転載元:男【短編】「この際お前でもいい」男の娘「はあ?」【R18】

1: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:35:24.90 ID:yiaGGyulO


男「頼むっ!一回!一回だけでいいから!」ドゲザ-ッ

男の娘「だから何の話しだよっ」

男「セックス」

男の娘「……頭大丈夫か?キミ」ドンビキ






 


【閲覧注意】俺の携帯のメールBOXから出てきた小説晒す
ジン「弁当男子を目指すだと?」 ウォッカ「へい、兄貴」
【マジキチ注意】やすな「ソーニャちゃんが外でウンチしてる!?」
【R-18】少女勇者「エッチな事をしないとレベルがあがらない呪い…?」【27〜30話】
ゲンドウ「エヴァに乗れ」シンジ「やだ!やだ!ねぇ小生やだ!」

2: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:36:26.75 ID:yiaGGyulO

男の娘「とりあえず頭上げろ。いいか?まずは整理するぞ?」

男「お、おう」スクッ

男の娘「僕とキミは…一応友達だな?」

男「中学の頃からの親友だな」

男の娘「親友かどうかは別として」

男「あれっ?親友じゃないの?」

男の娘「────で、はれて今年の春、僕等は高校生になったわけだ」

男「高校も一緒で御座るwww これを運命と言わずして何を運命と────」

男の娘「待て、ここからがもっと大事だ。いいかい?」

男「うむ」

男の娘「僕は何を隠そう…と言っても別に隠してもいないんだけど………男だ」

男「うむ。知ってる」

男の娘「知ってるな?知ってるんだよな?」

男「当たり前じゃないかwww 何年の付き合いだと思ってんだww」

男の娘「よし、頭の悪いキミでもそこは分かってるんだな?それなら話しはそんな難しくないんだ」

男「ふむ。続けたまえ」

男の娘「最初に戻るぞ?キミはさっき『この際お前でもいい』とか言ってたな?」

男「言った。だから頼む!一生のお願いだから一回だけでも────」ガバッ

男の娘「ちょっ!待て待て待てっ!落ち着………落ち着けバカ!」ゴッ

男「ぐひっ!暴力反対!」スリスリ

男の娘「ひぃいいっ!!やめろ!こらっ!尻を撫でるなぁあ!!」ゾワワ--ッ!ゴスッゴスッゴスッ!






3: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:37:38.30 ID:yiaGGyulO

男の娘「はぁっ、はぁっ、はぁっ…」

男「」ボロ…

男の娘「い、いいか男、よく聞け!今後、僕に、そういう、変な事を、絶対、するな!」ハァ…ハァ…

男「…ぁぃ…」ピクピク…

男の娘「うわぁ…まだサブイボがぁ…」ゾワゾワ

男「でもあれだな…男の娘」ヨロ…

男の娘「な、なんだよ」

男「お前のお尻、丸みを帯びてて柔らかくて…なかなか触り心地が良いなww」

男の娘「聞きたくない聞きたくない聞きたくない!」ゾワワ--ッ

男「つい勃っちゃったww」ビンビンッ

男の娘「ひっ!?お、お前…変態だろ!何でそんな…テント立ててんだよ!」

男「どう?このちんぽ。欲しくなっちゃわない?」ズイ

男の娘「っ!!近付くなっ!」ドスッ

男「うごっ!?…き、金的は……卑怯…」バタッ

男の娘(やばい…何でこんな奴を友達にしたんだ僕はっ!!)ハァ…ハァ…






4: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:38:26.05 ID:yiaGGyulO

男「………はっ」パチ

男の娘「目ぇ覚めた?」

男「ここは…」

男の娘「変わってないよ。僕ん家だ」

男「そ、そうか…」

男の娘「ところで……さっきの事は覚えているかい?」

男「お前がセックスさせてくれるっていう話しだろ?」

男の娘「そんな話しはしてないっ!」

男「分かってるってww そんな怒るなよwww」

男の娘「はぁ…どうしちゃったんだよ一体。キミはそんな男じゃなかっただろ?何で僕は友人相手に貞操の危機を感じなきゃならないんだ」

男「俺は何一つ変わったつもりはないが…」

男の娘「嘘つけよ。キミは女の子が好きだろ?ほら、こんなエロゲを買ったとか何とか…僕が聞いてもいない事をペラペラと得意げに言ってきてたじゃないか」

男「同人誌とかなwww」

男の娘「そうだよ。萌えーとか言ってさ…いや、別に否定はしないよ?僕だって男だから気持ちはわからなくない。女の子に興味を持つ事は健康的な男の証しだと思う」

男「うむ」

男の娘「そうだったんだ。キミはそういう男のはずだったんだよ。思い出してくれ!」ガシッ ユサユサ

男「………こ、このまま」ユサユサ

男の娘「え?」

男「………このままチューしてくれまいか?////」

男の娘「ていっ」ゴスッ

男「ぐふっ! は、鼻に頭突きっ……」ボタボタ…






6: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:39:11.11 ID:yiaGGyulO

男の娘「……はい、ティッシュ」スッ

男「ぐぅ…鼻血が止まらん」

男の娘「馬鹿なことを言うからだ」

男「なかなか手ごわいな…」

男の娘「あのさ、冗談にしてはかなり悪質だから。…っていうか流石に僕も引くよ」

男「いやいや、冗談じゃないでござるよ」フキフキ…

男の娘「もっと引くわ!」

男「まあ待て。真面目な話し、お前どうよ?」

男の娘「どうよって…何が?」

男「俺のこと」

男の娘「は?」

男「俺のことどう思う?」

男の娘「別に…ただの友達だけど」

男「俺の顔は?」

男の娘「顔ぉ?…そんなに、かっこよくはないと思う」

男「お前は優しいなぁww」ナデナデ

男の娘「や、やめろ//// 頭撫でんなっ!////」パシッ

男「俺のことブサイクだって直球で言わないよなぁ、お前は」

男の娘「言うほど…ブサイクじゃないと思うけど…」

男「ほう。じゃあもしお前が “女の子” だったら…俺と付き合える?」

男の娘「僕が “女の子” だったらね」

男「なら」

男の娘「でも残念ながら僕は男だ。はいおしまい。ゲームやろ、ゲーム」ゴソゴソ

男「なあ、そうやって話しを先読みして終わらせなくても…」

男の娘「だって何か嫌な流れなんだもん」

男「俺は、お前が前から好きだったんだ!」






7: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:40:13.66 ID:yiaGGyulO

男の娘「」

男「そんなゴミを見るような目で見るなよ」

男の娘「…まさか…キミにそっちのケがあったとは…」

男「すまん」

男の娘「出口はあちらです」

男「え?うそ。それって帰れってこと?」

男の娘「うん」

男「あ、あんまりだ!人が勇気を出して告白したっていうのに!」

男の娘「はぁ…キミってホンット、つくづく馬鹿だね」

男「え?なんで?」

男の娘「仮に、百歩譲ってキミが僕のことを……まぁ、…そういう対象として見ているとしよう」

男「うむ」

男の娘「だけど “前から好きだった” っていうのは明らかに嘘だ」

男「う、嘘じゃない!本当だって!」

男の娘「本当なら『この際お前でもいい』なんて言葉が出る?」

男「うっ…それは…照れ隠しというか……」

男の娘「キミは僕のことが好きだからエッチなことがしたいわけじゃない………エッチなことがしたいから僕をそういう目で見てしまったんだ!」ビシィッ!

男「な、なんだってぇええ────っ!?」ガ-ン

男の娘「……思えばキミは常に女の子に飢えていた…。そんなキミに僕はいつでも心配していたのだ。いつか、大きな犯罪でも犯してしまわないか………と」

男「な…何てことだ……俺が…まさかそんな……」ガックリ

男の娘「キミは悪くない。世間の女の子が…キミを見る目が無いことが悪いんだよ」ポン

男「…くぅっ…!」

男の娘「女の子に飢えることで、頭がおかしくなって物事が上手く判断出来なくなってしまっただけだ。だから僕が…まぁ…少し女の子っぽいからそういう気持ちになったんだろうと思う」

男「…」

男の娘「何度も言うけどキミは悪くない。顔だって言うほどブサイクでもないし、少し太ってるけど、性格もキモい」

男「…ん?何のフォローにもなってないぞ?」

男の娘「僕だって女の子みたいだといつもおちょくられてるんだ。コンプレックスなんだぞ。そんな僕に告白なんてするから余計頭にくる」

男「そうなのか?俺はてっきり気に入ってるかと思ってたが」

男の娘「そりゃ僕はそこそこに可愛いと思う。並みの女の子より可愛い自負もあるし、女の子と二人で歩いててナンパされたこともある。だから僕が可愛いことは認める」

男「お、おう」

男の娘「でもそれとこれとは違う。僕が可愛いことと、僕が女の子に間違われることは別問題だ!」

男「よ、よく分からんが…」

男の娘「僕は可愛くても男であって女の子じゃない!もちろん、ホモでもない!」

男「なるほど」





8: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:41:39.04 ID:yiaGGyulO

男の娘「…まあ、僕のことはもういいんだ。それより」

男「いや、分かったよ」

男の娘「分かってくれた!?」

男「ああ…頭が冷えたよ。そうか…俺はお前が好きだからセックスしたいと思ったけど、セックスしたいからお前を求めたんだな…」

男の娘「うん、そうとしか思えない。だってキミは極度の女好きじゃないか」

男「女好きだけど童貞だし、そもそも女と付き合ったことも無いけどな」

男の娘「だからこそ暴走したんじゃない?」

男「暴走…か。でも頭が冷えて、改めて分かったことがある」

男の娘「ん?なに?」

男「やっぱお前が好きかも…」

男の娘「それもう病気じゃね?」






9: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:42:27.53 ID:yiaGGyulO

男「確かにお前の言う通り、さっきまでの俺はどうかしていた。暴走していたかもしれない」

男の娘「今もだけどね?」

男「でもよくよくお前を見てたら…その、なんて言うか……惚れた」

男の娘「…冗談抜きで?」

男「天地神明に誓って」キリッ

男の娘「じゃあ………僕と付き合ってみる?////」

男「ほ、本当かっ!?」ガバッ

男の娘「────とでも言うと思ったかボケがぁっ!!」ドカッ

男「ぶはっ!?」ドテッ

男の娘「あーーー!!キモいキモいキモいキモいキモい!!見ろよほら!この鳥肌!!」ボリボリボリボリボリボリ

男「うぐっ…でも顔面にドロップキックまですることないじゃ……」ガクガク…

男の娘「するわっ!!ってかさ!言ったじゃん!それはもう勘違いみたいなもんだって!錯覚!ありえないから!」ゾワゾワ

男「俺は至って真面目だ!」

男の娘「真面目だからタチが悪いって言ってんの!!友達やめるかんな!」

男「あっ!そういうこと言うか!?じゃあこっちも言うけどな!」

男の娘「な、なんだよ!」タジ…

男「お前はさっき女の子に見られるのが嫌だとかコンプレックスとか言ってたけど、それは大嘘だ!!」

男の娘「っ!! そ、そんなこと…」

男「ないってか? いいや、そうじゃない。俺はさっきのお前の言葉で確信したんだ。お前は…女の子に間違われることに優越を感じている節がある」

男の娘「な、何を根拠にそんなことっ…」

男「根拠? 自分のことを可愛いと認めるような奴が “女の子と間違われる” ことに不快感を感じるか?」

男の娘「っ!……それは…」

男「女の子に間違われることが嫌なら自分が可愛いなんて絶対認めるはずない!お前のそのおごった自負心こそ、己が女の子と見間違われることそのものが優越となっているに他ならない!」ビシィッ!

男の娘「くっ!!……そ、そこまで断定的な物言いをするからには勿論、証拠があるんだろうね…?」

男「……」

男の娘「ほ、ほぅら見ろ!無いんだろ!?僕が女の子に見間違われる事に優越を感じるだって!?それじゃまるで僕が “女の子になりたがってる” みたいじゃないか!…はんっ!馬鹿馬鹿しい!変態なのは君だけで十分だよ!僕まで巻き込まないでほしいな!」

男「………くく、くくくく。ずいぶんよく喋るじゃねぇか…男の娘。動揺してんのか?」

男の娘「っ! べ、別に…動揺なんかしてないけど?」キョロキョロ

男「目が泳いでるぞ? それにな、俺は “女の子になりたがってる” とまでは言ってない。 “優越を感じてる” とは言ったがな。ずいぶんと飛躍させるじゃんか」

男の娘「っ!だ、だってそれは同じことじゃ────」

男「確か…証拠を出せって言ったか」

男の娘「…え?」

男「証拠なら…多分ある」

男の娘「う…嘘だ!そんなもの、あるはずない!」

男「あるさ………おそらくここにな!」バンッ

男の娘「────!!!」





10: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:44:03.13 ID:yiaGGyulO

男の娘「そ、そこは…」

男「そう…クローゼットだ」

男の娘「……な、なあ、もういいからさ。ゲームやろうよ。悪かったよ。僕も色々と言い過ぎたしさ……だから」

男「開けるぜ」ギィィ…

男の娘「あっ、ダメ!!」

男「……」ゴソゴソ

男の娘「な、何もないってば!やめろよ!そうやって漁るのよくないぞ!!」

男「……」ゴソゴソ

男(な………無い。くそっ…俺の予想ではここにあるはずなんだ………アレが…)ゴソゴソ

男の娘「……はぁ。もういいだろ?そんな所に証拠なんかないよ。そもそも何を証拠としてるか分からないけどね。キミの読みは大きく外れてるんだから」

男「……」ゴソゴソ

男の娘「まあ?キミとしては僕にそういう趣味があることを望んでるんだろうけどね…」クスクス

男「……」ゴソ…

男の娘「……タイムオーバーだ、男くん。さぁ、出て行ってくれ。キミとはもう────」

男「……なるほど。母親が洗濯物を勝手にしまう可能性がある、か」

男の娘「…………何だって?」ピク

男「………クローゼットの天井に蓋があるな」

男の娘「っ!!ま、待って!もう終わり!終わり!!」

男「証拠、見たいんだろ?」ガタ…

男の娘「やめろって!もういい!もういいから!!」

男「………この箱か…?」ゴソ

男の娘「…あぁ……終わりだぁ……」ズ-ン…





11: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:46:22.97 ID:yiaGGyulO

男「結構でかい箱だな…開けるぞ?」

男の娘「…………」

男「よっ…」カパ…

男の娘「うう…」

男「…おお……証拠だ」

男の娘「男っ!お願い!誰にも言わないで!」ドゲザ-ッ

男「…へぇ、結構可愛いじゃん。このスカートww」ピラ

男の娘「ち、違うんだって!それは、たまたまその…お姉ちゃんので」

男「お姉ちゃんに貰ったの?」

男の娘「そう!────じゃなくて、それは、だから…」

男「…おいおい…ローターまであんのかよ…。アナニストかよ」チャラ…

男の娘「あううっ//// 違っ…それ…その…////」

男「女のカッコして尻にローター突っ込んでアナニーか?おいおい、俺より変態だなぁ…www」ニヤニヤ

男の娘「うぐぅ…////」プルプル

男「お、バイブもある」

男の娘「も、もういいだろ!」バン

男「………証拠、出たねwww」





12: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:47:10.42 ID:yiaGGyulO

男の娘「…はぁ…はぁ……あの………この事は」

男「安心しろってww 誰にも言わねぇから」

男の娘「………何が目的?」

男「別に何も」

男の娘「内緒にする代わりに付き合えとか…」

男「それ言ったら卑怯じゃね?交換条件なんか出さないよ」

男の娘「………」

男「疑ってるな?www 確かに俺としては嬉しい展開ではあるんだ。お前もそっちのケがあるなら俺にもチャンスがあるわけだしwww でも」

男の娘「………でも?」

男「正直複雑だ。むしろこんなもん “見つからない方が良かった” 」

男の娘「………どういう………こと?」

男「これが出てきた段階で俺が “優位に立っちまった” のが問題だな」

男の娘「…分からない。僕より優位になった方が…良いんじゃないの?」

男「おいおい、全く逆だよ。これからお前と付き合おうとしてんのに、コレをネタにして無理やり付き合わせたら、お前の気持ちが無いまま付き合うことになんだろ?余計嫌われんだけだよ」

男の娘「………まだ、よく分かんない。僕と付き合いたいの?付き合いたくないの?」

男「付き合いたい。だけどこの証拠品を脅迫のネタにしてお前と付き合うのは違うと思う」

男の娘「………」

男「もう一つ」

男の娘「………なに?」

男「俺のお前への気持ちが例えば勘違いだったとしても、この証拠品のせいでもう後戻り出来なくなった」ポン

男の娘「なんで?」

男「お前がこういう趣味を持ってるなんてネタにも出来ねぇししたくもねぇし…ダチだからこそ尊重したい」

男の娘「……男………」ジワ…

男「ただお前にこういう趣味があるって事を認めた上で、しかも俺が勘違いだとしてもお前に告白した事実があることを踏まえると…前みたいな付き合いは出来なそうだ。…だから、この証拠品は俺に “見つかるべき” じゃなかった」ポンポン

男の娘「………そうだね」

男「……日が悪いな。今日のとこは帰るわ」ギシ

男の娘「あ…」

男「大丈夫だって。絶対誰にも言わねぇよww」

男の娘「そ、そうじゃなくて」

男「ん?」

男の娘「僕も…その……色々とごめん」

男「はは、気にすんなww」

男の娘「………勘違いだといいね?」

男「そうだな…。ただそうとも言えないかもよ?もしかしたらお前が俺のこと好き好き〜♡ってなるかも」ニカッ

男の娘「…ばぁか。そんなことあるわけないだろ」クス…

男「はは、じゃな」バタンッ

男の娘「………」





13: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:48:07.22 ID:yiaGGyulO

男の娘「………」

男の娘「はぁ………バレちゃったかぁ…」

男の娘「でも僕は女装好きであって、男好きなわけじゃないんだよね〜。気持ちは嬉しいけど…まさかあの男に告られるとは思わなかったなぁ」カパ

男の娘「…このおもちゃだけはせめて別の所に隠すべきだったかも」カチャカチャ…

男の娘「……」ウズ…

男の娘「」ゴソゴソ

男の娘「うん………やっぱりスカートは可愛い ♪ 」ヒラヒラ

男の娘「この格好で外に出たら…どうなるかな?」ドキドキ

男の娘「やっぱり、バレるかな?でも前はジーパンでも女の子に間違われたし…ナンパされたし」ドキドキ

男の娘「………お化粧はなぁ…苦手なんだよなぁ」

男の娘「………」

男の娘「………好き……かぁ」

男の娘「……本気なのかな、あいつ……」

男の娘「僕のこと、どうしたいんだろう…」





14: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:49:12.15 ID:yiaGGyulO

────学校────

男「おはよう」

男の娘「おはよ」

男「なあ聞いてくれよ。昨日の帰りにな」

男の娘「それより!」

男「あん?」

男の娘「誰にも言うなよな?」ギロ

男「言わねっての!信用ねぇなぁ…」

男の娘「あるわけないじゃんか。キミはもう油断ならない存在になったんだ」

男「だから昨日も説明したべ?あの事をネタにしたりしないって」

男の娘「…どうだか」

男「それより聞けって。昨日の帰りにお前が好きそうな店を見つけたんだよ」

男の娘「僕が好きそうな店?キミにそんな事が分かるの?」

男「分かるって。だってお前甘いもん好きだろ?」

男の娘「『マ・プリエール』なら知ってるよ。僕がよく行くケーキ屋さんだ。目立たない所にあるからなかなか気付かないんだけど────」

男「違ぇよ。そこは前にお前に連れてってもらっただろ。俺が見つけた店は俺の家の近くにあったんだよ。名前は…えっと、『エチエンヌ』だったかな?」

男の娘「…ふぅん。言っておくけど僕は甘ければ何でもいいってわけじゃないよ?こう見えて舌が肥えてるんだ。そんじょそこらの物を出されても僕の口から美味しいなんて言葉を簡単に引き出せると思ったら大間違いだからね」フン



────エチエンヌ────


男の娘「んんんっ♡ おいひぃ〜〜〜〜っ♡」モクモク

男「だろ?」ニヤニヤ

男の娘「なにこれー!超美味しいんですけどっ!あっさりとした生クリームにふわふわのスポンジがマッチしてて、イチゴのペーストも酸味と甘みがほどよく合わさって………ひゅごいっ!」ンムンム ゴクン

男「そんな慌てて食うなww ゆっくり味わえww」

男の娘「でかしたぞ男!良い働きをした!褒美をとらす!何でも申せ ♪ 」モクモク

男「じゃあ、そうだな……キスしてくれ」

男の娘「いいよ。はい、あーん」

男「あん?なんだよ…それは要らねぇって」

男の娘「いいから食べろ」ズイ

男「…あーん」パク

男の娘「な?美味しいだろ?」

男「…まあ、美味いけど…俺が欲しかったのはお前のキスだったんだが?」

男の娘「したじゃん、今」モクモク

男「してねえだろ。ケーキ貰っただけだ」

男の娘「ふふふ、秘技、間接キスだ」モクモク

男「お、己……謀ったなッ!」






15: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:50:28.26 ID:yiaGGyulO

男の娘「はぁ、食べた食べた♡ ちょっとお腹苦しいかな」

男「そりゃあんだけ食えば…」

男の娘「10個しか食べてませんが」

男「ほう。ケーキ10個はお前にとって適量ですか」

男の娘「適量じゃないよ。あと5個くらい食べたいくらいだ」

男「胸焼け通り越して糖尿病になる」

男の娘「でもありがとう。ごちそうさま ♪ 」

男「高校生に4,280円はでかい」

男の娘「男のくせに細かい事言うなよ〜」

男「4,280円で間接キスじゃ割に合わないと思うよ?」

男の娘「僕の弱味を握ってるんだからそれくらいで文句言わない」

男「弱味を握られている方が優位に立ってるのって変だよね?あれ?どうしてこうなった?」

男の娘「キミは僕の良き理解者でしょ?」

男「そうだけど」

男の娘「昨日あれから色々かんがえてたんだ」

男「何を?」

男の娘「色々は色々だよ。そこで一つだけスッキリした事があった」

男「それは?」

男の娘「僕の趣味のこと」

男「女装の?」

男の娘「そう。友人のキミにバレて最悪って思ったんだけど、どこかスッキリしてる僕がいた」

男「…」

男の娘「誰にも言えない秘密だった。でも、 “誰にも言えない秘密” は言い換えると “誰にも知ってもらえない秘密” でもあるんだよね」

男「知ってもらえない秘密ってのも変な日本語だなww」

男の娘「はは、そうだねw “知られない事” が “秘密” の前提だもんね。でもキミに知られたことで、僕だけの秘密は僕だけの秘密ではなくなって、キミと僕との秘密ごとになった…」

男「…すまん」

男の娘「別に責めてないよ。さっきも言ったけどそれで僕はスッキリしたんだ」

男「秘密がバレて?」

男の娘「そうだよ。秘密っていうのは嘘をつかないと難しい。もちろん嘘をつかないまでも言わなければいいことでもあるんだけど、 “嘘をつく” にしろ “言わない” にしろ、心に大きな負担が掛かるんだ」

男「隠し事をする負い目みたいなものか?」

男の娘「それそれ。僕の趣味で誰に迷惑かけてるわけでもないのに、やっぱり世間の目を気にしちゃってるんだろうね……」

男「俺は、否定しないぞ」

男の娘「…ありがと」ニコッ

男「っ////」ドキ





16: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:51:20.04 ID:yiaGGyulO

男の娘「あと…僕はこの秘密を誰かに知られたかったのかもしれないって思った」

男「…それは、何となく分かる」

男の娘「あはは、それもバレてた?」

男「お前は自分のことをハッキリ可愛いなんて言える奴だ。人一倍人に認められたい願望が強いんじゃないかな」

男の娘「うん。…そう…だね」

男「自己啓示欲が強いというか…。自分の可愛さを自分だけしか認めてないのは、逆に辛かったんじゃないかと…憶測だけど」

男の娘「…うん」

男「お前は本当の自分を誰かに見せたかったんじゃないか?それで他人からも可愛いという評価が欲しかった」

男の娘「……あはは、人の心を読むの上手いね…男は」

男「…悪ぃ。言い過ぎた」

男の娘「…うん…でも、そうかも。僕はやっぱり………女の子になりたい…のかも」

男「なあ、男の娘」

男の娘「…なに?」

男「俺に見せてくれるか?」

男の娘「え?何を?」

男「お前の女装姿」

男の娘「え…いや、それは何だか恥ずかしい」

男「いきなり他人に見せるよりかハードルは低いだろ? その点俺はお前のダチだし、お前のその趣味を理解してる人間なんだぞ」

男の娘「そ、そうだけどさ…やっぱり、普通の友達として今まで付き合ってきたのに、いきなりキミにそういう僕を見せるっていうのは…勇気がいるよ…////」

男「お前の女装見たい」

男の娘「こ、困るよ…」

男「見たい」

男の娘「…あぅぅ…////」






17: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:52:08.67 ID:yiaGGyulO

────男の娘宅────

男の娘「じゃ、じゃあ…ちょっとドアの外で待ってて////」

男「お、おう…」


────五分経過


男の娘「は、入って…いいよ」

男「おう…」カチャ…

男の娘「…ど、どう……かな………////」ヒラヒラ

男「────っ!!////」

男の娘「や、やっぱり恥ずいっ//// 人に見せたの初めてだからっ…////」

男「…いやいやいやいや! ええええっ!?」

男の娘「へ、変っ!? やっぱり変!?」

男「いやっ、想像以上に可愛い!」

男の娘「へっ?…そ、そう…?本当に?////」

男「マジ! うわぁ…マジかぁ……すげぇ可愛い………。それ、カツラ? そんなんまであったのかよ…」

男の娘「もうっ、せめてウィッグって言ってよww やっぱり長い髪って憧れだからね…」サラ…

男「…」

男の娘「なに?どうしたの?」

男「お前…その格好だと言葉も女っぽくなるのな?」

男の娘「えっ…嘘」

男「いや、なってるよ、真面目に」

男の娘「無意識だよっ?別に、意識的にそうしたわけじゃなくてっ…////」

男「いいっていいって。お前は自然のまま、そのままでいいから。俺は本当のお前を見たいんだから」

男の娘「うう…////」

男「…………可愛い」

男の娘「や、やめてよ//// 真顔で言うの…//// 」

男「めちゃくちゃ似合うよ…マジで」

男の娘「あ…ありがと…////」

男「あのさ、もう一つ頼みがあんだけど」

男の娘「な、なに?////」

男「スカート、ちょっと捲ってみてくれる?」ハァ…ハァ…

男の娘「調子に乗んなっ」ゲシッ

男「うぐっ!」バタッ





18: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:53:25.20 ID:yiaGGyulO

男の娘「ほんっとに、キミは変態だね!」

男「くっ…まさか顔を蹴るとは……でもお陰で見えたぞ………白だっ」

男の娘「〜〜〜〜っ////」ゲシッゲシッ!

男「ぶふっ!ぶへっ!…い、いいぞ!もっとだ!もっと踏めっ!!脚をもっと上げて…そうっ!そうだ!その調子っ!」

男の娘「っ!?////」バッ

男「むう…、何故やめる?」ボタボタ…

男の娘「へ、変態変態変態ッ!!////」

男「しかし…まさか下着まで女ものとは……ぐふふww」

男の娘「〜〜〜〜くっ//// ば、バカにしてるんでしょ!? そうやって……キミになんか見せなきゃよかったよ!」

男「? バカになんかするもんか。ほれ、その証拠にまた俺は勃起している」ビンビンッ

男の娘「っ!?//// へ、変態!!////」

男「あのなぁ、勃起するってことは興奮してるってことだ。興奮してるってことはお前に魅力があるってことだ。違うか?」

男の娘「…そ、それはキミがただ変態なだけで…////」チラッ チラッ

男「変態はお互い様だろ?女装癖のお前と、女装癖のお前に興奮する俺ww」

男の娘「うぐっ…////」

男「誇れ。お前は男を勃起させることが出来る男なのだ!」

男の娘「う、嬉しくないよっ//// そ、それがた…勃ったのはキミが変な趣味だからだろ!////」

男「違うね。コイツが勃ったのはお前が可愛いからだ」

男の娘「うう……//// バカだ…////」

男「やっぱり俺はお前と付き合いたい! 改めて、告白させてもらう!!」

男の娘「ぜ、絶対付き合わないぞ!//// 告白なんかしても無駄っ! 僕は別にホモじゃないんだからっ────」

男「うるせえっ! 付き合え!」ドンッ!!

男の娘「いやだ!! ル◯ィみたいに言っても付き合わない!」

男「いいじゃんかよ…付き合おうぜぇ」

男の娘「やだったら! 何で男の僕が男と付き合わなきゃならないんだよ!」

男「それ言ったら男のお前が何で女装なんかすんだよ」

男の娘「う、うるさいなっ!//// 別に誰にも迷惑かけてないだろ!」

男「俺も迷惑かけてないぞ」

男の娘「かけられてるわ!キミが僕をそういう目で見てる時点で僕に迷惑かかってるの!」

男「」

男の娘「…ぁ……」

男「…そうか……迷惑か……」

男の娘「いや、その…迷惑っていうほど迷惑じゃないっていうか………えっと…」





19: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:54:41.97 ID:yiaGGyulO

男の娘「………ご、ごめんね…ちょっと言い過ぎた…」

男「…」

男の娘「……」ピラ…

男「」ピク

男の娘「…」ピラ ピラ

男「…」チラッ

男の娘「やっぱり演技か」ドカッ

男「あぐっ!」バタッ

男の娘「やけにしおらしくなってると思った。スケベ心には敵わなかったみたいだね」

男「ぐう、一生の不覚。スカートをヒラヒラさせるのはズルいで御座る…」

男の娘「あっはは!でもおっかしい!男の僕に興奮するなんて…ばっかじゃないのぉ!?」

男「……」

男の娘「…ほら、何とか言ってみなよ。変態男」

男「…」

男の娘「…分かった。キミが本気なのかどうか試してあげるよ」

男「…試す?」

男の娘「そう。…いや、目を覚まさせてあげる」

男「どういうことだ?」

男の娘「…ほら」バッ

男「────っ!!」

男の娘「女の子のパンティだよ。でも、ここ……ほら、もっこりしてるでしょ? いくら女の子のフリしても、僕は…」

男「……はぁ………はぁっ…!」ジ-…

男の娘「……おいっ!」ビシッ

男「────はっ!」

男の娘「何で僕のココを見て興奮してんだバカ!////」

男「………も………」ハァ…ハァ…

男の娘「も?」

男「もう辛抱たまらんっ!」ガバッ

男の娘「ちょっ────うにゃあっ!?」バタッ





20: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:55:48.42 ID:yiaGGyulO

男の娘「はぁっ…はぁっ…!////」

男「」ボロ…

男の娘「ご、…強姦は………は…犯罪だぞ…////」

男「う…、その……」

男の娘「なんだよっ////」ハァ…ハァ…

男「肩の露出がまた……色っぽい…」

男の娘「まだ懲りないかっ////」ポカッ

男「ぐぅ」パタ…

男の娘「あ………危なかったぁ…//// ほ、本当に…犯されるかと思った…////」ゼェ…ゼェ…

男の娘「………あのまま抵抗しなかったら今頃………」ゾゾゾー

男の娘「お、男への挑発は今後控えよう……」ブルル…


………………………
………………
………


男「」ムク

男の娘「っ! お、起きた!?」ビクンッ

男「うう…頭が痛い…」スリスリ

男の娘「自業自得だバカモノ」フン

男「あっ!何で男の格好してんだよ!」

男の娘「あんな格好でキミと居たらいつ僕の貞操が奪われるか分かったもんじゃないから!」

男「お陰でお前が言うように覚めたじゃないか」

男の娘「そういう意味で覚めるな!何で僕のちんちん見て目覚めるんだよ!普通冷える方の意味で冷めるだろ!」

男「パンティの前がふっくらしてたのも中々見応えがあって良かったと思います(小並感)」

男の娘「ッッ//// い、言うなバカっ////」マッカ

男「感動したっ」

男の娘「小泉は古いっ!」





21: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 22:56:48.53 ID:yiaGGyulO

男「あーあ…男の格好じゃつまんねぇよ…」

男の娘「あのなあ!誰のせいでこうなったと思ってんだよ!」

男「そりゃ確かに俺も暴走したと思う。反省する。でもなぁ…」

男の娘「だめ!もうおしまい!」

男「分かった分かった」

男の娘「ほんとにもぅっ」プリプリ

男「で?」

男の娘「で?って?」

男「いや、俺に女装を披露してくれたわけだろ?どうだった?初めて人に自分を見せた感想」

男の娘「え?…あ、そっか……うーん…」

男「……」

男の娘「恥ずかしかったけど…、キミに見てもらって興ふ────っ////」バッ

男「…ん?甲府?山梨県がどうした」

男の娘「い、いや!何でもない!!////」

男「?」

男の娘(バカか僕は!//// 正直に言ったらまた調子に乗せちゃうかもしんないってのに!!)

男「で、恥ずかしいだけ?」

男の娘「そ、そうだね!あんまり…気分良くはなかったかなぁ!?」

男「そうか。じゃあ慣れるまで特訓するか」

男の娘「そ、そうだねそうだね!慣れるまで時間かかるし────………は?」

男「暫くこうやってお前の女装展覧会をここで────」

男の娘「だ、ダメだよ!二人っきりの空間ではもうやだっ!」

男「あん?じゃあどうすんだよ」

男の娘「どうって…い、いいよ!今まで通り一人で楽しむからっ」

男「………じゃあこういうのはどうだ?」ニヤ





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 23:22:23.48 ID:G9RR8jT+o

すばらしい




25: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:30:31.44 ID:V/O1U1DZ0

────日曜日 駅前ロータリー────

男「おう!お待たせ!」

男の娘「……」

男「ん?おい、何で俯いてんだ?顔がよく見えな────!?」ガシッ

男の娘「な・ん・で・遅刻すんだボケっ」ギリギリ…

男「うぐっく…苦しい…男の胸ぐら掴む “女の子 ” なんて普通いないぞっ…」ギリギリ…

男の娘「ははっ、あいにくと僕は “男” なんでねぇ…っ!キミが来ない間ずぅっっっっっと、ココで見世物のように突っ立ってたわけ。分かるかなぁ…?キミに僕の苦しみがっ…」ギリギリ…

男「落ち着けっ…男の娘………ほら、周りを見てみろ。そのお前の行動で余計目立ってるぞ…」ギリギリ

男の娘「っ!?」バッ


────ザワザワ…
────ナンダアノコ....
────スゲェ....オトコアイテニ...


男の娘「────っ//// もう!いいから行くよ!!////」グイッ

男「おわっ!引っ張るなって!」






26: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:31:07.28 ID:V/O1U1DZ0


────少し前 男の娘宅────


男の娘「や、やっぱりやめよう!」

男「はぁ?今更何言ってんだよ。もう着替えたんだしさ」

男の娘「だだだ、だって! ど、どうすんの!?学校の誰かに会ったらっ」

男「バレねぇって。その…ウィッグだっけ?着けてるんだしさ」

男の娘「バレっ、バレるよぅ!!」

男「落ち着けって。いいか、男の娘。よく聞け」

男の娘「う、うん…」

男「今日はもう余計なこと考えるな。今日、お前はごく普通の可愛い女の子だ」

男の娘「ぼ、僕は………ごく普通の可愛い…女の子」

男「僕じゃない。私…だ」

男の娘「わ、私…は、女の子…」

男「そうだ。女の子だ」

男の娘「………やっぱり無理!行かない!出ない!」

男「待て待て待て」

男の娘「無理だよ!絶対バレるもん!そしたら変態扱いされて学校にも行けなくなるよぉ〜…」シクシク…

男「俺が上手いことフォローするって。お前の彼氏役でな」

男の娘「そ、それがよく分かんないんだよ!何で僕がキミとデートしなきゃなんないの!」

男「じゃあお前一人で外に出れる?」

男の娘「出れるわけないでしょ!!」

男「じゃあ俺が付いていくことになんじゃん。そしたら恋人同士っていう方が自然な感じだろ?」

男の娘「そ、それはそうかもしれないけど…」

男「そういうことで、駅前で待ち合わせな!」スクッ

男の娘「え!? な、どうして!? い、一緒に行けばいいじゃん!!」

男「だめ。デートっぽさを演出したいからww」

男の娘「要らないよ!そんな演出!!」

男「いいからいいからww じゃあ一時間後、駅前ロータリーで!」ガチャ

男の娘「ま、待ってよ!…い、行かないからな!僕は絶対…行かないからなぁーーー!!」





27: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:31:38.79 ID:V/O1U1DZ0

────カラオケ────

男の娘「あーもぅ!最悪!」

男「…」ポチポチ

男の娘「呑気に曲選びしてんな!」バンバン

男「カラオケに来たんなら歌わなきゃ」

男の娘「あのなぁっ!………はぁ、もういいや…疲れた」ドサッ

男「疲れた?まだデートは始まったばかりだぞ」

男の娘「何がデートだよ……もううんざりだ。やめよう、帰ろう」

男「でもお前」

男の娘「なに」

男「本当に似合ってるし可愛いぞ?」

男の娘「そんなこと言って煽てても僕には効かないからね」

男「いや、本音だが」

男の娘「はいはい。そうだね、可愛いですよ、僕は」

男「」ナデナデ

男の娘「ひゃっ!?────このっ!」バキッ

男「ぐあっ!」バタッ

男の娘「ふ、太もも撫でるなぁ!!」ゾワワ--ッ

男「本当はペロペロしたい」

男の娘「…しまった。何故こいつと一緒なのに個室を選んでしまったのか…」





28: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:32:23.60 ID:V/O1U1DZ0

男「なぁ、男の娘…」ギシ…

男の娘「こ、こっち来んな!」ジリ…

男「まじ頼む!一回ヤらせて!」

男の娘「絶対いやだっ!」

男「先っぽ!先っぽだけでいいから!」

男の娘「意味分かんない!何で男の僕が君の先っぽを受け入れなきゃなんないんだ!」

男「手コキは?」

男の娘「だめ!」

男「じゃあ、触らせて?」

男の娘「寄るのも触れるのも駄目!」

男「………分かった」

男の娘「………ほっ」

男「じゃあ俺がシコるから見ててくれ」

男の娘「お前はどんだけ変態なんだ!!やだよそんなん!」

男「見てるだけでいいから!頼むよ!」

男の娘「やだやだやだやだ!絶対やだ!」

男「頼むよぅ……」ウル…

男の娘「それぐらいのことで泣きそうな顔すんなよ!」

男「………」シュン…

男の娘「な、なんだよっ!しょげるなよ!僕が悪いことしてるみたいじゃないか!だいたい恥ずかしくないの!?友達の前でそんなことして!」

男「お前ならむしろ興奮する…」ハァ…ハァ…

男の娘「極めて変態だな!」

男「ということで…」カチャカチャ…

男の娘「ベルト外すなぁ!!」

男「見てくれ、この昂りを」ギンギンッ

男の娘「っ!?//// し、しまえええ!!」

男「はぁっ、はぁっ…//// ああ、いいよ男の娘…もっと軽蔑して見てくれ…////」シコシコシコ

男の娘「ほんとに始めやがった!ちょ、おい、もうやめろってば!////」

男「あああああ、やばい!超気持ちいい!!」シコシコシコ

男の娘「ぎゃああああ!お巡りさん…お巡りさぁあああああんっ!!」






29: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:35:38.98 ID:V/O1U1DZ0

────五分経過


男の娘「………////」

男「あぅう…凄ぇ気持ちいいよ…男の娘、ほら、もっと見て…」シコシコシコ

男の娘「あのさ…ちょっと、近過ぎない? 流石に目の前で…ソレをシコられんのは…見るに堪えないんだけど………////」

男「いや、お前に触れないんだから、このくらい近くで見てもらわないと…うっく//// ほら、見てくれよ…我慢汁がすげぇだろ?」シコシコシコ

男の娘「ううう…何で僕がこんな目に…////」チラッ チラッ…

男「な、なあ、ちょっと…舐めてみてくんない?」シコシコシコ

男の娘「なっ!?何でだよ!そんなことするわけないだろ//// 早く射精(だ)せよもう…////」

男「早くイかせたいなら男の娘が舐めてくれないと…」ハァ…ハァ… シコシコシコ

男の娘「……な…なんで僕が…こんな汚い……////」チラッ…

男の娘「…っ……////」カ--ッ

男の娘「………な、舐めたらすぐイくんだな?////」

男「っ!! イく!なるべく早くイくから!」ハァ…ハァ…!

男の娘「………//// …誰にも言うなよ?////」チラッ

男「約束は守る!!」ハァ…ハァ… シコシコシコ!

男の娘「………ん…////」レロ…

男「おふっ!?」ブルルッ

男の娘「………うぇ…//// 気持ち悪っ……////」ペッペッ

男「も、もっと…頼む!」ズイッ

男の娘「うひっ!? あ、あんま近付くなバカっ////………くそ…なんでこんなこと…//// ん…ふ…////」レロ…レロ…

男「うあっ!…こしょばゆいwww」ゾクゾク

男の娘(…しょっぱ…//// もうやだ……いつか絶対…こいつと縁を切ってやる……!!)ペロ…ペロ…





30: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:36:37.06 ID:V/O1U1DZ0

────五分経過


男の娘「あむ…ん♡ ちゅる…ちゅる♡」チュパチュパ…チュパチュパ…

男「はぁはぁ…上手くなってるよ男の娘…」ゾクゾク ナデナデ

男の娘「………んむ…ん♡」ジュルル…

男の娘(頭撫でるなばか……くそぅ////)チュパチュパ…

男「そう…もっと奥まで飲み込んで………うあっ」ゾワゾワ

男の娘(もう…いっぱい我慢汁出して……どんだけスケベなんだよ………)チュルル…チュ-…

男「くっ!イくっ………!!」ビュルルル---ッ!

男の娘「────んぅうっ!?」ゴプッ

男「咥えたまま!離さないで!全部飲んで!!………うああ…!」ドプドプ…ビュ-ッ

男の娘「んぅっ!…んっ…んむぅ…♡」ゴク…ゴク…

男「はぁ……出たぁ」ズル…

男の娘「………オエッ! ば…バカ!口に出すなよ………!」ゲホッゲホッ

男「ああ、可愛い!お前やっぱ可愛い!」ギュ-ッ

男の娘「わっ!////ちょっ…バカ!抱きつくなっ…////」バタバタ

男「男の娘、好きだっ」チュ-

男の娘「んむぅ!?」チュ- バタバタバタバタ

男「ん…んむ…れろぉ」

男の娘「んぁ…ば…キスなんか………はむ♡ …舌はっ……ん♡ れろ…ちゅる…♡」バタバタ…バタ……

男「…男の娘…」

男の娘「ふぁ…////」ポー…

男「顔がエロいぞ?www」

男の娘「っ!?//// う、うるひゃい…っ//// もうおしまい!!出るからねっ!!」





31: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:40:18.41 ID:V/O1U1DZ0

────繁華街────


男の娘「キミとはもう出掛けない!」

男「ええ!?何でだよ!」

男の娘「『何で』!?僕に何させたか分かってわの!?」

男「フェラだろ?」

男の娘「言うな!あああもう!記憶から抹消したい!!」

男「お前は多分女装癖だけじゃなくて、男も好きなんだと思うよwww」

男の娘「キ・ミ・と・一・緒・に・するな!!」ギリギリ…

男「ふほっ!?ひへへへへへっ!ほっへは引っ張ふな!!」ギリギリ…

男の娘「あ〜〜〜〜〜〜〜っ最悪!まだ口の中が気持ち悪いっ!」

男「あんなに美味しそうに俺のチンポしゃぶっておいてwww」

男の娘「ばっ、バカじゃない!?//// そんな顔してませんけどっ!!////」

男「だって俺は舐めてってお願いしただけなのに、後半はもう自分から口の中に入れてしゃぶってたじゃんww」

男の娘「────っ!?/// それはっ…き、キミが早くイかないからで………もう知らないっ///」プイッ スタスタスタ

男「お、おい!待てってば!」タタタッ





32: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:42:27.19 ID:V/O1U1DZ0

────寂れた神社────


男「こんなとこに神社なんてあったっけ」

男の娘「僕は知ってたよ。小さい頃はここでよく遊んだし」

男「でもここじゃお前のその格好を見れる人が居ないぞ」

男の娘「もういいって。これだけ外を歩き回れば十分だよ」

男「…ま、いっか」

男の娘「………」サク…サク…

男「………」ザッザッ…

男の娘「キミは──── 男「お前────

男の娘 男「「────っ!!」」

男の娘「……な、なに?」

男「い、いいよ。お前から言えよ」

男の娘「そ、そっちから言ってよ」

男「ああ…うん。お前さ」

男の娘「…うん」

男「やっぱり、気持ちは変わらないか?」





33: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:42:56.80 ID:V/O1U1DZ0

男の娘「……変わらないっていうか、変わりたくない」

男「…」

男の娘「キミは本当に変態でどスケベで自制心の欠片もない酷い男だけど……僕にとってはいい友達なんだ」

男「…友達か…」

男の娘「うん、友達。それ以上でも、それ以下でも……あっちゃダメなんだ」

男「………そうか」

男の娘「そう────思ってた」

男「………思ってた?」

男の娘「次は僕の番」

男「あん?…あ、ああ。どうぞ」

男の娘「僕のこと本気なの?」

男「本気だよ」

男の娘「僕はね………考えてみたら好きな子が居ないんだ。と言うよりも────」

男「…」

男の娘「好きな人が出来たことがない…」

男「女の子を?」

男の娘「もちろん男の子もだよ。恋愛感情を抱いたことが…多分一度もない」

男「珍しい奴だな」

男の娘「そうかもね。でも映画のラブストーリーとかに憧れることはあったよ。ただ現実に特定の人を好きになるようなことはなかった…ように思う」

男「…そうか」

男の娘「エッチなことに興味を持ったことだってあるけど、僕は────」

男「…」

男の娘「………ねえ」

男「ん?」

男の娘「僕はどうしたらいい?キミと縁を切ればこんなことを悩む必要も無くなる。でも僕は………」

男「………」

男の娘「こんな気持ちは初めてなんだ…。それもこれも、全部キミのせいだ……」

男「………」





34: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:48:28.79 ID:V/O1U1DZ0

男の娘「あ………」

男「ん?」

男の娘「夕陽が落ちる」

男「ああ、もうそんな時間か」

男の娘「………ここは街灯が少ないから、日が落ちると本当に暗くなるし、人も来なくなるんだ」

男「危ないな」

男の娘「そうだねww だから小さい頃はすぐに帰ったよ。神社の雰囲気も変わるからすごく怖くてね」

男「暗いとそう感じるもんだよなww 学校とか病院もそうだwww」

男の娘「………」

男「………」

男の娘「………人、居ないね」

男「………そうだな」

男の娘「暗く…なってきたね」

男「そうだな…」

男の娘「………」

男「」グイッ

男の娘「ぁ……」

男「………男の娘…」

男の娘「ね………分かってるの?………」

男「もう何も言うな」チュッ…

男の娘「ん…ふ……んぅ」チュ…

男「はぁ…はぁ……っ」チュ-

男の娘「んむぅ…♡ …はっ…ぁ…ん♡」チュッ…チュッ…

男「…誰も…居ないな…」ハァ…ハァ…

男の娘「う…ん……居ない………誰も…////」ハァ…ハァ…






35: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:49:36.55 ID:V/O1U1DZ0

男「…俺は本気だ」ハァ…ハァ…

男の娘「……知ってる。僕は…キライ………キミのことなんか……大っキライ……………////」ギュッ

男「俺は好きだ…」チュッ

男の娘「僕はキライ……んっ♡」チュッ…

男「好きだ…ちゅ…」

男の娘「はっ…ぁ………んっ♡ きらい……きらい……はむ♡ んっ………はっ♡ ……や、……もっと…キス………してよ………」チュッ…チュッ…ギュ-ッ

男「………嫌いなんだろ?」チュル…チュッチュッ

男の娘「んっ…んっ♡ きらい………キライだもん…っはぁ…♡ ゾクゾク、する……♡ あむっ…ん♡ ………あ、………キミの…… 僕のお腹に“当たって” るよ…」

男「こんなん…はぁっ…はぁっ……興奮すんなってのが無理だろ…んっ」チュッチュッチュッ…グリグリ…

男の娘「………硬い…////」サワ…

男「」ビクンッ

男の娘「………えっちなんだ〜♡」サワサワ…

男「こ、ここで……いいか?」ドキドキドキドキ

男の娘「…ううん、ここでおしまい♡」パッ

男「おいっ(泣)」

男の娘「…帰って」

男「ひどいっ!人の身体を弄んで!!」

男の娘「弄んだのはキミの方だよ。おかげで僕は未だに頭の中がグチャグチャだ」

男「そんなの知るかっ!ヤらせろ!」

男の娘「うるさい、帰れ」

男「鬼っ!この小悪魔っ!」

男の娘「僕が欲しいなら、僕を変えてみせろ」

男「あんだって?」

男の娘「もっとキミのこと、好きにさせてみせろよ…」

男「………男の娘…」

男の娘「簡単だろ。僕のこと、本気ならさ…」

男「………」

男の娘「………帰って」

男「…分かった。今日のところは帰る」

男の娘「…また明日。学校でね?」

男「ああ、じゃあな」ザッザッザッ…

男の娘「………」

男の娘「………」

男の娘「…男とのキス……嫌いじゃなかったなぁ……あはっ…////」

男の娘「………………僕もいよいよ重症だ……」ズ-ン…





36: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:51:07.37 ID:V/O1U1DZ0

────翌日 男の娘宅前────


男の娘「行ってきまーす」バタンッ

男「おはよう」

男の娘「うわっ!? な、何でキミがここに居るんだ!?」

男「迎えに来た」

男の娘「…は、はは。早速行動に移したわけね…」タラー…

男「絶対、お前をモノにしてみせる!」

男の娘「はいはい。もう行くよ」スタスタスタ

男「あ、おい待てって」タタタッ

男の娘「」クス…



────学校 トイレ────


男「」ジ-…

男の娘「…おい」チョロチョロチョロチョロ…

男「…え?」

男の娘「覗くなっ」チョロチョロチョロチョロ…

男「…いや、可愛いチンポだなと思って」

男の娘「悪かったな//// 小さくてっ!////」チョロチョロ……ピッピッ…

男「………ちょっと来いよ」グイッ

男の娘「うわっ、ちょっと!まだ仕舞えてないっ////」ズルルゥ

バタンッ





37: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:51:47.71 ID:V/O1U1DZ0

男「…男の娘…」グググ…

男の娘「ば、ばかっ!//// こんなトコ(個室)で迫るなっ!////」コソコソッ

男「んっ」チュッ…

男の娘「んむっ!…ん…だめ…だっての…////」コソコソ

男「男の娘…男の娘…」チュッチュッ…チュル

男の娘「はぁ…あ…はむ♡ …んっんぅ…♡ やっ…ちょっと………ぁん♡」チュル…

男「好きだ…男の娘……」チュッ…チュッ…

男の娘「────っ!?//// また、…当たってるって………ばかっ、………もうっ…んぅ………////」チュル…チュッ…チュッ…


────オ-.ダレカクソタレテンゾ--www


男の娘「っ!////」ビクンッ


────ブハハハ ダレダ-?

男「おう、俺だー」

────ンダヨ.オトコカヨww
────ハヤクシネェトジュギョウハジマンゾ--www

男「おう、全部出たらお前らに見せてやんよwww 俺の特大うんこwww」

────フザケンナシネ!
────ダレガミルカボケ!サキイッテルゾ

男「うぃーっwww」

男の娘「」ドキドキドキ…

男「……さ、続きを」ググ…

男の娘「するかバカ!//// しんじゃえ///」ポカッ





38: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:57:24.45 ID:V/O1U1DZ0

────放課後 屋上階段踊り場────


男の娘「ねぇ、ちょっ…と、んもうっ」グググ…

男「…大丈夫だって、ここは滅多に人来ねぇから…」ハァ…ハァ…チュ-

男の娘「んん!…ぷはっ、違っ、そうじゃなくて…待ってってば////」

男「なんだよ、いいだろ…」

男の娘「ちょっと、離れて!キミは少し勘違いしてる////」グイッ

男「は?勘違いって何だよ…」

男の娘「僕達は…まだ付き合ってるわけじゃないでしょ!こんな…イチャイチャするのはやっぱり、だめだよ」

男「今更だろそんなの」グググ…

男の娘「このままじゃ例えキミと付き合えても、キミのこと嫌いになっちゃうよ!」

男「」ピク

男の娘「キミは…僕とエッチなことするのが目的なの?僕をキミのモノにするのが目的なの?どっち?」

男「それは…」

男の娘「もしエッチなことだけが目的なら………させてあげてもいい」

男「え?マジでっ!?」

男の娘「だけど、そこでもうおしまい。キミとはそこで縁を切るよ」

男「…一度きりの関係?」

男の娘「そういうこと」

男「……」

男の娘「何度も言うけど僕は男だ。恋愛感情を持ってキミと付き合うのは不自然なんだよ。だから何度も本気かどうか聞いたの」

男「…うむ」

男の娘「勘違いでした────はもう通用しないよ。僕を求めるなら、やっぱり本気じゃないとヤダ」

男「ふむ…それで?」

男の娘「今なら元に戻れると思う。僕も少しキミの勢いに流されちゃってた部分もあるから、キミだけのせいにするつもりはない」

男「…」

男の娘「これ以上深入りしたらもう後には引けなくなりそうなんだ。もし僕とキミが付き合ったら、キミが僕以外の人を好きになってしまうことを、多分許せなくなる…」

男「嫉妬するってこと?」

男の娘「当たり前だろっ!付き合うんだから、浮気だって許せないよ!」

男「…そりゃそうだな」

男の娘「…でもキミは根っから女好きじゃないか。僕は男だから最初から不利なんだよ…」

男「…ふむ」

男の娘「僕が…僕自身が変わってしまうことももちろん怖いんだけど、キミと付き合った時の事を考えると……キミの、心変わりが何よりも怖いんだ…」

男「………」

男の娘「僕は変わってきてる…。自覚してるよ。キミのこと気持ち悪いって思ってたのに、今はそうでもない。むしろ僕はキミのこと………」

男「…男の娘…」ズイ

男の娘「まだこっち来ないで。このタイルの線からこっちは僕の陣地」

男「…」





39: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:58:02.79 ID:V/O1U1DZ0

男の娘「少なくとも僕相手に軽い気持ちで付き合うことは出来ないと思ってほしい。ラブストーリーとか憧れてたって話したよね?」

男「ああ」

男の娘「考えてみたら、物語を観る目線はずっと女の子の視点だった。僕は男じゃなくて女の方に感情移入してたように思う。綺麗な女の人と付き合えて羨ましいとか思ってなかった。男の人に想い焦がれる女の子の方に感情が向いてた…」

男「…」

男の娘「僕も変態だ。キミのこと言えないよ。…だけど、今なら全部…無かったことにできる」

男「…」

男の娘「…好きにさせてみろとか言ってごめん。キミに好きって言ってもらえて良かったと…今は思えるんだ。でも僕は…」

男「」ズイ

男の娘「…入らないで。ダメ…。ありがとう、でも僕は怖いから…」

男「」ズイ

男の娘「………ねぇ、僕は真面目に言ってるんだよ?本音を、話してるんだよ」

男「………」ズイ

男の娘「男…来ないで…本気に…」ドッ…

男「お前の陣地に入った。そしてお前の後ろは壁だ。逃げ道無いな」

男の娘「………」ゴク…

男「………他に俺に言うことはないか?」

男の娘「………心変わり、しない?」

男「俺はお前が好きなんだ。他に言うことは?」

男の娘「………僕も……好きです…」ポロポロ…

男「堕ちんの早くね?ww」

男の娘「うるさい…ばか……」ポロポロ…





40: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/13(日) 23:59:44.22 ID:V/O1U1DZ0

────男の娘宅────


男の娘「はっ…あっああ!」

男「っ!」ズッズッズッズッ!

男の娘「すごっ…//// あっあっ…男のが…お尻いっぱいにっッ♡」

男「エロいよ…お前の尻」ナデナデ

男の娘「やっ…//// くぅっ…キツ…い♡ はんっ、あっあっ…あっ!」

男「男の娘ッッ!出るっっ!!!」パンパンパンパンッ

男の娘「んっ♡ い、いいよ…出してもっ────っ♡」

男「ぐぅうっ!!」ビュ-ッ!ビュルビュルッ!

男の娘「あっ…ッッ〜〜〜〜っ♡」ゾクゾク

男「はぁ…はぁ…」ドクドク…

男の娘「………はぁぁ…出て…♡」

男「……親はいつ帰ってくる?」ハァ…ハァ…

男の娘「あと…二時間くらい…かな…////」ハァ…ハァ…

男「じゃあまだ出来るよな?」ハァ…ハァ…

男の娘「……ちょ、ちょっと休憩しない?もう三回はしてるし…////」ハァ…ハァ…

男「あと5回はいける」ズッズッズッズッ!

男の娘「あぐっ♡ 待っ…ぁっ♡ あっあっあっ♡ 深いのっ…ダメっ♡ イッ…イッちゃ────♡」ビクビクッ


………………………
………………
………


男の娘「はぁ…はぁ…♡」

男「」グッタリ

男の娘「だ…出し過ぎ……////」ハァ…ハァ…

男「もう空っぽだ…」ハァ…ハァ…

男の娘「ねぇ、男…」

男「…なんだ…」ハァ…ハァ…

男の娘「………後悔、してない?」

男「してない」ハァ…ハァ…

男の娘「………浮気しない?」

男「しないよ、絶対」ハァ…ハァ…

男の娘「そ…」

男「お前は?」ハァ…ハァ…

男の娘「僕の気持ちは伝えたはずだよ?」

男「後悔してねぇか?」ハァ…ハァ…

男の娘「してないし、浮気もしないよ」クスクス

男「絶対か?」ハァ…ハァ…

男の娘「うん、絶対。約束する…」

男「…セックスできたな」ハァ…

男の娘「うん…そだね…////」

男「体だけじゃねぇかんな」

男の娘「…うん、信じるよ♡」チュッ





41: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/14(月) 00:00:53.34 ID:g6Qx5fFU0

────二年半後 卒業式────


男の娘「ふふ、よくここまで浮気しなかったね」

男「まぁそりゃ……」


────ヨッ.ゴリョウニン !
────オイオイ サイゴマデイッショカヨ ! ww


男「……ご覧の通り、浮気しようにもできねぇべ、これじゃ」

男の娘「あはは、皆にバレちゃったもんねww」

男「バレちゃったじゃねぇーべ!?バラしたのはお前だべ!?所構わずベタベタしてきてよ!」

男の娘「なっ!?それはこっちのセリフだよ!!誰!?隙あらば物陰でキスしてきたり、フェラさせたりしてさ!!付き合ってすぐの時だって廃部になった写真部の部室の鍵を手に入れたとか言って僕を連れ込んで散々僕のお尻を────」

男「ばっ!お、おいやめろって。他の奴が…」


────ザワザワ....
────カ...カゲキダワ..
────フジョシノワタシトシテハ トテモオイシイオハナシデス...


男の娘「あ………////」カァッ

男「お前のそういうとこだよ!ちょっとしたことですぐ怒って周りが見えなくなるからそういう事になるんだっつの!!」

男の娘「う、うるさいな!それが分かってるなら最初から僕を怒らせなきゃいいんでしょ!?」

男「自分の不手際を人のせいにすんなよ!ったく!うだうだうだうだと、ほんと女みてぇな奴だな!」

男の娘「何それ!?僕のそういう女の子みたいなところが好きって言ってくれたんじゃないの!?それと今のセリフは女の子達にも失礼だと思うんだけど!」


────ソウダソウダ- オトコノコクンノイウトオリダ- !
────ジョセイニタイスル ヘンケン トイウヤツデスネ...


男「ぐっ…!」

男の娘「ふふん、キミが僕に口で勝とうなんて100年早いのだ ♪ 」

男「そうだな…後でその口を別のことでこき使ってやる…」

男の娘「っ!?//// うう…スケベ…////」

男「それとも後ろの口にしてやろうか?そうすりゃ得意の上の口がちったぁ “だらしなく” なってくれんだろ。アンアン、男のおちんぽイイよぉ♡ もっと、もっとぉ♡────ってなwww」ニヤニヤ

男の娘「わっ、わっ//// …う、うるさいうるさいっ!//// もう!早く行くよっ!////」グイグイッ

男「うはははーwww 照れるな照れるなwww」ズルズルー


────ナンダカンダ ナカイイヨナ ...アイツラ
────アア..ソウダナ...ウラヤマシイヨウナ..ウラヤマサクナイヨウナ....





42: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/14(月) 00:03:50.18 ID:g6Qx5fFU0

────卒業式後 寂れた神社────


男の娘「キミは大学生、僕は社会人…。一緒に居られる時間減っちゃうね…」

男「まぁな」

男の娘「やっぱり少し…心配だよ」

男「浮気とか?」

男の娘「うん…。キミはね、自分が思ってるよりずっとカッコイイんだよ?」

男「それは初耳だwww」

男の娘「本当だってば。だから、キミがどうこうするんじゃなくても…他の女の子とかからさ…チョッカイ出されるかもしれないし」

男「ねぇよ」

男の娘「…他に好きな娘できたら…早めに言ってね?」

男「タコ。そんな心配すんな」

男の娘「……うん」

男「……お前も言えよ?」

男の娘「僕はキミしかいないもの ♪ 」

男「お前だって可愛いんだから分からねぇぞ?」

男の娘「そしたら嫉妬してくれる?」

男「する」

男の娘「嬉しい…♡」ピト…

男「…なあ、もう少しここで話さねえか?」

男の娘「うん…僕も同じこと考えてた ♪ 」フフフ…






43: ◆yXF/ojHTKk 2015/09/14(月) 00:06:51.73 ID:g6Qx5fFU0

………………………
………………
………


────なあなあ、三回目のデートの時、お前本気で間違って女子トイレに入ったの覚えてるか?あん時は本当に笑かしてくれたよな────

────キミったら文化祭の時に一般で入ってきた女の子の後ろ姿と僕を間違えて、ほっぺたひっぱたかれてたよね〜ww────

────そういえば高跳びの授業の時だよな?お前のハーパンのゴム紐が切れてパンツ丸出しになった時www 「キャー」って悲鳴あげて周りがどんだけ目を丸くしたかwww────

────僕と付き合ったことを周りが知ってから、キミはやけにオトコからモテるようになったよね?元々そっちの人に好かれる素質があったのかな?────

────あと修学旅行なww 皆が他の部屋に行ってるからっつって、押し入れん中でお前とイチャついてたら皆が戻ってきて二人して焦ってさ────

────二年の時のバレンタインにさ、僕が女の子から結構チョコ貰ってキミは何かおかしな嫉妬の仕方をしてたよねww────

────俺の受験勉強中もお前はひどかったよな。ほら、俺ん家でさ、勉強してるっつぅのに俺のちんぽしゃぶって「かまってかまって」って邪魔してよぉ────

────おっかしぃ!ねっ、ねっ、あと覚えてる!?僕が車の免許取りに行く日!前日の夜に激しいエッチしてさ、二人ともぐったりしてて、朝の試験時間に間に合わなくなってさ────


………………………
………………
………


男の娘「あ〜〜〜〜笑ったww……色々あったよね」

男「あったなぁwww」

男の娘「ねぇ男クン」

男「ん?」

男の娘「僕を好きになって、大事にしてくれて…ありがとうね」

男「なんだよ、今更」

男の娘「これからもよろしくお願いします」ペコ

男「こちらこそ、お願いします」ペコ

男の娘「…幸せだなぁ、僕は…」シミジミ…

男「なあ…男の娘」

男の娘「ん?なぁに?」

男「………この際、結婚しちまうか」

男の娘「……あは…またバカ言って……………大好きっ♡」チュッ



end




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/14(月) 00:15:56.26 ID:mvX0xIt2O

素晴らしかった乙




・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】男【短編】「この際お前でもいい」男の娘「はあ?」【R18】
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
足立共同区営団地で少女を撮ったAVが生々しくて危ない
【中古注意】ただの女の子ヌードにこれを持たせただけで事後画像に早変わり!【エ□画像25枚】
【リベンジポルノ】カップルのハメ撮り流出!!!ガチ素人娘のオナ●ー姿抜け過ぎだろwwww
【デスブログ】『東原亜希ブログ』で五輪エンブレム騒動が予言されていた!!
【ぼ●き注意】 スケスケのレジ袋を水着にする過激なブームが台湾女子の間で流行中 (画像あり)
【画像】レズの女の子2人が全裸でレスリングした結果・・・ そりゃこうなるわな
男「クッ、壁にチンポが刺さった」 隣のお姉さん「壁からチンポが!」
女教師「今からセックスの授業を始めるッ……!」 俺「なん……だと……!」
彡(゚)(゚)「お、居酒屋やんけ。入ったろ」
tehu「テフノートか、ここに書いた相手は知り合いになる...か」
【マジキチ注意】俺「うんこがおいしく感じるようにしてくれ」 ランプの精「う...?!」
【胸糞注意】ニュース「子供が深夜にいたら声をかけて欲しい」 彡(゚)(゚)「・・・」
【閲覧注意】チ●コにこれだけは絶対やっちゃダメだからね! (画像)
【衝撃動画】ヘロイン中毒者を一瞬にして正気に戻す方法www
フリチン、お●ぱいが長いこと楽しめる2015年全裸でサイクリングの様子はこちら

 

最新記事50件