過去の良作の再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします。
SS宝庫のオススメSS

1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 21:15:53 ID:aJsElZ5w
赤騎士「いやー聞こえなかったなぁwww耳遠くなっちまったかなぁwww」

赤「ホレ、もっぺん言ってみwww」

姫「…」ビキッ

姫「すぅぅ…」

姫「ご主人様あぁって申し上げましてよーっ!」

赤「ギャーッ!」




元スレ
SS深夜VIP
姫「御主人…様」赤騎士「あ?何か言ったかプリンセスマ○コwww」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1338725753/


 
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 21:22:32 ID:aJsElZ5w
赤「あ、あぶねぇっ、耳のバージンぶっ飛ぶとこだったぜ…」

姫「ふんっ。自業自得ですわっ」

赤「あんだぁその態度。あんた自分の立場わかってんのか?」

赤「ここは俺様の城!アンタはそこのメイド!」

赤「毎日上から下までシャブシャブされる存在なんだぜ?ん?」

姫「…」

赤「俺様がこうして指を差し出せば、美味しそうにちろちろ可愛い舌で…」




3:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 21:26:59 ID:aJsElZ5w
ガブッ

赤「そうそうそうやってウインナーむさぼるみてーに良く味わって」ガブガブ

赤「ギャーッ!渾身の歯跡がぁっ!」

姫「すじばって不味くてとても口に合いませんわね!」

赤「こんのガキゃあ…」

従者「どうどう、騎士様。子供相手に興奮する性癖なのは解りますが」

赤「するかっ!こんな山も谷もねぇクソガキ!」

姫「…っ…」プルプル




4:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 21:33:59 ID:aJsElZ5w
赤「胸っくそわりぃ。おいクソガキ!馬小屋と便所の掃除してこい!」

姫「…」

赤「こら黙っていくんじゃねえ。傾いで返事してけ、メス犬みたいによ」

姫「…」

姫「かしこまりました、ご・主・人・様っ」

赤「おひー…ゾクゾクするねその目。たぁまんねぇ」

赤「ああ、そだそだ。掃除っつってもただ掃除するだけじゃダメだぞ」




5:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 21:46:17 ID:aJsElZ5w
赤「俺の愛馬のケツまでしっかり拭けよ。もちろん穴ん中もなwww」

赤「便所はひととおり済んだら這いつくばって舐めとけよwwwいずれ俺のブツしゃぶる練習だとおもっ」

従者「もう居ませんよ騎士様」

赤「あら?」

赤「あのガキ…話は最後まで聞けってパパに教育してもらわなかったのかァ?」

赤「しょうがねえなぁ俺様がベッドの上でしっぽり教えてやるかwww」

赤「まな板相手だからつかまえらんねぇかもなwwwツルッwwwスベッチャターwww」




6:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 21:59:45 ID:aJsElZ5w
従者「…」

赤「んーだ?主人にガンくれるやつがあるか」

赤「ケツはやらねえぞ」

従者「いえー、ロリコンも大変だなーって思いまして」

赤「お前は耳が腐ってんのか」

従者「騎士様の性根ほどじゃないですが」

赤「おいおいあんま俺様怒らせんじゃねーぞ。今せっかく気分いいんだからよ」




7:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 22:09:37 ID:aJsElZ5w
従者「ケチな騎士様があれほどの大金を積んでまで買ってきた訳で」

従者「勘繰るなってほうが無理ですよ」

赤「ハンッ、お前わかってねえな」

赤「あいつは以前俺をあごで使ってたんだぜ?この俺様をだ!」

赤「赤騎士を敬称してからというもの決闘無敗!部下からのクレームゼロ!」

赤「上司にしたい騎士No.1のこの俺様を、だ!」

従者「そりゃまだ前の騎士様亡くなってから一月もたってないですから」

従者「部下なんて僕だけですし」




8:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 22:17:53 ID:aJsElZ5w
従者「だいたい剣抜いた途端腰抜ける人に決闘なんて出来るんですかねえ」

赤「あぁ?しっかりヌいてるよ、とっておきのエクスカリバーのほうをよwwww」

従者「そーですね」

赤「くぁーっ、いい気分だな。街に繰り出すとすっか」

従者「売春宿を覗く簡単なお仕事ですか」

赤「ぶわーか、あんなビッチ共に用はねえよwww金もねーしなwww」

従者(負け犬の遠吠え…)




9:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 22:25:56 ID:aJsElZ5w
赤「それに今この国じゃ、俺達騎士がいっちばんエラいんだ」

赤「初夜権なんて趣味のわりーもん良く作ったよな。おかげでウッハウハだけどよwwww」

赤「あー今から楽しみだぜwww俺のシマで誰か式あげねーかなwww」

従者「…」

従者「旦那様に挨拶してかないんですか」

赤「死んだオヤジの事なんかしらねーよwwwどうせあの世でババァとズッコンバッコンしてんだろwww」

赤「さっさと馬ひいてこいすっとボケ従者」

従者「かしこまりましたよ、"騎士様"」




10:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 22:31:30 ID:aJsElZ5w


姫「なんですのっ、なんですのっ」ツカツカ

姫「なんなんですのっ!あの男っ!」バーンッ

メイド「ひっ」

メイド「おおお姫様、ご無事ですか。あの男に何か酷い事など」

姫「ふんっ。膜を破って噛み千切ってさしあげましたわっ」

メイド「えぇっ!?」




11:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 22:39:21 ID:aJsElZ5w
メイド(と、殿方にも膜なるものが…?)

姫「以前あれほど目をかけてあげたというのに…」

姫「あの態度!恩知らずはもとより、騎士の面汚しですわ!」

メイド(あ、でも千切れたってことはもう殿方では…)

姫「わたくしの四肢を見る目も、まるで飢えた狼!」

姫「もはや名誉も誇りも失った、畜生!欲望に肥えたブタですわっ!」

姫「ちょっとメイド!聞いてますの!?」




12:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 22:51:20 ID:aJsElZ5w
メイド「ふ、ふあいぃッ!?」

姫「掃除を言いつけられました。すぐに取り掛かりますわよ」

メイド「かしこまりました…」

メイド「も、もしかしてお姫様もご一緒に?」

姫「当然よ。何か問題があって?」

メイド「いえ、ですがこういった事は私にお任せいただければ…」

姫「そうはいきません」




13:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 23:04:58 ID:aJsElZ5w
姫「小間使いに身をやつしても、わたくしは貴族領主の誇り高き娘」

姫「仮にも主の命令をはねのけるようなマネをしては、家名の穢れですわ」

メイド「し、しかし…」

姫「あなたには以前よりよく尽くしていただいてます」

姫「でもわたくしももう15歳。簡単な務めなら果たせるはず」

メイド「そ、そうですけどもぉ…」

姫「もう決めましたの。さあ行きますわよ」




14:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 23:13:57 ID:aJsElZ5w
メイド「は、はいっ!」

カッカッカッカッ

姫(今は耐えて、どんな屈辱も甘んじて受け入れるのよ)

姫(いずれ好機が訪れるまでは…)

姫(あんな恥知らずな男などに、負けはしませんわ)

姫(そうよ…あんな男などにっ!)

姫(お父様、お母様…)

姫(わたくしが行くまでどうか、ご無事でいらして…)




15:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 23:31:22 ID:aJsElZ5w
――街中――

赤「おーおーヤってんな今日も」

橙騎士「ぷぎっ、ぷぎいぃぃ」パンパン

村娘「あぁっ…いやぁっ…」

赤「街入って早々ブタの交尾見せ付けられるこっちの身にもなれっつーの」

従者「なりを見るとあの娘、前は貴族階級だったようですねえ」

従者「荒れ初めていますが、育ちのよさそうな肌してますし」




16:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 23:35:52 ID:aJsElZ5w
赤「お前あの状況みて冷静でいられんのかよ。マジもんそっちの趣味じゃねえだろうな」

従者「騎士様こそ余裕ですね」

赤「ブタの盛り見て興奮する馬鹿はいねーよ…おっ、綺麗な小石みっけ」

赤「っとやっべーwww手滑ったったwww」ヒュンッ

橙「ぷぎっ、ぷぎっ…」パンパンパ…

ビシッ

橙「ピギィィイィ!?」ヌポッ

村娘「あっ…!」




17:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 23:42:51 ID:aJsElZ5w
橙「なん゛っ!"おで"のエクスカリバーがぁぁっ!」ゴロゴロ

従者「良かったですね。リスペクトされてますよ」

赤「あんな塩かけたヒルみてーなブツと一緒にすんじゃねえよ」

村娘「うぅっ…」タタッ

赤「ほれ、あのコの住所聞いて来い」

赤「あ、スリーサイズもわすれんなよwww下着の色もなwww」

従者「はいはい。騎士様がロリコンだってことも教えといてあげますね」

赤「ちょwwwwおまwwww」




18:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/03(日) 23:49:39 ID:aJsElZ5w
橙「んぎぎ…ふー、ふー…んっきー!!」

赤「よーう橙殿。見事なブレイクダンスですな!シビれましたよカックイーッ!」

橙「ぷぎぎっ…ふんごっ…き、貴様は…」

橙「よもや、い、いまのはおまえじゃないだろなっ、なっ!」

赤「んー?何のことですかい。馬車が石をはねたのでしょう。不慮の事故ですなあ」

赤「聖母様が嫉妬めされたのかも。橙様ぁーんってな具合に」

橙「ふごんっ、よく口の動く男だっ、だっ」ムクリ…




19:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 00:04:39 ID:aJsElZ5w
赤「公衆の面前で女を抱きゃ良く締まるでしょうが、相手がちょっと悪かないですかい?」

赤「貴族様がたの頭がまだ"黒"だって決まったわけじゃないんですぜ」

橙「そんなものっ、裁判などやらんでも決まっておる!」

橙「領主婦人は魔女だ、これはゆるぎないのだ、ふごんっ」

赤「へっへ。俺としてもそのほうが願ったりかなったりなんですけどね」

赤「ふんぞり返るしか能のねえ奴等に振る尻尾もねえし」

赤「こんな危なっかしい階級、街中で女好きに抱けるくらいできねえとやってらんねえ」




20:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 00:13:21 ID:aJsElZ5w
赤「だからこそ今は希望もたせときましょうや」

赤「目の光が消えうせた女ほど、下の口正直になるもんだ」

橙「ふごんっ…貴様の指図など、うけぬっ!」

ザワザワ…

赤「へへ、そりゃどうも…」

黄騎士「キッキー、やはり貴族の娘はいい肌をしておる!」

藍騎士「コケケ…まったくまったく。もはや平民など抱けんな」




21:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 00:15:31 ID:aJsElZ5w
黄「橙の。そっちはどうじゃった…キッ?」

赤「これはこれは黄殿と藍殿。ご機嫌麗しゅう」

橙「ふごんっ」

藍「…なんぞござったか」

赤「いやぁー、世間話など?」

橙「なにもないっ!いくっ、いくぞっ!」

黄「何を怒っておる?」




22:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 00:22:23 ID:aJsElZ5w
藍「およそ想像はつくわ。あの男がおると空気が臭うてかなわん」

橙「まったくだ…卑しい血の混ざった身でこのおでに物申すなど…」

橙「"盗人騎士"めが…」

ザッザッ

赤「…フッ」

赤(ブタとサルとニワトリか。さしずめ俺はそのクソ食らうハエってとこか?)

ザワザワ

赤「おっとぉ、はいはい!皆さんお騒がせしましたね!」

赤「仕事に戻りな!うまい酒もいい女も金次第なんだからよ!」




23:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 00:48:19 ID:aJsElZ5w


赤「どうだったよ守備はよ…」

従者「残念ながら住所以外はダメでしたね…」

赤「おーん…」

赤「で、戻ってみりゃ…」

赤「なんだってんだこりゃ、馬小屋がズッタボロじゃねえか!」

従者「敵襲でしょうかねえ。つぶれてるという表現がぴったりです」




24:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 00:50:40 ID:aJsElZ5w
赤「クッソ、こいつしょっぴいてきて良かったぜ」

愛馬「ブルル…」

従者「乗れもしない馬なんで連れてくのかいまだ謎なんですがね」

赤「ばっか、なんかかっこいいじゃねえか。解ってないねー」

赤「なんてやってる場合じゃねえ、屋敷の中は無事だろうなっ」

赤「おい、こいつそのへんに繋いどけ」

従者「はいよー」




25:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 09:18:08 ID:aJsElZ5w
ギィ…

赤「…中を荒らされた形跡は、っと」

従者「騎士階級の屋敷とは思えないほど何もないですね」

赤「うげ、本当になんもねーじゃねえか!」

赤「誰だか知らねえが俺様の金銀財宝をかっぱらって…」

従者「姫様を買い上げるときに全部売り払った気がしますが」

赤「しっ、何か聞こえるぞ」




26:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 09:48:27 ID:aJsElZ5w
カチャーン…パリーン

赤「なんだァ…剣戟って訳でもねえな」

従者「厠のほうからですね」

ゴガガッ!ズズゥン!!

赤「…」

従者「…」

赤「ちょっとお前みてこいや」

従者「騎士様膝が笑ってますよ」




27:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 09:51:45 ID:aJsElZ5w
赤「笑ってねえよ。俺様の命令がきけねえのか?」

従者「その腰の立派なもので立ち向かってきたらどうです」

赤「…おいおい、思い当たる敵なんてのはいねえぞ…」

従者「恨みなら腐るほど買ってそうですけどね」

ソーッ…

赤「…ん」

メイド「あわわ…」




28:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 09:54:35 ID:aJsElZ5w
赤「おま…メイドじゃねえか。何してんなこんなところにへたりこんで」

メイド「」パクパク

赤「ん?」

ゴゴゴ…

従者「あれは」

ゴゴ…ゴ…

姫「ふう。こんなところかしら」

赤「な…なんっ…」




29:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 09:57:30 ID:aJsElZ5w
姫「あら、お戻りになって?」

従者「は…は」

赤「なんっ」

赤「なぁ゛にしてんだお前はぁ――っ!」

姫「何って、命ぜられたままにお掃除を…」

赤「こりゃもう掃除ってモンじゃねえ!改装じゃねえか!」

赤「あーあー、床の木全部ひっぺがしちまいやがって…」




30:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 10:02:35 ID:aJsElZ5w
従者「壁木もボロボロですね」

赤「いったいこりゃどういうつもりだお前よォ――っ!」

姫「どういうつもりも何も…」

姫「壁も床も腐りかけていたから張替えようと思っただけですわ」

赤「はりかえって…誰がそんな大層なことすると思ってやがる」

姫「石工職に決まってます」

赤「そういうことを聞いてるんじゃあねぇっ!」




31:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 10:05:42 ID:aJsElZ5w
赤「馬小屋は一体どうしたってんだ」

姫「かやぶきが雨水で腐ってましたから、あちらも柱を倒しましたの」

赤「は?お前が…?」

姫「ええ。ほそい柱でしたもの。手斧で十分でしたわ」

従者「はは。おたくましい限りで」

赤「…」ブルブル

メイド「あわわわ」




32:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 10:09:25 ID:aJsElZ5w
赤「メイドォォ…おめーは一体なにをやって…」

メイド「ひぃぃっ!お、お止めはしたのですが…」

姫「一体何がご不満でいらっしゃるの?わたくしは役目を果たそうと」

赤「あんのなぁっ!のきなみ新しくすりゃ良いってもんじゃねえんだよ!」

姫「っ…!」

赤「精魂込めててめえの手で腐った床磨くんだよ!」

赤「んなこともわからねぇのかこのボンボン娘!」




33:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/04(月) 10:11:40 ID:aJsElZ5w
姫「ぼ、ボンボンですってぇ…」

姫「あまりと言えばあまりじゃありませんことっ!?」

赤「っせークソガキが!」

赤「ああっ、ったくまた余計な金がかかるじゃねえか」

赤「こりゃ当分酒も我慢だなぁ…」

従者「女は我慢しないんですね」

赤「当たり前だ」




34:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/05(火) 16:48:27 ID:aJsElZ5w
姫「遊楽に使うお金を身の回りの事に使おうとは思いませんの?」

赤「それとこれとは話は別なんだよっ!」

姫「こんなボロ屋に住まう騎士なんて、前代未聞…」

ガシッ

姫「っ…!」

メイド「おおおお姫様っ!」

赤「俺ぁな、そういう考え方が一番だいっ嫌いなんだよ」




35:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/05(火) 16:58:11 ID:aJsElZ5w
赤「てめえらの価値観おしつけやがって、すこしでもそこからブレりゃあそれまで何してようとチャラだ」

赤「結局世間様にとっちゃ、一番の騎士様ってのはてめぇらの中にしかいねえんじゃねえか」

姫「あ…ぐぅ…」

赤「まあ今はんなこたどうでもいい。ぬるま湯につかり慣れたクソガキには仕置きが必要だな」

メイド「あ、ああ…お、お許しください!どうか…どうか!」

赤「あぁ?」

メイド「償いならば私がします!どのようなお叱りも受けますから…!」




36:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/05(火) 17:03:36 ID:aJsElZ5w
姫「ぅ…う…」

赤「おいおい、泣けるねーほんとに。このガキもお前も単なる奴隷だってのによ」

赤「奴隷社会にも階級があるんだなwwwこいつは傑作だぜwww」

従者「…」

パッ

姫「…けほっ…こほっ…」

メイド「お、お姫様。大丈夫で…あっ!」グイッ




37:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/05(火) 17:14:25 ID:aJsElZ5w
赤「こっちの身体は熟すのを待つ必要もねぇしなぁ。金も惜しいし、当分お前で愉しむとするかぁ」ベロリ

メイド「ああ…あ…」カタカタ

姫「な、何をする気ですのっ!」

赤「ガキに言っても解っかよwwwてめえのケツ拭いをこいつの身体でしてもらうってんだよwww」

姫「!」

赤「勿論それだけじゃ話にならねえからな。ぶっ壊した小屋と便所の残骸、綺麗に片付けとけや」

赤「明日の朝までにな。できなかったらお前の変わりにこのアマに鞭食らわすかな」

赤「解ったかよ」




38:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/05(火) 18:46:02 ID:aJsElZ5w
姫「…くっ…」

赤「解ったかっつってんだろうがよお姫さんよォ!」

姫「…承知いたしました、御主人様」

赤「スッカーwwwwおい従者見たかよwwwこのガキ昔の手下に頭下げたぜwwww」

赤「ついでに靴も舐めさせてみっかなwwwうりうりwwww」

従者「はいはい見てましたよ良かったですね」

赤「さーてそうと決まりゃ早速頂くとしましょうかねwww」スリスリ




40:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 11:33:33 ID:aJsElZ5w
メイド「あう…」

姫「お待ちになって!!」

赤「あ?」

姫「全てを承知したわけではありませんわ」

姫「メイドに望む役目も、このわたくしが果たします!」

メイド「!!」

従者「おやおや?」




41:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 11:37:06 ID:aJsElZ5w
赤「はぁ?お前…」

赤「はぁぁああ?自分が何言ってるのか解ってんのかよ?」

赤「毛もはえてねーくせしてよwwwwなぁおいwwww」

姫「もちろん解っていますわ」

姫「よ、夜伽の事なのでしょう?///」

赤「ぶっはwwwこのマセガキがwwwww」

赤「身体もろくに仕上がってねえやつに何が出来るってんだ、ああ?」

姫「…っ」




42:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 11:47:07 ID:aJsElZ5w
赤「大体何度も言ってんだろうが。俺にゃそんな趣味ねぇんだよ」

従者「しつこく否定するあたり怪しいもんです」

赤「オメーはだぁってろ!」

姫「そんなもの、や、やってみなければわかりませんわ!」

赤「わかんだよタコ。キャンキャン騒ぐな」

赤「主人である俺が決めたんだぜ。もう決定事項なんだよ。うらむんならヘマしたてめぇを恨めや」

姫「…うっ…」

メイド「…」




43:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 11:58:18 ID:aJsElZ5w
赤「ま、安心しとけや。今夜は先約がある。そっちに顔ださなきゃならねえ」

赤「今夜の働きっぷりによっては考えが変わるかもなぁ?」

赤「まぁどのみちお姫さんにはヒーヒー言ってもらう事になるけどよぉwww賞罰固守っつーんだっけよ騎士道ではよwww」

姫「…」

赤「納得したか?あ?」

姫「…かしこまり…ました」

赤「ブルヒヒヒーンwwwwわかりゃいいのわかりゃwwww」

赤「わかったんならとっとと取り掛かれやウスノロが!」




44:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 12:03:03 ID:aJsElZ5w
タタタ…

メイド「…お姫様…」

赤「いーご奉公先でよかったなぁ。責任被せから擁護まで全部してくれる主人なんてそういねえぜカカカ」

メイド「ひっ」グイッ

赤「お前にもチャンスをやるよ。俺様は平等博愛主義の象徴だからよぉwwwww」

従者「今一瞬で民族単位の敵が出来ましたね騎士様」

赤「明日、どーんな理由でもいい。あのクソガキのほっぺたひっぱたいてこい」




45:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 12:07:12 ID:aJsElZ5w
赤「口の中切るくらい全力でな」

メイド「!」

メイド「そ、そんな恐れ多いこと…!」

赤「良く考えてみろやぁ。お前領主ン時も親に売っぱわれたって話じゃねえか」

赤「親にも見捨てられ、あんなガキに頭さげて」

赤「あげく責任負って貞操の機器だ。間違っちゃいるとおもわねぇのか?」

メイド「っ…」




46:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 12:08:55 ID:aJsElZ5w
赤「一発くれぇいいんだよ一発くれぇ。そしたらお前を担保にいただくのはやめてやるよ」

赤「もちろんあのガキの罪は消えねえけどなwwwww」

メイド「…」

赤「従者、明日こいつのこと良く見とけよ。叩くかどうか賭けてみっかよwwwww俺叩くほうに金貨1000枚なwwwwwww」

従者「せめて手元にある金額あげてくださいよ」

従者「まあ了解しましたよ」

メイド「…」




47:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 12:13:12 ID:aJsElZ5w
赤「おーしゃ!じゃあそういうことで俺はデェトに言ってくるからよ」

赤「しっかり留守しとけよ。あ従者、お前一応俺の部下だし役得もねえとアレだろ」

赤「たまらんくなったらそのメイド喰っていいぞwww我慢は身体に毒だからよwww」

メイド「!?」

従者「はいはい気が向いたらご賞味に預かりますよ」

従者「早くいったらどうですか」

赤「おうwwwwってくらぁwwwww」




48:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/06(水) 12:18:57 ID:aJsElZ5w
従者「やれやれ…」

メイド「ひ…」

従者「あー、安心してくださいよ。今は別にあなたに手出すつもりはないですから」

従者「お姫様には一人で作業してもらいますから、まあ適当に部屋にでも戻っててください」

メイド「は…はい…」

従者(…)

従者(あれ、住所教えたっけ?)




49:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 01:07:56 ID:aJsElZ5w


赤(さて、今夜も楽しい夜這いタァーイムがやってまいりましたァ)

赤(ってのに)

赤「住所聞き忘れたァッー!」

赤(あのアホがさっさと言わねぇからこうなるんだよ、ったく。もう街まできちまったじゃねえか)

赤(しょうがねえ、奥の手を使うかよ)

赤(この辺だったな。あのカワイコちゃんが逃げてった方面は)




51:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 02:30:36 ID:aJsElZ5w
フンスフンス

赤(何を隠そうこの俺様は金の匂いを細かに嗅ぎ分けられるのさ!)

赤(金もってるやつぁ高貴な場合が多い。こんなへんぴなとこにいる貴族なんてのは少数だ)

赤(ふんがふんが…こっちだな)

赤(おー、ここか)

村娘「…しくしく…」

赤(ハイビンゴー。っかー!恐ろしいね俺様のこの力)




52:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 07:20:03 ID:aJsElZ5w
赤「はいはいどうもこんばんはーっ」バーン

村娘「ぐすっ!?どっ、どなた?」

赤「いやなに名乗るほどのもんじゃあ」

村娘「あ、貴方は…赤騎士様…!」

赤「はら」

赤「な、なんで解ったんですかい…?」

村娘「その胸にある、赤いくつわ…」




53:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 07:24:00 ID:aJsElZ5w
赤「ああ、ハハハ、ほんとだこりゃ。一瞬で解るわ」

赤「って俺の身元なんかどうでもいいんじゃーいっ!」ガバーッ

村娘「きゃあぁっ」

赤「あんた昼間、橙のヤツに犯されてただろ。あ?どうだ?」

村娘「な、何故それを…」

赤「あの場にいたのさ俺も。いやぁいい眺めだったぜぇ」

村娘「う…うう…ど、どうして私の家が…」

赤「うちの下っ端がこっそりあとを着けてたのよ。いやー巧妙に隠れ住んでるねぇ」




54:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 07:26:19 ID:aJsElZ5w
赤「ああでも良く考えたら匂いで探り当てたんだったわ」

村娘「に、におい…?」

赤「ああそうよ。お前らの身体からプンプンにおう美味そうな匂いだぜ」

村娘「!?」

赤「あんなブタにやるにゃもったいねえぜ。俺が口直ししてやるよ、もちろん下のなwwwwwwwwww」

村娘「い、いやぁっ!」

赤「へへっ、安心しろって。あんなブタみてぇにフニャフニャじゃねえからよ」




55:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 07:29:24 ID:aJsElZ5w
赤「お前さんに天国みせてやっ」

ゴスッ

赤「おほっ!?」ドサァッ

村娘「きゃっ!?」

赤「なな、何がおこっ…」

仮面「…」

赤「な、なんだテメぇ!」

仮面「…」




56:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 07:31:46 ID:aJsElZ5w
仮面「去れ、赤の騎士」

仮面「それとも剣を交えるか」スラリ

赤「いっ!?」

赤「じょじょじょ冗談じゃねえ、くっそこんな話きいてねえぞ。用心棒かよ!」

仮面「…」ヒュンッ

赤「おっひゃぁ!んなろ、今日のところはこれくらいにしといてやらぁ!」

赤「あばぁよぉっ」ダッ

ササーッ




57:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 07:36:02 ID:aJsElZ5w
仮面「…」

村娘「あ、あの…」

村娘「ありがとうございます。どなたかは存じませんが」

仮面「…お嬢さん、見た所貴族の出の御方とお見受けします」

村娘「はい…おっしゃるとおりです」

仮面「逸脱した騎士共に辱めを受けた心中、お察しいたします」




58:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 07:41:49 ID:aJsElZ5w
仮面「もはや彼らは魂の抜け殻。このままここにいては屈辱の日々を強いられるでしょう」

村娘「…しかし、他にいくあてなど…」

仮面「私はしばらく身を潜めるのに良い場所を知っています」

仮面「貴女を混沌に沈みつつある地から救って差し上げたい」

仮面「どうか一緒にきていただけませんか」ギュッ

村娘「…はい…///(ポーッ)」

仮面「フフ、ありがとうございます」




59:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/07(木) 07:43:59 ID:aJsElZ5w
仮面「貴女のように隠遁なさっているお方はまだいるでしょう」

仮面「知る限りの人を集めておいてください。明日お迎えにあがります」

村娘「はい…かしこまりました…」

仮面「では私はこれで」

村娘「あっ、お待ちください!」

村娘「せめて、お名前を…」

仮面「…名乗る名など」




60:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 00:52:37 ID:aJsElZ5w
仮面「されどあの騎士と同じ無礼は遠慮したいもの」

仮面「仲間は私を『天使の鞘腕』と呼びます」

村娘「天使様の…」

仮面「深い意味などありません」

仮面「貴婦人の前では、ただの名も無きかかしも同じです」

仮面「フフ、ただ今の私のように」

村娘「…///」カァァ…




61:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 00:57:20 ID:aJsElZ5w
仮面「その艶やかな唇で呼んでいただけるならばただ、仮面、とだけ」

仮面「戸締りに手抜かりなきよう。失礼いたします」

ヒュンッ

村娘「あっ…」

村娘「仮面…様…」






62:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:28:43 ID:aJsElZ5w
チュンチュン

従者「へぇ…これはこれは」

従者「たんなる温室育ちのお嬢様だと思ってたんですけど」

従者「人は見かけによらないもんですね」

従者「例えば後ろからよろよろ歩いてくる乞食みたいな人がとても騎士様に見えないように」

赤「おい…ぜぇはぁ…誰が乞食だっつった、誰が」

従者「ずいぶんと優雅な朝帰りですね。主人にでも見つかりましたか」




63:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:46:56 ID:aJsElZ5w
赤「はぁ?俺様がそんなヘマするかっての」

赤「さんざんアヘらせてやったが帰りに山ほどの出歯亀野郎に囲まれてよwww嫉妬乙www」

赤「半分はひねって、残りが面倒でまいてやったら、ちょいと回り道しすぎちまってなァ」

従者「ようするにろくに相手にもされず、帰り道で迷ったんですね」

赤「は?なんでそうなんだよwwwお前耳ついてんのかwww」

従者「はぁ。まあいいですけど何でも」

赤「大体てめえがさっさと場所教えねえから奥の手使うしかなかったんだぜwww」




64:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:51:17 ID:aJsElZ5w
赤「ちったあ詫びろよwww役立たずがwww」

従者「はいはい、ごめんなさい」

従者「で、給仕の仕事ぶりを見てやったらどうです」

赤「てめぇが女ならここで速攻ブチこんでっぞwwwwクソがwww」

赤「で、ああ?はーん、ほうほう」

赤「まあ、妥当なラインってとこだな。見苦しくはねえじゃねえか」

従者「と見苦しい格好の御方が言っています」




65:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:11:10 ID:aJsElZ5w
赤「なんか言ったか」

従者「帽子に引っかかった枝葉がお洒落ですね騎士様」

赤「だろぉ?流行るぜこれは」

赤「で、こいつはなんでこんなとこで気持ちよさそうに寝てんだよ」

姫「スー…スー…」

従者「ひと段落ついて気が抜けたんですかね」

従者「どこでも寝てしまうあたり子供らしいというか」




66:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:35:01 ID:aJsElZ5w
赤「けっ、おい、井戸水桶に一杯くんでこい」

従者「顔でも洗うんですか」

赤「とっとと持って来い!」

従者「はいどうぞ」

赤「やけにはええな」

従者「この前の朝帰りはドブまみれだったので今回もそうかなあと思って」

赤「ありゃ酒が回ってたせいで…まあいい」

赤「こんなとこで寝てたら風邪引くからよ」




67:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:39:32 ID:aJsElZ5w
赤「こいつぶっかけて起こしてやるよwww俺やっさすぃーwwww」

赤「過去散々俺様をこきつかったお返しだぜウヒャヒャwww」

従者(発想も笑い方も完全にモブだこの人)

赤「そおおぉ――いっ!?」ツルッ

バッシャァァ!

赤「冷やゃああああぁぁぁっ!!」

従者「またずいぶんベタな転び方しましたね」

赤「おおぐっ…っせー!ちくしょー!」




68:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:51:02 ID:aJsElZ5w
赤「おい!俺ぁ部屋に帰る!そのクソガキ叩き起こして朝の支度させろ!メイドもな!」

従者「へーい」

赤「ぶぁっくしょぃ!っそがー!あの仮面野郎のせいで何もかも苦茶無茶だぜ…」

赤「今度あったら…おぼえっックショーイ!」

従者(一人でも賑やかな人ですね騎士様は)

従者「もしもし、お姫様、お姫様」ツンツン

姫「ん…お母様…?」

従者「…」




69:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:56:12 ID:aJsElZ5w
従者「せめてお父様としてほしいところですが。残念ながら違いますよ」

姫「あ…はっ!わ、わたくしったら、いつの間に!」

姫「いけないまだ途中っ…あら?」

従者「さきほど騎士様が眺めていきましたが、ひとまずは及第点のようですよ」

姫「お、おかしいですわね。馬小屋はともかく、こちらは半分しか…」

従者「ま、とにかくお疲れのところ申し訳ありませんが、そろそろ朝の支度の時間なので」

姫「そ、そうですわね…こうしてはいられませんわ…」フラフラ

従者「…」




70:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:58:22 ID:aJsElZ5w
テクテク

従者「メイドさん朝ですよ」コンコン

メイド「はっ、はいっ。おはようございます」ガチャ

従者「…」

従者「一応おおせつかってるので、一日監視させてもらいますけど」

従者「特に気にしないでくださいね。まあ、ねずみが回りを這い回ってると思って」

メイド「はい…」






71:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 19:37:02 ID:F1a6jGCw
赤騎士がどう動くのか楽しみ

続き待ってるよ




72:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 20:21:57 ID:aJsElZ5w
赤「まあ今朝の仕事はそこそこの出来だ。ちったあ採点に色つけてやるよ」

姫「…ありがとうございます」

赤「ックク、すっかり従順に仕上がったなぁおい、四つんばいになってこっちにケツ向けて振って見せろやwwwww」トクトクトク…

姫「…っ!」

従者「騎士様」

赤「おいおいできねぇってのかよ?いまなら捲らずに済むぜ?お大事ちゃんまで見せてえってんなら別だがよwwwwwwwwwwwww」トクク…

従者「騎士様」




73:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 20:24:26 ID:aJsElZ5w
赤「んだオラァ!うるせえぞてめぇはよ!」ダパー

従者「ワインこぼれてますよ」

赤「どわぁぁぁ!早く言えドアホがぁぁぁ!!」

従者「それも給仕の仕事なんですけどね。騎士様がひったくっちゃったせいでメイドさんが手持ち無沙汰してますよ」

メイド「あ、あう…」

赤「ちっ、酒にゃ俺の流儀ってのがあるんだよ!お上品に注がれちゃ味まで枠にはまっちまわあ」

従者「とか言う割りに慣れても居ない上流式に食事を変えてますが」




74:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 20:26:58 ID:aJsElZ5w
赤「いちいちつっかかる野郎だな」

赤「ボーっとそこのガキ突っ立ってるの見るだけでも最高のオカズだからいいんだよwwwwwwwww」

赤「そのうちこれが素っ裸になるんだぜwwwwお前も嬉しいだろwwwww」

姫「…くっ…」

従者「うわー楽しみー」




75:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 20:28:34 ID:aJsElZ5w
赤「おい!今日は街にてめえらもつれて繰り出すからな!」

メイド「え…?」

姫「わたくしたちも、町に?」

赤「ああそうよニタニタ。不服かよ?」

姫「そ、そんなことありませんわっ!」

赤「へへ、そうかよ」

赤「あー楽しみだなぁ。さんざん上でふんぞりかえってたヤツの娘がよ」

赤「真っ赤な首輪してんのを町のやつらが見る目想像するだけでよwwwwwwwwwww」




76:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 21:11:50 ID:aJsElZ5w
姫「…」

メイド「お姫様…」

赤「まあそういうわけだからよ、食事おわったら出かける用意しとけよ。いいな」

赤「クソガキは馬磨いとけよ。ケツを特に念入りになwwww」

姫「わ、わかりましたわ…」

赤「おやおやぁ?返事が違いますぞぉ姫さまぁぁ?」

姫「…かしこまりました」




79:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:18:19 ID:aJsElZ5w


姫「特に必要な荷物はないかしら…これだけあれば十分ですわね」

メイド「ああ、お、お姫様、髪をすかれたほうが…」

姫「ん、そうですわね。わたくしとしたことが」

姫「あら、いいですわよ。自分で出来ますわ」

メイド「いえでも、後ろは私が…」

姫「もうそれくらいは一人でも…あら、貴女この手はどうしたの?」

メイド「あ、これはその」




80:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:24:32 ID:aJsElZ5w
姫「ずいぶん擦り切れてますわ。あの男に何かされて?」

メイド「いえこれは、さきほどの調理中に」

姫「なんでもいいですわ。お見せなさい」

メイド「そそそんな恐れ多い!わたしは大丈夫ですからっ!」

姫「そうはいかないわ。淑女は頭からつまさきまで見苦しくないようにしないと」

メイド「ですが、お姫様のお手も荒れて…」

姫「わたくしは良いの。これも罰なのだとしても、何も隠さず堂々と立ち回って見せますわ」




81:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:26:27 ID:aJsElZ5w
姫「はい。お母様がよく教えてくれたのよ。手馴れたものでしょう?」

メイド「あ、ありがとうございます…」

姫「あの男が言ったように、前の階級なんて関係ありませんわ。わたくしと貴女は対等。いいこと?」

メイド「はい…」

姫「これで万全ですわね」

姫「ところで、従者様はどうしてこちらに?」




82:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:30:13 ID:aJsElZ5w
従者「あれ、お邪魔でしたか」

姫「いくら家の御方といえど、淑女の部屋に居座るのは礼に背きますわよ」

従者「や、僕もわかってはいるんですけどね」

従者「なにせ騎士様のご命令なので」

メイド「…」

姫「そう。でしたら…しょうがありませんわね」

姫「メイド。わたくしは馬のお世話をしてきます」




83:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:36:13 ID:aJsElZ5w
メイド「あ、わ、私もお手伝いを」

姫「その手では布巾もしぼれませんわ。養生なさい」

メイド「いえ、水の取替えくらいは、両手を使えば…」

姫「そう。ならお願いします」

ガチャッ テクテクテク…

姫「…」

姫「監視役、というわけですの?」




85:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:44:17 ID:aJsElZ5w
従者「ありていに言えばそうです」

姫「わたくしは逃げも隠れもしませんわよ」

従者「ご安心ください。お姫様のほうではありませんので」

メイド「…」

姫「…そう。別にかまいませんけど、あまりお傍に居ないほうが良いですわよ」

従者「え?」






86:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:44:29 ID:aJsElZ5w
バッシャー!

愛馬「ヒーン!」

姫「ごめんあそばせ。でもこうしないと全身にかけられませんのよ!」

メイド「お、お姫様…こちらにもう一杯…」

姫「あら、ありがとうございます」

バッシャー!

愛馬「ヒヒーン!」

従者(豪快…)




87:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:49:12 ID:aJsElZ5w
メイド「お、お姫様、しぶきが服に…」

姫「ただの水。かまいませんわ」ゴシゴシ

従者(…賭け、か)

従者「それにしても意外ですね」

姫「何がですの?」

従者「いえ、お姫様の事です」




88:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/13(水) 23:56:48 ID:aJsElZ5w
従者「あんなに騎士様の無茶振りを一身に受けて」

従者「正直僕ならとんずらしますけどね」

姫「…」ゴシゴシ

姫「何がおっしゃりたいの?」ゴシゴシ

従者「ご両親も地下牢の中、財も地位も無い貴女を支えるものは、何なのかなーと」

姫「…」ゴシゴシ

姫「わたくしは、ただ信じているだけですわ」




89:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:01:43 ID:aJsElZ5w
姫「この国に真の騎士がいるということを」

従者「ふーん。騎士、ですか」

姫「今街がどういった状況なのかは、想像はつきますわ」

姫「さんざんわたくしの目の前で、利権を争って下さったのですもの」

従者「…」

姫「でも、志を見失っていない御方も必ずいらっしゃるはず」

姫「希望をもてば、彼らがいずれお母様の濡れ衣も、晴らしてくださいますわ」




90:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:09:03 ID:aJsElZ5w
従者「ずいぶんと夢見がちなお話ですね」

姫「夢などではありませんわ」ゴシゴシ

ガシッ

姫(…チューリップ園であの御方とお会いしたことは)

バッシャー!

姫(夢ではありませんもの)ゴシゴシ

従者「そうですか」




91:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:14:24 ID:aJsElZ5w
メイド「…」

ガシッ

メイド「きゃっ!?」

赤「よーう!どうよ、キマってるか俺?ん?」グイッ

メイド「あ…あ…」カタカタ

赤「おいおい、すっかり俺様の魅力にイカれちまってるなあ。そんな震えるこたねえぜ」

赤「で、どうよ。ひっぱたいてやったのかよ」




92:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:17:55 ID:aJsElZ5w
メイド「いえ、あの…痛っ」グッ

姫「ちょ、ちょっとあな…ご主人様っ!お待ちになって!」

赤「んー?」

姫「メイドは手を怪我してますのよ!乱暴になさらないで!」

メイド「あぐ…」

赤「おっとーこりゃわりぃわりぃ。気が付かなかったぜ」パッ

赤「で、どーよ俺様のお洒落姿はよっ」




93:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:38:56 ID:aJsElZ5w
従者(全身金ピカとか本当にやる人初めて見た)

姫&メイド「…」

赤「おうおう、まぶし過ぎて声もでねえかよ」

赤「はーん、まあまあいい仕事してんじゃねえかよ」

赤「でもまだまだだな。次磨くときゃ俺様が乗る姿を想像しながら丹精こめろよwwww」

従者「乗りもしないのにですか」

赤「っせーわwwwwおら行くぞおまえらwwwww」




94:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:42:18 ID:aJsElZ5w
従者「スキップなんてする年じゃないでしょうに」

姫「大丈夫?」

メイド「はい…ありがとうございます」

姫「従者様。あのおと…ご主人様は、馬に乗られませんの?」

従者「ん、ああ。どうもそうみたいですよ」

従者「なんどもこちらの愛馬に乗りかけては振り落とされてますし」

姫「ヘンですわね…以前わたくしの家にいたときは何度も乗りこなしていたはず」




95:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:43:17 ID:aJsElZ5w
従者「へえ?そうなんですか」

姫「ええ…」

従者「ふーん。まあとにかく、ドヤされないうちに僕たちも急ぎましょうか」

従者「あ、馬は僕が引きますよ。役目なんで」

姫「お願いしますわ。さ、メイド、行きましょう」

メイド「はい」






96:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:46:19 ID:aJsElZ5w
――街中――

村人A「見ろよ…あれ…」

村人B「ああ…領主様の…」

村人C「赤騎士様が…あんな年でかわいそうに…」

ザワザワ

赤「っくっくー♪はいはい皆さんご注目ーってやつだなオイ」

赤「どいつもこいつも俺様のお洒落に釘付けだぜ。なあ?」

従者「勘違い乙」




97:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 00:49:08 ID:aJsElZ5w
赤「あぁ!?何かいったか?」

従者「背中の金箔はがれてますよ」

赤「はっ、ばっきゃろ、それ早く言え早く!」ワタワタ

従者(幸せ者ですね騎士様は)

姫「…」カッカッカッ

従者(おどおどと歩くかと思えば)

従者(小間使いの…いや、15歳の少女とも思えない足運びだなあ)




98:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 01:14:04 ID:aJsElZ5w
バーン!

赤「親父ィ!酒だ酒!」

親父「おう、赤の旦那か。今日も飲んでかねえのかい」

赤「俺ぁな、一人で静かに飲みてえんだよ」

親父「ああそうかいそうかい。ツケせがまれるのがイヤだっつーんだな」

赤「いってえいってえwwww」

姫「…」




99:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 01:15:37 ID:aJsElZ5w
ザワザワ…

領主…娘…奴隷…赤騎士に…哀れ…可哀想に…魔女の娘…魔女の…

姫(お母様は魔女などではありませんわっ…!)ギュッ

メイド「お姫様…」

姫「大丈夫です。心配なさらないで」

従者「…」ポリポリ

カチャーンッ!




100:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 01:18:11 ID:aJsElZ5w
娘「あ…あっ…」

橙従騎士A「おいおい、お嬢さん。こまるね、我々の宴の邪魔をされては」

娘「え、ですが今のは騎士様がご自分で!」

橙従騎士B「おや、俺達がわざと落としたとでも言いたいのかな?」

娘「いえ、それは!」

ザワザワ

姫「な、何事ですの」




101:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 01:21:36 ID:aJsElZ5w
従者「いつものことですよ。お姫様がご想像の通りの日常です」

従者「騎士様達からしたら、この街の女は全員玩具みたいなものなんですよ」

姫「そんな…」

娘「ああっ!離してください!」

橙従A「へっへ、おとなしくしろって、すぐ済むからよ」ビリイッ

娘「いやぁぁっ!」

姫「い、いけませんわ…なんとかなりませんの!?」




102:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 01:54:16 ID:aJsElZ5w
従者「ご冗談を。騎士同士ならともかく、彼らは誰を斬ろうと罪にならないんですよ」

従者「命を懸けてまでいくほどの事でもないですし」

姫「そういう問題じゃなくてよっ!」

姫「ご主人様っ!」

赤「んー、あんだあ」

姫「あのような狼藉をお許しになっても良いんですの!?」

赤「あんだようっせえなあ。またアレか?騎士らしくしろとか言っちゃうのかよ?」




103:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 02:01:33 ID:aJsElZ5w
姫「騎士とかどうとかではありませんは!人としての話ですっ!」

赤「だーっ、っせえなあ。俺ぁ酒買いにきてんだ。喧嘩しにきてんじゃねえよ」

親父「…」

姫「そうでしたわね。あなたのような男に頼ったわたくしが馬鹿でしたわ!」

赤「あンだと?っておいっ」

娘「い、いやぁ…」

橙従B「へへへ…」

姫「あなたがた、おやめなさい!」




105:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 07:49:57 ID:aJsElZ5w
橙従B「んー?何だあ」

橙従A「これはこれは。どなたかと思えば元領主様のご令嬢じゃありませんかハッハッ!」

メイド「お、お姫様…」ペタリ

従者(腰が抜けたのかな?昨日の今日ですしねえ)

姫「お酒の一杯や二杯でなんですの!?そのお方をお放しなさい!」

橙従A「ぷっ」

橙従A「ぶぁっはっは!これは良い威勢だことで!」




106:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 07:56:17 ID:aJsElZ5w
橙従B「それはもしかして、ご命令ですかぁお嬢様。ヒャッヒャ!」グイッ

娘「あ…うぐ…」

姫「命令でも請願でもなくてよ。あなたたちの醜い所業に耐えかねただけですわ!」

橙従B「ッヒャヒャ…言ってくれるじゃあねえかよあぁ!?」ドンッ!

姫「っ!」ビクッ

橙従A「どうやらご自分の今の立場がをよくご理解していない様子」

橙従A「お嬢様にはしつけが必要なようですなぁ」スラリ




107:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 07:59:27 ID:aJsElZ5w
メイド「ひっ!?」

従者「…」

姫「き、騎士がむやみやたらに剣を抜くものではありませんわ」

橙従A「ハッハ…うるせーんだよこのクソチビが」

橙従A「てめえが着ている服もつまみみてーに食べやすく刻んでやるよ」ベロリ

姫「くっ…」

従者(…)チラッ)




108:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:18:27 ID:aJsElZ5w
赤「ギャーギャーうっせえな。外でやれや外で」

赤「あー酒も値上がりしたよなぁったくよ…ブツブツ」

従者(……)

橙従A「さーあ、どちらからまいりましょうかね?上か?下か?」

姫「…ど、どこからでもお好きになされば良いですわ」ガクガク

橙従A「あ?」

姫「そんな"まがいもの"の剣では、わたくしの誇りまで傷つけられませんことよっ!」




109:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:28:27 ID:aJsElZ5w
従者(!)

橙従A「ああそうかい…」

橙従A「じゃあお望みどおり全身余すことなくひん剥いてやるぜええぇlっ!」ブオンッ

姫「っ…」ギュッ

姫「…」

姫「?」

橙従A「なっ…く…き、貴様っ…」ブルブル




110:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:29:01 ID:aJsElZ5w
騎士姿「――姫様の仰るとおりだ。対等な者と渡り合うならまだしも」

騎士姿「いたいけな子女を脅すとは笑止千万。恥を知れ」

メイド「あ、あぁ…」

従者(間一髪ですねえ)

姫「貴方は、貴方様は…」

姫「緑騎士様!」

緑騎士「ご無事ですか、姫様」




111:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:32:24 ID:aJsElZ5w
橙従B「やろぉ…」

緑「騒ぎを聞いて駆けつければ、また橙の手のものか」

橙従A「くっ…てめえも抜けやああ!緑騎士!」

緑「酒で優劣の判断もつかないか。貴様等のような愚劣共に抜く剣などっ」グイッ

橙従A「うおっ!?」

緑「持ち合わせてはおらんっ!」ドゴォッ

橙従A「ぐぼっ!」

ガッシャーン!




112:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:40:06 ID:aJsElZ5w
橙従B「やろぉっ!」ドンッ

娘「きゃっ!」

橙従B「死ねええええ!」ビュンッ

緑「はぁっ!」バスッ!

橙従B「ぐぇぇっ!?」

ダッシャーン!

従者(一殴りと一蹴り。お見事)




113:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:43:22 ID:aJsElZ5w
橙従A「ぐっ…くそっ」

橙従B「ただでは済まされんぞ、緑の!」ダダッ

緑「ふん。痩せたウジ共が」

姫「み、緑騎士様っ」

緑「姫様。御久しゅうございます。お怪我はございませんか」

姫「はい、おかげさまで」

緑「なによりです」

緑「お嬢さん、立てますか」




114:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:45:26 ID:aJsElZ5w
娘「は、はい…///」ポーッ

メイド「お姫様ぁっ…!」

姫「きゃっ、ちょっとメイド!?」

メイド「良かった、私、お姫様に何かあったらと…!」

姫「大丈夫ですわ、ごらんになっていたでしょう?」

メイド「はいっ…うぅ」

姫「緑様、本当になんとお礼を申し上げたらよいか」




115:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 08:51:19 ID:aJsElZ5w
緑「いえ。それよりも姫様がおられるという事は…」

パン パン パン パン

赤「いやーっ、相変わらず足腰冴えてるぜ緑の!いい酒のツマが出来たってもんだ」

緑「赤。貴様どういうつもりだ」

赤「どういうつもりもなにもぉ、取引だよ取引。お前も物買ったら、金貨の勘定するだろうよ」

赤「数えるのに時間がかかってよwwwwいちまいにまいwwwwところで今何時ってなwwww」

緑「何故すぐに割り入らなかった」




116:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 09:02:43 ID:aJsElZ5w
赤「おいおい冗談だろ?奴隷ごとき救うのに何で俺様が手煩わせなきゃならねえんだよ」

姫「…」

緑「酒と女に隷属する男が良く言う。そんなんだから剣も抜けず、馬にも乗れぬのだ」

赤「あ?おいおい何か、喧嘩売ってんのかてめぇ」

緑「貴様に売るなら野良犬相手のほうがまだマシだ」

赤「せっかく収めた騒ぎをもっかいおこそうってのかよ」

緑「さわぎにもならん。私の拳が一度唸るだけだ」




117:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 09:05:46 ID:aJsElZ5w
親父「まーた始まりやがった」

姫「え?」

親父「あの二人は顔を合わせるといつもああなんでさ」

従者「結末もいつも同じですけどね」

赤「おいおいwwwwいいのかよwwww俺ぁてめえの秘密を知ってるんだぜwwww」

赤「今ここで大声でいっちゃおっかなーwwwwすーはーすーはーwwww」

緑「それは私も同じ事だ。痛みわけといくか?」




118:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 09:59:02 ID:aJsElZ5w
赤「痛みわけときたよwww若手最高位と言われる緑様がwww」

赤「とかいいつつみぞおちエルボォッ!」ゴスッ

姫「ご、ご主人様!」

緑「…」

赤「へっへ、どんなもん…あら?」

緑「それで全力か、赤」

赤「はっは、お変わりなくお元気そうですね」




119:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 10:03:36 ID:aJsElZ5w
緑「お洒落を念頭に入れた貴様と同じにするな。常に鎧を身にまとう私に」ブンッ

赤「ちょ、タンッ」

緑「貴様のような軟弱物の拳が通るか!」ドカァッ

赤「ま゛あぁっ!」

ズッシャー

姫「きゃっ!」

従者「鮮やかにいつも通りの流れでしたね」




120:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 10:08:32 ID:aJsElZ5w
緑「表に出ろ、貴様には一度灸をすえねば気が済まん」

赤「おぶっ!ちょ、まて引きずるな!き、金箔がはがれる!」ズルズル

姫「い、いけない…」

メイド「あ、お姫様」

タタタ…

従者「よくもあれで緑様に強気に出られますよね本当に」

親父「あのお二人はな、幼馴染なのさ」




121:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 10:16:57 ID:aJsElZ5w
従者「ああ、そうなんですか」

親父「この国じゃ有名な話だ。あんた前から思ってたが、やっぱり外国の人かなんかかい」

従者「ええ。つい最近騎士様に雇われまして」

親父「屋敷の連中全員クビにしたって聞いたが、お前さんだけってわけか今の従騎士は」

従者「僕の場合は騎士ですらないですけどね。ところで金貨足りましたか」

親父「足りねえよ。いつもどおりな」

従者「ですよね。はいこれ」




122:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 10:25:54 ID:aJsElZ5w
従者「まったく、緑様をすこしでも見習って欲しいものですね」

従者「勤め先を変えようか真剣に悩みます」

親父「そういうもんでもねえぜ。お前さんも見たんだろ」

親父「赤の旦那の手元をよ」

従者「…」

従者「何のことかさっぱり。では失礼します」

親父「おう。旦那によろしくな」




125:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 18:25:31 ID:aJsElZ5w
ズシャアッ

赤「ひぃひぃ!」

緑「立て赤!その捻じ曲がった根性を叩きなおしてくれる!」

赤「その勢いだと変わりに鼻が捻じ曲がりそうじゃねえかよ!」

緑「あるかどうかも解らんような鼻だ。問題ないだろう」グッ

赤「おひいいっ!」

橙「緑っ!赤っ!やはり貴様等かっ!」




126:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 18:40:00 ID:aJsElZ5w
緑「むっ」

黄「キッ!赤も一緒とはな」

藍「道理で匂うはずじゃココ」

橙「おでの部下を!ふごんっ!可愛がってくれたそうだな!」

橙従A&B「ふぐぐ」ボロッ

緑「相変わらず群れるのがお好きな様子。それがどうしたと仰るのです!」

赤「ああぁ〜橙様〜ん!俺様も、ホレ!この通り!お助けくdピギィッ!」ゲシッ

緑「貴様は黙っていろ」グリグリ




127:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 18:42:56 ID:aJsElZ5w
橙「お、おで様を侮辱するものと、みな、みなす!」

橙「抜け!本日という今日こそは、容赦せん!」

緑「ふんっ…」チャキ

タタタッ

姫「み、緑様っ…はっ!」

従者「あれぇ?これはなんとも」

メイド「はぁっ…はぁっ…」




128:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 18:46:15 ID:aJsElZ5w
橙「ふごんっ…んんっ!あれなるは領主様がご令嬢!」

橙「赤…貴様姫君を連れ闊歩しておったのか!」

赤「あふぁふぁ、ふぁーい」

従者(またずいぶんとお似合いのポジションにいますね)

橙「ふごんっ、許さんぞ!貴様ら二人とも血祭りにあげてくれる!」

黄「キッ、加勢いたすぞ橙の!」

藍「…3対2なればさしもの緑とて観念したほうが良かろうがな?」カチャリ




129:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/14(木) 18:58:24 ID:aJsElZ5w
緑「このような男を勘定に入れられては困る。私一人で十分だ」ガッ

赤「あっ!もっと!もっと強く!」

姫「緑様!」

従者「騎士様も忘れないであげてください」

橙「ぬかしおって若造が…」

橙「身をもって償うが良い!ふごおぉぉぉっ!」

緑「…っ!」スラリ




134:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 14:33:45 ID:aJsElZ5w
『それまで!』

橙「ぬっ!?」

緑「そのお声は…」

青騎士「往来で何をしている。双方剣を収めよ」

紫騎士「…」

橙「む、紫の…」

緑「…」

姫「青騎士様…」




135:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 14:38:25 ID:aJsElZ5w
青「緑。聞こえぬのか」

緑「しかし、彼らは!」

青「収めよ」

緑「…承知いたしました」キン

黄「キっ…紫の、これはじゃな」

紫「さっさとしまえ愚図共」

藍「う、うぬ」キン




136:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 14:41:22 ID:aJsElZ5w
従者「これはこれはなんだか壮観ですね」

従者「この国を代表する7騎士が勢ぞろいとは」

姫「…」

メイド「…あ、あ…」ガクガク





137:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 14:48:42 ID:aJsElZ5w
紫(…)

藍(ココ…目障りな騎士が二人もきおったわ)

青(緑も随分鬱積が溜まっておるな。いたし方ないことか)

緑(青殿と紫殿…何か話をしておられたのか?)

黄(キキッ…こ、こんなことならあの娘御とそしらぬふりで愉しめば良かったわ!)

橙(ふごんっ…おのれ赤、よくも姫君を…おでの姫君をぉっ!)

赤「ああ〜開いちゃう!新しい世界への扉開いちゃうのぉっ!」ビクンビクン




138:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 14:56:47 ID:aJsElZ5w
従者「…この国を代表する6騎士が勢ぞろいとは」

赤「おいテメ何言い直してあはん!」グリグリ

青「緑、足をどけてやれ」

緑「はい」ガッ

赤「ああ…アタシ汚れちゃった…」

紫「…」ギロリ

メイド「ひっ!」

姫「…」




139:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:03:12 ID:aJsElZ5w
紫「魔女裁判までは目立った行動は控えろといいつけたはずだったな」

橙「ふ、ふごんっ」

紫「何度も同じ事を言わせるのか?」

黄「め、めっそうもない!重々承知しておる!」

紫「ならばそう努めよ。数が減るのも冗談で済ませたい」

藍「う、うむ」

紫「青殿、貴公の愛弟子にもそうお伝えしたいものですな」




140:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:09:14 ID:aJsElZ5w
青「うむ。心得ておる」

緑「…」

青「丁度良い。最近頻発している貴族の神隠しについても、皆に今聞いておこう」

黄「神隠し?」

緑「報告が来ています。貴族出身の一族が区画単位で一晩のうちに消えているとか」

青「うむ。何か知るものはおらぬか」

橙「ふごんっ。おおかた、亡命の類であろう」




141:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:16:39 ID:aJsElZ5w
姫「貴族が、神隠しに…?」

従者「ああ、どうもそうらしいですね。赤騎士様も言ってましたし」

従者「人攫いかあるいは橙様の言うとおり亡命か。なんなんでしょね」

姫「…」

藍「軟弱な連中に亡命という発想が出来るとは思えんな」

青「うむ。考えられるとすれば、第三者がその手助けをしている可能性だ」

青「国ではその存在が噂となっている。『天使の鞘腕』と名乗る者としてな」

姫「!」




142:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:20:56 ID:aJsElZ5w
黄「キキッ!大層な名じゃな」

緑「しかしだとしても目的は何なのです?」

青「それも含め調査中だ。おのおの何かわかれば報告されたい」

橙「ふごんっ。好きにさせればよい」

橙「貴族など領主婦人の件が片付けばほっといても消えてうせるわ」

青「まだそうと話はきまっておらぬから申しておるのだ」

紫「…フン。強情ですな青殿も」




143:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:27:04 ID:aJsElZ5w
紫「いまだかのもの達に頭を垂れる日々を懐かしんでおられるというのか」

青「…」

紫「目を覚まされよ、愚劣に国を治めさせてはならんのだ」

紫「我等が誇り高き騎士団こそ、領主たるに相応しい」

青「それを判断するのは我々ではない」

紫「フフ…そうでしたな」

紫「せいぜい裁決の時を楽しみとしましょう」




144:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:38:30 ID:aJsElZ5w
紫「おやそれなるは姫様ではございませんか」

紫「おられたのですか。ご機嫌麗しゅう」

姫「…」

紫「そうお睨みになられてはご尊顔が崩れます」スッ

姫「…」パシッ

メイド「ああ…」ガクガク

紫「嫌われたものですな」




145:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:43:25 ID:aJsElZ5w
紫「良い目をしておられますな。お母様に似ておられる」

姫「…」

紫「フフ。せいぜいそこに転がる男の下で、虚ろな希望を眺めなされよ」

紫「ゆくぞ貴様達」

黄「あ、あい解ったっ」

藍「コケケッ」

ザッザッ…




146:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:47:43 ID:aJsElZ5w
橙「ふごん。覚えておれよ緑、赤」

橙「特に赤。おでから姫君をかっさらったこと、後悔させてくれるぞ、ふごん」

ザッザッ…

緑「…」

赤「あぁ…いけずぅ」

緑「いつまで寝ているのだ貴様は」ドカッ

赤「はいはいきりーっつ」ビィン




147:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 15:55:58 ID:aJsElZ5w
青「相変わらずだな。お前達も」

緑「面目次第もありません…」

赤「おうおう反省しろよ」

緑「…」チャキ

赤「あっちょ待っ…」

青「姫様。ご健勝の様子、なによりでございます」

姫「青騎士様…」




148:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:07:56 ID:aJsElZ5w
青「今の立場上、膝を折れぬことお許しください」

姫「いえ、わたくしもよく存じております」

緑「青様!貴方まで領主様をお疑いなのですか」

赤「」ピクピク

従者(懲りないなあこの人も)

青「魔女かどうかに興味は無い。だが前赤騎士没落の件に関しては別だ」

緑「…私情を挟まれるというのですか」




149:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:14:17 ID:aJsElZ5w
青「儂の友を追い込んだのが、紛れもなく領主様なのも事実だ」

姫「…」

姫「わたくしは、その事についてどなたからもお話を聞かされてませんわ」

青「…」

姫「どうしてですの?何故教えてくださらないの?」

青「それは我々ではなく赤から聞かれるがよろしいかと、姫様」

姫「あの男に…?」




150:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:16:48 ID:aJsElZ5w
緑「…」

青「では我々もこれで。ゆくぞ緑よ」

緑「はっ…」

青「ご自愛めされよ、姫様」

姫「…」

メイド「ひめさ…ま…」

姫「大丈夫よメイド。紫様はもう居ないわ。おちついて」




151:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:19:54 ID:aJsElZ5w
メイド「あ…う…」

従者「…」

ザッザッ

緑「青様」

青「何も言うな緑。儂も何が信ずるに足るか解らぬ」

青「今は前赤騎士婦人の死が、魔女の呪によるものか否か」

青「その真相を探るのに全力を注ぐのだ。良いな」




152:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:22:41 ID:aJsElZ5w
緑「はっ…」

緑「しかし、赤はどういうつもりなのでしょう。姫様を身買いするなど」

緑「いっそ権利書を剥奪して…」

青「この大事に余計な揉め事を起こしてはならん」

青「橙のところよりはマシだと思うしかない。辛抱せい」

緑「…はい」

青「儂も年だな。あやつが生きておればと何度も思うてしまうわ」

緑「…」




153:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:30:26 ID:aJsElZ5w
ツンツン

従者「騎士様」

赤「むぁ…」

ツンツン

赤「ん…おお緑!まだやるってのかよオラァ!歯食いしばれや!」

従者「いや薄目あけて僕だって確認してからそんな言われても」

赤「あなんだお前かよちっあの野郎逃げやがったな」

従者「ヤケになるのは解りますけど棒で言わないで下さい」




154:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:34:32 ID:aJsElZ5w
姫「…」

メイド「…」

赤「かーっ、なんだなんだ暗ぇ顔並べやがって」

赤「用事は済んだんだ、帰るぞ!」

従者「はーい」

姫「…お待ちになって」

赤「ああ?」




155:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:37:36 ID:aJsElZ5w
姫「先代の赤騎士様はどうして、急に地位を落とされたのですの?」

赤「…っ…」

姫「わたくしはその理由を誰からも教えられませんでしたわ。お父様からすらも」

赤「…ふっ…」

姫「何故なんですの?」

赤「…ふふっ…」

姫「ご主人様!聞いておられますことっ!?」




156:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:40:20 ID:aJsElZ5w
赤「  ぶわあぁぁっっっっっくしょおほほほーいい!!  」

姫「!?」ビックゥ

赤「あーズズッ、しこたま地面とキスしてたから埃吸っちまってたぜ」

赤「おら行くぞノロマ共。日が暮れちまわあ」

姫「あ、お待ちになって…もう!」

従者「…」

姫「従者様。貴方は何かご存知ないんですの?」




157:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 16:42:48 ID:aJsElZ5w
従者「うーん僕も最近この国きたばかりですしなんとも」

姫「そうですの…」

従者「ほら急ぎましょう。また何か言われたら大変なのはお姫様達ですよ」

姫「そうですわね。メイド、立てて?」

メイド「は、はい…」カタカタ

従者「はいどーはいどー。」

愛馬「ブルル…」




159:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 17:48:55 ID:8F8WuNts
赤騎士は実は強くてちゃんとしてていい奴



って思ってるだけ




161:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/19(火) 18:54:07 ID:zrWLr/C.
ここからの展開に期待
続きが読めん




163:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:18:31 ID:aJsElZ5w
――夜・赤騎士邸――

メイド「今日も一日、お疲れ様です。お姫様」

姫「ええ」

姫「メイド、大丈夫?街で紫様にお会いしてから…」

メイド「はい。ご安心ください」

コンコン

従者「着替えは済みましたか」




164:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:20:24 ID:aJsElZ5w
メイド「はい」

従者「では行きましょうか」ガチャッ

姫「…」

姫「メイド、ご主人様に…?」

メイド「はい…お姫様は先にお休みになって下さい」

姫「わ、わたくしも行きますわ!」

従者「採点に色をつけるとか仰ってましたし」




165:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:22:04 ID:aJsElZ5w
従者「大丈夫ですよ多分。多分ですけど」

従者「それに呼ばれてもいないのに出向くのはかえって良くないかも」

姫「…わかりましたわ」

従者「じゃいきましょう」

メイド「はい」

バタン

姫「…」




166:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:32:33 ID:aJsElZ5w
姫(採点の色を信じたいですけども)

姫(万が一には、備えておいたほうがよさそうですわね)

ガチャ バタン



ヒュッ

トスッ!

赤「…」

ヒュヒュッ




167:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:39:42 ID:aJsElZ5w
トススッ!

赤「くぅ―――っうる!」

赤「おいおい俺のご先祖様マジロビンフッドかぁ?」

赤「こんな百発百中だとヤっちまうごとにポンポン孕ませちまって困るんじゃねえのwwww」

従者「ダーツするならせめて的には当ててくださいよ騎士様」

赤「ん?いたのかよ」

従者「ずいぶん前から」




168:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:40:45 ID:aJsElZ5w
赤「的なんか狙ったっておもしろかねえだろうがwwwwお前だって顔とか腹とか口んなかにもぶっかけんだろがよwwww」

従者「何の話か知りませんが、外しすぎると後ろの壁穴だらけになるのでやめた方がいいですよ」

メイド「…し、失礼致します」

赤「おうおうっ、来たかよ腰抜けメイド」

メイド「…」カタカタ

赤「そう震えるんじゃねえよ。で、どうだったんだ従者」

従者「賭けは騎士様の負けですね。一度も手をあげませんでしたよ」




169:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:44:49 ID:aJsElZ5w
赤「賭け?ハテ?何の話だそりゃ?」

従者「…」

赤「まあいいわ。たいした雌犬っぷりだなメイドさんよぉ」グイッ

メイド「あっ!」

赤「ひっぱたいてたらブッ殺してやるつもりだったんだがよぉ。つまんねぇ結果になっちまったなあ」

メイド「も…しわけ…」

赤「くくっいい顔するじゃねえか。性剣もとい聖剣が悦んじまうぜ。なぁ?」ギュッ

メイド「い、痛っ!」




170:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:47:52 ID:aJsElZ5w
赤「この傷はなんだよ」

メイド「あ、これはその…」

赤「あててやろうか?」

赤「てめえ…あのクソガキの片付けこっそり手伝いやがったな」

従者「…」

メイド「そ、それは…」

赤「だめだよなあルール違反はよ」




171:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:54:29 ID:aJsElZ5w
赤「そうなるとしょうがねえよなあ、子供でもわかることだよなあ」

赤「おいたしたらよ、おしおきしねえと。な?」

メイド「…」

赤「くく。いろいろ気にくわねえ事があったからよ、ちょうど良かったぜ」

赤「たっぷりてめえで愉しませてもらうぜ」

メイド「…」ギュッ

赤「けっ。つまらねえな。もっとギャーギャーー騒げや」




172:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/20(水) 23:58:35 ID:aJsElZ5w
赤「おいてめえもいつまでそこ突っ立ってんだよ。さっさと出てけ木偶の坊が」

赤「それか混ざってくかよwww俺のブツとくらべっこすっかwwww」

従者「遠慮しときます」

赤「ああ。あとそこのネズミ部屋に返しとけよ。チョロチョロされたら邪魔だからよ」

従者「はいはい。ではごゆっくり」

バタン

従者「そういうわけですので、お姫様」




173:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:02:17 ID:aJsElZ5w
姫「…どうしてですの。及第点とおっしゃったはずですわ!」

従者「お姫様に落ち度は無かったんですけどね」

姫「いたらなかったのはわたくしであって、メイドではありませんわ!」

従者「でも手伝ったのは彼女自身ですから」

姫「おどきになって。物申してまいります」

従者「…」

ガンッ!

姫「あっ…!」




174:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:06:25 ID:aJsElZ5w
従者「こんな箒一つでどうするっていうんですか?」

従者「少なくとも僕相手にこんなんじゃ、騎士様がいかに腰抜けでのんだくれでぐうたら能無し甲斐性無しの負け犬だからっていっても」

従者「あっというまに返り討ちですよ」

姫「…」

従者「おとなしく部屋に戻ってください」

姫「…わたくし、あなたの事を誤解していましたわ。あの男とは違うと思っていましたのに」

従者「それは大変申し訳ありませんね。所詮僕も雇われの身なので」




175:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:08:49 ID:aJsElZ5w
姫「…」

従者「早めに休んで明日からに備えたほうが賢いと思いますよ」

従者「これ以上余計な失敗しないためにも」

姫「…」

スタスタ ギィィ

従者「ではおやすみなさいませ」

姫「…」

バタン ガチャリ




176:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:17:19 ID:aJsElZ5w
姫(結局、無力なのですわね)

姫(メイド…どうかお許しになって)

ペタリ

姫(お父様、お母様…)

姫(わたくしは…ダメな子です…)

姫(…)




177:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:20:05 ID:dgSYiyug
ヘタレ赤騎士



クズなのは確かだが光るものが




あればいいなぁ・・・




178:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:20:50 ID:aJsElZ5w
姫(『天使の鞘腕』…)

姫(もしも貴方が、チューリップ円の騎士様だとしたら……)

姫(貴族を……かみ……かく……どうし……)

姫(…て……)






179:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:36:41 ID:aJsElZ5w
――数ヶ月前、領主の屋敷内部――

ガッシャーン!

メイド「きゃああっ!」

衛兵「何事です紫殿。これは一体何の真似です!」

カチャカチャカチャ ザッザッザッ

紫「貴族領主殿におかれましてはご機嫌麗しゅう」

姫父「どうしたというのだ。この仰々しい備えは何だ」




180:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:39:25 ID:aJsElZ5w
紫「先の赤騎士夫人の変死に際しまして、領主殿の奥方様の呪いであるという報告が来ております」

姫父「な、何故妻にそのような話があがるというのだ」

紫「先日奥方様が赤騎士夫人にお贈りになられたチューリップが、彼女の亡骸周辺に散乱しておりましてな」

紫「そのうちの一つがこれになりますが、このとおり」

スパッ!

姫父「!」

紫「茎を切れば人の血の如き汁がにじみ、はてにこのまま放置しても枯れることも無い」




181:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:46:18 ID:aJsElZ5w
紫「この香りで気が触れ、自ら命を絶ったと考えられる」

紫「異形の生成は魔女の証。教会に審判を願い出たところです」

姫父「言いがかりにすぎぬ。なぜ妻がそのようなことを」

紫「それは領主様も思い当たるのではないですかな」

紫「赤騎士夫人が以前の身分をよくご存知なれば」

姫父「!」

紫「哀れにも赤騎士殿はそのせいで『紅』の称号も剥奪されて久しい」

紫「ほかならぬ貴公の命令で、だ」




182:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 00:55:02 ID:aJsElZ5w
紫「貴賎に拘る貴公の考えが伝播したとしておかしくもなかろう」

衛兵「あ、あまりに無礼だぞ!口をつつしめ紫の―――」

バシュッ!

衛兵「がひゅっ…」

メイド「え…?」バシャバシャ

紫「雑魚がわめくな、耳障りだ」キン

メイド「あ…ひ…」




183:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:03:54 ID:aJsElZ5w
紫「…」ギロリ

メイド「あ…ぅ……」ドサッ

姫父「…」

紫「さあ、奥方様をお引渡し願いましょう。領主殿。かくまわれると為になりませんぞ」

姫父「変わりに私が出向く。話は私が聞こう」

紫「ほう。これはしたり」

姫父「妻は無実だ。私がそれを証明してみせる」




184:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:06:23 ID:aJsElZ5w
『それには及びませんわ』

紫「ぬ」

姫父「!」

姫母「わたくしならばここにいます」

姫母「ですからこれ以上の乱暴はお控えになって」

姫父「…お前」

姫母「あなた、心配なさらないで」

紫「フフ」




185:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:10:14 ID:aJsElZ5w
紫「相変わらずお美しいですな、領主夫人」

姫母「…」

ザワザワ

紫「ぬ、何事だ」

姫「邪魔ですわ!通して!」グイッ ギューッ

姫「っ!」

姫父「姫!ここにきてはいかん!部屋に戻っておれ!」




186:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:11:58 ID:aJsElZ5w
姫「ど、どういうことですの。め、メイド!しっかりなさって!」ユサユサ

メイド「…」

姫「あなたの仕業ですの、紫様」

紫「ご無沙汰しております姫様」

紫「背が伸びられましたな」

姫「はぐらさないで!」

紫「我々はお二人にお話があるのです。姫様は外していただけますかな」




187:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:17:31 ID:aJsElZ5w
姫「…どういうことですの」

紫「いずれお分かりになります。お退きになってください」

姫「…」スッ

紫「…ほう。これはこれは」

姫父「姫!」

紫「豪胆ですな。貴族の娘としておくのが惜しい」

姫「…」




188:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:19:37 ID:aJsElZ5w
紫「どうか道をあけていただけますかな。私が紳士であるうちに

姫「…っ…絶対にどきませんわ!」

姫「絶対に……!?」ギュッ

姫「お、お母様…」

姫母「姫…大丈夫よ」

姫母「少しの間、お話してくるだけですわ」

姫「でも…」




189:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:21:58 ID:aJsElZ5w
姫母「わたくしが戻るまで、お父様や皆様の言う事を良く聞いて、良い子にしてますのよ」

姫母「いいこと?」

姫「…」

姫「はい…お母様」

紫「フフ。良き母親、良き母」

姫母「…さあ、参りましょう」

紫「素直なのも殊勝な心がけですな」




190:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:26:25 ID:aJsElZ5w
紫「ですが魔女に容赦の必要無し」パチッ

姫「え?」

姫父「なっ、何をする!」

姫母「あなた?きゃっ!」

姫母「ど、どういうことですのっ?」

紫「しれたこと。審判の日まで魔女の夫たる領主殿にも来て頂く」

紫「協力者かもしれぬからな」




191:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:27:09 ID:aJsElZ5w
姫「魔女…お、お母様が?」

紫「連れて行け」

姫「お、お母様!お父様!」

姫母「つっ…!」

姫父「おのれ…紫っ、紫ーっ!」

姫「…ああ…」

紫「フフ」




192:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:29:44 ID:aJsElZ5w
姫「っ!」キッ

紫「そう睨みますな。これも騎士としての大事な務めなのです」

姫「このような振る舞い、とても騎士とは言えませんわ!」

紫「…ぬかすな小娘」グッ

姫「あっ…」

紫「貴様の母が魔女となればお前はその娘だ。それまでは商品として存分に扱ってくれるぞ」

紫「連れて行け」




193:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:35:11 ID:aJsElZ5w
紫「屋敷に火をかけよ。チューリップ園もだ」

紫「全てを灰にせよ。審判の日まで、今よりこの私が領主代理を務める」

紫従騎士「ははっ」

ゴオオオォォォォ…

パチパチ…

パチ…




194:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:36:37 ID:aJsElZ5w
カン…カン…

ガン!

奴隷商人「さあ金貨300枚!他にはいないのかい!」

奴隷商人「これで決まりだ!ほらよ、たっぷりかわいがってやんな!」

卑下た男「ぐへへ」

奴隷娘「ああ…」

奴隷商人「さあ次なるは本日の大目玉!こちらの御仁だ!」ガン!

ザワザワ…




195:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:42:45 ID:aJsElZ5w
姫「…」

奴隷商人「先日魔女の疑惑から投獄された領主夫妻の一人娘!」

奴隷商人「少々気が強いがこれだけの珠は生涯おめにかかれないよ!」

奴隷商人「出だし金貨1000枚から!さあ!どうだい!」

1000枚?…そんな金額誰が…哀れなもんだな…魔女の娘…

「10000だ。ふごん」

奴隷商人「はいでましたいちま…10000!?」




196:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:45:53 ID:aJsElZ5w
橙「そ、そうだ。10000払う。ふごん」

奴隷商人「は、はは…さあさあ大変な事になった!姫一人で屋敷が三つ立つよ!どうだい!他には!」

橙「ふごん。だ、だれもおらん。さっさと鐘を鳴らせ。ふごんっ」

橙「ぐふっ…ずっと、ずっと夢にみておったこの日だ。姫、これで、お、おでのものだ」ベロリ

姫「…っ…」

奴隷商人「ほらほらお楽しみは家までとっときな!さあ無いね!じゃあ金貨10000できまり…」




197:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:49:12 ID:aJsElZ5w
『―――100000だ』

橙「!?」

奴隷商人「おおっと張り合いかい?出た金額はじゅうま…100000ンンン!?」

ドヨッ

赤「――あァ、そうだよ。何度も繰り返すんじゃねえトンチキ共が」

赤「金貨100000枚。この通りだ」ドサァッ

従者「…よいーっしょ…っと。あー重かった」ドサドサッ




198:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:55:01 ID:aJsElZ5w
姫「…!」

奴隷商人「は…ははっ…はひらっ…じゅうま…」

橙「こわっぱ、何様のつもりだ!このおでに楯突くか!」

赤「あっあー、どうもこんにちは橙殿。残念ながらもうこわっぱじゃないんだなーこれが」

赤「ついこのまえ親父がぽっくり逝っちまってよwwww晴れて俺様も貴方様と同格ってワケwwwww」

橙「ぬ、ぬぐぐ…」

赤「だいたいこういう物買いのときゃ数字の大小で決まるもんでしょう」




199:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 01:57:48 ID:aJsElZ5w
赤「盾突いたってワケじゃ、ねぇん。どう思いまして?従者クゥン」

従者「吐き気がします」

赤「てめえ雇われて早々遠慮がねえな」

従者「遠慮するなって言ったのは騎士様です」

赤「ああそうだったっけーwwwwブヘラヘラwwww」

橙「に、偽者だ!貴様の家にこんな大金が、あるわけがない!」

赤「こんな数の偽モンそろえるなら半分稼いだほうがはええっすよwwwそれでも貴公の5倍なんですけどねwww」




201:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:05:16 ID:aJsElZ5w
橙「ぬぬうぅっ…」プシュウウウ

赤「で、どうすんだよ。たんねえか?」

奴隷商人「…えっ?いやいや!め、滅相もないですぜ旦那!」

奴隷商人「決まり!決まりですハイ!」ガンガンガンガン!

赤「うっせーよwwww一回ならしゃ解るわwwww」

姫「…」

赤「よーう。お姫さんよ」




202:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:07:41 ID:aJsElZ5w
姫「赤騎士様が…お亡くなりに?」

赤「ああそうよ。あっけなかったぜ」

姫「…」

赤「親父はあんたのこと可愛がってたからよぉ。ショックか?俺もよかなしくってよ、涙がちょちょぎれちまうぜwwww余計な穴からもよwwww」

姫「わ、わたくしを買い上げて、どうなさるおつもりなんですの」

赤「どういうつもりなんだと思うんだよ、あぁ?」

赤「覚悟しとけよ。さんざんてめえの屋敷でコキ使われた分、たっぷり返してやるからよ」




203:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:10:21 ID:aJsElZ5w
姫「ずいぶんと変わられたのね」

姫「あんなに寡黙で、表情をお出しにならなかったというのに」

赤「昔のこたぁ忘れたなぁ」グイッ

姫「きゃっ!?」

ドサッ

姫「そんな。どうしてこんなところにベッドが…」

赤「どうなさるおつもりなのか、お教えしてさしあげようじゃねえか」




204:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:13:05 ID:aJsElZ5w
赤「休み無く、死ぬまでよ」

姫「…い…いや…」

赤「クククッ」

姫「いやあああぁぁぁぁ!!!」




205:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:18:14 ID:aJsElZ5w
姫「―――ああぁぁぁあ!」

姫「…はぁっ…はっ…」

姫「…はぁっ…ゆ…夢…?」

赤「お目覚めか雌ネズミさんよ」ヌッ

姫「!?」

姫「いやあああああ!」バンバン!

赤「おぶっ!?」




206:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:22:06 ID:aJsElZ5w
姫「け、ケダモノ!近寄らないで!」バンバン!

赤「てめっ、いきなりなにしやがっ!」ガシッ

姫「きゃあっ!」ドサッ

赤「くそがっ!寝ぼけてんじゃねえぞマセガキが!」

姫「は、離して!離してっ!」

赤「紳士な俺様がてめえみてえな乳臭えの襲うかよ!」

従者「ああ。やっぱりロリコンだったんですね」




207:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:23:38 ID:aJsElZ5w
赤「!?てめえっ、いつもそうだが音もなく出てくんじゃねえ!」

従者「扉あいてましたよ。やるなら鍵しめとかないと」

赤「おめえもいっぺん後ろ掘ってやろうか」

姫「はぁっ…はぁっ…」

赤「ったく、やっと落ち着きやがったか」

姫「ここは…赤騎士様のお屋敷…」

赤「そうだよクソッタレ。おーいてぇ




208:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:44:02 ID:aJsElZ5w
姫「はっ、そうですわ。メイドは?どうしていないんですの?」

赤「それを伝えに来たんだろうが」

赤「あのドジは地下牢にぶっこんだぜ」

姫「…え?」

赤「俺様の命令無視、こりゃ重罪だ。だから投獄」

赤「クク、ちょうどてめえのご両親みてえにな」

姫「…」




209:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:47:57 ID:aJsElZ5w
赤「もちろんたっぷりシャブシャブしてやったから安心しとけwwww」

赤「トロいくせにいい身体してやがったぜwwww」

姫「…」キッ

赤「フン、いい目じゃねえか。俺ぁ生意気なガキは嫌えだがよ、気丈なガキは好きだぜ」

赤「解ってんだろうがメイドはてめえの素行で運命が決まるんだぜ。改めて肝に銘じとけよ」

姫「…かしこまりました、ご主人様」

赤「ナハーッ!本日最初のカイカン頂きましたァっ!」




210:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 02:50:33 ID:aJsElZ5w
赤「これからはてめえ一人だけで、家事全般やってもらうからよ。いいな」

姫「はい」

赤「わかったらとっととおきて支度しろやクソが。とっくに朝食の時間過ぎてんだよ」

姫「…かしこまりました」

赤「オラ従者。てめえは朝の酒買って来い」

従者「はいはい」






213:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 22:42:21 ID:aJsElZ5w
赤「まっっっっじいいいいっ!」

従者(こ、これはたしかにちょっと…)

姫「…」

赤「おめえ味見しながら作ったのかよ!」ガツガツ

赤「食材同士が親の仇とばかりに口ンなかでしばきあってんじゃねえか!」ムシャムシャ

姫「そ、そんなこと言われましても、わたくしいままで食材を切ったことしかありませんもの!」

赤「口ごたえしてんじゃあねえよ!」モグモグ




214:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 22:46:40 ID:aJsElZ5w
従者「でも食べるんですね(僕も食べるけど)」

赤「貴重な食費だ無駄にできるか!」シャモシャモ

赤「おい従者!てめえ料理はできるのかよ」

従者「ええまあ。人並みには」

赤「毎日こんなもん食わされたら身がもたねえわ。調理の時は姫について見てろ!」

従者「わかりました」

赤「たいした事できねえんだから、せめて人間の食い物の作り方くれえ知っとけっつうの」ブツブツモグモグ




215:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 22:51:29 ID:aJsElZ5w
姫「…申し訳ございません…」

従者「…」



赤「床は這いつくばってしっかり磨けよ。俺様が歩く場所なんだからよwwww」

姫「…」ゴシゴシ

赤「返事はどうしたクソガキ」

姫「はい」ゴシゴシ




216:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 22:53:15 ID:aJsElZ5w
赤「舐めてもいいくらいピッカピカに磨けよ。おいなんだこりゃ。これで絞ったつもりなのかよええ?」

赤「床がびしょびしょじゃねえかよ!雑巾引きちぎるくれえ力こめて絞れや!」ダンッ!

姫「は、はい…」

赤「最初からやり直せや!水もこまめに取り替えろよ!」

姫「はい」



赤「洗濯はただ洗えばいいってもんじゃねえ」




217:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 22:57:03 ID:aJsElZ5w
赤「用途や材質で一緒に洗うか石鹸使うかまで選らばねえと早くダメになっちまう」

赤「俺様の身だしなみにつながるんだからよ。ケチつけられたらてめえに鞭くれてやるからな」

姫「はい」

赤「あとてめえの仕事着はそいつと替えの2着だけだからな」

赤「適当にあつかっておシャカんなったらすっぱだかで過ごしてもらうからよwwwwいや俺はそっちのほうがいいけどよwwww」

従者「ロリコ

赤「やかまし!」




219:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:04:32 ID:aJsElZ5w
赤「解ったらとっとと手動かせや!シーツから着替えまで毎日全部洗ってもらうからよ」

赤「ノロノロやってたらおわらねえぞ!」

姫「はい…」ゴシゴシ



愛馬「ブルル…」

赤「いっつもこんな洗い方してたのかよ…」

姫「も、申し訳ございません…」




221:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:06:46 ID:dgSYiyug
こ、これは・・・ジャイアンの法則!!



ギャップ落としか・・・やるな・・・




222:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:08:35 ID:aJsElZ5w
赤「急に水ぶっかけられたらびっくりするだろうがよお前もよ。違うかよ!?」

姫「はい…」

赤「馬洗うときは心臓から遠いとこから水かけてやって洗ってくんだよ」

赤「オラはやくしろ」

姫「はい」

赤「毎日洗ってやれば石鹸なんかいらねえ」

姫「はい」

赤「拭くときはしっかり腹から毛並みに逆らうように…」




223:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:12:51 ID:aJsElZ5w


赤「ほー。庭の手入れだけはマシじゃねえか」

姫「…ありがとうございます」ザクッ ザクッ

赤「その手際で俺様の股間の芝生も刈ってもらうとすっかなwwwwなぁオイ今のケッサクじゃねwwww」

従者「面白すぎてため息がでます」

赤「だろーよwwwwブルヒャヒャヒャヒャwwww」






224:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:18:11 ID:aJsElZ5w
赤「だあああああ疲れたわこんちくしょーっ!!」

赤「なんだって主人である俺様がこんなヒィコラいわなきゃいけねえんだよ!」

従者(なんだかんだメイドさんもプロだったんですね。フォロー入れてたんでしょう)

姫「申し訳ありません…」

赤「口ではなんとでも言えるわタコwwww」

赤「もう二度と教えねえからな。明日からは全部これを一人でやれや。解ったか」

姫「はい」




225:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:21:53 ID:aJsElZ5w
赤「したら夕食だ夕食。ハーラ減った。おい従者ちゃんと見とけよ」

赤「食いモンの調理に集中しろよ、姫の調理なんかしちゃうなよwwwwww」

従者「はいはい解りました解りました」

姫「…」

ガチャ

従者「一回ごとに一つ新しい品を作りましょうか」

従者「昼は卵料理でしたし、夜は簡単な肉料理にしましょう」




226:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:28:00 ID:aJsElZ5w
姫「はい」

トントン グツグツ ジュー

従者「…」

従者「あいかわらず従順ですね。メイドさんの事もありますけど」

従者「僕の事、怒ってないんですか」

姫「…いいえ」

姫「主人の命令に従う事を、責められるはずありませんわ」




227:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:40:55 ID:aJsElZ5w
グツグツ

従者「…真の騎士様とやらの、お力ですかね」

従者「あなたがそんなに落ち着いていられるのは」

姫「…」

従者「ま、あなんにせよ」

従者「野菜の切り方もちゃんと教える必要がありそうですね」ゴッチャァ…

姫「も、申し訳ございません…」




228:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:44:24 ID:aJsElZ5w


赤「…悪くねえ」

赤「てめえ余計に手出ししまくったんじゃねえだろうな」

従者「口で教えて見てただけですよ。お姫様とて女性なんですからセンスはあるんでしょう」

赤「けっ、この程度出来て当然なんだよ」ムッシャムッシャ

姫「…」

赤「ああそうだ姫さんよ。地下牢のメイドんとこにも食事もってってやれや」




229:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:47:21 ID:aJsElZ5w
赤「おら。これが地下に続く鍵だ」カチャッ

姫「!」

赤「飢え死にされてもこまっからよwwwww」

赤「つってもこんなクソ不味いモンくわされたらハラくだしておっちぬかもなwwww」

従者(さっき自分が言ったこともう忘れてるよ)

赤「まあせいぜい奴隷同士傷を舐め合えや。あ、実際舐めあってもいいっすよwww見に行ってやるからよwww」

従者「もう居ませんよ」




230:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:49:47 ID:aJsElZ5w
赤「なっ、あんのクソガキャア!」トンッ

バシャッ!

赤「あぢゃあああああスープがこぼれ…もったいねえええんぢゅううう」ヂュウウ

赤「あぢゃばばばばばば!」

従者「とってもお行儀が良いですね。騎士様」






231:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/21(木) 23:55:09 ID:aJsElZ5w
姫「…」カツーン カツーン

姫「ここかしら…」

姫「…メイド、メイド。いますの?」

『お姫…様?』

姫「ああ、ご無事なのですわね…」

姫(この隙間から送るのね…)

姫「お食事をお持ちしました。お食べになって」パカッ




233:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:05:15 ID:aJsElZ5w
『ありがとうございます…』

姫「…」

姫「どうか許して。わたくしのためにこんな事に…」

『…そんな、めっそうもございません』

『わたしはお姫様がご無事なら、それで良いのです』

姫「メイド…」

姫「…ごめんなさい…本当に、ごめんなさ…い…」

『お姫様…』




234:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:10:35 ID:aJsElZ5w
姫「…」ギュッ

姫「きちんとご主人様にお使えして、いずれ出していただけるようにお願いしてみますわ」

姫「それまでどうか、辛抱なさって」

『ありがとうございます』

『あ、で、でもあまり無理は…』

姫「大丈夫ですわ。こう見えて、わたくし頑丈ですもの」

姫「では、行きますわね。また後日」

『はい、お姫様もどうかお健やかに』




235:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:16:33 ID:aJsElZ5w
姫「…!」

『…?…どうなさいました?』

姫「いえ、すこし昔のことを」

姫「おやすみなさい、メイド」

タタッ

『お姫様…』






240:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:10:18 ID:aJsElZ5w
従者「騎士様どちらに?」

赤「野暮なこときくんじゃねえよ。デエトだよデ・エ・ト」

赤「一日中咲く気配もねえ蕾眺めてこっちは我慢の限界なんだよ」

従者「ああ、お姫様を見ていたら劣情が沸いてしまいましたか」

赤「てめえの耳、右から左にまっすぐ穴開けてやろうか」

従者「だいたい貴族階級の人はすっかりなりを潜めちゃってるじゃないですか」

従者「街の中じゃほとんど見かけなくなったし」




241:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:13:37 ID:aJsElZ5w
従者「相手は平民か娼婦ですか?」

赤「ぶわーかしなびた野菜なんか食えるかよ。俺にはコレがあんだろ」チョイチョイ

従者「やたらでかいにきびですね」

赤「鼻だドアホ。戸締りしっかりしとけよ。あとクソガキにはベッドメイクも教えとけ」

赤「ったく嗅ぎ分けるのも疲れるんだぜ…ブタ共もよく探せよな」ブツブツ

従者(ハイエナ根性…)

ギィ…




242:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:15:27 ID:aJsElZ5w
従者「戻りましたか。どうでしたかメイドさんは」

姫「…メイドはいつまであそこに?」

従者「さぁそれは騎士様の気分しだいでしょうね」

従者「鍵は預かります。あとベッドメイクも覚えてもらいますから」

従者「行きますよ」

姫「…はい」




243:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:19:36 ID:aJsElZ5w


赤「あーくそ。あのクソ馬に乗れねえせいでこの通りだぜ」

赤「時間かかってしょうがねえ…フンスフンス、おここだな」

赤「今までさんざん邪魔が入り続けてきたが、今日こそはウヒヒのタプタプのズッコンバッコンしてやるぜ」

バン!

貴族娘「ひっ!?」

赤「どうもーっ!貴女の秘め所にご立派さんの直球便どぇーっす!」




244:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:22:39 ID:aJsElZ5w
貴族娘「あ、貴方は…赤騎士様!?」

赤「あ。またひづめつけてたわ」

赤「ってしゃらくせえ!ンなこた関係なくなるほど俺様の性騎士エキスでシャブ漬けにしてやるぜえええ」ピョーン!

貴族娘「き、きゃああっ!」

ドカッ

貴族娘「!?」

赤「おぶっ…」




245:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:25:13 ID:aJsElZ5w
赤「ま、まるべ靴底のような唇してらっさるのね…」

仮面「実際靴底だからな。いつまも張り付いているな汚らわしい」ブンッ

赤「ゴギャァッ!」ズザァァ

貴族娘「あ、あなたは…」

仮面「ご安心ください、お嬢さん」

赤「て、てめえ…これで何度目だ俺様の邪魔すんのはよぉぉ!!」

仮面「すっかり顔なじみだな」




246:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:27:02 ID:aJsElZ5w
赤「ふざけんじゃねえ!今日という今日こそは…」チャキッ

仮面「ほう。やるか?」

赤「ぐ…ぐぬぬ…」ガチガチ

仮面「…」チャキッ

赤「だぁぁーっ!くそがっ!やっぱり抜けねえ!」

赤「抜きてぇってのに抜けねぇ!男としてこんな悔しいことがあるか!?おおおーん!!」

仮面「…」




247:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:29:59 ID:aJsElZ5w
赤「覚えてろよ仮面野郎が!次会ったときゃ、てめえのケツ使ってでも抜いてやるからよぉ!!」

赤「うわああぁぁぁぁぁぁんっ!!」ダダダ…

仮面「…フン」キン

仮面「お嬢さん、深夜に寝室に出向いたこと、お許しください」

貴族娘「あ、貴方は一体…」

仮面「名乗るほどのものではありませんが、友は私の事を…」






248:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:40:01 ID:aJsElZ5w
ザァァ…

騎士「ご無事ですか?姫」

ひめ「…」キョトン

橙従騎士A「き、貴様ァ…」

橙従騎士B「名乗れ!どの騎士団所属の者だ!」

騎士「…」

橙従A「おのれ…でああああっ」ヒュンッ




249:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:43:05 ID:aJsElZ5w
橙従B「いやはぁぁぁっ!」

騎士「…」スラリ

キィン!カィィン!……フォンフォン

トストスッ

橙従A「な…な…」

橙従B「お…お」

騎士「橙殿にお伝え願おう」




250:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:44:15 ID:aJsElZ5w
騎士「次は剣が飛ぶだけでは済まないと」

橙従A・B「ひ、ひぃぃっ!」

ダダダッ…

騎士「…」キン

騎士「姫…どこかお怪我は…」

ひめ「こやーっ!」

騎士「!?」




251:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:50:00 ID:aJsElZ5w
ひめ「そこからはやくのいて!」

騎士「う?…?」

ひめ「はやく!」タタッ

ひめ「もう、こんなにおもっきりふんづけて…」

騎士「…なるほど花を…踏んでいましたか」

ひめ「そうよ!おみずあげれば元気でるかな…よいしょ」チョロチョロ

騎士「チューリップ園のお手入れを?」




252:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:52:58 ID:aJsElZ5w
ひめ「ええ。わたくしのおしごとですの」

騎士「しかしここは花壇の外ですが…」

ひめ「…」

ひめ「あなたは、チューリップがおすき?」

騎士「はい。母が花が好きでしたので」

ひめ「わたくしもすきですわ。でも、みちばたにさいているお花も、大すきですの」

ひめ「どのおはなもいっしょうけんめい、きれいにさいてますもの」




253:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:54:53 ID:aJsElZ5w
騎士「…」

ひめ「ほんとうは、こんな"さく"はずしてほしいのですけれど、おとうさまがおゆるしにならないの」

騎士「領主様が…」

ひめ「『くべつ』なんか、なくしてしまえばいいのに。みんな、きれいなのに」

ひめ「かだんの外のおはなは、だれもみなくて、かわいそうですわ」

騎士「…」

騎士「そんなことはありませんよ」




254:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 17:58:55 ID:aJsElZ5w
ひめ「え?」

騎士「姫様のような、天使と見紛うお方に愛されているのですから」

騎士「彼らもきっと喜んでいることでしょう」

ひめ「てんし?わたくしが?」

騎士「ええ」

騎士「それに…これからは私も彼らに挨拶させていただくようにします」

騎士「少しでも寂しくないように」

ひめ「ほんとうですの?」パァッ




255:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:03:50 ID:aJsElZ5w
騎士「もちろんですとも」

騎士「ですが、このような場所にお一人で来る事はおひかえください」スッ

ひめ「あっ…」

騎士「先ほどのように、姫様を狙う愚劣な連中がございますので」チュッ

ひめ「そんな、わたくし手がよごれていますわ」

ひめ「お、おもてをおあげになって」

騎士「かまいません」




256:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:07:36 ID:aJsElZ5w
ひめ(…?)

ひめ(むねにへんな、あとが…)

騎士「…」

騎士「ではそろそろ召集の時間ですので、私はこれで」

ひめ「あ、おまちになって!」

ひめ「あなたのおなまえを…」

騎士「…いまは半人前の騎士。いずれ一人前になったとき、名乗らせていただきます」




258:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:12:15 ID:aJsElZ5w
騎士「そしてその時は姫様に、私の剣を捧げさせていただきます」

騎士「今日と同じようにこのチューリップ園で」

ひめ「あ…」

騎士「どうかお健やかに、姫様」

パカッパカッパカッ…

ひめ「…」

ひめ「おまち…しております」




259:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:15:09 ID:aJsElZ5w
……



姫(チューリップ園の騎士様…)

姫(手がかりは胸の傷だけ…)

「…めさま」

姫(せめて兜を脱いでいただいておくべきでしたわ…)

「姫様!」




260:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:17:13 ID:aJsElZ5w
姫「あ、はい!」

従者「どうしたんですか。ぜんぜん食事が進んでいませんが。」

姫「も、申し訳ありませんわ。少し、考え事を…」

赤「おいおいなんだ朝飯食いながら妄想かぁオイ!余裕しゃくしゃくじゃねえかよケッ!」

従者「昨晩もフラれたからってやつあたりですか」

赤「フラれてなんかいねーってなんべんいわしゃあ…」

従者「で、どうなんですか。今朝はあっさりとロールキャベツにして見ましたが」




261:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:22:10 ID:aJsElZ5w
赤「まっじーわ!クソまっじー!」ガッツガッツ

従者「さようでございいますか」

姫「…」

赤「今日はお姫さんに街の歩き方をおしえてやるよ。しっかりおめかししとけや」

赤「よるとこ一杯あるから飯は店で食う、いいな」

姫「はい」

赤「従者。空の樽ひとつ馬にくくりつけとけ」




264:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:26:54 ID:aJsElZ5w
従者「はいはい」



ガヤガヤ

従者「なんだか今日はいつもにましてお触書の前がさわがしいですね」

赤「どうせまた神隠しの件だろ。耳ダコだぜ」

従者「とかいいつつ人ごみに堂々とつっこむ騎士様」

赤「人間はよ、穴があったら突っ込みたがるし、人が群がりゃ混ざりたくなっちまうんだよ!」

姫「…」




265:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:29:14 ID:aJsElZ5w
赤「ん、ありゃあ…」

従者「おや?」

姫「!」

姫(わたくしの家の、チューリップ…!?)

従者「へえ。あれが例の呪いの元凶ですか」

従者「たしかに血みたいな汁がこぼれてますね」

ザワザワ




266:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:31:45 ID:aJsElZ5w
村人A「三日三晩流れ続けてるって話だぜ」

村人B「しかもまるで枯れないんだってね。恐ろしい話さ」

赤「…」

赤「ケッ、俺様のもちょん切られたって三日くれえならギンギンのまんまだぜ」

従者「やってみましょうか」

赤「嬉しそうに言うんじゃねえよカス」

姫「…」




267:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:34:18 ID:aJsElZ5w
赤「なになに、『天使の鞘腕に告ぐ、即刻騎士団本部に出向き人質をあけわたすように』か」

従者「捕まえたものには賞金も出るようですよ。本格的に捜索にではじめましたね」

赤「やだねーこういうの。もっと明るい事書けよな。家族が増えましたとかよwwwww」

姫「…」




268:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:38:24 ID:aJsElZ5w
赤「まいいや。とりあえずはいつもの酒場で酒かってから、いろいろ回んぞ」

赤「勘定はよ、全部クソガキにやらせっからな。数間違えんなよ」

従者「はーい」

姫「はい」



姫「えっと…これだけの重さで…20枚ですから…」

姫「これで銀貨60枚ちょうどのはずですわ」




269:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:39:13 ID:aJsElZ5w
親父「あいよー確かに。おそれおおいねお姫様じきじきにお支払いとはよ」

赤「ばーか、コイツは今は俺様の奴隷だド・レ・イ。魚じゃねえぞ」

親父「そりゃカレイだろ旦那」

赤「あワカッチャッターwwwwwおらみんな笑っていいぞいまんとこwwww」

のんだくれA「うっせーぞ赤のwwww」

のんだくれB「とっととかえって一人でちびちびやってろやwwww」

赤「わーたわーたわーりました!あばよ親父」




270:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:41:18 ID:aJsElZ5w
親父「おう!ロリコンもほどほどにな!」

赤「ズルッ。てめえも言うのかよそれをよ!」

親父「がっはっは!あばよ!お姫さんも達者でな」

姫「はい。失礼いたします」



従者「ん、ここは」

赤「鍛冶屋だ」




271:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:44:28 ID:aJsElZ5w
従者「抜けないからって剣をのこぎりにでも変えてもらうんですか」

赤「アホか。この赤いくつわと剣がそろってはじめて身分証明になるんだよ」

赤「んなことしたら平民と扱いが同じになっちまわあ。おーい!いねえのか!」ドンドンドン

鍛冶屋「んー、なんだいおまえさんかい赤いの」

赤「よう爺さん。まだ生きてたのかよ」

鍛冶屋「ぬかせ。何の用じゃ。剣の修理か」

赤「俺様が使えばどんな剣もアロンダ○トもびっくりの無敵の剣よ!刃こぼれ一つしねえぜ」




272:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:46:47 ID:aJsElZ5w
従者「継承してから一回も使ってませんしね」

赤「今日きたのはよ、火薬をわけてもらいてえんだ」

鍛冶屋「火薬?そんな物騒なもんなんに使うんじゃ」

赤「ほれ、こんど魔女裁判があるだろ?あれで領主様の無罪が確定したらよ、お祝いの花火あげてやるんだよwwwwwドカーンってなwwwww」

鍛冶屋「たわけが。そんなもんは花火屋にまかせておけ」

赤「まあそういわずによ。なんならこのくつわ担保にしてもいいぜ」

鍛冶屋「…まったく、お父上が今のお前をみたらなんと言われるか」




273:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:49:19 ID:aJsElZ5w
鍛冶屋「よしみで売ってやるが、扱いには気をつけろよ小僧」

赤「ありがとぉおじいちゃぁん。だぁいすきぃ〜!」

鍛冶屋「やっぱやめた」

赤「あそんなこと言わないで!ほれこの通り!」

従者(今さらにもほどがありますけど子供ですかあなたは)

鍛冶屋「まったく。金貨2枚、銀貨85枚だ」

姫「あ、少々お待ちを…」




274:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:51:53 ID:aJsElZ5w
鍛冶屋「ん?あ、あんた…お姫様じゃないかい」

鍛冶屋「おい小僧!お前何をさせとるんじゃ!」

赤「おいおいじーさん、あんたほんとに世間にうといねえー」

赤「そいつぁ今は俺様の家で雇ってんだよ」

鍛冶屋「な、なんじゃと…ふざけるな!お前のようなものに売れるか!」

赤「ざーんねん。火薬はもうすでに樽の中でございまーす」

鍛冶屋「こ、こ、こっちにこい!頭かちわってくれる!」




275:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:55:03 ID:aJsElZ5w
姫「お、おじい様、どうかお静まりになって」

鍛冶屋「姫、しかし…」

姫「良いんですの。これもわたくしの役目ですから…」

鍛冶屋「うぬ…わ、わかりました」

赤「おほーっwwww今俺様の全身から滝のようにカリスマ溢れてるゥwwww」

従者「口から汚泥も垂れ流してますけどね」

赤「っせーよwwwじゃあなじーさんwwwさっさとくたばれよwwwアマチガエタwwww」

鍛冶屋「いわれんでも直逝くわい。とっとと出て行け!」




276:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 18:58:39 ID:aJsElZ5w
鍛冶屋「お姫様、どうか辛抱なされい…老骨めにはどうにもしてやれんがの」

姫「いえ、そのお気持ちだけで十分ですわ。どうかおじい様もお元気で」

従者「じゃ、失礼します」



従者「ここは、ずいぶん大きな厩舎(きゅうしゃ)ですね」

赤「そこらじゅうかけまわってるって有名な商人だかんな」

赤「おい!いるかい!」




278:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 19:12:39 ID:aJsElZ5w
馬商人「はいはい。どうなさいまし…おや!おぼっちゃん!」

赤「よーう馬面。…おい、おぼっちゃんってのはやめろや」

馬商人「はっは。先代とはじめていらしたときはこんなでしたからね」

馬商人「私のなかじゃ、ずっとおぼっちゃんですよハイ」

赤「ケッ。まあいい、今日は鞍を買いてえ。滑らない頑丈なやつだ」

馬商人「あれ。だって騎士様、もうすっかり乗るときは鞍なんか必要なかったじゃありませんか」

赤「うっせーよいちいち詮索してんじゃねえ。売りゃいいんだよ売りゃ」




279:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 19:14:38 ID:aJsElZ5w
馬商人「承知いたしました。じゃあこちらのものでいいですかね」

赤「まあ適当に選ぶとするぜ。あと聞きたいことがある」

馬商人「はい、なんでございましょう」

赤「あんた、他の国もいろいろ回ってるんだろ」

馬商人「ええ。おかげさまで手広く」

赤「じゃあ一つ聞きてえんだが…」

従者「…」

姫「…」




280:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 19:15:42 ID:aJsElZ5w
赤「お前ら何ボサくれてんだよ!外に出てろ!デリケートな話すんだからよ!」

赤「てめえは財布おいてけ。ここの支払いは俺がやる!」

従者「はいはい」

姫「かしこまりました」

タタタ

赤「ったく」

馬商人「…」ニコニコ

赤「あんだよ」




281:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 19:17:50 ID:aJsElZ5w
馬商人「いえなんでもございませんよ。それで?」

赤「ああ。工芸職人の話なんだがな」



従者「こんな鞍買って、また馬術の練習ですか騎士様」

赤「ケッ、あんな毛深いビッチ二度と乗りゃしねえぜ」

姫「…」

従者「じゃあどうしてこんなも」

赤「はああーい!マイハニー!」




282:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 19:19:42 ID:aJsElZ5w
娼婦A「あらぁ、赤の兄さん!」

赤「元気してたかよ?んん?俺がいなくて寂しかったかぁ?」

娼婦B「何いってんの。アンタこそどうなのよ」

赤「さみしかったぁ〜ん」スリスリ

娼婦A「相変わらずだねえ、兄さん」

従者「…」

姫「こ、ここは…」




283:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 19:34:31 ID:aJsElZ5w
従者「娼館ですね」

赤「おらおらお前らも挨拶しとけ。俺様はここの常連だから遠慮はいらねえぜ」

従者「のぞき見の常連ですけどね」

赤「うるせえ!」

姫「…は、はじめまして…」

娼婦A「あ、そうか兄さん、今お姫様を雇ってるんだっけ」

娼婦B「はじめまして、お姫様」ニコッ




288:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:10:12 ID:aJsElZ5w
姫「…」

娼婦A「ほらほら兄さん、いたいけな子こんなとこにつれてきてんじゃないよ」

赤「あーにいってんだ。いずれこいつもここにブチ込むことになるかもしれねえぜwwww」

娼婦A「心にも無い事言ってんじゃないよ。ちょっと、何してんのさ」

赤「いやあ。相変わらず綺麗だと思ってよ」グイ

娼婦A「あら、じゃあ今日こそ私を買ってくれる?」

姫「…」

赤「ふっ、よしとくぜ。自分にホれさせてからゆっくり抱きてえからよ」




289:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:11:44 ID:aJsElZ5w
娼婦A「あら。それじゃあずいぶんと待たされるわね」

赤「クク。どうかな」ナデナデ

従者「やれやれ。そんな度胸ないくせに…」

姫「…お…」

姫「…お離れになって!」

赤「ん?おぉっ!?」グイイッ

娼婦A「え?」




290:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:14:25 ID:aJsElZ5w
赤「おっとったった、あ、あぶねー」

赤「な、何しやがる!」

姫「いけませんわ。このようなお方達に!」

娼婦B「…」

赤「ああ?」

赤「てめえ、何が言いてえんだよ」

姫「お金で体を許すだなんて、汚らわしい!そんな方々にお近づきになってはなりませんわ!」




291:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:17:35 ID:aJsElZ5w
パンッ!

従者「わ」

娼婦A「…!」

姫「…ぁ…」

赤「てめえもういっぺん言ってみろ…」

赤「もういっぺんいって見ろってんだお姫様よぉお!!」ガシッ

姫「ひっ…」




292:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:20:28 ID:aJsElZ5w
従者「まってください騎士様。おちつい…」

赤「うるせぇ!」ドカッ

従者「あっつ…っ!」

赤「てめえ何様だコラ。こいつらの生き様のどこがいけねえってんだよ!」

姫「…っ!」

赤「生きるためにやってることを、お前みてえな自分じゃ何もできねえガキがケチつけられるってのかよああ!?」

娼婦B「兄さん!やめて!」




293:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:21:57 ID:aJsElZ5w
赤「てめえみてえなやつが…てめえみてえなやつが!」

娼婦A「兄さんっ!!」バシャッ

赤「っ!!」

娼婦A「もう、やめてあげて」

赤「っく…ふぅっ…ふぅっ…」

姫「ぁ…ぅ…」

娼婦A「手を離して」

赤「くっ…」パッ




294:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:22:57 ID:aJsElZ5w
娼婦B「あんたたち、もうお行き。あとはわたしたちが」

従者「わ、解りました」

従者「お姫様、いきましょう」

姫「……」

ヨロヨロ…

赤「ちっ…」

娼婦A「…」




295:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:25:30 ID:aJsElZ5w
娼婦A「兄さん、なんだか変だよ」

娼婦A「何をそうヤケっぱちになってんのさ」

赤「フッ。おめえも俺に説教くれんのかよ」

娼婦A「まさか。そんなご身分じゃないさ」

赤「俺の連れの不祥事だ。いずれきっちり詫びいれさせるぜ」

娼婦A「いいよそんなの。それより、何か話しがあったんだろ」

赤「ああ。聞きてえことがある」




297:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:30:37 ID:aJsElZ5w


赤「悪かったな。時間とらせてよ」

娼婦A「あらあうふふ。ちゃんと時間分の料理はとってくれたじゃない。商売だからいいのよ」

赤「…」

娼婦A「お姫様の事はさ、気にしてないよ」

赤「てめえが気にしなくても俺が気にくわねえんだよ」

赤「くだらねえ世間体で物見やがって」




298:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:33:38 ID:aJsElZ5w
娼婦A「やれやれ…」

娼婦A「あんたさ、いい加減恋人作ったほうがいいよ」

赤「は?」

娼婦A「女心わからない人がね、こんなところ通ってたら恥ずかしいっていってんのよ」

赤「どういう意味だよ」

娼婦A「そんなことは自分で考えな」

赤「…よくわからねえが」




299:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:35:15 ID:aJsElZ5w
赤「そんならお前がその恋人ってのになってくれりゃあ万事解決じゃねえか。な?」

娼婦A「アンタみたいに立場を考えすぎないってのも…」

娼婦A「考え物なのよっ!」ギュウウウ

赤「あだだだだだっ!」

娼婦A「ほらっ。帰った帰った」

赤「ほーいでぇ」

赤「あばよ。またくるぜ」

娼婦A「はあい、いつでもどうぞ」




300:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:36:31 ID:aJsElZ5w
タタタタ…

娼婦B「兄さん、ずいぶん変わったね」

娼婦A「んー?あんた本当にそう思う?」

娼婦B「うん…」

娼婦A「ふふ」

娼婦A「まだまだだねェ。あんたもあの男と一緒で、さ。」






301:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:42:57 ID:aJsElZ5w
カチャ…カチャ…ズズ…

赤「…」

カチャ…チャキ…

従者「…」

姫「…」

赤「おい従者」

姫「!」ビクッ




302:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 20:44:49 ID:aJsElZ5w
従者「はい?」

赤「今日のメイドの料理はお前がもってけ」

従者「解りました」

姫「…」

赤「クソガキ。てめえは部屋に戻っててめえが言った言葉をよーく反芻しろ」

赤「朝までな」

姫「…はい…」




303:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:12:33 ID:aJsElZ5w


ガチャ バタン

姫(…)

赤『生きるためにやってることを、お前みてえな自分じゃ何もできねえガキがケチつけられるってのかよああ!?』

姫(…解っていますわ…)

姫(あのお方たちも、望んでのことではないことくらい…)

姫(でも、それなら…)




304:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:18:30 ID:aJsElZ5w
姫(どうしてわたくしは、あのような?)

姫(理想の騎士像をまた思い浮かべての事?)

姫(ありえませんわ。そもそもあのような卑劣な男に、期待なんてしてませんもの)

姫(そうよ。あんな男に)

姫(…)

姫(今はメイドのためにも、うかつな行動を控えないといけないというのに)

姫(わたくしとしたことが…)




305:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:40:38 ID:aJsElZ5w
姫(いずれにせよ…)

姫(明日になったら、きちんと…)



シュッ

トンッ!

赤「…」

赤「どうだったよ」




306:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:43:06 ID:aJsElZ5w
従者「おとなしくしていましたよ」

赤「ガキのほうは」

従者「ちゃんと部屋に居ます」

赤「そうかよ」シュッ

トンッ

従者「今日も当たってませんね」

赤「…」




307:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:46:02 ID:aJsElZ5w
従者「下手な人でもそこまではずしませんよ」

赤「…」シュッ

トンッ

従者「当たると何か困るんですか?」

赤「…」

従者「変な音でも出るんですか。それともダーツに嫌な思い出でも…」

ヒュッ カッ!




308:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:48:06 ID:aJsElZ5w
従者「…」ツー…

赤「わりい手が滑ったぜ。色男が台無しだな」

従者「騎士様ほどではありませんが」グイッ

赤「てめえもとっとと寝ろ」

従者「今日は珍しくお怒りでしたね。お姫様の言葉そんなにシャクに触ったんですか?」

赤「寝ろ」

従者「そもそも家の物をすべて売り払ってまで、なんでお姫様を?」

赤「寝ろ」




309:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:50:02 ID:aJsElZ5w
従者「騎士団を全員解雇してまで、部外者の僕だけを雇ったのは――」

赤「寝ろっつってんのが聞こえねえのかボンクラが!」ダァンッ!

従者「…」

赤「フーッ…フーッ…」

従者「おやすみなさいませ、騎士様」

赤「…」

バタン




310:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:51:01 ID:aJsElZ5w
ヒュッ

コンッ…ポトッ

赤「…クソが…」




311:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 21:57:06 ID:aJsElZ5w
――紫騎士団・本部――

紫「すでに8割近くの貴族の失踪が確認されておる」

黄「…キッ」

橙「ふごん。うちの団には目撃証言は来ておらんぞ」

黄「うちもじゃ。そもそも『天使の鞘腕』などと申す輩は、本当におるのか?」

紫「…」ギロリ

黄「キッ!?い、いや、紫殿のおっしゃることを疑っておるわけではないキッ!」

黄「ただ、これだけ巧妙に貴族の隠れ家を見つけ出し、一斉に連れ去るには、少し無理がある話ではないかと」




312:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 22:12:10 ID:aJsElZ5w
紫「きゃつらは今我々騎士に対する不信感が高まっている」

紫「領主が有罪とわかれば芋づる式だからな。亡命も考えているだろう」

紫「しかし大勢で外国に移住するのは至難の業。この国のどこかにかくまわれているに違いない」

藍「…ココ…しかし裁判の日ももう近いぞ」

紫「ふん、まあ裁判自体に支障は無い」

紫「全ておわったあとで、ゆっくりと捜索して、見つけ次第処分していけば良い」

橙「ふごんっ。頼むぞ紫殿。おでと黄は貴公を信じて"コト"に及んだのだ」




313:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 22:15:05 ID:aJsElZ5w
黄「そうじゃとも。先代の赤騎士夫人――」

紫「シッ」

黄「ぬ?」

藍「…」

紫「フン、ねずみか」

紫「青の手のものだな」

スッ

青従騎士A「…」




314:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 22:19:02 ID:aJsElZ5w
青従騎士B「…」

黄「キっ!」

藍「…」チャキ

青従A「くっ…」

紫「無駄だ。すでに出入り口は固めてある」

紫「青が探りを入れてきておることぐらい知っておるわ。痴れ者が」

青従B「お、おのれ…」




316:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 22:21:59 ID:aJsElZ5w
青従A「紫殿!貴公の今回の件における領主の強引な投獄、皆が皆見逃すと思うな!」

紫「フン。見逃さなかったらどうだと言うのだ」

青従A「騎士の魂に照らし、真実を見極めるのみだ!」スラリ

藍「…」スラリ

紫「退け。私が相手になろう」

藍「…」キン

青従B「おい、A…」




317:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 22:24:30 ID:aJsElZ5w
青従A「これは決闘だ。立会いを頼む」

青従B「う、うむ」

紫「フフ。久しぶりの響きだな、決闘も」

紫「若造。死に急ぐ必要はないのだぞ」シャラアァァ…

青従A「それはこちらの台詞だ、紫!」

紫「フ」

…ザッ




322:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 12:16:48 ID:aJsElZ5w
青従A「はっ」シュンシュン

紫「フン、青ももうろくしたな」キィン

紫「ぬるいわっ!」ブォン

青従A「!」ガッ

パキィッ!バシュッ

青従A「があっ…」ドウッ

青従B「Aっ!」




323:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 12:20:34 ID:aJsElZ5w
藍「コココ、剣ごと葬るとは。見事じゃ」

黄「キッ。流石は『葬剣』殿!」

紫「フン」

紫「そいつを持っていって青に報告するがいい」

紫「何をしても無駄だ、とな」

青従B「くっ…」

青従A「…」ピクピク

ヨロヨロ…




324:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 13:02:38 ID:aJsElZ5w
紫「裁判までもう日も少ない」

紫「目立つ行動は控えろ。言葉にも注意することだ。いいな」

橙「わ、わかった。ふごんっ」

黄「キッ」

藍「…」






325:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 13:06:46 ID:aJsElZ5w
――翌朝、青騎士団・本部――

緑「青様っ!」バンッ

青「緑か」

緑「はっ!…むごい」

青「深夜に戻ってな。紫と剣を交えたらしい」

青従B「申し訳ありません。私は何も出来ませんでした…」

青「お前の責ではない」




326:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 13:12:05 ID:aJsElZ5w
青「挑発のつもりか。騎士の魂を…剣まで折りおってからに」

青従B「…」

青「あやつはいつもそうだ。決闘をすれば必ず剣ごと相手を切る」

青「先代の赤は警告を発していたが…いまや意見できる者もおらん」

緑「…」

青「こうして死人が出てしまった以上、探りを入れるのも限界やもしれん」

緑「手を引くのですか?」




327:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 14:11:13 ID:aJsElZ5w
青「そうはいっておらん。だがより一層慎重にならざるをえん」

青「そうすると出来ることは限られてしまうがな」

緑「…」ギリッ

青「緑。お前の怒りも解る」

青「だが今はこらえよ。赤も今となっては何を考えておるのか儂にも解らん」

青「お前まで失っては、騎士団の未来も閉ざされる」

緑「はい…」




328:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 14:23:11 ID:aJsElZ5w
青「ふぅ…彼を弔おう。皆を集めよ」

青従B「はっ…」

緑(青様は衰弱しておられる)

緑(やはり…私達が動かねば。多少強引な手を打ってでも)

緑「私は略式だけでご無礼いたします」

青「うむ、それが良い。参列しているのを知られても厄介だ」

青「お前の団に戻るがいい」

緑「はっ」




329:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 19:16:41 ID:aJsElZ5w
緑(勝手をとること、お許しください。青様)



赤「グッモーーーーニンエブディバディ!」

従者「おはようございます」

姫「…おはようございます」

赤「おいおいなんだてめえら。テンション低いなァ」

赤「一日のはじまりくれえシャキっと迎えろや」




330:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 19:33:51 ID:aJsElZ5w
赤「んでそのあとは俺様の足元でヒーヒー言ってろwwww上手に言えたご褒美くれてやるぜwww」

従者「さて、馬の様子を見に行くかな」スタスタ

赤「露骨にシカトしてんじゃねーぞコラ。野郎いっちまいやがった」

姫「…」

姫「ご主人様」

赤「あんだよ」

姫「朝食のあと少しお時間を頂けたらと…」




331:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 19:36:55 ID:aJsElZ5w
赤「なんのだよ」

姫「あの娼館のお方たちに、一言お詫びを」

赤「…」

赤「いくなら午後にしとけ。あいつら朝は休んでるからよ」

姫「わかりました…」

赤「フン。あとな…」

赤「それとなくあいつら俺の事どう思ってるか聞いとけよwwwwタダで何発までならオッケーかとかよwwww」




332:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:26:25 ID:aJsElZ5w
姫「…はい」

赤「wwww…ったく、さっさと仕事にかかれ。てめえ見てたらこっちまで気が滅入るわ」

赤「今日は納屋の修理もさせるからよ、急げよ」

姫「かしこまりました」



コンコンコン

緑「…」




333:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:27:14 ID:aJsElZ5w
ドンドンドンドンドン

従者「はいはいあんまり叩かないでください。いつ崩れてもおかしくないのでこの扉」

従者「おや?…緑様」

緑「お前か」

緑「赤はいるか」

従者「赤様なら、お姫様と一緒に納屋のほうにいますよ」

緑「解った」タッ




334:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:29:29 ID:aJsElZ5w
従者「何の用でしょうね」

従者「とりあえず治療箱の準備しといたほうぎょさそうですね」

『ギャー!!』

従者「早速ですか」

タタタ…

赤「お、おま、いきなり来たと思ったら何しゃがんだよぉ!」

緑「赤…貴様という男は」




335:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:31:45 ID:aJsElZ5w
緑「こともあろうに姫に納屋の補強など、危険な事をさせおって!」

姫「み、緑様…」

赤「だからっていきなりケツ蹴り上げることねーだろうがよ!山が一つ増えちまったら左右のバランス悪くなるだろうが!」

赤「おーいてぇ、フーフー」

緑「きたならしい格好をするな!」

赤「こうしねえと吹けねえだろうが!」

赤「だいたいちょっとトンカチ使う仕事の何処が危険だっつうんだよ…ふー。ふー」




337:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:33:19 ID:aJsElZ5w
緑「問題は釘だ。少しでも錆びていたら破傷風の危険があるのだぞ!」

姫「…」

赤「ああ。なるほど。それでかよ」

赤「だったらよく確認してみろよ!ちくしょーっ!」

緑「確認だと…」

緑「む」

赤「薄い板だからな。使ってるのは全部木釘だよ!」

赤「錆びた鉄釘なんざ俺がまえもって外しちまったわ!俺様だってやっかいな荷物増やしたかねえからな!」




338:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:35:38 ID:aJsElZ5w
緑「…」

赤「けっ。ったく血相かえやがって。おいクソガキ!作業つづけn」ドコォ

姫「!?」

緑「姫に向かってなんたる口の…!」

赤「う…宇宙…宇宙が見える…お、おっかさあぁぁん…たくわんがう、うめえ…」

姫「み、緑様、わたくしは気にしていませんからどうか…」

緑「くっ」




339:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:37:55 ID:aJsElZ5w
緑「解りました。ではわたくしも手伝わせていただきます!」

姫「え…ですが」

赤「らめぇっ!」

従者(ろれつが)

赤「このやろ…よりにもよってお、おふくろさんをおもっくそ踏みやがって…」

赤「カマんなったらどう責任とってくれんだよ!のやらぁ!」

赤「そいつは俺の下僕だ!どう扱おうと俺の勝手だろうが!」




340:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:40:27 ID:aJsElZ5w
緑「ぐぬぬ…」

姫「緑様、どうか抑えて。ね?」

緑「どうしてこのような奴の肩を持つのです!こやつは貴女を…」

姫「…」ジッ…

緑「わ、解りました…」

赤「わかりゃいいんだよわかりゃよ」シャンッ

従者「タフですね赤様は」




341:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:42:16 ID:aJsElZ5w
赤「立て続けの乱暴の中に、俺ぁ見たぜ。聖者の境地ってやつをよ」

従者「それは変態の領域ですよ。赤様の場合はもう通り越してますけどね」

赤「うるせえ。てめえはとっとと茶の一杯でも持って来いや」

従者「はいはい」

トントントン…

緑「…」

赤「破傷風か」

赤「妹さんだっけよ」




342:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:44:16 ID:aJsElZ5w
緑「そうだ」

赤「俺ぁあんま覚えてねえなぁ。何度も面識あるっていわれたけどよ」

緑「病弱だったからな。部屋からはあまり出なかった」

緑「私が哀れに思い、外にだしてやったら、朽ちた釘に触れて…」

緑「あとは花が枯れるように、あっという間だった」

赤「…」

赤「悪かったな」




343:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:46:56 ID:aJsElZ5w
赤「やなこと思い出させてよ」

緑「…」

赤「…あんだよ。そんなに俺のツラが見とれるほどかよ」

緑「フッ。何でもないさ」

赤「ケッ。気味悪い野郎だ」

赤「で、なんだよ話っつーのはよ」

緑「うむ…」




345:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 20:55:27 ID:aJsElZ5w
緑「耳を貸せ」

赤「早めに返せよ」

緑「いいから貸せ!」

赤「いでででなんだよ」

緑「うむ。今朝の事だが…」

従者「お茶をお持ちしました」

赤「どわあああああっ!!」




346:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:00:28 ID:aJsElZ5w
緑「お、驚かすな!」

従者「え、ごめんなさい。普通に歩いてたつもりなんですけど」

赤「ったく、おい従者!お姫様ンこと見とけや!」

赤「部屋で話すぞ。来い緑」

緑「ああ。姫様を頼んだぞ従者」

従者「はーい。あれ、お茶はいいんですか」

赤「いらんわ!二人で飲んでろ!」




347:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:02:19 ID:aJsElZ5w
従者「やれやれ。お茶いれろっていったりいらないっていったり」

従者「忙しい人達ですね」

姫「…」トントントン

トントントン

…トンッ!

赤「ヒューっ!ど真ん中ァ!どうよ見たか?」

緑「的に当ててから言え」




348:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:05:23 ID:aJsElZ5w
赤「ばか良く見ろ、ここの木目んとこのちょうど真ん中に…おいこの模様なんかイヤラしくねwwww」

緑「…」ガシッ

赤「さ、ここなら落ち着いて話も出来る。聞かせてくれたまえ緑殿」

緑「…」

緑「今朝青様の従騎士の一人が紫に切られた」

赤「おやっさんの?」

緑「ああ」




349:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:08:45 ID:aJsElZ5w
緑「青様はお前の母君の死の真相解明のため、紫をつけさせていたが」

緑「これで断念する意向となった」

赤「…フン。ずいぶん弱気になったじゃねえか」

緑「…」キッ

赤「で、話はそっからだろうが」

緑「強行に出るしかない」

赤「直接叩くのか?」




350:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:11:50 ID:aJsElZ5w
赤「俺ぁやだぜ。アイツやたらめったら強えしよ」

緑「馬鹿者。関係者に口を割らせるのだ」

赤「あ、なるほど」ポン

赤「それだったらちょうどいい色ボケ畜生どもがいるわけだ」

赤「サルとかブタとかよ」

緑「フン。そういう事だ」




353:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:19:07 ID:aJsElZ5w
緑「仕掛けるなら早いほうがいい。今夜猿を捕まえ…」

赤「いや。同時といこうや」

緑「同時?」

赤「俺は豚を狩る」

緑「…大丈夫なのか?」

赤「あんれー?お前こそ俺様と一緒じゃないと不安なんでちゅかー?」

緑「ぬかせ」




354:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:23:30 ID:aJsElZ5w
赤「まあまかせとけって。一発でくらいつくエサがあるんだよ」

緑「フン」

緑「…」

赤「ん、どした?」

緑「お前は一体何を考えているんだ、赤」

赤「は。ずいぶん解りきったこと聞くじゃねえか」

緑「何?」




355:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:26:27 ID:aJsElZ5w
赤「俺ぁいつだっておしべとめしべの神秘しか脳にゃねえよwwwスコスコドッピューンっとなwwww」

緑「…」

緑「何故姫を買ったのだ」

赤「…ケッ。お前もかよ」

緑「先代の騎士団まで解体して、どういうつもりなんだ」

赤「あのな。二番煎じの茶ほど不味いもんはねえんだよ」

緑「答える気は無いのか」




356:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:31:12 ID:aJsElZ5w
赤「じゃあ聞くがてめえは何で俺に相談もなしに騎士になりやがったんだよ」

緑「…」

赤「ハーイおあいこーwwwwボクちんも答えられまっせーんwww」

赤「話は済んだんだろ。とっとと帰れ」

緑「…青様に立場を示せ。心配しておられる」

赤「親父が死んだからってひがむようなジジイに用はねえよ」

バシッ!




357:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:33:19 ID:aJsElZ5w
赤「…」

緑「…」

緑「…済まない」

赤「…」

緑「気をつけろ。頂からは常に、紫が見下ろしている」

コツコツコツ…

バタン




358:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:36:43 ID:aJsElZ5w
赤「…いっ…」ブルブル

赤「ってええええええ!あの馬鹿本気で叩きやがった!」

赤「もみじみてーな跡ついてんじゃねえかよ!あーあーこんなダサいんじゃ今夜のデートもぉ!」

従者「赤様、お楽しみのところ申し訳ありませんけど」コンコン

従者「納屋のお仕事終わりそうなので報告に」

赤「あ。お姫様何してんだよ」

従者「片付けをしています」




359:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:38:38 ID:aJsElZ5w
従者「今日は口喧嘩勝ったんですか赤様」

赤「あ?」

従者「そこですれ違ったんですけど、緑様ずいぶん悲しそうな顔してましたよ」

赤「…」

赤「フン。おおかた女にでもフラれたんだろ」

従者「赤様じゃあるまいし…」

赤「うっせぇ!お前にゃ今日二つほど使いにいってもらう。とっとと準備しろや!」






360:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:42:37 ID:aJsElZ5w
カチャ…パタン

姫(赤様と緑様がお話…一体何のお話なのかしら?)

姫(いつもはあんなに仲がお悪いのに)

姫(どうしてかしら…)

姫(なんだかそわそわしてしまいますわ)

緑「…む」

姫「あ」




361:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:43:42 ID:usRd5Um.
赤と緑が会話してると何故だか狸とか狐やら頭に浮かんでしょうがない




362:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:44:29 ID:aJsElZ5w
緑「姫、お仕事のほうは」

姫「ええ、たった今終わったところですわ…」

姫「この前の酒場では、本当に有難うございました」

緑「いえ、礼には及びません。騎士として当然の務めです」

姫「…」

緑「ん、どうかなさいましたか」

姫(緑様は、チューリップ園の騎士様にどことなく雰囲気が似てる気がしますわ…)




364:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:46:36 ID:aJsElZ5w
姫「緑様…その、お願いが」

緑「はい?なんでしょう」

姫「ええ、その…」モジモジ

緑「はい」

姫「む、胸を見せていただけませんこと?///」

緑「え?む、胸をですか?」

姫「は、はい…」




365:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:48:11 ID:aJsElZ5w
緑「な、何故そのようなことを」

姫「は、はしたないことをお願いしているのは、承知の上なのですけれど…」

姫「どうしても、その…」

緑「…は、はぁ…」

緑「それはその、なんといいますか…姫様もお年頃ですし」

緑「興味をもたれるのは自然の事でして、そのー…」

姫「…」ジッ…




366:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:50:03 ID:aJsElZ5w
緑「で、ですが、申し訳ありません」

緑「騎士として、うら若き女性に、ましてや姫様に私めなどの痴態を晒すなど」

姫「そ、そうですわね…」

緑「申し訳ございません」

姫「いえっ!とんでもございませんわ!」

姫「わたくしのわがままですの。お気になさらないで」

緑「はい…」




367:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:54:39 ID:aJsElZ5w
姫「今日はもうお帰りに?」

緑「はい、いずれまた訪れることもございますかと」

姫「そうですの…」

姫「いつでも来て差し上げてください」

姫「ご主人様は緑様と一緒におられると、元気が出るようで…」

緑「姫…?」

姫「え?…ハッ」




368:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 21:56:19 ID:aJsElZ5w
姫「その、緑様がいらしてくださると、屋敷全体が落ち着きますし」

緑「…なるほど。そういう事ですか」

緑「おまかせください。あの男が姫に狼藉を働かぬよう、度々来ては睨みをきかせます故」




369:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 22:04:22 ID:aJsElZ5w
姫「ありがとうございます」

緑「では失礼いたします、姫様」

姫「はい、お気をつけて緑様」

姫(…)

姫(どうしてお隠しに?)

姫(本当にお言葉通りなんですの?それとも…)

従者「はーあ。やれやれ…あら、お姫様」




370:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 22:08:09 ID:aJsElZ5w
姫「従者様…どちらに?」

従者「お使いを頼まれましてねまったく。橙様のお屋敷に、隣村の教会ですよ」

従者「僕が馬に乗れないの知ってるくせにブツブツ…」

姫「…」

従者「夕方には戻りますから、それまで騎士様と二人ですけど安心してください」

従者「ロリコンですけどヘタレですから、何されても大声だせば裸足で逃げ出しますよ」

姫「はい…」

従者「じゃあ」




371:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 22:14:08 ID:aJsElZ5w
テクテク…

姫「……」

赤「おい」

姫「ひはいっ!」ビクッ

赤「何飛び上がってんだよカエルみてーに」

赤「昼飯の支度しろや」

姫「か、かしこまりました、ご主人様」




373:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 22:27:45 ID:ElVH.ztE
こういうギャップっていいよね

支援




376:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:09:27 ID:aJsElZ5w


カチャ…

姫「…」

赤「…」

姫(そういえばこうしてこの男と…ご主人様と二人で食事を取るのも)

姫(はじめてですわね…)

赤「…」モグモグ

姫「…」




377:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:14:19 ID:aJsElZ5w
赤「…」

赤「ジロジロみてんじゃねえよ。メシが不味くなるだろうが」

姫「あっ…も、申し訳ありません…」

赤「メイドに持ってったらその足で行って来い」

赤「鍵は適当にその辺においとけ。いいな」

姫「はい…」

赤「…傷をよ」




378:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:14:45 ID:aJsElZ5w
赤「舐め合うときはしっかり前からケツのほうまで丹念に舐めてやれよwwwwそのほうが俺様の目に優しいからよブッヒャッヒャッヒャッヒャwwww」

姫「…」

赤「ヒャッヒャ…なんだ。まだいたのかよ」

姫「…」

赤「とっとと行け」

姫「はい…では失礼します」

赤「おう」

バタン




379:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:15:49 ID:aJsElZ5w
姫「…」

カツーン カツーン

姫「メイド…」

『お姫様…』

姫「ごめんなさい、遅くなって。召し上がって」

『ありがとうございます』

姫「…」




380:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:17:23 ID:aJsElZ5w
姫「メイド、あの男は…ご主人様は」

『はい』

姫「本当に、あなたを…」

『…』

姫「…いえ、何でもありませんわ」

姫「わたくし、これから出かけてまいりますわね」

『はい。どうかお気をつけて、お姫様』






381:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:27:15 ID:aJsElZ5w
シャッ

赤「…やっと行ったか」

赤「ふぅぅ…」コキコキ

赤「…」

赤「ひっさびっさの屋敷に俺様だけタァーイムッ!」

赤「なんかこういう家ン中に一人だけだとテンションあがるくね?くね?」

赤「昔ぁよ、たいして広くもねえのにやたら人がそこらじゅうに居てよ」




382:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:28:24 ID:aJsElZ5w
赤「親父はうるせーしおふくろはやかましーし」

赤「まぁーったく落ち着きはらえもしねえっての!どいつもこいつも騒がしい顔と口して…」

赤「本当に騒がしい野郎ばっかで…」

赤「…くくっ」

赤「さぁて」

赤「騎士らしく鍛錬と参りますか。騎士らしく、よ」

赤「まずは屋敷まわりを軽くじゅっしゅーう!」

タッタッタ




383:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:38:43 ID:aJsElZ5w
テクテク…

姫「たしかこのあたりに…あった。ここですわ」

姫「…」ドキドキ

コンコン

娼婦A「はあい誰だいこんな昼間っから。まだ準備中…」ガチャッ

娼婦A「あれ、お姫様じゃないかい。どうしたんだい」

姫「ご、ごきげんようですわ…」




384:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:40:15 ID:aJsElZ5w
姫「あの今日は突然、その…」

娼婦A「…」

娼婦A「ま、とにかくどうぞ、中にあがって。ここじゃアレでしょうし」

姫「はい」

バタン

娼婦B「あ、お姫様。こんにちは!」

姫「こんにちは」




385:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:55:52 ID:aJsElZ5w
娼婦A「それで、どうしたんだい?」

姫「実は…先日のお詫びに」

娼婦A「お詫びって…ああ、あの時の?」

姫「はい」

娼婦A「ぷっ…ふふふっ…」

娼婦A「あっはっはっは!」

姫「ど、どうなさったんですの?」




386:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/23(土) 23:58:31 ID:aJsElZ5w
娼婦A「いや、どうしたっていうかアッハ…ついね、フフフッ!」

姫「わ、わたくし真剣なんですのよ!」

姫「昨日一晩本当に…」

娼婦A「あはは、ごめんしとくれ。ちょっとね、あの男の事思い出しちゃってさ」

姫「ご主人様の事ですか?」

娼婦A「そ。ねえ、お姫様さ、ちょっと聞きたいけど」

姫「はい」




387:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:03:09 ID:aJsElZ5w
娼婦A「お姫様はさ、赤の兄さんのこと、嫌いかい?」

姫「え…それは」

娼婦A「あはん、だーいじょうぶ。わたしたち口はかったーいから。正直に言っちゃっていいよ」

姫「わ、わたくしは…」

娼婦A「うんうん」

姫「わたくしはあんな男、大っきらいですわ!」

姫「礼儀も恥も知らないし、振る舞いまでまるで子供じみてますし」




388:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:06:11 ID:aJsElZ5w
姫「メイドの…女性の扱いも乱暴で、おまけに見栄っ張り!」

姫「そのくせ町に出れば行きかう女性に鼻の下を伸ばして、酒の匂いにふらついて」

姫「夜も夜でふらふらとどこかにいったきり、朝帰りは当たり前で・・・」

姫「確かにわたくしの屋敷に居た頃は…ちょっと近寄りがたい雰囲気なだけで」

姫「分をわきまえていらしたし、お優しいお方だったけれど…」

姫「でもそれとこれとは話は別…!」

娼婦A「…フフフ」




389:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:09:26 ID:aJsElZ5w
姫「…あ、で、ですから…わたくし…」

娼婦A「よーく解ったわ。兄さんの事がどれだけ嫌いかってことが」

姫「…え、ええ…」

娼婦A「確かに本当にどうしようもない人だけどね」

娼婦A「私達みたいな日の目にあたらない商売やってる人間のことも、ちゃんと認めてくれてるんだよ」

娼婦A「だからさ、あんまり嫌わないであげてね」

姫「はい…」




390:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:14:08 ID:aJsElZ5w
娼婦A「ま、そんなこと言わなくてもお姫様は知ってるだろうし」

娼婦A「本心からあんな事言ったってわけじゃないことも、わたしたちは解ってるよ」

姫「え、え…」

娼婦A「フフッ」

娼婦A「だてにお姉さん長く生きちゃいないよ。ねっ?」

姫「…はい…」

娼婦A「でもま、お気持ちは嬉しいからさ。受け取っとくよ」




391:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:18:11 ID:aJsElZ5w
娼婦A「それはそうとさ、兄さん最近変わったとことかないかい?」

姫「ご主人様が?」

娼婦A「そ。なんかねえ、昨日も妙なこと聞いてったからさ」

娼婦A「なんだかここにくる騎士の人達がどういう事しゃべってったとかさ」

姫「…」

娼婦A「ずいぶん神妙に聞いてくるもんだからちょっと気になっちゃってね」

姫「ご主人様はわたくしに、あまりご自分の事はお話になりませんから…」




392:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:21:44 ID:aJsElZ5w
娼婦A「そうかい…」

娼婦A「ほんと普段は何考えてるんだかね。そこだけは昔っから解んないよ」

姫「…」

娼婦A「っと、ごめんね話のばしちゃった」

姫「いえ。それではわたくしこれで…」

娼婦B「あ、待ってお姫様」

姫「はい?」




393:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:25:41 ID:aJsElZ5w
ガチャッ サアァァ・・・・

姫「雨…」

娼婦B「さっき降り始めたの。はいこれ、もってって」

姫「傘?でもこれは皆様がお使いになるものでは」

娼婦A「いいんだよ。こんな降ってる日にゃ客も少ないしね」

娼婦A「今度きたとき返してくれりゃそれでいいのさ」

姫「解りましたわ。ありがとうございます」




394:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:29:12 ID:aJsElZ5w
娼婦A「兄さんによろしくね」

娼婦B「ばいばい、お姫様!」

姫「はい。ごきげんようですわ」

パタン

姫(ご主人様があれほどお怒りになったのも、解る気がしますわ)

姫(素敵なお方たちですわ…)

サアァァ…




395:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:33:33 ID:aJsElZ5w
姫(それにしても、騎士様方の噂なんてお聞きになって)

姫(どういうことなのかしら。ご主人様のお父様とお母様の事で、何か…?)

サァァ…

ブォンッ!ブォンッ!

赤「へへ。やっぱり木刀じゃ軽いなァ」

赤「重みが違うぜ。剣とはよ」

ブォンッ!




396:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:37:12 ID:aJsElZ5w
赤「命…張れるもんでもねえしな」

赤「ガキの玩具みてーなもんだぜ」

ブォンッ!

赤「ヘヘ、こんなもん…」

赤「何千回振り回したってたいしてかわらねえな…」

―――…そうでもないぞ?

赤「!!」

―――…騎士たるもの、あらゆる武器を知る必要がある




397:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:39:59 ID:aJsElZ5w
―――…たとえ木刀とて、その感触を確かめ…

赤「くっ!」ブンッ!

カンッ!ココンッ!カランカランッ

サァァァッ…

赤「はぁっ…はぁっ…」

赤「へへ。雨なんか降ってたのかよ」

赤「まるで…気が付かなかったぜ」




398:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:50:24 ID:aJsElZ5w
赤「ん?」

愛馬「…ブルル」

赤「…フン。従者の野郎、外につないだままにしやがったな」

赤「ちょうどいいぜ。今日こそ白黒はっきりさせようじゃねえか。ああ?クソビッチが!」

サアアァァァァァァ…

パシャッ パシャッ

姫「…」パシャッ パシャッ




399:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:51:04 ID:aJsElZ5w
姫「…あっ」

橙「ふごん…ふご…」

姫(あ、あれは橙様…)

姫(いけない、こんな一人の時に…)

橙「ふごん」

姫(ど、どうすれば…っ!?)グイッ

姫「――――〜んんぅっ!」




400:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:52:59 ID:aJsElZ5w
親父(しーっ!)

馬商人(姫様、お静かに)

姫(…!あなたたちは…)

橙「ふごん♪…ふんふん♪…」

親父(…)

馬商人「いってしまったようですね」

親父「ずいぶん機嫌が良かったじゃねえか」




401:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 00:55:11 ID:aJsElZ5w
馬商人「んー、さながら好物のキノコを見つけた時のような」

親父「がっはっは!ちげえねえ」

姫「あ、あの…」

親父「きをつけなせえ、お姫さんよ。あんな男に一人でいるとこ見られちゃ、何されるか解ったモンじゃありませんぜ」

姫「ありがとうございます…でも、お二人はどうしてここに?」

馬商人「いえー、たまたまそこでお会いしましてね」ニコニコ

親父「おうよ。いっぱいひっかけてたってわけよ」




402:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:08:18 ID:aJsElZ5w
親父「赤の旦那を肴にな」

姫「ご主人様を?」

親父「そうでさあ」

親父「お姫さん。旦那によ、ひでえ扱いを受けてるかい?」

姫「え、それは…」

親父「軒下の談義だ。雨で誰にも聞こえやしませんぜ」




403:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:13:34 ID:aJsElZ5w
姫「…」

親父「へへ。すぐに出てきやせんかい」

姫「私は買われた身ですわ…ひどい扱いは多少なり受けても、当然の事」

馬商人「…」

姫「ですが、メイドに対しては度が過ぎています!」

姫「理不尽な事を言いつけて、あんな乱暴に!」

親父「ほほう?乱暴てえと、夜伽かなんかかい」

姫「ええ。ご主人様本人が仰ったんですもの。間違いありませんわ」




404:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:16:11 ID:aJsElZ5w
親父「なるほどねえ。だそうだがよ馬商」

馬商人「ええ、そうですね」

馬商人「お姫様は、本当にそうお思いなのですね?」

姫「それは…」

馬商人「…」ニコニコ

馬商人「おぼっちゃんが成人したとき、うちに馬を買いにいらしたんですよ」

馬商人「お父上様とご一緒に」




405:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:24:15 ID:aJsElZ5w
姫「…」

馬商人「わたしめもお父上様のご高名は聞き及んでいましたからね」

馬商人「恥をかかれぬようにと、名馬を選りすぐり差し出したのです」

馬商人「ですが、どれが良いと問われたおぼっちゃまは、目の前の馬には目もくれず」

馬商人「馬屋の隅で震える、血統書もない痩せこけた雌馬を御所望なさったのです」

姫「…」

馬商人「そのときのおぼっちゃんのお言葉は今でも覚えていますよ」

馬商人「『父上の乗る馬は誰もが名馬と称えた。次は俺がこの痩せ馬を名馬にしてやる』ってね」




406:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:30:30 ID:aJsElZ5w
ザアアアアァァァ…

赤「だりゃあああああああっ!」

愛馬「ヒヒイ――ィンン!!」

赤「のわ゛っ!」

バッシャァッ!

赤「んがっぎぎ…」

愛馬「ブルル…」

赤「ヘっ、なげえ面でドヤ顔しやがって」




407:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:31:43 ID:aJsElZ5w
赤「みてろよ、今度は見事馬乗りンなって…」

赤「ヒンヒン鳴かせてやるからよ!おらぁぁぁぁっ!!」ダッ

愛馬「ヒヒイイイイイ―――ンンッ!!」

ザアアァァァァァァ…




408:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:34:33 ID:aJsElZ5w
ザアァ… ピチョン ポチョン

姫「…」

馬商人「いまの話を信じるも、おぼっちゃんのお言葉を信じるも、お姫様のご自由です」

馬商人「つまらぬ昔話で恐縮ですが」ニコニコ

姫「いえ…そんな事」

親父「そんなわけでまあ、やるせなくてなぁ」

親父「飲まねえとやってらんねえぜ。ったくよ」

馬商人「…」




409:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:36:55 ID:aJsElZ5w
姫「それはもしかして、先代の赤騎士様の事ですの?」

親父「ん、ああそうでさ…」

姫「教えて!どうして、どうして先代の赤騎士様はあんなことに!」

親父「おっとっと、お、お姫様」

姫「誰も教えてくださらないの。皆、この話になると貝のように口をつぐんで…」

馬商人「…」

親父「実はなあ…旦那のお母様ってのが」

馬商人「それは直接おぼっちゃんからお聞きなさるのが良いでしょう」




410:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:38:39 ID:aJsElZ5w
姫「え…」

馬商人「今はお姫様は、おぼっちゃんの使用人なのですから。ね?」

親父「ぬ、ぬう…まあそうかもしれねえ…」

姫「ですが…」

馬商人「すでにお聞きしたのではないですか?もしかしたら」

姫「ええ。でもはぐらかされましたわ」

馬商人「ならばまだその時ではないのでしょう」




412:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:41:53 ID:aJsElZ5w
馬商人「そのときはきっと、お教え下さいますよ」

姫「…」

親父「…よ、よぉ!ところでさっきの旦那が聞いてきた話ってのはなんだったんだい」

馬商人「ああ、アレですか」

親父「ああ。なんだ、工芸職人だっけよ」

馬商人「ええ、わたしめが回った国々の中で、特に器用な職人は居ないかとの事でしたが」

親父「はーん、変なこと聞くもんだね旦那もよ」




413:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:47:08 ID:aJsElZ5w
馬商人「ええ、本当に」ニコニコ

姫「…」

親父「…う、うーん。まあよ!旦那もそう悪気があっての事じゃねえに違いねえんだ」

親父「あんま毛嫌いしねえでやっておくんなせえ、お姫様よ」

姫「はい…解りましたわ」

姫「わたくし、そろそろ…助けていただきありがとうございました」

親父「おう、つまんねえ話につきあわせちまってもうしわけねえ」




414:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:50:02 ID:aJsElZ5w
馬商人「おきをつけて、お姫様」ニコニコ

親父「旦那によろしくおねげえしやす」

姫「はい」

ザアアアァァァ…

パシャッ パシャッ

姫(…)

姫(騎士様達の噂…工芸職人…)

姫(…昔話…)




415:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:52:47 ID:aJsElZ5w
姫(わたくし、あなたの事がますますわからなくなりましたわ)

姫(今あなたは…)

姫(何を思って、何をしてらっしゃるの?ご主人様…)

ザアアアアァァァァァ…




416:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:54:41 ID:aJsElZ5w
ドッシャァッ!

赤「ぜぇ…ひぃ…はぁ…」

愛馬「ブル…」

赤「この…やら…」グイッ

愛馬「ヒヒンッッ!」ブンッ

赤「おぐっ!」

ズシャアッ!




417:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:56:29 ID:aJsElZ5w
赤「へ…へへ…」

赤「てめえまで、俺に愛想が尽きたかよ…」

赤「親父に対する、世間様みてえによ…」

愛馬「…」

ザアアァァ…

赤「…」チャキッ

赤「…すぅぅぅ…はあぁぁぁ…」

赤「ふんっ…!」グググッ…




418:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 01:59:24 ID:aJsElZ5w
赤「ぬぐぐぐ…」ギリギリ…

愛馬「…」

赤「ぐ…ぐ…」ガチガチ

赤「――っだあああああっ!」バシャアッ

赤「へへ、だめだチクショウ…やっぱり抜けねえ。ビクともしねえ」

愛馬「…」パカパカ…

ベロンッペロッ

赤「…おい、やめろバカが、クソがっ!乗せもしねえのにじゃれるんじゃねえ!」




419:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:04:51 ID:aJsElZ5w
愛馬「ブルル…」

赤「はぁっ…はぁっ…」

赤「へ、へへ…」

赤「…"盗人騎士"だとよ」

赤「タコが…馬にも乗れず、剣も抜けねえ」

赤「…誰かのために、盗みも出来ねえ」

赤「そんなら俺は、何だってんだよ……」

赤「教えてくれよ……誰でもいいからよ……」




421:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:10:14 ID:aJsElZ5w
パシャッ

『――赤騎士様っ!!』

赤「!?」ガバッ

姫「あっ…」

赤「…」

ザアアアァァァァァァァァァァァァァ…

姫「も、申し訳ありませんご主人様…驚かせるつもりは」




422:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:12:50 ID:aJsElZ5w
姫「で、でもこんな所でそんな…風邪をお引きになりますわ!」

赤「…今…」

姫「え…?」

赤「いや、なんでもねえ…」

バシャッ バシャッ

赤「風呂を沸かせ。夕飯の支度もだ」

赤「すぐに取り掛かれ。いいな」




423:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:34:15 ID:G5pmo2/E
イケメンに見えてきた


死にたいェ…




424:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:43:06 ID:aJsElZ5w
姫「かしこまりました…」

赤「…きちんと謝ってきたかよ」

姫「はい」

赤「フン。なら不問にしてやる」

姫「ありがとうございます」

ザアアアアァァァァァァァァァ…






425:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:52:11 ID:aJsElZ5w
ガチャ

従者「ただいま戻りましたー。ああひどい土砂降りだった…」

従者「もってくもんですね傘仕込みステッキも。歩くの疲れたら杖になるし」

キィ…

赤「よう。帰ったか」ゴシゴシ

従者「…っ!」

赤「あんだ、どうした」




426:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:53:02 ID:aJsElZ5w
従者「…い、いえ」

従者「別に騎士様の家ですし、いいんですけどね」

従者「服くらい着たらどうですか」

赤「っせーよ。腰巻つけてるだけマシだと思えや」

赤「よかったなーwwww自信喪失しなくて済んでよーwwwww」

従者「はいはい…」

従者(まったく、お姫様が見たら卒倒しますよ)タタ…




427:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:55:24 ID:aJsElZ5w
従者「おまたせしました、お姫様。もう調理始めて…」

姫「…」グツグツ

従者「…お姫様?」

姫「あ、はいっ!」

従者「…」

従者「鍋、猛烈に吹いていますよ」

姫「え?あ、きゃああっ!ど、どうしましょう!」ワタワタ




428:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 02:58:40 ID:aJsElZ5w
従者(んんー…?)

従者「まあメインディッシュは無事みたいですし、これでいいんじゃないですか」

従者「あとはパンとか作り置きでなんとか」

姫「はい、申し訳ございません」

従者「…何かされましたか?騎士様に」

姫「え…」

従者「いえ。ずいぶんと思いつめていたようなので」




429:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:02:10 ID:aJsElZ5w
姫「と、特に何も…」

従者「そうですか。じゃ料理はこびましょうか」

姫「はい」

カチャカチャ

赤「ん、出来たかよ」

従者「はい。ちゃんと服着てくれましたか」

従者「流石に素っ裸のままだったらどうしようかと思いました」




430:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:05:09 ID:aJsElZ5w
赤「おいおい。俺ぁそんなタチの悪い冗談できるほど肝据わってねえぜ」

従者「呼吸をするように嘘つかないでください」

姫「どうぞ…」カチャ

赤「おう、ありがとよ」

姫「!」

従者「…」

赤「あ、なんだよ。どうしたんだよ固まってんじゃねえよ」




431:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:06:31 ID:aJsElZ5w
従者「いえ、はじめてお礼を言ったような気がして」

姫「…」

赤「お礼?誰がだよ」

従者「騎士様ですよ」

赤「おいおい冗談言え。なんで奴隷に礼なんざいわなきゃならねんだよ」

赤「むしろこっちが礼いわれてえくらいだってのに」

従者「でも今確かに…」




433:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:09:49 ID:aJsElZ5w
赤「しつっけえんだよてめーわ!」

赤「クソチビもボサッとしてねえでメイドんとこ持って行きやがれ!」

姫「は、はいっ…!」

赤「ったく…」ムッシャムッシャ

従者「…」




434:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:12:57 ID:aJsElZ5w
カツーン カツーン

姫(…)

コンコン

『はい…』

姫「メイド、お食事をお持ちしましたわ」

『ありがとうございます、お姫様』

姫「少し失敗してしまって、作り置きで申し訳ないのですけれど…」




435:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:15:53 ID:aJsElZ5w
『そんな、喜んで頂きます』

姫「ふふ。ありがとう」

『…』

『お姫様、何か良いことでもございましたか?』

姫「え、何故ですの?」

『なんだか、お声が元気です』

姫「え、その、従者様にお料理を褒めていただけたので…」




436:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:19:43 ID:aJsElZ5w
『なるほどです。わたしもいつも美味しく頂いています』

姫「よかったわ。レシピもいくつか覚えたのですわよ」

姫「ここから出していただけたら、一緒に作りましょう。ね?」

『はい…』

姫「それでは、また明日ね。メイド」

『はい、お姫様』

タタタ…




437:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:22:46 ID:aJsElZ5w
キィ…

従者「おかえりなさい、お姫様」

赤「おう、お姫さんよ。お前も従者と一緒に行けや」

姫「え…?」

従者「なんでも今日、特別なお客様がお見えだそうで」

従者「僕たちは例の娼館でお泊りだそうです」

姫「お客様…」




438:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:27:55 ID:aJsElZ5w
赤「野暮なことは聞くんじゃねえぞ」

赤「こんな時間に自宅に招くつったら、わかんだろうがよ」

従者「もてない騎士あつめてイケメン騎士に呪いの儀式ですか」

赤「アーマンダーナーマンダーwwwwいけすかねえ緑のケツに神の肉槌をwwwww」

赤「何言わすんだクソが」

従者「知りませんよ」

姫「…」カチャカチャ




439:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 03:29:46 ID:aJsElZ5w
赤「従者君も溜まってるもんがあるだろうからよ。しっかりヌいてこいやwwwホレ軍資金www」ポイッ

従者「…臨時給与としていただいておきます」

赤「おいおいぱーっと使っちまえよ。それともやっぱ男娼の店のがいいのかよwwww」

従者「騎士様と違って堅実なんです僕の金使いは」

赤「あーさようでございますかー」

赤「とにかく食ったらすぐ出てけ。いいな」

姫「…かしこまりました」




445:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 09:52:50 ID:aJsElZ5w
従者「ふあーい」



娼婦A「まあ、それでウチに?」

従者「はい。ご迷惑かもしれませんが…」

娼婦A「大歓迎だよお!見ての通り客もいなくて暇してたとこなんだ」

娼婦A「お姫様も遠慮なくくつろいでいっとくれ」

姫「はい、ありがとうございます」

娼婦B「二人とも、お風呂は?まだだったら入っちゃって。ちょうどわいたところだから」




446:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 09:57:56 ID:aJsElZ5w
従者「あ、じゃあいただきます。お姫様、先にどうぞ」

娼婦A「あ、じゃあ一緒に入るかい?」

姫「えっ?」

娼婦A「いったろ、遠慮はいらないって。お疲れだろうしさ、体洗ったげるよ」

姫「でしたら…恐縮ですけど、お願いいたしますわ」

娼婦A「フフッ。承知いたしました」

娼婦B「私達も一緒にはいろっか、従者様!」




447:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:01:34 ID:aJsElZ5w
従者「勘弁してください」

娼婦B「テレちゃって、カワイー!」

従者「…はは(これは騎士様といるより疲れるかもしれない)」

…カポーン

娼婦A「ふうっ。生き返るねぇ」

姫「…」

姫(大人の女性って、こういうのを言うのですわね)

姫(素敵な、美しい身体ですわ…)




448:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:04:05 ID:aJsElZ5w
娼婦A「兄さん、なんかいってたかい」

姫「ええ…不問にしてくださるって」

娼婦A「ぷっ。えらそーに」

娼婦A「こっちとしちゃ覗き見されるほうがずっと迷惑だよ」

姫「…ご主人様は、その、このお店でそういう事は一度も…?」

娼婦A「アハッ、ないよあの根性無し。お金がないお金がないって言うけどさ」




449:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:07:54 ID:aJsElZ5w
娼婦A「お父様が生きてらした時から、ウチの前通るときは顔真っ赤にしてったもんだよ」

娼婦A「あの時の兄さんったらほんと、今思い出しても面白かったね」

姫「そうなんですか…」

姫「昔のご主人様の事を、沢山ご存知なんですね」

娼婦A「あれ、お姫様の屋敷にいたんだろ?」

娼婦A「だとしたらずっと詳しいと思ってたけどね」

姫「わたくしが15になってからしばらくの、ほんの短い間でしたわ」




450:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:11:18 ID:aJsElZ5w
姫「お父上様の、称号剥奪の件があってからは音沙汰無く…」

娼婦A「そうかい…」

娼婦A「じゃああれはお姫様の事じゃなかったのかねえ」

姫「あれ?」

娼婦A「ウブだからってからかうとさ、なんだか嬉しそうに言ってたよ」

娼婦A「生涯をかけるに相応しい人は決まっている、ってね」

姫「そ、それってご主人様のお話ですわよね?」




451:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:16:04 ID:aJsElZ5w
娼婦A「んんー?やっぱり気になっちゃいますかぁー?」

姫「それはっ!お、お仕えしている身ですから…いずれ奥様になられるお方の事なら…」

娼婦A「ふふっ。そんなにあわてなくってもいいのに」

姫「あわててなんかいませんわっ!」

娼婦A「ああごめんごめん。冗談だってば」

娼婦A「ま、そんなんだからね。いままで恋人も作ったこと無かったみたいよ」

姫「…」




452:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:19:07 ID:aJsElZ5w
娼婦A「ホント、バカなんだから。そういう甲斐性もつけずに何が騎士だい。ねえ?」

姫「そうですわね…」

娼婦A「ふふっ」

娼婦A「さっ、あがろっか。あんまり長く入っちゃっても疲れちゃうしね」

姫「はい…」



従者「ふう…」

娼婦B「お湯加減いかがでしたかぁ?」




453:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:21:24 ID:aJsElZ5w
従者「最高でしたよ。誰かさんがお風呂の前でうろついていなければ」

娼婦B「だってー、従者様って細くて綺麗なお肌してるんですもの」

従者「くっつかないでください」

従者「やれやれ」

姫「従者様…」

従者「よく考えたら離れでも良かったでしょうに」

従者「人様の迷惑ってのが考えられないんでしょうか騎士様は」




454:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:24:35 ID:aJsElZ5w
娼婦A「そんなことないよ」

娼婦A「兄さんの身内の人だからね。家族みたいなもんさ」

姫「家族…」

娼婦A「従者さん、お酒は飲めるかい?」

従者「いえ、おかまいなく」

姫「…お客様、どなたなんでしょう」

従者「どうせ昔の仲間集めて賭博でもするんじゃないですか」




455:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:26:34 ID:aJsElZ5w
従者「女性だったら対したもんなんですけどね」

姫「…」

従者「…それにしても参ったもんです」

従者「足が棒のようですよ。いたた」ポキポキッ

姫「そういえば何の御用事でお使いに?」

従者「んー、橙様あてには手紙を、教会にはお祈りをして来いと」

姫「おいのり?」




456:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:33:30 ID:aJsElZ5w
従者「ええ。ついでに紫様が来たかどうかも聞いて来いと」

姫「紫様が…教会に?ありえませんわ」

従者「どうもそうみたいですね」

姫「あのお方は権力としての教会にはお仕えしても、信仰を捧げるようなお方ではありませんもの」




457:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:35:56 ID:aJsElZ5w
従者「そういう話なんですが、どうも訪れていたようなんですよね。少し前」

姫「…わたくしのお母様の事にも関係があることなのかしら」

従者「どうなんでしょうね」

従者「騎士様はそういうトコ何にも教えてくれないので」

姫「…」

娼婦A「…」

娼婦A「そろそろいい時間だし、休んだほうがいいんじゃない?」




458:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:38:25 ID:aJsElZ5w
娼婦A「明日だって、お仕事があるんだろう?」

姫「そうですわね、もうこんなお時間だったのね」

娼婦A「お姫様はさ、私の部屋で一緒に寝ましょうよ。自慢じゃないけど綺麗にしてあるからさ」

姫「あ…よろしければ、是非」

娼婦B「じゃあ従者様は私と一緒に!」

従者「そういう流れな気がしましたけど、勘弁してくださいって」

娼婦A「あら、いいじゃないかい」

娼婦A「別に困ることなんか、なんにも無いだろ?」




459:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:39:43 ID:aJsElZ5w
従者「いや、困ることはないって…」

娼婦A「んー?フフッ」

娼婦B「クスクス」

従者「…はぁ。そうですね」

従者「じゃあご一緒させていただきましょうかね」

姫「えっ…?」

娼婦B「わーい!沢山サービスしちゃうからね」




460:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 10:41:59 ID:aJsElZ5w
従者「いっておきますがお金をとられるようなことはしませんよ一切」スタスタ

娼婦B「やだあ、いけずー」タタタ

姫「従者様…」

娼婦A「大丈夫よ。あの人、見た所女に興味は無いからさ」

姫「え、そ、それじゃあもしかして」

娼婦A「ウフフ。じゃ、私達の部屋はこっちよ」

姫「…はい」




463:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:08:14 ID:aJsElZ5w
ギシッ…

娼婦A「ごめんね、ちょっと狭い?」

姫「そんなことありませんわ」

娼婦A「これはプライベートのベッドだから、安心してね」

姫「き、気になりませんわっ」

娼婦A「ふふ。じゃ、寝ましょう。おやすみなさいお姫様」

姫「…はい。おやすみなさいませ」




464:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:10:58 ID:aJsElZ5w
フッ

姫(…)

姫(…とっさに名前でお呼びしてしまったけれど、ご主人様はどうしてあんなところで)

姫(あんなに雨に打たれて…)

姫(…)

娼婦A「…寝つけない?お姫様」

姫「えっ、その…少し」




465:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:12:23 ID:aJsElZ5w
娼婦A「…無理もないよ」

娼婦A(ご両親が、あんなことになってるんだから…)

姫「…」

娼婦A「ちょっといいかい、お姫様」

姫「え?あ…」

ギュウッ…

娼婦A「わたしはね、人の体温ってのが好きですね」




466:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:14:06 ID:aJsElZ5w
娼婦A「朝までこうさせてもらってもいいかい?」

姫「…」

姫「はい…」

娼婦A「ふふ。ありがと」

姫(あたたかい…いい匂い)

姫(…お母様……)






467:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:18:04 ID:aJsElZ5w
ザァァァ…

黄「キキッ、ここか」

トントン

女「はい…ああ、いらっしゃいませ黄様」

女「お待ちしておりましたわ」

黄「キヒョーッ!なんと麗しい!」

黄「今日はお招きに預かり光栄でごザル!キーッ!」




468:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:20:23 ID:aJsElZ5w
女「ずっと以前よりこうしてお会いしとうございました」

女「さっ、中にお入りになって?」

黄「キッ」

バタン

女「あっ!黄様、気が早うございます」

黄「たまらん!もう辛抱たまらんのだ!はやく、はやっ…!」

女「落ち着きになって。夜は長いのですから…」




469:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:22:06 ID:aJsElZ5w
黄「う、うむっ…んん?」

女「ふふ…どうかなさって?」

黄「い、いや。女殿、どこかで以前お会いしたことはないか?」

女「え?」

黄「何かその顔、見覚えが…」

女「…以前からお慕いしておりますって申し上げましたわ」

女「覚えてらっしゃらないのね。ほらあの時の…」




470:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:24:53 ID:aJsElZ5w
黄「ん?お…おお!おお!あ、あの時の御仁か!なるほど!」

黄「も、もちろん覚えておるとも!キッ!忘れるわけなど!」

女「そうですとも。いやですわ黄様ったら」

黄「キキキッ!」

女「では奥のお部屋までいらして。わたしは準備をしてからまいりますから」

黄「うむっ!うむっ!承知いたしたキッ!」




471:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:26:50 ID:aJsElZ5w
パタン

黄「ふんぬっ!ふんぬっ!」カポーンッ カポーンッ

黄「おお、おお、今宵も腰の調子は絶好調じゃキャキャッ」カクカクカク

黄「それにしても遅いのう。何をしておられ…」

黄「ギョッ!?」

仮面「…」

黄「き、貴公は…?いつからそこに?」




472:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:29:39 ID:aJsElZ5w
仮面「女は来ぬ。貴様に話がある」

黄「話じゃと」

仮面「先代赤騎士夫人殿の死についてだ」

黄「キッ!?」

仮面「何かを知っているな」

仮面「全て話してもらう」スラリ

黄「な、何をいっておるのやら拙者にはさっぱり」




473:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:31:13 ID:aJsElZ5w
仮面「ならば理解できるよう剣で聞いてくれよう」

黄「キ…キ…」

黄「キキーッ!」カシャーンッ!

仮面「むっ!」

シュルシュルルッ

黄「キイィッ!」

仮面「身軽な男だ。だが絶対に逃がさん」




475:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:36:47 ID:aJsElZ5w
黄「はぁっはぁっ…なんたることじゃ」

黄「もしかして…きゃつが天使の鞘腕!?なっ、なればすぐに紫どのにっ…!」

ドザァッ

黄「ピギャァッ!」

仮面「ふん。低能な逃げ方まで猿そのものだな」

仮面「言え。赤騎士夫人殿を殺めたのは貴様達だろう」

黄「あ…あ…」




476:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:40:01 ID:aJsElZ5w
仮面「…」ギラリ

黄「わ、わかりもうした!い、言うでごザル!」

黄「あれは、あれは拙者とだいだ―――」

ドスッ

黄「ひゅっ…?」

仮面「!」

黄「ぐっ、ぐぎゃあああああっ!!」




477:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:40:52 ID:aJsElZ5w
仮面「くっ!」ヒラリ

ドスドスドスッ!

黄「あぐぎぎが…」

黄「この矢…は…」

黄「……むらさ……ど……」

仮面「…」

仮面「貴様」




479:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:43:32 ID:aJsElZ5w
紫「ふん。とまった的を射ることほどつまらんものはないな」

紫「狩にもならんわ。つまらん男よ」

仮面(クロークボウガン…)

紫「さて、もう一人のほうは愉しませてくれるのだろうな」

ザッ

ザザザッ

仮面「…」

紫「お目にかかるのは初めてになるか」




480:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:46:13 ID:aJsElZ5w
紫「世を騒がせている『天使の鞘腕』とやらはお前のことか?」

仮面「…」

紫「ずいぶんと余計な手出しをしてくれたな。おかげで貴族を根絶やしにする計画が」

紫「そうだな…フン、一週間ほど伸びたわ」

仮面「…」

仮面「何故黄を殺した」

紫「あの世で直接聞け」




481:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:50:05 ID:aJsElZ5w
シュッ!

仮面「くっ!」

紫「フ。踊れ踊れ」

シュッ!プンッ!

仮面「…っ!」

仮面「はぁっ!」

ザッパァーン!




482:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:51:18 ID:aJsElZ5w
ザアァァァァ…

紫「フン…」

紫従騎士「いかがなされますか」

紫「手ごたえはあった。雨で増した急流だ、生きてはおるまい」

紫「ながらえたとてねずみ一匹何が出来る。捨ておけ」

紫従「はっ」

紫「そこのクズも流しておけ。魚も食わんであろうが」




483:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:52:47 ID:aJsElZ5w
紫「詩人が見つければ、良い喜劇となろう。フフフ…」

ザアアァァァァァァァァァ…

アァァァ…

トントン

橙「ふごっ…ふごっ…」

ギィィ…

橙「…」

橙「姫…姫君…」




484:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:55:05 ID:aJsElZ5w
橙「橙が参りましたぞ…姫君」

コツ…コツ…

橙「全てお話しましょうぞ…先代の赤殿の没落が訳…」

ギィ…

橙「その暁には、お、おでのもとへ…ブヒッ、ブヒヒッ…」

橙「姫君、姫君…?」

カタッ




485:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:56:42 ID:aJsElZ5w
橙「こ、ここか?」

ギィィ…

ザアアァァァァ

橙「ひめぎ…」

カッ!ピッシャーン!

橙「ひぃっ!?」

首吊り死体「…」




486:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 11:58:57 ID:aJsElZ5w
橙「なっ、あ、あなたは…『あなた様』はっ!!」

ギィ…ギィ…

橙「ひっ、ひいいっ、な、なぜだ!『あなた様』は…先代赤騎士の…!」

首吊り「…」ギィ…

橙「お、おお…」

橙「おでの意思ではない!む、む、紫殿に頼まれただけなのだ!」

橙「き、黄殿も一緒だった。あ、あやつにも責はある!」




487:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 12:01:23 ID:aJsElZ5w
橙「ゆっ、ゆるじでぐでえ!わ、わるぎはっ…!」

カカッ!

橙「ひいいぃぃっ!」

カタン…

橙「!?…ま、まだ誰かいるのかっ!」

橙「ひ、姫君かっ!姫君なのかっ!」

「…ピーピー騒ぐんじゃねえよ。7騎士ともあろうものがよ」

赤「なぁ…橙殿」

ピッシャアアァァァン!!




488:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 12:04:45 ID:aJsElZ5w
橙「な、な、貴様は…」

赤「…」ゴロゴロ…

橙「ま、まさかあの手紙は虚偽の物か!全て貴様の!」

橙「なんのつもりだというのだ…こんなことをして!」

赤「…」

赤「あんまりペラペラしゃべらねえほうがいいぜ」

橙「ふごっ?」




489:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 12:06:04 ID:aJsElZ5w
赤「天井にはりついてるコウモリによ、首かっきられっからよ」

橙「こ、コウモリ!?」

ヒュウッ…

ズダンッ!

橙「ひぎっ!?」

橙「なっ、藍殿!?」

藍「…いつから気付いていた」




490:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 12:12:09 ID:aJsElZ5w
赤「ここは俺の城だ。何処に誰がいるかなんざ知ってて当然だろうが」

赤「じゃねーと覗きもおちおち出来ねえ」

赤「間取り間違えて野郎の着替え見ちまうとか、とても我慢が」

藍「ここに橙殿を誘い込んでどうするつもりだったのだ」

橙「お…おお…」

赤「そうムキになんなよ」

赤「最初からやる気なら、こン中の誰か一人はもう死んでるぜ」




491:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 12:14:00 ID:aJsElZ5w
藍「コココ…違いないな」

赤「俺ぁただ話がしたかっただけよ」

藍「話?」

橙「…?…?」

赤「そ」

赤「ナイショのナイショのお話、ってヤツさ」






493:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/24(日) 12:26:13 ID:G5pmo2/E
敵とのナイショ話…緑には出来ない役だな


姫「御主人…様」赤騎士「あ?何か言ったかプリンセスマ○コwww」【後編】へつづく


カテゴリー「勇者・魔王・ファンタジー」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
New スーパーマリオブラザーズ 2
SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド
大神 絶景版 (特典 PlayStation 3で見られる絵巻物「妖獣戯画繪巻」のプロダクトコード同梱)
世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 特典 ブックレット付きサウンドトラックCD付き
星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
エウレカセブンAO -ユングフラウの花々たち- GAME&OVA Hybrid Disc (初回限定生産版)
アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ (通常版)予約特典(ワールドガイドCD)付き
イース セルセタの樹海 イース生誕25周年記念パック
バイオハザード6 (【数量限定特典】エクストラコンテンツ「ザ・マーセナリーズ」用ステージDLコードセット同梱)
ルーンファクトリー4 特典 こっそり聴きたい添い寝CD(特製ヘッドフォン付き)付き
初音ミク -Project DIVA- f 予約特典:デザイン保護フィルム(PlayStation(R)Vita専用)付き

 

SS宝庫最新記事50件