1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/26(月) 20:19:35 ID:Znquw5q.

ナルト「木の葉隠れの里の忍らしい生き方をするって決めたんだ……憎しみの連鎖は俺が全部断ち切ってやるってばよ!」

サクラ「ナルト……」

ヒナタ「ナルト君///」

ナルト「だから、チョウザのオッチャンも安心してくれて良いってばよ!」

チョウザ「……えっ??」




元スレ
ナルト「卑の意志を継ぐってばよ!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1422271175/


 
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 04:37:38 ID:fHEJ5UMY

ナルト「あれ? 1巻で俺を殺すって息巻いてたの覚えてなかったのかよ? もしかして知らないとか思ってた?」

チョウザ「えっ、いや……あれはその……」

ナルト「ハハ、オッチャンもチョウジに似てハッキリしないってばよ」

サクラ「ナルト?」

ヒナタ「?」

チョウザ「ナルト、ちょっと向こうで話そうか」




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 04:38:16 ID:fHEJ5UMY

チョウザ「……すまん」

ナルト「……わざわざ人の居ない場所まで連れて来といて、すまん、の一言か。チョウジってばオッチャンに似たんだな」

チョウザ「?」

ナルト「知ってっか? チョウジってばアスマ先生に焼肉に連れてって貰っても、驕りと分かると全く遠慮しないんだぜ?」

チョウザ「……」

ナルト「あぁ〜。何かイライラしてきたってばよ。久し振りにチョウジに会いてぇな〜」

チョウザ「!?」

ナルト「よ〜し。今日はチョウジと…」

チョウザ「ま、待ってくれ!!」

ナルト「ん?」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 04:40:39 ID:fHEJ5UMY

チョウザ「息子には……チョウジには手を出さないでくれっ!」

ナルト「……ハハ。何を勘違いしてるんだってばよ。チョウジは良い奴だし俺の数少ない仲間だってばよ」

チョウザ「うっ……」

ナルト「それにしてもスゲェ発想してんな。流石、子供の頃の俺をガチでぶっ殺そうとしただけの事はあるってばよ」

チョウザ「……好きにしてくれ」

ナルト「だぁかぁらぁ、俺は憎しみなんて全て断ち切るんだってばよ。じゃあな」スタスタ


第一話 殺害対象から英雄へ 木の葉の里、恐るべき手のひら返し 完




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 16:31:38 ID:fHEJ5UMY

カカシ「お、ナルト。ちょうど良い。ちょっと頼まれてくれないか?」

ナルト「スタミナ切れで動けないってばよ」

カカシ「……」


第二話 肝心な時には動けない、それが木の葉の大人たち 完




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:04:19 ID:fHEJ5UMY

ナルト「よぉシノ!」

シノ「ナルトか」

ナルト「俺ってば最近ガーデニングに嵌ってるってばよ! 育てた植物、シノにも友情の証として1つやるってばよ」

シノ「うむ。ありがたく貰って……っ、これは! 食虫植物!?」

ナルト「お前がこれを持ってる限り、俺達は友達だってばよ」

シノ「」



第三話 サスケの額当て、綱手のネックレス。押し付けられても常に持ち歩くの意外と不便




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:10:01 ID:h6l30TWs

カカシは犠牲になったのだ




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:10:05 ID:fHEJ5UMY

− 戦争中

波風ミナト「遅かったか?」

ナルト「……」

歴代火影「……」

サクラ「さ…三代目火影様…!? それに…これって…!!」

ナルト「これはこれは、俺が最も尊敬する火影……二代目、扉間様。それから初代の顔岩のオッチャン」

扉間「……」

柱間「顔岩のオッチャンって、その言い方はないぞ」ガーン




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:10:36 ID:fHEJ5UMY

サクラ「!!」

サスケ「……」ザッ

ナルト「ずいぶん遅かったじゃねーのサスケ!」

サクラ「サスケ…くん…?」

サスケ「……サクラか…」

いの「え…サ…サスケくん…!?」

シカマル「オイいの!! 止まれ!! こいつは敵だぞ!」

チョウジ「いのー……うかつに近づかない方がいいよ!」

サスケ「……相変わらずやかましい奴らだ…」

キバ「てめぇ何しに来やがった!!」

赤丸「サスケェ」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:11:07 ID:fHEJ5UMY

サクラ「……何でサスケくんがここに…?」

サスケ「いろいろあったが……オレは木ノ葉の里を守ることに決めた。そして……オレが……火影になる」

サクラ「え〜!!」

ナルト「……」

キバ「ごぶさた抜け忍が、いきなり帰ってきてギャグかましてんじゃねーぞ!! 火影の意味分かってんのかゴラァ!!」

シカマル「…お前に何があったか知らねーが…ありえねーんだよそんなこと…お前…自分が…」

シノ「今までの事がチャラにできると思っているのか」

ナルト「そうだな。今まで木の葉が俺にした事がチャラに出来るなんて普通は有り得ねぇってばよ」

シノ「……」

いの「……」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:14:12 ID:fHEJ5UMY


サスケ「ああ…チャラにはできないだろう。だからお前らがオレの事をどう思うかは関係ない」

ナルト「…!?」

サスケ「今までの影達がこの状況を作った。だからオレは火影になり里を変える」

ナルト「そんな事をしなくても木の葉の人間は手のひらを返しながら立派に生きてくってばよ」

キバ「火影になんのはオレだア! ちょっ! お前ら聞いてんのかア!?」

ヒナタ「……」

シカマル「……」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:16:59 ID:fHEJ5UMY

シノ「キバ、今はだれも聞いてない。惨めに見える…よせ。なぜならいきなり出てきて”火影になる”とのたまったサスケのインパクトの方が強すぎるからだ」

いの「うん。というか歴代火影様の実力を見た後で、よく言えたね」

サクラ「あんた、赤丸がいないと鼻が良いだけのモブじゃない」

チョウジ「ハッキリ言って僕等の代のお荷物は……」

ナルト「やめろってばよ!!」

チョウジ「!?」

ヒナタ「!?」

ナルト「確かにキバには皆、色々と思う所があると思う……でも、こいつだって木の葉の、同期の仲間だってばよ!」

ヒナタ「ナルト君///」




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:17:32 ID:fHEJ5UMY

ナルト「そりゃあ、確かにコイツに匂い覚えられてんのか……とか、特に その、女子は……その日の体調まで把握されてんじゃないかと気味悪く感じてるかもしれねぇ」

いの「……」キッ

サクラ「……」ギロッ

ヒナタ「……」シクシク

キバ「えっ? いや、俺はそんな……」オロオロ

ナルト「他にも、こいつ鼻は良いのに自分の獣臭さは気になんねぇのかな。吐き気がするってばよ……とか思ってるかも知れねぇ」

ナルト「でも一応、同じアカデミーを卒業したんだし、たぶん仲間だってばよ!」ドン!

キバ「……」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:18:23 ID:fHEJ5UMY

ナルト「それにな! コイツだってちゃんと強いんだってばよ! おいキバ、お前の輝かしい戦績をこいつ等に教えてやってくれ!」

キバ「……4敗」

ナルト「いちいち負けた数なんて数えてんじゃねぇってばよ! 何勝したかが大事なんだってばよ!」

キバ「……0勝……4敗」

シカマル「もうやめろぉ!!」

いの「!?」

ナルト「……」

シカマル「こいつの勝ち星の話なんて、どうでも良いだろ?」

ナルト「わ、悪ぃ……まさか作中で1勝すら出来てないとは思わなくて……」

シカマル「俺は、キバだって根は良い奴だと思うし、器は結構デカいと思ってるぜ」

キバ「シカマル……」

チョウジ「流石シカマル、器がデカい」

いの「キバみたいなのまで認めてあげるなんて、あんた意外と良い奴よね」

キバ「……」




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:19:04 ID:fHEJ5UMY

ナルト「相手が悪かっただけだってばよ! キバだって影分身の術が使えるんだぞ! ちょっと何人になれるか言ってやれ!」

キバ「……2人」

ナルト「ちょっと良く聞こえなかったから今のはナシだってばよ」




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:19:39 ID:fHEJ5UMY

ナルト「それとキバはなぁ、風遁だって使えるんだぞ!」

シノ「!?」

シカマル「マジかよ…」

ヒナタ「……し、知らなかった」

キバ「ナ、ナルト?」




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:20:11 ID:fHEJ5UMY

ナルト「お前も黙ってないで、もっとそういう技を推していけってばよ」

キバ「使えない」

ナルト「えっ!?」

キバ「俺、風遁なんて使えない」

ナルト「えっ?? だって、アレ?? 牙通牙は?」

キバ「風遁じゃない」

ナルト「じゃあ、アレって回転体当たりって事?」

キバ「えっと、まぁ……ざっくり言うと」

ナルト「と、とにかく! キバは体当たりが凄いんだぞ! それに、敵のチャクラを嗅ぎ分けられる嗅覚と、逞しい体をを持った赤丸のサポートとして有能なんだからな!」

赤丸「///」




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 17:22:07 ID:fHEJ5UMY

ナルト「キバはちょっと火影の意味が分かってなかっただけだってばよ。皆、許してやってくれ」

サクラ「……」

いの「……」

ナルト「安心しろキバ! 俺が火影になったら顔岩の下に歴代火影の数だけキバの石造を建ててやるからな!」

キバ「な、何の意味が……」

赤丸(トイレに使われそう。ってか使おう)


第4話 負け犬は叩く! 完膚なきまでに叩きのめす! 相手が弱ければ尚更。それが木の葉流




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 22:24:50 ID:fHEJ5UMY

― 平和になった木の葉

サラダ「ねぇ、火影様! もっとパパのこと教えてよ!」

ナルト「変化の術!」ボン

サスケ(ナルト)「名はうちはサスケ。嫌いなモノならたくさんあるが、好きなモノは別にない」

サラダ「パパだ! かっこいい!!」

サスケ(ナルト)「それから・・・夢なんて言葉で終わらす気はないが、野望はある!一族の復興と…ある男を必ず殺すことだ!」ボンッ

サラダ「……」


ナルト「こんな感じだったってばよ」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 22:25:26 ID:fHEJ5UMY

サラダ「ま、ママとの馴れ初めが聞きたいなー! ママ全然、教えてくれないのー」

ナルト「うーん。仕方ねぇってばよ。変化!」ボンッ

サラダ「!?」

カリン(ナルト)「ん? あれ。間違ったってばよ。これはサスケとずっと一緒に旅してた女だったってばよ」

サラダ「えっ……?」

カリン(ナルト)「そう言えば、サラダちゃんってば雰囲気とか全体的に この女に似てるってばよ」

サラダ「……」




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 22:26:26 ID:fHEJ5UMY

カリン(ナルト)「サクラちゃんが話してくれないのって……あ、いや何でもないってばよ!」ボンッ

サラダ「そ、そうなの? ママは本当のママじゃないの?」

ナルト「……今日の事は忘れろってばよ。じゃあな」スタスタ



サラダ「……しゃーんなろーとか言ってればママの子だって認めてもらえるかな」クスン




第5話 理不尽で遠慮の無い言葉の暴力を子供に向ける、木の葉スタイル




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/27(火) 22:33:13 ID:/evKE0AM

卑劣だなぁ...




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 01:57:25 ID:NOULKSPU

ナルト「あいつになら確実に勝てるぞ赤丸」ボソッ

キバ「っ?!」クルッ

ナルト「なぁ、シノ。例えばだけどさぁ……」

シノ「なんだ?」

ナルト「赤丸が抜け忍になったら、飼い主のキバは処分されるのかなぁ?」

シノ「さぁな。だが何故そんな事を聞くのだ?」

ナルト「別に〜。ただ、どうなるか気になっただけだってばよ」

キバ「……」

ヒナタ「……」




31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 01:58:16 ID:NOULKSPU

ナルト「サスケも里を抜けて何のお咎めもなかったわけだし、赤丸も里を抜けて、キバが殺された後でひょっこり帰って来ても普通に受け入れられるんじゃないかなぁってさ」

シノ「……今の木の葉なら5分と5分といった所じゃないか?」

ナルト「そっかぁ。残念」

キバ「……」

赤丸「……」

ナルト「あ、勘違いしないでくれってばよ? 答えが分からなくて残念って意味だってばよ」

キバ「……分かってる」

ナルト「そっか。安心したってばよ。じゃあな」スタスタ


第6話 舐められっぱなしは良くない、(他里への)力の誇示も火影の仕事




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 06:53:38 ID:IvelFibc

卑劣様のネットでの外道イメージと原作の案外良い人のギャップ好き




33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 07:50:46 ID:Eb4IYQ12

なんと卑劣な…




34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 21:47:45 ID:NOULKSPU

キバ「ナルトォ……ゴメンな……ゴメンな」ブツブツ

キバ「そんなつもりじゃなかったんだ、そんなつもりじゃ……」ウルウル

キバ「赤丸は……赤丸だけは勘弁してやってくれぇ」




35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 21:49:17 ID:NOULKSPU

シノ「ヒナタ、おいヒナタ!」

ヒナタ「何? 今忙しいの」

キバ「」

シノ「いい加減キバに掛けてる幻術を解いてやれ!」

ヒナタ「ダメ! まだまだキバ君には反省して貰わないと!」

シノ「いったい何があったんだ」

ヒナタ「き、キバ君が、その……ナルト君のおち///……アレが大した事ないって馬鹿にしてたって話を聞いたから……」

シノ「落ち着け、それはサイの発言だ」

ヒナタ「えっ、でも……」




36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/28(水) 21:50:11 ID:NOULKSPU

シノ「嘘だと思うなら白眼でキバの股間を見てみるといい」

ヒナタ「? 白眼!!」ピキン

キバ「」

ヒナタ「……ナルト君のと変わらないね」

シノ「馬鹿になんて出来るはずないんだ。なぜならキバのも大した事ないからだ」

ヒナタ「キバ君って何だか可愛そうだね。幻術も自分で解けないし」

シノ「そう思うなら、さっさと幻術を解いてやれ。だんだん涙目になってるぞ」

ヒナタ「あれ、解き方が分からない……」

シノ「」







カテゴリー「NARUTO−ナルト−」のSS一覧
管理人のオススメSS
姉「今家で一人きりの私…やることは一つ」
カイト「何?ツァン・ディレがAV業界に復帰するだと?」 遊馬「ああ!」
向日葵「ゆるゆり短編集ですわ」櫻子「大室家多め!」
穂乃果「本当に女子風呂の中に犯人がいるの?」コナン「うんっ!」
【甘ブリ】いすず「お●ぱい搾られながらオチン●ン♥ねじ込まれてりゅうぅう♥」いすずが可児江く●に搾乳されてイキ狂わされてトロットロ!!!【エ□漫画同人誌】
「ラブライブ」みたいなエ□ゲが登場wwwwwwwww 【ツゴウノイイアイドル】

 

最新記事50件