1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:06:24.64 ID:bU+4h1P20



久能「いいぞいいぞー!なんて締まりだ!」パンパンパン

乱馬「ひぃっ!あっ!やめっ!抜けバカー!」

久能「ふははは!もう我が刀は抜いている!」ズブズブ

乱馬「うるせー!離せこのバカ!」

久能「ここか!?ここがいいんだな!?」ズブリ

乱馬「ひゃんっ!駄目、そんな奥に…」

久能「よぉし!射精すぞー!」ズブズブ

乱馬「調子に乗んな!」ドガーン

久能「あうちっ」ヒューン

乱馬「はぁはぁ…くそ…あんな奴に奪われた…うう」



乱馬「はぁ…ただいまぁ」

八宝斎「らんまー」ナデナデー

乱馬「ひぃいいいいっ!?」ゾワゾワー

八宝斎「む!?乱馬!尻の丸みがいつもと違うぞ!」

乱馬「いきなりケツ触って何わけ分かんねぇこと言ってんだくそジジィ!」ビュッ

八宝斎「ふん」ヒョイ

八宝斎「むぅ!?ここからオナゴの香りがするぞい!」クンカクンカ

乱馬「わっ!こら!やめろ!どこ嗅いでんだテメー!」グイグイ

八宝斎「おめこじゃ。むむ、乱馬、お主濡らしておるな?」クンカクンカ

乱馬「やめろぉお!」ゾゾー

八宝斎「うはははは!脱げー!脱ぐんじゃー!」グイグイ

乱馬「こっの…飛龍昇天破ーー!」ズワーー

八宝斎「ぐわあああ」ヒューン

乱馬「く、くそ、何なんだ今日は!早く男に戻らねぇと」ゼーハー






元スレ
久能「おさげの女ぁあああ!!」パンパンパン 乱馬「ひぁあああんっ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400918784/


 
 
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:07:07.85 ID:bU+4h1P20


――――風呂場――――


乱馬「」ガララ

良牙「…」

乱馬「…何でテメーが湯に浸かってんだ?」

良牙「いや、近くで婆さんに水をかけられてな」

乱馬「Pちゃんになったってか。ふん、水くらい避けろってんだ」

良牙「何だと!?」

乱馬「あーいや、もう今日はやめとく」

良牙「ん?何だ?どうした」

乱馬「……何でもねーよ」

良牙「…乱馬」

乱馬「あんだよ」

良牙「隙あり!」ザバーッ

乱馬「わっぷ!」バシャー

良牙「ふはははは!どうだ!キサマだって急に湯を掛けられても避けられてないじゃないか!」

乱馬「うっせーな!今日はそんな気分じゃねぇんだ!喧嘩なら」

良牙「お、おい」

乱馬「何だよ!今更逃げようったって……あ?」

良牙「お前…お湯かかったよな?」

乱馬「……お、おう…」ポタポタ

良牙「ちょっと待て」ザバーッ

乱馬「うっぷ」バシャー

良牙「……」

乱馬「…」ポタポタ

乱馬「女が直んねぇえええええええっ!」ギャーー

良牙「お前またハーブに止水桶(チースイトン)かけられたのか?」

乱馬「いや、それは無え」

良牙「じゃあ何で戻らねぇんだよ」

乱馬「し、知らねえよ!」

良牙「思い出せバカ!何かあっただろ!」

乱馬「何かって……」



久能『おさげの女ぁあああ!!』パンパンパン
乱馬『ひぁあああんっ!!』



乱馬「い、いや……まさかな…そんな……」ゴクリ





3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:07:46.33 ID:bU+4h1P20

良牙「何だ!やっぱり何かあったのか!」

乱馬「ば、バカ!何もねぇよ!」

良牙「いいや!何かあったような……ん?」

良牙(な、なんだ……見慣れてるはずの乱馬の体がやけに……それと良い匂いがする……)

乱馬「な、何だよ」

良牙「い、いや!何でもない///」カーッ

乱馬「何だよ!言えよ!何か分かったんだろ!」ズイ

良牙「ち、違う!」ドキドキ

乱馬「こら!湯舟ん中に隠れんな!」ムギュー

良牙「ちょ、よせ!今引っ張るな!」バシャバシャ

乱馬「あんだよ!何隠してんだ!言え!」ムニュムニュ

良牙「う、ぉおおお!違う!違うんだあかねさぁああん!」バシャー

乱馬「ようやく出やがったな!手間取らせやがっ……」ビクッ

良牙「」ギンギン

乱馬「……おま……///」

良牙「見るなぁああっ!」ドゴーン

乱馬「」ヒューン

良牙「……旅に出よう……」




乱馬「ってーなクソ良牙め!」シュタ

校長「OH!おさげガール!」ダキ

乱馬「ひぃいいいいっ!」ゾワー

校長「裸で居たら危険デース!」スリスリ

乱馬「テメーがだろ!」デーン

校長「アウチ!」ヒューン

乱馬「やべぇ、服早く着ねぇと」

五寸釘「早乙女くん」ニョキ

乱馬「どわぁ!?テメーどっから湧いて」

五寸釘「おやすみ」シュ

乱馬「ふえっ……何……だ、これ……」パタン





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:08:35.18 ID:bU+4h1P20


……
…………


ズッズッ…
ズッチュ…ヌチュ……


乱馬「ん…ぁ…はぁ」


グチュグチュ…ムニュムニュ
チュルチュル……


乱馬「あっ!…んぅ…ァッあん!」

五寸釘「はっ…はっ…」ズブズブ

乱馬「ああっ、んっ、ひゃう!――――え…?な、何、あっん」

五寸釘「早乙女くん、気持ちいいかい?ふふふ」ズッチュズッチュ

乱馬「て、テメー五寸釘!何やって、ふあっ!」

五寸釘「何って…復讐だよ。いつもいつもいつもあかねさんと仲良くしてるから」ズブズブ

乱馬「や、やめろ!く、なんだこれ!縄で縛られてる!?」

五寸釘「あー!SEXがこんなに気持ちいいなんて…!出ちゃう!出ちゃうよ早乙女くん!」ズッズッズッズッ!

乱馬「ば、よせ!やめろ!射精すな!中に射精すなぁあ!」ジタバタ

五寸釘「ううー!」ビュルビュル

乱馬「あっ…ぁああっ!」ビクビク

五寸釘「はーはー…」ビュル

乱馬「う、うう…テメー…マジでぶっ[ピーーー]…」

五寸釘「…まだそんなこと言ってるの?」ズヌ…

乱馬「ひっ!」ビクッ

五寸釘「もっと、聞き分けのいい 子にしてあげる」ズッズッ

乱馬「ま、待て!やめ、あっ!また…ああっん!」

五寸釘「あー!早乙女くんの膣内ヌルヌルで気持ちいいー!」

乱馬「あ、やめ!あっあっ!」

乱馬(くそぉ、こんな奴のチンポで…っ)

八宝斎「八宝大華輪!」

チュドーン!

五寸釘「」ヒューン

乱馬「ゲッホゲホ!」

八宝斎「無事か乱馬!」

乱馬「ジジィ…火薬の量考えろ!でもまあ、助かったぜ…」

八宝斎「そうか、それは良かったわい」パタパタ

乱馬「ん?何焚いてんだ?」クンクン

八宝斎「春眠香ってあったじゃろ?これは似たような香じゃ」

乱馬「ん?それはどんな…あれ?」クラ

八宝斎「淫乱香じゃ」ウヒヒ





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:09:15.50 ID:bU+4h1P20

乱馬「…んん…」ウズウズ

八宝斎「気分はどうじゃ、乱馬」ギンギン

乱馬「ぁ…はぁはぁ…」ウズウズ

八宝斎「挿入れてほしいか?ん?」ギンギン

乱馬「うん…欲し…い…」クパァ

八宝斎「うっひょー!よしよし、おねだりするんじゃ!」ギンギン

乱馬「頼…む、ジジィ、挿入れてくれよぉ…」クチュクチュ

八宝斎「いかーん!もっと女らしくおねだりするんじゃ!」

乱馬「わ、分かった…。挿入れて…、お爺様…」クパァ

八宝斎「ひょひょひょ!どおれ!行くぞ!」ズニュウ

乱馬「ああんっ!」ビクビク

八宝斎「どうじゃ!どうじゃ!」ズッズッ

乱馬「あっあっ!気持ちいい!お爺ちゃんの気持ちいい!」

八宝斎「どれ!そのおっぱいも吸わせるんじゃ!」チュッパチュッパ

乱馬「ひうんっ!や、おっぱい駄目ぇ!ぁあ、もっと、もっとぉ」

八宝斎「ううっ!駄目じゃ!良すぎるぅうう!」ドピュドピュ

乱馬「きゃう!」ベタベター

乱馬「…もう…早いよぉ……もっとしてぇ…」パク

八宝斎「ひょ!自分から咥えるとは!流石淫乱香!」

乱馬「んっん…」ジュルジュル

八宝斎「うー!辛抱たまらん!今日は夜通しじゃー!」ガバッ

乱馬「ああんっ!けだものぉ♪」



……
…………
………………





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:09:55.66 ID:bU+4h1P20

八宝斎「」グーグー

乱馬「……」ベットリ

乱馬「や……やっちまった…」ズーン

乱馬「しかも覚えてるってのが…香せいだとしても……」

乱馬「あかねに合わせる顔が無ぇ……俺はこれからどうすりゃいいんだ……」フラ

乱馬「男にも戻れねぇし……」フラフラ




三千院「おや、あの娘は…」

乱馬「」フラフラ

三千院「そうだ、僕にファーストキスを奪われて感激して泣いた娘だ!それにしても裸で僕の前に現れるなんて!」

乱馬「」フラフラ

三千院「きみ!」

乱馬「テメーは…誰だっけ?」

三千院「」ガーン!

乱馬「わりぃ、今相手してらんねぇから」フラ?

三千院「おっと」ガシッ

乱馬「わりぃ…ちょっと力が入らなく」

三千院「」ブチュー

乱馬「んむぅ!?」

三千院「思い出してくれたかな?」

乱馬「テメーは、スケート野郎のぉお!」ワナワナ

三千院「思い出してくれたようだね。さあ、そこのホテルで語ろうか!」ヒョイ

乱馬「わ、バカ!ふざけんな!下ろせ!」

三千院「はっはっは!腰に力が入ってないぞー」スタター

乱馬「やーめーろーー!」



……
…………
………………





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:10:42.35 ID:bU+4h1P20


――――浴室――――

乱馬「あっ…やめろ…てばぁ……」ピクンッ

三千院「ん?耳が弱いのかい?」ペロォ

乱馬「そんなんじゃ……あっん!」ビクビク

三千院「こっちは準備万端のようだが?」クチュクチュ

乱馬「あ、違……はぁん、あっあっ!かき混ぜる、なぁ…!」

三千院「……僕のも…お願いしていいかな?」ギンギン

乱馬「ひっ……(でかい…///)」

三千院「入って早々にお風呂に入りたいなんて、君から言ったんだからね?」

乱馬「そ、それはだって」

三千院「いいからほら」ズイ

乱馬「……ぅぅ//」

乱馬(何で男の俺がちんぽしゃぶらなきゃなんねぇんだよ……くそ…)

三千院「ほら」ズイ

乱馬(こ、こんなにデカくしやがって……で、でも……このままじゃキツいよな…?一発ヌいてやれば…す、少しは落ち着くかな…。これは、だから、人助けだ…うん。別にエッチしたいとかそういうんじゃ…)

三千院「」ズイィ

乱馬「はぁ……///」ポー…

乱馬(亀頭が上向いて…我慢汁が出てる……あぁ、やべぇ……何でこんなもんに…俺……)ドキドキ

乱馬「ちょ、ちょっとだけだかんな?///」ドキドキ

三千院「本当にちょっとかな?」ニヤニヤ

乱馬「ほ、本当だ…もん」ペロ

三千院「うっ!」ビクッ

乱馬(はは、こいつ、少し先っぽ舐めてやっただけで感じてやがる。…可愛いじゃねぇか)

乱馬「んっんっ…」チュル…レロォ

三千院「ああ、いいよキミ。もっとしてくれ」ゾクゾク

乱馬「ん、あ…む」パク

三千院「くぅっ!」ビクビク

乱馬(…くそ、こんなもん、気持ちわりぃだけなのに……)ジュッポジュッポ

三千院「ああっ、いいよ!」

乱馬(感じてやがる……俺も何だか……)ジュン…

乱馬(やべぇ…口ん中でどんどんでかくなってやがる。気持ちいいんだ…俺のフェラ…)ジュルジュル

三千院「ああ、そう。手も使って…擦ってごらん」

乱馬(エロいこと要求しやがって……)ニギ……シコシコ

三千院「く、素質あるな、キミは!」

乱馬(そんなこと言ったって嬉しくなんか………)チュルチュル

乱馬(……いや、ちょっと……嬉しい、かも……それに……やっぱ俺……これが好きかも…)ジュポジュポッ





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:11:32.19 ID:bU+4h1P20

三千院「くく…キミ、ちょっとだけ、じゃなかったのかな?」

乱馬「!!」

三千院「…好きなんだね?これが」

乱馬「……」

三千院「正直になるんだ。そうしたら……ベッドでもっと可愛がってあげるよ」

乱馬「……好きなんかじゃ…」

三千院「ここをこんなに濡らして?」クチュ

乱馬「ひあっ!い、今はそこ触っちゃ――――」

三千院「正直に」クチュクチュ

乱馬「す、好きじゃ…ああっ」

三千院「本当は?」クチュクチュ

乱馬「ほ、本当に好きじゃ――――ひうっ!」ビクビク

三千院「本当は?」グチュグチュ

乱馬(だ、駄目だ!もう――――もう……っ!)

乱馬「好、き……っ」

三千院「何だい?よく聞こえなかったな」グチュグチュグチュグチュッ

乱馬「好きっ!おちんちん好きぃ!ああっああああっ!」ビクビク

三千院「いい子だ」ニヤ

乱馬「はぁーはぁー……」

乱馬(駄目……だ、こんなの……耐えられるわけねぇ……あかね……ごめん…俺……俺……)


……
…………
………………






9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:12:21.28 ID:bU+4h1P20

乱馬「アアアッ!深く刺さってぇ……」ズッズッ

三千院「上に乗って自分から腰を振るなんて…恥ずかしい子だなぁ」

乱馬「違っ…だって!あっ、太い!三千院のおっきくて……」ズッズッ

三千院「帝(ミカド)だ。僕のことは帝と呼んでくれていいよ」

乱馬「帝ぉ!帝さんのが凄いの!中で暴れてっ…ああん!」ズッズッ

乱馬(くそぉ……気持ちいぃ!女SEXめちゃくちゃ気持ちいぃ!)

三千院「大きな胸が揺れてるよ。そんなにおっぱいも触って欲しいのかい?」

乱馬「うん、触って!帝さんの好きにしてっ!ああ、気持ちぃ!」ズッズッ

三千院「ふふふ、お望み通りに」ムニュムニュ…チューチュー

乱馬「あっふぁ!ああ、乳首らめぇ…気持ち良すぎて、『私』、私ぃ…!」ビクビク

三千院「ふふ、さっきまでオレオレと強がってたのに、私になってるぞ」ズンズン

乱馬「わ、分かんないっ!もう、分かんないっ!壊れる、壊れちゃう!おまんこ良いのぉ!」ビクビク

三千院「く、一回射精すよ!」ズンズンズンズン

乱馬「ひっ!激しっ――――アアアッ!きて!いっぱい私に射精してぇ!」

三千院「うあああ!」ビュルビュルッ

乱馬「ああっ!きてる…いっぱい……んぅううっ!」ビクビク



……
…………
………………


三千院「ホテルだからメイド服くらいしか買えなかったよ。でも裸よりはマシだろう?」

乱馬「はぁ……ありがとうございます…」ゲッソリ

乱馬「……それじゃ…」ドヨーン

三千院「ああ、またしようね!」キランッ←歯

乱馬「」ビクッ

乱馬「それじゃ…」トボトボ





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:13:01.64 ID:bU+4h1P20

乱馬「……今回のは…淫乱香じゃなかった……」トボトボ

乱馬「俺……もう戻れねぇのか……?」トボトボ

乱馬「とりあえずもう男に会うのは危ねぇ。会ったらソッコー逃げるか殴ろう、よし」

ピコレット「ジュテーム」ズモモモッ

乱馬「」デーンッ

ピコレット「OH!」ヒューン

ムース「シャンプー!!」ガシィ

乱馬「触るなド近眼!」デーン

ムース「何故じゃシャンプーー!」ヒューン

乱馬「はぁ、はぁ。やべぇ!男が寄ってきやがる!」

パンスト太郎「ぐふふ、ようオカマ野郎」

乱馬「な、テメーまで!」ザッ

パンスト太郎「何だその格好は。本当のオカマにでもなったか?」ククク

乱馬「うるせぇパンスト野郎!」ダッ

パンスト太郎「ぐふふ」ドカッ

乱馬「痛っ!」ドサ

パンスト太郎「ふん、女の力で敵うと思ってるのか?」

乱馬「くそぉ……!」

乱馬(それでなくても体力使っちまって体に力が入らねぇのに……)

パンスト太郎「ふん、テメーは散々俺をバカにしてくれたからな…ここでトドメを刺しておくか」ユラ

乱馬(やべぇ!殺られる!)

久能「突きぃーーー!」

パンスト太郎「む!」ヒョイ

久能「大丈夫か!おさげの女!」

乱馬「く、久能!?バカ!逃げろ!お前の敵う相手じゃねぇ!」

久能「ふっ、この久能帯刀!一度交わった女を捨て置くことなど出来ん!」

乱馬「わーわーわーっ!」





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:13:40.58 ID:bU+4h1P20

パンスト太郎「……おい、オカマ野郎……まさかこの男と…」

乱馬「ち、違っ!」ワタワタ

久能「ハハハハ!バカめ!おさげの女はもう僕の女となったのだ!彼女の処女は僕が貰っ」

乱馬「やかましい!」デーン

久能「はっはっはっ!」ヒューン

パンスト太郎「……」

乱馬「あ、あれは……嘘だ!あいつは嘘ばっか言うから!その……」

パンスト太郎「……」

乱馬「そんな憐れみの目で見るなぁ!」

パンスト太郎「ふん、興が削がれた……」クル

乱馬「お、おい……」

パンスト太郎「不様な……」ボソ

乱馬「」ガーーーン

パンスト太郎「せいぜい元気な子を産むんだな。おっと、子の名前だけは気を付けろよ。はーっはっはっは」スタスタスタ

乱馬「……ぅあああああっ!」




――――
――――――――
――――――――――――





13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:14:16.41 ID:bU+4h1P20

――――久能宅



乱馬「」ピンポーン

久能「誰だ?おお、おさげの女ではないか!」

乱馬「テメーのせいで…」

久能「ん?なんだ?こんな所に居ないで僕の部屋に来るがいい!」

乱馬「……」




――――久能部屋




久能「ところで、何の用かな?」

乱馬「……テメーのせいで、俺は…」

久能「僕のせいで…」ヌギヌギ

乱馬「て、テメー何脱いでんだ!」

久能「はっはっはっ!皆まで言うな!僕のせいでコレが忘れられなくなったのだろう!?」ビーンッ

乱馬「ばっ、違ぇよ!そんなもんしまえ!そんなんじゃなくて」

久能「照れるな照れるな!ほれ、おさげの女!お前も脱げ!」ポイポーイ

乱馬「うぁああっ!やめろぉおお!もう、もうヤダーー!」




――――
――――――――
――――――――――――





14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:14:55.78 ID:bU+4h1P20

乱馬「うっ、あ…もう、……やめへぇ……」ガクガク

久能「まだまだー!」ズチュズチュズチュ

乱馬「はぁ、ん……あっ!駄目……激しいの、らめぇ……」

久能「ほれ、唇を差し出すのだ!」ズチュズチュズチュ

乱馬「んぁ……んむっ」チュル…レロォ

乱馬(ああ…また俺……流されて………キス気持ちぃ…久能の舌が…柔けぇ)

久能「おさげの女…射精すぞっ」ズブズブー

乱馬「な、もう、三回も射精してんのにまた……はっ…あん、か、勝手にしろぉ……くぅんっ」ゾクゾク

久能「ああっ!出る!」パンパンパンパンパン

乱馬「あぐっ!?ま、あっ!待って!ひあっ!待て待て!ヤバイ!何か来る!止めっ……アアアッ!」ビクンビクンッ

乱馬(ヤバイ!これ、怖い!怖いくらい気持ちぃぃ!)

乱馬「奥駄目っ!先輩っ!久能先輩っ――――」ギュウッ

久能「一緒にイくぞぉーー!」パパパパパパンッ!

乱馬「ひっあ!イく!イく!イッちゃう!久能先輩私も――――アアアアン!」

乱馬(駄目だ、我慢できねぇ!久能……)

久能「好きだぞ、おさげの女」

乱馬「っ!?////」ドキンッ

乱馬(バカ……野郎……今そんなこと言われちまったら……)キュウン

久能「ぐっ、締めつけられる!」ガクガク

乱馬「久能……」

久能「ん?」

乱馬「私も、大好き」

久能「おさげの女…」

乱馬「らんま、だよ」

久能「らんまっ!」ズンッ

乱馬「ああっ!」ビクッ

久能「射精すぞ!」パンパンパンパンパン

乱馬「いいよ、あっあっ!注いで……久能先輩の精子、いっぱい私の膣内に射精してぇ!」

久能「ぐ、ううううっ!」ビュルビュルビュルビュル

乱馬「イッ――――アアアアアアアンッ!」ビクビクビクンッ



――――
――――――――
――――――――――――





15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 17:15:41.37 ID:bU+4h1P20

俺は多分SEXが、好きだったんだ。


「んふっ、ん……」ジュルジュル


久能が好きとかじゃなくって、俺は、ただ、ヤりたかったんだと思う。


「おい乱馬、こっちも」
「うん、分かってる……あむ」チュルチュル


ここ最近、放課後になるとずっとここ、体育倉庫で男子達とヤッてる。
飽きもせずに、五、六人の男達は裸の俺に群がる。
穴という穴に、雄の猛ったものが入りこんでくる。
乳房は後ろから揉みしだかれて、乳首も唾液で濡れている。


「射精すよ!飲んで!」ビュルル
「んむぅ!」ゴクゴク


あかねにはもうバレてるみたいで……。
俺とは目も合わせてくれなくなった。
だから、俺は天道道場から逃げ出して……男の家を転々とする毎日になった。


「中に射精していいよな!?」
「うん……射精していいよ、あんっ」



もちろん男には相変わらず戻れないんだけど……
俺はそれで良かったと思ってる。
中国へ行って呪泉郷で男溺泉に入れば、男に戻れるかもしれないけど、俺にはその選択肢は無かった。

女でいればこうして――――

男とずっと……エッチできるから……。
俺は――――いや、『私』は口元に付いた精液を舌でペロリと舐め取る。



乱馬「おかわり…ちょうだい?」




end




あかね「乱馬がビッチになっちゃった…」 右京「なんやて?」へつづく


カテゴリー「その他版権物SS」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件