1: 名無しさん 2014/04/08(火)01:45:27 ID:BSEuayWSE

光彦「やめて下さい!なんなんですか!」

コナン「うるせ〜な〜」

歩美「ふふっ光彦君ったら変な顔〜」

うな獣「うな!」

灰原「あら、楽しそうね」

博士「いいザマじゃぞい、そろそろかの」

コナン「お、もう真っ白だな!」





 
 
3: 名無しさん 2014/04/08(火)01:49:09 ID:BSEuayWSE

光彦「なんですか!なんですかそれ!」

コナン「バーロー、ドリルだよ、見りゃわかんだろ」

歩美「離れてるのに熱いね!」

灰原「熱いから気を付けるのよ」

博士「ほれ新一、セット完了じゃ」

うな獣「うなじゅ?」




4: 名無しさん 2014/04/08(火)01:54:01 ID:BSEuayWSE

ちゅーん

コナン「新一じゃねーだろバーロー」

博士「すまん」

コナン「まずは足の小指からだな」

光彦「小指?何がです?」

コナン「だからうるせ〜な〜」

光彦「あっあっ熱っあーっ!痛っ痛いっ痛っ熱っあー!」

歩美「ふーん、あんまり血が出ないんだね」

灰原「焼けたドリルがすぐに傷口を塞ぐからよ」

歩美「哀ちゃん頭いいー!」

光彦「ああああああああああ!やめて下さいやめて下さいやめて下さい!コナ、コナン君やめっ!」




6: 名無しさん 2014/04/08(火)01:59:14 ID:BSEuayWSE

博士「なんじゃ、最初こそ面白かったが地味じゃのう」

コナン「バーロー、いきなり目を潰すか?睾丸摘出でもするのか?」

灰原「すぐに終わってしまったらつまらないものね」

歩美「歩美もそう思う!」

博士「そんなもんかのう、すまん続けてくれ」

コナン「わかりゃいいんだよ」

光彦「はあ、はあ…うっ」

光彦「頭が…頭が痛いです…」

灰原「痛みと興奮で血圧が上がってるのかしら、でも探偵さんは休ませるつもりがないみたいね」




7: 名無しさん 2014/04/08(火)02:02:41 ID:BSEuayWSE

光彦「頭が…頭が…うおえっえっおぼろろろろろっぐげっ」

歩美「うわっ光彦君汚〜い!」

光彦(ああ、頭がぼんやりしてきました…)

コナン「おいおい光彦、まだまだ終わらねーぞ?」

うな獣「うな、うな…」

光彦(もう…なにも…)

ぐにゃ〜




8: 名無しさん 2014/04/08(火)02:07:33 ID:BSEuayWSE

歩美「うわ〜!すご〜い!」

元太「あそこに魚がいんぞ!なあコナン食えるのか?」

光彦「元太君!落ちないで下さいよ!」

コナン「ありゃタナゴだな、佃煮なんかにすりゃ食えるが焼いて食うには足りなそうだ」

元太「ちぇっウナギでもいね〜のかよ〜」

博士「ほっほっほ、元太君はそればっかりじゃのう」

灰原「あら博士、さっきタナゴの佃煮のレシピ調べてなかった?」

歩美「本当だ〜!」

博士「うっ…バレとったか…」

ははははは、ははははは




9: 名無しさん 2014/04/08(火)02:11:39 ID:BSEuayWSE

歩美「あっ!綺麗な蝶々!」

灰原「本当、綺麗ね」

光彦「あれはオオムラサキですね、とても貴重ですよ!」

コナン「おまえ、よく知ってんな〜」

元太「江戸紫?」

博士「これこれ、それはしょうゆじゃよ」

光彦「元太君には情緒ってものがないんですか!」

元太「なんだそれ、ちょうちょに掛けたギャグか?」

光彦「ちっ違いますよ〜!」

ははははは、ははははは




14: 名無しさん 2014/04/08(火)02:17:51 ID:BSEuayWSE

元太「カブトムシ探しに行こうぜ!」

光彦「あっ奥まで行くのは危ないですよ〜!」

博士「これ、待ちなさい!」

博士「これを渡しておこう」

灰原「あら、これは?」

博士「新しい探偵バッヂじゃよ、GPSを付けておるし電波も広範囲に届くようになっておる」

博士「小さいながらわしのビートルに基地局も積んでおる、この森くらいならなんとかなるじゃろ」

コナン「おいおい、まともな発明してんじゃね〜か」

博士「どういう意味じゃ!」

ははははは、ははは…ぐにゃ〜




16: 名無しさん 2014/04/08(火)02:23:49 ID:BSEuayWSE

コナン「お、目を覚ましたみて〜だな」

歩美「もう!光彦君ったら寝坊すけさんなんだから!」

灰原「まだ小指よ?」

博士「ペンチなんかでよいのか、やっぱり地味じゃのう」

光彦「うう…あれっ…?」

光彦「みなさん…キャンプにきていたはずでは…?痛っ」

コナン「キャンプ〜?」

うな獣「…うな」

歩美「光彦君ったらねぼけてるの〜?」

灰原「夢でもみてたのかしら」

コナン「てめ〜の夢なんざどうでもいいんだ〜よっ!」

光彦「あいっ!いったあああああ!あっあっあっ!こゆ、小指っあっ!いっ!」

歩美「うわ〜ぺちゃんこ〜!」




18: 名無しさん 2014/04/08(火)02:29:32 ID:BSEuayWSE

コナン「あいっだってよ(笑)」

灰原「やめてよ、気持ち悪いわ」

光彦「そ、そんな…つもり、じゃ…はあっ…う、ぐ…けぽっ」

歩美「えっ?黄色!なんか変なの吐いてるよ!」

博士「胃液じゃよ、さっきので全部出したんじゃろ」

歩美「なんかすっぱいね」

うな獣「うな…うな…」

コナン「次は小指と薬指の股にドリルでもやってみっか、博士」

博士「あったまってるぞい」




19: 名無しさん 2014/04/08(火)02:36:33 ID:QcbuFDNZW

また光彦がやられてる…








いいぞもっとやれ




20: 名無しさん 2014/04/08(火)02:36:35 ID:BSEuayWSE

光彦「それ!それっ!やです!嫌です!やめて下さいコナン君!お願いしっお願いします!」

コナン「小学生の足だからな〜土踏まずくらいまで届くんじゃね〜かな〜」

歩美「なんかドキドキしてきた!」

灰原「ふふ、私もよ」

博士「…もっと派手なのがよいのう、爆発とか…」

コナン「最後の処理でいいだろうが、ほら…いくぞ?」

光彦「やめて!やめて!やめて!やだやだやだ!嫌です!あっ!やっ!あっ!っ!あーっ!熱っ熱っ熱っ!たっ!たい!痛いです、いぎっ!ぎっぐっうっ!ううううう!ああああああああああ!」

コナン「まだ途中だぞ〜?」

光彦(あっ…またっ…)

うな獣「…うな、じゅ…」

ぐにゃ〜




21: 名無しさん 2014/04/08(火)02:45:37 ID:BSEuayWSE

…ん…くん…こくん…

歩美「光彦君!」

光彦「うっ…あれ…ここは…」

元太「光彦〜おまえうなされてたぞ…腹減ってんのか…?」

博士「日射病かのう、とりあえずこのスポーツドリンクを飲んでゆっくり休んでいるとよいぞ」

灰原「大丈夫?円谷君」

光彦「はっ灰原さぁん!」

コナン「おーおー灰原の膝枕たあ羨ましいな〜」

光彦「コナン君!」/////

灰原「はいはい茶化さないの」

灰原「私は彼に付き添ってるわ、あなた達で遊んでらっしゃい」

歩美「え〜哀ちゃんは一緒にこないの〜?」

博士「これこれ、無理を言うでない、光彦君もわしみたいなおじいちゃんより哀ちゃんのお膝がいいみたいじゃからのう!」

光彦「もう!みんな!」/////

灰原「わかったから、円谷君は大人しく横になってなさい」

光彦「…は、はい…」/////

ははははは、ははははは




22: 名無しさん 2014/04/08(火)02:51:38 ID:BSEuayWSE

灰原「……」

光彦「……」

灰原「……」

光彦「…灰原さん」

灰原「ん?なあに?」

光彦「よかったんですか…?」

灰原「…どうしたの?」

光彦「その、みんなと…せ、せっかく遊びにきたのに…」

灰原「そりゃあね、残念よ、ざ〜んね〜ん」

光彦「っ!」

灰原「なんてね、いいのよ」

光彦「…え?」

灰原「みんなと遊ぶのは確かに楽しいわ、でもそれは『みんな』と、よ?」

光彦「…?」

灰原「あなたがいないのなら、それは『みんな』じゃないわ」

光彦「…灰原さぁん!」

灰原「もう、あなた倒れたんだからおとなしく寝てなさいよ、ふふ」

光彦「…はい…」/////

ちちち、ぴよぴよ、ちちち




24: 名無しさん 2014/04/08(火)02:54:36 ID:BSEuayWSE

光彦「なんだか、安心したら…眠くなって…」

灰原「いいのよ、私の膝でよければ好きに使ってちょうだい」

光彦「はいば、ら…さん、ありが、とう…ござ…」

灰原「ふふふ、おやすみなさい」

ちちち、ぴよぴよ、ち…ぐにゃ〜




27: 名無しさん 2014/04/08(火)03:06:17 ID:BSEuayWSE

博士「なんじゃ!毎回毎回眠られたんじゃ進まんわい!」

コナン「そういうなよ、小学生なんだ、仕方ね〜だろ」

光彦「………………?」

歩美「光彦く〜ん?」

灰原「どうしたのかしら、なんだか様子が変ね」

うな獣「うなっ…うなっ…!」

博士「こっちのこれもちょっとうるさいぞい」

コナン「これでどうかしてない方が変だろ、大丈夫だよ、次だ次」

博士「糸鋸かあ…」

灰原「不満そうね」

博士「だって!地味じゃろ!」

コナン「少しずつ、少しずつ、同じ所でも使えるうちは使っとくんだよ…いきなり肩から落としてみろ、もう腕に痛みは与えられね〜んだぞ?」

コナン「だからさっきの所を糸鋸で切る、勿論ドリルの届いた範囲までだ」

歩美「でもそれ、錆びてるよ?」

灰原「錆びてるから、いいのよ」

歩美「…?」

コナン「よく切れるノコギリじゃすぐ終わっちまうだろ?」

歩美「あ〜!」

光彦「……………?」

コナン「ほら光彦、光彦、こっちみろ…なにみてんだ?」

コナン「…灰原か?」




28: 名無しさん 2014/04/08(火)03:17:32 ID:BSEuayWSE

光彦「………?」

コナン「灰原、あ〜おめ〜好きだったもんな〜」

灰原「やめて」

歩美「キャーキャー!」

博士「初々しいのう」

光彦「………あっ」

コナン「灰原、こいよ」

灰原「…はいはい」

灰原「んむっ…」

コナン「ぷはっ…どうだ?こうしたかったか?ここは?ここは?触ってみたかったか?」

光彦「!!!!!」

コナン「どうした?目が覚めたか?え?」

光彦「はあっはあっはあっ!はっ!はっはあっ!はあっ!ぜひゅっ!ぜひっ!ぜひゅっ!はっ!ぜひゅ!かっ!こっ!ひゅっ!」

コナン「ははは、おもしれーな」

博士「ゾナハ病か」

歩美「ゾナ…?」

灰原「笑ったから助かったわね」

光彦「ひっひっひっ!んぐ!かはっ!ひっ!んっ!ぐ!」

博士「助かってないぞい」

コナン「もういいや、続きをやろうぜ、光彦」




29: 名無しさん 2014/04/08(火)03:24:34 ID:BSEuayWSE

コナン「選ばせてやる、家庭用コンセントの電流、ニッパー、ピーラー、おろし金」

コナン「どれがいい?」

光彦「っ!っ!っ!っ!っ!」

博士「地味じゃのう、電流ならちょっとは…でと地味じゃのう…」

歩美「歩美、最近お料理のお手伝いしてるからピーラーがいいなあ!」

コナン「よ〜し、光彦は黙ってるし、歩美ちゃんがそういうならピーラーに決定だ!」

歩美「やったあ♪」

光彦「っ!っ!っ!げぼおっおえっえっえっ!…げえっおぶえっ!」

灰原「血を吐いたわよ、彼」

コナン「まだ始まってもいね〜ぞ」

光彦(あっ…また…)

ぐにゃ〜




30: 名無しさん 2014/04/08(火)03:26:14 ID:0VW1GPXmN

ピーラーとかおろし金とか地味に痛いものをwww




31: 名無しさん 2014/04/08(火)03:36:00 ID:BSEuayWSE

灰原「あら、起きたの?」

光彦「…灰原さん?」

灰原「泣いてるわ、怖い夢でも見ていたの?」

光彦「夢…?」

灰原「そうよ、あなたは夢を見ていたのよ」

灰原「よかったら、これ、使って」

光彦「あっでも…」

灰原「いいのよ、ほらみんながくるのに泣いてたら私が泣かせたみたいじゃない」

光彦「そんな!大丈夫です!僕が弁護します!」

灰原「そうならないためにも、はい、涙拭いて」

光彦「じっ自分で拭けます!拭けますから!」/////

元太「お〜?光彦、おめ〜もう大丈夫なのか?」

歩美「光彦く〜ん!あっちでね、すっごく綺麗な鳥さんがいたんだよ!青くてね、ちっちゃくて!」

コナン「ああ、ありゃカワ…」

光彦「カワセミ、ですか?」

コナン「おまえ、本当に小学生かよ…」

灰原「彼が高校生になったら、江戸川君、追い抜かれるかもね」

コナン「…バーロー」

コナン「でも本当すげーよ」

博士「こりゃ探偵団期待のルーキーじゃな」

光彦「照れますよ」/////

博士「気付いとるんじゃろ?」

どくん




32: 名無しさん 2014/04/08(火)03:38:46 ID:BSEuayWSE

光彦「はっ!はあっ!はっ…うっいっ!たっ!痛っ!あっ!あああああっ!あっ!あああああ!」

コナン「あんまり起きね〜からよ〜、始めちまった」

コナン「もう、スネの骨が見えちゃってるな」

どくん




34: 名無しさん 2014/04/08(火)03:47:13 ID:BSEuayWSE

これは夢なんじゃ

夢?これが?

そうだよ、光彦君

じゃっ…じゃあ、あんな狂った世界が現実だとでも…?

そうらしいぞ〜

…そんな、そんな事が許される訳…ないじゃないですか…!

許される訳ねーだろバーロー

なら!どうして!

そういう世界線だからじゃよ

世界線…?

ん〜ショートケーキってあるでしょ?でも、売ってるお店が違っても、ショートケーキはショートケーキだよね?

ショートケーキなんかの話は…!

そういう事なのよ、結局は同じなの、それが私たちに変わっているだけの事よ

へ?

軸っつー世界があってよー、おめーはそこが元になってんだってよーだけどよーなんか知んねーけどおれらはあんなんになっちまってるって、ありゃ、よくわかんねー

ちょっとまって下さい、じゃあさっきのキャンプも…全部…

そうじゃよ

ひどいです、ひどいですよ…

バーロー、俺を誰だと思ってんだ?




35: 名無しさん 2014/04/08(火)03:53:15 ID:BSEuayWSE

光彦「えっ…?」

コナン「おいおい、おろし金使ってようやくかよ…指、なくなっちゃったな…」

光彦「…あっ痛っ…」

コナン「お〜い、光彦〜、俺がわかるか〜?」

光彦「君は…」

うな獣「うなっ!うn…mっ」

光彦「コナン君は…」

うな獣「みっ…みつ…!」

博士「なんじゃ、なんじゃ、何が起きておる!おい!新一!」

歩美「あのデブがなんか言ってる!話せたの?!」



探偵です!




37: 名無しさん 2014/04/08(火)04:03:49 ID:BSEuayWSE

江戸川コナン、探偵さ

光彦君、もう時間がないのはわかっとるね

あなたは極度のストレスによって脳が萎縮し始めてるわ、小学生だもの、無理もないけれど

んっとね、シナプスって、知ってるかな?

頭ん中にあるらしーぜ、海馬だか河豚だかわかんねーけどよー

そこの形が何かに似てんだよ、何かってのはな

光彦君…宇宙は知っておるな、その宇宙にある、天体によく似ているんじゃ

だからね、あなたの中の、探偵さんはこう考えたの

光彦君のシナプスっていうのを、新しい軸にしようって

おめーの頭ん中を新しい宇宙にするんだってよー

俺たちには自我がある、きっとおまえの中の妄想じゃない、
どこかの『そういう』世界線の俺たちと、繋がってるんじゃないかって

そこでわしの発明じゃ、とんでも発明なんてよくしておるわい、小学生の頭を宇宙にするくらいどうって事ないんじゃよ

再構築するの

光彦君の

新しい世界ってやつをよー



みなさん!




40: 名無しさん 2014/04/08(火)04:19:45 ID:BSEuayWSE

どっ

どくん

どくんどくん

どくんどくんどくん

光彦「っ!」

先生「円谷君!」

光彦「えっ!…あっ!えっ?!」

光彦「これも…夢、ですか…?」

先生「つーぶーらーやーくーん?」

光彦「っはい!」

ぺしん

先生「居眠りしないの!」

光彦「痛い…」

歩美「泣いてる…」

先生「えっ?ごめんなさい円谷君、痛かった?」

光彦「痛かった、です…痛かったです、でも…それが…嬉しくて…」

元太「おい、おめー窓になっちまったのかよー」

コナン「それを言うならマゾだろ、バーロー」

灰原「どこで覚えたのよ…」

先生「円谷君、ごめんなさいね、大丈夫?」

光彦「大丈、大丈夫です…大丈夫です、コナン君…ありがとうございます、ありが、ああ、うっ…ありがとう、ございます…」

灰原「あなた、彼に何かしたの…?」

コナン「なっなにもしてねーよ!」

元太「おいコナン!なんだよ!うな重か?」

コナン「ちげーよ!」




42: 名無しさん 2014/04/08(火)04:24:01 ID:BSEuayWSE

灰原「円谷君、よかったら、これ、使って」

光彦「灰原、さん…ううっ…ぐっ、ひっく、うう、ああ、あああああ、うぐ、うう」

灰原「もう、仕方ないわね」

元太「おっ熱々だな〜」

歩美「キャーキャー!」

コナン「光彦は灰原が好きだからな〜」

光彦「うう、ん…ありがとう、ございます…」

灰原「もう、やめなさいよ」

コナン「あれれ〜これバラしちゃダメなんだっけ〜?」

光彦「…すー…はー…」

光彦「ひどいですよコナンく〜ん!」

おしり




44: 名無しさん 2014/04/08(火)04:34:57 ID:BSEuayWSE

ぐにゃ〜

もう駄目だなこりゃ

やっぱり小学生には耐えられなかったんじゃよ、最初から爆発にしておけば…

全然楽しめなかったわ

え〜なんか笑ってるよ〜?

みつ、ひこ…

光彦(ひどいですよコナンく〜ん!)

本当の本当におしり




45: 名無しさん 2014/04/08(火)04:37:45 ID:BSEuayWSE

新しい世界線は出来たのかもしれない、極度のストレスによる苦痛緩和のために脳が見せた幻覚だったのかもしれない

みたいなね、思い付きで書いちゃ駄目だってわかった
光彦SSは大好きです、いじめるのを見るのも好きだけれど、救われるのがあってもいいかなって!




46: 名無しさん 2014/04/08(火)04:41:07 ID:Q6pp2o1gN

おつん




47: 名無しさん 2014/04/08(火)04:59:09 ID:84p6x5D7m

乙凄く引き込まられた




48: 名無しさん 2014/04/08(火)07:04:58 ID:0VW1GPXmN

>>1乙。面白かった!
しかし、この扱いで救われる話って……光彦SSは恐ろしいな





カテゴリー「名探偵コナン」のSS一覧
SS宝庫のオススメSS
 

最新記事50件