1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)15:04:56 ID:DeSVJXENT

母「ケータ、何でもかんでも妖怪のせいだの他人のせいにしてたらダメよ」

ケータ「本当に妖怪はいるんだよ!ほら、この時計で見れば見えるよ!」

母「ただの腕時計でしょ。(精神科に連れて行ったほうが良いかしら・・・)」
元スレ
ケータ(30)「面接が受からないのは妖怪のせいだ・・・・」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1409897096/


 
 
4: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)15:10:57 ID:DeSVJXENT

ケータ「くそっ!またお祈りかよ!」

母「ケータ、次があるわよ。頑張りなさ・・」

ケータ「妖怪のせいだ!」(バシッ)

母「痛っ!ケータ!お母さんになんてことするの!」

ケータ「うるさい!」




8: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)15:17:26 ID:DeSVJXENT

俺の名はケータ。30歳。
小さい時、ウィスパーと言う妖怪がくれた「妖怪ウォッチ」で
いろんな妖怪と友達になってそれはそれは不思議で楽しい青春だった。
しかし、そんな生活は中学で消えた・・・




11: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)15:20:42 ID:GX7drRzaS

妖怪面接落としか・・・
こいつは厄介なやつにつかれたな




17: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)15:26:26 ID:DeSVJXENT

中学時代-----

ケータ「出て来い!俺の友達!」


フミちゃん「やだぁ〜アイツまだ変なことしてるんだ〜」

クラスメイト1「フミちゃん、同じ小学校なんだっけ?」

フミちゃん「うん。小学校の時は空気を読んですごいね〜とか
褒めてたけど今もやってるなんてきも過ぎ〜」

クラスメイト2「そうそう、この前、公園で何も無いのに会話してたよ〜」

フミちゃん「うっわぁ」







20: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)15:34:03 ID:DeSVJXENT

DQN1「おい、なんだそれ」

ケータ「妖怪ウォッチのことか?これを付けると妖怪が見えるんだ!すげーだろ?」

DQN2「まじかよwwwwwwwwwwwwwwww」

DQN3「おい、貸せよwwwwwwwwwwwwwwwマジで見えるのかよwwwwwwww」

ケータ「壊すなよ」

DQN1「わーってるよ!」(カチャ)

DQN1「・・・・おい、見えねーぞコラァ」






27: ◆Y5SBz5kiGs 2014/09/05(金)16:52:12 ID:DeSVJXENT

ケータ「見えるよ!そうだ、ここにメダル入れて!」

DQN1「あん?ここか?」(カチャン)

妖怪メダル「ニャイーン!」

DQN1「ボイスじゃねーか!なめてんのかゴラァアアアア!」




29: ◆Y5SBz5kiGs 2014/09/05(金)16:58:31 ID:DeSVJXENT

ケータ「そんな・・・壊れてるのかな・・・ちょっと見せて。僕がやる」

カチャン

妖怪メダル「ニャイーン!」

ケータ「あれ?」

カチャン

妖怪メダル「ニャイーン!」

ケータ「オレの友達!出てこいジバニャン!」

カチャン

妖怪メダル「ニャイーン!」


ケータ「・・・・・出ない」






32: ◆Y5SBz5kiGs 2014/09/05(金)17:03:43 ID:DeSVJXENT

DQN1「おい、妖怪は?」

ケータ「・・・・。」

DQN2「なぁ、もしかしてお前・・・ヤクやってる?」

ケータ「幻覚じゃない!本当にいるんだ!」

DQN3「なら何で出ないんですかぁwwwwwwwwwwww?」

ケータ「そ・・・それは・・・」




42: ◆CWuNQPYO56 2014/09/05(金)23:45:36 ID:N4WDmdgMR

DQN1「なんだよ」

ケータ「霊感が弱くなったかもしれない……」

DQN1「はぁ?」

ケータ「見えないし出てこないんだ。声だけなんて今まで無かった……」

DQN2「やっぱりヤクやってんじゃね?こいつ…」

DQN3「何言ってんのかわかんねぇよ…」

(キーンコーンカーン……)

教師「おい、一時間目の時間だぞー席につけー」

DQN達「やべっ」

教師「ん?」




44: ◆CWuNQPYO56 2014/09/05(金)23:53:14 ID:N4WDmdgMR

ケータ「?」

教師「ケータ君、それは何ですか?」

ケータ「え?妖怪ウォッチですけど……」

教師「それ付けて学校に来たの?」

ケータ「そう…ですけど」

教師「はぁ……、あのさぁ、校則読んだ?学業に関係無いものを持ってくるのは駄目って書いてあるんだけど」

ケータ「でも小学校ではOKでしたよ!」

教師「ここは中学校です。没収します。」

ケータ「そんな……っ!」




46: ◆CWuNQPYO56 2014/09/05(金)23:59:19 ID:N4WDmdgMR

ケータ「カンチだっていつもヘッドフォンしてますよ!」

カンチ「え?」

教師「ヘッドフォン何かしてませんよ?」

ケータ「嘘だ!小学校の時からしてたよ!なぁ、カンチ!」

カンチ「何言ってんだ、ケータ。そんな事してたら先生に怒られるしそもそも持ってこないだろ」

ケータ「………。」

教師「寝ぼけてるなら顔を洗って来なさい」

クラスメート「きゃはははははは!」

ケータ「はい……。(本当なのに……)」(ガラガラ)





49: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:07:37 ID:Dw7x8dlSy

僕はその後、顔を洗いにトイレに行った。教室には戻れなくて放課後までトイレで泣いた。
途中、教師がノックして来たけど無視した。そしたら「中学生になっても玩具で遊んでるんじゃねーよ、キモヲタ」と冷たい一言を言われた………

何で本当の事を言っただけなのにこんな酷い事を言われるんだ。
その日から僕は学校に行かず、不登校&引きこもりになった。




54: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:13:53 ID:Dw7x8dlSy

中学校卒業の時に没収された妖怪ウォッチが宅配で帰ってきたけどボロボロだった。メダルはヒビが入っていて泣きたくなった。
内申点はボロボロで第一志望だった高校は落ち、辛うじて別の高校に受かり、入学したが僅か一年で自主退学。
母がせめて高校だけは卒業しなさいと定時制の高校に通って何とか高校を卒業出来た。




55: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:20:31 ID:Dw7x8dlSy

ケータ(18)-----

ケータ「憧れのレベル99で働くんだ!面接頑張るぞ!」

…………

面接官「えーっと、あなたは中学校時代、不登校だったそうですが何でですか?」

ケータ「ぇ…ぁ……、……ぃ………て…」

面接官「大きな声でお願いします(こいつ、駄目だな……)」

ケータ「あ…その……いじめられ……」

面接官「あー、はい、分かりました。今日はもう良いですよ。お疲れ様でした」




57: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:24:54 ID:Dw7x8dlSy

ケータ「え…?あの…っ!まだ3分ですよ!?」

面接官「次の方、どうぞー」
面接官「ほら、早く出て!」

ケータ「……。」

(ガチャ)

カンチ「あ」

ケータ「!」

カンチ「退いてくれませんか?」

ケータ「え……」




58: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:31:38 ID:Dw7x8dlSy

カンチ「僕は幼いときから……ペラペラ」

面接官「(こいつ…採用!)」

---一方、ケータは


ケータ「もう不採用だよ。何だよ不登校だからって……」

クマ「あれ?ケータじゃねぇか」

ケータ「!?」

クマ「お前もレベル99の面接に来たのか!」

ケータ「ぁ……うん。」

クマ「頑張れよ!」

ケータ「ありがとう……」




59: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:36:25 ID:Dw7x8dlSy

しかしレベル99から来た通知は不採用、お祈りだった。
憧れの会社、筆記試験は受かり、最終面接まで行ったのに……。
僕は絶望した。そしてまた引きこもり生活に戻った。


月日は流れ、成人。
家族は成人式に行けと言われたが行ったフリをしてヒトカラに行った。




60: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:40:45 ID:Dw7x8dlSy

ケータ(30)-----

ハロワに行き、様々な会社へ面接に行くが採用されず、気が付いたらアラサーになってしまった。
もう100以上は面接したと思う。なのに全く受からない。


ケータ「またお祈りかよ!いらねーよ!」(ビリビリ)

母「ケータ、諦めちゃ駄目よ!頑張りなさい」

ケータ「妖怪だ……妖怪のせいだ……」

母「妖怪?」

ケータ「僕が面接に受からないのは妖怪のせいだ!」




61: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:44:13 ID:Dw7x8dlSy

母「ケータ、まだ妖怪を信じてるの?妖怪はいないのよ?」

ケータ「本当にいるんだよ!信じてよ!ほら、ジバニャンだよ!(カチャ)」


妖怪メダル「ニャイーン!」


母「それ、おもちゃでしょ?」




62: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:48:17 ID:Dw7x8dlSy

母「ねぇ、ケータ。精神科に行きましよう。言いたくないけど…最近、おかしいわよ?」

ケータ「おかしいのは母さん達だよ!カンチは糞真面目になってるし、フミちゃんはギャル、クマはスリムになってるし……。おまけにカンチ、ヘッドフォンしてたの覚えてないんだ!」

母「ヘッドフォン?カンチ君、そんなのしてないわよ?」




64: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:51:19 ID:Dw7x8dlSy

ケータ「嘘だ!だって僕は小学校の時から妖怪ウォッチを付けてた!カンチはヘッドフォンを付けてた!だけど先生は何も言わなかった!」

母「冷静に考えなさい、ケータ。そんなの付けて登校したら先生に怒られるでしょう?」

ケータ「そうだ……アルバム見てよ!」




65: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)00:54:46 ID:Dw7x8dlSy

僕は母に卒業アルバムを見せた。

母「付けてないわよ?ねぇ、ケータ。精神科に行き…」

ケータ「本当なんだって信じてよ!妖怪もいるんだ!」

母「はいはい、明日行くわよ」




70: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)01:00:52 ID:Dw7x8dlSy

母にも信じて貰えず、次の日、僕は精神科に連れてかれた。

医師「えー、妖怪がいると?そして妖怪ウォッチを……カキカキ」

ケータ「信じてくれますか?」

医師「えーっと、まず、君が持ってる妖怪ウォッチを見せてくれる?」

ケータ「はい…」

医師「……うーん。大事に使っていたんだね。傷はあるけど少ない。これで妖怪か見えたり、出てくるんだよね?」

ケータ「はい」




71: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)01:03:32 ID:dSqpQlbWO

ケータもう休め……




72: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)01:04:44 ID:Dw7x8dlSy

医師「おぉ、まだ光るんだね」

ケータ「?」

医師「えーっと、メダルはどこに入れるの?」

ケータ「ここです。傷があるから入りにくいかも…」

医師「ここね。よいっしょ……」

ガ…ガガ…ガチャン




73: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)01:07:55 ID:Dw7x8dlSy

妖怪メダル「ニャイーン!」

医師「おぉ、ジバニャンじゃないか。」

ケータ「ほら!妖怪はいるんですよ!信じてくれますよね?」

医師「もう一度……」

ガチャ

妖怪メダル「ニャイーン!」

医師「なるほど……」

ケータ「ね?妖怪はいるんです。」




75: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)01:14:44 ID:Dw7x8dlSy

医師「次に君の友達について話してくれる?」

ケータ「フミちゃん…フミカちゃんは清楚で可愛い女の子。いつもニコニコしていて優しい子だよ。カンチは幼いときからヘッドフォンしてる奴。いつもクマといたよ。クマは見た目はでかくてジャイアンみたいな奴と思いきや優しい奴。カンチとよく遊んでたよ。」

医師「うん、うん……カキカキ」

母「………。」

医師「ケータくんは○○小学校出身だったよね?」

ケータ「そうですが…」

医師「ちょっと待ってね。(prrr…)」





76: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)01:19:06 ID:Dw7x8dlSy

医師「あ、もしもし。○○小学校ですか?……はい、はい………あー、そうですか。……はい、ありがとうございましたー(ガチャン」

ケータ「あの…」

医師「お母さん、すみませんが退室してくれますか?」

母「はい」

ケータ「え?あ……あの…っ!(何かやばいのか?)」

医師「ケータ君、落ち着いて聞いて欲しい。君が持っている妖怪ウォッチは……」

ケータ「……?」

医師「ただの玩具なんだよ」




78: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)01:23:59 ID:1Q5RW4XWR

ケータ…




79: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)01:24:59 ID:Dw7x8dlSy

ケータ「プッ……あはははは!びっくりしたじゃないですかぁ。癌とかやばい病気かと思いましたよ」

医師「まだ分からないのかい?」

ケータ「?」

医師「カタカタカタ……今はもうプレミアで買えないんだけど、これ。アマソンにあるでしょ?」

ケータ「……30万!?」

医師「君は妖怪が出てくると言ったよね?これば妖怪の音声゙が出てくるんだよ?」




80: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)01:29:16 ID:Dw7x8dlSy

ケータ「え?」

医師「セットした妖怪メダルの音声が出てくるんだ。例えばオロチのメダルを入れるとオロチの音声が出てくる。君が言ってるのはアニメや漫画の話だね。
こう言えば分かりやすいかな?
現実にポケモンはいるかい?」


ケータ「ポケモンなんて現実にはいませんよ?」

医師「つまり、ジバニャンやオロチは現実にはいないんだよ。」

ケータ「え……」




81: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)01:33:18 ID:Dw7x8dlSy

医師「これはアニメや漫画に出てくる妖怪ウォッチを再現した玩具なんだ。」

ケータ「じゃあカンチ達は!?」

医師「調べたらそんな名前の人はいなかったよ。ヘッドフォンしてる人はいなかった。全ては君の妄想だったんだ。」

ケータ「嘘だ!僕は確かにフミカちゃん達と遊んでたよ!」




84: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)03:15:06 ID:Dw7x8dlSy

医師「君は友達が欲しかったけど、出来なくて孤立していた。遊び相手がいなくて寂しかったある日、妖怪メダルと言うものを知る。そしてその世界に入り込みすぎた………」





85: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)03:18:16 ID:Dw7x8dlSy

医師ここまでくれば分かるか?君はそこにいない何かと・他人と会話してたんだ。カンチやフミカちゃん、クマと思っていたのは……」

ケータ「やっぱり……そうなんですね。」

医師「ケータ君……」




88: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)03:31:44 ID:Dw7x8dlSy

ケータ「僕は欲しかったんだ。友達が……。だけどなかなか出来なくて。そんで当時話題だった妖怪ウォッチの話をすれば友達がすぐに出来ると思ってた……

……でも駄目だった。
出来たのはいじめっ子だった。
もう友達は出来ない、これが運命なんだと友達作りは諦めて代わりに妖怪を妄想(イメージ)してた。」





89: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)03:35:27 ID:Dw7x8dlSy

ケータ「霊感があるフリをして実際にはいないのに会話してた。気が付いたらエスカレートしていって…………うっ、グスッ」

医師「もういい、もういいんだケータ君……」




91: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)05:13:08 ID:Dw7x8dlSy

医師「寂しかったんだね。妄想すればたくさん(架空の)友達が出来るもんね。」
ケータ「……」




94: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)08:29:05 ID:Dw7x8dlSy


バン!

母「ケータ!」

ケータ「母さん!?」

母「ごめんね、気付いてなくてごめんね。」




95: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)08:35:15 ID:Dw7x8dlSy

母「おかしな子だと思って精神科に連れてごめんね!いじめられてるのに気付かなくてごめんね!」

ケータ「母さん……」

医師「母さん、少しの間ですがケータ君を入院させます。詳しく検査を…」

母「そうですか…」

医師「大丈夫、心配…」

ケータ「まぼ老師……」

母「え?」

ケータ「まぼ老師だ!」




97: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)08:43:48 ID:Dw7x8dlSy

ケータ「寂しかった僕にまぼ老師が幻を見せてたんだね!」

母「け……」

医師「そうだね、妖怪のせいかもね。」

ケータ「ほら、妖怪はいるんだよ」

母「ケータ……」

医師「ケータ君、今日から入院してもらうよ。」

ケータ「え」

医師「君は深刻な程、精神がやばいんだ。詳しく検査したいからしばらく……否、精神科病棟で生活してもらう。」

ケータ「帰れないって事?」

医師「あぁ、母さんの為にも君は検査をしたり、リハビリをして元の生活に戻るんだ。」

ケータ「なんだよそれ……そんなのおかしいよ!」




98: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)08:49:36 ID:Dw7x8dlSy

医師「ケータ君、正直に言おう。君は統合失調症だ!」

ケータ「嘘だ!」(ガシャーン!)

医師「おい、安定剤を!」

助手「はい!」

ケータ「おい!何だよ!妖怪はいる!フミちゃんやカンチもいる!」(ジタバタ)

医師「くそ…っ、無理にでもやるしかない」(ブスリ)

ケータ「うわああああ!!」




99: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)08:55:54 ID:Dw7x8dlSy

ケータは友達が一人もいなかった。
当時話題だった妖怪ウォッチを見せれば出来ると思いきや出来ず、代わりにいるはずのない妖怪を妄想していた。
次第にその妄想はエスカレートし、いるはずのない友達まで妄想してしまった。
たまたまアニメと同じ名前だった為、現実とアニメの世界が分からない程、深刻になってるとは気付かず、時は流れていたのだ。





101: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)09:05:00 ID:Dw7x8dlSy

母は僅かに気付いていた。しかし、世間の目を気にして見てみぬフリをした。
我が子をおかしな子と認めたくなかった。
だが30歳になってもおかしな事を言ったりするとは思わなかった。

そしてついに精神科に行ったが医師が告げた病名に母は絶望した。

「ケータは二度と治らない。」

医師は言ってないが母は分かった。




102: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)09:15:01 ID:Dw7x8dlSy

ケータ(35)-------


ケータ「あはははは、本当に妖怪はいるんだよ。この妖怪ウォッチで見えるんだよ!」

看護師1「あの人、また同じ事言ってる……」

ケータ「出てこい!俺の友達!人面犬!」

看護師2「アニメと現実が分からないのよ」

看護師3「妖怪ウォッチだっけ?」

看護師2「あ、3ちゃんは新入りだから分からないか。あの人はケータ君と言ってね………ペラペラ」

ケータ「ゲラゲラポーゲラゲラポー♪フゥー!」

看護師3「可哀想ですね…」

医師「ケータ君、検査の時間だよー」

ケータ「先生、妖怪は本当にいるんですよ!」

医師「はいはい、そうだね。まずは血液検査するよ」




ケータが治ったかどうかは誰も知らない―――


[終]




104: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)09:15:57 ID:Dw7x8dlSy

誤字ったり、書き溜めてなくて遅くなってごめんね。

読んでくれてありがとう。




105: ◆CWuNQPYO56 2014/09/06(土)09:32:37 ID:Dw7x8dlSy

最後に

良い子の皆は悪い事をしたら妖怪や他人のせいにしちゃ駄目だよ!




106: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)09:33:54 ID:1EYXeusDa

面白かった






107: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)10:45:38 ID:v1GfSHcNz

すいすい読み進めてしまいました
アリゲラポーゴザイマス

妖怪と共生できる社会、むつかしいですね




110: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)12:42:27 ID:2VUtRvvjO

>ケータ「ゲラゲラポーゲラゲラポー♪フゥー!」

フゥー!じゃねぇよwww
なるほどケータと同じ名前の子だったというオチか
言われるとありきたりなパターンだけどすっかり
マジもんのケータの話かと思ってのめり込んで読んでた
面白かったよ乙!





カテゴリー「その他版権物SS」のSS一覧
管理人のオススメSS

 

最新記事50件