1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)23:28:53 ID:oNcqmHCdD

コナン「あいつ、俺やお前の影に隠れててあまり目立ってないけどさ…落ち着いて考えてみれば、あんな小学一年生いるわけねーよ」

灰原「そうかしら…」

コナン「そうだよ」

コナン「小一っていったら、普通は意味分かんないことでいきなり奇声上げたり、ギャーギャーうるさく泣き喚いたりするもんだろ」

灰原「…あら、あなたって意味分かんないことでいきなり奇声上げたり、ギャーギャー泣き喚いたりする小学生だったの?意外ね…」

コナン「ば、バーロー!んなわけあっかよ…」

コナン「でも、なんかアイツは落ち着きすぎっていうか、知識豊富すぎっていうか…」

コナン「…考えたら、歩美や元太も結構分別ついてる方かもな…だって小一だぞ、小一…」

灰原「(あなたは新一)」
元スレ
コナン「なあ、光彦って賢すぎないか?」 灰原「そうかしら?」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1408890533/


 
4: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)23:30:59 ID:oNcqmHCdD

コナン「…」

コナン「一体なんなんだあいら…考え出したら違和感が凄いことになってきた…」

灰原「ちょっと気にしすぎじゃない?」

灰原「円谷君も、確かにちょっと知識豊富な子供かも知れないけれど…ありえないってほどではないでしょう。早熟な子はどこにだって居るわ。中学に上がる頃には凡夫になってるわよ」

コナン「…そうかな」

灰原「そうよ」

コナン「んー…そーかなー…」




7: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)23:33:25 ID:oNcqmHCdD

次の日 帝丹小学校


小林先生「はい、じゃあ今日の帰りの会はこれでおしまい。みんな、気をつけて帰るのよー」

生徒たち「はーい!!」


ガヤガヤワイワイガヤワイワイ


元太「おい、コナン!今日公園でサッカーやろうぜ!!」

歩美「やろやろー♪」

コナン「ああ、いいけど…」

光彦「コナン君、ちょっとは手加減してくださいよ?君は本当にサッカー上手なんですから…」

灰原「そうよ、大人気ないわねぇ」

コナン「へいへい、わかってるよ…」

コナン「(…やっぱ考えすぎか。こいつらも普通の小学生…)」

コナン「(しっかし、名探偵だった俺が今じゃ放課後に小学生とサッカーか…泣けてくるぜ)」ハァ




9: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)23:35:17 ID:oNcqmHCdD

小林先生「あ、ちょっと江戸川君!」

コナン「はい?」

小林先生「ちょっと持って帰ってもらいたい書類があるから、後で職員室まで来てくれる?ちょと時間かかると思うけど、先生は先に行って準備しておくから」

コナン「……?はい。わかりましたー。(書類ってなんだろ?)」

先生「じゃ、よろしくね〜」スタスタ

コナン「…だってさ。今聞いたとおりだ」

コナン「ワリィ、今日は無理だ」

元太「ちぇっ、しゃーねぇなぁ」

光彦「全く、君はいつも抜け駆けしますねぇ」

コナン「(それはまた意味が違う気がするが…)」




10: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)23:36:49 ID:oNcqmHCdD

歩美「でも先生に呼ばれてるならしかたないねー」

灰原「じゃあ今日は江戸川君抜きでサッカーしましょうか」

光彦「でも、その方が2対2で丁度いいかもしれませんね!」

元太「とにかく、公園行くぞー!!」

一同「おー!!!」ダダダッ


コナン「全く、毎日元気な奴らだぜ」


職員室

コナン「失礼しまーす。先生に呼ばれてきた一年の江戸川ですけどー」

小林先生「ああ、江戸川君。こっちこっち!」クイクイ

コナン「あ、はい」スタスタ

小林「ごめんね。放課後に来てもらっちゃって」

コナン「いえ、大丈夫です。それで、渡したい書類ってなんなんですか?」

小林先生「えっとね…江戸川君の、ウチへの転校手続きに関する物なんだけど…」

コナン「……へ?」




12: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)23:38:12 ID:oNcqmHCdD

コナン「(転校って…あれってアガサ博士が手続きしてくれたんだよな?確か…)」

コナン「(…あれ?そういえば、俺って戸籍とかどうなってんだ?博士はなんとかしたって言ってたけど、そんな簡単なもんなのか?)」

小林先生「江戸川君の前の小学校に関する書類と、あと住民票ね。そこに不備があったの」

コナン「え…ふ、不備ですか?」

小林先生「ええ。まあ不備って言うか、その書類がないって話なんだけどね」

コナン「ああああーっと、いや、それはですね…えー…あー…えっとぉー…(は、博士のヤロー…!適当な仕事しやがって…!!)」バーロー

小林先生「まあ単純な提出忘れだと思うから、今日は他の書類を持って帰って、明日にでも足りない部分を満たして持ってきてもらえる?」

小林先生「そうしてくれたら後の面倒な手続きとかは先生がやっちゃうから!」ニコッ

コナン「(やっべー……)」

小林先生「江戸川君?」

コナン「……あ、は、はい…わかりました…」

小林先生「じゃあ、よろしくね〜」

コナン「(うわぁ〜………)」




16: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/24(日)23:44:31 ID:oNcqmHCdD

帰り道 通学路


コナン「やっべーぞ、これは…」テクテク

コナン「家に持って帰れって言われたけど、これ手続きしたの博士だからな…博士に相談するしかないか…」テクテク

コナン「しかし、どうすりゃいいんだよ。いくら博士でも住民票の偽造とか改ざんとか、そんな高度な事できるのか…?」テクテク

コナン「……」テクテク

コナン「って、それ犯罪じゃねーか…くそっ…」テクテク

コナン「ちくしょー、こんな当たり前の問題を今まで忘れてたとは、俺としたことが…」

コナン「(…そういえば俺高校の出席日数とかもやべーんじゃ…?留年とか洒落にもなんねーぞ、おい…)」

コナン「ハァ…」

コナン「まあしゃーねぇ、とりあえず博士に相談…って、ん?」チラッ

コナン「あれは…」



元太「…」ボソボソ

歩美「…」ボソボソ

光彦「…」ボソボソ

灰原「…」ボソボソ



コナン「なんだ。あいつら、ここの公園にいたのか。…って、サッカーもしねーでなにやってんだ?」




19: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/24(日)23:48:54 ID:oNcqmHCdD

コナン「おーい!!おめーら!なにやってんだー?」ダダッ

元太「!!…オイ」

歩美「ウン」

光彦「…コナン君じゃないですかぁ」

灰原「用事はもう済んだの?早かったわね」

コナン「おう」

コナン「で、おめーらサッカーしてないのか?ボールもねぇじゃねーか」

元太「あ、ああ。まあな」

光彦「結局、4人だけだと各個人の運動量が多くなりすぎると判断したので、サッカーはやめておいたんですよ」

光彦「今は夏真っ盛りですし、僕達のような子供がオーバーワークするのは危険ですからね。熱中症などもありますし」

コナン「ふ、ふーん…(やっぱこんな小一いねぇよなぁ…)」




21: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/24(日)23:51:10 ID:oNcqmHCdD

コナン「じゃあよ、ここで何してたんだ?さっき何か話し合ってたろ?」

歩美「それは…」

灰原「それより工藤君、先生に渡された書類ってなんだったの?」

コナン「ん?…ああ。ちょっとな…」

コナン「(そうだ。同じ境遇なんだから灰原にも相談しとかねーと…)」

コナン「おい、灰原、ちょっと話してーことが…」ボソボソ

灰原「なによ…」

歩美「あれ?コナン君達がなんかコソコソ話してるー?」

元太「なんだよお前ら!隠し事はよくねぇぞぞぞ!!」

コナン「バーロー、そんなんじゃねーよ…(ちっ、しゃあねーな。おい灰原、博士の家で話そう)」ボソボソ

灰原「なんだか知らないけど、重要なことみたいね。わかったわ」




29: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)00:00:44 ID:8NSmhzdMR

阿笠邸

博士「どうしたんじゃ、新一。なにか用か?新型メカなら只今鋭意製作中じゃぞ!」

コナン「いや…」

灰原「なんだか私たちに話があるみたいよ?それも結構深刻な、ね」

博士「ほう?なんだか怖いが…とにかく聞かせてもらおうか」


・・・・・

コナン「…ってことなんだよ。おい博士、どうなってんだよ」

博士「ふむ…転校の手続きに問題あり、とな…」

コナン「住民票すらねぇって、そりゃ突っ込まれて当たり前だろ、どうすんだよ?」

灰原「工藤君、ちょっと落ち着きなさいよ」

コナン「バーロー!これはお前の問題でもあるんだぞ!」

コナン「このままじゃ俺達の正体が世間に明るみになる可能性が 博士「いや、ちょっと待て新一」

コナン「なんだよ!?」

博士「先生は住民票がない、と言ったんじゃな?そしてその他書類にも不備があったと…」

コナン「ああ」

博士「それはおかしいのぉ」




32: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)00:14:31 ID:8NSmhzdMR

コナン「…どういうことだ?」

博士「いやなに、お前の転校手続きに不備などないハズなんじゃよ」

コナン「…?いや、しかし現に…」

博士「もちろん住民票もきちんと提出したはずじゃぞ。そんな、すぐにバレるような危険なことをするワケがなかろう」

コナン「コナンの住民票なんかないだろう。どうしたんだ?」

博士「ワシも一応技術者の端くれじゃからの。なんとかなったわい」

コナン「(なんとかって…偽造かよ)」

コナン「じゃあ、小林先生が言ってることは?」

博士「それはワシにもよくわからんが…おそらく何かの勘違いだと思うがのぉ」




34: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)00:16:24 ID:8NSmhzdMR

灰原「なんだかよく解らないんだけど…私も同じ要領で転校手続きを行ったのよね?」

博士「もちろんじゃ」

灰原「それなら私も何か言われないとおかしいわよね?不備があるというのが本当なら」

コナン「確かに…」

灰原「私も、先方の勘違いなんじゃないかと思うわね」

博士「まあもう一度、先生に確認をとってみればいいじゃろう」

博士「今日はもう帰りなさい」

コナン「わかったよ…」

コナン「じゃあな」ガチャ、スタスタ・・・



博士「………」

灰原「………」




39: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)00:28:04 ID:8NSmhzdMR

毛利探偵事務所


コナン「ただいま〜」ガチャ

小五郎「おう…お、お、お、よーしそこだぁゴーカイテイオー行けええええ!!!!!!」

コナン「(また競馬中継か…)」

蘭「おかえりコナン君。今日は遅かったわね?」

コナン「あ、うん。ちょっと博士の家に行ってて…」

蘭「また新しいゲーム?ほんと好きねぇ」

コナン「へへへ…(そういえば、高校の出席日数問題は解決してないな…どうする…)」

蘭「すぐ夕御飯作っちゃうから、ちょっと待っててね!」スタスタ

コナン「は〜い!」


プルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル


コナン「あれ、電話だ」




41: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)00:30:42 ID:8NSmhzdMR

小五郎「おいらぁ〜ん!電話だぞぉ!!」

コナン「仕事の依頼かもしれないよ?オジさんが取った方が良いんじゃ…」

小五郎「うるせぇ〜!今俺は忙しいんだよ!!」

コナン「(ダメだこの親父…)」

蘭「はいはい!もう、事務所の電話くらい自分で取ってよね!」スタスタ

蘭「はいもしもし、毛利探偵事務所ですが〜?」デンワガチャ

蘭「え?小学校の小林先生?」

コナン「!?」




48: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)01:15:06 ID:8NSmhzdMR

蘭「ええ、ええ、はい…」

蘭「あ、そんなことがあったんですか、はい」

蘭「ええ、ええ…こっちは特には…はい」

コナン「ら、蘭姉ちゃん!先生から電話なの!?」

蘭「そうよ。あ、すいません…ちょっとコナン君が横から…」

コナン「僕にも代わって!」

蘭「ダメよ、大事な話してるんだから…え?いいんですか?」

蘭「あ…そういうことですか、はい」

蘭「じゃあわかりました。今、代わりますね」

蘭「はい、コナン君。先生がコナン君にもお話があるんだって」スッ

コナン「もしもし!先生?」




50: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)01:16:22 ID:8NSmhzdMR

コバヤシ先生「…」カチカチ

コバヤシ先生「あ、コナン君?さっきはごめんね〜」

コナン「?ごめんって?」

コバヤシ先生「放課後にいろいろ言ったけど、なんか先生の勘違いだったみたい!」

コナン「!」

先生「あの話は全部ナシね?先生、みんなから間違ったって思われたら恥ずかしいから、誰にも言わないでくれる?」

コナン「(やっぱり博士はうまくやってくれてたのか…よかった…)」ホッ

先生「じゃ、そういうことだからね!」

コナン「あ、ちょっと待って先生。今日渡された書類は?」

先生「?…ああ、あれはもう必要ないわよ」

コナン「そうなの?」

先生「ええ。じゃあね、コナン君」

コナン「う、うん…」

ガチャッ




52: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)01:20:58 ID:21bwl76dM

なんか怖いんだけど




57: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)01:37:16 ID:8NSmhzdMR

蘭「先生、なんだって?」

コナン「う、ううん!なんでもないよ!」

コナン「(先生に何も言うなって言われたしな…)」

コナン「(あれ?)」

コナン「(じゃあ最初蘭と話してたのはなんの話なんだろう)」

コナン「蘭姉ちゃん、先生ってなんで電話してきたの?」

蘭「ん…」

蘭「最近クラスで風邪が流行ってるから、うちでも気をつけてね、だって」

コナン「ふ〜ん」

コナン「(でも学校で風邪なんて流行ってたっけ…?)」

小五郎「チクショオオオオ!!!!!!」

蘭&コナン「!?」




62: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)01:41:59 ID:8NSmhzdMR

小五郎「なにやってんだゴーカイテイオー!!!俺のなけなしの3万返しやがれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」ツクエバァン

テレビ<ゴーカイテイオー、序盤は勢いがありましたが、その後失速しました…

テレビ<騎手の鞭が足らなかったのではないか、との解説です

コナン「(また負けたのか…懲りないな)」

蘭「びっくりしたぁ…」

小五郎「騎手が夏風邪だったって噂は本当だったのか…チクショー…」

コナン「(やっぱ風邪流行ってるのかな?)」

蘭「ああ、そうだ。私ご飯作ろうとしてたんだった!」スタスタ

コナン「(俺も上に行こうっと…)」スタスタ

小五郎「ちくしょー、俺の3万円…」



テレビ<ここで緊急ニュースです

テレビ<東京湾で身元不明の女性の死体が見つかりました

テレビ<警察は事故や自殺の疑いが強いと見て、捜査を開始している模様です




64: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)01:44:26 ID:g86F6TgJk

えっ?




65: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)01:44:36 ID:rP8PZyxcd

oh...




72: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)02:06:04 ID:8NSmhzdMR

次の日 帝丹小学校

コナン「おはよー」ガラッ


元太「…」ボソボソ

歩美「…」ボソボソ

光彦「…」ボソボソ

灰原「…」ボソボソ


コナン「あいつら…また何か話してるのか」スタスタ

歩美「!」

コナン「おい、おめーら何の話して  歩美「あ、コナン君だ!!!!!!!おはよー!!!!!!!!!!」

コナン「!?」ビクッ




73: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)02:07:35 ID:8NSmhzdMR

コナン「そ、そんな大声出さなくても…」

歩美「あ、ごめんごめん」

光彦「…」

灰原「…」

元太「…」

元太「遅ぇぞ!コナン!」

光彦「実は、またみんなでキャンプに行こうって話をしてたんですよ!」

灰原「ええ」

コナン「ふ、ふーん…」

コナン「(昨日と良い、もしかしてこいつら何か隠してるんじゃ…)」

コナン「(………)」


ガラッ

見たことの無い先生「おい、お前ら座れー。朝の会するぞー」

コナン「え??」




76: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)02:14:56 ID:8NSmhzdMR

コナン「小林先生は…?」

光彦「ああ、先生なら事故にあって入院したらしいですよ」

コナン「な、なんだって!?」

光彦「幸い、軽症で済んだみたいですけど…」

コナン「そ、そうか…」

コナン「それいつ聞いたんだ?光彦」

光彦「今朝ですよ。クラスのみんなに聞きました」

歩美「私も知ってたよ!」

元太「俺もだ!!」

灰原「私はついさっき、この子達から聞いたわね」

コナン「ふーん…」

臨時の先生「おいそこ、静かにしなさい」

コナン「あ、はーい…」

コナン「(先生、事故に遭ったのか…ってことは昨日の電話の後か?今朝通勤中に事故にあったなら、こんなすぐに噂が広まったりしないよなぁ)」

コナン「(まあ、入院って言っても軽症でよかった…)」

コナン「(…)」

コナン「(…ん?入院?)」

コナン「(ちょっと待てよ…?なんだこの違和感は…)」




81: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)02:28:57 ID:8NSmhzdMR

コナン「(…)」

コナン「(小林先生が…入院…)」

コナン「(……………)」

コナン「(……………………)」

コナン「(……………………………)」

コナン「!!!」パシュウ

コナン「(そうだ…!!元太、光彦、歩美、灰原…!!あいつら…さっきなんて言った?)」

コナン「(またキャンプに行こう、だと…?)」

コナン「(『先生が事故に遭って入院した』という事実を知ったその朝に、キャンプに行く計画を嬉々として話している、だと?)」

コナン「(あり得ない)」




82: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)02:29:27 ID:8NSmhzdMR

コナン「(今までの、いつものあいつらなら、こんな時はきっと、何よりも先に先生への見舞いに行きたいと言い出すはずだ)」

コナン「(百歩譲っても…楽しそうに、先生のことなんかどうでもいいかのようにキャンプの計画を練ったりしない)」


コナン「(…)」チラッ


元太「…」

歩美「…」

光彦「…」

灰原「…」



コナン「(誰だ、こいつら…)」




87: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)02:36:04 ID:u08yk9JPT

言い様のない不安に包まれるssだな




88: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)02:43:17 ID:8NSmhzdMR

臨時の先生「ん、今日は風邪で休みが多いなぁ」

臨時の先生「夏風邪が流行ってるからな。お前らも気をつけるよーに」

生徒たち「はーい!!」

臨時の先生「じゃ、朝の会は終わり。一時間目始めるか〜」

臨時の先生「…ん?どうした江戸川。顔色悪いぞ?」

コナン「あ、いえ…平気です…」

臨時の先生「そうか?ならいいが。調子が悪ければ保健室に行けよ〜」

コナン「はい…」

歩美「コナン君、ほんとに大丈夫?」

コナン「あ、ああ…大丈夫…」

歩美「ふぅん、そっか」

コナン「……」





コナン「(………)」ドッドッドッドッ

コナン「(落ち着け…落ち着くんだ…)」

コナン「(俺の考え過ぎ、と言うことも十分あり得る…)」

コナン「(しかし万が一…)」

コナン「(…)」

コナン「(とにかく、まず確かめないといけないことがある…)」




92: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)02:55:06 ID:8NSmhzdMR

放課後


コナン「さて、と」

コナン「(とりあえず行くか…)」

元太「……」

元太「おいコナン!!!サッカーしようぜ!!!」

コナン「へっ?」

元太「昨日はできなかったからな!!今日は逃がさねぇぞ!!」

コナン「あ、いや、今日もちょっと…」

歩美「え〜?コナン君今日も用事あるの??先生に呼ばれたりしてないよね???」

コナン「ええと…」

光彦「コナン君、もしかして僕達と遊ぶの嫌になっちゃったんですか?」

コナン「いや、そんなことは…」

灰原「ちょっと、大人気ないわよ?遊んであげなさいよ」

コナン「…」




94: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)03:11:49 ID:8NSmhzdMR

コナン「わ、わーったよ。じゃあ先に行っててくれ。後で行くから」

光彦「そんなこと言って、僕達を撒くつもりですか?君の得意な手口ですよねぇ」

コナン「そ、そんなんじゃねーよ!…先生に渡さないといけない書類があんだよ」

灰原「あら?それって昨日の話の?」

コナン「あ、ああ」

灰原「へぇ…そう」

元太「なんでもいいからよー、早くサッカーしようぜー」

コナン「だから先行っててくれって!すぐ追いかけるからよ」

歩美「ほんとかなぁ…?」

コナン「ほ、ほんとだよ…」

灰原「…」

灰原「まあ、いいでしょう。江戸川君もこう言ってることだし、とりあえず私たちだけで行きましょうか」

光彦「灰原さんがそういうなら…。時間ももったいないですしね」

コナン「じ、じゃあそういうことだから…俺行くな」ダダッ

歩美「待ってるからね、コナン君」




97: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)03:23:08 ID:8NSmhzdMR

コナン「さてと…」

コナン「(かなり怪しまれたが、とりあえず今はあいつらと距離をとろう)」

コナン「(俺が考えすぎているるだけなのかも知れないが……どうもあいつらに感じた違和感が拭いきれない…)」

コナン「(考えてみれば…そもそも、昨日の今日で小林先生が入院ってのが怪しい話なんだ)」

コナン「(今日だって…)」

〜〜〜〜

コナン「先生、小林先生ってどこの病院に入院してるんですか?」

臨時の先生「…」

臨時の先生「あん?なんでそんなこと聞くんだ?」

コナン「僕、お見舞いに行きたくって…」

臨時の先生「ダメだダメだ。先生も疲れてらっしゃるからな。今は会いに行ったりしちゃ、ダメだ」

コナン「え、でも…」

臨時の先生「ダメなものはダメなんだよ。最近は個人情報とかもうるさいし、教えるわけにはいかん」

コナン「…」

〜〜〜〜

コナン「(俺の探偵としての勘が…これは何かあると言っている)」

コナン「(俺が感じた違和感…元太達があたかも別人であるかの様な印象…)」

コナン「(どういうことなんだ?)」




101: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)03:35:31 ID:8NSmhzdMR

コナン「(まさか、別人があいつらに成り代わっている…?……ベルモットか?)」

コナン「(いや、いくらあいつでも子供に変装は無理か…それに俺が感じた違和感はあいつら全員に対してだ)」

コナン「(一体どういう…)」

コナン「(………)」

コナン「(…待てよ)」

コナン「(博士はどうなんだ?)」

コナン「(俺は灰原に対しても違和感を感じたが…博士はどうなんだろう)」

コナン「(昨日あった限りでは、俺が昔から知ってる阿笠博士そのものだったが…)」

コナン「(ひとつ気になることと言えば…転校手続きに関する、小林先生の言い分との矛盾か)」

コナン「(でもその矛盾も先生の勘違いだったということで決着…)」

コナン「(そしてその直後に先生が事故に遭い入院、か…)」

コナン「(……)」

コナン「(とにかく小林先生に会って話がしたいな…。しかし入院先がわからない…)」

コナン「(…警察に聞くか。事故の詳細も知れるかもしれない)」

コナン「よし…」スタスタ




134: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)23:43:37 ID:8NSmhzdMR

警視庁


コナン「…あ」

高木「…」スタスタ

コナン「高木刑事〜!」

高木「ん…?コナン君じゃないか。どうしたんだい?」

コナン「実は高木刑事に聞きたいことがあって…」

高木「なんだい、改まって」

コナン「僕の学校の先生が事故に遭ったんだけど…その事故について、なにか知らない?」

高木「事故?いや、知らないなぁ」

コナン「そっか…」

高木「小林先生の容態の方はどうなの?」

コナン「あ、うん。なんとか軽症で済んだらしいんだ」




139: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)23:47:27 ID:8NSmhzdMR

高木「そうかい…でも大変だね。もうお見舞いには行ったの?」

コナン「それが…入院した病院がわからなくって」

高木「ああ、それで事故について聞きに来たのか」

コナン「うん…」

高木「それなら僕の方でも調べてみてあげたいんだけど…今、ちょっと忙しくてね」

コナン「忙しい?」

高木「ああ。コナン君も知ってるかな?昨日の事故の捜査中なんだ」

コナン「?何かあったの??」

高木「…若い女性の遺体が上がってね、東京湾から」

コナン「!」




141: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/25(月)23:56:53 ID:8NSmhzdMR

コナン「若い女性って…身元は?」

高木「それはわからないんだ」

コナン「そう…」

コナン「今、事故って行ったけど事件性はあるn 高木「ないよ全く」

コナン「そ…そうなの?」

高木「ああ」

コナン「それ、もうちょっと詳しく聞かせt  目暮「おい!!高木君!!なにしてる!行くぞ!!」

高木「あ、はーい!!」

高木「ごめんコナン君!もう行かないと…じゃあねー」ダダダッ

コナン「あ…」

コナン「…」




142: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)00:01:50 ID:NjsjTtQPb

コナン「(…)」スタスタ

コナン「(小林先生が指摘した、俺の転校手続きに関する不備…)」

コナン「(博士は何かの間違いだろうと判断し、その後すぐ先生からも勘違いだったと電話があった)」

コナン「(先生はそのすぐ後に事故に遭い、入院)」

コナン「軽症らしいが、その後の消息が掴めない状況…)」

コナン「(昨日、東京湾で若い女性の遺体が発見されたらしい。事故として処理されるようだが…)」

コナン「(そして、俺が元太達に感じているこの違和感…)」

コナン「(他にも、何か他にも見落としていることがあるような気がしてならない…)」




144: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)00:05:49 ID:NjsjTtQPb

阿笠邸


博士「ああ…なるほど」

博士「ふむ、そんなことがあったのか」


コナン「(………)」

コナン「(博士は電話中…好都合だな)」ササッ

コナン「(俺が感じているこの疑惑)」

コナン「(とにかく、博士が本物の博士なのか確かめよう)」

コナン「(傍から見た限りでは、本人にしか見えないが…)」

コナン「(とにかく、それをはっきりさせたい…。さて、どうするかな)」


博士「そうか…確かにな」

博士「そろそろ最期の段階、潮時か」

博士「今回は上手くいくのかのぉ」


コナン「(…)」

コナン「(この会話は、一体なんなんだ?)」




152: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)00:44:00 ID:NjsjTtQPb

コナン「…」

博士「そうじゃよ。上手くいってもここからが大変なんじゃ」

博士「ああ、ああ…うむ」

博士「そうじゃな…そろそろもっと別の視点かr   パシュッ!

博士「!?」

博士「これは…ますいじゅ…」バタリッ


コナン「…」


電話<「ん?」


コナン「…」


電話<「どうした、オイ」


コナン「…」ドッドッドッドッド


電話<「アガサ?」







光彦によく似た声「アガサ、早く応答しろ」

コナン「………」ドッドッドッドッドッドッド




159: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)00:53:56 ID:NjsjTtQPb

コナン「…」カチカチ

光彦の声によく似た声「…?」

コナン「すまんすまん。ポットから湯が吹き出そうになっておってのぉ。火を止めに行っておったんじゃ!」

光彦によく似た声「む、そうか…」

コナン「で、なんの話だったかのう?」

光彦によく似た声「はぁ?」

光彦によく似た声「おいおい、脳まで老人でもあるまいし…耄碌したなんて勘弁してくれよ」

コナン「………」

コナン「スマン、スマン」

光彦によく似た声「全く…。だから、今回もまた同じことになるんじゃないかって話だろう」




168: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)01:04:41 ID:NjsjTtQPb

コナン「また同じこと?」

光彦によく似た声「…ホントにボケたのかお前」

コナン「あ、いや…」

光彦によく似た声「………」

コナン「………」

光彦によく似た声「………」

光彦によく似た声「…お前、本当にアガサか?」

コナン「……それは」

ブ ツ ッ!!

コナン「!!」

コナン「電話が…?」


ハイバラ(?)「博士の声で、誰とお話なのかしら?」




172: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)01:14:23 ID:NjsjTtQPb

ハイバラ?「あまり良い趣味とは思えないわね」

コナン「…」

コナン「お、お前…いやお前ら…か」

ハイバラ?「?」

コナン「だ、誰なんだお前ら」

ハイバラ?「誰って…私は私でしょう」

コナン「違う!お前は灰原じゃねぇ!」

コナン「お前だけじゃない。博士や光彦もだ!!歩美も!元太も!みんな俺の知ってる人間じゃない!!」

ハイバラ?「あら…変なこと言うわね」

ハイバラ?「私や博士達が別人ですって?そんなことないわよ」

ハイバラ?「ほら」ムギュ

博士「…」

ハイバラ?「博士は変装なんかじゃないでしょう?もちろん私も、他のみんなもよ」

コナン「そ、そんなハズはない!!本当のあいつらをどこへやったんだ!言え!!」

ハイバラ?「ハァ…」




176: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)01:23:40 ID:NjsjTtQPb

コナン「黒ずくめのやつらなのか!?元太達は関係ないだろう!!手を出すなら俺だけにしてくれ!!」

ハイバラ?「…。仕方ないわね」

ハイバラ?「みんな、出てきていいわよ」

アユミ?「コナン君、怖いよ〜」ゾロゾロ

コナン「!!」

ゲンタ?「俺は本物だぞ、コナン!それにサッカーから逃げやがって!」ゾロゾロ

コナン「お、お前ら…」アトズサリ

ハイバラ?「これは謎解きよ、探偵さん」

コナン「…は?」

コナン「な、何を言ってるんだ、お前は…?」

ハイバラ?「名探偵なんでしょう?推理してみなさいよ」

アユミ?「早く〜」ゾロゾロ

ゲンタ?「真実はいつも一つなんだろ!!コナン!!」ゾロゾロ

コナン「やめろ!!その姿で俺に近づくな!!」


服部「おいおい、どないしたんや工藤」

コナン「は、服部!?」




177: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)01:26:03 ID:axej434hs

服部ならなんとかしてくれる、そんな気がするんだ




179: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)01:37:17 ID:NjsjTtQPb

服部「ちっさい姉さんから呼ばれて、わざわざ大阪から来たったで!」

服部「なんかお前が変や〜、力になったってくれ〜、言うてなぁ」

コナン「違うんだ、服部!」

コナン「おかしいのはこいつらなんだよ!別人かなにかに摩り替わってるんだ!」

服部「けったいな事言うわぁ〜」

服部「そんなワケ、あらへんやん!」

服部「お前ともあろうモンが、しょうもない勘違いしたらアカンで」

コナン「お前……服部…?」

服部?「真実はな、むしろ…」

ハイバラ?「そこまでよ」

ハットリ?「あ、へいへい」




184: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)01:44:03 ID:NjsjTtQPb

コナン「お前ら…さっきから一体何を言って…?」

ハイバラ?「だから言ってるでしょう。謎解きよ。推理なの」

コナン「謎…解き…」

ハイバラ?「今のこの状況…あなたの頭脳で冷静に分析しなさい」

コナン「推…理…」


「頑張って!」


「お前ならできるだろコナン!」


「さぁ」


「早く」


「早く!!」


コナン「…くっ」

コナン「お前らの手に乗ってたまるか!」ダダッ


「あ、逃げた!」

「おい工藤ォ!」

「コナァン!」

「やれやれ…」




「どうすんの?」

「まあ、成り行きで」

「今度はどうかな」

「さぁ…」




188: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)01:49:53 ID:NjsjTtQPb

コナン「クソッ!クソッ!クソッ!」ダダダダッ

コナン「なんなんだあいつら!」

コナン「やっぱりあいつらは別人だ!それに服部まで…!」

コナン「推理しろ、だと…?組織の奴らなのか知らないが、ふざけるな…!」

コナン「…」

コナン「………」

コナン「でも、博士は確かに変装じゃなかった…」

コナン「なぜだ?」

コナン「…」

コナン「い、いや…あいつらの手に乗っちゃダメだ…考えるな…考えるな…カンガエルナ……」

コナン「………」

コナン「でも、それでいいのか…」




193: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)01:58:20 ID:NjsjTtQPb

コナン「………」テクテク

コナン「あ、探偵事務所に着いちまった…」

コナン「…」

コナン「(いや、やっぱりこのまま現実から目をそらしてもダメだ。蘭達に迷惑がかかっちまう)」

コナン「(やっぱり推理して、証拠をつかみ、あいつらの正体を暴くんだ)」

コナン「(そうだ、俺に何があっても、蘭だけは…蘭だけは守りたい)」

コナン「(そのためならどんなことだって…)」

コナン「(蘭…)」




198: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)02:01:45 ID:NjsjTtQPb

コナン「蘭だけは」

コナン「蘭だけは守るんだ」

コナン「蘭…」

コナン「蘭……」

コナン「蘭………」

コナン「蘭?」

コナン「蘭は」

コナン「蘭は、本物か?」

蘭「あれ、コナン君!家の前で何してるのよ!」

コナン「」ビクッ

蘭「ほら、空が黒い雲で覆われてる。じきに雨が降るわ。中に入ろ?」

コナン「う、うん」




202: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)02:06:43 ID:NjsjTtQPb

毛利探偵事務所

コナン「…」

蘭「どうしたのコナン君、怖い顔して」

コナン「いや…」

蘭「今日の晩御飯はハンバーグにするからね!」

コナン「うん…」

蘭「もう、どうしたの?学校で何かあった?」

コナン「いや…」

蘭「早く推理して、真実を見つけないとね」

コナン「……………」

ラン?「ね?」

コナン「ああ…」

ラン?「じゃあ、始めよっか」




『推理タイム』開始




205: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)02:09:54 ID:Z2Wams4GQ

(^ω^)?



(^ω^)??




209: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)02:14:22 ID:NjsjTtQPb

第一の問い  〜少年探偵団の正体は?〜


蘭「少年探偵団のみんなは、本物だと思う?」

コナン「…」

蘭「みんなっていうのは…元太君、光彦君、歩美ちゃん、灰原さん、この4人ね」

蘭「どう?」

コナン「…別人だ」

蘭「へぇ。根拠は?」

コナン「…」

蘭「答えて?」

コナン「小林先生が入院したっていうのに、キャンプの計画を立てて楽しそうにしてた…」

蘭「それだけ?」

コナン「……」

蘭「それだと、論拠としてはちょっと弱いわね」




212: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)02:17:54 ID:Jzhj7DjSV

難しい




214: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)02:20:33 ID:NjsjTtQPb

コナン「は、博士との電話で…光彦そっくりの声が…」

蘭「博士とみんなは仲良しだもん。電話くらいするでしょう」

コナン「いや、その内容が…」

蘭「内容が?」

コナン「本物の光彦と博士だったなら、絶対しないような会話だったんだ…それに口調も…」

蘭「うーん…でも、別人だとしたらどういうカラクリなの?」

コナン「それは…」

コナン「………」

蘭「博士ならまだしも、他のみんなは子供でしょ?誰かが変装してた、なんて理屈はちょっと通らないわね」

蘭「じゃあ、博士は変装してたのかな?」

コナン「………」

コナン「いや…」

蘭「あれ、それだとみんなが別人っていうのはどういう話になるの?」

蘭「まさか、みんなそっくりさんの双子でもいたのかしら?それともクローン?宇宙人?」

コナン「それは…」

コナン「……………」

蘭「推理が詰まっちゃったかしら?」

蘭「じゃあ、別の角度からも考えて見ましょうか」




219: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)02:37:50 ID:NjsjTtQPb


第二の問い 〜小林先生の事故の真相は?〜


蘭「コナン君が、探偵団のみんなを疑いだしたきっかけ、小林先生の事故について」

蘭「これ、どう思う?」

コナン「どうって…」

蘭「なんでもいいから、意見を出してみてよ」

コナン「…」

コナン「事故で入院したって言うけど…その入院先も、事故その物も、詳細がわからない」

コナン「調べようとしても、情報が集まらないんだ」

蘭「なるほどね。それはちょっと不自然かもしれないわねぇ」

蘭「じゃあ、その他で気になることはある?」

コナン「気になること…」

蘭「何かあるでしょう?」

コナン「…」

コナン「東京湾で死体が見つかった…その一件が気になる」




221: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)02:46:35 ID:NjsjTtQPb

蘭「気になる理由は?」

コナン「遺体が、若い女性だということ。そして事故発生の時刻だ」

コナン「…どちらも、その『若い女性』が小林先生だとすれば話が通る」

蘭「それだけ?」

コナン「……」

コナン「警察の動きがおかしい」

蘭「おかしい?どこがおかしいのかしら」

コナン「遺体の発見直後から、事故だと決め付けている」

コナン「事件の可能性を全く考慮していない様子だった」

蘭「うーん…コナン君」

蘭「それって、警察も疑ってるってこと?」




222: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)02:47:15 ID:NjsjTtQPb

コナン「……」

蘭「それで警察まで疑うのは、無理があるわね。何か、事故だと断定できる事実があったのかも知れないし…」

蘭「まあ、なにか疑う根拠でもあるっていうなら話は別だけど…」

蘭「何かある?」

コナン「高木刑事…」

蘭「?」

コナン「高木刑事の発言に、おかしなところがある」

蘭「へぇ、なにかしら」




224: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)02:50:39 ID:EIxhqvP9d

なんかあったっけ




225: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)02:51:34 ID:85Sa8FNur

あったな




231: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)02:59:03 ID:NjsjTtQPb

コナン「俺は高木刑事に、先生の事故について聞きに行ったが…」

コナン「おかしいのは、それに対する反応だ」

コナン「俺は『僕の学校の先生が事故に遭った』という聞き方をしたが、高木刑事は『小林先生の容態は』と返答した」

コナン「こちらが名前を出す前に、事故について何も知らないという人物が、返せる言葉じゃない」

蘭「…」

蘭「なるほどね」

蘭「じゃあ、その事実が示す真実は何かしら?」

コナン「真実?」

蘭「小林先生は事故にあっていたのか、入院しているのか、その全ての真実よ」

コナン「…」

蘭「わかるかしら?」

コナン「……」

コナン「小林先生は…」

コナン「殺された。おそらくだが…」

蘭「続けて」




234: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)03:07:55 ID:NjsjTtQPb

コナン「…」

コナン「東京湾で見つかった、という遺体が小林先生で」

コナン「先生は事故に遭って入院した、という事実はなく、殺されて海に落とされた」

コナン「警察にはなんらかの力が働き、事件は事故として処理されている」

コナン「学校に来た臨時の教師もグルである可能性が高い」

コナン「それだけじゃない。かなりの規模で、事件を隠蔽しようとする動きがある」

コナン「…こんなところか」

蘭「それだけ?」

コナン「…」

コナン「いいや」

コナン「まだだ」

蘭「…」

コナン「そもそも小林先生がこんなことになった、その発端がある」

コナン「俺の転校手続きに関する不備だ」




238: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)03:17:31 ID:NjsjTtQPb

コナン「小林先生は、気づいてはならないことに気づいた」

コナン「そして消されたんだ」

蘭「消されたって誰に?それに、気づいてはならないことって?」

コナン「………」

コナン「…博士だ。それしか考えられない」

蘭「博士?博士が小林先生を消した?なぜ?」

コナン「俺の…」

蘭「さっき、博士は別人じゃない、って結論になったわよね」

コナン「………」

蘭「じゃあ、あなたの知ってる、あの阿笠博士が殺人に加担したと言うの?」

コナン「そう…」

コナン「いや、そうじゃない。博士がそんなことするワケが…」

コナン「…しかし……」

コナン「……………」

蘭「矛盾ね」

コナン「……………」

蘭「そろそろ謎解きも最終局面かしら?」



最期の問い 〜『本物』は誰か?〜




241: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)03:23:53 ID:NjsjTtQPb

蘭「小林先生は殺された」

蘭「阿笠博士の手によって?」

蘭「でも博士は本人。それは間違いない」

蘭「あなたは探偵団のみんなを疑ったわね?別人ではないかと」

蘭「博士は本人なのに?」

コナン「……」

蘭「博士と光彦君が、本物ならあり得ない会話をしていた、とあなたは言ったわ」

蘭「でも博士は間違いなく、本物」

蘭「なら、光彦君はどうなのかしら?」

蘭「『本人ならあり得ない会話』を、本物の博士がしていたという事実を踏まえて」

蘭「光彦君たちが偽者なのか、本物なのか」

蘭「どっちだと思う?」

コナン「………」




242: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)03:27:40 ID:NjsjTtQPb

蘭「そもそも本物ってなんなのかしら」

蘭「あなたの記憶と、対象の性質が合致するかどうか?」

蘭「でも今は矛盾が生じているわよね」

蘭「なら疑うべきは、対象か」

蘭「それともあなたの記憶か」

コナン「………」

蘭「もし、みんなにあなたの知らない一面があったなら、全てに話が通る」

蘭「そう思わない?」

コナン「………」

蘭「私は本物の毛利蘭だと思う?」

コナン「………」

蘭「工藤新一の幼馴染」

蘭「空手が強く、料理上手」

蘭「あなたが居候する毛利探偵事務所の一人娘」

蘭「それが私」

蘭「本当かしら?」

コナン「………」

コナン「お前は…誰だ」

蘭「あなたこそ誰なの?」




247: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)03:37:04 ID:NjsjTtQPb

蘭「現役高校生で、名探偵の工藤新一」

蘭「私の幼馴染」

蘭「遊園地に遊びに行った日から、行方不明」

蘭「時々私の前に現れるけれど、またすぐに消えてしまう」

蘭「その正体は?」

コナン「………」

コナン「俺が……」

コナン「俺が、工藤新一…」

コナン「薬を飲まされて、小さくなった…探偵…」

蘭「と、あなたは思っている」

コナン「………」

蘭「それが事実であるという根拠は?」

コナン「…………」

コナン「………………」

コナン「ない」

蘭「じゃあ、あなたは誰かしら?」

コナン「俺は…」

コナン「俺は?」

コナン?「誰だ?」

コナン?「お前らも、誰だ?」




249: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)03:40:23 ID:NjsjTtQPb

蘭「推理した結果を聞かせてもらいましょうか」

誰?「俺は」

誰?「誰かわからない」

誰?「お前らも誰かわからない」

誰?「……………」

蘭「江戸川コナン、探偵だ…でしょ?」

誰?「……………」

蘭「ほら、言ってみて」

誰?「江戸川コナン、探偵だ」

蘭「続けて」

誰?「江戸川コナン、探偵だ」

誰?「江戸川コナン、探偵だ」

誰?「江戸川コナン、探偵だ」

誰?「江戸川コナン、探偵だ」

誰?「江戸川コナン、探偵だ」

誰?「江戸川コナン、探偵だ」

誰?「江戸川コナン、探偵だ」




257: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)03:52:45 ID:NjsjTtQPb

・・・・・・・・・・・・・・・・


阿笠「ふむ」

服部「今回はこんな結果かいな」

光彦「これ、採用するのか?」

小五郎「無理だろ」

歩美「前と大差ないじゃん」

ベルモット「ビジュアルはイメージに近かったし…結構好きだったわ」

蘭「でも…実際に使えるかどうかと言ったら…」

阿笠「じゃあ、廃棄で」

光彦「じゃあまた新しいの持ってきますか」

歩美「小学生やるの結構楽しいから、もうちょっと続けてもいいよ私」

服部「あのお方のお望みやしなぁ」

歩美「あのお方(笑)」




258: ◆d4Wx9u3Y5c 2014/08/26(火)03:54:02 ID:NjsjTtQPb

ジン「どうでもいいけど、こいつが俺を見る目怖いんだよ」

ウォッカ「あんたも十分怖いよ」

ジン「お前に言われたくねぇよ。胡散臭すぎ」

小五郎「どうでもいいけど、針、もうちょっとやさしいヤツにしてくれ。チクチク痛てぇんだよ」

阿笠「ワシに言われても…それは上に頼め」

小五郎「ちっ…」

元太「うな重うめぇ」

光彦「お前、素でやってるよな…」

元太「ん?」


誰?「江戸川コナン、探偵さ江戸川コナン、探偵さ江戸川コナン、探偵さ江戸川コナン、探偵さ」


歩美「ちょっと、早く持って行ってよ」

蘭「はいはい…」

光彦「毎度の事ながら、不気味だなぁ」






誰?「江戸川コナン、探偵さ」

〜終〜




261: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)03:54:38 ID:uBWBGAlCU

終わった…





263: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)03:55:04 ID:fs9V7RZHK

急展開と思ったら終わった

乙!!
なかなかいい終わり方だった




267: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)03:57:08 ID:3ud2VnNxk

最後のなんともいえない後味の悪さが映画のミストみたいでいいな
良作乙

あと光彦殺したい





カテゴリー「名探偵コナン」のSS一覧
SS宝庫のオススメSS

 

SS宝庫最新記事50件