※一部グロテスクな表現があります。

1: Ht 2014/07/31(木) 13:49:35.53 ID:aff13ROx0

オーキド「レッド、これをお前にやる。一束200万、全部で600万円じゃ。」

グリーン「あっ!レッドだけずりーよ!じいさん!」

オーキド「まー、心配するなグリーン。お前にも同じだけやろう。」

オーキドは足下のブリーフケースからさらに600万円を出し、机の上に置いた。
元スレ
オーキド「ここに3つの札束があるじゃろ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406782165/


 
 
2: Ht 2014/07/31(木) 13:52:06.00 ID:aff13ROx0

オーキド「ただし!当然だが条件がある!」

グリーン「そんなあ!そりゃあないぜ!」

オーキド「お前たちに頼みたいことがある!」

オーキド「レッド!お前にはトキワシティへ行ってもらう!」

オーキド「そこにある『フレンドリィショップ』という雑貨屋に入って、店員に『キズぐすりとスマイル2つ』と言え。」

オーキド「店員がワシへの荷物を渡してくれるはずだ。それを持って帰ってきてくれ。」





3: Ht 2014/07/31(木) 13:54:24.07 ID:aff13ROx0

オーキド「念のためにこいつを持っていけ。」
オーキドはブリーフケースから大きめの巾着袋を取り出し、レッドに渡した。
レッドは袋の中を覗いた。

レッドはコルト1911をもらった!
レッドはハンドガンの弾を30発もらった!
レッドはサプレッサーをもらった!

オーキド「セーフティを外せばすぐにでも撃てるぞ。」

レッドはうなずき、それをジャージの内ポケットに忍ばせた。




4: Ht 2014/07/31(木) 13:56:41.65 ID:aff13ROx0

オーキド「グリーン!お前にはモーターボートを用意した!研究所の南の水辺だ。

オーキド「それでグレン島へ行け!そこにある屋敷に、カツラという男がいる。そいつにオ
     ーキドの孫だと名のれ。」

グリーン「それで?」

オーキド「あとはカツラが指示を出す!それに従ってくれ。」





5: Ht 2014/07/31(木) 13:58:32.66 ID:aff13ROx0

オーキド「600万円は終わってからだ!さあ行け!くれぐれもしくじってはならぬ!」
オーキドは二人を交互に見ながら言った。

グリーン「よっしゃー!じいさん!俺様に任せとけ!」
グリーンはそう言うと、颯爽と研究所を去っていった。

オーキド「分かっているとは思うが、町を出ると野生のポケモンに出くわすかもしれん。油断するな。」

レッド「ああ」
レッドも早足で研究所を出た。




6: Ht 2014/07/31(木) 14:00:48.74 ID:aff13ROx0

いよいよだ。
初の任務にレッドの胸は高まる。
オーキドのもとで訓練を始めたのは、レッドがまだ4歳の時であった。
日々相当な量の筋力トレーニングを行い、身を隠し、気配を消す方法、
敵の目を欺く様々な作戦。さらにはポケモンの倒し方から、皮の剥ぎ方、調理の仕方まで学び、
あらゆる重火器の使い方を教え込まれた。

まだ10歳のレッドだが、身長は173cm、体重は80kg。彼の肉体と頭脳は大人のそれよりもはるかに優れていた。




7: Ht 2014/07/31(木) 14:02:30.20 ID:aff13ROx0

マサラタウンを出て、1番道路を歩く。
こんな所で危険なポケモンが出ることは滅多に無い。彼にはオーキドが銃を用意した理由が分からなかった。

何事も無くトキワに到着。フレンドリィショップを探し出し、荷物を受け取る。
なんだ、簡単じゃないか。

しかしショップを出て歩き出したレッドは、すぐに異常を察知した。




8: Ht 2014/07/31(木) 14:05:10.32 ID:aff13ROx0

レッド(尾行されている…?)

彼が入る前にショップの前で立ち話をしていた2人組が、ついてきているように思えるのだ。
どんな些細なことでも見逃さないよう、レッドは鍛えられたのだ。

彼は何事も無かったかのように歩き続け、マサラとは反対方向へ向かった。やはり彼らはついてきた。

試しに靴ひもを結ぶふりをすると、彼らも一定の距離で立ち止まった。レッドが歩き出すと、彼らも歩き出す。




9: Ht 2014/07/31(木) 14:06:44.75 ID:aff13ROx0

下手な尾行だ。レッドは思った。
自分が子供だから、油断しているのだろう。

オーキドに連絡する必要があるが、まず奴らへの対処が先決だ。
レッドはそのまま北へ向かい、トキワの森に差し掛かった。

この森は天然の迷路である。危険なポケモンも多い。
奥へ進めば奴らも自分を見失い、あきらめるだろう。




10: Ht 2014/07/31(木) 14:08:15.12 ID:aff13ROx0

森へ入り、辺りが暗くなる。
レッドは茂みの多いところをずんずん進んでいく。
すでに人が立ち入ることの無い場所に来たが、彼はためらうことなく、不規則に曲がりながら進んでいく。
そして茂みに身を伏せた。
しばらく待ったが、あの2人組が来る気配は無い。

10分ほど息をひそめたが、どうやらあきらめたようだ。




11: Ht 2014/07/31(木) 14:09:14.75 ID:aff13ROx0

彼は茂みを出て、スマートフォンで地図を開いた。
とりあえずニビシティへ行こう。彼は再び歩き出す。

5分ほど歩いたところで、彼は立ち止まった。

レッド(これは…血のにおい…?)

素早くコルト1911を取り出し、辺りを見回す。
においの元はすぐに見つかった。




12: Ht 2014/07/31(木) 14:10:34.42 ID:aff13ROx0

少年が仰向けに倒れていた。隣に虫取り網が落ちている。

彼の腹は大きく引き裂かれており、あばら骨が飛び出し、腸の一部と夥しい量の血液が溢れ出ている。
衣服は全てちぎられたらしく、素っ裸だ。
下半身を見ると、ペニスと睾丸は根こそぎ噛みちぎられたようで、管のような何かが飛び出している。
犯人は明らかだ。




14: Ht 2014/07/31(木) 14:12:42.88 ID:aff13ROx0

レッド(ピカチュウがいるのか…!)

ピカチュウはかなり危険なポケモンである。
奴らは群れで行動し。獲物を見つけると素早く接近し、電撃で麻痺させる。
そして弱ったところを一気に襲い、殺す。

ピカチュウは栄養の豊富な内蔵のみを食べる。
腹を裂かれた死体のほとんどはピカチュウによるものだ。

そして奴らの大好物は脳だ。しかし今回は頭蓋骨までは割れなかったらしく、
少年の顔は原型をとどめないものの、頭部は残っている。

ピカチュウはトキワの森に生息してはいるが、数は少ないらしく
目撃情報もほぼ無かった。




15: Ht 2014/07/31(木) 14:15:47.74 ID:aff13ROx0


相手がピカチュウとなると、多少の用心が必要となる。
レッドはコルト1911を構えて、慎重に進むことにした。

だいぶニビシティに近づき、レッドは一息ついた。
が、突如茂みから黒い影が二つ、飛び出して来たのだ。
レッドは驚くべき反射神経で後ろに飛び退き、コルト1911が火を噴いた。

ガアン!!

しかしそれはキャタピーであった。
顔面の左半分を吹き飛ばされたキャタピーは声を上げることもなく、息絶えた。





16: Ht 2014/07/31(木) 14:17:44.53 ID:aff13ROx0

レッドはキャタピーごときに反応したことに腹を立て、
もう一匹を思いっきり蹴飛ばした。キャタピーは奇麗な弧を描いて飛び、茂みの中に消えた。

キャタピーはグロテスクではあるが、比較的無害なポケモンである。

発砲音が思いの他響き渡り、レッドは舌打ちをした。
サプレッサーをつけておこう。

しかしニビシティへ着くまでに、再びポケモンに出くわすことはなかった。




17: Ht 2014/07/31(木) 14:20:24.42 ID:aff13ROx0

到着した頃にはすでに日が暮れ、レッドも空腹であったため、彼はファストフード店に入った。
安物のしけたハンバーガーを食べていると、店内のテレビが臨時ニュースを告げた。

「国際的な麻薬組織のリーダーとして、オーキド・ステファノビッチ氏が逮捕されました。」

「オーキド容疑者は24年もの間、麻薬組織『ブラックウォーター』のボスとして、国際的な事件に
多く関わってきたと見られています。同容疑者は数年前から『オーキド博士』と名乗り、
地方に建てた研究所に潜伏していたということです。」

「彼の逮捕時の様子や、逮捕までの経緯については、後ほどお伝えします。」




18: Ht 2014/07/31(木) 14:21:25.84 ID:aff13ROx0

レッドは青ざめた。
オーキドが単なるポケモン博士とは思っていなかったが、まさか『ブラックウォーター』のボスだったとは。
おそらく、レッドが渡された荷物も、中身は麻薬だろう。

マサラに帰ることはできない。
先ほどの尾行といい、子分にあたる自分の存在は気づかれているかもしれない。

グリーンのことも気になるが、もし捕まっているとしたら、連絡を試みるのは危険だ。




19: Ht 2014/07/31(木) 14:22:54.88 ID:aff13ROx0

レッドはそそくさと店を後にすると、すぐにニビを出た。
追われる身となった以上、一つの場所に留まるのはリスクが高い。

彼はお月見山付近で野宿をすることにした。
慣れた手つきで火をおこし、テントを張る。

撃ち落としたポッポを丸焼きにしていると、近くから妙な音が聞こえてきた。
ポケモンの鳴き声のようだが、様子がおかしい。





20: Ht 2014/07/31(木) 14:25:47.51 ID:aff13ROx0

銃を構えて音の方へ向かうと、茂みに黄色い何かが見えた。
ピカチュウだ!
レッドは素早く始末しようと近づいた。

するとピカチュウの横たわった全身が見え、それが血だらけで、重傷を負っているのが分かった。
肩から胸にかけて切り裂かれたらしく、骨が見えている




21: Ht 2014/07/31(木) 14:27:07.68 ID:aff13ROx0

レッドはさらに接近したが、ピカチュウは息も絶え絶えで起き上がることはできなさそうだ。

レッドは屈んで、傷を調べてみた。傷は肩から斜めに、奇麗に切られている。
付近にこれほど鋭い爪を持ったポケモンはいない。ナイフか何かで切られたものだろう。
血はまだ流れ出ており、ついさっき切られたものだと思われる。




22: Ht 2014/07/31(木) 14:28:28.76 ID:aff13ROx0

よくある物語だと、ここで情けをかけ、傷の手当をするのだろう。
そして主人公のピンチをピカチュウが救うという筋書きだ。

しかし同情など知らずに育った、しかもサディスティックな面も持つレッドに、
そんな馬鹿げた考えは浮かばぬ。

レッドはピカチュウの尻尾を掴み、焚き火の近くへと引きずっていった。
ピカチュウは群れで行動するため、付近に他の個体がいる可能性があるからだ。
ピカチュウは基本、火を嫌う。




23: Ht 2014/07/31(木) 14:30:21.91 ID:aff13ROx0

レッドは焚き火の隣にある岩の上にピカチュウを横たえた。

レッド「さあて、暇つぶしだ。」
レッドは手術用の手袋をつけた。なぜそんなものを持っているのか。

彼は手頃な大きさの小枝を拾い、ピカチュウの傷に差し込んだ。

ピカチュウ「ピ…」

レッド「イマイチだな」

するとレッドは、傷の両側を掴み、ふんぬ!と力任せに開いた。




24: Ht 2014/07/31(木) 14:32:43.85 ID:aff13ROx0

ピカチュウ「ごぶらぴああああああああ!!!」

ばり!という音とともにものすごい量の血が吹き出し、
胸まであった傷は、股間にまで達した。真っ赤に染まったあばら骨と内蔵があらわになる。

すでにピカチュウは虫の息だ。

レッド「なんだ、これからが本番なのに…」
レッドは舌打ちをすると、すごいキズぐすりを取り出し、傷に噴射した。

傷はみるみる治っていき、ピカチュウも息を吹き返した。

ピカチュウ「ぴい…かー」




25: Ht 2014/07/31(木) 14:33:57.84 ID:aff13ROx0

レッド(そろそろかな)
レッドはキズぐすりの噴射をやめた。
ピカチュウは回復したが、まだ動ける程にではない。

レッドはピカチュウがオスであることに気がついた。ピカチュウは2本足で歩けるため、
ペニスは比較的小さい。形はコラッタといった普通のネズミのものとほぼ同じだ。

まだ幼いレッドには性的な興味は無い。彼はピカチュウの睾丸を力任せに殴った。




27: Ht 2014/07/31(木) 14:35:23.37 ID:aff13ROx0

ピカチュウ「んびがあ!!」
ピカチュウは叫び声をあげ、のたうちまわった。
レッドはピカチュウを押さえつけながらナイフを取り出し、
睾丸を切り取ってみることにした。
根元付近に刃をあて…

その時だ
突然レッドの正面に見える茂みの中から人が現れた。しかも4人。

レッドは驚いた。今まで何の気配も無かったからだ。
そのうちの1人が声をあげた。




28: Ht 2014/07/31(木) 14:37:42.46 ID:aff13ROx0

「動かないで!こっちには銃があるわよ!」

見ると、話しているのはくねくねした妙な男だ。
その手にはMP5がある。

「あたしは秘密警察のタケシ!あなた、オーキドの子分でしょう?」

レッドは黙っていた。





29: Ht 2014/07/31(木) 14:39:29.31 ID:aff13ROx0

タケシ「あたし達があの店をマークしないと思った?
あなたが受け取った荷物のなかに発信器があるの。それが位置情報を教えてくれたのよ。」

そうか、オーキドの逮捕は時間の問題だったようだ。
すでに包囲網は狭まっていたのだ。

タケシ「さあ、おとなしく捕まっちゃってね?」

タケシと部下3人は一歩近づいてきた。




30: Ht 2014/07/31(木) 14:41:27.68 ID:aff13ROx0

タケシ「ナイフを捨てなさい」

レッドはナイフを横に放り投げた。

タケシ「いいわよお。」
タケシはくねくねした。

「でもあなた、まだ子供じゃないの…18ぐらいかしら?」

レッド「10歳だ」

タケシ「ふえ?」

いまだ!
次の瞬間、レッドは驚くべき怪力でピカチュウを投げつけ、素早く岩の陰に隠れた!




31: Ht 2014/07/31(木) 14:43:38.57 ID:aff13ROx0

タケシ「きゃあん!」
4人は一斉に発砲し、空中のピカチュウは蜂の巣にされた。
しかしそのショックで、タケシにぶつかりながらピカチュウは体中の電気を放出。
雷が落ちたような音とともに電気の大爆発をおこした。

「いやあああああああん!」
「ほおおおおおおおおお!」

タケシと、その隣にいた部下1人がまともに電撃を浴びて吹っ飛ぶ。

「あねご!」「大丈夫でごわすか!」
後ろにいたもう2人が、感電しながらもあわてて銃を構える。




32: Ht 2014/07/31(木) 14:45:44.63 ID:aff13ROx0

しかし立ち上がったレッドの手にはすでにコルト1911があった

ボスッ!
ボスッ!

2人は頭から血を噴き出させながら倒れた。

タケシ「いや…なんてことなの…びりびりするわあ…」
タケシは動けない。

レッドはゆっくりと近づき、倒れていたもう1人の部下を撃ち殺した。




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 14:45:58.63 ID:sXJSSnFtO

タケシきもすぎwwwwww




34: Ht 2014/07/31(木) 14:47:10.52 ID:aff13ROx0

レッド「あっさりやられたな、タケシさんよ。」

タケシ「あなた…一体…」

レッド「オーキドのじいさんはどこにいる?」

タケシ「知らない…」

レッドはコルト1911を構え、タケシの頭に狙いをつけた。

レッド「それじゃあ、仕方ない」




35: Ht 2014/07/31(木) 14:48:41.60 ID:aff13ROx0

タケシ「ま、ま、待って…!オーキドちゃんは…ヤマブキの…秘密警察本部に…」

レッド「それからどうなる?」

タケシ「国際法廷で…裁かれるわ。死罪は…免れない…でしょうね…」

レッド「そうか、分かった。」
レッドは再び銃を構えた。




36: Ht 2014/07/31(木) 14:50:52.90 ID:aff13ROx0

タケシ「いや!待って!お願い!…あたしは生かしておいた方がいいわ…!」

レッド「なぜ?」

タケシ「あたし人質に…しない?」
タケシは猫なで声でうったえた。

レッドはしばし考えた。

レッド「なるほど。俺がオーキドを助けに行くなら、お前は役に立つかもしれん。」

レッドは微笑んだ。
タケシの表情が明るくなる。




37: Ht 2014/07/31(木) 14:52:26.85 ID:aff13ROx0

タケシ「じゃあ…殺さないでおいてくれるの…?」

レッドは急に真顔に戻り、言った。

レッド「いや、殺す」

ボスッ!

彼はタケシの頭に一発ぶち込んだ。
タケシはすぐに動かなくなる。

レッド「だって気持ち悪いんだもん。」




41: Ht 2014/07/31(木) 15:44:43.58 ID:WTkcH1kHO


レッドはポッポの丸焼きを骨まで食べ尽くすと、お月見山に入った。

奥へ奥へと進むと、少し開けた場所に出た。何やらポケモンがいる。

レッドは岩の陰に隠れながら接近した。

ピッピだ。




42: Ht 2014/07/31(木) 15:49:10.41 ID:WTkcH1kHO

レッドは驚いた。ピッピは珍しいポケモンで、実物を捕まえた者はいない。

レッドはジリジリと距離を詰める。
ピッピは気がつく様子は無い。

その時レッドは妙な石が落ちているのに気付いた。深い紫色の石だ。
レッドは石を拾いあげた。




43: Ht 2014/07/31(木) 15:54:34.61 ID:WTkcH1kHO

じつはこの石、月の石という非常に貴重な石なのである。その価値、ひとつ数万円で取引されることもあr
レッド「こうだああああああ!!」

レッドはすごい勢いで石を投げた。
石は一直線にピッピへ向かい、眉間にクリーンヒット。
ピッピは銃で撃たれたかのように仰け反って倒れ、
石は粉々になった。




45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 16:11:56.76 ID:IYe/rzy4o

海外の実写版を彷彿とさせる殺伐




46: Ht 2014/07/31(木) 16:12:07.37 ID:WTkcH1kHO

レッドは気絶したピッピに駆け寄って、
その場で解体を始めた。
ピッピは肉付きがよく、脂ものっている。
食糧としては申し分なかった。

その後、レッドは石で出来た奇妙なポケモンを
地面に叩きつけてかち割り、
モグラのような黄色いポケモンを三枚おろしにして
難なくお月見山を抜けた。




47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 16:14:44.68 ID:zo07nOCFO

くそwwwwwww




48: Ht 2014/07/31(木) 16:17:55.65 ID:WTkcH1kHO

30分ほど歩けばハナダだが、レッドは再び野宿をすることにした。
レッドは道から外れ、林の奥深くへ入った。
先ほどはタケシに邪魔をされたが、ここなら大丈夫だろう。

テントを張って中に入る。
落ち着いたところで、彼は昔のことを追憶した。




56: Ht 2014/07/31(木) 16:46:37.72 ID:WTkcH1kHO


彼が4歳の時、両親と住んでいたフスベシティは
ロケット団という狂気の強盗集団の襲撃を受けた。
両親はその時レッドを隠した後犠牲になった。
幸いレッドは見つかることなく助かったのだ。

彼は施設に預けられたが、そんな彼を救ったのがオーキドであった。




58: Ht 2014/07/31(木) 16:58:05.34 ID:WTkcH1kHO

オーキドに連れられてレッドはマサラへ行き、
1人の女性に引き取られた。
彼女は本当の母親のようにレッドを育ててくれた。
マサラは故郷だ。

オーキドは厳しい男だったが、とても頭がよく様々なことを教えてくれた。
レッドは学校へ行かなかったが、とても賢くなった。

グリーンは面白いヤツで、今では唯一無二の親友。

すべてオーキドのおかげだ。




60: Ht 2014/07/31(木) 17:11:07.37 ID:WTkcH1kHO

レッドはオーキドを助けたいと思ったが、方法が無い。
彼は感情的にはならなかった。

不思議なのは、これほど鍛え上げた自分を、
なぜ運び屋なんかに使ったのかということだ。
何か真意があるのかもしれない。

そのことはとりあえず後にして、
レッドは荷物を整理することにした。




61: Ht 2014/07/31(木) 17:29:27.51 ID:WTkcH1kHO

GPS着きの箱はすでに捨てた。
中には発信器しか入っていなかったからだ。

レッドは、タケシの死体からいただいたバッグを調べた。

レッドはMP5を手に入れた!
レッドはSMGの弾を100発手に入れた!
レッドは3万円を手に入れた!

レッド「誰だ?これ」

レッドはシバの写真を手に入れた!

レッド「何かバッジのような物があるな」

レッドはグレーバッジを手に入れた!

レッドはグレーバッジを投げ捨てた!

レッド「こんなものか」




62: Ht 2014/07/31(木) 17:38:10.66 ID:WTkcH1kHO

レッドはタケシバッグを投げ捨てた!

レッドがテントでうとうとしていると、
突然スマートフォンが鳴り出した。

レッド(誰だ!?)

着信を見ると、なんとグリーンからであった。

「よーレッド!元気そうじゃないか!」

レッド「グリーン!どうして電話を?
俺が捕まってたらどうするんだ!」

「へへっ、ニュース見てないんだろ。オーキドの子分2人がマサラから逃走中って
言ってるぜ。それでお前が無事だと分かったんだ。」

レッド「そうか」

さすがはグリーン。声からも余裕がうかがえる。





63: Ht 2014/07/31(木) 17:42:01.29 ID:WTkcH1kHO

レッド「そういえばカツラはどうなった?」

「抵抗して射殺されたよ。俺は屋敷の裏口から逃げたんだ。」

その後レッドはグリーンと戦略を練り、
二日後にヤマブキシティの近くで落ち合うことにした。





64: Ht 2014/07/31(木) 18:10:37.10 ID:aff13ROx0


レッドはグリーンからの情報で、自分の写真が公開されていることを知った。
フレンドリィショップを出たとこで隠し撮りされたらしい。
幸い顔ははっきりとは映ってないらしいので、変装すればいいだろう。

ハナダに向かって歩き出すと、林の中に人影を見つけた。
目を凝らすと、その男は18歳ぐらいで、全身を緑色の服で覆っているようだ。
いわゆるキャンプボーイだ。

キャンプボーイは大きな穴を覗いている。アーボの巣だ。

レッドは足音を殺して近づく。




65: Ht[saga] 2014/07/31(木) 18:17:30.42 ID:aff13ROx0

銃を取り出し、キャンプボーイの首筋に突き立てる。

レッド「動くな」

キャンプボーイ「あひ…!」

レッド「俺の格好を見てみろ…誰か分かるな?」

キャンプボーイ「あ…あ…お…オーキドの…」

レッド「そうだ。この拳銃が偽物だと思うか?」

キャンプボーイ「ひっ…!」

レッド「服を脱げ」

キャンプボーイは震えながら服を脱ぎ、パンツ一丁になった。

レッド「一歩下がれ」

彼は言う通りに下がった。






66: Ht[saga] 2014/07/31(木) 18:25:40.78 ID:aff13ROx0

レッド「もう一歩だ。」

キャンプボーイ「え…」
彼は後ろを見た。アーボの巣に迫っているのだ。

レッド「下がれ!」

キャンプボーイ「ひっ!はいっ!」

レッド「もう一歩だ!」

キャンプボーイは巣の淵まで来てしまった。
レッドは静かに言った。

レッド「もう一歩だ」

キャンプボーイ「や、やめて!落ちる!落ちちゃう!」

キャンプボーイはアーボの恐ろしさを知っていた。
巣に近づくだけなら安全だが、その巣に刺激をあたえr
レッド「こうだああああああああああ!!」

レッドはキャンプボーイの腹を力任せに蹴った。

キャンプボーイ「ほわあああああああ!!!!!」

彼は大声をあげて落ちた。そしてシャーッ!という危険な音。

キャンプボーイ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

何かが大量にうごめく音がした。




67: Ht[saga] 2014/07/31(木) 18:30:06.06 ID:aff13ROx0

アーボは牙に毒を持つ。
一匹の毒では大したことはないが、このように集団で噛まれると終わりだ。
大量の毒が流れ込むと、まず体中が燃えるように熱くなる。
そして血液が沸騰し始めるのだ。
沸騰して出た蒸気は血管を膨張させ、最後には
全身の血管が破裂する。

レッドは走って巣から離れた。奪った服を着る。
そして何事もなかったかのようにハナダへ向かった。




68: Ht[saga] 2014/07/31(木) 18:39:32.13 ID:aff13ROx0

ハナダシティに到着すると、入り口で秘密警察と思われる数人が
監視していた。しかし人通りは多く、検問はしていない。

レッドは近づきながら、その数人の中に巨大な女がいるのに気がついた。
身長が190ほどあろうか。なぜかビキニ姿で、ものすごい筋肉である。
その目は獣の目だった。

すごい殺気を感じながら、レッドは女の前を通過した。
これほど恐ろしい女は見たことが無い。
女の腹には十字形の大きな傷があり、それが腹筋の盛り上りでギザギザになっている。
ビキニはよく見ると、夥しい量のドクロが刺繍されていた。
そして彼女には左腕が無かった。

レッドは何とか通過することに成功した。




69: Ht[saga] 2014/07/31(木) 18:47:20.13 ID:aff13ROx0

レッドは思い出した。
ここには顔見知りある日系人の男がいるのだ。
オーキドの仕事と関わっていたそうだが、今考えてみると
きっと麻薬のバイヤーだろう。

確か名前は フアン・ハビエル・雅喜 とかだった。

レッドはその男を探し始めたが、案外すぐ見つかった。
町の案内図に、「マサキ研究所」という建物が書いてあったのだ。




72: Ht[saga] 2014/07/31(木) 18:55:59.77 ID:aff13ROx0

彼はその建物へ行った。わりと小さめではあるが、壁には
ポケモンの研究についての様々な張り紙が張ってある。

「世界初!イーブイの人工授精に成功!」
「『ブラッキーの生殖行動について』の論文が第22回ヤマブキ学会賞を受賞!」
「世界初!ブースターの精液から万能細胞の手がかりを発見!」

危ない男だ。レッドは思った。

研究所の扉には「現在立ち入り禁止」という札がかかっていたが、
レッドは構わず蹴破り、中に入った。




73: Ht 2014/07/31(木) 19:01:53.56 ID:aff13ROx0


そこでレッドは衝撃的な光景を目にした。

マサキはピッピと合体していたのだ。性的な意味で。

マサキ「ななななんやお前!入るなゆーたやろ!!」

マサキは裸のまま大慌てでピッピから飛び退いた。
ピッピはぐったりしている。




74: Ht 2014/07/31(木) 19:11:41.25 ID:aff13ROx0


レッドは表情を変えずに近づき、帽子を取った。

レッド「レッドです。オーキド博士の弟子の。」

マサキは立ち上がり、裸のまましばらくレッドを見つめた。

マサキ「おお!そうや!思い出したわ!久しぶりやなあ!」
彼の顔がパッと明るくなった。

マサキ「ニュース見たでえ!あんさんよう逃げ切ったなあ!」

レッドは不思議に思った。前に会った時は、こんな妙な訛りはなかったはずだ。

マサキ「ま、座りーな。飲み物持って来るで。」

レッド「ありがとうございます」
マサキはピッピを蹴飛ばし、裸のまま奥にある台所へ向かった。




80: Ht 2014/07/31(木) 20:12:56.41 ID:aff13ROx0


研究所は随分と片付いていた。檻がいくつか見えたが、
いずれもなかは空っぽだ。

ミックスオレを持ってきたマサキにレッドは訪ねた。

レッド「マサキさん、どうして方言を話すんですか?」
マサキは笑った

マサキ「あかん、癖になってしもた。訛ってると信用されやすいんやで。」
そして真剣な顔になって言った。

マサキ「実を言うと研究所を離れようと思っている。
オーキドさんが捕まったとなると、俺も安全とは言えないからな。」

道理で研究所が片付いているワケだ。

マサキ「研究用のポケモンは全部知り合いに譲った。今までの研究は水の泡さ。」
彼はニヒリスティックに笑った。

レッド「あのピッピは?」
レッドは床にのびているそれを指差した。

マサキ「昨日拾ってきたんだ。ムラムラしてね。」

レッド「マサキさんに獣姦の趣味があるとは知りませんでした。」

マサキ「へっへっへ なかなかいいぞ。お前には分からんだろうが。」





82: Ht 2014/07/31(木) 20:21:55.23 ID:aff13ROx0

レッド「それで、今すぐここを出るつもりですか?」

マサキ「まだ準備が済んでいない。しかし2人で出るのはやめよう。別行動だ。」

レッド「そうですね。」
マサキは裸のまま立ち上がった。

マサキ「オーキドさんには恩がある。
なにか必要なものがあったら言ってくれ。」

レッドは少し考えて、金が不足していると言った。
マサキは戸棚から無造作に札束を出し、レッドに渡した。

マサキ「もう行くのか?」

レッド「ええ。約束があるもので。ありがとうございました。」

マサキ「これからどうするつもりだ?」

レッド「まだ未定です。」

マサキ「そうか…。」
マサキは裸のまま、レッドを見送った。




84: Ht 2014/07/31(木) 20:30:18.89 ID:aff13ROx0

次の日、レッドはクチバシティにいた。
ヤマブキへの道が封鎖されていたのだ。
なにやら、豪華客船でパーティが開かれるらしく、街は賑わっている。

出口を探してさまよっていると、遠くから女の太い叫び声が聞こえた。

「イ″ヤアアアア!ロケット団よオオオオオオ!!」

ロケット団だと!?レッドは耳を疑った。
この地方でで活動しているとは知らなかったのだ。

すると どけ! と叫びながら、黒ずくめの一団が人ごみをかき分け、
港へ向かって行くのが見えた。




85: Ht 2014/07/31(木) 20:39:04.98 ID:aff13ROx0

野次馬を避けながら向かうと、奴らはでかい船の前にいた。

男「ぎょはははははは!楽しそうなパーティだぎょはははは!」
男は高笑いした。

男「さぞかしぎょははは!金持ちが集まってぎょははは!いるのだろぎょっは!」
何を言っているのかわからない。

男「皆の衆!宝飾品やら何やらタップリいただくぞぎょはは!!!」

ロケット団一同「RRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRRR!!!」

かけ声とともに、数人がナイフを出して船に入ろうとした。
その時

「ストオオップ!!そうはネバー!させないヨ!」




86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 20:41:29.20 ID:dnSPciMSO

野々村化したロケット団ですね




87: Ht 2014/07/31(木) 20:44:31.89 ID:aff13ROx0

野次馬を含め、全員が声のした方を見た。
軍人のような格好をした大男が立っていた。
金髪でいかつい顔をしており、なぜかポケモンを抱えている。

レッドはそれをピカチュウだと思ったが、よく見ると非常に珍しいポケモン、
ライチュウであった。

ライチュウ「らい?」
ライチュウはキョロキョロしている。




88: Ht 2014/07/31(木) 20:51:46.67 ID:aff13ROx0

「マチス少佐だ…!」
「少佐が来てくれた!」
そんな声が聞こえた。

マチス「HAHAHA!Rocket団!Partyをねらってオソウとは…ヒキョウなguysデスネー。」

男「なにい!?なんだお前?」
男はマチスを睨みつけた。

マチス「Meはマチス・アームストロング少佐。15年、戦場にイマシター。」
マチスはロケット団に近づいて行く。




89: Ht 2014/07/31(木) 20:55:36.13 ID:aff13ROx0

マチス「You!すぐにここからget away!さもなくば…」
マチスはライチュウを抱え上げた。

ライチュウ「らい?」

男「お前…ポケモン使いか…?」
男は後ずさりする。
今やロケット団全員がマチスを注視している。




90: Ht 2014/07/31(木) 21:04:04.98 ID:aff13ROx0

マチス「No…それはない。ポケモンなど…!」

マチスはくわっと目を見開いた。

マチス「ダア!!!」

次の瞬間、ライチュウの体が派手に裂けた。
なんとこのマチス、両腕の力だけでライチュウをまっぷたつにしたのだ!
肛門から首の下まで、骨までもが見事にまっぷたつだ。

ライチュウ「」
裂け目からありとあらゆる内蔵が、血とともに
バケツをひっくり返したようにあふれ出す。
地面には内蔵の山ができた。
ライチュウは目を見開いたまま絶命した。




92: Ht 2014/07/31(木) 22:05:13.80 ID:aff13ROx0

一瞬、群衆は静まり返った。
ロケット団を含む全員が固まっていた。

マチスはライチュウの死体を放り投げ、鬼の形相で叫んだ。

マチス「貴様らもこうなりてえか!!!!」

次の瞬間、悲鳴の波が起こった。
子供は泣き叫び、
女は卒倒し、
男は反吐を吐いた。

ロケット団は子ガーディのような鳴き声をあげ、船の中に逃げ込んだ。




94: Ht 2014/07/31(木) 22:13:09.71 ID:aff13ROx0

マチス「うるあああああああああ!!」
マチスは叫び声をあげながら船へと押し入った。
中から悲鳴が聞こえ、それによって群衆のパニックも高まる
クチバシティは阿鼻叫喚の渦と化したのであった。

しばらくの間レッドはぼんやりと突っ立っていたが、気絶したロケット団員が
取り残されているのに気づいた。
彼が見に行くと。驚きの早さで立ち直った野次馬たちがその周りに集まりだした。
レッドは皆の野次馬根性に舌を巻いた。

のびている団員をどうするかで野次馬が話し合い始めた。
レッドはどうしても気になることがあり、隣に立っていた
初老の男に尋ねた。

レッド「あの…団員が言ってた『ポケモン使い』って何ですか?」




95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 22:17:10.40 ID:sG//4lv3o

トレーナーって概念がないのか




96: Ht 2014/07/31(木) 22:18:25.67 ID:aff13ROx0

初老の男はそれには応えず、静かに前へ出た。
ロケット団員の隣まで歩み出たため、群衆は男に視線を浴びせ、
場は再び静まり返った。
男は仕立ての良いスーツを着ていた。

「あれは…大好きクラブの会長だ!」
「ポケモン大好きクラブ?あのカルト集団のこと?」
そんな声が聞こえた。

会長は黙ったまま、スーツのポケットから球状の何かを取り出した。




97: Ht 2014/07/31(木) 22:24:07.92 ID:aff13ROx0

皆が不思議そうにその球を眺めた。

会長は球を高々と持ち上げると、地面に投げつける。
ポン!と大きな音がしたかと思うと、なんと次の瞬間、
そこにポケモンが現れたではないか。

レッドは含めた野次馬は、驚いて数歩下がった。

ポニータだ!いや、違う!もっとでかい!ギャロップだ!
ギャロップがあんなに小さい球に入っていたのは理解できないが、
レッドはその美しさに目を奪われた。




98: Ht 2014/07/31(木) 22:32:14.19 ID:aff13ROx0

車のような大きさに
細くて繊細な脚、力強い腿。
純白に輝く尾、形のよい尻。
流れるようなたてがみに小さな顔。
燃え盛る炎がより美しさを際立たせる。

皆がこのポケモンに見とれていた。

突如会長はレッドに向き直り、言った。

会長「ポケモン使いとは」

会長はくわっと目を見開いた。

会長「わしのことじゃあああああああああ!!!!」

その叫び声と同時にギャロップは両前足を高く上げ、
ロケット団員の顔面めがけて振り下ろした。




102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 23:04:41.38 ID:a03Wc0RSo

この世界観でポケモン使いとか近付きたくないわ




103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 23:05:52.11 ID:S+8z/2eqO

ポケモンマスターはどれだけ恐ろしいんだ…




105: Ht 2014/07/31(木) 23:30:07.50 ID:MdUbs9ljO

ぐわしゃ

嫌な音がして、団員の頭が破裂した。
内容物が飛び散る。

それを見た野次馬たちは再びパニックに陥った。レッド以外の全員がギャロップから逃げ出す。

会長「いくぞおおおおおおお!!!」
彼は華麗にギャロップの燃え盛る炎に飛び乗り、
手綱をとった。
ギャロップは一声いななくと、見事なジャンプで船の甲板に着地した。

ギャロップは口から火を吹いて甲板は
炎に包まれた。

会長「けはははははははは!!」

大惨事である。




106: Ht 2014/07/31(木) 23:40:30.44 ID:MdUbs9ljO

レッドはいい加減にクチバから出ることにした。
ヤマブキへの道はまだ封鎖されていたので、仕方なくシオンタウンへ向かう。

グリーンとの待ち合わせ場所は、ヤマブキシティの東にある。
シオンタウンから行けば、ヤマブキに入らず辿り着くことができるのだ、




107: Ht 2014/07/31(木) 23:48:02.77 ID:MdUbs9ljO

ところがその途中、馬鹿でかいポケモンが道を塞いでいた。
レッドはそのポケモンについては知らなかったが、
いびきを立てて仰向けで寝ているため、襲ってくる心配はなさそうだ。

シオンへ行くにはそこを通り抜けねばならない。

レッドはそのポケモンの腹によじ登り、
簡単に乗り越えてしまった。

レッド「ふん。こいつが起きるのを待つなど、馬鹿がすることだ。」




108: Ht 2014/07/31(木) 23:57:46.28 ID:MdUbs9ljO

そこから北へ向かい、レッドはシオンタウンに到着した。
すでに空は暗くなっている。

その町には一際目立つ、大きな塔があった。
ポケモンタワーというらしい。近づいてみると、
入り口付近に老婆が立っていた。

老婆「お兄さんや、ここに入ってはいけないよ。幽霊が出るんだよ。」

レッド「幽霊だと?馬鹿げたことを。」

老婆「どうしても入るなら止めないけどねえ。
今まで何人も行方不明になっているんだ。この中で。」




109: Ht 2014/08/01(金) 00:04:59.56 ID:UsH8xyEFO

そう言われると入りたくなる。
どうせ幽霊など作り話だろう。
レッドは扉を開けて中に入った。

中は薄暗く気味が悪い。
するとどこからか声が聞こえた。

タチサレ…タチサレ…

レッドは扉を開けて外に出た。
老婆は消えていた。


そうだ。こんな所で時間を無駄にしてはいけない。早くグリーンに合わねば。

レッドにはただ一つ弱点があった。
彼は心霊現象といっものに滅法弱いのだ。




110: Ht 2014/08/01(金) 00:11:50.36 ID:UsH8xyEFO

レッドはシオンを出てヤマブキへと向かった。
しかし待ち合わせは翌日だ。
彼は野宿をすることにした。

手頃場所を求めて林の中を探し回っていると、遠くに明かりが見えた。
誰かが野宿をしているらしい。

レッドは警戒しながら近づいた。
小さめのテントがあったが、そこには誰もいなかった。




111: Ht 2014/08/01(金) 00:17:10.02 ID:UsH8xyEFO

「何かお探しかな?」

突如、背後から声がした。
驚いて振り向くと、グリーンが立っていた。

レッド「お前か…驚かせやがって。俺が銃を構えていたら、お前、死んでるぞ。」

グリーンは笑った。

グリーン「いやに早いじゃないか。待ち合わせは明日だぜ?」

レッド「時間が余ってね。それにお前もだろ。」




112: Ht 2014/08/01(金) 00:24:37.93 ID:UsH8xyEFO

2人は再会を喜び、それまでの経緯を互いに語った。

グリーン「俺の写真は無いみたいでね、変装は必要なかったんだ。」

レッド「随分楽じゃないか。」

グリーン「名前は知られているがね。お前はだいぶ苦労したろ?」

レッド「ああ、大変だったよ。」

レッドはグリーンのものと隣り合うようにテントを立てた。




113: Ht 2014/08/01(金) 00:30:47.42 ID:UsH8xyEFO

グリーンはラジオを取り出し、音楽をかけた。

グリーン「やっぱ音楽はいいねえ、落ち着くぜ。」

気楽な奴だ。

しばらくして音楽は終わり、ニュースへと切り替わった。

「ニュースです。先ほどもお伝えしました通り、
数日前に逮捕されたオーキド・ステファノビッチ容疑者が暗殺されました。」




115: Ht 2014/08/01(金) 00:38:35.88 ID:UsH8xyEFO

レッド「!」

グリーン「な、なんだとお!?」

「オーキド容疑者は今日午後、秘密警察によって護送されていたところ、
何者かに狙撃されたということです。」

「狙撃されたのは護送車が走っている最中で、相当な腕の持った人物による
犯行だと見られています。」

「なお、秘密警察はすぐに付近を捜索しましたが、手がかりはないとの…」




116: Ht 2014/08/01(金) 00:44:03.02 ID:UsH8xyEFO

グリーン「くそおおお!」
グリーンはラジオをきった。

グリーン「何故だ!どうしてだあっ!」

レッドは黙っていた。

グリーンは地面を何度も殴り、しばらくの間地面を睨んでいた。

やがて落ち着いたらしく、顔を上げた。

グリーン「口封じ…ってことか…?」

レッド「…そうかもな。」

グリーン「くっ…俺たちは…どうすれば…」




118: Ht 2014/08/01(金) 00:54:08.28 ID:UsH8xyEFO

朝になった。

レッドはほとんど眠れなかった。
あまりに突然のニュース。
どうすればいいのか分からない。

グリーン「レッド…俺はあきらめるよ。じいさんを撃った犯人探しても、
あまり意味が無いと思うんだ。」

レッド「じゃあ、どうするんだ?」

グリーン「俺…ポケモンに興味があってさ、珍しいポケモンを見てみたいんだ。」
彼は遠くをみる目つきになった。

グリーン「ここからずっと北へいった所、シンオウってとこには色々な
ポケモンがいるらしいんだ。そこに行ってみたい。」







119: Ht 2014/08/01(金) 00:59:30.87 ID:UsH8xyEFO

グリーン「お前も来るか?」

レッドにはそんな趣味は無い。遠い所へ行く気力も無かった。

レッド「いや、やめておく。おれは犯人を追うよ。正直、
他にやることが無いんだ。」

グリーン「そうか…。まっ!お互い頑張ろう!じゃあな!」

グリーンは手を振りながら、さっさと林の奥へと消えていった。

どこまでもドライなやつだ。




120: Ht 2014/08/01(金) 01:11:05.36 ID:UsH8xyEFO

レッドはジョウト地方へ行くことにした。
ここでは警察の警戒が厳しく、動きづらいのだ。

レッドは一週間かけてトキワへと戻り、カントーを脱出した。

道なりにずんずん進んで行くと、デブが1人立っているのを見つけた。

レッドが近づくと、デブは彼を見て口を開いた。

デブ「君は今!!」

レッド「うるせえ!!」

レッドは一喝した。
デブは口を閉じた。

レッドはすでにジョウトへ差し掛かっていた。

犯人は見つからないかもしれない。

そんな考えを振り払い、レッドは進んだ。
ワカバタウンがどんどん近づいてくる。

そして長い旅が始まった。


つづく…




121: Ht 2014/08/01(金) 01:13:29.27 ID:UsH8xyEFO

終わりが見えないので、この辺りで切ろうと思います。
続きを書くかは…微妙です。

見て下さった方々、ありがとうございました。




124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 01:15:11.34 ID:CaFW/8e+0

よかった 乙




125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 02:20:48.17 ID:Tw4WXDU2O

レッドよ、過酷で無為な旅路の果てに何を見るか…





127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 04:10:49.90 ID:VCOWLOxu0






※続きがある場合は別記事で更新します。

レッド・スコルピオン HDマスター版 [DVD]
レッド・スコルピオン HDマスター版 [DVD]
カテゴリー「ポケットモンスター」のSS一覧
管理人のオススメSS






VG-men22 メガ盛りタケシ!! [DVD]




 

最新記事50件