転載元:【三姉妹探偵】マリーダ「サンタクロースが誘拐された!?」【プルズ】

1: キャタピラ ◆EhtsT9zeko 2015/12/19(土) 02:43:50.62 ID:kA6qR2i10

・機動戦士ガンダム(宇宙世紀)をネタにした二次創作です。

・続きモノです
前スレ
【三姉妹探偵】マリーダ「姉さん、事件です」【プルズ】

・宇宙世紀の歴史・世界観はほぼ無視のネタSSです。
 SDの「夢のマロン社」「運び屋リガズィ」「嵐を呼ぶ学園祭」的な感じで受け止めていただければと思います。

・そのため、キャラ崩壊傾向やや有り(顕著ではないと思う)。

・特定キャラのネタ扱い有り。

・探偵モノですが、大した推敲もせずノリで書いてます。

以上、ご了承の上、お読みいただければ幸いです。
 








彡(°)(°)「お!近所のJCやんけ声かけたろ!」
男の娘「残念実はおと――」男「嘘だ!」
子供「らんら〜ん♪」熊「あっ」子供「あっ」熊「あっ」もぐもぐ
シンジ「毛虫なんてどうかな?」 ゲンドウ「・・・・・・」
悟空「ブルマ先っちょだけ挿れさせてくんねぇか」 ブルマ「はぁ!?」
【引退作品】鼻フックをし最終形体に変貌を遂げた小向美奈子の引退作品…その名も脅迫スイートルームwwwwwwwwwwww【小向美奈子】
【※GIFあり※】セッ●スしてる時の乳揺れGIFを集めた結果 → 不思議な「横揺れ」をする乳発見し...
【ゲスの極み映像】ベッキー並に高スペックな美女とのハメ撮り動画が流出www
【Gif】超早漏でも何事もなくプレイ続けるこのA●女優のプロ精神wwwwwwww
【 エ□GIF画像 】 ネットカフェの個室ブースにこっそりWEBカメラ取り付け覗いた結果がエ□すぎ...

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:45:51.22 ID:kA6qR2i1o


【ナレーション】
人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に一世紀が過ぎようとしていた。

地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった。

宇宙世紀0096、ここはごくごく一般的で平和なスペースコロニー、サイド3、通称「ムンゾ」の1バンチ。 

その市街地区にある雑居ビルの一室にある「プルズ探偵社」。

師走を迎えた慌ただしいこの時期に、彼女達の元へもまた、あらたな事件の知らせが届こうとしていた。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:46:40.31 ID:kA6qR2i1o




第一話
「サンタクロース誘拐事件」


  サイド3“ムンゾ”1バンチ市街地区 「プルズ探偵事務所」


プル  「ねえ、プルツー。今年のクリスマスはどうしよっか?」

プルツー「どうするって、何がだよ?」ピコピコ カシャカシャ

プル  「去年はシャングリラに行ってジュドー達とパーティしたじゃなぁい?」

プルツー「そうだったな…でも、今年はジュドーもやりづらいんじゃないか?」ピコピコ カシャカシャ

プル  「何でよ?」

プルツー「いやだって、ルーと別れたんだろう、ジュドーは」テレレー♪ カシャカシャ

プル  「あ、そっか………」

プルツー「今年は身内でゆっくりするぞ。水入らずってやつだ」ピロピロピロ カシャカシャ

プル  「そっかぁ、そうだね…あんまりお金ないけど………」

プルツー「そうだな…まぁ、心配しなくてもそろそろ都合良く事件でも起こってくれるよ」ピコピコ カシャカシャ

プル  「いや、プルツー。さすがにそれは………」


バタバタ ドタン!




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:48:51.90 ID:kA6qR2i1o


プル  「!?」

マリーダ「姉さん、事件です!」

プル  「え………!?」

プルツー「ほら、言っただろう?」

プル  「マリーダ、事件ってどんな?」

マリーダ「姫様から内密に捜査依頼が届きました! これを!」


 手紙 カサカサ

プル  「こ、これは………!?」

プルツー「…………なるほどね」

マリーダ「サンタクロースが誘拐などと………ムンゾの子供達のクリスマスの危機です!」ダンッ

――――――-――――――-――――――-――――――-――――――-
プルズ探偵事務所の皆様へ

  前略

皆様、ご機嫌いかがですか?
あれからしばらくお会い出来ておらず、寂しく思っています。

さて、この程、私はムンゾ公室邸にて、下記の通りクリスマスパーティを企画しております。
しかし、困ったことに主役であるサンタクロースが突然行方不明になってしまいました。

そこで、当日はぜひ、皆さんのお力を貸していただき、無事にサンタクロースを発見し楽しいパーティにしたいと思っております。

ご都合宜しければぜひご参加くださいね。

                        草々

ミネバ・ラオ・ザビ

ミネバ公女クリスマスパーティ企画!――――――-――――――-―――――
【緊急事態!拐われたサンタクロースを救い出せ!】

日時0096年12月24日

会場:ムンゾ公邸第三宴遊ホール
開場時刻:1730
開始時刻:1800

会費は必要ございません。
――――――-――――――-――――――-――――――-――――――-
 




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:49:33.41 ID:kA6qR2i1o


マリーダ「まさかサンタクロースが誘拐されるなんて…くっ!」

プル  「………」

プルツー「………」

マリーダ「姉さん達、すぐに捜査を始めましょう!」テーブル ダンッ

プル  「………」

プルツー「………」

プル  「………マリーダ」

マリーダ「なんです、姉さん? 早く捜査会議を始めましょう!」バンバンッ

プル  「ちょっと待って、マリーダ………プルツー、ちょっと来て!」

マリーダ「………?」

プル  (ねえ、あれどうなってるの!?)

プルツー(どうって、クリスマスパーティのお楽しみイベント的なあれだろう?)

プル  (そうじゃなくて! マリーダのリアクション!)

プルツー(見たままだろう?)

プル  (見たままって…マリーダ今年で十八才だよ?!)

プルツー(三つ子だからな)

プル  (だからそうじゃなくて! どうしてあんな歳になるまで、サンタクロース信じてるの!?)

プルツー(問題そこか?)


チラッ


マリーダ「(ソワソワ…ウルウル…)」
 




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:50:30.87 ID:kA6qR2i1o


プル  (ダメだ、あたし本当のこと言えない………あんなまっすぐな目をしてる子に現実なんて突き付けられないよ!)

プルツー(まぁ、そうだな………せっかくクリスマスパーティの招待状をもらったんだ。姫様にも協力してもらうとするか)

プル  (そ、そうだね…)グッ

プル  「こ、これは大変な事件だね!」

プルツー「公にすればパニックになるな」

プル  「と、とりあえず今日はもうすぐ夕方だし、明日姫様に会って直接話を聞いてみよう!ね!?」

マリーダ「はい、姉さん達!」グッ


 




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:50:57.75 ID:kA6qR2i1o


  サイド3ムンゾ公室 ザビ家公邸 ミネバの私室


ミネバ 「……このような具合いで、犯行声明が残っていたのです」

マリーダ「なるほど………! しかし驚きました………まさかサンタクロースはムンゾの機密コロニーに住んでいたとは………」

ミネバ 「地球圏は広大です。サンタクロースも、複数名で各地を分担しているのですよ」

マリーダ「………! そうだったのですか………! で、ですが、やはりムンゾの子供達のためにも、早く見つけ出さねば………!」

プル  (ちょっと、ねぇプルツー! なにこれどうなってるの?)

プルツー(姫様に相談したら、協力すると言われたんだ)

プル  (これ完全にサンタクロース探す流れだよ!?本当に大丈夫!?)

プルツー(その辺りは姫様に任せたからな…問題ないだろ)

プル  (姫様、行動力あるから不安なんだけど………)

プルツー(心配はいらない。考えはあるんだ)

マリーダ「姉さん達!すぐにでも情報収集をしましょう!早く!さあ早く!」

プル  「そ、そんなに慌てなくても大丈夫じゃないかな………」

マリーダ「しかし姉さん! クリスマスまで時間があるとはいえ、サンタクロースはその準備をしなければなりません。

     オモチャや洋服を作るにも時間が掛かります。手早く探し出さなければ、プレゼントの配布が25日にずれ込む恐れも!」ダンダンッ

ミネバ 「プフッ…」

プル  「…そ、そうだね、マリーダ。い、急がないと……」

プルツー「それで、姫様。犯行グループの目星は付いているのか?」

ミネバ 「いいえ。ですが、犯行声明が残された同日に、不審な貨物の出荷が確認されています」

プル  「不審な貨物………?」

ミネバ 「はい。恐らくは、それを使ってサンタクロースを移送したものと思われます」

マリーダ「それで、その貨物の行き先は………?」

ミネバ 「地球は南米にある、ジャブローです」


 




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:51:46.57 ID:kA6qR2i1o


  サイド3-ジャブロー間シャトル



〔マリーダ〕〔ミネバ〕|通路|〔プルツー〕〔プル 〕

マリーダ「ソワソワ…ソワソワ…」

プルツー「落ち着けマリーダ。焦ってもシャトルは加速しないぞ」

マリーダ「い、いえ、そうなのですが…どうもシャトルに乗ってから落ち着かなくて…」

プルツー「何を言っているんだ?」

プル  「で、でもいいの、これ…また公費でファーストクラスなんて………」

ミネバ 「良いのですよ。従姉妹同士ではありませんか。それに、前回旅行のお約束も致しましたしね」

  CA「なにか軽食でもいかがですか?」

プルツー「あぁ、すまない。それを人数分。ほら、マリーダ。ハーゲンダッツだ。これでも食べて気持ちを落ち着けろ」

マリーダ「はっ……ね、姉さん……///」

プル  「いや、プルツー?」

プルツー「なんだ?」

プル  「マリーダにサンタクロースがいるって思わせるのに、どうしてジャブローなの?」

プルツー「実はな、アムロから捜査情報の提供を受けている」

プル  「サ、サンタクロースの?!」

プルツー「そんなわけないだろう。これから行く温泉旅館の隣にある美術館で今週、木星の涙っていう宝石が展示されることになっている」

プル  「それって、あのアステロイドベルトから引っ張って来た鉱石から見つかったっていう、あの直径50センチのダイヤモンドのこと?」

プルツー「そうだ。それを狙って、ある怪盗集団が犯行予告を出して来ているらしい」

プル  「それって、まさか!」

プルツー「怪盗サイコキャッツ。巷を騒がせてるやつらだよ。この際、サンタクロース誘拐の罪も被ってもらって、

     ロンド・ベルと一緒にやつらからダイヤモンドを守る。

     そうすれば、ロンド・ベルから報酬も貰って、マリーダもサンタクロースを信じたままでいられる。悪くないだろう?」
 




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:54:09.66 ID:kA6qR2i1o


プル  「それって姫様と打ち合わせのうち?」

プルツー「もちろんだ。ちょうど姫様がお忍びのクリスマス旅行を希望していたこともあって、利害が一致したんだよ」

プル  「で、でも良いの………? 怪盗が出るところに姫様連れて行くなんて危険じゃない?」

ハマーン「案ずるな。今回は万全の警備体制を敷いてある」ヌッ

プル  「ハ、ハマーン様、いたんだ………!?」

マリーダ「お、おかしい…寒気が…」ガクガク ブルブル

〔警護 〕〔 警護 〕|   |〔警護 〕〔警護 〕
〔警護 〕〔 警護 〕|   |〔警護 〕〔警護 〕
〔キヤラ 〕〔イリア 〕|   |〔ハマーン〕〔マシュマー〕
〔マリーダ〕〔ミネバ 〕|通路|〔プルツー〕〔プル 〕
〔警護 〕〔 警護 〕|   |〔警護 〕〔警護 〕
〔警護 〕〔 警護 〕|   |〔警護 〕〔警護 〕
〔警護 〕〔 警護 〕|   |〔警護 〕〔警護 〕

ハマーン「無論だ。今回はミネバ様の快適なご旅行をサポートするために、私自らお側に侍って警護をする。

     加えて旅館客室をすべて抑えてムンゾ公室の警備要員を宿泊させる」

プルツー「客が身内なら姫様も安全だし、もしものときは警備要員を怪盗サイコキャッツ確保に動員させる算段さ」

ハマーン「姫様の安全確保が第一だ。賊の捕縛に協力するのはそれが確認されてからだぞ。勘違いはしてくれるなよ」

プルツー「分かっているよ」

プル  「こ、公室はそれで良いの……?」

ハマーン「私はミネバ様の幸せそうなお姿を拝見するためなら手段選ばん」

プル  「姫様……マリーダ以上に過保護だね」

マリーダ「くっ…なんなんだこの感覚は…これは…恐怖…? 私はいったい何におびえているんだ…!?」

キャラ 「すーすー…むにゅむにゅ…あたしはぁ、キャラスーン…すーすー」

  ポーン♪当機は間もなく、大気圏内へと進入いたしますーーー


 




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:58:55.08 ID:kA6qR2i1o



 地球 南米 温泉旅館ジャブロー荘


プル  「わぁぁぁ!すっごぉい!!」

ハマーン「ふむ、ここがジャブロー荘か。なかなか品のある宿ではないか」

マリーダ「くっ…シャトルの中で一睡もできなかった…」シオシオ

プルツー「とりあえずチェックインを済ませるよ」

ミネバ 「ふふふ、バナージも一緒だったら良かったのですが」

マリーダ「む、温泉まんじゅう…!?姉さん、温泉まんじゅうが!」

プルツー「仕方ないね。買ってきていいから元気出しな」

マリーダ「はい、姉さん!」

プルツー「あたしの分も忘れるなよ」

マリーダ「もちろんです、姉さん!」バタバタバタ


 ガラララッ


プル  「うわぁぁぁ!中もすっごぉぉぉぃい!」

女将  「ようこそ、ジャブロー荘へ」

ハマーン「うむ。本日から一週間世話になるサビ家の者だ」

マリーダ「姉さん、あ、あそこにあるのは剥製ですか!? トラ!トラですよ!」

プル  「玄関の中に庭があるよ!? 池に鯉も泳いでる!」

プルツー「二人とも騒がしいぞ。大人しくしてな」
 




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 02:59:49.23 ID:kA6qR2i1o


女将  「お待ちしておりました。私はジャブロー荘の女将でマチルダと申します」

ハマーン「マチルダか、覚えておこう。まずは客室へ案内せよ。姫様の御身脚に障る」

ミネバ 「ハマーンってば。私はそんなに貧弱ではありませんよ?」

マチルダ「はい、では当館の特別室へご案内致します。どうぞお上がりくださいませ」


トタトタトタ


マチルダ「当ジャブロー荘本館は、前世紀に建築されたもので、連邦政府の文化遺産にも認定されてございます」

プル  「へぇ!すごぉい!」

ミネバ 「情緒豊かな内装ですね、ハマーン」

ハマーン「ミネバ様はこの趣きを情緒豊かと表現されるか…その御感性、ハマーン感服のいたり」

ミネバ 「やだ、ハマーンったら大げさですよ」

プルツー「確かに立派ではあるな」

マチルダ「こちらが特別室でございます」ガラララ

マリーダ「こ、これは…!?」

プル  「う、うっそぉ?!」

マリーダ「ね、姉さん滝です!庭に滝が流れています!」

プルツー「見れば分かる」

プル  「庭先に露天風呂が付いてる!いつでもお風呂入れるよ!」

プルツー「それはありがたいな」

マチルダ「では、お夕食は19時にこちらへお持ちしますので、それまでゆっくりご寛ぎください」ペコリ 

ミネバ 「…さて、それでは皆さん、ゆっくり楽しみましょうね」

プル  「はぁい!」

マリーダ「はい、姫様!」

プルツー「プル、マリーダ。ここへ来た目的を忘れるんじゃない。荷物を置いたらすぐに美術館に行くよ」

プル  「あ、そうだった………」

マリーダ「そうでした…サンタクロース…!」

ミネバ 「クスッ」


 




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 03:01:09.62 ID:kA6qR2i1o


 ジャブロー近代美術館


プルツー「ここがそうか…一階は現代陶磁器展…宝石展示は二階の特設フロアだな」

プル  「………現代陶磁器展………?」

ポスター――――――――――――――――――――――――
現代に誇る数々の陶磁器が集結!

君は、器の輝きを見る!

クリスマス特別イベント

陶芸家フル・フロンタル氏とカリスマ陶芸評論家マ・クベ氏のトークショー
―――――――――――――――――――――――――――

プルツー「………と、とにかく二階だな………」

プル  「…一階は近づかない方が良さそうだね…」

捜査員 「む、なんだね君達は?ここは関係者以外立入禁止だ」

プルツー「子供の遊びで来たんじゃないんだよ。アムロ・レイ捜査官に呼ばれてるんだ」

アムロ 「プルツー」

プル  「あ、アムロー!」

マリーダ「あ、ロンド・ベルのいい人…///」

アムロ 「すまないな、わざわざ協力をしてもらえるとは」

プルツー「こっちも生活があるんでな。仕事は選べないんだよ」

アムロ 「助かるよ。俺達は立場上イリーガルな動きが出来ない。

     自由な捜査が可能な君たちには、周辺を警戒し怪しい者がいないかを確認して欲しいんだ」

プル  「まぁ、相手は怪盗って言うくらいだからね」

アムロ 「ああ。恐らく下見のためにすでに周辺に潜り込んでいるだろう」
 




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 03:01:40.15 ID:kA6qR2i1o


マリーダ「それもありますが、アムロさん」

アムロ 「ん、なんだい?」

マリーダ「サンタクロースの件はどうなっているのですか?」

アムロ 「あぁ、どうやらサイコキャッツが一枚噛んでいるとの噂だ」

マリーダ「やはりそうなのですね…!」

プル  (ちょっとプルツー!アムロさんまで巻き込んだの!?)

プルツー(当然だ。心配するな、思いの外、ノリノリだからな)

アムロ 「当局の見立てでは、身代金目的ではなく、プレゼントの独占を狙っているという見方が強い」

プル  (いい人だ…)

マリーダ「くっ…子供達の希望の光を奪うやつは敵だ!」

アムロ 「いずれにしても、今度こそサイコキャッツを抑えなければならない。よろしく頼む」

マリーダ「了解です!」

??? 「アムロさん、人員配置の件ですけど…」

アムロ 「ん、あぁ、ちょうど良い。みんな、紹介しよう」

??? 「なんです?」

アムロ 「ロンド・ベルのサイコキャッツ関連専門の捜査員、カミーユ・ビダンだ」

カミーユ「カミーユ・ビダンです」

プル  「カミーユ? ジュドーの友達の人だ!」

プルツー「そうなのか? あたしは初めてだな」

マリーダ「ジュドーさんのお知り合いですか…よろしく頼みます」

ミネバ 「よろしくお願い致しますね」

ハマーン「まだ若いな。大丈夫なのか?」

カミーユ「ブツブツ…ブツブツ…」

アムロ 「ん、どうしたカミーユ? 彼女達はサイド3から来た賓客で、今回は操作に協力をー

カミーユ「あんたみたいな……あんたみたいな人がいるから!戦争が終わらないんだ!!」クワッ

アムロ 「おおおお落ち着けカミーユ!急にどうした!?」

カミーユ「大尉!離してください!こいつは生きてちゃいけない人間なんだ!」

ハマーン「……良くわからんが不愉快な俗物だな…」

アムロ 「…す、すまないな、みんな。一先ず情報は後で別の捜査員に持って行かせる。それまで部屋でゆっくりしていてくれ」


 




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 03:02:13.59 ID:kA6qR2i1o


 ジャブロー荘特別室


 カポーン

プル  「ん〜ふふ〜ん♪ふ〜ふふ〜ん♪」チャポン

プルツー「ふぅ…」ザパッ

マリーダ「これが温泉…気持ちの良いものですね…」チャプン

プル  「夕飯も美味しかったよねぇ〜ふんふんふ〜ん♪」

ミネバ 「ハマーン、しっかりつかって日頃の疲れを落としてくださいね」

ハマーン「まさかミネバ様…私のためにこの旅行を…!?」キュンッ

プル  「気持ち良いけど、ちょっと熱くなぁい?」

プルツー「全身つかるからだろう? 温泉は半身浴をするものだ」

マリーダ「姉さん、そんなこともあろうかと、さっき売店で買ってきました」

プル  「ハーゲンダッツ!」

プルツー「あ、あたしの分もあるんだろうな!?」

マリーダ「もちろんです、全員分用意しました」

ミネバ 「熱い温泉でアイスなんて、楽しいですね」ニコニコ

ハマーン「確かに格別でございます(ミネバ様の笑顔が)」

ミネバ 「クスッ…ハマーンにはあとで冷酒でも差し入れさせましょう」

ハマーン「そんな…!そのようなお心遣い…///」

プル  「幸せぇ…////」

マリーダ「本当ですね…////」

プルツー「姫様に感謝するよ…////」


 カポーン
 




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 03:02:39.05 ID:kA6qR2i1o


プル  「そういえばさ、サイコキャッツの話だけど」

プルツー「はっ…///そうだったな…明日は美術館の中と周辺状況の確認をする」

マリーダ「周辺の状況とは?」

プルツー「サイコキャッツは予告状で木星の涙を盗む日を指定している。これまで例から、その日に犯行が行われる可能性が高い」

ミネバ 「ずいぶん律儀な方々ですのね」

ハマーン「美学を感じます…何か盗人の侠義でもあるのでしょう」

プルツー「当日はあたし達も警備に張り付く予定だが、それまでは美術館の中、美術館が観察出来る場所、

     その他に人が集まりやすいところで怪しいやつがいないかをチェックする」

マリーダ「なるほど…遊撃隊として動くわけですね、姉さん」

ミネバ 「観光にもなりますね」

ハマーン「彼女達にも義があるようですので、素直にそう述べられないのでしょう」

プルツー「いいか、このヤマはクリスマスのケーキがホールかピースか、ケンタッキーかスーパーの特売唐揚げになるかの分かれ道だ!」

ミネバ 「パーティでは七面鳥をご用意致しますよ?」

プルツー「楽しいクリスマスを過ごしたいんなら、気合いを入れてかかりな!」

プル  「おー!」

マリーダ「はい! あ、でも姉さん、サンタクロースの件も忘れずに頼みます!」

ミネバ 「ふふふ、楽しいですね、ハマーン」

ハマーン「はい…!(ミネバ様の笑顔が眩しい…!)」



 




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 03:08:00.32 ID:kA6qR2i1o


【ナレーション】

「サンタクロースを救い出す」

そんな大義名分を掲げて怪盗サイコキャッツを捕らえるためにジャブローへやってきた三姉妹とミネバ一行。

巨大なダイヤモンド、木星の涙を守るため、三姉妹探偵の捜査が始まる!


次回、三姉妹探偵プルズ

第二話
「ジャブローに散る」

君は、刻の涙をみる…!
 




22: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:25:48.37 ID:WUONt90Qo

【ナレーション】
サンタクロースが誘拐されたというマリーダの夢を守るため、怪盗サイコキャッツから木星の涙を守ることになった三姉妹。

一行は到着したジャブローで捜査を開始することになった。

広大な温泉観光都市にプル達とザビ家の操作の手が伸びる。


第二話
「ジャブローに散る!」




23: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:26:17.88 ID:WUONt90Qo


 翌朝 ジャブロー荘特別室



仲居  「おはようございます」スー トン

プル  「むぐぅ…もう朝ぁ?」

マリーダ「ん…くっ、来るなぁっ!」ガバッ

プル  「マリーダ!?」

マリーダ「はぁっ…はぁっ…夢か…」ハァ…

プル  「どうしたの?」

マリーダ「いえ…なにか、巨大なおっぱいのようなものに圧殺される夢を見ました…」

プル  「えぇっ…なにその夢…」

仲居  「あの…お、おはようございます。朝食のご準備が整っております」

プル  「朝ごはん!」ガバッ

マリーダ「ん…? プルツー姉さん達の姿がないですね…」

プル  「え?あ、ホントだ…」

 トタトタ ガタン

プルツー「ん、やっと起きたか、二人とも」

ミネバ 「ふふ、おはようございます」

ハマーン「ずいぶんと良く寝ておったな」

仲居  「あら、お風呂に行かれていらっしゃいましたか」

プルツー「温泉に来て朝風呂に入らないなんて勿体無いだろう?」

ミネバ 「大浴場の露天風呂からの景色は素晴らしかったですね」

ハマーン「はい。この宇宙世紀になってもあれほど自然が残っているとは」

仲居  「ご寛いで頂けているようで幸いです。すぐに朝食のご用意に致しますね」

プルツー「あぁ、もうそんな時間なのか。おい、プル、マリーダ。さっさと布団をあげろ」

マリーダ「はい、姉さん!」

プル  「ご飯〜ご飯っ〜♪」


* * *




24: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:26:58.52 ID:WUONt90Qo



プル  「うわぁー!すっごい!!」

マリーダ「朝から小さな鍋がありますよ…?」

ミネバ 「これは鮮魚と野菜の蒸し物ですね」

ハマーン「ミネバ様、先ずはこのハマーンめが味をみましょう」

プルツー「ん、先ずは食べておかねばな」

仲居  「どうぞお召し上がりください」

一同  「いただきまぁす」

プル  「んんっ、このお漬物美味しい!」

マリーダ「ん、これですか…? んんっ!」

ハマーン「ミネバ様。こちらの魚は我がムンゾにはない特産品です」

ミネバ 「まぁ。頂くのが楽しみですね」

プルツー「んん、むぐむぐ…格別だな」

仲居  「白米とお汁物のお代りもございますので仰ってくださいね」

プル  「おかわり!」

マリーダ「姉さん、早すぎます!ちゃんと噛んで食べないと!」

プル  「なによー? マリーダってば硬ぁい」

プルツー「そう言えば、あんたはこの辺りには詳しいのか?」

仲居  「ええ、もちろんです」

プルツー「どこか賑わう場所はないか?」

仲居  「いろいろございますよ。私のおすすめはこの辺りを一望出来るジャブロータワーですね」

ミネバ 「空港から見えたあの塔の様なビルですね?」

仲居  「はい。あそこから見る景色はとても綺麗ですよ」

プル  「もぐもぐ///」




25: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:27:38.86 ID:WUONt90Qo


プルツー「ジャブロータワーか…見晴らしが良いのなら見張るには良さそうだ…」

マリーダ「姉さん、観光ではなく仕事の話を…!?くっ、浮かれていました…すみません…」

仲居  「それから、そうですね…ジャブローランドは若い方には特に人気がございます」

ミネバ 「遊園地ですか…ハマーン、行ってみたいです!」

ハマーン「はっ!(スマホ スチャッ)マシュマー、私だ。すぐにジャブローランドを貸し切れ。一般客は誰一人入れるな!」

プル  「もぐもぐ///」

プルツー「遊園地か…そこは、あまり見張る意味はなさそうだな…」

ハマーン「ミネバ様がご所望だ。捜査は後回しにしてすぐに向かうぞ」

ミネバ 「ハマーン、マリーダ達にはマリーダ達のなすべきことがあるのです。私の一存ですべてを決定することはまかりなりません」

ハマーン「ミネバ様、なんと立派な…!(スチャッ)マシュマー、ジャブローランドはキャンセルだ!」

仲居  「立ち入ったことで申し訳ありませんが、何かあったのでしょうか?」

プルツー「ああ。あまり多くは言えないが…隣の美術館のことは知っているか?」

仲居  「…なるほど、サイコキャッツに関わりが?」

プル  「もぐもぐ///」

マリーダ「知っているのですか?」

仲居  「ええ、それはもう。大々的に犯行予告をしていますからね」

プルツー「それなら話が早い。あたし達は民間捜査会社の人間で、ロンド・ベルから依頼を受けて地取り捜査を請け負ってるんだ」

仲居  「そうでしたか…では、ムンゾ公室という肩書は…」

ハマーン「無論、本物だが?」

仲居  「えっ?」

ハマーン「こちらに御わすのが次期公位継承者のミネバ・ラオ・ザビ閣下にあらせられる」

仲居  「まぁ、あの!?」

ハマーン「そして彼女達はミネバ様とは血縁にある方々だ」

プルツー「ハマーン、それ公言するとザビ家的にまずいんじゃないのか?」




26: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:28:36.28 ID:WUONt90Qo


仲居  「では、サイコキャッツ逮捕にムンゾ公室が手を貸していると?」

プルツー「そこまでの話じゃない。偶然目的地が同じだったから便乗しただけだ」

ミネバ 「ですが、もしものときは公室の警備を動員するつもりでいるのですよ。

     私も、怪盗と聞いてワクワクしているのです、少年探偵団みたいで」

ハマーン「ミネバ様はランポ・エドガーワをご存知か。あれは良い物です」

プル  「もぐもぐ///」

仲居  「そうでしたか。では、今回はサイコキャッツと言えどももしかするかも知れませんね」

プルツー「そうしたいところだね」

仲居  「頼もしいですね!そういうことでしたら、わたくしもぜひご協力させてください!」

プルツー「現地のことを知っている人間に手を貸してもらえるのはありがたい。感謝するよ。他に心当りはないか?」

仲居  「そうですね…森林公園はご存知ですか?あそこには鍾乳洞があると聞いたことがあります。

     何でもこのジャブローの下にはあちこちにあるらしくて、一説では外海に繋がっている水脈まであるとか」

プルツー「外海へか…もしかすると逃走用のルートに使われる可能性もあるな」

マリーダ「そこも確認しなければなりませんね」

プルツー「よし、今日は手分けして鍾乳洞、ジャブロータワーで不審者の捜索だ。やつらの痕跡が見つかるかも知れない」

マリーダ「了解です、姉さん!」

プル  「もぐもぐ…おかわり!」

マリーダ「姉さん聞いているんですか!」

プル  「人探しならあたし向きだね。推理とか苦手だしもぐもぐ」

マリーダ「聞いていたんですね姉さん…」

プルツー「マリーダとあたしでジャブロータワーだ。プルと姫様で鍾乳洞を当たってくれ。それぞれ調べが付いたら旅館のロビーに集合するぞ」

ミネバ 「ふふふ、ジャブローに散る、ですね! 楽しみです!」

ハマーン「(スチャッ)マシュマー!今から鍾乳洞を貸し切れ!」

ミネバ 「なりません、ハマーン。その様なことをすればこちらが警戒しているというのが露見します」

ハマーン「くっ…で、では、このハマーンめも姫様に帯同いたします!」

マリーダ「では、朝食を食べたらすぐに掛かりましょう!」


 * * *
 




27: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:30:32.33 ID:WUONt90Qo



 ジャブロータワー プルツー・マリーダ班


プルツー「ふん、ここがジャブロータワーか」

マリーダ「姉さん、高いです!あそこに見えるのはアンデス山脈ですよ!」

プルツー「あぁ、そうだな」

マリーダ「あ、姉さん!あれを!飛行機がタワーと同じ高さを飛んでます!」

プルツー「そうだな」

マリーダ「ジャブローは広いですね姉さん!見渡す限りのジャングルですよ!」

プルツー「地球最後の秘境と言われているくらいだ」

マリーダ「あそこが森林公園ですよ!プル姉さん達の姿が見えるかも…!」

プルツー「ん…?」スタスタスタ...

[○○] 
 ||   チャリン ガシャコン
  ||

マリーダ「すごい…!見えますよ、姉さん!森林公園の客がくっりき…!」

プルツー「あぁ、二人分頼む」チャリン

マリーダ「あれは…!サファリです!姉さん、森林公園にはサファリゾーンがあります!」

プルツー「マリーダ」

マリーダ「あ、すみません、待ってください、姉さん…まだプル姉さんは見つかりません」

プルツー「おい、マリーダ」

マリーダ「あ、いた!…ん、いや、違うな…違いました姉さん」

プルツー「マリーダ!」

マリーダ「!!!」ビクビクッ

マリーダ「す、すみません姉さん…つい、はしゃいで…」

プルツー「ソフトクリーム買って来たぞ。溶ける前に食べな」

マリーダ「ね、姉さん…///」キュン
 




28: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:33:00.63 ID:WUONt90Qo



プルツー「しかしすごい景色だね」ペロペロ

マリーダ「そうですね。美術館は…あっちの方角でしょうか?」ペロペロ

プルツー「あのガラス張りのビルがそうだ」ペロペロ

マリーダ「見て見ましょう…」ペロペロ


[○○] 
  || ジー
  ||


プルツー「どうだ?」ペロペロ

マリーダ「ロンド・ベルの捜査員が見えます」ペロペロ ジー

プルツー「そうか…やっぱりここからなら外部警備の配置は丸分かりだな」ペロペロ

マリーダ「そうですね…交代のタイミングも手に取るように分かると思います」ペロペロ ジー

プルツー「ふん…まぁ、外の警備が知られても、内情までは察知されないとは思うけど…」ペロペロ

マリーダ「確かに盗み出すのなら内側の警備情報も手に入れたいところでしょうね」ペロペロ ジー

プルツー「だが、ここで見張れば外で妙な動きがあったときの察知が早いな。アムロに伝えてここに捜査員を配置させた方が良さそうだ」ペロペロ

マリーダ「そうですね…あ、待ってください、姉さん」

プルツー「どうした?」

マリーダ「大きなトラックと、警備と思しき車両が美術館に乗り付けました」

プルツー「なんだって…?見せな!」

マリーダ「なんでしょう…ロンド・ベルの増員でしょうか?」

プルツー「ただの作業員にも見えるね」

マリーダ「ん…姉さん、あの男を」

プルツー「どいつのことだ?」

マリーダ「作業員達に指示を出しているような雰囲気の男です」

プルツー「ん…あれは…ビスト財団のエンブレム…?」

マリーダ「あの方は、確か…」

プルツー「なるほど、そうか…!マリーダ、すぐに美術館に向かうよ!」

マリーダ「えっ、でもまだ双眼鏡の時間が残って…」

プルツー「いいから来な!」

マリーダ「は、はい、姉さん!」

 




29: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:33:47.59 ID:WUONt90Qo


 * * *


  ジャブロー近代美術館


プルツー「さて…戻ってきたな」

マリーダ「姉さん、あのビスト財団の男性は…」

プルツー「あぁ。インダストリアル7のビスト家の屋敷にいた男だよ」

マリーダ「まさか、彼がサイコキャッツ…?」

プルツー「その可能性は少ないと思うが、他のスタッフがそうではないとは言い切れない」

マリーダ「なるほど…では、ここに戻ってきたのは」

プルツー「ああ直接聞き込みを掛けるまでさ」


 自動ドア ガーッ


学芸員 「ようこそ、ジャブロー近代美術館へ」

プルツー「すまないが、ロンド・ベルのアムロ捜査官はいるか?」

学芸員 「あぁ、ロンド・ベルの方ですね。ご案内いたします」

プルツー「ああ、頼む」


 カツカツカツカツ


マリーダ「しかし、この美術館は大きいですね」

学芸員 「はい。地下一階から五階まで、12か所の展示室があるんですよ。

     だいたい二か月に一度は、展示が入れ替わるんです」

プルツー「ふむ、なるほどな…そういえば、先ほどビスト運輸の者が来ていただろう?」

学芸員 「ええ、ビスト運輸は美術品の輸送がもともとの基盤なんですよ。

     当美術館でもたびたびお世話になっています」

マリーダ「顔見知りになっている従業員などはいませんか?」

学芸員 「何人かの方はお名前と顔を存じてますよ。親しいというほどではありませんが…」

プルツー「そうか。話を聞ければとおもったんだけどね…」

 「−−−−!」

 「−−−!」

 「−−−−−!」

マリーダ「ん…?」

プルツー「なんの騒ぎだ?」




30: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:35:07.43 ID:WUONt90Qo



ジェリド「二人とも待ってくれ!」

ライラ 「お勉強だけできてバカなコっているんだよね」

マウアー「バカ、ね。汚名返上ってなによ…」

ジェリド「これにはワケが…!」

ライラ 「グリプス2に帰るんだね。出戻りのジェリドと言ったら、もう有名さ」

マウアー「守ってやるって言ったろ、ジェリド…それが二股だったなんてね」

ジェリド「違うんだ!」

ライラ 「この期に及んで見苦しいよ、お坊ちゃん」

マウアー「寄るな俗物!あ、これ違った…」


プルツー「…痴話ゲンカだね…」

マリーダ「男の方が圧倒的に悪いと思います」

学芸員 「男の都合で考えてほしくありませんね」

プルツー「…まぁ、いい。アムロ捜査官は?」

学芸員 「そうでしたね。どうぞ、あちらです」


* * * 
 




31: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:35:41.35 ID:WUONt90Qo


マリーダ「アムロさん」

アムロ 「あぁ、君たちか」

プルツー「さっきビスト運輸の人間を見たんだ。もう木星の涙が運ばれてきているのか?」

アムロ 「今作業に当たってもらっているよ。来てくれ」


 作業員A「ケースのロック、完了です」

 作業員B「ライトの位置、これでいいでしょうかね?」

 作業員C「あぁ、すみません、このセンサーのことなんですが…」


マリーダ「あれが、木星の涙…」

プルツー「さすがに大きいね…」

マリーダ「…! 姉さん、あの方、見てください」

プルツー「うん、間違いなさそうだね」

アムロ 「どうしたんだ?」

プルツー「アムロ、あの男と話ができるか?」

アムロ 「ん…? ああ、彼か。構わないが…」

プルツー「知り合いなんだ。今回の件の協力を依頼するんだよ」
 




32: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:36:48.47 ID:WUONt90Qo


 * * * 


  ジャブロー森林公園 地下鍾乳洞

プル・ミネバ・ハマーン班


プル  「やっほーーー!」

 ヤッホヤッホヤッホヤッホー


プル  「あははは!すごぉい!声がこんなに響くよ!ミネバ様もやってみなよ!」

ハマーン「ミネバ様、そのようなはしたないこと!」

ミネバ 「ハマーンの石頭ぁぁぁぁぁ!」

 ハマーンノイシアタマーアタマーアタマーアタマー


ミネバ 「クスクスッ 本当ですね!」

ハマーン「い、い、石頭…!?」

プル  「ほらぁ、次はハマーン様だよ!」

ハマーン「えぇい、やめないか!他の観光客もいるのだぞ!?」

プル  「えぇぇ?でもみんなやってるよ?」

ハマーン「そこまで絶叫している者などいるものか。場をわきまえろ」


??? 「うおおおおぉぉぉぉぉぉ!」ォォォォォォォォォォ

??? 「ガトォォォォォォォォォォ!」ォォォォォォォォォォ

ガトー 「ふむ、これは叫ばずにおられようか」

コウ  「ニナも連れて来りゃ良かったな」


プル  「いるよ?」

ハマーン「くっ…! ダメなものはダメだ! わきまえろと言っている!」
 




33: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:37:45.51 ID:WUONt90Qo


プル  「ちぇー。ハマーン様は固ぁい。マリーダみたい」

ミネバ 「石頭ですからね」

ハマーン「ま、また…!?」

プル  「ほらぁ、ハマーン様!楽しいよ?」

ミネバ 「そうですよ!」

ハマーン「くぅっ…かくなる上は…! シャア! 仕事をサボるなぁぁ!!! 」

 サボルナ-サボルナ-サボルナ-サボルナァァァワカッテイルサハマーンマーンマーンマーン

ミネバ 「ふふふ、いかがですか?」

ハマーン「…………その、思ったよりも響くものですね…///」

ミネバ 「そうでしょう?」

プル  「て言うか今最後に何か聞こえなかった?」

ミネバ 「そうですか?」

ハマーン「えぇい、そんなことよりプル!ここへは地下水脈の調査に来たのだろう!?」

プル  「そうだった!あ、ほら、あそこに係の人がいるよ!聞いてみよう!プルプルプルー!」

ハマーン「ミネバ様」

ミネバ 「なんです、ハマーン?」

ハマーン「ミネミネミネーと叫びながら走ったりはけっしてなさらぬよう」

ミネバ 「ふふ、するわけがないではないですか」

ハマーン「安心いたしました」

ミネバ 「…本当にダメですか?」

ハマーン「ミネバ様!」

ミネバ 「ふふ、冗談です。ほら、行きますよ」

ハマーン「は…はっ!」
 




34: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:38:54.40 ID:WUONt90Qo


 * * *

係員  「地下水脈ですか?」

プル  「そうそう!海まで続いてるって聞いたよ!」

係員  「確かにこの鍾乳洞の最下層に位置する泉からは、微量の塩分が検出されておりますよ。

      ただ、海に繋がっているかどうかははっきりしていないのです」

プル  「ええぇ?そうなのぉ?」

係員  「はい。この場所からですと太平洋やカリブ海まではかなり距離があります。

      実際に潜って調べようにも無線の潜水艇では電波が届かず、

      超音波探知機も岩盤に遮られて詳しい地下データが観測出来ないんです」

ハマーン「しかし、繋がっていないとは言い切れぬのだな?」

係員  「はい。泉の調査では、太平洋側に生息する微生物の亜種も見つかっており、

      もし繋がっているとするなら太平洋の方ではないかと言われています」

ミネバ 「太平洋ですか…あの高い山脈の向うですね?」

係員  「はい、そうなります」

ハマーン「その最下層の泉とやらは見れるのか?」

係員  「はい。この順路に沿って進んで頂ければご覧になれます」

プル  「よぉし、行ってみよう!」

ミネバ 「はい!」




35: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:40:28.17 ID:WUONt90Qo


 カツンコツン カツンコツン


プル  「うぅ、なんだか暗くなってきたよぉ…」

ミネバ 「ふふふ、ワクワクしてきました」

ハマーン「ふむ、奇妙な場所だな…」

プル  「あ、何か立て札があるよ?」

ミネバ 「薔薇の鍾乳石…?」

プル  「どれどれ…『天井から落下した水分に含まれる石灰成分がその跳ね上がった形を残したまま石化した珍しい鍾乳石』か…」

ミネバ 「言われてみれば薔薇のようにも見えますね!」

ハマーン「………」

ミネバ 「あら…?」

??? 「………」

ハマーン「…ここで何をしている…?」

??? 「………」

ハマーン「…ここで何をしていると聞いている、マシュマー・セロ!」

マシュマー  「はっ! ハマーン様!」

ハマーン「なぜここにいる…?貴様に任せた旅館の警備はどうなっている!?」

マシュマー  「はっ旅館警備の指揮はイリア・パゾムに任せております!」

ハマーン「ではなぜ貴様はここにいる?この鍾乳洞の警護にはキャラの班を同伴しているのだぞ。不満なのか?」

プル  「え、そうなの!?」

ミネバ 「周囲にいる私服の者はすべて警護係なのですよ」

プル  「き、気が付かなかったよ…」

マシュマー  「いえ、そうではありません!私はただ、ここに世にも珍しい石の薔薇があると聞き、ハマーン様のお部屋に捧げようと考えただけで」

ハマーン「鍾乳石は天然記念物だ、持ち去るなど以ての外だ俗物!」メコォ

マシュマー  「ハマーンさま…ば、ばんざ…ぁい…」

ミネバ 「あらあら」

プル  「ハマーン様…怖っ…」

ハマーン「参りましょう、ミネバ様」フンス

ミネバ 「はいっ♪」
 




36: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:41:33.24 ID:WUONt90Qo


 カツンコツン カツンコツン


ミネバ 「ここが最下層の…?」

ハマーン「そのようですね、ミネバ様」

プル  「うわぁ、すごぉい!こんなにおっきな泉があるなんて!」

ハマーン「照明で照らされているにも関わらず、水底が見えんな…」

ミネバ 「深いようですね」

プル  「ほんとだ、真っ暗…」

ミネバ 「これならば、例えば潜水艇のような物は使えそうですね」

プル  「でも、係の人は電波届かないって言ってたよ?」

ハマーン「無線操縦ならばな。だが、人が乗れる小型艇であればどうだ?」

プル  「…!そっか…逃走経路だもんね…」

ミネバ 「はい。もしその宝石を奪いここへ辿り着ければ、あるいは…」

プル  「小型の潜水艦みたいなものなら逃げられるかも!」

ハマーン「うむ」

ミネバ 「これは収穫になりましたね」

プル  「そうだね!早く宿に戻って報告しなくちゃ!」

??? 「ん?君たちは…」

??? 「お兄ちゃん、誰?この人達…」

プル  「あれ、カミーユさん?」

ミネバ 「お世話になります」

ハマーン「出たな俗物」

??? 「こんにちは!」

プル  「カミーユさん、その人は?あ、もしかして、恋人ぉ?」

カミーユ「そんなんじゃないよ。ほら、自己紹介するんだ」

ロザミィ「初めまして!カミーユお兄ちゃんの妹のロザミィです!」
 




37: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:42:48.00 ID:WUONt90Qo


カミーユ「本当は義理の妹なんだ」

ハマーン「ほほぅ、妹を帯同して捜査か。それがロンド・ベルのやり方なのだな?」

カミーユ「俺だって、やりたくてやってるわけじゃないんだよ!仕事だっていうのに勝手に着いてきたんだ!」

ロザミィ「もう、お兄ちゃんの意地悪!連れてってって言ったじゃない!」

プル  「なんかいいなぁ、ジュドーに会いたくなってきちゃった」

ハマーン「ふん。それより貴様、ここで何をしている?」

カミーユ「捜査に決まっているだろう?この地下水脈を使ってサイコキャッツが逃亡するかも知れないって情報を掴んだんだ」

ハマーン「ははは、やはりロンド・ベルはその程度か。そんなもの、すでに我々が調査を終えている。

      貴様らは大人しくあの美術館で歩哨でもしているがいい!」

カミーユ「くっ…ハマーン!その傲慢さは、人を家畜にすることだ!人を道具にして!それは人が一番やっちゃいけないことなんだ!」

プル  「ちょ、ちょっと二人とも落ち着いて!」

ミネバ 「キャラ!ハマーンを連れ出します!手を貸しなさい!」

キャラ 「はっ!ランス、ニー先導しな!ハマーン様、失礼いたしますよ!」ガシッ

ハマーン「貴様が優れた資質を持っていようが、無礼を許すわけにはいかん!」クワッ

カミーユ「ハマーン・カーン!やはりお前は戦いの意思を生む源だ!生かしてはおけない!」ビキーン

ロザミィ「お兄ちゃん!落ち着いて!」アワワワ

ハマーン「えぇい、キャラ!離せ!あの俗物をこの私が粛清しようというのだ!」ズルズル

キャラ 「ハマーン様、気を確かに!ミネバ様の御前です!」ギリリッ

ミネバ 「早く運び出しなさい!」

プル  「ほほほら、ハマーン様!キャンディならあるよ!これでも食べて落ち着こう、ね!?」


ワーワーギャーギャー
 




38: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:45:53.08 ID:WUONt90Qo


 * * *


 ジャブロー荘前 土産屋


マリーダ「ハムハム…」

プルツー「ムグムグ…」

マリーダ「姉さん」

プルツー「なんだ、マリーダ」

マリーダ「姉さんのクリーム味を一口くれませんか」

プルツー「…食べ終わったらもう一種類ずつ買うか」

マリーダ「ふぁい、姉さん…ハムハム…」

プルツー「ズズズ…ふむ、やはり饅頭に緑茶は欠かせないね」

マリーダ「本当ですね…ズズズ」

プルツー「ふぅ」

マリーダ「はぁ」

マリーダ「ところで姉さん。あのビスト財団の者達のことですが」

プルツー「あぁ。前回の姫様の件で会ったガエルとかいう男本人に間違いないね」

マリーダ「私達のことも覚えているようでしたしね」

プルツー「あいつらが木星の涙の輸送を引き受けていたとは」

マリーダ「ビスト財団はそもそも美術品の輸送を主軸としてきた組織だったはずです」

プルツー「そうだね。あのガエルという男は確かにビスト財団の人間だ。木星の涙を横からかっさらうなんて真似はしないだろう」

マリーダ「ですが姉さん。従業員の方は顔を知らない者達ばかりです」

プルツー「分かっているよ。姫様が帰ってきたらあのバナージとかいうやつに連絡を取ってもらって身元を確かめておいた方がいいだろうな」

マリーダ「そうですね、姉さん」

プルツー「ズズズ…」

マリーダ「ズズズ…」

プルツー「はぁ…和むね」

マリーダ「和みますね」

マリーダ「ところで、プル姉さん達は遅いですね」

プルツー「森林公園はここから少し距離があるからな。もう少しすれば戻って来るだろう」

マリーダ「饅頭を買ってロビーに入っていましょうか」

プルツー「そうするか。そろそろ冷えてくるからな」




39: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:47:32.45 ID:WUONt90Qo


 * * * 

 ジャブロー荘 玄関

  ガラララ

仲居  「おかえりなさいませ」

プルツー「あぁ、今朝の」

仲居  「なにか手がかりは掴めましたか?」

プルツー「あぁ、いろいろとね」

仲居  「それは良かったですね!あとでまた楽しいお話聞かせて下さい!」

プルツー「時間があればね。それより、どこか座れるところはないか?」

仲居  「でしたら、あちらの待ち合いをお使いください。お茶などはセルフサービスになっておりますので、ご自由にどうぞ」

マリーダ「助かります」

プルツー「そこで待たせてもらうとしよう」



  ジャブロー荘 ロビー 待ち合い所

マリーダ「姉さん、ソファーがふかふかです」

プルツー「そうだな」

マリーダ「家のベッドよりふかふかです」

プルツー「ヘタれているからな、うちのマットレスは」

マリーダ「…今回の報酬が出たら、買い換えませんか?」

プルツー「考えておこう。それより…あのお茶はなんだ?」

マリーダ「…?梅茶、とありますね…梅こぶ茶とは違うのでしょうか?」

プルツー「…饅頭、あといくつ残っている?」

マリーダ「六つ使いました、姉さん」

プルツー「…三つ残しておけば文句は言われないね…」

マリーダ「もしものときはまた買いに行きましょう。幸い店は宿のすぐ目の前です」

プルツー「そうだな…よし、あのお茶を試すぞ」

マリーダ「はい」
 




40: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:48:08.17 ID:WUONt90Qo


プルツー「ズズズ…」

マリーダ「ズズズ…これは…!」

プルツー「緑茶の渋みの中に梅の果肉の風味が加わっているな…」

マリーダ「緑茶の味を引き立てつつ、それでいて飲んだあとに梅の爽やかな風味が良いですね」

プルツー「こし餡の饅頭と合いそうだ」

マリーダ「はい、ではこし餡を食べてしまいましょう、姉さん」

プルツー「ズズズ…もぐもぐ」

マリーダ「もぐもぐ…ズズズ…」

プルツー「和むな」

マリーダ「和みますね」



??? 「なんとかならないのですか?」

プルツー「?」

マリーダ「…?何事でしょうか…?」

受付  「そうおっしゃられましても…あいにく満室でございまして…」

??? 「一晩で構わないのです。どうにか一部屋準備してもらえないでしょうか?」

受付  「申し訳ございません…当館は予備のお部屋も含めて埋まってしまっている状態でして…」

マリーダ「何やらもめているようですね」

プルツー「そうだな」

マリーダ「行ってみますか?サイコキャッツ絡みかもしれません」

プルツー「あぁ。そうしよう」
 




41: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:51:06.56 ID:WUONt90Qo


プルツー「どうしたんだ?」

マリーダ「何事ですか?」

??? 「…?あなた方は?」

マリーダ「申し遅れた。私たちはこの宿を貸し切らせていただいている者の関係者だ」

??? 「そうなんですね!お願いします、どうか一部屋お開け願いませんか?」

プルツー「悪いが、あたしらの一存でそれは出来ない。そもそもあんたは何者だ?」

ニナ  「私はニナ・パープルトンと申します。記者をしている身です。

      この度は、隣りの美術館で開催される宝石展に出展される『木星の涙』をサイコキャッツが狙っていると聞き、

      その捜査状況を取材しに来たのですが…」

プルツー「へぇ、記者か…所属は?」

ニナ  「アナハイム系列のトリントンテレビですが…?」

マリーダ「以前、トリントンに降りたときにやっていた局ですよ、姉さん」

プルツー「そうか。だが、すまないね。ここは美術館警備のスタッフで貸し切らせてもらっている」

ニナ  「ですから、取材をさせていただけないかと思ってお部屋を…」

プルツー「申し訳ないが、犯行予告日の当日までは捜査情報を外部に漏らさぬよう、部外者の接触は控えてもらっている。

      もちろん、捜査員のための部屋で満室なのは事実だけどね」

ニナ  「そんな…!」

プルツー「こちらは強権を振りかざしているでもない。正規の手続きで予約して部屋を抑えているんだ。

      宿なら近くにいくらでもあるだろう? そっちを当たるんだね」

ニナ  「……分かりました…」

スゴスゴ ガラガラ ピシャン

受付  「申し訳ございません、お客様…」

プルツー「なに、構わないよ。無理を言って部屋を抑えさせたのはこっちだ…まぁ、正確に言うならハマーンだけど」

マリーダ「し、しかし姉さん。あの方の取材を受けておけば、私達の事務所の宣伝になったのではないですか?」

プルツー「だけど胡散臭いと思わないか? もし取材クルーならもう少し人数がいてもおかしくはない」

マリーダ「確かに、一人で宿泊とは妙ですね…」

プルツー「…すまないが、ここは防犯カメラは設置しているか?」

受付  「は、はい…あちらにございますが…」

プルツー「その映像から、今の女の顔を抜き出してくれ。ロンド・ベルの捜査員に連携する」

マリーダ「姉さん、まさか…!」

プルツー「テレビ局のスタッフになりきり、取材と称して宿に侵入。操作情報を聞き出して警備の穴を突く…

      あたしが怪盗なら、そんな手を使うかもしれないね」
 
マリーダ「では、今の女が…!?」

プルツー「早まるんじゃない、まだただの可能性だよ。でも、警戒をしておくに越したことはない。

      アムロに伝えておけば、捜査員の何人かで常に尾行を付けることだってできるだろうさ」

マリーダ「尾行をつければ、もし犯人なら何か尻尾を出すかもしれませんね」

プルツー「その通りだ。用心しておくに越したことはないからな」
 




42: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:52:57.32 ID:WUONt90Qo


 ガラララッ


プル  「たっだいまぁ!」

ミネバ 「あら、プルツー、マリーダ。もう戻っていたのですね」

ハマーン「(スチャッ)ミネバ様が宿に戻られた。旅館警備班はすぐに配置を再確認せよ」

プルツー「遅かったじゃないか」

プル  「あ、うん。ハマーン様が鍾乳洞でカミーユと一緒に変な電波を拾っちゃってさ」

マリーダ「ああ…あれか」

ハマーン「……失態だ」

マリーダ「ハ、ハマーンさん、落ち込むことはありません。誰にだってときおりあることです…」

キャラ 「ハマーン様、気にすることなんてありませんよ。あたしなんて、しょっちゅうトリップするんですから」

ハマーン「だから貴様に運転は任せられんのだ」

キャラ 「ハンドルを握ると、つい、魂が宇宙で踊ってしまうんですよ」

マリーダ「………」ガクガクブルブル

プルツー「ん…どうした、マリーダ?」

マリーダ「…ブツブツ…ブツブツ…」

プル  「マリーダ?」

マリーダ「く、来るな!お、おっぱいお化け!クルナクルナクルナクルナァァァ…!」ガクガクブルブル

プル  「ちょ、えっ…マリーダ!?」

ハマーン「…キャラ、貴様は下がれ」

キャラ 「えっ?でも…」

ハマーン「下がれと言っている。先ほど私を鍾乳洞から連れ出した件は感謝している。今後も然と頼むぞ」

キャラ 「は、はい、ハマーン様!では失礼いたします!」
 




43: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 21:53:55.17 ID:WUONt90Qo


マリーダ「はぁっ…はぁっ…わ、私はいったい…?」

ハマーン「誰にでもある、か。まったく…どうやら、そのようだな」

ミネバ 「ふふふ、おかしなマリーダ。では、さっそく報告会に致しましょう」

プルツー「そうだね。よし、部屋へもどるよ…おい、マリーダ。自分で立て」

マリーダ「ダメです、姉さん…腰が抜けて動けません」

プル  「だ、大丈夫?」

プルツー「世話の焼けるやつ。ほら、しっかりしな」ガッシ

マリーダ「すみません、姉さん…」シオシオ
 


 




44: ◆EhtsT9zeko 2015/12/20(日) 22:04:37.47 ID:WUONt90Qo


 【ナレーション】

ジャブロー各地に散って情報を集めた三姉妹とザビ家一行は、夕げを待ちながら捜査会議を開く。

そして次なる一手を逡巡する一行に、新たな手がかりがもたらされた。

しかし、事件を捜査する三姉妹に思いもよらぬ敵が現れる。


次回、三姉妹探偵プルズ

第三話
「シロッコの眼」

君は、刻の涙をみる…!

 




46: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:03:15.54 ID:92t8BNyTo


 【ナレーション】

ジャブロ―各地から入手した情報を持った三姉妹とサビ家一行。

五人の地道な捜査活動はサイコキャッツへの計画へと迫る。

しかし、そんな五人の前に思いもよらぬ敵が現れたのであった。


第三話
「シロッコの眼」

 




47: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:04:00.80 ID:92t8BNyTo




 ジャブロー荘 特別室


ハマーン「ふむ。では、ジャブロータワーからなら、監視を行えると?」

プルツー「ああそうだ。あそこからなら外の警備配置が丸見えになる」

マリーダ「アムロさんに頼んで、常時何人かの捜査員を貼り付けてもらえば犯人と遭遇するかもしれません」

プルツー「鍾乳洞の方はどうだったんだ?」

プル  「あ、うん。地下の下の方に大きな泉があって、そこが海と繋がっているんじゃないか、って言ってたよ」

ミネバ 「泉自体もかなり深いようでした。小型の潜水艦なら、十分に隠しておけるかもしれません」

マリーダ「小型の潜水艦…」

ハマーン「タワーと同様、あそこにも人員を配置して置いた方が良いだろう。あの水中に逃げられれば、追跡は困難だ」

プルツー「分かった。それもアムロに報告しておこう」

マリーダ「あとは、不審者の報告ですね」

プル  「怪しい人かぁ…そういえば、男二人で楽しそうに叫んでいたのがいたかな」

プルツー「なんだそいつらは?」

ミネバ 「一見すればただの観光者に見えましたが…」

ハマーン「犯人であればあそこまで目だつ行動はせんとは思うが、念のため、マシュマーの部下に尾行をさせている」

プルツー「助かる」

プル  「怪しいって言えばそれくらいかなぁ…あ、でも鍾乳洞ではカミーユさんに会ったよ!」

プルツー「カミーユに?」

ハマーン「あの俗物は不愉快だ」
 




48: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:04:40.74 ID:92t8BNyTo


ミネバ 「なにやら、義理の妹さんという方とご一緒でした」

プルツー「ふん、税金を使った捜査に親族を同行させるなんてずいぶんだね」

マリーダ「しかし、兄妹で一緒に居たいと思う気持ちはわかります。

     その義理の妹という人も、カミーユさんの役に立とうと思っているのかもしれません」

ミネバ 「マリーダは優しいのですね」

プルツー「姫様。マリーダは自分の甘ったれを暗に肯定しているだけだよ」

マリーダ「違います!妹にとって、姉や兄というのはそれだけかけがえのないものなのです!

     ひと時も離れたくないくらい大好きなのです!」

プル  「マリーダ、なんか恥ずかしいからやめない、それ。ね?」

ミネバ 「ふふふ、プルツーの言う通りかもしれませんね。それで、タワーの方ではいかがでしたか?」

プルツー「向こうでは特に怪しげな人間は見かけなかったな。

     もっとも、ハマーンの言うとおりサイコキャッツが人目に付くほど怪しい行動を取るとは考えにくいが」

マリーダ「それから…そうですね…あのソフトクリームは美味しかったです」

プル  「ええぇ!?ソフトクリーム食べたの!?」

マリーダ「はっ!(しまった!)」

プルツー「プル達には温泉饅頭を買ってある」

プル  「なんだぁ、それを早く言ってよ!///」

マリーダ「(もうプルツー姉さんと三つずつ食べてるなんて言えない…)」

ハマーン「では、タワーの方は警備を見通せること以外の収穫はなかったのだな?」

プルツー「いや、それがそうでもないんだ」

ミネバ 「…?」

ハマーン「なんだというのだ?」

プル  「もぐもぐ///」




49: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:05:15.79 ID:92t8BNyTo


マリーダ「実は、タワーからこの温泉街を臨んでいる最中に、美術館に出入りする者達を見かけたのです」

プルツー「ビスト財団が経営する運輸会社だ」

マリーダ「はい。実はその中の一人は、私たちもお会いしたことのある人物で…」

ミネバ 「そういえば、皆さんは前回のときにバナージのお屋敷へいらしていただきましたものね」

プルツー「そうなんだ。どうやら木星の涙はビスト財団当主、カーディアス・ビストの右腕と目される、

     ガエル・チャンの指揮でここまで運ばれてきているらしい」

ミネバ 「まぁ。ガエル様が?」

ハマーン「まさか、その男を疑っているのか?」

プル  「もぐもぐ///」

マリーダ「いえ、ガエル様は私達も面識があり、先ほどお会いして本人であることを確認いたしました」

プルツー「ああ、その通りだ。だが、その他のスタッフについては分からない」

ミネバ 「…なるほど。私に、バナージを通じてビスト運輸の職員の確認をしろとおっしゃるのですね?」

プル  「そこまで無理強いをするつもりはないよ。だが、できるのなら頼みたい」

ミネバ 「分かりました。至急バナージに連絡を取りましょう」

プル  「もぐもぐ///」

ハマーン「ミネバ様、その折はこのハマーンめも是非同席させてください。

     ビスト財団の御曹司ともなれば、母君に教育係りを任されているこのハマーンもご挨拶をせねばなりません」

ミネバ 「ふふふ、そんなにかしこまらなくったって、彼とは奇譚のない間柄ですから」

プルツー「その間にマリーダとあたしで美術館に行って、ロンド・ベルと一緒にビスト運輸の職員の身元を確認を行う。

     聞き取った情報と姫様がビスト財団から引き出した情報を合わせて、矛盾点がないかを確かめるんだ」

ミネバ 「ふふふ、少しずつサイコキャッツに迫っている感じがいたしますね!」

ハマーン「では、明日の予定は決まりだな」

マリーダ「はい。なんとしてもサイコキャッツを捕らえ、サンタクロースを開放しましょう!」グッ

一同  「(そう言えばそうだった)」

プル  「もぐもぐ///」


 




50: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:06:23.41 ID:92t8BNyTo


 * * *


ジャブロー荘 大浴場

 カポーン

プルツー「ふぅ…一日の終わりに温泉に入れるなんて贅沢だね」

マリーダ「本当ですね、姉さん」フィ-

プル  「すごぉい、広っろぉい!」バシャバシャ

マリーダ「プル姉さん!泳ぐのはマナー違反です!」

ミネバ 「さあ、ハマーン。今日はご苦労様でした」トクトクトク

ハマーン「(サビ家に遣えて良かった…ミネバ様にお酌してもらえて…)」グスッ

プル  「それでさっきの話だけどさ、その後の備考でどうなったんだろうね?」

ハマーン「ん?あぁ、鍾乳洞に居たあの者達だな。イリア・パゾム。そこに居るか?」

イリア 「はい、ハマーン様」ブクブク プカッ

プル  「湯船から浮いて出てきた!?」

ハマーン「尾行及び情報収集の報告をせよ」

イリア 「はっ。まず当該人物の二人ですが、あれからは森林公園を出、居酒屋で夕食。刺し身が質の良いお店でした」

ハマーン「そんなことは良い。それで?」

プル  「プルツー、明日はそこで夕飯食べない?」

プルツー「ここの食事方が上等だろ?」

イリア 「は。その後は千鳥足で肩を汲みつつ、歌を歌いながら当旅館の斜向かいあるホテルへと入って行きました」

プルツー「男二人でホテル、か…ふむ…」

マリーダ「姉さん。私はその方面は得意ではありません」

プルツー「ミネバ様への慕情をこじらせたリディが、錯乱気味にバナージと関係を…」

マリーダ「やめてくださいと言っています!」

プルツー「個人的にはアムロとカミーユの仲も睦まじいのではないかと勘ぐっている」

マリーダ「姉さん!」

プルツー「冗談だ、マリーダ」
 




51: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:07:44.27 ID:92t8BNyTo


イリア 「その後しばらく監視を置きましたが、ホテルから出てくる様子はありませんでした」

プル  「そっかぁ。じゃぁ二人は関係ないのかな?」

イリア 「それがどうも潔白とは言い切れないところがございます」

ミネバ 「なんだと言うのです?」

イリア 「はい。実は彼ら背後関係を調べていたところ、トリントン放送局の人間だと言う事が判明しました」

プルツー「待て。その名、どこかで聞いた覚えがあるね」

イリア 「はい。先ごろロビーで空き部屋を探していらしたニナ・パープルトンと言う女も同じ局の人間だと言っておりました」

プル  「あれ、そう言えば、あのとき、『ニナも連れてくれば』なんて言ってなかったっけ?」

ミネバ 「そう言えば、仰っていましたね」

イリア 「はい、キャラ様からもそのお話を伺いました。

     そのため、先ほどトリントン放送局に問い合わせしたところ、三名はカリブ海周辺に観光スポットの取材に出ているとの回答が得られました」

プルツー「カリブ海…ここからそう遠いわけではないな」

マリーダ「なぜそんな者達がここジャブローに?」

プルツー「夕方の話だと、サイコキャッツの事件を取材したいと言っていたが…」

マリーダ「確かにそう言っていました」

プルツー「大きな事件の取材をしたいという気持ちで独断でここへきたのか…別の可能性もある…」

イリア 「はい。本当にあのお三方が、本当にトリントン放送局の人間であるか、という部分です」

ハマーン「その者達が、サイコキャッツが変装した姿だということか?」

イリア 「現在の状況では否定できません」

ハマーン「あいわかった。イリア、至急部下を数人カリブ海沿岸へ送ってその者達が取材を行っているか調査を行え」

イリア 「了解しました」ペコリ ゴボボボ

プル  「沈んで行った!?」
 




52: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:08:41.97 ID:92t8BNyTo


プルツー「すまないなハマーン」

ハマーン「ふん、構わん。いずれにせよ、身元不確かな者がミネバ様の側をうろついている状況を見過ごしてはおけん」


 バタバタバタ


??? 「お客様ぁ、探偵のお客様ぁ、いらっしゃいますでしょうか?」

プルツー「ん、誰だ?」

マリーダ「この声、あの仲居の声ではありませんか?」

プル  「居るよー!」


 バタバタバタ ガララッ


仲居  「お寛ぎのところ申し訳ありません」

プルツー「どうしたんだ?」

仲居  「はい、実はあれから私も少し調べてみたところ、こんな記事を見つけまして…」


 ピラッ


プル  「ネットのニュース記事?」

マリーダ「『アナハイム重工で試作されていた潜水艇、紛失か?』…!?」

プルツー「これをサイコキャッツがやった、って言うのか?」

仲居  「記事の中でそれには触れておりませんが、実は知り合いにアナハイム重工で勤務している者がおり、

     その者から、こんな写真画像を送って頂いたのです」

 ピラッ

ミネバ 「これは…!」

マリーダ「えぇ、姫様…間違いありません!」

プル  「サイコキャッツの予告状だ!」

----------------------------------------------------
予告状

×月○日、アナハイム重工で開発中の個人向け小型潜水艇を頂きに伺う。

怪盗サイコキャッツ
----------------------------------------------------
 




53: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:09:21.67 ID:92t8BNyTo


プル  「………?」

ミネバ 「潜水艇…!ということは…!」

マリーダ「えぇ、間違いありません!やはりサイコキャッツはあの鍾乳洞を通って逃げるつもりです!」

プルツー「…しかし、こんな記事を良く見つけたもんだね」

仲居  「はい、知り合いが勤務しているので気にして読んだからか記憶に残っていたんです。

     アナハイム重工はセキュリティ関係機器も販売しています。

     そのため会社として、サイコキャッツが関わっていることはおろか、紛失も盗難もなかったと会見しているようですが、

     知り合いに事情を話して協力を頼んだらこの予告状の写真を撮ってもらえたんです」

ハマーン「ふむ、なるほど…これはかなり大きな手がかりだな。

     いくら無能のロンド・ベルとは言え、あの狭い鍾乳洞の空間にそれなりの数を配置すれば、逃走は防げるだろう」

プルツー「私服のまま観光客に混ざって警備してもらうのがいいだろうね」

マリーダ「すぐにアムロさんに報告しましょう、姉さん!」

プルツー「分かっているよ。明日は鍾乳洞を中心に森林公園を重点的に見張るよ!」

マリーダ「はい!姉さん!」

ミネバ 「ふふふ、私もワクワクしてきました!」

マリーダ「サンタクロースさん、待っていてください…!」グッ

仲居  「サ、サンタクロース…?」

プル  「あぁ、気にしないでいいよぉ…」

ハマーン「(ミネバ様が注いでくれた冷酒…)グビッ…くぅっ!」感涙 フルフル
 
ミネバ 「班分けは本日と同じでよろしいでしょうか?」

プルツー「ああ、問題ないよ」

プル  「待って!あたし、明日はプルツーと回りたい!」
 




54: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:10:09.95 ID:92t8BNyTo


プルツー「どうしたんだよプル?」

マリーダ「姉さん、何か気になることでもあるんですか?」

プル  「だってわたしもソフトクリーム食べたいよ! ふたりばっかりズルい!」

マリーダ「いや、姉さんも食べたかったらお小遣いで買えばいいじゃないですか」

プル  「なによ、マリーダは食べたんでしょ、ソフトクリーム! この裏切り者!」

マリーダ「うっ裏切り………!」ガーン

プルツー「プル、言い過ぎだ」

プル  「だってぇ」

マリーダ「私が………ガンダム………?」ガクガクブルブル

プルツー「ほら、マリーダが変な電波拾っちゃったじゃないか」

プル  「あ………」

プルツー「まぁいい、分かった。それなら明日は班を組換えるよ。

     わたしとプルは森林公園内を、マリーダは姫様とハマーンで、鍾乳洞入口を監視するんだ」

ミネバ 「分かりました。ほら、マリーダ、元気を出してください」

マリーダ「光…すべてを焼き尽くす浄化の光…」ガクガクブルブル

プル  「あ、マ、マリーダ、ごめん、ちょっと言い過ぎたよ…」ナデナデ

ハマーン「くぅっ………ミネバ様、このような美酒、このハマーンめは初めてにございます…!」感涙 フルフル

マリーダ「…あぁ、あの虹のかなたに、道は続いている…」ガクガクブルブル

プル  「マリーダ! なんか分かんないけどその虹越えたらまずいよ!」

プルツー「………はぁ、大丈夫なんだろうね、これ………」



 




55: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:11:36.15 ID:92t8BNyTo


 * * *

翌日 ジャブロー森林公園 遊歩道


プル  「うぅぅぅん!気持ち良いねぇ!」ノビノビ

プルツー「そうだな。随分と空気が澄んでいるみたいだ」

プル  「あ、見て見て!ジャブロー名物バナナソフトクリーム!」

プルツー「さっそくか。でも、美味しそうだね。試してみるか?」

プル  「さんせい!」

 オマタセイタシャシター

プルツー「ん、これはなかなかだね」ペロペロ

プル  「んん!これ美味しいぃ!」ペロペロ

プルツー「それでプル。今回は珍しく班分けにこだわったが、何かあるのか?」

プル  「あぁ、うん、それね…ちょっとここでは言えないかな」

プルツー「勿体ぶるな。それとも聞かれてちゃまずいことなのか?」

プル  「うぅん、出来れば二人っきりになりたいんだ」

プルツー「………? どうしてだ?」

プル  「ちょっと、話しづらいことだから………」

プルツー「………そうか、ならあの観覧車なんかはどうだ?」

プル  「あ、いいかも」

プルツー「よし、食べ終わったら向かうよ」

プル  「あ、その前にあっちのチョコバナナも買って行かない?」

プルツー「まったく、プルは食べてばかりだな」

プル  「プルツーだってそうでしょぉ?」

プルツー「否定はしないよ」

プル  「ふふ、やっぱり姉妹だよねっ」
 




56: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:12:43.88 ID:92t8BNyTo


 * * *

ゴンドラ内

プル  「わぁ!どんどん高くなってくる!」

プルツー「確か三十メートルだと言っていたな。流石にここからでは美術館は見えないね…」

プル  「でも、こうして二人きりなのは久しぶりだね」

プルツー「そうだな。でも、マリーダが帰ってくる前まではずっと二人だったじゃないか」

プル  「そうだけど! なんか久しぶりで胸がキュンキュンする!」

プルツー「それは良かったな」

プル  「プルツーはそう感じないの?」

プルツー「気持ちは分かるけど、今はそれよりもさっきの話の続きをしてほしいね」

プル  「もう、プルツーせっかちすぎるよ」


モニュ


プルツー「お、おい、プル…何をしてるんだ…?」

プル  「良いからちょっと大人しくしててよ」モニュモニュ サワサワ
 




57: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:14:47.23 ID:92t8BNyTo


プルツー「プ、プルっ!きゅ、急になにするんだよ?!」

プル  「姉妹だから平気でしょ?」モミモミ サワサワ

プルツー「ひっ…ひゃっ…プ、プル…や、やめっ…んんっ///」

プル  「ダメだよ」サワサワ モミモミ

プルツー「ま、まさかプル…これをしたくて二人きりに…?」

プル  「…うん、そうだよ…」ナデナデ モミモミ

プルツー「ひっ…はぁっ…そ、そこは…プ、プル…やめ、やめろぉっ…///」

プル  「しなきゃ行けないんだよ…お願い、プルツー」ナデナデ サワサワ

プルツー「だめ、プル……ひゃんっ!////」

プル  「…ずっと気にはなってたんだよ…」モミモミ ナデナデ

プルツー「で、でも、いくらなんでも…あっ…んんっ…やめ…プル、プル姉さん、やめてっ…!////」

プル  「ちょっと我慢してね…大丈夫だとは思うんだけど…」サワサワ スリスリ

プルツー「ね、姉さん…ひっ…くぅっ…ダメ…だめぇ…あたし達、姉妹なのにこんなことっ……////」

プル  「姉妹だからでしょ…こんなこと出来るのは」スリスリ サワサワ

プルツー「んくっ…そんな…ひゃぁっ////」

プル  「うん、間違いないよ。だから確かめさせて」スリスリ サワサワ

プルツー「あぁ…んくっ…あぅっ…プル姉さん……ふわぁぁっ////」

プル  「ゴメン、ここ触るね」サワサワサワ

プルツー「んっ…そこ、だめ、やめてっ…その間を触られたら…あたし…ひゃんっ////」

プル  「うん、大丈夫みたい」ピタッ

プルツー「ん…はぅっ…ん…?お、終わり…?////」

プル  「え?うん、ついてないみたいだし」

プルツー「つつつついているわけないだろ!////あたしは女だ!!/////」

プル  「えっ?えぇっ!?何の話!?」

プルツー「だいたい昨日だって一緒温泉に使って体は良く見てるじゃないか!////」

プル  「え、いや、裸に付けるのは流石に無理じゃなかな…」

プルツー「…ちょっと待て…何の話しているんだよ…?」

プル  「いや、プルツーこそ何の話してるの…?」

プルツー「それはその………えぇい、あたしのことは良いんだよ!それより、いったい何なんだ!?」

プル  「え、だから盗聴器」

プルツー「と、盗聴器…?」
 




58: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:15:32.87 ID:92t8BNyTo


プル  「うん。あたしが感じたのが正しかったら、もしかしたら付いてるかも知れないなと思って」

プルツー「と、盗聴器が付いてないか確かめるために体を弄ったのかよ?!」

プル  「うん、そうだよ?」

プルツー「だ、だったら最初からそう言えばいいだろ!」

プル  「盗聴器付いてるかもしれないのに盗聴器探してるなんて言ったら相手にバレちゃうでしょ?!」

プルツー「確かにそうだけど…」

プル  「でも、付いてないみたいだし、大丈夫そう。あれ、そう言えば、プルツーなんでそんなに顔赤いの? あ、この中暑い?」

プルツー「………なんでもないよ」

プル  「そぉお?」

プルツー「なんでもないって言ってるだろ! それで、何でそんなものが付いてるだなんて思ったんだよ?」

プル  「あぁ、うん。それだけどね、実はーーー」

プルツー「………!」



 




59: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:16:32.38 ID:92t8BNyTo


* * *

 ジャブロー森林公園 鍾乳洞入り口

 マリーダ・ミネバ・ハマーン班


ミネバ 「あの方、少し様子がおかしくありませんか?」

ハマーン「はい、確かに。(スチャッ)マシュマー、あの二人をマークだ」

マリーダ「普通のカップルに見えますが…それが怪しくも見えますね」


 カツ「サラ、足元に気を付けて」 

 サラ「大丈夫よ、あなたと一緒なら心配ないわカツ」


ミネバ 「あら…?あちらの方は…先ほど中から出てきたばかりでは…?」

マリーダ「まさか、中で何かを作業をしているのでしょうか…?」

ハマーン「(スチャッ)マシュマー。あの男にも尾行をつけろ」


 カイ「こんなトコ取材して、需要なんてあるのかね…」


ミネバ 「…!! ハマーン、あの方…!」

マリーダ「まだ子どもに見えますが…あの顔つき…!」

ハマーン「テロリストの面構えだな…(スチャッ)マシュマー、その男から目を離させるな!」


 ハサウェイ「ここが鍾乳洞らしいよ」

 クェス  「えぇ、なんかジメジメして好きじゃなぁい」


ミネバ 「ハマーン! あれを!」

ハマーン「むっ!?」

マリーダ「あれは!」


 マシュマー「この薔薇の花飾りのボールペンを貰おうか」

 店員 「まいどありー」


マシュマ「ハマーン様。鍾乳洞の薔薇の鍾乳石をモチーフにした土産物です、ご笑納ください」

ハマーン「ふん!」ドカッ

マシュマ「うがっ!?」メリィッ

マリーダ「ヒールの踵が頭に刺さった!?」
 




60: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:17:06.21 ID:92t8BNyTo


ハマーン「マシュマー、貴様何をやっている…?」ギリギリ

マシュマ「な、なんという………甘美な衝撃………!」ガクガク ニヘラ

マリーダ「うひっ」ゾゾゾッ

ミネバ 「あらあら」

ハマーン「尾行はどうなっている? さあ、報告せよ!」グギギギ

マシュマ「ご、ご心配には及びません…イリアが指揮を執っております故…」ブルブル

ハマーン「貴様の副官などにしておくのは惜しいな。マシュマー、貴様を降格にしてイリア・パゾムを警護班長に引き立てても良いのだぞ?」

マシュマ「そ、それは…!」

ハマーン「それがイヤなら働くことだな」

マシュマ「ははっ! 各員、警戒を厳にせよ!」ババッ ダダダ

ハマーン「ああいう馬鹿な男もいる・・・世の中捨てたものではないな」

マリーダ「哀れな…」ホロリ

ミネバ 「ふふふ。 そう言えばハマーン、私、お腹が空きました」

ハマーン「はい、ミネバ様。あちらの売店に軽食があると報告受けています」

ミネバ 「そうですか! では、私が買って参りますね!」テテテッ

マリーダ「ひ、姫様! ハマーンさん、良いのですか?」

ハマーン「案ずるな。あの売店は私が用意させたものだ」

マリーダ「!?」

ハマーン「行楽地のしかも野外販売なぞを利用してミネバ様に万が一があっては困るからな」

マリーダ「し、しかし、お一人では…」

ハマーン「それも心配はいらん。この場の半数は我が手の者だ」

マリーダ「…ま、まさか!?」ビクビクッ

ハマーン「慌てるな。キャラは宿の警備に残してきている」

マリーダ「そ、そうですか…」ホッ
 




61: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:17:49.41 ID:92t8BNyTo


ハマーン「ときに、マリーダ・クルス」

マリーダ「は、はい、なんでしょう、ハマーンさん」

ハマーン「貴女はミネバ様のことをどう思っておるのだ?」

マリーダ「どういうことです?」

ハマーン「ガランシエール学園で同じ寮に住んでいたそうではないか」

マリーダ「はい。姫様とはルームメイトとしてお世話になりました」

ハマーン「では、ミネバ様について思うところがあるだろう。何でも良い、忌憚なく申せ」

マリーダ「はぁ……そうですね…姫様は、実に聡明な方です。また、御血筋と教育の賜物なのでしょう、強いリーダーシップもお持ちでいます。

     奔放ですがお優しいところもあって、ガランシェール学園では生徒達の憧れの的でした。

     私もルームメイトとして、生徒会長でいらっしゃった姫様の補佐として過ごせたことを嬉しく思っています」

ハマーン「それだけか?」

マリーダ「そうですね…あとは、少々年齢にそぐわない幼さ…純粋さを内に秘められていると思います。

     そこが姫様の危うさでもあり、魅力でもあると感じます」

ハマーン「なるほど、確かにミネバ様のことを良く見ておいでなのだな」

マリーダ「いえ、そんな程では…しかし、なぜそのようなことを?」

ハマーン「マリーダ・クルス、私の部下になれ。ミネバ様も喜ぶ」

マリーダ「えっ!?」

ハマーン「元を辿れば従姉妹同志、貴女も公室の御血筋だ。公室に入り、警護兼教育係としてミネバ様のお側にいてはくれぬか? 」

マリーダ「…それは…」

ハマーン「もちろん、あの姉達も一緒で構わん」

マリーダ「………それは、ありがたいお話です………ですが、即答はしかねます」

ハマーン「ふむ、分かっている」

マリーダ「すみません…私は、姉さん達と長い間離れ離れに暮らしていて…今は貧しいながらも毎日一緒に居られることが幸せです」

ハマーン「………野暮なことを言ったな。許せ」

マリーダ「いえ。気に掛けて頂いてありがとうございます」

ミネバ 「お待たせしました!」

ハマーン「ミネバ様、お釣りはお忘れではありませんか?」

ミネバ 「きちんと頂きました。はい、これが二人の分です、召し上がってください」
 




62: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:18:23.72 ID:92t8BNyTo


マリーダ「ありがとうございます、姫様。ホットドッグですね」

ハマーン「ミネバ様はお優しい………父君にそっくりです」

ミネバ 「ふふふ、さぁ頂きましょう」

マリーダ「はい」

ハマーン「ありがたく頂戴いたします…」

ミネバ 「もぐもぐ…」

マリーダ「むぐむぐ…」

ハマーン「はぐはぐ…」

ミネバ 「(バナージと食べたお店の方が美味しかったですね…)」

マリーダ「(美味しい…)」

ハマーン「(ミネバ様、ご立派になられて…)」


 ウオォォォォ♪サーレントヴォーイス♪サーレントヴォーイス♪


ハマーン「ん?着信…?(スチャッ)ハマーン・カーンである」

マリーダ「何か動きがあったのでしょうか?」

ミネバ 「警護の者からの報告かもしれませんね」

ハマーン「…ああ、そうだが…? 何?…なるほど、そうか…了解した」

ミネバ 「どうしたのです、ハマーン?」

ハマーン「プルツーから連絡です。どうやら緊急要件のようで、すぐに宿へ戻るように、と」


 




63: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:20:34.70 ID:92t8BNyTo


 * * *

 ジャブロー荘前 夕方


マリーダ「ふぅ、戻って来ましたね」

ハマーン「うむ。プルツー達の姿はないようだな」

ミネバ 「何があったのです、ハマーン?」

ハマーン「…緊急の用事とは聞いておりますが…」

マリーダ「一体何が…?」


マチルダ「お待ちください!それは許可できません!」

??? 「ふん、私の依頼人からの要請だ。邪魔をするな」

マチルダ「しかし…!」

??? 「何もそちらの施設に迷惑を掛けようと言うのではないのだ。黙っていたまえ」

マリーダ「何事でしょうか?」

ハマーン「何やら揉めているようだな」

ミネバ 「行ってみましょう」




64: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:21:23.48 ID:92t8BNyTo



ハマーン「なんの騒ぎだ?」

マリーダ「どうしたのです?」

マチルダ「あ、お客様!」

??? 「ん、そうか、なるほど。君達がそうであるようだな」

 スッ

ハマーン「名刺…?」

ミネバ 「シロッコ法律事務所所長、パプテマス・シロッコ弁護士…?」

マリーダ「まさか…!」

ハマーン「知り合いか、マリーダ・クルス?」

シロッコ「ほう、君がプルズ探偵事務所の所員だな…?」

マリーダ「一体何の用だ? 私達は賠償に応じた。もう何の遺恨もないはずだ!」

シロッコ「認識が甘いな」



プル  「あれ、三人とももう帰ってたんだ!」

プルツー「遅くなったね。済まないな」

マリーダ「姉さん達!」

プルツー「ちっ…もう来てたなんてね…!」

シロッコ「君が代表者のようだな。私はパプテマス・シロッコ。フル・フロンタル氏の代理人だ」

ミネバ 「フル・フロンタル…?」

シロッコ「プルズ探偵事務所の諸君、賠償金支払いの際の示談契約書の内容を記憶しているかな?」

プルツー「くっ…!」

プル  「えっ?なに?どういうこと…?」

シロッコ「ほほう、所員には知らせていなかったというのか。それで、良く代表が務まるものだな。これを見たまえ」ピラッ

--------------------------------------------------------

示談書

1.プルズ探偵事務所はフル・フロンタルに対し、工芸品弁償代として1500万連邦ドルを支払う

2.フル・フロンタルはプルズ探偵事務所による傷害、及び名誉毀損についての民事、刑事両面の訴訟及び慰謝料等の請求はこれを放棄する

3.プルズ探偵事務所所員は以後二年間、生命の危急の場合を除きフル・フロンタルへの半径50メートル以内への接近を禁ずる

4.第三項に反した場合、プルズ探偵事務所はフル・フロンタルに対し、都度、違約金100万連邦ドルを支払うこととする

--------------------------------------------------------




65: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:22:32.59 ID:92t8BNyTo


プル  「そ、それは…!」

マリーダ「示談書…!?」

シロッコ「フル・フロンタル氏から諸君らの接近を認めた旨、連絡があり代理人として実況見分に出向いた」

マリーダ「100万連邦ドルなんてお金は家にはありませんよ、姉さん…!」

シロッコ「ここ数日の間、美術館に入り接近した事については不期遭遇であるとフル・フロンタル氏も容認している。

     ただし!互いに存在を認識したうえでの接近は示談契約第三項に違反し違約金発生の要件となる!」

マリーダ「まさか、それでは…!」

シロッコ「そのとおりだ。今後、フル・フロンタル氏の主催する陶磁器展が終了するまでのあいだ、美術館への接近を禁ずる!」

プル  「えぇぇ!?」

マリーダ「それでは捜査が…!姉さん、どうしましょう…!?」

プルツー「くっ…ここは引くしかないよ…契約は契約だ…」

シロッコ「ふふふ、はははは!物分りが良いようだな!フル・フロンタル氏のそばには私の部下を残して行く。

     隠れて美術館へ潜り込んでもすぐに露見すると思うのだな!」


 




66: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:23:27.66 ID:92t8BNyTo


 * * *

 夕刻 ジャブロー荘特別室

マリーダ「まずいことになりましたね、姉さん…」

プルツー「ああ。ここに来てシロッコ出てくるなんてね…」

ミネバ 「プルツー、いかがするつもりですか?」

プルツー「今考えてるよ」


 スィー トン


プルツー「…? あぁ、なんだあんたか」

仲居  「失礼いたします、お夕食の準備が整いました」

プル  「わ、わー!ご飯!」

仲居  「お話は女将のマチルダから伺いました。何かトラブルがあったようですね」

プルツー「ああ、そうなんだ。シロッコっていう、フル・フロンタルって陶芸家の弁護士が出てきてね」

マリーダ「プルツー姉さんが交渉したフル・フロンタル氏への接近禁止令を盾に、美術館への立ち入りを妨害されてしまったのです」

仲居  「まぁ…!」

プルツー「これじゃあ、あたし達が美術館でサイコキャッツを迎え打つのが難しくなる…」

ミネバ 「困りましたね…」

マリーダ「姉さん、こうなったら接近禁止令を無視してでも美術館に張り込みしましょう!」

プルツー「バカ言うんじゃない。そんなことすれば今回の儲けをまるまる違約金で絞り取られるよ」

マリーダ「くっ…では、姫様達にフル・フロンタル氏との交渉を頼んでは!?」

プルツー「無理だね。あいつはあたし達を目の敵にしてるんだ。交渉に応じるくらいなら示談条件に接近禁止令なんて付けやしないよ」

ハマーン「では、貴女達がロンド・ベルの捜査員と鍾乳洞の警備に着く他にあるまい?」

プルツー「ハマーンがザビ家の人間を美術館に出してくれるならね」

ハマーン「この際だ、最低限の協力はしてやろう。だが、ミネバ様の警護を優先させることに変わりはない」

仲居  「サイコキャッツを相手にそれだけでいささか不安ですね…」

プルツー「ああ、その通りだよ」

ミネバ 「困りましたね」
 




67: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:24:28.21 ID:92t8BNyTo


プル  「ねえ、じゃあいっそのことみんなで鍾乳洞の警備やればいいんじゃなぁい?」

プルツー「なんだって?」

プル  「だからさ、ロンド・ベルには美術館をバッチリ固めてもらって、わたし達はミネバ様の警備の人の力を借りて鍾乳洞を警備するんだよ。

     あそこなら狭いし包囲しやすいから、ミネバ様の警備を固めても残った人達で取り囲めたりできるじゃなぁい?」

ハマーン「ふむ、なるほど…それであれば問題はなさそうだな」

プルツー「しかし、ロンド・ベルだけに美術館を任せるのも不安だな…」

マリーダ「しかし、姉さん。ロンド・ベルはあれでも連邦保安官ですよ?」

プルツー「その連邦保安官がこれまでサイコキャッツを逃し続けているからうち捜査協力が来たんだろう?」

マリーダ「た、確かに…」

ハマーン「しかし他に手もあるまい?」

プルツー「…くっ………」

プル  「でもほら、サイコキャッツは鍾乳洞から逃げる可能性が高そうだし、万が一にロンド・ベルがサイコキャッツを取り逃しても

     わたし達が待ち構えてるんだからきっと大丈夫だよ!」

プルツー「下策だけど…そうだね…鍾乳洞でやつらを抑えるしかあたし達には残された方法がない、か」

ミネバ 「そうですね…ハマーン。私が許可します、当日は鍾乳洞を貸し切り封鎖いたしましょう」

ハマーン「御意に!(スチャッ)マシュマー!鍾乳洞を貸し切り封鎖せよ!」

仲居  「ふふふ、どうやらお話しはまとまったようですね。ちょうどお夕食の準備も整いましたよ」

プル  「わぁっ! ごっはん〜♪ごはん〜♪」

プルツー「今日のところはゆっくりしよう。明日が犯行予告日だ。朝から忙しくなりそうだからね」

マリーダ「そうですね、姉さん」

ミネバ 「ふふふ、ではいただきましょう!」

ハマーン「ミネバ様お待ちください、まずはこのハマーンめがお毒見を…!」

仲居  「明日は頑張ってくださいね! 『怪しいやつ、動くな、バーン!』なんて、かっこいい活躍を期待していますから!」


 




68: ◆EhtsT9zeko 2015/12/24(木) 03:27:39.20 ID:92t8BNyTo


 【ナレーション】

突如ジャブローに現れたシロッコによって、美術館への接近禁止を言い渡された三姉妹。

そんな中、ついにサイコキャッツの犯行予告日当日を迎える。

三姉妹とミネバ一行は、無事に木星の涙を守ることができるのか…!?


次回、姉妹探偵プルズ

第四話
「小さな防衛線?」

君は、刻の涙を見る…!
 




72: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:14:19.03 ID:GikeW5MDo


クリスマス終わっちゃったんでちょい、モチベーション下がりつつですが…投下していきまっす!
 




73: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:14:52.84 ID:GikeW5MDo


 【ナレーション】

ロンド・ベルからの依頼で怪盗サイコキャッツ捕縛に乗り出した三姉妹とサビ家一行は

フル・フロンタルの顧問弁護士、シロッコによって美術館から遠ざけられてしまった。

戸惑いと決心がせめぎ合う中、ついにサイコキャッツの犯行予告日当日を迎える。

しかしただ一人、プルツーだけはひそかに笑みを浮かべているのであった。

第四話
「小さな防衛線?」
 




74: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:15:22.46 ID:GikeW5MDo


 0096年12月20日21時45分
  ジャブロー荘特別室


プル  「んー…もう食べられないよぅ…ムニュムニャ」

マリーダ「おっぱいお化け…く、来るなぁっ…ウーン」

プルツー「次で最後か」

ミネバ 「はい。最後の方は…サイド6は3バンチの産まれ。工業専門学校へ進学の際には1バンチの寮で生活。

     卒業後はMIP社で精密機器輸送時の機械整備に従事。

     0090年にビスト財団からの委託で美術品数点の輸送を担当し、

     その折にヘッドハンティング受けて以後はビスト運輸で主に美術品輸送と保護のための機器開発をされている、とのことです」

プルツー「ガエル・チャンから聞き取った内容とほぼ同じだ。問題ないね」

ミネバ 「ふぅ、そうですか…サイコキャッツが見つかるものと思いましたが…」

プルツー「いや、これでも大きな収穫だよ。少なくともビスト運輸は容疑者から外れたんだからね」

ミネバ 「そうですね…ですが、他にそれらしい人物に心当りはあるのですか?」

プルツー「あのニナって女と他二人の報告待ちだね。それがシロなら、ロンド・ベルの捜査員を疑っておいた方が良いかもしれない」

ミネバ 「サイコキャッツは本当に周囲にいるのでしょうか?」

プルツー「カミーユにも聞いたけど、サイコキャッツは盗むと予告したものはどんな物でも盗んできたようだ。

     中には今回以上の警備を付けているようなところからでも煙の様に目標を持ち出したこともあると言っている。

     そんなことするには、必ず綿密な内偵をしているはずだ」

ミネバ 「確かにそうですね…私の警護の者にも、厳重に警戒するよう伝えます。

     あの者達が偽物に変われば決めた私やハマーンが気付かないはずはありませんが…

     捜査情報聞き出せるような者になりすまして接近してくるようなことも考えられます」

プルツー「それこそあのニナって女記者のようなやつだね。ロンド・ベルの方にももう一度警告をしておくか…

     ハニートラップなんかに引っかかるんじゃないぞ、ってね」
 




75: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:16:08.10 ID:GikeW5MDo


ミネバ 「それにしても、今夜なのですね…」

プルツー「ああ。午前二時が犯行予告時間だ」


 スィー トン


ハマーン「ミネバ様、ただいま戻りました」

ミネバ 「おかえりなさい、ハマーン」

プルツー「首尾はどうだったんだ、ハマーン?」

ハマーン「うむ。アナベル・ガトー、コウ・ウラキ、ニナ・パープルトン、あの三名は本物で間違いなさそうだ」

プルツー「そうか………」

ミネバ 「確かなのですね?」

ハマーン「はい。イリア・パゾムからの報告を受け、昨晩ボールペンのモニターと称して指紋を採取し本人であることを確認しました」

ミネバ 「そうですか………やはり、鍾乳洞を見張るより他に方法はなさそうですね………」

プルツー「ああ、恐らくね………」

ハマーン「犯行前に捕らえることができれば御の字ではあるのだがな………」

プルツー「………犯行予告までにはまだ時間があるね」

ミネバ 「えっ? ええ、そうですけれど………」

プルツー「今夜は寝ずの番にんるだろうからな。

     眠気覚ましに風呂にでも入りに行かないか?」

ミネバ 「リフレッシュも必要ですね、ご一緒します」

ハマーン「うむ、ではこのハマーンめもお供致します」

プルツー「よし、じゃぁそうしよう。おい、プル。あたし達は風呂に行くからな」

プル  「うぅん…はぁい………ムニャムニャ」ムクッ

プルツー「しっかり頼むぞ」

プル  「ふぁぁ…はぁい」ゴシゴシ
 




76: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:16:34.43 ID:GikeW5MDo


* * *


仲居  「こんばんは」

プル  「ウトウト…」

マリーダ「ウーーン…」

仲居  「お客様、失礼いたしますね」

プル  「んぇ…?ハッ! 大丈夫、わたし寝てないよ!」

仲居  「お疲れ様です。お夜食の方をお持ちいたしました」

プル  「んあ、なんだぁ仲居さんか。ありがとう…」ゴシゴシ

仲居  「いよいよ今夜ですね」

プル  「そうなんだよね…ふわぁぁ…眠い…」

仲居  「ふふふ、コーヒーでもお持ちしましょうか?」

プル  「あぁ、ううん。大丈夫、自分でやるよ」

マリーダ「ウーン、おっぱいお化けが…姉さんたち、逃げて…ウーン…」

プル  「マリーダってばここに来てからずっと変な電波受信しっぱなし…お化けでもいるのかな?」

仲居  「さぁ…この特別室に出る、という話は聞いたことはございませんが…」

プル  「ほ、他のところには出るの…?」

仲居  「そんな噂もちらほら」ニヤニヤ

プル  「もう! そう言う話苦手なんだからやめてよ!」

仲居  「それは失礼いたしました」
 




77: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:17:25.33 ID:GikeW5MDo


マリーダ「うぅん…あ、姉さん、おはようございます」ムクっ

プル  「おはよう、マリーダ。まだ夜だけどね。夜食持ってきてくれたよ」

マリーダ「えっ…? あ、ありがとうございます」

仲居  「いいえ。精のつくものを使わせましたから、たくさん召し上がってくださいね」

プル  「ここのお料理おいしいから楽しみぃ♪」

仲居  「ありがとうございます。ところで皆さんは今夜はどうされるおつもりなんですか?」テキパキ

プル  「うん、予告時間になる前に鍾乳洞に向かう予定だよ」

仲居  「そうですか…うまく行くことをお祈り申し上げておりますよ」

プル  「うん、ありがとう」

マリーダ「…あれ、そういえばプルツー姉さんたちがいませんね…」

仲居  「先ほどお風呂に行かれた様子ですよ?」

マリーダ「そうですか…プル姉さん、あとで一緒に行きませんか?」

プル  「うーん、わたしはいいや。マリーダひとりで行ってきなよ?」

マリーダ「なっ…ど、どうしてですか!?」

プル  「えっ、理由が必要?」

マリーダ「も、もしかして姉さん、まだ私がプルツー姉さんと黙ってソフトクリーム食べたことを怒って…?」

プル  「え? ううん、そんなの関係ないけど…」

マリーダ「きっとそうなんだ…私が、私が裏切ってしまったから…」

プル  「マ、マリーダ…?お、落ち着いて…?」

マリーダ「私が、ガンダム…私が、敵………!? ……くふっ(ガクッ)」

プル  「マリーダ!? 二度寝!?」

仲居  「ふふふ、おかしなお客様ですね」


 




78: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:18:33.18 ID:GikeW5MDo


 同刻 ジャブロー近代美術館


捜査員A「アムロ捜査官。今朝の巡回報告です」

アムロ 「うん、ご苦労。なにか問題は?」

捜査員A「いえ、特段気になるようなことは」

アムロ 「そうか」

捜査員A「ただ…」

アムロ 「ん?」

捜査員A「いえ…あの、あれはよろしいのですか…?」チラッ
 

 カミーユ「ロザミィ、あんまりうろうろするんじゃない」

 ロザミィ「おにいちゃん! きっとサイコキャッツは今度は床下から入ってくると思う!」

 カミーユ「そんなことを言っていて当たった試しがないだろう、ロザミィ」

 ロザミィ「おにいちゃんひどい!」

 カミーユ「操作は俺達がやるから、ロザミィはホテルに戻っているんだ」

 ロザミィ「だってぇ。私もおにいちゃんの役に立ちたいんだもん!」


アムロ 「………ああ、いつものことだ」

捜査員A「そ、そうですか…」

アムロ 「それよりも、配置の方はどうなっている?」

捜査員A「はっ。第一班は正面入り口に配置。第二班は展示室正面を固めています。

     第三班は階段とエレベータを押さえ、第四班と五班が建物全体に散開させてあります」

アムロ 「この展示室は俺の班で絶えず警備する…穴はないな?」

捜査員A「はっ。万全かと思われますが…」

アムロ 「情報のあった例の鍾乳洞は彼女たちに任せてあるが、なるべくならここに潜入してくる段階で確保したいな」

捜査員A「そうですね…」


 ロザミィ「おにいちゃん、きっと窓を破って入ってくるんじゃないかな…!」

 カミーユ「屋上は四班が見張っているからあり得ないよ」

 ロザミィ「捜査員さん達は今日はすごく多いよね」

 カミーユ「ああ。今回は一班から五班まで出ているからな」

 ロザミィ「そうなんだ!」
 
 カミーユ「それに、アムロさんの特捜隊も力を貸してくれている。今回はいつも通りにはやらせないさ」

 ロザミィ「そっかぁ! おにいちゃんもがんばってね!」


アムロ 「…あんなことをしているから毎回サイコキャッツを取り逃がすんじゃないのか? 人は同じ過ちを繰り返す…まったく…」
 




79: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:19:13.46 ID:GikeW5MDo


 学芸員 「警備、お疲れ様です」

アムロ 「ああ、いえ。こちらこそ、ご協力に感謝します」

学芸員 「とんでもない。すみません、今、館長から至急お伝えして来るように言われたんですけど…」

アムロ 「何かあったのか?」

学芸員 「はい。実は、職員専用出入り口のカードキーが一枚、紛失したようなんです」

アムロ 「なんだって?」

学芸員 「念のために予備のカードを確認していたら、枚数が合わないことに気が付いて…」

アムロ 「職員用の出入り口、か…場所は?」

学芸員 「はい、裏手にあるんですが…」

アムロ 「………サイコキャッツの仕業か?」

学芸員 「職員専用口は小さいですし、そこから出入りをするのならすぐに分かるとおもうのですが、念のため伝えてこい、と」

アムロ 「感謝します。相手はあのサイコキャッツだ。そんな小さな隙でも付け込んでくるかもしれない」

捜査員A「どうします、アムロ捜査官?」

アムロ 「四班にその場所を確保しておくように指示してくれ。俺もあとで行って確認する」

捜査員A「はっ」ダダダッ

アムロ 「他に何か気になることや、出入りに関わることはありませんか?」

学芸員 「そうですね…正面と裏口意外ですと、美術品搬入口もあります」

アムロ 「そこは五班が抑えているから問題はないな」

学芸員 「それなら、ほかには大丈夫だと思います」

アムロ 「了解した。サイコキャッツの予告時間までもう猶予がない。何かあったらすぐに知らせてくれ」

学芸員 「分かりました。皆さんも見張っていてくださってますからきっと大丈夫ですね」

アムロ 「そうだといいが…正直言って不安だよ」

学芸員 「ふふふ、それくらいがちょうどいいと思いますよ? 人間は感情の動物ですからね」


 * * *
 




80: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:20:53.30 ID:GikeW5MDo


 0096年12月21日 01時20分

ジャブロー荘 特別室

マリーダ「姉さん、姉さん」

プルツー「なんだよマリーダ?」カシャカシャ

マリーダ「そ、そろそろ鍾乳洞に向かった方がいいんじゃないでしょうか?」

プルツー「ああ、そうだね。準備はすんでるのか?」ピコピコ テレレーン♪

マリーダ「はい、済んでます」

プルツー「よし、偉いぞマリーダ」ナデナデ

マリーダ「………///」テレッ

  プル  「ん! このお菓子美味しい!///」サクサク

  ミネバ 「ふふふ、本当ですね。ハマーンの目は確かでしたね」サクサク
 
  ハマーン「恐れ多いお言葉。次はこちらをお試しください」

プルツー「………」カシャカシャ ピコピコ

マリーダ「………」

プルツー「あぁ、やられた…リトライだね」ボーン テレレレー♪

マリーダ「………あ、あの、姉さん…?」

プルツー「ん、なんだよマリーダ?」ピコピコ カシャカシャ

マリーダ「いやその、だから…そろそろ鍾乳洞に向かった方が、って…」

プルツー「ああ、そうだね。準備はすんでるのか?」ピコピコ テレレーン♪

マリーダ「はい、だから済んだと言っています」

プルツー「よし、偉いぞマリーダ」ナデナデ

マリーダ「あの………///」テレッ

  プル  「んん! こっちのはしょっぱい!///」サクサク
 
  ミネバ 「でも、これはこれでとても美味しいです」サクサク

  ハマーン「この味覚の対比が評判のようです」

  プル  「そっか! しょっぱい方を食べると甘い方が食べたくなるんだ!」

  ミネバ 「あっさりしたこちらを頂くと、甘い方も食べたくなりますね!」

  ハマーン「はい、私も試しましたが、病みつきになるやも知れません」

マリーダ「姉さん…姉さん…」ユサユサ
 




81: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:21:23.68 ID:GikeW5MDo


プルツー「ん、ちょっと待ちなよマリーダ。こいつが強いんだ、集中させろ」ピコピコ カシャカシャ

マリーダ「ですが、姉さん…サイコキャッツを捕まえないと…」ユサユサ

プルツー「分かってるよ。だから準備を済ませろって言ってるだろ?」カシャカシャ シャキーン♪

マリーダ「あの、だからもう済んでいると十回は言っています」

プルツー「よし、偉いぞマリーダ」ナデナデ

マリーダ「………/// ………( ゚д゚)ハッ! だから姉さん! そうじゃなくて…!」

プルツー「よし、クリアだ!」テッテテー♪

マリーダ「姉さん!!!」バンッ

プルツー「あぁもう、うるさいやつだな」プチッ

マリーダ「急いで鍾乳洞に向かいましょう! もう時間がありません!」バンバンッ

プルツー「分かった分かった、行くよ行く…ん、これホントに旨いね」サクサク

プル  「でしょ!?」サクサク

マリーダ「姉さん!!!!」ドガンッ

プルツー「あぁ、もう! うるさいやつ………少し落ち着け!」

マリーダ「落ち着いてる場合ではありません!」バンバンッ

プルツー「まったく、仕方ない………ハマーン、様子は?」サクサク

ハマーン「何も情報がないところを見ると、大丈夫のようだな」

プル  「あと確かめてないのはマリーダだけじゃなぁい?」サクサク

ハマーン「そうなるな。マリーダ・クルス、そばに寄れ」グイッ

マリーダ「ハマーンさん!?」ビクッ

ハマーン「静かにしていろ、すぐに済む」サワサワッ

マリーダ「ひぁっ…い、いきなり何を…!?」ビクビクッ
 




82: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:22:50.40 ID:GikeW5MDo


ハマーン「ふむ、なかなかしっかりした体付きをしているな」サワサワッ グニグニ

マリーダ「ハハマーンさん…やめ…ひっ…///」ビクビクビクッ

ハマーン「動くな。時間を取らせないでもらおうか」ムニムニ サワサワッ

マリーダ「…んんっ…やめっ…ひっ…ハ、ハマーンさん…///」ビクビクビクビクッ

  プル  「うぅん、客観的に見るとこれってちょっとアレだね…」

  プルツー「そうだろ?」

  ミネバ 「何でしょう…ドキドキします…///」

マリーダ「はな…離して、くださ…ひぃっ////」ビクビクッ

ハマーン「………ふむ、こちらも問題なしだな」パッ

マリーダ「あふぅ……///」ガクッ

プルツー「そうか、やっぱり足が付くようなことはされてないみたいだね」

マリーダ「………い、いったい、どういうこと…なんですか…(ハァハァ)///」

プルツー「盗聴器でもあるんじゃないかって思ってね」

マリーダ「…と、盗聴器…(ハァハァ)///?」

ハマーン「そうだ。この部屋と周囲も有線無線問わずチェックした」

プルツー「無線で反応なしなら大丈夫なんだろうけど念のためな。他に調べてないのはマリーダの服くらいだったし」

マリーダ「…し、しかし、それは何に対する警戒なんですか…?」

プルツー「ああ、それはーーー


 ウオォォォォ!サーレントヴォーイス♪サーレントヴォーイス♪


ハマーン「(スチャッ)私だ。……そうか、良くやった。各員を出動させろ」

プルツー「動いたのか?」

ハマーン「どうやら、プルの勘は当たっていたらしい」

プルツー「よし…マリーダ、話は歩きながらだ。準備は良いな!?」

マリーダ「は、はい、姉さん! 懐中電灯に防寒具にロープに非常食に特殊警棒も用意しました!」

プルツー「懐中電灯だけでいい」

マリーダ「えっ…」ガーン
 
プルツー「遅れるな、行くよ!」バッ

ミネバ 「はい!」ピョンッ

ハマーン「ミネバ様、このハマーンめから離れてはなりませんぞ」スッ

マリーダ「(せっかく準備したのに…)」ショボーン

プル  「ほら、マリーダ行くよ。これ食べて元気だしなよ」つ〔お菓子〕

マリーダ「はい…姉さん…」サクサク トボトボ
 

 




83: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:23:24.37 ID:GikeW5MDo



 0096年12月21日 02時00分

 ジャブロー現代美術館


アムロ 「各員、警備状況を報告してくれ」

捜査員A「第一班異常ありません」

捜査員B「第二班から三班まで、問題なしです!」

アムロ 「カミーユ、そちらはどうだ?」

カミーユ「言われなくっても、こっちも万全ですよ」

アムロ 「よし………今回こそ、ロンド・ベルの威信に賭けて、やつらを検挙するんだ!」

捜査員達「「「はっ!」」」

アムロ 「そう言えば、プルツー達からの報告は入っているか?」

捜査員C「はっ! すでに森林公園は鍾乳洞入り口及び内部に配備完了との知らせが届いております!」

アムロ 「抜かりはないな………」

カミーユ「油断は禁物です。やつらは神出鬼没ですよ。まるで俺達の配置をすべてわかっていて、その隙を突いて来るみたいに………」

アムロ 「ああ、分かっている。それを見越して、今回はプル達に依頼したんだ」

カミーユ「なるべく手間は掛けたくありませんが…もしものときは向こうで抑えてもらう他にないですからね」

アムロ 「そうだな………ん、そう言えば、四班からの報告がないな?」

カミーユ「確かに…(スチャッ)四班、警備状況はどうなってるんです?」

 無線「………」

アムロ 「返事がない…!?」

カミーユ「まさかもう入られてるなんてことが………んっ!?」


 ヒィィン バツン!


捜査員A「て、停電だ!」

アムロ 「落ち着け、目標の周囲を固めるんだ!」

カミーユ「サイコキャッツ…どこから来る………!?」


 「はははははははは!」


アムロ 「!?」

カミーユ「!?」

捜査員B「て、天井だ!」

捜査員C「ライトを! 梁の上を照らせ!」


 パッ


捜査員A「あ、あれは!」

カミーユ「くっ、あんなに堂々と…!」

アムロ 「出たなサイコキャッツ!」
 




84: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:24:12.39 ID:GikeW5MDo



  キャッツ1号「美術品、宝石、現金、工業品」バンッ

  キャッツ2号「お宝のある場所へならどこへでも」ババンッ

  キャッツ3号「現れ華麗に盗み出す」バババンッ

  キャッツ「「「怪盗サイコキャッツ、ただいま参じょ

ハマーン「確保ぉぉぉぉ!!!!」

 バシュッバシュッバシュッバシュッバシュッ

キャッツ「「「!?」」」

アムロ 「!?」

カミーユ「!?」

キャッツ1号「…これは…!」

キャッツ2号「ネ、ネット弾!?」

キャッツ3号「あいつら、鍾乳洞に行ったはずじゃ…!」

 プルツー「ふふふ、甘かったね、サイコキャッツ!」カツカツ

アムロ 「プルツー! どうしてここに!?」

プルツー「敵を欺くには味方から、っていうだろう? 悪いけど、情報を操作させてもらったのさ」

プル  「わたした達や捜査員を鍾乳洞に配置させて美術館の警備に隙を作るつもりだったんだよ」

アムロ 「プル…? どういうことなんだ?」

キャッツ2号「くっ…なぜここに…!?」

ミネバ 「こちらも監視を付けさせていただいたのですよ」

キャッツ2号「監視…!?」

マリーダ「プル姉さんの話を聞いて、確かに、と思いましたが…まさか本当に…」

プルツー「あたし達のそばで情報収集をしているつもりだったんだろうけど、それを利用させてもらったよ」

キャッツ2号「…! まさか!」

マリーダ「旅館の仲居さん…! 貴様がサイコキャッツだったのはお見通しだ!」ビシッ

プル  「(ついさっき聞いただけなのに…)」

プルツー「(まぁ、そういうな、プル)とにかく…」

プルツー「これで年貢の納め時だよ!」


  




85: ◆EhtsT9zeko 2015/12/30(水) 03:25:00.51 ID:GikeW5MDo


 【ナレーション】

なんと、サイコキャッツの一人の正体を見破っていた三姉妹とサビ家一行。

サイコキャッツの油断を誘い、一気呵成に捕縛することに成功した。

そしてついに三姉妹達の推理が明かされる…!


次回、三姉妹探偵プルズ

最終回
「星空を駆ける」

君は、刻の涙を見る…!
 




87: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:20:43.95 ID:UnP5rRweo


 【ナレーション】

サイコキャッツの一人の正体を見破っていた三姉妹とサビ家一行はついに怪盗を確保する。

アムロ達ロンド・ベルの捜査員すら驚く三姉妹達の口から辿り着いた事実が明かされた。

しかし、そんな中、一同は肝心なことを一つ失念しているのであった。


最終回

「星空を駆ける」

 




88: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:22:23.64 ID:UnP5rRweo


 ジャブロー近代美術館 宝石展展示室


キャッツ1号「なぜあなた達がここに…!?」

キャッツ3号「鍾乳洞に行ってるはずじゃなかったのぉ!?」

プルツー「ふふふ、そう思ってくれているだろうと思ったよ」

キャッツ2号「くっ…いったい、どうして…?」

アムロ 「プルツー、何がどうなっているんだ?」

プルツー「なに、あたし達はやり返してやっただけだよ」

キャッツ2号「気づいていたんだね…?」

プル  「なんかねぇ、親切にもほどがある、っていうか、なんていうか」

 * * * 
 




89: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:23:20.71 ID:UnP5rRweo


 前日:ジャブロー森林公園 観覧車 ゴンドラ内


プル  「え、だから盗聴器」

プルツー「と、盗聴器…?」
 
プル  「うん。あたしが感じたのが正しかったら、もしかしたら付いてるかも知れないなと思って」

プルツー「と、盗聴器が付いてないか確かめるために体を弄ったのかよ?!」

プル  「うん、そうだよ?」

プルツー「だ、だったら最初からそう言えばいいだろ!」

プル  「盗聴器付いてるかもしれないのに盗聴器探してるなんて言ったら相手にバレちゃうでしょ?!」

プルツー「確かにそうだけど…」

プル  「でも、付いてないみたいだし、大丈夫そう。あれ、そう言えば、プルツーなんでそんなに顔赤いの? あ、この中暑い?」

プルツー「………なんでもないよ」

プル  「そぉお?」

プルツー「なんでもないって言ってるだろ! それで、何でそんなものが付いてるだなんて思ったんだよ?」

プル  「あぁ、うん。それだけどね、実はあの仲居さんがそうなんじゃないかって思って」

プルツー「なんだって…?」

プル  「だって、なんだかおかしくない? 鍾乳洞が怪しい、って話をした途端に、あんな誰も知らないようなネット記事を準備したり、

     犯行予告の写真を持ってたりしてさ」

プルツー「…言われてみれば確かに都合が良すぎるような気もするね…」

プル  「ね、プルツー。きっとサイコキャッツとってはわたし達やミネバ様達が手を貸すって言う話はたぶん予想外だったんだと思うんだ」

プルツー「まぁ、ロンド・ベルとしても民間の調査会社に支援を頼んだなんて公表は簡単には出来ないだろうからね」

プル  「だからね、あんな不自然なことをしてわたし達を美術館から遠ざけようとしているんじゃないかな、って」

プルツー「なるほど…その可能性はおおいにあるね…」
 




90: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:23:49.78 ID:UnP5rRweo


プル  「でしょ? 思い返せば鍾乳洞の話を振ってきたのも仲居さんだし、そのあとの情報のこともあるし、かなり怪しいって思うんだ」

プルツー「そばに着いてあたし達動きを監視しながら、ダミーの情報で誘導しようとしている…ってことだね」

プル  「うん、そんな感じ」

プルツー「そうか…あり得る話だが、証拠がないな…」

プル  「きっと尻尾は出さないんじゃないかなぁ」

プルツー「…だが、もしこっちの情報を探って行動を誘導させようっていうんなら…」

プル  「何かできそう?」

プルツー「こっちが鍾乳洞に行くって思わせられれば、油断を誘えるだろうね」

プル  「こっちが相手を誘導するんだ!」

プルツー「その通りだよ…鍾乳洞に張り込むって情報だけじゃなくって、あたし達が美術館に入れない理由でもあればもっと良いだろうね…」

プル  「そんな理由ってあるの?」

プルツー「なければ作れば良いんだよ。プル、すぐにハマーンに連絡を取って宿に戻らせろ。あの仲居を監視させるよう頼んでくれ」

プル  「いいけど、プルツーは?」

プルツー「あたしは、理由を作るよ。(スチャッ)少し金は掛かりそうだけど…捜索に係る雑費ってことで、後でまとめてロンド・ベルに請求すればいい」

プル  「それで、その理由って…?」

プルツー「後で話す、今は電話だ。……あぁ、もしもし、あたしはプルツーだ。

     シロッコ弁護士はいるか? 少々頼みたいことがあるんだ。ぜひ相談させてほしい…なに、今ジャブローに…?」

プル  「あ、もしもし、ハマーン様ぁ? あのね、プルツーが急ぎ話があるからすぐ宿戻って欲しいんだって」


 * * *
 




91: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:24:34.62 ID:UnP5rRweo



 前日;ジャブロー荘前


シロッコ「ふふふ、はははは!物分りが良いようだな!フル・フロンタル氏のそばには私の部下を残して行く。

     隠れて美術館へ潜り込んでもすぐに露見すると思うのだな!」ハハハハッ スタスタスタ

マリーダ「くっ、シロッコめ…私達の弱みに漬け込むような真似を…!」

プルツー「これはまずいことになったね…」

ミネバ 「あの方、お知り合いなんですか…?」

マリーダ「姫様、その…前回、姫様を探すときにいろいろありまして…」

プルツー「マリーダ、あたし達はアムロと連絡を取って事情を説明してくる」

マリーダ「…分かりました」

ハマーン「ミネバ様、私もプルツー達に帯同してロンド・ベルと話を付けに行って参ります。お側にはキャラをーー

マリーダ「ビクビクッ!?」

ハマーン「………マシュマーとイリアを直衛に着けます」

マリーダ「ε-(´∀`;)ホッ」

ミネバ 「………? 分かりました。マリーダ、戻りましょう」

マリーダ「は、はい、姫様」

ハマーン「マシュマー、イリア。ミネバ様を頼むぞ」

マシュマーイリア「はっ!」


 マリミネ(スタスタ ガラガラ ピシャン)


ハマーン「それで…どういうことだ?」

プルツー「ああ、ここでは話しづらい…ひとまず、これを(スチャッ)」

ハマーン「ん…?」


 ケータイ[盗聴されている可能性がある]


ハマーン「………ふむ、なるほど…では、あそこの茶屋にでも入るか」

プル  「わぁ! チョコレートパフェ食べちゃお!」

プルツー「マリーダには内緒にしておきなよ」

プル  「黙ってソフトクリーム食べた仕返しだよ!」
 




92: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:25:23.15 ID:UnP5rRweo


 茶屋ジャブロー亭


ハマーン「いったいなんだと言うのだ?」

プル  「盗聴器、どうだった?」

ハマーン「私の身にはそれらしいものはないようだ」

プルツー「よし、客も少ないようだし、話そうか。おい、プル」

プル  「うん。ハマーン様、わたし、あの仲居さんがサイコキャッツじゃないかと思ってるんだ」

ハマーン「なに…? あの女が?」

プル  「うん、鍾乳洞の話を持って来たり、ほら、潜水艦の話もあの仲居さんがしてきたでし?」

プルツー「サイコキャッツの情報が欲しいあたし達としては思わず飛びついたけど…」

プル  「それがなんだか不自然だな、って思ったんだ」

ハマーン「ふむ…確かにそう言われるとな…しかし、確証はあるのか?」

プルツー「…正直に言えば、今はまだない」

ハマーン「これから調べるとでも言いだけだな?」

プルツー「あいつがこっちの罠に掛かってくれれば、ね」

ハマーン「罠だと?」

プルツー「そうだ…ああ、こっちだ」


 シロッコ「ふん、こんなところにいたか」


ハマーン「む、貴様はさっきの…」

シロッコ「まったく、この私にあんな猿芝居をさせるなど、不遜も甚だしい」

プルツー「払うものは払うと言ったろう?」

シロッコ「ふん、では出してもらおうか」
 




93: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:26:28.04 ID:UnP5rRweo


ハマーン「どういうことだプルツー?」

プルツー「つまりね、さっきの示談契約書は真っ赤な偽物だったのさ」

ハマーン「なに…?」

プルツー「宿の前であれだけの騒ぎになれば、あの仲居にも当然話が行くだろう。あたし達があの美術館には近づけない、って情報と一緒にね」

ハマーン「なるほど…さっきの接近禁止令と言うのが欺瞞なのだ?」

プルツー「その通りさ」

ハマーン「あの仲居がもしサイコキャッツなら、この機を逃さず、何か行動に出ると?」

プルツー「ああ。尻尾を出せば、それが証拠になってくれるさ」

ハマーン「ふん…気に入らんやり方だな。博打が過ぎる」

プルツー「ロンド・ベルが捕らえられないくらいだ。これくらいやらないとその尻尾も握れないよ」

プル  「だからね、ハマーン様に部下の誰かにあの仲居を調べて欲しいんだ」

ハマーン「結局、こちら頼みか」

プルツー「そう言うな。ザビ家公女が悪党を退治したとなれば、聞こえもいいだろう?」

ハマーン「ふむ………まぁ、良いだろう。口車に乗せられてやる」

プルツー「助かるよ」

シロッコ「なんの話だかは分からんが、早くしたまえ。私は忙しい身でな」

プルツー「ハマーン、実はあともう一つ頼みがある」

シロッコ「おい、聞いているのか」

ハマーン「これ以上まだ何か?」

プルツー「プル」

プル  「うん」

ハマーン「…?」


orz orzガババッ


プルズ「「シロッコに払う用の十万連邦ドル貸してください」」

ハマーン「………」

シロッコ「………なんだと言うのだ…?」

ハマーン「………まったく………あとで耳を揃えて返すことだな」

プルズ「「ありがとうございます!」」
 




94: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:27:08.67 ID:UnP5rRweo

 
 ジャブロー近代美術館


プルツー「と、言うわけで、あんたには尾行を着け、身辺調査までやらせてもらったのさ」

マリーダ「私はここに来る途中で聞きました!」エッヘン

プルツー「シロッコの件があってからはずいぶんと大胆に情報収集していたらしいじゃないか」

キャッツ2号「くっ、迂闊な………!」

アムロ 「とにかく、助かったよ。ネット弾なんて準備していたんだな」

ハマーン「ふん、ロンド・ベルはこの程度の装備も携行していないのか。情けない」

ミネバ 「私を守るためのものですが、今回は特別に使用させていただきました」

プルツー「それも込みでちょっと経費が掛かっちゃったけどね。あとで請求書を回させてもらうよ」

アムロ 「ああ、分かった。おい、すぐにミネバ殿下の警護官からやつらを引き取れ。逃がすんじゃないぞ」

捜査員A「はっ!」

キャッツ2号「ちぃっ!」モゾモゾ ポイッ

プルツー「!?」

ハマーン「まずい! 各員、姫様をお守りしろ!」ガバッ

アムロ 「…!?」

 カツン コロコロコロ.....カッ! グワン!

アムロ 「くっ…! スタングレネードか!?」フラフラ チカチカ

プルツー「くそっ…!」

カミーユ「ゲホゲホっ! 煙幕も…!」ゲホゲホ

プル  「うぅ、耳がキンキンするぅ…」キンキン

マリーダ「光…すべてを浄化する光…」チカチカ

ハマーン「ミネバ様、ご無事ですか!?」

ミネバ 「大事ありません、ハマーン! それよりもサイコキャッツを!」


 「あははははははは!」


プル  「!」

マリーダ「姉さん、あれを!」

プルツー「しまった…!」
 




95: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:27:54.40 ID:UnP5rRweo


キャッツ1号「油断したみたいですね!」

キャッツ2号「あの程度でわたくし達を捕らえたつもりだったの?」

キャッツ3号「この通り、木星の涙はいただいて行くよ!」

カミーユ「しまった…! 展示ケースの中身が…!」

アムロ 「なんて素早さだ!」

ハマーン「甘いな! この中を逃げられると思ってか!」

キャッツ2号「ふふふ、逃げ道は、何も地上だけじゃないのさ!」

 グォォォォン グォォォォン....

プル  「な、なに、この音…!?」

 ガシャーン!

プルツー「あれは…!」

マリーダ「ムラサメ技研の地空両用車サイコガンダム…!」

プル  「あれ、車なの!?」

キャッツ1号「あなた達が航空警戒をしていないのは調査済みよ!」

キャッツ2号「プルズ探偵社! なかなか面白い仕事だったよ! あっはっはっは!」

キャッツ3号「じゃぁねぇ、みなさぁん!」

アムロ 「至急、本部に航空支援要請を!」

捜査員A「りょ、了解です!」

プルツー「くそっ、まさか空へ逃げるなんて…!」

プル  「ずっるぅい!」

マリーダ「待て! 逃げるな!」

 グォォォォン グォォォォン....

ハマーン「ちっ…あれでは追えんな…」

ミネバ 「…残念ですね………」

プルツー「まったくだ………まぁ、いい」

プル  「プルツー?」

マリーダ「姉さん…!?」

プルツー「アムロ、追跡にあまりここの人手を出したらダメだよ」

アムロ 「それは分かっているさ…」

カミーユ「何を言ってるんですアムロさん!」
 




96: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:28:35.99 ID:UnP5rRweo


プルツー「落ち着きなよカミーユ。言っただろう、まずは味方から、だ(スチャッ)ああ、もう済んだ。持ってきてくれ」

カミーユ「………? なんだっていうんだ…?」

 ガチャッ

捜査員B「だ、誰だ!?」

プルツー「ああ、通してやってくれ。その人はビスト運輸の重役だ」

カミーユ「あなたは…」

ガエル 「はい、ガエル・チャンと申します。このたびは、会長であるカーディアスより木星の涙輸送に任ぜられておりました」

プルツー「ことこの騒ぎだ。輸送にも一工夫していたらしいんだが、そのときの素材を借りたのさ」

ガエル 「カーディアス様からの指示で、この方々に内密に協力をするよう言われまして…」

ミネバ 「ふふふ、ハマーン、バナージは頼りになるでしょう?」

ハマーン「ミネバ様のご慧眼に叶う者です。それも当然のこと」

カミーユ「なんだっていうんです…?」

プルツー「今、あいつらが持って行ったのは輸送時に狙われにくくするためのダミーさ」

カミーユ「!」

ガエル 「本物の木星の涙はこちらに御座います。昨晩、」ガチャッ

プルツー「まぁ、さすがにこればっかりは黙って作業するわけには行かなかったから、アムロに相談して立ち会ってもらったけどね」

アムロ 「こちらからの情報漏洩なんて考えたくはないが、念を入れてな」

プル  「ひゅぅっ、アムロさん、やっるぅ!」

プルツー「逮捕まで行ければ良かったけど、まぁ、モノは守れたし上等だろう」

アムロ 「その通りだな………情報漏洩のルートをある程度絞り込んでくれなかったら、ダミーへの置き換えも考えなかっただろう」

ハマーン「我々があいつらを追い立てたからこそ禄に確かめもせずに持ち去った、ということを忘れてもらっては困るぞ」

アムロ 「分かっているさハマーン。公室にも、あとで上から公式に感謝を伝えさせるよ」

ハマーン「ならば良い」

アムロ 「カミーユ、君は捜査班を連れてやつらを追うんだ。ここは俺と特捜班で抑える」

カミーユ「分かりました! カミーユ・ビダン、出ます!」バタバタッ
 




97: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:29:37.39 ID:UnP5rRweo


プル  「んじゃ、とりあえずわたし達はこれで一件落着だね!」

ミネバ 「そうですね…空に逃げられてはさすがに追跡する準備がありませんし…」

プルツー「あとは戻って露天風呂にでも浸かろう。仕事のあとの風呂は、気持ち良いだろうね」

プル  「賛成賛成! ハーゲンダッツもっていこうよ!」

ミネバ 「プル、それ、溶けてしまうんじゃないですか?」

ハマーン「あとでイリアに持ってこさせましょう」

プルツー「じゃぁ、あたし達はこれで引き上げるよ。報酬の件と経費の件は、そっちが落ち着いてから話をさせてもらうからね」

アムロ 「ああ、了解した」

プルツー「よし、それじゃぁ宿に戻るよ!」

マリーダ「待ってください、姉さん!」

プルツー「なんだよマリーダ?」

マリーダ「サイコキャッツを追いましょう!」

プル  「ええ、無理だよマリーダ。だって空飛んでっちゃったんだよ?」

マリーダ「地上からだって追えないことはありません!」

ミネバ 「そうですが…さすがに厳しいのではなくって?」

マリーダ「しかし、それでも行かなければ…!」

ハマーン「なんだというのだ、マリーダ・クルス。貴女がそこまでムキになることもあるまい?」

マリーダ「いいえ! サイコキャッツはかならず捕らえなくてはいけません…そして…!」

プルツー「あ」

プル  「ん?」

ミネバ 「そういえば…」

ハマーン「む」

マリーダ「サンタクロースの居場所を吐かせなければ、ムンゾの子ども達が…!」

一同  「(忘れてた…)」

プルツー「ハ、ハマーン!」ゴニョゴニョ

ハマーン「う、うむ!(スチャッ)おい、準備は良いか!? 急げ、今すぐだ!」ゴニョゴニョ

マリーダ「姉さん、早く! 早くサイコキャッツを追いましょう!」ギリギリ

プルツー「ま、まぁ、待てマリーダ。まずは、け、計画を立てるよ!」

プル  「そうだよ、闇雲に追いかけるんじゃなくって、どこに逃げるのかを予想すれば…」

ミネバ 「プ、プルの言う通りです。慌ててことを仕損じるということもありますし」

 シャンシャン シャンシャン
 




98: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:31:18.49 ID:UnP5rRweo


ハマーン「ん、何か聞こえないか…?」

プル  「え、あ、ホントだ…」

ミネバ 「(ホッ)」

プルツー「ハマーン、どうするつもりなんだ?」ゴニョゴニョ

ハマーン「大丈夫だ、体裁は整えてある」ゴニョゴニョ

ミネバ 「(コホン)あら、マリーダ! あれを見てください!」

マリーダ「姫様………? ん………あ、あ、あれは! あの真っ赤な服は…!」

  アムロ 「赤いな」

  プルツー「赤いね」

  ハマーン「無論だ」

 シャンシャン シャンシャン

マリーダ「サンタクロースさん!」キラキラ

シャア 「ふはははははは! ではない! ふぉーふぉーふぉー!

     プルズ探偵社の諸君! やつらを慌てさせてくれたおかげで、無事に抜け出すことができたのだよ!」

マリーダ「良かった…!サンタクロースさん、無事だったのですね…! はっ、ソリを赤い鼻のトナカイが運転していますよ、姉さん!」キラキラ

プル  「あぁ、うん、そだね…ルドルフ、って言ったっけ…」


  アカハナ「大佐! この角本当に必要なのでありますか!」

  シャア 「えぇい、外すな! 私もハマーンに叱られたくないのだ!」


プルツー「サンタのソリはガザCだったとはな…」

ハマーン「飾り立てればそれらしくも見えるだろう?」

ミネバ 「ふふふ、どうやらマリーダの方も一件落着のようですね」

アムロ 「シャア、貴様ほどの男が………」ナンカ哀レ....

プル  「っていうか、あのガザCでサイコキャッツ追えるんじゃなぁい?」

ハマーン「ロンド・ベルにそこまでしてやる義理はない」

マリーダ「サンタクロースさぁぁん(*≧∀≦)ノシ」手ブンブン

プルツー「まぁ、とにかく、だ。宿にもどってゆっくりしようじゃないか。さすがに眠い」フワァ


 * * *
 




99: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:32:05.51 ID:UnP5rRweo


 ムンゾージャブロー間シャトル内


マリーダ「スースー」

プル  「マリーダ、すごい勢いで寝てるね…」

ミネバ 「キャラを遠ざけましたからね」

プル  「そういうもの?」

ミネバ 「分かりませんが…」

ハマーン「それにしても、良かったのかプルツー」

プルツー「ああ、構うことないよ」

プル  「ん、プルツー、なんの話?」

プルツー「これだよ」ピラッ

プル  「ん…あ、あれ、これって…!」

ハマーン「あの仲居だ」

プル  「フォウ・ムラサメ…?」

プルツー「そう。ムラサメ技研の社長のトコの娘らしい」

プル  「ええぇ!? 身元までわかったの!?」

ハマーン「我が公室警備班の力をもってすればたやすいことだ」

プル  「その公室警備班が行方を追えなかった姫様ってよっぽどだね…」

ミネバ 「ふふふ」

プルツー「他の二人については、事件のあとに分かったんだけどね。二枚目と三枚目を見てみな」

プル  「ん…(ピラッ)こ、これって…!」

プルツー「そう。あの美術館学芸員と、それからあのカミーユってやつにくっ付いてたロザミィとか言う女だ」

プル  「あの二人がサイコキャッツだったの!?」

プルツー「ああ、どうやらそうらしい。学芸員はファ・ユイリィ。カミーユの幼馴染で、ロザミィは義理の妹で間違いない。

     フォウ・ムラサメはカミーユ・ビダンの恋人だそうだ」

プル  「えぇぇ…それ、カミーユさんに捕まえられないわけだよ…絶対カミーユさんから情報漏れてるじゃん」

ハマーン「むしろカミーユ・ビダンを逮捕し、詰問するべきだと私は思うがな」

ミネバ 「そこまでの関係だと、確かにカミーユさんもサイコキャッツの仲間とも思えますね」
 




100: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:33:25.46 ID:UnP5rRweo


プル  「これ、ロンド・ベルに言ったの?」

プルツー「言ってないから、ハマーンが聞いたんだよ。良かったのか、ってね」

プル  「良いの!?」

プルツー「この調子ならカミーユにサイコキャッツは捕まえられない。カミーユがてこずれば、実績のあるうちにまた仕事が回ってくる可能性があるだろ?」

プル  「えぇぇぇ…それ、大丈夫なの、法律とかそういうの的に」

プルツー「別に問題ないよ」

プル  「ホントに…?」

プルツー「たぶんな」

ハマーン「またシロッコにでも頼んだらどうだ?」

プルツー「その話はやめてくれ。できればもう二度と関わりたくないんだ」ハァ

ミネバ 「ふふふ、いずれにしても、これで安心してクリスマスを迎えられますね」

プル  「あ、そうだ! クリスマスパーティー、行っていいの!?」

ミネバ 「ええ、ぜひ! たくさんお食事をご用意してお待ちしていますよ」

プル  「わぁい!」ピョンピョン

プルツー「おい、プル、騒ぐな。ほかの客に迷惑だろう」

ハマーン「まあ、我が警備班の者しかおらんがな」

ミネバ 「ふふふ」

マリーダ「スースー…」

 ポーン♪ 当機は間もなく、ムンゾズムシティ港に着港いたしますーーー


 * * *
 




101: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:34:03.72 ID:UnP5rRweo


 0096年12月25日

 ムンゾ 1バンチ郊外 プルズ探偵事務所


プル  「スースー、ウゥン…マリーダ、そのお肉どこにあったの……ムニャムニャ」

プルツー「クークー」

マリーダ「姫様ァ…ハーゲンダッツ…もう一つ………んっ?」

プル  「スースー」

プルツー「クークー」

マリーダ「うぅん…なんだ、夢か…」モゾモゾ

プル  「スースー」

プルツー「クークー」

マリーダ「そうだ、朝ごはんの用意をしなければ…ん…? あれは…!?」ガバッ

 ダダダダッ ガシッ

マリーダ「クリスマスツリーの下にプレゼントが…! て、手紙が付いている…!」ガサゴソ

-------------------------------------------------------------------
マリーダ・クルスさんへ

 先日はありがとう。

 今年は力を貸していただいたみなさんにも特別にプレゼントを用意しました。

 姉妹仲良く、今後も頑張ってください。

 Merry Christmas!

サンタクロースより
--------------------------------------------------------------------

マリーダ「サンタクロースさんが来てくれたのか!? 姉さん、姉さんたち! 起きてください!」

プル  「ん…なぁに、マリーダぁ…」

プルツー「うるさいやつだね…まだ寝かせてくれよ…」

マリーダ「プレゼントです! サンタクロースが私達にもプレゼントを…!」

プル  「えぇ…? マリーダ、また変な電波拾っちゃった…?」ゴシゴシ

マリーダ「違います! ほら、見てください!」

プル  「あれ、ホントだ…なにそれ、そのきれいに包装された箱…」

プルツー「ふわぁぁ…なんだか分からないけど、開けてみなよマリーダ」

マリーダ「は、はい!(ビリビリビリッ)こ、これは…!」

マリーダ「見てください! お揃いのマフラーです!」パァァ

プル  「え、なに、ホントにプレゼントなの…!?」ガバッ

マリーダ「他にも何か入ってますよ! あ、これは!」
 




102: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:34:39.39 ID:UnP5rRweo


プルツー「あれ、それって…」

マリーダ「プルツー姉さんが欲しがっていたモビルスーツハンターXのソフトですよ!」

プル  「嘘ぉ!? 本当にプレゼントだよ、これ!?」

プルツー「へぇ、サンタクロースはあたしの欲しいものを知ってたのか」

プル  「わ、わたしのは!?」ワクワク

マリーダ「プル姉さんのはきっとこれです!」

プル  「わぁっ! こないだ通販に出てた低周波トレーニングパッドだ!」

プルツー「あはは、食べたぶんはそれをやらないと太るだろうからね」

マリーダ「ん、これは…?」

プル  「それはマリーダのだよ、きっと!」

マリーダ「これは…きれいなネックレス…!」

プルツー「その石はエメラルドみたいだね。マリーダの好きな緑色じゃないか」

マリーダ「サンタクロースさん…私にまでプレゼントをくれるなんて…」ジーン

プル  「………ちょっと、プルツー」ゴニョゴニョ

プルツー「ああ、分かってるよ」ゴニョゴニョ

プル  「これ、プルツーが用意したの?」ゴニョゴニョ

プルツー「そうに決まってるだろ。実は今月の頭にマリーダがこんなのを書いていてな…」ガサガサ

プル  「ん、手紙…?」

------------------------------------------------------------------
サンタクロースさんへ

 こんにちは。

 私はサイド3に住むマリーダ・クルスと言います。

 実は、私は姉達にずっとずっと大切にされて来て、いまだに何もお返しが出来ていません。

 そこでクリスマスには何か喜ぶものをプレゼントしたいと思っているのですが、どうしたらそれをこっそり知れるでしょうか?

 サンタクロースさんがどうやって子ども達のプレゼントを準備しているのか、参考までに聞かせてもらえたらと思います。

 よろしくお願いします。


マリーダ・クルス
------------------------------------------------------------------

プル  「マリーダ…」ジーン

プルツー「いろいろツッコミたいところはあるけど…なんだかね」ゴニョゴニョ

プル  「これに返事書いたの?」ゴニョゴニョ

プルツー「ああ。とりあえず、感謝の心を持っていればプレゼントなんてなくても伝わるさ、って適当なことを書いてね」ゴニョゴニョ

プル  「なんかそれ自分で書いたって思うと偉そうじゃない?」ゴニョゴニョ

プルツー「変な気を使わせるよりよっぽどいいだろ」ゴニョゴニョ

プル  「そうだけど…」
 




103: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:35:19.69 ID:UnP5rRweo


プルツー「こんなのを見ちゃったら…マリーダを喜ばせてやりたくなってね」ゴニョゴニョ

プル  「じゃぁ、姫様にいろいろお願いしたのは…」ゴニョゴニョ

プルツー「そう、これを見たからだよ」ゴニョゴニョ

プル  「なんだ、じゃぁあのパーティーもサイコキャッツのことも今日のことも全部織り込み済みだったの?」ゴニョゴニョ

プルツー「そういうこと。サイコキャッツに関しては本気で臨む必要があったけどね」ゴニョゴニョ

プル  「なんだぁ、そうなんだ…プルツーも案外お甘いようで…」ゴニョゴニョ

プルツー「そう言うな。あれ見なよ」

マリーダ「ハァァ…きれい…////」ニタニタ....

プル  「(買い食いとケーキバイキング控えようかな…)」

プルツー「(課金控えようかな…)」


 ピンポーン♪


プル  「ん、誰だろ、こんな朝早くに…?」

マリーダ「新聞の勧誘でしょうか?」

  「プルズ探偵社様ぁ、書留ですぅ」

プルツー「ふふふ、ロンド・ベルからもクリスマスプレゼントが届いたみたいだね」

マリーダ「ロンド・ベルから?」

プルツー「アムロが、小切手を送ると言っていたからな。恐らくそれだろう」

プル  「わたし出てくるよ!」プルプルプル

 トタトタ ガチャッ 

 「カキトメ?」

 「ハイ、ウケトリサインヲ ココニオネガイシャス」

プルツー「良く似合うな、マリーダ」

マリーダ「そ、そうですか…? あ、ありがとうございます姉さん///」

プルツー「うん///」


 ガチャン トタトタ


プル  「ロンド・ベルからだよぉ!」ババーーン

プルツー「あはは! やったね! これでしばらくはのんびりできそうだ」

マリーダ「そうですね、姉さん! ところで、いくらなんですか?」

プルツー「多少色を付けてくれてると言ってたからね。プル、開けてみなよ」

プル  「うん、では、金額を発表します…」ガサガサ ビリリッ


 ぱぁん!

プルズ 「!?」

マリーダ「ば、爆発した…?」

プル  「び、びっくりしたぁ…」

プルツー「い、いたずらか? アムロにしては趣味が悪いな…」
 




104: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:35:58.64 ID:UnP5rRweo


 ヒラヒラヒラ ペラン


プル  「ん…?」

プルツー「これは…」

マリーダ「ま、まさか…!」

-----------------------------------------------------------------------

今回はよくも邪魔をしてくれたね。

お返しと言っちゃなんだけど、この報奨金は頂戴したよ。

泣きを見るがいいさ!


怪盗サイコキャッツ
------------------------------------------------------------------------

プルツー「あ、あ、あ…あいつらぁ…!」ブルブルブル

プル  「封筒、空っぽだ…」

マリーダ「小切手を盗まれたんですか!?」

プルツー「プル、警察に電話しろ!(スチャッ)アムロ! 報奨金がサイコキャッツに盗まれた! すぐに小切手の口座を凍結しろ!…なにぃ、もう換金されてる!?」

マリーダ「プル姉さん、その封筒それ以上触らないでください! 指紋を保存しなくては!」

プル  「え、いや、サイコキャッツは、その、あの…」

プルツー「あいつら、目にものみせてやる!」ビキビキ

プル  「待ってよ、プルツー! あのこと言ったらカミーユさんがいろいろまずいよ!?」ガシッ

マリーダ「あのこと? あのことってなんですか姉さん?」

プルツー「うるさい!放せ! あいつらのことをアムロに話してやる!」ジタバタ

プル  「ちょっと落ち着こう!? いったん落ち着こうよ、ね? ね?」ガシッ

マリーダ「姉さんたち、あの事ってなんですか? サイコキャッツがどうしたっていうんですか!?」

 
 ギャーギャー ワーワー

 




105: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:36:43.63 ID:UnP5rRweo


【ナレーション】

こうして、サンタクロース捜索にかこつけた怪盗サイコキャッツとの戦いは幕を閉じた。

プルツーが買ったプレゼント代とハマーンへの借金で、三姉妹はロンド・ベルから再度報奨金を受け渡されるまでの間、一転窮地に立たされることとなる。

そしてそんな生活の中で、プルツーはサイコキャッツ逮捕への執念を燃やし、プルはケーキバイキングをあきらめ、マリーダはサビ家への仕官を真剣に考えるのであった。
 




106: キャタピラ ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 04:38:31.04 ID:UnP5rRweo


以上です。あぁ、クリスマスに間に合わせたかった…

お読みいただいた方いれば感謝!

プルズ次回は未定です。

キャタピラもしばらく冬眠予定ですので、またスレ立てたらツイッターで告知いたします。


それでは皆様、今年一年お世話になりました。

来年もどうぞよしなに。

 キャタピラ




107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/31(木) 07:03:51.88 ID:ZI13pKx6O



メリークリスマース!!
大晦日だけど!!

良かった。サイコキャッツの三人目がファで良かった。
てっきりベン・ウッダー大尉でも出てくるのかとw

ハマーンとネオジオンが優秀すぎるのとアムロ達ロンド・ベルが真面目なのに役立たずだったりと楽しかった。プルズのまたのご活躍をお祈りしております。





108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/31(木) 12:07:50.39 ID:nyxYPTRkO

乙!
皆さん良いお年をお迎え下さい




109: ◆EhtsT9zeko 2015/12/31(木) 12:57:37.49 ID:UnP5rRwe0

>>107
レス感謝です!

キャッツの三人目はけっこう悩んだのですが、フォウとロザミアは決まっていたので、いっそうカミーユ繋がりで括ってしまおうかとw

あと、仲居、学芸員に扮しているときに正体を格差なきゃいけないけどうっすらフォウとファだと言うのを匂わせなきゃいけなくて苦心しましたw

また書くと思うんでそのときもぜひよろしくです!

良いお年を!

>>108
感謝です!
良いお年を!!




・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】【三姉妹探偵】マリーダ「サンタクロースが誘拐された!?」【プルズ】
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【※エ□注意※】「うわっ!ダマされた大賞2015・ローションカーリング選手権」で放送事故www...
【昇天不可避】この顔でチ●コシコシコされてオッキしない奴いるの・・・???
【※閲覧注意※】世界一認定メガペ●ス黒人さんの射精量wwwwwwwwwwwwwwwwwww...
【引退作品】鼻フックをし最終形体に変貌を遂げた小向美奈子の引退作品…その名も脅迫スイートルーム wwwwwwwwwwww【小向美奈子】
【※GIFあり※】セッ●スしてる時の乳揺れGIFを集めた結果 → 不思議な「横揺れ」をする乳発見し...
【ゲスの極み映像】ベッキー並に高スペックな美女とのハメ撮り動画が流出www
【Gif】超早漏でも何事もなくプレイ続けるこのA●女優のプロ精神wwwwwwww
【 エ□GIF画像 】 ネットカフェの個室ブースにこっそりWEBカメラ取り付け覗いた結果がエ□すぎ...
【画像】佳子さまの最新写真が完全に、ご褒美wwwwwww
【速報】元SKE48メンバーがまたavにwwwww(※画像)
篠田麻里子さん(29)、股間が際どい水着を着せられるwwwエロ本かよwwww(画像)
橋本環奈さん(16)、ガチのスッピンがやべぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!(画像)
【画像】 レイフ゜直前とレイフ゜後の被害者の画像がぐうヌけるwwwwwwwww
【最終回】彡(゚)(゚)「小料理屋 志衛のスレッドなんやで」
男「おい、日本が従軍慰安婦を認めて謝罪して金も払うってさ」
シトロン「出来ました! ○○で女性トレーナーを調教するマシーンです!」
夜神月「これは全てAV女優の名前だ」



 

SS宝庫最新記事50件