転載元:黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」


関連記事
黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」【前編】【後編】




【※閲覧注意※】見れば見るほど心が病んでくエ□GIFスレ・・・(GIF大量)
【エ□GIF】ちょwwこの駅弁激しすぎワロタwww俺達にできない事を平然とやってのけるAV男...
【GIFあり】韓国アイドルがエ□を追求し過ぎた結果・・・(17枚)
【※炉利注意※】風呂で小便させられてる中●生のGIFヤバ杉、、、(GIFあり)
【※GIF25枚】普通のエ□GIFじゃ満足できなくなった殿方ちょっくら寄っておくれやっしゃスレ。
【H注意】 長澤まさみのこのgifエッッッッッッロすぎンゴwwwwwwww(画像)
男性閲覧注意。「本当にチ●コがデカいやつ」はこうなるらしい・・・(画像)
女子高生、全裸いじめ映像がアウトすぎる(※ 加害者顔モザイクなし)
失踪して行方不明だったアイドル、MUTEKIからAVデビュー!このAV墜ちは闇が深い………
【画像】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像 gif く だ さ い【65枚】他

499: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/19(木) 18:39:25 ID:M1WxOgSo

黒服「今宵は誰と、一夜の愛を育みますか?」


本日の出勤表

セイレーン
龍娘
アルルーナ
人虎
羊娘
猫耳娘
ダークエルフ New
人魚

……ほか、モン娘・亜人多数在籍

こうですかわかりません





513: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/22(日) 19:50:22 ID:8C3qhxGU

さらっとダークエルフまざっとる
指名しなきゃ(定期預金解約




514: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:07:02 ID:D7iTNn5I

────2月中旬@住宅街



ザアアアア...

鴉天狗「隠しきれないぃ、移り香がぁ〜♪」

鴉天狗「いつしかあなたにぃ、しみ……あら?」

少年「……」

鴉天狗「こんばんわ、少年さん」

少年「鴉天狗さん……こんばんわ」

鴉天狗「どうされました?もう8時だし、雨に濡れてびしょびしょじゃないですか」

少年「あはは、家の鍵、学校に置いてきちゃったみたいで」

鴉天狗「お母さん……大家さんは?」

少年「それが、アイドルおっかけて泊まりでコンサート行っちゃって……」




515: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:08:03 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「じゃあ、傘貸してあげますから、学校に取りに……」

少年「それがさ、8時過ぎるとセキュリティ入っちゃって、先生も入れないんだよ」

鴉天狗「まぁ……今夜は?」

少年「雨が上がったら、ファミレスにでも行って」

鴉天狗「いけません、そんな不良みたいなこと」

少年「でも、仕方な……ふぇっくし!」

鴉天狗「私の部屋においでなさいな」

少年「え?!い、いやいやいやいやいやダメでしょ!」

鴉天狗「そりゃあ、狭い部屋ですけど」

少年「じゃなくて、俺は男で、鴉天狗さんは女で……」

鴉天狗「まぁ、おませさん」クスクス

少年「いや別に、ほら大丈夫だし……ふぇっくし!」

鴉天狗「もう。お風呂沸いてますから。風邪ひいちゃいますよ」グイッ

少年「あ、ちょっと!」




516: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:10:56 ID:D7iTNn5I

少年「……おじゃま、します」

鴉天狗「さ、お風呂入っちゃってください。ご飯、昨日のカレーの温めなおしだけど、ごめんなさいね」

少年「いや、イヤイヤイヤそこまでしてくれなくても」

鴉天狗「ほら、制服はストーブに当てて乾かすから貸してください」グイグイ

少年「自分でやるから!」

鴉天狗「はいはい」クスクス

少年「……」フゥ

鴉天狗「Yシャツとか肌着は洗濯機の中に入れておいてください」

鴉天狗「後でバスタオルとかと一緒に洗っちゃいますから」

少年「は、はいっ、お風呂、お借りします」

鴉天狗「きちんと肩までつかって温まらなきゃだめですよ?」




517: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:12:07 ID:D7iTNn5I

少年「……」ガチャ

少年(もう高校生なんだから、いい加減にしてほし……!!)

少年(うわ、こんな派手な下着を洗面所に干しっぱなしで……あの人は……)

少年(こんなおっきいブラしてるんだ……)

鴉天狗『少年さん?入ってもいいですか?』コンコン

少年「ちょっと待って!ちょっと待って!」アタフタ

鴉天狗『早くしないと、押しかけて背中洗っちゃいますからね』クスクス

少年「わかった!分かったからちょっと待って!」

…………

……




518: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:15:13 ID:D7iTNn5I

少年「……ふぅ。お風呂、いただきました」

鴉天狗「もう出てきたの?カラスの行水は褒められませんよ」

少年「……鴉天狗さんにカラスの行水って言われたくない」

鴉天狗「まぁ、ほんとね……さ、ご飯にしましょ」

少年「何から何まで、ほんとごめんなさい」

鴉天狗「困った時はお互い様。大家さんにはお裾分けもらったりしてお世話になってますし」

鴉天狗「それと、謝られるより、感謝されるほうが私は好きですよ」

少年「……あ、ありがと」

鴉天狗「はい。ほら、冷めちゃいますよ」

少年「う、うん」

鴉天狗「ご飯、これくらいで足りるかしら」ヤマモリ

少年「ごめん、その半分でいいだけど……」

鴉天狗「遠慮しなくてもいいのよ?」モリモリ

少年「遠慮してないから!!」




519: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:16:29 ID:D7iTNn5I

少年「……」パクパク

鴉天狗「……」モグモグ

少年「美味しい」

鴉天狗「ほんと?いつも一人だから、誰かの感想がもらえるのって嬉しいですよ」

少年「うん……これ、市販のカレールゥなの?」モグモグ

鴉天狗「2種類のルゥを混ぜて、そこにスパイスを足してるの」

少年「手、かかってるんだ」

鴉天狗「そんなことなくて、玉ねぎもアメ色まで炒めたわけじゃないし、アク取りも適当で」

少年「でも美味しいよ」

鴉天狗「なんかくすぐったいですね……おかわりもありますからね」

少年「い、いただきます」




520: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:18:44 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「あ、テレビ点けてもいいですか?」

少年「なんで俺に断るのさ」

鴉天狗「だってお行儀悪いじゃないですか」

少年「え、そうなの?」

鴉天狗「そうですよ、子どもの頃はよく怒られました」

少年「ふぅん……」

鴉天狗「ニュースニュース……」

少年(……けっこういい家の出、なのかな)

少年(の、わりにうちみたいな古いアパートに長年住んでるけど……)

鴉天狗「どうかしました?」

少年「い、いやなんでもない!このごろっとしたニンジンも美味しい」

鴉天狗「ありがとうございます」ニコニコ




521: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:20:16 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「ふぅ、ごちそうさまでした」

少年「ごちそうさまでした」

鴉天狗「カレー、全部さらえちゃいましたね」

少年「あ、ごめん……」

鴉天狗「いえいえ。食べ盛りの男の子がいると、つくり甲斐があって嬉しいです」

鴉天狗「さてと、お風呂入っちゃいますね」ヨイショ

少年「え、あ、うん……」

鴉天狗「一緒に入りたかったですか?」

少年「え?!いやいやいやいや!」

鴉天狗「そう……残念です」

少年「え?!」

鴉天狗「冗談ですよ……おませさん」デコツン




522: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:22:27 ID:D7iTNn5I

ザバァ...

少年「……」

シャァァ...

少年「……」モンモン

少年(テレビの内容がまったく頭に入ってこない……)

少年(とりあえず皿洗いくらいはして、心を落ち着かせよう……)



鴉天狗(……あの人と一緒にここに暮らし始めた頃はまだ子どもだったのに)チャプ

鴉天狗(いつの間にか私より背が高くなっちゃって……)

鴉天狗(……その分私も年をとったってことかしら)

鴉天狗(だめ、だめよまだ20代なんだから……四捨五入じゃなくて切捨、切捨よ……)ブクブク




523: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:23:53 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「ふぅ……」

少年「あ、洗い物しておいたよ」

鴉天狗「まぁ、ごめんなさい」

少年「いいよ、うちでも俺の仕事だからさ……あと、謝られるより、感謝のほうがいいんでしょ?」

鴉天狗「え、ああ……そうですね、ありがとう」

少年「どういたしまして」

鴉天狗「じゃ、ご褒美をさしあげますね」

少年「え……も、もしかして……」

鴉天狗「はい、泡の出る麦茶。本当はだめですからね」

少年「……」

少年「あ、ありがと」

鴉天狗「?」

少年「な、なんでもない」




524: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:24:57 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「それじゃ、乾杯」カン

少年「乾杯」

鴉天狗「んく、んく、んく……ぷはぁ、就職活動はうまくいかないけど、美味しいですねぇ」

少年「……うまく、行ってないの?」

鴉天狗「ええ、私は高校も出てないし……その、ほら、あまり人には言えない仕事だし正社員じゃなかったし」

少年「……」

少年「別にボヤかしたりしなくても、俺だって子どもじゃないから分かってるから」

鴉天狗「え?……あ、そ、そうですよね……」

少年「最近、夕方化粧して出かけないな、って思ってたから、さ。辞めたの、その、夜のお店」

鴉天狗「はい。あるお客さんに力をもらって」

少年「……その人のこと、その……す、好き、なの?」

鴉天狗「いいえ、その人にはもっとお似合いの人がいて、仲良くしてますから」

少年「……そう」




525: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:26:49 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「少年さんは彼女はいないのですか?」

少年「いないなぁ」

鴉天狗「なんで?」

少年「なんで……って……別に。来年は受験だし、うちのクラスってブスばっかだし」

鴉天狗「まぁ、そんな事言ってはいけませんよ」

少年「……まぁ、うん、ほら、なんていうか、同い年より年上のほうがいいかな、なんて」チラッ

鴉天狗「年上の女房は金のわらじを履いてでも探せ、なんて言いますからね」

少年(……)ジィィ

鴉天狗「何かついてます?」

少年「ひ、ひげできてる」

鴉天狗「あら、あらら。ふふふ」ゴシゴシ




526: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:27:59 ID:D7iTNn5I

少年「……」ウトウト

鴉天狗「ベッド、行きましょうか」

少年「え?!えぇっ?!」ビクッ

鴉天狗「客用布団なんて気の利いたものはなくて……だから私のベッド使ってください」

少年「いや、いやいや、俺なんて床で平気だから」

鴉天狗「だめですよ、お客様なんですから」

少年「でもほら、その……鴉天狗さんはどこで寝るの?」

鴉天狗「予備の毛布とクッションで適当に」

少年「それこそ、風邪ひいちゃうよ」

鴉天狗「じゃあ、一緒にベッドで寝ますか?」

少年「そ、それこそダメだって!その、ほら、俺は男だし……」

鴉天狗「私は卑しい水商売の女ですし」

少年「いやそういうつもりで言ったわけじゃないけど……とにかく、その予備の毛布とクッション借りて俺が床で寝るから」

鴉天狗「……それじゃせめて、厚着してくださいね。あ、湯たんぽもお貸ししましょう」




527: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:28:52 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「それじゃ、電気消しますね……おやすみなさい」カチャン

少年「うん、おやすみ……」

鴉天狗「……」

少年「……」

鴉天狗「……」

少年「……昔、小学生の頃、1回だけ、こうやって泊まったこと、あったよね」

鴉天狗「ああ、ありましたね……」

少年「あの屑野郎は?」

鴉天狗「……さぁ、どこかで別の女性を泣かせているんじゃないでしょうか」

少年「……今、幸せ?」

鴉天狗「うぅん……貯金の残高が順調に目減りしていて、あまり幸せかどうか……」

少年「……ごめん、それは俺じゃどうしようもできないや」

鴉天狗「あはは、ありがとうございます、気持ちだけでうれしいです」

少年「……」




528: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:30:02 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「……」

少年「……」

鴉天狗「……」

少年「……」

鴉天狗「……」スゥ..スゥ...

少年「……」



少年(……この状況で眠れる奴なんかいるのかよ……)モゾモゾ




529: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:31:15 ID:D7iTNn5I

ゴソ、ゴソゴソ...

少年(……)

少年(鴉天狗さん、ごめん……)



ギィ...ギッ、ギッ...

少年(……下着、干しっぱなし……)ゴソゴソ

少年(……)

少年(ごめん)




530: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:32:50 ID:D7iTNn5I

少年(……これが、いつも鴉天狗さんを包んでる……)スンスン

少年(洗剤の匂い……当たり前、か)

少年(……)シュッシュッ

少年(こんな下着で……誰を誘惑してたんだろう)シュッシュッ

少年(くそっ、くそっ!)シュッシュッ

少年(これで……俺のをくるんで……)ガサゴソ

少年(……はぁ、はぁ、こうやってしごけば……)シュッシュッ

少年「はぁ、はぁ……」

少年「からす、てんぐ……さん」ブルルッ



鴉天狗「呼びました?」ガチャ




531: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:34:35 ID:D7iTNn5I

少年「うわっ、わぁっ?!」ビュルルッ!!ビュルッ!!

少年「うわ、あっ、あ……っ」ビュルッ!ビュルッ!



鴉天狗「きちんとドアをしめないと……灯りがもれてましたよ?」

少年「あ……あ……」




532: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:38:25 ID:D7iTNn5I

少年「……あ、あ」

鴉天狗「いけない子ですね。私の下着でオナニーしてたんですか?」

少年「あ、ご、ごめん、なさ……」

鴉天狗「……」ムニュッ

少年「わっ?!えっ?!」

鴉天狗「あまつさえ、下着に射精するなんて……それもこんなに濃いのを」ニチャッ

少年「やめて、さわったら、あっ……」

鴉天狗「触ったら?こすったら?どうなってしまうんですか……?」

少年「あっ、あっ……」

鴉天狗「こうやって大きくなって……しまいましたね」クチュッ

少年「う、うう……」

鴉天狗「……興味ありますか?」

少年「え?」

鴉天狗「この下着の中身に、興味がありますか?」

少年「……あり、ます」ゴクリ




533: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:39:40 ID:D7iTNn5I

鴉天狗「勉強、しましょうか……女の体のこと」

少年「……」

鴉天狗「ほら、そんな下着よりいいもの……自由にしてもいいんですよ」

少年「あ、あの、ごめん、なさい……」

鴉天狗「ううん、謝るのはこっち」

鴉天狗「いつまでも弟みたいな小さな男の子じゃないって気づかなくてごめんなさい」

鴉天狗「そうだよね……男と女、ですものね……」タユン

少年「……」ゴクリ

鴉天狗「……ベッド行くまで我慢、できそう?」

少年「する」

鴉天狗「じゃあ……少年さんの初めて……私がもらっちゃいますね……」




534: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/22(日) 21:41:48 ID:D7iTNn5I

ここまで

次回、鴉天狗先生の保健体育実習の後、キャラ安価とります
投下は3/1(日) 21:00を予定




535: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/22(日) 22:04:02 ID:J.IYYetc

とりあえず生まれたままの姿で舞ってる




545: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:47:20 ID:5uEBZprk

少年「……」ギシッ

鴉天狗「……」ギッ

少年「……」

鴉天狗「緊張しないで、大人になったらする事なんだから」

少年「う、うん……」

鴉天狗「じゃあ、キスから……したこと、ありますか?」

少年「い、一応……中学の時、彼女いたから」

鴉天狗「そうですか」チュ

少年「……」チュ

鴉天狗「……んふ」レルン

少年「?!」ビクンッ

鴉天狗「あら……こういう大人のキスは初めて?」

少年「あ、う……」




546: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:48:23 ID:5uEBZprk

鴉天狗「じゃ、ここから始めましょうか……私の舌と同じことしてみて」チュ

少年「!!」

鴉天狗「んっ……んっ、ん……」チュ、チュ、レルン

少年(うわ、舌が入ってきて……歯の裏、探られてる……同じこと……)レル、クチュ

少年「んっ……ん……」ペチャッ、ペチャ...

鴉天狗「んふ、んっ……んっんっんっ」ギュゥゥ...

少年「ぷはっ!けほっ……」

鴉天狗「息止めてたの?もう……鼻でゆっくり呼吸しながら、ね。今度は目標2分でやってみましょ?」

少年「あ、う、うん……」

鴉天狗「少年さんの唾、私に口移しで飲ませてみせて」ギュ

少年「う、うん……」チュ

鴉天狗「ん……」チュッ

少年「ほ、ほう……?」グジュルッ

鴉天狗「んっ、ほう……んっ、ん……んく、んっ……んぅ!んっ!」ジュルル...




547: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:49:38 ID:5uEBZprk

少年「はぁ……はぁ……」ジー

鴉天狗「……見たい、ですよね」

少年「うん……」ハァハァ

鴉天狗「あなたの手で、ジャージのジッパー……下げて……」

少年「……」ジジ、ジジジ...

鴉天狗「ん……」タユン

少年「Tシャツ着てるのに……乳首勃ってるの、分かるね」

鴉天狗「やだ、言わないでください」

少年「……」クニッ

鴉天狗「ひゃふっ?!」

少年「ご、ごめん」

鴉天狗「平気。好きに触ってください。直接だっていいんですよ?」

少年「じゃあ、ちょ、直接……」グイッ

鴉天狗「あっ」




548: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:51:00 ID:5uEBZprk

少年「きれい、だ……」

鴉天狗「まぁ、お世辞が上手」

少年「……本気、だから」ムニュッ

鴉天狗「あっ……んっ、あっ」

少年「気持ちいいの?」

鴉天狗「はい……あっ、あっあっ……もっと強くしても、平気……」

少年「こう?」ギュッ

鴉天狗「んんんんっ」

少年「ここ、とか……?」クニュッ

鴉天狗「そう、あっ、あっ……そんな、乳首ばっかり、こねないで……あんっ」

少年「……舐める、ね」

鴉天狗「はい、飴を口の中で転がすように……や、あんっ、んっ」ピクン

少年「……んっ、んっ」

鴉天狗「あっ、ああ……んっ、んっんっ、すごい、ピリピリしちゃいます……」

少年「ぷはっ……すごくエッチな光景」




549: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:52:08 ID:5uEBZprk

少年「もう、色々我慢、できない」グイッ

鴉天狗「きゃっ!あ、あは……押し倒されちゃいました……」

少年「……下も、触る」スルッ

鴉天狗「あっ……」

少年「!!……下着、つけてないんだ」

鴉天狗「……締め付けられるのって苦手で。あと、下着の跡って萎える男の方が多くて」

少年「もう、濡れてる……本当に、濡れるんだ……」

鴉天狗「はい……少年さんのおちんちんを受け入れる準備を……私の体が始めた証拠ですよ」クスッ

少年「見たい」

鴉天狗「はい……あっ、ちょっと待って……」

少年「なに……?」

鴉天狗「いえあの、ほら……まさか今日、こうなるなんて思ってなくてその……無駄毛ボーボーなんですが……」

少年「ここまできて、止まれるわけない」スルッ...

鴉天狗「で、ですよね……あ、待ってください、無理に脱がそうとしないで」

鴉天狗「腰浮かせますから……受身な子には、少年さんが誘導してあげてくださいね」




550: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:53:36 ID:5uEBZprk

シュルル...

少年「……」ゴクリ

鴉天狗「……見るのは」

少年「はじめて」

鴉天狗「じゃあ、少し寄り道して、説明しますね……んっ」クパッ

少年「!!」

鴉天狗「顔近づけて、よく見てくださいね……これが女性器……おまんこ、です」

鴉天狗「この一番外のぷっくりしてるのが大陰唇、その内側のひだひだが小陰唇」

鴉天狗「一番上についているのが……陰核。別名は知ってますよね?」

少年「く、クリトリス……」

鴉天狗「正解です。そのすぐ下にある小さな穴が尿道口。あまり激しくいじると雑菌が入って炎症になるので気をつけてくださいね」

鴉天狗「尿道口の下、ひくひくしてるのが膣口」

少年「……」ゴクリ




551: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:54:26 ID:5uEBZprk

鴉天狗「……指、入れてみましょうか。もうすんなり入りますから、ね」

少年「こう?」プニッ

鴉天狗「1本だけ?人差し指と中指の2本を、手のひらを私のおへそ側にむけて……んんっ!」ビクンッ

少年「あっ、うわっ、ぎゅって!」

鴉天狗「そう、指の腹で、内側のひだひだ、なでて……んっ、あっ」

少年「うわっ、わっ……」クチュクチュ

鴉天狗「んっ!あっ!あっあっあっ……リズミカルに前後させて、掻き出すみたいにっ!」クッチュクッチュクッチュ

鴉天狗「もっと効果的に、愛撫する、なら、胸をもんだり、舐めたり、キスしながら……」

少年「こう?……んっ」カプッ

鴉天狗「ふあっ!んっ!そ、そう……もっと、噛んだりしても、いいから」ビクンッ

鴉天狗「リズムは一定のまま、指を動かす距離を大きくして、指をひろげたりひねったり、い、いっ!」

鴉天狗「親指でクリトリスもいじったり、しな、が、ら、あっ、あっあっあっ」クチュクチュクチュクチュ




552: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:56:08 ID:5uEBZprk

少年「すご……音が、いやらしい音が」クチュクチュクチュクチュ

鴉天狗「はぁっ、上手です、少年さん……じゃあ、一番奥まで、指をねじこんでみて……」

少年「え、大丈夫、なの?」

鴉天狗「はい……ん、感触がちがうところ、分かりますか?」

少年「え、こ、ここ……?コリコリしたのが……」

鴉天狗「そこが子宮口……これから少年さんが私に種付けする場所、ですよ」

少年「……」

鴉天狗「もう、我慢できない、ですよね」

少年「うん、その……出ちゃいそう、だけど、ゴムが……」

鴉天狗「……」フルフル

少年「でも」

鴉天狗「平気。そのままして……」

少年「う、うん……待って、服ぬぐから」ゴソゴソ




553: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:58:16 ID:5uEBZprk

鴉天狗「さきほども見てしまいましたけど、仮性包茎なんですね」

少年「あ……」カァァ

鴉天狗「あ、ごめんなさい。でも、きちんと清潔にすれば問題ありませんよ」

鴉天狗「お客様の中にも、一定の割合でいらっしゃいましたし」

少年「いやそれ、慰めになってない気がするけど……」

鴉天狗「あら、ごめんなさい……剥いてしまいますね」

少年「あ、ちょ、ちょっと待って!今触られたら出ちゃうよ。自分でするから」ムキムキ

鴉天狗「ふふ、それじゃ……準備は万端ですね?」

少年「う、うん……」

鴉天狗「指で、大陰唇を押し広げて、そう……『ここかな?』と思うところより気持ち下を意識して」

少年「こ、ここ……?」クチュ

鴉天狗「そ、そこです……腰を前に押し出すように……あっ」ピクン

少年「うわっ!す、いこまれっ!」ブルルルッ

鴉天狗「んっ、まって、まだだめ、一番奥まで押し込むまで我慢して……」




554: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:59:12 ID:5uEBZprk

少年「がま、ん、する……」ハァ...ハァ...

鴉天狗「そ……私の手、つかんで」

少年「……はぁ、あ」ギュ

鴉天狗「どうぞ、一番奥まで腰を、たたきつけて」

少年「わ、あ、あああっ!!」グイッ...コツッ!!

鴉天狗「んっ!」キュン

少年「わ、わあっ!?!?」ギュゥッ



ビュルルッ!!ビュルルルッ!!



鴉天狗「ああっ、あっ……出てる……すごい……」ビュルルル...

少年「ごめん、鴉天狗、さ、ごめん、とまらない……」ビュル...ビュル...

鴉天狗「あは、射精しながら、腰振ってる……あっ」




555: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 21:59:57 ID:5uEBZprk

少年「……」ハァ...ハァ...

鴉天狗「いかがでしたか?」ギュッ

少年「あ、うん、気持ちよかった……」

鴉天狗「……よかった」

少年「……」

鴉天狗「?」

少年「好きだ」

鴉天狗「え?」

少年「俺は鴉天狗さんが……好きだ」




556: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:02:10 ID:5uEBZprk

鴉天狗「あはは、そんな……別に一度体を重ねたからって、恋人になる必要はないんですよ?」

少年「冗談じゃなくて……本気だ。俺は、鴉天狗さんが、好きなんだ」

鴉天狗「……」

少年「殴って、泣かせて、辛い思いをさせる事しかしなかったあの屑野郎より……幸せに、してみせる」

少年「順番……ぐちゃぐちゃになっちゃったけど、ずっと、ずっと言いたかったことなんだ」

鴉天狗「……今、高2、ですよね」

少年「うん」

鴉天狗「あなたが大学を出て、就職する頃にはオバサンですよ。それに……」

少年「……」

少年「今は無理だけど……いつか絶対、幸せにする。必死で努力する」

少年「絶対、守るから……だから……」

鴉天狗「少年さん……」




557: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:03:45 ID:5uEBZprk

少年「気の迷いとか、じゃなくて……ちくしょう、俺はっ……俺はあなたが……」

鴉天狗「……」チュ

少年「あ……」

鴉天狗「ありがとう……うれしいです」

少年「じゃあ……」

鴉天狗「私けっこう、重いですよ?」

少年「そんなことない。腰だってこんなに細くて……」

鴉天狗「あはは、そっちじゃなくて。嫉妬深い性質なのです」

少年「クラスのほかの女子なんかには目もくれない。ずっと……鴉天狗さんだけを見てきたんだ」

鴉天狗「ありがとう……」

少年「うん」

鴉天狗「あ、もうひとつ」

少年「ま、まだ何かあるの?」

鴉天狗「実際、見せたほうが早いかもしれないですね……少々、お待ちを」




558: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:05:50 ID:5uEBZprk

ズラッ



少年「ええと……これは?」ジャラッ

鴉天狗「手錠です。乳首をはさむ用のクリップ付きです」

少年「こ、これは?」

鴉天狗「鼻フックと開口器です」

少年「このローソクは……た、誕生日ケーキにのせるのかな?」

鴉天狗「いえ、皮膚に直接垂らすものです」

少年「このロープはもちろん、キャンプでつかうわけじゃあ……」

鴉天狗「野外で縛っていただけるなら、そのように使ってもいいのですけど……」

少年「つ、つまり……?」

鴉天狗「あの、彼氏というか、ご主人様というか、彼氏兼ご主人様というか、私が彼女兼奴隷というか……」



鴉天狗「私はどうしようもなく、マゾなのです……」ハァ




559: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:06:45 ID:5uEBZprk

鴉天狗「ひ、ヒきますよね?」

少年「……」

鴉天狗「だから、その、撤回するなら今というか思い直すなら今というか……」

少年「……」

鴉天狗「しょ、少年さん?」



少年「これは何?」プルルン

鴉天狗「え、それはアナルパールと言って……」

少年「どう使うの?」

鴉天狗「え……ええと……その……」

少年「どう使うの?」

鴉天狗(あ、あれ……もしかしてもうプレイ始まってます……?)




560: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:08:46 ID:5uEBZprk

鴉天狗「お、お尻の穴に……いれて、その……」

少年「気持ちよくなる道具、でしょ?」

鴉天狗「は、はい……そうです」

少年「さっきは、俺だけ気持ちよくなっちゃったからさ」

鴉天狗「……」

少年「俺、早漏だから、道具でハンデ埋めるから……その、鴉天狗さんを、気持ちよくしてあげたいんだ」

鴉天狗「あ、はい……よ、よろしくお願いします」

少年「じゃあ早速その……あ、アナルパール……を」

鴉天狗「はい。あ、このローションを垂らしてすべりをよくして……」トロトロ

少年「じゃあ、お尻を出してくれる?」

鴉天狗「もっと強く命令しても、いいんですよ?」

少年「……」ゴクリ



少年「しっ、尻を……つ、つ、突き出せ」

鴉天狗「はい、ご主人様」




561: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:09:33 ID:5uEBZprk

少年「こ、こう……かな」グニッ

鴉天狗「あっ……ん……」

少年「あ、うわ、入ってる……入ってく……」クプン、クプン、クプン...

鴉天狗「そ、んな……一気に……あ、ああっ」ビクンッ!!

少年「6個……根元まで入っちゃったね」ツンツン

鴉天狗「ふぅ……ふぅ……」

少年「これは、入れっぱなしなの?」

鴉天狗「出したり、入れたり……しま、あっ」ググッ

少年「……」ヌポンッ

鴉天狗「あっ、そんな、うぐっ、うああっ」ヌポン、ヌポン、ヌポン

少年「すごい……お尻の穴がひろがって……」

鴉天狗「……」

少年「出したり、入れたり、だったよね」グイッ!!

鴉天狗「ひゃふっ!んっ!んっ!んっ!んっ!うあっ、あっ、あっ!!」




562: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:10:42 ID:5uEBZprk

少年「これも、つかうね」ジャラリ

鴉天狗「……」ドキドキ...

少年「ベッドの枠に回して……と」ガチャン

鴉天狗「ベッドの上で、お尻に道具を入れられたまま仰向けに拘束されて……」

鴉天狗「どう……なってしまうのでしょう……」

少年「……寝る」

鴉天狗「……え?」

少年「そういえば明日、もう日付的には今日だけど、古文の小テストがあるんだった」

少年「学校早めに行って勉強するからもう寝るね。おやすみ、鴉天狗さん」

鴉天狗「……え、えっと……」

少年「……ごめん、冗談」

鴉天狗「もう……放置プレイならもっと徹底的に放置してくれないと……」

少年「……あ、そっち」

鴉天狗「はい。路地裏とか公衆トイレとか……きちんと1回100円とか落書きして……」

少年「ごめん、ひく」




563: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:11:54 ID:5uEBZprk

鴉天狗「あはは……」

少年「っていうか、俺以外の誰かに抱かれるなんてダメ。これまではともかく、これからはダメ」

鴉天狗「少年さん……」

少年「『ご主人様』でしょ?」

鴉天狗「そうでした。ご主人様……私、ご主人様のが……欲しいです」

少年「俺もその……もう1回、したい」

鴉天狗「1回だけ?」

少年「そ、それ以降は努力目標ってことで……」

鴉天狗「ふふ、あ、んっ……」

少年「すご、くぱ、ってすると精液が垂れてきて……」

鴉天狗「漏れ出た分は、また注いでくださいますよね、ご主人様……」

少年「う、うん……」

…………

……




564: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:13:30 ID:5uEBZprk

少年「うわああっ!また出る!出ちゃうっ!」ブルルッ

鴉天狗「うん、射精、ください、全部、ぜんぶぜんぶっ!」

少年「はあっ、はぁっ、あ、ああ……っ」パンッパンッパンッ!!

鴉天狗「あぐぅっ!うあっ!イく、イく、イくっ!」ギュゥゥ...

少年「!!」

鴉天狗「〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」



ビュルッ!ビュルッ!ビュルッ!!



少年「……」キュポ

鴉天狗「……」

少年「5発……め……っと」キュッキュ








565: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:16:11 ID:5uEBZprk

鴉天狗「頑張り……ましたね……」

少年「う、うん……もう無理……」ドサッ

鴉天狗「あっ……ふふ……」

少年「……からす、てんぐ、さん……」

鴉天狗「はぁい」

少年「……」zzz...

鴉天狗「あら?……ふふ、おやすみなさいご主人様」



鴉天狗「あ、この手錠の鍵どこでしょう……」

鴉天狗「あのっ!ご主人さま、起きてくださいな、ねぇ、少年さん、少年さーんっ!!」

…………

……




566: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:18:21 ID:5uEBZprk

────数日後



ピンポーン

鴉天狗「はーいはいはい……あら、大家さん」

大家「あのね、カラスちゃん……ちょっと相談に乗って欲しいんだけど」

鴉天狗「は、はぁ……」

大家「息子の部屋を掃除してたらね、こんなものが……」

鴉天狗「『女の縛り方入門』……」

大家「こういうのって叱ってもいいものなのかしら。男親がいれば話し合ってもらえるんだろうけど……ねぇ」

鴉天狗「そういう時は、机の上に載せておくものだって、聞いたことがあります」

鴉天狗「で、その事には一切触れない」

大家「……そんなんでいいのかしら」

鴉天狗「まあほら、少年さんも思春期ですし、ね」

大家「そうねぇ……ありがとうね。あ、これ、田舎から送られてきたりんごなんだけど、おすそわけ」




567: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:19:22 ID:5uEBZprk

鴉天狗「ありがとうございます。いつもすいません」

大家「いいのよ、どうせうちじゃ食べきれないし。それじゃあ」

鴉天狗「……」



鴉天狗「ふふっ」

鴉天狗「がんばってくださいね、ご主人様」




568: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:22:24 ID:5uEBZprk

鴉天狗さんのその後、おしまい。




569: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:34:46 ID:5uEBZprk

黒服「……さて」


○本日のキャスト○

セイレーン
アルルーナ
スライム
デュラハン
人魚
羊娘
猫耳娘
龍娘
二口女
狐娘
ダークエルフ New

……ほか、亜人・モン娘多数在籍



黒服「いらっしゃいませ、今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」

>>572>>573




570: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/01(日) 22:40:40 ID:5uEBZprk

ごめん、安価間違ってた
>>571>>572で。かぶったら自動で↓にずらす




571: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 22:42:07 ID:DwdL2HJo


大人になっても金払う場所以外でちゅっちゅしないんですけど?!

安価なら狼男




572: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 22:46:18 ID:vC6BKrTU

羊娘




573: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 22:48:51 ID:BdIXylxk

安価ならダークエルフがいいかなぁ!
若いご主人様とかいいなぁ…




585: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 11:53:23 ID:sON.37g.

自動的に人狼娘になってくれればなんとか……




586: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 12:17:49 ID:oXtOdzyo

狼男の娘、という新しいなにかを受信した。




587: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 21:50:07 ID:HRWtusGA

狼男(これから少しの間、しがないフリーターの身の上話に付き合ってほしい)

狼男(バイト先は夜開く店。午後6時〜午前7時拘束、実働11時間)

狼男(深夜給も残業代もきちんと出るし、月あたりの上限はあるが交通費も出る)

狼男(制服支給、まかない2食、有給取得制度あり)

狼男(はっきり言って、これ以上の待遇の職場なんて探しようがない)

狼男(仕事の内容は多岐に渡る)

狼男(車を使った送迎、電話対応、簡単な食事や酒の準備、清掃、在庫管理や道具の手入れや監視カメラのチェック)

狼男(飲みすぎたりラリったり、キャストの嫌がるプレイを強行する客にお帰りいただくよう、“紳士的に”説得する)

狼男(おおむね、そんなところだ)

狼男(……)

狼男(おーけい、分かってる。“キャスト”って?と聞きたいんだろ?)

狼男(キャストって言えば聞こえはいいが、嬢だよ嬢。いわゆる”風俗店”だ)




588: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 21:51:40 ID:HRWtusGA

狼男(悪いけど、店の名前とか場所とかは勘弁してくれ)

狼男(会員の紹介か、相当の金を積まなきゃ入れない店、って辺りで察してくれ)

狼男(噂じゃ……これ、あくまで噂なんだけど。同じボーイの先輩から聞いた噂だけどな?)

狼男(会員の紹介なしで入会するとな?)

狼男(福沢諭吉が『これだけ乗ってもだいじょーぶ!』のCMで有名な物置の上の人達並に必要なんだと)

狼男(俺は支配人……これがまた美人なんだが、その支配人がつまらなさそうな顔で札束数えてるところは見たことなんかないし)

狼男(アタッシュケースに札束がミッチリ入ってるところなんか見てない。うん、ミテナイヨ?)

狼男(あと、先月アキバであった通り魔事件、知ってる?公表された犯人の似顔絵あるだろ?)

狼男(あれとそっくりな男、以前は店で何度か見かけたことあるんだが、あの事件の日以降、見ないんだよね)

狼男(どうしたんだろうね。うわー、ふしぎだなー)

狼男(……)

狼男(まぁそういうお店のボーイが、今仮眠室で横になってるんだけどね?)



ギシアンギシアン

狼男(隣からプレイの音が漏れてきて眠れない……)ハァ




589: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 21:53:25 ID:HRWtusGA

ガチャコ



狼男「ゴっさん、仮眠室あいたっす」

牛頭「あれ、まだ休憩時間あるっしょ」

狼男「隣でプレイ中でギシアンうるさくて……」

牛頭「耳栓貸そうか?」

狼男「いや、それじゃアラーム聞き逃しそうだし」

牛頭「俺が起こそう」

狼男「謹んでお断りします。俺まだ痔になりたくないんで」

牛頭「はっはー、ワセリン塗るから大丈夫」

狼男「大丈夫じゃねぇっすよ!?できれば一生バージンのままがいいんスけど?!」

牛頭「そうかい?何事もチャレンジだよ?んふー」ポム

狼男「肩抱くな!頬よせんな!」ギャース!!




590: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 21:54:40 ID:HRWtusGA

コン、コン

狼男「はーい!」

黒服「狼男くん、ちょっと車出してほし……」

牛頭「……」

狼男「……」

黒服「キャストとの恋愛は禁止だけど、男性スタッフ同士は禁じてなかったわね……お邪魔したわ」

狼男「いや、今からでも禁止してくださいよ!」

牛頭「はっはっは、体だけのドライな関係でもいいんだよ?」

狼男「よくねぇっス!!つーか車出すんで離れてくれ!」

黒服「まぁ実際就業時間内にそういうことしたら二人ともクビよ?」

牛頭「冗談ですよ、黒服さん……じゃあ、在庫チェックはこっちでやっとくから、安全運転で頼むよ?」

狼男「ま、カマ掘られる趣味はないっスから」

黒服「あら、牛頭くんがネコだったの?」クスクス

狼男「マジで勘弁してくださいよ……」




591: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 21:57:13 ID:HRWtusGA

……

狼男「お待たせしました」

黒服「じゃ、この住所までお願いね」

狼男「へい、シートベルト、いいっスか?」

黒服「ええ、安全運転でね」

狼男「出します」ブロロロ...

黒服「……」

狼男「……」

黒服「働き出して半年経ったけど、どう?」

狼男「生活パターンも慣れたし、まぁうまくやれてると思います」

黒服「そう、スカウトしてよかったわ」

狼男「……そっスか」

黒服「ふふっ、そうよ。口は堅いし、いざという時の度胸もあるし。どう、本格的に籍置かない?」

狼男「即答はやめときます。まだ昼起きて夜寝る生活を夢見たい年なんすけど」




592: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 21:58:43 ID:HRWtusGA

…………

……

ブロロロ...キキ

狼男「……住所、ここっスね。ドア開けますので少々お待ちを」ガチャ

狼男(半年前まではこうやって高級外車のドアを開けるような仕事をするとは思ってなかったな)

黒服「ありがと。出てくるまで待っててくれる?」

狼男「そりゃあ、置いて帰ったら後が怖いっスからね」

黒服「そうね……ふふ、従順な犬って好きよ」ナデリ

狼男「っ!!」ゾクッ

黒服「それじゃあ『待て』をしててね」クスクス

狼男(笑顔の奥で目が笑ってねぇんだもん、こええよ……)ハァ




593: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 22:00:36 ID:HRWtusGA

────10分後



黒服「お待たせ」

狼男「いえ」ガチャ

黒服「さ、奥へ」

??????「……」




594: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 22:04:00 ID:HRWtusGA

バタム

ブロロロ...



狼男「……」

黒服「私を恨んでもいいけど……それで借金が減るわけじゃないわよ、ダークエルフ」

ダークエルフ「……」

黒服「恨むなら、はした金で娘を売った両親にしてね」

黒服「私が借金の肩代わりしなきゃ……まぁ、薬漬けにされて闇オークションで中東か南米、かな?」

黒服「客の身元がしっかりしてるお風呂に沈められるほうが、いささかマシだと思わない?」

ダークエルフ「……」

黒服「だんまりね、別にいいけど。あなたにお似合いのデビューをきちんと考えてあげるから心配しないで」

黒服「その前に最低限、水商売に必要な知識と態度はお勉強してもらうけどね」

ダークエルフ「……」




595: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 22:06:08 ID:HRWtusGA

ダークエルフ「……むしろ、感謝している」

黒服「へぇ」

ダークエルフ「父親の分からない子と陰口を叩かれたり、酒瓶で殴られたり」

ダークエルフ「母親の彼氏にレイプされたり、その写真で脅されたり……」

ダークエルフ「……そういうことがないのなら、もう……それでいい……」

黒服「そういうお涙頂戴なストーリーを客に話せば、誰か身請けしてくれるかもね」

ダークエルフ「……どうでもいい」

黒服「そう……ああ、ひとつだけ」

ダークエルフ「?……ぐっ!!」

黒服「以後、私には敬語を使うように。貴方は私の所有物。生殺与奪は私の手の上なの」ギリギリギリ

ダークエルフ「かはっ!ぐっ……うっ……」

黒服「感謝している、じゃないわよね。分かる?」グググ

ダークエルフ「……感謝、して、いま……す……」

黒服「分かればいいわ。よろしくねダークエルフ」パッ

ダークエルフ「けほっ!けほっ……ごほっ……」




596: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 22:08:39 ID:HRWtusGA

黒服「ところで狼男くん?」

狼男「は、はい……」ビクッ

黒服「……耳がいいとは聞いてるけど?」

狼男「分かってるっス。お口チャック。こう見えても無駄吠えしない方なんスよ」

黒服「そう。言う事聞けるなら……ご褒美をあげなきゃ、ね」クスクス

狼男「あー、めっちゃ怖いんでそういう笑みをバックミラー越しに向けないでほしいっス」

黒服「あら失礼」

…………

……




597: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 22:09:50 ID:HRWtusGA

────数日後 22:00@ミルクバケット バックヤード



狼男「はようーっス……」

黒服「おはよう、急に呼び出してごめんなさいね」

狼男「いや、いいっすよ。酒入れる前だったんで。今月は入る回数も少ないんで、臨時収入ばっちこいっス」

黒服「あらごめんなさい。今日は誰かのピンチヒッターとかそういう話じゃないの」

狼男「へ?」

黒服「実は、キャストが一人お茶挽くことになっちゃって」

狼男「珍しいっすね」

黒服「指名したお客様、盲腸で緊急入院だそうよ。そういう日に限って、みんな指名したキャストだけがいい、って」

狼男「あー、大体理解したっスよこの流れ」




598: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 22:12:12 ID:HRWtusGA

黒服「たまには美味しい想いも必要じゃない?ああ、追加で料理頼まなきゃお代は店持ちだから心配しないで」

狼男「……」

黒服「ふふ、この前はああ言ったけど、一応口止め料は払っておかないと……ね」クスクス

黒服「14階の2号室で待ってるから」

狼男「拒否権なし、っスよね……分かりましたよ」ハァ

狼男「……あの」

黒服「なぁに?」

狼男「いえ、キャストがイヤがるようなことは禁止っすよね」

黒服「そうねぇ……無理矢理は、ダメよ?」

狼男「無理矢理黙らそうとしてるお方の言うことじゃあ無いっスね」

黒服「ふふふ……楽しんでいらっしゃい」

狼男(……)




599: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 22:14:03 ID:HRWtusGA

コンコン

??「はァい、どうぞォ」

狼男「失礼します……っス……」ガチャ



ダークエルフ「んーっ!んーーーっ!!」ヴィィィィィ...



狼男「!?」

羊娘「いらっしャい、狼男くん」

狼男「……あ、あのぅ」

羊娘「大丈夫ですよ。今夜のことは黒服さんから言い含められてますから」

狼男「いや、ベッドにくくりつけられて悶えてる方なんすけど」

羊娘「ああ、OJTの一環よ」

狼男「……ツッコむ気すら失せるっス」

羊娘「あら、この年で勃起障害?」




600: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/02(月) 22:15:31 ID:HRWtusGA

狼男「……そういう意味じゃあ」

羊娘「冗談よ。さ、鍵をかけてこっちへ……ね」

狼男(っ……)ゾクゾクゾクッ

羊娘「どうしたの?さぁ……」

狼男(やばい……これ逆らったら死ぬ系のオーラだ……)

狼男「……は、はい」ガチャン





羊娘「ふふ、夜は長いですよ」

羊娘「狼と羊と……食べられるのはどっちかしらァ……」ニタァ




605: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 20:54:28 ID:ik47T.M.

こえー黒服さんこえー




611: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/13(金) 17:50:53 ID:BM84YV0Q

狼男「……えぇと」

羊娘「服、脱がせてさしあげますね」

狼男「あ、うん……はい、お願いします」

羊娘「緊張してるのォ?ふふ、かワいい」カチャカチャ

狼男(本能が警鐘を鳴らしてる、が正解だと思うけど……)スルスル

羊娘「なァんでそんなに不満げな顔なの?」

狼男「いえいえいえいえ、何も問題ありません。つーか、うん、エロい」

羊娘「だって、エッチなことするお店ですものね。それに……色々と新人さんに教えていたら」

狼男「いたら?」

羊娘「私も昂ッてしまって……」

狼男「そっスか……つーか、まぁ、自分もオスなんでその……」

羊娘「そうよねェ……ここは自己主張してますもんねェ」サスリサスリ

狼男「っ、ほら、据え膳食わぬは、ってやつで……お、お願いします」

羊娘「はァい」




612: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/13(金) 17:52:05 ID:BM84YV0Q

狼男「つーかなんなんすかこの下着の用をなしてないエロ下着は……」

羊娘「通常装備」

狼男「そっすか……んむっ?!」チュッ

羊娘「んふ……ちゅっ、ちゅ、ちゅっ……んっ……ぷはっ」

狼男「情熱的っスね」

羊娘「ありがと……ね、もうベッド行きましョう」

狼男「……なんか大半を褐色ちっぱい浮きアバラが占拠してるんスけど?」

羊娘「こういう事をしたがるお客様の一例として、ね」

狼男「……」

羊娘「あ、まって、ギャグと手錠外すから」カチャカチャ

ダークエルフ「けほっ……」




613: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/13(金) 17:52:52 ID:BM84YV0Q

羊娘「はぁい、じゃあお客様にご挨拶」

ダークエルフ「よ、よろしく……お願いします……」

狼男「あ、これはご丁寧にどうも」

羊娘「んふふふ……さ、ベッドに横になって……」

狼男「は……はい」

羊娘「じゃあ、おちんちんにもご挨拶……っ」ズルッ

ダークエルフ「……」ゴクリ

羊娘「あらあらあらァ、こんなに大きくてたくましいのは初めてかも」

狼男「こいつのせいで彼女と初エッチの時泣かれるわ、あだ名がデカチンだわ、風俗出禁になるわで……」

狼男「ま、適正サイズがいいっスよ何事も」

羊娘「んフ、でもそういう事なら、タマってるんじゃない?」

狼男「まぁたまってると言えばたまってるんスけどね?」

羊娘「じゃあ……始めましょ、ね、ダークエルフ」

ダークエルフ「は、はい」




614: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/13(金) 17:54:30 ID:BM84YV0Q

ピチャ...ピチャ...

狼男「う、く……」

ダークエルフ「んっ……ちゅ、む……んっ、ぴちゃ、はぷっ……」

羊娘「そうそう、上手よ。根元からこすり上げるみたいに舐めて……」

ダークエルフ「んっ……」

羊娘「そう……たまたまも、指でコリコリしたりキスしたり……んっ」

ダークエルフ「ちゅっ、ちゅっ、んむ、んっ」

羊娘「んふ、んっ、れるっ、ちゅ……あは、我慢汁出てきた……んっ」ネトネト

ダークエルフ「がまん、じる?」

羊娘「舐めてあげて」

ダークエルフ「……ん、ん?しょっぱい……」

羊娘「男の人が気持ちいい証拠だモの。次は……口に含んで」

ダークエルフ「ん、ん……んむっ」




615: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/13(金) 17:55:26 ID:BM84YV0Q

狼男「いてて……もうちょっと優しくお願いするっス」

羊娘「歯を立てちゃだめよォ」

ダークエルフ「んふ、ぷはっ、あごが……はずれそ……」

羊娘「練習が必要でスね……じゃ、交代で」パクン

狼男「うっ」

羊娘「こうひゃっへ、ふひほふほへなひゃらァ……んぐっ!」

羊娘「じゅぷっ、んっ、じゅぷっ、ぐぷっ!」

狼男「うおっ!き、気持ちいいっス」

羊娘「んふ……んっんっんっ」グププ

狼男「ほら、ダークエルフも、ぼうっとしてちゃダメっスよ」

ダークエルフ「う、うん……」

羊娘「ぷはっ……確かにあご疲れるわァ。じゃ、こうやって二人でペロペロしましョう」

ダークエルフ「んっ……」ピチャピチャ

羊娘「んふふふ……」ピチャピチャ




616: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/13(金) 17:56:09 ID:BM84YV0Q

ダークエルフ「んっ、じゅるる……はむっ」

羊娘「んふふ……あーん……ふふ、気持ちいい?」

狼男「気持ちいいっス」

羊娘「そう、よかッた……時々こうやって、お客様に聞いてあげてね。そうしてる間も手でしごくとか、動きをとめちゃだめよ?」

ダークエルフ「は、はい……はむっ」

羊娘「んふふ……カウパーだらだら」ジュルルル...

狼男「つーかそろそろ……」

羊娘「いいわよォ。出しちゃいなさァい」チュ

ダークエルフ「あむ……ん……れる……」

狼男「うわっ、あっ!」ビュルルッ!!

ダークエルフ「きゃっ!」

羊娘「あは、まるで噴水ねェ……」ビュルッ!!ビュルッ!!




617: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/13(金) 17:56:58 ID:BM84YV0Q

狼男「……はぁ、はぁ」

ダークエルフ「……うえ、ベトベト……」

羊娘「こんな所にまで飛んでるじャない」ペロ

ダークエルフ「ひゃっ……」

羊娘「ほら、私の顔にとんだのも舐めて……」

ダークエルフ「……は、はい」ペロッ

羊娘「はむ、む……んふ、首筋にも……」ジュルル

ダークエルフ「……ん、んっ、ん……」レルン

羊娘「ぜんぶぬぐえたか、見せて……」

ダークエルフ「ふぁい」ンパ

羊娘「んっ」チュ

ダークエルフ「!?……んっ、んっ、ん〜〜〜っ!」ジュルルル...

羊娘「んっ、ん……んふ、ん……」ピチャ...ペチャ...




618: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/03/13(金) 17:58:38 ID:BM84YV0Q

ダークエルフ「んっ!ん……ん……んぐっ」ゴクン

羊娘「ぷはっ、全部飲み込めたァ?」

ダークエルフ「けほっ……こほ、こほっ」

羊娘「だめよォ、こぼしたらもったいなァい……はむ、んっ」ゴックン

狼男「…………」ムラムラ

ダークエルフ「……あ」チラッ

羊娘「んふ、もう復活?」

狼男「目の前で精液口移しとかされりゃこうもなるっス……つーか失礼するっス」グイッ

羊娘「やん、押し倒されちゃっ……え、ちョっといきナり?」




634: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:04:10 ID:OCNbN2LQ

狼男「え?いらないっスか?」

羊娘「いらないとかじャなくてほら、前戯とか前戯とか前戯とか……ちょ、ちょっと待って!」

狼男「何言ってるんスか、もうこんなになってるっス」ニチュ

羊娘「ふゎ、ん、そうだけど……こんな太いの初めテだからァ」

狼男「だから?」ペチペチペチ

羊娘「……」ゴクリ

狼男「まぁ時間もあるしゆっくりねっとりキスから……」

羊娘「い、挿レるならゆっくり……」

狼男「りょーかい、っス」ヌプ

羊娘「あ゛っ!あっ……広がり、すギぃ……まっ、あっ、うぐっ!」ギチッ

狼男「まだカリ首が入っただけっス……よっと」グッチュグッチュグッチュ

羊娘「ぎっ?!入口だけで動かさな……い、でェっ!」

狼男「動かさないで?」ヌチヌチヌチ

羊娘「……奥まで、早く……」




635: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:04:54 ID:OCNbN2LQ

狼男「何を?」

羊娘「……」

狼男「白い本気汁ひっついてエロいっスねぇ。で、何を奥まで?」

羊娘「お、ちんぽ……おちんぽ早くゥ……」

狼男「んー?『食べられるのはどっちかしらァ』とか言ってた割に余裕ないんじゃないっスか?」

羊娘「だって……カリだけでこんなに気持ちいイのに、これ奥まで来たらァ……」

狼男「来たら?」

羊娘「もっと気持チよくなっちゃうから……焦らさないではやくゥ」

狼男「了解っス」ズプ、プププ...

羊娘「っっっっ!!」ビクンッ!!

狼男「く、入口の締め付けすごいっスね」ギチギチ

羊娘「うあああっ!こすれる、こすれて、ぎっ!」コツン

狼男「んー、一番奥に当たったっぽいっスね」グイッ

羊娘「うん……うん……すご……う、ぐ、動く、のォ?」




636: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:05:41 ID:OCNbN2LQ

狼男「動くっスよー、こうやって小突かれるのとー」グチュグチュグチュグチュ

羊娘「子宮口、ノックしないでェっ!おぐっ!ゴン、ゴンって!おぐっ!うぐっ!うぐっ!」パンッ!!パンッ!!

ダークエルフ「……」ドキドキ

狼男「こうやって入口ギリまで引き抜いて突っこまれるのとー」ズズズズ...

羊娘「めぐれるっ!めくれちゃ、や、あっ、ああああっ!!」パチュンッ!!

ダークエルフ「……」カァァ

狼男「どっちが気持ちいいっスか?」

羊娘「どっちもぉ、おっ!うぐっ!うっ!これっ!しゅごいのっ!こんなオチンポはじめて、初めてェ……っ!」

狼男「んー……あ、ダークエルフさんを無視してるみたいになって申し訳ないっス」

ダークエルフ「い、いえ、私は……」

狼男「悪いのは羊娘さんっスからね。教育係が新人ほっといで、こんだけ喘いでるんスから」グチュッ!!グチュゥッ!!

羊娘「らってこっ!?うぎぃっ!きもち、イィっ!めっ!やっ!あんっ!」パンッパンッ!!




637: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:06:46 ID:OCNbN2LQ

狼男「あ、ちょっと甘噛みしてもいいっスか?」パンパン

羊娘「うっ、く、跡、つけないで……」

狼男「分かってるっス。じゃ、失礼して……」グイッ

羊娘「あっ、ふわぁっ、角度かわってぇ……え、や、まってそコっ!?」

狼男「……」カプ

羊娘「ひぐぅっ?!そこ首!らめ、やァっ、だめ、でしょ、ウ?」ビクンッ

狼男「動くっス」グチュッ

羊娘「ひゃはっ!これ、食べられひゃ、私食べられひゃうっ!うぐっ!ぎっ!」

狼男「これ好きなんスよ。野生の本能を感じられるっていうか、まぁやりすぎて彼女に嫌われたりもし……聞いてます?」」

羊娘「しゅごいこレっ、聞いてる、効いテるっ!おちんぽ気持ちいいのっ!!」

狼男「子宮口ノックされるの好きなんスか?」コツン、コツン

羊娘「うんっ!うんっ!もう……なにコれぇ……あ゛っ!あ゛っ!」

ダークエルフ「……」ボーゼン

狼男「お手隙になって申し訳ないっス……ああそうだ、ちょっとこっちへ」オイデオイデ

ダークエルフ「?」




638: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:07:27 ID:OCNbN2LQ

狼男「少し手伝ってほしいっス」

ダークエルフ「は、はい……」

狼男「このけしからんおっぱいを、吸ったり揉んだりしてイジメてあげてほしいっス」

ダークエルフ「え……」

羊娘「いいからっ!余計な、こと、し、てないでェ、もう、こっち限界ぃぃ……」

ダークエルフ「え、でも……だ、大丈夫なの?」

羊娘「ほんと、今だめっ、だめェっ!!」

狼男「お客様のリクエストには?」

ダークエルフ「こ、答えます……あ、むっ」パクン

羊娘「きゃふぅぅっ?!」ビクンッ!!

狼男「お、きゅぅ、って締まったっスよ?乳首でこれなら、クリならどうなるかなぁー……っと」クニュ

羊娘「くひぃっ?!もっ、もうイく、う、ぅぅぅぅ……うあああっ?!」

狼男「イっちゃえばいいっス。ほらほら、子宮口こつんこつん気持ちいいっスよね」コツン

羊娘「はがっ、ぎっ!ぎぃっ!!」ビクンビクンッ!!




639: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:08:26 ID:OCNbN2LQ

ダークエルフ「……ん、れる」チュッ

狼男「お尻ふりふりおっぱい舐めて、エロカワっスよ。ダークエルフさんのここは、準備できてるんスかね?」サワッ

ダークエルフ「やっ……」

狼男「いや?いやなのに触っただけでこぉんなに蜜が垂れるんスねぇ」ベトォ

ダークエルフ「だって……んあ、んっ……あっ」ヌプ

狼男「指1本でこの反応、初々しくて可愛いっス……あ、ほら、乳首はふたつあるんだから均等に」ヌチヌチ

ダークエルフ「あ、ふぁい……はむ」

羊娘「きゃはっ!もう、限界……止めないで……早くイかせてェ……うあああっ!?!?」

狼男「じゃ、スパートするっスよ」パンッ!パンッ!!パンッ!!!!

羊娘「あっ!いいのっ、いいっ、ぎっ、い゛く゛ぅ゛!」ビクンビクン!!

狼男「本当、ついさっきまでの余裕はどこへ行ったんスかねぇ……ほらっ!」パチンッ

羊娘「きゃふっ!ふあああっ!いぐっ!いぐっ!ぐっ!うっ、うううううああああっ?!?!」ビクンッ!!



羊娘「いくぅゥぅぅぅぅぅ!!!!」プシュッ!!プシュッ!!




640: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:09:30 ID:OCNbN2LQ

狼男「派手なイき方っスねぇ……抜くっスよ」ズル...

羊娘「あひぇ……うあ……あー……」ビクン

ダークエルフ「……」ボーゼン

狼男「さてと、お待たせしたっス」

ダークエルフ「あ、あの……しなきゃダメ、だよね」

狼男「んー……まぁそりゃ、このままお預けというのもこっちは辛いっスねぇ」

ダークエルフ「……」

狼男「んー、まぁほら、建前上キャストの嫌がる事はできないし、お客で無理矢理したがる奴は……まぁ、稀によくいるけど」

狼男「本番むりー、はさすがに無いと思うっス」

ダークエルフ「だ、だよね……」

狼男「触ったら濡れてたし、いけるのではないかと思うんスけど……やっぱりその、知らない男とするのは抵抗あるっスか?」

ダークエルフ「大丈夫、平気、はじめてじゃないし……学校通ってた時から、お金とって相手させられてたし」

ダークエルフ「我慢する」




641: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:10:21 ID:OCNbN2LQ

狼男「うーん、違うんスよねぇ」

ダークエルフ「?」

狼男「SEXってもっとこう……お互い気持ちよくならないと意味ないんスよ」

狼男「そりゃ、男は金出してヤりにきてるわけだし、嬢は仕事で、ってのも分かるんスけど」

狼男「俺は、ダークエルフさんをイかせたいんスよ。気持ちよくなってもらいたいんス」

ダークエルフ「……」

狼男「その上で、ダークエルフさんのコーヒー色の肌に、真っ白い精液を…っスね」グフフ

ダークエルフ「……狼男さんは、オヤジ入ってる」ドンビキ

狼男「うぐ……まぁ、否定はしないっス」

ダークエルフ「……頑張る。頑張ってみる……狼男さんが相手なら、頑張れそう」

狼男「頑張って気持ちよくなる、ってのも変な話だと思うんスけど」

ダークエルフ「そう、かな?」

狼男「そうっス」




642: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:11:20 ID:OCNbN2LQ

狼男「でも、せっかくヤル気出してくれたし、騎乗位でシてみるっスか?」

ダークエルフ「騎乗位?」

狼男「どう説明していいもんか……こうやってお客さんに仰向けになってもらって」ドッコイセ

狼男「さ、おいで」

ダークエルフ「う、うん……どう、すればいい?」

狼男「俺にまたがって、自分で挿れるんス」

ダークエルフ「……」オズオズ

狼男「あ、膝はつかずにできるだけ股を広げてしゃがむっス。片手で支えてうまくバランスとるっス」

ダークエルフ「……」カァァ

狼男「うんうん、エロいっスよ。で、空いた手でくぱぁ」

ダークエルフ「く、ぱー?」

狼男「人差し指と中指で、おまんこ広げて見せて」

ダークエルフ「?!」




643: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:13:50 ID:OCNbN2LQ

狼男「ほらほら、はーやーくー」

ダークエルフ「こ、こう?」クパァ

狼男「にひひ、眼福っスねぇ。ところでなんかテラテラしてません?」

ダークエルフ「だって、あんなの見せられて……きゃっ」グラッ

狼男「おっとっと、大丈夫っスか?」

ダークエルフ「うん」

狼男「えっちく誘う練習も必要っスよ。今日は膝ついて挿れてみるっスか?」

ダークエルフ「……うん」

狼男「じゃ、片方の手でさっきみたいに広げて、もう片方は俺のを握って……あ、爪立てないように優しくお願いすうるっス」

ダークエルフ「……ん」クプ

ダークエルフ「う、く……んっ、ん!!」ヌプンッ!!

狼男「さきっぽだけは入ったっスねぇ」

ダークエルフ「……ふぅ、う……これ、大きい……」

狼男「あ、それ、そうやってお客のチンコ褒めるのは大事っス」




644: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:14:41 ID:OCNbN2LQ

狼男「ほらほら、自分で好きな所まで挿れてみるんスよ」

ダークエルフ「自分で……んっ」ミチ、ミチッ...

ダークエルフ「……んっ、ん……うう……ふーっ……ん、ぎぃっ!」ミチミチミチ

ダークエルフ「広がる、ひろがっちゃう……これ、どうしよ、形変わっちゃう……」

狼男「ほらほら、後少しっスよ」

ダークエルフ「でももう無理だよ……これおへその下まできてて……うああっ」ビクンッ

狼男「じゃあここまでっスね」

ダークエルフ「ううん、がんばる……がんばる……っ、ん、んぎっ、い、いっ……」

ダークエルフ「うあああっ!!」ミチチッ

狼男「うっ」

ダークエルフ「おく、届いてる……?」

狼男「キツいくらいに締め付けて、気持ちいいっスよ」

ダークエルフ「ほんと?ふあ……ん……」




645: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:16:29 ID:OCNbN2LQ

狼男「あーあーあー、動かなくてもいいっス。ほら、体倒してー」

ダークエルフ「こ、こう?……んっ……角度、変わるとこすれて……」

狼男「あー、我慢我慢。よく頑張ったっスね」ポフポフ

ダークエルフ「……」モジモジ

狼男「んー?」

ダークエルフ「んっ……ん……ん……」モジモジ

狼男「どうかしたっスか?」ナデナデ

ダークエルフ「手が……その……」

狼男「背中なでられるのは嫌いっスか?」

ダークエルフ「そうじゃない、けど……その、く、くすぐったい……っ、くふっ」

狼男「くすぐったいだけ?」ツツツ

ダークエルフ「ひゃふっ!」ビクン

狼男「今、きゅ、ってしまったっスよ?」

ダークエルフ「……」

ダークエルフ「……知らない」カァァ




646: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:17:08 ID:OCNbN2LQ

狼男「そっすか」ナデリ

ダークエルフ「んっ、そこは」

狼男「ここは?」

ダークエルフ「お尻……」

狼男「小ぶりで引き締まってて、すべすべっス」フニフニ

ダークエルフ「んっ、うあ……んっ……」

狼男「ほら、舌突き出して」

ダークエルフ「ほうへふ……んっ!!」チュッ

ダークエルフ「あ、む、んっ……じゅる、んむぅ、ぺちゃ、はむっ……んんんんっ!」ジュルル

狼男「気づいてるっスか?」

ダークエルフ「な、何が……んっ……」

狼男「んー?お尻が小刻みに動いてること」

ダークエルフ「あっ、ちがうの、違う、これは……んあ、ああっ」ヌチ、ヌチッ

狼男「気持ちよくなっていいんスよ。むしろ貪るダークエルフさんを見たいっス」




647: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:17:54 ID:OCNbN2LQ

ダークエルフ「……見たい、の?」

狼男「そうっス。自分をさらけ出して、さっきの羊娘さんみたいにだらしなくアヘ顔晒すんス」

羊娘「……そこまでひどかったかしらァ?」

狼男「乱れる羊娘さんも可愛かったっスよ」

ダークエルフ「……ん!」チュッ

狼男「!?」チュゥゥ...

ダークエルフ「ぷは……今、つながってるの私。よそ見だめっ!」

狼男「はは、申し訳ないっス」

ダークエルフ「動く、ね……んっ、ん……」グプププ...

ダークエルフ「う、はぁ……はぁ……んっ!んっ!!」ヌプッ!!

狼男「そうっス。気持ちいいっスよ」

ダークエルフ「あは、変、な気分に……なっちゃ……んっ、あうっ!」

狼男「そうそう。腰をあげて、落としてー、上げてー、落としてー」

ダークエルフ「はぁ、うっ……うああっ!はうっ!!」パチュ、パチュ、パチュッ




648: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:19:23 ID:OCNbN2LQ

ダークエルフ「抜いて……」ググググ

ダークエルフ「沈めて……」グプププ

ダークエルフ「抜いて、沈めて、抜いて、ぇっ、うああああっ!」ビクンッ

狼男「気持ちいいっスか?」

ダークエルフ「……そ、れは、その……」

狼男「気持ちいい時は気持ちいい、って言わないと」

狼男「俺は、ダークエルフさんと一つにつながってるの、気持ちいいっスよ?」

ダークエルフ「……」

ダークエルフ「うん、私も……きもちいい……」

狼男「そりゃ良かったっス。ほら、快楽に溺れていいんスよ」クイックイッ

ダークエルフ「んああっ!んっ!」

狼男「気持ちいいなら、自分で腰振って気持ちいい所を見つけてみるっス」

ダークエルフ「うんっ……んっ!あっ!」パチュン、パチュンッ




649: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:20:46 ID:OCNbN2LQ

ダークエルフ「これ、おちんちん、きもちいいっ」

ダークエルフ「気持ちいい……気持ちいいよぉ、騎乗位きもちいいっ!」パンッ!!パンッ!!

狼男「はは、そりゃよかったっス。乳首もこんなにぷっくり充血させて」クリッ

ダークエルフ「ふあああっ!」ビクンッ

狼男「ほら、腰止めない」

ダークエルフ「うんっ!うんっ!セックスきもちいいっ!奥が気持ちいいっ!なにこれぇっ!!」グッチュグッチュ

狼男「さっきみたいに、つま先立ちで、大きく足を開いてー、そうそう、両手は俺のお腹についていいっス」

ダークエルフ「んっ、ん……恥ずかしい……」

狼男「でも、クリが真っ赤に充血して、つながってる所丸見えでエロいっス。じゃあこのまま腰を振る」

ダークエルフ「うんっ、んっ!こう?こうでいい?いっ、いいっ!いっ!うああっ!!」グジュグジュグジュッ

狼男「うっ、く……」ブルル

ダークエルフ「……もう、すぐ?」

狼男「あー、まぁ、そうっスね」

ダークエルフ「じゃあ、がんばる、ね……んっ!んっ!」パンッパンッ!!




650: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:22:46 ID:OCNbN2LQ

ダークエルフ「あうっ!あっ!きもちいいっ!きもちいいきもちいいきもちいいきもちいいっ!!」グッチュグッチュグッチュ

狼男「はは、堰が切れたみたいな感じっぷりっスね」

ダークエルフ「だって!だって!ずっとイヤだったのっ!セックスの間中ずっと!声押し殺してっ!」グジュッ!!

ダークエルフ「舐められるのも、くわえさせらるのも、挿れられるのも、こすられるのも」

ダークエルフ「……自分がそれで気持ちよくなるのも全部ヤだったの!」パンッパンッパンッ

狼男「……」

ダークエルフ「でも、でもっ!気持ちいいの、セックス気持ちいいのっ!!ぉっ!おぐぅっ!!」

狼男「いいんスよ、自分さらけだしてヨガっていいんス」

ダークエルフ「うんっ!うんっ!セックスすきぃっ!あっあっあっあっ!!」

羊娘「んふ、一皮むケたわねェ……じゃ、そんなダークエルフにもっと気持ちいいこと教えたげル」ノシッ

ダークエルフ「うあ、あああっ!?!?」グプププッ

羊娘「こうやって一番奥でェ……こつん、って言ったらァ」コツン

ダークエルフ「ひゃぐぅぅっ!!」

狼男「お、うく……あ、あの羊娘さん無茶はダメっスよ?」




651: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:23:56 ID:OCNbN2LQ

羊娘「ンふ、大丈夫……いい?女の子のォ……ほ・ん・ま・る♪」ググググッ

ダークエルフ「あひっ、ひっ!ぎっ、むり、むりぃっ?!?!」ギチギチギチギチッ

羊娘「大丈夫大丈夫。ワンコの極太ちんぽ、奥の奥までェ」

狼男「ちょっと羊娘さん!やばいダメっスよ!!」

ダークエルフ「あがっ、あがががっ?!ぎっ、い、うぐ……うあああああああああ」ミチミチミチミチ...



ダークエルフ「────あ」ツプン



狼男「うわっ」ビクン

ダークエルフ「ぎぃぃぃぃっ?!?!」ガクガクガクガク!!

羊娘「あはァ、すごい顔……ボルチオ気持ちいい?気持ちいいでショ?」サスサス

ダークエルフ「うぐっ!うぐっ!がっ!はひぇ……あへ……」グッタリ

羊娘「あら?もうヘタっちゃったのォ?ここからなのに」

狼男「……だ、大丈夫、っスか?」




652: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:25:44 ID:OCNbN2LQ

羊娘「ほラ、出そうなんでしョ?ピストンしなきゃァ」

狼男「いや、まぁ、うわっ、キツいどころじゃな……うっ」グポングポン

ダークエルフ「ん゛っ!!ん゛っ!!ん゛っ!!あひゃ、なに、返し、ひっかかってぇ……くひぃっ?!」

羊娘「ほォら、乳首とお豆、くりくりー」クリクリクリクリ

ダークエルフ「あ゛ーっ!?あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ゛?!」ギュゥゥゥッ!!!!

ダークエルフ「あひゃっ!?ひぐぅっ!!イってる!!わらひイっへぇ……あぐっ!うぐっ!ぎっ!!」ビクンビクンッ

羊娘「あはッ、たまたまパンパンねェ……ほらほら、子宮溺れさせなさァい」コリコリ

狼男「あ、ちょっ、今だめっ!うあっ、うわぁっ?!?!」



狼男「!!!!」ビュルルルルッ!!

ダークエルフ「!!!!」ビクンッ!!



ビュルルルッ!!ビュルルルルッ!!ビュルルルルッ!!!!

ゴポ...ゴポッ...




653: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:30:10 ID:OCNbN2LQ

………………………………………

…………………………………

……………………………

……………………

………………

…………

……




654: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:31:57 ID:OCNbN2LQ

────翌午前5時@ミルクバケット受付



黒服「あら、もういいの?」

狼男「いいっス。腰痛い……」

黒服「ま、お盛んだったのね」クスクス

狼男「否定はしないっス。2人とも寝てるんで、後で起こしてあげてほしいっス」グッタリ

黒服「どう?ものになりそうかしら、彼女は」

狼男「ん、まぁ、大丈夫じゃないっスかね?」

黒服「それは経験則?」

狼男「最初は有閑マダム相手に男娼させられてた頃の俺の同じような顔つきだったのは認めるっス」

狼男「……変われるかどうかは本人次第、っス」

黒服「まるで私と同じようなことを言うのね」

狼男「まるでも何も、黒服さんに同じこと言われたんス」




655: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:32:50 ID:OCNbN2LQ

狼男「……ああ、そうだ」

黒服「?」

狼男「今晩、俺はシフト入ってるっスよね?」

黒服「ええ」

狼男「その前に少し、例の社員になる件、話聞かせてほしいっス」

黒服「あら、昼起きて夜眠る生活への憧れはもういいの?」

狼男「……」

狼男「それより、金が手に入るほうを選ぶっス」

黒服「ふぅん……?」

狼男「……お先失礼するっス」

黒服「ああこれ、栄養ドリンク。よければどうぞ」

狼男「ありがたくいただくっス……それじゃあ」

黒服「はぁい、それじゃあまた今夜」

…………

……




656: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:33:37 ID:OCNbN2LQ

────16時@ミルクバケット バックヤード



黒服「ええ、来月からよろしくね」

狼男「はい。そいじゃ、開店準備があるんで失礼するっス」ガチャリ

狼男「……」フゥ



狼男「……」

狼男「…………」

狼男「な、なんスか、皆さん?」




657: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:34:41 ID:OCNbN2LQ

龍娘「やぁ、ミスターウタマロ」

セイレーン「ねぇねぇねぇ、ぼこぉ!とかひぎぃ!とかそういう効果音好きなのー?」

二口女「嬢にイラマさせて、おえってえずいてるのを見て喜ぶサディストじゃな。くわばらくわばら」

ワータイガー「よっし時間無制限回数無制限でタイマンしようぜ!」

アルルーナ「……縛って吊るして搾精……あり、かな」フンス

雪女「凍ったバナナの代わりに釘を打ってみたいと思いませんか、その……一物で」



狼男「……」

狼男「あ、ちょっと待ってなんとなくオチ読めた!」



牛頭「おはよう、狼男くん」ブフー

狼男「なーほらなー」

牛頭「チン長何センチ?」

狼男「小学生かよあんたは!」




658: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:36:35 ID:OCNbN2LQ

牛頭「ところで、越中と六尺と黒猫、どの褌が好きだい?」

狼男「どれも好きじゃねーよ!なんなのその選択肢?!」

羊娘「おはようみんな……あら、まだお尻は無事みたいねェ」

狼男「言いふらしたのあんたっスか!」

羊娘「あら心外。私はしゃべってないわよォ」

狼男「……そ、そうか、その……申し訳ないっス」

羊娘「別に謝ってもらうほどじゃないわァ」

セイレーン「でも、ラインにばっちり流したよねー」

羊娘「あ、こらセイレーン!」



狼男「あんたが諸悪の根源じゃねーかぁっ!」




660: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/04/12(日) 17:41:56 ID:OCNbN2LQ

一応これにて>>571-573の安価はおしまい
申し訳ないが次安価は未定で




661: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/12(日) 18:21:15 ID:WJBOV7HM


いっちの作品はちんこに悪影響をおよぼすんやな




663: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 00:08:34 ID:2vWvB6Vs

お疲れ
すごく楽しめたしエロかった




690: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/06(水) 20:58:10 ID:uHu8hpak

prrrr...prrrr...



黒服「はい、Milk Bucketでございます。来店のご予約?ありがとうございます」

黒服「え?9ヶ月ぶり?さぁ、何の事でしょう?」クスクス



○本日のキャスト○

セイレーン
アルルーナ
デュラハン
羊娘
猫耳娘
龍娘
二口女
ダークエルフ

……ほか、亜人・モン娘多数在籍



黒服「いらっしゃいませ、今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」

>>674




694: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/06(水) 21:14:35 ID:2Mtjz29.

おおお帰り
安価なら黒服だめだったら龍娘




695: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/06(水) 22:16:09 ID:uHu8hpak

龍娘把握




703: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/17(日) 21:17:20 ID:wxYcGkDE

――――都内某マンション



カチャカチャカチャカチャ

ガチャガチャ...



ラミア「ほい、背中破壊〜」カチャカチャ

男「ひゅー…ほい尻尾切りおけー」ガチャガチャ

ラミア「あ、潜った…巣かな?」

男「じゃあ8だ」

ラミア「ほーい。前作だとあんなに面倒だったのに、エアリアルグルーヴのおかげでさくさくだね」

男「そうだねー……」

ラミア「?」




704: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/17(日) 21:19:21 ID:wxYcGkDE

男「ん」チュ

ラミア「!?」

男「……」レル...プチュ

ラミア「ぷはっ、いきなり何っ!?」

男「え、なんかすごく真剣な顔でゲームしてるからつい…ムラッと」モゾモゾ

ラミア「ばか…ってコラ、無言でジャージまくらないでよもう」

男「はい、胸外装の部位破壊完了、っと」スルリ

ラミア「ひゃっ、もうっ……んっ」ピクン

男「で、ベッドの上で乗り攻防っと……」ギシッ

ラミア「もう、お医者様に『激しい運動は抜糸するまで禁止』って言われてるでしょ……前科1犯のくせに」

男「な、病院のベッドでいたしたら傷口開くなんて漫画の中だけかと思ってた」




705: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/17(日) 21:20:58 ID:wxYcGkDE

ラミア「で……どうすんの、おっきくしちゃってもう……」ツンツン

男「でも激しくしちゃいけないし。ささっとクエ終わらせちゃおうか」

ラミア「むーっ!分かってるでしょ、このままなんて無理だもん……」モジモジ

男「えー」ニヤニヤ

ラミア「す・る・のっ!」チュッ

男「んっ…んん?」クチュ...

ラミア「ん…んぅっ、あっ」クチュクチュ

男「ほんと濡れやすいよなぁ。ほら、ラミアの淫粘液げっと」ニチャァ

ラミア「ゲーム脳め」




706: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/17(日) 21:22:03 ID:wxYcGkDE

男「ラミアだって」

ラミア「わ、私は違うもん!その……」

男「?」

ラミア「お、男さん脳……だもん」プイッ

男「そっ」



男「そんなこと言われて我慢できるか――――っ!!」

ラミア「ひゃっ!?だから激しくしたらダメだっ、んっ、ふぁ……」



ギシアンギシアン...



ゲーム機「……」

――――クエストに失敗しました




711: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 22:52:16 ID:7s796POs

────????



??『やめなさい』

龍娘『ごめんなさい、でも……我慢できないの』

??『私の上からどきなさい』

龍娘『こんなやり方、よくないって事は知っています』

??『ならどきなさい』

龍娘『ココはこんなになってるのに?』

??『それは……すまない』

龍娘『謝らないで、私のせいだもの』

??『……体は支配できても』

龍娘『?』

??『体は支配できても、心までは無理だ。私の心にあるのは今でも妻だけだ』

??『この先ずっと苦しむ事になるぞ……私も、お前も』

龍娘『覚悟は、ある。だから……あなたの体は私のもの。私が独り占めするの。誰にも渡さないわ……お父様』




712: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 22:56:40 ID:7s796POs

────10年後@龍娘のマンション



龍娘「……」ムク

龍娘(仕事から帰ってきて眠るとすぐこれだ……まったく)

龍娘(お父様、あなたは正しかった)

龍娘(……)

龍娘(少しだけ違ったね、お父様……)

龍娘(苦しみたくなかったあなたは、借金だけ残して私の手の届かない所へ逃げた)

龍娘(……)



龍娘「……気晴らしに河原で稽古でもするか」




713: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 22:59:30 ID:7s796POs

────夕方@河原



龍娘「ふっ……ふっ……ふっ」

龍娘「……っ!」ブンッ!!

龍娘「……」ブンッ!!ブンッ!!

龍娘(くそっ、くそっ、くそっ!!)ブンッ!!ブンッ!!

龍娘「はぁ……はぁ……」ピタ...

龍娘「お父様によく言われたな……『剣に邪心を乗せるな』か……」

龍娘「……いまだに剣一つまともに振れぬ、馬鹿な女だ」カラン...



キャアアアアア...ッ



龍娘「……」ピク

龍娘「……その馬鹿な女にも、出来ることがありそうだな」ザッ




714: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:00:36 ID:7s796POs

若者A「おい、口塞げ!」

若者B「おう」ベリッ

女「んーっ!ん〜〜〜ーッ!!!!」

若者B「へへ、この辺は誰もこやしねぇよ」

若者A「そうそう、お嬢ちゃんが悪いんだぜ、人気のない所を一人で歩くから」

龍娘「道理だな。危機意識に欠ける」

若者A「そうそう、だからちょっと体に教えてやるってわけ」

龍娘「ん?どういう風に教えるつもりだ?」

若者B「そりゃもう気持よく……え?」



龍娘「婦女を暗がりに押し倒して何をしようとしているのか、と聞いている」

若者A「あ、んだてめぇ!てめぇも剥いて犯してやろうか!」チャキ

龍娘「……バタフライナイフか」

龍娘「虫の居所が悪い。すまないが手加減できるか自信がない」スチャ

若者A「るせぇ!!」




715: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:02:49 ID:7s796POs

龍娘「痴れ者め」バチンッ!!

若者A「ギャッ!?」

龍娘「ふっ!」ドスッ!!バキッ!!

若者A&B「「……」」ドサッ

龍娘「全く……覚悟もなく刃を抜くな、たわけ」ペッ

女「ん、んーっ」ジタバタ

龍娘「……」ベリリ

龍娘「無事か?」

女「ぷは……はい……あ、ありがとうございます」

龍娘「すまないが、警察を呼んで事情を話す必要がある」

龍娘「相手も刃物を持ちだしたとは言え、こちらも木刀を振るったのでな」

龍娘「しばらくお付き合い願えるか?」

女「……は、はい」ポヤー




716: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:08:39 ID:7s796POs

…………

……

警察「いやー龍娘さん、ご協力ありがとうございました」

龍娘「義を見てせざるは勇無きなり。彼女も無事でよかった……では、私はこれで」

女「あ、あのっ、連絡先を教えて下さい!」

龍娘「助けた礼に、というなら心遣いは無用」

女「でも……」

龍娘「見返り目的で助けたわけじゃない。それでは」



女「なんて凛々しくて素敵な方……お姉様……」



龍娘「……」

龍娘「……っ?!」ゾクゾク

龍娘(寒気が……風邪かな……)




717: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:10:09 ID:7s796POs

────数日後、朝@電車の中



龍娘(亜人の形質だから仕方のない事とはいえ)

龍娘(尻尾というのはラッシュ時には全くもって不便だ……)ギュウギュウ

龍娘(こういう時、尻尾があっても短い羊娘が羨ましい)

龍娘(ラミアとなら、こういうあるあるネタで盛り上がれたのだがな……)ギュウギュウ



ギュッ



龍娘「いっ?!」

サラリーマン「あ、ああ、すいません……」

龍娘「……いえ」

龍娘(……はぁ)




718: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:10:46 ID:7s796POs

龍娘(あと2駅……しかも開かないほうのドアの前……)

龍娘(早く帰って寝よう……いや、洗濯だけはしておかねば……)ウトウト

龍娘(……)

龍娘(……ん?)

龍娘(誰かの視線……まぁ、邪魔だろうな。場所ばかり取るし)

龍娘(ああ……眠い……全く、夜通しとは……)ファァァ...

…………

……




719: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:12:04 ID:7s796POs

ダァシェリエス、カケコミジョウシャァ、ォャメクダァサイッ



龍娘「ふぅ……降りる時にも踏まれた……一言謝罪もなしか」ブツブツ

?「あのっ」

龍娘「ん?」

?「おっ、覚えてますか?あの、この間の……」

龍娘「……ああ、ええと」

女「女、といいます。ええと、これからお仕事、ですよね?」

龍娘「いや、夜の仕事だから帰って寝るところ」

女「そ、そうでしたか。じゃあ、おやすみなさいお姉様」ペコリ



龍娘「……お、おねえさま?」




720: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:13:00 ID:7s796POs

────翌日@駅前カフェ

龍娘「えーと……コーヒーの一番小さいやつ」

女「あ、お姉様おはようございます。ここはキャラメルマキアートがオススメですよ」ススス



────その夜@居酒屋

龍娘「大将、熱燗と枝豆。あと串を適当に、塩で」

女「まぁ偶然ですねお姉様。よろしければお隣にいらっしゃいませんか?」ニッコリ



────翌朝@河原

女「お姉様、タオルとお水、お持ちしました」

龍娘「……」




721: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:15:32 ID:7s796POs

────数日後、街角



ボランティア「おね……」

龍娘「!?」ビクン

ボランティア「……がいしまーす!被災地に残されたペット達への支援に、ご協力お願いしまーす!!」

龍娘「……」ホッ



…………

……




722: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:17:08 ID:7s796POs

────Milk Bucketバックヤード



狼男「えーと、今日の伝達事項はそんなとこス」

龍娘「……」ウトウト

狼男「姐さん?おーい、龍姐さん?大丈夫っスか?」

龍娘「っ!?……ああ、すまない……」

狼男「お客様が見えたら起こしますから、仮眠室使ったらいかがっスか」

龍娘「……ああ、そうさせてもらおうかな」フラフラ




723: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:22:52 ID:7s796POs

アルルーナ「……珍しい」

二口女(前)「ねー、いつもキリッ、ピシッ、で欠伸しようものならこっちが怒られるのに」

二口女(後)「お客との熱い夜を思い出して、寝る間も惜しんで一人遊びしてたんじゃねーのー?」ケケケ

セイレーン「そんな二口女ちゃんじゃあるまいしー」

二口女(前)「そ、そんなこと私してません!」

二口女(後)「カマトトぶっちゃってー、こないだ買った海外製のバイブの使い心地が────」

二口女(前)「ぬわーっ!!ぬわーっ!!」ゴンゴンゴン!!

二口女(後)「おい後頭部を柱に叩きつけるな折れる!歯が折れる!!」

アルルーナ「……さ、お化粧お化粧」

セイレーン「わーたしもー」

…………

……




724: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:24:09 ID:7s796POs

オネーサマ...

龍娘「う、うぅん……」zzz...



オネーサマガコチラニイルハズナンデス!!

龍娘「う、うう……来るな……来るなぁ……」ギリギリギリギリ...



ワタシガオネーサマヲオスクイシナケレバ!!

牛頭「うおーい龍ちゃんちょっと」ガチャ

龍娘「うるっさい!!」

牛頭「ぶもっ?!」

龍娘「……すまない……うう、夢にまであいつが」

牛頭「……多分その『あいつ』が現実にまで来てるよ」

龍娘「……」

牛頭「とにかく、応接まで来てよ」

龍娘「……化粧なおしたら行く」




725: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:25:04 ID:7s796POs

────10分後@Milk Bucket応接ブース



女「お姉様♪」ダキッ

龍娘「……ドウシテコウナッタ」グイー

黒服「ふぅん、つまり龍娘に一目惚れと」

女「そんな陳腐な言葉では言い表わせません!魂と魂の共鳴!幾重にも紡がれた赤い糸!」

女「だから毎日毎日毎朝毎晩お姉様にお会いしたくて私は……」

龍娘「いや、普通にストーカーだからそれ。あと離れて」

女「違います!パトスの迸りです!あと離れませんよ!もうずっとずっとこうやってお姉様の香りを」クンカクンカ

龍娘「ひぃっ!?鼻息かけないで怖い!!」

黒服(……強烈ね)

狼男「あの黒服さんが若干引いてるっス……」ヒソヒソ

牛頭「僕もここ長いけど、初めてだよ……」ヒソヒソ




726: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:26:27 ID:7s796POs

黒服「ま、こちらとしてはキャストが出勤前退勤後に何しようと勝手だけど」

黒服「給料を支払ってる以上、仕事には一定以上の品質を要求するわ」

黒服「龍娘は古株だし、キャストの中でもまとめ役をしてもらってるから」

黒服「あまり他のキャストに悪影響を及ぼすような事にはなって欲しくないわけで」

女「……」

黒服「貴女がこれ以上つきまとうと言うのなら、それ相応の対応が必要になるのね」

女「でもっ……お姉様が複数の男に肌を曝して、あまつさえセッ……その、淫らな行為を……」

黒服「そりゃ、春を売るお店ですもの」

女「そんなっ!お姉様はそんな……」

龍娘「あー、お前が私のイメージを固めるのは勝手だがな……別にこの仕事も、セックス自体も嫌いじゃない」

女「そんな……」

龍娘「幻滅してくれて構わんよ。むしろ幻滅して、私から離れてくれ」

女「……そんな、お姉様は……」

龍娘「イメージを壊して悪かったな。私は失礼する。今日の客が待っている」

女「……」




727: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:27:36 ID:7s796POs

女「お姉様は……私のお姉様は……」ションボリ

黒服「1つ聞いておきたいんだけど」

女「お姉様と私の愛の巣についてですか!?間取りは……」パァァ!!

黒服「いや違うから」

狼男(懲りない子っスね……)

黒服「うちの店、よく案内なしでたどりつけたわね」

女「あ、はい、香りが残っていたのでそれをたどって……」

黒服「香り……?」

女「はい、お姉様の香りです!頂に咲く一輪の雪割草のように、可憐で凛々しくて孤高の魂をもった芳しい香り……」ウットリ

女「私、昔から鼻が利くんです。駅からビルまで、闇夜の中で道を照らす蛍の灯のようにお姉様の香りが一筋」

黒服「……階数は?」

女「階数ボタンに残り香が。多分、アトマイザー押した時に指に付着したんじゃないですかね……ああ、その指舐めたい……」

黒服「……」チラリ

狼男(俺には無理っス)ブンブン




728: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/24(日) 23:29:11 ID:7s796POs

黒服「じゃあ女さん、そんなわけで本日はお引き取りを。牛頭、狼男……正面玄関まで付いて行って」

女「待ってください!!」

黒服「待つ理由はないわ」

狼男「……どうぞ、出口はこちらです」

女「私、ここで働きたいです!そうしたら────」

黒服「亜人じゃなければいらないわ」

女「……」ションボリ

黒服「それに、色々な所に目をつけられたくないから18歳未満は雇わないの」

女「え、私もう成人なんですけど……ほら、免許証」

狼男「え、てっきり高校生くらいかと思ってたっス……その、背丈とか顔とか」

女「確かに童顔と言われますが、きちんと仕事もしてますよ、これ名刺です」

黒服(……あら、一流企業じゃない)ポクポクポク...



黒服「じゃあ、こうしましょう♪」チーン




733: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:45:28 ID:wpHWImck

────2週間後@Milk Bucketバックヤード



黒服「龍娘、ちょっといいかしら」

龍娘「はい、何か?」

黒服「最近、どう?眠れてる?」

龍娘「まぁそれなりに。飽きたのか幻滅したのか、ここのところ待ち伏せも尾行もないので、かなり楽になっている」

黒服「そう……ところで今日の予約の話は聞いてるわね?」

龍娘「ええ、新規のお客様で私を指名だとか」

黒服「少し今までとは違うタイプのお客様だけど、いつも通り頼むわね」

龍娘「分かりました」

狼男「龍娘さんをご予約のお客様がお見えになりましたっス」

龍娘「分かった、今行k────」



龍娘「っ!?」ゾクゾクッ




734: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:46:14 ID:wpHWImck

狼男「?」

龍娘「いや……なんでもない……と、思うんだがその……」

黒服「……」ニッコリ

龍娘「……どうやら持病のシャクが悪化したようだ。済まないがまた別の日に……」

黒服「狼男、手はずの通りに」ユビパッチン

狼男「姐さん、申し訳ないっス」ダキアゲー

龍娘「この、犬め……っ」ポカポカ

狼男「まぁ概ね褒め言葉っス、自分狼男っスから」

龍娘「こ、のっ……」ジタバタ




735: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:47:14 ID:wpHWImck

狼男「あー、どうも、お待たせしました」

女「お姉様!」

龍娘「……やっぱり」

黒服「女様、本日はようこそおいでくださいました」

龍娘「帰れ、もしくは私が帰る」

黒服「担がれた状態で言われてもねぇ」

龍娘「……」ギロリ

黒服「そんなにカッカしないで。狼男、降ろしてあげて」

狼男「はぁ」ドサ...

黒服「龍娘、うちの会員になるのに必要な資格は何だったかしら?」

龍娘「亜人を……愛していること」

女「はいっ、お姉様の事大好きで大好きでもう仕事に手がつきません!」

黒服「性別の事は特に書いてなかったし、こういうニーズも新規開拓していかないと」

龍娘「……」クラッ




736: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:48:20 ID:wpHWImck

黒服「龍娘」

龍娘「……分かった」ハァ

黒服「……龍娘」メッ

龍娘「……失礼いたしました、お客様。お見苦しいところを……どうぞ、手を」

女「こう、ですか?」

龍娘「どうか私と……一夜の愛を」

女「お姉様……っ」ウルウル

龍娘「行こう、部屋で話そう」

女「はいっ」

龍娘「……」

女「お姉様?」

龍娘「そこ、段差があるから気をつけて」

女「はいっ」



黒服「……」ニヤニヤ




737: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:49:35 ID:wpHWImck

チーン



龍娘「こちらです」

女「普通のホテルのダブルルームみたいなんですね」

龍娘「和室もあるんだが、他のゲストが使っているんだ、すまないな」

女「いえ、お姉様が一緒ならどこでも」

龍娘「まるで駆け落ちしたアベックみたいだな」

女「かけおち……あべっく……」

龍娘「どうかしたか?」

女「お姉様はその、古風な言い回しがお好きなのですか?」

龍娘「……古い?!」

女「残念ながら」

龍娘「そ、そうか……」

女「初めて会った時の凛々しい顔も素敵ですが、今のような困り顔も素敵ですよ、お姉様」

龍娘「そ、そうか」




738: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:50:25 ID:wpHWImck

バタン、ガチャリ



龍娘「さ、これで明日の朝まで二人きり。好きにしていいぞ」

女「……」

龍娘「どうした?」

女「ごめんなさい」

龍娘「急にしおらしくなったな」

女「……その、迷惑だって分かっているんですけど」

女「でも、胸がモヤモヤして、どうしても……」

龍娘「……」

女「どうしてもお姉様を独り占めしたくて」



────私が独り占めするの。



龍娘「!!」




739: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:51:53 ID:wpHWImck

女「お姉様、お姉様?」

龍娘「え、ああ……」

女「ぼうっとして、どうかしましたか?」

龍娘「……」

龍娘「私の体は支配できても、心までは支配できない」

女「え?」

龍娘「昔、好きだった人に言われた言葉だ。それでもいいのか」

女「それでもいいです。体から攻めて心も落とします!」

龍娘「……」



龍娘「ははっ、そうか……これでも武道家の端くれ、そうやすやすと折れはしないぞ?」

女「が、頑張ります!」

龍娘「分かった……私は今日一晩、お前のものだ」ギュ

女「お姉様」ギュ




740: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:53:12 ID:wpHWImck

龍娘「……」チュ

女「……ん」チュ...クチュ...

龍娘「んっ……華奢な肩だな……」サスリ

女「んっ」

龍娘「髪もサラサラで、羨ましい」ナデナデ

女「お姉様……」

龍娘「シャツ脱ごうか」

女「え、あっ、はいっ!……と、わ、あれっ?!」

龍娘「落ち着け、ほら、両手ばんざい」

女「はいぃ……」スポン

龍娘「スカートも」カチャカチャ...ストン

女「……」

龍娘「どんな気分?」

女「恥ずかしい、です、お姉様に、見られて……」モジモジ




741: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:55:33 ID:wpHWImck

龍娘「手で隠しちゃだめだ……見せて」

女「……っ」

龍娘「上下お揃いのピンクのリボン付き、勝負下着なんだな」

女「はいっ、今日のために買い揃えたんです」

龍娘「嬉しいぞ」サスリ

女「ふわっ!?」

龍娘「ブラ、外すから後ろ向いて」

女「自分で……あっ」

龍娘「私にやらせてくれ……よ、っと」パチン

龍娘「かわいい胸」フニッ

女「あっ、ん、小さくて、恥ずかし……」

龍娘「もう乳首が勃ってるな……いやらしい子だ」ムニュムニュ

女「そんな、あっ、お姉様……お姉様っ!」




742: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:56:33 ID:wpHWImck

龍娘「気持ちいいか?感じやすいんだな」

女「おねえ、さまぁ……あっ、あっ……あのぅ……んっ」

龍娘「どうした?」

女「私もお姉様の裸……見たいし……触りたい、です……」

龍娘「分かった」シュルリ...

女「綺麗……その御髪からそそり立つ角も、喉元の鱗も、長く雄々しい尻尾も……」ウットリ

龍娘「そ、そうか……見られ慣れているけど、そう言われると恥ずかしいな」

女「あの……」モジモジ

龍娘「ああ、続きはベッドの上でしよう」




743: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:57:33 ID:wpHWImck

女「んっ、あっ、んむ、ん……ちゅっ、む……」チュパ...

龍娘「んぅ……ん……」

女(お姉様の唾液っ!お姉様の唾液っ!)ズジュゥルルルル...

龍娘(必死になって……んっ、胸、乳首同士が当たってる)ピクン

女「おねえさまぁ……んっ、あ、ああっ……」チュ

龍娘「気持ち良いのか?汗が浮かんできてる」ペロッ

女「あ、だめっ、首筋だっ、あっ、あああ……」

龍娘「じゃあ、どこを舐めて欲しい?」

女「それは……その……」

龍娘「例えば……もうベチョベチョになってる『ここ』とか」クニュ

女「あっ、そこは……」




744: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/29(金) 23:59:50 ID:wpHWImck

龍娘「なんて言うか知ってるだろ?」

女「……じょ、女性器」

龍娘「もっとヤラしい言い方は?」

女「えっ……」

龍娘「ああ、知らないんだ。じゃあ……って、言って」ゴニョゴニョ

女「お、おま……んこ……?」

龍娘「そ。ほら、何をどうして欲しいか、もう1回」

女「おまんこ、舐めて欲しい……です」

龍娘「いやらしい娘だ。下着、脱がせるぞ」コロリン

女「きゃっ……あ……っ」カァァ

龍娘「もう、染みになってる」ニチュ

女「……」ボフン

龍娘「顔真っ赤にして……可愛い」チュ




745: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:01:15 ID:lp88CsTk

女「んっ……ん……あっ、あっ……そこ……っ」

龍娘「気持ちいいか?」チュッ

女「はい……うあ、あ……あぅぅ……んっ」

龍娘「ロリ顔でロリ体型なのに、下の毛はけっこう濃いんだな」ジョリ

女「う、うぅ……言わないでくださ……え、あぅ、ん!」

龍娘「冬だからって油断しないほうがいいぞ」チュル

女「ごめんなさ、あっ……そんな所まで……んんっ」

龍娘「……」ジュルルルルルッ!!

女「ふぐぅっ!」ビクンッ!!

龍娘「……んっ」チュ

女「んー!んっ!んっ!ん……ぷは」

龍娘「どう?自分の愛液の味は?」

女「……わ、分かりません、初めての味……です」

龍娘「そうか……私にも、触ってみるか?」




746: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:02:37 ID:lp88CsTk

女「……」フニフニ

龍娘「どんな感じだ?」

女「胸は、けっこうずしっとしてて……水風船とか、そんな感じで……」

龍娘「こっちは?」クイッ

女「あ、その……しっとりしてて……えっちぃです……濡れてて……ん、あ、嘘、指が!」クプ

龍娘「ん……私の膣の感触はどう?」

女「その、あったかくて、柔らかくて……ちょっと、濡れてます」

龍娘「そのままゆっくり動かして……自分でする時みたいに気持ちいい所をこすりあげて」

女「はい、ん、ん……あっ、うぅ……ん、んっ、ん……」チュクチュク

龍娘「上手だぞ……うっ、くふ……負けてられないな」ニチュニチュ

女「はぁっ、はっ、そんな、おねえさまっ、おねえさまっ!」

龍娘「かわいいぞ。ほら、もっと体を預けて」

女「はい……んっ、ちゅ、ぷは、おねえさま、あっ、あっ!!」ビクン




747: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:03:46 ID:lp88CsTk

龍娘「さえずる声も可愛い」カプ

女「ふあ、耳っ?!」

龍娘「ほら、指が止まってる」クチュクチュ

女「そう、言われても……こんなの初めてで、お姉様の、指が……こんなに気持ちいいなんて、あっ」

龍娘「んっ、ん……指だってもっと、勢い良く動かしていいんだ、1本だけじゃなくて2本3本入れてみて」

女「はい、あっ、やだ、飲み込まれちゃ……あ、あっ、あっ、くふっ」

龍娘「じゃあ次は、わざと音を立てて動かしてみて」

女「え、と……ん、んっ、こう、ですか……あっ」クチュ...ニチュ...

龍娘「ううん、もっと……こう」クチュクチュクチュクチュッ!!

女「ふあああっ!?やだっ、こんな音、私からしてっ!あっ、ああっ!!」

龍娘(最初のがキたかな……?)

女「あっ!あっあっあっあっ、い、イくっ!おねえさまっ!おねえさっ、アグぅっ!!!!」ブルルルッ!!

女「……」




748: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:04:42 ID:lp88CsTk

龍娘「……」

女「……」

龍娘「で、この後どうすれば……?」

女「普通の、男の人にするみたいにしてください……」

龍娘「いつもの流れだと本番なんだが」

女「本番ってその……セックスですよね……」

龍娘「うん。男の人のおちんちんが私を貫いて、一番奥で射精される」

女「……それって、どんな感じですか?」

龍娘「もしかして、経験、ない?」

女「……」コクン

龍娘(どうしよう、竿役に狼男でも呼んでくるか……?)



prrrrr...prrrrr...




749: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:05:36 ID:lp88CsTk

龍娘「っと、悪い、少し待ってて」

龍娘「はい」

黒服『お困り?』

龍娘「いや、全くもって万事が順調だが?」

黒服『技術者が一度言ってみたい言葉に”こんな事もあろうかと”ってのがあるらしいわ』

龍娘「……」

黒服『こんな事もあろうかと、ドアノブに色々と詰めた袋をかけておいたから』

龍娘「……全くあなたと言う人は」ハァ

黒服「新品よ?使用後はちゃんと洗浄と消毒するし』

龍娘「ちがう問題はそこじゃない」

黒服『とにかく、お客様を喜ばせることを考えてあげて』

黒服「……分かった」ガチャン

女「あ、あの……」

龍娘「いいから、待ってて」スタスタスタ...ガチャ

龍娘「……これか」ガササ




750: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:07:13 ID:lp88CsTk

女「えっと……」

龍娘「差し入れだそうだ。どうせろくでもないモノの詰め合わせだと思うが……」ドサドサ

女「……」

龍娘「……」

女「お、大人のおもちゃって色々な種類あるんですね、わ、これハリセンボンそっくり」

龍娘「そういうフォローはいらないと思うが……」

女「お姉様」

龍娘「なんだ」

女「これ、双頭ディルドって言うんですって」

龍娘「……あーまて、大体その先見えたからちょっと落ち着け」



女「これでお姉様とつながりたい……私の初めて、お姉様にもらってほしい」




751: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:10:02 ID:lp88CsTk

龍娘「その、さ。初めてはもっと大事に取っておいたら?」

女「今までお姉様のために大事にとっておいたのです!」

龍娘「……ついこないだまで赤の他人だっただろうが!」

女「でも今は赤い糸でつながれてます!」

龍娘「よくもそんな人がドン引きする台詞を堂々と言う……」

女「事実ですもの」ギュ

龍娘「小指を絡めるな」

女「じゃあ、全部の指を」ギュ

龍娘「……近い近い、顔が近い」

女「それは、舌も絡めるためれふは」ンチュ

龍娘「んっ!……ん……んっ」ピチュ、ピチャ...

龍娘(しまったつい反射的に舌吸ってしまった……)

女「ほへぇはふぁ……んっ、んぷぅ、れるっ」チュ...

龍娘「……んっ」




752: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:13:06 ID:lp88CsTk

龍娘「ぷはっ、本当に……その、玩具だぞ?いいのか?」

女「はい、お姉様と一つにつながれるなら」

龍娘「……まぁ、お客様がそう望まれるのなら」

女「お姉様……」

龍娘「後で黒歴史になっても知らんぞ全く……」ブツブツ

女「?」

龍娘「いや、なんでもない」

女「あのっ……私がお姉様にその……挿れたい、です」

龍娘「そ、そうか……じゃあ、これ、ローション塗って」

女「はい……」トロリ,,,

龍娘「しっかり握って、そう、そこに、ゆっくり、な」

女「……うわっ、はい、ってきます……」ズプッ...ヌプン、ヌプププ

龍娘「そう、だなっ……んくっ」




753: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:17:14 ID:lp88CsTk

女「うわ、本当に広がって……飲み込んでる……」

龍娘「ま、間近で見ながら解説するな!」

女「ここ、おまんこの裂け目の一番上……切れたりしないんでしょうか」クチュ

龍娘「分娩の際には会陰切開すると聞くが……ちょ、っちょっとまっ、んぅっ!」

女「お姉様の、クリトリス、小さくて丸くて赤くて……美味しそうで……」ジュルル

龍娘「まってまっ、んひゃぅっ!わっ、私は、いいんだっ、女が、気持よくなればそれでいいか、あっ!んっ!」

女「嬉しい。やっと女って名前で呼んでくれました」

龍娘「女っ、やめてっ、わた、あっ、あっ、あっ、ぐりぐり捻るなっ!」

女「いつもは男の人のがこうやって出入りするんですね……」ジュプッ!ジュプッ!!

龍娘「そんなにはやっ!んっ!ん!ん!んっ!!やめっ、はげしっ!!」

女「可愛いですわ、お姉様っ!必死に抵抗されてっ!」

龍娘「ん゛っ!んあっ、あっ!はぁっ!はっ……いい加減にっ、しないか、っくはっ!」ズルッ

女「あっ、押し出されてしまいました……きゅうきゅう、してるんですね」

龍娘「……は、あは、抜けてしまった、な」




754: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:19:44 ID:lp88CsTk

女「もう一度挿れてさしあげますわ」クチュ

龍娘「……っ!」ビクン

女「さっきよりずっと簡単に……いやらしくてテカって……」

龍娘「よせ、本当に、ふああっ」ビクンッ!!

女「イボイボの、黒光りした……大きくていやらしくて愛おしいお姉様のおちんちん……」ナデナデ

龍娘「……っ」

女「おねえさま……」

龍娘「分かった、分かったから。私にまかせて、仰向けになるんだ」

女「はい」ポフ...

龍娘(とはいえ、いつも勝手が違う。どうしたものか)

女「お姉様?」

龍娘「足を広げて、そう、そういう風に……」

龍娘「こう、かな……ここに、こう」ニチュ

女「ひゃぅ!?」




755: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:20:52 ID:lp88CsTk

龍娘「正解みたいだ。じゃあ……いくぞ?」

女「はい、お願いします……あっ、あ……あっ」ギチギチ...



女「────!!!!」ブチッ!!!!



女「あっ、あっ!あがっ……はぁ、はぁ……」メリメリ

龍娘「こっちも押されて……っ」

女「おね、さまっ、手を……手をにぎってください……」

龍娘「ああ」

女「はぁっ、はぁ……これ、すご……押し拡げられてます……っ」

龍娘「んんっ、あっ、く……」

女「おねえさまとっ、ひとつに……」

龍娘「すまない、少し出血してるな」

女「へいきです……痛いけど、痛いのも全部、お姉様とつながってる証拠ですもの……」




756: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:21:43 ID:lp88CsTk

女「……ん、はぅ」

龍娘「大丈夫か?ここまでで一度止めるか……」

女「平気です……お姉様はいつも、こんな感触なのですか?」

龍娘「こんな、って?」

女「お腹の中、ぼこってされて、圧迫されて……」

龍娘「それで?」

女「はずかしくて……でも、その……気持ちいい、かもしれない、です」

龍娘「そうか……可愛いな、お前」

女「えっ、え?」

龍娘「えっ、あ、その、い、今のは忘れろ……言葉の綾だ」

女「忘れさせてください……気持よくてトンじゃうくらいにして」ギュ

龍娘「……」ハァ

女「おねえさまぁ……」

龍娘「わかった、まずは一番奥まで挿れるからな」




757: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:24:00 ID:lp88CsTk

女「んっ、んんっ、ふぅ……ふぅ……」ズズズ...

龍娘「息を止めないほうがいい。深呼吸して」

女「はいっ、う、ふぅ、すぅ、ふ、う、ぐっ、かはっ!」ビクンッ!!ビクンッ!!

龍娘「うく、こっちも押し込まれてっ……んっ!」

女「うあ、あああっ、無理、もう無理です一番おくっ!」

龍娘「んっ……そう、だな、私も奥まで……」

女「んぅ、ふぅ……ふぅ……」

龍娘「……大丈夫か?」

女「はい……」

龍娘「じゃあ、動くぞ」

女「えっ?え、うんっ、うあっ!」ズチュッ

龍娘「んっ……はっ……ううっ……んっ……」ニチュ、ニチュ...

女「あっ、んっ、んっ、ん……ふぅ、ううぅっ」クチュクチュクチュ




758: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:27:52 ID:lp88CsTk

女「はっ、はっ……ん、あんっ、ふぅ、んっ!」

龍娘「うああ、あっ、ああっ……」

女「おねえ、さまぁっ!ああっ!んっ!」

龍娘「んっ、んっ、んっ!だんだん腰の動かし方が上手になってきてるな……」

女「ほんと、ですかっ?はっ、あっ、うれしい、です、あっ」

龍娘「ああ、こすれて、気持ちいいぞ……っ」

女「ああ、私もです、きもちいいれす、おねえさまのっ、おちんちんっ!!」

龍娘「あっ、あっ、うっ、ううっ……んっ!」

女「あっ、あっ、あっ、おねえさまっ、なにかキてますっ!私っ、これぇっ!」

龍娘「いいから、腰に意識を集中させて……」

女「はいぃ……んっ、んっ!あっ、あっあっあっ!!」

龍娘「んっ、私も……もう……」

女「おねえさま、私こわい、なんかきちゃうっ!」

龍娘「大丈夫、ここにいる、手を握ってるから」




759: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:28:53 ID:lp88CsTk

女「あっ、うっ、あああああっ!!」ビクンッ!!

龍娘「あっ、ひぐぅぅぅっ!!」ビクンッ!!



女「あっ、あは……」

龍娘「……はぁ、あ、なかなか……波がひかないな」

女「はぁ……私……お姉様と……」

龍娘「うん、一緒だった……あ、う……」ズルッ...

女「ふあっ」ニュポン

龍娘「抜けちゃったな」

女「ふふ、抜けちゃいましたね……あっ」

龍娘「んっ……んっ……」チュッ...

女「んぅ……」チュ...チュ...




760: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/01/30(土) 00:29:44 ID:lp88CsTk

龍娘「どうだった?初めて」

女「ん……痛くて、でも気持よくて、お姉様を感じました」ギュ

龍娘「そうか……って、おい、くすぐったいよ」

女「お姉様……」

龍娘「なんだ?」

女「私もっと、お姉様を感じたいです」

龍娘「欲張りだな」

女「はい、欲張りなんです……お姉様……」ギュッ

龍娘「じゃあ、今度は私が下になろうか?」

女「……」ナデナデ

龍娘「ちょ、ちょっと?」

女「……」クンクン

龍娘「おーい、って、ま、待てそこはだめだっ!」グイッ

女「本当にあるんですね……見つけちゃいました」レル...

女「お姉様の……逆鱗」チュ




766: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:38:57 ID:H/eCIWx2

龍娘「あ……あっ……」ブルブル

女「おねえさま……?」

龍娘「……っ!」ビクンッ!!

女「お姉様、大丈夫で……」

龍娘「さわ……るな……」ビクッ

女「でも、そんなに震えて……」ギュ



龍娘「くあああああああっ!!!!」プシュッ!!!!



龍娘「あ、あ……ああ……」ドサッ

女「なんて……」



女「なんてご都合主義な逆鱗なのでしょう」




767: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:40:16 ID:H/eCIWx2

龍娘「あ、ああ……来ないで……」

女「お姉様」

龍娘「だめ、トンじゃうからぁ……」ブルッ

女「せっかく黒服さんがこんなに色々用意してくれたのですから」ズラッ

女「試さなければ損でしょう?」ニッコリ

龍娘「ひっ!?」

女「まずは、これかな……ローター」

女「硬くなったお姉様の乳首に……」ヴィィィィ...

龍娘「きゃふっ!!」ビクン

女「んふ……だんだん下へ……」

龍娘「あっ、あっ、あっ、だめっ、だめっ、だめだめだめだめっ!!」

女「割れた腹筋も、その上にうっすらついた脇腹のお肉も可愛い……おへそも……」ィィィ...

龍娘「おねがっ……やめっ、全身、感じてるからだめっ、だめっ、おねがい゛っ!?」




768: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:41:00 ID:H/eCIWx2

女「かわいい……子宮を上から押されただけでそんな切なそうな表情されるなんて……」

龍娘「もう、もういいだ、ろぉ……やめて、くだ、ぁさ、あっ、あっあっあっ」ビクンッ!!

女「……」スッ

龍娘「……あ、あ?」

女「ごめんなさい、いやがるお姉様に無理矢理なんてダメですよね」

龍娘「あっ、あ……んっ、んく……」

女「それとも……ローター押し当てて欲しかったんですか?こ・こ」ツンツン

龍娘「そっ、そんなわけ……ないだろ……もう、終わりでいっ……いい、から……」

女「そうですか……私はこの、お姉様に押し当てたローターで……んっ、ああっ」ヴィィィ...

女「あっ、あっ……ああ、お姉様が見てる……私のオナニーみてるぅ……」

龍娘「……」プイッ

女「ああそんな、露骨にそむけなくてもいいじゃないですか」

女「あっ、あっ、んっ、んんっ!ふゎ、うく……っ」

龍娘「……」ゴクリ




769: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:41:54 ID:H/eCIWx2

女「……どうかしましたか、お姉様……そんな物欲しそうな目で」

龍娘「……」

女「ギリギリでしょう?えっちでいやらしい匂いがお姉様から立ち昇って……」クンクン

龍娘「よせ、そんな事っ……言うな……」

女「我慢は体によくありませんよ」フゥッ

龍娘「んっ!!」

女「あはっ……ふふっ、言って楽になったらよろしいのに」

龍娘「……ふう、んっ、別にこれくらいっ……いっ、ひぅ……っ」

女「んふ、汗が珠のように浮いてますわ」レル

龍娘「っっっ!!!!」

女「お姉様、どうされますか?本当におしまい?それとも……」



龍娘「あ……う……」




770: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:43:20 ID:H/eCIWx2

女「あは、葛藤されている顔も素敵……キスしちゃいたいくらい」チュッ

龍娘「んーっ!」ピチャ...レル...クチュ...

女「んっ!んー……んっ、んぅ、ぷはっ……」

龍娘「……で、……かせて」

女「もっと大きな声で」

龍娘「ローターで、クリトリスいじって……イカせて……っ、はやくぅぅ、う、うああっ!!」

女「よく言えました」ヴィィィ...

龍娘「うあああっ?!?!あっ!あっ!あああああっ!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

女「そんなに背中をそらして……イってるんですね、お姉様」

龍娘「やだっ、あっ……あ、ああ……」チョロッ...

女「え?きゃっ!?」

龍娘「あああ…やだ、とまっ……とまらなっ……あああ……ごめ、ん、や、ああ……」シャァァ...

女「あは、お姉様のお小水……」ウットリ




771: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:44:57 ID:H/eCIWx2

龍娘「……すまな、い、汚れて……」

女「いいえ、お姉様の体から出たものが汚いわけがありません、その証拠に……」

龍娘「だめ、舐めちゃだめっ!!」

女「ああ、お姉様の絶頂おまんこ……ひくついて……」ペロ

龍娘「やめっ、やめなさいっ、やめ゛っ!!まだイっ、またイクっ、いっちゃうから、ああああっ!?」プシャッ

女「んっ、んぅ……んっ、じゅるっ、ずじゅっ、ぷはっ」

龍娘「やだってい゛っ゛っ゛!!??」

女「ビンビンに充血したクリトリス美味しい」ガジッ

龍娘「かんじゃだめ、噛んだらちぎれぃ、ぎぃっ?!」

女「またイった……お姉様を気持ちよくする事ができるなんて、光栄です、ふふ」

龍娘「う、うう……うぅ……」ビクン、ビクン...

女「お姉様、次はどうしょう……これなんかいかがです?」

龍娘「そんな……そんなに大きいの、無理……」




772: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:47:54 ID:H/eCIWx2

女「こんなに」グジュッ

龍娘「きゃふぅっ!?」

女「んふ、んふふ……お姉様のナカ……とてもいやらしい音をたてて」グジュッ、プチュッ

龍娘「だめっ、だめぇ……っ」

女「ほら、こんなに指を広げても」ニチュ

龍娘「ん゛っ、んっ!!」

女「あは、えっちなおつゆでべとべと……んむ」

龍娘「……」

女「おねぇさま……はい、あーん」

龍娘「や、むぅ……んっ、んっんっ」

女「ふふ、必死に吸い付いて……やん、私の指、べとべと……んっ」

龍娘「ぷは……」

女「蕩けた顔も可愛いですお姉様」チュ

龍娘「んっ……んぅ、んっ、れるっ、ぷはっ、むっ、んぅ……」ピチャ、ピチャッ...




773: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:49:17 ID:H/eCIWx2

女「あは、じゃあ改めて」ペチン

龍娘「あっ、あうぅ、うっ、うっ……」

女「分かります?一番奥、おへその上まで届いちゃうんですよこれ」

龍娘「……」ゴクリ

女「硬くて大きくて……まるでお姉様の尻尾みたいな……」ヌチ

龍娘「ん……」

女「入れちゃいますね……先っぽ入って……」

龍娘「あっ、あ、あっ、あっ……すごい……んっ」

女「こつん、って感触、伝わってきました。手を離すと押し返されて抜けちゃう……」

龍娘「ふぅ……ふぅ……んっ、あ、はぁ……」ビクン

女「あら?これ……スイッチ?」

龍娘「ま、て、お前わかって言────」



女「えいっ」カチッ

龍娘「っっっっっ!?!?」グィングィングィン...




774: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 19:53:00 ID:Hi/Mg60s

龍娘「あっ……あ゛っ、あ゛っ、これ、お、ごっ……」

女「そんなに気持ちいいんですかお姉様、背中そらして、足まで痙攣して」

龍娘「んんっ!うっ、うううっ!!あっ、あっあっあっあっ!!しゅごいっ!これっ!」

女「むぅ……無視しないでください」ムニッ、ギュウッ

龍娘「らめっ、ちくびらめっ、いく、いくっ!くひぃっ!!」

女「あは、可愛いお姉様、私も気持ちよくしてもらいますね……ん、しょっ」

龍娘「あうっ」

女「えへへ、お姉様の尻尾の背びれの部分、こすりつけたら気持ちいいんだろうなぁ、ってずっと思ってたんです」

龍娘「ば、かぁ……そんな、こ、と……やめ、て……」

女「だぁめ、こうやってまたがって、んっ、くっついて……」

女「バイブの振動も、お姉様の鼓動も息遣いも全部伝わってきて、これ気持ちいい……」

龍娘「う、あっ、私にも……つたわ、んっ、んぐっ、あっ、や、あっ、尻尾でこ、こすらなっ、んっ!!」

女「すごい、気持ちいいですお姉様っ!あっ、やっ、腰うごいちゃう……」ニチュッ、クチュッ




775: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:00:57 ID:Hi/Mg60s

女「んっ、お姉様っ!お姉様っ!!」クチュッ、クチュッ!!

龍娘「ひぐっ、んっ、ん、むね、もまっ、んっ、ううっ!」

女「可愛いお姉様、ぎゅって目を瞑って、気持ちいいんですよね」

女「私もお姉様の尻尾でこすれて……すっごくすっごく気持ちいいです」

龍娘「ひぐっ、もう、やぁ……イキたくないっ、イっ、あっあ゛っ!あ゛っ!!」

女「おねえさまっ、私、気持ちいいですっ!!」

龍娘「うん、うんっ!ん!んっ!!きもちよすぎてへんになるからぁ、あっ!あぐぅっ!?!?」

女「クリトリス、こんなにおっきくして、乳首も固くて……」ギュウゥゥッ

龍娘「ひぐゅ!?つままないれえっ?!」ビクッ

女「イってるんですね、お姉様……んっ、私もっ、すぐ……イケちゃいそう……」クチュクチュクチュ...

龍娘「も、や、あ、あ、ああ、あく、ふぅ、んっ!!ん!!!!」ビクッ!!ビクン!!

女「おねえさまっ、おねえさま私っ!一緒に、お姉様っ!!」

龍娘「んっ、んっ、んっ、ひっ、い、ク……またぁ、ぁっ!!」




776: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:04:01 ID:Hi/Mg60s

龍娘「イクゥゥゥッッッ!!!!」

女「あ、あああああっっっ!!」



ドサッ



龍娘「あ、あ……」

女「おねえさま……」



…………

……




777: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:05:17 ID:Hi/Mg60s

龍娘「……う、うぅ……やっと効果が切れた……」ムクリ

女「お姉様?」

龍娘「押すなと言ったろう……」

女「ご、ごめんなさい」

龍娘「全く……」

女「……ふふ」

龍娘「な、なんだ」

女「お姉様の可愛い一面も見えて、私はとても満足でしたわ」スッ

龍娘「そう言いながら逆鱗に手を伸ばすんじゃない」ペシッ

女「だめですか?あんなに気持ちよさそうでしたのに」

龍娘「だっ、だからダメなんだ」

女「もっといっぱい乱れましょう?」

龍娘「だから、逆鱗に触ろうとするな」




778: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:06:40 ID:Hi/Mg60s

女「……もう、時間も半分すぎてしまいましたね」

龍娘「もう一度、するか?」

女「いいえ、それよりお姉様にくっついて体温を感じていたいです」

龍娘「ん……」ギュ

女「はぁ、明日から色々と切り詰めての生活です、次に来られるのはいつになるやら……」

龍娘「……」

龍娘「月に一度位なら、茶飲み話に付き合ってやらんでもないぞ?」

女「……え?それはお姉様の部屋で?」

龍娘「それはご免被る」

女「一晩中?」

龍娘「どうしてそうなる!?」




779: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:08:40 ID:Hi/Mg60s

女「冗談ですわ。でも……どうして急に?あんなに私の事を避けていらしたのに」

龍娘「毎回毎回ここに来られるより、適度にガス抜きしておいたほうが自分の身のためだし、お前の財布にも優しいだろう」

女「えー、それじゃあお姉様の肢体と匂いを満喫できません」

龍娘「しなくていい。というか匂いってなんだ!?」

女「香水と、お化粧と、シャンプーと、汗と……色々混ざり合ったお姉様の匂いです」クンクン

龍娘「かっ、嗅ぐな!」



……………………

………………

…………

……




780: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:12:51 ID:Hi/Mg60s

龍娘の話 おしまい




781: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:19:35 ID:Hi/Mg60s

本日のおまけ、>>739から
----------
龍娘「……」チュ

女「……ん」チュ...クチュ...

龍娘「んっ……華奢な肩だな……」サスリ

女「んっ」

龍娘「髪もサラサラで、羨ましい」ナデナデ

女「お姉様……」

龍娘「シャツ脱ごうか」

女「え、あっ、はいっ!……と、わ、あれっ?!」

龍娘「落ち着け、ほら、両手ばんざい」

女「はいぃ……」スポン

龍娘「スカートも」カチャカチャ...ストン

女「……」

龍娘「……」




782: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:20:28 ID:Hi/Mg60s

龍娘「おい」

女「は、はい……」

龍娘「ついとるんだが?」

女「み、見ないでください……恥ずかしい」

龍娘「……」



龍娘「お前、男なら男らしい格好をせんか!!」

女「あっ、そういう男らしいとか女らしいとかってセクハラです!」

龍娘「うるさい黙れ!そうか男か……なら悩むこともないし」ナデリ

女「あっ」



龍娘「こんなに大きくしてるなら、問題なく愛を育めそうだな、ふふ」サスサス




783: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/02/24(水) 20:25:19 ID:Hi/Mg60s

以上

次は予定通り安価なし、ラストにして黒服さんのエピソード、3月末予定




784: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/24(水) 23:14:33 ID:b7noXnXE

おつんぽおつんぽ

いよいよラストか、感慨深いような寂しいような……




788: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:34:01 ID:/gXFE5eM

────放課後@学校の図書館



少年「……返却図書の整理終わり、っと」

少年「ん?」

少年「誰だよ、棚の上に本置いたやつ……い、よっと」ガタタ

少年「けほっ、うわ埃まみれじゃん……」パッパッ

少年「『悪魔召喚の方法』?」ペラッ

少年「貸出カードがない……忘れ物かな?」



ガララッ



幼馴染「おーい、帰ろうよー」

少年「あ、うん、部活終わり?」

幼馴染「おわりー。でさー、明日の英語の翻訳、見せてくれない?」

少年「……また?」




789: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:34:57 ID:/gXFE5eM

幼馴染「また。いいじゃん、っていうか断るなら小学3年の時のラブレターを朗読……」

少年「分かった、分かったよ」

少年「……」

少年(持って帰って試してみようか)ボンヤリ

幼馴染「どうしたー?」

少年「なんでもないよ、ほら、電気消すから先出て」ガサッ

…………

……




790: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:36:28 ID:/gXFE5eM

────その日の夜中@少年の自室



少年「魔法陣は、これでいいんだよな……」

少年「……」ゴクリ

少年「ええと……『古き書物に書かれし盟約の執行を我は求めん』」

少年「『我が血をもて描きし魔方陣に、我が魂を新しき贄と捧げん』」

少年「『来たれ悪魔よ、我が願いをかなえるために』」



シーン...



少年「……な、なんてね、ははは……何も起きるはずないよな」

??「起きてますよ」

少年「う、うわぁっ?!」




791: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:38:55 ID:/gXFE5eM

少年(お、女の人……それもえらく布面積の小さな服を着た……)

??「えぇと、今流行っている挨拶は……カンペ、カンペ…ああ、ここね」ガサゴソ

少年(……背中に翼、頭には角、それにゴムみたいな質感の尻尾)

??「『問おう、貴方が私のマスターか?』」ドヤァ

少年「……ええと、僕が呼び出した悪魔さん、でいいのかな?」

??「ちっ……こほん、はい、淫魔と呼んでください」

少年「……いん、ま」

淫魔「で、願いは?」



少年「え?」

淫魔「え?」




792: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:39:58 ID:/gXFE5eM

少年「そっ、その……」

淫魔「その?」

少年「ま、まさか本当に呼べるとは思ってなくて、だから……」

淫魔「まだ決めてない、なんて言わないでくださいね?」

少年「まだ決めてないです」

淫魔「……どんなレストランでもウェイター呼ぶのは注文が決まってからでしょう?」ハァ

少年「で、ですよね……今考えますから!」

淫魔「無理に考えなくても問題ありません。でも呼び出した以上、たとえ願いが無かったとしても……」

淫魔「あなたが死んだ時、魂は私の物……いいですね?」

少年「は、はい……」




793: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:40:50 ID:/gXFE5eM

少年「……」

淫魔「……」

少年「あ、あの……」

淫魔「?」

少年「ずっとここに?」

淫魔「貴方の願いをかなえるまでは。なにか不都合が?」

少年「いえその、淫魔さんの服装が刺激的というか……」

淫魔「勃起する?」

少年「えっ、いや、ぼっ、勃起とかそんなんじゃなくて、ただもうエロ水着だなとかブラの上からでも乳首が分かるなとか下なんてモザイクの多いAVよりエロくてやばっついうか ――――

淫魔「童貞?」

少年「はいっどどど童貞ですっ!って今のはそのっ!」

淫魔「やっぱり、匂いで分かるもの」スッ




794: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:41:30 ID:/gXFE5eM

少年「ひっ、わ……わ……」

淫魔「お腹の奥底にたまった、昏くて熱くて爆発寸前の火山みたいな匂い」ススス

少年「あっ、わっ、ちょっ」ガタタッ

淫魔「女の子を味わったことのない、でも混じりあいたくてドキドキして待ちきれない新芽の匂い」ムニュッ

少年「わ、あっ、やわらかっ?!」

淫魔「でしょ?今あなたが触れている胸も」タプン

淫魔「唇も」フゥッ

淫魔「手も足もお尻も膣も身体中全部、あなたから精を搾り取るためのもの……」ハラリ

少年「!!」



淫魔「だから、今宵は私と夢を見ましょう……邪で淫らな夢を」キィィィン...




795: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:42:52 ID:/gXFE5eM

少年「うわっ、あっ、体がっ、熱い……な、何かしたでしょう!?」

淫魔「はい、ちょっと……精子を全力でつくるようにする呪いを」

少年「な、なんですかそれ!」

淫魔「文字通り、生命活動に最低限必要なリソース以外すべてを精子の作成に費やすようにしました」

淫魔「多少空腹を感じたり思考が鈍ったり体がうまく動かせなかったりしますが、問題ありません」

少年「大有りdんーっ?!」チュウ

淫魔「んっ、ん〜っ、んっ……れるっ」チュパッ

淫魔「あは、こっちは反応したみたいですね……脱がしますよ」

少年「ちょ、まっ」ジタバタ

淫魔「まぁ……もうバッキバキの臨戦態勢」ツンッ

淫魔「反り返って爆発寸前なのに……完全に剥けきってない童貞ちんぽ」シュッシュッ

少年「う、あっ、あっ」




796: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:44:11 ID:/gXFE5eM

淫魔「少し味見しますね……」パクン

少年「ひぅっ!」

淫魔「おんらろほみはひはほえ……んむっ、んっんっんっ」ジュポッ!!ジュポジュポジュポジュポッ!!

少年「ひゃっ、あっ、あーっ、ごめんなさい出ちゃうっ!」ビクンッ!!





少年「あっ、あ?な、あがっ!イッてるのに出ないっ!」

淫魔「んふっ、んっんっ」ジュッポジュッポ

少年「やめっ!やめてぇっ!イッたからっ!気持ちいいからっ!出ないのにっ!い゛っ?!」ビクンッ!!

淫魔「ふふふ……さっき、もう一つ呪いをかけたんです、なんだと思います?

少年「な、なに?なんでもいいから早く解いて……っ!」

淫魔「だめ。話を聞いてくださいね?あなたにかけたのは……ここ」クチュクチュ

淫魔「私を絶頂させないと、射精できないおまじない」




797: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:47:11 ID:/gXFE5eM

少年「そっ、な……」

淫魔「頑張っていっぱい腰を振って私をイカせないと……」

少年「し、ない……と……?」

淫魔「気持ちよくなりすぎて気が狂っちゃうかもしれません」

少年「そんなっ、あっ」ギシッ

淫魔「見てください……君のちんこを咥えこみたくて、包みこみたくて、もうこんなに……」クパァ

淫魔「気持ちいい潤滑液が太ももまで垂れてるんですよ?」ニチュッ、ニチュッ...

少年「あっ、はっ……すごい……ピンク色で綺麗……」

淫魔「ありがとう、でも、見とれてると危ないですよ?」

少年「え?」




798: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:47:53 ID:/gXFE5eM

淫魔「頑張って歯を食いしばってないと、すぐ」クチュ...ヌプン

少年「えっ、うわっ、のみこま――――うあっ!」ビクンッ

淫魔「イキましたね?だから危ないって言ったのに……」

少年「そん、なっ!あっ!すごっ、おっ、だめっ、またいっ!いっ!」ビクン!!ビクンッ!!

淫魔「ふふ、気持ちいいでしょう?今まで何人もの男性をこれで骨抜きにしてきたのですから」

少年「かはっ、ひっ!ひっ!」

淫魔「次は亀頭に意識を集中してみて……」

少年「なにっ?!あっ、うわっ?!」

淫魔「分かる?ほら、少しずつ……」

少年「やだっ、剥かないでっ?!むけちゃっ!!ああああっ?!」

淫魔「はい、大人ちんぼ完成」クスクス

少年「ひっ!ひっ、ひあっ、何これ我慢むりいっ!」ブルルッ

淫魔「ふふ……ちんぼまで痙攣してる」

淫魔「気持ちいいでしょ?普段は外気に触れない敏感な部分、べとべとぬとぬと刺激されて」クチッ、クチッ

少年「あ……あ……いくっ、もやだぁっ!いくのやっ!ああああっ!」ガクガクガクガクッ!!




799: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:48:46 ID:/gXFE5eM

淫魔「辛いですか?苦しいですか?」

少年「お前のっ、せいだろぉ……!おっ、うっ、くふっ!ふーっ!ふーっ!」

淫魔「楽になる方法を教えてあげます」

少年「は、やくっ……う、うああっ」ビクッ

淫魔「またイった……早漏は嫌われますよ?」

少年「いイからぁっ、はやぐぅっ!」

淫魔「……『射精したい』という願いをかなえるよう、私と契約を」

少年「……このっ……悪魔っ」

淫魔「悪魔召喚の儀式で呼び出しておいて今更ですね」

淫魔「特に願いもなかったわけですし、構わないでしょう?」

少年「……くっ、ぼくの……ねがい、はっ……」

淫魔「ほら、はやくはやく」クチュ

少年「…………」カチン




800: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:49:35 ID:/gXFE5eM

淫魔「ほら、金玉にたまった精子、破裂する前にびゅくびゅくしたいでしょう? 簡単な……あら?」

少年「……絶対、言わないっ、イかせて……やる……」ググッ

淫魔「あら、腕だけとはいえ、私の術に逆らって動かすなんてすごい意志の力……」

淫魔「でも、勝ち目なんか無いのに無駄な努力ではありませんか?」ギュゥッ

少年「うわっ、うねっ……くぅっ」

淫魔「あん、おっぱい触ってください。んっ、気持ちいいですよ」

少年「く、そぉっ」グイッ...

淫魔「そう、もっと力を込めても平気です。ぎゅって握って、つまんで、潰して、ひっぱったりこすったり……」

淫魔「あんっ、上手ですよ、おかえしに……締め付けてあげます」フフフ

少年「あっ、あっ、あっ、ぎゅってにぎられっ?!またイっ?!いぎっ!!」ビクンッ!!

淫魔「あんっ、今、腰が跳ねたのは反射?それともピストンのつもりでしたか?」

少年「……はぁっ、はっ、はっ……」




801: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:50:17 ID:/gXFE5eM

淫魔「ふふ、ぎゅって目を閉じて我慢して」

淫魔「よだれと汗と涙で顔中べとべとで」

淫魔「可愛いですよ、少年さん」チュ

少年「う、あ……くそ……」

淫魔「でも、もう反応がワンパターンになってきましたし」

淫魔「そろそろ慣らしも終わりにしましょう」

少年「…………え?」

淫魔「もう駆け引きする気も失せましたので、申し訳ありませんが……」ニチッ



淫魔「頑張って耐えてくださいね」クスクス




802: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/09(水) 18:54:41 ID:/gXFE5eM

今日はここまで
別に伏線ではないので言いますが、淫魔=黒服さんです
ほぼ書き終えているので、週末で一気に最後までの予定





804: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:39:58 ID:StuNIiZE

少年「ひっ!ひぐっ!」

淫魔「あはっ、んっ、んっ、んふっ、ん……気持ちいい、ですよ」クッチュクッチュクッチュ

少年「あ、がっ、ぎっ、ま、ああ……あっ、あああッ!!」ビクンッ

淫魔「擦れる度に、一番気持ちいい部分に当たって、あっ!」

少年「も、いぎだぐなっ、あがっ?!」

淫魔「童貞のっ、くせにっ!長くて、奥にコツンって」コツン

淫魔「もしかしたら、相性ぴったり、なのかもっ!」

少年「知るか、そんなこっ、おっ、ぎっ!!」

淫魔「腰を上下に振るのも、円を描くのも、気持ち良すぎ……っ」ニッチュニッチュ

少年「ま゛っ!?本当にむりぃっ!」

淫魔「大丈夫、がまんがまん……んっ」

淫魔「いかがです?こうやって一番奥で……子宮口にキスしてるの、分かります?」

少年「わがっ、わがるからもぉ……お、おごッ?!」ビクンビクン




805: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:41:23 ID:StuNIiZE

少年「もうやめっ、て……うぐっ、いいから、願いそれでいいか────むーっ?!」

淫魔「んむぅ……んっ、んっ、んっ、ぷはぁ」

淫魔「だぁめ」

少年「まっ、またいっ、いぐっ!ぐぐぐぐがががががががっ?!?!」ガクガクガク

淫魔「あら、そんなに反り返っちゃうくらい気持ちいいんですか?」

淫魔「大丈夫、私も久しぶりでもう……けっこう、厳しいので」

少年「ぎっ?!ぎっ!!!ぎぐっ!あががががががっ!!!」

淫魔「つながってる部分、白い本気汁べとべと、見て、みてぇ、あなたの、くわえ込んで」チュグッ

淫魔「クリトリスびんびんで、ね、触って確かめてください。ほら、ここですよ」グイッ

淫魔「あはぁっ、痙攣が伝わって、ビリビリ、きてるっ!私、もう、すぐぅ……」ニッチュニッチュニッチュ




806: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:43:14 ID:StuNIiZE

淫魔「いくっ、いくっ、いきそっ、かたいおちんぽいいっ!!」パンパンパンパンッ!!

少年「ああああああああっ!!あ゛っ!!お゛っ!!」

淫魔「あなたの精、全部っ!んっ、うんっ!あっあっあっあっ!!」

淫魔「私に、くださいっ、いっ、いっ、いっ、あん、あっあっあっ!!!!

淫魔「イク、いっちゃえ、いっちゃえっ!弾けそう、弾けちゃえっ!!一緒にっ!!」

少年「ぐがががっ?!」

淫魔「イっ!!」



淫魔「イクゥゥゥゥっ!!」キュゥゥッ!!

少年「────!!!!!!!!」



ブバッ!!




807: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:44:54 ID:StuNIiZE

淫魔「きたぁっ!」ブビュルルルルルッ!!

少年「ぐぎぃっ?!?!」ブジュルッ!!ブジュッ!!

淫魔「なにこれすごっ!噴水みたっ!あはっ!子宮、しきゅうがぁ……」ブビュッ!!ブビュッ!!

淫魔「あはぁ……おいしぃ……んあっ、やっ、おごぉ……」ビュッ!!ビュッ!!

少年「ぐひっ、ひっ、ふぅ、ふひぃ……」

淫魔「やだ、とけちゃ、おぼれちゃ、精子で……」ズルッ...ヌポン

少年「……」ビュッ、ビュッ

淫魔「アハ、まだ出てる……よい、しょ」ギュ

少年「うあ……」

淫魔「最後の一滴まで私のものですので……」

淫魔「こうやって金玉マッサージしながら、尿道を押さえて下から上へ」シュッシュッ

少年「っ!」ビュル




808: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:46:24 ID:StuNIiZE

淫魔「指、べちゃべちゃ。プルプル童貞精子、いただきますね」パクン...ジュル

淫魔「んふ、おいし……まだゆるゆる出てる……栓、こわれちゃった?」

淫魔「これからずっと、精子だだもれの人生ですね」クスクス

少年「や、だぁ……」

淫魔「そうしたら、私専用の精子工場として飼ってあげます」

淫魔「んふ、こうやって口で啜って……」ハム

少年「!!」

淫魔「……ん、ん……んっ、ずじゅるっ」コキュ...コキュ...

少年「うあ、あ……またいっ、出ちゃ……」

淫魔「ふぁふ……ふぁふぇ……ん……」

少年「あっ!」ガシッ

淫魔「んぶっ?!」ブビュッ!!

少年「あっ、ごめんなさっ、とまらないっ!」ブビュッブビュッブビュッ!!




809: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:47:52 ID:StuNIiZE

淫魔「おごっ、がはっ、けほっ!……かはっ……」

少年「……」ハァ...ハァ...

淫魔「……い、いきなり後頭部を掴んで喉に直接出すだなんて」

少年「ご、ごめん……なさい……」

淫魔「……いえ、かなり私好みですよ。それに……」ツン

少年「うあっ?!」

淫魔「さすがにシナシナですね、でも回復したらもう2、3回しましょう?夜は長いのですから」

少年「……う、いやちょっと流石に……」

淫魔「いやなら、早く願いを決めたらよいのですよ?」




…………

……




810: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:51:04 ID:StuNIiZE

────翌朝



少年「……」ゲッソリ

淫魔「んふふふふふ」ツヤツヤ

少年「……朝か……学校いかなきゃ……」ヨロッ

淫魔「学校……聞いたことがあります、乱れた若い性の楽園とか」

少年「違うから。っていうか、ついてこないでよ?」

淫魔「平気です。自分で見せようとしない限り私の姿は契約者以外には見えませんから」

少年「とにかくダメ」



ガラララッ



幼馴染「昨日あんたの部屋ずっと電気ついてたみたいだけどど────」

少年「!!」




811: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:51:41 ID:StuNIiZE

幼馴染「……その女、だれ?」

少年「見えないんじゃなかったの!?」

淫魔「……例外は何にでもあるということですね」

幼馴染「っていうか翼あるし角あるし……ちょっとまってなさい」ガラララ、ピシャッ

淫魔「……」

淫魔「いつも彼女はああやって窓から出入りを?」

少年「そうだね。概ね」



ドタドタドタドタ...ガラララッ



幼馴染「くらえ、悪霊退散っ!」バサァッ!!

淫魔「!!」ジュッ!!

幼馴染「さすが巫女だったおばあちゃんがお祈りした清めの塩!!」




812: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 20:52:43 ID:StuNIiZE

淫魔「肩こりに効きそうな塩梅でよろしいかと」パッパッ

幼馴染「効いてない!?」

淫魔「そも、霊ではありませんから」

少年「僕の部屋に塩ばらまかないでくれる?」

幼馴染「なっ……っていうか!ていうか!なんなのよこいつは!!」

淫魔「彼と朝まで同じベッドで体液を交換しあった仲ですが?」

少年「ちょ、ちょっとその言い方まずい!」

幼馴染「あーんーたーはー……」プッツン

少年「待って幼馴染ちゃん話聞いて!」

幼馴染「問答無用!!!!」



……………………

………………

…………

……




813: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 21:00:10 ID:StuNIiZE

ピピピピピピピピ...



黒服「……ん」パシッ

黒服「朝、かぁ……」

黒服「久しぶりに見たわね、あの頃の夢……」

黒服「意外と覚えてるものね」

黒服「どうせなら、あの人が願いを言うシーンまで見せてくれたってよかったのに」



コンコン



狼男「黒服さん、そろそろ見送りお願いしまっス」

黒服「はぁい、10分待ってくれる?」

…………

……




814: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 21:01:51 ID:StuNIiZE

────朝@Milk Bucket



黒服「またのお越しを……お待ちしております」

男性客「ああ、また来るよ」



黒服「最後のお客様も帰られたし……」

黒服「今日も一晩、お疲れ様、っと」フゥ



キャハハハハ...



黒服「……?」




815: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 21:02:40 ID:StuNIiZE

イレーン「んー、やっぱ私は顔、かなぁ。お金持っててもブサイクは無理無理」

アルルーナ「……逆。まずはお金。あと酒癖悪いのはパス」

黒服「楽しそうね、何の話?」

セイレーン「ああ、彼氏に求めるものは何?って話です」

黒服「あー……ちなみにみんな、求めるものって違うのかしら」

猫耳娘「私はノリのいい人がいいニャァ。ふーちゃんは?」

二口女(前)「私?私は食べるのが好きなので、舌の肥えてる人かな」

二口女(後)「お前、クンニされるの好きだもんなぁ」ケケケ

二口女(前)「うっさい、サクマドロップあげるからだまってなさい」カラコロ

二口女(後)「へーへーへー、あ、ハッカだラッキー」モゴモゴ




816: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 21:03:24 ID:StuNIiZE

羊娘「私はそうネぇ、食べちゃイたいくらい可愛くて従順ナ子がいいわネぇ。龍娘は……」

龍娘「私?私は……」

羊娘「あ、ゴメんねー、彼氏じゃなくて彼女に求めるものだっタわ」

龍娘「だから私はレズじゃないと言ったろう、彼氏だって欲しい」

羊娘「あラ意外ねェ」

龍娘「まぁ……父性というか、頼りがいのある男でなければ困る」コホン

アルルーナ(……龍姐より頼りがいのある男の人……皆無)

狼男「皆さん、コーヒーとお茶入ったっス」

黒服「ありがとう……ちなみに狼男が彼女に求めるものって何?」

狼男「なんすか急に……癒やし、とかっスね」

牛頭「ふぅん、ちなみに俺が彼氏に求めるものは胸板と包容力だよ」フンス

狼男「近い近い!近いっス!」




817: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 21:06:19 ID:StuNIiZE

セイレーン「ダクちゃんは?」

ダークエルフ「ふーふー……あち、え?は、はいっ」

セイレーン「だから、彼氏に求めるもの」

ダークエルフ「……え、えっと……殴ったりしない、人?」

二口女「「……」」

羊娘「……」

牛頭「……」

黒服「……」

アルルーナ(……わんこくん、なんとかして)ヒソヒソ

狼男(無茶振りっス)

龍娘「ダークエルフ、そういう時は『優しい人』って言うんだ」

ダークエルフ「そ、そうでした、か……じゃあその『優しい人』がいいです」




818: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 21:09:29 ID:StuNIiZE

羊娘「だってサ、よかったわねェ、わんこ君」ツンツン

狼男「は、いや、なななななな何言ってるんスか急に」ヒソヒソ

羊娘「ふゥん……ま、いいケどねェ」

セイレーン「黒服さんは?彼氏に求めるものってあるのー?」

黒服「私?そうですね……」



黒服「持久力と硬さとサイズ、あたりですかね」クスクス



セイレーン「おぉう……」

黒服「ほらほら、清掃が入るのだから早く帰りなさい」




819: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 21:11:13 ID:StuNIiZE

ジャアネー...ツギノシフトイツダッケー?...シツレイシマース...



羊娘「さっテ、私もかえろー……ん?」グイ-

狼男「あの、羊娘さん……何がとは言わないんスけど、バレてますか?」

羊娘「なーんの事かナー?」ボウヨミ

龍娘「知らぬはダークエルフ本人だけだと思うぞ。少なくとも今日出てる子は全員気付いてる」

アルルーナ「……好き好きビーム、こう、目から、びびーっと」ビビーッ

狼男「……」orz

黒服「と、いうか目こぼししている現状に感謝してほしいくらいなのですが?」ヌッ

狼男「きゃいんっ?!」




820: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/12(土) 21:13:33 ID:StuNIiZE

黒服「人目のないバックヤードで『頑張れ』って言いながら頭ぽんぽんしたり?」

狼男「……」

黒服「ちょっとしたオヤツをさりげなく差し入れたり?」

狼男「……」ビクッ

黒服「『相談くらいならいつでも乗るっスよ』って非番の日に外のカフェで会ってみたり?」

狼男「……」ダラダラダラダラ...

黒服「まぁまだ仲の良い同僚同士の範囲で収まってるみたいだし、ペナルティを課そうとは思っていませんが……」



黒服「あなたの渡っている橋は細く、千尋の谷に掛かっていることをゆめゆめ忘れぬよう」クスッ



狼男「……」ガタガタガタガタガタガタ...




822: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 02:53:04 ID:3PEd5IOY

黒服「先に上がります。閉店作業お願いしますね」

狼男「りょ、了解っス」

黒服「なんなら、ダークエルフを残して手伝わせるけど?」

狼男「い、いえ……一人でぬかりなくやっておくっス……」

黒服「よしなに」クスクス



狼男「……」ガックリ

龍娘「懸想するくらいなら構わんという事だ、良かったな」

羊娘「っていうか隠し切れてると思っテた辺り、無様よネぇ」

アルルーナ「……大草原」

狼男「揃って傷口えぐりに来るのやめてほしいっス……」

…………

……




823: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 02:53:46 ID:3PEd5IOY

────数日後@海の見える丘



キキッ...バタン



黒服「……おや?」

??「……あら、あんたも墓参り?」

黒服「ええ。お久しぶりですね。あなたも珍しいじゃないですか」

老女「アメリカの大学に教授として招かれる事が決まったの。しばらく顔を見せられなくなるから」

老女「掃除とか草むしりとか、私の分までしっかりやんなさいよ」

黒服「あなたに言われずとも」




824: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 02:55:12 ID:3PEd5IOY

老女「……」

黒服「……しかし、試験のたびに彼に助けを求めていたあなたがねぇ」

老女「なによ」

黒服「アメリカの大学で教授ですか。さすが、認知症治療の第一人者」

老女「白々しい褒め言葉をどうも。あいつが死んでもう20年よ、とっとと元いた世界に帰りなさいよ」

黒服「契約はまだ続いていますので」

黒服「魂こそ私の糧となりましたが、思い出はまだ私とあなたの中に生きています」

老女「馬鹿らしい。あいつは死んだ……看取ったのはあんたと私、骨はそこの墓の下」ビシッ

黒服「……あなたの研究、記憶の保存に関わるものだとか」

黒服「それは、あなた自身が彼を忘れないために────」

老女「かっ、勘違いしないでよね!人類の健康とさらなる発展のために決まってるでしょ!」

黒服「うわ、ババァのツンデレきもい」

老女「ババァ扱いすんな!ツンデレ言うな!」




825: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 02:56:42 ID:3PEd5IOY

老女「ほんと変わんない。ムカつくわ」

老女「特にスタイルも顔もあの頃と何にも変わってないのがムカつく」

黒服「悪魔ですので」

老女「知ってるわよ……ねぇ」

黒服「何か?」

老女「あいつを……愛してた?」

黒服「勝手に過去形にしないでください」

老女「そう……」

老女「本当にムカつくわ。あんたに一度だって勝てなかった」

黒服「……」

老女「なにその上から目線の勝ち誇ったニヤケ顔」

黒服「そんな顔をしたつもりはありませんよ。あなたの被害妄想では?」




826: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 03:01:41 ID:3PEd5IOY

老女「その人の神経逆撫でする言い方もムカつく要素の一つだわ……でも」

黒服「でも?」

老女「人生であと何回も聞けるわけじゃなさそうだし、我慢してあげる」

黒服「……お心遣い、感謝します」

老女「じゃあ私は行くわ。彼とゆっくりしなさい」

黒服「お元気で。あなたは私の数少ない友人ですので」

老女「は、友人の数だけはあんたに勝ったみたいね」

黒服「あなたの資産と権力と研究結果目当ての胡散臭い連中は員数外ですね?」

老女「ほんとムカつくわね。まぁいいわ、あんたの負け惜しみが聞けただけで、いい冥土の土産」

黒服「……」

老女「そんな顔しないでよ、アメリカから帰ったらまた会いましょう」

黒服「ええ……それじゃ」ニッコリ

老女「またね」スタスタ...

黒服「……」ペコリ




827: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 03:04:04 ID:3PEd5IOY

ザッザッザッ...



黒服「久しぶりですね」

黒服「……私は元気です。お店も順調」

黒服「あなたの精を直接摂取しなくても生き続けられるよう、彼女たちにも頑張ってもらっていますし」

黒服「店の利益でこの辺り一帯の土地も買い上げることができました」

黒服「……分かってるんですか、こんな回りくどい事してるのもあなたが早死したせいですよ」

黒服「あの女が言うには『腹上死じゃないだけマシね』だそうで」

黒服「全く、何が『君がずっとそばにいてくれる事が僕の願いだ』ですか」

黒服「もっと簡単で即物的な願いにしておけばいいものを」ハァ

黒服「挙句こんな指輪まで」キラリ

黒服「……」




828: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 03:05:22 ID:3PEd5IOY

黒服「そうそう、今朝はお店で『彼氏に求めるもの』なんて話題が出まして」

黒服「夢の事もあって、ついあんな言い方をしましたけど」

黒服「あなたの魅力はそこ以外にもたくさんありますから」

黒服「キスの時に息を止める癖とか、髪をなでてくれる仕草とか、腕枕してくれた時の……あら?」

黒服「ふふ、思い出すのはこんな事ばかりですね」

黒服「ずっとあなたの隣で、もっと色々な事を知りたかったのに……」



黒服「……なんて言っても仕方ありませんね」

黒服「さて、と。そろそろお店に行かなきゃ」



黒服「それじゃあまたね、愛しい少年くん」




829: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 03:13:09 ID:3PEd5IOY

ここまで
黒服さん編終了
エピローグがあるので、もうちょっとだけ続く





830: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/13(日) 13:40:45 ID:PH94OkaM

ついに終わってしまうのかぁ




831: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 18:50:48 ID:EDGmfwHE

エピローグ




832: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 18:51:27 ID:EDGmfwHE

────居酒屋



男「……」

後輩「だぁからですね。男先ぱぁい……」グデングデン

男「あーはいはい、亜人いいよねー。でも総務の猫耳ちゃんに告ってフラれたのはお前自身の問題だろ」

後輩「ねこみみちゃん……うおおおおおおおおん!!」

店員「お客様、漢泣きはもう少し声を抑えていただけますか……」

男「あ、ああすいません、もう帰りますからお勘定を」



男「おい大丈夫かー?」

後輩「いやもう、まじホント平気なんでまかsウォロロロロ」シャバー

男「うわっ、あーもうこの泥酔野郎、ほれ水飲んで口すすげ」

後輩「ほんとすんませんっす」グデングデン




833: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 18:52:41 ID:EDGmfwHE

後輩「だからっすねー、男先輩、俺ぁ亜人がだいっすきでねー」フラフラ

男「だからっていきなり『耳触らせて』はねーよ。セクハラだよ」ヨロヨロ

後輩「あと、まじ亜人好きなんですけどねー……」

男「だからって食事に誘ってくれた受付子ちゃんに『マズルつくってから出直してきて』って言ったらだめだよ」

男「上層部にもファンクラブあるくらいなんだから。受け悪くなって昇進に響くぞー」

後輩「……ぅぇーぃ」ウプ

男「あーあーあー、ちょっと待て我慢しろ!」

後輩「りょうかいっす!不肖ワタクシめはゲロを我慢できまヲロロロロ」マーライオン

男「……」

男「お前とはもう酒飲まない介抱しない」




834: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 18:54:18 ID:EDGmfwHE

────10分後



後輩「あーうー……」

男「とりあえず吐かせきったかな。ゲロも水だけになったし」

後輩「うー……わかりますかせんぱい、亜人の魅力ってのはー、人の生き方と獣の生き方のゆーごーにあるんす」

男「分かるよ、だからもうちょっとしっかり歩け。ほら、肩に掴まれ」

後輩「いや、わかんねっすよー、わかるわけねっすよー」フラフラ

男「てめぇうちの嫁さん、ラミアだぞ」

後輩「いーなー、いーなぁ、俺もラミアと一発やりたいっす」

男「おう、きちんと相手探して手順踏め。ただしうちの嫁に手を出したら殺す、色目使ったら殺す、口説いたら殺す、とりあえず殺す」

後輩「わーってやすって。なんたって壁紙もおくさんの写真なくらいの愛妻家から略奪する勇気はねぇっす」




835: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 18:55:29 ID:EDGmfwHE

prrrr...prrrr...



男「っと、噂をすれば……はいはい」

ラミア『おつかれーぃ。まだ飲み途中?』

男「あーいや、もう追い出された……悪いけど、客間に布団ひいておいてくれない?」

ラミア『へべれけなんだね。背景音にうめき声が聞こえるよ。おっけーおっけー』

男「先寝ててよ。タクシー拾って帰るから」

ラミア『んー?へーきへーき。明日休みだし』

男「悪い」

ラミア『言い直し』

男「ありがと……愛してる」

ラミア『へへー。私もー』

男「んじゃ、タクシー捕まえられたら20分で帰る」

ラミア『はーい。期待しないで待ってるよ。んじゃ』pi




836: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 18:56:05 ID:EDGmfwHE

後輩「あー、まじぇうらやむしっすぇー」グデングデン

男「あーほら、立てよ後輩。亜人の子は酒強いの多いぞ、付き合うなら酒豪でないとな」

後輩「まかしぇてくっしぇーっすよぅ」

男(酒豪と言えば鴉天狗さん、元気にしてるかな)

男(あの豊満で少しだらしない肉体はラミアには無かったなぁ……もう1回……)

男(やめておこう。彼氏くんにも悪いし、俺もラミアに絞られたくない)

後輩「どっかしたっしゅかしぇんぱいぃ……」

男「あーうっせぇ、とりあえずタクシー拾うのに大通りでるからしっかり、自分の足で、歩けー!」

…………

……




837: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 18:57:07 ID:EDGmfwHE

男「ただーいまー」

ラミア「おかえりー。客間に布団、枕元には洗面器と新聞紙と2Lの水とポカリ、着替えはスウェット」

男「完璧。たよりになる奥さんで鼻が高いよ」

後輩「うー」zzz

男「おら起きてくれー」ペシペシ

後輩「んー、どこっしゅかぁ……」

男「俺の家だよ。おら靴脱いで上がれ」

後輩「おじゃましまーしゅ……」

ラミア「よーっぽどひどい飲み方したんだねぇ」

男「同期の子に告ってフラれたんだと。悪い、左腕持ってやって」

ラミア「はいはーい」




838: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 18:59:27 ID:EDGmfwHE

後輩「うー」zzz...

男「おら後輩、ズボンは自分で脱げ」

後輩「そんにゃ猫耳ちゃん、昨日の今日でいきなりは……」ムニャムニャ

男「くそうぜぇ」

ラミア「あはははは!」

男「よっと……なんで俺が男のズボン脱がせてスウェット着せてやらなきゃならんのだ」

ラミア「じゃあ私がやろうか?」

男「……いい、俺がやるからこいつに触らなくてもいい」

ラミア「んふふふー」

男「あーもう、おらスーツも脱げ、Yシャツも」

後輩「ああっ、だいったんっ!」zzz

男「なんてアグレッシブな寝言だよ」




839: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:00:14 ID:EDGmfwHE

ラミア「ほら、男さんも脱いで」

男「え、さすがに今日は……隣で客が寝てるから声殺して、とかそういうパターン?」

ラミア「……ばか。スーツについた吐瀉物の後始末、二人分しなきゃでしょ」

男「ああ、自分でやるって」

ラミア「いいからいいから。ほとんど飲めてないんでしょ、簡単なオツマミとビール用意してあるから」

男「……ありがと。お言葉に甘えるよ」

ラミア「そーのーかーわーりー?」

男「……はいはい、明日の風呂掃除と布団干しはやらせていただきます」

ラミア「ん、交渉成立」




840: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:01:17 ID:EDGmfwHE

男「……」モグモグ



────あなた、亜人を好いていらっしゃる。



男「……」チビリ

ラミア「ふいー。後輩さんのスーツも丸洗いOKの奴で助かったよー。朝一には乾くかなー」

男「おつかれ。グラス冷やしておいた」

ラミア「へへー。よきかなよきかな」

男「……」

ラミア「んじゃ、吐瀉物の臭い漂う素敵な金曜日の夜に、かんぱーい」

男「乾杯」チン

ラミア「……ぷはー」




841: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:02:03 ID:EDGmfwHE

男「……」

ラミア「どうしたの?箸進んでない感じ」

男「あーいや、その……あのカード、まだ持ってる?」

ラミア「キャバクラのお姉ちゃんの個人用っぽいLINEのIDが書かれたキスマーク付きの名刺の事?」ミシ...

男「ちっ、ちがう!つーかあれは接待で仕方なくって言ったよね!?グラス割れるから落ち着いて!」ワタワタ

ラミア「冗談。分かってるって。えーと……」



ガタガタ...ゴソゴソ...



ラミア「はいっ」

男「懐かしいな……っていうか、まだあの店あそこにあるのかな」

ラミア「どーかなー……明らかに違法店だもんね。電話してみたら?」

男「……」

男「いや、俺にはもう必要のないものだよ。ラミアがいる」

ラミア「男さん……」ウルッ




842: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:02:54 ID:EDGmfwHE

男「……ああ、懐かしいな」クルクル

ラミア「そうだねぇ、色々あったね。でもいいタイミングなんじゃない?」

男「そう思う?」

ラミア「思う思う」

男「……ありがとう」

ラミア「うんうん。ほら、もう1杯」

男「さんきゅ」

ラミア「そういや、ユグドラシルの迷宮の制作チームが新作出すって発表あったの、知ってる?」

男「まじで!?……でも会社つぶれたろ」

ラミア「だから、タイトルも会社も違うんだけど制作チームの主要メンバーが一緒なの」

男「予約してもいい?」

ラミア「言うと思ったー。明日から晩酌が第3のビールになっちゃうけどねー」

男「我慢するよ」

…………

……




843: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:03:45 ID:EDGmfwHE

────翌朝



後輩「……いっ、ててててて……」

後輩「……ってぇ、ここどこ?」

男「俺の家だよ」

ラミア「おはよー後輩くん。結婚式以来だねー」

後輩「あ、お、お邪魔してます……」

男「本当だよ、邪魔だよ。お前のスーツ乾くまで仕方なく置いてやる」

後輩「う、うす……っ、あー……ったま痛ぇ……」ジンジン

ラミア「女の子にフラれたくらいで悪酔いする飲み方なんてダメだよー」

後輩「さっせん」

ラミア「ご飯できてるから食べてー」

後輩「え、いいんすか?」

男「仕方ねぇからな」




844: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:04:24 ID:EDGmfwHE

後輩「……」モグモグ

後輩「……」ガツガツ

後輩「……」ズズーッ

後輩「……」モグモグ

ラミア「はい、お味噌汁おかわり。ご飯もあるからたくさん食べてねー」

後輩「……うす」モグモグ

男「……本当に美味しいもの食ってる時って無言だよなー」

ラミア「カニとか?」

男「あれは別にして。俺もおかわりいい?」

ラミア「おうともさー」




845: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:05:41 ID:EDGmfwHE

後輩「……」カチャ

後輩「ごちそーさまでしたっ!」

男「酒のんだ次の朝のしじみの味噌汁って本当にうまいよなぁ」

ラミア「金曜は後輩くんと飲むって聞いてたから準備してただけだよー」

後輩「いや、まじ美味かったっす」

男「……後輩よぅ、茶飲みながらでいいんだが、ちょっと話聞いてくれ」

後輩「……うぇい?」



男「お前、亜人は好きか?」



後輩「え、はぁ、す、好きっすよ」

男「口は堅いか?」

後輩「い、一応……」




846: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:06:21 ID:EDGmfwHE

男「……」チラ

ラミア「私は預かってるだけで、男さんのカードだから男さんの好きなように」

男「……このカードをお前にやろう」

後輩「なんすかこれ……会員証?」

男「裏の番号に電話をかけてみろ。紹介者は誰だと聞かれるだろうから、俺の名前を出していい」

後輩「……は、はぁ」

男「ま、去年の業績良かったし、ボーナスも増えると思うから大丈夫だろ」

ラミア「あー……そこ、重要よね」ポリポリ

後輩「この番号っすね?」ピポパ

男「おいここでかけるな、自分の部屋で夕方にでもやってくれ」

後輩「だから、なんすかこれ」

男「俺の口からは言えない。それと、誰かにペラペラ喋るようなものでもない」



男「俺の次はお前だ。彼女らと仲良くするといい」




847: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:07:19 ID:EDGmfwHE

…………………………………………


………………………………


……………………


……………


……




848: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:07:57 ID:EDGmfwHE

────Milk Bucket受付



黒服「いらっしゃいませ、Milk Bucketへようこそ」

黒服「初めて当店をご利用でございますね、お待ちしておりました」



黒服「こちらがウェイティングルームでございます」

黒服「ああ、まずは緊張をほぐすのにカモミールティをお持ちしましょう」

黒服「それと、こちらが本日出勤しているキャストの一覧です」



黒服「さてお客様……」





黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」



                                   終




849: 1 ◆vgfJH61Cmw 2016/03/13(日) 19:18:06 ID:EDGmfwHE

1年半、読んでくれた方も安価取ってくれた方も、保守してくれた方もありがとうございました
半年以上放置の形になってしまって、本当に申し訳ない

初期案だと、エロゲ風に同じ嬢を2回指名したらルート入るようになってたんですが
こりゃ2回こねーな、と思って男とラミアをくっつけました

喫茶店の後日談とか、
離島に飛ばされた医者が人魚と出会う話とか
れりごー雪女のリメイクとか
不良な鬼娘と教師の話とか
レズちん負けエロとか
何も関係ないファンタジーものとか
クロスものの二次創作とか

書きたいものは色々あるので、また見かけたら応援していただけるとうれしいです

それでは




850: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/03/13(日) 20:25:01 ID:uIpmg2oM

これで終わりか……乙、本当に乙
唯一の心残りといえば俺はヘテロが見たくて龍娘の安価を取ったってくらいだな




・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【※閲覧注意※】見れば見るほど心が病んでくエ□GIFスレ・・・(GIF大量)
【エ□GIF】ちょwwこの駅弁激しすぎワロタwww俺達にできない事を平然とやってのけるAV男...
【GIFあり】韓国アイドルがエ□を追求し過ぎた結果・・・(17枚)
【※炉利注意※】風呂で小便させられてる中●生のGIFヤバ杉、、、(GIFあり)
【※GIF25枚】普通のエ□GIFじゃ満足できなくなった殿方ちょっくら寄っておくれやっしゃスレ。
【H注意】 長澤まさみのこのgifエッッッッッッロすぎンゴwwwwwwww(画像)
男性閲覧注意。「本当にチ●コがデカいやつ」はこうなるらしい・・・(画像)
女子高生、全裸いじめ映像がアウトすぎる(※ 加害者顔モザイクなし)
失踪して行方不明だったアイドル、MUTEKIからAVデビュー!このAV墜ちは闇が深い………
【画像】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像 gif く だ さ い【65枚】他
【驚愕】ガチで性欲が強い女の特徴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【衝撃画像】結婚詐欺女(26)がデカ乳美女でガチでエッロエロすぎてチェリーボーイが騙されるwwwwww
【最終回】彡(゚)(゚)「小料理屋 志衛のスレッドなんやで」
男「おい、日本が従軍慰安婦を認めて謝罪して金も払うってさ」
シトロン「出来ました! ○○で女性トレーナーを調教するマシーンです!」
夜神月「これは全てAV女優の名前だ」



 

SS宝庫最新記事50件