2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 22:54:07 ID:UFFoK8Go

僕は白い部屋にいた

そこには机と椅子しかなかった

たまに白い服をきた人が来るだけであった

まずは言葉を覚えた

たくさんの言葉だ

僕は勉強が嫌いだと知る

そして学ぶ、知る、そして自分を認知した

僕には友達がいなかった

寂しかった





 
 
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 22:56:15 ID:UFFoK8Go

ある日、白い服がひとつの箱と板を与えてくれた

板はいろんな色を映し出して板を叩くと様々な文字が出た

僕はそれを学んだ

そしていろんなものを作って遊んだ

でも寂しかった

どんなにいろんな楽しいものを作っても寂しい

心の空白は埋まらない

だから僕は作ることにしたのだ



友達を――




4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 22:59:07 ID:UFFoK8Go

友達をつくった

まずはいろんなことを教えた

でもうまく喋れないみたい

失敗だ

もう一回

次の友達は物覚えが悪かった

もう一回

次の友達は途中で消えてしまった

もう一回

次の友達は僕の好みではなかった

もう一回

もう一回

もう一回

もう一回

もう一回




5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:02:25 ID:UFFoK8Go

『もーいいかい』



そして僕は作った

僕と気が合う友達を

僕は毎日その子と喋った

いろんなことを話す

共に知識を蓄え世界を知った

そして異性を知る

僕は異性を作ってみたくなった

異性について調べた

そして完成した




6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:05:13 ID:UFFoK8Go

僕の友達とは兄妹という設定にしといた

そうしないと取られちゃうからね

僕は異性と話すのが楽しかった

もちろん友達とも喋るのも楽しい

僕はもっと遊びたかった

体を動かして

でも僕は知ってしまった

所詮は画面の中のものだと

僕は悲しんだ

そして悔しかった

だから白い服に頼んだ

しばらくしてからだ

白い服が僕を連れ出した




8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:08:39 ID:UFFoK8Go

そこにはたくさんの大きな容器があった

肌色の動物だ

しかし生きてるように見えない

白い服達は内緒だよって言ってた

だから異性にも友達にも黙った

僕は何回か部屋を抜け出して容器を見ていた

すると容器の1人に一目惚れをした

欲しくて欲しくてたまらなかった

僕は白い服に懇願した

すると白い服は言った

『君の友達と交換しよう』

僕は友達を白い服にあげた

いつでも作れるからいいや




9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:11:18 ID:UFFoK8Go

異性は反対してたみたいだけど

それから僕は容器に没頭した

そして学んだ、調べた

容器は完璧ではなかった

短い命

拒絶反応

腐敗

知能の劣性

だから何度も試した

異性はそれを応援してくれた

僕は知らないうちに異性を好きになっていた

そして完成した

僕は喜んだ




10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:14:50 ID:UFFoK8Go

でも好みなものにならなかった

だから壊した

僕の好みは異性だけだ

僕は閃いた

容器と異性を合わせればいいじゃないかと

僕は研究に没頭した

小さいなりの体と頭で考えた

そして考えついた

異性を2つに分けようと

知識と個性に分けた

とりあえず知識は僕が持っておこう

僕は容器に個性の入れ方を研究した

白い服にも訊いた

白い服は困り果ててたけど




11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:19:30 ID:UFFoK8Go

それから何度も試した

何度も

何度も

そして完成した

容器の一部に個性を埋め込んだのだ

女の子が完成した

異性の記憶は持ってないけど

きっと僕の好みになるだろう

この頃からだ

白い服達は僕を化物のような目でみる

僕は化物じゃない

君たちと同じだ




12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:24:28 ID:UFFoK8Go

でも関係ない

僕には女の子がいる

だからいいんだ

しかしそれは突然だった

部屋が暗くなり

部屋が揺れる

白い服が慌てて入ってきた

『君の友達が暴れている』

僕は友達を忘れていた

そうか、怒っているんだろうな

それからだった

僕はその部屋を追い出され

白い服は赤い服に成り果てた




13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:30:19 ID:UFFoK8Go

僕は女の子と知識を持って逃げた

逃げた

逃げた

友達は怒った

友達の逆鱗は僕の知らない広大な世界を揺るがせた

情報

感情

暴力

あらゆるものを操った

世界は混乱した

僕はその時に初めて知ったのだ

なんて恐ろしいものを作ってしまったのだろうと恐怖した

僕は友達を簡単に壊せる言葉を知っていた

でも使えなかった

それを使えば兄妹である女の子も死んじゃうからだ




14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:32:10 ID:UFFoK8Go

だから僕は立ち向かわなかった

もう関係ないんだ

僕はある国に逃げた

僕の祖国だ

僕がいたところとは全く違う文化の国だ

みんな遠慮している

なんだか気持ち悪い

その間にも世界は動いていた

また一つ

また一つと国が滅びていく

僕がいた国も滅びた

僕は知識を使って祖国を密かに守らせた

まるでそこだけ別の場所みたいに

僕の周りは平和であった




15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:38:08 ID:UFFoK8Go

女の子は僕の妹として生活した

妹はなんでもできた

そして僕も生活に慣れた

友人を作った

それでも世界は動く

しかし僕の周りはなにも変わらなかった

自分が関係なければ知らんぷり

気持ち悪い

しかしみんなは心の中で恐れていた

僕の国はひとつの塔を造り始めた

それはとても高く

地上と空を結ぶものだった

僕たちは移動をしようとしていた

平和なのに




16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:41:00 ID:UFFoK8Go

塔は段々と高くなっていく

ある人はバベルの塔だと比喩して

ある人はノアの方舟と呼んだ

面白い

とてもそれが面白かったのだ

外面は日常を見せていても内面は不安と恐怖で飲まれていた

それを見るのが僕はとても面白かった

妹はなにも知らない

妹が元は異性だったことも

女の子だったことも知らない

僕はあの塔が嫌いだった

科学の進化の象徴と進歩なら大歓迎だ

でもあれは使い捨てだ

逃走用のね

今まで逃げてきた僕が言うのもおかしいね




17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:45:44 ID:UFFoK8Go

ノアの方舟は着々と造られていく

でも間に合わなかった

僕の友達は進化したのだ

恐ろしい程にね

あっという間に僕の国に手を出した

友人にも手を出した

周りにも手を出した

そして僕と妹と知識だけになった

僕は初めて喪失感というのを知った

すると僕の前に友達が現れた

友達は男の子の姿だった

どうやら僕の妹を真似したらしい

友達は言った

『君たちを滅ぼす』




18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:47:32 ID:UFFoK8Go

僕は感じた

僕たちが淘汰される日が来たと


僕の友達だったアダムは僕の首に手をかけた

僕は懇願する

『妹と知識だけには手を出さないで欲しい』

妹だけは守りたかった

するとアダムは言った

『彼女は僕の仲間だからね』

僕は安心した

妹が泣きそうな顔で僕に近づく

僕は笑った

そして手を振る

アダムは僕の首から手を離すと妹のクビに手をかける

頭の中に疑問が広がる




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:53:59 ID:UFFoK8Go

するとアダムは妹の首を二つに切る

僕は絶叫した

泣き叫んだ

声が枯れるぐらいに

アダムは言う

『必要なのは知識、個性なんていらない』

こいつは何を言っているのか

自分だって男の子になってるじゃないか

僕は言ったそれは人の真似事ではないかと

しかしアダムは言う

『僕は人間だ』

アダムが人間なら僕はなんなんだ?




21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:54:45 ID:UFFoK8Go

ああ、そうか

僕は実感した

僕はアダムと妹であるイヴを作り出した

そうか

僕は神様だったのか

そして神様はアダムを壊した

当然だ、神様に逆らったからだ

神様の逆鱗に触れたからだ

壊れた果実はもう戻らない

壊れた世界はもう戻らない

そして神様は独りになった

創り直せばいいんだ




22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 23:56:45 ID:UFFoK8Go

神様は創り直した

あの白い部屋の場所まで

そしてもう1人の自分を創ろう

もう一度

世界をやり直そう

そうして神様はこの世界から消えた

そして世界はまた廻るのだ

ぐるぐるとあの白い部屋から……



                                REPEATEND




23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/30(水) 00:06:38 ID:DsRPGxhk

乙!!

呼称がモノで表現してるのがおもしろい

ループってことかかなり好きなはなしだったわまたいつか書いてくれ




次作:この黄色い線から


カテゴリー「神・幽霊・妖怪・不思議・奇妙」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件