転載元:SS板らしく、超短編書いてく

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 09:45:04.04 ID:LaGmRsVDO

「僕の自転車のサドル」


僕の自転車のサドルは、皆より少し低い
僕の脚が短いから、それに合わせてサドルも低くしてあるからだ

一時はそれが恥ずかしくて、嫌で
無理やりサドルを高くした事もあった

ペダルは下まで届かなくて、足はつま先立てても着かなくて
何度もこけて、何度も泣きそうになった

どうして脚が短いんだろう





 


【R-18】兄「女装してたら弟に告白された」【胸糞注意】
男「俺のち○こはこの世で最も強い」
ヴォルデモート「ポッターを倒して俺様が勝った」
魔法使い「勇者さんは、私の命の恩人ですから」勇者「いいえ」
【閲覧注意】貞子「俺!!お前の事好きだぜ!!ビデオ見てくれたから!!」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 09:47:28.47 ID:LaGmRsVDO

どうして僕が不幸な目にあわなきゃいけないんだろう

何回も、何十回も何百回も
沢山考えていたら、元の高さに戻っていた

久しぶりに高くしようかと思ったけど
錆びていて、動かなくて。まるで今のままがいい。って言ってるようで

僕はその場を後にして、玄関へ戻った
そしたら、キッチンの方から嫁が呼ぶ声がする

きっと夕飯の手伝いをして欲しいんだろう
昨日はササミとご飯だったから…今日は、もやし炒めかな?




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 10:13:33.81 ID:LaGmRsVDO

「逃した終電」


改札口に定期を入れたら聞こえてきたアナウンス
間も無くドアが閉まります。ご注意ください

どうやら、終電が行ってしまったみたいだ
息を切らして走ってきたのに…

諦めて改札から出る
幸いな事に、駅のロータリーにタクシー乗り場がある。それに乗って帰ろう、今日は疲れた

手を挙げると、すぐにタクシーは来た。この時間帯は稼ぎ時だしな




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 10:22:52.63 ID:LaGmRsVDO

「おや、終電逃しちゃったんですか?」

運転手は、ドアを開けてそう言った

「そうなんですよ…◯◯までお願いできますか?」

「全然大丈夫ですよ」

エンジンの音がブルンと鳴る。
重たそうに車が動き出した

「こんな夜遅くまでお勤めですか?」

「いや、今日は部長との付き合いで…」

「それも立派なお勤めですよ」

運転手が、ふふっと笑う

「私もね、リーマン時代は上司との付き合いで毎日くたびれてましたよ」

「へぇ、そうだったんですか」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 10:36:45.04 ID:LaGmRsVDO

「そですよ。まあ、クビになってしまって今じゃ個人タクシーですけどね」

そう言った運転手さんの顔は笑顔だった

「クビ、ですか」

少しだけ、クビになったのを想像した。それが嫌にリアルで少し顔が歪んだ

「そのおかげで、こうしてお客さんと話せてるんですけどね」

また、ふふっと笑った

その笑いは少しだけ愉快で、心の底から楽しさが溢れ出てるようだった




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 10:38:32.77 ID:LaGmRsVDO

「あ、そろそろ」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 10:49:37.76 ID:LaGmRsVDO

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「あ、そろそろ着きますね」

気がつけば、自宅の近くについていた
駅と家は車で30分はかかるはずなのに。あっという間に時間は過ぎていた

楽しそうな運転手さんとの会話は、とても楽しいものだった

「お客さん、また使ってくださいね」

運転手は、ふふっと笑う

「そですね、また乗り遅れた時は使わせてもらいますよ」

俺も、ふふっと笑う

「お客さん、いい笑顔ですよ」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 10:56:51.99 ID:LaGmRsVDO

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アナウンスが駅の方から聞こえてくる
終電が行ってしまったのだろう

乗り遅れた人達が、ロータリーのタクシー乗り場へと向かって行く

ドアが開いた。俺は口を開く。

「おや、終電逃しちゃったんですか?」

「そうなんですよ。△△までお願いします」



「逃した終電」終




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 11:40:08.07 ID:LaGmRsVDO

「消しゴム」

僕には愛用している消しゴムがある。真っ黒でよく消える消しゴム

大学入試の時に買ってもらった、その消しゴムはいつも僕の筆箱の中に入っていた

日に日に小さくなっていく消しゴムに、ある種の達成感を覚えていた
消しカスの量が、自分の努力みたいで。

そして、消しゴムは、もう掴めないくらいに小さくなった




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 11:53:12.22 ID:LaGmRsVDO

それが、少しだけ誇らしかった
こんなに小さくなるまで、頑張った。

小さくなった消しゴムを、指でつつく
ガタガタな消しゴムはぎこちなく転がった

ありがとう、消しゴム。今まで頑張ってくれて

僕は消しゴムを捨てた




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 12:15:17.63 ID:ZmvUZw81o

こういうゆるいショートショート好き




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 13:41:50.76 ID:LaGmRsVDO

次の日、僕は白い消しゴムを買った
全然消えない真っ白な消しゴム

この消しゴムも、また使い切らずに捨てるだろう

どんなものでも、最後の姿は見たくないから

「消しゴム」終




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 13:58:55.71 ID:LaGmRsVDO

「ピエロの話」

ピエロはいつも泣いています

ピエロが泣くのは悲しいから?くやしいから?辛いから?

ピエロが泣くのは、泣けない人のため。代わりに、泣いてあげている

ピエロは悲しくても泣けないよ
だって、誰かの涙を流してるから。自分の涙は流せないよ




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 16:37:51.19 ID:LaGmRsVDO

ある所に子供がいた。彼の誕生日、母親は仕事が忙しくて家に帰れないと言い出した

彼は悲しくても、お母さん困らせないために泣かなかった

笑って、頑張ってね。とだけ受話器越しに伝えた

ピエロは子供のために泣いてあげた。悲しくて、辛い涙を流した


子供は言う「ありがとう、ピエロさん」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 16:46:01.69 ID:LaGmRsVDO

ピエロは、泣きながら真っ白な顔で笑った

「ねえ、ピエロさんは自分のためには泣かないの?」

ピエロは何も言わずに、首を縦に振った

「それなら、これをあげるよ」

彼は、小さな手に握っていた赤い糸の片方の端を渡した
ピエロは、どうすればいいかわからず。困っていると「えいっ」と元気な声を出して男の子は遠くに毛玉を投げてしまった

「これは僕のおまじない。どうしたらいいか分からない時は、毛玉の転がった方に歩くんだよ」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 16:54:12.17 ID:LaGmRsVDO

棒倒しみたいなものか、と理解したピエロは男の子に手を振りながら、糸をたどっていった

すると、数メートル先に、毛玉を拾ったような影が見えた

ピエロは、その人の元へと駆け寄る。

すると毛玉を拾ってくれていたのは、もう一人のピエロだった

ピエロは、彼を見た瞬間に涙を流した。彼もまた、ピエロを見て涙を流していた。

ピエロは彼のために泣き、彼はピエロのために泣いた。何年も泣けずにいた、お互いのために泣きあっていた

その後、彼らは街を周り自分達の話をした

男の子にもらった赤い糸の話、そこで出会えた最高の友達の話。

人々は、これを聞き「運命の赤い糸」という言葉を作ったそうな


「ピエロの話」終




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 17:02:27.21 ID:LaGmRsVDO

「捨て犬」

俺は、今朝。捨てられた

別に嫌われたわけじゃない。多分。人の話す事はわからないが、移住とかそんなのが理由みたいだ
俺が捨てられる直前に部屋がダンボールだらけになっていたからな

幸い、丈夫そうな屋根の下、ダンボールの中に捨てられた
しばらくは雨風が凌げそうだ

しかし、餌もなければ水もない。このまま拾われなかったら死ぬのは目に見えてわかる
小型犬じゃ野生として生きていけるかは不安ではあるが、この際仕方のない事だ。
さあ、行くか




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 17:16:06.84 ID:LaGmRsVDO

ダンボールを横に倒し、そこから出る
目の前には木々や畑が広がっている

散歩の時に通る道とは違い、設備の整っていない荒い道。そんな場所にあるバス停にどうやら捨てられたようだ

これから、どうしようか。どうしようもない問題が山程ある

とりあえず、道を進んだ。元いた家の近くまで行けば誰かが拾って飼い主に連絡してくれるだろう

足を進める、ここからどのくらい離れているのかわからないが進めば何とかなるだろう。




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 17:21:36.29 ID:LaGmRsVDO

1日が経った。

走るのは好きだが、一日中歩くのは疲れるので暫し休憩

山の麓に大分と近づけた。
時々通る車に怯えながらも、安全に歩けている。いい感じだ





2日が経った

生えていたきのこを食べた。少し腹が痛い。
もしかすると毒があったのかもしれない。今日はあまり歩けずに終わってしまいそうだ



3日が経った

山の麓の住宅まで来た。ちらほら人に見られはするが、近づいては来ない
当然ながら、餌ももらえない




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 18:03:53.32 ID:LaGmRsVDO

4日が経った

どうやら、元いた場所はここではないみたいだ。山を越えなければいけない。
多分
腹が空きすぎたので畑に生えてた草を食べた
それが見つかり石を投げつけられる。左足がうまく動かない



5日が経った

雨が降り始めた。体が寒い
一番最初にいたバス停に帰る。家とはかなりの距離があるみたいだ

どうやら、かえるのは厳しいらしい



6日が経った

最初のダンボールへと戻る。
足の感覚が傷と雨のせいで感覚がほとんどない。
こんな状態じゃ食べ物も取りに行けない
もう無理なのかもしれない




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 18:13:11.30 ID:LaGmRsVDO

7日が経った

空は晴れた。相変わらず道に人の通る気配はない。
体を起こす元気もない、多分、このまま死ぬんだろう。
楽しかった時間が、フラッシュバックで蘇る

あのエサ、あの部屋、あの手の温もり。もう一度味わいたかった




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 19:57:15.60 ID:LaGmRsVDO

道にダンボールが落ちているのを見つけた

中には、弱りきった小型の犬が横たわっていた。
抱きかかえてみたが、反応がない。身体も冷え切っている

この近くに獣医が居る場所……そんなもの、ないよな

かと言って俺には治療してあげる腕もなければ、養ってあげれる場所もない

「ごめんな、ワンコ……」

そっと、頭を撫でてダンボールに戻した




31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 20:25:20.49 ID:LaGmRsVDO

意識が朦朧とする中、夢を見た

飼い主が俺の事を抱きしめて、温かい手で撫でてくれて。布団に寝かせてくれた
体温が暖かくて、気持ちよくて。凄く嬉しかった

後はご飯があれば最高なんだが…まあ、文句は言わねえ

いつもしてくれてた事が、こんなに暖かいって思えるんなら捨て猫になってみるのも、悪くないな


「捨て猫」終




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 09:04:11.03 ID:Wf8Ma7cGO

「空の色」

好きな色は何色って聞かれた。僕は空色、って答えた

友達は言う「水色が好きなんだ」僕は言う「水色じゃないよ、空色だよ」

友達は困った顔をした。「空色って、何色なんだい?」「空を、見てごらんよ」

綺麗な夕焼けが広がっていた。




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 09:23:59.00 ID:Wf8Ma7cGO

「橙色が好きなのかい?」「ちがうよ、空色だよ」

「空色は、水色でも橙色でもないのかい?」「ううん、水色も橙色も正解だよ」

キョトンとした顔でこっちを見つめてくる友達。僕は小さくクスクスと、笑ってしまった

「空色は、空の色。それ以外の言葉で表せられないさ」

「じゃあ、君は真っ白な空があれば、白も好きなのかい?」「そうだよ」

「黄色も緑も、茶色もかい?」「そうだよ」

「なんだ、君は、ずっこい奴だな」友達がクスクスと笑う

「そうだね、きっとそうだよ」僕もクスクスと笑う

「じゃあ、君の好きな色は何色?」

「そうだね…僕も空色さ」

二人で見てた空は、赤くて綺麗で、素敵な色だった


「空の色」終




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 09:44:21.08 ID:Wf8Ma7cGO

「友達」

友達って、どこからが友達なんだろう
そんな事を友人に話した

「どうしたんだよ、俺が友達じゃないって言ってるみたいじゃないか」

友人は、あははと笑った。

「んー……そうだな……一緒にご飯食べて、一緒に遊んで、一緒に帰って。そしたら友達なんじゃないか?」

「そっか」

僕は思う。こんな下らない話でもちゃんと考えてくれる君は、最高の友達だよ

「友達」終




40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 19:44:14.49 ID:m4H1mKoCO

「僕は王だ」

気がつけば、世界はおかしくなっていた

奇抜な服を着て、石の道を何百もの人が行き交う
僕の街でもこんなに人が栄えた場所などないのに

行き交う人は僕の事を見て、そしてすぐに視線を外す。まるで僕が異端児のように

「貴様ァ!!今、僕をおかしな奴と思っただろう!?僕は王だ、王だぞォ!?」

当然の叱りだ。しかし、僕は優しいから処刑にはしない。

指をさして注意したにも関わらず、あの愚民は無視してスタスタと歩いて行った

「何をしている!誰か、兵士はいないのかい!?あいつをとらえるんだ!」

久しぶりの怒号にも、誰にも反応を示さない。皆おかしくなってしまったのだろうか?




41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 19:49:41.57 ID:m4H1mKoCO

「ちょっと、そこの君」

肩を、とんとん、と叩かれた

「っ!?肩に触るな!!?気安く触るな!!僕は王なんだぞォ!?」

腰につけている剣を持つ。
仕方ない、部下がいないなら僕が直接罰を与えよう

「な、君!そんな危ない物をなぜ持っているんだ!離しなさい!」

「さ、指図するなぁ!?僕は王だと言ってるだろう!??」

剣を振り上げた時、男の持っていた小さな塊から、玉が高速で打ち出された

その玉が僕の肩を掠める

「か、肩がぁ!?君、何をしたんだ!!王に向かって、何をしたんだ!!?」

問いかけと同時に剣を振り下ろす

男はあっけなく死んだ。
恐らく逆賊か他国民だ、何も問題なんてない

男が死んで、しばらく歩いて見て回る

高い建物が沢山建っている……技術のある国なのか
僕も技術については自信がある方だよ
でも、鉄の塊をすごい速さで動かす技術はないからね。見上げたものだよ

それから、数分後、鉄の塊から人がゾロゾロと出てきて「剣を捨てろ!!」と、口々に言う




42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 19:58:15.83 ID:m4H1mKoCO

「王に向かって、その口はなんだ!!許さんぞォ!!」




気がつけば、鉄の塊の中だった

男たちの放つ玉は凄まじい威力だった。あんな小さな武器で、これほどの威力……他国にこれほどまですごい国はあっただろうか


数分経つと、中から出される
赤い床がある。二人掛かりで僕の両腕をつかみ、僕を歩かせた

「やめろ!はなせ!!何が欲しいんだ!権力か!!地位か!!金か!!!!それとも上質な、良い肉か!!?」

正直、どうしていいかわからない。
声は荒げているが、心の中はパニックで何も考えれていない

「話せばわかる!!ほら、離すんだ!肉をやるから、離せ!!!!」

全力で腕を払おうとするけど、ふりほどけない。
こうなれば仕方ない

「もう、もうどうなっても知らんからな!!ダークマターの解放だ……王家の特権、ダークマターだ!!!!怖いか!怖いなら離せ!!!」

予想通り、離そうとしない

「……ダークマターの解放だ…今、右手に封印されたダークマターを……」

右手を見る。縛られていた

「こ、これじゃあダークマターの解放は、無理……だ……」

その日、王は殺された


「僕は王だ」終




43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 20:12:37.79 ID:m4H1mKoCO

「駅のホーム」

駅のホームに、ぽつりと一人だけ座っている女の子がいた

その子は、季節外れの麦わら帽子をかぶり、これまた季節外れのワンピースを着て、無邪気に足をバタバタとさせていた

僕と女の子以外に、人は誰もいなかった
こんな田舎じゃ誰もいないなんて事は、そう珍しくはないけれど

「〜♪」

可愛らしい鼻歌が、冬空の下、無音のホームに響き渡る

今は冬休み。おばあちゃんにでも会いに来たのだろうか




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 20:16:14.62 ID:m4H1mKoCO

次に電車が来るのは……

駅の壁に付けられた時刻表に目をやる。

……次は、30分後か

電車が来るまでの30分、何をして過ごそうか……

「ねーねー、おじさん」

幼い声が聞こえる。僕は女の子の方を見た
栗色の目と、真っ黒な長い髪の毛。夏服がとてもよく似合った女の子が、こちらを向いていた

「ねえ、おじさん。次、電車来るのいつ?」

「30分後……くらいかな?」

「30分かあー、ながいなー……そうだっ」




45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 20:22:26.98 ID:m4H1mKoCO

女の子は、勢いよく、ぴょんっと椅子を退くと僕の方へと駆け寄ってきた

「ねね、おじさん。遊ぼ!」

女の子は無邪気な笑顔で、両手を出した

「ほら、これ知ってる?グーチョキパーでー、グーチョキパーで♪」

懐かしい。僕も昔、そんな遊びをしていた覚えがある

「なにつくろー♪なにつくろー♪右手はパーで、左手もパーで♪」

何を作るんだろうか。僕なら作るのは……

「ぎゅーっ」

女の子に、抱きつかれていた

「えへへ、おじさん、お仕事頑張ってたからご褒美!」

女の子はそう言って、抱きつくのをやめた

これが反対の立場なら、即逮捕なんだろうな




46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 20:24:33.77 ID:m4H1mKoCO

……お、そろそろ迎えの電車が来たみたいだ


「もう、がんばらなくていいんだよ?」

女の子の声が、微かに聞こえた




47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 20:27:27.58 ID:m4H1mKoCO

佐藤守(39)

冬休み、仕事によるストレスにより、電車のホームでの自殺により死亡

2013/12/28

「駅のホーム」終




48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 21:14:05.54 ID:66VrvSoIO

乙!




・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】SS板らしく、超短編書いてく
カテゴリー「その他」のSS一覧
管理人 のオススメSS(2015/04/03追加)
極小透けブラの篠崎愛のチクビの位置wwwwwwwwww (画像あり)
ミニスカ女子を低い位置から見上げる神アングルまとめwwwww
正常位!!これぞ王道の性交体位セッ●ス画像
パ●ティを脱いで女が素っぱだかになる瞬間のエ□画像wwww
フ●ラしてる女の子の表情が異常なほど抜けるエ□画像
【素人】現役アスリートの並外れた性欲で男優を悶絶させる爆乳ビーチバレー選手!
【R-18】先輩「後輩…後輩…ハァハァ」 後輩「なにやってんですか」
彡(゚)(゚)「よっしゃ!完全犯罪成立やんけ!」 ???「あれれ〜?」 ???「おやおや」
いじめっ子「ぬーげ!!ぬーげ!!」 いじめられっ子女子「ううっ…ぐす」
女騎士「くっ、殺せ!」オーク「ゲヘへ…」ゴー☆ジャス「まだ助かる…まだ助かる…」
男娼「身請けしてくんない?」 少女「そんなお金ないですね」
夜神月「レズノート?直訳して百合本か…」
【画像あり】(´・ω・`)「デカチン!」
ハリー「アクシオ! ハーマイオニーの乳首! アクシオ! ハーマイオニーの乳首!」
妹「ねぇ、お兄ちゃんのオ○ニー見せてよ」

 

最新記事50件