転載元:男「旅は楽しきものなり!」少女「なり!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:52:10 ID:rDxhPOKA

男「今日も良い天気だなー」テクテク

少女「暖かくて気持ちいいねーとけちゃうねー」テクテク

少女「今日はどこ行くー?」

男「こうやって町を歩いているだけでも楽しいけど・・・」

男「滝とかどうよwww」

少女「いいねー。行こ!」

少女「!」

  ワー ヒトガオボレテルゾー テエヘンダー

少女「わ、何か騒ぎが起こってるみたいだよ!」

男「誰か川で溺れてるみたいだなー」

少女「そりゃ大変!」

男「と、いうことは・・・」

男「ここで一句」

少女「待ってました!」




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:55:18 ID:rDxhPOKA

ちなみに、時代背景は江戸時代ということでよろしく
昔の言葉づかいとか分からないから、そこの所もご勘弁を





 


【流出画像】奥菜恵(34)フルヌード&フ●ラ画像の高画質で公開!⇒これが押尾学のリベンジポルノ…
【gif】突然スカートめくりされたJCの反応wwwwwwwww(※画像あり)
【※GIFあり※】 地上波でJKが生ケツを披露してしまうという放送事故wwwwwwwwwwww...
【エ□GIF】騎乗位を連想させる、もの凄い腰振りダンスの動くエ□画像
【エ□GIF】挿入部分がよく見える騎乗位GIFがエ□抜ける15枚
【GIF画像】身内のセッ●スに感化されてオナ●ーしちゃう女たちwwwwwwwwww(19枚)
マ●コもア●ルも同時責め!?GIF画像にしたら想像以上のエ□さだったwww
男が悶絶するほどの腰使いでいかせてくる騎乗位GIF
ドジな女の子たちの「痛い」GIFが笑える(25枚)
彼女にいろんな場所でフ●ラさせた時の話
【画像あり】加護亜依(28)「こんなオバサンでいいの…?」
確信犯!?桐谷美玲のポロリ癖に撮影現場の男性スタッフはキツリツもの!?
【悲報】なーにゃ 逆ライザップ 披露・・・・・・・・・・
女性器見えそう…。ビーチに「とんでもない水着」を着てる女性がいると話題に
【画像】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像 gif く だ さ い【65枚】他

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 22:04:30 ID:rDxhPOKA

男「溺れているのが女の人みたいだしな・・・」

男「ゴホン」

男「 溺れてる ヌレスケ無いのが 残念だ 」

少女「わー」パチパチ

少女「今日も絶好調だね!」

男「だろ?」

少女「溺れている人を心配するとともに、ついついヌレスケを
    期待しちゃう男の心を見事に表してるよ!」

男「でへへー」

少女「溺れている人にも届けてあげたいねー」

男「さて、と」

男「じゃあ助けに行ってくるわ」

少女「気を付けてね!」

男「ほーい」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 22:12:38 ID:rDxhPOKA


男(ったく何で誰も動こうとしねーんだよ)ビチョビチョ

女「ハア・・・ハア・・・ありがとうございます!」

女「本当に・・・何とお礼申し上げたら・・・」

男「いや、別に・・・」(うっひょおおおう!!着物がビッチリ体に
             張り付いて眼福眼福wwwwww)

女「あの、お名前は・・・」

男「!」

男「・・・」

男「い、いや・・・本当にいいのでw」

男「それでは失礼!」 ダー

女「あ・・・」

女「行っちゃった・・・」ヌレスケー




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 22:24:13 ID:rDxhPOKA

少女「お疲れ!うわ、びしょびしょじゃん!どうするの?」

男「今日は暖かいし、勝手に乾くさ」

少女「そっかー」

少女「で、何かお礼されたの?」

男「いやはやそんな奇跡が舞い降りるはずも無しwwww」

少女「・・・」

少女「まあ目立ちすぎるのも危険だしね!」

男「この近くでは・・・美の滝が近いな」

少女「じゃあ早速行こう!」

男「あ」

少女「?」

男「ふええ・・・着物びしょびしょで気持ち悪いよぉ・・・」

少女「ふええ・・・風邪はひかないでねぇ・・・」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 23:48:05 ID:rDxhPOKA

少女「〜〜〜♪」

男「〜〜〜♪」

少女・男「〜〜〜♪」

少女「!」クウー

少女「あ、あははー」

少女「おなかなっちゃたぁ///」

男「うーん、じゃああの茶屋で一服するか」

男「団子が名物だってよ」

少女「やったー」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 00:01:42 ID:Dt9sRDKE


主人「あいよっ名物のみたらし団子だ」ゴトッ

少女「うまうま〜」モグモグ

男「・・・」モグモグ

少女「あれ、何も言わないの?」

男「人は美味いもの食べると、自然と寡黙になるのだよ」モグモグ

少女「へー」モグモグ

男「さて、と・・・」ズズー

少女「あ、男、私ちょっとお手洗いに行ってくるね!」タッ

男「ああ行っておいで」




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 00:07:58 ID:Dt9sRDKE

男「・・・」ズズー

男「!」

ゴロツキ「ワイワイ」ドカドカ

男(物騒な輩が歩いているな・・・)

男(・・・)

少女「長くなっちゃた〜待たせちゃったね!」トテテ

男(!)

男「あ、向こうに綺麗な花が咲いていたから、場所をうつらない?」

少女「? うん」










9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 00:11:49 ID:Dt9sRDKE


男「・・・」ズズー

男「!」

ゴロツキ「ワイワイ」ドカドカ

男(物騒な輩が歩いているな・・・)

男(・・・)

少女「長くなっちゃた〜待たせちゃったね!」トテテ

男(!)

男「あ、向こうに綺麗な花が咲いていたから、場所をうつらないか?」

少女「? うん」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 00:15:04 ID:Dt9sRDKE

主人「お、ご主人お味はどうでしたか?」

男「うむ、なかなか美味しかったぞ」

主人「へへ、それは良かった。ではお支払いを・・・」

男「ああそうだな」

男「では一句」

主人「は?」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 00:28:09 ID:Dt9sRDKE

男「みたらしの 甘さと辛さと 切なさと」

男「これが代金の代わりだ。受け取りな」ドヤア

主人「」

男「フンス」

少女「お〜一日に二句もつくるなんて!男はやっぱり天才だね!」

男「照れるなぁ」

主人「いや・・・」

主人「いやいやいやいや」

主人「お金払えよおおお!!!」ドガッシャーン
    
主人「何だよその意味もねえクソみたいな
    俳句はああああああ!!!」

男「って言ってますよ少女殿」

少女「全くもって意味が分かりませんな男殿」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 00:32:05 ID:Dt9sRDKE

主人「・・・・」

主人「うわああ何だこいつらああ!」

男「さあ、逃げるぞ!」ダダー

少女「うん!」タター

主人「えちょっ・・・」

主人「えええええええ!?」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 00:41:04 ID:Dt9sRDKE

男「ハァッ・・・ハァッ・・・」タタ…

少女「ふああ、ハァ・・・疲れたぁ・・・ハァ・・・」

男「食後の運動って良いよな」ハア…

少女「そうだね」ハア…

男「ただ・・・」

少女「ただ?」

男「腹がとてつもなく揺すられる・・・うぷ」

少女「ええ!?男大丈夫!?」

男「っく、耐えろ、耐えるんだ・・・」

男「−−−っ」

少女 「ハラハラ」

男「ふう、・・・耐えた」

少女「良かったねー!」ホッ




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 05:59:53 ID:Dt9sRDKE

男「さて危機を脱したことだし、さっさと行くか」テクテク

男「と言っても目的地に走ってきたわけだし、もう少しだけどな」テクテク

少女「楽しみだなぁ」テクテク

男「あっ、おい、あそこに林が見えるだろ?

少女「見えるねぇ。何だか鬱蒼としておりますなー」

男「あれの中に入ってすぐだぞ」

少女「ほえー」

少女「水も綺麗だろうね、きっと」

男「まぁ有名になるくらいだしな
  見た目だけではなくて、水も美味しいとか」

少女「飲んでみたいなー」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 06:12:25 ID:Dt9sRDKE

―林の中―

男「・・・」ガサガサ

少女「・・・」ガサガサ

〜〜〜〜〜〜〜〜

 ガサッババッ

少女『きゃあっ』

男『おっと・・・』グイッ

男『蛇か。大丈夫か?怪我とかしてないな?』

少女『う、うん・・・///』

男『やはり林は少し危ない。しっかり俺に掴まってろ』

少女『じゃ、じゃあ・・・///』

男『ふふ、俺が守ってやるからな・・・』


〜〜〜〜〜〜〜〜




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 06:17:53 ID:Dt9sRDKE

少女「///」ボー

男「おい、どうした?聞こえているのか?おーい」

少女「・・・はっ・・・いや!何にもないの!ただの考え事!」

男「そうか、驚かすなよー」ハハ

男「何もなくて良かったよ」

少女「うん!」

少女(他人は怖い・・・でも男なら平気)

少女(だからこそこうやって一緒にいられる
    ・・・それってきっと幸せなことなんだよね)




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 06:31:02 ID:Dt9sRDKE

男「おー!見えたぞ!」ガサッ

少女「わー!大きいね!」

 どどどどどど・・・

男「美の滝って言うから控えめかと思ったら」

 どどどどどど・・・

男「結構激しく流れているんだな」

少女「だねー」

男「ここに美人になりたいって願い事をすると良いらしいぞ」

少女「へー」




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 06:34:58 ID:Dt9sRDKE

男「まあ少女は今のままが一番可愛いと思うから、
  願い事の必要はないな」

少女「うえっ!?///と、唐突だよ・・・」

男「景観だけでも十分楽しめるし、それだけでもここに来た
  価値はあったな」

少女「そ、そうだね!男がそう言うなら、うん」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 06:56:41 ID:Dt9sRDKE


少女「ねえ、いつもみたいに俳句詠まないの?」

男「あー・・・」

男「言葉に言い表せない・・・みたいな?」

少女「えー」

男「と、とにかく!日が落ちる前にそろそろ戻るぞ」

男「泊まる場所を探さなきゃいけないだろ?」

少女「わかったよー・・・楽しみだったのにな」

男「じゃあ行くぞー」

少女「はーい」タタッ

 





20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 06:45:03 ID:Dt9sRDKE

―夕暮れ時―

男「はあ、今日も疲れたな」テクテク

少女「でも楽しかったなー」テクテク

男「もうすぐ今日が終わるな」

少女「だね」

男「別の町に来てしまったようだな」

少女「うん」

男「何か適当に歩いていたら知らない町に行く」

男「この予測不能さこそ旅だよな!」

少女「うん・・・」

男「って言っても足が限界」

少女「私もー・・・」




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 07:03:37 ID:Dt9sRDKE

男「最近ずっと、橋の下とか人目につかないところで
  野宿してたからな・・・」

男「お前もたまにはゆっくり休みたいよな」

少女「うん」

男「うーん・・・今日は宿屋にでも泊まるか」

少女「えっ、やったー」パアアア

男「でも、大きい旅館とかはだめだぞー
  小さいところに限るからな」

少女「・・・分かってるってばー」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 07:09:18 ID:Dt9sRDKE

少女「ところでさ」

男「うん?」

少女「またお金払わないの?茶屋の時みたいに」

男「まさか。ちゃんと払うぞ」

男「それにあれは、制裁みたいなモンだ」

少女「?」




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 07:15:58 ID:Dt9sRDKE

男「えーっとだな・・・あの店に格子窓があったよな?」

少女「あった・・・ねえ。覚えてないけど」

男「立ち寄ってしばらくして、そこを見たらな」

少女「うんうん」


男「店の主人がシコってやがった」

少女「うん?え?シ・・・シコっ・・・?」

男「えー、あー・・・自慰してた」




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 07:21:54 ID:Dt9sRDKE

少女「へっ!?じ・・・自慰!?」

男「しかも自分のアレ握った手で団子を・・・いや、止めておこう」

男「まあ、そういう現場を見せられたわけよ」

少女「えー・・・・・・」

男「な?許せないだろ」

少女「当然だよーーー!!」




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 07:33:08 ID:Dt9sRDKE

男「まぁ、あんな糞野郎のことは忘れて、宿屋を探そう」

少女「うー・・・最悪だよぉ・・・」

男(ソッチ系の話でも、思ったより精神の動揺が少ないな)

男「少し安心した」

少女「へ?何が?」

男「いや、何にも」




27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 07:36:10 ID:Dt9sRDKE

少女「大分日も暮れてきたね」

男「早く探さないとな・・・おっ、あの宿屋なんか良いんじゃないか?」

男「いい感じに寂れてるし、宿賃も安そうだ」

少女「こらこら」

男「今日の宿はここで良いか?」

少女「うん」コクリ




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 10:43:17 ID:Dt9sRDKE

男「お邪魔しまーす」ガラッ

少女「しまーす・・・」

女将「あら、ようこそおいでくださいました」トコトコ

女将「どちらから?」

男「なに、ただの旅人ですよ。各地を転々と回って、
  ふらっとここに寄っただけです」

男「とりあえず、今日は泊まらせてもらいますよ」

女将「ええ、お上がり下さい」

男「ありがとうございます」

少女「ありがとうございます・・・」




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 10:52:48 ID:Dt9sRDKE

女将「あいにくウチは旅館ですが、部屋が少なくてねぇ」

女将「もともと古民家だったのを利用しましたから」

女将「それで・・・こちらが炊事場で、あちらがお手洗いになります」

男(わりと綺麗で良かった)

女将「そして、こちらのお部屋が、今回お客様がお泊りする
    お部屋となります」

男「なるほど」

女将「お客様はお二人方以外にいませんし、先に御食事に
    しましょうか?」

男「ああ、お願いします」




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 11:00:53 ID:Dt9sRDKE

―男たちの部屋―

男「運ばれてきた料理、残さず食えよー」

少女「むー、分かってるってばー」

男「焼き魚が美味しい」パクパク

少女「この魚、すごく体反ってるね」

男「調理法が少し間違ってたみたいだな・・・」

少女「しかも顔が苦しそー」

男「うわ・・・もう頭食えなくなるじゃん・・・」オエ




31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 11:10:13 ID:Dt9sRDKE

・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・

男「ふう、ご馳走様」

少女「へへ、ご馳走様!美味しかったね!」

男「後片付けは女将さんがやっといてくれるらしいから」

男「風呂にするか!」

少女「わーい!」




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 12:52:36 ID:Dt9sRDKE

男 少女「〜♪」フスマススー

女将「!」

男「おわっ!?女将さん、部屋のすぐそばに居たんですか!?」

少女(びっくりしたぁ)

女将「え、ええ。そろそろ御食事が終わったかと思い・・・」

女将「驚かせてしまい、申し訳ありません」




33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 12:55:45 ID:Dt9sRDKE

男「はは、別に大したことじゃないですよ」

男「じゃ、俺たちは風呂行ってくるので」
  
男「行こう、少女」

少女「う、うん」

    スタスタスタ…


女将「・・・・・・」




35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 13:06:49 ID:Dt9sRDKE

 ―風呂場―

男「広さはまあまあある」

少女「銭湯の小さい版ぐらい?」

男「そうだな」

男「ま、二人で入る分には十分だけど」

少女「十分すぎるねー」

男「じゃあ体洗うぞー。湯桶に座れいっ」

少女「承知したっ」ストンッ




37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 13:26:12 ID:Dt9sRDKE

男「おりゃりゃりゃ〜」ゴシゴシゴシ

少女「うあー背中気持ちいいー」

男「てい」モミモミ

少女「腕も最近重い荷物で疲れたからねー。気持ちいいー」

男「とりゃ」グイッ

少女「あ〜足裏は反則の気持ち良さだねぇ〜」

男「ほい」グリグリ

少女「〜〜っ首筋は昇天しちゃうなぁ〜」

男「洗っているだけなのに大げさだなぁ」

少女「いや、ほんとに上手なんだもん」




38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 14:29:07 ID:Dt9sRDKE

男「髪洗うぞー」

少女「はーい」

少女「そういえばねぇ、私、お料理の中でさつまいもの
    甘露煮が一番美味しかったな」

男「そうか?俺はカボチャの甘露煮だ」ワシワシ

少女「えー、さつまいもだよ」

男「いや、カボチャだな」ワシワシ

少女「さつまいも!」

男「カボチャだ」ワシワシ

少女「う〜〜・・・」

男「譲らんぞ」ザバア




39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 14:33:36 ID:Dt9sRDKE

少女「・・・」

男「・・・」

男「っていうか、どんだけ甘露煮好きなんだよ俺たちw」

少女「っぷ」

少女「あはははっ確かにー!どっちも似てるしね!」

男「あ、言うんだそれ」

少女「言うよーこの際言っちゃうよー」

男「はははw」




40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 18:18:10 ID:Dt9sRDKE

―浴槽―

 カポーン

男「いい湯加減」

少女「ほんとほんと」

少女「日頃の疲れも全部とけていくねー・・・」

男「・・・・・・・」

少女「・・・・・・・」

男「・・・なあ」

少女「ん?」

男「迷惑・・・じゃないか?」

男「俺といて・・・」




41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 18:21:12 ID:Dt9sRDKE

少女「・・・・・・」

少女「・・・そんなこと、考えたこともないよ」

少女「男は、私の命の恩人」

男「・・・・・・」

少女「私がついていきたいって、思ったの」

男「そうか・・・なら良かった」




42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 18:37:32 ID:Dt9sRDKE

・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・

男「さてと、そろそろ出るか!」ザバア

少女「はー、すっかりのぼせちゃったよ〜」ザパッ

男「今日はお話は無しで早く寝るぞー」

少女「えー」

少女「男のしてくれるお話、面白いから楽しみにしてたのにー」

男「はい、文句言わないw」

少女「あはは」
   




[壁    ]女将「・・・・・・」ジッ




43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 19:47:17 ID:Dt9sRDKE

 ―亥の上刻頃―

男「行燈消すぞー」ボボッ

少女「うん・・・ねむーい・・・」ゴソゴソ

少女「おや・・・すみ」バタッ

少女「」クークー

男「はは、おやすみ・・・」

男「俺も寝るとするか」

男「・・・その前にちょっと外だけ見るかな」ショウジカラカラ




44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 19:48:35 ID:Dt9sRDKE

男「・・・・・・」

男「満月か。綺麗だな」

男「どう考えても、模様はウサギに見えんがなw」

男「強いて例えるなら、カニっぽいな」

男「うん。カニだな」

男「カニ・・・食いたいな」




45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 19:52:15 ID:Dt9sRDKE

少女「うう・・・うん・・・」

男「!」パタンッ

少女「はあっ・・・たすけ・・・・・・」

少女「ああっ・・・・・・こわ・・い・・・」

少女「だれ・・・・・か・・・・」

男「・・・・・・」ギュッ

男「大丈夫だ・・・俺がいる」

少女「あ・・・・ああ・・・」




47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 20:02:50 ID:Dt9sRDKE

少女「お・・・・と・・こ・・・」

男(そう)

男(少女は、悲惨な過去を持っていた)

男(ある時、町はずれのごく普通の一家に、盗人の集団が狙いをつけた)

男(父と母、そして娘が一人・・・)

男(その集団は父と母は二人とも殺された)

男(そして残った一人娘・・・これこそが盗人集団のもう一つの狙い)

男(奴らは泣き叫ぶ幼子を押し倒し、殴り、蹴りつけて・・・)

男(犯そうとした)




50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 21:21:21 ID:Dt9sRDKE

男(俺は本当にたまたま・・・近くにいた)

男(くだらない芸をやってはお金を貰う。そうやって各地を巡っていた)

男(下手な俳句。くだらない手品・・・)

男(その日も全く金は集まらず落ち込んでいた。だが、そんな時に・・・)

男(泣き叫ぶ声が聞こえて・・・夢中でその場に駆け付けた)




51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 21:31:22 ID:Dt9sRDKE



 男『っ大丈夫か!?叫び声が聞こえ・・・ッ!?』

 盗人達『はあっ・・・はあっ・・・』

盗人達は3人全員で、幼子に群がっていた

 男『−−−−ッ!!』

完全にただの獣と化した盗人達は、全く俺に気付かなかった

 幼子『いや・・・こないでぇ!!助けてぇ!誰か助けてよぉ!!』バタバタ

 盗人達『うっせえよ!!暴れんじゃねえよ糞が!!』ガンッ

 幼子『あぐっ』

もう俺は限界だった




52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 21:38:18 ID:Dt9sRDKE

今なら。誰も気づいていない今なら・・・
きっと3人とも殺せるだろうと思った

 男『ッ・・・』

家の近くに立てかけてあったクワを手に取り、俺はーー・・・

 男『ああああああああ』

  ドズッ ザグッ ズンッ

 盗人『う、うわあああ何だテメエは!!??』

 男『死ねええええええ!!!」

  ドズンッ…




53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 21:52:04 ID:Dt9sRDKE

 盗人達『』  ドクッ…ドクッ…

 男『はっ・・・はっ・・・はあ・・・』

 男『やった・・・やったんだ・・・』

 幼子『お・・・お兄ちゃんは・・・?』

血まみれの俺を見る幼子の瞳は、ひどく怯えたものとなっていた
それはそうだろう
でも、その時の俺はそんなことよりも、幼子の身体の方が心配だった

 男『!』

 男『・・・お前、大丈夫か?その・・・裸にされて、何かされたか?』

 幼子『う、ううん・・・いっぱい殴られて、蹴られた他には、なにも・・・』

 男『そ、そうか』ホッ

 幼子『お兄ちゃんが・・・おとうさんも、おかあさんも殺した悪者を・・・』

 幼子『やっつけてくれたんだね・・・』

 男『・・・・・・』

俺は何も言えなかった。怯えから感謝へと色を変えていく、
彼女の瞳を見ても・・・




54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 23:00:20 ID:Dt9sRDKE

幼子『ねえ・・・』

 幼子『お兄ちゃんも、一人なんでしょ』

 幼子『私はもう、おかあさんも、おとうさんもいないの』

 幼子『だから私をー・・・』

 男『駄目だ・・・連れていくなんて、できない』

 男『理由はどうあれ、俺は人殺しだ』

 幼子『・・・・・・』

 幼子『私を・・・置いていくの?』

 男『・・・っ』

  ザワザワ

 男『!?』




55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 23:08:50 ID:Dt9sRDKE


年寄り女『あそこの方に人影が・・・それで叫び声が聞こえたんです!!』

同心『それは真か!』

年寄り女『はい!あっ、あの家です!!』

不味い。非常に不味かった
同心や、それに連れられた岡っ引きが数名はいる
このままでは間違いなく、どう足掻いても打ち首だった




56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 23:17:35 ID:Dt9sRDKE

 男(どうする・・・どうすれば・・・)

 幼子『お兄ちゃんお願い』

 幼子『一人は怖い・・・もうお兄ちゃん以外信じられないの』

 幼子『置いていかないで・・・』

もう一刻の猶予も無かった
孤独者同士、良いかもしれない
・・・そんなことを考えてしまう自分に腹が立った

 男『−−−分かった』 ガシッ

 幼子『んっ』

幼子を抱え、俺は全速力で駆け出した
もちろん逃げるためだ




57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 23:26:58 ID:Dt9sRDKE

 年寄り女『あっ今物陰から人が!!』

 同心『何!あやつ、逃げる気か!そうはさせん!』

 同心『我々で捕えろ!』

 岡っ引き『はい!』ダッ

 男(逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げろ)ダダダダ

 幼子(お兄ちゃん・・・)ギュッ

 男(とにかく遠く、とにかく色んな場所へーーー)ダダダダ

 男(逃げるんだーーーー・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・



少女「」スース―

男「はっ・・・!クソ、嫌な事思い出しちまった」




58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/17(日) 23:30:38 ID:Dt9sRDKE

男「あーあ、もう汗でびっしょりだ」

男「今度こそ本当に寝よう」

少女「」スース―

男「・・・・・・」

男「俺は・・・正しかったのか?」

男「・・・分からない」

少女「」スース―

男「・・・良い夢みろよ、少女」




61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 18:25:04 ID:tX6ydcFI

その夜男は夢を見た

遥か未来の世界の夢だった

その世界では、子どもも大人も平等で

何不自由無き

素晴らしい世界だった






62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 18:29:30 ID:tX6ydcFI

・・・・・・・・・
  ・・・・・・
    ・・・



男「---ああ、朝か・・・」

男「おい、起きろ少女」ユサユサ

少女「ん・・・んう・・・」

男「早くここも出ないといけないんだからな」ユサユサ

少女「ふぁ・・・あ、男・・・」ゴシゴシ

少女「おはよー・・・」

男「おはよう」




63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 18:52:15 ID:tX6ydcFI

男「さて、と・・・さっさと荷をまとめて出るか」

少女「うん」

男「おっと、その前に女将さんに金を払わないと・・・」

      
         
       ガラガラガラ
 

       ドタドタドタドタドタ


男「ん?誰か入ってきたな」

少女「お客さんかなー」

男「こんな朝っぱらにか?」

少女「・・・・・・確かに」



少女「しかも・・・大人数だよ・・・・・・」




64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 18:54:21 ID:tX6ydcFI



ドタドタドタドタドタ



男(こっちに・・・向かってきている・・・・・・?)








65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 19:38:10 ID:tX6ydcFI


女将「アチラノオヘヤニナリマス…」

少女「!」

少女「良かった、女将さんの声が聞こえるよ」ホッ

少女「やっぱりお客さんだよ」

男「・・・・・・」




66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 19:50:18 ID:tX6ydcFI


男(いや・・・・・・)

男(こんな時間帯に------大人数で来た?)

男(余程のことが無い限り----)

男(あるいは、何か別に目的が無い限り-----)

男(わざわざここに来るというのは------)

男「不自然・・・すぎる」




       トントン




67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 19:55:04 ID:tX6ydcFI

女将「・・・・・・」スー

少女「えっ?」

男「ッ・・・!」

女将「こちらの、お部屋になります」

少女「えっ?えっ?」

少女「女将さん何で?」

少女「まだ私達・・・帰ってないよ!?」

女将「・・・・・・」

少女「ねえ!誰に・・・誰がそばにいるの!?」

少女「ねえってば!」




68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 19:59:11 ID:tX6ydcFI


女将「では、私めは下がらせて頂きます」

同心「ああ、ご苦労であった」 スッ

男「!!」

少女「あっ・・・」





少女「なん・・・で?」




70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 21:46:45 ID:tX6ydcFI

男(クソ、クソ、クソッ・・・)

男(最初から・・・全部・・・)

同心「おい、お主たち」

同心「かれこれ2年間・・・実に上手く逃げていたようだな」

少女「ちょっと・・・!いきなり何のことですか!!」

同心「とぼけるな」

少女「・・・!」

同心「我々の捜査網を甘く見てもらっては困る」

同心「あの時逃走したお主等を見た者は、一人や二人には留まらん」

同心「それだけの目撃者がいれば・・・より精巧な似顔絵も作れる」

同心「そして、情報を集めるのも容易い」






71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 21:57:37 ID:tX6ydcFI

同心「だがまあ、2年とはな・・・長かったものだ」

同心「お主等をこの付近で見かけたと情報が入ってな」

同心「それで、付近の旅館一帯にはお主等のことを伝え」

同心「似顔絵を渡しておったのだよ」

男(完全に油断していた・・・)

男(各地を逃げ回るための旅が、むしろ俺たちを追い詰めていた)

同心「で、お主等はあの時の者で間違いないな?」

少女「う・・・うぅ・・・」

同心「どう答えようと、捕まえるがな」




72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 22:01:45 ID:tX6ydcFI


同心「安心するが良い」

同心「我らが捕えるのはその男だけだ」

同心「少女は解放させる」

少女「いや・・・いや!」

男「畜生・・・」

同心「さあ、捕えろ」 スッ

岡っ引き「はっ」 ドドドド

男「くっ・・・」




73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 22:08:43 ID:tX6ydcFI


男「っ-----逃げろおおっ!!!」

男「障子を蹴破って、外に逃げろ!!少女!!」

少女「いや!いやだよぉ!」

男「いいから言うことを聞けええええ!!」

岡っ引き「貴様!まだ子供を奴隷とでも思っているのか!!」ドガッ

男「ぐはっ!」

岡っ引き「貴様のような下種はこうしてやる!!」バキッ ドカッ

男「くぁっ・・・げふっ・・・」




74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 23:16:25 ID:tX6ydcFI


男「っち------おい!」

男「なら、俺も一緒に逃げるから!さっさと外に出ろ!!」

少女「-----!!」 バッ

男「はっ!」ババッ

岡っ引き「くっ、貴様逃げる気か!」

岡っ引き2「逃がさねえよ!」

少女「男!早く・・・一緒に!」

男「ああ、二人でまたにげっ・・・がぁっ!!」ドグシャッ

岡っ引き2「逃がさねえつってんだろ」ググッ




75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 23:25:02 ID:tX6ydcFI

男「あああああああ!!!!」グググググ…

岡っ引き2「こいつ・・・まだ抵抗しやがるのか!」

少女「お、男・・・!」

同心「確実に抑え込め」

同心「二度も逃がしてはならぬ」

岡っ引き2「は、はっ!」グググッ

男「あああっ!!」

岡っ引き「貴様!」ドカッ

岡っ引き「己が立場を!」ドカッ

岡っ引き「分かっておるのか!!」ドカッ

男「ぐ・・・」




76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 23:32:31 ID:tX6ydcFI

少女「もう止めて!止めてよ!!」

少女「男は何にも悪くないの!!」

少女「私を助けてくれたの!!」

男「はあっ・・・はあっ・・・しょ、少女・・・」

少女「だからお願い・・・もう止めて・・・」

同心「・・・・・・」

男「う・・・少女は・・・黙って逃げろ・・・」

少女「何で!二人でって・・・」

男「この馬鹿野郎!!」

岡っ引き「黙れ!」ドカッ

男「っ・・・」




77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 23:41:51 ID:tX6ydcFI

少女「止めてええええええ!!!」 ダッ

男(少女の馬鹿!大人相手に突っ込む奴がいるか!!)

少女「離せ離せ離せ離せ離せええええ!!!」 タタタタタタ

岡っ引き「ふん!」

岡っ引き「可哀そうに!こんな畜生といて気が狂ったか!」

岡っ引き「ならばその性根!叩き直してやろう!!」

岡っ引き「悪く思うな!」 グアッ

男「や、止めろ・・・!」

男「その子には手を出すな・・・!!」




同心「止めるのだ」




78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/18(月) 23:47:24 ID:tX6ydcFI

岡っ引き「っ・・・!?」ピタッ

少女「------!?」

同心「お主」

同心「なぜ、関係のない子どもにまで手を出そうとするのだ?」

岡っ引き「う・・・それは・・・」

同心「岡っ引き2よ、男の顔をこちらに向けよ」

岡っ引き2「はっ」グイ

男「なん・・・だよ」

同心「なに・・・」

同心「少しお主と、話がしたかったのだ」






80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 06:14:40 ID:3q1KG0pM


同心は少女は解放するって言ってるのになんで男は少女逃げろって叫んだんだろ?




81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 08:18:39 ID:K9nyNrf.

>>80
少女は男以外は誰も信じられないし、
男と一緒にいたいと強く思っているから




85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 19:20:30 ID:9wEqyzyc

どうも、>>1です
>>80の疑問はごもっともです。完全に私の説明不足でした。すいません
まず理由を説明すると、>>81の意見もそうなのですが、
少女は2年間の間男=殺人者と一緒にいた。逃げもせず慕うなんてこと
は被害者側として異常。故に解放すると言ってもただ放すのではなく、
洗脳も考えて多少の監禁、尋問は避けられない。
それを男は理解していたため・・・というのが理由です
あとは、あの緊迫した状況下では少女の身だけが無事なら
良いとしか考えられなかった・・・というのも考えていました
同心のセリフにもっとそのことを付け足せば良かったなぁ・・・
と後悔しています




87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 19:31:46 ID:9wEqyzyc

同心「実は俺はな」

同心「お主が強姦犯だということについては」

同心「少し疑っている」

少女「じゃ、じゃあ・・!」

同心「だが」

同心「例えそうでなかったとしても、お主は人を殺した」

同心「それは事実であろう?」

男「・・・・・・」




88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 19:37:29 ID:9wEqyzyc

同心「もう一つ言わせてもらうとな・・・」

同心「正直、もし・・・もしお主が本当に犯人でないとしたなら」

同心「俺はお主に、少しばかり感心している」

男「・・・は?」

同心「十年ほど昔になるが・・・俺の可愛い一人娘がな」

同心「強姦され、殺されたのだ」

男「!?」

少女「えっ・・・!?」




89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 19:41:14 ID:9wEqyzyc

岡っ引き(初耳だ・・・)

岡っ引き2(なんと・・・)

男「そう・・・か」

同心「同情はいらん」

同心「だが、河川敷で娘の遺体を見つけた時・・・」

同心「心の底から犯人を憎く思った」

同心「殺したいほどに」




90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 19:50:27 ID:9wEqyzyc

男「・・・・・・」

少女「・・・・・・」

岡っ引き「・・・・・・」

岡っ引き2「・・・・・・」

同心「・・・そして、幾年か経った頃」

同心「その犯人が別の殺人事件で捕まり」

同心「結局、打ち首になった」

同心「たまに俺は、処刑人として御役を頂くのだがな」

同心「その時には、その場所に立ち会わせることすらしなかった」

同心「もし立ち会うともなれば・・・」

同心「確実に殺すという確信があったからだ」




91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 20:02:28 ID:9wEqyzyc

同心「と、まあ話が長引いてしまったが・・・」

同心「お主に言いたいことというのはな」

同心「仮にお主が強姦犯ではなく、やむを得ない事情
   ・・・幼子を助けるために、あの盗賊達を殺したのであれば」

同心「お主の気持ちは理解できておるつもりだ・・・ということだ」

男「ああ、そうかい・・・」

岡っ引き2「で、でも頭!こいつがあの強盗の一員で、仲間割れを
        起こした---だとか、この男が全ての罪を犯した
        可能性も、あるんですよね?」

同心「勿論だ。私が言ったのは仮定の話だからな」

少女「そんなことない!!」

少女「男は・・・・!」

男「もう良いんだ」




92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 20:08:00 ID:9wEqyzyc

男「もう良いんだよ、少女」

少女「でも、でも・・・!」

男「あの状況下で、3人を殺せたのは、俺ぐらいしかいない」

男「俺は人を殺した・・・それは変わらないんだ」

岡っ引き「こやつ!ついに認めたぞ!」

同心「・・・・・・ふむ」

同心「まあどう足掻いても捕まえてはおったのだが・・・」

同心「認めるのだな?」

男「・・・ああ」




93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 20:46:42 ID:9wEqyzyc

男(本当にどうしたんだろうな。俺は・・・・・・)

男(少女と二人でいることを望んでいたはずなのに・・・)

男(これじゃあまるで、離れようとしているみたいじゃないか)

少女「お・・・男ぉ・・・」グスッ

男(2年前から・・・)

男(あの時の少女の、感謝の眼差しを向けられた時から・・・)

男(どこかでずっと・・・逃げることに、後ろめたさを感じていた)




94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 20:52:30 ID:9wEqyzyc

同心「・・・お主の心情、察するに余りある」

同心「が」

同心「俺はお上からの命令は逆らえぬ身。勝手はできぬ」

同心「罪は償ってもらう」

男(・・・当然だよな)

男(俺だけが許される・・・そんなこと、あってはならないんだ)


同心「お主は3人殺した」







同心「打ち首は、確定だ」




95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 22:56:10 ID:9wEqyzyc

少女「なんでぇ・・・なんでぇ・・・」グスッ グスッ…

男「・・・ああ」

男(分かってはいたけどな・・・)

男(改めて言われると、流石に・・・な)

女将「あの、同心様」スッ

同心「む、どうした」

女将「今回情報提供した件で」

女将「褒美がもらえるとのことでしたが・・・」

男「・・・・・・」

同心「ああ、そうだったな」

同心「後日、手下共に褒美を渡させよう」

女将「フフ」

女将「有難うございます」




96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 23:02:02 ID:9wEqyzyc

女将「・・・・・・」チラ

女将「お客様」

女将「悪く思わないでくださいね」

女将「私も日々生きるのには精一杯なんですよ」

男「分かってる・・・恨むつもりは、無い」

女将「そうですよね」

女将「自分が犯した罪ですもの」

男(・・・返す言葉も無い)

同心「用は済んだか?」

女将「はい・・・ではこれで」カラカラ… ピシャリ




97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 23:10:46 ID:9wEqyzyc

同心「さあ、いつまでも長居をしているわけにもいかぬ」
   そろそろ連行するぞ」

同心「それと、だ」

同心「長い間人殺しと共にいたのだ。少女もただで解放する
    というわけにもいかぬ」

同心「共に連行せよ」

少女「!」

岡っ引き「はっ」

岡っ引き2「はっ」

男「待て!」

同心・・・「どうした?」

男「こんな人殺しのお願いでも・・・聞き入れてくれるか」

同心「ああ、言うだけ言ってみるが良い」」






98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 23:18:57 ID:9wEqyzyc

男「まず・・・少女には、手を出さないでくれ」

少女「」ヒック…ヒック…

岡っ引き「頭!こやつの言うことなど無視するべき--」

同心「良い。続けろ」

男「あと、解放した後の詮索も止めてくれ」

同心「ほう、見抜いておったのか」

同心「正直その願いは難しい」

同心「その少女がお主の危険思想と、昔の凄惨な記憶が原因で、
    将来犯罪を起こすことも十分考えられるからだ」

同心「・・・というのが『お上』の意見だ」




99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 23:28:45 ID:9wEqyzyc


男「・・・・・・」ギリ…

同心「だが、お上はこの状況は知らぬ」

同心「お主を連行するのは変えられぬが、少女を真の意味で自由に
    することは、可能かもしれぬな」

同心「お上の気が、今回の件で変わるやもしれん」

男「!」

同心「もちろん、解放後しばらくは監視をつけさせるであろうが」

男「そうか・・・でも、良かった」

同心「礼には及ばん」

同心「では、行くぞ」

岡っ引き「さっさと立たんか!」グイッ

男「そう耳元で怒鳴るなよ」キーン

岡っ引き「何だとぉ!!!」

男「あー、五月蠅い・・・」




100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/19(火) 23:41:10 ID:9wEqyzyc

少女「待って・・・!男!男!」

男「・・・・・・」

岡っ引き2「よし、縄でくくりつけたぞ」

岡っ引き「馬まで連れてゆくぞ!来い!」

少女「待って・・・行かないで!男!」

男「ごめんな・・・」

少女「一人に・・・一人にしないでよぉ!!」

男「・・・・・・」

男「俺・・・本当に無責任だったよ」

男「お前を・・・また孤独にしてしまう・・・」

男「ごめん・・・」




105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/20(水) 20:57:39 ID:mP1kQrRk

少女「嫌だ!嫌だ!嫌だ!皆いなくなっちゃうのは嫌!!」」

少女「お父さんも!お母さんも!」

少女「男も・・・」

男「・・・・・・」

少女「もう嫌なの・・・置いてきぼりは・・・」

少女「もう、嫌ぁ・・・」 ガクッ

男(これで・・・これで、良かったんだ)

男(俺にとっても、少女にとっても)

男(世間にとっても、な・・・)




106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/20(水) 20:59:11 ID:mP1kQrRk

男「なあ、少女」

少女「・・・?」ヒックヒック

男「最後のお願い、聞いてくれるか?」






107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/20(水) 21:05:13 ID:mP1kQrRk

少女「・・・・・・」コク

男「俺はもういなくなってしまう」

男「でもな、お前は自由になれるんだ」

男「お前はそれを苦だと思うかもしれない」

男「・・・こんなことを言うのは卑怯だし、浅はかかもしれない。だがあえて言う」


男「それを受け入れろ。そして・・・強く生きるんだ」

少女「なんで・・・今まで楽しかったんでしょ・・・?」ポロポロ

男「ああ、楽しかった」

男「俺なんかには、もったいないくらいに」





108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/20(水) 21:10:14 ID:mP1kQrRk

男「でもな」

男「心の底では、ずっと思ってたんだ」

男「こんな楽しく生きていて良いのか、償うべきなんじゃないか・・・って」

同心「・・・・・・」

男「俺がお前といた2年間は、本当は許されるはずもなかった時間だった」

男「だから、もう、終わりなんだ」

男「楽しい夢は・・・終わったんだよ」




109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/20(水) 21:19:54 ID:mP1kQrRk

少女「うっ・・・くっ・・・」グスッ グスッ

岡っ引き「・・・ふん、もう話は終わったようだな」

岡っ引き2「今度こそ連れて行く。来い」グイ

男「さようなら」

男「この2年間、本当に楽しかった・・・」

男「ありがとう、少女」

    ドサッ

岡っ引き2「馬に乗せやした!行けます!」

同心「うむ。では出発せよ」

岡っ引き2「そらっ」ググッ

馬「ヒヒーーン ブルルッ」

    バカラッ バカラッ




110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/20(水) 21:39:46 ID:mP1kQrRk

 バカラッ バカラッ

少女「待って・・・」 タッ

少女「待って・・・!待って!」 タタタ

少女「行かないで!行かないで!行かないで!」 タタタ

 バカラッ バカラッ

少女「私好きなの!」 タタタ

少女「男のことが・・・ずっと好きなの!!」 タタタ

少女「大好きなの!だから・・・離れたくないっ・・・!」 タタタ

少女「うあっ!」ドチャッ

 バカラッ バカラッ…

少女「うう・・・グスッ・・・」

少女「ううううう・・・」 ポロポロ




111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/20(水) 21:44:03 ID:mP1kQrRk

岡っ引き2「ふん・・・健気な娘だ」

岡っ引き2「全く、こんな人殺しのどこに惹かれたのであろうな・・・」

男「・・・・・・」

    バカラッ バカラッ バカラッ







115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 21:39:09 ID:xFX5Z9uk

数日後・・・○○町罪人処刑場


同心「・・・いよいよだな」

同心「心の準備はできておるか?」

男「ああ」

男「まさかお前・・・いや、あなたが斬首役とはな」

同心「以前にも言ったであろう。俺は時々処刑に立ち会うことがあると」

男「はは、なんて偶然だよ」

同心「いや、今回については偶然ではない」

同心「俺が立ち会えるよう、お上に頼み込んだのだ」






116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 21:42:46 ID:xFX5Z9uk


男「え?そんなことが可能なのか」

同心「通常なら無理だ」

男「もしかして・・・あんたって本当は、もっと高い位の人だったりするのか?」

同心「ああ、まあそういうことだ」

同心「若い頃に、戦で名を挙げたことがあってな」






117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 21:51:23 ID:xFX5Z9uk

男「それならどうして同心に・・・?」

同心「現場で働くためだ。お上ともなると中々現場には行けぬ」

男「へえ。あんたって変わり者だな」

同心「別に良かろうて。そのおかげでお主のような者と出会えた」

同心「まあ、これは俺の我儘だ」

同心「これから死ぬお主にとっては、たまったものではないだろうが、
    許せ」

男「全くだよ」

男「あーあ、こんな茣蓙の上で縛られて、正座しながら打ち首とか
  昔の俺じゃあ絶対に想像してなかったな」

男「でも・・・殺されるのが、全くの赤の他人じゃなくて良かったよ」

同心「はは・・・」





118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 21:57:15 ID:xFX5Z9uk

男「ところでさ・・・こんな無駄話をしていて良いのか?」

男「なんか・・・前でお役人さんがずっと見ているんだけど」

役人「・・・・・・」ジ-

同心「案ずるな。既に時間をもらう許可はとった」

同心「それとだ、少女の解放に関する許可もな」

男「そうか・・・ありがとう」

同心「・・・別に良い」




120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:08:12 ID:e4JQ3VG2

補足

同心のセリフである「少女の解放に関する許可」を貰ったとは、

同心が直々に許可を貰いにいったわけではなく、状況報告を

聞いたお上が、少女を真に解放することを認めたということです




121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:09:32 ID:e4JQ3VG2

同心「・・・そろそろ時間だ」

男「ああ」

同心「お主のような者は、俺にとってはとても新鮮な存在だ」

同心「本当はもっと話がしたかったのだがな・・・仕方あるまい」

男「・・・そうだな」

同心「死ぬ前に、何か言い残すことはあるか?」

男「そうだな」

男「独り言になるかもしれんが・・・ある」




122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:13:16 ID:e4JQ3VG2


男「俺は世間からは強姦犯かつ殺人犯・・・ということに
  なっているんだよな?」

同心「・・・そうだ」

男「そんな最低の男が何を言っているんだ・・・と」

男「そう世間からは思われるかもしれないが」

男「だが、言わせてもらう」




123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:20:57 ID:e4JQ3VG2


男「俺が裁かれて、少女が成長して」

男「それから何年も経って・・・」

男「たとえば、200年後くらいには」

男「子どもが安心して暮らせるような、そんな世の中になると良いな
  ・・・と思います」

同心「・・・・・・」

男「そうなれば、きっと・・・少女みたいな思いをする子はいなくなるんです」

男「俺はただ、それだけを願っています」

同心「・・・分かった」

男「・・・・・・」




124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:28:56 ID:e4JQ3VG2


役人「・・・時間だ」

同心「!・・・では、処刑を始める」

男「・・・・・・」

同心「・・・人殺しに言うべき言葉なのかは分からぬが・・・」

同心「安らかな死を、そして死後を、願っているぞ」

男「・・・・・・」

男(少女・・・ごめん)

男(さようなら)

男(ありがとう)

同心「・・・・・・」 

同心「・・・・・・」 スッ…






        ザシュッ




125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:32:30 ID:e4JQ3VG2


 その処刑は、一般人には一切知らされなかった

 極めて静粛に、厳かに、行われた




126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:41:38 ID:e4JQ3VG2


−時は流れ、数年後−


男子「はあっはあっ・・・」タタタタ

老人「こら!!待たんか!!」ダダダ

男子「けっ、待つもんか!」タタタタ

老人「早くワシの笹餅を返さんか!!返さんとただじゃおかんぞ!!」ダダダ

男子「くそっ・・・なんで老人なのにあんなに早いんだよ・・・」タタタタ

男子(あっ!・・・あそこの曲がり角でまいてやる!)

男子「ってうわ!!??」グイッ




127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:45:51 ID:e4JQ3VG2


男子「うっ」ドシャッ

若女「あっ!ごめん!」

若女「強く引っ張りすぎちゃった?」

男子「ってぇな!!何すんだよ!急に物陰に引っ張り込みやがって!!」

若女「いや、だって君、逃げてたみたいだし・・・」




128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:51:15 ID:e4JQ3VG2


男子「う、うるせえな!ほっといてくれよ!」

若女「なーんてね。そうはいかないよ」

若女「見てたんだよ?君、あのおじいちゃんから何か盗んだでしょ」

老人「どこに行きおった--!!こんの悪ガキが---!!」

若女「ほら探してる」

男子「うっ・・・それは・・・」

若女「何を盗んだの?」

男子「な、何でお前に・・・!」

若女「教えて」




129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:57:49 ID:e4JQ3VG2


男「うう・・・別に、ただの笹餅だよ・・・」

若女「何でこれを盗んだの?」

男「じ、自分で食うためだよ・・・」

若女「本当に?」

男子「・・・・・・」

若女「本当に?」ズイッ

男子「い、妹がいるんだよ・・・両親はもうとっくにいなくなってるし、
    俺が養うしかないんだ・・・」

男子「俺なんかが働いても全然稼げないし・・・それで・・・」

若女「なるほどね。よく分かった」

若女「でもね、やっぱりその笹餅は返しておいで」




130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:59:15 ID:e4JQ3VG2

>>129

男と男子の表記ミス

申し訳ない




131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 01:04:29 ID:e4JQ3VG2


男子「でも、でも・・・」

若女「これ、あげるよ」

男子「え、何だこれ・・・?」

男子「わっお金だ!こんなにも・・・いいの!?」

若女「はは、本当はいけないんだろうけどね」

若女「実はね私、旅人なんだ」

若女「道中で歌を歌ったり、詩を書いたりして稼いでいるんだけど」

若女「それが結構評判良くてねー。あはは」




132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 01:12:17 ID:e4JQ3VG2


男子「凄いなぁ・・・」

若女「いやあ」デレー

男子「お姉さんが綺麗だからかなぁ・・・」

若女「おっ!さりげなく呼び名を昇格させたうえに、
   私を褒めるとは!やるねー君も!」

若女「いい子いい子」ナデナデ

男子「あ・・・うん///」

若女「よし」

若女「じゃあ、あのおじいちゃんにそれを返しておいで」

若女「あの人、外見はおっかないけど、中身は良い人だよ」




133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 01:16:24 ID:e4JQ3VG2


男子「えっ!本当!?」

若女「うん。昔、人が怖くてじ--っと観察してた時期があってね」

若女「怒らせないようにって」

若女「たった一人を除いて、誰も信じられなかったんだ」

男子「・・・」

若女「今では、人の考えていることは大体分かるんです!」フンス

男子「すげー・・・」




134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 01:22:07 ID:e4JQ3VG2

男子「あの・・・さ」

若女「ん?どうしたの?」

男子「良かったら、その旅に連れて行ってくれない?」

男子「俺と妹の二人を・・・」

若女「・・・・・・」

若女「・・・・・・」ポロ

男子「え、ええ!?何で泣くの!?」

男子「俺、何かひどい事言っちゃったかな!?」

若女「あ、はは・・・ごめんねぇ・・・」ポロポロ

若女「ちょっと・・・思い出しちゃった・・・」グスッ




135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 01:26:41 ID:e4JQ3VG2


男子「あ・・・ごめん」

若女「ううん、いいの」グスッ

若女「そっか・・・君たちも寂しいんだね・・・」

若女「でも、ごめんね。今の私には、君たちを連れて行けないの」

男子「・・・・・・」

男子「そうだよな。お荷物・・・だもんな」




136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 20:30:27 ID:e4JQ3VG2


若女「ううん。そういうことじゃないの」

男子「え?」

若女「私はね、昔、ある人と一緒に旅をしていたの」

若女「でも、その旅に強引に付いていったのは私だった」

若女「2年間・・・楽しかったなー・・・」

男子(もしかして、さっき泣いたのって・・・)

若女「でもね」

若女「私はその人からいっぱい楽しい思い出を貰ったのに、
    その人を見捨てちゃったんだ・・・」

若女「私が弱かったから・・・何にもできなかった」






137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 21:05:46 ID:e4JQ3VG2

男子「・・・・・・」

若女「だからもう、同じ過ちは犯さないって決めてるの」

若女「今度こそ、ちゃんと仲間を守れるような」

若女「強い人間にならなくちゃって」

若女「それが、あの人が残してくれた言葉だしね」




138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 21:20:04 ID:e4JQ3VG2

若女「だから----」

若女「今の私には君たちを連れて行く力も、資格もない」

男子「そっか・・・」

若女「でも・・・しばらくしたら、来年くらいにはもう一度この町に
    来る予定なの」

若女「その時には、私はもうちょっと強くなっていると思う」

男子「!」

若女「あなたの妹さんにも事情を話して、それでも良いって言うなら」

若女「できる限りの努力はしてみるつもり」

男子「本当!?」

若女「実を言うとさ、私も寂しいんだよ」

若女「でもね、旅っていうのはそんなに甘いものじゃないの。
    お金も安定して得られない。故郷にも帰れないかもしれない」

若女「君も、よくそのことを考えてみてね。1年後も・・・もし君たちが
    それを受け入れたのなら、私も喜んで迎え入れるから」

男子「分かった」




139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 21:33:34 ID:e4JQ3VG2

若女「それじゃあ、早くおじいちゃんに笹餅を返さなくっちゃね」

男子「あっ」

若女「ふふっ、忘れてたの?ほら、もう大分遠くに行っちゃったよ」

男子「う、うん!行ってくる!」 ダッ

男子「ありがとな!お姉ちゃん!」

男子「俺ら・・・二人きりで生きていくしかないと思ってたけど・・・
    お姉ちゃんのおかげで希望が生まれたよ!」

男子「また来年!」 ダダダダ






若女「・・・うん」

若女「強く・・・生きてね」


          
           完




・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 男「旅は楽しきものなり!」少女「なり!」
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【流出画像】奥菜恵(34)フルヌード&フ●ラ画像の高画質で公開!⇒これが押尾学のリベンジポルノ…
【gif】突然スカートめくりされたJCの反応wwwwwwwww(※画像あり)
【※GIFあり※】 地上波でJKが生ケツを披露してしまうという放送事故wwwwwwwwwwww...
【エ□GIF】騎乗位を連想させる、もの凄い腰振りダンスの動くエ□画像
【エ□GIF】挿入部分がよく見える騎乗位GIFがエ□抜ける15枚
【GIF画像】身内のセッ●スに感化されてオナ●ーしちゃう女たちwwwwwwwwww(19枚)
マ●コもア●ルも同時責め!?GIF画像にしたら想像以上のエ□さだったwww
男が悶絶するほどの腰使いでいかせてくる騎乗位GIF
ドジな女の子たちの「痛い」GIFが笑える(25枚)
彼女にいろんな場所でフ●ラさせた時の話
【画像あり】加護亜依(28)「こんなオバサンでいいの…?」
確信犯!?桐谷美玲のポロリ癖に撮影現場の男性スタッフはキツリツもの!?
【悲報】なーにゃ 逆ライザップ 披露・・・・・・・・・・
女性器見えそう…。ビーチに「とんでもない水着」を着てる女性がいると話題に
【画像】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像 gif く だ さ い【65枚】他
【激写】 性器が丸見えの女子体操選手(21)にクレーム殺到wwww (画像あり)
広瀬すず(17)、過激ビキニ姿がドスケベ過ぎるwwwwこんなエロい体だったのかwwwww
【マジキチ注意】僕「人間洗濯機でーす!」チノちゃん「この下着をお願いします」
「おま○こバリケードは張り終えたか!?」「はいッ」「しかし、チ○ポチ○ポーは我々の予測よりはるかに上の速度で移動しています!」
俺「…(体育座り)」 女子達「俺君がプール見学してるwww男の子の日なんだwww」
ダークエルフ「男の尻尾をモフモフしたい」
【画像】ヌーディストビーチにこんな可愛い子来たらダメだろ・・・
【速報】 任天堂NX、本体の画像がリークされる
このGIF画像で笑わない奴wwwwwwww



 

最新記事50件