転載元:騎士長「オンラインハンティング…ですか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:31:29 ID:w1kZZWl2

オンラインハンティングというゲームがある

その名の通りオンラインで狩りをする

プレイヤーは現在1600万人以上

種族を問わず多くのプレイヤーが存在する


勇者、国王、魔王といった者たちもユーザーなのだが

それを知っているのは本人たちと運営側だけであり

運営側さえも、ゲーム内のチャットが世界平和の一つの鍵だったことに気づいてはいない




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:32:42 ID:w1kZZWl2


 


【R-18】兄「女装してたら弟に告白された」【胸糞注意】
男「俺のち○こはこの世で最も強い」
ヴォルデモート「ポッターを倒して俺様が勝った」
魔法使い「勇者さんは、私の命の恩人ですから」勇者「いいえ」
【閲覧注意】貞子「俺!!お前の事好きだぜ!!ビデオ見てくれたから!!」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:33:12 ID:w1kZZWl2

私は騎士長

王国に仕える者で、国王様の側近の一人でもある

最近国王様とあとの二人の側近の様子がおかしい




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:33:47 ID:w1kZZWl2

国王「モフ…じゃなくて、大臣よ。」

大臣「えっ。あ、な、なんでございましょう。」


司祭「国王様、今宵は忙しいゆえ…。」

国王「ふむ、かみつんがインできないのはきついな…。」

大臣「国王様!」

国王「あ、や、なんでもない。」

騎士長「かみ…つん?」

国王「え、や、最近都市部の過密化がなぁ…。」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:34:19 ID:w1kZZWl2

怪しい…

私には話せない何かがあるのだろうか

もちろん国王様が私に秘密にされることに文句はない

しかし、三人の側近である私だけが話されないことには、納得がいかないのだ




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:34:58 ID:w1kZZWl2

それから少しして、私は遂に真実を知ることとなった




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:35:32 ID:w1kZZWl2

騎士長「失礼いたします。」

国王「ひえええええええっ!?」

大臣「んぬぁっ!?」

司祭「うわっ!」

騎士長「な、いかがしました!?」

国王「なんでいんの!?今日は休暇じゃなかったの!?」

大臣「国王様口調…。」




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:36:13 ID:w1kZZWl2

騎士長「十分に休めましたゆえ、仕事に戻る旨をお伝えしようと…。」

国王「い、いや…休息は大事じゃ。休みの日くらいはおとなしく休んでいるように。」

騎士長「…国王様。」

国王「なんじゃ?」

騎士長「私に何か、隠し事をしておられますな?」

国王「そ、そりゃあ隠し事くらい。」

騎士長「大臣殿と司祭殿には話せて、私には話せないことですか?」

国王「えっ。い、いや、まさか。」




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:36:43 ID:w1kZZWl2

騎士長「私は…側近の一人であることを誇りに思っております…。」

国王「う、うん。」

騎士長「どうしても話せぬならば、これ以上はお聞きしません。」

国王「む、むぅ…。」

騎士長「ですが!よからぬことではないと、それだけ宣言していただきたい!」

国王「よからぬこと…では、ないよね?」

大臣「ええ、まあ…。」

司祭「少なくともよからなくは、ないですね…。」

騎士長「…承知いたしました。…失礼いたしました。」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:37:15 ID:w1kZZWl2

大臣「騎士長殿仲間はずれにするのなんかかわいそうになってきました…。」

司祭「私もでございます…。」

国王「でもなあ、話して納得してくれるかなあ…。」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:37:45 ID:w1kZZWl2

…慌てていたな

信じたい、信じたいが

あの焦りよう…よからぬことではないと、言い切れないようだった

私は…どうすればいいんだ

国王「騎士長。」

騎士長「こ、国王様。」

国王「お前には…話そうと思う。」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:38:20 ID:w1kZZWl2

騎士長「オンラインハンティング…ですか?」

国王「うむ。」

騎士長「なるほど…ゲームでしたか。」

大臣「真面目なお主のことだからな。王や側近がゲームしているとなれば怒るかと。」

騎士長「まさかそんな。娯楽にそのような…。」

司祭「申し訳ない、誤解していたようだ…。」

騎士長「それで、どのようなゲームなのですか?」

国王「えっと、グループ作って狩りをして、わいわい騒ぐ…かな?」

大臣「ですな。」

司祭「のんびり遊べるのが特徴です。」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:38:57 ID:w1kZZWl2

国王「んでそのグループがまたすごくってな!勇者や魔王もいるの!いやこれはオフ会で知ったんだけどね!」

騎士長「そのような偶然!?あるものなのですな…。それで、オフ会とは?」

大臣「ゲームで知り合った人と現実で会うってことだよ。」

騎士長「え?」

司祭「楽しかったですね。」

騎士長「…。」

国王「この前の酒宴のことだ。すまなかったな、誘えなくて。」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:39:28 ID:w1kZZWl2

騎士長「国王様…。」

国王「やっぱ、怒ってる?」

騎士長「ええ、怒っています。ですがそれは酒宴に呼ばれなかったことではございません。」

国王「え…。」

騎士長「国を治める者が!顔も知らぬ相手と酒場で会うなど!危険極まりない!」

国王「ご、ごめんなさい…。」

大臣(こりゃ和平結んだ理由は絶対に話せないな。)

司祭(ゲームで知り合った顔も知らない魔族とお互いの内情を話し合って和平を決意しましたなんて…ね。)




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:40:01 ID:w1kZZWl2

騎士長「しかし、ゲーム自体には興味が湧きました。」

国王「じゃあ、やる?」

騎士長「ええ、後でやってみます。」

国王「一緒にはやらないの?」

騎士長「あくまで少しやってみるだけですから…。」

大臣「そうか…残念だ。」

司祭「もしその気になったら、いつでもグループに。」

騎士長「ありがとうございます。」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:40:33 ID:w1kZZWl2

-ヒゲ さんが ログイン しました-

ヒゲ「おいすー」

ゆう「お、ヒゲだ」

まほ「おかえりー」

カイザー「急にいなくなってどしたん?」

めいめい「モフチョさんと神の遣いさんもいなくなりましたよね」

ヒゲ「きしちょ(仮)に見つかっちゃって…受け入れてはくれたけどね」

ゆう「あー、あの人か」

ヒゲ「モフチョとかみつんは今日はもうインしないってさ」

カイザー「そうかあ、まあ明日の予定は話せたし」

めいめい「ですねっ、第二回オフ会!」




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:41:06 ID:w1kZZWl2

ヒゲ「そういや筋肉とそうちゃんは?」

ゆう「…察せよ」

ヒゲ「え、kwsk」

ゆう「冗談だよwww」

まほ「二人とも明日のことでまた眠れないかもしれないから早めに横になってるって」

ヒゲ「なーる」

カイザー「お?申請来てるぞ」

ゆう「マジ?」

ヒゲ「どうする?」

ゆう「リーダーの判断を仰ごう」

ヒゲ「え、誰よリーダー」

めいめい「年長のヒゲさん、かな?」

※人と魔族の寿命は同じくらいです




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:41:47 ID:w1kZZWl2

ヒゲ「ワシ?」

ゆう「うんうん」

ヒゲ「でもこういうときなんだかんだまとめるのってゆうじゃん?」

ゆう「俺はサブリーダーよ、うん」

カイザー「魔族の地位向上を!」

ヒゲ「リーダーどうぞ」

カイザー「サブリーダーでいい」

ヒゲ「ぐぬぬ」

ゆう「ご決断を」

ヒゲ「我々も十分馴染んだ、新たな風を加えるのもアリかと思う」

ゆう「おー」

ヒゲ「今までを壊したくはないが、閉鎖的なままも良くはないかなって」

カイザー「いいと思うぞ」

まほ「じゃあ、承認ね」




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:42:19 ID:w1kZZWl2

へーちょ「こんbsんわ。」

ゆう「あふれ出る初心者臭」

まほ「最初の私を思い出すわ…」

へーちょ「あれ?」

ヒゲ「よろしくの、へーちょ」

へーちょ「よろしくお願いします。」

カイザー「いつ頃始めたん?」

へーちょ「今日です。」

まほ「完全私だ」

ゆう「www」




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:42:49 ID:w1kZZWl2

ヒゲ「引っ張ってやるから、しっかりついてこいじゃ」

へーちょ「ありがとうございます!」

ゆう「ネット自体初心者っぽい」

へーちょ「そうですね。もしかして、失礼なことを言ってしまいましたか?」

ゆう「いやいやそういうわけじゃないよ、チャットの打ち方が初心者っぽいなって」

カイザー「初々しくていいんじゃーないか?」

へーちょ「なるほど・・・まずはそこから勉強していきます。」

ヒゲ「慣れればすぐよ」

ゆう「さて、そろそろ俺も明日に備えて寝るよ」

まほ「じゃあ、私も」

へーちょ「忙しいのですね。」

ゆう「ん?いやいやw」

まほ「オフ会するのよ」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:43:28 ID:w1kZZWl2

へーちょ「オフ会ですか?現実で会うというあの。」

ヒゲ「そうそう、それは知ってるんだ?」

へーちょ「上司に聞きました。」

カイザー「君も来るかい?入ってすぐだと緊張するだろうけど…」

めいめい「そうちゃんさん以来ですね、加入した翌日のオフ会誘うなんて」

へーちょ「あまりそういうのは・・・今は遠慮しておきます。」

カイザー「わかった、またいつかね」




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:44:20 ID:w1kZZWl2

-へーちょ さんが ログアウト しました-

騎士長「あああああああああ緊張したあああああああああ!!!」

どうしよう、初心者っぽい打ち方ってなんなんだ!?

あまりそういうのはよく思われないって聞いたぞ!?

いろいろ学ばないとだな…

でも、やっぱ楽しそうだなこれ

はまってしまいそうだ…

しかし私にもイメージというものがある

ゲームにうつつを抜かしているようではいかん!

…バレないようにしよう




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:44:55 ID:w1kZZWl2

オフ会、かあ

危険だと思うけどなあ、普通なのかなあ

うーむ…

ネットの基本を学ぶためにも、行ってみるのもいいかもしれん

でも断っちゃったし…

場所は確か、魔界の酒場だったか…

こっそり覗きに行こう…




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:45:28 ID:w1kZZWl2

側近父「まさか娘が魔王様と…なあ。」

魔王「貸切にしていただき、感謝する。」

側近父「この時間来る人も大していませんから。常連さんは裏口から個室に案内しています。」

側近「ここに来る人は身内だけです!」

国王「おっすー、来たよん。」

大臣「こんにちはー。」

司祭「失礼いたします。」

側近父「こいつはたまげたな…。」




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:46:02 ID:w1kZZWl2

国王「ここ側近ちゃんの実家らしいじゃん。しかも貸切にしたんだって?」

側近「はい!」

魔王「前回のようなことになったら困るからな。」

国王「確かにな。」

魔王「どういう口実で来たんだ?」

国王「魔界の視察。」

大臣「事実だけどね。うまく空き時間をオフ会の時間にずらして。」




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:46:34 ID:w1kZZWl2

司祭「そういうカイザーは?」

魔王「デート。」

側近「///」

側近父「父親の前で堂々と…。複雑だなあ…。」

国王「惚気かよ。」

大臣「せっかくのデートなのに俺らと一緒でいいのかよ?」

魔王「泊りがけって言ってあるから。」

側近「デート自体は明日です!」




27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:47:07 ID:w1kZZWl2

勇者「おまたー。」

戦士「おっすおっす。」

魔法使い「もうみんないるわね。」

僧侶「おまたせしちゃいました?」

側近父「勇者まで…もう深く考えるのはよそう。」

国王「ワシらも今来たとこよ。」

魔王「じゃ、全員集まったところで始めようか。」

側近父「何か御用があればいつでも呼んでください。」

魔王「ありがとう、お義父上。」

側近父「は、はぁ…。」




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:47:45 ID:w1kZZWl2

国王「じゃあとりあえず、飲み物頼むか。」

勇者「前回の二の舞は避けたいしアルコールはやめない?」

魔王「また店に迷惑かけらんないしな。」

国王「なんか物足りないなあ…。」

大臣「こらこら。」

戦士「とりあえず、ミルクで。」

「「「筋肉www」」」




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:48:20 ID:w1kZZWl2

僧侶「はいっ!」

国王「おっ、そうちゃんなに?」

僧侶「今回も昔のこと聞きたいです!」

魔王「あー。」

勇者「最古参の四人はなんとなく出会ってそのまま気があっただけだけど。」

大臣「お、俺のエピソードいっちゃう?」

司祭「私のエピソードは悲惨でしたね…。」

国王「それはすまないと思ってる。」

大臣「俺はあれだ、始めたばっかでボッチプレイしてたんだけど。」




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:48:54 ID:w1kZZWl2

モフチョ「うーん…難しいな」

ゆう「こんー」

ヒゲ「ちゃお」

モフチョ「な、なんでしょう?」

筋肉「パーティー組まない?」

モフチョ「えっ」

ヒゲ「今三人でな、あと一人欲しかったんだよね」

モフチョ「始めたばっかで弱いんですけど…」

ゆう「ノープロブレム」

モフチョ「じゃ、じゃあ失礼します」




31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:49:26 ID:w1kZZWl2

大臣「んでなんやかんやでグループ入り。」

魔法使い「そのなんやかんやが重要なんじゃないの?」

国王「いやマジでなんやかんやだし。」

勇者「ほんと俺ら初期メンバーはなんか気があってそのまんまって流れしかなかった。」

戦士「でもそれで今まで仲良くやってきてんだし、よかったと思ってるぜ。」

魔王「せやな。」

国王「そういえばあの日、カイザーがインできなかったからモフチョと仲良くなれたわけだが。」

勇者「あの日どうしたん?」

魔王「一応魔族のトップなんでなー?忙しくないわけじゃないんです。」

戦士「そういやカイザーはインしない日、少なくはなかったよな。」




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:50:00 ID:w1kZZWl2

国王「…。」

勇者「ヒゲ、ほぼ毎日来てたよね…。」

国王「優秀な側近三人がいるとな、トップは飾りなんだよ。」

大臣「て、照れるからやめて!ってか、国王様だからこそ、我ら三人が従っているのですぞ?」

国王「モフチョ…///」

大臣「ヒゲ…///」

勇者「そういやウチのグループには腐女子がいないな。」




33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:50:31 ID:w1kZZWl2

魔王「逆にそうちゃんにしつもーん。」

僧侶「なんでしょう?」

魔王「前回寝落ち後、筋肉と二人きりで宿屋放り込まれたわけだけど。どうなったん?」

国王「それ、気になる。」

僧侶「あの日ですか…。戦士さんが大胆でした///」

戦士「ブフーーーーーーッッッ!!!」

魔王「ブフーの杖がどうしたんだい筋肉くん?詳しく教えてもらおうか?」

国王「お肉?お肉?」




34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:51:02 ID:w1kZZWl2

戦士「僧侶お前誤解招く言い方をするなあああ!」

僧侶「戦士さんがー、寒いからってー、私の方のベッドに入ってきたんですー。」

魔王「やるじゃん、筋肉。」

国王「お前は立派なマッスルだよ。」

戦士「寝ぼけてたんだよ!ほんと!それからは何もねえから!」

僧侶「しょうがないにゃあって、抱き合いながら寝ちゃいましてー///」

戦士「んああああああああああああああ!!!」

魔王「いいじゃん。」

国王「裏山。」

僧侶「ちょっとときめいちゃいましたねー。」

勇者「僧侶、なんか酔ってきてない?」

魔法使い「前回もオレンジジュース飲んでたのに場酔いしてたわよね…。」




35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:51:34 ID:w1kZZWl2

僧侶「私、戦士さんのこと結構好きですよ…///」

戦士「ちょっ、近い!みんなが見てるから!」

魔王「見てなきゃいいんだな?」

国王「目、瞑りまーす。」

戦士「あああああああああああ!!!」


ズキュウウウウウウウウウウウウウウンンン


魔王/国王「や、やったッッ!」

魔王「流石僧侶!俺たちにてきないことを平然とやってのけるッ!」

国王「そこに痺れる憧れるのう!」

勇者「あいつ酔ってるとはいえ大胆なことするなおい…。」

魔法使い「普段とのギャップがすごいわね。」




36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:52:17 ID:w1kZZWl2

側近「わ、私もできます…!」

魔王「えっ?」


ズキュウウウウウウウウウウウウウンンン


側近父「おかわりお持ちいたし…。失礼しました。」




37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:52:48 ID:w1kZZWl2

騎士長「失礼する。」

側近父「あ、すみません…ただいま貸しきり中でして…。」

国王「えっ、騎士長?」

騎士長「国王様!?」

側近父「おや?ご友人でしたか。失礼いたしました。こちらへどうぞ。」

騎士長「え?あ、いや?え?」




38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:53:22 ID:w1kZZWl2

国王「どうしたのだ騎士長よ。休暇を取り直したのにわざわざ魔界の酒場まで足を運ぶとは。」

騎士長「い、いえ、その…私も魔族との交友を深めるべきかと…思いまして…。」

司祭「そうだったのですか…。」

騎士長「ところで、国王様は?」

国王「オフ会じゃ。見知った者たちなのだ、大目に見てくれないかのう…?」

騎士長「わ、わかりました…。」




39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:53:54 ID:w1kZZWl2

司祭「国王様…。」

国王「なんじゃ?」

司祭「私の時に、似ていませんか?」

大臣「確かに…。」

国王「ちょっとカマかけてみよう。」

騎士長「私も参加してしまってよろしいのでしょうか…お邪魔でしたらまた後日に…。」

国王「あ、ああ気にするな、へーちょ。」

騎士長「はあ…。えっ?な、何故その名を!?」

魔王「えっ、へーちょなの?」

勇者「神の遣いパターンじゃん。」

騎士長「え、ま、まさか…。」




40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:54:31 ID:w1kZZWl2

国王「ヒゲです。」

魔王「カイザーです。」

勇者「ゆうです。」

大臣「モフチョ。」

魔法使い「ま、まほ…です。」

側近「めいめいです!」

僧侶「そうちゃんれーす…。」

戦士「筋肉…。」

騎士長「あ、ああ…ああああああああああああああ!!!」




41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:55:04 ID:w1kZZWl2

騎士長「申し訳ありません!申し訳ありません!暇潰しに少しやる程度と言っておきながら!」

国王「いや怒ってないよ…。」

大臣「むしろこのグループ選んでくれて嬉しいよ。」

司祭「神の…お導きか…。感謝いたします…。」

魔王「毎日謝罪も欠かすなよw」

司祭「無論です…。」

騎士長「思っていた以上に楽しくて…グループのこともよく知らずに入ってしまい…。」

魔法使い「私もやりました、それ。」




42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:55:43 ID:w1kZZWl2

騎士長「ログアウトした時、不安と同時に、はまりかけている自分が…。」

国王「恐ろしいじゃろ。」

騎士長「オフ会は敬遠していましたが…ネットやゲームの知識を深めるために…覗いてみようかと…。」

大臣「そこでオフ会参加は考えないところが、生真面目な騎士長っぽいよね。」

司祭「今日のためにわざわざ休暇をきちんと入れましたしね。」

大臣「そうそう、ギリギリ嘘にならない程度にオフ会を差し込んだ人もいるし。」

国王「あくまで、視察です。」




43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:57:33 ID:w1kZZWl2

騎士長「そういえばそこにツッコミ入れるの忘れましたね…。」

国王「もう遅いからな。…ごめんなさい。」




44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:58:25 ID:w1kZZWl2

騎士長「なるほど…最初はこのように…。」

魔王「ま、慣れないうちは引っ張ってやるよ。」

国王「めいめいもまほもそうちゃんも、この期間で凄い成長したしね。」

大臣「しかし、新たな風を招くつもりが、今までと同じな気もしますな。」

国王「ワシらは、このままがいいってことかもね。」

魔王「そうだな…。思えば和平の頃から、うまく事が進みすぎている。」

国王「本当に、神の導きなのかも。」

魔王「神が導いた先が…ゲーム、か。」




45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:59:03 ID:w1kZZWl2

国王「世界中の誰もがびっくりするでしょ。ゲームが元で世界平和なんて。」

騎士長「えっ?」

魔王「いや、我らがゲーム内でお互いに、争いを求めてないって話して。」

国王「それを信じてお互い和平の手紙…を…?」

大臣「やばい。」

騎士長「そうだったのですか…。」

国王「お、怒った…?」

騎士長「…いいえ。」

大臣「騎士長…。」




46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 19:59:36 ID:w1kZZWl2

騎士長「この場にいてわかりました。あなた方の信頼関係が。それを信じるのは、正しいと思います。」

国王「へーちょ…。」

騎士長「お互い、素性を知らないのだから。当然危険ではあったでしょう。でも…結果がよかったのだから、いいのではないでしょうか。」

魔王「ふっ…だろう?」

騎士長「でも今後は、見知らぬ者のことを簡単に信じるのはやめましょうね。あなた方は国の代表なんですから。」

国王「反省します…。」

魔王「う、うむ…。」




47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 20:00:07 ID:w1kZZWl2

勇者「今日も楽しかったなあ。」

魔王「ああ、実に。」

国王「またみんなで集まろう…と言いたいところだが…。」

大臣「側近全員が国を空けるのは…。」

司祭「今回はまあ理由がありますが、再び理由を作るのは難しいでしょう…。」

騎士長「私は留守番でもよいのですが…。」

魔王「なーに、簡単なことよ。俺とめいめいのデートを人間界にすればいい。」

側近「そうしましょう!」

魔王「デートくらいは、部下も大目に見てくれる。」




48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 20:00:58 ID:w1kZZWl2

国王「じゃあワシの城にしない?来客と食事会する部屋あるし!」

大臣「確かにそれなら、自然ですし城からは出ていませんな。」

魔王「じゃあ、厚意に甘えるとしようか。」

魔法使い「戦士と僧侶、また寝ちゃったわよ。」

勇者「えっ、僧侶はともかく戦士はなんで…。」

魔法使い「素面じゃやってらんないって。」

戦士「飲み込んで俺のグングニル…特別なプロテインをあなたにあげる…。うぅ…。」

勇者「なるほどな…。」




49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 20:01:32 ID:w1kZZWl2

国王「じゃ、ワシらは視察に行ってくるから。」

騎士長「明日以降任された留守番がありますゆえ、私はこれで帰ります。」

大臣「気をつけてな。」

司祭「明日の昼には帰りますゆえ。」

騎士長「そちらもお気をつけて!では!」

魔王「勇者たちはどうするんだ?戦士と僧侶。」

側近父「空き部屋なら、まだ二つありますが?」

勇者「うーん…ではお貸しいただけますか?二人を置いていくわけにはいかないし。」

側近父「ではこちらへ。」




50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 20:02:02 ID:w1kZZWl2

勇者「戦士と僧侶をまた同室にぶちこんでやったwww」

魔法使い「その結果私と同室なわけだけど…。」

勇者「別にいいじゃん。俺らの仲だし!」

魔法使い「……も。」

勇者「ん?」

魔法使い「私も…できるわよ。」

勇者「できるって…何が?」


チュッ




51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/19(金) 20:02:35 ID:w1kZZWl2

魔王「えんだー。」

側近「どうしたんです魔王様?」

魔王「いや、なんか言うべきだと思って。」

側近「はあ…。」

魔王「明日、楽しみだな。」

側近「ふふ…はいっ。」



終わり




・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 騎士長「オンラインハンティング…ですか?」
カテゴリー「勇者・魔王・ファンタジー」のSS一覧
管理人 のオススメSS(2015/04/03追加)
極小透けブラの篠崎愛のチクビの位置wwwwwwwwww (画像あり)
ミニスカ女子を低い位置から見上げる神アングルまとめwwwww
正常位!!これぞ王道の性交体位セッ●ス画像
パ●ティを脱いで女が素っぱだかになる瞬間のエ□画像wwww
フ●ラしてる女の子の表情が異常なほど抜けるエ□画像
【素人】現役アスリートの並外れた性欲で男優を悶絶させる爆乳ビーチバレー選手!
【R-18】先輩「後輩…後輩…ハァハァ」 後輩「なにやってんですか」
彡(゚)(゚)「よっしゃ!完全犯罪成立やんけ!」 ???「あれれ〜?」 ???「おやおや」
いじめっ子「ぬーげ!!ぬーげ!!」 いじめられっ子女子「ううっ…ぐす」
女騎士「くっ、殺せ!」オーク「ゲヘへ…」ゴー☆ジャス「まだ助かる…まだ助かる…」
男娼「身請けしてくんない?」 少女「そんなお金ないですね」
夜神月「レズノート?直訳して百合本か…」
【画像あり】(´・ω・`)「デカチン!」
ハリー「アクシオ! ハーマイオニーの乳首! アクシオ! ハーマイオニーの乳首!」
妹「ねぇ、お兄ちゃんのオ○ニー見せてよ」

 

最新記事50件