転載元:男「いやァ、もうだめでしょう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 14:04:11.35 ID:BxsgERTK0

久しぶりの帰省だった。

また今度来れるのはいつかわからなかった。

だから、帰りの電車が来る前に、近くの山の上からの景色を、目に焼き付けておこうと思った。

やさしくはない山道だった。けれども子供の頃はすいすいとのぼっていったものだった。

昔のことを思い出しながら、山の天辺めざしてからだを動かしていると、なまりきっていたせいか、足を踏み外してしまった。

「うわあ────ッ」

そして、そのまま転げ落ちていった。木や石や岩に殴られながら、ごんごん、ごんごんと。

ようやく落ちきったかと思ったころには、体中からじんわりとした痛みのかわりに、暖かさがどこかへ流れていた。

ああ、なんて寒い夜だ。もう清明も近いというのに。







2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 14:25:21.14 ID:BxsgERTK0

なにもすることができず、ただ夜空とそこらの木々を眺めていたら、いつのまにか朝になっていた。

もうそろそろ、暖かくなってきてもいいころじゃないかと思っていたが、からだは冷めていく一方だった。

たぶん、死ぬなァ。

そう思っていたら、落ち葉を踏む音が聞こえてきた。どんどん、近付いてくる。

「あっ」

足音の主がこちらからでも見えるところに来たら、その人はすぐさまこの有様に気付いて駆け寄ってきた。

「大丈夫ですか」

彼はなにかの入ったケースを片手に提げ、黒いフロックコートを着ていた。

こんなきちんとした格好でする仕事はこのあたりにはないので、きっと同じように、帰省してきたのだろうと思った。

「これは、いやなものを見せてしまいましたな。帰省されてきた方ですか」

「ええそうです。少しこらえてください、すぐに手当てをします」

少し早口でそう言うと、手に持っていたケースを開き、素人にはよくわからない道具をいろいろ出した。

どうやら医者の方のようだ。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 14:41:40.54 ID:BxsgERTK0

「医学会の帰りかなにかで」

尋ねると、やはり早口で答える。

「はい。すぐそこに、実家が」

そういえば、確かに小さな家があった。いつもイ草のむしろが積まれていた記憶がある。

それにしても、なんといい風だろうか。

空も、青く澄み渡っている。

すぐそばでお医者様が必死に手当てしてくださっているというのに、のん気なものだ。

しかし不思議な落ち着きがあった。

そして何を思ったか、いつの間にか話し始めていた。

「このあたりは紅葉の季節が良いといいますが、やはり今のように新芽で覆い尽くされているのも、いいものですなァ」

医者の方は少し驚いたような顔をされたが、すぐにやさしい声で答えた。

「そうですね」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 14:53:45.09 ID:BxsgERTK0

「わたくしも久しぶりの帰省で、帰る前にこのあたりを眺めておきたいと思っていたのですが」

およそ独り言のようなことばに、手当てに集中しながらも、こくこくと相槌を打ってくれている。

「足を滑らせてしまいまして」

「大丈夫です、助けてみせます」

弱音のつもりではなかったが、しかし力強い励ましの言葉をかけてくれる。

きっといいお医者様なのだろうと感じさせる。

けれど、自分のからだのことはやはり自分が一番わかっているとはいうものだ。

患者を自分のせいで死なせてしまったと、気負ってもらわないように、声をだす。




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 15:03:17.16 ID:BxsgERTK0

「いやァ、もうだめでしょう」

ああ、声が出し難い。

「血ががぶがぶ湧いて、止まりませんな」

もはや苦しくもないが、力が入らない。必死に言葉を紡ぐ。

「ゆうべから、ずっとこんな調子ですから」

ゆうべから、という言葉を聞いて、その人は顔を険しくした。

「諦めないでください、わたしが、必ず」

もう、いいのです。わたくしは苦しくもありません。きっと、たましいが半ば、からだを離れたのでしょう。

そう言いたかったが、口がわずかに動くのみで、もう声も出なかった。




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 15:13:29.59 ID:BxsgERTK0

その様子を見て、大丈夫です、こらえてください、と言葉をかけてくれたが、応えることもままならない。

血が流れすぎたせいだろうか。ああ、ひどいものだ。

きっと彼は、このあと悔しがるのだろうが、こんなに必死に手当てをしてくれたのだから、文句のあるはずもない。

どうにか伝えたい。しかし声はもう出ない。

わたしは彼の眼をじっと見る。

眼で語りかける。

あなたのせいではない、こんなに本気の手当てを、ありがとう。




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 15:18:48.17 ID:BxsgERTK0

しかし、いい空である。

風が目に見えるように吹いている。


あなたの方から見たら、ずいぶんひどい景色でしょうが、


わたくしから見えるのは、


やっぱりきれいな青空と、


透き通った風ばかりです。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 15:20:33.12 ID:BxsgERTK0

宮沢賢治作、『眼にて云ふ』を基にしたお話でした。
最後にその詩をどうぞ。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 15:21:15.99 ID:BxsgERTK0

     眼にて云ふ

だめでせう
とまりませんな
がぶがぶ湧いてゐるですからな
ゆふべからねむらず血も出つづけなもんですから
そこらは青くしんしんとして
どうも間もなく死にさうです
けれどもなんといゝ風でせう
もう清明が近いので
あんなに青ぞらからもりあがって湧くやうに
きれいな風が来るですな
もみぢの嫩芽と毛のやうな花に
秋草のやうな波をたて
焼痕のある藺草のむしろも青いです
あなたは医学会のお帰りか何かは知りませんが
黒いフロックコートを召して
こんなに本気にいろいろ手あてもしていたゞけば
これで死んでもまづは文句もありません
血がでてゐるにかゝはらず
こんなにのんきで苦しくないのは
魂魄なかばからだをはなれたのですかな
たゞどうも血のために
それを云へないがひどいです
あなたの方からみたらずゐぶんさんたんたるけしきでせうが
わたくしから見えるのは
やっぱりきれいな青ぞらと
すきとほった風ばかりです。




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 15:38:29.91 ID:2Dl+lWDAO


上手く言えないけれど、素敵だ
凄惨なのに美しく、空虚なのに満ち足りている




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 16:27:33.61 ID:keRjcXiIO

乙!




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 20:28:07.45 ID:+NFlrJbfO

おつおつ
いいねこういうの




・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】男「いやァ、もうだめでしょう」
カテゴリー「神・幽霊・妖怪・不思議・奇妙」のSS一覧
管理人 のオススメSS(2015/04/03追加)
街中で赤外線カメラを使ったら透け透け下着天国に(20枚)
【※チンピク注意※】無能そうで実は有能な体位がコレwwwww(画像あり)
【JSオナ●ー】最近の子は未成熟マ●コを弄る年齢が早すぎる〜www♪
子供じゃない!?「合法ロリ」とういう最強のジャンルがヤバすぎるwwwこれでぼ●きしたら犯罪者予備軍!?
娘「うぅ…う…」 警察「女児誘拐!!!」 俺「えっ?」
【画像】オロナミンCの広告 気持ち悪すぎると話題にwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【ボッキ注意】妹(14)に電気アンマしてみたらwwwwwwww(※画像あり)
【愕然】すき家で露出してた女子高生wwwwwww
【必見!】 正しい手マンの仕方をご覧くださいwwww
【ボッキ注意】15年前のエッロ漫画wwwwwwwwww(※画像あり※)
上条「見ろや!!このチ○コ カッチカチやぞ!!」 禁書「古チンなんだよ……」
時雨「鎮守府であった怖い話?」 夕立「っぽい!」
上条「吹寄のお○ぱいを揉む10の方法?」
八神マキノ「甘いのは...いいでしょ」

 

SS宝庫最新記事50件