1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:58:13.492 ID:jRqfZOEdM.net

風紀「それって、トイレの花子さんとか、深夜にひとりでに鳴り響くピアノの音とかってやつ?」

不良「ああ。怪奇現象にみんなほとほと困ってんだよ」

風紀「まぁ別にいいけど……。じゃあ、深夜0時に校門前集合でいいかな」

不良「はぁ!? 私も行くのかよ!?」

風紀「もちろんさ。君もしかして、ビビってる?」

不良「な、何言ってんだテメー! 私がオバケ風情にビビるわけねぇだろうが!」

風紀「それなら決まりね」

不良「お、おう。お前こそ逃げねーでちゃんと来いよ」

風紀「うん。ところで、最初の七不思議は何?」

不良「>>5




2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:59:21.293 ID:Q0quFxTtd.net

トイレのウンコが流れない




3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:59:35.903 ID:SmuAqwmK0.net

花子さん




4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:00:09.192 ID:2fiXJovh0.net

風紀がカマっぽい

花子さん




5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:03:00.892 ID:FXkkHwRO0.net

お姉さんタイプの花子さん




元スレ
不良少女「ちょっと力を貸してくれ」風紀委員男「学園の七不思議?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1427810293/


 
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:07:07.552 ID:jRqfZOEdM.net

〜深夜0時過ぎ・校門前〜

不良「お、おせーぞこの馬鹿野郎。ビビっちまって来ないのかと思ったぜ」

風紀「ごめんごめん。ちょっと髪の毛乾かすのに時間かかっちゃって」

不良「くだらねー理由で遅れてんじゃねぇよ! 怪異は待ってくれねぇんだぞ!」

風紀「だからごめんってば。……で、なんだっけ。お姉さんタイプの花子さん?」

不良「あ、ああ。なんでも、今では使われてない旧校舎の4階のトイレの一番奥の個室に、
   なんとも艶めかしい花子さんが現れるらしい」

風紀「……そうなんだ」

不良「馬鹿にしてんじゃねぇぞオメー! 私のダチっ子が誘惑されて大変だったんだからな」

風紀「そう。じゃあ行こうか」

不良「ええ……。ホントに行くの……」




11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:09:53.049 ID:jRqfZOEdM.net

〜旧校舎4階・トイレ前〜

不良「ひいいいいっ!?」ビクウッ!

風紀「どうしたの?」

不良「い、今! 何か音が聞こえたぞ!」

風紀「古い木造の校舎だから軋んでるだけだよ。存外君も気が小さいんだね」

不良「ああ!? んなわけねぇだろッひいいいいっ!!!!???」ビクウッ!

『チューチュー』

風紀「ただのネズミだって」

不良「な、なんだよ。ビビらせやがって」




12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:13:09.014 ID:jRqfZOEdM.net

〜旧校舎4階・トイレ内〜

風紀「……あんまりくっつくのやめてくれる?」

不良「わ、私鳥目だから……。暗いとよく見えなくて怖い……じゃなくて、不安なんだよ……」

風紀「そう。一番奥の個室、ここかな」

不良「……なんかやばい匂いがプンプンするぜ」

風紀「そりゃあトイレだからね。で、どうするんだっけ」

不良「ああ、確か……。どうすると出てくるんだっけかな」

風紀「ベタなとこだと3回ノックすると、とかだよね」

不良「あ、思い出した。>>15すると出てくるんだ」




15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:17:02.213 ID:kb+OXawgx.net

おもらしする




16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:20:12.238 ID:jRqfZOEdM.net

風紀「そうなんだ。じゃあ僕は外で待ってるから」

不良「ああ!? 私にお漏らしさせる気かオメー!」

風紀「うん。だって僕お漏らしとかしたくないし」

不良「私だって嫌に決まってんだろうが!」

風紀「えいっ!」ドンッ!

不良「きゃああああっ!!!!! って、何してんだよオメーは! 早く出せよ!」バンバンッ!

風紀「その個室、花子さんが出るんだってね」

不良「分かってるっての! 早く出せコラァ!」バンバンッ!

風紀「……」グググッ……

不良「ふざけんなァ! 開けろ……っ! お願いだから開けてえええっ!!!!!」




17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:23:13.002 ID:jRqfZOEdM.net

風紀「……」

不良「おい! 風紀いるんだろ!? 返事しろよ! つーか開けろ!」バンバンッ!

風紀「……」

不良「お願いだから返事してええええっ!!!!!」バンバンッ!

風紀「ウウウウウウウウウウ……」ヒュゴー……ヒュゴー……

不良「わああああああっ!!!! なんか変な声が聞こえるよおおおおおおっ!!!!
   おかあさああーーーーーーんっ!!!!!」ジョバジョバジョバー

花子さん(お姉さんタイプ)「あら、何よ。騒々しいわねぇ」

不良「ひぎゃあああああっ!!!!! 出たああああああっ!!!!!」

風紀「ふむ。噂は本当だったか」




19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:26:16.389 ID:jRqfZOEdM.net

花子「あらあら。いい歳してめそめそしないのよ」フキフキ

不良「だって……。だってぇ……」ヒック……ヒック……

花子「まったく……。あなたも男の子なんだから、女の子を泣かせちゃダメよ。
   男が女に流させていいのはね、うれし涙だけなの」

風紀「面目ない」

花子「それで。あなた達は何しに来たの?」

風紀「不良ちゃんが怪異に困ってるからなんとかしてくれと」

花子「あら……。じゃあ、私を退治しに来たのかしら?」

風紀「さあ。不良ちゃん、どうなの?」

不良「>>22




21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:28:04.690 ID:FXkkHwRO0.net

>>20




20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:27:19.154 ID:ZYYGkq/P0.net

おうちかえるぅ……




23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:31:39.367 ID:jRqfZOEdM.net

風紀「え、僕?」

不良「ううん……。違う……」フルフル

花子「じゃあ、私?」

不良「うん……」コクン

花子「うふふ。甘えんぼさんねぇ」チュッ

不良「……」チュー

花子「……。これで少しは落ち着いた?」

不良「うん……。ママの味がした」

花子「あらあら。まだそんな歳じゃないわよ?」

不良「……ごめんなさい。花子お姉ちゃん」

風紀「当初の目的を忘れつつあるな」




24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:34:18.128 ID:jRqfZOEdM.net

花子「たまには遊びに来てね? 狭いところに押し込められて、とても退屈しているのよ」

不良「うん。またね、お姉ちゃん」

風紀「見事に懐柔されてしまったな」

花子「あ、そうだ。他の怪異で困ったら力になるわ。
  呼び出してもらえれば、旧校舎の中なら自由に動けるから」

不良「ありがとう」

風紀「うむ。有事の時には声をかけよう」

花子「じゃあね」ポワポワポワーン




25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:37:11.707 ID:jRqfZOEdM.net

〜旧校舎4階・トイレ前〜

風紀「花子さんには害がなさそうだ。あれなら放っておいても問題ないね」

不良「ああ。そうだな」

風紀「で、次はどこに行くんだい」

不良「うーん……。そうだなぁ……」

風紀「できたら旧校舎内で片づけておきたいね。
  理科準備室の人体模型とか、屋上から飛び降り自殺した女生徒の霊とかかな」

不良「次は>>28




26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:39:04.058 ID:FXkkHwRO0.net

小さな子供の影がうつる踊り場の鏡




27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:40:01.669 ID:6nhas2QG0.net

ラブホテル




28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:40:07.370 ID:cdVB3oLT0.net

ハゲを馬鹿にされて自殺した大田くん




30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:44:57.198 ID:jRqfZOEdM.net

風紀「ああ……。あれはとても悲しい事件だったね……」

不良「別に死ぬほどハゲてたわけでもねぇのにな。ただハゲ散らかしてただけで」

風紀「生まれたてのヒヨコみたいでかわいかったのに」

不良「死後3か月で七不思議にカウントされるなんて、あいつも思わなかっただろうな」

風紀「そうだね。じゃあ彼の自殺した、旧校舎1階の教室に行こうか」

不良「なんだって大田もあんなとこで死んだのかねぇ」




31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:47:24.928 ID:jRqfZOEdM.net

〜旧校舎1階・とある教室〜

風紀「うわぁ……。ハゲの怨念が凄まじいよ……」

不良「こっちまで思わずハゲそうだな」

大田「……あんまりハゲハゲ言わないで」

風紀「ごめんごめん。ハゲてるんじゃなくて、人より髪の毛が細くて量が少ないだけだよね」

不良「生前は気にならなかったけど、こうして改めて見てみるとやっぱりハゲてんだな」

大田「……」




32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:51:04.936 ID:jRqfZOEdM.net

不良「髪の毛何本あるか数えていい?」

大田「……君たちは何しに来たの」

風紀「怪異にみんなが悩まされてるって聞いてね。成仏させに来たのさ」

不良「おう。ハゲなんて気にしてねーで、さっさと成仏しろ」

大田「君達のせいで、またこの世に対する怨嗟が倍増してきたよ」

風紀「太田君だってそんなネガティブな性格変えたいだろう? なら、さっさとこの世から消えた方がいいよ」

不良「そうだぞオメー。私たちが鎮魂歌うたってやるから、お前を成仏させる方法教えろよ」

大田「>>35




35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:53:37.005 ID:iKWTCle+0.net

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:55:01.934 ID:DKUYotaB0.net

アートネイチャーワロタwww




37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:57:01.399 ID:jRqfZOEdM.net

風紀「ふむ。つまり、君の悩みを解決してやれば成仏するというんだな」

不良「簡単じゃねーか」

大田「随分軽く言ってくれるね……。頭皮を活性化させるのに、いったいいくらかかると思ってるんだい……」

風紀「金のことなら問題ないさ。僕の親は世界を裏で牛耳る黒幕だから」

不良「私の家も世界トップレベルのアパレルメーカーだから」

大田「そ、そうなの……?」

風紀「だからno more悩み無用さ」

不良「あなたの髪きっと生えてくるー」

大田「それは別の会社だけど……」




39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:59:31.760 ID:jRqfZOEdM.net

風紀「はい。終わったよ」

大田「え……。そんなにすぐ……?」

不良「おらよ、鏡」

大田「嘘……。これが私……」ポワポワポワーン

風紀「おお。太田君がどんどん薄くなっていく」

不良「頭じゃなくて身体の方がな」

大田「ありがとう……。ありがとう……」シュウウウウウ……

風紀「成仏したか」

不良「つーかハゲたらスキンヘッドにすりゃあいいのに。私にはあんな程度で死ぬなんて理解できねぇ」




40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:01:45.155 ID:rv7RFoT8MUSO.net

〜旧校舎前〜

風紀「これでもう2件解決か。案外チョロイかもね」

不良「まぁ私が楽そうなのチョイスしてやってたからな。こっからはそう簡単には行かねぇぞ」

風紀「そうなんだ。まぁなんでもいいよ」

不良「おう。じゃあ次は>>43




43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:07:23.997 ID:RPRtQ/i30USO.net

kskst




44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:10:35.645 ID:ODJ1R64E0USO.net

メドゥーサの魔力によって石化してしまった二ノ宮金次郎




45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:12:13.825 ID:rv7RFoT8MUSO.net

〜校庭の片隅〜

風紀「これか」

不良「おお。こいつだ」

二宮金次郎「……」

風紀「……」

不良「……」

風紀「ねえ」

不良「おう」

風紀「石化してるなら……、別に害なくない?」

不良「確かに」




46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:15:12.813 ID:rv7RFoT8MUSO.net

風紀「僕はこの像より、メデューサの方がやばいと思うんだ」

不良「だけどよぉ、メデューサは私らの手に負えないしなぁ」

風紀「そうだね。そっちは僕の親に頼んで対処してもらうことにしよう」

不良「おう。助かるぜ」

風紀「でも……。この人も、実は被害者なんだよね」

二宮金次郎「……」

不良「まぁしょうがねぇだろ。悲しみってのは連鎖するもんさ」

風紀「……そう、だね」




47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:17:57.320 ID:rv7RFoT8MUSO.net

〜新校舎前〜

不良「じゃあさくさく行くぞ。夜が明ける前に決着付けねぇと」

風紀「うん。怪異ってのは夜行性だからね」

不良「それもあるけど、学校のセキュリティごまかすにも限界あるからな」

風紀「なるほど。で、次は何だい? プールで泳ぐ人面魚?
   それとも保健室で呻くミイラ男かな」

不良「>>50




50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:21:21.750 ID:ZH/GtXzh0USO.net

ミイラ男かと思ったらミイラ女だった




51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:24:16.035 ID:rv7RFoT8MUSO.net

〜新校舎・保健室前〜

『ウウウウウウウウウウウウ……』

不良「……っ」ギュウッ

風紀「また鳥目かい?」

不良「……うん」ガタガタ

風紀「まぁいいけど。……じゃあ、開けるよ」

不良「……っ!」ギュウッ

風紀「っせーの……!」ガラガラガラガラッ!

ミイラ女「きゃあああああああああああああっ!!!!!!!!!!!!!」

不良「ぎゃああああああああああああああっ!!!!!!!!!!」ジョバジョバジョバー




52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:26:45.919 ID:rv7RFoT8MUSO.net

〜新校舎・保健室内〜

ミイラ女「ごめん、君達がいきなり入ってくるから……。私の替えのパンツあげるから……、ねっ?」

不良「ううっ……! ぐす……っ!」

風紀「ははは。お漏らしして泣くなんて幼稚園児みたいだね」

不良「……っ!」ギリッ!

風紀「あはは。あんまり睨まないでよ。怖くてお漏らししちゃうからさ。……君みたいに」ボソッ

不良「ううううう……っ!」ポロポロ

ミイラ女「ああ……。謝るからもう泣かないでよぉ……」オロオロ




53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:31:41.661 ID:rv7RFoT8MUSO.net

風紀「で、君はなんで七不思議に?」

ミイラ女「……私、アトピー持ちでね。学校ですごくいじめられてて。
   それが嫌で嫌で、学校にいる時間の大半を保健室で過ごすようになったの」

不良「……アトピーはつらいよなぁ」

ミイラ女「ありがとう。……それで、ある日気付いたのよ。
   包帯で醜い痕を隠せば、みんなと同じように教室で授業を受けられるんじゃないか、って」

風紀「ふむ」

ミイラ女「それで、保健室にあったありったけの包帯を身体に巻いて、意気揚々と教室に向かったんだけれど……」

不良「……」

ミイラ女「考えが甘かったの。……いや、ただ単に私が馬鹿だったのかもしれない。
   それまではからかうような軽いいじめだったものが、その日を境に、
   まるでこの世の地獄のような、苛烈な物へと変貌していったのよ」




54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:36:59.172 ID:rv7RFoT8MUSO.net

ミイラ女「私の席の後ろにいた子が、まぁ絵に描いたような不良だったんだけれど、
    その子がね、私の包帯にジッポオイルを染み込ませたのよ」

不良「……まさか」

ミイラ女「うん。君の想像通り。そのまま火をつけられて、私は火だるまになったわ」

風紀「……ひどいね。馬鹿なことをする」

ミイラ女「当時はいじめが必要悪として、半ば公認されていたようなものだったから……。
    ただの事故として処理されて、その子はお咎めなし。
    救急車も呼んでもらえず、私は保健室でそのまま死んだわ」

不良「……そんなやつ、今目の前にいたら私がぶっ殺してやるけどな」

ミイラ女「ああ、その必要はないわよ。その子は私が呪い殺してやったから」




55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:39:48.872 ID:rv7RFoT8MUSO.net

風紀「へぇ……」

ミイラ女「その子だけじゃない。見て見ぬふりをしたクラスメートも。
    何もしてくれなかった担任も。校長も。生徒指導のゴリラも。
    全員殺してやったわ。私の味わった苦痛を与えてやれなかったのが心残りだけど」

不良「……」

ミイラ女「同罪よ。全員ね」

不良「……そう」

ミイラ女「そうよ。何もしてくれないんだから。死んで当然。
    みんな殺してやるの。……君達もね」

不良「え」

風紀「っ!? 不良ちゃん! 危ない!」




56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:42:22.297 ID:rv7RFoT8MUSO.net

不良「あ……。ああ……」

風紀「……っ!」ギリッ!

ミイラ女「どうして邪魔をするの。殺せるチャンスだったのに」

不良「お、おかしいよ……。変だよお前……」

ミイラ女「この姿見たら分かるでしょう。元々変なのよ、私は」

風紀「……やるしかないよ、不良女ちゃん。こいつは……、成仏させてあげないと」ボソッ

不良「……」

ミイラ女「きゃははははっ! 二人とも仲良くあの世に送ってあげるっ!」

風紀「来るぞっ! こいつはどうやったら成仏させられるんだッ!?」

不良「>>59




59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:50:32.029 ID:T9OO2ApZ0USO.net

包帯を巻き取る




60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:56:19.657 ID:rv7RFoT8MUSO.net

ミイラ女「さっさと死んどきなァ!!!」ドガァッ!

風紀「ち……っ! あんだけ動き回ってるのに、どう包帯巻き取ればいいんだよ!」ザザザッ!

不良「よく見ろッ! あいつの包帯、右側の肩口のところがほつれてんだよッ!」

ミイラ女「きぃぃぃいいいいーーーーっはっはっはははははあははははは!!!!!
    ちょろちょろ逃げ回ってねぇでこっち来なよぉおおおおっ!!!!!!」

風紀「……っ!」ヒュバッ!

ミイラ女「え」

風紀「ぐう……っ!」グググッ……

ミイラ女「ああああ……」ヘタッ……

不良「やったか……!?」

ミイラ女「見ないで……。私の……。私のカラダ……」




61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 00:59:21.992 ID:rv7RFoT8MUSO.net

風紀「はぁ……。はぁ……」

ミイラ女「う……っ。うううう……っ」ガタガタ

不良「お前……」

ミイラ女「醜いでしょう……? 全身焼けただれて……」

不良「……」

ミイラ女「これを隠したくて……、必死に包帯を巻きつけていたけど……」

風紀「そう……。ごめんね、無理やり引きはがしちゃって」

ミイラ女「生きてる時も……。亡霊と化した今も……。結局やっていることは変わらないのよ……」

不良「……」




62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:02:38.254 ID:rv7RFoT8MUSO.net

ミイラ女「私が包帯で覆っていたのは……、このカラダだけじゃなかったの……」

風紀「……」

ミイラ女「私は……。私の本心も隠してた……」

不良「……言えよ」

ミイラ女「……」

不良「今まで言えなかったんだろ。じゃあ今言えよ。もう最期だ。
   聞いてやれるのは、私たちしかいねぇけど」

ミイラ女「私……。みんなともっと仲良くしたかった……」

不良「そうか」

ミイラ女「みんなと机を並べて勉強して……。お昼も一緒に食べたかったの……」ポロポロ




63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:05:55.706 ID:rv7RFoT8MUSO.net

不良「そう。お前が生きてる頃に、会えてたら良かったな」ギュウッ

ミイラ女「えっ……」

風紀「そうだね。少なくとも僕達は、そんなくだらないいじめなんて許さないよ」

不良「……ごめんな。救ってやれなくて」

ミイラ女「ううん……」ポワポワポワーン

風紀「……」

ミイラ女「救われた……。私、今救われたんだよ……」スウウウウウウ……

風紀「次の人生は……、うまくいくことを祈ってるよ」

不良「……じゃあな」




64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:08:01.712 ID:rv7RFoT8MUSO.net

〜校門前〜

風紀「……これで4件。折り返し地点だね」

不良「なぁ」

風紀「うん?」

不良「もう、やめねぇかな」

風紀「なぜ?」

不良「なんつーか……。心がいてぇ」

風紀「そう。君らしいね」




65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:11:22.218 ID:rv7RFoT8MUSO.net

不良「もし、残りの3件が、あのミイラ女みたいなやつだったら。きっと私耐えられねぇよ」

風紀「うん。僕もそう思う」

不良「だから。いいんじゃねぇか。残りは怪異のままで放っておいてやろうぜ」

風紀「確かに。花子姉さんみたいなのもいるしね」

不良「……お姉ちゃん、会いたいな」

花子「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!」

不良「きゃあああああああああああっ!!!!!!!??」ビクビクビクウッ!

花子「ちょっとぉ! せっかくなんだから一回くらい呼んでよぉ!」プンプン

風紀「……姉さん。キャラ変わりましたね」




66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:15:42.526 ID:rv7RFoT8MUSO.net

不良「……私がやったことって、ただのエゴだったのかな」

花子「別にあなたが気に病むことはないわよぉ。他の七不思議は私に任せといて」

風紀「……知ってるんですか?」

花子「もっちろん。残りは、深夜にピアノを弾くベートーベンと、花壇の花を食べる化け猫。
   あとは通気ダクトの中を自由に移動する妖怪ジジイよ」

不良「……なんかおちゃらけてて安心しました」

花子「全員マブダチだからねぇ。……ミイラ女ちゃんは、最後まで心を開いてくれなかったけど」

不良「そう……、ですか」




67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:18:57.904 ID:rv7RFoT8MUSO.net

花子「でも。君達には、ちゃんと本心を話してくれたんでしょう?」

不良「……」ウルウル

風紀「……はい。そう、みたいです」

花子「だったら、君達のやったことはエゴじゃない。ちゃんと価値のあることよ。胸を張っていいと思うわ」

風紀「……そう言ってくれると、助かります」

不良「……」ポロポロ

花子「こっちはこっちで適当にやってるから。生きてる人が死人のことまで考えることないのよ」

風紀「……はい」

不良「うううううう……っ」




68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:22:06.930 ID:rv7RFoT8MUSO.net

〜帰り道〜

風紀「どうだった?」

不良「別に……。拍子抜けだわ……」

風紀「そう」

不良「ああ。……なんだろうな、この気持ち」

風紀「……優しいんだね。君は」

不良「ああ!? 別に優しくねぇし!」

風紀「……正直、僕にはよく分からないよ。彼らが何なのか。……僕らが、なんなのか」




69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:26:30.087 ID:rv7RFoT8MUSO.net

不良「そんなんどうだっていいだろ。別に違いなんてねぇよ」

風紀「……そうかい」

不良「ああ。悲しんだり、悩んだり、怒ったり、喜んだり。
   感情に生きてるも死んでるもねぇんだ」

風紀「……なのかもね」

不良「私はそう思う」

風紀「……僕も、そう思うよ」

不良「はっ。お前も話の分かるやつになったじゃねぇか」

風紀「……ありがとう」

不良「さぁて。明日はどんな日になるかなぁ」

終わり




71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/01(水) 01:29:13.863 ID:rv7RFoT8MUSO.net

呼んでくれた方、レスくれた方、ありがとうございました。





カテゴリー「俺「」・他「」・○○女「」等」のSS一覧
管理人のオススメSS
【gifあり】AV撮影NG集くっそワロタwwwwwwww
ジュニアアイドルの親って何考えてるんだって思うエ□い画像wwwww【エ□画像37枚】
【乳首あり】 今週のジャンプ+で擬似バ●ブ挿入&騎乗位wwwwwwwwww
【衝撃画像】100キロ超えのクソデブ女が痩せたらこんな美少女になりました・・・

 

最新記事50件