転載元:男「俺はボールマスター、球技で俺に敵う奴はいない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:12:05 ID:hEkoK1yc

俺は人呼んで“ボールマスター”

ボールを扱うことにかけては、天下一品さ。

こと球技で、俺に敵う奴はいない。

さて、どのぐらいスゴイのかというと──





 
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:16:43 ID:hEkoK1yc

野球をやれば──





男「ほいっ」ブンッ

カキィンッ!

実況『またまたホームラン! これで全打席ホームランであります!』



男「ほれっ」シュッ

ズドンッ!

実況『時速180kmで変幻自在の変化球を放つ!』

実況『こんなの誰も打てるわけがなァ〜い!』

キャッチャー(しかも、不思議とキャッチしやすいんだよな……どうなってんだコレ)




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:19:30 ID:hEkoK1yc

サッカーをやれば──





男「よっと」ポスッ

キーパー「うわぁっ!?」

パサッ……

実況『ゴォ〜〜〜〜〜ル! これで10得点目!』

実況『フィールド上のどこから蹴っても、ゴールに入れてしまう! まるで魔法です!』




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:21:54 ID:hEkoK1yc

バスケをやれば──





ズバババババッ!

敵選手A「は、はやっ……!」

敵選手B「全然止められないッ!」

男「ほらよっと」ピョンッ

ズドォン!

実況『凄まじいダンク! 敵チームは、ボールに触れることすらできません!』




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:24:43 ID:hEkoK1yc

ゴルフをやれば──





男「あらよっと」パシュッ

ヒューン…… コトン……



オォォォォ…… パチパチパチ……

観客A「またホールインワンだ! 信じられねえ!」

観客B「しかも、このホールは世界でも有数のロングホールだってのに……!」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:27:28 ID:hEkoK1yc

バレーボールをやれば──





男「えいっ」

スパァンッ!



味方選手A「すげえ……どんなボールにも対応してスパイク決めちまうぜ」

味方選手B「もう……あいつ一人でいいんじゃないかな」




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:30:01 ID:hEkoK1yc

卓球をやれば──





男「よっ、ほっ、ほいっ」コッ コツッ コッ

バババババッ!



審判(残像が出るほどのフットワークで……どんなボールも拾ってる……!)

審判(このセットも相手は1点も取れずに終わるだろうな……)




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:33:54 ID:hEkoK1yc

ボウリングをやれば──





インタビュアー「パーフェクトでの優勝おめでとうございます」

男「ありがとう」

インタビュアー「ちなみに興味本位で質問させていただきますが……」

インタビュアー「今までで一番低いスコアは何点なのでしょうか?」

男「300点以外取ったことないよ」

インタビュアー「え!?」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:36:02 ID:hEkoK1yc

テニスをやれば──





ズガァンッ!

敵プレイヤー「ぐはぁぁぁぁぁっ……!」

実況『相手選手が会場の外まで吹っ飛んだ!』

実況『これはもはやテニスではない! テニス以外のなにかといえるでしょう!』



男(ちょっとやりすぎたかな……)




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:38:47 ID:hEkoK1yc

素人にもかかわらず、トップアマやトッププロ相手に次々と勝利し続け──

俺は一躍スターとなった。





キャーキャー…… ワーワー……

女性ファン「キャ〜、ステキ〜!」

男性ファン「いつも応援してます!」





俺のファンには女性だけでなく、男性も多いのさ。




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:40:00 ID:qCGmIg/U

卓球についてこれてる相手選手何者




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:42:41 ID:hEkoK1yc

しかし、こうなると面白くないのは、球技の専門家(プロフェッショナル)たちだ。

当然恨みも買うことになる。





選手A「……待てよ」ザッ

男「──ん?」

選手A「こないだはよくもコケにしてくれたな!」

選手B「キミみたいな素人に大敗して、ボクたちは大恥をかかされてしまった……」

選手C「タダじゃおかねェぞ!」パキポキ…

男(この人たちは……こないだボロ負けさせちゃったプロの人たちか)

男(なんのスポーツかは忘れちゃったけど……)




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:46:35 ID:hEkoK1yc

男「悪いけど、キミたちの相手をしてるヒマはないんだよ」

男「それに、俺の“ボールマスター”としての名声は今や世界中に轟いている」

男「今さら俺に負けたところで、キミらの商品価値は下がりゃしないだろう」

男「相手が俺(ボールマスター)なら仕方ない、と思ってくれてるよ」

選手A「うるさいっ! 顔に泥を塗られたことには変わりないんだよ!」

選手A「みんな、やっちまえっ!」ダッ

選手B&C「おうっ!」

男「ふぅ、仕方ないな……」ポイッ

選手A(サッカーボール!?)




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:52:34 ID:hEkoK1yc

男「そらっ」

ズドォッ!

ドゴッ! バゴッ! ガスッ!

選手A「バ、バカな……!」ドサッ

選手B「サッカーボールを蹴り飛ばして、一度にボクたち三人を……」ドサッ

選手C「倒す……なんて……」ドサッ

男「俺にボールがある限り、俺を倒すことはできないよ」ポーンポーン





こんな闇討ちにあったことも一度や二度じゃない。

もちろん、全て撃退してきたけどね。




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:55:43 ID:hEkoK1yc



選手A「なんてことだ……三人がかりでやられちまうなんて!」

選手B「さすがはボールマスターといったところだね」

選手C「あんなシュート撃たれたら、ひとたまりもねェよ……」

選手A「いや、だったら……ボールを持ってない時を狙えばいいんだ!」

選手A「ボールがなきゃ、ボールマスターはただの人になる!」

選手A「今度こそ、あいつから受けた屈辱を晴らしてやるんだ!」






17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 13:59:51 ID:hEkoK1yc

男「──おや、またキミたちか。こりないな」

選手A「ふん! 今日お前がボールを持ってないことは調査済みだ!」

選手B「つまり、武器を持ってないってことさ」

選手C「覚悟しやがれッ!」

男「よく調べてあるね。たしかに俺は今日、ボールを持っていない」

男「サッカーボールも、野球ボールも、テニスボールも、卓球ボールすらもない」

男「──だけど」




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 14:02:04 ID:hEkoK1yc

ドスッ! ズブッ! ザクッ!

選手A「ぐああああっ……!?」ドサッ

選手B「なにか、鋭いもので、ツボを突かれて……」ドサッ

選手C「か、体が……いうことを……」ドサッ



男「ペン先で、ツボを刺激させてもらったよ」

男「体にダメージはないが、半日ぐらいはシビれて動けないだろう」

男(持っててよかった、ボールペン!)




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 14:05:46 ID:hEkoK1yc



選手A「くそっ、まさかボールペンを武器にするとは……!」

選手B「ボールなら、なんでも使いこなせてしまうようだね……」

選手C「これじゃ……手の出しようがねェぜ!」

選手C「ボールペンぐらい、いつだって持ち歩いてるはずだろうしな」

選手A「いや……まだ手は残ってる!」

選手A「こうなったら、本当に絶対に丸腰の時を狙うんだ!」

選手B「そんな時あるのかい?」

選手A「ヤツは銭湯好きで、月に何度かは銭湯通いをしてるらしい。そこを狙うんだ!」






20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 14:09:21 ID:hEkoK1yc

銭湯にて──

男「ふんふ〜ん」

男「──ん? またキミたちか」

選手A「よう! 三度目の正直ってやつだ!」

選手B「男同士……裸のド突き合いといこうじゃないか」ニヤ…

選手C「ここにボールらしきものはない……お前の負けだ!」

男「……」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 14:14:14 ID:hEkoK1yc

選手A「覚悟しろっ!」ダッ

選手B「しばらく病院で過ごしてもらうよ」ダッ

選手C「どりゃああああっ!」ダッ

男「やれやれ……参ったな」フゥ…

男「こういう形でファンを増やすことは、あまりしたくないんだけど──」

男「他にボールもないし、やるしかないか」サッ

選手A「なにわけの分からないことをいってる! いくぞぉっ!」ブオンッ




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 14:17:07 ID:hEkoK1yc

コリッ コリッ コリッ

選手A「あふぅん……」

選手B「おふぅぅんっ!」

選手C「うあ……っ」

男「ちょっといじくらせてもらったよ」

男「キミたちの“ゴールデンボール”をね」

男「……って聞いてないか」

選手A「あふっ……あふっ……」ビク…ビク…

選手B「おふぅぅぅぅんっ!」ビクビクッ

選手C「ああっ……あっ……ああっ……」プルプル…




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 14:21:03 ID:hEkoK1yc

……

……

……

実況『奇跡のスーパースター、“ボールマスター”!』

実況『本日はハンドボールに挑戦します!』



ワーワー…… キャーキャー……



ファンA「ファイト〜!」

ファンB「今日もミラクルを見せてくれ!」

ファンC「がんばれ〜!」




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 14:25:02 ID:hEkoK1yc

選手A「キャー、ステキー!」

選手B「しっかり〜! 絶対勝ってね〜!」

選手C「こっち向いて〜!」



男「みんな、応援ありがとう!」





こうして、俺の男性ファンがまた三人誕生してしまった。







おわり




25: ◆dNq9RAXe52 2015/06/07(日) 14:26:02 ID:hEkoK1yc

ありがとうございました

指摘の通りただ走るだけの競技などは苦手と思われます




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 14:38:28 ID:IW.2OUfI


面白かった




・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 男「俺はボールマスター、球技で俺に敵う奴はいない」
カテゴリー「神・幽霊・妖怪・不思議・奇妙」のSS一覧
管理人 のオススメSS(2015/04/03追加)
【※驚愕GIF※】スキンヘッドを女性器に突っ込もうとした結果wwwww
えっマジ!?ソー●ランドに行ったらこんなことまでしてくれるの?
ノリノリで全裸オナ●ーを世界に配信するギャルが過激すぎるwww【エ□画像29枚】
【オカルト】イッテQの怪奇現象・・・怖すぎ
【ぼ●き注意】 これが今のコロコロ読者を性に目覚めさせてる漫画か・・・ (画像あり)
【モバマス】夏樹「だりーに壁ドンしてみた」【R18】
阿笠「光彦君のアナルとわしのアナルを交換するスイッチが完成したぞい!」
【画像あり】(´・ω・`)「デカチン!」
大泉洋「いま魔王って言ったかいキミ?」
【R-18】提督「デリヘルを呼ぼう」【閲覧注意】
海馬「ブルーアイズでヌけなくなっただと…!?」
ぉゃι゙「ぉぃ ヵッォ」 ヵッォ「ぁ?」
悟空「マ、マンがねえ……クリも」
女騎士「イキたいか?なら機密を吐け」 シコシコ  俺「くっ、何を祖国を裏切るつもりはない!」
俺「シルバニアファミリーを人質に取った、解放して欲しくば飯とポカリ1.5Lをここに持って来い」
凛「何でアンタ私の服着てるのよ!」アーチャー「誤解だ、凛!」
ライオン「俺は百獣の王だ」ダイヤモンド「私は絶対砕けない」
渋谷凛「プロデューサーってさ、ロリコンだよね」
睦月「提督と吹雪ちゃんの性事情がおかしい」

 

最新記事50件