1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 16:32:37 ID:zj6hAy0Y

オーク「いきなりどうしたんだ」

女騎士「いやな、一時期は隆盛を誇った我らだが……」

女騎士「最近はめっきり少なくなってしまったものだと思ってな」

オーク「単純に飽きられたんだろ」

女騎士「寂しいことを言うな」

オーク「だってよぉ、それをどうこうしようって話になると大抵俺が割喰らうし」

女騎士「くっ……」




元スレ
女騎士「勢いが足りない」
http://jbbs.shitaraba.net/internet/14562/storage/1406187157.html


 
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 16:37:15 ID:zj6hAy0Y

女騎士「しかしだな、このまま忘れ去られてしまうのも悲しいではないか!」

オーク「んー、だけど結構いろんな方向性でやり尽くされた感があるしなあ」

オーク「一つのジャンルとして確立される程度には頑張ったんだからもう無理しなくてもいいだろ」

女騎士「それでは困るのだ!」

オーク「何が?」

女騎士「私の性欲のやりどころにだ!」

オーク「あー、はいはい」

女騎士「なんだそのぞんざいな扱いは!?」

オーク「だからそういうワンパターンに嵌るのが飽きられる原因なんだって」




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 16:42:28 ID:zj6hAy0Y

女騎士「だが私のアイデンティティといえば『くっ、殺せ!』だろうが!」

オーク「まあその安定の女騎士を期待してスレ開いてるんだろうけどさあ……」

オーク「その度に大変な目に遭う俺のことも、もう少しは気遣って欲しいとことだな」

女騎士「貴様のおちんぽの圧倒的性能が悪い」

オーク「はいはい、メタ視点はそろそろ終わりにして昼飯にしような」

女騎士「いや突っ込んでくれよ」

オーク「言葉もナニも突っ込まないっと……さて」

オーク「もうすぐ素麺茹で上がるけどおろし生姜効かせてもいいか?」

女騎士「素麺に生姜?」

オーク「そんなに珍しいか?」

女騎士「麺つゆだけでつるつるっと食べるものだと思っていた」

オーク「俺は栄養バランスも考えて煮しめた椎茸とか錦糸卵とか胡瓜の千切りとかいれるから」

女騎士「まあいい、貴様に任せる」

オーク「あいよ」




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 16:47:18 ID:zj6hAy0Y

女騎士「ぬほおおおおおおおお!!ぐだくさんそうめんしゅごいのおおおおおおおおお!!」

女騎士「こんなのはじめて!!妊娠確実!!」

オーク「素麺食っても妊娠はしない」

女騎士「まあいいではないか、近頃こういう台詞を吐く機会すらないのだ」

オーク「必要ねえだろ、そんな機会」

女騎士「しかし夏は素麺に限るな」

オーク「実は俺はざるそば派」

女騎士「なんと、これほどの素麺を生み出しておいてか!?」

オーク「十割そばの香りと喉越しこそ至高」

女騎士「私は気持ちよく啜れれば百均の素麺でも一向に構わんぞ」

オーク「質より量か……お前らしい」

女騎士「おちんぽは質にも量にもこだわるぞ」

オーク「……」

女騎士「褒めているのに無視か」

オーク「あれ、俺褒められてたんだ」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 16:51:45 ID:zj6hAy0Y

オーク「まったく、お前は逐一下ネタを挟まないと会話できないのか」

女騎士「なんだ、攻城論とか武器の薀蓄を垂れ流された方が楽しいのか?」

オーク「極端だなおい」

女騎士「これでも騎士だからな」

オーク「『これでも』とつけるあたり自覚はあるんだな……」

オーク「兎に角、お前はもっと会話の幅を広げる努力をするべきだ」

女騎士「会話の幅か……あ、そういえばオーク」

女騎士「近頃流行りのケットシーのアイドルグループがあるじゃないか」

オーク「ああ、ニャーKBね」

オーク「ちょっと待て、それが『最近流行りの』ってお前はどういう世界で生きてきたんだ!?」

女騎士「えっ、もう旬過ぎてるのか?」

オーク「いや、まだまだ息は続いてるが……」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 16:56:37 ID:zj6hAy0Y

女騎士「どうした、男という生物はそういうものを求めて止まないものではなかったのか!?」

オーク「少なくともそういうお前を想像しても興奮よりさきに憐みが立つ」

女騎士「哀れ……だと……」

オーク「もっと端的に言えば『うわぁ……ないわ』という感想しか出ない」

女騎士「自慢じゃないが、無理しすぎていない程度にそういうファッションでまとめる自信はあるぞ!!」

オーク「へぇ……」

女騎士「なんだその気のない返事は!!」

女騎士「そもそもだな、共に長くいると忘れるだろうが私はそんじゃそこらでは見つからない美人なのだから……」

オーク「ところで『哀憫』と『慈悲』って説明すると似たような感じになるのに意味合いが全く違うよな」

女騎士「どういう意味で言っているんだそれは!?」

オーク「さらに言えば、プラスだろうと絶対値の大きなマイナスが加われば当然マイナスになるからな?」

女騎士「婉曲的なのか直接的なのかはっきりしてくれないか!!」

オーク「これ以上、自分を傷つける必要はないと思うぞ」

女騎士「くっ、殺せ!!」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:00:10 ID:zj6hAy0Y

女騎士「そこまで言うなら見せてやろう、私の本気を!!」

オーク「やめておけって、誰も幸せにならない」

女騎士「それが将来的にどれほどの損失になろうとも、その時動くべき瞬間というのは確かに存在するのだ!!」

オーク「言葉自体はカッコいいんだけどね、その向く先がアレすぎて残念極まりない」

女騎士「ところでオーク、そういう衣装はどこにいったら買えるのだ?」

オーク「俺が知るか」

女騎士「ならば通信販売を利用して……」

オーク「こんなことに意地張ってムダ金使うなよ」

オーク「たしかコボルトの奴がそういう趣味だったからちょっと連絡してみるか」




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:03:18 ID:zj6hAy0Y

〜十分後〜


女騎士「それでどうなった?」

オーク「なんだか熱く語り始めたので直接会って話すことにした」

女騎士「ほお、それでいつ会うのだ」

オーク「それが熱さ冷めやらぬようで今すぐにでも来てくれとか言い始めた」

女騎士「ではいくか」

オーク「はぁ……そうするか」




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:08:47 ID:zj6hAy0Y

コボルト「オークさんオークさんよくいらっしゃいました!!」

コボルト「いやまさかオークさんもニャーKBファンだったとは……」

コボルト「さあ今夜は徹夜で二人でニャーKBトークで盛り上がりましょう!!」

女騎士「元気だなコボルト」

コボルト「うわああああああああああああああああああああああああああああ!!!?」

コボルト「おっおまおまうぇええええええええ!!?はあああああああああああああ!!!」

オーク「落ち着けコボルト、というかとりあえず黙れ」

コボルト「オッ、オッオッオークさん!!なんでこの女がここにいるんですか!!?」

オーク「知らなかったか?」

オーク「何故かコイツ、人間側の領土に帰らずに俺の家に居ついてしまってな」

女騎士「まあ良いではないか」

コボルト「嫌だああああ!!こんなヤツに俺の貞操を奪われるなんて死ぬ方がマシだあああああ!!」

オーク「その時は俺が責任もって止めてやるから安心しろ」

女騎士「ふふふ……こういう反応も久しいな」

オーク「喜ぶことではない」




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:13:12 ID:zj6hAy0Y

コボルト「はあ、ニャーKBの衣装ッスか」

オーク「俺も止めたのだがこいつがどうしても言うことを聞かなくてな」

女騎士「あそこまで貶められては見返すしかあるまい、女騎士として!」

コボルト(オークさん、なんでこんなのと生活してるんッスか)ヒソヒソ

オーク(俺にも分からん、成り行きで片付けるにしても大事過ぎる)ヒソヒソ

女騎士「それでその衣装とやらはどこで手に入るのだ?」

コボルト「専門のショップとかあるけど、かなり高額になりますよ?」

オーク「高いのか……」

コボルト「まあ、そういう趣味のモノは高額になるって相場が決まってますからね」

コボルト「質を高めて高額になるなら仕方ない、それでも欲しいって人種に購買層を絞ってますから」

女騎士「貴様は持っていないのか?」

オーク「おいおい、流石のコボルトもコスプレ衣装を持ってるほどじゃないだろ」

コボルト「いやあるにはあるッスけど」

オーク「マジでか」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:17:05 ID:zj6hAy0Y

コボルト「まあ……とは言っても……」

オーク「分かってる、お前の私物をコイツに貸し与えたりなどできないよな」

女騎士「なぜだ!?」

オーク「今までの自分の所業を思い出してみろ」

女騎士「衣装というのは着てなんぼのものだろうが!!」

コボルト「飾って眺めてるだけで俺は十分満足ッス」

オーク「高価なモノらしいし、壊されてはたまらんだろうからな」

女騎士「どこが壊れるというのだ、この豊満な胸を支えきれないというのか!?」

オーク「自分で豊満な胸とか言うな」

コボルト「ううう……正直にあるとか言わなきゃよかったッス」

オーク「すまんな、こんなことに巻き込んで」

コボルト「いやいや、オークさんも苦労なさってるみたいで」

女騎士「おいこら貴様ら、変な連帯感を持つんじゃあない!」




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:22:50 ID:zj6hAy0Y

オーク「ところでコボルトに損失が出たとして、それを弁償する金はどこから出るんだ?」

女騎士「そりゃオークからだろ」

コボルト(なんかナチュラルに屑発言してませんか?)ヒソヒソ

オーク(現状だって家賃も食事も払わず家事の手伝いすらしてないからな)ヒソヒソ

コボルト(じゃあ毎日何してるんですかこのヒト)ヒソヒソ

オーク(剣と腰振ってる)ヒソヒソ

コボルト「うわぁ……」

オーク「おいコボルト、気持ちは分かるが声が大き過ぎる」

女騎士「なんでもいいから早く着させろ」

女騎士「でなければオークに傷つけられた私の誇りを取り戻すことができぬのだ!」

コボルト「誇り……?」

オーク「コイツはときどき言語が不自由になるからな、あまり真剣に考えない方がいいぞ」

女騎士「先ほどから貴様ら何なのだ、私をいったい何だと思っている?」

オーク「通常運転だろ、お前にとっては」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:27:36 ID:zj6hAy0Y

オーク「それで無理を承知で頼むがコイツに衣装を貸してやってはくれないか?」

オーク「買う羽目になると絶対に俺の金使うから」

コボルト「たかられてますねぇ……」

女騎士「たかるとはなんだ、男が女を養うのは当たり前ではないか!」

コボルト「なんですかその媚びないヒモ根性は」

女騎士「この女騎士、退かぬ媚びぬ省みぬ!!」

コボルト「オークさんはこれでいいんですか?」

オーク「もちろん嫌だから飯抜いてやったりしたこともあったさ」

オーク「だがそうすると剣を片手に飛び出してな」

オーク「しばらくして羽根を毟られたコカトリスが泣きながら家に飛び込んできた」

コボルト「サバイバルにしても幻獣狩りしますか普通」

オーク「というかご近所さんなんだけど」

コボルト「ご近所付合いに禍根残して大丈夫なんですか……?」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:31:12 ID:zj6hAy0Y

女騎士「そういえばあの種族ってトリちんぽなのか、それともヘビちんぽなのか」

オーク「基本的に鳥類にはついてないだろ、知らんのか」

コボルト「いやオークさんもそんな知識なんて持ってるんッスか」

オーク「鳥料理の下処理でよく内臓抜くしな」

コボルト「変なツッコミいれてごめんなさい」

オーク「お前も女騎士に毒され始めてるな……」

女騎士「それより衣装だ、話を逸らすな」

コボルト「えー、本気で着るつもりなんッスか」

女騎士「当たり前だ」

コボルト「かわいい女の子に着せて生で見たいって願望は確かにあるはあるけど……」

オーク「『かわいい女の子』という条件に合致しないから無理か」

女騎士「なんだと!?」

オーク「少なくとも『女の子』はもう通じないな、あと可愛げもない」

女騎士「くっ、殺せ!!」




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:36:19 ID:zj6hAy0Y

オーク「ちなみに衣装一式でどれぐらいかかるんだ?」

コボルト「えーっと、これぐらい?」

オーク「なんだ、意外と手ごろな価格じゃないか」

コボルト「あ、いや……多分オークさんの考えてるのと一桁違うッス」

オーク「なん……だと……」

コボルト「近頃はもう少し安くなってるかも知れないッスけど」

コボルト「魔界はそういうの後進国なんで割と暴利を貪られてるんですよね」

オーク「それでもお前は買うのな」

コボルト「オークさんと違ってこれぐらいしか金の使い道ないんで」

オーク「……無理を承知で再び頼むが、やはり貸してくれないか?」

コボルト「あの女を諦めさせる方向では努力しないんですか?」

オーク「いや、無理だろ」

コボルト「諦めたらそこで試合終了ですよ!」

オーク「女騎士と関わり合いになった時点で人生終了してるからな」

コボルト「確かに」




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:40:51 ID:zj6hAy0Y

コボルト「仕方ないッスね、オークさんへの同情も含めて今回は俺が折れます」

オーク「本当にスマン、今度飯でも奢るから」

女騎士「やっと話がついたか」

オーク「お前はその態度のデカさを自重する気はないのか?」

女騎士「騎士だからな」

コボルト「むしろ謙虚なものなんじゃないんスか、騎士って」

オーク「コイツの言う騎士っておよそ一般的な辞書に載ってるものとは全く別物だからな」

オーク「馬ではなく男に騎乗することしか考えてないし」

女騎士「何を言う、馬ちんぽにも騎乗する気満々だぞ」

オーク「それでその衣装とやらはどこに?」

コボルト「こっちに飾ってあるんでいま下ろしますね」

女騎士「おい誰か突っ込めよ」

コボルト「この女の相手してて疲れませんかオークさん」

オーク「この手合いには真面目に取り合わないことが長生きする秘訣だ」

コボルト「なるほど」




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:45:05 ID:zj6hAy0Y

女騎士「今から着替えるが、別にオークになら見られてもいいんだぞ?」

コボルト「そうなんッスよ、お袋もそろそろ身を固めろってうるさくて」

オーク「ちゃんといい女見つけろよ、俺が言えた義理ではないが」

女騎士「女騎士の貴重な生着替えだぞ、これを見逃したら次はないぞ?」

オーク「へえ、今ゴブリンのヤツってそんな仕事しているのか」

コボルト「従軍時代じゃ考えられないッスよねえ、思わぬ才能というか」

女騎士「あーしまったー、勢い余って下着まで脱げてしまったー!」

オーク「ニャーKB新曲だしてたのか、全く知らなかった」

コボルト「じゃあ日を改めて聞きにきて下さいよ、約束の飯もその時にでも」

オーク「ああいいぞ、今度はコイツを連れてこないから安心してくれ」

女騎士「うっ、ううう……」

オーク「な、無視が一番だろ?」

コボルト「本当だ、オークさんすげえ」




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:49:35 ID:zj6hAy0Y

女騎士「ニャーKB女騎士、完成だにゃん☆」

オーク「……」

コボルト「……」

女騎士「どうした、あまりの完成度の高さに絶句したか?」

オーク「完成度自体はまあ、控えめに評価してもそう悪くはないんだがなぁ」

コボルト「なんでしょうこの気持ち」

女騎士「私の扱いの是正を要求する!」

オーク「まず知り合いのこういう姿を見ること自体が心苦しい」

コボルト「心苦しいというか見苦しい」

女騎士「なんだと、それを貴様がいうか!!」

女騎士「画面の向こうで私と同じ姿をしている女どもを見て興奮している貴様らがか!?」

コボルト「おいアンタふざけたこといってんじゃ……」

オーク「アイドルを舐めるな」




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:54:05 ID:zj6hAy0Y

女騎士「ちょっと待て」

女騎士「実際問題として本物のアイドルと今の私にどれほどの差があるというのか?」

コボルト「あの子たちは仕事に命懸けてんだよ、一緒にすんな!」

オーク「あれらはアイドルという虚像を生み出すための不断の努力あってこそ許される存在だ」

オーク「遊び半分でにゃんにゃん言っているお前が肩を並べられるものではない」

コボルト「何より知ってる顔がそういう服着るとキッツいよなあ」

オーク「猫耳とか本当に酷いぞ」

女騎士「猫耳まで批判するのか!?」

コボルト「だってニャーKBの猫耳は自前だし、ケットシーだから本物だし」

オーク「貴様も本気になるならその頭の横についてる方の耳を削ぎ落としたらどうだ?」

女騎士「犬と豚が猫耳について熱く語り過ぎだろ!!」

コボルト「あー、そうやって見た目で種族差別するんだ、へー」

オーク「これだから人間という種族は度し難い」

女騎士「ねえそろそろ私泣いてもいいかな?」

オーク「泣く前に衣装脱げよ、涙で汚れるから」




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 17:58:15 ID:zj6hAy0Y

女騎士「……死にたい」

オーク「だから言っただろう、『誰も幸せにならない』と」

コボルト「あの衣装を誰かに着せたいっていう俺の幻想もぶち殺されました」

オーク「すまんな、こんな素材しか用意できなくて」

コボルト「コスプレって見る側と見られる側両方がノリノリで初めて成立するんだって改めて思い知らされたッス」

女騎士「私がせっかくノリノリになってやったのに勝手にぶっ冷めしてたのはどこのどいつだ!」

オーク「ぶっ冷めもなにも熱く滾った瞬間なんてここまで一度たりともなかったワケだが」

女騎士「本当は熱く滾っていたのだろう、股間とか?」

オーク「むしろ萎えた」

コボルト「あれは萎えますね」

女騎士「酷過ぎる、あんまりだ……」

オーク「それは俺らの台詞なんだが」

コボルト「放送事故ってレベルじゃねーぞ」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 18:02:56 ID:zj6hAy0Y


女騎士「もう嫌だ、私帰る!」

オーク「迷惑をかけたなコボルト」

コボルト「いえいえ、オークさんの苦労に比べたらこれぐらい屁みたいなもんッスよ」

オーク「お前からも謝ったらどうだ?」

女騎士「謝罪を要求したいのは私の方だ!」

女騎士「賠償金は体で支払ってくれていいぞ!」

オーク「すまんなコボルト、直ぐに連れて帰るから」

コボルト「サバサバ系女子ってカテゴリを崩壊させる存在ですよねそいつ」

オーク「見苦しいという意味ではバサバサ系とかの方が合ってるじゃないかな?」

女騎士「お前らの連携攻撃の精度、いくらなんでも高すぎないか?」

オーク「事前に調整しなくても共通意見が出るぐらいお前が酷い女だってことだよ」

コボルト「本当になんでオークさんはこいつと生活できてるんですかね?」

オーク「せめて何ゴミか分別できれば捨てに行くんだが」

女騎士「オークの言葉責めがいつも以上に激しい」

オーク「言葉責めとか言うな気持ち悪い」




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 18:07:33 ID:zj6hAy0Y


オーク「あー、なんだかすごく時間を無駄にした気がする」

女騎士「私で楽しんでおいて今更何を言うか」

オーク「ヒモニートのお前と違って貴重な俺の休日を潰しておいてそれか」

女騎士「いいではないか、特に予定があったワケではないのだろう?」

オーク「それでもお前に振り回されることが愉快だとは言い難いな」

オーク「さて、帰りに晩飯の食材を買っていくか」

女騎士「私は冷やし中華が食べたい」

オーク「昼が素麺だったから麺類続きになるだろう」

女騎士「別に構わないではないか、暑いし」

オーク「それもそうか……」

女騎士「トマトいっぱい乗せてトマト!」

オーク「はいはい分かった分かった」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 18:08:49 ID:zj6hAy0Y

まだぐだぐだ続けられそうだけどキリがいいのでここで終わりにします。

ここまで読んでくれた方ありがとう




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/24(木) 21:53:46 ID:0IltYZlw






25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/25(金) 00:14:09 ID:zhPXMfNI


>>12の「剣と腰振ってる」が最高にツボだった





カテゴリー「勇者・魔王・ファンタジー」のSS一覧
管理人のオススメSS
SSまとめアンテナ

 

最新記事50件