210: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 12:49:54 ID:Xr858iQQ



ユグ寺シル乃(ど、どどどどうしよう…)アワワ

ユグ寺シル乃(できちゃったなんて…男ちゃんになんて言おう…)アワワワワ

ユグ寺シル乃(どーしよー!?)アワワワワ!



男「シル姉〜」カララ…

ユグ寺シル乃「お、男ちゃ…っ!!」

男「参考書貸してほしいんだけどー?」




元スレ
セイ野レン子「この歌声も、貴方だけのものですよ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1421856730/


 
ゲンドウ「……冬月。レイを起こしてくれ」レイ「っうぇ〜いwwwww」
火憐「私と兄ちゃんは血がつながってないらしい」月火「私、結婚できるじゃん!」
【R-18】男「○○でド淫乱変態肉食系ビッチの女にセクハラする」
穂乃果「本当に女子風呂の中に犯人がいるの?」コナン「うんっ!」
【R-18】幼馴染(♂)「くす、僕が女の子なら君に1回くらいヤラせてあげたのにな…w」【番外編】
男子部員の精処理もこなす超エ●チな女子マネージャーwwwwww
211: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 12:55:01 ID:Xr858iQQ



ユグ寺シル乃「…っ!!」

男「どしたの?シル姉?」




ユグ寺シル乃「でっ…!!」

男「で?」

ユグ寺シル乃「出てってぇええぇぇぇっ!!」

男「ええっ!?ちょっちょっ!?何?何!?」




212: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 12:55:52 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「きゃーっ!!」ブン!

男「ちょっ!」マクラ、バフ!

ユグ寺シル乃「いやーっ!!」ブン!

男「お互いの部屋の窓から行き来するなんていつも通りだろ!?」ヌイグルミ、ボフッ!

ユグ寺シル乃「だめーっ!」シュッ!

男「危なぁっ!」ボールペン、ピュン!

ユグ寺シル乃「出てってーっ!」ピャッ!

男「いだぁっ!」CDケース、カツーン!

男「か、角がモロにっ…!!」




213: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 12:56:37 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「出ぇてぇってぇええぇぇぇ!」ズヌォォ…!

男「タンスは止めて!死んぢゃうっ!」

ユグ寺シル乃「ふぅうぅっ、ふぅっ!」

男「わかった!わかった!出ていくから!」ソソクサ

男「俺何かしたっけなぁ…?」ボソ

ピシャ…


ドスン!

ユグ寺シル乃「ふうっ、ふうっ…」

ヘタン…




214: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 12:57:33 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃(いい歳して動揺し過ぎちゃった…)

ユグ寺シル乃(突然追い出しちゃって、怒らせちゃったかな…)シュン


ユグ寺シル乃(ホント、どうしよう…)



ゴロン

ユグ寺シル乃(はぁ…)ハァ

ユグ寺シル乃(私の方が6つも上で…)

ユグ寺シル乃(男ちゃんは高校生…)

ユグ寺シル乃(私みたいなのに好きになられても困るだろうな…)




215: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 12:58:36 ID:Xr858iQQ




ユグ寺シル乃(告白されてたこともあったし…モテるのかなぁ、男ちゃん…)




ユグ寺シル乃(あの小さかった男ちゃんが…)

ユグ寺シル乃(最近はめっきり男らしくなっちゃって)

ユグ寺シル乃(いつから好きになっちゃったかわかんないや…)







216: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 13:04:07 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃(…男ちゃん家が隣に越してきて、10年以上経つもんね)

ユグ寺シル乃(と、家族ぐるみで仲良くなったのも同時…)

ユグ寺シル乃(長いのか短いのか)



ユグ寺シル乃(出会い方はアレだったけど)

ユグ寺シル乃(今でもはっきり思い出に残ってるなぁ…)









217: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 13:06:19 ID:Xr858iQQ






……
………


シトシト


ユグ寺シル乃「ふんふーんふふーん♪」

シトシト

ユグ寺シル乃(久しぶりの雨でお肌が潤うわぁ!)

ユグ寺シル乃(なーんつって、ちょっと大人ぶったりする今日この頃)




218: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 13:07:30 ID:Xr858iQQ


シトシト



ユグ寺シル乃「♪あっめあめ、ふっれふっれ、もぉっとふれー♪」

ユグ寺シル乃「♪あっめふり、すいぶんうれしいなー♪」

ユグ寺シル乃「♪ゆっぐゆぐ、どらどら、ランランラン♪」


ユグ寺シル乃(っと!思わず歌っちゃった!////)

ユグ寺シル乃(高学年なんだから、もう少し大人っぽくしないと、ね)




219: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 22:44:59 ID:Xr858iQQ


ピッピルーピッピリー♪

ユグ寺シル乃「!」

ピッピルーピッピリー♪

ピッ

ユグ寺シル乃「はい、もしもし?」

シル母『あ、シル乃!あんた今どこらへん散歩してる!?』

ユグ寺シル乃「えっと、今、近くの公園だけど?」

シル母『公園…、もしかしたらいるかもしれないわね』

ユグ寺シル乃「いるって誰が?」

シル母『ほら、今日、お隣さん引っ越してきたでしょう?』

ユグ寺シル乃「うん」




220: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 22:45:53 ID:Xr858iQQ


シル母『曇りのち雨の予報だったから、みんな慌てて作業してたみたいなのよ』

シル母『そしたら、ちょっと目を離したスキに』

シル母『5歳の息子さんがどこかに行っちゃったのよ!』

ユグ寺シル乃「ええっ!?だっ大丈夫なの!?」

シル母『みんな心配して大変よ!』

シル母『気付いたのがついさっきで、予報通り雨も降ってるし…』

シル母『あなたも探すの手伝ってあげて!』

ユグ寺シル乃「う、うん!わかった!」

ユグ寺シル乃「とりあえず、公園を探してみる!」タッタッタッ




221: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 22:46:51 ID:Xr858iQQ


シル母『特徴は、髪の毛は短くしてて』

ユグ寺シル乃「うん!」タッタッタッ…

男の子「ひっく…」

シル母『今日は赤のパーカーを着てるらしいわ!』

ユグ寺シル乃「…うん」ピタ

男の子「えぐ…」

シル母『名前は男ちゃん!』

ユグ寺シル乃「…えっと、男ちゃん?」

男「ひくっ、おねえちゃん、だれ?」

シル母『え?』





ユグ寺シル乃「居たぁっ!!」




222: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 22:55:14 ID:Xr858iQQ


……



ユグ寺シル乃(ふふふ…)クスクス

ユグ寺シル乃(そう。引っ越してきた初日から、みんなに心配かけて)

ユグ寺シル乃(そのあと電話でおばさんにすっごく怒られて…)








223: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 22:57:18 ID:Xr858iQQ



……


男「へぇが、うげぁっ、ご、ごべんなざいぃいぃぃぃ〜」

男母『ちゃんとお姉ちゃんにありがとうって言ったの!!?』

男「はぅっ、あげぅんがぁのぉ〜(ありがとう〜)」

ユグ寺シル乃「新しく住む所で、わくわくしてつい出歩いちゃって、雨が降ってきて寂しかったんだよね」ナデナデ

男母『本当にありがとう、えーっと…』

ユグ寺シル乃「あ、シル乃といいます、ユグ寺シル乃です」

男母『シル乃ちゃん、本当にありがとうございました』

ユグ寺シル乃「いえ、私はたまたま近くに居ただけで!」




224: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 22:58:32 ID:Xr858iQQ


男「へぐっ、ひっく…」

男母『すぐに迎えに行くからもう少しだけ見ててくれないかしら?』

シル母『あら、奥さん、シル乃に連れて帰ってきてもらえばいいじゃない』

男母『いや、そんな!』

シル母『ほら、ドタバタして引っ越し作業もちょっと遅れてるし』

シル母『ほんの5、6分だけど、ね?』

男母『いいのかしら…』

シル母『ダイジョブダイジョブ!シル乃、小さい子好きだから』

男母『え!?』

シル母『え?』




225: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:00:22 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「ちょっ、ちょっちょっとお母さん!変な事言わないでよ!」

シル母『変な事って…、あんた子供が好きだから、将来保育士さんになりたいなぁっていつも言ってるじゃない?』

ユグ寺シル乃「あ、いや、そうだけど…」

男母『あ、ああ、そういうこと…』

シル母『奥さんも、これからお隣さんになるんだし、気にしなくていいわよーぅ』

男母『うーん…、じゃあ少しだけ任せてかまわないかしら?』

ユグ寺シル乃「あ、はい!任せてください!」




226: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:01:47 ID:Xr858iQQ


男母『ふふふ、あなたのお母さんの言う通り、お隣さんになるんだし、そんなにかしこまらなくていいわよ』


男母『お願いね!シル乃ちゃん』


ユグ寺シル乃「うん、任せて!おばさん!」


シル母『じゃあ奥さん!私も手伝うから、はやく片付け終わらせましょう!』

男母『そうね!お願いするわね、シル乃ちゃん!』

プッ


ユグ寺シル乃「だって!じゃあ帰ろうか、男ちゃん!」




227: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:04:21 ID:Xr858iQQ


男「ひっく、えっと…」

ユグ寺シル乃「シル乃よ」

男「しるのおねえちゃん」

ユグ寺シル乃「さ、帰りましょ?」

男「かえったら、もういっかいおとうさんおかあさんにおこられちゃう…」

ユグ寺シル乃「ダイジョブよーぅ」

ユグ寺シル乃「私が付いてるから」

男「おねえちゃん…」

ユグ寺シル乃「でも、心配かけてごめんなさいは言わないとダメよ?」

男「…うん」シュン…

ユグ寺シル乃「…そだねぇ、少し元気出そうか?」ニコニコ

男「え?」




228: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:05:14 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「おなか、空いてない?」

男「ちょっとすいてる」

ユグ寺シル乃「ちょっと待っててね」

男「??」

ユグ寺シル乃「むぐー…むぐむぐー」

ニュニュ〜

ポン


男「おねえちゃんのあたまに、バナナができた!!」パァ

ユグ寺シル乃「お、バナナか」

男「おおおおっ!」キラキラ




229: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:07:17 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「えへへー。すごいでしょ?」

男「なんでー!?どしてー!?」

ユグ寺シル乃「お姉ちゃんはね、ユグドラシルっていう種族なの」

男「ゆぐどりゃちる?」

ユグ寺シル乃「あははは、ちょっと難しいかな?」




230: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:09:17 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「この世界にはね、男ちゃん達や私達以外にもたくさんの種族がいて、みんな仲良く暮らしてるの」

男「ん〜?」

ユグ寺シル乃「まだわかんないよね」

ユグ寺シル乃「でも、これからずっと仲良くできるってことだから」

モギッ

ユグ寺シル乃「はい」ペロンペロン

ユグ寺シル乃「どうぞ、あーん」

男「あーむ」パク


男「!!!」

男「おーいしーーーー!」


ユグ寺シル乃「そう?よかった」

男「うん!」モグモグ

……





231: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:14:42 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃(それがきっかけで仲良くなって…)

ユグ寺シル乃(私は一人っ子だから、弟みたいに面倒見てて)

ユグ寺シル乃(そういえば、男ちゃんからプロポーズされたこともあったなぁ)




……

男「今日がっこうでね!」

男「しょうらいの夢を発表しましょうって!」

ユグ寺シル乃「ほうほう」

男「そんで、ほら!」ペラ




232: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:16:22 ID:Xr858iQQ




『ツル姉とけっこんします』



ユグ寺シル乃「ま!」
ユグ寺シル乃(ふふふ、『シ』が『ツ』みたいになっちゃってる)

シル母「あら、男ちゃんからプロポーズ?」

ユグ寺シル乃「ふふふ、うれしいなー」

男「おかーさん!」

男「かならずシル姉をしあわせにするので、シル姉を僕にください!」


シル乃&シル母「!!!」

男「?」

シル乃&シル母「あはははははははっ!」


男「なんで笑うー!?」

……





233: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:17:07 ID:Xr858iQQ




ユグ寺シル乃(…ホント、ずっと弟みたいに見てきたのに…)

ユグ寺シル乃(心ってものはわかんないねぇ…)

ユグ寺シル乃(いつからか、男ちゃんを『男性』としか見れなくなって…)




……

男「…、…、…」

女子「…、…」

男「…、…?」

女子「…、…!」

男「…、あ、じゃあまた明日」



男「はあ…」




234: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:18:23 ID:Xr858iQQ



ユグ寺シル乃「よ!男ちゃん今帰り?」

男「あ、おぅ、シル姉…」

ユグ寺シル乃「今の娘、誰?彼女?」

男「何でもいいだろ。てか覗き見かよ、趣味悪いな」フン

ユグ寺シル乃「はあ!?違うってば!」

ユグ寺シル乃「あの娘が離れるときにたまたま見かけたのよ!」

男「あそ」

ユグ寺シル乃「ありゃ?なんか機嫌悪い?」

男「ほっとけよ」

ユグ寺シル乃「つれないなぁ」プー

ユグ寺シル乃「あぁ!さてはフラれたなぁ!」


男「…」

ユグ寺シル乃「にっしっしっ、オネーサンが慰めてあげようか〜?」

男「…」




235: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:19:06 ID:Xr858iQQ



ユグ寺シル乃「あれ?」

男「…」

ユグ寺シル乃「ホントどしたの?」

男「全然、フォローできなかった」

ユグ寺シル乃「え?」

男「俺の事、好きって言ってくれた。コクられた…、なのに…」

ユグ寺シル乃「は?え?フォローできなかったって…?」

ユグ寺シル乃「フッたってこと?」

男「俺、他に好きな人…いるからって、断った」

ユグ寺シル乃「あ…、そう…なんだ」…ズキン

男「手が届くかわかんないけど、半端なまま自分に嘘つきたくないから…、断った」

ユグ寺シル乃「ごめん、知らずに茶化して…」




236: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:20:33 ID:Xr858iQQ


男「いや、いいんだ」

男「でも、あの娘の事傷つけたかもしれないって思うと…」

バシン!

男「いだぁっ!」

ユグ寺シル乃「あのね?男ちゃんは適当に断ったワケじゃないんでしょ!?」

男「誠意は伝えられた、と思う」

ユグ寺シル乃「男ちゃんがそんな自信無さげだと、好きになってくれたあの娘にも失礼だし」

ユグ寺シル乃「男ちゃんの好きな人にも、そんな情けない態度でいたら失望されちゃうでしょ!?」

男「シル姉…」

ユグ寺シル乃「…男ちゃんの悪い所は、そうやってすぐに自分で責任を感じちゃうとこ!」




237: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:21:19 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「まあ、逆に責任感の強さも良い所ではあるんだけど」


男「うん」

ユグ寺シル乃「さっきのあの娘の顔、晴れ晴れしてたと思うよ」

ユグ寺シル乃「きっと解ってくれてるわよ」

ユグ寺シル乃「もっと自信持ちなよ!」ポン


男「ありがとう、シル姉」

ユグ寺シル乃「小さい頃から見てきたんだから、水くさいこと言わないの!」

……





238: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:25:57 ID:Xr858iQQ




ユグ寺シル乃「はあ…」

ユグ寺シル乃(好きな人がいるって聞いて…、年甲斐もなくショック受けちゃって)

ユグ寺シル乃(情けないなぁ…)




ユグ寺シル乃(あああっ!こんなものができちゃうユグドラシルの能力が恨めしいっ!)

ユグ寺シル乃(これさえ無ければ、気持ちを押し殺すことだってできたかもしれないのに!)

ユグ寺シル乃(下手に壊れちゃうよりも、今の関係が続けばって思うこともあるし…)









239: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:27:22 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃(けど…ちゃんと決着させないと!)

ユグ寺シル乃(私は!気高き世界樹ユグドラシルの一族だから!)

ユグ寺シル乃(恥ずかしい真似はできない!)


ユグ寺シル乃(ちゃんと男ちゃんに告げよう!)フン!


ユグ寺シル乃(…)






ユグ寺シル乃(も少し心の準備をしてから…)フー


――





240: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:33:52 ID:Xr858iQQ



――

シル母「シル乃は部屋にいるわ」

男「おじゃましまーす」

シル母「珍しいわね、玄関からうちに来るなんて」

男「あー、うん。さっきシル姉に窓から追い出されちゃって…」

シル母「シル乃に何かしたの?」

男「うーん…、それが、考えたけど何もしてないハズなんだよ」

男「おばさん、シル姉の事で何か心当たりない?」

シル母「私も無いわねぇ…」

男「そーかぁ…」

シル母「なんだぁ残念ねぇ」

男「残念?」




241: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:34:39 ID:Xr858iQQ



シル母「いつもは窓から出入りしてるじゃない?」

シル母「それが玄関から訪ねてくるんですもの」

シル母「なんか、改まってるなーって思うじゃない?」

男「それが?」

シル母「いや、『娘さんをください!』的な展開を予想してたんだけど」

男「俺、まだ高校生っ!」

シル母「小学生の時に、『シル姉をください』って言ってたのにぃ!」

男「いや、今も子供だけど、あれは子供の勢いっつーかなんつーか…」




242: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:35:16 ID:Xr858iQQ


シル母「確かにまだ若いし、現実にそうはいかないだろうけど」

シル母「あんたの性根の真面目さは昔から知ってるわよ」

シル母「うちは男ちゃんならいつでも大歓迎だから!」

男「ったく、おばさんは…」

シル母「ふふふ、早く仲直りしてらっしゃいな」

男「はいよー」

スタスタ…







243: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:36:07 ID:Xr858iQQ



――


…コン

「…る…?」

コンコン

「シ…姉?」

ユグ寺シル乃「ん…」

「シール姉ー?」コンコン

ユグ寺シル乃「んあ…私、うたた寝…?」

男「ごめん、入るよ」ガチャ

ユグ寺シル乃「え」

男「あ、寝てたのか」

ユグ寺シル乃「お、とこ、ちゃ…」

男「保育士さんも大変そうだよな」

ユグ寺シル乃「あ、うん…」




244: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:36:41 ID:Xr858iQQ


男「だからってうたた寝しちゃ、風邪引いちまうぞ?」

男「体が資本なんだから気をつけないと!」

ユグ寺シル乃「ありがとう」

男「今度は『出てけ』って言わないんだな」

ユグ寺シル乃「…うん、さっきはちょっと動揺しちゃって…」


男「気付かないうちに悪いことしたかなって思ったけど、全然わかんなくて」

男「とりあえず、こうやって玄関から来たんだけど…」

チラリ

男「あ…」




245: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:38:43 ID:Xr858iQQ


チョコン

男「あ、そか…、その実、か…」

ユグ寺シル乃「あ、あのっ、なんて言うか…、今日の朝、できちゃってて…」

男「そ、そかそか。シル姉にもそれができるぐらい好きな人が居たんだな!」

ユグ寺シル乃「////」

男「そりゃ幼なじみとは言え、男が窓から出入りはもうできないし、してほしくないよな」

ユグ寺シル乃「////」


男「…俺、応援するから」

男「シル姉は保育士さんだから母性的っつーのかな?」

男「女らしいから大丈夫だよ、きっと」

ユグ寺シル乃「ホント?////」




246: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:39:37 ID:Xr858iQQ


男「ああ。自信持ちなよ!」

ユグ寺シル乃「じゃあ、応援して!」

男「うん。応援する!」

ユグ寺シル乃「よし!それじゃ…」










247: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:40:43 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「答えをっ…!聞かせてっ!」

男「はい?」


ユグ寺シル乃「こ、これ!」ズイッ

男「これ、って好きな人に食べてもらうっていう…?」

ユグ寺シル乃「ユグドラシルの『本命果実』よ!」

ユグ寺シル乃「この実は、ユグドラシルが唯一、本能で実らす果実」

ユグ寺シル乃「ユグドラシル一族は」

ユグ寺シル乃「真に愛を告げたい相手が出来た時」

ユグ寺シル乃「その身にハート型の果実、『本命果実』を実らせる」

ユグ寺シル乃「意中の相手に食べてもらう事で永遠の愛の誓いを意味し」

ユグ寺シル乃「叶わなければ、その場で朽ち果てる」

ユグ寺シル乃「また、何もしないままそのまま放置しておくと、枯れもせず朽ちもせず新鮮なまま、自らへの戒めとして手元に残ってしまう」




248: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:42:29 ID:Xr858iQQ


ユグ寺シル乃「もし、私の気持ちを受け取ってくれるなら…」





ユグ寺シル乃「食べて…ほしいですっ!」グイッ





男「シル姉…」




ユグ寺シル乃「…」ジッ…



男「…」スクッ


ガララッ




249: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:46:35 ID:Xr858iQQ




ユグ寺シル乃(あ…)

ユグ寺シル乃(行っ…ちゃっ…た…)

ユグ寺シル乃(そりゃそうよね…)

ユグ寺シル乃(高校生男子からすれば、6つも年上なんて、オバサン同然よね)

ユグ寺シル乃(いい大人が高校生相手に失恋して、感傷に浸っちゃって…あはは…)

ユグ寺シル乃(…でもスッキリしたな)

ユグ寺シル乃(好きな人いるって言ってたし、応援してあげないと!)


ユグ寺シル乃(って…あれ?)




250: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:48:54 ID:Xr858iQQ






ユグ寺シル乃(実が…、朽ちてない!?)

ユグ寺シル乃(え、え?は?えぇ!?)



男「シル姉っ!!!」タンッ!




ユグ寺シル乃「お、男ちゃん!」


ユグ寺シル乃「どうして戻って…?」

男「実、枯れてないだろう?」

ユグ寺シル乃「えっと…、う、うん…」

男「これ」ペラ








251: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:50:20 ID:Xr858iQQ





『ツル姉とけっこんします』





ユグ寺シル乃「ずいぶんと昔の…」


男「食べるぞ!」パッ


ユグ寺シル乃「えっ!?」




252: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:52:36 ID:Xr858iQQ


男「はぐっ!」ガブリ

男「ふむぐっ!」モグモグ

ユグ寺シル乃「男…ちゃん…」

男「はむっ」ガブリ

男「くあーっ甘ぇーっ!」モグモグ

男「食感良好ーっ!」ゴクン



ユグ寺シル乃「…」ポカン


男「んぐっ…いつからか『姉ちゃん』みたいな存在から、『好きな人』に変わってたんだ」

男「でも俺まだ子供だし、シル姉は気立ても良いし、綺麗だし」

男「俺が一人前になるのが早いか、誰かにシル姉を盗られるのが先か…」

男「とか、勝手に自分で決めてたんだけど…、…か、かなり嬉しい」

ユグ寺シル乃「男ちゃん…」ウルウル…




253: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:53:52 ID:Xr858iQQ




男「シル姉…」

男「いや、シル乃」

ユグ寺シル乃「はっ、はひっ!!」ビシッ

男「食べちゃったぞ?」

ユグ寺シル乃「…うん」

男「いいんだな?」

ユグ寺シル乃「うん!」

男「ただの幼なじみじゃなくなったぞ?」

ユグ寺シル乃「うん!うんっ!」


ダキッ、ギュウ!

ユグ寺シル乃「男ちゃんこそ、いいの?」

男「何が?」

ユグ寺シル乃「私、オバサンだよ?」




254: ◆loxSgAubwY 2015/02/13(金) 23:54:39 ID:Xr858iQQ


男「シル乃がオバサンなら、うちの母さんはオバアサン、いや、ミイラだ」

ユグ寺シル乃「ぶぉふっ!」

ユグ寺シル乃「ぷふっ、ふふふっ、それは言い過ぎ!」

ユグ寺シル乃「じゃあ、うちのお母さんなんか出涸らしだよ!」




男「…」

ユグ寺シル乃「…」




255: ◆loxSgAubwY 2015/02/14(土) 00:00:34 ID:4tQr6Q3A




男&シル乃「あはははははははっ!!!」




ギュゥ

男「俺、まだまだ子供で半人前だから、少し…いや、長く待たせることになるけど」


男「待っててくれな?」


ユグ寺シル乃「うん。待ってる。今までもこれからもずっとあなたの傍で見守ってるから」








256: ◆loxSgAubwY 2015/02/14(土) 00:01:59 ID:4tQr6Q3A


ユグ寺シル乃「それにね」


ユグ寺シル乃「どんな大樹も、例え世界樹であっても」

ユグ寺シル乃「大地にしっかり根を張って、足元から支えないと」


ユグ寺シル乃「決して、良い稔りは獲られない」



ユグ寺シル乃「力強い幹も」

ユグ寺シル乃「青く繁る葉も」

ユグ寺シル乃「美しい花も」

ユグ寺シル乃「豊潤な果実も」




ユグ寺シル乃「根が充分でなければ稔らない」




257: ◆loxSgAubwY 2015/02/14(土) 00:03:52 ID:4tQr6Q3A





ユグ寺シル乃「私達の『これから』の種は、まだ蒔かれたばかりだもの」

ユグ寺シル乃「しっかりじっくり、根を巡らせましょう?」




男「さすが、大人の余裕。こっちは必死に頑張らないとなぁ」


ユグ寺シル乃「あなたなら大丈夫!ずっと見てきた私が言うんだもの!」

ユグ寺シル乃「真面目で努力家、時々、真面目さが裏目に出ることもあるけど」

ユグ寺シル乃「芯の強さはきっと誰よりも強いよ」

男「シル乃…」



男「俺、頑張るから!」

ユグ寺シル乃「うん!」




258: ◆loxSgAubwY 2015/02/14(土) 00:04:34 ID:4tQr6Q3A







ユグ寺シル乃「好きよ、男ちゃん…」

ギュ




――





259: ◆loxSgAubwY 2015/02/14(土) 00:09:09 ID:4tQr6Q3A




――

シル母(おうおうおうおう!!お茶の一杯でも用意してみりゃ…)

シル母(私を出涸らしだとぅ!?)

シル母(好き放題言いよってぇ…!)




フゥ

シル母(…ま、男ちゃんはまだまだ若いけどいい子だし)

シル母(なんつっても我が家の愛娘、シル乃がついてるし、その本人が選んだ相手だものね)ニコニコ

シル母(あの二人なら大丈夫でしょ)




260: ◆loxSgAubwY 2015/02/14(土) 00:14:59 ID:4tQr6Q3A



シル母(ハッ!!そうと決まれば!)

シル母(男ちゃん(あっち)の家族も呼んで!)




シル母(祝宴じゃぁー!!!)バンザーイ



―その時、母が取った万歳の姿勢は


世界中のどの万歳よりも美しく


そして


気高かったという









261: ◆loxSgAubwY 2015/02/14(土) 00:19:24 ID:4tQr6Q3A

おわりです



三編合わせて、お付き合い頂いた方、おられましたらお礼申し上げます

最後までお読みいただき、ありがとうございました




262: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/14(土) 00:39:08 ID:84UJRqLU

>>1乙!
欲を言うならもっとみたいです




263: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/14(土) 06:32:26 ID:dlhPs.Vc

おつかれさま!
私も名残惜しいです。





カテゴリー「擬人化・人外・動物」のSS一覧
管理人のオススメSS
【R-18】幼馴染(♂)「くす、僕が女の子なら君に1回くらいヤラせてあげたのにな…w」【番外編】< /a> ・火憐「私と兄ちゃんは血がつながってないらしい」月火「私、結婚できるじゃん!」
キリト「アスナにエ□い事言わせようとしたら断固拒否された」
黒タイツ履いてるJKがエ□く見えてムラムラしたので破りたいwww
穂乃果「本当に女子風呂の中に犯人がいるの?」コナン「うんっ!」
お●ぱい押し付けてくれるエ●チな歯科衛生士ww画像25枚
男子部員の精処理もこなす超エ●チな女子マネージャーwwwwww

 

最新記事50件