転載元:女騎士「私は、アイツになりたいんだ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 09:37:43 ID:4NJ/31mU

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 15:16:33 ID:4NJ/31mU




  魔王城 玉座の間



魔王「僧侶、勇者はどうだ?」

僧侶「順調かと……いずれ、ここへと辿り着きましょう」


魔王「強く、なったか?」

僧侶「ロトの力を受け継ぎ、使いこなせております故、かなり……」コクリ



魔王「ふむ、そうか……」

魔王「シロ、クロ」チラッ


白騎士「白騎士、ここに」ザッ

黒騎士「黒騎士もここに居るぜ」ザッ





1




彡(°)(°)「お!近所のJCやんけ声かけたろ!」
男の娘「残念実はおと――」男「嘘だ!」
子供「らんら〜ん♪」熊「あっ」子供「あっ」熊「あっ」もぐもぐ
シンジ「毛虫なんてどうかな?」 ゲンドウ「・・・・・・」
悟空「ブルマ先っちょだけ挿れさせてくんねぇか」 ブルマ「はぁ!?」
【閲覧注意】セクシーなお姉さん、犯罪に手を染めた結果、お●ぱいを丸出しにされ…(画像)
姉ちゃんの下着でオ〇ニーしてたらばれた。
【エ□GIF】制服着たままで覚えたてのセッ●スに夢中になるJKエ□すぎwwww
【※驚愕※】 完全に具が見えてしまっている着エ□をgif画像でご覧くださいwwwwwwwwww...
【画像】ビリギャルのお●ぱい、ガチでヤバい・・・(※GIFあり)

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 15:22:23 ID:4NJ/31mU



魔王「そろそろ、国の一つや二つは落とすか」

僧侶「……」


魔王「シロは獣群を率いてエジンベアへ」

白騎士「はっ!!」ビシッ



魔王「クロは死霊群を率いてポルトガへ」

黒騎士「あいよっ、任せときな」ニッ


魔王「そして俺は……」

魔王「アリアハンへ」ニヤリ




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 15:30:38 ID:4NJ/31mU





 ドゴォォォォォン!!!


魔王「……」

魔王「なんだ、騒々しい……壁をブチ破って来る者など、今の配下には居ない筈だが?」チラッ


魔物使い「魔王ッ、今日がテメェの命日だ!! 行けっ、神龍(しんりゅう)!!」バッ

神龍「グオオオオオオオオオオォッッ!!!」



魔王「ふぅっ……せめて、俺が一人の時を狙えば良いものを」スタッ

魔物使い「お前ら四人を殺す為に、神の力を持つ龍、神龍を呼び出したんだ!!」キッ


魔王「そうか、ならばっ!!」

魔王「この魔王パーティーが、直々に相手をしてやろう」ジャキッ




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 15:38:38 ID:4NJ/31mU



魔王「僧侶は補助を……シロ、クロ、一撃で決めるぞ!!」

魔王「フォーメーション、デルタ!!!」バッ


白騎士「はい!!」ダッ

黒騎士「っしゃっ!!」ダッ



僧侶「ピオリム!! バイキルト!!」

魔物使い「っ、そいつらを殺せ神龍!!!」


神龍「ゴアアアアアッ!!」ゴォォォッ

魔王(『しゃくねつのほのお』か……ヌルい!!)




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 15:49:55 ID:4NJ/31mU



白騎士「三位一体!!」ジャキッ

黒騎士「神技ッ!!」ジャキッ


魔王「高速ナブラッ!!」

魔王「でやあああああああああああ!!!」ブォン




 ザシュゥゥゥゥゥッ!!!


神龍「ゲギャァッ!?」ドサァァッ

魔物使い「……」


魔物使い「ッッ!!?」

魔物使い(バ、バカなっ!? あの巨大な龍の首を、本当に一撃で!!?)ブルッ




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 15:56:25 ID:4NJ/31mU



魔物使い「だ、だが……くひひっ」

魔王「……」スタッ


魔物使い「魔王!! テメェらが殺したのは、神の龍!! 言うなれば神の遣いよ!!」

魔物使い「これで怒りを買ったぞ!? 俺で無くとも、次々に魔界や天界から神達が……」ニタリ



黒騎士「だったら、ソイツらも連れて来い」

魔物使い「へっ?」


白騎士「分からないのかしら? 貴方は見逃してあげるから、去れと言ってるの」キッ

魔物使い「ひっ、ひいいいあいい!!」タタッ




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 16:04:10 ID:4NJ/31mU



魔王「僧侶、これで何匹目だったか」

僧侶「復活したバラモス、ゾーマ、竜王、ハーゴン、そして神龍ですから……五匹目ですね」


魔王「ふむ。まだまだ、この世界を狙う奴らは居そうだな。くくっ、誰が渡すか!! この地上は、俺の物だ!!」

魔王「では……今日も元気に、世界侵略と行こうか」ニヤリ



僧侶「わたくしは勇者様の下へ……それと、魔王様?」

魔王「む、どうした?」


僧侶「その喋り方、ようやく慣れて来ましたね?」クスッ

魔王「そう?」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 16:13:13 ID:4NJ/31mU





 ── 他種族との協力 ──


 人同士、国同士の協力体制は、ドワーフやエルフなどの亜人種にまで急速に広がって行った。

 最早、この地上に住まう全種族が手を取り合わなくては、魔王軍の進行を止められなくなって居たからだ。

 そして協力体制が進むに連れて、人の街にエルフやドワーフが暮らす……そんな光景も、当たり前となって行った。




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 16:14:12 ID:4NJ/31mU



第七話

女騎士「私は、アイツになりたいんだ」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/27(金) 16:40:28 ID:pmUajRfM

おつ
魔王かわいい




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/01(火) 09:44:13 ID:EQtPlmqw




 翌日 砂漠の国 イシス謁見の間



イシス「お主の弟には、感謝してもしきれぬほど世話になった」

イシス「その恩も有るのでな、昨晩の事は何も言うまい」


女騎士「……」ペコリ

イシス「全ての感情を抜いて答えれば、確かに女としては満足の行く夜じゃった」



イシス「しかしな?」

イシス「お主に協力は惜しまん。出来る事は何でも協力しよう……」


イシス「しかし、しかしじゃ!!」キッ

イシス「しばらくは、顔を見たくない……この国から、出て行ってくれぬか?」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/01(火) 10:10:53 ID:EQtPlmqw



武闘家「……」

僧侶「っ……」


武闘家「おい、結局どこに行ってたんだよ僧侶?」チラッ

僧侶「すみません。まさか、この様な事が起きようとは……」



武闘家「質問に答えちゃいねぇぜ? まさか、まだトップシークレットか?」

僧侶「それも……すみません」ペコリ


女騎士「……」

女騎士「イシス?」




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/01(火) 10:17:51 ID:EQtPlmqw



イシス「……」

イシス「なんじゃ、勇者よ?」


女騎士「また夜、会いに来ます」ニコリ

イシス「っ!?」ビクッ



イシス「お、お、おっ……お主はっ、何を言っておる!!」

イシス「あのような、あのようなっ……」プルプル


女騎士「私からは来ませんよ?」

女騎士「ですが、夜に部屋の窓を開け、私の名を呼んで頂ければ、すぐに参上致します」ペコリ




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/01(火) 10:32:28 ID:EQtPlmqw



イシス「ぐっ、去れっ!! 去らぬかっ!!」

女騎士「ふふっ。私の予想では、二十日……いや、十日でお呼びが掛かると」クスッ


武闘家「チッ。さっさと次の街へ行くぞ勇者!!」グイッ

女騎士「ととっ、引っ張るなバカ者が」タッ




僧侶「……」タタッ

僧侶(徐々に、では有りますが、勇者様は初めて会った頃から変わって来ている)


僧侶(強くなったり、勇者としての自覚が生まれたり、そのようなものでは無く)

僧侶(言葉遣いや、性格や、細かい事を上げればキリが有りませんが、徐々に、徐々に、前の勇者さまのように……)




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/01(火) 13:00:19 ID:EQtPlmqw



女騎士「さて、馬車は出して貰えるんだったな?」

武闘家「ああ……」


僧侶(思い起こせば、わたくしの時も同じ事が有りましたね)

僧侶(アレは、裏切るかどうかを調べる……そんな理由でしたが、あのお方が、わたくしにした事は)



女騎士「あ、そうだ僧侶?」チラッ

僧侶「……」


女騎士「僧侶?」ムニュッ

僧侶「ひゃっ、ひゃい!! な、なんでしょうか?」ビクッ




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/01(火) 17:54:27 ID:EQtPlmqw



女騎士「信用、しているぞ?」モミモミ

僧侶「む、胸から手を離してくださいまし!!」パシッ


女騎士「……」

女騎士「私たちは仲間だ。そうだな?」



僧侶「それは……」

僧侶「当然のことかと」コクリ


女騎士「僧侶もそう思ってくれているなら、それで良いんだ……」

武闘家「どうしたんだよオメェ?」




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/03(木) 10:16:08 ID:9JwCRwVQ



女騎士「いや、ただの確認だ」

僧侶「……」


女騎士「よし、次の街へ行くぞ!!」

武闘家「……」



武闘家(勇者はオカシイし、僧侶は怪しい。どうなってんだ? あ?)

武闘家(こんなメンバーで旅を続けて、マジに大丈夫なのかよ?)


武闘家(せめてもう一人……もう一人、仲間が欲しい所だが)

武闘家「おっしゃ!! 気合い入れてくぞテメェら!!」ダッ




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/03(木) 10:27:56 ID:9JwCRwVQ




 数日後 夕方 カジノと信仰の街



僧侶「……」

僧侶「カジノ側の街並みは、久し振りに見ましたが……」キョロキョロ


武闘家「ビカビカと光って、ネオンは綺麗じゃねぇか?」

女騎士「その代わり、月や星は見えんがな。しかし……」チラッ




女「うぅっ、クスリを、クスリをっ!!」フラフラ

男「だったら金を持って来い!! 体を担保に入れて、ギャンブルで稼ぐんだよ!!」



女騎士「売人がそこかしこに……この街は、相当に腐っているようだな」

僧侶「以前は、このような街では無かったのですが」




31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/03(木) 17:03:43 ID:9JwCRwVQ



女騎士「ああ、『鏡』で見たよ」クスッ

僧侶「お恥ずかしい限りです」


武闘家「昔は、神さま神さまって言ってたんだよな?」

僧侶「もう……イジメないで下さいまし。本当に、消したい過去なのですよ?」プイッ



武闘家「ははっ、すまねぇ。だが、行くべき場所は決まったな?」チラッ

女騎士「うむ。アイツと僧侶が出会ったと言う、巨大賭博場へ向かおう」コクリ


武闘家「鏡で見た限りじゃ、オーナーはまともそうな人間だったが……」

女騎士「賭博場の元締め、ともなれば、それ相応の情報は知っているだろう?」




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/03(木) 17:32:32 ID:9JwCRwVQ




 カジノ オーナールーム



オーナー「さぁ、遠慮無くソファーへ腰掛けてくれたまえ」ニコニコ

僧侶「いつぞやは、ご迷惑をお掛けしました……」ペコリ


オーナー「ん?」ジィーッ

オーナー「おお、あの時のキミかぁ……あれからは大丈夫かね?」



僧侶「はい」コクリ

オーナー「もし、また困ったら、うちのカジノで勝負して行くといい」


僧侶「ふふっ、ヤメておきましょう。わたくしには、ドラゴンとの戦いよりも勝ち難そうです」クスッ

オーナー「くくっ、そうかね?」




33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/03(木) 17:38:28 ID:9JwCRwVQ



武闘家「……」キョロキョロ

オーナー「おや、何か珍しい物でも見つけましたかな?」


武闘家「いや、なんでもねぇよ」

武闘家(俺のオヤジと同じ、悪趣味な部屋だ。骨董品に絵画……ただただ高価な物を集めた部屋)




女騎士「あ」

女騎士「先に言って置こう」


オーナー「なんですかな?」

女騎士「私は、鼻が利くんだ……」




34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/03(木) 17:55:17 ID:9JwCRwVQ



オーナー「……」

武闘家「ああ、コイツの前口上みたいなもんだ、気にしねぇでくれ」


オーナー「はぁ……」

女騎士「それで、この街の現状を聞きたい」



女騎士「この街は今、どうなっている?」

オーナー「どうなっている、とは?」


女騎士「クスリの売人がはびこっている現状、だよ。まさか、知らぬとは言うまい?」

オーナー「ふぅむ……売人? それなら耳に入っているんだがねぇ、しかしどうにもならんのだよ」




38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/05(土) 16:54:33 ID:G9OA8qpw



女騎士「……」

女騎士「この街のトップは、ずっと放置……見て見ぬふりか?」


オーナー「いやはや、この街は変わっているんだ。市長のような者はおらんのだよ」

オーナー「各自、自分の事は自分で、何をするのも自己責任。それがこのカジノの街だ」



女騎士「ほぉ、そうか……」

武闘家「つー、事はよ?」


女騎士「この街で最も巨大な賭博場。その元締めで在るお前が、実質的なトップ……で間違いないな?」

オーナー「……」




39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/05(土) 17:06:55 ID:G9OA8qpw



僧侶「ゆ、勇者様!?」アセアセ

女騎士「なぁに……本当の事、だろ?」


オーナー「……」

オーナー「私はただ、金を持っている。それだけだよ。人を束ねたり、指揮したりはヘタッピさ」



オーナー「そんな者にトップが務まると思うかね?」

女騎士「……」


女騎士「今、確信した。この街を操っているのはお前だなオーナー?」

オーナー「っ、しつこいな君も?」




40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/08(火) 15:10:13 ID:JGQuGJ8.



女騎士「……」

女騎士「薬物の蔓延は、止められないと言ったな?」


オーナー「うむ。貼り紙などはしているんだがねぇ……それだけでは、何とも」

オーナー「売人を捕まえたところで、所詮は端末で蜥蜴の尻尾。根本的な解決にはならん」



僧侶「確かに、大本を捕まえなくては……」

女騎士「何を言っている? 捕まえるんだよ僧侶。私たちがな」


僧侶「……」

僧侶「へっ?」チラッ




41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/08(火) 15:18:34 ID:JGQuGJ8.



女騎士「オーナー」

オーナー「何かね?」


女騎士「許可をくれ」

オーナー「許可?」



女騎士「カジノの街の、実質的なトップで在るお前の、その許可だ」

オーナー「……」


女騎士「話を聞いれば、街を良くしたいとは思っているらしいからな」

女騎士「で、有るなら、この勇者が……及ばずながら協力しよう」ニコリ




42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/08(火) 15:28:15 ID:JGQuGJ8.



オーナー「……」

女騎士「……」


オーナー「ははっ、わざわざ手を煩わせるまでも……」

女騎士「待て。すまん、言い方を変えよう」



女騎士「お前に拒否権は無い」

オーナー「……」


女騎士「許可を出せ。まぁ、出さないなら出さないで、勝手に動くがな」

女騎士「お前は売人を端末だと言ったが、その端末からでも、辿り着くぞ私は?」




43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/08(火) 15:33:19 ID:JGQuGJ8.



僧侶「ゆ、勇者さま!?」オロオロ

オーナー「分かった、許可しよう」


オーナー「この街の、為だからねぇ」ニコリ

女騎士「流石の決断だ。恩に着るよ」ニコリ



女騎士「それでは、私たちはこれで失礼する」ペコリ

オーナー「うむ。また来るといい……この街を、頼むぞ勇者」


女騎士「僧侶、武闘家、出るぞ?」タッ

武闘家「あいよ」タッ




44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/08(火) 15:48:17 ID:JGQuGJ8.




 巨大カジノの外



女騎士「二人とも、気を付けてくれ」

僧侶「はて?」


武闘家「あん?」

女騎士「恐らく、この街に居る間、何らかの襲撃を受ける」



武闘家「その理由は?」

女騎士「オーナーの部屋へ入った時、一瞬で分かったよ」


女騎士「あの部屋はな? 薬物の売人と、同じ匂いがするんだ」

女騎士「間違い無く、アイツが元締めか……少なくとも関与している」




45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/08(火) 15:53:41 ID:JGQuGJ8.



僧侶「っ!?」ビクッ

僧侶「まさか、以前の大臣のように、魔物が化けているのでしょうか!?」


女騎士「いや、人間じゃないか?」

僧侶「しかし……あのお方は、そんな事を一言も」



女騎士「ああ、アイツも会ってたんだったな」

僧侶「はい」コクリ


女騎士「ふむ。仕方ないだろ……アイツは、気付かなかったんだよ」

女騎士「いや、違うか。気付こうとしなかったんだ」




46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/08(火) 16:18:01 ID:JGQuGJ8.



武闘家「……」

僧侶「それは、どう言う……」


女騎士「信じたいのさ、アイツは」

女騎士「裏切られたくない……誰よりそう思っていても、自分からは決して裏切らない。疑わない」



女騎士「信じて、裏切られて、絶望して、それでもまた信じる」

僧侶「……」


女騎士「私の夢は、人々を守り、この世界を平和にする事だ」

女騎士「今でこそ現実的だが、以前はあまっちょろい幻想でしか無かったよ……」クスッ




47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/08(火) 16:39:02 ID:JGQuGJ8.



女騎士「けどアイツの夢は、私のより更にあまっちょろいんだぞ?」

女騎士「そんな甘い奴だから、疑えない、気づけない。気付こうともしない」


僧侶「……」

女騎士「ならば、私たちがこの旅ですべき事も、自ずと見えて来る」



女騎士「言われた事を疑わず、そのまま信じるアイツでは気付けない『悪』を。蔓延る悪を!!」

女騎士「私たちが排除して行く……魔王だけじゃない。この世の悪を討ち、本当の意味で世界を平和にするんだ!!」キッ


武闘家「ほぉ……」ニヤリ

女騎士「そうで無くては、魔王を倒した所で……きっとアイツは、ガッカリするからな」




49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/09(水) 16:16:19 ID:cBkv4MO6



武闘家「で? 具体的にはどうすんだよ?」

女騎士「中毒者を集め、まとめてアレフガルドへルーラで転送する」


女騎士「牢、とまでは行かないが、体から薬物が抜けるまで、施設へ隔離しよう」

武闘家「こりゃまた手間の掛かる……」



女騎士「売人の方も、売る相手が居なくなるんだから、どうしようもなくなるだろう?」

僧侶「なるほど……その後は、どうなされますか?」


女騎士「ふっ。そうなれば、痺れを切らせて向こうから動くさ」

女騎士「必ず、私たちへコンタクトを取りに来る。それを待とう……刺客を返り討ちにしながら、な?」クスッ




51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/10(木) 15:06:23 ID:d8Pwa.mc



僧侶「ですが、刺客、とは考え過ぎでは?」

女騎士「……」


女騎士「その内に分かるさ」

女騎士「ほら、まずは道端に寝転がってる奴らから拾い集めるぞ?」




女「くすりっ、クスリちょうだいいい!!」ブルブルッ

武闘家「ああ、うっせーな!! こっち来やがれ!!」グイッ


老人「ゔばああ……」ブルブルッ

僧侶「どうぞ、こちらへ」ニコリ




52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/10(木) 15:18:11 ID:d8Pwa.mc




 その夜 カジノの街 レストラン



武闘家「ふいー、疲れたぜ」

武闘家「だが、大通りに限って言や、だいぶ片付いたな?」


女騎士「うむ。オーナーはこの街が自由で有るかのように語ったが」コクリ

女騎士「こんな無法を、自由とは言わん!!」



僧侶「明日からも、今日と同じ事を?」

女騎士「いや、それは……」


ウェイター「お待たせ致しました」コトッ

女騎士「この料理を食べてから話そう」




53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/10(木) 16:18:33 ID:d8Pwa.mc



武闘家「おおっ、旨そうなステーキだ!!」

武闘家「と、なんでワインなんだよ? オメェ、酒なんざ飲めねぇだろ?」


女騎士「ふふっ。ところで僧侶、こう言う高級店に来た事は有るか?」

僧侶「恥ずかしながら……以前はお金が無かったもので一度も」フルフル



女騎士「ならば教えよう。こんな店ではな、料理を運んで来たウェイターに、チップを払うんだ」

僧侶「なんと!? ですが、その行為には聞き覚えが」


武闘家「おいおい……」

女騎士「ウェイター、チップをやろう」




54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/10(木) 16:23:04 ID:d8Pwa.mc



ウェイター「え? あ、ありがとうございます」

女騎士「だが、手持ちが少なくてな? 生憎と……現金で、とは行かない」


ウェイター「はぁ……」

女騎士「だから」スッ



女騎士「お前が持って来た、このワインを」シュポン

女騎士「一杯、奢ろうじゃないか」トクトクトクッ


ウェイター「っ!?」

女騎士「遠慮はいらないぞ? さぁ、飲んでくれ」ニコリ




55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/10(木) 16:27:37 ID:d8Pwa.mc



武闘家「仕事中に飲酒を勧めるバカが、どこに居んだよ」

ウェイター「は、はい。仕事中なのでお酒は……」


女騎士「ん?」

女騎士「ああ、すまん。言い方を変えよう」




女騎士「私が、お前に、このワインを飲めと言っている」

女騎士「一口だけで良いんだぞ?」


ウェイター「……」

武闘家「あ? まさかっ!!?」ガタッ




61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 15:41:35 ID:mN4ShSig



ウェイター「それは……」

女騎士「どうした、顔色が悪いな? まるで、このワインに毒でも入ってるようじゃないか?」


ウェイター「うぐっ」

女騎士「なんなら、飲ませてやろうか?」



ウェイター「……」ギリッ

ウェイター「出番です!! 来てください先生!!」


巨漢「プヒィ、やーっと俺の出番かぁ!?」ドシーン ドシーン

巨漢「毒なんて回りくどい事やらんでも、最初から俺が出れば済んだ話なのによぉ」ニヤリ




62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 15:52:14 ID:mN4ShSig



ウェイター「聞いて驚け!! 先生はな、あのフーセンドラゴンを握り潰せるほどの怪力の持ち主なんだ!!」

巨漢「フフッ……」


武闘家「チッ、豚がっ」ギロッ

巨漢「ああん? 聞こえねぇなー? 何か言ったかぁ小さいの?」



僧侶「勇者さま……」チラッ

女騎士「ふむ。武闘家、私がやろう」ザッ


武闘家「好きにしろ」

女騎士「よし、ではデカイの……私と力比べをしようじゃないか」




63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 16:01:52 ID:mN4ShSig



巨漢「この俺と、お前がか?」ニヤニヤ

女騎士「そうだ。握手をして、お互いの手を握り合う。耐え切れず先に手を放した方の負け」


女騎士「私が勝ったら、お前たちを雇った者の名を教えて貰おうか」

巨漢「いいだろう。それで、俺が勝ったら?」



女騎士「ん? そうだな……私と、そこに居る僧侶を、好きにしろ」スッ

僧侶「どうして巻き込むんですか!?」ビクッ


巨漢「グヒヒッ、ほらよっ、握手だ」スッ

女騎士「成立だな。では、勝負!!」ギュッ




64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 16:08:00 ID:mN4ShSig



巨漢「おらぁ!! 一瞬でお前の手を握り潰し……」ギュッ

女騎士「……」


巨漢「あれ? ちょっ、ちょっと待ってくれ!! 手、手が熱いッ!!」ダラダラ

女騎士「……」



巨漢「あつっ、熱いってんだろ!! 放せこのヤロウ!!」ダラダラ

女騎士「私は女だ。ヤロウでは無い」ギュッ


巨漢「あぢぃぃっ、あぢぃぃよぉぉぉぉぉっ!!!」バッ

女騎士「おっ? お前から放したな? この勝負、私の勝ちだ」クスッ




65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 16:17:38 ID:mN4ShSig



僧侶「今のは?」

武闘家「メラだ。後十秒も握ってりゃ、焼豚の完成だったな」


僧侶「……」

僧侶「もし、熱さに強い方で、そのまま握られていたら?」



武闘家「そん時は、俺が頭を蹴り抜いてブッ倒してたさ」

僧侶「なんと!?」


武闘家「なんだ、慰み者になりたかったのか?」

僧侶「いえ、そう言う訳では」フルフル




66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 16:33:21 ID:mN4ShSig



巨漢「ぐううぅっ……」フラフラッ

ウェイター「先生ッ!?」タタッ


女騎士「さて、教えて貰おうか」

巨漢「っ、それは、言えん」



女騎士「見当は付いているんだ。だが、お前の口から、その答えを聞きたい」

巨漢「……」


女騎士「言えば、お前が裏切り者として殺されるからか? 例えば、そこのウェイターに」

ウェイター「ほぉ……」チラッ




67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 16:40:12 ID:mN4ShSig



ウェイター「よくぞ見破ったな?」ニヤリ

ウェイター「我こそがオーナー様の右腕にして、忠実なる家臣だ!!」


武闘家「なんだ、やっぱりオーナーか」

ウェイター「あ……」ビクッ



ウェイター「くそっ、知られたからには生かしては帰さぬ!!」

ウェイター「死ねえええええええええ!!!」ダッ


女騎士「ボミオス!!」バッ

ウェイター「ぐおっ!?」ガクンッ




68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 16:51:20 ID:mN4ShSig



ウェイター「か、からだが、重っ……」プルプル

女騎士「僧侶」チラッ


僧侶「は、はい」コクリ

僧侶「ボミオス、ボミオス、ボミオス……」



ウェイター「ぐええええええええ!?」ドサァッ

女騎士「このまま潰されたくなければ、色々と教えて貰おう」


女騎士「右腕なら、この街で起こった事ぐらい、知っているな?」ニコリ

女騎士「あ、僧侶? 本当に潰れて死ぬから、その辺でヤメて良いぞ?」




69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 19:27:05 ID:mN4ShSig




  繁華街の裏通り 風俗店の入り口



娼婦「ふー」ガチャッ

娼婦「さぁて、今日も元気に開店でーーすっと」


娼婦「えっと、今日の予約は……」

少年「ただいま」



娼婦「は?」チラッ

少年「ただいま、娼婦さん」ニコリ


娼婦「……」

娼婦「おっ、おかえりぃっ!!」ギュウッ




70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/15(火) 19:35:27 ID:mN4ShSig



娼婦「どこ行ってたの!? 何してたの!? 心配したんだよ本当に!!」ムギュゥゥッ

少年「すみません、色々と有ったんで……」


娼婦「うぅっ、ぐすっ。アンタが魔王にやられたって聞いてさぁ、お墓まで作っちゃったじゃないかぁ!!」ポロポロ

少年「それも、すみません」ギュウッ



少年「でも、そのままでいいです。今日は、挨拶に来ただけなんで」

娼婦「どう言う事?」


少年「それは……」

富豪「おーい、今日も来たぞお!!」ガチャッ




71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/16(水) 17:43:40 ID:rdKzvuVo



少年「あ、お久し振りです」ペコリ

富豪「……」


富豪「け、けっ、けっ……」プルプル

少年「け?」



富豪「結婚してくれ!!」

少年「お断りします」


富豪「じゃあセックスしよう!! 今、ここで!!」

少年「ここでって、ここ……お店の玄関なんですけど?」




72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/16(水) 17:56:38 ID:rdKzvuVo



娼婦「あのね、何を勝手に……」

富豪「貸し切りにしろ!! 300万Gを現金で払う!!」


娼婦「さ、さんびゃく?」ビクッ

娼婦「いや、でもこの子はもう……」



富豪「頼むよ、俺は君を愛しているんだ!! どうせ妻とは離婚する。俺は、あんな浮気性の女に資産なんぞ渡したくない」

少年「そんなに、ボクの事が好きなんですか? 男ですよ?」


富豪「構わん!! 君と結婚できるなら、来年に死んでもいい!! 会社も資産も全てやる……愛してるんだ!!」ガシッ

少年「っ、そうですか……」




73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/16(水) 17:58:04 ID:rdKzvuVo


※ホモセックス入るよ




74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/16(水) 18:11:12 ID:rdKzvuVo



富豪「愛してるんだ!!」

少年「何回言うんですか?」


娼婦「だからぁ、この子はもう働いてないんだってば!!」

少年「娼婦さん、ボクはいいですよ」チラッ



娼婦「えっ、でも……」

富豪「いやっほぉぉぉおお!!」ピョン


少年「300万Gも有れば、ここもだいぶ楽になりますよね?」ニコリ

娼婦「あ……」




78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/22(火) 10:54:52 ID:gFlE5wiI



娼婦「どうして、そうまでしてくれるの?」

少年「どうして?」


少年「大切な人を救うのに、理由が要りますか?」

娼婦「……」



少年「理由を聞いてから、助けるかどうか決めますか?」

少年「娼婦さんは、素性も知らない突然現れたボクを、何も言わずにここで働かせてくれました」


少年「これ以上の感謝は有りません」ニコリ

娼婦「そっか……」ニコリ




79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/22(火) 11:01:57 ID:gFlE5wiI



娼婦「でも、そろそろ引退を考えてるんだ。三十歳を越えちまったからね」

娼婦「この店は、引き継ぎたい奴が居たら引き継がせるし、居なかったら……新居にでも改築するさ」


少年「そうですか。まだ若いと思いますけど?」

娼婦「稼ぎは良いんだけど……普通の、ふふっ。女としての幸せにも憧れてててね」クスッ



少年「幸せ、ですか?」

娼婦「子供が欲しいって、思ってるんだ」


娼婦「オカシイ、かい?」

少年「いいえ」フルフル




80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/22(火) 14:41:00 ID:gFlE5wiI



娼婦「それで、その……」モジモジ

娼婦「そいつの相手が終わったらさ、私の部屋に来てくれないかな?」チラッ


少年「……」

娼婦「待ってても、良いかい?」



少年「はい。終わったら行きます」コクリ

娼婦「あ……うっ、うん。ありがとう!! そんじゃ、営業看板を片付けたら、部屋で待ってるからねっ」タタッ


富豪「おい、こっちだって待ってるんだぞ!!」

少年「あ、すみません」ペコリ




81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/22(火) 14:47:16 ID:gFlE5wiI



富豪「もう我慢できん!!」カチャカチャ

富豪「今すぐにしゃぶってくれ!!」ボロンッ


少年「……」

少年「ここに来る前、シャワーは浴びました?」



富豪「金なら余計に払うから、早く!! 爆発しそうなんだ!!」ビンビンッ

少年「はぁ、分かりました」


少年「跪いて、フェラするだけですよね? オプションはどうしますか?」スッ

富豪「後で言うからっ!! 早く早く!!」




82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/22(火) 15:57:40 ID:gFlE5wiI



少年「もう、せっかちですね? 何もしてないのに、先っぽから滲み出て来てますよ」クスッ

少年「ふっ、ん……ちゅっ、ちゅっ。はむっ、ちゅぷぷっ」パクッ


富豪「うああ、温かい。この瞬間が最高なんだ」ブルッ

富豪「上目遣いで、こっちを見ながら頼むよっ!!」



少年「……」チラッ

少年「ちゅるちゅる、ちゅるちゅるっ!! んっ、ぢゅっ、ぢゅぷ、ぢゅぷっ!!」グチュグチュ


富豪「ぐひい!! 洗ってない汚いチンコを吸われるのが堪らんのだ!!」

富豪「ああ、それと君のチンコ見せてくれチンコ!! 自分でチンコを扱きながら、俺のをしゃぶってくれ!!」




83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/22(火) 16:11:59 ID:gFlE5wiI



少年「ほほなんれふか(ホモなんですか)?」

少年「ほへに、ひょんなおふほひゃ、ないれふ(それに、そんなオプションは、ないです)」モゴモゴ


富豪「うぐっ……そんな事を言わずに頼むよ。今日が最後なんだろ?」

少年「……」ジィーッ



富豪「この守銭奴め!! 倍の600万G払うからっ!! な? それならいいだろう?」

少年「ふぁふぁりまひた(分かりました)」ヌギヌギッ スルスルッ


富豪「おおっ」ゴクリ

少年「ふ、んんっ……」スリスリ コスコス




86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/24(木) 15:26:06 ID:lwKsQDxo



少年「ちゅっ、ちゅっ、んっ、んっ……」チュポチュポ

少年「んっんっん、ぢゅるるるっ!! んぢゅちゅっ!!」グチュクチュ


富豪「ふおおおっ!! こんなにチンポがガチガチになったのは久し振りだよ!!」ビクッ

少年(この人、ずっとボクのアソコ見てる……何が楽しいの?)シュッシュッシュッシュッ



少年「ろーも(どうも)。このははらしまふか(このまま出しますか)?」

富豪「いや、もう挿入させてくれ!! 今日こそイカせてやるぞ!!」ニヤリ


少年「……」

少年「ん……ぷはぁっ、ふぅっ。そうですか」チュポンッ




87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/24(木) 15:32:12 ID:lwKsQDxo



少年「では、前戯とか要らないんで……このまま後ろからどうぞ」

富豪「待ってくれ!!」ガシッ


少年「……」

少年「何ですか?」



富豪「君の顔を見ながら挿れたい」

少年「は? まぁ、いいですけど」


富豪「よしっ!!」バサッ

富豪「俺の毛皮のコートを床に敷いた。この上に寝転がりなさい」




88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/24(木) 15:41:12 ID:lwKsQDxo



少年「……」

少年「富豪さん。思ったより、紳士なんですね?」ジィーッ


富豪「ほら、早く早く」

少年「ふふっ。失礼します」コロンッ



富豪「さっきから先走りが止まらないんだ!! すぐに挿入するぞ少年!?」ガバッ

少年「演技は、しますか?」


富豪「いらん!! 絶対にお前も射精させてやるからな!!」ピトッ

少年「そうですか。じゃあ……きて」ニコリ




89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/24(木) 15:47:32 ID:lwKsQDxo



富豪「行くぞ?」

富豪「フンッ!!」ズンッ




 ヂュブッ!! ズブズブズブッ!!!



少年「んんっ!?」ピクンッ

富豪「お? 今日は反応が有るな?」


少年「別に……普通です」プイッ

富豪「……」ムラムラッ




91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/24(木) 16:15:15 ID:lwKsQDxo



富豪「ぐおおおおおっ!! 少年!! 少年ッ!!」ズコズコ バコバコ

少年「くんん!? そんなっ、最初から激しくなんてぇっ」ビクビクッ


富豪「何を言っている!? お前のチンコも、こんなに勃起して嬉しそうに揺れてるじゃないか!!」パンパンパンパン

少年「くっ、あんっ!! あうぅ……ただのっ、整理現象っ、です」



富豪「そのつれない態度も、慣れた今は興奮材料だよ?」グリグリッ

少年「っ、ばか……」


富豪「そらっ!! ナカに出されるのと顔に掛けられるの、どっちがいいんだ!?」ズチュッ ズチュッ ズチュッ

少年「んっ、んんっ、汚されたくないんで……ナカに」ピクピクッ




92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/24(木) 16:29:59 ID:lwKsQDxo



富豪「おっしゃそれじゃあ顔にブッ掛けてやる!! 俺のザーメンでベトベトにしてやるぞ!!」パンパンパンパン

少年「ぁん、あん、あん、あんっ、あんっ!! 富豪、さっ、ヤメ……」ウルウル


富豪「と、思ったが!!」

富豪「基本はナカ出しだろうがぁっ!!! ぐおおおおおっ!!!」ブルルッ




 ビュルビュルビュルッ!!!



少年「ひぐっ!? んっ、ん゙んんんんんんんっ!!!」ビュクビュクッ

富豪「はぁっ、はぁっ……ふひひ、とうとうイッたな? 俺も久々で、なかなか射精が収まらんよ」




93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/24(木) 16:46:16 ID:lwKsQDxo



富豪「ふひひひひひひ」ドピュドピュッ

富豪「……」


富豪「あれ?」ビューッ ビューッ

少年「どうかしましたか?」クスッ



富豪「いや、幾ら何でも、射精が長過ぎ……る」ドサッ

富豪「……」


少年「ぐっ、ん、重い。んしょっと」グイッ

少年「すみません。何回もやる時間ないんで……代わりに、演技はサービスして置きますね」ニコリ




98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/25(金) 15:53:43 ID:05ywJkis




 カジノ オーナールーム



女騎士「それで、何か言い訳は有るか?」

オーナー「言い訳も何も、知らんもんは知らんのだよ」


武闘家「あのなオッサン? こっちはお前の右腕だっつー男から、何もかも聞いてんだぞ!?」キッ

オーナー「だから、知らんよ……その男が、私をハメようと嘘を言っているのでは無いのかね?」ニヤリ



僧侶「見苦しい……」

僧侶「以前お会いした貴方は、こんな事をする方ではっ」


オーナー「知った風な口を聞くな。フン、変わってなどおらんよ」

僧侶「しかしっ!! 以前はこの街も、薬物などの蔓延は有りませんでした!!」




99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/25(金) 16:20:17 ID:05ywJkis



女騎士「……」

女騎士「ふむ、なるほど」


女騎士「その当時は、ただの準備期間だったか?」

オーナー「さてねぇ、なんの事だかさっぱりだよ」ニヤニヤ



僧侶「っ……」

オーナー「繰り返すぞ? 君達の捕まえた奴らが何と言ってるか知らんが、それは私をハメる為の罠だ!!」


オーナー「ここで管を巻いてないで、さっさと真の黒幕を捕まに行ったらどうかね!?」

武闘家「チッ。てめぇ……」ギリッ




100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/25(金) 16:47:00 ID:05ywJkis



女騎士「そうか、ならばやる事は一つだな……」

僧侶「それは?」チラッ


女騎士「このカジノを、貰ってしまおう」

オーナー「は?」



女騎士「街に法が無く、全てが自己責任だとしたならば」

女騎士「力付くでカジノを奪う……この行為を誰が捌く?」ジャキッ


オーナー「こっ、こんな事をしてっ、どうなるか分かっておるのかね!?」アセアセ

女騎士「どうなるんだ?」クスッ




104: モンハン終わった 2016/01/05(火) 15:50:49 ID:XCcSfq8k



女騎士「誰が、お前を守る? ん? 居るなら連れて来い……」

女騎士「しかし、先に言って置くが、私は相当強いぞ?」ニヤリ


オーナー「ぐぬっ……」ギリッ

女騎士「武闘家、規律の厳しい国と言えばどこだ?」チラッ



武闘家「あん? ここから近くて規律が厳しいっつったら、ポルトガか」

女騎士「ふむ……ならば、このカジノを奪った後は、ポルトガに譲渡するとしよう」


オーナー「ッッ!?」ビクッ

オーナー「ま、待たんかっ!!?」




105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/05(火) 16:01:13 ID:XCcSfq8k



オーナー「今ここで働いている従業員はどうなる!? 従業員の職を奪うつもりか!!?」

オーナー「ポルトガのような国が、ギャンブル場など認める筈が無い!!」バンッ


オーナー「確実にカジノは閉鎖される!! それが分からんのかね!?」

女騎士「……」



女騎士「お前の言葉、心に響かん……」

女騎士「以前の私なら、この場面はどうだ武闘家?」


武闘家「以前のオメーなら、薬物ばら蒔きをヤメるよう口頭で約束して終わりだな」

武闘家「もうしないと言われりゃ、バカ正直に信じたんだろうよ」




106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/05(火) 16:36:05 ID:XCcSfq8k



女騎士「そうだな。私もアイツに、一歩近付いたと言う事か」

僧侶「勇者さま?」


オーナー「っ……」

オーナー「フフッ、仕方ない」ニヤリ



武闘家「お、諦めたか?」

女騎士「の、ようには見えんが?」


オーナー「ここはカジノ。そしてどんなギャンブルが有るかは、知っているな?」

僧侶「はい。ポーカー、スロット、それに……」




112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/06(水) 14:41:26 ID:0J0DLH5U




 ゴゴゴッ、ガラガラガラッ!!!



女騎士「……」

武闘家「なんだ、オーナーの後ろの壁が、左右に開きやがったぞ?」



僧侶「まさかっ、モンスター闘技場のっ!!?」ビクッ

オーナー「ぬっふっふっふっ……その通りだ!!」


オーナー「この奥には、無数の化け物どもを飼っていてね」

オーナー「普段は人を襲う事は無いが、命令すれば……」ニィッ




113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/06(水) 14:49:40 ID:0J0DLH5U



オーナー「さぁ、出て来い化け物ども!! コイツらを殺すんだ!!!」

女騎士「ほぉ……」


ドラキー「ピキャー!!」

デスフリッター「カァーーッ!!!」バサバサッ



キラーマシーン「ギギッ……」ガシャン ガシャン

おどる宝石「キャキャキャキャッ」


僧侶「くっ……」

武闘家「は、次々と出て来るじゃねぇか」スッ




114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/06(水) 14:56:16 ID:0J0DLH5U



武闘家「だが、妙だな……」

女騎士「うむ」コクリ


ドラキー「ピピィ……」

オーナー「どうしたっ、さっさと殺せ!! このスイッチを押されたいのか!!?」スッ



ドラキー「ッ!? ピキャー!!」パタパタッ

僧侶「皆さん、来ましたよ!!」


女騎士「……」

女騎士「成る程、モンスターの体内に爆弾でも埋め込んだか」




115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/06(水) 15:03:56 ID:0J0DLH5U



オーナー「ご名答だよキミぃ!! だから化け物どもは命令に逆らえんのだ!!」

女騎士「外道が……」キッ


武闘家「その右手に持ってるスイッチよ? 手放すつもりはねぇか?」

オーナー「いいや、手放さんね!! 何をやってるんだ、早く殺せ化け物!!?」



武闘家「そうかい」

僧侶「勇者さま!! ここはわたくしの魔法でっ」バッ


女騎士「いや、必要ない」

僧侶「しかし、このままではっ!!」




116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/06(水) 15:16:37 ID:0J0DLH5U



女騎士「オーナー、その握っているスイッチを、どの指で押すつもりなんだ?」

オーナー「くくっ、親指に決まって……」



 スパンッッ!!



オーナー「おや、ゆ、び……あれ? おっ、親指が無いいいいいいいい!!?」ビクゥッ

武闘家「風陣脚。すまんな、足癖が悪くてよ」ニヤリ



女騎士「……」

女騎士「終わりにしましょう、ここに囚われた者達よ!! 倒すべき敵に、戦うべき敵に、もはや従う必要は無い!!」




121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/07(木) 16:09:54 ID:.Sor2/is



デスフリッター「……」ギロッ

オーナー「な、なんだその目は!? は、早く殺せ!!」アセアセ


武闘家「早く殺して欲しいってよ」

オーナー「違うっ!! 殺すのはソイツらだ!! 言う事を聞け化け物!!!」



女騎士「四面楚歌……最後の情けだ、謝罪しろオーナー。そしてこれからは真面目に生きると誓え」

オーナー「く、バカかね!? 右手が駄目だって、左手で押せるんだぁ!!」


女騎士「……」

女騎士「救えない……」ジャキッ




122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/07(木) 16:23:43 ID:.Sor2/is



女騎士「フッ!!」ブォン

オーナー「うぎゃあああああああああ!!?」ガクンッ


女騎士「左腕を切り落とした……足で押すつもりなら、その足も切り飛ばす」

オーナー「うぐっ……」ブルブル



女騎士「さて、武闘家、僧侶……少し、部屋から出ていようか?」

武闘家「お?」


僧侶「……」

女騎士「判決を下すのは、私達じゃない」タッ




123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/07(木) 16:34:05 ID:.Sor2/is



オーナー「ま、待てっ!! 助けてくれ!!」

女騎士「……」チラッ


オーナー「これからは真面目に生きる!! 罪も償う!! だからっ!!」

女騎士「今さら、助けてくれ……か?」



女騎士「助けてくれるかどうかは、そっちに聞くんだな」

女騎士「武闘家、僧侶、行くぞ」タッ タッ


オーナー「おいっ!!」ビクッ

オーナー「ぐうっ……」




124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/07(木) 16:40:51 ID:.Sor2/is



おどる宝石「キャッキャキャッキャ♪」フワフワ

オーナー(何とかして、この化け物どもを説得しなくては……)チラッ


オーナー「すまん。悪かった!! 体内に埋めた火薬も取り除こう。元居た場所へ帰そうじゃないか!!」

オーナー「それなら、文句は無いだろ? 助けてくれんかね?」



おどる宝石「キャッキャキャッキャ♪」フワフワ

おどる宝石「…………」


おどる宝石「バギクロス」ギロッ

オーナー「へ?」




125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/07(木) 16:54:04 ID:.Sor2/is




 ポルトガ 正門より数キロ地点の平原



魔王「頑張ってるかクロよ?」スタッ

黒騎士「頑張ってるも何も、『あんな条件』じゃあ、攻め切れず手こずるに決まってるだろ?」チラッ


魔王「そうか……」

黒騎士「ま、大将は前線に出て来ねぇで、どっかりと後ろで構えてな。城の一つや二つ、落としてみせるさ」ニヤリ



魔王「……」

魔王「なんか、カッコいいねクロ」


黒騎士「……」

黒騎士「頼むから、回りに配下が居る時は、魔王らしい口調を徹底してくれよ?」




126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/07(木) 17:30:20 ID:.Sor2/is



魔王「……」コクリ

黒騎士「で、用件は何だ? 戦況ならご覧の通り、人間に踏ん張られてるぜ?」


魔王「クロは、そろそろかなーって」クスッ

黒騎士「そろそろって、お前……」



魔王「どう?」

黒騎士「……」


黒騎士「俺はまだ大丈夫だから、姫さん……じゃなかった、白騎士の方へ行ってやってくれ」

黒騎士「最近、そわそわして忙しないぜ?」




127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/07(木) 17:42:48 ID:.Sor2/is



魔王「そうなの?」

黒騎士「そうだよ」コクッ


魔王「そっか……じゃあ、行って来るねクロ? ルーラ!!」シュン

黒騎士「っ、たく。仕方のねぇ魔王様だぜ」



黒騎士「……」

黒騎士「さぁて、これ以上グダグダになるんなら、俺も戦いへ出なきゃならんか」


黒騎士「朗報を待ってろよ魔王さん……」

黒騎士「救って貰ったこの命、お前の為に燃やしてみせるさ!!」キッ




138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 16:08:11 ID:uyxWddXE




 ポルトガ城内 王の間



女騎士「だから、カジノの街を統治して欲しいと頼んでいるだろ!!」

ポルトガ王「だから、それどころでは無いと言っておろう!!」


ポルトガ王「我が国は今、魔王の軍勢と戦っておるのだぞ!?」

女騎士「この城に直接飛んで来たんだ、そんな事は知らん」



ポルトガ王「ぐぐっ……だっ、だいたい、勇者ならば助けぬか!!」キッ

女騎士「今度の勇者はな? 義よりも先に利を取るのだ」ニコリ


武闘家(おいおい、王様相手に言い過ぎじゃねーのか?)チラッ

女騎士(強気で交渉しろと言ったのはお前だぞ?)チラッ




139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 16:19:50 ID:uyxWddXE



武闘家(いや、でもよ……)ヒソヒソ

女騎士(ここまで啖呵を切ったんだ、後には引けん)ヒソヒソ


女騎士(それに……ここで引いたら、カジノの街はどうなる?)

僧侶「……」



女騎士「さぁ、イエスかノーか、はっきりと声に出して答えて貰おうかポルトガ王!!?」

ポルトガ王「くぅっ……」ギリッ


ポルトガ王「っ、分かった。街の事は何とかしてみよう。噂は聞いていたし、どうにかせねばならぬとは思っていた」

女騎士「ありがたきお言葉……」ペコリ




140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 16:29:25 ID:uyxWddXE



ポルトガ王「では、この国の事も頼むぞ? どうか、救ってくれい!!」ペコリ

ポルトガ王「今はどうにか持ちこたえて居るが、兵達の気力と体力も限界……この国に、この城に、モンスターどもが攻め込んで来るのも時間の問題なのだ!!」


女騎士「……」

ポルトガ王「……」



女騎士「心得ました。この勇者、しかと胸に刻みます」

女騎士「武闘家、僧侶、行くぞ!!」クルッ


武闘家「へへっ、任せとけ」

僧侶「……」コクリ




141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 16:41:33 ID:uyxWddXE



女騎士「……」タッ タッ

僧侶「勇者さま?」チラッ


女騎士「ん、どうした?」

僧侶「『あの時の答え』は、嘘だったのでしょうか?」



女騎士「あの時……テストの答えの事か?」

僧侶「はい」コクリ


僧侶「近々の勇者さまの行動や言葉は、以前の勇者さまを辿っていると感じます。これでは……」

女騎士「違うよ僧侶」フルフル




142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 16:46:54 ID:uyxWddXE



女騎士「私は、アイツを真似ているんじゃない」

僧侶「では……」




女騎士「私は、アイツになりたいんだ」

僧侶「……」




女騎士「分かるか?」

僧侶「いえ、わたくしには」フルフル


女騎士「勿論、アイツとは考え方が違う。生き方が違う。結論の出し方が違う」

女騎士「しかしな、アイツの辿り着いた場所へは、アイツじゃないと辿り着けない気がするんだ」




143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 16:54:08 ID:uyxWddXE



武闘家「……」

女騎士「この世界の、どこかで生きているアイツの所には、きっとアイツでないと辿り着けない」


女騎士「だから、アイツが感じた事を私も感じたい。アイツが体験した事を私も体験したい」

武闘家「そんで、アイツがイシスとセックスしたから、お前もセックスしたってか?」



女騎士「……」

武闘家「無茶苦茶だなおい!?」


女騎士「すまん……」

武闘家「チッ。せめて俺達には説明しとけクソが」プイッ




144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 17:00:47 ID:uyxWddXE



僧侶「なるほど。なら……」

武闘家「僧侶、これ以上は戦いが終わってからにしとけ」


僧侶「っ……す、すみません勇者さま!! わたくしとした事がっ」ペコリ

女騎士「ふふっ。気にしてないよ僧侶。どうしても謝罪したいなら、ベッドの上で聞く」ニコリ



僧侶「そっ、それとこれとは話が違いますっ!!」アセアセ

女騎士「あははっ」


女騎士「……」

女騎士「さて、気合いを入れて行くぞ!!!」キリッ




145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 17:12:59 ID:uyxWddXE




 ポルトガ 正門より数キロ地点の平原



兵長「くっ、怯むなっ!! 全軍突撃!!」バッ

兵士「おおおおおおおおお!!」


黒騎士「ふーん。やはり、死霊とは言っても人型は戦い慣れされているな」

黒騎士「キラーアーマー部隊!! 後ろに下がれ!! 俺が道を拓く!!」ザッ



兵長「敵将が前に出て来たぞっ、何としても仕留めるんだ!!!」

兵士「おおおおおおおおお!!」



黒騎士「まっ、魔法は専門外で自信はねぇが……」

黒騎士「砂埃を巻き上げて、煙幕を張るぐらいならやれるか」スッ




146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 17:36:52 ID:uyxWddXE



女騎士「ボミオスッ!!」バッ

黒騎士「なんだぁ?」


兵長「か、体がっ!?」ガクッ

兵士「動かない!!」ガクンッ



女騎士「私は勇者!! ここからは私が代わろう。皆は体を休めるがいい」ザッ

兵長「勇者、さま?」


黒騎士「……」チラッ

僧侶「……」




147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 17:44:34 ID:uyxWddXE



武闘家「随分とゴツい鎧を着てやがるな。兜でツラまで隠してんのは、ブ男だからだろ?」ニヤリ

女騎士「お前が、魔王か?」ジャキッ


黒騎士「……」

黒騎士「我が名は、魔王様の部下『黒騎士』。貴様が勇者か?」ジャキッ



女騎士「名乗った通り、如何にもと言うやつだ。黒騎士よ、ここから引け」

僧侶「そっ、そうです!! 魔王の所へ戻りなさい!!」


黒騎士「……」

黒騎士「引けんな……」ニヤリ




148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 17:54:32 ID:uyxWddXE



僧侶(っ、どうしてっ、今は戦う時ではっ!?)ビクッ

女騎士「そうか、なら仕方ない。僧侶、補助魔法を」チラッ


僧侶「えっ? あ、はっ、はい!!」

女騎士「先に言っておく。私は強いぞ?」



黒騎士「奇遇だな。俺も強いんだ」

武闘家「悪りぃが遊びじゃねぇ。3対1でも文句無しで頼むぜブ男?」スッ



黒騎士「さぁ、来い!!!」

僧侶「あ、あっ……」キョロキョロ




149: ◆uC4PiS7dQ6 2016/01/08(金) 17:57:44 ID:uyxWddXE




僧侶(勇者さま……)

僧侶(わたくしは、どうすれば!?)






おわり




152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/01/08(金) 18:54:47 ID:0dt4/Rzo

面白すぎて禿げる




女騎士「私が守ってやる!!」へつづく

・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 女騎士「私は、アイツになりたいんだ」

管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【放送事故画像】カメラマンに狙われた素人のお●ぱいがエ□いwww
【GIF動画あり】深田恭子のセーター着衣巨乳お●ぱいすげえええええええwwwww【TVキャプ画像43枚】
素人JKのガチで美味しそうな生足太ももに注目wwwwwwwwwww
浜崎あゆみがドスケベ画像公開!お●ぱいと太ももがムチムチでたまらんwww
【アスリートエ□画像】アスリートの見えてはいけないマ○コが開脚し過ぎて隠れきってない!!!www
【画像】美人の気付いていない乳首ポロリって本当に最高だわ
【画像】女の子6人(全裸)と男1人。こんなエ□いパーティー見た事ないわ…
【画像】佳子さまの最新写真が完全に、ご褒美wwwwwww
【速報】元SKE48メンバーがまたavにwwwww(※画像)
篠田麻里子さん(29)、股間が際どい水着を着せられるwwwエロ本かよwwww(画像)
橋本環奈さん(16)、ガチのスッピンがやべぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!(画像)
【画像】 レイフ゜直前とレイフ゜後の被害者の画像がぐうヌけるwwwwwwwww
【最終回】彡(゚)(゚)「小料理屋 志衛のスレッドなんやで」
男「おい、日本が従軍慰安婦を認めて謝罪して金も払うってさ」
シトロン「出来ました! ○○で女性トレーナーを調教するマシーンです!」
夜神月「これは全てAV女優の名前だ」



 

SS宝庫最新記事50件