過去の良作・時事ネタの再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします。
SS宝庫のオススメSS(2015/02/20追加済み)

2:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 00:39:40 ID:VjR1sVcs

ーーーー食堂

男「んん?」モグモグ

嬢「いいかしら?座っても」

男「んん」コクリ

嬢「今日もいい天気ね」

男「んん」コクコク モグモグ

嬢「そんな日にはサンドイッチね」

男「(ていうか・・・誰だコイツ・・・)」





元スレ
お嬢様「隣、空いてるわよね?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381678729/


3:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 00:44:12 ID:VjR1sVcs

嬢「もう・・・お腹いっぱい」

男「早っ」

嬢「食べる?」

男「食堂で出されてるやつじゃないよな?」

嬢「えぇ、自家製よ」

男「ふーん」クンクン

嬢「変なモノなんて挟んでないわよ」

男「じゃあ頂く だが放課後に食べるかな」





4:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 00:47:26 ID:VjR1sVcs

嬢「生物よ?」

男「じゃあ今頂く」

嬢「どうぞ」

男「ふぁむ」モグモグ

嬢「食堂って・・・人多いわよね?」

男「んん」コクリ

嬢「一人でご飯しているのなんてあなたくらいじゃないかしら」

男「ふぉーかな?」

嬢「一人で食べる場合には普通、おトイレで食すものじゃないの?」





5:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 00:52:45 ID:VjR1sVcs

男「はぁ?なんで便所で食うんだよ」

嬢「あら?知らないの?私たち高校生や大学生の間では有名よ?」

男「教室で食えばいいじゃん」

嬢「一人で食す事に抵抗があるのよ」

男「抵抗?なんで?」

嬢「そ、それは周りの目よ」

男「????」

嬢「あなた、結構度胸があると言われない?」

男「おぉ、よくわかったな」





6:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 00:59:03 ID:VjR1sVcs

嬢「周りは皆で仲良くランチを嗜んでいるなか、一人寂しくご飯を食べる・・・と捉えているのよ」

男「ふーん」

嬢「だから誰にも見られない場所で食べるわけ」

男「食堂の飯旨いのに勿体無いな」

嬢「確かにそうね」

男「誰か誘えばいいだけじゃん」

嬢「そんなのできたらしてるわよ」ボソッ





7:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 01:56:49 ID:VjR1sVcs

ーーーー翌日

男「・・・(弁当ちっさ)」

嬢「ご馳走様」

男「それ、自分で作ったのか?」

嬢「ええ 少ないし片手間だけど」

男「中身、昨日のサンドイッチとあまり変わらないんじゃないか?」

嬢「鋭いわね」

男「少食のくせに偏食だな」

嬢「良いモノに偏ってるから平気よ」

男「飽きるだろ」





8:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 02:02:56 ID:VjR1sVcs

ーーーー放課後

男友「なあ」

男「んー?」

男友「お、お前・・・嬢さんとつき合ってるのか?」

男「嬢さん・・・?誰だ?」

男友「いやいやいや最近よく昼飯一緒に食ってんじゃん!!」

男「あぁあいつか・・・嬢っていうのか」

男友「は?」

男「いや、名前知らんかったから」





9:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 02:07:41 ID:VjR1sVcs

男友「名前知らんかったって」

男「知らねえよ 飯食ってたらいきなり話し掛けてきたんだよ」

男友「それはお前脈ありだろ」

男「なんでだよ」

男友「クールビューティの嬢さんから話し掛けるなんてすごいことなんだぞ!」

男「クール?あれが?」

男友「クールじゃん!」

男「そうか?」





10:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 02:47:45 ID:VjR1sVcs

男友「明日さ、お前食堂だろ?」

男「あぁ」

男友「一緒に食おうぜ!俺も嬢さんと話してみてぇ」

男「面白い話なんかしてないぞ?」

男友「いいんだって」

ーーーーー翌日、食堂

男「この黄色、かぼちゃで着色してるんだぜ?」

男友「ふーん、おっ?」

嬢「隣、いいかしら?」





11:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 03:46:33 ID:VjR1sVcs

男「座ってから言うなよ」

嬢「隣、良かったかしら?」

男「良かった良かった」

男友「あのっ、A組の嬢さんだよね?」

嬢「はい」

男友「は、初めまして!俺は男の友達の男友っす!」

嬢「(男・・・)」

男「あ、ちなみに俺は男な」

嬢「初めまして、男友さん」

男「おい」





13:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 03:54:38 ID:VjR1sVcs

嬢「なにかしら?」

男「俺にはないのかよ」

嬢「初めましてでもないでしょう」

男「あぁそうだった・・・(いやまあそういうわけじゃないんだが)」
・ 



男友「いやー、嬢さんって間近で見るとやっぱり美人だよな」

男「ま、あの外見じゃ人生イージーだろうよ」

男友「でもなんでお前なんだ?」





14:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 03:59:47 ID:VjR1sVcs

男「何がだよ」

男友「だからー、何でお前が嬢さんに話し掛けられてんだって話!」

男「んー」

男友「悪漢から救ったとか?」

男「ない」

男友「通学路の角でぶつかったとか!?」

男「ないない」

男友「幼い日に実は結婚を誓い合った仲だったとか!?」

男「ないないない」





15:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 04:16:42 ID:VjR1sVcs

男友「で、お前は狙ってるのか?」

男「は?彼女にしたいって意味か?」

男友「たりめーよ」

男「全くないけど」

男友「お前ホモ?」

男「短絡的すぎだろ!」

男友「可愛いとか美人だとは思うだろ?」

男「そりゃあな」





16:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 04:33:59 ID:VjR1sVcs

男友「メアドとか知ってる男子なんていないんだぞ?」

男「俺だって女子のメアドはクラス委員のしか知らん」

男友「おまホモ?」

男「だからちげーよ それと微妙に略すな」

男友「嬢さんに興味ねーの?」

男「興味とか言われても知り合ったのこの間だぞ」

男友「愛に時間は関係ないんだぜ!ヒュー!」

男「はいはい」





19:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 12:41:46 ID:foEBHLDs

ーーーーまたまた翌日 食堂

嬢「隣、いいかしら?」

男「んん」モグモグ

嬢「あら?昨日いた方はいないの?」

男「ん」コクリ

嬢「そう」

男「弁当だから部室で食べるそうだ」

嬢「部室・・・ずるいわね」

男「ずるいのか?」





20:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/14(月) 12:43:40 ID:foEBHLDs

嬢「だってのびのびと食べれそうじゃない」

男「確かにな」

嬢「ねえ」

男「なんだ?」

嬢「・・・なんでもないわ」

男「?」





21:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 16:52:26 ID:foEBHLDs

ーーーー翌週 食堂

先輩「よお男ー!暇ならいつでも部室来てくれよー」

男「んんー」モグモグ

先輩「相変わらず何考えてるか掴めない奴だな、ははは」

男「今週顔出してみますよ」

先輩「おうよ!一局頼むぜ!じゃな!」

男「どもどもー」

嬢「・・・隣、いいかしら?」

男「いちいち聞くなよ・・・好きなところすわればいいだろ」





22:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 17:36:59 ID:foEBHLDs

嬢「あらそう」

男「またサンドイッチか」

嬢「手軽なのよ それより今のお方は誰?」

男「ん?ああ将棋部の先輩だよ たまに部室行って打ったりするからさ」

嬢「そう」

男「将棋、できるのか?」

嬢「・・・知らない」





23:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 17:40:24 ID:foEBHLDs

男「あらー」

嬢「でもものすごく興味はあるわ 誰かに教えを請いたい気分だったの」

男「な、なんだよその目」

嬢「丁度いい機会だと思うの」

男「教えて欲しいのか?」

嬢「私は物覚えがいい方よ」エッヘン

男「っても放課後だぞ?」





24:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 17:42:46 ID:foEBHLDs

嬢「平気よ(放課後に予定なんてないし・・・)」

男「じゃあ明日だな」

嬢「あら?今日じゃなくって?」

男「今日は俺がバイトの日だから駄目だ」

嬢「アルバイトをなさっているのね」

男「まあ」

嬢「何をしているの?」





25:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 17:46:39 ID:foEBHLDs

男「んー?んーファミレス」

嬢「どこの?どこの?」

男「お前来る気満々じゃねーか」

嬢「気になるだけよ」

男「俺の地元だよ ●●駅の方だし」

嬢「そう、私も最寄りは●●だわ」

男「」

嬢「ふふ」





33:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:02:44 ID:GwmpZdfM

ーーーーある日

男「今日は昼に予定あるんだった」

男「・・・コンビニでおにぎり買っておくか」




ーーー昼

嬢「あら?食堂には行かないの?」

男「ぬおっ!びっくりしたじゃねーか」

嬢「ボーッとしすぎよ」





34:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:05:50 ID:GwmpZdfM

男「今日は委員会の資料作成があるんだよ」

嬢「・・・そう」

男「なんならお前も手伝えよ」

嬢「へ?」 

男「誰かと食べるわけでもないんだろ?」

嬢「まあ・・・、そうだけど」

男「会議室で食べようぜ」

嬢「うん」





35:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:09:02 ID:GwmpZdfM

嬢「人様の弱みにつけ込んで手伝えよだなんて」

男「弱みなんて握ってないだろ」

嬢「・・・っそ」

ーーー第?鵺会議室

後輩「あ、男先輩!」

男「もう終わった?」

後輩「んなわけないじゃないですか」

男「ですよね」





36:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:11:26 ID:GwmpZdfM

後輩「お隣のクールビューティーは・・・まさか・・・先輩の・・・」

男「愛人だ」

嬢「!?」

後輩「なんだ、やっぱりただの友達ですか」

男「やっぱりってなんだよ」

嬢「・・・」

男「どうした?」

嬢「オホン、なんでもないわ」





37:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:14:16 ID:GwmpZdfM

後輩「先輩、庶務なんだから働いてください!」

男「えらそーに」

後輩「私は会計なんですから!(エッヘン」

男「カーストは同じだろ」

後輩「とりあえず、あとはここ書いて必要部数をコピーするだけです」

男「委員長は?」

後輩「別の用事があるそうです」

男「俺、字下手だからなあ」





38:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:17:26 ID:GwmpZdfM

男「そうだ、嬢が書いてくれ」

嬢「わ、わたし?」

男「字上手そうだし」

嬢「ペン字ね・・・得意というわけじゃないけど」

男「後輩は甲骨文字みたいになるからさ」

後輩「可愛い女の子文字だと言ってください」





39:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:20:07 ID:GwmpZdfM





委員長「すげえ綺麗にできたなあ今回の広報」

男「いやあそれほどでも」

後輩「嬢先輩のおかげです」

嬢「私はただ書いただけで・・・」

委員長「いやいや上手い・・・字から気品を感じる」

嬢「ありがとうございます」

委員長「書記やんない?」





40:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:22:32 ID:GwmpZdfM

嬢「へ?」

委員長「今うち男が書記兼任みたいなもんだからさ」

嬢「・・・えっと」

男「やるそうです」

後輩「まだ返事してませんよ」

男「やろうぜ、な?」

嬢「うん」

委員長「(ほう?)」
後輩「(完全にホの字ですねえ)」





41:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:25:43 ID:GwmpZdfM

ーーーーーーある日

委員長「男、あんな美人な彼女どうやってゲットしたんだ」

男「え?俺彼女いないっすよ?」

委員長「鈍いなあ・・・嬢さんだよ」

男「嬢とは別に付き合ってるとあないですけど?」

委員長「えー?好きじゃないの?」

男「恋愛感情??んー、よくわからん」

委員長「逃がした魚は大きいゾ?」

男「なんすかそれ」





42:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:28:14 ID:GwmpZdfM

男「まだ知り合ってそんな時間経ってないし」

委員長「愛に時間なんて関係ないんだぜ・・・」

男「んー、そもそも・・・なんで・・・」

委員長「? 」

男「あいつは俺に話し掛けてきたんだろう・・・って」

委員長「食堂でだっけ?」





43:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:31:20 ID:GwmpZdfM

男「はい」

委員長「まあ堂々と独りでメシ食ってるお前が珍しく感じたんじゃないか?」

男「そんなもんすかね」

委員長「面識はないのか?」

男「一年のころは隣のクラスだったし 今も違うクラスですよ」

委員長「ふーん」

男「だからあんまり嬢のこと知らんっちゃ知らんのですわ」





44:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:35:15 ID:GwmpZdfM

ーーーーーーーある日

男友「なあなあ!お前、嬢さんと付き合ってんの?」

男「んー、付き合ってない」

男友「でもよく一緒にいるじゃん」

男「でも付き合ってはないぞ?」

男友「嬢さんって10人近く振ってきたんだぜ?それをなんでお前なんだよ」

男「知るかよ」





45:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/20(日) 11:38:52 ID:GwmpZdfM

男「仮に俺が申し込んでも振られるだろ」

男友「いーや 嬢さんがあんなに男子と仲良く喋ってる事なんて一年のときも無かった」

男「そうなんか?」

男友「お前、何したんだよ」

男「だからなんもしてねーって」

男友「池面先輩やサッカー部の主将も撃沈してんだぞ?」

男「ひえー」





48:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 22:42:11 ID:7KIrngdw

男友「なんでだよ!」

男「知るかってそんなもん 逆に言えば恋愛対象として見られてすらないんじゃねーの?」

男友「ほう」

男「気軽に飯でも食える友達みたいにしか思われてないって」

男友「お前、自分で言ってて悲しくならないのか?」

男「・・・割と虚しいな」

男友「だろ?」





49:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 22:47:00 ID:7KIrngdw

男友「一年の時は一緒のクラスだったが鋭いオーラみたいなのがあったぜ」

男「まあ気品はあるよな」

男友「だろー?それでいて気取っていないようで気取っているような・・・」

男「どっちだ」

男友「結構噂になってんだぞ?お前と嬢さん」

男「っていうか、あいつあんまり他の女子とつるんでないよな」

男友「そ、それは・・・」

男「なんかあるのか?」





50:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/24(木) 02:08:25 ID:Jxy8radI

男友「女子の妬みというものは怖いものでして・・・」

男「あぁー」

男友「嬢さんってさ、一年生の時は[眼鏡]してたんだよ」

男「ふむ」

男友「そんで今よりは地味っていうかおとなしい感じだったからさ」

男「虐められてるようには見えないが」

男友「微妙に避けられてたって感じじゃね?」





51:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/24(木) 02:12:31 ID:Jxy8radI

男友「なんでも女子の人気学校ナンバーワンと学年ナンバーワンを二人も撃沈させちまったんだしな」

男「女って怖いな 妬む理由なんて一つもないだろ」

男友「気に食わないんだってさ・・・怖いよなあ」

男「美人は色々と大変なんだな」

男友「まあウチって可愛い女子多いからな」





52:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/24(木) 02:15:02 ID:Jxy8radI




ーーーー秋

男「雨かよ・・・」

嬢「あら?雨宿り?」

男「うむ」

嬢「そう」

男「傘無いのか?」

嬢「おあいにく様。私も今日は持ち合わせがないの」

男「なんだ 残念」





53:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/24(木) 02:19:33 ID:Jxy8radI

嬢「残念って・・・奪うつもりだったの?」

男「駅まで入れてもらおうかと」

嬢「・・・オホン つつつ、つまり相合い傘と言うわけね」

男「あー そうか、恥ずかしいな」

嬢「気付くの遅いわよ」

男「まあ止みそうだから図書室で本でも読むよ」

嬢「なら私もそうしようかしら」





54:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 02:22:04 ID:Jxy8radI

ーーーーーー図書室

嬢「人、いないわね」

男「三階の漫画コーナーになら結構いるんじゃないか?」

嬢「漫画にしないの?」

男「雨が降る午後は活字が恋しくなるんだ」

嬢「・・・変なの」

男「ってもちゃちゃっと読めるものがないなあ」

嬢「そうね」





55:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 02:32:52 ID:Jxy8radI

嬢「異邦人・・・」

男「ん?これ?」

嬢「興味を引くタイトルね」

男「有名だぞ」

嬢「そうなの?あなたは読んだの?」

男「一応はな 気になったんだが嬢ってハーフとかクォーターだったりする?」

嬢「鋭いわね お婆様がロシア人なの」

男「なるほど」





56:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 02:36:08 ID:Jxy8radI

嬢「とは言ってもイランの生まれらしいけど・・・」

男「ややこしいな」

嬢「まあ私って目元から鼻にかけて整っているじゃない?」

男「自慢ですか?自慢ですか?」

嬢「まあそれに手足も長い方だし・・・」

男「あ、自慢ですね」

嬢「お胸もまた成長したみたいだし・・・」

男「なんと」

嬢「血には抗えないものね」





57:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 03:59:19 ID:Jxy8radI

男「この異邦人ってのはまあ、不条理を題材にした本だよ」

嬢「不条理?」

男「読んでみろよ」

嬢「そうね 借りてみるわ」

男「一行目は気にするなよ」

嬢「?」

一行目

きょう、ママンが死んだ





58:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 04:33:40 ID:Jxy8radI

嬢「雨、止んだみたいね」

男「そうだな 帰りますか」

嬢「そうしましょう ●●駅まで一緒でしょ?」

男「うむ」

嬢「・・・あなたってやっぱり変わってるわね」

男「な、なんだよ急に」

嬢「別に ふと思っただけ」

男「至って普通だと思うけどなあ」





59:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 06:38:44 ID:Jxy8radI

嬢「私のような美人のお誘いに顔色変えずに[うむ]だなんて」

男「なんだよ 恥ずかしがってほしかったのか?」

嬢「そんなあなたも見てみたいわね」

男「しゃーなしだな!今から超絶演技でしどろもどろしてやんよ」

嬢「男、一緒に帰りましょう」

男「えっ!?えっー、ぼぼぶぉ、ぼくとですかぁーッ!?」

嬢「・・・・・・気持ち悪い」

男「はい」





60:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 06:50:40 ID:Jxy8radI

ーーーー電車待ち

嬢「この時間帯だと混んでいるわね」

男「帰宅ラッシュすなあ」

嬢「混んでいると痴漢にあうから嫌ね」

男「やっぱりされるもんなんだ」

嬢「さり気なく通り過がりにがっつり触って行くのが一番多いわね」

男「さり気なくがっつりって」

嬢「まあ今日はあなたがいるから安心だわ」

男「へ?」





61:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 21:45:46 ID:OxOMYji6

ーーーーー電車

男「(狭い・・・)」

嬢「むう」

男「(近い・・・)」

嬢「変な気起こさないでね?」グイッ

男「ワザとやってるな?」

嬢「何がかしら?」

男「近いだろ」





62:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 21:52:22 ID:OxOMYji6

嬢「気のせいよ 混んでるからよ」

男「はあ(胸が・・・)」

嬢「嫌?」

男「そういうわけじゃないが」

嬢「そう なら寄っかかってもいいわよね」

男「んなっ、おっおい」

嬢「楽ね・・・」





63:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/24(木) 21:59:12 ID:OxOMYji6

ーーーーー●●駅

嬢「着いたわね」

男「なんか疲れた・・・」

嬢「お疲れ様」

男「はあ」

嬢「私は迎えの車で帰るけど、良かったら送るわよ?」

男「いやいいよ 俺バスで帰るから」

嬢「そう 遠慮はいらないわ」

男「いやだから」

嬢「さ、乗って?」





64:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/26(土) 01:03:09 ID:UEPupxu2

ーーーー車内

男「あの」

嬢「なあに?」

男「どこに向かってるんだ?」

嬢「あら、私の家に決まっているじゃない」

男「・・・」

嬢「夜、何かご予定でもあったの?」

男「特にはないんだが・・・」

嬢「ならいいじゃない」





65:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/26(土) 01:06:03 ID:UEPupxu2

嬢「ねえ?お母さん」

嬢母「男君、遠慮はいらないからウチで夕飯でも食べていって」

男「は、はあ」

嬢「親御さんにはこちらから連絡を・・・」

男「いや、その必要はないから平気」

嬢「?、そう」

男「なんかすみません」

嬢母「ふふふ、いいのよ」





66:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/26(土) 01:10:36 ID:UEPupxu2

ーーーーー嬢宅

男「思ったより古風な家だった」

嬢「言っておくけど、ウチは言うほどお金持ちってわけじゃないわよ?」

男「嫌みにしか聞こえんぞ」

嬢「さ、上がって」

男「おじゃまします」



男「なあ、嬢は兄弟とかいるのか?」

嬢「兄と姉がいるわ」

男「そうなのか」

嬢「兄のほうは既に実家を出ているの」

男「ふーん」





67:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/26(土) 01:13:46 ID:UEPupxu2

嬢「姉も今は寮だから、家には私1人ね」

男「そうなのか」

嬢母「夕飯の支度をするから買い物に出掛けてくるわね」

嬢「行ってらっしゃい」

男「あ、お気をつけて」

嬢「私はこの 異邦人 を読もうかしら」

男「今読むのかよ」





68:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/26(土) 01:16:31 ID:UEPupxu2

嬢「割と気になるのよ」

男「じゃあ俺は宿題でもやろうかな」

嬢「意外な選択肢ね」

男「なんでだよ」

嬢「てっきり居眠りでもするのかと」

男「んー、そう言われてみれば眠い」

嬢「夕飯までにはまだ二時間はかかるわよ」

男「んー」





69:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/26(土) 16:39:04 ID:UEPupxu2

男「おー、ベッド柔らけえー」ボフン

嬢「だからって普通寝ないわよね?」

男「・・・宿題しよ」

嬢「そう 私はこれを読むとしましょう」

男「眼鏡?」

嬢「家ではね」

男「んー?んー・・・」

嬢「どうかした?」





70:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/26(土) 16:41:42 ID:UEPupxu2

男「いや、どこかで見たことあるような雰囲気だったから」

嬢「・・・どこかしら」

男「まあ、気のせいでっしゃろ」

嬢「・・・」ムスー

男「あれ?な、なんで怒るんだ?」

嬢「読むから黙っていて頂きたいものね」

男「はい」





71:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/26(土) 20:36:52 ID:qoCjOxJ6

お嬢ずいぶん積極的だなww
そしてなにやらwktkな展開になりそうな感じ





73:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/28(月) 03:38:23 ID:2dIfVXls




嬢「ねえ」トントン

男「んぁ・・・ッッ・・・・・・寝てた?」

嬢「ええ」

男「不覚だった」

嬢「随分とぐっすり眠っていたわね」

男「いやあいいベッドなもんで・・・」

嬢「だからって普通は寝ないわよ」





74:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/28(月) 03:49:19 ID:2dIfVXls

男「で、読書してたんだっけ?」

嬢「もう読み終わったわ」

男「早っ!」

嬢「とても感慨深い作品だったわね」

男「うむ」

嬢「主人公の男がどこかあなたに似ていたわ」

男「おいおい」





75:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/28(月) 21:42:13 ID:D/5QNbbQ

嬢「どことなくね」

男「俺は母親が亡くなった時は号泣したぞ」

嬢「?・・・それっと」

男「そういうことだ」

嬢「っ、ごめんなさい そんなつもりはなかったの」

男「いいよ、言う機会なんてないからな」

嬢「・・・」





76:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/28(月) 21:54:26 ID:D/5QNbbQ

男「でもそれを差し引いて似ているか?」

嬢「どことなく・・・よ」

男「抽象的だなあ」

嬢「正直者って言ったらいいかしら」

男「正直者?俺が?」

嬢「えぇ」

男「んー、確かに嘘は苦いかも」





77:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/28(月) 21:58:16 ID:D/5QNbbQ

嬢「そんなあなたに・・・」

男「ん?」

嬢「何でもないわ」

男「何だよ気になるじゃねーか」

嬢「そろそろご飯の時間じゃないかしら」

男「お、おう」

嬢「さ、行きましょう」





78:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/28(月) 22:02:48 ID:D/5QNbbQ

嬢母「あら?二人で仲良く・・・ムフフフ」

嬢「お母さん、あのね」ゴニョゴニョ

嬢母「・・・・・・そう 男君の・・・」

嬢「うん」

嬢母「任せて!」

嬢「うん ありがとうお母さん」

男「おぉ、すごい美味しそう」





79:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/28(月) 22:22:23 ID:D/5QNbbQ

嬢母「男君!今日はたっくさん食べてね!」

男「ありがとうございます」

嬢母「それじゃあ三人で頂きましょうか」

嬢「うん」

男「はい」




男「ご馳走様でした」

嬢「ご馳走様」

男「料理上手いな、嬢の母さん」





81:じゅんじゅわー& ◆EgSTmnu/jM:2013/10/31(木) 11:30:38 ID:Ok82wApk

嬢「調理師学校の講師なのよ」

男「そうだったのか その娘の割には・・・」

嬢「いい方に偏ってるから問題ないわ」

男「肉も食べろよ」

嬢「人並み程度には食べているつもりなんだけど」

男「そうは見えんな」





88:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/10/31(木) 23:01:53 ID:AYz1nv5.

男「そろそろ帰らねーとな」

嬢「えっ?」

嬢母「・・・!」

男「時間も時間だし」

嬢母「あら?全然迷惑じゃなくってよ?」 

嬢「もう少しゆっくりしていったら?」

嬢母「泊まっていったらどうかしらん?」

嬢「泊まっー!?」

男「ご好意は嬉しいんですが洗濯物仕舞ったりしないと・・・」





90:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/10/31(木) 23:06:07 ID:AYz1nv5.

嬢母「あら・・・残念だわ」

男「いえいえ」

嬢母「じゃあお家まで送っていくわよ」

嬢「そうね」

男「悪いですよ」

嬢母「遠慮しちゃだめよ ふふふふ」

嬢「(何か企んでる笑い・・・)」

男「じゃあお言葉に甘えて」





91:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/10/31(木) 23:09:41 ID:AYz1nv5.





男「このマンションです」

嬢母「じゃあここでいいかしら?」

男「はい、ありがとうございます」

嬢「じゃあね また来週」

男「ああ、今日は楽しかったよ」

嬢「た、楽しかった・・・?(私と一緒にいてかな?)」

嬢母「・・・・・・」





92:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/10/31(木) 23:13:39 ID:AYz1nv5.

嬢母「んもう嬢ったら、ほらちゃんと外に出てお見送りしなさい」

嬢「え?あ、うん・・・」

男「いやそこまでしなくても」

嬢母「あ!急用を思い出したの!!私行かなきゃ!」

二人「!?」

嬢母「じゃあねえ!男君!嬢を一晩宜しくお願いねぇええ!」

ーーブロロロ

男「えっ?はっ?」

嬢「行ってしまったわ」





93:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/10/31(木) 23:17:15 ID:AYz1nv5.

男「行ってしまったって・・・」

嬢「私、生憎土地勘もなければお金の持ち合わせもないわ」

男「・・・」

嬢「・・・」

男「とりあえず上がろう」

嬢「ええ」

ーーーーーー

嬢「お父様は?」

男「月末まで出張中だよ」





94:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/10/31(木) 23:20:17 ID:AYz1nv5.

男「あんまり家にはいないからな」

嬢「そう・・・この遺影はお母様のね」

男「ああ」

嬢「家では1人が多いのね」

男「まーな、だからアルバイトで暇潰してるってのもあるよ」

嬢「そう」

男「にしても、学校の時とまるで雰囲気違うな」





95:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/10/31(木) 23:25:09 ID:AYz1nv5.

嬢「そうかしら?」

男「まあそっちのほうが俺は好きだけどな」

嬢「ッ・・・」

男「どうした?」

嬢「異性に対してそう簡単に好きだとか言わないほうがいいわよ」

男「す、すまん」

嬢「それにあなた、この姿に見覚えないかしら?」

男「・・・、・・・・・・見覚え・・・」





96:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 01:43:34 ID:A2Babp5c

男「あぁぁあ!!校外学習の時の!!!!」

嬢「やっと思い出したのね」

男「根暗方向音痴ちゃんか!!」

嬢「ッ・・・そ、そんな風に覚えられていたのね」

男「雰囲気変わったな!」

嬢「あなたが変えろと言ったんじゃない」

男「そうだったっけか・・・?」





97:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 01:47:04 ID:A2Babp5c





一年時

男「やべ」

男「みんなとはぐれた」

PLL...

男「男友!今どこに!・・・あ、はいはい うーむ」

男「集合時間にはホテル前に着くようにするわ・・・いや、一人でも俺は大丈夫さ」

男「おう じゃーな」

男「・・・やれやれ まあ一人になったもんはしょうがないな」





98:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 01:50:20 ID:A2Babp5c

嬢「(どっどどどうしよう・・・皆とはぐれた)」

男「ん?・・・ウチの制服だな」

嬢「(ど、どうしよ・・・お母さんに連絡?高校生にもなって?)」

男「なあなあ」

嬢「(どうしよどうしよ)」

男「へい」

嬢「どっ!?」

男「どっ?」





99:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 01:53:19 ID:A2Babp5c

男「ウチの高校だろ?もしかしてはぐれたとか?」

嬢「・・・・・・」コクン

男「駄目だぜ迷子になっちゃー」

嬢「ご、ごめんなさい」

男「まあ俺もはぐれたんだけど」

嬢「(えー)」

男「班の皆には連絡したのか?」

嬢「まだ・・・・・・その、連絡先・・・知らない・・・」

男「そうか」





100:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 02:01:13 ID:A2Babp5c

嬢「・・・・・・」

男「まあいいや とりあえずどっか回ろうぜ」

嬢「えっ?」

男「ん?」

嬢「一緒に!」

男「いいじゃん 一人で回るより面白いし」

嬢「・・・うん」





101:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 02:29:18 ID:A2Babp5c





男「そろそろホテルに戻らないとな」

嬢「もうそんな時間??」 

男「あぁ、語りすぎて疲れた」

嬢「・・・でも、楽しかったわ」

男「そうか それはよかった」

嬢「はぐれてもはぐれてなくても、私友達なんていないから」

男「そう悲観するなよ」





102:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 02:38:01 ID:A2Babp5c

嬢「でも・・・」

男「そのための校外学習だろ 俺だって友達あんまいないしさ」

嬢「・・・」

男「そんなうじうじしてないでもっと堂々するべきだよ」

嬢「そ、そんな・・・無理・・・」

男「そうかあ?見た目は美人だし、眼鏡もとって髪下ろしたらかなり様にはなると思うが・・・」

嬢「うぅ・・・」





103:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 02:42:05 ID:A2Babp5c

男「ま、とにかく班の皆に謝罪だな」

嬢「うん」

男「連絡先も聞いとけよ」

嬢「わかった」

男「よし!俺行くわ、じゃあな!」

嬢「あ、・・・ま、またね」




男「今思えば完璧ナンパだな」

嬢「ええ、ナンパね」





104:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 02:44:02 ID:A2Babp5c

男「でも雰囲気変わったな」

嬢「今は去年と同じ格好よ?」

男「んー、中身の部分だよ 堂々としてる」

嬢「そうかしら」

男「凛々しいって言葉が似合うね」

嬢「あなたのおかげよ」

男「?」





105:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 02:46:57 ID:A2Babp5c

嬢「変わった私を見てもらいたくて、あの日あなたに声をかけたの」

男「食堂?」

嬢「ええ でもあなたは校外学習で出会った私とは気付かなかったわ」

男「スイマセン・・・」

嬢「だけど隔てなく私と接してくれたのは嬉しかった」

男「んー、そういう性格なんだよ」

嬢「・・・ねえ」





106:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 02:50:03 ID:A2Babp5c

男「?」

嬢「私だけ、あなたの特別になれ・・・ませんか?」

男「な、なんで急に敬語」

嬢「・・・」ジーッ

男「それこの内容ってまるで」

嬢「告白よ 愛の、ね」

男「ぉおおお俺に?」

嬢「あなたに」





107:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 02:59:18 ID:A2Babp5c

男「・・・他に好きな奴がいるわけではないし、嬢といると確かに楽しい」

嬢「そう」

男「付き合うという言葉にどうも現実味が持てないってのが事実なんだ」

嬢「私も以前はそうだったわ」

男「ふむ」

嬢「けどね、あなただけは異性として特別に見ている事実に気付いたの」

男「特別かあ」

嬢「私を、見れそうにない?」





108:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 03:04:41 ID:A2Babp5c

男「・・・いや、既に特別には見ているよ」

嬢「そう」

男「それが恋愛感情での特別や好きかってのはわからん」

嬢「あなた、誰かを好きになったことはある?」

男「ないなあ マザコンだったし」

男「小学生の時に母親が無くなって・・・少し変わったかもな、俺自身」

嬢「どう変わったの?」





109:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 03:13:37 ID:A2Babp5c

男「心にポッカリ穴が開いた気分だよ」

嬢「・・・」

男「いや、実際に開いていたな」

嬢「それは・・・そうよね」

男「それ以来は人とよく話すようになったよ」

嬢「普通は鬱ぎ込むものよね」

男「あぁ、反動だろうな 寂しさ埋めたくて・・・」

嬢「私は何処にも行かないと誓うわ」





110:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 03:24:08 ID:A2Babp5c

男「うぐ」

嬢「あら?もう一押し?」

男「口に出すなよ」

嬢「手を貸して」

男「ん?」

嬢「実際に触れれば変わるかしら?」ギュウ

男「・・・すべすべで、冷たいな」

嬢「冷え症なのよ」





111:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 03:32:56 ID:A2Babp5c

男「なんか恥ずかしいな・・・手を握られてるだけなのに」

嬢「あなたが好き」

男「ッ・・・」

嬢「今すぐにでもあなたに捧げてもいいのよ?」

男「な、なんか思ったより積極的なんだな」

嬢「ふふふ 自分でもびっくりなくらい」サッ

男「なっ、ちょ!どこに手をやってっ・・・」

嬢「お胸」





112:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 03:36:04 ID:A2Babp5c

男「い、いやそれはわかるんだが・・・(や、柔らかい・・・)」

嬢「あなたでもそんな顔して焦るのね」

男「当たり前だ!」

嬢「結構可愛くて素敵よ?」

男「焦らん奴はホモくらいだって・・・(ていうか・・・)」

嬢「結構大きいでしょう?」

男「むう」モミモミ

嬢「ひゃっ」





113:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 03:41:25 ID:A2Babp5c

男「す、すまんつい!!」

嬢「別に、・・・いいけど」プイ

男「・・・・・・」

嬢「?」

男「・・・可愛いんだな、嬢って」

嬢「それはどういう意味?」

男「そんな事されたら嫌でも意識するよ」

嬢「今は好きと確信できなくてもいいわ」

男「・・・」

嬢「けどね、いつかは私はあなたの特別になりたいの」





114:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 03:46:02 ID:A2Babp5c

男「もう十分特別だよ」

嬢「ふふふ まだまだ物足りないわね」

男「俺と付き合うってことか?」

嬢「えぇ、恋人同士のお付き合いを・・・求めるわ」

男「デリカシー無かったりするかもだけど、宜しく御願いします」

嬢「ふつつか者ですが、こちらこそ御願い致します」

男「・・・」

嬢「・・・」





115:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 04:08:54 ID:A2Babp5c

男「まあ恋人同士になったところで、変に焦る必要もないよな」

嬢「あなたは本当にマイペースね いい意味でだけど」

男「うんうん」

嬢「さっきは人の胸をさんざん揉みほぐしたくせに・・・」

男「イヤイヤイヤイヤ!まだちょっとしか揉んでないだろ!」

嬢「まだ?ちょっと?」

男「くっ、出たな妖怪揚げ足取りめ」

嬢「言ったでしょう?私は捧げて構わないって」





116:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 04:18:45 ID:A2Babp5c

男「・・・まあさっき恋人になったばかりなわけだし」

嬢「愛に時間は関係ないわよ」

男「物事には順序があるだろ」

嬢「この際順序すらもどうでもいいわ」

男「落ち着けって まずは連絡先の交換からな」

嬢「それもそうね」





117:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 04:21:53 ID:A2Babp5c




男「うむ お互いの誕生日も知らなかったわけだな」

嬢「そうね」

男「とりあえずは登録完了」

嬢「完了したところで」

男「珈琲でも淹れますか」

嬢「むう」





118:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/01(金) 05:33:19 ID:A2Babp5c

男「隣に座るのか」

嬢「恋人同士なんだし」

男「恋人関係なく座ってたじゃねーか」

嬢「そうね じゃあもっと近くに寄り添うわ」ズイッ

男「お、おぉう(おっぱいが・・・)」

嬢「どうかしたの?」

男「この距離は・・・いいものだな」

嬢「人肌の温もりを感じる距離ね」





127:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/02(土) 18:09:35 ID:7kYyl8Tk

男「でも恥ずかしいな」

嬢「誰かに見られているわけじゃないんだし」

男「そういう問題じゃないって」

嬢「そうかしら?」

男「例えば腕に、そ、その・・・当たっていたり・・・」

嬢「これ?」ムニムニ

男「おおぉお押し付けるなよっ」

嬢「そんなに意識してしまうものなの?」





128:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/02(土) 18:12:38 ID:7kYyl8Tk

男「・・・何でだろうな」

嬢「私としては・・・こうやって押し付けるのは好きかもしれないわ」

男「好きって」

嬢「落ち着けるの もちろんあなたにだけよ?」

男「そうですかよ・・・」

嬢「でも、さっきあなたにいやらしく触られた時は恥ずかしかったわ」

男「い、いやらしくは触ってないぞ!」





129:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/02(土) 18:20:05 ID:7kYyl8Tk

嬢「もう触らないの?」

男「んー、気が向いたら」

嬢「思春期になったらと言うことかしら?」

男「そういう意味じゃなくて・・・今はこうやって寄り添ってたいだけだ」

嬢「・・・・・・そうね、やっぱりあなたは素敵」

男「あんまり褒められるのは慣れてないんだ」





130:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/02(土) 18:23:43 ID:7kYyl8Tk

嬢「私の秘密をあなたに話したいんだけど・・・引かない?」

男「秘密?」

嬢「私達、最寄り駅が一緒じゃない」

男「確かにそうだな」

嬢「私ね ある日あなたを駅で見てから毎日時間を合わせてあなたと一緒に登校していたの」

男「んなっ、毎日見られていたと!?」

嬢「ええ」

男「・・・気付かなかった」





131:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/02(土) 18:27:49 ID:7kYyl8Tk

嬢「遠くからね・・・あなたを見ていただけ 言わばストーキングね」

男「マジすか」

嬢「もちろんアルバイトのことも知っていたわ」

男「じゃ、じゃあそれも見られていたってことかよ」

嬢「えぇ」

男「・・・」

嬢「引いてしまったのかしら?」





132:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/02(土) 18:32:08 ID:7kYyl8Tk

男「引きはしないよ その割にはあっけなく声かけてきたよな」

嬢「フフフ」ギュウ

男「ど、どうした?(ちちち乳ち近い)」

嬢「ねえ、私が目を瞑って唇を寄せたら・・・あなたは応えてくれる?」

男「・・・・・」
嬢「・・・ッん」

嬢「奪われてしまったわ」

男「お互い様だ」





133:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/02(土) 18:37:04 ID:7kYyl8Tk

嬢「応えてくれると思ったわ」

男「拒否できるわけないだろ」

嬢「でしょうね けどね・・・んム」チュ

男「ッ・・・けど?」

嬢「初めて食堂で声掛けた時は本当にドキドキで不安と期待が入り混じっていたの」

男「そうか」ナデナデ

嬢「話し掛けようと思って二週間は頑張ったの」





134:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/02(土) 18:43:15 ID:7kYyl8Tk

男「そんなに!?」

嬢「だって下手に話し掛けて嫌われたりしたら嫌じゃない」

男「よほどの事がない限り嫌いにならないだろ・・・」

嬢「乙女の心はガラスなのよ 割れなくともキズは付きやすいの」

男「取り替えは?」

嬢「・・・取り替えさせるつもり?」

男「丁寧に扱わせていただきます・・・」





135:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/03(日) 12:01:19 ID:RevIDssk

嬢「私、恋愛なんてしないと思っていたわ」

男「でも聞いた話だとかなりアタックされていたみたいじゃんか」

嬢「あなたに言われて外見を変えた途端にね。かなり戸惑いがあったわ」

男「イメチェンした瞬間か」

嬢「もうそのころには私はあなたにハートを強奪されていたから」

男「(こっちから奪った覚えもないんだが)」





136:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/03(日) 12:21:57 ID:RevIDssk

嬢「あまり周りの女子の皆さんからは良く思われてないみたい」

男「あー・・・」

嬢「とは言ってもイジメられてるわけでもシカトされているわけでもないんだけど」

男「??」

嬢「単刀直入に言うとレズだと思われていた節が大きいわね」

男「それは避けられますな」

嬢「まあ今後はその心配はないわね」

男「・・・そうだな」





137:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 00:26:18 ID:KILsD0Dc

ーーーー22時

男「で、本当に泊まって行くつもりなのか?」

嬢「まずいかしら」

男「別に構わんが・・・」

嬢「なら泊まらせて頂くわ」

男「うーむ 当たり前だが異性を家にいれた事すらないから戸惑うな」

嬢「全然戸惑っているようには見えないけど」

男「開き直ってるんだよ」





139:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 01:26:43 ID:KILsD0Dc

嬢「開き直った勢いで襲うつもりね」

男「ああ」

嬢「!?」

男「何焦ってるんだ?そっちが誘ったんだろ?」

嬢「べ、別に焦ってなんか・・・た、ただ心の準備が・・・そのっ」

男「からかいがいのある奴だな」

嬢「・・・・・・」ムスー

男「どーした?」

嬢「確かに、デリカシーがないのね」





140:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 01:31:48 ID:KILsD0Dc

男「試しただけだって その焦りっぷりじゃ無理だろうけど」

嬢「むしろ多少は焦るのが普通と言うものよ、うん そうだわ」

男「だからってなあ・・・」

嬢「恥ずかしい話だけど、そういう行為には興味があるほうね」

男「意外だな」

嬢「見た目で判断なさらないでくださりますか?ふふふふ」

男「不気味だぞ」

嬢「あなたが悦んでくれれば嬉しいの それだけよ」

男「むう・・・」





141:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 01:35:20 ID:KILsD0Dc

嬢「とりあえずシャワーをお借りしたいのだけど」

男「ん?あぁ遠慮せずに使ってくれ」

嬢「遠慮せずに覗いてもよくってよ?」

男「覗いたら絶対阿鼻叫喚するだろうけどな」

嬢「遅かれ早かれあなたに見せる事じゃない」

男「恥ずかしい事言ってないで入るなら入れ」

嬢「あなたは?」

男「そっちのあとに入るよ」





142:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 01:38:28 ID:KILsD0Dc

嬢「あら、ならお先にどうぞ」

男「へ?」

嬢「殿方からお先に入ってくださる?」

男「その目、何か企んでるな?」

嬢「企むことは一つしかないわよね?ふふふふ」

男「鍵しめとこ」

嬢「!」

男「フッ」

嬢「着替えもタオルも全部移動しておくわ」

男「!?」





143:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 01:42:15 ID:KILsD0Dc

嬢「私を甘く見ない事ね」

男「まず要件を聞こう 俺がシャワーに入ってる時に何をするつもりだ」

嬢「もちろん背中を流してあげるのよ」

男「背中を流す・・・だけだな」

嬢「あら?それだけじゃ物足りないかしら?」

男「誰もそんなこと言ってないだろ」

嬢「平気よ」

男「(何が平気なんだよ)」





144:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 01:46:09 ID:KILsD0Dc




ーーーー風呂

男「とりあえずお湯も張ってしまったが・・・・・・」

男「うん、とっとと出よう!さっさと髪洗おっ」

男「(ぶっちゃけた理性が持つ自信もない・・・)」シャコシャコシャコ

男「(真剣な話一発抜いた方がいいかもしれんな)」シャコシャコシャコ

嬢「あら?髪なら私が洗ってあげるわよ??」ガチャッ!

男「ちょ待っ!?」





145:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 01:50:09 ID:KILsD0Dc

嬢「焦ることはないわ」

男「(ハッ!しまった!!)」

嬢「・・・?固まってどうかしたの?」

男「嬢・・・さん その、タオルを何でもいいから一枚ください」

嬢「タオル・・・・・、・・・・ッ!あら?あらあらあら??」

男「(隠すものがねぇ!いつものくせでタオルなんて持って入るの忘れた!)」

嬢「うふふふ タオルなんて必要ないんじゃない?」

男「さ、流石に何か隠すものがないとさ」





146:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 01:58:21 ID:KILsD0Dc

嬢「平気よ」

男「平気じゃないです」

嬢「さっ、流してあげる」ジャー

男「・・・」

嬢「痒いところはないかしら?」

男「・・・」

嬢「さあ、髪も流したところで次はお体を洗わないといけないわね」

男「・・・」

嬢「・・・えっと、・・・タオル持ってくるわね」





147:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 02:29:01 ID:KILsD0Dc

嬢「はい どうぞ」

男「いらん もう上がる」

嬢「その、ごめんなさい 怒らせてしまったわよね」

男「うむ」

嬢「意地悪をしすぎたわ」

男「まあとりあえずタオルを・・・」クルッ

嬢「はい」

男「な、なななな・・・」

嬢「?」

男「なんちゅーかっこしてんだよ」





148:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 02:43:51 ID:KILsD0Dc

嬢「微妙な反応ね もっと驚いてくれてもいいのに」

男「いや、叫び声も出ないくらい驚いている」

嬢「タオルで隠れているし水着よりも露出は少ないわよ?」

男「いやいやそういう問題じゃなかろう」

嬢「そう、ならこのタオルを脱いだらどういう問題になるのかしら?」

男「理性の問題だ」

嬢「ふふふふ、そう」





149:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 02:49:55 ID:KILsD0Dc

男「あのさ」

嬢「なあに?」

男「誘ってくるのは構わんし嬉しいんだが・・・」

嬢「だが?」

男「いざとなったら絶対に拒否するだろ」

嬢「失礼ね そんな期待を裏切るようなことはしないわ」

男「いや、する」





150:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/04(月) 03:06:03 ID:KILsD0Dc

嬢「・・・そこの決意は割と固いわよ?」

男「割とかよ」

嬢「つまりあなたは自分がその気になったのに私に拒否されるのが嫌なんでしょう?」

男「んっと・・・まあ・・・んー、そんな感じかな」

嬢「それはしないとここに誓うわ」

男「・・・参ったな」

嬢「降参する?」ギュウ

男「!!!??」





158:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/05(火) 19:13:34 ID:tJxjyD5g

嬢「うふふっ 可愛いわね」

男「当たってる当たってるっ」

嬢「お手上げのようね」

男「・・・な、なんでお前そんな積極的なんだよ」

嬢「内気で恥ずかしがり屋だと思ってた?」

男「そうでなくとも積極的すぎだ」

嬢「自分でも驚いてるわ」





161:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 00:07:27 ID:XUlNIBV2

男「言っておくが俺は心の準備はできてない」

嬢「そう」

男「そうって・・・」

嬢「まだ準備期間はあるわ」

男「間に合わん模様」

嬢「ふふふ さっ、洗っちゃおうか・・・し・・・ら・・・っ」

男「」チンコエレクトー!





162:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 00:15:23 ID:XUlNIBV2

男「だから・・・タオルをとな・・・」

嬢「あら、あら、わ、私の体をみ、見て、そ、そ、」

男「動揺しすぎだろ あぁもう恥ずかしいからタオルくれ・・・」涙目

嬢「別に動揺してなんか」

男「はぁ」

嬢「さ、さっさと洗いましょ」

男「だからタオルを・・・」





163:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 00:18:47 ID:XUlNIBV2

嬢「遅かれ早かれ見せるものでしょ?」

男「自分はつけてるくせに」

嬢「こ、これはエチケットよ」

男「ふーん」

嬢「なにかしら?」

男「ま、いいや 俺はもう上がる」

嬢「!」





165:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 00:29:26 ID:XUlNIBV2

嬢「怒った?」

男「違う」

嬢「怒ってるわよね?」

男「違うって」

嬢「何が違うのかしら」

男「理性を保てる自信が無い・・・」

嬢「・・・」バサァ!

男「んなっ!(丸見えじゃないっすかー!!)」

嬢「私もタオルいらない」





166:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 00:31:25 ID:XUlNIBV2




ーーーー湯船

男「(バスクリンあってよかった・・・)」

嬢「裸を見られてしまったわ」

男「ばっちり見てしまいましたわ」

嬢「・・・ごめんなさい」

男「ん?」





167:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 00:34:54 ID:XUlNIBV2

嬢「やることが唐突過ぎたと思うわ」

男「うんうん」

嬢「なんか今さらだけど、すごく恥ずかしくなって・・・」

男「その恥じらいはもう少し早く欲しかった」

嬢「でも反省はしてない」

男「おい」

嬢「ふふふ ・・・・・・好き」

男「(いやいや反則だろ)」





172:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 15:12:28 ID:XUlNIBV2

嬢「手を出して来ないのね」

男「・・・」

嬢「何故を目を瞑るの?」

男「瞑想するから」

嬢「そう」

男「・・・・・・・・・ッグム」

嬢「・・・ぷはっ」

男「お前なあ」

嬢「あら?瞑想終わり?」

男「迷走してきた」





173:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 15:18:20 ID:XUlNIBV2

嬢「あまり手を出されないと、少し傷ついてしまうわね」

男「じゃあ・・・・・・触る・・・」

嬢「っっ、ど、どうぞご自由に」

男「めっちゃ動揺してるじゃねーか」

嬢「これは適度な緊張よ うん、そうだわ」

男「無理してないか?」

嬢「してないわよ なあにその目は?」





174:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/07(木) 15:22:36 ID:XUlNIBV2

嬢「むう」

男「(もういくとこまで逝くべきか)」

嬢「ごめん・・・なさい」

男「へ?」

嬢「私、誰かを好きになったこと自体が初めてだから、、、その、」

男「・・・わかった」

嬢「・・・?、わかったって?」

男「俺も素直になるよ」

嬢「素直?」

男「嬢の胸とかめっちゃ触ってみたい」





179:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/09(土) 21:32:45 ID:Yk7ppCsM

嬢「は、はい」

男「ぷっ、はいってなんだよ」

嬢「むう そんなにおかしいかしら」

男「いや可愛いなって」

嬢「・・・・・・・・・じゃあ、・・・好き?」

男「あぁ 嬢のことが好きだ」

嬢「本当かしら?」

男「本当だよ」





180:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/09(土) 21:45:33 ID:Yk7ppCsM

嬢「じゃあもう一回言ってみて?」

男「本当だよー(棒)」

嬢「そこじゃないでしょ」チャプン

男「ち、近いって」

嬢「もう一回」

男「・・・好きだ」

嬢「フフフフ、そう そんなに私のことが大好きなのね」

男「(もしかしてメンヘラ気質なのかな?)」





181:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/09(土) 22:13:11 ID:Yk7ppCsM

嬢「私も好きよ っん」チュ

男「うむ」

嬢「じゃあ、どうぞ」

男「ううむ(い、いいのか?いいんだな?)」




嬢「さ、触りすぎ・・・ハァ・・・ハァ・・・」

男「夢中になってしまった」





182:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/09(土) 22:21:45 ID:Yk7ppCsM

嬢「むう・・・そんなにいいものなの?」

男「触ってるだけなんだけどな」

嬢「すけべ えっち はれんち」

男「うるさい」モミモミ

嬢「うにゅッ・・・ま、また大きくなるでしょう?もう終わり」

男「また?」

嬢「・・・あなたを好きになってから、大きくなっただけよ」





183:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/10(日) 09:11:13 ID:.d4jA53o

毎日揉んでたんですねわかります





184:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/10(日) 19:10:15 ID:AAUpi6K6

>>183
お前のレスのせいで余計に妄想がはかどった
どうしてくれる





187:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 00:46:13 ID:3tRY1QPU

男「なっ、毎日自分で揉んでいたとッーブハッ」ザプン!

嬢「なわけないでしょう」

男「ッゲホッゲホ!」

嬢「これは恋の力ね・・・うん、そうだわ」

男「プラシーボみたいなもんか?」

嬢「よく言うじゃない 女性は恋をすると綺麗になるって」

男「まあ確かに聞くけどさ」





188:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 01:05:17 ID:3tRY1QPU

嬢「だからEから」

男「い、イーから?」

嬢「なんでもないわよ・・・///」

男「イーから???」

嬢「いいからなんでもないわよっ えい」ザッブン!

男「ブァ!」

嬢「クスクス・・・みっともない顔」

男「目に入るだろう・・・コンタクトしてるのに」

嬢「あら、失礼」





189:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 01:10:12 ID:3tRY1QPU

男「そろそろ出るか」

嬢「あら、もうでるの?」

男「充分に入っただろ」

嬢「そう ならあなたから先に出てどうぞ」

男「いやいやレディファーストだからどうぞ」

嬢「・・・」

男「・・・」

嬢「えい!」ギュウ

男「ッッ!!!??」

嬢「!・・・本当に硬くなるのね」





190:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 01:16:41 ID:3tRY1QPU

男「なっなっ、ど、どこ握っ・・・」

嬢「湯船で見えないし・・・これなら恥じらいなく触れるわね」ギュッギュッ

男「恥じらえよ」

嬢「なぜ、こんな状態なの??」ツンツン

男「こういう状態だから」

嬢「答えになってません」ギュッ!

男「くぉっ!・・・一般的健全な男子なら普通に勃つだろ!」

嬢「私で興奮したの?」





191:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 01:23:53 ID:3tRY1QPU

男「するに決まってんだろっ」

嬢「フフフフ 嬉しいわ」

男「と、とにかく離せ」

嬢「どうしようかしら・・・」ゴシゴシ

男「くッ・・・もうどうにでもしろ・・・」

嬢「あら?いいの?」

男「いい機会だ。俺は無心を貫く」

嬢「出来るかしら・・・」サワサワ

男「ッッ・・・」





192:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 01:32:56 ID:3tRY1QPU

嬢「フフフフ 我慢してるのね・・・いい表情だわ」

男「いや全然」

嬢「じゃあもっと近くで見させてもらおうかしら」ガバッ!

男「!?・・・ち、近いな」

嬢「フフフフ 勝負っ あむっ」

男「っちょ!?(み、耳!?)」

嬢「どう?ーーっひゃ!」

男「あむっ ・・・そっちのが弱いじゃんかよ」





193:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 01:50:01 ID:3tRY1QPU

嬢「うぅ・・・耳・・・めっ・・・」

男「(ここか?)」ペロペロ

嬢「ハァハァ・・・っうう・・・そこ・・・」

男「いいのか?」

嬢「・・・っん」コクン

男「(噛んでみよ)」かぷっ

嬢「ッつ・・・!ばかっ」

男「本当にそろそろ出ないと湯冷めしちまうぞ」

嬢「・・・そうね」





194:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 01:52:16 ID:3tRY1QPU

嬢「私から出るから、向こうを向いていて」

男「わかった」




ーーーー出た後

男「なんか、のぼせたみたいだ・・・」

嬢「あんなに興奮するからよ」

男「自分の方こそ・・・」





195:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 01:57:25 ID:3tRY1QPU

嬢「私、誰かの家にお泊まりなんて初めて」

男「そう言われてみれば、俺も誰か泊めるのは初めてだな」

嬢「それは嬉しいわね」

男「俺の部屋はベッドだから布団出さなきゃな」

嬢「・・・・・・」ジトー

男「な、なんだよその目は」

嬢「何故布団を出すのかしら?」

男「何故ってそりゃあ寝るからだろ」

嬢「・・・・・・ふぅぅん」





196:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 03:36:44 ID:3tRY1QPU

男「・・・一緒に寝るってか?」

嬢「至極当然じゃない」

男「・・・(今日付き合って一緒に寝るとかアリなのか・・・?)」

嬢「することしないこと抜きにして・・・ね?」

男「そういう顔は反則だぞ」

嬢「できればジャージか何かを貸して欲しいのだけど・・・」

男「あー、俺のスウェットでよければ」

嬢「嗅がせてちょうだい」

男「貸さないぞ貴様」





197:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 03:42:16 ID:3tRY1QPU

嬢「冗談半分よ冗談半分」

男「半分本気じゃないですかー」

嬢「この格好では寝付けないわ せめて下だけでも貸していただきたいわね」

男「わかったわかった」




嬢「うふふ」

男「嗅いでも消臭剤の匂いしかしないぞ」

嬢「上まで貸してくれるなんて」

男「目の前で着替えだした時は焦ったぞ」





198:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 03:48:54 ID:3tRY1QPU

嬢「あら?お付き合いをしているのだから好き放題見ても構わないのに」

男「どうせまじまじ見たら恥ずかしがるくせに」

嬢「むう」

男「あ、スポーツニュース見なきゃ」ポチッ

嬢「やきゅう」

男「ルールわかるのか?」

嬢「失礼ね 私の兄は大学時代まで野球をやっていたのよ?」

男「はぇー」





199:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 03:53:15 ID:3tRY1QPU

男「じゃあ去年のホームラン王は?記録を更新したあの外国人だよ」

嬢「簡単ね」

男「誰?」

嬢「バ、バ・・・えっと・・・」

男「あれれ?」

嬢「ブランティン!!」

男「混ざってる混ざってる」

嬢「オホン・・・ルールは一般女性よりはわかっているわよ」





200:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 03:56:23 ID:3tRY1QPU

男「そうなのか」

嬢「そうよ」

男「じゃあ一緒に見に行っても大丈夫だな」

嬢「・・・一緒、に?」

男「へ?だって大体ルールわかるんだろ?」

嬢「そ、それはそうだけど・・・」

男「ならいいじゃん 今度見に行こうぜ 横浜戦な!」

嬢「フフフフ えぇ」

男「な、なんだよ今度は」





201:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/11(月) 04:09:55 ID:3tRY1QPU

嬢「嬉しいの」

男「?」

嬢「絶対連れて行ってね?」

男「お、おう」

嬢「当たり前のように誘ってくれて嬉しいの・・・それだけ」

男「ま・・・お付き合いをしているんだからな」

嬢「あなたと一緒ならきっと楽しいわ」

男「地味にプレッシャーかかる発言だな」

嬢「校外学習の時もすごい楽しかったから」





212:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:19:31 ID:dSe770z.

男「とにかく眠くなってきた・・・」

嬢「あら、寝てしまうの?」

男「心臓バクバクで寝れそうにはないが」

嬢「素直ね いいことだわ」

男「まあさっきコーヒーのんだならな!そのせいだ!」

嬢「じゃあもっとお話しましょう」

男「ああ」





213:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:27:48 ID:dSe770z.

嬢「そうね では私がどれだけモテるかというお話なんてどうかしら?」

男「・・・・・・面白いんだろうな?」

嬢「缶ジュースの成分表を読むくらいの暇つぶしにはなるわ」

男「(自虐か?そうじゃないのか?)」

嬢「つまらないわよ?」

男「そうだとしても興味はあるか」

嬢「そう」





214:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:31:33 ID:dSe770z.

嬢「まあ、あなたの助言通りにイメチェンというやつをしたら急に殿方が言い寄ってきたと言う話ね」

男「ふむふむ」

嬢「実際に変えたのは二学期から・・・つまり夏休み後ね」

男「校外学習から少し経ってからなのか」

嬢「姉や母に言ったら背中を押してくれたわ」

男「まあ押すだろうよ」

嬢「むう・・・簡単な話ではないのよ?」

男「ちょこっと外見変えるだけやん・・・」





215:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:34:53 ID:dSe770z.

嬢「高校デビューと言うものに失敗は許されないの」

男「ふむ」

嬢「女子は同性からの目がとにかくキツいものよ」

男「現に厳しかったのか?」

嬢「・・・・・・言い寄られ始めたあたりかしらね」

男「嫉妬か」

嬢「まさに嫉妬ね」





216:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:39:43 ID:dSe770z.

嬢「そもそも私、小中学校と私立女子だったの」

男「そうなん?だったらエスカレーターで」

嬢「行ってもよかったけど、あえてこちらの学校に通うことにしたわ」

男「あえて?共学の公立に?」

嬢「・・・色々と理由があるのよ」

男「そ、そうか」

嬢「私の名誉のために言っておくけどこっちの学校とほぼ偏差値は変わらないわよ?」

男「まあ女子高で偏差値高いところって1つか2つくらいだからな」

嬢「でも、あなたには教えてあげてもいいわ」

男「恋人だから?」

嬢「ええ」





217:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:42:46 ID:dSe770z.

男「じゃあこっそり教えてもらおうかな」

嬢「なら私にキスすることね」

男「へ?」

嬢「ほら、教えてほしいのでしょ?」

男「・・・・・・」

嬢「・・・・・・フフフ、しょうがないわね」

男「まったく・・・」

嬢「理由は簡単 反抗期よ」

男「・・・まあ、簡単にまとめましたな・・・」

嬢「姉とは違う道を・・・ただそれだけ」





218:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:46:51 ID:dSe770z.

男「なるほど、お姉さんはエスカレーターだったのか」

嬢「お義姉さんね」

男「気が早えーよ」

嬢「内気な私とは違って太陽のような・・・そんな人なの」

男「リーダータイプみたいな人?」

嬢「えぇ 同じ女子からも人気があったわね」

男「嬢とは正反対だな」

嬢「お黙り」

男「スイマセン」





219:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:49:33 ID:dSe770z.

男「でも嬢だってかなり積極的じゃないか」

嬢「・・・あなたの前でだけよ」

男「さいですか」

嬢「あなたのおかけでちょこっとだけ積極的になれた気がするわ」

男「いやだいぶ積極的だと思うが」

嬢「・・・」

男「・・・?」





220:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 02:54:24 ID:dSe770z.

男「どうした?」

嬢「なんだか、、、必死に変わろうと暴走してるみたい」

男「・・・・・・なあ、嬢はどう変わりたいんだ?」

嬢「んーんー、あ、あなたのようになりたいわ・・・///」

男「俺??」

嬢「あなたみたいに、一人でいても堂々と立ち振る舞える人になりたい・・・かな?」

男「別に堂々としてるつもりはないんだが」

嬢「堂々と食堂でぼっち飯だなんて、普通はできないわよ」

男「そ、そうなのかな」





221:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 04:40:58 ID:dSe770z.

男「例えばだったらサッカー部の先輩だって堂々としているはずだろ?」

嬢「確かに気持ち悪いくらいに堂々としていたわ」

男「ああいうのは?」

嬢「根暗な私とは元々住む世界が違うわね」

男「それ、遠回しに俺が根暗だって言ってるようなもんだぞ」

嬢「あら違うの?」

男「ちが・・・・・・わ・・・からん」

嬢「まあとりあえず、あの先輩は自分の事しか喋らないのよ」

男「ふーん」





222:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 06:02:14 ID:dSe770z.

嬢「あと喋る時に人の胸ばかり見て喋るし」

男「思春期だからさ」

嬢「流石の私にも下心が見える人だったから・・・論外ね」

男「たしかにもう一年生に手を出してるみたいな噂もちらほら聞くな」

嬢「あまり言い寄られるのは好きじゃないから適度にスルーしていたのよ」

男「あー、だからクールだの言われていたのか」

嬢「そ!れ!よ!」

男「お、おう?」

嬢「その下らない面白くもないあだ名がまた厄介なの」





223:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 06:09:44 ID:dSe770z.

男「(何か急に熱く語り始めた・・・)」

嬢「こっちはただスルーしているだけよ!?」

嬢「なのに『気取ってる』だとか陰口叩かれて本当に嫌な気分だわ」

男「女の嫉妬は怖いからな」

嬢「えぇ 本当に恐ろしいわ 共学ならではの恐ろしさね」

男「ていうか・・・友達は・・・いらっしゃいますか?」

嬢「い、いるわよ・・・3人くらいわ」

男「リアルな数字だな」





224:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 06:15:25 ID:dSe770z.

嬢「あ、でもあなたとの噂が出てきたあたりから周りの陰口はかなり減ったように見えるわね」

男「そりゃなんでだ?」

嬢「さあ?私にもわからないわよ」

男「ま、減ったのはいいことだから」

嬢「まあ今更気にはしないけど」

男「しねーのかよ」

嬢「とにかく、外見を変えただけでここまで周りの反応が変わると若干人間不信に陥るわね」

男「俺は以前のままでもいいと思うけどなあ」

嬢「・・・なによそれ」





225:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 06:21:55 ID:dSe770z.

男「いや、元が美人だから髪下ろしてもいいとは思うけどさ・・・眼鏡とかもすごく雰囲気出てるから」

嬢「ふーん、そうやって女を落とすのね」

男「な、なんだよその言い方」

嬢「フフフフ なんであなたを好きになったのか・・・未だによくわからないわ」

男「よくわからないのかよ!」

嬢「でも好きよ」

男「あ、あぁ」

嬢「あなたは?」

男「俺か?んーっとな」





226:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/14(木) 06:27:51 ID:dSe770z.

嬢「なんで悩んムッー・・・・・・」

男「・・・・・・ふぅ」

嬢「あなた、本当に私が初めての彼女かしら?」

男「不満か?」

嬢「別に・・・」

男「何かを好きになることに大した理由は求めはしないよ・・・少なくとも俺はな」

嬢「あなたらしい意見ね。そういうところが好き」

男「こうやって一緒にいて落ち着くってのも理由の1つにしておこう」

嬢「そうしましょう」





231:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 01:38:10 ID:1HR.oT/s

男「落ち着いたところで寝るか」

嬢「どきどき」

男「口で言うな」

嬢「私は今夜、大切なモノを失うのね・・・」

男「まだ決まったわけじゃないだろ」

嬢「あら?あなたはいらないわけね・・・ふーん」

男「ええそりゃ興味ありますよしたいですよ」

嬢「どうぞ」

男「・・・」

嬢「どうぞ」









232:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 01:46:10 ID:1HR.oT/s




ーーー翌朝

男「んー」パチパチ

嬢「zzz...zzz...」

男「あー・・・そうだった」

嬢「ん、んん・・・?」

男「おはよう」

嬢「お・・・は・・・・・・///」





234:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 03:26:37 ID:1HR.oT/s

ーーー学校

男友「な、なあ男・・・」

男「どうした?」

男友「なんかお前が嬢さんと付き合ってるなんて噂をチラホラと聞くんだが」

男「へ?噂も何も事実だぞ」

男友「ぬぁぁぁあぁぁんと!!?」

男「本当にどうしちまったんだよ」

男友「まままさかお前の方が先に彼女作るなんて・・・しかも嬢さんみたいなSランクを・・・」

男「Sランクて」

男友「よく聞いてくれた!!」





235:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 03:33:01 ID:1HR.oT/s

男「どーせお前が勝手に作った妄想人気ランクだろ」

男友「ちょっと違うな!聞きたいか?ん?聞きたいか?」

男「わかったわかった・・・!聞いてやるよ」

男友「このランクは人気も勿論、付き合う難易度も含めてのランクなのだ!」

男「(またくだらねーことを・・・)」

男友「貞操であることもランク付けに影響大!」

男友「ま、それを含めると常に男が替わってる4組のガバ子ちゃんなんかはランクが下がるな!」

男「Sランクが最上位だと?」

男友「ああ、だがこれでランキングからは除外されてしまったな・・・お前のせいで」





236:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 03:37:04 ID:1HR.oT/s

男「それはよかった」

男友「これでSランクは7名になってしまった・・・」

男「いや割と多いじゃねーか」

男友「そう!まだ俺にも希望はある!!」

男「んー、そんなこと言ってるうちはないんじゃ・・・」

男友「ウッセエェエエェェ!!・・・・・・ま、でもお前に彼女ができてよかったよ」

男「?」

男友「ちゃんと男みたいな奴のハートを射止められる子がいるとはな!ナッハッハッハッ!」

男「・・・うっせ」





237:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 03:41:07 ID:1HR.oT/s

ーーー食堂

男「いただきます」

嬢「・・・ます」ボソッ

男「元気無いな」

嬢「そうでもないわ」

男「そうか」

嬢「ねえ」

男「?」

嬢「今日はやけに視線を感じないかしら?」

男「んー?んー、・・・・・・言われてみれば」





238:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 03:47:51 ID:1HR.oT/s

嬢「私、こういうの苦手かも」

男「はたから見ればカップルが仲良くお昼だからな」

嬢「ッ・・・そ、そういうのも口に出さないでよ」

男「まあいつの間にか噂が出ているもんだな」

嬢「そうね、困ったものだわ(私から言い出したなんて言えない・・・///)」

男「食べづらいんか?」

嬢「そ、そういうわけじゃなくって」

男「・・・?」





239:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 03:51:40 ID:1HR.oT/s

午後、休み時間

男友「あぁー体育疲れたわ・・・」

男「うむ」

男友「お!あれは嬢さん!」

男「本当だ」

男友「おーい!」

嬢「!」

男友「あ、気付いたぞ!」

男「そりゃそんな声出せばな」

嬢「・・・」プイ

男友「あり?」





240:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 03:53:58 ID:1HR.oT/s

男「行ってしまったな」

男友「じゃ、なくてなんだお前喧嘩でもしたのか?」

男「へ?してないしてない」

男友「でもなんかツーーンとしてたぞ、ツーーーンと」

男「お前相手にじゃないか?」

男友「いやあ男にも気付いてたしなあ」

男「・・・(なんかしたっけか?)」





241:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 03:58:08 ID:1HR.oT/s




ーーー放課後・委員会終了

委員長「んじゃ!終わり!報告書は持って帰ってねー」

男「ふぁー終わった終わった」ノビノビ

嬢「みっともないわよ」

男「はいはいスイマセン」

嬢「私は帰るから」

男「おー、じゃあ一緒に帰ろうぜ」

嬢「・・・しょうがないわね」

男「うんうん しょうがないからな」





242:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 04:02:35 ID:1HR.oT/s

ーーー帰路、徒歩

男「来週、世界史の小テストだな」

嬢「そうね」

男「50問もあるとか小テストの域を超えてるよな」

嬢「えぇ」

男「・・・?」

嬢「・・・」ツーン

男「週末、一緒に勉強しないか?」

嬢「ッ・・・そうね」





243:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 04:09:59 ID:1HR.oT/s

男「おお!」

嬢「なあに?」

男「いや、なんか断られる雰囲気だったからさ」

嬢「・・・・・・、断るわけないじゃない」

男「そうかな?」

嬢「そうよ」

男「まあでもよかったよ」

嬢「じゃあ金曜日にあなたの家にお泊まり決定ね」





244:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 04:13:02 ID:1HR.oT/s

男「えっ」

嬢「なあに?何か不都合でもあったかしら」

男「ないよ ただ金曜日は夜バイトがあるんだ」

嬢「あら、なら迎えに行ってあげるわよ」

男「えっっ」

嬢「いいじゃない別に 彼女を紹介するつもりでね」

男「金曜日確かホールだから働いてるの見られるのは・・・」

嬢「平気よ もう何度も見ているから」





245:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 04:18:16 ID:1HR.oT/s

男「(お前が何度も見てるだけじゃねーか)」

嬢「不満?」

男「い、いえ」

嬢「ならいいわね?」

男「はい」

嬢「クス・・・あなた、将来尻にひかれるタイプね」

男「うるせー」

嬢「フフフフ」

男「笑うな」





246:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 06:19:12 ID:1HR.oT/s

嬢「大丈夫よ 私のお尻は小さいから」

男「ドヤ顔で言うな」

嬢「なに人のお尻ばかり見ているの?すけべさん」

男「まだ見てないって」

嬢「まだ?・・・この間さんざん見たんじゃない?」

男「暗かったしノーカンだろ」

嬢「ふーん そういって次は明るくするのね」

男「なんでそうなるんだよ・・・」





247:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 06:22:28 ID:1HR.oT/s

男「ていうか何だよ、機嫌悪くないじゃねーか」

嬢「・・・」

男「どした?」

嬢「は、恥ずかしいの・・・」

男「?」

嬢「なんかこう2人っきりならね、大丈夫なんだけど・・・」

男「周囲の視線が気になると言うわけか」

嬢「それも多分普通の人よりは過剰に気になってしまうの」





248:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 06:26:06 ID:1HR.oT/s

男「俺なんて真逆だもんな あんまり気にしないし」

嬢「憧れるわね・・・本当に」

男「まあ理由がわかってホッとしたぜい」

嬢「ホッと?」

男「んー、なんか嫌われるようなことしたかなーってさ」

嬢「嫌いになんてなるわけなあえじゃない」

男「嫌いになるには」

嬢「天地を覆すくらいの理由が必要になるわね」





249:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 06:31:56 ID:1HR.oT/s

男「冷められんように頑張らなきゃッグム・・・!」

嬢「・・・・・・ウフフフ」

男「不意打ちやめろって」

嬢「お互い様でしょ」

男「覚えとけよ」

嬢「忘れちゃった 私って天然だから」

男「出たなバリバリ養殖の自称天然女」

嬢「下着履いてくるのも」

男「天然すぎやしませんかねぇ・・・」





250:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 06:35:38 ID:1HR.oT/s

嬢「嘘に決まってるでしょう」

男「いや知ってるよ」

嬢「お尻ばかり見ていたから、つい・・・」

男「見てない見てない」

嬢「興味無いのね・・・ふーん」

男「興味ねーし」

嬢「あら?あらあら?」

男「な、なんだよその顔は」

嬢「じゃあもうあなたとは破廉恥な行為はできないわね」





251:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 06:40:22 ID:1HR.oT/s

男「なんでそうなるんだ」

嬢「あら、したいの??」

男「くっ、卑怯だぞ・・・」

嬢「私は素直で正直な人が好きだわ」

男「答えは俺の顔に出ているだろ」

嬢「上手く返してきたわね・・・」

男「ドヤァ」





252:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/15(金) 06:43:43 ID:1HR.oT/s

ーーー電車内

嬢「そうだわ」

男「?」

嬢「電車内ではお尻、好きなだけ触っていいわよ?」

男「なんだそりゃ」

嬢「ただし私は他人のふりをしながら涙目で俯きながら震えてるから」

男「俺ブタ箱行きじゃないっすかー」

嬢「未成年だから大丈夫」

男「そういう問題じゃないっすよー」





253:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 08:38:59 ID:L7lPXzvo

じゃあ俺が触っときますね





254:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 08:59:28 ID:Ta8ObWIU

じゃあ俺が捕まえますね





255:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 10:06:26 ID:VGcjZEU6

じゃあ俺が起訴しますね





256:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 10:10:36 ID:RbeLtYlM

でも誰も弁護しません





257:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 10:14:05 ID:1OKHkzk2

じゃあ俺が裁判長やりますね





258:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 12:16:54 ID:7B7ODxFc

じゃ膨張しますね





259:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 12:18:40 ID:I.oUSTwc

ああ、>>258が膨らんで……





260:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 12:38:46 ID:1OKHkzk2

バァン!(大破)





261:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 13:00:28 ID:Z7JV/SUc

異議なしッ!





262:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/16(土) 15:33:09 ID:qaUjyjRU

なんだこの流れ





267:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/22(金) 19:01:28 ID:sk8a.6vU

ーーーー金曜日 夜

先輩「あと15分で上がりだ!」

男「週末はお客さん多いですね」

先輩「ん参っちゃうよなあ」

男「はは」

先輩「そういや、さっき入ってきた女の子がさ!めっちゃ可愛いんだよ!」

「あー、あの子!?」「やっぱり!?」

男「(嫌な予感が・・・)」

先輩「Jkかな?」





268:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/22(金) 19:06:21 ID:sk8a.6vU

先輩「いいよなあ・・・なんか気品みたいなのがあるよなあ」

男「どれどれ・・・っ 」

嬢「・・・」チラッ

男「(やっぱりか・・・)」

先輩「おっ!こっち見た!」

男「・・・見ましたね」

先輩「お、俺!シフトあがったら声かけてみようかな!」

男「いやあ・・・それはちょっと・・・」

先輩「駄目かな?」





269:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/22(金) 19:09:18 ID:sk8a.6vU

男「例えばの話、あの子が俺の彼女だったりしたら・・・」

先輩「んー、よくわからんな!もっとわかりやすい例え話を頼む!」

男「えっと、あの子は俺の彼女です」

先輩「????」

男「・・・」




シフトあがり

先輩「あの子、まだいるかな?」

男「そりゃいるとは思います」





270:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/22(金) 19:12:49 ID:sk8a.6vU

嬢「あっ・・・」

男「お待たせ」

嬢「えぇ」

先輩「やけにフレンドリーだな・・・」

男「着替えて来たのか」

嬢「当たり前でしょう お泊まりするんだから」

先輩「(・・・?)、し、知り合い?」

男「だから彼女ですってば」

先輩「・・・・・・ほぇ?」





271:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/22(金) 19:15:32 ID:sk8a.6vU




帰路

嬢「変な方だったわね」

男「天然すぎるんだよなああの人」

嬢「そんなことより、やけに女性のスタッフと仲良さそうに話しているのね」

男「あ、あの子はそういう子なんだって」  

嬢「ふうーん」

男「人懐っこいだけだって」





272:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/22(金) 19:27:57 ID:sk8a.6vU

嬢「なんか、あんなものを見せられたら・・・家に行く気もなくなるわね」

男「ええ!!?」

嬢「・・・・・・」

男「せっかく楽しみにしていたんだが・・・」

嬢「冗談よ、冗談」

男「そ、そうか」

嬢「ふふふ、楽しみにしちゃってたんだ」

男「そりゃそうだよ」

嬢「でも、あくまでお勉強が目的だからね?」

男「わかってます」





274:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/26(火) 17:53:42 ID:MnfocDpE

嬢「そういえば、夜ご飯はどうするの?」

男「んー・・・買っていく?」

嬢「よかったら振る舞ってあげてもいいのよ?」

男「すまんがサンドイッチな気分ではないんだ・・・」

嬢「あなた、私がサンドイッチしか食べないみたいな偏見があるでしょう」

男「パスタかパンじゃん」

嬢「お米も摂取するわよ」





275:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/26(火) 17:58:10 ID:MnfocDpE

男「今は米系が食べたい気分なんだ」

嬢「そう・・・お米で作ったパンとかどうかしら」

男「結局パンじゃん!」

嬢「結構美味しいのに・・・」

男「ライス!白米が食べたいんだよ」

嬢「それに見合うおかずを作ればいいわけね」

男「うんうん」

嬢「ここは一つ、腕の見せ所ね」

男「自信あるのか?」

嬢「サンドイッチしか作った事はないけど平気よ」

男「何その自信」





276:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/26(火) 18:02:36 ID:MnfocDpE

男「参考までに聞くがサンドイッチはいっつもどうやって作るんだ?」

嬢「?? パンに挟むだけよ」

男「な、なんかこう手の込んだ事しないの?」

嬢「・・・マヨネーズをつけたりするわね」

男「・・・なあ嬢、包丁握った事は?」

嬢「危ないものは持たない主義なの」

男「ガ、ガスコンロは?」

嬢「IHコンロよ 火、怖いじゃない」

男「・・・・・・」





278:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/26(火) 23:23:10 ID:MnfocDpE

嬢「使えるものはなんでも使うのよ」エッヘン

男「・・・いや、俺も手伝う」

嬢「そう?初の共同作業ね」

男「(嫌な予感が止まらん・・・!)」




ーーースーパー

男「エビチリ買うか」

嬢「いいわね」

男「辛いの好きなんだ」





279:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/26(火) 23:42:55 ID:MnfocDpE

嬢「さあ、エビチリはどこかしら」

男「海老と素とタマネギ買わないとな」

嬢「???」

男「ど、どうした?」

嬢「エビチリは?」

男「いや、だからエビチリを作るんだろ?」

嬢「エビチリを買ってご飯を炊くんじゃないのかしら?」

男「それは料理とは言わないだろ」

嬢「ご飯を炊いているじゃない」

男「・・・・・・」





283:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 04:19:29 ID:Gc2dPFb.

嬢「どうかしたの?」

男「どうやら嬢の料理と世間一般の料理とでは大きな隔たりがあるようだ」

嬢「・・・や、やろうと思えばできるわよ」

男「お母さんはあんなに料理上手なのに・・・」

嬢「失礼ね やり方さえ教わればちょちょいのぱーよ」

男「パーになってんじゃないすかあー」

嬢「あぅ」





284:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 04:23:08 ID:Gc2dPFb.

男「野菜も買わないとな」

嬢「あら、意外と考えているのね」

男「考えて料理した方が楽しいからな」

嬢「そう」

男「リーフレタスが安いからこっちにしようかな」

嬢「みんな同じ葉っぱじゃない」

男「栄養価の問題だろ?」

嬢「こっちの方が丸ごと一個じゃない」

男「ちなみにそれはキャベツです」

嬢「あう」





285:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 04:37:24 ID:Gc2dPFb.

男「リーフレタスは高い分柔らくて美味しいんだよ」

嬢「ならそれがいいわね」

男「トマトも買うか」

嬢「ますますいいわね」

男「いつもサンドイッチにトマト入れてるもんな」

嬢「これ、スライスされてないじゃない」

男「自分で切るんだよ」





286:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 04:40:49 ID:Gc2dPFb.

嬢「!?」

男「しかもスライスにはしない」

嬢「切るのね・・・」

男「切るのは俺がやるからさ」

嬢「平気よ」

男「包丁怖いんじゃねーのかよ」

嬢「包丁を握ると人格が・・・」

男「!!?」

嬢「冗談よ 冗談半分」クスクス

男「また半分本気かよ!」





288:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 05:19:43 ID:Gc2dPFb.




男宅

嬢「ただいま」

男「お邪魔しますだろ」

嬢「あら、随分と他人扱いじゃない」

男「いやそういうわけじゃ」

嬢「そう ただいま」

男「・・・お、おかえり」

嬢「フフフ、おかえりのキスはないのかしら」

男「ねーよ」

嬢「・・・」

男「・・・」チュ





289:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 05:50:14 ID:Gc2dPFb.

嬢「いいわね、これ」

男「2人で一緒に帰ってするもんではないだろうけどな」

嬢「出迎えてほしいのかしら?」

男「・・・」ジーッ

嬢「なあに?」

男「続いてたらな」

嬢「平気よ」

男「帰ったら先に寝てたりして」

嬢「【温めてください】って書いてラップしておくわ」

男「あらー」





290:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:05:36 ID:Gc2dPFb.

嬢「大丈夫、私達の関係にはレンジなんていらないくらい熱いままよ」

男「ドヤ顔で上手い事言うな」

嬢「だってそうでしょう?」

男「・・・そうだ、けどさ」

嬢「フフフ」




男「さ、作りますか」

嬢「ままま任せて」

男「包丁持って震えるな」





291:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:10:20 ID:Gc2dPFb.

男「まずはタマネギから炒めるからタマネギから切るぞ」

嬢「う、うん」

男「いやいやいや皮を剥かないと」

嬢「そうだったわ 知っていたけど」

男「本当かよ・・・」

嬢「ピ、ピルは?」

男「ピーラーな それと皮は手で剥く」

嬢「あう」





292:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:15:59 ID:Gc2dPFb.

男「薄皮一枚な」 

嬢「あ、結構簡単ね」

男「よしっ 次は切るぞ」

嬢「任せて」

男「まず半分に切る」

嬢「・・・」

男「あぁもう!手を貸せ!」

嬢「あん」

男「変な声出すな」





293:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:19:41 ID:Gc2dPFb.

嬢「いいわね 共同作業」

男「変な事言ってないでしっかり握ってろよ」

嬢「意外と簡単に切れるのね」

男「タマネギはな」

嬢「楽しい」

男「そうか?調子に乗って指切るなよ」

嬢「おそらく絶対にそんなヘマはしないわ、多分」

男「心配だ・・・」





294:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:25:00 ID:Gc2dPFb.

嬢「切れたわ」

男「で、油の引いてあるこのフライパンに入れてくれ」

嬢「了解」バラララッ

ジュワァァァ

嬢「きゃっ!」

男「そんな勢いで入れたらはねるぞ」

嬢「か、火事になっちゃう・・・!」

男「落ち着けぃ!」

嬢「すごいジュウジュウいってる」





295:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:27:52 ID:Gc2dPFb.

男「こうやって混ぜながら炒めるんだよ」

嬢「わ、わかった・・・」

男「もう跳ねないからやってみ」

嬢「任せて」




男「完成だ(疲れた・・・)」

嬢「楽勝だったわね」

男「どこがだよ」





296:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:29:37 ID:Gc2dPFb.




男「ご馳走様」

嬢「ご馳走様でした」

男「さて、洗わないと」

嬢「任せて」

男「ん 一緒に洗おう」

嬢「えぇ」

男「(流石に洗い物は平気だろ)」

嬢「洗い物はお手の物よ」





297:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:32:59 ID:Gc2dPFb.

男「嬢、ウソはいけない」

嬢「なっ ど、どどどうして?」

男「それはハンドソープだぞ」

嬢「あーら うっかりだったわね・・・」

男「はっきり分かるだろ」

嬢「意地悪」

男「なんでそうなる・・・」





298:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 06:36:07 ID:Gc2dPFb.




男「ふう やっと終わった」

嬢「お風呂入りましょう」

男「おう 沸かしてあるぞ」

嬢「・・・」ジトーッ

男「な、なんだよ」

嬢「・・・」ジトーッ

男「・・・勘弁してくれ」

嬢「あら?私はまだ何も言ってないけど 何を勘弁するのかしら?」

男「くっ!卑怯だぞ!」





303:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 15:24:01 ID:Gc2dPFb.

嬢「私、お風呂の前にコンタクトを外すからよく見えないの」

男「大変だな」

嬢「慣れない浴槽で足を滑らせて頭を打って死ぬ可能性もあるわね」

男「・・・」

嬢「あなたの過失致死」

男「・・・」

嬢「お風呂、一緒に入りましょう?」

男「・・・はい」





304:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 15:34:10 ID:Gc2dPFb.

嬢「・・・フフフ」

男「着替えは?」

嬢「ないわね」

男「じゃあ俺のでいいか?」

嬢「えぇ」




風呂

男「ふう」

嬢「・・・むう」

男「どうした?」

嬢「なんでそんな堂々としているの?」

男「・・・慣れ?」





305:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 15:42:32 ID:Gc2dPFb.

嬢「気に食わないわね」

男「開き直ることにした」

嬢「・・・どこみてるのよ、えっち」

男「嫌なら向こう向けばいいだろ」

嬢「むうぅぅぅ」

男「まあ恋人同士なわけだし触り放題だな」

嬢「っ」

男「さあて、たっぷり触らせてもらうぜぇ」

嬢「いゃぁ・・・」

男「鎖骨を」

嬢「だ・・・ぁ・・・あ?」





306:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 15:46:34 ID:Gc2dPFb.

男「やっ!やめて!」

嬢「このっこのっっ!」バシャバシャ!

男「ちょっとからかっただけだって!」

嬢「許しませんっ」

男「たまには俺のペースでやってみたかっただけです・・・」

嬢「まったく・・・なら・・・」

男「奈良?」

嬢「なら、あなたのペースとやらを見せて貰いましょうか」

男「ぐっ・・・」

嬢「からかうのはなしで、ね?」

男「ぐぅぅ・・・」





307:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 15:50:56 ID:Gc2dPFb.

嬢「本気ならどんな破廉恥行為も大バーゲンよ?」

男「大バーゲンって・・・」

嬢「フフフ 開き直ったのでしょ?」

男「・・・」

嬢「どうするの?」

男「・・・・じゃ、じゃあ後ろ向いて」

嬢「後ろ?」

男「あぁ」

嬢「・・・よっかかっていい?」

男「おいで 最初からそうさせるつもりだったから」

嬢「はい」





308:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 23:23:04 ID:XtnK3vP.

男「・・・いいな、これ」

嬢「背中付近になにか当たっているのだけど」

男「気に・・・しないでくれ」

嬢「無理ね」

男「うるさい」モミモミ

嬢「ッひぁ!」

男「(相変わらずのボリューム・・・)」

嬢「こ、ッンこれが、目的だっハァ、たのね・・・ンン」

男「・・・浮くんだな、これ」

嬢「ばか」





309:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/28(木) 23:27:46 ID:XtnK3vP.

男「ふむふむ」モミモミ

嬢「ねぇ・・・」

男「ん?」

嬢「キス・・・」

男「ーーー」
嬢「ーーー」

男「(すっかりその気じゃんかよ)」

嬢「正面向いていいかしら?お胸、もっと触っていいから・・・」

男「ああ」

嬢「フフフ」クルッ





311:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/29(金) 22:47:54 ID:ncG0xfa2

男「なっ、手で隠すな」

嬢「だーめ」

男「・・・」

嬢「そんなに触りたいのかしら」

男「そういう流れだっただろ」ガシッ

嬢「ッ・・・り、両手を使ってどかしたら触れないんじゃない?」

男「うむ」ペロッ

嬢「はにゃっ・・・!」

男「(ていうか、力弱過ぎ・・・)」チュゥゥ

嬢「吸ッ・・・」





312:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/29(金) 22:53:05 ID:ncG0xfa2

男「(楽しいなこれ・・・)」

嬢「んッ・・・ ハァ・・・それ・・・」

男「もっとか?」

嬢「・・・・・・は・・・い」

男「腕の力抜いてくれ」 

嬢「はい」

男「抱きついてくれとは言ってないんだが・・・」

嬢「うぅ・・・///」

男「ま、いいけど・・・あむっ」





313:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/29(金) 23:27:54 ID:ncG0xfa2

嬢「んぅ・・・うぁ、・・・ハァハァ」

男「(攻められる時はすっかり従順なんだよなあ)」

嬢「ちゅーして?」

男「ん・・・(キスじゃなくてチューになってるし)」

嬢「・・・」

男「どうした?」

嬢「・・・・・・///」

男「後から気付くように恥ずかしがるなよ」

嬢「だ、だって」

男「かなり可愛いぞ、されている時の嬢の顔」

嬢「うぅぅ ばかっ」





314:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/29(金) 23:31:08 ID:ncG0xfa2




風呂上がり

男「色んな意味で火照ってしまった」

嬢「そうね」クンクン

男「洗剤の臭いしかしないぞ」

嬢「微かに臭うわね」

男「なんと」

嬢「フフフ 冗談よ」

男「知っとるわ」

嬢「あら、これは?」

男「風呂上がりのプリンだ」

嬢「粋な計らいね いただくわ」





315:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/29(金) 23:35:23 ID:ncG0xfa2

嬢「このノートPCはあなたの?」

男「ああ」

嬢「使っていいかしら」

男「いいぞ そういえば嬢の部屋にもあったよな」

嬢「・・・」

男「?」

嬢「ある日変なサイトを踏んで、メールが永遠と開かれる状態になってしまったわ」

男「メールハリケーン・・・」

嬢「それ以来トラウマなの」

男「消せばいいだけじゃんか」





316:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/29(金) 23:39:56 ID:ncG0xfa2

嬢「・・・あなた、破廉恥なサイトを見ないのね」

男「んー、まあ(念の為履歴ブックマークは消去済みだぜ)」

嬢「最近一週間の履歴が無いわね」ジーッ

男「き、気のせいだよ」

嬢「消したわね?」

男「最近PCの調子悪いからなっ ハハハハ」

嬢「フォルダ フォルダ・・・」

男「嬢ォォォ!!」

嬢「ッチ」





318:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/29(金) 23:44:05 ID:ncG0xfa2

男「と、言っても画像なんて保存してないが」

嬢「あら、これは?」

男「中学時代の修学旅行のアルバムフォルダだ」

嬢「見ていいかしら」

男「そこは許可取るのかよ」

嬢「男が写っているのは・・・」

男「わかるか?」

嬢「あっ、これかしら?」

男「そだな」

嬢「・・・ップ」

男「なに笑ってるんですかねぇ」





319:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/30(土) 00:44:37 ID:s1ynilFA

嬢「なんか幼いわね」

男「中学生ですから」

嬢「女の子みたい」

男「やめて」

嬢「これ彼女かしら?」

男「一緒の班だった子だ」

嬢「そう じゃあこの子は?」

男「一緒の班だった子だ」

嬢「そう じゃあこの方は?」

男「先生だろアホか」





320:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/30(土) 00:59:03 ID:s1ynilFA

嬢「楽しそうで羨ましいわね」

男「ガキだったからな」

嬢「そう」

男「今度二人でどっか行こうぜ」

嬢「りょ、旅行?」

男「そ!旅行」

嬢「いいわね あなたと二人ならきっと楽しいわ」

男「そ、それはどうかわからんが」

嬢「フフフ、もっと私に思い出を頂戴?」

男「おう」





321:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/30(土) 01:02:42 ID:s1ynilFA

男「そろそろ勉強するか」

嬢「もう12時」

男「勉強するんだろ?」

嬢「明日でいいわよ」

男「ったく」

嬢「所詮は暗記科目 明日もやらなくても平気ね」

男「とりあえず今日は布団入るか」

嬢「フフフ」

男「笑ってないで、ほら立て」

嬢「はい」





323:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/01(日) 01:43:44 ID:IZ0DDz26

嬢「それで、このまま寝るのかしら」

男「・・・どうしようか」

嬢「どうするの?」

男「勉強するか」

嬢「・・・」

男「じ、冗談です」

嬢「あなた、本当に思春期?」

男「なんだよそのツッコミ」

嬢「普通『今夜は寝かさないぜ』とか言うんじゃないのかしら」

男「でも流石に一晩中ってわけじゃないだろ」

嬢「あら、何が?」

男「いや、そのさ・・・」





325:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/01(日) 10:11:54 ID:IZ0DDz26

嬢「じゃあ後15分くらいは寝かさないのかしら?」

男「そんな早くねーよ」

嬢「そう、早くはないで候ってことなのね?」

男「・・・」

嬢「開き直ったんじゃなかったかしら?」

男「・・・ッケ」ガサゴソ

嬢「・・・避妊具だなんていやらしいわね」

男「じゃあこれはいらないな」





326:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/01(日) 10:18:23 ID:IZ0DDz26

嬢「あぅ」

男「まあ着けるけど」

嬢「別に中に出さなければ平気なんでしょう」

男「どうだか」

嬢「まああなたが準備万端で意気揚々と用意したのだし、せっかくだから使いましょう」

男「・・・はぁ」

嬢「その、つ、着けないで・・・したいのかしら・・・?」

男「着ける」

嬢「そう」





327:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/01(日) 10:22:33 ID:IZ0DDz26

嬢「殿方は着けないの方の行為を好むらしいけど」

男「んー、まあ気持ちいらしいよ 着けない方が」

嬢「プラシーボみたいなものじゃないかしら」

男「どうなんだろうな・・・」

嬢「きっとそうね」

男「刺激がダイレクトだーなんてよく聞くけどね」

嬢「そう・・・なら、試してみる?」

男「っへ?」





330:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/01(日) 10:28:09 ID:IZ0DDz26

嬢「本当に違うかどうか」

男「・・・と、言うと」

嬢「それくらい自分で考えなさい」

男「・・・(二回戦確定ってこと?)」

嬢「・・・・・・」

男「にしても」ツンツン

嬢「んっ・・・」

男「(ブラつけてないのにこの大きさとは・・・)」サワサワ

嬢「ッー、ぁぅ・・・」





331:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/01(日) 10:42:00 ID:IZ0DDz26

嬢「・・・吸って」

男「ん」

まずは吸う前に小さい小さい乳輪の周りから円を描くように優しく舐める

嬢「ぅあ・・・ハァハァ」

上から眺めては改めてその大きさを確認する
下半身もウエストも割と細身の部類なのに・・・天は二物も三物も与えるのか

嬢「そ、それ・・・ぃぃ」

外側から徐々に徐々に中心の突起点に向かい下を這わせる そして到着
まずは吸う前に下で弄くる 突起点を胸に押し込むように強めに舌を使う

嬢「んぅ んっ ハァハァ」





332:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/01(日) 10:48:59 ID:IZ0DDz26

舌で押し込む度に色気のある喘ぎを聞かせる
どんな顔をしているか気になったので嬢の顔に目を向ける

嬢「な、何・・・」

男「いや・・・」

嬢「ちょムッー!?」

薄目でこちらを見下ろした嬢があまりにも色気があって、可愛かったからキスしてしまう
向こうから舌を入れてくるあたり、お互い完全にスイッチオンの状態

嬢「ふぁ・・・あ、あなた・・・結構焦らすのね」

男「嫌か?」

嬢「んーん 好き」

男「ん、そか」

嬢「乱暴なのも丁寧なのも好き」

男「(ぐうかわ・・・)」





333:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/01(日) 10:59:26 ID:IZ0DDz26

男「(なんか、赤ん坊みたいだけど・・・)」

吸う 吸いながら舌で先端を弄くる

嬢「にゅぅッー!そ、それ・・・」  
男「いいのか?」

嬢「・・・はい」コクン

質量たっぷりの手からはみ出る胸を掴みながら、自分の口へ寄せる
夏場が近くなると男子なら誰もが更に注目を集めるうちの一人であろう彼女の胸を独り占め・・・たまらん

男「じゃあ今度はこっち側だな」

次は反対側の胸への侵攻
せっかくなので、さっきまで攻めていた側の先端部も指で弄っておく

男「俺の唾液でヌルヌルだ」

嬢「、、馬鹿」





338:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/08(日) 15:32:38 ID:q1J/pplA

男「綺麗な形してるな」

嬢「まるでたくさん見てきたかのような・・・」

男「生で見るのは初めてだって」

嬢「ふーん・・・っん、んぅ・・・」

男「(マジでくせになる)」

嬢「ハァ・・・ハァ・・・」

男「(・・・噛むか)」カミッ

嬢「ひァー!?」





339:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/08(日) 16:06:09 ID:q1J/pplA

一通り堪能はしたが・・・次は鬼門の下半身である

男「(え、えっと、手を出す前にやっぱり了解を取った方がいいのか?)」

嬢「ハァ・・・どうしたの?」

男「そろそろ、こっちの方を・・・」サワサワ

嬢「っ!・・・・・・」

太ももを触った瞬間、股を閉じてロックする嬢
と、思ったら力を抜いたように足を延ばす

嬢「あなたのペースで、どうぞ」

男「う、うむ・・・」





340:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/08(日) 16:12:16 ID:q1J/pplA

とりあえずスウェットの上から股をなぞる
嬢はなぞる手を挟むように内股にする

嬢「んぅ」

男「スウェットだけ脱がすな」

嬢「・・・はい」

下着だけの白い生足が姿を現す
浴槽で見た時とはまた違うエロさがある・・・

男「なんかエロいな」

嬢「スケベ あなたがそうさせたんでしょう」

男「うーむ スケベではなくスベスベ」サワサワ

嬢「んっ、く、くすぐったいでしょう・・・」





341:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/08(日) 16:19:06 ID:q1J/pplA

男「(この部分か・・・)」

右手の指先を割れ目であろう部分に押し込む

嬢「そこっ・・・!」

強めに押し込むと凹む部分
下着の上からでもわかる この部分に穴があると

男「・・・」グイッ

了解はとらなかった。下着の上部から手を突っ込む

嬢「ちょッ・・・」





348:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/10(火) 00:04:59 ID:Dfi8aYUs

中指がソコに触れる・・・

男「(本当に濡れるんだな・・・)」

嬢「・・・やぁ・・・らぁ」

男「すげ・・・」ツツツツ

嬢「んっ、指・・・」

男「い、痛かった?」

嬢「・・・」フルフル

男「そうか」

嬢「恥ずかしい・・・」

男「そりゃそうだろな」





349:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/10(火) 00:09:25 ID:Dfi8aYUs

男「(中指当てるだけで・・・)」

生々しい音が部屋に響く

嬢「こ、こらっ!」

男「すごい濡れてるな」

嬢「それが普通なのっ 馬鹿っ!」

男「そうだな・・・顔、こっち向けろ


嬢「はいっームッーんはァ」

割れ目の上の部分。そこに指を押し付ける。
一番刺激が強い部位らしいが・・・

嬢「ッッ!?」





350:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/10(火) 00:14:51 ID:Dfi8aYUs

嬢「ちょッ!んぅ・・・!?」

男「あんまり、・・・あれか?」

嬢「し、刺激が・・・強いというかね・・・あのね・・・」

男「(刺激・・・)」

嬢「お声がね・・・我慢できないの」

男「我慢しなくていいって」

嬢「嫌よ 恥ずかしいじゃない」

男「喘いだりする声、もっと聞きたいがな」

嬢「・・・えっち すけべ」

男「それで、かまわんよ」クチュ

嬢「んゥ・・・ばかぁ」





351:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/10(火) 00:18:24 ID:Dfi8aYUs

男「・・・さて」

嬢「ハァ・・・ハァ・・・・・」

男「だ、大丈夫か?」

嬢「心配には及ばないわ」

男「えと、その・・・しますが」

嬢「あら、あなたの番は?」

男「?」

嬢「とぼけちゃ駄目よ?」

男「い、いや俺は・・・」

嬢「私だけ恥ずかしい思いをさせる気?」





352:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/10(火) 00:21:42 ID:Dfi8aYUs

男「な、何をしてくれるんだ?」

嬢「あなたの望むことよ」

男「・・・」ゴクリ

嬢「私だけしないと言うのは駄目」

男「気持ちは嬉しいよ」

嬢「で、でもあまりその知識も無ければ、経験は皆無なの」

男「俺だって経験はないよ」

嬢「でも知識はあったでしょう?」





353:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/10(火) 00:30:33 ID:Dfi8aYUs

男「嬢は?」

嬢「正直に言うと詳しくは知らないわね」

男「そうか」

嬢「例えばあなたのコレをお口に入れるのは一種の愛撫だけど・・・」

男「お、おう」

嬢「知っているのはそれまでで、その・・・ど、うしたら悦ぶかとかは・・・」

男「俺だって似たようなもんだよ」

嬢「むう」

男「だから教えてくれ 嬢はどうしてほしいかとかさ」

嬢「それはお互い様ね」





357:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/18(水) 22:57:02 ID:tvbSqf3E

男「え、えと・・・」

嬢「とりあえず、見せて」

男「へっ?」

嬢「今度はあなたが体を倒してくるかしら?」

男「い、いやでも」

嬢「は・や・く」

男「はい」





361:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 14:22:01 ID:SL9TtHH6

嬢「こ、これが・・・」ギュウ

男「触るのは初めてじゃないだろ」

嬢「薄明かりとは言え、間近で見るのは・・・(ゴクリ」

男「(なんか恥ずかしい)」

嬢「やっぱり・・・すごく熱いわねコレ」サワサワ

男「ッ、」

嬢「どうやって刺激すればいいの?」

男「じゃ、じゃあまずは上下に動かしてみて」

嬢「・・・こう?」





362:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 14:29:18 ID:SL9TtHH6

男「もう少し根元から握ってみてくれ」

嬢「こうかしら・・・?」

男「ッ・・・ぅ、(自分でするのとじゃ全然違うな)」

嬢「ね、ねえ 気持ちい?」

男「あぁ、か、かなり・・・」

嬢「フフフフ・・・、・・・なんか先から出てきたわね」

男「・・・精子みたいなもんです」

嬢「そう・・・」ペロッ





363:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 14:35:50 ID:SL9TtHH6

男「ッ!?」

嬢「無味ね」

男「舐めたんか」

嬢「嫌だったかしら?」

男「・・・すげえ良かった」

嬢「そう もっとして欲しい?」

男「そっちこそ抵抗ないのかよ」

嬢「あら?あるわけないでしょう んむッ」

男「ちょまッーー」

嬢「んンン・・・・ふぁ・・・」

男「(な、な、なんじゃこの感触!)」





366:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 03:25:53 ID:2Zzd/4nk

嬢「ぷはぁ・・・どこを刺激してほしいのかしら」

男「えっと・・・」

嬢「早く言わないと爪を立てちゃうわよ?」ギリッ

男「さっ先!先です!!」

嬢「先?ここらへん・・・?」ヌルヌルサワサワ

男「うぐ・・・そ、そこが一番くるっ」

嬢「フフフフ そう・・・あむっ」

男「そ、そこ・・・」





367:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:03:56 ID:2Zzd/4nk




男「も、もうやばーーー!」

嬢「っ・・・ふぇ?」

男「ッッッ・・・!」

嬢「ーーー!?」

男「(き、気持ちいなんてもんじゃ・・・じゃなくて、やべえ!口に・・・)」

嬢「・・・・・・ん・・・」

男「(出してしまった・・・)」

嬢「・・・・・・これ」

男「へっ?」

嬢「精飲 と言う行為でしょう?」





368:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:07:49 ID:2Zzd/4nk

男「えっ?えっ!?(飲んだの!?マジすか!?)」

嬢「無味と言うかなんというか・・・濃いのね」

男「の、飲んだのか?」

嬢「あら?何よ急に出して飲ませておいて」

男「そ、それは・・・」

嬢「私が勝手にしたことだとでも言いたいのかしら?」

男「・・・いえ、勝手に出したあげく飲ませてスイマセン」

嬢「フフフフ よろしい」

男「ととととりあえず何か飲めって」

嬢「そうね」





369:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:13:08 ID:2Zzd/4nk

男「・・・その、出したりして本当にごめん」

嬢「平気よ」

男「女性は飲むのには抵抗があるもんだと」

嬢「あなたのだったら平気」

男「・・・っですか」

嬢「それに、気持ち良かったのでしょう?」

男「すごかった」

嬢「・・・/// ま、まあ私の技量よりあなたに堪え性が無いのが原因でしょうけどね」

男「いや、本当にヤバかった」





370:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:16:08 ID:2Zzd/4nk

嬢「そうやって煽てたって・・・たまにしかしてあげない」

男「滅相もございません」

嬢「・・・で、どうするの?」

男「まあ、ここからが本番かな」

嬢「あら するの?」

男「したい」

嬢「誰と?」

男「嬢とだ」

嬢「フフフフ よろしい」

男「(可愛い)」





371:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:25:40 ID:2Zzd/4nk

嬢「あなたの好きなようにしていいわよ?」

男「それ、意外と難しいんだぞ」

嬢「そうなの?・・・とりあえず服はお互い脱ぎたいわね」

男「寒くないのか?」

嬢「あなたが上から温めてくれるのでしょ?」

男「・・・そうだな」




翌朝

男「んん・・・」

男「嬢・・・??いない、もう起きてるのか?」





372:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:28:13 ID:2Zzd/4nk

男「ふぁぁー・・・リビングから声が・・・テレビ見てんのか?」

男「・・・いや、待て」

ーーリビング

男父「おはよう男」

嬢「あら、おはよう男」

男「(神様!!!!)」

男父「どうした??恋人が出来たなら紹介してくれてもいいじゃないか」

男「か、帰ってくるなら帰ってくると・・・!」





373:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:30:48 ID:2Zzd/4nk

男父「サプライズだサプライズ」

嬢「お義父様 朝ご飯のサンドイッチです」

男父「おっ、いいねえ」

嬢「珈琲淹れますね」

男父「気が利くねえ」

男「何馴染んでんだよ」

嬢「フフフフ インスタントしかないですけど」

男「余計なお世話だ!」





374:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:33:51 ID:2Zzd/4nk

男父「んー、・・・うまい」

男「インスタントだぞ」

男父「そうかあ 男にも恋人かあ」

嬢「不束者ですが」

男父「いやあ物凄い礼儀も正しいし美人だし」

嬢「そんなことありません」

男「そうだそうだ!」

嬢「フフフフ」ツネリ

男「痛ッッ!」

嬢「あら?昨晩のこと・・・」ツネリ

男「ごめっ、ごめんって!」





375:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:46:36 ID:2Zzd/4nk

男父「男も隅に置けないなあ」

男「何がだよ」

嬢「あら?」

男父「従姉ちゃんという人がいながら・・・」

男「なんでアイツが出てくるんだよ」

嬢「あらあらあら??」

男「真に受けるな」

男父「悲しむだろうな・・・」

男「知るか」





376:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 04:49:40 ID:2Zzd/4nk

嬢「その従姉さんとか言う方の話・・・初耳なんですが?」

男「親戚の女ってだけだよ 真に受けるなって」

男父「従姉ちゃんの方は男loveじゃないか」

男「だからなんだ」

男父「これは・・・修羅場だな」

男「親父が余計な事を言うからだろ!」

嬢「ふーん・・・男にそんな方がねえ・・・」

男父「ズバリ、これを機に従姉ちゃんに諦めてもらう作戦」

男「はあ?」





377:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 05:52:24 ID:2Zzd/4nk

嬢「フフフフ 面白そうな作戦ですね」

男「顔が笑ってないぞ」

男父「来月に親戚同士で食事する事になったしさ」

嬢「まあ」

男「待て」

男父「嬢さんも一緒に」

男「待て待て」

嬢「フフフフ 嬉しいです」





378:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 06:03:38 ID:2Zzd/4nk

男父「じゃ、僕はそろそろ会社に戻るから」

男「早っ!」

男父「戻るときには連絡するよ」

嬢「あら 行ってしまうのですね」

男「何しに来たんだよ・・・」

男父「そんじゃ、アデュー!」バタン!

嬢「ご機嫌よう フフフフ」

男「行ってしまった・・・・・・!」

嬢「フフフフ」ギロッ





379:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 06:31:28 ID:2Zzd/4nk

男「ち、ちが・・・まず、話を・・・」

嬢「フフフフフフフ フ フ フフフ」

男「聞・・・い・・・て・・・」




男「もうらめ・・・」

嬢「さ・て、まずはわかりやすーく話を聞かせてもらおうかしら?」

男「はい・・・かくかくしかしかじか」

嬢「ふーん」

男「俺には断じてそんな気はないんだって!」

嬢「ふーん」





380:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 06:38:42 ID:2Zzd/4nk

嬢「あなた・・・罪な男ね」

男「だから俺は従姉なんか相手にしたことないって」

嬢「まあいいわ 来月が楽しみ」

男「憂鬱だ」

嬢「フフフフ」

男「顔が笑ってない・・・」





382:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 22:26:06 ID:2Zzd/4nk

嬢「で、その従姉さんとやらについても詳しく聞きたいわね」

男「俺の従姉妹で同い年の奴だよ」

嬢「そう」

男「それだけ、それだけだよ!」

嬢「あら?あなたのお父様の話ではまるで」

男「親父達が茶化してただけだよ」

嬢「ふうん・・・」

男「何ですかその目は」

嬢「私の身体を弄ばれたあげく第二の女の存在だなんて・・・」





383:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 22:28:47 ID:2Zzd/4nk

男「だ、だーかーらー!」

嬢「とりあえず・・・その従姉さんとやらに会わない限りはどうと言えないわね」

男「・・・」

嬢「あら?」

男「・・・俺、あいつ苦手」

嬢「そう それは何故?」

男「んー、ポジティブすぎるところとか?」

嬢「?」





384:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 22:34:39 ID:2Zzd/4nk

男「なんでもかんでも自分のいい方向に都合良く解釈するんだよ」

嬢「・・・厄介ね」

男「ああ、厄介なんだ」

嬢「ま、いいわ あなたは私をちゃんと恋人として紹介してくれるんでしょう?」

男「当たり前だろ」

嬢「本当?」

男「本当だって」

嬢「・・・」

男「何故目を瞑る」

嬢「・・・」





385:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 22:51:47 ID:2Zzd/4nk

男「(キスしろってか?)」チュ

嬢「ん・・・よろしい」

男「とりあえず、変に勘ぐりしないでくれ」

嬢「ま、いいけど」

男「俺は嬢だけだって」

嬢「あら?あなたにもそんな歯の浮くような台詞が言えたのね」

男「クッ・・・言わなきゃよかった」

嬢「フフフフ、心から信用してるわ」

男「・・・お前だって似たような台詞を・・・クッ」

嬢「フフフフ」





386:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 00:17:23 ID:di/lcgIM




翌月

嬢「ここ?」

男「ああ、爺ちゃん家だ」

嬢「なんだか、私はアウェイってやつじゃないかしら。」

男「大丈夫だ 俺が付いてる」

嬢「頼もしい台詞ね」

男「とりあえず行くぞっ」

嬢「えぇ」





387:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 00:20:37 ID:di/lcgIM

男「お邪魔ー」

爺「おお!来たか!」

婆「あらあら男ちゃん・・・と・・・」

嬢「初めまして わたくし、嬢と申します」

男「俺の恋人だよ」

婆「んまあ」

嬢「よ、宜しく・・・お願いします」

?「男ぉぉぉ!!」スタスタスタ!

男「!?」





388:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 00:24:37 ID:di/lcgIM

従姉「久しぶりぃぃ!」ジャーンプ!

男「(フライング抱き付き!?)」

嬢「てい!」チョップ!

従姉「んぎゃっ!?」

男「ナ・・・ナイスチョップ」

嬢「彼女が・・・」

男「例の、従姉だよ」

従姉「いったたたたた・・・ん?」

嬢「・・・」

従姉「誰?」





389:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 00:27:40 ID:di/lcgIM

男「嬢だ」

従姉「嬢・・・?」

男「俺の恋人だ」

従姉「男の恋人・・・?」

嬢「初めまして」

従姉「男に恋人・・・?」

男「そうだよ」

従姉「・・・恋人って私のこと?」

男「違ぇぇよ!なんでそうなるんだよ」

従姉「むむむ・・・!」ジロッ

嬢「・・・」ギロッ





390:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 00:33:11 ID:di/lcgIM

男「・・・(やっぱりこうなったか)」ハァァ


ーーーお食事

従姉「じゃあ私は男の隣!」

嬢「私も隣に座ろうかしら」

従姉「いやいや、男は端に座るから隣は一つだけだにゃーん」ニャッ

嬢「ッチ・・・(この女」

男「俺は端は嫌だからこっちにする」

従姉「んああ!」

嬢「フフフフ、じゃあ私はこっち」

従姉「ふーんだ!私はこっち」

男「(食いづれえ)」





391:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 00:39:48 ID:di/lcgIM

婆「たくさん食べてねえ」

男「うん うまい」

従姉「でしょ!?でしょー!?」

男「美味しいよな?嬢」

嬢「ええ、特にこの唐揚げなんて最高に」

従姉「それ、私が作ったんだよねーん」

嬢「全っ然ダメ 唐揚げは最高に全然ダメ」

男「どんな日本語だよ」

従姉「男、ほら!あーん」

嬢「・・・」ジロッ

男「(わかってるって)」





392:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/24(火) 22:39:40 ID:Lw/Gcrxo

男「いや、自分で食べるからいグンゥェー!?」

従姉「おいしい?」

男「ンゴッ!ゴホッゴホッ!」

嬢「ッチ・・・」

男「ハァハァ 喉に詰まった」

従姉「あーんだなんて恋人みたいだね、うんうん!」

男「違えだろ」

従姉「またまた照れちゃってー!」





393:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 22:43:05 ID:Lw/Gcrxo

嬢「男、私はあの水餃子が食べたいけど取れないの」

男「ん?あれか」

嬢「ええ」

男「俺の席からなら届くし・・・ヨッ!」

従姉「えい」ヒョイ!

男「あぁおい!」

従姉「水餃子食べたいの?はい!お皿に置いてあげる!」

嬢「ッチ・・・」

従姉「おいしいよん(ニヤリ」

男「(飯に集中できねえ)」





394:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 22:46:17 ID:Lw/Gcrxo

嬢「男、この水餃子 すごく美味しいわよ?」

男「そうか」

嬢「食べさせてあげるわよ」

男「いやいいってば」

嬢「 ほ ら 」

男「は、はい・・・」

従姉「ねえねえ男!」トントン

男「ん?なんだッーングッフォ!?」

従姉「水餃子美味しい??」

嬢「ッチ・・・」





395:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 22:49:02 ID:Lw/Gcrxo




食後

男「ああぁぁ・・・食い過ぎだ」

嬢「自業自得ね」

男「うぅ・・・」

従姉「男!」

男「なんだよ」

従姉「お風呂入ろうよ!」

嬢「!?」

男「断る」

従姉「えぇぇ?なんで?」

男「何でも糞もあるかよ 歳考えろよ」





396:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 22:52:10 ID:Lw/Gcrxo

従姉「昔はよく一緒に入ったじゃんかー!」

男「何年前の話だよ」

従姉「ブーブー」

男「とにかくもういい歳なんだから断る」

従姉「あーあ 男とお風呂入りたかったなー」チラッ

嬢「・・・」

従姉「昔はよく一緒に入ってたのに(ニヤリ」チラッ

男「昔の話だろ」

嬢「・・・フッ」





397:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 22:55:21 ID:Lw/Gcrxo

嬢「ていうか先週私と入ったじゃない」チラッ

従姉「ッッ!!?」

男「おまっ」

嬢「フフフフ」

従姉「むうぅぅぅ」

男「あ、あんま恥ずかしい事話すなよ・・・」

嬢「恋人の嗜みよ 堂々と話すべきね」

従姉「ふんだ!」





399:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 22:58:31 ID:Lw/Gcrxo

男「とにかく、今は風呂には入らない」

従姉「なら私もいいや」

嬢「・・・」

従姉「男、泊まって行くんだよね?」

男「え?」

嬢「む・・・」

男「んー俺はいいとして・・・」

嬢「あら?私達は最初からお泊まりの予定でお邪魔したじゃない」

男「そ、そうでしたっけ」

嬢「ノコノコと帰るわけないでしょ」





400:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 23:01:49 ID:Lw/Gcrxo

婆「じゃあ若いのは二階の部屋を使ってもらおうかねえ」

爺「がはは!がは!ガッフォ」

男「爺ちゃん入れ歯が!!」

爺「ふぃんふぁいふぁい」

男「?」

婆「布団は沢山押し入れにあるから、適当に引いといておくれ」

嬢「はい」

従姉「うん」

爺「ふぁんふぃぅふぁん!」

男「?」

爺「ふぁふぁふぁふぁふぁ!!」





401:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/24(火) 23:13:11 ID:Lw/Gcrxo

男「とりあえず 俺は風呂は銭湯で済ませる」

嬢「銭・・・湯・・・?」

男「どうした?」

従姉「銭湯かあー私も行くー!」

男「嬢、銭湯ってのは大衆浴場みたいもんだ」

嬢「なんとなくわかったわ」

男「行くか?」

嬢「もちろん」

従姉「私も行くかんね!」

嬢「ええ 望むところよ」





402:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/25(水) 01:39:13 ID:JS7g.b2g




銭湯

男「うぁぁぁぁ やっとのびのびできる・・・」

男「・・・嬢と従姉、大丈夫かな?」

男「ま、どうにかなるだろ」


ーーー女湯 脱衣場

従姉「うわぁーー」

嬢「な、なによっ」

従姉「ふむふむ・・・」

嬢「そんなに見ないでよっ もう」





403:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/12/25(水) 01:43:15 ID:JS7g.b2g

従姉「嬢ちゃんおっぱい大きいね!」

嬢「・・・///」

従姉「いいなあー ちょっとだけでいいから頂戴?」

嬢「あっても邪魔なだけよ」

従姉「ええ?だって男子は皆おっぱい大好きなんだよ!?」

嬢「そういえば、男も好きね」

従姉「むむ!やっぱりおっぱいかあー」

嬢「胸はあまり関係ないでしょ」

従姉「ある人にはわからないんだよー」





404:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 01:53:22 ID:JS7g.b2g

嬢「あなたのその体型の方がよっぽどいいじゃない」

従姉「んー 陸上やってるから」

嬢「私なんかよりずっとスタイリッシュよ」

従姉「短距離やってると無駄な肉が付かないんだよね」

嬢「無駄で悪かったわね・・・」

従姉「ささ!早く入ろ!」

嬢「え、ええ」





405:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 01:57:27 ID:JS7g.b2g

従姉「嬢さん色白ーい」シャコシャコ

嬢「日光は苦手ね」

従姉「私も白い方だから、ほら!」

嬢「クッキリね」

従姉「短パンの日焼け跡だと色気ないよねえ」

嬢「健康的でいいじゃない」

従姉「またまたー 健康的なのはこっちでしょー」モミモミ

嬢「んちょっ・・・!」

従姉「いいなあーコレ」

嬢「だ、だからってあげれるモノ・・・じゃッ・・・ん」





406:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 02:24:04 ID:JS7g.b2g

従姉「さ、湯船入ろ!」

嬢「思ってたより広いのね」

従姉「ここの銭湯はねえー」

嬢「ふう・・・」

従姉「ふう・・・」

嬢「・・・」

従姉「ねえねえ」

嬢「なあに?」

従姉「嬢ちゃんと男って、いつから付き合ってるの?」

嬢「まだ半年も経ってないわね」





408:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 03:15:03 ID:JS7g.b2g

従姉「へえー どっちから告白したの!?」

嬢「私よ」

従姉「そうなんだ・・・」

嬢「男から告白したと思ったの?」

従姉「んー、それも考えられないね」

嬢「男は押しに弱かったわね」

従姉「意外のようなわかるような・・・」





409:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 03:32:30 ID:JS7g.b2g

従姉「男のどんなところに惚れたの?」

嬢「そうね・・・惚れた理由は・・・難しいわね いい意味で堂々としているところかしら」

従姉「じゃあどんなところが好き?」

嬢「考え方が好き」

従姉「考え方?」

嬢「日常生活においてよく思うわ」

従姉「ふーん」

嬢「知識やボキャブラリーの多さも無駄にあるし」

従姉「ああそれわかるー!」





410:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 05:40:34 ID:JS7g.b2g

嬢「割と先の事をちゃんと考えてるあたりとか」

従姉「ふむふむ」

嬢「あと面倒見もいいわね」

従姉「確かに!」

嬢「それと文系と見せかけて数学も割と得意なところとか」

嬢「食べ方も綺麗だし、睫毛も長いし」

従姉「な、なんか手当たり次第に喋ってるね・・・」

嬢「当たり前でしょ 好きなんだから」

従姉「そっかー」





411:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 05:42:56 ID:JS7g.b2g

嬢「で、あなたはどうなのよ」

従姉「私?私はー、好きだよ?」

嬢「そう いつから?」

従姉「んー、結構前!」

嬢「・・・本当に男の事が好き?」

従姉「・・・」

嬢「・・・」

従姉「正直、よくわかんない・・・」

嬢「男がね 言っていたの」

従姉「へ?」





412:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 05:46:30 ID:JS7g.b2g

嬢「『あいつは本気で俺の事を好きなわけじゃない』って」

従姉「うぅ」

嬢「・・・」

従姉「・・・嬢ちゃんって初恋はいつ?」

嬢「男が初恋」

従姉「そっか・・・私はまだなんだ」

嬢「そういえば女子校なんですってね」

従姉「うん だからあんまり男子と接する機会無いんだよね」

嬢「私もほとんど無かったわよ」





413:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 05:50:22 ID:JS7g.b2g

従姉「恋ってさ、どんな感じなの?」

嬢「そうね・・・その人を中心に世界が廻っていると表現したらいいかしら」

従姉「へぇー 胸がドキドキしたりするの?」

嬢「決まってるじゃない」

従姉「私、まだないなあ・・・ドキドキ」

嬢「私も高校生活で恋に堕ちるなんて思わなかったもの」

従姉「恋は突然!」

嬢「事故のようなものね」

従姉「男との出逢いってどんな感じだったの?」





414:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 05:57:55 ID:JS7g.b2g

嬢「かくかくしかじか」←マジかくかくしかじかって便利

従姉「あぁー 男らしいね!」

嬢「フフフフ」

従姉「偶然だったんだ」

嬢「最初に話し掛けてきたのは男だし、私を変えたのも男」

従姉「変えたの?」

嬢「えぇ 最初は憧れだったの」

嬢「なんでも1人でこなせる男みたいに、私もなりたいって・・・そんな小さな憧れよ」

従姉「ふむふむ」





415:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/25(水) 06:03:35 ID:JS7g.b2g

嬢「恋の魔力と言うと少し低俗というか幻想的な言い方になってしまうけど」

従姉「本当に男のことが好きなんだね」

嬢「ええ」

従姉「私はさ、ただ昔から男と遊ぶと親たちが茶化してきたんだ」

従姉「それに乗っかって男につっかかって遊んでただけなんだよね」

従姉「嬢ちゃんの言ったようなドキドキとかそんなのも感じたこともないし」

従姉「今日の食事の時もどちらかと言うと嬢ちゃんの反応が楽しくてちょっかい出してもんだし」

嬢「そう」





419:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/06(月) 03:39:45 ID:rloMoY66

従姉「恋かあー」

嬢「したいの?」

従姉「まず出会いが・・・」

嬢「何も学び舎だけが出会いの場ではないでしょう」

従姉「んーこのままでもいいかなあ別に」

嬢「愚考ね」

従姉「あぐっ」

嬢「このままでいいだなんて 勿体無いわよ」





420:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/06(月) 03:45:59 ID:rloMoY66

従姉「うーん」

嬢「男がね、言っていたの」

従姉「男が?なんて?」

嬢「がむしゃらに必死に変わろうとする人はそれだけで魅力的だ って」

従姉「へぇー・・・男も良いこと言うんだね」

嬢「えぇ 私の好きな言葉よ」

従姉「ありがとう 嬢さん」

嬢「お礼を言われるようなことはしてないけど」

従姉「なんか勇気出た!」





423:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2014/01/13(月) 01:50:06 ID:QOJcIdRg

休憩所

男「お、やっと出てきた」

嬢「やっとで悪かったわね」

男「いや」

従姉「嬢ちゃん牛乳飲も!牛乳!」

嬢「ええ」

男「ん?(仲良くなってね? )」

従姉「たくさん飲んだらおっぱい大きくなるかな!」

嬢「もう遅いわよ」

従姉「えー!」





424:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 02:40:51 ID:QOJcIdRg





帰宅

婆「二階に布団用意しといたからね」

男「ありがと」

従姉「ゲームしよ!ゲーム!」

男「何するんだよ」

従姉「これ!」

嬢「人生ゲーム?・・・これはどうやって遊ぶものかしら?」

男「ボードゲームってやつだよ まあこれはすごろくみたいなもんだ」





425:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 03:08:19 ID:QOJcIdRg

嬢「そうなの」

男「大体四人とか五人で遊ぶゲームだよ」

嬢「なら今までの私とは無縁のゲームね」

男「ルールとか簡単だしすぐわかるよ」

従姉「さ!まずは順番決めねー」




男「【妻に浮気がバレて離婚をする。慰謝料として1000万支払う】」

従姉「ぷぷぷ」

嬢「あら、因果応報ね」

男「・・・」





426:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 03:15:29 ID:QOJcIdRg

嬢「【夫の会社が事業に成功する。5億円の収入。】」

従姉「【石油脈を掘り当てる。10億円の収入。】」

男「なんでそうなる!!」

嬢「ほら、あなたの番でしょ?」

男「【事業に失敗する。5億の損失。ついでに石油王と激突して1回休み。】」

従姉「ぷぷぷ!」

男「・・・」

嬢「フフフフ たかがゲームとは言えここまで不幸だと笑えないわね」

男「笑ってんじゃねーか」





427:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 03:20:57 ID:QOJcIdRg

嬢「フフフフ このゲーム、最下位には罰ゲームを用意したいわね」

男「なっ」

従姉「さんせーい」

嬢「これで更に盛り上がるわね」

男「マテマテマテ そういうのは始める前にだな」

嬢「【宝くじに当たる。10億の収入。】」

従姉「【石油王が空から降ってくる。20億の収入。】」

男「さっきから石油王なんなんだよ!」

嬢「はやくしなさい」

男「くそっ!【年金のデータが消えたあげくに家が燃やされ石油王の奴隷となる。奴隷エンドのため強制終了。】」

従姉「はい!男の負けー!」





428:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 03:30:08 ID:QOJcIdRg

嬢「奴隷エンド・・・あなたなしてはそれ相応の終わり方なのかもしれないわね」

男「納得すな」

従姉「いえーい!一番!」

嬢「私が二番ね」

男「よし!寝るか!」

従姉「罰ゲーム何にしよっか」

嬢「あなたが決めていいわよ」

従姉「んーとね、んとねー」

男「よし!寝るか!」

嬢「見苦しいわね 黙ってなさい」

男「(ふぁっく!)」





429:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 03:33:41 ID:QOJcIdRg

従姉「じゃあ男!嬢ちゃんの好きなトコ10個あげて!」

男「へ?10個!?」

嬢「あら足りないかしら」

男「い、いや・・・」

従姉「はいスタート!」

男「えっと・・・」

従姉「ワクワク!」

嬢「フフフフ」





430:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 04:31:07 ID:QOJcIdRg

男「じゃあ・・・・・・まずは外見からだな」

嬢「むむ」

男「眼鏡が似合うところだな」

従姉「あぁ確かにー!」

男「眼鏡とともに髪も結うからその姿も好きだ」

男「身長もやや高めで俺好み」

男「眼も綺麗だな、うん」

男「細身のくせにけしからん胸も好き」

嬢「な、なんか恥ずかしくなってきたわね」





431:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 04:46:54 ID:QOJcIdRg

男「声も落ち着いた感じで好きだな」

男「あ、髪型は横出しでポニテみたいにしてる時が一番良かった」

嬢「そ、そう・・・///」

従姉「んじゃ次は内面ー!」

男「んんー、まずは人見知りのくせに積極的なところかな」

男「その人見知りも少し治ってきてるみたいで安心」

嬢「余計なお世話よ」





432:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 07:14:11 ID:N7H6D9Zs

男「積極的すぎて暴走するところがたまにキズだな・・・」

嬢「悪かったわね」

男「変なところで冷静さを取り戻したりするし・・・」

嬢「あなた、今は好きな内面の部分の話をしているのよ?」

男「そ、そんなとこも好きです!」

嬢「後でお仕置きが必要ね・・・」

男「えっ」





436:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2014/01/14(火) 00:54:13 ID:BqcHAYSE

男「とりあえず、性格は大人しいほうが俺は好きだから合ってる うん」

従姉「くっ」

嬢「根暗だと言いたいのね」

男「そんな事言ってないだろ」

嬢「ふーん」

男「その方が一緒にいて落ち着くんだよ」

嬢「・・・そ」

男「もう10個くらいいっただろ」

従姉「んー?あと2個くらいじゃないかな」





437:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 01:05:37 ID:BqcHAYSE

男「数えてないだろ」

嬢「あら、もうネタ切れなのね」

男「結構言っただろ」

嬢「所詮は身体目当てだったのね・・・シクシク」

従姉「嬢ちゃん可哀想(棒)」

男「そうやって見え透いた態度をとるところも好きだ」

嬢「その場しのぎで回答してきたわね」

男「いやいや本当ですってば」





438:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 01:27:27 ID:BqcHAYSE

男「最初は一緒にメシ食べたりして、まあ誰かと一緒に食べるのも悪くないなあ・・・とか思ってさ」

男「まあ誰かと二人一緒にいるのも悪くないって思ってるうちに、誰かとじゃなくて嬢と一緒だから楽しいんかなーって」

嬢「ヤメ」

男「思っ・・・てなんだよ」

嬢「恥ずかしいからヤメ」

男「言わせておいて・・・」

嬢「いいからもうっ 馬鹿っ」

男「なんでこうなるんだ・・・」





439:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 01:50:44 ID:BqcHAYSE




んで夜

従姉「ンフ、ンクフフフ・・・zzz...」

嬢「彼女、もう寝たの?」

男「コイツ寝るのは本当に早いんだよ」

嬢「そう」

男「俺も今日は精神的に疲れたし眠れそうだ」

嬢「こんな美女二人に挟まれてもう寝るなんて」

男「わかったわかった起きますよ」

嬢「彼女、あなたの言う通りだったわね」





440:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 01:54:29 ID:BqcHAYSE

男「気付いてもらえたみたいで助かった」

嬢「当たり前でしょ あなたにつく虫は蚊とんぼ残らず払いのけるわ」

男「どんな意気込みだよ」

嬢「あなたも本当に相手にしていないみたいだったし許してあげる」

男「咎められるようなことなんて無いのに・・・」

嬢「フフフフ ねえ、そっち 行ってもいい?」

男「うむ」





441:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 05:41:14 ID:BqcHAYSE

嬢「布団というのもいいわね」モゾモゾ

男「・・・クンクン」

嬢「や、やめなさい」

男「ふむふむ」

嬢「腕、貸してくれないかしら」

男「ほら」

嬢「フフフフ やっぱりこうして寝るのが一番ね」

男「(俺は寝返りうてなくなるんだがな)」





442:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 05:49:07 ID:BqcHAYSE

嬢「そんなに私が隣にいて楽しいのかしら」

男「さっき言っただろ」

嬢「フフフ そっ」

男「ふざけた罰ゲーム要求しやがって」

嬢「あら・・・?そういえばお仕置きがまだだったわね」

男「し、知らんぞそんな事」

嬢「とぼけないでくれる?」





443:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 05:53:10 ID:BqcHAYSE

男「罰ゲームやったんだからもういいだろ」

嬢「そう なら今度何でも言うこと聞いてもらおうかしら」

男「嫌な予感しかしない」

嬢「平気よ」

男「うぅぅむ・・・」

嬢「あら、眠いの?」

男「う・・・む」

嬢「そう ならおやすみなさい」





444:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 06:00:58 ID:BqcHAYSE

男「うむ・・・おやす・・・」

嬢「おやすみ」






男「体が痛い・・・」

従姉「平気?」

男「起きたらお前と嬢にツープラトン極められてた」

従姉「私寝相悪いからさー」

嬢「ならしょうがないわね」





445:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 06:08:51 ID:BqcHAYSE





日常 高校三年生時

男「えっ」

嬢「いいリアクションだわ」

男「えっ てなるだろ」

嬢「驚くことではないんじゃないかしら」

男「だ、だからって・・・」

嬢「いいから私の家に泊まりに来てくださいな?」

男「親父さんいるんだろ?」

嬢「言ったでしょ?私の父があなたに会いたいって」





446:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 06:14:16 ID:BqcHAYSE

男「すげえ緊張する」

嬢「大丈夫よ」

男「ってもなあ・・・」

嬢「私の父は厳格です曲がった事が嫌いで要求の多いタイプだから大丈夫」

男「重圧かけるなよっ!」

嬢「あなたならいけるわ 多分・・・」

男「多分かよ」

嬢「お姉ちゃんも家に帰ってくるらしいから」

男「あぁ一人暮らしなんだっけ」





447:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 06:22:13 ID:BqcHAYSE

嬢「ええ ここぞとばかりに彼氏のあなたを自慢してやるの」

男「や、やめてくれ・・・」

嬢「フフフフ 楽しみね」 

男「憂鬱でしかねえよ・・・ハァ」




お泊まりの日 金曜日 放課後

男「18時に駅にいればいいんだな?」

嬢「ええ 夜ご飯は外食をご馳走するそうよ」

男「が、外食かよ・・・」





448:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 06:26:22 ID:BqcHAYSE

嬢「あなたにはあまり縁のないレストランで食事をするわ」

男「余計なお世話だ で、レストランってことは洋食?」

嬢「ええ」

男「・・・とりあえずテーブルマナーあたりを図書館で覚えておくか」

嬢「素晴らしい心得ね」

男「あぁぁぁ気が重い」

嬢「私はテーブルマナーとかよくわからないけど」

男「普段から身に付いてるだけだろ」





449:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 06:28:41 ID:BqcHAYSE

嬢「センチメンタルなあなたを見れるのは楽しいわね」

男「お前開き直ってやるぞ」

嬢「それもそれで楽しみね」

男「くッッ!他人ごとみたいにっ!」

嬢「じゃあ私は先に家に帰るから」

男「あぁ また後でな」





450:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 06:35:52 ID:BqcHAYSE




んで夜!駅前!!おう!やんのかコラッ!

男「あ、あの車は・・・」

ーーーブロロ 

嬢「あら、10分前なのにもういるのね」

男「お、おう」

嬢「まだパパはいないわよ」

男「お、おう」

嬢母「久しぶり、男君っ!」

男「お、おうっじゃないお久しぶりです!」





451:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 06:39:34 ID:BqcHAYSE

嬢母「さあ乗って乗ってん」

嬢「父は後から直接来るらしいの」

男「(さっきパパって言ってたやん・・・)」

嬢「ほら、乗りなさいよ」

男「おう お邪魔しま・・・す」

嬢姉「あっ、君が嬢の彼氏君?」

男「えっと、お姉さん・・・ですか」

嬢姉「はじめまして!」

男「はじめまして」





452:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/14(火) 19:31:15 ID:BqcHAYSE

嬢「ほら、私も乗るから詰めてよ」

男「えっ?助手席は」

嬢「いいからっ」

男「ちょっ、狭っ・・・」

嬢姉「へぇー、・・・嬢に恋人だなんて冗談だと思っていたけど」

嬢「冗談なわけないでしょう」

男「(俺を挟んで会話すな)」





455:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/22(水) 16:36:38 ID:quJIyGnk

嬢姉「もっとこっち詰めたら?」

男「い、いや平気っす」

嬢「・・・」グイグイ

男「(な、なんだよ)」

嬢「ほら、あなたはこっち」グイ

男「わわわかってるって!」

嬢姉「いいなあー彼氏・・・」ジーッ

男「は、ははは」





456:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/22(水) 16:40:15 ID:quJIyGnk

嬢姉「男君だっけ?」

男「は、はい」

嬢姉「私なんてどうかな?」

男「へっ?」

嬢「っ」

嬢姉「私は結構尽くすタイプだよ?多分 なんちゃって」

男「いやー、遠慮しておきます」

嬢姉「あう」

男「嬢に十分尽くして貰っているんで」

嬢「あら」

男「(そう言わないと殺される気がする)」





457:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/22(水) 16:43:35 ID:quJIyGnk

嬢「あなた、本当に私のことが好きなのね」

男「なんだよ急に?」

嬢「違うのかしら?」

男「こ、ここで言うセリフではないだろう・・・」

嬢「・・・・・・」

男「そ、そうだよ 好きだよ・・・」

嬢「ふーん」

男「ふーん って!」

嬢姉「仲良いねぇ」





459:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/27(月) 22:41:31 ID:i4cAJCJ.

男「せっかく人が恥ずかしいセリフを言ってやったのに」

嬢「あら?あなたが勝手に言っただけじゃない フフフフ」

男「そ、そーでしたねー!」

嬢姉「クフフ、嬢って意地悪なとこあるからねー」

男「そうなんですよねーッイタ!!痛ッ!?」

嬢「何がそうなのかしら?」

男「タ!タンマ!耳がちぎれる!」





460:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/27(月) 22:45:05 ID:i4cAJCJ.

嬢「片方くらい平気よ」ギチチチ

男「アガ・・・愛してるから許してくれ・・・!」

嬢「あらっ」パッ

男「ハァ…死ぬかと思った」

嬢「あなた、私の父に会ったら一回や二回で死ねるとでも?」

嬢姉「クス」

男「うぐ・・・憂鬱になってきた」

嬢「くれぐれも粗相のないようにね」





461:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/27(月) 22:50:02 ID:i4cAJCJ.

嬢「で、マナーだの何だのを必死に学んできたみたいじゃない」

男「ああ任せてくれ」

嬢「洋食のテーブルマナーは日本人にはややこしいものね」

男「心は西洋人だ!任せろ!」

嬢「言い忘れていたけど今夜は親戚のフグ料理の店らしいわ」

男「えっ」

嬢姉「フグ鍋だなんて久しぶりー!」

男「えっ」

嬢「鍋 頑張ってね?」

男「・・・えっ?」





462:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/27(月) 22:54:47 ID:i4cAJCJ.

嬢母「あの人鍋奉行だからねえ・・・フフ」

男「ええええ」

嬢「粗相の無いように、ね?」

男「待てマテまて!お、俺鍋に関してはまったくのド素人だぞ!」

嬢「あら?意外なのね」

男「どこが意外だよ!一番疎遠な食べ物だわ!」

嬢姉「なら楽しみなさいよ義弟君!」

男「ちょっ・・・嬢の姉さんまで」

嬢姉「あんっ 私のことは嬢姉さんでいいよん」





463:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/27(月) 23:08:13 ID:i4cAJCJ.

男「ハァ」

嬢「平気?」

男「プレッシャーはあるけど」

嬢「けど?」

男「鍋って皆で囲むようなやつなんだろ?俺、そんな料理は初めてだから楽しみではあるんだ」

嬢姉「・・・」

嬢母「フフ」

嬢「あら、そうなの」

男「少し憧れみたいなのはあったからさ」

嬢「嫌な思いはさせないわ この私が」





464:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/27(月) 23:12:47 ID:i4cAJCJ.

ーーー到着

男「ああああ高そうな店だ・・・」

嬢「ええ 私達も月に一度くらいしか来ないもの」

男「月に一度って・・・」

嬢姉「あ、鹿瀬元都知事だー」

嬢母「あらっ」

男「んなっ」

嬢姉「この間はケネジィ大使がいたんだよね」

男「(おいおいおい敷居高すぎんだろ)」

嬢「あら?顔色悪いわよ?」





467:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 00:13:36 ID:ufL6ktZw

男「嬢の親父さんって歳はいくつなんだ?」

嬢「55歳よ」

男「うううう・・・」

嬢「あまり、・・・あなたのことは良くは思ってはないみたいだけど」

嬢姉「頑固なところあるからねえ」

嬢母「口さえ聞いてくれればまだ安心していいわよ」 

嬢姉「確かに!下手したら口も聞かないかもねっフフフ」

嬢母「フフフ」





468:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 00:18:56 ID:ufL6ktZw





部屋

男「個室・・・なんですね」

嬢「当たり前でしょう」

男「で、親父さんは?」

ーーー「失礼」

男「うおっ!?」

嬢父「・・・遅れてすまない」

嬢姉「襲いよもー!」

嬢母「ほら、あなた上着を貸して」

嬢父「うむ」





469:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 00:23:47 ID:ufL6ktZw

男「初めまして」

嬢父「・・・ 」

男「嬢とお付き合いしている男と言います」

嬢父「・・・」

男「この度は」

嬢父「もういい」

男「ふげっ」

嬢父「まずは御飯にしよう」

男「は、はぁ・・・・・・え!?」

嬢父「なんだね?」

男「なんで靴下左右違うんですか?」

嬢父「!!?」





470:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 00:26:34 ID:ufL6ktZw

嬢「っ」

嬢母「あらっ」

嬢姉「ッブフー」

男「あっ、ごごごめんなさい!そういう銘柄のやつなんですよね!?」

嬢父「さ、さあ鍋にしよう・・・」

男「あっ、は、はい」

嬢母「クスクス」

嬢姉「(だ・・・駄目・・・もう笑いが堪えられない・・・)」





471:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 00:34:17 ID:ufL6ktZw

嬢「ねえ」ボソ

男「な、なんだよ」ボソ

嬢「靴下は本気で間違えて履いてきただけよ」ボソボソ

男「嘘だろ・・・」

嬢姉「キタキター!」

店員「時間が経ちましたら、あら付きのフグを入れて出汁を採ってください」

男「うーむ これがフグか」

嬢「初めて見るの?」

男「うん 鍋そのものが初めてだからな」 

嬢「そうだったわね」





472:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 00:43:27 ID:ufL6ktZw

男「初鍋がフグってのもいきなりすぎて何がなんやら・・・」

嬢「いいじゃない別に」

男「だって、フグ鍋ってフグだけが主役すぎてる感ないか?鍋なのに」

嬢姉「そんなことないよー、フグは出汁からおいしいから主役であって脇役でもあるんだよ」

男「そうなんですか・・・」

嬢「ほら、お刺身食べなさいよ」

男「おお、薄いな」

嬢母「ポン酢に漬けてね」

男「まずは何もつけずに頂きます・・・あむ」





473:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 22:24:48 ID:ufL6ktZw

男「・・・」

嬢「どう?」

男「んー、うん ポン酢で食べるものだなって」

嬢「そう」

男「俺の舌は一般人なんだからしょうがないだろ」

嬢「そうかしら?偏食や好き嫌いが一切無いのは偉い事よ」

男「嬢がありすぎるんだろ」

嬢「フグもあまり好きではないのだけれど・・・」

男「そうなの!?」





474:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 22:30:25 ID:ufL6ktZw

嬢「だって、このお魚には毒があるんでしょう?」

男「っても肝や卵巣にしかないし、それはちゃんと取り除いてるんだぞ」

嬢「それでも心配なの」

男「フグ捌く人はちゃんと免許取ってる人だから平気だろ」

嬢姉「フグの毒って猛毒なんだったねー ハフハフ」

嬢母「何て言ったかしら?」

嬢「えっと・・・えーっと・・・」





475:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 22:39:25 ID:ufL6ktZw

嬢父「・・・トトロデドキシン」ドヤ

嬢姉「そう!それそれ!」

嬢母「怖いわよねー」

嬢「そのトトロデ・・・なんとかが怖いのよ 」

男「いやテトロドトキシンな」

嬢父「っ」

嬢「そうなの?」

男「トトロって・・・ジブリじゃないんだから」

嬢父「っっぬぉ」





476:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/03(月) 22:44:03 ID:ufL6ktZw

嬢「クス・・・」

男「まあ確かにフグの毒には解毒剤は基本的にないにしても・・・・・・ん?」

嬢父「・・・」プルプル

男「あっー!あ、あの!その!そんなあの!ボケに対して真面目に突っ込んでごめんなさい!」

嬢姉「ぷぷ」

男「トトロはジブリで河豚は河の豚でジブリは紅の豚でそれをかけていてあのその」

嬢「落ち着きなさい」ポカッ

男「いでっ」

嬢「(ボケたのではなくて、素で間違えたのよ)」ボソボソ

男「え、えー?」





478:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/04(火) 22:05:26 ID:17GscI46

嬢「まあそんなことより、私も頂こうかしら」

男「そうしろって」

嬢「じゃあ何も漬けないで頂きたいわね 男、それを取ってちょうだい」

男「自分で取れよ・・・」

嬢「その一切れでいいわよ」

男「ほら、取り皿は?」

嬢「何を言っているのかしら? 」

男「何って取り皿は?」





479:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/04(火) 22:08:13 ID:17GscI46

嬢「私は猫舌だから気をつけてね」アーン

男「・・・」

嬢父「」

男「取・・・り・・・皿・・・」

嬢母「いいわねえ若いって」

嬢「あら?普段はしてくれるのに・・・」

男「ああもう!ほらっ」

嬢「あむ」





480:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/04(火) 22:11:18 ID:17GscI46

嬢「・・・おいしいわね」

男「そうですかい」チラッ

嬢父「ぁ・・・ぅ・・・」

男「(めめめっちゃ見てるよこれ睨まれてるよ)」

嬢「クスクス」




食後

嬢母「さてさて、そろそろおいとましましょうね」

男「あ、ありがとうございました!すごくおいしかったし楽しかったです!」

嬢母「うふふ、私達も楽しいわあー ねえ?」

嬢父「・・・うむ」





481:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/04(火) 22:24:17 ID:17GscI46

男「今日は本当にありがとうございます」

嬢「あら?あなた、今日はお泊まりだってことを忘れていないかしら?」

男「ほげっ」

嬢「ほら、行くわよ」

男「(すっかり忘れてた・・・)」

嬢「フフフフフ」ガシッ

男「な、な、な、んで腕を組む?」

嬢「付き合っている男女が腕を組むことに何かあるのかしら?」

男「・・・」チラッ

嬢父「」

男「(絶句している・・・)」





485:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/18(火) 20:44:49 ID:o4OJmdCA




家に到着

男「お邪魔します」

嬢「よそよそしいわね」

男「これが普通だっつの」

嬢母「お風呂はどうしましょうね?」

男「あっ、と・・・」

嬢「入りなさいよ 遠慮せずに」

男「何か入らなきゃいけない雰囲気・・・」





486:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/18(火) 21:03:16 ID:o4OJmdCA

嬢「お風呂上がりにパパとお話でもしたら?」

男「うげっ」

嬢母「是非ともお話してあげて頂戴ね」

男「わ、わかり・・・ました・・・」

嬢「男同士の語らいもしておかないといけないものね」

男「うぅ すげえ憂鬱」





487:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 01:27:57 ID:6zdvVosI




浴槽

男「風呂広いな・・・」ジャブーン

嬢姉「「あれれー?誰か入ってるのー!?」」

男「あっ、すすすいません!すぐに出まーす!」

嬢姉「「あっ、男君かー いいよゆっくりしててー」」

男「は、はーい!」

嬢姉「「なんなら私も一緒に入っちゃおうかにゃー!?」」

男「んん??」

嬢姉「「んぎゃっ!」」

男「な、なんだ?外で何が起きてるんだ?」

嬢姉「「冗談だって嬢ちゃんっんにゃっ!そ、そこはだめぇぇぇ」」





488:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 01:33:19 ID:6zdvVosI

男「あ、あの大丈夫ですか?変な音が聞こえましたけどー?」

嬢姉「「ギ、ギブギブっ!嬢ちゃんタンマー!」」

男「もしもーし?」

ーーーガララ !

男「うおっ!?」

嬢「何でもないわ」

男「あ、あれ嬢姉さんは?」

嬢「あら?そんなに一緒に入りたかったの?フフフフ」

男「いやそうじゃなくって」

嬢「後でお仕置きね フフフフ」

男「何で!??」





489:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:15:47 ID:6zdvVosI

嬢「そんなことより、お風呂上がったらパパが書斎で待っているそうよ」

男「うっ・・・」

嬢「頑張ってね フフフ」

男「ハァ...」




書斎前

男「じゃ、行ってきますか」

嬢「あら?意外と冷静ね」

男「風呂で覚悟は決めた」

嬢「そう なら行ってらっしゃい」

男「はーい」





490:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:19:09 ID:6zdvVosI

男「失礼しまーす」コンコン

 「・・・」

男「?」

嬢「ほら、入りなさいよ」ゲシゲシ

男「痛っ!わ、わかったって!」

ーーーガチャ

男「ど、どうもー」

嬢父「・・・・・・そこに座って」

男「あっハイ 失礼します」

嬢父「・・・」

男「あ、改めてまして嬢さんとお付き合いさせていただいてる男といいます」

嬢父「・・・」





491:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:21:18 ID:6zdvVosI

男「えっと・・・」

嬢父「・・・」

男「あ、お付き合いしてこの間で一年になりました」

嬢父「・・・」コクリ

男「これからも仲良くしていきたいなーって思ってます」

嬢父「・・・」コクリ





492:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:24:46 ID:6zdvVosI

ーーーー居間

嬢姉「ああぁぁ!見に行きたいなぁぁぁ」

嬢母「よしなさい」

嬢姉「でも男君大丈夫かな??」

嬢「平気よ 私の恋人だもの」

嬢姉「ハイハイお熱いことですてー」

嬢「問題はパパの方だわ」

嬢母「あの人の上がり症に対して・・・」

嬢姉「男君はきちんと会話を引っ張ってくれるかどうか・・・」

嬢「なのよね・・・」





493:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:36:22 ID:6zdvVosI

ーーーー書斎

男「嬢ってすごく料理が上達したんですよ」

嬢父「えっ・・・ソ、ソウナノ?」

男「自分の従姉に料理を教わってからみるみるうちに上達していきしたよ」

嬢父「・・・」

男「あー、こ、今度唐揚げでも作って貰ってくださいよ!本当に美味しいですからっ!ははは・・・」

嬢父「・・・ウン」

男「それと嬢はどうやら閉所恐怖症な所もあったりで」

嬢父「そうなのっ・・・!?」

男「エレベーターにはあまり乗りたがらないんですよ」





494:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:42:03 ID:3fIN3msI





30分後

男「ーーーってなったんですよ」

嬢父「へぇー・・・」

ーーコンコン

嬢「いつまでお話しているの?」

嬢父「あっ、・・・嬢ちゃん」

嬢「もうそろそろ寝る時間でしょ」

男「マジか」

嬢父「あっ、男君」

男「は、はい」

嬢父「これからも、その嬢ちゃんをよろしくね・・・?」

男「勿論です」





495:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:45:29 ID:3fIN3msI

嬢父「閉所恐怖症だったり方向音痴だったり昔は料理できなかったりだけど・・・」

男「は、はい・・・(ギクッ」

嬢「(・・・色々と楽しいお喋りだったようね)」ツネ

男「イデッ!」

嬢父「・・・安心したよ」

嬢「してもらわなきゃ困るわよ フフフフ」

嬢父「これなら進学後は二人だけでも大丈夫そうだね」

嬢「そうね そうでしょうね」

男「(・・・は?)」





496:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:52:47 ID:3fIN3msI

男「な、なになにその話」

嬢「フフフフ さ、寝ましょうね」

男「おいっ!」




嬢の部屋

男「どういう事だよ」

嬢「あら?進学後の住まいについての話よ」

男「話早すぎだろ」

嬢「あなただって大学に受かったら一人暮らしをするのでしょう?」

男「そりゃ受かったらな」

嬢「受かりなさいよ」

男「・・・受かったら、2人で同棲するみたいな話?」

嬢「・・・うん」





497:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/24(月) 11:59:37 ID:3fIN3msI

男「・・・ふむ」

嬢「その、勝手に話を進めたりしたのは・・・その...」

男「ま、嬢が一人暮らしするんじゃ親も心配だからな」

嬢「・・・」

男「ていうかこの段階で大学が内定しているのが身分の差なのか・・・」

嬢「しょうがないわね コネは大事よ」

男「俺も大学の経営者に縁戚がいればな・・・」シクシク

嬢「あなたは国立でしょう」

男「そうでしたねー ッケ」

嬢「フフフフ」





509:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 20:30:22 ID:ilQb/Q0s





高校 お昼

嬢「最近構ってくれないのね」

男「ッな、何を言い出すんだ」

嬢「何でも無いわよ」ムスー

男「予備校が忙しいんだよ...」シクシク

嬢「わかってるわよ」

男「今週はあんまり一緒にいれなかったな」

嬢「・・・」





510:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 20:39:24 ID:ilQb/Q0s

男「今日は予備校休みなんだ 俺のクラス」

嬢「...(ビクッ」

男「暫くは金曜日に休めるようにコマを組んだんだ」

嬢「どうせ塾の自習室に行くのでしょ?」

男「図書室で勉強していくよ」

嬢「あらそう...」

男「嬢も残らないか?」

嬢「どうしようかしら」

男「隣に居てくれマイハニー」





511:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 20:44:59 ID:ilQb/Q0s

嬢「どうしようかしらね...」

男「毎週金曜日土曜日だけは時間確保したから」

嬢「そもそも何故私が残らなければならないのかしら?」

男「んー、俺に勉強を教えてくれるため」

嬢「必要無いでしょ」

男「んー、・・・暇なので読書をするため!」

嬢「・・・あなた、どうせ私が暇だと思ってるわね?」





512:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 20:54:54 ID:ilQb/Q0s

男「じゃあ放課後どこか行きますか?」

嬢「勉強しなさい」

男「酷いぜ...せっかく一緒にいれるようにコマ組んだのに...」

嬢「フフフフ 最近私に構わなかった罰よ」

男「それは謝りますが許してください!」

嬢「どうしようかしらね...」

男「隣で本を読んでるってのはどう?」

嬢「特に今は気になる作品や作者は無いわね」

男「なら俺が紹介するよ」





513:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 21:28:10 ID:ilQb/Q0s

嬢「・・・遠慮しておくわ」

男「えぇっ!?」

嬢「(フフフ 少し虐めてあげようかしら...)」

男「あの、怒ってらっしゃる?」

嬢「そんなわけないでしょう?」

男「そう...ですか...(絶対怒ってるよこれ・・・)」

嬢「あなたもお勉強大変だものね」

男「・・・はい」





514:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 21:31:12 ID:ilQb/Q0s

嬢「それに今日はパパの都合で懇親会があるの」

男「懇親会?」

嬢「どこぞのお偉方とその家族での集まりと言ったところね」

男「あぁ金持ちのパーティーですか」

嬢「フフフ そうよ」

男「まあ予定があるならしょうがないよな」

嬢「別な私は行こうかまだ決めてないのだけどね」

男「なんだよそれ」





515:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 21:42:40 ID:ilQb/Q0s

嬢「フフフ 私が行くと他方から声を掛けられて大変なの」

男「モテ自慢じゃねーか!ふぁっく!」

嬢「ナンパされて大変なの」

男「俺と言う恋人がいながら」

嬢「社交辞令よ 嫉妬なんてみっともない」

男「ッケ モテる女性は大変ですね...」

嬢「えぇうんざり だから行くか行かないか迷っているのよ」

男「・・・いや、行くなよ」





516:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 21:48:50 ID:ilQb/Q0s

嬢「行かないでほしいの?」

男「んー、行かなくていいなら」

嬢「けど残念 今回は懇親会に顔を出す事にしたわ」

男「ふぁっく」

嬢「あなたがもう少し構っていてくれたら答えは変わったかもしれないわね」

男「そんな事言われても...」シクシク

嬢「寂しかったナー」

男「うーむ・・・ごめんな」





517:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 21:55:13 ID:ilQb/Q0s

嬢「あら、謝ることないわよ」

男「またコマ割考えてみるよ」

嬢「・・・そう」

男「来週は一緒にいてくれな」

嬢「どうしようかしら...」

男「隣にいてくれるだけでいいんだ なんつって」

嬢「...」

チーンコーンパーンコーン

男「もう予鈴か」

嬢「じゃあまた後でね」

男「おう」





518:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 21:58:44 ID:ilQb/Q0s





放課後

男「帰るのか」

嬢「ええ」

男「やっぱり残るとかのドンデン返しを期待していたのに...」

嬢「それは残念だったわね」

男「気をつけてな」

嬢「ナンパにかしら」

男「まあそれにも」

嬢「失礼ね そんなのに引っかかるわけないわよ」

男「わかってるって」





519:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:03:53 ID:ilQb/Q0s

嬢「フフフ 不機嫌そうな顔ね」

男「金曜日は一緒にいれるもんだと頑張ってきたから・・・まあしょうがないけどな」

嬢「(...やっぱり行くの止めよう)」

男「俺は図書室残って勉強するよ じゃあな」プイッ

嬢「あっ、ま、また後で連絡するわね」

男「おーう」

嬢「・・・」

嬢「(・・・拗ねるのって難しい事なのね)」





520:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:07:49 ID:ilQb/Q0s

ーーー嬢宅

嬢母「あら?あなたも出るの?」

嬢「・・・まあ」

嬢姉「やけに不機嫌じゃん 男君と喧嘩でもしたの?」  

嬢「っむ」

嬢姉「図星すぎて可愛いんだからっ」

嬢「うるさいわね」

嬢母「そろそろお迎えの車が来るわよ 支度なさい」

嬢「はーい...」





521:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:13:46 ID:ilQb/Q0s

嬢「(やっぱり行くの止めよう・・・男に連絡しなきゃ)」

嬢「・・・」

PLLL PLLL

嬢「・・・むう」

「お掛けになった電話は 只今都合により電話を控えなければ」

嬢「・・・ハァ」

嬢母「来たわよー」

嬢「はあい」





522:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:17:38 ID:ilQb/Q0s

ーーー PM 18時

男「もう閉館か」

男「どうせやること無いし・・・どっかで勉強するか」

男「はあ・・・」


ーーー懇親会 会場

嬢姉「ドレスってあんまり好きじゃないのよねー」

嬢「確かに」

嬢姉「・・・あんた、また胸大きくなったんじゃない?」

嬢「気のせいよ」





523:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:21:01 ID:ilQb/Q0s

青年「やあ嬢さん!」

御曹司「嬢さん・・・来ていたんだね!」

金持ち「これはこれは珍しい 麗しき姫君」

嬢「(一気に登場してきたわね・・・)」

嬢「(男からは連絡無いし...)」

嬢「あら、ご機嫌ようみなさん」





524:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:26:32 ID:ilQb/Q0s

青年「この前、新しいクラブを買ったんだよ」

嬢「はぁ」

青年「もう毎週ゴルフに行きっぱなしで疲れるよ ハハハ!」

嬢「お勉強の方は大丈夫なんですか?」

青年「僕は父親の跡を継げばいあんだし必要ないよ」

嬢「は、はあ」

青年「そんな事より人脈を作って、やりたい事をやらなきゃね!」

嬢「そうなんですか」

青年「自由人に憧れているんだ!かっこよくない?自由人!」

嬢「(あなたのはただのスネカジリでしょ...)」





525:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:31:32 ID:ilQb/Q0s

御曹司「嬢さんはいつ見ても綺麗ですね」

嬢「あ、ありがとう」

御曹司「そのドレスも似合っていますよ」

嬢「(・・・胸元見すぎ)」

御曹司「その、今晩の予定とかは・・・」

嬢「は、はい?」

御曹司「君さえよければ今夜は一緒に過ごしてもいいですよ?」

嬢「全力で遠慮しておきますね」

御曹司「夜景の綺麗な僕専用の部屋があるんです 汚れない君なら入れてあげても・・・」

嬢「フフフ お言葉ですけど、私はこの後恋人と会う約束をしていますので」

御曹司「!!?」





526:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:42:10 ID:ilQb/Q0s




三時間後

嬢姉「疲れたわねー」

嬢「ええ」

嬢姉「お母さん先帰ってるとかズルいわよね」

嬢「ええ」

嬢姉「あっ、男君」

嬢「えっ!?」

嬢姉「・・・やっぱり気にしてる」

嬢「もう...ふざけないで」

嬢姉「何回も携帯チェックしていたくせに」





527:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:45:17 ID:ilQb/Q0s

※二人は帰りの送迎車の中です


嬢「それは・・・その・・・」

嬢姉「何?喧嘩でもしたの?」

嬢「かくかくしかじかで・・・」

嬢姉「あぁー それはあんたが9割悪いわね...」

嬢「そ、そんなに・・・?」

嬢姉「大学受験の厳しさを知らないからよ」

嬢「・・・」





528:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:50:39 ID:ilQb/Q0s

嬢姉「それなのに金曜日は2人で過ごせるように空けてくれたなんて、ちゃんと考えてくれてるじゃん」

嬢「むう」

嬢姉「今日いた苦労知らずのバカ男共なんかよりもよっぽど将来性あるわよ」

嬢「あ、当たり前でしょ」

嬢姉「拗ねるのもいいけど、素直になるポイント間違えると後々痛いわよー?」

嬢「むう...」

嬢姉「あっ、男君」

嬢「もうっ!ふざけないでよ」

嬢姉「あれ?・・・違うかなあ?」





529:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 22:56:28 ID:ilQb/Q0s

嬢「いい加減に.........ッ!」

嬢姉「ンフフ お母さんには言っといてあげる」

嬢「・・・何をよ」

嬢姉「今晩、帰らないんでしょ?」

嬢「・・・」


ーーーキャプテン・ドーナッツ 窓側カウンター席

男「・・・」カキカキ

男「・・・・・・(今何時だ?ってもう22時前か・・・)」

男「ハァァ.........」

嬢「随分と大きな溜め息ね」

男「ッ・・・、」





530:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 23:01:28 ID:ilQb/Q0s

嬢「まだお勉強してたの?」

男「他にやること無いしな」

嬢「あっそう...」

男「パーティーはどうしたんだよ」

嬢「ん?行ってきたわよ」

男「そっか」

嬢「・・・」グイクイ

男「ど、どうした?」

嬢「そ、の...今晩お邪魔してもいい...?」

男「・・・断るわけないだろ(反則だろ...)」





531:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 23:06:21 ID:ilQb/Q0s

嬢「帰るの?」

男「とりあえず俺はお腹空いたし」

嬢「そう 何が食べたいの?」

男「作る気かよ」

嬢「ええ」

男「今日は遅いしいいって」

嬢「むう...なら来週は作るわ」

男「それはすごい楽しみだなっ」

嬢「フフフ」





532:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/04(火) 23:08:53 ID:ilQb/Q0s

帰路

男「パーティーなのにあんまり化粧しないんだな」

嬢「行こうか迷っていたら時間になってしまったの」

男「迷ってたのかよ」

嬢「あなた、飛行機モードなんかにしていて電話に出ないんだもの」

男「ッグ・・・すまん」

嬢「本当につまらないパーティーだったわ」

男「そうなのか」





534:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 00:27:46 ID:D1hD9YxA

嬢「お金持ちにもね、色々といるのよ」

男「へえー」

嬢「今回の集まりにはどうしようもない男共しか来なかったわ」

男「そ、そうなんか...」

嬢「その点あなたを見ていると安心するわね」

男「何でだよっ」

嬢「・・・何でもよ ほらっ、早くオートロック開けてよ」

男「わかったわかった」





535:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 00:30:22 ID:D1hD9YxA

ーーー男宅

男「ただいま」

嬢「ただいま」

男「...うむ 」チュ

嬢「フフフ」

男「まったく調子のいいことで・・・俺は着替えるぞ」

嬢「あら、制服のままでもいいじゃない」

男「一日中着ていたんだ 流石に脱ぎたい」

嬢「だからいいんじゃない」

男「嗅ぐなよ」





536:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 00:33:15 ID:D1hD9YxA

嬢「せっかく私は高貴な服装だと言うのに」

男「パーティー行ってたからだろ」

嬢「向こうではドレスに着替えるのよ」

男「ドレス??本当にパーティーなんだな・・・」

嬢「フフフフ 見たかったの?私のドレス姿」

男「そりゃあな 周りの男共が羨ましい」

嬢「いつか見せてあげるわよ」





541:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 21:45:24 ID:D1hD9YxA

男「もう22時半か...」カキカキ

嬢「何をしているの?」

男「今日やった分を早見表で消していくんだよ」

嬢「この予定表みたいなのは・・・あなたの自習の時間割?」

男「まあ これ通りには進まないんだけどな」

嬢「ふーん...あなたこんなに毎晩遅くまで勉強しているのっ?」

男「受験生はみんなしてるんだよ」





542:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 21:49:27 ID:D1hD9YxA

嬢「こんなんじゃ体を壊すわよ?」

男「大丈夫だって」

嬢「むう...」

男「残り後半年ちょっと辛抱だし」

嬢「・・・私も苦労を知らない側の人間だったようね」

男「なんだよ急に......」





543:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 22:03:34 ID:D1hD9YxA

男「ま、金曜から土曜日にかけては空けられるようにはするからさ」

嬢「・・・」ドサッ

男「なっ、なんで急に前にくるんだ」

嬢「フフフ 跨がりたい気分だったのよ」

男「どんな気分だよ...」

嬢「頭を撫でてあげるわ 良かったわねー」ナデナデ

男「犬か」





544:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 22:25:32 ID:D1hD9YxA

嬢「じゃあ抱き締めてあげる」ギュムッー!

男「!?」

嬢「よしよし」ナデナデ

男「ンムムム!!(胸が...!窒息するッッ!)」

嬢「あら?そんなに私の胸の中が心地よかったのかしら」

男「プハァ!...心地良いどころか・・・ハァハァ...昇天するわ...」

嬢「・・・とんだ変態ね」

男「そっちが押し付けてきたんだろ・・・・・・っても」モフッ

嬢「んっ」





545:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 22:44:48 ID:D1hD9YxA

男「......」

嬢「今日、意地悪してごめんなさい」ナデナデ

男「?」

嬢「あなたがせっかく作ってくれた時間なのに」

男「ま、あそこで偶然会わなくても家に来たんだろ?」

嬢「えぇ、もちろん」

男「いい匂いするな…」スンスン





546:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/05(水) 22:52:51 ID:D1hD9YxA

嬢「それはパーティーに向かう前にシャワーに入ったからよ」

男「そうか てか俺も風呂に入ってくる」

嬢「・・・一人で?」

男「えっ?」

嬢「えっ?じゃないわよ」

男「いやさっきシャワー入ったんですよね?」

嬢「なあにそれ?」

男「言ってたじゃん」

嬢「空耳じゃないかしら?」





561:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/18(火) 23:31:08 ID:.PZZn9VM

お風呂

男「結局こうなるんか...」

許嫁「期待していたくせに」

男「背中流すだけかと」

許嫁「期待していたくせにっ」

男「せっかく一人でゆっくり浴槽に浸かれると思ったのに...」

許嫁「むっ」

男「じょっ冗談だっっっだい痛い痛い!!」

許嫁「お仕置き」





562:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/18(火) 23:33:34 ID:.PZZn9VM

やべぇ許嫁にしちゃったwwwwwwwww





563:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/18(火) 23:38:34 ID:.PZZn9VM

嬢「まあ私とあなたは許嫁みたいなものだからね」

男「えっ」

嬢「婿養子でも構わないのでしょ?」

男「急に話が進展しすぎて・・・」

嬢「あなたのお父様とはこの間お話したけど...」

男「ほげっ」

嬢「私の父の会社の名を出した途端『息子を宜しくお願いします!』と頭を下げられたわ」

男「なに俺のいないところでそんな話を進めてるんだよ!」

嬢「城を落とすには周りからと言うでしょう」





565:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/18(火) 23:42:48 ID:.PZZn9VM

男「なんだ陥落されなきゃならんのだ」

嬢「あなた、私の有り難みがわかってないわね...」

男「あのなぁ」

嬢「・・・ねえ」

男「なんだよ今度は」

嬢「私の有り難みって何かしら?」

男「はぁ...? 長所みたいなもんか?」

嬢「それとはちょっと違うわね...もっとこう希少価値の話よ」

男「なるほど...」





566:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/18(火) 23:52:03 ID:.PZZn9VM

嬢「何かしら」

男「んーーー無いな」

嬢「ッッッ、・・・あなたって本当にそういうトコあるわね」

男「有り難みねえ...」ジーッ

嬢「ななななに見てるのっ」

男「お嬢様 美人 スタイル良い 成績優秀 友達少ない 才色兼備」

嬢「なんか余計なの入ってるわよ」

男「なぜそんな女性が俺の彼女なのか ってこと?」

嬢「そうよ?」

男「そんなの・・・嬢が俺に惚れたからだろ」

嬢「そ...そうよ そうだけど...まあ、そうよね...」





567:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/18(火) 23:57:38 ID:.PZZn9VM

男「ただ」

嬢「?」

男「貧乏で成績も見た目も芳しくなかっとしても・・・ああやって話かけれてたら付き合ってかもな」

嬢「ふ、ふーん...」

男「うん 良いこと言った」

嬢「む」

男「ふっ」ドヤァ

嬢「つまり誰でも良かったってことかしら?あの時話しかられる相手は」フフフ

男「・・・卑怯だぞ」





568:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/19(水) 00:03:29 ID:KwRonqgk

嬢「でもそうでしょう?その言い方は」

男「嬢じゃないと陥落されてなかった」

嬢「愛がこもってない言い方ね」

男「結局俺だって嬢に惚れちまったんだからしょうがないだろ...もう勘弁してください(泣」

嬢「あら、もうお手上げ?」

男「・・・」ジーッ

嬢「な、なあに...?」 

男「嬢って自分に自信無いよな」

嬢「っ」





569:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:21:31 ID:KftDxMR2

男「何となくだけど」

嬢「自信が無い・・・というか私自身は本当に大したことのない人間だと思ってるだけ」

男「根暗発言...」

嬢「少し自信が付いたとは思うわね」

男「少し?」

嬢「ええ、あなたとお付き合いしてから」

男「ふむ」

嬢「例えば料理も覚えたわ」

男「そう言われてみれば...」

嬢「切符も一人で買えるようになったわ」

男「(それは小学生でもできる)」





570:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:28:55 ID:KftDxMR2

嬢「ナイフのみで全クリできるようになったし」

男「なんの話だ」

嬢「マグニートの永パもお手の物よ」

男「だからなんの話だ」

嬢「あなたと一緒にいるようになってから毎日が楽しい」

男「大袈裟な気もするが...そう言ってもらえるなら嬉しい」

嬢「大袈裟なんかじゃないわよ」





571:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:32:27 ID:KftDxMR2

すっげえグダグダになってしまった
もう少しお嬢様っぽくというか資本主義っぽく見せて終わりにします。





572:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:38:58 ID:KftDxMR2





合格発表

男「んー...」

許嫁「どう?」

男「えっと......」

許嫁「あっ あるじゃない」

男「嘘!?」

許嫁「嘘じゃないわよ ほら、あそこ」

男「ムムム... 本当だ......」

許嫁「何驚いているの?昨日までは余裕綽々だったくせに」





573:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:42:09 ID:KftDxMR2

男「いや...やはり、まあ、その・・・受かったか・・・うん、受かった・・・」

嬢「おめでとう男」

男「あぁ、ありがとうな」

嬢「これでめでたく私と同棲できるわね?」

男「えっ?マジの話なん同棲って?」

嬢「今更とぼけたって無駄よ?」

男「いや、とぼけているわけでは・・・」

嬢「フフフ さ、パパにも報告しなくちゃね」





574:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:49:57 ID:KftDxMR2

嬢父「お、おめでとう男君」

男「ありがとうございます......あの...」

嬢父「どうしたの?」

男「えっと...ここのアパートが僕らの暮らす...」

嬢「違うわよ その隣のマンションに決まっているじゃない」

嬢父「うん ここの14階だよ」

男「あ、あの...ここって分譲じゃ...」

嬢父「気にしないでいいよ セキュリティも万全だし」

男「気にしないでって方がおかしいです...」





575:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:52:51 ID:KftDxMR2

嬢「ウチの物件なんだから気にしなくていいのよ」

男「(駐車場も高そうな車だらけ...)」

嬢「荷物も運び終わってるみたいだし上がりましょ?」

男「は、はい...」

嬢父「あ、僕はまた後日来るから...」 

男「ありがとうございます!」

嬢「またね」





576:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:56:25 ID:KftDxMR2

部屋

男「すっげ...」

嬢「あなたのマンションより広いわね」

男「当たり前だ」

嬢「こっちの部屋は一時的に物置として使いましょう」

男「こっちは?」

嬢「そっちは寝室ね」

男「ここは?」

嬢「そっちは子供が生まれた時の部屋」

男「で、ここがリビングと」

嬢「そうね」

男「ん?...なんか今すごい発言を聞き流したような気がする」

嬢「気のせいよ」





577:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 02:59:45 ID:KftDxMR2

嬢「大学卒業してからも使う気でいるわよ?私はね」

男「まあ...」

嬢「何よ まあ... って」

男「もう俺完全にヒモだな」

嬢「あら?今更?」

男「...」

嬢「冗談よ そんな顔しないで」

男「いや、まあ否定できんし」

嬢「まああなたの事だからこっちが支援すればするだけ気負いはすると思っていたけど」

男「俺に限らず大抵の奴はする」





579:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 04:04:52 ID:KftDxMR2

嬢「いいじゃない 大学卒業後もここに住む事を考えれば気楽なものよ?」

男「めっっっちゃ気負いする発言ですよねそれ」

嬢「私は真剣」

男「・・・」

嬢「気が早いなんてわかりきってるわよ」

男「真剣だからこそ気負いするんだよ」

嬢「そう でも冗談で流さないでくれたのは嬉しいわよ」

男「俺そこまでスルースキル高くないし...」

嬢「あなたに悪い虫が付かないようにしてあげるっ」

男「(うーむ・・・やはりメンヘラ気質)」





580:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 04:15:02 ID:KftDxMR2

嬢「それにこの階数なら、あなたに振られたとしても楽に死ねるわね」

男「そういう事は言わなくていい」

嬢「そうね 考えたくもない...」

男「俺はどこにも行かないよ」

嬢「本当かしら?」

男「当たり前だろ」

嬢「ならこの紙にサインと印鑑をお願いしていい?」

男「当たりまッて待て...なんだその紙」

嬢「何って・・・せっかく市役所から頂戴してきたのに」

男「俺たちこれから大学生!アンダースタン?」

嬢「冗談半分よ」

男「真剣半分って意味でもあるからなそれ」





581:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/22(土) 04:39:47 ID:KftDxMR2

嬢「浮気なんて許さないわよ」

男「しないって」

嬢「あなたの隣にいていいのは私だけ もう空きはないわよね?」

男「...はい」

嬢「よろしい じゃあ私にキスしなさい」

男「...」

嬢「...ん ねえ」

男「どうした?」

嬢「私、くだらないことでスネたりとか 心にもない事を言ったりすることがこれからもあると思う」

男「そんな事で嫌いになったりしないぞ」

嬢「何で?私の事が好きだから?」

男「あぁ」

嬢「つまり私の事が好きだから?」

男「ぐ・・・言わせてえのか・・・」





584:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 11:37:38 ID:boSlBjZI

嬢「これからは毎日言うこと義務付けてあげる 良かったわね」

男「嬢の...事が、好きだから...です...」

嬢「フフフフフ はいよくできましたー」ナデナデ

男「・・・」グィッ!

嬢「きゃっ...!」ドサッ

男「あんまりこういう事言うのは得意じゃないけど」

嬢「...?」

男「愛してる」

嬢「...フフフ、たった五文字じゃない」

男「まあそうだけど...ッム」

嬢「...... もっともっと愛してね?」

男「もちろんだ」





585:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 11:43:54 ID:boSlBjZI

 五年後

男「ただいま...」

嬢「あら、遅かったのね」

男「うむ...公務員のそっちとは違うんだよ」

嬢「私はしたくてもできないのよ 午後六時半には強制的に電源が落ちてしまうの」

男「...羨ましい」

嬢「そのおかげであなたは私の手料理を帰ってすぐ食べられるんだからいいじゃない」

男「確かに!で、今晩は何ですか!?」

嬢「サンドイッチよ」

男「朝食 弁当 とサンドイッチだったから予想はしてましたー!!」

嬢「不服?」

男「いえ...」





586:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 11:51:24 ID:boSlBjZI

嬢「先週どこにも連れて行ってくれなかった罰よ」

男「そんな・・・」

嬢「フフフ なんてね、冗談」

男「......クンクン この香りは...」

嬢「ビーフシチューよ」

男「おぉ!流石できる嫁だな」

嬢「な、何よ急に...」

男「そんな俺の世界でたった一人の嫁にプレゼントです」

嬢「?」

男「はい」

嬢「...............」

男「明日で付き合って7年だからな」

嬢「.........それだけ?」

男「違うよ わかるだろ?指輪なんてプレゼントされたら もっと違う意味があることくらい」





587:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 11:58:25 ID:boSlBjZI

嬢「......あなたがはめるものよ」

男「そうだったな」



嬢「...オホン」

男「?」

嬢「汝は私を死ぬまで愛することを誓いなさい」

男「誓いますか?だろ普通...」

嬢「いいのっ」

男「誓わせていただきます」

嬢「フフフ なら私もあなたのすべてを愛してあげることを誓ってあげる」

男「上下関係が浮き彫りなプロポーズになってしまった...」

嬢「それが私達の現状なのよ」

男「...否定できんのが悲しい」





588:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 12:08:51 ID:boSlBjZI

嬢「嫌?」ギュッ

男「嫌じゃないよ」ナデナデ

嬢「あなた、あまり不満を言わないから...急にどこかに言ったりしないか心配」

男「不満なんて無いから言わないんだよ」

嬢「むぅ...」ギュッ

男「と、言うわけでこれからも宜しく」

嬢「えぇ 宜しくね」




その頃 米国 カリフォルニア州サンフランシスコ湾
ーーアルカトラズ刑務所

「エマージェンシー エマージェンシー 脱獄者です 脱獄者です」

看守「奴はどこへ消えたー!!」
看守「そ、それが壁を背中にして突然消えたと・・・!」


ボブ「ヤレヤレ...ニホンマデヒトオヨギトイクカ」








589:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 12:13:45 ID:boSlBjZI

普通の甘甘でなんの変哲もなければ山も谷もないSSになってしまいました
マンネリ気味のなかお付き合い頂きありがとうございました

私はこのSSで皆さんに戦争の悲惨さや悲しみ、ブルーベリーはあまり目に効果が無いという事を伝えたい一心でした
ちなみに卵焼きにはケチャップ派です

最後に、何故私がこのSSを書こうと思ったのか・・・それは「はだしのゲン」を読んだからです。





590:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 12:30:12 ID:o3KVTPsg

納得した
次も侍ってる





592:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 15:57:01 ID:saxmiYj2

おつおつ





593:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/23(日) 17:43:30 ID:.crINHVs

乙!





595:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 02:17:06 ID:ZF7R6p9g

つまりボブはスゲーって事だなわかった






カテゴリー男「」女「」のSS一覧
管理人のオススメSS
シンジのチ●ポを勝手にしゃぶってるマリを発見したアスカが怒ってたんだけど……
【ボッキ注意】 オリエント工業のこのラブドールが過激でドスケベwwwwwww (画像あり)
女僧侶「中で出して…っ♥びゅくびゅく欲しいの…っ♥」
クラスのヤリ●ン3人に「30分以内にイカせたら5000円ちょうだい」と言われた結 果・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

SS宝庫最新記事50件