転載元:黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」

1: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 21:49:50 ID:QMg8.K.o

男(……俺があの店を知ったのは1か月前)

男(居酒屋で同僚と飲んだ後だった)

〜〜〜〜〜〜〜

同僚「で、女の好みがなんだって?」

男「亜人がいいと思う」

同僚「おま、獸姦はほどほどにな」

男「亜人は動物じゃねぇよ!第一お前だって混ざってるだろうが!」

同僚「俺は混ざってるだけで発現してねぇもん」

同僚「第一、亜人は同じ形態の亜人としか結婚しないって言うじゃん」

男「それは偏見だよ。少なくとも日本に住んでる……」

同僚「はいはい。お前はもう合コンに誘わないから安心して理想のけもっこを探せ」

男「お前に話した俺がバカだったわ。つーか、ライカンスロープにもなぁ!」

同僚「もういい、って。あ、すいません生ー!」

店員「はーい!」







【※閲覧注意※】見れば見るほど心が病んでくエ□GIFスレ・・・(GIF大量)
【エ□GIF】ちょwwこの駅弁激しすぎワロタwww俺達にできない事を平然とやってのけるAV男...
【GIFあり】韓国アイドルがエ□を追求し過ぎた結果・・・(17枚)
【※炉利注意※】風呂で小便させられてる中●生のGIFヤバ杉、、、(GIFあり)
【※GIF25枚】普通のエ□GIFじゃ満足できなくなった殿方ちょっくら寄っておくれやっしゃスレ。
【H注意】 長澤まさみのこのgifエッッッッッッロすぎンゴwwwwwwww(画像)
男性閲覧注意。「本当にチ●コがデカいやつ」はこうなるらしい・・・(画像)
女子高生、全裸いじめ映像がアウトすぎる(※ 加害者顔モザイクなし)
失踪して行方不明だったアイドル、MUTEKIからAVデビュー!このAV墜ちは闇が深い………
【画像】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像 gif く だ さ い【65枚】他

2: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 21:50:29 ID:QMg8.K.o

…………

……

同僚「じゃなー!」

男「うーい、お疲れさーん」

男「……ふぅ、さて、帰ろうか」

??「失礼」

男「……?」

??「あなた、亜人を好いていらっしゃる」

男「は?」

??「私、紳士と申します。先ほどの居酒屋での会話が耳に入ってしまいまして」

男「はぁ」

紳士「同好の徒、というやつですよ」

男「……」




3: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 21:52:03 ID:QMg8.K.o

紳士「怪しまれるのもごもっとも。私、こういう者です」スッ

男(……この会社、うちの親会社だ……常務……あ)

紳士「サイトにも役員として顔写真が載っていますので、ご確認を」

男「いや、確か新入社員の合同研修で見たことがあります。信じます」

紳士「おや、同じグループ会社でしたか。ですが退社後ですし、堅苦しい仕事の話は抜きで少し話しませんか?」


男(そろから俺とじょ……紳士さんは、互いの趣味について語りあった)

男(人を超える力を持ち、けれどもそれをひけらかさず個性として生きる者たちについて)

男(彼女らの持つ、人ならざる異形の美しさについて)

男(そんな中で……)


紳士「もし、もしも君が本気で彼女らを愛せると言うのなら」

紳士「これを受け取って欲しい」

男(……カード?)

紳士「私には少々重たくなってきたのでね。次の世代の者に託そうかと」

紳士「君ならきっと……彼女たちと仲良くできる」




4: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 21:53:20 ID:QMg8.K.o

男(……紳士さんが急死したのは、その2週間後。心臓発作だった)

男(俺の手元には、あの夜もらったカードがある)

男(クレジットカードサイズ。表面はつやけしの黒)

男(カードの右下にはアルファベットと数字を組み合わせた6桁の数字)

男(裏面には、10桁の番号)

男(裏面の番号は多分電話番号だろう)

男(だけど、なんとなくかけるのが怖くて、この2週間は部屋の片隅に放ってある)

男(一度だけ10桁の番号を検索してみたが、何も関係の無さそうなページが数件ひっかかっただけだった)




5: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 21:55:24 ID:QMg8.K.o

男(だけど俺は今……)

Prrr...Prrr...

??『はい、”Milk Bucket”でございます』

男(つながった)

??「お客様?」

男「えっと、あの、初めて電話します、男と申します」

??「申し訳ごさいません、当店は会員制でして。どなたかのご紹介がないとご入店はお断りしております」

男「あ、いえ、その……会員番号G4052A1の『紳士』さんからカードを譲り受けて……」

??「……話は聞いております。紳士様のご紹介という形で、入会審査となりますがよろしいですか?」

男「はい、お願いします」

??「では、ご都合のよろしい日時をお知らせいただけますか?」




6: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 21:57:19 ID:QMg8.K.o

男(普通に考えたら、ヤバい話だ)

男(身ぐるみをはがされるだけなら幸運。内臓を抜かれて埋められたって文句は言えない)

男(でも俺は、その店に行きたいと思った)

男(紳士さんが亜人たちを語る口調に何かを感じたんだ)

男(大袈裟だけど、そんな紳士さんから託された物を見てみたいと思った)

男(だから俺は会社を定時であがって、銀座の街中の喫茶店で待ち合わせている)

??「男様、ですね?」

男「あ、はい」

男(美形だ……スーツの着こなしも完璧だし。俺の吊しのスーツが余計にみすぼらしく見える)

??「私、本日ご案内をいたします『黒服』と申します」

男「男です、よろしく」

男(ってバカか俺は、なんで名刺出してるんだよ)

黒服「頂戴いたします。申し訳ございませんが切らしておりまして」

男「あ、いや……大丈夫ですよ」

黒服「では、車の中で本日の目的地に向かいながら説明させていただきます」




7: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 21:59:29 ID:QMg8.K.o

黒服「これから男様には簡単に検査を受けていただきます」ブロロロロ...

黒服「血液、尿、精液、唾液、および身長体重内臓脂肪や骨密度などなど」

男「せっ?!」

黒服「キャスト、とキャストを介して他のお客様へ病気を移さないために必要な措置でございます」

男「ちょ、ちょっと待ってお水な店だとは思ってたけど、お風呂なの!?」

黒服「……おや、紳士様から聞いておられませんか?我々の店では一夜の春をご提供しております」

男「愛してやれ、ってそういう意味かよおっさん!」

黒服「おや、ご興味はない?」

男「いやあるけど……」

黒服「きっとご満足いただけると思います。それにはまず……ね」

男「分かりました」ハァ




8: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 22:01:31 ID:QMg8.K.o

男「性感染症の予防に検査は分かりますけど、身長体重に骨密度って必要ですか?」

黒服「以前は感染症だけだったのですが……」

黒服「痩せたお客様がケンタウロスのキャストと騎乗位でお楽しみ中に大腿骨骨折の大怪我を負いまして」

黒服「それ以来、検査の結果や体格によってはプレイを制限する事もございます」

男「はぁ……」

黒服「この病院です。まぁ、病気が見つかったらめっけもん、程度で軽くお考えください」ニッコリ




9: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 22:03:09 ID:QMg8.K.o

…………

……

男「……」

黒服「お疲れ様でした。検査の結果は1週間ほどで出ます」

黒服「その時に入会審査の結果もお知らせしますよ」

男「そ、そうですか」

黒服「精を貯めておいてくださいね」

男「あ、えっ?あ、はい!」

男(って、バカか俺は……何キョドってんだか)

黒服「それでは、私はここで」ペコリ




10: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 22:07:32 ID:QMg8.K.o

…………

……

prrrr...

??「はい、"Milk Bucket"でございます」

男「あの、会員証が届いたのでお電話したのですが」

??「その声は男様ですね。おめでとうございます……って、審査したの私なんですが」

男「く、黒服さんですか?」

黒服「正解です。早速ご予約でよろしいですか?」

男「はい。後は料金とかシステムについて知りたくて」

黒服「基本的には……一晩8万円。これにはキャストの指名料、サービス料、室料が含まれます」

男「ひっ、一晩?!」

黒服「はい。60分でも、開店時間の19時から閉店の翌6時までご滞在されても同じです」

黒服「部屋の冷蔵庫の中のソフトドリンクは無料ですが、アルコール類と食事は別になります」




11: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 22:09:08 ID:QMg8.K.o

男「……」

黒服「百聞は一見にしかず。まずはご来店いただくのがよいかと」

男「はぁ……あ、いや、予約しようとは思っていたんですが……来週の金曜20時とか……」

黒服「はい。当店においでになり、夜伽の相手をお選びください」

男「よと……」

黒服「お待ちしております」クスクス




12: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 22:12:23 ID:QMg8.K.o

男「ここ?本当に?」

男(東京駅から徒歩5分、かなり大きなビジネスビルだけど……)

男「確か12階、と」ポチッ



ポーン

男「エレベーターを出てすぐ。右手の入口……って、1フロアに1テナント?」

??「正確には、12階は入口兼受付で11階から14階のフロアは全て"Milk Bucket"となっております」

男「あ、黒服さん」

黒服「ようこそ。さぁ、こちらへ」

男(外っ面はよくある会社の受付だけど……)

男(中は薄暗くて、いかがわしさ満載だな)




13: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/01(水) 22:15:26 ID:QMg8.K.o

黒服「さて、今日はいかがなさいますか?被虐、嗜虐、純愛、背徳……お芝居や禁忌や倒錯もよいものですよ?」

男「あ、え、えーと……」

黒服「ごゆっくりお悩みください。こちらが本日のキャストです」

男(タブレットのフォトギャラリー……色んな亜人の女の子の写真、うわっ、際どいのばっかり)

男(どの子も可愛いな……どうしよう)

○本日のキャスト○
セイレーン
人魚
アルルーナ
狐娘
二口女
ラミア

黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」

>>14

黒服「すぐにお部屋へご案内できるのは、セイレーンでございます(書き溜めてある的な意味で)




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/01(水) 22:53:46 ID:rdzVGOU6

らみあ




16: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/02(木) 00:55:14 ID:cuzcFGXM

アルラウネのことですね




17: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/02(木) 00:55:51 ID:cuzcFGXM

男「えっと、ラミア……さんで」

黒服「承知いたしました。ご案内いたします」

男「料金は……」

黒服「後払いです。クレジットカードでも受け付けております……ああ、足元に段差がございますのでお気をつけ下さい」

テクテクテク...

男「また、大きなエレベーターですね」

黒服「キャストにはオーガやケンタウロスもいますので……14階へ参ります」ピ

男「それに普通のビジネスビ……」

黒服「……」ニコニコ

男「はい、好奇心は猫を殺す、ですね」

ピンポーン

黒服「賢明なご判断です。さ、どうぞ」




18: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/02(木) 00:57:38 ID:cuzcFGXM

コンコン

黒服「お客様をお連れしました」

???「ありがとう。お通しして」

黒服「どうぞ」

男「あ、はい……」

黒服「では、めくるめく官能の夜をお楽しみください」ペコリ

バタン

???「突っ立ってないでさ、靴脱いで上がってきたら?コート掛けはそこ」

男(普通のマンションの一角みたいだ)

男(……に、してもお風呂なお店だともうちょっと愛想よくしてくれると思うんだけど)

???「うっだぁぁぁっ!!乙ったまじ無理!何これ避けられないし!!」ボフンッ!!

男「!?」

???「あー、あーごめん、こっちの話。私、ラミア。よろしこしこ」

男(ハズレだ)




19: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/02(木) 00:58:57 ID:cuzcFGXM

ラミア「ちょーっと待ってね、今セーブして温泉入って調合して畑と洞窟でアイテム採取して釣りして今の敵に再挑戦するから」

男「ゴッドハンター・極Gでしょそれ……そんだけやったら1時間はかかるんじゃない?」

ラミア「冗談。でもセーブだけはさせて。そしたらちゃーんと相手するから」



男(赤色の髪、縦長の瞳孔、鈍色の蛇の胴体……ちょっと幼い感じするけど、ラミアだ……初めて見た)

ラミア「なに?」

男「えっと、男です。よろしく」

ラミア「今日はよろしくね。初めましてだね……ん、んー」

男「な、何?」

ラミア「彼女とは別れた。1年はいってないなぁ……こういうお店は興味あるけど、なかなか足を踏み込めない。違う?」

男「すごいね、大まか当たってる」

ラミア「気にしないで。適当並べただけだから。大抵、男の人ってそういうもんじゃない?」

男「さぁ?男同士でそういう話をあまりするほうじゃないし」

ラミア「そっか」

ラミア「あ、何か飲もうよ。ホッピーとジンジャーエールでなんちゃってシャンディガフとかどう?一応料金内で作れるよ」




20: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/02(木) 00:59:28 ID:cuzcFGXM

男「もらうよ。部屋の空気が乾燥してるのかな?なんか喉が乾くかも」

ラミア「あ、ごめんね、空調が除湿なんだ、この部屋……これからいっぱい汗かくしね」

男「え、あ、うん」

ラミア「はーい、どうぞー」カタン

男「いただきます」ゴクッゴクッ

ラミア「ちなみに、今日はどうしたい?」

男「ど、どうって……」

ラミア「おまかせでいいなら、私がゴッドハンター・極Gをやりながら尻尾コキになるけど」

男「それはパスかな」

ラミア「じゃ、それ飲んだらお風呂入りながら考えよっか!」




21: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/02(木) 01:02:28 ID:cuzcFGXM

ここまで

安価は1エピソードごとに女の子選択肢で出す予定
モンスターや妖怪の名前書いておけば、拾うかもしれません




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 07:41:57 ID:co7HlOC.

ゲームやりながらとかわろた




28: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:04:25 ID:y860VMBk

ラミア「ネクタイ失礼しまーす」シュルッ

男(うわ、いい匂いがする……)

ラミア「ベルトも失礼しま……あれ、もう臨戦態勢?」クスクス

男「そりゃま、オスですから」

ラミア「えいっ!」ストンッ

男「俺も脱がせていい?」

ラミア「もちろん。スリップ1枚だけどさ……やんっ、くすぐったい」シュルッ

男「腰のくびれ、すごいね」

ラミア「ありがとっ……んっ」

男「おっぱい可愛い」つん

ラミア「大きいほうがいいんじゃない?」

男「俺は大きさより感度重視……かな?」フニフニ

ラミア「そっか、んっ、ふぅっ……積極的だね」サスリサスリ

男「うあっ」

ラミア「ここで始めちゃってもいいけど、お風呂いこっ」




29: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:04:58 ID:y860VMBk

ラミア「じゃ、お背中流しまーす」プニッ

男「うっ」

ラミア「気持ちいい?」

男「うん。なんかコリコリしたの当たってる」

ラミア「あー……うん、おっきい背中好きだから、仕方ない」ニュルンッ

ラミア「あと、ここもキレイにしましょうね」サスッ

男「おあっ……くっ」

ラミア「どう?」

男「気持ちいい」

ラミア「じゃ、こ・こ・もっ」コリッ

男「おっふ、そこっ?!たまが!」

ラミア「で、太股の内側もっ」

男(うわっ、尻尾がまきついて!?)




30: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:05:29 ID:y860VMBk

ラミア「どう?」

男「すっごく気持ちいい」

ラミア「じゃあもっと……」カプ

男「おうあっ?!」

ラミア「耳が弱点かな?」

男「慣れてないだけ」

ラミア「そっかそっか」フゥ...ッ

男「!!」ビクンッ!!

ラミア「慣れてないだけなんでしょ?」

男「……反撃っ!」グイッ

ラミア「あっ、んっ……んんぅっ!」チュッ




31: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:06:34 ID:y860VMBk

チュ...ニュル...チュピ、チュ...

男「んっ……」ナデナデ

ラミア「んふっ、んっ!」クチュ

男(すごい、人と蛇の境目がシームレスで自然な曲線を描いてる……)サワサワ

ラミア「……んっ」

男(背中は人で、お尻も人で、太股あたりから急にグラデーションが始まって……)ナデナデ

ラミア「ぷはっ、情熱的な触り方だね。境目がどこか気になる?」

男「あ……ごめん、実は亜人に触るのって初めてで」

ラミア「じゃあ……泡流そ。ゆっくりじっくり、見て触って、ねっ」サァァァァ...




32: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:07:10 ID:y860VMBk

チャプン

ラミア「ふー。温度大丈夫?」

男「うん」チャプ

ラミア「へへ、どこ見たい?」

男「じゃあ、おへそ」

ラミア「ん」ザバァ

男「おへそだ」ペロッ

ラミア「んっ、そりゃ、おへそだもん」

男「ほんと、くびれすごい」ツツ

ラミア「んっ」




33: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:08:23 ID:y860VMBk

男「太腿の隙間は無いんだ」

ラミア「う、うん……」

男「人の肌も蛇の肌もすべすべ」

ラミア「へへへっ、一応ケアには気を使ってるんだから」

男「模様も綺麗だ」

ラミア「もう……あ」

男「じゃあ……ここは?」チュッ

ラミア「もう……そこは……人の部分でしょ」

男「えー、よく見てみないとなぁ」クパァ

ラミア「あっ、ん、もう……」




34: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:10:24 ID:y860VMBk

男「……」チュルッ、クチュ...

ラミア「あっ、だめっ、んっ……」

男「お尻はどうなってるの?」

ラミア「んと……じゃ、説明するね。恥ずかしいけど」ザブ

ラミア「お尻にあるのは、総排泄孔。ここ」ニュプ

男「そう……?」

ラミア「つまりー、おしっこもうんちもこっちから出る」

男「え、じゃあ、前は?」

ラミア「んーと……生殖孔。ぶっちゃけて言えば……子作り穴?」

男「!?」

ラミア「実際よく出来てると思うけどねー。さてさて、私の蛇の部分触るのもいいけどさー」

男「?」

ラミ「男さんの”蛇”はどうかなー、っと」ナデリ




35: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:12:11 ID:y860VMBk

男「うっ」

ラミア「失礼しまー……ふ」パクンッ

男「はうっ!」

ラミア「んー?ふふっ、んむっ、ちゅっ」

ラミア「はぷっ、んっ!んっ……んぷっ、んく、んっんっんっ!」ジュプッジュプッ

男「うあっ、うっ、く」

ラミア「気持ちいい?手でも擦ってあげるね」クチュクチュクチュクチュ

ラミア「うらふひとかー……たまたまとかー……」パクッ

男「!?!?」

ラミア「んふっ!ろーぉ?ひもひひー?」コロコロシュッシュッ

男「うあっ、あっ!気持ちいいよ」

ラミア「んふー。どうする?ベッド行く?それともー……1回すっきりしておく?」

男「……我慢できなさそうだから、1回すっきりしておく」

ラミア「ふふっ、分かった」ムニュ




36: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:13:45 ID:y860VMBk

男「……ぱ、パイズリのつもり?」

ラミア「つもりじゃないっ!パイズリなの!」

男「えー……」

ラミア「まぁ確かに、あんまり大きくないからさ、気持よくないかもだけど」

ラミア「こうやって乳首を這わせながら鈴口をー」チロチロ

男「うくっ……」

ラミア「我慢汁しょっぱい……あむっ」クチュクチュ

男(舌が亀頭を包み込んで……っ!)

ラミア「んっんっんっ!んっ!!」グプッグジュッ

男「でそ……」グジュグジュ

ラミア「ぷはっ……どこに出したい?顔にかける?髪の毛?口の中?」

男「え、えっと……じゃあ、口の中……ごっくんもしてほしい」

ラミア「分かった。一気にいくね」パクンッ!

男「うわぁっ?!」ジュルッ!!ジュポッ!!ジュポッ!!




37: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:14:50 ID:y860VMBk

ラミア「ぐっ!んぐっ!んっ!じゅるるるるっ!!」ジュッポジュッポジュッポッ!!

男「やばっ、でちゃ……っ!」ブルルッ

ラミア「んっ!!」



ビュブッ!!ビュルルッ!!ビュルルッ!!




38: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:15:27 ID:y860VMBk

男「あ、うあ……っ!!」

男(出てるのに、ぐちゃぐちゃの口の中で吸われてっ!)

ラミア「んー……ふー……ふー……」

男「はぁっ……はぁ……すご……」

ラミア「んぅ」チュポン

ラミア「んべ」デロリ

男(うわ、両手をお皿にして俺の精液受けてる……)

ラミア「すごいプルプルの精液。それにこんなに……溜めてた?」

男「溜めてた……ふぅ」




39: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:16:10 ID:y860VMBk

ラミア「じゃあ、ごっくんするね」チュル...ズズズズ...

ラミア「んー」グチュグチュグチュグチュ

ラミア「ん……んっ」



ゴッキュ...ゴクン...ゴクン...



ラミア「ぷはぁ……濃すぎて、喉いがいが。それに鼻に抜ける匂いすごい」

男「……」

ラミア「蛇そのものじゃないとはいえ、鼻は利くほうだから頭クラクラしちゃう」

男(思った以上にエロい……)ムクッ

ラミア「あは、出したばっかりなのに、2回戦したいよー、っておちんちんが言ってるね。ベッド行こうか」




40: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:17:18 ID:y860VMBk

ポフン

ラミア「えっと、先に謝っとく」

男「え?」

ラミア「あんまり、エッチのバリエーション多くないんだ」

男「……なんでそれがダメなの?」

ラミア「や、だってさぁ……バックで出来ないし、上になるのも得意じゃないし」

男「そんなこと?」

ラミア「そんな事でも、私には大事な問題なの。今月の実績にも如実に反映されてるわけだし?」

男「少なくとも俺は気にしない」

ラミア「……最初はみんな、そう言うんだけどね」

男「……うーん」

ラミア「あ、ごめんごめん。男さんが楽しめればそれが一番なんだ」

ラミア「だ・か・ら、子作りしよっ?」ギュッ




41: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:19:30 ID:y860VMBk

男「子作りって、コンドームは?」

ラミア「なんのために検査受けたの。それに、私達も定期的に検査受けてるし薬も飲んでる」

男「だ、だけどさぁ」

ラミア「時間内無制限なんだから、早くても気にしないし」

男「いや、別に早くないし」

ラミア「ふぅん……ま、そういう事で。あとさ」

ラミ「ゴムの厚さの分だけ男さんが遠くなっちゃう」

男(そこまで言われたら……)グイッ!!

ラミア「きゃっ……あ」

男「可愛い」

ラミア「そんな事ないよ。街を歩いてるとジロジロ見られてクスクス笑われて」

男「可愛いからね」

ラミア「……慰めいらな、あんっ」

男「濡れてるんだ」

ラミア「う、うん……あっ、あっ!」クチュッ




42: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:21:00 ID:y860VMBk

男「おっぱいも……」チュピ

ラミア「うああっ!?あっ!あっ……ん、んっ」

男「……」カプッ、チュッ...コロッ、クチュッ、

ラミア「ふああああっ!あっ!いっしょ、だめ、つぶさないれっ!」ビクンッ!!

男「えー……そう言われるとやりたくなる」

ラミア「うー……もう、いいから、挿れて……」

男「何を?」

ラミア「わ、分かってるでしょ!」

男「分かってるけど言って欲しいの」

ラミア「へんたい……」

男「そういうお店でしょ?」

ラミア「……おとこさんのおちんちんをその……お、おまんこに、ください」クチッ




43: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:22:22 ID:y860VMBk

男「はーい、よくできま……あれ?えっと……どうしたらいい?」

ラミア「横向きがいいよ。抱きまくらを挟むみたいに足をからめて……んっ」

ズズ、ズズズズプッ

ラミア「はいっちゃ、あっ、あんっ!んっ!!」

男「うわっ」

ラミア「あは、入ったね……」ニチュ

男「うん」

ラミア「きもちいい?」

男「すごい、にゅるにゅるでっ、すぐ出ちゃいそう」

ラミア「早くないんでしょ?」

男「う……そ、それくらいラミアの膣が気持よくて」

ラミア「そっかぁ、でも、長く楽しもうよ、ね」チュ

男「うん」チュ、クチュ...




44: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:23:30 ID:y860VMBk

ラミア「……んっ、腰、くねっちゃう……」

男「尻尾が脚にからんで、すごくエッチだ」

ラミア「嫌じゃない?」

男「なんで?密着するの好きだよ。乳首も勃ってるの分かる」

ラミア「ん……もう、エッチな気持ちになってるのばれちゃってるね」

ラミア「ね……動いて」

男「んっ」ズズッ

ラミア「気持ちいい……おちんちんが、子宮口、ノックしてるっ」パチュッ

ラミア「うっく……これ、形、ぴったりっ!」パンパンパンパンッ!!

男「気持ちいいよ、ラミア」

ラミア「うんっ!んっ……キス……」

男「んっ……」チュ

ラミア「んっ!ん〜〜〜っ!!」ビクンッ!!

男(舌が、歯の裏側まさぐって……っ!)




45: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:25:11 ID:y860VMBk

男「ぷはっ!はっ!はっ!」パンッ!!パンパンパンパンッ!!

ラミア「しゅごっ、い……ひもひいい……っあうっ!」グチュッ、グチュッ!!

男「びしょびしょだ」

ラミア「はっ、あ……あうっ……お願い、腕、回してっ!ぎゅって!ギュってして!」

男「うん……んっ、はっ、はっ!」ギュゥゥッ

ラミア「気持ちいい……あっ!」ズプッ

男「一番奥までいった?」

ラミア「うん……んんっ!刺さってるよ、串刺しにされてうっ!あぅっ!」グッチュグッチュグッチュッ!!

男「うわっ、締まるっ!い、いたたたたっ!」

ラミア「ごめ、でも、わたしっ、なんでっ!?こんな急にっ!!きちゃ、ふぅっ!」

ギュウゥゥゥッ!!

ラミア「!!!!!!!!」

男「ああっ!!ごめん、出るっ!!」

ビュルッ!!ビュッ!!ビュッ!!




46: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:26:15 ID:y860VMBk

…………

……

ラミア「……」ハァ...ハァ...

男「……」ハァ...ハァ...









ラミア「お、お疲れ様でした」

男「あ、はい、堪能させていただきました」

ラミア「……ぎゅってされながらイっちゃった」

男「汗でべとべとだね、お互いに」

ラミア「うん……あっ、抜けちゃ……んっ!」

男「ふぅ……」




47: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:27:22 ID:y860VMBk


男「んー?」グチュッ

ラミア「っぎぃ!!」ガクンッ!!

男「すごくエッチな音してるよ?」チュクチュクチュクチュク

ラミア「や、だぁっ!精液、かき回さないでっ!ひだひだに、すりこんじゃやっ!あっあっあっ!!」

男「可愛い声。もっと聞きたい」

ラミア「あっ!あっ!あうっ!うっ!かひっ!?」グチュグチュッ!!

男「汗すごい。しょっぱい」ペロッ

ラミア「ひうっ、喉、だめっ、やぁっ」

男「れる……ぴちゅ、れるっ」

ラミア「耳、だめっ、くすぐったい、あっ、はみはみ、しないでっ」




48: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:29:36 ID:y860VMBk

男「ラミアのクリトリス、真っ赤に腫れて、これ擦ったらどうなるかな?」チョンチョン

ラミア「壊れちゃうよ、きっと……だから、ね、もう、十分気持ち良くなったから」

男「えいっ」クニッ!

ラミア「ひいいいっ!?」プシャッ!!

男「ちょっと潮吹いた?」

ラミア「やっ、やだっ、止まって!中と外と、同時にされたらっ!あっ!あっあっ!」

男「気持ちいいよね?」

ラミア「うんっ!だからもう……だめっ、だめっだめっだめっ!」

男「イキそうだね。膣がピクピクして、きゅうきゅう吸い付いてくるよ」

ラミア「あぁぅっ!そう、なの、イキそ……だ、からぁっ」

男「うん。ちゃんとスピードアップしてあげる」グチュグチュグチュグチュッッ!!

ラミア「あっ、イくっ!イッちゃうイッちゃういっちゃういっちゃういっちゃういっちゃうぅぅっ!!」ギュゥゥッ!!

男「んっ……」チュッ...ゥゥゥゥ



ラミア「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ?!?!」ガクガクガクガクッ!!




49: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:30:34 ID:y860VMBk

ラミア「うあ……」ズルッ

男「ごめん、意地悪しすぎた」

ラミア「う、うん……はぁー……はぁ……」

男「可愛い」

ラミア「これで、2対2だね……」

男「え?」

ラミア「イった回数。ひきわけ」

男「うん」

ラミア「……まだ、10時にもなってないのに、こんなに疲れちゃってどうする?」

男「ぎゅってしてたいな」

ラミア「ん」ギュッ




50: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:32:05 ID:y860VMBk

男「……元カノとはさ、ゴム無しでしたことなくて」

ラミア「うん」

男「こんなに気持ちいいなんて知らなかった」

ラミア「へへ、ドはまりしそう?」

男「しそう。後でもう1回しよ」

ラミア「明日の朝までにカラッカラにしてあげる」

男「お手柔らかに……っと」ブルッ

ラミア「?」

男「お手洗い」

ラミア「お風呂のドアの隣。おしっこする所見てていい?」

男「やめて」

ラミア「冗談だよ。いってらっしゃい」




51: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:33:11 ID:y860VMBk

男「……」ジョボボボボ...

男(……予想以上にすごいプレイだったなぁ)

男(正直、これで8万円は安すぎる……)

男「ふぅ……」

男(嬢はちょっと変わってるけど可愛いし、何より積極的だし)

男(ちょっと散財やめて自炊頑張ろうかな……)



ラミア「あああ〜〜〜〜っ!!」

男「!?」




52: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:34:21 ID:y860VMBk

男「どうかした?」

ラミア「こ、これ!このギルカ男さんの!?」

男「ああ、そういえばすれ違い交換モードになってたか」



<L □□□□□□□□□□□□ R>

Hunter Name :OtokotO
Play time  :971:02
Offline quest:1342
Online quest :___0
Rank     :God Slayer
Character
 /¶
(#゚Д゚)<よろしくお願いします

□□□□□□□□□□□□□□□□□□




53: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:36:04 ID:y860VMBk

ラミア「……」ジィーッ

男「な、なに?いいでしょ別に」

ラミア「なんでモヒカン?」

男「あ、あれ、そこ?」

ラミア「あれ、そこ以外に突っ込みどころあった?」

男「ああいや、その、ランクとかプレイ時間とか。ソロ専で裏ボスまで撃破とか、引かない?」

ラミア「ちょうすごいじゃん!っていうかエッチしてる場合じゃないし!よし今すぐ協力プレイだ」ガサゴソ

男「ちょ、ちょっと待って、なんで8万払ってゲームしなきゃいかんのよ」

ラミア「……あー、まぁ、うん、一理あるか」

男「あるでしょ」




54: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:37:19 ID:y860VMBk

ラミア「んじゃ、明日。明日オフだから、うちおいでよ。予備のACアダプタあるし。そうしよ!ゴドハンやろうよー」

男「……あのさ、そういうのって、お店的にいいの?」

ラミア「しーらないっ」

男「俺が勘違いしてストーカー化したりとか、トラブルがあったら、まずいでしょ」

ラミア「勘違い野郎なの?」

男「違うけど!俺だってオスなんだから、女の子の部屋でゲームしたりしてたら勘違いするかもしれない」

ラミア「じゃあ、リアル集会所で。お金は割り勘。ならどう?」

男「まぁ……それなら」




55: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:38:56 ID:y860VMBk

ラミア「ところでさ。ゲルゲゲンゲ亜種の角破壊が上手く行かないんだけど、なんか上手い方法ない?」

男「……」

男(結局、ゲームの話か。まぁ好きだからいいけどさ)

ラミア「あと大角1つで武器完成するんだよねー」

男「メイン武器は何使ってるの?」

ラミア「パイルバンカー」

男「……それじゃない?ゲル亜種の角って”叩”属性じゃないと破壊できないはず」

ラミア「えっ!?じゃあ早速戦鎚持ってひと狩り……」

男「……」

ラミア「一緒に狩ろうぜ!」

男「……しゃーないなぁもう。1匹だけねー」

ラミア「そしたらまたお風呂入って、ゆっくりしよ、ねっ」




56: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:40:05 ID:y860VMBk

…………

……

パラララッパラー!!

ラミア「いえーい!クエストクリアーっ!」

男「乙ー。部位破壊報酬は?」

ラミア「うん、見てバッチリ!『ゲルゲゲンゲの角』!」

男「……え?」

ラミア「……」

男「大角じゃなくて、角?」

ラミア「下位素材だこれー!?」

男「……なんとなーく、このオチ読めてた」




57: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:41:23 ID:y860VMBk

男「……ふぁぁ」

ラミア「寝ちゃう?温かいミルクでも作ろうか?」

男「それもいいけどさ。もう1回密着したいな」

ラミア「いいよー。今度は尻尾も絡めてさ、一つに溶けちゃうくらいにくっつこ」

男「動けないよ?」

ラミア「ポリネシアン・セックス。結構好き。じんわり暖かくなる」

男「うん。それしたいな」

ラミア「……じゃ、また大きく……」

男「……」ポリポリ

ラミア「こんな所に大角が!」

男「それ、もういいから」

ラミア「待って、ちゃんとバキバキにする……んっ」チュ




58: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:44:35 ID:y860VMBk

男「ん、入りそう」

ラミア「うん……ん、入っちゃったね」

男「このままなの?」

ラミア「そうだよ。離れちゃわないように、尻尾絡めるね」シュルッ

男「……ぞわぞわする」

ラミア「そっか。ん……」チュ

男「ぷは……なんか」

ラミア「ん?」

男「世界に二人だけな気分」

ラミア「隣の部屋もプレイ中だと思うよ?」

男「きーぶーん」

ラミア「あはは、ごめんごめん。今の気持ち、どう?」

男「心臓の鼓動が聞こえる。あそこはつながってて勃ってるのに、心はおだやかっていうか」

ラミア「ね。不思議」




59: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:47:16 ID:y860VMBk

男「今日は初めての風俗で緊張しててさ」

ラミア「うん」

男「でも、すごくリラックスできた。ラミアのおかげ」

ラミア「それってさ、私たちにとって、すごく嬉しい言葉だよ」

ラミア「リラックスできた。楽しかった。また頑張れる、そう言いながら帰っていくお客様を見るの、好き」

男「ラミアは?今リラックスしてる?」

ラミア「してる……かな?でも、お客様を悦ばせるのもお仕事だから、色々とゆるみ切らないようにしてる」

男「ゲームやったりなー」

ラミア「もう、それは言わないでよ」




60: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:48:16 ID:y860VMBk

男「……」ウトウト

ラミア「……眠そうだね」

男「ごめん……」

ラミア「んーん、つながったまま寝ちゃっていいよ。明日の朝、5時に起こしてあげる」

男「ありがと……」

ラミア「キスしよ。おやすみなさいのキス」

男「うん……」チュ

ラミア「おやすみなさい」ナデナデ

…………

……




61: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:48:59 ID:y860VMBk

黒服「ありがとうございました」

ラミア「じゃあ、またね」

男「うん、ありがとう」

ラミア「私、後片付け終わって仮眠とるから……14時に秋葉原駅の電気街改札出た所でどう?」ボソボソ

男「うん」

ラミア「じゃあねー!」

黒服「『またのお越しをお待ちしております』でしょう、ラミア」

ラミア「はーいはい。またのお越しをお待ちしております、男さん」

男「うん、それじゃ」



男(……すごかったな)

男(家に帰ったら思い出しオナニーしよう)

…………

……




62: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:50:19 ID:y860VMBk

男「……昨日の、バリエがないって話だけど」カチャカチャ

ラミア「んー?ああ、うん」

男「『これ』使ってみたら?」カタカタ

ラミア「これ、ってゴドハン?」ピコピコ

男「そそ。コスプレっていうか……はい、尻尾切り成功でーす」

ラミア「ありかなー……あり、なのかな?ラミア用のそういう衣装ってある?」

男「さすがに既成品は難しいよ。自作になると思う」

ラミア「うーん……」

男「後は、今戦ってるこいつのコスプレとか?」

ラミア「下半身蛇だけど、さすがに敵のコスプレは……ありなの?」

男「胸部破壊とか、腕破壊とかって少しずつ衣装剥がしていって」

ラミア「えー」

男「あはは。まぁ、冗談」

ラミア「男さんが来て指名してくれるんなら、やってもいいかも」

男「もう今月は無理。薄給サラリーマンだし」




63: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:51:36 ID:y860VMBk

男(こうして、少し変わった狩り友が俺にはできた)

男(あと、自炊の回数を増やして、昼も自分で弁当を作るようになった)

男(そうしてやっと、月に1回、一夜をすごすのが精一杯)

男(それでも俺はまた……)

ピロリロピン

男「……」

----

From:ラミア@ミルクバケット
添付:fzi48je.jpg (200kb)
本文:
ゲルゲ娘コス、自作したよー!えっちいよ?
他にも装備コス作ったけど、ゲルゲ装備は君のためにとっとくよ
一狩りこない?

----




64: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 19:53:36 ID:y860VMBk

男「……」

----
Title:Re:
To:ラミア@ミルクバケット
本文:
一狩りじゃすまないでしょうが
>ゲルゲ娘コス、自作したよー!えっちいよ?
>他にも装備コス作ったけど、ゲルゲ装備は君のためにとっとくよ
>一狩りこない?

----

ピロリン

男(それでも俺はまた、金も精も吸い取られるあの場所で足を向けることになるだろう)

男(それはまた、別の話)




65: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 20:03:51 ID:y860VMBk

ラミア編 ここまで





69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 20:34:28 ID:bB94ZARw

キタ------(゚∀゚)------!!
エロかわすぎてちょっと身請けしてくる




70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 20:46:22 ID:Gqjy9ANM

やべぇ、エロい




71: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 21:44:44 ID:y860VMBk

男(給料日後の金曜日が来た)

男(今日は午後半休をとってしっかりシャワーを浴びた)

男(オナ禁2週目、亜鉛サプリはこの1ヶ月定期的に飲んでる)

男(さらにっ!今日は500円の栄養ドリンクを飲んだ!)

男(もう一晩中するつもりで……いざっ!)

チーン

男「お久しぶりです」

黒服「お久しぶりですね、男様」

男「また、写真で選ばせてもらってもいいですか?」

黒服「もちろんでございます……どうぞ」

ガチャッ

ウサ耳「もう、お父様ったら……さ、いきましょ」

中年「そうだな。今日も寝かさないぞ」

男(……)




72: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/04(土) 21:46:28 ID:y860VMBk

黒服「男様、この店の会員になる資格はただ一つ『亜人を愛していること』だけです」

黒服「それ以外のことを詮索なさらぬよう、お願いします」

男「え、ああ、分かってます」

黒服「どうぞ、悩んで悩んで悩みぬいてくださいな」


○本日のキャスト○
セイレーン
人魚
二口女
ラミア
鴉天狗
スライム
アルルーナ
龍娘


黒服「ふふふ……今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」

>>74


黒服「ああ、そうそう。上記のキャスト以外にもリクエストがあればできる限りお応えいたします」

黒服「お望みの形態の娘がおられましたら、どうぞ、遠慮なくお申し付けください」




74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 21:51:07 ID:RNTDVOBk

彼女ですか、なら主が烏天狗にどのようなイメージを持ってるのか知りたいので烏天狗で




89: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 12:52:32 ID:qMw0Imuw

男(……鴉天狗?)

男「あの、鴉天狗さんって、日本の方……?」

黒服「はい。東京産まれ高尾山育ち、新宿のカラスは大体友達Yeah、です」

男「なにその謎ラップ……」

黒服「ちょっとした亜人ジョークでございます」

男「……じゃあ、その、鴉天狗さんで」

黒服「はい。男様ならまぁ、大丈夫でしょう。お呼びします」

男「えっ!?何かあるんですか?」

黒服「いえいえいえいえ。ただ少々……彼女の趣味にドン引く方もおられますので」

男「ど、どん引く!?」

黒服「嫌がるキャストを無理矢理絶頂させた男様なら、問題ございません」サムズアップ

男「ちょ、ま、それはですね!」

黒服「そういう、多少痛いのが好きなキャストなので、心に留めておいてください」

男「!?」




90: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 12:56:21 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「おまたせいたしました」

黒服「鴉天狗。今日のお客様です」

鴉天狗「鴉天狗と申します」

男「……」

男(鴉の濡羽色、なんて小説の中だけだと思ってたけど、本当につやのある黒髪)

鴉天狗「男……様?」

男(あれ、羽は隠れてるかな……うわ、おっぱい大きい)

鴉天狗「あの」

男(っていうかなんで巫女装束?修験者じゃないんだ……)

鴉天狗「男様!」

男「え、あ、はいっ!」

鴉天狗「参りましょうか」

男「うん」ニギッ




91: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 12:57:00 ID:qMw0Imuw

???「子どもの遊びじゃなくてさー、大人だって楽しめるんだから、一緒にやってみたらー?」

客「そういうもんかなー?」

???「子どもさんが大きくなってさ、孫とお爺ちゃんでゲームできたら楽しいよ、きっと」

男(……この声)

客「じゃあ、ラミアちゃん、行こうか」

ラミア「うんっ、へへへっ」

男「!!」

鴉天狗「エレベーター、1本遅らせましょう」ボソッ

男「え、ああ、はい」

鴉天狗「……今日は、私だけを見てください」

男「うん……ありがとう」

鴉天狗「いえ……さ、行きましょう」




92: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 12:58:18 ID:qMw0Imuw

カコーン

男「…………ビルの中に、竹林!?鹿威し?!」

鴉天狗「13階は元々、カンファレンスフロアとして造られた階で、天井が高いのです」

鴉天狗「もちろん、竹は造り物ですよ。ただ裏庭と小さい池があって、そこは皆で手入れしてます」

男「へ、へぇ……」

鴉天狗「このフロアは私や龍娘、雪女のような日本の亜人種が主に使っております。ベッドの部屋が良ければそちらに変えますが?」

男「いや、いやいやいや、ここでいいけど」

鴉天狗「良かった。こちらです」

男「……」サクッサクッサクッ

男「玉砂利の音もいいもんですね」

鴉天狗「そう言っていただけると、皆で少しずつ作り上げた甲斐があると言うものです。さ、どうぞ」




93: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 12:58:59 ID:qMw0Imuw

パタン

男「……旅館みたい」

鴉天狗「このお店自体、連れ込み宿みたいなものですし。さ、上着をお預かりしますね」

男「それを言うなら、遊郭じゃあ……」スルッ

鴉天狗「ふふ、そうですね」

男「それにしても、今時連れ込み宿って……ラブホとか言いません?」

鴉天狗「い、いいじゃないですか。旅館みたい、って言ったのは男様で、んっ!」チュッ

男「……」チュ、ピチャ、チュッ、クチュ...

鴉天狗「もう、強引……んっ」




94: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:00:12 ID:qMw0Imuw

男「……」ムニッ

鴉天狗「あっ!んんっ」ムニムニムニッ

男「肩凝らない?こんなに大きいのぶら下げて」

鴉天狗「こり、ます……」

男「だよね。巫女装束の上から分かるくらい、たゆんたゆんなんだもん」タユンタユン

鴉天狗「んっ、やっ」

男「もう1回、キスしてもいい?」

鴉天狗「はい……どうぞ」

男「んっ」ナデナデサワサワ

鴉天狗「……んっ……ん…………ぷはっ!」チュ...レルッ

男「ん?」

鴉天狗「あ、あの、背中は……あまり……」




95: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:00:52 ID:qMw0Imuw

男「……?」

鴉天狗「……いえ、わかります、その、翼を見たいのですよね」

男「そりゃあ、まぁ」

鴉天狗「……見て、後悔するかもしれませんよ」

男「……」

鴉天狗「今ならまだ、チェンジも……」

男「脱いで」

鴉天狗「……」

男「全部脱いで、見せるんだ」

鴉天狗「……ご命令とあらば」



シュル...ストン...

シュルル...パサッ...




96: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:02:13 ID:qMw0Imuw

男「後ろ、向いて」

鴉天狗「……」クル

男「……!」

鴉天狗「滑稽でしょう?歪んで、ねじまがって、飛ぶことはもちろん、羽ばたかせる事すらできない」



男(手のひらサイズの翼……それに骨の歪みと皮膚の癒着が……)

男(翼っていうより火事で焼けた建物にカラスの羽がくっついてるみたいだ……)


男「……どうして、こんな風に?」

鴉天狗「生まれつきですよ。飛べやしないのに鴉天狗だなんて、名乗るのもおこがましい卑しい女です」

鴉天狗「だからどうか……私が卑しい女だと、分からせてください」

鴉天狗「どうか、酷い事をしてください。犯してください」ギュッ

男「?!」




97: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:04:11 ID:qMw0Imuw

男「……本当にそれでいいの?」

鴉天狗「はい。蝋を垂らしますか?鞭で打ちますか?荒縄で逆さに吊るしますか?」

男「ちょ、ちょ、ちょっとまってよ俺にそんな趣味も技術もないって!」

鴉天狗「では、せめて手首を拘束していただけますか?もしよろしければそのネクタイで」

男「なんでちょっと嬉しそうなの?」

鴉天狗「え、そ、そんな事ないです……」

男(ご主人様になりきって、少し強引にいけばいいのかな?)

男「と、とりあえず俺も脱ごうかな」

鴉天狗「ああ、そんな……私にお任せください」ススッ

男「……なんか、こっぱずかしいな」

鴉天狗「そうですか?ふふっ」カチャカチャ...ストン




99: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:08:07 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「いははへふは?わらひほへはは?」ジュルル

男「あー、うん、温かくて気持ちいいよ」

鴉天狗「んぷっ、ありがとうございます……」

男「腕を上げて……そう、頭の上まで。そうしたら、口を開けて舌を出せ」

鴉天狗「あ……もしかして」

男「えずくぐらい押し込んでやるよ。嬉しいか?」

鴉天狗「お願いします……男様のイチモツを喉の奥までくらはい……んっ」

男「おらっ!!」

鴉天狗「おっごっ!うぐっ!!かはっ!?」ブルブルブルッ!!

男「オナホみたいに扱われて嬉しいか?」グジュル、グジュッ!!

鴉天狗「んぐっ!んっ!んふ、ふーっ!ふーっ!ぐっ?!」グップグップグップグップ!!

男「ほら、もっと吸い込んで。舌を絡めるんだよ」グププ

鴉天狗「はひ……んっ!んっ!ん〜〜〜っ!!」ズル...

鴉天狗「ぶはっ……はーっ、はーっ、は、あ、あ……んぐっ?!」グプププッ!




100: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:10:00 ID:qMw0Imuw

男「亀頭から裏筋まで丁寧に舐めるんだ」

鴉天狗「ふぁい……んっ」ズル...クチュ...

男「……上手いじゃないか。何人咥えこんだか知らないけどさ」グイッ

鴉天狗「……ん」フルフル

男「まぁいいや。そろそろ出すよ」

鴉天狗「ぷはっ、はい、くださ────んんっ?!」グイッ

男「ほら、喉の奥で、出すぞ!全部飲めよ!!」

鴉天狗「!?!?」



ビュルッ!!ビュルッ!!ビュルルッ!!



鴉天狗「────────────っ!!」




101: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:11:30 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「!!!!」ブバッ!!

鴉天狗「んーっ!んっ!んぐ、けはっ!かはっ!?おぐっ、ごほっ」ボタボタボタボタ...

鴉天狗「かはっ、ひっ、きひっ!ごほっ!うえっ、あ……」

男「あーあ、零しちゃった」

鴉天狗「ごほっ、けほっ、うえっ……あ」

男「全部飲め、って言ったよな」

鴉天狗「も、申し訳ございません……」

男「どうするの?」

鴉天狗「……」

男「どうするの、鴉天狗さん。行動する前にきちんと宣言してほしいな」

鴉天狗「……い」

男「い?」



鴉天狗「犬みたいに這いつくばって、全部舐め取ります」




102: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:13:16 ID:qMw0Imuw

男「当たり前だろ?粗相したんだからさぁ」

鴉天狗「も、申し訳ございませ……きゃっ!」ドンッ

男「いやらしく音を立てて啜れ」

鴉天狗「承知しました……んっ、はっ」ピチャ...

男「……」

鴉天狗「……ん、うえっ、ん……」ズゾゾッ

男「あのさ」

鴉天狗「は、はい」

男「ここ、何?」グニッ

鴉天狗「んっ!?そ、そこは……その、女性器……です」

男「俗称は?」

鴉天狗「……こ」ボソッ

男「聞こえない」パシィッ!!

鴉天狗「きゃうっ!」ビクンッ!!




103: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:14:50 ID:qMw0Imuw

男「……」

鴉天狗「あ……」

男「尻ひっぱたかれて喘ぎ声上げるとか……どん引きだわ」

鴉天狗「で、ですが、あの……叩かれるの好きで……」

男「まぁ、いいけど……で、女性器の俗称は?」

鴉天狗「お、おまんこ、です……」

男「……それだけ?」

鴉天狗「口内射精されながら、感じて濡れている、いやらしいおまんこ、です……」

男「だよね、これ」グニッ

鴉天狗「あ……」

男「卑しい女っていうか、ただのド変態だよね」

鴉天狗「ちがっ……」

男「いやだってこれ、本気汁出過ぎじゃない?ほら」クプンッ

鴉天狗「はうぅんっ!」




104: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:16:13 ID:qMw0Imuw

男「……指2本、何の抵抗もなく入っちゃったんですけど?」

鴉天狗「あうぅ、うあっ!?」クチュクチュ

男「ほーら、舐めて。まだ床にこぼれてるよ?」

鴉天狗「申し訳……ごじゃいま、へっ、あうっ、うっ!んっ!はうんっ!」

鴉天狗「あ、く、そこ、やめっ、指、膣でまげなひれっ!あぐぅっ!気持ちいいのっ!」

男「うわぁ……」

鴉天狗「あ、は、その、男様、お願い、おねがいですもう……っ、そのっ……」

男「……このままでいいんだ。指だけでイキたい?」クニクニクニ

鴉天狗「あ、あ……あ、ゆび、じゃなくて……」

男「じゃなくて?」

鴉天狗「……ぽ」



鴉天狗「おちんぽ!おちんぽぉっ!!男様のおっきなおちんぽズボズボしてっ!」

鴉天狗「はやくおまんこにおちんぽくださいいっっ!!」

男(……)ドンビキ




105: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:19:08 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「……」クパッ

男「あーもう分かったから、ほら、お尻上げて」

鴉天狗「はい……」ウットリ

男「……」ヌプ

鴉天狗「あ、あっ……はい、って、く、くふ」

男「ふっ……く……締まるっ」

鴉天狗「うあっ、あっ、は……」ネチャッ

男「はは、顔が精液まみれ」

鴉天狗「あ、は……はっ」

男「動くよ」

鴉天狗「はいっ、激しく突いてくださっ!?あっ!あっ!あっ!」パン!パン!パンッ!!

男「気持ちいいんだ」

鴉天狗「はひっ!気持ちいいっ!いいのっ!ごしごし擦って!擦っ、う、くふっ!」




106: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:20:17 ID:qMw0Imuw

男「ふぅ……」ピタ

鴉天狗「あ、あ……」

男「なに?」

鴉天狗「い、意地悪……しないで……」

男「ん?」

鴉天狗「う、うごかしてっ!」

男「んー、何をー?」

鴉天狗「おち……んぽ……」

男「こんな風に?」グールグール...

鴉天狗「あ、や、ちがう……もっと、奥、突いて……ください、やだ、入口切ないの……いやぁ……」

男「じゃあ、一番奥まで挿れてやるからな」グッ

鴉天狗「あ……え?」

男「よっこい……しょ」グルンッ

鴉天狗「ふあああっ!?あっ!あっ……くっ!」ビクンビクン




107: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:22:14 ID:qMw0Imuw

男「で、こう……」グルッ

鴉天狗「あ、やだ、丸見え……」

男「この態勢、なんていうか知ってる?」

鴉天狗「ま……まんぐり返し……です」

男「つながってる所、泡だってるの分かる?」

鴉天狗「は、はひ……あっあっあっ!あっ!!!」グプンッ

男「うわっ!やっばいこれ、すぐ出ちゃいそうなくらい締まるな」グッチュグッチュグッチュ!

鴉天狗「あっ、あんっ!あんっ!気持ちいいのっ!」

男「もっとペースあげるよー」パンパンパンパンッ!!

鴉天狗「あっ!あ゛ーっ!!あ゛ーっ!」ガクンッ!ガクンッ!

男「どう?子宮押し潰されてる気分は」

鴉天狗「ん、ぎぃっ!いっ!いっ!いっ!!」

男「聞いてないね……」




108: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:24:20 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「はぁー……あー……あっ、くふぅ……うああぁ……」トロン

男「そのトロ顔かわいい」

鴉天狗「あひぇ……うあっ!くひんっ!」パンッ!!

男「ほら、頑張って締めて。もう少しだよ」

鴉天狗「あっ、うんっ、くは……うあっ……」

男「イきそう?」

鴉天狗「はひ……ずっとちっちゃいの、きへ……こえ……しゅごいの……」

男「じゃあ、ラストスパートだ」ググッ

鴉天狗「あっ……あっあっあっ、ひきぬかれちゃ、あっ!ひっ!」

鴉天狗「はい、ってぇっ!はぐっ!ぬかれて、はいって!うごっ、うごいてるっ!おちんぽっ!!」

男「くっ……出すぞ、出すぞ出すぞ出すぞっ!!」パンパンパンパンッ!!

鴉天狗「うんっ!うっ!くあっ!あっ!ひぃっ!いく、イッちゃう!あああっ!!」

ビュッ!!ビュッ!!ビュッ!!

鴉天狗「ひっ!うあっ……あっ……あ……」チョロ……ッ




109: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:28:20 ID:qMw0Imuw

男「ふーっ……ふーっ」

鴉天狗「あ、あああ……とま、って……いやぁ、とまらない……」ジョロロロ...

鴉天狗「あ、や……かかっちゃ……あ……あー……」

チョロロロ...パチャ、パチャ...

男「……ん」ヌポンッ

鴉天狗「はうっ……」ビクン



ドチャッ


男「……」

鴉天狗「……」フゥ...フゥ...




110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 13:30:55 ID:qMw0Imuw

男「あ、あの……大丈夫?」

鴉天狗「はい……」

男「とりあえず、シャワー浴びなよその……色々ぐちゃぐちゃだし」

鴉天狗「……」ヨロロ

男「ほら、急いで急いで。後で俺も行くからさ、お湯張ってよ、ね」

鴉天狗「は、はい……あ、そんな、床はそのままにしておいてください」

男「そういうわけにもいかんでしょ……雑巾か捨ててもいいタオル、ない?」

鴉天狗「あ、ありますけど私がやりますから!」

男「じゃあ、お湯だけ張ってさ、戻ってきてよ。それから二人で掃除」




111: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 13:34:02 ID:qMw0Imuw

…………

……

男「はい、ビニール袋に入れて縛っておけば、よし、っと」

鴉天狗「お、お客様に掃除させるなんて、申し訳ございません」

男「いいっていいって。それよりお風呂入ろ」

鴉天狗「は、はい。お背中流しますね」

男「あー……うん、おねがいします」




112: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 14:48:12 ID:qMw0Imuw

カポーン



男「この、カポーン、だけで風呂場を表現できるってすごいよな……」ザブン

鴉天狗「え?」

男「あーいや、なんでもない。に、しても小さいとはいえ木の浴槽とは……」

鴉天狗「表面だけの偽物ですけどね」チャプン

男「……」

鴉天狗「……」

男「あの、さ」

鴉天狗「はい」

男「やっぱ俺、ああいうの向いてないわ」

鴉天狗「ああいうの?」

男「あー、酷くする系」

鴉天狗「……そうですか?かなり気持ちよかったですけど」




113: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 14:49:24 ID:qMw0Imuw

男「鴉天狗さんはそうかもしれないけど……俺はもっとラブラブなのがいい」

鴉天狗「そうですか……」ションボリ

男「まぁ、そんなわけでこっちおいでよ。背中向けて俺にもたれかかってさ」

鴉天狗「はい……」チャプ

男「……」ギュ

鴉天狗「……」

男「もっと体重預けていいよ」

鴉天狗「は、はい……」

男「苦手?こういうマッタリしたの」

鴉天狗「に、苦手というか経験少なくて」

男「ま、のぼせない程度にのんびりしようよ」

鴉天狗「はい」




115: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 14:52:18 ID:qMw0Imuw

…………

……

男(とか言いつつ結局)

鴉天狗「はっ……んっ……はっ、はっ、はっ……」ヌチッ...ヌチッ...

男「気持ちいいよ」

鴉天狗「本当ですか?いつでも、出して、くださっ……あんっ」

男「そんなにすぐ出したらもったいないよ」ムニムニ

鴉天狗「あっ、あっ!そこ……乳首はっ……!」

男「えー、なにー?」クリクリクリッ

鴉天狗「!!!!」

男「弱いんだ」

鴉天狗「はい、だから」

男「集中的に?」

鴉天狗「ちがっ、あっあっあっあっ!」




116: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 14:53:40 ID:qMw0Imuw

男「あー、あのさ、このまま最後までいってもいいんだけど」

鴉天狗「は、はい……」

男「せっかくお風呂でしてるんだからさ、ちょっとやりたい事があるんだ」

鴉天狗「……?」

男「とりあえず、風呂桶から出ようか。抜くね」

鴉天狗「は、はあ、あん」ニュポン

ザバァ...



男「はい、すりガラスの前に立ってー」

鴉天狗「?」

男「はい、すりガラスにおっぱい押し付ける」ムニッ

鴉天狗「ひゃっ!?」

男「じゃ、後ろからいれ……あ」

鴉天狗「?」

男「これじゃ俺が潰れおっぱいを楽しめない……」




117: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 14:54:39 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「……」

男「俺が脱衣所に行けば……いやそれじゃエッチができない……」

鴉天狗「…………」

男「エリ・エリ・レマ・サバクタニ……」

鴉天狗「そんなに絶望するようなことなんですかそれ?」

男「……だって!こう……こう!!ね、分かるよね?」

鴉天狗「全くもって分からないんですが……」

男「あ、写真撮っていい?」

鴉天狗「撮影禁止です」

男「むぅ……」

鴉天狗「仕方ないですね。男様、一旦お風呂に戻りましょ」

男「え、あ、うん」




118: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 14:55:11 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「じゃあ、縁に腰掛けていただいて」

男「ん」

鴉天狗「失礼しまふ」パクッ

男「おうふ」

鴉天狗「んぷ……んちゅ……んっ」チュパッ

鴉天狗「ん……んぷ、んっ、んっ」クプッ...クプッ...

鴉天狗「ぷはっ……ふふ、ご立派なものをお持ちですね」ツンツン

男「はは、ありがと」

鴉天狗「で、この大きくなったものを……」パフ

男「!!」

鴉天狗「いははれふ?ふぁいういへはは?」

男「なんとなく何言ってるか分かるけど、うん、気持ちいいよ」ナデナデ

鴉天狗「んふっ、ん……ん」ピチャッ




119: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 14:55:58 ID:qMw0Imuw

男(ほんと、挟まれてる、って感じだ)

男(ムチムチで、唾でぬめって擦れて……)

鴉天狗「んふ……んぅ」カプ...

男「くっ」

鴉天狗「ふふっ、んっ」ニチュニチュニチュ

男「うわ、わ」

鴉天狗「出してくださいね」クチュクチュ

男「う、うん」

鴉天狗「ふふ」

男「やば、我慢きかな……っ」ブルルッ

鴉天狗「はい、どうぞ」ニチュニチュ

男「!!」ビュッ!!ビュッ!!

鴉天狗「あ、わ……3回目なのに……顔も胸もベトベト……」

鴉天狗「んむ、んー……でもさすがに1回目より薄いですね」ペロッ...コクン...




120: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 14:57:00 ID:qMw0Imuw

男「……」トプン

鴉天狗「やはり、口と胸では不満でしたか?」

男「え、いえいえ、堪能させていただきました」

鴉天狗「そうですか。悦んでいただけて何よりです」

男「うん」

鴉天狗「いかがなさいます?お布団で4回戦?」

男「あー、いや、少しゆっくりしたい」

鴉天狗「では、縁側に参りましょうか?」

男「……ほんと、なんでもありっすね」




121: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:01:51 ID:qMw0Imuw

男(浴衣まで用意されてるとは……)

鴉天狗「お似合いですよ」

男「いや、鴉天狗さんの方がエロ……似合ってます」

鴉天狗「あー……普通に着つけても胸元開いちゃうのであまり見ないでください」

男「それは、雨上がりの虹に見とれるな、ってことですか?」

鴉天狗「まぁ、口説き文句も達者ですこと……でも、ありがとう。外国の方にも好評なんですよ、これ」

男「外国人も来るんですか!?」

鴉天狗「ええ……詳しいことはお話できませんがその……ラテン系な国の閣僚さんとか……」

男「ぱねぇ」

鴉天狗「私と龍娘さんでおもてなしいたしましたが、この部屋や浴衣をいたく気に入ったご様子でした」

鴉天狗「汚職バレとクーデターで最近は来日どころの騒ぎではないようですが」

男「は、はは……」




122: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:02:50 ID:qMw0Imuw

男「本当、照明とあいまって、縁側で夕涼みしてる気分になるなぁ」

鴉天狗「何か飲まれます?」

男「ビール、かな」

鴉天狗「別料金ですよ?」

男「いいよ。一緒に飲む?」

鴉天狗「では、お相伴にあずかりますね」

男「飲めるほう?」

鴉天狗「しょうしょう、ですかね」

男「良かった。飲めないのに無理されてもつまんないしね」

鴉天狗「では、準備してまいります」




123: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:05:50 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「どうぞ」

男「あ、どうもどうも」コポコポ...

鴉天狗「では私も失礼して……」

男「あ、だめだめ、最初の1杯だけは注がせてよ」

鴉天狗「ありがとうございます」コポコポコポ...

男「んじゃ、乾杯」チン

鴉天狗「んく、んく、んく……ぷはーっ!」カラッポ

男「……大した飲みっぷりで」

鴉天狗「え……ですから”升升”と」

男「……」ポクポクポク...



チーン

男「酒豪通り越してうわばみじゃん!?」

鴉天狗「ふふふ、分かっていただけて幸いです」




124: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:07:11 ID:qMw0Imuw

男「ふぅ」

鴉天狗「まぁ、顔がもう赤くなってますよ?」

男「お酒は好きだけど、強くないんだ」

鴉天狗「一番幸せなお酒の飲み方だと思いますけど」

男「そうかな」

鴉天狗「はい。おかわりはいらないですよね」

男「うん……ねぇ、鴉天狗さん」

鴉天狗「はい」

男「膝枕、してもらってもいい?」

鴉天狗「はい、喜んで」

男「失礼します」ポフ

鴉天狗「はい、どうぞ」




125: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:09:25 ID:qMw0Imuw

男「一度やってみたかったんだよね……『酔うて枕す、胡蝶美人の膝枕』」

鴉天狗「『一夜過ぎれば、昨夜の未練、さらになし』」

男「知ってるんだ」

鴉天狗「そうですね。昔、家庭教師の先生に教えてもらいました」

男「ひでぇ先生だな、男が風俗で遊んだよー、って内容じゃん」

鴉天狗「あはは、今思えば、そうですよね」

男「……」

鴉天狗「……」

男「俺、酔った後って記憶が残らないタイプなんだよね」

鴉天狗「え?」

男「だからさ、いろんな話を聞いても翌朝忘れてることってよくあるんだ」

鴉天狗「……」

男「今日会ったばかりだし、解決しないかもしれないけどさ」

男「話すとすっきりするかもよ?」




126: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:13:12 ID:qMw0Imuw

男「ああ、もちろん無理強いはしないし、変な詮索もしない」

男「でもさ……なぁんかこう……」

鴉天狗「無理、しているように見える?」

男「……うん」

鴉天狗「……私は……その」




127: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:15:08 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「男様は、鴉天狗で有名な土地を知っていますか?」

男「えっと、京都の鞍馬山、東京の高尾山、あとは……長野……だっけ?飯縄権現」

鴉天狗「そうです。変な言い方ですが、御三家ですね」

鴉天狗「私も高尾の血筋です」

男「……」

鴉天狗「血筋。格式。そんなくだらないものにこだわり続けて」

鴉天狗「血が濃くなりすぎたのでしょうね。私は……こんな翼で生まれてきました」

鴉天狗「誰からも期待されない日々。お前は恥だと罵られる日々」

鴉天狗「そんな私でも、本当なら京都の名家に嫁ぐはずだったんです」

男「……だけど、そんなのはイヤだった?」

鴉天狗「はい。御山の中だけではなく、自分の目で世界を見たかったんです。それに」



鴉天狗「世界は広い、と教えてくれた先生はとても素敵な方でした。世間知らずの小娘が恋に溺れるくらいには」




128: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:19:10 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「後はもう、そこらにある三文小説と変わりません」

鴉天狗「手に手をとって駆け落ちしたはいいけれど」

鴉天狗「優しかった先生は豹変し、お酒と博打にかまける毎日。私は年を偽って夜の街」

鴉天狗「最後は借金だけ背負わされて彼はドロン」

男「あー……うん、それは、ひどいね」

鴉天狗「大丈夫。もう借金も返し終わってます」

男「じゃあ」

鴉天狗「……そうですね。やめてもいいんですけど」

鴉天狗「飛べないんだから、地面を這いつくばるしかない出来損ないの女には……」

鴉天狗「悪い男に騙されて、自分の体を安売りする女には春を売る店はお似合いの場所だ」

鴉天狗「そんな風に思考停止していられるから、でしょうか」

男「……」




129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 15:19:58 ID:PHlNfrh.

ここらへんでピンポイントで胸が痛くなるラミアちゃん入れてくるあたりイッチは上手い
はやく金貯めてラミアちゃんと鴉天狗ちゃんを貰わなきゃ(使命感)




130: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:23:55 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「後はもう、そこらにある三文小説と変わりません」

鴉天狗「手に手をとって駆け落ちしたはいいけれど」

鴉天狗「優しかった先生は豹変し、お酒と博打にかまける毎日。私は年を偽って夜の街」

鴉天狗「最後は借金だけ背負わされて彼はドロン」

男「あー……うん、それは、ひどいね」

鴉天狗「大丈夫。もう借金も返し終わってます」

男「じゃあ」

鴉天狗「……そうですね。やめてもいいんですけど」

鴉天狗「飛べないんだから、地面を這いつくばるしかない出来損ないの女には……」

鴉天狗「男に騙されて借金まで抱えるような女には、春を売る店がお似合いだ」

鴉天狗「そんな風に思考停止していられるから、でしょうか」

男「……」




131: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:26:19 ID:qMw0Imuw

男「進化なんじゃないかな」

鴉天狗「え?」

男「こんなビルだらけの東京じゃ、自由に飛び回るわけにもいかないし」

男「満員電車で大きな羽を背負ってたら、迷惑だろうし」

男「だから……そんな、飛べないとか、出来損ないとか言わないでさ」

男「例えばそう……進化とか環境適応とか。そういう言い方してもいいんじゃない?」

鴉天狗「……そうでしょうか」

男「そうでしょ」

鴉天狗「……ありがとうございます」




132: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:30:02 ID:qMw0Imuw

男「あー、いいのいいの。酔っぱらいの戯言だから」

男「あ、それよりさー」

鴉天狗「はい」

男「せっかくだし、浴衣の帯でお代官様ごっこしたいんだけど」

鴉天狗「あの、帯をぐるぐる回してほどく奴ですか?」

男「そうそう。ぐへへ誰もここへは入れぬわぁ、ってやつ」

鴉天狗「……お酒入ってるから、ぐるぐる廻ると吐いちゃいそうです」

男「oh……」

鴉天狗「……でも」

男「?」

鴉天狗「まだまだ夜は長いですよ、お代官様」チュ

…………

……




133: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:31:13 ID:qMw0Imuw

鴉天狗「またのご来店をお待ちしております」ツヤツヤ

男「また来られるように、仕事頑張るよ」ゲッソリ

鴉天狗「はい……って、あの、大丈夫ですか?」

男「大丈夫、今日はもう寝るだけだから。それじゃあ」



チーン...ガコン...

鴉天狗(私の羽は……出来そこないなんかじゃない、か……)

黒服「お客様はお帰りになられましたか?」

鴉天狗「はい……あの」

黒服「何か?」

鴉天狗「少し、お話が……」




134: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 15:36:55 ID:qMw0Imuw



鴉天狗編 ここまで




136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 15:50:20 ID:BQu5CU.k

男が万能でわろた




138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 16:09:28 ID:NaPAiR8g


ラミアちゃん営業成績悪いって言ってた割にちゃんと(固定?)客いるじゃん
喜ばしいやら悲しいやら




140: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 20:55:31 ID:qMw0Imuw

チャリン

男「……500円玉貯金、けっこうたまったなぁ」ジャラジャラジャラ...

男「目指せ、月2でミルクバケット……!」

男(とはいえ1日500円貯金して、1ヶ月で1万5千円……月2どころか1年に1回、おまけで遊びにいけるレベルだけど……)

男「酒を控えてるのと定期代浮かせるのに1駅歩いてるからか、体重も体脂肪も落ちたのは嬉しい誤算か」

男「『最近付き合い悪いけど、彼女でもできたのか?』なんて同僚にはからかわれたけど」

男「できてないんだな、これが!」ハァ




141: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 20:56:34 ID:qMw0Imuw

prrrr...

男「さて、今度はどの娘指名しようかな」

???『はーい、Milk Bucketです!』

男「……もしかして、ラミア?」

ラミア『ありゃ、男さんだ。お久しぶりでーす。来店のご予約?』

男「まぁねー。黒服さんは?」

ラミア『今、用事で外出てるからお留守番』

男「へーぇ……あ、次の木曜日なんだけど、予約できそう?」

ラミア『うん。あ……けっこうお客さん入ってる。キャストの指名もしておいたら?』

男「やっぱ、3連休の前だから混むのかなぁ」




142: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 20:58:23 ID:qMw0Imuw

ラミア『あ!この前来た時、鴉天狗さん指名したんでしょー?』

男「あー……うん、ごめん」

ラミア『いや、いいんだけどさー。その後ゴドハンで遊んだ時、なんで言ってくれなかったの?』

男「や、そこは公私混同しない方針で」

ラミア『……ふぅん、ま、いいけど』

ラミア『そうそう。男さんのアイデア、例のゴドハンのコスプレさー』

男「評判いい?」

ラミア『いや、あんまりー……ネタ分からない人のほうが多い、かも。おじさん多いし』

ラミア『んでも、特撮やゲームの話題とか、お客さんの子どもさんが見てるアニメの話とかで盛り上がるようになった』

男「お客さん増えたんだ。よかったじゃん』

ラミア『よくなーい!男さんに指名された時、先約があったらどーすんのー?』

男「え、それって……?」

ラミア『たっ、ただの営業トークですっ!さ、とっとと指名してくださいっ!!』




143: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 20:59:53 ID:qMw0Imuw

男「えっと、その日って誰がいる?」

ラミア『んーと……あ、ちょっと待って……うぉっほん』

ラミア『今宵は誰と、一夜の愛を育みますかー?』

男「もしかして、黒服さんの真似?」

ラミア『どう、似てる?』

黒服『全っ然似てませんよ』

ラミア『ひえっ!?い、いつからそこに!?』

黒服『この前、鴉天狗さん指名したでしょ、の辺りからです。なかなか楽しげなお電話ですね……ちょっとこちらへ』

ガタッ!!!ガタガタガタッ!!...チョ、チョットマッ!ヒィャァ-----!!!



男「……」




144: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/10/13(月) 21:02:09 ID:qMw0Imuw

黒服『失礼いたしました男様。改めまして……』コホン

黒服『誰と一夜の愛を育みますか?』



○出勤するキャスト○
セイレーン
人魚
二口女
ラミア
スライム
アルルーナ
龍娘
デュラハン
ワータイガー [新人]

黒服『その他、リクエストも承ります』
   ワルキューレ  チュパカブラ
黒服『戦乙女から UMA まで、立派な遊女に仕立てあげて差し上げます……ふふふ……』

男「いや、チュパカブラは勘弁……えっと……」

>>145
ある程度、体型やシチュも受け付けないでもない




145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 21:04:16 ID:AerC2ww.

可能ならフェアリー

無理そうならアルルーナ、ちっぱいだと尚良いです




149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 23:08:17 ID:r3Z0bzIs

ラミアたんをもう一回指名したくもあるが他の娘も見てみたいくっそおおおおお




150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 23:59:24 ID:PHlNfrh.

アカン これじゃあ貯金がなくなるぅ




176: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 09:30:50 ID:jCShu3O.

男「フェアリー」



黒服「……ぱぁどぅん?」

男「ですから、フェアリーが在籍してたりしないかなぁ、と」

黒服「あの、男様……フェアリーというのはあの、耳が尖っていて」

男「小さくて」

黒服「空を飛ぶ、”あの”フェアリーですか?」

男「はい」

黒服「かしこまりました」

男「おおっ」



黒服「ではフェアリーを手配しますので、男様が絵本から追い出していただけますか?」

男「oh……」




177: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 09:31:41 ID:jCShu3O.

男「いませんかー」

黒服「さすがに、実在しない生物は……それに」

男「それに?」

黒服「仮にいたとして、人ではないんです、アレは」

男「え?」

黒服「考えても見てください。新生児ですら平均身長は50cmもあるんです」

黒服「体長10cmの人型の生物がいたとしても、それは『ヒト』の姿に擬態した別の生き物……例えば、昆虫と捉えるほうが自然です」

黒服「そのサイズの生物の脳の大きさや声帯の仕組みを考えるとコミュニケーションなど土台無理な話」

黒服「当店はあくまでも『亜人』と疑似恋愛する場、虫けらにお客様のご相手をさせるわけにはいきません」

男「は、はぁ……」




178: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 09:34:29 ID:jCShu3O.

黒服「そんなわけで、フェアリー以外でお願いします。アルルーナはいかがです?彼女のオイルマッサージは天にも昇る心地よさ」

男「え、ああ……じゃあ、その、アルルーナさんで」

黒服「かしこまりました。お待ちしております」

カチャ



黒服(……)

黒服「ま、それはそれ、やり方次第なんですが……」クスクス




179: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 09:36:23 ID:jCShu3O.

コン、コン

黒服「どうぞ」

猫耳娘「VIPなお客様がお見えにゃ」

黒服「部屋までは私がご案内しますので、VIP用の待合室へお連れしてください」

猫耳娘「うに゛ゃ」

黒服「なんですその顔」

猫耳娘「あのおっさんは脂ぎっててきらいだにゃ。動物性油脂、不飽和脂肪酸の臭いだにゃ。おいんくおいんく」

黒服「粗相をしてはいけませんよ?」

猫耳娘「わーってるにゃ、わーってるにゃぁ……お尻撫でられてもアゴをごろごろされても我慢だにゃ」

黒服「よしなに」




180: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 09:39:30 ID:jCShu3O.

…………

……

黒服「お待たせいたしました」

中年「生きているものが入ったと聞いて、仕事は部下に押し付けてきたよ」

黒服「まぁ、部下の方々は働かせて、ご自分はこんな所へ?悪いお方」フフフ

中年「若い時の苦労は買ってでもするものさ。さぁ、案内してくれたまえ」

黒服「かしこまりました。どうぞ」スッ...ギュ



中年「で、きちんと私の要望には応えてくれているんだろうね」コツコツコツ

黒服「それはもう……ちょっと失礼」コツコツコツ

中年「それは?」

黒服「エレベーターをVIPフロアへ動かすためのカードキーですわ」

中年「徹底しているね」

黒服「浮世のつまらないルールに縛られない場所。非日常への入口。マヨヒガへの道標、といった所でしょうか」クスクス




181: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 09:41:10 ID:jCShu3O.

ピンポーン

中年「真っ暗だな」

黒服「しばしお待ちを。灯りをおつけいたします」カチン

中年「ランタンとはね。これも演出のひとつかい?」

黒服「はい。ビルの中で火を燃やすと面倒なので、LEDですが」

中年「それになんだこの……甘ったるい匂いは」

黒服「鎮静効果のある香を焚きしめています。こうでもしないと暴れるもので……どうぞ」カツコツカツコツ...

中年「いざ、本番という時にマグロでは困るのだがね」カツコツ...

黒服「そこはご安心ください。我々もプロですから」

中年「プロ、ね……」



黒服「さて」カツコツカツコツ...



カツン




182: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 09:44:01 ID:jCShu3O.

中年「……焦らすのが得意だな、君は」

黒服「空腹は最高のスパイスと申しますから」

中年「餓死しては意味がないだろう?」

黒服「ふふ、この扉の先ですわ。中に誰も入れるな、と承っておりますので、中にカットフルーツとサンドイッチ、お飲み物をご用意いたしました」

黒服「インターホンの他に、緊急用のベルがございます。押すと警備の者が参ります」

黒服「他にご質問は?」

中年「いや、ないな」

黒服「では、このランタンをお持ちください。中に灯りはありません」

中年「ありがとう。帰る時には連絡するよ」

黒服「はい、それでは……めくるめく官能の夜をお楽しみくださいませ」



ギィィ...




186: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:42:25 ID:jCShu3O.

続き投下

陵辱シーン有




187: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:43:05 ID:jCShu3O.

ィィ...

?????「……」ビクンッ



バタム

中年「ほほっ、これはこれは……上物じゃあないか」

?????「ヒト、か……」ジャラ

中年「体長50……いや、60cmかな?翅の欠損もないし顔色も良さそうだ」

中年「肌の色ツヤもいいし、何より首輪と目隠しがよく似合う」グフフ

中年「全く、いいフェアリーを用意してくれたよ、彼女は」




188: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:43:41 ID:jCShu3O.

フェアリー「……」

中年「さぁ、隅から隅までよく見せておくれ」

フェアリー「……来るな」

中年「うぅんいいねぇ、その恐怖に染まった声。もっと近くでよく見せ────」

フェアリー「うぁぁっ!!」ヒュッ!!!



ガシャンッ!!




189: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:44:39 ID:jCShu3O.

フェアリー「がっ、ぐっ……」

中年「おっと危ない危ない。首輪の鎖が後10cm長かったら喉笛が噛みちぎられていたかもね」

フェアリー「殺してやる……っ」ガシャンッ!!

中年「いいねぇ。でも、主人に噛み付く行儀の悪い娘にはおしおきだな」

中年「ええと、確かこの辺りに……ああ、あったあった」

フェアリー「……何をする気だ」

中年「言ったろ?お仕置きだって。少しビリっとくるけど、我慢しなさい」

中年「おじさん、じゃじゃ馬娘をおとなしくするのがだぁい好きなんだ」

フェアリー「く、来るな!!」

中年「だぁめ」



バヂンッ!!




190: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:45:30 ID:jCShu3O.

……

フェアリー「う、く……あ……が……?」

中年「目が覚めたみたいだね」

フェアリー「……!?」ジャラリ

中年「気に入ってくれたかい?君サイズの拘束台さ」

フェアリー「は、はなせ……」

中年「ふぅむ、まだ元気いっぱいだねぇ……うつ伏せで腕も脚も拘束されてるっていうのに」

フェアリー「貴様のような下衆な人間が、私に触れていいと思っているのか!?」

中年「……君、いい加減にしないと」

フェアリー「なんだ、どうする?鳥かごに入れて見世物にでもするつもりか?」

中年「いいや」



中年「翅をもぐ」




191: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:46:56 ID:jCShu3O.

フェアリー「……え?」

中年「だから、君のその綺麗な翅で二度と空を飛べないようにしてあげるよ」

フェアリー「嘘、だろ?嘘だ、嘘だと言え、嘘だ!やめろ!」

中年「まだ、分かっていないようだねぇ?それが人に物を頼む態度かい?」サスリ

フェアリー「やめろ!やめっ!……や、やめてください……」

中年「お願いします、ご主人様、だ」

フェアリー「は、翅をもぐのはやめてくださいご主人様、お願い、どうか、お願いします……」

中年「もう二度と逆らわないと誓うかい?」

フェアリー「はい、誓います!誓います!だから、だからどうか!!」

中年「私の物になってくれるかい?」

フェアリー「なります!なります、だから!!」



中年「私の所有物ならば、好きにしてもいいだろう?」ブチッ

フェアリー「」




192: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:47:29 ID:jCShu3O.

フェアリー「あ、あれ、痛い……え、痛いよ……」

中年「おお、簡単にもげるものだなぁ」クシャッ

フェアリー「い、ぎっ……あ……ああ……」

フェアリー「いたい、いたいよ……なんで、あれ?翅が、だって許してくれたよね?」

中年「誰が許したね?」

フェアリー「あ、ああ……ああ、あ……ぐすっ」

中年「おっと、血が出ているじゃあないか」

フェアリー「やめて、やめて、やめてやめてやめて痛いのもうやだぁ!!」

中年「何を言っているんだ、消毒だよ」

ドポッ

フェアリー「っぎぃぃぃぃぃぃっ!?!?」

中年「おっと、オキシドールは染みるかな?」

フェアリー「……あ、う」クタッ




193: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:48:42 ID:jCShu3O.

フェアリー「う、く……」

中年「後は止血スプレーを振っておけばいいだろう」シュッシュッ

フェアリー「う……うう……」

中年「血は止まったな。ふむ、じゃあ次は……」

フェアリー「もうやめて、もうやめて……もうやめてもうやめてもうやめて」

中年「私は君を100万円で一晩買ったんだよ……と、言っても君に貨幣価値はわからんか」

フェアリー「……お願い、森に返してください、家族のところへ返して……」

中年「ああ、一晩我慢したら、返すように黒服女史にお願いしてあげよう」

フェアリー「ほ、本当ですか……?」

中年「ああ、もちろん」

中年「きちんと我慢できるね?」

フェアリー「は、はい……」




194: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:49:34 ID:jCShu3O.

中年「尻を高く上げるんだ」

フェアリー「……それは」

中年「はやくしろ」

フェアリー「は、はい……」クイッ

中年「ふむ」

フェアリー「……っ」

中年「ぴっちり閉じているね。中は……」ググッ

フェアリー「んっ……」

中年「ふふ、綺麗なサーモンピンクだな。なるほど、陰核まできちんとあるのか」

フェアリー「そこは……汚い、です……から……」

中年「じゃあ舐めて綺麗にしないとな」チュ

フェアリー「ひっ?!」

チュ、レルッ、ジュルルル...

フェアリー(早く……終わって……気持ち悪いよぉ……)




195: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:50:16 ID:jCShu3O.

中年「ん、どうだね?」

フェアリー「気持ち、悪い、です……」

中年「そうか……あまり濡れてないのも可哀想だが、こっちももう限界でね」ジジジジ...

フェアリー「え……」

中年「大丈夫、ローションを付けるからね」

フェアリー「……ろーしょん?」

中年「本当に何も知らないのだな。まぁいい……」

フェアリー「そ、それは……もしか、して……」

中年「おお、分かるか?お前の純潔を散らすおちんちんだよ」

フェアリー「……!!」

フェアリー「やだっ!いやっ!!やめてお願いしますっ!」ガタッ、ガタタッ!!

中年「おいおいおい、ここまでギンギンにさせておいてそれはないだろう」

中年「それに、翅をもがれるよりは痛くない……と、思うがね」




196: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:54:03 ID:jCShu3O.

フェアリー「お願いやめて……やめて入らないよそんなの……」

中年「物は試し、と言うじゃあないか。大丈夫。耐えていればすぐだ」ピトッ

フェアリー「ひっ?!」

中年「分かるかな?根本まで入ると君の胸の下まで入るんだよ?」

フェアリー「無理……無理無理無理無理っ!!」

中年「ふふふ、だから試してみようって言うんだ」トロリ...トロッ...

フェアリー「!!」

中年「しっかり塗ってあげるよ……ほら、ほぉら」ニチュ

フェアリー「やめてください、やめて……やめて……」

中年「こら、逃げちゃいかん」ガシッ

フェアリー「いや、いやっ!いやいやいやいやいやい────」



ズプッ



フェアリー「ぎぃぃぃぃぃぃっ?!?!」




197: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:56:21 ID:jCShu3O.

フェアリー「あが、が……がっ、ぎ?」

中年「おお、痛いくらいじゃないか。先端が入ったばかりだと言うのに」

フェアリー「あ……が、いた、い……」

中年「さぁ、ゆっくり根本まで沈めていくからねぇ」

フェアリー「あ、は……あ」

中年「まぁ嘘だけど」ズグッ!!



フェアリー「お゛お゛お゛お゛お゛っ?!」

中年「ふぅ、やっと半分埋まったな……さて、拘束を外してあげよう」パチン、パチン...

フェアリー「あ゛ー……あ゛あ゛あ゛……」

中年「ふんっ」グイッ

フェアリー「うあああああああっ?!」




198: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:57:29 ID:jCShu3O.

中年「さて、姿見まで歩くぞ」

フェアリー「あう゛っ……あう゛……」

中年「どうかな、陰茎だけで支えられる気分は」

フェアリー「お、ぉ……」

中年「そぉれ」ユッサユッサ

フェアリー「あぐぅぅっ?!」

中年「さて、あと少しだぞ」ノッシノッシ

フェアリー「うっ……くふっ……」

中年「到着だ」

フェアリー「これ……わた、し……?」

中年「そうだ。まるで妊娠したみたいに腹が膨らんでるねぇ」

フェアリー「あ、あ……ああ……」

中年「さぁ、姿見に両手をついてしっかり支えるんだ」

フェアリー「……」

中年「こうだよ、こう」グイッ




199: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:58:54 ID:jCShu3O.

フェアリー「……」

中年「マグロではつまらんぞ……どれ、少しは刺激してやろう」サスリ

フェアリー「あ、く……」

中年「なんだね、この尖った乳首は」コネッ

フェアリー「んっ!!」

中年「感じてるのか?」

フェアリー「ちが、ちがう……おねがい、やめて、たすけて……お父様……」

中年「助けなんか来ないんだよ……そらっ」ズンッ

フェアリー「あぐっ!かひっ!」

中年「ふんっ!ふんっ!!」ズンッ!!ボゴッ!!

フェアリー「おごぉっ!ごっ!げふっ!!」ズグンッ!!ズンッ!!

中年「よぉし、妊娠させてやるからなぁっ!!」

フェアリー「だめ、だめ、だっ、ぐっ!うぐっ?!」ズッ!!グッ!!グッ!!




200: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 12:59:43 ID:jCShu3O.

中年「出るぞ、出るぞ出るぞ出るぞっ!!」

フェアリー「やだ!やだっ!や゛っ!だずげでっ!だれがっ!だっ!ぐぶっ?!」



ビュルッ!!



中年「お、おおお……」ビュルッ!ビュッ!ビュッ!

フェアリー「あが、が、がっ……が……」

中年「おお、ぼっこり膨らんで、卑猥だな!」ビュ...

フェアリー「……」

中年「ふんっ」ヌポンッ

フェアリー「あうっ……」ドサッ

フェアリー「……あ、ああ……」ヒュウ...ヒュウ...




201: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:01:02 ID:jCShu3O.

中年「どうだね?膣どころか子宮まで精液漬けにされた感想は?」

フェアリー「……あ、は、あ、あは……赤ちゃんできちゃう……掻き出さなきゃ……」

中年「ふむ、せっかくの精液なのにもったいない」

フェアリー「赤ちゃん……だめ……」

中年「ふむ、なら手伝ってあげよう」

フェアリー「なに?なんで、お腹に手をのせ……やめ、まさか、やめっ!?」

中年「ふん」グイッ



ブヂュルッ!!ブチュッ!!



フェアリー「うあああっ!」

中年「おお、たくさんひり出たじゃあないか」

フェアリー「ああ、あうぅ……」

中年「漏れでた分はまた注いであげよう」ギンギン

フェアリー「ヒィッ?!」




202: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:01:57 ID:jCShu3O.

…………

……

中年「おお、また、また出るぞぉっ!!」ビュルルッ!!

フェアリー「あひっ!?お腹、ぼこぉっ!ひろがって、こりぇ、っぎいぃっ!?」ボコッ!!

中年「ふぅ、4発目ともなるとなかなか出が悪くなるな」ズルッ

フェアリー「……あはぁ」

中年「に、しても本当に妊娠したみたいじゃないか、えぇ?」

フェアリー「あは、産みましゅ……ご主人様の赤ちゃ……あ、あ……」

中年「そうかそうか、ははは!」

フェアリー「あ、あ……」ドロリ




203: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:02:55 ID:jCShu3O.

フェアリー「ご主人様の、ザーメン、こぼれちゃ……」

中年「もっと欲しいか?」

フェアリー「はひ……」

中年「じゃあ舐めて大きくするんだ」

フェアリー「はい……んっ、れるっ、ぺろっ、んちゅ……」

中年「歯は立てるなよ?鈴口に口をあててちゅうちゅう吸い付くんだ。花の蜜を吸うみたいにな」

フェアリー「はい、あむっ……ん、ちゅ、ちゅ」ジュルル

フェアリー「これが……はむっ、ご主人様のおっきなこれが、びゅ、びゅって、ぼこ、って……れる」

中年「おお、いいぞいいぞ……どうしたらいいか自分で考えて動くんだ」

フェアリー「ん、こう、ですか……?」ギュ

フェアリー「裏側、根本……ここまで入ってたんだ……ん、んっ、ちゅぴ、ちゅぷ……」

中年「おお、ふふ、そこはくすぐったいな」

フェアリー「あ、は……はむっ、れるっ」




204: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:03:34 ID:jCShu3O.

中年「もういい」

フェアリー「!!」ビクッ

フェアリー「気持よくなかったですか?ごめんなさい……」

中年「そうじゃない。十分硬くなったからな。挿れてやろう」

フェアリー「あ、はい、ありがとうございます」

中年「ふぅ」ドサ

フェアリー「……」オズオズ

中年「分かっているじゃないか。私に背中を向けてまたがるんだ」

フェアリー「……はい」

中年「つい数時間前まで処女だったとは思えないほどの淫乱ぶりだな」

フェアリー「そんな事……な、あっ!?」

中年「ふふ、入っていくぞ……」グググッ

フェアリー「おごっ、ぐっ、おっき、おっきすぎ、ぎぃぃぃっ?!」ボゴッ!!

中年「ふぅ」




205: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:05:01 ID:jCShu3O.

フェアリー「あがっ、う、く、ふうっ」

中年「んん?これはなんだね?クリトリスが充血しているなぁ」クニクニ

フェアリー「ひゃう!んっ、だ、や、はっ、あっあっあっ!」

中年「おお、いい反応だ……ぎゅうぎゅう締め付けてきているぞ」

フェアリー「あっがっ、あ、あああ……」ガクガクガク

中年「ほぉら、乳首とクリトリスと一緒にこねくり回してあげよう」クリクリッ

フェアリー「きゃふぅっ!?あうっ!あっあっあっあっ!」

フェアリー「ふあああああっ!?!?」



フェアリー「……あ、はぁ」クタァ



中年「気をやったか」




206: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:05:42 ID:jCShu3O.

中年「そら、私はまだ満足してないぞ」

フェアリー「あ、も、申し訳ございませ……んっ、う……」グググッ

中年「そうだ。自分で動いて私を気持ちよくさせるんだ」

フェアリー「はい、はぁっ!ぐっ!あうっ!んんんっ!!」グプンッ

中年「そうそう」

フェアリー「あ、が、お腹が、おされてぇ……」

中年「動くんだよ」グイ

フェアリー「やめて!動きます!動きます!翅はやめてっ!」

中年「そうだ、お前がきちんと仕事をすればいい」

フェアリー「はっ……んっ、んっ、んっ!」

フェアリー「きつ、無理、これ、いじょ……さげられな……」ググ

中年「じゃあ手を貸してやろう」

フェアリー「え、え……大丈夫、ですから、やめてやめてやめっ」



フェアリー「ぎゃあああっ!!」ボコッ!!




207: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:06:52 ID:jCShu3O.

フェアリー「かは、ひっ、ひぃ、ひゅぅ……」

中年「どうやらもう片方の翅ともお別れのようだな」

フェアリー「やだ、やだぁ……動く、うごきますっ!気持よくさせますから」

フェアリー「だから翅もがないでっ!だからっ!んっ!こう、ですか?気持ちいいですか?」グップグップ

中年「はははは!やれば出来るじゃないか」

フェアリー「ふっ、ふっ、んっ!!う、あっ!」

中年「そろそろ出そうだぞ」

フェアリー「はい、ください、膣に全部……」

中年「よぉしよし……出るぞぉ」

フェアリー「あぐ、く、ふ……う、うああ」

中年「!!」ビュルルッ

フェアリー「ふああああっ!?」ビクンッ!!

中年「おお、おお……」

フェアリー「あふ……うあぁ……でてる、よぉ……」




208: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:07:26 ID:jCShu3O.

フェアリー「…………」ビクンッ

中年「ふぅ」

フェアリー「あ、は……」

中年「まったく、これではどちらが奉仕する側か分からんな」

フェアリー「も、申し訳、ございませ……」

中年「罰を与えなければならんな」

フェアリー「あ……あ……」

中年「安心しろ、翅をもいだりはしない」

フェアリー「……」ホッ

中年「これをつけるんだ」ジャラリ

フェアリー「……はい」




209: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:08:07 ID:jCShu3O.

中年「……」カチャカチャカチャ

中年「さて、手枷と鎖で身動きをとれなくしたわけだが……」

フェアリー「……」

中年「お前は私の物だ。だからその証拠を刻みつける」

フェアリー「……いたく、しないで」

中年「痛みがなければ、自分の立場は分からんよ……そこで、だ」チャリ

フェアリー「ひっ!」

中年「この虫ピンでお前の乳首を飾ってやろう」

フェアリー「やだっ!?やだやだやだっ!?」

中年「動くと手元が狂う。余計痛いぞ?」

フェアリー「お願いやめてください、お願いします!なんでもします!いい子にしますだから!!」



プツッ



フェアリー「うぎぃぃぃぃぃっ?!」




210: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:09:15 ID:jCShu3O.

中年「おお、いい声で鳴くじゃないか。さて、左も同じようにやってやらなければ不公平だな」

フェアリー「もうやめてくださ、い……やめて……おねがいします……」



プツツッ



フェアリー「あ、が……あ、ああ……」

中年「とても似合っているよ……さて、もう1本余っているんだが、他に尖ったところはないかなぁ?」

フェアリー「もうないです!もうないです!もう刺さないで!やめてやめてやめてぇっ!?」



中年「おや、こんな所に尖ったお豆があるなぁ」ニヤァ

フェアリー「うそ、嘘ですよね、やめてください!死ぬ、死んじゃう……やめて……ひっ」



ギャァァァァァ...




211: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:10:38 ID:jCShu3O.

…………………………

……………………

………………

…………

……




212: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:11:37 ID:jCShu3O.

黒服「お楽しみいただけましたか?」

中年「ああ、満足だ……おっと、これを渡しておこう」

黒服「例の、立ち入りの……こほん、ありがとうございます」

中年「悪かったね、彼女を壊してしまって」

黒服「構いませんよ、もろもろ含めてのお値段ですから」

中年「……では、また来るよ」

黒服「はい、お待ちしております」ペコリ



バタン



黒服「……」フゥ

ピポパ

黒服「VIPルームの清掃をお願いします、徹底的にね。私も後で行きますので」




213: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:13:33 ID:jCShu3O.

カツコツカツコツ...

清掃スタッフ「あ、黒服さん、お疲れ様です」

黒服「掃除は終わった?」

清掃スタッフ「後は消臭剤振って終わりです……これ、どうします?」

黒服「……ここまでボロボロだと、廃棄するしかないわね」

清掃スタッフ「……」

黒服「怪しまれないように、バラバラにして捨ててくださいな」

清掃スタッフ「はいはい」

黒服「これ、特別清掃手当」

清掃スタッフ「いつもさーせん」

黒服「分かっているわね?」

清掃スタッフ「この部屋の事は、この部屋以外では喋らない。お口チャック」zipzip

黒服「よしなに」




214: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:15:29 ID:jCShu3O.

清掃スタッフ「しっかし、変な性癖の人もいるもんだね」












清掃スタッフ「人形相手に一晩オナニーなんてさ」




215: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:17:14 ID:jCShu3O.

黒服「いいじゃないですか。そういう場を提供し、プライバシーと秘密の保持に努める」

黒服「お客様は満足する。お店は潤う。Win−Winってやつですよ」

清掃スタッフ「……そういうことにしておくさ」スタスタスタ



黒服(お客様は一晩、催眠効果のある香でフェアリーを陵辱するという夢を見た)

黒服(店は高額の料金と、様々な便宜を図ってもらえる)

黒服(ついでに、私は彼の夢の中でたっぷりと精気をもらった)ツヤツヤ


黒服「Win−Win、ですよ。とはいえ徹夜はこたえますね……ふぁぁ……」




216: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/11/01(土) 13:21:46 ID:jCShu3O.

ここまで
---
おまけ

黒服「あ……またドルホをポチっておかないと……」



黒服「みなさんもいかがです?」

黒服「あなたの全てを受け入れてくれる嫁が簡単にできますよ……そう、ドルホならね」ニヤリ




223: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/02(日) 00:00:12 ID:XFQDMrgI

マジで本物じゃなくて良かったです
おっきしたのは内緒




225: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/02(日) 19:04:10 ID:tG4ZV6co

こんなエロゲをやりたい
割とマジで




238: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:20:51 ID:OukHyop2

?????「ラミア」

ラミア「はいはーい、どしたのアルルーナ」

アルルーナ「男さん、ってどんな人?」

ラミア「!?」

アルルーナ「今度、その人から指名が入った」

ラミア「別に、普通の若い男性だけどっ!」

アルルーナ「ふぅん」

ラミア「……」

アルルーナ「指名されなくて怒ってる?」

ラミア「怒ってない!別にお茶挽いたわけじゃないし!」

黒服「ラミア、指名のお客様がいらっしゃいましたが」

ラミア「あ、はい行きます!……別に、本当に!なんでもないからねっ!!」バタム!!

アルルーナ「……可愛い」




239: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:21:25 ID:OukHyop2

…………

……

ラミア(別に私は……)

男性客「上の空だね」

ラミア「あ、ご、ごめんなさい……んっ」チュ

男性客「他の男の事?」

ラミア「まさかぁ。新作ゲームが出るんだけど、お金が……あーほら、ベッド行きましょ、ねっ!」

男性客「ねぇ、今日さ、さっと上がって一緒に御飯食べない?終電前には帰れるようにするからさ」

ラミア「えっ……あ、ごめん、アフターも同伴もしない事にしてるの」

ラミア「一応、人に言いづらい仕事だし、バレるとお昼の顔に影響でちゃうから」

男性客「じゃ、代わりに今日は寝かさない方向だな」

ラミア「……う、うん」

ラミア(……)ズキ




240: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:22:10 ID:OukHyop2

…………

……

男(最近、花金が本当に待ち遠しい)

同僚「よう、最近付き合いの悪い男くんや、今日飲みに……」

男「……」ゲンナリ

同僚「『行くかよばーか!』って面だな、あーあ、彼女持ちは余裕があっていいですなー!」

男「ちげぇ、ってんだろ」

同僚「じゃあなんだよ」

男「……」

男「ぎ、疑似恋愛するお風呂屋さん予約してっから……」

同僚「おま、結構金持ってんだな」

男「持ってないから今こうやって節約してんだろうが」

同僚「よし、今日は俺も行く!店教えてくれよ!」




241: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:22:56 ID:OukHyop2

男「嫌だ。絶対にイヤだ」

同僚「……つーかさ、最近お前の付き合いが悪いから、なんか悪い女に引っかかってるんじゃないかとみんな心配してんだよ」

同僚「まぁ、オチが風俗で案外お前らしい、っちゃらしいけど」

男「どうも」

同僚「じゃ、いこっか!」

男「いーやーだー、ってんだろ」

同僚「風俗ってのはカモフラージュで、本当は彼女なんじゃないのー?」

男「それはない」

同僚「じゃあ行こう」

男(しつこいなぁ……)

男「……ちょっと待っとけ」

同僚「よし正座で待つ」ドッコイセ

男「そこまでする必要はないけどさ」




242: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:23:53 ID:OukHyop2

Prrrr...Prrrr...



黒服「お電話ありがとうございます、Milk Bucket……ああ、男様」

黒服「本日のご予約とご指名、承って……え?」

黒服「同僚を撒く方法……ですか。フェアリーの翅をもg……いえいえ、赤子の手をひねるように簡単です」

黒服「7時半に東京駅の丸の内南口で。お迎えに上がります。はい、同僚様もご一緒にどうぞ」



pi



黒服「一緒に連れてきてもいいか、じゃなくて、自分一人だけ来たいから知恵を貸せ、だなんて」

黒服「随分な入れ込みようですこと」クスクス




243: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:24:43 ID:OukHyop2

黒服「お待ちしておりました、お久しぶりですね、男様」

男「はい。ええと、こっちが」

同僚「同僚です!よろしくお願いします」

黒服「私、ソープランド『白百合』の送迎係をしております、黒服と申します」

男(……?)

黒服(……)メクバセ

黒服「では車へどうぞ」



男(車なんか出して一体黒服さんはどこへ連れて行こう、っていうんだ)

同僚「いやぁ、こんな美人さんが出迎えてくれるなんて、ちなみに貴女を指名することはできますか?」

黒服「ありがとうございます。でも、夫の拘束が厳しくて、お客様はとっていないんです……」

同僚「でも、お水なお店で働いているんでしょー」
               ・・・
黒服「はい、ですが私の夫が……その筋、でして」ホッペチョンチョン

男「……」

同僚「あ、はい、命が惜しいのでやめておきます」




244: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:26:22 ID:OukHyop2

ブロロロ...キィッ



黒服「到着いたしました」

同僚「うひょーっ!」

男「ちょ、おま!」

同僚「いくぜ男!あーいきゃーんふらーい!!」

男「あ、おいっ!」

黒服「……ずいぶんファンキーなご同僚様ですね」

男「なんか、すいません……」

黒服「男様、店には連絡済みです。非常用の裏口から出られますので、大きな交差点で落ちあいましょう」

黒服「当店……もちろん、Milk Bucketのお客様には、『秘密』や『特別』に心をくすぐられる方も多くいらっしゃいます」

黒服「貴男も、その一人のようですね」クスクス

男「あ、はぁ……とにかく、ありがとうございます」

黒服「では、後ほど」ペコリ




245: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:27:20 ID:OukHyop2

…………

……

男(で、辿り着いたはいいけれど)

アルルーナ「よろしく」

男(……茶色のブレザーに赤いタイ、チェックのプリーツスカートに紺ソックスにローファー)

男(今名刺取り出したのも学校指定っぽい定番のナイロン製のスクールバッグだし……)

男(アクセントといえば、ツインテールの髪を、花と蔓をモチーフにしたアクセサリーで飾ってるくらい)

男「あ、あー……はい、よろしく」

アルルーナ「早速、ルーム行く?」

男「その前に確認したいことがあるんだけど、いいかな?」

アルルーナ「……何か?」

男「高校生……じゃ、ないんだよね?」

アルルーナ「そこは大丈夫。ちゃんと成人。これ免許証」

男「あ、うん、ほんとだ……疑ってごめん」

アルルーナ「平気。慣れてる」




246: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:27:50 ID:OukHyop2

男(に、してもちっちゃいなぁ……なんこれからかイケない事をする気分だ)

アルルーナ「エレベーター。足元、暗いから……」

男「あ、はい」



グィィィ...



アルルーナ「かがんで」

男「え?あ、こう?」

アルルーナ「そう。背が低いと不便」チュ

男「ん……」チュ...レル...

アルルーナ「んむ、んっ、んっ……ぷはっ」

男「けっこう、積極的なんだ」

アルルーナ「もっと清楚なほうが好き?」

男「あー、ギャップにびっくりしただけで、そういうんじゃないから平気」




247: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:29:10 ID:OukHyop2

ピンポーン



アルルーナ「はやく。時間もったいない」グイッ

男「う、うん」

アルルーナ「どれくらいタメた?」

男「え?」

アルルーナ「何日、オナニー我慢した?」

男「あー……ぶっちゃけ2週間半、とエビオス錠」

アルルーナ「それは濃いのが出そう。期待」シュッシュッ

男「なんか、制服姿で手コキポーズするのエロいね」

アルルーナ「そう、かな?……あ、ここ」ガチャコ




248: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:29:54 ID:OukHyop2

ギィ

男「うっ」ムワッ

アルルーナ「ごめん……私にあわせてるから湿度高いかも」

男「それに、花の匂いがすごいね。花屋も顔負けだ」

アルルーナ「ありがと……スーツの上着、貸して」

男「ん」

アルルーナ「……」ポフポフ

男「ふぅ……」クイックイッ

アルルーナ「あ」

男「ん?」

アルルーナ「もっかい。その、指でネクタイに隙間空ける動作……萌え」

男「また変な仕草萌えなんだね……いいけど」クイックイッ

アルルーナ「……満足」ンフー




249: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:30:44 ID:OukHyop2

アルルーナ「じゃあ早速……品質確認して」

男「……て、何を?」

アルルーナ「いいから、指」パクン

男「お、おう、う!?」

アルルーナ「んっ、ん、れる、えふ……んむっ」チュピ...ヌロォ...

男「そんな舌使いで指ちゅぱされたら、我慢きかないよ」

アルルーナ「ん……んふ」チュポン

アルルーナ「大丈夫、もっと我慢できなくする」グイッ

男「!!」

アルルーナ「分かる?スカートの中……濡らした指で、確かめて……んっ」




250: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:31:34 ID:OukHyop2

男「こう?」

アルルーナ「控えめな触り方禁止……もっと乱暴でも平気」

男「じゃあ……こうかな?」

アルルーナ「ふぁ……そ、ショーツ、上からじゃなくて、直接……んっ」

男「土手、ぷにぷに」

アルルーナ「きちんと奥、奥まで……っ」

男「どこの?」

アルルーナ「いじわる……お、女の子の……大事な、ところ……」

男「えっちな娘だ」クプン

アルルーナ「はう……んっ、どう?」

男「入り口きゅうきゅう。それに奥がざらついて……あれ、このコリコリは何かな?」

アルルーナ「……しきゅう、こう、うあ」

男「もう下りてきて、妊娠準備万端、って感じだね」ヌポン

アルルーナ「ふ、うう……」ギュ




251: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:32:21 ID:OukHyop2

アルルーナ「……ドで」

男「ん?」

アルルーナ「ベッドで……愛して」

男「おっけ」

アルルーナ「……ブレザーとスカートだけ、ハンガーかけさせて……皺になる」

男「あ、リボンはつけっぱなしにしてくれる?」

アルルーナ「……まにあっく」パサッ...ストン...




252: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:33:30 ID:OukHyop2

男「かわいい」

アルルーナ「ん、ありがと……あ」チュ

男「ん……」

アルルーナ「はぷ、ん、ちゅ……れる、ん、ふー……ふー、んっ」」

男「ぷは……ね、舌、出して」

アルルーナ「ほう?」

男「そ……ん、んっ!」ズジュルルルル...ッ!!

アルルーナ「ひゃう!んっ!ん〜〜〜〜〜っ!!」ビクンッ!!

男「……」ギュ

アルルーナ「ん!ん!んんっ!」チュ、チュ、チュ...

男「ちっちゃいお尻」

アルルーナ「強引……ここ、ズボン、失礼、します」カチャカチャ...ストン

アルルーナ「シャツ、脱がしっこ、しよ……」

男「おう」




253: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:34:16 ID:OukHyop2

プチ...プチ...シュル...

ギッ...トサッ...

男「……」ゴクリ

アルルーナ「……」キュ

男「胸もちっちゃいし、背も低いし……ほんと、イケないことしてるみたい」

アルルーナ「そういうプレイ……希望?なら、なんて呼べばいい?」

男「別に、”男”でいいよ」

アルルーナ「先輩とか、お兄ちゃんとか、先生とか、お父さんとか……」

男「そりゃイケないプレイだな」

アルルーナ「イケないより……いっぱい”イく”プレイ……希望」

男「おっけ。じゃあ早速、舐めてくれる?」

アルルーナ「……ん」パクン




254: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:35:25 ID:OukHyop2

アルルーナ「ん……んっ、じゅる、ん、ん……」

アルルーナ「んぷ、カウパー……苦くて美味しい……んっ、んっ」

男「右手がアソコいじって……そんなにほしいの?」

アルルーナ「ほひ……ぷは、ほしい……あむ、じゅるっ」

男「じゃあ早速いい?」

アルルーナ「うん。する、しよ、セックス……」シュルン

男「積極的」

アルルーナ「気持ちいいの、嫌いじゃない」

男「俺もそうだよ」チュ

アルルーナ「じゃあ、して……」

男「しっかり入るように、両手で広げてごらん?」

アルルーナ「……ほんと、まにあっく……ここ、おまんこ、に、ください」クパァ...




255: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:37:04 ID:OukHyop2

男「毛も薄くて、中はピンク色で……なのに、こんなにエッチな娘だなんて」

アルルーナ「……はやく、その、ギンギンのおちんちん、挿入……希望」トロン

男「ああ、今……突き刺してあげる」クチッ

アルルーナ「あ……」



ニュルンッ



アルルーナ「はい、ったぁ……あ、あっ!あっ!ひぅぅ……」

男「はは、ぴくぴくしてる」

アルルーナ「おまんこ、いっぱい……形、変えられ、ちゃ、あ、あ、あ、あっ!!」

男「ゆっくり引き抜いてー……」ズズ、ズズッ

アルルーナ「ひゃぅぅ、う、うあっ」

男「一気に押し込むっ!」ズグッ!!

アルルーナ「ひぃっ!ひぅっ!ひゃぁぁぁ……」




256: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:38:13 ID:OukHyop2

男「すっげ、奥、絡み付いて……そらっ!」グンッ

アルルーナ「きゃふ!あっ、あっ、しゅごい、いいよぉ……いい……んっ!んっ!んっ!」

男「口、よだれ垂れてるよ?」

アルルーナ「あは、あ……ん、ちゅ……んっんっ!うごいひゃ、うむ、ぅっ!」

アルルーナ「あうあっ!あぐ、ぅぅっ!えぐりゃないれ!奥にねじこまにゃひ、れ、もう!らめ、らからぁ……」

男「はっ!はぁっ!はっ!」パンッ!ッパンッ!パンッ!!

アルルーナ「すごい!しゅごい!しゅごいよぉ!お、おお、おく、おくきてりゅ、う、ふぅ、ふ……っ!」

男「すごいトロ顔だよ……乳首もビンビンになって……って、あれ?」

アルルーナ「はひぇ……?」

男「これ、何……母乳……じゃないよね、透明だし……」トロ,,,

アルルーナ「それ、は、蜜、出ちゃ、う……きもちい、いと…出ちゃ……ひゃ?!」

男「あー……むっ」パクッ

アルルーナ「っ、だめ、吸わないで蜜吸っちゃだめ、だ、あ、あ、あああっ?!」ビクンッ

男「そういわれると逆に吸いたくなる」ジュル




257: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:39:27 ID:OukHyop2

男「んっ……」チュゥゥゥゥ...

アルルーナ「だ、め、吸わな、す、らめっ!あっあっあっあっあっ!!!」プシッ

男「んー、んーん?」クリクリクリ...

アルルーナ「りゃめ、りゃは、はぅ、う、う、ううう……うー……ううう、うう……っ」

男「ぷは、甘いね……おっと右のちっぱいからも吹き出てるじゃん、もったいない」カプッ

アルルーナ「だめ、だめだめだめ、やめ、て……もうやぁ!や、あ、あ、ああああっ!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

男「んぷ、ぷは、ほら、口移し」チュ...レル...

アルルーナ「あ、う、ん、んっ、んっ!んっ!んっ!ふ、う、んっ!んんんんっ!!!」

男「腰が動いちゃってるね……いやらしい娘だ」

アルルーナ「らってひもひいっ!おちんちんきもちいいっ!はやく、はやくびゅー!びゅーって!」ガクガクガクッ

男「射精してほしいんだ」

アルルーナ「うん、うん……はやく、射精、奥、子宮、まっしろ!にぃ!はやく!はやくっ!」グッチグッチグッチ...

男「そんなに悩ましげに腰振らなくたって……俺もキツくなってきたし、最後のスパートいくよ?」




258: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:40:45 ID:OukHyop2

アルルーナ「うん、う、ん、うあ、うんっ!あっ!あっ!あっ!あっあっあっあっあっ!!」パンパンパンパンッ

男「!!!急に、しまっ!!」パンパンパンパンッ!!

アルルーナ「ごしっ!ごしっ!!されてるよぉ、ぉ、ぉ、おぐぅっ!!んっ!んぅ、んーーーっ!!」

男「アルルーナ!イくぞ!どこに出してほしいか言え!言うんだっ!」

アルルーナ「しきゅう!しきゅうに!全部出して、おとこさんのまっしろかふん!受精する!じゅせいすりゅぅぅぅっ!!」

男「うあああっ!!」グイッ!!



ビュルルッ!!ビュルルッ!!ビュルルッ!!



アルルーナ「いく、く、ぅ、ぅ、うううううううううううう────っ!!!!」ビクンッ!!ビクンッ!!



男「ごめ、とまらなっ!」グイッ!!

アルルーナ「!!」ヌポンッ



ビュル、ビュル、ビュル、ビュ...ビュ...




259: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:43:15 ID:OukHyop2

男「ふー……ふー……」

アルルーナ「あー……あ、うあ……」

男「ごめん、大丈夫?」

アルルーナ「しゅご……頭の中、ちかちか、すご、髪にまで、精液とんで……」

男「はは、ほんとだ」

アルルーナ「はぁ……ふぅ……ん、中も外も真っ白……染まってる……ふふ」

男「その言い方エロい」

アルルーナ「んふ……どろどろ、ぷりぷり精液……あむ」ペロッ

アルルーナ「ん、んふ……ここにも残ってる……?」ヨロ

男「あ、ちょ!ベッドの上で起き上がったら……」

アルルーナ「あ」コロン

男「あ」ベチャ

アルルーナ「……後でお風呂入れば平気……あむ」パクン




260: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:44:02 ID:OukHyop2

男「って、ちょ!」

アルルーナ「ん?んー……んっ!」ジュルルルルッ!!

男「あ、うああ、ああ、う、うう……っ」

アルルーナ「んふー……んっ」ゴクン

アルルーナ「んー……ごちそうさま」

男「お粗末さまでした……って、ああ、もう腰砕けそう」

アルルーナ「んふ……おふろ、入ろ」

男「おう……このべちゃべちゃの精液流さないとな……」

アルルーナ「あ、タオルで拭いてから……過去に配管詰まらせた案件あり」

男「あー……タンパク質だったな、そういえば」




261: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:45:27 ID:OukHyop2

チャプン

男「ふぅ」

アルルーナ「……そっち、行く」トプン

男「ん、おお……」

アルルーナ「……ふぅ」

男「あれ、花の髪飾りは取らないんだ」

アルルーナ「これ、取れない。組織の一部」グイー

男「触っても、いい?」

アルルーナ「ん」

男「ほんとだ、頭皮から生えてる……」

アルルーナ「生命の神秘」

男「だね」




262: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:46:29 ID:OukHyop2

アルルーナ「なんで、私を指名?」

男「んー……マッサージが得意って黒服さんから聞いて」

アルルーナ「あー……する?」

男「うん。でもとりあえずゆっくりつかるよ。先週今週忙しすぎて……」ブクブクブク...

アルルーナ「ゆっくりするのはいいけど、寝るのは厳禁」

アルルーナ「寝たら、力仕事担当の牛頭さん25歳ガチムチがお姫様だっこでベッドに運んでおっすおっす」

男「うとうとしたら起こして!」

アルルーナ「……ちょっと見たかったのに」

男「勘弁して……」

アルルーナ「……ん」ポンポン、ナデナデ

男「な、なに?」

アルルーナ「お仕事、お疲れ様。今日は、疲れを癒すの重視」

男「とか言って、なんだかんだと搾り取られそう」フゥ




263: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:47:07 ID:OukHyop2

アルルーナ「体、ぽかぽか?」

男「ああ」

アルルーナ「そろそろマッサージ、する?」

男「そうだなー……」

アルルーナ「んじゃ……準備」ザバァ

男「……」

アルルーナ「ん、しょ」バタム

アルルーナ「んー……」ジャバババ

アルルーナ「ん」トポポポ...

男「……ねぇ、マッサージってもしかして……」

アルルーナ「これが正統な、お風呂で擬似恋愛するお店のマッサージ」パチャパチャパチャパチャ...

男「間違っちゃいないけどさぁ」

アルルーナ「いや?」

男「ぜひお願いします」




264: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:47:59 ID:OukHyop2

アルルーナ「準備できた……うつぶせ、どぞ」

男「はーい」ゴロン

アルルーナ「冷たいの、かける、よ」トロォ

男「う」

アルルーナ「背中、おっきい」チュ

アルルーナ「どう?きもちいい?」ニュルン

男「気持ちいいよ」

アルルーナ「んふ、んー……」チュ、チュ、ニュルン...

アルルーナ「首すじ、背中、おしり、太もも……」ニュルルン

アルルーナ「戻って……ひざのうら……また背中……」

男「ほんと、ぬるぬるするね」

アルルーナ「腰、浮かせて」

男「こう?」グイッ

アルルーナ「足、下を通す」ニュプン




265: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:49:27 ID:OukHyop2

アルルーナ「下向きびんびん」サワッ

男「うく……っ」

アルルーナ「ローション、にゅるにゅるにする」トロロ...

男「あ、うひっ」

アルルーナ「立派なおちんちん……」クチュクチュクチュクチュ!!

男「!!」

アルルーナ「ぬるぬるの、おちんちん」グッチュグッチュグッチュグッチュ!!

アルルーナ「気持ちいい?こっちもひくついてる」チュ、ペロッ

男「そこ、はっ!」

アルルーナ「んふー……ん、ちゅ、んぷ、んー……ちゅ」クチュクチュクチュ

男「すげ……」

アルルーナ「気に入ったなら、うれしい……今度は仰向け」

男「うん」ゴロン




266: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:50:16 ID:OukHyop2

アルルーナ「おちんちん、ギンギン」

男「マッサージ上手だから」

アルルーナ「ありがと……じゃあ、今度はこれ」

アルルーナ「膝の裏でおちんちん挟んで」クチュクチュクチュ

アルルーナ「乳首も……」レル

男「あう、あ……」

アルルーナ「私の膝の裏、どう?」

男「すご、きもちいい……あ、くは」

アルルーナ「乳首で感じてる。女の子みたい」チュ

男「うあああっ!」ビクン

アルルーナ「だめ、膣外射精禁止」パッ

男「あ、う……」

アルルーナ「んふ……私のおまんこも……柔らかくなってる……」チュクチュク




267: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:51:06 ID:OukHyop2

アルルーナ「んふふ……」ニュルル

男「っていうかもう、我慢できないよ」

アルルーナ「挿れたい?」

男「挿れたい」

アルルーナ「まだだぁめ」

男「って……うわ」

アルルーナ「どう?素股気持ちいい?」チュグチュグ

男「あ、ああ、気持ちいいよ……っ」

アルルーナ「だめ、ちゃんと我慢……暴発させるなら……」



アルルーナ「ここ。赤ちゃんのための部屋」クチュ、クチュ...

男「っ!!」

アルルーナ「ん、そろそろ……限界?」

男「とっくのとうに限界なんですが……」




268: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:52:21 ID:OukHyop2

アルルーナ「このまま……私が上……んっ」チュク



ニュプン



アルルーナ「んふ、ふふ、入った……入っちゃった……」

男「あ……ぐ、う……」

アルルーナ「びゅ、ってしていい……して」ニチュニチュニチュ...

男「うあっ!うっ!」

アルルーナ「あは、我慢してる?しなくていい」パチュンッ!!

男「ああっ!出る、出ちゃうよ……っ」

アルルーナ「うん……んっ、んっんっんっ!!」パンッ!!パンッ!!パンッ!!

男「あ、お、う、ううっ!うあああっ!!」



ビュルッ!!ドプッ!!ドプッ!!ドプッ...




269: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:53:20 ID:OukHyop2

アルルーナ「はぁ、出た……出てる……」

男「……はぁ……はぁ」

アルルーナ「……ない」

男「え……?」

アルルーナ「たりないの」クスクス

アルルーナ「本気でマッサージしてあげる……気持ちよくなれる……」シュル...

男「あー……あの、アルルーナ、さん?」

アルルーナ「大丈夫。力抜いて。お腹の底からやってくる快楽に身を預けて」ウネウネウネ...

男「なんか髪飾りが動いてるんですけど……?」

アルルーナ「大丈夫。ただの蔓だから。うねうね動くだけだから」ウネウネウネ...

男「”だけ”って言わないよそれ!て、あ、ちょっとやな予感が……」

アルルーナ「男の人の射精スイッチ……オンにするから」ニュグ...

男「ちょ、一度抜いて!っていうかまじ怖いから!」

アルルーナ「だめ……だぁめ……男さんは私の獲物だから……」ツツツ

男「あ、ちょ、ちょ────!!!!」ヌプン




270: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:54:11 ID:OukHyop2

男「うああっ!あ、あ……」

アルルーナ「お尻に異物、初めてなんだね……力ぬいて」クスクス

アルルーナ「大丈夫。さっきのローションでべとべとだから、切れたりしない」ニュル

男「あ゛っ!い、い……」

アルルーナ「かわいい。大丈夫、すぐだよ、前立腺マッサージですぐオルガするから……んっ」グリリッ

男「!!!!」ビュルッ!!

アルルーナ「んっ、んー……んー……ん、あ、んっ、ちゅ、ん……」クチュクチュ

アルルーナ「イったね……前立腺もてあそばれて、キスしながら……」

男「やめ、て……まじで、何こ、うあっ!あっ!あっ!出る、また、でっ?!」ビュルルッ!!

アルルーナ「んふ、んふふ……4発目……んあ、んふっ、おっきいまんま……」グチュッ,,,

アルルーナ「子宮たぷたぷ……ふふ、気持ちいい?」

男「きもち、いい、わけなっ!うああっ!!」ガクガクガク!!

アルルーナ「アナル弱いのかな?んふふ……あはぁ、きもちいっ!私きもちいいよぉっ!!」

…………

……




271: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:55:23 ID:OukHyop2

アルルーナ「……調子に乗りすぎた……ごめん」

男「……もうお嫁にいけない」ヨヨヨ

アルルーナ「今度はベッドの上……普通のマッサージしてあげる」

男「……」

アルルーナ「ほんと。乳首いじったり、お尻の穴に指つっこんで言葉責めしながら前立腺ほじったりしない」

男「これ以上されてたまるか!」

アルルーナ「……でも、気持ちよかった。すっごく気持ちよかった。でしょ?」

男「いやまぁそりゃ気持ちよかったけど……」

アルルーナ「じゃあ、うん、やろう」ガサゴソ

男「どっからともなくペニバン取り出さないでくれる!?」

アルルーナ「ちぇっ」

男「あーもう、かわいい顔してとんだ清楚ビッチだな」

アルルーナ「……褒められた」テレテレ

男「褒めたつもりじゃないんだけど……」




272: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:56:45 ID:OukHyop2

……………………

………………

…………

……




273: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:58:11 ID:OukHyop2

アルルーナ「またのご利用、お待ちしてます……」ツヤツヤ

男「……」ゲッソリ

アルルーナ「また、指名して。今度は『女子生徒になじられながらケツアクメする教師』プレイ希望」

男「指名はともかくそのプレイはしない。普通のマッサージは普通に効いたから、その方向で頼む」

アルルーナ「……ん、それじゃあ。来週も、お仕事がんば」ナデナデ

男「ああ、ありがと……」





アルルーナ「……」フゥ

アルルーナ「そんな……壁の陰から覗きながら『泥棒猫!』みたいな顔されても……」

ラミア「だって……」




274: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 18:59:09 ID:OukHyop2

アルルーナ「意識してるの、バレバレ。”あれ”くらい積極的でも、可」ツイツイ



猫耳娘「にゃっ!龍姐ぇのお客さんですかにゃ?今度、待合室の間だけでもお話させてくださいにゃ〜」ゴロゴロ...



ラミア「あ、あそこまで図々しいのはちょっと……」



龍娘「……そこの駄猫?人の指名客になにをしているのですか?」

猫耳娘「うにゃっ?!」

龍娘「猫の皮で作った三味線はいい音色がするんだそうで。知り合いの業者が探していましてね?」ピキピキ

猫耳娘「にゃっ!じょ、冗談だにゃ!笑顔で青筋浮かべるのはダメにゃ!あ、そ、そーだ急に持病のシャクが!!」スタコラ

龍娘「……こら!まちな、あ、申し訳ありません……また、いらしてくださいね」



ラミア「……」

アルルーナ「ごめん、あれはよくない見本」




275: 1 ◆vgfJH61Cmw 2014/12/17(水) 19:01:43 ID:OukHyop2

----

アルルーナ編ここまで
一応ちっぱいでした。

長期にわたる保守、感謝。

思うところあって次回の嬢指名なし




278: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/17(水) 19:26:05 ID:u5Pu/Kv.

アカン、オナ禁してる時に見るもんじゃないなこれ…
そして次はマジでラミア頼むホントお願い




280: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/17(水) 23:57:53 ID:OWETTjQQ

きたー!
黒服さんまじ万能w




281: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 00:06:31 ID:jzE46Fp6

いや本当最高っすわ




283: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:01:39 ID:knEt0CeY

────秋葉原駅前


ラミア「おーい、こっちこっちー」

男「よ、おはよ」

ラミア「あけましておめでとう、でしょ」

男「そうだな。おめでとう、今年もよろしく」

ラミア「よっし、じゃあ初詣いこー!」ニギッ

男「!?」

ラミア「んー?」

男「あ、いや、手……」

ラミア「寒いからつなぎたいな」

男「っ」ボフン

ラミア「イヤなら離すけど」

男「このままでいいよ」

ラミア「へへーっ、やったね」ギューッ




284: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:02:43 ID:knEt0CeY

ラミア「っていうか、朝早くからごめんね。混んでくると、尻尾踏まれたりしてイヤだから」

男「ん、別に気にしないし。一人じゃ行く気しなかったからうれしいよ」

ラミア「ありがとー」

男「年末年始は、お店も休み?」

ラミア「そりゃあ、ねぇ。でも29日はみんなで大掃除して、みんなで忘年会したよ」

男「やめて、大掃除などという単語は聞きたくない」

ラミア「あはは。手伝ってあげようか、お・お・そ・う・じ」

男「あーあーきこえなーい」

ラミア「もー……ゴドハンの道具箱や装備はきちんとそろえてあるのにね」

男「それはそれ、これはこれ」

ラミア「日本語って便利」ハァ




285: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:03:24 ID:knEt0CeY

男「うわ、けっこういる」

ラミア「だねぇ。しまった……まだ出店が開いてない」

男「そこ?」

ラミア「そこ重要。っと、並ぶ並ぶ」

男「へいへい」

ラミア「……」

男「……」

ラミア「なんか、ゲーム買った?」

男「あぁ、真・ユグドラシルの迷宮2、ってRPG」

ラミア「それってリメイク?」

男「リメイク」

ラミア「っていうかRPGじゃ一緒には遊べないねぇ」




286: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:05:40 ID:knEt0CeY

……

パン、パン

ラミア「お参りおしまいっ、おみくじ引こう」

男「おみくじってさ、内容覚えてる?」

ラミア「ぜーんぜん」

男「だよなぁ。結んだら余計だよ」

ラミア「まぁまぁ、運試しさー」

男「おみくじひきまーす」

巫女「初穂料100円となっております」

男「はい」ガサゴソ

ラミア「次、わーたしっと」ガサゴソ



男「末吉……」

ラミア「んーと……」

ラミア(恋愛:困難あるもかなう、か)





287: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:06:18 ID:knEt0CeY

男「ラミアは運勢なんだった?」

ラミア「え?!ひゃっ」ギュッ

男「どした?」

ラミア「え、べ、別に、ひ、人に見せるものじゃないし」

男「そう?」

ラミア「い、一応中吉だった」ゴソゴソ

男「財布入れる派?」

ラミア「ん、っていうか、なんとなく、忘れないようにしようかなー、と」

男「そっか」

ラミア「じゃ、甘酒飲んで秋葉にくりだそー」

男「へいへい」




288: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:07:37 ID:knEt0CeY

…………

……

男「なんだかんだ」ズッシリ

ラミア「買い物したねぇ」ギッシリ

男「っても、出だしが早かったから昼前か。お昼、どうする?」

ラミア「……あ、あのさ」

男「んー?」

ラミア「おせちあるんだけど、うち、こない?」

男「いいの?」

ラミア「っていうか、今日誘った時からそういうつもりだったし」

男「じゃあ、いただこうかな」

ラミア「自分で作ったのは、栗きんとんと田つくりだけ、だけどね」

男「十分すごいよ。俺なんか、おせちを食べるということすらしてない」




289: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:08:21 ID:knEt0CeY

男「そういえば、ラミアの家ってどの辺?」

ラミア「総武線の下総中山、って駅から少し歩く。男さんは?」

男「浦和」

ラミア「じゃあ毎日通勤大変でしょ」

男「大変です」

ラミア「片付け手伝ってあげようか」

男「のーさんきゅー」

ラミア「えー、男さんの部屋のベッドの下みたーい」

男「中学生じゃあるまいし、そんなところに隠してないから」




290: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:09:19 ID:knEt0CeY

カタタタン、カタタタン

ラミア「……」

男「……」

ラミア「家族のこととか、聞いてもいい?」

男「いいよ、なんで?」

ラミア「なんで、って単純に興味。実家帰らないの?」

男「長野に母親がいるけど、疎遠だね」

ラミア「親孝行 したい時には」

男「親はなし、って?いいよ、別に」

ラミア「……ごめん、やな事聞いちゃったね」

男「いいのいいの。兄貴がいて、そっちが母親のお気にいり。俺はぞんざいに扱われてたから」

ラミア「……ほんとごめんね」

男「まぁ、こういう話をムッとしないで話せるようになったあたり、俺も成長したのかな、とは思うよ」




291: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:11:16 ID:knEt0CeY

…………

……

ラミア「ここです」

男「おじゃまします」

ラミア「あがってー」

男(さすがに緊張する)

ラミア「今、お雑煮あっためるから、暇つぶしてて。お餅いくつ?」

男「じゃあ、2つ」

ラミア「駅から車や自転車じゃないよね?」

男「バス、だけど?」

ラミア「じゃあ日本酒も出しちゃえ」

男「ありがと」




292: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:12:16 ID:knEt0CeY

男「いただきます」

ラミア「いただきまーす」

男「ん、んま」ハフハフ

ラミア「っていうか正直、そろそろ飽きてきたから持って帰ってもいいよ……」

男「いや、そこまでは……」

ラミア「今晩はカレーかピザ、って決めてるんだ。もう絶対!そして来年からはスーパーのお惣菜おせちにする」

男「それでもいいかもね」

ラミア「あ、熱燗もどうぞ。熱いうちがおいしいよー」

男「とととと……いただきます」チビリ

ラミア「このかまぼこと昆布巻きは奮発していいのだから、先に食べて」

男「ん……あ、ほんとだ」

ラミア「へへー。はむ、ん、美味しい」




293: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:13:16 ID:knEt0CeY

…………

……

男「ご馳走さまでした」ペコリ

ラミア「おそまつさまでした」ペコリ

男「ふぅ、食べた食べた」

ラミア「ね。あ、DVD借りてるの、見る?箱根駅伝見る?」

男「あー、DVDかな。何借りたの?」

ラミア「未年にちなんで、羊たちの沈黙を」

男「なんでそのチョイス……」

ラミア「まぁまぁ、ほら、カウチ座って、おつまみもあるし、お酒もう少しだけ飲む?」

男「じゃあいただくよ」




294: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 11:14:07 ID:knEt0CeY

ラミア「……」

男「……」

ラミア「……うわっ」ビクン

男「おおお……」ドキッ

ラミア「……」

男「……」

ラミア「…………」

男「…………」

ラミア「……」ピトッ

男「……」ドキドキ

ラミア「……ねぇ」

男「お、おう……なに?」



ラミア「今年はだれと、姫初めしますか?」ギュッ




297: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/03(土) 15:12:31 ID:ai2ZRrIA

あけおめ!
さすが蛇だけあって執着心(?)つおいな
こんなんされたら落ちるやろ……




300: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/03(土) 20:54:07 ID:9WjDjU.A

熱燗作ってくれる恋人ほしいんだけど




301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/03(土) 21:39:27 ID:rsf10cGg

俺の股間からでる熱燗でいいなら




303: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:01:17 ID:vC1PW./2

>>301
ああ、酒はぬるめの燗がいい、ってそういう……




304: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:03:39 ID:vC1PW./2

ラミア「今年はだれと、姫初めしますか?」ギュッ



男「……じゃあ、アルルーn」

ラミア「むーっ!」チュゥゥ...

男「?!」

ラミア「口封じっ!もっかい聞くけど、今年は誰と姫初めしますかっ!」

男「……ラミア以外の選択肢がないんだけどバグ?」

ラミア「ひどーい」

男「つーかその……なんで、俺」

ラミア「……今、私の部屋で、隣にいるから」

男「じゃあ、別の奴だったら、そいつと?」

ラミア「男さん以外の人なんか、部屋には上げないよ」

男「……それって」

ラミア「いっ、いいから、ね、れっつごーとぅーベッド」




305: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:04:25 ID:vC1PW./2

ギシッ

ラミア「……んっ」チュ

男「……」ギュ...

ラミア「んっ、ふ……ふぅ……ん、ん、ん……」レルッ...チュ...

男「ぷは……いいのか、その」

ラミア「何?お金?」

男「……まぁなんだ、その……俺でいいのか?」

男「烏天狗さんと、アルルーナとシてるけど、て意味で」

ラミア「それはこっちの台詞かも。男さん以外の人とシてる女でも、いい?」

男「つーか、最初に指名した時から、そんなの織り込み済みだろ」

ラミア「そっか……そう、だったね」

男「……」

ラミア「……」



ラミア「……それでも、いいから。お店で私を選んで、なんて言わないから……今は私だけ、見て」」




306: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:05:52 ID:vC1PW./2

男「ずいぶんと俺に都合がいいな」

ラミア「まぁ、商売女の気まぐれだと思って、割り切って楽しもうよ……ね」ヘヘヘ

男「そこで割り切れるほど軽薄なつもりはないんだが」

ラミア「あは、ん……ふ、ん、んむ、ん……」チュ...レル...ピチャ...

男「────っ!」ギュゥゥ...

ラミア「んーっ、ん、んっんっんっ」クチュッ、クチュッ

ラミア「ん、ふ……はぁ……」

男「かわいい奴」ミミタブチュッ

ラミア「ふあ、耳、弱いから、だめ……」

男「……ゴドハンでさ」

ラミア「はひ?」

男「耳が弱点です、ってモンスターがいます。どうしますか?」

ラミア「……耳、攻める?」

男「正解」カプッ

ラミア「ふあああっ!」ビクンッ!!




307: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:07:20 ID:vC1PW./2

男「へーぇ」クリクリクリ

ラミア「ふあああっ、あ、あ、あ、だめ、や、あ、あっ」ドサッ

男「ひほひひーひ?」カプ、チュ、チュ、チュ

ラミア「や、あ、あんっ、あ、ん、くひぃっ!」ビクンッ

ラミア「やだ、吸わないで!口の中で、転がさないれ、うう、うあ……っ」

男「んー?」コロコロクチュクチュ

ラミア「ふぅ、う、う……んっ、きもち、よすぎぃっ……」

男「ぷは……っと、ちょっとタイム。服脱ぐわ」ヌギヌギ

ラミア「あ、うん……そうしよっか」ヌギヌギ

男「あ、スカートは脱がしたい」

ラミア「え、あー……うん、どうぞ」

男「……」シュルル...

ラミア「……」シュルシュル...

男「……尻尾長いよ!」

ラミア「あ、横のジッパー全部下げたら外れる」




308: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:08:20 ID:vC1PW./2

男「……先に言ってくれ」

ラミア「ごめんごめん。じゃあ次は私が男さんのズボン下ろす番だね」

男「あーいや、それは別に自分でも……」

ラミア「拒否権なしっ」カチャカチャ

男「……」

ラミア「なんだかんだ、もう臨戦態勢じゃん」ツンツン

男「お互いね。っていうか、下は前貼りなんだ」

ラミア「普通のショーツ無理だし」

男「そりゃそうか。剥がしても、いい?」

ラミア「うん」

男「……おお、新鮮」ペリ...ペリ...

ラミア「……ん」

男「なんか、糸引いてる」

ラミア「……」カァァ




309: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:09:14 ID:vC1PW./2

ラミア「……舐めても、いい?」

男「風呂入ったの昨日の夜だぞ」

ラミア「あ、じゃあ蒸しタオル作る……ちょっと待ってて」ギシッ

ラミア「〜♪」ジャババ...ギュウゥ...

ラミア「〜〜〜♪」ピッピッ

男「へぇ……電子レンジで作れるんだ」

ラミア「そうだよー。ゲーム疲れした目を休めるのに使ってる」

男「なるほどねぇ……」ポフ

ラミア「……っていうかレンチンしてる最中の1分かそこら、恥ずかしいね」

男「まったくだ……しっかし、いつまでレンジで”チン”なんだろうな」

ラミア「そりゃあ『レンジで”ピーピーピー”』略して『レンピー』より、意味が通るからでしょ」

男「……なるほど」

ピーピーピー

ラミア「ほい、出来上がりっと……あちち」




310: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:10:08 ID:vC1PW./2

ラミア「えへへ……失礼しまーす。熱すぎたら言ってね」ポフポフ

男「おう、う……」

ラミア「えへへ、ふきふき、っと。それじゃあ……」チュ、チュ

男「う」ビクンッ

ラミア「んふ……んっ、はむ」クプププ...

男「体、もうちょっとこっちに寄せて」

ラミア「ほぉ?」グイ

男「そ。この糸引いてるところを……」クチュ

ラミア「!!!!」

ラミア「んっ!んっ!んー……んふ、んー……ふー、ん、ぐっ、ぐぷっ」

男「はっ、うく……気持ちいい、けど、負けられないね……ほら、ここ、こんなに尖って」クチュ

ラミア「〜〜〜〜っ!!」

男「いたた、歯立てたら痛いよ」

ラミア「ぷは、ごめん、つい……」




311: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:10:59 ID:vC1PW./2

男「俺も舐めたい」

ラミア「あ、き、汚いよ……」

男「じゃあなおさら舐めてきれいにしないと」グイッ

ラミア「え、あ、やめてまって、ん、んーっ!!」

男「ほんろら、しょっぱひ……ん、ん……」ピチャ、ピチャッ

ラミア「ふあ、あ、ふ、うあ、あ……」

男「んっ……べとついて、テラテラして……」クパァ

ラミア「んー……ん、んっ」クプ

男「ふぅ……ん、ん、ん、んく」クチュクチュクチュクチュ

ラミア「ん、んぷ、んく、んくんく、んっ、んっ、ん゛っ!!」グプグプグプグプッ

男(もう、出そうっ……気持ちよすぎ……っ)カプッ

ラミア(だめっ、舌入れないで、クリの皮剥かないで、気持ちよすぎ……イっちゃうっ!!)




312: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:12:07 ID:vC1PW./2

男「うっ!!」ビュルルッ!!

ラミア「────っ!?!?」ビクンッ!!



ラミア「…………」コキュ...コクン...

男「……っ」

ラミア「ぷは」

男「ごめん」

ラミア「なんで?」

男「あ、いや、その……口の中……」

ラミア「えへ、飲んじゃった。それに一緒にイっちゃったぁ」

男「そ、そっか……っていうか、口の横、ついてる」

ラミア「あ、うん、へへ」ペロ

男「あー……うん、その、気持ちよかった」

ラミア「ほんと?」

男「おう……」ポリポリ




313: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:13:15 ID:vC1PW./2

ラミア「……」モジモジ

男「……」

ラミア「あー……その、えーと、あ、そうだ」ゴソゴソ

男「どうかした?枕元あさっ……」

ラミア「ゴム、あるよー」ジャジャーン

男「……」ハァ

ラミア「あ、あれ?やっぱ生がいい?多分大丈夫だとは思うけどー」

男「そこじゃない」

ラミア「箱から出したけど新品だよ?」

男「うーんと……こうなること、予想してた?」

ラミア「正直、ひきずりこんでアルコール入れた時点で勝ったと思ってた」

男「……」ハァ

ラミア「あー、ごめんね、がっつきすぎ?ひく?」

男「ひきはしな……ごめんちょっとひく」




314: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:14:20 ID:vC1PW./2

ラミア「う」

男「まぁでも、負けたなら仕方ない」

ラミア「あ、えっとそれは」

男「よし、1回戦は負け、2回戦は引き分け。なので3回戦以降でリベンジ」グイッ

ラミア「きゃっ……あは、マウントとられちゃった」

男「寝技あり時間無制限一本……じゃねーや、ひぃふぅみぃ……6本勝負だな」

ラミア「ひ、一箱全部使いきる気?!」

男「何か問題でも?」

ラミア「あ、あー……いえ、期待しまーす」ヘヘヘ

男「じゃあ、ゴム貸して」

ラミア「あ、いーよいーよ、付けたげるっ」

男「お、うん、ありがと」

ラミア「……ん」グイー...パチン

男「いたい」




315: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:15:26 ID:vC1PW./2

男「……一応、最終確認なんだけど」

ラミア「う、うん……」

男「……挿れる、よ?」

ラミア「っていうかここまできて最後までしないとか、童貞じゃないんだからさー」

ラミア「お店で極々稀にそういうお客さんいるらしいけど……」

男「そういう客の話はピロートークの時までとっておくとして……」チュ

ラミア「んっ……あは、んっ、押し付けられてる……ゆっくり、ね、お願い、ゆっくり……してね」

男(押すなよ押すなよ的な何かなんだろうか……とりあえず)クチッ

ラミア「あは……ん、んっ、入って、く……うあっ!!いきなりっ!」ズブブブッ!!

男「う」ギチギチギチギチッ!!

ラミア「あ、奥まで……入ったぁ……」

男「つーか、しめすぎ……」

ラミア「だってきもちいいっ、んだもん……うあっ、あっあっあっ」ズズズズ...




316: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:16:17 ID:vC1PW./2

男「ふっ!ふっ!」グチュッ!!グチュッ!!

ラミア「あっ、あっ、きもちいいっ、きもちいいよぉ、お゛っ!おぐぅ……っ!!」ビクンッ

男「はぁっ、はっ、はっ!」ンチュ...

ラミア「はぷ、んっ、れる……んっ!んっんっんっ……んーっ?!」

男「弱点みっけ。”キスされながら乳首愛撫されながら奥こすりあげる”に弱い」

ラミア「……ん、だって、独りじゃ、3つ同時に責められたり、しない、し……っ」

男「オナニーするんだ……って、そりゃするよな。どんな風にするの?」

ラミア「え……恥ずかしすぎて言えない……」カァァ

男「胸?」モミモミ

ラミア「あんっ、あっ、あっ」

男「それともクリトリス?」コネコネ

ラミア「あっ、ああああっ?!」ビクンッ!!

男「それとも指とか入れる派?俺のより指がよければ切り替えるけど?」

ラミア「いじわる、しないでよぉ……」




317: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:17:17 ID:vC1PW./2

男「正直に言うまで、ずーっとこうやって奥を小突いてようか?」クチクチクチクチ

ラミア「あぅ……う、ふぅ、ふっ、ん、やっ、もっと、入口から、奥まで、こすって……お願いぃ……」フーッフーッ

男「ラミアはどんな風にオナニーしてるのかなぁ」ヌプヌプ

ラミア「ば」

男「ば?」

ラミア「バイブ、を、使い、ます……っ」

男「店で客とした事思い出しながらオナニーするんだ」ズズズ...

ラミア「それ、は……その……くひっ!」ズブッ!

男「それとも、大勢に犯されるようなこと想像して?」グッチュグッチュグッチュ

ラミア「ちが、そうじゃ、な、あ、あ、ああああっ、あんっ!」パンッパンッパンッ!!

男「どうしてるの?」

ラミア「……おとこさんのこと、かんがえてる」

男「っ」

ラミア「ずっと、ずっとずっと、あの日からずっと、男さんのおちんちんのことしか……考えられなくて……」




318: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:19:23 ID:vC1PW./2

男「うれしい事言ってくれるね」

ラミア「えへ、うあっ、あっ、あっ!」

男「妄想の中の俺と、今の俺と、どっちがいい?」

ラミア「……そりゃ、現物、本物っ……の、男さんのおちんちん、いいよぉ……」

男「そっか……じゃあ、しっかり気持ちよくしてあげないと、なっ!!」グイッ

ラミア「はぐぅっっ?!?!」

ラミア「すごっ、角度、変わって、えぐれてるっ!おまっ、こぉ……おぐぅっ?!?!」ビクンッ!!ビクンッ!!

男「うあ、急にしまってっ」

ラミア「あ゛っ、あ゛っ、あああっ、きてる、きちゃう、きちゃう、いく、いぐ、いぐいぐいぐいぐっ!!」ガクガク

男「く、きっつ……このっ!」

ラミア「うあっ!まっしろ、きちゃうっ!おとこさっ!握って、手、握って、ぎゅってしてっ!」

男「おうっ!」

ラミア「あう、う、イく、イくっ、イっちゃう、いっ!んーっ、んんんんっ!!!!」ビクン!!ビクン!!ビクン!!




319: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:20:34 ID:vC1PW./2

ラミア「あへ……あ、う゛……」グッタリ

男「よし、1回目な……」

ラミア「これで、1勝1敗1分だね、え、あ……んっ!!」

男「何をおっしゃいますか、俺はまだイってないんだけど?」

ラミア「は、う、う゛っ、ああっ、まって!イったばっかで敏感だか、ら、あっ、あっあっあっ!!」ガクガクガク

男「はは、締め付けすっげ……よっと」ズブブブッ

ラミア「きゃふ、うぅぅっ!!」

男「ラミアの中、ぐちゃぐちゃでぬめって、ぎゅうぎゅう締め付けて……気持ちいいよ」

ラミア「ほんと?ほんと?きもちいい、私もきもちいい、もっとこすって……っ」

男「おう……っていうか、ラミアの好きなパターン分かったかも」

ラミア「あへ……うあっ、あっあっあっ」

男「こうやって入り口まで大きくゆっくり引いて……」ズズズ...

ラミア「あっ……あっ!」

男「一気に奥までっ!」グイッ

ラミア「きゃふっ!!」ビクンッ!!




320: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/03(土) 23:21:12 ID:vC1PW./2

ラミア「あは、うん、好き、勢いよく、奥突かれるの、すきっ!」

男「じゃあ勢いよく動かすぞっ!」パンッ!!パンッ!!パンッ!!

ラミア「はぐっ、うぐっ、うあっ、あっ!あっ!あっ!かはっ!!」

男「ラミア、そろそろ……」ブルル

ラミア「うん、わたしも……っ、また、いっちゃう、イっちゃうよ、ぉ……うああっ?!あっ!!」

男「出すぞ、ラミアの膣でっ!」パンパンパンパン

ラミア「うん、出して、出して、男さんっ」



ラミア「好きっ!男さんのこと好きっ!好きなのぉっ!!」ギュゥゥ...

男「!!」ビュルッ!!


ラミア「あ……あ……」トクン...トクン...

男「……はぁ……はぁ」


ドサッ




332: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:08:29 ID:boAtaNSk

男「……」

ラミア「あ……あは……」ギュゥ

男「……はは、すっげぇ汗」

ラミア「あの、男さん……その……」

男「わりぃ、漏れたりする前に抜く」

ラミア「あ、はい、あ、んっ……んっ!!」ビクン

男「……」クルクルギュッ

ラミア「おー……い、いっぱい出た、ね」ツンツン

男「ん、ああ……2回目なのになぁ」

ラミア「……あ、ゴミ箱……はい、ここ捨てちゃって。フキフキしたティッシュも」

男「お、おう……」

ラミア「……」

男「……あの」

ラミア「あーうん……忘れて」




333: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:09:14 ID:boAtaNSk

ラミア「ほら、アレだから。お店での口癖みたいなもので、だから、忘れて、ね。リップサービスだから」

男「俺が店に行った時は言わなかったと思う」

ラミア「え、ああ、そうだっけ?」

男「……」

ラミア「あー……あの、やめよ?ほら、金積んだら生本番おっけーな淫売、いやでしょ」

男「……」

ラミア「それにほら……その、もっと可愛い子とか、いるし。下半身が蛇じゃない普通の女の子がいいよ、ねっ」

男「俺が何も言ってないのに、勝手に決めるな」

ラミア「あ……」
              ミルクバケット
男「……えっとな、まず、俺が  店  に通ってる時点で、ただのホモサピエンスを好きになるわけないだろ」




334: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:10:23 ID:boAtaNSk

男「だけどその……」

ラミア「……?」

男「っくしょんっ!!」

ラミア「あ、ごめん寒いよね……れっつ人肌ぬくぬく」ギュ

男「お、おう……」モゾモゾ

ラミア「へへ……ほら布団かぶってー」ゴソゴソ

男「わるい、尻尾を俺の脚に絡められると、すっげぇ冷たいんだけど……」

ラミア「ラミア忍法、温度平衡の術!」

男「あーもう……」

ラミア「んふふ……」




335: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:11:40 ID:boAtaNSk

男「……」フゥ

ラミア「ごめん、ね……なんか急展開で」

男「だれと姫初めしますか、とか言い始めた時点で大分急展開だったんだけど?」

ラミア「でへへ……」

男「……俺でいいのか?」

ラミア「男さんじゃなきゃだめー」

男「ゴドハン協力プレイできるからな」

ラミア「……」

男「……」

ラミア「い、いやいやいやいやそれだけじゃないよ!?」

男「例えば?」

ラミア「うーん……なんだろ。あ、でも最初は体の相性いいなぁ、って思った」




336: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:13:11 ID:boAtaNSk

男「最初にお店行った時?」

ラミア「うん……サイズも太さも気持ちいい所に当たる部分もぜーんぶジャストフィット」

男「……おう、う」

ラミア「後は、ちょっとだけ距離置こうとするよね、男さんって」

男「そう?」

ラミア「その隙間、詰めたいなぁ……って思いはじめて……気がついたら、隣にいたい、になって」

ラミア「他の女の子指名した、って聞いた時……すっごく心が痛くて、その日……なんでか泣いちゃって」

ラミア「ああ……私、男さんに恋してるんだなぁ、って」テレテレ

男「お、う……」

ラミア「うん、だから……好き」ギュ




337: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:15:27 ID:boAtaNSk

男「……俺にとってラミアは……さぁ」

ラミア「うん」

男「唯一のゲーム友達で……出会いはまぁ、特殊なお風呂だったけど」

男「真剣な表情でゲームしてるのを横から見るの、楽しいし」

男「笑顔がすごく似合ってるなぁ、って思ってるし」

男「今日、部屋来ない?って誘われた時すっごくうれしかったし……」

男「Hしてる時も、気持ちよくしてあげたい、って思ったし」

ラミア「……うん」

男「ずっと一緒に、こうやってくっついていたい……って思う」

ラミア「へへ」ギュッ



男「まぁつまり、その、好き、ってことだ、うん」

ラミア「……」

ラミア「へへへへへー」ギューッ

男「……」ナデナデ




338: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:17:15 ID:boAtaNSk

男「あ、悪い……俺の脱いだズボン取って」

ラミア「ん……ほい」

男「……財布財布……あった」

ラミア「?」

男「ミルクバケットの会員証、預けておく」

ラミア「あ、うん……」

男「捨てないでね、もし別れる事があったら返して」

ラミア「そ、そういう予防線の張り方は良くないっ」

男「でも、俺が持っていてもイヤでしょ」

ラミア「まぁそりゃぁ……うん……」

ラミア「っていうか、私も同じか。他の男の人に仕事で抱かれる彼女なんかイヤだよ、ね……」

男「あー……うん、そりゃ本音を言えば、辞めてほしいよ」

ラミア「だよね。ちょっと待ってて」

男「?」




339: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:20:40 ID:boAtaNSk

ラミア「すっすっスマホー……っと」ガサゴソ

ラミア「……」ピポパ

ラミア「……あ、黒服さん、明けましておめでとうございますっ!」

男「……」

ラミア「彼氏が辞めてくれ、っていうからお店やめまーす!」

ラミア「え、はい、代わります……男さん、黒服さんから」

男「……」

男「か、代わりました男ですけど」

黒服『別のお店のスカウトじゃないですよね貴方は』

男「あ、いやそういうわけでは……」

黒服『貴方と関わったうちのキャスト、辞めるの2人目ですよ……まったく』

男「え?」

黒服『鴉天狗も上がってしまいましたから。まぁ、うちは比較的少ないけど、入れ替わりのない業界じゃないんで問題はないんですが』

黒服『まったく……スカウトする側はあの手この手で大変なんですよ?』ブツブツ




340: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:22:08 ID:boAtaNSk

黒服『それに、ラミアは嫉妬深いし、求められる愛情は底なしですよ?語源からして貪欲を意味するラミュロスなのですから』

男「応えられるようにがんばります」

黒服『……どうか、幸せにしてあげてください』

男「……約束します」

黒服『じゃ、もう一度ラミアに代わってくださいな』

男「ラミア、黒服さんが代わってくれって」

ラミア「うん」

ラミア「はーい、代わりました……え?ああ、まぁ……そうですよね。一応聞いてみます。それじゃあ」ピッ

男「?」

ラミア「あー……あのね、私にも一応指名してくれるお客さんがいて……その人に挨拶だけはしなさい、って」

男「……しゃあないよな、それくらいは」

ラミア「あ、ありがと……そしたら全部、貴方のもの……だから……」

男「!?」ボフン

ラミア「えへへ……」




341: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:24:42 ID:boAtaNSk

ラミア「で、でね?」

男「んー?」

ラミア「あ、あと5個、ある……んだけど……」モジモジ

男「……」

ラミア「えへへへ……しない?」

男「いやするけどもっ!!」

ラミア「だよねー。おっとこんな所に部位破壊できそうな突起があるぞぉ?」ニギニギ

男「お願い破壊はしないで……」

ラミア「あ、そっか……でも、弱点だよねぇ」クスクス

男「まぁそりゃあ、な」ハァ



…………

……




342: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/04(日) 10:26:49 ID:boAtaNSk

男「……」

ラミア「……おはよ」

男「今、何時?」

ラミア「んー……お昼すぎた」

男「結局夜通しだったな……」

ラミア「うん……にひひひ……」ギュゥッ

男「……あ、やべ、帰らないと……クリーニングしたスーツ回収しなきゃ」

ラミア「……」

男「そんな面すんなって。今までだって土日会って遊んだりしてただろ?」

ラミア「うん……そうだね」

男「シャワー借りていいか?」

ラミア「うん。一緒に入りたいなぁ」

男「絶対ただじゃすまないからダメ」




349: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/23(金) 08:09:13 ID:Rfz7d7PI

────1月某日19:00@駅ナカのカフェ



男「悪い、待ったか?」

ラミア「ぜーんぜん。今来たところー」フリフリ

男「……化粧、いつもよりしてる?」

ラミア「あーうん、さすがにお仕事だしね。にひひ、嫉妬?」

男「そりゃあ、嫉妬してもいい立場になったんだからな」

ラミア「そっか、そうだねぇ……ね、今度、いつ会える?」

男「ん、ああ……日曜、かな」

ラミア「へへ。楽しみ。男さんの部屋、遊びにいっていい?」

男「エロ関係は隠しておく」

ラミア「えー、行く意味ないじゃん!」

男「ひっでぇ」




350: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/23(金) 08:12:11 ID:Rfz7d7PI

ラミア「……あの、ごめんね」

男「仕事は仕事だろ?仕事より俺を選んでくれてありがとう、って言うのはこっち側」

ラミア「うー……」

男「飯食ってから行くか?」

ラミア「ううん、学食で軽く入れてきたから」

男「そうか……って」

ラミア「?」

男「学生だったの?」

ラミア「そだよー。4月から学部3年目。一浪してるけどね。言ってないっけ?」

男「初耳……俺、恋人のこと何も知らないんだな」
                    
ラミア「やったね。これから色々知ることができるじゃん」

男「かしこさがメキメキ上がるな。とりあえず弱点は覚えた」ミミチュッ

ラミア「ば、ばかっ!」




351: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/23(金) 08:14:05 ID:Rfz7d7PI

ラミア「じゃあ……最後の出勤、行ってくるね」

男「おう。黒服さんや他の娘にしっかり挨拶してこいよ」

ラミア「できますよーだ」ベー

男「ははは、それじゃ」

ラミア「うん……それじゃ」



男「……」

男「あー……なんだろなぁ、この感じ。分かっててもきっつぅ……」ゴトッ

男「酒あおるに限るかなぁ……同僚でも呼び出すか」

prrrr...

男「よう、仕事終わってたら酒でもどーよ?」

同僚『うるせぇ!俺はルミちゃんに会いに行くのに金貯めなきゃいけねぇんだ!お前、なんて店を紹介してくれたんだ!』

男「さよけ……」pi

男「……ふぅ」




353: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/23(金) 08:59:18 ID:QBVjtToE

黒服さん………どれだけ系列店持ってるんですか?
普通の女の子の風俗(ミルクバケット方式?)まであるとは………

そして同僚ェ………




357: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:42:05 ID:UdfBoQzo

>>353
アルルーナ編の最初に出てきたのは、系列店というよりは協力関係。
『新規の客を連れて行くから、本命の客はきちんと逃がしてくれ』とその店側と話がついている
もちろん極普通のお風呂で自由恋愛するお店
説明不足でした

黒服「的な感じで、脳内補完してくださいね?」ニッコリ




358: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:43:34 ID:UdfBoQzo

ラミア「いらっしゃいませ。いつもご指名、ありがとうございます」

男性客「ラミアちゃんに会いたくて、残業頑張っちゃった」

ラミア「もう、無理しちゃだめですよ」

男性客「そりゃもちろん、今夜の分の体力は残してあるって」

ラミア「もう……あの」

男性客「ん?」

ラミア「実は……今日でお店、最後なんです」

男性客「え、そうなの?!」

ラミア「はい」

男性客「え、なんでなんで、急じゃない?次のお店に移るの?こっそり教えてよ」

ラミア「あ、いえ、引き抜きとかじゃないんです。っていうかこの店より高待遇なところ、探せませんよ」

ラミア「一身上の都合、っていうか、とにかく……もうお水はお終いにします」

男性客「そっかぁ……残念だなぁ」

ラミア「あ、そういえば秋葉にラミアカフェがあるの知ってます?次のバイトはそこでもいいかなぁ」

男性客「その話はさ、ピロウトークでゆっくりしよう、まずはお風呂入ろうよ」




359: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:44:26 ID:UdfBoQzo

…………

……

男性客「はぁっ!はっ!はっ!」パンッ!!パンッ!!

ラミア「おきゃくさ、待って、はげしっ……」

男性客「好きだろ?なぁっ!いつも言ってるじゃないか!!」

ラミア「や、あっ、んっ!あんっ、あっ……ああっ!」

男性客「気持ちいいだろ?なぁっ!」

ラミア「待って、こわい、やだ、いやっ」

男性客「出すからな!出すからなっ!俺の精子で孕めっ!はらめっ!」

ラミア「や、いやぁぁっ!」



ビュルッ!!ビュルッ!!



ラミア(おとこさんのじゃないのが……はいってくる……)




360: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:46:18 ID:UdfBoQzo

男性客「……ごめん」

ラミア「あ、いえ……あ、ぬけちゃ……ん」ヌプ

ラミア(垂れてる……出されちゃった……妊娠しないって分かってても……)



男性客「大丈夫?」

ラミア「あ、ごめんなさい。綺麗にしますね」クプ

ラミア「ん、ふっ、んっ……んぷ……じゅる、ん……」ゴックン

男性客「……本当に今日で最後なの?さみしいね」

ラミア「あは、思う存分愉しんでくださいね」

男性客「もちろん」

…………

……




361: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:47:04 ID:UdfBoQzo

チュンチュン...



ラミア「ありがとうございました。お世話になりました」

男性客「ああ……そうだ、これ」

ラミア「あ、これゲーセンのプライズのゴドハンぬいぐるみじゃないですか」

男性客「昨日たまたま、ね。もしよかったらさ、もらってよ」

ラミア「あ……ありがとうございます」

男性客「あーあ……本当に最後なんだなぁ……それじゃ」

ラミア「別の娘だっているんだから、これからもこのお店をご贔屓にしてくださいね」

男性客「はは、商売上手だ」

ラミア「ありがとうございました」ペコリ




362: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:49:50 ID:UdfBoQzo

黒服「お疲れ様」

ラミア「急でごめんなさい」

黒服「ま、仕方ないわね……あら、それは?」

ラミア「え、ああ。可愛いでしょ、ゴドハンのラスボスのぬいぐるみです」

黒服「ラスボスが可愛くていいのかしら?」

ラミア「いいんですよ、この可愛らしい見た目と攻撃の苛烈さのギャップが!」

黒服「そうなの……ああ、今日いる子たちが待ってるから、挨拶していきなさい」

ラミア「はい」



アルルーナ「ラミア……元気で」

龍娘「達者でな。彼氏が暴力をふるったらいつでも助けにいくからな」

二口女「「どのみちこのあたりにいるんでしょ?いつでも会えるしね」」

猫耳娘「またいつでも戻ってくればいいニャ」

龍娘「それはダメだろ……」

ラミア「ふふっ……みんな、ありがとう」グスッ




363: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:51:23 ID:UdfBoQzo

…………

……

ガタン、ガタタン、ガタタン...

ラミア(……)

ラミア(あ、そうだメール……)



----------

From:ラミア
To ;男
Sub :お仕事おわり
本文:
学費にアパート代、水光熱費……来月からどーしよ(;;
バイト探さなきゃだ

----------

ピッ




364: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:52:44 ID:UdfBoQzo

ブッブー

ラミア「……ありゃ、返信はやいなぁ」フワァ



----------

From:男
To ;ラミア
Sub :Re: 通勤なう
本文:
なら次のデート、部屋探しするか?

----------




365: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:54:30 ID:UdfBoQzo

ブッブー

----------

From:ラミア
To ;男
Sub :Re:Re:通勤なう
本文:
えー、引越しするお金で、テレビと新型のゲーム機が買えちゃうのでNO。
お仕事いってらっしゃい。

乙←これはおつじゃなくてラミアのしっぽなんだからねっ!

----------



男(……)

男(意味分かってないなあいつ……)ハァ




366: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/24(土) 21:55:46 ID:UdfBoQzo

ラミア『ふんふふ〜ん……ふぁぁ……今日は講義休講だし、ゆっくり寝よーっと』

ラミア『……んふ、かわいいねぇ、このぬいぐるみ』

ラミア『どこに置こうか……よいしょ、っと』ガザッ、ガザザザッ

ラミア『ふぁ……おやすみぃ〜』




374: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:07:10 ID:aND5AWcI

────日曜日@駅前



男「よ」

ラミア「おまたせー」

男「つーか、本当に家デートでいいの?」

ラミア「家デート”が”いいのっ」ギュ

男「じゃ、行くか」

ラミア「ぱっぱらーぱららら〜……じゃっじゃじゃーん♪」

男「……?ああ、ゴドハンのクエストスタート時のジングル?つーかターゲット何?」

ラミア「エッチな本1冊の納品」

男「どこに納めるつもりだ」




375: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:08:12 ID:aND5AWcI

男「ここ」ガチャコ

ラミア「おっじゃまっしまーすっ」

男「この部屋、大型亜人非対応サイズなんだ、ごめんね」

ラミア「へーきへーき。つっかえるような大きなお尻じゃないですよーだ」

男「そっか。ソファにでもどっかり座ってて。コーヒーでいい?」

ラミア「あぁ、おかまいなく〜……ねぇ」

男「はいはい……エロ漫画は全部自炊済み、動画はエンコ済みで全部外付けHDDの中だから」

ラミア「ほほーぅ、デジタル派かぁ……パソコン立ち上げるねー」キュィィィ...

男「もう立ち上げてるし……」

ラミア「えー……彼氏がどんなゴドハンの防具でヌいてるか気になるじゃん」

男「そこ?……いやそういう画像は二次も三次も落っことしてるけどさ」




376: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:08:57 ID:aND5AWcI

男「ほい。悪いけどブラック派だから家に砂糖とかミルクないんだ」

ラミア「ありがと……ほほぅ、エッチな動画はIVとか着エロ派なんだねぇ……うわ、きわどーい」

男「ああもう恥ずかしいからやめてくれ」

ラミア「なんでー?あ、こういうお股にロープ通すの、私無理だ。うわ、うわぁ際どい!際どい!」

男「きわどいきわどい真昼間から連呼せんでほしい……」

ラミア「にひひ、おお、こんなSMちっくな……うわ、もう指入ってるじゃん上手く隠してるだけで」

男「そりゃ、そういう過激なの選んでますから……って、もういいだろ!」

ラミア「そうだねぇ、これからは私でこういう過激なことできるもんね」

男「つーか……消して、とか言わないの?」

ラミア「なんで?」

男「……前にいた彼女は嫌がったから」

ラミア「別にー。そりゃ、画面の中の女の子と比較してあーだこーだされたらイヤだけどさぁ」

ラミア「仕方ない。オタクの収集癖止めようと思ったら手足もぐしかないじゃん」

男「ひでぇ言い草だけど、正解だから困る」




377: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:10:28 ID:aND5AWcI

男「……あのさ」

ラミア「んー?する?今日はちょっとエッチな下着なんだけどー?」

男「あーいや、まぁ昨日シーツ洗濯したしゴム買ってきたんだけどさ、その前に」

ラミア「シャワー?」

男「……じゃ、なくて。ラミアの事、色々知りたい」

ラミア「例えば?」

男「誕生日とか」

ラミア「8月20日」

男「大分先だな」

ラミア「男さんは?」

男「3月3日で27になるよ」

ラミア「うっそー……24くらいだと思ってた」

男「たいした違いはないよ」

ラミア「じゃあ、他には?」




378: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:11:11 ID:aND5AWcI

男「昼間は……大学生だっけ?なんで風俗嬢してたのか、とか」

ラミア「そりゃ、親の援助がないから大学の学費稼がなきゃ」

ラミア「奨学金併用だけど、きびしぃんだ、これがさー」ダラー

男「ごめんな、辞めてくれだなんて言って」

ラミア「んーん、残り2年、学費出して、少し健全なバイトすれば生活費もなんとかなるから」

男「そっか」

ラミア「あー、男さんが気にすることなんて、何もないんだってば」

ラミア「どの道、4年になって研究室に入ったら辞めなきゃ、って思ってたし、少し早くなっただけ」

男「それでもやっぱり気にする性格なの」

ラミア「損な性格」

男「うるさいなぁ……口ふさぐぞ」チュ

ラミア「んっ!んぅ……ん」チュゥ...

…………

……




379: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:12:05 ID:aND5AWcI

男「……」フゥ

ラミア「でへへへ、やっぱ男さんとエッチ、きもちいい」ツヤツヤ

男「あのさ」

ラミア「もっかい?」

男「じゃ、なくて……なんでそんな不満げな顔なの」

ラミア「だって……こう、ぎゅ、ってしたいんだもん」

男「おいで、尻尾巻きつければ……って、胴に巻きつけるな」

ラミア「注文多いなぁ……こう、かな?」

男「ん……ひんやりして、鱗のチリチリ感がなんとも不思議な感触」

ラミア「で?」

男「ん?」

ラミア「言いかけたこと」

男「ああ……うん」




380: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:13:51 ID:aND5AWcI

男「例えば、家にネットあるじゃん?」

ラミア「うん」

男「俺の部屋とラミアの部屋と……2回線」

ラミア「うん」

男「冷蔵庫も2つあるし、水光熱費の基本料金も2世帯分」

ラミア「そりゃ、当たり前じゃない?」

男「……例えば、例えばだよ?ラミアが部屋引き払って、俺の部屋に来たらその分安くなるじゃん?」

ラミア「……」

男「……」ポリポリ

ラミア「え、えっと……ど、同棲の提案に聞こえるんだけど」

男「一緒に暮らしませんか、って言ってるんだけど」

ラミア「きゅ、急じゃない?」

男「今すぐじゃなくていいけどさ……まぁ、考えておいてよ」




381: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:14:55 ID:aND5AWcI

ラミア「……ありがと」ギュ

男「うん……」

ラミア「けっこう感動的な場面だと思うんだけどさぁ」

男「……うん」

ラミア「男さんのおちんちんは、感動すると反り返るの?」

男「仕方ないだろ……なんかポッチがあたったり、潤んだ目が可愛かったりしたんだよ」

ラミア「えへへへ……お昼まだだけど……続きする?」

男「……する」

ラミア「だよねぇ……にししっ」ギュッ

…………

……




382: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/01/29(木) 21:16:04 ID:aND5AWcI

ガチャリ



ラミア『ただいまー』

ラミア『ふぅ、明日は1限からかぁ……ラッシュ巻き込まれるのいやだなぁ……』

ラミア『っとと、一人暮らししてるとつい独り言が多くなるよねぇ』

ラミア『あ』

ラミア『あーっ!こんな所にキスマークついてる!うわ、もしかして総武線でずーっと見られてた……?』

ラミア『ひゃー、うわはずかしー』

ラミア『もう、後で抗議しなきゃ』

ラミア『……』

ラミア『一緒に暮らそう、だってさ。どうする、ラスボスくん』



ラミア『……幸せすぎて怖いくらいになっちゃうね』




391: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:50:07 ID:vLVFH9Yc

────18:30@男の会社

OL「男さん、荷物来てましたよ」

男「ん、あぁ、やーっと届いたよ、新しいサンプル」ビリッ

男「おお、いい出来だ」

OL「へぇ……なんだかキモかわいいですね」

男「来週頭の販促会議に出さなきゃいけないから、間に合ってよかったよ」ガサゴソ

OL「そうなんですかぁ……じゃ、お先失礼しまーす」

男「おつかれさま」

男「うん、よく出来てる。ラミアに持っていったら喜ぶかな……ま、無理だけどさ」




392: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:51:03 ID:vLVFH9Yc

同僚「よーぅ相棒、今日さぁ」

男「断る」

同僚「はえーよ」

男「先約があるんだ」

同僚「また指名しちゃったの?」

男「ん?いや……もうお風呂には行かないよ」

同僚「……まさか」

男「……」('3')〜♪

同僚「見せろ!写真見せろぉぉ!!」

男「やだよ!キモいよ寄るな!!頬ずりすんな!!」




393: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:53:53 ID:vLVFH9Yc

同僚「畜生神様!なんで洗礼まで受けたカトリックの俺に彼女ができなくて、こいつにはできるんだ!!」

男「お前が戒律破って好き勝手に姦淫してっからだろうが」

同僚「いいなぁ〜いいなぁ〜……なに?どこで知り合ったの?なー教えてくれよ〜」

男「……秋葉原。ゴドハンオフで」

男(まぁ、これくらいの嘘ならいいだろ。あながち間違いじゃないし、口裏も合わせやすい)

同僚「よし、ゲーム機とそのゲームを買ってこよう。後で色々と教えてくれ、先生」

男「俺が遊ばないかと誘った時は即蹴ったくせに。ルミちゃんはどうしたんだよ」

同僚「……」

同僚「……俺は過去は振り返らない男だからな」フッ

男「過去を振り返って学習しないから何度もひっかかるんだろ……そいじゃ、おつかれ」





394: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:54:26 ID:vLVFH9Yc

prrrr...

男「おっす」

ラミア『おーっす!今どこー?』

男「会社出て、駅ついたところ。秋葉原の総武線の蕎麦屋の前でいいんだよな?」

ラミア『そうそう。私もこれから電車乗るから……あと20分くらいかな?』

男「んじゃ、そこで」

ラミア『愛してるよ、ダーリン』

男「は、な、なんだいきなり?!」

ラミア『え、ああ、うん、ちょっと自慢というかノロケというか……』

────キャーッ!!エー、ホントニカレシデキタノー!?

男「おっけい事情は大体把握した。まぁそんじゃ、後で」

ラミア『うんっ、後で!』pi

男「はは……」




395: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:55:01 ID:vLVFH9Yc

…………

……



男「……」

友人A「ひゃー!ほんとに!?年上だー!社会人だぁ!」

友人B「てっきり妄想かと……手取りの年収と福利厚生、特にスポーツクラブ関連と住宅手当について詳しく教えてもらっていいですか?」

ラミア「あー……男さんごめんね、どうしても会ってみたいって……」

男「ま、大体こうなるだろうとは思ってた」

男「はじめまして。男と言います」

友人A「このあんぽんたん娘のどこが気に入ったんですか?」

友人B「付き合いはじめたきっかけは?」

友人A「もう同棲する話をした、って本当ですか?」

友人B「御社の有給消化率と、独身男性の数、合コン開催の可否について教えていただいてもよろしいでしょうか」

ラミア「ちょ、ちょっと二人とも!男さん困ってるじゃん!」




396: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:56:03 ID:vLVFH9Yc

男「他の質問はさておき……付き合いだしたきっかけは今年の初詣」

男「どこが気に入ってるか……積極的なところ。自分が受身だから、引っ張ってくれるのはありがたいんだ」

友人A「おおおおお、大人だぁ」

友人B「なるほど……」

ラミア「も、もういいでしょ!ほらいこっ!」

友人A「そうだねぇ……日曜夜まで予定びっしりだろうしぃ」ニヤニヤ

友人B「まだ付き合いだして1ヶ月くらいなんでしょう?1分1秒惜しいのも分かる」

ラミア「だったらほら、解散解散!」

友人A「それじゃ、ごゆっくりぃ〜」

友人B「合コンの件、積極的に進めてもらえると助かります。それでは」

男「……」

ラミア「あ、その、ごめんね」

男「なんで?いい友達じゃん。ほら、途中のスーパーで買い物して、ラミアの部屋行くんだろ?」ニギッ

ラミア「う、うん……」ギュ




397: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:57:18 ID:vLVFH9Yc

…………

……

男「おじゃましまーす」

ラミア「はいはーい、あがってあがって」

男「あ、ちょっとまって」

ラミア「なにー?」

男「おかえり」

ラミア「……」

ラミア「ただいまっ!」ダキッ

男「うわ、うわっ!」ドスン

ラミア「……へへ」

男「……」チュ

ラミア「んっ、ん……んぅ、んっ」




398: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:57:49 ID:vLVFH9Yc

男「ちょ、ちょっと待てドア閉めろ!」

ラミア「んー」シッポグイッ

ラミア「んっ、んっ、んーっ!んんん……んっ」ガチャ、ガチャン

男「ぷは、ふぅ、ドアロックにチェーンまで……器用な尻尾ですこと」

ラミア「…………ねぇ」

男「靴も脱がずに、買ったもの冷蔵庫にしまわずに、玄関でおねだりか?」

ラミア「だって……男さんの匂い……かいだら我慢できないよぉ……」スゥハァ

男「エッチな彼女だ」チュ

ラミア「んっ、ふぅ……んっ、んっ、じゅるっ、れるっ、むっ、んっんっんっんっ!」

男「……」チュポン

男「いつからこんなにしてるんだ?」クチュッ

男「前貼りもしないで……今日1日ノーパンだったのか?」クニクニ

ラミア「ちがっ……その……授業中もシミュレーションしてたらべとべとになっちゃって……あんっ」




399: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:58:32 ID:vLVFH9Yc

男「ったく……ドアに体重預けて」ジジジジ...

ラミア「う、うん」トスッ

男「声、ちゃんと我慢できるか?ドア越しに聞かれちゃうぞ?」ゴソゴソ

ラミア「が、がんばる……あ、ゴム、かばんにいれっぱだから……」

男「彼女が用意周到だと助かるよ」チュ

ラミア「えへ……」

男「じゃあ、上手く誘って、おねだりするんだ」

ラミア「えぇっ……もう……ん、男さんのバキバキおちんぽで、べとべとの私の……その、栓、して……」クパァ

男「え、何?」

ラミア「いじわる……お、女の子の……」

男「ここは何て言うのか、知ってるだろ?」グチュッ、クプッ、ヌトッ...

ラミア「……お、おまんこ」

男「よくできまし……たっ!」ヌプンッ!!

ラミア「!!!!」ビクンッ!!




400: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 22:59:30 ID:vLVFH9Yc

男「かわいい……手で口塞いでっ!声漏れないように我慢してるのか?」パンッ!パンッ!!

ラミア「んっ!んっ!んっ!んっ!」

男「でも……こうしちゃう」ギリッ

ラミア「ふああっ……待って、声、抑えられないからぁっ……手、つかんじゃ、やっ、やぁっ!」

男「ドア越しに淫乱なラミアの声、聞かれちゃうな……よっと」グリュッ

ラミア「んんんっ!うああっ!!んっ、んっんっんっ!」パチュッ!!パチュッ!!

男「どんな気分?ドアに両手と背中押し付けられて、身動きできないままセックスするの?」

ラミア「んっ!んっ!きも、ち、いい……男さんのおちんちんが……ああ……うぅぅ……」

男「俺のが?」

ラミア「横になってするのと、ちがう、ところっ、し、しげき、してる……っ!んっ!んぅっ?!」

男「んっ!ん……」チュッ、ズズズズ、ジュルル...

ラミア(舌っ!吸われてる!しびれちゃう、痺れちゃう……だめぇっ!!)ビクンッ!!

男「ぷはっ……イキそうなんだね」

ラミア「……ん、んっ」コクコク




401: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:00:52 ID:vLVFH9Yc

ラミア「そ、そうなの……ごめん、いつもよりもきもちいいかも……」

男「じゃあ離すから、俺の首に手回して」

ラミア「こ、こう?」

男「そう。お尻、持ち上げるよ」

ラミア「え、えっ?!うあっ、あんっ!んんんっ!!」

ラミア「うしょ、これ、すごっ、体中、おまんこになっちゃ、うぅぅぅ……っ!!」

男「ほらっ!イけっ!ラミアっ!ラミアっ!!」パンッ!!パンッ!!パンッ!!

ラミア「らめっ!これ、こえ、れちゃ、おねがっ、きしゅ、キスっ……んんっ!」グッチュグッチュグッチュ!!

男「んっっ!!」チュゥゥ...

ラミア「────────っ!!!!」ビクンッ!!ビクンッ!!ビクンッ!!



男「…………ぷはっ」

ラミア「あっ……あ……あっ……」ピクピク




402: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:01:27 ID:vLVFH9Yc

ラミア「ふぅ、う、力、ぬけ、ちゃ……あんっ!」ズルッ...

男「はぁ……はぁ……」ビクンッ

ラミア「……イカされちゃった……」

男「すごいな、ぎゅってつかまれて……舌引っこ抜かれるかと思った」フゥ

ラミア「ねぇこれ……つらい、よね……まだだもんね……」

男「ああいや、別に……気持ちよくなってくれたならそれで」

ラミア「でも、つらそう……くわえさせて……」ハァ...ハァ...

男「ん……」パチン

ラミア「あは、においすごぉい……あ、あれ、だめみたい、力はいんないや……」

男「口あけろ」

ラミア「うん……はい……んっ、んべ……」

男「口の中、出してもいいか?」

ラミア「いいよ……ごっくん、させて……あ」グイッ

男「!!」ヌロッ

ラミア「ふぐぅぅぅっ!」グプププ




403: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:03:10 ID:vLVFH9Yc

男「はぁっ、ラミアっ!すごっ……うっ」

ラミア「う゛っ!んぐっ!んぐっ!ごぷっ、んじゅる……んんんんっ」グップグップ

ラミア「うぐ、んっ、んふー、ふーっ、ん、んぅ、じゅぷっ」ズゾッ、ジュルル...

男「すまん、もう……そんなにもたない……」

ラミア「ん゛っ、ひぃほ、ふぁひ、ふぇ……え、ぐっ?!ぐぅぅぅっ!!!!」

男「すまんっ!!」ギュゥゥゥ



男「!!」ドプッ!!ビュルルッ!!ビュルルッ!!

ラミア「?!?!」ビュルルッ!!ビュルルッ!!ビュルル...



ラミア(すごいっ!のどのおく、あたってる!のみこめない、息、できなっ?!)ビュル、ビュルッ

ラミア「ぐぶっ、んっ、んーっ!ぶえっ、ぐぶっ!んぶっ!」ブバッ!!

男「!?わるい、ぬくから!!」

ラミア「げほっ、ごほっ、がはっ、おえ、げほっ……すご、鼻、ぎゃくりゅう……いたい……こほっ」




404: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:04:18 ID:vLVFH9Yc

男「……」ハァハァ

ラミア「……」ハァハァ

男「ごめん、ひどくしすぎた」

ラミア「んーん、へーき……あーあー、結局服にかかっちゃったぁ」

男「冷蔵庫に入れておくから、洗濯とかシャワーとかしてこい」

ラミア「……うん、ありがと……へへ」

男「なんだよ」

ラミア「この調子じゃ、コンドームすぐ足りなくなりそうだね」

男「アマゾンで2グロスくらい買っておくか?」

ラミア「そ、そんなに?」

男「ジョークに決まってるだろ。ほら、立てるか?」

ラミア「うん」ギュッ

…………

……




405: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:05:26 ID:vLVFH9Yc

男「ふぅ、シャワー、お借りしました」

ラミア「あ、あのねー……」

男「何?」

ラミア「これ……歯ブラシ、使ってくれる?」

男「ん?ああ悪い、キスの時、口臭かった?」

ラミア「ちがっ……そうじゃなくてその、ほら……」

男「?」

ラミア「ひ、ひとつのコップに歯ブラシ2本入れておきたいなー……って」

男「へ?」

ラミア「い、いいから!それ、男さん専用だから!」

男「ありがと」ナデナデ

ラミア「う〜……」

男「はは、うん、嬉しいよ、ラミア」

ラミア「えへへへ」




406: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:06:19 ID:vLVFH9Yc

男「で、今日の晩飯は?」

ラミア「へへー、牡蠣鍋〜」

男「……えっと、なんていうか……精がつきそうだな」

ラミア「じゃ、夜はがんばってね、ダーリン♪」

男「食ったからって某菓子パン男みたいに勇気百倍!とはいかないけどな」

ラミア「えー……」

男「テーブル拭くから布巾とってくれ」

ラミア「はーい」ポイッ

男「よっ……ん?」

男(料理雑誌?付箋まで貼って……簡単手作りチョコスイーツ?)




407: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:07:06 ID:vLVFH9Yc

ラミア「テーブルの上の本とか、適当に放っていいから〜」

男「おう……その、この料理雑誌も?」

ラミア「え?!あ、ちがう!それじゃなくてその、ほら、ファモ通とか!攻略本とか!見た!?見てないよね!?」

男「何が?この簡単手作りチョコスイーツの記事のこと?」

ラミア「ぎゃああああっ!っていうか!忘れて!忘れてーっ!」

男「ん、キスしてくれたら忘れられそうな気がする」

ラミア「え、ん、もう……お鍋の火かけっぱなしだからキスだけだよ?」

男「はいはい……ん」チュ

ラミア「……」チュゥ

男「はい、忘れた」

ラミア「う、うん……ほんと?」

男「不安だったらもう1回しておく?」

ラミア「しとく」チュッ

男「……っていうか、鍋、ふいてない?」

ラミア「ひぃぁぁぁっ?!」ドタバタ




408: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:09:03 ID:vLVFH9Yc

男「……」

ラミア「あぶなー……でも、うん、かんせーい」

男「うし、熱いだろ、運ぶからコンロ出してくれ」

ラミア「ありがとー……んしょ」ゴト

男「あち、っととと……ほい」ガタン

ラミア「冷蔵庫におビール冷えてるよー」

男「さんきゅ……グラスは?」

ラミア「へっへへへ……もちろん冷蔵庫で冷やしてございます、お代官様」

男「ぐっふふふ……ラミア屋、お主も悪よのぅ」

ラミア「お代官様ほどでは……へへへ」

男「っと小芝居はこれくらいにしておくか。おお、うん、冷えてる」

ラミア「じゃ、早速乾杯しよ〜」

男「ん」カシュッ...コポコポコポ

ラミア「へへへー、1週間おつかれさまっ」

男「おう、お疲れ様」チン




409: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:10:14 ID:vLVFH9Yc

…………

……

男「ごちそうさまでした」

ラミア「お粗末さまでした」

男「……食べたぁ」

ラミア「男さんの〆の雑炊への情熱はすごかった」

男「ん、ああ……ふぅ、汗かいちゃったな」

ラミア「もっかいシャワー浴びる?浴びたらさ」

男「はえーよ……まだ9時じゃねーか」

ラミア「えーっ、男さんと一緒の1分1秒が宝物なのっ!無駄にしたくないのっ!」

男「……お、おう、ありがと」カァァ

ラミア「にしししっ……ほらほら、どうせシャワー浴びても汗かいちゃうんだからさぁ」

男「分かったよ」チュ

ラミア「あんっ、ん……んぅ……んっ!」




410: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:11:10 ID:vLVFH9Yc

男「ベッド行くか?」

ラミア「ん、うん……あ、待って!ちょーっと待って!」

男「いまさら、ベッドの上にパジャマや洗濯物が散乱してても気にしないから」

ラミア「なぜばれた……」

男「俺も、ラミアが遊びにくる前日にとりあえず押し入れに全部押し込む派だから」

ラミア「あははは」

男「んじゃ、二人で片付けますか」

ラミア「うん」




411: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:12:12 ID:vLVFH9Yc

男「……」ゴソゴソ

ラミア「……」ガタガタ

男「あれ?」

ラミア「んー?」

男「どしたの、これ……」ヒョイ

ラミア「ああ、それ」

男「このゴドハンのラスボスぬいぐるみ。ゲーセンのプライズ物でしょ」

ラミア「それ……その」

男「?」

ラミア「あのね、ほら、お店辞める前に、指名してくれたお客さんに挨拶、したでしょ?」

ラミア「その時のプレゼントなの……ごめん」

男「……そこで謝るってことはさ、俺がこれをプレゼントした男に嫉妬すると思った、ってこと?」

ラミア「ちがう!ちがくて、でもその……その……」

男「……」




412: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:13:10 ID:vLVFH9Yc

ラミア「嫌いにならないで」

男「なんでそうなる……つーかさ、ラミアの友達にも言ったけど」

男「受身な人間だからな。雰囲気に流されて付き合いだしたのかな、とか思われたら困るのはこっち」

男「俺はラミアが好きだ。嫌いになんかなったりしない」

ラミア「男さん……ぐすっ」

男「あーもう……ほら、ベッドの上はキレイになったけど、どうするんだ」

ラミア「……する」

男「しようか」

ラミア「……うん、その」

男「?」

ラミア「あの、ね……キスも、えっちも、フェラも……男さんが初めてじゃなくて」

男「だぁから、そういうのコミコミで付き合うって」

ラミア「ちがっ、そうじゃなくてその……」

ラミア「こっちは……誰も挿れてないんだけど……」ギシッ




413: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:14:08 ID:vLVFH9Yc

男「え……」

ラミア「おしりのはじめて、もらって欲しい……いや?」

男「いやじゃないというか、いいの?」

ラミア「いいよ、これからずっと、男さんだけのものだよ?」

男「……もらう」ギシッ

ラミア「うん……あげたい」チュ

男「……」チュ...ゴソゴソ

ラミア「ふ、ん、んっ……んあ、んっ……んっ……ぷは」

男「好きだ」

ラミア「……うん」

男「ん……」フニフニ

ラミア「そんな……じれったいよ、もっと強くして……いいから……」

男「なんか、優しくしたい気分なの。さっき強引だった分、ゆっくり焦らしたいの」

ラミア「もう……んっ」




414: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:15:07 ID:vLVFH9Yc

男「もう乳首が勃ってるね」チュ

ラミア「はうっ、ん、んあ……あ」ギュ

男「んー?」コロコロ

ラミア「やだ、転がさないでっ!あっ、ん……んっんっ……あん」

男「きもちいい?」

ラミア「うん」

男「ゆっくり下に……」レル、ニュルル

ラミア「んっ!やだ、おへその中まで、さぐらな、ひゃんっ」

男「……」レルン

ラミア「ふああああっ?!」

男「もう、クリトリスが充血してるね……べとついてる」チュ

ラミア「はう、はっ……あんっ、んっ、やぁ……」

男「……ぷは、とりあえず、服脱ぐか」

ラミア「うん」




415: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:16:21 ID:vLVFH9Yc

ラミア「んしょ……あーあ、せっかくキレイにしたのに……」

男「ま、シーツもすぐグシャグシャになるんだから、後でまとめて洗濯しよう……それより」

ラミア「?」

男「ローションとかある?」

ラミア「い、一応こちらに……エッセンシャルオイルだけど」

男「へぇ、いい香り」

ラミア「でしょ?けっこうするんだから」

男「で、それをお尻に塗りたくって潤滑剤にするわけだ」

ラミア「う、うう……」

男「怖いとかイヤだとか無理だとか、少しでも思うならやめておこうよ」

男「月並みな言葉で悪いけど、止まれそうにないし」

ラミア「んーん……初めてあげたいの。お尻でしたいの」

男「分かった……」トロ

ラミア「ひゃんっ!」ビクン




416: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:17:07 ID:vLVFH9Yc

男「こうやって……垂らしたオイル、お尻のすぼまりに塗りこむからね」クニクニ

ラミア「あっ、んっ、ん゛っ!くすぐった……あ」

男「穴、ひろげるよ」

ラミア「え、待って、や、んんっ、あ、まっ!」



プスゥ



ラミア「あ、や、聞かないで……」

男「可愛い……」ナデナデ

ラミア「う、うう……んっ!!」

男「今、指1本だけ入れてみたけど、どう?」

ラミア「どうって……押し、ひろげら、あ、あ、あ、ああっ!!」

男「中指が根元まで入っちゃったね……抵抗感は少ないな……」グリグリ

ラミア「かきまぜなぁ、ないれっ!ふあっ!じゅぽってるよぉ……うああっ!」グジュグジュッ!!




417: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:17:40 ID:vLVFH9Yc

男「ん」ニュポ

ラミア「……はぁ……は……」

男「ゴムつけるから待って」ガサゴソ

ラミア「あ……あは……」

男「お尻のお肉を両手で押し広げておいて」

ラミア「こ、こう?」クニッ

男「そ。お尻の穴が濡れてテカってひくひくして……綺麗だよ、やらしい」ナデナデ

ラミア「やだもぅ……」

男「ん、準備おっけ……一応、もっかいオイル垂らしてっと」トロッ

ラミア「ひゃ……ん……」

男「いくよ。一緒に深呼吸して力抜こうか……吸って、吐いて、吸って」

ラミア「すぅ、ふぅ……すぅ……ふ、う、うあ」



ラミア「あっ!ぐぅっ!う、う、ううううっ!!!!」ギチギチギチギチ




418: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:18:36 ID:vLVFH9Yc

男「カリ首までしか入ってないのに……すごい締め付けだよ」

ラミア「ん、うそ、まだ、入るの……ああっ」

男「ゆっくりいくからね……」ズズッ、ズズッ

ラミア「あああっ……あっ、あっ、あっ、あっ……あがっ」ビクンッ!!ビクンッ!!

男「ほら、深呼吸深呼吸……力ぬいて……」

ラミア「そんなの、無理、むりぃっ!」

男「じゃあ……ここで止めるね。押し返す力すごい」

ラミア「あぁ……はぁ……はぁ……」

男「で、放置しっぱなしの胸とアソコはどうなってるかなぁ?」クチ

ラミア「ひゃふ?!うああっ!やだ、じゅぽじゅぽしなっ!あっ!あっ!あっ!!」グジュッ!!




419: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:20:32 ID:vLVFH9Yc

ラミア「やだぁっ、中っ、両方、はい、やだ、きもち、いいの、これっ!これぇっ!!」

ラミア「だめ、乳首と、クリ、同時に、つままなっ!やっ、耳、かんじゃっ?!」

ラミア「あっあっあっあっあ……あ゛っ!!あ゛っ!!あ゛っ!!お゛し゛り゛ぃ゛っ?!」

男「根元まで入ったよ……きつきつ……クリいじられるのと同じタイミングで締め付けてるね」クニクニ

ラミア「うああっ!あっあっあっあっ!うご、うごかして……いいよ……へーき」

男「う、おお……ゆっくり、いくから」ズズズズ...

ラミア「あっあっあっ!あっあああ……うああ……」ガクンッ!!ガクンッ!!

男「入れて……抜いて……入れて……」

ラミア「ぬからいれっ!抜かないでっ!奥までっ!奥ぅっ!!」

男「もう気持ちよくなってきたの?お尻の才能あるみたいだね……それにほら、見てごらん?」

ラミア「え、ふぇ……んっ!あっ!」

男「他の男からの贈り物の前であえいでるの、誰?」

ラミア「……うぅ、わた、し……」




420: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:21:38 ID:vLVFH9Yc

ラミア『うあああっ!あっ!あっ!あっ!おしりきもちいいっ!きもぉ、ぉ、うあっ!』

?『ほら、言うんだ、誰のものを挿れられてヨガってるか、言えっ』パチンッ!!

ラミア『やぁっ!あっ!あっ!お尻たたいちゃやっ!あっ!あっ!あっ!』パンッ!!

?『ラミアのお尻に入ってるチンコは誰の?』

ラミア『おろこ、さんのっ!男さんのぉっ!』

男『これから、俺以外のチンコはめる予定は?』

ラミア『ないっ!ないよぉ……ずっと、男さんのだけっ!男さんのっ!しょゆうぶつなのおぉっ!!』

男『イキそうなの?』

ラミア『うんっ!うんっ!イくっ……はじめてのおしり、アナルセックスきもちいいっ!』

男『よし、イけっ!誰のチンコでイくか、どこでイくか、ちゃんと宣言してイけっ!!』パンパンパンパンッ!!

ラミア『イキましゅっ!おろこさんのおちんちんれっ!ケツハメいっちゃうっ!!』



ラミア『あっ!あ゛っ!あ゛ーっ!!あ゛ーっ!!』

男『出すぞっ!ラミア出すぞっ!!出るっ!!』

ラミア『うーっ!うあぁぁ……あっ!あぁ……』




421: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/12(木) 23:23:48 ID:vLVFH9Yc

男性客「……」ツカツカツカツカ...

男性客「くそっ!!」ドンッ!!



ラミア「ひゃ……っ」

男「うるさくしすぎて壁ドンされちゃったね」

ラミア「あは……こえ、おっきかった、かな……」

男「まあねぇ……でも、好きなだけ聞かせてやろうぜ」

男「この体を堪能できるのは、彼氏である俺の特権」

男「多少のおこぼれはね」

ラミア「……もう、ばか……あ、あ……あんっ!」ヌポッ

男「よっと」クルクルギュッ

ラミア「にしし、たっぷり」

男「はは、さすがに休憩」

ラミア「うん……ゆっくりしよ……」ドサッ




423: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/12(木) 23:35:44 ID:RLdLfywM

乙!
相変わらずエロ……え?




え?!




424: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/12(木) 23:36:11 ID:XszhReQs

『』が意味深だと思ってたけどやっぱなー




425: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/13(金) 00:14:27 ID:WkUPNZzA

てか、隣かよwww




433: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:41:27 ID:mWRt5.s.

────同日深夜



ラミア「……」スゥスゥ

男「……」

男「よ」ギシッ

男「他の客からのプレゼント、か」ガシッ

男「……捨てろ、って言うのも格好わりぃよな」

男「さてどうしたもんかね、ラスボスくん」

男「とりあえずこの鬱憤は、ゲームで全部位破壊して倒すことで晴らすとするか」ブツブツ

ラミア「んん……おとこしゃん……むにゃ……」

男「……はいはい、ここにいるよ」ナデナデ

男「……きみも、おやすみ」モゾッ

男「……」グゥ...グゥ...




434: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:42:25 ID:mWRt5.s.

────翌朝



男「今日、何する?」モグモグ

ラミア「んー……いちゃいちゃ」モグモグ

男「どっか出かけようよ、割とまじで」

ラミア「じゃあ。アキバ!」

男「ほんと秋葉原好きだな……そういえば、ラミアカフェってのがあるみたいだけど行ってみる?」

ラミア「あー……あれかぁ……」

男「あんまり興味なさげだね」

ラミア「普通の喫茶店よりまずくて、普通の喫茶店より高い店に興味ないもん」

ラミア「っていうか、私が全部やったげるよ。衣装も手作りしてさぁ」

ラミア「『おかえりなさいませ、ご主人様♪』とか」

ラミア「『そんな、奥様が隣の部屋にいらっしゃるのに、おやめくださいませ、ああっ』とか」

男「おいまて何する気だ」




435: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:43:19 ID:mWRt5.s.

ラミア「あとさ、ラミアのいる喫茶店なら、山手線はさんで反対側だけど、有名なお店があるんだよね」

ラミア「オムライスが美味しい、って結構評判。なんて名前だったかなぁ」

男「へぇ……そこ、行ってみる?」

ラミア「またの機会でいいよ。それよりさ、布とかフリルとか買おう。よし、レッツ自作メイド服」

男「楽しみにしてる。アメ横とかあの辺で……あ、動物園とかどう?」

ラミア「上野の?」

男「そうそう。で、あの辺を秋葉原方面へぶらつきながら散歩しつつ布見つつ」

ラミア「ん、じゃあそうしよそうしよ、へへー、デートデート」

男「じゃ、飯食ったら早速……にしても、このお味噌汁美味しい」

ラミア「でしょでしょ、最近豆味噌にはまっててさー」

男「俺なんか、味噌汁はお湯で溶くだけのインスタントだよ」

ラミア「案外簡単だよ?前の日に出汁とって具も切っておいて、朝は温めるだけ」

男「ふぅむ……がんばってみるかな」




436: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:45:08 ID:mWRt5.s.

男「ガスの元栓と水道、閉めたぞ」

ラミア「ありがと。エアコンオフ。携帯とお財布とゴドハンのすれちがい通信設定、OK!」

男「んじゃ、出かけますか」

ラミア「へっへー。よく考えたら初デートだね」

男「秋葉原に初詣行った時、手つないだろうが」

ラミア「じゃあ、お付き合いしてから初デートっ」

男「へーへー。鍵掛け忘れるなよ」

ラミア「うんっ……あ、あのさぁ、合鍵作る?」

男「あ、朝から共用スペースでそういう事言わなくてもよろしい」

ラミア「えー……でも欲しいでしょ?」

男「……まぁ、くれるなら大事にするけど」

ラミア「にししし」




437: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:46:09 ID:mWRt5.s.

男「あのさ」

ラミア「ん?」

男「……や、なんでもない」

ラミア「なにそれー」

男「いいのいいの」

ラミア「へーんなの」



男(いつか、指輪贈ったら大事に付けてくれるか?……なんて恥ずかしすぎていえない)ハァ

ラミア「おーい、エレベーターきたよー」

男「おう、今行く」







ガチャ、ギィィ...




438: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:47:26 ID:mWRt5.s.

…………

……

ラミア「はやくはやくー」

男「へーいへい」

ラミア「見て見て、ペンギンだよ!わ〜みんなでひなたぼっこしてるー」

男「おー……へぇ、あのくっついてるのは夫婦なのかな?」

ラミア「かもねぇ……あのぷりぷりのぼんじり、美味しそう」ジュルリ

男「おい、動物園の動物に対する感想じゃないだろそれ」

ラミア「えー、あの手羽もさぁ」

男「フリッパーな!フ・リ・ッ・パー!」

ラミア「ほわぁぁ……見て!見て!卵だよ!お母さんペンギンなんだねぇ」ジュルリ

男「おいよだれ!よだれ!」




439: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:49:09 ID:mWRt5.s.

…………

……

ラミア「やっぱり黒?それとも濃い紺?」

男「あの、もうちょっと声落とさない?」

ラミア「ねぇ、どっちが似合うと思います?ご主人様」

男「!?」



ザワザワザワザワ



男「あー……あの、ラミアさん?」

ラミア「スカートの丈は長いの?短いの?うーん、プリムはやっぱりあったほうがいい?どうなさいます、ご主人様?♪」

男「おねがいもうやめて」

ラミア「えー」クスクス




440: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:51:02 ID:mWRt5.s.

…………

……

ラミア「ケバブ美味しい」モグモグ

男「な」モグモグ

ラミア「あ、ソースがついてるよ」

男「ん」ゴシゴシ

ラミア「はい、少し交換」

男「おう……うん、チキンもいいけどビーフもいいな」

ラミア「そうだねぇ」モグモグ

男「ほら、ラミアもソースが鼻の頭についてる」

ラミア「ふぇ?」

男「あーもう動くなよ」ゴシゴシ



周囲(((リア充爆発しろ……)))




441: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:52:58 ID:mWRt5.s.

…………

……

ラミア「おお!さすが休日の秋葉原!キャラカードがすごい勢いで増えてく!」ピッピッ

男「だなぁ」

ラミア「あ、あそこのUFOキャッチャー!見て見てゴドハンぬいぐるみだよー」

男「……」

ラミア「ラスボスのはあるけど、他のも欲しいねぇ……でもゲルゲゲンゲはラインナップに入ってないんだよなぁ」

男「ああそれ、次の弾には入ってる」

ラミア「そうなの?雑誌に情報載ってたっけ?けっこうチェックしてるつもりだけどー」

男(……しまった)

男「あー、あのな、実は俺、そのぬいぐるみ作ってる会社の人間なんだよな」

男「だからこれ、本当は秘密。販売されたら、1つもらってくるからさ」

ラミア「んーん、こういうのは自分でゲットしてこそでしょ」

男「何万円かかることやら」




442: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:54:43 ID:mWRt5.s.

男「あー……その上で言うけどな、ラミア」

ラミア「なにー?」

男「お前の部屋、盗聴されてるぞ」

ラミア「……」

男「……」

ラミア「え、えーーーっ?!」

男「声大きい」

ラミア「ごめん、でも……え、なんで?」

男「あのラスボスのぬいぐるみ、っていうか、このシリーズの企画俺なんだよ」

男「サンプルでいやになるほど触りまくったから、間違いない」

男「あのぬいぐるみは……重すぎる」

ラミア「え、え……じゃあ捨てなきゃ」

男「本当は対処方法とか色々調べてから言おうと思ってたんだが……」




443: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:55:34 ID:mWRt5.s.

ラミア「え、あ、ちょっと待って、じゃあ昨日の……」

男「はい、わざとです。自分の立場を思い知らせてやろうかと」

ラミア「……けっこう嫉妬深いんだねぇ」

男「つーか、客の犯行なんだぞ……顔割れてるわ店割れてるわ……今日はもう、あの部屋帰らずに俺の部屋来い」

ラミア「う、うん……それはいいけど……」

男「とりあえず歩きながら」

ラミア「うん」

男「つか、盗聴器うんぬんより俺が関わったぬいぐるみに刃入れて中の綿をほじるなんぞ許せん」

ラミア「いつも剥ぎ取りしてるのに、そこダメなんだ」

男「……それはそれ、これはこれ、だ」




444: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:57:57 ID:mWRt5.s.

ラミア「……信じられないよ、だって別に、ストーカーされたとか、そんなこと全然ないんだよ?」

男「生活情報筒抜けだろ」

ラミア「……あの、それなんだけど」

男「ん?」

ラミア「その『男さんと同棲したら毎日ご飯作ってあげれるね』とか」

ラミア「『今日も会えなくてさびしいよぉ』とか、ぬいぐるみに向かって話しかけてたんだけど……」

男「そんなやったねタエちゃんみたいなこと……」

ラミア「?」

男「いや、知らないなら知らない方がいい系のネットスラングだ気にすんな」




445: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 10:59:18 ID:mWRt5.s.

男「しかし……一度黒服さんに相談してみるか?」

ラミア「え、でも……もう辞めたのに、そこまでしてもらうのも……」

男「でも、そいつは今でも会員カード持ってるんだろ?」

ラミア「持ってると思うよ?」

男「……どうしたもんか」

ラミア「大丈夫、1人で抱え込むより2人でなんとかしよう!」

男「……そうだな。二人三脚……は、無理か」

ラミア「むりむり。っていうか運動会ってトラウマなんだよねぇ。まともに参加できるのってパン食い競争くらいで」

男「あー……」

ラミア「ラジオ体操もさ、足を大きくひらいて、とかリズムよく跳躍、とか無理ゲーだし」

男「ゲームじゃないだろ」




446: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 11:02:05 ID:mWRt5.s.

ラミア「でも男さんの部屋かぁ……化粧水置いたり、替えの下着置いたり……にへへ」

男「頬ゆるみすぎ」

ラミア「えー、でもさぁ……こう、色々とシミュしないと」

男「何をだ」

ラミア「えー、何っていうかナニっていうか?」

男「つーかさ……緊張感ないというか、明日にも自分が被害者になるかもしれない事を自覚していただきたいんですが」

ラミア「むぅ……努力します」

男「してください」

ラミア「それには男さんの協力が必要不可……け……」



男性客「なにしてるんだ、そいつと」フー...フー...




447: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 11:05:52 ID:mWRt5.s.

男性客「俺のほうがこいつより前からラミアを知ってるのに」

男性客「俺のほうが多く通ったし、プレゼントだって!」

男「あの、もしかしてこの人?」ヒソヒソ

ラミア「そ……この人」ヒソヒソ

男性客「何をそいつと話してるんだ!離れろ!」グイッ

ラミア「きゃっ!」

男「おい、人の彼女に何するんだよ」ドンッ



ザワザワザワザワ...

ナニアレ、ケンカ?

デュフフ、アノラミアタンカワユスwww




448: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 11:14:38 ID:mWRt5.s.

男「……無様だな。貢いだ金の大小しか価値観が無いのかよ」

男性客「う、うるさいうるさいうるさいっ!」

男「ああ、昨日の事、全部聞いてたなら分かってるよな。誰のものであえいでたか」

男「今謝れば、穏便に済ましてやらんでもないぜ……なぁ、”兄弟”」

男性客「うるさい、うるさいうるさい……お前がいなくなればぁっ!!」ザッ

男「!!!!」スパッ



男性客「死ねぇっ!!」



ドン...

男「……あ」

ラミア「え……」



ザワザワザワ...




449: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 11:15:43 ID:mWRt5.s.

男「う、ぐ……」ドサッ

男性客「さぁ、行こうラミア……一緒に行こう……」グイッ

ラミア「いや……や……」



ラミア「きゃあああああああああっ!!!!」バシィッ!!

男性客「い゛っ?!」



ヤバイヨヤバイヨ!!

ケーサツ!ケーサツ!!



男性客「う、うう……うわあああっ」ダッ!!

男性客「どけっ!!どけっ!!」ブンッ!!ブンッ!!



キャーーーッ!!




450: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 11:17:05 ID:mWRt5.s.

男(ああくそ……煽りすぎたか)

男(ネット掲示板みたくはいかねぇなぁ……)ボンヤリ

男(あれ、この場合は釣れた釣れたと喜ぶべきか……?)ドクドクドク...

ラミア「男さん、しっかりして!死んだら許さないんだから!!」

男(分かってるよ……ああ、それにしても手がぬめってる……)

男「ああ、血か……」

ラミア「今救急車呼んだから!呼んだから!!」

男「うん……」

ラミア「やめてよ!とらないで!撮らないでよ!死んじゃう!やだ!おねがい!男さん!!」

男「パニくるな……いいか、ゴドハンでも、立て直すにはまず……」

ラミア「しっかり!男さんしっかり!ねぇ!!」

男(……)ドク...ドク...

男(だんだん……意しき……とおく……はーどでぃすく……ラミア……)




451: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/15(日) 11:19:12 ID:mWRt5.s.

────1時間後@東京駅



黒服「お迎えにあがりました、男性客様」ペコリ

男性客「早く連れて行け……」

黒服「……承知いたしました」



バタンッ...ブロロロロ...




459: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/17(火) 12:07:28 ID:oxgfAlIc

────VIPルーム



黒服「こちらへどうぞ」

男性客「……」

黒服「お電話いただいたと思ったら」

黒服「『この店の事を警察とマスコミに洗いざらいぶちまけられたくなければ、協力しろ』ですもの、驚きました」

男性客「……」

黒服「せめてその血まみれの包丁は下げていただきたいものですが」

男性客「う、う、うるさいっ!」

黒服「……」ハァ




460: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/17(火) 12:08:56 ID:oxgfAlIc

黒服「まだ日も高いですが、何か料理を持ってこさせましょうか」

男性客「……そうだな、酒に、飯に……おお、女もだ」

黒服「まだ開店前ですのでキャストは限られますが、呼びましょう」

男性客「……ふぅ」ドサッ

黒服「やれやれ、これで私も立派な共犯者です。一応、段取りをお伝えしますね」

黒服「顔の整形、旅券の偽造、それに海外での当座の生活費」

黒服「それと引き換えに、会員証は返却いただき、今後当店へは出入り禁止とさせていただきます」

男性客「ああ」

黒服「別に、このような恫喝は初めてではありませんよ、こういった”裏側”の手配も、提携先がありますし」

男性客「……」

黒服「しかし、大それたことをなさいましたね」

男性客「あ、あいつが悪いんだ。横から俺のラミアを奪って……だから罰を下してやったんだ」

黒服「……左様でございますか」




461: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/17(火) 12:11:37 ID:oxgfAlIc

prrrr...



黒服「出ても?」

男性客「余計なことはしゃべるなよ」

黒服「もちろん」pi

黒服「はい……ああ、猫耳娘、おはよう。他に誰か来てる?」

黒服「ああ……じゃ、あなたと一緒にVIPルームへお願い。カードキーは私の机の中だから」ガチャ

男性客「……」

黒服「そんなににらまないでくださいな。今、猫耳娘と羊娘が参ります」

黒服「私が開店準備の際にいないと怪しまれますから、中座させていただきますが」

男性客「あ、あくまで代わりが来てからだ」

黒服「もちろん」




462: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/17(火) 12:12:24 ID:oxgfAlIc

コンコン

猫耳娘「失礼しますニャ」

羊娘「あの、黒服さん、一体……」

黒服「ああ、お二人でお客様をもてなしてくださいな」

猫耳娘「えー、今日は指名入ってるんだニャ」

羊娘「私もです……」

黒服「営業時間には間に合うように考えるから、それまで……丁寧に、ね?」

猫耳娘「……」ピクン

羊娘「……」ピクン

猫耳娘「特別手当は出るニャ?」

黒服「ええ」

羊娘「たまには、早起きして出勤してみるものですね」フフ

黒服「そんなわけでお客様……どうか、ごゆるりと。お望みの物がございましたら、そちらのインターホンで」




463: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/17(火) 12:14:19 ID:oxgfAlIc

ギィ、バタン



黒服「……」

黒服「さて、色々と手を回さなきゃ……やんなっちゃうわね、ほんと」




467: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:32:35 ID:VUyk6BVI

男性客「猫耳娘はいつも見るが、あんたは初めて見るな」

羊娘「出勤日数が少ないものでして。これからはご贔屓にしていただけます?」

男性客「それは今日の奉仕次第だな……一緒に風呂なんかどうだ?」

羊娘「はい、喜んで」

猫耳娘「じゃ、じゃあ私はベッドの準備をしようかニャ〜」コソコソ

男性客「お前も、だ」

猫耳娘「うにゃ……」

羊娘「ふふ、一夜の愛を……育みましょう?」スリスリ

男性客「お、おう」

猫耳娘「仕方ない、お給料のうちニャ……っていうか抜け駆けはズルいニャ、ほらほら、さっさと脱ぐニャ!」

男性客「ははは、たまにはこういうのも悪くないなぁ」




468: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:34:00 ID:VUyk6BVI

カポーン



羊娘「足元、お気をつけください」

猫耳娘「おお、VIPルームのお風呂入るの初めてだけど……正直すごいニャー、広いニャー」

羊娘「猫耳娘ちゃん、見とれてないで、準備してくださいね」

猫耳娘「へーいへい。さ、お客様こちらの椅子へどうぞだニャ」

男性客「おう」

猫耳娘「〜♪」カシュカシュ

羊娘「♪」トロトロ

男性客「……」ゴクリ

猫耳娘&羊娘「「失礼しまーす」」ムギュッ

男性客「!!」




469: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:34:56 ID:VUyk6BVI

羊娘「いかがですかお客様」マエカラゴシゴシ

猫耳娘「体中綺麗にしてあげるニャ」ウシロカラゴシゴシ

男性客「へへへ……」

羊娘「おきゃくひゃま……ん……んっ……」チュッチュ

猫耳娘「あっ!また抜け駆けニャ!私ともしなきゃダメニャ!!」チュッ

羊娘「もう、猫耳娘ちゃんったら……ほら、今度は一緒に腕を洗ってさしあげましょ」

猫耳娘「はいニャ♪」

男性客「お、おお……絶景だな」

羊娘「んっ……いかがですか、Wタワシ洗いは?」ゴシゴシ

猫耳娘「どっちの感触が気持ちいいかニャ?」ワシャワシャ

羊娘「私、ですわよね?」スリスリ

猫耳娘「えー、私だニャ」クチュクチュ

男性客「はは、引き分けだな」




470: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:36:14 ID:VUyk6BVI

猫耳娘「さってとー……お次はふともも」クシュクシュ

羊娘「ふくらはぎ」ゴシゴシ

猫耳娘「足の裏や指の間も」ペロペロ

羊娘「お尻の穴も……失礼いたします」クニクニ

猫耳娘「気持ちいいかニャ?」

羊娘「いかがですか?」

男性客「あ、ああ……気持ちいいぞ」

猫耳娘「それじゃ、選んでもらうニャ」クパ

羊娘「どちらの壺をご堪能なさいますか?」ニチュ

男性客「んー、実際に触ってみないとなぁ」ニヤニヤ

羊娘「はい、心ゆくまでさわっ……んっ!」

猫耳娘「ふにゃっ!指、ながいニャ……っ」




471: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:37:15 ID:VUyk6BVI

男性客「羊娘は入口でぎゅうぎゅう締め付けてくるな」

羊娘「んっ……」ピクン

男性客「猫耳娘は、奥がツブツブだ……数の子天井というやつかな?」

猫耳娘「にゃっ!」ビクッ

男性客「それじゃまずは……あんただ」グイッ

羊娘「きゃっ!」

男性客「さ、またがれよ」

猫耳娘「いいニャぁ……」

羊娘「はい、あ、あ……んっ!!」ヌプププッ

男性客「おお、おおっ!」ズップズップ

羊娘「ああっ、だめっ!あっあっあっ!」

羊娘「すごいっ!気持ちいいっ!あっ!!」ズプッズプッ

男性客「へへ、猫耳娘はオナニーしながら待ってな、堪能したら交代してやるからな」

猫耳娘「はいニャ」クチッ




472: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:38:26 ID:VUyk6BVI

羊娘「あっあっあっあっ!深い、ですっ!ああっ!乳首噛まないでぇっ!!」ビクンッ

猫耳娘「んっ、んっ、早く、欲しいニャ……食べちゃいたいニャぁ」クチクチ

羊娘「ほんと……セクシーで美味しそうな首筋……」レルッ

猫耳娘「二の腕も……んっ……ねぇ、おきゃくさまぁ……今度は私に、早く、おちんちんくださいニャぁ」クチュクチュ

猫耳娘「はやく……はやくぅ……」クパァ

男性客「おお、よしよし……四つんばいで尻尾を持ち上げておねだりとはな……よっと」ヌポッ

羊娘「あんっ」

猫耳娘「はやくはやくは、や、ニャっ、んっ、んんんっ!!」ズププ

男性客「おおっ、比べるとまた……」ブルル

羊娘「お客様ったら……嫉妬してしまいますわ」フニッ

羊娘「その長い指でかき回してくださいまし」クチュ

男性客「おお、悪い悪い」クチュクチュ

羊娘「ひゃんっ!ああっ……」ビクンッ




473: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:40:04 ID:VUyk6BVI

猫耳娘「奥、ひっかかれてるニャ!うにゃ!ニャニャニャニャっ!!」

羊娘「はぁ、んっ、そんな、激しく、あっ、あっ、あっ」

猫耳娘「はぐぅっ!気持ちいいニャ!気持ちいいニャ!気持ちいいニャきもちいい、きもちいいニャぁ!!」

羊娘「そんな!子宮口を、ほじくらないで、あっ、あっ!」

男性客「おお、ぎゅうぎゅう締め付けて……いいぞっ」

羊娘「ねぇ、もう……もう我慢できません」

男性客「おお、そうかそうか」

羊娘「はい、もう……もう……あっ、ねぇ、いいでしょう?」

猫耳娘「え、羊娘、だめニャ……まだ……」

羊娘「でも、でももう……ねぇお客様、いいでしょう?」

男性客「はは、いいぞ、好きなようにしてみろ」

羊娘「じゃあ……」カパァ





羊娘?「いただきまァす」ガブッ




474: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:40:49 ID:VUyk6BVI

男性客「…………え?」



プシュゥゥゥッ!!!!



男性客「あ、が、が?」ドプッ...ドプッ...

猫耳娘「ひゃ?!あ、あーあ……もう始めちゃうのかニャぁ……」

羊娘?「だってぇ……喉仏おいしい……あは、血もすすっちゃえ」ジュルルルル...

猫耳娘?「まったくトウテツの姐御は……んじゃ私もいっただきまーすっ」ガブッ

男性客「ぎぃああああっ!あがっ!がっ!かひっ!ひゅーっ?!ひゅーっ!!」

トウテツ「あら、猫又だって、そんな風に肉をちぎったら、死んでしまいますわ」




475: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:42:40 ID:VUyk6BVI

猫又「いきなり頚動脈いく姐御に言われたくないニャ……んじゃ、お腹かっさばくニャ」シャキン

猫又「シマチョウ、レバー、ミノ、ハラミにハツ……どーこーかーらーいーこーうーかー……ニャっ!!」ドスッ!!



男性客「!!」ビクンッ!...ドピュッ!!

猫又「ニャハハハハハ!!精液出ちゃったニャ!どう?気持ちいいニャ?」ズルッ、ベチャッ



バキッ...ボリッ...ボリッ...ジュルルル...

ガツガツガツ...ブチッ...ブチチチッ...

メリッ...ドロ...グリッ...

…………

……




476: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:44:30 ID:VUyk6BVI

────夕方@病院



ラミア「……」

ラミア(神様、神様お願いします……どうか私から男さんを取らないで……)ギュゥゥ

ガチャ...

ラミア「!!」

ラミア「先生!男さんは?!」

医師「出血量が多かっただけで、臓器に傷もついていません。直に意識も戻るでしょう」

ラミア「……よかった」ドサッ

??「あら、もう手術は終わっちゃったの?」

医師「おや、黒服さん。ご無沙汰してます」

ラミア「く、黒服さん?どうしてここに?!」




477: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:45:23 ID:VUyk6BVI

黒服「んー、まぁ、色々とね。それより、この子と二人で話したいんだけどいいかしら?」

医師「ええ。後ほど、ご家族の方に連絡をとっていただきますので、お話が終わったら4階のナースステーションへお願いします」

ラミア(……黒服さんの人脈って一体)

黒服「そこ気にしちゃだめよ、ラミア」

ラミア「え、へ?!声に出してました?」

黒服「その顔みたら、何考えてるかなんて分かるわ」クスクス

ラミア「で、お話っていうのは……」

黒服「もう事情聴取は受けた?」

ラミア「いえ、あの、私パニクっちゃって、救急車でここに来て……だからまだ……」

黒服「そう……いいこと?私の目を見て……」

ラミア「……?」

黒服「『犯人の顔は覚えていない。知り合いじゃない』……いいわね?」キィィィィン...

ラミア「はんにんのかおは……おぼえていない……しりあいじゃ、ない……」ボンヤリ

黒服「そういうこと。またお見舞いに来るわ。それじゃあ、ね」




478: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:46:26 ID:VUyk6BVI

カツコツカツコツカツコツカツコツ...

黒服(まったく、ヒトという種族は度し難いわね……あら?)



刑事「似顔絵を配布して、そうだ、駅の緊急配備も解くなよ!」ピ

黒服「ごきげんよう、お久しぶりですね、刑事様」

刑事「ん、おお、あんたか……おい、先に行って、事情聴取のための部屋を借りてこい、いいな」

部下「はっ!!」

黒服「課長さん自らが事情聴取?」

刑事「どうにも見覚えのある娘だと思って出張ってきたが、やっぱりあんたの関係者か」

黒服「さぁ、どうでしょう?」クスクス

刑事「食えない女だ」フゥ

黒服「そうですわね、いつも”食べられる”側ですもの、ね」

刑事「ごほん……まぁ、ご無沙汰してすまんとは思っているが……そいじゃあ、落ち着いたらまた、な」ツカツカツカ




479: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:47:21 ID:VUyk6BVI

prrrrr...

黒服「はい」pi

羊娘『黒服さん?終わりましたよ、おもてなしいたしました……”丁寧に”』

黒服「きちんと後始末も、できていますね?」

羊娘『そりゃあもう……欠片も残さず』

黒服「そうですか。あと30分ほどで戻りますので、開店の準備をお願いしますね」pi





黒服「……これでよし、と。犯人が捕まらないままお蔵入りなんて、刑事さんには悪いことしちゃったかしら」

黒服「でも、お店を守るためですもの、ね」フフ




480: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:49:45 ID:VUyk6BVI

────数日後



男「安静にしてたら、来週半ばには退院できるってさ」

ラミア「そっか、よかった……ほんと、よかった」

男「あーあーあーあーまた泣く……心配すんなって。それより、一人で大丈夫か?」

ラミア「うん、まだ部屋戻ってなくて……ビジネスホテルとか友達の部屋とかにいるけど」

男「金、足りるか?俺のカード使ってもいいから、足りないなら隠さず言えよ?」

ラミア「うん……あの、黒服さんがお金出してくれて」

男「そうか、お礼言わなきゃなぁ……ああ、そうだ。退院したらさ、二人の部屋探そう。な」

ラミア「え……」

男「今の部屋に住み続けるわけにもいかないだろ。一緒に住もう」

ラミア「……うん」グスッ



男「……ラミア」クイッ

ラミア「男さん……」ドキドキドキドキ...




481: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:51:08 ID:VUyk6BVI

鴉天狗「あらあらまぁまぁ」コッソリ

友人A「ぶちゅっと!ぶちゅーっと!」フンス

アルルーナ「……なんで初対面同士でドアの隙間から覗き見?」コソコソ

友人B「ま、いい雰囲気を壊すのも悪いですし」ドキドキ



看護婦「あなたたち!病室の前で何してるの!?」



4人『うわぁぁっ!!』

ガララッ!!



男・ラミア「「!?!?」」




482: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:51:50 ID:VUyk6BVI

男「よ、よう、何してるんだ?」ソソクサ

ラミア「あ、あれ、鴉天狗さんにルーナまで」ヨソヨソ

アルルーナ「……話すと長い」

友人A「あは、あははは……」

鴉天狗「お、お見舞いのつもりなんですが……」

友人B「元気そうで安心しました」

男「そりゃどうも」ハァ



ワイワイガヤガヤ...




483: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:53:27 ID:VUyk6BVI

同僚「おいーっす!通り魔に刺された哀れな貴様をこの俺が見舞ってやっ……」ガラッ



ラミア「?」

同僚(人外……)

鴉天狗「あら?」

同僚(年上巨乳……)

友人A「誰?」

同僚(ゆるふわ系……)

アルルーナ「……ノックなし」

同僚(ロリJK)

友人B「がんばって出世して次長止まり、と見た」

同僚(メガネっ娘……)



同僚「こ、これが格差社会か……」




484: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:54:29 ID:VUyk6BVI

男「わけわかんないこと言ってる場合か。つか何の用だ、用事がなきゃ帰れ、あっても帰れ」

同僚「うるさい!美女を5人もはべらせて何をするつもりだ!」

男「なんもしねーよ!」

同僚「畜生!部長から『1ヶ月休職扱いだからしっかり休め』って伝言だ。これ書類な。医師の判子とかいるから」

同僚「あとな!リア充爆発しろ!これは俺からの心のこもったメッセージだ爆発しろ!」ガラララ、ピシャッ

ウワァァァァン...



男「何しにきたんだあいつ」




485: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:55:02 ID:VUyk6BVI

男「しかしまぁ、1ヶ月暇なら、ゆっくり体休めて部屋探しして、いいスタート切れそうだな」

ラミア「え、うん、そうだね……えへへ、楽しみ」

男「これからもよろしくな、ラミア」イチャイチャ

ラミア「……うん」イチャイチャ



鴉天狗「……」

アルルーナ「……」

友人A「……」

友人B「……」



4人『リア充爆発しろ!!』




486: 1 ◆vgfJH61Cmw 2015/02/18(水) 12:57:56 ID:VUyk6BVI

ラミアと男の話はこれでおしまい

鴉天狗のその後+安価エピを2回ほどやって〆ようと思う
キャラ安価は鴉天狗さんの後で。




488: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 13:09:09 ID:9ztAQ/pE


胸糞かと思ったらタマヒュンだった




490: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 14:24:21 ID:/ayf1L5Q

男性客はざまぁだな




黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」【後編】へつづく

・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 黒服「今宵は誰と一夜の愛を育みますか?」
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【※閲覧注意※】見れば見るほど心が病んでくエ□GIFスレ・・・(GIF大量)
【エ□GIF】ちょwwこの駅弁激しすぎワロタwww俺達にできない事を平然とやってのけるAV男...
【GIFあり】韓国アイドルがエ□を追求し過ぎた結果・・・(17枚)
【※炉利注意※】風呂で小便させられてる中●生のGIFヤバ杉、、、(GIFあり)
【※GIF25枚】普通のエ□GIFじゃ満足できなくなった殿方ちょっくら寄っておくれやっしゃスレ。
【H注意】 長澤まさみのこのgifエッッッッッッロすぎンゴwwwwwwww(画像)
男性閲覧注意。「本当にチ●コがデカいやつ」はこうなるらしい・・・(画像)
女子高生、全裸いじめ映像がアウトすぎる(※ 加害者顔モザイクなし)
失踪して行方不明だったアイドル、MUTEKIからAVデビュー!このAV墜ちは闇が深い………
【画像】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像 gif く だ さ い【65枚】他
【驚愕】ガチで性欲が強い女の特徴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【衝撃画像】結婚詐欺女(26)がデカ乳美女でガチでエッロエロすぎてチェリーボーイが騙されるwwwwww
【最終回】彡(゚)(゚)「小料理屋 志衛のスレッドなんやで」
男「おい、日本が従軍慰安婦を認めて謝罪して金も払うってさ」
シトロン「出来ました! ○○で女性トレーナーを調教するマシーンです!」
夜神月「これは全てAV女優の名前だ」



 

SS宝庫最新記事50件