転載元:【おしっこ・尿意我慢】令嬢「私の秘密の楽しみ」【フェチ注意】


関連記事
【おしっこ・尿意我慢】令嬢「私の秘密の楽しみ」【フェチ注意】

14: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/02(土) 23:01:42.78 ID:uicA9Fc5o

>>5
の後半あたりからです

思わず小さく叫びすんでのところで堪えるがいよいよ限界であることが彼女の精神に膀胱と括約筋が訴えてくる。

(もう、いいですわよね・・・)

すんでのところで堪えた令嬢はゆっくりと腰をおろす。

額にはびっしょりと汗をかき吐息は浅く早い。

(やっと、これで・・・)

堪えに堪えた尿意を開放する快感を思い浮かべ興奮に頭が茹るのを感じながら括約筋から力を抜こうとする。

その瞬間

ガサッ

「・・・えっ」

一瞬茂みの奥が揺れる音がし、一瞬呆然とする令嬢。

ガサガサ

なおも茂みからは音が響きやたらそれは近づいてくる。

(だ、誰かいるんですの?)

そう思いつつも金縛りにあったかのように令嬢の口から声は出ず、体は動かない。

(そ、そんな、もうお小水は)

もう尿意を堪えることは不可能だろう。

辛うじて放水は抑えているものの少しでも姿勢を崩せば一度開放されかけた熱く煮えたぎった液体はその一瞬の隙をついて暴れだす。

仮に堪えて立ち上がったにしても現れる誰かを弁明して追い返す余裕はない。

(そ、それに・・・さすがに誰かにこの姿を見られるのは)///

今茂みをかき分けている人物。

それに今まさに乙女の秘部をさらしながら腰を下ろし、小水を出さんとする場所を見られるかもしれない。

いざその場にあってここで令嬢に初めて人並みに強い羞恥心が表れる。

「あ、だめ・・・」

ようやく搾り出した小さな声も届かず茂みの奥から現れたのは

「え・・・?お嬢様・・・?」

普段一番身近にいるおつきのメイドだった。

「あ・・・」

不審者ではなかった安堵感から一瞬令嬢は呆けた顔をし、

ぷる、ジョロロロロロロロロロロロロロロ・・・

一瞬震えたと思ったときには放水を開始していた。

メイドと令嬢はちょうど向かい合っており、令嬢は彼女にむかって今まさにしゃがみこみ見せつるような形で放尿している。

あふれるように飛び出る黄色い液体は弧を描き、もわもわとした湯気を立てながら豪快な音を立てながら地面にぶつかり芳醇な香りを撒き散らす。

(ああ、見られてる・・・私、メイドにお小水をするところを見られてる)





1




彡(°)(°)「お!近所のJCやんけ声かけたろ!」
男の娘「残念実はおと――」男「嘘だ!」
子供「らんら〜ん♪」熊「あっ」子供「あっ」熊「あっ」もぐもぐ
シンジ「毛虫なんてどうかな?」 ゲンドウ「・・・・・・」
悟空「ブルマ先っちょだけ挿れさせてくんねぇか」 ブルマ「はぁ!?」
【引退作品】鼻フックをし最終形体に変貌を遂げた小向美奈子の引退作品…その名も脅迫スイートルームwwwwwwwwwwww【小向美奈子】
【※GIFあり※】セッ●スしてる時の乳揺れGIFを集めた結果 → 不思議な「横揺れ」をする乳発見し...
【ゲスの極み映像】ベッキー並に高スペックな美女とのハメ撮り動画が流出www
【Gif】超早漏でも何事もなくプレイ続けるこのA●女優のプロ精神wwwwwwww
【 エ□GIF画像 】 ネットカフェの個室ブースにこっそりWEBカメラ取り付け覗いた結果がエ□すぎ...

15: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/02(土) 23:02:15.27 ID:uicA9Fc5o

(恥ずかしい、すごく恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい)

(・・・なのに、なんですの、この感覚)


顔から火が出るほど恥ずかしいはずなのに、令嬢は完全に硬直したメイドの顔から眼が離せない。

まるで自分の致してしまった事に対する目の前の人物の反応がとても背徳的で愛おしくあるかのように。

(メイドが、私のお小水を、お外でいたしてしまっているところ見てる、呆然としてる・・・)///

(でもその顔をもっと見たい、もっと私のこの姿を見てほしい・・・いやだわ、私、これでは変態さんみたい)///

令嬢の鍛えられた貴婦人膀胱から全てが終わったとき、彼女の心からまた一つ新しい何かが完全に芽生えていた。

数分後

メイド「・・・本当に申し訳ありませんでした!」

手持ちのナプキンを令嬢に渡し、すっきりとした顔の令嬢の前で深深と頭を下げるメイドの姿があった。

令嬢「いいですわよ、もともとあんなところでしようとした私にも非があるのですし」

メイド「しかしこのままお咎め無しでは私の気が・・・」

令嬢「あら、貴女は私に御父様へ『私がお外でお小水を出す快感が知りたくて出向いたところをメイドに見られました』と説明させるつもり?」

メイド「い、いえそのようなことは!」

令嬢「でしょう?まあそうやって誰かにあの感覚を説明したり文章にするのも気持ちよいのでしょうけど」

メイド「い、いけません!お嬢様の境遇からその、おし、お花摘みに苦悩なされていたことから趣味自体は否定いたしませんがそれだけは!!」

令嬢「分かっていますわ、本当に真面目なんですから」




16: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/02(土) 23:02:46.99 ID:uicA9Fc5o


場に穏やかな空気が戻り始める中、ふと令嬢があることに気づく。

令嬢「ところでメイド」

メイド「はい?」

令嬢「貴女はどうしてここに?」

メイド「そ、それはお嬢様をお探しに」

令嬢「その割には私がいたこと自体に驚いてたみたいですけれど」

ゆっくりとメイドに近づきながら令嬢は問い詰める。

メイド「そ、それは・・・」

金縛りにあったかのように動かないメイドをよそに言葉を続ける。

令嬢「それに貴女、いつもはちゃんとしてるのにお花摘みの前に一瞬『おし』っこって言いかけませんでした?ああ責めてるわけではありませんのよ」

妖艶にもいたずらっぽくも見える笑みを浮かべ前に抑えているメイドの手の少しした、その下腹部をそっと撫でる。

メイド「ひうっ!?」

令嬢「どうやら致したかったのは私だけではないようですわね」

メイド「こ、これは・・・」

なんとか取り繕うが一瞬前かがみになりもじもじと腰を揺すってしまったところを見られたメイドはしばらくして観念したのか口を開く。

メイド「このことはどうか他言されないようお願いいたします」

令嬢「ええ」

そしてメイドは顔が熱くなるのを感じながらぽつぽつと語り始めた




17: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/02(土) 23:03:29.99 ID:uicA9Fc5o


メイド「その、私たちメイドもやはり、その、やはり生理現象はありまして、ご主人様やお嬢様がお手洗いをお使いになる妨げにならないためやあまり遅くならないようこのようにその・・・」///

令嬢「その辺の茂みで至すこともあるというわけですわね」

メイド「はい・・・ただ、私はこのような都市部以外への遠出は初めてでして」

メイド「そ、そのつい限界まで我慢してしまい、うう・・・」

消え入りそうな真っ赤な顔のメイドから出る声に令嬢はじっと耳を傾け、その姿勢がまたメイドの羞恥心を強くする。

メイド「いざ、席を外したとき・・・慌てていたのと不慣れなのもあり、えと・・・を」

令嬢「え?」

メイド「ぉ・・・お湿りを」///

令嬢「ああ、スカートに引っ掛けてしまいましたのね」

メイド「はい・・・幸い誰にも気づかれずにすんだものの、やはりこのままというわけにもいかず、えと、れ、練習を致しましょうというところに」///

令嬢「私がいたというわけですわね」

メイド「はい・・・」

しばらく沈黙が続く中そわそわと落ち着きなさそうにメイドが口を開く。

メイド「それで、お嬢様」

令嬢「はい?」

メイド「その、大変お恥ずかしいのですが今私結構、その、『溜まって』いまして、お嬢様の件でしばらく引いていたのですがまた・・・」モジモジ

令嬢「あら、それで?」

メイド「も、もしよろしければ席を外していただけると・・・」




18: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/02(土) 23:04:11.26 ID:uicA9Fc5o


ここで令嬢にある意地悪な考えが浮かぶ。

令嬢「・・・メイド?」

メイド「お嬢様?」

令嬢「貴女、私がお小水を致しているところを見て自分だけ逃げようというのかしら?」

メイド「そ、それについては申し訳なく思っております、しかし」

令嬢「じゃあ丁度良いですし先ほどの貴女の弁どおり罰を与えましょう」

令嬢「あなたはいくらでもここで我慢しても構わないわ、でもお花を摘むところは私が必ず見届ける、それが貴女への罰よ!」

メイド「そ、そんなお嬢様!どうかご容赦を!」

令嬢「いいのです?いざとなれば一部始終を御父様に伝えてもよろしいのですけど」

メイド「それも、困ります」

令嬢「それにメイド、貴女忘れてたでしょ?あの小屋は夜中になると私と御父様とお母様とメイド長の持っている鍵じゃないと開かなくなるって、呼ぶのは構いませんがこの顛末をどう説明するおつもりなのかしら?」

メイド「そんな・・・」

令嬢「どうせいつでも落ち着いてお花を摘む練習なのだからいいでしょう?それで今夜のことはお相子に致しますから」

近くにあった木に腰掛け、楽しそうに言う。

令嬢「まだ夜は長いのですし楽しみましょう?私はこのまま夜が明けても付き合ってもよろしいですけど」

メイドの羞恥の数時間が始まる。




22: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 06:05:48.67 ID:U1n/sGC90

最高だ




26: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/08(金) 01:04:34.42 ID:icISXxsGo



メイド「ふっ・・・はあ、はあ」

メイドも使用人として小水を堪えることは珍しいことではない。

しかし今回彼女は敢えて夜間からトイレに行くことを控え、野外での練習に赴いていた。

2時間、彼女の膀胱を煮えたぎった液体でいっぱいにするには十分な時間だった。

メイド(おしっこ、おしっこが、お嬢様は少し前までいつもこんな苦痛を・・・)

普段の楚々とした姿は崩れ、しゃがみこみながら乙女の秘部を懸命に抑えたりさすったりするのを、令嬢に見られ、顔から火が出そうになっても止めることができない。

止めてしまえば逼迫した尿意が解放されると同時に彼女の尊厳は完全に崩れてしまうだろう。

メイド「お嬢様、はっ、お、お願いでございます、も、もう、ひうっ」

額からはとめどなく汗が噴き出ている。

令嬢「楽になりたいならどうすればいいか、分かりますわね?」

メイド「そ、そんなの・・・くっ恥ずかしいです・・・!」

今にも泣きだしそうなメイドの表情は令嬢の嗜虐心をより強くさせていく。

令嬢「あら、私のあんな姿を見ておいて自分だけ恥ずかしいなんて、虫のいい話ですわね」

実際のところ令嬢はそれほど自身の放尿を見られたところに腹を立ててはいない、ただメイドをけしかける為の方便である。

メイド「それは・・・そうですが・・・でも、くぅ!」

目尻に涙を浮かべ強く言い返せないでいるメイドに一際大きな波が襲い、スカート越しにでもすらりと鍛えられた太ももがわかるほどギュウ、と押さえつける。

メイド(い、いけない、お湿りを・・・もうダメ・・・!!)

眩暈がするような尿意、ジワリと湿ったショーツ様々な感触がメイドを翻弄する。

A. このまま漏らすくらいなら・・・

B.・・・ダメ・・・やっぱり恥ずかしい・・・お嬢様の前なんて




27: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/08(金) 01:05:49.37 ID:icISXxsGo


A.

メイド(こ、ここまでなの・・・?このまま粗相をしてしまえばそれこそ大事に、それなら・・・)

いよいよけたたましく警報を鳴らす膀胱にとうとうメイドは決意を固める。

メイド「お嬢様・・・ど、どうかこのことは内密に、くっいお願いいたします、っ」

震える唇で懸命にメイドは懇願する。

令嬢「構いませんわよ、もとからいいふらしたりするつもりなんてありませんわ」

令嬢「あなたのそんな姿を知られるなんて悔しいですし」

メイド「そうですか、では・・・」

意を決したメイドはダムが決壊しないよう慎重に震えながら腰を上げスカートをたくし上げる。

黒いガーターベルトに高級感のある白い下着に包まれた下半身があらわになり、下着の下にある乙女の秘部の少し上のタンクはパンパンに膨らみ溜まりに溜まった液体を主張している。

意を決したとはいえ下半身をさらすことに羞恥心はあるのだろう、令状が凝視する中、より顔が熱くなるのを感じながら、メイドはゆっくりと下着を下していく。

墨のようなメイドの黒髪と同じやや薄く生えそろった黒いヘアーが露わになる。

その奥ではメイドの今の欲求を唯一解放させられる出口がひくひくと震え、今にも決壊しそうな水門のようになっている。

メイド「で、では・・・」

令嬢「ええ、よく見せてくださいね」

メイド(ああ、お嬢様が、私の恥ずかしいところ、おしっこ、おしっこがしたくてたまらないお腹を見てる・・・)

令嬢の視線に今までにないほど体中が熱くなるのを感じながらそれでも尿意には抗えず、メイドはスカートをたくし上げながらゆっくりとしゃがみこむ。




28: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/08(金) 01:06:36.15 ID:icISXxsGo


(早く、おしっこ、したい早く、おしっこおしっこおしっこ!)

いよいよ解放できる姿勢になると普段の余裕は完全に消え、下品と考える余裕もなくメイドの思考は放尿への欲求が昂ぶっていく。

その緊張感からしばらくそのまま硬直しているメイド、このままいつまでもこうなるかのような錯覚に陥りそうななった時、

ドプン

最後の尿意の波が来る。

その感触にメイドの腰がビクンと震え、

ちょろ

ほんの少しダムが決壊する

メイド(あ・・・)

下着を下した状態でのその行動は呼び水となり崩れるように水門が緩んでいく。

ジョワァあああああああああ・・・・

令嬢よりやや勢いは劣るもののの、それでも膀胱に蓄積された黄色い熱湯が弧を描いて野に放たれる。

令嬢が見ているのも忘れ一リットル弱はあるであろう尿が抜けていくたびにメイドの苦痛は抜け、入れ替わるように痺れるような快感が脳に流れていく。

メイド(私の中にこんなにおしっこが、お手洗いがこんなに幸せなことだったなんて・・・)

ほんの少しかつての令嬢と同じものを感じながら、やがて描かれていた弧は引いていく。

後には興奮と興味を隠せずに凝視している令嬢と、真っ赤な顔を手で覆いながら俯きつつも、自分がいま感じている感覚に困惑しているメイドの姿があった。




33: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/10(日) 22:23:39.85 ID:OHqD4FhDo

B.

メイド(・・・やっぱり、だめです、できません)

極限の状況の中、メイドがとった選択はあまりにも危険なものだった。

それでもその選択肢を選んだのは彼女の貞淑さによるものだろうか

メイド(もしかしたら誰かがお嬢様と私がいないことを不振に思って探しに来てくれるはず、その時に)

もはや体を揺する余裕もなく荒く浅い息を吐きながら一縷の望みにかけるメイド。

10分、20分だろうか、メイドには永遠とも思える時間が過ぎるが、いつ明けるかもわからない夜空の中、誰も来ることはなく一層尿意は激しくなるばかりである。

令嬢「思ったより頑張りますわね、でも慣れないのに我慢は体に毒ですわよ?」

メイド「はあ、おじょう、くぅ、ならおねがい、します」

もはや何を懇願しているかもわからなくなるメイドに令嬢は言い放つ。

令嬢「楽になりたければどうするか、分かりますわね」

メイド「そんな・・・」

本当にこのまま致さなければならないのか思案を再開したとき

ドクン

一際大きな波がメイドのなみなみと尿のたまった膀胱に響く。

ぷしゅ

メイド「い、いや!!」

大きな悲鳴を上げて思わずより強く股間を押し付けるメイド。

波が引いたところを確認するとショーツが少なからず湿っている。

令嬢「あら?お湿りをしてしまいました?それを防ぐために練習に来たのに情けないですわね」




34: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/10(日) 22:25:30.31 ID:OHqD4FhDo


もはや令嬢の言葉に耳を貸す余裕もなく必死にメイドは尿意と戦い続ける。

メイド(お願い誰か早く来て!おしっこさせておしっこしたいぷしゃーってしたいの早く早く早く早く早く!!)

もはや自分でも何を考えているか分からないほど混乱し、決壊しかけた出口を懸命に抑え続ける。

90分後

(おしっこおしっこおしっこおしっこおしっこおしっこおしっこおおおおおお!!!!)

歯がつぶれんそうにながらに食いしばりながらなおも令嬢の目の前で堪え続けるメイド。

その思考はもはや一つの単語しか思いつかずひたすらじっとし続けている。

もはやこのまま永遠の我慢すら予感させる精神状態、しかし、

ぷしゅ!!

物理的な膀胱の容量が限界に達した。

先ほどより強く一瞬吹き出す尿。

そのほんの数滴でも今の彼女には耐えがたい快感であり、

メイド(あ・・・)

令嬢(来ましたわね)

ちょろ、じわあああああ・・・・・

その括約筋を弛緩し決壊させるには十分な刺激だった。

一度堰をきった尿は当然ショーツで抑えきれるものではなくじんわりとスカートにシミを作りながら、彼女を中心に大きな水たまりを作っていく。

令嬢「あらら、まさか本当に粗相をなされるなんて」

メイド「うっばかぁ、お嬢様のばかあ・・・」

令嬢「ちょっといくらなんでもその言い方は」

メイド「うっさい、しんじゃえ、へんたい、うううううううううう」

令嬢「・・・はいはい、私でよけれべ好きなだけたたくなりなんなりしなさいな」

痺れるような刺激が脳を駆け抜けぬけ引いていくと完全に幼児退行して令嬢に泣きつくメイド。

我に戻ったメイドが冷えた芳醇な香りのするスカートのまま令嬢に問い詰めたいが、
自分にも非があるのかと複雑な感情を抱えながらとりあえずと一目散に令嬢と証拠隠滅に走るのはもう少し先のことになる。

終わり。




35: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/10(日) 22:27:51.68 ID:OHqD4FhDo

以上です。
Bパートは最初は考えてなかったせいか期待してた人には少し物足りないボリュームだったかもしれません、すみません。

先ほど書いた通り今回の話は以上となります。またなにか思いついたら書くかもしれません。

ここまで目を通して下さった方々、感想を書いてくださった方々、本当にありがとうございました。




36: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 23:29:01.43 ID:UIcpvFDzo

誠に大義であったぞ>>1よ
出来れば他の作品も知りたいのだが...




37: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 00:34:41.54 ID:7bv97oyf0

良かった
メイドさんの方みたいな羞恥心を感じながら股間を押さえて遂には限界が……っていうの大好き




38: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 13:47:27.47 ID:bS0T3TI70

とても面白かったです。
>>1ってくすぐりss書いてた人ですか?




39: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 19:40:58.97 ID:P24ZvIS10

素晴らしかった
我慢に重点が置かれてるのが好み




40: ◆/lHfxQKzAkNT 2016/01/11(月) 22:18:51.09 ID:G0Khq84Bo

>>38
IDはこれとはフェチが違うので一応変えてますが書いてましたね

>>36さんもですからくすぐりメインではありますが一応張っておきます。(一応巫女とゴッドイーター以外は尿意我慢があるシーンもあります)

令嬢「メイド、くすぐらせなさい」メイド「はい?」

【続】令嬢「メイド、くすぐらせなさい」メイド「はい?」
これだけトリップが違います。

【ゴッドイーター2】シエル「くすぐりによるコミュニケーションですか・・・」
http://blog.livedoor.jp/ssweaver/archives/40458239.html

男「頼む、くすぐらせてくれ」 新妻「引っ叩きますよ」 【R−18?】
>>8多分これかと

令嬢「奴隷を買った理由?気兼ねなくくすぐりプレイをする為に決まってるじゃない!」

【くすぐり】巫女「いたずら狐にはお仕置きを」【R-18?】

【くすぐり】エルフ「くすぐったがってる女の子は好きですか?」【R−18?】




・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】【おしっこ・尿意我慢】令嬢「私の秘密の楽しみ」【フェチ注意】

管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【※エ□注意※】「うわっ!ダマされた大賞2015・ローションカーリング選手権」で放送事故www...
【昇天不可避】この顔でチ●コシコシコされてオッキしない奴いるの・・・???
【※閲覧注意※】世界一認定メガペ●ス黒人さんの射精量wwwwwwwwwwwwwwwwwww...
【引退作品】鼻フックをし最終形体に変貌を遂げた小向美奈子の引退作品…その名も脅迫スイートルーム wwwwwwwwwwww【小向美奈子】
【※GIFあり※】セッ●スしてる時の乳揺れGIFを集めた結果 → 不思議な「横揺れ」をする乳発見し...
【ゲスの極み映像】ベッキー並に高スペックな美女とのハメ撮り動画が流出www
【Gif】超早漏でも何事もなくプレイ続けるこのA●女優のプロ精神wwwwwwww
【 エ□GIF画像 】 ネットカフェの個室ブースにこっそりWEBカメラ取り付け覗いた結果がエ□すぎ...
【画像】佳子さまの最新写真が完全に、ご褒美wwwwwww
【速報】元SKE48メンバーがまたavにwwwww(※画像)
篠田麻里子さん(29)、股間が際どい水着を着せられるwwwエロ本かよwwww(画像)
橋本環奈さん(16)、ガチのスッピンがやべぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!(画像)
【画像】 レイフ゜直前とレイフ゜後の被害者の画像がぐうヌけるwwwwwwwww
【最終回】彡(゚)(゚)「小料理屋 志衛のスレッドなんやで」
男「おい、日本が従軍慰安婦を認めて謝罪して金も払うってさ」
シトロン「出来ました! ○○で女性トレーナーを調教するマシーンです!」
夜神月「これは全てAV女優の名前だ」



 

SS宝庫最新記事50件