1: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:32:16.85 ID:QCFsDnBt0.net

妹『私が世間的に見たら変なのはわかってる』

妹『でも・・・でもこの気持ちは世間体じゃあ止められないの』

妹『お願い・・・私と、私と・・・』

妹『私と付き合って下さい!!!!!』

男「・・・」

妹「・・・」

男(さっきまで普通のドラマだったのに・・・)

男(いきなり変な展開になるなよ気まずいだろ)

男「・・・」

男「さ、最近のドラマって、過激だよなぁ」

妹「・・・はぁ?私に話しかけてる?」

妹「キモいから話かけないで」

妹「お兄ちゃんに話しかけられて具合悪いから寝るね」

男「・・・・」




元スレ
妹「お兄ちゃん!!わ、私・・・兄妹だけどお兄ちゃんが好きなの」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1424309536/


 
2: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:32:52.66 ID:QCFsDnBt0.net

妹「起きて」ユサユサ

男「あ、おはよう」

妹「気持ち悪。話しかけてこないでよ」

男「う、うん・・・」

妹「じゃあ下・・・降りてきてね。朝ご飯出来てるから」

妹「お兄ちゃん、準備遅いから昨日なんか私も遅刻したし」

男「ごめんごめん」

男(なんだかんだ言って起こしには来てくれるんだな)




3: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:34:19.03 ID:QCFsDnBt0.net

妹「遅い」

男「ごめん、教科書探しててさ」

妹「はぁ?前の日に準備しときなよ」

妹「お兄ちゃんは本当鈍くさいなぁ」

男「だからごめんって」

妹「謝って済む問題?遅かった事実は取り消せないんだけど?」

男「う、うん」

妹「何その曖昧な返事?キモ」

男(急いで欲しいなら早く飯くわせろよ)




4: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:34:51.63 ID:QCFsDnBt0.net

妹「はい・・ご飯」

男「さんきゅー」

妹「さっさと食べてよね。お兄ちゃんが食べないと私まで送れるんだから」

妹「あーあー何でお兄ちゃんが送れたせいで、私まで急がなくちゃ駄目なんだろ」

男「謝ってんじゃん・・・しつこいなぁ」

妹「しつこい?何その口のききかた?」

妹「悪いのはお兄ちゃんでしょ?」

男「・・・そうだけどさ」




5: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:35:21.74 ID:QCFsDnBt0.net

妹「そうでしょ?なのに口答え?」

妹「偉くなりましたね〜」

男「年上に失礼だ」

妹「年上〜?じゃあ他人に迷惑をかけるかけないに、年上も下もないけど?」

妹「お兄ちゃんってバカ?」

男「そこまで言うことないだろ?」

妹「ある。お兄ちゃん口答えしたから」

男「何だよ口答えって」




6: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:36:43.83 ID:QCFsDnBt0.net

男「じゃあお前さ」モグモグ

妹「何?下らないこと言ったら怒るから」

男「・・・」

男(もう怒ってんだろ)

妹「何で黙ってんの?何か言うことあんじゃないの?」

妹「お兄ちゃん、ついにボケた?」

男「そうじゃなくて、そんなに言うなら」

男「お前一人で学校行けば良いだろ」

妹「はぁ?」

男「だって、もう高校生だぞ?俺等」




7: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:37:07.27 ID:QCFsDnBt0.net

妹「私か弱い女なんだけど?」

男「んな事言ったって兄妹で登校してる奴の方が珍しいって」

妹「余所は余所でしょ?」

妹「お兄ちゃんが唯一できる仕事なんだから、それくらいしなさいよ」

妹「まぁ私は一人でも全然登校できるけど」

妹「お兄ちゃんの仕事、なくなっちゃうから」

男「あっそ」

妹「ふん」




8: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:37:41.53 ID:QCFsDnBt0.net

男「妹ー行くぞー」

妹「お兄ちゃん準備ちゃんとしたの?」

男「したってハンカチもチリ紙も持った」

妹「そんな事で威張らないで」

妹「そんなの小学生でもできるよ」

妹「でもお兄ちゃんって、私が言わないとそんな事もできないからなぁ」

男「何だよ。準備してるだろ?」

妹「それは今日の話。昨日はハンカチ忘れてたじゃん」

妹「やっぱボケてるなぁ・・・お兄ちゃんは」

男「んだよ悪口ばっか」

妹「私だって嫌だよ。でもお兄ちゃん私が言わないときちんとしないでしょ?」

妹「こういう事いう私の身にもなってよ?はぁ」

男「・・・・」




9: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:38:57.87 ID:QCFsDnBt0.net

学校


男「おはよ」

男友「おはよー」

男友2「今日も妹と登校かーシスコン」

男「シスコンじゃねーよ」

男友3「シスコンじゃないのか。良かった」

男友「毎日一緒に登校してシスコン認定うけない方がどうかしてるから」

男「う」

男(それもそうか)




10: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:39:46.65 ID:QCFsDnBt0.net

妹「おはよー」

妹友「おはよう妹ちゃん」

妹友2「今日もお兄さんと登校してたの?」

妹「そうだよ。本当参るよー」

妹友「何が?」

妹「だらしないし、いっつもぽかーんとしてるし」

妹「何で私がお兄ちゃんのお世話なんかしなきゃいけないんだか」

妹「生まれてくる所を間違えたんだ。きっと」

妹友「あはは」




11: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:41:16.03 ID:QCFsDnBt0.net

妹「はぁ?何寝ぼけたこと言ってるの?」

男「いや、だから委員会で今日帰れないって言ってるんだけど」

妹「それ、私に一人で帰れって言ってる?」

男「うん」

妹「うんって・・・」

妹「ふーん。じゃあ、わかった」

男「何が?」

妹「別に・・・今日はお兄ちゃんの嫌いな魚料理だから」

男「いや、委員会ばっかりはしょうがないじゃん」




12: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:43:50.97 ID:QCFsDnBt0.net

男「おっすー」

委員「おっす」

男「あれ・・・?」

委員「おー初めましてだね」

男「うん・・・作業一緒?」

委員「そうだよ。よろしくね」

男「うん」

男(可愛い子だな。同学年か?)




13: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:45:29.33 ID:QCFsDnBt0.net

委員「うーん・・・んん?」

男「どうしたの?」

委員「ここ・・・何か複雑で」

男「ああ、それはね・・・こう・・・」

委員「おお、旨いねぇ」

男「はい」

委員「ふふ・・ありがと」

委員「・・・」

男「どうしたの?」




14: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:48:52.41 ID:QCFsDnBt0.net

委員「君ってさぁ」

男「?」

委員「妹と恋人って本当なの?」

男「はぁ?」

委員「あ、その反応・・・やっぱり噂は」

男「いや・・・いやいやいやいや」

男「違うよ」

委員「あれ、違うの?」

男「当たり前でしょ!兄妹で恋人って頭おかしいの?君」

委員「でも、君、いつも妹さんと仲良く登校してるじゃん」




15: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:51:26.27 ID:QCFsDnBt0.net

男「それだけだから!登校してても恋人とかはないから!」

委員「そうなんだ、ふーん」

男「何だよそんな噂流れてたのか」

男(殆ど登下校一緒だからなぁ・・・)

男(確かにそんな勘違いのされ方してもおかしくないかも)

委員「そうかそうか・・・妹と恋人じゃないんだ」

委員「何かつまんないね」

男「何がだよ」




16: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:53:53.55 ID:QCFsDnBt0.net

委員「終わったー」

男「結構かかったなぁ」

委員「ううん。今日で終わっただけでも十分十分」

委員「ありがとう。君のおかげだよ」

男「そんな大げさな」

委員「ううん。だってこれ出来なかったら」

委員「毎日残らなきゃいけないみたいだったし」

男「そうなの?」

委員「そうそう、君の手柄は大きいよー」

男「俺も残らなくて済んで良かった」

委員「私はもうちょっと君と一緒に居たかったけどなぁ」

男「は?」

委員「ふふ。何でもないよ」




17: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 10:56:40.45 ID:QCFsDnBt0.net

委員「今日のお礼に私のメルアドを君にあげよう」

男「え、いらない」

委員「む」

男「冗談冗談」

委員「君、面白いけど少しむかつくね」

男「はは」

委員「じゃあこれ!ちゃんとメルメルしてね」

男「暇だったらね」

委員「とう」バキ

男「痛・・・」




19: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:12:15.76 ID:QCFsDnBt0.net

男「たっだいまぁ〜」

妹「おーそーいー!」

男「うん、結構仕事長引いてな」

妹「・・・」

男「何だよ?」

妹「本当に仕事だったの?」

妹「本当は買い食いとかしたんじゃないの」

男「何だよ買い食いって」

妹「・・・」




20: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:14:12.86 ID:QCFsDnBt0.net

妹「だって」

妹「・・・あの時私が魚料理にするって言ったから」

妹「・・・」

男(こいつそんな事気にしてるのか)

男「本当に仕事だよ」

男「すぐ帰ってきた。寄り道もしてないよ」

妹「・・・・・お兄ちゃんが寄り道しても別に私はどうでもいいけど」

男「はは」




23: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:18:11.66 ID:QCFsDnBt0.net

妹「風呂入るから」

男「おう」

妹「・・・」

男「何だよ」

妹「・・・のぞかないでよ?」

男「のぞくか!!」

妹「・・・どうだか。お兄ちゃんって何か節操なさそうだし」

男「節操ないって、俺恋人なんてまだ一人もできた事ないんだけど」

妹「お兄ちゃんの事好きなる人なんて居るわけないじゃん」

妹「当たり前のこと言われなくてもわかるっての」

男「・・・お前だっていねーじゃん」

妹「私はいいの。女と男は別だし」




24: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:20:25.49 ID:QCFsDnBt0.net

男「でもお前さ」

妹「何?」

男「その・・・さ」

妹「ウジウジしないでハッキリ喋れば?何かキモい」

男「・・・」

男「告白されてるらしいじゃん。聞いたぞイケメン君から告白されたって」

妹「・・・」

男「何でオッケーしないんだよ」

妹「はぁ?何でお兄ちゃんにそれを言わなきゃ行けないワケ?」

男「いや、別に言わなくても良いけど」




25: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:23:34.10 ID:QCFsDnBt0.net

妹「そうだよ。お兄ちゃん生意気」

男「生意気って」

妹「大体何で、お兄ちゃんがその事知ってるの?」

男「いや、イケメンは俺と隣のクラスの奴だからな」

男「そりゃあ噂で聞くよ」

妹「ふーん」

妹「・・・」

男(顔だけはいいからな)




26: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:25:56.30 ID:QCFsDnBt0.net

妹「・・・ねぇ」

男「あん?」

妹「私、お、お兄ちゃんに勘違いされたくないから言うけど」

男「勘違い?」

妹「そう。私・・・全然、興味ないから!そのイケメン先輩」

妹「私の理想は高いし。イケメンは全然達してないもん理想に」

妹「だから、だ、だから誰かと付き合う気なんてないからね!」

男「お、おう」

男(何だ?急に)




28: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:28:13.31 ID:QCFsDnBt0.net

男の部屋

PRRRR

男「ん?メールだ」

委員『おーいメールはまだかー』

男「あ、委員さんにメール送るの忘れてた」

男「えっと」ポチポチ

PRRR

男「うわ、また来た」

委員『まだかーまだかー私なんてどうでも良いのかー』

男「い、今送ろうとしたのに」




29: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:31:00.36 ID:QCFsDnBt0.net

学校

委員「あ、昨日私にメールを送らなかった男君じゃありませんか」

男「いや、返信したじゃん」

委員「私は君から送って欲しかったんだけど」

男「はは、ごめん」

男「ていうか、同じ学年なのに中々今まで会わなかったよね」

男「あんまりクラスからでないの」

委員「うーん」

男「?」




30: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:37:30.26 ID:QCFsDnBt0.net

男「どうしたの?生理?」

委員「こら!」ドカ

男「う」

委員「君ねセクハラって言うんだよ」

男「は、はは・・ごめんごめん」

男(いつも妹からかって怒っても手は出してこないからビックリした)

委員「君は失礼だなぁ」

男「はは・・・ごめん」

委員「次同じ事言ったらもっと強く殴るからね」

男「うんわかった」

委員「またやるつもりなの?」




31: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:43:35.70 ID:QCFsDnBt0.net

男「でも同じ学年なのに今まで顔も会わせなかったのって意外だね」

委員「私は君のこと知ってるよ」

男「は?」

委員「今日も妹と一緒に登校してきたシスコン君」

男「だ、だから俺は」

委員「やっぱり恋人なんじゃないの?」

男「そんな訳あるか!」

委員「えーでも仲よさそうだったよ?」

男「仲良くても恋人はないから!恋人なんて出来たこともないのに」




33: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:48:34.61 ID:QCFsDnBt0.net

委員「君恋人とか出来たことないの?」

男「残念ながら」

男「委員さんは?」

委員「ふふ、私もない」

男「そっか意外」

委員「何で?」

男「だって可愛いから」

委員「私の事狙ってるの?」

男「そ、そうじゃなくて・・・普通に一般論を」

キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン

委員「あ、昼休み終わっちゃった」

委員「残念だったね〜私の事落としそびれて・・・あはは」

男「あのね」

委員「じゃあね〜」




34: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:51:52.70 ID:QCFsDnBt0.net

放課後

男「はぁ?追試?」

妹「・・・」

男「お前、赤点取ったの?」

妹「うるさい」

男「うるさいってお前ね」

妹「だって・・・生物は受験じゃ使わないから」

男「それでも平均点位はとっておけよ」

妹「うー・・・」

男「はぁ」




35: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 11:56:42.46 ID:QCFsDnBt0.net

男「じゃあ俺先に帰ってるからな」

妹「ま、待ってくれないの!?」

男「当たり前じゃん。追試だって結構時間かかるんだから」

妹「・・・すぐ終わらせるし・・・別に勉強さえすればクリアできるし」

男「すぐ終わらせるんじゃなくて、じっくり考えろ」

男「それともお前、俺とそんなに一緒に帰りたいの?」

妹「!!」

妹「そ、そんな訳ないでしょ!!私の事おちょくらないで!!」

妹「ふん!もう良い!お兄ちゃんなんか一人で帰って!」

妹「むかつく」

男「・・・」




36: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 12:08:45.77 ID:QCFsDnBt0.net

男(少し言い過ぎたかな。でも強く言うことも大切だよな)

男「いつも世話になってるの俺だけど」

委員「あれあれ?」

男「あ、委員さん」

委員「シスコン君。今日は妹は一緒じゃないの?」

男「シスコンって」

委員「違うの?」

男「・・・」

委員「はは、ごめんごめん。だって君が一人で帰るのって珍しいから」

男「今日は一人だよ」




37: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 12:21:55.76 ID:QCFsDnBt0.net

委員「君はA中学校出身だったんだ」

男「うん。委員さんと変える方向が一緒だったんだね」

委員「良かったね男君」

男「何が?」

委員「私を落とすチャンスが出来て」

男「まだそんな事言ってたの?」

委員「だって恋人欲しいんじゃないの?君」

男「まぁ欲しいちゃあ欲しいけどさ」

委員「ふふ、私が可愛いって言ったよね」

男「・・・まぁ言ったね」




38: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 12:23:30.85 ID:QCFsDnBt0.net

委員「私も君のこと気に入ってるよ」

男「え?」

男「まさか殴る為のサンドバックって意味で?」

委員「うん」

男「へ」

委員「冗談だよ。何かこう」

委員「波長があうって感じ」

男「そ、そっか」

委員「ん?で?」

男「は?」




40: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 12:27:48.89 ID:QCFsDnBt0.net

委員「付き合うんじゃないの?」

男「ご、ごめん。何が?」

委員「だって私も君のこと気に入ってるって言ってるんだから」

委員「そうなるでしょ?」

男「・・・何かそれは話が早いような」

委員「あ、わかった」

委員「やっぱ妹が好きなんの?」

男「ち、違うよ」

委員「じゃあ何で付き合えないのさ」




41: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/19(木) 12:30:38.36 ID:QCFsDnBt0.net

委員「やっぱシスコンなんだ君」

男「違う」

委員「じゃあ?」

男「じゃあって」

委員「じゃあ、付き合えるよね?私と」

男「・・・もちろん」

委員「ふふ、じゃあ・・・うん」

委員「私達そういう事だよね」

委員「ん」チュ

男「うわ」

委員「記念だよ記念・・・」

委員「じゃねーメールするから」タッタ

男(何だ何だ急すぎて訳がわかんないぞ)




69: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:14:43.24 ID:jay/XQFi0.net

男の部屋

男「何か今日は色んな事があったな」

男「・・・・」

男「恋人か」

男(急すぎて実感わかないよ)

男(大体委員さんは一体俺のどこを好きになったんだ?)

男(会ってまだちょっとなのに)

男「大体話たのだって、まだ2,3回だよな」

prrrr

男「ん?」




71: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:16:55.86 ID:jay/XQFi0.net

男「メールだ・・・委員さんから」

委員『これからよろしくね。私の彼氏さん』

男「・・・」

男「よろしくって言われても」

男「恋人って何するんだろ」

男(何か冷めてるな俺。何でだろ)

男「・・・」

ガチャ

男「あ、アイツ帰ってきた」




72: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:18:14.15 ID:jay/XQFi0.net

男「おう帰ったな」

妹「何よ?」

妹「・・・いっつも玄関に出迎えなんてしないくせに」

男「話あるからな」

妹「先に・・・ご飯作る」

男「ご飯は良い。コンビニで買ったから」

男「居間に来い」

妹「何?・・・もしかして説教する気?」

男「うん」




73: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:19:17.11 ID:jay/XQFi0.net

妹「はぁ?」

妹「何で私がお兄ちゃんに説教されなきゃイケナイわけ?」

男「赤点取ったんだろ?」

男「怒るというか、これからの事もあるし」

妹「ウザい!・・・きちんとやれば良いんでしょ?」

妹「お兄ちゃんが私に説教なんて10年早いよ」

男「俺の方がお前より年上だろうが」

妹「年上だけど能力に違いがあるって言ってんの!」

妹「お兄ちゃんってほんっっとバカ」




74: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:20:54.42 ID:jay/XQFi0.net

妹「ていうか、私が勉強できないのって」

妹「お兄ちゃんのせいなんですけど」

男「何だ?人のせいにするのか?」

妹「恩知らずなお兄ちゃんを持って私は幸せだなー」

男「む」

妹「いつも料理、洗濯、掃除やってるのは誰よ?」

妹「食器洗いも、お兄ちゃんの部屋の掃除も全部私がやってるのよ?」

妹「私が家の事ぜーんぶやってるんだから」

男「それは・・・そうだけど」




75: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:23:14.91 ID:jay/XQFi0.net

妹「そうでしょ?」

妹「だったら受験科目外の点数が低くても多めに見なさいよ」

男「俺はお前が心配でさ」

妹「うっさい!」

妹「いっつも心配なんてしてくれない癖に」

妹「こういう時だけ何様?親気取り?」

妹「これだけ私に世話かけておいてテスト悪かったら怒るなんて」

妹「お兄ちゃん何様なの?本当信じらんないよ」

男「・・・説教はもういいから晩飯食うか」




76: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:24:31.61 ID:jay/XQFi0.net

男の部屋

男「はぁ・・・結局コンビニ弁当は捨てられて」

男「あいつ飯作り直すし」

男「何考えてるのかわかんねーよ」

男「大体・・・手間がかかるから嫌なんじゃないのか?」

男「まぁ」

男「作っておいて俺が言うのも変だけどさ」

prrr

男「ん?」

男「あ、メール・・・」

男「そうだ、委員さんからメール来てるんだった」




77: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:26:15.44 ID:jay/XQFi0.net

男「そうだった返信しようと思ってたんだ」

男「ちょうど妹が帰ってきたんだよな」

男「・・・そういや俺って恋人いるのか」

男「妹に言ったら怒るかな」

男「・・・」

男「何で怒るんだろ。変だな俺も」

男「でも何か、怒られる気がする」

男(返信忘するか)

男「って」

男「着信52件!?」




78: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:27:14.38 ID:jay/XQFi0.net

男「これ・・・何だ?迷惑メールか」

男「・・・」

男「全部委員さんからのメールだ」

男「えっと」

委員『返信はー?待ってるんだけど』

委員『こらーーシカトすんな』

委員「男君?私ずっとずっと待ってるんだけど」

委員『ふざけてんの?それとも本当に見てないの?』

男「・・・」




79: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:28:54.12 ID:jay/XQFi0.net

男「確実に怒ってるよ・・・」

男「確かに付き合ってすぐメール無視は怒るかも」

男「にしても」

prrr

男「う、現在進行で来る」

男「怒ってるって言っても普通こんなにメール送るかな」

男「・・・」

男「とにかく返信しなきゃ」




80: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:29:36.17 ID:jay/XQFi0.net

学校

妹「じゃあ私の教室一階だから」

男「うん。じゃあな」

妹「・・・」

男「何だよ?」

妹「はぁ・・・嫌になるよ」

男「何がさ」

妹「ここ!」サッサ

男「うわ」




81: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:31:12.10 ID:jay/XQFi0.net

妹「寝癖ついてる」

男「本当だ・・・」サワサワ

妹「お兄ちゃんそのままで行くつもり?」

妹「治すから頭下げて」

男「いいよ・・・その位自分で」

妹「何?口答え?良いから下げて」

妹「それに自分じゃ見えないでしょ?」

男「・・・」




82: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:32:34.31 ID:jay/XQFi0.net

妹「これで少しはマシかな」

男「どうも」

男(何も学校でやらなくても)

男(視線が痛い・・・)

妹「何?その不満そうな顔」

妹「ふん。私はお兄ちゃんの為にやってるんだから」

妹「それなのにお兄ちゃんは・・・」

男「わかってるから。どうも」

妹「ふん」




83: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:33:42.02 ID:jay/XQFi0.net

教室

男「おはよー」

委員「あ、来た・・・男君だ」

男「あれ?何でここに委員さんが」

委員「話あるんだ・・・こっちおいで」ギュウ

男「え・・ちょちょっと!」


男友「あいつ俺よりも先に彼女作りやがってー」

男友2「でも委員ちゃんって顔可愛いけど何か変わってるよな」

男友「あーわかる」

男友3「っけ」




115: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:27:48.72 ID:3StZ2ads0.net

委員「ふー・・・ここならいいかな」

男「あの・・・話しって何?」

委員「ん」チュ

男「んん・・・」

委員「んー・・・ん」チュチュ

男「ん・・むむ・・・」

委員「プハ!」

男「はぁ・・・はぁ・・・な、何」

委員「うん・・・ふふ・・・」

委員「お仕置きだよ・・・お仕置き」




116: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:29:43.52 ID:3StZ2ads0.net

男「お仕置きって・・・」

委員「わかってるでしょ?昨日の返信送れた罰だよ・・・」

男「め、メールで言ったでしょ?」

男「あ、あれはさ、用があったんだ」

男「メールを返そうとしたら妹が帰ってきて・・・」

委員「・・・それがむかつくってわかんないの?」

男「へ?」

委員「他の女を取るんだ、私じゃなくて」

委員「君、私の恋人だよ?」




118: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:30:59.77 ID:3StZ2ads0.net

男「ほ、他の女って・・・妹は別にそういう」

委員「君、やっぱ妹が好きなんじゃないの?」

男「そんな事ない!悪かったって」

男「次は気づいた時にすぐ返すよ・・・」

委員「本当かな・・・」

委員「また妹を取るんじゃないの?」

委員「私、そういうの嫌」

男「嫌?」

委員「うん」




119: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:33:10.06 ID:3StZ2ads0.net

委員「私の物が何か勝手な事してるみたいで嫌」

委員「私の物が私の知らない何かをしているのって」

委員「凄い腹が立つでしょ?」

男「物って・・・」

委員「君は私と付き合ってるんだもん」

委員「君の行動はできれば私の手中に置いておきたいの」

男「俺は、物じゃない」

男「それにさ、恋人ってもっとこう」

男「お互い対等なさ・・・」




120: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:36:05.67 ID:3StZ2ads0.net

委員「対等?」

男「うん・・・お互いがお互いを想い合ってそれで」

委員「でも君、昨日は妹を取ったんだよね?」

委員「私じゃなくて」

男「な、何回も言ってるだろ?これからはメールはちゃんと返すよ」

委員「私は別にメールだけの事を言ってるんじゃ無いんだけどな」

男「・・・あのさ、もっと、もっとこう気楽にいこうよ」

男「少しづつ距離を詰めて・・・仲良くなっていけば良いじゃない」




121: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:38:23.46 ID:3StZ2ads0.net

男「そんな急に仲良くなろうとしたら」

男「こういう事になったんじゃないかな」

委員「何それ?結局行き着く所は同じなのに」

委員「わざとそこに送れて行くって事?そんな事に意味なんてない」

男「そ、そうかもしれないけど」

委員「・・・・とにかく私を優先して」

委員「わかった?私の彼氏君」

男「・・・」




122: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:39:44.37 ID:3StZ2ads0.net

キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン


男友「やっと授業全部終わったー」

男友2「今日帰りカラオケ行かない?」

男友3「男も一緒に行く?久しぶりに」

男「俺はいいや」

男友3「んだよー」

男友「男はなぁ彼女いるしなぁ」

男「・・・」




123: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/20(金) 23:44:04.71 ID:3StZ2ads0.net

男「あ」

男(そういえば、今日委員さんと一緒に帰るってなったら)

男(俺はどうすればいいんだろ)

男(いつもは妹と一緒に帰ってる訳だし)

男(委員さんに断るにしても何て言えば良いんだろう)

男「・・・」

男(いや・・・普通おかしいかな)

男(彼女より妹と一緒に下校なんて)

男「委員さんと話したばっかりじゃないか」




125: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/21(土) 00:16:28.22 ID:bP9p8pTE0.net

妹「はぁ?何寝ぼけたこと言ってんの?」

妹「いいからさっさと帰るわよ」

妹「今日はスーパー安売りだし」

妹「荷物持ちが必要なんだから」

男「・・・いや、帰らない」

妹「はぁ?」

男「俺は・・・その」

男「何て言うか」

男(言葉が出てこない)




126: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/21(土) 00:18:12.06 ID:bP9p8pTE0.net

妹「・・・何?」

男「その、恋人ができたんだ」

妹「は?」

男「・・・だから」

男「・・・・・」

男「だから、お前とは一緒に帰れない」

男「ごめん」

妹「・・・・・」




127: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/21(土) 00:19:39.80 ID:bP9p8pTE0.net

男「できたのは、最近なんだけど」

男「なんだか言い出せなくて」

男「何か怒られる気がしてさ」

男「はは・・・お前俺がモテないとか言っただろ」

男「そんな事ないんだぞ。証明できただろ?はは」

妹「・・・」

男「妹?」

妹「あっそ」




128: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/21(土) 00:22:13.48 ID:bP9p8pTE0.net

妹「・・・なるほど」

男「なんだよ」

妹「恋人が出来たから私はお払い箱って事」

妹「・・・モテモテのお兄様は凄いですねぇ〜」

妹「これからはその彼女さんに世話して貰ったら?」

男「・・・何だよその言い方」

男「俺はお前に世話なんかしてもらってないぞ」

妹「・・・・帰る」

男「待てよ」ガシ

妹「!」バシ

妹「触らないで」




129: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/21(土) 00:24:26.39 ID:bP9p8pTE0.net

男「・・・」

委員「おーい、私の彼氏様ぁ」

男「あ、おう」

委員「ふふ、待っててくれたんだ!嬉しいー」

委員「あれれ?」

委員「元気ないね?どうしたの?」

男「ん・・・」

委員「せっかく私と帰れるんだから。もっと嬉しそうにしなよ」

男「うん・・・そうだな」

男(これで良いんだよな・・・これで)




197: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:07:52.93 ID:bj1HYR870.net

委員「・・・でねぇ」

委員「あの子ったら面白いんだよ」

男「・・・」

委員「・・・」

委員「とう」バキ

男「痛った!」

男「な、何?」

委員「君、私の話聞いてる?何か上の空だね」

男「そ、そう思うなら普通に聞いてよ」

男(殴る事ないじゃん)




198: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:10:45.97 ID:bj1HYR870.net

委員「だってムカつくから」

男「ムカつくって」

男「・・・上の空な時だったあるよ人間だもん」

委員「んーん。私の話は聞かなきゃ駄目」

委員「私の言葉は私の感情でしょ?」

委員「君、私の恋人なら、私の言葉に集中してよ」

委員「私が自分の気持ちを君に伝えようとして話してるのに」

委員「無視されたらもの凄いむかつくし傷つく」

男「そ、そっか悪かったよ」




199: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:12:09.55 ID:bj1HYR870.net

委員「で?」

男「ん?」

委員「私の話を無視してまで何を考えてたの?」

男「え、えっと」

委員「もしかして私の事?」

委員「なら良いよ」

男(良いよって何が良いんだよ)

男「ち、違ったら?」

委員「また殴るかなぁ」

男「・・・」




200: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:13:47.08 ID:bj1HYR870.net

男「簡単に手が出るんだ君は」

委員「愛情表現だと思ってよ」

男「愛情表現なら治してよ」

委員「それで?」

男「うん・・・」

男「まぁ君の事だよ」

男(本当は妹の事でも悩んでるけど)

委員「へぇ・・・私の事で悩んでくれてるんだ」

委員「関心関心。さすが私の彼氏様」

男「そ、そりゃあそうさ・・・俺達付き合ってるんだし」




201: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:15:31.39 ID:bj1HYR870.net

委員「ふふ・・・そうだよそうだよ」

委員「私と君は恋人同士」

委員「何でもは無理だけど。どんな事で悩んでるか教えて?」

委員「君が私の事考えてるなんて嬉しいから答えてあげる」

男「・・・」

男「・・・あのさ、委員さんって」

男「今日とかもさキ、キスとかしてくれたじゃん」

委員「もう一回したいの?」

男「そ、そうじゃなくて!」




202: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:17:52.00 ID:bj1HYR870.net

委員「そうじゃない?」ギロリ

男「あ、えっとその、そういう意味じゃなくて」

男「そりゃあ彼女にキスとかされたら、嬉しいし!その」

委員「良いから続きを言ってみて?」

男「・・・」

男「つまりさ」

男「何で君は俺の事そんなに好いてくれるのかなって」

委員「?」




205: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:19:23.27 ID:bj1HYR870.net

男「前に俺の事気にいったって。言ってくれてたけど」

男「それにしたって俺達ってまだ、話すようになって数日でしょ?」

男「なのにそこまで好いてくれるのは何でだろうって」

委員「・・・」

男「あ、ご、ごめん・・・何か君の気持ちを疑うみたいで」

男「でも、気になったというかさ」

委員「うーん・・・・」

委員「もう言っても良いのかな」

男「え?」




206: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:21:40.56 ID:bj1HYR870.net

委員「ふふ・・・」

委員「これ私だけの内緒だったんだけど」

委員「実はね・・・ずっと見てたんだ君のこと」

男「見てた?」

委員「うん。そう」

委員「君の事気に入って、可愛く健気に君の事見てた」

男「見てたって・・・それは」

男「俺達が話をするようになる前からずっとって事?」

委員「そうだよ・・・そのずっと前から」




207: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:23:32.66 ID:bj1HYR870.net

委員「元はと言えば」

委員「私があの委員会に入ったのだって」

委員「君が入るって聞いたからだしね」

男「そうだったの!?」

委員「そうだよ〜」

男「聞いちゃうけど、俺のどこを気に入って・・・その、見てたの?」

委員「ふふ・・・うん」

委員「君の元カノの妹がいるでしょ?」

男「も、元カノって」




208: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:27:18.25 ID:bj1HYR870.net

男「だから付き合ってないって」

委員「最初はさ妹に罵倒されながら一緒に毎日登校してる」

委員「シスコン兄貴がいるって話を聞いて見てたんだけどね」

男「え」

男(どんな噂が広まってるんだよ)

委員「その子と一緒に居る君が素敵だった」

委員「妹を守ってあげてるんだなって、君の愛情深さが良いなって」

男「・・・守るも何も、家事とかしてもらってるのは俺だけど

委員「ふふ、それは君の妹からのお礼って事でしょ?」




209: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:29:44.58 ID:bj1HYR870.net

委員「この人なら、私の事も守って愛してくれるんじゃないかって」

委員「そう思って」

委員「それから君の事を好きになったんだ」

男「そ、そっか」

委員「そうだよ・・・ねぇ」

男「何?」

委員「君の事、こんなに好きな女の子が居るんだから」

委員「だからこっち向きなよ」

男「な、何の話?」

男(ずっと顔見て喋ってるじゃん)




210: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:31:40.14 ID:bj1HYR870.net

委員「そうじゃないよ」

委員「妹の事考えてるでしょ?」

男「え」

委員「君、辛そうだもん」

委員「そうだよね・・・いつも妹と一緒に帰ってたんだし」

男「別に、俺は」

男「今は彼女ができたんだし、君を優先するのが当然だよ」

男(自分言い聞かせてるみたいだ)

委員「そうそう・・・君は私の物になったんだから」

委員「約束して?」

男「?」




211: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:35:09.99 ID:bj1HYR870.net

男「約束?」

委員「ゆっくりでも良いから」

委員「私の事好きになって?」

委員「私を愛して?」

委員「私を守って?」

委員「私の事を嫌いにならないで?」

男「え」

委員「・・・君が妹にそうするみたいに」

委員「今・・・これから君が見なきゃイケナイのは私」

男「・・・」

男「うん」




212: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:37:48.21 ID:bj1HYR870.net

男「ただいま」

男「・・・」

男(俺が妹を守ってるって何言ってるんだよ)

男(今日だって喧嘩したっての)

男「・・・」

男「家が真っ暗だ」

男(大体いつも帰ったら顔出すのに今日は出してこないし)

男(こういう時は本格的に怒ってる時なんだよな)

男「・・・とりあえずバッグを自分の部屋においてくるか」




213: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:39:56.39 ID:bj1HYR870.net

男「な、なんだこれ」

男「部屋の中がぐちゃぐちゃ」

妹「何だ帰ってたんだ」

男「お、お前・・・」

妹「帰ってこなくても良かったのに」

妹「私はお払い箱なんでしょ?」

妹「その子の所にでも行けばいいのに」

男「な」




214: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:41:44.94 ID:bj1HYR870.net

男「この部屋お前か?」

妹「・・・」

妹「うっさい。私に話かけんな」

男「何だよお前・・・何怒ってんだ」

妹「怒ってないわよ」

男「怒ってるじゃん」

妹「怒ってないって言ってるじゃん!しつこい!」

男「お、お前」

男「そんなに俺と帰れなかったのが悲しいか?」

妹「!」バシ

男「痛・・・」




215: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:43:34.76 ID:bj1HYR870.net

妹「あんたサイテー」

男(本当に怒ってる・・・)

男(今まで手を出してきた事なんて殆どなかったのに)

男「お、おい・・・落ち着けよ」

男「そうじゃないと話あえないだろ?」

妹「ふふ・・・何?」

妹「一丁前に心配するフリなんてしちゃってさ」

妹「私の事腹の中では笑ってるんでしょ?」

男「フリじゃないよ、俺は・・・」




216: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:45:51.79 ID:bj1HYR870.net

男「本当にお前の事を考えて」

妹「うるさい!!」

妹「どうせ口だけじゃん?」

男「んな事ないって言ってるだろ?」

妹「本当は私の事なんてどうでも良いと思ってる癖に!!」

男「思ってねーよ!」

妹「思ってる!!私の事なんて全然・・・」

妹「お兄ちゃんは私の事なんて全然考えてくれてないんだ!!!」




217: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:47:57.16 ID:bj1HYR870.net

妹「部屋の片付けだって」

妹「その彼女にでもして貰えばいいじゃない」

男「彼女は今関係ないだろ」

妹「恋人ができた?はん・・・良かったね?」

妹「私は・・・私は・・・」

妹「あーーーもう!!」

妹「寝る!」

男「ちょっと待てって」グイ

妹「うっさい!離せ!裏切り者!」




218: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:49:30.98 ID:bj1HYR870.net

委員『やっほー電話しちゃった』

男「・・・委員さんか」

委員『あれれ、何か一段と暗いね」

男「うん・・・」

委員『私に話して見なさい』

男「・・・妹が怒っててさ」

委員『何?他の女の話?』

男「あ、ごめん」

委員『ふふ、嘘嘘』

委員『で、何で?』




219: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 12:52:17.94 ID:bj1HYR870.net

男「・・・今日一緒に帰るのを断ったから」

男「俺はどうすれば良いんだろ」

委員『どうするも、そのままで良いんだよ』

委員『兄と下校できなくて怒る妹なんて変だし』

委員『私は君の愛情深さに惚れたけど』

委員『妹に向け続けても不幸になるだけだよ』

委員『良いんじゃない・・・妹の兄離れ』

男「そっかな」

委員『うんうん・・・君は私に愛情を向けて?』

委員『そうすれば、きっと幸せになれるよ』

男「・・・うん」




239: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 23:43:53.00 ID:Eqm4wyjq0.net



男「zzz」

ゴス

男「痛い・・・」

男「ん?・・・朝」

妹「・・・」

男「妹・・・あのさ、昨日」

妹「ふん」スタスタ

男「おい」

男「・・・・行っちゃった」

男(でも、あいつ起こしにきてくれたのか)




240: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 23:45:41.63 ID:Eqm4wyjq0.net

男「お、おはよー・・・」

妹「・・・」

男「おい、妹」

妹「・・・」

妹「・・・ご飯、食べないなら捨てるけど」

妹「どうせいらないよね?捨てるから」

男「い、いやいや食うよ」

妹「・・・あっそ」




241: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 23:48:02.29 ID:Eqm4wyjq0.net

男「・・・」パクパク

妹「・・・」モグモグ

男「・・・あのさ」

妹「話しかけないでもらえる?」

妹「私の耳が腐る」

男「・・・」

男(やっぱどこかいつもと違うか)

男「ん」





242: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 23:50:06.66 ID:Eqm4wyjq0.net

男「目玉焼き・・・半熟だ」

妹「だから?」

男「いや、覚えててくれたんだなって」

妹「・・・」

男「俺が前にさ」

男「次、目玉焼き食べるときは半熟が良いって言ったの」

妹「・・・別にたまたまだけど?」

妹「ていうかお兄ちゃんの方が意外」

男「何がだよ」




244: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 23:53:17.01 ID:Eqm4wyjq0.net

妹「私との会話なんて覚えてるんだ」

男「何言ってるんだそんなの当たり前だろ」

男(やっぱ目玉焼きは俺のためにしてくれたのか)

男「家族なんだから」

妹「・・・家族とかそんなの関係無い」

妹「どうせお兄ちゃんなんて、私の事」

妹「・・・」

妹「私一人でバカみたいだよ」

男「何の事だよ」

妹「何でもない。さっさと食べろバカ」

男「・・・」




245: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/23(月) 23:59:13.80 ID:Eqm4wyjq0.net

妹「・・・私行くから」

男「ひ、一人でいくの?」

妹「当たり前でしょ?」

妹「私は一人で行く」

妹「・・・捨てられたし」

男「何バカな事言ってるんだ」

男「話しあおう」

ピーンポーン




247: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:00:33.51 ID:DrgPqWCR0.net

委員「やーやー」

男「委員さん!?・・・何で」

委員「ふふ・・・愛しい彼氏様のお迎えに来たんだよ」

委員「何?素っ頓狂な顔して」

委員「そんなに嬉しかったの?」

委員「そんなに嬉しいなら毎日してもやぶさかじゃないよ」

委員「そっかそっか・・・君が嬉しそうで私も嬉しい」

男「そ、そうじゃなくて」

妹「・・・何?アンタ」

委員「あ、奇遇だね確か男の・・・」




249: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:01:35.49 ID:DrgPqWCR0.net

男(奇遇って俺の家に来たんじゃん)

妹「あの、そこ邪魔なんで、どいてもらえますか」

委員「あれ?あれ?今日は一人で登校するの?」

妹「何?アンタには関係ないじゃん」

委員「ううん、それが関係あるよ」

委員「だって将来は君の姉になるかもしれないからね」

妹「な」

男「お、おい」




251: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:03:23.62 ID:DrgPqWCR0.net

妹「じゃあ・・・あんたがお兄ちゃんの?」

委員「ふふ、そうだよ初めまして」

委員「まぁいつも君たちを見てたけどね私は」

委員「あんまり初めてと言う感じでもないなぁ」

妹「はぁ?何それストーカー?」

妹「お兄ちゃんに恋人ができたって言うから、どんな人かと思ったけど」

妹「何だストーカーなんだ」

妹「早く警察行って」




252: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:05:16.71 ID:DrgPqWCR0.net

委員「ストーかなんて心外な言い方しないでよ」

委員「いじらしく遠くから見ていただけ」

委員「君らに危害はもちろん加えていないし」

妹「黙って見てただけでもキモいんですけど?」

妹「大体アンタに私の登校にあれこれ言われる覚えなんてないし」

委員「ふふ・・・私はね、君の味方だよ?」

妹「はぁ?味方?」

妹「ストーカーに味方されても嬉しくないけど」

委員「そう言わないでよ傷つくなぁ」

男(頼むから喧嘩しないでくれよ・・・)




253: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:07:03.53 ID:DrgPqWCR0.net

委員「本当に味方だよ・・・」

委員「君の兄離れを手伝ってあげる」

妹「兄離れって・・・何の話?」

委員「こうするって事」

委員「えい」ダキ

男「ちょ、ちょっと委員さん!?」

委員「ふふ・・・」

委員「ご覧の通り私たちはラブラブなんだ」

妹「お兄ちゃん・・・何か嫌がってるように見えるけど?」




254: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:08:23.35 ID:DrgPqWCR0.net

委員「そんな事ないよ」

委員「んー」チュ

男「んむ」

妹「!!」

委員「ふふふ・・・ご覧のとおり」

委員「昨日もしたもんね?男」

男「・・・そ、そうだけどアレは」

妹「な・・・な・・・」

妹「よくも・・・」

委員「あはは、よくも?何?」




255: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:09:36.49 ID:DrgPqWCR0.net

委員「よくもお兄ちゃんを・・・って?」

委員「言ったでしょ?私は君の味方」

委員「君の兄離れを手伝ってあげる」

委員「近親相姦は社会じゃ認められていないんだよ?」

委員「このままじゃ辛くなるだけでしょ?」

委員「だから、断ち切ってあげる」

委員「あなたの居場所を奪ってあげる」

妹「・・・・・」




256: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:10:56.32 ID:DrgPqWCR0.net

委員「妹孝行な姉でしょ私」

男「委員さん!」

妹「・・・知らない!」タッタ

男「妹!」

委員「あ、行っちゃった」

委員「ちょっと泣いてたね・・・涙はだしてなかったけど」

委員「でも私にはわかるなぁ」

男「・・・委員さんこっち向いて」

委員「何?」

男「!」パン




258: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:11:46.03 ID:DrgPqWCR0.net

委員「きゃ!」

男「・・・」

委員「痛〜い・・・」

男「俺の妹を泣かせたな」

委員「うん」

男「あんなに言う事なかっただろ・・・もっと言い方が」

委員「ふふ」

男「?」




259: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:13:08.47 ID:DrgPqWCR0.net

委員「ふふ・・・ふふふふ」

委員「ふふふふふふふふふふ」

男「・・・な、何笑ってんだよ」

委員「だって・・・だってだって」

委員「嬉しくて嬉しくて」

男「嬉しい?お前今俺に」

委員「怒ってくれているんだよね?」

委員「私の事考えて怒ってくれてる」




260: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:15:11.04 ID:DrgPqWCR0.net

委員「今、君は私の事で頭がいっぱいだよね」

委員「それが嬉しくて嬉しく」

委員「笑わずにはいられないでしょ?」

男「な、何なんだよ」

委員「あ・・・あ・・・」

委員「ごめんね・・・続き」

男「続き?」

委員「うん・・・怒って?」

委員「怒って良いよ?続き、して?」

委員「私の事もっと考えて」

男「・・・・」




262: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:19:03.06 ID:DrgPqWCR0.net

昼休み

妹友「昼休みの次は移動教室だから早めに行っちゃおう?」

妹友2「移動教室ってだるい」

妹友「そう?何かワクワクするけどな私」

妹友「ねね、妹ちゃんはどうも思う?」

妹「・・・・」

妹友「・・・」

妹友「何か今日妹ちゃん元気ないね」ヒソヒソ

妹友2「あの日なんだよ、察しなさいよ」ヒソヒソ

男「妹」

妹「お、お兄ちゃん!?」




263: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:21:43.24 ID:DrgPqWCR0.net

男「話があるんだ・・・中庭に来てくれ」

妹「・・・ッ」

男「待てよ」ガシ

妹「何?離して」

男「何で逃んだよ?良いから来てくれよ」

妹「キモ・・・」

妹「・・・」


妹友「い、妹ちゃんがお兄さんと付き合ってるって本当だったの?」ヒソヒソ

妹友2「何言ってんのよ、私が大分前から気ついてたわよ。察しなさいよ」ヒソヒソ




264: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:22:42.57 ID:DrgPqWCR0.net

中庭

妹「で?話って何?」

男「朝の事」

男「ごめんな」

妹「・・・・・・・」

妹「何が?」

男「は?」

妹「私に関係ないじゃん」




265: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:24:15.33 ID:DrgPqWCR0.net

妹「・・・関係無い」

妹「お兄ちゃんが彼女作っただけ」

妹「ただ・・・それだけじゃん」

妹「私、お兄ちゃんに謝られるような事何にもしてない」

妹「あの人が勝手に変な事言ってるだけ」

妹「私はお兄ちゃんの事なんて大っ嫌いだし」

妹「そうだよ・・・嫌い」

男「妹・・・」




266: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:26:44.12 ID:DrgPqWCR0.net

妹「嫌いだよ」

男「妹落ち着け」

妹「お兄ちゃんなんて嫌い」

男「妹」

妹「お兄ちゃんなんて」

妹「お兄ちゃん何て・・・」

妹「お兄ちゃんなんて大っ嫌い!!!」

妹「お兄ちゃんのバカ!」

妹「バカバカバカバカ!!!!!」タッタ

男「お、おい」




267: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/24(火) 00:28:59.42 ID:DrgPqWCR0.net

男「また話せなかった」

男「俺は」

委員「やぁやぁ」

男「い、委員さん?」

委員「こんな所で、奇遇だね」

男「着いてきたの?」

委員「ふふ・・・うん。」

委員「君の事はいつでも気になるから」

男「・・・」




339: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/26(木) 23:58:03.64 ID:zNYA2U480.net

委員「君は正しい事をしたんだよ」

男「そうなのかな」

委員「うん。そうそう」

委員「妹のためにも、今の関係を断ち切るの大切な事だよ」

委員「その仮定に一々落ち込む事ないんじゃないかな」

男「うん」

男「・・・」

委員「わかるよ」

男「え」

委員「寂しいんだね」




341: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:01:40.91 ID:EwDRaEnB0.net

委員「じゃあ・・・こっちむいて」

男「え?」

委員「君には私がいるよ」ギュウ

男「ここ学校なのに」

委員「・・・私が君と一緒にいる」

委員「だから寂しさなんて感じる必要ないんだよ」

男「・・・ありがとう」

男「でも・・・あいつは?妹は?」

男「妹が一人にならないかな」

委員「ふふ、女は強いから平気だよ」

男「そんなアバウトな」




343: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:06:44.20 ID:EwDRaEnB0.net

委員「女は切り替えが早いもんだよ」

男「そんなの人それぞれじゃあ」

委員「私は君の方が心配だな」

男「俺の苦しみと妹の苦しみだったら、妹の方が辛いんじゃないの?」

委員「うーん・・・そうでもないんじゃないかな」

委員「捨てられる立場と、捨てる立場では苦しみの種類が違うしね」

男「・・・そういう物なのかな」

委員「だから、これからは私が君の生きがいになるよ」

男「生きがい?」

委員「そうそう」




344: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:09:31.21 ID:EwDRaEnB0.net

男「生きがいって何?」

委員「君の妹が君にしていたように」

委員「私があなたの料理を作ってあげる」

委員「私が朝起こして」

委員「私が部屋を掃除して」

委員「あなたを愛して」」

委員「あなたと、一緒にいてあげるよ」

委員「そうやって・・・私があなたの心を埋めてあげるから」

委員「君が不安を感じても何も心配しなくて良いんだよ」

委員「ただ私のために生きてくれさえすれば・・・私もそうするから」

男「・・・」




345: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:15:57.95 ID:EwDRaEnB0.net

男「それでいいのかな」

男「・・・俺だけが、なんて許されるのかな」

男「だって妹の事突き放して、不幸にして」

委員「気にする事ないよ」

委員「許される許されないなんて」

委員「人間社会に生きる君という立場から見た意見だもの」

委員「自分の幸せだけ考えて生きればいいんじゃないかな?」

委員「人間だって一個人の生物なんだから」

男「どういう事?」




346: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:19:45.30 ID:EwDRaEnB0.net

委員「つまりね自分と・・・あとはせいぜい自分のまわりの人」

委員「本来これだけが幸せになりさえすればいいのよ。人間なんて」

委員「人間社会の立場なんてそこまで重要じゃないんだよ」

委員「知らない誰かを可哀想だって思うのは」

委員「自分や親しい人間に置き換えて考えて」

委員「そうして初めてかわいそうだと思うでしょ?」

男「・・・でもその理屈だと周りの人を不幸にしてる今の状況は」

男「駄目な事なんじゃないの」

委員「将来的に見たら妹だって、兄離れできて幸せに思うんじゃない」

男「屁理屈じゃん」




347: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:23:09.52 ID:EwDRaEnB0.net

男「大体俺は・・・立場的な事だけで許される許されないって」

男「そう言ってる訳じゃない」

男「俺は俺が許せないから・・・だから俺の意思の問題で」

男「あ」

男(何やってるんだ俺は)

男(委員さんに甘えるみたいにこんな・・・)

男(最終的には俺の問題なのに)

委員「そうかも・・・そうだね」

委員「私が言いたいのは、つまり私を好きになって欲しいって事だから」

委員「ふふ、うん。屁理屈かもね」




348: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:25:22.83 ID:EwDRaEnB0.net

下校

委員「もうお別れか〜」

男「そうだね・・・二人で下校するとすぐ着いちゃうね」

委員「ん〜」

委員「寄り道しよう!」

男「寄り道」

委員「うんうん!プチデートみたいな事したいな」

男「・・・」

男(思えば委員さんに迷惑もかけてるしな)

男「良いよ」




349: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:28:36.01 ID:EwDRaEnB0.net

男「そうだなぁ・・でもこの時間から遠出はできないから」

委員「私は遅くなっても良いんだけどね。君となら」

男「お、親御さんが心配するよ」

委員「私親いないよ?」

男「え?」

委員「話してなかったっけ?私一人で暮らしてるの」

男「そ、そうだったんだ」

男(マズイ・・・話が位方向に行ってしまう)

男「と、とりあえず公園とかで話したりしない?」

委員「うんうん・・・いいねいいね」

委員「でも、もっと良い所行こうよ」

男「い、良いところ?」




350: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:31:31.71 ID:EwDRaEnB0.net

男「こ、ここって・・・?」

委員「私の家」

委員「入っていいよ」

男「ええ?」

委員「ん?・・・ああ」

委員「さっき言ったけど家には誰もいないよ。安心して」ゴニョゴニョ

男「・・・」

男(逆に緊張するんだけど)




351: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:35:11.54 ID:EwDRaEnB0.net

男「お、お邪魔します・・・」

男(結構広いな)

男(本当に一人で住んでるのか?)

委員「そんな遠慮しないでよ」

委員「ほらほら奥に奥に」グイグイ

男「う、うわわ」

男「そんなせかさないでよ」

委員「君と少しでも長く居たいからね」

委員「だから早く入って話そう」

男「う、うん」




352: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:37:46.21 ID:EwDRaEnB0.net

男「こ、これが委員さんの部屋」

委員「うんうん。そうだよ」

男(シンプルだけど女の子っぽい部屋って感じだな)

男(でももっと物とかあるのかと思ってた)

委員「ふふ」

男「何?」

委員「エッチだなって」

男「エッチって!?}

委員「じろじろ見てさ。そんなに私の生活空間が気になる?」

男「俺は・・・別にそんなエッチとかそういう訳じゃ」

委員「そう?」

委員「期待してたんじゃない?」




353: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:40:30.19 ID:EwDRaEnB0.net

男「期待?」

委員「その気なら全然構わないよ私は」

男「か、構わない?」

委員「うん・・・あはは」

委員「気後れするなら、私からしてあげようか?」

男「委員さん何言ってるの?」

委員「えい」ガバ

男「う、うわわ」

男(お、押し倒された)




354: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:42:58.64 ID:EwDRaEnB0.net

委員「私・・・いつか言ったでしょ」

男「へ?」

委員「段階なんていらない・・・行き着くところが同じなら」

委員「早いほうが良いって」

男「そ、それが何?ゲームするために家に入ったんじゃないの?」

委員「何言ってるの君?」

委員「部屋に来たんでしょ?」

委員「なら、そういうこと・・・」

委員「わかってたでしょ?」

委員「それとも本当はそっちも、その気なのかな」




355: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:47:01.82 ID:EwDRaEnB0.net

委員「わかってて、形式的に私を拒んでるフリをしているのかな?」

委員「なら・・・無理矢理した方が良いの?」

男「え」

委員「逃げたりしないよね?」

男「に、逃げるとかじゃ・・・なくて」

委員「そっか・・・うん」

委員「じゃあ、私からしてあげるね」

男「!」

男「は、離れてよ」ドン

委員「きゃ!」




356: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:48:02.36 ID:EwDRaEnB0.net

男「ご、ごめん」

委員「・・・」

男「・・・お、俺」

男「俺今日はその・・・はは・・・」

男「ゲームがしたい・・・かな」

委員「・・・」

男「俺さ、プレステは2までしか持ってないから」

男「だから」

委員「・・・わかったわよ」




357: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:49:59.45 ID:EwDRaEnB0.net

男「ただいま」

妹「遅かったじゃん」

男「・・・ああ」

男(しまった、心配させちゃったか)

妹「彼女の家?」

男「そうだよ」

妹「・・・ハッキリ言うな」

男「?」

妹「何でも無いわよ。フン」




358: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:51:51.42 ID:EwDRaEnB0.net

妹「ラブラブでよかったね」

男「・・・なぁ」

妹「何よ」

男「朝の事」

男「悪かったな」

妹「私には関係ない」

妹「お兄ちゃんと彼女さんがどうなろうと知らないから」

妹「何回も言ってるじゃん。興味ないの私は」

妹「さっさとご飯食べたら?一応作っておいたけど」

妹「あ、彼女さんの所で食べてきたから、どうせいらないか」

男「いや、貰うよ:




359: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:56:52.00 ID:EwDRaEnB0.net

妹「・・・」パクパク

男「・・・」パクパク

妹「ごちそうさま」

男「え、もういいの?」

妹「お腹すいてないもん」

妹「お兄ちゃんと一緒に食べてたくないし」

男「・・・そっか」

妹「何納得してんのよ」

妹「あ、後さ」

男「?」




360: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 00:58:59.87 ID:EwDRaEnB0.net

妹「きょ、今日」

妹「お、お兄ちゃんに大っ嫌いって・・・その」

男「うん」

妹「そんな感じのこと言ったけど」

妹「あれは、その」

妹「違うから」

男「違う?」

妹「お、お兄ちゃんの事は嫌いだけど!その」

妹「だ、大嫌いじゃないから・・・」

男「は?」

妹「それだけ!じゃあね」

男(部屋に行っちゃった)




361: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 01:00:25.67 ID:EwDRaEnB0.net

男「・・・」

男「何か変だよな俺」

男(普通恋人ができたら嬉しいよな)

男(できる前は憧れもあったし)

男(委員さんは可愛いし)

男(妹の兄離れもできるし)

男「・・・」

男「何でこんな辛いんだろ」




364: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/02/27(金) 01:07:59.39 ID:EwDRaEnB0.net

委員「君は」

妹「・・・こんにちは」

委員「あはは・・・よく家がわかったね」

委員「何?殴り込みにでも来たのかな」

妹「質問するから答えて下さい」

妹「お兄ちゃんの彼女が貴方だっていうのは本当?」

委員「うん。前にも挨拶したよね。妹ちゃん」

妹「キモいから妹とか言うの辞めて下さい」

妹「・・・単刀直入に言います」

委員「何かな?」

妹「お兄ちゃんと別れてください」




431: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 17:57:34.01 ID:MvARFWDt0.net

男の部屋

男「明日の用意しようかな」

prrr

男「ん?」

男「委員さんからメールだ」

委員『ふふん。携帯の待ち受け君の写真にしちゃった』

委員『何かもうゾッコンだね』

男「・・・はは俺何かにゾッコンになって、どうするんだっての」

男「・・・」

コンコン

男「ん?」




432: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 17:59:10.31 ID:MvARFWDt0.net

妹「・・・」

男「妹か、どうした?」

妹「別に・・・」

男「部屋にお前から来たんだろ」

妹「何か元気ないみたいじゃん」

男「そうかな」

男「・・・そう見えるかな?」

妹「うん。見える」

妹「何か雑巾みたいな顔」

男「何だよそれ」




434: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:02:10.49 ID:MvARFWDt0.net

妹「お兄ちゃんさ」

男「んー?」

妹「・・・今楽しい?」

男「何だ急に」

妹「・・・」

妹「朝、お兄ちゃんの恋人とか言う人と一緒にいたけど」

妹「お兄ちゃんあんまり楽しそうじゃないね」

男「・・・」




435: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:04:24.38 ID:MvARFWDt0.net

妹「恋愛ってさ、そういうものなの?」

男「そういうもの?」

妹「・・・」

妹「恋愛って楽しくないのかな」

男「そんな事ないさ」

男「好いて、好かれて」

男「自分意外の他人を好きになるってのは」

男「大切な事だし」




436: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:06:50.89 ID:MvARFWDt0.net

妹「そっか」

男「うん」

妹「何が違うんだろ」

男「?」

妹「・・・だって、それ」

妹「私達と・・・」

男「ん?」

妹「・・・」

妹「何でもないわよ、この馬鹿」

男「わけわからん」




437: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:08:30.68 ID:MvARFWDt0.net

妹「お兄ちゃん楽しいの?じゃあ」

男「ん・・・まぁ」

男「それなりにな」

妹「何で辛そうにしてるの?」

男「・・・辛くないよ。何言ってんだ」

妹「うそ」

男「辛くないって」

妹「うそだよ」

妹「私何年お兄ちゃんの妹だと思ってんの」




438: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:10:31.89 ID:MvARFWDt0.net

妹「私にはわかるの」

妹「お兄ちゃんの事なんてわかりたくもないけど

妹「情けないなぁ本当」

男「うるせー」

妹「・・・ま、まぁ?私には関係ないけど、さ」

男「うん」

妹「あの朝の人。お兄ちゃんの恋人って言う人」」

妹「正直少し変わってる」

男「そうかな」




439: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:12:21.76 ID:MvARFWDt0.net

妹「ネチネチしてそう」

男「一回会っただけだろ?」

男「そういう風に決めつけるのは・・・」

妹「何かお兄ちゃんみたいだね」

男「・・・」

男「俺を罵倒したいのか?」

妹「わかった。根暗同士は惹かれあってるんだ」

男「うるせ」




440: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:14:36.57 ID:MvARFWDt0.net

妹「本当お似合いー・・・って言いたいけど」

妹「正直、お似合いには見えなかったなぁ」

男「んな事ねーよ」

妹「あっそ」

妹「お兄ちゃんさ」

妹「ぶっちゃけ、好きなの?」

男「委員さんのこと?」

妹「そう、その根暗な子」

男「根暗いうな」




441: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:16:20.84 ID:MvARFWDt0.net

男「そりゃあ・・・」

男「かわいいし、俺のこと好いてくれてるし」

妹「ふーん」

妹「ムカつく。キック」バキ

男「痛」

男「何すんだよ」

妹「別に」

男「蹴っておいて、その態度はないだろ」

妹「うっさい」




442: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:17:55.43 ID:MvARFWDt0.net

男「・・・」

妹「で、どうなのよ」

男「あ、うん」

男「好き・・・なのかな?」

男「俺もわからない」

妹「わからないって・・・こっちが意味不明」

妹「何で?わかんないの?バカだから?」

男「お前の顔がちらつく」

妹「はぁ?」




443: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:19:08.06 ID:MvARFWDt0.net

男「いや、委員さんと会ってるとお前の顔がちらつくんだよ」

妹「え、超キモ」

妹「寒気が走った」

妹「もう話しかけないでください。お願いします」

男「んだよ」

妹「お兄ちゃんって・・・やっぱシスコン?」

男「そんな訳あるか。憎たらしい奴」

男「俺は・・・委員さんに好かれてるんだよ」

男「だから別れない」




444: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:21:53.57 ID:MvARFWDt0.net

男「いや別れ・・・」

男「・・・」

妹「何ウジウジしてんの?ハッキリ言って超キモい」

男「うるせぇよバカ」

妹「バカとは何よ」

男「もう寝るからどっかいけ」

妹「何よ。ふん」

妹「言われなくても行くって」

妹「根暗は根暗らしく一人で悩んでれば?」

男「はぁ」




445: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:23:55.96 ID:MvARFWDt0.net

委員「ふふ」

妹「何笑ってんの?」

委員「いや」

妹「はぁ?」

委員「ふふ、まぁ、うん」

委員「まず理由を聞こうかな」

委員「私が先に問い詰めて理由がズレてたら恥ずかしいもんね」

委員「何で別れて欲しいの?」




446: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:28:09.43 ID:MvARFWDt0.net

妹「別に私はお兄ちゃんの事なんて」

妹「本当ミジンコより、どうでも良いけど」

妹「だから貴方と付き合おうが」

妹「私は関係ないし興味もない」

委員「うんうん」

妹「でも」

委員「でも?」

妹「お兄ちゃん、貴方と付き合ってから元気ない」

委員「ふーん」




447: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:30:54.19 ID:MvARFWDt0.net

妹「だから別れて下さい」

妹「運がなかったと思って下さいよ」

妹「あいつシスコンなんです。筋金入りの」

妹「本当変態でキモいですよね」

妹「何なら紹介してあげますよ。知り合いのイケメン君とか」

委員「いやいや」

委員「それは遠慮しておこーかな」

委員「私は男君がいいの」

妹「・・・どうして?」




448: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:33:45.54 ID:MvARFWDt0.net

委員「好きだから」

委員「好きじゃない相手と付き合う何て苦痛はごめんかなぁ」

妹「・・・訳わかんない」

妹「お兄ちゃんより勉強ができて」

妹「顔が良い人なんて沢山いるじゃん」

妹「何でお兄ちゃんじゃなきゃ駄目だの」

委員「ふふ」

委員「この状況に関して言えば君のほうが訳がわからないと思うんだけど」

委員「君の理屈に付き合うなら」

委員「私はスポーツや顔のできを基準に好きだ嫌いだと言ってる訳じゃないんだよ」

委員「あるに越したことはないけど」




449: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:37:04.18 ID:MvARFWDt0.net

妹「好きになるのには理由がないって事?」

妹「そんなの幻想」

妹「好きになるのにだって理由はあります」

妹「ただ探そうとしないだけ」

委員「君が男君を好きなのには、どんな理由があるの?」

妹「は、はぁ?キモい事言わないで下さい」

妹「嫌いですお兄ちゃんなんて」

委員「そんな事をここで話し合ってもラチがないんじゃないかな」

委員「それに私は君のお兄さんの好きな所は自分で自覚してるよ」

妹「何?うちのお兄ちゃんには取り柄なんかないけど」

妹「キモいシスコンだし」




450: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:38:28.40 ID:MvARFWDt0.net

委員「理由なんてどうでも良いじゃない」

委員「それこそ君には関係ない話だよ」

委員「というより、君に別れる別れないという話をする自体が論外なんじゃないかな」

委員「君は蚊帳の外なんだから」

妹「蚊帳の外?違いますけど」

委員「なぜ?」

妹「だってうちのお兄ちゃん変態なシスコンだから」

委員「はは」

委員「つまり妹が好きだから私と付き合うのが辛いと思ってるってこと?」




451: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:39:56.88 ID:MvARFWDt0.net

妹「そうなんじゃないですか?とってもキモくて迷惑だけど」

委員「まぁなくはないかな」

委員「でも、それでも、君は関係ないんだよ」

妹「何で?」

委員「だってあくまで私と男君の問題だからねぇ」

委員「仮に君の言ってる事が本当であってもさ」

委員「君は理由のひとつってだけの存在であって」

委員「理由そのものが、出しゃばってくるのは変でしょ」

妹「はぁ?意味わかんない事言わないで下さい」




452: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:43:32.70 ID:MvARFWDt0.net

委員「そう。でも別にわからなくても良いよ」

委員「君と話しが通じる何て思ってないし」

委員「元々君は関係ないしね」

妹「・・・喧嘩売ってますか?」

委員「そう聞こえた?」

委員「売られてもしょうが無いんじゃないかなぁ」

委員「たかが親族って分際で私と男君の間に立って関係を裂こうとしてるんだし」

妹「・・・・」

委員「ふふ、もしかして怒ってる?」




453: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:45:33.73 ID:MvARFWDt0.net

委員「私は将来自分の親族になる子に手は上げたくないなぁ」

委員「親戚で集まる時気まずいもんね」

妹「お兄ちゃんに対しては、手を上げたりしてるって聞きましたけど」

委員「何でも妹に話すんだ」

委員「後で教育しておかなきゃ」ボソ

委員「あなたのお兄ちゃんは良いんだよ」

妹「は?」

委員「だって私のものだから」

妹「!」




454: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:48:51.80 ID:MvARFWDt0.net

男「やめろ!」

妹「お兄ちゃん?・・・なんで」

男「外で今みたいに大きな声で言い合いしてたら見てる人もいるわ」

妹「・・・あっそ」

委員「男君!私の家に来てくれたんだね」

委員「嬉しー・・・あがる?」

男「・・・俺は妹が委員さんと言い合ってるって聞いたから来ただけです」

委員「なーんだ。つまんない」




455: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:50:25.70 ID:MvARFWDt0.net

男「それより妹、お前何やってるんだよ」

妹「・・・お兄ちゃんの代わりをしただけだよ」

男「代わりって?」

妹「お兄ちゃんの代わりに別れ話をしにきただけ」

委員「すっごく怒鳴ってきて怖かったよー」

男「別れ話って・・・俺そんな事頼んでないよな」

妹「だって・・・」

妹「・・・」




456: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:53:06.95 ID:MvARFWDt0.net

男「黙ってたってわからないぞ」

妹「・・・むかつく」

男「何なんだよ」

妹「・・・いつも落ち込んだ面してるから」

妹「それがムカつくって言ってんの!」

妹「そんな顔、こっちも毎回拝みたくないし」

妹「お兄ちゃんの落ち込んだ顔見てると、こっちまで陰鬱になるよ」

妹「そんな事もわからないなんて、本当他人の心を考えないお兄ちゃんは嫌だ嫌だ」




457: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 18:57:27.98 ID:MvARFWDt0.net

男「だからってな」

委員「うんうん。これは私たちの問題だもんね」

男「・・・そうだ。お前には関係ない」

妹「そんなん、わかってるけど」

男「さきに帰ってろ」

妹「え」

男「良いから。帰ってろ」

妹「・・・・・・わかった」




458: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 19:00:25.63 ID:MvARFWDt0.net

委員「ふふ、帰っちゃったね」

男「うん」

男「妹が迷惑かけてごめん」

委員「ううん。いいのいいの」

委員「私は優しいお姉ちゃんにならなきゃいけないんだもんね」

男「・・・」

男「その事なんだけどさ」

委員「あ、それよりさぁ!せっかく家に来たんでしょ?」

委員「あがってってよー?」




459: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 19:02:03.02 ID:MvARFWDt0.net

男「いや、良いよ」

委員「えーーーなんで?」

委員「折角来たんだから遊ぼうよー」

男「・・・」

男「ねぇ委員さん」

委員「何々?彼氏様」

男「・・・」

男「別れようか俺たち」

委員「へ」




476: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 23:53:23.07 ID:/8XGFJ3a0.net

委員「何〜?何の話?」

男「うん・・・俺たち別れよう」

委員「はて?別れる」

委員「一回別行動しようって事?」

委員「待ち合わせでデートしてって?」

委員「私は君と一緒にいたいから〜」

男「ううん。そうじゃない」

男「恋人関係を終わりにしよう」

委員「・・・は?」

委員「なにそれ」




477: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 23:54:18.48 ID:/8XGFJ3a0.net

男「うん」

男「ごめん」

委員「やだよ?」

男「ごめん」

委員「え、やだやだ」

男「・・・」

委員「やだからね?やだやだ」

委員「・・・どういうこと?」




478: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 23:54:18.76 ID:/8XGFJ3a0.net

男「うん」

男「ごめん」

委員「やだよ?」

男「ごめん」

委員「え、やだやだ」

男「・・・」

委員「やだからね?やだやだ」

委員「・・・どういうこと?」




480: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 23:55:54.71 ID:/8XGFJ3a0.net

委員「私、いやだからね?」

委員「駄目だよ?そんなの」

男「・・・」

男「でも、俺は」

男「俺はもう委員さんと恋人同士でいたくないんだ」

委員「・・・・」

委員「意味がわからないよ・・・そんなの駄目」

男「・・・」




481: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 23:55:54.71 ID:/8XGFJ3a0.net

委員「私、いやだからね?」

委員「駄目だよ?そんなの」

男「・・・」

男「でも、俺は」

男「俺はもう委員さんと恋人同士でいたくないんだ」

委員「・・・・」

委員「意味がわからないよ・・・そんなの駄目」

男「・・・」




482: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/01(日) 23:57:44.32 ID:/8XGFJ3a0.net

委員「君、今何を言ってるかわかる?」

委員「別れるとか・・・そんなの簡単にできることじゃない」

委員「言って良いことでもない」

委員「私・・・君に」

委員「君に、わ、私が持てる全部を使って」

委員「私、好かれたくて君に一杯」

男「ごめん」

男「でも駄目だ。やっぱり」




483: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:00:07.71 ID:xGIS81D20.net

委員「何でそういうことを言うの?」

委員「・・・わかった」

男「そっか」

委員「許す」

男「?」

委員「許してあげるから」

委員「今なら・・・」

委員「そういって私に意地悪した事とか」

委員「私を傷つけた事・・・全部許す」

委員「だからもうやめよう?そういう事言うの」

委員「わ、私耐えられない・・・君にそいう事言われるの」

委員「だってずっと夢に見てて・・・私ようやく」




485: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:02:09.08 ID:xGIS81D20.net

男「・・・傷つけてるのはわかる」

男「でも駄目なんだ」

男「それが俺の気持ち」

委員「何で何で?だって」

委員「私、私・・・私は」

委員「君の事が」

委員「君にそんな拒絶されたら」

男「俺さわかったんだ」

委員「・・・・何が?」

男「俺、シスコンだ」




486: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:04:20.51 ID:xGIS81D20.net

委員「・・・君はつまり」

委員「妹が好きだから彼女である私を振るって事?」

男「うん」

委員「だめ」

委員「駄目だよ変だよ」

委員「おかしいよ」

委員「だって兄妹だよ?君たち」

委員「そんなのつらいだけ」




488: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:06:15.81 ID:xGIS81D20.net

委員「君たちが、そのままの道を進んでも良い事なんかない」

委員「だから、そんなのやめなよ」

委員「私が、君達を更正させてあげるから」

男「更正なんか必要ない」

委員「駄目だよ!駄目なの」

委員「私の事、好きになるって約束は?」

委員「私、守ってって!愛してって」

委員「君に言ったじゃ無い」

男「・・・俺にはそんな事できない」




489: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:09:52.60 ID:xGIS81D20.net

男「俺は君の事が好きじゃないから」

委員「酷い」

委員「君は酷いよ」

委員「私は、君の事好きなのに」

委員「やっと君と両思いになれるって思ったのに」

委員「私だけじゃなくて、君も一緒に私の事を想ってくれるんだって」

委員「君と一緒に生きていけるんだって」

委員「本当に本当に嬉しかったんだよ?」

男「そんな事言われても俺は知らないよ」

委員「・・・何でそんな酷い事言うの?」

男「君の心情を打ち明けられても、君の想いには答えてあげられないから」




490: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:12:27.11 ID:xGIS81D20.net

委員「やだ!!やだやだやだ」

委員「やだやだやだやだやだ!!!!!」

男「落ち着いて」

委員「嫌だよ!!」

委員「私、い、言ったよね?」

委員「見てたの!」

委員「ずっと君を見てたんだよ?」

委員「き、君と付き合えたらって・・・恋人になれたらって」

委員「勇気をだして君に近づいたの」

委員「君と恋人同士になれて、私がどんなに嬉しかったか」

委員「君は・・・君はその私の想いを簡単に無碍にするの?」




491: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:14:18.79 ID:xGIS81D20.net

委員「私は君に愛してほしいの」

委員「君に守って欲しい、一緒に居て欲しい」

委員「私も君をずっとずっと愛するから」

委員「君の事を好きで居続けるから」

委員「だから君は私の想いを」

男「俺は君を愛せない」

男「だから君の想いには答えられない」

男「本当にごめん」




492: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:16:25.09 ID:xGIS81D20.net

男「はぁ」

男(結局最後まで泣いてたな)

男「人を傷つけるのってやっぱこっちも辛くなるなぁ」

男(でもこれで良かったんだ)

妹「馬鹿」バキ

男「イタ」

妹「なにやってんだってーの」

男「うるせー・・・お前見てたの?」

妹「あったりまえでしょ。あのままオメオメ帰れないって」




493: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:17:46.26 ID:xGIS81D20.net

男「俺は落ち込んでるんだから、ソッとしておいてくれよ」

妹「はぁ〜?落ち込みたいのはこっちだよ」

妹「シスコンが原因で恋人フルなんてサイテー」

妹「気持ち悪いんで近寄らないで下さい」

男「うるさいわい」

男「どうせシスコンだよ」

妹「認めるんだ・・・うわー犯罪者だ」

男「おまえなぁ」




494: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:19:08.89 ID:xGIS81D20.net

妹「だってキモいもん」

男「まぁキモイか」

妹「うんキモイ」

妹「聞いた事ないよ。妹が好きで恋人振るなんて」

男「・・・まぁそうだよな確かに」

男「やっぱどうかしてるな俺は」

男「こんな生意気な妹のどこが良いんだか」

妹「うっさい!」

妹「・・・」




495: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:23:03.40 ID:xGIS81D20.net

妹「まぁ?確かにキモいけど」

妹「吐き気するくらいキモイし」

妹「正直二度と私に話しかけんなって思うし、近寄らないで欲しいけど」

男「はは」

妹「でも」

妹「・・・」

妹「ありがとうね」

男「ん」

妹「私も大好きだよ」

男「おう」


end




497: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:24:36.66 ID:dQlQbIAa0.net

乙っ!




498: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:25:06.93 ID:xGIS81D20.net

一週間後

妹「お兄ちゃん。はいご飯」

男「ありがとう」

妹「最近少し中庭で食べるのも寒いからね。お味噌汁持ってきた」

男「お、気が利くじゃん」

妹「風邪・・・引いたら嫌だからねお兄ちゃん」

男「あはは」

妹「じゃあ食べよう。お兄ちゃんが好きな物ばっかり入れたんだから」

男「うん」




500: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:26:35.14 ID:xGIS81D20.net

委員「あれあれ〜奇遇だね」

男「・・・」

妹「またきた」

委員「私も中庭で食べようと思ってたんだ」

委員「私も混ぜてよ!3人で食べよう」

男「あ、あのさ」

妹「駄目です。私お兄ちゃんと二人で食べたんで」

委員「そんなつれないこと言わないでよ。男君は良いよね〜」

妹「あ!お兄ちゃんに近づかないで」




503: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:28:47.35 ID:xGIS81D20.net

妹「やっと行った・・・もう最近毎日来るんだから」

男「本当困ったね」

妹「お兄ちゃんもデレデレしてないで、ちゃんと追っ払ってよ!」

妹「くっつかれて少し嬉しそうにしてたでしょ?」

男「してない!」

妹「してたよ。私見たもん。鼻の下伸ばしてさ」

妹「嫌らしいなぁ」

男「違うって。俺はお前一筋だから」




504: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:30:53.43 ID:xGIS81D20.net

妹「ふーん・・・じゃあ証明してみて?」

男「証明?」

妹「私一筋なんでしょ?」

妹「じゃあはい」

男「なんだよ・・・口つきだして」

妹「チューして!」

男「・・・ここ学校だぞ」

妹「誰も見てないよ」

妹「それとも見てたら嫌?」

男「わかったよ」

男「ん」チュ

妹「あ・・・ふふ」

妹「お兄ちゃん」

男「何だ?」

妹「大好きだよお兄ちゃん!」

END




505: ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:31:15.31 ID:xGIS81D20.net

終わり

何か長引いたけど保守してくれた人どうも




507: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:35:39.17 ID:xC7NgspM0.net

乙!
読んでて楽しかった!
妹系たまりませんなぁ




509: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:46:46.62 ID:1Orx1cXW0.net

お疲れ様です>>1

最後まで読めて良かったし面白かったよ
ってか保守の甲斐があったW


また新作できたら応援するわ




511: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 01:55:53.30 ID:NMOSQX9H0.net

おつかれ




515: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 22:19:58.71 ID:h87AmWQF0.net

乙でした!




524: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/03/04(水) 08:06:00.62 ID:rqRSOmf60.net

ありがとう
とても面白かった





カテゴリー兄「」妹「」のSS一覧
管理人のオススメSS
シンジのチ●ポを勝手にしゃぶってるマリを発見したアスカが怒ってたんだけど……
【ボッキ注意】 オリエント工業のこのラブドールが過激でドスケベwwwwwww (画像あり)
女僧侶「中で出して…っ♥びゅくびゅく欲しいの…っ♥」
クラスのヤリ●ン3人に「30分以内にイカせたら5000円ちょうだい」と言われた結 果・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最新記事50件