転載元:委員長「付き合ってもらってもいい?」眼鏡「へ?」


関連記事
金髪「付き合ってくンない?」 眼鏡「へ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:00:21.66 ID:X07CtfqLO

委員長「文化祭の報告に職員室へ行くんだけど…」

眼鏡「……」

眼鏡「あ、あ〜っ」

委員長「もしかして、忘れちゃってた?」

眼鏡「いや、ははっ、えっと」

委員長「……」ジッ

眼鏡「ス、スミマセンすっぱりと忘れてました…」

委員長「……」

委員長「素直でよろしい」ウム

眼鏡「へ?」

委員長「ここでキミがヘンに誤魔化してたら、うん、優しいで評判の委員長さんも怒ってましたけどもー」

委員長「キミが素直で良い子でしたので許してあげましょう、ええ、許してあげますとも」ニコ

眼鏡「す、素直でいい子って…同級生だからね、委員長…」

委員長「ふふ」

眼鏡「…ははっ」





 


ディーラー「納車だよ。保護シートとるからね」 アルト「えっ」
【マジキチ注意】女「すいません…」モジモジ 膣内洗浄師俺「なんだ股患者か」
男「よりによって最後の村に生まれてしまった」
医者「こりゃアレだね、一日30回くらいはオーガズム感じちゃう奇病だね」 俺「うわーん…やったぜ!!」
【胸糞注意】女「痴漢です!」 男「えっ」 私服警察「えっ」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:09:00.02 ID:X07CtfqLO

委員長「じゃ、行こっか」

眼鏡「う、うん」

委員長「私の方で報告用の書類は用意してあるから、後はサンプル用に作った道具とかを…」

眼鏡「あ、うん、えっと、うん? サンプル用?」

委員長「これだよ」ヒョイ

眼鏡「あ、あ〜…そ、それかぁ〜なるほどなぁ〜」

委員長「…」じぃー

眼鏡「…っ…っ…っ」ダラダラダラダラ

委員長「もしかしてだけど今日の放課後の会議、殆ど聞いてなかった?」

眼鏡「うっ、そんなことはないと思うけど! た、たまたま知らなかっただけであって…!」

委員長「じゃあキミが持ってる、画用紙で出来た三角形の物体は何に使うか説明してみて?」

眼鏡「……」

眼鏡「…パーティでかぶる帽子、とか?」カポッ

委員長「……」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:18:08.62 ID:X07CtfqLO

眼鏡「……」ダラダラダラ

委員長「──ぷっ、あはは! ナニソレ、急に変なコト言わないでよ〜!」ケタケタ

眼鏡「お、おおっ?」

委員長「全然違うよ。それに、これは私がヒマな時に作った只の飾り物」スポッ

眼鏡「飾り物っ?」

委員長「そうだよ〜だからね、まったく文化祭に関係無いものなの」

委員長「つまり、キミが本当に会議を聞いてたのか試すために渡したってコト」ニコッ

眼鏡「え、え〜と…」

委員長「…」

眼鏡「ご、ごめん、本当にごめんとしか言いようが無いっていうか…その…」

委員長「メッ! だよ?」

眼鏡「えっ?」

委員長「キミにとって文化祭は、それほど重要なな行事じゃないかもしれない、けどね?」

委員長「キミ以外の、他のクラスメイトや、教師や来訪者の方々みんなで出来上がるのが文化祭なの」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:27:02.38 ID:X07CtfqLO

眼鏡「う、うん」

委員長「だから一人でも怠けてちゃ、他の誰かがその分を補うことになる」

委員長「一人作業をサボれば誰かが補い、完成が遅れれば来訪者が困り、クオリティが低ければ皆が楽しくない」

委員長「良い? つまりは眼鏡くん一人がサボれば、一番困っちゃうのは誰だと思うかな?」

眼鏡「…委員長だと思う」

委員長「うんうん、その通り」ウンウン

眼鏡「ごめん…」

委員長「でもそれも間違いだよ!」

眼鏡「あれ!? 間違ってたっ?」

委員長「正しくは文化祭実行委員──」

委員長「──キミと私のお仕事で、二人支えあってやり遂げる重要な担当組。ぐらいは言って欲しかったなぁ〜」

眼鏡「あ、えっと、そっか…それぐらい言わないとだ、ダメだよなぁ〜」

委員長「……。ということで、さっそく職員室で報告しましょ?」

眼鏡「う、うっす」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:35:09.58 ID:X07CtfqLO

委員長「じゃあレッツゴー」たったったっ

眼鏡「あ、ちょ、待ってくれ委員長…!」ワタワタ


〜〜〜〜


「メイド喫茶ね…」

委員長「はい。クラスで大体の担当割りは決めました、後は予算と準備期間等などを、」

「……」

委員長「えっと、何か?」

「実はねぇ今年からねぇ、食品関係の販売が煩くなってねぇ」

委員長「え? しかし去年にその問題は取り決めを行えば、どのクラスも可能という話じゃ…」

「それがねぇ、ちょいと受理関係が色々と面倒臭い事になっててねぇ」

委員長「…と、言うと…」

「ん〜…」ガサゴソ

「これなんだけどねぇ、各責任担当者全員に判子を貰わなくちゃダメになってねぇ」






7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:41:51.54 ID:X07CtfqLO

委員長「…貸してください」スッ

眼鏡「うわっ、担当者多すぎだろ…十七人…?」ボソリ

委員長「この紙に載っている全員に許可を貰えれば良いと?」

「うん、そんな感じだねぇ」

委員長「……」

「無理しないでぇ他のにしたっていいんだよぉ? ほら、ヘンに拘らずに休憩所とかさ〜」


「文化祭は来年もあるわけだしねぇ、今年だけじゃないから、まだまさ先があるからさぁ〜」


〜〜〜


眼鏡「ど、どうするの委員長さん?」

委員長「…そうだね、貰いに行かなくちゃね」ガサリ

眼鏡「え、本当にっ? 十七人全員に判子を貰いに行くってこと?」

委員長「だってそうしないと皆との会議が無駄になるもの、そんなの、絶対に嫌だよ」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:51:23.96 ID:X07CtfqLO

眼鏡「で、でもさ、名前を見ればわかると思うけど…」

委員長「何人か学校関係者じゃない人が居る、かな」

眼鏡「そ、そうだよ、こんなのハッキリ言って学校側が予め許可を得るべき人たちで…!」

委員長「うん」

委員長「でも、やらなくちゃ」くるっ

眼鏡「やらなくちゃって…」

委員長「…眼鏡くんは先に帰っていいよ。後は私一人でやってみせるから」

眼鏡「…っ」

委員長「私は皆の想いを大切にしたい。だって数少ない高校生活の、しかも三回しか無い文化祭なんだよ?」

委員長「そんな重要な事を、大変だってだけで諦めたら──勿体無いもん」

眼鏡「委員長さん…」

委員長「でもね、これは私一人の我儘だよね。分かってるんだ、眼鏡くんを巻き込んでやることじゃないって」

眼鏡「……」

眼鏡「わかった。お、俺も責任持ってやるよ! 委員長一人に任せるつもりなんてないから…!」コクコク




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:55:48.01 ID:X07CtfqLO

委員長「眼鏡くん…」キラキラキラ

眼鏡「お、おう! 任せとけ!」

委員長「ありがとう…キミが一緒の実行委員で本当に良かったよぉ…」ホロリ

眼鏡「うぇっ!? あ、うんうんっ! が、頑張ってみせるからさ! 絶対に!」

委員長「うん…うん…」グスッ

眼鏡「……」ポリポリ

委員長「よし! じゃあ明日から一緒に頑張ろうね! えいえいおーっ!」

眼鏡「お、おーっ!」


〜〜〜


委員長「眼鏡くん! 許可もらえたっ?」

眼鏡「う、うん、市内の調理師免許を持つ人に…はぁはぁ…貰った来たよ…!」

委員長「流石だよぉ〜! すごいすごい!」パチパチ

眼鏡「あ、あはは…」






10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:00:30.56 ID:X07CtfqLO

〜〜〜

委員長「ほら見て眼鏡くん! 無事に、校長先生から判子もらってきた!」バーン

眼鏡「お、おめでとう! こっちも搬入担当の業者に許可を貰ったから!」

委員長「ウソ…何度も電話しても全然取り合ってくれなかったのに…」ボーゼン

眼鏡「が、頑張った!」

委員長「…ありがとう…」

眼鏡「いや〜っ! ははっ…!」

〜〜〜

委員長「うん、イイ感じだね!」

「委員長こっちは〜?」

委員長「そこは計画書通りに」

「あぃょー」

委員長「あ。そこの色は黄色一色にしてね、そっちのほうが見栄えが良さそうだから」

「オッケー!」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:05:14.21 ID:X07CtfqLO

眼鏡「…あれ…?」

「おい、こら眼鏡」

「間違ってんぞゴラ」

眼鏡「うっ…けど確かここは紫で統一するはずじゃ…」

「あぁ〜ほらほら眼鏡ぇ、いいんちょ言ってたじゃんか」

「他のことやっとけつーの、ジャマジャマ」シッシッ

眼鏡「め、面目ないというか…ごめん邪魔ばかりしてしまって…」

「いいよべっつに〜」クスクス

「ねぇ〜?ww」

眼鏡「…?」

「俺ら男子は許さんぞ、しっかり直せ、つか人より倍働け」

眼鏡「う、うん」

〜〜〜

「やっぱ委員長は頼りになるな」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:12:55.56 ID:X07CtfqLO

「作業効率もパネェしな」

「他のクラスよりもすっごく早く準備出来てるんだよ、やっぱ委員長やってるだけあるよね」


眼鏡「あっ!」バシャー


「だぁー! テメーまた零したな!」

「たくもーよぉー!」


眼鏡「ご、ごめん…」フラフラ


「…にしても片割れはほんとにさ…」

「アイツ働いてんの?」

「なんか、許可の判子もいいんちょ一人でやったとか噂じゃん?」

「そうそう、なんか学校中走り回ってるの委員長だけでさ。アイツは一人でどっか消えてんだよ」


眼鏡「モップと雑巾、あと代わりのペンキも用意しないと…!」ワタワタ




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:17:21.92 ID:X07CtfqLO

〜〜〜

委員長「みんなお疲れー! 今日はここまでで良いよ? 本当にありがとー!」フリフリ

委員長「……」スッ


眼鏡「うーん、こうじゃなかった気がするんだけどなぁ」


委員長「眼鏡くん」

眼鏡「ひゃいっ!? あ、委員長さん…」

委員長「もうクラスの皆帰っちゃったよ? 眼鏡君は帰らないの?」

眼鏡「あ、うん。少し気になるところがあってさ…」

委員長「うんうん」

眼鏡「ここなんだけどさー…ここに椅子を配置すると、お客さんが通りにくいと思うんだけど」

委員長「あ。ここね、テレビを置くの無しになったから大丈夫だよ」

眼鏡「えっ? あれ、えっと…」

委員長「どうかした?」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:23:26.25 ID:X07CtfqLO

眼鏡「……動物の動画を流す筈じゃ…?」

委員長「あーそれね、うん」

委員長「ナシになっちゃった、ゴメン!」パシン

眼鏡「えっ、あ、あぁそうなんだぁ…」

委員長「うん…」

眼鏡「い、色々とYouTubeで動物の動画探してたりしてたんだけど…全部、無し?」

委員長「…ごめんね…」ウルウル

眼鏡「あっイヤ! 全然! 大丈夫だし、ねっ? 俺としても食事中に動物見るの苦手な人居るかなぁとか思ってたし…!」

委員長「そうそう! 鋭いところつくね、まさにそんな話が出ちゃって」

眼鏡「…なるほどね、あ、うん…了解了解…」ポリ

委員長「眼鏡くんには…」

眼鏡「う、うん?」

委員長「色々と今回の文化祭で迷惑かけっぱなしだなって、うん、すっごく思ってるんだ」

眼鏡「いやいやいや! とーぜんのことうやってるだけだし! 全然! まったくそんなことない!」






15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:30:05.17 ID:X07CtfqLO

委員長「ほんとに?」ウルウル

眼鏡「う…うん…全然ないって…」フィ

委員長「そっか、そっかそっか、優しいんだね」

眼鏡「……」

委員長「…あのね眼鏡くん」スッ

眼鏡「ひゃいッッ!?」ビクゥ

委員長「私ね、ほんとーにキミと一緒に実行委員になれてよかったなって…」スリ

委員長「素直な気持ちで思ってるんだ、本当の本当だよ…?」

眼鏡「う、うん」ダラダラダラダラ

委員長「信じてくれる?」

眼鏡「し、信じる、信じるけどその前に…距離が近くないかなって…」ダラダラダラダラ

委員長「……だめ?」

眼鏡「い、いやぁー!! なんかな〜っ! そ、そういうのって男女でやるのはちとばかし問題があるっていうか…!」

委員長「問題? 問題ってなにかな…?」スリスリ




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:38:15.96 ID:X07CtfqLO

眼鏡「あっ……いや……あるじゃん、そういうの……」ドクン

委員長「わかんないよ。言葉にして教えてくれなきゃ」

眼鏡「こ、言葉にしなくたってわかることもあると思うけど…ッ」ドクンドクン

委員長「どんなコト?」フゥ

眼鏡「ッ〜〜〜!? いっ、あっ! 色々とねッ! ひぃッ!?」ビクン

委員長「……」

眼鏡「あぁ…うっ…おっ…」

委員長「……」スッ

眼鏡「えッ!?」ビクッ

委員長「んー」グググ

眼鏡「待ッ…いや、流石にそれはぁ…ッ!!」


「──あ〜! ふじゅんいせいこ〜ゆ〜ってヤツぅー?」


眼鏡&委員長「……!?」ババッ




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:46:18.74 ID:X07CtfqLO

「えー、なになにもう離れちゃうワケ? つまんねーなー」ガタン

委員長「…っ」ソソソ

「いや、あたしがジャマしちゃった感じ? アハハ、ならメンゴメンゴ〜」


金髪「にひひ、ジャマしちゃってごめんねぇ〜まっさか忘れモン取り来たらこうなってるとはさぁ〜」


委員長「そ、そうなの? う、うん。別に邪魔したとかそういうこと、ないから」

金髪「へ? ジャマじゃなかったの?」

金髪「だったらどーぞ、続きヤッてて良いよ? こっちも直ぐ帰るからさ、うんうん」ガサゴソ

委員長「だ、だからね? 別に貴女が思ってるようなことじゃなくて…」

金髪「アハハ!」

委員長「な、なにっ?」

金髪「思ってるようなコトってなに? 委員長はあたしの何を察したワケ?」クスクス

委員長「…からかうのはやめて」

金髪「え〜べっつにそんなつもりないし? つか、ヘンに気にしてんのそっちの方だし?」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:53:28.42 ID:X07CtfqLO

委員長「……」

金髪「くっくっくっ、まーイイケド」

委員長「…忘れ物は見つかった?」

金髪「おっけ〜! これまたすぐに見つかったからめっちゃ運良かったわ」


スタスタスタ スタ


金髪「よいしょっと」スッ

眼鏡「うっ…」グイッ

金髪「無事、ほかくかんりょーしました!」ニッ

眼鏡「…はぁ…」カチャッ

委員長「……」

委員長「どういうつもり?」

金髪「んだから忘れモンだって、わっかんねーの?」

委員長「わからないから訊いてるんだけど」





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:58:01.93 ID:X07CtfqLO

金髪「ん〜…だからコイツよ、コイツ」クイッ

眼鏡「…」ズーン

金髪「眼鏡をここに置き忘れてたから取りに来たってワケだけど?」

委員長「……」

金髪「ったくよー、何時までたっても玄関こねーし」

眼鏡「…準備があったから」

金髪「えっ? なんの準備っ? んっ?」ニヨニヨ

眼鏡「ッ〜〜…な、なんでもないっ」

金髪「くっくっくっ、イイヨーイイヨーその表情まったく変わんねえなぁめがねぇ〜」ツンツン


ガタンッ!!


金髪「──……」

眼鏡「あっ!? か、看板が…!」

委員長「……」ポロポロポロ…





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 20:02:49.39 ID:X07CtfqLO

委員長「…いよ…」ボソリ

金髪「……」

眼鏡「これじゃやり直しだ、って、えぇー!? ちょなんで泣いて…!?」ビクッ

委員長「酷いよ…こんなの、眼鏡くん…」グスッ

眼鏡「へ?」

委員長「もういい、知らないっ」タタッ


ガララ! たったったっ


眼鏡「あっ…! い、委員長!」

眼鏡「……っ…」スタ

金髪「いや、追いかけろよそこは」クスクス

眼鏡「……」

金髪「追いかけねーの? 泣いてたじゃん、ほら、眼鏡の好きだった人がさー?」

眼鏡「…何時から見てた感じ?」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 20:13:31.15 ID:X07CtfqLO

金髪「あン? 全部だよ全部」

眼鏡「…どこからどこまで」

金髪「そりゃ眼鏡と委員長が【不自然な投票数で実行委員会】に選ばれてから、」

金髪「キッス奪われかける今まで?」

眼鏡「……」ポカーン

金髪「おいおい。知らんぷりされてるとか思ってた? なわけねーだろ、気にするわバカ」

眼鏡「…そ、そか」コクコク

金髪「んでさ眼鏡、ききたいことがあるんだけど」

眼鏡「な、なんだよ?」

金髪「にひひ」

金髪「──ちゃんと、あの猫かぶり女を克服できた?」


〜〜〜


委員長(あれ? 追いかけて来ない?)ピタリ






22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 20:23:16.43 ID:X07CtfqLO

委員長「…完璧だったよね?」

委員長(予め用意しておいた偽造投票数、実行委員の活動内容、言動、信頼関係)

委員長(わざと不出来で憎たらしい委員長を務めて、表ではさも当然のように仕事をこなしてるかのよう行動し、)

委員長「眼鏡くんの印象をクラスの中で低下、うん、ここまであってるハズ」

委員長(無事に責任感を彼に持たせることに成功した。その御礼として熱く迫って上げた、しかし乱入者が現れる)

委員長「ここも作戦の内だったのに…あれおかしいなぁ…」

委員長「なんで追いかけてこないんだろぉ…確実にあの二人は付き合ってないはずなんだけどなぁ…」


トントントン


委員長「…まだ奪えないのかな、彼」トン

委員長「あーんなに可愛く、えろく迫ってあげたのに」

委員長(でもなあー! これ以上やっちゃうとヲタども引きそうなんだよなぁー!)

委員長「ぶりっこ風がだめだったのかなぁ…おかしいなあ…」スタスタ

委員長(…ちょっと確認しに行こうっと)




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 20:29:15.22 ID:X07CtfqLO

委員長「ん〜…?」スタスタ

委員長(あ。他のクラスの出し物かな? いいね、パクらせてもらおっと)カシャッ

委員長(へぇ〜スケジュール表を上手く管理してるなぁー、参考にさせてもらお)


スタスタスタ


委員長「あ〜…こりゃイカンね、それはダメだよB組さん」コツン

委員長(この看板のディザリングまんま私のクラスと一緒だ。んん、成敗)バシャッ

委員長「よしっと。これぐらい汚せば元には戻らないかな?」

委員長「ふんふ〜ん…」

委員長「……」ゾク


スタスタ スタ


委員長「…ぁぁ…やっぱ楽しいなぁ…」ゾクゾク

委員長(人のもの盗るのって、壊すのって、失くすのって、大好き)ニマー




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 20:39:52.53 ID:ByOWKovJ0

委員長√キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ありがとうございますありがとうございます
期待してます!




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 20:44:17.85 ID:X07CtfqLO

ゾクゾクッ ゾクゥ

委員長「ッハァ〜〜…!」ぶるるっ

委員長「うん。やっぱイイ、これが私だよね」ハァ


委員長(ん〜〜〜っはぁ! 欲しいなぁ! いいなぁ! でも他人のモノ!)


委員長「それが、いちばぁんちょぉほしぃい〜」ポタリ

委員長「あ、しまった! 涎が…」ササッ

委員長「……」フキフキ

委員長(このギリギリ感が私を駆り立てる。生きて良いんだって当然のように確立した理由になってる)

委員長(私みたいな人間は死んで当然? ははっ、知ってる知ってる。でもそれがなに?)

委員長(フツー人が頑張って叶えて手に入れて大切にしてるものを、どうして羨ましく思わないの?)

委員長(だから私は努力を重ねて【手に入れる】。それが私で、他の誰でもない私という人間の証明)


委員長「だから壊す、だから失くす。…だから盗る、それが私」スタスタ




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 20:53:53.00 ID:X07CtfqLO

委員長(あの眼鏡くんも、後少しで…)

委員長(見た? 私が少し近づいただけで、あの戸惑いよう…クスクス…堪んないよね)

委員長(鼻の穴おっきくさせて、近づいてくる唇から視線を外せないで、私の香りに戸惑ってた)ニコニコ

委員長「あ〜…やっぱああいった童貞っぷり最高だよね…」

委員長(しかも! あの金髪さんがお気に入り! 数カ月前から怪しい関係になってから、ずっとずっと狙ってたんだもん)

委員長「…ん〜…」ぞくっ


すた


委員長「さて、軽く聞き耳を立ててやりますか」ソッ

委員長(出来れば修羅場っててくれたら嬉しいな。漬け込みやすいし、どーだろー?)ソソッ



金髪「やっぱ委員長は初恋相手じゃんか、そういったのはもう忘れらんねーだろ?」



委員長(お…? なにやら面白い展開だったようで…?)ワクワク




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:04:36.93 ID:X07CtfqLO

眼鏡「だ、だから初恋じゃないって…」

金髪「そうだったっけ?」

眼鏡「…前に好きだった人ってだけ」


委員長(ふぉおぉおぉお〜っ!? そうなのマジで!?)

委員長(好きだったの私のことっ? じゃチョロいじゃん、良いこと知った〜♪)


金髪「ふーん、ま、確かにそう言ってたっけ」


委員長(おやおや、何やら複雑な気分の金髪さん。やっぱり好きなのかなぁ、眼鏡くんのコト)クスクス

委員長(でもね高校生って安いんだよ。覚悟なんて直ぐに折れる、新しい誘惑に簡単に囚われる)

委員長(──必ず目標に到達する。掲げるモノは立派な割に努力が足りてないんだ)


金髪「じゃあ上手く忘れられ、そうなのかなぁって…訊いておきたいんだけど」

眼鏡「それは…」


委員長(きゃー!! 良い、良い、この流れは確実に私のほう来てる!)フンスー




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:14:15.78 ID:X07CtfqLO

金髪「やっぱりムリ?」

眼鏡「うっ」

金髪「ハッキリ言えって」

眼鏡「……」


眼鏡「ちょっとムリかも、知れない」


委員長(来ましたーーー! これはもう昔好きだった人が急に迫ってきたから、やっぱキミとは離れたい展開ですよね!)

委員長(はぁ〜、なんだ心配して損した。結局ああいった奴って、すーぐ優しい方に逃げるんだよねぇ)

委員長(金髪さんって見た目の割にはガード固そうだし、えろくてかわい〜い女の子のほうが楽ちんで全然怖くないもんね)


委員長(クスクス…じゃあここで私がさ…登場しちゃったらさ…えぇ?…どうなっちゃうのカナ…?)ゾクゾク


委員長(良いよ、見えるよその先の光景がさ。何度も何度もやってきた修羅場ってうやつが、もう私の目の前にある)ジリッ

委員長(──行くよ、行くんだって、今、ここで行く! 出れば幸せ! 超興奮するよ、ヤバイヤバイヤバイ)

委員長(…今っ…!!)だだっ





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:20:15.90 ID:X07CtfqLO

委員長「眼鏡く───」

眼鏡「だからさ…ッ! 無理なんだよ、まったくもって!」





眼鏡「委員長が教師のけ、ケツ掘ってる光景がどうやっても忘れらんねーのッ!!」カァアアア





委員長「──────」スタン

委員長「……………え」


眼鏡「だめだッ…努力して実行委員会頑張ったけど…ダメだったんですよねェ…ッ」ぷしゅううう

金髪「やっぱりか──おっ?」チラ

眼鏡「なんつーかさ…確かに顔は可愛くて優しいんだろうけどね…」

眼鏡「もうダメなの、顔見る度にドS極まった表情が浮かび上がってくんの…」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:34:06.04 ID:X07CtfqLO

金髪「う、うんうん、それで…?」ピクピクッ

眼鏡「文化祭の準備でさ、何度か『あ。これ良いように使われてるなー』とか思っても素直に言えなくてね…」

金髪「うっ…ふふっ…んんっ? それでッ?」

眼鏡「だってさ! 言えねーじゃん! え、俺も何か言ったらほ、掘られるのかなぁっ〜…って怖くなるじゃん!?」

眼鏡「そしたらよ! 今日の放課後に残ってたらジリジリ近づいてきてッ…!」


眼鏡「──あ、今日、俺のお尻やられるんだ! ってもうもうマジで汗ドバドバ心臓ばっくばくで死ぬかとねッ!?」


金髪「ブホォ! ひぃぃいいい〜っ! お腹、いたっ! ケヒッ、ブフッ、あはははははは!」

眼鏡「わ、笑い事じゃないんだって…!!」

金髪「いや、わら、うね……誰だって笑う、死ぬほど笑う、オモシロすぎっ」

眼鏡「なんだよ…っ」

金髪「あー笑った、眼鏡やっぱ好きだわ」

眼鏡「えっ? な、なんだよ急に…」テレ

金髪「ちょー大好き、ウソじゃないよ? ま・じ・で、好きだから」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:42:37.20 ID:X07CtfqLO

眼鏡「お、おおぅ…そっか…」テレテレ

金髪「ん」

びしっ

眼鏡「へ? なに指さして…」

金髪「ん!」クイクイッ

眼鏡「なんだよ俺の後ろ? 何があるって言うんだ────」



委員長「…」ずーん



眼鏡「───…………」

眼鏡「ぇうそ」

金髪「居たよ、さっきからずっとね」

眼鏡「……」

眼鏡「え、マジで?」




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:51:13.86 ID:X07CtfqLO

金髪「マジで。大体そうだなぁ、眼鏡が教師のケツ掘ってるの忘れられん! とか言ってたあたりから?」ウーン

眼鏡「…………」ダラダラダラ

金髪「そっからずーーーと固まってし、うん、殆ど全部聞かれたんじゃね? うふっ!」ニヨニヨ

眼鏡「お、…前…なんで……教えなかった……の?」

金髪「良いじゃんか別に。この際だし、全部ぶっちゃけたほうが色々と克服しやすいだろ?」

眼鏡「違う違う違うッ! こんなの絶対おかしいからッ! もおどぉーしようもない状況陥ってるからーッ!」



委員長「…たの」ボソリ



眼鏡「ふぇえいいッ!?」ビックゥウウウン

委員長「見て、たのアレを、キミは…」

眼鏡「……」ダラダラダラダラ

眼鏡「ハイ ミマシタ」

委員長「───……」すっ




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:15:15.76 ID:X07CtfqLO

眼鏡「ぁ…」


委員長「っっ〜〜〜〜〜!!!!」ぷくぅううっ


金髪(顔まっか)クスクス

眼鏡「あ、あのその、委員長さ…」

委員長「っ……っ……っ……」ぷるぷるぷる

眼鏡「色々とねッ? 偶然が重なってわざとじゃないっていうか、見たくて見たわけじゃなくって…!」

金髪「でも掘ってんの見たんじゃん?」


委員長「ッ…!!」カァアアアアア


眼鏡「ばっ! し、静かにしてて!」

金髪「いいじゃーん別にぃ? 人それぞれ、趣味はあるもんだって。否定的な方が逆に可愛そうっしょ?」ヒラヒラ

金髪「つーことで、あたしは別に委員長のこと馬鹿にしたりしないよ」

金髪「ありのままの自分、ありのままの欲望、上等じゃん。ねぇ〜? 委員長ぉ〜?」










36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:21:48.61 ID:X07CtfqLO

委員長「あっ……だッ……がぐッ……!」パクパク

眼鏡(あわわわわわわ)

委員長「ぁ…」


委員長「わぁあーーーーーーーーーんっ!!」ダダダッ



眼鏡「あぁ…っ」

金髪「ん。今度のは追いかけなくて、せーかい」ウムウム

眼鏡「…なんでだろ」

金髪「くっくっくっ、どした?」

眼鏡「い、いや、俺が見た光景は委員長が望んでやってたと思ってた…」

金髪「ほほー」

眼鏡「他人に知られたからって、どしてあんな慌てるんだ? てっきり胸を張ってるモンかと…」

金髪「ほんほん、そりゃ望んでないからじゃね?」

眼鏡「は、はぁ? そりゃ無いと思うんだけど、だって、あんな表情してや……ってたんだぞ…?」






37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:28:38.42 ID:X07CtfqLO

金髪「ふふん、まだ女をわかってねーなぁ眼鏡は」

眼鏡「むっ」

金髪「じゃあヒントだ、女は化粧をする。そりゃ何故だと思う?」

眼鏡「…綺麗になるために?」

金髪「ぶっぶー」

金髪「…正解は【自分を守るため】でしたー」

眼鏡「なんだそりゃ…」

金髪「男にゃ分からんモンかな? ま、明日から段々と分かるっしょ」スタスタ

眼鏡「あ、明日っ? 明日にまだなんかあんの!?」

金髪「なにいってンの?」

金髪「眼鏡は文化祭実行委員じゃんか。だったら嫌でも顔を突き合わせることになる、つまりそーいうこと」

眼鏡「あ…」サー

金髪「くっくっくっ、元気出して頑張りな」

金髪「──克服まであと数歩だよ、眼鏡」






39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 23:19:17.78 ID:X07CtfqLO

次の日  

眼鏡「……」ダラダラダラ

眼鏡「あ、あのっ!」

委員長「これ書類にサインして。実行委員の名前が必要だから」スッ

眼鏡「ヘイッ!? あ、ハイ」

委員長「ありがとう」ガタ


スタスタ ガラリ ピシャ


眼鏡「……」チラ

金髪「むふふ」ケタケタ

眼鏡「……」プイッ

〜〜〜

眼鏡「い、委員長さん」

委員長「忙しいから後にして」




40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 23:24:26.11 ID:X07CtfqLO

眼鏡「でもさ…」

委員長「作業工程は既にプリントして渡してるよね」

眼鏡「う、うん」コクコク

委員長「大体でいいから工程通り進めて下さい」くる

眼鏡「……」ポツーン

〜〜〜

友「じゃーーーーーーーん!!」

眼鏡「何やってんの…?」

友「メイド服着てみたよ〜☆ どぉっ? 似合うカナ★」

眼鏡(女物なのに何故サイズが合う…しかし違和感が全くないのはどうなんだ…)

友「あるぇー? 似合っておりませんでしたかの?」キョトン

眼鏡「なんだか友、お前着慣れてないか?」

友「よくイベントで着てるよ?」

眼鏡「なんの!? なんのイベントなのそれ!?」





41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 23:33:31.86 ID:X07CtfqLO

友「フッフッフッ! 如何に眼鏡ちんという盟友であれど! 答えられぬ《運命輪廻》【クロック・ロック】が…」

友「…」スッ

友「あるの」コク

眼鏡「…」チラ

委員長「…」じぃー

眼鏡「うっ…ほら見られてるぞ友…!」

友「知ってる」

眼鏡「だ、だったらホラ遊んでないでさっさと着替えてくれっ」

友「ん」ヌギッ

眼鏡「ばっ! ここで脱ぐな! あっちあっち!」グググ

友「んん…っ」モゾモゾ

眼鏡「くねくねすなっ!」

〜〜〜

眼鏡「はぁ〜〜〜〜〜っっ」グテー






42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 23:44:39.50 ID:X07CtfqLO

眼鏡(疲れたー…文化祭の準備って中心に立つと、こうも大変なんだなぁ…)


委員長「…」(黙々)


眼鏡(凄いな委員長。いや、序盤は殆ど俺が大変だったけど。後半はずっと頼りっぱなしだった)

眼鏡(…アレだったのかな。序盤は出来ないっ娘アピールみたいなだけで、かなり出来る人なんじゃ)ジィー


委員長「…」イラッ


眼鏡(しかもいつの間にか、俺への不満めいた陰口も減ってたし。周りに言ってくれたのかな、彼女が)ホクホク


委員長「ッ…!」ダンッ


眼鏡「ひっ!」ビクッ

ズンズンズン 

委員長「ちょっと来て」くいっ

眼鏡「へっ?」





43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 23:51:40.62 ID:X07CtfqLO

第四講義室

眼鏡(講義室って第四まであったんだ…)チラッ

委員長「…ここなら誰も来ないか」

眼鏡「委員長?」

委員長「……」

委員長「単刀直入に言います」

眼鏡「は、はいっ」

委員長「ど、どうして周りに言いふらさないのっ?」

眼鏡「…え?」

委員長「き、キミが知っている私の事情について…! なぜ周囲にバラさないのかなって言ってるの!」ダン!

眼鏡「い、いやー…言っても信用してもらえないっていうかー…」

委員長「そんなコト!」

委員長「ッ…そんなことありはしないわ、絶対に周りは信用する筈よ」ギュッ

眼鏡「な、なんで? 俺としても、もし仮に他人から聞いても疑うけど…」






44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 23:59:16.14 ID:X07CtfqLO

委員長「ハ、ハン! だったらこうかしらっ?」ビシッ

委員長「──影で金髪さんと一緒に、私のことを馬鹿にして馬鹿にして嘲笑ってるんじゃなくてッ?」

眼鏡「へっ? いや、あれから殆ど金髪さんとは会話してないけど…?」

委員長「……」

眼鏡「実行委員で忙しいし、作業担当も全然違うからどうにも会話するタイミングがなくて俺としても…ハッ!?」

眼鏡「べ、べっつにそういった悲しいとか寂しいとかの意味じゃなくてね!?」

委員長「…はぁ…」ストン

眼鏡「…?」

委員長「じゃあ最後に訊かせてよ…」

眼鏡「う、うん」コクコク

委員長「──どうして『アノこと』を訊かないの?」

眼鏡「…えっと」

委員長「キミってここ数日間ずっと…実行委員としてのコトしか訊かないよね…?」

眼鏡「…そう、かな」




45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 00:08:00.73 ID:+5Qf5CV7O

委員長「…、いやそれだけじゃないよね。その事実に目の当たりにして置きながら──」

委員長「──ずっとだよ、ずっとキミは私に訊いたりしなかった」

眼鏡「い、いやいやいや…」ブンブンブン

委員長「どうして…?」

眼鏡「どうしてっ? あのね、あの、こととか、委員長に聞けるわけないと普通思わないッ?」

委員長「だって、ホラ脅して身体を要求するとか」

眼鏡(なにそれ鬼畜!)

委員長「絶対的な弱みを手に入れたのに…キミは至って普通に私に対して接してきた…」

眼鏡(いや全然! 全然普通じゃなかったからッ! トラウマ化してるよこっちは!)ダラダラダラダラ

委員長「わからない、わからないんだよ。キミが何を考えてるのか、ちっとも」

眼鏡「と、特に何も考えちゃ居ないけど…?」

委員長「うそだよ! 絶対にうそだよそんなことはッ!」バッ

眼鏡「……っ」

委員長「だってだ、男性教師を…い、色々としてた光景を見て何も考えてないとか…!? そんなこと絶対にあり得ない!」








46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 00:14:05.87 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「まぁ、うん、そりゃそうだと思う」

委員長「やっぱりっ」

眼鏡「……」

眼鏡「じゃ、じゃあそう言うなら訊くけど答えてくれる、だっ?」

委員長「えっ? あ、うん…い、良いよ…別に…」

眼鏡「本当に?」

委員長「も、勿論だよ!」

眼鏡「じゃあ」

委員長「っ…っ……っ…」ドッドッドッドッドッ

眼鏡「訊くけどさ、委員長さん」


眼鏡「あの行為って、委員長自体も気持ち良いのカナって」ポリポリ


委員長「っ〜〜〜…それは…っ」ギュッ

委員長「は?」




47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 00:23:03.97 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「え、気持よく……ないの?」キョトン

眼鏡(あっ! この空気なんかマズッ、た? 質問内容とか…)ビクッ

委員長「───最初に聞きたいことはそれなわけキミは」ずもももももももも

眼鏡「あ…えっと…あはは…」

委員長「笑って誤魔化さないで」

眼鏡(委員長の顔が仏像如きガッチガチに…)

委員長「馬鹿なんじゃないの…っ」ポロ

委員長「……」ぐすっ

眼鏡「どぅあッ!? な、なぜ泣くのっ!?」

委員長「泣くに決まってるよ…変なこと訊くんだもん最低だよ眼鏡くん…」ポロポロ

眼鏡「ご、ごめん」

委員長「い、良いよ、もういい、答えれば良いんでしょ…気持よくない、全然まったく気持ちよくないっ」


委員長「ただただ滅茶苦茶───優越感が味わえるだけッ! ただそれだけだったよッ!」




48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 00:31:11.94 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「あっハイ! アリガトウゴザイマス!」ペコッ

委員長「うぅっ…なんてこと言わせるんだよキミはぁ〜っ…」グスグス

眼鏡「……」

眼鏡「じゃあ無理矢理って事は無いんだ、はぁ〜良かったわ〜」

委員長「…えっ?」ぐし

眼鏡「うん。ただそれだけ気になってて、というか一番聞きたかったコトなんだけどさ」

委員長「う、うん」

眼鏡「委員長が教師から無理やりやらされてたって、可能性が怖かったというか、そのっ」ソワソワ

委員長「……」キョトン

眼鏡「も、もちろん! 最初見た時は委員長やべーって怖ぇーって思ってた!」

眼鏡「けど、この前の時は泣いて逃げたから。もしかしたら無理やり? 的な? ことをずっと頭から離れなくて…」

委員長「…心配してくれてたの?」

眼鏡「心配してないと思ってたの!? 嘘だろ、えっと、だから直接的な表現で訊くのは傷つけそうで怖かったので!」

眼鏡「き、気持よかったのかと聞けばいいかと思ったということですね! だぁーなんだもう考えまとまんねぇ!」ガシガシガシ






49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 00:40:43.22 ID:+5Qf5CV7O

委員長「なにそれ…」

眼鏡「だ、だよねーっ!! ははっ、はぁ〜……」ガックシ

委員長「……」

委員長「…無理やりじゃないよ、誘ったのは私だから」

眼鏡「えっ!?」

委員長「うん。その時、男性教師の顔は見た?」

眼鏡「み、見てない…隠れててあんまりしっかりとは…」ブンブン

委員長「そっか。ほら女子に人気の数学教師、あの人だよ」

眼鏡(わぁ〜聞きたくなかったあ〜)キラキラキラ

委員長「確か一年目の終業式あたりかな、いつの間にか数学教師にメルアドが知られててさ」

委員長「…呼ばれたのがここ、第四講義室だったんだ」

眼鏡(えぇえぇえぇぇぇえええ)

委員長「あれ告白されちゃうのかなって、確か噂では三年生の生徒とデキてるとか聞いたけどなぁなんて思ってたらだよ?」

委員長「…宗教には興味ある? って言われたの」






50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 00:48:19.85 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「わー」

委員長「うんうん、わーだよね。私も、あちゃーこのタイプかぁとか思ってたんだけどね」

委員長「あまり刺激しないよう断ろうとしたら、あれよあれよと会話が弾んじゃってさ」

委員長「なんと! 宗教団体かと思ってれば、その実態は!」

眼鏡「…じ、実態は?」


委員長「──高級SMクラブのお誘いでした☆」


眼鏡「はいっ?」

委員長「会員制の完っ全っシークレットのヤバいヤツだよ。バックも多分、真っ黒の真っ黒だと思う」

眼鏡「…待って、その話俺聞いていいの?」

委員長「良いよ? もう検挙されて、倒壊してるから」

眼鏡(例えなくなってたとしても知らないほうが良かったんじゃ、いや、もう色々と遅いか)

委員長「それに私も会員には入ってなかったし、数学教師も出た後だったみたいだね」

委員長「…それで言われたんだ、僕を飼ってみない? みたいなことを」




51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 00:54:49.90 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「……」ボーゼン

委員長「ホントにいい顔するよね眼鏡くんって、苦しい話なのに喋ってて楽しくなってくるから不思議だ」クスクス

眼鏡「ご、ごめん、俺凄いこと聞いてるよね今…?」

委員長「相当凄いことだよ。それに私もその願いをオッケーしちゃったし」

眼鏡「…それは無理やりじゃないの?」

委員長「……」

委員長「無理やり、じゃないよ」スッ

眼鏡「…?」

委員長「私だって楽しんでたし、野生の動物みたいに喘ぐ──ふふ、女子達にちやほやされてる教師を責める快感?」

委員長「堪らないよね。それは私だけが知ってる姿、声、体温、それに…人間性だから」


ゾクゥ


委員長「あ。この人の価値は私が全部握ってるんだ、壊すのも捨てるのも盗むのも、私の手のひらの上なんだ」

委員長「…そう思うと腰の下がビクビク震えるんだ、凄いよ、とんでもない快感──あ…」ハッ




52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 01:11:59.83 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「う、うん…今更本当のこと言っても、もう驚きにくいっていうか…」ポリポリ

委員長「ご、ごめんね。変なこと言うつもり無かったんだけど、口が滑っちゃった」テヘ

眼鏡「そ、それで?」

委員長「うん! だから多分、あの日だと思うんだけど──教室で見られてるのなら、私が誘った日だなって」

眼鏡「……」

委員長「だから、ごめんなさい。本当にごめんなさい、眼鏡くん」ペコリ

眼鏡「…ん」

委員長「醜い所を見せてしまったコトをまずは君に謝るべきだったよね」

眼鏡「……」

委員長「…傷ついて、たりしてる?」

眼鏡「えっ? あ、う、うん…まぁ多少はあるかなぁって…」

委員長「……」じっ

眼鏡「……。いや、結構傷ついたよ委員長さん」

眼鏡「貴女の顔が直視できないぐらいに。貴女を……好きだったけど、その気持が消えるぐらいに」




53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 01:18:42.90 ID:+5Qf5CV7O

委員長「…そっか」

眼鏡「でも、否定するつもりもないよ。それを知ってしまったからこそ言えることだけど…」

眼鏡「委員長さんが今の状況で幸せだと思ってるのなら。俺は何も言わないし、周りにも言わない」

委員長「…」コク

眼鏡「あ、ほら! 所詮はただの恋だからね、うん、全然委員長は気にしなくたっていいし!」

委員長「恋は大事だよ、眼鏡くん」

眼鏡「! …そうだね、確かにそうだ」

委員長「ん! ふぅーーーー……」ノビー

眼鏡「……」

委員長「初めて人に話しちゃったよ」ペロ

眼鏡「そ、そっか」

委員長「誰にも一生話さないつもりだったのにね。抱えて卒業までしちゃおうと思ってたのに、眼鏡くんには喋っちゃったなぁ」

委員長「…うん、結構スッキリ」

眼鏡「えっと、話してくれてありがと。というか、自分の我儘だったのに…」




54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 01:23:29.20 ID:+5Qf5CV7O

委員長「全然良いよ、私が一方的に悪いし。でも凄いね、キミ」

眼鏡「えっ?」

委員長「…認めてくれた。私の生き方をちゃんと聞いて、納得してくれたから」

眼鏡「み、認めたっていうか、もちろん色々と思うことはあるよっ?」

委員長「うん」コクコク

眼鏡「でもそれは委員長が…やるべきことであって、叶えることであってさ」

委員長「………えっ?」

眼鏡「だ、だからさ!」


眼鏡「何を守ってるかは分からないけれど、それが正しいと思うのなら俺も…言えないっていうか…」


委員長「──」


ガタ ガタガタッ


眼鏡「つまりはそういう、えっ? ど、どうしたの委員長っ?」




55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 01:27:49.89 ID:+5Qf5CV7O

委員長「なに、それっ…ははっ…誰か……に聞いたの…?」ガクガク

眼鏡「…!?」

委員長「守ってるとかあり得ないから、私はこんな人間だもん、誰も私のことなんて知らない知らないッ」

眼鏡「だ、大丈夫?」スッ

委員長「ッ…!? 触らないでッ!!」バッ

眼鏡「あ…」

委員長「───ぁ…ちがっ…」

眼鏡「ご、ごめん何か気に触ったことを言ったのなら謝るよ…っ?」

委員長「ち、違うの! ごめ、あっ、ちがっ」ポロ…

委員長「ぐすっ、ごめんね。もう行くね、私」

たたっ

眼鏡「委員長っ!」

すた…

委員長「…ありがと、ごめん」







56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 01:57:16.69 ID:+5Qf5CV7O

たたっ


眼鏡「……っ…」

眼鏡(どういう、ことですのん?)ズーン


〜〜〜


『そりゃ眼鏡が悪いじゃん』

眼鏡「…やっぱり? あ、次の式は前の公式使ってね」

『あいよー、デリケートな話しの時にぶっちゃけるんじゃねーっての』

眼鏡「ううっ…金髪さんが助言で自分を守ってる、とか言うからさぁ…」

『わっかんねー!』

眼鏡「ごめん、本当になんでそのまま相手に伝えちゃうかな俺ってば…」

『へ? 分かんないのは問題のほうな、そっちは平気っしょ。気にしすぎだってば』

眼鏡「え、どういうこと…?」

『あんま女子ナメんな。いちいち人の言葉に傷ついてちゃ、友達一人作れずとっくに死んでるって』




57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 02:05:32.80 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「し、死ぬんだ…」

『ああ死ぬよ。常に飛び交うよ致命傷狙いの言葉の刃物がさ、くっくっくっ』

眼鏡(女子ってコワイ)

『案外、委員長も明日には復活してるとみた。そう簡単に化けの皮剥がれるほど安くないっしょ』

眼鏡「化けの皮?」

『【女の化粧】だって。眼鏡と喋ってる時は剥がれかかってたから、モロに衝撃受けちゃったんだろーなぁ』

眼鏡「…恐ろしく先の見えない会話なんですけども」

『知らなくてもいい事情は誰にでもあんでしょ』

眼鏡「まぁうん、わからないこともないけど」

『つまりは、委員長の超やわっこい部分に眼鏡はフォークをブッ込んだワケ』

眼鏡「…それ許してもらえるの?」

『あぁ、平気平気。多分、一応、…あたしならブチ切れるけど』

眼鏡「駄目じゃん!」

『え、ダメなの? ──あんた一回、あたしのことブチ切れさせて慰めてくれたじゃん』




58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 02:15:47.01 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「えっ? お、おおう…」

『それがどんだけ凄いことか分かってないよな、眼鏡は』ケタケタ

眼鏡「い、いやわかってる! だって金髪さんにこ、告白してるんだから…!」

『うんうん、憶えてるよ。ちゃんとね』

眼鏡「お、おう。それは凄いことだ、俺はそう思ってる、んだけど…」

『…やっぱり怖い? 明日委員長に会うのが』

眼鏡「……」

『大丈夫だってば。明日は文化祭当日、幾らだって話しかける時間はあるよ』

眼鏡「…かな」

『悪いと思ってんなら謝れば良いハナシ。あ、でもアレだ!』

眼鏡「な、なに?」

『くっくっくっ…』

眼鏡「…なんだよ」

『あんた、頑張って伝えようとするとクッセェこと平然という癖あるから気をつけなね、くっく』




59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 02:24:32.75 ID:+5Qf5CV7O

眼鏡「…ほんと?」

『でも好きだよ、あたし』

眼鏡「っ…そ、そお?」

『うん、好き。そういった眼鏡の真面目でばかなところ、ん、超好き』

眼鏡「あ、ありがと」テレテレ

『うん』

眼鏡「えー、なんかチョロいですけど元気出てきました!」

『…うん』

眼鏡「えっと、うーん」モニョモニョ

『…ばか、照れるなよ』

眼鏡「誰がばかじゃーい! …うん、落ち着こう」フゥ

『くっく』

眼鏡「明日は、文化祭だ」

『おう。そうだな、文化祭だ』




60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 09:21:15.54 ID:tTxPH0K2O

眼鏡「あの、金髪さん」

『ん』

眼鏡「絶対に、全力で【楽しんできてね】」

『…あいよ』

眼鏡「うん、じゃあオヤスミなさい」

『あんたも頑張れな、おやすみ』

眼鏡「うん!」

〜〜〜

ワイワイ ガヤガヤ

眼鏡(凄い人の数だ…)キョロキョロ

眼鏡「ん?」


友「……」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


眼鏡「お前…なにメイド服着て、ジョジョ立ちを…?」




61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 09:32:09.92 ID:tTxPH0K2O

友「「勝つ」という努力と喜びを教え込む」バァーzン

眼鏡「ハイハイ、グロ注意グロ注意…ポーズの割にセリフは新しいな、オイ」

友「…」ムッフゥー

眼鏡「その服ちゃんと許可貰ってるのか?」

友「委員長が着てイイって」コクコク

眼鏡「…なんかお前に対して委員長、甘いよな」

友「!」

眼鏡「え、なに? 変なこと言った?」

友「…」モジモジ

友「…そないことゆーても」ぽそり

眼鏡「? それより委員長知らないか? 今朝から姿が見えなくてさ…」

友「それより!?」ガーン

眼鏡「お、おう」

友「あいどんのー!」くるっ だだっ




62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 09:43:27.77 ID:tTxPH0K2O

眼鏡「あっ! オイ…!」

眼鏡(す、スカート短いんだから走るなよ…はぁ良いや一人で探そう…)


「スミマセーン! その腕章、文化祭実行委員の人っすよねー?」


眼鏡「へ? あ、はいはい! そ、そうですけどー…?」

「クスクス、ほらやっぱり居るんだって」

「えぇ〜? ウソぉ」

眼鏡「…? な、なにか質問でも?」

「あ。実は中学の同級生が居るって聞いてぇ」

「そのクラスを探してるんですけど、えっとーたしかー二年のぉ〜?」

眼鏡「は、はあ…」

〜〜〜

眼鏡(まさか俺らのクラスだったとは、なにやら目当ての人は居なかったようだけど)

眼鏡「にしても委員長居ないな、確かに登校中の委員長は見かけたんだけどなぁ」






63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 09:49:58.87 ID:tTxPH0K2O

眼鏡(大盛況ってコトもないし、俺一人でもやっていけそうではあるが…)

「…眼鏡くん」

眼鏡「へっ!?」ビクッ

委員長「やっほ」

眼鏡「い、委員長! 何処に行ってたんだ…っ? 今朝からずっと皆探してて…」

委員長「んー、ちょっと野暮用で…」

眼鏡「そ、そか。戻ってきてくれたのなら全然良いけど」

委員長「ごめんね。あ、それと友くん見かけたりした?」

眼鏡「あ! …なんでメイド服の許可を出したの?」

委員長「見たんだ、あはは。なんだかとっても着たそうにしてたから、軽い気持ちで言ってみたんだけど」

眼鏡「ワルノリするに決まってるじゃん…」

委員長「いやいやいや」

眼鏡「え、なに?」

委員長「ワルノリするじゃん、って。そんなこと分かるの多分、この学校でキミだけだと思うよ?」




64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 09:59:41.11 ID:tTxPH0K2O

眼鏡「んんッ? そ、そうかな? 結構そういった風な姿みたりしてない…?」

委員長「もちろん見たりはするけど、ノルかどうかは分からないじゃない?」

眼鏡(あ。そっか、アイツ俺以外だとムッスリするもんな)

委員長「ふふふ」

眼鏡「…?」

委員長「ね、すごい自然体に私たち会話してない?」

眼鏡「えっ! あ、うんうんうん…! そ、そうだよな…そうなんだよ、俺昨日のこと…」

委員長「ん。ごめんね、途中で逃げ出しちゃって」

眼鏡「ぜ、全然! 俺のほうがもう何だか失言しちゃったなーなんてさ! あ、うん!」

委員長「……」

眼鏡「ご、ごめん。もう軽い気持ちで言ったりしないから…許してもらえると、うれしいなって…」

委員長「こっちこそ、変な感じにしちゃって悪いと思ってるから」

眼鏡「…おあいこってコト?」

委員長「あ。それはないよー? 女の子を泣かしたキミの罪は重い! からね?」ぴっ




65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:03:44.49 ID:tTxPH0K2O

眼鏡「す、すんませんしたッ」

委員長「冗談だってば、くすくす」

眼鏡「お、おう…」

委員長「でも今日一日の自由時間を私と一緒に────」ピタリ

眼鏡「うん?」

委員長「───ウソ」

眼鏡「…?」チ、チラリ


「でさぁー」

「アハハハハ! ナニソレ〜!」


眼鏡「あ、そうだった。何だか俺らのクラスに居る中学の同級生に会いに来たって…」

委員長「……」

眼鏡「もしかして、それって委員長のことじゃないかと俺は思ってたんだけど、ちょっと!?」

委員長「……」だだっ




66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:08:41.34 ID:tTxPH0K2O

眼鏡「えぇ〜…何故逃げ出すの…?」

眼鏡「……」ガシガシガシ

眼鏡(ま。でも謝ること出来たし、ノルマ達成したよな)チラッ


「ちょっとマジでウケるんですけどっ」


眼鏡「──……」


屋上


眼鏡(意外と屋上寒い…)チュルルル

眼鏡「ぷは! んー、でも晴れてよかったなぁ」ぐぐぐ


きぃ ガチャ


眼鏡「ん?」

委員長「あ…」




67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:11:52.08 ID:tTxPH0K2O

眼鏡「あ、委員長」

委員長「こんな所に居たんだ。せっかくの自由時間なのに、良いの?」

眼鏡「まぁ、色々とね! う、うん!」

委員長「そっか」パタン

眼鏡「…もしかして俺のこと探してた?」

委員長「うん」

眼鏡「え、えーと…別に俺としては委員長が許してくれれば、それでいいよ?」

委員長「……」

眼鏡「変に掘り返すような話題じゃなっつーか…」

委員長「隣、良いかな」

眼鏡「ど、どうぞ」

委員長「ん」ストン

眼鏡「……」

委員長「……」




68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:16:55.43 ID:tTxPH0K2O

眼鏡(超気まずい…)ジュルル

委員長「いきなりだけど、今日来てる中学生の同級生探してる人たちね…」

眼鏡「…」ジュルル

委員長「昔、私の事苛めてた娘たちなんだよね」

眼鏡「…」ジュルッ

委員長「あれ? 驚かないの?」

眼鏡「…いや、なんとなく…想像ついてたって言うか…」ボソリ

委員長「へぇ〜!」

眼鏡「いやあれよ? あの人たちの目というか、雰囲気がいけ好かないっていうかー…」

委員長「明らかに悪意を感じた?」

眼鏡「うん、まぁ、それとなーく…かな」

委員長「なーんだ、気づいちゃってたか」

眼鏡「…やっぱりあの人達、委員長に会いに来てたのかな」

委員長「そうなんじゃない? だって、中学の時に散々やってのけた奴らだもん」




69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:22:00.32 ID:tTxPH0K2O

眼鏡「……」

委員長「忘れないよ。あっちも、それにこっちもね」

眼鏡「ん…」

委員長「それでさっきは逃げ出しちゃったの。もう呆然! さーって!」クスクス

委員長「ずっと昨日から、眼鏡くんに謝ろう謝ろうって思ってたのにね、ばかだね私」

眼鏡「し、仕方ないんじゃない…?」

委員長「そうかな。キミがそう言ってくれるなら、ありがたいよ」コクン

眼鏡「もう十分謝ってもらったし…」

委員長「……」

眼鏡「えっとさ、それでもう会わないの?」

委員長「え?」

眼鏡「中学の同級生。会わないでこのまま終わらせる感じ?」

委員長「……」

眼鏡「あ、あー? 違うよ? なんか乗り越えろよ! みたいなコト言ってるんじゃないよっ?」




70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:28:35.46 ID:tTxPH0K2O

眼鏡「今の委員長さんなら別に、あいつらみたいな奴ら相手でも引けをとらないっていうか…」

委員長「そう見える?」

眼鏡「見える見える! つか相手さん全然敵わないっしょ、絶対に!」コクコクッ

委員長「…だね、多分一蹴出来ると思うよ。これでもかってぐらい」

眼鏡「う、うん」


パーパラッパパー!


眼鏡(あ。中庭でやってるライブ始まった)

委員長「私ね、中学のころに一つの方法を思いついたんだ」

眼鏡「…方法?」

委員長「苛められても耐えられて、ハブられても前を向いてられる、そんな強くなれるコトバだよ」

眼鏡「どんなの…?」

委員長「『絶対に相手の大切なモノを奪える【覚悟】』ってやつかな?」

眼鏡「ど、どいうこと?」




71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:38:25.91 ID:tTxPH0K2O

委員長「一種の自己暗示みたいなものでさ。心のなかでこれだけは出来る! と思っておくの」

委員長「──教科書が隠されても、机に落書きされても、トイレに水を放り込まれても」


委員長「やった相手の受験書類を燃やす。無言電話を毎日掛ける。飼ってるペットを川に放り投げる」


眼鏡「…へ?」

委員長「それをやる覚悟を何時でも持ってるコト。やっても後悔しないし、絶対に最後までやりきる気持ちってやつかな」

眼鏡「や、やったの?」

委員長「くすくす、だから覚悟だってば。やれる覚悟を持ってるだけ、実際にはやってないよ」

眼鏡「そ、そっか」

委員長「あ。でも苛めてたやつの彼氏は奪ったことあるなぁ、もちろん全員」

眼鏡「…そっかぁ〜…」

委員長「散々遊び倒してゴミクズのように捨てたったけど、あれはなぁ、当時の私も修羅ってたからなぁ」

眼鏡(当時の委員長に会わなくてよかった…)

委員長「だからね、案外平気なんだ。イジメとか苛めるとか、今はもうへっちゃらっていうかさ」






72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:45:58.04 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「うん」

委員長「むしろ今の私こそが本当の私? みたいな? なんて思う所もがあるわけですよ」

眼鏡「…凄いわ委員長、なんか尊敬する」コクコク

委員長「いや、全然だよ。だってキミに『何を守ってるのか』と言われた時に気づいちゃったもん」

眼鏡「え?」

委員長「あー結局、私ってこんな弱い自分を守るために……そんなドSっぷりな私を作ったんだなぁって」

委員長「演じてる時は凄く楽しい。他の皆が小さな人間に思えて、奪ってる時や壊してる時は──神様にもなった気分になる」

委員長「だから私は生きてられる。酔ってたんだよね、そんな全能感にさ」

眼鏡「……」

委員長「キミにはほとほと困っちゃうよ。醜態は見られるし、私の化粧も剥がされるしさ」クスクス

眼鏡「…ごめん」ポリポリ

委員長「いいよ、別に。でもだからこそ眼鏡くんはさ、金髪さんなんて凄い人落とせたんだと納得できるから」

眼鏡「ふぇっ!?」

委員長「隠してるつもりだった? 付き合ってない感じだけど、好意を寄せてるなって大体わかるよ」クス




73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 10:56:02.71 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「…そ、そうなんだ」

委員長「だからぁキミのこと奪ったら楽しいだろなって、思った」ニマー

眼鏡(いい顔してる! 凄くいい顔してる!)

委員長「ま。でも彼女には私の本性見透かされてるみたいだし、これからは無理だなーって」グググ

眼鏡「お、俺としてもご遠慮していただきたい…」

委員長「ふふふ。大丈夫、もうしないよ絶対に。だってすっぴん顔見せちゃったしね」


「私の恥ずかしがってる顔、疑ってる顔、困ってる顔、怒ってる顔、えっちな顔も」

「何も覆い隠してない私という人間性を全て見られちゃったから」

「…もう何も強がれない。もう私がキミに立ち向かえる覚悟なんてもう持てない」


委員長「まっさらな私がここに居る、誰でもない弱っちい小さな私が貴方の前にいる」

眼鏡「…」ドキッ

委員長「今、眼鏡くんの前にいる私は、誰も知らない私」スッ

委員長「親だって友達だって、誰も知らない。キミだけが知ってる本当の私」スススッ






74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 11:03:01.99 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「…っ…」

委員長「知ってる? 私、結構惚れやすいんだよ…?」

眼鏡「あ、あのさっ」

委員長「ん…」

眼鏡「こ、これもっ! これも人のモノを奪う…って…やつ、なのかな…っ?」ダラダラ

委員長「……」

委員長「あっはー! バレちゃった?」

眼鏡「で、ですよねーっ! いや、まっさらな自分が出てきたんじゃないのかよー…っ!?」

委員長「人なんて、そう変われないってば〜」

眼鏡「あはは、ははっ、ど、どうだろねー! よくわっかんねーけどさぁ〜!」

委員長「……」

眼鏡「あ、うん! だから、えっと」

委員長「よし。充電完了、元に戻れたっ」すたんっ

眼鏡「へっ?」




76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 11:37:58.87 ID:4iNZKOJ2O

委員長「キミには色々とぶっちゃければ、う〜〜〜んっはぁ、スッキリして元に戻れると思ったの」

眼鏡「元にって、それはどっちの?」

委員長「うん。もちろん、ドSな…」

委員長「わ・た・し☆」ニマー

眼鏡「…さ、さいですか」

委員長「ふふふ」

眼鏡「でもまぁ、ここ最近の荒れてた委員長さんより今のほうが落ち着いてる…ように見えるかも」

委員長「でしょっ? これからもドンッドン奪っちゃうよー? えっへん」

眼鏡「誇らないで…まぁ良いけどさ…」

委員長「うん! こんな私、しんで当然だってわかってるよ?」


委員長「でもこれが私! 本当の、私なんだっ!」ぴしっ


眼鏡「…敬礼ポーズ様になってるよ、あはは」

委員長「あはは」








77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 11:43:56.09 ID:4iNZKOJ2O

委員長「さーて、クラスで迷惑極まりない奴ら蹴散らしてこよーかなぁ〜」

眼鏡「……」

委員長「あ。眼鏡くんはまだ戻らない?」

眼鏡「あ、うん俺はちょっと」

委員長「そっか、なら先に帰ってるね。でもあれ? そういえば屋上に何の用事があったの?」

眼鏡「えっ?」ビクッ

委員長「だってせっかくの文化祭なのに。ほらほら、愛しい金髪さんと〜?」ニマニマ

眼鏡「……」

委員長「…?」

眼鏡「そうだね、何時きっとやってみせるよ」スッ

委員長(何時か…?)

眼鏡「……」チュルルル

委員長「ね、ねえ? ごめん、えっと、あれ? あはは、ちょっと良くわからないんだけど…」

眼鏡「ん?」




78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 11:49:41.82 ID:4iNZKOJ2O

委員長「眼鏡くんは、金髪さんのこと好きじゃない…の?」

眼鏡「好きだよ」

委員長「え、あっ、うん! そうだよね〜! でもあれっ? なんか違和感が…あるって言うか…」チラリ

眼鏡「……」

委員長「──あれ、って」

眼鏡「そうそう、中庭でライブやってるんだ。軽く見てたけど盛り上がりようが凄いよね」

委員長「ち、ちがっ」

眼鏡「何が?」

委員長「だって! あ、あれ金髪さんじゃないの…? 観客席に居るのって…っ?」

眼鏡「そうだね」

委員長「そう、だねって…眼鏡くん…金髪さんと一緒に居るのって…」

眼鏡「うん、先輩さんだ」

眼鏡「──金髪さんの彼氏というか、元カレになるんだよね。やっぱイケメンだなぁ」ジュルル

委員長「……」ゾクッ




79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 11:58:50.16 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「ぷは、今日と明日と文化祭は続くけれど、金髪さんは元カレさんと一緒に回るそうなんだ」

眼鏡「──二人で思い出を残したいらしくて、まぁ卒業で別れてしまうし、色々と金髪さんは頑張ってたしね」

委員長「なに…を言ってるの…?」

眼鏡「へ? なにをって…」

委員長「だ、だって好きなんだよねっ!? なのにこんなっ、えっ? どうして黙って屋上で…!?」

眼鏡「う、うん。だって二人の邪魔しちゃ悪いし、先輩さんと会話したことも無いから」

委員長「そういうことじゃないってば!!」

眼鏡「あ〜…あはは、うん、委員長の言いたいことも分かる」


眼鏡「金髪さんのコト好きだから、俺は黙って見てるんだ。彼女を応援するためにね」


委員長「…意味がわからないよ…?」

眼鏡「だと思う。けど俺と金髪さんは納得した上で、文化祭を楽しんでることは確かだ」

委員長「お互いにって…キミは金髪さんが他の男とくっついてても、納得するってこと…?」

眼鏡「納得するよりも、俺は応援したいよ、うん」





80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 12:07:41.91 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「頑張れ、負けるな、挫けるなって」

眼鏡「──貴女の隣にいる人は、大好きな人で離れたくない大切な人なんだって」

眼鏡「だから貴女の頑張りは全て無駄じゃない。俺はそれを応援するからしぬ気でやれってね」

委員長「…あり、得ない。なんだそれ、そんなの好きじゃない。好意じゃない、それは恋じゃないよ」

眼鏡「ううん、恋だよ」


眼鏡「だって最後に彼女を貰うのは俺だから。金髪さんの全部を奪うのは、俺だって思ってるから」


委員長「…ぇ…」

眼鏡「くっ、なんつー酷くて恥ずかしい言葉を…」カァア

委員長「……」

眼鏡「そ、それに彼女から了解はもらってるからねっ!? ちゃんと約束しました、だから大丈夫…多分!」

委員長(違った)


全然違った。偽物だった、私程度の【覚悟】なんてちっぽけすぎた。




81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 12:12:27.44 ID:4iNZKOJ2O


確かに志した時の努力では負けるつもりなんて無い。

けど、ここまで定着してしまった【今の私】では敵わない。敵うどころか、足元にも及ばない。


彼は誰よりも強く、そして醜く、そして私よりも覚悟を持って……、



委員長「ぁ…」ドキ



あぁ、居たんだ。私と一緒の人が、私よりも覚悟が強い人間が。



委員長「…うわあ…」カァア



──流石にこれはもう、だめだ、言葉にしないときっと後悔しちゃうから。



委員長「…好きです…」ポソリ




82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 13:28:39.30 ID:4iNZKOJ2O

奪いたい、この人を、他の誰よりも、


委員長「…」

眼鏡「えっ?」


彼の覚悟は一体、何色だろう? 私はそれを知りたくなった。


委員長「好きになちゃった…かも」

眼鏡「…っ…」ビクッ


引かれる。きっと彼に何を伝えても無駄だって理解してるのに。


委員長「好きだよ、眼鏡くん」


ああ、もう想い始めたら止まらない。


委員長「──君の全てを欲しくなった、恋も、頑張りも、全部」





83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 13:34:03.03 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「……」

委員長(あ、考えてる)ドキ

眼鏡「…あの、さ」

委員長「う、うん」

眼鏡「それは本気でそう、言ってる感じなのかなって…」

委員長「本気だよ」

眼鏡「! あぁ、えっと、うん…」ポリポリ

委員長(知ってるよ、君ならきっとこの告白は断るはずだよね)

委員長(認められるわけがない。自分だってそうだ、頑張って奪おうとしているモノを簡単に手放せない)


けれど、だからこそ分かる。その逃げ道が、その答えが。


委員長「…君は間違ってるんだよね」

眼鏡「えっ?」

委員長「それに私も間違ってる。人のモノは奪っちゃダメ、盗っちゃダメ、壊しちゃダメなんだ」




84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 13:39:15.01 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「……」

委員長「例えそれが同意の上だったとしても──正解とはいえない、間違いだって」


トン…


委員長「だから、私は知りたいと思ってる。本当の答えを君と一緒に」

眼鏡「ぁ…」

委員長「好きなっちゃった眼鏡くんと、一緒に」

眼鏡「…っ…」ビクッ

委員長「見つけたいの、本物をね」


はい、これが正解。


委員長(刺は刺した、後はどう深く入り込むか、ただそれだけ)チラリ

委員長「…え?」ビクッ

委員長(か、観客席に姿が見えない…!? うそ、さっきまで居たはず、じゃ──)




85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 13:43:07.70 ID:4iNZKOJ2O

委員長「──……」スッ ぐいっ

眼鏡「あ、えっと、さ…」

委員長「こら! だめだよ、眼鏡くんっ?」

眼鏡「へっ?」

委員長「好きなんだよね、金髪さんのことが! 奪ってでも好きになってるんだよねっ?」

眼鏡「は、はい! その通りです!」

委員長「じゃあちょっとした誘惑にとらわれちゃダメ! めっ! だよっ?」プンプン

眼鏡「お、おぉおぉ…?」

委員長「もーーう」

眼鏡「じゃ、じゃあさっきのも冗談ってコトか…! あはは!」

委員長「……」

委員長「それは違うよ。本当に好きだよ、眼鏡くんのこと」ニコ

眼鏡「…え?」

委員長「でもね、きっとそれはダメなことなんだ。知ってるんだよ私、君を好きになっちゃダメなことぐらい」




86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 13:49:12.38 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「…あ、うん」

委員長「うん!」

眼鏡「俺もダメだってわかってる、あぁ、なんだろうなっ…俺馬鹿みたいだ、本当に」

委員長「……」

眼鏡「わかってる、わかってるのに。くそ、ごめん、俺は頑張るって決めたんだ…」ギュッ

委員長(でも金髪さんと一緒に居る彼氏さんを許せない、知ってるよ、不安だよね、それが普通なんだよ)

眼鏡「ごめん、俺はやっぱり金髪さんのこと好きで居たいからさ」

委員長「…だよね」

眼鏡「だから、ごめん、その断らさせてもらう、よ」

委員長「うん、しょうがないよ、好きなんだもんね」

眼鏡「……」

委員長「うーーん、すっきりした! やっぱ人を奪いかけるのって、ダメって分かっててもきもちぃーよね!」グググ

眼鏡「…あはは」

委員長「うん! じゃあさきにクラスに戻るから、眼鏡くんも落ち着いたら戻ってきてね…?」




87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 13:54:17.21 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「…」コ、コクコク

委員長「じゃあ行ってきまーす!」スタタ


ガチャ キィ… バタン!


委員長「ふぅ」

委員長「……」

委員長「…良かったね、好きだって言ってもらえて」



委員長「──飼い慣らしは楽しい? ふふっ、金髪さん」



金髪「……」

委員長「でもそれが〜? ありのままの自分? ありのままの欲望?」

委員長「ふふふ! 上等じゃない、実に素敵だって思っちゃった」クスクス

金髪「…何が言いたいワケ」






88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:01:07.69 ID:4iNZKOJ2O

委員長「ううん、なにも? そうだねぇ、特に言うことがあるとすれば〜」

委員長「──簡単に諦めないで、じゃないと彼の頑張りが終わってしまうから」

金髪「は…?」

委員長「私は凄いと思うよ、あんなの高校生が持てる根性じゃないから」

金髪「そりゃ…そう思うけど…」

委員長「好きな人が、好きな人との恋を応援したい。ねぇ? 普通あり得るかな?」

金髪「……」

委員長「だから私は、その覚悟を好きになった。かっこ良くて心臓がキュンキュンしちゃう」

金髪「…それを奪いたいから、まだ関係を続けろってか」

委員長「ご名答ぉ〜! ふふふ、ねぇねぇ金髪さん…?」

金髪「ンだよ」

委員長「壊れてるね。わたしたちはきっと心の髄からロクデナシなんだよ」

金髪「そりゃお前だけだ。あたしは違う、ちゃんと考えてる」

委員長「それは偉いね。けど、正しくはないよ。正解は彼から離れること、ただそれだけ」






89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:05:14.17 ID:4iNZKOJ2O

金髪「……」

委員長「でもそれじゃあ楽しくない」

金髪「…ケッ」

委員長「正解なんて糞食らえだね。私はそんな正解捨て切って結構だと思うもん」


金髪「猫かぶり、奪うなら奪ってみろ。アイツは既にコッチのモンだっての」

委員長「奪うよ飼い主さん。私はどんな手を使ってでも、彼は私のモノにする」


委員長「…それじゃあ、またね」フリフリ

金髪「あいよ」フリ

金髪「…結構度胸あんな、委員長」ガリガリ

金髪「はぁ〜…」


「まだ甘えてちゃだめかな、眼鏡…」


〜〜〜




90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:09:44.93 ID:4iNZKOJ2O

眼鏡「ハックション!!」

友「うぇwwwwwwきたったねwwwwwwww」

眼鏡「…最近くしゃみが止まらん、なぜだ風引いたかな…」ズルズル

友「眼鏡ちん」チョンチョン

眼鏡「んぁ?」

友「今度、我が家に遊びに来たれり。我の姉様がお待ちしております故」

眼鏡「…お姉さんか、俺あの人苦手なんだけど…」

友「我も! 我も!」フンスゥ

眼鏡「何時も気になってるんだが、何故、お前は家族を悪く言うと喜ぶんだ…?」

友「…」シーン

眼鏡「…」キョロ


委員長「おはよー眼鏡くんっ」


眼鏡「お、おお。おはよう委員長…!」






91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:14:24.33 ID:4iNZKOJ2O

委員長「あ。友くんも一緒なんだ、おはよー」

友「…」コクリ

委員長「えーと…」

眼鏡「き、気にしないでいいから。何時もこんな感じだし、なっ?」

委員長「うーん、さっきまで楽しそうに会話してるの見えてたんだけどなぁ…」

友「…!」カァア

委員長「……」キョトン

眼鏡「ほら、行こう委員長。友もムッスリしてないで行くぞ」

友「う、うん」

委員長「……」

委員長「ねえねえ、眼鏡くん」コソコソ

眼鏡「ひゃうっ!? な、なに…?」

委員長「そろそろ私に対して克服できた?」

眼鏡「うっ、えっと、まぁ一応…」






92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:19:51.67 ID:4iNZKOJ2O

委員長「そっか、それは良かったぁ。だって友達を始められないもんね!」

眼鏡「…トモダチ?」

委員長「そうそう! 振られちゃったけど、私的には今後も仲良くしたいなぁって」

眼鏡「い、いやっ、それはー…」

委員長「だめ? それともやっぱり怖いまんま、かな?」チラ

眼鏡「うっ…確かに疎遠になるよりは、仲がいいままの方が全然良いと…」

委員長「うんうん! やっぱり眼鏡くんはわかってるなぁ〜」ニコニコ

眼鏡(距離が近い…)

委員長「あ、だったらこれも教えておかなくちゃダメだ」ハッ

眼鏡「な、なにが?」

委員長「……」コソリ


「私、まだ──ったコトないからね?」ボソリ


眼鏡「っっ……!!!??」ばばっ




93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:23:46.00 ID:4iNZKOJ2O

委員長「うん?」ニコニコ

眼鏡「今っ…!? えっ、ナニソレッ!? どういう意味で…!?」

委員長「だってただの…ビ、ビッチ…とか思われたくないっていうかさ」テレテレ

眼鏡「お、おおっ!?」

委員長「眼鏡くんは淫らな娘より、そんな綺麗な方がとっつきやすいでしょ?」

眼鏡「…うっ…そん、そんなことねぇし…」カァア

委員長「ふーん?」ニマー

眼鏡(ヤバイ顔が見れない、どうしたらいい、俺ってば)ダラダラ


金髪「おーおー、朝っぱらからどしたの眼鏡」


眼鏡「だぁーーーーッッ!!??」ビックゥウウウン

金髪「うわっ!」

眼鏡「なっ、なんでもねぇって…お、おう…全然平気だから…ッ!」

金髪「そ、そか。ならイイケド…」




94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:27:27.64 ID:4iNZKOJ2O

金髪「…」チラ

委員長「…」ニコニコ

金髪「はぁ〜、ま! あたしの言った通りだったろ眼鏡!」ガシッ

眼鏡「な、なにがだ」

金髪「色々と大変になるってさ。うん、言った通りになった、実に正解だったわ」ウンウン

眼鏡「…?」

金髪「それじゃあ行くぞーガッコ行くよー」

眼鏡「お、おう? つか今日はやけに登校する時間はやくない…?」

金髪「……、余計なこと言うな」

眼鏡「えっ?」

委員長「くすくす」

眼鏡「だって何時もならぎりぎり…」

金髪「良いの! いいんだっての!」

眼鏡「う、うっす!」




95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:32:24.21 ID:4iNZKOJ2O

委員長「…」ウズッ

委員長(駄目だ抑えなきゃ、何時か絶好のタイミングが来るはず、それまで刺した針をじっくり見守るだけ)

委員長「…?」チラ


友「…」ジッ


委員長「…付いて行かなくて良いの?」

友「っ!?」ビクゥ

委員長「うん?」ニコ

友「…言われなくても、付いてく」ボソボソ

委員長(あれ? 結構ちゃんと会話してくれた、意外)

友「…委員長のこと嫌いだから」

委員長「えっ?」

友「嫌いだから、好き。眼鏡ちんに向いてる、と思う」ぷいっ

スタスタ スタスタ




96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:35:18.70 ID:4iNZKOJ2O

委員長「……面白いこと言うね、うん」


ま、でも。


委員長(もう少しだけ、この緊張感と興奮を感じていたい)ゾクゾク


金髪「あ、ゴメ、そもそも学校の課題やってねーわ」

眼鏡「はぁっ!? だ、だからやれる時にやる勉強が大切だって言ったじゃんか…!」

友「……」スタスタ


委員長「それでも、」

委員長「──手に入れた時の興奮が一番でしょ、やっぱり」ニマー

委員長「ふふっ」クスクス




97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:36:04.41 ID:4iNZKOJ2O

おわり 


多分続く、と思う その時は別スレで。

ではではノシ 次は友です。




98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:39:25.87 ID:+n4HO2bVo


友の隠しキャラ感




99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:45:14.55 ID:/4+2NeyOO






100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:55:02.18 ID:8CNk1FAiO

乙、委員長に惚れた




101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 17:38:49.52 ID:Rx3KryGAO


さぁて、友はどんなんなんだろニマニマ




友「付き合ってちょんまげ」眼鏡「へ?」へつづく

・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】委員長「付き合ってもらってもいい?」眼鏡「へ?」
管理人 のオススメSS(2015/07/04追加)
極小透けブラの篠崎愛のチクビの位置wwwwwwwwww (画像あり)
【コスプレ】篠崎愛がピッチピチのふとましい”キャットウーマン”にwwwww【画像あり】
【鬼畜】俺に冷たい元グラビアアイドルの派遣社員への腹いせに下着盗撮してた結果
【マ●コ&ケツ丸見え】 外で下半身丸出しにしてる恥ずかしい女がコチラですwwwwww【画像30枚】
【画像】やっべーもん顔につけて歩いている奴がいるwwww
【悲報】ΛV女優が鍵開けたまま眠った結果がヤバすぎるwwwwwwwwwwww
【R-18】弟「……ッ!」パンパンパン 姉「……ッ////」 母さん「あなたたち何してるの!」& lt;/a>
【R-18】娘「勝手に部屋に入ってこないでよ、パパ!」
男「これより……貴様のケツをさわる」 女「ほう……」
【マジキチ注意】俺「セックス、、ノート、、?」
特殊部隊員「き!木村カエラが近付いてきます!」リングディンドン…
【工口 グ口 胸糞注意】勇者「魔物とセ○クスした」
中学の頃プールの時間に女子のパンツの匂い嗅ぎに行ったら親友ができた話
男「これより……貴様のケツをさわる」 女「ほう……」
バーン「ハドラーよ、今期オススメのアニメは何だ」

 

最新記事50件