転載元:男「裏ノーベル賞……!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:36:26 ID:/gngvOCo

友「お、今日はノーベル賞の授賞式らしいぜ」バサ…

友「今年は日本人が一人受賞するみたいだ」

男「へぇ〜、ノーベル賞ねぇ」

男「俺にはまったく縁のない話だな」





 


ディーラー「納車だよ。保護シートとるからね」 アルト「えっ」
【マジキチ注意】女「すいません…」モジモジ 膣内洗浄師俺「なんだ股患者か」
男「よりによって最後の村に生まれてしまった」
医者「こりゃアレだね、一日30回くらいはオーガズム感じちゃう奇病だね」 俺「うわーん…やったぜ!!」
【胸糞注意】女「痴漢です!」 男「えっ」 私服警察「えっ」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:39:14 ID:/gngvOCo

男「そもそもノーベル賞って、どんな部門があるんだっけ?」

友「えぇと、物理学、化学、生理学・医学、文学、平和、あと経済学だな」

男「とりあえず、理系の部門は俺にはさっぱりだし」

男「あと文学……本なんかマンガぐらいしか読まないし」

男「平和も、ボランティアとかしたことねえし」

男「経済学もダメだな。東証株価指数を説明しろ、っていわれたらできねえもん」

男「みごとにどれもダメだ」

男「お前ってたしか、劇団入ってるっていってたよな」

友「ああ」

男「なら、ノーベル演技賞でもあれば狙えたのにな」

友「ハハハ、そうだな」




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:40:10 ID:/gngvOCo

男「俺なんて、ヒマさえありゃ自分に都合のいい妄想ばかりしてて、めんどくさがり屋で」

男「バイトの時はいつも店長に『お前、仕事が適当すぎんだよ』って怒られて」

男「本気出す時といや、エロ画像収集の時ぐらい」

男「能力はどうひいき目に見ても、凡人レベル」

男「だけど、ネット上じゃ自分は一流大生だの、彼女持ちだのとウソばかり」

男「あ〜あ、こんな俺でも取れるノーベル賞ってないのかなぁ」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:41:26 ID:/gngvOCo

友「……あるかもしれないぞ」ガサ…

男「へ?」

友「この新聞に書いてあるんだけど」

友「なんでも今日、“裏ノーベル賞”の授賞式もやるらしい」

男「裏ノーベル賞……!? なんだそりゃ!?」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:43:15 ID:/gngvOCo

男「それって、もしかして“イグノーベル賞”ってやつじゃねえの?」

男「ほら、バカな研究した奴がもらえるってやつ」

男「あれはあれで、ユーモアセンスがいるから、とても俺じゃ取れねえよ」

友「いや、それとはまた違うやつだ」

友「記事によると、れっきとしたノーベルが創設した賞なんだそうだ」

友「だけど、あくまで“裏”ノーベル賞だし」

友「表のノーベル賞の価値を損ねることにもなりかねないから」

友「大々的に授賞式が行われることはないそうだ」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:44:44 ID:/gngvOCo

男「ふうん、ちなみに部門はなにがあるんだ?」

友「えぇと、妄想、怠惰、適当、変態、凡人、虚言癖、の六つだ」

男「なんだそりゃ!?」

男「俺なら六部門制覇できそうな賞じゃねーか!」

男「くそっ、そんなもんがあると知ってりゃ、もっとアピールしてたのにな……」

男「ちなみに、授賞式はどこでやるんだ?」

友「……この近所の市民ホールらしい」

男「へ!?」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:46:41 ID:/gngvOCo

男「なんでそんなとこで!?」

友「なにしろ、あまり表に出さない方がいい賞だから」

友「毎年、こそこそと場所を変えて授賞式を行ってるんだそうだ」

友「それで、今年は日本の市民ホールでやることになったんだと」

男「はぁ〜、なるほど」

友「――で、どうする?」

男「そりゃもちろん、授賞式を見に行くに決まってんだろ!」

男「未来の“裏ノーベル賞候補”としては、今のうちに研究しとかなきゃな!」




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:48:19 ID:/gngvOCo

市民ホールにやってきた二人。



ザワザワ……



男「ホントにやってる! ……でも、客席にあまり人は入ってないな」

友「しょせん、“裏ノーベル賞”だからな」




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:49:54 ID:/gngvOCo

司会『お待たせいたしました!』

司会『ただいまより、裏ノーベル賞の授賞式を行います!』

司会『ではさっそく、“ノーベル妄想賞”の受賞から参ります!』





男「お、まずは妄想賞か!」

友「ちなみにお前はいつも、どんな妄想をしてるんだ?」

男「そりゃま、可愛い女の子に囲まれてハーレムとか」

男「メチャクチャ強くなって、悪人を倒しまくるとか、そういうのだよ」

男「受賞者がどんな妄想してるかは知らねえが、俺も妄想力ならかなり自信あるぜ!」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:52:15 ID:/gngvOCo

司会『このたびは、受賞おめでとうございます!』

受賞者A「ありがとうございます」

司会『しかし、すごいですね』

司会『自分の中で、“もう一つの人類史”を妄想してしまうとは』

受賞者A「大したことではありませんよ」





男「もう一つの人類史? なんだそりゃ?」

友「どういう意味だろうな?」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:56:16 ID:/gngvOCo

司会『何とこの方、自分の頭の中で』

司会『人類誕生から現代に至るまでの“もう一つの歴史”を妄想しているのです!』

司会『ちなみに、あなたの中のもう一つの歴史では、1600年はなにがありましたか?』

司会『こちらの歴史では、関ヶ原の合戦や東インド会社設立、などがありましたが』

受賞者A「1600年というと、私の中の歴史ではK.L885年にあたりますね」

受賞者A「大きな事件としては、ドーク戦争、ペレポ政変、ゲジャ地震が起こっています」





男「なんだなんだ……? なによ、ドーク戦争って……? 聞いたことねえぞ」

友「ようするに、アイツの頭ん中にゃ、俺たちが知る世界史とはまたちがう」

友「“もう一つの世界史”が出来上がってるってことだろ? ……妄想で」

男「マジかよ……!」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:57:58 ID:/gngvOCo

受賞者A「さて、ドーク戦争から説明いたしましょうか」

受賞者A「ドーク戦争の発端は、チャゲネ王国でのブレナードゥ王暗殺に始まります」

受賞者A「チャゲネ王国というのは、この世界でいうとフランスあたりに位置します」

受賞者A「また、ドーク戦争はチャゲネ語では“$&%#”と表記――」

司会『はい! はい! もう結構です! ありがとうございましたー!』





男「言語まで作ってんのかよ……とんでもねえな。どんな密度の妄想だよ……」

友「頭の中がどうなってるのか、想像するだけで頭がおかしくなりそうだな」

男「妄想でさえ、こんだけやらねえと、ノーベル賞は取れねえのかよ……」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 22:59:37 ID:/gngvOCo

司会『続いて、“ノーベル怠惰賞”の受賞を行いたいと思います!』

司会『受賞者の方、どうぞー!』





友「ノーベル怠惰賞だってさ、どんな奴が出てくると思う?」

男「うぅ〜ん……」

男「きっとニート歴ン十年なんてのが出てくるんじゃねえか?」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:01:28 ID:/gngvOCo

司会『こちらが受賞者です! なんとベッドに横たわったまま運ばれてきました!』



受賞者B「…………」





男「なんだ、寝てるだけじゃねえか。たしかに怠惰といえば怠惰だけど」

友「思ったより大したことないな」




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:02:58 ID:/gngvOCo

司会『実はこの方、呼吸をしていませんし、心臓も止まっているのです!』

司会『脳も全く活動していませんし、血流も停止しています!』

司会『怠け癖を極めてしまった結果、体の全機能を自ら止めてしまったのです!』



受賞者B「…………」





男「え、え、え!? ちょっと待て、それ死んでるってことじゃねえの!?」

友「だ、だよなぁ!」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:05:05 ID:/gngvOCo

司会『しかし! この方は紛れもなく生きているのです!』

司会『世界中の医師がこの方を診断しましたが――』

司会『死んでいる、と認定した医者は一人もいなかったのです!』

司会『生きているという診断しかできなかったのです!』

司会『今どういうお気持ちでいるのか、お言葉を聞けないのが本当に残念です!』



受賞者B「…………」





男「心臓も呼吸もなにもかも止まってるのに、生きてるのか……?」

男「もうなにがなんだか分からなくなってきた……」

友「深く考えるのはよそう……」




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:06:54 ID:/gngvOCo

司会『さて、続きましては“ノーベル適当賞”です!』

司会『受賞にさいして、一言コメントをお願いします!』

受賞者C「はい」






男「適当賞か……。きっと『あざぁーっす』とかいうにちがいないぜ」

友「あ、それありそう」




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:10:00 ID:/gngvOCo

受賞者C「このたびは、“ノーベル適当賞”という大変素晴らしい賞をいただき」

受賞者C「誠にありがとうございます」

受賞者C「これを励みに、今後も頑張っていきたいと思います」





男「…………!」

男「なんて適当なコメントだ……!」

男「一見、模範的なコメントに見えるけど」

男「内からにじみ出る『こう言っときゃいいんだろ?』みたいな投げやり感がすげえ!」

男「下手に態度が悪かったりするより、よっぽど適当って感じがする!」

友「さすがノーベル賞受賞者……ってところだな」




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:13:00 ID:/gngvOCo

司会『それでは、“ノーベル変態賞”に移ります!』

司会『受賞者の方、こちらへどうぞ!』





男「よっ、待ってましたァ!」

友「うおっ、いきなりテンション上げてきたな」

男「なんたって“変態賞”だもん」

男「男の変態なら笑えるし、女の変態なら大歓迎だ! どっちにしろ楽しめるだろ?」

友「なるほどな」




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:14:59 ID:/gngvOCo

司会『“ノーベル変態賞”おめでとうございます』

受賞者D「ありがとうございます」

司会『今のお気持ちはいかがですか?』

受賞者D「ノーベル賞を頂くのはもちろん嬉しいのですが、複雑な気持ちですね」

受賞者D「なにしろ、“変態賞”ですから。ハハハ……」





男「あれ? ずいぶん普通だな」

友「普通どころか、すごく紳士的だ。エロさなんか微塵も感じないぞ」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:17:24 ID:/gngvOCo

司会『なんとこの方、前世があまりにもエロすぎたために』

司会『今の人生はずっと無性欲状態、俗にいう“賢者タイム”なのです!』

受賞者D「お恥ずかしい限りで……」





男&友「前世ときたかァァァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッッ!!!」




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:21:12 ID:/gngvOCo

司会『さて、続きまして“ノーベル凡人賞”です!』

司会『今年最も凡人だと評価された方が、この賞を得られるのです!』





男「今、ふと思ったんだけどさ……」

男「こんな賞もらってる時点で、そいつってもはや“凡人”ではないよなぁ?」

男「そいつがいかに平凡でも、賞を与えることで、そいつの平凡性を消しちゃってるよ」

友「いえてる! たしかに矛盾めいたものを感じるな」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:23:46 ID:/gngvOCo

司会『“ノーベル凡人賞”おめでとうございます』

受賞者E「ありがとうございます」





男「なんだこいつ……。なんのオーラも感じない……」

男「“ザ・凡人”って感じだ! 道ばたの石ころって感じだ!」

男「いくら賞を与えても、この平凡っぷりは消せるもんじゃねえ!」

男「こんなヤツがこの世にいたなんてな……」




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:26:48 ID:/gngvOCo

男「さて、残るはあと一つか」

男「いったい、どんな受賞者が出てくるんだろうな」

友「ぷっ……」

友「ハーッハッハッハッハッハッハ!」

友「あぁー、おっかしい!」

男「な、なんだよ……突然!?」

男「“裏ノーベル賞”とはいえ、式典なんだから、あまりでかい声で笑うなよ」




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:29:53 ID:/gngvOCo

友「“裏ノーベル賞”だって? そんなものあるわけないだろ?」

男「へ……?」

友「もう一つの歴史を妄想してる人間? 体を機能を停止した怠惰人間?」

友「冷静に考えてみろよ。そんな奴らがいるわけないだろ?」

友「仮にいたとしても、そんな連中がノーベル賞なんて偉大な賞をもらえるわけないだろ?」

男「…………!?」

男「なにいってんだ、“裏ノーベル賞”の記事を見つけたのはお前じゃないか!」

友「お前、その新聞記事見たか? オレの話を聞いてただけだろ?」

男(あっ、そういえば見てない……)




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:32:01 ID:/gngvOCo

友「ようするに、お前はまんまと騙されたんだよ。このオレにな」

男「ちょ、ちょっと待てよ! じゃあ、この会場や客や司会者、受賞者はなんなんだ!」

友「もちろん……あれは全員、オレの仲間さ」

男「あ……! まさか、お前が所属してる劇団の……!」

友「そのとおり。みんな、結構ノリがよくてね」

友「友だちを派手に騙したいんだけど、って頼んだら快く協力してくれたよ」

友「この市民ホールも、比較的安く借りれるとこだしさ」

友「あ〜、面白かった! いいもん見れたわ! ナイス解説だったぜ!」

友「どうだった、オレたちの演技は? それこそノーベル賞もんだったろ?」

男「…………!」ムカッ…

男「く、くそっ! くそっ! よくも騙しやがったな!」




27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:35:15 ID:/gngvOCo

男「このヤロウ!」

ボカッ!

友「あだだ……!」

男「なにが“裏ノーベル賞”だ! こんな手の込んだドッキリしやがって……!」

男「もう帰る! お前とは当分会わねえ!」スタスタ…



バタンッ!



友「いてて……」

友「ちょっとやりすぎたかな……」




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:38:38 ID:/gngvOCo

司会「あ、いたいた」

司会「これから“ノーベル虚言癖賞”の授与を行いますので、こちらへどうぞ」

友「あ、どうも」

司会「ケガをされてますが、もしかしてまた誰かを騙してたのでは?」

友「いやいや、そんなわけないでしょう。オレは人を騙すのが大嫌いなんですから」

司会「なにしろ、あなたときたらすぐ人を騙そうとしますからね」

司会「つい最近も自分のことを劇団員だとか、経歴を偽っていたそうですし……」

司会「もっともそれぐらいでなければ、ノーベル賞には届かなかったでしょうけどね」









おわり




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/02(水) 23:45:13 ID:mE0Imp7Y






・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 男「裏ノーベル賞……!?」
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
極小透けブラの篠崎愛のチクビの位置wwwwwwwwww (画像あり)
【コスプレ】篠崎愛がピッチピチのふとましい”キャットウーマン”にwwwww【画像あり】
【鬼畜】俺に冷たい元グラビアアイドルの派遣社員への腹いせに下着盗撮してた結果
【マ●コ&ケツ丸見え】 外で下半身丸出しにしてる恥ずかしい女がコチラですwwwwww【画像30枚】
【画像】やっべーもん顔につけて歩いている奴がいるwwww
【悲報】ΛV女優が鍵開けたまま眠った結果がヤバすぎるwwwwwwwwwwww
【R-18】弟「……ッ!」パンパンパン 姉「……ッ////」 母さん「あなたたち何してるの!」& lt;/a>
【R-18】娘「勝手に部屋に入ってこないでよ、パパ!」
男「これより……貴様のケツをさわる」 女「ほう……」
【マジキチ注意】俺「セックス、、ノート、、?」
特殊部隊員「き!木村カエラが近付いてきます!」リングディンドン…
【工口 グ口 胸糞注意】勇者「魔物とセ○クスした」
中学の頃プールの時間に女子のパンツの匂い嗅ぎに行ったら親友ができた話
男「これより……貴様のケツをさわる」 女「ほう……」
バーン「ハドラーよ、今期オススメのアニメは何だ」

 

最新記事50件