1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 21:10:24 ID:fAxpAI82

...忘れ物を取りに行ったら見たんだ...吐き気がしたよ

...実際吐いたけど

トイレでな?今もトイレでこう考えてる訳だよ

俺どうすりゃいい?

どう接すればいい?明日から女と....

元スレ
男「女(彼女)がイケメンとキスしてた」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1412770224/


 
 
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 21:13:30 ID:fAxpAI82

何かきっと女にも理由が....

あんのか?

これは浮気?

それともNTR? どっちだろう?

....まぁ似てるから...いっか

考えててもしょうがねぇや

今日は早く帰ろ夢かもしんないしな




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 21:27:58 ID:fAxpAI82

男「♪〜♪〜」ガチャ

〜廊下〜

女「ね、ねぇ?だ、大丈夫かなぁ...?」

イケメン「何がだよ?」

女「その..男に..」

イケメン「あぁ〜バレやしないよ、君はいつもどうりに男と接していてよ」

女「う、うん...分かった...」

イケメン「そうすればまた出来るじゃん、だろ?」

女「分かった...」

〜陰から〜男「(バレて無いと思うなよ..二人とも....)」

女「!?」ゾクツ

女「!?」フリムキ

イケメン「急にどうしたんだよ?」

女「い、いや何か...(背中に悪寒が...)」




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 21:32:57 ID:fAxpAI82

〜男宅〜

男「これって俺被害者だよな...」

男「だから....」

〜ここで突然のアンケートタイム〜

1 男「いや待てよちゃんと一度話し合ってみるか」

2 男「あいつらがいけないんだ...だから俺は...復讐しようと思う」




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 21:36:48 ID:0Psb2GS.






9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 21:45:47 ID:fAxpAI82


男「あいつらがいけないんだ...だから俺は...復讐しようと思う」

男「とりあえず今日は寝よう、明日...」

〜明日〜

男「母さん、いってくるよ...」


男母「あ、いってらっしゃい...(昨日からやけに暗いわね...何かあったのかしら)」

〜登校〜

ちっ、女はやはり迎えに来なかった、何がいつもと同じようにだ...

それにしてもあのメス豚が、イケメンにホイホイついて行きやがって...

こっちの気も知らずによ

(その日を境に俺の世界は一気にモノクロになった気がした)




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 21:51:40 ID:fAxpAI82

〜教室〜

女とイケメンが何か喋ってるな...

女は俺と話す時よりもイキイキしている


〜またアンケート〜

1男「さて復讐だが、メンタルをズタボロにしてやるか」

2男「もう使えない体にしてやろうかな...」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 21:52:23 ID:RfNUstOo

1




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 22:08:28 ID:fAxpAI82


男「さて復讐だが、メンタルをズタボロにしてやるか」

〜放課後〜

男「なぁ〜女〜一緒に帰ろうぜぇ〜」

女「え!?お、男!?え、その、あ、か、帰ろうか...」

男 ニヤァ...

〜下駄箱〜

男「イケメンも一緒なのね〜(好都合だな...ニヤァ)」

女「そ、そうなんだぁ〜一緒に帰ろうかって言われてね...」

イケメン「フフ、男も一緒か...いいね帰ろうか...」

〜下校中〜

男「」

女「」ヒヤアセ

イケメン「」

イケメン「なぁ女〜」肩に腕のせ




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 22:26:49 ID:fAxpAI82

女「え!?き、急にどうしたの!?///」

イケメン チラッ...

男「(そんな女、未練なんてないからな...好きにしろ)」

イケメン「...いや、何でもないやごめん」スッ肩から腕下ろした

男「」

イケメン「」

女「」ヒヤアセ

男「.....なぁ」

女「!?」

イケメン「どうした?..」

男「浮気、または寝取られってどう思う?」

女「!!!」血の気が抜けたような顔

イケメン「!」

男「すげぇいけないことだと思うんだぁ俺...」

男「だってさぁ、被害者側が可哀想だろ?」




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 22:37:02 ID:fAxpAI82

男「そしてその行為をやる奴は酷いよな」

女「...」ウツムキ

イケメン「...」ウツムキ

二人とも黙りこんだ、ここまでは予想可能だ...

男「ん?返事がないただの屍か?」

女「...」

イケメン「...」

数秒間たつと女が重そうに口を開けた...

女「........そうだね確かに...酷いよね...」

以外だ、もっと自分を庇うように言うのかと...

イケメン「あぁ...」




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/08(水) 22:51:42 ID:fMbrLEbY

徹底的にやってほしいわ
乙です




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 06:13:30 ID:QBnjRHgo


イケメン「...」

イケメンは一言言っただけで口を閉じた

イケメンは言葉を濁した答えに俺は聞こえた、自分を悪く言わないように...

〜別れ道〜

イケメン「じゃあ...俺こっちだから...」

女「......じゃ.....また、明日」

男「おう! それじゃーな!」




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 06:32:22 ID:QBnjRHgo

イケメンはそれ以上何も言わずに去っていった

帰るときのイケメンの背中には哀愁が....

するわけない、俺はあいつが....ハッキリいおう

キライだ、俺から女を奪い、そしてのうのうと生きている

罪悪感は無いのか? きっと帰りの返答はバレるのを隠すためだ

そうならあんな返答をしたのも頷ける




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 06:38:33 ID:QBnjRHgo

〜二人の帰り道〜

女「」

男「」

何だろう...正直女は許そうとしていた

だが、よく考えたらイケメンに体を許しているかもしれない

そう考えるとコイツも汚れている....

どうせ、初めてはイケメンに捧げるのだろう

もうこの“復讐”が終わったら関わって来ないで欲しい

そう願いたいな......




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 06:42:26 ID:QBnjRHgo

女「......それじゃ......」

男「んじゃーな」

女は心なしか俺に冷たい、イケメンじゃないならこんなに冷たいのか

さっさと帰ってゲームでもするか...




24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 06:48:48 ID:QBnjRHgo

〜女宅〜

今日男と久々に帰ったけど...何か危ない臭いがした...

バレてる? それはない、何もヘマなんてしていない

バレたとしてもこれは仕方ない...


女「全て男が悪いから.....」

それから数分後、愛しのイケメン君から電話が来た

内容は、「明日、俺の家に来て欲しい...ただそれだけ」




25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 06:56:38 ID:QBnjRHgo

明日は都合が良いことに3連休だ

創立記念日があるしね

だから明日はいっぱい出来そう.....

と考えていると男からメールだ

内容は相変わらず「明日、デート行こう」と文字が少ない

明日は無理だ、せめて明後日ならと送った

男もそれならと了承してくれた、とりあえず安心...




32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 19:57:59 ID:QBnjRHgo

〜明日 イケメン宅〜

女「」ピンポーン

イケメン「ハイハーイ...」ドテドテ

イケメン「やぁ、いらっしゃい」ガチャ

イケメン「まぁ、とりあえず上がってくれ」

女「お、お邪魔しまぁ〜す....」

イケメン姉略して姉「あら、誰か来たの?」ヒョッコリ

女「うぉ..!」

イケメン「う、ねぇちゃん///」

姉「(あの女の子どこかで...あぁ他の男と歩いてたわね...)」

※「他の男」というのは男のことです




33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 20:03:54 ID:QBnjRHgo

イケメン「と、とりあえず紹介するよ///」

イケメン「俺の姉の「姉」だ///」

姉「どうも〜」オテテフリフリ ノシ

女「ど、どうも...」

イケメン「んで俺の.....ク、クラスメイトの...女だ..」




34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 20:15:58 ID:QBnjRHgo

女「女です...」

姉「そう、よろしくね」(クラスメイトか、確かあの男の子も同じ制服だから弟と同じ学校)

イケメン「玄関じゃなくて俺の部屋に...」

姉「ねぇ、女さん...前まで他の男の子と一緒にいたよね?」

女「あ、あれはただの友達です...」

姉(何か焦りを感じる...ビンゴか...)

姉「じゃー今度紹介してよ♪あの男の子好みなタイプだから♪」

女「そ、それは! .......はい、言って...見ます....」

姉「ありがとー♪」

イケメン「そ、それじゃ行こうか、部屋...」

女「そうだね...」




38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 20:41:07 ID:QBnjRHgo


〜イケメン宅 イケメンの部屋〜

女(イケメン君のお姉さん、男のことタイプだって...どうしよう...)

女「...」

イケメン「なぁ女...どうせねぇちゃんと男の事考えてたろ...」

女「ふぇ!?」

イケメン「気にすんなよ...俺がいるだろ?」

女「あ、あぁ~~///」

イケメン「」ベロチュー中

女「///」

女「///」(舌が入ってきたよぉ///脳がとろけちゃう///)

イケメン「ッぷはぁ〜」

女「///」モジモジ




40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 20:55:43 ID:QBnjRHgo



〜男宅〜

うーん何か今あのメス豚がイケメンの家にいる気が....

するか、嘘なんも感じねぇ

それはおいといて、デートの約束をしたぞそこで徹底的に質問攻めにするか...

そして今日デートしようとしたがあっさり断られた

多分用事と言うのはイケメンに関係することっぽいな

さっき女の母親に電話したら

〜女母「友達の家行くって出ていったわよ?」〜

と言われたが多分友達じゃなくてそこは

”恋人”のほうが良かったろwww

.......自分で言って悲しくなってきた...誰か俺を慰めて...




41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 21:08:28 ID:QBnjRHgo

〜そして明日 男とのデート当日〜

くっ、遅い待ち合わせから10分も遅れている

....お、みんなおはよう、俺だ、男だ

今は女との待ち合わせで10分待っているところだ

ぶっちゃけ帰りたい...

などとバカ見たいな事を考えていると女が慌てて来た

女「ごめんね、遅くなっちゃって」

男「いや、俺もさっき来たから...」

アホか!俺は10分暇をもて余したんだよ!

その後俺たちは結構遊んだ、遊園地に行ったり

公園行ったり色々と

そして今は帰り

しかも周りには誰もいない、ただの夕焼け色に染まった道

絶好の時だ、やるしかないな

その決意と同時に俺は唾を飲み込み、平然を装い口を開いた




42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/09(木) 21:17:52 ID:QBnjRHgo

男「最近、女さ、俺に冷たいよね」

女「!」

男「何かイケメンとばっかり話してるよな」

男「イケメンに何かされた?」

女「えっと...き、気のせいじゃない?」

そこで女は何を思ったのか突然俺にキレた

女「っていうか、男何でそういう話題なの!? 一昨日の話題でもいったじゃん! 」

完全に逆ギレだ

つーかお前いまバラしたよな? 俺はなにをされたなんて一言もいってねぇぞ

このアマちゃんが!

男「そ、そうだったな」




53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/10(金) 05:59:47 ID:AUpVH5Oo

って取り敢えず言葉を濁すあたり俺は

イケメンとそうそう変わらない....

いいや、違うね! 俺は人の女を取るような事はしない

女「...」

男「.......?」

突然キレたと思ったらすぐに黙った

何? この子情緒不安定?




54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/10(金) 06:07:04 ID:AUpVH5Oo

取り敢えずこれ以上何も話さず帰った

いや、話せなかったのほうがいいな

話せる状況じゃねーぞ、あれ

話せる奴居ないよな? ....よな?

嘘、俺のコミュ力低すぎ!?

男「....それじゃ.....」

女「......うん」




56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/10(金) 17:56:37 ID:AUpVH5Oo

〜男宅〜

別れたあと俺はしばらく考えた

もしあれがキスしていないとすれば?

無い!無い無い無い無い!

あれは絶対にしていた....

あぁ!もういい...寝よう...




57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/10(金) 18:06:17 ID:AUpVH5Oo

〜翌日 公園の時計台野の下〜

やぁ皆、俺だ

今朝、何故か電話がかかってきた

しかもイケメンからだ....

と思ったか? 残念「イケメンの姉」という人から電話が来た

内容は「近所のモールに一緒に行かない? 噂は弟から予々聞いているよ♪」

と甘〜い声を耳元で聞いた俺は勝ち組だ

きっと美人だろうな...何せ、まぁ嫌いだがあのイケメンの姉だ

美人に違いない!

そして今は時計台で待ち合わせからしていて...トタトタ...

? 誰か来たようだ...




58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/10(金) 18:12:29 ID:AUpVH5Oo

姉「ゴメンねー遅れちゃって〜」

男「あーだ、大丈夫っす!じ、自分も今来た所ですから!」

皆、聞いて驚けよスゲー美人だぜ...

姉「そう?それなら良かったよー」ニコ

男「お、あ、はい...///」

姉「もう!そんなかしこまらないでよ」

姉「今から敬語禁止〜!」




59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/10(金) 18:24:11 ID:AUpVH5Oo

男「え、あ、そ、それは...」

姉「ダメ?」ウワメヅカイ

これはずるい! 上目遣いはきたない!

男「えっ...と、その....わ、わかっ..た」

姉「ありがと♪」

姉「取り敢えずモール、行こっか♪」

男「そうでs...あ...そう、だね」

姉「ふふ♪」




60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/10(金) 18:30:35 ID:AUpVH5Oo

〜ショッピングモール〜

男「あぁ〜何か久々に来たな〜」

姉「そうなの?」

男「ああ、一度女とデートに来てか...ら....」

姉「今はそんなこと考えないで」

男「え、...」

姉「今は私とのデートでしょ?」

男「姉...さん...」

姉「あんな女の事は何か忘れて...私.....」

姉「まだ言うのは...早い、か...」




62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/10(金) 21:23:58 ID:sHeJ4oDA

もっとイケメンと女のメンタルズタボロ+ドロッドロの話を求む




65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 02:21:36 ID:uS..rUJQ


おぉ何か意味深なセリフを...姉さん

ま、過度な期待にはよそう、ここで「あれ? この子俺のこと好きなんじゃね?」

と言うのは素人だ、ソースは俺

ショッピングモール内を結構まわっていると予期せぬ事が起きた

女「次どこ行こっか〜?」

イケメン「まだ映画までに時間はあるね」

女とイケメンがいたのだ




66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 02:27:36 ID:uS..rUJQ

ヤバいな休日に、しかもイケメンの姉さんと一緒

何か恥ずかしいー///

とか思っていると女がこちらに気付いたらしい

女「あはは、そだねー....」

女「!?」アオザメ

つか最近気付いたが女 “太った?”

まぁんなことどうでもいい

そんなことより俺の脳裏によぎった次の行動は

逃げよう




70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 21:06:03 ID:uS..rUJQ



男「姉さん...少し走るよ...」オテテヲニギッ

姉「え///ちょ、男君!?///」

男「」ダッダッダ

姉「///」

女「お、とこ........」

イケメン「......」




71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 21:16:51 ID:uS..rUJQ

〜ショッピングモール内のカフェ〜

男「.....くっ....」

姉「男君....」

姉「男君...大丈夫よ...貴方には私がいるから...」

姉「ツラい時は私を頼って?」

姉「私、男君の為なら“何だって”出来るんだから...」

何...姉さん...マジ天使だろ...

確か姉さんは彼氏無しだよな...

俺、貰っちゃおうか...

とか馬鹿げた事を今考えるのはよそう

姉さんが本気で心配してくれているから

俺の良心に傷がつく、罪悪感がこみあげる




72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 21:27:15 ID:uS..rUJQ

その後めちゃくちゃ頑張ってあの二人組に会わない用にした

少し行動の幅が狭いように感じたが

でも姉さんと居るだけで楽しかった

もしかしてこれは...恋...

MK5か!? マジで恋する5秒前なのかッ!?

〜男宅〜

男「今日は姉さんとメアドと電話番号交換したったwww」

男「ウヘヘヘwwww」

っと顔の筋肉が緩み過ぎたようだ

でも嬉しいんだもん!

アル-ハレータ、ヒ-ノコト♪

あ、メールだ




73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 21:36:10 ID:uS..rUJQ

To: 姉
題名: 届いてるかな?

ちゃんて届いてるかな?

誤字、脱字無いかに?

返事よろすくね \(^q^)/
−−−−−−−−−−−

すげー誤字が多い....そして顔文字の使いどころが間違ってる....

だが、不思議とかわいく思える....

すげーかわいい....

.......................保存しとこ.........

............さてと! 俺も返事書かないとな!




74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 21:46:54 ID:uS..rUJQ

To:男
題名:Re 届いてるかな?

届いてますよ〜
−−−−−−−−−−

っと

返信完了っ

アイマイミライ〜、カガヤキヘダーイブ♪

あ、母さんから電話だ...




75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 22:01:15 ID:uS..rUJQ

〜明日 登校〜

オッス皆、俺だ

今日は辛いな〜三連休もあったんだ....

休み明けの何かドッと来るやつが今日はやけに強く感じる

んな変な事ををまた淡々と考えていると

友「オーッス! うへへwまたシけた顔してんなw」

はぁ〜また五月蝿いのが...

でも嫌いになれないんだよな〜コイツw

男「うるせー、言うなw」

友「あはははw」

友とパンの耳は必要か必要で無いか、や

H本をどうやったら母に見つからずに生活出来るか、また

どう処分するか、とか、母親の異常な悟り能力、等々

ホントにくだらないことを本気で話し合った

朝まで生テレビ出れるレベルだな




76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 22:16:48 ID:uS..rUJQ

〜学校 廊下〜

友「いや、だからぁ〜おでんといえば大根だろうが〜」

男「いいや! 違うね、ちくわだろ!」

友「おいwちくわは流石にショボすぎだろw」

女「」キュッキュッキュッ

あ、女だ...

友「やっぱ大根だろ〜上手いしでかいし」

女「」チラッ

女「」ウツムキ

お、一瞬こっち見たが、知らないふり知らないふり....

友「大根って上手いよな〜俺、大根好きだ」

そういえば女、また“太ってきたな”

友「あの白い肌から汁を吸って茶色に...最高だ〜って聞いてンのかよ、男」

男「あぁ聞いてるぜ? 白い肌からガングロになっちゃったんだろ?」

男「メイクは部族みたいになのだろ? いつの時代だよw」




77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 22:24:49 ID:uS..rUJQ

友「何でそこだけ聞いてんだよ〜ちげーよ」

友「大根の話だろうが! 全く〜」プンプン

男「あ〜はは悪い悪い....」

まさかこの後、平和な男の日常が一気に壊されるとは

被害者の俺にも分からなかった....




78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 22:44:33 ID:uS..rUJQ

〜放課後 廊下〜

男「父ちゃんも♪ じいちゃんも♪ ばあちゃんも♪」

男「たかし君も♪ マンドリルも♪」

男「ブードキャンプにいくのなら〜♪」

男「....あ、ペンケース忘れた!」

男「やべやべやべぇ! 早く教室に!」ダッダッダ

〜教室前〜

男「WAWAWA忘れ物〜」

っと俺は窪みに指を掛け開けようとした...その時

デジャブ的なのはホントにある

アヒィモウダメェ~♡ ンホォ♡ ピチョンピチョン!!

と不協和音が聞こえてくる....

エ、「ニオイヲツケテオカナイト」ッテ♡ キノウモ...♡ ウヒィ♡ ヤッタジャン♡

くっ....耳が腐る...




87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 21:24:14 ID:BF4mVyPQ

そこで俺は何を思ったか、扉にまた手をかけ直し

ゆっくりと重いドアを開けるように、ゆっくり、ゆっくりと

扉を横に開いた.....

男「」ガラガラ.....

女「うひぃ♡ 」

女「ひぎぃ♡」

イケメン「」(真顔)パンパンパンパンパン

イケメンが無言で、しかも真顔で腰を振ってたのには正直吹き出しそうになった

女「うぁ♡ おとこぉ♡」

女「み、見てぇ♡ イケメン君と繋がって♡ あひいん♡」




88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 21:41:59 ID:BF4mVyPQ

男「...そうか」

コッチ見るな...口を開くな...

女「でもね? モチロン♡ 男も好きだよ♡」

俺は普通あまりキレない

友達も俺のキレた所は見たこと無いと言う

でも今回ばかりは俺も.....

.......キレた......

女「だ、から~♡ 今度はおとk....」

男「俺は嫌いだ」

女「....え?」

イケメン「」パンパン......

イケメンも空気を読んだのか腰を振るのを止めた

そしてこの“ゴミ女”は耳が完全に腐ってるらしい

だから俺はもう一度、口に出した

ハッキリと.....




89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 21:49:06 ID:BF4mVyPQ

男「俺はお前が嫌いだ....大っ嫌いだ」

女「う、嘘よ.....」

男「嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い(ry」

女「う、嘘よそんなの嘘よ!!」ポロポロ

イケメン「女、あんな男居なくても...俺が....」

女「あんたは黙ってて!!!!」

イケメン「!?」

はぁ〜、つくづく思う

男「最低だな、この女」

女「!?」

男「じゃあ、俺帰るからじゃあね」

女「ま、待って! これは、これは違うのよぉ」ポロポロ




91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 21:54:34 ID:BF4mVyPQ

何が違うんだ....

女「こ、これは...イケメン君にたぶらかされて....」

イケメン「!?」

イケメン「き、君から「あんな男飽きたから」って言ってきたんじゃないか!」

女「!?」

女「で、でもね私あなたの事をまだ大好きだからぁ〜」ポロポロ

女「もう一度、もう一度チャンスを頂戴〜」ポロポロ

何をすがってる...気持ち悪い....ヘドがでる

男「離れろ...今日を持って俺らは赤の他人だ」




92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 22:03:32 ID:BF4mVyPQ

女「....おとこぉぉぉぉぉ」ゴウキュウ

男「」ガラガラピシャッ

〜学校 廊下〜

ッはぁ〜清々したぜぇ

さぁー帰って男泣きだなこりゃ.......


〜後日〜

あの一件から数日

誰が噂を流したか知らないが スットボケ

イケメンには「寝取り魔」「見た目はイケメン中身はゴミクズ」のレッテルが貼られ

女には「痴女」「尻軽女」等と陰で言われるようになった

そのせいで二人とも今のところ学校に来ていない




93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 22:09:28 ID:BF4mVyPQ

ま、俺はそんなの知ったこっちゃねぇーが

急に話を変えるが、夏目漱石が書いた

「こころ」と言う本をは知っているか?

あれを一度読んだら共感しまくりでな〜

多分この本に共感出来るのはこの一件と

どこか似ている所があったからかも知れない....もう思い出したく無いものだ

姉「男ーほらーお弁当作ったから一緒に食べよー」

男「お、今いくわ〜」




96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 22:18:47 ID:BF4mVyPQ

〜屋上〜

やっぱ、彼女の手作り弁当は最高だ パクパク

姉「そ、その声にでてるよ////」

男「う、うおマジか///」

姉「でも嬉し///」

男「///」

姉「お、男? す、好きだよ...///」

男「お、俺も好きだ///」

ヤバい....最高だこのやり取り....

そしてあの一件で変わったのはもう一つある

〜教室〜

モブ太郎「大丈夫か? 男....」

モブ実「かわいそう...男」

何故か必要以上に同情がかかるのだ

んな安い同情はいらねー!




97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 22:24:53 ID:BF4mVyPQ

と思ってしまうのはあの一件が頭に残っているからだろう

ま、別に関係ないが

男「!?」ブブルブル

な、何だこの悪寒!?

モブ王「お、おい大丈夫かよ」

男「あ、あぁ多分平気...」



〜女宅〜

女「男好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き(ry」


〜fin〜




98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 22:27:12 ID:BF4mVyPQ

完結しました〜
ホントに初投稿なので緊張しました〜
ここまで見てくださった心優しいかた有り難うございます
また書くかは分かりませんが機会が有れば投稿したいと思います




99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 22:30:36 ID:tWns3bD2

おつー




100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 22:33:27 ID:CX39puGM


若干続きが気になる




101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 23:22:11 ID:1gpgkTUk

男と姉がハッピーエンドになっただけですっきりだわ。
次回作も頑張ってね




102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 00:12:09 ID:5t6qOYxI

やっつけ感あるけど面白かった
更なる進歩に期待





カテゴリー男「」女「」のSS一覧
管理人のオススメSS

 

最新記事50件