転載元:【艦これ】隼鷹「切ねえなぁ……提督でも買うかぁ!」【R-18】

1: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:16:18.23 ID:GX/djIYpo


そう言うと、あたしはドレスを脱いで、普段着に着替えた。

「財布〜財布〜。それと外出・外泊許可証っと……」

(クリスマスイブの外出・外泊申請が無駄にならなかったな……。何を期待してたんだか? あたしも乙女だねぇ〜)



※R-18
※短い
※しんみり







1




彡(°)(°)「お!近所のJCやんけ声かけたろ!」
男の娘「残念実はおと――」男「嘘だ!」
子供「らんら〜ん♪」熊「あっ」子供「あっ」熊「あっ」もぐもぐ
シンジ「毛虫なんてどうかな?」 ゲンドウ「・・・・・・」
悟空「ブルマ先っちょだけ挿れさせてくんねぇか」 ブルマ「はぁ!?」
【※画像あり】このHカップJKの体操服姿どうみても不自然すぎやろwwwwwwwwwwwww
巨乳よりも何倍も敏感に反応する膨らみかけのちっぱい!!
【衝撃画像】壇蜜・フルヌード(乳首丸出し)でフ●ラ○オ!⇒2ch「完全にAVだろ、これ…」
【※神スレ※】パ●ティに手突っ込んで手マンしてる画像クレメンス → 「シコった」「女だけどシ...
【wおかえりw】一度足を洗うも結局戻ってきてしまった悲しいA●女優がこちらwwwwwww...

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 11:17:36.23 ID:GX/djIYpo


一二月二四日、定時後、自室に戻ると、あたしは着替え始めた。

部屋着ではなく、ドレスにだ。

提督からお誘いに備えて、イブニングドレスに着替え、髪をセットし、メークをする。

そして鏡に自分の姿を映した。

「か〜っ、かっこいいなあ! 自分に惚れそうだよ〜!」



もう19時。提督からの誘いは来ない。

「お誘い無し……振られちまったか……まぁ〜わかってたけどね……」

あたしは冷蔵庫から大五郎(4L)を取り出す。

「呑むかあぁ……」

こんなクソッたれな時、良い酒はもったいない。

安酒の薄っぺらい味が、かえって心地いい。



酒のペットボトルのキャップを開ける。

(ペットボトルって……まったく……情緒のカケラもないねぇ……)

グラスに酒を注ごうとして……止めた。

「はぁ……こんな辛気臭い酒は飲みたくない……あたしらしくない」






3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 11:20:55.19 ID:GX/djIYpo


こんな日は、いつわりでも人肌が恋しい。

「切ねえなぁ……提督でも買うかぁ!」

そう言うと、あたしはドレスを脱いで、普段着に着替えた。

「財布〜財布〜。それと外出・外泊許可証っと……」

(クリスマスイブの外出・外泊申請が無駄にならなかったな……。何を期待してたんだか? あたしも乙女だねぇ〜)

そして『提督ソープランド』に向かった。



鎮守府近くの『提督ソープランド』では、お金で元提督を買うことが出来た。

あたしら艦娘は提督に愛されたくて仕方がない。でも愛されるのは一部だけ。

そんな艦娘に、(元)提督とイチャイチャできる場を提供するのが、この店だ。






4: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:23:59.59 ID:GX/djIYpo


「いらっしゃいませ」

あたしが店に入ると、店長が出迎えた。

「細かいことは言わないからさぁ、一番早く入れる提督を頼む」

店長が一枚の写真を差し出した。

「彼はどうでしょう?」

若い青年。あたしはもっと渋いのが好みだけど、まあいいや。

「まぁ〜、いけるいける! いーぜぇ!」



「はじめまして……」

おどおどと提督が出てきた。

「ひゃは? こいつぁ……」

写真と違って……少年が出てきた。可愛くて美少年といえる程だが……。

「店長〜! フォトショ使いすぎじゃね? 別人の域だろ!」

「はて……写真と寸分たがいませんが……」

クイッと店長がメガネを上げる。



「どの口が言ってんだよぉ〜? あたしは渋い兄ちゃんがいいんだよ。ショタッコじゃなくてさぁ〜?」

「まあまあ、彼は今日が初入店なんです。常連のお客様なら大丈夫と見込みまして……」

店長は元艦娘の霧島。メークで隠してるけど、顔中、傷だらけ。どんだけ修羅場をくぐってるんだか……。

(花山薫かな……?)

「指名料なし、五〇分の値段で七〇分のプレイタイム……で、いかがですか?」

ニッコリ笑う店長。

(怖いねぇ〜、でも良い女だ……こんど口説こう……)

「仕方ないねぇ〜……いいよ、彼で」






5: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:25:45.62 ID:GX/djIYpo


「部屋にご案内しますね」

提督があたしとイチャイチャする個室に案内する。

(しかし、この年で提督になって……その上、首になるって……)

提督になるには生まれついての特別な資質が必要であり、よっぽどのことがない限り、首にならない。

(でも、まあ、よっぽどのことをしちまったんだろうねぇ……なにをしでかしたかは、聞かないけどさぁ……)



提督があたしの手を握る。まだ少年の手だ。

(かわいいねぇ〜。でも提督って感じじゃないな、これ)



「どうぞ、お入りください」

ドアを開けると、風呂とベッド、クローゼット、ドレッサーがあった。

「邪魔するぜぇ〜」

「ベッドにお座りください」

あたしはドスッとベッドに座る。






6: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:26:52.04 ID:GX/djIYpo


「お風呂準備しますね」

提督が風呂に湯を貼り始める。

「外、寒かったですか?」

「まぁ〜ね」

「お洋服を……」

提督があたしの服を脱がし始める。



「えーーと……あのーー……」

ブラの外し方が分からないらしい。

「へへっ! どうしたんだぁ?」

「ううんと……その……」

さすさすとブラを触って、外し方を探している。



「ここだよ!」

「あっ……」

あたしは提督の手をとって、後ろのホックに持ってくる

「はっ、はい!」

ブラが外れた。

「ぼよーーーーん! ひゃっはっは!」

提督の顔が真っ赤になる。面白い。






7: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:29:47.21 ID:GX/djIYpo


「おパンツも脱がせて欲しいなぁ〜」

「は、はい!」

提督がかがんでショーツに両手を掛ける。

「腹筋が割れてて……綺麗ですね……」

「んん〜〜? 惚れた?」

ますます赤くなる。可愛い。



提督がおずおずとショーツを脱がす。

明るい紫色の陰毛が姿を現した。

いつ大破してもいいように、ショーツからはみ出ない形に整えている。

けっこうエロイから、あたしは気に入ってる。



陰毛とクレバスを、提督が食い入るように見ている。

「男の子だねぇ〜」

「あっ……ごめんなさい……」

「提督も脱ぎなよ」

「はい」

脱ぐと、意外と鍛えられた身体。

(本当に最近まで軍にいたんだ……)






8: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:31:29.62 ID:GX/djIYpo


「お風呂でお体を流します」

あたしは提督に体を洗ってもらい、風呂に入った。

そして……。



「カモーーーーン!」

夜戦開始ぃ! あたしはベッドに仰向けに寝そべり、迎撃態勢を取る。

(さて……お手並み拝見だぁ! とはいうものの……提督……お前、凶悪なブツを持ってんなぁ……)

体格は駆逐艦か潜水艦なのに、主砲は重巡か戦艦クラスだった。

(傾城の美少年だな……。これは鎮守府を首になるかも……)



提督はあたしの上に覆いかぶさると、キスをしてきた。

目をつぶって、んちゅー、という感じで唇を突き出す。

(やっべ! かわいい!)

唇が触れると、必死に舌をだして、ペロペロと舐めだした。

(ワンちゃんかな?)






9: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:32:25.17 ID:GX/djIYpo


ひとしきり唇をペロペロすると、こんどは胸だ。

おっぱいをつかむと、ふよふよと揉む。

(うーん、微妙だぁ)

そして、カプっと乳首をくわえ、チューチュー吸い始めた。

(wwwwww)

必死な感じが良い。



「き、気持ちいいですか?」

「んん? うーん……頑張ってんのは分かる」

焦った提督は、どこで知ったのか、加藤鷹バリの指マンをし始めた。

「ひゃはっはっはっはっはっは!!!」

あたしは提督の頭に、ビシッとチョップした。






10: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:35:42.66 ID:GX/djIYpo


「痛っ!」

「うっそだろお前! お店の教育、ガバガバじゃねえかよ!」

「うえええ……」

「いいか? 今、提督がやったのはな、これとおんなじだぁ!」

あたしは提督の主砲を強めに握り、光速でシゴいた。

「痛いっ! 痛いです!」

「わかっただろ? 加藤鷹がやれば気持ちいいけど、ヘタクソなお前がやったら、こんなもんだ!」

「うん……」

「まさか……これ……ほかのお客さんにも、やってないよな?」

「やってません。お客様が、僕の一番目のお客様です」

あたしが最初の最初だったのか。まあ手慣れてないはずだわ。



「はあ……どこぞの航空戦艦じゃないけど……ついてないねぇ〜」

「もうしわけございません……」

泣きそうな提督。

「しゃっきっとしな! これも何かの縁だ。この隼鷹さんが、お前を提督にしてやるよ!」






11: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:37:25.73 ID:GX/djIYpo


「ではこれより、作戦のブリーフィングを始める! あたしの場合、どうすれば気持ち良くなるか説明するぜ!

まぁ、あくまでも、あたしの場合だけどね……。時間も無いし……まずは、おっぱい!」

「はい!」

「揉み方だけど……おっぱい自体は脂肪のかたまりだから、揉まれてもあまり気持ち良くない」

「そ、そうなんですか……」

「で、どうするかというと、おっぱいの向こうの大胸筋に効かせるんだぁ! 手のひらで押しつぶして、大胸筋マッサージっ!」

「なるほど!」

「大きな筋肉がマッサージされると気持ちいい! やってみろ、提督三等兵!」

「はい! 提督三等兵、行きます!」



あたしはベッドで仰向けになった。

提督があたしのおっぱいを手のひらで大きくつかみ、押しつぶすようにゆっくり揉みしだく。

「ンンンン〜〜、いいゾ〜これ!」

「ありがとうございます!」






12: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:40:32.97 ID:GX/djIYpo


「それと乳首に対する認識を改めろ! 乳首を刺激して立たせる、じゃなくて、立った乳首を刺激するんだぁ!」

「といいますと……?」

「フニャってる乳首を刺激されても、あまり気持ち良くない! 乳房を揉まれて乳輪を刺激されて、

ピンッピンに立った乳首を刺激されると、ああ^〜もうたまらないほど気持ちええんじゃ〜」

「知りませんでした!」

「乳輪を指で優しく刺激してから、ふちを舌で舐めるんだ! やってみろ!」

「はい!」

あたしの大き目な乳輪を指で優しく触られて、乳輪のふちを舌でツツーーーっと舐められると、自然と甘い息が漏れだす。

「あぁあん……んんん……いいよ……ううん……」

ピンク色の先端がとがってきた。



「ちょっと見、乳首が立ってても、まださわっちゃだめ……もっと焦らして……」

「ふぁい」

大きい乳輪を指と舌でじっくりと責められる。

(か〜っ、気ン持ちイイーーーー!)






13: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:44:02.31 ID:GX/djIYpo


乳首がますます勃起し、乳輪もぷっくり膨れてきた。

「いいぜ……つまんでもいいし……舐めてもいい……優しくな……」

「はい……」

左の乳首を舌で舐められ、右の乳首を優しくつままれると、痺れるような快感が走る。

「んんんッ!!! ああああん!!!」

ビクンッと背中がしなり、大きな胸が、プルンと揺れた。



舌で乳首をすりつぶされる様に舐められ、指で優しくクニクニ刺激される。

「ああっ! ああんっ! いいぜっ! いいっ!」

「ふぁい!」

「乳首のぉ……先端がっ……弱点だっ! 突撃しろっ、三等兵!」

「アイ、マム!」

提督の舌と指が乳首の先端をトントンと刺激すると、強い快感と甘い疼きが、胸いっぱいに広がった。

「あぎっっ……いいいっ!!! いいぜっ! 突撃止めっ! はぁ……はぁ……はぁ……」

あたしは提督にご褒美のキスをしてやった。






14: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:46:09.36 ID:GX/djIYpo


「提督三等兵、次は指マンだ!」

「アイ、マム!」

「三等兵の利き腕は右か左か?」

「右腕であります!」

あたしは右が上になるように、横向きに寝た。

「あたしの後ろから抱きついて寝ろ!」

「アイ、マム!」

提督が抱きついて寝ると、提督の右手を取る。



「三本、指を伸ばして……ここを優しく円を描いて揉むんだ」

「アイ、マム……」

提督の三本指をクリトリスの包皮を上に導いて、ゆっくりと揉ませた。

「柔らかいか?」

「はい……」



しばらくもませると……。

「ここが固くなっているのがわかる?」

「はい」

「クリトリスが勃起しているんだぜ」

「はい」

「そのまま続けて……」

「アイ、マム……」

下半身から快感のさざ波が押し寄せる。






15: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:47:28.63 ID:GX/djIYpo


「指をクレバスに沿って、下に降ろして……」

「アイ、マム」

「ここ……濡れているのがわかる?」

「はい」

「この蜜をすくって……クリトリスに塗って、びしょびしょにするんだ……」

「アイ、マム……」

クリトリスが愛液まみれになった。



「クリトリスをびしょびしょに濡らしたら、直接さわるんだ……触れるか触れないか……羽根のようなタッチでだぜ……」

「アイ、マム……」

提督の指先が、ほんの少しクリトリスに触れた。

「あああっ!!!」

腰がビクッと大きく痙攣する。

強い快感が背中を走った。

チョンチョンチョン……と、指がクリトリスを刺激する。

刺激されるたびに、あたしは甘い嬌声をあげ、腰を痙攣させた。






16: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:49:28.61 ID:GX/djIYpo


「あっ! あんっ! ああん! 続け…てっ!」

チョンチョンチョン……

空いてる手で、乳首を刺激してきた。

「あっ! それ……やっべ! やっ……べ……!」

身体がピクピク痙攣し始める。

下半身から、大きな快感がせり上がって来た。



「あああ! いくっ!!! いくぜっ!!! あっ、あっああああああ!!!」

背中をビクンッとのけ反らせ、またをギュっと閉め、足をのばし、あたしは絶頂に達した。

「はぁ……はぁ……やるじゃん……はぁ……はぁ……」






17: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:52:20.69 ID:GX/djIYpo


あたしは提督の右手の中指を膣に導いた。

「次はGスポット……中指をそっと穴にいれるんだ……」

「アイ、マム……」

ぬぷぷっと中指が入る。

「ちょっと指を曲げて……腹側の壁をさすって……ざらっとしたところがあるだろ……」

「はい……」

「そこがGスポットなんだぜ……そこを指で優しくこするか、マッサージしてみな……」

「アイ、マム!」

指がGスポットを刺激すると、ヘソの下が熱を孕み始めた。

「んんん……いい……いいねぇ……」

「隼鷹さん……穴が指を締め付けてきます……」

「感じてんだよ! 言わせんな! 恥ずかしい!」



「次は……もっと奥に入れて見ろ……一番奥の行き止まりがポルチオだ……」

「指が届きません……」

「そうか……、ではポルチオの説明は省略する。以上のように、指マンではクリトリス、Gスポット、ポルチオを優しく刺激するんだ!」

「アイ、マム!」



そしてとうとう、おちんちんタイムだぁ!!!






18: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:55:25.60 ID:GX/djIYpo


「次はファックだ、三等兵!!! ファックの前に必ず、今まで教えたおっぱい責め、手マンで、

女の子をトロットロに融かしておくこと! いいか!」

「アイ、マム!」

「あと、ゴムは基本付けること。艦娘は妊娠しないけど、掃除が大変だし、提督に義理立てしている娘もいるからねぇ〜」

「アイ、マム!」

「『つけないで』って言われたらゴム無しで。で、あたしは生でッ! バッチコイおらぁ!!!」

「アイ、マム!」

「パーッといこうぜ〜。パーッとな! ひゃっはー!!!」

あたしはM字開脚で構えた。

「カマーーン!」

「アイ、マム!」



提督の主砲が、あたしの中に入って来た。

膣壁を押し分けてミチミチっと入ってくる感触がたまんない。

(あ゙ぁ〜! 最ッッ高に気持ちイイ!!!)

「さっき教えたGスポット、奥の行き止まりのポルチオ、そして入り口が気持ちいい場所だっ!

そこを刺激することを意識しろっ!」

「アイ、マム!」






19: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:57:02.63 ID:GX/djIYpo


「あたしはポルチオ派だからっ! 鈴口で子宮にキッスするようなソフトタッチで刺激してくれっ! ソフトにだぞっ!」

「アイ、マム!」

提督の主砲があたしのポルチオを優しく刺激すると、下半身の奥が熱を持ち始める。

快感の津波がうねり始めた。

(この腰使い……とても気持ち良い……あたしに言われたぐらいで、普通、すぐにできるもんじゃない……

勘が良いんだねぇ……この年齢で提督になるなんて、よっぽど優秀だったんだろうなぁ……)



「三等兵!!! いいッ! い゙い゙ね゙ぇ! その調子だッ!」

「アイ、マム! 隼鷹さんの中……とても温かくて……気持ち良いです!」

提督の腰が早くなった。

あたしの雌穴が歓喜し、蠢動を始める。






20: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 11:59:12.42 ID:GX/djIYpo


「ああっ! 中の壁が……グネグネと主砲に絡みついて……砲身が持ちません!!!」

提督の砲身が熱を持ち、マズルブレーキが膨らみ始めた。

「こらえろ……三等兵……。まだだ……まだ撃つんじゃない……もっと引きつけるぅぉおおおお!!!」

といっても、あたしも限界が近かった。

一突きされるごとに快感が背骨を駆け巡り、熱を持った子宮が溶け出してしまいそうだった。

(ああ……意識が……フワフワしてきて……どっかに飛んで行ってしまいそう……)



提督の顔を見ると、切ない顔で必死に発砲を我慢している。

(愛おしいねぇ……可愛いなぁ……もし、もっと前に出会えていたなら……)

「隼鷹さん……もし……もし……あなたが、僕の鎮守府にいてくれたら……僕は……僕は……」

あたしは提督の顔をグイッと引き寄せて、唇で口をふさいだ。

それ以上聞きたくなかった。

あたしの中の何かが、壊れてしまいそうだったから。

提督の涙を拭って、あたしは言った。

「野暮なことは、言いっこなし……男の子だろ?」






21: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 12:00:26.04 ID:GX/djIYpo


提督が叩き付けるように腰を振り始めた。

提督の主砲が、引きつるようにビクンビクンと痙攣しだす。

主砲の表面の静脈も、凶悪なほど隆起していた。

「あっ……あっ……発砲許可を……お願いです……許可を……!」

「ああ……いいぜ……許可する……あたしに出してくれ……!」



「アイ、マム!!! あああああ!!!」

「あたしもッ……いくッ!!! んんん!!! あああ!!!」

提督はあたしに抱き着いて、主砲をぶっ放した。

あたしも同時に絶頂に達する。頭が真っ白になって、全身が幸福感で満たされた。

「はぁ……はぁ……よくやったよ……提督ぅ……お疲れさんっ♪」

「アイ……マム……」

あたしの上でぐったりする提督が愛おしくて、時間まで頭を撫で続けた。






22: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 12:01:58.10 ID:GX/djIYpo


「今日はありがとうございました!」

店を出る時、見送りに来た提督がカードをくれた。

外はやけに寒い。



「これからどーすっかな……まあ、久しぶりにファックしてスカっとしたから、千歳でも誘って、飲むか!」

(そういやぁ、あのカード、何が書いてあるんだ?)

カードを見ると……。



『今日はありがとうございました! また店に来てくれることを切に願っております。

そして……メリー・クリスマス!』



(ふふっ……メリー・クリスマスか……)

「提督に選ばれなかったあたしに……選ばれなかったあたしたちに……メリー・クリスマスッ!」



- 完 -






23: ◆KY9IyHJerk 2015/12/23(水) 12:03:52.02 ID:GX/djIYpo


提督は一人だし、艦娘はたくさんいるし、選ばれない娘が出ちゃうのは仕方ない。

そんなクリスマスを書いてみた。

なお、このSSはネットで得た情報を元に適当に書いているので、この通りやって本当に相手が気持ち良くなるかは不明です……。



※過去作

【艦これ】俺「駆逐艦とヤリてぇ……なんとかならんかな……」【R-18】
http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1945615.html






25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 12:20:32.96 ID:1hPDeY6U0

唐突な語録は草生えるからやめろぉ!(建前)ナイスゥ!(本音)




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 12:32:14.19 ID:cPAVTtL1O

語録で草が生えつつちょっとしんみりした114514i点




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 13:15:42.92 ID:FERUu3+h0

いったいどんなエロパワーが貯まったんですかねぇ…
前作と作風違いすぎて草
ともあれ乙、面白かった
次も期待してる





30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/23(水) 17:32:48.06 ID:vwdZtmF2o

乙!





・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】【艦これ】隼鷹「切ねえなぁ……提督でも買うかぁ!」【R-18】

管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【エ□GIF】駅弁体位でファックしてるときの女の格好がエ□すぎwww
画像☆橋本環奈さんの豪快なY字パ●チラを存分にご堪能下さいwww
【アスリートエ□画像】JKやJDの陸上や駅伝選手がこんなにエ□いと思わなかったwww
【GIFあり】 このAVくっそワロタwwwwwwwww
【エ□GIF】これは抜ける!縛られたままイカされ続ける女のGIF画像がエ□すぎてフイタwww
「敷かれたレールで一生終えたくない」と無修正まで行った女性
【エ□GIF】このパイズリwwwwwマジでヤバイwwwww
一発でチェリーボーイが、バレる画像が破壊力ありすぎwwwwww
【速報】元SKE48メンバーがまたavにwwwww(※画像)
木村沙織さん、過去のセクシー水着姿がエロ過ぎwwwwたまらんwwww(画像)
【速報】 今月のToLOVEる、遂に規制の壁を越えるwwwwwww (画像あり)
【R-18】マフォクシー♂&♀「新婚夫婦初夜…////」
【胸糞注意】彡(゚)(゚)で知る外国の未解決事件
彡(゚)(゚)「共和制になったのにこの国は安定しないな」
【ネタバレ注意】まほ「おはよう、みほ」 みほ「お姉ちゃん、何でここに!?」



 

SS宝庫最新記事50件