

今のところ

だが

女神も黙っていない

姫騎士「ふん!!ギルドの長名乗れるようになったとは言え………元魔王!!しょせん部下に乗っ取られた俗物よ!!」

魔王「始めましょう決闘」

闘技場で二人は相対する




724: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:22:49 ID:UmVaH84U

1ヵ月前

手袋を投げつけられた

それを魔王は手に取る

魔王「一月後」

姫騎士「ふふふ!!いいわ!!」

これにより誰も手がだせなくなった

姫騎士の権力で魔王を暗殺は自分の首も飛ぶ




725: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:25:20 ID:UmVaH84U

闘技場の観客が盛り上がる

姫騎士「貴方が憎くて憎くて」

魔王「…………」ちらっ

勇者「………」こくっ

姫騎士「ふふふ!!」レイピア

魔王「………」炎の剣。凍れる剣

姫騎士が鋭い突きを放つ




726: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:33:09 ID:UmVaH84U

勇者「…………女神に力を貰ったか」

突きが鋭くなり
武器に……邪神の加護が
白いく汚れた加護

姫騎士「防戦一方でどうやって勝つにかしら?」

きんきんきん

最小の動作流れるように避ける
風のように
舞うように
魔王は女性となり頭角を示したには流動的な剣劇
炎と雹の踊り子
剣先の炎と雹が彼女の白いドレスのような鎧を彩る

魔王「ふふふ〜ん♪」




728: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:38:41 ID:UmVaH84U

昔よりも妖艶になった
美少女だった魔王は
美人となった

体が男を誘うほど魅力的に

白いバラ

姫騎士「く!?」(当たらない!!避けるの専念されたら無理か………なら)

姫騎士「この母親の出来損ない。お前なんか流産して当然」

勇者「…………」

黒騎士団長「…………」(俺からは何も言うまい)




729: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:43:04 ID:UmVaH84U

魔王「………」くる

きん

きんきん

姫騎士「!?」

剣劇

体を回し、後ろに目があるのかわかるほど
ブレがない

魔王「風の目」

姫騎士が防戦一方になる

何度も何度も

剣が交互に迫る
レイピアがへし折れ

きっん!!!

吹き飛び………魔王の回転が止まる




730: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:57:14 ID:UmVaH84U

魔王「…………私を貶すのはいいよ。でも子だけは…貶さないでね。母親の出来損ないでも愛してくれる勇者も奪わせはしない」

どしゃ!!

勇者「出来損ないねぇ………出来損ないは俺だよ………」

魔王を抱き寄せる

勇者「姫騎士………去れ………俺の目の前から」

魔王「だめ……可哀想だ」

勇者「そうだな………お前の[目の前]じゃぁ可哀想だ」

魔王「勇者………やさしい」

姫騎士「くっ!!覚えてなさい!!………きっと!!」




731: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 21:59:15 ID:UmVaH84U

黒騎士団長「………」(俺からは何も言うまい)

周りが騒ぐ

闘技場が盛り上がった

これで

信仰を増やせそうだ

勇者「魔王。おなかすいたな」

魔王「ふふ」




732: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:08:01 ID:UmVaH84U

その日の深夜

勇者「…………」

ベランダに俺は立つ

姫騎士「くっそ………悔しい悔しい」

勇者「………」

姫騎士に近付く

勇者「やあ」

姫騎士「!?!?!?」

勇者「今晩は。今日は綺麗な月が見えるな」

姫騎士「勇者!?なんでここに!!月なんて出てない………それより夜這いなんて」

勇者「…………」




733: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:15:03 ID:UmVaH84U

勇者「………姫騎士。お前のワガママで何人不幸になっただろうな」

姫騎士「?」

ベランダに人影が複数

勇者「俺は魔王の目の前ではしないし。俺は手を下さない」

姫騎士「衛兵!!!くそ!!武器を!!」

勇者「頑張れ。お前のレイピアだ」にぃい

勇者「生きてたら遭おう」

姫騎士「勇者!!!近寄るな我は姫であるぞ!!!」




734: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:19:26 ID:UmVaH84U



魔王「あら?どうしたの」

勇者「散歩。白ワインもらってきた」

魔王「飲むか?」

勇者「そのつもりだ」

ワイングラスを用意し窓際に座り
魔王が俺の隣で肩を預ける

勇者「月が綺麗だ」

魔王「月なぞ出ていないぞ?」




735: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:22:55 ID:UmVaH84U

勇者「目の前にいる。いい暗闇だ」

ほのかに蝋燭の火が部屋を照らす
綺麗な横顔の魔王

魔王「勇者はすごい…………ここまで信仰を増やすとはな」

勇者「これは信仰じゃない。人間のうちに秘める物を使っただけ」

魔王「そうか………」

勇者「ああ………まだ始まったばかりだ」

魔王「そうだな………勇魔が安心して生まれるように」

勇者「俺たちの幸せのために」

乾杯




736: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:25:25 ID:UmVaH84U

酒場

「聞いたか?」

「聞いた聞いた………姫騎士が暗殺されたってな」

「それも複数人返り討ちにしたって」

「あんな大人数なんで衛兵気付かないんだろうな」

「………えぐいよな生皮裂いて拷問されて」

「それ姫騎士もしてたらしいぞ………噂だが」




737: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:32:18 ID:UmVaH84U

勇者「ふん………死んだか」

黒騎士団長「儲かったな」

勇者「俺はなにもしていない………復讐の執念さ………人の淀み」

黒騎士団長「お前は………何に復讐しようとしている?」

勇者「復讐はしない。罰は受けた。受け取った。だがな…………関係ない子供の人生を奪った野郎に………報いを」

黒騎士団長「相手は?」

勇者「女神」

黒騎士団長「お前!?気が狂ったか‼………居ないぞそんなもの」

勇者「ふふふ………気が狂ってるさずっと………もう一度取り戻す。魔王の笑顔を」




738: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:44:09 ID:UmVaH84U

勇者「零れた………俺の手から………だからスクウ………」

黒騎士団長「ふむ。次の狙いを教えろ。変なところで敵にはなりたくないからな」

勇者「………女神の教会を奪う」

黒騎士団長「どうやって?」

勇者「ふふふ………簡単さ………聖職者ほど汚いのはいないからな」

黒騎士団長「………ふん」




739: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:53:11 ID:UmVaH84U

宗教戦争準備

教会ギルドに騎士団が詰める

南騎士団「不届きの神崇拝する邪教よ!!このギルドは解散せよ」

南騎士団「あれ?誰もいない」

勇者「いない?上見ろよ」

教会を彩るシャンデリア

勇者「別の教会に行った。ここは解散したぞ」

南騎士団「屁理屈か‼皆の者!!剣を!!邪教は消えろ」

勇者「………ああ、邪教だな〜お前たちが!!聖堂騎士が!!」

きぃいいいいいいい

ばん

教会の扉が閉まる

南騎士団「はは……なにを」




740: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 22:55:16 ID:UmVaH84U

勇者「お前が先に仕掛けたからな………剣を抜いてな」

がしゃんんん

シャンデリアが粉々になる

どじゃん

大柄な物と共に

南騎士団「なっ!?デーモン!!」

勇者「グワアアアアアアアアアアア!!!!」




741: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 23:02:49 ID:UmVaH84U

教会に入る

教会のステンドグラスの下………真ん中。
剣を肩に立て掛け座る

勇者「遅かったじゃないか?」

愛の女神「ええ………聖堂騎士団長は魔王が仕留めました。富は貧民に」

魔王「うっ………派手にやったな」

勇者「………弱いからな」

教会は赤く彩られる柱
二つに別れた鉄と肉塊
黒いブヨブヨしたヒモが散らばっている

魔王「…………阿鼻叫喚だったろうに………ご冥福を」祈る

勇者「女神崇拝するものには」




742: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 23:09:56 ID:UmVaH84U

勇者「悪意の代償を願え望むがままに。さあ与えよう正義を」

立ち上がる

勇者「………」

魔王「……………あなたがどんなに変わっても共にいこう」

勇者「ああ」

魔王「怪物になろうと魔物になろうと………」

勇者「………………………」

愛の女神(いつからだろう………この二人に笑顔が少なくなったのは………)




743: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 23:13:21 ID:UmVaH84U

愛の女神(………聖域に………呼べる力はまだだけど)

愛の女神(早く………この二人の精神が壊れる前に)

愛の女神(…………………)

私は無力だ

姉に比べ

しかし

愛の女神(共に………私も)




744: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/17(火) 23:17:12 ID:UmVaH84U

魔王城

側近「おまえは!?」

女神「久しぶりね」

側近「お前のせいで………恐ろしい目に」

女神「あっそ」

側近「うぐっ!?な、なにを………」

女神「人間と交わるから………私の言いなりに」

側近「がは!?」

女神「絶命しろ側近。私が用意する魔王を…………勇者を倒すものを」

側近「…………」

女神「ふふふ…………ははははははははは!」




745: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/18(水) 22:57:24 ID:59Of.rU6

神は暇をもて余していた

ある時、神は人間に力を与えてみた気紛れで

ある者は王に

ある者は魔王を倒すものに

神は暇を潰すものが見つかった

魔王を倒す理由を持つ者の観察

負ける
野垂れる
別の道に進む

色々な違いがあって楽しい
故に

神は勇者を作る




747: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/21(土) 12:08:24 ID:MbHRHq2A

ある日

勇者「魔王!!ちょっとお願いがある」

魔王「あら?今日は会議では?」

勇者「ささっと終わらせたよ。だから………今からお家でどうかな?」指を出し入れ

魔王「ふふふ………スケベさん」ふわっ

勇者「ははは、綺麗な奥さんだしな」

魔王「ではここで………」

勇者「?」

魔王「消えろ‼」剣を切り上げる

勇者「!?」




748: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/21(土) 12:12:10 ID:MbHRHq2A

勇者の顔が真ん中が少し斬れる

血を手で押さえる

勇者「くっ………何故わかった………」ギロ

魔王「勇者は………私を抱くのは女神を消してからって約束しました。また禁術で勇魔を孕ませると約束しました」

勇者「ちっ……変態聴いていたが………」

魔王「ええ……変態です。だって」

勇者「!?」




749: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/21(土) 12:18:14 ID:MbHRHq2A

魔王「すぐそばにいますから」

元勇者「待たせたな‼」すたっ

現勇者「ふふふははははははははは!!面白い‼姫のピンチに駆け付ける騎士気取りを絶望させようと思ったが‼これはいい…………優秀な元勇者だ」

魔王「元…………もしや!!」

現勇者「我は女神の勇者!!魔国を統べる魔王でもあり勇者でもある者なり!!………今回は顔見合わせだ………古い魔王と勇者に挨拶だけ」

現勇者「さらばだ‼」

消える

元勇者「怪我は?」

魔王「ないぞ。安心しろ体は大事にする…………お前の子を絶対産むためにな」




750: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/22(日) 10:10:31 ID:XXpiJVaA

魔王「ただ………ひとつだけ………傷付いた物があるな……」

元勇者「?」

魔王「勇者の笑顔………お前は笑わなくなった…………」

元勇者「…………」

魔王「忘れてた………元勇者」

手を頬に

魔王「笑え……私のために………」

元勇者「…………はぁ………いいのか?」

魔王「責任を感じるな…………大丈夫だ勇魔は」




751: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/22(日) 10:56:35 ID:XXpiJVaA



魔王「今度は大丈夫……….」

元勇者「何が?」

魔王「頼んだのにわらってくれなかった」

魔王「だから」剣を首に

元勇者「何を!!!」

魔王「笑って………ねぇ?」

元勇者「!?」

魔王「早く」

元勇者「わ、わらえ……」

ちっ………つううう

元勇者「やめないか‼」

魔王「あ………」

元勇者「剣で傷を何を考えている‼」

魔王「血が………飲め……そして笑え。美味しいと」




752: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/22(日) 10:59:42 ID:XXpiJVaA

元勇者「くっ………わかったよ」

啜る

元勇者「………!?うまい!?」

魔王「そうだろ?うまいだろ………」

元勇者「ああ………うまい」ニッコリ

魔王「これでもうお前は人間じゃない」

元勇者「?」

魔王「孕ませろ」

元勇者「ま、またあの子のような犠牲が」

魔王「大丈夫」




754: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/22(日) 22:46:16 ID:XXpiJVaA

魔王「魔物だなやはり」

元勇者「………」

魔物の捕食は………魔族と人間だ

魔王「うまかった………そう言うことだ」

元勇者「そうか……魔物か」

魔王「ああ………魔物。だけど」

元勇者「だけど?」

魔王「私の夫なのは変わらない」にこにこ

元勇者「………強いな精神」




755: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/22(日) 22:48:32 ID:XXpiJVaA

元勇者「後悔するなよ」

魔王「しない………」

別の場所

愛の女神(ん!!!二人が愛し合ってるのが感じ取れます‼)

「女神さま夜食です」

愛の女神「ありがとう」

愛の女神(肉体とは不便なものよ………ああ美味しい)




756: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 09:27:53 ID:5839zgUE

ある女神がいた

その女神は愛を謳った

女神幼かった

女神の姉が問う

愛とは?無償の愛では?魔物には愛を謳わないのか?

女神は悩む

そして決めた

魔物に愛を謳う
殺さず、戦わず受け入れる。いつか通ずる




757: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 09:34:54 ID:5839zgUE

いままでやって来た罪を悔い
償い
愛を謳う

しかし

魔物は人間を喰うのをやめない
人間も被害者面して益を獲る
信者から吸いとっていく
それが愛だと洗脳し
未来永劫、償えと

結果、宗教は乗っ取られ自分だけいいように改変され
欲のまみれた金だけ集め、不幸な人を増やしただけだった

女神は己の過ちに気付いたのは
自分が邪魔と消され、小さな教会に押し込められる時だった。姉の高笑いが………聞きながら




758: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 09:37:18 ID:5839zgUE

寝室

愛の女神「!?」がばっ

汗が流れる

愛の女神「はぁはぁはぁ」

夢だ

過去の黒歴史が
滅んだ国の夢だ

愛の女神「はぁ……はぁ………」

愛の女神「………今度は間違えない………」

震える体に、覚悟を秘めて




759: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 12:21:26 ID:Ys9LbveY

ギルド集会

元勇者「はじめまして。元勇者です………お誘いいただきありがとうございます」

規模の大きいギルドの長、4騎士団。黒騎士団の長のみ参加する

故に自分のギルドはここにいるのはおかしい事である

黒騎士団長「では議会を行う」




760: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 12:26:59 ID:Ys9LbveY

黒騎士団長「自己紹介だ。我は……知っているからいいだろう」

元勇者「元上司ですからね」

一通り自己紹介が終わる。

東西南北騎士団長
魔法総括ギルド
冒険者総括ギルド
戦士傭兵ギルド

各々が自分を値踏みする

南騎士団長「お主………魔王とやらを匿ってるそうだな?」

元勇者「元魔王。現は側近でしたがまた変わったようで」

南騎士団長「ふん………北国の人型魔族がお前のギルドにいっぱい居るようだな」

元勇者「ええ。優秀な部下たちです」

南騎士団長「……………」

東騎士団長「蜂起………するつもりかな?」




761: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 12:29:46 ID:Ys9LbveY

しーーん

元勇者「蜂起ですか?…………ご冗談を」

西騎士団長「しらばっくれるな!!変な宗教を流行らせ転覆を謀っているのであろう!!」

元勇者「メダル販売してるだけです。それでどう動けと?偽物もある」

黒騎士団長「………….」

「少しいいかの?」

黒騎士団長「ええどうぞ」




762: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 12:34:57 ID:Ys9LbveY

魔術総括ギルド「いったい何処のギルド傘下かの?」

ざわ

元勇者「フリーランス。無所属ですよ」

魔法総括ギルド「そうか?………ではわしの傘下はどうじゃ?」

一同「!?!?」

元勇者「無所属の方が動きやすいです。私兵が多いので」

魔法総括ギルド「ふむ、で協力関係ではどうじゃ?」

ギルドの長たちも協力を仰ぐ

元勇者「………わかりました。しかしいいのでしょうか?傘下ではなく協力では格が同格」

魔法総括ギルド「ああ大丈夫じゃ………同格じゃろ?」

元勇者「…………」




763: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 12:39:36 ID:Ys9LbveY

魔法総括ギルド「騎士団を弱体化まで追い込んだ精鋭。宗教戦争を終わらせた手腕………恐ろしく思うぞ」

戦士傭兵ギルド「うざったい教会ギルドが消えて清々するぜ」

冒険者総括ギルド「では決定ですね」

黒騎士団長(しまったな………元勇者が騎士団嫌いのギルド連合に)

元勇者「ええ………でも気を付けてください獅子心中の虫であるかもしれません」




764: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 12:42:43 ID:Ys9LbveY

魔法総括「よいよい」

冒険者総括「ああ………」

戦士傭兵「まったく食えそうにない奴だ」

黒騎士団長(騎士団長どもが手を出せなくなったな………まぁいい益のためになるならば見逃そう)

元勇者「よろしくお願いします」

魔王「元勇者〜〜」

一同「!?」

元勇者「お前!?」




765: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 12:45:13 ID:Ys9LbveY

魔王「なんだ?」

元勇者「会議中だぞ!?」

魔王「はよ帰ってこい。宴会だぞ」

元勇者「仕事!!!」

魔王「問答無用」

引っ張られていく

元勇者「あ、ああ」ずるずる

黒騎士団長「ま、まて。会議はまだ終わって‼」

魔王「関係ないです。私が決めます」

傍若無人である




766: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 12:49:14 ID:Ys9LbveY

会議をあとにする

魔王「うまくいったな」

元勇者「口裏あわせの乱入あり」

もとより

ギルドと同格なのは決まっていた
追及を逃れるために強引に連れ出してもらう
衛兵を黙らせて

魔王「部下が待っている…………飛竜王によると………」

耳元で囁く

元勇者「わかった。情報を流せ………」

元勇者「現魔王が都市国家を攻めてきたとな」

魔王「ああ!!」




767: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:29:21 ID:uO77KxBQ

準備中休憩

占い師「やぁ久しいね魔王」

魔王「もう魔王ではないぞ」

占い師「ひひひ………」

休憩中に老婆にあう

占い師「魔王……ああ何と小さい木々が少し大きくなったね………大木に守られながら。でも大木に火の粉が降って守るから………燃え上がるねぇ」

魔王「?」

占い師「気をしっかりもって………まだ何にでもなれる」

魔王「いったい………何を………!!!」




768: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:32:03 ID:uO77KxBQ

どごっ

魔王「うぐっ!!」

占い師「……さぁ……王の目覚めだ」

魔王「い、たい……い」

現勇者「占い師。お前が引き付けると言ったが………知り合いをそんなことするのはけしからんな」

占い師「ひひひ………お代は貰ったからね」

現勇者「ふん……連れてけ。丁重にな人質は」

「はっ!!」




769: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:34:11 ID:uO77KxBQ

教会

元勇者「………!?」

愛の女神「どうなさいました?」

元勇者「魔王の匂いがしない!!声がしない!!」

愛の女神「!?」

占い師「ひひひ」

元勇者「占い師!?」

愛の女神「………」(なに?この人?怖い)

占い師「久しいね勇者」




770: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:36:59 ID:uO77KxBQ

元勇者「魔王がわからなくなった‼」

占い師「ひひひ……これを」

元勇者「魔王を連れ去っただと‼………しまった、くそ!!魔王の強さを過信した!!」

愛の女神「何処へ!!」

占い師「魔王城……馬車で全速で」

勇者「くっ……」(今から間に合うか‼)

愛の女神「まって!!」




771: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:38:39 ID:uO77KxBQ

元勇者「なぜ止める‼」

愛の女神「今あなたが抜けたら………ここまでやって来たことが水の泡に」

元勇者「………それが?」

愛の女神「敵の狙いは……それです」

元勇者「罠だと?」

愛の女神「そうです‼」




772: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:43:15 ID:uO77KxBQ

愛の女神「ギルドを仕切ってるのはあなた…………です。離れるわけには………」

元勇者「………いく。俺は………俺は……どうしたって行く」

愛の女神「とうしません!!死ぬだけです‼」

元勇者「それでも!!幸せにすると約束した!!そこをどけぇ!!」

愛の女神「………」

元勇者「押しとおる」

「まって下さい勇者さま」




773: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:45:27 ID:uO77KxBQ

元勇者「なんだ!!邪魔を!!」

「邪魔をしません‼ですが罠です。万全で行くべきでしょう‼………明日までお時間を」

元勇者「なぜ!!」

「凍れる谷の者たちを集めるためです」

元勇者「………」

「勇者さま………何卒。一日猶予を」

元勇者「………くそ………魔王………」




774: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:49:12 ID:uO77KxBQ

ぶわん

バタバタバタ

現勇者「やはり………空間転移は犠牲が出るか」

魔王「う、う……ん………ん!!んごんご!?」

現勇者「起きたか。布をとってやれ」

魔王「ん!!………貴様!!よくも!!」

現勇者「魔王の寝室へ」

魔王「………んん!!」

がばっ!! 魔王の口に布を押し込む

現勇者「くっ……舌を噛みきろうとしたな‼」

魔王「んんんんん」

現勇者「連れてけ」




775: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:52:16 ID:uO77KxBQ

現勇者「口を割らないためか………」

胸がざわつく

現勇者「…………待っているぞ元勇者」

剣の束を固く握った




776: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 22:56:53 ID:uO77KxBQ

魔王の寝室
懐かしい部屋だ

どしゃ

魔王「………」

はらはら

かちゃ(女神の枷。魔力が練れなくなる)

「では魔王。好きに過ごされてどうぞ」

部屋の鍵を閉める

腕に腕輪の枷

窓も開けても鉄格子

魔王「改造したか………牢獄に」

懐かしい城下町
だが

魔王「うっ………うう………」

惨めである。油断した………せっかく昔の笑みを見せてくれたのに

魔王「元勇者…………ひっく………ごめん」




777: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:00:04 ID:uO77KxBQ

人質になってしまった

きっと元勇者は来る

助けに

すべてを顧みず

すべてを捨て

助けに来る

罠でも

魔王「うっ……うううううう………」

だからこそ

私のミスひとつで夫を危険に追いやり………積み重ねを捨てさせてしまう。せっかく………彼の才が………また………私のせいで…………

鉄格子に背中を預け丸くなった




778: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:01:29 ID:uO77KxBQ

男だったら

鉄格子

壊せたのに

非力だ

非力だ…………




779: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:04:39 ID:uO77KxBQ

次の日

「集まりました」

元勇者「………で」

「これを」

メダルの御守り

「我らの指導者よ………帰ってきてください。絶対」

「我々は応援し、あなたの積み重ねを強化維持します」

「なので安心して………勤めを果たしてください」

愛の女神「…………」

元勇者「ああ………俺はあいつの騎士だ。姫が拐われたら………助けなきゃな」




780: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:07:11 ID:uO77KxBQ

愛の女神(人はすごい。魔族もすごい………こうやって信じることができるなんて)

愛の女神(私も信じる力を………持たないと行けませんね)

愛の女神「元勇者」

元勇者「ん……通さないのか?」

愛の女神「いいえ……元勇者帰ってきてください………絶対約束です」

元勇者「わかった………善処する」




781: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:29:49 ID:uO77KxBQ

元勇者「善処する………帰ってこれないかもな」

「…………」

一同が理解している

彼がどういった人か

だが

「憧れるなぁ………そんな生き方」

元勇者「めんどくさいぞ………いいや………………幸せか」

剣を担ぎ

元勇者が歩き出す

教会にでると




782: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:32:32 ID:uO77KxBQ

凍れる谷の兵士が皆ひれ伏していた

真ん中を歩く。その姿はもう

「では………ご武運を」

愛の女神(…………)

勇者とは違った何かだった




783: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:36:14 ID:uO77KxBQ

魔王城
長テーブルに向かい合う
肉を口に運ぶ

現勇者「食え」

魔王「…………」

現勇者「黙りか」

白いドレスを着た魔王を見る

現勇者「食わないと………母体に響くぞ」

魔王「…………はぁ………何故冷遇しない」

現勇者「しらん」

女神(………何故冷遇せず。痛め付けないのか)

現勇者(しらん。人質だ)

女神(生きていれば問題ないだろ)

現勇者(ふん)




784: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:37:06 ID:uO77KxBQ

そうだ

そうすればいい

だが

そんな気は起きない

何故か

自分自身が一番わからない




785: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:39:31 ID:uO77KxBQ

わかるのは

元勇者が憎いだけだ

俺は

それだけで生きている




786: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:44:00 ID:uO77KxBQ

魔王の寝室

魔王「はぁ………結局食ってしまった」

お腹を撫でる

居るかもしれない

だから

死ねない

魔王「舌だけでも………消すか?」

不利になる情報は………しゃべるべきではない

がちゃ

魔王「だれ……んぐっ!?」

オーク「げへへへ。女神の言うとおり。元魔王は犯しがいがありそうだ‼」

魔王「んぐっ!?……くっ!!」

オーク「おおっと弱体化の枷で何も出来ないの知ってるぞ」ボロン

魔王(デーモンの時の勇者より小さい………)




787: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:49:52 ID:uO77KxBQ

現勇者「お前は何をしている」

オーク「へっ?」

現勇者「ああ………醜いもの見せるな」切り落とす

オーク「ぎゃあああああ!!」ぼとっ

現勇者「はぁ……床が汚れた」

オーク「き、きさまぁ!!魔王だからって奪った席で威張り散らしやがって‼」

現勇者「現勇者だ?覚えてかえてくれ。消えろデストラクション」ざくっ

オークが闇に飲まれ
消える

現勇者「存在を消してやった。矮小な魂は消せる。側近もそうやった」

魔王「何故……助けた」




788: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:51:45 ID:uO77KxBQ

現勇者「さぁ……気まぐれだ」

部屋から出ていく

現勇者「メイドよ部屋掃除頼む」

魔王「…………元勇者………早く………会いたい」

扉越し

現勇者「……………はぁ………」




789: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 23:54:36 ID:uO77KxBQ

女神(何故………助けた)

現勇者「人質は手を出すな」

女神(…………ふん。つまんない)

女神(元勇者に助けを乞いながらオークに犯されるのが見てみたかった)

現勇者「やめとけ」

女神「情?」

現勇者「しらんな」

女神「もしかして好きになった?」

現勇者「しらん」

そうしらない……しらん




790: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 00:05:03 ID:dXEKPjBI

現勇者の寝室



現勇者「ん?」

窓から歌が聞こえる

現勇者「いったい………」

半円のベランダに足が勝手に動く

魔王「〜♪」

現勇者「!?」

魔王が歌っている
演奏を交え

風にのせる

楽しそうに………悲しそうに

魔王「…………はぁはぁ………魔法やっぱりこれだけしかできないのか届けられないの…………」

そして

今度はすすり泣く声が寝室を満たした




791: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 00:07:57 ID:dXEKPjBI

何故か

胸が締め付ける痛みを感じる

現勇者「……」

なにか

非常に

現勇者「……………」

変な感じがする

魔王が気になってしょうがない

金髪の綺麗な髪。凛々しい瞳。魔族で驚くほど白い白い白いきめ細かい肌。




792: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 00:10:27 ID:dXEKPjBI

そして

向けられない笑顔

あったとき

元勇者が現れたときの

あの

笑顔

現勇者「…………」

忘れることができなかった




793: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 00:12:09 ID:dXEKPjBI



魔王=ヒロイン




794: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 04:10:45 ID:zHulSQzQ

とてもスレタイのような事を言っていたとは思えないほど囚われのお姫様してるな
そして現勇者わりと良い奴?完全に女神に操られてるわけじゃないのね




796: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 12:18:51 ID:19Llic3Y

魔王の寝室

現勇者「………昨日歌を唄ったのはお前だな」

魔王「…………ええ、でも届かなかった」

現勇者「…………元勇者を待っているか………」

魔王「来てほしくはない………」

現勇者「何故?助けを乞わないのか?」

魔王「私のために罠に嵌まるのは………私が嫌です。でも彼は来る………どんなことがあっても………悲しいですけれど………覚悟はします」

現勇者「………死ぬ気か?」

魔王「…………わかりませんわ。悩んでる」




797: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 12:20:45 ID:19Llic3Y

現勇者「おれは元勇者を殺す」

魔王「…………ええどうぞ」

落ち着いて受け入れる

現勇者「俺は奴が憎い」

魔王「…………」

現勇者「俺は贋作じゃない事を示してやる。あいつの」




798: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 12:23:11 ID:19Llic3Y

現勇者「もし………打ち倒したら………お前は何をする」

聞いてみる

気になる

魔王「後を追います…………もう夫は彼だけですから」

…………むなしい

現勇者「ふん………精々祈りでも捧げとけ簡単にはお前を殺さん」

現勇者「…………そうだなぁ………」

とって変われればいいなぁ

現勇者「!?」




799: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 12:24:30 ID:19Llic3Y

自分は



元勇者を

羨ましがった

現勇者「くっ………」

頭が傷む

姫騎士の姿が

ああ

そうか

現勇者「では……また来る」

魔王「……………」




800: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 12:27:07 ID:19Llic3Y

俺は………

帝国の王だったな

ああ

姫騎士と結ばれた

だが

現勇者「…………」

魔王の………元勇者に向ける笑顔が

欲しい欲しい欲しい

魔王が欲しい………故に




801: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 12:28:07 ID:19Llic3Y

元勇者を殺す

そうすれば

変わりに奪える

…………独り占めできる

ああ

そうか

…………おれは一目惚れしたか

現勇者「………………」




802: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 18:47:16 ID:9v/zUN6.

魔王の寝室へ

女神(いいこと思い付いた)

女神「こんにちは………」

魔王「………だれだお主」

女神「…………女神」

魔王「!?」

女神「残念だったわぁ〜かわいい男の子だったのに」

魔王「うわああああああ!!」飛び付くが避けられる

魔王「お前が!!お前が!!勇者の心を踏みにじった!!勇魔を!!!」

女神「それが?裏切ったのが悪い」

魔王「ぐぎぎぎ!!非力だ!!何で我はこんなに非力なんだぁああああああ!!勇魔の仇が目の前にいるのに‼!!」




803: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 18:50:09 ID:9v/zUN6.

魔王「………くそ………くそ」

女神「ひふふふ………はははははははははは!!!」

魔王「………許さん………絶対許さんぞ!!」

女神「そう?ならもっと絶望を与えてあげる。現勇者って元勇者に似てるわよね」

魔王「………」

女神「教えてあげる………あれね………元勇者だよ」

魔王「!?」




804: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 18:54:43 ID:9v/zUN6.

女神「男の貴方を殺し、姫騎士と結ばれ帝王になった…………勇者。要は貴方が女になったために切り捨てられた未来像の彼」

魔王「あ、あいつが!?」

女神「そうよ!!ふふふ作ったの………切り捨てられた可能性を創造し作ったの」

魔王「………あれが………勇者?」

女神「ふふふふ………はははは愛しいもの同士殺し合いはたのしみねぇええええ!!」




805: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 18:59:22 ID:9v/zUN6.

女神が高笑いが終わった夜

魔王「…………ふぅ……現勇者聞こえるか」

窓際にたち

聞こえているかわからないが

声を響かせる

歌が聞こえるなら………

現勇者「…………聞こえるぞ」

魔王「……………」

現勇者「なんだ?」

魔王「姫騎士は………死んだよ暗殺されて」

現勇者「知っている。因果なもんだ」

魔王「……………お前は勇者か………」

現勇者「…………そうだ。わかったか」




806: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 19:03:00 ID:9v/zUN6.

魔王「………ええ」(教えてもらってやっと知った)

現勇者「………女神が作ったらしいな俺を」

魔王「…………お前は記憶はあるのか?」

現勇者「思い出したか………知らないが………ある」

魔王「そうか………その………何を言おうとしてるかわからない………すまんまとまらない」

現勇者「………魔王……………お前は勇者が好きか?」




807: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 19:05:15 ID:9v/zUN6.

魔王「……………」

現勇者「………………」

沈黙後

魔王「勇者は好きだ」

現勇者「なら……俺も………」

魔王「でも、元勇者は愛している」

現勇者「…………」ぐっ

魔王「お前が勇者だと知らなかった………感ずかなかったのは………元勇者違うからだろう」




808: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 19:09:44 ID:9v/zUN6.

現勇者「違わないあいつは俺だ。俺はあいつだ」

魔王「………違う。纏まった。やっぱり貴方は違うわ」

現勇者「違わない!!」

魔王「いいえ………」

魔王「…………話せば話すほど違う………話せば話すほど」

あなたに会いたくなる

現勇者「……」(なんだ?この重い言葉は!?)




810: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 19:18:30 ID:9v/zUN6.

魔王「だから違う」

現勇者「ふん!!待っていろそこで‼」

魔王の寝室に乗り込む

現勇者「魔王!!」

魔王「…………」

目が伏し目に

疲れた顔をしている

魔王「…………」

現勇者「魔王!!今さっきの暴言許さん‼」

力をいっぱいベットに引っ張る

押し倒す

現勇者「これでも違うと言うのか?」




812: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 19:27:09 ID:dXEKPjBI



魔王「きっと犯されるでしょう。非力で抵抗できません」

魔王「でも………心までは犯されないでしょう…………だって………」

涙が零れる

魔王「あなたはあなたじゃないもの………」

現勇者「!?」




813: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 19:30:21 ID:dXEKPjBI

魔王「姿は似ている。でも違う。性格も全く違う………話しかけたのは………少しでも勇者と関われば………寂しさを……紛れるか………思ったのに………ひっく」

泣き出す

魔王「話せば話すほど………元勇者に会いたくなる………非力を味わうほど………元勇者に助けて欲しくなる」

現勇者「………………」

魔王「会いたい………会いたいよぉ………」




814: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 20:30:55 ID:dXEKPjBI

現勇者「……………何が違うんだ…………あいつと俺で」

魔王「ひっく………元勇者あぁ………………私………あなたがいないとダメなの………」

現勇者「…………」

俺は立ち上がり部屋を出る

扉にへたりこむ

魔王のすすり泣く声を聞きながら胸が締め付けられる

何が違うんだと自答自問しながら




815: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 20:34:06 ID:dXEKPjBI

それから魔王は一切喋らなくなった

朝は泣き腫らした顔を

夜はすすり泣く声を

心の拠り所だったのか

凛々しい姿を

彼女は魅せなくなった

そのたびに………元勇者を憎む。憎まないと……崩れそうだ。




816: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 20:37:01 ID:dXEKPjBI

そして

その日は来た

「城下町に!!元勇者と従者らしきものが!!」

現勇者「英雄たちを」

女神「わかった」




817: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 21:09:50 ID:dXEKPjBI

現勇者「魔王………来い」

魔王「…………」生気がない

広い王の間へ

現勇者「この中へ」

鳥籠

魔王「…………」入る

現勇者「……………………………」

全く反応を示さない………へたりこみ
何も感じなくなっている

ここまで………異存が強い




818: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 21:15:11 ID:dXEKPjBI

城下町

飛竜王「………元勇者。罠だね。人払いしてるよ」

元勇者「そのようだ」

チャキ

英雄「…………」片手剣を構える

元勇者「で………」

英雄2「………」ハンマー

飛竜王「囲まれたね」

英雄3「………」ナイフ




819: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 21:16:46 ID:dXEKPjBI

名のある者たちが現れる

ゆっくり

数を増やして

飛竜王「………面白そうだね」

元勇者「ああ………突破するぞ‼」




820: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 21:18:23 ID:dXEKPjBI

城下町で戦闘が始まった
音が鳴り響く

現勇者「…………長いな」

女神「名のある英雄を集めても………太刀打ちできないにねぇ〜」

現勇者「……………ふふふ………ここまで来い俺」




821: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/24(火) 21:27:41 ID:dXEKPjBI

ザシュ

大剣を抜く

飛竜王「所詮人間の名のある者」

元勇者「魔物には勝ちにくい」真っ二つにする

ワイバーンの尻尾に剣を絡め切り伏せ

デーモンの力で叩き潰す

元勇者「しかし………きりがないな」

飛竜王「先行って………ここはお金貰った僕が受けよう」

元勇者「しかし」

飛竜王「大丈夫。倒し枯らして追い付くよ」

元勇者「………頼んだ!!」

地面を踏みしめ……前に進んだ




822: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 07:52:31 ID:zrlFn.es

王の間

大音をあげ扉が開く

現勇者「…………来たか」

扉が開く

両手剣を片手で構えた魔物が現れる
禍々しいオーラ。角
醜くいひび割れた体

現勇者「デーモン?」

魔王「………あっ………」

魔王が吊るされた鳥籠で声を発する

魔王「…………元勇者………あなた……」

生気がみるみる戻っていく




823: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 07:56:21 ID:zrlFn.es

魔王「元勇者!!」

現勇者「この醜いデーモンが!?…………人では魔物は部が悪いか」

元勇者「………魔王が世話になったな」

現勇者「ははは………ほざけ」

元勇者「魔王………助けに来たぞ」

魔王「うん……元勇者……助けて………」鉄の格子に手を添える

現勇者「…………」




824: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 07:59:15 ID:zrlFn.es

魔王が生気を取り戻したのはこいつが現れて

魔王の愛しい眼差しが向けられているのはこいつ

何故だ

こんなにも醜い魔物に堕ち
人間ではないこいつを

何故愛せる!!

現勇者「かかってこい」装飾された女神の聖なる剣を構える

元勇者「ああ……」

ゆっくりデーモンが歩み始める

現勇者「………」手を上げ………降り下ろす




825: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 08:02:17 ID:zrlFn.es

元勇者「!?」

四方八方から
剣が放たれる

元勇者「俺の武器だ………全部を使うため編み出した術」

ザシュザシュザシュ

デーモンの足に刺さり歩みを止め

膝を折らせ

腕に刺し阻害し

身体中に剣を突き立てる

魔物「あっ…………あ!!!元勇者あぁああああああ!!」

悲痛な叫び。あっけない。




826: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 08:06:08 ID:zrlFn.es

現勇者「罠がないわけないだろ。浅はかな………自分だが浅はかな…………魔物殺しの武器もある。効果はあるようだ」

元勇者「げほっ…………」

魔物「いやあああああああああ‼」

元勇者「叫ぶな……魔王………待ってろ」

どん!!

地面に両手剣を突き立て立ち上がる

力強く歩み出す

一歩

一歩

魔王を助けんとするためだけに

現勇者「まだ立つか‼」

ザシュザシュ

魔王「やめて‼………やめて‼……元勇者逃げて。私はいいから………」




827: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 08:48:08 ID:du5q906M

元勇者「無理な相談だ………げふっ……」

魔王「お願い……逃げて。助けなくていいから‼」

元勇者「惚れた姫を護るため………例え………ドラゴンだろうが………歩みを止めないのが………騎士だ……」

現勇者「………ふん!!死んでは元の子もないだろう」

現勇者が目の前にたつ

現勇者「死ね。魔王は貰う」ツヴァイハンダーを胸に突き入れる

元勇者「ぐふっ………お前も惚れたか………」

魔王「あなたあああああ‼」




828: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:08:45 ID:du5q906M

魔王「腕輪外れない!!このままじゃ!!」

現勇者「胸刺されて生きているとはな……だが」

勢いよく引き抜く

鮮血が現勇者に少しかかる

元勇者「………げほげほ………」

どしゃん

膝が折れ、屈伏する

元勇者「………はぁはぁ………」

魔王「お願い!!外れて‼」


現勇者「介錯してやろう」

剣を突き下ろせる位置に移動する




829: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:13:04 ID:du5q906M

デーモンだった姿が元に戻る

現勇者「終わりだ!!」

魔王「ダメ!!」

現勇者「!?」

目の前に魔王が追い被さる

白いドレスが赤く染まる。

血濡れ汚れる

鳥籠は………溶けていた

現勇者「火の魔法!?腕輪も……壊れている‼」

鳥籠の真下に砕けた腕輪

勇者をひっくり返す

魔王「目を開けて!!私はここだよ‼………死なないで‼約束したでしょ!!幸せにするって‼」




830: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:14:47 ID:du5q906M

女神(ふふふふ!!)

現勇者「………」

女神(さぁ串刺しに)

現勇者「黙れ」

女神(あら?好きだからやらないの?)

現勇者「黙れ………」

女神(まぁ時間の問題だけどね。英雄たちに殺させるから)消える




831: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:16:00 ID:du5q906M

現勇者が手を伸ばす

魔王を引き剥がそうと

だが

すすり泣く声

求める声に手が止まる

現勇者「………俺も勇者だ」

元勇者「そうだな」




832: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:18:04 ID:du5q906M

現勇者「!?」

気付いた時には周りは真っ暗になった

元勇者「やぁ魔王を選ばなかった。占い師に会わなかった俺」

現勇者「…………ここはどこだ!!」

元勇者「死ぬ前の俺の心の中」

現勇者「精神支配だと!?」

元勇者「ソウルの支配だ」




833: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:20:19 ID:du5q906M

元勇者「魂の記憶さ」

ぶわっ

風が舞う

冷たいが

春の花の匂い

現勇者「くっ」目を閉じ開けた瞬間




834: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:22:44 ID:du5q906M

魔王「………」

どこかの丘
お腹が大きい孕んでいる魔王

笑み

現勇者「くっ………」

魔王が笑う

美しく

愛する者へと向ける笑み

現勇者「………」

しかし自分に対してではない




835: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:25:38 ID:du5q906M

隣の元勇者に向けた物だ

時が止まる

魔王の微笑みのなか

元勇者「………お前……俺とお前は一緒だと思うか?」

現勇者「…………同じように生きている筈だ」

元勇者「お前の辿った道は違うぞ」

場面が変わり元勇者の辿った道がわかる




836: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:32:33 ID:du5q906M

最初

黒騎士に憧れた
元勇者と現勇者

ここまでは同じ

だが

元勇者は占い師から未来花嫁を占う現勇者も

しかし………

元勇者は一瞬を見逃さない。女魔王の笑みを欲しがる

現勇者は姫騎士を見る。女魔王の笑みを欲しがらない

分岐する

現勇者は勇者として魔王の前に立ち殺す。
そして帝国すべてを手にいれた

元勇者は全てを捨て去り。魔王の笑みだけを手にいれた




837: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:38:18 ID:du5q906M

現勇者は愛以外を。元勇者は愛だけを
だが………

魔王「ひっく………元勇者………」

現勇者「!?」

現実に引き戻される

勇者の責を放棄した元勇者の亡骸が横たわっている。俺よりも遥かに強い男の亡骸が眠っている。

俺は努力をしなかった。だがこいつは苦行を進むために努力した。

現勇者「………」

消そう………こんな………

自分より素晴らしい奴は目障りだ

魔王を引き剥がす。ああ、羨ましい

全てを捨て去ったくせに………少しずつ戻ってきてるこいつが




838: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:42:43 ID:du5q906M

狂気の道を選んだ癖に

それが一番の幸せに至ったこいつが

羨ましい

そして

現勇者「………だから消えてくれ………惨めになる」

元勇者「惨めになれ……もっとな」

がしっ

魔王を避けて突き刺そうとする剣が掴まれた

現勇者「な、なに!!」




839: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:45:41 ID:du5q906M

蹴り飛ばされる

現勇者「ぐふっ………お前!!いったい」

元勇者「………俺は元勇者。だからさぁ………色々盗んだり、探したりしたもんだ魔王のために」

元勇者が腕を突き出す

腕に嵌められている腕輪が朽ちる

燃えカスのように

魔王「勇者………それは!!」




840: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 12:50:16 ID:du5q906M

元勇者「ダンジョンから………奪った犠牲の腕輪だ。一度だけ死を回避できる神具。死ぬ直前までのダメージはあるがな」

現勇者「なら!!何故たて………!!」

魔王「…………お前!!死んだふりしてたな‼我が回復魔法をかけている間!!」

元勇者「ああ………愛の女神が腕輪壊すのを待ってな。愛で壊れるだってさ」

魔王「ああ……よかった………よかった………」

元勇者「返して貰ったぞ」




843: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 19:35:39 ID:m7XQIA1o

ここまで想われるっていいなぁ羨ましい




844: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 21:35:54 ID:B.c9NDcA

現勇者「………」剣を構える

元勇者「俺の宝もんだからな。奪ったのは許さんが守っていたみたいだしイーブンだ………それに」

元勇者が笑う

黒く

元勇者「見ただろ?………今までこいつと過ごした日々………綺麗だったろ……笑顔が。でも全部俺のだ」

魔王「…………そうだな。お前のもんだ」

現勇者「………関係ない奪うだけ」

元勇者「そうか奪うだけか………魔王退いてろ………で………わかるな」

魔王「ええ………」

二人が走り剣を交える




845: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 21:43:28 ID:B.c9NDcA

倒れるのは勿論現勇者だ

深く

傷を作る

胸が裂ける

現勇者「げほっ」

魔王を護るために鍛えられた剣術と覚悟の差
魔王を護るため集められた宝の数

決定的な実力が生まれる

元勇者「………魔法を扱うほどでもない。介錯しよう」

現勇者「………はぁ……はぁ……」

倒れた現勇者に剣を突き入れる
心臓に向け




846: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 21:48:29 ID:B.c9NDcA

元勇者「塵は塵に………灰は灰に……」

魔王「…………現勇者ありがとう。さようなら。あなたは王だった」

現勇者(……………俺は………結局………間違った道だったんだろう………消えて当然か)

間違った道が本当は尊かったのだ

女神(ちっ。勇者なのに何故こんなにも差が………勇者をモデルに作ったはず………正しい裏切らない勇者を………)

元勇者「……そこにいるな女神!!」

女神(ふん!!)消える

元勇者「ちっ」




847: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 21:55:56 ID:B.c9NDcA

元勇者「………逃げたか」

魔王「元勇者!!」だきっ

元勇者「こら!?血が」

魔王「関係ない……もう会えないかと………思ったんだぞ」

元勇者「………地獄にいっても会いに行くから」

がしゃん!!窓ガラスが割れる

飛竜王「さぁ乗って‼英雄達が来る‼」

元勇者が背中に乗った後

手を伸ばす

元勇者「姫どうぞ」

魔王「………ばか……我は元魔王ぞ……姫扱いするでない………でも………嬉しいぞばか」

掴み引き上げ前に座らせた




848: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 22:00:15 ID:B.c9NDcA

聖域

女神「なぜ!!帝国に入れない!!」

愛の女神「お姉さま」

女神「愛の女神!!」

愛の女神「なんでしょうか?」

女神「何をしたの!!」

愛の女神「帝国ではあなたは邪教です。さぁ力も少しずつ戻ってきて………腕輪を壊せるほどになりました」

女神「あなたが?まさか〜笑わせるわ〜」

愛の女神「さようなら。頭は低く生きていけよ………姉さま……現勇者を元勇者をモデルに作ったこと許しませんから」




849: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 22:14:28 ID:B.c9NDcA

帝国の教会

飛竜王「よっと」

ばさぁ

「王……お待ちしておりました」

魔王「王?」

元勇者「ふむ。王とな」

「ええ………凍れる谷はあなた様を魔王の夫とし王と認める所存です。勇者王」

勇者王「ふん………勝手に言わせといてやる。魔王がいればそれでいい」

魔王「ふふ………王になちゃったね」

勇者王「面倒だが……護れる力は必要だ」

魔王「ええ……護ってね………ずっと」

飛竜王「あついなぁ……背中」




850: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 22:55:44 ID:B.c9NDcA

次の日



魔王「勇者〜」



魔王「勇者〜」



魔王「勇者……今日も頼む……溢さずに」

勇者王(なんだ?前よりべったりになったぞ?)




851: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 23:18:55 ID:B.c9NDcA

教会

愛の女神「女神は帝国以外の人間を取り替えたみたいです」

勇者王「そうか………」

魔王「酷い」

愛の女神「そうでもないです。それが人間の神です」

勇者王「そうか……人間は醜いところがあるからな」

愛の女神「一歩一歩………近付きましょう」

手を伸ばす




852: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 23:22:18 ID:B.c9NDcA

その上に

魔王が重ねる

魔王「私も……仇を………二人の」

そして二人は俺を見る

勇者王「ああ………一歩一歩」

女神に

剣を通せるように




853: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 23:26:27 ID:B.c9NDcA

俺も手を乗せた

勇者王「俺は魔王が一番だ………それでいいならついてこい」

魔王「ふふ……私は果報者だ。夫の背中を押すのは妻の役目だ」

愛の女神「勇者王あなたに」

従います

俺は、重ねた手を押さえた




854: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 23:29:32 ID:B.c9NDcA

どこか

占い師「王を倒し……王になる」

占い師「始まり、大木は燃えず………成長をとどめることはない」

占い師「さぁロードランだ」

占い師「帝国の王なぞ小さい物ではない………」




855: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 23:39:18 ID:B.c9NDcA

凍れる谷

飛竜王「ただいま。なかなか孕まないね」

火竜姉「近縁でも遠いからな」

飛竜王「うん………でも孕まないほうがいいな」

火竜姉「なに?孕ませようとしていたじゃないか?」

飛竜王「………暇がなくなった。すべてが終わるまで空を飛び回ろうと思う。僕以外に空を愛してる者が居る」

火竜姉「ほう………」

飛竜王「自由ではない空だけど………それは勢いづいて靡く………風が舞う」




856: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 23:42:18 ID:B.c9NDcA

ED

プライド革命




857: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 23:52:03 ID:B.c9NDcA


[理想だけを口にしてた過去]

勇者は魔王を殺すことで帝国を守れると思っていた

[壁は何処にだって立ち塞いで]

[手探りで生きてく]

勇者は占い師に頼る。己の使命と……ひとつの答えを求める




858: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/25(水) 23:55:01 ID:B.c9NDcA

[紅い空が影を伸ばす]

[まだそれは頼りなくて自分勝手]

魔王は、勇者に会う。
勇者の勝手に振り回される

[ため息をこぼす]

魔王は勇者を………嫌がる




859: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:01:15 ID:R4fKfRmc

[違う歩幅会わない呼吸でも]

勇者と魔王
種族も、立場も……生き方も違っていた

[君はまっすぐにぶつかって]

でも勇者は魔王の笑みだけを手にいれるため

[側に居てくれる]

魔王を護る。




860: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:06:45 ID:R4fKfRmc

[すれ違い見渡せばそう取り残されていた]

世界が魔王を過去に捨て去ろうとする

[明日は見えていますか]

魔王には死。明日はない

[暗闇かき消す君の声が聞こえた]

魔王が死ぬ運命を知った勇者は心を決める




861: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:15:36 ID:R4fKfRmc

[弱くたって立ち向かうんだ]

弱いからこそ努力を行うんだ

[理由なら君にもらった]

魔王の笑みを護るために

[分かっている、だから行くんだよ]

世界が敵だからこそ。護りに

[今も苦しくって胸が痛いよ]

全てを捨て去った。親しい人も




862: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:17:30 ID:R4fKfRmc

[力なら君にもらった]

魔王の笑みを見るために

[守り抜く為に行くんだよ]

護り抜く為に行くんだよ




863: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:28:32 ID:R4fKfRmc

[負けてばかり守るものもない]

[そんな自信なくて試合放棄]

[言い訳をこぼす]

勇者は幸せを謳歌する。罰を忘れ

[どこからとなく耳を刺した声]

[君は「まっすぐぶつかれ」って悔しそうに嘆く]

流産。魔王を慰める勇者、悔しく己の手を握り潰す




864: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:32:07 ID:R4fKfRmc

[触れ合えば胸の奥に土足で踏み込んで]

[明日は君が決めろ]

[暗闇かき消す君の声は"泣いていた"]

魔王が泣きはらす。そして勇者を励ます。
勇者は………決意する。




865: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:39:32 ID:R4fKfRmc

[涙なんて振り払うんだ‼]

魔王の涙を

[理由なんて僕が作った]

魔王の為だけに

[分かってる、だから行くんだよ]

魔王の笑顔を取り戻すために

[今も怖くなって足がすくむ]

狂い変わってしまう事を

[本当は震えてるんだ]

それでも

[取り戻すために闘うよ]




866: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:44:22 ID:R4fKfRmc

勇者[立ち向かう]

魔王[怖くない?]

勇者[君がいる]

魔王[ここにいる]

勇者[待っていて]

魔王[大丈夫]

勇者[負けないよ]

魔王[認めてる]




867: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:47:57 ID:R4fKfRmc

[さあ踏み込んで進むんだ]

女神を倒して………子をなして

[届くまで笑え]

魔王よ笑っていてくれ




868: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 00:49:06 ID:R4fKfRmc

次スレ

ロードラン




870: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 09:03:35 ID:4rgA5Z6c

サイコパス=勇者




871: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 11:58:52 ID:/7k/hkKw

サイコパス

wiki参照

良心が異常に欠如している
他者に冷淡で共感しない
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が皆無
自尊心が過大で自己中心的
口が達者で表面は魅力的

一部該当




872: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:01:13 ID:/7k/hkKw


勇者王「魔王」

魔王「はい。あなた」

勇者王「暑い」

魔王「暑いですね」

勇者王「離れる選択肢は?」

魔王「ありません」

勇者王「そうか……」

魔王「風の魔法で調整して」




873: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:03:55 ID:/7k/hkKw

勇者王「風の魔法でねぇ……くっついてるとこは無理だ」

魔王「他で」

気温が下がる

魔王「涼しい」

勇者王「………お前。どうした最近?」




874: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:10:30 ID:/7k/hkKw

魔王「…………」

勇者王「連れ去られてるとき何かあったか?」

魔王「何もなかった」

勇者王「いいんじゃ……」

魔王「何もなかった!!」

勇者王「???」




875: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:13:04 ID:/7k/hkKw

魔王「歌を唄っても届かない」

魔王「足があっても、会いに行けない」

魔王「手があっても触れられない」

魔王「喋っても………悩んでも……あなたは居なかった」

勇者王「………」ぎゅ




876: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:15:47 ID:/7k/hkKw

魔王「何も………なかった………」

勇者王「そうか………」

魔王「私って重たい女になっちゃったね………依存してるの………」

勇者王「ふん」

キスをする

勇者王「もう、寂しい思いはしなくていいぞ」




877: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:19:05 ID:/7k/hkKw

魔王「重たい女で……いいの?」

勇者王「重たい女でもお前は魔王だ。変わった俺を認めてるのに俺が認めないのはおかしいだろ」

魔王「そうだね………安心した」

魔王「ずっと一緒に居ようね」

勇者王「元からそのつもりだ」

魔王「愛してる誰よりも。女になってよかった。男なんて糞だね」

勇者王「いやいや……まぁでも」




878: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:20:56 ID:/7k/hkKw

勇者王「性欲の捌け口では優秀か?」

魔王「………そんな言い方やだ」

勇者王「じゃぁ……どう言えば?」

魔王「えーと………言わなければいい」

勇者王「肉便器」

魔王「こらぁ〜」つねる




879: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:22:54 ID:/7k/hkKw

魔王「デリカシーを大事に」

勇者王「マジもんの女性やな……お前」

魔王「そうです女の子なんです‼」

魔王「あまーいの好きだし〜」

魔王「勇者王大好きだし」

魔王「こう……ときめく」

魔王「雰囲気でもコロッて惚れ直す」

勇者王「お、おう」




880: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:25:42 ID:/7k/hkKw

魔王「だから……浮気は許さんぞ」

勇者王「すると思うか?」

魔王「しない……でも言うことはいいじゃない?」
勇者王「まぁなぁ」

魔王「幸せ?」

勇者王「あ、ああちょっと幸せだが。勇魔生まれてこればもっと幸せかもな」

魔王「そうだね……約束してね」

勇者王「ん?」

魔王「絶対!!勇魔を孕ませること!!指切り」




881: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:27:33 ID:/7k/hkKw

勇者王「はいはい……ゆびきった」

魔王「嘘ついたら指切るよ?」

勇者王「こわwww」

愛の女神(私たち一同教会入れないんですが………いつまでイチャイチャするんですかねぇ………)




882: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:37:00 ID:/7k/hkKw

酒場

勇者王「白ワインの甘口。瓶で」

魔王「グラス2つ」お金を払う

マスター「はい」

勇者王「乾杯」

魔王「乾杯」




883: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:41:44 ID:/7k/hkKw

〜〜♪

勇者王「おっなんだなんだ?」

魔王「ん?」

マスター「ああ売り子ですね」

魔王「歌うまいな」

マスター「ええ………店の看板娘です」

勇者王「ふーん確かにうまい。かわいいし、声も綺麗だ」

魔王「…………」むっ[ほろ酔い]

勇者王「いやーモテるでしょ」[ほろ酔い]

マスター「ええ……困ります」




884: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:45:08 ID:/7k/hkKw

魔王「………」ガタッ!!

勇者王「お、おいいきなり立ってどうした??」

マスター「お客様????」

魔王「………ちょっと」とことこ

売り子「ん?何よ?」

外野「なんだなんだ?」

魔王「私の勇者王を魅了しないで」

勇者王「ぶっ!マスター水!!酔ってるあいつ!!」

売り子「ふーん嫉妬?」

魔王「ええ……嫉妬。歌うまいね………でも私のほうがうまいんだから」魔力を高める

風の音魔法




885: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:50:54 ID:/7k/hkKw

ピアノの伴奏が流れる

一同「!?!?」

売り子「な、なに!?誰もひいてない」

音楽は反響する

魔王「♪」

魔王が歌い出す

いつものかわいい声ではない。大人の深い味のある声。想いも乗せる歌

歌いながら体をゆっくり動かす

酒場が魔王の歌声で喧騒が無くなる

酒が進まない………


魔王「」




886: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:55:36 ID:/7k/hkKw

誰かが気付く

「お、炎雹の踊り子じゃないか?」

「黙れ」

魔王歌う。恋の歌

歌い終わった後

彼女は静かに頭を下げ、売り子に誤り

俺の席に戻ってくる

俺の膝の上に

魔王「どうだ!!私のほうがいいだろ?」

勇者王「あ、ああ………」




887: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 12:58:27 ID:/7k/hkKw

パチパチパチパチ

マスター「素晴らしい‼すごい技能だ‼」

魔王「勇者王直伝の魔法だ!!すごくて当然!!」

勇者王「えっと皆さん嫁が失礼しました」

「いいよいいよ」

「いいもん見れたし」

「あ………嫁さんなのね」

売り子「………………」

マスター「いやー今日は驚いた」

魔王「ふふふ!!もっと褒めてもいいのよ?」




888: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 16:53:55 ID:hEPNeM4U

勇者王「……」静かにたって売り子に近付く

チップ(すごく多め)

売り子「!?」

勇者王「………いい歌声だった。明るくて。すまない君の仕事の邪魔をして。また来たとき聞かせてほしい」

売り子「は、はい///」




889: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 18:56:48 ID:fMhF.c8k

勇者王「帰るぞ魔王」

魔王「……ぶぅ」

勇者王「でしゃばったのはいかねぇなぁ………まぁでも………売り子に会えたからいいか」

売り子「///」

魔王「納得いかない」

勇者王「いいじゃないか……嫁ならな」




890: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 20:21:58 ID:R4fKfRmc

勇者王「ほら手がお留守だ」

魔王「あっ………」

勇者王「帰るぞ」

魔王「うん///」




891: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 21:14:44 ID:R4fKfRmc

右手の小さい手

いとおしく

そして

勇者王「………」

がばっ……甘い薫り

魔王「ん……」

俺の宝物だ




893: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/26(木) 22:25:39 ID:R4fKfRmc

次スレ行きます




魔王「勇者。我はお前の女だ。だから……もっと触って欲しい」へつづく
※後ほど記事公開

・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 魔王(♀)「勇者!!我は男だ、魔王だ!!気安く触るな‼」女体化
芦田愛菜ちゃん、まさかの濡れ場に挑戦!乳首がちょっと出るwww
【JS銭湯隠撮pornhub動画】シャンプーの蓋に仕掛けた超小型CCDカメラの前で無邪気な小●生の少女たち があられもない姿をさらすwww
【参考GIFあり】こういうエ□い女が通ってるスポーツジムはどこだよ?教えろwwww【画像30枚】
駅やホームで拝める股の緩いJK達のパ●チラ画像
街中でこんな格好してる人はスケベで間違いないと思う
子産め太夫「うっ!」パンパパパンパン パパン パパン ドピュ
新体操女子ライバル「はい紅茶(下剤入りだけどね)」女「あっありがとう・・」
【GIF】 A●女優が撮影中に笑ってしまうNGシーンが抜けるwwwwwwww(※画像あり)
【画像】乳もまれて半泣きになるグラビアアイドルwww
【画像あり】彡(●)(●)「・・・・・・アンドロメダ銀河?」
学者「恐竜大量死の謎に迫る」
【JK ●影】水着試着室にカメラ設置したら女子校生入ってきて大当たりwww ※動画
乳首透け、マンスジ… これだから女子水泳競技は人気らしい・・・(画像)
【動画】モーターショーでめっちゃ可愛い巨乳モデルが乳首ポロリしてる…
「テラスハウス」でセッ●スした女子高生・永井理子の水着画像がコチラwww
篠崎愛さんの中学生の時の腹wwwwwww
敵「どんな拷問にも耐えられる?ほう、では…」
【※朗報※】本 田 望 結 ち ゃ ん(12)完 全 に メ ス の 顔 を す るwww完全にフ●ラチオでワロタwwwwwwwwwwwwwwwww(画像あり)
セクシーすぎるロシア白人JKが発見されるww胸の谷間が凄い件ww(画像)
【画像】 時東ぁみちゃん(28)のヌードをご覧ください!w 最ッッッ高にヌけるぞwwww
オーキド「ここにモンスターボールが3つあるじゃろ?」レッド「…」グリーン「…」
両津「麗子!わしはホモビに出演するぞ!」麗子「やめて!両ちゃん!」
サトシ(37)「すいません。ピジョット運送さんですか?正社員の件でお電話したんですけれども」
悟空「ブゥ!クリリンをチ○コにしてくれ!」




きみとえっち (GOT COMICS)[アダルト] よいこといけない放課後 (メガストアコミックス)[アダルト] いやらしいこ。 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)[アダルト]

 

最新記事50件