転載元:女「エッチしてください」男「遠慮します」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/22(日) 12:46:15 ID:BPmCmLXY

女「えっ……」

男「遠慮します」

女「流石に聞こえてましたよ」

男「知ってます」

女「なら何故言ったのですか?」

男「大事なことなので二回言いました」

女「まあまあ、遠慮なさらず」

男「では遠慮なく言いますが」

男「気持ち悪いです」

女「!?」





 


【閲覧注意】俺の携帯のメールBOXから出てきた小説晒す
ジン「弁当男子を目指すだと?」 ウォッカ「へい、兄貴」
【マジキチ注意】やすな「ソーニャちゃんが外でウンチしてる!?」
【R-18】少女勇者「エッチな事をしないとレベルがあがらない呪い…?」【27〜30話】
ゲンドウ「エヴァに乗れ」シンジ「やだ!やだ!ねぇ小生やだ!」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/29(水) 00:22:38 ID:wTt/9feU

男「いきなりそんなことを言われても普通は戸惑うだけです」

女「しかしあなたは」

男「気持ち悪いです」

女「二回言わないでください」

男「遠慮します」

女「男性とは女性に性交を求められれば嬉しがると聞きましたが」

男「それは間違いです」

女「えっ」

男「好きでもない女性に言い寄られても気持ち悪いだけです」




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/29(水) 00:27:19 ID:wTt/9feU

女「男はケダモノ」

男「……」

女「女はみな男の奴隷」

男「ありえません」

女「女はみな男の肉便k」

男「言葉を慎んでください」

女「ともかく」

男「はい」

女「エッチしてくd」

男「嫌です」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/29(水) 00:29:53 ID:wTt/9feU

女「私には魅力が足りませんか」

男「そうかもしれません」

女「そうなんですか?」

男「そうかもしれません」

女「そうですか」

男「はい」

女「酷いわ!私を否定するなんてサイテー!」

男「はい」

女「はい」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/29(水) 00:32:20 ID:wTt/9feU

女「あなたはエッチしたくないんですか」

男「くどいですよ」

女「私、気になります」

男「あなたとは嫌です」

女「えっ」

男「先程も言いましたが」

女「私には魅力が」

男「はい」

女「はい」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/29(水) 00:34:50 ID:wTt/9feU

女「仮に」

男「はい」

女「私が色仕掛けをしたとします」

男「させません」

女「興奮するのが男でしょう」

男「しません」

女「押し倒されても」

男「出来ません」

女「今のは聞き捨てなりません」
男「知りません」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 11:02:31 ID:zWQXgBfk

女「では先っぽだけと言う事で妥協しましょう」

男「それのどこが妥協しているのですか」

女「先っぽだけでもダメと言うのですか」

男「はい」

女「はい」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 11:05:19 ID:zWQXgBfk

女「・・・・・」

男「何をしているのですか」

女「見ての通り、洋服を脱ぎ始めています」

男「私の目の前で脱ぐのはやめてください」

女「なぜですか、巨乳ですよ」

男「気持ち悪いです」

女「Oh........」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 11:08:18 ID:zWQXgBfk

女「流石に落ち込みます」

男「いいから服を着て下さい」

女「はい」

男「はい」

女「そろそろ時間なので、今日のところは帰宅しますね」

男「はい、さようなら」

女「また明日」

男「はい」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 11:11:56 ID:zWQXgBfk

女「こんにちは」

男「こんにちは」

女「エッチしましょう」

男「それは出来ません」

女「それは残念です」

男「当たり前です」

女「体調はいかがですか」

男「あなたがエッチさえ求めてこなければ、良好でした」

女「それは良かったです」

男「あなたは馬鹿ですか、教育者の顔が見たいです」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 11:13:58 ID:zWQXgBfk

女「私の先生はあなたです」

男「今は違います」

女「いえ、昔も今も、本当の先生はあなたしかいません」

男「過ぎた事です、忘れなさい」

女「嫌です」

男「あなたはいつでも私を困らせる」

女「それが私です」




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 11:16:59 ID:zWQXgBfk

男「そろそろ良い時間です、帰った方がいいのでは?」

女「そうですね、帰宅しましょう」

男「ではさようなら」

女「さようなら、また明日きます」

男「はい、また明日」




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 14:04:24 ID:ig71Nbk2

この男理性強いな




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 14:30:57 ID:zWQXgBfk

女「今日は少し寒いですね」

男「そのようですね」

女「色づいていた紅葉も、大方散ってしまいました」

男「少し寂しいものです」

女「寒くて寂しいので、人肌で温めて下さい」

男「そう来ましたか」

女「はい」

男「ホッカイロを差し上げます」

女「そう来ましたか」

男「はい」




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 14:34:20 ID:zWQXgBfk

女「紅葉と言うと、あれを思い出します」

男「あれとは」

女「昔絵本でありましたよね、葉っぱのフレディでしたっけ」

男「あぁ、懐かしいですね」

女「子供の頃を思い出します」

男「あなたは小さい頃から変わってましたよね」

女「そんな事はありません」

男「どうでしょうね」




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 14:39:51 ID:zWQXgBfk

女「少し違う話をしてもいいですか」

男「ダメです、紅葉の話をつづけましょう」

女「紅葉の話はもう飽きました」

男「どうせエッチの話をするのでしょう」

女「期待しているのですか」

男「何に期待すればいいのですか」

赤く染まっていたもみじ達も、力なく枯れ果て、突き刺さるように吹く風に飛ばされる。
その様子を横目に見ながら、私はもみじのように頬を染めた彼女と抱き合う。
結合の音はいやらしくも官能的に響き、私の脳をしびれさせる。




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 14:43:04 ID:zWQXgBfk

男「勝手にあなたの妄想を私のモノローグとして進めないで下さい」

女「期待していただけましたか」

男「全くもって」

女「でもこちらのほうは」

男「はて何のことでしょう」

女「完全に沈黙していますね」

男「何を期待していたのでしょう」

女「先生ったらエッチですね、良いでしょう言います」

男「おっしゃらなくて結構です」

女「はい」

男「はい」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 18:51:35 ID:zWQXgBfk

女「もしかしてあなたはロリコンなのですか」

男「違いますが」

女「そうに違いありません」

男「断定されても困るのですが、なぜそう思うのです」

女「あなたは巨乳が好きではないのですよね」

男「別に嫌いとは言っていませんよ」

女「いいえ、気持ち悪いと言いました」

男「あれは、あなたの露出に対する感想です」

女「私への感想」

男「はい」

女「はい」




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 18:56:53 ID:zWQXgBfk

女「もしかして着エロ属性をお持ちなんですか」

男「なんですか着エロって」

女「着エロ(ちゃくエロ)は、着衣のあるエロチシズム、およびその造語。注1」
注1 Wikipediaより https://ja.wikipedia.org/wiki/着エロ

男「違いますね」

女「私が脱ぐのが嫌なのですよね」

男「そうですね、脱がないで下さい」

女「では着エロ属性じゃないですか」

男「いや、その理論はおかしいです」




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:04:31 ID:zWQXgBfk

女「もしかして、ゲイの方なのですか」

男「ゲイですか、いえ私はゲイの方ではありませんね」

女「女に興味が無いじゃないですか」

男「いえ、私は女性の方が好きですよ」

女「それだと、私とエッチしないのはおかしいですよね」

男「おかしくはないですね」

女「いえおかしいです」

男「おかしくありません」




27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:08:14 ID:zWQXgBfk

女「先生は私を見ているようで、見ていませんよね」

男「いきなりどうしたのですか」

女「私も年度がかわればもう大学生です」

男「そういえばそうでしたね」

女「もう子供の頃の私ではないのですよ」

男「私の中では、あなたはいつまでも教え子です」

女「それはわかっています。あなたは私の先生です」




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:11:47 ID:zWQXgBfk

男「では・・・」

女「ですが、先生は男で私は女です」

男「そうですね」

女「先生は私から逃げていますよね」

男「私は逃げられませんよ」

女「物理的な事を言っているのではありません。精神的な事を言っているのです」

男「はい」

女「はい」




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:14:55 ID:zWQXgBfk

男「もし、あなたと私が愛し合ったとして・・・」

女「はい」

男「私が死んでしまったらどうなる」

女「・・・・」

男「あなたは悲しむのでしょう」

女「もう手遅れですよ」

男「それはどうい」

女「・・・・」

男「・・・・」

女「こういうことです」

男「まさかあなたに唇を奪われるとはね」




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:19:24 ID:zWQXgBfk

女「先生は死にません、信じています」

男「そんな勝手な」

女「愛する教え子を置いて、勝手に死なないで下さい」

男「そうですね」

女「手術の間、ずっと祈っていますから」

男「祈りと言うものは、儚いものです」

女「ですが、私は祈ります。あなたとエッチをしたいですから」

男「こんな低俗で、力強い祈りは初めて聞きました」

女「低俗ではありません」

男「ですが、ありがとうございます」

女「はい」

男「はい」




31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:23:51 ID:zWQXgBfk

男「もしも手術が成功して私が戻って来れたら、またあの台詞を言って下さい」

女「絶対手術は成功しますので、先生は返す言葉を考えておいて下さいね」

男「遠慮します」

女「ここでその返しは度肝を抜かれました」

男「では、行って参りますね」

女「ええ、神のご加護にあらん事を」




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:32:12 ID:zWQXgBfk

私が8歳の時、初めてあなたと会いましたよね。
あの時のあなたはまだ学生服を着ていましたっけ。
母から家庭教師を雇ったと聞かされたときは、お姉さんを期待して胸を躍らせていましたのに、心底残念でした。
ただ、あなたの優しげで、しかし真剣な眼差しに、恋をしてしまうには時間は必要なかったようです。
あなたと過ごした時間は私の中で宝物になっているのです。
たとえあの時は、先生と教え子の関係だったとしても・・・・・


・・・・・・

・・・・




33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:33:22 ID:zWQXgBfk

女「エッチしてください」

男「遠慮、はしませんからね、覚悟しておいてください」







34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/15(木) 21:35:56 ID:zWQXgBfk

以上、乗っ取りおじさんによる乗っ取りでした。




・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 女「エッチしてください」男「遠慮します」
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
【画像あり】椿姫えり 美形ニューハーフがAVデビュー
【画像】こんな可愛い子なのにAKBオーディションに4回も落とされるのかよw
TPP締結でアメリカ式著作権法に→新曲を出したら、「曲のフィーリングが似ている」で9億円の倍賞
木村つな ロリマンも無修正のカリビアン画像集 210枚
36歳でこの体つきなら余裕でヤれるわwwwwwwwwwwwww(動画あり)
【妹 ロリ動画】大好きなお兄ちゃんのことを考えながらオナ●ーするJCの個人撮影動画がネットに流出!!
【閲覧注意】「av女優って大変だなあ」と思う場面集めてみたらwwwマジキチすぎwwww(※画像)
【ボッキ注意】 今月のToLOVEるでマングリ返しwwwwwww (画像あり)
【H注意】このJSの表情がくっそヌけるwwwwwwwwww(画像あり)
【閲覧注意】とんでもねえavが発売されてたwwwww
【画像】 オッサン共に食われまくってるニコ生サークルの姫(JK)をご覧くださいwwwwwwwwwwww
【ボッキ注意】中1の体つきじゃねぇだろwwwwwwwwwwwwwww
【R-18】美少女「ほら、今日の分のザ○メンさっさとシコシコして出しなさいよ」
鬱息子の母「ブラックジャック先生!息子の鬱を治してください!」 BJ「鬱だって?」
彼女「あぁっあん…ンッ…あっあっあっ…」 LINE着信(トゥルル…) 僕「出ていいよ」ヌプヌプ

 

最新記事50件