1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 13:34:28 ID:O40DpSdU

草原

スライムが飛び出した!!

勇者「お、初めてのモンスターがスライムか」

賢者「勇者様なら瞬殺ですよ」

勇者「ようしやってやるぞ!!」

賢者「おおーっ!!」
元スレ
勇者「賢者!回復してくれ!」賢者「ンッ…はい」クチュクチュ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1406954068/


 
 
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 13:36:46 ID:O40DpSdU

スライムは仲間を呼んだ!!

スライムBがあらわれた!
スライムCがあらわれた!
スライムDがあらわれた!
スライムEがあらわれた!

勇者賢者「「oh…」」

勇者「た、たかがスライムが増えただけ!」

勇者「この勇者の剣(50G)でやっつけてやる!!」

賢者「回復は任せてください!!」




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 13:39:04 ID:O40DpSdU

勇者「てやあっ!」ブンッ

勇者「おりゃあっ!!」ビュオッ

勇者「死ねクソ野郎があああああああ」ザクッ


賢者(あぁん勇者様かっこいい///)

賢者(まだ始まりの村を出たばかりなのにスライムに本気出してる///)

賢者(…あ)

賢者(ちょっと濡れてきちゃった)クチュ…




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 13:40:50 ID:O40DpSdU

賢者(…勇者様は戦闘に必死…)

賢者(こちらを振り向く事はないはず)ゴクリ…

勇者「どうだああああああビチグソがあああああ!!!」

賢者(…)クチュクチュ




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 13:42:55 ID:O40DpSdU

賢者「ンッ…アアン…キモチイイ…」クチュクチュクチュクチュ

勇者「賢者ぁ!!大丈夫か!!?」ブンブン

賢者「ッ!!!!……ふぁい…わたしは大丈夫…イヤンッ」クチュクチュクチュクチュ

勇者「そうかっ!!なら良し!!」




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 13:44:24 ID:O40DpSdU

スライム「オラヨ」どーん

勇者「ぐはぁ!!!」

賢者「勇者様!!」クチュクチュ

勇者「すまない賢者…回復を頼む」ハァハァ

賢者「ふぁい///」ビクンビクン




7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 13:46:28 ID:O40DpSdU

スライム「」



勇者「…何とか倒したな」

賢者「まだ旅ははじまったばかりですよ」ツヤツヤ

勇者「賢者はなんで汗だくなんだ?」

賢者「ちょっとこの服暑くて…」

勇者「そうか」




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:05:13 ID:Rbt4zzQ2

次の町

村長「魔物きたよたすけて」

勇者「わかった」



賢者「どうやら東の洞窟にゴブリンのアジトがあるみたいですよ」

勇者「洞窟の中で囲まれたら終わりだな」

勇者「よし!魔法使いをパーティに入れよう!」

賢者「はい!」

賢者(勇者様と2人で旅したかったなぁ)グスン




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:08:23 ID:Rbt4zzQ2

魔法使い「あーら貴方達が勇者様御一行なの?」

勇者「そうだ!この度は貴女の力を借りたくて訪れさせてもらった!」

賢者(うぅ…なんでよりにもよってセクシーな魔法使いなんですか〜)

魔法使い「堅苦しい坊やね」

魔法使い「お姉さんが手取り足取り教えてあ・げ・る」

勇者「? かたじけない!」

賢者(魔物よりこの女豹をどうにかしないと!)




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:11:08 ID:Rbt4zzQ2

東の洞窟

勇者「ブチ殺すぞ糞虫野郎どもがあああああああ」ザシュッ

ゴブリン「なんでバーサーカーなんだよ」グフ

賢者「勇者様はやっぱり強くてカッコイイです!!」ウットリ

魔法使い「何なのあの子性格変わりすぎでしょ」




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:14:27 ID:Rbt4zzQ2

ザザザッ!!

一同「!!!」

賢者「か、囲まれた…」

勇者「卑怯者めが!!殺されたいやつから前に出てこい!!」ブチブチ

魔法使い「こんな時こそわたしの出番ね」

魔法使い「火の魔法メラゾーマ!」ブオオオオ

勇者「おー凄い!流石魔法使い!」パチパチ

魔法使い「後で勇者にも教えてあげるわぁ」

賢者(キーッ!!!ムカつくムカつくムカつく!!)




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:17:10 ID:Rbt4zzQ2

ボスゴブリン「お前らか巣を荒らす輩は」ヌッ

魔法使い「キャアッ!!」

勇者「ま、魔法使い!!」

賢者「魔法使いさんが捕われてしまった!!」

魔法使い「なんなのよ〜このキモイモンスターは!!」ゲシッゲシッ

ボスゴブリン「痛くも痒くもないわ」

勇者「賢者!!回復は任せたぞ!!」

賢者「はい!」




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:20:24 ID:Rbt4zzQ2

ボスゴブリンが魔法使いを抱えながら戦ってるとイメージしてください

勇者「うおおおおおおおお!!!」

ボスゴブリン「なんだこの威力は…!!」

魔法使い「勇者!早く助けて!」

ボスゴブリン「そうかコイツが勇者か…」

ボスゴブリン「喰らえ!」

ボスゴブリンの攻撃!
勇者は1のダメージを食らった!

勇者「ぐはぁ!!!」

魔法使い「ええええ大袈裟過ぎでしょ」




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:22:23 ID:Rbt4zzQ2

賢者「勇者様!!」

勇者「クソ…まだ俺はやれるぞ!!」

賢者(あーカッコ良すぎいいいい)

賢者(また濡れてきちゃったよ…)

賢者(勇者様は戦闘中滅多に振り返らない…)

賢者(まだ回復もいらなそうだし…)







賢者(少しぐらいならバレないよね?)クチュクチュ




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:25:25 ID:Rbt4zzQ2

勇者「うおおおおおおおお!!!」

勇者「おりゃああああああ!!!」

勇者「てめえは殺しても殺したりねぇ!!!」

ボスゴブリン「ウグッ…つ、強過ぎる…」



賢者(剣を振るときに見える鍛え抜かれた腕…)クチュクチュ

賢者(あの真っ直ぐで汚れのない瞳…)クチュクチュ

賢者(あ〜勇者様の勇者様で私も貫いてください!!!!)クチュクチュクチュクチュクチュクチュ




魔法使い(…なんであの子はオナニーしてるのかしら)




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:29:02 ID:Rbt4zzQ2

ボスゴブリン「くそ…」

魔法使い「よし腕から抜けれたわ!!」

勇者「魔法使い!!今すぐソイツを殺せええええええ」

魔法使い「怖すぎよ…」

魔法使い「喰らえ!氷魔法ヒャダイン!!」

ボスゴブリン「ぐおおおおおこんな所で逝く訳には…」

賢者「私もイっちゃううううううう」ビクンビクン




19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:31:04 ID:Rbt4zzQ2

勇者一同はボスゴブリンを倒した!

賢者「ハァ……アンッ……」ゼェゼェ

勇者「賢者!大丈夫か!!?」

賢者「はい…ンッ///」

賢者「流石です勇者様……」ハァハァ

魔法使い「いやオナニーしてただけじゃない」




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:35:21 ID:Rbt4zzQ2

村への帰り道

勇者「さぁボスゴブリンの亡骸も持ったし急いで帰らなくてはな!!」アッハッハッハ

魔法使い「今日は勇者のために凄いマッサージしてあげるわぁ」

勇者「かたじけない魔法使い!」

賢者「…」

賢者(魔法使いさんにおまんこいじってるの見られちゃった…)

賢者(でも勇者様を見てるとどうしてもこの衝動を抑えられない…)

賢者(それに…)ジーッ

魔法使い「!!」ゾゾゾッ

賢者(見られながらするのも…悪くないよぉ///)テレッ

魔法使い(もうパーティ抜けようかしら)




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:43:51 ID:Rbt4zzQ2

村に戻ったよ

村長「サンクス」

勇者「どもども」


魔法使い「どう?わたしの性感マッサージは?」

勇者「む…悪くないぞ」

賢者「ちょっと!!なんで魔法使いさんまで脱ぐ必要があるんですか!」

魔法使い「直に刺激を与えないと効かないのよぉ」ペロリ

賢者「!!」

勇者「身も心も休まるなー」




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:46:28 ID:Rbt4zzQ2

勇者「しかしタダで宿に泊めてくれるとはな」

魔法使い「むしろ賞金とかを渡すべきだと思うわ」

賢者「魔法使いさんは服を着てください!」

勇者「おおそうだ服を着ないとな」イソイソ

賢者「勇者様はまだ着なくて結構!!」

勇者「??そうか」ヌギヌギ

魔法使い「…天然とは恐ろしいわ」




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 18:50:29 ID:Rbt4zzQ2

夜だよ

宿の外

勇者(…俺はまだまだ弱い)フンッフンッ

勇者(賢者と魔法使いに頼っているようではだめだ)フンッフンッ

勇者(もっと強く…!!一撃で相手を仕留めなければ…!!)フンッフンッフンッフンッ





賢者(うほおおおお勇者様まだ上半身裸…///)クチュクチュクチュクチュ

賢者(これはしかと目に焼き付けなければ…!!)クチュクチュクチュクチュ


魔法使い(…)クチュ…




26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 19:39:43 ID:Rbt4zzQ2


今のとこキャラはこんな感じ

勇者
強い 天然 二重人格

賢者
変態

魔法使い
色気担当 女に目覚めだす




28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 19:55:19 ID:Rbt4zzQ2

魔法使い(また賢者ったら勇者を見て慰めてるわね)

魔法使い(…ゴブリンに捕まってる時に見えたあの子の表情…)

魔法使い(まるで初潮を迎えたウブな少女のようだったわ…)ウットリ

魔法使い(…ヤダッ私まで濡れてきたわ)トローリ


賢者「ンッ…イクゥッ……アアア…」ビクンビクン


魔法使い(…気持ち良さそうね)ゴクリ

魔法使い(…ヤダッ…もうビチョビチョじゃない…)クチュクチュ




29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 19:59:43 ID:Rbt4zzQ2

魔法使い(オナニーなんて久々ね…)クチュクチュ

魔法使い(思えば幼い頃から魔法以外は必要ないって師匠に言われたっけ…)クチュクチュ

魔法使い(トイレでシてるとこ見られちゃって怒られたわね…)クチュクチュ

魔法使い(アァンッ……指がッ…クリに当たって///)クチュクチュ

魔法使い(フゥンッ……ヤダア…キモチイイ…)クチュクチュクチュクチュ

魔法使い(賢者の陰毛きっとまだ生えてないわぁ…)クチュクチュ

魔法使い(賢者…可愛いわぁ…ペロペロしたい…)クチュクチュ




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 20:03:37 ID:Rbt4zzQ2

魔法使い(…ンッ…そうよぉ…もっと乳首さわってぇ///)イジイジ

魔法使い(ヤダッ…強く吸っちゃダメェッ)ギューッ

魔法使い(ハァ……ここがクリトリスよぉ…)イジイジ

魔法使い(ハゥンッ…ちょっ…だめっ……激し過ぎ///)クチュクチュクチュクチュ

魔法使い(イっちゃううううらめぇえええええええ///)ビクンビクン



賢者魔法使い「はぁはぁ…」

勇者(2人とも熱でも出てるのか?)ジーッ




31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 20:05:21 ID:Rbt4zzQ2

グッモー

勇者「おはよう賢者!魔法使い!」

賢者「おはようございます勇者様!!」ツヤツヤ

魔法使い「今日は次の町を目指すのかしらん?」ツヤツヤ

勇者「2人とも元気そうで何よりだ!」

一同「ハッハッハッハッハ!!!」




34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:11:45 ID:KPS7fW6I

港町

村長「海賊でたよ」

勇者「わかった」



賢者「海賊が船を襲うみたいですね」

魔法使い「これじゃ次の大陸に行けないじゃない」

勇者「俺たちが捕まえるしかないな」

船長「お前ら乗ってけアジトに乗り込むぞ」

賢者「トントン拍子ですねー」




35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:15:04 ID:KPS7fW6I

海賊の隠れ家

勇者「勇者の血が滾る…」クククッ

魔法使い「ねぇ勇者が暗黒落ちしたわよ」

賢者「くぅ〜そそりますねっ///」

フオオオオオオオオオオオオオン

賢者「これは警報!!」

魔法使い「見つかったか」

海賊「侵入者だとっ捕まえろ!!!」

海賊たち「うおおおおおおおお!!!」




36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:18:03 ID:KPS7fW6I

勇者「この小汚いネズミがあああああ!!!」

魔法使い「バイキルト!」

勇者「力が……み な ぎ っ て き た」

海賊たち「」

賢者「勇者様最高でしゅう///」クチュクチュ

魔法使い「あぁん…いいわぁ」クチュクチュ

海賊「なんだこいつら」




37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:21:24 ID:KPS7fW6I

海賊の首領「なんだてめえら」

海賊「お頭ぁっ!!悪党です!!」

賢者「あなたがここのボスですか!」クチュクチュ

魔法使い「懲らしめてあげるわぁ」クチュクチュ

勇者「降りてこい!!てめえの臓器という臓器を引きずり出してグチャグチャにしてやる!!!」バキバキ

首領「一体どうしたらいいんだ俺は」




38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:24:39 ID:KPS7fW6I

首領「ふん!いでよ海獣よっちゃんいか!!」

巨大イカ「ウオオオオオオオオオオン…」

海賊「出た!これで勝つる!!」

勇者「酒の肴にしてやるよおおおおあ!!」ザシュッ

巨大イカ「やめてマジで足切れてるから」

海賊「もうやめて!」




39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:27:44 ID:KPS7fW6I

シュルッ

賢者「きゃっ!!」

勇者「賢者ァ!!」

魔法使い「私の賢者がイカの足に…!!」

首領「ハーッハッハッハ!!どうだ!」

首領「これで手も足も出せないぞ!」

賢者「私の事はいいから…この下劣な海賊たちを倒してください…」

勇者「待ってろ!今助けるからな!」

魔法使い「絶対に許さないから」




40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:30:43 ID:KPS7fW6I

勇者「このイカ風情があああああ」

勇者「てめえの足が何本になろうとも俺は!」

勇者「切るのをやめないぞおおおお!!」

魔法使い「メラ!」

魔法使い「賢者に当たらないようにするのが難しいわね…」

巨大イカ「ウオオオオオオオオオオン…」マジデヤメテクダサイ

賢者「勇者様…魔法使いさん…」



賢者「…やだ…こんな時に…また濡れてきちゃった」




41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:34:43 ID:KPS7fW6I

賢者「もう我慢できない…!!」クチュクチュ

賢者「ハァン…なんで……魔法使いさんと息ぴったりなんですか…」クチュクチュ

賢者「私のほうがンッ……長い付き合いですよ…アァンッ」クチュクチュクチュクチュ



勇者「賢者!大丈夫か!!」

賢者「ふわあい…///」ピクッ

賢者(ついに勇者様に見られちゃった…)クチュクチュ



勇者「ま だ 我 慢 で き る か」

賢者「!!」




42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:37:50 ID:KPS7fW6I

賢者(そう…これは愛の試練)クチュクチュ

賢者(すぐにイクのではなく何回も寸止めすることにより)クチュクチュ

賢者(至福の絶頂を得られるはず…)クチュクチュ

賢者(勇者様に調教されてるよ〜///)クチュクチュ



賢者「まだ……イャン…我慢…できまンギィ!!」ピクピクッ

勇者「そうか!なら良し!」

魔法使い「羨ましい」




43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:43:10 ID:KPS7fW6I

勇者「おらあああああああ」ブオンッ

魔法使い「ばいきると〜」クチュクチュ

魔法使い(もう勇者1人に任せて私もしちゃお)クチュクチュ


賢者(あ〜もうダメェ///)ツマサキピーン

勇者「賢者!!まだいけるか!!?」

賢者「!!」ピタッ

賢者「アイッ……ヒッキモチイイ!!!」ピクピクッ

勇者「もうちょっとの辛抱だからな!!」



首領「…もう俺たちの負けでいいぞ」




44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:48:16 ID:KPS7fW6I

賢者(危ない…今の勇者様の声でイキかけた///)クチュ…

賢者(!!!)クチュクチュ

賢者(そうか!強弱をつけることによってオーガズムの波が生まれる…)クチュ…クチュクチュ

賢者(勇者様の攻撃の瞬間に激しくして…)クチュクチュクチュクチュ

賢者(敵の攻撃時にゆるめれば…)クチュ…

賢者(自在に絶頂の瞬間を操れる!!!)クチュクチュクチュクチュ




45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:53:51 ID:KPS7fW6I

勇者「あと3本!!!!」

勇者「その命を俺に踏みにじませろおおお!!!」ザシュッザシュッ

賢者「アァンッ……らめぇ…イっちゃうよぉ…」クチュクチュクチュクチュ

巨大イカ「ワイも逝っちゃうううう」

勇者「逝っけええええええええええ」

賢者「イっちゃうううううううう」ビクンビクン




46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:56:24 ID:KPS7fW6I

海賊たち「」



魔法使い「これで全員とっ捕まえたわね」

勇者「賢者…何か攻撃されたのか」

賢者「らいじょぶれす…ハァハァ」

勇者「顔色が悪いぞ」

賢者「ばかぁ///」ギューッ




54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:07:18 ID:hIK4vmKM

港町

村長「ごくろう」

勇者「あざっす」


大陸に向かう船

賢者「わぁー私船乗るの初めてなんですよ!」

勇者「俺もだ!」

魔法使い「2人ともまだまだ子供ねぇ」ニコニコ

魔法使い「それにしても海賊を退治したんだから船ぐらい貸切にしてくれたらいいのに」

賢者「しばらく貿易もロクに出来なかったそうですから仕方ありませんよ」

勇者「貨物船に乗せて貰えるだけありがたいしな」

魔法使い「はぁ先が思いやられるわ」




55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:12:24 ID:hIK4vmKM

ネズミダーダレカツカマエテクレー!!!
トッツカマエロー

勇者「むむ!悪事の予感!」

賢者「ねずみだなんて可愛いものじゃないですか〜」

ザザッ

盗賊「!!」

魔法使い「どうやら大きいねずみさんみたいねぇ」

盗賊「どけ!」

勇者「善良な市民から盗みをはたらくなんて許さん!」

賢者「わわわ勇者様!相手は人間ですよっ!!」




56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:19:01 ID:hIK4vmKM

ネカフェのパソコン使いにくい…
携帯で書くわ


ミツケタゾー
ユウシャサマツカマエテクレー

盗賊「くそっ」バッ

ドボン…

勇者「捕まるとみたらすぐ海に飛び込むとは…」

魔法使い「ああいうのはきっと船の中に隠れてるパターンね」

賢者「それにしても今の盗賊さん」

賢者「私よりも小さかったですね」フフン

勇者「む?そうだったか?」

勇者「同じ身長ぐらいに見えたが」

魔法使い「天然って恐ろしいわぁ」

魔法使い(賢者の胸はB…いやCはあるわね)ムフフ

賢者「!!」ゾクッ




57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:23:36 ID:hIK4vmKM

砂漠

船長「おら着いたぞ」

勇者「どもっす」



勇者「しばらく歩けば町があるらしいぞ」

賢者「水と食料も沢山貰いましたし!」

魔法使い「はやいとこ次を目指しましょ」


ササッ

賢者「ん?」チラッ

勇者「どうした賢者?」

賢者「いやその…」ユビサシ

魔法使い「サボテンの着ぐるみね」

サボテン(盗賊)「…」




59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:27:22 ID:hIK4vmKM

魔法使い「…バレてないと思っているのかしら」ヒソヒソ

賢者「だとしたら凄く可愛いんですけど!!!」ヒソヒソ

勇者「どうする?ブチ殺すか?」ヒソヒソ




盗賊「…フフフ」

盗賊(奴らが勇者のパーティか)

盗賊(さっきは邪魔してくれたからな)

盗賊(金品だけじゃなく水と食料まで奪い尽くしてやる!!!)




60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:30:51 ID:hIK4vmKM

賢者「まぁまぁ勇者様!」

賢者「特に害はなさそうですし放っておきましょう!」テクテク

勇者「そうか」テクテク

魔法使い「あんた自分より小さい子には優しいのね…」テクテク



盗賊(流石は僕の完璧な変装…)

盗賊(やつらはまったく気付いてない様子)

盗賊(毎日夜なべして作ったかいがあった…)ジーン…




61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:34:21 ID:hIK4vmKM

2時間後

盗賊(…フゥ………フゥ…フゥ…)

盗賊(クソォ暑過ぎる…)

盗賊(通気口を作らなかったのは失敗だったな…)

盗賊(パンツまで汗びっしょりだぞ…)グチョグチョ

盗賊(…えーい後で着ればいい!)ババッ

盗賊(この中なら全裸でも構わないっ!!)

盗賊(どこまででも追い詰めてやる!!!)




62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:38:23 ID:hIK4vmKM

5時間後

盗賊(……ヒュウ……ヒュウ……)

盗賊(やつら…全然隙を見せない…)ハァハァ

盗賊(着ぐるみも足が見えないよう底がないから)ハァハァ

盗賊(砂が重くてたまらない…)ハァハァ



サンドワーム「ヨォ」

盗賊(!!着ぐるみの中に!?)

サンドワーム「ジョウチャンイイカラダシテマンナ」

盗賊(やっ!!体に巻き付かないで!!)




63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:42:25 ID:hIK4vmKM

サンドワーム「ワイツルペタデモゼンゼンオッケーヤデ」

盗賊(や!やめっ…アンッ)

盗賊(う、動けない…)

サンドワーム「ココガヨワインカ」チクビサワサワ

盗賊「ンッ……!!!」

盗賊(な、なんだ今の感じは…)

盗賊(今まで感じたことのないこの高揚感…)

盗賊「ふわぁ……や、やめろぉ///」




64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:46:42 ID:hIK4vmKM

盗賊(僕の体、一体どうなってるんだ…)ハァハァ

盗賊(だんだん…頭がぽーっとしていく…)ハァハァ

サンドワーム「ジョウチャンヤルキデンナァ!!!」

サンドワーム「ヨッシャ!!オイチャンモヒトハダヌイダルデ」

盗賊「!!!」

盗賊「そ、そこはばっちぃとこだぞぉ!!」

盗賊「おしっこを出すところなのに…ふわっ」ガクガク



賢者「…ちょっと様子がおかしいですよ」

勇者「そうか?」




65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:51:43 ID:hIK4vmKM

盗賊(あああああ何なんだこれは…)ハァハァ

盗賊(あそこ触りたい…)ハァハァ

盗賊(くぅ〜///)クネクネ

サンドワーム「ミノキケンデスワ!!!マタアオナ!!!」シュポン

盗賊(拘束が解けた!!)

盗賊(…ちょっとだけなら)クチュ…




賢者「大丈夫ですか!!?」ポイッ

魔法使い「あらあら」

勇者「なんでお前裸なんだ?」


盗賊「うわああああああああああああ!!!!!!!」




66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 00:57:54 ID:hIK4vmKM

砂漠の町

宿 女部屋

盗賊「くそぉ…もうお嫁にいけない…」グスン

賢者「まぁまぁ♪」

賢者「それぐらいなら私たちもよくありますよ」

魔法使い「流石に裸を見られた事なくないかしら」

盗賊「お前ら金をよこせ!!」グスン

魔法使い「泣きながらナイフ突きつけられても」フフフ

賢者「可愛いですねぇ♪」

賢者「あ!そうだ盗賊さんちょっとこっち来てください」チョイチョイ

盗賊「な、なんだ金くれるのか」




67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:02:00 ID:hIK4vmKM

バタンッ

盗賊「な、なんでトイレにお前と入らなきゃいけないんだ」

賢者「いいですか盗賊さん」グイッ

盗賊「あ?やんのかてめぇ」



賢者「…さっきの写真です」チラッ

盗賊「!!」

盗賊「そ、それだけは頼む!!」

賢者「何を言ってるんですか?」

盗賊「あんなはしたない姿…誰にも知られたくないんだ」

賢者「さっき裸のあなたを助けた時」

賢者「貴重な水と食料もわけてあげましたよね?」ゴゴゴ

盗賊「ひっ…」ビクッ




68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:04:46 ID:hIK4vmKM

賢者「ちなみにこれ、コピーですから」

賢者「本物は私以外のどちらかが肌身離さず持っています」

盗賊「た、頼む…何でもするから」ガクガク

賢者「何 で も ?」

盗賊「だから…写真だけは」プルプル

賢者「何でもするって言いましたよね?」

盗賊「…」




69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:08:37 ID:hIK4vmKM

賢者「新しく仲間になりました盗賊さんです!!」パチパチ

盗賊「…」プイッ

魔法使い「あらぁそんなにお姉さん達と一緒にいたいのかしらん?」

勇者「コイツは悪い奴じゃないのか?」

賢者「そうですよー勇者様♪」

賢者「それに盗賊ですからね」

賢者「貴重なアイテムとかも見つけてくれるそうですよ」

勇者「おおそうか!!なら良し!!」

盗賊「いいのかよ…」ボソッ

賢者「ふふふ」チラッ

盗賊「よよよよよろしく頼むぜ勇者!魔法使い!」




70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:15:53 ID:hIK4vmKM



賢者「すぅ……すぅ……」

魔法使い「あぁん……そこよぉ…」

盗賊(……2人とも寝てるな)ソローッ


トイレ

盗賊「くぅ〜ずっと我慢したんだ…」

盗賊「さっきサンドワームに絡み付かれた時…」

盗賊「…不思議な気持ちになってしまった」

盗賊「この衝動を抑えるには…」

盗賊「僕が自分で処理するしかないよな」




71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:19:43 ID:hIK4vmKM

盗賊「…」サワサワ

盗賊「ん……」

盗賊「駄目だ…胸を触るだけじゃ全然気持ちよくならない…」

盗賊「やっぱりあそこを……」クチュ…

盗賊「!!」ビクン

盗賊「ふわぁ……す、すごい///」クチュクチュ

盗賊「乳首とは比べ物にならない…」クチュクチュ




72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:24:02 ID:hIK4vmKM

盗賊「アッ……ンクウッ……」クチュクチュ

盗賊「き、気持ちいい……」クチュクチュ

盗賊「……中に指…いれ…ハアアアッ」ビクビク

盗賊「…何なんだ……」ハァハァ

盗賊「…いけないことなのかこれは…」クチュクチュ

盗賊「誰にも見られたくない……」クチュクチュ

盗賊「クソオッ……ヒッ……もっとぉ…」クチュクチュ

盗賊「もっと激しくしたい…///」クチュクチュクチュクチュ




73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:26:01 ID:hIK4vmKM

盗賊「…駄目だ……いつまでもやめられない…」クチュクチュ

盗賊「なんていうか……こう…」クチュクチュ

盗賊「何かが足りない……」クチュクチュ



ガチャ

魔法使い「あらお困りのようねぇ」

盗賊「!!」




74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:28:45 ID:hIK4vmKM

盗賊「魔法使い…!!」

盗賊(しまった…鍵忘れてた)

盗賊「出てってくれ…」ハァハァ

魔法使い「…もっと気持ちよくなる方法があるわよ」

盗賊「!!」

盗賊「ほ、本当かっ!?」

魔法使い「ええ」

魔法使い「私があなたにイクって事、教えてあげるわぁ」

盗賊「…怖いぞ」




75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:33:08 ID:hIK4vmKM

魔法使い「ほらもっと力抜いて」

盗賊「な、お前が私のを触るのか!!」

魔法使い「大人のテクニックを教えてあげる♪」ペロリ

盗賊「ひっ」





盗賊「ああああああイクウウウウウウ」ビクンビクン

盗賊「ちょっ…イッたから…動かさないで///」フルフル

魔法使い「まだ物足りないわぁ」クチュクチュクチュクチュ

魔法使い「イき続けた先に新しい自分が待ってるのよ」クチュクチュクチュクチュ

盗賊「あああああもうやめてくれええええ」ビクビク


賢者「…これでしばらくは魔法使いさんから解放されそうですね」




77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 01:48:07 ID:hIK4vmKM

番外編

港町の宿

賢者「すぅ……すぅ……」

魔法使い「…」サワサワ

賢者「!!」ガバッ

魔法使い「すぅ…すぅ…」

賢者「…?」

賢者「……………すぅ……すぅ……」

魔法使い「…」クチュクチュ

賢者「ひゃあ!!?」

魔法使い「すぅ……すぅ……」

賢者「もう本当勘弁してください」




86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 15:50:21 ID:zkpupMqM

砂漠の町

村長「ピラミッドがヤバイ」

勇者「任しとけ」



勇者「どうやらこの町に異変が起こってるらしい」

賢者「深夜に町中をミイラが徘徊してるなんて…」ブルブル

盗賊「ケッどうせならミイラを捕まえて売っ払っちまえばいいのにな」

魔法使い「あら頼もしいわねぇ」ツヤツヤ

盗賊「!!」ゾクッ

勇者「仲が良くて結構!!」ハッハッハ




87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 15:53:26 ID:zkpupMqM

ピラミッド内部

賢者「という訳で原因と思われるピラミッドにやってきましたが…」

魔法使い「まさかダンジョンになってるなんてね」

盗賊「ここは迷わないようにこうやって目印を付けとくぞ」ガリガリ

勇者「うむ、皆俺から離れるなよ!!」

賢者「あぁんイケメン過ぎる///」クチュ…



盗賊「いつもこうなのか」

魔法使い「どういう訳か勇者は気付かないのよね」




88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 15:58:53 ID:zkpupMqM

ガタッ

賢者「ひっ!!」ビクッ

勇者「どうしたんだ賢者」

魔法使い「何か音がしたわね…」

盗賊「どうやら奴さんが来たみたいだぜ」



ミイラ「オオオオオオオ」

賢者「きゃああああああああ怖いですううううううう!!!」ダキッ

勇者「お、おいくっつかれると剣が振れない…」カチッ

勇者賢者「「え??」」

ガラガラガラーッ

賢者「きゃあああああ落ちるううううううううううぅぅぅ……」


魔法使い「しまった!床が崩れ落ちてくわ!」

盗賊「ま、待ってくれ!!僕を魔法使いと2人きりにしないでくれええええ」




89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:04:35 ID:zkpupMqM

ピラミッド地下空洞

賢者「……はっ!!」

賢者「ここは…?」

勇者「賢者!!目が覚めたか!!」

賢者「キャッ!ななななんで上半身裸なんですか///」

勇者「す、すまない…服が破けてしまってな…」

賢者「はっ!!私も服が破けてる…」ササッ

勇者「ハハハ大丈夫だよ少し胸元が破けてるだけじゃないか!」

賢者「レディにとっては大問題なんですっ!!!」




90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:09:22 ID:zkpupMqM

賢者「それにしても…まったく上が見えないですね」

勇者「砂の山に落ちたから何とか無事だったが…」

勇者「出口も見当たらないし水と食料もないんだ」

賢者「うっ…それはマズイですね…」

勇者「クソっ俺とした事が…」

賢者「はわわ勇者様!!自分を責めないでください!!」

勇者「魔法使いと盗賊ともはぐれてしまった…」

賢者「きっと助けに来てくれますよ」

勇者「…あぁそうだな」ニコッ



賢者(どうしよう…勇者様と2人きりになってしまった///)テレッ




91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:13:28 ID:zkpupMqM

勇者「…痛っ!」ズキッ

賢者「どこか怪我したのですか!?」

勇者「いや…大丈夫だ」

勇者「落ちる時君に怪我させまいと抱き締めたんだが」

勇者「少し穴にかすってしまってな」

賢者「ええええええ私抱き締められてたのですか!!!」

賢者(クソォ何で気絶してたんだ私のバカ!!)

勇者「…」

賢者「勇者様、手当てを」

勇者「いやこれぐらい大丈夫だ」




92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:20:40 ID:zkpupMqM

賢者「そんなこと言わずに…」

賢者「少しを仲間を頼ってください」パァッ

勇者「みるみる傷が塞がっていく…!」

勇者(賢者のケアル…あたたかいな)


賢者「…私の事嫌いなのですか?」グスッ

勇者「いやそうじゃなくてだな…」アタフタ

勇者「コホンッ…なんというか」

勇者「やっぱり男が女を守らなくてはならないではないか」

賢者「…やっぱり勇者様はカッコイイです!!」パァッ

賢者「でも勇者様は1人で旅をしてるんじゃないんですよ」

賢者「適材適所!回復は私賢者に頼って頂かないと!」フンス

勇者「…あぁ、そうだな」




93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:25:41 ID:zkpupMqM

数時間後

勇者「…一体どれぐらい時間が経ったのだろうか」

賢者「魔法使いさんに盗賊さん…無事なのでしょうか?」

賢者(特に盗賊さん)

勇者「クソっ流石に不安になってきた…」

賢者「勇者様…今は堪えてください…」

賢者「幸いここにはモンスターも現れません」

賢者「今のうちに少しは体も休めておかないと」

勇者「…少し寝る」

賢者「はい、おやすみなさい…」




94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:30:44 ID:zkpupMqM

勇者「………すぅ……すぅ……」

賢者(こうやって勇者様と2人でいるなんて久しぶりです)

賢者(魔法使いさんがパーティに入ってからここに来るまでおよそ半年…)

賢者(全然2人きりになる時間なんてなかったから…)

賢者(今は一秒でも長くここにいたい…)

賢者(でも…ダメなんですよね)グスッ

賢者(私達には向かうべき場所がある…)

賢者(それに…勇者様には……)




95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:36:45 ID:zkpupMqM

2日後


賢者「……勇者様……生きてますか……」

勇者「……」

賢者「もう……からかわないでくださいよ……」

賢者「…1人にしないでください」

賢者「死ぬまでひとりぼっちは嫌ですよ…」

勇者「……」

賢者「……」ピトッ

賢者「まだ息はあるけど…」

賢者「随分肌が乾燥してます…」

賢者「水分が足りてない…」



賢者「……」クチュ…




96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:42:46 ID:zkpupMqM

勇者と賢者が穴に落ちた頃

盗賊「クッ…今はこの包帯野郎をどうにかしないと」

魔法使い「穴がいくらなんでも深すぎるわね…」

魔法使い「多分…2人はもう…」

ミイラ「オオオオオオオオオ」ブルブル

盗賊「コイツ小刻みに震えやがって!!」

盗賊「気持ち悪いんだよ!!」ザシュッ

パラパラパラ

ミイラ「オオオオオオオオオ///」ササッ

魔法使い「盗賊…あなたミイラを丸裸にするなんて嫌な趣味ね」

盗賊「そんなつもりじゃねぇよ!!」

盗賊「てめぇも前隠してんじゃねぇ!!」

魔法使い「いや隠して貰ったほうがありがたいんだけど」




97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:50:10 ID:zkpupMqM

ミイラ「オオオオオオオオオオナカ……」プルプル

魔法使い「…お腹?」

盗賊「いやミイラが喋る訳ないだろ」

ミイラ「オオオオオオオオオオナカ……スイタアアアアアアアア」プルプル

魔法使い盗賊「「 」」



乾いたおじさん「いやぁありがとう生き返るわ」モシャモシャ

盗賊「何が悲しくてジジイに飯を食わせなきゃならないんだ」フンッ

魔法使い「まさかミイラの正体がただお腹を空かせてて」

魔法使い「着る服もないから包帯を巻いていたおじさんなんてねぇ」アハハ

盗賊「しかも夜中に町まで来ちゃあ皆怖がるよな」

乾いたおじさん「昼は暑くてかなわんからね」

乾いたおじさん「町の人には後で謝りに行くよ」ハハハ




98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 16:56:12 ID:zkpupMqM

魔法使い「そんなことより勇者と賢者を助けないとねぇ」

盗賊「そうだった!オッサン長いロープとか持ってねぇか!?」

乾いたおじさん「生憎ホームレスでお金もないからね」

乾いたおじさん「私がさっきまで使ってた包帯ならあるんだが…」っ●

盗賊「要らねぇよ!!」ペシッ

魔法使い「1度町まで戻って調達するしかないわね…」

乾いたおじさん「ここから町なんて3日掛かるじゃないか!」

乾いたおじさん「悪いがお友達は助からないと思うよ…」

魔法使い「無理でもやるしかないの!!」

盗賊「…魔法使い…あんた運動は苦手じゃないか」

盗賊「パーティの中で一番足も遅いし」

魔法使い「それでも行くしかないじゃない…仲間のために」ポロポロ

盗賊「…」




99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:02:11 ID:zkpupMqM

盗賊(…僕も仲間に入ってるのかな)

盗賊(脅迫されてるから嫌々ついてきたけど)

盗賊(僕も勇者賢者と同じ目に合ってたら…)

魔法使い「…助けるわよ」

盗賊「なっ…僕の考えてること分かったのか!?」

魔法使い「そう言って欲しそうな顔してたわ」ニコッ

盗賊「…」

盗賊「…3日だ」

盗賊「僕の足なら3日あれば町でロープを買って帰って来れる」

盗賊「それまで2人はここで待っててくれ」

魔法使い「盗賊…ありがとう」




乾いたおじさん「スマンがついでに私の水も頼む」

盗賊「知るかっ!!!」




100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:08:36 ID:zkpupMqM

ピラミッド地下空洞

3日後

賢者「…ンッ…ダメ…もう何も汁が出ない」クチュクチュ

賢者「…勇者様…ごめんなさい…」

賢者「せめて私が水か氷の魔法を使えたら良かったのに…」

賢者「…こうなったら腕を切り落として血を飲んでもらうしか…」ナイフチャキッ

賢者「……」グッ

賢者「……クッ…」プルプル




ボトッ




101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:19:28 ID:zkpupMqM

賢者「!!!」

賢者「え…水筒?」

賢者「見たことない…私達のじゃない」

賢者「な、中身は!!」ダダッ

賢者「……」フリフリ





チャポンッチャポンッ…

賢者「……うえええええええん」

賢者「神様…ありがとうございます」グスッ

賢者「全然祈ったこともないしオナニーばかりしてるのに…」

賢者「なんで私が賢者になれたのかも分からないのに…」

賢者「これからはちゃんと祈ります…」




102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:23:16 ID:zkpupMqM

賢者(水を口に含んで…)ゴクゴク

賢者(勇者様…不束者ですがよろしくお願いします)チュッ

勇者「……」ゴクッゴクッ




賢者(…ふわぁキスってこんなに気持ちいいんだ///)

賢者(私も少しずつ潤ってきた…)

賢者(きっと今なら…)クチュクチュ

賢者(勇者様!!後少しですよ!!)クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ




103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:26:53 ID:zkpupMqM

上のほう

魔法使い「…」

盗賊「え!!何してんだよあいつら///」

盗賊「せっかく助けに来てやったのにのんきにちゅ、ちゅーしてやがった!!」

魔法使い「……かなわないなぁもう…」フフフ

魔法使い「もう少し後で迎えにきましょ」ヨジヨジ

盗賊「えーなんでだよ!!めんどくさい」

魔法使い「少しは女の子になりなさい」




104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:33:09 ID:zkpupMqM

賢者「アムッ……アッ…凄い…ムチュ…」クチュクチュ

賢者「いつもよりもンッ……いっぱい濡れてるよぉ///」クチュクチュ

賢者(あ〜いつまでもキスし続けたい…)クチュクチュ

勇者「…ん………」

賢者「あ、私ばかり楽しんですみません!」

賢者「水を口に含んで……チュッ…ハァン」クチュクチュ

賢者「勇者様の唇……ちょっとかたいけど」クチュクチュ

賢者「この形…本当に好きですよぉ///」クチュクチュクチュクチュ




105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:38:24 ID:zkpupMqM

賢者「アンッ……おちんちん欲しいよぉ///」クチュクチュ

賢者「でも勇者様は寝てる…」クチュクチュ

賢者「それに私の気持ち…まだ伝えてないから…」クチュクチュ

賢者「まだ交わる訳にハァンッ!!」ビクビク

賢者「ンンンッ…!!イキ…そ……!!!」ピクピク…


賢者「ハァンッ……ハァ……ハァ……ちょっとだけなら…」ゴクリ

賢者「……ンッ……」ゴソゴソ

勇者の勇者「オッス」

賢者「きゃわわ///」

賢者「でも全然勃ってない…」クチュクチュ




106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:42:01 ID:zkpupMqM

賢者「あ〜これじゃ生殺しですよぉ〜」クチュクチュクチュクチュ

賢者「ンッ……初めては上の口じゃなくて下の口で受け入れたい…」クチュクチュ

賢者「ここは…ガマンです……」クチュクチュクチュクチュ




8時間後

賢者「あ〜でもやっぱり入れたいぃ///」クチュクチュクチュクチュ

勇者「……すぅ……すぅ……」

盗賊「おい!あいつらまだやってたぞ!」

魔法使い「賢者…あなたの性欲はまさに底なしね…」ゴクリ




108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 17:50:53 ID:zkpupMqM

番外編

ピラミッド内
盗賊が町へ向かった後

乾いたおじさん「の〜ど〜か〜わ〜い〜た〜」

魔法使い「賢者…どうか無事でいて…」

乾いたおじさん「なんだよここに来るまでに水を全部飲んだって!!」

乾いたおじさん「おじさんのこともちゃんと考えといてよね」プンプン

魔法使い「……」イライライライラ

乾いたおじさん「大体帰りの水分はどうするつもりだったのかな?」

乾いたおじさん「お嬢ちゃんがおじさんにおっぱいでも飲ませてくれるのかな?」アソボヨワサワサ

魔法使い「2人になった途端強気になりやがって…」ピキピキ



魔法使い「くらえ!最上級氷魔法マヒャデドス!!!」

氷漬けのおじさん「」

魔法使い「これで凌ぐ予定だったけどあなたの氷なんていらないわ」

魔法使い「それに私の胸を吸っていいのは賢者だけよ♪」




112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 18:27:23 ID:WEJl0U4.

砂漠の町

乾き切ったおじさん「」

村長「ひでぇ…一体どんな拷問したんだ…」


勇者「本当にすまなかった!!」ドゲザ

盗賊「なんで勇者が頭下げてんだよ」

魔法使い「そうよぉ、私達仲間じゃない」

勇者「……ありがとう」

魔法使い「どういたしまして」ニコッ

賢者「いやぁかたじけないです」テレッ

盗賊「顔が蕩けてるぞ」

賢者「…」ジーッ

勇者「ん?何か顔に付いてるか?」

賢者「ちちちち違いましゅよ///」キャーッ

魔法使い「あぁんやっぱり可愛いわぁ賢者…」クチュクチュ

盗賊「なんでお前ら普通に弄り出すんだよ」




114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 18:33:41 ID:WEJl0U4.

砂漠の宿

盗賊「ふふふ…見てくれこの財宝の数々!!」キラーン

賢者「す、凄い!宝石がこんなに…」

魔法使い「ちゃっかりピラミッドのお宝を見つけてたのねぇ」

勇者「いいのか?勝手に持ち出してきて」

賢者「勇者様!私達には旅の資金も必要なんです!」

賢者「誰の物でもなく埃被っているのなら…」

賢者「使ってあげるのがこの子達のためだと思いませんか!!」バーン

勇者「なるほど!!なら良しっ!!」

盗賊「…まぁ納得してくれるならそれでいいや」




115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 18:40:42 ID:WEJl0U4.

町の貴金属店

賢者「す、凄い…」

店員「もうこれ以上は勘弁してください…」

魔法使い「まだ少し安いんじゃないかしらん?」

魔法使い「あの誰も立ち入らない秘境のピラミッド…」

魔法使い「そこで1000年以上前のまま保存されてたのよ」

魔法使い「どう考えてもここで買わないと今後お目にかかれないでしょうね」

魔法使い「そうねぇ…あとこれぐらいかしら?」



盗賊「あいつ俺より盗賊らしいんだが」

勇者「魔法使い…カツアゲだぞ」




116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 18:47:59 ID:WEJl0U4.

賢者「あわわ…ゼロが多すぎていくらなのか分かりません」

勇者「これ…国1つ買えるんじゃないか…」

魔法使い「旅が終わったら残った分は山分けしましょ♪」

盗賊「あの店すぐにお宝を売らないと潰れるだろ…」

賢者「そうだ!」

賢者「せっかくお金があるんだから飛行船を買いませんか!!?」

魔法使い「あらいいじゃないかしらぁ」

勇者「この砂漠から次の大陸までは大分長いからな」

盗賊「ならいいとこ知ってるぜ!」




117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 18:54:03 ID:WEJl0U4.

勇者一同は飛行船を手に入れた!!


勇者「いよいよここまで来たか…」

盗賊「なんだよもう旅が終わるのか?」

賢者「ふふふ次は魔王の城に直行ですよ」

盗賊「なっ…!!」

魔法使い「初めて旅の目的を知ったんだけど」

盗賊「僕もだ!!魔王と戦うならここに残る!!」

賢者「…」チラッ

盗賊「クソォ…魔王より怖い…」




118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 18:59:28 ID:WEJl0U4.

勇者「たった半年ほどの旅だったけど」

勇者「もうすぐ終わるんだ」

勇者「打倒!魔王まであと少し!」

勇者「皆!最後まで着いてきてくれ!!」

賢者「はい!勇者様!」

魔法使い「旅は道連れっていうしねぇ」

盗賊「しょうがねぇから着いていってやるよ」



よし!!

出発だぁ!!!

オオッ!!!!



賢者「…で、誰が運転するんですか?」

勇者魔法使い盗賊「…」




119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:06:41 ID:WEJl0U4.

盗賊「操縦できるやつがいないのを考えてなかったのか」

賢者「だ、誰か雇いましょうよ!!」

賢者「運転手ぐらいならきっとすぐ見つかりますって!!」アセアセ

魔法使い「う〜ん…」

潤ったおっさん「お呼びかな?」ファサッ

魔法使い「死にたいの?」

勇者「ファサッとしたがそんな髪どこにも…」

賢者「それは言ったらダメですよ勇者様!!」



盗賊「…不本意だが奴隷を買うか」




120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:12:50 ID:WEJl0U4.

勇者「なに?」ギロッ

盗賊「うっ…金はあるんだ」

盗賊「下手に金をちらつかせてろくでもないやつを雇うより」

盗賊「1人ちゃんと操縦できるやつを選んだほうがいい」

盗賊「…人一人の命を助けてやると思えば納得してくれるか?」

賢者「盗賊さん…勇者様はそういう悪いことが…」



勇者「やるならこの町の奴隷全員買うぞ!!」

賢者「流石です勇者様私も買ってくださいいいいい///」ブシャアアアアアア




121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:18:32 ID:WEJl0U4.

砂漠の町
ブラックマーケット

勇者「ここに金ならある!!」ドンッ

勇者「俺たちにお前たちが所有している奴隷を全て売ってくれ!!」

ウオオオオオオオテメエラノアタラシイシュジンハアイツダ!!

魔法使い「はぁ…お金が一気になくなったわぁ」

賢者「まぁまぁ♪」

賢者「こんな事出来るのは勇者様だけですよ///」キャーカッコイイ

魔法使い「…惚けやがって」ケッ




122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:26:10 ID:WEJl0U4.

盗賊「ひぃふぅみぃ…全部で250人ぐらいか」

賢者「これだけいれば1人は免許を持ってそうですね!」

魔法使い「飛行船の運転免許を持ってる人いる〜?」

ハイ!!


勇者「よし来てくれ…最新の飛行船は操縦出来るか?」

エルフ「はい…離着陸も卒なくこなせるとは思います…」ビクビク

エルフ「…行き先はどこですか?」

勇者「魔王城だ!」

エルフ「なるほど…普通なら誰も行きたがらない…」

エルフ「だから私達奴隷を買い取ったのですね」


魔法使い「あら可愛いエルフさんね」ペロッ

エルフ「!?」ゾクッ




123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:31:30 ID:WEJl0U4.

飛行船

アリガトーユウシャサマー
キャーワタシタチノヒーローヨッ

エルフ「まさか私以外全員解放するなんて…」

勇者「エルフもどうしても逃げたければいいんだぞ」

エルフ「いえそんな…新たなご主人様は誰よりも素敵ですよ」ニコッ



賢者「…」ムスーッ

盗賊「これがお約束ってやつだな」

魔法使い「でも鈍感な勇者が悪いでしょ」ヤレヤレ




124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:37:08 ID:WEJl0U4.

飛行船はちょうど砂漠の上らへん


勇者「フンッ!!!フンッ!!!」

勇者(クソォ…俺は大切なことに気が付かなかった…)

勇者(誰かを守って死んでは意味がない)

勇者(ともに生きていかねばならぬのだな…)

勇者(またひとつ勉強になったよ…ありがとう)


賢者「はぅ///空を飛んでいるのに修行だなんて…」

賢者「本当に勇者様は凄いです///」クチュクチュ


魔法使い「あぁん…賢者ぁ…」クチュクチュ

魔法使い「やっぱり諦められないわぁ…アアン」クチュクチュ




125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:43:16 ID:WEJl0U4.

操縦室

エルフ「…盗賊様」

盗賊「呼び捨てでいいよ多分僕の方が年下だし」

エルフ「では盗賊さんで…」

エルフ「あのぉ…非常に申し上げにくいのですが」

盗賊「どしたの?お腹でも空いた?」

エルフ「いえ…私エルフ一族は聴力が大変優れておりまして」

エルフ「飛行船内の音は全て聞こえてしまいます」

盗賊「誰も話を聞かれたって気にしないよ」

クチュクチュ…イヤァン…ユウシャサマァ…///

エルフ「えー…そうではなくてですね…///」モジモジ

盗賊「…ごめんあいつらぶん殴ってくる」




126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:51:19 ID:WEJl0U4.

甲板

盗賊「なんで怒られてるかわかってる?」

賢者魔法使い「「…」」セイザ

盗賊「…オナニーとかしてたら全部聞かれるんだよ」ボソッ

盗賊「操縦の妨げにならないよう僕たちは…」

賢者「はいはいはいはーい!!」

賢者「オナなんとかってとこがちゃんと聞こえなかったのでもう一度お願いします!!」チラッ

盗賊「くっ!!あんた最低だな!」

魔法使い「…夜になったら部屋に行くから」ボソッ

盗賊「や、やめてくれぇ」カァーッ




127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 19:59:27 ID:WEJl0U4.



エルフ「ふーっ…」

ガチャ

勇者「お疲れ、後は俺が見とくから寝ていいぞ」

エルフ「あ、いえお気遣いなく…」ペコ

エルフ「今は雲の上で安定した気候の中ゆっくり飛んでいます」

エルフ「朝になるまでは自動操縦でも大丈夫かと…」

勇者「そうか…まぁ風呂ぐらい入ってきなよ」

エルフ「…それではお言葉に甘えて」ニコッ




128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 20:05:11 ID:WEJl0U4.

シャワー室

ザアアアアアアアア…

エルフ(気持ちいい…こうしてシャワーを浴びていいなんて…)

エルフ(里の外で捕まって奴隷にされてから初めて言われた…///)

エルフ(私決して勇者様と同じ立場ではありませんが…)

エルフ(人間の女のようにあなたをお慕い申し上げます…)



キタワヨー
ゲッ!!!マタカギワスレテタ…

エルフ「!!」ピクッ




129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 20:08:54 ID:WEJl0U4.

エルフ(え!?この声は盗賊さんと魔法使いさん!)アタフタ


盗賊「やめろぉ!!僕に近付くなぁ!」

魔法使い「…今日はあなたのせいで溜まってるから」

魔法使い「メチャメチャにしてあげるわぁ」ニタァ

盗賊「!!!」ゾクッ


エルフ(お二人は一体どういった関係なのでしょうか!?)




130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 20:12:56 ID:WEJl0U4.

魔法使い「まずは首筋から…」ツーッ

盗賊「ふわぁ…!!や、やめ…」

魔法使い「次にあなたの可愛らしいお耳を…」パクッ

盗賊「ヒャッ!?何…今の///」ビクビク

魔法使い「ひもちいい…?」レロレロ

盗賊「ヤァッ…くすぐったい…」プルプル


エルフ(…)ドキドキ

エルフ(お二人は…噂のレズビアンだったのですね///)




131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 20:16:50 ID:WEJl0U4.

魔法使い「もう…このクリッとしたチクビがたまんないのよねぇ♪」クリクリ

盗賊「クフッ…き、聞こえちゃうだろ…」クネクネ

魔法使い「誰にぃ?」

盗賊「クッ…え、えるふにひゃあ!!?」ビクビク

魔法使い「聞かせてんのよ」クチュクチュ


エルフ(えええええええええ)

エルフ(わ、私が聞こえるのを逆手にとって…)

エルフ(おそるべし…魔法使いさん…)ゴクッ




132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 20:25:09 ID:WEJl0U4.

盗賊「んん〜っ…!!!!」ピクピク

魔法使い「ほらほらどうしたのぉ?」クチュクチュ

魔法使い「エルフにこんな恥ずかしい声、聞かれたくないんじゃないの?」クチュクチュ

盗賊「ヤァッ……指…と…めてンンッ」ジタバタ

魔法使い「はいと〜めた」ピタッ

盗賊「……へ?」ハァハァ

盗賊「な、なんで今…とめるのぉ…」ハァハァ

魔法使い「だってあなたが止めろって言うんですもの」

盗賊「うっ…クソォ///」クチュクチュ

魔法使い「あら抑えられなくて自分で始めちゃうのね」クスクス

盗賊「そ、それを言うなぁ……!!!」クチュクチュ


エルフ(魔法使いさん、駆け引きがお上手…)

エルフ(あの盗賊さんが借りてきた猫のようになってます…)クチュ…




133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 20:30:56 ID:WEJl0U4.

盗賊「フゥーッ……フゥーッ……」クチュクチュ…

魔法使い「あなた1人でイケるようになったのかしらぁ」ニヤニヤ

盗賊「み、見るなぁっ…アンッ…」クチュクチュ

盗賊「ハァーッ……ハァーッ…ハァーッ」クチュクチュ

魔法使い「ねぇ」

魔法使い「イキたいでしょ?」

盗賊「!!」フルフル

魔法使い「涙目になって可愛いわねぇ」

盗賊「やぁー……違うのぉ///」クチュクチュ


エルフ(やだ…私も濡れてきた…)クチュ…

エルフ(奴隷の身なのに自慰行為なんて///)サワサワ

エルフ(…でも勇者様は私を奴隷としてではなく…)

エルフ(一人のエルフとして見てるはず…)クチュクチュ




134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 20:38:54 ID:WEJl0U4.

魔法使い「でもあなた一人じゃあの気持ちよさは味わえない…違わない?」

盗賊「……」コクコク

魔法使い「さぁこっちにいらっしゃい…」フリフリ

盗賊「……」フラフラ

魔法使い「体を楽にして…」サワサワ

盗賊「ンッ…そこっ…気持ちいい…」ビクビク

魔法使い「ここはね、クリトリスっていうの」クニクニ

盗賊「ああああ!!」ビクンビクン

魔法使い「あらもうイッちゃったのぉ?」

盗賊「そこ…らめぇ…おかしくなっちゃう///」ハァハァ

魔法使い「いいわよおかしくなって」サワサワサワサワ

盗賊「やぁっ!!まだイッた…とこアアアン!!!」ビクンビクン




135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 20:47:23 ID:WEJl0U4.

アアアアアアアアアン…
シオマデフイチャッテ…ヤラシインダカラ…


エルフ(……)ドキドキ

エルフ(…男らしく振舞っている盗賊さんが…)

エルフ(あんな声を出すなんて…///)

エルフ(アンッ…ダメ……私はエルフ)クチュクチュ

エルフ(決して勇者様とは交われないのです…)クチュクチュ

エルフ(…でも、頭の中ならあなたと性交してても許されますよね…?)クチュクチュクチュクチュ

エルフ(誰にもバレてはいけない…)クチュクチュ

エルフ(そう思うことで背徳が生まれ…)クチュクチュ

エルフ(こんなに気持ちよくなるのですね///)ビクンビクン



賢者「こうして夜も耽ました」




148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:15:03 ID:5WE0vrOI

操縦室

賢者「あ、こんなところにいたんですね」ガチャ

勇者「賢者か」

賢者「お隣失礼します」

勇者「うむ」

賢者「凄いですよね飛行船って!!」

賢者「皆に個室が与えられるほど大きいですし」

賢者「お風呂トイレ完備なのもステキなです!」

勇者「大枚をはたいたかいがあったな」

賢者「はい♪」




149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:20:26 ID:5WE0vrOI

賢者「…」

勇者「…」

勇者賢者「「あの…」」

勇者「あぁすまない、お先にどうぞ」

賢者「いえいえそんな!大した話じゃありませんし!!」アタフタ

勇者「そうか」

勇者「…地下空洞で賢者が水を飲ませてくれたんだな」

賢者「ひゃいっ!」ドキッ

勇者「ありがとう」

勇者「賢者と一緒に冒険に出れて本当に良かった」

賢者「もったいないお言葉ですぅ///」




150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:25:06 ID:5WE0vrOI

勇者「そ、その時にだな…コホン」

賢者「!!」

勇者「き、キスとかしたのか」

賢者「すみません…どうしても口移しでしか方法がなくて」

勇者「あぁいいんだ」

賢者「…」

賢者「勇者様には…始まりの大陸の王女様という許嫁がいますもんね」

賢者「罪になるというのならもう私ここで…」グッ

勇者「そんな訳ないだろ!!」

賢者「!!」




151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:31:54 ID:5WE0vrOI

勇者「幼い頃よく俺と賢者と王女の3人で遊んでたのを覚えているか」

賢者「はい」

賢者「あの時はまだお互いに身分を知らなかったんですよね」

勇者「いつも城から抜け出していたな王女は」

勇者「…王女がいつか俺と結婚すると言って」

勇者「まさか父親の国王に駄々をこねるとは思わなかったな」

賢者「…しかも王様、娘のために法律まで変えましたからね」

勇者「本当によく思い付いたよな」

勇者「王女は16になる前に勇者と結婚しなければならないなんて…」

賢者「…あと少しですもんね」




152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:35:17 ID:5WE0vrOI

勇者「…結婚に応じなければ家族が殺されてしまう」

賢者「…勇者様は私とのキスをなかった事にしたいんですよね」

勇者「そ、そういう訳じゃ…」

賢者「じゃあ…」

賢者「なんで今その話をしたんですかぁぁぁ」グスッ

勇者「…」




153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:39:32 ID:5WE0vrOI

賢者「うええええええん」

勇者「…賢者」ギュッ

賢者「やめてください!!離してください!!」ジタバタ

賢者「どうせ叶わぬ恋…これ以上惨めな思いをさせないで…」グスッ

勇者「…」ギューッ

賢者「ずるいです…卑怯者です!!!」クチュクチュ

勇者「本当にすまない…」

賢者「うええええええん」ビクンビクン




154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:47:46 ID:5WE0vrOI



賢者「…」パチッ

賢者「私の部屋だ…」

賢者「あの後…泣きつかれて寝てしまいましたか」

賢者「ううう…」グスッ

賢者「惨めだ……」



盗賊「おい賢者!朝飯食わねえのか!」ドンドン

魔法使い「何があったのかしら…部屋に引きこもるだなんて」

勇者「…」

エルフ「賢者さん…」




155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:54:09 ID:5WE0vrOI

エルフ(昨日の勇者様と賢者さんの会話…)

エルフ(てっきりお二人が付き合ってるのかと思っていましたが…)

エルフ(少しでも長く旅を続けたい…か)

エルフ(私も…もうすこし勇者様を見ていたい)

エルフ(私エルフ、賢者さんのために一肌脱がさせていただきます!!)グッ


エルフ「勇者様…お話が」

勇者「あぁどうした?」

エルフ「ここじゃちょっと…」




魔法使い「あらもしかして…」

盗賊「なんだなんだ?」

魔法使い「三角関係ってやつよ♪」




156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 14:59:27 ID:5WE0vrOI

操縦室

エルフ「勇者様…是非一度私エルフの住む里まで来て欲しいのです」

勇者「あまり時間がないのだが…」

エルフ「一週間ほどで大丈夫ですので…」

エルフ「私を解放してくださった御恩…」

エルフ「是非一族総出で感謝させてください」

勇者「…まぁあとひと月ほど猶予はある」

勇者「エルフも一度家族に会いたいだろうしな」

勇者「いいぞ、里に向かってくれ」

エルフ「はい、ありがとうございます!」パァッ




157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:05:12 ID:dKwl.ggw

魔法使い「賢者ぁ、どうしたのかしら」

賢者「…なんでもないです」

盗賊「なんでもあるじゃないか!」

盗賊「どうしたんだ!お腹痛いのか!?」

魔法使い「ちょっと黙ってなさい」サワ…

盗賊「ひっ」


魔法使い「ドア越しのままでいいから聞いてちょうだい」

賢者「…」

魔法使い「勇者と何かあった?」

賢者「!!いいいいいえそんなことは…」

盗賊「分かりやすいな…」

魔法使い「詳しく聞かせてよ」

魔法使い「ガールズトークでもしましょ♪」

賢者「ぐすっ……実は…」




158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:09:19 ID:dKwl.ggw




魔法使い「なるほどね」

盗賊「卑怯なやつだな、王女様は」

賢者「ううう…どうしようもないんです」

魔法使い「…確かにどうしようもないわね」

盗賊「なんでだよ!そんな奴ぶっ飛ばせばいいのに!」

魔法使い「そんなことしたら死罪は免れないわぁ」

賢者「…そうですよ」

魔法使い「でもね…賢者は一度勇者に怒るべきよ」

賢者「え?」




159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:13:54 ID:dKwl.ggw

魔法使い「女の子にとってキスってそれはもう大切な事よ」

魔法使い「それをなかった事になんて…」

魔法使い「私なら一度はぶん殴るわね」フフッ

賢者「…」

魔法使い「それに時間があまりないのでしょ?」

魔法使い「なら怒ったあとは許してあげて」

魔法使い「残り少ない時間を精一杯楽しめばいいじゃない」

賢者「…魔法使いさん」

盗賊「そうだぜ!勇者も賢者もバカだからな!」

盗賊「コロッと忘れてまたキスしてるかもよ」

賢者「ふふ…盗賊さんにバカと言われたくないです」

ガチャ

魔法使い盗賊「「!!」」




160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:18:23 ID:dKwl.ggw

賢者「…ありがとうございます」フルフル

魔法使い「まぁ可愛らしい♪」

盗賊「目が真っ赤じゃねぇか」

賢者「うわああああああん」ダキッ

魔法使い「あらあら」

盗賊「ちょっ、暑苦しいって」

賢者「旅が終わっても2人とも友達です!!」グスッ

賢者「ずっとずーっと友達です!!」

魔法使い「…あなたが突き放しても私ははなれないわ」ギューッ

盗賊「写真を返して貰うまでは離れられねぇよ」ギューッ


アハハハハ チョッオシリモマナイデクダサイヨ




161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:22:55 ID:dKwl.ggw

賢者「あれ?何か船が魔王城から離れてるような…」

魔法使い「本当ね」

盗賊「森の方に向かってるな」

勇者「一度エルフの里に向かう事にしたんだ」

賢者「!!」ササッ

魔法使い「あらあら」

盗賊「隠れてないでいけよ」ドンッ

賢者「わわっ!!」




162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:27:23 ID:dKwl.ggw

勇者「…賢者」

賢者「うう…」


賢者「勇者様のバカアァ!!」ポカポカポカポカ

勇者「ちょっ、痛いぞ」

魔法使い「可愛らしいパンチね♪」

盗賊「猫パンチとか初めて見たぞ」

賢者「ふぅーっ…ふぅーっ…」ハァハァ

勇者「すまない」

賢者「謝らないでください!!」ギューッ

勇者「お、おい」

賢者「…」ギューッ

勇者「…」

勇者「ありがとう」ギュッ



エルフ(いいなぁ…私も皆さんと仲良くなりたいです…)クチュクチュ




163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:35:01 ID:5WE0vrOI

エルフの里

村長「へいらっしゃい」

勇者「大将ラーメン一丁」


賢者「森の中にこんなステキな町があるなんて!」

エルフ「えへへ…ありがとうございます!」

勇者「しかし凄いな」

魔法使い「村に入るまで何もなかったわよ?」

エルフ「私達エルフは奴隷として高く売れるので」

エルフ「村そのものが見つからないよう」

エルフ「強力な結界を張っているのです!」

盗賊「大した技術だなぁ」




164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:38:49 ID:5WE0vrOI

エルフ「今日は宴の用意を致しますので」

エルフ「皆様それぞれお好きな時間を使って下さい!」

村長「お前も行ってこい」

エルフ「村長!そんな…客人に失礼ですよ」

魔法使い「まぁまぁせっかくなんだし私達に村を案内してちょうだい」

賢者「そうですよ!エルフさんもだいじな友達です!」

エルフ「!」

エルフ「えへへーありがとうございます///」

盗賊「こいつチョロそうだな」




165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:43:12 ID:5WE0vrOI

里のはずれ

勇者「しかしラーメンが特産品とはな」

賢者「ほとんどのお店がラーメン屋さんでしたよ…」ゲプッ

エルフ「すみません…健康にはいいと思うんですけど」

盗賊「僕は野菜より肉が多いほうが良かったな」

エルフ「私達は肉を食べれないので」

魔法使い「ところでどこに向かってるのかしら?」

エルフ「ふふふ…里の観光名所ですよ」




166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:51:27 ID:eIGG3fic



賢者「きゃーキレイ!!」

盗賊「スッゲー!水が透明過ぎて底が見えるぞ!!」

エルフ「村が誇る縁結びの泉です!」

魔法使い「エルフも男女の交わりがあるのねぇ」ペロリ

エルフ「!!!」ゾクッ

勇者「甘いなこの水」ゴクゴク




167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 15:56:57 ID:eIGG3fic

キャーーッ

一同「!!」

勇者「今の声は!?」

エルフ「……もしかして」フルフル

魔法使い「奴隷の調達ってところね」

勇者「久々の戦闘か」

勇者「くくく…かぁーっはっはっはっは!!!」

盗賊エルフ「「えええええ」」

賢者「久しぶりの勇者様の戦闘…」

賢者「くぅーっガマン出来ません///」クチュクチュ

エルフ「いつもこうなのですか」

魔法使い「いつもこうよぉん♪」




168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:03:29 ID:eIGG3fic

子供エルフ「うわーんパパー!!ママー!!」

奴隷商人「こら!!静かにしろ!!」

闇魔法使い「騒がれてもいいじゃないか」

闇魔法使い「助けに来たエルフも捕まえられて一石二鳥だろ」


エルフ「そうはさせません!!」

賢者「その子をこちらに渡してください!!」

奴隷商人「な、なんだいっぱい来たぞ!!」

魔法使い「あの男は…」

勇者「血だああああ!!血を見せろおおお!!!」

魔法使い「勇者!!ダメよその男はっ…!!」




169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:07:40 ID:eIGG3fic

闇魔法使い「いでよ!!触手たち!!」

ぽわわん

触手「カワイイオンナノコガイッパイデンナァ」

賢者「召喚魔法!!」

魔法使い「かなりヤバイわよ…」

勇者「ハハハハハハハハ!!!!」ザシュッ

勇者「どうしたこんなものかぁ!」

触手「カンベンシテクレヤ」ピクピク

闇魔法使い「」


賢者「勇者様には関係なかったですね」




170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:13:31 ID:eIGG3fic

奴隷商人「に、逃げるぞ!!」タタタ

闇魔法使い「ここは一旦引くか…」シュタッ


触手「ウウウ…ワイノアイデンティティ…」シュルッ

盗賊「しょ、触手が!!」

勇者「俺はやつらを血祭りにあげる!!」

賢者「魔法使いさんは盗賊さんをお願いします!」

盗賊「ちょっ皆僕を見捨てないでくれえええ」

魔法使い「気をつけて!闇魔法使いは私の国の裏切り者!」

魔法使い「S級犯罪者よ!!」

エルフ「なら余計に放っておけませんね」




171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:18:50 ID:hkM2PbbM

奴隷商人「はぁ…はぁ…」

子供エルフ「んーっ!!」ジタバタ

闇魔法使い「マズイなあいつらは勇者一行だぞ」

奴隷商人「な、どうすんだよ」

闇魔法使い「俺にいい考えがある…」ニヤッ


エルフ「この付近で声が聞こえますが…」

エルフ「正確な位置が掴めません…」

賢者「この森、トラップを仕掛けられてそうですね」

勇者「砂漠の時の二の舞は踏まないようにせねばな」




172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:28:35 ID:hkM2PbbM

ズボッ

エルフ「え」

賢者「落とし穴!?」

エルフ「きゃああああ」

パクっ

大蛇「シャアアアアア」

勇者「な、エルフが蛇に丸呑みされた!」

賢者「そんな!」


闇魔法使い「ふふふ…このまま2匹のエルフを連れ帰れるぞ」

奴隷商人「おいおい流石だな兄弟!」




173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:31:42 ID:hkM2PbbM

エルフ(ウウッ……なんですかこれは…)

エルフ(体中がベトベトします…)

オオオオキサマラブチコロス!!!
キャーッユウシャサマカッコイイ!!!

エルフ(!!)

エルフ(お二人の声がします!)

エルフ(必ずや私と子供エルフを助けてくれるはず…)




174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:35:18 ID:hkM2PbbM

アァン…マタヌレテキチャッタ…
ユウシャサマナラダイジョウブナハズ…

エルフ(ええええ賢者さん私を助けてください!!)

フンッ……ハァン……キモチイイヨォオォォォクチュクチュ

エルフ(な、なんで敵と戦ってるのに自慰しだすんですか///)

エルフ(きっと今頃勇者様は私のために剣をふるわれてるはず…)

エルフ(……)クチュクチュ




175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:37:27 ID:hkM2PbbM

エルフ(あぁダメよエルフ…)クチュクチュ

エルフ(皆様私達のために戦っているのに…)クチュクチュ

エルフ(手が止まらない…)クチュクチュクチュクチュ

エルフ(この背徳感…たまらない///)クチュクチュ


闇魔法使い「…なんで俺の蛇の中でもオナニーが始まってるんだ」

奴隷商人「おい助けてくれよ!!」




176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:42:19 ID:hkM2PbbM

エルフ(ハァン…もしいきなり蛇から救出されたら…)クチュクチュ

エルフ(自慰してるとこを勇者様に見られちゃう///)クチュクチュ

エルフ(丸呑みされてるのに…生温い蛇の体内が…)クチュクチュ

エルフ(全身を愛撫されてるようで気持ちいいよォォ…)クチュクチュ

グハァ
ユウシャハ1ノダメージ!!!
ユウシャサマァ!!!

エルフ(…!!)ビクッ

エルフ(いけない…勇者様は懸命に戦っているのに…)ハァハァ

エルフ(それなのに…私は指を止めることが出来ません///)クチュクチュ




177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:44:59 ID:hkM2PbbM

エルフ(あぁ神様…お許し下さい…)クチュクチュ

エルフ(エルフはいけない子です…)クチュクチュ

エルフ(……)

エルフ(少し体勢が苦しいですね)

エルフ(よいしょ…)ゴソゴソ

エルフ(これなら自慰に集中できる…)ゴクリ




178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:49:09 ID:eIGG3fic

エルフ(どうしよォンッ……イキたいよぉ)クチュクチュ

エルフ(今頃外はシリアスな空気のはずなのに…)クチュクチュ

エルフ(蛇のお腹の中ではこんなにも淫らな私が1人きり…)クチュクチュ

エルフ(イッてもいいかなぁ///)クチュクチュクチュクチュ




179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:52:04 ID:eIGG3fic

エルフ(ああああイキそうイキそう!!!)クチュクチュクチュクチュ

エルフ(もう…ンッ)クチュクチュクチュクチュ

エルフ「イっちゃうううううううう」ビクンビクン


バサッ

勇者「エルフ!!大丈夫か!?」

エルフ「きゃあああああああ!!?」




180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:55:47 ID:eIGG3fic

賢者「え、エルフさん…」ドンビキ

エルフ「あなただけには…ひかれたくありません……」ハァハァ

勇者「随分顔が紅潮してるな…」

勇者「賢者!はやく回復を!」

賢者「その必要はまったくないですよ」ニコッ

エルフ「なんで何事もなかった顔してるんですか…」

エルフ「それより子供エルフは!?」



子供エルフ「ふぇぇぇん」ダキッ

賢者「よしよし」ギューッ

勇者「…助けたに決まってるじゃないか」

エルフ「…流石です勇者様///」




181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 16:59:26 ID:eIGG3fic

勇者「それよりもさっきの2人組…」

賢者「まさか魔王の部下だったとは思いませんでした」

エルフ「そ、そうだったんですか!?」

賢者「エルフさん…」

賢者「オナニーに集中し過ぎて外の声まったく聞いてなかったんですね」ボソッ

エルフ「!!!」カァッ




182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 17:05:11 ID:eIGG3fic

魔法使い「みんな無事かしらぁ?」ツヤツヤ

盗賊「うぅ…また穢された…」グスッ

賢者「魔法使いさん!盗賊さん!」

勇者「すまない皆、エルフ達を頼むぞ」

魔法使い「勇者はどうするの?」

勇者「さっきの2人組が魔王の手先だったんだ」

賢者「この森の中で食い止めないと…」

賢者「エルフの里はいずれ奴らにバレて…」

賢者「誰一人いなくなるまで誘拐されるでしょうね…」

魔法使い「無理よ!闇魔法使いは勇者でも倒せないわ!」




183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 17:09:46 ID:eIGG3fic

賢者「さっきあの2人と勇者様が戦われてましたが…」

勇者「うむ…あと一歩のところで逃がしてしまってな…」

魔法使い「oh…」

賢者「傷は深いはず…遠くには逃げられないでしょう」

勇者「賢者!追うぞ!!」

賢者「はいっ!」タタタッ


魔法使い「勇者って魔王より強いんじゃないかしら」

エルフ「勇者様、ダメージ1しか受けてないんですけど」

盗賊「う〜まだ足りないよぉ///」クチュクチュ




184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 17:12:52 ID:eIGG3fic

番外編

泉の近く

盗賊「や、やめろおおお!!」クネクネ

盗賊「さっき友達だって言ってたじゃないか!!」

魔法使い「あら友達を襲うのが楽しいんじゃない♪」ペロリ

触手「ワイモテツダイマッセ」

盗賊「やぁっ身動きが……」

魔法使い「ふふふ」ワサワサ

盗賊「ああああああああああああ!!!!!!!」




187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 20:44:01 ID:9AFAsApw

続き書くわ
キャラ紹介補足

勇者
強い 天然 二重人格
賢者
変態
魔法使い
お姉さん 豊満な乳 レズ タチ
盗賊
ツルペタ 褐色肌 ネコ
エルフ
むっつり 耳がいい




188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 20:44:59 ID:9AFAsApw

森の中

奴隷商人「クソッ…勇者め…」ハァハァ

闇魔法使い「まさかこの俺までやられるとは…」

闇魔法使い「必ず…この借りは返してやるからな…!!」

奴隷商人「こうなりゃエルフの里諸共破壊してやる…!!」


勇者「血の跡を辿ってみたはいいが…」

賢者「このあたりで途切れてますね」

勇者「一度止血したか…厄介だな」




189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 20:48:52 ID:9AFAsApw

ヒュッ

賢者「矢!?」サッ

勇者「出てこいてめぇらミンチにしてやる!!」ピキピキ

闇魔法使い「……ふふふふふ」

奴隷商人「……はははははは」

闇魔法使い「貴様はじっくり殺してやる!」

闇魔法使い「くらえ!」

勇者「賢者!危ない!!」ドンッ

賢者「キャアッ!!」

勇者「ぐああっ」

賢者「勇者様!!」




190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 20:52:49 ID:9AFAsApw

勇者は呪いを受けた!

賢者「こ、これはカーズの魔法…!!」

勇者「あれ…痛くもなんともないぞ?」

賢者「呪いをかけられたのですよ!!」

賢者「カーズの呪いは一度掛けられると死ぬまで続くと言われています…」

勇者「なっ!?」


闇魔法使い「一体どんな呪いをかけられたか知りたいか?」

勇者「くだらん」

勇者「貴様を殺して呪いを解く!」ザッ

賢者「ダメです!!勇者様!!」ダキッ




191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 20:56:18 ID:9AFAsApw

賢者「カーズは呪文をかけた者が死んでも解けません…」

勇者「なっ…」

賢者「どんな呪いかを知らないと…」

賢者「場合によっては死に至ります…」グスッ

勇者「解く手段が……ない?」


奴隷商人「ふはははははは!!!」

奴隷商人「これで勇者は終わったも同然!!」

奴隷商人「その呪いは闇魔法使いか俺にしか」ザクッ

賢者「え!?闇魔法使いが奴隷商人を…」

勇者「ナイフで刺しただと…」




192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:00:16 ID:OS2Z4Zu6

闇魔法使い「その呪いを解く条件は」

闇魔法使い「俺か奴隷商人から解除して貰うのみ…」

奴隷商人「て、てめえ…」グフッ

闇魔法使い「手柄は俺一人でいい」

闇魔法使い「今までご苦労だった」

闇魔法使い「あとは勇者達とエルフの処理さえできればいい」


勇者「貴様ああああああああ!!!!!」

賢者「仲間を殺すだなんて…最低です!」




193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:05:15 ID:OS2Z4Zu6

闇魔法使い「まずは貴様の大切な者から殺そうか…」シュッ

勇者「!!」

賢者「きゃあっ!?」

闇魔法使い「まずはコイツからだ…」

勇者「賢者!!」

賢者「…勇者様」プルプル

闇魔法使い「随分仲が良く見えるぞ…」

闇魔法使い「さてはこの娘、お前の恋人か」

賢者「こここ恋人だなんて〜」テレッ

勇者「そ、そこまで進展はしてないぞ!!」ウロウロ

闇魔法使い「何なんだこいつら…」




194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:08:28 ID:OS2Z4Zu6

賢者「隙あり!」シュポッ

闇魔法使い「…服を捨てたか」

賢者「上着だけです〜」ベーッ

勇者「よし!!」

勇者「闇の魔法使いよ、俺の呪いを解くんだ」

闇魔法使い「する訳ないだろ」

賢者「なんなんですかあなたは!」

賢者「けちんぼさんですね!!」

闇魔法使い「うるさいハエが…」




195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:12:51 ID:OS2Z4Zu6

闇魔法使い「いいからさっさと死ね!」ブォン

賢者「防御魔法シールド!!」

勇者「おお!いつの間に覚えたんだ!」

賢者「内緒です♪」

賢者「早くあいつをとっ捕まえましょう!」

闇魔法使い「させるか!」

勇者「おらああああああてめえの顔が便所蠅だあああああ!!!!」ガシッ

闇魔法使い「なっ!!」

勇者「あの世まで逝けや引きこもりニート野郎!!!」ゴーン

闇魔法使い「ず、頭突きだと…」パタッ




196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:16:32 ID:OS2Z4Zu6



賢者「あれ皆いないですね」

勇者「先に村に戻ったか?」

闇魔法使い「…何故殺さない…」

勇者「無駄な殺生はしないんだ」

賢者「それに呪いも解いて貰わないといけませんからね」

闇魔法使い「解く訳ないだろ…」

賢者「往生際が悪いですね…」

勇者「オラっ!!」ゴスッ

闇魔法使い「かはっ…は、腹が…」

勇者「…これはお前が殺した仲間の痛みだ」




197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:19:15 ID:OS2Z4Zu6

闇魔法使い「くっ……」

賢者「さぁ早く呪いを解いてください!」

闇魔法使い「ふふふ…」

勇者「何がおかしい!!」

闇魔法使い「そうだな…貴様に掛けた呪い…」

闇魔法使い「どんなものか説明させて貰おうか」

勇者賢者「「…」」




闇魔法使い「魔王様を殺せば貴様も死ぬ呪いだ」

勇者「……そうか」




198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:20:13 ID:Ujkge66U

いいぞいいぞ…グフフ




199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:24:15 ID:Qk1o8QpQ

賢者「なんて卑怯な…」

賢者「勇者様にしか魔王を倒せない…」

賢者「それを利用した最低の呪いですね…」

勇者「…解いて貰えば関係ないさ」

闇魔法使い「解かないぞ…」

闇魔法使い「いや…もう解けないの間違いか」

賢者「どういう意味ですか!!」



ピュンッ

闇魔法使い「グッ…!!!」ポタポタ…

勇者「魔王城の方向から……!!」

賢者「そんな……これ爪ですよ!!」




200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:28:35 ID:Qk1o8QpQ

闇魔法使い「俺が勇者に呪いを掛けて…」

闇魔法使い「捕まるような事があれば処理して貰うように頼んでたんだ…」

闇魔法使い「さあ!!どうする!!?」

闇魔法使い「自分の命を掛けて魔王様を殺すか」

闇魔法使い「闇に怯え死ぬまで這いつくばって生きていくか」

闇魔法使い「最後に二択を与えておいてやろうではないか……」パタッ



賢者「いやああああああああああああ!!!!!」

勇者「おい!!ふざけるな!!」ユサユサ

勇者「起きろ!!俺の呪いを解け!!」ユサユサ

勇者「ああああああああああああああああぁぁぁぁ………」




201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:33:42 ID:Qk1o8QpQ



賢者「……もうすっかり夜ですね」

勇者「あぁ」

賢者「……私を庇うために…勇者様は…」グスッ

勇者「呪いの内容からして俺が賢者を庇うのを見越していたんだろう…」

勇者「だから自分を責めないでくれ」

賢者「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

勇者「……」

賢者「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」

賢者「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

勇者「賢者…顔をあげてくれ」




202: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:37:32 ID:Qk1o8QpQ

賢者「…ヒッグ……わたしがどん臭くなければ…」

賢者「わたしがカーズなんてよけれていたら…」

賢者「勇者様はわたしを庇いなんてしなかった……」

賢者「わたしのせいなんです……」

賢者「わたしのせいで勇者様は……」



賢者「魔王を倒したら死んでしまう体になってしまった……」ポロポロ




203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:41:51 ID:Qk1o8QpQ

賢者「そんなの嫌です……」

賢者「勇者様には死んで欲しくないです……!!」

賢者「ずっと好きだったんです!!」

賢者「小さい頃からずっと勇者様が好きだったんです!!」

賢者「だから……」

賢者「死なないでくださいぃぃ……」

賢者「うええええええええええん……」




204: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:45:24 ID:Qk1o8QpQ

勇者「賢者...」ギューッ

賢者「ヒッグ......ヒッグ......」



チュッ

賢者「!!!」



勇者「俺も...ずっと好きだったんだ......」ギューッ



賢者「......ずっと両想いだったんですね」グスッ

賢者「......嬉しいのに.........涙がとまりません...」ギューッ




205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:49:58 ID:Qk1o8QpQ

パァァァッ......

賢者「!!」

賢者「......キレイ」

勇者「泉の底に......光る石が敷詰まっていたんだ......」

賢者「......光が反射して幻想的な色ですね」

勇者「......あぁ」

賢者「まるで神様が祝福してくれているみたいです...」エヘヘ




207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:56:28 ID:Qk1o8QpQ

賢者「勇者様...」チュッ

勇者「賢者...」

賢者(......ダメ...頭が蕩けちゃう)

賢者(好きな人とのキス...)

賢者(とても気持ち良くて温かい......)




賢者「胸...触ってください...」

賢者「ンンッ......そうです...」

賢者「ヤァ......チクビ、もっといじって......」

賢者「ハァ......ハァ......」

賢者「手...とめないでぇ」




208: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 21:59:19 ID:Qk1o8QpQ

「...キスも続けて......」

「イヤッ......恥ずかしいです......」

「......そんな...言えないですよ......」

「もう…仕方ないですね…」

「……わたしのおまんこ、もっといじって…?」ボソッ

「あああああああ!!!!」

「もっと……もっと激しくンンッ!!!」

「はぁ……はぁ……」




209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:03:15 ID:Qk1o8QpQ

「……え」

「いいんですか……」

「……」コクッ

「……勇者……大好き」ギューッ

「わたしの初めて……貰って……」




「ふあっ…!!!」

「……だ、大丈夫…痛くないよ……?」

「んっ……ゆっくり、動かして……」

「そうっ……もっと奥っ……」

「キスも……んむっ…チュッ……」




210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:06:51 ID:Qk1o8QpQ

「はぁっ……はぁっ……」

「…気持ちいい?」

「……やぁっ……そんな…恥ずかしいよぉ」

「見ないで……顔…ぐちゃぐちゃだと思うから……」

「………イキそうッ」

「………やだ!!とめて!!」

「イク!!イっちゃう!!!」

「ああああああああん…」ピクピク

「……へ?」

「や…イッたとこ……動かさないで」




211: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:10:24 ID:Qk1o8QpQ

「あああああまたくる!!」

「イク!!イク!!いやあああぁぁ…」

「……はぁ……はぁ………」

「いいよ………中に……赤ちゃん欲しい……」

「くっ……はぁん…………一緒に………」

「イキそう……?イキそうなの?」

「わたしも………イキそう……」

「はぁ………あん………イク!!!」

「はあああぁぁぁん…」



「……えへへ……大好きだよ」

「今日はこのまま……」




214: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:27:19 ID:Qk1o8QpQ



賢者「……」

勇者「……」

賢者「このまま…2人で逃げたいです」

勇者「……それは」

賢者「冗談ですよ」

勇者「……賢者」

賢者「……大好き」ギューッ


魔法使い「あれはもう事後ね」

盗賊「事後って何だよ」

エルフ「……いいなぁ」グスッ

魔法使い「まったく…羨ましいわ」




215: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:30:44 ID:Qk1o8QpQ

エルフの里

勇者「すまない今戻った」

盗賊「事後ってなんだよ!!」

魔法使い「………」ゴニョゴニョ

盗賊「えええええ///」

賢者「えへへ///」

エルフ「おかえりなさい…」ニコッ


魔法使い「そんなことが…」

盗賊「じゃあ魔王はどうすんだよ!!」

勇者「倒すしかないさ」

賢者「そうですよ!世界に平和をもたらすためには必ずやり遂げないと!!」

エルフ(……お二人の愛は凄いですね)

エルフ(どこにもつけ入る隙がないや…)




216: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:33:09 ID:Qk1o8QpQ

エルフ(普通愛する人が死ぬのなら)

エルフ(笑顔で魔王を倒そうなんて言えないじゃないですか)プルプル

賢者「エルフ…」ギューッ

エルフ「賢者さんっ!!?」

賢者「あなたも大事な友達だよ」

賢者「だからそんな悲しそうな顔しないで」



エルフ「…ずるいです…」グスッ




217: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:37:40 ID:Qk1o8QpQ

村長「ラーメン祭りだよ」

勇者「ははは…」



賢者「勇者様!あっちにりんご飴が売ってますよ!!」

勇者「よし買いに行くか」

魔法使い「全部撃ち落としたんだから早く寄こしなさいよ」ニコッ

的屋「も、もう勘弁してください…」

盗賊「あはは!!お祭りって楽しいな!!」

エルフ「もう盗賊さんったら顔中わたあめだらけですよ」フキフキ

ヒュルルルルルルル…ドォン…

賢者「あ、花火だ!!」

魔法使い「キレイねぇ」

盗賊「あんなの今まで見たことねぇぞ!」



賢者「そうして一週間が経ちました」




218: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:41:30 ID:/.CvRAc.

飛行船

盗賊「いいのか?残らなくて」

エルフ「はいっ!」

エルフ「私も皆様とともに旅を続けたいんです!」

魔法使い「なにか吹っ切れたわね」ウフフ

エルフ「魔法使いさんは何でもお見通しですね...」

賢者「うふふふふふ」

エルフ「何ですかその顔は...」



勇者「よしっ!!」

勇者「いよいよ魔王城に乗り込むぞ!!」

一同「おおおっ!!!!!」




219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/05(火) 22:46:04 ID:/.CvRAc.

番外編

子供エルフ「お姉ちゃん大丈夫?」

エルフ「大丈夫ですよー」

子供エルフ「何だか元気ないよ?」

エルフ「そんなことはないです」

エルフ「ただ...」

子供エルフ「ただー?」

エルフ「あなたももう少し大きくなれば」

エルフ「この何とも言えない感情を理解できますよ」


魔法使い「失恋の痛みを慰めてあげるわぁ」ワサワサ

エルフ「けけけけ結構です///」

盗賊「魔法使いのテクは凄いんだぞ!」




222: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 01:33:57 ID:N4Bo/cb.

飛行船

賢者「勇者様ぁ」ダキッ

勇者「こ、こら修行の邪魔をしないでくれ」アセアセ

魔法使い「ちょっとぉイチャイチャしないでよぉ」

賢者「えへへ///」

魔法使い「盗賊は操縦室に引きこもるし...」

魔法使い「...わたしも引きこもろ」


操縦室

エルフ「もうすぐ魔王城に着きますけど...」

盗賊「嵐が凄いな」

盗賊「近くに船を停めて歩くしかないみたいだね」




223: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 01:37:02 ID:N4Bo/cb.

最果ての村

村長「」

勇者「骨しかねぇ...」


魔法使い「まるで廃墟ねぇ」

勇者「随分と荒らされているな...」

賢者「人の気配も感じません...」

盗賊「いや...いっぱいいるぞ!」

エルフ「話し声も聞こえますよ」

エルフ「...これはオークですね」




224: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 01:39:22 ID:N4Bo/cb.

勇者「どれぐらいいるんだ?」

盗賊「数百匹はいるんじゃないかな」

賢者「うわぁオークの群れとか絶対入りたくないです...」

魔法使い「流石にオークと交わりたくはないわね」

エルフ(こ、これは誰かが犯されるフラグですか)




225: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 01:41:42 ID:N4Bo/cb.

勇者「しかし進むしかない」

勇者「オークは俺に任せてくれ」

賢者「あぁん...///」クネクネ

魔法使い「け、賢者がオナらないなんて...」

エルフ「よほど性欲を発散できたみたいですね」

盗賊「いやそれが普通じゃないか」




226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 01:44:48 ID:N4Bo/cb.

少し進んで

オーク「......」ジーッ


魔法使い「もう隠れる気はないみたいだけど」

賢者「襲ってこないですね」

盗賊「それならさっさとこんな村抜けようぜ」

勇者「うむ」


アァン...クヤシイ...デモカンジチャウ///

エルフ(......これはオークの交尾なのでしょうか)///




227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 01:49:56 ID:N4Bo/cb.

クッコロセ......
ワタシハオチンチンナンカニクッシナイ!!キリッ
アァンラメエエエエエエカンジチャウノオオオ

エルフ(///)

エルフ「って!」

エルフ「皆さん!誰かがオークにお、犯されてますよ」ボソッ

賢者「もう一度お願いします」

エルフ「誰かがお、犯されてます///」

魔法使い「もっとはっきりしゃべってえ」

エルフ「誰かがオークのおちんちんに犯されています!!!!!」

盗賊「もうやめたげてよお!!」




228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 01:55:02 ID:N4Bo/cb.

勇者「何!!すぐに助けなければ!!」

エルフ「あそこの物陰から声が聞こえます///」

一同「!!!!!」



女騎士「アァン......おちんぽもっと欲しいのぉぉぉ///」パンパン

オーク「モ、モウカンベンシテクダサイ」

勇者「お、女騎士さん?」

女騎士「きゃああああああアァン///」パンパン

賢者「いや動きをとめて!!」

魔法使い「見ちゃダメよぉ」

盗賊「何も見えないぞ魔法使い!!」ジタバタ

エルフ「えええええ///」




229: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 01:58:21 ID:N4Bo/cb.



女騎士「久しぶりだな、勇者に賢者よ」キリッ

賢者「どうもお久しぶりです」

勇者「そ、その...なんだ」

魔法使い「今更カッコつけられてもねぇ」

エルフ「お二人のお知り合いですか?」

勇者「う、うむ...」

賢者「始まりの村のお城で働いていた女騎士さんです」

女騎士「よろしくな」

盗賊「オークと一体何をしてたんだ?」




230: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:02:48 ID:N4Bo/cb.

女騎士「こほん」

女騎士「それはそうと勇者よ」

盗賊「無視かよ」

女騎士「ここまで来たと言うことは...魔王を倒しにきたんだな?」

勇者「そうだが...女騎士さんも?」

女騎士「いや私は魔王軍に襲われたこの村の調査をしていたんだ」

賢者「何の調査なんですかねぇ...」




231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:10:14 ID:N4Bo/cb.

オークの村

オカエリナサイオンナキシサン...ブルブル
キョウハダレヲイケニエニササエルンダ...

賢者「こんな村が近くにあったなんて」

女騎士「ここのオーク達は皆弱気でな」

女騎士「魔王軍に徴兵されたらしいのだが誰も出兵せず」

女騎士「誰一人家から出てこなかったそうだ」

魔法使い「まるでひきこもり村ね」

勇者「女騎士さん...俺たちは魔王討伐のためここまで来たんだ」

勇者「よければあなたもついて来てくれないか」

女騎士「無論そのつもりだ」

女騎士「私を誰だと思っている!城一番の剣術使い、女騎士だぞ!」

賢者「さっきのがなければ決まっていたんですがね」




232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:20:10 ID:N4Bo/cb.

オーク「オンナキシサン...オレタチハダイジョウブダカラ」

オーク「ハヤクマオウサマタイジニイッテクレ」

女騎士「...お前たち」

女騎士「私は今猛烈に感動しているぞ!!」ダキッ

オーク「タンマタンマ!!ギブ!!クビガ...」パタッ

盗賊「どんな馬鹿力してんだよ...」

勇者「ここのオーク達は悪さをしないんだな」

賢者「それどころか女騎士さんの尻に敷かれてますけど...」

エルフ「人間と魔族が交わる...素敵な思想をお持ちの方ですね!」キラキラ

魔法使い「溜まってるのなら私が相手してあげるわよ」

エルフ「け、結構です///」




233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:24:01 ID:N4Bo/cb.

女騎士「ここいらは魔族の住処が多いんだ」

女騎士「特にあそこに見える塔の上には」

女騎士「魔王城を守るドラゴンが住み着いているな」

魔法使い「ならそこは避けて通りましょうか」

勇者「うむ!それがいいな」


ギャオオオオオオオオオ!!!!!

盗賊「......おいおい嘘だろ」

賢者「そのドラゴンがこっちに飛んできてますよ!!」




234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:26:43 ID:N4Bo/cb.

ドラゴン「アラヨット」カプッ

エルフ「きゃあああああ!!!」

盗賊「な!」

賢者「エルフさんがドラゴンに...!!」

女騎士「くっ待て!!」ダッ

勇者「女騎士さん!!」

魔法使い「あの子、尻尾に捕まって...」

賢者「とにかく2人を助けに行きましょう!!」




235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:30:28 ID:N4Bo/cb.

白い巨塔

バサッバサッ

ドラゴン「オラオリロ」パッ

エルフ「きゃっ!」ドーン

女騎士「大丈夫か!」

エルフ「は、はい...すみません女騎士さんまで連れてこられて」

女騎士「勇者の仲間だろ?助けるのが当然だ」

???「...誰だお前たちは」

エルフ女騎士「「!!」」




236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:36:11 ID:N4Bo/cb.

女騎士「お前こそ何者だ!!」チャキッ

ドラゴン使い「私か?私はドラゴン使いだ」

エルフ「に、人間ですよね...?」

ドラゴン使い「あぁそうだが」

女騎士「お前は人間なのに魔王に仕えているのか!」

ドラゴン使い「そうだが何だ?お前達は魔王様を倒しに来たのか?」

女騎士「そのとおりだ!」

女騎士「大人しく降参してもらおうか!」

ドラゴン使い「フフフ...馬鹿め」

ドラゴン使い「降参するのはお前達だ!」

ゴーレム「ウオオオオオン」

エルフ「か、囲まれていましたか...!!」




237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:41:27 ID:N4Bo/cb.



エルフ「ん...腕が...」

女騎士「こら!この拘束を解け!!」

ドラゴン使い「何を言ってるんだ」

ドラゴン使い「お前たちには人質になってもらうぞ」

ドラゴン使い「勇者が来ているのは分かっている」

女騎士「くっ...殺せ!!」

ドラゴン使い「今は殺さぬよ」

女騎士「私は決しておちんちんなんかに負けない!!」キリッ

エルフ「何を言ってるんですか!?」

ドラゴン使い「いや誰も犯すとか言ってないんだが」




238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:47:06 ID:N4Bo/cb.

女騎士「仕方ない......出せ...」

女騎士「口で処理してやろう」

エルフ「あなた犯されるの望んでますよね!?」

ドラゴン使い「ククク...それなら打って付けの役を用意せねばな」

オーク「ドモドモコンニチハ」

エルフ「さ、さっきのオークさん!!」

女騎士「貴様!!私を裏切るつもりか!」

オーク「オオオオオオオンナキシサマ...」フルフル

オーク「スミマセンモウナニモデナイデス」

女騎士「ふざけるなああああ!!!!」ブチッ

ドラゴン使い「な!自力で拘束を...!」




239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 02:50:58 ID:N4Bo/cb.

女騎士「いいから出せ!」ヌガシッ

オーク「オオオン///」ボロン

オークのオーク「ヘイガール」

女騎士「ふふふ...なんだまだまだ元気じゃないか」サスサス

オーク「モウホントウヨメニアワスカオナインデ...」

女騎士「あむっ......んむ...また洗っていなかったな」モゴモゴ

オーク「ススススミマセン...」



エルフ「......おちんちん咥えるってあんな感じなんだ///」クネクネ




242: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 09:43:48 ID:rdUNezuQ

女騎士「......ジュボッ......どうだ」

女騎士「私のテクニックは......」

オーク「ヤメッイキソウ///」

女騎士「ふふふ...まだ終わらせんよ」ニヤ



ドラゴン使い「...勝手に堕ちたぞ」

エルフ「いやぁ......なんで皆さんそんなに変態なんですかぁ」トローリ

エルフ「私も触りたい...///」クネクネ




243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 09:49:21 ID:rdUNezuQ

女騎士「私の胸も...触ってくれ」ジュボジュボ

女騎士「...ンッ!!そうだ!乳首を重点的にな......」

オーク「オオオオン///」

女騎士「ハァン...なかなかやるな!」

女騎士「だが、私は決しておちんちんには負けないっ!」キリッ



エルフ「もう最初から虜じゃないですかぁ...」

エルフ「私の拘束も解いてくださいよぉ」クネクネ

ドラゴン使い「...オーク、後は頼んだぞ」サッ

オーク「マッテ!タスケテクダサイ!!!!!」




244: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 09:52:18 ID:rdUNezuQ

女騎士「しかし些か刺激が足りないんじゃないか...」チロ...

女騎士「もっと!!こうだろ!!」ガシッ

オーク「アアアソンナ、ノドオクマデ...」コシクダケ


エルフ「自らイラマチオされにいきますか...」ハァハァ

エルフ「んんっもどかしいですぅ...」




245: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 09:59:19 ID:rdUNezuQ

女騎士「はぁ......んんっ…」ジュボジュボ

女騎士「ぷはぁ…」

女騎士「クソ……私も濡れてきたぞ」クチュ…

女騎士「もう我慢出来ない!!」

女騎士「オーク!!挿れるんだ!!」

オーク「ゲヘヘ…ゲラゲラポー…ゲラゲラポー…」

グチョオッ

女騎士「はぁ……あん///」プルプル

女騎士「らめえええおちんぽ気持ちよすぎるよおおおおお///」パンパン


エルフ「バックで挿れられてる…///」クネクネ

エルフ「てかこっち向いてしないでください!!」




246: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 10:06:49 ID:rdUNezuQ

女騎士「あああ…!!!」パンパン

女騎士「もっとぉ…もっと奥まで突いてっ!!!」パンパン

女騎士「そう……子宮の奥までおちんぽ当たってるよぉぉぉ///」パンパン

オーク「オンナキシサン...イキソウデス」

女騎士「ま、待って!!」フルフル

女騎士「まだダメ......私が...イクまでは」パンパン

女騎士「はああああああん!!!」ピクピク

オーク「ウホオオオオオオ」ドピュッ

女騎士「オークの......ドロドロの精子が中に///」ピクピク

女騎士「あああ...おまんこから垂れてきてる......」トローリ


エルフ「...私も勇者様としたい...///」クネクネ

エルフ「おちんちん欲しいよぉ......」




247: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 10:12:33 ID:rdUNezuQ

女騎士「......ほら早く動かすんだ...」パンパン

オーク「チョッ...イッタトコデス」

女騎士「私はまだイッていないぞ!」パンパン

女騎士「あああ...気持ちいい...」パンパン



勇者「二人とも無事か!!」バァン!!!!!

女騎士「やっ///」パンパン

女騎士「見るなぁ…馬鹿モノォ…」パンパン

魔法使い「非処女なだけでなく淫乱とはねぇ…」

賢者「昔のカッコ良かったイメージがブチ壊されました」




248: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 10:21:11 ID:ahdE08Mc

女騎士「おちんぽミルクおいしいのぉ///」

賢者「勝手にフィニッシュまでいきましたよ」

勇者「う、うむ…これが噂のアヘ顔ダブルピースか…」

エルフ「……///」ハァハァ

魔法使い「……後でいっぱいイかせてあげる」ボソッ

エルフ「……はい///」ハァハァ

盗賊「今日はおやすみか…」



ドラゴン使い「よく来たな勇者一行よ…」

勇者「誰だ!!」




249: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 10:24:31 ID:ahdE08Mc

ドラゴン使い「我が名はドラゴン使い…」

ドラゴン使い「魔王様の城を守る門番だ」

勇者「しねえええええええええ!!!!」

ドラゴン使い「ちょっはええよ!」サッ

ドラゴン「ギャオオオオオオオオオ!!!!!」

一同「!!!」

ドラゴン使い「お前らの相手はそのドラゴンだ」

賢者「これは強敵ですね…」




250: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 10:29:46 ID:ahdE08Mc

勇者「焼き鳥にしてやるよおおおおお」

キィンッ

勇者「な、剣が通らない…!!」

魔法使い「あら…もしかして結構ピンチ?」

エルフ「ドラゴンを操っているあの人を止めないといけません…」

エルフ「私達では強靭な鱗を持つドラゴンには勝てませんよ…」

盗賊「なら僕が!」サッ

ドラゴン使い「ハァァァァァ!!」ビュオオオオ

盗賊「か、風を纏いやがった」




252: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:00:26 ID:1IIMyfo2

ドラゴン使い「さぁ!これで私に攻撃はできない」

ドラゴン使い「早くドラゴンに食われて断末魔を聞かせてくれ…」

魔法使い「最上級魔法メラガイアー!」

ゴオオオオオオオオ

ドラゴン使い「なっ熱気流に風が奪われた!?」

勇者「はああっ!!!」ズバッ

ドラゴン使い「クソォ!!!!」バタッ



賢者「風のバリアなんて裸同然ですよ」フンス

盗賊「なぁなんで火の魔法で風が消えたんだ?」

エルフ「後で教えてあげますね」

女騎士「ふっ…それでこそ勇者だ」

魔法使い「あなたはまずイカ臭すぎるわぁ」




253: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:06:55 ID:1IIMyfo2

ドラゴン「クゥン……」スリスリ

エルフ「な、こそばゆいですよ!」

女騎士「元々人懐こい性格だったのだな」

賢者「今のうちにドラゴン使いを縛っておきましょう♪」

勇者「そうだな」

ヒュンッ

盗賊「!」

盗賊「危ない!!」ドン



ドラゴン使い「ぐふっ…」ポタ…ポタ…

賢者「また魔王が…!!」

盗賊「なんだこれ……牙が飛んできたのか?」

魔法使い「口封じかしらん」




254: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:12:00 ID:yVbU.6Xw

爪とか牙とか変なもん飛ばし過ぎィ!




256: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:13:59 ID:xh5eD4/.

>>254
鼻くそ飛ばしてるようなもんだと思ってくれ




255: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:12:54 ID:xh5eD4/.

勇者「またか…」

勇者「どうして仲間の命を簡単に奪えるんだ!!!」

勇者「クソォ……」

賢者「勇者様……」キュン




エルフ「…この嵐を止める方法、聞けなかったですね…」

盗賊「どこかに抜け道があったのかもよ」

魔法使い「なんにせよあのドラゴン使いを始末されたのはマズかったわねぇ」

女騎士「なんだ?今日はもう休むのか?」

賢者「手掛かりもありませんからね」

勇者「今日は一度船に戻ろう」




257: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:17:59 ID:xh5eD4/.

飛行船

女騎士「ほお凄いな」

女騎士「お前たちがこの船を買ったのか」

盗賊「僕のおかげだぞ!」フンス

魔法使い「あらぁ私の交渉があったからじゃない?」

盗賊「う、うんそうだな///」

賢者「あれ?エルフさんがいませんよ」

魔法使い「…すぐ戻ってくるわよ」ペロ




258: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:24:32 ID:xh5eD4/.

甲板

勇者「フンッ……フンッ……」ビュッビュッ

ドラゴン「くぅん」

勇者「なんだお前……ついてきたのか」

ドラゴン「ギャオッ」コクコク

勇者「なぁ…お前は魔王に忠義を尽くしているのか」

ドラゴン「…」フリフリ

勇者「そうか」

勇者「……」



オーク「アッシナラコトバガワカリマスヨ」

勇者「オークか…翻訳を頼む」

オーク「リョウカイデス」




259: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:30:17 ID:xh5eD4/.

勇者「お前は魔王城に行く方法を知らないのか」

オーク「ワタシガツレテイクヨ」

勇者「な!!いいのか!?」

オーク「ゴシュジンサマイナクナッタカラ…サミシイ」

オーク「ソノカワリ…マオウジョウニイルカレシヲタスケテヨ」

勇者「メスだったんだな」ナデナデ

勇者「いいぞ!必ずお前の彼氏を助けてやる!」

ドラゴン「くぅん///」

勇者「その代わりお前は魔王城に突入したら一度逃げろ」

勇者「俺たちがお前を守ってやれる保証はないからな」


賢者「もう…ドラゴンまで手懐けるなんて勇者様はカッコ良すぎですよ」

勇者「み、見られていたか…」




260: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:34:15 ID:xh5eD4/.

賢者「いよいよ突入ですね…」

勇者「あぁ…」

賢者「やっぱり……今更逃げようだなんて言えないですよね」

勇者「勇者としての使命は果たしたいからな」

賢者「まぁあの王女と結婚されるよりは全然いいですけどね!」ニコッ

勇者「…賢者」ギュッ

賢者「もう…恥ずかしいですよ」チュッ




オーク「アレ?アッシハクウキデスカ」




261: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:37:51 ID:xh5eD4/.



エルフ「……///」

女騎士「それではいよいよ明日魔王城に突入する訳だが」

勇者「俺たちはいつ死ぬか分からない」

勇者「魔王は平気で仲間を始末するやうなやつだ」

勇者「……頼む」

勇者「誰一人死なないでくれ!!!」

勇者「生きてまたここに戻ろう!!!」

一同「おおおっ!!!!!」


魔法使い「今日は乾杯ね♪」

一同「いええええええい!!!!」




262: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:41:15 ID:xh5eD4/.

盗賊「……」ソローッ

魔法使い「こらっ」ペシッ

盗賊「ってぇ!!何だよ!!」

魔法使い「あなたはまだまだ子供なんだからお酒は飲まないの」

盗賊「なんだよ母親ヅラしやがって」ベーッ

エルフ「お二人は親子か姉妹に見えますよ〜」ウフフ

賢者「そうですよ〜」ウフフ

盗賊「この酔っ払いどもめ!!!」

女騎士「なんだお前らまだ飲んでいなかったのか」トクトク

盗賊「やった!!」

勇者「女騎士…やめてくれ…」




263: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:46:03 ID:rAvvjEk.

オーク「アッシタチマデドウモスイマセン」ペコペコ

オーク妻「ドウモオットガオセワニナッテオリマス」ペコペコ

勇者「大勢のほうが楽しいからな」



エルフ「…ぐすっ」ジーッ

賢者「あれあれエルフちゃんどうしたんですかぁ?」アッハッハッハ

エルフ「私も彼氏が欲しいですぅぅぅ」グスッ

賢者「すぐ出来るって〜」フラフラ

賢者「うぷっ」

魔法使い「賢者が吐いたわ!!」

盗賊「うわっ汚ぇ!!」

エルフ「もっと吐けええええ」ウエエエエン

魔法使い「どれだけ勇者を取られた事が憎いのよ…」

勇者「??」




264: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:49:27 ID:rAvvjEk.

女騎士「なんだなんだ」

盗賊「賢者が吐いちまったんだよ」

女騎士「む!それはいけないな!」

女騎士「どれ、私も脱ぐか」スポポポーン

盗賊「で、でけぇ」ゴクリ

魔法使い「何あんた…私に喧嘩売ってるのかしら」ヌギヌギ

賢者「えへへ///」

賢者「勇者様大好きです〜」

エルフ「のろけないでよぉぉぉぉ」ビエエエエエン

勇者「こらこら酔いすぎだぞお前たち」




265: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:53:52 ID:rAvvjEk.

賢者「うるさいですぅ〜」ガシッ

エルフ「勇者様も脱いでください」ガシッ

勇者「な!!おい…やめろおおおお」ビリビリ

オーク「oh…」

オーク妻「アラアラマアマア」


女騎士「ふん…私の方が大きいようだな」

魔法使い「あら私の方がバランスがとれてるのよぉ」

女騎士「なに?」ゴゴゴゴゴゴ

魔法使い「なによ?」ゴゴゴゴゴゴ

盗賊「…逃げよ」

魔法使い「盗賊♪」ガシッ

盗賊「…ふぁい」チラッ

女騎士「私と魔法使い…どちらの方が魅力的だと思う?」




266: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 15:59:40 ID:rAvvjEk.

ヤメテクレエエエエエ
アッフタリガカリデボクヲ…イジルナァ…ピクピク


勇者「は、恥ずかしい…」ササッ

賢者「今更何を言ってるんですかぁ〜」

賢者「あんな事やこんな事した仲ですよぉ?」エヘヘ

エルフ「キィーッ賢者さんっ!!」

エルフ「私にも勇者様を貸してください!」グスッ

賢者「やだよ私の勇者様だもんっ」ダキッ

エルフ「私だって勇者様が好きです!!」ダキッ

勇者「こらこら…」オロオロ

魔法使い「なにあなたたち勇者を逆レイプ?」

女騎士「勇者…立派になったな」ジーッ

女騎士「小さい頃は私がお風呂に入れてやってたのに」ジーン

賢者「なっ聞き捨てならないですよ!!」

エルフ「そーだそーだ!!」




267: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 16:03:24 ID:rAvvjEk.

勇者「そろそろ服着ていいか」

賢者「ダメです〜」エヘヘ

エルフ「素敵な筋肉…///」サワサワ

魔法使い「あんたも脱ぎなさい!!」ビリビリ

賢者「あぁん///」

勇者「!!」ムクムク

女騎士「どうした勇者?溜まっていたのか」

勇者「ち、ちが…」

女騎士「なら私が処理してやろう…」

女騎士「こっちへ来い…」ガシッ

賢者「ダメです!!!」ダキッ




268: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 16:06:56 ID:rAvvjEk.

魔法使い「ほらほら勇者ぁ〜」

魔法使い「そんな簡単に他の女になびいちゃうの〜?」

エルフ「最低です…私も抱いてください!!」

勇者「お、俺は賢者一筋だ!!!」

賢者「勇者様…///」ポッ

女騎士「そうだったのか」

女騎士「なら愛を語って貰わないとな」

魔法使い「とりあえずキスしなさいよぉ」

ソーレ キッス!!キッス!!キッス!!キッス!!

勇者「よさないか…」

賢者「み、みんなの前でなんて///」フリフリ

オーク「サッキフツウニシテマシタヤン…」




269: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 16:08:23 ID:rAvvjEk.

勇者「…賢者」ダキッ

賢者「はい…」ンーッ

一同「おおおおおおおお!!!!」





トイレ

盗賊「あへ///」ピクピク




271: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 16:12:39 ID:rAvvjEk.

番外編

一度戻ってきて飛行船のトイレ

エルフ「ずっと我慢してたから…」クチュクチュ…

エルフ「全然とまらないよぉぉぉ///」クチュクチュクチュクチュ

ガチャッ

エルフ「!!」

魔法使い「さぁお姉さんといい事しましょ♪」



アアアアアアアアイクイクイクイクーッ!!!!!
マダマダコンナモンジャナイワヨォ
ヒッ…マッテ!オシッコ!!!オシッコデソウ…
プシャアアアアアア


盗賊「…クソォ」クチュクチュ




275: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:14:29 ID:rdUNezuQ



賢者「リビングがとてもグチャグチャです…」

エルフ「昨日は一体何があったのですか?」

魔法使い「あなた、全裸になってたわよ」ウフフ

エルフ「ええええ///」

女騎士「こらこら嘘は良くないぞ」

盗賊「まだ全裸だったのかよ!!」

勇者「女騎士…時には恥じらいも必要だぞ」

賢者「見ちゃダメです〜!!」




276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:18:51 ID:rdUNezuQ

甲板

勇者「このドラゴンが俺たちを魔王城に連れていってくれるぞ」

ドラゴン「ギャオッ!!!!!」

魔法使い「まさか背中に乗ってそのまま突入かしら?」

勇者「?そうだが」

盗賊「馬鹿か!コイツは平気かもしれないが僕たちは生身だぞ!」

エルフ「あの嵐に入った瞬間吹き飛ばされますよ…」

女騎士「私は平気だがな」フフン

賢者「わわ私もへっちゃらです!!」




277: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:25:11 ID:rdUNezuQ

オーク「ユウシャサマ…ドラゴンガマカセトケトイッテル」

勇者「そうか」

勇者「大丈夫だそうだ」

魔法使い「えええ…まぁこうなったら行くしかないわね」

盗賊「無理無理死んじゃう…」

エルフ「私も行きます!!」

女騎士「…盗賊はお留守番か」

賢者「…」チラッ

盗賊「分かった!僕も行くから!!」

勇者「これで全員だな!!」

女騎士「お前たち!船の留守は任せたぞ!」

オーク「イッテラッシャイマセー」




278: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:29:41 ID:jIQvnqDY

ドラゴンの背中

ビュオオオオオオオオオ

賢者「あはは!ドラゴンの背中に乗る時が来るなんて!」

エルフ「私もです!風が気持ちいいですね!」

魔法使い「呑気ねぇ」フフフ

盗賊「…」フルフル

魔法使い「震えちゃって可愛いんだから」ギュッ

盗賊「だって高いじゃねぇか!!」ギューッ

勇者「もうすぐ嵐だぞ!」

女騎士「しっかり鱗に捕まるんだ!!」




279: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:32:32 ID:jIQvnqDY

ドラゴン「ギャオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!」

パァッ

勇者「嵐に穴が!!」

女騎士「まさかドラゴンの咆哮が切り開くとはな…」

賢者「凄い……世界にはまだまだキレイなものがあるんですね」

勇者「突入だっ!!」




280: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:35:41 ID:jIQvnqDY

魔王城

村長「よく来た」

勇者「なぜだ…なぜここにもいる?」



盗賊「やっぱりでけぇな…」

魔法使い「高さ的に4階ぐらいかしら」

女騎士「勇者…お前は必ず魔王と戦うんだ」

エルフ「それ以外の戦闘は極力避けるべきですね」

賢者「……」

女騎士「作戦なんだが…」




281: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:41:18 ID:jIQvnqDY

女騎士「各階に強敵がいるとすれば…」

女騎士「最上階が魔王なら勇者が1人」

女騎士「それ以外の階では2人ずつ残るべきだな」

盗賊「って1人足りないじゃないのか?」

女騎士「案ずるな、私が1人で戦うさ」

女騎士「倒した者から順に勇者を追い援護する…」

女騎士「勿論、各階のボスがいなければ問題はないのだが」

勇者「十中八九いるだろうな」

魔法使い「なら組み合わせはどうするのかしら?」

女騎士「まぁこうなるだろうな」




282: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:45:41 ID:jIQvnqDY




勇者「突撃だ!!!」

バンッ

大理石の間

ドラゴン「ガオオオオオオオオオ!!!!!」

賢者「い、いきなりですか!!」

勇者「…ドラゴンの彼氏らしい」

魔法使い「そんな…こちらの話は聞いてくれるかしら」

女騎士「おそろくだがこのドラゴンを操っているのは魔王だろう」

女騎士「ここは私が残るっ!!!」

エルフ「そんなっ!!」

盗賊「どうすんだよ!とんでもなく強いんだぞ!?」




283: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:48:12 ID:jIQvnqDY

女騎士「あのドラゴンのためにコイツは傷付ける訳にもいかまい」

女騎士「私なら攻撃も受け止められるし逃げ回る事も出来るだろう」

勇者「くっ…頼むぞ!!」

女騎士「任せとけ!!!」

賢者「死なないでください!!」

女騎士「あぁ!大丈夫さ!」ニコッ

盗賊「走るぞ!!」




284: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:54:06 ID:jIQvnqDY

魔法使い「女騎士のためにも早く魔王を倒さないとね」タタタッ

勇者「あぁそうだ!急ぐぞ!」


2階 炎の間

盗賊「あっちぃ…」ダラダラ

賢者「お城の中にマグマがありますよ…」

デーモン「グオオオオオオオオ!!!!!」

エルフ「今度は巨大なデーモンですか!」

魔法使い「…ここは私に任せて」

勇者「待て!あと一人は誰だ!?」

盗賊「…僕が残るよ」

賢者「お二人とも…どうか無事で…」

魔法使い「早く行きなさいよね!」

勇者「次の階だ!!」




285: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 19:58:00 ID:jIQvnqDY

3階 猫の間

賢者「今度は猫のぬいぐるみばかりの部屋ですよ!?」

エルフ「一体何のためにあるのでしょうか…」

勇者「…気味が悪いな」

側近「待ちなさい…」

賢者「キャーッ可愛いメイドさん!?」

側近「私は魔王様の側近です」

側近「貴方達を通す訳には行きません…」

エルフ「…ここは私が1人で」

賢者「何言ってるんですか!!」

勇者「賢者!!頼むぞ!!」

賢者「はい!任せてください!!」ニコッ

エルフ「賢者さん…」




286: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:04:00 ID:ahdE08Mc

側近「…舐められたものですね」

側近「か弱き女2人に私が倒せるとでも?」

賢者「あなたも女じゃない!!」

エルフ「それに女の子を舐めないほうがいいですよ!!」

側近「…いいでしょう」

側近「どうせ勇者は魔王様に殺されますからね」

側近「貴方達の絶望する顔が見たい…」ハァハァ

賢者「!!」

側近「いいっ!!いいですねぇ…」クチュクチュ

側近「愛しの魔王様のために貴方達を殺したい…」クチュクチュクチュクチュ

賢者「同じオナニスト…強い」ゴクリ




287: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:09:18 ID:ahdE08Mc

側近「さぁ血を見せてください!!」バッ

賢者「きゃあ!!」

エルフ「賢者さん!!」

側近「同じ魔族なのに勇者側についた魔族エルフよ」クチュクチュ

側近「この女が殺されるか貴方が殺されるか…」クチュクチュ

側近「愚問ですが希望を聞いておきましょうか」クチュクチュ

賢者「エルフ!!私の事はいいから!」

エルフ「そ、そんな…」

エルフ(一体どうすればいいのですか…)




288: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:16:39 ID:ahdE08Mc

エルフ「くっ…」

賢者「エルフ!?」

側近「裏切り者には既にカーズを掛けてあります」クチュクチュ

賢者「なっ!一体どんな呪いなんですか!」



側近「ンッ……精神の中の悪魔が強くなる呪いです…」クチュクチュ

賢者「どういう意味…??」ググッ




289: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:22:30 ID:ahdE08Mc

エルフ(私はエルフ…魔族なんです)

エルフ(本来なら人間とは交流を持ちません…)

エルフ(…ですが勇者様…あなたは特別…)

エルフ(奴隷として生きる意味もない私を救って下さいました…)

エルフ(…あなたが好きです…)

エルフ(生きてあなたに会いたい…)

エルフ(賢者さん…ごめんなさい)


エルフ「はははははははははは!!!!!!」

賢者「え、エルフ!!」

側近「堕ちましたね」ニヤッ




290: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:27:56 ID:ahdE08Mc

エルフ「なんで…なんでアンタなんかが勇者様と付き合ってるんですか?」

賢者「エルフ!!」

側近「ふふふ…あなたは仲間に殺されるのです」クチュクチュ

賢者「エルフはそんなことしない!!」

側近「あぁ…そう!その顔ですっ」クチュクチュ

側近「なんて冷たい目…」クチュクチュ

側近「今からそれが壊れる…ふふふ」クチュクチュ

側近「気持ちいい……もう限界っ!!!」ピクピク

賢者「腕の力が!」シュポッ

賢者「エルフ!!!!!」タタタッ

賢者「もう大丈夫だよ!2人であいつ倒しちゃお!」ギューッ

エルフ「……」

ブスッ

賢者「……え?」




291: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:31:51 ID:ahdE08Mc

エルフ「賢者殺す賢者殺す賢者殺す賢者殺す賢者殺す…」ブツブツ

賢者「……な…んで……?」ポタポタ

側近「はぁん///」クチュクチュ

側近「いい!!いい!!トレッビアーン!!!!!」クチュクチュクチュクチュ

側近「その顔です!!」クチュクチュ

側近「信じた仲間に裏切られた瞬間…」クチュクチュ

側近「絶望に堕ちるその顔……!!」クチュクチュクチュクチュ

側近「ハァン……また…イクッ!!!」ビクンビクン

賢者「……ゲボッ」ポタポタ




292: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:35:39 ID:ahdE08Mc

エルフ「あははははははははははは!!!!!」

エルフ「勇者様と付き合うのは私!」グリグリ

エルフ「アンタなんかじゃない!!!」ギリギリ

賢者「……ケアル」パァッ

側近「貴方はとんだ愚か者ですね!」

側近「何故傷付いた自分にではなく!」

側近「貴方を刺したエルフを回復するのですか!」

賢者「…だって」



賢者「エルフの方が傷ついてるから…」パァッ




293: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:39:43 ID:ahdE08Mc

側近「は?」

賢者「ごめんね…辛い思いさせたね」ギューッ

賢者「好きなのに結ばれないなんて…辛いよね」

エルフ「おらおらおらおら!!!」グリグリ

賢者「でも……それでも私、あなたと友達でいたいの」ギューッ

エルフ「やめろっ!!離せっ!!!」ギューッ

賢者「同じ人を好きになれたんだから…」

賢者「分かり合えるはずだよ……」

エルフ「うるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさい!!!!!!!!!!」

賢者「お願い…元の優しいエルフに戻って…」グスッ




294: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:42:31 ID:ahdE08Mc

エルフ「………」

側近「な、何故攻撃をやめるのです!」

側近「貴方の慕う方を奪った人ですよ!!?」

側近「さぁ!早く止めを刺すのです!!!」




エルフ「………うるさい」

賢者「!!!」

エルフ「誰が……あなたの言いなりになるもんですかっ!!!」ギューッ

賢者「エルフ!!!!!」




295: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:48:08 ID:ahdE08Mc

エルフ「ごめんなさい…賢者」

賢者「ううん!!こんなのへっちゃらだよ!」

賢者「2人でこの変態やっつけちゃお!!」

側近「わ、私のカーズが破れるはずがない…」プルプル

側近「このままでは魔王様に会わせる顔がないじゃないですか…」

賢者「うるさい!」ドゴッ

側近「ぐっ!!?」

賢者「これはエルフに辛い思いをさせた分よ」フンス

エルフ「そしてっ」ヒュッ

賢者エルフ「「これが私達を傷付けた分っ!!!」」

ドォォォォォンンン…

側近「こ、この私がっ…」




296: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:50:47 ID:ahdE08Mc




側近「……何故止めを刺さないのです」

魔法使い「あらぁ可愛らしい子ねぇ」

盗賊「思ったより時間食っちったな…」

エルフ「魔法使いさん!盗賊さん!」

魔法使い「賢者はもう行ったの?」

エルフ「はいっ!!」

盗賊「何かいい事あったのかぁ?」ニヤニヤ

エルフ「ふふふ、内緒です!」




297: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:54:01 ID:ahdE08Mc

4階への階段

賢者「はぁっ……はぁっ……」タタタッ

賢者「良かった!!エルフが元に戻って!!」

賢者「凄く嬉しい!!あはははは!!」

賢者「もしかしてカーズって愛の力で解けるんじゃないですか!!」ピョンピョン

賢者「もしそうだったなら私、勇者様と…」ムフフ

賢者「待っててくださいよ!勇者様!!」




298: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/06(水) 20:59:15 ID:ahdE08Mc

番外編

側近「……殺してください」

魔法使い「何なのこのメイドさんは」

エルフ「……あなたにも好きな人がいるのですよね」

側近「……」

エルフ「好きな人の事を考えてお、オナニーしてたじゃないですか///」

盗賊「こいつも変態かよ…」

魔法使い「……」ペロリ

エルフ「だから」

エルフ「同じオナニストとして、あなたは殺せません…」

盗賊「今サラッととんでもないこと言ったぞ」



側近「……くっ………貸しだぞ」グスッ




301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 01:51:13 ID:gY5v4C1k

1階 大理石の間

女騎士「はぁぁ!!」キィンッ

ドラゴン「ギャオオオオオオオオ!!!!!」ブンッ

女騎士「くっ!やはり一撃が重いな…」

女騎士「勇者…早くしてくれ」

女騎士「私もこれ以上は持ちそうにないぞ…」


4階 魔王の間

勇者「ふんっ!!」キィンッ

魔王「ククク…強い…強いな勇者よ…」

魔王「だが我の方が強い!!!」ビュンッ

勇者「しまっ…」

キィンッ

賢者「勇者様!!」

勇者「賢者!!何故来た!?」

賢者「あなたと死ぬときまで一緒だからです!」




302: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 01:53:34 ID:gY5v4C1k

魔王「なんだ……雑魚が増えただけか」

魔王「おい小娘……死にたくなければここから出ていけ」

賢者「嫌に決まってるじゃないですか!」

勇者「賢者…」

賢者「さぁ!2人で魔王をやっつけてしまいましょ!」

勇者「ああ!そうだな!」チャキッ




303: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 01:59:19 ID:gY5v4C1k

勇者「気をつけろ賢者」

勇者「魔王は魔法、呪い以外にも何故か爪を飛ばしてくるんだが」

勇者「この爪が一番厄介なんだ」

賢者「闇魔法使いとドラゴン使いを一撃で始末する威力ですもんね…」ゴクッ

魔王「……部下たちはどうしたんだ」

賢者「そんなの皆でやっつけましたよ!!」

魔王「そうか…」

勇者「なんだ…魔王でも部下が死んだら悲しいのか」

魔王「悲しい?ふざけるな!!」

魔王「魔族最強の我さえいれば人類なぞ赤子の手を捻るより容易く滅ぼせるわ!!」




304: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:06:02 ID:gY5v4C1k

賢者「本当に救いようのない方ですね」

勇者「あぁ」

勇者「俺達は魔族であっても人を襲わないやつは友好関係を結んだ」

賢者「それに友達になることも出来ました!!」

勇者「例え種族が違おうとも助け合えば仲間だ!」

勇者「部下の死も弔わない貴様はここで朽ちてもらう!!」


魔王「何だその理論は…反吐が出るぞ」

魔王「我にとって自分以外は全て下僕!」

魔王「人間だろうが魔族だろうが家畜以下の虫けらでしかないぞ!」




305: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:11:56 ID:gY5v4C1k

勇者「黙れええええぇぇえ!!!!」シュバッ

勇者「今日!!この場で!!俺達はてめえをぶち殺す!!!」

賢者「回復は私に任せてください!!」

魔王「フンッ」シュルッ

賢者「防御魔法リフレクト!!」キィンッ

勇者「よし!爪を弾き返した!」

賢者「今です!!勇者様!!」

勇者「おらああああ爪という爪をはがし尽くしてやる!!!!」

魔王「フンッ他愛もない…」アガッ

ビュンッビュンビュンッ

勇者「グハッ!!牙まで自在に飛ばせるのか……」

賢者「勇者様!!!」




306: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:15:10 ID:gY5v4C1k

魔王「我は歴代の魔王でも最強と謳われるサメと魔王の血を分けた者だ…」

魔王「いくらでも爪や牙はすぐに再生するぞ」

賢者「何それ新しいですね…」

勇者「賢者!回復をっ…!!」

賢者「はい!ケアルガ!!」パァッ

魔王「ククク…いつまで持つかな?」




307: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:18:11 ID:gY5v4C1k

「リフレクト!!」

「はああああああ!!!」

「クソっ…攻撃が効いてないのか…」

「諦めちゃダメです!!」

「少しずつでもダメージを与えればいつかは傷付くはず…」

「そうだな…その時まで俺達は諦められないぞ」

「はい!」




308: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:22:08 ID:gY5v4C1k




魔王「もう無駄だと分かったか」

勇者「ハァ……ハァ………」

賢者「も、もう魔力が……」

魔王「まだ我には十分な余力がある」

魔王「どうあがいても勝ち目はないぞ」

勇者「クソっ…こんな所で諦める訳にはいかない…」

魔王「フフフ…知っているぞ勇者」

魔王「貴様が我を殺すと一緒に死んでしまう事も…」

魔王「今なら命は助けてやろう…」

魔王「まだ死にたくないだろう?」

魔王「その娘と恋仲と言ったところか」

勇者「!!」




309: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:26:56 ID:gY5v4C1k

魔王「いいではないか」

魔王「ただ無闇に命を投げ捨てるよりも…」

魔王「愛する者と死ぬまで生き延びたほうが幸せだろう」

勇者「ふ、ふざけるな…」ググッ

賢者「そうですよ…例え死ぬ事になってでも私達は一緒です!」

賢者「平和な世界と2人の世界…」

賢者「どちらも手に入るなら悲しくなんてない!」




魔法使い「随分と惚気けてくれるじゃない」

盗賊「おい…あの勇者がボロボロじゃねぇか…」

エルフ「勇者様!賢者!今助けに行きます!」

側近「ま、魔王様……」




310: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:30:01 ID:gY5v4C1k

魔王「側近……生きておったか」

側近「はい…申し訳ございません…」

魔王「いや…ご苦労だったな…」

側近「…ありがとうございます!!」

ビュンッ

エルフ「なっ…」

側近「そ、そんな…」グフッ

魔王「もう結構だ…安らかに眠れ」

賢者「そんな!また仲間を…」

勇者「貴様あああああぁぁぁぁぁ!!!」




311: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:35:21 ID:gY5v4C1k

勇者「うあああああああああ!!!!!」キィンッ

魔王「な!どこにそんな力が…」

魔王「それどころか…先程より強いだと…」グググ…


エルフ「ケアル!ケアル!」パァッ…

側近「…グフッ……もう結構ですよ…」

エルフ「私はあなたに死んで欲しくないんです!!」

魔法使い「エルフ…もう…」

エルフ「ふざけないで!!」

エルフ「好きな人に殺されてあなたは悔しくないんですか!!」

側近「ふふ……本望ですよ…とても嬉しい…」

エルフ「……」グスッ




312: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:41:32 ID:gY5v4C1k

盗賊「……最後は笑ったな」

エルフ「悔しいけど……共感してしまいました…」ポロポロ…

魔法使い「戦いが終わったら埋葬してあげましょうね…」




勇者「くらえ!!」ブスッ

魔王「グハッ……やるな」ニヤ

勇者「死んで罪を悔いろ…魔王よ」

魔王「まだだ…まだ終わらんぞ!!」

魔王「宇宙魔法…ブラックアウト!!」

賢者「勇者様!!!」パッ

勇者「賢者!!」ガシッ




313: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:46:07 ID:gY5v4C1k

盗賊「なんだあの黒い球体は!!」

エルフ「勇者様と賢者、魔王が中に吸い込まれましたよ…」

魔法使い「……ブラックアウト…」

魔法使い「やられたっ!」チッ

魔法使い「あの魔法は掛けたものと掛けられたものどちらかが死ぬまで出られないのよ」

エルフ「そんなっ…」

盗賊「つーことは…出てくるのは賢者か魔王のみってことか…」

魔法使い「そうなるわね…」

エルフ「神様…どうかお二人に御加護を…」



賢者「何も見えないです…」

賢者「勇者様ぁー!どこですか!?」




314: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:50:23 ID:gY5v4C1k

勇者「賢者!!」

賢者「勇者様!!」

勇者「俺は今魔王と戦っている!!」

賢者「わ、私も加勢します!!」アタフタ

勇者「来るな!」

賢者「…」

賢者「そんな…」

賢者「2人で力を合わせて戦うって決めたじゃないですか!!」

キィンッカッズバババババ!!!!!

賢者「うぅ…なんで…」

賢者「あなたの最後まで私は一緒にいたいのに!!!」




315: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:53:50 ID:gY5v4C1k

勇者「うわあああ!!!」

賢者「勇者様!!」

勇者「大丈夫…かすり傷だ」

賢者「違うっ!!」

賢者「音で分かります!」

賢者「急いで回復しないと…」

勇者「クソッだが……」

賢者「必ずあなたを見つけ出します!!」タタッ




316: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 02:58:17 ID:gY5v4C1k

賢者「…なんで何も見えないんですかぁぁ!!!」

勇者「……」キィンッ

賢者「…そうか」

賢者「私…目が見えなくなった」

勇者「クソッ…」

賢者「この魔法…中に入った人の何かを奪うんだ…」

賢者「もうこの目で勇者様を見れないなんて…」

ドンッ

賢者「キャッ!ゆ、勇者様ですか!?」

勇者「済まない…吹っ飛ばされてしまって…」

賢者「今回復します」ギューッ




317: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:02:38 ID:gY5v4C1k

賢者「!!」

賢者「勇者様…右腕が……」プルプル

勇者「……俺の代償は右腕だった」

賢者「そんな…」

賢者「じゃあどうやって…」

勇者「ありがとう…もうすぐ終わるから…」

賢者「いや!!行かないで!!」

勇者「すぐに戻る!」

勇者「うおおおおおおお!!!!!!」

賢者「いやああああああ!!!!!!」




318: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:08:11 ID:gY5v4C1k





賢者「ヒッグ……ヒッグ……」

ギューッ

賢者「勇者様……」

勇者「終わった……倒したんだ…魔王を」

賢者「…魔王の代償は声だったんですね」

勇者「あぁ、ずるいよな」

賢者「グスッ…本当ですよ」

勇者「…もうすぐ魔王が息絶える」

勇者「そしたら俺はもう…」

賢者「勇者…死ぬときは一緒に…」ニコッ

勇者「……愛してる」ギュッ

賢者「私も…愛してます、心から…」ギューッ




319: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:09:02 ID:gY5v4C1k



勇者「俺と一緒に死んでくれるか?」


賢者「はい!喜んで!」




320: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:12:25 ID:gY5v4C1k

一年後…

最果ての村

魔法使い「ここも随分と賑やかになったわね」

盗賊「そうだな」

エルフ「去年来た時はオークしかいなかったもんですね」

盗賊「今では人間と魔族が仲良く暮らす村になったもんな!」

エルフ「女騎士さんのおかげですね!」

魔法使い「オークとの子供をいっぱい授かったからねぇん…」




321: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:15:59 ID:gY5v4C1k

女騎士「おーいこっちだ!!」

オーク「オヒサシブリデスミナサマ」

盗賊「おい!このオーク結婚してたじゃないか!」

女騎士「奪ったのさ…」フッ

魔法使い「それほど迄に愛していたのね…」

エルフ「略奪婚…素敵ですね///」


魔王城跡地

一同「……」




322: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:22:08 ID:gY5v4C1k

勇者 賢者
ここに安らかに眠る


エルフ「勇者様…賢者…お疲れさまでした」

女騎士「よくやってくれたな」

魔法使い「2人がいないのはやっぱりさみしい寂しいけどね」

盗賊「世界は平和になったぞ」

エルフ「お二人はきっと天国でも幸せですよね…」

雄ドラゴン「ギャオッス!!!!!」

雌ドラゴン「ギャオッス!!!!!」

子ドラゴン「チャオッス!!!!!」

女騎士「おお、お前達!」

エルフ「子供が出来たんですか!!?」

魔法使い「あら可愛いわねぇ」

盗賊「これが事後ってやつだな!」




323: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:25:46 ID:gY5v4C1k





エルフ「……」

魔法使い「まだ祈ってく?」

エルフ「はい……」

エルフ「私にとって…賢者は親友でしたから」

魔法使い「きっとあの子もそう思ってたわよ」

エルフ「はい…」グスッ

魔法使い「よしよし…」ギューッ

エルフ「神様…2人は世界を救ったのですよ」

エルフ「だから、こんなエンディングはおかしいじゃないですか…」ポロポロ




324: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:29:24 ID:gY5v4C1k

エルフ「どうか2人を…生き返らせてください!!!!」


パァッ…

エルフ「!!!」

魔法使い「嘘でしょ…」

女騎士「おい!なんだこの光は…な!?」

盗賊「おいおい…こんな奇跡、有り得るのかよ」ヘヘッ



賢者「……あれ?」

勇者「…ここは何処だ?」




325: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:34:32 ID:gY5v4C1k

エルフ「うええええええん…」

エルフ「勇者様!!賢者ぁ!!!」ダキッ

賢者「エルフ!?」ギュッ

勇者「…確か俺達、魔王を倒して」

賢者「2人で自害したはずですよね…」

魔法使い「もう…細かい事は気にしないの」

女騎士「きっと世界を救ったご褒美だろ」フフフ

盗賊「けっ粋な計らいだな…」グスッ

賢者「よく分からないけど…」

賢者「また皆で生きていいんですかね…」

エルフ「いいに決まってるじゃない!!」

賢者「そっか!」エヘ

勇者「ありがとう皆…最高の仲間だよ…」




326: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:35:53 ID:gY5v4C1k

せーのっ


「「「「おかえりなさい!!!!」」」」


賢者「えへへ…」





「「ただいま」」




終わり




327: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:37:24 ID:gY5v4C1k

くぅ疲
最終章は全然エロがなくてすまんこ
読んでくれてありがとね


↓から嫁争奪戦ファイッ




328: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 03:54:10 ID:hP1wsblA

盗賊は俺がいただく…だか、魔法使いは始末してからな






329: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 04:00:58 ID:Ir59bC96

更新早くてここ最近ずっと楽しみにしてたSSだった

賢者は勇者に取られたのでエルフを貰って行きますね




330: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 04:17:06 ID:2AuaIrvc

えーっと…ん?魔法使い?屑ゴミはいらねよ…しょうがない側近は僕がもらいますね






331: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 04:33:46 ID:zzPKvXT2

魔法使い人気無さすぎワロタ
最後は本当駆け足になって申し訳ない
奇跡が起きて生き返りましたーぐらいのノリで楽しんでくれ

エルフの里編と砂漠編が書いてて楽しかったかな




332: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/07(木) 06:43:31 ID:8efPAz12

残りキャラ…クソ、盗賊とエルフとられた。賢者は勇者…魔法使い?普通の魔法使いならいただいたがレズ魔法使いはいらないし、汚れわしい…。あの子賭けして子ドラゴンが♀なら頂きますね







カテゴリー「勇者・魔王・ファンタジー」のSS一覧
管理人のオススメSS

 

最新記事50件