1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 19:20:38.36 ID:Qr8KqofSo

母「あらあら、女ちゃん、いつもお野菜ありがとうね」

女子高生のお姉さん 「あはは、いえいえ、お隣同士ですし」

女 「それに、うちの祖母はお節介ですからね」

女 「……こんなに沢山の野菜、一人じゃ食べきれませんよ」

母 「いいお婆ちゃんじゃないの」

女 「まったくもってその通りです、私の自慢のお婆ちゃんです」





元スレ
ショタ 「お姉さん、大好き!」 女 「ありがと、でもお断りします」
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1394/13948/1394878838.html


 
 
2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 19:23:29.22 ID:Qr8KqofSo

母 「女ちゃんは偉いわねぇ、いつも一人で頑張って」

母 「……うちのショタにも見習わせたいわ」

女 「わ、私なんかを見習ったらダメな子になっちゃいますって!」 アタフタ

母 「あらあら、謙遜しちゃって」

女 「本音ですから、私なんておばさんの足元にも及びませんよ、色んな意味で」

母 「もう、お上手ね」

母 「よし決めた、お昼ご飯ごちそうするわ!」

女 「ほんとですか!?」 キラキラ





3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 19:34:04.88 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「え、お姉さん来てるの!?」 タッタッタ

女 「あ、ショタ君だ、元気してた?」ニコニコ

ショタ 「ふふん、当然だよ、僕をなんだと思ってるのさ!」

女 「そうだったね、私の見込んだだけあるよ、うん」 ナデナデ

ショタ 「……へへん、どんなもんだい!」 ポッ

母 「こら、またショタは調子に乗って」 コツン





4:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 19:42:14.28 ID:Qr8KqofSo

-食卓-

女 「こ、こんなのぜったいおいしいですよおばさん!」

母 「ふふ、おいしそうに食べて、おばさんも作った甲斐があったってものだわ」

ショタ 「あんまり食べ過ぎたら太っちゃうよ、お姉さん」

女 「ふ、太らないし! 毎日運動してるから太らないし!」

母 「こらショタ、デリカシーがないわよ」

ショタ 「……ごめんなさい」

女 「いいっていいって、だって私太らないし」





5:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 19:52:04.86 ID:Qr8KqofSo

女 「ごちそうさま!」

母 「今日はゆっくりできるのかしら? 女ちゃん」

女 「嬉しいことにバイトはお休みだったり!」

母 「ふふ、なら存分にくつろいでいくといいわ」

女 「はいっ、ショタ君のおもりはお任せください!」

母 「あらあら、本当に頼りになるわ」

女 「ご飯のお礼です! ええ!」





6:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 19:58:48.74 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「も、もう○学△年生だし! 一人でも留守番できるし!」

女 「はいはい、寝言は寝て言うんだよ、ショタ君」

ショタ 「ね、寝言っていうな!」

母 「なら、お任せするわね、女ちゃん」

女 「大船に乗ったつもりで!」





7:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 20:02:55.99 ID:Qr8KqofSo

―――――

ショタ 「えい、や、とりゃ!」 ピッピッピ

女 「負けるか、この、えい!」 ピッピッピッ

win!

ショタ 「……負けちゃった」

女 「ショタ君とはいつもこの格闘ゲームで遊んでるから、コツもつかめるってもの!」

ショタ 「……お母さんにだって負けたことないのに!」

女 「お母さんとは違うのだよ、お母さんとは!」 ドヤッ





8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 20:09:40.13 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「も、もう一回!」

女 「おっけー、君が諦めるまで戦うのをやめない!」

ショタ 「こ、今度は負けないし!」

数時間後

女 「……そろそろ諦めようよ」

ショタ 「結局一勝もできなかった……」





9:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 20:20:42.02 ID:Qr8KqofSo

女 「ふぅー、格闘ゲームで遊んでたら汗かいちゃった」

女 「ショタ君、一緒にお風呂はいろっか?」

ショタ 「え、お、お、お風呂!?」

女 「ん、どした、赤くなっちゃって」

ショタ 「え、え、えっと、その……」

女 「いつも一緒に入ってるから恥ずかしがることないって、ほらっ!」

ショタ 「あっ!」





10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 20:54:56.56 ID:Qr8KqofSo

女 「……よいしょっと」 スルスル

ショタ 「…………」

女 「どーしたショタ君、もしかしてお姉さんとお風呂に入るのいやだったり?」

ショタ 「い、いやじゃない、けど、そ、その……」

女 「ならいいじゃん、よし決まり」

ショタ 「う、うう……」





11:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 21:15:28.79 ID:Qr8KqofSo

-風呂場-

女 「実に開放的な空間、そう思わないかねショタ君」

ショタ 「……」

女 「……お腹痛い?」

ショタ 「ち、ちが、い、や……」

女 「なら大丈夫だね、さっと体流しちゃいますか!」





12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 21:23:54.57 ID:Qr8KqofSo

ザァー

女 「〜♪」

ショタ (……女お姉さんって、大きくて、柔らかそうで)

女 「〜♪」

ショタ (……無理、無理! 絶対無理!)

女 「さあ今度はショタの番……ショタ?」

ショタ 「……」 ガクブルガクブル

女 「……顔色悪いけど、大丈夫?」

ショタ 「……」 シクシク

女 「泣くなんて、ショタ君らしくない……ん?」

ジィー

女 「……ほう」





13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 21:34:08.79 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「ごめんなさい、ごめんなさい……」シクシク

女 「……」 ナデナデ

ショタ 「……え?」

女 「気にしなさんな、放っておけばそのうち小さくなるって」

ショタ 「……で、でも」

女 「男の子にならよくあることだってば」

女 「……そ、それにほら、私にだって責任、あるわけだし?」

ショタ 「……う、うう」

女 「……大丈夫だから、泣くな泣くな」 ワシャワシャ

女 (……何、この可愛い生き物)





14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 21:47:06.61 ID:Qr8KqofSo

女 「……えいっ!」

ギュー

ショタ 「!?」

女 「私は別に怒ってないし引いてもいないから、ね?」

ショタ 「!!!」

ショタ (よ、余計にダメだって!)

ショタ (い、色々押されて……、当たって……!)

ドビュッ





15:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 21:48:37.58 ID:Qr8KqofSo

女 「……うん、ごめん、浅はかだった」

ショタ 「……ごめ」

女 「セーフだよセーフ、うん、納まってないし」

ショタ 「……」

女 「さ、もう楽になったろうし、湯船に浸かっておいで」

ショタ 「……お姉さんは?」

女 「うん、まあ、ちょっとね」





16:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 21:52:59.42 ID:Qr8KqofSo

―――――

-湯船-

チャポン

ショタ 「……さっきは、本当に」

女 「……大きくなったもんだねぇ、ショタ君も」

ショタ 「……」 ポッ

女 「まさか、装填されるレベルまで成長していたなんて」

女 「男子三日会わざれば刮目して見よってやつだね、うんうん」

ショタ 「……こんな成長褒められても嫌だよ」





17:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:10:59.41 ID:Qr8KqofSo

女 「まぁ、おねーさんとのお風呂は当分お預けだろうねぇ」

ショタ 「……」

女 「露骨に落ち込んちゃってやんもう、えっちぃ」

ショタ 「そうじゃなくて」

女 「……ショタ君?」





18:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:11:54.52 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「……お姉さんのことは大好きなのに」

ショタ 「そんな目でしか見てないなんて思われちゃったら、いやだよ」

ショタ 「……もうずっとあえなくなったりしたら、嫌だよ」

ショタ 「……嫌われたら、嫌だよ」

女 「……ショタ君」

ワシャワシャ





19:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:13:20.92 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「……お姉さん?」

女 「……私は、別にショタ君のことを嫌いになったわけじゃないからね」

女 「一緒に居られる限りは、一緒に居るつもりだよ」

ショタ 「お、お姉さん……」

女 「……でもほら、毎回こうだとなんか気まずいし」

女 「あと、あんまりえっちなことになっても、ねぇ」

ショタ 「うん」 コクリ





20:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:14:57.85 ID:Qr8KqofSo

女 「……まあ、ずっと一緒に居られるかどうかは私にもわからないんだけどね」

ショタ 「……え?」

女 「私を引き留めるのは、ほかでもないショタ君自身だよ」

ショタ 「……え?」

女 「確実に私を引き留めたいなら、例えば」

女 「うん、ショタ君がもっと大人になって、私を落としちゃえばいいんだよ」

ショタ 「お、落とす……?」

女 「プロポーズのこと、インターネットは関係ないよ?」





21:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:17:13.44 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「ぷ、プロ!?」 カアァッ

女 「そっ、プロポーズ」

女 「……でも一筋縄ではいかないからね?」

女 「手ごわいよ? 私は」

ショタ 「……」 ゴクリ





22:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:18:29.56 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「……僕が大人になるまで、待っててくれる?」

女 「さあ、どーだろ」

ショタ 「……え?」

女 「私がほかの男の人に靡いちゃうかもしれないし、事故に遭っちゃうかもしれない」

女 「死んじゃうかもしれないし、私の顔がぐちゃぐちゃになるかもしれない」

女 「借金だって背負っちゃうかもしれないし、五体満足じゃなくなるかもしれない」

女 「遠く離ればなれになるかもしれないし」

女 「そもそも、ショタ君が私なんかよりもいい相手を見つけちゃうかもしれない」

女 「……そんなわけだから、約束はできないかな」





23:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:20:57.03 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「……僕は、いい相手なんて見つけない、約束する!」

女 「そんなこと言って、大丈夫?」

ショタ 「うん! 問題ない!」

女 「……まったく、○学生は最高だね!」

ギュー

ショタ 「……あ、やめっ!」

ドビュッ

ショタ 「……」

女 「……うん、感動的な場面のはずなんだけどなぁ」

ショタ 「……せ、セーフ?」

女 「セフセフ」





24:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:22:28.09 ID:Qr8KqofSo

―――――

母 「ただいまー」

女 「あ、おかえりなさいおばさん!」

ショタ 「おかえり、お母さん!」

母 「ふふ、二人とも、元気にしてた?」

女 「そりゃもう! ショタ君ともより一層絆を深められましたし!」

母 「もう、女ちゃんったら」

ショタ 「……」 ポッ





25:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:23:22.67 ID:Qr8KqofSo

母 「甘やかしたらつけあがるわよ、この子は」

女 「甘やかしてませんてば、ええ」

母 「ふふっ、止まって行くかしら?」

女 「いえ、迷惑はかけられませんから」

母 「……そう」

女 「そんなわけで、私はこれで」 スタスタ

女 「……あ」 ピタッ

女 「さよーなら!」 フリフリ





26:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:26:41.47 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「……」

母 「……見送りはいいの? ショタ」

ショタ 「……外、暗いよ?」

母 「今日は許してあげる」

ショタ 「……!」 タッタッタ

母 「あらあらうふふ」





28:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:33:35.69 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「……お姉さん!」

女 「……ショタ君?」

ショタ 「お姉さん、大好き!」

女 「……プロポーズ?」

ショタ 「うん!」

女 「ありがと、でもお断りします」





29:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:37:08.33 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「……やっぱり?」

女 「そもそも私が犯罪者になっちゃうし」

ショタ 「……早く大人になりたい」

女 「こんなことのためにそう思うのはダーメ」





30:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:38:00.52 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「……そうはいう、けど」

女 「……」スタスタ

ショタ 「……へ?」

チュッ





31:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:39:02.03 ID:Qr8KqofSo

ショタ 「え、え、え!?」

女 「ほっぺたにチューぐらいならスキンシップの範疇だよ、ね?」 ニコッ

ショタ 「……う、うん、えっと」

女 「ふふ、やっぱり君は可愛いなぁもう!」 ワシャワシャ

ショタ 「……ふぇ!?」

女 「じゃーねショタ君、男子力磨きなよ?」

タッタッタ

ショタ 「……うん!」

おしまい





32:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:40:38.63 ID:Qr8KqofSo

ジャンクフード的な楽しみ方をしていただければ幸いです

需要もネタもきっとないので、適当にタイミングを見計らって依頼出してきます





34:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/15(土) 22:46:11.15 ID:o0epwZUbo

お姉さん可愛いなー乙





36:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/16(日) 08:57:50.81 ID:qTwPE5vKo








カテゴリー「ショタ」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件