過去の良作・時事ネタの再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします。
SS宝庫のオススメSS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 17:33:02.27 ID:ixgB84pW0
男 「あー……そうだな」

幽霊「ちなみに私の命日は12月25日です。これ豆な」

男 「別にどうでも良い……」

幽霊「人生二度目の誕生日みたいなものです」

男 「誕生日と全く真逆だと思うがな」

幽霊「結局あなたは今年も死人とクリスマスを祝うことになるわけですが」

男 「まだ決まってない……まだ一カ月近くある……」

幽霊「ま、完璧に独りで過ごすよりマシだと思いますよ。ファイト」

男 「いい加減成仏しろよテメェ」


元スレ
幽霊「クリスマスが近いですね」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1259569982/


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 17:41:15.40 ID:ixgB84pW0
幽霊「クリスマスかぁ。死人のところにもサンタさん来てくれますかね」

男 「サンタなんて存在しねーよ。生きた奴のところにも死んだ奴のところにも来ねぇよ」

幽霊「平等ですね」

男 「……平等か?」

幽霊「でも、幽霊が居るくらいですしサンタも居るんじゃないですか?」

男 「居たら“生きてる”可愛い彼女頼むんだがなぁ」

幽霊「二股ですか。その子のこと、即刻呪い殺しますよ?」

男 「いつテメェと付き合っていると言った」

幽霊「あら」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 17:45:00.73 ID:ixgB84pW0
男 「お前ってさ、俗に言う自縛霊なのか?」

幽霊「自爆? しませんよ」

男 「自爆じゃねーよ、自縛だ」

幽霊「ちょっとしたゴースト・ジョークなのに」

男 「で、どうなんだ。俺がこの部屋に来た時からずっと居るだろ?」

幽霊「自分ン家に居ちゃ悪いですか?」

男 「俺の家だ。たまには外に出ろよ馬鹿野郎」

幽霊「引きこもり最高ー。イエ―イ!」

男 「イエ―イじゃねーよ」

幽霊「遺影っ!」

男 「……」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 17:49:44.17 ID:ixgB84pW0
幽霊「クリスマスツリーが欲しいです」

男 「俺はいらねぇ」

幽霊「じゃあせめてドアにクリスマスリース飾りましょ?」

男 「それもいらねぇ」

幽霊「じゃあ、クリスマスの日にケーキ供えて下さいよ」

男 「俺は今までクリスマスとは無縁の人生を歩んできたんだ。
   今更クリスマスごときではしゃぐような愚行はしねぇよ」

幽霊「……彼女欲しがってるくせに」

男 「うるせぇ塩ぶつけんぞ」バラバラッ

幽霊「やめて」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 17:53:56.79 ID:ixgB84pW0
幽霊「……せっかくだし、クリスマスイヴの時は外に遊びに行ってみましょうかね」

男 「イヴ(笑)」

幽霊「何か文句でも?」

男 「別にぃ」

幽霊「呪いますよ?」

男 「やれるもんならやってみな」

幽霊「まぁやれないんですけどね」

男 「じゃあ言うなよ」

幽霊「てへっ」

男 「可愛くねーぞ」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 17:56:01.02 ID:ixgB84pW0
幽霊「ケーキとか、フライドチキンとか、シャンパンとかワインとかでお祝いしたいんですけどねぇ」

男 「お前死んでるから無理だろ。食えねぇだろ」

幽霊「気合い入れれば物も食べられましたよ」

男 「……まさか、この前奮発して買った辛子明太子の行方は」

幽霊「試してみたら案外すんなり食べられました」

男 「返せコノヤロウ」

幽霊「幽霊でもさすがにそれは無理です」

男 「幽霊のくせに物食ってんじゃねーよ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 17:56:49.28 ID:P7j61DYT0

中止じゃ・・・


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:00:09.38 ID:ixgB84pW0
幽霊「気晴らしにホラー映画でも見ましょう。この前借りてきたあれ」

男 「はいはい……」

幽霊「オープニングから怖いですね」

男 「怖いって言ってる割には平然とした顔してるじゃねぇか」

幽霊「そんなことありません。ほら、顔色真っ青でしょう?」

男 「それは元からだろう」

幽霊「そういえばそうでした」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:03:57.13 ID:ixgB84pW0
幽霊「主人公ー、後ろ後ろー。……あー、だから言ったのに」

男 「画面に向かって話すのやめてくれない?」

幽霊「嫌ですか?」

男 「静かに見ろ」

幽霊「声に出してるとこう……臨場感がありませんか?」

男 「ねーよ」

TV 「うぅ……呪ってやる……呪ってやるうううううううおあああああああああああああ!!」

男 「うをっ」ビクッ

幽霊「あなただって声出してるじゃないですか」

男 「こ、これは……不可抗力だ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:06:53.09 ID:ixgB84pW0
幽霊「もしかして怖いんですかー?」

男 「怖くねーよ」

幽霊「初めて私見た時も悲鳴上げてましたもんねぇ?」

男 「あれはお前が髪振り乱して天井にしがみついてたから……」

幽霊「つまり、まんまと怖がってくれたわけですね」

男 「お前性格悪いぞ。普通の人間は、もっとこう第一印象を良くしようと努力すべきだと俺は……」

幽霊「だって私死人ですもん」

男 「うぜぇ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:12:53.02 ID:ixgB84pW0
幽霊「あー、面白かった」

男 「そうか?」

幽霊「映画の幽霊は私に死人の生きざまというものを見せてくれました」

男 「死にざまだろ」

幽霊「そう言われればそうですね」

男 「まだ生きてる気分でいるのか?」

幽霊「うーん……男くんと一緒に居るとたまに自分が死んでいることを忘れます」

男 「重要なことだろ、忘れるなよ」

幽霊「……。……はい」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:16:42.88 ID:ixgB84pW0
幽霊「ねぇ」

男 「何だ?」

幽霊「私の頭についてるこの白い三角の布ってなんでしょう?」

男 「……お前、自分のことのくせに分からねぇのか?」

幽霊「棺に入れられる時に勝手につけられただけですし……」

男 「うーん……白三角?」

幽霊「今、テキトーに名前つけたでしょう?」

男 「あぁ、テキトーだ」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:21:47.06 ID:ixgB84pW0
幽霊「ググって下さいよ。何だか気になるし」

男 「あー……『白い三角の布』っと。これか?」カチッ

幽霊「『天冠』……」

男 「ちょっと格好良い名前じゃねーか」

幽霊「喰らえっ! 天冠ビーム!」ベシッ

男 「投げつけんなアホ」

幽霊「こうかは ばつぐんだ! おとこは たおれた!」

男 「少し黙れ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:26:02.05 ID:ixgB84pW0

 ピンポーン

友 「遊びに来た」

男 「幽霊に会いに来ただけだろ」

友 「ま、男は正直ついでなわけだが」

幽霊「いらっしゃい、友さん」

友 「いいなぁ。俺の部屋にも女の子の幽霊来ねーかな……」

男 「譲る」グイッ

幽霊「薄情な。金縛りますよ?」

男 「うるせー。明太子返せ」

幽霊「まだ根に持ってんですか。小さい男ですね」

友 「仲いいなぁ……」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:37:24.46 ID:ixgB84pW0
友 「幽霊ちゃん可愛いなぁ」

男 「そうか?」

友 「肌も白いし」

男 「白いというか青白いな。完全に死人の顔色だ」

友 「髪も長くてサラサラだし」

男 「天井に張り付いた時に上からバサバサしてくるから迷惑なんだが」

友 「うちにも幽霊来ないかなぁ」

男 「こいつ勝手に冷蔵庫開けて明太子食うんだぞ。ゴキブリよりたち悪いぞ」

友 「うちに来たら明太子毎日食べさせてあげるのになぁ」

幽霊「……ちょっと心が揺らぎました」

男 「食べ物に釣られるとか……お前本当に幽霊か?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:40:24.60 ID:ixgB84pW0
友 「そっかー、クリスマス祝いたいんだね」

幽霊「ちょうど命日ですし」

友 「……そういえば幽霊ちゃんって何で死んじゃったの?」

幽霊「……」

友 「あ、その、言いたくないなら言わなくても……」

幽霊「ツリーの先端で刺殺されました」

友 「えぇ!?」

男 「嘘だろ」

幽霊「嘘です」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 18:47:47.25 ID:ixgB84pW0
男 「……はぁ、分かったよ。ケーキくらいは買ってやるよ」

幽霊「やったー! 見直しましたよ男くん!」

男 「ケーキだけで見直されても……」

友 「……俺、今年も独りだし混ぜてくれねぇか?」

幽霊「……どうしましょう?」

男 「別にいいだろ」

幽霊「私と男くんだけの愛の園に一人混じろうがどうでもいい……と?」

友 「……邪魔だったら俺、やっぱりやめるわ」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:00:33.69 ID:ixgB84pW0
友 「じゃあな。また来るわ」

男 「じゃーな」バタンッ

幽霊「うふふふ。ケーキ、ケーキ♪」

男 「……そんなに嬉しいか?」

幽霊「嬉しいですよ! すっごく!」

男 「そーかい、そりゃよかったな」

幽霊「ローソクの代わりにお線香立ててお祝いしましょうね!」

男 「……それはやめろ」

幽霊「えー……」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:09:06.75 ID:ixgB84pW0
幽霊「……」コソコソ…

男 「何やってんの?」

幽霊「わぁっ!?」ササッ

男 「……今、何か隠しただろ?」

幽霊「隠してない隠してないです」

男 「本当かー……?」

幽霊「信用してませんね」

男 「ああ、お前は信用ならん」

幽霊「べ、別に何にもありませんから。向こう行ってて下さいっ」

男 「何隠してんのかは知らんが変な悪戯とかすんなよ」

幽霊「は……はーい」



幽霊(もう少しで手編みのマフラーばれちゃうところだった……セーフ)

幽霊(……でもこれ、クリスマスまでに完成するのかなぁ?)


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:17:43.48 ID:ixgB84pW0
男 「じゃ、お休み」

幽霊「おやすみなさーい」

幽霊(男くんが寝てる時がチャンスっ!)

幽霊(さーて、編むよー……ん? あ、あれ? こんがらがってきた……)

幽霊(あー、もうどうしよう……ぐちゃぐちゃになっちゃったよ……)

幽霊(せっかくここまでできたのに……)

幽霊「……ぐすん」

男 「……何泣いてんだよ」

幽霊「ひゃあっ!?」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:27:25.86 ID:ixgB84pW0
男 「何これ? 編み物?」

幽霊「み、見ないで下さいっ」

男 「……マフラー作ってんの?」

幽霊「……はい」

男 「そっか。死に装束だけじゃ寒そうだしな」

幽霊「え?」

男 「でもこんがらがってるじゃねーか。貸してみろ」

幽霊「へ? え?」

男 「ここをこうして……こうすれば……ほら、直った」

幽霊「……」

男 「どうした?」

幽霊「男くんの……ばか……っ」パッ

男 「……。……消えちゃった」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:33:41.65 ID:ixgB84pW0
―次の朝―


男 「放っておいたらまた戻ってくるだろうと思ったが」

男 「もう朝なのに戻ってこない」

男 「……捜索願い出すか? えーと110番、110番」

男 「ちょっと待った。あいつ幽霊だった」

男 「……さて、どうしようか?」

男 「……。……マフラーだけ残った、か」

男 「死んでも寒さって分かるもんなのか?」

男 「……うーん」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:42:55.10 ID:ixgB84pW0
幽霊「……もう朝かぁ」

幽霊「勢い余って出て来ちゃったけど……」

幽霊「もうそろそろ帰ろうかな……」

幽霊「……男くん、心配してるかなぁ」

幽霊「ちょっと気まずいけど帰ろう……うん」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 19:52:29.41 ID:ixgB84pW0
幽霊「ただいまー……」コソッ

男 「……壁から急に現れるなよ」

幽霊「あの、その、夜は急に居なくなってごめんなさい」

男 「あー。もう一歩で警察に捜索願い出すところだった」

幽霊「……本当に、ごめんなさい」

男 「それよりほら、マフラー作っといてやったから」

幽霊「えっ」

男 「ネットで調べながらやったけど案外簡単なんだな」

幽霊「……」

男 「ほら、首に巻いてやるよ。……うん、結構似合うじゃねーか」

幽霊「……の……やる……」

男 「ん?」

幽霊「呪ってやるうううううううううううううっ!!」

男 「へ? ……ぐぇっ! マフラーで首絞めてくんなっ! ぐるじい……っ!!」

幽霊「死んじゃえ死んじゃえ死んじゃえーっ!!」グス…ッ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 20:16:05.59 ID:ixgB84pW0
男 「げほっ、げほ……っ。殺されるかと思った」

幽霊「本気で殺す気でしたもん。当たり前でしょう?」プンスカ

男 「何怒ってんだよ、なぁ」

幽霊「……別になんでもないです」

男 「なんでもないわけねぇだろーが。話してみろよ」

幽霊「男くんに相談したって……」

男 「俺、何か気に障ることやっちまったか? 謝るから言ってくれよ」

幽霊「……」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 20:45:39.14 ID:ixgB84pW0
幽霊「……」

男 「……いいよ。そうやって完全黙秘するつもりならそれでも」

幽霊「……」

男 「もうそろそろ行かねーと学校遅刻するから行くわ」

幽霊「……いらない」

男 「え?」

幽霊「マフラーなんて、いらないです……」

男 「せっかく作ってやったのに……。……分かったよ。じゃあ俺が使わせてもらうわ」

幽霊「……いってらっしゃい」

男 「いってきます。……帰るまでに機嫌直せよ。あと、また行方不明になったら許さねーから」バタンッ

幽霊「……」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 20:51:37.50 ID:ixgB84pW0
幽霊(だいぶ計画狂っちゃったけど……一応男くんにマフラー渡せた)

幽霊(……でも、三分の二は男くんが作ってるし)

幽霊(やっぱり幽霊の私はサンタの真似事なんてできる筈なかったんだなぁ……)

幽霊(……来世はサンタになりたいな)

幽霊(あ、でも私子供苦手だし……)

幽霊(……男くん専属のサンタ、ってことで)


幽霊(私ったら、何考えてんだか……こんなファンタスティックな妄想、叶うわけないのに)

幽霊(……あーぁ、つまんない。もやもやする……)


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:04:09.54 ID:ixgB84pW0
男「ってことがあったんだよ。参っちゃうよな」

友「……この鈍感」

男「は?」

友「そのマフラー、多分幽霊ちゃんがお前にプレゼントする為に作ってたんだと思うぞ」

男「えー、まさか。ワガママ放題のあいつがそんなこと……」

友「お前って奴は。……家帰ったら確かめてみろよ。さりげなくな」

男「……まさか」

友「そのマフラー、似合ってるぞ。幽霊ちゃんがお前に合う色を一生懸命選んだんだろーな」

男「……」

友「まぁ、まずは謝りな。そうした方がいいと思う。……ただし、童貞の意見だがな」

男「……分かった」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:19:39.46 ID:ixgB84pW0
男 「……ただいまー」

幽霊「……」

男 「あー……えっと、あのさ……」

幽霊「ごめんなさい」

男 「……え?」

幽霊「急に怒って、出てったり首絞めたりして……ごめんね」

男 「いや、俺の方こそ……マフラー、ありがと。すげー暖かかった」

幽霊「……!」

男 「デリカシーなくて……すまなかった」

幽霊「……いいよ、そんなの。ありがとう、巻いてってくれて」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:33:48.97 ID:ixgB84pW0
幽霊「本当はね、クリスマスイヴの夜に枕元にそっと置こうと思ってたの」

男 「そっか」

幽霊「でもどうせ私不器用だからさ、あのまま見つからなくても間に合わなかったでしょうし」

男 「でも、俺の為に作ってくれたんだろ? それだけでも嬉しいよ」

幽霊「……ありがとう」

男 「そうだ。まだ毛糸残ってるし、お前のやつ作ってやるよ」

幽霊「そ、それってペア……ペア……」

男 「ペアルック……だな。少し恥ずかしいけど」

幽霊「わ、私幽霊ですし、その、寒くても平気ですし……!」

男 「でも作りたい。……嫌か?」

幽霊「嫌……じゃないです」カアァ…


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:38:38.96 ID:ixgB84pW0
友「……で、学校でも編み物か」

男「早く渡してやりたいしな」あみあみ

友「見せつけやがって。お熱いねぇ……」

男「べ、別にそんなんじゃねーよ」あみあみ

友「あー、羨ましい。何のギャルゲだよ……全く」

男「ゲームと現実を混合するなよな」あみあみ

友「……ちょっと手伝っていい?」

男「いや、いい。俺、器用な方だし」

友「ちぇー」

男「……」あみあみ


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:45:01.44 ID:ixgB84pW0
男 「よし、できた」

幽霊「わぁ……わずか一日で完成とは」

男 「早速巻いてみろ」

幽霊「はい!」

男 「うん。お前の格好寒々しいからちょうどいいよ」

幽霊(寒さなんて、死んでから感じたことないけど……あったかいや)

幽霊「……これでお揃い、ですね」

男 「だな」

幽霊「ペアルックでクリスマスの街を歩いてみたいです」

男 「うーん……考えとく」

幽霊「どうも」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 21:57:16.23 ID:ixgB84pW0
男 「でも、街に行って大丈夫なのか?」

幽霊「え?」

男 「お前一応幽霊だし、他の人には……」

幽霊「男くんって案外世間体を気にするんですね。死んだ人間より生きている人の方がいい、と。何事も生に限りますもんね」

男 「いや、そうじゃなくって。お前のこと俺や友には見えるけど、他の人にも見えるもんなのか? もし見えなかったら俺がブツブツ独り言言ってるように思われるだろ」

幽霊「見えますよ。ステルス機能ついていませんし」

男 「ステルス……」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 22:09:56.61 ID:ixgB84pW0
男 「じゃあその服装をどうにかしないとな」

幽霊「これで出かけるのは駄目ですか?」

男 「駄目。クリスマスの街を死に装束で練り歩くアホがどこの世界に居る」

幽霊「私が第一号になります!」

男 「なるな! 他人から見たら俺がコスプレさせているように思われるだろ! マニアックなフェチズムを持つ者と勘違いされるだろーが!」

幽霊「……やっぱり世間体気にするんですね」ボソッ


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 22:12:47.76 ID:ixgB84pW0

男 「それに……」

幽霊「それに?」

男 「お前、いつも同じ服だろ」

幽霊「あるのはこれ一着だけですしね」

男 「女子なんだからたまにはお洒落な服着たいだろ?」

幽霊「洋服買ってくれるんですか!?」

男 「ああ、買ってきてやる」

幽霊「どうせ買うなら私、直接選びたいです!」

男 「……その格好でか?」

幽霊「この格好で行くつもりですが?」

男 「駄目だ。絶対駄目だ」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 22:18:22.24 ID:SRBmMj0s0
幽霊実体度高いなw



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 22:23:33.89 ID:ixgB84pW0
幽霊「まさに服を買いに行く服がない状態……」

男 「お前に似合いそうなやつ二、三着買ってくる」

幽霊「よろしくお願いします」

男 「じゃあ行ってくる」

幽霊「いってらっしゃーい。楽しみに待ってますよ」

男 「はいはい」バタン



幽霊「うひゃー、楽しみぃ。楽しみいぃ」

幽霊「お洒落なんて何年ぶりだろっ」

幽霊「えへへー、どんなの選んできてくれるんだろ」

幽霊「わくわくするなぁ。ふふふっ」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 22:29:30.20 ID:ixgB84pW0
男 (さて、どんなの選ぶかな)

男 (幽霊の好み、訊いときゃ良かったな……うーん)

店員「どのような物をお探しですか」

男 「あー……えっと、女物の服を」

店員「彼女さんへのプレゼントですかー。それなら、こういったものはどうでしょう?」

男 (彼女……なのか? まぁいっか)

男 「じゃあそれを。あと二着くらい買いたいんですが」

店員「かしこまりましたー。少々お待ち下さいー」

男 (店員さんに任せときゃいっか……)


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 22:43:12.02 ID:ixgB84pW0
男 「ただいまー」

幽霊「お帰りなさい! わぁ、すごい」

男 「プレゼント用と間違われて綺麗にラッピングされちまった」

幽霊「間違いなんかじゃないです。立派なプレゼントですよ、これは」

男 「大体店員さんの助言で選んでみたんだが……どう?」

幽霊「可愛いです! 早くこれを着て男くんとクリスマスを楽しみたいですよー」

男 「気に入ってもらって何よりだ。今着てみたらどうだ?」

幽霊「え?」

男 「服買った記念に散歩でもしよう」

幽霊「……じゃあ、着てきますねっ。待ってて下さい」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 22:59:27.25 ID:ixgB84pW0
幽霊「着替え完了です」

男 「中々似合うじゃねーか。……でも、その白い三角取ろうな」

幽霊「天冠です」

男 「よし、分かった。天冠を即刻取れ」

幽霊「……はーい」シブシブ…

男 「血色がやけに悪いこと以外は普通の人間だな、うん」

幽霊「生前も貧血体質でしたし、大丈夫です」

男 「何が大丈夫なのかは知らんが、まぁいい。早速外に出るか」

幽霊「はーい」

男 「靴も買っておいたからそれ履いてけ」

幽霊「ありがとです」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 23:12:34.56 ID:ixgB84pW0
幽霊「寒くないですか?」

男 「マフラー巻いてるから大丈夫だ。お前は?」

幽霊「わ、私もマフラー巻いてますし……(本当はマフラーなんてなくても寒さなんて感じられないんだけど)」

男 「そっか、良かった」

幽霊「……(男くんと一緒だと、何だか暖かいや。……感覚なんて、とうの昔に手放したのに)」

男 「……どうした?」

幽霊「何でもないです。……あの、」

男 「ん?」

幽霊「手、繋ぎませんか?」

男 「うん、まぁいいけど」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 23:20:37.52 ID:ixgB84pW0
男 「お前の手ぇ冷たいな。氷みたいだ」

幽霊「まぁ、死んでいますしね。……男くんの手はいいですね。すごく生きてる」

男 「すごく生きてるって、何か表現おかしくないか?」

幽霊「そうですか? ……私の手とは真逆で、羨ましいです」

男 「でも、手が冷たいと心があったけぇってどっかの偉い人が言ってたような」

幽霊「迷信ですよ、迷信」

男 「迷信の塊みたいな奴に言われてもなぁ。……せっかく褒めてやってんのに」

幽霊「褒めるべきところですか、それって」

男 「だと思うがな、俺は」

幽霊「……」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 23:37:13.59 ID:ixgB84pW0
幽霊「街は早くもイルミネーションまみれ」

男 「ま、そんなもんだろ」

幽霊「男くん、あのツリー欲しいです」

男 「は?」

幽霊「持って帰っちゃ駄目ですか?」

男 「窃盗になるだろ」

幽霊「幽霊にも法律って関係あるんですかね?」

男 「あるある。大有りだ」

幽霊「死して尚この世に縛られ、法律に縛られ……」

男 「成仏したくないんだろ?」

幽霊「まぁそうなんですけどね」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/30(月) 23:51:36.98 ID:ixgB84pW0
幽霊「サンタさんの格好した人がチラシ配ってますね」

男 「寒い中頑張るなぁ」

幽霊「バイトですかねぇ?」

男 「多分そうだろ」

幽霊「バイトかぁ……何かやろっかな?」

男 「幽霊なのに?」

幽霊「死人差別は良くないと思います」

男 「履歴書になんて書くんだよ」

幽霊「年齢の欄は享年でいいんですかね?」

男 「知らねーよ」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 09:37:54.24 ID:ixgB84pW0
幽霊「ねぇ、男くん」

男 「なんだ?」

幽霊「今、私ね。死ぬほど幸せですよ」

男 「死んでるだろ」

幽霊「もういっぺん死んでも良いくらいなんです」

男 「……そういえば、お前の本当の死因って何なんだ?」

幽霊「知りたいですか?」

男 「まぁ、気になるな」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 11:37:10.65 ID:ixgB84pW0
幽霊「えーとですね。好きでも嫌いでもない男の子に刺されました」


男 「はぁ?」

幽霊「私は好きでも嫌いでもなかったけど、男の子は私のことが好きだったみたいです」

男 「……」

幽霊「クリスマスの日に誘われたんです。一緒に過ごそうって」

男 「……で、お前は断ったのか」

幽霊「まぁ、そういう感じです。そしたら心臓めがけて一刺し、二刺し。……気づいたら死んでました」

男 「……そうか」

幽霊「参っちゃいますよねぇ。めでたいクリスマスの日なのに」

男 「……」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 11:41:56.64 ID:ixgB84pW0
幽霊「ツリーで刺されたようなものですよ、全く」

男 「……で、刺したそいつは今どうしてる?」

幽霊「さぁ? 刑務所ですかね?」

男 「……自分を殺した張本人のことくらい把握してろよ」

幽霊「だって、好きでも嫌いでもなかったですから」

男 「……」

幽霊「そういうものでしょう?」

男 「……そういうものか?」

幽霊「殺された時はすごく痛かったけれど、幽霊も案外楽しいですし。……男くんにもこうして出会えたし」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 12:00:23.55 ID:ixgB84pW0
男 「……生き返ってみたいか?」

幽霊「何ですか、藪から棒に」

男 「口ではそう言ってるけどさ、こうやって化けて出るってことは何か未練があるんだろ?」

幽霊「それは……どうでしょう?」

男 「幽霊に未練は付き物じゃねーのか?」

幽霊「強いて言うなら……楽しいクリスマスを送りたいです」

男 「……まさか俺と楽しくクリスマス過ごしたら成仏するつもりか?」

幽霊「いや、それはないです。多分」

男 「多分って……」

幽霊「自分でも分かりませんもん。成仏の基準なんて」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 12:08:32.81 ID:ixgB84pW0
幽霊「成仏なんかしたくありませんよ」

幽霊「ずっと、ずーっと男くんの側に居て」

幽霊「男くんが老いて死んだら一緒に向こうに逝きましょうね」

幽霊「……約束、ですよ?」

男 「……ああ、そうだな」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 12:16:50.24 ID:ixgB84pW0
幽霊「それじゃ、辛気くさいのはナシにしてクリスマスの予行演習続けましょ!」

男 「……予行演習だったのか、これ」

幽霊「ええ。イルミネーションのお陰で、私もうクリスマス気分ですよ」

男 「……綺麗、だな。木も電飾されてて」

幽霊「これ全部巻き付けるのに何日かかったんでしょうか。電気代どれくらいかかるんでしょうね?」

男 「現実的なこと言うなよ」

幽霊「……ですね。綺麗なものは『綺麗』だけで充分、ですよね」

男 「……だな」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 12:23:55.35 ID:ixgB84pW0
幽霊「はぁ、楽しかったですね」

男 「ただ歩いただけだがな」

幽霊「クリスマスイヴ〜クリスマス当日は、お洒落なお店でご飯食べて、お家でケーキ食べましょうねー」

男 「お洒落な店って……あんま高いとこは選ぶなよ」

幽霊「イタリアン料理食べたいです! 高いワインで乾杯したいです!」

男 「贅沢な幽霊だな」

幽霊「生きてる時から贅沢思考です。……だから殺されちゃったのかな?」

男 「殺されたのは関係ないと思うぞ」

幽霊「そーですか?」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 12:41:31.31 ID:ixgB84pW0
幽霊「楽しみだなぁ。クリスマス、クリスマスー」

 幽霊はカレンダーの12/24と12/25に大きな丸を描き、過ぎていった一日にバッテンをつけていく。
 かなり楽しみらしい。そんな幽霊を俺は微笑ましく見つめる。……こうして見ると、普通の生きた人間に見えるのに。

幽霊「……どうしました?」

男 「いや、何でもない」

幽霊「……? 変な男くん」


 ――そして、クリスマスイヴ、当日。


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 12:48:50.77 ID:ixgB84pW0
幽霊「とうとうきましたよー。イヴですよ、イヴ!」

男 「所詮クリスマスの前座なのにそんなにはしゃぐなよ」

幽霊「だって、楽しみでしたもん!」

男 「イヴでも学生は学校に行かにゃならねーんだ」

幽霊「えー……」

男 「……帰ったら、また街に行こうな」

幽霊「……はい!」

男 「じゃ、行ってくる」

幽霊「早めに帰ってきて下さいねー」

男 「努力する。じゃあな」バタン


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 13:06:36.63 ID:cf7Nf7qZO

( ^ω^)嫌な予感しかしないお



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 15:10:48.12 ID:ixgB84pW0
男 (さてと。幽霊待ってるしサークルも休んでとっとと帰るか)

後輩「あの、先輩!」

男 「ん、後輩? どうしたんだ?」

後輩「あの……えっと、その……今日って暇、ですか?」

男 「いや……ちょっと用事がな」

後輩「……そうですか」

男 「どうした? 何か急用でも……」

後輩「あの。私、私……先輩と……その……!」




幽霊「男くん遅いなぁ……せっかくのイヴなのにどこで油売ってんだろう?」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 15:18:18.24 ID:ixgB84pW0
男 「ただいまー」

幽霊「遅いっ!」

男 「ごめんな。ちょっと後輩と話してて……」

幽霊「待ちくたびれましたよ。全く、何を話してたんですか?」

男 「それは……」

幽霊「何です? 私に言えないようなことでも話してたんですか?」

男 「……怒らないで聞いてくれるか?」

幽霊「内容によります」

男 「告白、された。……後輩に」

幽霊「え。えええ!?」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 15:45:31.70 ID:ixgB84pW0
幽霊「こ、こくこくはくはくはく……!」

男 「落ち着け。ちゃんと断ってきたから。きっぱりと」

幽霊「……その子、ショック受けてませんでしたか?」

男 「OKした方が良かったのか?」

幽霊「まさか」

男 「だよな」

幽霊「じゃあ行きましょ、行きましょ!」グイッ

男 「ちょ、おい、引っ張るな!」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 19:21:38.53 ID:ixgB84pW0

 男 「ごめんな。俺、今気になってる奴居るから……」

 後輩「あ……あはは、そうなんですか。……私の方こそ変なこと言っちゃってすみません」

 男 「じゃ、そいつと約束もしてるし……またな」

 後輩「……。……はい」




後輩「う……ぐす……えぐっ……」

後輩「好きだったのに、ずっと前から好きだったのにぃ……っ!」

友 「あれ? 後輩ちゃんじゃん。……どしたの? 何泣いてんの?」

後輩「……」ガシッ

友 「え? へ? へ?」

後輩「……ちょっとお話聞いてもらっても良いですか?」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 19:29:09.39 ID:ixgB84pW0
幽霊「でも、ちょっと意外です」

男 「何が?」

幽霊「だって男くん“生きてる”彼女が欲しかったんでしょう?」

男 「んー、まぁ、そうだけどさ。今日は前々からお前と約束してただろ?
   お前も楽しみにしてたし……そこでOKしたら約束潰れるだろうしさ」

幽霊「……私のために断ってくれたんですか?」

男 「別にそんなんじゃねーよ。……確かに後輩は可愛いけど、一緒に話すならお前との方が気楽で良いし」

幽霊「……えへへー」


幽霊「クリスマスが近いですね」【後編】へつづく


カテゴリー「神・幽霊・妖怪・不思議・奇妙」のSS一覧
管理人のオススメSS
SSまとめアンテナ

 

SS宝庫最新記事50件