1: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:04:54.12 ID:uYPJ37290


男「・・・そうか」






2: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:05:33.78 ID:uYPJ37290

幼「男と幼馴染みなんて、最悪よっ!」

男「・・・そうか」

幼「そうよ!男!昔あなたが私に何したか覚えてないの?」

男「は?なにかしたっけ?」

幼「私に勉強を教えたじゃない!」

男「いったいそれのどこが悪いの」

幼「悪いよ!私が自分一人で学ぶ力がなくなっちゃったんだから!」

男「それはすいませんでした」

幼「責任とってこれからも私に教え続けてよね!」

男「はいはい」





元スレ
幼「男と幼馴染みなんて、最悪よっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408586684/


 
3: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:06:28.20 ID:uYPJ37290


幼「男!あんたの部屋綺麗すぎよ!ありえない!」

男「なんなんだよ?そんなことわざわざ言いにきたのか」

幼「そう。男は貴重面過ぎるよ!」

男「幼が適当過ぎるだけだって」

幼「そんなことないし。こんなきっちりした部屋なんて居心地悪くないの?」

男「ねーよ」

幼「掃除好きなの?」

男「まあ」

幼「じゃあそんな男には私の部屋を片づける権利をあげる!」

幼「感謝してよね!」

男「結構です」

幼「えー…」





4: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:07:06.00 ID:uYPJ37290


幼「高校生の部屋なんて普通汚ないものだよ?」

幼「あのイケメン君だって私と似たようなものだったんだから」

男「行ったの?」

幼「いや、イケメンと付き合ってる妹の部屋に写真があってね」

男「妹…って俺がしばらく入院してた頃に幼と喧嘩したっていう双子の片割れの」

幼「それだよ」

男「まだ絶交してんの?」

幼「うん。あの子私が話そうって言ってもダメなんだもん!」

男「ふーん」

幼「それにあの子自分が姉だ、なんて適当なこと言うんだよ?」

男「実際二人ともほぼ同時だったんだろ?」

幼「だとしても精神的にも私が姉なの!」

男「そうなのか」





5: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:07:32.56 ID:uYPJ37290


男「幼妹と言えば」

男「あいつがよく窓から石落としてんの見るんだけどさ」

男「何がしたいの?」

幼「さあ・・よく知らないけど…」

幼「たいてい私が嫌みを言ったときだから、ストレス発散かなにかじゃないかな?」

男「そうなのか」

幼「…イケメン君はあんなのの何がいいんだろ」

幼「すぐ怒るし偉そうなのに」

男「幼と違って口答えしないんじゃないか?」

幼「そんなことない!」

男「ほら早速」

幼「ぐぬぬ」





6: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:08:33.11 ID:uYPJ37290

幼「聞いて!男!」

男「なんだ」

幼「妹がイケメン君と別れたらしいの!やった!」

男「ずいぶん急だな」

男「・・あーそれでか」

幼「何が?」

男「幼妹が俺にメールしてきたのさ。珍しく」

幼「へー。」




7: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:09:43.47 ID:uYPJ37290


幼「ま、妹の話はどうでもいいの」

幼「大事なことは、私が妹の代わりにイケメン君と付き合えるってこと!」

男「よかったな」

幼「うん。でも男には会えなくなっちゃうね」

男「はいよ」

幼「さびしくないの?」

男「全く」

幼「ひどい」

男「なんだよ」

幼「ばか」







8: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:10:21.62 ID:uYPJ37290


幼「全く男は…」

幼「本当ありえないよ…幼馴染みだっていうのに」

幼「むかつくむかつくむかつく…うー」

幼「あー!もう!腹立つ!」

幼「うあああああ!」





9: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:10:52.13 ID:uYPJ37290


翌日


幼「イケメン君!」

イケメン「おう…えっと君は…」

幼「幼妹の双子の姉です!」

幼「私と、付き合ってください!」

イケメン「…いいよ。君も可愛いからね」

幼「…ありがとうございます!」





10: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:11:33.45 ID:uYPJ37290


幼「聞いて!男!」

男「何さ」

幼「私イケメン君に告白してちゃんとOKもらえた!」

男「よかったな」

幼「うん。寂しいでしょ?悔しいでしょ?」

男「いや」

幼「素直になりなさいよー」

男「いやちがうし」

男「ていうか俺とはもう話さないんじゃなかったの?」

幼「そんなこと言ってないよ?」

男「えっ」




11: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:12:06.01 ID:uYPJ37290



幼「ふふっ。私、男にもイケメン君にも好かれてる!」

幼「二人のバランスをとるって感じですごくたのしい!」

幼「ふふふっ。素直じゃない男と一途なイケメンくんが私を巡って…ってドラマみたいだよ」

幼「最高の気分♪」




12: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:12:36.11 ID:uYPJ37290


幼「聞いて!イケメン君。男がね、あーしてね、こーしてね…」

イケメン「それは許せないな」

幼「でしょ!?」






13: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:13:29.71 ID:uYPJ37290


幼「男!でてきなさい!」

男「なんだよ…うわ、イケメンもいんのかよ」

イケメン「何か?」

男「別に」

幼「私は男があの神社にいったことが許せない!謝って!」

男「?」

幼「私はクリスチャンなの!そんな私という幼馴染みに配慮しないなんてどういうことよ!?」

男「は?」

イケメン「男君。僕もあの神社はなんとなく嫌いでね。」

男「超しらねーよ」

イケメン「君に不快にさせられた。僕も謝ってほしい」

男「煩せーよ帰れよ」





14: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:14:01.13 ID:uYPJ37290


幼「ねぇ男」

男「なんだ」

幼「私の妹と男、メールしてるって言ってたよね、前」

男「おう。」

幼「私とはもうずっとしてないよね?」

男「じゃあメールする?」

幼「男が昔いやがる私を無理矢理家に連れ込んだこと謝るっていうならメールしてあげてもいいけど」

男「なんでそんな偉そうなんだよ」

幼「だって私は被害者だもんね」





15: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:14:37.88 ID:uYPJ37290

男「家で勉強させただけだろ…その上昨年謝ったじゃん」

幼「そんなの関係ないよ?被害者と加害者の関係は一生変わらないんだよ?」

男「勉強だって最初は幼が頼んできたじゃん」

幼「そんなの覚えてないもん」

男「『私勉強が出来ない…お願い…助けて…』って」

男「幼妹と一緒に泣きながら頼んできたのにな」

幼「気のせいだよきっと」

幼「いずれにせよ!」

幼「私は被害者なの!メールしたいなら謝って!」

男「…じゃあメールなんていらないわ」




16: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:15:29.31 ID:uYPJ37290

幼「えっ…」

幼「…男って性格悪いなぁ。」

幼「私だってメールくらいしたいのに…」

幼「結構冷たいよね・・・」





17: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:15:58.36 ID:uYPJ37290


イケメン「男君、僕とメールしたいなら昔僕を殴ったことを謝ってくれないか?」

男「殴ってねーよ嘘つくなよ」

イケメン「いや殴られた。20万回は殴られた」

男「無理だろ嘘つくなよ」

イケメン「…そんなこと言ってるとメールしてやらないぞ?」

男「いやどうでもいいんだが」

イケメン「君は性格悪いね」

男「てめーがな」





18: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:16:53.28 ID:uYPJ37290

幼妹「男君、私に奢って!最近お金がないの!」

男「久しぶりにあったと思ったらいきなりかよ」

男「嫌に決まってる」

幼妹「そんな…じゃあどうしたらいい?」

男「そうだな」

男「…いつだか俺の家から持ってった人形、返してくれたら奢ってやるよ。」

幼妹「わかった!」

男「お?」





19: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:17:36.33 ID:uYPJ37290

幼妹「でもどこにあるかわからないからしばらくかかるよ?」

男「わかった」

幼妹「先に奢ってほしいです」

男「えー…」

幼妹「お願いします!」

男「…仕方ないなぁ」





20: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:18:08.52 ID:uYPJ37290

男「ほれ。アイス。こんなのでいいのか」

幼妹「久しぶりだよアイスなんて〜」

男「イケメンに奢ってもらってたんじゃないのか?」

幼妹「前はね」

幼妹「ここ数ヵ月はなにもしてくれなかったんだよ…あの人」

男「ふーん」




21: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:18:46.33 ID:uYPJ37290


男「あ、そうだ」

幼妹「何?」

男「最近窓から石なげてんの見るけどあれ何なの?」

幼妹「ああ、あれ?ゴミだよ」

男「えっ」

幼妹「ゴミが溜まってきたから、捨てたの」

男「やめろよ」

幼妹「ま、いいじゃん。私投げるの上手くなってきたよ?」

男「いやいや汚いからやめろよ」

幼妹「えー」





22: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:21:38.11 ID:uYPJ37290

男「あれは…犬の・・」

幼「どうしたの?」





23: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:22:09.89 ID:uYPJ37290

幼『あっ!見て!あれ!』

男『何?……犬の糞?』

幼『違うよ!あれは人間のうんこだよ!』

男『うわっ汚え』

幼『うんこうんこーwwwwww』

男(なんだこいつ)

幼『おもしろーい』

男『…そうか。・・それはよかったな』





24: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:22:53.10 ID:uYPJ37290


男「・・・」

幼妹「男、どうしたの?」

幼妹「あんな汚いの眺めて何をかんがえてんの?」

男「いや…幼が前あれ見て喜んでたなーって」

幼妹「…うわぁ」

男「幼妹はしないんだな」

幼妹「あんなのと一緒にしないでよ…」

幼妹(本当は気になったけど内緒です・・・)




25: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:23:37.01 ID:uYPJ37290

幼「男!幼妹がおごってもらったって聞いた!私にもおごってよ!」

男(こいつ彼氏いるじゃん…なんなんだよ)

男「…ちょっと例の神社いってくるわ」

幼「うーわ男ひっど!最低!」

イケメン「最低だな!人のいやがることをするなんて」

男「……お前らって本当お似合いだよな」

幼「あたりまえだよ!」

イケメン「当然だな」





26: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:24:07.77 ID:uYPJ37290



幼「男!私最近また勉強悪くなってきたから教えて!」

男「嫌だ。イケメンに頼め」

幼「無理。男、教えてよ。早く」

男「絶対嫌だ。」

幼「男は断っちゃダメなんだよ?」

男「なぜ」

幼「…昔の自分がなにしたか覚えてないの?」





27: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:25:10.47 ID:uYPJ37290


男「・・・幼ってさ、昔、昔ってしつこいよな」

幼「何か問題でもあるの?」

幼「悪いのは男だから。開き直るとかありえないからね?」

男「・・・」




28: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:25:57.09 ID:uYPJ37290

男「…勉強教えてやってるのに」

男「感謝の一言もなく」

男「因縁をつけて」

男「ひたすら偉そうにしやがって」

男「幼って俺が何をしてやってもすべて文句つけるよな.」

男「しかも俺の悪口を行って回ってるらしいじゃん?」

男「俺には幼に関わるメリットが皆無だって悟ったわ」

男「二度と俺に関わるな!」





29: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:26:38.38 ID:uYPJ37290


幼「・・・」

幼「…なんなの?自己中すぎるよ?」

幼「自分のことしか考えられないわけ?」

幼「私には男に教わるメリットがある。」

幼「幼馴染みで男のあんたは女の私に尽くさなければならない」

幼「あんたは一生昔のことを謝り続けて、私の思い通りに動かなきゃいけないの」

幼「私は被害者で、勝ち組なんだから。」

幼「私より下等なくせに思い上がらないでちょうだい!」






31: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:27:25.96 ID:uYPJ37290



イケメン「昔のことを謝れ、金をよこせ」

幼「私にもね。あんたは一生私に償い続けるのよ」

幼妹「人形もっとあげるからお金ください」

男「」






32: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:28:04.44 ID:uYPJ37290

男「なんなんだこの隣人どもはあああああ!最悪だああああ!!!!!!!!!」




33: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:28:30.47 ID:uYPJ37290





中共「戦争の過ちを謝罪し、賠償金を払え」

韓国「ウリにもニダ。日本の統治を1000年恨むニダ」

北朝鮮「奪った人間返してやるから金をよこすニダ」





34: ◆sjngWpOQq6 2014/08/21(木) 11:29:02.36 ID:uYPJ37290


日本「なんなんだこの隣国どもはああああ!最悪だああああ!!!!!!!!!!!!!」






36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 11:30:41.09 ID:lmiYu7orO

なるほどそういう…




38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 11:35:11.24 ID:iFKgWuuLo

周りの人間キチガイかと思ったらきちだった




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 11:39:54.84 ID:D+0dIY+E0

オチ見てから読み直すと愉快すぎてワロタ




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 11:46:34.71 ID:CYf9Sws/O

最後の最後ですっきりした




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 11:47:32.00 ID:OjXv9jBeo

すっげえ苛々したけど最後で合点いった




45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 12:22:16.21 ID:yVBw/pkio

わろたwwwwwwww




48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 12:30:47.06 ID:mbMpAtqXo

>幼「そうよ!男!昔あなたが私に何したか覚えてないの?」

ここで一瞬頭に浮かんだけど間違ってなかったのか




50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/21(木) 14:28:50.68 ID:vLOzPCV20

顔を合わせるたびに謝罪と賠償を要求する幼馴染なんていらないwwwwww




51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/21(木) 14:38:38.38 ID:36ZeQekN0

うん、たとえ美女でもこれは顔面にパンチするわ




52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/21(木) 14:59:31.15 ID:S7vpVGLxo

なるほど、これはわかりやすい…




61: ◆kWEOgnxXVY 2014/08/28(木) 13:04:01.72 ID:VCDcC3/RO


男「最悪だぜ…」

男「はぁ…」

男「別の地区に住みたい…」

?「待て!」

?「ここに絶望するのはまだ早い!」

男「誰?」





62: ◆kWEOgnxXVY 2014/08/28(木) 13:06:31.14 ID:VCDcC3/RO


イケ兄「俺はイケメンの兄だ!」

男「あー、イケメンとの殴りあいに負けて家を追い出されたイケメンの兄さんか」

男「今はあの家の離れで寂しく暮らしてるとか」

イケ兄「おう。あのときは男と殴りあった後で疲れてたからな!」

男「ふーん」




63: ◆kWEOgnxXVY 2014/08/28(木) 13:07:22.63 ID:VCDcC3/RO



イケ兄「推測するに、男は俺の弟に嫌気がさしたんだろ?」

男「違う」

男「イケメンは前から嫌いだった」

男「最近幼が思ってた以上に面倒な女だって気づいてさ、それでここが嫌になった」

イケ兄「幼ちゃんだったのか」

イケ兄「昔からわがままだったな」

男「まあな」

イケ兄「ならあいつらなんて見放して俺と親友になろうぜ!」





64: ◆kWEOgnxXVY 2014/08/28(木) 13:08:42.16 ID:VCDcC3/RO



男「…イケ兄は確かにいいやつだと思う」

イケ兄「さんくす」

男「でも、駄目だ」

イケ兄「なぜだ」

男「美少女が良いって言わないからだ」

イケ兄「美少女ちゃんか……」

男「超強いし」

男「正義の味方だし」

イケ兄「なんか格好いいな」

男「おう」ピロリッ

男「…電話だ」






65: 鳥間違えたので61からやりなおします ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:11:49.46 ID:VCDcC3/RO


男「最悪だぜ…」

男「はぁ…」

男「別の地区に住みたい…」

?「待て!」

?「ここに絶望するのはまだ早い!」

男「誰?」





66: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:12:41.55 ID:VCDcC3/RO

イケ兄「俺はイケメンの兄だ!」

男「あー、イケメンとの殴りあいに負けて家を追い出されたイケメンの兄さんか」

男「今はあの家の離れで寂しく暮らしてるとか」

イケ兄「おう。あのときは男と殴りあった後で疲れてたからな!」

男「ふーん」




67: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:13:36.02 ID:VCDcC3/RO

イケ兄「推測するに、男は俺の弟に嫌気がさしたんだろ?」

男「違う」

男「イケメンは前から嫌いだった」

男「最近幼が思ってた以上に面倒な女だって気づいてさ、それでここが嫌になった」

イケ兄「幼ちゃんだったのか」

イケ兄「昔からわがままだったな」

男「まあな」

イケ兄「ならあいつらなんて見放して俺と親友になろうぜ!」




68: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:15:31.20 ID:VCDcC3/RO

男「…イケ兄は確かにいいやつだと思う」

イケ兄「さんくす」

男「でも、駄目だ」

イケ兄「なぜだ」

男「美少女が良いって言わないからだ」

イケ兄「美少女ちゃんか……」

男「超強いし」

男「正義の味方だし」

イケ兄「なんか格好いいな」

男「おう」ピロリッ

男「…電話だ」




69: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:16:10.51 ID:VCDcC3/RO



男『もしもし』

美少女『呼んだ?』

男『なぜわかった』

美少女『ナイショ』

男『…いい加減盗聴やめてくれないか』

美少女『そ、そんなことしてないよ!』

男『…』

男『まあいい。イケ兄に代わるぞ』

美少女『ありがと〜』






70: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:17:07.23 ID:VCDcC3/RO



イケ兄『もしもし代わりました』

美少女『あ、イケ兄君?』

美少女『イケ兄君は、私とか男のグループに入りたいんだよね?』

イケ兄『ああ。』

イケ兄『俺、今ぼっちじゃん?』

美少女『うん』

イケ兄『最近弟が更に強くなっててさ』

イケ兄『家から完全に追い出されそうなんだ』

美少女『へー』

イケ兄『だから仲間がほしい。頼む。入れてくれ』




71: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:23:00.23 ID:VCDcC3/RO


美少女『やーだっ☆』

美少女『だってイケ兄君は喧嘩よわいんだもん』

イケ兄『くっ…』

美少女『強くなったら入っていいけど』

イケ兄『本当か?』

美少女『うん。トレーニングの道具は私の家にそろってるから貸してあげるよ』

イケ兄『ありがとうございます』

美少女『じゃ、私はいそがしいから、またね〜』ガチャ





72: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:23:47.72 ID:VCDcC3/RO



イケ兄「切られたぜ」

男「どうだった?」

イケ兄「駄目だった」

男「どんまい」

イケ兄「でも美少女ちゃんの家に行くことになったぞ」

男「どういうこと?」

イケ兄「美少女ちゃん宅でトレーニングだ」

男「ほう」






73: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:25:26.25 ID:VCDcC3/RO


翌日

美少女「いらっしゃーい」

イケ兄「すげえ…」

男「ああ…豪邸だな…」

イケ兄「金持ちっていいなぁ…」

男「全くだ…」

イケ兄「美少女で金持ち、運動神経もいいなんて完璧だね」

美少女「えへへ、ありがとー」






74: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:26:13.45 ID:VCDcC3/RO



美少女「ここが私の家のトレーニングルームだよー」

イケ兄「おぉ…すっげぇ…」

イケ兄「ハイテクだ…なんでも揃ってやがる…」

美少女「まあねー。」

美少女「道具に関しては誰にも負ける気がしないよ!」

男「だろうな」







75: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:26:56.86 ID:VCDcC3/RO


イケ兄「よし、俺は決意した!」

イケ兄「ここで強くなる!」

イケ兄「強くなって美少女ちゃん、あなたに認めさせる!」

美少女「頑張ってね〜」

イケ兄「そして弟に勝つ!」

男「応援してるわ」

イケ兄「うおおおおお」






76: ◆sjngWpOQq6 2014/08/28(木) 13:31:57.28 ID:VCDcC3/RO

その頃


幼「ねーえーイケメン君?」

イケメン「何だい?」

幼「イケメン君ってさー。女いっぱい連れてるよねー」

イケメン「みんなが勝手によってくるのさ」

イケメン「もちろん幼が一番可愛いし、本命だぞ。安心してくれよ」

幼「ありがとー」

幼「えへへ、イケメン君、だーいすき」

イケメン「ああ、僕も大好きだよ(こいつ幼妹よりもチョロいな)」





78: ◆sjngWpOQq6 2014/09/14(日) 18:13:52.81 ID:sigvl4FhO



幼「それより聞いて…最近私調子悪いの…」

イケメン「どうしたの?」

幼「たぶんストレス」

幼「…男が嫌いすぎて」

イケメン「うん」

幼「朝起きて太陽をみると男が頭に浮かんできて一日中イライラするんだよ…」

イケメン「大変だね」






79: ◆sjngWpOQq6 2014/09/14(日) 18:22:46.18 ID:sigvl4FhO



幼「逆に男は昨日とかなんか楽しそうだったしさ?」

幼「負けた気がしてすごい嫌だよ…」

イケメン「わかるよ」

幼「…超殴りたい」

幼「我慢できない」

幼「いまから男の家行く!」

イケメン「え、ちょっとまって」





80: ◆sjngWpOQq6 2014/09/14(日) 19:31:00.38 ID:sigvl4FhO


幼「なんでよ!」

イケメン「殴りあい勝てないでしょ」

幼「男が女である私を殴っていいはずがないもん。平気よ!」

イケメン「彼ってそんなの守ってくれるような人じゃないよ」

幼「だとしても気合いで!」

イケメン「無理だよ」

幼「…でも」





82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:54:59.39 ID:F05FMMGpO

イケ兄は台湾?




84: ◆sjngWpOQq6 2014/09/16(火) 23:11:51.16 ID:GvNFl+XEO

>>82 そのつもりです




83: ◆sjngWpOQq6 2014/09/16(火) 22:34:27.66 ID:GvNFl+XEO




イケメン「幼、じゃあ約束だ。」

イケメン「俺、強くなる。強くなって、一緒に男をこらしめてやろう」

イケメン「だからそれまで待っていてくれ」

幼「…わかった。楽しみに待ってる」

幼「約束だからね!」






85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 14:50:47.69 ID:K7LIkYDI0

サウスパーク並みの皮肉感…大好きです




86: ◆sjngWpOQq6 2014/10/05(日) 20:29:22.49 ID:b/HniL+hO


幼「男!出てきなさい!」

男「なんだよ」ガチャ

幼「私、イケメン君と約束したわ!」

男「どーでもいいねグッバイ」バタン

幼「ちょっ…えっ…?」

幼「は、話くらい聞きなさいよ!」







87: ◆sjngWpOQq6 2014/10/05(日) 20:31:13.66 ID:b/HniL+hO



幼「聞きなさいって言ってんのにー」ピンポンピンポンピンポン

幼「ねぇ…聞きなさい、聞きなさいってばぁ」ピンポンピンポンピンポンピンポン

幼「…はぁ」ペタン

幼「…男の…ばか…」

美少女「…何してんの?」






88: ◆sjngWpOQq6 2014/10/27(月) 15:21:14.49 ID:TAjbAizdO



幼「あっ…美少女」

幼「聞いてよ!男が無視してくるの!」

美少女「なんかしたんじゃないの?」

幼「まだ何もしてない!」

幼「私、イケメン君と男を倒す約束したからその宣言に来たのに…」

美少女「へー。」

美少女「それは私に喧嘩売ってるのかな?」

幼「あっ…すいませんごめんなさい」

美少女「わかればいいよ。反古にしなさいね」ニコッ

幼「…わかりました」







89: ◆sjngWpOQq6 2014/10/27(月) 15:24:39.91 ID:TAjbAizdO



幼「…ってさ、美少女に言われちゃったー」

幼「けっ…あの女自己中だしうるさいんだよ」

イケメン「大変だなー。何言われたってもちろん幼は俺の味方だろ?」

幼「それはもちろんだよ!」

イケメン「よかった。俺たちは昔からの仲で互いに信頼しあってるもんな」

幼「うん!あんな女なんて関係ないよね!」






90: ◆sjngWpOQq6 2014/11/20(木) 14:32:27.24 ID:UNOa1kgHO



幼「ねぇ、イケメン君」

幼「将来さ、男と私の妹をやっつけたらさ…」

幼「結婚、してください///」

イケメン「…ああ、いいよ」ニヤリ

幼「やった…ありがとう!」





91: ◆sjngWpOQq6 2014/11/20(木) 14:33:48.82 ID:UNOa1kgHO


@幼の部屋

幼「ふんふんふーん」

幼「私ってかわいいしイケメン君の彼女だしすんごい幸せ者だー」

ガチャ

幼「ん?誰だろ?」

幼「………え?」






92: ◆sjngWpOQq6 2014/11/20(木) 14:34:44.48 ID:UNOa1kgHO




幼妹「ふふふ、久しぶりだね、お姉ちゃん」ギラッ







93: あーる ◆sjngWpOQq6 2014/11/21(金) 08:35:10.70 ID:6tODVuoHO


幼「…は、刃物!?何でそんなのもってんのよ!!」

幼妹「…なんでってさ、わかるよねー?」ニコッ

幼「…さ、刺すの?私を?」ゾワッ

幼妹「正解!」

幼「ま、まじで?」

幼妹「うん」

幼「いやぁーーーー!!助けてーーー!」ダッ

幼妹「この部屋で逃げ切れるわけないのにー」ニヤリ







95: 確かにイケ姉のがよかったかもですね… ◆sjngWpOQq6 2014/11/21(金) 17:33:10.45 ID:6tODVuoHO



@男宅


幼『いやぁーーー!助けてーーーー!』ドタドタ



男「始まったみたい」

美少女「ねー」

イケメン「近いから全部聞こえるんだな」







96: ◆sjngWpOQq6 2014/11/22(土) 07:36:15.68 ID:l9eF4qoHO


幼『私には美少女もイケメン君もついてるの…』

幼『だから、わ、私になんかしたらただじゃすまないよ?』ガタガタ

幼妹『みんなあんたの味方なの?』

幼『そうよ?』

幼妹『ふふふ、そんなの妄想でしかないんだよ、お姉ちゃん』グサッ

幼『きゃーーーー!!!』







97: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 06:58:01.91 ID:4UGLUMQjO



美少女「はぁ」

美少女「仕方ないわね」ガチャ

男「拳銃…」

美少女「たすけに、いってくるよ」

イケメン「頑張ってー」

美少女「うん!」ニコリ







98: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 07:17:33.72 ID:4UGLUMQjO



美少女「そこまでよ!」

美少女「幼妹!観念なさい!」

幼妹「げっ!?」

幼妹「美少女!あんた予定では…」

美少女「問答無用よ!」パアン

幼妹「ぐっ…」バタン

美少女「ふぅ」






99: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 07:39:40.33 ID:4UGLUMQjO



幼「あ…ありがとう!」

幼「びしょう…」

美少女「…」パアン

幼「じょ…??」バタン

美少女「よし」

美少女「ミッションコンプリートね!」







100: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 07:42:10.04 ID:4UGLUMQjO



美少女「ただいま戻りましたぁ」

イケメン「お疲れさん」

美少女「ここで残念なお知らせがあります…」

美少女「私…なんと」






101: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 07:43:05.05 ID:4UGLUMQjO



美少女「双子の区別がつかなくて両方殺ってしまいました…」

美少女「てへっ☆」

男「うわぁ…」

イケメン「間違ったなら仕方ないな」

美少女「うん。仕方ないよ!」






103: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 17:08:02.31 ID:XD26UIAmO



イケメン「じゃあ俺は約束通り兄貴倒してくるわ」

美少女「頑張ってー」

男「…」

イケメン「んじゃまた」






104: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 17:11:52.60 ID:XD26UIAmO


男「なぁ、美少女」

男「…いつからこれ決まってたんただ?」

男「その…三人をたおす計画」

美少女「ずーっと前からだね」

美少女「イケ兄にわたしたトレーニング道具(笑)もお粗末なものだし」

美少女「ぶっちゃけ今ってさぁ」パアン






105: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 17:12:42.62 ID:XD26UIAmO



男「何すんだよ」ヒュッ

美少女「そうやってかわせる動態視力しか要らないって感じ」

美少女「素質がないと鍛えてもしかたないってことよ」






106: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 17:13:42.36 ID:XD26UIAmO




イケ兄『ぎゃああああああ』



男「彼もやられたみたいだな」

美少女「あ、いまさらだけど別に殺してないからね?」

美少女「眠らせてるだけ」

美少女「連れて帰って、ちがうところに送るだけなんだよ」

男「ふーん…」






107: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 17:30:16.99 ID:580WCyGVO



男「結局さ、おまえら含む五人組に全部決められてるってことなんだな」

美少女「そ!」

美少女「あ、ちなみに私でも勝てないラスボスもいるの」

男「ほぅ…」







108: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 18:06:44.00 ID:580WCyGVO



男「そしてそこから一ヶ月がたった」

男「双子とイケ兄がどこかへ連れ去られたあと」

男「この地域から怨念が消え、平和が訪れた」

男「…実はイケメンは良いやつで」

男「いまではイケメンと二人仲良くらしている」

男「なっ!イケメン君!」

イケメン「あぁ!君は最高のパートナー!」

イケメン「一心同体さ!」バンバン






109: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 18:08:49.25 ID:580WCyGVO




日本「半島が死んだあと」

日本「国民はせんのうされて日本省になった!」

中共「民意は正義。金寄越せ」

日本「快諾」





110: ◆sjngWpOQq6 2014/11/24(月) 18:12:31.13 ID:580WCyGVO

おしまい

半島がなくなったら親中メディアになるし沖縄みたくなるかなー、と思うのです

ここまで読んでいただきありがとうございました




111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 20:50:29.26 ID:TH/o3r8ZO

大儀であった。色々とな






カテゴリー「擬人化・人外・動物」のSS一覧
管理人のオススメSS
SSまとめアンテナ

 

最新記事50件