転載元:魔王「眠いから明日出直して」 勇者「あんたスウェット派か」

1: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 00:01:32.65 ID:aQMp0NPH0

魔王「いやいや、今もう23時59分だよ、普通に眠いよ、何言い出すの」

勇者「や、魔王城意外と近かったからダッシュで来てみました」

魔王「普通来れないから、君すごいな」

魔執事「魔王様、0時をまわりました、0時1分です」

魔王「え、まじか」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 00:15:27.45 ID:ik32BB9Qo

灰色だよな?





 


【R-18】兄「女装してたら弟に告白された」【胸糞注意】
男「俺のち○こはこの世で最も強い」
ヴォルデモート「ポッターを倒して俺様が勝った」
魔法使い「勇者さんは、私の命の恩人ですから」勇者「いいえ」
【閲覧注意】貞子「俺!!お前の事好きだぜ!!ビデオ見てくれたから!!」

3: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 00:17:23.23 ID:aQMp0NPH0

魔王「はい、一応着替えました」 メガ○ャキ グビグビ

勇者「なんかすいません、王様から魔王が封印の眠りから覚めたから、もう一回封じてこいって」

勇者「でもなんかウチのご先祖がやった封印とか知らないんでどうしたらいいのやら」

魔王「封印?そんなのされてたっけ…」

魔執事「ああ、記録がございます」

魔執事「500年前、魔王様は極度の不眠症を患いまして、日中居眠りしまうため、魔界の結界が緩んでしまう事態になりました」

魔王「あーあー、思い出した、そんで勇者の仲間の賢者に眠りの魔法かけてもらったんだ」

魔執事「うっかり強すぎたため、500年ほど眠り込んでしまったのです」

魔執事「その間、魔王様の息子、魔王子様が結界を維持し続けておられました」

魔王「いやー、迷惑かけたよね」

勇者「え、勇者じゃないんかい」

魔王「一週間前に起きたばかりで、いまいち俺もよくわかんない」




4: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 00:25:13.71 ID:aQMp0NPH0

魔王「とにかく、明日にしてよ、超眠い」 メガ○ャキ追加

魔執事「魔王様の明日の業務ん差し障ります、勇者殿、お願いいたします」

勇者「そうっすね、明日またきます お邪魔しました」 ペコリ






魔王「やべえ、頭ぐらつく」

魔執事「おやすみなさいませ、魔王様」

魔王「また明日ー」



脱いだスウェット「」

魔王「やれやれ…」 ゴソゴソ

魔王「あー、落ち着く…スウェット良いよね、普段着もこれがいいなあ 特に灰色好き」

魔王「マオクロのスウェット、全色そろえようかな」

魔王「おやすみなさーい」






5: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 00:36:00.55 ID:aQMp0NPH0

勇者「はい、明日ですよね」

魔王「どういう思考回路してるんだよアンタ」 スウェット姿

勇者「寝てきました」

魔王「30分しかたってねえよ」

勇者「それだけ寝れば充分です」

魔王「勇者コワイ」

勇者「元々、人間じゃないんで」

魔王「は?」

勇者「勇者って、そういうもんらしいですよ、寝るのも食事も最小限で済むように造られたそうですんで」

魔王「オイ」

勇者「なんか、人間っていうより兵器扱いなんで」

魔王「すげえフビンなんだけど」

魔王「とりあえずまあなんだ、泊まってけ、何回もこられちゃ面倒だ」

勇者「え、いいのか?」

魔王「あと飯も食っていけよ、なんかやけにほっそい体してるし、心配だ」

勇者「ブドウ糖の粉末くらいで充分なんだけど」

魔王「せめてパンとベーコンくらいは食べようよ」

魔執事「魔王様、お部屋の準備ができました あと魔王様と色ちがいのスウェットも」

赤いスウェット「」

勇者「わー、鎧と皮の服以外、着るのはじめてだよ」

魔王「どんな生活してたんだ」

魔執事「悲しくなってきました」




6: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 00:39:57.59 ID:aQMp0NPH0

現時点で魔王の持ってるスウェットは
灰と赤と黒と白です




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 06:16:10.38 ID:82qyoGCAO

勇者が不憫過ぎて泣ける




10: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 14:03:31.65 ID:aQMp0NPH0

勇者「おはようございます!」 イキイキ

魔王「おはよう、つーかもう昼過ぎだけどな」

魔執事「睡眠香がよく効いたようですね」

魔王「できれば普通に寝てほしかったが眠れないんじゃ仕方ないよな」

勇者「なんかすげー気分いいぞ」

魔執事「朝食と昼食兼任ですよ、どうぞ」

メニュー:パン、ベーコン、目玉焼き、牛乳、サラダボール、コロッケ

勇者「すげー量っすね」

魔王「人間でも魔族でもたぶんこのくらいが普通だからな」 紙袋ゴソゴソ

勇者「それなんすか?」 イタダキマース

魔王「ジャンクフードの研究中なんだ、ハンバーガーとポテト」

魔王「一応言っとくが、勇者は食べるのやめといたほうがいいぞ、急激に太る可能性がある」

勇者「しょっぱそうな匂いっすね…あ、牛乳おいしい」

魔王「食欲が出てきたようで何よりだ」






11: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 14:28:05.63 ID:aQMp0NPH0

勇者「ごちそうさまでした」

魔王「よし、全部食べれたな、ものが食えない訳ではないと…ふむ」

魔王子「じいちゃん、結界の点検終わりました」

魔王「おう、お疲れさん」

勇者「え、じいちゃん?」

魔王子「はじめまして、現魔王のひ孫の魔王子です」

魔王「ああ、眠っていた間に息子が魔王代行だったんだが、流石に500年たってるとさらに代替わりしててな」

魔王「息子は俺よりずっとじいさんになってるわ、会ったこともない孫は事故で死んでるわ、ひ孫は息子にそっくりだわで、混乱してたんだよ」

勇者「魔王って大変だったんだな」

魔王「勇者ほどじゃないぞ!」

魔王子「僕の父が亡くなって、僕が魔王代行だなんて流石に無理で…困ってたときにじいちゃんが目をさましてくれたんです」

魔王「魔王としての仕事はわかるんだが、社会情勢は様変わりしてるから大勢の手を借りてる状態だ」

勇者「ちょっとまって、魔族って寿命いくつくらいなわけ?」

魔王「通常300年くらいか…息子はかなり長命だな、500歳越えてるわけだし」

魔王子「じいちゃんをこえる者は現れないでしょうけどね」

魔王「それは仕方なかろう、寝てたんだし」






12: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 14:40:13.24 ID:aQMp0NPH0

魔王息子「げほげほっごほっ 父さん、勇者が来てるって聞いたんだが…」 車椅子

魔王「ああ、俺の向かいにいるのがそうだ 勇者、こいつが息子だ」

勇者「 」 アングリ

魔王子「まあそりゃぁ固まりますよね」

勇者「はっ あ、ど、どうも」

魔王息子「すまないね、こんなジジイで」

魔王「父親らしいこと、なにもできなかったんだ、もうちょっと生きててくれ」

魔王息子「さすがにもう呼吸もしんどいよ」 アハハ

勇者「……」 ポカーン






13: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 15:00:07.76 ID:aQMp0NPH0

魔執事「魔王様がた、勇者のお迎えが参りました」

魔王「おや、もうか」

勇者「え」


魔女「勇者君、迎えに来たよ〜」

賢者「魔王、うちの勇者が失礼いたした」

勇者「あ、魔女に賢者じゃん」

賢者「常々頭のネジが数本ぬけていると思っていたが、まさか真夜中に堂々と突入するやつがあるかこのばか」

勇者「ひどい」

賢者「すぐに連れて帰ります、本当に失礼いたした」

魔女「ほら、スウェット脱いで、す〜ぐに洗濯するよ〜」

勇者「あ、うん」

魔女「洗濯センタク魔法の水球〜♪ぐるぐる回って綺麗キレイ♪」


     水球「ざばばばばごぼぼぼぼ」

魔王「ほお、スゴいもんだな」

魔女「脱水ダッスイ♪お水は地面に♪風に踊るよお洗濯♪」


     風「びゅごぉぉおおおおおお」


魔女「はい終わり〜お返しいたします〜」

魔執事「これはこれは、ありがとうぞんじます」







14: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 15:27:27.25 ID:aQMp0NPH0

魔女「それじゃあお邪魔しました〜」

賢者「後日、お礼を持たせてまた勇者を送り込む予定なので、どうぞよろしく」

魔王「送り込むのかよ」

勇者「魔王、ありがとう またな!」

魔王「今度は普通に遊びに来いよ、王様に説明よろしくな」

全員「はーい」




魔王「はあ、賑やかだったな」

魔王子「でも、魔王って職業なだけで、全然封印なんか必要無いのに、なんだったんでしょうね」

魔王息子「…もしかすると……ここに勇者を置いとくのが目的なのかもね」

魔王子「?」

魔王息子「王様が勇者をどう思ってたのかによるけど…父さんは親切だし、もしかすると、だし」

魔王「え、俺?」







15: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 15:40:49.76 ID:aQMp0NPH0




王城。。。



王様「よく戻ったな、勇者よ」

勇者「王様、魔王は眠りから確かに覚めておりましたが、封印ではなく、不眠治療の魔法だったそうです」

勇者「あと、ご飯ごちそうになってきました、めちゃくちゃ美味しかったです」

王様「そうか、今後はきちんと食事と睡眠が出来そうか?」

勇者「? はい、睡眠導入剤処方してもらいました あと食事トレーニングのメニュー表も」

王様「そうか、何よりだ」

王様「では、今後もちょくちょく魔界へ赴き、魔王一族が悪さをしないか見ておくようにな」

勇者「はあ…はい わかりました」







王様「あんな痩せっぽっちな勇者では、国の希望になどなれまい」

王様「食生活に厳しい魔界へ送り込んで正解だった、健康管理も向こうに任せてしまうか」

側近「《勇者》を作り出してしまった研究者たちは…」

王様「大丈夫、彼は人間だよ」

王様「ちゃんと管理してもらえば、普通の人間らしくなれるさ」


王様「食事も睡眠も必要としない生命兵器《勇者》なんて、もう必要ないよ」

王様「魔界と人間界をつなぐ橋となる元気な勇者でいてくれれば、それでいいさ」

側近「そうですね」







16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 15:50:35.51 ID:pD8yhKfDO

なんというやさしい世界




17: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 15:51:16.78 ID:aQMp0NPH0



数ヵ月後。。。



勇者「ポテトチップスうまー!!」 バリバリ

魔王「あーやっぱりこういうの好きか、ジャンクフードはまっちまったな」

魔女「でもちゃんと主食も野菜も食べてますし、青汁も好きみたいですよ、なんか好き嫌い無いみたいで助かってます〜」

魔王「まあもともと剣士だし、食べる分運動量増やしてるわけだしいいのかな」

賢者「僕がつられて食べるようになってしまった、太ってきた」

魔女「てめえが太ってきたとかありえねえよコラ、女子の食欲ナメんなや」 ポッチャリ

魔王「…ダイエットメニュー表、出そうか?」

魔女「お願いします」








18: ◆G/mqESF7Ns 2015/06/24(水) 15:54:11.14 ID:aQMp0NPH0





そんなわけで、終了です
ありがとうございました
なんかもう、思い付くままに書いてしまってすいませんでした

完結です




でも、もしかしたらこっそり来るかも?




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 16:42:53.43 ID:GPwEFlae0

乙!




・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】魔王「眠いから明日出直して」 勇者「あんたスウェット派か」
カテゴリー「勇者・魔王・ファンタジー」のSS一覧
管理人 のオススメSS(2015/04/03追加)
極小透けブラの篠崎愛のチクビの位置wwwwwwwwww (画像あり)
ミニスカ女子を低い位置から見上げる神アングルまとめwwwww
正常位!!これぞ王道の性交体位セッ●ス画像
パ●ティを脱いで女が素っぱだかになる瞬間のエ□画像wwww
フ●ラしてる女の子の表情が異常なほど抜けるエ□画像
【素人】現役アスリートの並外れた性欲で男優を悶絶させる爆乳ビーチバレー選手!
【R-18】先輩「後輩…後輩…ハァハァ」 後輩「なにやってんですか」
彡(゚)(゚)「よっしゃ!完全犯罪成立やんけ!」 ???「あれれ〜?」 ???「おやおや」
いじめっ子「ぬーげ!!ぬーげ!!」 いじめられっ子女子「ううっ…ぐす」
女騎士「くっ、殺せ!」オーク「ゲヘへ…」ゴー☆ジャス「まだ助かる…まだ助かる…」
男娼「身請けしてくんない?」 少女「そんなお金ないですね」
夜神月「レズノート?直訳して百合本か…」
【画像あり】(´・ω・`)「デカチン!」
ハリー「アクシオ! ハーマイオニーの乳首! アクシオ! ハーマイオニーの乳首!」
妹「ねぇ、お兄ちゃんのオ○ニー見せてよ」

 

最新記事50件