1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 01:55:42 ID:P/fAKTkY

ヒナタ「あっ、ああッ!//ナルト君の粗末なチ○ポ気持ち良いのぉぉぉ///」

ナルト「……」パンパン

ヒナタ「もっと入ってきてぇ///その小さいオチ○チ○で貫いてほしいのぉ///満足させてぇ!」パンパン

ナルト「……」パンパ…

ヒナタ「あああっ!いやぁ!深…い?いや、思ったより浅いのぉ!ああん///入口ぐりぃって…あんっ!そ、そこは感じすぎちゃうぅぅ///」パ…ン…

ナルト「……」スッ


ヒナタ「あ、あれ?ナルト…くん?」ハァハァ…

ナルト「……ごめん、俺ってば、まただってばよ」

  ナルポ「ダメポォ…」シナシナ




元スレ
ヒナタ「あっ、ああッ!//粗末なチ○ポ気持ち良いのぉぉ//」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1417798542/


 
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 01:58:39 ID:P/fAKTkY

ヒナタ「ナ、ナルト君は…わ、私のオマ○コ気持ちよくなかった…?//」

ナルト「気持ち良いし、ちゃんとお前のことを好きって思ってるってばよ。でも勃たない。ごめん」

ヒナタ「……やっぱり、この目?」

ナルト「!?」

ヒナタ「この白い目が気持ち悪いの?じゃあ、今すぐ潰すね」

ナルト「ち、違うってばよ!それ は マジで違う!」

ヒナタ「それ は ?」

ナルト「!?」




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 02:00:21 ID:P/fAKTkY

ヒナタ「も、もしかして私が臭いから?」ウルウル

ナルト「そ、それも違うってばよ!何て言うか、良い匂いするし」ボソッ

ヒナタ「えっ///」ポッ

ナルト「と、とにかくヒナタは何も悪くねぇんだってばよ//!!」アセアセ

ヒナタ「でも、じゃあ何で……」

ナルト「ごめん」






ナルト「ごめん」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 02:12:12 ID:eP.suLH6

気の毒過ぎるw




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:20:10 ID:P/fAKTkY

―― 数日前

ナルト「そ、それじゃあ始めるか///」

ヒナタ「……うん///」

 ゴソゴソ

ヒナタ「は、恥ずかしいから電気は消して……」

ナルト「分かったってばよ」ドキドキ

  カチッ

もう、濡れ濡れだってばよ

 そんなこと、な…い//

濡れてなんかッ//  んッ!!




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:21:08 ID:P/fAKTkY

こんなに溢れているのに「濡れてなんかッ//」だって?

 あぁッ、あぁぁっ//

 やっ、はうん// ビクビク

 ナルトくッ、気持ちいッ//

もう、我慢出来ないってばよ! ポロン

 すごい!まだ大きくなってないのに、こんなに上を向いてる///

……なってるってばよ ボソッ

 えっ? あ、ごめんなさい。大きくなると中身?が出てくるって聞いてたから……

これは包茎って言うんだってばよ。それにしても、そんな事を知ってるなんてさ、ヒナタってば意外とエッチなんだな ニシシ

 いやっ、言わないで///




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:26:06 ID:P/fAKTkY

でも、大きくなってるかどうかも分からないなんて、もしかして見たのは初めてだったのかよ?

 う、うん…。もっと大きくなるのかと……10cmぐらいにはなるのかと思ってたから///

そんな大きいのが欲しいなんて、ヒナタってばやっぱりエッチなんだってばよ ハァハァ

 ん/// ナルトくんだって、さっきから私のオッパイばっかり///

そうだぜ、だってさ、俺ってばエロ仙人に教わったからな! そろそろ挿れるぞ!

 あっ、ああッ!//

 やだ、やめ…て//

もう、止めることなんて出来ないってばよ!

だってさ!だってさ!俺ってばこんなにギンギンなんだもん!

 えっと、うん。ギンギン?かな ニギニギ




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:27:10 ID:P/fAKTkY

あっ、ちょ…気持ち良いってばよ、そんなに強く握られたら出る!

 ご、ごめんね// パッ

ヒナタ…好きだってばよ! 愛してる!

 わ、私も! いつでも、どこでも、ずっと繋がっていたいよ///

 んっ…いいよ、きて…?/

 …ナルトくんのお世辞にも大きいとは言えないオチ○チ○で
 私のおまんこ壊してっ…?

……えっと、うん?

 ……?

と、とにかくっ! い、いくってばよ

 ひぎいぃいっ…!!/




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:28:57 ID:P/fAKTkY

動かすぞ? ヌププ

 あぐっ…しきゅうこわれちゃっ…!//

 は、ぁ///

 小さいけど…きつ…い…?あれ?

……ど、どうだ?これが欲しかったんだろ?  パンパン

 あっあっあっあっ、んあぁっ…!///
 ふぁっ、ほしかったっ…
 ずっと欲しかったのぉぉぉっ…!!!

誰のなにが欲しかったんだ?パンパン

 ナルトくんの赤ちゃんみたいオチ○チ○ …も、らめぇっ…!// パン…パ

 こわれるっ…ナルトくんの小指みたいなオチ○チ○でこわれちゃうのおぉぉぉっ!、 …




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:29:43 ID:P/fAKTkY

ちょ、ちょっとタンマ!

 えっ??

  カチッ


ナルト「ヒナタ、本当に気持ち良かったの?」

ヒナタ「? うん、オッパイ沢山触って貰って、その・・・気持ち、良かったよ///」

ナルト「暗くてハッキリ見えなかったんだけど無表情だった気がするんだけど……」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:30:18 ID:P/fAKTkY

ヒナタ「えっ?わ、私が変な顔してたから萎えちゃったって事?」フルフル

ナルト「ち、違うってばよ!何か棒読みだったし俺が下手糞で気持ち良くなかったのかなって……」

ヒナタ「そんな事ないよ!きっとナルトくんが上手で気持ち良いから、初めてなのに痛くなかったんだよ」

ナルト「……」

ヒナタ「き、きっと今日は体調が良くなかったんだよ。これからは毎日ずっと一緒なんだし頑張ろう?」

ナルト「! あ、あぁ!それもそうだってばよ!」パァアア




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:31:28 ID:P/fAKTkY

近所の幼女「あ、たいした事ないチ○チ○のお兄ちゃんだ!」

ナルト「!?」


近所の婆さん「若いのは良いけど、もう少し近所にも気を配って欲しいもんだねぇ。毎晩丸聞こえだよ」

ナルト「わ、悪りぃってばよ」シュン




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:40:20 ID:P/fAKTkY

「子供が出来ないのはインポだから」

「あの巨乳で勃たないとか男として終わってる」




ナルト「うぅ…グスッ……」

 ナルポ「スマヌ…」ナエナエ

ヒナタ(ナルトくん……)

ナルト(最近はオナニーも出来ねぇ…いつの間にか本当に勃たなくなっちまったってばよ…)

ヒナタ(頑張って男の人のアレの事とか、喘ぎ方だって……エッチな漫画で一生懸命勉強してきたのに…どうして…グスッ)

ナルト(こうなったのも全部、ヒナタのキツイ言葉責めが原いn……いや、俺のが粗末なせいだってばよ…あ、いや。もしかして!)




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:45:09 ID:P/fAKTkY

ナルト「ひ、ヒナタってば、もしかしてドSなの? もしかして、今までわざと?」

ヒナタ「?」

ナルト「い、いや。何でもないってばよ」

ナルト(心から……心の底から小さいと思ったんだな)シュン

ヒナタ(ちゃんとアレについて、小さいとか入ってくるとか大きな声で実況してるし、「らめぇ」とか「あん」って呪文も詠唱してるのに…こんなの漫画に無かったよ…)




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:52:54 ID:P/fAKTkY

ヒナタ「あっ!」

ナルト「ん?」

 >ナルト「何か棒読みだったし」

ヒナタ「そっか!」

ナルト「ん??」

ヒナタ「ナルトくん、もし駄目でも明日からも触ってね」ニコッ

ナルト「あ、あぁ」チンピクッ






ナルト「ヒナタの喘ぎ声がオペラ歌手みたいになったってばよ」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/06(土) 03:56:57 ID:P/fAKTkY

no title





カテゴリー「NARUTO−ナルト−」のSS一覧
管理人のオススメSS
SSまとめアンテナ

 

最新記事50件