1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 02:18:15 ID:PoANRQek

ある日、その子は突然やってきた

父「今日から、一緒に暮らすことになった妹ちゃんだ」

妹「…」

母「男、仲良くするのよ?」

男「うん、わかった!」

妹「…」

男「よろしくな、妹ちゃん!」

妹「……うん」ボソッ

これが、俺が妹とした最初の会話
俺と妹の、物語のはじまりだった




元スレ
男「義妹と過ごした日々」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1420737495/


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 02:29:21 ID:PoANRQek

ー数日前ー

父「おい、嘘だろ」

母「うっ…うっ…」

父「お前、一人娘を置いてきぼりにして」

父「なに…勝手に、」

父「なにが…交通事故だよ…」

親友とその奥さんが交通事故で亡くなった。どうやらトラックが車に突っ込んできたらしい。
中学校以来の親友は、大事な娘を置いてあっけなく死んでしまった。




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 02:39:31 ID:PoANRQek

だが、悲劇はこれだけじゃなかった。
親友の娘をめぐって、親族の人たちが口論しているらしい。
うちで育てる、ということではなくうちでは無理…つまり、妹ちゃんを押し付け合っているらしい。
それを聞いて迷わず決心した。親友の大事な娘を、そんなやつらに預けたくない、だから…

父「妹ちゃんは、うちで面倒を見よう」

母「…あなたがそういうなら、私は反対しないわ」

こうして、妹は男と兄妹になった




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 02:48:08 ID:PoANRQek

父「男、お前は今日からお兄ちゃんなんだ」

父「妹ちゃんを、しっかり護ってやるんだぞ」

男「大丈夫だよ、僕意外と万能だから!」

父「ははっ、そうか」

父「…」


父「(…妹ちゃんはあの日以来変わってしまったようだ)」

父「(あいつらが結構遠くで暮らしていたから、あまり妹ちゃんには会ったことはなかったが)」

父「(一度会ったときは、明るくて、かわいらしい元気な子だったのに…)」

父「(…ショックだったろうな)」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 09:21:30 ID:PoANRQek

父「(だから、妹ちゃんを元気にできるのはたぶんお前しかいない)」

父「(年も近い、一番分かってやれるはずだ)」

父「(頼んだぞ、男)」

ーーーーー
ーーー


男「妹ちゃん、遊ぼうぜ!」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 09:26:19 ID:PoANRQek

妹「…いい」

男「よし、じゃあ何しようかなー」

妹「…そういう、いい…じゃなくて」

妹「いやって…こと…」

男「うへえ、そうですか」

妹「…」

男「じゃあ、妹ちゃんのこと知りたいな」

妹「…わたしの、こと?」




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 09:32:30 ID:PoANRQek

男「あ、先に僕の自己紹介しなくちゃ!」

男「僕のなまえは男、小学2年生!」

妹「…知ってる」

男「好きな食べ物は、うーん…」

男「なんでもすき!」

妹「…」

男「得意なことはスポーツかな!」

妹「…何の?」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 09:36:53 ID:PoANRQek

男「おっ?」

妹「何の…スポーツが…」

妹「すき…なの…?」

男「…うーん、全部すきだけど」

男「サッカーかなあ、一番すきなのは」

妹「…」

男「…妹ちゃんは?」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 09:43:40 ID:PoANRQek

妹「…何が?」

男「僕が自己紹介したんだから、妹ちゃんも」

妹「…名前は妹…小学1年生」

男「うんうん!」

妹「…好きな食べ物は…っ」

妹「おか…お母さんの…つ、作って、くれた…ハンバーグ…」

男「っ…そっか」

妹「…」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 09:50:27 ID:PoANRQek

男「あっ、妹ちゃんって、都会から来たんだよね」

妹「…うん」

男「都会ってなんでもあるんでしょ?」

妹「…そうかも」

男「都会ってすごいなあ、うちは田舎すぎて何もないよ」

妹「…」

男「けど、遊ぶところはいっぱいあるかな!」

妹「…えっ…そうなの…?」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 10:01:36 ID:PoANRQek

男「うん、無駄に広い遊び場があるから、そこで野球したりサッカーしたり」

男「あと、森で虫取りとか」

妹「む、虫…」

男「あと今暑いから、川で泳いだり」

妹「か、川で泳げるの…?」

男「うん、夏だから雨ぜんぜん降らないし」

男「冷たくて気持ちいいんだよ!」

妹「へぇ、そうなんだ…」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 10:02:15 ID:PoANRQek

一旦ここまで
後で続き書く




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 13:11:08 ID:PoANRQek

男「今からいく?」

妹「…い、いきたいっ」

男「よっしゃ!天気もいいし、お出かけだ!」

妹「…」

ーーーーー
ーーー


男「遊びにいってくる!」

母「あら、妹ちゃんは?」

妹「わ、私も…いっしょに…」

母「えっ…そ、そうだったの!」

母「2人とも、気をつけてねっ」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 13:19:39 ID:PoANRQek

男「あーい、行ってきまーす!」ガチャ

妹「…行ってきます」ボソッ

母「はい、いってらっしゃい」

バタンッ

母「…ふふっ」

父「うまくやってくれそうだな」

母「そうね」

母「(…男、頼りにしてるわよ)」

ーーーーー
ーーー





18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 21:08:46 ID:PoANRQek

男「妹ちゃん、まだここらへん全然しらないだろ」

男「絶対はぐれるなよー」

妹「…は、はぐれないよ」

男「僕から離れないでねー」

妹「…うん」

男「それよりどこいきたい?」

妹「か、川に行ってみたい」

男「りょうかーい」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/09(金) 22:08:25 ID:PoANRQek

男「さて、川に着いたわけだけど」

妹「…わぁ、きれい」

男「きれい?」

妹「うん…」

男「そうかなあ…よくわかんね」

妹「こんなに透明な水、はじめてみた…」

男「ちょっと入ってみようよ」

妹「え…だいじょうぶなの?」

男「ここらへんは浅いから溺れないよ」ジャブジャブ

妹「あっ…まって」ジャブジャブ




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 00:03:20 ID:nlyXv0mo

妹「…きゃっ!」

男「おっと」ガシッ

妹「っ!」

男「あぶねえあぶねえ」グイ

妹「あ、ありがとう…」

男「ここでこぼこしてるからこけやすいんだ」

男「きをつけてね」

妹「う、うん」

妹「…」ソワソワ

男「ん、どうした?」

妹「それより…その…手…」

男「おおっ、ごめんごめん」パッ

妹「あっ…」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 08:35:41 ID:nlyXv0mo

男「よいしょっと」ジャブジャブ

妹「んっ…」ジャブジャブ

男「…あっ」

妹「どうしたの?」

男「ほら見て」

妹「えっ…あ」

男「魚いっぱい泳いでるでしょ」

妹「す、すごい」

妹「ほんとに…いっぱい…」




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 08:39:52 ID:nlyXv0mo

男「あー、網もってくればよかった」

妹「あみ?」

男「うん、ちょっとあぶないけど網あれば取れるんだよ」

男「明日は網もっていこうか」

妹「あした…」

男「ん、明日はいきたくない?」

妹「そ、そんなことない!」

男「そっか、よかった」

妹「…」




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 08:48:32 ID:nlyXv0mo

男「あっ…ケケケ」

妹「?」

男「妹ちゃんにいいもの見せてあげる」チャポン

妹「えっ…」

妹「(な、なにかな…)」ソワソワ

男「…はい!」ジャバン

妹「!!」




カニ「俺やで」

妹「きゃああっ!な、なにそれ!」

男「サワガニだよ、心配しなくてもただのカニですよ」




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 08:53:22 ID:nlyXv0mo

カニ「ただのカニとはひどいですな」

妹「へぇ、こんな小さいカニもいるんだ」

妹「…ちょっと、かわいいかも」

男「触ってみる?」

妹「え、いいの?」

男「どうぞどうぞ、ハサミにきをつけてね」スッ

妹「っ…」ドキドキ

妹「わぁぁ…うごいてる」

男「そりゃ生きてるんだから動くさ」




27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 09:48:37 ID:nlyXv0mo

カニ「女の子いいね」

妹「か、かわいい…」

男「おっ、ここにもいた!」

妹「あ、もっと見たい!」

男「ほれほれ」ザバン

カニ2「私やで」

妹「あ、ちょっと色違うね」

男「なんか黒っぽいな」

妹「…あっ!あそこにもいる!」

男「…へへっ」




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 09:53:04 ID:nlyXv0mo

妹「どうしたの?」

男「笑った顔、いいなと思って」

妹「っ!」カァァ

男「さて、カニがどこにいたって?」

妹「あっ、そ、そっち…」

男「いや、そっちじゃ分からないよ」

妹「もうちょっと右!」

男「んっ…おわあっ!」ジャバーン

妹「だ、大丈夫!?」




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 09:57:57 ID:nlyXv0mo

男「こんなところに穴があるとは」

男「我、一生の不覚」

妹「あっ…ぷぷっ」

男「ん?」

妹「あ、頭に…ふふっ、乗っかってる」

男「な、なんだと?」スッ

カニ3「ワシやで」

男「うおおお!きみいつの間にいたんや!」

妹「あはははっ!」

男「ははっ…あはは」




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 10:02:48 ID:nlyXv0mo

ーーーーー
ーーー


男「うおおおなんじゃこりゃああ!」

男「きもっ!なんなのこの虫!」

男「妹ちゃん!この…」

妹「…zzZ」

男「ね、寝てる」

男「…はっ、いつの間にか夕方になってるじゃん!」

男「…」

男「妹ちゃん、起きて」

男「かえるよ」

妹「んっ…むにゃむにゃ」




31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 10:08:22 ID:nlyXv0mo

男「…よっぽど疲れてたんだね」

男「よいしょっと!」

妹「みゅ…」

男「(うわぁ…初めて女の子おんぶしたよ)」

男「(思ったより、軽いな)」

男「…さて、かえるか」




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 10:14:26 ID:nlyXv0mo

ーーーーー
ーーー


妹「ん…うーん」

妹「(あれ、いつの間に寝て…)」

妹「(…あっ)」

男「…」

妹「(おんぶ、されてる)」

妹「(楽だなあ…)」

妹「…」



妹「……がとう……ちゃん」



男「ん?」

妹「…」スースー

男「…気のせいか」




36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/10(土) 21:27:13 ID:nlyXv0mo

ーーーーー
ーーー


妹「…」スースー

男「はぁ…はぁ…」

男「つ、着いた」

男「(な、なめてた…あの川、うちから意外と遠いんだよね)」

男「(やばい、腕とれそう)」

男「い、妹ちゃん…おきて」

妹「ぅ…うーん」



妹「…はっ!ご、ごめん!」スタッ

男「いいっていいって」

妹「わ、私…いつの間にか寝てて」

男「それより家、ついたよ」




37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/11(日) 14:19:21 ID:UkKOU3uE

妹「家…」

男「どうしたの?」

妹「…なんでもない」

男「?」ガチャ



男「ただいまー」

妹「…」

母「あら、おかえりなさい…って」

母「あんた、なんでそんなびしょびしょなの」

男「ちょっと川であそんでた」

母「はぁ…はやくお風呂に入ってきなさい」

男「おうよ」




38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/11(日) 14:41:56 ID:UkKOU3uE

母「妹ちゃんは?」

妹「えっ…」

母「男と一緒に川に行ったんでしょ?妹ちゃんは濡れなかった?」

妹「わ、私は…足しかぬれてませんし…もうかわいている…ので」

妹「だいじょうぶ…です」

母「そう?男と一緒にお風呂でも…って思ったんだけど」

妹「!!い、いやそれはっ…」

妹「ちょ、ちょっと…は、はずかしい…かな」ボソッ

母「(かわいい)」




39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/11(日) 16:49:36 ID:UkKOU3uE

母「じゃあ、妹ちゃんは後で入ってね」

妹「は、はい」

母「それじゃあお母さんは夕飯の用意してくるから」

妹「…」コクリ

母「ふふっ」ガチャ

妹「…はぁ」




40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/11(日) 16:55:29 ID:UkKOU3uE

妹「」キョロキョロ

妹「(ここが、私の新しいおうち)」

妹「…」

妹「…おに…おにい」

妹「…お兄ちゃん」

妹「ぅぅ…」カアア

妹「(やっぱり、はずかしいよお)」

妹「けど…」




妹「ちゃんと、お兄ちゃんって…よびたい」

妹「(れんしゅう、しなきゃ)」




41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/12(月) 07:32:32 ID:gnt3KSqA

義妹かわいい




44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 10:17:44 ID:eOampNGU

ーーーーー
ーーー


妹「」ポカーン

母「こんなものかな」

妹「す、すごいいっぱい…」

母「ほら、うちはアレだから」

妹「えっ?」




男「」バクバクモグモグバク

父「」バクバクモグモグバク

妹「…なるほど」

母「ほんと、よく食べるのよ」

母「妹ちゃん、こいつらに遠慮しないでたくさん食べていいからね」




45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 11:12:23 ID:eOampNGU

男「ほうやよ、へんほしはひへひひお」モグモグ

母「飲み込んでから話しなさいよ、行儀悪いわねえ」

妹「いただきます」

母「はい、どうぞ」

妹「」パク

妹「…おいしい」

母「そう、よかったわ」

妹「」モグモグ




46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 11:19:51 ID:eOampNGU

ーーーーー
ーーー


男「妹ちゃーん、もうねようよ」

妹「あっ、う、うん」

母「ごめんね、しばらく男なんかと一緒に寝ることになって」

男「あなた失礼ね」

妹「いえ、その…だいじょうぶです…」

母「いつか妹ちゃんのお部屋作るから、待っててね」

妹「…ごめんなさい」

母「えっ?」




47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 11:28:26 ID:eOampNGU

妹「その…いろいろめいわくかけて…」

母「…何いってるの、私たちは家族よ」

母「だから、もうそんなこと言わないで」

母「血は繋がっていなくても、あなたは私の大切な娘、なんだから」

妹「っ…」

妹「…はい」

母「うん、それでよろしい」

男「おーい妹ちゃーん、何話してるのー」

男「おいていっちゃうよー」




48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 11:37:35 ID:eOampNGU

母「ほら、男が呼んでるわよ」

妹「うんっ…」

妹「…ま、まって」トテトテ

男「もう、後ろにだれもいなくてびっくりしたよ」

妹「ご、ごめん」

男「いや、あやまることはないけど」

妹「…ねえ」

男「ん?」

妹「きょうから…よろしくね…」

男「おうよ」








男「…」




49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 11:54:53 ID:eOampNGU

ーーーーー
ーーー


母「もう妹ちゃんが来て1週間がたつのね」

父「はやいもんだな」

母「けど、まだよそよそしいわね」

父「当たり前だろ、まだ1週間だぞ」

父「急に家族として過ごせなんて、まだ7歳の子には荷が重すぎる」

母「…そうね」

父「で、その妹ちゃんはどこに行ったんだ?」

母「なんか男と遊びに行ったわよ」

父「ほう…ふふっ、そうか」

父「毎日遊びに行ってるらしいな」

母「ええ、毎日泥だらけ帰ってくるわよ」




50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 13:44:44 ID:tg8sMA6Y

父「今日はどこに行くんだ?」

母「川ばっかり行ってたし、今日は森に行くらしいわ」

父「森かぁ…」

父「意外と広いし、迷子にならなきゃいいけど」

母「そうね」

ーーーーー
ーーー





53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 18:48:50 ID:Gd/eqIBU

男「ごらんください、あちらがクワガタになります」

クワガタ「どもー」

妹「す、すごいっ」

クワガタ「照れるなあ」

妹「クワガタが木にとまってる、あのクワガタが!」

男「ひるにみれるなんて、運がいいね」

妹「あのクワガタとれないの?」

男「やろうと思えば…」

妹「ほんと!?とってとって!」




54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/14(水) 20:33:37 ID:eOampNGU

男「まかせろ!」

男「けっこう高いなあ」

男「…よしっ」ザッ



男「おらあああああ!」ズガゴガガガ

クワガタ「え」ガシッ

男「とったどおおおおお!」

妹「やったやった!」

男「よいしょ、よいしょ」スルスルスル

妹「す、すごい木登りじょうず!」

男「ふふん、まあね」ドヤァ

男「それより、ほら」スッ




56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/15(木) 20:57:58 ID:MkBOTB9.

妹「わぁぁ…さわってみていい?」

男「いいよ、はい」

妹「すごい、クワガタだぁ」

男「そりゃクワガタでしょ」

クワガタ「女の子いいね」



男「…あっ」

妹「どうしたの?」

男「ちょっとトイレ行ってくるね」

妹「えっ、こんなところにトイレってあるの?」




57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/15(木) 21:02:08 ID:MkBOTB9.

男「」ギクッ

男「あ、あるにきまってるじゃん!」

妹「そうなんだ」

男「というわけで、妹ちゃんはここでまっててね!」

妹「うん、わかった」

男「すぐにもどってくるから、じゃ!」タッタッ

妹「…いっちゃったね、クワガタさん」

クワガタ「せやな」




58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/15(木) 21:08:31 ID:MkBOTB9.

妹「ハサミのところかっこいい」スッ

クワガタ「触っちゃだめよ」ハサミッ

妹「…いたっ!痛い痛い痛い!」パッ

クワガタ「」ブーン

妹「あっ!にげちゃだめ!」

妹「ま、まってー!」タッタッ

ーーーーー
ーーー





59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/15(木) 21:41:56 ID:MkBOTB9.

男「あはぁ〜」シャー

男「…ふぅ、スッキリした」

男「だいぶはなれてしまった」

男「立ちションしているところなんて、妹ちゃんには見せられないからね」ゴソゴソ

男「ていうか、こんな森にトイレなんてあるわけないじゃん…」

男「あっ、はやくもどらなきゃ」タッタッ









男「あれ、妹ちゃんいなくね?」




60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/15(木) 21:57:32 ID:MkBOTB9.

ーーーーー
ーーー


妹「はぁ…はぁ…逃げられちゃった」

妹「…あやまらなきゃ」シュン

妹「…えっ」

妹「(ここ、どこ?)」

妹「あれ、どうやってもどるんだっけ」

ピチャ ピチャピチャン

妹「…あっ、みず」

サアアア…




妹「雨、ふってきちゃった」




66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 11:57:27 ID:ZcqwboWM

妹「…」

妹「(どうしよう)」

妹「(き、きた道をもどれば)」

妹「(…どこからきたっけ)」

妹「(木ばっかりでわからない)」

妹「…」

妹「このまま、ずっと」

妹「家に、かえれなかったら」

妹「…」




67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 13:23:37 ID:ZcqwboWM

ーーーーー
ーーー


妹「(もう1時間くらいたったかな)」

妹「(かえらなきゃいけないのに、うごけないや)」

妹「(寒いなあ…)」

妹「…」



『お帰りなさい、妹』

『ただいま、お母さん!』

『あのねあのね!今日学校でね!』


妹「…お母さん」




68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 13:36:55 ID:ZcqwboWM

『ほら、妹の好きなシュークリームだぞ!』

『ありがとう、お父さん!』

『はっはっはっ!喜んでくれて何より何より』

『良かったわね、妹』

『うん!』


妹「…お父さん」

妹「なんで、死んじゃったの」

妹「やだよ、もうやだ…」

妹「もう、いいや」




69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 13:46:14 ID:ZcqwboWM

妹「かえれなくても、いいかな」

妹「お母さん、お父さん」







『よろしくな、妹ちゃん!』

妹「っ…」

『笑った顔、いいなと思って』

妹「…ちゃん」

『へへっ、妹ちゃん、今日もどっかいこうよ!』

妹「…お兄ちゃん」




70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 13:56:59 ID:ZcqwboWM

『うおお!妹ちゃん、釣りうめえ!』

妹「…けて」

『妹ちゃん妹ちゃん!これ見て、見て!』

妹「…たすけて、お兄ちゃん」ジワッ

妹「(まだ、お兄ちゃんとあそびたい…お兄ちゃんと、はなれたくないよお)」

妹「グスッ…お兄ちゃん…うっ…」

妹「(お兄ちゃん…お兄ちゃん!)」



妹「…お兄ちゃあああああん!お兄ちゃあああああん!」ポロポロ

妹「うわああああん!お兄ちゃあああああん!」ポロポロ




71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:35:49 ID:ZcqwboWM

ガサガサ!

妹「ひぅ!!」

ガサンガサン

妹「グスッ…な、なに…?」

ザッ!




男「どうもおおおおお!お兄ちゃんですぞおおおおお!!!」





妹「えっ…」

男「ごめんね、おそくなって」

妹「ぅぐ…ひぐっ…」

男「妹ちゃん、もうだいじょうぶだよ」




72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:48:51 ID:ZcqwboWM

妹「おに…ちゃん…」

男「雨ひどいし、かえろうか」

妹「お兄ちゃあああああん!」ダキッ

男「おっ!…と」

妹「グスッ…こわかったよおお!」ギュウウ

男「…よしよし、もうだいじょうぶだからね」ナデナデ

妹「あっ…」


『恐かったわね。もう大丈夫よ、妹』


妹「お母…さん…」

男「えっ?」




73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 22:10:59 ID:ZcqwboWM

妹「ううん、なんでもない」

男「?」

妹「グスッ…えへへ、お兄ちゃん」

男「こわかったね、よしよし」

妹「…ありがとう、お兄ちゃん」

男「え、なにが?」

妹「みつけてくれて、ありがとう」

男「へへっ、お兄ちゃんとして当然のことをしたまでだよ」

妹「んっ…」ギュウウ

ーーーーー
ーーー





74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 22:19:47 ID:ZcqwboWM

男「そっか、クワガタにげちゃったんだ」

妹「…ごめんなさい」

男「いいっていいって、クワガタなんていつでも見れるし」

男「妹ちゃんが無事でほんとよかったよ」

妹「あっ、ねえお兄ちゃん」

男「ん?」

妹「なんでわたしの場所わかったの?」

男「いや、勘だよ、勘」

男「すぐちかくまでいったときに、たまたま妹ちゃんの声がきこえたんだ」

男「妹ちゃんがあそこで僕のことよんでくれなかったら、とおりすぎるところだったよ」

妹「そうなんだ…」

男「いやあ、運がよかったよ」




75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 22:39:02 ID:ZcqwboWM

妹「…ねえ、お兄ちゃん」

男「なに?」

妹「わたしのこと、妹ってよんで」

男「え、う、うん…いいよ」

男「けど急になんで?」

妹「だってわたしたち、家族だから」

妹「わたしとお兄ちゃんは、兄妹だから」

男「…そうだね」

男「妹がそうしてほしいなら、そうするよ」




76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 22:47:17 ID:ZcqwboWM

妹「うん、ありがとう」

男「…よし、きめた!」

妹「え、なにを?」

男「もう妹が泣かないように、僕が妹をまもる!」

男「ぜったい、こわいおもいさせないから」

男「だって僕は、お兄ちゃんだから!」

妹「…えへへ、たのもしいね」

妹「かっこいいお兄ちゃんでよかった」

男「いやいや、まだなにもしてないからかっこよくないよ」

男「これからかっこいいところみせる!」




77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 23:00:39 ID:ZcqwboWM

妹「もう、かっこいいよ」ボソッ

男「え?」

妹「なんでもないっ」

男「??」

妹「お兄ちゃん」

妹「これからも、よろしくね!」

この日から私は、少しずつ本当の家族になっていった。
亡くなった本当の両親の存在も、いつの間にか今の家族の大切さに変わっていった。
血は繋がっていなくても私を家族として認めてくれた大切な人たち。
私はこの家族を一生大事にすると、幼いながら心に誓った。



これが、私をもっとも苦しめることになるとも知らずに




78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 23:07:44 ID:ZcqwboWM

それから、4年の月日が流れた




母「なに、男ったらまだ起きてないの!?」

母「妹ー!お兄ちゃん起こしてきてー!」

「わかったー!」

母「はぁ、あの子ったら毎日妹に起こしてもらってるわね」

母「ふふ、一度しばいてやらなきゃ」

ーーーーー
ーーー





79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 23:15:03 ID:ZcqwboWM

「お兄ちゃん、起きろー!」ガバッ

「ぐわはっ!」

「ふふっ、起きた?お兄ちゃん」

「ハードな起こし方するのやめろって言ってるだろ」

「だって、お兄ちゃん全然起きないんだもん」

「だからって、寝てるやつの上からのしかかるなよ」

「それよりお兄ちゃん、起きたら言うことあるでしょ」

「ったく…」




男「おはよう、妹。朝から元気だな」

妹「うん!おはよう、お兄ちゃん!」




88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/25(日) 22:26:47 ID:/TKhrTnU

男「ほら、どいたどいた」

妹「んっ、しょ」

男「はぁ、学校めんどくせぇ」

妹「でも行かないとダメだよ」

男「分かってるよ」

妹「…それよりお兄ちゃん、そろそろ自分でちゃんと起きなよ」

男「え〜」

妹「え〜、じゃなくて!」

妹「毎日私が起こしてるじゃん!!」

男「おう、ありがとうな」

妹「あ、うん」

妹「えへへ、どういたしまして…」



妹「…じゃなくて!」

男「ん、違った?」




89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/25(日) 22:55:03 ID:/TKhrTnU

妹「違うよ!自分で起きて!」

男「でもなぁ…」

妹「ん、なに?」プンスカ

男「俺さあ、朝起きたときに妹の顔見ないと元気できないんだよね」

妹「…は?」

妹「なにバカなこと言ってるの、早く朝ごはん食べるよ」

男「へいへい」

妹「…それと」

男「ん?」

妹「あと1週間、だけだから」




90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/25(日) 23:08:09 ID:/TKhrTnU

男「なにが?」

妹「あと1週間だけ、しょうがないから起こしてあげる」

男「おお、そりゃありがたい」

妹「けど、1週間たったらちゃんと自分で起きてよね!」

男「りょーかい」

妹「ふん!」プイ

男「(前も同じこと言って、結局起こしてくれたよな)」

男「…ちょろいなぁ」ボソッ

妹「なんか言った?」

男「いや、なんでもないですよ」




91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/25(日) 23:12:35 ID:/TKhrTnU

妹「先いってるよ」ガチャ

男「おう」

バタンッ

男「さてと、着替えるか」







妹「…」カァァ




92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/25(日) 23:33:22 ID:/TKhrTnU

ーーーーー
ーーー


男「ほいじゃ、行ってきまーす」

妹「お父さん、お母さん、行ってきます!」

母「はい、いってらっしゃい」

父「気をつけてな」

男「ほーい」ガチャ

バタンッ


母「本当、あの二人仲良いわね」

父「そうだな」

母「…もう4年たつのね、あのときから」

父「はやいもんだ」

母「本当に良かったわ、明るい子になってくれて」

父「天国のアイツも、喜んでるだろうなぁ」

父「アイツが自分の命より大切にしてた娘だからな」




93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/25(日) 23:51:02 ID:/TKhrTnU

母「そうね」



父「(このままずっと、明るくやさしい子でいてほしいな)」

父「(なぁ、親友よ)」

ーーーーー
ーーー





94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/25(日) 23:54:26 ID:/TKhrTnU

妹「」ポー

男「それでな、その時にあいつらが…」

妹「」ポー

男「…妹?」

妹「えっ、な、なに?」

男「なにボーっとしてんの、考え事?」

妹「ううん、考え事っていうか…」


『俺さあ、朝起きたときに妹の顔見ないと元気でないんだよね』


妹「お、お兄ちゃんにはまったく関係ことかな!」

妹「うん、これっぽっちも関係ないこと!」




98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/26(月) 14:01:58 ID:B0d.XBu6

男「ふーん、そっか」

妹「…」

ーーーーー
ーーー


妹「はぁ…」

友1「どうしたの、ため息なんて」

妹「えっ!?ため息なんてしてた?」

友1「うん」

友2「妹らしくないな、なんかあった?」

妹「い、いやなにもないよ」

友2「ん〜?あやしいなぁ〜」

友1「妹ちゃん、悩み事あるなら相談に乗るよ?」

妹「いや、大丈夫だよ!本当に!」

友2「まあ、妹に悩みなんて地球がひっくり返ってもありえないだろ」




99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/26(月) 14:27:19 ID:B0d.XBu6

妹「そんなことないもん!」

友2「へへっ、冗談だよ冗談」

キンコンカンコーン

友1「あ、チャイム鳴っちゃった」

友2「じゃあな妹、また後でな」

妹「うん、ばいばーい」

妹「…はぁ」


妹「(最近、なんか変だな私)」




102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 19:59:18 ID:9s8VzQcg

妹「(なんか、お兄ちゃんにすごい振り回されてる気がする)」

妹「(お兄ちゃんの言うことにすごい敏感になってるっていうか)」

妹「(前までこんなことなかった、よね?)」

妹「(あれ、いつからだっけ…)」

妹「(…やめたやめた、考えてもしょうがないや)」

妹「(最近、お兄ちゃんのことばかり考えてる気がするなあ)」

妹「はぁ…」




103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 18:42:16 ID:PYlu.lrE

ーーーーー
ーーー


友1「妹ちゃん、次体育だね」

妹「やったー!」

友2「よっ、待ってましたー!」

友1「二人とも元気だね、あはは…」

妹「だって体育楽しいじゃん!」

友2「そうだそうだ!」

友1「いいなあ、羨ましいよ」

友1「私、体育って苦手だから…」ショボン

妹「大丈夫大丈夫!」

友2「そうだ!大丈夫だ!」

友1「えー…」




104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 18:51:10 ID:PYlu.lrE

友1「…あ、そういえば」

妹「どうしたの?」

友1「今日なんか事情があって体育館を6年生と半分づつ使うんだって」

友2「えっ」

妹「ふーん、そうなんだ」

友1「もしかしたら、妹ちゃんのお兄さんと一緒になるかもしれないね」

友2「っ!」

妹「あー、はは…そうかもね」

友1「ね、友2ちゃん」

友2「う、うん…そうだね」

友2「…髪結ぶのやめようかな」




105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 19:04:44 ID:PYlu.lrE

妹「え、いつも体育のとき髪結んでるじゃん」

妹「どうしたの?」

友2「っ…い、いやーあはは、たまには気分変えてみようかなーってな」

友2「あは、あはは…そ、そんなに深い意味はねえよっ」

友1「ふふっ、たまには友2ちゃんも気分変えたいもんねー」ニコニコ

友2「そ、そうだぜ!」

妹「ふーん、へんな友2」

友2「そんなことより早く体育館行こうぜ!」




106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 19:07:17 ID:PYlu.lrE

妹「よーし、今日もスーパーサーブ決めるよ!」

友1「がんばれ、妹ちゃん」

妹「友1もがんばるの!」

友1「ふぇぇ…」

ーーーーー
ーーー





108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 20:12:14 ID:PYlu.lrE

先生「今日は6年生と一緒に体育館を使う。ボールが向こうに飛ばないように気をつけろよ」

「はーい!」

先生「よし、じゃあバレーボールするぞ!」

友1「ねえねえ、妹ちゃん」

妹「ん?」

友1「お兄さん、いるね」

妹「うん、そうだね」

友1「ふふっ、かっこ悪いところ見せられないね」

妹「べ、別にお兄ちゃんがいても関係ないよ!」

友1「ふーん」チラッ

友2「」ソワソワ

妹「」モジモジ

友1「…ふふっ」ニヤニヤ




109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 20:19:33 ID:PYlu.lrE

ーーーーー
ーーー


「妹、おねがい!」

妹「まかせて!」ビュン

妹「…はぁっ!」バシン

「ちょ、はや!」

バァン!

妹「いえーい!」

「ナイス妹!」

「妹すごーい!」

妹「へへっ、どんなもんだい!」

ピー

「あ、もう交代だ」




110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 20:22:30 ID:PYlu.lrE

妹「えー、もう終わり?」

「また後でするみたいだよ」

妹「そっか、おっけー!」

友1「はぁ、次は私か…」トボトボ

妹「にひひっ、がんばってね!」

友1「はーい…」

妹「よっこいしょ、はぁ疲れた」

妹「(あ、お兄ちゃん何してるんだろ)」チラッ




111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 20:34:29 ID:PYlu.lrE

「男、パス!」

男「よしっ!」

妹「(あー、フットサルしてるんだ)」

妹「(お兄ちゃんなんでも出来るけど、サッカーとかかなりうまいからなあ)」

妹「(相手の人たちかわいそう)」

妹「(…あ、お兄ちゃんシュート決めた)」

「ナイシュー!」

男「おう、サンキュー」

妹「はぁ、かっこいいなぁ」




妹「(えっ、私今なんて…)」

「ねえねえ!あの人妹ちゃんのお兄さんなんでしょ!」

妹「う、うん、そうだよ」




112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 20:45:10 ID:PYlu.lrE

「やばいやばい!超かっこいい!」

「あの人スポーツもできるんだね!」

妹「えっ」

妹「お兄ちゃんって、けっこう有名だったりするの?」

「有名だよ!6年生にスゴいかっこいい人がいるって!」

「イケメンだよねー!」

「ほら、芸能人のあの人に似てない?」

「きゃー!」

妹「へぇ」

妹「そう、なんだ…」

妹「(…みんな見た目ばっかり、お兄ちゃんのこと何も知らないくせに)」

妹「(私のほうがお兄ちゃんのいいところ、たくさん知ってるんだから…)」




113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 20:51:05 ID:PYlu.lrE

妹「(…いや、なにはり合ってるんだろ私)」

妹「(そういえば友2はどこに)」

妹「…あ、いた」

妹「おーい、友2ぃ!」

友2「」ボー

妹「…友2?」

友2「」ボー

妹「おーい」フリフリ

友2「うわあ!びっくりした!」

妹「びっくりした、じゃないよ」

妹「なにやってるの?」




118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/30(金) 22:02:59 ID:Zmx.BViQ

ちょっと書けそうなんで書きます




119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/30(金) 22:19:28 ID:Zmx.BViQ

友2「べ、別にっ」

友2「フットサル、見てただけだ…」

妹「ふーん、そうなんだ」

妹「私たちもフットサルやりたいね」

友2「そ、そうだな」

友2「…それより、さ」

妹「なに?」

友2「妹に、お願いがあるんだ」

妹「うん、いいよ」

友2「はやっ!?」

妹「なんでも言ってごらんなさい、妹様が叶えてみせよう!」

友2「…本当だな?」

妹「えっ」




120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/30(金) 22:27:16 ID:Zmx.BViQ

妹「(あれ、おかしいな)」

妹「(いつもの友2なら「調子に乗んな!」とか言ってくるのに)」

友2「その、私さ…」

妹「…」ゴクリ

友2「私、実は…!」





男「よう、妹」

友2「はゃああ!」ビクッ

妹「あ、お兄ちゃん」

友2「あわわ、あわわわわわ」

妹「それで、実は…なに?」

友2「あ、あああ後で言うよ!」

妹「えー今言えばいいじゃん」




121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/30(金) 22:37:52 ID:Zmx.BViQ

友2「いいいい今無理!絶対無理だ!」

男「…なんの話?」

妹「お兄ちゃんには関係ないのです!」

男「ああそうですか」

妹「ていうか、戻らなくていいの?」

男「もう交代だよ」

妹「あっそ」

男「なあ、見てた?」

妹「なにを?」

男「俺、いっぱいゴール決めたぜ」

友2「わ、私っ…見てました!」




122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/30(金) 22:51:12 ID:Zmx.BViQ

男「おう、ありがとう」

友2「あ、あの、さっきのあれとか!」

男「それで妹、どうだったよ」

友2「っ…」

妹「どうって…いつも通りじゃん」

男「まあ、そうだな」

妹「なんで急にそんなこと聞いたの」

男「へへっ、5年生と一緒って聞いてな」

男「もしかしたら…って思ったら妹いたから、今日はすげえがんばったんだよ」

妹「…わかったわかった、すごいお兄ちゃんかっこいいー」




123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/30(金) 23:01:38 ID:Zmx.BViQ

男「いやー、それほどでも」テレテレ

妹「え、なんで照れてんの」

男「じゃ、俺はもどるわ!」スタッ

男「じゃあな、妹!」

妹「あっ、ちょっと!お兄ちゃん!」

妹「あんまり無茶して、ケガとかしたらダメだよー!」

男「分かってるよー!」

妹「もう…ふふっ」




125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/02(月) 11:55:32 ID:WtxtJySY

みんなかわいいな




128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 15:18:07 ID:4Ett3KjQ

友2「…」

「友2ちゃん交代だよー」

友2「お、おう!」

妹「がんばってね、友2」

友2「…なあ妹」

妹「なに?」

友2「さっきお願いがあるって言ったよな」

妹「うん」

友2「あれ、やっぱりなし!」

妹「えっ、なんで?」

友2「よく考えたら大したことじゃねえからな」

友2「自分でなんとかするよ」




129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 15:30:52 ID:4Ett3KjQ

妹「そっか」

妹「うん分かった、友2がそう言うなら」

友2「おう」

友2「…じゃ、いってくるわ」スタッ

妹「いってらっしゃーい」

友2「…」



友2「(なあ妹、私あんたになんてお願いしようとしてたと思う?)」




130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 15:54:51 ID:4Ett3KjQ

友2「(私が男さんとうまくいくように協力してほしい…って言おうとしてたんだぜ)」

友2「(私が知る限りいろんな子が男さんのことが好きで…)」

友2「(少しでも他の子に差をつけたかったから、男さんに一番近い妹に…って)」

友2「(けど、初めて妹と男さんが話してるところを見て、そんなこと言えなかった)」

友2「(だって、妹の男さんを見つめる目が、顔が、私たちよりもずっと…)」

友2「(兄妹でなんておかしいと思ったけど、妹のあの目は兄妹のそれじゃなかった)」

友2「(本気なんだって、すぐに分かった)」




131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 16:03:10 ID:4Ett3KjQ

友2「(だから…)」

「友2ちゃん!」

友2「おりゃあああ!」バシィン

ピピー

友2「よしっ!」

妹「いいぞ友2ー!」

友1「しゅごい…」

「さすが!」

友2「へへっ」

友2「(やっぱり私は、自分の力でやるほうが向いてるみたいだ)」

友2「(初めてのことでよくわからねえけど、私は私らしく当たって砕けろだ!)」




136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 14:06:28 ID:peBuo2rs

ーーーーー
ーーー


妹「学校終わったねー」

友1「そうだねー」

妹「友2どうしたんだろう」

友1「今日は用事があるから遊べないっていってたね」

妹「友2にしては珍しい」

妹「…ていうか寒い!」

友1「もう秋だもん、そりゃ寒いよお」

妹「そろそろ衣替えしなきゃ」




137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 14:13:14 ID:peBuo2rs

友1「妹ちゃんの格好、すごい寒そう」

妹「はい、すごく寒いです」カタカタ

妹「今日は外で遊びたくないです」カタカタ

友1「あはは、本当に寒そうだね」

友1「…じゃあ、図書室いかない?」

妹「図書室かあ…全然いってないなあ」

友1「じゃあいこうよ!」

妹「うん、いいよ」

友1「やったあ!借りたい本あったんだあ」

妹「へー」




138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 14:24:23 ID:peBuo2rs

妹「私もなんか借りようかな」

妹「(お兄ちゃんが好きそうな本とかあるかも知れないし)」

友1「うん、それがいいよ!」

妹「行きますか」

友1「うん!」






妹「(あれ、なんか忘れてるような…)」




139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 15:15:56 ID:peBuo2rs

ーーーーー
ーーー


妹「(図書室に来たのはいいけど、お兄ちゃんが好きそうな本とかあるのかな)」

妹「うーん…」

妹「(あっ、これ良さそう)」スッ

妹「チョコの研究、か」ペラッ

妹「(お兄ちゃんチョコ好きだからなあ)」

妹「(こないだなんか、私が買ってきたチョコ食べすぎて鼻血出してたし)」クスッ

妹「(そうだ、帰りに駄菓子屋寄ってチョコ買っていこう)」

妹「(次は鼻血出ないようにちょっとにしとこう)」

妹「(お兄ちゃん、また喜んでくれるかな)」




140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 15:18:30 ID:peBuo2rs

妹「(…あ、ダメだ。今日は久し振りの外食だから早く帰ってこいってお母さんに言われてたんだった)」

妹「…」

妹「…あ」




妹「あああああ忘れてたああああ!!」

「図書室では静かにしてください」

妹「あっ、ご、ごめんなさい」

友1「ど、どうしたの妹ちゃん?」

妹「ごめん、今日用事あるんだった」

友1「あ、そうなんだ」




141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 15:25:34 ID:peBuo2rs

妹「ごめん先かえるねっ」

友1「うん、じゃあまた明日ね」

妹「じゃあね、友1」

友1「ばいばーい」

ーーーーー
ーーー


妹「やばい、すっかり忘れてた」

妹「(うぅ、やっぱり外寒いなあ)」




142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 19:21:22 ID:peBuo2rs

妹「(お兄ちゃん、もう帰ってるよね)」

妹「(ちょっと急がないと)」

「おーい、妹ー!」

妹「えっ、あっ…」

男「よっ、偶然だな」

妹「お、お兄ちゃん!まだ帰ってなかったの!?」

男「まあいろいろあってな」

妹「そうなんだ…」

男「一緒に帰ろうぜ」

妹「うんっ」




143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 19:26:59 ID:peBuo2rs

男「一緒に帰るのなんて久し振りだな」

妹「そうだね、帰りはいつも友達と帰るもんね」

男「そうだな」

妹「…」

男「…」

妹「今日どこにいくのかな」

男「うーん、どこだろうな」

男「俺は寿司食いたいけど、たぶんラーメンだな」

妹「このあたり店すくないしね」

男「そうだな」




144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 19:30:13 ID:peBuo2rs

妹「…」

男「…」

妹「…なんかあったでしょ」

男「えっ」

妹「ちがう?」

男「…よく分かったな」

妹「お兄ちゃんってすごい分かりやすいんだもん」

男「そうかな?」

妹「そうだよ」




145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 19:35:50 ID:peBuo2rs

妹「…で、なにがあったの?」

男「うーん、まあ…その、なんだ」

男「俺もけっこう驚いてる」

妹「へえ、すっごい気になる」

男「聞きたい?」

妹「うん」

男「…」








男「さっき、女の子から告白された」

妹「…」

妹「えっ…」




146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 19:44:53 ID:peBuo2rs

妹「なに…それ…」

男「…」

妹「へ、へえ…す、すごいじゃん」

妹「そうなんだ」

妹「そう、なんだ…」

男「…」

妹「それで返事は?」

男「えっ?」

妹「も、もちろん断ったんでしょ?」

妹「そそ、そうだよね?」

男「…ああ、断った」




147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 19:51:39 ID:peBuo2rs

妹「あっ…あは、だ、だよね」

妹「あは、あははは、そうだよね!」

妹「いやー、久し振りにびっくりしたよ」

男「そう、だな」

妹「モテモテなんだからこのこの〜」クイクイ

妹「兄がモテると私としても鼻が高いよ、うんうん」

男「…」

妹「告白か…すごいなあ」




148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 19:54:51 ID:peBuo2rs

男「…なあ妹」

妹「なに?」

男「お前はどう思ったんだよ」

妹「えっ?」

男「俺が告白されたって聞いて、お前はどう思った?」

妹「どう…って」

男「…」

妹「ど、どうしたの…そんな真剣な顔して」

男「真剣に聞いてるんだ、真剣な顔にもなるさ」




149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 20:02:23 ID:peBuo2rs

妹「わ、私は…別に…」

男「なんとも思わなかったか」

妹「当たり前、じゃん…」






嫌に決まってるでしょ

妹「えっ…」

お兄ちゃんに恋人なんて認めない

妹「ち、ちが…」

私から離れるなんて一生許さない

妹「…やめて」

だってお兄ちゃんの恋人になるのは世界でただ一人




150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 20:08:44 ID:peBuo2rs






男「もし俺に彼女ができてたら、妹はどうしてたんだ?」





妹「っ…!」

妹「もうやめてよ!!」

男「…」




151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 20:19:24 ID:peBuo2rs

妹「さっきからなんなの!お兄ちゃんはなにが言いたいの!?」

妹「私になんて言ってほしいの!?」

妹「お兄ちゃんが告白されても、私はなんとも思わないから!」

妹「お兄ちゃんに彼女ができようができまいが、私には関係ない!」

男「…そうだよな、すまん」

妹「何で、謝るの…」

妹「お兄ちゃんは何も悪く…ないよ」

妹「…っ!」ダッ

男「あっ!おい、妹!」




152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 20:21:58 ID:peBuo2rs

男「…はぁ」

男「なに言ってんだろ俺」

男「なに、期待してんだよ」

男「ごめんな、妹…」




155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 14:10:31 ID:SW6.IYbU

ーーーーー
ーーー


母「あら、おかえりなさい」

妹「ただいま…」

母「お兄ちゃんまだ帰ってきてないの、知らない?」

妹「…知らない」スタスタ

母「あっ、妹どこいくの」

妹「自分の部屋」

母「そう、わかったわ」

母「(…なんか元気ないわね)」




156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 14:21:34 ID:SW6.IYbU

ーーーーー
ーーー


妹「はぁ、疲れたぁ」ポフッ

妹「眠たくなってきちゃった」

妹「…」

『お前はどう思ったんだよ』

妹「…ちょっとびっくりしただけだよ」

『なんとも思わなかったか』

妹「…思わない、よ」

『もし俺に彼女が…』

妹「嫌っ!それだけは絶対…!」ギュ

妹「…」

妹「…あはは、なんで嫌なんだろ」




157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 14:32:21 ID:SW6.IYbU

妹「(なんで嫌なのかな)」

妹「(…お兄ちゃんに先越されたくないから?)」

妹「そ、そうだ…それだよ!」

妹「(私に恋人が出来れば、お兄ちゃんに彼女ができても…!)」

妹「(なんとも思わない…はず)」

妹「…」

妹「(…それでも、嫌だ)」

そもそも私にお兄ちゃん以外の恋人なんて

妹「…」

妹「…あは、あはは」

妹「もう、ダメだ」




158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 14:38:03 ID:SW6.IYbU

妹「嫌な理由なんて、一つしかないじゃん」







妹「私、お兄ちゃんのこと好きなんだ」

妹「兄としてじゃなくて、一人の…男の子として」

妹「…」




159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 14:46:28 ID:SW6.IYbU

『ねえ、妹ちゃん知ってる?』

『兄妹って結婚できないんだよ』

『へえ、そうなんだ』

『…もしさ』

『ん?』

『もし、結婚したらどうなるの?』

『警察につかまるの?』

『いや、つかまらないと思うよ』

『けど』




『家族からは、絶対見捨てられるよね』




160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 14:53:02 ID:SW6.IYbU

妹「あっ…ああっ…」

『やだああああああああ!』

『お父さああああん!お母ああああああああさん!』

『うわああああああん!』

『死んじゃやだああああああああ!』

妹「あ…」







妹「あああああああああああああああああああ!!!!」




161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 15:24:52 ID:SW6.IYbU

その後の記憶は全くない。
お母さんによると、私は狂ったように叫び続けたらしい。
そして気がついたとき、私は兄に恋をしたことを思い出した。
私の初恋は一番してはいけない恋だと知り、その日は一晩中泣いた。
その日から、私は兄と過ごした分だけ大きくなる恋心を命懸けで隠し続けた。
もう兄以外好きになることは一生ないくらい、後には退けないくらい好きになってしまっていたのは








それから3年後…




162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 15:33:39 ID:SW6.IYbU

ピピピピッピピピピッ

ピッ

「ん、もう朝か…」

「ふぁあぁ…」

「はぁ…さみぃ」

「…起きるか」

シャー!

「うっ、眩しい」

「…今日も一日、がんばるか」




163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 15:42:52 ID:SW6.IYbU

ーーーーー
ーーー


「おっ、おはよう」

「おはよう」

「今日もかわいいよ」

「はいはい、それはどうも」




妹「お兄ちゃん」

男「今日は朝練ないのか、珍しい」

妹「今日だけね」

男「朝から妹と話せて本当に幸せだよ」

妹「…ばーか」




164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/05(木) 15:48:33 ID:SW6.IYbU

男「(このかわいい女の子の名前は妹)」

男「(俺と一歳違いの中学二年生だ)」

男「(そんで、俺はこのクソかわいい妹に)」








どうしようもないくらい、恋をしている




167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/10(火) 16:39:53 ID:O814xfpc

男「(まあ叶うことなんてないけどな)」

妹「…お兄ちゃんさ」

男「ん?」

妹「最近遅くまで起きすぎじゃない?」

妹「受験勉強で忙しいのは分かるけど」

妹「ちょっとくらい休んでも、いいじゃん」

男「…ああ、分かってるよ」

男「心配してくれてありがとう」

妹「兄妹だもん、当たり前だよ」




168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/10(火) 16:47:34 ID:O814xfpc

男「(…こいつのこういう所、すげえ好き)」

妹「じゃあ、私はもう行くから」

男「えっ、朝練ないんだろ?」

男「なら今日くらい一緒に行こうぜ」

妹「やだ」

男「えー」

妹「友達と行くからだめ」

男「ああ、そういうことか」




169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/10(火) 16:51:34 ID:O814xfpc

妹「じゃあね」

男「おう、気を付けてな」

妹「…あとさ、言い忘れてたけど」

妹「友達と一緒じゃなくても、お兄ちゃんとは行かないよ」

男「はいはい」

妹「…」スタスタ

男「いってらっしゃーい」フリフリ

男「…」




170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/10(火) 17:00:14 ID:O814xfpc

男「(これが俺たちの関係)」

男「(どこにでもいる普通の兄妹)」

男「(朝は適当にあいさつを交わして、昼はお互いの友達としゃべり、夜は自分たちの部屋で過ごす)」

男「(妹が望んだ、俺との関係)」

男「(だから、俺の想いは絶対に叶わない)」

男「(だって、妹と今の関係が変えることは、一番妹を傷つけることだから)」




171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/10(火) 17:23:42 ID:O814xfpc

男「(一時はもしかしたら…なんて思ったなあ)」

男「(まあ、ただの自意識過剰な勘違いだったんだけど)」

男「…朝ごはん食べよ」

ーーーーー
ーーー





172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/10(火) 20:08:30 ID:O814xfpc

男「ふぁあぁ、おはよう」

母「おはよう、男」

男「父さんは?」

母「もう会社行ったわよ」

男「早いな」

母「最近忙しいみたい」

男「ふーん」

母「あんたもね」

男「まあな」




174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/12(木) 17:13:22 ID:MbjMA6p.

母「で、あんた結局どうするのよ」

男「なにが?」

母「なにが…って、高校に決まってるでしょ」

男「ああ」

母「もう12月よ?みんなはもう決まってる時期じゃない」

母「それなのにあんたは…はぁぁ」

男「…」

母「2つに絞れてるんだからどっちか決めなさいよ」

母「サッカーのために県外に行くか、ちょっと遠いけど地元の高校に行くか」




175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/12(木) 17:21:05 ID:MbjMA6p.

男「…まあ、大体決まってるよ」

母「あらそうなの?」

男「大体だけどな、完全に決まったわけじゃないよ」

母「んん…まあいいわ」

母「それでどっちなのよ」

男「県外、かな」

母「…そっか」

男「ああ」

母「さびしくなるわね」

男「まだ決まったわけじゃないって」

母「ふふっ」




176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/12(木) 17:29:54 ID:MbjMA6p.

男「ったく」

母「でも、なんで決まってないの?」

母「もう県外でいいじゃない」

男「…まあ、いろいろあんだよ」

母「ふーん」

男「だから、まだ父さんや妹には言うなよ」

男「特に妹にはな」

男「父さんたちにはちゃんと決めてから改めて話すからさ」

母「そうね、分かったわ」




177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/12(木) 17:35:48 ID:MbjMA6p.

ーーーーー
ーーー


男「うーん…」

友「よっ、何しけた面してんだよ」

男「おう友か、なんでもねえよ」

友「嘘つけ、高校のことだろ」

男「…」

友「図星だな」

男「うるせえ」

友「お前せっかくお誘い来たんだからさ、県外に行っちゃいなよ」

男「まあ、そうするつもりだよ」

友「えっ」

男「…なんだよ」




178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/12(木) 17:48:15 ID:MbjMA6p.

友「もう決めてんの?」

男「ああ」

友「じゃあなんで悩んでたんだよ」

男「うん、まあ…いろいろあんの」

友「ふーん、変な男」

男「…」

男「(俺が悩んでることなんて決まってる)」

男「(本当はサッカーするならどこでもいいんだ、地元の高校でもできるし)」

男「(でも、このままあいつと一緒にいても何にもなんないし)」

男「(いっそ新しい環境に行ったほうが、諦めるためにはいいだろうしな)」

男「(どうせ叶わない恋なら諦めたほうがいいはずだ)」




179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/12(木) 18:14:07 ID:MbjMA6p.

男「(でも、やっぱり離れたくないって思ってしまう)」

男「(諦めなきゃいけないはずなのに、妹のこと考えれば考えるほど)」

男「(妹のこと、好きになってしまう)」

男「(なんであいつあんなかわいいんだよ、マジでふざけんな)」

男「(まあかわいいというよりは美人系になってきたけどよ)」

男「(なんか最近、体つきもこう…色っぽくなってきたしよ)」

男「(頭もよくてよ、部活してる姿も綺麗で…)」

男「(優しくて、絶対に人のことを悪く言わなくて…)」

男「(それで…それなのに、なんで…)」

男「なんで…妹、なんだよ…」




183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 10:38:02 ID:NsjgaksY

友「なんて?」

男「いや、なんでもねえよ」

男「それより授業始まるぞ」

友「おっといけねえ、じゃあな」

男「おう」

男「…」

男「県外、か…」




184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 10:46:49 ID:NsjgaksY

ーーーーー
ーーー


友「次音楽か、めんどくさいよな〜」

男「数学とかよりはマシ」

友「そうだけどよぉ…」

男「音楽もあとちょっとだろ、年明けたらないし」

友「そうだよな、がんばるか!」

男「おう」

友「…あ」

男「どうした」

友「あれ、お前の妹じゃん」

男「えっ、妹…」

男「っ!」




185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 10:53:24 ID:NsjgaksY

「それでさ〜」

妹「ふふっ、そうなんだ」



男「…誰だあいつ」

友「彼氏なんじゃね?仲良さそうだし」

男「…」

友「それにしてもお前の妹かわいいよなぁ」

友「俺にもあんな姉や妹がいたら…はぁぁ」

友「なぁ、男」

友「…」

友「男?…って、いねえじゃん!」




186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 11:01:53 ID:NsjgaksY

「明日遊ぼうよ〜」

妹「えー、どうしようかな」

「俺の友達も呼ぶからさ、妹さんも友達呼んでよ」

妹「あー、うん」

妹「それならいいかな」

「マジ!?じゃあさ…」







男「おもしろそうだな、俺も誘ってくれよ」

「えっ」

妹「お、お兄ちゃん!」




187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 11:09:31 ID:NsjgaksY

「妹さんのお兄さん!?」

男「どうも」

妹「…なんでいるの」

男「たまたま見かけたから」

「えっと、その…」

男「あそこのカラオケとかどうよ?すげえ安いんだぜ」

「いやその…」

妹「お兄ちゃんが一緒に遊べるわけないじゃん」

男「そうなの?」

妹「うん」




188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 11:26:34 ID:NsjgaksY

妹「なんで友達と遊ぶのに兄を連れていかなきゃいけないの」

男「ひどいな、そんなこと言うなよ」

男「なっ、君もそう思うだろ」ガシッ

「」ビクッ

男「他にも楽しいとこいっぱい教えてあげるからさ」

男「いいだろ、なっ?」

「いえ、僕としてはその…あの…」

男「…うぜえな、いいって言えよ」ボソッ

「っ…!」プルプル

妹「肩組むのやめて、怖がってるでしょ」




189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 11:32:10 ID:NsjgaksY

男「おっと、ごめんな」スッ

妹「だいたい、お兄ちゃんは受験勉強で忙しいでしょ」

男「あっ、そうだった」

妹「もう、本当に忘れてたの?」

男「…ああ」

「あっ、あの」

妹「ごめん、遊ぶのまた今度でいい?」




190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 12:28:12 ID:NsjgaksY

「あっ、ぜ、全然いいよ!そうしよう!」

「そ、それじゃ!」タッタッ

男「…」

妹「お兄ちゃん、目つき悪いよ」

男「そんなことねえよ」

妹「あっそ」

友「おーい、男ー!」

男「…もういくわ、じゃあな」

妹「うん、ばいばい」




191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 14:21:46 ID:NsjgaksY

友「何話してたんだ?」

男「…なんでもねえよ、ただの虫よけだ」

友「は?虫よけ?」






「妹さんからOKもらえたか!?」

「すまん、無理だった」

「マジかよ…」

「なんで無理だったんだ?」

「まあ、いろいろあってな」




192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 14:33:26 ID:NsjgaksY

「いろいろってなんだよ」

「…邪魔が入ったんだよ」

「誰?」

「妹さんの兄貴」

「うへえ、そりゃ無理だわ」

「めっちゃ怖かった、死ぬかと思ったわ」

「3年の男か、あの人すげえ有名だよな」

「えっ、そうなの?」

「お前知らねえのかよ」

「サッカー部のエースだっためっちゃカッコいい人だろ」

「美形兄妹で有名じゃねえか」




194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 14:54:56 ID:NsjgaksY

「へえ、初耳だわ」

「だから妹さんはやめとけってお前らに言ったじゃん」

「あの人、妹さんのこと本当に大事らしいし」

「ま、まだ諦めたわけじゃねえし!」

「あんなシスコン野郎に負けるもんかよ!」

「…今の妹さんに聞かれなくてよかったな」

「聞かれてたらお前一生口聞けなかったぞ」

「えっ」




195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 15:17:15 ID:NsjgaksY

ーーーーー
ーーー


男「はぁ…」

男「(またやっちまった…)」

男「(なんで俺が妹の邪魔してんだよ)」

男「(妹が誰と遊ぼうが妹の勝手じゃねえか)」

男「(兄の俺がこんなんじゃダメだろ)」

男「(あいつは普通の兄妹の関係を求めてるのに…)」




200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 11:01:55 ID:DgiJ80gs

男「…」

男「(もう、ダメだな)」

男「(俺には普通の兄妹なんて無理だったみたいだ)」

男「(そもそも、兄が妹のこと好きな時点で普通の兄妹なんて言えないしな)」

男「(…少しずつ離れよう)」

男「(妹が悲しまないように、妹が気づかないように…少しずつ)」

男「(それで、県外にでたら自然と疎遠になって…)」

男「(お互いに恋人でもできれば、忘れられるはずだ)」

男「(…妹に彼氏、か)」

男「(ははっ、どんなやつかな…)」




201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 11:19:19 ID:DgiJ80gs

『彼氏なんじゃね?仲良さそうだし』

男「(…妹と話してたやつみたいなかんじかな)」

男「(いつか…この人私の彼氏ね、とか妹に紹介されたりして)」

男「ははっ、あはは…」



『すごいね、お兄ちゃん!』

男「…っうぐ」

『はい、チョコ買ってきたよ!』

『おいしい?えへへ、よかった!』

男「くそっ…くそっ…」

男「…」




202: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 11:41:22 ID:DgiJ80gs

ーーーーー
ーーー


「今日から、一緒に暮らすことになった妹ちゃんだ」

なんだこれ…夢か?

「男、仲良くするのよ?」

うわ、妹小さいなぁ…

「うん、わかった!」

そうだ、俺は初めて妹を見たときから

妹のことが好きだったんだ

だから、妹のことを元気づけたくて

少しでも妹の気を引きたくて…

「もうやめてよ!!」

「お兄ちゃんに彼女ができようができまいが、私には関係ない!」

…なんで妹は泣いてるんだ

妹を泣かせたやつは、誰だ




203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 11:52:55 ID:DgiJ80gs




男「んん…」

男「ふぁあぁ…やべ、寝てたな」

男「勉強、しないと」

ガチャ

男「ん?」

妹「うわ、暗っ」

妹「お兄ちゃん、電気つけなよ」ピッ

男「…」

妹「お母さんが晩ご飯できたって」

男「ああ、分かった」

妹「…どうしたの?」

男「なにが?」

妹「なんか、元気ない気がして」




204: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 12:18:36 ID:DgiJ80gs

男「…そんなことねえよ」

男「それより、はやく飯食おうぜ」

妹「う、うん」

ーーーーー
ーーー


男「腹減りすぎてやべえ」

母「ふふっ、あんたにいいこと教えてあげる」

男「なんだよ」

母「なんと今日はね、妹がほとんど作ったのよ!」

妹「ち、違うよ!私はちょっと手伝っただけで…」チラッ

男「ふーん」

妹「っ…」

母「あら、すごい喜ぶと思ったのに」

母「いつもは…マジかよ!母さんの分も食ったるわ!とか言うじゃない」




205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 13:37:21 ID:DgiJ80gs

男「…妹、今日は部活なかったのか」

妹「うん、そうだよ」

妹「顧問の先生が来られないからって」

男「そっか」スッ

妹「あっ…」

男「いただきます」

男「」パクッ

妹「ど、どうかな」

男「…うん、うまいよ」

妹「ほっ、よかった」

母「まあ当然ね、なんたって私の自慢の娘なんだから」




207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 22:30:51 ID:DgiJ80gs

男「(自慢の娘、か)」

男「…そうだな」



妹「…」

ーーーーー
ーーー


男「ふぅ、さっぱりした」

男「はやく勉強しねえと」

男「…あ」

妹「よっ」

男「どうした、俺の部屋の前に突っ立って」

妹「お兄ちゃんを待ってた」

妹「久しぶりにお兄ちゃんの部屋で話でもしようと思ってね」

男「なんで俺の部屋…」




208: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 22:37:19 ID:DgiJ80gs

妹「別に、なんとなく」

男「…すまん、今度にしてくれ」

妹「っ…」

男「じゃ、おやすみ」ガチャ

ガシッ

男「…」

妹「ちょっとくらい、いいじゃん」

男「ダメだ、勉強しねえといけねえし」

妹「部屋に入るなんて言わないから、おねがい」

男「…ちょっとだけだぞ」




209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 23:01:38 ID:DgiJ80gs

妹「うん、ありがと」

男「それで…どうしたんだ」

妹「あー、うん…あのね」

妹「今日、告白されたんだ」

男「へえ」

妹「っ…ま、まあ、いつものように断ったんだけど」

妹「私、部活で忙しいし」

男「…」

妹「…えっと、その…あっ!」

妹「部活で思いだしたんだけど、昨日後輩の子がねっ」

男「もういいか?」

妹「…えっ」

男「俺、勉強したいんだけど」




210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 23:16:21 ID:DgiJ80gs

妹「あっ…そ、そうだったね」

男「それじゃ、おやすみ」

妹「うん、おやすみ」

妹「…」

バタン

男「…」

男「(おいおい、また妹告白されたのかよ…どこのどいつだ)」

男「(また妹に聞くべきだったな、そんで俺が…!)」

男「(つうか、後輩がなんだよ!気になって夜も眠れねえじゃねえか!)」

男「(なんだ、妹になんかしたのか!?してないのか!?)」




男「…って、前の俺ならこうだったな」

男「(よく堪えたぞ、これでいいんだ)」

男「(少しずつ、少しずつ、妹と距離をおいていけば…)」




211: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 23:23:44 ID:DgiJ80gs

男「(いつか、絶対に…)」

男「(とりあえずは県外にいくまでの辛抱だ)」

男「(これも全部妹のため、やるしかねえ)」

男「はぁ…」

男「(それにしても、妹の料理最高にうまかったな)」

男「(今日は果てしなく勉強がんばれそうだ)」

男「…よし、勉強するか」

男「妹のために、絶対合格するぞ」




215: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 11:50:10 ID:ZehIrodc

ーーーーー
ーーー


男「んん…ぅんん…」

男「ふぁあぁあ…朝か」

男「…って、まだこんな時間かよ」

男「まあいいや、起きよう」

男「うう、寒っ」ガチャ

男「朝は冷えるな…」

男「…んっ」

妹「あっ…お、おはよう」

男「おう、おはよう」

男「…」スタスタ

妹「あっ…」




216: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 14:07:38 ID:ZehIrodc




男「顔、洗うか」

シャー

男「」バシャバシャ

男「ふぅ…」フキフキ

男「…」

男「(はぁ、なんか妹の顔見るのキツいな)」

男「(妹にかわいいって言えないのがこんなに苦痛だとは…)」

男「(…いや、あれは妹も嫌がってただろうし、我慢しなければ)」




217: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 19:06:48 ID:ZehIrodc

ーーーーー
ーーー


友「でさあ、昨日テレビ見てたらな〜」

男「マジかよ、そりゃすげえな」



妹「うん、がんばろうね」

友1「はぁ、なんか憂鬱…」

妹「大丈夫だよ、たぶん」

友1「そうかなあ」




218: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 19:09:25 ID:ZehIrodc

友「…あ、妹ちゃんだ」

男「えっ」




妹「…あっ、お、おにっ」

男「…」スタスタ

妹「えっ…」

友「お、おい」

妹「…」

友「珍しいな、お前が妹ちゃんに話しかけないなんて」ボソッ

男「まあ、特に話すことはないからな」

友「いや、でもさあ…」




219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 19:17:00 ID:ZehIrodc




妹「…」

友1「お兄さん、話しかけてこなかったね」

友1「どうしたのかな…」

妹「そんなときも、あるよ」

妹「別に…気にするようなことじゃ、ないから…」

妹「…」グッ

友1「妹ちゃん…」




220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 19:24:57 ID:ZehIrodc

ーーーーー
ーーー


男「…」カリカリ

男「は?ここ分からねえ…」

男「うーむ…」

男「んんん…」

男「…喉乾いたし、休憩にするか」

男「…」スタスタ

ガチャ

男「なんか飲み物ねえかな」

男「…あ、いいのあるじゃん」スッ




221: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 19:32:57 ID:ZehIrodc

ガチャ

男「(…あ、だれか帰ってきた)」

妹「ただいまー」

男「っ…」

妹「あっ、お兄ちゃん…」

妹「…ただいま」

男「…おう、おかえり。部活お疲れさん」

妹「あっ…う、うん!」

妹「今日も疲れたなあ!」




222: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 19:42:11 ID:ZehIrodc

男「疲れてるようには見えねえなあ」

妹「そ、そう?えへへ」

妹「今日は結構キツかったよ!」

男「…なんかいいことでもあった?」

妹「えっ、なんで?」

男「今日、テンション高いし」

妹「いや、特になかったよ!」

男「ふっ、そっか」

妹「…あ、それ」

男「ん?」




223: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 20:24:29 ID:ZehIrodc

妹「それ、私の飲みかけのオレンジジュース…」

男「そうだったのか、すまん」

妹「あっ、いいのいいの、全部飲んじゃって!」

妹「私の口づけでいいなら…だけど…」

男「…兄妹だし、別に気にすることじゃねえだろ」ゴクゴク

妹「あっ…」

妹「…」ソワソワ

妹「うぅ…」カァァ

男「ぷはぁ…うまいな、これ」




230: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 11:07:43 ID:EBzScVsU

妹「それはよかったです…」カァァ

男「なんで敬語…」

妹「…あっ、そうだ」

妹「今日、お母さん遅いんだって」

男「そうか」

妹「だから、私がご飯作るね」

男「ああ、俺も手伝うよ」

妹「本当?ふふっ、うれしいな」ニコッ

男「っ…」

男「妹、かわ…」

妹「ん?」

男「あっ、い、いや…なんでもねえ!」




231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 11:18:33 ID:EBzScVsU

男「(あぶねえ、今のはヤバかった)」

男「(今までの努力が全部無意味になっちまうところだった…)」

妹「…でも、よかった」

男「な、なにが?」

妹「最近、なんかお兄ちゃん変だったから」

男「変だった?」

妹「うん…」

妹「私が話しかけてもなんかそっけないし、かわいいとか…言ってこなくなったし」

妹「昨日なんか学校ですれ違っても話しかけてこなかったし…」

妹「だから私、お兄ちゃんのこと怒らせちゃったかな…って」




232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 11:30:24 ID:EBzScVsU

男「妹…」

妹「でも、それが普通なのかな」

妹「普通の、本当の兄妹は、こういうものかな、とか…思ったりして…」

妹「ね、お兄ちゃん」

男「(…嘘だろ)」

妹「本当に変なのは、私のほうかもね」

男「(そんなこと、あるわけない)」

妹「お兄ちゃんにそっけなくされて、馬鹿みたいに悩んで…」

妹「それでお兄ちゃんが変だった…とか、そんなこと言えないよね」




233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 11:39:07 ID:EBzScVsU

男「(そんなこと言うなよ…また、俺は勘違いして…)」

妹「だからね、だから私…」



妹「お兄ちゃんと、本当の兄妹になりたいな」



男「…は?」

妹「お兄ちゃんに、話しかけられなくても…」

妹「お兄ちゃんにそっけなくされても、気にならないようになりたい」

妹「本当の妹として、この家族の一人として…」




234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 11:48:32 ID:EBzScVsU

男「(なんだよ…)」

男「(やっぱり、そうじゃねえか)」

男「(妹は、兄妹以上の関係なんてこれっぽっちも望んじゃいない)」

男「(本当の、家族として…)」

男「…ああ、なれるさ」

妹「なれるかな」

男「妹ならできる」

妹「ふふっ、ありがとう」

妹「私、がんばるからね…」

男「…ああ」

妹「…」




235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 12:10:47 ID:EBzScVsU

男「(…もう、言ってしまうか)」

男「(妹も、俺のせいで悩んでたみたいだし)」

男「(少しでも、楽にしてあげたい)」

男「なあ、妹」

妹「なに?」

男「俺、お前に高校について話したことなかったよな」

妹「うん、そうだね」

妹「でも、一番近いあの高校にするんでしょ?」




236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 12:36:21 ID:EBzScVsU

妹「あそこ、意外と偏差値高いんだよね」

男「…」

妹「まあお兄ちゃんならいけると思うけど」

男「…違う」

男「俺は、県外の高校に行くつもりなんだ」




妹「…えっ」




238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 22:45:57 ID:EBzScVsU

妹「う…そ…」

男「ははっ、びっくりするよな」

妹「そんな…」

妹「突然、すぎるよ…」

男「迷ってたんだ、どっちにするか」

男「だから、妹にはちゃんと決めてから言おうと思ってな…」

妹「…なんで」

男「ん?」

妹「なんで、もっと早く言ってくれなかったの…」

男「いや、だからちゃんと決めてから…」

妹「それは分かってるよ!!」

妹「分かってる!でも、遠いところに行くか迷ってるとか…」

妹「私に、相談して…欲しかった…」




239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 22:57:12 ID:EBzScVsU

男「…じゃあ妹に言ったら」

男「お前は、何て言ってた?」

妹「っ…それは…」

妹「…」

男「はっ、そこで言葉に詰まってるようじゃダメじゃねえか」

男「…普通の妹なら、兄がどこに行こうが気にならないはずだけどな」

妹「…」グッ

男「お前、さっき言ったばかりだろ」

男「普通の、本当の兄妹になりたいって」

男「な、妹…」

妹「…うん」




240: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 23:11:02 ID:EBzScVsU

男「…もうこの話はやめよう」

男「妹に俺のことで悩んでほしくないからこの話をしたのに」

男「なんだよ、その顔は…」

妹「…」

男「それより腹へった」

男「晩ごはん、作ろうぜ」

妹「…うん、そうだね」




241: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 23:34:12 ID:EBzScVsU

ーーーーー
ーーー


父「そうか、県外にしたのか」

男「ああ」

父「妹には言ったのか?」

男「今日、言ったよ」

父「そうか」

父「…本当にいいのか、絶対後悔しないか?」

男「当たり前だろ」

父「心残りとか、ないのか?」

男「…ねえよ」

父「それならいいんだがな」




242: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 23:41:48 ID:EBzScVsU

男「よいしょっと、ちょっと外でてくるわ」

父「こんな夜にどうしたんだ」

男「自動販売機で飲み物買ってくるわ」

父「自動販売機ってお前…ここらへんは何もないだろ」

男「ちょっと歩けばあるだろ」

男「散歩がてら行ってくるわ」

父「…コーヒー」

男「りょーかい」




243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/20(金) 23:49:36 ID:EBzScVsU

ーーーーー
ーーー


男「はぁ…さっむ」

男「…いや、涼しいかもな」

男「…」

『私に、相談して…欲しかった…』

男「妹…」

男「(お前は何考えてるんだ)」

男「(お前は、どうしたいんだ)」

男「(まるで、俺を引き止めようとしてた口振りだったじゃねえか)」

男「(そんなんじゃ、本当の兄妹になんてなれねえよ…)」




244: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/21(土) 00:14:17 ID:WXc7FImU

男「…おっ、発見」

男「うーん、何にしようかな…」

男「…これにするか」ピッ

ガチャン

男「…」スッ

男「ふふっ、オレンジジュースか」

男「…はぁ」

男「(さっき父さんが言ってたこと…)」

『心残りとか、ないのか?』

男「…」




248: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 14:09:08 ID:R/MG.BGQ

男「(そんなもの、あるに決まってる…)」

男「(ここのきれいな川やバカみたいにデカい山は好きだ)」

男「(そして父さんと母さん…家族と離れるのはやっぱり不安だったりする)」

男「(あとは学校の友達もだな…なんだかんだあいつらとバカなことをするのが一番楽しい)」

男「(…そしてなにより、妹と離れたくない)」

男「(兄妹でもなんでもいい、とにかく妹のそばにいたい)」

男「(でも、俺はあいつの望む兄妹にはなれなくて…)」

男「(だから、離れなくちゃいけない)」




249: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 14:23:49 ID:R/MG.BGQ

男「(妹も本当の兄妹になりたいって言ってたしな)」

男「(やっぱりそうだよな…もしかしたら、なんて…)」

男「(でも、俺が遠くに行くって知ったときの妹は…)」

男「…はぁ、ややこしいな」

男「まったくわかんねえよ」

男「(…賭けてみるか)」

男「(もし、俺が家に帰るまでに雪が降ったら、元の俺として妹に接する)」

男「(妹が普通を望んでいようが、お構いなしにな)」

男「(雪が降らなかったら、今まで通り妹から少しずつ離れよう)」




250: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 14:30:50 ID:R/MG.BGQ

男「(そして今の空は…すぐにでも降ってきそうなくらいの曇り空)」

男「(雪が降る確率のほうが高いな)」

男「さーて、どうなるかね」

男「(…俺としては、大雪が降ってほしいかな)」

ーーーーー
ーーー





251: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 15:01:50 ID:R/MG.BGQ

男「(あれから10分くらい歩いた)」

男「(もう、家はすぐそこだ)」

男「(…それにしても、これっぽっちも降る気配がねえな)」

男「…」

男「…ふぅ」

ガララ

男「ただいまー」




252: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 21:36:47 ID:R/MG.BGQ

母「あら、お帰りなさい」

男「…妹は?」

母「もう寝たんじゃないかしら」

男「そっか」

母「あんたももう寝なさい」

男「ああ、そうするよ」

母「…それより、父さんに言ったのね」

男「言ったよ、もう決めたことだから」

母「…そう」

男「じゃあ、おやすみ」

母「うん、おやすみなさい」




253: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 22:46:25 ID:R/MG.BGQ

ーーーーー
ーーー


いやだよ…やだ…

何とかしないと

どうしよう…どうしよう…

どうすればいいのかな

こんなことなら、はじめから…

もう、他のことなんてどうでもいい

あの人さえいれば、なんだっていい

そばにいられるならどんな関係でもいい

だから、離れるのだけはいや

絶対、離さない

逃がさないよ…




愛してる、世界中の誰よりも




254: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 22:52:50 ID:R/MG.BGQ

ーーーーー
ーーー


「…て」

「…きて、起きて」

男「んん…」

男「(誰だよ、まだ眠たいのに…って)」




男「えっ」

妹「お兄ちゃん朝だよ、起きて」ユサユサ

男「…おわあああああ!!」ガバッ

妹「あ、起きた」

男「い、妹!?」




258: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 09:54:28 ID:Aow3Mtws

妹「おはよう、お兄ちゃん」ニコッ

男「お、おう…」

男「(び、びっくりした…妹が起こしてくれるなんて何年ぶりだよ)」

妹「今日は一緒に学校行こうね」

男「は、はあ!?」

妹「…」

男「(な、なんだこいつ…なに考えてるんだ…)」

男「…あっ」

妹「ん?」

男「いや、なんでもねえ」




259: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 10:02:41 ID:Aow3Mtws

男「(目、真っ赤に腫れてる)」

男「(本当にどうしたんだよ)」

男「(…もしかして)」

男「(…違う、その考えはもう捨てたはずだ)」

妹「どうしたの?」

男「お前、朝練はどうしたんだよ」

妹「んー…サボっちゃった」

男「はっ?」

妹「今日はお兄ちゃんと一緒に学校行きたかったから」

男「…お前、本当に妹か?」

妹「え?当たり前じゃん」




260: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 10:11:50 ID:Aow3Mtws

男「…先に行っててくれ、お前はもう支度できてるみたいだし」

男「(妹が変だろうが関係ない、もう決めたんだ)」

妹「…嫌だよ」

妹「ずっと、待ってる」

男「っ…ダメだ」

妹「どうして?」

男「どうして…って、そりゃ」

妹「兄妹が一緒に学校行くなんて普通のことだよ」

男「えっ…そうなのか?」

妹「うん」

男「(…それぐらいなら、いいか)」




261: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 11:15:00 ID:Aow3Mtws

妹「じゃあ待ってるね」

男「…ああ」

ガチャ バタン

男「…はぁ」

男「(なんか調子狂うな)」

男「…あっ、やべ」

男「口のまわり、よだれまみれじゃねえか」フキフキ

男「(はぁ…朝から妹にみっともないところ見せちまった)」

男「(…それにしても、やっぱりなんかおかしい)」

男「(まあ、考えるだけ無駄か)」

男「…ご飯、食べよ」




263: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 22:19:04 ID:Aow3Mtws

ーーーーー
ーーー


妹「〜♪」

男「…」

妹「今日いい天気だね」

男「お、おう」

妹「昨日の夜から雪降るって天気予報でいってたのに」

妹「急に晴れるなんて」

男「そうだな」

妹「…ふふっ」

男「な、なんだよ」




264: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 22:26:58 ID:Aow3Mtws

妹「お兄ちゃんと一緒に登校なんて、本当に久しぶりだなーって」

男「そっか」

妹「うんっ」

男「あれ、なんで一緒に行かなくなったんだっけ」

妹「…」

男「妹?」

妹「あっ…んー、何でだっけ?」

男「ははっ、忘れちまったよな」

妹「…うん」

男「ていうかお前、本当に朝練サボって良かったのかよ」




265: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 22:32:35 ID:Aow3Mtws

妹「一日ぐらいいいの」

男「はぁ、そうですか」

妹「…ねぇお兄ちゃん」

男「ん?」

妹「本当に…本当に、県外の高校にいくの?」

男「ああ、いくよ」

妹「っ…そっか」

妹「そっかそっか、分かった」

男「なにが?」

妹「なんでもないっ」




266: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 22:44:34 ID:Aow3Mtws

ーーーーー
ーーー


友「おい男!模試どうだったよ!」

男「うん、まあまあだな」

友「どれどれ見せてみろよ!」ペラッ

男「あっ、おい」

友「…かぁぁ、デキるやつは違うねえ!」

男「お前なんでそんなテンション高いんだよ」

友「ふふん、今回は俺もまあまあできたからな」




267: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 22:51:31 ID:Aow3Mtws

友「まぁ、それでも男には遠く及ばねえよ」

男「志望校が違うからな」

友「男の志望校、スポーツ盛んなくせにずいぶん難しいよなあ」

男「まあな」

男「正式な推薦じゃないとはいえ、わざわざ遠くから俺に声をかけてくれたんだ」

男「がんばらねえと」

友「うむ、がんばりたまへ」

男「友も人のこと言えねえだろ」

友「俺は…まぁ、いけるだろ!」

男「ははっ、頼もしいな」




271: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 22:44:17 ID:oBlZp9wE

グラァ…

男「…あれ」フラッ

友「ん、どうした?」

男「い、いや、なんでもねえよ」

友「そうか」

男「(気のせい、か?)」

男「(一瞬視界が…)」

男「(最近、寝不足だったからかな…)」

ーーーーー
ーーー





272: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 22:54:03 ID:oBlZp9wE

男「ったく」

男「(友のやつ、勝手に先に行きやがって)」

男「(なんで俺があいつの荷物を…)」


男「…あ」

妹「あっ、お兄ちゃん!」

男「げっ…妹」

妹「むぅ、何その反応」

男「…じゃ、俺急いでるから」

ガシッ

男「!?」

妹「そうなんだ、つぎ何の授業?」

男「美術、だけど」

妹「ふーん」

男「…」




273: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 23:00:23 ID:oBlZp9wE

妹「…」

男「…離してくれませんかね」

妹「…うん」

パッ

男「じゃあな、授業遅れるなよ」

妹「あっ…」

男「」スタスタ

妹「…」




274: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 23:08:34 ID:oBlZp9wE





友2「…おーい、私のこと忘れてねえか」

妹「…うわっ!」

友2「うわ…って、お前なあ」

友2「…なんかあった?」

妹「っ…う、ううん」

友2「男さん、妹に会ったらいつもすごい話しかけてくるのに」

友2「今はなんか…」

妹「な、なんでもないよ…いこ?」

友2「お、おう」




275: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 23:27:22 ID:oBlZp9wE

妹「それよりも、友2の年下の彼氏くんの話…もっと聞くんだから」

友2「だ、だから、それはもういいだろ!」

妹「ふひひ、友2さんも隅に置けませんな」ニヤニヤ

友2「なんだそのキモい笑いは…」

妹「友2先輩!今度デートしましょう!」ニヤニヤ

友2「わ、わ…」

妹「友2先輩!好きですよ!一緒に帰りましょう!」ニヤニヤ

友2「わあああ!うわああ!あいつのマネするなよ!」カァァ

妹「いやぁあんな真っ直ぐな子、なかなかいないよ」

友2「他人事だと思ってこの…」プルプル




276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 23:39:09 ID:oBlZp9wE

妹「…でも、本当にいないよ」

妹「あんな真っ直ぐ、好きな人に好きだって」

妹「ふふっ、羨ましいな…彼氏くんが」

妹「…」

友2「妹…」





妹「…好きですよ、友2先輩」

友2「だ、だからもうやめろって!」




277: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 23:43:53 ID:oBlZp9wE

ーーーーー
ーーー


男「」ポケー

友「なんだよそのアホ面」

男「なんかだるいなあ」

友「寝不足だろ、クマ結構あるぞ」

男「…今日は早く寝るか」

友「そうしたほうがいいな」

男「…zzZ」

友「それはいくらなんでも早すぎ」




281: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 14:13:06 ID:ZYBk/1Ds

友「…あんまり無理すんなよ」

友「最近お前、元気ないぞ」

男「…zzZ」

ーーーーー
ーーー


男「はぁ…家に帰りたくねえ」

友「なんでだよ」

男「(妹がなんか恐いからに決まってるだろ)」

男「…なんとなくだよ」

友「珍しい、男でもそんなこと言うんだな」

男「まあな」

友「じゃあ俺の家で勉強するか?」

男「…ああ、そうさせてもらおうかな」

友「よし、決まりだな」




282: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 14:23:37 ID:ZYBk/1Ds

ーーーーー
ーーー


友「はぁぁ、疲れたぁ!」

男「まだ全然勉強してねえじゃねえか」

友「ふん、俺にしてはしたほうだぜ?」

男「なんだよそのドヤ顔」

友「お前、いつももっと勉強してんの?」

男「そうだな」

友「うへぇ、そりゃ大変だ」

男「絶対、やらなきゃいけないからな」

友「…そうか」




283: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 14:31:02 ID:ZYBk/1Ds

男「じゃあ俺は勉強続けるわ」スッ

友「…まあ待てよ」

男「なんだよ」

友「ちょっと休憩しねえか?」

男「いや、俺はいいや」

男「俺は、もっとがんばらないと…」

男「もっと、もっと…」

友「…はぁ」

男「…」




友「…もらった!」バッ

男「あっ、お、おい!」




284: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 14:38:26 ID:ZYBk/1Ds

友「お前のシャーペンは預からせてもらうぜ!」

男「邪魔するなよ、返せ」

友「まあまあ、ちょっと俺とお話でもしようや」

男「はあ?俺は早く勉…」

友「妹ちゃんと何かあっただろ」

男「っ…」

友「…図星だな、やっぱりそうだったか」

男「お前には、関係ねえ」

友「ふぅ、悲しいねえ」




286: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 14:55:20 ID:ZYBk/1Ds

友「…なあ、何があったんだよ」

男「…」

友「前までは妹ちゃんにウザいくらい話しかけてたのに、それがまったくなくなったな」

友「そのときからだったか、男がありえないくらい勉強しだしたのは…」

友「そんで、日に日に顔色が悪くなって、元気もなくなっていって…」

友「毎日お前を見てる俺が、気付かないとでも思ったか?」

男「…どうしたんだよ、友らしくねえじゃねえか」

男「へへっ、あのヘラヘラした友はどこにいったんだよ」

友「当たり前だろ、友達が目の前で弱っていくのを…」

友「俺がバカみたいに見過ごすと思ったら大間違いだぞ、男」




287: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 15:18:11 ID:ZYBk/1Ds

男「友…」

友「一人で悩むなよ、お前には俺がついてる」

友「一緒にバカみたいに悩もうぜ」

男「なんだよそれ、カッコつけてるつもりか」

友「ああ、俺ってカッコいいだろ?」

男「ははっ…」



男「友、聞いてくれ…」




288: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 15:24:54 ID:ZYBk/1Ds

ーーーーー
ーーー


友「…なるほどな」

男「…」

友「お前たち、義理の兄妹だったんだな」

男「ああ」

友「それで、男は妹ちゃんのことが好き…だと」

男「…そうだ」

友「…」






友「ほあああああ羨ましいいいいい!!!」




289: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 22:48:46 ID:ZYBk/1Ds

男「いきなり奇声あげるなよ…」

友「義妹!義妹!」

男「分かった分かった…っ!」


グラァ…


男「(…あ、れ)」

友「そうか、そうだったのか」

男「ああ…」

友「妹ちゃんは男と普通の兄妹になりたい」

友「でも男はそれが無理だから県外に…というわけだな」




290: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 22:56:00 ID:ZYBk/1Ds

男「…そ、うだ」

友「まぁ、まず思ったのは」

友「男はどうしたいか、ってことだよな」

男「どうって…だから、妹と距離を置いて…」

友「それだよ、それ」

男「えっ?」

友「お前の話聞いてると、妹ちゃんのために…ていうのばっかりじゃねえか」

男「っ…!」

友「男がどうしたいかなんて、まったく聞いてないんだが」




291: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 23:04:21 ID:ZYBk/1Ds

男「俺は…俺はいいんだよ」

男「妹が悲しまなければ、妹が笑ってくれるなら…それで」

友「…はぁぁ、お前、妹ちゃんが本当に大好きなんだな」

男「…悪いかよ」

友「いや、最高にカッコいいぜ…惚れ直したよ」

男「キモいこと言うなよ…」

友「ははっ…でもな、親友の俺から言わせてもらう」

友「もう少し、素直になっていいんじゃないか?」

男「素直、に…」




292: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 23:23:08 ID:ZYBk/1Ds

友「自分のために行動してみろよ」

友「まったく希望がないわけじゃない、俺が保証する」

友「もしかしたら…があるかもしれないだろ?」

友「それが妹ちゃんを傷つけることになっても、時間が解決してくれるはずだ」

友「男に後悔なんて絶対してほしくない…いや、俺がさせない」

友「だから、少しでも可能性があるなら諦めるな!」

男「…」

友「…」




男「…ぷっ、あははははっ!」

友「えっ、俺なんか変なこと言った!?」




293: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 23:32:50 ID:ZYBk/1Ds

男「あははっ、はぁ…」

男「…ありがとな、友」

友「おいおい、当たり前のことを言ったまでだぜ」

友「礼を言われることじゃねえよ」

男「…俺、俺さ」

男「本当に、本当に妹が好きなんだ…妹と恋人に…とか、いつも考えてて」

男「だから、がんばってみるよ」

男「後悔すると、友に殴られそうだしな…」

友「へへっ、そうこなくちゃな」

男「はは、はっ…」フラッ




バタン!

友「おい、男…?」




294: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 23:40:53 ID:ZYBk/1Ds

友「…男!」

男「はぁ…はぁ…」

友「おい、大丈夫か!」スッ

友「っ…おいおい、すげえ熱じゃねえか」

友「くそっ、親がいねえから車は使えねえし…」

男「はぁ…はぁ…」

友「…自転車でぶっ飛ばすしかねえな」




295: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 23:45:51 ID:ZYBk/1Ds

ーーーーー
ーーー


母「男、帰ってくるの遅いわねぇ…」

妹「うん…」

母「学校で勉強でもしてるのかしら」

妹「…」

ガララ

妹「あっ、帰ってきた!」ガタッ

妹「お帰りなさい、お兄…!」




友「はぁ…はぁ…やぁ、妹ちゃん」

友「君に、お届け物だよ」




298: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 10:32:15 ID:sD/gKyW2

ーーーーー
ーーー


男「…」

母「あんた、最近がんばりすぎよ」

母「友くんにまで迷惑かけてもう…」

男「…すまねぇ、まさか風邪ひくとは」

母「後で友くんに謝るのよ?」

母「友くんの家からここまでどれくらい離れてると思ってるのよ」

母「しかも病人を背負って自転車って…どれだけ大変だったか」

男「ああ、分かってる…」

妹「お母さん、お兄ちゃんも風邪ひいてるんだからそれ以上は…」

母「…そうね」




299: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 10:40:51 ID:sD/gKyW2

母「とりあえず明日は学校休みなさい」

母「私も明日は仕事休むから」

男「…いや、いいよ」

母「いいって…あんたすごい熱なのよ?」

母「誰かが見てないとダメでしょ」

男「…妹」

妹「えっ?」

男「俺のために、明日は学校休んでほしい」

妹「っ…」

男「図々しくてごめん、俺は妹がいいんだ」

母「男…」




300: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 10:55:41 ID:sD/gKyW2

妹「う、うん!わかった!」

男「ありがとう、妹」

母「(この子が妹に甘えるなんて…)」

母「…ふふっ」

母「ごめんね妹、明日は任せていいかしら」

妹「うん、任せて」

妹「明日だけじゃなくて、お兄ちゃんが治るまで看病するから」

母「…だってさ、男」

母「はやく風邪治しなさいよ」

男「へへっ、妹がいれば余裕だぜ…」




301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 11:09:19 ID:sD/gKyW2

ーーーーー
ーーー


男「ん、んん…」

妹「あっ、おはようお兄ちゃん」

男「えっ、妹…」

男「…そういえばそうだったな」

男「…うっ」フラッ

妹「ああっ、寝てなきゃダメだよ」

男「(頭いてえ…)」

妹「はい、これ飲んで」スッ

男「おう、さんきゅー」ゴクゴク

男「…ぷはぁ、はい」スッ

妹「ん」




302: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 11:19:11 ID:sD/gKyW2

男「父さんと母さんは?」

妹「もう仕事に行った」

男「えっ…うわ、もうこんな時間かよ」

妹「すごい寝てたね、汗いっぱいかいてたよ」

男「汗ふいてくれたのか、すまねえ」

妹「いいのいいの、お兄ちゃんは風邪ひいてるんだから」

妹「それよりなんか食べれそう?一応雑炊作ってあるんだけど…」

男「ああ、結構腹減ってる」




303: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 14:44:29 ID:sD/gKyW2

妹「そうなんだ、それじゃ持ってくるね」

男「ありがとう…」

ーーーーー
ーーー


妹「ふぅ、ふぅ」

男「…」

妹「はい、あーん」

男「じ、自分で食えるっ」

妹「あーん」

男「…あーん」パクッ

妹「どう?ちょっと熱かったかな」

男「…うまい」

妹「よかった、無理しないで食べれるだけ食べてね」




304: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 14:55:45 ID:sD/gKyW2

男「本当にうまいな」

妹「雑炊なんて誰でも作れるよ」ハイ

男「そんなもんかな…」アーン

妹「あっ、そうだ」

妹「風邪が治るまでは勉強禁止だからね」

男「えー」

妹「えー、じゃないでしょ」

妹「なんで風邪ひいたと思ってるの?」

男「うぐっ…」

妹「…」




305: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 15:09:36 ID:sD/gKyW2

妹「あのさ…」

男「ん?」

妹「ううん、ごめん…なんでもない」

男「なんだよ、気になるじゃねえか」

妹「…」

男「妹?」

妹「…なんでそんなにがんばるの」

男「えっ」

妹「倒れるほど頑張らなくたっていいじゃん」

妹「どうして、そこまでして…」




306: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 15:20:07 ID:sD/gKyW2

男「…分かんねえ」

妹「えっ…?」

男「昨日友とちょっと話したんだけどさ、分からなくなっちまった」

妹「お兄ちゃん…」

男「まあ、風邪が治ったらまた考えるさ」

男「今は頭がボーっとしてそれどころじゃねえしな」

妹「そっか…」

男「…頭痛いから寝るわ、おやすみ」

妹「うん、おやすみなさい」





妹「…」




307: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 15:25:43 ID:sD/gKyW2

ーーーーー
ーーー


「…よし、きめた!」

なんだ、また夢か…

「もう妹が泣かないように、僕が妹をまもる!」

「ぜったい、こわいおもいさせないから」

「だって僕は、お兄ちゃんだから!」

へっ、口だけは達者なやつだな

結局妹を泣かせたやつはどこのどいつだよ




308: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 15:34:55 ID:sD/gKyW2

「かっこいいお兄ちゃんでよかった」

「いやいや、まだなにもしてないからかっこよくないよ」

「これからかっこいいところみせる!」

かっこよくなれたのか、俺は…

約束通り、妹を守れたか…

いや、まだ何もしてやれてないじゃないか

今度こそ俺が妹を守るんだ

絶対に、絶対に…








「お兄ちゃん」




309: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 15:38:27 ID:sD/gKyW2

妹…?

「お兄ちゃん…好き」

「大好き…本当に好きなの」

なんだ、これ…

唇になにか感触が…






妹「お願いだから起きないで」

妹「今だけは、眠っていて…」

妹「お兄ちゃん…んっ」




310: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 15:47:48 ID:sD/gKyW2

妹「んむっ…ちゅ…んっ」


なんだ、まだ夢を見てるのか…?


妹「すき……ちゅっ……すき…ん」

妹「ぷはっ…はぁ…はぁ」

妹「ふふっ、寝顔もカッコいい…」

妹「お兄ちゃん、だいすきぃ…」


夢…じゃ、ないのか…?俺、妹にキスされてる…


妹「はぁ…はぁ…んむっ」

妹「ちゅっ…ちゅる…」




311: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 15:55:34 ID:sD/gKyW2

男「…」

妹「んむぅぅ…っ!」

妹「ぷはっ…はぁ…はぁ…」

妹「えっ…嘘…」

妹「き、気のせい…だよね」








男「何が気のせいなんだ?」




312: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 16:01:07 ID:sD/gKyW2

妹「あっ…ああっ」

男「人が寝てるときに良くもまあ…」

妹「ち、違う…違うの」ジワッ

妹「こ、これは…そ、その…」ウルウル

妹「うっ…ぐすっ…」

男「っ…!」

妹「ごめ、ごめんなさい…うっ…ごめんなさい!」

男「…妹!」ガバッ

妹「えっ…んむぅ!!」

男「はぁ…ちゅっ…れろっ」




313: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 17:11:51 ID:sD/gKyW2

妹「んんんっ!!」

男「妹…ちゅっ…はむっ」

妹「ぷはっ…やめっ…やめて!お兄ちゃんやめてよ!」

男「お前からしてきたくせに何がやめてだよ」

男「大好きなお兄ちゃんにキスされてうれしいくせによ!!」

妹「き、嫌い!こんなことお兄ちゃんなんて大きら…んんっ!!」

妹「ふぅぅん!…っ…んっ…ちゅっ…」




314: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 17:29:30 ID:sD/gKyW2

妹「はぁ…はぁ…やだ、やだぁ…」

妹「こんなはずじゃ、なかったのに…」

男「はぁ…はぁ…妹っ…」

妹「お兄、ちゃん……んっ」

男「んっ…んんっ…ちゅっ」

妹「…んっ、はぁ…はぁ…」

男「好きだよ、妹…」

妹「えっ…」

男「ずっと、ずっと…妹のことが好きだった!」

妹「っ…!」

妹「ダメっ…そんなの、ダメだよ…」

妹「私たち兄妹だよ?お兄ちゃん、そんなの…変だよ」

男「兄妹なんか関係ねえ、俺には妹しかいねえんだ」




315: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 17:41:13 ID:sD/gKyW2

妹「いやっ、いやああああ!!」

妹「…兄妹でなんて、絶対にやだぁ!!」

男「妹…」

妹「やっと…やっと、私にも家族ができたのに…」

妹「もう、家族を失いたくない…一人になりたくないの!」

妹「お父さんとお母さんに、見捨てられたくない…っ」

男「…そうだったのか、お前はそんなこと考えて…」

妹「もう…離してよ…」

男「…分かった、俺からも言わせてくれ」

男「俺は妹が好きだ、お前と恋人になりたい」




316: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 17:57:05 ID:sD/gKyW2

妹「っ…」

男「もしお前が俺より父さんと母さんが大事だっていうなら、潔く諦める」

男「けど、俺のほうが大事だっていうなら…そのときは」

男「俺と、本当の家族になろう」

妹「えっ…」

男「どんなことからもお前も守る!世界で一番幸せにする!」

男「お前が一人になっても、俺だけは何があっても離れない!」

男「自分勝手だって分かってる!けど、妹には一生ついてきてほしい!」

男「妹が求める本当の家族に、俺となってほしい…」

男「だから…」







男「俺と結婚しよう、妹」




317: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 18:50:55 ID:sD/gKyW2

妹「結婚…」

妹「えっ…えっ!?」

男「ああ、結婚だ」

妹「お兄ちゃん、なに言ってるのか分かってるの…?」

男「当たり前だろ」

妹「恋人になりたいって言ったり、結婚しようって言ったり…」

妹「めちゃくちゃすぎるよ…」

男「めちゃくちゃでもなんでもいい」

男「お前のそばにいられるなら、なんだってする」

妹「…本当に、守ってくれる?」

男「ああ」




318: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 19:12:04 ID:sD/gKyW2

妹「もう我慢しなくても…」

妹「お兄ちゃんが好きだっていう気持ち、抑えなくていいの?」

男「ああっ」

妹「っ…」

男「これからもずっと一緒だ、妹」

妹「…うっ…お兄ちゃん…お兄ちゃん!!」ダキッ

男「おっと…」

妹「お兄ちゃん好き、大好き!!」

妹「グスッ…私も、お兄ちゃんがずっと、ずっと好きだった…」

男「よしよし、よく我慢したな」

男「…好きだよ、妹」

妹「お兄ちゃん…大好きっ…グスッ…大好きぃ!」



こうして俺と妹は、兄妹という関係から…恋人という関係に変わった。




320: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 21:25:17 ID:sD/gKyW2

ーーーーー
ーーー


男「…」

妹「…」

男「な、なんか喋れよ」

妹「お兄ちゃんこそ…」

男「はぁ、妹が泣きやむの待ってたらもう夕方になってるじゃねえか」

妹「お、お兄ちゃんが泣かせたんじゃん!」

男「うぐっ…」

妹「彼女泣かすなんて、ひどーい」

男「か、彼女…」

妹「えっ、うん…彼女」




321: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 21:34:29 ID:sD/gKyW2

男「…」

妹「…」カァァ

男「…な、なんだよ」

妹「は、恥ずかしいぃぃ…」

男「おいおい、そんなんで大丈夫なのかよ」

妹「だって、だってぇ…」

男「妹は俺の彼女、俺は妹の彼氏!」

妹「彼氏、彼氏…」

妹「お兄ちゃんは私の彼氏…」チラッ

男「そう、俺はお前の彼氏だ」

妹「…」ポー

男「…どうした?」




322: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 21:44:52 ID:sD/gKyW2

妹「私の彼氏、カッコいいなあ…って思って」

男「ほ、ほう…」

妹「あっ、なっ、なんてこと言わせるの!」

男「妹が勝手に言ったんだろ…」

妹「うぅ…」

男「…まあ、その…なんだ」

男「俺の彼女も、すげえかわいくて困っちゃう…ですよ?」

妹「っ…」

妹「そ、そういうのやめてっ」カァァ

男「お、おう」




323: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 21:51:34 ID:sD/gKyW2

妹「ていうかお兄ちゃん、風邪は大丈夫なの?」

男「微妙、かな」

男「明日もたぶん学校には行けないだろうなー」チラッ

妹「へ、へえ…そうなんだ」

妹「私もお母さんにお兄ちゃんが治るまで看病するって約束しちゃったし…」

妹「わ、私も明日は休もう…かな」

男「お、おう…そうしとけよ」

妹「うん…そうする」

男「…やった」ボソッ




324: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 21:53:16 ID:sD/gKyW2

今日はここまで
後半は甘いのばかりなので苦手な人注意




326: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/03(火) 22:22:15 ID:5hbcUe/o

甘いのばかり♪




327: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 09:26:46 ID:0zYmWniA

( ´ω`)イイ...




328: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 10:44:42 ID:egp94rRU

妹「…ねえ、お兄ちゃん」

妹「お願いがあるの」

男「なんだ?」

妹「私とお兄ちゃんが付き合ってること、誰にも言わないでほしい」

妹「特にお父さんとお母さんには…」

男「…ああ、そうだな」

男「しばらくは言わないでおくか」

妹「うん、ありがとう」

男「俺たちが成長して、自分たちで生きていけるようになったら」

男「その時は、一緒に父さんと母さんに打ち明けような」

妹「…うん」

男「…不安なんだな」

妹「ごめん、やっぱりまだ恐いの…」

男「それが普通だ、心配すんな」




329: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 10:59:26 ID:egp94rRU

ギュッ

妹「…あっ」

男「俺がついてる、ずっと守ってやるからな」

妹「…大好き」

男「俺もだよ、妹」

妹「お兄ちゃん…」









男「ところで、妹が初めて俺の寝込みを襲ったのはいつなんだ?」




330: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 11:12:12 ID:egp94rRU

妹「……えっ?」

男「ん?」

妹「…お兄ちゃんのばかああああ!!今すごいいい雰囲気だったのに!」

男「いやー、ふと気になったんだよね」

妹「し、しかも、寝込みを襲うなんて…そんなことしてないもん!」

男「寝てるときにディープキスされました」

妹「で、ディープまではしてない!」

男「ほう、じゃあキスはしたのか」

妹「っ…そ、それは…その…」

男「ていうかしてたな、おもいっきり」




331: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 11:30:10 ID:egp94rRU

妹「…小学生」ボソッ

男「えっ、なんて?」

妹「小学生から、していました…」

男「あらぁ…」

妹「小学生のときにお兄ちゃんが好きだって気づいて、それでこの気持ちは抑えようとしたんだけど…」

妹「やっぱり一度気づいちゃったもうダメだったね…毎日、毎日…お兄ちゃんがカッコよく見えてしょうがなかった」

妹「だから、お兄ちゃんが寝てるときにそっとベッドに入って、キス…しちゃった」

男「っ…」ゴクリ

妹「始めはそんなつもりなかったんだけど、お兄ちゃんの顔が目の前にきた瞬間にありえないくらいドキドキしちゃって…それでね…」

妹「初めてお兄ちゃんにキスしてみたら、その…すごい満たされて…」

妹「うまく気持ちを抑えられるようになったの」

男「な、なるほど…」ドキドキ




332: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 11:39:41 ID:egp94rRU

妹「中学生になってからはキスしなくても抑えられるようになって、それからはしなくなったんだけど…」

男「だけど…?」

妹「最近、お兄ちゃんが県外の高校に行くって知って…なんとかしなくちゃって思っちゃったの」

妹「お兄ちゃんと離れるなんて嫌…だけど、迷惑かけるのはもっと嫌だし…」

妹「それから、自分でもわけわからなくなっちゃって…無意識になんとかお兄ちゃんに関わろうとした」

妹「そこからもう抑えきれなくなって、それで…」

男「ぶちゅーっといってしまったと…」

妹「うん…」

男「そういうことだったんだな」




333: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 11:53:26 ID:egp94rRU

妹「嫌いになった…よね」

妹「本当の兄妹になりたいって自分から言っときながら、完全に兄妹の一線を越えてた」

妹「お兄ちゃんの知らない間にファーストキスまで奪って…」

妹「本当に、最低だよ…私…」

男「…それがどうした」

妹「えっ…?」

男「俺がいつ嫌だって言ったんだよ」

男「俺は妹に心の底から惚れてんだ、そんなことまったく気にしないぜ」

男「(それに普通に興奮したしな)」




334: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 12:12:48 ID:egp94rRU

妹「お兄、ちゃん…」

男「それと高校のことだけど、俺は絶対県外には行かないよ」

妹「えっ!?な、なんで…」

男「なんでって、行く理由がなくなったからな」

妹「行く理由が、なくなった?」

男「ああ」

男「俺も妹と一緒だよ、ずっと気持ちを抑えてた」

男「妹が普通の兄妹を望んでいるのに、俺は妹が好きで好きでしょうがなかったからな」

男「だから妹と距離を置いて忘れようとしてたんだ」

妹「そうだったんだ…」

妹「お兄ちゃんも、私と同じように…」




335: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 12:33:11 ID:egp94rRU

男「だから、俺は地元の高校にいく」

男「俺に進むきっかけをくれた、大切な親友もいるしな」

妹「いいの…?」

妹「後悔するかもしれないよ?」

男「後悔はしないよ絶対に」

妹「そっか…」

男「俺はこれからも…」

男「ずっとそばで、妹を守るから」

妹「…はい、よろしくお願いします!」ニコッ




336: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 12:43:47 ID:egp94rRU

ねえ、お父さん、お母さん…


「妹…」

「お兄ちゃん…」


私、大切な人ができたの


「んっ…」


ずっと、この人のそばにいたい


「…っ…や、やっぱりまだ照れるな」

「えへへ…そ、そうだね…」


この人のとなりで、笑顔でいたい




337: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 12:48:20 ID:egp94rRU



「あっ…外」

「えっ…あっ!」

「初雪、だな…」

「わぁぁ…」


お父さん、お母さん…


この人とめぐり合わせてくれて、ありがとう…




338: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 18:36:00 ID:egp94rRU

ーーーーー
ーーー


男「いやー、鍋はいいねぇ!」

母「病人のくせにずいぶん元気ね」

父「最近の男が嘘みたいだな」

男「はっはっはっ、妹の看病のおかげですわ!」

父「…うん、すっかり元通りだ」

母「明日は学校行けそうね」

男「あっ、あー頭が急に痛く…」

母「…はぁ、もうこの子ったら」

妹「ふふっ」




339: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 18:43:20 ID:egp94rRU

父「あっ、そうだ」

父「近々みんなに大事な話がある」

妹「近々…?」

男「なんで今じゃねえんだよ」

父「まだ確定じゃないからだ」

母「誰に関係する話?」

父「一応家族全員…ではあるんだが、男に一番関係あるな」

男「えっ、俺?」

父「そう、お前」

男「嫌な話?」

父「いやいや、そんな話じゃない」




340: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 18:50:24 ID:egp94rRU

男「ふーん…」

父「話がまとまったら、またみんなに話す」

父「そういう話があるとだけ覚えといてくれ」

妹「なんだろ…」

ーーーーー
ーーー


男「…」

コンコン

男「ん、はーい」

ガチャ

妹「お兄ちゃん、ちゃんと寝て…」

妹「…あー!勉強したらダメだって言ったじゃん!」

男「寝ながら教科書読んでただけだ、勉強してねえよ」

妹「う、うーん…それって勉強してるような…」




341: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 19:15:14 ID:egp94rRU

男「まあ、もうそんなに勉強しなくてもいいんだけどな」

妹「…志望校変えたこと、お父さんとお母さんに言わなくていいの?」

男「別に後でいいだろ」

妹「お兄ちゃんがそういうならいいんだけど…」

男「…」

妹「どうしたの?」

男「かわいいなぁ…って思って」

妹「うぅ…」カァァ

男「ははっ、すぐ真っ赤になっちゃうな」

妹「だ、誰のせいだと思って…」




342: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 19:33:25 ID:egp94rRU

男「それにしても、妹が彼女か…」

男「本当に夢みたいだ…」

妹「ふふっ、夢じゃないよ」

妹「…お兄ちゃーん♪」ギュッ

男「おっ、よしよし」ナデナデ

妹「えへへ、しあわせぇ…」

男「妹って意外と甘えん坊なんだな」

妹「チューしていい?…んっ」

男「ははっ、答える前にしてるじゃねえか」

男「(…いかん、かわいすぎて死にそう)」




343: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 19:34:21 ID:egp94rRU

男「…あっ、そうだ」

妹「ん?」

男「せっかく恋人になったんだし、呼び方変えてみようぜ」

妹「うん、いいよぉ…」







妹「えっ」




350: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 08:51:11 ID:R5e0jfwc

妹「よ、呼び方…」

男「ああ、呼び方」

妹「兄さん…とか?」

男「うーん…違うな」

妹「じゃあ…兄貴?」

男「なんでそうなるんだよ」

妹「じゃあなんて呼べば…」

男「…男って、呼んでほしい」




351: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 08:52:27 ID:R5e0jfwc

妹「えっ……む、無理無理無理!!」

妹「は、恥ずかしすぎるよそんなの!」

男「妹ならできるって」

妹「無理ったら無理!」

妹「なんか、本当に恋人みたいじゃん…」

男「いや、本当に恋人だろ」

妹「そうなんだけど!…なんていうか、その…」

妹「うぅ…本当に恥ずかしいんだもん…」

男「さあこい妹!男って呼ぶんだ!」




352: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 09:00:04 ID:R5e0jfwc

妹「…」

妹「…お」

男「お…?」

妹「お…お…お兄ちゃん」

妹「お兄ちゃん、お兄ちゃん!!」ギュウ

男「えー…」

妹「急に呼び捨てなんて、やっぱり無理だよ…」

男「んー、そうだなぁ…」




353: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 09:15:38 ID:R5e0jfwc

男「じゃあ、くん付けで」

妹「くん付け…」

男「男くん…これならどう?」

妹「…男、くん」

男「お、おおっ」

妹「…男くん!」

男「よし!言えたじゃねえか!」

妹「い、言えた…」

妹「私言えたよ!お兄ちゃん!」

男「言えてねえじゃねえか!」




354: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 18:36:04 ID:R5e0jfwc

妹「あ、間違えた」

男「これは…一晩中練習しないといけませんなぁ」

妹「ひぃぃん、もう勘弁してぇ…」

ーーーーー
ーーー


男「ふあぁあ…」

妹「あ、おはよう」

男「おう、おはよう」

妹「どうしたの、今日起きるの早いね」

男「2日も学校休んじまったしな、今日は早めに学校行って勉強すんだよ」

妹「ふーん…」

男「…というのは建前で、妹と一緒に学校行きたくて早起きしました」

妹「うむ、正直でよろしい」




355: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 18:44:02 ID:R5e0jfwc

男「だって彼女と一緒に登校してえんだもん…」

妹「ふふっ、そっか」

妹「でも、男くんが早起きしなくても、たぶん私が起こしてたよ」

男「…」

妹「…ん、どうしたの?」

男「男くんっていいなぁ、ってしみじみ思って…」

男「もう普通に男くんって呼べてるな」

妹「そ、それは、男くんが昨日いっぱい言わせたからで…」

男「そんなこと言って、途中からノリノリだったくせに〜」




356: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 18:47:18 ID:R5e0jfwc

妹「だって!だって…」

妹「私、男くんの彼女なんだもん…」

妹「私だって…名前で呼びたいんだから…」カァァ

男「…」

男「(…か、かわえええええ)」

妹「で、でも!二人きりのときだけだからね!」

妹「他の人がいるときは今まで通りお兄ちゃんって呼ぶから!」

男「ああ、分かってるよ」

妹「ほ、ほら、早く支度してよ」

妹「朝練に遅れちゃうからっ」

男「はいはい」




358: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 19:26:28 ID:R5e0jfwc

ーーーーー
ーーー


友「…で、話ってなによ」

友「二人きりで話したいなんて、いやらしいわね」

男「なんだそのキモいしゃべり方…」

友「キモいなんてひどい!」

男「…ありがとな」

友「ん?」

男「俺、友の家でぶっ倒れちまったよな」

男「友が、わざわざ俺の家まで運んでくれて…」

友「…いいんだよ、そんなこと」

友「風邪はもう大丈夫なのか?」

男「ああ、おかげさまですっかり」

友「それならいいんだ、お礼なんて」

友「けど…わざわざ二人きりで話したいことって、それだけじゃないんだろ?」




359: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 19:28:10 ID:R5e0jfwc

男「ああ」

男「俺、妹と付き合うことになった」

友「…うえええええ!!!?」

友「ま、マジかよ!」

男「マジだ」

友「いい感じになったぐらいにしか思ってなかったのに…」

友「すっ飛ばしすぎだろ!」

男「いや〜、お先にすまんな」

友「義妹!義妹!」

男「…これも友のおかげだ、ありがとう」




360: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 19:32:06 ID:R5e0jfwc

友「いやいや、俺は背中を押しただけだ」

友「行動したのは俺じゃなくて男だろ?」

男「それでもお前には心底感謝してるよ」

友「へへっ、どういたしまして」

友「…ん、ということは」

友「高校はどうすんだ?」

男「もちろん地元だ」

友「ほう、やっぱりそうか」

男「高校でもよろしくな」

友「おう!」

友「やっぱり、男も同じ高校じゃないとな〜」




361: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 19:34:18 ID:R5e0jfwc

男「…あっ、あとお願いがあるんだわ」

友「なんだ?」

男「俺と妹が付き合ってること、誰にも言わないでほしいんだ」

男「友には言っとかなきゃいけないって妹に言ってあるから、友はいいんだけど」

男「妹はまだ他の人に知られたくないらしくてな」

友「…へへっ」

友「(…そんなこと言われなくても、天地がひっくり返っても言うわけないだろ)」

友「そうだなあ…ジュース1本で手を打とうじゃないか!」

男「ああ、ありがとう」




362: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 19:40:59 ID:R5e0jfwc

キンコンカンコーン

友「…あっ、授業始まるぞ」

友「そろそろ行こうぜ」

男「おう」






友「…」

友「(男、本当におめでとう…夢が叶ってよかったな)」

友「(彼氏として、妹ちゃんを大事にするんだぞ)」

友「(…今日は、男のお祝いパーティを一人でやるか)」

男「どうした友、おいてくぞ」

友「…おいおい、待ってくれよ〜!」




363: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 20:46:33 ID:R5e0jfwc

ーーーーー
ーーー


「私こっちだから、じゃあね」

「ばいばい妹ー」

妹「うん、また明日ねー」

妹「…うう、夜は寒いなぁ」







「あれ、妹じゃねえか」

妹「…あっ、お兄ちゃん」

男「よっ、奇遇だな」




364: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 20:49:49 ID:R5e0jfwc

妹「どうしてこんな遅くに…学校で勉強してたの?」

男「違う違う、友の家に自転車を取りに行ってたんだ」

男「あいつの家に置きっぱなしだったからな」

妹「そうなんだ…」

男「せっかくだし、一緒に帰るか」

妹「うん!」

男「…それにしても、妹と帰るのなんて久しぶりだなあ」

妹「私、部活あるからね」

男「そうだなぁ」

妹「…」

男「…」ススッ




365: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 20:58:13 ID:R5e0jfwc

妹「っ…」サッ

男「えっ」

妹「…」

男「…」ススッ

妹「…」サッ

男「…なんで近づいたら逃げるんだよ」

妹「だ、だって…部活終わりで汗くさいし」

男「そんなの気にしねえのに」

妹「私が気にするの!」

妹「おに…男くんに、汗くさいとか思われたくないし…」

男「俺、妹の汗のにおい好きだよ」

妹「えっ、男くん気持ちわるい…」

男「な、なんでやねん!」




367: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 21:10:56 ID:R5e0jfwc

妹「汗のにおい好きとか変態だよ…」

男「ぐぬぬ…」

男「そんなこと言ってる妹も、実は俺の汗のにおいが好きだったりして〜」

妹「っ…!」

妹「…」カァァ

男「…えっ、マジで?」

妹「べ、別に好きじゃないもん!」

男「ん〜、今の間はなにかなぁ?」ニヤニヤ

妹「男くんが変なこと言うからびっくりしただけ…」

男「本当に?」ニヤニヤ




368: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 21:22:07 ID:R5e0jfwc

妹「…し、しょうがないじゃん」

妹「好きな人のにおいなんて、好きになるに決まってるよ…」

男「っ…」

妹「…」カァァ

男「…妹、キスしていい?」

妹「えっ…んんっ!」

妹「んっ…ちゅっ…」

男「…っ…好きだよ、妹」

妹「私も…んっ…」

男「ちゅっ…んん…っはぁ」

妹「…ねぇ、男くん」




369: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 21:26:33 ID:R5e0jfwc

男「なんだ?」

妹「なんでこんなにカッコいいの…」

妹「…大好き…んっ…」

男「んっ…」

妹「っ…はぁ…」

妹「はぁ…はぁ…家に帰ったら、また普通の兄妹に戻らきゃいけないんだよね…」

男「そう、だな…」

妹「やだ…もっと、男くんとちゅーしたいよぉ…」

男「そんなの俺だって…」




370: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/05(木) 21:32:31 ID:R5e0jfwc

妹「帰り道の公園、いこ?」

妹「そこの遊具に隠れれば誰にも見つからないから…」

妹「そこでいっぱい、キスしようよぉ…」

男「ああ、行こう…」

妹「やった、えへへ…」

男「けど、もうちょっとだけここで…」

妹「いいよ…んっ」




375: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 09:32:51 ID:zLbG9rdk

ーーーーー
ーーー


男「(妹と付き合い始めてから今日で1週間かぁ…)」

妹「ごほっ、ごほっ」

男「まさか妹に俺の風邪がうつるとは…」

妹「うぅ、頭痛い…」

男「ごめんな、妹…」

妹「いや、大丈夫だよ」

妹「マスクとかしなかった…ごほっ…私が悪いんだし…」




376: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 09:40:09 ID:zLbG9rdk

妹「それよりごめんね、学校休んでまで看病してくれて」

男「いやいや、俺も妹にしてもらったんだからさ」

男「きっちり恩は返さないとな」

妹「えへへ、うれしいな…」

ギュッ

妹「あっ…」

男「妹の手すげえ冷てえ」

妹「男くんの手、暖かい…」




377: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 10:43:13 ID:zLbG9rdk

男「…がんばってはやく治すんだぞ」

妹「…」

男「…妹?」

妹「…すぅ…すぅ」

男「ふっ、寝ちゃったか」

男「…妹、俺勉強してくるな」

男「おやすみ」

ギュウウ

男「っ…」

妹「…すぅ…すぅ」




378: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 11:14:33 ID:zLbG9rdk

男「…あとちょっとだけだからな」

妹「…すぅ…すぅ」

ーーーーー
ーーー


父「ついにこの日が来たな」

父「俺がどれだけ待ち望んでいたか…」

男「いいからさっさと話せよ、妹風邪ひいてるんだぞ」

父「おっと、そうだった」

父「すまんな妹、風邪ひいてるのに」

妹「あっ、私は別にいいのっ」

妹「お兄ちゃんに関係ある話みたいだし、私も聞きたいから…」

父「そうか…」




379: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 11:54:13 ID:zLbG9rdk

母「それで、大事な話って?」

父「俺が最近忙しかったのは、みんな知ってるな?」

男「ああ、最近帰りが遅かったな」

父「実はな、大きな仕事を任されていたんだ」

妹「へぇ、お父さんすごい」

父「いやあ、かわいい娘にそう言われると嬉しいなあ」デレデレ

男「…おい」

父「はっ…んん!」

父「…まあ、それは無事成功したんだ」

母「あら、良かったじゃない」

父「そして俺の昇進が決まったと同時に、会社から言われたんだ」

父「他の部署に行って力を発揮してほしい…とな」




380: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 11:59:39 ID:zLbG9rdk

妹「それって…」

父「そう、転勤することになった」

男「おおっ、マジかよ!」

母「どこに転勤するのよ」

父「だから、男に関係あるって言っただろう」

父「男の志望校からまあまあ近いところだ」

男「えっ」

妹「あー…」

父「男は一人暮らしする予定なんだろ?」

父「まあ、それが俺と二人暮らしになるっていう話だ」




381: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 12:34:22 ID:zLbG9rdk

父「一家全員…も考えたが、妹に転校はさせたくないしな」

父「だから、単身赴任という形になった」

母「なるほどねぇ…」

男「」ダラダラ

妹「…だから言ったほうがいいって言ったのに」ボソッ

男「と、父さん、実は俺…」

父「ん、どうした?」

男「俺…その…」

男「…志望校、変えたんだ」

母「えっ!?聞いてないわよ、そんな話…」

男「後で言うつもりだったんだ…ごめん」




382: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 15:32:33 ID:zLbG9rdk

男「…」

父「…ふふっ、やっぱりそうか」

男「えっ…」

父「男ならそうするだろうと最初から思ってたさ」

男「な、なんでそう思ったんだよ」

父「んー…親の勘ってやつかな」

父「前に志望校のことで話したときのお前の目、腐ってたからな」

父「悔いがあるんだと、すぐに分かった」

父「なっ、母さん」

母「…そうね」




383: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 15:42:40 ID:zLbG9rdk

父「だから男が責任を感じることはない」

父「このまま志望校を変えずにいくかもしれなかったし、一応その部署を選んだが…」

父「まあ、どこに行ってもどうせ同じだ」

男「…ははっ、父さんには敵わねえな」

母「あなたはどうするのよ」

父「へっ?」

母「この家で家事できないの、あなただけよ」

父「か、家事…」

父「な、なんとかなるだろ」




384: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 15:56:15 ID:zLbG9rdk

母「はぁ…私も行くわよ」

父「えっ、母さん…?」

母「この子たちももう大人、一人でできることばかりよ」

母「私やあなたがいなくても、きっと不自由しないわ」

母「こんな家事がまったくできないダメ男でも、一応私の夫なんだし」

母「…そ、それに」

母「わ、私がいないと生きていけないでしょ…」

父「母さん…」






男「なんだこれ」

妹「夫婦っていいなぁ…」




385: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 16:05:53 ID:zLbG9rdk

男「…ってことは」

男「俺と妹の二人で暮らせってこと?」

母「うん、そうなるわね」

妹「っ…」

男「おおっ、おおおおおお!!」

男「そ、そうか!」

父「なんだ、やけに嬉しそうだな」

男「あっ…い、いや、そんなことは…」




386: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 16:18:10 ID:zLbG9rdk

妹「お兄ちゃんは嬉しくないの?」

妹「私は嬉しいんだけどなぁ…」

男「えっ」

妹「ん?」

男「い、いや…ほ、本当は嬉しい…かな?」

妹「…ふふっ」

父「うちのかわいい娘と離れて暮らすなんて寂しい…」

男「息子と離れて暮らすの寂しい?」

父「お前は別にいい」

男「は?」

父「とりあえず、これで話はまとまっ
たな」

父「俺たちがいなくても、仲良くするんだぞ」

男「分かってるよ」

妹「うんっ」




387: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 20:50:18 ID:zLbG9rdk

ーーーーー
ーーー


男「ふぅ、夜は冷えるな」

妹「…」

男「(俺たちは今、公園に向かっている最中だ)」

男「(父さんたちとの話が終わった後、妹が俺と公園に行きたいと言ってきた)」

男「(風邪ひいてるからやめとけと言ったが、妹がどうしても行くと聞かないから行くことにした)」

男「(…それにしても、妹と二人暮らしかぁ)」

男「(俺はすげえ嬉しかったけど、妹はどうだろうか)」

男「(妹は嬉しいと言っていたが、それは俺をからかうために言ったんだろうし…)」

男「(本心ではどう思ってるのだろう…」

男「(あれだけ家族を大切にしている妹が、父さんと母さんが離れることをどう思って…)」

男「(そもそも、父さんと母さんの目の前で、離れて暮らすのが嬉しいって言ってたよな」

男「(普段なら冗談でも言わないようなことをさらっと言うもんだから、すげえびっくりした)」




388: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 20:53:41 ID:zLbG9rdk

男「(…とか考えてるうちに着いてしまった)」

男「(結局一言も話さなかったな…)」

男「どうした、こんなところまできて」

妹「ここなら、誰にも聞かれないよね…」

男「んー、そうだなぁ」キョロキョロ

男「誰もいないみたいだな…」

妹「…」

妹「…男くん!」ダキッ

男「おっと!」




389: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 21:04:39 ID:zLbG9rdk

妹「えへへ…男くぅん」スリスリ

妹「大好きぃ…私だけの男くん」

男「妹…」ナデナデ

妹「さっき話してるとき、ずっと我慢してたんだよ」

妹「男くんに抱きつきたくて、しょうがなかったんだから…」

男「そうか、よく我慢したな」

妹「もっと、もっといっぱい褒めてぇ…」

男「よしよし、えらいぞ妹」

妹「ん、んんっ!」

男「はいはい…ちゅっ」

妹「んっ…えへへ」




390: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 21:10:46 ID:zLbG9rdk

男「(なんか、やけに子どもっぽいな…)」

妹「頭ふわふわするぅ…」

男「…なぁ、妹」

妹「なあに?」

男「なんでさっき、父さんの目の前で嬉しいなんて言ったんだ?」

男「小さい声だったし聞かれなかったから良かったけど、聞かれてたら父さん傷ついてたぞ…」

妹「…聞かれなかったんだしいいじゃん」

男「いやでも…」

妹「だって、思ったこと勝手に言っちゃうんだもん」




391: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 21:56:52 ID:zLbG9rdk

男「…は?」

男「(どういうことだ…風邪のせいで頭おかしくなっちまったのか?)」

妹「男くんカッコいい…」

男「(とりあえず、今の妹は本音垂れ流しになっていると…)」

男「(なんて素晴ら…いや、大変なことになったんだ)」

妹「えいっ、えいっ」ツンツン

男「(…いろいろ聞いとくか)」

妹「かまってよぉ…」シュン

男「おっと、悪い悪い」

男「…なあ妹、好きな人は誰だ?」

妹「男くん!」

男「(うん、まあそうだろうな)」




392: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 22:02:05 ID:rT6Ru.S.

こんなの虫歯になっちまうよ




394: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 22:17:07 ID:zLbG9rdk

男「」ゴクリ

男「…今、どんなブラジャーしてんの?」

男「(う、うわあああああ!!なに聞いてんだ俺えええええ!!!)」

妹「んー、今ブラはしてないよ」

男「ほう……うえっ!?」

妹「うえ?」

男「だ、ダメだろそれは!」

妹「だって暑いんだもん」

男「いや、暑いからってお前…」

妹「サイズきつくて余計に蒸れるし…」




395: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 22:35:32 ID:zLbG9rdk

男「それなら母さんに頼んで新しいの買ってもらえよ…」

妹「でも、新しいの買ってもらったばかりなんだよ?」

男「えっ」

妹「だからなかなかお母さんに言えなくて…」

妹「お母さんの胸、私より全然小さいからおさがりもらうわけにもいかないし…」

男「(…元気だせ、母よ)」

妹「んふふ〜♪」ポチッ ポチッ

男「ん?…な、何してんだ妹!」

妹「暑いからちょっとボタン外しただけだよー」

男「いや、今結構寒いだろ…」




396: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 22:51:29 ID:zLbG9rdk

妹「男くん、見て見てぇ」

男「こ、今度はなん…」

妹「じゃーん、谷間だよ〜」

男「ブフォ!!」

妹「えへへ、最近結構すごいのできるようになったんだよ」

妹「ねえねえ、エロいでしょ?」

男「(えっ、ちょっ、こ、こいつ…)」

男「(い、いかん、冷静になれ男よ…)」

妹「胸も大きくなったから、もっと私のこと好きになってよ男くん」

妹「私だけこんなに大好きなのやだぁ…」ダキッ




397: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 23:13:31 ID:zLbG9rdk

男「ァァ…」

妹「どうしたらもっと好きになってくれるの?教えてよぉ…」ムニムニ

男「(さっき抱きつかれたときは何とも思わなかったけど、こいつ…確かにデカい)」

男「む、胸を押しつけるなっ」

妹「あれ、結構効いてる?」

妹「もっと私のこと好きになれ〜好きになれ〜」ギュッ ギュッ

男「ォァァ…」

妹「…好きになってよ」

妹「男くんのこと、好きで好きでしょうがないの…」

妹「だから、男くんも私のこともっと好きにさせて…この苦しさを分からせてやるんだから」




398: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 23:25:18 ID:zLbG9rdk

男「いや、俺も同じくらい妹が好きで…」

妹「…本当に?」

男「ああ」

妹「…」ギュッ ギュッ

男「だ、だから胸を押しつけるな!」

妹「…ねえ、男くん」

男「なんだ」

妹「二人暮らし、だって…」

男「…そうだな」

妹「男くんと二人っきりになれるので頭がいっぱいだったけど…」

妹「けど、お父さんとお母さんが離れて暮らすのは、やっぱり寂しいよ…」




399: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 23:35:13 ID:zLbG9rdk

男「…ふふっ、そうか」

男「安心したよ」

妹「えっ…?」

男「俺しか目に入ってなくて、父さんと母さんが離れることなんざどうでもいいとか思ってたらどうしよう、とか思ってた」

妹「…そんなこと、絶対ないよ」

妹「みんな、私の大切な家族なんだから…」

妹「やっと手に入れた…私の…大切な…」

妹「…」

男「…妹?」

妹「…すぅ…すぅ」

男「はぁ…またか」




400: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 23:43:20 ID:zLbG9rdk

男「…」

男「私の大切な家族、か」

男「お前が心からそう思ってくれて、本当に安心した」

男「…よっこらしょ」

男「(ははっ、妹をおんぶするのなんて小学生のとき以来だな)」

ムニュ

男「うっ」

男「(小学生のときから比べたら、妹も大きくなったな…)」

男「…なぁ、妹」




401: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 23:55:54 ID:zLbG9rdk

男「俺たちこれからどうなるか、楽しみじゃないか?」

男「まあ妹が一緒なら、どんなことでも楽しいだろうな」

男「…さて、帰るか」









3ヶ月後、俺は無事地元の高校に合格した。さらに1年後には、後を追うように妹も同じ高校に合格した。そのころには俺たちはより深い関係となり、兄妹という関係になんて…絶対に戻れないところまで来ていた。

それから1年後…俺は高校3年生となった。




402: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 23:57:15 ID:zLbG9rdk

今日はここまで
次からはラストとなる高校編です




404: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/07(土) 20:57:48 ID:FXFBXHhI

ーーーーー
ーーー


男「…ふぁああぁ」

男「朝か…」

男「…」

男「(俺の名前は男、地元の高校に通う高校3年生だ)」

男「(そして…)」

妹「むにゃむにゃ…」

男「(隣で寝てるこの子は俺の妹で、彼女だ)」

男「(妹と付き合い始めてからもう2年になるのか…)」

男「(あっという間だったなぁ)」シミジミ

男「…とりあえず起こすか」

男「おい、起きろ妹」ユサユサ

妹「んっ…んん…」




405: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/07(土) 21:22:02 ID:FXFBXHhI

男「…起きないな」

妹「スピー…スピー…」

男「おーい、妹ー」

妹「…zzZ」

男「イタズラしても、いいのかなぁ?」

妹「…」

男「…こちょこちょ」

妹「あっ…んん!」

男「こちょこちょこちょこちょ!」

妹「あっ…あひっ…っ…ぷぎっ!」




406: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/07(土) 21:37:07 ID:FXFBXHhI

男「あはははっ!」

男「ぷぎっ、だってよ…あははっ!」

グイッ

男「…おわっ!」ボフン

妹「…」ジトー

男「よ、よう…おはよう」

妹「…私は怒っています」

妹「心地よい眠りを妨害されて怒ってます」

男「だ、だって起きないんだもん…」

妹「はぁ…男が寝かしてくれなかったからでしょ?」

妹「あんたのせいで寝不足なんだからゆっくり寝かせてよ」




407: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/07(土) 22:03:16 ID:FXFBXHhI

男「…怒ってる?」

妹「怒ってる」

男「俺のこと嫌いになった?」

妹「嫌いになった」

男「本当に?」

妹「…」

男「…ふふっ、かわいいなぁ」ナデナデ

妹「…ふ、ふん!」

男「…妹」スッ

妹「あっ…んっ」

妹「ちゅっ…んんっ」




408: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/07(土) 22:37:08 ID:FXFBXHhI

男「っ…これで許してくれた?」

妹「…今日だけだよ」

男「へへっ、やったね」

妹「…あっ、朝ごはん作るね」

男「今日って妹担当だっけ?」

妹「そうだよ」

男「それじゃ、おねがいしまーす」

妹「ふふっ、りょうかーい」

妹「…よいしょっと」ムクリ




409: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/07(土) 22:46:20 ID:FXFBXHhI

妹「じゃあ、朝ごはん作ってくるね」

男「えっ、その格好で朝ごはん作るの?」

妹「ばか、そんなわけないでしょ」

妹「なんで裸で作らなきゃいけないの」

男「…残念」

妹「なにが残念よ、男のえっち」

妹「…それより私の下着どこ置いたっけ」

妹「毎回探すはめになってるよ…」

男「…なぁ、妹」

妹「ん、なあに?」




410: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/07(土) 22:54:27 ID:FXFBXHhI

男「裸で部屋の中ウロウロしてるけど、俺に見られて恥ずかしくないのか」

妹「はあ?何を今さら…」

妹「男に裸なんて見られても何とも思わないわよ、もう慣れたしね」

男「はは、そうっすか」

妹「それより私の下着一緒に探してよ、男がどっかにやったんだからさ」

男「へいへい…」




418: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 14:38:39 ID:ZW9SJ7WE

ーーーーー
ーーー


男「…うん、今日もうまいよ」

妹「そう?ありがとう」

男「いつまでたっても妹に勝てる気がしないなぁ…」

妹「男じゃ一生勝てないよ、たぶん」

男「くそぉ…」

妹「ふふっ」

男「(…俺と妹は、二人で暮らしている)」

男「(月に一度親が帰ってくるが、それ以外はずっと二人だ)」

男「(誰にも見られないのをいいことに、家の中じゃ完全に恋人として過ごしている)」

男「(妹とは恋人としてすることを全部した…デートやキス、もちろんセックスだって…)」

男「(兄妹に戻るという選択は、もう俺たちとって絶対ありえない…)」

男「(妹も、それを望んでいるから)」




419: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 14:47:33 ID:ZW9SJ7WE

男「(妹とはこんな関係になってるけど、知っているやつはごく一部の人だけだ)」

男「(それ以外はまったく知らない、それは父さんと母さんも同じ…)」

男「(いつか言わなきゃな…父さんと母さんに)」

妹「…どうしたの、ぼーっとして」

男「いや、何でもねえよ」

妹「ふーん」

妹「…あっ、そうだ」

男「どうした?」

妹「明日、お母さんたち帰ってくるって」

男「あれ、今月早くね?」

妹「うん、どうしたんだろうね…」




420: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 15:00:41 ID:ZW9SJ7WE

男「また妹のお兄ちゃん呼びが聞けるのか」

妹「嫌だなぁ…お兄ちゃんって呼ぶの、結構恥ずかしいんだから」

男「昔は男って呼ぶのを恥ずかしがってたのに」

妹「それ、もう2年前だっけ?懐かしいなぁ…」

男「あの頃はかわいかったなぁ、妹」

妹「…今はかわいくないみたいな言い方だね」ムスッ

男「今は綺麗になった」

妹「っ…」

男「本当、綺麗なったな…妹」

妹「…男のバカ、急に変なこと言わないでよ」カァァ

男「他の誰かに取られないか心配だよ、俺は」




421: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 15:13:52 ID:ZW9SJ7WE

妹「…それは絶対私のセリフだよ」

男「ん?」

妹「私の友達も先輩も、みんなあんたのこと王子様って呼んでるんだよ」

男「ああ、そうみたいだな」

妹「何が王子様よ、ばかばかしい…」

妹「あんたがかなりカッコいいのは認めるけど、みんなの王子様は納得いかない」

男「私だけの王子様…とか言いたいの?」

妹「…分かってるならいいよ」カァァ

男「心配しなくても、俺はお前だけの王子様だよ」

男「だってさ…」グイッ

妹「なにっ…んんんっ!」

男「…っ…こうやってキスするのは、妹だけだから」




422: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 15:50:04 ID:ZW9SJ7WE

妹「なっ…ば、ばかぁ…」トロン

男「安心した?」

妹「もっとしてくれたら、安心するかも…」

男「ふふっ、欲張りな彼女で俺は嬉しいよ」

男「…んっ」

ーーーーー
ーーー


「おっはよー妹!」

妹「おはよう、友3」

友3「うーん、今日も美しいですなぁ…」

妹「友3もかわいいよ」

友3「いやぁ…私なんてまだまだですよ〜」

友1「おはよう妹ちゃんっ」

妹「おはよう、友1」




423: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 21:09:49 ID:ZW9SJ7WE

友1「妹ちゃんここの宿題教えて〜」エーン

友3「ふっふっふっ、そこは私も分からないのだ!」

妹「それ、威張って言うこと?」

妹「…まぁ、教えるけど」

友3「やったー!妹さま女神!天使!」

友1「ありがとう、妹ちゃん!」

妹「はいはい、どこが分からないのかな」

妹「(…さっきから騒がしいこの子は友3、高校で知り合った友達だ)」

妹「(友1は小学校からの幼なじみで、私の大切な親友である)」

妹「(もう一人の親友の友2は…部活が強い、違う高校に行っちゃった…)」

妹「(違う高校に行っても、たまには遊んだりするけどね)」




424: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 21:25:37 ID:ZW9SJ7WE

妹「(友1はずっと私についてきてる、ような気がする…)」

妹「(なんだかんだ友1だけは、一生交流があるだろうね)」

友1「ふぇぇ…なんでそうなるのぉ」

友3「まったく分かりませんなぁ?」

妹「はぁ…もう一回いくよ?」

友1「お願いします…」シュン

友3「はーい!!」

妹「(そんな友1にも1年前くらいに彼氏ができた)」

妹「(お相手はなんと男の友だちの友さん!あのときは男と一緒にからかいまくったなぁ…)」クスッ

妹「(…男かぁ)」




425: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 21:44:13 ID:ZW9SJ7WE

妹「(男と付き合ってもう2年くらいたつ)」

妹「(本当に、毎日が幸せだ…ずっと、ずっと好きだったから)」

妹「(その男が最近…でもないけど、女の子にチヤホヤされてちょっと不安だったりする)」

妹「(勉強できるし、スポーツ万能だし、顔は超カッコいいし、すごい優しいし…正直、モテる要素しかない)」

妹「(彼氏がそれだけ魅力的なのはいいことなんだけど…一応、妹という立場だからこの人は私の彼氏!なんて言えないわけで…)」

妹「(はぁ…できるなら、私の彼氏の男に手を出すな!って言いながら校内を駆け回りたいよ)」

妹「…って、それはいくらなんでもバカすぎるね」

友1「うぅ…バカでごめんなさい…」

妹「あっ、ち、違うの!友1に言ったんじゃないから!」

友3「やだ、妹の毒なんて久しぶり…」

妹「もう!違うんだってば!」




429: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 16:47:51 ID:UG/bmQxE

「い、妹さん!」

妹「ん…なに?」

「今日の放課後、ちょっといいかな」

「忙しいならいいんだけど…」

妹「うん、別にいいよ」

「あ、ありがとう!放課後また来るね!」

妹「おっけー」




友3「うわぁ、また妹が告白されるのか…」

友3「モテモテだなぁ」ニヤニヤ




430: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 17:01:02 ID:UG/bmQxE

妹「あはは…はぁ」

友3「あの人もどうせ断るんでしょ?」

妹「あー、うん…そうだね」

友3「結構かっこよかったのに、もったいないなぁ」

妹「…好きな人、いるから」

妹「誰かは言えないけど、私の大好きな人が…」

友1「妹ちゃん…」

友3「すごいなぁ…妹が好きになる人って、どんな人なんだろ」

妹「…はい、この話はおしまい」

妹「ほら、宿題の続きするよ!」

友3「全然分かんないよぉ…」




431: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 17:15:31 ID:UG/bmQxE

ーーーーー
ーーー


「好きです!付き合ってください!」

妹「(私は、この瞬間が一番苦手だ)」

妹「…ごめんなさい」

「っ…そ、そっか」

「理由とか、聞いていいかな…」

妹「(好きな人を諦めなきゃいけない辛さを、誰よりも分かってるから)」

妹「好きな人がいるんだ、私…」

「好きな人…か」

「ははっ…羨ましいなぁ、その人…」

妹「(…みんな羨ましいとかすごいとか言う)」




432: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 17:36:16 ID:UG/bmQxE

妹「(私の好きな人が兄だと知っても、みんな同じこと言えるのかな…)」

妹「(…何も知らないくせに、羨ましいとか言わないでよ)」

「じゃあね、妹さん…」

妹「うん、ごめんね…」

妹「(…やっと終わった)」

妹「はぁ、帰ろう」

ガサッ ザッ

妹「…んっ?」

ザザッ タッタッ

妹「今、誰かいたような…」

妹「…気のせいかな」




433: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 18:05:50 ID:UG/bmQxE

ーーーーー
ーーー


妹「ただいまー」

妹「…あれ、男いないのかな」

妹「男ー!いないのー?」

妹「(おかしいな、今日の晩ご飯は男が作るはずなのに…)」

妹「おーい!男…っ」

ガバッ

妹「きゃあああ!!」

妹「な、なに!?」

「おかえり、妹…」

妹「ああっ、男いたんだ…」

男「…」




434: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 18:18:53 ID:UG/bmQxE

妹「どうしたの?急に抱きついたりして…」

男「…あの男、誰だよ」

妹「えっ?」

男「妹に近づいてきたあいつ、誰なんだよ!」

妹「男…見てたんだ…」

男「っ…!」

妹「あれは…っんんん!!」

男「っ…はぁ…妹…んっ」

妹「んちゅっ…男ぉ…じゅる…」




435: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 18:35:23 ID:UG/bmQxE

妹「んむふっ…ちゅっ…」

男「ぷはぁ…はぁ…はぁ…お前は、俺の女だ」

男「他の奴になんか、絶対渡さない」

妹「っ…」

妹「(…幸せ、男が嫉妬してくれてる)」

妹「(もっと…もっといっぱい嫉妬して…)」

妹「(そして…私に醜い感情ぜんぶぶつけて、男っ)」

男「今から、たっぷり分からせてやるからな…」

妹「いいよぉ…はぁ…はぁ…いっぱい、しよ?」

妹「私のこと、めちゃくちゃにしてぇ…!」

男「…妹っ!」ガバッ

妹「ああんっ…!」




440: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 14:54:54 ID:3UC3Gs9M

ーーーーー
ーーー


チャポン

妹「はぁ…いいお湯だねぇ」

男「…ごめん、妹」

妹「何が?」

男「いきなり襲いかかっちまった」

妹「…いいの」

妹「私は嬉しかったから」

男「えっ?」

妹「だって男、嫉妬してくれたんでしょ?」

妹「それって、私のこと好きだってことだもんね…」

男「…当たり前だろ」




441: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 14:58:16 ID:3UC3Gs9M

妹「学校では王子様なんて言われてる男も、嫉妬に狂って襲っちゃうんだもんね」

妹「すごい…興奮しちゃった」

男「…変態だったか」

妹「へ、変態じゃないもん!」

男「ははっ、冗談だよ」

妹「ふんっ…」

男「…でも、やっぱり嫌だよ」

男「朝も言ったけど、モテる女が彼女だと不安なんだ」

妹「男…」

男「学校中のやつらに…妹は俺の彼女なんだ、手を出すんじゃねえ!なんて、出来るなら言ってやりたいよ」




442: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 15:00:09 ID:3UC3Gs9M

妹「…えへへ、奇遇だね」

妹「私も同じこと考えてた」

男「…そっか」

妹「…」

男「…妹さえよければでいいんだけどな」

妹「うん…」

男「父さんと母さんに、言ってしまわないか」

妹「っ…!」

男「もちろん学校のやつらにも」

男「もう耐えられないよ、俺は…」

妹「…いいよ」




443: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 15:02:24 ID:3UC3Gs9M

妹「全部言っちゃおっか…お母さんにも、友達にも…」

男「本当にいいのか、妹」

妹「うん…」

男「…震えてるぞ」

妹「っ…だって、だって恐いんだもん!」

妹「もしかしたら、見捨てられるかもしれない」

妹「みんな、軽蔑するかもしれないんだよ…」

男「…大丈夫だ、妹は一人じゃない」

男「もう妹は一人じゃないよ」

男「俺が一生、そばにいるから」




444: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 15:04:32 ID:3UC3Gs9M

妹「…ありがとう」

妹「もしものことがあったら、そのときは…」

妹「私のこと守ってね、王子様」

男「絶対守ってやるよ、お姫様」

妹「ふふっ、そっか…」

妹「…私もがんばるから」

妹「もう、逃げないから」

男「ああ…がんばろうな」




妹「…ところで男、さっきからお尻になんか当たってるんだけど」ジトー




445: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 15:05:23 ID:3UC3Gs9M

男「…ごめん、またしたくなっちゃった」

妹「さっきしたばかりなのに…えっちだなぁ…」ニヤニヤ

男「しょ、しょうがねえだろ!裸で密着してたらそりゃ…」

妹「…いいよ、しよっか」

男「えっ…んんっ」

ーーーーー
ーーー


友「そうか、言うことにしたんだな」




446: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 15:06:17 ID:3UC3Gs9M

友「そうか、言うことにしたんだな」

男「ああ…」

友1「妹ちゃん、大丈夫?」

妹「大丈夫だよ、男がついてるから…」

友「まぁ、俺は大丈夫だと思うぜ」

友「きっと分かってくれるよ、みんな」

男「…ありがとな、友」

友1「珍しいね、友くんがそんなこと言うなんて」

友「お前は俺を何だと思ってるんだよ…」

友1「がんばってね…妹ちゃん、男さん!」

男「おう」

妹「ありがとう…友1、友さん」




447: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 15:17:32 ID:3UC3Gs9M

ーーーーー
ーーー


男「ついにこの日がきたな…」

妹「男…」ギュッ

男「大丈夫、きっと大丈夫」

男「俺がついてるから…」





父「ただいまー!」

父「我が子たちよ、父が帰ってきたぞー!」

男「(…今日で決着をつける)」

男「(妹と一緒に生きていくために、乗り越えなきゃいけない壁なんだ)」

男「…久しぶりだな」

男「おかえり…父さん、母さん」




451: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:33:20 ID:6ithhPF6

母「ただいま、二人とも元気そうね」

妹「お母さんたちもね」

父「いやー、この辺はやっぱり桜が綺麗だなぁ」

男「無駄に木があるからな」

父「うむ、やっぱりここが一番だな」

母「疲れちゃったわ、部屋でくつろぐわね」

妹「うん、わかった」

妹「おと…お兄ちゃん、お茶出してあげて」

男「…ああ」




452: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:35:00 ID:6ithhPF6

ーーーーー
ーーー


父「どうだ、学校のほうは?」

男「まあ、結構楽しいよ」

父「そうか…」

父「…妹はどうだ?」

妹「うん、私も楽しいよ」

父「そうかそうか、それは良かった 」

男「父さんこそ仕事はどうなんだよ」

父「うむ、おかげさまで順調だな」

母「ふふっ、そうね」




453: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:36:04 ID:6ithhPF6

男「(…これ、言うなら今だな)」

男「(言うぞ…言うぞ!)」

男「…あのさ、二人に言いたいことがあるんだ」

妹「っ…」

父「おう、なんだ?」

男「その…実はさ…」

妹「…」

男「っ…ごめん、やっぱり後でいいや」

母「もう、はっきりしない子ね」

男「(ごめん妹、俺に言わせてくれって言ったのに…)」

妹「(…がんばれ、男)」




454: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:37:21 ID:6ithhPF6

妻「あっ、そうだわ!」

妻「今日のパーティの食べ物とか買ってきといたわよ」

男「えっ…パーティ?」

父「なんだ、知らなかったのか」

妹「なんでパーティするの?」

母「あら、今日が何の日か知らないの?」

男「今日…今日か…」

男「…うーん、分からねえな」

妹「私も分からない…」




455: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:38:31 ID:6ithhPF6

父「おいおい、今日は大事な日だぞ」

母「あなたたち、今日は…」






母「私たちの結婚20周年記念日でしょ?」

男「えっ…」

妹「嘘…でしょ…」

母「もう、本当に忘れてたみたいね」

男「(…そういえばそうだった、すっかり忘れてた)」

男「(この雰囲気をぶち壊して打ち明けなきゃいけないのか…)」

男「(…まずいことになってきたな)」




456: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:39:41 ID:6ithhPF6

ーーーーー
ーーー


妹「ど、どうしよう男!」

男「結婚20周年記念日か、完全に忘れてたぞ…」

妹「き、今日はやめとこうよ…ね?」

男「…いや、それでも今日打ち明けるよ」

妹「っ…」

妹「…やだ、やだやだやだ!」

妹「二人の大切な日を、台無しにしたくない!!」

妹「おねがいっ…今日だけはやめて、おねがい!!」

男「妹…」




457: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:40:32 ID:6ithhPF6

男「…ごめん、今日ばかりは妹の言うことを聞けそうにない」

妹「えっ…」

男「今日こそ言うべきなんだよ、妹」

妹「な、なんで…」

男「俺たちは、父さんの母さんから色んなものをもらった」

男「そのおかげで俺たちはここまで大きくなったんだ」

男「もう、自分たちで生きていけるくらい…大きくなった」

男「そして、俺たちは恋をした」

男「兄妹でなんていけないってわかってる、でも…」




458: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:42:00 ID:6ithhPF6

男「それでも、俺は妹を選んだ」

男「俺は言いたいんだ…俺は世界でただ一人、妹を選んだ」

男「あなたたちが育てた子は、これから妹とともに人生を歩んでいく」

男「だから見守っていてほしい…自分の家族を守ることが、あなたたちに対する恩返しだから…って」

妹「男…」

男「妹、ずっと俺についてきてほしい」

男「必ず、守ってみせるから…」

妹「…ずるい、本当にずるいよ」ポロッ

妹「そんなこと言われたら、うなづくに決まってるよ…」ポロポロ

男「ありがとう、妹…」

妹「グスッ…私、もう逃げない」

妹「男が、そばにいてくれるから」

男「…ああ!」




459: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:43:08 ID:6ithhPF6

ーーーーー
ーーー


父「あぁ、酒がうまいなぁ…」

男「おいおい、あんまり飲みすぎんなよ」

父「それにしてももう20年か…ヒック…早いなぁ」

母「ふふっ、そうね」

妹「あはは、聞いてないみたい…」

父「お前ら、本当に大きくなったなぁ」

妻「あなたががんばって働いたからよ」

父「へへっ、そう言ってくれるとがんばったかいがあったってもんだ」

妻「そうね…」




460: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:44:28 ID:6ithhPF6

男「…父さん、母さん」

男「俺たちから、大事な話があるんだ…」

父「おう、何でも言ってみろ」

母「何よ急に改まって…」

男「妹…」スッ

妹「うん…」ギュッ







男「俺たち、2年前から付き合っているんだ!」




461: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:46:06 ID:6ithhPF6

父「…は?」

母「えっ…」

妹「私は、一人の女として男のことが好き…」

妹「ずっと、ずっと大好きだったの!」

父「…」

母「…」

父「き、聞いたか…?」

母「え、ええ…」

父「…よ」




462: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:47:09 ID:6ithhPF6













父「よくやったぞ男おおおおおおおおおお!!!」

母「二人とも、おめでとう!!!!」

男「…へっ?」

妹「えっ」

父「いや、まさかっ…うおおおおおおお!!!」

母「やだっ…嬉しくて涙が…」

男「えっ、ちょっ…えっ?」

妹「」ポカーン




463: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:48:21 ID:6ithhPF6

父「やった…!やったぞ天国の親友よ!」

父「グスッ…やったぞっ…」

男「な、なんでこんな喜んでるんだ!?」

母「妹の本当の両親と私たちは昔から仲良くってね、子どもが出来たら結婚させようって約束してたの…」

妹「お、お父さんとお母さんが…?」

母「そうよ…でも、仕事の事情で遠くに行ったり、交通事故で亡くなったりで絶対無理なんて思ってたんだけど…」

母「まさか、ね…」

妹「そ、そんな…私は…」

妹「男と恋人になったら、みんなから見捨てられると思って…」




464: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:50:37 ID:6ithhPF6

母「そんなことで見捨てるわけないじゃない…」

母「家族の絆は、そんなものじゃないわよ!」

父「お前たちに無理に強要させたくなかったから言わなかったが、言ったほうがよかったみたいだな…」

妹「じゃあ…わ、私は…」

男「…妹!」ダキッ

妹「あっ…男…」

男「やったな、妹!」

妹「男ぉ…うわあああああん!!!」

男「もう大丈夫だからな、俺たちはずっと一緒だ…」ギュウウ

父「はぁ…なんという素晴らしい光景だ
、もう死んでもいいわ…」

母「ダメよ、娘の花嫁姿を見てから死になさい」

父「…そうだな」

母「とりあえず、乾杯はやり直しね」スッ

父「ああ、今日は最高な日だよ…」スッ

カンッ




465: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:52:15 ID:6ithhPF6

ーーーーー
ーーー


「ふぁぁ、朝は眠たいなぁ…」

「…ねぇ、あれ見て!」

男「そんなにひっつくなよ〜」

妹「だって、私彼女なんだもーん!」ギュウウ

「朝からラブラブですなぁ…」

「…あれっ、あの二人って兄妹じゃなかったっけ?」

「義理の兄妹らしいよ」

「ええっ!?いいなぁ羨ましい…」

「本当、お似合いな二人だね」

「嫉妬する気すら起きないよ…」

妹「ねえねえ、今日どこでお弁当食べよっか!」

男「うーん、妹がいればどこでもいいかなぁ」

妹「私も、男がいればどこでもいいや」




466: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:53:49 ID:6ithhPF6

男「へへっ、そっか」

妹「男…ちゅっ」

男「あっ、やったなぁ〜」

妹「えへへっ、大好き!」

「うげぇ…」

みんなに打ち明けてから、俺たちは恋人全開で過ごした
理想のカップルなんて呼ばれるようになって、学校でもかなり有名になったりした
毎日が楽しくて、輝いていた
それはもう、夢のような日々で…
でも、それは決して夢じゃない
俺たちが悩んで、苦しんで…やっと手に入れた幸せだから…








それから、12年の月日が流れた




467: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 04:55:21 ID:6ithhPF6

ーーーーー
ーーー


弟「お姉ちゃーん、なんかみつけたー?」

姉「ちょっとまっててね…あっ!」

弟「えっ、なに!?」

姉「ふっふっふっ…じゃーん!」ジャバン

カニ「俺やで」

弟「うわぁ、カニだぁ!」

カニ「久しぶりやな」

姉「かわいいね、このカニ!」

弟「なんていうなまえなのかな…」





「それは、サワガニだな」




468: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 05:03:13 ID:6ithhPF6

姉「あっ、男ー!」

男「やっぱりここにいたか」

男「あと、パパって呼んでください…」

弟「へー、サワガニってなまえなんだ」

姉「…あっ、ママー!」

「本当にここにいたのね」

男「だから言ったろ?絶対ここだと思ったぜ」

姉「ママー!みてみて!」

「あら、サワガニじゃない」

男「(…妹と恋人になって14年、俺たちはついに結婚した)」

男「(そして…)」

妻「ふふっ、懐かしいわね…」

男「(妹は、妻となった)」




469: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 05:11:42 ID:6ithhPF6

男「(俺たち一家は、子どもたちも夏休みなので実家に来ている)」

男「(父さんも、孫に会いたいってうるさかったからな)」

姉「ハサミかっこいい…」

弟「お姉ちゃん、ぼくもさわりたい!」

男「(…俺たちは、二人の子宝に恵まれた)」

男「(二人とも健康に生まれてきてくれて、とても元気に過ごしている)」

男「(本当、ありがたいことこの上無しだ)」

妻「二人とも、かわりばんこね」

弟「…いい、ぼくもカニとってくるもん!」ダッ

姉「あっ、わたしも2つめー!」ダッ

妻「あっ、二人とも、足元に気を付けるのよー!」




470: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 05:16:39 ID:6ithhPF6

男「元気だなぁ…」

妻「ふふっ、そうね」

男「…」

妻「…どうしたの?」

男「なんか、全てがなつかしくてな」

妻「あら、パパでもそんなこと言うんだね」

男「ふっ、俺も変わったんだよ」

妻「そっか…」

男「…妻」

妻「あっ…んっ」

男「っ…俺、今一番幸せだな」

妻「それは私よ」

男「…ははっ」

妻「ふふっ」




471: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 05:22:45 ID:6ithhPF6

幼い頃、俺は君に出会った

色んな君を見てきた

「お兄ちゃん、あそぼう!」

小さな君も、元気な君も

「男くん、私…」

少し落ち込む君も

「男、ここ掃除してって言ったでしょ!」

怒った君も

「パパ、おかえりなさい!」

笑顔の君も

これからはどんな君を見られるだろうか

どれだけ、笑った君を見られるだろうか

それは、後からのお楽しみ…




473: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 05:25:30 ID:6ithhPF6

これで、俺と妹の物語はおしまい

でも、これっぽっちも悲しくない

だって、これから始まるのは









愛する妻と過ごす日々、なのだから…




474: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 05:26:12 ID:6ithhPF6

これにて完結です
見てくれた方、ありがとうございました




475: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 06:18:53 ID:3HOkqonM

乙!




476: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 09:58:00 ID:9z3n9rME

スレタイが過去形なのが気がかりだったが、こうまとめたか




477: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 14:57:50 ID:.GkM9zWY

ハッピーエンドが一番よ






カテゴリー兄「」妹「」のSS一覧
管理人のオススメSS
シンジのチ●ポを勝手にしゃぶってるマリを発見したアスカが怒ってたんだけど……
【ボッキ注意】 オリエント工業のこのラブドールが過激でドスケベwwwwwww (画像あり)
女僧侶「中で出して…っ♥びゅくびゅく欲しいの…っ♥」
クラスのヤリ●ン3人に「30分以内にイカせたら5000円ちょうだい」と言われた結 果・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

SS宝庫最新記事50件