1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/22(日) 23:11:41.19 ID:gvGLTEcP0

ハンター「なんですかその、陸鮫というのは」

看板娘「さぁ、私も聞いたことがありませんね…」

ガンナー「もしかして、新種のモンスターですか?」

看板娘「ええ、多分…」

ランサー「マジか!おい、新種だってよ!新種!」

女ハンター「ふーん」

ハンター「……」





元スレ
ハンター「陸鮫、捕獲依頼?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387721501/


 
2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/22(日) 23:19:12.28 ID:gvGLTEcP0

ガンナー「…それで、その、陸鮫とやらの居場所は?」

看板娘「洞窟、となっています」

ランサー「洞窟に潜む陸鮫か…かっけぇぇぇ!」

女ハンター「うんうん」

ハンター(洞窟、か…ピッケルでも持って行くか)





3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/22(日) 23:26:44.09 ID:gvGLTEcP0

看板娘「あ、あと、捕獲方法は現地で教える、と書いてあります」

ハンター「教える?そんなの必要ないだろ」

ガンナー「待て、その陸鮫とやらは恐らく特殊な捕獲方法でなければ捕まえられないのであろう」

ハンター(まぁ、でも一応シビレ罠は持って行こう。それと、鮫だから雷属性の武器を…)

女ハンター「あんた…まだ食べるの?」

ランサー「おうよ!なんせ未知なるモンスターだからな!準備は万全にしとかないとな!」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/22(日) 23:34:13.59 ID:gvGLTEcP0

ハンター(よし、捕獲用麻酔玉も持ったし、準備完了だな)

ランサー「ふふふ、このオレのTHEガーディアンが唸りを上げるぜ!」

ハンター「はは、バカだな、鮫だから雷に弱いに決まってるだろ」

ランサー「そ、そうなのか?」

看板娘「では、頑張ってくださいね〜!」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/22(日) 23:42:52.19 ID:gvGLTEcP0

ガンナー「…それにしても、ずいぶんと遠いな」

女ハンター「陸鮫って、どんなのかな?」

ランサー「多分こう、こんな感じだろ」

ハンター「はは、バカだな、鮫だからガレオスみたいな感じだろ」

ランサー「いや、陸に住んでるから、二足歩行だろ!」

ハンター「お前は一体どこまでバカなんだよ。二足歩行のサメなんて聞いたこともないぞ」

ランサー「そ、そうなのか…」

女ハンター(あれ、ガノトトスって二足歩行じゃなかった?)

ガンナー「…お、そろそろだぞ」





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/22(日) 23:48:25.84 ID:gvGLTEcP0

オーキド「おお、よく来てくれた!待っておったぞ」

ガンナー「あなたが以来主ですね?」

オーキド「そりゃそうじゃ」

ハンター「で、問題の陸鮫はどこに…?」

オーキド「まあ急ぐでない、ほれ、そこに3つのボールがあるじゃろ?」

ランサー「うおおお!なんだこれ!?」

オーキド「ほっほっほっ、それはモンスターボールと言っての、それでポケモンを捕まえるんじゃ」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/22(日) 23:54:12.67 ID:gvGLTEcP0

女ハンター「へぇ、結構シンプルなデザインだね」

ハンター「ふむ、これをモンスターに投げて捕まえるんですね?」

オーキド「そりゃそうじゃ。で、その中から一つずつ、と言いたいが、あいにく一人余るのう…」

ハンター「あ、僕は要りません。もう持っているので」

オーキド「ほほう!君は準備がいいのう!」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:01:05.39 ID:vy06fiOu0

オーキド「で、中にはヒトカゲ、フシギソウ、ゼニガメがいて、それぞれ…」

ランサー「え!?中!?」

オーキド「?そうじゃが、それがどうした?」

ガンナー「この中にモンスターが…不思議だ…」

女ハンター「狭くないのかな?」

オーキド「まあ、とにかく、その中から1つずつ選ぶがよい」

ガンナー「…ところで、ハンターは?」

女ハンター「ああ、先に行ったよ?」





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:08:35.17 ID:vy06fiOu0

オーキド「それでは、捕まえ方を教えるぞ」

オーキド「捕まえ方は、相手のポケモンと自分のポケモンをバトルさせて、充分弱らせてからこれを投げるんじゃ」

ランサー「えっ!?自分で戦うんじゃないの!?」

オーキド「そりゃそうじゃ!人間が勝てる訳ないじゃろ!」

女ハンター「…ハンター、大丈夫かな?」





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:17:17.62 ID:vy06fiOu0

オーキド「まあ、まずは実践じゃ、ついてきなさい」

ガンナー(アイツ、大丈夫なのか…?)

女ハンター(どうだろう…)

オーキド「試しに草むらにいるポケモンで…ん?あれは!?」

ハンター「うわぁぁぁぁぁっ!?なんだコイツは!?」

ポッポ「ポッ!ポッ!」ツンツン

ハンター「痛い!痛い!痛い!」

ガンナー「あ、いたぞ」





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:21:30.76 ID:vy06fiOu0

オーキド「こらぁっ!何ポケモンも持たずに草むらに入っとるんじゃ!」

ハンター「あ、すいま…痛っ!痛い!誰か助けて!」

オーキド「仕方ないのう、あのポッポででやるとするかのう」


うわっ!やせいのポッポがとびだしてきた!▼





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:30:25.84 ID:vy06fiOu0

オーキド「よいか?まずは相手のポケモンを攻撃して弱らせるんじゃ!」


コラッタのたいあたり!▼


ポッポ「ポー!」ドシン!

ランサー「すごい、体当たりだけでフラフラに…」

オーキド「そして、弱ったらモンスターボールを投げる!」ヒュン!

ポッポ「ポ!?」ポーン

女ハンター「すごい…あんな小さなボールに…」

オーキド「さあ、これでポケモンを捕まえ…」

ポーン!

ポッポ「ポー!」


おしい!あともうちょっとだったのに!▼

オーキド「……」





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:35:48.18 ID:vy06fiOu0

ポッポ「ポー!」


やせいのポッポはにげだした!▼


ランサー「あー……」

オーキド「…と、とにかく!これでポケモンを捕まえられるわけじゃ!」

女ハンター「本当かなぁ?」

オーキド「…ところで、ハンター君」

ハンター「……はい…」

オーキド「まあ、よい、ワシのカイリキーを貸そう」

ランサー「すげぇぇぇぇ!腕が四本もある!」





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:44:02.15 ID:vy06fiOu0

オーキド「それでは、ヤツはまよいのどうくつにいるから、気をつけてな!」

ハンター「ふう、やっとか」

ランサー「迷いの洞窟か…なんかロマンを感じるぜ!」

ガンナー「…それよりお前、捕まえ方は分かっているんだろうな」

ハンター「ああ、モンスターを弱らせてからコイツを投げるんだろ?」

ランサー「…あ、そうだ!せっかくみんなポケモン貰ったんだし、戦わせてみるか!」

ガンナー「…俺はやめておく」

女ハンター「私もー」

ランサー「なんだよ、ノリがねぇなー」

ハンター「じゃあ、オレとやるか?」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:52:27.96 ID:vy06fiOu0

ランサー「おう!そう来なくっちゃな!」


ねっけつかんのランサーがしょうぶをしかけてきた!▼


ランサー「行けっ!ゼニガメ!」ポーン

ゼニガメ「ゼニゼニ!」

ハンター「ほう!カメか!そんなんでオレを倒せるかな?」

ランサー「オレのゼニガメを甘くみてもらっちゃ困るな!」

ハンター「では、オレから行くぞ!はぁぁぁぁぁ!」ブォン!

女ハンター「え?」

ランサー「え、ちょ、おま」

ザクーン!


いちげきひっさつ!

あいてのゼニガメは倒れた!▼


ガンナー「……」





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 00:58:17.98 ID:vy06fiOu0

ゼニガメ「」

ハンター「はっはっはっ!どうだ!」

ガンナー「……」

女ハンター「……」

ランサー「あ……あ、オレの、ゼニガメが……」プルプル

ハンター「どうした?オレに負けて怖じ気づいたのか?」

女ハンター「ちょ、ちょっと…」

ハンター「ん?どうした?」

女ハンター「実は……」ゴニョゴニョ

ハンター「え!?マジ!?」

ガンナー「……」

ランサー「き、貴様…!」

ハンター「あ、これは、その…」





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 01:15:06.76 ID:vy06fiOu0

ランサー「…もういい…終わったことだ、行こう……」

ハンター「あ、ああ…」

女ハンター「あーあ」

ガンナー「……」

トコトコトコトコ

ハンター(やっべ、すっげー気まずい雰囲気だな…なにか気分を盛り上げねば…)

ハンター「と、ところでさ、この、カイリキーってカッコよくない?腕四本でさ…」

ランサー「ああ、そうだな…オレのゼニガメもそうだったが…」ハァ

ガンナー「……」

女ハンター「……」

ハンター(……最悪だ…)





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 01:23:03.89 ID:vy06fiOu0

ハンター「…ん?あれは何だ?」

たんぱんこぞう「……」

女ハンター「なんであんなとこで立ってるんだろう」

ガンナー「真っ直ぐな目をしている…」

ハンター「ちょっと話しかけてみよう」


ハンター「…あの、おーい」

たんぱんこぞう「……」

ハンター「おーい、聞こえてるー?」

たんぱんこぞう「……(早く前通れよ…!)」

女ハンター「…どうしたのかな?」

たんぱんこぞう「…!今、目が合ったな!僕と勝負だ!」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 01:32:26.01 ID:vy06fiOu0

たんぱんこぞうのヒロキがしょうぶをしかけてきた!▼


ハンター「さっきコイツと目合わした?」

ガンナー「いや…」

ヒロキ「行けっ!キャタピー!」


たんぱんこぞうのヒロキはキャタピーをくりだした!▼


キャタピー「きゃぴー」

ハンター「で、誰が戦うんだ?」

ガンナー「…俺が行こう」

女ハンター「おー!かっこいいー!」

ガンナー「…で、コイツを投げるのか…」ポーン

ヒトカゲ「ギャース」

ヒロキ(…ったく、早くしろよ…初心者かコイツら)イライラ





23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 01:39:46.00 ID:vy06fiOu0

ガンナー「ヒトカゲ、ひのこだ」

ヒトカゲ「ギャース!」ブワァァァ

キャタピー「きゃぴー!」メラメラ


あいてのキャタピーはたおれた!▼


たんぱんこぞうのヒロキとのしょうぶにかった!▼


ヒロキ「キャタピー!…くそっ、僕の負けだ!」


しょうきんとして50zもらった!▼


ハンター「シケてんなぁ、オイ」

女ハンター「そんなこと言わないの」





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 22:29:11.14 ID:vy06fiOu0

まよいのどうくつ


ハンター「…ふう、結構長かったな」

ガンナー「そうだな」

ランサー「うぉぉぉ!燃えてきたー!な!ディグダ!」

ディグダ「グダー!」

ハンター(まぁ、コイツは新しいモンスターが見つかったからいいか)

女ハンター「あ、あれじゃない?陸鮫って」

ハンター「いや、違うだろ、どう見たって鮫じゃない」

女ハンター「そうかなぁ?」

フカマル「……」





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 22:34:26.13 ID:vy06fiOu0

ハンター「お、岩があるな…ちょっと採取してくか」

ガンナー「ただの岩だろ、石ころしか採れんぞ」

カーン

イシツブテ「イシー!」

ハンター「!?」

女ハンター「石ころよりすごいのが出てきた!?」


うわっ!やせいのイシツブテがとびだしてきた!▼





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 22:42:25.02 ID:vy06fiOu0

ハンター「うわぁぁぁ!?なんだ!?この動く石ころは!?」

イシツブテ「イシー!」

ランサー「ここはオレに任せろ!いて!ディグダ!」ポーン

ディグダ「グダー!」

ランサー「ディグダ!マグニチュードだ!」

ディグダ「グダー!」

ハンター「なんだ?マグニチュードって…」


ディグダのマグニチュード!▼

マグニチュード6!


グラグラ


イシツブテ「イ、イシ~」バタッ

ランサー「やったな!ディグダ!」





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 22:49:21.97 ID:vy06fiOu0

ディグダ「グ、グダ~」

ランサー「ん?どうした、ディグダ?」

ガンナー「どこかケガしたのか?」


おや?ディグダのようすが…▼


デッデッデッデー

ハンター「な、なんだ?この光は…」

女ハンター「眩しい…」

テーテーテー、テテテテテテテー


おめでとう!ディグダはダグトリオにしんかした!▼


ランサー「うぉぉぉぉ!すげーぞ!ディグダ!」

ダグトリオ「ダグー!」

ハンター「増えただけじゃん」





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 23:00:58.17 ID:vy06fiOu0




ハンター「…ダメだ、ここには居ないようだな」

女ハンター「やっぱり、さっきのアレじゃない?」

ハンター「いや、絶対違う。あんなのが鮫なハズがない。スクアギルだ」

女ハンター「そうかなぁ?(でも、一応捕まえておこう)」

ガンナー(さてはあの依頼主、嘘をついたな?)





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 23:09:27.23 ID:vy06fiOu0

ガンナー「…さて、そろそろ休憩にするか…出てこい」ポーン

ヒトカゲ「ギャース」

カラナクシ「ぬめぬめ」

ランサー「な!お前、いつの間に!?」

ガンナー「仲間は少しでも多い方がいいだろう」

女ハンター「私も3体いるよ」

ハンター「多いと邪魔にならないか?」

ガンナー「その心配はない、こんなにコンパクトになるんだからな。さあ、食え」

ヒトカゲ「ギャース!」モグモグ

ハンター「それ、何の肉だ?」

ガンナー「ああ、あのスクアギルみたいなヤツだ、美味いぞ」





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 23:25:23.25 ID:vy06fiOu0




ハンター「…結局、何処にも居なかったか」

ガンナー「今日はもう遅くなる、ここで野宿するか」

女ハンター「それがいいね」

ハンター「ところで、皆どれぐらい捕まえた?」

ランサー「ちょっと比べ合おうぜ!」ポーン

ハンター  カイリキー(借り物)
      ズバット

ガンナー  ヒトカゲ
      カラナクシ
      ライチュウ

女ハンター フシギダネ
      コリンク
      フカマル

ランサー  ダグトリオ
      ドーミラー


ハンター「なんでスクアギル捕まえてんの?食えよ。美味いぞ?」

女ハンター「仲間を食べろって言うの!?」





35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 23:32:26.98 ID:vy06fiOu0

次の日


ハンター「はぁ〜…クエスト失敗か…」

ガンナー「見つからなかったものは仕方ないだろ、帰るぞ」





ガンナー「……と、言う訳で捕まえることができませんでした」

オーキド「まあ、見つからないのは仕方ないことじゃ、次は頑張ってくれ」

ハンター「はい…」

オーキド「ところで、君達はどれくらい捕まえたんじゃ?見せてみなさい」





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 23:38:41.32 ID:vy06fiOu0

オーキド「ふむ…ん?これはフカマルじゃないか!」

ハンター「ふかまる?そんな名前だったんですね」

ランサー「なんか、珍しいヤツとか!?」

オーキド「いや、このポケモンはりくざめポケモンと言っての、今回依頼したポケモンじゃ!」

ハンター(げ…)

ガンナー(言えない、食っただなんて…)

女ハンター(よかった〜捕まえといて)

オーキド「ありがとう!感謝するぞ!」


<クエストクリア!>





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 23:44:57.75 ID:vy06fiOu0

オーキド「そうそう、そのポケモンは君達が持ってていいぞ。あ、カイリキーは返してくれ」

ハンター「え、いいんですか?」





ハンター「さて、今回はリオレウスの狩猟か」

女ハンター「うん、いつも通りで行けば大丈夫だよ!」

ガンナー「準備は出来たか?行くぞ」

ランサー「おっしゃぁぁぁぁ!行くぞー!」


ハンター(あ、モンスターボール持って来ちゃった…)





38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/23(月) 23:52:01.80 ID:vy06fiOu0




ハンター「むう、なかなかタフだな…」ハァハァ

ガンナー「皆大丈夫か?相手も弱っているからシビレ罠を仕掛けるぞ」


バリッビリビリビリ!


リオレウス「ギャオッ!?グォォォ…」ビリビリ

ガンナー「今だ!」

ランサー「うぉぉぉぉ!」

女ハンター「とりゃぁぁ!」

ハンター(そういやコレ、使えるかな…)





40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 00:01:38.61 ID:cgMlDFio0

ハンター「いけっ!モンスターボール!」ポーン

リオレウス「グ、グオッ!?」

ガンナー「な、消えた!?」

女ハンター「なっ!?」

ランサー「うぉっ!?」


ヴッ…ヴッ…ヴッ……カチッ


ハンター「うおっ!?…り、リオレウス、ゲットだぜ!?」

女ハンター「なーにが『ゲットだぜ!』よ!?」

ランサー「おかげで剥ぎとれねーじゃねーか!」





42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 00:26:03.06 ID:cgMlDFio0




ガンナー「…という訳で、はい」

ギルドマスター「驚いたね。本当にその中にリオレウスが…」

ハンター「はい、多分、狭くてたまらないと思います」

ガンナー「そうだ、この間の依頼主に聞いてみるのはどうでしょう」

ギルドマスター「おお、その手があったか、ちょうどその依頼主から依頼が来てるよ」

看板娘「はい、今回は雪象の捕獲だそうです」

ガンナー「雪象…」

ハンター「多分、マンモスに雪付いたヤツだろ」





43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 00:32:31.44 ID:cgMlDFio0

女ハンター「おーい!」

ハンター「お、ちょうど戻って来たか」

ランサー「ああ!連勝だったぜ!まさか、オレのダグトリオがグラビモス倒すとは…」

ガンナー「そんなに強いのか?その…モグラ?」

ランサー「おうよ!コイツのじしんでどんなヤツでもイチコロだぜ!な!ダグトリオ!」

ダグトリオ「ダグー!」

ギルドマスター「襲ってきたりはしないのかい?」

ガンナー「はい、それどころか、なついています」

女ハンター「それに、かわいいんですよ!」





44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 00:41:10.67 ID:cgMlDFio0

ハンター「ところでな、かくかくしかじかでな、またこの間のところへ行くんだ」

ランサー「うぉぉぉ!マジかよ!」

ガンナー「今回は雪象だそうだ」

ランサー「雪象…マンモスか?」

ガンナー「いや、分からん。でも、恐らく寒い地域に住んでいるモンスターだろう」

ハンター(ホットドリンク持っていくか…)


ガンナー「では、準備はいいか?」

ランサー「おう!」

女ハンター「いってきまーす!」

看板娘「頑張ってくださいねー!」





45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 00:46:31.93 ID:cgMlDFio0




オーキド「おお!また来てくれたのか!君達!」

ガンナー「はい、実は相談があって…」

オーキド「ほう…なになに…なんと!そんなバカな!」

ハンター「え、このボールには何でも入る訳じゃないんですか?」

オーキド「そりゃそうじゃ!もともと、小さくなるのはポケモンの能力での」

オーキド「その能力を利用して作られたのがモンスターボールじゃ」

ハンター「へ、へぇ…」

ランサー「かがくのちからってすげー!」





46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 00:54:06.55 ID:cgMlDFio0

オーキド「で、それはいいとして、今回のターゲットはフロストケイブというところにいての」

ランサー「かっけー名前だな!」

オーキド「普段は居ないんじゃが、何故か大量発生しての」

オーキド「3匹ほど捕まえてほしいんじゃ」

ハンター「はい!分かりました!」

オーキド「あ、そうそう、今回はこれを持って行くといい」

ガンナー「この色は…?」

女ハンター「暗い色…」

ランサー「かっけー!」





47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 01:03:28.62 ID:cgMlDFio0

オーキド「それはダークボールと言っての、暗いところや洞窟で捕まえやすくなるんじゃ」

ハンター「不思議なボールだな…」

オーキド「それでは、頑張ってくれたまえ!」


エイセツシティ


ハンター「ふう、着いたか」

ガンナー「こっちの地方にも町はあるんだな」

女ハンター「それにしても、寒くない?」ブルブル

ハンター「そりゃお前、キリン装備でこんなとこ来たら寒いに決まってるだろ」

ガンナー「まあ、とにかく行くぞ」





51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 22:45:23.66 ID:cgMlDFio0

フロストケイブ


女ハンター「何ここ…さっきよりも寒いんだけど…」ガチガチ

ハンター「お前、ホットドリンク忘れたのか?バカだな」

ランサー「お、あれじゃないか?雪象ってのは!」

ハンター「いや、あれは違うだろ。鼻が短い」

ガンナー「そうか?この前みたいにならないだろうな」

ランサー「そう言われて見れば…」





53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 22:56:13.26 ID:cgMlDFio0

ガンナー(でも、一体だけ捕まえておくか。何かの役に立つだろう)


ランサー「…ん〜いないなぁ〜」

ハンター「ここは、二手に分かれて探すか。その方が効率がいい」

女ハンター「それがいいね」

ガンナー「じゃあ、俺は女ハンターとこっちへ行く、お前達はそっちの方を探してくれ」

ハンター「おう」





54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 23:06:50.04 ID:cgMlDFio0

ハンター「う〜ん、さっきからあの変なブタ以外いないな…」

ランサー「やっぱりあれじゃねーの?デカいし、牙もあるし」

ハンター「でも鼻は短いだろ」

からておう「…!(お、きたきたー!)お前ら!俺の修行の成果、見るがいい!」

ハンター「うおっ、なんだいきなり」


からておうのケンタロウがしょうぶをしかけてきた!▼

からておうのケンタロウはダゲキをくりだした!▼


ハンター「さ〜て、金稼ぎでもしますか〜」





55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 23:11:15.33 ID:cgMlDFio0




ハンター「…そんなバカな…オレのズバットが…」

ケンタロウ「はははは!どうだ!」

ランサー「おい!こんなヤツに負けてんじゃねーよ!」

ハンター(どうしよう…もうモンスターは……ん?まてよ…アイツ、使えるかな?)

ハンター「頼んだぞ!リオレウス!」





56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 23:18:39.43 ID:cgMlDFio0

リオレウス「ギャォォォォ!」

ランサー「あ!あの時の!」

ケンタロウ「な!?な、なんだこ、コイツは!?」

ハンター「え、えーと、リオレウス!火球ブレスだ!」

リオレウス「グォォォォ!」ボウッ

ダゲキ「ゲ、ゲキ!」

ケンタロウ「ダゲキ!…まだ大丈夫だ!コイツの特性はがんじょう!次で決める!」


ダゲキのからてチョップ!▼


ハンター「無駄だ!コイツの甲殻は鉄の強度を誇る!」





57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 23:26:02.86 ID:cgMlDFio0

ケンタロウ「…ふっ、バカか?お前は!格闘タイプの技は鋼タイプに効果バツグンなのだ!」

ハンター「なっ…」

リオレウス「グルルルル…」バサッ


リオレウスのそらをとぶ!


ランサー「あ、あれは…ワールドツアー!」

ケンタロウ「なっ!?卑怯だぞ!2回行動なんて!」

リオレウス「ギャオオ!」ガガッ


リオレウスのにどげり!▼

あいてのダゲキはたおれた!▼

からておうのケンタロウとのしょうぶにかった!▼

しょうきんとして5060zもらった!▼





58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 23:35:01.99 ID:cgMlDFio0

ケンタロウ「く、くそっ!覚えてろ!」ダッ

ハンター「す、すごいな…お前」

リオレウス「グルルルル…」

ランサー「す、すげぇぇ!強ぇな!そのリオレウス!」

ハンター「ああ、まさか本当に使えるとは…どうなってんだ?これは」

ランサー「それより、腹減ったな〜」

ハンター「よし、メシにするか。じゃ、あのデカいのを狩るか」

マンムー「ム、ムー!?」


リオレウスのかえんだん!▼





59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 23:42:35.81 ID:cgMlDFio0




ガンナー「お、いたぞ」

女ハンター「これでやっと3体目だね。でも、なんであれが雪象だって分かるの?」

ガンナー「ああ、実はあそこにいた男に聞いてみたところ、あれじゃないかと言われたんだ」

女ハンター「へぇ」

ガンナー「まあ、とにかく、これでクエストクリアだな」


ハンター「このブタうめぇwww」

ランサー(…本当にブタか?これ…)





60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/24(火) 23:51:37.16 ID:cgMlDFio0

ハンター「お、いたいた」

ガンナー「そっちはどうだった?」

ハンター「いやー全くだよ。ブタしかいねぇのなんの」

ガンナー「そうか(ブタ…?)こっちはクリアしたぞ」

ランサー「おお!流石だな!」

ガンナー「…ところでハンター、ちょっとこっち来てくれ」

ハンター「ん?なんだ?」

ガンナー「…お前、まさかとは思うが、これ(マンムー)、食ったか?」

ハンター「ああ、食ったが…え!?まさか!?」

ガンナー「…やはりな……」





61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/25(水) 00:08:12.60 ID:yUQSazP30




オーキド「おお!戻ってきたか!」

ガンナー「はい、3体、捕まえましたよ」

オーキド「おお!今回もありがとうな!ところで、例のモンスターを見せてくれないか?」

ハンター「ああ、はい」ポーン

リオレウス「グルルル…」

オーキド「ふむ、大きいのう」

リオレウス「グォォ!」ボゥッ

ハンター「!?あ、コラ!リオレウス!」

オーキド「だ、大丈夫じゃ、いつものことじゃ…」プスプス





65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/26(木) 22:22:04.33 ID:Yg5E/Gxd0




ガンナー「さて、今回はグラビモスの狩猟だな」

ハンター「クーラードリンク忘れないようにな」


ランサー「うあ!やっぱ堅ぇ!」ガィン

ハンター「大丈夫か?砥石あるか?」

グラビモス「グォォ…グォォ…」ハァハァ

女ハンター「あ、弱ってきたね」

ハンター(よし、今回もコレ使おう)





68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/26(木) 22:43:14.30 ID:Yg5E/Gxd0

グラビモス「Zzz……」

ガンナー「よし、爆弾を仕掛けるぞ」

女ハンター「よいしょっと」

ハンター(よし、やるか)

ハンター「いけっ!モンスターボール!」ポイッ

ランサー「なっ!?」

ガンナー「また……」

コツン

グラビモス「……グォ?」ムクッ

ハンター「あれ…?なんで捕まえられんの?」

グラビモス「グォォォ!」





71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/26(木) 23:02:20.78 ID:Yg5E/Gxd0




ガンナー「……まったく…お前は一体何をやっているんだ…」

ハンター「いや、だってリオレウスもできたんだからグラビモスも…」

女ハンター「あのおじさんもモンスターボールはモンスター側の能力だって言ってたじゃん!」

ハンター「じゃあリオレウスはどうなんの?」

女ハンター「いや、それは…」

ランサー「じゃあまた例の人に聞けばいいじゃん!」

ガンナー「ああ、それしかないようだな」





72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/26(木) 23:18:19.78 ID:Yg5E/Gxd0

看板娘「はい、ちょうどその依頼主からクエストが来てますよ」

女ハンター「本当、タイミングいいよね」

看板娘「今回は雪ノ王の討伐だそうです」

ガンナー「今回は初の討伐クエストだな」

ハンター「また雪か。ホットドリンク忘れんようにな」

ランサー「王だってよ!かっけー!」

ハンター「まあ、テオ・テスカトルの氷バージョンみたいなもんだろ」





73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/26(木) 23:31:25.61 ID:Yg5E/Gxd0




オーキド「おお、また来てくれたか、いつもすまんな」

ガンナー「ええ、また聞きたい事ありまして…」

オーキド「ほうほう…うむ…なるほど…」

オーキド「…ワシが思うに、多分そのリオレウスは他のモンスターと違い、特別な個体なんじゃろう」

ハンター「ある意味希少種ってことか」

ランサー「すっげー!めっちゃレアってことじゃん!」

女ハンター「どうせならナルガクルガとかがよかったなー」





74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/26(木) 23:41:01.33 ID:Yg5E/Gxd0

オーキド「…ところで、君達はどれくらいポケモンを捕まえたんじゃ?ちょっと見せてみなさい」

ハンター  ゴルバット
      リオレウス

ガンナー  リザードン
      トリトドン
      ライチュウ
      オーロット
      

ランサー  ダグトリオ
      ドータクン
      シュバルゴ
      ハリテヤマ

女ハンター フシギソウ
      ガバイト
      メレシー
      アギルダー

ハンター「お前らいつの間にそんな…」

ガンナー「お前は2体だけかよ」





75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/26(木) 23:50:46.38 ID:Yg5E/Gxd0

オーキド「うむ、これぐらいいれば大丈夫じゃろう。一人を除いてな」

ハンター「ちょ、それどういう…」

オーキド「ま、しょうがないじゃろう。この中から一体選ぶとよい」

ハンター「あ、ありがとうございます」


ルカリオ
クチート
ゲンガー


オーキド「あと、これもやろう」

ハンター「ん?これは…」


ハンターはメガリングをもらった!▼





76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/26(木) 23:58:25.01 ID:Yg5E/Gxd0

ランサー「うぉぉぉ!なんだそれ!かっけー!」

オーキド「これは草むらで偶然拾ったシロモノじゃ。ま、大丈夫じゃろ」

ハンター(すげー不安だ…)

ハンター「ま、とにかく、俺はこのオオカミみたいなのを選ぼう」





77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/27(金) 00:06:48.73 ID:sB7kyfCp0

オーキド「さて、いよいよ本題に入るぞ」

ガンナー「ああ、あの雪ノ王とやらですね」

オーキド「そうじゃ。そのユキノオーは今、何があったのか雪山で暴れておっての」

ガンナー「それで、そいつを倒せ、と」

オーキド「うむ、そういうことじゃ」

オーキド「あと、心配じゃからこれも持って行くといい」


ハンターたちはポケモンずかんをもらった!▼


ランサー「すっげー!かっけー!」

オーキド「ちなみに、もう全部埋めてあるぞ」





81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/28(土) 00:08:41.67 ID:XSwf0DI20

テンガンざん


ハンター「ハァ…ハァ……」

ガンナー「…結構登ったな……」

女ハンター「うぅ…寒い……」ブルブル

ハンター「また忘れたのか?しょうがないな。やるよ」

女ハンター「あ、ありがとう…」

ハンター「そういやさ、さっきこういうの拾ったんだが」

ガンナー「なんだ、これは?なんかの鉱石か?」





82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/28(土) 00:25:08.75 ID:XSwf0DI20

ハンター「おう、あっちの水辺の向こうでな」

ランサー「そういやお前、泳げたんだよな。いいな〜」

ガンナー「いや、お前以外の全員が泳げるぞ」

女ハンター「でも私は寒中水泳ムリだよ」

ハンター「ま、いいや。それより雪ノ王を探すぞ」





83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/28(土) 00:50:39.74 ID:XSwf0DI20




ハンター「うーん、いないな」

ガンナー「本当か?ちゃんと姿とか知ってるんだろうな」

ハンター「ああ、あの木だろ」

ハンター「まあ、あまり見つからないし、仲間増やすか」

ガンナー「ああ、その方がいいな」

女ハンター「でも万が一見つけたらどうするの?」

ハンター「まあ、そん時には適当に倒しておくか」





84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/28(土) 01:18:07.55 ID:XSwf0DI20




ハンター「ふう、結構捕まえたな」


<手持ち>

ルカリオ

ゴルバット

ハクリュー

ヒンバス


ハンター「そろそろみんなと合流するか」





88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/29(日) 23:05:45.32 ID:oijCpXHk0




ハンター「……遅いな、みんな何やってるんだ?」

ハンター「…まさか、雪ノ王を捕まえてるんじゃ……」

ハンター「…あ、そういや集合場所決めてなかったな……」

ハンター「まあ、もうしばらく待ってみるか」





89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/29(日) 23:13:59.73 ID:oijCpXHk0

ガンナー「あ、いたぞ」

ランサー「よーう!お前何処にいたんだ?」

ハンター「お前らこそ何処にいたんだ。こっちはだいたい30分くらい待ってたんだぞ」

ガンナー「集合場所くらい決めておけばよかったのにな」

女ハンター「まあ、これで4人とも揃ったんだし、行こっか」

ハンター「で、お前らどんだけ捕まえたんだ?」





90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/29(日) 23:26:45.26 ID:oijCpXHk0

ガンナー  リザードン
      トリトドン
      ライチュウ
      オーロット
      チャーレム
      ドンカラス

ランサー  ダグトリオ
      ドータクン
      シュバルゴ
      ハリテヤマ
      ゴーリキー
      ノズパス

女ハンター フシギバナ
      ガブリアス
      メレシー
      アギルダー
      マニューラ
      ユキワラシ


ハンター「い、いつの間にそんな……」

女ハンター「まだ4体なの!?」

ランサー「遅くね?」





91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/29(日) 23:28:25.05 ID:oijCpXHk0

※なお、テンガンざんでは捕まえられないポケモンもいますが、気にしないで下さい、お願いします





92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/29(日) 23:41:07.94 ID:oijCpXHk0

女ハンター「ところでさ、このユキワラシなかなか進化しないんだけど……」

ランサー「オレのゴーリキーはさっき交換したら進化したけどな」

ハンター「まだまだレベルが低いんだろ、もっと育てろよ」

女ハンター「やっぱりそうなのかなぁ……って、ん?」

ユキワラシ「ユキ……?」ガサゴソ

ハンター「うお、なんだコイツ、オレのポーチ漁ってやがる」

ガンナー「多分、例の石が欲しいんだろうな」

ハンター「まあ、いいか。どうせ使わないだろうし」ポイッ

ユキワラシ「ユキー!」


おや……?▼





93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 00:02:32.62 ID:e/VGbpQ10

デッデッデッデッ……


ハンター「おおっ、これは……」

女ハンター「まさか……!」


テーテーテー、テテテテテテテー

おめでとう!ユキワラシはユキメノコにしんかした!▼


女ハンター「やったね!ユキメノコ!」

ユキメノコ「メノ〜!」

ガンナー「ほう、石で進化するモンスターもいるのか」





94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 00:18:04.22 ID:e/VGbpQ10




ハンター「ふう、かなり奥に来たな」

ガンナー「そろそろ居てもいいんだがな」

女ハンター「……あ、もしかしてあれじゃない?」

ユキノオー「ヒュォォォ……」

ランサー「す、すげー威圧感…」

ハンター「よし、ならオレがやろう」

女ハンター「がんばれー!」

ガンナー「四体だけで大丈夫か?」

ハンター「大丈夫だ、問題ない」





95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 00:31:17.71 ID:e/VGbpQ10

あっ!やせいのユキノオーがあらわれた!▼


ハンター「行けっ!ヒンバス!」ポーン

ヒンバス「」ピチピチ

ユキノオー「ゆきゅ!」


ゴスッ

ユキノオーのウッドハンマー!▼

こうかはばつぐんだ!▼


ハンター「なっ、一撃……」

ガンナー「本当に大丈夫か?」





96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 00:37:50.71 ID:e/VGbpQ10

ハンター「つ、次はコイツだ!行けっ!ハクリュー!」ポーン

ハクリュー「りゅー!」


ハクリューのアクアテール!▼

こうかはいまひとつのようだ……▼


ハンター「あまり効いていない…だと……?」


ユキノオーのふぶき!▼

ハクリューはたおれた!▼


ハンター「な、そんな……」

ガンナー「もう後一体だぞ」





97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 00:42:31.83 ID:e/VGbpQ10

ハンター「わ、分かってる!行けっ!ゴルバット!」ポーン

ゴルバット「ゴルー!」


ゴルバットのどくどく!▼

ユキノオーはもうどくをあびた!▼


ガンナー「ほう、お前にしては考えるじゃないか」


ユキノオーのふぶき!▼

ゴルバットはたおれた!▼


ハンター「あ……」





98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 00:48:47.42 ID:e/VGbpQ10

ガンナー「後一体だぞ」

ランサー「大丈夫か?オレが代わってやろうか!?」

ハンター「だ、大丈夫だ、問題ない…」

ハンター(…とは言ったものの、残るは一体しかいない……)

ハンター「だったらコイツで決める!行けっ!ルカリオ!」

ルカリオ「クォォン!」

ランサー「かっけー!」

ハンター「…ん?これは……」

女ハンター「あれ?左腕が光ってない?」





99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 00:56:34.01 ID:e/VGbpQ10

ハンター「こ、ここを押すのか?」ポチッ


キィィィィィィィン


メガルカリオ「クオオン!」ゴォォォ


ルカリオはメガルカリオにメガシンカした!▼


ランサー「うぉぉぉ!やっべー!かっけー!」

ハンター「これは、いけるぞ!」


ルカリオのインファイト!


ドドドドドドドド


こうかはばつぐんだ!▼

やせいのユキノオーはたおれた!





100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:00:02.68 ID:e/VGbpQ10

女ハンター「やったー!」

ランサー「うぉぉぉ!すげぇー!」

ハンター「よくやったぞ!ルカリオ!」

ルカリオ「くぉぉん…」シュゥゥン

ガンナー「ほう、バトルが終わると戻るんだな」

ハンター「よし!これでクエストクリアだ!」


<クエストクリア!>





101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:10:50.52 ID:e/VGbpQ10




オーキド「ほう!ルカリオがメガシンカしたとな!」

ガンナー「なんですか?メガシンカとは」

オーキド「うむ、わしの分野ではないので詳しくはしらんがの、かなりすごいらしいんじゃ」

ハンター「へぇ〜」

ランサー「あ〜オレのダグトリオもメガシンカしないかな〜」

オーキド「それと、そのユキメノコは石で進化したそうじゃの」

女ハンター「はい、何か綺麗な石を渡したら…」

オーキド「うむ、一部のポケモンには石で進化するのもいるんじゃ」

ハンター「へぇ〜」

ガンナー「それは興味深いですね」





102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:15:38.20 ID:e/VGbpQ10

オーキド「それはともかく、今回もありがとうな!」

ガンナー「はい、また何かあったら依頼があれば来ますので」

ハンター「それじゃあまた!」

オーキド「おう!次もよろしくな!」




けんきゅういん「……博士、そろそろあの四人にもいいんじゃないですか?」

オーキド「うむ、あの四人はずいぶんと成長が早いからの」

オーキド「…そろそろ頃合いかのぅ……」





103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:22:07.14 ID:e/VGbpQ10




ガンナー「…さて、今回はティガレックス亜種の狩猟か」

女ハンター「うう…ティガレックス亜種苦手……」

ランサー「だよな、どうも好きになれないんだよな」

ハンター「大丈夫だよ、オレのルカリオがいるからな、なっ、ルカリオ」

ルカリオ「くぁんぬ!」

ガンナー「また連れてきたのか」

ランサー「オレもそろそろダグトリオ連れていこうかな?」





104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:31:32.66 ID:e/VGbpQ10




ティガ亜「グォォォォォ!」

女ハンター「ひぃ…!やっぱりすごい音量……」

ガンナー「大丈夫か?吹き飛ばされるんじゃないぞ」

ハンター「よし!隙ができた!ルカリオ、インファイトだ!」

メガルカリオ「くぉぉ!」


ルカリオのインファイト!


ドドドドドドドド


ティガ亜「グォォェ!」

ランサー「いや〜やっぱりすごいな、そのルカリオ」

ハンター「だろ?本当に頼りになるぜ」





105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:40:58.41 ID:e/VGbpQ10




ハンター2「おい、あれが巷で話題のポケモンだってよ」

ハンター3「あんな小さいのでモンスター狩れるのか?」

ハンター4「アイツを舐めたらヤバいぞ?この前はクシャル狩ったらしいぞ」

ハンター3「マジかよ!すげ〜な」

女ハンター2「それに可愛いしね、いいな〜」


ハンター「人気急上昇だな、オレ達」

ガンナー「正確にはモンスターの方だがな」

ルカリオ「くあんぬ!」フフン





106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:47:19.00 ID:e/VGbpQ10

看板娘「あ、そこの方々!」

ハンター「お?オレ達の事か?」

看板娘「はい、あの人から依頼が来ています」

ガンナー「またあの人か」

看板娘「はい、でも今回は少し雰囲気が違います」

女ハンター「どうしたの?」

看板娘「はい、今回はなんと緊急クエストとなっております」

ハンター「なんと……」

ランサー「これは、かなりヤバイのがおでましのようだな…」





107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:52:38.05 ID:e/VGbpQ10

ガンナー「…内容は?」

看板娘「?の四体連続討伐となっています」

ハンター「な、なんですかその?って…」

看板娘「はい、正体不明のようです…」

女ハンター「なにそれ、すごく恐いんだけど…」

ガンナー「…まあ、とにかく、行くしかないな」

ランサー「ああ、そうだな。怯えてちゃいられねぇ」

ハンター「お、怯えてなんかないぞ!」





108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 01:56:27.16 ID:e/VGbpQ10




看板娘「…それじゃ、頑張ってくださいね!」

ハンター「おう!」

女ハンター「行ってきまーす!」


看板娘「…本当に、大丈夫でしょうか……」

ギルドマスター「ほっほっほっ、大丈夫だよ、心強いパートナーもいるし」

看板娘「そうですね…」

ギルドマスター「………」





109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 02:01:21.27 ID:e/VGbpQ10




オーキド「おお!来てくれたか!」

ガンナー「はい…それで、今回の依頼は?」

オーキド「うむ…多分、これが最後の依頼となるじゃろう」

ランサー「ええっ!?もう最後!?」

ハンター「早くないですか!?」

オーキド「うむ、君達の成長が予想以上に早かったからの、ずいぶんと早くなってしまった」

ハンター「お、おお、誉められてるぞ」

ランサー「オレ達ってすげーんだな!」





110:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 02:07:51.23 ID:e/VGbpQ10

ガンナー「それで、ターゲットの情報とかは?」

オーキド「うむ、詳しくは知らないが、なんと2体は君達のいる地方から来たというのじゃ!」

ハンター「うぉい、マジかよ……」

女ハンター「ここでもあっちのモンスターと戦いわなきゃいけないなんて……」

オーキド「で、残り2体は伝説のポケモンと呼ばれているポケモンじゃ」

ハンター「で、伝説ぅ!?」

ランサー「すっげぇぇ!伝説だってよ!」





111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 02:16:31.44 ID:e/VGbpQ10

オーキド「場所はジョウト地方、ホウエン地方、シンオウ地方、そしてイッシュ地方じゃ」

ハンター「よ、四地方も……」

オーキド「そこでじゃ!君達にこのわざマシンをあげよう!」

オーキド「…と思ったら既に覚えているポケモンがいるようじゃの」

ハンター「ん?そんなの…あ……」

リオレウス「グルルルル……」

ハンター「ご、ごめん、忘れてた……」





114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 22:11:40.87 ID:e/VGbpQ10




ハンター「よし、まずはジョウト地方からだな」

ガンナー「まずは聞き込みから始めるか」


ハンター「すいません、なんかこの辺りにすごいモンスターが来たと聞いたんですが?」

ツアーきゃく「ああ、私はここの出身じゃないから、知らないのよ」

やまおとこ「ああ、あのシロガネやまに住み着いたポケモンのことだね。多分、ドラゴンタイプだと思うよ」

たんぱんこぞう「アイツ、こおりタイプだと思ったら炎を吐いてきたんだ!」


ハンター「よし、こんなもんか」

女ハンター「すごい強そうなモンスターだね」





116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 22:18:57.80 ID:e/VGbpQ10

ガンナー「どうやら、ヤツはシロガネ山という山に住み着いていて、氷や炎を操るらしい」

ハンター「もしかしたら、アルバトリオンじゃないか?」

女ハンター「ええっ!?いきなりそんなのと戦うの!?」

ガンナー「でも、そうと決まった訳じゃない、もしもの時に備えて万全の準備をして行くぞ」

ハンター「おーう」

女ハンター「ああ、また山登りか…」

ランサー「うぉぉぉ!すげぇワクワクしてきた!」





117:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 22:25:02.05 ID:e/VGbpQ10

シロガネやま


ハンター「おお、寒くなってきたな」

女ハンター「ね、眠い……」ブルブル

ガンナー「…お、山頂だぞ……」

ランサー「いよいよご対面か…!」

ハンター「こ、これは……」


キュレム「…Zzz……」

ハンター「寝てやがる……」

ランサー「す、すげー迫力……!」





118:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 22:32:08.80 ID:e/VGbpQ10

ガンナー「…よし、ここはまず、タル爆弾で攻撃してから、一気に畳みかける戦法でいこう」

ハンター「ついでに落とし穴も仕掛けよう」

ランサー「うぉぉぉ…!でっけー!」

女ハンター「…Zz……」


ガンナー「よし、起爆するぞ」ガチャ

ハンター「抜かるなよ!」

女ハンター「……」ドキドキ


バシュツ……チュドーン


キュレム「…Zz…グォォ!?」

ハンター「よし!やったか!」





119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 22:37:02.68 ID:e/VGbpQ10

キュレム「グォォ!」ズボッ

ハンター「かかれー!」ズバッズバッ

女ハンター「おりゃー!」ザシュザシュザシュ

ランサー「うぉぉぉぉぉ!」チクチクチクチクチクチク

ガンナー「む…罠から抜けるぞ」ダーンダーン

キュレム「グルルル…」

ランサー「おおお、すげー迫力……」

ハンター「見とれてる場合か、ここからだぞ」

キュレム「ヒュラララララ!」





120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 22:42:51.77 ID:e/VGbpQ10

キュレムのこごえるせかい!▼


ハンター「くっ…なかなかやるな……」

ランサー「よっしゃ!ここで行くぞ!シュバルゴ!」

シュバルゴ「シュバー!」


シュバルゴのミサイルばり!▼


チクチクチクチクチク……


ハンター「飼い犬は飼い主に似る、ってか」

ランサー「う、うるさい!」





121:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 22:47:48.65 ID:e/VGbpQ10

ガンナー「とは言え、あっちが押されぎみか」

女ハンター「これは、行けるかも!」ザシュザシュ

キュレム「グルルル……」

ハンター「待て!コイツ、様子が……」

ランサー「こ、これは……」


キィィィィン……バシューン!


Wキュレム「グォォォォ!」

ハンター「す、姿が変わった!?」

ランサー「すっげー!かっけー!」





122:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 22:55:44.46 ID:e/VGbpQ10

キュレムのコールドフレア!▼


Wキュレム「グルルルルル……」

ハンター「ち、チャンスか!?」ズバッズバッ

女ハンター「い、今のうちに!」ザシュザシュ


シュバルゴのミサイルばり!▼


シュバルゴ「シュバー!」チクチクチクチク

ガンナー「!い、いかん!今すぐ離れろ!」

Wキュレム「グォォォォォ!」


キュレムのコールドフレア!▼





123:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:01:14.14 ID:e/VGbpQ10

ゴォォォォォォォ


ハンター「うわぁぁぁぁ!」

女ハンター「熱い!冷たい!死ぬぅ!」


シュバルゴはたおれた!▼


ランサー「うわぁぁぁぁ!シュバルゴぉぉぉ!」

ガンナー「くっ、……クソッ!」ガチャ

Wキュレム「グルルルルル……」

ハンター「ま、また来るぞ!」

女ハンター「ひ、秘薬秘薬……」





124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:07:45.73 ID:e/VGbpQ10

Wキュレム「グォォ……グォッ!?」ビリビリ

ハンター「うぉぉ……おっ!?」

ガンナー「麻痺弾を撃っておいた!今のうちに!」

ハンター「おお!ありがとな!」ズバッズバッ

女ハンター「グビクビ……ぷっはー!」シャキーン

ランサー「ドータクン!サイコキネシスだ!」


ドータクンのサイコキネシス!▼


Wキュレム「グルルル……」ビリビリ





125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:15:43.32 ID:e/VGbpQ10

Wキュレム「グルル……グォォォォ!」

ハンター「うおっ!早いな!」

ランサー「まだまだサイコキネシスだ!」

ガンナー「な、また様子が…!」

女ハンター「ま、また!?」


キィィィィン……バシューン


Bキュレム「グォォォォ!」

ハンター「な、三段変形…だと…?」

ハンター「コイツはザボアザギルかよ!?」





126:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:20:10.32 ID:e/VGbpQ10

キュレムのクロスサンダー!▼

ドータクンはたおれた!▼


ランサー「あああああ!ドータクン!」

ハンター「な、なんて破壊力……」

ガンナー「こんなのに喰らったらひとたまりもないぞ」

Bキュレム「ヒュラララララ!」

ハンター「そろそろ、コイツを使うか…!」

ハンター「行けっ!リオレウス!」





127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:25:48.82 ID:e/VGbpQ10

リオレウス「グォォォォ!」

ハンター「リオレウス!頼んだぞ!」


リオレウスのかえんだん!▼

こうかはばつぐんだ!▼


Bキュレム「グォォ!」


リオレウスのにどげり!▼

こうかはばつぐんだ!▼

キュレムはどくをあびた!▼


ガンナー「毒状態になったぞ、このままいけるか?」





128:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:30:01.23 ID:e/VGbpQ10

Bキュレム「グルルル……」


キュレムのクロスサンダー!▼

こうかはばつぐんだ!


リオレウス「グォォ!」

ハンター「リオレウス!」

ガンナー「そうか、リオレウスはほのお、ひこうタイプだからでんきタイプの攻撃には抜群を受けるのか!」

女ハンター「え、そうなの?」





129:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:38:05.51 ID:e/VGbpQ10

ハンター「くっ、頑張れ!リオレウス!」

リオレウス「グルル……」

Bキュレム「グォォォォ……」


キュレムのフリーズボルト!▼


ガンナー「次の一手で勝負が決まるぞ…」

女ハンター「うぅ……」ドキドキ

ランサー「……ゴクリ」

リオレウス・Bキュレム「グォォォォォ!」


リオレウスのかえんだん!▼

キュレムのフリーズボルト!▼





130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:46:10.02 ID:e/VGbpQ10

ゴォォォォォォォ!



ハンター「……な…リオレウス!」

リオレウス「グ、グォォ……」ドサッ

ランサー「ま、負けた…だと……」

Bキュレム「ヒュラララララ!」

ハンター「くっ、クソぉ!」


ドンカラスのふいうち!▼

キュレムはたおれた!


Bキュレム「グッ…グォォ……」ドサッ

ガンナー「ふう、危なかったな」

ハンター「お、おう……」





131:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/12/30(月) 23:54:20.64 ID:e/VGbpQ10




ガンナー「なんとか、倒せたな」

女ハンター「いや〜すごかったねー」

ランサー「特にあの変身は凄かったな!三段変身だぜ!」

ザボアザギル(………)

女ハンター「で、あれ?ハンターは?」


ザクッ、ザッ…ザシュッ……

<氷龍の氷羽を入手しました>


ガンナー「…何やってるんだ、お前……」

ハンター「いや〜倒した記念によ〜」

キュレム「」


ザクッ、ザッ…ザシュッ……

<いでんしのくさびを入手しました>





137:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/07(火) 23:18:38.91 ID:R0yUGIfz0




ハンター「…おっしゃ、素材はだいぶ集まったな。それじゃ、次行くか」

ランサー(…いったいどんな武器が作れるんだろう)

ガンナー「次はホウエン地方だな」

ハンター「どんなモンスターがいるんだろうな」

女ハンター「ダラ・アマデュラとかだったら嫌だなぁ」

ハンター「いや、それはないと思うぞ」





138:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/07(火) 23:34:37.82 ID:R0yUGIfz0




ハンター「着いたな、意外と長かったな」

ガンナー「まずは住民とかに聞いてみるか」


ツアーきゃく「モンスター…?ごめんね、僕はただのツアー客だから知らないよ、ごめんね」

たんぱんこぞう「ああ!知ってる!そこらの島を沈めたってやつ!」

ミニスカート「え?噴火とかしてたからグラードンとかじゃないの?」


ハンター「うわぁ、すごい嫌な予感……」

女ハンター「島を沈めたって、アレだよね…?」





140:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/07(火) 23:55:38.70 ID:R0yUGIfz0




ハンター「うおーやっぱり空と海が紅く染まっておるー」

女ハンター「やだなぁ…またあの這いずりで……」

ランサー「オレ、泳げないんだが」

ガンナー「嘆いている暇ではないぞ、そのモンスターを早く探すぞ」

ハンター「うい〜…ん?あれは……」


カイオーガ「ギャォォォォォ!」

グラードン「グォォォォォ!」

女ハンター「げぇぇぇ!?2体!?」





142:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 00:07:17.79 ID:2Gg3OVk10

ハンター「うわぁぁぁ……」ゲッソリ

ガンナー「ほら、やる気を出せ」

女ハンター「…あれ?でもこっちには気付いていないようだよ?」

カイオーガ「グルルルル……」

グラードン「グォォォ……」

ガンナー「しかもボロボロだな」

ランサー「よっしゃ!今がチャンスだ!」

グラードン「グォォ……」ドサッ

ハンター「あれ?倒れた?」





144:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 00:19:42.23 ID:2Gg3OVk10

女ハンター「ちょ、嫌な予感が……」

ランサー「ん?海から何か……」


ザザザザザザザ……

ザバーン!


グラン・ミラオス「グギャォォォォ!」

女ハンター「ぎゃああああ!」

ハンター「で、出たぁぁぁぁ!」

ランサー「ああ、終わったな、うん、終わった」

ガンナー「気を引き締めろ、戦闘開始だ」





145:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 00:33:16.19 ID:2Gg3OVk10

カイオーガ「ギ、ギャォォォォ!」

ハンター「あ、お前もいたのか」

ガンナー「だいぶ弱っているな、もう放っておくだけで倒れるだろう」

ハンター(そうだ、あと一匹捕まえられるな……よし…!)

ハンター「行けっ!モンスターボール!」

グラン・ミラオス

ガンナー「……え?」


ヴッ…ヴッ…ヴッ……カチッ


ハンター「よっしゃー!ゲットだぜー!」

グラン・ミラオス「?……??」





147:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 00:49:30.99 ID:2Gg3OVk10

ガンナー「よし!ミラオスが呆気にとられている間に一斉攻撃だ!」

ランサー「行けっ!ダグトリオ!」ポーン

ハンター「おらー!全員出てこーい!」ポーンポーンポーンポーンポーンポーン

女ハンター「なっ!?一度に6匹なんて卑怯よ!」ザシュザシュ

ハンター「そんなの関係ねぇ!やれー!」


ドゴゴゴゴゴゴゴゴ


グランミラオス「グ、グォォォォ!」ズシーン プチッ


ダグトリオとヒンバスはたおれた!▼


ランサー「うぉぉぉぉ!ダグトリオぉぉぉ!」





148:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 00:57:25.26 ID:2Gg3OVk10

ハンター「まあ、いいか。どうせヒンバスは使えなかったし」

ランサー「畜生ぉ!こうなったらオレの手で直々に倒してやる!」チクチクチクチクチクチク

ガンナー「…ん?よく見たら心臓一つと頭部が破壊されているな」ダーンダーン

ハンター「そうか、このシャチが……ありがとな」ザクッ

カイオーガ「ギャォォォ!」


グラードン「」





151:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 23:02:39.97 ID:2Gg3OVk10

グランミラオス「グ、グォォ……」ゴゴゴ

ガンナー「お、起き上がったぞ」ダダダダダダ

グランミラオス「グォォ……」ザブザブ

ハンター「海に入ったか……面倒だな」ザブーン

ランサー「はーい、いってらっしゃーい」

女ハンター「そっか、あんた泳げなかったっけ」

ガンナー「じゃあせめて陸から攻撃でもしていてくれ」

ランサー「おう!任せておけ!」





152:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 23:17:24.09 ID:2Gg3OVk10

ミラオス「グォォォ!」ボボボボボボ

ガンナー「まずいな、火炎弾だ」

ドータクン「」ボシュッ


ドータクンはたおれた!


ランサー「あああああ!ドータクン!」

ハンター「クソッ、なかなかタフだな……」ザクッザクッ

女ハンター「これだからミラオスってのは……」ザシュザシュザシュ

ガンナー「でも、こっちがかなり圧しているぞ。もう少しだ」ダダダダダダ





153:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 23:29:35.76 ID:2Gg3OVk10

カイオーガ「ギャォォォ!」ドドドドドド


カイオーガのしおふき!▼

こうかはばつぐんだ!▼


ハンター「おお、コイツ、なかなかやるな」

女ハンター「結構頼りになるね」

ガンナー「まあ、このミラオスとやりあっていたからな。それなりに強いだろう」

メガルカリオ「クォォン!」ゴォォォォ


ルカリオのりゅうのはどう!▼

こうかはばつぐんだ!▼


ハンター「おう、こっちもなかなかだな」

女ハンター「やっぱり、この地方のモンスターってかなり強いね」





154:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/08(水) 23:47:13.86 ID:2Gg3OVk10

ミラオス「グ、グォォ」ザバァ

ランサー「おっしゃ!陸に上がったぜ!」

ハンター「よし!止めの撃翌龍槍を……ってあれ!?ない!?」

ガンナー「ここは厄海じゃないから撃翌龍槍はないぞ?」

ハンター「えっ…マジかよ」

ランサー「別にそんなモノなくてもオレの槍で倒してやるぜ!うぉぉぉ!」チクチクチクチク

シュバルゴ「シュバー!」


シュバルゴのミサイルばり!▼





155:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/09(木) 00:07:42.58 ID:1wozixDj0

ミラオス「グォォォ……」ズッ…ズッ…

ガンナー「!這いずりが来るぞ、気を付けろ!」

ハンター「うわぁっ、避けられな−」


<ハンターは力尽きました>

ハクリューとアギルダーはたおれた!▼


女ハンター「ああっ!アギルダーが!」

ガンナー「粉塵を使うのが遅れたか……」

ランサー「あ、危ねぇ……」





156:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/09(木) 00:31:31.42 ID:1wozixDj0

リオレウス「ギャォォォ!」ガガッ


リオレウスのにどげり!▼

2かいあたった!▼

グラン・ミラオスはどくをあびた!▼


ガンナー「お、いいぞ、リオレウス」

女ハンター「やっぱり、こっちも役に立つね」

ランサー「よっしゃ!こっから一気に畳みかけるぜ!」

ミラオス「グルルルル……」

ガンナー「まずい、ブレスが来るぞ!」

ミラオス「グォォ!」ボウッ

ランサー「うぉぉ……あ」


ドォォォォォン


<ランサーが力尽きました>

シュバルゴはたおれた!▼





157:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/09(木) 00:48:53.79 ID:1wozixDj0

女ハンター「も、もう2人も力尽きたの!?」

ガンナー「もう後がないぞ、気を引き閉めろ!」

メガルカリオ「くぁんぬ!」

ハンター「お、おーう、戻って来たぞ」

ガンナー「遅いぞ、もうそろそろで倒せるぞ」

ハンター「マジか!よっしゃ!気合い入れてくぞ!」

リオレウス「グォォ!」





161:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/09(木) 23:27:41.56 ID:1wozixDj0

ハンター「うぉぉぉぉ!」ザクッザクッブシュッ


リオレウスのにどげり!▼

2かいあたった!▼


ミラオス「グ、グォォ……」グラッ

ガンナー「よし、もう終わりだな」

女ハンター「ふう、これでやっと……」


シュウウ……ビュイギギギギギギギギギギギ!


ミラオス「グ、グォォォォ!」ドカーン

ハンター「うぉぉ!?なんじゃぁ!?」

ガンナー「これは……はかいこうせん!」





162:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/09(木) 23:35:44.66 ID:1wozixDj0

女ハンター「ウソ…ミラオスが灰に……」

ハンター「これじゃ剥ぎとれねーじゃねーか!」

ガンナー「空からだ!気を付けろ!」


レックウザ(色)「グルルルル……」


ハンター「な…アマツマガツチ!?」

女ハンター「いや、違うでしょどう見たって」

ランサー「す、すっげぇぇ!かっけぇぇぇ!」

ガンナー「空から襲って来たのか…厄介だな……」





163:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/09(木) 23:51:09.45 ID:1wozixDj0

レックウザ「………」

ハンター「……」ゴクリ

ランサー「ご、ごくり……」

ハンター「口で言うなよ」

レックウザ「………」ヒューン

女ハンター「あ、あれ?去っていっちゃった……」

ガンナー「一体、なんだったんだ……」

ハンター「…あ、そういえばこんなところにコイツがいたな」

グラードン「」





164:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/10(金) 00:09:48.40 ID:pkoyatnA0

ザクッ…ザッ、ザシュッ……

<地獣の重爪を入手しました>

ザクッ…ザッ、ザシュッ……

<地獣の重尾を入手しました>

ザクッ…ザッ、ザシュッ……

<地獣の恐眼を入手しました>


ハンター「……よし、じゃ、次行くか」

ランサー「獣と言うより、龍じゃね?」





165:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/10(金) 00:24:53.34 ID:pkoyatnA0




ガンナー「次は……シンオウ地方か」

ハンター「ま、いつもの聞き込みをするか」

ガンナー「いや、もう情報聞いてはある」

ランサー「おお、早いな」

ガンナー「今回は、テンガン山にいるらしい」

女ハンター「あぁ、またあの山か……」

ガンナー「しかも、頂上にいるらしい」

ハンター「持っててよかった、ホットドリンク」





170:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/15(水) 23:38:17.77 ID:fGVm44pZ0




ハンター「もうそろそろか?」

ガンナー「そうだな、この先にあるやりのはしらという所に居るそうだ」

ランサー「槍の柱…!かっけぇぇ……!」

女ハンター「……あ、着いたよ」

ハンター「ふぅー、やっとか……」

ガンナー「待て、誰かいるようだぞ」





171:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/15(水) 23:48:53.79 ID:fGVm44pZ0

ランサー「うぉぉぉ!よく見たらデカいのが2体もいるじゃねーか!」

ガンナー「少し様子を見てみるか」

ハンター「……ん?待てよ、もう1体出てきたぞ?」

女ハンター「影のような……」

ランサー「あ、呑み込まれた……」

ハンター「……なんだったんだ、今の?」





172:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/15(水) 23:55:28.96 ID:fGVm44pZ0

ガンナー「……と、いう訳で、今の影のような奴が今回のメインターゲットだ」

ランサー「ええ!?マジかよ!?」

女ハンター「あんなの、倒せる訳ないじゃん……」

ハンター「第一、どこに行ったんだ?アイツは」

ガンナー「いや、あの穴じゃないか?」

ハンター「そんな訳ないだろ」

ガンナー「いや、行って見ないと分からんぞ」

ランサー「それじゃ、行くか!」





173:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/16(木) 00:08:53.78 ID:8Cia77De0

〜やぶれたせかい〜


ランサー「すげぇ!ここ、体がフワフワするぞ!」

ハンター「こんな重力を無視した空間なんてある訳がない……」

女ハンター「うっ、吐き気が……」

ガンナー「さて、奴は何処に……」


ヒュンッ……


ハンター「……ん?今、あっちの方に何か飛んでったような……」

ランサー「もしかして、あっちのほうに居るんじゃ?」

ガンナー「よし、行って見るか」

女ハンター「うぷっ……」





174:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/16(木) 00:21:27.56 ID:8Cia77De0

ヒュンッ……


ハンター「今度はあっちか!」

ガンナー「面倒だな……」

女ハンター「ちょ、走んないで……」


ランサー「あ!居たぞ!」

ギラティナ「………」

ハンター「うわ…大ムカデかよ……」

ガンナー「ふむ、影百足といったところか……面白い」

女ハンター「うっ、うぷっ……」

ハンター「お前、とりあえず休んどけよ」





175:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/16(木) 00:35:04.58 ID:8Cia77De0

ハンター「じゃあ、まずはルカリオ!インファイトだ!」


ルカリオのインファイト!▼

しかし、こうかはないようだ……▼


ハンター「な!?効いていない…だと……!?」

ガンナー「こいつはゴースト、ドラゴンだから、かくとうタイプの技は効かないぞ」

ハンター「な、それを早く言えよ!」

ガンナー「が、ドラゴンとこおり、あく、フェアリー、ゴーストタイプの技は効くぞ」

ハンター「そうか!なら、ハクリュー!りゅうのいぶき!」

ハクリュー「リュー!」ブォォォ





176:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/16(木) 00:41:49.57 ID:8Cia77De0

ギラティナ「………」ズォォォ


ギラティナのシャドーダイブ!▼

ハクリューのりゅうのいぶき!▼

しかし、やせいのギラティナには当たらなかった!▼


ランサー「な!?き、消えた!?」

ハンター「クソ、一体何処に……」

ガンナー「……!後ろだ!気を付けろ!」

ランサー「え?あ……」


ギラティナのシャドーダイブ!▼


ドゴォォォォン


ランサー「ぐぼぁぁぁ!?」

ハンター「ランサー!」





180:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/16(木) 23:33:49.62 ID:8Cia77De0

ハンター「大丈夫か!?」

ランサー「いっっってぇな!コノヤロー!」プルプル

ガンナー「大丈夫そうだな」

ギラティナ「………」ズォォォ


▼ギラティナのシャドーダイブ!


ガンナー「しかし、厄介だな、この攻撃は」

ハンター「そうだな、何処から来るか分からないし」


ギラティナのシャドーダイブ!▼


ドゴォォォン


ハンター「しかも威力がすごい!」ガキィィン





181:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/16(木) 23:42:06.73 ID:8Cia77De0

ギラティナ「………」ズォォォ

ハンター「ああ!また!」

ガンナー「攻撃の隙が全くないな」

ランサー「くそー!ムカデの癖に!」

ガンナー「……む、そっちか!」バシュッ

ギラティナ「!?」ビリビリ

ハンター「おお!麻痺弾か!」

ランサー「今だ!うぉぉぉ!」チクチクチクチク

ギラティナ「……!…」ズォォォ

ハンター「え……早っ!」





182:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/16(木) 23:55:44.66 ID:8Cia77De0

ドゴォォォン


ランサー「うぉぉぉ!?」ガキィィン

ハンター「危ねぇ……まさに紙一重だな」

ギラティナ「………」ズォォォ

ハンター「クソ!連続で!」

ランサー「逃がさねぇぞオィィ!」ガシッ

ギラティナ「!?」

ガンナー「な、無茶な!」

ハンター「いいぞ!ランサー!」

ギラティナ「…!……」ズォォォ

ランサー「あっ」パッ

ハンター「あ〜」





183:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/17(金) 00:12:07.53 ID:qCELJ3ek0

ドゴォォォォン


ランサー「ぐぉぼぇぇぇ!?」

ハンター「なんでランサーばっかり……」

ガンナー「いや、逆に都合がいいぞ、これは」

ギラティナ「………」ズォォォ

ハンター「よし!ランサーんとこに来るぞ!」

ランサー「な、流石にこれはキツい……」





184:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/17(金) 00:22:01.99 ID:qCELJ3ek0

ドゴォォォン


ハンター「!?な…んだと……?」ガクッ

ランサー「ほっ……」

ガンナー「しかし、こいつは手強いな、知能も発達している」

ギラティナ「………」

ハンター「…ん?コイツ、様子が……」


ギラティナはだせるわざがない!▼

ギラティナはわるあがきした!▼





187:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/17(金) 23:50:28.59 ID:qCELJ3ek0

ギラティナ「………」

ハンター「コイツ…もしかして……」

ガンナー「あの技が使えなくなったのか?」

ギラティナ「………」プルプル

ランサー「おお!これはチャンスじゃないか!?」

女ハンター「私も、やっと戦えるよ」

ガンナー「それは都合がいいな。マニューラとかで攻撃していてくれ」

ギラティナ「………!」


ギラティナはだせるわざがない!▼

ギラティナはわるあがきした!▼


ハンター「やれー!」





188:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/17(金) 23:58:28.55 ID:qCELJ3ek0

ハンター「うぉぉぉぉ!」ザシュッザシュッ


リオレウスのかえんだん!▼

シュバルゴのミサイルばり!▼

ギラティナはだせるわざがない!▼

ギラティナのわるあがき!▼

マニューラのれいとうパンチ!▼

ギラティナをたおした!▼


ハンター「ふぅ……やったな!」

ガンナー「ああ、そうだな」

ランサー「ふうぅ〜」

女ハンター「結構きつかったね」

ハンター「お前は何もしてないだろ」


アカギ「バカな…かげのポケモンを……倒しただと!?」





189:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 00:13:30.55 ID:JyKXVDG/0

ハンター「あ、誰だお前」

アカギ「私はアカギ、ギンガ団のボスだ」

女ハンター「で、そのボスがここに何の用?」

ギンガ「新しい世界を創るためここへ……」

ハンター「は?宇宙なんて作れる訳ないじゃん」

アカギ「え?」

ハンター「そんな事、物理的に出来る訳ないじゃん?仮に出来たとしたら神じゃん?」

アカギ「そ、そう、だから私はその世界の……」

ハンター「アンタ、バカなの?普通に考えて見ろよ、そんなこと出来る訳ないだろ。漫画の読みすぎじゃないの?」

アカギ「うぅ……」





190:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 00:29:03.94 ID:JyKXVDG/0

女ハンター「そこまで言わなくても……」

ハンター「いや、アイツ絶対頭おかしいって」

ガンナー「……ところで、貴方、イッシュ地方で変なモンスターを見ませんでしたか?」

アカギ「あ…あぁ、あのリュウラセンの塔にいるポケモンの事か。あいつは異常だ。行かない方がいい」

ガンナー「……何故ですか?」

アカギ「奴は、つい最近、いきなりやって来て、あの塔に住み着いたんだ」

ランサー「ほうほう」

アカギ「それからと言うもの、辺りにいたポケモン達は皆、狂ったように暴れ、死に絶えた……」

ハンター「特定した」





191:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 00:47:49.65 ID:JyKXVDG/0

アカギ「とにかく、あそこには近づかない方がいい!今も、リュウラセンの塔は立ち入り禁止区域にもなっている、だから……」

ハンター「いや、俺達は行くよ」

アカギ「し、しかし…!」

ハンター「ソイツを倒すのが俺達の仕事なんだ、邪魔はしないでくれ」

アカギ「………」

ガンナー「……それじゃあ、行くか」

ハンター「おう……ってそうだ!忘れてた!」

アカギ「?」

ハンター「あっぶねーあっぶねー」


ザクッ……ザッ、ザシュッ

<影龍の鞭翼を入手しました>

ザクッ……ザッ、ザシュッ

<影龍の金口を入手しました>

ザクッ……ザッ、ザシュッ

<はっきんだまを入手しました>


アカギ「」





192:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 01:05:55.67 ID:JyKXVDG/0

〜セッカシティ〜


ガンナー「……誰も居ないな……」

女ハンター「ここまで静かだと不気味だね……」


<どくなおしを入手しました>


ハンター「ん、まあこんなもんか」

ガンナー「人ん家のゴミ箱を漁るな」

ハンター「それにしても、本当に誰も居ないのか?少しは居るだろ」

ガンナー「多分、ここの村人達は避難したんだろう」

女ハンター「ということは、ここに居るのは私達4人だけ……」





193:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 01:20:08.46 ID:JyKXVDG/0

ガンナー「まぁいい、早く行こう」

ランサー「そうだな、早く倒した方がここの人らの救いにもなるしな!」

ハンター「そうと決まれば、リュウラセンの塔に行こう!」


〜リュウラセンの塔〜


ハンター「うわぁ……」

ランサー「ひでぇ……」

ガンナー「そこら中死体の山だな」

女ハンター「うっ……」





194:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 01:37:02.97 ID:JyKXVDG/0

ハンター「……ん?あれは……」

ガンナー「まだ生きているモンスターがいたのか」


クリムガン「グォォォ!」ブンブン

コマタナ1「コマー!」ザクッ

コマタナ2「タナー!」ズバッ

クリムガン「グ、グォォ……」ズーン


ハンター「うわぁぁ……」





199:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 23:46:37.02 ID:JyKXVDG/0

クリムガン「グ、グォォ……」ズォォォ


ハンター「あぁ、これは……」


クリムガン(狂竜)「グォォォ!」ブオォー


クリムガンのりゅうのいかり!▼


コマタナ1「コ、コマー!」ジュッ

コマタナ2「タナー!」ジュン


コマタナはたおれた!▼


ランサー「と、言うより消滅じゃね?」

クリムガン「グ……グルルル」

ハンター「ヤバい!気付かれた!」

クリムガン「グォォォ!」ブオォー


クリムガンのりゅうのいかり!▼


ハンター「くっ、すごいパワーだな」ギキィィン





200:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 23:59:04.08 ID:JyKXVDG/0




ハンター「クソ、なかなか強かったな」ゼーゼー

ランサー「並のグラビモスよりも手強かったな!」

ガンナー「この先、まだこういうのが出てくるかもしれないから、気を抜くなよ」

女ハンター「あ、あんなのがまだ出てくるの……」ゼーゼー

ランサー「集団で襲ってくると大変だしな」

ハンター「なるべく、回復薬やウチケシの実は節約しないとな」

ランサー「そういやこれ、オレ達にも使えるかな?」つキズぐすり

ハンター「それはモンスター用だろ?」





201:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:12:25.17 ID:umQC6DiN0




ハンター「はぁ、はぁ……」ゼーゼー

女ハンター「ひぃ…ひぃ……」ゼーゼー

ランサー「なんだ?お前ら、もう疲れたのか?」

ハンター「いや…お前の方が異常だろ……普通はこうなるだろ……」ゼーゼー

女ハンター「ちょ、ちょっと休憩……」ヒィヒィ

ランサー「ははは、情けないな〜!」

ガンナー「……ん、屋上だぞ」

ハンター「おぉ、やっとか……」

女ハンター「でも、今からなんだよね……」





202:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:27:45.13 ID:umQC6DiN0

ハンター「……あれ?何もいないぞ」

ガンナー「さてはアイツ(アカギ)、嘘をついたな?」

ランサー「くっそぉぉぉ!許さん!」

女ハンター「……あれ?なんか黒い霧が……」

ハンター「……!来たか!」


シャガルマガラ「グルルル……」


ハンター「ここで会ったが百年目!いざ!勝負!」

シャガルマガラ「グシャァァァァァ!」ブワァァァ

ランサー「わー!ウィルスがー!」ブワッ

ハンター「とにかく、攻撃しまくれ!攻撃あるのみだ!」ザシュザシュ





203:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:37:44.54 ID:umQC6DiN0

ハンター「おらおらおらおらぁ!」ザシュザシュヒラリザクッ

女ハンター「うりゃうりゃうりゃうりゃー!」ザシュザシュザシュヒラリザシュ

ランサー「うわぁぁぁ!感染してしまったぁぁぁ!」ブオォッ

ガンナー「大丈夫か?」ダダダダダダダダ

ランサー「お、おう、なんとか」

シャガルマガラ「グ、グォォ……」ヨロヨロ

女ハンター「お!だいぶやったみたい!」

ハンター「ラスボスにしては弱いな」

シャガルマガラ「グルルル……シャァァァァァ!」

ガンナー「ん…?何か影が……」


ヒュゥゥゥゥ……ズシーン





204:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:53:58.05 ID:umQC6DiN0

ハンター「は!?」

女ハンター「なんでこんな時に!?」


ナルガクルガ(狂竜)「グギャァァァ!」


ランサー「お、おお……狂竜ナルガか…珍しい……」

シャガルマガラ「グルルル……」バサッ

ハンター「あ!?コラ!待ちやがれ!」


ヒューン……


ガンナー「まずは、コイツを倒して見ろ、と言う事か……」

ハンター「く、面倒な事になったな……」

女ハンター「これは早く倒したほうがいいよね」

ランサー「すげぇよ!狂竜ナルガなんて初めて見たよ!」





205:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 01:14:27.41 ID:umQC6DiN0

狂ナルガ「ギャォォ!ギャォォ!」ザシュッザシュッ

ハンター「くっ、早い!」

ランサー「しかも強い!」ガギィィン

ガンナー「これは手強いな……」

ハンター「こうなったら……行け!ルカリオ!」ポーン


ハンターはルカリオをくりだした!▼


ハンター「ルカリオ!インファイトだ!」

ルカリオ「くぁんぬ!」シュッシュッ


ルカリオはメガシンカした!▼

ルカリオのインファイト!▼



狂ナルガ「ギャォォ!」

ハンター「よし!いいぞ!ルカリオ!」

メガルカリオ「くぉぉん!」





206:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 01:36:04.97 ID:umQC6DiN0

ガンナー「奴は、どうやらあく、ひこうタイプのようだ。でんき、フェアリー、こおりタイプ等の攻撃に弱いぞ」

ハンター「は?氷は効かないだろ?」

ランサー「そうか!なら、女ハンターのマニューラだけで何とかなるな!」

女ハンター「え、私?ま、いいや」ポーンポーン

ハンター「あ、そうかユキメノコもいたか」


マニューラのれいとうパンチ!▼

こうかはばつぐんだ!▼

ユキメノコのれいとうビーム!▼

こうかはばつぐんだ!▼


狂ナルガ「グッ、ゲッ」

ガンナー「よし、有利な状況になったぞ」

ハンター「なんでやねん」





207:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 01:50:02.04 ID:umQC6DiN0

狂ナルガ「グ、ギャォォォ!」

ハンター「そろそろフィニッシュか……」


ザシュザシュザクヒラリビターンダダダダチクザシュピキピキグ、グォォ……ズーン


ナルガ「」

ハンター「ふう、終わった……」

ガンナー「だが、これで終わりではないぞ」

女ハンター「あ、そっか、まだシャガルがいるもんね」


ヒューン


シャガルマガラ「グルル……」

ハンター「!……来た!」





210:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 23:18:27.37 ID:umQC6DiN0

シャガルマガラ「シャァァァァ!」

ハンター「うおりゃぁぁぁぁ!」ブンッ

シャガル「グルル……」バサッ

バサッ、バサッ、バサッ、ヒューン

ガンナー「な!?」

ハンター「おうっ」ガギーン

女ハンター「また、飛んでった……?」

ランサー「くそー!どうやって倒すんだよー!?」


「グォォォォォ!」


ハンター「ん?この鳴き声は……シャガルじゃない……?」


ヒューン……バサッ


サザンドラ(狂竜)「グァォォォ!」

女ハンター「ま、またー!?」





211:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 23:33:01.41 ID:umQC6DiN0

ハンター「くっ、いわゆる、ぼす○っちってヤツか!」

ランサー「何それ」

狂サザン「グォォ!」ブンッ


サザンドラのドラゴンクロー!▼

ガキィーン


ハンター「くっ、パワーがスゴい…!」ギリギリ

ガンナー「やはり、狂竜化の力はあなどれんな」ダダダダダーン

女ハンター「回復薬も少ないから、早めに倒さないと…!」ザシュザシュザシュ

ハンター「なら、コイツで一気に終わらせる!行けっ!カイリュー!」ポーン

カイリュー「リュゥー!」

ハンター「カイリュー!りゅうせいぐんだ!」

カイリュー「リュゥゥゥ!」





212:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 23:39:09.74 ID:umQC6DiN0

カイリューのりゅうせいぐん!

こうかはばつぐんだ!

カイリューのとくこうががくっとさがった!


狂サザン「グォォォォ!」ドドドドドド

ハンター「お!効いてるな!そのままりゅうせいぐんを打ちまくれ!」


カイリューのりゅうせいぐん!▼

カイリューのりゅうせいぐん!▼

カイリューのりゅうせいぐん!▼

カイリューのりゅ(ry

カイリューのとくこうはもうさがらない!


狂サザン「グォォ……」ペシッ

ハンター「え、なんでアイツあんなに強くなってるんだ?」





213:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 23:49:55.94 ID:umQC6DiN0

ガンナー「カイリューの方が弱くなっているんだ。さっきから言ってるだろう」

ハンター「えっ、えっそうなの?」

カイリュー「リュゥゥ……」ゼーゼー

狂サザン「グ、グォォ!」


サザンドラのドラゴンクロー!▼

こうかはばつぐんだ!▼

カイリューはたおれた!▼


ハンター「うぉぉぉ!カイリュー!」

ランサー「あ、アイツを一撃で……」

女ハンター「なんて破壊力……」

狂サザン「グ、グルルル……」ゼーゼー

ランサー「あ、でもさっきの攻撃でかなり体力を消耗してるぞ!」

ガンナー「……どけ、俺がやろう」





214:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 23:57:16.08 ID:umQC6DiN0

ガンナー「行け、チャーレム」ポーン

チャーレム「チャーレム!」

ガンナー「チャーレム、ずっとローキックだ」

チャーレム「チャーレッ!」


チャーレムのローキック!

チャーレムのローキック!

チャーレムのローキック!

チャーレムのローキック!

チャー(ry

サザンドラのすばやさはもうさがらない!


ハンター「おい!お前だってぶっぱしてんじゃねーか!」





215:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 00:06:03.05 ID:BIA+BZRC0

ランサー「いや、違うぞ……!」

ハンター「は?」

ランサー「アイツは、あの三つ首の素早さを極限まで削り、自分に有利な状況にしているんだ……!」

ハンター「そ、そうなのか?」

女ハンター「おまけに、ダメージも効率よく与えているから、一石二鳥というわけだね!」

狂サザン「グ、グォォォ……!」

ガンナー「よし、とどめのとびひざげりだ!」

チャーレム「チャーレッ!」


チャーレムのとびひざげり!▼

こうかはばつぐんだ!▼

サザンドラはたおれた!▼


サザンドラ「グ、グォォ………」ズーン

ハンター「おお!やったぞ!」

ガンナー「ふぅ、よくやった、戻れ、チャーレム」シュゥゥゥ





216:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 00:11:41.96 ID:BIA+BZRC0

ランサー「さぁ、次はどいつだ!?出てこい!」シュッシュッ

ハンター「あ、ちょっと待った」

ランサー「ん?」


ザクッ……ザッ、ザシュッ

<三首竜の腕首を入手しました>

ザクッ……ザッ、ザシュッ

<三首竜の恐眼を入手しました>

ザクッ……ザッ、ザシュッ

<三首竜の太腹を入手しました>


ハンター「これでよし、と」

ランサー「………」

サザンドラ「」





220:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:33:57.70 ID:BIA+BZRC0

シャガル「………」バサッバサッ

ハンター「おう、来たか」

ランサー「おう!次はどいつだ!早く出せ!」

シャガル「」

シャガル「グ、グルルル……シャァァァァ!」

ランサー「よっしゃあ!次はおm……」


デオキシス(狂竜)「コーホー……」


ハンター「……えっ、これ人じゃね?」





221:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:48:20.29 ID:BIA+BZRC0

シャガル「グルルル……」バサッ

狂デオキシス「……!」


デオキシスのサイコキネシス!▼


ハンター「がぁぁぁあっ!?何だ……急に痛みが……!」

ガンナー「念力か……!手強い!」

ランサー「こんなんで怯むかよ!うぉぉぉ!」ダッ

狂デオキシスD「……!」ガキン

ランサー「なっ……?」

ハンター「姿が……変わった?」

狂デオキシスA「………」バチン

ランサー「へぶっ!?」

ガンナー「念力を使える上、姿を変えるとは……」





222:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 00:03:10.42 ID:QHvLG7fP0

デオキシスのサイコショック!▼


女ハンター「痛い痛い痛い痛い!?」

ハンター「今度は物理攻撃か……!」

ガンナー「しかも、威力も並ではない……!」

ランサー「き、強敵だな……」

女ハンター「こ、こうなったらポケモンに任せるしか……」

ハンター「あ、あのモンスターの名前ってそんな名前だったの?」

ガンナー「……まあ、とりあえず、行け、ドンカラス」ポーン

ランサー「なら、オレはシュバルゴを!」ポーン

女ハンター「じゃ、私はユキメノコを!」ポーン

ハンター「よし、オレはこの鯨だ!」ポーン





223:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 00:13:31.35 ID:QHvLG7fP0

ドンカラスのつじぎり!▼

シュバルゴのミサイルばり!▼

ユキメノコのシャドーボール!▼

こうかはばつぐんだ!▼

カイオーガのしおふき!▼


狂デオキシスD「………!」グググ

ガンナー「よし、大分押してるな」

ハンター「なかなか凄いもんだな!お前ら!」

シュバルゴ「シュバ!」

ユキメノコ「メノメノ〜♪」ドヤァ

ランサー「よーし!このまま一気に……」

狂デオキシスN「コー、ホー………」


デオキシスのじこさいせい!▼

デオキシスのたいりょくがかいふくした!▼


ハンター「んなのアリかよ!?」





224:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 00:27:39.90 ID:QHvLG7fP0

狂デオキシスN「コーホー……」

ガンナー「回復か……これは厳しい……」

女ハンター「さっきのナルガとサザンドラとの戦闘でかなり回復薬を消耗してるしね……」

ハンター「高い攻撃翌力に姿を変える、それに回復する……コイツ、最強じゃねぇの?」

ランサー「いや!ヤツの回復量より大きいダメージを与え続ければいいんじゃないか!?」

ハンター「簡単に言ってくれるな……」

ガンナー「しかし、もうそれしか方法がないだろう」

ハンター「そうか……よーし、全員、出てこい!」ポポポポーン





225:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 00:39:47.50 ID:QHvLG7fP0

ハンター「なお、瀕死だったカイリューはげんきのかたまりで復活させたぞ」

ガンナー「こういうのは好きじゃないが………」ポポポポポーン

ランサー「よっしゃあ!やるぞお前らぁぁ!」ポポポポポーン

女ハンター「大丈夫かなぁ……」ポポポポポーン


〜手持ち一覧〜

ハンター  リオレウス
      ルカリオ(メガストーン所持)
      カイオーガ
      カイリュー
      ゴルバット
      ミロカロス

ガンナー  ドンカラス
      チャーレム
      リザードン
      トリトドン
      ライチュウ
      オーロット

ランサー  シュバルゴ
      ダグトリオ
      ダイノーズ
      ドータクン
      ハリテヤマ
      カイリキー

女ハンター ユキメノコ
      マニューラ
      フシギバナ
      メレシー
      ガブリアス
      アギルダー





229:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:02:55.02 ID:QHvLG7fP0

ガンナー「まずはドンカラス、ふいうcハンター「よし!みんな、一斉攻撃だ!」


ドドドドドチューンボウッドカッバキバキミシッ


狂デオキシスD「カッ、カハッ……コーホー……」


デオキシスのじこさいせい!▼


ハンター「くそぅ、まだ足りなかったか、タフだな」

ガンナー「お前、少しは考えろよ」

狂デオキシスA「………」ゴゴゴゴゴゴ

女ハンター「あ、なんかマズい雰囲気……」





230:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:20:58.11 ID:QHvLG7fP0

デオキシスのサイコブレイク!▼

ゴルバットはたおれた!▼

ハリテヤマはたおれた!▼

カイリキーはたおれた!▼


ランサー「うぉぉぉ!お前らぁぁぁぁ!」

ハンター「うそ……!?一度に三体も……!?」

ガンナー「なんて威力……!あれを喰らったらひとたまりもないぞ……」

ハンター「なら、もう二度と放てないようにしてやるか」

狂デオキシスA「!?」

ガンナー「いや、ちょっと待ておm……」

ハンター「やれ!」


ドシュッボボボボドカーンボコッドカッザクッコーホードドドドドドボウッキーンバキッドカッグシャ





231:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:28:29.58 ID:QHvLG7fP0

デオキシス「」

ガンナー「………」

ハンター「やったー!勝ったぞー!」

ランサー「お、おう……」

ポケモン達「ウオー!」

女ハンター「………(肉塊になってる……)」

ガンナー「とりあえず、こいつ達を戻そう」シューン

ハンター「あっ!?でもこれじゃ剥ぎとれないじゃん!?」

シャガル「グルルル……」バサッ、バサッ

ランサー「あ……き、来たぞ」

シャガル「グオッ!?」ビクッ

女ハンター「さすがに、驚いてるみたい……」





232:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:35:39.61 ID:QHvLG7fP0

シャガル「グルルル……シャァァ」


シュゥゥ……ビュイギギギギギギギギギギ!


女ハンター「!?」

ハンター「な!?」

ガンナー「これは…ミラオスの時の……!」

ランサー「ミラオスを灰にした光線……!すげー迫力!」


レックウザ(色)「………」シュゥゥゥ


ハンター「お、おい……シャガルが……」

シャガル「グ、グォォ……」ピクピク





233:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:46:38.35 ID:QHvLG7fP0

色レックウザ「グルルル……」ヒューン

シャガル「グ……グオ!?」

色レックウザ「………」カッ

シャガル「グォ、グォォォ……!」ガクガク


レックウザのはかいこうせん!▼

シャガルマガラはたおれた!▼


ハンター「うわぁぁぁぁ!消滅したぁぁぁ!」ガクガク

ガンナー「まさか、シャガルが噛ませ犬になるとは……」

女ハンター「で、でも、この場合、どうすればいいの!?」

ハンター「知らん、とにかく今は目の前の敵を倒すのみだ……!」ジャキッ





234:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:58:46.24 ID:QHvLG7fP0

レックウザのりゅうのはどう!▼


ランサー「ぐ、ぐぉぉぉ……!」ギッ、ガガガガ

ハンター「凄いパワーだ……今までのとは全然格が違うぞ……!」

ランサー「ぬあ!」バッ

女ハンター「!(ランサーの方に気をとられてるうちに……!)」バッ

色レックウザ「グルル……」ビュンッ


レックウザのアイアンテール!▼


女ハンター「!?……うぐっ……!」ミシッ

ハンター「おい!大丈夫か!?」

女ハンター「うっ……大丈夫、左腕が折れただけ……」プラン

ガンナー「後ろからの攻撃にも対応できるのか……」





235:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:06:57.65 ID:ldO1AWxJ0

ハンター「骨ぐらい簡単に折る攻撃……油断できないな」


レックウザのりゅうのはどう!▼


ハンター「うぐぐぐ……!」ガガガガ

ガンナー「……!危ない!後ろだ!」

ハンター「えっ、」クルッ


レックウザのアイアンテール!▼


ガギィィン!


ランサー「うあっ、力が強いぃぃ!」ガギーン

ハンター「あ、危ねぇ……」





236:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:23:45.69 ID:ldO1AWxJ0

ガンナー「長い体を活かした、双方からの攻撃……厄介だな……」

ハンター「ん?なんか様子が……」

色レックウザ「グ、グォォォ……!」


レックウザのりゅうのまい!▼

レックウザのこうげきがあがった!▼

レックウザのすばやさがあがった!▼


色レックウザ「グォォ……」バチバチ

ハンター「自己強化か……!」

女ハンター「は、速くなってる!」


レックウザのアイアンテール!▼


ランサー「あ!危ない!」

女ハンター「え……?」





237:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:36:29.85 ID:ldO1AWxJ0

グキャッ


女ハンター「うっ……あぁぁぁぁあ!」ミキッ

ガンナー「折れた左腕めがけて攻撃だと……!?」

女ハンター「うぅ、あっ……いっ……」

ハンター「お前!大丈夫じゃなかったんじゃねーか!」

ランサー「むっ、また!」ダッ


レックウザのアイアンテール!▼


ランサー「ぬぉぉぉ!」ガギッ

ガンナー「ハンター!今すぐ手当てを!」

ハンター「え!あ、あぁ……」





238:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:43:37.43 ID:ldO1AWxJ0

女ハンター「うっ、ぁぁぁぁ……!」

ハンター(うわぁぁ……もう骨が見えてるじゃん、ちぎれかかってるじゃん!)

ハンター(どんだけ凄いパワー持ってんだよ、アイツ……)

ハンター「こ、これはもう、切除しか……」

ハンター(……ん?待てよ、アイツがいたはず……!)

ハンター「出てこい!ルカリオ!」ポーン

ルカリオ「くぁんぬ!」

ハンター「ルカリオ!いやしのはどうだ!」

ハンター(これなら、女ハンターだけでなく、みんなの体力も……!)





239:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:56:19.32 ID:ldO1AWxJ0

ルカリオのいやしのはどう!▼

ガンナーのたいりょくがかいふくした!▼

ランサーのたいりょくがかいふくした!▼

女ハンターのたいりょくがかいふくした!▼

ハンターのたいりょくがかいふくした!▼

レックウザのたいりょくがかいふくした!▼


ガンナー「その場にいる全員を回復する技か……」

ランサー「うぉぉぉ!力が!みなぎるぅぅ!」

女ハンター「あ、ありがとう……」

ルカリオ「くぁんぬ!」

ハンター「よし、これで痛みなく腕を切除できるな」

女ハンター「……え………?」


ザクッ





240:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:04:07.85 ID:ldO1AWxJ0

女ハンター「うぎゃぁぁぁぁあ!」ブシュウ

ハンター「えっ、えっ?」

ガンナー「な、何をやってるんだお前は!」

ハンター「いや、左腕がどうしようもない状態だったから……」

ハンター「せめて痛くないようにザクッと……」

ガンナー「……いやしのはどうはな、周りの生物の体力を回復する技であって、痛みを消す技ではない」

ハンター「え、そうだったの!?」

ルカリオ「………」オドオド

ハンター「ご、ごめん……」

女ハンター「ぁ……ぅ………」ガクガク





243:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 23:18:42.29 ID:ldO1AWxJ0

ガンナー「しかし、この傷じゃ女ハンターは戦闘不可能だな」ダダダダダダ

ハンター「よし、ルカリオ、あっちやっといてくれ」

ルカリオ「……く、くぅん……」コク

ハンター「さて、3人になったが、気を引きしめていこう!」

ランサー(誰のせいだよ)


色レックウザ「グルルル……」ヒューン

ハンター「なっ!?空へ……!」

ランサー「くそー!届かねぇじゃんか!降りてこーい!」

色レックウザ「グォォ!」ブオッ


レックウザのりゅうのいぶき!


ハンター「うわぁ!?空からなんて卑怯だぞ!」

ガンナー「俺でもこの高さは届かない…どうする……」





244:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 23:30:35.02 ID:ldO1AWxJ0

ランサー「あぁ、空でも飛べたらなぁ……!」

ハンター(……ん?空を飛ぶ……?……アイツしかいない!)

ハンター「行けっ、リオレウス!」ポーン

ガンナー「その手があったか!(あ、ドンカラス……)」

リオレウス「グォォォォ!」バサッ

ハンター「頼んだぞ!空を飛べるのはお前しかいないんだ!」

リオレウス「グルルルル……」バサッ、バサッ

色レックウザ「グルルル……グォォ!」ブオッ

リオレウス「グルルル……」ヒューン


ランサー「すげぇ……あの攻撃を見切ってやがる……!」





245:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 23:38:34.64 ID:ldO1AWxJ0

リオレウス「ギャォォ!」ガガッ

色レックウザ「!?グォォォ……!」


ガンナー「キックが決まった!」

ハンター「いいぞ!リオレウス!」


色レックウザ「グ、グォォ!」ブンッ

リオレウス「グォァ!」ガッ


ランサー「しかし、相手の尻尾攻撃を受けてしまった!」

ガンナー「力の差は互角だな……」

ハンター「まさか、リオレウスがこんなに強かったとは……」


色レックウザ「グォォ……」カッ


ランサー「!アレが来るぞ!」


シュウウ………ビュイギギギギギギギギギ!





246:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 23:54:22.52 ID:ldO1AWxJ0

リオレウス「……!」チッ


ランサー「危ねぇぇ!かすったぁ!」


リオレウス「グルルル……グォォ!」ガガッ

色レックウザ「!……ギャォオ!」フラッ

リオレウス「グルル……グォア!」ボウッ


ガンナー「あいつ、はかいこうせんの反動で動けないのを利用して……!」

ランサー「しかも追い討ちの火炎弾!」

ハンター「一方的な闘いだ!行けるぞ!これは!」


レックウザ「グ……グォォォォ!」バチバチ


ランサー「……!りゅうのまいだ!」

ガンナー「いかん、アイツの素早さが上がってしまった!」





247:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 00:13:55.88 ID:CCpDBVbC0

リオレウス「グォォ!」ボウッ、ボウッ

色レックウザ「………」スイ、スイ


ハンター「な、全部避けられた!?」

ランサー「速ぇ!」


色レックウザ「グォォ……!」ブンッ、グギッ

リオレウス「ギャォォ……!」ヨロッ


ランサー「足をやられた!」

ハンター「そうか、攻撃翌力も上がってるんだ!」

ガンナー「これは折れたな、キックはできないだろう」


リオレウス「グルル……グォォ!」ガガッ

色レックウザ「!?……グォォォオ!」ヒューン


ガンナー「な、自らの足を犠牲にして!?」

ハンター「長いのが落ちたぞ!一気に決めるぞ!」ジャキッ





248:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 00:24:25.02 ID:CCpDBVbC0

ハンター「うぉぉぉぉ!」ザクッザクッ

ランサー「うらうらうらうらぁ!」ズブッドスッチクッ

ガンナー「……!」ダダダダダダダダ

色レックウザ「グッ、グォォ………グォォォォ!」バタッ




ハンター「ふぅ、終わった………」ドサッ

ガンナー「あぁ、長かったな……」

ランサー「うぉぉぉ!やったぜー!」


<クエストクリア!>


ハンター「あ、そうだ、忘れてた」

ガンナー「?」





249:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 00:40:53.21 ID:CCpDBVbC0

ザクッ……ザッ、ザシュッ

<黒天龍の鋭爪を入手しました>

ザクッ……ザッ、ザシュッ

<黒天龍の恐眼を入手しました>

ザクッ……ザッ、ザシュッ

<黒天龍の天鱗を入手しました>


ハンター「……よし、終わった」

ガンナー「……おい、起きろ」ユサユサ

女ハンター「………ん……いつっ……!」

ガンナー「大丈夫か?立てるか?」

女ハンター「うん、ありがとう……」ギロッ

ハンター「!?……な、なんだよ、恐い顔して、ごめんって……」

女ハンター「…………」





250:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 00:53:29.03 ID:CCpDBVbC0

〜カントー地方〜


オーキド「おお!帰ってきたか!」

ガンナー「ええ、色々ありましたが」

オーキド「いやはや、全員が無事でなによりじゃ!よかった、よかった!」

オーキド「ところで、君達の捕まえたそのポケモン達は好きにしていいぞ」

ランサー「おお!本当か!じゃ、持って帰るぞ!」

女ハンター「そりゃ、今まで一緒に狩りをした仲間だもんね」

ハンター「……オレは、コイツら、逃がそうかな」





251:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 01:09:02.20 ID:CCpDBVbC0

ランサー「!?」

女ハンター「だって、今まで一緒に戦ったパートナーだよ!?」

ハンター「だって、いつでもコイツらに頼ってたし、それじゃダメかなっ、て……」

ガンナー「しかし、逃がすというのは……」

オーキド「……そうじゃ、ワシが預かるというのはどうじゃ?」

ハンター「え、いいんですか?」

オーキド「うむ、色々研究したい事もあるしの」

ハンター「そうですか……じゃあ、お願いします」

ハンター「……元気でな、リオレウス……」





255:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 21:36:48.59 ID:CCpDBVbC0




ハンター(それから、オレ達はパーティー解散して、それぞれ違う道を歩んだ)

ハンター(ランサーは大闘技大会でチャンピオンになった)

ハンター(……まぁ、ポケモンのおかげだけどさ)

ハンター(で、ガンナーはハンターを辞めてシンオウ地方?に移り住んだ)

ハンター(どうやら、ポケモンについて研究しているらしい)

ハンター(で、女ハンターはというと、左腕が無くなったが、まだハンターを続けるという)

ハンター(曰く、ポケモンがいるから大丈夫だそうだ)





256:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 21:47:11.92 ID:CCpDBVbC0

ハンター(オレは引き続きハンターとしてモンスターを狩っている)

ハンター(でも、オレはポケモンに頼ってばっかじゃダメだと思うな)

ハンター(そりゃ強いし、可愛いし、ヘタしたらオトモアイルーよりも強いかも知れない)

ハンター(まぁ、要するに、オレはオレ自信の力で狩っていきたいと思うんだ)

ハンター(……しかし、今こんな事言ってるのはオレぐらいしかいないだろうな)

ハンター(理由はな、見れば分かると思うが……)


ハンター2「今回の依頼は……グラビモスか、面倒臭いな〜」

ハンター3「大丈夫だって、俺のバシャーモいるからな!」

バシャーモ「バシャー!」


ハンター(あれ以来、こっちの地方でもポケモンが流行って、ポケモンをオトモにしているハンターが続出してしまったんだ)





257:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 21:57:28.61 ID:CCpDBVbC0

ハンター(今ではもう、オトモアイルーは廃れていき、ノラオトモがうじゃうじゃ発生して)

ハンター(社会現象になっている)

ハンター(それでもオレはアイルーをオトモにしている)

ハンター(だって、ポケモンは採取したり、笛吹いたりしないだろ?)

ハンター(え?ものひろい?なんだそれ?)


ガンナー2「おーい、ハンター!何してるんだー?行くぞー」


ハンター(……おっと、仲間が呼んでるな、それじゃ、今日はこの辺にしとくよ、またな)

ハンター「分かった、すぐ行く」


ガンナー2「今回の依頼は、陸鮫捕獲依頼だってよ」

ハンター4「へぇ、聞いたことないな」

ハンター「……陸鮫捕獲依頼?」



〜完〜





258:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 22:02:48.76 ID:E/Esd7M+O

乙。面白いクロスだった
その後ポケモンの素材がどうなったか気になるな





259:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 22:52:56.84 ID:CCpDBVbC0

〜少し前のカントー地方〜


グリーン「じいさん!聞いたぜ!新種のポケモンだって!?」ドタドタ

オーキド「こらこら、落ち着きなさい」

オーキド「うむ、ポケモンかどうかは怪しいがの、この前来た人達が置いて行ったんじゃ」

グリーン「じゃ、じゃあ早速、見せてくれないか!?」

オーキド「そう急がんでも見せてやるわい、ほれ」ポーン

リオレウス「グォォ!」

レッド「で、でか!」

オーキド「ほっほっほっ、ざっと14mといったところかの」

グリーン「で、コイツの名前は!?」

オーキド「うむ、聞いたところ、リオレウスと言うそうじゃ」


レッド「リオレウス……?」





260:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 22:58:25.76 ID:CCpDBVbC0

これで、本当に終わりです。
ここまで読んで下さった方々、本当にありがとうございました。






カテゴリー「ポケットモンスター」のSS一覧
カテゴリー「モンスターハンター」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

SS宝庫最新記事50件