1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:45:09.32 ID:BELTL3su0.net

僕は幼いころから皮膚が弱く、すぐに湿疹ができてしまう体質だったそうだ。

この夏に僕は水道代の節約のために1日おきに風呂に入っていた。

そうしたら、水虫になってしまった。

さらに、股の付け根に湿疹のようなものができてしまったのだ。

僕は最寄りの皮膚科を受診し、そしてあの女医と出会った。

僕は待合室から診察室に入って驚いた。女医は>>5しながらカルテを眺めていたのだ。




5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:46:04.94 ID:41y71JB+0.net

オナニー




8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:47:08.63 ID:AE6ehybq0.net

いいスタート




10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:47:20.05 ID:2ewuPLSn0.net

これは期待




元スレ
女医「ほら、パンツ下ろしてごらん?」僕「///」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1408617909/


 
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:49:12.25 ID:BELTL3su0.net

「ん…っ!」と言いながら女医はボールペンの頭の部分で陰部を刺激していた。

「入っても大丈夫ですか?」と僕は遠慮がちに聴いてみた。

「なんでもないわ」と女医は言った。

「股の足の付け根がとっても痛くて。なんかできてるんです」と僕は言った。

「ちょっとみせてもらいましょうか」となんでもなさそうに女医は言った。

僕はベルトを外し、ズボンを脱いだ。そしてなるべくなんでもなさそうに「>>20」と言いながらパンツを脱いだ。




20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:50:01.67 ID:zAYOnXaV0.net

ぬきてぇ




24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:54:15.55 ID:BELTL3su0.net

僕は「ぬきてぇ」と言いながらパンツを脱いだ。

「あら、けっこう溜まってるの?まだ若いものね。」と女医は言った。

湿疹ができているのはペニスと右足の境目あたりで、陰毛の陰になっていた。

「ちょっと見えないわねぇ…」と言って僕のペニスを触ってみようとした時に、白衣のあいだから大きなやわらかそうな胸が見えた。

僕はここで勃起したら変態だと思われると思って我慢していたが、まだ20代だと思われる女医の胸を見たせいか興奮してしまった。

あっけなく僕は勃起してしまい、女医はなんでもなさそうに「>>30」と言った。




29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:55:35.76 ID:gZVF5lx90.net

ぬきてぇ




30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:55:37.86 ID:L8zJdMvj0.net

くっさ




39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 19:58:36.62 ID:BELTL3su0.net

「くっさ」と女医は言った。

「これでもシャワー浴びてきたんです。」と僕は少し傷つきながら言った。

「ねぇ、この湿疹は皮膚が不衛生だとできるのよ。」と女医は言った。

「ちょっと毛を剃ってもいいかしら?」と言って女医はバリカンを取り出した。

「いいですよ」と僕はカウパー液を垂らしながら言った。

女医はバリカンのスイッチを入れると、>>45の口笛を吹きながら僕の陰毛を全部そってしまった。




45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:00:01.25 ID:L8zJdMvj0.net

ごちうさのop




52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:05:39.79 ID:BELTL3su0.net

「簡単には教えない こんなに好きなことは(好きだってことはパーンパパン)内緒なの 」

女医がごちうさのオープニングの曲を上手に口笛で吹いたので僕は親近感がわいた。

「アンテベートとルリコン」と僕のペニスをつかんだまま女医が言い、メガネをかけた助手が薬を手袋をした手で塗った。

「先生、診察室に入った時オナニーしてましたよね?」と僕は意地悪く聴いてみた。

「そうだったかしら?」と女医は言った。

「経過を見たいからまた来週来てくれる?」と女医は言った。僕は「>>60」と返事をして診察室を後にした。




60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:08:02.96 ID:2ewuPLSn0.net

生でやらせてくれたら




61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:11:15.23 ID:BELTL3su0.net

「生でやらせてくれたら」と僕が言うと、手袋をしたメガネの助手が頬を赤らめて「まぁ、若いのね」と言った。

次の診察日まで、僕は一度もお風呂に入らなかった。

女医が触ったペニスを洗ってしまうのがもったいなかったのだ。

それから、陰毛を剃った状態で温泉などに行くのもはばかられた。

そして、先生が言った「くっさ」という言葉にも興奮をした。

こうして、僕は翌週診察室に行った。女医は>>65しながらカルテを見ていた。




65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:12:19.81 ID:TxN943TQ0.net

全裸待機




68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:12:42.59 ID:QwxIXRQ60.net

やる気満々ワロタ




72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:15:19.24 ID:0jF73tFx0.net

仕事場だろうがwww




73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:15:33.64 ID:BELTL3su0.net

「あれ?先生、服はどうしたんですか?」と僕は思わず聞いた。

女医は全裸でカルテを眺めていたのだ。

「ちょっと暑くて…」と女医は涼しそうに言った。

「さぁ、あなたも脱いで」と言って女医は僕に全裸になるように命じた。

女医の体はとても美しいラインをしていて、胸のかたちが綺麗だった。

僕が勃起しているのでパンツを脱ぐのをためらっていると、女医は「>>75」と言いながら無理やり脱がせてきた。




75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:15:56.84 ID:HnHNfy1v0.net

ラーメン




80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:18:32.30 ID:BELTL3su0.net

「ラーメン」と言いながら女医は僕のパンツを脱がせてきた。

「ラーメンがどうかしたんですか?」と僕はきいた。

「ラーメンの中で一番何が好きかって聴いてるの」と女医は少し怒ったように言った。

「断然塩ですね。さっぱりしてておいしい。」と僕は正直に言った。

「アンテベート」と女医は言った。裏から手袋をつけただけの全裸の助手が出てきて、患部に塗布した。

「あたしはとんこつ」と言いながら女医は僕を>>85へと連れて行った。




81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:18:35.88 ID:nqB3vN4j0.net

クソワロタ




85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:19:53.73 ID:11nOoBm90.net

スガキヤ




89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:20:58.49 ID:0jF73tFx0.net

全裸だぞww




90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:21:03.38 ID:TxN943TQ0.net

※全裸とチンコ丸出し




92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:22:07.23 ID:vZCW4dA30.net

すがきやwwwww




93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:25:03.00 ID:BELTL3su0.net

僕たちは気が付くとスガキヤのかみしんプラザ店にいた。

フードコートのようになっている店内で、全裸の僕たちは浮いていた。

「あたしはゆず香る 温野菜ラーメン」と女医が言った。

「僕は冷やしラーメン」と僕は遠慮がちに言った。

「一度全裸でラーメン食べてみたかったの」と女医は言った。

僕たちはとりあえず服を着なくてはならない。しかし女医は気にせずに僕を>>100へ連れて行った。




100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:26:54.57 ID:fg5JSOx70.net

しまむら




106: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:27:19.97 ID:OITYzJ0J0.net

気にしてるじゃねーか




107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:27:37.22 ID:TxN943TQ0.net

服を買うとは言っていない




110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:29:52.54 ID:BELTL3su0.net

「おいしかったわね」と女医は満足そうに言った。

「うん、全裸で食べる刺激はそう味わえるものじゃないからね」と僕は嫌味たっぷりに言った。

「じゃあ、服を探しましょうか」と女医は言った。

「僕は肌が弱いので、いつも綿100%のジャージしか履かないんです。」と僕は言った。

「じゃああたしもジャージでいいわ」と女医は言った。

僕たちはジャージの上下と下着を手に取り、更衣室へと向かった。カーテンを開けると>>115がいた。




115: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:31:18.23 ID:TxN943TQ0.net

下着姿の妹




121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:34:10.17 ID:BELTL3su0.net

「やだっ!お兄ちゃんなにしてるの!?」と言いながら頬を赤らめたのは妹だった。

「こんなところで何してるんだ」と僕は言った。

「試着よ試着!お兄ちゃんこそ、そのみっともないもの隠しなさいよ!」

妹にそういわれて、僕は全裸であることに気が付いた。おまけに股には湿疹がある。

「そうするよ」と僕は言ってその場で下着とジャージを着た。女医は服を持ったまま>>125へと向かった。




125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:35:25.17 ID:bgkvt4oP0.net

出口




128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:37:50.74 ID:BELTL3su0.net

「お客さま…!」と店員が訝しげな声をあげながら駆け寄ってきた。

僕の服もまだお金を払っていない。

女医は「なにかしら?」とでも言いたげな表情で店員を見ている。

「あ…!あたし払いますから!」と突然妹が言って、僕たちのジャージ代金を支払った。

「ありがとうございました」と店員は言って店内へと戻って行った。

「もう…お兄ちゃん、この人誰なの?」と妹は言った。僕は一息つくために>>135へ移動することにした。




135: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:40:11.13 ID:S/0MBKkU0.net

スカイツリー




137: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:45:03.00 ID:BELTL3su0.net

「とりあえず、スカイツリー行こうか」と僕は言った。

僕たちはタクシーで新大阪駅を目指し、そこから品川駅まで新幹線で移動することにした。

新幹線の中で、妹と女医は女同士、恋の話で盛り上がった。

妹には今、付き合っている人がいるらしい。

なんでもイケメンで、サッカー部なんだそうだ。

僕は妹がスマホで見せてくれたイケメンに対して、心の中で「>>140」と思った。




140: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:46:23.08 ID:TxN943TQ0.net

よく見るとこいつ女の子じゃん……




144: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:49:37.64 ID:BELTL3su0.net

僕はそのイケメンをよく見てみた。よく見ると女の子だった。

「あれ?お前女と付き合ってるの?」と僕はきいてみた。

「つばさちゃんっていうんだ。あたしホントは女の子が好きなの」と妹は言った。

「あたしも女の子とセックスしたことあるわよ」と女医が言った。

なんでも、女同士でやると、気持ちいいポイントを刺激するのでとても気持ちいいのだという。

「もう、本当にすごかったわ」と女医は言った。車内販売のお姉さんがやってきて、僕たちは>>150を買って食べた。




150: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:51:37.22 ID:S/0MBKkU0.net

車内販売のお姉さん




155: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:54:31.22 ID:BELTL3su0.net

「いかがでしょうか〜」とお姉さんは言った。

「60分10000円でどうかな」と僕は言った。

僕たちはトイレに移動し、そのお姉さんを食べた。

お姉さんはもう36歳だったが、熟れた体がまたたまらなく美味しかった。

僕たちはたっぷりそのお姉さんを味わうと、座席で居眠りを始めた。

「次、品川よ」と女医が言った。僕たちはお姉さんにお礼を言って、>>160で押上駅を目指した。




160: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 20:55:54.12 ID:rdZlTpmC0.net

じゅげむじゅげむごこうのすりきれ
かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつ
うんらいまつふうらいまつ
くうねるところにねるところ
さむらごうちのむらごうち
ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅうりんがん
しゅうりんがんのぐうりんだい
ぐうりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーの
ちょうきゅうめいのちょうすけ




166: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:01:06.42 ID:BELTL3su0.net

「寿限無」と呼ばれる乗り物は、最近になって開発された。

「寿限無」の歌詞を口ずさむと、1寿限無につき15分走るクリーンエネルギーでそうこうするのが特徴だ。

僕らは2寿限無で目的地に到着した。そして駅から徒歩でスカイツリーを目指した。

「わーみんな写真撮ってる」と僕は言った。

スカイツリーと人物を写そうとすると、地面にねそべったりしないといけないのだ。

僕らはそこで記念撮影をし、柳島カフェでホットドックを食べた。そして妹に>>170について話し始めた。




170: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:02:26.60 ID:Rv27q2P80.net

セックス




173: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:04:47.21 ID:BELTL3su0.net

「僕はセックスは気持ち良くなるためにするものだと思う。」と僕は言った。

子供をつくるためだけの行為ではない、云々と僕は妹に説明した。

女同士のセックスに罪悪感を抱いて、ひきこもりやメンヘラになってしまうのが怖かったせいもある。

僕はこう見えてセックスに対しては柔軟な考え方をしている。

その話を聞いていた女医が、突然なにかを閃いたようにこう言った。

「わたしたちみんなで>>180すればいいんじゃないかしら?」




180: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:06:07.87 ID:11nOoBm90.net

人体錬成




185: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:10:40.09 ID:BELTL3su0.net

女医の発言がきっかけで、僕たちは錬金術で人体をつくることにした。

「エネルギーがいるわ。スカイツリーの展望台にヒントがある」と女医は言った。

僕たちは展望台まで足を運んだ。白い柱が円形に並び、ガラスの向こうには多くの建物や遠くの山が見える。

「この景色を見ればわかるでしょう?この建物は東京の結界を壊す役目を果たしているの」と女医は言った。

「じゃあ、その結界を再び元に戻せばいいのね?」と妹は言った。そして>>190でスカイツリーを破壊した。




190: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:11:51.28 ID:rdZlTpmC0.net

じゅげむじゅげむごこうのすりきれ
かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつ
うんらいまつふうらいまつ
くうねるところにねるところ
さむらごうちのむらごうち
ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅうりんがん
しゅうりんがんのぐうりんだい
ぐうりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーの
ちょうきゅうめいのちょうすけ




198: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:16:37.88 ID:BELTL3su0.net

妹が「寿限無」の呪文を唱えると、スカイツリーが根元から溶け出した。

「えっ!?ちょっとこれやばくない?」と僕は言ったが、女医も妹も平然としていた。

スカイツリーは音を立てて崩壊した。

「これで山手線の結界が復活する…今よ!人体錬成の時が来たわ」と女医は言った。

僕たちは東京に張り巡らされた結界の力を使い、新たな人体を創りあげた。

それが>>200だった。




200: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:17:07.73 ID:rdZlTpmC0.net

じゅげむじゅげむごこうのすりきれ
かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつ
うんらいまつふうらいまつ
くうねるところにねるところ
さむらごうちのむらごうち
ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅうりんがん
しゅうりんがんのぐうりんだい
ぐうりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーの
ちょうきゅうめいのちょうすけ




205: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:20:03.83 ID:BELTL3su0.net

「寿限無」と呼ばれるのはのちにクリーンエネルギーの開発者となる人物だ。

僕たちは人体錬成で「寿限無」を作り出した。

その時、1週間風呂に入っていなかった僕の湿疹が痛み出した。

「先生、湿疹が痛くなってきました」と僕は情けなさそうに言った。

「じゃあ、診察室に戻りましょう」と女医は言った。

僕たちは「寿限無」と一緒に>>210を目指すことにした。




210: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:22:15.73 ID:igH8/be10.net

渋谷スクランブル交差点




219: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:27:12.78 ID:BELTL3su0.net

僕たちは渋谷スクランブル交差点を目指した。

「ここの近くに私の第二クリニックがあるのよ」と女医は秘密を打ち明けるように言った。

「いたた…ちょっといたくて歩けません」と僕は言った。

「私がおんぶしましょう。」と寿限無が言った。

「あたしも一緒に行っていいかな?」と妹が言ったが、妹と寿限無には近くのカフェで待っていてもらうことにした。

「ふぅ…」と診察室で僕は言った。湿疹はいつのまにか、>>225みたいになっていたのだ。




225: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:29:11.22 ID:igH8/be10.net

人面瘡




227: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:32:47.19 ID:BELTL3su0.net

僕の湿疹は大きく腫れ上がり、いつの間にか人面瘡のようになっていた。

その顔は苦痛に叫び、救いを求めてさまよっている亡霊のようだった。

「こうなると、切るしかないわね」と女医は淡々と言った。

「もしかして…」と僕は言った。その湿疹はペニスにできていたのだ。

「それだけはなんとかなりませんか?」と僕は言った。

しかし、女医は>>235を取り出すと、僕のペニスをあっという間に切り落としてしまった。




235: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:35:38.15 ID:MiBVzYA00.net

otintin




242: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:40:44.04 ID:BELTL3su0.net

女医は最新の医療器具「otintin」を取り出すと、僕のペニスを切り落としてしまった。

僕のペニスからは大量の血が流れた。

「ギャー!痛い…!」と僕は叫んだ。

「今止血するわ」と女医は言い、気合いで傷口を縫合した。

「あぶなかったわね」と女医は言ったが、僕にはよく聞こえていなかった。

「失礼します」と言って妹と寿限無が入ってきた。僕は力なく「>>245」と言った。




245: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:42:29.24 ID:MiBVzYA00.net

これは有能な>>1




252: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:46:07.74 ID:BELTL3su0.net

「これは有能な>>1」と僕は力なく言った。

「お兄ちゃん、どうかした?」と妹が言った。

「いや、なんでもないわ。あたしもう男の子じゃなくなったの」と僕はやけくそになって言った。。

「錬成でとりもどすことができる」と寿限無が言った。

「山手線の結界の力を利用すればね」と寿限無が言い、パワーを集めるために山手線の中央に行くと言い出した。

「それが麹町中学校付近ね。」と妹が言った。僕らは>>255で麹町中学校付近を目指した。




255: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:48:17.76 ID:igH8/be10.net

バットモービル




257: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:51:48.67 ID:BELTL3su0.net

「これに乗ってください」と言って寿限無がバットモービルを運転した。

目的地までは寿限無の運転であっという間だった。

「じゃあはじめます」と言って寿限無はパワーを集め始めた。

「もう少しエネルギーがいります。なにか揉ませてください」

「あたしのおっぱいがあるわ」と女医は言った。

「いいですねー」と言いながら寿限無は僕の股に手のひらをあてた。ぼくのペニスは>>260した。




260: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:52:33.81 ID:ZzrzBHI10.net

爆発




263: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:56:08.88 ID:BELTL3su0.net

「ドォォォォン!!!」と大きな音を立てて僕のペニスは爆発した。

「まさか…失敗…?」と寿限無は言った。

「結界を破るものが現れたのね」と女医は言った。

「そんな…おにいちゃん…!ねぇ、返事してよ!」と妹は言った。

僕は薄れゆく意識の中で「結界を破るもの」の声を聴いた。

それはとても邪悪で恐怖心をよみがえらせるものだった。僕は死神に自分の体をささげたのだった。




265: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:56:43.02 ID:BELTL3su0.net

おわりです

お疲れ様でした!

ありがとうございました!




267: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:57:10.56 ID:c65JHoTU0.net

>>265





268: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:57:13.32 ID:1R/LO3hs0.net

この>>1なら
安価さえまともなら




269: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:57:43.64 ID:sbas8gfH0.net

これは有能な>>1




270: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:57:54.61 ID:Rv27q2P80.net

>>265
おつおつ




271: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 21:58:16.19 ID:Et8D3bEf0.net

>>265
また立てるが良い






278: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/21(木) 22:10:05.62 ID:PD44KhcK0.net

センスのある>>1






カテゴリー男「」女「」のSS一覧
管理人のオススメSS
SSまとめアンテナ

 

最新記事50件