転載元:シンジ「カヲル君を躾ける」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/26(日) 16:10:24.84 ID:U5RU3Hk30

今回のシンジ君とカヲル君はキャラ崩壊一直線です。
オチどころか出だしさえも考えてないです

尚、尻大会待ちの方は此方で我慢お願いします

前回までの作品
シンジ「カヲル君の写真集?」
シンジ「カヲル君が最近おかしい」
シンジ「カヲル君とデート?」



_______________________________

ネルフ内





シンジ「」テクテク

カヲル「やあ、シンジ君」

シンジ「!カヲル君もネルフに用があったの?」

カヲル「新しいプラグスーツを試しに着てほしいと頼まれていてね」

カヲル「君はまた葛城三佐の忘れ物を届けに?」

シンジ「あはは...まあ、そんな感じだよ」

カヲル「シンジ君はいつもしっかり屋さんなんだね」

カヲル「でも、たまには他人に甘えることも大切だ」

カヲル「もし何か悩み事があるならその時はいつでも僕のところへおいで」

カヲル「相談くらいには乗ってあげられると思うから」ニコッ

シンジ「...うん、ありがとうカヲル君」

カヲル「ふふ、お礼を言われる程のことはしてないよ」

カヲル「そろそろ赤木博士との約束の時間だ、また会おう」

シンジ「(カヲル君って誰にでもこうなのかな)」

シンジ「(女子にモテモテだから、その内可愛い彼女も出来るんだろうなあ)」

シンジ「(彼女が出来たら、僕にもこうやって接してくれる機会は少なくなるよね)」

シンジ「(カヲル君を僕だけのものにするには、どうしたらいい?)」

シンジ「.............」









シンジ「 カヲル君を躾けよう 」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/26(日) 16:15:08.68 ID:Z3+v5/kuO

なぜその発想になるのか…(困惑)





 
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/26(日) 16:31:02.63 ID:U5RU3Hk30


__________________________



シンジ「カヲル君!」タッタ

カヲル「おや、どうしたんだい?」

シンジ「やっぱり僕も着いて行っていいかな」

カヲル「それは構わないけれd「なら良かった!」

カヲル「...?まあ、とりあえず行こうか」


__________________________

赤木博士 研究室




カヲル「失礼します」

リツコ「あら、珍しいわね。貴方が予定より遅く来るなんて」

シンジ「...すみません、僕が着いて行きたいなんて我儘を言ってしまって」ヒョコッ

リツコ「そうだったのね。良いの、特に急ぎの用件でもないわ」

リツコ「今回は新しいプラグスーツを着て肉体にフィットするかを確かめてほしいだけ」

リツコ「後日結果を聞いて良好だったら今度の実戦テストで試しに着用してもらうことにはなるけどね」

カヲル「分かりました、では着用後のプラグスーツは後程返せば?」

リツコ「いえ、もう型は取ってあるの。だから捨てて貰って構わないわ」

リツコ「着替えは上にある更衣室を使ってちょうだい」

シンジ「......」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/26(日) 17:15:16.98 ID:U5RU3Hk30


__________________________

男子更衣室



カヲル「シンジ君、流石に此処まで着いてこられると」

シンジ「ごめん、迷惑だったよね...」

カヲル「い、いや、いいよ」ニコ

カヲル「ただ、着替えている間は仕切りの外に出ておいてね」

シンジ「分かった」

カヲル「ありがとう、なるべく早く済ませるよ」

シャッ

シンジ「......」

カヲル「♪〜♪〜」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/26(日) 17:30:46.57 ID:U5RU3Hk30

_______________________


シャッ

カヲル「シンジくーん、着替えたyってわ!?」

ドサッ

カヲル「大丈夫かいシンジ君、怪我は...」

シンジ「無いよ、大丈夫」

カヲル「......」

シンジ「......」

カヲル「.........」

シンジ「.........」

カヲル「シンジ君、あの」

シンジ「何かな」

カヲル「そろそろ僕の上から退いてくれないかな」

シンジ「......やだ」チュ

カヲル「!?」

シンジ「ねえ、カヲル君...僕、カヲル君とシたいな」

シンジ「カヲル君が僕の事嫌いだって言うなら諦めるけど」

カヲル「...ん?いや、好きだよ。僕は君に会う為に生まれてきたんだからね」

シンジ「じゃあ」

カヲル「でもねシンジ君!こういうのは本当に親密な関係になってからじゃないとダメだよ」

シンジ「やだよ、だってカヲル君は僕が好きなんでしょ?」

シンジ「それなら両想いってことだし、こういうことしても良いと思うよ」

カヲル「いや、でも...」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/27(月) 17:44:29.20 ID:zAo3q83b0



シンジ「......」チュッチュッチュク

カヲル「ッふ、は」

シンジ「......」チュ、チュ

カヲル「ぁ、ぅん...」

シンジ「ほらカヲル君、もう勃ってるよ」サワ

カヲル「ひッ...!」ビクッ

シンジ「もしかして触られるの初めて?初めてが僕で嬉しいなあ」

シンジ「僕も初めてだからよく分からないけど」

シンジ「出来るだけ優しくするから、安心してね」

ビリッ

カヲル「やっ、やだぁ、シンジ君...ッ!」

シンジ「このプラグスーツ少し小さいんじゃない?簡単に破れちゃった」

サワ、コスコスコス

カヲル「ふ、あぁッ...やぁ、ぅぁ」

カヲル「...!?シンジ君、何を」

シンジ「今度は僕が口でシてあげる」

パクッ

シンジ「ん...はむ、ちゅ、ちゅ...」

カヲル「はッ、ひゃ...し、シンジく、それ、ダメ...あぁッ」ビクビク

シンジ「ひもちひい?」

カヲル「そ、こで、喋らないで...!」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/27(月) 18:49:48.32 ID:zAo3q83b0


カヲル「もぉ、ほんと、むりぃ...」

シンジ「ッふぅ、もう出ちゃいそう?」

シンジ「じゃあそろそろだね」ヌギヌギ

カヲル「...シンジ君?」

シンジ「カヲル君の精子、僕の中に沢山欲しいな」ニコ

ズプププ...

シンジ「んぁあッ僕のお尻にカヲル君のが入ってきてるぅ...」トローン

カヲル「ッ...ッッ!」ビク

シンジ「カヲル君、何で我慢するの...?」

ズチュ、ズズ...

カヲル「〜〜〜ぁあッ!」ゾワゾワ

シンジ「んはッ...全部入ったぁ

ズッズッズッ...

カヲル「ふぁあッ、ッ」

シンジ「あッ、んん」


ズプ、ズプ、ズッ

カヲル「ぁふ...ッ、シンジ君、僕、も...」

シンジ「う、ん...ッ!いいよ、全部出して」

ズッズッズッズッズッズッ

カヲル「ゃ、ダメ、ダメだよ、ぁ〜〜〜〜ッッッ!!」

ドクッドクドクドク...

シンジ「ぁっぁすごい、カヲル君のせーし、僕の中に全部きてるっ

カヲル「」ハァ、ハァ




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/27(月) 20:06:35.07 ID:s8C1mkMeo

シンジくん誘い受けとか最高




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/28(火) 17:40:59.72 ID:DqgtS3Xz0


シンジ「ん...カヲル君、もしかして嫌だった?」

シンジ「やっぱり僕が好きじゃないからかな」シュン

カヲル「え?いや、そうじゃない、そうじゃないんだ!」

カヲル「ただ...突然のことだから混乱してしまって」

シンジ「あまり気持ちよくなかった?」

カヲル「ううん、そうは思わない、よ」

シンジ「ならいいんだ、僕も気持ち良かった」ニコニコ

カヲル「(僕のシンジ君はこんな痴女じゃない...)」ブツブツ

カヲル「(こう、「ダメだよカヲルくぅん...///」みたいなシンジ君がシンジ君だ)」ブツブツ

カヲル「(これじゃ僕が受け同然じゃないか!)」ブツブツ

シンジ「カヲル君、もう一回シよ?」ニコ

カヲル「」



____________________________________

六時間後 ネルフ前



シンジ「ふう」ツヤツヤ

シンジ「(あれから20回以上は中に出して貰えた)」

シンジ「(普通なら気を失ってもおかしくないんだけど)」

シンジ「(やっぱり使徒って凄いや!)」ルンルン

アスカ「あっ、バカシンジ!」

シンジ「あれ、ゲr...アスカ」

アスカ「アンタ今まで何処ほっつき歩いてたワケ?」

アスカ「もうすっかり晩御飯の時間じゃない」

シンジ「探してくれてたの?」

アスカ「バッ...///そ、そうじゃないわよ!」

アスカ「ネルフにたまたま用があって来たらアンタを見つけただけ」

シンジ「ふうん、じゃあ先に帰って御飯作っておくよ」

アスカ「...あ、そういえばあの用事明日で良かったのよね〜」

シンジ「......アッハゾー」


_____________________________________

帰り道



アスカ「大体何でネルフに居たのよ」

シンジ「ちょっとね、カヲル君と会ってたんだ」

アスカ「ハァ?それで六時間も使うの?」

シンジ「元々はミサトさんの忘れものを届ける為に行ったんだけどね」

シンジ「会ったらつい話し込んじゃった」

アスカ「ピアニストホモと話して何が面白いんだか」

アスカ「身構えてないとアンタ、喰われるわよ!」フイッ

シンジ「あはは...」

シンジ「(違うよアスカ、僕が喰ったんだ)」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/28(火) 20:34:28.51 ID:DqgtS3Xz0


____________________________

翌朝 学校





ガラガラ


カヲル「おはよう...」

シンジ「カヲル君ッ!おはよう」ガタ

カヲル「...あ、うん、おはよう」ニコ

トウジ「何や?いつもはセンセが話し掛けてくるときっしょい笑顔浮かべるやないか」

ケンスケ「有り得ない程引きつった笑顔じゃないか」

ヒカリ「碇君はいつも以上にご機嫌ね...?」

シンジ「どうしたのカヲル君、具合悪い?保健室行く?」

シンジ「...今日は保健室でする?」コソッ

カヲル「ッ」ビクッ

カヲル「何でもないよ、何でもね!」

ガラガラッピシャ

アスカ「グーテンモーゲン!」

カヲル「あああセカンド今日も君は美しいね見惚れてしまいそうだ」アセアセ

アスカ「ハァ?アンタバカァ!?」

綾波「...変」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/28(火) 20:51:12.39 ID:DqgtS3Xz0


_________________________

昼休み



カヲル「はぁ......」

カヲル「(シンジ君のことは確かに好きだ)」

カヲル「(でも、突然ああいうことをするのは何だか...)」

カヲル「(僕は知らない内にシンジ君に何か負担をかけてしまったのかもしれない)」

アスカ「何よホモ、今日はやけにシンジに素っ気ないのね」

カヲル「......」

アスカ「折角私が気にかけてやってんのに無視ってワケェ?」プンプン

カヲル「...ごめん、ちょっとね」

アスカ「...アンタがそんなだと調子狂うのよ」

アスカ「今日は特別にジュース一本で相談に乗ったげる」

カヲル「...もし」

カヲル「もし、今まで自分が好意を寄せていた人にいきなり告白されたら」

カヲル「リリンはすぐに答えを出せるものなのかい?」

アスカ「は?...は?」

アスカ「ムキィィィッ!!!てっきりアンタらが喧嘩したのかと思って相談に乗ったげようとしたのに!」

アスカ「ホモなんじゃない!有り得ないッ!!!」ダンダンダン

カヲル「質問に答える気になってくれないかな」

アスカ「...まあ、人によるんじゃない」

アスカ「私は即効OKを出すけど、ヒカリなんかは一晩じっくり考えた上で答えを出すと思う」

カヲル「...僕はシンジ君と、普通の恋人のような付き合いをしていたいんだ」

カヲル「メールをしたり、電話をかけたり」

カヲル「休みの日に一緒に出掛けたり、音楽室で普段のようにピアノを弾いたり」

カヲル「たまには互いの部屋に泊まって夜ふかししたりね」

カヲル「でもキスやその先は、もっとお互いのことを知ってからじゃないと無理だ」

カヲル「僕はもっとシンジ君を大切にしたいんだ...」シュン

アスカ「アンタ......」


____________________________

その頃 ドン〇ホーテ



シンジ「SMグッズはこの辺かなっと」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/28(火) 21:00:09.34 ID:DqgtS3Xz0



_____________________________

放課後 教室




ガラガラ


シンジ「すっかり遅くなっちゃった...」

シンジ「!カヲル君、待っててくれたの?」パァァァ

カヲル「...ねえ、シンジ君」

シンジ「何?あ、色々道具とか買ってきたから使ってみようよ」

シンジ「場所は僕の部屋でいいよね?アスカも今日は遅いらしいから」

カヲル「そうじゃないよ」

カヲル「.........」


アスカ『本当にバカシンジを大切にしたいと思うなら』

アスカ『その気持ちをバカシンジ本人にちゃんと伝えなきゃ意味ないのよ!』


カヲル「.........」ギュッ

シンジ「?」

カヲル「...僕は何かシンジ君を変えてしまうようなことをしたんだろう?」

カヲル「昨日からシンジ君は無理をしているよね」

シンジ「えっ」ドキィッ

カヲル「でも、僕はシンジ君が大好きだから」

カヲル「いきなりあんなことはしたくなかったんだ」

カヲル「君にはもっと自分の身体を大切にしていてほしい」

シンジ「......カヲル君」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/28(火) 21:04:37.15 ID:DqgtS3Xz0



シンジ「僕も、カヲル君の優しいところが大好きなんだ」

シンジ「だけど、カヲル君の優しさは僕だけのものじゃなくって」

シンジ「それがどうしても悔しかったからさ」

シンジ「カヲル君を躾けて、その優しさを僕だけのものにしようとしたんだ」

シンジ「自分勝手なことしちゃって、ごめんね...」ウルウル

カヲル「...シンジ君ッ!!」ダキィッ!!

カヲル「僕の方こそごめんね」

カヲル「明日からは君を傷付けてしまわないように頑張るから...」

シンジ「...うん」





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/28(火) 21:13:32.36 ID:DqgtS3Xz0



___________________________

翌日 学校




ガラガラ


シンジ「おはよう!」

カヲル「おはようシンジ君!!」ニコォッ

トウジ「何や、やっぱり喧嘩やったんかいな」

ケンスケ「イヤーンなカンジ」

ガラピシャ

アスカ「グゥテェンモーゲェン!!」

アスカ「って、アンタらもう仲直りしたのォ?」

アスカ「朝から暑苦しいのよこのホモップル!!」

カヲル「んー、口の臭いゲルマン女はドイツに帰ってくれないかな」ニコニコ

アスカ「」



☆  躾 け 成 功  ☆



終わり



内容がいつも以上にすっからかんな上時間がかかってしまいすみません
エロSS以前にR18モノを書いたことが無いので多めに見て下さい
途中までカヲル君が受ける側だったんですが、気分で安定のシンちゃん受け





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/28(火) 23:59:13.90 ID:A8HTUPJyo


やっぱりシンジくんは受けがいい




・SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介でした
 【SS速報VIP】シンジ「カヲル君を躾ける」
カテゴリー「新世紀エヴァンゲリオン」のSS一覧
管理人 のオススメSS(2015/04/03追加)
【エロGIF】こんなに可愛い美少女がパイパンで、しかも大量に潮を吹くなんて・・・・・・・。
卯月「凛ちゃんって……生えてるんですか?」
アスカ「ひゃわあぁぁ♥おちんぽずぼずぼ気持ちいひぃぃぃぃっ」
【驚愕GIF】女子小○生が鉄棒でグリグリオ○ニーしてるぞwwwwwwwwwwwwwww
ハヤテ「そうなんだ、みんな巨乳ばかりなんだ」
【モバマス】夏樹「だりーに壁ドンしてみた」【R18】
【※ドS集合※】ドS向けGIF画像だよ全員集合スレ → 「20は氏ねるw」「7で草wwww」「16ワロ...
【R-18】俺「今日も黒ギャルさん達に性処理道具扱いされた…」
【ボッキ注意】 橋本環奈(16)のぷりっぷりの生意気オッパイwwwwwwww (GIF画像あり)
【R-18】女敵兵「くっ・・・好きにしろッ!」
【激エロ注意】 身長152cmバスト100cmのオッパイをご堪能してくださいwwwwww (GIF画像あり)
アスナ「このオッカのみっておっぱいで潰せないかな?」 コータス「コォーッ!」
遊矢「ハァハァ・・・柚子ゥ・・・」シコシコシコ ユート「・・・」
【流血描写注意】穂乃果「さ、はやく学校行こう真姫ちゃん」
遊矢「遊星さん!権現坂が不動の姿勢でウンコしてる!」 ジャック「何だと!?」

 

最新記事50件