1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:18:22.793 ID:vnq1VYObM.net

少女「これまでの人生、感謝されたことしか無かった」

男「そう。でも、それはいいことなんじゃない?」

少女「私だって、たまには人に恨まれたい。思い切り、罵詈雑言を浴びてみたいんだ」

男「そうなんだ。じゃあ>>5をしてみるとか」




5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:28:07.960 ID:ZsKBnt3t0.net

自殺




元スレ
少女「私は悪人になりたい」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1428218302/


 
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:32:27.059 ID:vnq1VYObM.net

少女「自殺?」

男「うん」

少女「私は悪事が働きたいのよ?」

男「人に恨まれたいんだろ? 自殺すれば、君の近しい人が、きっと恨みごとを言ってくれるはずだよ」

少女「そういうものかしら」

男「少なくとも、僕は言うね。『なんで死んだんだ』ってさ」

少女「なるほど。分かったわ。それなら私、>>9で自殺する」




9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:33:49.220 ID:QkdlrleM0.net

大通りで脱糞




11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:35:02.219 ID:zu7qzXry0.net

>>9
興奮した




12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:38:18.041 ID:vnq1VYObM.net

男「なんでそんなに奇抜な方法に? 普通に首吊りとかでいいんじゃない?」

少女「ダメよ、そんなんじゃ。せっかく死ぬんだもの。私の人間としての価値を最大限に貶なきゃ。
  そうした方が、死んでいった私に対して、みんな何か言いたくなるものなんじゃないかしら」

男「そうかな。僕には分からない」

少女「分からないでしょうね。人に恨まれたいがために、これから死んでいく人の気持ちなんて」

男「今からでも考え直さないかい」

少女「それは無いわ。じゃあ、そう言うことだから」

そう告げると、大きな通りの方へ向けて、少女は歩き出した。




13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:39:04.946 ID:zu7qzXry0.net

ひどすぎる




14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:44:26.609 ID:vnq1VYObM.net

〜大通り〜

少女「さすが日曜のこの時間ね。人通りも、車通りも普段より多いわ」

誰に言うとでもなく呟くと、少女は下半身の衣服と下着を脱ぎ去り、その場にしゃがみ込んだ。
通り行く人が数人、はたと足を止め、奇行に走る少女へと戸惑いの視線を送る。

少女「……っ!」

下腹部に力を込めると、大便の前にまず尿が出た。
それは濡れた地面を流れ、雨とともに歩道と車道の間の排水溝へと吸い込まれていく。

通行人「おいおい。何やってんだ……? あの子……」

好奇の目を向ける者。不快に顔を歪める者。スマートフォンと取り出す者。
遠巻きに見ている人々の反応は、様々なものがあったが、
少女はそれが目に入っていないかのように、手際よく排便行為を済ませるのだった。




15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:49:52.316 ID:vnq1VYObM.net

通行人「うっ……。何食ったらこんな匂いになるんだよ……」

イヤラシイ笑みを浮かべていた数人も、少女の便の排出が始まると、
一様に鼻をつまみ、不快感をあらわにした顔を背けるのだった。

少女「……三日ぶりなんだもの。しょうがないでしょう」

これから死のうと考えている人間にも、多少の羞恥心はあるようで、
別段誰かに伝える気もないのに、ついと口をついて言い訳の言葉が出た。

遠くの方で、サイレンの音が聞こえる。
少女は慌ててお尻を拭くと、下着とプリーツスカートを身に着けた。
彼女がその場から立ち去ろうとしたとき、ちょうど一台のパトカーが現場に到着した。




16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:53:28.886 ID:vnq1VYObM.net

警察「ちょっと待ってねー。君、いったい何してるのー?」

少女「……離してください」

パトカーから降りた2人の警官に脇を挟まれ、少女は身動きが取れなくなってしまった。

警察「そうはいかないんだよねえ。ちょっと通報があってね」

その頃にはやじうまの数は相当なものになっていたし、
警察の登場で、さらにその数を増しているようだった。

少女「私は死にたいんです! 離してください!」

少女は小さな身体を振って滅茶苦茶に暴れるが、
鍛えているであろう男二人の力にはかなわなかった。

警察「死にたい? それなら余計に離すわけにはいかない。君は>>18




18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 16:57:05.512 ID:iuS4JFkzM.net

俺が殺す




19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:03:03.080 ID:vnq1VYObM.net

そう言った警察の一人が、腰に差した拳銃を抜いた。
黒光りするそれは、ホルスターとコードで繋がっていて、
『まるで、昔の電話機みたいだな』と少女は場違いにもそう思った。

警察「じゃあね。君には自殺させてあげない」

一発の銃声と、大勢の上げる悲鳴と怒号。
それらが混じり合うようにして、銃口の先から伸びる硝煙と共に、灰色の雨空に吸い込まれていった。

こめかみのあたりから鮮血を吹き出しながら、少女は水溜りの上に倒れ込んだ。
激しく飛沫の上がる音と、たくさんの足音が聞こえる。




20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:06:57.959 ID:vnq1VYObM.net

――どうして、あんなことをしたのか。

そう問われると、警察は青ざめた顔で、

――分からない。

とだけ答えた。

一人の少女の命を奪った正義の使者は、
自責の念に駆られたためか、裁判の進む最中、自らの命を絶った。

彼の遺書はといえば、

『なんであんなことをしたのか、自分でもわからない』

そんな言葉で埋め尽くされていて、結局のところ、最後まで、真実は誰にも分からずじまいだった。




21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:10:26.825 ID:vnq1VYObM.net

男「どうだった? うまいこと、人の恨みは買えたかい?」

少女「ダメだったわ。恨みを買ったのは、私とは違う、別の人だったみたい」

男「そう。それは残念だったね」

少女「ええ。とっても。恨みごとどころか、同情されてしまったわ」

男「だから『簡単な方法で自殺しろ』って僕は言ったんだよ。
 変に気取ったことするから、おかしなことになるのさ」

少女「そうね。それは悪かったわ」

男「じゃあ次は、君の望みとは逆になってしまうけど、”償い”をしないとね」

少女「償い?」




22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:15:13.997 ID:vnq1VYObM.net

男「ああ。君のせいで人が死んだ。君が殺したようなもんさ」

少女「あら。私だって彼に殺されたのよ?」

男「君が自殺を望んだからね。彼は被害者だよ。市民からの人望も厚い、真面目な警官だったのに」

少女「そうね。あなたはそうやって、全部私のせいにするのね」

男「君は悪人になりたいんだろう? 夢がかなって良かったじゃないか」

少女「こういうのじゃないのよ。私がなりたいのは」

男「まぁいいよ。君のわがままにいつまでも付き合っていられない。
 君は、彼を殺した責任を負わなきゃいけないんだ。償いのために>>24するべきだよ」




25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:33:57.266 ID:UIgGXAjf0.net

平穏な幸せを手に




26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:38:05.042 ID:vnq1VYObM.net

男「君はね、平穏な幸せを手にするべきなんだ」

少女「えー、と。私の言っていたこと、もう忘れちゃった? 私はね、悪人になりたいのよ」

男「ああ、知っているさ。だからこそ、幸せに、平穏の中で生きて行くんだ。死んでいった彼のためにね」

少女「分からないわ。あなたが何を言っているのか」

男「頭の固い君に説明してあげるよ。
  非難を受ける人というのはね、負のエネルギーの受け皿なのさ。
  それとは逆に、幸せを振りまく人は、正のエネルギーの供給源なんだ」

少女「自分の考えを押し付けるのはやめて。あなたの方こそ頭が固いわ」




27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:45:08.269 ID:vnq1VYObM.net

男「じゃあ分かりやすい例を挙げよう。
 死んでいった彼は、頭のおかしな殺人者として世間に非難されているよね」

少女「そうね」

男「結局のところ、彼は君のわがままに巻き込まれただけなわけだけど、
 それってどういうことだと思う?」

少女「さあ。質問の意図が見えないわ」

男「世の中の人に負の感情を植え付けたのは、他でもない君のわがままだ」

少女「だから私は悪人だって? そんなのは詭弁よ。
  私を非難している人なんて誰もいないじゃない」

男「そこまでは言ってないよ。だから、君には償いが必要だって話さ」

少女「……ごめんなさい。言っている意味が、全く分からないのだけど」




28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:53:36.600 ID:vnq1VYObM.net

男「じゃあ言い方を変えよう。自分の命を奪った君が幸せになったら、彼はどう思うかな」

少女「きっと、許せないんじゃないかしら」

男「そうだね。それで君は笑ってやればいい。悪人らしくね」

少女「へえ」

男「君は悪人になれる。償いもできる。まわりも幸せになる。誰も損しない、いい提案だと思うでしょ?」

少女「……あなたの口車に乗るようで、あまりいい気はしないけど」

男「そこが君の悪いところだよね。もうちょっと素直になりなよ」




29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 17:58:39.509 ID:vnq1VYObM.net

少女「分かったわ。私、笑って、幸せに生きる。彼のためにもね」

男「うん。いいんじゃないかな」

少女「死んだ人間のために笑うって、ひどい悪人だと思わない?」

男「そうだね。ひどい悪人だね」

少女「ふふ。やったわ。私もようやく悪人になれた」

男「おめでとう。協力できたようで、僕もうれしいよ」

少女「ありがとう。これで長年の夢がかなったわけだけど、ついでに、もうひとつだけいいかしら」

男「なんだい。もうここまできたら、わがままがひとつふたつ増えようが構わないさ」

少女「あら、あなたも優しいところがあるのね。今、ふと思ったんだけど」

男「うん」

少女「私ね、善人になりたいの。どうしたらいいかしら」

終わり




30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 18:01:04.641 ID:vnq1VYObM.net

読んでくれた方、レスくれた方、ありがとうございました。




31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 18:04:53.699 ID:V4pGalVTd.net






32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/05(日) 18:19:21.408 ID:UIgGXAjf0.net

お疲れ様です
幸せになってもらいたいものです





カテゴリー男「」女「」のSS一覧
管理人のオススメSS(2015/04/03追加)
【NARUTO-ナルト-】サクラ「私のオマ●コはナルトの形になってるんだからぁ…♥」
【gifあり】AV撮影NG集くっそワロタwwwwwwww
【ほぼ全裸】くっそエ□い下着姿の美女がノーパンノーブラになる一部始終を見てみようwwwww
王様ゲームでクラスの女子全員のお●ぱいを見た修学旅行
女「あ、こら!失礼でしょやめなさい!」(i)「まん!まんまん!」俺「はははよしよし」
【遊戯王】俺「あなだ今インヂキじまじたよねぇ〜?」

 

最新記事50件