転載元:俺「あ、う..も、もれ...」ランプの精「願いを叶えよう」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 19:45:34.251 ID:4sOjMeEi0.net

俺「な、なんです?い、今話しかけないで!」

ランプの精「すまん。でもなぜ?」

俺「んんっ...ううう!」

ランプの精「腹が痛いのか!そうか、じゃあ背中をさすってやろう」なでなで

俺「ヒ!や、やめろ!!!誰だアンタ!」

ランプの精「私は通りすがりのラ」

俺「うぐぐ...あ、あと少しで家だ」

ランプの精「家に帰りたいのか?」

俺「つ、ついてくるな、ぐ、ぐぐ...!う...!ヤバい漏れちゃう、う」

ランプの精「ん?なんて言った?」

俺「は、話しかけるなと、言って..う、あ.......!!」ブッ...

ランプの精「あ!漏れちゃう、か、そうかトイレに行きたいのだな。では最寄りのトイレを調べるからちょっとま...」

俺「う、あ、あぁ......」ブボボッ....ビチョ...

ランプの精「ひぃッ!汚い!寄るな!!」ボコバキ

俺「う、うわぁあああんん!!!」ブリブリッビチョビチョ....





 


女騎士「くっ!殺せ!」オーク「セッ○スしてからな」
右京「僕のチ○コを、舐めればいいではありませんか……!」プルプル
俺(イケメン)「クリームパスタ一つ」店員「……クリームパイお一つですねぇ♡」
俺「大輔…俺もう我慢できねえ…ハァハァ」 宮川大輔「ちょ、アカーーンて!こんな所で!」
【マジキチ注意】俺「あ、アレ?なんだかおしりがムズムズする...」寄生虫「♪」

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 19:49:58.726 ID:4sOjMeEi0.net

俺「ひっく、ぐす...」

ランプの精「.....」

俺「い、言わないでぇ...」

ランプの精「は、は?」

俺「誰にも、い、言わないでください、ひっく、おねがい、しますぅ....」

ランプの精「そ、そんなのがお願いでいいのか?」

俺「あ、あたりまえでしょう、う、うぅっ...」

ランプの精「じゃあ誰にも何も言わん」

俺「あ、ありがと、ございます、う、うぅぇ..ぐすっ...」




9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 19:52:37.733 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「貴様ずっとそこで泣いているつもりか...?」

俺「へ..え、あ、あ、あう、すみませ、う、う、うぅっ...!うえええん!」

ランプの精「な、泣いたって仕方がないだろう!」

俺「あう、すみませ、う、う、」

ランプの精「今が夜中でよかったな、ほら、立って、急いでここを離れるのだ」

俺「はい、すみません、う、うぅっ..」




10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 19:55:37.189 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「あ〜あ〜..見てられんな..染み付いて..気持ち悪い....」

俺「あ、あ、スーツが、あ、う、うぅっうううう...!」うるうる

ランプの精「アッまた泣き出すんじゃあない、ほら、家はすぐそこなのだろう?!歩け!」

俺「ひ、すみません、ごめんなさい、ほんとう、ごめんなさいありがとうございます...」トボトボ

ランプの精「そ、そんなに感謝したって何も出んぞッ///」




11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 19:58:31.544 ID:4sOjMeEi0.net



俺「う、う、ありがとうございました...」

ランプの精「フン、別に!もう漏らすんじゃないぞ!」

俺「あ、あの、お礼と言っては何ですがお茶していきませんか...」

ランプの精「へ?」

俺「是非、お願いしますよ上がっていってください」

ランプの精「し、仕方がないなお願いなら仕方がない入ってやる!」




13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:00:14.560 ID:4sOjMeEi0.net

俺「洗ってきます、お好きな場所でくつろいでいてください」

ランプの精「あぁ」

風呂場

俺「(外じゃよく見えなかったが、明るいところで見たらかなりタイプだぞあれは...これも脱糞したおかげかね)」




15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:03:35.491 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「くつろぐと言っても私は疲れたりはせんからなぁ」

ランプの精「本でも見ていようか」

ランプの精「おっこの本消えたご主人も持っていたなぁ」

ランプの精「ふむ、あいつの趣味はよく分かったぞ。ンン?奥の方に何か隠されているな...」ガサゴソ

俺「上がりました..ワッ!なんてところ見てる!!やめろ!!」

ランプの精「!」




16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:07:08.330 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「何だ見てはいけないものがあるのか」

俺「あります。」

ランプの精「気になるではないか」

俺「だ、ダメですよ」

ランプの精「せっかく助けてやったのに」

俺「う、うーん、それでも、ダメですよ...」

俺「(見られたら俺がそういう趣味だとバレてしまう。今バレるのはダメだ、逃げられてしまう)」

ランプの精「(なんだ?こいつの心を読み取ってみたがそういう趣味とはなんだ?気になる...)」




18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:10:43.300 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「(私が逃げ出しそうな趣味とは一体何なのだ)」

俺「それより喉が渇いたでしょう、お茶淹れてきますね。グリーンティーでいいですか」

ランプの精「いや紅茶にしてくれ」

俺「わかりました」



俺「(睡眠薬を入れて眠らせてやろう)」サー


ランプの精「(睡眠薬だと?!一体何をする気なのだ!まぁいい、私に薬の類は一切効かないからな..)」




19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:13:40.870 ID:4sOjMeEi0.net

俺「はい、どうぞ」

ランプの精「あぁ」ごくごく

俺「え..あ、暑くないんですか?」

ランプの精「ん?あぁ、別に」

俺「そうなんですか、暑いの平気なんですね」

ランプの精「まぁ、よくわからないからな」

俺「よくわからない?暑いとか冷たいとかが?」

ランプの精「そうだ」

俺「そんな、病気なんですか?かわいそうに...」

ランプの精「病気じゃない!!貴様ら人間とは違うのだよ」

俺「え?人間じゃないんですか?」

ランプの精「は?私はランプの精だと言ったではないか!」

俺「え?ランプの精?初めて聞きましたよ!」




21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:18:00.673 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「い、言った!言った!」

俺「そ、そうでしたかね、すみません...」

ランプの精「フン、漏らしたりなんかしてるからだ!まぁいい、ところで何故私の紅茶に睡眠薬を入れたのかね」

俺「へ!!」ビクッ

ランプの精「私を誰だと思っている!何でもお見通しなのだぞ!」

俺「そ、そう..か....」

ランプの精「そうだ!」

俺「だが、それで逃げ出さないってことはヤラせてくれるんだろ...」

ランプの精「へ?」

俺「なんでもお見通しなら、なんで睡眠薬を入れたかぐらい、分かるだろ!へへっ!」ガシッ

ランプの精「ひゃ!な、なんだ!なにする!!」




22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:20:28.558 ID:4sOjMeEi0.net

俺「たまげたぞランプの精だなんて、はぁ、はぁ..」スリスリ

ランプの精「!!な、何を擦り付けている!ヤメロ!」

俺「チンポだ!見りゃわかるだろ!へへへ!」フリフリ

ランプの精「や、やめろったら!!そ、そうか、逃げ出すって、そういうことか!」

俺「なんだ?今更わかったのか?なんでもお見通しじゃないじゃないか..はは、意地を張ったんだなぁ」

ランプの精「う、うるさい!やめろ!やめろ!!」




23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:24:24.946 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「えぇい、この!貴様も消してやる!」

俺「消す?」

ランプの精「そうだ。私に危害を加える人間は消してやる。前の主人もそのまた前の主人も、消してやった!」

俺「なんてひどいことを!」

ランプの精「フン、消えるのが嫌ならソレを離せ」

俺「いい、消しても...」

ランプの精「え!」

俺「一回だけでいい、ちょっとだけだから、少しやらしいことしたら、消していいから、な、エッチしよう」

ランプの精「な、なんだと..」




24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:26:52.143 ID:4sOjMeEi0.net

俺「な?交尾してくれよお願いだ」

ランプの精「お願い.....」

俺「そうだ、あんたはランプの精じゃないか!3つ叶えてくれるんだろう?」

ランプの精「それは人間が勝手に決めたことだ!3つとは限らん」

俺「え?3つ以上お願いできるの?」

ランプの精「アッ、ち、ちがうそんなことはないぞ」

俺「ははぁ墓穴を掘ったな。意外と天然だな、よぉし、お願いだ、俺と交尾してくれ!」

ランプの精「う、うぅ...し、仕方ない、してやる!」




25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:31:22.662 ID:4sOjMeEi0.net

俺「よし、じゃあ挿れてくれ!」

ランプの精「え!私が入れるのか?」

俺「そうだ。なんだ、犯されると思ったのか?すまんが俺はネコなんだ」

ランプの精「べ、別に!さっさと済ませて終わらせるぞ!」ボロン

俺「ひゃあでかい...おいしそう、しゃぶっていい?」

ランプの精「い、いいが」

俺「パクっ..れろれろ...」

ランプの精「ん...」

俺「ンッンッ...ジュププッ..」

ランプの精「ひ、あ、あぁっ..///」

俺「はぁ、いいぞいいぞ、たまらん声だ、さぁ俺も我慢できなくなってきた、挿れてくれ!」くぱぁ

ランプの精「ふ、フン、ケツの締り確かめてやる!」ズププッ




26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:34:50.203 ID:4sOjMeEi0.net

俺「アッアッ強い!気持ちい!デカイ!!!」

ランプの精「はぁ、はぁ、わ、悪くないな!」

俺「ンン奥まで届く、う、お、奥クるッもっと突いて///」シコシコ

ランプの精「あぁやってやる、うらっおらっ...」

俺「アンッアンッ!!アアア!!」シコシコシコシコ

ランプの精「ハァハァハァ止まらんあぁ気持ちいい...」パンパンパン




27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:37:52.327 ID:4sOjMeEi0.net

数分後

ランプの精「はぁ、はぁ、そろそろ..うぅ...」

俺「あぁ中に出して、出してよぉ!!」

ランプの精「え!じゃあゴムを外すからちょっと待っていろ...」ズリュッ..

俺「んホッ...///く、糞が出たみたいに気持ちいい...///」シコシコ

ランプの精「貴様はどれだけ出せば気が済むのだ、ほら、挿れるぞ...」ズプ

俺「ンひっ入ってきた、入ってきたぁ///」




28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:40:49.062 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「よし出すぞ出すぞぉッ.....ううっ..ああアッ」ビュルルッ!どぴゅうっどぴゅーっ

俺「あぁチンポがビクビクしてるぞ!気持ちいい...///」

ランプの精「くぅっ...あぁッ...」ぴゅっぴゅうう

俺「ま、まだ出るのか?!」

ランプの精「た、大量に出すからな、漏らすなよ、ふふ」

俺「う、うん、漏らさない...///」




29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:43:55.025 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「ふぅ..」ずりゅ

俺「ア!抜かないでぇ、まだイッてないよ!」

ランプの精「私がイッたから良いだろう!」

俺「な、そんなぁ!」

ランプの精「それより!」ぺしん!

俺「キャ!ケツ叩きしないで...」

ランプの精「たくさん漏れてるぞ!」

俺「え、あ!もう漏らさないから..許して」キュッ

ランプの精「しっかりケツを締めておけそれでそのまま朝までいるのだ。そうすれば私と..その...」

俺「ん?」




30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:47:53.115 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「その、なんだ、精霊が産まれるぞ」

俺「エッ!!!じゃあ、子供...」

ランプの精「ふ、フン...///」

俺「い、いいの?俺なんかと...」

ランプの精「別にお前だけではない...いろんな奴とやっているからな」

俺「なんだ。だが、へへ、嬉しい...きっと知っているだろうが俺はお前のことが好きなんだよ。嬉しいな」

ランプの精「な、なんだ、媚売ったって何も出んからな///」




31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:51:35.909 ID:4sOjMeEi0.net

俺「えへへ、俺、産んでみたかった///産むってさ、えっちじゃないか?」

ランプの精「フン思わん」

俺「はぁ、イキたいよ、いかせて」

ランプの精「ケツには入れられないぞ」

俺「て、手で扱いてくれよぉ...口でもいいぞ!お願い、ほら、やって..///」ズイッ

ランプの精「....あむっ...」

俺「口でいいのか!へへ!」

ランプの精「んっんっ...///んぅ、レロレロ...///」

俺「やらしい顔だなぁ...へへへ、あ、いいいぞいいぞ...///」




33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:54:17.644 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「(クソ、チンポをしゃぶるのは何故こう...)」

ランプの精「んんっんふぅっ...ジュルルッジュププッ...///」

俺「美味しそうにしゃぶるなぁ、はぁ、はぁ...///好きなのか、しゃぶるの...」

ランプの精「ン...ジュポッジュポッ..」

ランプの精「(認めたくはないが、たまらんのだ...)」




34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 20:59:08.001 ID:4sOjMeEi0.net

俺「オォッイキそうだぞイキそう!!おっおっ...」

ランプの精「ンッンッ///」

俺「いいんだな、出すぞ、出すぞ!しっかり飲めよ!!ッ...ああぁ!!///」びゅるるッ!!

ランプの精「ンッ///ゴクッゴクッ...」

俺「はぁ......はぁ...///」

ランプの精「ちゅぱちゅぱ..れろれろ..ちゅうっ..」

俺「そんなに好きなのか?」

ランプの精「ぷはぁっ...べ、別に...」

俺「別に別にって、自分に素直になればいいのに。男が好きなんだって」

ランプの精「私が!男を?!」




35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:03:04.177 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「別に私は男が好きなわけじゃ」

俺「まーたそうやって!な、俺と一緒にいつまでも暮らそう。」

ランプの精「は?」

俺「好きなんでしょう、俺のこと」

ランプの精「そんんなこと!」

俺「好きって言ってよう」ぎゅ

ランプの精「私は人間なんか好きにならん!チンポもセックスも、好きだがそれは気持ちいいからだ!」

俺「つれないなぁ...」




36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:09:06.921 ID:4sOjMeEi0.net

翌朝

俺「う、生まれるのかなぁ..あ、あ、漏れるぅ..」

ランプの精「漏れるだなんて、失礼な!」

俺「あ、あ、出ちゃう...」

ランプの精「まぁとりあえず出せ広げておいてやるから」くぱぁ

俺「んんっ....で、るぅっ...!」ブボッ!ブリブリッ!ミチミチ...

ランプの精「!!!!」

俺「あ、あ!ごめん、うんちの方だった...えへへ...///」

ランプの精「き、貴様!」

俺「はぁ、はぁ....///でも、なんか、いいね...///」

ランプの精「はぁ?」

俺「下にちゃんと何か敷いて、寝ながらケツ拡げてうんちすんの、きもちいい...///」




37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:13:20.652 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「な、何だ、貴様、脱糞趣味でもあるのかね!」

俺「あ、あるかも....えへへ」

ランプの精「け、汚らわしい!」

俺「お前もしてみろよ!」

ランプの精「私はそういうものは出ないからな。それより、子供と糞を間違えるとは何事だ」

俺「すまん、きっと次は子供だよ!」




39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:17:48.699 ID:4sOjMeEi0.net

俺「風呂で穴洗浄してくるね」タタタッ

ランプの精「全く..」



俺「よし、綺麗になった!それになんだか出そうな気がする」

ランプの精「よし、では今度こそ....」

俺「んっ....」

ランプの精「どうだ?卵みたいに出てくるはずだ」

俺「あぁそうなんだ!へへ、産卵...///んんっんんっ...///あ!」

ランプの精「おっ!見えてきた!」

俺「あ、で、でる、卵、産んじゃ..あ...///」ボロン!

ランプの精「よし、良くやったな!」ニコッ

俺「!えへ、えへへ...///」




40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:22:26.376 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「見てろ、妖精みたいな可愛いのが産まれるぞ」

俺「う、うん!」

ピシッ...パリン!

精霊「こんにちはぱぱまま!......まま?」

俺「わぁ!」

ランプの精「すまない、女じゃないがママはこいつだ」

精霊「え!」

俺「へへ、ママだよ!」

精霊「もう、男を孕ませるなんてパパったら」

ランプの精「すまんな気持ちよくてつい」

俺「早く大きくなってね!」

精霊「うん、すぐ大きくなるよ!」

ランプの精「......」




41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:25:13.758 ID:4sOjMeEi0.net

俺「ふあぁなんだかつかれちゃったな」

精霊「えへへ!一緒に寝る!まま!」ぎゅ

俺「へへへ子供は可愛いなぁよちよち!」なでなで

精霊「きゃぁ!えへへ!!」

俺「お前も撫でてやれよ」

精霊「ぱぱぁ」

ランプの精「ん、あぁ...」なでなで

精霊「きゃぁ///」

俺「かわいいなぁ、な、俺達この子を育てるんでしょう?はぁ、幸せだねずっと一緒にいよう..///」

ランプの精「フン...」




42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:30:49.649 ID:4sOjMeEi0.net

俺「すやすや...」

精霊「すやすや...」

ランプの精「やっと寝たか....今回は前回から数ヶ月も経っているから精子もたくさんでたし、、魔力も高くて旨そうだ!!」ガシッ

精霊「ふにゃ..ん...ぱぱぁ...?」

ランプの精「すまんな、貴様らを食べるのがやめられなくてなぁ....へへ」ガブッ

精霊「?!ぱぱぁ?!!ぱぱ?!!」

ランプの精「んーうまい...」もぐもぐ

精霊「ぱぱ..う、うでが.....うでがなくなっちゃった....なんで....」

ランプの精「ハハ、心配するな。全部無くなるからな」ガブッ!

精霊「ああ!か、下半身がぁ!!ぱぱ、やめて、精霊が精霊を食べちゃ、ダメだよ、ダメだよぉ!!」




43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:34:35.119 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「....」モグモグ..ゴクン

ランプの精「はああ旨かった!ちょっとしか食えないのは残念だが育つと抵抗するからな...」

俺「何..してるんだ?」

ランプの精「!!お、起きたか、な、なんだ?何か用か?」

俺「み、見てたんだからな...お前が、あの子を....」

ランプの精「バレてしまっては仕方がない、私は人間に精霊を生ませて喰うのが好きなのだ」

俺「な...ひ、ひと、い、いや、精霊殺し!!!」




44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:38:44.514 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「そしてお前には消えてもらおう。このことを他言されとまずいからな」

俺「そ、そんな、俺のこと、好きなんじゃ」

ランプの精「そんなこと一言も言ってないだろう..全くお前は!自己中心的だな!」

俺「や、ヤダ消えたくない!一緒にいたいよぉ!」ぎゅ

ランプの精「じゃあお前も食ってやろうか」

俺「ん、いいよ、食べて...消されるよりマシだ。お前の一部になれるなら..」ぎゅ

ランプの精「なんと、自ら食べられようとするとは!」




45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:43:51.757 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「んじゃあいただくぞ!」

俺「うん...い、いたい?」

ランプの精「あぁ」ガブリ

俺「ギャアアアア!!あ、あ、腕があ!!痛い!腕がかけた、あ、ああああ!いたいい!!!」

ランプの精「食うたびにいちいちこううるさくされちゃかなわんな」

俺「た、たすけて、いたい、いたい!」

ランプの精「痛み止めの魔法だ、ほれ」

俺「あ...い、いたくない」

ランプの精「魔法をかけると美味しさが低下するんだぞ、全く....」モグモグ




46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:46:34.865 ID:4sOjMeEi0.net

数十分後

俺「ねぇ、俺、もう無くなっちゃう...」

ランプの精「あぁそうだな」

俺「う、う、もっと一緒に居たかった...」

ランプの精「一緒にいられるじゃないか」モグモグ

俺「ちがうよぉ...あ、顔は...」

ランプの精「へへ...じゃあ最後にキスをしてやろう」

俺「へ...」

ランプの精「キスしたら噛みちぎってそのまま食うぞ」

俺「血だらけでキスするんだ...血の味がしそうだな..」




47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:50:03.456 ID:4sOjMeEi0.net

ランプの精「んっ..」

俺「んぅ...」

ランプの精「んぅッ..れろぉっ..」

俺「んんっ..ちゅ、れろ...」

ランプの精「じゃあ、食うからな」

俺「え!ま、まだ少ししかッア」

ランプの精「モグモグゴリゴリ....」

俺「......」




48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/30(金) 21:54:19.173 ID:4sOjMeEi0.net

数分後

ランプの精「ふぅ、うまかった」

ランプの精「しかし今回はインパクトにあるやつだったな...」

ランプの精「よしまた愚かな人間共をひっかけにいくか」



同僚「ルンルン」

ランプの精「そこの男!」

同僚「ん?なんだあんた」

ランプの精「私はランプの精だ、願いを叶えよう」

同僚「ハハ、たしかにそんな格好はしているが、怪しすぎるでしょう。じゃあな、今すぐ缶ビール5本出してみろよ」

ランプの精「あぁいいぞ、ほれ、」ポン!

同僚「な...」

ランプの精「信じてくれるな?さて、願いを叶えてやろう」




破廉恥なランプ (二見書房 シャレード文庫)
破廉恥なランプ (二見書房 シャレード文庫)
・ニュース速報(VIP)@2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介でした
 俺「あ、う..も、もれ...」ランプの精「願いを叶えよう」
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【マジキチ】フツーの女子小学生が、ネットのいけないサイトで見た写真に影響された結果がコレwwwww
【閲覧注意】どうしてこうなった・・・?乳首だけが異常に発達したお●ぱい画像が卑猥すぎてヤバイwww
【画像】巨乳で可愛い女の子の存在価値の高さは異常【大量】
【画像】この女の子、絶対変態だわ
ダンス世界大会のこの動画、もはや人間の動きじゃないわ…
佐藤聖羅「トイレで私を見ながら出してね♪」 エ□すぎるやろwww【画像あり】
【驚愕】乱 交パーティーに女子高生(16)を参加させた結果→これマジかよヤバすぎwwwwww
【H注意】豊胸した女がヌードになった結果wwwwwwwwwww(※画像)
AKBから、5人目のavデビューwwwwwwww
【ボッキ注意】こういういじめしてるJKいたよなwwwwwwwwwwww(画像あり)
【驚愕】風ぞく嬢からデカチンポ客が嫌われまくりの理由クソワロwwwwwwwwww
HIKAKIN「つい勃起しちゃうことってありますよね」
右京「僕のチ○コを、舐めればいいではありませんか……!」プルプル
【R-18】幼馴染「久しぶりにしゃぶらせて?」 男「は!?」
悟空「かめかめ波じゃ勝てねぇ…」 一青窈「ええいああ君から貰いな気」 悟空「!」

 

最新記事50件