転載元:閃乱カグラVSモモキュンソード 爆乳大戦記

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 10:08:32 ID:RVQEl7GE

国立半蔵学院、死塾月閃女学館、私立蛇女子学園、焔紅蓮隊。3つの学園と1つの忍者集団の間で学炎祭が開かれることになった!
4つの勢力は自分達の居場所を守るため、激しい戦いへと身を投じた。
そんなある日、異世界から桃色の少女達が姿を現した事により、戦いは大きく動き出した。
果たして戦いの結末はどうなるのか!?そして、学炎祭の真相とは!?

閃乱カグラとモモキュンソードのクロスSS、いざ、開幕!





 
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 10:09:45 ID:RVQEl7GE

主題歌

OP:Break your world
ED:モモキュンソード




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 10:22:37 ID:RVQEl7GE

第1話 運命の出会い




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 10:30:36 ID:RVQEl7GE

桃里郷

ガキンガキン

桃子「くっ!なかなかやるね!」

鬼姫「そっちこそ!」

ガキンガキン

猿神「戦いが終わってから1ヶ月か。月日が経つのは早いな。」

犬神「ええ。最近では鬼姫さんがたまに来て、桃子さんと戦う機会が増えていますからね。」

雉神「まあ、喧嘩するほど仲がいいというからね。」

猿神「ああ。」

ギュイーン

桃子「ん?あれって天女隊?」

鬼姫「何かあったのか?」

スタタタタッ

林檎「皇天女様が話があるわ。すぐに天界に行くわよ。」

桃子「?」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 10:44:01 ID:RVQEl7GE

天界にある王宮

桃子・鬼姫・犬神・猿神・雉神「ええっ!?異世界で強い邪気が発生している!?」

皇天女「ええ。その世界について調べてみましたが、閃乱カグラの世界だという事が判明しました。」

雉神「閃乱カグラ?」

栗「現代の忍の少女達が戦う世界。今、そこでは学炎祭が開かれようとしている。」

鬼姫「それはどの様な祭りなのじゃ?」

水花「それぞれの学園が自分達の居場所を守るために戦い、負けた学園は燃やされるという戦いなの。」

桃子「それと邪気に何かの関係が?」

花梨「その世界に妖魔という化物が仕組んでいるという噂がありますが、明確な事は分かりません。」

桃子「そうだったの・・・。」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 10:51:10 ID:RVQEl7GE

犬神「ともかく、話を聞いた以上は放って置く訳にはいきませんね。」

桃子「そうだね。すぐに行って真相を確かめないと!」

皇天女「そうですね。では、異世界の扉の準備を!」

クシナダ「はい!」

幻鬼「その任務。私達もお供させていただきます。」

鬼姫「幻鬼、艶鬼!」

艶鬼「鬼姫が行くのだったら私達も行くわ。だって私達はあなたの仲間ですもの。」

鬼姫「そうじゃな。では、よろしく頼むぞ。」

皇天女「これで決まりですね。では、桃子、鬼姫、犬神、猿神、雉神、天女隊、幻鬼、艶鬼。閃乱カグラの世界に行き、邪気の元凶となる者達を討伐してください!」

桃子達「了解!」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 10:58:04 ID:RVQEl7GE

閃乱カグラの世界 国立半蔵学院

飛鳥「ついにこの時が来たね。雪泉ちゃん達との戦いが。」

斑鳩「ええ。ですが、これまでの敵とはかなり手強いかも知れません。」

葛城「そうだな。にしても、なんで善忍同士が争わなきゃいけないんだ?」

雲雀「ひばりも分からないけど、善忍同士が争うなんてなんか嫌だな・・・。」

柳生「オレも同じだ。ともかく、こうなった以上はやるしかない。」

飛鳥「そうだね。気を引き締めていかないと。」

ザッザッ

飛鳥「あっ、来た!」




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 11:11:27 ID:RVQEl7GE

雪泉「お待たせしました。倒される覚悟はできていますか?」

飛鳥「それはこちらのセリフだよ。この学園は守りきる!」

雪泉「そう言っていられるのも今の内ですよ。皆さん、戦闘態勢を!」

叢雲・夜桜・四季・美野里「おう!!」バッ

飛鳥「どうやら本気みたいだね。皆、行くよ!」

斑鳩・葛城・柳生・雲雀「おう!!」バッ

ガキンガキンドガッドガッ

葛城「そのまま懐に攻め込んで胸を揉んでやる!」バッ

夜桜「いくら何でも汚らわし過ぎます!その根性を叩き直してあげましょう!」ビュン

葛城「それはごめんだね!」ビュン




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 11:21:25 ID:RVQEl7GE

美野里「それーっ!」ビュン

雲雀「ひゃっ!」ピョン

柳生「雲雀!」

ガキン

四季「おっと!アンタの相手はアタシだよ?」

柳生「くっ!」

ガキンガキン

叢雲「我は貴様を倒す。覚悟しろ!」

斑鳩「くっ!あなたは何故、私を恨んでいるのですか!?」

叢雲「それは我を倒してからだ。」

斑鳩「やるしかないという事ですね・・・。」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 11:31:18 ID:RVQEl7GE

国立半蔵学院 屋上

ヒュンヒュンヒュンヒュン

桃子「ようやく着いたみたいだね。」

鬼姫「ああ。まずは妖魔という化物を探しに行くのじゃ。」

栗「ん?」

花梨「どうしたのですか?」

栗「あれ。」ユビサシ

水花「何?」

ガキンガキン

桃子「あっ!もう学炎祭が始まっているんだ!どこが戦っているのかな?」

林檎「月閃と半蔵の2校ね。戦いを映像器具で見たけど、月閃の方が上回っているわ。」

艶鬼「手助けしたいけど、邪魔したら悪いし。」

幻鬼「そうだな。しばらくは様子を見るとするか。」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 11:38:05 ID:RVQEl7GE

ゴオオオオオ

桃子「ちょっと待って。何かがこっちに近づいている。」

鬼姫「この気配・・・。まさか!?」

ズドーン

飛鳥「キャッ!」

雪泉「な、何事ですか!?」

グオオオオオオ

桃子「あれが妖魔・・・。かなり手強そう・・・。」

猿神「出現した以上はやるしかない!桃子、三神憑依だ!」

桃子「分かった!!」バッ

パアアアアア

桃子「三神憑依!」バン

鬼姫「よし!突撃じゃ!」

桃子達「おう!!」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 11:48:15 ID:RVQEl7GE

ガキンガキンガキンガキン

飛鳥「こんな時に妖魔が来るなんて・・・。」

雪泉「迂闊でしたね・・・。」

四季「うう・・・。雪泉ちん・・・。」ボロッ

雪泉「皆さん、大丈夫ですか!?」

夜桜「こちらは妖魔を倒す事はできましたが、もうヘトヘトです・・・。」

雪泉「くっ・・・。私ももう限界です・・・。皆さん、撤退しましょう。」

ヒュンヒュン

飛鳥「決戦は先送りか・・・。でも、今は・・・。」

ギャオオオオオ

飛鳥「この妖魔を何とかしないと・・・。でも、力が・・・。」

斑鳩「私達も同じです。このままだと・・・。」

ギャオオオオオ

柳生「雲雀、危ない!」

雲雀「ひっ!」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 11:50:51 ID:RVQEl7GE

ズバッ

雲雀「えっ?」

グオオオオオオ、シュウウウウ

雲雀「妖魔が消えていく・・・。今の斬撃、もしかして飛鳥ちゃん?」

飛鳥「ううん、私でもないよ。」

斑鳩「じゃあ、いったい誰が?」

葛城「お、おい!あれ!」ユビサシ

飛鳥・斑鳩・柳生・雲雀「!?」

パアアアアア

桃子「良かった。皆が無事で。」

飛鳥「あ、あの・・・、助けてくれてありがとう!」

桃子「どういたしまして。」ニコッ




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 12:09:13 ID:RVQEl7GE

スタタタッ

林檎「こっちも終わったわ!」

鬼姫「これで全部の様じゃな。」

飛鳥「貴方達は?」

桃子「私は桃子。この世界にいる邪気の元凶となる者達を討伐する為、異世界から来たんだよ。」

斑鳩「邪気の元凶となる者達を討伐しに来たのですか?」

桃子「うん。この世界に邪気が発生していると聞いて駆けつけて来たの。貴方達は何か気になる事はない?」

飛鳥「うーん・・・。そう言えば、京都での戦いの時・・・、あっ!」

桃子「どうしたの?」

飛鳥「もしかしたら、道元が復活して妖魔を召喚しているんじゃ・・・。」

葛城「その可能性もあり得るな。」

斑鳩「そうですね。ですが、今は学園に戻りましょう。私も含めて負傷している人たちもいますので。貴方達も来てください。」

桃子「うん。」

コツコツ




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 12:18:00 ID:RVQEl7GE

何処かのアジト

「そうか。そのような事があったとは・・・。」

「いかがいたしますか、道元様。」

道元「そのままにしておけ。いくら抵抗する奴等が増えても、我々には敵うまい。しばらくは様子を見るとしよう。」

「はっ!」

ヒュン

道元「異世界からの戦士か・・・。ふっ・・・。」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 13:50:23 ID:RVQEl7GE

次回予告

飛鳥「桃子ちゃんからの話を聞いた私達は、彼女達を仲間に迎え入れた。」

飛鳥「ところがその数日後、雪泉ちゃん達が再び半蔵学院にやって来たの!」

桃子「でも、私達と一緒に修業をしたから大丈夫だよ!」

鬼姫「私もそう思うぞ。自分に自信を持つのじゃ!」

飛鳥「そうだね。今度は絶対に負けないんだから!」

葛城「ああ。半蔵学院の真の力、見せてやるぜ!」

飛鳥「次回、『学園攻防戦!半蔵VS月閃。』。命駆けで取りに来て!」




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 14:31:57 ID:RVQEl7GE

第2話 学園攻防戦!半蔵VS月閃。




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 15:26:14 ID:RVQEl7GE

国立半蔵学院

霧夜「なるほど。つまり君達はこの世界にいる邪気の元凶となる者達を討伐する為、異世界から来たという事か。」

桃子「はい。その通りです。」

霧夜「俺もこの様な事をする奴は道元としか考えられないが、奴は巨大妖魔である怨桜血と共に死んだはずだぞ。」

犬神「そうですか。もしかすると復活したという可能性もあり得ますね。」

水花「ええ。」

雲雀「で、これからどうするの?」

桃子「うーん・・・。そこまでは考えていなかった・・・。」

霧夜「じゃあ、この学園に住むのはどうだ?」

林檎「いいのですか!?」

飛鳥「もちろん!私達を助けてくれたしね。」

桃子「ありがとう!」

飛鳥「どういたしまして。」




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 15:34:29 ID:RVQEl7GE

モミッ

桃子「ひゃっ!?」

葛城「よく見るといいおっぱいだな。どれ、確かめてみよう。」

モミモミモミモミ

桃子「ひゃああああああ!!」

葛城「いっしっしっしっし!」モミモミ

鬼姫「あの女、桃子の胸を触りおったぞ!」

飛鳥「ああ。かつ姉はセクハラが趣味だから。特におっぱいが大きい人達は要注意だよ。」

雉神「う・・・。人間に変身しなくて良かったわ。」

栗「何でしょうか・・・、この劣等感は・・・。」

林檎「私達も気をつけないと桃子みたいになるのかな・・・?」

斑鳩「そうかも知れませんね。」

鬼姫達「ハァ・・・・。」

桃子「ため息ついてないで助けてよー!」




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 17:16:06 ID:MrPhdiXs

アリス「狒様?」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 20:58:30 ID:RVQEl7GE

一方、死塾月閃女学館では・・・。

雪泉「いつつ・・・。まさか妖魔が来るなんて迂闊でした・・・。」

叢「我も同じだ。最近、妖魔の出現が多いからな。」

四季「そうだね。この間も向こうの方で妖魔が大量に出たし。」

美野里「いったい何があったのかな?」

夜桜「私も気になりますが、今は半蔵学院を倒す事に集中しましょう。善忍と悪忍が仲良くなるのは許せぬ事じゃ。」

雪泉「ええ。おじい様の悲願の為にも・・・。」

コツコツコツ

「・・・。」

ヒュン




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 21:06:53 ID:RVQEl7GE

それから翌日、国立半蔵学院

ガキンガキン

飛鳥「そこ!」キン

桃子「おっと!」

キンキンキンキン

斑鳩「桃子さん、なかなかやりますね。」

鬼姫「まあ、彼女は私のライバルじゃからのう。」

葛城「なら、アタイ等もやるとするか!」

林檎「だったら私達が相手になるわ。準備はいい?」

斑鳩「もちろんです!始めましょう!」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 21:20:44 ID:RVQEl7GE

キンキンキンキン

霧夜(ふむ・・・。桃子たちが来てから着実に力をつけてきている。彼女達には感謝しないとな。)

スッ

霧夜「あなたは?」

皇天女「私は皇天女。こちらは部下のクシナダです。」

クシナダ「よろしくお願いします。」

霧夜「どうも、霧夜です。」

皇天女「彼女達の様子を見に来たのですが、どうやら大丈夫ですね。」

霧夜「ええ。そのおかげでうちの生徒達が強くなっております。ところで、この世界に邪気の元凶となる者達がいると聞きましたが・・・。」

皇天女「ええ。確かに邪気の元凶となる者達はいます。ですが、その人物は何者か特定できていません。」

霧夜「何か手がかりは?」

皇天女「ええ。確か額に傷がついていて、髪の色は金髪で・・・。」

霧夜「その特徴で分かりました。恐らく、邪気の元凶となる者は道元という可能性が高いです。」

皇天女「道元?」

クシナダ「その人はどの様な方ですか?」




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 21:24:52 ID:RVQEl7GE

霧夜「秘立蛇女子学園の出資者にして、妖魔を呼び出して騒動を起こした張本人だ。だが、彼は怨楼血と共に消滅したのだが・・・。」

皇天女「もしかしたら何処かで生きているという可能性が高いと思いますね。この事についてはクシナダと共に調べてみます。」

霧夜「分かりました。よろしくお願いします。」

皇天女「ええ。クシナダ、すぐに戻りましょう。」

クシナダ「はい!」




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 22:28:59 ID:MrPhdiXs

アリス「狒様?」



























アリス「不吉な…」




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 19:21:12 ID:eI2HKo7o

それから数日後、決戦の日が訪れた。

桃子「私達は参加できないけど、全力で応援するから!」

飛鳥「ありがとう。必ず勝って見せるから!」

鬼姫「期待しておるぞ。」

ヒュンヒュンヒュンヒュン

林檎「ついに来たようね。それじゃ、いってらっしゃい。」

飛鳥「じゃ、行って来るね。」

タタタタタ

霧夜「お前達は安全な場所に隠れて戦いの様子を見てくれ。下手に巻き込まれたら大事になるからな。」

犬神「分かりました。とりあえずは3手に別れて移動しましょう。」

桃子「そうだね。行動開始!」

ビュンビュンビュン

霧夜「で、お前はここに残る事に決めたのか。」

幻鬼「正確に言えば、ここに残れと言われたけどな・・・。」

霧夜「大変だな・・・。」




27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 19:34:16 ID:eI2HKo7o

校庭

ザッザッ

雪泉「ついにこの時が来ましたね。やられる覚悟はできていますか?」

飛鳥「それはこちらのセリフだよ。それじゃ、行くよ!」

ビュンビュンガキンガキン

雪泉「な!?動きが早くなっている!?」

飛鳥「特訓で鍛えてもらったからね。そう簡単には倒せないよ!」

雪泉「小癪な!」

キンキンキン

叢「な!?我が押されているだと!?」

斑鳩「そろそろ降伏した方がいいんじゃないですか?」

叢「我はこんなところで倒れたりしない!因縁に決着を着けるまで倒れる物か!」




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 19:36:38 ID:eI2HKo7o

ドガッドガッ

夜桜「くっ!わ、わしが押されているとは・・・。」

葛城「さーて、どこから触ろうかな〜?」

夜桜「あなたは何故、人の体を触ろうとしているのですか!?」

葛城「決まっているだろ。アタイがセクハラが趣味だからな!」

夜桜「その性格をすぐに治してください!」

ワーワーギャーギャー

桃子「あんな人にはなりたくないな・・・。」

猿神「同感だぜ・・・。ハァ・・・。」




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 20:20:56 ID:eI2HKo7o

ズバッ

四季「ぐは・・・。」

バターン

柳生「勝負ありだな。」スチャッ

ヒュンヒュンヒュン

栗「終わったみたいですね。」

柳生「ああ。ひばりも勝ったのか。」

雲雀「うん!特訓の成果のおかげだね。」

花梨「それにしても、ここの世界では攻撃を受けると服が破れてしまうのですか?」

柳生「まあ、そんなところだ。」

栗「しかもあの人・・・、私達より胸が大きい・・・。」

雲雀「そうだね。ひばり達も頑張らないと。」

花梨「ええ。」




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 20:26:19 ID:eI2HKo7o

ヒュン

柳生・雲雀・栗・花梨「!?」

雪泉「なるほど。飛鳥さん達が強くなったのは貴方達が原因なのですね。」

四季「あっ、雪泉ちん・・・。負けちゃった・・・。」

雪泉「そうですか・・・。こちらも負けてしまいました・・・。」

四季「ええっ!?雪泉ちんも負けちゃったの!?」

叢「それだけではありません!我も負けてしまいました!」ヒュン

美野里「美野里も負けちゃったよ〜。」ヒュン

夜桜「すまん、わしも負けてしまった。」

栗「この結果からすれば、半蔵学院の勝利で幕を閉じましたね。さあ、どうします?」

雪泉「今日のところは撤退します。ですが、次は絶対に負けませんので。」

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

柳生「行ってしまったか。」

雲雀「そうだね。」




31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 20:32:06 ID:eI2HKo7o

ヒュンヒュンヒュン

飛鳥「雪泉ちゃん達は?」

栗「次は負けないと言った後、そのまま月閃の学園へ帰ってしまいました。」

飛鳥「そうか。私達だって負けないんだから!」

桃子「その意気だよ、飛鳥!」

「なるほど。飛鳥達が強くなっていたのはお前達が原因なのか。」

飛鳥「この声は・・・、まさか!?」

ヒュン

桃子「あなたは?」

「私の名は焔。飛鳥と戦った事のある抜け忍だ。」

桃子「焔だね。私は桃子。異世界から来た剣士だよ。」

焔「ああ、よろしくな。」




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 21:33:17 ID:eI2HKo7o

飛鳥「でも、なんでここに来たの?」

焔「お前達がここで月閃と戦うって聞いたからな。仲間達と共に様子を見させてもらった。」

春花「そうそう。手助けしようと思ったけど、その必要はなかったわね。」ヒュン

雲雀「春花さん!」

日影「まあ、半蔵なら勝てるとわしは最初から思ったけどな。」ヒュン

葛城「日影!」

詠「日影さんの言う通りですわ。」ヒュン

斑鳩「詠さん!」

未来「半蔵学院は私達のライバルだからね。」ヒュン

柳生「未来!」

飛鳥「これで焔紅蓮隊、全員集合だね。」

焔「ああ。私達がここに来たのは様子を見に来ただけでなく、お前達に伝えたいことがある。」

飛鳥「伝えたい事?」




33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 21:59:43 ID:eI2HKo7o

春花「ええ。道元が復活し、妖魔を使ってこの世界を支配しようと企んでいるわ。」

桃子「じゃあ、この世界に邪気が発生したのはあの男が原因だったのね!」

日影「そういう事や。」

未来「それだけじゃないわ。妖魔の一団が月閃の学園に向かう情報をキャッチしたわ。彼等が襲ってくるのは今夜よ。」

鬼姫「となると、急いで行かなければならぬという事か。」

詠「そうなりますわね。」

桃子「ともかく月閃の方に急ぎましょう!彼女達が妖魔に襲われない内に!」

飛鳥「そうだね。彼女達には聞きたい事も山ほどあるからね。」

「その通りじゃ。わしも月閃には興味があるからな。」

桃子「誰?」

飛鳥「じ、じっちゃん!?どうしてここに!?」

桃子達「ええっ!?飛鳥のおじいさん!?」




34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 22:10:14 ID:eI2HKo7o

半蔵「いかにも。わしの名は半蔵。飛鳥の祖父であり伝説の忍の1人じゃ。」

水花「伝説の忍・・・。なんだかすごいわね・・・。」

半蔵「お前達の噂は聞いているぞ。それにしても胸がでかいのう。3人は例外じゃが。」

鬼姫「余計なお世話じゃ!」

飛鳥「じっちゃんも月閃に用があるの?」

半蔵「うむ。わしのライバルである黒影に会いに行こうと思っておる。奴は今、病床にかかっており、生きるのもあと僅かという事態じゃ。」

林檎「その黒影ってどのような人ですか?」

半蔵「うむ。黒影はわしの親友であり、彼と双璧を成す程の実力の持ち主じゃ。まあ、純粋すぎた男でもあるからな。」

水花「なるほど。」

半蔵「じゃが、わしとは違い悪に容赦無く、彼の理想とは「善のみ存在する世界」だった。任務以外の場合にもあらゆる手段で悪忍狩りを行う為、善忍と悪忍両方に追われることとなってしまったのじゃ。」

半蔵「後に悪忍狩りを止め、悪忍の手によって親を失った善忍家系の子供を引き取った。」

飛鳥「それが雪泉ちゃん達だったんだね。」

半蔵「その通りじゃ。」




35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 22:14:49 ID:eI2HKo7o

春花「となると、彼の価値観は孫である雪泉に引き継がれてしまった為、今回の事件の遠因となってしまったのね。」

半蔵「その通りじゃ。彼はその事に気付いているかも知れんのう。」

霧夜「確かにそうかも知れませんが、今は月閃にいる妖魔をどうにかしないといけません。すぐに急ぎましょう。」

半蔵「そうじゃった。すぐに月閃へ向かうぞ!」

桃子達「はい!」

ヒュンヒュンヒュン

飛鳥(手遅れになる前に急がなきゃ・・・。)




36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 22:17:51 ID:eI2HKo7o

道元のアジト

「報告があります。妖魔第一部隊が月閃に向かい始めました。」

道元「そうか。時雨よ、彼等を監視して来い。何かあったら報告しろ。」

時雨「はっ!」

ビュン

道元「いよいよ始まるぞ。私の野望を達成するための戦いが・・・!」




37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 22:35:26 ID:eI2HKo7o

次回予告

飛鳥「月閃の校舎に辿り着いた私達。ところが、妖魔の大群が襲い掛かってきたの!」

桃子「おまけに雪泉達は先程の戦いのダメージが残っているわ!すぐに助けないと!」

雪泉「何故、私達を助けに来てくれるのですか!?敵同士なのに、何故!?」

飛鳥「この状態だと敵も味方も関係ないよ!それに困っている人を放って置くわけにはいかないの!」

桃子「飛鳥の言う通りだよ。それに妖魔は私達の共通の敵だしね。」

雪泉「皆さん・・・。」

鬼姫「さあ、見せてやるのじゃ!私達の真の力を!」

桃子「次回、『月閃攻防戦。妖魔を殲滅せよ!』。お楽しみに!」




38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 23:27:42 ID:mxnAaWhg

アリス「さて、どうでますか?」



















アリス「怪しいですね…」




39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 19:04:49 ID:iEYmZuz.

第3話 月閃攻防戦。妖魔を殲滅せよ!




40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 19:33:56 ID:iEYmZuz.

死塾月閃女学館

雪泉「いつつ・・・。皆さん、怪我の方は?」

四季「うん・・・。私はちょっと足を怪我したかな・・・。」

美野里「う〜・・・。体が痛いよ〜。」

夜桜「無理もありません。わし等はコテンパンにやられてしまいましたからね。」

叢「うう・・・。我なんか手も足も出ずにやられてしまいました・・・。」

雪泉「このままだとおじい様に顔向けできません・・・。何とかしなければ・・・。」

オオオオオオオ

雪泉「この怨念の声・・・。まさか!?」

夜桜「皆、あれを!」

雪泉「!?」

ゴオオオオオ

雪泉「妖魔の大群が私達の学園に向かって来るとは・・・。迂闊でした。」

雪泉「皆さん、すぐに戦闘態勢を!」

叢・夜桜、四季、美野里「了解!」




41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 20:34:39 ID:iEYmZuz.

一方、飛鳥達は・・・。

タタタタタ

半蔵「もう少しで月閃じゃ!妖魔が襲い掛かるうちに急がねば!」

飛鳥「そうだね。雪泉ちゃん達は私達との戦いの傷がまだ残っている。遅れたら大変な事になるのは確定だね。」

桃子「そうなる前に早く急がないと・・・。」

スタタッ

犬神「どうやら間に合ったようですね。」

飛鳥「良かった〜。」

ギャオオオオオオ

半蔵「ついに妖魔が来たか。戦闘開始じゃ!」

飛鳥達「おう!!」




42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 20:59:46 ID:iEYmZuz.

ズバッバシュッドガーンドゴーン

飛鳥「そこ!」ズバッ

桃子「はっ!」バシッ

鬼姫「そこじゃ!」ズバッ

焔「紅蓮の太刀!」ズバッ

未来「喰らいなさい!」ドガガガガ

ドゴーンドガーン

詠「全然キリがありませんわ!まだ次々と出てきます!」

日影「どっから出てくんのか気になるな。」

葛城「んな事言ってる場合か!次が来たぞ!」

春花「なら、本気を出さないとね。」




43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 21:09:24 ID:iEYmZuz.

タタタタタ

雪泉「もう戦いが始まっているのですね。早く急がなければ・・・。」

美野里「雪泉ちゃん、あれ!」

雪泉「!?」

ガキンガキンドゴーンドガーン

雪泉「そんな・・・。どうして飛鳥さん達がここに・・・。」

夜桜「あの様子から見れば、私達を助けに来ているようじゃな。」

雪泉「そんな事はあり得ません!悪忍と仲良くしている善忍が助けに来るはずなど!」

叢「ともかく今は急ぐぞ。手遅れにならぬうちに。」

雪泉「え、ええ・・・。」

タタタタタ

四季「美野里ちん。雪泉ちん、大丈夫かな?」

美野里「うーん・・・。」




44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 21:12:05 ID:iEYmZuz.

ドガーンドゴーンドッカーン

林檎「これで全部?」

水花「そうみたいね。」

飛鳥「ふー・・・。これで雪泉ちゃん達の学園は守り切ったね。」

桃子「いや、そう簡単にはいかないみたいだよ。」

雲雀「ふえ?」

ズドーン、ギャオオオオオオ

半蔵「まさか巨大妖魔まで来るとは・・・。」

猿神「いくら何でも予想外過ぎるぞ!」




45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 21:21:36 ID:iEYmZuz.

ヒュンヒュンヒュン

飛鳥「あっ、雪泉ちゃん!」

雪泉「貴方達は何故私達を助けに来てくれるのですか!?敵同士なのに、何故!?」

飛鳥「今は敵も味方も関係ないよ!それに困っている人を放って置くわけにはいかないの!」

桃子「飛鳥の言う通りだよ。それにあなたの祖父である黒影もこの学園の中にいるんでしょ?もし学園が崩壊してその中にいる黒影が死んだらどう思う?」

雪泉「もちろん悲しむに決まっています!」

美野里「そうだよ!それにこの学園は私達の大切な居場所だもん!妖魔なんかに壊されたくない!」

桃子「確かにそうだね。でも、先程の戦いのダメージがまだ残っているため、十分に戦える事ができない状態でしょ?」

夜桜「そ、そう言えばそうですが・・・、まさかあなた達はそれを知って助けに来たのですか!?」

鬼姫「その通りじゃ。今のお前達だけで戦ったら、学園は壊され、お前達も死んでしまったかも知れないのじゃぞ。」

焔「だが、今は私達がいる。ここはお互い協力して、あの巨大妖魔を倒しに行くぞ!」

雪泉「・・・はい!」




46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 21:50:52 ID:iEYmZuz.

バッ

飛鳥「さあ、ここからが本番だよ!皆、攻撃開始!」

桃子達「おう!!」バッ

ドゴーンドガーンズバッザシュッ

夜桜「妖魔にダメージを与える事はできていますが、あまり効果がないみたいです!」

叢「くっ!弱点が分かれば・・・。」

花梨「それなら私に任せてください!」

パアアアア

花梨「弱点が分かりました!左右にある砲塔を破壊し、頭を集中攻撃すれば大丈夫です!」

雪泉「分かりました!叢さん達は左、斑鳩さん達は右の砲塔を。私達は頭を集中攻撃します!」

桃子「なら決定だね。行動開始!」




47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 21:53:28 ID:iEYmZuz.

ビュン

夜桜「ここは総攻撃で行けば大丈夫です。秘伝忍法で倒しに行きましょう!」

葛城「おう!」

ドゴーンドガーンドゴーン

夜桜「駄目押しじゃ!」バキッ

葛城「喰らいやがれ!」ドガガガガ

ドッゴーン

焔「2つの砲塔が破壊された!」

鬼姫「すぐに止めを刺すぞ!」

桃子「よし!猿神、行くよ!」

猿神「おう!!」

パアアアアア

桃子「猿神憑依!」




48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 22:10:19 ID:/9dQfEkc

面白い。




49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 22:10:32 ID:iEYmZuz.

雉神「猿神憑依はスピードが高く、徒手空拳で戦う事ができるわ。一気に攻めて終わらせましょう!」

桃子「もちろん!」

ドガガガガガ

飛鳥「なら、こちらは最大奥義で!乱れ咲き!」ズバアアア

焔「隼!」ズバアアア

雪泉「樹氷扇!」パアアアア

鬼姫「喰らえ!」ズバアアア

ギャオオオオオ

桃子「止めだー!」バッ

ドガアアアアア

飛鳥「妖魔に直撃した!」

焔「という事は・・・!」




50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 22:15:55 ID:iEYmZuz.

シュウウウウ

桃子「妖魔消滅!私達の勝利だよ!」

飛鳥達「やったー!」

パアアアアア

桃子「へ?まさかこのパターン・・・。」

ドッゴーン

四季「おわっ!だ、大丈夫!?」

美野里「あっ、服が破けてる。」

桃子「あーん!なんでこうなるのよー!」

葛城「いっしっし。いい物見させてもらったぜ。」

半蔵「この様な光景を生で見られるとは・・・。素晴らしい。」

夜桜「そんな事をいっちょる場合か!すぐに隠さなければ!」

桃子「そんなおせっかいはいらないよ!」




51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 22:24:04 ID:iEYmZuz.

ワーワーギャーギャー

雪泉「飛鳥さん。貴方達がいなかったらこの学園は滅んでいたかもしれません。本当にありがとうございました。」

飛鳥「い、いえ、そんな・・・。」

雪泉「それにこの戦いの中で改めて知りました。悪忍は全て滅ぼす、悪に慣れ合う善も必要ない事は行き過ぎた事だと。」

飛鳥「雪泉ちゃん・・・。」

黒影「その通りだ。わしがもっと早く気付けば、このような展開を早く迎えたのかも知れんな。」

雪泉「おじい様!」

桃子(この人が黒影・・・。)




52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 22:28:25 ID:iEYmZuz.

半蔵「黒影よ。どうやら自分の過ちに気付いたようじゃな。」

黒影「ああ。雪泉達にこの事を伝えようと思ったが、妖魔が襲いに来たのは予想外だったな。」

半蔵「でも、戦いの最中に分かっただけでも良しとしようかの。」

黒影「そうだな。」

ワイワイキャッキャッ




53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 22:41:06 ID:iEYmZuz.

それから数日後

飛鳥「私達と月閃の戦いが終わった二日後、黒影様はこの世を去ったんだね。」

半蔵「ああ。あいつは最期にこう言ったそうじゃ。もう思い残すことは何もないと。」

桃子「そうだったんだ。でも、大切な人を亡くした雪泉達は大丈夫かな?」

飛鳥「大丈夫だよ。雪泉ちゃんはどんなつらい状況でも挫けずに立ち直る。だって私のライバルなんだから!」

桃子「きっとそうかもね。」

鬼姫「飛鳥、桃子!訓練の時間じゃぞ!」

桃子「よし!すぐに行こう!」

飛鳥「うん!」

タタタタタ

半蔵(黒影よ。雪泉達の事なら大丈夫じゃ。彼女達は自立して新たな道を進んでおる。だから、彼女達をずっと見守ってくれ。)




54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 22:48:43 ID:iEYmZuz.

一方、墓場では

雪泉「おじい様。私達はどんな状況でも挫けずに前へ進みます。だから、ずっと見守ってください。」

ヒュウウウウ

四季「墓参りも終わったし、学園に帰ってブログ更新しなきゃ!」

美野里「美野里も遊ぶぞー!」

夜桜「駄目です。この後訓練がありますので、そんな暇はありませんよ。」

美野里「ぶー。」

叢「むう・・・。」

雪泉「夜桜さんの言う通りです。さあ、学園へ戻りましょう。」

夜桜「ええ。」

ザッザッ

黒影(お前達の事はずっと忘れんぞ。さらばだ、俺の子供達よ・・・。)




55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 22:50:55 ID:iEYmZuz.

道元のアジト

道元「そうか。この作戦は失敗したようだな。」

「ええ。これからどうなさいますか?」

道元「そうだな。しばらくは様子見としよう。ところで蛇女子メンバーの様子は?」

「はい。様子を見ましたが、彼女達はいつでも出撃できる状態となっています。」

道元「そうか。こちらの準備が出来たら彼女達に伝えてくれ。抜け忍となった焔達を倒せとな。」

「はっ!」




56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/26(火) 23:03:21 ID:iEYmZuz.

次回予告

斑鳩「雲雀さんと美野里さんが虫歯になった事で、2人は歯医者に行く事になりましたね。」

桃子「歯医者ってそんなに痛いの!?」

飛鳥「もちろん結構痛いよ。虫歯になった人は治療用のドリルを受けなくちゃならないんだからね。」

桃子「私の世界では虫歯を荒療治で引き抜くけど、ドリルと同じく結構痛いかな。」

葛城「なるほどな。あと雲雀と美野里が行く歯医者についてだが、あそこはとんでもない治療法を行うらしいぜ。」

柳生「とんでもない治療法だと!?このままだとひばりが危ない!すぐに急がなければ!」

葛城「お前、ひばりを過保護し過ぎだろ。」

斑鳩「次回、『恐怖の歯医者騒動』。お楽しみに!」




57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 11:47:34 ID:n1gRZV8k

アリス「狒様!?」




























アリス「ただの思い過ごしだと良いけど…」




58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 19:23:17 ID:kW./PbZ2

第4話 恐怖の歯医者騒動




59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 19:44:37 ID:kW./PbZ2

国立半蔵学院

桃子「ええっ!?雲雀が歯医者に行った!?」

斑鳩「ええ。甘い物を食べ過ぎて虫歯になってしまったのです。」

桃子「そうだったの・・・。ところで歯医者ってそんなに痛いのかな?」

飛鳥「もちろん結構痛いよ。虫歯になった人は治療用のドリルを受けなくちゃならないんだからね。」

桃子「私の世界では虫歯を荒療治で引き抜くけど、ドリルと同じく結構痛いかな。」

葛城「なるほどな。あと雲雀が行く歯医者についてだが、あそこはとんでもない治療法を行うらしいぜ。」

桃子「とんでもない治療法か・・・。大丈夫かな・・・?」

柳生(とんでもない治療法だと!?このままだとひばりが危ない!すぐに急がなければ!)




60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 19:49:02 ID:kW./PbZ2

歯医者

ザワザワ

雲雀「いつつ・・・。まさかひばりが歯医者に行くなんて・・・。甘い物を食い過ぎなきゃ良かった・・・。」

美野里「あっ、雲雀ちゃんも来ていたの?」

雲雀「美野里ちゃん!あなたも虫歯になったの!?」

美野里「うん・・・。雲雀ちゃんと同じく甘い物を食い過ぎちゃったの・・・。」

雲雀「そうだったんだ・・・。」

看護師A「雲雀さん、美野里さん。こちらにどうぞ。」

雲雀・美野里「はーい!」




61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 20:30:35 ID:kW./PbZ2

治療室

雲雀「ふえー。すごいところだね。」

美野里「機械ばっかりだ。」

看護師A「こちらへお座りください。」

ドササッ、ガシャンガシャンガシャンガシャン

雲雀「ふええ!?何故手足を縛りつけるの!?」

医師「暴れたら困りますので。」

美野里「しかもドリルがでかいよー!美野里、死ぬのは嫌だー!」

医師「大丈夫です。安全は保障しますから。では、治療ロボ達。よろしく頼むよ。」

治療ロボ達「了解です。」

雲雀「何だか嫌な予感がする・・・。」

美野里「美野里も・・・。」




62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 20:46:34 ID:kW./PbZ2

治療ロボA「では、2つの内、どれかを選んでください。」

雲雀「ん?えーっと、A・歯の治療+リラックスマッサージ、B・歯の治療+サラダバーって書いてある。サービスもついているんだね。」

美野里「お菓子がないのが残念だけど、美野里はBにする。」

雲雀「じゃあ、ひばりはAだね。」

治療ロボB「かしこまりました。では少々お待ちください。」

数分後

治療ロボA「お待たせしました。」

雲雀「はーい・・・ん?」

「ベティです。ヨロシクしゃっちょさん。」

雲雀「ふええ!?マッサージ嬢!?しかも不細工だよ!」

美野里「じゃあ、美野里は・・・。」

バリボリ

美野里「サラダを食べている御婆さん!?」

治療ロボB「因みに彼女はドレッシング派です。」

美野里「どうでもいいんだけど・・・。」




63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 20:58:12 ID:kW./PbZ2

治療ロボA「では、始めます。」

雲雀「ちょっと待って!ひばり、心の準備が・・・。」

ギュイーン、ガリガリ

雲雀・美野里「いやああああああああ!!!」




64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 20:59:30 ID:kW./PbZ2

待合室

バタン

柳生「ひばりはこの歯科医院に入ったな。ひばりは何処にいるんだ?」

イヤアアアアアア

柳生「この声はひばり!?既に治療は始まっていたのか!?もう少し早く来れば良かったか・・・。済まぬ、ひばり・・・。」




65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 21:12:49 ID:kW./PbZ2

治療室

ギュイーン

治療ロボA「大丈夫です。治療の痛みが彼女達によって軽減されています。」

雲雀(それによって彼女達の苦しみ方が怖いよ!)

美野里(いくら何でも残酷過ぎるよ!)

グオオオオオオ

雲雀(しかも痛みは彼女達にいってるよ!頼むからそんな目で見ないで!)

美野里(美野里達は悪くないよ!)

雲雀(あれ?何か変なビジョンが流れ込んでくる。もしかしてベティの走馬灯じゃないの?というより勝手に記憶をねつ造しているし。気持ち悪い物を見せないでよ!ひばりは関係ないんだから!)

美野里(ん?変なビジョンが流れてきた。妙な映像が勝手に頭に流れ込んでくる。これって走馬灯?サラダ婆の走馬灯?って、サラダ婆のろくな思い出、サラダとの絡みしかない。サラダ婆いいの?これでろくな思い出ないままで。イヤいい。美野里は歯を治すの。サラダ婆なんて知らないんだから。)

雲雀・美野里(悪くない、悪くない、悪くない、悪くない、ひばり(美野里)は何も悪くなーい!!)




66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 21:15:12 ID:kW./PbZ2

そして・・・。

柳生「ひばり、大丈夫か!?」

雲雀「うん・・・。歯は治ったけど・・・。」ウルウル

美野里「妙なトラウマを見せられた・・・。」ヒックヒック

柳生「そうか。ちょっと行って来る。」

コツコツ

雲雀「柳生ちゃん、まさか・・・。」

ヒバリヲイジメタナ・・・。
イヤ、ワタシタチハチリョウヲ
キエルガイイ!
ギャアアアアアア

雲雀「やっぱり・・・。」




67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 21:18:51 ID:kW./PbZ2

それから翌日

桃子「ええっ!?あの歯医者が潰れた!?」

飛鳥「そうなの。一人の少女の行動が歯医者の不正を暴いたの。しかも警察まで来て大騒動になったんだって。」

林檎「す、すごいわね・・・。不正を暴いたその少女はどうしたの?」

飛鳥「警察が来たときには既にいなかったの。」

水花「いったい誰なのかしらね・・・。」

ワイワイガヤガヤ

雲雀「こうなった以上は言いにくいよね。柳生ちゃん。」

柳生「そ、そうだな・・・。」

雲雀「でも柳生ちゃん。ひばりを助けてくれてありがとう。」

柳生「あ、ああ・・・。」




68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 21:34:22 ID:kW./PbZ2

死塾月閃女学館

美野里「これからはきちんと歯磨きしよっと。」タタタタ

夜桜「どうやら美野里はあの歯医者によって改善したようですね。」

雪泉「ええ。ですが、あの歯医者が潰れてしまったのは衝撃的でしたね。」

夜桜「ええ。じゃが、歯医者の不正を暴いた少女は一体誰なのじゃろうか・・・。」

四季「さあ・・・。」

その後、この話はしばらく話題になったが、誰も不正を暴いた少女が誰なのか分からなかった。
だが、その正体を知っているのは雲雀と美野里だけだった・・・。




69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:18:27 ID:kW./PbZ2

次回予告

飛鳥「私達が修行をしている途中、新たな刺客が姿を現した。」

雅非「我等は真の蛇女子選抜メンバー。貴様等を殺しに来た!」

桃子「それを聞いた私達が戦おうとしたその時、焔達が姿を現した。」

焔「やはりここに来ると思ったぜ。雅非。」

雅非「抜け忍め・・・。半蔵の奴等は後回しだ!抜け忍を倒す事に集中しろ!」

桃子「焔達と蛇女選抜メンバーの間で一体何があったのかな?」

凛「それは私が説明しよう。すべてはあの出来事が原因だった・・・。」

桃子「あなたは!?」

焔「次回、『激突!焔紅蓮隊VS私立蛇女子学園』。たとえ相手が誰であろうとも、私は一歩も引かない!」




70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:49:42 ID:n1gRZV8k

アリス「狒様!?」


























狒「確定ですなぁ」ニタァ




71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:02:25 ID:n1gRZV8k

アリス「なんかご無沙汰ですねぇ狒様」

狒「ですなぁ」

アリス「何故に再稼働です?」

狒「『むしゃくしゃしていた、反省はしていない』」

アリス「酷い!?」

狒「まぁ強いていうならば、好いた女の名前が変わったからですなぁ」トオイメ

アリス「あー片思いの相手の話ですか?」

狒「……………」

アリス「女々しいなぁ、外道のくせに」

狒「…『極寒黒棺』…」

アリス「うぎゃっ!」ピキーン

狒「行動の結果とは言え寂しいものですなぁ…」




72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:40:31 ID:n1gRZV8k

アリス「動かなかった結果、他の誰かのものになった訳です」フッカツ

狒「中々に辛辣ですな」

アリス「しないで後悔するよりもやって玉砕の方が幾分スッキリしますからね」

狒「その通りではありますが」ムムム

アリス「そもそも日常の忙しさにかまけて連絡する事すらしないで後悔してるんだから情けないの一言ですよ」フンス

狒「しかしですなぁ」

アリス「しかしも案山子も蘇我氏も御菓子もないですよ狒様?」

狒「………」

アリス「可能性を0にしたのは狒様ですからね」

狒(まぁ私ではないのですがここは否定しないでおきましょう)

アリス「デートだって一応したじゃないですか」

狒「二人きりで食事してそのあとショッピングした事がデートと言えるのならばですがね」

アリス「立派にチャンスだったよ!」

狒「その後は4年間何もしなかった訳ですが」

アリス「それ本当に好きだったんですか?」




73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:47:50 ID:n1gRZV8k

狒「年賀状位なら一度送りましたよ?」

アリス「四年で一度!?」

狒「翌年来た年賀状に返事しなかった訳ですがね」

アリス「もう興味失せてないですか狒様…」

狒「自分の事もままならないのに、色恋沙汰にうつつをぬかすのはどうかと思いますな」

アリス「年賀状の返事をしないのも人としてどうかと思いますけど」

狒「仕事を首になったばかりで落ちてましたしなぁ」

アリス「再就職はしていたはずですよね」

狒「知りませぬな」トオイメ

アリス「駄目だこいつ」




74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:44:03 ID:FXRCi.PM

狒「それでも4年前はそれなりに行動していましたよ?」

アリス「例えば?」

狒「メールは1日最低でも一回とか」

アリス「返信ありましたか、それ」

狒「まぁそれなりに」

アリス(脈ない)




75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:45:29 ID:FXRCi.PM

狒「後は個人的に旅行した時にお土産にお酒を渡しましたな」

アリス「どうなんでしょうね」

狒「喜んでくれましたがねぇ」

アリス「まぁそれなりの年齢でしたから良いのかなぁ」
アリス「私ならちょっと引くかな」

狒「ふむ」

アリス「この時は確かグループ研修の時ですよね」

狒「でしたな」

アリス「いきなり個人的にお土産はちょっと引く」

狒「なんと」

アリス「狒様の行動は極端なんです」




76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:46:24 ID:FXRCi.PM

アリス「時には大胆不敵も良いですがスマートに行かないと」

狒「男の娘が小賢しいですなぁ?」

アリス「私はこれでも乙女ですぅ」

狒「『呪葬・極寒黒棺』」
アリス「うぎゃっ!」ピキーン

狒「小間使いの分際が主人に対する態度ではないですなぁ?」




77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:55:41 ID:FXRCi.PM

アリス「兎にも角にもすべては遅すぎた訳です」フッカツ

狒「故に八つ当たり的に再稼働ですなぁ」

アリス「狒様ってば本当に外道」

狒「それが本業ですからなぁ」ニタァ

アリス「狒様キモーイ」

狒「今回は誉め言葉と受けとりますかな」ニタァ




78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 01:02:00 ID:FXRCi.PM

アリス「さておき次回予告で気になるのは『雅非』』」

狒「ふむ、これは人物名ですかな?」

アリス「さぁ? 多分にそうかと思われますけどね」

狒「雅緋ですかな?」

アリス「さぁ? 多分にそうかと思われますけどね」

狒「まぁ私はこの作品を知らない故にわからないですがねぇ」ニタァ

アリス(狒様キモイ」

狒「聞こえてますよ」ゴッカンコッカン

アリス「うぎゃっ!」ピキーン




79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 01:12:23 ID:FXRCi.PM

狒「ふむ久方ぶり過ぎて誤字脱字が多いですなぁ」

アリス「ま、直ぐに勘を取り戻しましょう」フッカツ

狒「それでは」

アリス「今宵はこの辺りでお暇頂きます」ニコリ

狒「皆様宵闇に良い夢を」




80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 19:11:18 ID:NjCBwf36

第5話 激突!焔紅蓮隊VS私立蛇女子学園




81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 19:54:28 ID:NjCBwf36

国立半蔵学院

キンキンキンキン

飛鳥「そこ!」ガキン

桃子「おっと!」キン

犬神「月閃での妖魔退治から1週間が経ちましたね。」

猿神「あの戦いのおかげで月閃と和解できたしな。」

雉神「そうね。それに今では大きな争いもないし。」

猿神「あとは邪気を出している元凶を倒すのみだな。」

犬神「ええ。」




82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 20:00:20 ID:NjCBwf36

斑鳩「ふう・・・。今日の訓練はこのくらいにしましょう。」

柳生「そうだな。あとは自主練でも・・・ん?」

雲雀「どうしたの、柳生ちゃん?」

柳生「敵の気配がする・・・。」

葛城「敵の気配?」

鬼姫「向こうからじゃ!」

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

飛鳥「貴方達は!?」




83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 20:29:24 ID:NjCBwf36

雅緋「私は雅緋。真の蛇女選抜メンバーの一人だ。」

飛鳥「真の選抜メンバー!?焔ちゃん達じゃなかったの!?」

雅緋「その通りだ。あいつ等は抜け忍として登録したからな。」

紫「紫です・・・。」

忌夢「ボクは忌夢。」

両備「両備よ。」

両奈「両奈ちゃんでーす!」

猿神「随分個性派揃いだな。」

忌夢「悪かったな。まあ、君達には関係ないんだけど。」

桃子「どういう事?」

雅緋「我々の目的は只一つ。半蔵学院の忍達を倒す事だ!蛇女の誇りを取り戻すためにも!」




84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 20:45:36 ID:NjCBwf36

桃子「そういう事なら、私達が相手になるよ!」

林檎「仲間を傷つけるなら、容赦はしないわ!」

雅緋「貴様等が相手になるのか。いいだろう。全力でかかってこい!」

鬼姫「よし!戦闘開始じゃ!」

焔「おっと!お前達の相手は私達だ!」

雅緋「この声は・・・、焔!」

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

飛鳥「焔ちゃん!どうしてここに!?」

焔「雅非達がここに来ると聞いて駆けつけて来たからな。」

詠「それに半蔵学院がピンチになると聞いたら黙ってはいられませんわ。」

日影「まっ、半蔵学院はわし等のライバルやからな。」

飛鳥「皆・・・。」




85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 20:59:51 ID:NjCBwf36

未来「さてと・・・。やるからには本気で行かないとね。」

春花「私達の本当の恐ろしさ、見せてあげるわ。」

雅緋「丁度いい。奴等を始末する手間が省けたからな。」

忌夢「そうそう。それに日影には恨みがあるからね。」

日影「恨み?何の事や?」

忌夢「もしかして・・・、忘れたのか?」

日影「忘れてもうた。」

ズンガラガッシャーン←忌夢がずっこけた音




86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 21:06:37 ID:NjCBwf36

忌夢「か、完全にボクの事を忘れていたのか!?そりゃボクは雅緋の世話で長く休学してたけど、それでも最近は少しずつ学校に顔を出していたんだ!」

日影「はあ。」

忌夢「自分達の前の選抜メンバーの名前も知らないのか!?」

日影「忘れてもうた。」

忌夢「ハァ・・・。幾度となくボクに嫌がらせをしたじゃないか!年上のボクに何度も何度も何度も何度も!」

桃子「と、年上!?」

紫「お姉ちゃんは雅緋さんと同級生で、21歳なの・・・。」

幻鬼「それで高校3年とは・・・。そのくらいの年齢ならば、既に高校を卒業している頃だぞ。もしかしてダブりじゃないのか?」

忌夢「余計な事を言うな!」

日影「そうなん?わしには身に覚えがないんやけど。」

忌夢「ふ、ふ、ふ、ふざけるな!ボクは忘れていないぞ!あの忌々しいボクサーパンツ事件を・・・。」

雲雀「ボクサーパンツ事件?」




87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 21:12:06 ID:NjCBwf36

忌夢「あの日はボクはたまたま下着を全部洗ってしまっていたんだ・・・。コンビニに下着を買いに行ったけど、女性用の下着は全部売り切れていて・・・。それでボクは・・・仕方なく男性用のボクサーパンツを買ったんだ。」

両備「ふむ。」

忌夢「絶対にばれるはずがなかった・・・。でも、廊下でお前がボクにぶつかってきて・・・。その場で倒れたボクは・・・周囲のみんなにボクサーパンツを履いているのを見られてしまったんだ!」

日影「それは災難やったな。」

両奈「両奈ちゃんもそんな屈辱受けてみたい〜。」

両備「黙って話を聞け!」

両奈「いや〜ん!」

忌夢「災難で済むか!それからのボクのあだ名は「プロボクサー忌夢」だぞ!」

柳生「それは屈辱的だな。」




88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 21:17:10 ID:NjCBwf36

忌夢「屈辱的な事件はそれだけじゃない!メガネがサングラス化事件だって、制服がいつの間にかシースルー事件だって・・・。全部お前が原因じゃないか!」

日影「すまん。一つも覚えてない。」

葛城「日影、お前な・・・。」

忌夢「ボクはお前に何度も果たし状を送ったんだぞ!『選抜メンバーの座をかけて戦え!』って。」

日影「あー、半蔵との戦いで忙しかったからな。」

忌夢「もういい!お前が覚えていなくても関係ない!今こそ恨みを晴らす時!戦闘開始だ!」

雅緋「おい!それは私のセリフだ!」

忌夢「あ・・・、ゴメン・・・。」

焔「まあいい。とりあえずは・・・、戦闘開始だ。かかれー!」

ドドドドド

雅緋「こうなれば迎え撃つのみだ!行くぞ!」

ドドドドド




89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 21:36:28 ID:NjCBwf36

ガキンガキンドゴーンドガーン

飛鳥「私達、蚊帳の外だね。」

桃子「うん。でも、焔達と蛇女選抜メンバーの間で一体何があったのかな?」

凛「それは私が説明しよう。」

桃子「あなたは!?」

凛「私の名は凛。蛇女子学園で教師を務めている。」

鬼姫「ほほう。で、お主は何故焔達と蛇女選抜メンバーの争いの原因を知っておるのじゃ?」

凛「今から説明しよう。すべてはあの出来事が原因だった・・・。」

飛鳥「あの出来事って・・・、もしかして道元が召喚した怨桜血によって、蛇女子学園が崩壊した事なの!?」

凛「その通りだ。それを雅緋が目撃し、失われた記憶を取り戻してしまったのだ。」

栗「その時点で焔達を倒そうと決意したのですね。」




90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 22:00:06 ID:NjCBwf36

艶鬼「で、今の状況は?」

凛「今の様子からすれば、焔達の方が実力を上回っている。雅緋達がどう立ち向かうかだな。」

艶鬼「なるほどね。さて、どう反撃するのかしら?」

紫「来ないで!」ギュオオオ

未来「おっと!そう簡単には当たらないわよ!」ドゴーン

紫「うぐ・・・!べべたん・・・。」

ズドーン

艶鬼「紫、戦闘不能。蛇女子の残りはあと4人!」

両備「調子に乗るなー!」ドガガガガ

詠「そこです!」ブン

ズバアアアア

両備「がは・・・。」

バターン

桃子「残るは3人!ここは一気に攻めた方がいいよ!」

焔「分かった!」




91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 22:12:54 ID:NjCBwf36

日影「遅い!」ズバッ

忌夢「がはっ!」

焔「もらった!」ズババッ

雅緋「ぐは・・・。」

春花「それそれ!」ピシャン

両奈「きゃいんきゃいん!」

葛城「最後のあれも必殺技なのか?」

斑鳩「さあ・・・。」

バタタターン

焔「勝負ありだな。」

雅緋「ちっ!撤退するぞ!」

雪泉「いったい何事・・・あっ!」

両備「!?」

雪泉「まさかこんなところで会えるとは思いませんでしたね。両備さん、両奈さん。」

桃子達「ええっ!?」




92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 22:27:51 ID:NjCBwf36

両備「まさかあなた達がここに来るなんてね・・・。」

夜桜「善忍であったお前達が悪忍となってしまうとは予想外でしたが、本来の目的の為に蛇女に転入したのでは?」

両備「う、うるさいうるさい!両奈、行くわよ!」

両奈「はーい!」

ヒュンヒュン

雅緋「我々も行くぞ!」

ヒュンヒュンヒュン

焔「逃げてしまったか。」

鬼姫「ああ。ところで雪泉。お主達は何故、両備と両奈を知っているのじゃ?」

雪泉「ええ。実は彼女達、元は私達と同じく月閃の忍だったのです。」

桃子「あの2人が善忍である月閃の忍!?」

未来「なんで悪忍になっちゃったの!?」




93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 22:47:38 ID:NjCBwf36

雪泉「ええ。彼女達は月閃に所属していましたが、ある事件によって蛇女に転入したのです。」

飛鳥「その事件って?」

雪泉「そう。彼女達の姉である両姫が深淵血塊を使う雅緋という人に殺されたのです。」

花梨「じゃあ、2人は姉の仇を討つため、蛇女に潜入したという事ですね。」

四季「その事について詳しく調べてみたけど、実際は雅緋が深淵血塊を発動する前に既に妖魔によって殺されており、雅緋は彼女の死とは無関係なんだよね。」

桃子「こうなると一大事だよ!その事を両備達には伝えたの!?」

夜桜「いや、その事はまだ伝えちょらん。もしこのままにしておけば大波乱となるじゃろう。」

飛鳥「手遅れになる前に急がないと!皆、行くよ!」

ビュンビュン

桃子(何だろう。この胸騒ぎ・・・。嫌な予感が起こらなきゃいいんだけど・・・。)




94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 22:51:29 ID:NjCBwf36

蛇女子学園

コツコツ

両備(待っててね、お姉ちゃん。必ず仇を討つから。)

ジャキッ

両備「行くわよ、両奈。」

両奈「オッケー。」

コツコツ、バターン




95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 23:02:17 ID:NjCBwf36

次回予告

桃子「真実を伝えるために蛇女子学園に乗り込んだ私達。ところが学園は既に大惨事となってしまった!」

雪泉「そんな・・・。手遅れになるなんて・・・。」

飛鳥「おまけに深淵血塊の状態である雅緋ちゃんと、禍魂の力を発動している忌夢ちゃんの戦いも始まろうとしているよ!」

斑鳩「このままだとさらに大惨事を起こしてしまいます!」

桃子「こうなった以上は争いを止めさせるしか方法はない!たとえ危険な賭けだとしても!」

飛鳥「桃子ちゃんの言う通りだね。皆、行くよ!」

雪泉「次回、『蛇女子学園の激闘!学炎祭の終結。』ご期待ください。」




96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 16:31:04 ID:gBeujuhU

豺「セブンを狙いな!」














烏(どうしろと?)




97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 16:50:25 ID:gBeujuhU

豺「まぁ基本的に揃わないんだがな」

烏(そういうことではない)

豺「内部的に揃わないと揃わないからな」

烏(ここで何を狙えと)

豺「まぁ揃えれば気持ちいいぜ」

烏(まぁいいがな)

豺「しゃべれや鳥」ゴス




98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 17:16:51 ID:gBeujuhU

豺「この間貞子アタック引いたんだが」

烏(なんの話だ)

豺「300G上乗せて終了」

烏(だからなんの話だ)

豺「その後引いた絶叫乱舞が475Gという」

烏(まぁそんなもんだ)

豺「4500枚で終わり」

烏(だからなんの話だ)

豺「悔しいって話さ」




99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 17:38:52 ID:gBeujuhU

豺「貞子最近ハマってな」

烏(基本的に遅い)

豺「まぁ今絆で強ベルフリーズ引いたんだけど」

烏(リングやってない)

豺「リングねーんだここ」

烏(ハマってないな)

豺「フリーズ引かねーかな〜」

烏(引いたろう?)

豺「祝言5連で終わりだし伸びそうにねー」

烏(そんなもんだ)




100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 18:05:31 ID:gBeujuhU

豺「話は変わるがボクサーパンツのどこが悪いんだ?」

烏(知らないな)

豺「同棲してた頃はよく履いてたがな」

烏(どおりでよく無くなる訳だ)

豺「アリスも良く履いてたが」

烏(あいつは男だ)

豺「楽でいいんだがなー」

烏(若い子には違うんだろう、羞恥心の欠片もないお前と一緒にするな)

豺「死ぬか?」ピクピク




101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 18:29:10 ID:gBeujuhU

豺「そういや緋だったみたいだな」

烏(レス中非になっている場所もあるが誤字であろうな)

豺「好きな作品なら名前間違えんだろ普通」

烏(ミスは誰にだってあるさ、許してやれ)

豺「ま、いいけどな」

烏(うん? 言っておいてなんだが寛大だな珍しく)

豺「完勝引いたし、たまにはな?」




102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 19:02:02 ID:JSelfgKI

第6話 蛇女子学園の激闘!学炎祭の終結




103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 19:08:49 ID:gBeujuhU

豺「青蜥蜴の母親だったっけ?」

烏(皇天女か? 詳しくは知らないが…)

豺「何もかも懐かしいな」
烏(感傷とは珍しい、らしくないな)

豺「完勝引いたからじゃないぞ」ニカイメ

烏(駄洒落か)

豺「違う」








豺「暴れ足りないだけさ」ニヤリ

烏(傍迷惑な話だな)ニヤリ




104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 19:14:51 ID:gBeujuhU

豺「どうやら時間切れだな」

烏(積もる話はあるが時はそれを許してはくれない)

豺「またな」

烏「じゃあな」




105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 19:33:36 ID:JSelfgKI

タタタタタ

雪泉「もう少しで蛇女子学園ですね。早く真実を伝えなければ大変な事になってしまいます!」

飛鳥「そうだね。早く急がなければ・・・。」

ドゴーン

雲雀「ふえ!?今の爆発は何!?」

柳生「向こうの方からだ!」

ゴオオオオオ

叢「蛇女が・・・、燃えている・・・。」

夜桜「くっ!遅かったか・・・。」

桃子「後悔している場合じゃないよ!急がないと!」

雪泉「そうでしたね。急ぎましょう!」

タタタタタ




106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 20:16:47 ID:JSelfgKI

蛇女子学園

ゴオオオオ

雪泉「ひどい有様ですね・・・。」

夜桜「負傷者の方はどうなっておるんじゃ?」

紫「うう・・・。」

未来「あっ!紫じゃない!いったい何があったの!?」

紫「両備さんと両奈さんが雅緋さんを倒そうとして・・・。それを聞いたお姉ちゃんが雅緋さんを護るために禍魂の力を発動したの・・・。」

未来「それでその有様になってしまったのね。両備と両奈は?」

紫「あそこ・・・。」ユビサシ

両備「うう・・・。」

両奈「はう〜ん・・・。」

四季「大変!すごく怪我してるっしょ!」

夜桜「早く治療を!」




107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 20:27:31 ID:JSelfgKI

ギュッ

両備「いつつ・・・。なんであなた達がここに来たの?」

雪泉「両備さんと両奈さんに真実を伝えに来たのです。」

両奈「真実?」

雪泉「両姫さんの死についてですが、実は彼女は雅緋さんに殺されたのではなく、妖魔に殺されてしまったのです。」

両備「何ですって!?どういう事なの!?」

雪泉「その事について詳しく調べた結果、雅緋さんが深淵血塊を発動する前に既に妖魔によって殺されていたのです。よって、雅緋さんは彼女の死とは無関係だという事が判明しました。」

両備「そんな・・・。じゃあ、両備達はその事を知らずに雅緋を殺そうとしていたの・・・。」

焔「今の惨状からすればそうだろうな。」

両備「ああ・・・・。私が真実を知らなかった事でこんな事になってしまった・・・。お姉ちゃん・・・、私はどうすればいいの・・・。」

両奈「両備ちゃん・・・。」

雪泉「で、忌夢さんは何処に?」

紫「あそこ・・・。」

雪泉「!?」




108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 20:37:16 ID:JSelfgKI

ゴオオオオオオ

斑鳩「深淵血塊の状態である雅緋さんと、禍魂の力を発動している忌夢さんが戦おうとしています!」

葛城「これを放って置いたら大変な事になっちまうぜ!」

桃子「だったら止めるしか方法はない!」

雪泉「ですが危険すぎます!巻き込まれたら命の保証もありませんよ!」

飛鳥「確かに危険な賭けかも知れない。でも、このまま放って置くのは絶対に嫌!」

焔「飛鳥の言う通りだ。それに雅緋達も道元によって操られている可能性が高いからな。」

桃子「だから何としてでも止めて見せる!」

雪泉「・・・分かりました。全員で止めに行きましょう!」

桃子「よし!攻撃開始!」




109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 20:50:51 ID:JSelfgKI

ブン

雪泉「そこ!」ビュン

キンキンキンキン

焔「くっ!さすがに一筋縄ではいかないみたいだな。」

飛鳥「そうだね。でも、ここであきらめたら戦いを終わらせる事は出来ない!」

鬼姫「その通りじゃ。しかし彼女達を元に戻すのは難しそうじゃのう。」

桃子「こうなったら一か八か・・・。三人共、準備はいい?」

雉神「もちろんよ!」

パアアアアア

桃子「三神憑依!さあ、ここからが本番だよ!」




110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 21:02:25 ID:JSelfgKI

ダッ

雪泉「あっ!2人が桃子さんに襲い掛かってきました!」

桃子「おっと!」ビュン

焔「今がチャンスだ!未来!」

未来「任せて!」ジャキッ

ドガガガガガ

春花「かなりダメージを与えたわ!次!」

紫「お願い、2人共。もう止めてー!」ギュオオオ

ドッゴーン

鬼姫「よし!止めを刺せ!」

桃子・飛鳥「了解!」




111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 21:07:08 ID:JSelfgKI

バッ

桃子「最後はド派手に決めないとね!」

飛鳥「もちろん!合体奥義・・・。」

桃子・飛鳥「桃幻乱れ咲き!」ズバババババ

クルクルクルクルクル、スタッ
ドッゴーン

葛城「やったか!?」

シュウウウウウ

忌夢「うう・・・。ボクはいったい何をしたのだろうか・・・。」

紫「お姉ちゃん!」ダキッ

忌夢「紫・・・。」

紫「良かった・・・。無事で良かった・・・。」ポロポロ

忌夢「紫・・・。迷惑かけてごめんな。」




112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 21:13:14 ID:JSelfgKI

日影「ようやく終わったようやな。」

忌夢「日影・・・。けど、ボクはまだあの事を許していないからな。」

日影「分かっとるで。決着はまだ今度や。」

忌夢「ああ。で、雅緋は?」

栗「あそこにいる。」

雅緋「うう・・・。」

忌夢「雅緋、大丈夫?」

雅緋「う・・・。私は・・・・、いったい・・・。」

焔「お前が深淵血塊の状態となって忌夢と戦おうとしていたところを私達が止めた。あのまま戦っていたら大変な事になっていただろうな。」

雅緋「う・・・。」

焔「どうした・・・。」

雅緋「私はいったい・・・、何者だ・・・?」

忌夢達「えええええええええええ!!??」




113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 21:37:21 ID:JSelfgKI

忌夢「雅緋!ボクの事を忘れたの!?ほら!親友の忌夢だよ!」

雅緋「すまない。思い出せない・・・。」

忌夢「そんなァァァァァ!!」

飛鳥「せっかく戦いが終わったのに、今度は記憶喪失!?」

桃子「こんな終わり方ありなの!?」

忌夢「今はそんな事を言ってる場合じゃない!早く雅緋の記憶を取り戻すぞ!」

雪泉「は、はい!」

桃子「戦いは終わったのに、最後は記憶喪失オチだなんて・・・。なんでこうなるの!?」

飛鳥「私に言われても・・・。」




114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/29(金) 21:56:28 ID:JSelfgKI

次回予告

飛鳥「雅緋ちゃんの記憶喪失を治すため、あらゆる手段を使ったけど、全然効果がなかったの。」

桃子「そこで蛇女の跡地へ着いた途端、飛鳥と焔の秘伝忍法書が光り出したの。」

焔「そしたら怨桜血が復活してしまった!」

水花「いくら何でも予想外過ぎるわよ!」

林檎「おまけに強さも半端じゃないし!」

桃子「ここで文句を言っても仕方がないよ。今は怨桜血を倒さないと!」

忌夢「その通りだ!そして雅緋の記憶も取り戻す!」

忌夢「次回、『雅緋の記憶を取り戻せ!』。お楽しみに!」




115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 08:32:06 ID:Ay2zCYvs

第7話 雅緋の記憶を取り戻せ!




116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 09:15:04 ID:Ay2zCYvs

半蔵学院

飛鳥「とりあえず親子丼を作ってみたけど、どう?」

雅緋「確かに味はうまいが、記憶がまだ・・・。」

忌夢「駄目か・・・。せっかくいい案だと思ったのに・・・。」

半蔵「じゃあ、ブルマを履いてみたらどうじゃ?」

雅緋「あっ、私、ブルマフェチだった気がする。」

桃子「性癖だけ思い出したみたいだね・・・。」

忌夢「これ以上は進展はないな。次に行こう。」

鬼姫「そうじゃな。」




117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 09:27:03 ID:Ay2zCYvs

月閃

雪泉「雅緋さんが記憶喪失となれば、善忍に生まれ変わるチャンスですね!すぐに取り掛かりましょう。」ズルズル

忌夢「ここやべぇ!」

夜桜「ハッ、蛇女のリーダーが善忍になれば、善忍の勝ちですね!?」

飛鳥「それでいいよ、もう。」

雪泉「そっち抑えて!」ドタバタ

忌夢「や、止めろー!」ドタバタ

桃子「大丈夫かな・・・。」




118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 09:33:07 ID:Ay2zCYvs

3日後

雪泉「お待たせしました、こちらです。」

忌夢「こ、これは・・・。」

雪泉「これこそ月閃が開発した正義スーツ。これを着ればたちまち正義のヒーローに!」

オオーッ

四季「因みに作ったのは私とむらっち。美野里ちんの3人だよ。」

忌夢「ボツ。」ビリッ

叢、四季、美野里「あ〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!」

叢「ウォォォ・・・。我の最高傑作が・・・!!」

四季「むらっち、しっかりしてー!」

美野里「うわーん!」

忌夢「すまん。可愛い系を期待してた。」

夜桜(え、善忍敗北・・・。)ガーン

桃子「ちょっとかわいそう。」




119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 09:35:21 ID:Ay2zCYvs

忌夢「とにかくそんなんじゃなくてさ。こっちは早く元に戻したいの。わかるかい、お嬢ちゃん。」

美野里「ヒッ、こわーい!」

雪泉「仕方ないですね。とりあえずは蛇女に戻りましょう。何かきっかけがあるかも知れません。」

桃子「そうだね。もしかしたら雅緋の記憶を取り戻す鍵があるかも知れないしね。」




120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 09:44:30 ID:Ay2zCYvs

蛇女子学園

焔「うーん・・・。記憶の関連になる物はなかなか見つからないな。」

ピカアアアア

焔「胸が光り出した!?」

飛鳥「あ、焔ちゃん。超秘伝忍法書持ってきてたんだ。」

焔「ああ、これか。なんだ飛鳥。お前もか。奇遇だな。」

ゴゴゴゴゴゴ

忌夢「こ、このパターンってもしや・・・。」

ギャオオオオオ

桃子「な、何アレ!?」

凛「あれは怨桜血。二本の超秘伝忍法書と、忍として優秀な少女をもって復活する。しかも強さは半端な物ではない。」

桃子「うわ・・・。勝てるかな・・・?」

忌夢「で、雅緋は?」

飛鳥「既に怨桜血に取り込まれているよ!」

忌夢「早く何とかして救出しなければ!」




121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 10:06:20 ID:Ay2zCYvs

「ならいい方法がある。」

桃子「誰!?」

「我が名は大道寺。半蔵学院の者だ。」

飛鳥「大道寺先輩、どうしてここに!?」

大道寺「怨桜血が復活したのを聞いてここに来たからな。あと怨桜血を倒す方法についてだが、一つだけある。」

焔「その方法とは!?」

大道寺「怨桜血は忍の怨霊が数多く集まった存在。怨霊を浄化せしめるは飛鳥、桃子。お前達の合体忍法がカギとなる。」

飛鳥「だったら善は急げだね!」

桃子「行くよ、飛鳥!」

飛鳥「了解!」




122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 10:09:16 ID:Ay2zCYvs

バッ

雪泉「あの技は・・・。」

桃子「合体奥義・・・。」

桃子・飛鳥「桃幻乱れ咲き!」ズバババババ

クルクルクルクルクル、スタッ
ドッゴーン

焔「よし!」グッ

ヒュルルルル

忌夢「雅緋!」ドギュン

パシッ

忌夢「記憶は!?」

雅緋「ああ。怨桜血ショックで取り戻す事ができた。」

忌夢「良かった・・・。」

鬼姫「とりあえずはこれで一件落着じゃ。」

飛鳥「そうだね。それじゃ、帰ろうか。」

桃子「うん!」




123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 10:10:58 ID:Ay2zCYvs

一方、半蔵学院では・・・。

雲雀「うわ――――ん!」

葛城「どうした、ひばり?」

雲雀「ブルマなくしちゃったみたい・・・。」ショボボー

葛城「なんだブルマか。また新しいの買えばいいじゃん。」

雲雀「うん・・・。」

柳生「・・・。」ゴゴゴゴゴゴゴ




124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 10:17:30 ID:Ay2zCYvs

次回予告

桃子「半蔵が雲雀のブルマを盗んだ事で、柳生が怒りの炎を燃やした。」

鬼姫「それで半蔵はロサンゼルス行のチケットを柳生に渡したが、1人分しかなかった為、雲雀だけがロサンゼルスに行ってしまった。」

飛鳥「ひばりちゃんがロサンゼルスに行っている間、私達は秘伝動物を捕まえて調理して食べる事にしたの。」

柳生「オレが強くなったのは秘伝動物であるイカを取り込んでいたからな。日頃からスルメを食っているし。」

飛鳥「じゃあ、私の秘伝動物はカエルだから・・・、嫌な予感が・・・。」

桃子「大丈夫かな・・・。」

葛城「次回、『雲雀のロサンゼルス旅行と秘伝動物取り込み大作戦』。お楽しみに!」




125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 13:26:21 ID:yh5xyrHw

〜ヴァルハラ図書館

司書子「…なに読んでいるの貴女?」

アリス「…痴漢体験談・女子高生に起きた悲劇、処女喪失の一部始終を彼女の友人にメールする外道…」

司書子「」

アリス「痴漢ダメ絶対!」フンス

司書子「説得力ないわね」
アリス「えー?」

司書子「というよりも昼間から官能小説を読むのは止めなさいな」

アリス「えー?」




126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:01:19 ID:Ay2zCYvs

第8話 雲雀のロサンゼルス旅行と秘伝動物取り込み大作戦




127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:05:03 ID:Ay2zCYvs

路地裏

柳生「半蔵様・・・いや、ジジイ。ひばりのブルマを盗んだ罪は重いぞ。」

半蔵「ま・・・魔がさしたんじゃ。そこにブルマがあったから。」

柳生「いいわけ無用。」

半蔵「あ、そーだ!特別にこれを授けよう!!」

柳生「む?」

半蔵「ロスいきチケッツ!!わしの傷心旅行用に取っておいたものじゃ!!」

半蔵「これがあれば雲雀とも親交を深め合えること間違いなし!よかったの〜〜〜柳生〜〜〜!!ホッホホ〜〜!!」




128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:07:34 ID:Ay2zCYvs

次の日

ギュイーン

桃子「1人分しかなかったね・・・。」

柳生「おいジジィ・・・。どうしてくれるんだこれ。」ゴゴゴゴ

半蔵「ヒィィ!わざとじゃないんですぅ!」ビクッ

葛城「1週間くらいだって。」

飛鳥「じっちゃん何したの・・・。」




129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:12:34 ID:Ay2zCYvs

飛行機内

ゴー

雲雀「忍兎より早ーい。」

雲雀「それにしてもロサンゼルスなんて初めてだよー。そして何と言っても・・・。」

バーン

雲雀「ひばりの大好きなアニメの発表会があるらしいんだよねー!だからどうしても行きたかったんだー。」

雲雀「って、よく見たらゲームの発表会だこれ!」

キーン




130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:19:44 ID:Ay2zCYvs

ロサンゼルス

雲雀「とりあえず無事に着いたー!!」

ババーン

春花「あら、ひばりじゃない。」

詠「奇遇ですわね。」

雲雀「え!?なんでここに焔紅蓮隊のみんなが!?」

春花「実は数日前、海で大ダコに奇襲され、そのままロサンゼルスへ飛ばされたの。」

雲雀「それ、無理ない!?」

未来「まあ、無事にロサンゼルスに着いただけでも良かったし、ゲーム発表会には私も行きたかったのよね!」

春花「ええ。せっかくだし、その前に何か食べましょう。」

雲雀「さんせー。」




131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:21:41 ID:Ay2zCYvs

日本料理店

雲雀「ロサンゼルスにもこんなお店あるんだー。」

春花「好きな物頼んでいいわよ。」

雲雀「あ!「忍者」って飲み物がある!」

春花「残念ねー。それはお酒なのよ。」

詠「わたくしたちにはまだ早いですわね。」

雲雀「でも、雅緋さんと忌夢さんなら大丈夫だね。」

春花「まあ、あの人達は21歳だからね・・・。」




132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:23:38 ID:Ay2zCYvs

蛇女子学園

雅緋・忌夢「へっくし!」

両備「どうしたの?」

雅緋「誰かが私の事を噂しているのかも知れない。」

忌夢「ボクもだよ・・・。」

両奈「誰だろうね?」




133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:27:42 ID:Ay2zCYvs

ロサンゼルス ゲーム発表会会場

未来「うひゃー・・・。すごい人気ね。」

詠「全米ナンバーワン忍アクションにコスプレも多いですわね・・・。」

雲雀「でもひばりが知ってるのは全然・・・。」

ガサッ

雲雀「あ!未来ちゃん!さっきダースモーモーのコスプレがいたよ!」ヒョエー

未来「えっ、マジで!?」

未来「ん?でも、戦国スーパーウォーズの作品は今回発表されてないはず・・・。」

雲雀「ええ!?」

雲雀「ということはパクリ作品!!善忍の血が騒いできたー!!」ウオオオ

未来「多分それ、元ネタの方だよ。」




134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:49:50 ID:Ay2zCYvs

一方、半蔵学院では・・・。

半蔵「」ピクピク

柳生「ジジイはこのへんにしといてやるか。しかしひばりがいないとオレも暇だな。何か趣味にでも時間を使うか。」

斑鳩「柳生さん、寝る事が趣味じゃないですか。」

飛鳥「それなら私の修行の相手になってよ!」ハーイ

柳生「飛鳥か。お安い御用だ。」

飛鳥(フフ・・・この前、私は怨桜血も倒せたし、今なら柳生ちゃんにだって・・・。)

数分後

飛鳥「勝てなかった・・・。」チーン

霧夜「やるなー、柳生。」

桃子「本当に柳生は強いんだね。何か秘密でもあるの?」

柳生「強いて言えば、日頃からスルメを食っている事くらいか。たまにマヨネーズが欲しくなる。」

焔「ほう。イカにそのような効果があるとは。」




135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:57:57 ID:Ay2zCYvs

柳生「いや、イカというより、秘伝動物を取り込むのが大事なんだろう。おそらく同じ天才キャラの美野里も秘伝動物を食っている。」

花梨「本当ですか!?彼女の秘伝忍法はハムスターですよ!?」

霧夜「ふむ。試す価値はあるかも知れん。そろそろ修行もステップアップさせていきたいしな。」

葛城「まさか・・・。」

霧夜「よし!各自次週までに秘伝動物を捕まえてくるように!!」

エーーーーーー

葛城「まじかよ〜〜。」




136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 15:09:05 ID:Ay2zCYvs

そして翌週

桃子「結局、葛城と斑鳩は海に行って秘伝動物を捕まえ、飛鳥は偶然食用ウシガエルを見つけたんだって。」

鬼姫「なるほど。おっ、今から始まるそうじゃぞ。」

霧夜「よーし、材料は持ってきたな。」

飛鳥「い、一応・・・。」

葛城「ところで食べ方は何でもアリ?」

柳生「よく分からんが、生の方が効果あるんじゃ・・・。」ウーン

桃子「ドサクサで変な事を言わないでよ。あと適当過ぎるし・・・。」

霧夜「それじゃ、調理方法は自由に!!調理開始!!」

ピピーッ

斑鳩「完成しました!」

林檎「おっ、早いね。」

斑鳩「これぞ斑鳩風クジャクの丸焼き!」

霧夜「そんなのでいいのか・・・。」




137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 15:13:21 ID:Ay2zCYvs

葛城「こちらも完成したぜ!アタイのはタツノオトシゴで出汁を取った、葛城流ドラゴンラーメンだ!」

柳生「割といけそうだな。あとは飛鳥だが・・・。」

栗「カエルをまださばいてもいないです。」

桃子「本当だ!」

霧夜「飛鳥・・・。心優しいお前の事だ。包丁を振るえないのも無理はない。だが、戦場では殺さなければ、己が殺されるのもまた事実・・・。」

飛鳥「いや、なんていうか普通にグロくて無理です。」

柳生「分かった。じゃあ、やりやすいようにテーマ曲をかけてやろう。」

葛城「確か『ふとまきニンシン』。」

飛鳥「だからそんな問題じゃないよ!っていうより曲名『ニンシン』じゃないから!!」

葛城「さぁ、殺すんだ飛鳥!!」

斑鳩「早く殺すのです!飛鳥さん!!」

コ・ロ・セ!!コ・ロ・セ!!コ・ロ・セ!!コ・ロ・セ!!

飛鳥「怖いよ、みんな!!」




138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 15:19:32 ID:Ay2zCYvs

小一時間後・・・

飛鳥「できました・・・。」

飛鳥特性『カエルは友達ハンバーグ』

葛城「よくやったな、飛鳥!!」

桃子「デカ盛りでよかったのに。」

飛鳥(もうムリ、ヘルプミー・・・。)ガクッ

霧夜「よーし、実食しろー。」

飛鳥(って、そーだ。コレ自分で食うやつだ!!辛すぎるよ・・・。)

葛城「ああ。アタイ等はもう食べ終わったぜ。」

斑鳩「飛鳥さんが遅いから先に食べちゃいました。意外といけましたね。ミミズまでなら何とかいけますし。」

飛鳥(皆、もう食べ終わってるなんて・・・。)




139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 15:28:55 ID:Ay2zCYvs

猿神「で、変わった事は?」

斑鳩「残念ながら。」

飛鳥「じゃあ、やる意味ない・・・。」

霧夜「あとは飛鳥だけだな。」クルッ

飛鳥「イヤダ――――――ッ!!!カエル タベルノイヤ―――――ッ!!!」ドゴゴゴゴ

桃子「あっ、逃げた!」

霧夜「力が欲しくないのか!?」

飛鳥(もうやだ・・・。土に還りたい・・・。)モモモモ

柳生「飛鳥。」

飛鳥「・・・。」

柳生「一度殺した以上、ちゃんと食べよう。オレも一緒に食べてやるから。」

飛鳥・・・。」パアアア




140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 16:27:19 ID:Ay2zCYvs

飛鳥(そうか・・・。柳生ちゃんの強さはスルメを食べてるからじゃなくて、この姉力、もとい優しさだったんだ。)

飛鳥「もう大丈夫!私、1人でも食べれるよ!」

霧夜(飛鳥・・・。何かをつかんだみたいだな・・・。)

パクッ

桃子「どう?」

飛鳥「・・・あれ?カエルって結構おいしいかも・・・。」

オオーッ

飛鳥「いや、食べれるよ!これならどんどんいける!」バクバク

鬼姫「あとは結果だけじゃのう。」

桃子「そうだね。うまくいくといいんだけど・・・。」




141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 16:29:03 ID:Ay2zCYvs

後日

霧夜「で、その後どうだ?」

飛鳥「えーっと・・・、やっぱり効果がなかったです。」

桃子達「でしょうね・・・。ハァ・・・。」




142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 16:31:54 ID:Ay2zCYvs

ロサンゼルス

詠「はしゃいでしまいましたが、ロスともお別れですね。」

雲雀「楽しかったー!」

春花「またきたいわね。」

未来「って、詠・・・。何その格好?」

詠「え、今から帰るんですよね?」

雲雀「そうだけど・・・。」

詠「だって考えてみてください!泳げばチケット代も浮くし、修行にも。」

未来「ごめん。もうチケット買っちゃった。」

その結果・・・。

ゴオオオオオオ

雲雀、春花、未来は飛行機に乗り、詠は泳ぎながら帰ったのだ。




143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 16:34:49 ID:Ay2zCYvs

半蔵学院

雲雀「ただいまー!」

桃子達「おかえりー!」

柳生「うおおお、ひばりぃぃぃぃ!!!」クルッ

柳生「元気にしてたか!?一人で寂しくなかったか!?」ガシッ

雲雀「う、うん。寂しかった。」

柳生「オレも同じだ!!」

犬神「で、ロサンゼルスはどうでしたか?」

雲雀「すごく楽しかったよ!みんなは何してたのー?」

飛鳥「カエル食べてたよ。」

雲雀「カエル!!?」

桃子「そりゃ驚くのも無理ないよね・・・。」

鬼姫「確かに・・・。」




144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 18:57:02 ID:Ay2zCYvs

次回予告

飛鳥「えっ!?道元が動き出した!?」

焔「ああ。どうやらあいつは妖魔の大群を使って私達を始末しようと考えている。」

雪泉「話を聞いた以上、これは放っておくわけにはいきませんね。」

雅緋「それだけではない。妖魔の他にも5人の刺客を使うそうだ。」

桃子「5人の刺客って・・・、まさか悪忍!?」

「正確に言えば、道元様直属の悪忍だ。」

飛鳥「あなたは!?」

「私は道元部隊隊長、滅鬼!道元様の命により、貴様等を始末する!」

雅緋「次回、『最凶の刺客、道元部隊』。誰が相手であろうとも、私は一歩も引くものか!」




145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 09:34:16 ID:lOneDBh6

第9話 最凶の刺客、道元部隊




146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 09:43:04 ID:lOneDBh6

道元のアジト

滅鬼「というわけで、学炎祭はこのような結末になりました。」

道元「チッ!あの少女め、私の計画をぶち壊しおって!」

時雨「しかも彼女達は異世界から来た少女を中心に、一致団結しようとしています。」

道元「そうか・・・。こうなったら妖魔の大群を使って彼女達を始末するのみだ。」

滅鬼「で、私達は?」

道元「お前達も妖魔の大群と共に彼女達を始末しに行って来い。失敗は許されないと思え。」

道元部隊「はっ!」




147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 09:57:37 ID:lOneDBh6

半蔵学院

桃子「最近、戦いが無いから暇だなー。」

飛鳥「そうだね。学炎祭が終わってからそんな日々が続いているよね。」

葛城「まっ、平和になっただけでもいいじゃないか。」モミモミ

桃子「うん・・・って、何で私の胸を触っているの!?」

葛城「いいじゃないか。これもスキンシップの一つなんだから。」モミモミ

桃子「良くないよ・・・ん!」

飛鳥「かつ姐は相変わらずだね・・・。」

斑鳩「そうそう。月閃、焔紅蓮隊、蛇女選抜メンバー、凛先輩が半蔵学院に転入する事になりました。」

雲雀「じゃあ、また春花さんと一緒にいられるんだね!」

柳生「オレにとっては複雑だけどな・・・。」




148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 10:02:12 ID:lOneDBh6

ヒュンヒュンヒュン

飛鳥「あっ、焔ちゃん。」

焔「大変だ、飛鳥!道元が妖魔の大群を使って私達を始末しに向かい始めた!」

桃子「となると、黒幕である道元が動き出したみたいだね。」

斑鳩「こうなってしまうと戦いは避けられませんね。この事を雪泉さん達には伝えましたか?」

雪泉「もちろん焔さんから聞きました。話を聞いた以上、放っておくわけにはいきませんしね。」

鬼姫「雪泉!」

雅緋「それだけではない。道元は妖魔の他にも5人の刺客を使うそうだ。」

飛鳥「雅緋ちゃん!」

雲雀「5人の刺客って何?」




149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 10:38:56 ID:lOneDBh6

雅緋「噂には聞いたが、道元に直属している5人の悪忍がいる。そいつ等は道元に忠誠を誓っている事だけが確かだ。」

忌夢「名前についてはまだ分からないんだよね。」

日影「となると、奴等と戦わない限り、その情報が分からないということやな。」

飛鳥「そうだね。一刻も早くその少女達を見つけないと。」

ヒュオオオオオ

紫「風が強くなった・・・?」

両備「この気配・・・、まさか!?」

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

滅鬼「ほう。まさかこんなところで出会えるとは予想外だったな。」

桃子「貴方達は!?」

滅鬼「我々は道元様直属の悪忍集団、道元部隊。隊長の滅鬼だ。」

雅緋「滅鬼って、かつて蛇女に所属した忍じゃないか!そのお前が何故!?」




150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 10:54:03 ID:lOneDBh6

滅鬼「決まっている。お前達を始末しろと道元様から命令されたからな。それに私だけではない。」

時雨「私の名は時雨。同じく蛇女出身だ。」

「ウチの名は風来。関西にある悪忍養成学校の元生徒や。」

「私の名は睡蓮・・・。同じく悪忍養成学校の者・・・。」

「私は呪怨。呪術師の悪忍よ。」

焔「蛇女出身が2人。悪忍養成学校から2人。呪術師が1人か。奴等の攻撃方法は分からないが、そう簡単に倒せる相手ではないだろう。」

桃子「道元直属の忍部隊だからね。皆、油断しないで!」

滅鬼「ほう、戦う気か。いいだろう。全力で叩き潰してくれる!行くぞ、お前等!」

時雨・風来・睡蓮・呪怨「おう!!」バッ




151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 11:46:13 ID:lOneDBh6

ガキンガキンドゴーンドガーン

桃子「くっ!そう簡単には倒せないみたいだね。」

滅鬼「当然だ。我々はこんなところで倒れるわけにはいかないからな。道元様の為にも!」

キンキンキンキン

春花「未来、データの方は?」

未来「滅鬼は2本の小刀を使って戦うスピードタイプ。時雨は銃を使って戦う遠距離タイプ。私も同じだけどね。風来はハンマーを使うパワータイプ・睡蓮は番傘を使って戦うテクニックタイプ。」

柳生「オレと同じだな。」

未来「そして呪怨は呪いを使った攻撃を得意としているわ。」

鬼姫「なるほど。だが、このままだとやられてしまうぞ。」

猿神「相手がスピードなら話が早い。桃子!」

桃子「うん!」

滅鬼「させるか!」バッ

ガキン

鬼姫「私がいる事を忘れずに。」

滅鬼「うぐぐ・・・。」




152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 12:00:16 ID:lOneDBh6

桃子「ありがとう、鬼姫。合体憑依!」

パアアアアア

桃子「猿神憑依!さあ、ここからが本番だよ!」

滅鬼「おのれ!小癪な!」

キンキンキンキン

桃子「前よりもスピードが速いおかげでどのような攻撃も見切られる・・・。そのまま一気に攻め続けるのみ!」

滅鬼「くっ!なめるなー!」

ブン

滅鬼「何!?かわされた!?」

桃子「今だ!連続攻撃!」

ズババババ

滅鬼「うわああああああ!!」バリーン

ズドーン

桃子「勝負ありだね!」グッ




153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 12:19:43 ID:lOneDBh6

時雨「そんな・・・。滅鬼が倒された・・・。」

飛鳥「よそ見は禁物だよ!」バッ

時雨「しまっ・・・。」

ズバアアアア

時雨「ぐはっ!」

風来「時雨!」

雪泉「そこ!」パリーン

風来「うわっ!」

焔「駄目押しだ!」ズバッ

睡蓮「あ・・・。」

雅緋「これで終わりだ!」ゴオオオオ

呪怨「キャアアアアアア!!」

ドドーン

飛鳥「この勝負は私達の勝ちだね。」

滅鬼「うぐぐ・・・。くそ・・・。」




154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 12:24:08 ID:lOneDBh6

雅緋「とりあえずお前達には聞くことが山ほどある。道元は妖魔の大群を使う目的は私達を始末する事だが、他の目的もあるのか?」

呪怨「うぐ・・・。それだけは絶対に言えない・・・。」

春花「なら、ここは私の出番ね。話すまで拷問させてあげるわ。」

未来「ま、まさか!?」

春花「そのまさかよ!それっ!」ピシャーン

滅鬼「ひゃっ!」

春花「もっと行くわよ!ほれほれ!」ピシャーン

風来「はうう!」

両奈「あ〜ん!両奈ちゃんもこの屈辱を受けた〜い!」クネクネ

両備「アンタは黙ってなさい!けど、アイツ等はまだ喋らないみたいね。せっかくだから私も参加するわ。」

未来「ああ・・・。ドSコンビが参加してしまった・・・。もう見ていられないわ。」

柳生「ひばり。あんな物を見るな。別の場所に行くぞ。」

雲雀「うん。」




155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 12:31:03 ID:lOneDBh6

数分後

春花「なるほど。妖魔を使って大儲けし、この世界を征服しようと企んでいたのね。」

滅鬼「ああ。私達が知っている事はそれだけだ。」

両備「となると、残りは道元に聞いて確かめる必要があるわね。」

風来「そう言う事や・・・はっ!」

春花「どうしたの!?」

時雨「この気配・・・、まさか!?」

ゴオオオオオ

道元「様子を見に来たと思えば、まさかやられてしまうとはな・・・。」

滅鬼「道元様!」

春花「久しぶりね、道元。まさかこんなところで出会うなんて・・・。」

道元「私もだ。だが、今回はお前に用はない。用があるのはこいつ等だ。」

滅鬼「申し訳ございません、道元様!どの様なお仕置きでも受ける覚悟はできています!」

道元「もちろんそのつもりだ。失敗した者には用はないからな。すぐにアジトへ戻るぞ!」

滅鬼達「はっ!」




156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 12:34:24 ID:lOneDBh6

ゴオオオオ

春花「どうやらアジトに帰ったみたいね。両備、アジトの位置については分かる?」

両備「ええ。一度行った事があるからね。早速この事を皆に報告しましょう。」

春花「そうね。でも、道元に連れて行かれた滅鬼達はどうなるのかしら?」

両備「さあ・・・。私もそこまでは知らないけど、もしかしたら道元が彼女達を妖魔へと姿を変えたりして。」

春花「その可能性が高いわね。一刻も早く何とかしなければ・・・。」




157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 12:40:53 ID:lOneDBh6

道元のアジト

道元「今回の任務でお前達は大敗北を喫した。よって、お前達5人を最凶の妖魔に取り込ませてもらう。」

滅鬼「最凶の妖魔!?まさか怨桜血!?」

道元「違う。新しく開発した妖魔だ。着いて来い。」

コツコツコツコツ

滅鬼「ここは?」

道元「妖魔を開発している研究室だ。その奥に開発している妖魔がある。」

ドドーン

風来「うひゃー・・・。すごくでかいで。」

睡蓮「その妖魔の名は?」

道元「かつて桃色の少女に討伐され、光の粒となって消滅した鬼族の長。邪鬼王だ!」

滅鬼「邪鬼王って、まさか!?」

道元「そうだ。こいつが復活すれば、桃色の少女だけでなく、忍の少女達も歯が立たないだろう。その時が楽しみだ!フハハハハハハ!」

滅鬼「・・・。」




158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 12:56:24 ID:lOneDBh6

次回予告

桃子「春花から話を聞いた私達は、道元を倒すためにアジトへと向かい始めた。」

両備「だが、そこには妖魔と悪忍がいるため、そう簡単にはうまくいかないみたいね。」

春花「それだけじゃないわ。私達のデータを元にした妖魔もいるそうよ。」

焔「あいつめ、私達のデータを奪いやがって・・・・。」

雅緋「それだけじゃない。妖魔や悪忍だけでなく、異世界からの鬼もいる事が判明した。」

鬼姫「異世界からの鬼って・・・、ま、まさか!?」

林檎「次回、『アジト突入!最終決戦の幕開け。』。お楽しみに!」




159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 13:29:01 ID:lOneDBh6

第10話 アジト突入!最終決戦の幕開け。




160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 13:49:14 ID:lOneDBh6

半蔵学院

桃子「なるほど。妖魔を使って大儲けし、この世界を征服しようと企んでいたんだね。」

春花「ええ。すべて事実よ。」

栗「となると、残りは道元に聞きだすしかありませんね。」

水花「ええ。道元は何を仕掛けてくるか分からないからね。出発はいつにする?」

焔「明日だ。今、行ったら返り討ちになるだろう。今日はゆっくり休んで明日に備えるとしよう。」

桃子「そうだね。それじゃ、今日は解散!」




161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 13:54:50 ID:lOneDBh6

道元のアジト

道元「滅鬼達も邪鬼王に取り込んだ。あとは復活するのを待つのみだ。」

「道元様、全員を集めました。」

道元「分かった。すぐに行く。」

コツコツ

演説会場

ワイワイガヤガヤ

道元「諸君。焔率いる忍達と桃色の少女達が我々のアジトへ突入するそうだ。最大の戦いになるかも知れないが、必ず勝利を収め、我々の野望を達成するのだ!」

ウオオオオオオオ




162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 14:02:58 ID:lOneDBh6

翌日、桃子達は道元のいるアジトへと向かい始めた。

ザッザッ

桃子「本当にこの道で合っているの?」

飛鳥「うん。確かにこっちだけど・・・。」

ゴオオオオオ

両備「この邪気・・・。向こうからだわ!」

斑鳩「えっ!?」

ドーン

葛城「あれが道元のアジト・・・。すごくでかいな。」

夜桜「見つけた以上は破壊しなければなりませんね。」

桃子「そうだね。すぐに急ごう!」ダッ

雲雀「あっ、待ってよー!」ビュン




163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 14:14:18 ID:lOneDBh6

タタタタタ

飛鳥「着いた!」キキッ

ゴオオオオオ

鬼姫「中から邪気が出ておるのう。」

美野里「あまりにも危険な状態だね。」

雲雀「あれ?中から誰か出てきたよ。」

柳生「何!?」

ウオオオオオ

桃子「どうやら姿を現したようだね。皆、行くよ!」

飛鳥達「おう!!」




164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 14:17:27 ID:lOneDBh6

ガキンガキンドゴーンドガーン

雅緋「チッ!倒しても倒しても次々と出てくる!」

忌夢「このままじゃキリがないね。」

日影「だったらわしの出番やな。秘伝忍法で叩きのめしたる。」

焔「分かった。思いっきりやってくれ!」

日影「もちろんそのつもりや。さあ、行くで。」

ゴオオオオオオ

春花「狂乱モードになったわね。皆、離れて!」

ビュンビュン

日影「さあ、行くで!」

ズババババババ

美野里「何だか怖い・・・。」

夜桜「だが、今がチャンスじゃ。すぐに中へ突入するぞ!」ダッ

桃子「あっ、待ってよー!」ダッ




165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 14:20:36 ID:lOneDBh6

タタタタタ

日影「終わったで。今ので全員や。」

春花「そう。あとは道元を探すのみね。」

未来「いったい何処にいるのかしら?」

ザッザッザッザッ

桃子「何?あの妖魔は?」

「ほう。まさかお前達がここに来るとはな・・・。」

雉神「お、鬼!?もしかしてこの妖魔は貴方が開発したの!?」

「そうだ。俺の名は煉鬼。妖魔使いの鬼だ。」

鬼姫「そう言えば、異世界に悪さをしている鬼がいると聞いたが、やはりお主の仕業だったのか!」

煉鬼「そう言う事だ。妖魔達よ、やれ!」

ウオオオオオオ




166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 21:02:54 ID:lOneDBh6

飛鳥「こうなった以上はやるしかないね!」

焔「ああ。桃子たちは煉鬼を倒してくれ。私達は妖魔を倒しに行く!」

桃子「分かったわ。あまり無茶はしないでね!」

春花「貴方達もね。」

鬼姫「行くぞ、桃子!」

タタタタタ

煉鬼「この俺を倒す気なら容赦はしない!覚悟しろ!」バッ

ガキンガキン

飛鳥「この妖魔達・・・。私達と同じ戦い方をしている!」

煉鬼「その通りだ。お前達のデータをもとに開発したからな。」

焔「くっ・・・。人のデータを奪いやがって・・・。」

桃子「こうなると苦戦は免れないね・・・。」




167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 21:07:14 ID:lOneDBh6

雅緋「たとえ私達のデータを元にした妖魔でも、本物には勝てない!覚悟しろ!」

ガキン

雅緋「受け止めた・・・だと!?」

ズバッ

雅緋「ぐわっ!」

忌夢「雅緋!」

ドゴッ

忌夢「がは・・・。」

紫「お姉ちゃん・・・!」

雅緋「くっ・・・。こいつ等、私達の技を見切るとは・・・。」

忌夢「このままだとまずいよ・・・。」

煉鬼「ハハハハハ!俺が倒れぬ限り、こいつ等は無敵だからな!」

鬼姫「そういう事か。おかげで弱点が分かったぞ。」

煉鬼「はっ!しまった!」




168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 21:18:41 ID:lOneDBh6

桃子「今頃気づいても遅いよ!抜刀斬!」

ズババッ

煉鬼「くそ・・・、申し訳ありません・・・。道元様・・・、邪鬼王様・・・。」

鬼姫「!?」

バターン

桃子「煉鬼が倒されたという事は・・・。」

シュウウウウ

林檎「煉鬼が倒れたおかげで弱くなったわ!攻めるなら今よ!」

飛鳥達「了解!」




169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 21:27:05 ID:lOneDBh6

ズバッドガッドゴーン

飛鳥「そこ!」ズバアアア

ガシャーン

飛鳥「ふう・・・。終わったね。」

鬼姫「・・・。」

雲雀「どうしたの鬼姫ちゃん?」

鬼姫「煉鬼が言った最後の言葉に邪鬼王の名があった・・・。」

桃子「でも、邪鬼王は私が討伐して死んだけど・・・。」

飛鳥「邪鬼王って?」

桃子「うん。邪鬼王は鬼たちを率いて、人の世を襲う鬼族の首魁だったの。私が倒して死んでしまったけど、まさか復活したんじゃ・・・。」

栗「かも知れませんね。」

鬼姫「ここで考えても仕方があるまい。先に進むのじゃ!」

雅緋「そうだな。」




170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 21:34:47 ID:lOneDBh6

バターン

焔「見つけたぞ、道元!」

道元「ほう。まさか煉鬼を倒すとはな・・・。」

鬼姫「あいつの最後の言葉に邪鬼王の名が出たぞ。どういう事か説明してもらうのじゃ!」

道元「いいだろう。だが、私を倒してからだ!」

ゴオオオオオ

桃子「へ、変化した!?」

焔「道元は妖魔となる能力を持っている。私も戦った事があるが、そう簡単には倒せないぞ!」

桃子「分かってる。たとえ相手が誰であろうと、私は絶対に負けない!」

飛鳥「桃子ちゃんの言う通りだよ。私達だって絶対に負けないんだから!」

道元「ほう。立ち向かう度胸があるようだな。なら私に見せてみろ。お前達の真の力を!」

桃子「望むところだよ!」




171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 21:46:02 ID:lOneDBh6

次回予告

飛鳥「ついに道元との激戦が幕を開けた。たとえ相手が誰であろうとも、私は絶対に負けない!」

道元「ふん!小娘共が図に乗るな!」

焔「それはこっちのセリフだ!お前の野望を終わらせてやる!」

雅緋「私もお前に恨みがあるからな。私達を操った罪は重いぞ!」

雪泉「あなたの悪は絶対に許させない物です。正義の鉄槌を下してあげましょう!」

桃子「皆がこんなに気合を入れているんだ・・・。私も頑張らなきゃ!」

鬼姫「もちろん私もじゃ。そして聞かせてもらうぞ、邪鬼王の事を!」

飛鳥「次回、『道元との激闘!黒幕の野望を打ち砕け!』。どのような事があっても、私は絶対に負けない!」




172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 01:12:17 ID:/4eB/fno

豺「赤7を狙え!」

アリス「これは…!」

司書子「まさか…!」

狒「揃う筈がありませんなぁ」

烏「じゃあな」

豺「早いわ」ゴス




173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 19:20:47 ID:Uot7gnzY

第11話 道元との激闘!黒幕の野望を打ち砕け!




174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 20:22:19 ID:Uot7gnzY

ゴオオオオオオ

桃子「妖魔となった道元の気迫・・・。迂闊に近づいたら危険だね。」

焔「だが、やらなきゃならない時もあるからな。手加減せず攻め続けるぞ!」

桃子達「おう!!」ビュン

道元「フン!いくら束になっても無駄だ!私の拳で叩き潰してやる!」

ブン

焔「かわせ!」

ドゴーン

雅緋「ぐっ!衝撃波を出すとは・・・。」

紫「しかも・・・、闇の波動・・・。」

忌夢「妖魔となった時点で闇の能力も持っているからね。こうなると苦戦は免れないな・・・。」

両備「何とかしないとね・・・。」

焔「だが、奴は妖魔になった時点でパワーが増している。ここはスピードで行った方がいいだろう。」

日影「なら、わし等の出番やな。忌夢、行くで。」

忌夢「命令しなくても分かってるよ。」




175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 20:33:54 ID:Uot7gnzY

道元「スピードで勝負か。秘伝忍法で蹴散らしてくれる!」

ドゴオオオオ

日影「その瞬間を待ってたで。」

道元「何!?」

ズババババ

道元「ぐは・・・・。その隙を狙っていたのか・・・!?」

日影「その通りや。アンタはパワータイプやからな。それに妖魔化したおかげで動作も鈍くなっていたで。」

道元「き、貴様・・・。」

忌夢「おっと!ダメ押しだよ!」

ドガガガガ

道元「ぐおおおおおお!!」

忌夢「雅緋、今がチャンスだ!」

雅緋「よし!一斉攻撃だ!」




176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 21:20:30 ID:Uot7gnzY

ズバッバシュッドゴーンドガーン

焔「もう一撃!」ズバッ

桃子「こちらも!」ズバッ

美野里「えーい!」ドガッ

道元「うぐぐ・・・。図に乗りおって・・・。」

焔「止めだ!覚悟しろ!」バッ

ズバッ

道元「がは・・・。」

ズドーン

飛鳥「ようやく倒せたみたいだね。」

桃子「うん。あとは・・・。」

鬼姫「いや、まだじゃ!」

桃子達「!?」




177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 21:43:32 ID:Uot7gnzY

道元「ふふふ・・・。まさかこの私をここまで追い詰めるとは・・・。」

焔「くっ!しぶと過ぎるぞ!」

道元「だが、今度はそうはいかぬぞ!ぬおおおおおおお!!」ゴオオオオオ

雅緋「またパワーアップするつもりか!」

忌夢「いったいどこまで強くなるの!?」

カアアアア

道元「グオオオオオオオ!!」

花梨「ますます狂暴化してしまいました〜!」

栗「このままだとまずいです。早く対策を考えなければ・・・。」

大道寺「なら、我々も助太刀致そう!」バッ

飛鳥「大道寺先輩!」

凛「こちらも助太刀するぞ!」バッ

焔「凛先生!」




178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 21:48:03 ID:Uot7gnzY

飛鳥「大道寺先輩、凛先輩。何故、ここが分かったのですか?」

大道寺「お前達が歩いていた道をたどっていたからな。」

凛「ここからは私達も助太刀する!」

雅緋「お願いします!」

道元「助っ人が来てもこの私には勝てぬ!まとめて始末するのみだ!」

凛「そうはさせるか!」ブン

ズバババ

道元「ぬおっ!?」

大道寺「そこだ!」

ドガッ

道元「ぐほ・・・。」




179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 21:51:18 ID:Uot7gnzY

桃子「すごい・・・。道元を相手にここまで立ち向かうなんて・・・。」

鬼姫「なら、私も負けるわけにはいかないようじゃな。」

桃子「そうだね。指示をお願い!」

凛「分かった!飛鳥達は背後から回り込んで奇襲を!焔達は正面から!雪泉、雅緋部隊は左右から攻めろ!」

飛鳥達「了解!」

道元「囲い込んで攻めるつもりか。なら、これで終わらせてやる!」

ビュン

大道寺「上空に飛んだだと!?」

凛「ま、まさか・・・!?」




180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 21:54:42 ID:Uot7gnzY

道元「覚悟しろ!」ギュオオオオオ

焔「その瞬間を待ってたぜ。」ニヤッ

道元「何!?」

ズバババ

道元「ぐおおおおおお!?」

大道寺「そうか!空中では身動きを取る事が難しい。その隙を狙って攻撃するとはお見事だ!」

詠「よし!私達も後に続きますわよ!」

春花「さあ、これでフィナーレといきましょう!」

桃子「よし!合体攻撃・・・。」

桃子達「戦乙女演武!」バッ

スバババババドガッドゴッドゴーン

道元「ぐおおおおおおおおお!!」

ズドーン

桃子達「やったー!」




181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 22:00:35 ID:Uot7gnzY

大道寺「やれやれ。これで道元の野望も潰えた様だな。」

凛「ああ。思えば長い道のりだったな。」

道元「う・・・ぐぐ・・・。」

焔「まだ息があったようだな。最後は楽にしてやるよ。」

道元「お・・・のれ・・・。この私が・・・こんなところで・・・。」

「そこまでだ。」

鬼姫「この声は!?」

ズドーンズドーン

鬼姫「父上・・・いや、邪鬼王!」

飛鳥「あれが・・・、邪鬼王・・・。」

焔「今まで戦った妖魔よりも強い気を放っている・・・。これは只者ではないぞ・・・。」

雲雀「ひばり、怖いよ〜。」

柳生「大丈夫だひばり。俺がついている。」




182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 22:06:08 ID:Uot7gnzY

邪鬼王「道元よ。先程の戦いを見せてもらったが、期待はずれだったな・・・。」

道元「確かにな・・・。だが、私はまだ・・・。」

邪鬼王「もう良い!貴様も取り込んでくれるわ!」

ギュオオオオオ

道元「ぬおおおおおお!!」ズズズズズ

ギュオオオオオオ

犬神「味方である道元まで取り込むとは・・・。」

猿神「酷すぎるにも程があるぞ!」

邪鬼王「役立たずは切り捨てる。それがわしの信念だからな。」

雉神「ぐ・・・・。」




183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 22:17:12 ID:Uot7gnzY

桃子「邪鬼王が復活した以上は相手になるしかない。鬼姫、戦う覚悟はできている?」

鬼姫「もちろんできておるぞ。私はあのような者を父上とは認めぬからな。

桃子「なら大丈夫だね。皆、これが最後の戦いだよ。必ず勝利を収めて、全員生きて帰ろう!。」

飛鳥達「おう!!」

ついに最後の戦いが幕を開けた!
果たして桃子達は邪鬼王を倒し、この世界の平和を守りきることができるのか!?物語はいよいよクライマックス!




184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/01(月) 22:37:32 ID:Uot7gnzY

次回予告

桃子「いよいよ最後の戦いが幕を開けた!気合入れていくよ!」

飛鳥「でも、この戦いが終わったら、桃子ちゃん達は元の世界に帰っちゃうんだよね・・・。」

桃子「うん。でも、離れても心は通っている。これを忘れない限り、また会える日が来るからね。」

飛鳥「そうだね。今度、桃子ちゃんのいる世界に遊びに行きたいな。」

桃子「もちろん大歓迎だよ!おじいちゃんやおばあちゃんも待っているからね。」

焔「私達も行きたいが、今は邪鬼王を倒す事が優先だ。かなり手強そうだが、今の私達ならきっとできる!」

桃子「これだけの多くの仲間がいたからここまでこれた。最後は絆の力を見せつけて、邪鬼王を倒そう!」

飛鳥達「おう!!」

桃子「次回、『完全決着!また会う日まで。』。お楽しみに!」




185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 19:49:42 ID:T3zCceCQ

最終話  完全決着!また会う日まで。




186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 20:03:06 ID:T3zCceCQ

ゴオオオオオ

邪鬼王「復活したわしと戦う覚悟はできているみたいだな。」

桃子「もちろん!けど、ここは三神憑依で戦うから。犬神、猿神、雉神。」

犬神「ええ!」

猿神「邪鬼王に見せてやろうぜ!俺達の本気を!」

雉神「私達を甘く見ると、痛い目に遭うってね!」

桃子「それじゃ、行くよ!三神憑依」

パアアアアア

飛鳥「それじゃ、私達も!」

焔「ああ!覚醒した姿に変身だ!」




187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 20:25:07 ID:T3zCceCQ

ゴオオオオオオ

桃子「飛鳥と焔が変化した!?どうなっているの!?」

斑鳩「飛鳥さんは潜在能力を解放すると真影の飛鳥に。」

春花「そして焔ちゃんは背中の太刀「炎月花」を抜くと紅蓮の焔になるのよ。」

鬼姫「ほう。これは見事じゃな。」

雪泉「私達は変身する事はできませんが、全力で立ち向かいます!」

雅緋「では、始めよう。最後の戦いを!」

邪鬼王「いいだろう。まとめてかかってこい!」

桃子「それじゃ、行くよ!総攻撃開始!」

飛鳥達「おう!!」バッ




188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 20:47:00 ID:T3zCceCQ

ガキンガキンドゴーンドガーン

飛鳥「確かに手強いけど、今の私達なら大丈夫!」

焔「飛鳥達と多くの戦いを乗り越えてきたからな。邪鬼王だって倒せるはずだ!」

邪鬼王「だがわしは道元よりもそう甘くはない!雷鬼掌!」バッ

ブン

雲雀「今だ!巨大化!」

ギュオオオオオ

柳生「ひばりが巨大化した!そのまま一気に潰せ!」

雲雀「そーれ!」バッ

ズドーン

邪鬼王「ぐおっ!?」

春花「今の攻撃でダメージを与える事に成功したわ!未来、次はあなたの番よ!」

未来「お任せください!」ジャキッ

両備「だったら私達も助太刀するわ!両奈、いくわよ!」

両奈「は〜い!」




189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 21:11:54 ID:T3zCceCQ

ドガガガガガガドギューンバキューン

邪鬼王「ぬおおおおお!?」

日影「次はわし等の番や。一気に攻めるで。」

葛城「おっしゃ!気合入れていくぜ!」

斑鳩「見せてあげましょう。私の本気を。」

詠「貧乏を舐めると痛いですわよ!」

柳生「ひばりのためにも・・・、負けはしない!」

春花「こちらも同じよ。ひばりは私の大切な人だから。」

柳生「いいや、オレの大切な人だ。」

雲雀「喧嘩している場合じゃないよ!」

柳生「そうだったな・・・。それじゃ、行くぞ!」

春花「ええ!」




190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 21:14:42 ID:T3zCceCQ

ズババババドガッザシュッ

雪泉「お見事ですね。次は私達が参りましょう。」

夜桜「ええ。邪鬼王、覚悟せい!」

叢「我の本気・・・。見せてやろう。」

四季「よーし!張り切っちゃうぞー!」

美野里「美野里も本気を出すぞー!」

雪泉「では、攻撃開始!」

ズバババカキーンドガアアア

邪鬼王「この小娘共が・・・・、図に乗るなァァァァァァ!!」

ドゴオオオオ

雅緋「暴走状態になったようだな。忌夢、行くぞ!」

忌夢「了解!ボクと雅緋の絆の力、見せてあげるよ!」




191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 21:18:22 ID:T3zCceCQ

バッ

雅緋「合体忍法!」

雅緋・忌夢「悪忍達の幻想演舞!」ズババババ

邪鬼王「ぐっ!」

紫「さらに追い打ち・・・。はあああああ!!」ギュオオオオ

ズドーン

邪鬼王「うぐ・・・。わしはこんなところで倒れるわけにはいかぬのだ・・・。」

林檎「まだしぶといわね。次は私達が行くわ!」

花梨「はい!4人の力で倒しましょう!」

水花「よし!攻撃開始!」

栗「了解です。」

ドガッバキッゴオオオオ

栗「次は鬼姫さんの番です。」

鬼姫「任せるのじゃ!」バッ




192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 21:35:51 ID:T3zCceCQ

邪鬼王「鬼姫!父親であるわしを攻撃するつもりか!?」

鬼姫「私は父上に見捨てられた。その恨みをここで晴らす!」バッ

鬼姫「紅蓮波動斬!」ブン

ドガアアアアア

邪鬼王「この親不孝が・・・。グフ・・・。」

鬼姫「最後は桃子、飛鳥、焔の3人じゃ!お前達の合体技で止めを刺せ!」

桃子「OK!」

バッ

焔「戦いの中で得た絆・・・。」

飛鳥「仲間達と過ごした時・・・。」

桃子「その2つがあったからこそ、ここまで来れた。私達のその思い、全力で受け止めてあげる!」

ギュオオオオオ

鬼姫「今がチャンスじゃ!いけー!」




193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 21:40:15 ID:T3zCceCQ

桃子・飛鳥・焔「合体忍法!紅き真影のモモキュンソード!」

ズバアアアアア

邪鬼王「こ、このわしが・・・、小娘共にやられるとは・・・、認めぬ・・・、認めぬぞぉぉぉぉぉぉ!!」

ドッゴーーーーン
パアアアアア

桃子「ハァ・・・、ハァ・・・。やっと終わったんだ・・・。」

飛鳥「私達・・・、勝ったんだね!」

焔「ああ。道元、邪鬼王を倒したこそ、勝利の証だからな!」

桃子達「やった――――――!!」ピョーン




194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 21:46:47 ID:T3zCceCQ

アハハハハワイワイ

大道寺「彼女達の絆があったからこそ、この戦いを終わらせる事ができたようだな。」

凛「ええ。異世界から桃子達が来たことで、彼女達の絆が一つになったからね。」

大道寺「ああ。」

スタッ

皇天女「ようやく戦いが終わりましたね。」

桃子「皇天女様!クシナダも!」

クシナダ「邪鬼王、道元が死んだ事で、この世界の邪気がすべて消えました。よってこの世界が闇に染まる危機は当分ないでしょう。」

鬼姫「そうか。良かったのう。」

飛鳥「でも、この戦いが終わったら、桃子ちゃん達は元の世界に帰るんだよね・・・・。私、桃子ちゃん達と別れるなんてやだよ・・・。」ポロポロ

焔「飛鳥・・・。」




195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 21:53:19 ID:T3zCceCQ

スッ

飛鳥「?」

桃子「私も別れるのは辛いよ。でも、離れても心は通っているんだ。それを忘れない限り、きっと会える日が来るから。」

飛鳥「桃子ちゃん・・・。」

桃子「今度私達の世界に来たら、家においでよ。おじいちゃんもおばあちゃんも待っているから。」

飛鳥「・・・分かった。皆を連れて必ず行くよ!」

桃子「うん!約束だよ!」

皇天女「では、帰りましょう。私達の世界へ・・・。」

パアアアア

飛鳥「さよなら、桃子ちゃん。また会おうね。」

桃子「私もだよ、飛鳥。またね。」

パアアアア

こうして戦いは終わり、桃子達は元の世界に帰っていったのだ・・・。




196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 21:57:47 ID:T3zCceCQ

それから1週間後、桃里郷でお祭りが開かれた。

ピーヒャラピーヒャラドンドンドンドン

雲雀「このお菓子、おいしい!」

柳生「あまり食いすぎるなよ。」

詠「それっ!」バシャッ

林檎「おっ、やるね。」

ワイワイガヤガヤ

桃子「それにしても驚いたね。まさか皇天女様が2つの世界を繋ぐ扉を作るなんて・・・。」

飛鳥「おかげで桃子ちゃん達と早く再会できたし、皇天女様に感謝しないと!」

桃子「そうだね。」

焔「皆、花火が始まるぞ。見える場所に行こう。」

雪泉「ええ!」

四季「あっ、待ってよー!」




197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 22:06:39 ID:T3zCceCQ

ヒュルルルル、ドドーン

雲雀、美野里、未来「たーまやー!」

ドドーン、ドドーン

飛鳥「綺麗だね、桃子ちゃん。」

桃子「うん。飛鳥。」

飛鳥「?」

スッ

桃子「また一緒に戦う事になるけど、これからもよろしくね。」

飛鳥「もちろんだよ!だって私達は親友なんだから!」パシッ

桃子「そうだね!」ニコッ

焔「おい、飛鳥!私の事も忘れるなよ!」

雪泉「そうですよ!私だって飛鳥さんの親友ですから!」

飛鳥「アハハ、ごめんごめん!」

雪泉「まったく・・・。」

ハハハハハ




198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/02(火) 22:38:30 ID:T3zCceCQ

こうして、桃子達の戦いは終わり、この物語は幕を閉じる。
だが、彼女達の物語はこれで終わりではなかった。
桃里郷での祭の1週間後、桃子達は『閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS』の舞台である千年祭の世界へ飛ばされてしまう。
そこで異世界からの戦士達と出会う事になるのだが、それは別のお話である。

桃子「皆、また会おうね!」

飛鳥「バイバーイ!」

〜完〜




・SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 閃乱カグラVSモモキュンソード 爆乳大戦記
カテゴリー「その他版権物SS」のSS一覧
管理人 のオススメSS(2015/04/03追加)
【※驚愕GIF※】スキンヘッドを女性器に突っ込もうとした結果wwwww
えっマジ!?ソー●ランドに行ったらこんなことまでしてくれるの?
ノリノリで全裸オナ●ーを世界に配信するギャルが過激すぎるwww【エ□画像29枚】
【オカルト】イッテQの怪奇現象・・・怖すぎ
【ぼ●き注意】 これが今のコロコロ読者を性に目覚めさせてる漫画か・・・ (画像あり)
【モバマス】夏樹「だりーに壁ドンしてみた」【R18】
阿笠「光彦君のアナルとわしのアナルを交換するスイッチが完成したぞい!」
【画像あり】(´・ω・`)「デカチン!」
大泉洋「いま魔王って言ったかいキミ?」
【R-18】提督「デリヘルを呼ぼう」【閲覧注意】
海馬「ブルーアイズでヌけなくなっただと…!?」
ぉゃι゙「ぉぃ ヵッォ」 ヵッォ「ぁ?」
悟空「マ、マンがねえ……クリも」
女騎士「イキたいか?なら機密を吐け」 シコシコ  俺「くっ、何を祖国を裏切るつもりはない!」
俺「シルバニアファミリーを人質に取った、解放して欲しくば飯とポカリ1.5Lをここに持って来い」
凛「何でアンタ私の服着てるのよ!」アーチャー「誤解だ、凛!」
ライオン「俺は百獣の王だ」ダイヤモンド「私は絶対砕けない」
渋谷凛「プロデューサーってさ、ロリコンだよね」
睦月「提督と吹雪ちゃんの性事情がおかしい」

 

最新記事50件