1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 14:57:42.75 ID:+HPtfU9l0.net

灰原「あら、また妙なもの作ってるのね」

阿笠「おお、哀君か」

阿笠「ちょうど今完成したところじゃ」

灰原「で、今度はどんな発明なの?」

阿笠「聞いて驚くでないぞ」

阿笠「何を隠そう、ノーベル賞を受賞するスイッチじゃ!」

灰原「!?」




元スレ
阿笠「ノーベル賞を受賞するスイッチじゃ」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1425016662/


 
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 14:59:50.40 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「ほれ、これじゃよ」

灰原「これがノーベル賞を受賞するスイッチ?」

阿笠「そうじゃ、これを押した者はただちにノーベル賞を受賞するんじゃよ」

灰原「またとんでもないものを作ったわね」

灰原「ところで博士は何でこんなスイッチ作ったの?」

阿笠「考えてもみてくれ、哀君」

阿笠「わしは今まで様々な装置やスイッチなどの発明をしてきたじゃろ?」

阿笠「しかし、世間はわしを正当には評価してくれんかった」

阿笠「ここらでノーベル賞でも受賞せんと箔が付かんからのう。んほほほっ」




3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:02:50.38 ID:+HPtfU9l0.net

灰原「博士……」

灰原「そんなにノーベル賞が欲しかったの?」

灰原「ノーベル賞のための発明だなんて、科学者として恥ずかしくないの?」

阿笠「ほほほっ、哀君は手厳しいのう」

阿笠「じゃが、人生を成功させるには貪欲さも必要」

阿笠「それは科学者にも言えることじゃろ?」

阿笠「現にわしは、こうしてノーベル賞を受賞するスイッチを作ることに成功したわけじゃ」

阿笠「科学はきれいごとではないんじゃよ!」

灰原「それもそうね」

阿笠「では、さっそく押すぞい」ポチッ




4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:04:53.66 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「…………」

灰原「…………」

灰原「……何にも起きないわよ」

阿笠「いや、わしはもうノベール賞を受賞しているはずじゃ」

阿笠「どれ、テレビでもつけてみるかの」ピッ


テレビ「今入ってきたニュースです」

テレビ「日本人の阿笠博士さんがノーベル物理学賞を受賞しました」

テレビ「阿笠さんは『ノーベル賞を受賞するスイッチ』の発明が評価されての受賞とのことです」



阿笠「んほほほほぉぉぉぉおおおお!」

阿笠「これでわしもノーベル賞科学者じゃぁぁぁあああ!」




5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:06:43.93 ID:+HPtfU9l0.net

ピンポーーン

灰原「誰かきたみたいね」

阿笠「んほほほぉぉぉおおお! さっそくマスコミの取材かの?」ガチャ

コナン「博士! ニュース見たぞ!」

歩美「博士おめでとう!」

元太「すげえな、博士!」

光彦「ノーベル賞だなんて、僕たちも鼻が高いですよ!」

阿笠「なんじゃ、君達か……」

灰原「いらっしゃい」




7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:07:59.34 ID:+HPtfU9l0.net

灰原「こんな所で立ち話もなんだから、とりあえず中に入ったらどう?」


コナン「おう、邪魔するぜー!」
阿笠「いらっしゃい」

歩美「お邪魔しまーす」
阿笠「いらっしゃい」

元太「お邪魔しまーす」
阿笠「いらっしゃい」

光彦「お邪魔しまーす」
阿笠「……」



阿笠「邪魔するなら帰れぇぇぇぇぇえええええ!!!」

光彦「!?」




9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:09:09.19 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「……なんてな」

阿笠「んほほほほぉぉぉおおおお!」

阿笠「ノーベル賞科学者の家にようこそ!」

歩美「もーーう、博士ったら」

元太「びっくりしたぜ!」

コナン「ノーベル賞取るとギャグのキレが良いなあ」

阿笠「んほほほほほほほぉぉぉぉぉおおおおおお!」

光彦「ノーベル賞を取って傲慢な性格になったのかと思っちゃいましたよ」

阿笠「…………」

阿笠「光彦君はわしをそんな薄情な人間だと思っていたのかね?」

光彦「いえいえ、そんなことないですよ!」

阿笠「なら良いが」




10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:11:27.78 ID:+HPtfU9l0.net

元太「ところでよぉ、ノーベル賞ってなんだ?」

光彦「もー、元太君はそんなことも知らないんですかぁ?」

元太「…………」

光彦「つい最近も青色LEDやiPS細胞で日本人が受賞してニュースになってたじゃないですか」

元太「…………」

光彦「あいかわらずバカですねえ」

元太「なんだとぉ!」

光彦「す、すぐ暴力ですか?」




11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:12:29.97 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「これこれ、ケンカはやめなさい」

コナン「おっ、ノーベル賞取ると言葉の重みも違うなあ」

阿笠「そうかの? んほほほほ!」

コナン「見直したぜ!」

阿笠「そうじゃろ そうじゃろ!」

灰原「調子に乗らなきゃいいけど……」




12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:14:15.66 ID:+HPtfU9l0.net

歩美「コナン君、ノーベル賞ってどんな賞なの?」

コナン「ああ、ノーベル賞っていうのは、ダイナマイトを発明したスウェーデン人、
    アルフレッド・ノーベルの遺言と遺産によってつくられた賞のことだ」

コナン「物理学、化学、医学生理学、文学、経済学、平和事業、6つの分野があり
    それに貢献した人にノーベル賞が贈られる」

コナン「まあ簡単に言えば、世界的に有名な賞のひとつだな」

元太「ダイナマイトってあのドッカーーンって爆発するやつか?」

コナン「ああ、そうだぞ」

元太「すげえ!!!」




13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:16:12.05 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「ところで博士、気になってたんだけど」

阿笠「なんじゃ?」

コナン「ニュースで言ってた授賞理由の『ノーベル賞を受賞するスイッチ』って何だ?」

阿笠「あぁ……それはのぉ……えーーっと…………」

灰原「これのことよ」

阿笠「ぁ……」

コナン「なんだ、いつものスイッチの発明かよ!」

コナン「道理で! 博士がノーベル賞なんておかしいと思ったんだよ!!!」




14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:18:48.77 ID:+HPtfU9l0.net

歩美「どういうこと?」

元太「なんだ、そのスイッチ?」

光彦「僕たちにもわかるように教えてください」

コナン「つまりこういうことだ……」

――――――――
――――

――



歩美、元太、光彦「えーーーーーーーーーーっ!」

歩美「博士ズルしてたの!?」

元太「自分だけ使うなんて、ずりぃぞ!」

光彦「僕たちにもスイッチを押させてくださいよ!」




15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:20:58.11 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「べ、別に隠すつもりはなかったんじゃ!」

阿笠「そうじゃ! 君達もスイッチを押してみるかの?」

阿笠「ほれ、コナン君から」

コナン「ああ、俺は別に名誉とか興味ねえからいいよ」

コナン「灰原、お前押してみるか?」

コナン「医学生理学賞あたりに興味あるだろ?」

灰原「ちょっと何言ってるのよ!」

灰原「私が目立ったらダメなことあなたも知ってるでしょ!」

灰原「私は押さないわよ」

コナン「お、そうかあ?」




17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:23:24.03 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「ほほほっ、2人はスイッチ押さないんか」

阿笠「もったいないのう」

阿笠「それじゃあ歩美君はどうじゃ?」

歩美「うーん、確かにノーベル賞は欲しいけど……」

歩美「でも、博士の発明に頼るのはなんか違う気がするなあ」

歩美「歩美は自分の努力が認められて賞をもらう方がいいもん!」

灰原「あら吉田さん、いいこと言うじゃない」

灰原「誰かさんにも聞かせてあげたいわ」

阿笠「ははは……」




18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:25:06.76 ID:+HPtfU9l0.net

光彦「そうですよね! 灰原さん! 歩美ちゃん!」

光彦「スイッチひとつでノーベル賞なんて、人として間違ってますよ!」

阿笠「おや、光彦君?」

阿笠「さっきはスイッチを押したがってたみたいじゃが」

光彦「そ、そんなことないですよ」

阿笠「じゃあ、君も押さないんかの?」

光彦「はい! 僕は絶対にスイッチ押しません!」




19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:27:05.42 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「せっかく作ったのにもったいないのう」

阿笠「すぐ目の前にある名誉を欲しくないんか?」

コナン「おい、博士!」

阿笠「ん、なんじゃ?」

コナン「もしかして博士は名誉の他にも欲しいものがあるんじゃないか?」

阿笠「な、何を言う」

阿笠「わしは純粋に科学者としての名誉が欲しいだけじゃぞい」

灰原「それもどうかと思うけど……」




20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:29:45.73 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「博士、本当に名誉だけか?」

コナン「なーんか怪しいぞ」

元太「どういうことだ、コナン?」

コナン「ああ、言い忘れてたけどよお」

コナン「ノーベル賞を受賞するとメダルと賞金がもらえるんだ」

阿笠「ギクッ!!」

歩美「あーーっ! 博士! その賞金目当てだったの?」

光彦「スイッチひとつで名誉と賞金なんて最低ですよ、博士!」




21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:31:59.45 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「仕方ないじゃろ……」

阿笠「最近色々な装置やスイッチを作って金欠気味だったんじゃ」

コナン「まあ、スイッチを発明したのは博士なんだし、別にいいんじゃないか」

灰原「で、その賞金っていくらなの?」

コナン「ノーベル賞の賞金は1000万クローナ」

コナン「円に換算すると約1億4000万円ってとこだな」

元太「すげげげぇぇぇええええ!」

元太「それってうな重何杯分だだだぁぁぁああああ!?」

阿笠「ほほほっ、毎日食べても無くならんじゃろうな」




23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:34:39.37 ID:+HPtfU9l0.net

元太「そんなに金があるんなら、うな重おごってくれよ、博士!」

博士「いやじゃ! いやじゃ! 賞金はすべてわしのもんじゃぁああ!」

博士「君らにはびた一文やらんぞい!!!」

元太「なんだよ! ケチだなあ!」

コナン「おい元太、うな重を食べる金が欲しいなら自分でスイッチを押せばいいじゃないか」

コナン「スイッチ押すだけでノーベル賞の賞金もらえるんだからよ!」

元太「あっ、そうか!」

元太「さすがはコナンだぜ!」




25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:36:25.85 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「おっ、元太君はスイッチを押す気になったんかの」

阿笠「ほれ、これがそのスイッチじゃぞい」

元太「押すだけでいいのか?」

阿笠「スイッチの下につまみがあるじゃろ?」

阿笠「そのつまみでどの賞を受賞するかが選べるんじゃ」

コナン「物理学賞、化学賞、医学生理学賞、文学賞、経済学賞、平和賞の6つだな」

元太「よくわかんねえな、うな重の賞はないのか?」

光彦「元太君はバカですねえ、そんな賞あるわけないじゃないですか!」

元太「……」




27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:38:32.68 ID:+HPtfU9l0.net

灰原「ところで、博士は科学者だから授賞理由もはっきりしてたけど」

灰原「小嶋君はどの賞を取ってもちゃんと授賞理由があるのかしら」

阿笠「心配には及ばん、どの賞でもちゃんと授賞できるぞい」

阿笠「それに、ちゃんと授賞理由もつくんじゃ」

阿笠「どんな人間でも生きている限り各分野に少なからず貢献しておるからのう」

阿笠「たとえ自分で気づいていなくても、それが授賞の評価対象になるんじゃ」

光彦「そうですか? 元太君が学問に貢献しているとは思えないのですが」

元太「……」




28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:39:56.61 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「まあ、押してみればわかるじゃろう」

阿笠「さあ元太君、6つの中から選ぶんじゃ」

元太「うーーん、よくわかんねえけど、この経済学賞ってやつにするか」

光彦「ハハハハハ、笑わせないでください。元太君が経済学賞ですか?」

光彦「どうせ、うな重にお金を使って経済を回しているとかそんな授賞理由でしょ?」

光彦「ハハハハハハハハハハハハハ」

元太「…………」

元太「……じゃあ、押すぞ」ポチッ




31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:42:24.45 ID:+HPtfU9l0.net

元太「…………」

光彦「やっぱり何も起きないじゃないですか」

コナン「いや、テレビを見てみろ」


テレビ「今入ってきたニュースです」

テレビ「日本人の小嶋元太君がノーベル経済学賞を受賞しました」

テレビ「うな重何杯分に換算する『ウナジュウ係数』の発明が評価されての受賞とのことです」

テレビ「小嶋元太君はノーベル賞受賞者の最年少記録を塗り替えました」



光彦「ぇぇぇえええええ! うそぉぉぉおおおおおおおお!」

阿笠「ほほほっ、光彦君、わしの発明を甘く見るでないぞ」

元太「これでうな重食い放題だぁああ!」




33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:43:59.81 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「やったな元太! おめでとう!」

歩美「元太君すごーい! 学者さんみたーい!」

灰原「最年少受賞者だなんて、小嶋君すごいじゃない」

元太「へへへっ、なんだか照れるなあ」

光彦「…………」




34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:46:01.81 ID:+HPtfU9l0.net

灰原「まさか米花町から2人もノーベル賞受賞者が出るなんてね」

歩美「2人は少年探偵団の自慢だねっ!」

元太「金はいつもらえるんだ、コナン?」

コナン「授賞式はノーベルの命日の12月10日にスウェーデンのストックホルムで開かれるぞ」

阿笠「じゃあ12月にみんなでスウェーデン旅行にでも行くかの?」

歩美「わーーーい! ありがとう、博士! 元太君!」

光彦「…………」




35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:47:27.31 ID:+HPtfU9l0.net

灰原「それじゃ、今のうちに博士と小嶋君の祝賀会でも開いたほうがいいんじゃない?」

コナン「おっ、灰原! たまにはいいこと言うじゃねえか!」

元太「1億4000万円手に入ることだし、俺がうな重おごってやるよ!」

阿笠「元太君は気前がいいのう」

歩美「博士も元太君を見習った方がいいんじゃない?」

阿笠「こりゃ、一本取られたわい」

一同「ハハハハハハハハハハ」

光彦「…………」




36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:49:36.40 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「それじゃあ、さっそくウナギ屋さんに行くとするかの」

光彦「ちょ、ちょっと待ってください!」

阿笠「ん、なんじゃ光彦君?」

光彦「あ、あのぉ……」

光彦「ぼ、僕も…… スイッチを押していいですか?」

阿笠「どうしたんじゃ急に」

阿笠「君は『スイッチひとつで名誉と大金』を最低な行為と言っとたではないか」

光彦「…………」




39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:55:43.71 ID:+HPtfU9l0.net

光彦「い、いやぁ…… そ、そのぉ…………」

阿笠「なんじゃ、はっきり言わんか!」

阿笠「せっかくめでたいのに、水を差すでないぞ!」

阿笠「さあ、みんな! 元太君のおごりでうな重を食べに行こう!」

光彦「あーーーっ! みなさん待ってください!」

阿笠「まったく! 今度はなんじゃね?」

光彦「ぼ、僕もノーベル賞を受賞した方が少年探偵団のためになると思うんです!」

光彦「ほら、ノーベル賞受賞者が2人もいる探偵団なんてすごいじゃないですか!」

阿笠「……光彦君、それは本心かね?」

光彦「も、もちろんです!!!」




40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:57:35.42 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「まあ、いいじゃないか博士」

コナン「別にスイッチは減るもんじゃないし」

コナン「光彦にもスイッチ押させてやれよ」

阿笠「ふむ、たしかにそうじゃのう」

阿笠「仕方ない、光彦君にもスイッチを押させてあげよう」

光彦「ありがとうございます! コナン君! 博士!」




41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 15:59:19.15 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「ほれ、スイッチじゃ」

光彦「これを押せば僕もノーベル賞を取れるんですね!」

コナン「ところで、どの分野の賞にするんだ?」

光彦「あっ、まだ決めてなかったです」

コナン「物理学賞、化学賞、医学生理学賞、文学賞、経済学賞、平和賞の6つだぞ」

灰原「どうせ受賞するなら、自分が興味のある分野がいいんじゃない?」

光彦「そうですね! さすが灰原さんです!!!」

光彦「それなら、僕は読書家だし、毎日日記も書いてるので文学賞でしょうか」




42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:01:13.94 ID:+HPtfU9l0.net

歩美「えーーーーーっ!」

光彦「どうしたんですか、歩美ちゃん?」

歩美「だってノーベル文学賞をもらっちゃったら
   今まで書いた文章が世界に広まるんでしょ?」

光彦「そうですよ。なんせノーベル文学賞ですからね」

歩美「歩美、自分の日記が世界中の人に見られるの恥ずかしいよ」

歩美「光彦君は自分の日記が知らない人たちに見られても恥ずかしくないの?」

光彦「確かにそうですね! さすが歩美ちゃんです!!!」




43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:02:51.42 ID:+HPtfU9l0.net

光彦「うーーん、迷いますねえ」

阿笠「ほほほっ、せっかくのノーベル賞じゃから、じっくり考えるんじゃぞ」

元太「光彦! 俺は経済学賞だぞ!」

元太「お前もそれにしたらどうだ?」

光彦「ああぁぁぁ! もおぉぉぉう!!!」

光彦「今考えてるんですから! 元太君は黙っててください!!!」

元太「……」




45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:04:39.30 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「そういえば、光彦君」

光彦「なんですか、博士?」

阿笠「君がノーベル賞を欲しい理由……」

阿笠「それは金でも名誉でもなく、少年探偵団のためじゃったな?」

光彦「は、はい…… も、もちろん、そうですよ!」

阿笠「そんな君にとっておきの賞がある……」

阿笠「それはノーベル平和賞じゃ!」

光彦「なるほど!」




47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:05:45.68 ID:+HPtfU9l0.net

灰原「平和賞は他の学問系の分野とは一線を画した賞ね」

コナン「平和賞でいいんじゃないか? 少年探偵団にはちょうどいい賞だろ」

歩美「少年探偵団は事件を解決して世界を平和にしてるもんね!」

光彦「確かに、いままでの少年探偵団の活動で評価されることも多そうですね」

光彦「さすがは博士! 灰原さん! 歩美ちゃん! コナン君!」

元太「……」




48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:06:53.46 ID:+HPtfU9l0.net

光彦「決めました! 僕はノーベル平和賞にします!」

阿笠「お、ようやく決めたんじゃな」

阿笠「それでは、さっそくスイッチを押すんじゃ」

光彦「はい!!!」

光彦「えーっと……つまみを平和賞に合わせてっと……」

光彦「それじゃあ、みなさん! スイッチを押しますよ!」

阿笠「待て待て、そう焦るでないぞ!」

光彦「!?」




51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:09:55.59 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「…………」

阿笠「ここは皆でカウントダウンじゃぁぁぁあああ!!!」

光彦「そうですね! みなさんお願いします!」

阿笠「よし、それじゃあいくぞい!」



阿笠「五ーっ!!!」

コナン「犬叩!!」

灰原「3……」

歩美「にーっ!!!」

元太「壱っ!!!」

光彦「ゼロッ!!!」ポチッ




光彦「!?」




53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:12:01.50 ID:+HPtfU9l0.net

光彦「!!!???」

光彦「あ、あれ……!? な、何ですか……こ、これは……!!!???」

光彦「僕の顔が………… だんだん膨らんで……………………!!!???」



プクゥ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




コナン「ハッ!!」

コナン「歩美! 元太! 見ちゃダメだぁーーーーー!!!!!」



パァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!




歩美「キャァァァァァアアアアアアアアアア!!!」

元太「ゲェェェエエエ!!! 光彦の頭が爆発しちまったぁぁぁあああ!!!」




56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:14:11.50 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「ぬぉぉぉぉぉおおおおおおおおおお!!!」

阿笠「みんな見るんじゃぁああ! 頭部を失った光彦君の首から血が噴き出しておるぅうう!!!」

光彦「」ピュー ピュー

阿笠「だ、誰じゃぁぁぁあああ! 光彦君にこんなことをしたのはぁぁぁあああ!!!」

阿笠「わしの家が血まみれじゃぁぁぁああああああああああ!!!」

灰原「みんな落ち着いて! まずは救急車と警察を呼ばなくちゃ!」




58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:16:06.87 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「待て、灰原!」

コナン「お前らもそこを動くんじゃねえ!」

コナン「光彦はもう死んでる! 救急車を呼んでも無駄だ!」

コナン「それに警察が来るまでに証拠隠滅でもされかねないからな」

灰原「えっ! それってつまり…………」

コナン「ああ……」

コナン「おそらく……この中にいるはずだ…………」

コナン「光彦を殺した犯人がな!!!!!」

阿笠「!」

灰原「!」

歩美「!」

元太「!」




60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:17:53.54 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「何を言うか! わしらが友達の光彦君を殺すはずなかろう!」

歩美「歩美たちを疑うなんてひどいよ!」

元太「そうだぞ、コナン!」

コナン「確かに光彦の死は悲しい……」

コナン「だが今は悲しみにひたっている場合じゃないだろ!」

コナン「それに、犯人を見つければ光彦の弔いにもなるじゃないか!」

コナン「灰原もこいつらに何か言ってやってくれ!」

灰原「私もこの中に犯人がいるなんて思いたくないわ……」

灰原「でも、あの状況であんな殺し方ができるのは、この部屋にいる人間にしかできないんじゃない?」

歩美「哀ちゃん……」

阿笠「…………」

元太「…………」




62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:21:20.09 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「確かにそうじゃな……」

コナン「そうと決まれば、さっそく推理だ! みんな協力してくれ!」

灰原「まず、一番怪しいのは博士ね」

阿笠「な、なぜじゃ!」

コナン「ああ、だってそうだろ、光彦は博士の作ったスイッチを押した直後に爆発した」

コナン「スイッチと光彦の死に因果関係がないと考える方が難しい」

歩美「あっ、そっか! 博士なら押すと頭が爆発するスイッチを作れるもんね!」

元太「おい! 博士が光彦を殺したのか!」

阿笠「待ってくれ! わしは自分でもそのスイッチを押したんじゃぞ! 哀君も見とったろ!」

阿笠「もし押すと自分の頭が爆発するスイッチなら、わしの頭も吹き飛んでなければおかしいじゃろ!」

コナン「おい灰原、博士は確かにスイッチを押したのか?」

灰原「ええ」




65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:23:56.86 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「ほれみい!」

阿笠「それに、富と名声を手に入れたわしには、光彦君を殺す動機がなかろう!」

阿笠「光彦君を一番恨んでたのは元太君じゃ!!!」

元太「……お、俺かよ!」

コナン「確かに元太は光彦に頭の弱さをバカにされていた……」

コナン「殺人の動機としては十分あり得る!」

元太「お、俺がどうやって光彦を殺したっていうんだよ!」

元太「それに俺だってスイッチを押したんだぞ!」

コナン「確かに……」




66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:25:31.38 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「それじゃあ……次に怪しいのは……」

灰原「えっ、私!!!」

コナン「ああ、お前は光彦が死んだあと、電話をかけるためにこの場を離れようとしただろ」

コナン「何か証拠を隠そうとしてたんじゃないか?」

灰原「バカ言わないでよ! 私には円谷君を殺す動機も手段もないじゃない!」

灰原「なんなら身体検査してくれてもいいのよ!」

コナン「い、いや……それはやめとくぜ…………」




69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:27:30.71 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「うーーん、謎は深まるばかり……」

コナン「ハッ!!」

コナン「……まさか歩美ちゃん!?」

歩美「歩美が人殺しだなんて、酷いよ、コナン君!」

灰原「ちょっと! こんなか弱い女の子を疑うなんてどうかしてるわよ!」

灰原「吉田さんが円谷君の頭を吹き飛ばせるわけないじゃない!」

コナン「あーーっ、ごめん歩美ちゃん! 一応容疑者ってだけだからさー……」




70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:29:14.09 ID:+HPtfU9l0.net

灰原「だいたい、容疑者だったらあなたも入ってるのよ、江戸川君」

コナン「バーロー、俺が光彦を殺すわけないだろ!」

阿笠「いや、たしかに怪しいぞい」

阿笠「推理を主導しているように見せかけて、誰かに罪をなすりつけることも可能じゃ!」

コナン「おいおい、博士!」

元太「なんだか、コナンが怪しく見えてきたぞ!」

コナン「おい、元太!」

歩美「コナン君が……光彦君……殺ったの?」

コナン「歩美ちゃんまで!」




72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:30:27.30 ID:+HPtfU9l0.net

元太「そうだ! コナンなら殺人の動機もあるぞ!」

元太「博士と俺がノーベル賞取って、さらに光彦まで受賞するってなったから嫉妬してるんだ!」

阿笠「なんと! そうじゃったのか…………」

阿笠「わしも鬼じゃない……」

阿笠「スイッチを押したいと言ってくれれば君にも押させてあげたのに……」

コナン「俺はノーベル賞には興味ねえって言っただろ!」




73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:32:18.30 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「いや、だからこそじゃ!」

阿笠「ノーベル賞に興味がないと言ってしまった手前、言い出せなくなってしまったんじゃろ!」

阿笠「それに、キック力増強シューズでなんやかんやすれば、光彦君の頭を吹き飛ばすくらいできるぞい!」

歩美「コナン君……そんなにノーベル賞が欲しかったの……?」

コナン「おいおい、勘弁してくれよ……!」

コナン「…………」

コナン「……」

コナン「ん、まてよ……ノーベル賞!?」

コナン「……」

コナン「…………」

コナン「……ははーーん、わかっちまった!」

コナン「光彦殺しのトリック、そして、その犯人がな!!!」




75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:35:38.14 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「なに!? 本当か!?」

元太「またそんなこと言って誰かに罪をなすりつける気だろ! コナン!」

元太「みんな! コナンを縛り上げるんだ!」

灰原「待って、小嶋君」

灰原「縛り上げるなら、彼の推理を聞いてからでも遅くないんじゃない」

元太「そ、それもそうだな……」

歩美「コナン君、誰が犯人なの?」

コナン「よし、みんな! 俺の推理を聞いてくれ!!!」

阿笠「…………」

灰原「…………」

歩美「…………」

元太「…………」




76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:38:06.55 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「光彦が死んだのはスイッチを押した直後……」

コナン「このスイッチは押すだけでノーベル賞を受賞するという優れものだ」

阿笠「ああ、そうじゃぞ」

コナン「そしてスイッチを押したのは博士、元太、光彦の3人だ」

コナン「この中で何故か光彦だけが死んでいる」

元太「スイッチを押したことが死因なら俺と博士も死んでるはずだな」

コナン「いや、それがそうじゃないんだ」

コナン「みんなスイッチを押すことに気を取られて何かを忘れてるんじゃないか?」

阿笠「!?」
灰原「!?」
歩美「!?」
元太「!?」




78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:40:26.95 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「スイッチの下についている『つまみ』をよお!!!」

歩美「あっ、そっかぁ!」

灰原「スイッチのつまみはノーベル賞の分野を選べるものだったわね」

コナン「そう。そして博士、元太、光彦はそれぞれ、
    物理学賞、経済学賞、平和賞と、全員が異なるつまみの設定だったんだ!」

灰原「ということは平和賞のときだけ頭が爆発するスイッチに変わる設計だったのかしら」

歩美「じゃあ……犯人は……」

元太「そのスイッチを作った……」



歩美「博士!!」
元太「博士!!」




阿笠「!!」




81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:41:29.32 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「はぁぁぁああああああ!!!???」

阿笠「何をたわごと言っとるんじゃ!!!」

阿笠「そんなのスイッチを調べられたら一発でばれるじゃろ!!!」

阿笠「天才科学者のわしがそんなことするわけないわい!!!」

元太「どうなんだ、コナン?」

コナン「ああ、確かに博士は犯人じゃないぜ」

阿笠「ほれみい」

歩美「じゃあいったい誰が……」




83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:43:17.80 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「真実はいつもひとつ!」

コナン「犯人は……」

コナン「お前だぁぁぁあああ!!!」ビシッ



阿笠「!?」

灰原「!?」

歩美「!?」

元太「!?」



――――――――
――――

――




85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:44:01.54 ID:+HPtfU9l0.net

――

――――

――――――――


光彦「」ビシッ




阿笠「な、なんじゃとぉぉぉおおお!!!」

阿笠「犯人は光彦君じゃったのかぁぁぁあああ!!!」

灰原「円谷君……まさかあなたが犯人だったとはね……」

歩美「う、うそでしょ……光彦君……友達だと思ってたのに……」

元太「でもよう、どうやって光彦が光彦を殺したんだ?」

コナン「みんな思い出してくれ、博士のスイッチの仕組みを」




87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:46:24.40 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「スイッチを押すとノーベル賞が取れる、そして授賞理由もはっきりつくんだ」

コナン「博士が言っていたように人間は少なからず各分野に貢献しているからな」

コナン「つまり、選んだ分野に対して自分が今まで貢献したことが評価の対象になる」

コナン「博士は『スイッチの発明』を授賞理由に物理学賞を授賞」

コナン「元太は『ウナジュウ係数』を授賞理由に経済学賞を受賞した」

コナン「じゃあ平和賞を選んだ光彦はどうなると思う?」




88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:49:16.31 ID:+HPtfU9l0.net

阿笠「うーーん、光彦君が平和に貢献したことなんてあったかのう?」

コナン「そう! そこなんだ!」

コナン「光彦は日常的に元太の頭の弱さをバカにしていた」

コナン「しかも博士の『スイッチひとつで名誉と大金』を最低な行為と罵ってたくせに
    元太が受賞してからは嫉妬して自分もスイッチを押したがってただろ」

歩美「たしかに」

コナン「つまり光彦の行為は全て私利私欲で平和に何ひとつ貢献してなかったんだ」

灰原「なるほど、円谷君は平和賞に値する行為を何もしていなかったのね」

元太「でも、なんで光彦は死んじまったんだ?」




89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:53:43.86 ID:+HPtfU9l0.net

コナン「反平和的な人間がノーベル平和賞を受賞する……
    つまり、平和に貢献するにはどうすればいいと思う?」

阿笠「そりゃ、この世からいなくなってしまうのが一番の貢献じゃろ」

阿笠「ハッ!」

コナン「その通り!」

コナン「光彦の反平和的な人生とスイッチによる平和賞受賞に矛盾が生じ、
    世界の因果律がその整合性を取るために光彦の頭を爆発させちまったのさ…」

コナン「つまり、一番悪いのは……」

コナン「何ひとつ平和に貢献してこなかった『過去の光彦』」

コナン「お前が犯人だ!!!」

コナン「観念しろ! 光彦ぉぉぉおおおおお!!!」

光彦「」


――――――――――
――――――

――――


――




91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:56:00.11 ID:+HPtfU9l0.net

(コナン)

こうして阿笠邸で起きた『ノーベル賞殺人事件』は幕を閉じた。

しかし、光彦を失った悲しみはあまりにも大き過ぎる。

俺たちは光彦の夢だったノーベル平和賞を取るために皆で博士のスイッチを押すことに。

その結果、少年探偵団は平和賞を団体受賞し、

俺たちはスイッチひとつで名誉と大金を手に入れた。

博士は特に光彦の死を悲しんでおり、あれから家に引き籠って研究に没頭している。

灰原の話によると、光彦殺しの犯人である「過去の光彦」をこらしめるために、

「過去の光彦をこらしめるスイッチ」というものを作っているらしい……


――――――――――
――――――

――――


――




93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 16:58:54.91 ID:+HPtfU9l0.net

Cパート

元太「ところでよぉ」

元太「光彦はスイッチを押したのに、俺の時みたいに
   受賞のニュースがテレビで流れなかったよなあ」

灰原「そりゃそうよ」

歩美「哀ちゃん、なんで?」

灰原「ノーベル賞は生きてる人しか受賞できないの」

歩美「じゃあ光彦君は賞ももらえずに死んだだけってこと?」

灰原「そう、無駄死にね」

阿笠「んほほほほほほっ!!!」

阿笠「ノーベル賞を受賞するスイッチなのに
   光彦君は押しても受賞できんかったのか!」

阿笠「こりゃ、わしとしたことが! んほほほほほほっ!」

コナン(おいおい、博士……)

コナン(仮にもノーベル賞科学者なんだからしっかりして欲しいぜ…ははははは……)


END




95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 17:05:36.06 ID:SMcwEUJLd.net

やっぱり光彦が悪かったか




96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 17:07:08.09 ID:c+n1tlRu0.net






98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/27(金) 17:29:53.66 ID:xe3voNaGd.net

いい話だった





カテゴリー「名探偵コナン」のSS一覧
管理人のオススメSS
シンジのチ●ポを勝手にしゃぶってるマリを発見したアスカが怒ってたんだけど……
【ボッキ注意】 オリエント工業のこのラブドールが過激でドスケベwwwwwww (画像あり)
女僧侶「中で出して…っ♥びゅくびゅく欲しいの…っ♥」
クラスのヤリ●ン3人に「30分以内にイカせたら5000円ちょうだい」と言われた結 果・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最新記事50件